DIC株式会社 四半期報告書 第123期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第123期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 DIC株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年5月15日
      【四半期会計期間】                    第123期第1四半期(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)
      【会社名】                    DIC株式会社
      【英訳名】                    DIC  Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長執行役員  猪野 薫
      【本店の所在の場所】                    東京都板橋区坂下三丁目35番58号
      【電話番号】                    03(3966)2111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    総務グループマネジャー  白飯 文人
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋三丁目7番20号
                         DIC株式会社 本社
      【電話番号】                    03(6733)3000(大代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  金子 潤
      【縦覧に供する場所】                    DIC株式会社 本社
                         (東京都中央区日本橋三丁目7番20号)
                         DIC株式会社 大阪支店
                         (大阪市中央区久太郎町三丁目5番19号)
                         DIC株式会社 名古屋支店
                         (名古屋市中区錦三丁目7番15号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/23










                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                              第122期           第123期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第122期
                              累計期間           累計期間
                              自2019年           自2020年           自2019年

                              1月1日           1月1日           1月1日
              会計期間
                              至2019年           至2020年           至2019年
                              3月31日           3月31日           12月31日
                     (百万円)             190,708           181,655           768,568
     売上高
                     (百万円)              8,134           8,292           41,302
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              5,302           4,605           23,500
     (当期)純利益
                     (百万円)              6,985          △ 8,769           28,473
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             328,251           330,492           343,497
     純資産額
                     (百万円)             864,181           864,663           803,083
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             56.02           48.65           248.29
     益
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益
                      (%)             34.5           34.7           38.9
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
           ません。
         2.売上高には、消費税等は含まれていません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載していませ
           ん。
         4.当社は、第120期より「株式給付信託(BBT)」を導入し、当該信託が保有する当社株式を四半期連結財務諸表
           において自己株式として計上しています。これに伴い、1株当たり四半期(当期)純利益の算定上、当該信
           託が保有する当社株式を「普通株式の期中平均株式数」の計算において控除する自己株式数に含めていま
           す。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、
       主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/23








                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに認識した事業等のリスクは以下のとおりです。
        なお、将来に関する事項についての記載は、当四半期連結会計期間の末日現在における判断に基づくものです。
        また、以下の見出しに付された項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部                                            企業情報     第2   事業
       の状況    2.事業等のリスク」の項目番号に対応したものです。
        前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
       16.パンデミック

        感染症が世界的規模で拡大(パンデミック)した場合には、それに起因する経済活動の停滞や需要減によって電
       気・電子や自動車向け材料などの出荷が落ち込む可能性があります。また、政府の要請等による事業への制約又は当
       社グループ社員への感染の広がりで、営業拠点や研究所の閉鎖や工場の操業停止によって一時的に事業の継続が困難
       となる可能性があります。これらの結果として当社グループの業績や財政状態に大きく影響する可能性があります。
        なお、今般世界的に拡大しているコロナウイルス感染症(COVID-19)の影響は、現時点ではまだ大きくありません
       が、今後自動車向け材料など一部の分野で出荷に影響が出てくる可能性があります。
                                  3/23















                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績
      当第1四半期連結累計期間の業績は次のとおりです。
                                                  (単位:億円)
                                                現地通貨ベース
                     前第1四半期         当第1四半期
                                        前年同期比
                     連結累計期間         連結累計期間
                                                前  年  同  期  比
                         1,907                  △4.7   %       △2.0   %

         売    上    高                 1,817
                           81                +22.7   %       +27.3   %

         営   業   利   益                  99
                           81                 +1.9   %

         経   常   利   益                  83                   -
         親会社株主に帰属
                           53                △13.2   %
                                    46                   -
         する四半期純利益
                          153                 △6.4%
         EBITDA                          144                    -
                         110.17         108.72         △1.3   %

         US$/円(平均)                                              -
                         125.09         119.68         △4.3   %

         EUR/円(平均)                                              -
         EBITDA:親会社株主に帰属する四半期純利益+法人税等合計+支払利息-受取利息+減価償却費+のれん償却額
      当第1四半期連結累計期間(2020年1月~3月)における当社グループの業績は、売上高は前年同期比4.7%減の1,817億

