株式会社ジーエヌアイグループ 四半期報告書 第20期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第20期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 株式会社ジーエヌアイグループ
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  【表紙】
  【提出書類】       四半期報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条の4の7第1項
  【提出先】       関東財務局長
  【提出日】       2020年5月15日
         第20期第1四半期(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)
  【四半期会計期間】
  【会社名】       株式会社ジーエヌアイグループ
         GNI Group Ltd.
  【英訳名】
  【代表者の役職氏名】       取締役代表執行役社長兼CEO  イン・ルオ
  【本店の所在の場所】       東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
         03(6214)3600(代表)
  【電話番号】
  【事務連絡者氏名】       取締役代表執行役CFO  トーマス・イーストリング
  【最寄りの連絡場所】       東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
         03(6214)3600(代表)
  【電話番号】
  【事務連絡者氏名】       取締役代表執行役CFO  トーマス・イーストリング
  【縦覧に供する場所】       株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
             1/33













                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
           第19期    第20期
     回次     第1四半期    第1四半期     第19期
          連結累計期間    連結累計期間
          自 2019年1月1日    自 2020年1月1日    自 2019年1月1日

     会計期間
          至 2019年3月31日    至 2020年3月31日    至 2019年12月31日
        (千円)    1,575,365    2,125,906    7,446,067
  売上収益
        (千円)    266,634    390,846    1,197,491
  税引前四半期(当期)利益
        (千円)    239,218    258,340    629,918
  四半期(当期)利益
  親会社の所有者に帰属する四半期
        (千円)    119,222    132,351    181,841
  (当期)利益
        (千円)    261,125    112,457    397,697
  四半期(当期)包括利益合計
  親会社の所有者に帰属する四半期
        (千円)    130,703    39,042    41,811
  (当期)包括利益
        (千円)    9,204,918    10,678,887    10,692,126
  親会社の所有者に帰属する部分
        (千円)    17,974,976    21,282,512    20,607,389
  資産合計
  基本的1株当たり四半期(当期)
        (円)     2.87    3.05    4.30
  利益
  希薄化後1株当たり四半期(当
        (円)     2.84    2.96    4.17
  期)利益
        (%)     51.2    50.2    51.9
  親会社所有者帰属部分比率
  営業活動による正味キャッシュ・
        (千円)    85,455    551,137    788,587
  フロー
  投資活動による正味キャッシュ・
        (千円)    △237,952    △74,057    △153,122
  フロー
  財務活動による正味キャッシュ・
        (千円)    △22,823    347,982    2,218,118
  フロー
  現金及び現金同等物の四半期末
        (千円)    4,707,524    8,431,883    7,674,361
  (期末)残高
  (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
    しておりません。
   2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
   3.2019年9月4日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に
    当該株式分割が行われたと仮定して、「基本的1株当たり四半期(当期)利益」及び「希薄化後1株当たり
    四半期(当期)利益」を算定しております。
   4.上記指標は、国際会計基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいてお
    ります。
             2/33






                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  2【事業の内容】
   当社グループは、連結財務諸表提出会社(当社)と連結子会社           13社で構成されており、その事業内容を医薬品事業
  と医療機器事業に区分しています。医薬品事業では、中国市場におけるアイスーリュイの製造・販売と、アイスー
  リュイの追加適応症及びF351を主力とする臨床試験活動を行っております。医療機器事業では、米国を拠点とし、当
  社グループが独自に開発した医療機器(生体材料)の製造及び販売を行っています。
   当第1四半期連結累計期間における、各セグメントに係る主要な関係会社の異動は、概ね次のとおりであります。
  <医薬品> 主要な関係会社の異動はありません。
  <医療機器>主要な関係会社の異動はありません。
             3/33


















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  第2【事業の状況】
  1【事業等のリスク】
   当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
  投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
  のリスク」についての重要な変更はありません。
   なお、新型コロナウイルスの感染拡大による当社グループの事業及び業績への影響につきましては、以下の通りで
  あります。
   新型コロナウイルスについて、当社グループの従業員および関係者への感染防止対策を実施するとともに、製品の
  供給維持を中心とした事業の継続的運営をはかっております。現在、製品供給等の事業運営に関する懸念はございま
  せん。当第1四半期連結累計期間においては新型コロナウイルスの業績への影響は軽微でありました。一方で、開発
  中のプロジェクトによっては、医療機関の状況等により、実施中の治験等の進捗が影響を受けております。
   今後とも、当社グループの従業員及び関係者への感染防止対策を実施するとともに事業活動及び業績への影響に留
  意して取り組んで参ります。
  2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中の将来に関する事項は、当第1四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
  (1)財政状態及び経営成績の状況

   当第1四半期累計期間における世界経済は、新型コロナウイルス感染拡大により景気の減速傾向が強まり、先行き
  は極めて不透明な状況になっております。
   この様な状況の中、当社グループはビジネスの混乱を最小限に抑え、従業員の健康を確保しながら、世界中の患者
  の皆様に新しい希望をもたらすことに全力で取り組んで参りました。医薬品市場では、中国北京コンチネント薬業有
  限公司(以下、BCという。)のアイスーリュイの売上収益が四半期ベースで伸びており、ヘルスケア事業ではマスク
  および関連するヘルスケア製品の売上収益が大幅に拡大いたしました。また、米国市場では、Berkeley                 Advanced
  Biomaterials  LLC(以下、BABという。)の医療機器事業が安定的かつ継続的に収益を確保し、第1四半期連結業績
  としては前年同期に対して増収増益となりました。なお、当社グループの中国における臨床試験につきましては、新
  型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、一時的ではありますが停止した期間が発生し、進捗に遅れが生じました
  が、米国Cullgen   Inc. (以下、Cullgenという。)が行っている開発プログラムにつきましては、その影響が軽微で
  あったため順調に進めることができました。
   また、2020年3月23日にエーザイ株式会社との間で、同社が創出したエンドセリンA受容体選択的拮抗薬・ER-
  000582865を中国(台湾、マカオ、香港含む)において医薬品として研究・開発・販売するために必要な知的財産権
  の独占的実施権許諾に関するライセンス契約を締結いたしました。本契約により、当社は、当該地域におけるER-
  000582865の肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬としての開発・販売権および将来的な腎疾患治療薬としての開発・販
  売に関するオプション権を有することになり、これを機に線維性疾患をはじめとする現在の製品ポートフォリオを拡
  充し、同分野を先導する企業として地位を固めて参ります。
   当第1四半期連結累計期間の当社グループの業績概要は以下のとおりです。

    当第1四半期連結累計期間の経営成績

          連結経営成績概要
                   (単位:千円)
        前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間      差額
           1,575,365     2,125,906    550,540
   売上収益
           1,321,428     1,748,893    427,465
   売上総利益
            251,008     416,469    165, 460
   営業利益
            239,218     258,340    19,122
   四半期利益
   売上収益及び売上総利益

    当第1四半期連結累計期間において、売上収益は前年同期比約           34. 9%増加の  2,125, 906 千円となりました。当第    1
   四半期連結累計期間の売上総利益は、前年同期比約         32. 3%増加の  1,748, 893 千円となりました。前年同期に比べたこ
   の売上収益の増加は、主にBCが新型コロナウイルスの感染拡大で営業停止期間があったにも関わらず、アイスー
   リュイの売上が堅調に推移したことによるものです。
             4/33


                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
   営業利益
    当第1四半期連結累計期間の営業利益は、        前年同期比約  65.9%増加の  416, 469 千円となりました。当社グループの
   BC及びBABの収益性向上が貢献して、営業利益は引き続き増加しております。
   四半期利益

    当第1四半期連結累計期間の四半期利益は、前年同期比約8.0%増加の258,340千円となりました。前年同期に比
   べ法人所得税費用が大幅に増加したものの、四半期利益は増加しております。
             5/33


















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
         販売費及び一般管理費並びに研究開発費

                   (単位:千円)
         前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間      差額
            △959,022     △1,122,503   △163,481
   販売費及び一般管理費
            △362,287     △458,554   △96,267
   人件費
            △127,681     △208,909   △81,227
   研究開発費
   当第1四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費は、前第1四半期連結累計期間に比べ                163, 481 千円増加し、

  1,122, 503 千円となりました。これは一つには、Continent        Pharmaceuticals   Inc. (BCを子会社とするケイマン諸島の
  当社子会社、以下、CPIという。)      の香港上場準備に関連する費用が計上されたことによるものです。研究開発費が前
  年同期に比べ増加したのは、     中国における  アイスーリュイの追加適応症及び      Cullgenにおいて継続中の創薬研究活動
  によるものです。
          金融収益及び金融費用

                   (単位:千円)
         前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間      差額
            31,070     10,898   △20,172
   金融収益
            △15,445     △36,520   △21,075
   金融費用
   金融収益

    当第1四半期連結累計期間の金融収益は、前第1四半期連結累計期間の             31, 070 千円と比べて、20   ,172 千円減少
   し、10 ,898 千円となりました。
   金融費用

    当第1四半期連結累計期間の金融費用は、前第1四半期連結累計期間の             15, 445 千円と比べて  21,075 千円増加し、
   36,520 千円となりました。この金融費用は、主として、支払利息並びに現金支出を伴わない外貨建ての資産及び負
   債の評価替えによる為替差損によるものです。
  (2)財政状態に関する分析

           連結財政状態
                   (単位:千円)
         前連結会計年度    当第1四半期連結会計期間       差額
          20,607,389     21,282,512     675,123
   資産合計
           7,511,555     8,165,763     654,208
   負債合計
          13,095,833     13,116,748     20,915
   資本合計
   資産合計

    当第1四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末に比べて              675,123 千円増加し、  21,282,512  千
   円となりました。
   負債合計

    当第1四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べて654,208千円増加し、                 8,165, 763 千
   円となりました。
   資本合計

    当第1四半期連結会計期間末における資本合計は、前連結会計年度末に比べて20,915千円増加し、                 13,116, 748 千
   円となりました。
             6/33



                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
          連結キャッシュ・フロー
                   (単位:千円)
         前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間      差額
             85,455     551,137   465,681
   営業活動によるキャッシュ・フロー
            △237,952     △74,057   163,894
   投資活動によるキャッシュ・フロー
            △22,823     347,982   370,806
   財務活動によるキャッシュ・フロー
   営業活動によるキャッシュ・フロー

    当第1四半期連結累計期間の営業活動によるキャッシュ・フローは、前第1四半期連結累計期                間の 85, 455 千円の
   収入と比べて465,681千円増加し、551,137千円の        収入 となりました。主な増加要因は、税引前四半期利益の増加及
   び営業債権等の回収によるものであります。
   投資活動によるキャッシュ・フロー

    当第1四半期連結累計期間の投資活動によるキャッシュ・フローは、前第1四半期連結累計期間の                 237, 952 千円 の
   支出 と比べて163,894千円減少し、74,057千円の       支出 となりました。  主な支出は、有形固定資産の取得による支出で
   あります。
   財務活動によるキャッシュ・フロー

    当第1四半期連結累計期間の財務活動によるキャッシュ・フローは、前第1四半期連結累計期間の                 22, 823 千円の
   支出 に対し、347,982千円の収入となりました。主な収入は、短期借入金の増加によるものであります。
  (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

   当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更はありませ

  ん。また新たに生じた課題はありません。
  (4)研究開発活動

  〔創薬〕

    当社グループの   創薬活動  はCullgenを中心に展開しており、同社は、新しい創薬基盤技術であるuSMITE™             (ユビキ

   チン化を介した標的タンパク質分解誘導技術)        を活用した、がん、炎症性疾患及び自己免疫疾患の新たな治療にお
   ける革新的な新規化合物を見出し、医薬品として開発を行う目的で設立されました。
   Cullgenは現在、がんを対象とした5つの新規分解剤の開発に注力し、2020年中に最初の臨床候補名が決定される

  見込みです。また、標的タンパク質分解技術の未来と考えられている、新規E3リガンドの同定と評価のための独自
  のプラットフォームを確立し、5つのE3リガーゼプログラムが開発中となっております。
             7/33







                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  〔臨床試験〕
  ■アイスーリュイ〔中国語:艾思瑞      、英語:Etuary   (一般名:ピルフェニドン)     〕

        ®   ®
   放射線性肺炎(RP)
    当社グループは、アイスーリュイの2番目の適応症として、           RP治療薬の第3相臨床試験前パイロット試験を実施
   しております。これは、反復投与、多施設でのオープン試験を行うもので、2020年3月末時点で11名の被験者が登
   録され、10施設が本試験に参加いたしました。前事業年度第2四半期に治験実施計画書の登録基準が変更され、病
   院が追加となりました。    2020年3月末時点で変更された治験については、39名の被験者が登録されました。              従いま
   して、本試験は2020年度第3四半期までかかる見込みです。
   糖尿病腎症(DN)

   DNは、Ⅰ型糖尿病またはⅡ型糖尿病により引き起こされる慢性腎臓病です。中国では9,240万人が糖尿病に脅か
   されており、このうち20~30%がⅠ型糖尿病またはⅡ型糖尿病を患い、腎疾患を引き起こすと言われております。
    当社グループは、2016年8月、国家薬品監督管理局(NMPA、旧中国食品医薬品局)からDN治療薬のIND申請に対す
   る承認を取得し、且つ、第2相臨床試験に直接移行することを承認されております。              本第2相臨床試験につきまし
   ては、2020年3月末時点で予備研究として2名の治験者が登録されております。
   結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)

   2016年9月に、結合組織疾患患者の方の肺に炎症や線維症を引き起こす肺疾患であるCTD-ILDの治療薬として、
   4番目のアイスーリュイの適応症でNMPAより当該治療薬のIND申請に対しての承認を受けました。このIND承認によ
   り、全身性硬化症(強皮症)と皮膚筋炎(DM)の2つのCTD-ILD適応症について、直接第3相臨床試験に移行すること
   が承認されました。
    2018年6月には、強皮症およびDMの治療を対象とした第3相臨床試験の各段階において、無作為、二重盲検、プ
   ラセボ・コントロール、52週間の試験に第1期被験者を登録しました。2020年3月末現在、被験者は強皮症では10
   名、DMでは27名が登録されおり、      引き続き被験者の登録を行っております       。強皮症には144名、DM試験には152名の
   被験者が登録される予定です。
   じん肺治療薬  (Pneumoconiosis   Disease )

   2019年5月、当社グループは、アイスーリュイの適応症として、じん肺治療薬としての治験許可(IND)申請に
   対する承認をNMPAより取得しました。じん肺疾患は、肺に炎症や瘢痕化(線維化)を引き起こす慢性的な肺疾患
   で、吸い込まれた粉塵や微粒子が、肺の細胞に蓄積することによって引き起こされます。中国には、およそ43万3
   千人の患者様がおり、更に、適格な診断を受けていない患者様が、最大60万人いると推定されており、中国のみな
   らず、世界中でアンメット・メディカル・ニーズ(有効な治療方法がない疾患に対する医療ニーズ)が存在してお
   ります。BCは、病院との提携を進め、治験実施計画を決定の上、臨床試験を開始して参ります。
   ■F351(肝線維症等治療薬)

   F351(一般名:ヒドロニドン)は、当社グループの医薬品ポートフォリオにおける重要な創薬候補化合物であり、
   他の世界の主要医薬品市場へ臨床開発活動を拡大する戦略の重要な部分を占めています。
    F351は、アイスーリュイの誘導体である新規開発化合物であり、肝星細胞の増殖及び内臓の線維化に重要な役割
   を果たすTGF-β伝達経路の両方の阻害剤です。当社グループは中国、日本、豪州、カナダ、米国及び欧州各国を含
   む主要な国でのF351の特許権を保有しております。
   中国 -   2019年8月にF351の中国における第2相臨床試験のデータ集積の終了を発表いたしました。本第2相臨

    床試験は中国全土の10の病院が参加し、無作為、二重盲検、プラセボ・コントロール、エンテカビル併
    用投与、用量範囲、多施設との条件で試験を行い、登録された177名の被験者の内、適切な試験を行うこ
    とが出来た149名の被験者の試験データ集積をもって本試験を終了致しました。
     当社グループはNMPAが要求するその他の関連臨床試験または非臨床試験や肝生検から得られた多くの
    病理学的データを含む、第2相臨床試験の試験データの徹底的な解析を実施しております。他方、臨床
    試験プロセスの監査を実施しており、監査が完了しますと結果が発表できます。              しかしながら、監査の
    実施は複数の病院であるため、新型コロナウイルス感染拡大の影響で想定以上に時間を要しておりま
    す。
     第2相臨床試験が完了しましたら      、第3相臨床試験の実施方法や早期条件付き承認の可能性を含め、
    F351が早期に承認されるよう、すべてのデータをNMPAの医薬品評価センターに提出する予定です。
   米国 -   米国の開発活動は、中国の第2相臨床試験の結果が発表されるまで一時保留しております。当社グルー

    プは、米国および中国における試験で収集されたデータに基づき、米国で実施可能な試験の疾患適応お
    よび用法・用量を決定いたします。
             8/33


                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
   ■タミバロテン(急性前骨髄球性白血病(APL)治療薬)

   タミバロテンはAPLの治療薬です。APLは急性骨髄性白血病の一種で、前骨髄球が「がん化」する白血病です。共
   同開発者である東光製薬工業株式会社および当社グループのGNI           Hong Kong Limitedは、2015年10月に「アムノレ
   イク®錠2mg  (一般名:タミバロテン)」を輸入医薬品としてNMPAに登録申請しており、その後、 NMPAは治験施設
   において文書審査および医薬品の臨床試験の実施の基準(GCP)査察を実施いたしました。NMPAは審査後、申請側
   に対しより多くのCMC(化学、製造、品質管理)データを求めております。申請側は、               追加データの事前確認中で
   あり、2020年度   第2四半期中に提出する予定です。
   ■F573(急性肝不全・慢性肝不全急性時(ACLF)治療薬)

   F573はアイスーリュイ及びF351に次ぐ3番目の創薬候補化合物として、カスパーゼを阻害する可能性を持つ強い
   ジペプチド化合物であり、B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)、アルコール性肝硬変による重症肝炎に
   関連して発生する細胞死や炎症反応に重要な化合物です。2018年4月、F573のIND申請はNMPAにより承認され、第
   1相臨床試験の結果が満足できるものであれば、第2相臨床試験を実施することが認められております。
    2019年3月にF573に関する権利はGNI       Hong Kong Limitedより、CPIに譲渡されております。従いまして、CPIは
   当社グループと連携して、臨床試験施設の選定を含む第1相臨床試験の開始を準備しております。
  以上の結果、当第1四半期連結累計期間における当社グループの研究開発費の総額は、208,909                千円となりました。

             9/33















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  3【経営上の重要な契約等】
   当第1四半期連結会計期間において締結した、経営上の重要な契約等は次のとおりです。
       相手先の
  契約会社名   相手先の名称     契約品目    契約内容    契約締結日   契約期間
       所在地
            エンドセリンA受容体選択

         知的財産権   的拮抗薬・ER-000582865に
  株式会社ジー
         の独占的実   ついて、中国(台湾、マカ
  エヌアイグ   エーザイ株式            2020年  2020年
       日本  施権許諾に   オ、香港含)において医薬
  ループ(当   会社            3月23日  3月23日~
         関するライ   品として研究・開発・販売
  社)
         センス契約   するために必要な知的財産
            権の独占的実施権許諾
            10/33

















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  第3【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
               発行可能株式総数(株)
      種類
                    90,000,000
      普通株式
                    90,000,000
       計
   ②【発行済株式】

      第1四半期会計期間
              上場金融商品取引所
         提出日現在発行数(株)
      末現在発行数(株)
   種類           名又は登録認可金融      内容
          (2020年5月15日)
      (2020年3月31日)        商品取引業協会名
              東京証券取引所
       43,405,449    43,405,449
   普通株式               単元株式数100株
              (マザーズ)
       43,405,449    43,405,449    -    -
   計
  (注)提出日現在発行数には、2020年5月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株
   式数は、含まれておりません。
  (2)【新株予約権等の状況】

   ①【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
   ②【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

   該当事項はありません。
  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

     発行済株式総数   発行済株式総数   資本金増減額   資本金残高   資本準備金  資本準備金残高

   年月日
     増減数(株)   残高(株)   (千円)   (千円)  増減額(千円)   (千円)
  2020年1月1日~

  2020年3月31日     36,000  43,405,449    3,720  8,216,705   3,720  8,176,705
  (注)
  (注)2020年1   月1日から2020年3月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が36,000株、資本金
   及び資本準備金がそれぞれ3,720千円増加しております。
  (5)【大株主の状況】

   当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
            11/33






                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  (6)【議決権の状況】
   ①【発行済株式】
                   2019年12月31日現在
          株式数(株)    議決権の数(個)
     区分               内容
            -   -     -
  無議決権株式
  議決権制限株式(自己株式等)          -   -     -
  議決権制限株式(その他)          -   -     -

         (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式等)             -     -
            1,200
         普通株式
  完全議決権株式(その他)         43,353,800     433,538    -
         普通株式
            14,449   -     -
  単元未満株式数       普通株式
           43,369,449    -     -
  発行済株式総数
            -    433,538    -
  総株主の議決権
   (注)当第1四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載すること
   ができないことから、直前の基準日(2019年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
   ②【自己株式等】

                2019年12月31日現在
                 発行済株式総
            自己名義所有   所有株式数の   数に対する所
  所有者の氏名又は名称      所有者の住所
            株式数(株)   合計(株)   有株式数の割
                 合(%)
  (自己保有株式)
       東京都中央区日本橋本町
             1,200   1,200   0.00
  株式会社
       二丁目2番2号
  ジーエヌアイグループ
         -    1,200   1,200   0.00
    計
   (注)当第1四半期会計期間末日現在の「自己株式等」については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載すること
   ができないことから、直前の基準日(2019年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
  2【役員の状況】

   前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
            12/33









                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  第4【経理の状況】
  1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
   当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
  閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
  2.監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から2020
  年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)に係る要約四半期連結財
  務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
            13/33

















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  1【要約四半期連結財務諸表】
  (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当第1四半期連結会計期間
          注記
           (2019年12月31日)      (2020年3月31日)
          番号
  資産
  非流動資産
              2,399,936      2,395,902
   有形固定資産
              393,696      752,709
   使用権資産
              4,768,650      4,734,654
   のれん
              1,843,081      1,824,123
   その他の無形資産
               16      16
   繰延税金資産
          6    599,385      585,177
   その他の金融資産
              361,390        -
   その他の非流動資産
             10,366,157      10,292,583
   非流動資産合計
  流動資産

              806,978      754,599
   棚卸資産
              1,188,778       954,962
   営業債権及びその他の債権
          6    403,237      395,825
   その他の金融資産
              167,877      452,657
   その他の流動資産
              7,674,361      8,431,883
   現金及び現金同等物
             10,241,232      10,989,928
   流動資産合計
             20,607,389      21,282,512
  資産合計
  負債及び資本

  非流動負債
          6    981,950      769,849
   借入金
              174,871      280,414
   リース負債
              216,196      217,736
   繰延税金負債
          6    2,753,815      2,830,510
   その他の金融負債
              168,547      164,203
   その他の非流動負債
              4,295,382      4,262,714
   非流動負債合計
  流動負債

              271,812      244,833
   営業債務及びその他の債務
          6    690,823      1,337,324
   借入金
              190,840       88,742
   リース負債
              185,565      241,292
   未払法人所得税
          6    1,375,982      1,369,726
   その他の金融負債
              501,147      621,129
   その他の流動負債
              3,216,173      3,903,049
   流動負債合計
              7,511,555      8,165,763
  負債合計
  資本

          11    8,212,985      8,216,705
   資本金
         10,11    4,273,412      4,214,200
   資本剰余金
              △472      △472
   自己株式
             △1,764,904      △1,632,552
   利益剰余金
              △28,894      △118,993
          10
   その他の資本の構成要素
   親会社の所有者に帰属する部分合計           10,692,126      10,678,887
              2,403,706      2,437,861
          10
   非支配持分
             13,095,833      13,116,748
   資本合計
             20,607,389      21,282,512
  資本及び負債の合計
            14/33


                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
   【要約四半期連結損益計算書】
   【第1四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
            前第1四半期連結累計期間       当第1四半期連結累計期間
          注記
            (自 2019年1月1日      (自 2020年1月1日
          番号
             至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
          8    1,575,365      2,125,906
  売上収益
              △253,937     △377,012
  売上原価
  売上総利益            1,321,428      1,748,893
              △959,022     △1,122,503

  販売費及び一般管理費
              △127,681     △208,909
  研究開発費
               18,645      6,430
  その他の収益
               △2,362     △7,442
  その他の費用
               251,008      416,469
  営業利益
               31,070      10,898

  金融収益
              △15,445     △36,520
          9
  金融費用
               266,634      390,846
  税引前四半期利益
              △27,415     △132,506
  法人所得税費用
               239,218      258,340
  四半期利益
  四半期利益の帰属

               119,222      132,351
  親会社の所有者
               119,995      125,989
  非支配持分
  1株当たり四半期利益

  基本的1株当たり四半期利益(円)        7     2.87      3.05
  希薄化後1株当たり四半期利益(円)        7     2.84      2.96
            15/33










                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
   【要約四半期連結包括利益計算書】
   【第1四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
            前第1四半期連結累計期間       当第1四半期連結累計期間
           (自 2019年1月1日      (自 2020年1月1日
            至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
              239,218      258,340
  四半期利益
  その他の包括利益

  純損益にその後に振替えられる可能性の
  ある項目
              21,907      △145,882
   在外営業活動体の換算差額
              21,907      △145,882
   その他の包括利益合計
              261,125      112,457
  四半期包括利益合計
  四半期包括利益の帰属

              130,703       39,042
  親会社の所有者
              130,421       73,414
  非支配持分
            16/33














                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
    前第1四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)
                    (単位:千円)
            親会社の所有者に帰属する部分
                 その他の資本の構成要素
      注記
      番号
       資本金  資本剰余金  自己株式  利益剰余金
                  在外営業活動
                新株予約権     合計
                  体の換算差額
  2019年1月1日残高
       7,511,950  3,352,602   △407 △1,946,745   68,836  28,838  97,675
  四半期利益      -  -  - 119,222   -  -  -
  その他の包括利益      -  -  -  -  -  11,480  11,480
  四半期包括利益合計      -  -  - 119,222   -  11,480  11,480
  支配継続子会社に対
      10  -  28,698   -  -  -  6,466  6,466
  する持分の変動
  新株の発行   11  983  983  -  -  △947  -  △947
  非支配持分への売建
  プット・オプション   6  -  22,720   -  -  -  234  234
  負債の変動
  所有者との取引額合計      983  52,403   -  -  △947  6,700  5,753
  2019年3月31日残高     7,512,934  3,405,005   △407 △1,827,522   67,888  47,020  114,909
       親会社の所有

       者に帰属する
      注記
       部分  非支配持分  資本合計
      番号
       合計
  2019年1月1日残高     9,015,074   992,861  10,007,936
  四半期利益     119,222  119,995  239,218
  その他の包括利益     11,480  10,426  21,907
  四半期包括利益合計
       130,703  130,421  261,125
  支配継続子会社に対
      10  35,164  △35,164   -
  する持分の変動
  新株の発行   11  1,020   -  1,020
  非支配持分への売建
  プット・オプション   6  22,955  △63,212  △40,256
  負債の変動
  所有者との取引額合計      59,140  △98,377  △39,236
  2019年3月31日残高     9,204,918  1,024,905  10,229,824
            17/33








                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
    当第1四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)
                    (単位:千円)
            親会社の所有者に帰属する部分
                 その他の資本の構成要素
      注記
      番号
       資本金  資本剰余金  自己株式  利益剰余金
                  在外営業活動
                新株予約権     合計
                  体の換算差額
  2020年1月1日残高     8,212,985  4,273,412   △472 △1,764,904   96,199  △125,094  △28,894
  四半期利益
        -  -  - 132,351   -  -  -
  その他の包括利益
        -  -  -  -  - △93,308  △93,308
  四半期包括利益合計      -  -  - 132,351   - △93,308  △93,308
  分配金の支払
        -  -  -  -  -  -  -
  新株の発行
      11  3,720  3,720   -  - △3,480   - △3,480
  株式報酬取引      -  -  -  -  15,878   -  15,878
  非支配持分への売建
  プット・オプション
      6  - △62,932   -  -  - △9,188  △9,188
  負債の変動
  所有者との取引額合計      3,720  △59,212   -  -  12,398  △9,188  3,209
  2020年3月31日残高
       8,216,705  4,214,200   △472 △1,632,552   108,598  △227,591  △118,993
       親会社の所有

       者に帰属する
       部分
      注記
         非支配持分  資本合計
      番号
       合計
  2020年1月1日残高     10,692,126  2,403,706  13,095,833

  四半期利益     132,351  125,989  258,340
  その他の包括利益     △93,308  △52,574  △145,882
  四半期包括利益合計
        39,042  73,414  112,457
  分配金の支払      - △94,653  △94,653
  新株の発行   11  3,960   -  3,960
  株式報酬取引     15,878   -  15,878
  非支配持分への売建
  プット・オプション   6 △72,120  55,393  △16,727
  負債の変動
  所有者との取引額合計     △52,282  △39,259  △91,542
  2020年3月31日残高     10,678,887  2,437,861  13,116,748
            18/33








                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                   (単位:千円)
            前第1四半期連結累計期間       当第1四半期連結累計期間
          注記
           (自 2019年1月1日      (自 2020年1月1日
          番号
            至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
              266,634      390,846
  税引前四半期利益
              52,805      71,854
  減価償却費
              △541,262      191,275
  営業債権及びその他の債権の増減額
              418,494      △23,289
  営業債務及びその他の債務の増減額
              △38,591      40,076
  棚卸資産の増減額
              △15,625       2,721
  金融収益及び金融費用
               810     △82,988
  その他
              143,264      590,497
   小計
  利息の受取額            6,214      34,643
              △24,177      △14,687
  利息の支払額
              △39,845      △59,316
  法人所得税の支払額
              85,455      551,137
  営業活動による正味キャッシュ・フロー
  投資活動によるキャッシュ・フロー

               -      9,108
  定期預金の純増減額
          12    △117,926      △77,971
  有形固定資産の取得による支出
              △11,300      △6,890
  無形資産の取得による支出
               32      -
  差入保証金・敷金の減少による収入
              1,696      1,696
  貸付金の回収による収入
              △110,454       -
  投資有価証券の取得による支出
              △237,952      △74,057
  投資活動による正味キャッシュ・フロー
  財務活動によるキャッシュ・フロー

              8,186      483,390
  短期借入金増減額
              △25,000      △25,000
  長期借入金の返済による支出
  新株予約権の行使による株式の発行によ
          11     1,020      3,960
  る収入
               -     △94,653
  非支配持分への分配金の支払による支出
              △7,029      △19,714
  リース負債の返済による支出
              △22,823      347,982
  財務活動による正味キャッシュ・フロー
              13,081      △67,540

  現金及び現金同等物に係る換算差額
              △162,238      757,522
  現金及び現金同等物の増減額
              4,869,762      7,674,361
  現金及び現金同等物の期首残高
              4,707,524      8,431,883
  現金及び現金同等物の四半期末残高
            19/33






                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  【要約四半期連結財務諸表注記】
   1.報告企業
    株式会社ジーエヌアイグループ(以下、「当社」)は日本国に所在する株式会社です。登記されている事務所
   の住所及び事業の主たる場所は、東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号です。当社及びその子会社(以下、
   「当社グループ」)は医薬品関連事業及び医療機器関連事業を行っております。
    当社の連結子会社である北京コンチネント薬業有限公司、上海ジェノミクス有限公司、GNI                Hong Kong
   Limited、GNI  Tianjin  Limited、上海ジェノミクステクノロジー有限公司、Cullgen          (Shanghai),  Inc.及び上海
   リーフ国際貿易有限公司は、中国における臨床試験、医薬品の開発及び製造販売、抗体製造販売、創薬関連の研
   究受託等の医薬品関連事業を行っております。米国においては、連結子会社のGNI              USA, Inc.及びCullgen   Inc.
   が医薬品開発を行っております。
    当社の連結子会社であるBerkeley      Advanced  Biomaterials  LLCは、生体材料を含む医療機器の開発、製造及び
   販売等の医療機器関連事業を行っております。
    当社グループの2020年3月31日に終了する第1四半期連結会計期間の要約四半期連結財務諸表は、2020年5月
   15日に取締役代表執行役社長兼CEOイン・ルオ及び取締役代表執行役CFOトーマス・イーストリングによって承認
   されております。
   2.作成の基礎

    (1)IFRSに準拠している旨の事項
     当社グループの要約四半期     連結財務諸表は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成してお
    ります。
     当社グループは、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
    64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしていることから、同第93条の規定
    を適用しております。
     本要約四半期連結財務諸表には年次の連結財務諸表で要求される全ての情報が含まれていないため、2019
    年12月31日に終了した連結会計年度の当社グループの連結財務諸表と併せて利用されるべきものです。
    (2)測定の基礎

     当社グループの要約四半期連結財務諸表は、(3.重要な会計方針)で記載されているとおり、公正価値
    で測定されている金融商品を除き、取得原価を基礎として作成しております。
    (3)機能通貨及び表示通貨

     当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、千円未
    満を切り捨てて表示しております。
   3.重要な会計方針

    本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度の連結財務諸表において適用
   した会計方針と同様であります。
    なお、当第1四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積年次実効税率を基に算定しております。
   4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

    要約四半期連結財務諸表の作成に当たり、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告
   額に影響を及ぼす見積り、判断及び仮定の設定を行っております。
    会計上の見積りの結果は、その性質上、実際の結果とは異なる可能性があります。
    見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直され、会計上の見積りの見直しによる影響は、その見積りを見
   直した会計期間と将来の会計期間において認識されます。
    本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り、判断及び仮定の設定は、原則として前連結会
   計年度に係る連結財務諸表と同様です。
    重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断については、現時点で入手し得る最新の情報に基づいて行ってお
   りますが、新型コロナウイルス感染症の影響については、感染拡大の規模や終息時期の見通しが依然不透明な状
   況にあります。しかしながら、中国で経済活動が徐々に再開されているのを起点として、今後各地域において経
   済活動が再開されるのに伴い、治験の進捗及び需要が回復すると仮定しております。したがって、前連結会計年
   度末時点において予測した状況からの変更は見込んでおりません。
            20/33



                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
   5.事業セグメント
   (1)報告セグメントの概要
     当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち、分離された財務情報が入手可能であ
    り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているも
    のであります。
     当社グループは、その事業内容を医薬品事業と医療機器事業の二つに区分しております。医薬品事業では、
    医薬品の研究開発、製造、販売及び受託研究などを行っており、医療機器事業では、生体材料を含む医療機器
    の研究開発、製造及び販売を行っております。
     各報告セグメントの主要製品は以下のとおりであります。
  報告セグメント         会社名        主要製品
     株式会社ジーエヌアイグループ、北京コンチネント薬業有限公司、
                  アイスーリュイ、医
     上海ジェノミクス有限公司、     GNI Hong Kong Limited、GNI  Tianjin  Limited 、
  医薬品事業                薬品開発、その他医
     上海ジェノミクステクノロジー有限公司、Cullgen         (Shanghai)  Inc.、GNI
                  薬品、試薬
     USA, Inc.、Cullgen   Inc.、上海リーフ国際貿易有限公司
     Berkeley  Advanced  Biomaterials  LLC
  医療機器事業                生体材料
            21/33















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
   (2)報告セグメントの売上収益及び損益
     当社グループの報告セグメント情報は以下のとおりです。
    前第1四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)
                   (単位:千円)
         報告セグメント
                調整額   連結
      医薬品事業   医療機器事業    合計
  売上収益
  (1)外部顧客への
       1,092,955    482,410   1,575,365     -  1,575,365
   売上収益
  (2)セグメント間
        -   -   -   -   -
   の内部売上収
   益又は振替高
       1,092,955    482,410   1,575,365     -  1,575,365
   計
       37,488   187,412   224,901   26,107   251,008

  セグメント利益
                    31,070

                 金融収益
                    △15,445
                 金融費用
                    266,634
               税引前四半期利益
  (注)1 セグメント間の内部売上収益又は振替高は、独立企業間価格に基づいております。
   2  セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用等であります。全社費用は、主に
    報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
   3 セグメント利益は、要約四半期連結損益計算書の営業利益を用いております。
    当第1四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)

                   (単位:千円)
         報告セグメント
                調整額   連結
      医薬品事業   医療機器事業    合計
  売上収益
  (1)外部顧客への
       1,693,935    431,971   2,125,906     -  2,125,906
   売上収益
  (2)セグメント間
        -   -   -   -   -
   の内部売上収
   益又は振替高
       1,693,935    431,971   2,125,906     -  2,125,906
   計
       285,555   130,402   415,957    511   416,469

  セグメント利益
                    10,898

                 金融収益
                    △36,520
                 金融費用
                    390,846
               税引前四半期利益
  (注)1 セグメント間の内部売上収益又は振替高は、独立企業間価格に基づいております。
   2  セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用等であります。全社費用は、主に
    報告セグメントに帰属しない一般管理費であります         。
   3 セグメント利益は、要約四半期連結損益計算書の営業利益を用いております。
            22/33





                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
   6.金融商品の公正価値
   (1)金融商品の公正価値
     金融資産および負債の公正価値及び要約四半期連結財政状態計算書における帳簿価額は以下のとおりです。
                   (単位:千円)
         前連結会計年度末       当第1四半期連結会計期間

         (2019年12月31日)        (2020年3月31日)
        帳簿価額    公正価値    帳簿価額    公正価値

  金融資産

         41,685    41,374    41,364    40,938
   敷金保証金
         29,970    31,962    28,274    30,036
   貸付金
         534,514    534,514    524,021    524,021
   出資金
         606,171    607,851    593,660    594,996
    計
  金融負債
         1,672,774    1,662,526    2,107,173    2,104,981
   借入金
         7,894    7,894    61,604    61,604
   預り保証金
   非支配持分に係る売建
         4,121,904    4,121,904    4,138,631    4,138,631
   プット・オプション負債
         5,802,572    5,792,325    6,307,409    6,305,217
    計
   (2)公正価値の測定方法

     金融資産及び金融負債の公正価値は、以下のとおり算定しております。
    (敷金保証金及び貸付金)

     敷金保証金及び貸付金は契約ごとに分類し、その契約期間に応じて国債の利回り等適切な指標に信用リスク
    を加味した利率で割り引く方法より、公正価値を見積っております。
    (借入金)

     短期借入金は、短期間で決済されるものであるため、公正価値は帳簿価額に近似しております。
     長期借入金は、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法
    により、公正価値を見積っております。
     ただし、変動金利による長期借入金は、短期間で市場金利を反映し、また、信用状態は実行後大きく異なっ
    ていないことから、公正価値は帳簿価額に近似しております。
    (出資金)

     出資金は、非上場会社の持分であるため、純資産価値に基づき一定の調整を加える評価技法を用いておりま
    す。
    (預り保証金)

     預り保証金は、その将来キャッシュ・フローを期日までの期間に応じて国債の利回り等適切な指標に信用リ
    スクを加味した利率で割り引く方法により、公正価値を見積っております。
    (非支配持分に係る売建プット・オプション負債)

     非支配持分に係る売建プット・オプション負債は、将来キャッシュ・フローを割り引く方法により、公正価
    値を見積っております。なお、公正価値は帳簿価額に近似しております。
    (上記以外の金融商品)

     上記以外の金融商品は主に短期間で決済されるものであるため、公正価値は帳簿価額に近似しております。
            23/33



                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
    (3)公正価値ヒエラルキー
     金融商品の公正価値は、公正価値の測定に利用するインプットをもとに、それぞれのレベルを以下のように
    分類しております。
    レベル1:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)市場価格により測定された公正価値
    レベル2:レベル1以外の直接又は間接的に観察可能な指標を用いて測定された公正価値
    レベル3:重要な観察可能でない指標を用いて測定された公正価値
     公正価値の測定に複数のインプットを使用している場合には、その公正価値の測定の全体において重要な最

    も低いレベルのインプットに基づいて公正価値のレベルを決定しております。公正価値ヒエラルキーのレベル
    間の振替は、各四半期の期首時点で発生したものとして認識しております。なお、前連結会計年度および当連
    結会計年度において、レベル1とレベル2の間における振替はありません。
    前連結会計年度(2019年12月31日)

                   (単位:千円)
          レベル1   レベル2   レベル3   合計
    金融資産
    償却原価で測定される金融資産
            -  41,374    -  41,374
     敷金保証金
            -  31,962    -  31,962
     貸付金
    純損益を通じて公正価値で測定
    する金融資産
            -   -  534,514   534,514
     出資金
            -  73,337   534,514   607,851
      計
    金融負債
    償却原価で測定される金融負債
            -  1,662,526    -  1,662,526
     借入金
            -   7,894    -   7,894
     預り保証金
    非支配持分に係る売建プット・
            -   -  4,121,904   4,121,904
    オプション負債
            -  1,670,420   4,121,904   5,792,325
      計
            24/33









                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
    当第1四半期連結会計期間(2020年3月31日)
                   (単位:千円)
          レベル1   レベル2   レベル3   合計
    金融資産
    償却原価で測定される金融資産
            -  40,938    -  40,938
     敷金保証金
            -  30,036    -  30,036
     貸付金
    純損益を通じて公正価値で測定
    する金融資産
            -   -  524,021   524,021
     出資金
            -  70,975   524,021   594,996
      計
    金融負債
    償却原価で測定される金融負債
            -  2,104,981    -  2,104,981
     借入金
            -  61,604    -  61,604
     預り保証金
    非支配持分に係る売建プット・
            -   -  4,138,631   4,138,631
    オプション負債
            -  2,166,585   4,138,631   6,305,217
      計
            25/33














                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
   7.1株当たり四半期利益
   各第1四半期連結累計期間における基本的1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は、以下のとおりです。
   (1)基本的1株当たり四半期利益
            前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間

            (自 2019年1月1日     (自 2020年1月1日
            至 2019年3月31日)     至 2020年3月31日)
  親会社の所有者に帰属する四半期利益(千円)             119,222

                    132,351
  発行済普通株式の期中平均株式数(株)             41,582,958
                    43,395,522
  基本的1株当たり四半期利益(円)              2.87
                     3.05
   (2)希薄化後1株当たり四半期利益

            前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間

            (自 2019年1月1日     (自 2020年1月1日
            至 2019年3月31日)     至 2020年3月31日)
  親会社の所有者に帰属する四半期利益(千円)

               119,222     132,351
  発行済普通株式の期中平均株式数(株)
              41,582,958     43,395,522
  希薄化効果の影響調整:
  ストック・オプション(株)             382,365

                    1,297,494
  希薄化効果後期中平均株式数(株)             41,965,323
                    44,693,016
  希薄化後1株当たり四半期利益(円)              2.84

                     2.96
  (注)当社は、2019年9月4日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。前第1四半期連結累計
  期間の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、「基本的1株当たり四半期利益」及び「希薄化後1株当たり四半
  期利益」を算定しております。
   8.売上収益

    当社グループは、医薬品事業及び医療機器事業を基本にして組織が構成されており、当社の取締役会が、経営
   資源の配分の決定及び業績の評価をするために、定期的に検討を行う対象としていることから、これらの事業で
   計上する収益を売上収益として表示しております。また、売上収益は顧客の所在地に基づき地域別に分解してい
   ます。
    これらの分解した売上収益と各報告セグメントの売上収益の関連は以下のとおりです。
  前第1四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)

                   (単位:千円)
          医薬品事業    医薬機器事業    合計
  日本           9,844     -   9,844

            1,083,110
  中国               -   1,083,110
             -   482,410    482,410
  米国
            1,092,955     482,410    1,575,365
    合計
            26/33




                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  当第1四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)
                   (単位:千円)
          医薬品事業    医薬機器事業    合計
  日本           2,771     -   2,771

            1,691,164
  中国               -   1,691,164
             -   431,971    431,971
  米国
            1,693,935     431,971    2,125,906
    合計
    医薬品事業では、医薬品の研究開発、製造、販売及び受託研究等を行っており、国内外の卸売業者、医療機関、

   研究機関等を主な顧客としております。
    医薬品機器事業では、生体材料を含む医療機器の研究開発、製造及び販売を行っており、国内外の卸売業者、医
   療機関等を主な顧客としております。
    これらの事業における製品の販売等に係る収益は、前連結会計年度に係る連結財務諸表において適用した会計方
   針と同一の会計方針に従って、会計処理をしております。
            27/33















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
   9.金融費用
    当第1四半期連結累計期間における金融費用36,520千円には、主に支払利息及び為替差損が含まれておりま
   す。
   10.非支配持分の取得・支配継続子会社に対する持分の変動

    前第1四半期連結累計期間においては、       2019年2月に、Continent     Pharmaceuticals   Inc.がGNI  USA Inc.から
   同社が投資有価証券として所有しているIriSys        LLCの15.02%の持分、さらに、GNI      Hong Kong Limitedから同社
   が所有しているF573の権利をそれぞれ現物出資により取得しました。その結果、非支配持分が36,427千円減少
   し、資本剰余金と在外営業活動体の換算差額がそれぞれ29,971千円、6,455千円増加しました。
    当第1四半期連結累計期間     は該当事項はありません。

            28/33

















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
   11.資本及びその他の資本項目
    新株予約権の行使による株式の発行による収入

    前第1四半期連結累計期間において、新株予約権の一部について権利行使があり、983千円を資本金に、983千
   円を資本剰余金に組み入れております。
    当第1四半期連結累計期間において、新株予約権の一部について権利行使があり、3,720千円を資本金に、

   3,720千円を資本剰余金に組み入れております。
            29/33


















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
   12.有形固定資産の取得による支出
    当第1四半期連結累計期間の有形固定資産の取得による支出77,971千円は、主に連結子会社北京コンチネント
   薬業有限公司及びCullgen     (Shanghai)  Inc.が行った有形固定資産の取得によるものです。
   13.重要な後発事象

    該当事項はありません。
            30/33



















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  2【その他】
   該当事項はありません。
            31/33




















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
            32/33




















                     EDINET提出書類
                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                      四半期報告書
        独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年5月15日
  株式会社ジーエヌアイグループ
  取締役会 御中
          EY新日本有限責任監査法人

          指定有限責任社員

              公認会計士
                 矢崎 弘直    ㊞
          業務執行社員
          指定有限責任社員

              公認会計士
                 三辻 雅樹    ㊞
          業務執行社員
   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ジーエヌ

  アイグループの2020年1月1日から2020年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から
  2020年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)に係る要約四半期連結財
  務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約
  四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期
  レビューを行った。
  要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

   経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
  34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
  による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
  整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

   当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
  する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
  拠して四半期レビューを行った。
   四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
  問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
  められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
   当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
  監査人の結論

   当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
  告」に準拠して、株式会社ジーエヌアイグループ及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終
  了する第1四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がす
  べての重要な点において認められなかった。
  利害関係

   会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以 上
  (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

    告書提出会社)が別途保管しております。
   2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            33/33





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク