株式会社ダイキアクシス 四半期報告書 第16期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)

四半期報告書-第16期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ダイキアクシス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
 【表紙】
 【提出書類】      四半期報告書

 【根拠条文】      金融商品取引法第24条の4の7第1項

 【提出先】      四国財務局長

 【提出日】      2020年5月29日

 【四半期会計期間】      第16期第1四半期(自     2020年1月1日    至  2020年3月31日)

 【会社名】      株式会社ダイキアクシス

 【英訳名】      Daiki Axis Co.,Ltd.

 【代表者の役職氏名】      代表取締役社長      大亀  裕

 【本店の所在の場所】      愛媛県松山市美沢一丁目9番1号

 【電話番号】      089(927)2222  (代表)

 【事務連絡者氏名】      取締役   副社長執行役員      堀淵  昭洋

 【最寄りの連絡場所】      愛媛県松山市美沢一丁目9番1号

 【電話番号】      089(927)2222  (代表)

 【事務連絡者氏名】      取締役   副社長執行役員      堀淵  昭洋

 【縦覧に供する場所】      株式会社ダイキアクシス東京本社

       (東京都中央区東日本橋二丁目15番4号)
       株式会社ダイキアクシス大阪支店

       (大阪府豊中市庄内西町五丁目1番19号)
       株式会社東京証券取引所

       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
             1/21






                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
 第一部  【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

          第15期    第16期

     回次     第1四半期    第1四半期     第15期
          連結累計期間    連結累計期間
         自  2019年1月1日   自  2020年1月1日   自  2019年1月1日
    会計期間
         至  2019年3月31日   至  2020年3月31日   至  2019年12月31日
  売上高      (千円)    9,750,171    9,593,016    35,749,126
  経常利益      (千円)    513,866    543,862    1,155,301

  親会社株主に帰属する
        (千円)    302,445    280,992    782,650
  四半期(当期)純利益
  四半期包括利益又は包括利益      (千円)    305,051    311,395    790,162
  純資産額      (千円)    6,873,156    9,317,021    9,203,284

  総資産額      (千円)   27,960,452    30,587,623    29,907,630

  1株当たり四半期(当期)
        (円)    25.22    23.39    65.20
  純利益
  潜在株式調整後1株当たり
        (円)     -    -    -
  四半期(当期)純利益
  自己資本比率      (%)    24.6    23.8    23.9
  (注) 1. 当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
   しておりません。
   2. 売上高には、消費税等は含まれておりません。
   3. 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
   ん。
             2/21










                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
 2 【事業の内容】
  当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)において営まれている事業の内容
  について、重要な変更はありません。
   また、主要な関係会社についても異動はありません。
             3/21



















                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【事業等のリスク】

  当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
  投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
  のリスク」についての重要な変更はありません。
 2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
  (1) 経営成績の状況

  ① 当社グループの経営成績
         前第1四半期   当第1四半期
                増減額   増減率
         連結累計期間   連結累計期間
   売上高      97億50百万円   95億93百万円   △1億57百万円     △1.6%
   営業利益      4億70百万円   5億2百万円    +31百万円    +6.8%
   経常利益      5億13百万円   5億43百万円    +29百万円    +5.8%
   親会社株主に帰属する
         3億2百万円   2億80百万円    △21百万円    △7.1%
   四半期純利益
   当第1四半期連結累計期間の当社グループを取り巻く経営環境は、国内外ともに新型コロナウイルス感染症
  (COVID-19)の急速な拡がりによる経済活動の停止等により、当第1四半期連結会計期間末にかけて急速に悪化し
  ました。先行きについては、経済活動の再開が徐々に進むものの、当連結会計年度末までは依然として不透明な
  状況で推移すると思われます。当社グループの属する業界におきましても、営業活動の自粛等により受注が先延
  ばしとなる等の影響が懸念されます。
   このような状況のもと、2021年度を最終年とする中期経営計画「Make            FOUNDATION  Plan(ESG経営の推進)」に挑
  戦しております。各事業セグメントとも将来の収益性の向上に重点を置き、以下の戦略を推進しています。
     セグメント         戦略
          ・海外における事業展開の推進
   環境機器関連事業
          ・ストックビジネスとしてのメンテナンス事業および上水エスコ事
          業の営業強化
   住宅機器関連事業      ・ECビジネスを開始する等、安定事業から成長事業への転化

   再生可能エネルギー関連事業      ・循環型社会の実現と安定収益確保の強化

   売上高は95億93百万円    (前年同期比1.6%減   )とほぼ前年同期並みに推移し、全般的な利益改善を進めたことから

  売上総利益は20億42百万円     (前年同期比5.1%増   )、 営業利益は5億2百万円    (前年同期比6.8%増   )および 経常利益
  は5億43百万円   (前年同期比5.8%増   )となりました。
   特別損失において、減損損失93百万円(環境機器関連事業セグメントにて上水事業に係る固定資産の減損損失73
  百万円、再生可能エネルギー関連事業セグメントにて小形風力発電機関連事業に係る固定資産の減損損失19百万
  円)を計上いたしました。
   また、非支配株主に帰属する四半期純利益(連結子会社の株式会社シルフィードにおける種類株式への年4.8%
  の優先配当)については、前第3四半期連結会計期間から計上しており、当第1四半期連結累計期間は24百万円を
  計上しております。その結果、     親会社株主に帰属する四半期純利益2億80百万円        (前年同期比7.1%減   )となりまし
  た。
             4/21




                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
  ② セグメントごとの経営成績
  セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。
  (環境機器関連事業)

         前第1四半期   当第1四半期
                増減額   増減率
         連結累計期間   連結累計期間
   売上高      56億68百万円   50億42百万円   △6億26百万円    △11.0%
   セグメント利益(営業利益)      5億56百万円    5億円   △55百万円    △10.0%
   浄化槽・排水処理システムは前年同期と比べ減少いたしました。要因として、前年同期は国内売上高では、大
  型案件(電気部品工場および最終処分場)の工事進行基準適用により一定程度の売上高を計上しましたが、当期は
  それらに見合う計上がございませんでした。また、海外売上高についても、中国での新型コロナウイルス感染症
  拡大が他地域に先んじて始まったことから都市封鎖により景況悪化の影響を大きく受けており、案件の売上計上
  時期が第2四半期連結会計期間以降へ延期となっております。なお、中国以外の海外各国については連結子会社
  の決算日と連結決算日が異なっており、2019年12月31日現在で決算に準じた仮決算を行った財務諸表を基礎とし
  ているため、当第1四半期連結累計期間における当該感染症の影響は軽微であります。
   ストックビジネスのメンテナンス事業および上水事業エスコ収入については前年同期と比べ堅調に推移いたし
  ました。
  (住宅機器関連事業)

         前第1四半期   当第1四半期
                増減額   増減率
         連結累計期間   連結累計期間
   売上高      35億23百万円   39億85百万円   +4億61百万円    +13.1%
   セグメント利益(営業利益)       89百万円   1億23百万円    +33百万円    +37.5%
   建設関連業者等売上においては、関連するサプライヤーの部品生産拠点が中国国内に多く、商品の入荷遅延が
  ございましたが、代替商品への切り替えや一部商材の取り換え需要が発生したこと等により、前年同期と比べ堅
  調に推移いたしました。
   住機部門工事においては、前期と比べ中大型案件が少なかったものの、前年9月に連結子会社となった株式会
  社冨士原冷機の売上取込があり、前年同期と比べ堅調に推移いたしました。
   なお、ホームセンターリテール商材においては既存店への販売が減少するとともに、ECビジネスにおいては
  新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりエンドユーザーへの現地調査等の営業活動が停滞いたしました。
  (再生可能エネルギー関連事業)

         前第1四半期   当第1四半期
                増減額   増減率
         連結累計期間   連結累計期間
   売上高      1億14百万円   1億64百万円    +49百万円    +43.4%
   セグメント利益(営業利益)       22百万円   30百万円   +7百万円    +33.1%
   太陽光発電に係る売電事業において、順次売電を開始し前年同期より大幅に増加いたしました。その他、バイ
  オディーゼル燃料事業および小形風力発電機関連事業については前年同期と比べ減少いたしました。
  (その他の事業)

