楽天カード株式会社 四半期報告書 第21期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第21期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 楽天カード株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2020年5月13日

    【四半期会計期間】               第21期第1四半期(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)

    【会社名】               楽天カード株式会社

    【英訳名】               Rakuten    Card   Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 穂坂 雅之

    【本店の所在の場所】               東京都港区南青山二丁目6番21号

    【電話番号】               03-6740-6740

    【事務連絡者氏名】               常務執行役員 藤井 美樹也

    【最寄りの連絡場所】               東京都港区南青山二丁目6番21号

    【電話番号】               03-6740-6740

    【事務連絡者氏名】               常務執行役員 藤井 美樹也

    【縦覧に供する場所】               該当事項なし

                                  1/37










                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

      連結経営指標等
                              第20期   第1四半期       第21期   第1四半期

                回次                                     第20期
                               連結累計期間          連結累計期間
                              自   2019年1月1日        自   2020年1月1日        自   2019年1月1日
               会計期間
                              至   2019年3月31日        至   2020年3月31日        至   2019年12月31日
      売上収益                  (百万円)            52,290          119,166          369,860
      税引前四半期(当期)利益                  (百万円)            11,388          21,421          67,409

      四半期(当期)利益                  (百万円)            7,775          14,398          45,143

      四半期(当期)包括利益                  (百万円)            7,896          1,700          47,863

      親会社の所有者に帰属する持分                  (百万円)            97,484          435,125          456,427

      資産合計                  (百万円)          1,717,208          7,625,759          7,326,801

      親会社の所有者に帰属する基本的
                         (円)         98,872.88          183,403.12          574,137.05
      1株当たり四半期(当期)利益
      親会社の所有者に帰属する希薄化後
                         (円)             -          -          -
      1株当たり四半期(当期)利益
      親会社所有者帰属持分比率                   (%)            5.68          5.71          6.23
      営業活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           △ 44,572          130,183          313,978

      投資活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           △ 8,408         △ 8,339        △ 142,578

      財務活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)            8,603          78,911          109,201

      現金及び現金同等物の四半期末
                        (百万円)           104,140         1,509,404          1,309,112
      (期末)残高
     (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
          していません。
        2.売上収益には、消費税等は含まれていません。
        3.上記指標は、国際会計基準(以下、IFRS)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に
          基づいています。
        4.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載
          していません。
    2【事業の内容】

      当第1四半期連結累計期間において、当社グループにおいて営まれている事業の内容に重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/37






                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    第2【事業の状況】
    1【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
      また、重要事象等は存在していません。
    2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において、当社グループ(当社及び連結子会社)が判断し
     たものです。
     (1)経営成績等の状況

       当社グループでは、売上収益、Non-GAAP営業利益を経営成績評価上の重要な指標としております。当社グループ
      の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は以下のとおりです。
       なお、前期比変動の主な要因は、楽天グループ企業の組織再編に伴い、2019年4月1日を効力発生日として、当
      社を承継会社とする吸収分割方式により、楽天銀行株式会社、楽天証券株式会社、楽天インシュアランスホール
      ディングス株式会社及び楽天投信投資顧問株式会社の株式を当社の親会社である楽天株式会社より無対価で承継し
      たことにより連結対象会社が大幅に増加したためです。
      ①  当 第1四半期     連結累計期間の経営成績

       当第1四半期連結累計期間における国内経済及び世界経済は、新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の
      停滞及び金融市場の不安定化が発生しました。
       このような環境の中、上述の組織再編による連結子会社の大幅な増加に加え、クレジットカード事業セグメント
      を中心に、以下のように売上収益、Non-GAAP営業利益ともに大きく増加し、着実な成長を果たすことができまし
      た。なお、セグメントごとの分析は「                  (2)経営者による経営成績等の状況に関する分析・検討内容 当第1四半
      期連結累計期間の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容                                」に記載しています。また、前第2四半期連
      結会計期間より楽天グループの共通費の配賦方法を変更したため、前年同期のNon-GAAP営業利益は遡及修正してい
      ます。
                                                   (単位:百万円)
                     前年同期           当期
                   (前  第1四半期        (当  第1四半期
                                          増減額          増減率
                    連結累計期間)           連結累計期間)
      売上収益                   52,290          119,166           66,876          127.9%

      Non-GAAP営業利益                    7,946          21,819          13,873          174.6%

                                  3/37







                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
      Non-GAAP営業利益から営業利益への調整は、以下のとおりです。
                               (単位:百万円)
                     前年同期           当期
                   (前  第1四半期        (当  第1四半期
                    連結累計期間)          連結累計期間)
      Non-GAAP営業利益                    7,946          21,819

      無形資産償却費                     -        △1,096

      株式報酬費用                    △71          △216

      その他の調整項目                    3,517           948

      営業利益                   11,392          21,455

      ②  経営成績の分析

      (売上収益)
       当第1四半期連結累計期間における売上収益は                      119,166百万円       となり、前年同期の         52,290百万円      から  66,876百万円
      (127.9%)増加        しました。これは連結子会社の増加に加え、クレジットカード事業における『楽天カード』の会員
      基盤拡大による包括信用購入あっせん収益及び融資収益の増加が寄与しました。
      (営業利益)

       当第1四半期連結累計期間における営業利益は                      21,455百万円      となり、前年同期の         11,392百万円      から  10,063百万円
      (88.3%)増加       しました。これは連結子会社の増加に加え、クレジットカード事業の好調が寄与したためです。
      (親会社の所有者に帰属する四半期利益)

       親会社の所有者に帰属する四半期利益は                     14,424百万円       となり、前年同期の          7,776百万円      から  6,648百万円
      (85.5%)     増加しました。
      ③  財政状態の分析

      (資産)
       当第1四半期連結会計期間末の資産合計は                    7,625,759     百万円となり、前連結会計年度末の資産合計                     7,326,801     百万
      円と比べ、     298,958百万円増加         しました。これは主に、前連結会計年度末に比べ、クレジットカード事業の貸付金の
      減少があったものの、証券事業において顧客の売買取引増加に伴う金融資産の増加や、銀行事業において住宅ロー
      ンが増加したこと、顧客からの預金の増加に伴う                       現金及び現金同等物         が増加したことによるものです。
      (負債)

       当第1四半期連結会計期間末の負債合計は                    7,190,410     百万円となり、前連結会計年度末の負債合計                     6,870,124     百万
      円と比べ、     320,286百万円増加         しました。     これは主に、手元流動性を高めるため、社債及び借入金が増加したことに
      加え、証券事業において顧客の売買取引増加に伴う金融負債の増加や、銀行事業において顧客からの預金が増加し
      たことによるものです。
      (資本)

       当第1四半期連結会計期間末の資本合計は                    435,349    百万円となり、前連結会計年度末の資本合計                     456,677    百万円と
      比べ、   21,328百万円減少        しました。これは主に、親会社である楽天株式会社へ配当を行ったこと、その他の包括利
      益を通じて公正価値で測定する金融商品の時価が下落したことによるものです。
                                  4/37




                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
      ④  キャッシュ・フローの状況の分析
       当第1四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ                                         200,292百万円増加         し、
      1,509,404百万円        となりました。当第1四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりで
      す。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       当第1四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、                                   130,183百万円の資金流入            (前年同期
      は 44,572百万円の資金流出            )となりました。これは主に、営業債務の減少による資金流出が68,795百万円、銀行事
      業の貸付金の増加による資金流出が51,082百万円となった一方で、カード事業の貸付金の減少による資金流入が
      91,776百万円、銀行事業の預金の増加による資金流入が81,430百万円、証券事業の金融資産及び金融負債の増減に
      よるネットの資金流入が69,836百万円(金融資産の増加による資金流出が121,609百万円、金融負債の増加による資
      金流入が191,445百万円)となったことによるものです。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       当第1四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、                                   8,339百万円の資金流出           (前年同期は
      8,408百万円の資金流出           )となりました。これは主に、銀行事業の有価証券の取得及び売却等によるネットの資金流
      入が15,301百万円(有価証券の取得による資金流出が112,148百万円、売却及び償還による資金流入が127,449百万
      円)となった一方で、保険事業の有価証券の取得及び売却等によるネットの資金流出が17,306百万円(有価証券の
      取得による資金流出が43,881百万円、売却及び償還による資金流入が26,575百万円)、無形資産の取得による資金
      流出が8,088百万円となったことによるものです。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       当第1四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、                                    78,911百万円の資金流入           (前年同期
      は 8,603百万円の資金流入           )となりました。これは主に、長期借入金の返済による資金流出が81,656百万円となった
      一方で、長期借入れによる資金流入が110,000百万円、コマーシャル・ペーパーの増減による資金流入が56,600百万
      円となったことによるものです。
      ⑤  生産、受注及び販売の実績

       生産及び受注の実績については、該当事項はございません。また、販売の実績については、「(2)                                               経営者によ
      る経営成績等の状況に関する分析・検討内容 当第1四半期連結累計期間の経営成績等の状況に関する認識及び分
      析・検討内容」に各セグメントの状況を記載しております。
     (2)   経営者による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       当第1四半期連結累計期間の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
        2019年4月の組織再編により、クレジットカード事業、銀行事業、証券事業、保険事業を報告セグメントとし
       ました。よって、クレジットカード事業以外のセグメントについては前年同期との比較を省略しています。ま
       た、クレジットカード事業における前年同期との比較のため、セグメントごとの分析については当社グループ内
       部取引控除前の数値です。文中の将来に関する事項は、当第1四半期連結会計期間末現在において判断したもの
       です。以下、セグメント単位で経営成績等の分析・検討内容を記載しております。
      (クレジットカード事業)

                                                   (単位:百万円)
                     前年同期           当期
                   (前  第1四半期        (当  第1四半期
                                          増減額          増減率
                    連結累計期間)          連結累計期間)
      売上収益                   52,290          63,702          11,412          21.8%

      セグメント損益
                         7,946          9,742          1,796          22.6%
      (Non-GAAP営業利益)
       クレジットカード事業セグメントでは、2020年2月下旬以降は、新型コロナウイルスの感染拡大による国内及び

      世界経済全体の経済活動の落ち込みの影響が徐々に表れたものの、それ以前では2019年10月より開始された政府の
                                  5/37


                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
      キャッシュレス・消費者還元事業の追い風もあり、引き続きカード会員数が増加し、ショッピング取扱高及びリボ
      ルビング残高も好調に推移いたしました。
       楽天グループ各社のサイト上に当社のバナー広告の展開や、テレビCMやWebCMの放送による認知度向上に
      より、会員数は1,964万人(前年同期比14.8%増)となりました。また、会員数の伸長及び積極的なキャンペーン活
      動を継続的に行った結果、主要KPIであるショッピング取扱高は2兆6,626億20百万円(前年同期比26.7%増)、
      ショッピングリボルビング残高は6,349億86百万円(前年同期末比16.8%増)、キャッシング残高は1,415億35百万
      円(前年同期末比13.9%増)まで伸ばすことができました。
       結果として、売上収益は            63,702百万円      となり、前年同期の         52,290百万円      から  11,412百万円      (21.8%)増加       しまし
      た。
       また、債権回収におきましては、未収債権の回収強化のため全社を挙げての回収業務を継続実施したことによ
      り、資産の健全性を維持できました。                  楽天カードのステージ2以上の債権残高は844億78百万円(前年同期末比17.0%
      増)であり、ショッピング取扱高及び営業債権残高の増加と比較し抑制できております。
       以上の結果から、セグメント損益は前期比                    22.6%増    の 9,742百万円      となりました。
      (銀行事業)

                    (単位:百万円)
                      当期
                   (当  第1四半期
                    連結累計期間)
      売上収益                   23,529

      セグメント損益
                         6,741
      (Non-GAAP営業利益)
       銀行事業セグメントでは、楽天カード株式会社との協業施策等の楽天グループ間でのシナジー効果を目指した取

      り組み等により、銀行口座獲得に注力した結果、主要KPIである銀行口座数が伸長し、869万口座(前年同期末比
      18.6%増)となりました。また、銀行口座数の伸長に伴い、預金残高は3兆4,048億68百万円(前年同期末比30.4%
      増)となりました。また、住宅ローンの団体信用生命保険に、がん保障特約を新たに追加するなど、サービスの拡
      充を実施いたしました。それらの結果から、資産が順調に積みあがった結果、売上収益は                                          23,529百万円      となりまし
      た。
       営業費用は業容拡大により増加しておりますが、結果としてセグメント損益は                                    6,741百万円      となりました。
      (証券事業)

                    (単位:百万円)
                      当期
                   (当  第1四半期
                    連結累計期間)
      売上収益                   17,632

      セグメント損益
                         4,453
      (Non-GAAP営業利益)
       証券事業セグメントでは、投信積立で楽天カード決済が可能となるサービスや楽天ポイントなどで投資信託や国

      内株式が購入できるポイント投資サービスなど、楽天グループとのシナジー効果を目指した継続的な取り組みによ
      り、主要KPIである証券総合口座数は410万口座(前年同期比28.1%増)及び証券預かり資産残高                                             (楽天銀行との口座
      連携サービスにおいて、自動入出金(スイープ)を設定している顧客の楽天銀行普通預金残高も含む)                                                は6兆6,059
      億57百万円(前年同期比18.0%増)となりました。また、新型コロナウイルス感染拡大による金融市場のボラティ
      リティの上昇による株式の売買高の増加もあり、売上収益は                            17,632百万円      となりました。営業費用は業容拡大もあ
      り増加しておりますが、結果として、セグメント損益は                          4,453百万円      となりました。
                                  6/37



                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
      (保険事業)
                    (単位:百万円)
                      当期
                   (当  第1四半期
                    連結累計期間)
      売上収益                   24,579

      セグメント損益
                          883
      (Non-GAAP営業利益)
       保険事業セグメントでは、楽天保険の総合窓口の開設により、楽天生命、楽天損保、楽天ペット保険が提供する

      保険商品のお客様窓口を一本化し、ご契約者様のお手続きをワンストップで受けることができるようにすること
      で、お客様にとって利便性の高い保険サービスを提供しています。また、楽天グループ間でのシナジーの最大化を
      図るべく、楽天IDを使ったネット経由での楽天生命、楽天損保、楽天ペット保険の対象商品のご加入者様に、保険
      料支払い額の1%分の楽天ポイントを還元するサービスを2019年12月より開始しました。また、当第1四半期にお
      いては、認知度向上のためテレビCMを放映しました。これらの取組等により、保険事業セグメントの主要KPIであ
      る楽天生命保険の保有契約件数(共済事業及び1年定期ガン保険の契約を除く)は、44.7万件(前年同期比7.5%
      増)となりました。また、楽天損害保険の自動車保険、住宅向け火災保険、インターネット申込保険の新規契約件
      数は4.7万件(前年同期比48.6%増)となりました。
       お客様にとって利便性の高い保険サービスの提供及び、楽天グループ間でのシナジーの最大化を目指す取り組み
      等を行っており、売上収益は              24,579百万円      となりました。       また、業容拡大による営業費用の増加により、                      結果とし
      て、セグメント利益は          883百万円     となりました。
       以上により、クレジットカード事業の伸長と業績の拡大に加え、組織再編による連結子会社の大幅な増加によ

      り、セグメント損益は前期比             174.6%増     の 21,819百万円      となりました。
       今後の施策として、引き続きキャッシュレス決済の社会全体への浸透を追い風として、クレジットカード事業を
      中心に、新規会員の獲得及びクレジットカード利用促進に向けた効果的かつ効率的なマーケティング戦略を行って
      いきます。また、当社グループの顧客基盤を最大限に活用し、各社間でのクロスユースを促進することで、当社グ
      ループ内でのシナジーを更に発揮してまいります。なお、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により景気の不
      透明さが増大しており、資産の健全性、財務の安定性を維持しつつ、各事業のKPI、売上収益、Non-GAAP営業利益へ
      の影響を注意深く見てまいります。
     (3)   経営方針、経営戦略並びに事業上及び財務上の対処すべき課題

       世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により景気の不透明さが増大しておりますが、当社グループにおいて
      は、前連結会計年度の有価証券報告書に記載した経営方針、経営戦略並びに事業上及び財務上の対処すべき課題に
      ついて、注意深く見てまいります。
     (4)研究開発活動

       該当事項はありません。
     (5)従業員数

       当第1四半期連結累計期間において、連結会社又は提出会社の従業員数の著しい増減はありません。
     (6)主要な設備

       当第1四半期連結累計期間において、主要な設備の著しい変動はありません。
    3【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  7/37



                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
    1【株式等の状況】

     (1)【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)

                普通株式                                      320,000

                  計                                     320,000

      ②【発行済株式】

               第1四半期会計期間末                      上場金融商品取引所

                           提出日現在発行数
                             (株)
         種類       現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (2020年5月13日)
                ( 2020年3月31日       )             商品取引業協会名
        普通株式              78,649           78,649       非上場       (注)1,2
         計            78,649           78,649         ―           ―

     (注)    1.当社は単元株制度を採用しておりません。
         2.当社の株式を譲渡により取得するには、取締役会の承認を要する旨定款に定めています。
     (2)【新株予約権等の状況】

      ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
      2020年1月1日~
                      -     78,649         -     19,323         -     11,822
      2020年3月31日
     (5)【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/37






                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     (6)【議決権の状況】
      ①【発行済株式】
                                                2020年3月31日       現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
      無議決権株式                    -          -              -

      議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -

      議決権制限株式(その他)                    -          -              -

      完全議決権株式(自己株式等)                    -          -              -

                      普通株式
      完全議決権株式(その他)                               78,649            -
                           78,649
      単元未満株式                    -          -              -
      発行済株式総数                      78,649        -              -

      総株主の議決権                    -           78,649            -

      ②【自己株式等】

        該当事項はありません。
    2【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当第1四半期累計期間において役員の異動はありません。
                                  9/37












                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    第4【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の要約四半期連結財務諸表は、IAS第34号「期中財務報告」に準拠して作成しています。当社は、「四半期連結
     財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計
     基準特定会社」の要件を満たしているため、同第93条の規定を適用しています。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から2020
     年3月31日まで)及び当第1四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)に係る要約四半期連結
     財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けています。
                                 10/37
















                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    1【要約四半期連結財務諸表】
     (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前連結会計年度
                                              当第1四半期連結会計期間末
                             注記
                                                (2020年3月31日)
                                  (2019年12月31日)
     資産の部
      現金及び現金同等物                       9           1,309,112              1,509,404
      証券事業の金融資産                      9,10            1,976,494              2,098,110
      カード事業の貸付金                      9,10            1,828,216              1,736,337
      銀行事業の有価証券                      9,10             283,532              267,986
      銀行事業の貸付金                      9,10            1,049,993              1,101,076
      保険事業の有価証券                      9,10             293,629              270,028
      デリバティブ資産                      9,10              25,134              51,865
      有価証券                      9,10              6,981              6,099
      その他の金融資産                      9,10             269,859              277,756
      持分法で会計処理されている投資                                     446              373
      棚卸資産                                    4,450              4,807
      有形固定資産                                    34,437              50,520
      無形資産                                   142,875              144,726
      繰延税金資産                                    1,496              2,253
                                          100,147              104,419
      その他の資産
                                         7,326,801              7,625,759
      資産合計
     負債の部

      営業債務                       9            312,813              244,014
      銀行事業の預金                      9,10            3,274,437              3,355,867
      証券事業の金融負債                      9,10            1,860,742              2,052,169
      デリバティブ負債                      9,10              9,509             10,355
      社債及び借入金                      9,10             816,398              918,850
      その他の金融負債                       9            231,525              262,827
      未払法人所得税等                                    9,830              2,067
      引当金                                    15,651              14,493
      保険事業の保険契約準備金                                   318,090              310,871
      退職給付に係る負債                                    4,898              5,145
      繰延税金負債                                    4,553               406
                                          11,678              13,346
      その他の負債
      負債合計
                                         6,870,124              7,190,410
     資本の部

      親会社の所有者に帰属する持分
        資本金                                  19,323              19,323
        資本剰余金                                  20,539              20,539
        利益剰余金                                  416,539              407,784
                                            26           △ 12,521
        その他の資本の構成要素
        親会社の所有者に帰属する持分合計                                  456,427              435,125
      非支配持分                                     250              224
      資本合計                                   456,677              435,349
                                         7,326,801              7,625,759
     負債及び資本合計
                                 11/37




                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     (2)【要約四半期連結損益計算書】
      【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                                前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                            注記
                                  至     2019年3月31日)            至    2020年3月31日)
     継続事業
      売上収益                      5             52,290             119,166
      営業費用                                   40,884              97,242
      その他の収益                                     50             547
                                            64            1,016
      その他の費用
      営業利益
                                         11,392              21,455
      金融収益                                      0              6
      金融費用                                      ▶             12
                                            -             △ 28
      持分法による投資利益又は投資損失(△)
      税引前四半期利益
                                         11,388              21,421
                                          3,613              7,023
      法人所得税費用
                                          7,775             14,398
      四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                    7,776             14,424
                                           △ 1            △ 26
      非支配持分
                                          7,775             14,398
      四半期利益
                                                     (単位:円)

     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利
     益:
                                        98,872.88             183,403.12
      基本的                       6
                                 12/37











                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                  (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                              注記
                                   至    2019年3月31日)            至    2020年3月31日)
     四半期利益                                      7,775             14,398
     その他の包括利益

      純損益に振替えられることのない項目:
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                            396           △ 17,007
        る資本性金融商品の利得及び損失
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
        る資本性金融商品の利得及び損失に係る法人                                   △ 122             4,772
        所得税
        保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金
                                            -             174
        利に基づく再測定額
        保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金
                                            -             △ 49
        利に基づく再測定額に係る法人所得税
        確定給付制度の再測定                                     -              1
                                            -             △ 0

        確定給付制度の再測定に係る法人所得税
      純損益に振替えられることのない項目合計
                                            274           △ 12,109
      純損益に振替えられる可能性のある項目:

        在外営業活動体の換算差額                                     ▶            △ 181
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                            -            △ 143
        る負債性金融商品の利得及び損失
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                            -              34
        る負債性金融商品に係る貸倒引当金
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
        る負債性金融商品に係るその他の包括利益か                                     -             △ 69
        ら純損益へ振替えられた金額
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
        る負債性金融商品に係るその他の包括利益に                                     -              52
        関連する法人所得税
        キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
                                           △ 329             △ 197
        の包括利益に認識された金額
        キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
        の包括利益に認識された金額に係る法人所得                                    101              61
        税
        キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
                                            103             △ 209
        の包括利益から純損益へ振替えられた金額
        キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
                                           △ 32              63
        の包括利益から純損益へ振替えられた金額に
        係る法人所得税
      純損益に振替えられる可能性のある項目合計                                     △ 153             △ 589
      税引後その他の包括利益                                      121           △ 12,698

                                           7,896              1,700

     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                    7,897              1,726
                                            △ 1            △ 26
      非支配持分
                                           7,896              1,700
     四半期包括利益
                                 13/37




                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
     前第1四半期連結累計期間(自                2019年1月1日         至   2019年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                               その他の資本の構成要素
                                                      その他の
                                              在外営業       包括利益を
                        資本金       資本剰余金        利益剰余金
                   注記                           活動体の      通じて公正価値
                                              換算差額       で測定する
                                                      金融資産
     2019年1月1日現在                      19,323        11,822        57,630        △ 167       1,479
     会計方針の変更による
                            -        -       △ 10        -        -
     累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                          19,323        11,822        57,620        △ 167       1,479
     当期首残高
     四半期包括利益
     四半期利益                      -        -      7,776         -        -
                            -        -        -        ▶       274
     税引後その他の包括利益
     四半期包括利益合計                      -        -      7,776         ▶       274
     所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      その他の資本の構成
                            -        -        36        -       △ 36
      要素から利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                            -        -        36        -       △ 36
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
                            -        -        -        -        -
      新規連結による増加
      子会社に対する所有持分の変動
                            -        -        -        -        -
      額合計
     所有者との取引額合計                      -        -        36        -       △ 36
                          19,323        11,822        65,432        △ 163       1,717
     2019年3月31日現在
                            その他の資本の構成要素

                            保険事業の
                                            親会社の
                            保険契約           その他の
                      キャッシュ           退職給付
                                            所有者に
                           準備金に係る            資本の
                                                 非支配持分      資本合計
                   注記    ・フロー           制度の
                                            帰属する
                           期末市場金利            構成要素
                       ・ヘッジ           再測定
                                            持分合計
                            に基づく            合計
                            再測定額
     2019年1月1日現在                    △ 490      -     -     822    89,597       △ 1   89,596
     会計方針の変更による
                          -     -     -     -     △ 10     -     △ 10
     累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                        △ 490      -     -     822    89,587       △ 1   89,586
     当期首残高
     四半期包括利益
     四半期利益                    -     -     -     -    7,776      △ 1    7,775
                        △ 157      -     -     121     121      -     121
     税引後その他の包括利益
     四半期包括利益合計                   △ 157      -     -     121     7,897      △ 1    7,896
     所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      その他の資本の構成
                          -     -     -     △ 36     -     -     -
      要素から利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                          -     -     -     △ 36     -     -     -
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
                          -     -     -     -     -     69     69
      新規連結による増加
      子会社に対する所有持分の変動
                          -     -     -     -     -     69     69
      額合計
     所有者との取引額合計                    -     -     -     △ 36     -     69     69
                        △ 647      -     -     907    97,484       67    97,551
     2019年3月31日現在
                                 14/37






                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     当第1四半期連結累計期間(自                2020年1月1日         至   2020年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                               その他の資本の構成要素
                                                      その他の
                                              在外営業       包括利益を
                        資本金       資本剰余金        利益剰余金
                   注記                           活動体の      通じて公正価値
                                              換算差額       で測定する
                                                      金融資産
     2020年1月1日現在                      19,323        20,539       416,539        △ 614       9,446
     四半期包括利益
     四半期利益                      -        -      14,424         -        -
                            -        -        -      △ 181     △ 12,361
     税引後その他の包括利益
     四半期包括利益合計                      -        -      14,424        △ 181     △ 12,361
     所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      剰余金の配当             8        -        -     △ 23,000         -        -
      その他の資本の構成
                            -        -      △ 151        -       151
      要素から利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                            -        -     △ 23,151         -       151
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
                            -        -       △ 28        -        -
      その他
      子会社に対する所有持分の変動
                            -        -       △ 28        -        -
      額合計
     所有者との取引額合計                      -        -     △ 23,179         -       151
                          19,323        20,539       407,784        △ 795      △ 2,764
     2020年3月31日現在
                            その他の資本の構成要素

                            保険事業の
                                            親会社の
                            保険契約           その他の
                      キャッシュ           退職給付
                                            所有者に
                           準備金に係る            資本の
                                                 非支配持分      資本合計
                   注記    ・フロー           制度の
                                            帰属する
                           期末市場金利            構成要素
                       ・ヘッジ           再測定
                                            持分合計
                            に基づく            合計
                            再測定額
     2020年1月1日現在                   △ 1,018     △ 7,559     △ 229      26   456,427       250    456,677
     四半期包括利益
     四半期利益                    -     -     -     -    14,424      △ 26    14,398
                        △ 282     125      1  △ 12,698     △ 12,698       -   △ 12,698
     税引後その他の包括利益
     四半期包括利益合計                   △ 282     125      1  △ 12,698      1,726      △ 26    1,700
     所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      剰余金の配当             8      -     -     -     -   △ 23,000       -   △ 23,000
      その他の資本の構成
                          -     -     -     151      -     -     -
      要素から利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                          -     -     -     151   △ 23,000       -   △ 23,000
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
                          -     -     -     -     △ 28     -     △ 28
      その他
      子会社に対する所有持分の変動
                          -     -     -     -     △ 28     -     △ 28
      額合計
     所有者との取引額合計                    -     -     -     151   △ 23,028       -   △ 23,028
                        △ 1,300     △ 7,434     △ 228   △ 12,521     435,125       224    435,349
     2020年3月31日現在
                                 15/37







                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                                 (自    2019年1月1日          (自    2020年1月1日
                             注記
                                  至    2019年3月31日)           至    2020年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                   11,388             21,421
      減価償却費及び償却費                                    3,876             10,642
      その他の損益(△は益)                                  △ 25,338            △ 49,075
      営業債権の増減額(△は増加)                                      -              7
      カード事業の貸付金の増減額(△は増加)                                    2,341             91,776
      販売用不動産の増減額(△は増加)                                    △ 253             △ 92
      銀行事業の預金の増減額(△は減少)                                      -           81,430
      銀行事業のコールローンの純増減額(△は増
                                            -           15,000
      加)
      銀行事業の貸付金の増減額(△は増加)                                      -          △ 51,082
      契約コストから認識した資産の増減額(△は増
                                         △ 7,783            △ 5,401
      加)
      営業債務の増減額(△は減少)                                  △ 30,296            △ 68,795
      証券事業の金融資産の増減額(△は増加)                                      -          △ 121,609
      証券事業の金融負債の増減額(△は減少)                                      -           191,445
      保険業の責任準備金の増減額(△は減少)                                      -           △ 5,949
      預り金の増減額(△は減少)                                  △ 16,092              2,341
      その他                                   22,865             27,448
                                         △ 5,280            △ 9,324
      法人所得税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー合計                                  △ 44,572             130,183
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                      -           △ 4,222
      定期預金の払戻による収入                                      -            5,887
      有形固定資産の取得による支出                                   △ 5,178             △ 595
      有形固定資産の売却による収入                                      -             292
      無形資産の取得による支出                                   △ 1,317            △ 8,088
      子会社の取得による支出                                   △ 1,895               -
      銀行事業の有価証券の取得による支出                                      -          △ 112,148
      銀行事業の有価証券の売却及び償還による収入                                      -           127,449
      保険事業の有価証券の取得による支出                                      -          △ 43,881
      保険事業の有価証券の売却及び償還による収入                                      -           26,575
      有価証券の取得による支出                                      -           △ 1,909
      有価証券の売却及び償還による収入                                      71            2,286
      その他の支出                                    △ 90            △ 196
                                            1            211
      その他の収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー合計                                   △ 8,408            △ 8,339
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 98,771             17,584
      コマーシャル・ペーパーの純増減額(△は減
                                          76,000             56,600
      少)
      長期借入れによる収入                                   53,136             110,000
      長期借入金の返済による支出                                  △ 21,686            △ 81,656
      リース負債の返済による支出                                    △ 145            △ 617
      配当金の支払額                        8              -          △ 23,000
                                            69             -
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー合計                                    8,603             78,911
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                            7           △ 463
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 44,370             200,292
                                         148,510            1,309,112
     現金及び現金同等物の期首残高
                                         104,140            1,509,404
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/37



                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    【要約四半期連結財務諸表注記】
    1.一般的事項
     (1)報告企業
       楽天カード(株)(以下、当社)は、日本に所在する企業です。当社及び連結子会社(以下、当社グループ)の
      事業内容は、FinTech事業を基軸としており、「クレジットカード事業」、「銀行事業」、「証券事業」、「保険事
      業」の4つを報告セグメントとしています。
       これらのセグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営
      資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっています。
       当社グループでは、2019年4月1日の楽天グループ内再編前の事業内容は、クレジット関連サービスを基軸とし
      ており、「クレジットカード事業」を単一の報告セグメントとしていました。「クレジットカード事業」セグメン
      トは、包括信用購入あっせん業務及びクレジットカードを手段とした融資業務、信用保証業務及びクレジットカー
      ド関連サービスの提供等を行う事業により構成されていました。包括信用購入あっせんとはクレジットカードによ
      る代金決済の取引をいいます。
       2019年4月1日の楽天グループ内再編後の事業内容については、クレジットカード事業セグメントはインター
      ネットを介したクレジットカード関連サービス、銀行事業セグメントはインターネットを介した銀行サービス、証
      券事業セグメントはインターネットを介した証券サービス、保険事業セグメントはインターネットを介した生命保
      険及び損害保険サービスの提供等を行う事業により構成されています。なお、楽天(株)は当社の親会社です。
     (2)作成の基礎

       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、IAS第34号「期中財務報告」に準拠して作成しています。当社は、
      「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる
      「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしているため、同第93条の規定を適用しています。なお、年次連結財
      務諸表で求められている全ての情報が含まれていないため、2019年12月31日に終了した連結会計年度の連結財務諸
      表と併せて利用されるべきものです。
       本要約四半期連結財務諸表は、2020年5月13日に取締役会において承認されています。
    2.重要な会計方針

      当社グループが本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度に係る連結財務諸
     表において適用した会計方針と同一です。なお、当第1四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積平均年次実効
     税率をもとに算定しています。
    3.重要な会計上の見積り及び判断

      IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成に当たって、一部の重要な事項について会計上の見積りを行う必要
     があります。また、当社グループの会計方針を適用する過程において、経営者が自ら判断を行うことが求められてい
     ます。会計上の見積りの結果は、その性質上、関連する実際の結果と異なる場合があります。
      会計上の見積り及び仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの変更による影響は、見積りが変更された会計
     期間及び将来の会計期間において認識されます。
      本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り及び判断は、原則として前連結会計年度に係る連結

     財務諸表と同様です。          なお、新型コロナウイルス感染症は世界各国の経済活動に影響を及ぼしており、当社グループ
     の一部の事業等に不確実性をもたらしています。ただし、現時点では本要約四半期連結財務諸表に全体として重要な
     影響を与える会計上の見積り及び判断の変更をもたらすものではありません。しかし、不確実性がさらに高まった場
     合には、カード事業の貸付金及び銀行事業の貸付金に対する貸倒引当金、のれんの回収可能性、繰延税金資産の回収
     可能性等、重要な会計上の見積り及び判断に影響を及ぼす恐れがあります。
                                 17/37




                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    4.セグメント情報
     (1)一般情報
       当社は、楽天グループにおけるFinTech事業のさらなる成長・発展、ひいては企業価値の最大化を実現するために
      は、アカウンタビリティー(責務)をより明確化し、一層の経営効率化と全体最適視点での経営資源の配分を図る
      ことで、機動的かつ柔軟な意思決定と業務執行を可能とするグループ体制に移行することが最適と考え、2019年4
      月1日付で当社を承継会社とする吸収分割方式により組織再編を行いました。これを受け、前連結会計年度より事
      業セグメントの見直しを行い、「クレジットカード事業」、「銀行事業」、「証券事業」、「保険事業」の4つを
      報告セグメントとしました。これらのセグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可
      能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっていま
      す。なお、事業セグメントの集約は行っておりません。
       クレジットカード事業セグメントはインターネットを介したクレジットカード関連サービス、銀行事業セグメン
      トはインターネットを介した銀行サービス、証券事業セグメントはインターネットを介した証券サービス、保険事
      業セグメントはインターネットを介した生命保険及び損害保険サービスの提供等を行う事業により構成されていま
      す。
     (2)事業セグメントの売上収益と損益の測定に関する事項

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法はIFRSに基づいており、事業セグメントの売上収益及び損益は
      一部の連結子会社を除き連結修正を考慮していない内部取引消去前の金額です。経営者が意思決定する際に使用す
      る社内指標は、IFRSに基づく営業利益に当社グループが定める非経常的な項目やその他の調整項目を調整したNon-
      GAAP営業利益ベースです。
       経営者は、Non-GAAP指標を開示することで、ステークホルダーにとって過年度比較が容易になり、当社グループ
      の経営成績や将来見通しを理解する上で有益な情報を提供できると判断しています。なお、非経常的な項目とは、
      将来の見通し作成の観点から一定のルールに基づき除外すべきと当社グループが判断する一過性の利益や損失のこ
      とです。その他の調整項目とは、適用する会計基準等により差異が生じ易く企業間での比較が困難な、株式報酬費
      用や子会社取得時に認識した無形資産の償却費等を指します。
       また、当社グループは、最高経営意思決定者が使用する事業セグメントへ、資産及び負債を配分していません。
       なお、前第1四半期連結累計期間は、区分すべき事業セグメントが存在しないため、記載は省略しております。
      当第1四半期連結累計期間(自                2020年1月1日        至    2020年3月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                          クレジット
                                 銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                          カード事業
      セグメントに係る売上収益                       63,702       23,529       17,632       24,579      129,442
      セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                       9,742       6,741       4,453        883     21,819
       セグメントに係る売上収益から連結上の売上収益への調整は、以下のとおりです。

                               (単位:百万円)
                          当第1四半期連結累計期間
                           (自    2020年1月1日
                            至   2020年3月31日       )
      セグメントに係る売上収益                             129,442

      内部取引等                             △ 10,276
      連結上の売上収益                             119,166
                                 18/37





                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
       セグメント損益から税引前四半期利益への調整は、以下のとおりです。
                                      (単位:百万円)
                                 当第1四半期連結累計期間
                                  (自    2020年1月1日
                                   至   2020年3月31日       )
      セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                                     21,819

      無形資産償却費                                    △ 1,096
      株式報酬費用                                     △ 216
      その他の調整項目                                      948
      営業利益                                     21,455
      金融収益及び金融費用                                      △ 6
      持分法による投資利益又は投資損失(△)                                      △ 28
      税引前四半期利益                                     21,421
                                 19/37















                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    5.売上収益
     (1)分解した収益とセグメント収益の関連
      前第1四半期連結累計期間(自                2019年1月1日        至   2019年3月31日       )
                               (単位:百万円)
                              セグメント
                          クレジット
                                   合計
                          カード事業
           包括信用購入あっせん収益                 35,689       35,689
           信用保証収益                  4,765       4,765
      主要な
      サービス
           融資収益                  5,625       5,625
      ライン
           その他の収益                  6,211       6,211
                 合計            52,290       52,290
        顧客との契約から認識した収益                     18,586       18,586
        その他の源泉から認識した収益                     33,704       33,704
     (注)グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示しています。
      当第1四半期連結累計期間(自                2020年1月1日        至   2020年3月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                                       セグメント
                         クレジット
                                銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                         カード事業
           楽天カード                57,944         -       -       -     57,944
           楽天銀行                  -     22,200         -       -     22,200
           楽天証券                  -       -     13,291         -     13,291
      主要な
      サービス      楽天生命                  -       -       -      8,890       8,890
      ライン
           楽天損保                  -       -       -     12,914       12,914
           その他                 460        69      1,256       2,142       3,927
                合計           58,404       22,269       14,547       23,946       119,166
       顧客との契約から認識した収益                    23,747        6,246       9,062        731      39,786
       その他の源泉から認識した収益                    34,657       16,023        5,485       23,215       79,380
     (注)グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示しています。
       当社グループは、FinTechサービス事業を中心に複数のビジネスを行っています。これらのビジネスから生じる収

      益は顧客との契約に従い計上しています。また、約束した対価の金額に重要な金融要素は含まれていません。
       FinTechサービスにおいては、『楽天カード』、『楽天銀行』、『楽天証券』、『楽天生命』、『楽天損保』等の

      金融サービスを提供し、主な収益を下記のとおり認識しています。
      楽天カード

       包括信用購入あっせん収益
        『楽天カード』においては、主としてクレジットカード関連サービスを提供しています。主にクレジットカー
       ド利用者と加盟店間の資金決済を通じて得られる加盟店手数料、クレジットカード利用者から得られるリボルビ
       ング払い手数料、分割払い手数料を得ています。加盟店手数料に関しては、カード会員のショッピング取引後、
       加盟店から当社グループへ売上データが送信されたタイミングにおいて、決済サービスの提供という履行義務が
       充足されるため、同時点でクレジットカードの決済金額に一定の料率を乗じた手数料収益を計上しています。ま
       た、カード決済金額の1%分の通常ポイントをカード会員に付与しており、これらのポイント費用は加盟店手数
       料から控除しています。当社グループはカード会員から基本的に1ヶ月に1回所定の日にカード利用代金の回収
       を行うため、履行義務充足後、概ね2ヶ月以内に実質的に支払いを受けることとなります。リボルビング払い手
                                 20/37


                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
       数料及び分割払い手数料に関しては、リボルビング残高、分割支払回数に対してそれぞれ一定の料率を乗じた利
       息収益を、IFRS第9号に従いその利息の属する期間に認識しています。
       信用保証収益

        信用保証業務においては当社グループは主として提携金融機関の個人向け融資を対象とする保証業務を行って
       おり、元本残高に対して一定の料率で保証料を算出し、収益計上しています。
       融資収益

        融資収益においては、当社グループとしてキャッシング残高に対して、一定の料率を乗じた利息収益を、IFRS
       第9号に従いその利息の属する期間に認識しています。
       その他の収益

        その他の収益は、主に決済代行手数料、アクワイアリング加盟店手数料、広告収入等です。決済代行サービス
       について、当社グループは、楽天(株)がカード決済規約に基づき、楽天グループのサービスを利用する消費者と
       出店者等との間での決済代行サービスを楽天(株)より受託しています。当該サービスにおいては、クレジット
       カードによる取引代金決済のための取引承認、代金決済情報やキャンセル等のデータを送受信・処理を行ってい
       ます。当該サービスについては、主に消費者のカード利用取引が生じた時点が履行義務の充足時点となると判断
       し、同時点で手数料収益を計上しています。当該手数料の支払いは、履行義務の充足後、支払区分に基づいた請
       求締切日から1ヶ月半以内に受領しています。
      楽天銀行

       『楽天銀行』においては、インターネットを通じた銀行業務(預金、貸出、為替)及びその他様々なサービスを提
      供しています。貸出については、個人向けローンである「楽天スーパーローン」及び住宅ローンである「楽天銀行
      住宅ローン(金利選択型)」等を取り扱っており、貸出金利息収入を得ています。また、資金運用から生じる有価証
      券利息等の利息収入も得ています。貸出金利息や有価証券利息等の資金運用収益は、IFRS第9号に従い、その利息
      の属する期間に収益を認識しています。為替手数料等については、取引が行われた時点で履行義務が充足されるた
      め、同時点において手数料収益を認識しています。
      楽天証券

       『楽天証券』においては、金融商品取引業務とその他の付随業務を提供し、これら取引に付随して発生する手数
      料やトレーディング損益、利息等を収益の源泉としています。金融商品取引業務には、国内株式取引に加え、外国
      株式取引、投資信託の販売等、様々な取引が存在し、それぞれの手数料体系は異なっています。現物株式に関する
      委託取引、信用取引及び投資信託の販売取引等に関連して発生する手数料に関しては、約定日等の取引成立時にお
      いて履行義務が充足されるため、同時点において手数料収益を計上しています。現物株式取引から生じる手数料に
      ついては、原則として履行義務の充足後3営業日以内に、信用取引及び先物取引から生じる手数料は建玉の決済が
      行われる半年から概ね1年以内に受領しています。また、IFRS第9号に従い、外国為替証拠金取引については、公
      正価値で測定された利得及び損失が純額で売上収益に計上され、国内株式信用取引の建玉に対する金利収益につい
      ては、その利息の属する期間に収益を認識しています。
      楽天生命

       『楽天生命』においては、生命保険業務を行っており、主たる商品である個人向け保障性生命保険契約からの保
      険料等収入及び有価証券利息を中心とした資金運用収益を計上しています。保険料等収入を構成する保険料は、
      IFRS第4号に従い、個別契約ごとに予め定められた保険料率により算定された金額を収益として計上しています。
      また、資金運用収益については、IFRS第9号に従い、その発生期間に収益を認識しています。
      楽天損保

       『楽天損保』については、損害保険業務を行っており、主たる商品である火災保険契約や自動車保険契約からの
      保険料等収入及び有価証券利息を中心とした資金運用収益を計上しています。保険料等収入を構成する保険料は、
      IFRS第4号に従い、個別契約ごとに予め定められた保険料率により算定された金額を収益として計上しています。
      また、資金運用収益については、IFRS第9号に従い、その発生期間に収益を認識しています。
                                 21/37


                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     (2)顧客との契約の獲得又は履行のためのコストから認識した資産
       当社グループは、顧客との契約獲得のための増分コスト及び契約に直接関連する履行コストのうち、回収可能で
      あると見込まれる部分について資産として認識しており、要約四半期連結財政状態計算書上は「その他の資産」に
      計上しています。契約獲得のための増分コストとは、顧客との契約を獲得するために発生したコストで、当該契約
      を獲得しなければ発生しなかったであろうものです。
       当社グループにおいて資産計上されている契約獲得のための増分コストは、顧客を獲得するために発生した入会
      関連費用です。また契約履行のためのコストは、主に楽天カードの作成費用です。資産計上された当該入会関連費
      用は主に楽天カードへの新規入会者に付与した楽天ポイントに関するコストであり、契約を獲得しなければ発生し
      なかった増分コストです。なお、当該費用を資産計上する際には、カードの有効稼働会員割合等を加味したうえ
      で、回収が見込まれる金額のみを資産として認識しています。また、当該資産については、会員のカード利用によ
      る決済サービスの提供という履行義務が充足されるカード会員の見積契約期間に応じた5~10年間の均等償却を
      行っています。
       また、契約コストから認識した資産については、認識時及び四半期ごとに回収可能性の検討を行っています。検
      討に当たっては、当該資産の帳簿価額が、カード会員との契約が継続すると見込まれる期間に渡り関連するクレ
      ジットカード関連サービスと交換に企業が受け取ると見込んでいる対価の残りの金額から、当該サービスの提供に
      直接関連し、まだ費用として認識されていないコストを差し引いた金額を超過しているかどうか判断を行っていま
      す。これらの見積り及び仮定は、前提とした状況が変化すれば、契約コストから認識した資産に関する減損損失を
      純損益に認識することにより、契約コストから認識した資産の金額に重要な影響を及ぼす可能性があるため、当社
      グループでは、当該見積りは重要なものであると判断しています。
       前連結会計年度末(         2019年12月31日       )及び当第1四半期連結会計期間末(                  2020年3月31日       )現在、当社グループ

      が契約コストから認識した資産の残高は、それぞれ64,484百万円及び67,318百万円です。
                                 22/37












                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    6.1株当たり利益
      親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり四半期利益は、親会社の所有者に帰属する四半期利益を、当該四半期
     の発行済普通株式の加重平均株式数で除して算定しています。
      1株当たり四半期利益を算出するために用いた親会社の所有者に帰属する四半期利益及び発行済普通株式の加重平
     均株式数の状況は、以下のとおりです。
                              前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間

                              (自    2019年1月1日             (自    2020年1月1日
                               至    2019年3月31日       )      至    2020年3月31日       )
      親会社の所有者に帰属する四半期利益
                                        7,776               14,424
      (百万円)
      発行済普通株式の加重平均株式数(株)                                  78,649                78,649
      親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり
                                      98,872.88               183,403.12
      四半期利益(円)
     (注)親会社の所有者に帰属する希薄化後1株当たり四半期利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在し
        ないため、親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり四半期利益と同一です。
      当第1四半期連結会計期間末日(                2020年3月31日       )から要約四半期連結財務諸表の承認日までの期間において、1

     株当たり四半期利益に重要な影響を与える取引はありません。
                                 23/37














                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    7.偶発事象及び契約
     (1)貸出コミットメントライン契約及び保証債務
       当社及び一部の連結子会社は、クレジットカードに附帯するキャッシング及びカードローンによる融資業務を
      行っています。当該貸付金については、貸出契約の際に設定した額(契約限度額)のうち、当社及び当該連結子会
      社が与信した額(利用限度額)の範囲内で顧客が随時借入れを行うことができる契約となっています。
       なお、同契約は融資実行されずに終了するものもあり、かつ、利用限度額についても当社グループが任意に増減
      させることができるものであるため、融資未実行残高は必ずしも全額が貸出実行されるものではありません。
       また、当社及び一部の連結子会社は業務提携先から融資を受けた一般顧客に対して債務保証を行っています。
       上記の貸出コミットメントに係る未実行残高及び債務保証残高の状況は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間末
                            ( 2019年12月31日       )          ( 2020年3月31日       )
      貸出コミットメントラインに係る
                                    3,882,138                  4,009,144
      未実行残高
      金融保証契約                                 6,180                  5,931
      合計                               3,888,318                  4,015,075
     (2)借入コミットメントライン契約

       当社及び一部の連結子会社では、複数の金融機関と借入コミットメントライン契約を締結しており、未実行残高
      は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間末
                            ( 2019年12月31日       )          ( 2020年3月31日       )
      借入コミットメントラインの総額                                99,381                  99,217
      借入実行残高                                10,067                   8,086
      未実行残高                                89,314                  91,131
                                 24/37











                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    8.配当金
     前第1四半期連結累計期間及び当第1四半期連結累計期間における配当金支払額は、以下のとおりです。
     前第1四半期連結累計期間(自                2019年1月1日        至    2019年3月31日       )

      該当事項はありません。
     当第1四半期連結累計期間(自                2020年1月1日        至    2020年3月31日       )

                   1株当たり配当金           配当金支払総額
          決議日                                基準日         効力発生日
                     (円)         (百万円)
        2020年3月26日
                        292,439           23,000     2019年12月31日           2020年3月27日
       定時株主総会決議
                                 25/37

















                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    9.金融商品の分類
     当社グループにおける金融商品の分類は、以下のとおりです。
     前連結会計年度(        2019年12月31日       )

     (金融資産)
                                                   (単位:百万円)
                        公正価値で測定する金融資産
                                   その他の包括利
                           その他の包括利
                                            償却原価で測定
                   純損益を通じて
                                                      合計
                                   益を通じて公正
                           益を通じて公正
                                            する金融資産
                   公正価値で測定
                                   価値で測定する
                           価値で測定する
                   する金融資産
                                   資本性金融商品
                           負債性金融商品
      現金及び現金同等物                   -        -        -     1,309,112        1,309,112
      証券事業の金融資産                   948         -        -     1,975,546        1,976,494
      カード事業の貸付金                   -        -        -     1,828,216        1,828,216
      銀行事業の有価証券                  1,357       269,474           0      12,701        283,532
      銀行事業の貸付金                   -        -        -     1,049,993        1,049,993
      保険事業の有価証券                 11,758        75,216        206,655           -      293,629
      デリバティブ資産                 25,134          -        -        -      25,134
      有価証券                    2        -       3,779        3,200        6,981
      その他の金融資産(注)                    1        -        -      214,887        214,888
      合計                 39,200        344,690        210,434       6,393,655        6,987,979
     (注)保険事業の保険契約準備金(出再分)54,971百万円を除いています。
     (金融負債)

                                                   (単位:百万円)
                      公正価値で測定する金融負債
                             純損益を通じて公正
                                        償却原価で測定
                                                     合計
                   強制的に公正価値で          価値で測定するもの
                                         する金融負債
                   測定される金融負債           として指定された
                                金融負債
      営業債務                      -          -        312,813          312,813
      銀行事業の預金                      -          -       3,274,437          3,274,437
      証券事業の金融負債                      -          -       1,860,742          1,860,742
      デリバティブ負債(注)1                    9,509            -          -         9,509
      社債及び借入金                      -          -        816,398          816,398
      その他の金融負債(注)2                     789           -        230,736          231,525
      合計                   10,298            -       6,495,126          6,505,424
     (注)1.デリバティブ負債のうち強制的に公正価値で測定される金融負債3,302百万円については、その他の包括利
          益を通じて公正価値で測定する金融資産に係る公正価値ヘッジのヘッジ手段であるデリバティブであり、
          公正価値の変動はその他の包括利益に計上されます。
        2.その他の金融負債のうち強制的に公正価値で測定される金融負債789百万円については、その他の包括利益
          を通じて公正価値で測定する金融資産に係る公正価値ヘッジのヘッジ手段である借入有価証券残高であ
          り、公正価値の変動はその他の包括利益に計上されます。
                                 26/37





                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     当第1四半期連結会計期間末(              2020年3月31日       )
     (金融資産)
                                                   (単位:百万円)
                        公正価値で測定する金融資産
                                   その他の包括利
                           その他の包括利
                                            償却原価で測定
                   純損益を通じて
                                                      合計
                                   益を通じて公正
                           益を通じて公正
                                            する金融資産
                   公正価値で測定
                                   価値で測定する
                           価値で測定する
                   する金融資産
                                   資本性金融商品
                           負債性金融商品
      現金及び現金同等物                    -        -        -     1,509,404        1,509,404
      証券事業の金融資産                  1,244          -        -     2,096,866        2,098,110
      カード事業の貸付金                    -        -        -     1,736,337        1,736,337
      銀行事業の有価証券                  1,355       253,987           0      12,644        267,986
      銀行事業の貸付金                    -        -        -     1,101,076        1,101,076
      保険事業の有価証券                  6,803       104,033        159,192           -      270,028
      デリバティブ資産(注)1                 51,865          -        -        -      51,865
      有価証券                   333         -       3,266        2,500        6,099
      その他の金融資産(注)2                    1        -        -      223,881        223,882
      合計                 61,601        358,020        162,458       6,682,708        7,264,787
     (注)1.デリバティブ資産のうち純損益を通じて公正価値で測定する金融資産22,917百万円については、その他の
          包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に係る公正価値ヘッジのヘッジ手段であるデリバティブで
          あり、公正価値の変動はその他の包括利益に計上されます。
     (注)2.保険事業の保険契約準備金(出再分)53,874百万円を除いています。
     (金融負債)

                                                   (単位:百万円)
                      公正価値で測定する金融負債
                              純損益を通じて公
                                        償却原価で測定
                                                     合計
                   強制的に公正価値で           正価値で測定する
                                         する金融負債
                   測定される金融負債           ものとして指定さ
                               れた金融負債
      営業債務                      -          -        244,014          244,014
      銀行事業の預金                      -          -       3,355,867          3,355,867

      証券事業の金融負債                      -          -       2,052,169          2,052,169

      デリバティブ負債                   10,355            -          -        10,355

      社債及び借入金                      -          -        918,850          918,850

      その他の金融負債(注)                     663           -        262,164          262,827

      合計                   11,018            -       6,833,064          6,844,082

     (注)その他の金融負債のうち強制的に公正価値で測定される金融負債663百万円については、その他の包括利益を通
        じて公正価値で測定する金融資産に係る公正価値ヘッジのヘッジ手段である借入有価証券残高であり、公正価
        値の変動はその他の包括利益に計上されます。
                                 27/37





                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    10.金融商品の公正価値
     (1)金融商品の帳簿価額及び公正価値
       下記は、当社グループの保有する金融商品の帳簿価額と公正価値の比較を示しています。
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度
                                   ( 2019年12月31日       )
                        帳簿価額              公正価値               差額
      (金融資産)
      証券事業の金融資産                      1,976,494              1,976,494                 -
      カード事業の貸付金                      1,828,216              1,878,690               50,474
      銀行事業の有価証券                       283,532              283,548                16
      銀行事業の貸付金                      1,049,993              1,053,598                3,605
      保険事業の有価証券                       293,629              293,629                -
      デリバティブ資産                       25,134              25,134                -
      有価証券                        6,981              6,981               -
      その他の金融資産(注)                       214,888              214,888                -
      合計                      5,678,867              5,732,962               54,095
      (金融負債)
      銀行事業の預金                      3,274,437              3,274,501                 64
      証券事業の金融負債                      1,860,742              1,860,742                 -
      デリバティブ負債                        9,509              9,509               -
      社債及び借入金                       816,398              817,223                825
      合計                      5,961,086              5,961,975                 889
     (注)保険事業の保険契約準備金(出再分)54,971百万円を除いています。
                                                   (単位:百万円)
                                当第1四半期連結累計期間末
                                   ( 2020年3月31日       )
                        帳簿価額              公正価値               差額
      (金融資産)
      証券事業の金融資産                      2,098,110              2,098,110                 -
      カード事業の貸付金                      1,736,337              1,788,884               52,547
      銀行事業の有価証券                       267,986              268,007                21
      銀行事業の貸付金                      1,101,076              1,104,877                3,801
      保険事業の有価証券                       270,028              270,028                -
      デリバティブ資産                       51,865              51,865                -
      有価証券                        6,099              6,099               -
      その他の金融資産(注)                       223,882              223,882                -
      合計                      5,755,383              5,811,752               56,369
      (金融負債)
      銀行事業の預金                      3,355,867              3,355,960                 93
      証券事業の金融負債                      2,052,169              2,052,169                 -
      デリバティブ負債                       10,355              10,355                -
      社債及び借入金                       918,850              919,464                614
      合計                      6,337,241              6,337,948                 707
     (注)保険事業の保険契約準備金(出再分)53,874百万円を除いています。
                                 28/37



                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
      公正価値の算定方法
      ・証券事業の金融資産
       証券事業の金融資産は、主に短期間で決済されるものであり、公正価値は帳簿価額に近似していることから、当
      該帳簿価額を公正価値としています。
      ・カード事業の貸付金、銀行事業の貸付金
       カード事業の貸付金及び銀行事業の貸付金の公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッシュ・フロー
      を満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値によって算定しています。
      ・銀行事業の有価証券、保険事業の有価証券及び有価証券
       銀行事業の有価証券、保険事業の有価証券及び有価証券のうち、上場株式の公正価値については四半期連結会計
      期間末日の市場の終値を用いて算定しています。非上場株式の公正価値については、主に取引事例法等、適切な評
      価技法を用いて算定しています。また、債券等の公正価値については、売買参考統計値やブローカーによる提示相
      場等、利用可能な情報に基づく合理的な評価方法により算定しています。
      ・その他の金融資産
       その他の金融資産は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッシュ・フローを満期までの期間及び信用リスクを
      加味した利率により割り引いた現在価値によって算定しています。
      ・デリバティブ資産及び負債
       デリバティブ資産及び負債のうち、為替予約については、先物為替相場等に基づき四半期連結会計期間末日の公
      正価値を算定しています。相対取引のデリバティブについては、ブローカーによる提示相場に基づき算定していま
      す。また、金利スワップの公正価値は、将来のキャッシュ・フローを満期までの期間及び四半期連結会計期間末日
      の金利スワップの利率により割り引いた現在価値により算定しています。
       なお、金利スワップ契約の取引相手先は高格付けを有する金融機関に限定しており、信用リスクは僅少であるた
      め、公正価値の算定にあたり考慮していません。
      ・銀行事業の預金
       銀行事業の預金のうち、要求払預金については、四半期連結会計期間末日に要求された場合の支払額(帳簿価
      額)を公正価値としています。また、定期預金の公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッシュ・フ
      ローを満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値により算定しています。なお、残
      存期間が短期間(1年以内)のものは、公正価値は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額を公正価値と
      しています。
      ・証券事業の金融負債
       証券事業の金融負債は、主に短期間で決済されるものであり、公正価値は帳簿価額に近似していることから、当
      該帳簿価額を公正価値としています。
      ・社債及び借入金
       社債及び借入金のうち満期までの期間が長期のものの公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッ
      シュ・フローを満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値により算定しています。
      なお、現金及び現金同等物、営業債務並びにその他の金融負債は、経常的に公正価値で測定する金融商品、又は主

     に短期間で決済されるものであり、公正価値は帳簿価額に近似していることから、上表に含めていません。
                                 29/37







                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     (2)公正価値ヒエラルキーのレベル別分類
       下記は、公正価値をレベル1からレベル3までの公正価値ヒエラルキーに基づく分類を示しています。
      <各ヒエラルキーの定義>

       レベル1:同一の資産又は負債について活発な市場における(無調整の)公表価格
       レベル2:当該資産又は負債について直接に又は間接に観察可能な、レベル1に含まれる公表価格以外のイン
            プットを使用して算定された公正価値
       レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法によって算定された公正価値
        当社グループは、各ヒエラルキー間の振替を、振替を生じさせた事象が発生した各四半期連結会計期間末日に

       おいて認識しています。
     連結財政状態計算書において公正価値で測定される資産及び負債に関するヒエラルキー別分類

      前連結会計年度(        2019年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                      レベル1          レベル2          レベル3           合計
      証券事業の金融資産                      -          948           -          948

      銀行事業の有価証券                   129,287             -        141,544          270,831

      保険事業の有価証券                   200,650           59,335          33,644          293,629

      有価証券                    2,944            -          837         3,781

      その他の金融資産                      -          -           1          1

      デリバティブ資産/負債                      -        15,625            -        15,625

      前連結会計年度においてレベル1とレベル2の間の重要な振替はありません。
      当第1四半期連結会計期間末(              2020年3月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                      レベル1          レベル2          レベル3           合計
      証券事業の金融資産                      -         1,244            -         1,244

      銀行事業の有価証券                   126,268             -        129,074          255,342

      保険事業の有価証券                   153,444           62,539          54,045          270,028

      有価証券                    2,426            -         1,173          3,599

      その他の金融資産                      -          -           1          1

      デリバティブ資産/負債                      -        41,510            -        41,510

      当第1四半期連結累計期間においてレベル1とレベル2の間の重要な振替はありません。
                                 30/37





                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     (3)レベル3ヒエラルキーの調整表
       下記の表は、一つ以上の重要なインプットが観察可能な市場データに基づかないレベル3に分類された金融商品
      の各四半期連結累計期間の期首から期末までの残高の増減を示す調整表です。
     前第1四半期連結累計期間(自                2019年1月1日        至    2019年3月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                   銀行事業の       保険事業の                     その他の
                                 有価証券      金融保証契約                合計
                   有価証券       有価証券                     金融資産
      2019年1月1日                 -       -      633     12,693         -     13,326
      利得又は損失

       純損益

                       -       -       -       -       -       -
       その他の包括利益

                       -       -      △26        -       -      △26
      購入                 -       -       -       -       -       -

      売却                 -       -      △20        -       -      △20

      発行                 -       -       -       -       -       -

      決済                 -       -       -       -       -       -

      償還                 -       -       -       -       -       -

      その他                 -       -       -      △43        -      △43

      レベル3への振替                 -       -       -       -       -       -

      レベル3からの振替                 -       -       -       -       -       -

      新規連結による増加額又
                       -       -       -       -       -       -
      は減少額
      2019年3月31日                 -       -      587     12,650         -     13,237
                                 31/37










                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
     当第1四半期連結累計期間(自                2020年1月1日        至    2020年3月31日       )
                                            (単位:百万円)
                   銀行事業の       保険事業の              その他の
                                 有価証券               合計
                   有価証券       有価証券              金融資産
      2020年1月1日               141,544       33,644        837        1    176,026
      利得又は損失

       純損益

                       △2       389        7      -      394
       その他の包括利益

                       △1       169        6      -      174
      購入               101,829       21,756        409       -    123,994

      売却                 -    △1,002        △84        -    △1,086

      発行                 -       -       -       -       -

      決済                 -       -       -       -       -

      償還              △114,225          △70        -       -   △114,295

      その他                △71       141       △2       -       68

      レベル3への振替                 -       -       -       -       -

      レベル3からの振替                 -     △982        -       -     △982

      新規連結による増加額又
                       -       -       -       -       -
      は減少額
      2020年3月31日               129,074       54,045       1,173         1    184,293
      当第1四半期連結累計期

      間末日に保有する金融商                 △2       389        7      -      394
      品に係る純損益の合計
       当第1四半期連結累計期間(自                 2020年1月1日        至    2020年3月31日       )の純損益に含まれている利得及び損失

      は、「売上収益」に含まれています。
       非上場株式等の公正価値の測定は、所定のルールに従って営業部門から独立した管理部門により行われていま

      す。公正価値を測定するにあたり、個々の資産の性質、特徴及びリスクを最も適切に反映できる評価モデルを決定
      しています。評価モデルの採用論拠及び評価過程について、リスクの管理部門に報告され、公正価値の評価の方針
      及び手続に関する適正性が確保されています。
       銀行事業の有価証券の公正価値の測定は、時価算定事務基準に従いリスク管理部門により行われています。取引
      金融機関等から提供される価格については、有価証券種別毎に分類し、それぞれの分類に応じて時価変動に影響を
      与えうる重要な指標の推移をモニタリングし、価格変動との整合性の確認を行っています。検証内容については、
      月次でリスク管理委員会・経営会議・取締役会に報告しています。
       保険事業の有価証券の運用・管理については、「職務権限規程」及び「資産運用リスク管理規程」に従っていま
      す。株式の多くは、営業と密接な関係のある政策目的で保有しているものであり、取引先の市場環境や財務状況な
      どをモニタリングしており、価格変動との整合性の確認を行っています。
       レベル3に分類された銀行事業の有価証券、保険事業の有価証券及び有価証券について、インプットがそれぞれ
      合理的に考えうる代替的な仮定に変更した場合の公正価値の増減は重要ではありません。また、レベル3に分類さ
      れたその他の金融商品については、インプットがそれぞれ合理的に考えうる代替的な仮定に変更した場合の重要な
      公正価値の増減は見込まれていません。
                                 32/37



                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    11.関連当事者
     当社の親会社である楽天(株)と当社グループとの取引及び債権債務の残高は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                      前第1四半期連結累計期間                     当第1四半期連結累計期間
                       (自 2019年1月1日                     (自 2020年1月1日
                        至 2019年3月31日)                      至 2020年3月31日)
                    親会社      楽天銀行       グループ       親会社      楽天銀行       グループ

                    (注)1       (株)       合計      (注)1       (株)       合計
      売上収益                1,128       4,744       5,872       1,684         ―     1,684

      営業費用                1,947       2,792       4,739       8,376         ―     8,376
      ポイント負担金                24,233         ―    24,233       31,731         ―    31,731
      現金及び現金同等物                  ―     8,859       8,859         ―       ―       ―
      証券事業の金融資産                  ―       ―       ―      808        ―      808
      保険事業の有価証券                  ―       ―       ―     1,130         ―     1,130
      その他の金融資産                 595      1,632       2,227       3,265         ―     3,265
      その他の資産                  ―       ―       ―      176        ―      176
      銀行事業の預金                  ―       ―       ―    80,087         ―    80,087
      証券事業の金融負債                  ―       ―       ―      213        ―      213
                                                           ―
      社債及び借入金                  ―    927,452       927,452          ―       ―
      その他の金融負債                8,644        963      9,607      25,903         ―    25,903
      引当金                10,598         ―    10,598       12,990         ―    12,990
     (注)1.当社グループの親会社である楽天(株)との取引です。
        2.当社グループと経営幹部との間に重要な取引はありません。
                                 33/37











                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    12.後発事象
     該当事項はありません。
                                 34/37




















                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    2【その他】
      当社は、2020年3月26日開催の定時株主総会において、剰余金の配当を決議しています。配当金の総額及び1株当
     たりの金額は、「第4           経理の状況      1  要約四半期連結財務諸表            要約四半期連結財務諸表注記 8.配当金」に記載
     のとおりです。
                                 35/37



















                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 36/37



















                                                           EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2020年5月13日

    楽天カード株式会社
     取締役会      御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                          齋      田         毅
                                   公認会計士                    ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          黒      木      賢      治
                                   公認会計士                    ㊞
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている楽天カード株式

    会社の2020年1月1日から2020年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から2020年
    3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸
    表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四
    半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
    第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
    誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
    統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
    対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
    に準拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
    報告」に準拠して、楽天カード株式会社及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する
    第1四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
    の重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)    1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 37/37




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。