     円でした。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により経済活動が制限され、景気の悪化が急速に進んだことから出版
     用インキや化粧品用顔料などの分野で出荷が落ち込みました。一方、生活必需品である食品包装分野や5Gに関連した半
     導体分野などは需要が高まったことから、関連する製品の出荷が堅調に推移しました。
      営業利益は、前年同期比22.7%増の99億円でした。全般的に出荷が落ち込みましたが、原料価格の低下に加え、感染防
     止対策として活動を制限したことによる活動経費の減少や合理化を含めたコスト削減効果などにより、大幅な増益となり
     ました。
      経常利益は、前年同期比1.9%増の83億円でした。
      親会社株主に帰属する四半期純利益は、前年同期比13.2%減の46億円でした。2019年8月29日に公表したBASF社の顔料
     事業取得に伴う買収関連の一時費用が発生しました。
      EBITDAは、前年同期比6.4%減の144億円でした。
      また、    各セグメントの業績は次のとおりです。

                                                     (単位:億円)
                      売  上  高                       営 業 利 益
     セ  グ  メ  ン  ト
                                 現地通貨                       現地通貨
               前第1四半期       当第1四半期       前年         前第1四半期       当第1四半期       前年
                                 ベース                       ベース
               連結累計期間       連結累計期間       同期比         連結累計期間       連結累計期間       同期比
                                前年同期比                       前年同期比
     パッケージング&
                  1,033        993   △3.9%      △0.2%         32       40   24.2%      32.6%
     グ  ラ  フ  ィ  ッ  ク
     カラー&ディスプレイ
                   310       295   △4.6%      △2.0%         29       27  △5.4%      △3.6%
     ファンクショナル
                   650       612   △5.9%      △5.0%         36       48   34.0%      35.1%
     プ  ロ  ダ  ク  ツ
     その他、全社・消去
                  △86       △84      -      -     △16       △16      -      -
         計

                  1,907       1,817    △4.7%      △2.0%         81       99   22.7%      27.3%
                                  4/23





                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
       [パッケージング&グラフィック]
                                               現地通貨ベース

                     前第1四半期         当第1四半期
                                       前年同期比
                                               前  年  同  期  比
                     連結累計期間         連結累計期間
                      1,033          993        △3.9   %      △0.2   %
            売 上 高            億円         億円
            営  業  利  益       32         40       +24.2   %      +32.6   %
                         億円         億円
      売上高は、前年同期比3.9%減の993億円でした。食品包装分野では、新型コロナウイルスの感染拡大により家庭向けの

     食品需要が高まったことから、パッケージ用インキは米州や欧州などで、多層フィルムは国内を中心として増収となりま
     した。出版や新聞を主用途とする出版用インキは、新型コロナウイルスの感染拡大による広告及びチラシの需要減少によ
     り商業用印刷が落ち込んだことで減収となりました。デジタル印刷で使用されるジェットインキも減収となりました。
      営業利益は、前年同期比24.2%増の40億円でした。米州や欧州でのパッケージ用インキの出荷増や合理化の効果に加
     え、コストダウンが進んだことにより大幅な増益となりました。
       [カラー&ディスプレイ]

                                               現地通貨ベース

                     前第1四半期         当第1四半期
                                       前年同期比
                                               前  年  同  期  比
                     連結累計期間         連結累計期間
                       310         295        △4.6   %      △2.0   %
            売 上 高            億円         億円
            営  業  利  益       29                 △5.4   %      △3.6   %
                         億円        27 億円
      売上高は、前年同期比4.6%減の295億円でした。色材分野では、食品包装需要の増加によりインキ用顔料を中心として

     一般顔料の出荷が堅調に推移しましたが、世界的な外出制限の影響により化粧品用顔料の出荷が低調に推移しました。
     ディスプレイ分野では、TFT液晶の出荷低調により減収となりました。
      営業利益は、前年同期比5.4%減の27億円でした。コストダウン策に取り組みましたが、TFT液晶の出荷数量の減少
     のほか、化粧品用顔料の出荷低調により減益となりました。
       [ファンクショナルプロダクツ]

                                               現地通貨ベース

                     前第1四半期         当第1四半期
                                       前年同期比
                                               前  年  同  期  比
                     連結累計期間         連結累計期間
                       650         612        △5.9   %      △5.0   %
            売 上 高            億円         億円
            営  業  利  益       36                +34.0   %      +35.1   %
                         億円        48 億円
      売上高は、前年同期比5.9%減の612億円でした。半導体分野やスマートフォンを主用途とするエポキシ樹脂や工業用

     テープは出荷が好調でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大により自動車など幅広く工業製品の需要が落ち込んだこと
     から、UV硬化型樹脂以外のサステナブル樹脂の出荷が落ち込みました。自動車の軽量化や電装化に伴って用途が拡大して
     いるPPSコンパウンドは顧客での在庫確保が進み、海外での出荷が堅調に推移しました。
      営業利益は、前年同期比34.0%増の48億円でした。全般的な出荷の落ち込みにより減収となりましたが、エポキシ樹脂
     など高付加価値製品の出荷が好調であったことや原料価格の低下によるプラス影響を受けたことにより大幅な増益となり
     ました。
                                  5/23






                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
      (2)財政状態
       (資産、負債及び純資産の状況に関する分析)
        当第1四半期連結会計期間末の資産の部は、主にコマーシャル・ペーパーの発行に伴う現預金の増加により、前連
       結会計年度末と比べて          616億円増加      し、  8,647億円     となりました。負債の部は、主にコマーシャル・ペーパーの発行に
       より、前連結会計年度末比            746億円増     の 5,342億円     となりました。また、純資産の部は、親会社株主に帰属する四半期
       純利益を計上した一方、配当金の支払や為替の影響などにより前連結会計年度末比                                      130億円減     の 3,305億円     となりまし
       た。
      (3)キャッシュ・フローの状況

        当四半期連結累計期間は第1四半期連結累計期間であり、四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していま
       せん。このため、キャッシュ・フローの状況に関する分析について記載していません。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間における研究開発費は、2,884百万円であり、このほか、当社及びDICグラフィック
       ス株式会社における製品の改良・カスタマイズなどに関わる技術関連費用は、3,544百万円です。
        なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の体制及び方針に重要な変更はありま
       せん。
      3【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                  6/23













                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          150,000,000

                  計                               150,000,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
              在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                            (2020年5月15日)
              (2020年3月31日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数

                   95,156,904             95,156,904
       普通株式
                                        市場第一部             100株
                   95,156,904             95,156,904             -           -

         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                         発行済株式
                  発行済株式                             資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                         総数残高
         年月日
                  総数増減数                             増減額       残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     2020年1月1日~
                      -   95,156,904           -     96,557         -     94,156
     2020年3月31日
       (5)【大株主の状況】

          当 四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/23






                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2019年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしています。
        ①【発行済株式】

                                                   2019年12月31日現在
                             株式数(株)            議決権の数(個)
              区分                                         内容
                                     -           -      -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                                -           -      -

     議決権制限株式(その他)                                -           -      -

     完全議決権株式(自己株式等)                             365,400              -

                         普通株式                          単元株式数100株
     完全議決権株式(その他)                            94,610,400             946,104

                         普通株式                          同上
                                   181,104              -      -

     単元未満株式                    普通株式
                                 95,156,904               -      -

     発行済株式総数
                                     -         946,104         -

     総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が300                                           株(議決権の数3個)及び
         株式給付信託(BBT)が所有する当社株式146,200株(議決権の数1,462個)が含まれています。なお、当該議決権
         1,462個は、議決権不行使となっています                   。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年12月31日現在
                                                    発行済株式総数
                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                      (%)
     (自己保有株式)
                  東京都板橋区坂下三
                                 365,400          -     365,400          0.38
                  丁目35番58号
     DIC株式会社
                       -          365,400          -     365,400          0.38
           計
      (注)1.このほか、株主名簿上は当社名義となっていますが、実質的に所有していない株式が300                                                株あります。な
           お、当該株式は、上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」に含まれています。
         2.株式給付信託(BBT)が所有する当社株式146,200株は、上記自己株式等に含まれていません。
         3.上記は、直前の基準日に基づく株主名簿によりますが、当第1四半期会計期間末日現在の所有株式数の合計
           は365,800株、発行済株式総数に対する所有株式数の割合は0.38%です。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/23







                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しています。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から2020
       年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けています。
                                  9/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年12月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         16,786              100,977
         現金及び預金
                                       ※1 211,232             ※1 195,417
         受取手形及び売掛金
                                         91,555              90,187
         商品及び製品
                                         9,566              10,069
         仕掛品
                                         58,610              57,254
         原材料及び貯蔵品
                                         21,607              23,772
         その他
                                        △ 9,437             △ 9,371
         貸倒引当金
                                        399,919              468,306
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               88,540              85,922
          機械装置及び運搬具(純額)                               70,867              68,534
          工具、器具及び備品(純額)                               11,191              10,947
                                         51,961              51,416
          土地
                                         9,616              11,083
          建設仮勘定
                                        232,176              227,901
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           762              685
          のれん
                                         2,585              2,511
          ソフトウエア
                                         2,674              2,323
          顧客関連資産
                                         5,782              5,561
          その他
                                         11,804              11,079
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         59,313              54,837
          投資有価証券
                                         44,339              46,116
          退職給付に係る資産
                                         56,212              57,092
          その他
                                         △ 680             △ 669
          貸倒引当金
                                        159,184              157,376
          投資その他の資産合計
                                        403,164              396,357
         固定資産合計
                                        803,083              864,663
       資産合計
                                 10/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年12月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        108,562              106,907
         支払手形及び買掛金
                                         43,595              52,026
         短期借入金
                                           -            58,000
         コマーシャル・ペーパー
                                         2,556              2,201
         未払法人税等
                                         5,724              5,251
         賞与引当金
                                         49,689              50,108
         その他
                                        210,126              274,493
         流動負債合計
       固定負債
                                         80,000              80,000
         社債
                                        122,602              136,214
         長期借入金
                                         21,377              20,333
         退職給付に係る負債
                                         1,696              1,701
         資産除去債務
                                         23,785              21,430
         その他
                                        249,459              259,678
         固定負債合計
                                        459,585              534,171
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         96,557              96,557
         資本金
                                         94,456              94,456
         資本剰余金
                                        218,209              219,022
         利益剰余金
                                        △ 1,823             △ 1,804
         自己株式
                                        407,398              408,231
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,676              △ 168
         その他有価証券評価差額金
                                           683              △ 19
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 72,671             △ 85,522
         為替換算調整勘定
                                        △ 24,346             △ 22,508
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 94,658             △ 108,217
         その他の包括利益累計額合計
                                         30,757              30,479
       非支配株主持分
                                        343,497              330,492
       純資産合計
                                        803,083              864,663
      負債純資産合計
                                 11/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      売上高                                   190,708              181,655
                                        151,116              140,625
      売上原価
                                         39,592              41,030
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         10,723              10,705
       従業員給料及び手当
                                           205              240
       貸倒引当金繰入額
                                         1,102              1,067
       賞与引当金繰入額
                                           236              △ 16
       退職給付費用
                                         19,240              19,109
       その他
                                         31,506              31,106
       販売費及び一般管理費合計
      営業利益                                    8,086              9,924
      営業外収益
                                           549              430
       受取利息
                                           175              191
       受取配当金
                                           337               -
       持分法による投資利益
                                           619              610
       その他
                                         1,680              1,232
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           954              689
       支払利息
                                           -              676
       支払手数料
                                           89              210
       為替差損
                                           -              234
       持分法による投資損失
                                           589             1,055
       その他
                                         1,632              2,864
       営業外費用合計
                                         8,134              8,292
      経常利益
      特別損失
                                           -             1,028
       買収関連費用
                                           508              527
       固定資産処分損
                                           23              105
       リストラ関連退職損失
                                           531             1,661
       特別損失合計
                                         7,603              6,631
      税金等調整前四半期純利益
                                         1,761              1,505
      法人税等
                                         5,842              5,127
      四半期純利益
                                           540              522
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         5,302              4,605
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/23







                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                         5,842              5,127
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 16            △ 1,886
       その他有価証券評価差額金
                                            1            △ 702
       繰延ヘッジ損益
                                         1,300             △ 12,421
       為替換算調整勘定
                                           44             1,844
       退職給付に係る調整額
                                         △ 186             △ 732
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         1,143             △ 13,896
       その他の包括利益合計
                                         6,985             △ 8,769
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         6,342             △ 8,954
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           643              185
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/23















                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更のうち、重要なものはありません。
        (会計方針の変更)

         (連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い等)
           「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告第18号 2019
          年6月28日)及び「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告第24号 2018年9
          月14日)を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、在外子会社等において国際財務報告基準第9号「金
          融商品」を適用し、資本性金融商品の公正価値の事後的な変動をその他の包括利益に表示する選択をしている
          場合に、連結決算手続上、当該資本性金融商品の売却損益相当額及び減損損失相当額を当期の損益として修正
          することとしました。
           なお、四半期連結財務諸表に与える影響は軽微です。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
           一部の連結子会社の税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利
          益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて
          計算しています。
        (追加情報)

         (株式給付信託(BBT))
           当社は、第120期より、執行役員を兼務する取締役及び執行役員(以下「対象取締役等」という。)に対す
          る業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT)」(以下「本制度」という。)を導入しています。本制度
          は、対象取締役等の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確にすることで、対象取締役等の中長
          期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的としています。
           当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実
          務上の取扱い」(実務対応報告第30号 2015年3月26日)に準じています。
          (1)  取引の概要
           本制度に基づき設定される信託が当社の拠出する金銭を原資として当社株式を取得します。当該信託は、当
          社株式及び当社株式の時価相当の金銭を、当社の定める役員株式給付規程に従って、対象取締役等に対して給
          付します。当該給付の時期は、原則として対象取締役等の退任時となります。
          (2)  信託に残存する自社の株式
           信託に残存する自社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株
          式として計上しています。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は前連結会計年度末において577百万円及び                                                 146
          千株、当第1四半期連結会計期間末において557百万円及び                           141  千株です。
         (ドイツBASF社の顔料事業に関する株式及び資産の取得(子会社化))

           当社は、2019年8月29日、欧州化学メーカー最大手のドイツBASF社が保有する顔料事業であるBASF                                               Colors
          & Effectsに関する株式及び資産の取得を決定し、同日付でMaster                              Sale   and  Purchase     Agreement(包括契
          約)を締結しました。
           なお、本取引は米国及び欧州委員会をはじめとする各国規制当局の承認を必要としています。
          (1)  株式及び資産取得の目的

           当社は、カラー&ディスプレイ事業部門における質的転換を加速させるため、高成長で高付加価値なスペ
          シャリティ領域(ディスプレイ・化粧品・自動車など)における顔料業界のリーディングカンパニーを目指
          し、機能性顔料の拡大を進めてきました。グローバル顔料市場は約2.3兆円の規模があり、当社はそのうち有
          機顔料とエフェクト顔料(アルミ顔料)で世界有数の会社です。
           一方、対象事業は、欧州を中心にグローバルに拠点を有し、高級顔料、エフェクト顔料(パール顔料等)及
          び特殊無機顔料において世界有数の会社です。対象事業が保有する製品ポートフォリオは、当社と重複が少な
          く製品補完性が極めて高い状況にあります。
           本買収により、当社は市場での評価が高い高機能製品をポートフォリオに取り込み、機能性顔料事業を拡大
          することでカラービジネスの持続的成長にコミットし、企業価値の向上に繋げていきます。
                                 14/23



                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
          (2)  株式及び資産取得の相手会社の名称
           BASF    SE
          (3)  対象事業の概要

           本買収では顔料事業に関する技術、特許などの知的財産及び株式買収に含まれない営業権などの資産及び当
          該事業を構成する18社の株式を取得します。
          (4)  株式及び資産取得の時期

           2020年末まで
           (注)1.米国及び欧州委員会をはじめとする必要各国の競争法当局からの承認を前提としています。
              2.規制当局手続きやクロージング条件により、本買収実行日を変更する可能性があります。
          (5)  取得価額(参考値)

           985百万ユーロ(1,162億円)
           (注)1.上記取得価額は、対象事業の企業価値(1,150百万ユーロ)から2018年末時点の現預金・借入金
                等の残高を調整した金額(参考値)です。実際の取得価額は、クロージング時点での現預金・借
                入金等の残高や運転資金の増減などにより変動します。
              2.アドバイザリー費用などの手数料は、米国及び欧州委員会をはじめとする必要各国の競争法手続
                きに係る費用などが未確定のため記載していません。
              3.1ユーロ=118円で換算し、小数点以下は四捨五入しています。
          (6)  資金調達方法

           株式希薄化による資本効率性低下の回避と健全な財務体質の維持を考慮した方法を検討した結果、劣後特約
          付実行可能期間付タームローンによる資金調達を決定しました。なお、新株発行を伴う資金調達は予定してい
          ません。
         ( 劣後特約付実行可能期間付タームローンによる資金調達)

           当社は、2020年3月24日の取締役会において、劣後特約付実行可能期間付タームローン(以下、「本劣後
          ローン」)による総額600億円の資金調達について決議しました。
          1.本劣後ローン調達の目的・意義

            当社は、2019年8月29日、ドイツBASF社が保有する顔料事業であるBASF                                   Colors    & Effectsに関する株式
           及び資産を取得することを決定し、準備を進めています。
            その後、取得を実行するための資金調達方法について、株式希薄化による資本効率性低下の回避と健全な
           財務体質の維持を考慮した方法を検討した結果、本劣後ローンによる資金調達を決定しました。
            なお、新株発行を伴う資金調達(エクイティファイナンス)は予定していません。
          2.本劣後ローンの特徴

            本劣後ローンは、資本と負債の中間的性質を持ち、負債でありながら資本に類似した特徴を有していま
           す。そのため、格付機関より一定の資本性が認められることから、株式の希薄化なしに実質的な財務基盤の
           強化が可能となります。
            具体的には、株式会社日本格付研究所(以下、「格付機関」)より資金調達額の50%に対して資本性の認
           定を受けました。
          3.本劣後ローンの概要

          (1)  調達金額
                           600億円
          (2)  契約締結日
                           2020年3月31日
          (3)  実行日
                           契約締結日から1年以内の任意の日
          (4)  資金使途
                           事業買収資金
          (5)  弁済期日
                           実行日から60年後の応答日
          (6)  期限前弁済(注)
                           実行日から5年目以降の各利払日に、又はその他一定の事由に該当する
                           場合に、元本の全部又は一部の期限前弁済が可能です。
                                 15/23


                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
          (7)  適用利率
                           実行日から10年目までは基準金利に当初スプレッドを加算した変動金利
                           が適用され、10年目以降は基準金利に当初スプレッドから0.25%、25年
                           目以降は基準金利に当初スプレッドから1.00%ステップアップしたスプ
                           レッドを加算した変動金利が適用されます。
          (8)  利息支払に関する条項
                           利息の任意繰延が可能です。
          (9)  劣後特約
                           本劣後ローンの債権者は、当社の清算手続、破産手続、更生手続もしく
                           は民事再生手続又は日本法によらないこれらに準ずる手続において、上
                           位債務に劣後した劣後請求権を有します。本劣後ローンに係る契約の各
                           条項は、いかなる意味においても劣後債権の債権者以外の債権者に対し
                           て不利益を及ぼす内容に変更してはなりません。
          (10)   貸付人
                           株式会社三菱UFJ銀行、株式会社みずほ銀行他
          (11)   格付機関による資本性評価
                           株式会社日本格付研究所:資本性「中・50%」
         (注)当社は、本件の弁済期日以前に期限前弁済を実施する場合は、普通株式又は格付機関から同等以上の資本

            性が認定される証券もしくは債務(以下、「借換証券」)により資金調達を行うことを想定しています。
            ただし、5年目の任意期限前弁済日以降に期限前弁済する際、一定の財務水準を満たす場合は、借換証券
            による資金調達を見送る可能性があります。
                                 16/23














                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
        ※1 債権流動化による売掛債権譲渡額
                    前連結会計年度                      当第1四半期連結会計期間
                   (2019年12月31日)                         (2020年3月31日)
                              7,066                         7,034
                                百万円                         百万円
         2 次の関係会社等について債務の保証を行っています。

             前連結会計年度(2019年12月31日)
                 被保証者名               金額(百万円)                 内容
         キャストフィルムジャパン㈱                            525

                                        金融機関借入に伴う保証債務
         従業員(住宅資金)                             58

                                        金融機関借入に伴う保証債務
                                     583

                   計
             当第1四半期連結会計期間(2020年3月31日)

                                金額(百万円)
                 被保証者名                                内容
         キャストフィルムジャパン㈱                            525

                                        金融機関借入に伴う保証債務
         従業員(住宅資金)                             55

                                        金融機関借入に伴う保証債務
                                     580

                   計
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。なお、第1四半期
        連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
        とおりです。
                             前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                             (自    2019年1月1日              (自    2020年1月1日
                              至     2019年3月31日)               至     2020年3月31日)
                                     7,859                 7,948
         減価償却費                               百万円                 百万円
                                       5                34
         のれんの償却額
                                 17/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)
           配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
                              配当額(円)
     2019年3月27日
                普通株式          6,162         65  2018年12月31日         2019年3月28日         利益剰余金
      定時株主総会
          (注)2019     年3月27日定時株主総会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式
              に対する配当金10百万円が含まれています。
         Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)

           配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
     2020年3月26日
                          3,792         40
                普通株式                     2019年12月31日         2020年3月27日         利益剰余金
     定時株主総会
          (注)2020     年3月26日定時株主総会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式
              に対する配当金6百万円が含まれています。
                                 18/23














                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自2019年1月1日                        至2019年3月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                 その他       合計
                   パッケージング&              ファンクショナル
                            カラー&
                                            計
                    グラフィック       ディスプレイ        プロダクツ
       売上高
                      103,317        23,051       64,234      190,602        106     190,708
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売
                         -      7,905        800      8,705        -     8,705
        上高又は振替高
                      103,317        30,956       65,034      199,307        106     199,413
             計
                       3,230       2,882       3,562       9,674        42     9,716
       セグメント利益
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                   (単位:百万円)
                利益                  金額

       報告セグメント計                                 9,674
       「その他」の区分の利益                                  42
       全社費用(注)                                △1,630
       四半期連結損益計算書の営業利益                                 8,086
       (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の総合研究所に係る費用です。
                                 19/23











                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自2020年1月1日                        至2020年3月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                 その他       合計
                   パッケージング&         カラー&      ファンクショナル
                                            計
                    グラフィック       ディスプレイ        プロダクツ
       売上高
                       99,295       21,858       60,407      181,560         95    181,655
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売
                         -      7,676        781      8,458        -     8,458
        上高又は振替高
                       99,295       29,534       61,188      190,017         95    190,112
             計
                       4,013       2,726       4,771      11,510        71     11,581
       セグメント利益
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                   (単位:百万円)
                利益                  金額
                                        11,510
       報告セグメント計
                                          71
       「その他」の区分の利益
       全社費用(注)                                △1,657
                                        9,924
       四半期連結損益計算書の営業利益
       (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の総合研究所に係る費用です。
                                 20/23











                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
     1株当たり四半期純利益                                  56円02銭              48円65銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                  5,302              4,605

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -              -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                         5,302              4,605
       (百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 94,647              94,649
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在していないため、記載していません。
        2.当社は、第120期より「株式給付信託(BBT)」を導入し、当該信託が保有する当社株式を四半期連結財務諸表に
          おいて自己株式として計上しています。これに伴い、1株当たり四半期純利益の算定上、当該信託が保有する
          当社株式を「普通株式の期中平均株式数」の計算において控除する自己株式数に含めています。
          1株当たり四半期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は、前第1四半期連結累計期間に
          おいて146,600株、当第1四半期連結累計期間において                         142,375    株です。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 21/23












                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                              2020年5月15日

     DIC株式会社
       取締役会 御中

                            有限責任監査法人トーマツ

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             津田 英嗣        印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             大竹 貴也        印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             井上 浩二        印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているDIC株式会社

     の2020年1月1日から2020年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から2020年3月31
     日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、DIC株式会社及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態及び
     同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点
     において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告
         書提出会社)が別途保管しています。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク