大和ハウス工業株式会社 臨時報告書

提出書類 臨時報告書 異動
提出日
提出者 大和ハウス工業株式会社
カテゴリ 臨時報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                     大和ハウス工業株式会社(E00048)
                                                              臨時報告書
    【表紙】
    【提出書類】                       臨時報告書

    【提出先】                       関東財務局長
    【提出日】                       2020年5月22日
    【会社名】                       大和ハウス工業株式会社
    【英訳名】                       DAIWA   HOUSE   INDUSTRY     CO.,   LTD.
    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長  芳井 敬一
    【本店の所在の場所】                       大阪市北区梅田三丁目3番5号
    【電話番号】                       大阪 06(6225)7804
    【事務連絡者氏名】                       常務執行役員 IR室長  山田 裕次
    【最寄りの連絡場所】                       東京都千代田区飯田橋三丁目13番1号
    【電話番号】                       東京 03(5214)2115
    【事務連絡者氏名】                       東京本社経理部長  成宮 浩司
    【縦覧に供する場所】                       大和ハウス工業株式会社 東京本社

                            (東京都千代田区飯田橋三丁目13番1号)
                           大和ハウス工業株式会社 横浜支社
                            (横浜市西区みなとみらい三丁目6番1号)
                           大和ハウス工業株式会社 名古屋支社
                            (名古屋市中村区平池町四丁目60番地9)
                           大和ハウス工業株式会社 神戸支社
                            (神戸市中央区磯辺通四丁目2番22号)
                           大和ハウス工業株式会社 千葉中央支社
                            (千葉県船橋市葛飾町二丁目406番)
                           株式会社東京証券取引所
                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2










                                                           EDINET提出書類
                                                     大和ハウス工業株式会社(E00048)
                                                              臨時報告書
    1【提出理由】
     当社は、2020年5月22日開催の監査役会において、金融商品取引法第193条の2第1項及び第2項の監査証明を行う監
    査公認会計士等の異動を行う事について、2020年6月26日開催予定の第81期定時株主総会に付議することを決議いたし
    ましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4の規定
    に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。
    2【報告内容】

      (1)異動に係る監査公認会計士等の名称
        ① 選任する監査公認会計士等の名称
          EY新日本有限責任監査法人
        ② 退任する監査公認会計士等の名称
          有限責任監査法人トーマツ
      (2)異動の年月日

         2020年6月26日(第81期定時株主総会開催予定日)
      (3)退任する監査公認会計士等が監査公認会計士等となった年月日

         1969年10月1日
      (4)退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等又は内部統制監査報告書における意見等に

         関する事項
         該当事項はありません。
      (5)異動の決定又は異動に至った理由及び経緯

          当社グループは、お客様と共に新たな価値を創り、活かし、高め、人が豊かに生きる社会の実現を目指
         し、「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、戸建住宅、賃貸住宅、マンション、住宅ストック、商
         業施設、事業施設といった多くの事業領域において、建物の建設請負を中心に不動産開発、建物の管理・運
         営をはじめとした多様な事業を展開しております。
          また、2019年度からスタートした第6次中期経営計画においては、基本方針の一つに「海外展開の加速」
         を掲げ、今後、米国・豪州・ASEAN諸国を中心に事業を拡大することを目指しています。
          一方、建設・不動産業における様々な新しいスキームへの取組みや、国内外で建設・不動産業に関連する
         法律や会計基準等の制改定が行われる中、会計監査人に期待される役割も、より重要なものとなってきてい
         ると認識しております。
          このような状況の中、現任の会計監査人である有限責任監査法人トーマツの継続監査年数が50年と長期に
         わたる事から、改めて複数の監査法人との比較検討を行った結果、国内においては、より多くの建設・不動
         産業およびその周辺事業の監査実績があること、また海外においてもアーンスト・アンド・ヤング・グロー
         バル・リミテッドのネットワークによる不動産・建設・ホスピタリティ(主に宿泊・観光)セクターでの多
         くの監査実績があり、タイムリーに連携のとれたグループ監査が可能な体制を有していることなどから、E
         Y新日本有限責任監査法人が当社の会計監査人として適任であると判断し、同監査法人を会計監査人として
         選任する議案内容を決定いたしました。
      (6)上記(5)の理由及び経緯に対する次の内容

        ①退任する監査公認会計士等の意見
         特段の意見はない旨の回答を得ております。
        ②監査役会の意見
         妥当であると判断しております。
                                 2/2



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク