ラサ商事株式会社 訂正有価証券報告書 第116期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

訂正有価証券報告書-第116期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:ラサ商事株式会社

カテゴリ:訂正有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      【表紙】

      【提出書類】                     有価証券報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の2第1項

      【提出先】                     関東財務局長

      【提出日】                     令和2年5月13日

      【事業年度】                     第116期(自       平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

      【会社名】                     ラサ商事株式会社

      【英訳名】                     Rasa    Corporation

      【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長            井   村   周   一

      【本店の所在の場所】                     東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目11番5号                      RASA日本橋ビルディング

      【電話番号】                     03―3668―8231(代表)

      【事務連絡者氏名】                     常務取締役管理本部長               窪   田   義   広

      【最寄りの連絡場所】                     東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目11番5号                      RASA日本橋ビルディング

      【電話番号】                     03―3668―8231(代表)

      【事務連絡者氏名】                     常務取締役管理本部長               窪   田   義   広

      【縦覧に供する場所】                     株式会社      東京証券取引所

                             (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                           ラサ商事株式会社          大阪支店

                            (大阪市北区中之島二丁目2番2号                  大阪中之島ビル)

                           ラサ商事株式会社          名古屋支店

                            (名古屋市中区錦一丁目11番20号                 大永ビル)

                                  1/79






                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      1  【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】

        当社は、連結決算において時価評価されている土地の売却に係る会計処理において、時価評価差額が適正に取り崩
       されていなかった事が判明したため、必要な修正を行うとともに重要性の観点から修正を行わなかった事項を含めて
       訂正を行うことといたしました。
        これらの訂正により、当社が平成                 30 年6月   27 日に提出いたしました第           116  期(自 平成      29 年4月   1 日 至 平成      30 年
       3月  31 日)に係る有価証券報告書の一部を訂正する必要が生じましたので、金融商品取引法第                                         24 条の2第1項の規定
       に基づき、有価証券報告書の訂正報告書を提出するものであります。
        なお、訂正後の連結財務諸表については、監査法人大手門会計事務所により監査を受けており、その監査報告書を
       添付しております。
      2  【訂正事項】

        第一部 企業情報
         第1 企業の概況
          1 主要な経営指標等の推移
           (1) 連結経営指標等
         第2 事業の状況
          3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
         第3 設備の状況
          2 主要な設備の状況
         第5 経理の状況
          1 連結財務諸表等
           (1) 連結財務諸表
             ① 連結貸借対照表
             ② 連結損益計算書及び連結包括利益計算書
             ③ 連結株主資本等変動計算書
             ④ 連結キャッシュ・フロー計算書
             注記事項
              (連結貸借対照表関係)
              (連結損益計算書関係)
              (税効果会計関係)
              (賃貸等不動産関係)
              (セグメント情報等)
              (1株当たり情報)
           (2) その他
         監査報告書
      3  【訂正箇所】

       訂正箇所は__を付して表示しております。
       なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、訂正後のみを記載しております。
                                  2/79






                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      第一部     【企業情報】

      第1   【企業の概況】

      1  【主要な経営指標等の推移】

       (1)  連結経営指標等
              回次            第112期        第113期        第114期        第115期        第116期

             決算年月           平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月        平成30年3月

       売上高             百万円        25,635        28,034        30,523        29,937        29,076

       経常利益              〃       1,149        1,443        1,492        1,639        2,057

       親会社株主に帰属する
                    〃        876        847        944       1,058        1,518
       当期純利益
       包括利益              〃        982        955        808       1,180        1,685
       純資産額              〃       10,638        11,421        12,045        12,672        15,411

       総資産額              〃       23,787        29,343        28,486        27,393        29,275

       1株当たり純資産額              円       930.17        998.65       1,051.35        1,165.44        1,234.54

       1株当たり
                    〃       77.23        74.08        82.58        93.77       133.71
       当期純利益金額
       潜在株式調整後1株
                    〃         -        -        -        -        -
       当たり当期純利益金額
       自己資本比率              %        44.7        38.9        42.3        46.3        52.6
       自己資本利益率              〃        8.6        7.7        8.1        8.6       10.8

       株価収益率              倍        6.1        8.2        7.0        7.6        6.7

       営業活動による
                   百万円        2,041        △48         82      3,837        2,174
       キャッシュ・フロー
       投資活動による
                    〃       △190        △486         81     △1,385         △524
       キャッシュ・フロー
       財務活動による
                    〃      △2,044         1,976        △478       △2,743         △168
       キャッシュ・フロー
       現金及び現金同等物
                    〃       1,929        3,374        3,059        2,768        4,249
       の期末残高
       従業員数              名        220        245        245        248        258
       (注)   1.第113期において、新たに取得した連結子会社のみなし取得日を平成26年12月末としており、新連結子会社
            の業績は、平成27年1月1日から平成27年3月31日までの期間を連結しております。
          2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
          3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          4.第115期より、役員向け株式交付信託が保有する当社株式を純資産の部において自己株式として計上してお
            ります。なお、1株当たり純資産額の算定上の基礎となる普通株式の期末株式数は、当該株式を控除対象の
            自己株式に含めて算出しております。また、1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期
            中平均株式数は、当該株式を控除対象の自己株式に含めて算定しております。
                                  3/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       (2)  提出会社の経営指標等

              回次            第112期        第113期        第114期        第115期        第116期

             決算年月           平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月        平成30年3月

       売上高             百万円        17,781        19,583        19,983        18,790        18,451

       経常利益              〃        987       1,107         979        986       1,423

       当期純利益              〃        540        665        602        653        962

       資本金              〃       1,854        1,854        1,854        1,854        2,076

       発行済株式総数             千株       12,400        12,400        12,400        12,400        12,910

       純資産額             百万円        9,817       10,409        10,705        10,938        13,110

       総資産額              〃       19,114        18,855        18,230        17,586        19,001

       1株当たり純資産額              円       852.97        904.39        930.12        997.30       1,042.31

       1株当たり配当額

                            15.00        15.00        15.00        24.00        33.00
                    〃
       (うち1株当たり
                    (〃)
                          (  7.50)       (   7.50)      (   7.50)      (   7.50)      (   15.00)
       中間配当額)
       1株当たり
                    〃       47.39        57.79        52.34        57.46        84.11
       当期純利益金額
       潜在株式調整後1株
                    〃         -        -        -        -        -
       当たり当期純利益金額
       自己資本比率              %        51.4        55.2        58.7        62.2        69.0
       自己資本利益率              〃        5.7        6.6        5.7        6.0        8.0

       株価収益率              倍        9.9       10.5        11.0        12.5        10.7

       配当性向              %        31.6        26.0        28.7        41.8        39.2

       従業員数              名        190        181        184        188        183

       (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
          2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          3.第115期より、役員向け株式交付信託が保有する当社株式を純資産の部において自己株式として計上してお
            ります。なお、1株当たり純資産額の算定上の基礎となる普通株式の期末株式数は、当該株式を控除対象の
            自己株式に含めて算出しております。また、1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期
            中平均株式数は、当該株式を控除対象の自己株式に含めて算定しております。 
                                  4/79







                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      2  【沿革】

        昭和14年1月        ラサ工業株式会社の製品を販売する目的を以て、資本金10万円で東京都中央区京橋にラサ商事

                株式会社を設立。
        昭和20年12月        大阪支店を開設。
        昭和25年2月        本社を東京都中央区日本橋茅場町に移転。
        昭和27年10月        食糧庁(現農林水産省)輸入食糧取扱商社の指定を受ける。
        昭和33年8月        日曹製鋼株式会社(現大平洋金属株式会社)と“ニッソ・ワーマンポンプ”の総販売代理店契約
                を締結し、販売を開始する。
        昭和36年11月        当社はラサ工業株式会社の関連会社ではなくなる。
        昭和36年12月        当社は日曹製鋼株式会社(現大平洋金属株式会社)の関連会社となる。
        昭和44年11月        ウエストラリアンサンド社(現アイルカ社・オーストラリア)とジルコンサンド輸入販売代理店
                契約締結(昭和53年1月総販売代理店契約締結)。
        昭和49年1月        建設省(現国土交通省)建設業許可(特定建設業)を受ける。
        昭和50年8月        東京機械センターを開設。
        昭和54年5月        ヒドロスタル社(スイス)と“ヒドロスタルポンプ”輸入販売契約を締結。
        昭和56年4月        名古屋営業所を支店に昇格。
        昭和57年10月        ラサ工業株式会社製のシールド堀進機販売を開始。
        昭和59年7月        大平洋金属株式会社が大平洋機工株式会社を設立。これに伴い“ニッソ・ワーマンポンプ”の
                総販売代理店契約の相手先は大平洋機工株式会社に変更。同時に当社は出資し、大平洋機工株
                式会社は当社の関連会社となる。
        昭和61年7月        大平洋機工株式会社と“タカサゴPAMポンプ”の総販売代理店契約を締結。
        昭和62年6月        大平洋機工株式会社と“ヒドロスタルポンプ”の総販売代理店契約を締結(ヒドロスタル社(ス
                イス)と大平洋機工株式会社との技術提携契約による)。
        平成元年2月        プツマイスター社(ドイツ)と高圧ピストンポンプ等の総販売代理店契約を締結。
        平成5年4月        福岡営業所を支店に昇格。
        平成10年11月        本社を東京都中央区日本橋箱崎町に移転。
        平成13年4月        当社は大平洋金属株式会社の関連会社ではなくなる。
        平成13年4月        北海道営業所(現札幌支店)、仙台営業所及び広島営業所を支店に昇格。
        平成15年4月        横浜営業所を支店に昇格。
        平成18年2月        東京証券取引所市場第二部に上場。
        平成18年9月        アルファトレーディング株式会社を吸収合併。
        平成19年3月        東京証券取引所市場第一部銘柄へ指定。
        平成19年4月        上海駐在員事務所を開設。
        平成23年10月        東京都中央区蛎殻町に本社ビル建設。本社の移転並びに横浜支店を本社営業部門へ統合。
        平成24年1月        イズミ株式会社(現連結子会社)の株式を取得。
        平成26年3月        イズミ株式会社(現連結子会社)を株式交換により完全子会社化。
        平成26年4月        シンガポール駐在員事務所を開設。
        平成26年12月        旭テック株式会社(現連結子会社)を子会社化。
        平成27年2月        ラサ・リアルエステート株式会社(現連結子会社)を新設分割により設立。
        平成29年4月        シンガポール駐在員事務所を支店に昇格。
                                  5/79






                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      3  【事業の内容】

        当社グループ(当社及び当社の子会社)は、資源・金属素材関連事業、産機・建機関連事業、環境設備関連事業、プ
       ラント・設備工事関連事業、化成品関連事業及び不動産賃貸関連事業の6事業を柱に事業を展開しております。
        当社グループの事業における当社及び当社の関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりでありま
       す。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。
       〔資源・金属素材関連〕

         ジルコンサンドを中心とする鉱産物、その他物資等の輸出入及び販売を行っております。ジルコンサンドは世界
        有数のミネラルサンズ(注)の生産会社であるアイルカ社(オーストラリア)と日本における総販売代理店契約を締結
        しており、安定して商品を確保して販売しております。ジルコンサンドの用途は耐火材、鋳造用鋳型、半導体チッ
        プの鏡面加工研磨材から、スマートフォン・タブレットPCのタッチパネルなどに用途が広がっております。
         近年は、金属シリコン、アルミナの輸入拡大を図り、金属シリコンはアルミニウムの二次精錬添加剤、二次電池
        向け原料として国内各社へ販売し、アルミナは高級耐火物、コーティング素材として、国内窯業各社へ販売してお
        ります。
         (注)   ミネラルサンズとは砂状の鉱産物のことです。
       〔産機・建機関連〕

         産機関連では、顧客のニーズに合わせて、水からスラリー液(注)、腐食性液、高濃度・高粘性液まで広範囲の流
        体に対応できる流送機器等の販売・メンテナンス等を行っております。国内外の多くの機械メーカーと総販売代理
        店契約を締結しており、顧客のニーズを踏まえてメーカーの新商品の開発や製品の改善等に協力しております。
         なお、大平洋金属グループ企業が出資する機械メーカーである大平洋機工株式会社(当社の関連会社)に当社も出
        資しており、同社と総販売代理店契約を締結し同社製品の販売等を行っております。
         当社グループは顧客の立場に立ち、メンテナンスが容易で長期間の使用が可能なものを取扱い商品の中心として
        おります。特に、主力のワーマンポンプ(大平洋機工株式会社製)は必要部品の交換により長期に使用できるだけで
        なく、ポンプの分解・組立が容易で、工場に持ち込まずにその場で簡単にメンテナンスを行うことができる点に加
        え、取扱溶液の性状に適応した様々な材質を選定して組立てられる特徴を有しております。1958年オーストラリ
        ア・ワーマン社より日本導入以来60年にわたり、耐食・耐磨耗ポンプのトップクラスのシェアを維持し、時代の変
        遷はあっても製鉄、精錬等の素材産業から半導体、パネル等のIT関連企業まで幅広く使用されております。
         建機関連では各種小型建設機械、耐震管施設用機器の販売、シールド掘進機及び関連機器等の販売・レンタル・
        メンテナンス等を行っております。
         (注)   スラリー液とは固形物を含む液体のことです。
       〔環境設備関連〕

         ドイツより優れた性能を持つ高圧ポンプ群(プツマイスター社製ピストンポンプ、フェルバ社製ダイアフラムポン
        プ、ウラカ社製プランジャーポンプ)を輸入し、バイオマスガス発電・下水汚泥・産業廃棄物処理・高濃度スラリー
        送り・表面処理の用途に国内で販売を行っておりますが、これらの高性能高圧ポンプを利用した新技術を提案し、
        環境分野での新しい販路拡大を図っております。
         また、当社が独自技術を保有する水砕スラグ製造設備「ラサ・システム」の販売及び既存システムの改修・改造
        にも積極的に取組んでおります。
         同システムは製鉄所の高炉(溶鉱炉)から銑鉄生産時に副産物として発生する溶融スラグを高圧水で粒状化(水砕)
        する設備で、スラグ中に含まれる硫化水素の大気中への飛散を減少させるとともに、セメント原料として資源の再
        利用に貢献しております。国内の製鉄所のみならず海外にもプラントを多数納入している実績があります。
         最近では製鉄所だけでなく、この技術を応用した石炭ガス化複合発電(IGCC)用スラグ処理設備を2物件受注
        しており、2020年、2021年の運転開始を目指し順調に設計・製作を進めております。
       〔プラント・設備工事関連〕

         石油精製、石油化学、ガス関連、クリーンルーム関連、各種工場関連、都市部大型空調設備関連等の多種多様な
        分野のプラント及び関連工事に係る設計、施工及びメンテナンス工事を主たる事業としております。また、プラン
        ト及び関連工事の中でも配管工事及び動機械仕上工事(注)を得意としており、自社工場での加工率を高め、現場作
        業を削減し、高品質で低コストの工事を提供しております。
         平成29年3月に新工場の第1期設備投資が完了し、12,000坪の土地に5,200坪の工場を生かし、特殊配管加工や大
        型ポンプのメンテナンスなど他社との差別化を図っております。
         (注)   動機械仕上工事とは、ポンプやコンプレッサー等の組立やメンテナンスのことです。
                                  6/79


                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       〔化成品関連〕

         合成樹脂・化成品関連の事業であり、自動車関連をはじめ、建材、電気、電子分野などの幅広い業界に多種多様
        な合成樹脂・化学製品を販売しております。
       〔不動産賃貸関連〕

         当社グループで保有する不動産を有効活用し、賃貸収益を確保しております。保有している物件は、付加価値の
        高い都市部で好条件のものが中心であり、堅実かつ優良なテナントへの提供を行っております。
        事業系統図は次のとおりです。

       (事業系統図)
      4  【関係会社の状況】






                             資本金       主要な       議決権の

            名称           住所                              関係内容
                             (百万円)       事業の内容       所有割合(%)
       (連結子会社)
       イズミ株式会社              東京都中央区            73   化成品関連          100.0    合成樹脂、化学品の販売
                                   プラント・
                                                 プラント及び関連工事の
       旭テック株式会社              千葉県袖ケ浦市           100              100.0
                                                 施工、メンテナンス
                                   設備工事関連
       ラサ・リアルエステート
                                                 グループ保有不動産の有
                    東京都中央区           490   不動産賃貸関連           100.0
                                                 効活用及び高付加価値化
       株式会社
       (持分法適用関連会社)
                                                 ポンプ類の購入及び原材
                                                 料の販売
       大平洋機工株式会社              千葉県習志野市           490   産機・建機関連            45.5
                                                 役員の兼任      1名
       (注)   1.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
          2.ラサ・リアルエステート株式会社は特定子会社であります。
          3.イズミ株式会社及び旭テック株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上
            高に占める割合が10%を超えております。
            主要な損益情報等   
             イズミ株式会社  ①               売上高                   6,613百万円
                      ②               経常利益                    161    〃
                      ③               当期純利益                  103    〃
                      ④               純資産額                 1,267     〃
                      ⑤               総資産額                 2,570     〃           
             旭テック株式会社 ① 売上高                                 3,853百万円

                      ②               経常利益                    189    〃
                      ③               当期純利益                  120    〃
                      ④               純資産額                 1,758     〃
                      ⑤               総資産額                 4,668     〃           
                                  7/79


                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      5  【従業員の状況】

       (1)  連結会社の状況
                      (平成30年3月31日現在)
         セグメントの名称              連結従業員数(名)
       資源・金属素材関連                         17
       産機・建機関連                        113
       環境設備関連                         27
       プラント・設備工事関連                         57
       化成品関連                         16
       不動産賃貸関連                         2
       全社(共通)                         26
       合計                        258
       (注)   1.従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの
             出向者を含む就業人員数であります。
          2.全社(共通)は、当社の総務人事及び経理等の管理部門の従業員であります。
       (2)  提出会社の状況

                                                 (平成30年3月31日現在)
          従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
                  183             42.6              13.3           7,403,377
         セグメントの名称               従業員数(名)

       資源・金属素材関連                         17
       産機・建機関連                        113
       環境設備関連                         27
       全社(共通)                         26
       合計                        183
       (注)   1.従業員数は、当社から他社への出向者を含む就業人員数であり、派遣社員を除いております。
          2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
          3.全社(共通)は、総務人事及び経理等の管理部門の従業員であります。
       (3)  労働組合の状況

        ・当社の労働組合は、昭和49年6月に結成され、現在の組合員は、78人であります。
         なお、連結子会社3社には労働組合はありません。
        ・労働組合との間には、特記すべき事項はありません。
                                  8/79









                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      第2   【事業の状況】

      1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり、その実現を保証
       するものではありません。
       (1)  会社の経営の基本方針
         当社グループの企業理念は「世界に通用する一流技術商品と有用な価値ある資源を国内外に販売し、豊かな社会
        に貢献すること」です。これからも当社グループのような伝統型企業がさらなる発展を遂げるために、新たなコ
        ア・コンピタンスを創造・育成することにより、会社の永続的な発展とさらなる飛躍を目指してまいります。この
        ために、下記の経営基本方針をもって今後の事業を展開してまいります。
         ①  コーポレート・ガバナンスを機能させるために、リスクマネジメントの徹底とコンプライアンスの強化を図り
           ます。
         ②  経営資源の選択と集中により経営効率を高め収益の一層の拡大を図ります。
         ③  高度の商品知識や技術力を持つ人材の育成に注力し、人的基盤の充実を図ります。
         ④  自己資本の一層の充実を図り、財務基盤を強化し、新たな投資・事業拡大への即対応体制を強化します。
       (2)  目標とする経営指標

         当社グループは、財務の健全性を念頭におきながら、自己資本を効率的に活用しつつ、株主価値の拡大を図るこ
        とを主眼に、下記の経営指標の目標値を掲げております。
         ①  総資産経常利益率は10%以上を目標とします。
         ②  自己資本比率は50%以上を目標とします。
         ③  自己資本当期純利益率は12%以上を目標とします。
       (3)  中長期的な会社の経営戦略

         2016年5月、当社は創立80周年を迎える2019年3月期を最終年度とする中期経営計画「Next                                            Stage   Rasa   2018~
        80周年への布石~」を発表いたしました。
         当中期経営計画においては、最終年度(2019年3月期)売上高380億円、営業利益18億円、経常利益19億円、当期純
        利益12億円を経営目標に掲げ、3つの基本方針のもと、2つの重点施策を推し進めることにより、経営目標の達成
        及び企業価値向上を目指します。
        基本方針
         ①  変革の好機と捉え、重点施策の推進により企業価値向上を目指す
         ②  創立80周年に向け、専門商社の枠組みを超えた付加価値創出企業として、持続的な成長を目指す
         ③  当中期経営計画から配当方針を見直し、株主価値の極大化に努める
        重点施策
         収益基盤の更なる強化
          各事業における強みの強化と新たな収益基盤の創出
          事業間シナジーの創出
         経営基盤の更なる強化
          新基幹システムの導入
          グループ企業間の人的交流推進
          コーポレート・ガバナンスの更なる充実
       (4)  会社の対処すべき課題

         当社グループは、資源・金属素材関連、産機・建機関連、環境設備関連、プラント・設備工事関連、化成品関
        連、不動産賃貸関連の6事業体制で、収益のさらなる拡大を図ると共に、新商品の開発、開拓、グローバル化を積
        極的に推進し、新たな収益基盤の確立を目指してまいります。
         ①  資源・金属素材関連
           ジルコンサンドを中心とした鉱産物を主に国内に安定的に供給してきましたが、これらの原料の用途が限定的
          であること、供給元の状況に左右されやすいこと、国内外の景気の影響を大きく受けること、価格面及び為替リ
          スクがあることなどから、下記を中長期的な課題としております。
                                  9/79


                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
          ・輸入原料の商品多様化と用途開発

            取扱商品の拡大を目指し、引き続きジルコンサンド、金属シリコン、黒鉛などの高付加価値化を目指してま
           いります。
          ・グリーンエネルギー分野の拡大
            エネルギー用途素材の原料供給への取組みに加え、太陽光発電のパネル向け原材料、二次電池用の原材料、
           省エネ電子部材料などグリーンエネルギー分野へ注力してまいります。
          ・海外事業展開の拡大
            中国、東南アジア、インドなどの成長市場へ進出している日系企業及び現地企業との取引拡大、三国間ビジ
           ネスの拡大、現地メーカーとの取引を強化し二次加工製品の現地供給を目指してまいります。加えて、輸入原
           料の安定的なサプライソースの基盤強化に注力してまいります。
         ②  産機・建機関連
           民需関連については、設備投資は限定的で多少勢いに欠けると判断されます。一方、官需関連については投下
          資本が既存設備の長寿命化にシフトされている状況下、顧客の視野に立脚した提案力が求められることから、下
          記を中長期的な課題としております。
          ・既存ポンプの応用と新材質の開発
            ポンプの用途開発については、従来より石炭火力発電、下水道のBCP分野に取り組んでまいりましたが、
           石炭火力発電については、日本国内において重要なベースロード電源の一つではあるものの、2015年のパリ協
           定締結を機に漸次設備縮小の方向にあります。従いまして、今後の取り組みについては、石炭火力発電所に納
           入する全てのポンプの効率改善を図ることで、環境負荷の低減に貢献してまいります。
            一方、下水道BCPについては、当社主力商品のヒドロスタルポンプを応用し、津波、高潮、豪雨等の自然
           災害から下水道施設等を保護する目的で「BETSY」を供給しておりますが、用途範囲が極めて多く、溜池
           や城郭の濠等の浚渫に環境保全機器としてマスコミの特番に採用されております。
            また、主力のワーマンポンプについては、画期的なポンプ材質の開発を進めており、より顧客のニーズに
           マッチした低コストで高品質の金属及びゴム材質の提供を進めてまいります。
            さらに、シンガポール支店を活用し、発展が著しい東南アジア各国のインフラ整備に貢献してまいります。
          ・グループ各社との連携強化
            旭テック株式会社の営業情報強化、特に京葉地区における相互の顧客に対する情報共有の推進強化を目指し
           てまいります。また、当社の主力ポンプメーカーであり、関連会社でもある大平洋機工株式会社との協業体制
           も含めグループ全体の業容拡大を目指してまいります。
          ・メンテナンスサービス体制の一層の充実
            グループでの連携により、メンテナンス協力会社の関係の強化に努め、稼動ポンプの計画的整備更新を喚起
           し、グループでの販売、メンテナンスの拡大を目指してまいります。
         ③  環境設備関連
           製鉄所の高炉から排出されるスラグの処理は、国内においては、高炉自体の新設がほとんどなく、海外もしく
          は国内製鉄以外が対象となりますが、世界規模でも製鉄所の高炉新設は限定的であり、さらに競争が厳しいた
          め、国内の製鉄所以外の需要が見込まれる火力発電設備が新規に計画されている状況などから、下記を中長期的
          な課題としております。
          ・電力分野におけるスラグ処理の応用及び販路拡大
            国内ではCO2削減を重視した次世代火力発電の石炭ガス化複合発電設備(IGCC)に組み込まれたスラグ
           処理設備(「ラサ・システム」応用技術)を2物件受注しており、2020年、2021年の運転開始を目指し、順調に
           設計・製作を進めております。さらにこの技術・設備を、国内外問わず大手発電プラント向けに拡販し、CO
           2削減に貢献したいと考えております。
          ・当社独自の水砕スラグ製造設備「ラサ・システム」の販売先の拡大
            環境への負荷を低減させる水砕スラグ製造装置「ラサ・システム」で製造されるスラグは、リサイクル材と
           評価されております。今後は、さらなる省エネルギー化を目指した技術提案及びこのシステムを応用した非鉄
           金属分野への市場拡大を目指してまいります。
          ・環境問題に取り組む海外主要機械メーカーとの提携
            バイオマスガス発電の利用促進に向けて乾式メタン発酵が注目されています。発酵槽に圧入するポンプとし
           て実績があり、また高圧で下水汚泥、産廃送りに多数実績を持つドイツ高圧ポンプメーカーとの連携を強化し
           てまいります。さらにボイラー制御に不可欠な高い制御性に加え、シンプルで、信頼性の高い自動バイパス弁
           メーカーとの連携を強化し、新たな市場の創出と拡大を目指してまいります。
                                 10/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
          ・海外市場の拡大

            非鉄金属資源の豊富な東南アジアを中心に、水砕スラグ処理の応用技術を活用した設備及び機械類の輸出強
           化を目指してまいります。
         ④  プラント・設備工事関連
           石油元売会社の生産能力縮小などの影響で京浜臨海コンビナートではプラントの再編や縮小が実施され、石油
          関連以外の大規模工場の新設も限られる中、東京オリンピック・パラリンピックに向けた設備投資や各種インフ
          ラ投資が行われている状況などから、下記を中期的な課題としております。
          ・国内製造設備の増改修・補修及び新設
            主要顧客の京葉臨海コンビナートの増改修・補修を確実に受注するとともに、電気・ガスの自由化に伴う設
           備投資や東京オリンピック・パラリンピック前後の東京都内大型ビルの熱源設備の動向に注視して受注拡大を
           目指してまいります。
          ・袖ケ浦工場の有効利用
            旭テック株式会社の第一工場の第1期設備投資が昨年完了し、第二工場と合わせ5,200坪に及ぶ工場と技術
           を生かし、関連する事業範囲の拡大を図り、ユニット工法工事や特殊配管加工の受注増加を目指してまいりま
           す。
          ・グループ連携
            営業活動やポンプメンテナンス工事で進めているラサ商事株式会社、旭テック株式会社及びメンテナンス協
           力各社との施工協力や営業情報共有のさらなる拡大や人事交流を含めた連携強化を図り、グループ全体の業績
           向上に貢献してまいります。
         ⑤  化成品関連
           石油化学製品工場の海外移転などから、国内における生産量、消費量とも減少傾向にあるため、国内企業とそ
          の海外現地法人への関係強化が必要なことなどから、下記を中長期的な課題としております。
           イズミ株式会社の事業運営体制の見直しと強化をさらに図ってまいります。
          ・国内取引の拡大
            国内の一流メーカー及び特徴ある製品を持つメーカーとの関係強化を進め、販売先への水平展開を行い、売
           上、収益の拡大を目指してまいります。
          ・海外取引の拡大
            主要取引先の海外展開に伴い、海外駐在員事務所を情報拠点として、東南アジア及び北米への販売強化を目
           指してまいります。
          ・グループ運営強化及び効率化
            海外販売の拡大により、グループでの運営強化及び販売コストなどの効率化に努めてまいります。
         ⑥  不動産賃貸関連
           保有する賃貸ビルについては、全て賃貸中です。また、八潮駐車場については、より収益性の高い物件への買
          替を検討しております。
      2  【事業等のリスク】

        当社グループの事業その他に関するリスクについて、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられ
       る主な事項を記載しております。ただし、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても、投資者の判
       断において重要であると考えられる事項については、積極的な情報開示の観点から開示しております。
        本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は有価証券報告書提出日現在における当社の
       判断に基づいたものであり、その実現を保証するものではありません。
       (1)  商品市況の変動について

         当社グループが資源・金属素材関連及び化成品関連において取り扱う商品は、相場変動による商品価格リスクが
        あります。資源・金属素材関連においては、在庫として保有する期間を短縮させるとともに、商品によっては年間
        の販売量を事前に交渉するなどしてリスクの軽減を図っております。資源・金属素材関連及び化成品関連とも短期
        的に想定以上の相場変動が生じた場合等には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)  為替相場の変動について
         当社グループの外貨建てによる販売、仕入については、為替相場の変動によるリスクを負っておりますが、当該
        リスクを減少させるために原則として取引契約成立の都度、為替予約を行っております。したがって、短期的な為
        替変動が当社の業績に与える影響は軽微なものであると考えられますが、想定以上の為替変動が生じた場合には、
        当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 11/79


                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       (3)  経済・設備投資動向について

         当社グループが産機・建機関連及び環境設備関連において取り扱う商品並びにプラント・設備工事関連は、製造
        業を主体とした顧客の工場や地方自治体等の運営する下水処理場等において主に使用又は施工されております。当
        該事業は機械や設備の販売及び工事施工のみならず、メンテナンス関連の需要も継続的にあること、また、製造業
        を主体とした民需においては、当社グループの顧客は幅広い業種に亘っていることから、競合激化はあるものの、
        一定の収益の安定性は確保できているものと考えております。しかしながら、全般的な経済動向や設備投資動向の
        変化によっては、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループが化成品関連において取り扱う商品は、自動車、建材、電気、電子分野などに幅広く素材を
        提供しており、国内外の経済動向の変化によっては、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)  業績の季節変動について
         当社グループの産機・建機関連、環境設備関連及びプラント・設備工事関連の業績は、販売先の設備投資予算の
        執行の関係により、売上高が第4四半期に偏重する傾向があり、利益についても第4四半期に偏重する構造となっ
        ております。
       (5)  自然災害等について
         地震、洪水等の自然災害、事故やテロのような、当社グループが予測不可能な事により、インフラや下記の特定
        商品の依存先に壊滅的被害があった場合や当社グループの設備に被害が発生し、再構築の範囲が大規模となった場
        合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループの設備は、日常的及び定期的に保守管理、安全対策を実施しておりますが、不慮の事故によ
        る物的、人的被害が生じた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)  特定商品の依存について
        ①  ジルコンサンド
         ジルコンサンドについては、その大半を世界有数のミネラルサンズの生産会社であるオーストラリアのアイルカ
        社から仕入れており、同社との間で日本における総販売代理店契約を締結しております。
         当社グループは同社との安定的な取引関係を維持しておりますが、ジルコンサンドは鉱産資源であるため、同社
        において安定した採掘量が確保できなくなった場合、同社との関係に変更があった場合、又は同社の事業方針に変
        更があった場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ②  ワーマンポンプ
         ワーマンポンプについては、当社と関連会社である大平洋機工株式会社との間で総販売代理店契約を締結してお
        ります。当社グループは、同社に対して資本関係のみならず、部品の販売や役員の派遣をするなど、強固な関係を
        構築しておりますが、同社との関係に変更があった場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       (7)  法的規制について
         当社グループの各関連事業は、環境関連法令、貿易関連法令、その他多数の法令の規制を受けているため、今
        後、これらの規制の改廃や新たな法規制が設けられた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があり
        ます。
       (8)  人材の確保について
         当社グループの事業には、専門的な技量や経験を有する人材が不可欠であるため、高度な商品知識をもった人材
        や高度な技術力をもったエンジニア等の育成には常に注力しております。しかしながら、予定通りの人材の確保を
        行えなかった場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
       う。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次
       のとおりです。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  経営成績

         当連結会計年度におけるわが国経済は、海外の政情不安や地政学的リスクが続くなかでも、世界経済は安定的に
        推移したことから、国内の政治不信はあるものの、各種政策の効果や海外からの観光客増加などもあり、総じて企
        業収益は改善し、設備投資及び国内生産は増加傾向となり、個人消費は持ち直し、雇用情勢は着実に改善したこと
        など、景気は緩やかな回復基調が継続されることとなりました。
         このような経済環境のもとで当社グループは、中期経営計画「Next                                Stage   Rasa   2018~80周年への布石」の2年目
        にあたり、一層の営業活動の積極的な展開と経営効率の向上に努めてまいりました。
                                 12/79


                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         当連結会計年度の業績といたしましては、売上高は290億76百万円と前年同期と比べ8億60百万円(△2.9%)の減

        収となり、中期計画と比べ49億23百万円(△14.5%)計画を下回りました。主な要因は、鉱産物の供給減による販売
        数量の減少及び環境設備関連、プラント設備工事関連における業界全体の人手不足等に伴う納期や工期の延長等が
        あったことによるものです。
         営業利益におきましては、売上高の減収はあったものの、18億63百万円となり、前年同期と比べ4億4百万円
        (27.7%)の増益、中期計画と比べ5億63百万円(43.4%)計画を上回りました。また、経常利益におきましては、営
        業外収支の改善もあり20億57百万円となり、前年同期と比べ4億18百万円(25.5%)の増益、中期計画と比べ6億57
        百万円(47.0%)計画を上回りました。親会社株主に帰属する当期純利益におきましては、経常利益の増益により                                                    15
        億18百万円     となり、前年同期と比べ            4億59百万円      ( 43.4%   )の増益、中期計画に比べ            6億22百万円      ( 69.4%   )計画を上
        回りました。今期の増益の主な要因は鉱産物市況の回復に加え、各種ポンプ類の販売が堅調に推移したことによる
        ものです。
         上記結果、中期計画の最終年度(2018年度)の経営目標である営業利益18億円、経常利益19億円、親会社株主に帰
        属する当期純利益12億16百万円を当期(2017年度)において達成いたしました。各利益が中期計画を上回った主な要
        因としては、資源・金属素材関連の特にジルコンサンドの市況が大きく変わったためと考えております。中期計画
        策定前は供給過剰からジルコンサンドの価格回復には時間を要すると見込んでおりましたが、生産者側から一転し
        て供給が抑えられため品薄状態となり価格が高騰したことから、資源・金属素材関連の利益が想定より早く回復し
        たことが大きいと考えております。
         また、中期計画の目標とする経営指標についても自己資本当期純利益率8%以上は                                        10.8%   、売上高経常利益率
        5%以上は7.1%、自己資本比率50%以上は                    52.6%   となり、全ての目標を達成することができました。中期計画2年
        目の当連結会計年度は、従来の手法等に拘らず、経営資源の効率化、臨機応変な対応により経営効率が一段と深化
        したことや資本政策、配当政策など積極的に進めたことなどが、経営指標等の目標達成に大きく寄与したものと考
        えております。
         当連結会計年度におけるセグメント別の状況は、次のとおりです。

         当連結会計年度より、報告セグメントの経営成績を適切に反映させるため、全社費用の配分方法を変更しており
        ます。このため、以下の前年同期比較については、前年同期の数値を変更後の配分方法により組み替えた数値で比
        較しております。なお、対象の報告セグメントは「資源・金属素材関連」「産機・建機関連」「環境設備関連」で
        あります。
         資源・金属素材関連では、金属シリコンは仕入先である中国の環境変化から国内の販売に大きな影響があり、数
        量及び販売金額とも減少したものの、輸入原料の増加により、これをカバーし、ジルコンサンドは一時的な品不足
        の状況はないものの、供給減少の傾向が続いた影響を受けたことから、関連部門の売上高は91億42百万円となり、
        前年同期と比べ1億61百万円(△1.7%)の減収となりました。セグメント営業利益はジルコンサンドの供給減少から
        価格の回復傾向が続いたことなどから                  4億70百万円      (前年同期は1億91百万円の損失)の増益となりました。
         産機・建機関連では、企業収益や設備投資に改善傾向が見られ、国内では、民間企業向け各種ポンプ類の販売が
        堅調に推移し、海外機械販売も好調であったことから、関連部門の売上高は79億55百万円となり、前年同期と比べ
        3億7百万円(4.0%)の増収となりました。セグメント営業利益は取扱う商品全般に亘って競争が厳しく                                                7億48百万
        円 となり、前年同期と比べ           55百万円    ( △6.9%    )の減益となりました。
         環境設備関連では、主力商品、水砕関連商品とも納期の延期や工期の延長などが重なり、関連部門の売上高は13
        億53百万円となり、前年同期と比べ4億84百万円(△26.4%)の減収となりました。セグメント営業利益は1億45百
        万円となり、前年同期と比べ1億82百万円(△55.7%)の減益となりました。
         プラント・設備工事関連では、大口工事の工期延長などから、関連部門の売上高は38億53百万円となり、前年同
        期と比べ6億48百万円(△14.4%)の減収となりました。セグメント営業利益は1億85百万円となり、前年同期と比
        べ91百万円(△33.1%)の減益となりました。
         化成品関連では、自動車関連及び一部電線業界が堅調に推移し、原油価格も安定したことから、関連部門の売上
        高は66億13百万円となり、前年同期と比べ1億48百万円(2.3%)の増収となりました。セグメント営業利益は1億59
        百万円となり、前年同期と比べ28百万円(21.6%)の増益となりました。
         不動産賃貸関連では、資産の買換えなど効率化を進めたことから、関連部門の売上高は3億33百万円となり、前
        年同期と比べ29百万円(9.6%)の増収となりました。セグメント営業利益は1億54百万円となり、前年同期と比べ44
        百万円(40.5%)の増益となりました。
                                 13/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         当期連結会計年度の受注及び販売の実績は、次のとおりであります。

       ①  受注実績
         当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
             セグメントの名称                受注高(百万円)        前年同期比(%)        受注残高(百万円)         前年同期比(%)

       資源・金属素材関連                           8,910        △10.5         1,292        △15.2
       産機・建機関連                           8,724         10.0        2,013         61.8
       環境設備関連                           1,297        △28.6         1,068        △5.0
       プラント・設備工事関連                           4,245        △9.9         2,631         17.5
       化成品関連                           6,773         6.5         315       102.2
       不動産賃貸関連                            -         -         -        -
                合計                 29,951         △2.7         7,320         16.4
       (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
          2.不動産賃貸関連は、全て賃貸によるもののため、記載しておりません。 
       ②  販売実績

         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。 
                セグメントの名称                      金額(百万円)              前年同期比(%)
       資源・金属素材関連                                      9,142              △1.7
       産機・建機関連                                      7,955               4.0
       環境設備関連                                      1,353              △26.4
       プラント・設備工事関連                                      3,853              △14.4
       化成品関連                                      6,613               2.3
       不動産賃貸関連                                       333              9.6
                   合計                         29,252               △2.7
       (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
          2.販売実績の合計額は、セグメント間の内部取引調整前のものであります。
       (2)  財政状態

         (流動資産)
         流動資産は170億47百万円となり、前年同期に比べ11億29百万円の増加となりました。主な要因はジルコン在庫等
        商品及び製品で10億5百万円の減少等があったものの、現金及び預金14億81百万円、未成工事支出金で3億33百万
        円の増加等によるものです。
         (固定資産)
         固定資産は     122億28百万円       となり、前年同期に比べ7億51百万円の増加となりました。主な要因は投資有価証券で
        4億51百万円、土地の取得による3億11百万円の増加等によるものです。
         (流動負債)
         流動負債は90億75百万円となり、前年同期に比べ3億5百万円の増加となりました。主な要因は短期借入金で2
        億67百万円の増加等によるものです。
         (固定負債)
         固定負債は     47億87百万円      となり、前年同期に比べ            11億62百万円      の減少となりました。主な要因は長期借入金で11
        億55百万円の減少等によるものです。
         (純資産)
         純資産は    154億11百万円       となり、前年同期に比べ           27億38百万円      の増加となりました。主な要因は利益剰余金                     11億63
        百万円   、増資等による資本剰余金7億34百万円、自己株式の処分による4億50百万円の増加等によるものです。
                                 14/79





                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       (3)  キャッシュ・フロー

         当連結会計年度末の現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は42億49百万円となり、前年同期に比べ
        14億81百万円増加しました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因については、次のとおりです。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動により発生した資金は21億74百万円となり、前年同期に比べ16億62百万円減少しました。
         主な要因は法人税等の支払額6億27百万円、売上債権の増加2億82百万円により資金の減少等があったものの、
        税金等調整前当期純利益20億57百万円、たな卸資産の減少6億69百万円及び仕入債務の増加3億27百万円による資
        金の増加等によるものです。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動により発生した資金は5億24百万円の減少となり、前年同期に比べ8億60百万円増加しました。
         主な要因は有形固定資産の取得による支出3億51百万円、保険積立金による支出2億22百万円の減少等によるも
        のです。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動により発生した資金は1億68百万円の減少となり、前年同期に比べ25億74百万円増加しました。
         主な要因は自己株式の処分による収入9億61百万円、株式の発行による収入4億45百万円、短期借入金2億67百
        万円(純額)による資金の増加等があったものの、長期借入金の返済13億60百万円、配当金の支払3億54百万円の
        減少等によるものです。
         資本の財源及び資金の流動性につきましては、次のとおりです。

         当社グループの資金需要の主なものは、商品の仕入、設備投資並びに賃貸用不動産への投資であります。これら
        の資金需要については、営業活動によるキャッシュ・フローの収入、今期の株式の売出しにより調達した資金及び
        金融機関の借入にて対応することとしており、資金の流動性を安定的に確保しております。
      4  【経営上の重要な契約等】

                                                     相手方の名称

        契約会社名          契約品目            契約内容             契約期間
                                                    (相手方の所在地)
                          日本国内での総販売代理店
                                       平成30年1月より2年間              アイルカ社
                ジルコンサンド
                                           (自動更新)          (オーストラリア)
                          契約
                          日本国内及びアジア諸国に
                          おける総販売代理店契約
                                         平成26年7月より
                          (ウイヤーミネラルズオー
                                                    大平洋機工株式会社
                ワーマンポンプ         ストラリア社(オーストラ               平成31年6月まで
                                                       (日本)
                          リア)と大平洋機工株式会
                                         5年ごと自動更新
       ラサ商事株式会社
                          社との技術提携契約改定に
                          よる)
                          日本国内での総販売代理店
                ヒドロスタルポン
                          契約(ヒドロスタル社、フ
                プ並びに                         平成30年1月より
                                                    大平洋機工株式会社
                          リデコ社(スイス)と大平洋
                                                       (日本)
                プリローテーショ                         平成30年12月まで
                          機工株式会社との技術提携
                ンシステム
                          契約改定による)
      5  【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 15/79





                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      第3   【設備の状況】

      1  【設備投資等の概要】

        子会社ラサ・リアルエステート株式会社は、平成29年8月9日付で保有する千葉県市原市の土地(1,919㎡)及び建物
       (520.96㎡及び628.82㎡)を1億14百万円で、平成30年3月29日付で保有する埼玉県八潮市の土地(1,850㎡)を2億86百
       万円で売却する売買契約をそれぞれ締結いたしました。同社におきましては、平成31年3月末までに、7億31百万円
       の賃貸用不動産の購入を予定しており、その一環として、平成29年12月13日付で、埼玉県川口市の土地(1,058.28㎡)
       を3億10百万円で購入いたしました。
      2  【主要な設備の状況】

       (1)  提出会社
                                                 (平成30年3月31日現在)
                                        帳簿価額(百万円)
                                                           従業
         事業所名        セグメント
                        設備の内容                                   員数
                               建物及び      機械装置        土地
         (所在地)         の名称
                                                 その他     合計
                                                           (名)
                               構築物     及び運搬具       (面積㎡)
       本社
                                               -
                 全社(共通)        本社機能          3      -          13     16   113
                                              (-)
       (東京都中央区)
       東京機械センター                   倉庫
                                               117
                 産機・建機                 43       1          1    162    3
                                             (2,267)
       (千葉県習志野市)                  修理工場
       千葉機械センター                   倉庫
                                               346
                 産機・建機                 71       12           8    438    -
                                             (8,194)
       (千葉県八街市)                  修理工場
       (注)   1.帳簿価額のうち、「その他」は工具、器具及び備品、貸与資産等であります。
          2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       (2)  国内子会社

                                                 (平成30年3月31日現在)
                                           帳簿価額(百万円)
                                                           従業
                        セグメント       設備の
                事業所名
        会社名                                                   員数
                                    建物及び     機械装置       土地
                (所在地)
                         の名称      内容
                                                    その他    合計
                                                           (名)
                                    構築物    及び運搬具      (面積㎡)
                               本社機能
               本社・第一工場
                        プラント・                         378
                                      749       67         13  1,208    57
                         設備工事                      (19,600)
              (千葉県袖ケ浦市)
       旭テック
                               生産設備
       株式会社
                第二工場
                        プラント・                         378
                               生産設備       144       0         3   526   -
                         設備工事                      (19,625)
              (千葉県袖ケ浦市)
               RASA日本橋
                                                1,469
               ビルディング         不動産賃貸      賃貸ビル       747       5         1  2,223     2
                                                (602)
               (東京都中央区)
              イズミビルディング
                                                1,595
       ラサ・リアル
                        不動産賃貸       賃貸ビル        293       -         0  1,889    -
                                                (311)
               (東京都中央区)
       エステート
       株式会社
                上野毛物件               賃貸用
                                                 486
                        不動産賃貸              -      -         -   486   -
                                                (459)
              (東京都世田谷区)                 土地
               南鳩ヶ谷物件                賃貸用
                                                 311
                        不動産賃貸              -      -         -   311   -
               (埼玉県川口市)                 土地               (1,058)
       (注)   1.帳簿価額のうち、「その他」は工具、器具及び備品等であります。
          2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       (3)  在外子会社

         該当事項はありません。
      3  【設備の新設、除却等の計画】

       (1)  設備の新設
         記載事項はありません。
       (2)  設備の除去等の計画

         記載事項はありません。
                                 16/79


                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      第4   【提出会社の状況】

      1  【株式等の状況】

       (1)  【株式の総数等】
         ①  【株式の総数】
                   種類                        発行可能株式総数(株)

                  普通株式                                      49,600,000
                   計                                    49,600,000
         ②  【発行済株式】

                 事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

          種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                 内容
                (平成30年3月31日)          (平成30年6月27日)          商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
         普通株式           12,910,000          12,910,000                単元株式数は100株であります。
                                      市場第一部
          計         12,910,000          12,910,000          -             -
       (2)  【新株予約権等の状況】

         ①  【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
         ②  【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
         ③  【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額       資本金残高
          年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                 (百万円)       (百万円)
                    (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
       平成29年12月5日
                       300     12,700         131      1,985        131      1,743
       (注)1
       平成30年1月5日
                       210     12,910         91     2,076         91     1,835
       (注)2
       (注)   1.有償一般募集
            発行価格      922円
            発行価額     874.2円
            資本組入額    437.1円
          2.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
            発行価格      922円
            資本組入額    437.1円
            割当先      三菱UFJモルガン・スタンレー証券㈱
                                 17/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       (5)  【所有者別状況】

                                                 (平成30年3月31日現在)
                          株式の状況(1単元の株式数              100株)
                                                        単元未満
              政府及び
         区分                                               株式の状況
                                     外国法人等
                        金融商品     その他の                 個人
              地方公共     金融機関                                  計
                                                         (株)
                        取引業者      法人                その他
                                   個人以外      個人
               団体
       株主数(人)          -     25     27     142      61     27   18,118     18,400        -
       所有株式数
                 -   32,247      2,185     29,689      17,712       67   47,144     129,044       5,600
       (単元)
       所有株式数
                 -    25.0      1.7     23.0      13.7      0.1     36.5     100.0        -
       の割合(%)
       (注)   1.自己株式50,159株は「個人その他」に501単元、「単元未満株式の状況」に59株含まれております。
          2.上記「金融機関」には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式が2,820単元含まれております。
       (6)  【大株主の状況】

                                                 (平成30年3月31日現在)
                                                      発行済株式(自
                                                       己株式を除
                                                所有株式数
            氏名又は名称                      住所                    く。)の総数に
                                                (千株)
                                                      対する所有株式
                                                       数の割合(%)
       大平洋金属株式会社                  東京都千代田区大手町1丁目6番1号                          1,040         8.1
       日本トラスティ・サービス信託銀行
                         東京都中央区晴海1丁目8番11号                           863        6.7
       株式会社(信託口)
       MSIP   CLIENT    SECURITIES            25  Cabot   Square,    Canary    Wharf,
       (常任代理人      モルガン・スタンレー            London    E14  4QA,   U.K.                   571        4.4
       MUFG証券株式会社)                  (東京都千代田区大手町1丁目9番7号)
                         東京都千代田区丸の内1丁目6番6号

       日本生命保険相互会社
                                                    496        3.9
       (常任代理人 日本マスタートラス
       ト信託銀行株式会社)
                         (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
       アトラス     コプコ    シツクラ     ホール

                         C/O   Atlas    Copco    AB  105   23  Stockholm,
       デイング     エービー
                         Sweden                           400        3.1
       (常任代理人      大和証券株式会社)
                         (東京都千代田区丸の内1丁目9番1号)
       東京海上日動火災保険株式会社                  東京都千代田区丸の内1丁目2番1号                           360        2.8

       クニミネ工業株式会社                  東京都千代田区岩本町1丁目10番5号                           290        2.3
       損害保険ジャパン日本興亜株式会社                  東京都新宿区西新宿1丁目26番1号                           240        1.9
       大平洋機工株式会社                  千葉県習志野市東習志野7丁目5番2号                           207        1.6
       三機工業株式会社                  東京都中央区明石町8番1号                           200        1.6
               計                    -                4,667        36.3
       (注)   1.大平洋機工株式会社(平成30年3月31日現在当社が45.51%株式を保有)が保有している上記株式について
            は、会社法第308条第1項及び会社法施行規則第67条の規定により議決権を有しておりません。
          2.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有する株式のうち、282千株は当社が導入した役
            員向け株式交付信託が所有する株式であります。なお、当該株式は連結財務諸表及び財務諸表において自己
            株式としております。
          3.上記のほか当社所有の自己株式50千株があります。
                                 18/79





                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       (7)  【議決権の状況】

         ①  【発行済株式】
                                                 (平成30年3月31日現在)
             区分             株式数(株)          議決権の数(個)                内容
       無議決権株式                      -           -             -
       議決権制限株式(自己株式等)                      -           -             -
       議決権制限株式(その他)                      -           -             -
                        (相互保有株式)
                                       -             -
                        普通株式       207,000
       完全議決権株式(自己株式等)
                        (自己保有株式)
                                       -             -
                        普通株式       50,100
                        普通株式     12,647,300
       完全議決権株式(その他)                                  126,473            -
                        普通株式        5,600
       単元未満株式                                 -      1単元(100株)未満の株式
       発行済株式総数                      12,910,000          -             -
       総株主の議決権                      -            126,473            -
       (注)   1.「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式282,000株(議
            決権2,820個)が含まれております。
          2.単元未満株式数には、当社所有の自己株式59株が含まれております。
         ②  【自己株式等】

                                                 (平成30年3月31日現在)
                                                       発行済株式
                                                所有株式数
                                  自己名義       他人名義
          所有者の氏名                                             総数に対する
                       所有者の住所                          の合計
                                  所有株式数       所有株式数
           又は名称                                             所有株式数
                                   (株)       (株)
                                                  (株)
                                                       の割合(%)
       (相互保有株式)             千葉県習志野市東習志野
                                    207,000       -       207,000         1.6
      大平洋機工株式会社
                    7丁目5番2号
       (自己保有株式)
                    東京都中央区日本橋蛎殻町
                                    50,100       -        50,100         0.4
      当社             1丁目11番5号
            計             -          257,100       -       257,100         2.0
       (注) 上記の自己名義所有株式数には、役員向け株式交付信託保有の当社株式数(282,000株)を含めておりません。
       (8)  【役員・従業員株式所有制度の内容】

         当社は、平成28年6月28日開催の第114期定時株主総会及び平成29年6月28日開催の第115期定時株主総会決議に
        基づき、当社取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。以下同じ。)を対象に、当社の業績及び株式
        価値と取締役の報酬との連動性をより明確にし、取締役が株主の皆様と株価上昇によるメリット及び株価下落リス
        クを共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、業績連
        動型株式報酬制度を導入しております。
         ①  業績連動型株式報酬制度の概要
          本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」という。)が当社株式を取得し、当
         社取締役会が定める「株式交付規程」に従って、その役位及び業績達成度(中期経営計画の連結純利益目標達成
         率)に応じて付与されるポイントの数に相当する数の当社株式が、本信託を通じて各取締役に対して交付されると
         いう業績連動型の株式報酬制度であります。なお、取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役
         の退任時となります。
         ②  支給対象役員
          当社取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く) 
         ③  取締役に取得させる予定の株式の総数
          282,000株
                                 19/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      2  【自己株式の取得等の状況】

        【株式の種類等】           会社法第155条第7号による普通株式の取得

       (1)  【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
       (2)  【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
       (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                  株式数(株)               価額の総額(円)

       当事業年度における取得自己株式                                     59              57,636

       当期間における取得自己株式                                     -                -

       (注) 当期間における取得自己株式には、平成30年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
          による株式数は含めておりません。
       (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                 当期間

                 区分
                                      処分価額の総額                処分価額の総額
                               株式数(株)                株式数(株)
                                       (百万円)                (百万円)
       引き受ける者の募集を行った取得自己株式                         1,100,000           961         -        -
       消却の処分を行った取得自己株式                             -        -        -        -
       合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                    -        -        -        -
       取得自己株式
       その他                             -        -        -        -
       保有自己株式数                           50,159          -      50,159          -
       (注)   1.当期間における保有自己株式数には、平成30年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
            取りによる株式数は含めておりません。
          2.上記の保有自己株式数には、役員向け株式交付信託保有の当社株式数(282,000株)を含めておりません。
      3  【配当政策】

        当社は、中期経営計画にありますとおり、株主の皆様への長期的利益還元を重要な経営課題の一つと考え、安定配
       当を行うことを基本方針としつつ、企業体質の強化、今後の事業展開及び内部留保の充実等を勘案した上で、25%前
       後の配当性向を維持できるよう努力してまいります。
        当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は中間配
       当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
        当期の配当は、中間で15円、期末で18円、年間で33円(前期比9円増配)といたしました。
        内部留保資金につきましては、中長期的な視点に立って、有為な人材の採用・育成を目指すとともに、新規市場の
       開拓や新規商品の開発などに充当し、事業の積極的展開・体質改善を図り、競争力の強化と企業価値の増大を図る所
       存であります。
        なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
        基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

              決議年月日                配当金の総額               1株当たり配当額
         平成29年10月30日
                                   168百万円                  15円
         取締役会決議
         平成30年6月27日
                                   231百万円                  18円
         定時株主総会決議
         (注)   1.平成29年10月30日取締役会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する自社の株
              式に対する配当金4百万円が含まれております。
            2.平成30年6月27日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する自社
              の株式に対する配当金5百万円が含まれております。
                                 20/79


                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      4  【株価の推移】

       (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
          回次         第112期         第113期         第114期         第115期         第116期

         決算年月        平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月         平成29年3月         平成30年3月
         最高(円)              505         645         639         792        1,196
         最低(円)              392         453         506         450         685
       (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
       (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

          月別      平成29年10月          11月        12月      平成30年1月          2月        3月

         最高(円)           1,196        1,159        1,038        1,047        1,006         949
         最低(円)           1,040         927        913        986        881        893
       (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                 21/79















                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      5  【役員の状況】

      男性9名      女性0名      (役員のうち女性の比率0%)

                                                          所有株式
        役名     職名     氏名      生年月日                 略歴             任期
                                                          数(株)
                               昭和50年1月      当社入社
                               平成11年4月      産業機械一部長
                               同  12年4月     大阪支店長
                               同  13年6月     取締役大阪支店長
                               同  16年4月     取締役大阪支店長兼同店営業部長
       代表取締役
                 井 村 周 一
                       昭和26年2月4日生                                (注)4    117,300
                               同  17年4月     常務取締役管理本部長
        社長
                               同  17年6月     代表取締役社長
                               同   27年2月    ラサ・リアルエステート株式会社代表取
                                     締役(現)
                               同   29年9月
                                     当社代表取締役社長兼物資営業本部長
                               同   30年4月
                                     代表取締役社長(現)
                               昭和50年4月      当社入社
                               平成11年4月      福岡支店営業部長
                               同  16年4月     福岡支店長兼同店営業部長
                               同   17年7月    執行役員福岡支店長兼同店営業部長
                               同  18年4月     執行役員機械業務本部長
                               同  19年4月     執行役員業務本部長兼北海道支店長
                               同  19年6月     取締役兼執行役員業務本部長兼北海道支
                                     店長
            機械営業
                 伊 藤 信 利
       専務取締役                昭和25年3月26日生                                (注)4    34,200
             本部長                  同  20年4月     取締役兼執行役員業務本部長
                               同  21年6月     常務取締役兼執行役員業務本部長
                               同  22年4月     常務取締役業務本部長
                               同   23年4月    常務取締役業務・開発本部長
                               同   23年6月    専務取締役業務・開発本部長
                               同   24年1月    専務取締役機械営業本部長兼業務・開発
                                     本部長
                               同   24年4月    専務取締役機械営業本部長(現)
                               平成17年1月      当社入社
                               同  17年6月
                                     経理部長
                               同  17年7月
                                     執行役員管理本部副本部長兼経理部長
                                     執行役員管理本部副本部長兼経営企画室
                               同  18年4月
                                     長
                               同  20年4月
                                     執行役員経営企画室長
                               同  21年6月
                                     取締役兼執行役員経営企画室長
                                     取締役兼執行役員経営企画室長兼本社ビ
                               同  21年10月
                                     ル企画推進室長
                                     取締役経営企画室長兼本社ビル企画推進
                               同  22年4月
            管理本部長
                                     室長
            兼経営企画      大 岡   隆
       常務取締役                昭和26年11月5日生                                (注)4    37,600
                                     取締役経営企画室長兼企業不動産企画室
                               同   24年4月
             室長
                                     長
                               同   24年6月    常務取締役経営企画室長兼企業不動産企
                                     画室長
                               同   26年4月    常務取締役経営企画室長兼企業不動産営
                                     業室長
                               同   27年2月    ラサ・リアルエステート株式会社代表取
                                     締役(現)
                               同   27年4月    当社常務取締役経営企画室長
                                     常務取締役管理本部長兼経営企画室長
                               同   30年5月
                                     (現)
                               平成2年6月      当社入社
                               同 21年4月      名古屋支店長兼同店営業部長
                                     執行役員機械営業本部副本部長兼業務・
                               同   24年4月
                                     開発部長
            機械営業
                               同 26年12月      旭テック株式会社常務取締役
                 窪 田 義 広
       取締役      本部         昭和36年4月2日生                                (注)4     5,300
                               同 29年4月      当社執行役員環境営業本部長
            副本部長
                                     旭テック株式会社取締役(非常勤)
                               同 29年5月      旭テック株式会社取締役(非常勤)退任
                               同 29年6月      当社取締役環境営業本部長
                               同 30年4月      当社取締役機械営業本部副本部長(現)
                                 22/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                          所有株式