         前第1四半期   当第1四半期
                増減額   増減率
         連結累計期間   連結累計期間
   売上高      4億43百万円    4億円   △42百万円    △9.5%
   セグメント利益(営業利益)       30百万円   62百万円   +31百万円    +103.1%
   土木工事業において、当期は大型案件の完成があったものの、工事進行基準適用により売上の大部分を前連結
  会計年度末までに計上いたしました。また、それに見合う大型案件の工事進捗率が僅少だったこともあり、前年
  同期と比べ減少いたしました。
   家庭用飲料水事業については、前年同期と比べ堅調に推移いたしました。
             5/21




                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
  (2) 財政状態の状況
  (資産)
             当第1四半期
          前連結会計年度       増減額   増減率
             連結会計期間
   流動資産       189億6百万円   196億50百万円   +7億44百万円    +3.9%
   固定資産       110億1百万円   109億36百万円    △64百万円   △0.6%
   資産合計       299億7百万円   305億87百万円   +6億79百万円    +2.3%
   当社では、運転資金の効率的な調達を行うためにコミットメントライン契約を締結しており、2017年3月31日
  に締結したコミットメントラインが終了することに伴い、2020年4月23日に新たに契約いたしました。その結
  果、第2四半期連結会計期間に前契約の返済を行うことにより現金及び預金が一時的に増加しております。
  (負債・純資産)

             当第1四半期
          前連結会計年度       増減額   増減率
             連結会計期間
   流動負債       186億24百万円   165億44百万円   △20億80百万円    △11.2%
   固定負債       20億79百万円   47億26百万円   +26億46百万円    +127.3%
   純資産       92億3百万円   93億17百万円   +1億13百万円    +1.2%
   負債・純資産合計       299億7百万円   305億87百万円   +6億79百万円    +2.3%
   太陽光発電に係る売電事業および小形風力発電事業に係る設備投資を資金使途としたグリーンボンド(適格機関
  投資家限定の無担保社債)を発行したことにより固定負債が増加しております。また、短期借入金を返済したこと
  により流動負債が減少しております。
  (3) 研究開発活動

  当第1四半期連結累計期間における研究開発費の総額は         16百万円  であります。
 3 【経営上の重要な契約等】

  当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
             6/21











                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
 第3 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類         発行可能株式総数(株)

      普通株式              40,000,000

      計             40,000,000

  ② 【発行済株式】

     第1四半期会計期間末     提出日現在   上場金融商品取引所

   種類   現在発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融      内容
     (2020年3月31日   ) (2020年5月29日)    商品取引業協会名
              東京証券取引所
                 単元株式数は100株であ
  普通株式    12,408,800    12,408,800
                 ります。
              (市場第一部)
   計    12,408,800    12,408,800    -    -
  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
  ② 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金

           資本金増減額   資本金残高
   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
            (千円)   (千円)
       (株)   (株)        (千円)   (千円)
  2020年1月1日~
        - 12,408,800    - 1,983,290    - 1,766,394
  2020年3月31日
  (5) 【大株主の状況】

  当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             7/21






                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
  (6) 【議決権の状況】
  当第1四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
  ることができないことから、直前の基準日(2019年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
  ① 【発行済株式】

                  2019年12月31日   現在
    区分    株式数(株)    議決権の数(個)      内容
  無議決権株式         -    -    -

  議決権制限株式(自己株式等)         -    -    -

  議決権制限株式(その他)         -    -    -

  完全議決権株式(自己株式等)      普通株式   100    -    -

       普通株式

  完全議決権株式(その他)       12,406,800     124,068     -
  単元未満株式      普通株式   1,900     -    -

  発行済株式総数       12,408,800      -    -

  総株主の議決権         -   124,068     -

  (注) 1.株式給付信託(BBT)および株式給付信託(J-ESOP)が所有する当社株式394,400株(議決権の数3,944個)につき
   ましては、「完全議決権株式(その他)」に含めて表示しております。
   2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式98株が含まれております。
  ② 【自己株式等】

                  2019年12月31日   現在
                   発行済株式
           自己名義   他人名義   所有株式数
   所有者の氏名
                   総数に対する
       所有者の住所    所有株式数   所有株式数   の合計
                   所有株式数
   または名称
            (株)   (株)   (株)
                   の割合(%)
  株式会社ダイキアクシス     愛媛県松山市美沢1-9-1      100  -    100   0.0
    計     -    100  -    100   0.0

  (注) 株式給付信託(BBT)および株式給付信託(J-ESOP)が所有する当社株式394,400株につきましては、上記自己株式
   等に含まれておりませんが、連結財務諸表および財務諸表においては自己株式として処理しております。
 2 【役員の状況】

  該当事項はありません。
             8/21








                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
 第4 【経理の状況】
 1.四半期連結財務諸表の作成方法について

  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
  第64号)に基づいて作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
 2.監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から2020年
  3月31日まで)および第1四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表に
  ついて、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
             9/21

















                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
 1 【四半期連結財務諸表】
  (1) 【四半期連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第1四半期連結会計期間
            (2019年12月31日)     (2020年3月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           7,165,564     8,053,899
            ※1 ,※2 6,230,157
   受取手形及び売掛金                6,431,394
   完成工事未収入金           2,332,081     1,991,695
   商品及び製品            447,092     436,785
   仕掛品            9,458     15,098
   未成工事支出金           1,847,114     1,731,585
   原材料及び貯蔵品            270,135     286,242
   その他            718,744     826,398
              △114,300     △122,430
   貸倒引当金
   流動資産合計           18,906,047     19,650,668
  固定資産
   有形固定資産
   建物及び構築物           2,066,217     2,084,524
              △685,616     △705,630
    減価償却累計額
    建物及び構築物(純額)          1,380,601     1,378,893
   機械装置及び運搬具
              7,361,215     7,503,827
              △2,661,576     △2,709,124
    減価償却累計額
    機械装置及び運搬具(純額)          4,699,638     4,794,702
   土地
              1,624,256     1,647,416
   建設仮勘定           524,069     427,050
   その他           738,645     743,260
              △604,660     △615,496
    減価償却累計額
    その他(純額)          133,985     127,763
   有形固定資産合計           8,362,550     8,375,827
   無形固定資産
   のれん           772,544     753,362
              260,140     248,951
   その他
   無形固定資産合計           1,032,685     1,002,314
   投資その他の資産
   投資有価証券           374,792     326,480
   その他           1,446,920     1,452,173
              △215,365     △219,840
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計           1,606,347     1,558,813
   固定資産合計           11,001,583     10,936,954
  資産合計            29,907,630     30,587,623
            10/21






                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第1四半期連結会計期間
            (2019年12月31日)     (2020年3月31日)
  負債の部
  流動負債
   支払手形及び買掛金           2,484,324     2,787,745
   工事未払金           1,405,445     1,613,670
   短期借入金           10,700,654     8,406,872
   1年内返済予定の長期借入金            147,240     92,543
   1年内償還予定の社債            -    300,000
   未払法人税等            177,335     176,600
   未成工事受入金           1,661,795     1,318,832
   賞与引当金            107,394     161,670
   引当金            284,248     272,274
              1,656,437     1,414,039
   その他
   流動負債合計           18,624,877     16,544,248
  固定負債
   社債            100,000     2,800,000
   長期借入金            581,656     526,047
   引当金            88,963     88,963
   資産除去債務            360,731     378,246
              948,117     933,096
   その他
   固定負債合計           2,079,468     4,726,353
  負債合計            20,704,346     21,270,601
  純資産の部
  株主資本
   資本金           1,983,290     1,983,290
   資本剰余金           1,766,394     1,766,394
   利益剰余金           3,865,705     3,998,224
              △294,892     △294,892
   自己株式
   株主資本合計           7,320,497     7,453,015
  その他の包括利益累計額
   その他有価証券評価差額金            23,366     △17,902
              △190,108     △142,438
   為替換算調整勘定
   その他の包括利益累計額合計           △166,742     △160,340
  非支配株主持分            2,049,530     2,024,346
  純資産合計            9,203,284     9,317,021
  負債純資産合計            29,907,630     30,587,623
            11/21








                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
  (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
  【四半期連結損益計算書】
  【第1四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
            (自 2019年1月1日     (自 2020年1月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  売上高            9,750,171     9,593,016
              7,807,113     7,550,713
  売上原価
  売上総利益            1,943,058     2,042,302
  販売費及び一般管理費            1,472,338     1,539,669
  営業利益             470,719     502,633
  営業外収益
  受取利息             872     1,808
  受取配当金             490     697
  仕入割引            43,159     37,757
              19,947     45,325
  その他
  営業外収益合計            64,469     85,589
  営業外費用
  支払利息            9,717     10,617
  持分法による投資損失            4,422      901
  貸倒引当金繰入額            △151     498
  支払手数料            5,416     27,752
               1,917     4,589
  その他
  営業外費用合計            21,322     44,360
  経常利益             513,866     543,862
  特別利益
  固定資産売却益            1,069     9,288
               1     14
  その他
  特別利益合計            1,071     9,302
  特別損失
  固定資産売却損             -     836
  減損損失             -    93,374
  投資有価証券売却損            3,000      -
               0     -
  その他
  特別損失合計            3,000     94,211
  税金等調整前四半期純利益             511,936     458,953
  法人税、住民税及び事業税
              152,545     153,360
              56,945      600
  法人税等調整額
  法人税等合計             209,491     153,960
  四半期純利益             302,445     304,992
  非支配株主に帰属する四半期純利益              -    24,000
  親会社株主に帰属する四半期純利益             302,445     280,992
            12/21






                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
  【四半期連結包括利益計算書】
  【第1四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
            (自 2019年1月1日     (自 2020年1月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  四半期純利益             302,445     304,992
  その他の包括利益
  その他有価証券評価差額金            16,188     △41,268
  為替換算調整勘定            △14,249     48,143
               666     △472
  持分法適用会社に対する持分相当額
  その他の包括利益合計            2,605     6,402
  四半期包括利益             305,051     311,395
  (内訳)
  親会社株主に係る四半期包括利益            305,051     287,395
  非支配株主に係る四半期包括利益             -    24,000
            13/21















                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
  【注記事項】
  (追加情報)
   当社グループの属する業界について、新型コロナウイルス感染症により今後も営業活動に影響があるものと見
  込んでおります。   ただ、このような状況は、2020年末に向けて徐々に正常化し、2021年より新型コロナウイルス
  感染症拡大前の状況に概ね戻ると仮定し、固定資産の減損等の会計上の見積りを行っております。
   なお、この仮定は不確実性が高く、収束遅延により影響が長期化した場合には将来において損失が発生する可
  能性があります。
  (四半期連結貸借対照表関係)

 ※1  受取手形割引高および受取手形裏書譲渡高
           前連結会計年度     当第1四半期連結会計期間
          (2019年12月31日   )    (2020年3月31日   )
   受取手形割引高         -千円      -千円
   受取手形裏書譲渡高         8,605 千円      -千円
 ※2  四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

   なお、前連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年度末
  残高に含まれております。
           前連結会計年度     当第1四半期連結会計期間

          (2019年12月31日   )    (2020年3月31日   )
   受取手形         94,383 千円      -千円
            14/21












                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
  (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
  当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
  期連結累計期間に係る減価償却費およびのれん償却額は、次のとおりであります。
          前第1四半期連結累計期間      当第1四半期連結累計期間
          (自  2019年1月1日     (自  2020年1月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   減価償却費        130,468 千円     153,881 千円
   のれん償却額         20,229 千円     31,398 千円
  (株主資本等関係)

 前第1四半期連結累計期間(自      2019年1月1日   至  2019年3月31日   )
 配当金支払額
       配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
        (千円)  配当額(円)
  2019年3月26日
     普通株式   148,903    12 2018年12月31日   2019年3月27日   利益剰余金
  定時株主総会
  (注) 2019年3月26日定時株主総会決議による配当金の総額には、BBT信託およびJ-ESOP信託が保有する当社の株式に
   対する配当金額5,023千円が含まれております。
 当第1四半期連結累計期間(自      2020年1月1日   至  2020年3月31日   )

 配当金支払額
       配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
        (千円)  配当額(円)
  2020年3月27日
     普通株式   148,903    12 2019年12月31日   2020年3月30日   利益剰余金
  定時株主総会
  (注) 2020年3月27日定時株主総会決議による配当金の総額には、BBT信託およびJ-ESOP信託が保有する当社の株式に
   対する配当金額4,732千円が含まれております。
            15/21











                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
  (セグメント情報等)
  【セグメント情報】
 前第1四半期連結累計期間(自      2019年1月1日   至  2019年3月31日   )
 1.報告セグメントごとの売上高および利益または損失の金額に関する情報
                   (単位:千円)
          報告セグメント
                 その他
                    合計
            再生可能
                 (注)
       環境機器   住宅機器
            エネルギー   計
       関連   関連
            関連
  売上高
  外部顧客への売上高     5,668,385   3,523,930   114,804  9,307,121   443,050  9,750,171

  セグメント間の
        2,381   52  218  2,652   52  2,705
  内部売上高または振替高
    計   5,670,766   3,523,983   115,023  9,309,773   443,102  9,752,876
  セグメント利益      556,966   89,689   22,577  669,234   30,731  699,965

  (注) 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、家庭用飲料水事業および土木工事業を
   含んでおります。
 2.報告セグメントの利益または損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額および当該差額の主な内

  容(差異調整に関する事項)
                   (単位:千円)
      利益          金額
  報告セグメント計                  669,234

  「その他」の区分の利益                   30,731

  セグメント間取引消去                   42,270

  全社費用(注)                  △271,516

  四半期連結損益計算書の営業利益                  470,719

  (注)  全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
            16/21









                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
 当第1四半期連結累計期間(自      2020年1月1日   至  2020年3月31日   )
 1.報告セグメントごとの売上高および利益または損失の金額に関する情報
                   (単位:千円)
          報告セグメント
                 その他
                    合計
            再生可能
                 (注)
       環境機器   住宅機器
            エネルギー   計
       関連   関連
            関連
  売上高
  外部顧客への売上高     5,042,169   3,985,486   164,611  9,192,267   400,748  9,593,016

  セグメント間の
        9,154   7  302  9,463   59  9,523
  内部売上高または振替高
    計   5,051,323   3,985,493   164,913  9,201,730   400,808  9,602,539
  セグメント利益      500,996   123,301   30,053  654,351   62,418  716,769

  (注) 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、家庭用飲料水事業および土木工事業を
   含んでおります。
 2.報告セグメントの利益または損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額および当該差額の主な内

  容(差異調整に関する事項)
                   (単位:千円)
      利益          金額
  報告セグメント計                  654,351

  「その他」の区分の利益                   62,418

  セグメント間取引消去                   41,110

  全社費用(注)                  △255,247

  四半期連結損益計算書の営業利益                  502,633

  (注)  全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
            17/21










                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
  (1株当たり情報)
  1株当たり四半期純利益および算定上の基礎は、以下のとおりであります。
            前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間

            (自  2019年1月1日    (自  2020年1月1日
      項目
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
  1株当たり四半期純利益             25.22円     23.39円
   (算定上の基礎)

  親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

               302,445     280,992
  普通株主に帰属しない金額(千円)

                -     -
  普通株式に係る親会社株主に帰属する
               302,445     280,992
  四半期純利益(千円)
  普通株式の期中平均株式数(株)
              11,990,002     12,014,202
  (注) 1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   2.株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり四半期純利益の
   算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
   1株当たり四半期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は前第1四半期連結累計期間
   418,798株、当第1四半期連結累計期間394,598株であります。
            18/21














                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
 2 【その他】
  該当事項はありません。
            19/21




















                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            20/21



















                     EDINET提出書類
                   株式会社ダイキアクシス(E30133)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年5月29日

 株 式 会 社 ダ イ キ ア ク シ ス
   取    締    役    会  御中
       有限責任監査法人    ト ー マ ツ

         指定有限責任社員

               目   細            実
             公認会計士       ㊞
         業務執行社員
         指定有限責任社員

               千   原      徹  也
             公認会計士       ㊞
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ダイキ

 アクシスの2020年1月1日から2020年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から2020
 年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
 なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビュー
 を行った。
 四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
 財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
 表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
 る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
 拠して四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
 認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
 監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
 められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ダイキアクシス及び連結子会社の2020年3月31日現在の
 財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
 べての重要な点において認められなかった。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上

  (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

   告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。