        役名                                               任期
             職名     氏名      生年月日                 略歴
                                                          数(株)
                               昭和46年2月      当社入社
                               平成11年4月      大阪支店営業部長
                               同 16年4月      仙台支店長
                               同 18年4月      執行役員名古屋支店長
                               同 20年4月      執行役員機械営業本部副本部長兼産業機
                                     械一部長
                               同 21年6月      取締役兼執行役員機械営業本部副本部長
                 中 西 俊 雄
       取締役               昭和24年10月31日生                                (注)4    36,800
                               同 22年4月      取締役機械営業本部副本部長
                               同 23年6月      常務取締役機械営業本部副本部長
                               同 24年1月      イズミ株式会社取締役
                                     当社取締役機械営業本部担当(非常勤)
                               同 24年5月      イズミ株式会社代表取締役社長(現)
                               同 24年6月      当社取締役退任
                               同 28年6月      当社取締役(非常勤)(現)
                               平成18年1月      当社入社
                               同   20年4月    経理部長
                               同   24年4月    執行役員管理本部副本部長兼経理部長
                               同   26年6月    取締役管理本部副本部長兼経理部長
                 小 山 文 男
       取締役               昭和29年11月5日生
                                                      (注)4    13,100
                               同 26年12月      取締役管理本部長兼経理部長
                               同   30年4月    取締役管理本部長
                               同   30年5月    当社取締役(非常勤)(現)
                                     旭テック株式会社専務取締役(現)
                               昭和51年4月      当社入社
                               平成18年4月      産業機械一部長
                               同   20年4月
                                     広島支店長兼同店営業部長
       取締役
                 世 良 孝 司
                       昭和28年1月16日生                                (注)5    11,300
      (監査等委員)
                               同   24年4月
                                     機械営業本部長補佐
                               同   24年6月
                                     監査役
                               同 29年6月      取締役(監査等委員)(現)
                               昭和49年4月      株式会社三井銀行(現株式会社三井住友銀
                                     行)入行
                                     株式会社さくら銀行(現株式会社三井住友
                               平成11年1月
                                     銀行)日本橋営業部日本橋第三営業部長
                               同   13年4月    株式会社三井住友銀行本店営業第九部長
                               同   14年6月    同営業審査第一部部付部長
                                     同本店付(旧)三井鉱山株式会社出向                顧
                               同   15年12月
                                     問
                               同   16年1月    株式会社三井住友銀行退職
                                     (旧)三井鉱山株式会社常務取締役常務執
       取締役
                                     行役員
                 柿原康一郎      昭和26年10月21日生                                (注)5      -
      (監査等委員)
                                     三井鉱山株式会社(現日本コークス工業株
                               同   16年3月
                                     式会社)   常務取締役     常務執行役員
                               同   17年6月    同専務取締役      専務執行役員
                               同   20年4月    同取締役副社長      副社長執行役員
                               同   22年6月    日本コークス工業株式会社取締役副社長
                               同   25年6月    同退任
                                     室町殖産株式会社監査役
                               同   26年6月    同退任
                                     当社監査役
                               同   29年6月    取締役(監査等委員)(現)
                                 23/79







                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                          所有株式

        役名     職名     氏名      生年月日                 略歴             任期
                                                          数(株)
                               昭和44年4月      ラサ工業株式会社入社
                               平成7年6月      同化成品事業部営業部長
                               同   15年6月    同取締役化成品事業部長兼営業部長
                               同   18年6月    同代表取締役常務取締役経営企画室長、
                                     経理部・精密機械営業部担当
                               同   19年6月    同代表取締役常務取締役経営企画室長、
                                     精密機械営業部担当
                               同   20年6月    同代表取締役専務取締役経営企画室長、
                                     精密機械営業部担当
        取締役
                               同   22年1月    同代表取締役専務取締役経営企画室長、
                 森 脇 幸 治
                       昭和20年6月5日生                                (注)5      -
      (監査等委員)
                                     精密機械営業部・NCRI営業部担当
                               同   22年6月    同代表取締役専務取締役経営企画室長、
                                     化成品事業部・精密機械営業部・NCR
                                     I営業部担当
                               同   23年6月    同退任
                               同   24年1月    ダイシンケミカル株式会社取締役相談役
                                     (現)
                               同   27年6月    当社取締役
                               同   29年6月    取締役(監査等委員)(現)
                               計                           255,600
       (注)   1.平成29年6月28日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもって

            監査等委員会設置会社に移行しております。
          2.取締役柿原康一郎及び森脇幸治は社外取締役であり、責任限定契約を締結しております。
          3.当社の監査等委員会については次のとおりであります。
            委員長 世良孝司、委員 柿原康一郎、委員 森脇幸治
            なお、世良孝司は常勤監査等委員であります。
          4.取締役(監査等委員を除く)の任期は、平成30年3月期に係る定時株主総会終結の時から1年間であります。
          5.取締役(監査等委員)の任期は、平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時から2年間であります。
          6.当社は、執行役員制度を導入しております。提出日現在における執行役員は次のとおりであります。
             執行役員 物資営業本部長  家富 聡
             執行役員 大阪支店長    松田 一範
             執行役員 名古屋支店長   近藤 文人
             執行役員 産業機械二部長  川内 裕之
             執行役員 産業機械三部長  早川 一郎
             執行役員 福岡支店長    長谷川幸雄
             執行役員 業務部長     青井 邦夫
                                 24/79









                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】

       (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
         当社は、コーポレート・ガバナンスの強化を重要な経営テーマと認識し、積極的に取り組んでおります。その基
        本的な考え方は、取締役会及び監査等委員会を中心として、コーポレート・ガバナンスの充実を図り、株主・取引
        先等ステークホルダーへの説明責任を果たし、健全で透明性が高く、経営環境の変化に迅速かつ的確に対応できる
        経営体制を構築、維持することです。
         ①  企業統治の体制

         A  企業統治の体制の概要及び企業統治の体制を採用する理由
           当社は、平成29年6月28日開催の第115期定時株主総会の決議に基づき、監査役会設置会社から監査等委員会
          設置会社に移行いたしました。監査等委員会は、3名の取締役で構成され、その過半数を社外取締役が占めてお
          り、取締役会における議決権を付与することで、監査・監督機能の強化とコーポレート・ガバナンスの一層の充
          実が図れるものと考えております。
          a  取締役会
           取締役6名(監査等委員である取締役を除く。)及び監査等委員である取締役3名で構成され、当社の業務執
          行に関する重要事項を決定し、取締役の職務の執行を監督する機関として、原則毎月1回以上開催しておりま
          す。
          b  監査等委員会
           監査等委員である取締役3名で構成され、そのうち2名が社外取締役であります。監査等委員である取締役
          は、取締役会に出席するとともに、常勤監査等委員は経営会議等の重要な会議に出席しております。
          c  内部監査室
           社長直轄の組織である内部監査室があり、各年度毎に内部監査計画を策定し、「内部監査規程」に基づき、
          グループ会社を含めた全部門を対象に監査を実施しております。
           これらの機関のほか、経営における意思決定・監督機能と執行機能を分離し、迅速かつ効率的な経営を推進す
          るため、執行役員制度を採用しております。
           また、取締役会における審議内容の充実を図るため、経営上の重要案件について審議する機関として、社外取
          締役を除く取締役を中心としたメンバーで構成される経営会議及び各種委員会を設けており、これらの機関で十
          分な審議が尽くされた案件を、取締役会に付議することとしております。
           従いまして、現状のコーポレート・ガバナンス体制が、当社に相応しい形態であると判断しております。
                                 25/79










                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
          d  会社の機関・内部統制の関係図

         B  業務の適正を確保するための体制










          a  取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制並びに子会社の取締役
           及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          ・当社及び子会社(以下「当社グループ」という)は、コンプライアンス体制の確立が経営の根幹であることを
           深く自覚し、当社グループ共通の「法令等遵守規程」及び「コンプライアンス・マニュアル」を定め、コン
           プライアンス重視の企業風土の構築・定着を徹底するべく、体制の強化を図ってまいります。
          ・当社総務人事企画部は、当社グループコンプライアンス統括部門として、グループ全ての役職員に対する継
           続的な啓発活動を推進するとともに、各社で役職員による自主点検を実施させることにより、コンプライア
           ンスの徹底を図ってまいります。
          ・当社グループは、法令等違反行為を早期に発見するために、共通のコンプライアンス・ヘルプライン(通報・
           相談窓口)を設置しております。
          ・当社グループは、健全な会社経営のため、反社会的勢力とは決して関わりを持たず、また不当な要求には断
           固としてこれを拒絶いたします。
          ・当社代表取締役社長を委員長とする「内部統制委員会」にて、取締役の主導の下、当社グループの内部統制
           システムの整備・運用評価を行います。
          b  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           当社は、「文書管理規程」に従い、取締役の職務執行に係る情報を文書又は電磁的媒体(以下、「文書等」と
          いう)に記録し、関連資料とともに検索性の高い状態で保存・管理いたします。
          c  当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           当社グループの事業活動推進にあたって、当社は、想定されるリスクの評価、対応方針、具体的対策等を
          「リスクマネジメント委員会」及び「経営会議」にて、事前に検討した上で実施いたします。ただし、「取締
          役会規則」に定められた決議事項については、取締役会の決議を経て実施いたします。
                                 26/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
          d  当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          ・当社は、原則、月1回の定時取締役会の開催の他、必要に応じて臨時取締役会を開催し、当社グループの経
           営に関する重要事項についての意思決定を行ってまいります。また、取締役会に付議する重要事項について
           は、必要に応じて、事前に「経営会議」にて審議し、そこでの議論を基に、取締役会に付議する体制といた
           します。
          ・当社グループの取締役は、職務執行状況については、各社の取締役会において適宜報告いたします。
          ・当社は、経営における意思決定・監督機能と執行機能を分離し、迅速かつ効率的な経営を推進するため、執
           行役員制度を採用いたします。
          ・当社グループは、「取締役会規則」、「組織規程」、「職務権限規程」等の社内規程により、役職員の役割
           と権限を明確にすることで、適正かつ効率的な職務の執行を図ってまいります。
          ・当社グループは、財務報告及び経営資料作成のためのIT化を推進するとともに、情報共有化ツールとして
           の社内ポータルサイト等の一層の充実を図ってまいります。
          e  当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
          ・当社グループは、事業活動の適正を確保するため、「関係会社管理規程」に基づき、当社が子会社に対し助
           言・指導を行う管理体制を構築するとともに、子会社が経営上の重要事項を実施する場合は、当社取締役会
           にも付議することといたします。
          ・海外子会社等の事業拠点については、現地の法令を遵守し、慣習を尊重いたします。
          ・「内部監査規程」に基づき、当社の内部監査室が当社グループの内部監査を実施し、業務遂行の適法性・妥
           当性等を監査いたします。
          ・当社グループは、原則月1回、当社グループの取締役等が出席する「グループ連絡会」を開催し、子会社の
           取締役が子会社に関する重要事項について報告することといたします。
          f  監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項並びに当該取締役及び使用人の取締役(監査
           等委員である取締役を除く。)からの独立性及び当該取締役及び使用人に対する指示の実効性の確保に関する
           事項
          ・当社は、監査等委員会の職務を補助すべき使用人を置くものといたします。
          ・当社の監査等委員会の職務を補助すべき使用人は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)から独立して
           専ら監査等委員会の指示に従い職務を遂行するものとし、その評価、異動には監査等委員会の同意を要する
           ものといたします。
          g  取締役及び使用人が監査等委員会に報告するための体制その他の監査等委員会への報告に関する体制
          ・当社の取締役並びに子会社の取締役及び監査役は、重要情報を共有することを基本方針といたします。
          ・当社は、常勤監査等委員が「経営会議」等重要会議に出席し、決議事項及び報告事項並びに審議過程を把握
           できる体制といたします。
          ・当社グループの取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、当社グループに著しい損害を及ぼすおそれが
           ある事実を発見した場合には、直ちに監査等委員会、常勤監査等委員又は監査役に報告するものといたしま
           す。
          ・当社グループの取締役及び使用人等が、監査等委員会から業務執行に関する事項及びその他重要な事項につ
           いて報告を求められたときは、迅速かつ適正に対応いたします。
          ・当社内部監査室は、当社グループの内部監査計画及び監査結果等を監査等委員会に報告いたします。
          ・当社総務人事企画部は、コンプライアンス・ヘルプライン(通報・相談窓口)に寄せられた当社グループの内
           部通報の状況等を監査等委員会に報告するものといたします。また、当社は、当該報告をしたことを理由と
           して報告者に対して報復行為や人事処遇上の不利益な取り扱いを行うことを禁止いたします。
          h  その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          ・当社は、代表取締役社長が監査等委員と定期的会合を持つことにより、監査等委員会監査の環境整備の状
           況、監査上の重要課題について意見交換を行い、相互の意思疎通を図ってまいります。
          ・当社は、会計監査人の往査及び監査総評には、常勤監査等委員が立ち会うものといたします。
          ・監査等委員会は、当社内部監査室との連携を密にし、監査業務の実効性と効率性を図ってまいります。
          ・当社グループの監査等委員及び監査役は、定期的に「グループ監査連絡会」を開催し、意見・情報交換を行
           うものといたします。
          ・当社は、監査等委員から職務の執行について生ずる費用の前払い等の請求があった場合は、担当部門におい
           て精査の上、当該費用又は債務の処理をするものといたします。
          i  財務報告の信頼性を確保するための体制
          ・当社取締役は、信頼に足る財務報告を作成することが社会的信用の維持・向上のために極めて重要であるこ
           とを認識するとともに、財務報告の信頼性を確保するために、当社グループの役職員に対してあらゆる機会
           を捉えて、正しく業務を遂行すべきことが、業務の有効性及び効率性を向上させる手段であることを周知徹
           底させるなど、内部統制の強化を図ってまいります。
                                 27/79


                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
          ・当社取締役は、当社グループの資産の取得、譲渡、有効利用が正当な手続きと承認のもとで適切に行われる

           ように、資産の保全に最善の努力をいたします。
          ・当社グループは、財務報告の作成過程において誤謬等が生じないよう、ITの活用を推進し、実効性のある
           内部統制システムを構築いたします。
          j  反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況
          ・当社は、内部統制システムに関する基本的な考え方に基づき、健全な会社経営のため、反社会的勢力とは決
           して関わりを持たず、また不当な要求に対しては断固としてこれを拒否することを宣言しております。
          ・反社会的勢力が介入してきたときの窓口は、コンプライアンス統括部門の総務人事企画部、対応責任者は、
           総務人事企画部長とし、総務人事企画部との円滑な連携・協力体制のもと、組織が一致して冷静な対応を行
           うこととしております。また、「コンプライアンス・マニュアル」及び「反社会的勢力対応マニュアル」を
           制定し、社員への対応の徹底を図っております。さらに、「中央地区特殊暴力防止対策協議会」に加盟し、
           研修に参加する等情報収集に努めるとともに、外部情報機関との連携も取ることができる体制としておりま
           す。
         ②  内部監査及び監査等委員監査の状況
         A  内部監査
           内部監査は、内部監査室(2名)が各年度毎に内部監査計画を策定し、「内部監査規程」に基づき、日常の業務
          の適正性、合理性、効率性を監査するため、グループ会社を含めた全部門を対象に監査を実施しております。ま
          た、内部監査室は、監査等委員及び会計監査人と連携を取り、内部監査の実効性、効率性を高めております。
         B  監査等委員監査
           監査等委員は、取締役会に出席するとともに、常勤監査等委員においては経営会議等の重要な会議に出席し、
          取締役の職務執行に対する適正な監査を行うとともに、十分な情報に基づいて経営全般に関して幅広く監査を
          行っております。
           監査等委員会は、監査等委員監査の質と効率の向上のため、また、会計監査人の監査の相当性の判断のために
          も、会計監査人との連携は不可欠との認識を持っております。
           監査等委員会は、内部監査室から内部監査計画書を受領し、意見・情報交換を行うことにより、合理的・効果
          的な監査に努めております。
         ③  社外取締役(監査等委員)
          当社の社外取締役は2名であります。
          社外取締役柿原康一郎氏は、金融機関での勤務経験により、財務・会計に関する深い造詣を有しているととも
         に、2013年6月まで日本コークス工業株式会社の取締役副社長を務め、経営者として手腕を発揮しておりまし
         た。これらのことから、当社がグローバルな事業展開及び持続的な企業価値向上を目指すにあたり、コーポレー
         ト・ガバナンス機能の強化に貢献する人材であると判断したため、監査等委員である社外取締役に選任しており
         ます。
          社外取締役森脇幸治氏は、2011年6月までラサ工業株式会社の代表取締役専務取締役を務めており、在任中は
         化成品事業や経営企画部門などを担当するとともに、経営者としての豊富な経験と実績を有しております。これ
         らのことから、当社がグローバルな事業展開及び持続的な企業価値向上を目指すにあたり、コーポレート・ガバ
         ナンス機能の強化に貢献する人材であると判断したため、監査等委員である社外取締役に選任しております。
          a  社外取締役のサポート体制
          ・原則として月1回開催しております定例取締役会開催日時を、あらかじめ年度当初に設定しております。
          ・社外取締役に対し、取締役会事務局(総務人事企画部)は、定例取締役会に上程される議案につき、資料及び
           情報提供等を行うとともに、必要に応じて補足説明を行っております。また、議案の内容によっては、取締
           役会の開催前に資料を提供し、事前に意見を伺っております。
           また、社外取締役との定期的な情報交換会を開催し、認識の共通や意見交換を行なっております。
          ・監査等委員会において、常勤監査等委員である取締役は重要な会議の状況や、重要な決裁書類等について、
           他の監査等委員である取締役と情報を共有するとともに、監査等委員である取締役が希望する場合は、自ら
           の監査を行使できる体制としており、総務人事企画部及び内部監査室がサポートする体制としております。
          b  責任限定契約の内容の概要
           社外取締役とは会社法第427条第1項に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結し
          ております。当該契約に基づく損害賠償責任額は、同法第425条第1項に規定する最低責任限度額としておりま
          す。
                                 28/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         ④  役員の報酬等

         A  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                    報酬等の総額
           役員区分
                                                      役員の員数
                                   ストック
                     (百万円)
                            基本報酬              賞与     退職慰労金
                                                        (名)
                                  オプション
       取締役
       (監査等委員及び社外                  121       121       -       -       -       8
       取締役を除く。)
       監査等委員
                          11       11       -       -       -       1
       (社外取締役を除く。)
       監査役
                          3       3      -       -       -       1
       (社外監査役を除く。)
       社外役員                   8       8      -       -       -       ▶
       (注)   1.当社は、平成29年6月28日付で監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行しております。
          2.上記の社外役員の支給人員には、平成29年6月28日開催の第115期定時株主総会の終結の時をもって退任し
            た社外取締役1名及び社外監査役1名を含んでおります。
          3.上記報酬等の額のほか、取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)7名に対して、業績連動
            型報酬として、株式交付規程に基づき、36百万円を計上しております。この業績連動型株式報酬制度につき
            ましては、平成28年6月28日開催の第114期定時株主総会及び平成29年6月28日開催の第115期定時株主総会
            決議に基づき取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役除く。)の報酬とは別枠で決議しております。
         B  提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額

           連結報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
         C  役員報酬等の決定方針

           会社の業績や社会情勢並びに過去の支給実績、他社水準等を勘案し、各取締役の職位に応じて、株主総会にお
          いて承認された限度額の範囲内で、社外取締役が過半数を占める監査等委員会と協議したうえで、取締役会で決
          定しております。
           なお、別枠で中長期的な業績や企業価値増大を目的とした、業績連動型株式報酬制度を導入しております。
          具体的な業績連動型株式報酬の算定方法については以下の通りです。
          <業績連動型株式報酬制度及び交付株式数の算定方法>

           当社は、平成28年6月28日開催の第114期定時株主総会及び平成29年6月28日開催の第115期定時株主総会決議
          に基づき当社取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)を対象とする業績連動型株式報酬制度
          (以下「本制度」という。)を導入しております。
           ▶ 本制度の概要
            本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」という。)が当社株式を取得し、
           当社が取締役会で定める「株式交付規程」に従って、その役位及び業績達成度(中期経営計画の連結純利益目
           標達成率)に応じて付与するポイントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて各取締役(監査等委員であ
           る取締役及び社外取締役を除く。以下同じ。)に対して交付されるという、業績連動型の株式報酬制度です。
           なお、取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役の退任時です。
                                 29/79







                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
           b 取締役に交付される当社株式数の上限と算定方法

           ・取締役に対するポイント付与方法及びその上限
            当社は、取締役会が定める「株式交付規程」に基づき、各取締役に対し、信託期間中の毎年所定の時期に、
           直前に終了する事業年度における役位及び業績達成に応じてポイントを付与します。当社が取締役に付与する
           ポイントの総数の上限は、1事業年度当たり94,000ポイント(対応する株式数にして94,000株相当)としており
           ます。当初の信託期間は3年間のため信託期間累計の上限は282,000ポイントとなります。具体的なポイント
           付与の算定方法は以下の通りです
           付与するポイント(付与ポイント)は次式によります。
           「付与ポイント*1」=「役位別基礎ポイント*2」×「付与率*3」×「在任期間係数*4」
            *1  付与ポイントは1ポイント未満は切り捨てる

            *2  「役位別基礎ポイント」は取締役の役位に応じて以下の表のとおり 
                     役位           役位別基礎ポイント

              社長                          10,000
              副社長                          9,000
              専務                          8,000
              常務                          7,000
              (上記役位のない)常勤取締役                          5,000
              非常勤取締役                          4,000
            *3  「付与率」は「業績目標達成率」に応じて以下の表のとおり

                  業務目標達成率                 付与率

              150%以上                       1.5
              120%以上150%未満                       1.2
              110%以上120%未満                       1.1
              100%以上110%未満                       1.0
              90%以上100%未満                       0.9
              80%以上90%未満                       0.7
              70%以上80%未満                       0.5
              70%未満                       0.0
             「業績目標達成率」は評価対象期間ごとに以下の表で定める中期経営計画目標に対する達成率とする。 

                                 2016年度         2017年度         2018年度

              中期経営計画目標
              (当期利益(連結))
                                6億8百万円         8億96百万円         12億16百万円
            *4  「在任期間係数」は取締役毎に次式により算出します。

              「在任期間係数」=取締役の評価対象期間※における在任月数(但し1ヵ月未満を切り捨てとする)÷12
                ※「取締役の評価対象期間」とは、毎年のポイント付与日の直前に終了した事業年度(毎年4月
                1日から翌年3月末日)の期間とする。
           ・付与されたポイントの数に応じて交付される当社株式数

            各取締役に交付される当社株式の数は、当該取締役に付与されたポイント数に1.0を乗じた数とする。
                                 30/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         ⑤  株式の保有状況

         A  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          a  銘柄数
                            27 銘柄
          b  貸借対照表計上額の合計額
                         1,221   百万円
         B  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
          (前事業年度)
            特定投資株式
                                  株式数      貸借対照表計上額
                   銘柄                                  保有目的
                                  (株)       (百万円)
         クニミネ工業株式会社                          325,000            241   取引先との関係維持強化
         八洲電機株式会社                          100,000            66  同上
         三機工業株式会社                           61,000            60  同上
         ラサ工業株式会社                          341,396            49  同上
         三井住友トラスト・ホールディングス株式会社                           12,000            48  同上
         サンワテクノス株式会社                           39,480            44  同上
         株式会社クボタ                           24,000            42  同上
         株式会社三井住友フィナンシャルグループ                           6,000           25  同上
         株式会社みずほフィナンシャルグループ                          120,000            25  同上
         宝印刷株式会社                           14,900            24  同上
         三菱製鋼株式会社                           71,000            17  同上
         名港海運株式会社                           15,000            16  同上
         石原産業株式会社                           14,100            16  同上
         セントラル硝子株式会社                           28,000            14  同上
         大平洋金属株式会社                           30,000            12  同上
         神鋼商事株式会社                           4,800           11  同上
         堺化学工業株式会社                           20,838            8  同上
         株式会社IHI                           24,000            8  同上
         川崎重工業株式会社                           17,000            6  同上
         株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ                           8,000            5  同上
         株式会社東京TYフィナンシャルグループ                           1,480            5  同上
         株式会社りそなホールディングス                           6,000            3  同上
         株式会社ほくほくフィナンシャルグループ                           1,500            2  同上
                                 31/79









                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
          (当事業年度)

            特定投資株式
                                  株式数      貸借対照表計上額
                   銘柄                                  保有目的
                                  (株)       (百万円)
         クニミネ工業株式会社                          325,000            361   取引先との関係維持強化
         八洲電機株式会社                          100,000            85  同上
         サンワテクノス株式会社                           39,480            79  同上
         宝印刷株式会社                           42,100            78  同上
         ラサ工業株式会社                           34,869            76  同上
         三機工業株式会社                           61,000            71  同上
         三井住友トラスト・ホールディングス株式会社                           12,000            52  同上
         株式会社クボタ                           24,000            44  同上
         株式会社三井住友フィナンシャルグループ                           6,000           27  同上
         株式会社みずほフィナンシャルグループ                          120,000            23  同上
         石原産業株式会社                           14,100            19  同上
         名港海運株式会社                           15,000            18  同上
         神鋼商事株式会社                           4,800           17  同上
         三菱製鋼株式会社                           7,100           17  同上
         セントラル硝子株式会社                           5,600           13  同上
         堺化学工業株式会社                           4,169           12  同上
         大平洋金属株式会社                           3,000            9  同上
         株式会社IHI                           2,400            8  同上
         川崎重工業株式会社                           1,700            5  同上
         株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ                           8,000            5  同上
         株式会社東京TYフィナンシャルグループ                           1,480            3  同上
         株式会社りそなホールディングス                           6,000            3  同上
         株式会社ほくほくフィナンシャルグループ                           1,500            2  同上
         C  保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
         ⑥  会計監査の状況

          当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、業務執行社員である武川博一、中村尋人であり、2名は監査法
         人大手門会計事務所に所属しております。同監査法人及び当社の監査業務を執行した業務執行社員と当社との間
         には、特別の利害関係はありません。なお、当社の会計監査業務にかかる補助者は、公認会計士5名でありま
         す。
         ⑦  取締役の定数

          当社は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)を10名以内とし、監査等委員である取締役については7
         名以内とする旨を定款で定めております。
         ⑧  取締役の選任の決議要件

         A  取締役の選任決議
           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
          主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
         B  取締役の選任
           当社は、取締役の選任について、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
         ⑨  株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

         A  自己株式の取得
           当社は、会社法第165条第2項により、将来の機動的、かつ、迅速な資本政策の遂行に備えるため、取締役会
          の決議によって自己株式の取得をすることができる旨を定款に定めております。
         B  中間配当
           当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により取締役会の決議によって
          中間配当ができる旨を定款に定めております。
                                 32/79


                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         ⑩  株主総会の特別決議事項

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
         の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行うことができる旨を定款
         に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営
         を行うことを目的とするものであります。
       (2)  【監査報酬の内容等】

         ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                          前連結会計年度                     当連結会計年度
           区分
                     監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                    基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
          提出会社                 22           -           22           -
          連結子会社                  -           -           -           -
            計                22           -           22           -
         ②  【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
         ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          該当事項はありません。
         ④  【監査報酬の決定方針】

          該当事項はありませんが、監査日数等を勘案したうえで決定しております。
                                 33/79












                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      第5   【経理の状況】

      1  連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

       (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
        基づいて作成しております。
       (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

        務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
        す。
      2  監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月
        31日まで)及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、監査
        法人大手門会計事務所による監査を受けております。
         また、金融商品取引法第24条の2第1項の規定に基づき、有価証券報告書の訂正報告書を提出しておりますが、
        訂正後の連結財務諸表について、監査法人大手門会計事務所により監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準の内
        容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するために、公益財
        団法人財務会計基準機構へ加入し、同機構の行うセミナーへの参加、新会計基準等の情報入手等を行っておりま
        す。
                                 34/79












                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      1  【連結財務諸表等】

       (1)  【連結財務諸表】
         ①  【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       資産の部
        流動資産
                                           2,768               4,249
                                        ※2              ※2
          現金及び預金
                                           7,341               7,612
                                        ※3             ※3,7
          受取手形及び売掛金
                                                          1,317
                                                       ※7
          電子記録債権                                 1,074
          完成工事未収入金                                 1,090               857
          商品及び製品                                 2,348              1,343
          未成工事支出金                                 1,017              1,350
          原材料及び貯蔵品                                   8              10
          繰延税金資産                                  171              150
          その他                                  105              161
                                            △8              △7
          貸倒引当金
          流動資産合計                                15,917              17,047
        固定資産
          有形固定資産
                                           4,526               4,555
                                        ※2              ※2
           建物及び構築物
                                          △2,337              △2,462
             減価償却累計額
             建物及び構築物(純額)                              2,188              2,093
           機械装置及び運搬具
                                            423              425
                                           △304              △339
             減価償却累計額
             機械装置及び運搬具(純額)                               119               86
                                           5,575              5,887
                                        ※2              ※2
           土地
           その他                               1,585              1,597
                                          △1,528              △1,519
             減価償却累計額
             その他(純額)                               57              78
           有形固定資産合計                               7,941              8,145
          無形固定資産
           ソフトウエア                                 49              28
                                             0              1
           その他
           無形固定資産合計                                 50              30
          投資その他の資産
                                           2,658               3,110
                                       ※1,2              ※1,2
           投資有価証券
           繰延税金資産                                 2              -
           保険積立金                                636              770
                                            199               180
                                         ※2              ※2
           その他
                                           △13               △8
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                               3,484              4,052
          固定資産合計                                11,476              12,228
        資産合計                                  27,393              29,275
                                 35/79





                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       負債の部
        流動負債
                                           3,393               3,408
                                        ※2             ※2,7
          支払手形及び買掛金
                                                           932
                                                        ※7
          電子記録債務                                  773
          工事未払金                                  257              410
                                           1,400               1,667
                                        ※4              ※4
          短期借入金
                                           1,345               1,190
                                      ※2,5,6              ※2,5,6
          1年内返済予定の長期借入金
          1年内償還予定の社債                                  169               -
          未払法人税等                                  468              435
          賞与引当金                                  277              287
                                            685              743
          その他
          流動負債合計                                 8,770              9,075
        固定負債
                                           5,146               3,991
                                      ※2,5,6              ※2,5,6
          長期借入金
          繰延税金負債                                  410              412
          退職給付に係る負債                                  206              118
          役員株式給付引当金                                  -              36
                                            186              228
          その他
          固定負債合計                                 5,950              4,787
        負債合計                                  14,720              13,863
       純資産の部
        株主資本
          資本金                                 1,854              2,076
          資本剰余金                                 1,644              2,378
          利益剰余金                                 9,606              10,770
                                           △650              △200
          自己株式
          株主資本合計                                12,454              15,025
        その他の包括利益累計額
          その他有価証券評価差額金                                  218              386
                                            △0              △0
          繰延ヘッジ損益
          その他の包括利益累計額合計                                  218              386
        純資産合計                                  12,672              15,411
       負債純資産合計                                   27,393              29,275
                                 36/79








                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】

          【連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                  至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
       売上高                                   29,937              29,076
                                          24,594              23,273
       売上原価
       売上総利益                                    5,343              5,803
                                           3,883               3,939
                                        ※1              ※1
       販売費及び一般管理費
       営業利益                                    1,459              1,863
       営業外収益
        受取利息                                    0              0
        受取配当金                                    26              26
        受取家賃                                    43              42
        持分法による投資利益                                   165              166
                                            37              24
        その他
        営業外収益合計                                   272              260
       営業外費用
        支払利息                                    47              39
        社債利息                                    5              0
        株式交付費                                    -               9
        保険解約損                                    3              ▶
                                            37              12
        その他
        営業外費用合計                                    92              66
       経常利益                                    1,639              2,057
       特別損失
                                          ※2 180
        固定資産売却損                                                  -
                                           ※3  0             ※3  0
        固定資産除却損
        特別損失合計                                   181               0
       税金等調整前当期純利益                                    1,458              2,057
       法人税、住民税及び事業税
                                            510              589
                                           △110               △50
       法人税等調整額
       法人税等合計                                     400              539
       当期純利益                                    1,058              1,518
       非支配株主に帰属する当期純利益                                     -              -
       親会社株主に帰属する当期純利益                                    1,058              1,518
                                 37/79








                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
          【連結包括利益計算書】

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                  至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
       当期純利益                                    1,058              1,518
       その他の包括利益
        その他有価証券評価差額金                                   124              168
        繰延ヘッジ損益                                   △2              △0
                                             0             △0
        持分法適用会社に対する持分相当額
                                            122               167
                                          ※              ※
        その他の包括利益合計
       包括利益                                    1,180              1,685
       (内訳)
        親会社株主に係る包括利益                                  1,180              1,685
        非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 38/79















                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         ③  【連結株主資本等変動計算書】

           前連結会計年度(自         平成28年4月1日          至  平成29年3月31日)
                                                   (単位:百万円)

                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金        利益剰余金         自己株式        株主資本合計
       当期首残高                1,854        1,644        8,720        △281        11,937
       当期変動額
        剰余金の配当                 -        -       △172          -       △172
        親会社株主に帰属する
                        -        -       1,058          -       1,058
        当期純利益
        自己株式の取得                 -        -        -       △369        △369
        株主資本以外の項目の
                        -        -        -        -        -
        当期変動額(純額)
       当期変動額合計                 -        -        885        △369         516
       当期末残高                1,854        1,644        9,606        △650        12,454
                         その他の包括利益累計額

                                            純資産合計
                  その他有価証券                  その他の
                           繰延ヘッジ損益
                   評価差額金               包括利益累計額合計
       当期首残高                 105         1        107       12,045
       当期変動額
        剰余金の配当                 -        -        -       △172
        親会社株主に帰属する
                        -        -        -       1,058
        当期純利益
        自己株式の取得                 -        -        -       △369
        株主資本以外の項目の
                        112        △2        110        110
        当期変動額(純額)
       当期変動額合計                 112        △2        110        627
       当期末残高                 218        △0        218       12,672
                                 39/79











                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
           当連結会計年度(自         平成29年4月1日          至  平成30年3月31日)

                                                   (単位:百万円)

                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金        利益剰余金         自己株式        株主資本合計
       当期首残高                1,854        1,644        9,606        △650        12,454
       当期変動額
        新株の発行                222        222         -        -        445
        剰余金の配当                 -        -       △354          -       △354
        親会社株主に帰属する
                        -        -       1,518          -       1,518
        当期純利益
        自己株式の取得                 -        -        -        △0        △0
        自己株式の処分                 -        511         -        450        961
        株主資本以外の項目の
                        -        -        -        -        -
        当期変動額(純額)
       当期変動額合計                 222        734        1,163         450        2,571
       当期末残高                2,076        2,378        10,770         △200        15,025
                         その他の包括利益累計額

                                            純資産合計
                  その他有価証券                  その他の
                           繰延ヘッジ損益
                   評価差額金               包括利益累計額合計
       当期首残高                 218        △0        218       12,672
       当期変動額
        新株の発行                 -        -        -        445
        剰余金の配当                 -        -        -       △354
        親会社株主に帰属する
                        -        -        -       1,518
        当期純利益
        自己株式の取得                 -        -        -        △0
        自己株式の処分                 -        -        -        961
        株主資本以外の項目の
                        168        △0        167        167
        当期変動額(純額)
       当期変動額合計                 168        △0        167        2,738
       当期末残高                 386        △0        386       15,411
                                 40/79










                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                  至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
       営業活動によるキャッシュ・フロー
        税金等調整前当期純利益                                  1,458              2,057
        減価償却費                                   212              222
        のれん償却額                                    25              -
        退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △41              △88
        賞与引当金の増減額(△は減少)                                    84               9
        受取利息及び受取配当金                                   △26              △26
        支払利息及び社債利息                                    52              40
        持分法による投資損益(△は益)                                  △165              △166
        固定資産除売却損益(△は益)                                   181               0
        売上債権の増減額(△は増加)                                  △218              △282
        たな卸資産の増減額(△は増加)                                  2,208               669
        未収入金の増減額(△は増加)                                    12             △33
        未収消費税等の増減額(△は増加)                                    35             △40
        長期前払費用の増減額(△は増加)                                    14               ▶
        仕入債務の増減額(△は減少)                                   225              327
        未払金の増減額(△は減少)                                    17              19
        未払消費税等の増減額(△は減少)                                   199             △212
        前受金の増減額(△は減少)                                    32              149
        未成工事受入金の増減額(△は減少)                                   △74               64
        預り金の増減額(△は減少)                                   △1               14
                                            33              74
        その他
        小計                                  4,265              2,804
        利息及び配当金の受取額
                                            32              37
        利息の支払額                                   △50              △39
                                           △409              △627
        法人税等の支払額
        営業活動によるキャッシュ・フロー                                  3,837              2,174
       投資活動によるキャッシュ・フロー
        有形固定資産の取得による支出                                  △785              △351
        有形固定資産の売却による収入                                   202               -
        無形固定資産の取得による支出                                   △7              △0
        関係会社株式の取得による支出                                  △659                -
        保険積立金の積立による支出                                  △199              △222
        保険積立金の払戻による収入                                    54              86
                                            10             △35
        その他
        投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △1,385               △524
                                 41/79






                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                  至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
       財務活動によるキャッシュ・フロー
        短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △1,530                267
        長期借入れによる収入                                  2,320                50
        長期借入金の返済による支出                                 △2,464              △1,360
        社債の償還による支出                                  △534              △169
        株式の発行による収入                                    -              445
        自己株式の取得による支出                                  △362               △0
        自己株式の処分による収入                                    -              961
        配当金の支払額                                  △172              △354
                                            -              △9
        その他
        財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △2,743               △168
       現金及び現金同等物に係る換算差額                                     △0              △0
       現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △290              1,481
       現金及び現金同等物の期首残高                                    3,059              2,768
                                           2,768               4,249
                                         ※              ※
       現金及び現金同等物の期末残高
                                 42/79














                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       【注記事項】

        (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1.連結の範囲に関する事項
        全ての子会社を連結しております。
        連結子会社の数                       3社
        連結子会社の名称                   イズミ株式会社
                     旭テック株式会社
                     ラサ・リアルエステート株式会社
      2.持分法の適用に関する事項

        持分法を適用した関連会社の数                     1社
        会社等の名称                                    大平洋機工株式会社
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4.会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①  有価証券
          その他有価証券
           時価のあるもの
            連結決算期末日以前1ヶ月の市場価格の平均に基づいて算定された価格等に基づく時価法(評価差額は全部
           純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)によっております。
           時価のないもの
            移動平均法による原価法によっております。
         ②  デリバティブ取引             時価法によっております。
         ③  たな卸資産
          商品及び製品
           移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
          未成工事支出金
           個別法による原価法によっております。
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

         ①  有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法によっております。
          ただし、以下の固定資産については定額法を採用しております。
           平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)
           ラサ商事株式会社本社ビルに係る建物附属設備及び構築物
           平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物
          主な耐用年数は以下のとおりであります。
           建物及び構築物            3~50年
           機械装置及び運搬具  4~17年
         ②  無形固定資産(リース資産を除く)
          ソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)において定額法による均等償却によっておりま
         す。
         ③  リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
                                 43/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       (3)  重要な引当金の計上基準

         ①  貸倒引当金
          売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
         債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         ②  賞与引当金  
          従業員に支給する賞与に充てるため、将来の支給見込額のうち当期の負担額を計上しております。
         ③  役員株式給付引当金
          株式交付規程に基づく役員への当社株式の給付に備えるため、当連結会計年度末における株式給付債務の見込
         額に基づき計上しております。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社及び一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
        支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法によっております。
       (5)  重要な収益及び費用の計上基準

         完成工事高及び完成工事原価の計上基準
          完成工事高の計上は、工事完成基準を適用しております。
       (6)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円換算し、換算差額は損益として処理しております。
       (7)  重要なヘッジ会計の方法

         ①  ヘッジ会計の方法
          原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、為替予約については振当処理の要件を満たしている場合
         は振当処理に、金利スワップについては特例処理の要件を満たしている場合は特例処理によっております。
         ②  ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ手段            ヘッジ対象
             為替予約          外貨建債権債務等
            金利スワップ             借入金利息
         ③  ヘッジの方針
          当社グループの内部規程である「為替管理規程」等に基づき為替相場の変動リスク及び借入金の金利変動リス
         クを一定の範囲内でヘッジしております。
         ④  ヘッジの有効性評価の方法
          為替予約
            ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間におけるヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累計とヘッ
           ジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計の両者を比較することにより評価しております。
          金利スワップ
            金利スワップと対象借入金について次の条件が一致しているため、有効性の評価は省略しております。
           ・金利スワップの想定元本と借入金の元本
           ・金利スワップで受払いされる変動金利の基礎となっているインデックスと借入金の変動金利の基礎となっ
            ているインデックス
           ・金利改定のインターバル及び金利改定日
           ・金利スワップの受払いサイクルと借入金の利払日
       (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、か
        つ、価格の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。
       (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式を採用しております。
                                 44/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (会計方針の変更)

         (たな卸資産の評価方法の変更)
           主要なたな卸資産について、従来、先入先出法を採用しておりましたが、当連結会計年度より、移動平均法に
          変更しております。この変更は、資源価格の変動に伴う仕入価格の変動の影響を平準化することにより、たな卸
          資産の評価及び期間損益計算を適切に行うことを目的にしたものであります。なお、この変更による影響は軽微
          であります。 
        (未適用の会計基準等)

       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
       (1)  概要

         収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
          ステップ1:顧客との契約を識別する。
          ステップ2:契約における履行義務を識別する。
          ステップ3:取引価格を算定する。
          ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
          ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
       (2) 適用予定日

         平成34年3月期の期首より適用予定であります。
       (3) 当該会計基準等の適用による影響

         影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
        (表示方法の変更)

         (連結貸借対照表関係)
           前連結会計年度において、「流動資産」の「受取手形及び売掛金」に含めて表示しておりました「電子記録債
          権」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変
          更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「受取手形及び売掛金」に表示してい
          た8,415百万円は、「受取手形及び売掛金」7,341百万円、「電子記録債権」1,074百万円として組み替えており
          ます。
           また、前連結会計年度において、「流動負債」の「支払手形及び買掛金」に含めて表示しておりました「電子
          記録債務」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方
          法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」の「支払手形及び買掛金」に表示してい
          た4,166百万円は、「支払手形及び買掛金」3,393百万円、「電子記録債務」773百万円として組み替えておりま
          す。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

           前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めておりました「前受金
          の増減額」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方
          法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
          ロー」の「その他」に表示していた65百万円は、「前受金の増減額」32百万円、「その他」33百万円として組替
          えております。
                                 45/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (追加情報)

         (業績連動型株式報酬制度)
          当社は、平成28年6月28日開催の第114期定時株主総会及び平成29年6月28日開催の第115期定時株主総会決議
         に基づき、当社取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。以下同じ。)を対象に、当社の業績及び
         株式価値と取締役の報酬との連動性をより明確にし、取締役が株主の皆様と株価上昇によるメリット及び株価下
         落リスクを共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的とし
         て、業績連動型株式報酬制度を導入しております。
         ①  取引の概要

           本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」という。)が当社株式を取得し、当
          社取締役会が定める株式交付規程に従って、その役位及び業績達成度(中期経営計画の連結純利益目標達成率)に
          応じて付与されるポイントの数に相当する数の当社株式が、本信託を通じて各取締役に対して交付されるという
          業績連動型の株式報酬制度であります。なお、取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役の退
          任時となります。
         ②  信託に残存する自社の株式

           信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株式
          として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、当連結会計年度末1億64百万円、282,000株
          であります。
         ③  総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額

           該当事項はありません。
        (連結貸借対照表関係)

       ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
          投資有価証券(株式)                        1,607百万円                 1,763百万円
       ※2 担保資産及び担保付債務

         担保に供している資産は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
          現金及び預金                          2百万円                 2百万円
          建物及び構築物                        2,020 〃                 1,935 〃
          土地                        5,049    〃              5,049    〃
          投資有価証券                         73 〃                 86 〃
          その他(投資その他の資産)                          5 〃                 5 〃
          合計                        7,150   百万円              7,078   百万円
         上記に対応する債務

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
          支払手形及び買掛金                         590百万円                 604百万円
          1年内返済予定の長期借入金                         373 〃                 373 〃
          長期借入金                        3,739 〃                 3,365 〃
          合計                        4,703百万円                 4,343百万円
       ※3 受取手形裏書譲渡高

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
          受取手形裏書譲渡高                         57 百万円                94 百万円
                                 46/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       ※4 当社及び連結子会社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行9行と当座貸越契約を締結しております。

          連結会計年度末における当座貸越契約に係る借入金未実行残高等は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
          当座貸越極度額                        8,010百万円                 8,010百万円
                                  1,400     〃             1,667     〃
          借入実行残高
          差引額                        6,610百万円                 6,342百万円
       㯿ᔰ[偏᩹㸰따אּꈰ꠰뤰옰ﰰ졨⩟ཏ᩹㸰漰Ɛ䮎작터湛襛驶萰檊뾐吰渰弰脰œ홟ᖒ肈䳿ኈ䰰栰뜰렰넰ﰰ젰

         ンを締結しております。この契約に基づく当連結会計年度末の借入未実行残高は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
          貸出タームローンの総額                        1,300百万円                 1,300百万円
                                  1,230     〃             1,190     〃
          借入実行残高
          差引額                         70百万円                110百万円
       ※6 財務制限条項

         子会社ラサ・リアルエステート株式会社の長期借入金820百万円(うち1年内返済予定の長期借入金30百万円)につ
        いて、以下の財務制限条項が付されております。
        (1)  平成28年3月期以降、各決算期末における連帯保証人(当社)の連結の貸借対照表において、純資産の部の合計
         額又は前年度決算期の末日における純資産の部の合計額のいずれか大きい方の80%以上に維持すること。
        (2)  平成28年3月期以降、各決算期末における連帯保証人(当社)の連結の損益計算書に記載される経常損益を2期
         連続して損失としないこと。
        (3)  平成28年3月期以降、各決算期末における単体の損益計算書に記載される経常損益を2期連続して損失としな
         いこと。
       ※7 期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

         なお、当連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれておりま
         す。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                                               (平成30年3月31日)
                              (平成29年3月31日)
          受取手形                         - 百万円                95 百万円
                                     〃                 〃
          電子記録債権                         -                 49
                                     〃                 〃
          支払手形                         -                189
                                     〃                 〃
          電子記録債務                         -                193
        (連結損益計算書関係)

       ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                               至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
          給料及び手当                         1,160   百万円              1,173   百万円
                                       〃                 〃
          賞与引当金繰入額                          231                 242
                                       〃                 〃
          退職給付費用                          55                 58
       ※2   固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                                 前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                               至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
          機械装置及び運搬具                           1 百万円                - 百万円
                                       〃                 〃
          土地                          179                 -
          計                          180  百万円                - 百万円
                                 47/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       ※3   固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                                 前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                               至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
          建物及び構築物                           0 百万円                - 百万円
          機械装置及び運搬具                           0  〃                0  〃
                                       〃                 〃
          その他(工具、器具及び備品)                           0                 0
          計                           0 百万円                0 百万円
        (連結包括利益計算書関係)

       ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                 前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (自     平成28年4月1日              (自     平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
          その他有価証券評価差額金
            当期発生額                          180  百万円               243  百万円
            組替調整額                          -  〃               -  〃
              税効果調整前
                                    180   〃              243   〃
                                   △55   〃              △75   〃
              税効果額
              その他有価証券評価差額金                          124   〃              168   〃
          繰延ヘッジ損益
            当期発生額                          △3   〃              △0   〃
           組替調整額                         -  〃               -  〃
            税効果調整前
                                    △3   〃              △0   〃
                                     1  〃               0  〃
              税効果額
              繰延ヘッジ損益                          △2   〃              △0   〃
          持分法適用会社に対する持分相当額
                                     0  〃              △0   〃
            当期発生額
                 その他の包括利益合計                   122  百万円               167  百万円
        (連結株主資本等変動計算書関係)

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
      1.発行済株式に関する事項
         株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
       普通株式(株)                12,400,000               -           -       12,400,000
      2.自己株式に関する事項

         株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
       普通株式(株)                 942,906           583,400             -       1,526,306
       (注)   1.当連結会計年度末の自己株式数には、役員向け株式交付信託が保有する自社の株式が282,000株含まれてお
            ります。
          2.   (変動事由の概要)
            増加数の内訳は、次のとおりであります。
             平成29年3月17日の取締役会決議に基づく取得による増加   260,000株
             役員向け株式交付信託の取得による増加           282,000株
             持分法適用会社の持分比率変動による増加                                         41,400株
                                 48/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      3.配当に関する事項

       (1)   配当金支払額
                          配当金の総額         1株当たり
          決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                           (百万円)        配当額(円)
       平成28年6月28日
                  普通株式              86        7.50   平成28年3月31日         平成28年6月29日
       定時株主総会
       平成28年10月31日
                  普通株式              86        7.50   平成28年9月30日         平成28年12月5日
       取締役会
       (注) 平成28年10月31日取締役会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する自社の株式に対す
          る配当金0百万円が含まれております。
       (2)   基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度後となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
          決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (百万円)      配当額(円)
       平成29年6月28日
                 普通株式      利益剰余金           185      16.50    平成29年3月31日         平成29年6月29日
       定時株主総会
       (注)    平成29年6月28日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する自社の株式に
          対する配当金4百万円が含まれております。
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

      1.発行済株式に関する事項
         株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
       普通株式(株)                12,400,000            510,000             -       12,910,000
       (注) (変動事由の概要)
          増加数の内訳は、次のとおりであります。
           公募増資による増加                          300,000株
           オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資による増加 210,000株
      2.自己株式に関する事項

         株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
       普通株式(株)                1,526,306               59       1,100,000            426,365
       (注)   1.  自己株式には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式282,000株が含まれております。
          2.   (変動事由の概要)
            増加数の内訳は、次のとおりであります。
             端株買付による増加                                                       59  株
             平成29年11月16日の取締役会決議に基づく公募による自己株式の処分による減少                                        1,100,000      株 
      3.配当に関する事項

       (1)   配当金支払額
                          配当金の総額         1株当たり
          決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                           (百万円)        配当額(円)
       平成29年6月28日
                  普通株式             185        16.50    平成29年3月31日         平成29年6月29日
       定時株主総会
       平成29年10月30日
                  普通株式             168        15.00    平成29年9月30日         平成29年12月4日
       取締役会
       (注) 平成29年6月28日定時株主総会決議による配当金の総額及び平成29年10月30日取締役会決議による配当金の総
          額には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式に対する配当金がそれぞれ4百万円ずつ含まれておりま
          す。
       (2)   基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度後となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
          決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (百万円)      配当額(円)
       平成30年6月27日
                 普通株式      利益剰余金           231      18.00    平成30年3月31日         平成30年6月28日
       定時株主総会
       (注)    平成30年6月27日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式に対
          する配当金5百万円が含まれております。
                                 49/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       㬀  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
        す。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                               至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
          現金及び預金                         2,768百万円                 4,249百万円
          現金及び現金同等物                         2,768百万円                 4,249百万円
        (リース取引関係)

        ファイナンスリース取引
         (借主側) 
         所有権移転外ファイナンス・リース取引
         (1)  リース資産の内容
           有形固定資産 産機・建機関連における事業機器(機械及び装置)等であります。
         (2)  リース資産の減価償却の方法
           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4 会計方針に関する事項 (2)                                        重要な減価償却資産の
          減価償却の方法」に記載のとおりであります。
        (金融商品関係)

      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)  金融商品に対する取組方針
         当社グループは、主に設備投資や仕入れ等の事業計画に照らして、必要な中長期資金(主に銀行借入や社債発行)
        を調達しております。余資が発生した場合には、安全性の高い金融資産(短期的な預金等)で運用し、また短期的な
        運転資金については、銀行借入及び手許流動性の範囲で対応しております。デリバティブは中長期借入資金のコス
        ト固定化、為替変動リスクのヘッジ等のために行っており、投機的な取引は行わない方針であります。
       (2)  金融商品の内容及びそのリスク

         営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスクがあります。また、グローバルに事業
        を展開していることから生じている外貨建ての営業債権は為替変動リスクがありますが、外貨建ての営業債務に比
        しリスクは僅少であります。投資有価証券は、取引先企業との業務又は、関連企業との資本提携等に関連する株式
        等であり、市場価格の変動リスクがあります。
         営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、通常1年以内の支払期日であります。またその一部に
        は、資源等輸入に伴う外貨建てのものがあり、為替変動リスクがありますが、原則、先物為替予約を利用してヘッ
        ジしております。借入金は、主に運転、設備投資等に必要な資金の調達を目的としたものであり、返済日は決算日
        後、最長で16年であります。
         なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジの方針、ヘッジの有効性の評価方法等については
        「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」の「4.会計方針に関する事項 (7)                                           重要なヘッジ会計の方
        法」に記載のとおりです。
       (3)  金融商品に係るリスク管理体制

         ①  信用リスク(取引先の契約不履行等にかかるリスク)の管理
         ・当社グループは、「経理規程」「販売管理規程」「与信管理規程」に従い、営業債権について、各事業部門に
          おける営業担当部署が取引先の状況をモニタリングし、取引相手毎に期日及び残高を管理するとともに、報告
          体制を構築し財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
         ・デリバティブ取引の利用にあたっては、主に、主要な本邦金融機関を相手に行っており、カウンターパー
          ティーリスクを軽減しております。
         ・当連結会計年度の決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクがある資産の貸借対照表価額により表
          されております。
         ②  市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         ・当社グループは、外貨建ての営業債権債務について、原則、個別取引毎に先物為替予約を利用してヘッジを行
          うことで為替変動リスクの軽減を図っております。また、必要に応じ、借入金等に係る支払金利の変動リスク
          を抑制するために、金利スワップ取引を利用しております。
                                 50/79


                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         ・投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、また満期保有目的の債

          券以外のものについては、取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
         ・デリバティブ取引については、「為替管理規程」や、「資金調達・運用取扱要領」において取扱方針等を定め
          るとともに、「リスクヘッジ目的以外のデリバティブ取引を行ってはならない」旨制定し運営しております。
          またその管理は、経理部において行っております。
         ③  流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
           当社グループは、各部署からの報告に基づき経理部が定期的に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許
          流動性を一定レベルに維持することで、当該リスクを管理しております。
         ④  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
           金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
          まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
          とにより、当該価額が変動することもあります。
           また、「2.金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、そ
          の金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
      2.金融商品の時価等に関する事項

        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極めて
       困難と認められるものは、次の表には含めておりません。
       ((注2)をご参照ください。)
        前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                                (単位:百万円)
                        連結貸借対照表計上額               時価          差額
       (1)  現金及び預金
                                2,768          2,768            -
       (2)  受取手形及び売掛金
                                7,341          7,341            -
       (3)  電子記録債権
                                1,074          1,074            -
       (4)  完成工事未収入金
                                1,090          1,090            -
       (5)  投資有価証券
         その他有価証券
                                 865          865           -
       資産計                         13,139          13,139            -
       (1)  支払手形及び買掛金
                                3,393          3,393            -
       (2)  電子記録債務
                                 773          773           -
       (3)  工事未払金
                                 257          257           -
       (4)  短期借入金
                                1,400          1,400            -
       (5)  長期借入金※1
                                6,492          6,517            25
       (6)  社債※2
                                 169          169           -
       負債計                         12,485          12,510            25
       デリバティブ取引                           -          -          -
       㯿  支払期日が1年以内となったことにより、流動負債に計上されているものについては、本表では長期借入金とし
         て表示しております。
       㯿  支払期日が1年以内となったことにより、流動負債に計上されているものについては、本表では社債として表示
         しております。
                                 51/79







                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                                (単位:百万円)
                        連結貸借対照表計上額               時価          差額
       (1)  現金及び預金
                                4,249          4,249            -
       (2)  受取手形及び売掛金
                                7,612          7,612            -
       (3)  電子記録債権
                                1,317          1,317            -
       (4)  完成工事未収入金
                                 857          857           -
       (5)  投資有価証券
         その他有価証券
                                1,160          1,160            -
       資産計                         15,198          15,198            -
       (1)  支払手形及び買掛金
                                3,408          3,408            -
       (2)  電子記録債務
                                 932          932           -
       (3)  工事未払金
                                 410          410           -
       (4)  短期借入金
                                1,667          1,667            -
       (5)  長期借入金※
                                5,181          5,204            23
       負債計                         11,600          11,623            23
       デリバティブ取引                           -          -          -
       ※ 支払期日が1年以内となったことにより、流動負債に計上されているものについては、本表では長期借入金として表
      示しております。
         (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

         資   産
          (1)  現金及び預金
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (2)  受取手形及び売掛金
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (3)  電子記録債権
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (4)  完成工事未収入金
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (5)  投資有価証券
            時価については、株式は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格又は取引金融機関から提示された
           価格によっております。
            また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
         負   債
          (1)  支払手形及び買掛金
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (2)  電子記録債務
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (3)  工事未払金
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (4)  短期借入金
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (5)  長期借入金
            長期借入金の時価については、取引金融機関から提示された価格又は、元利金の合計額を同様の新規借入を
           行った場合に想定される利率で割引いて算定する方法によっております。
          (6)  社債
            社債の時価については、元利金の合計額を同様の新規発行を行った場合に想定される利率で割引いて算定す
           る方法によっております。
                                 52/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         デリバティブ取引

          デリバティブ取引については、(デリバティブ取引関係)をご覧ください。
         (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                                   (単位:百万円)
                    区     分
                                    平成29年3月31日             平成30年3月31日
           関係会社株式(非上場株式)                                1,607             1,763
           その他有価証券(非上場株式)                                 185             185
            上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(5) 投資有価
           証券」には含めておりません。
         (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                         1年超      5年超
                                  1年以内                    10年超
                                         5年以内      10年以内
           現金及び預金                          2,768        -      -      -
           受取手形及び売掛金                          7,341        -      -      -
           電子記録債権                          1,074        -      -      -
           完成工事未収入金                          1,090        -      -      -
           合計                         12,274         -      -      -
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                                         1年超      5年超
                                  1年以内                    10年超
                                         5年以内      10年以内
           現金及び預金                          4,249        -      -      -
           受取手形及び売掛金                          7,612        -      -      -
           電子記録債権                          1,317        -      -      -
           完成工事未収入金                           857       -      -      -
           合計                         14,037         -      -      -
         (注4)    金銭債務の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                   5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
           短期借入金           1,400        -       -       -       -       -
           社債            169       -       -       -       -       -
           長期借入金           1,345       1,155        948       341       559      2,142
           合計           2,914       1,155        948       341       559      2,142
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                   5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
           短期借入金           1,667        -       -       -       -       -
           長期借入金           1,190        948       341       559       118      2,023
           合計           2,857        948       341       559       118      2,023
                                 53/79





                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (有価証券関係)

      1.その他有価証券
       前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                   連結貸借対照表
                          種類                    取得原価          差額
                                     計上額
                    (1)  株式
                                         770         405         365
                    (2)  債券
                                          -         -         -
       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                    (3)  その他
                                          -         -         -
                          小計                770         405         365
                    (1)  株式
                                          94         119         △25
                    (2)  債券
                                          -         -         -
       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                    (3)  その他
                                          -         -         -
                          小計                94         119         △25
                   合計                      865         525         339
       当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                                      (単位:百万円)
                                   連結貸借対照表
                          種類                    取得原価          差額
                                     計上額
                    (1)  株式
                                        1,066          460         606
                    (2)  債券
                                          -         -         -
       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                    (3)  その他
                                          -         -         -
                          小計               1,066          460         606
                    (1)  株式
                                          94         117         △22
                    (2)  債券
                                          -         -         -
       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                    (3)  その他
                                          -         -         -
                          小計                94         117         △22
                   合計                     1,160          577         583
      2.連結会計年度中に売却したその他有価証券

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                           売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                          (百万円)             (百万円)             (百万円)
       株式                           0             -            0
             合計                     0             -            0
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
                                 54/79








                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (デリバティブ取引関係)

      1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        該当事項はありません。
      2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

        前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
       (1)  通貨関連
                                                     (単位:百万円)
          ヘッジ会計         デリバティブ                          契約額等のうち
                            主なヘッジ対象          契約額等                  時価
           の方法        取引の種類等                            1年超
         為替予約等の         為替予約取引
                   買建
         振当処理
                    米ドル
                              買掛金            300         -
                    ユーロ
                               〃           19         -
                    豪ドル              〃            ▶        -
                    スイスフラン              〃           11         -     (注)
                   売建
                    米ドル
                              売掛金            284         -
                    ユーロ              〃            ▶        -
                    豪ドル              〃            0        -
                    NZドル              〃            0        -
                     合計                     624         -
         (注) 為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている買掛金及び売掛金と一体として処理されてい
            るため、その時価は、当該買掛金及び売掛金の時価に含めて記載しております。
                                                     (単位:百万円)
          ヘッジ会計         デリバティブ                          契約額等のうち
                            主なヘッジ対象          契約額等                  時価
           の方法        取引の種類等                            1年超
         為替予約等の         為替予約取引
                   買建
         ヘッジ処理
                    米ドル
                              買掛金            193         -        190
                    ユーロ
                               〃           61         -        60
                    豪ドル              〃           19         19        21
                   売建
                    米ドル
                              売掛金            145         -        144
                    ユーロ              〃            3        -         3
                    豪ドル              〃            0        -         0
                     合計                     422         19        421
         (注) 時価の算定方法 取引金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
       (2)  金利関連

                                                     (単位:百万円)
          ヘッジ会計         デリバティブ                          契約額等のうち
                            主なヘッジ対象          契約額等                  時価
           の方法        取引の種類等                            1年超
                  金利スワップ取引
         金利スワップ
                             長期借入金            1,335         1,246      (注)
                   支払固定・
         の特例処理
                   受取変動
         (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
            ため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 55/79





                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

       (1)  通貨関連
                                                     (単位:百万円)
          ヘッジ会計         デリバティブ                          契約額等のうち
                            主なヘッジ対象          契約額等                  時価
           の方法        取引の種類等                            1年超
         為替予約等の         為替予約取引
                   買建
         振当処理
                    米ドル
                              買掛金            192         -
                    ユーロ
                               〃           11         -
                    豪ドル              〃            2        -
                                                        (注)
                    スイスフラン              〃            7        -
                   売建
                                                   -
                    米ドル
                              売掛金            194         -
                    豪ドル              〃            0        -
                    NZドル              〃            0        -
                     合計                     408         -
         (注) 為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている買掛金及び売掛金と一体として処理されてい
            るため、その時価は、当該買掛金及び売掛金の時価に含めて記載しております。
                                                     (単位:百万円)
          ヘッジ会計         デリバティブ                          契約額等のうち
                            主なヘッジ対象          契約額等                  時価
           の方法        取引の種類等                            1年超
         為替予約等の         為替予約取引
                   買建
         ヘッジ処理
                    米ドル
                              買掛金            594         -        587
                    ユーロ
                               〃           80         -        79
                    豪ドル              〃           29         -        31
                   売建
                    米ドル
                              売掛金            260         -        256
                    ユーロ              〃           35         -        34
                     合計                    1,000          -        988
         (注) 時価の算定方法 取引金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
       (2)  金利関連

                                                     (単位:百万円)
          ヘッジ会計         デリバティブ                          契約額等のうち
                            主なヘッジ対象          契約額等                  時価
           の方法        取引の種類等                            1年超
                  金利スワップ取引
         金利スワップ
                             長期借入金            1,246         1,157      (注)
                   支払固定・
         の特例処理
                   受取変動
         (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
            ため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
        (退職給付関係)

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及び一部の連結子会社は、退職一時金制度を設けており、当社は確定給付企業年金制度、連結子会社は退職金
       制度として、また、退職金制度の内枠として、中小企業退職金共済制度に加入しております。また、当社及び連結子
       会社は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
      2.確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付に係る負債の期首残高                             247  百万円
          退職給付費用                             55  〃
          退職給付の支払額                            △6  〃
          制度への拠出額                            △89   〃
         退職給付に係る負債の期末残高                             206  〃
                                 56/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

        産の調整表
         積立型制度の退職給付債務                             770  百万円
         年金資産                            △563   〃
                                       206  〃
         非積立型制度の退職給付債務                              -  〃
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             206  〃
         退職給付に係る負債                             206  〃

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             206  〃
       (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                              55 百万円
      3.確定拠出制度

        当社の連結子会社の確定拠出制度(中小企業退職金共済制度)への要拠出額は、1百万円であります。
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及び一部の連結子会社は、退職一時金制度を設けており、当社は確定給付企業年金制度、連結子会社は退職金
       制度として、また、退職金制度の内枠として、中小企業退職金共済制度に加入しております。また、当社及び連結子
       会社は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
      2.確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付に係る負債の期首残高                             206  百万円
          退職給付費用                             58  〃
          退職給付の支払額                            △55   〃
          制度への拠出額                            △90   〃
         退職給付に係る負債の期末残高                             118  〃
       (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

        産の調整表
         積立型制度の退職給付債務                             723  百万円
         年金資産                            △605   〃
                                       118  〃
         非積立型制度の退職給付債務                              -  〃
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             118  〃
         退職給付に係る負債                             118  〃

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             118  〃
       (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                              58 百万円
      3.確定拠出制度

        当社の連結子会社の確定拠出制度(中小企業退職金共済制度)への要拠出額は、1百万円であります。
                                 57/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (税効果会計関係)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
        繰延税金資産
          未払事業税                                 22             15
          賞与引当金                                 87             89
          商品評価損                                 24              6
          退職給付に係る負債                                 65             37
          減価償却超過額                                 12             12
                                           178             188
          その他
          小計
                                           391             350
                                          △140              △49
          評価性引当額
          繰延税金資産合計
                                           250             300
        繰延税金負債
          土地評価差額                                △338             △338
          その他有価証券評価差額金                                △105             △181
          固定資産圧縮積立金                                △42             △42
                                           △0             △0
          その他
          繰延税金負債合計                                △486             △562
        繰延税金資産(負債)の純額                                  △236             △261
        (注)   繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
        流動資産─繰延税金資産
                                           171             150
        固定資産─繰延税金資産                                    2             -
        流動負債―その他                                   △0              -
        固定負債―繰延税金負債                                  △410             △412
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                                     (単位:%)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
        法定実効税率
                                          30.9             30.9
         (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                  1.4             1.0
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                 △0.2             △0.2
        住民税均等割等                                  1.0             0.7
        評価性引当額                                 △0.5             △4.4
        持分法による投資損益                                 △3.5             △2.5
                                         △1.7              0.7
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 27.4             26.2
                                 58/79






                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (資産除去債務関係)

        重要性が乏しいため金額の記載等は省略しております。
        (賃貸等不動産関係)

        当社グループは、首都圏内において、賃貸用のオフィスビル(土地を含む)を所有しております。                                             なお、   賃貸オフィ
       スビルの一部については、当社及び一部の子会社が使用しているため、賃貸等不動産として使用される部分を含む不
       動産としております。
        当該賃貸等不動産に関する損益については、セグメント別の状況をご欄ください。
        また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は以下のとおりであります。
                                                     (単位:百万円)
                                       前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (自    平成28年4月1日          (自    平成29年4月1日
                                     至   平成29年3月31日)          至   平成30年3月31日)
                              期首残高               2,726            3,209
                   連結貸借対照表計上額            期中増減額                483            304
       賃貸等不動産
                              期末残高               3,209            3,514
                   期末時価                           2,684            2,999
                              期首残高               2,299            2,259
       賃貸等不動産として
                   連結貸借対照表計上額            期中増減額                △39            △39
       使用される
                              期末残高               2,259            2,220
       部分を含む不動産
                   期末時価                           2,514            2,465
       (注)   1.連結貸借対照表計上額は、取得価額から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
          2.期中増減額のうち、増加額は賃貸不動産の取得等に伴うものであり、減少額は減価償却費であります。
          3.不動産の期末時価は、主に「不動産鑑定評価額」及び「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金
            額(指標等を用いて調整を行ったものを含む。)によっております。
                                 59/79












                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (セグメント情報等)

        【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要
         当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務諸表が入手可能であり、取締
        役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
        す。
         当社グループは、当社及び子会社が取り扱う製品・サービスについて国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事
        業活動を展開しております。
         従って、当社グループの製品・サービス別セグメントから構成されており、「資源・金属素材関連」「産機・建
        機関連」「環境設備関連」「プラント・設備工事関連」「化成品関連」「不動産賃貸関連」の6事業を報告セグメ
        ントとしております。
        「資源・金属素材関連」
          ジルコンサンドを中心とする鉱産物、その他物資等の輸出入及び販売を行っております。
        「産機・建機関連」
          流送機器等の販売・メンテナンス等やシールド掘進機などの各種建設機械の販売・レンタル・メンテナンスを
         行っております。
        「環境設備関連」
          ドイツより環境製の高いポンプ類を輸入し、下水汚泥・産業廃棄物処理施設向けに販売当社独自の水砕スラグ
         製造設備(ラサ・システム)の販売、これらの改修・改造を行っております。
        「プラント・設備工事関連」
          石油精製、石油化学プラントの他、多種多様な分野のプラント及び関連設備工事に係る設計、施工及びメンテ
         ナンス工事を主たる事業としております。
        「化成品関連」
          自動車、建材、電気、電子分野などに、合成樹脂・化学製品を販売しております。
        「不動産賃貸関連」
          提供する物件は、立地の良い都市部が中心で、優良テナントへの提供をしております。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

         報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
        ける記載と概ね同一であります。
         報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
         当連結会計年度より、全社費用の配分方法を変更し、報告セグメント別の経営成績をより適切に反映させてお

        り ます。
         なお、前連結会計年度のセグメント情報は、変更後の全社費用の配分方法に基づき作成したものを開示しており
        ます。
                                 60/79








                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

        前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                 報告セグメント
                                      プラント
                                                         合計
                                環境設備
                   資源・金属      産機・建機                   化成品     不動産賃貸
                                      ・設備
                    素材関連       関連                  関連      関連
                                 関連
                                      工事関連
       売上高
        外部顧客への売上高
                      9,303      7,646      1,837      4,501      6,465       182    29,937
        セグメント間の内部
                       -       2      -      -      -      122      124
        売上高又は振替高
            計          9,303      7,648      1,837      4,501      6,465       304    30,062
       セグメント利益
                      △191       804      327      276      130      110     1,458
       又は損失(△)
       セグメント資産               3,991      3,696       565     4,202      2,465      5,934      20,854
       その他の項目
       減価償却費                 0      20       1      71       6      68      168
       のれん償却額                 -      -      -      -      25       0      25
       有形固定資産及び
                       -       ▶      -      254       -      509      768
       無形固定資産の増加額
        当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                 報告セグメント
                                      プラント
                                                         合計
                                環境設備
                   資源・金属      産機・建機                   化成品     不動産賃貸
                                      ・設備
                    素材関連       関連                  関連      関連
                                 関連
                                      工事関連
       売上高
        外部顧客への売上高
                      9,142      7,911      1,353      3,843      6,613       212    29,076
        セグメント間の内部
                       -      44      -      10      -      121      176
        売上高又は振替高
            計          9,142      7,955      1,353      3,853      6,613       333    29,252
       セグメント利益                470      748      145      185      159      154     1,863
       セグメント資産               3,304      3,629       552     4,852      2,570      6,596      21,505
       その他の項目
       減価償却費                 0      23       1      94       ▶      63      188
       のれん償却額                 -      -      -      -      -      -      -
       有形固定資産及び
                       -      42      -      35      -      325      403
       無形固定資産の増加額
      4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

                                                     (単位:百万円)
              売上高                前連結会計年度                  当連結会計年度
       報告セグメント計                                30,062                  29,252
       セグメント間取引消去                                 △124                  △176
       連結財務諸表の売上高                                29,937                  29,076
                                                     (単位:百万円)

              利益                前連結会計年度                  当連結会計年度
       報告セグメント計                                 1,458                  1,863
       セグメント間取引消去                                   1                  0
       その他                                  △0                  △0
       連結財務諸表の営業利益                                 1,459                  1,863
                                 61/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                     (単位:百万円)

              資産                前連結会計年度                  当連結会計年度
       報告セグメント計                                20,854                  21,505
       全社資産(注)                                 6,538                  7,769
       連結財務諸表の資産合計                                27,393                  29,275
       (注) 全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現預金、投資有価証券等であります。
                                                     (単位:百万円)

                     報告セグメント計                調整額(注)            連結財務諸表計上額
         その他の項目
                    前連結       当連結       前連結       当連結       前連結       当連結
                    会計年度       会計年度       会計年度       会計年度       会計年度       会計年度
       減価償却費                 168       188        43       33       212       222
       のれん償却額                 25       -       -       -       25       -
       有形固定資産及び
                       768       403        24        2      792       406
       無形固定資産の増加額
       (注) 調整額は、報告セグメントに含まれない土地や建物、システム等であります。
       【関連情報】

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)  売上高
                                                     (単位:百万円)
              日本          アジア           北米          その他           合計
                25,646           3,680           193          416         29,937
       (2)  有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額のほぼ100%であるため、記載を
        省略しております。
      3.主な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)  売上高
                                                     (単位:百万円)
              日本          アジア           北米          その他           合計
                25,152           3,231           165          527         29,076
       (2)  有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額のほぼ100%であるため、記載を
        省略しております。
      3.主な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
                                 62/79




                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

         該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         該当事項はありません。
       【関連当事者情報】

      1.関連当事者との取引
       (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
         連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                               議決権等

                      資本金又
           会社等の名称               事業の内容          関連当事者           取引金額          期末残高
                                の所有
       種類           所在地    は出資金                   取引の内容           科目
            又は氏名              又は職業          との関係          (百万円)          (百万円)
                               (被所有)
                      (百万円)
                               割合(%)
                                   ポンプ類の購
                                                   電子記録債務         773
                  千葉県                直接  入及び原材料
                                         ポンプ類の
       関連会社    大平洋機工㈱             490  機械製造                      2,580
                                   の販売    役員  購入
                  習志野市                45.5
                                                   買掛金         344
                                   の兼任1名
       (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
           ①  取引金額には、消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
           ②  ポンプ類の購入価格については、市場価格の動向及び大平洋機工株式会社より提示された製品別原価算定
            を勘案して交渉のうえ毎期決定しております。
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

                               議決権等

                      資本金又
           会社等の名称               事業の内容          関連当事者           取引金額          期末残高
                                の所有
       種類           所在地    は出資金                   取引の内容           科目
            又は氏名              又は職業          との関係          (百万円)          (百万円)
                               (被所有)
                      (百万円)
                               割合(%)
                                   ポンプ類の購
                                                   電子記録債務         932
                  千葉県                直接  入及び原材料
                                         ポンプ類の
       関連会社    大平洋機工㈱             490  機械製造                      2,536
                                   の販売    役員
                                         購入
                  習志野市                45.5
                                                   買掛金         333
                                   の兼任1名
       (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
           ①  取引金額には、消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
           ②  ポンプ類の購入価格については、市場価格の動向及び大平洋機工株式会社より提示された製品別原価算定
            を勘案して交渉のうえ毎期決定しております。
       (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

          該当事項はありません。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        該当事項はありません。
                                 63/79






                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (1株当たり情報)

                                  前連結会計年度                当連結会計年度

                                (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)              至   平成30年3月31日)
       1株当たり純資産額                                1,165円44銭                1,234円54銭
       1株当たり当期純利益金額                                  93円77銭               133円71銭
       (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          2.役員向け株式交付信託が保有する当社株式を、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式総数から控除
            する自己株式に含めております(前連結会計年度                       282千株、当連結会計年度            282千株)。また、1株当たり当
            期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております(前連結会計年
            度  113千株、当連結会計年度            282千株)。
          3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                   項目
                                   至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
        親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)
                                            1,058              1,518
        普通株主に帰属しない金額(百万円)
                                              -              -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                            1,058              1,518
        当期純利益(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)
                                            11,285              11,352
          4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                   項目
                                    (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       純資産の部の合計額(百万円)                                     12,672              15,411
       純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                       -              -
        (うち非支配株主持分)                                       -              -
       普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                     12,672              15,411
       1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                            10,873              12,483
       の数(千株)
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 64/79









                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        ⑤  【連結附属明細表】

           【社債明細表】
                                当期首残高       当期末残高       利率
         会社名          銘柄      発行年月日                        担保     償還期限
                                (百万円)       (百万円)      (%)
                          平成24年                             平成29年
       ラサ商事株式会社          第21回無担保社債                    40       -   0.63   無担保社債
                          9月25日                             10月31日
                          平成24年                             平成29年
          〃      第22回無担保社債                    60       -   0.54   無担保社債
                          9月27日                             10月31日
                          平成25年                             平成30年
          〃      第23回無担保社債                    60       -   0.43   無担保社債
                          2月28日                             2月28日
                          平成22年                             平成29年
       イズミ株式会社         第5回無担保社債                    9      -   0.78   無担保社債
                          9月30日                             9月29日
          合計          -        -        169       -    -    -      -
           【借入金等明細表】
                               当期首残高        当期末残高        平均利率
                 区分                                       返済期限
                               (百万円)        (百万円)         (%)
       短期借入金                           1,400        1,667         0.3      -
       1年以内に返済予定の長期借入金                           1,345        1,190         0.5      -
       1年以内に返済予定のリース債務                             -        11        -     -
       長期借入金                                               平成31年7月~
                                  5,146        3,991         0.6
       (1年以内に返済予定のものを除く。)
                                                     平成46年3月
       リース債務
                                   -        37        -     -
       (1年以内に返済予定のものを除く。)
       その他有利子負債                             -        -        -     -
                 合計                 7,892        6,898         -     -
       (注)   1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
          2.  リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
            連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
          3.長期借入金及びリース債務(一年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額
            は次のとおりです。
                        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                         (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
            長期借入金                 948          341          559          118
            リース債務                  11          11          11          2
       (2)  【その他】

       当連結会計年度における四半期情報等
                (累計期間)                第1四半期       第2四半期       第3四半期       当連結会計年度
       売上高    (百万円)
                                    6,103       13,473       20,513        29,076
       税金等調整前四半期(当期)純利益金額                  (百万円)
                                     144       579      1,076        2,057
       親会社株主に帰属する
                                     89       395       740       1,518
       四半期(当期)純利益金額            (百万円)
       1株当たり四半期(当期)純利益金額                 (円)
                                    8.20       36.35       67.22       133.71
                (会計期間)                第1四半期       第2四半期       第3四半期        第4四半期

       1株当たり四半期純利益金額              (円)
                                    8.20       28.14       30.75        62.55
                                 65/79






                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      2  【財務諸表等】

       (1)  【財務諸表】
         ①【貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       資産の部
        流動資産
          現金及び預金                                 1,861              2,623
                                           1,303               1,347
                                        ※1             ※1,4
          受取手形
                                                           836
                                                       ※1,4
          電子記録債権                                  587
                                           4,558               4,520
                                        ※1              ※1
          売掛金
          商品                                 2,291              1,308
          原材料及び貯蔵品                                   6              8
          前渡金                                  18               6
          前払費用                                  29              28
          繰延税金資産                                  136              123
          未収入金                                   1              2
                                             8               4
                                          ※1              ※1
          その他
                                            △0              △0
          貸倒引当金
          流動資産合計                                10,803              10,809
        固定資産
          有形固定資産
           建物                                130              122
           構築物                                 10               9
           機械及び装置                                 14              12
           車両運搬具                                 1              0
           工具、器具及び備品                                 35              17
           土地                                464              464
           リース資産                                 -              34
                                             6              ▶
           貸与資産
           有形固定資産合計                                664              665
          無形固定資産
           ソフトウエア                                 34              18
           その他                                 0              1
           無形固定資産合計                                 35              20
          投資その他の資産
           投資有価証券                                944             1,221
           関係会社株式                               4,279              4,739
                                                           583
                                                        ※1
           長期貸付金                                 1
           破産更生債権等                                 0              1
           長期前払費用                                 9              7
           保険積立金                                618              731
           会員権                                 22              14
                                             60               60
                                          ※1              ※1
           差入保証金
                                            160               155
                                         ※1              ※1
           敷金及び保証金
                                           △13               △8
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                               6,083              7,506
          固定資産合計                                 6,783              8,192
        資産合計                                  17,586              19,001
                                 66/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       負債の部
        流動負債
                                                           531
                                                        ※4
          支払手形                                  482
                                            773               932
                                         ※1             ※1,4
          電子記録債務
                                           1,387               1,268
                                        ※1              ※1
          買掛金
                                            700               720
                                         ※3              ※3
          短期借入金
          1年内返済予定の長期借入金                                  903              758
          1年内償還予定の社債                                  160               -
          リース債務                                  -               8
          未払金                                  136              138
          未払法人税等                                  330              378
          未払消費税等                                  167               47
          前受金                                  48              159
          預り金                                  23              35
          賞与引当金                                  217              230
                                             5               13
                                          ※1              ※1
          その他
          流動負債合計                                 5,335              5,222
        固定負債
          長期借入金                                 1,091               367
          リース債務                                  -              28
          繰延税金負債                                  42              118
          退職給付引当金                                  155               93
          役員株式給付引当金                                  -              36
                                            24              24
          その他
          固定負債合計                                 1,312               668
        負債合計                                  6,648              5,891
       純資産の部
        株主資本
          資本金                                 1,854              2,076
          資本剰余金
           資本準備金                               1,612              1,835
                                            30              541
           その他資本剰余金
           資本剰余金合計                               1,642              2,376
          利益剰余金
           利益準備金                                114              114
           その他利益剰余金
             別途積立金                              6,500              7,000
                                           1,259              1,368
             繰越利益剰余金
           利益剰余金合計                               7,874              8,482
          自己株式                                 △635              △184
          株主資本合計                                10,735              12,751
        評価・換算差額等
          その他有価証券評価差額金                                  203              360
                                            △0              △1
          繰延ヘッジ損益
          評価・換算差額等合計                                  203              358
        純資産合計                                  10,938              13,110
       負債純資産合計                                   17,586              19,001
                                 67/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         ②【損益計算書】

                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                  至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
       売上高                                   18,790              18,451
                                           14,545               13,701
                                        ※1              ※1
       売上原価
       売上総利益                                    4,245              4,749
                                           3,305               3,385
                                        ※2              ※2
       販売費及び一般管理費
       営業利益                                     940             1,364
       営業外収益
        受取利息及び配当金                                    28              34
        受取家賃                                    33              34
                                            15              21
        その他
        営業外収益合計                                    77              90
       営業外費用
        支払利息                                    15              10
        社債利息                                    ▶              0
        株式交付費                                    -               9
        保険解約損                                    3              ▶
        敷金償却                                    -               5
                                             8              1
        その他
        営業外費用合計                                    31              31
       経常利益                                     986             1,423
       特別損失
        固定資産売却損                                    1              -
                                             0              0
        固定資産除却損
        特別損失合計                                    2              0
       税引前当期純利益                                     984             1,423
       法人税、住民税及び事業税
                                            313              439
                                            17              20
       法人税等調整額
       法人税等合計                                     330              460
       当期純利益                                     653              962
                                 68/79









                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
         ③【株主資本等変動計算書】

       前事業年度(自       平成28年4月1日          至  平成29年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                     株主資本
                            資本剰余金                   利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                  資本金
                             その他     資本剰余金                      利益剰余金
                       資本準備金                利益準備金
                                                  繰越利益
                            資本剰余金       合計                      合計
                                             別途積立金
                                                   剰余金
       当期首残高             1,854     1,612       30    1,642      114     6,000     1,278     7,393
       当期変動額
        剰余金の配当             -     -     -     -     -     -    △172     △172
        当期純利益             -     -     -     -     -     -     653     653
        別途積立金の積立             -     -     -     -     -     500     △500       -
        自己株式の取得             -     -     -     -     -     -     -     -
        株主資本以外の項目の
                     -     -     -     -     -     -     -     -
        当期変動額(純額)
       当期変動額合計              -     -     -     -     -     500     △18      481
       当期末残高             1,854     1,612       30    1,642      114     6,500     1,259     7,874
                     株主資本            評価・換算差額等

                             その他
                                             純資産合計
                                  繰延ヘッジ     評価・換算
                  自己株式     株主資本合計      有価証券
                                   損益    差額等合計
                            評価差額金
       当期首残高             △272     10,616       87      1     89    10,705
       当期変動額
        剰余金の配当             -    △172       -     -     -    △172
        当期純利益             -     653      -     -     -     653
        別途積立金の積立             -     -     -     -     -     -
        自己株式の取得            △362     △362       -     -     -    △362
        株主資本以外の項目の
                     -     -     116     △2     113     113
        当期変動額(純額)
       当期変動額合計             △362      118     116     △2     113     232
       当期末残高             △635     10,735       203     △0     203    10,938
                                 69/79










                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       当事業年度(自       平成29年4月1日          至  平成30年3月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                     株主資本
                            資本剰余金                   利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                  資本金
                             その他     資本剰余金                      利益剰余金
                       資本準備金                利益準備金
                                                  繰越利益
                            資本剰余金       合計                      合計
                                             別途積立金
                                                   剰余金
       当期首残高             1,854     1,612       30    1,642      114     6,500     1,259     7,874
       当期変動額
        新株の発行             222     222      -     222      -     -     -     -
        剰余金の配当             -     -     -     -     -     -    △354     △354
        当期純利益             -     -     -     -     -     -     962     962
        別途積立金の積立             -     -     -     -     -     500     △500       -
        自己株式の取得             -     -     -     -     -     -     -     -
        自己株式の処分             -     -     511     511      -     -     -     -
        株主資本以外の項目の
                     -     -     -     -     -     -     -     -
        当期変動額(純額)
       当期変動額合計              222     222     511     734      -     500     108     608
       当期末残高             2,076     1,835      541     2,376      114     7,000     1,368     8,482
                     株主資本            評価・換算差額等

                             その他
                                             純資産合計
                                  繰延ヘッジ     評価・換算
                  自己株式     株主資本合計      有価証券
                                   損益    差額等合計
                            評価差額金
       当期首残高             △635     10,735       203     △0     203    10,938
       当期変動額
        新株の発行             -     445      -     -     -     445
        剰余金の配当             -    △354       -     -     -    △354
        当期純利益             -     962      -     -     -     962
        別途積立金の積立             -     -     -     -     -     -
        自己株式の取得             △0     △0      -     -     -     △0
        自己株式の処分             450     961      -     -     -     961
        株主資本以外の項目の
                     -     -     156     △0     155     155
        当期変動額(純額)
       当期変動額合計              450     2,015      156     △0     155     2,171
       当期末残高             △184     12,751       360     △1     358    13,110
                                 70/79










                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
       【注記事項】

        (重要な会計方針)
      1.有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)  子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法によっております。
       (2)  その他有価証券
         時価のあるもの
          決算期末日以前1ヶ月の市場価格の平均に基づいて算定された価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直
         入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)によっております。
         時価のないもの
          移動平均法による原価法によっております。
      2.デリバティブの評価基準及び評価方法

        時価法によっております。
      3.たな卸資産の評価基準及び評価方法

        商品
         移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
      4.固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法によっております。
         ただし、以下の固定資産については定額法を採用しております。
          平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)
          ラサ商事株式会社本社ビルに係る建物附属設備及び構築物
          平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物
         主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物                3~50年
          工具、器具及び備品  4~20年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
         ソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)において定額法による均等償却によっております。
       (3)  リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
      5.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円換算し、換算差額は損益として処理しております。
      6.引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
        権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員に支給する賞与に充てるため、将来の支給見込額のうち、当期の負担額を計上しております。
       (3)  退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してお
        ります。
         退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を
        用いた簡便法によっております。
       (4)  役員株式給付引当金
         株式交付規程に基づく役員への当社株式の給付に備えるため、当事業年度末における株式給付債務の見込額に基
        づき計上しております。
                                 71/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      7.ヘッジ会計の方法

       (1)  ヘッジ会計の方法
         原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、為替予約については振当処理の要件を満たしている場合は
        振当処理によっております。
       (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ手段            ヘッジ対象
             為替予約          外貨建債権債務等
       (3)  ヘッジの方針
         当社の内部規程である「為替管理規程」等に基づき為替相場の変動リスクを一定の範囲内でヘッジしておりま
        す。
       (4)  ヘッジの有効性評価の方法
         為替予約
          ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間におけるヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累計とヘッジ手
         段のキャッシュ・フロー変動の累計の両者を比較することにより評価しております。
      8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
        (会計方針の変更)

         (たな卸資産の評価方法の変更)
           主要なたな卸資産について、従来、先入先出法を採用しておりましたが、当事業年度より、移動平均法に変更
          しております。この変更は、資源価格の変動に伴う仕入価格の変動の影響を平準化することにより、たな卸資産
          の評価及び期間損益計算を適切に行うことを目的にしたものであります。なお、この変更による影響は軽微であ
          ります。 
        (表示方法の変更)

         (貸借対照表関係)
           前事業年度において、「流動資産」の「受取手形」に含めて表示しておりました「電子記録債権」は、金額的
          重要性が増したため、当事業年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるた
          め、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「受取手形」に表示していた1,891百万円は、
          「受取手形」1,303百万円、「電子記録債権」587百万円として組み替えております。
           また、前事業年度において、「流動負債」の「支払手形」に含めて表示しておりました「電子記録債務」は、
          金額的重要性が増したため、当事業年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させ
          るため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動負債」の「支払手形」に表示していた1,255百万円は、
          「支払手形」482百万円、「電子記録債務」773百万円として組み替えております。
        (追加情報)

         (業績連動型株式報酬制度)
          連結財務諸表「注記事項(追加情報)」に同一の内容を記載しているので、注記を省略しております。
                                 72/79






                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (貸借対照表関係)

       ※1  関係会社に対する金銭債権及び金銭債務は、次のとおりであります。
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
          短期金銭債権                            59百万円              23百万円
          長期金銭債権                           160 〃              742 〃
          短期金銭債務                          1,117 〃              1,273 〃
       ※2  偶発債務

          子会社の金融機関からの借入債務に対し、保証を行っております。
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
          ラサ・リアルエステート株式会社                          3,652百万円              3,453百万円
       ※3  当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と当座貸越契約を締結しております。

         これらの契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
          当座貸越極度額                          3,860百万円              3,860百万円
          借入実行残高                           700    〃           720    〃
          差引額                          3,160百万円              3,140百万円
       ※4 期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

         なお、期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれております。
                                前事業年度                 当事業年度
                                               (平成30年3月31日)
                              (平成29年3月31日)
          受取手形                         - 百万円                95 百万円
                                     〃                 〃
          電子記録債権                         -                 48
                                     〃                 〃
          支払手形                         -                 81
                                     〃                 〃
          電子記録債務                         -                193
        (損益計算書関係)

       ※1  関係会社との取引高は、次のとおりであります。
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                  至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
          仕入高                          2,580   百万円           2,547   百万円
       ※2  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                                  至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
          給料及び手当                            966  百万円            986  百万円
          賞与引当金繰入額                            216   〃           226   〃
          退職給付費用                            50  〃            51  〃
          減価償却費                            61  〃            48  〃
          おおよその割合

           販売費                           12 %             9 %
           一般管理費                           88 %             91 %
                                 73/79



                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        (有価証券関係)

        子会社株式及び関連会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式
       及び関連会社株式の時価を記載しておりません。
        なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額は次のとお
       りです。
                                         (単位:百万円)
                             前事業年度            当事業年度
               区     分
                           (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
         子会社株式                          3,494            3,954
         関連会社株式                           785            785
        (税効果会計関係)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                                    (単位:百万円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                 (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
        繰延税金資産
          未払事業税                                 10               12
          賞与引当金                                 66               70
          商品評価損                                 24                6
          退職給付引当金                                 47               28
                                           71               80
          その他
          小計
                                          221               198
                                          △37               △34
          評価性引当額
          繰延税金資産合計
                                          184               163
        繰延税金負債
                                          △89               △159
          その他有価証券評価差額金
          繰延税金負債合計                                △89               △159
        繰延税金資産の純額                                   94                ▶
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                                       (単位:%)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (平成29年3月31日現在)               (平成30年3月31日現在)
        法定実効税率
                                          30.9               30.9
        (調整)
         交際費等永久に損金に算入されない項目                                 1.5               1.0
         受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                △0.2               △0.3
         住民税均等割                                 1.3               0.9
         評価性引当額                                △0.8               △0.2
                                          0.9               0.1
         その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                                33.6               32.3
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 74/79





                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
        ④  【附属明細表】

           【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:百万円)
                         期首      当期      当期      当期      期末     減価償却
       区分       資産の種類
                        帳簿価額       増加額      減少額      償却額      帳簿価額       累計額
          建物                 130       -      -       8     122      377
       有
          構築物                  10      -      -       1      9      95
       形
          機械及び装置                  14      -       0      1      12      110
          車両運搬具                  1      -      -       0      0      5
       固
          工具、器具及び備品                  35       2      0      21      17      76
       定
          土地                 464       -      -      -      464       -
          リース資産                  -      41      -       7      34       7
       資
          貸与資産                  6      -      -       2      ▶    1,386
       産
                計           664       44       0      43      665     2,059
       無固
          ソフトウエア                  34      -      -      15      18      271
        定
          その他                  0      0      -      -       1      -
        資
                計            35       0      -      15      20      271
       形産
           【引当金明細表】

                                                     (単位:百万円)
              区分            期首残高         当期増加額          当期減少額          期末残高
       貸倒引当金                        14          0          5          9
       賞与引当金                       217          230          217          230
       役員株式給付引当金                        -          36          -          36
       (2)  【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)  【その他】

         記載事項はありません。
                                 75/79










                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      第6   【提出会社の株式事務の概要】

       事業年度             4月1日から3月31日まで

       定時株主総会             6月中

       基準日             3月31日

       剰余金の配当の基準日             9月30日、3月31日

       1単元の株式数             100株

       単元未満株式の買取り

                   東京都千代田区丸の内一丁目4番1号                       三井住友信託銀行株式会社              証券代行部

         取扱場所
                   東京都千代田区丸の内一丁目4番1号                       三井住友信託銀行株式会社

         株主名簿管理人
         取次所           -

         買取手数料           -

                   当社の公告は、電子公告により行います。ただし、事故その他やむを得ない事由によって
                   電子公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行います。
                   なお、電子公告は当社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次のとおりであり
       公告掲載新聞名
                   ます。
                    http://www.rasaco.co.jp
                   毎年3月末日現在における株主名簿に記載又は記録された100株以上所有の株主に対し、
                   下記のとおり優待品を贈呈しております。
                   1.1年以上継続保有の株主               当社オリジナルQUOカード1,000円相当
                   2.1年未満の株主                       当社オリジナルQUOカード               500円相当
       株主に対する特典
                   なお、上記に加え下記の寄付しております。
                   3.「公益財団法人          緑の地球防衛基金」へ株主1人あたり50円
                   4.「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」へ株主1人あたり60円
       (注)   当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
          (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 76/79








                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      第7   【提出会社の参考情報】

      1  【提出会社の親会社等の情報】

        当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2  【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)  有価証券報告書及びその添付書類、確認書

        事業年度      第115期    (自    平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)         平成29年6月28日関東財務局長に提出
      (2)  内部統制報告書
        事業年度      第115期    (自    平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)         平成29年6月28日関東財務局長に提出
      (3)  四半期報告書、確認書
        事業年度      第116期第1四半期         (自    平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)         平成29年8月10日関東財務局長に
        提出
        事業年度      第116期第2四半期         (自    平成29年7月1日          至   平成29年9月30日)         平成29年11月10日関東財務局長に
        提出
        事業年度      第116期第3四半期         (自    平成29年10月1日          至   平成29年12月31日)         平成30年2月9日関東財務局長に
        提出
      (4)  臨時報告書
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づく
        臨時報告書
        平成29年6月29日関東財務局長に提出
      (5)  有価証券届出書及びその添付書類 
        有価証券届出書(一般募集による増資及びオーバーアロットメントによる売出し)及びその添付書類
        平成29年11月16日関東財務局長に提出
        有価証券届出書(その他の者に対する割当)及びその添付書類
        平成29年11月16日関東財務局長に提出
      (6)  有価証券届出書の訂正届出書 
        平成29年11月16日提出の有価証券届出書(一般募集による増資及びオーバーアロットメントによる売出し)に係る訂
        正届出書
        平成29年11月28日関東財務局長に提出
        平成29年11月16日提出の有価証券届出書(その他の者に対する割当)に係る訂正届出書
        平成29年11月28日関東財務局長に提出
                                 77/79







                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
      第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

       該当事項はありません。

                                 78/79



















                                                           EDINET提出書類
                                                       ラサ商事株式会社(E02547)
                                                          訂正有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書

                                                     令和2年5月13日

      ラサ商事株式会社
       取締役会      御中
                             監査法人      大手門会計事務所
                          指定社員
                                             中  村         尋  人
                                     公認会計士                    ㊞
                          業務執行社員
                          指定社員

                                     公認会計士       亀  ヶ  谷  顕            ㊞
                          業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

      いるラサ商事株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の訂正後の連結財務諸表、すなわ
      ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計
      算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
      連結財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
      に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
      めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
      ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
      基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
      策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
       監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
      当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
      される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
      ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
      内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
      積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
       当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      監査意見

       当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ラ
      サ商事株式会社及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
      績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
      その他の事項

       有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、連結財務諸表を訂正している。なお、当
      監査法人は、訂正前の連結財務諸表に対して平成30年6月26日に監査報告書を提出した。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以   上

       (注)   1   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が

           別途保管しております。
          2   XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 79/79


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。