クレディ・スイス・ユニバーサル・トラスト(ケイマン)Ⅲ-ピムコ ショート・ターム ストラテジー 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  【表紙】

  【提出書類】      有価証券届出書の訂正届出書

  【提出先】      関東財務局長
  【提出日】      令和2年4月   28日
  【発行者名】      クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
        (Credit Suisse Management  (Cayman )Limited )
  【代表者の役職氏名】      取締役  ブライアン・バークホルダー
        (Director,  Brian Burkholder  )
  【本店の所在の場所】      ケイマン諸島、   KY1 -1104 、グランド・ケイマン、ジョージ・タウン、
        ウグランド・ハウス、私書箱     309
        (P.O. Box 309, Ugland  House,  George  Town, Grand Cayman,  KY1-
        1104, Cayman Islands )
  【代理人の氏名又は名称】      弁護士  安 達 理
         同   橋 本 雅 行
  【代理人の住所又は所在地】      東京都千代田区大手町一丁目1番1号
        大手町パークビルディング
  【事務連絡者氏名】      弁護士    村 松 篤
         同   浅 尾 昇 太
         同     瓜 生 和 也
         同   前 田 圭一朗
  【連絡場所】      東京都千代田区大手町一丁目1番1号
        大手町パークビルディング
  【電話番号】      03(6775 )1000
  【届出の対象とした募集(売      クレディ・スイス・ユニバーサル・トラスト(ケイマン)Ⅲ-
  出)外国投資信託受益証券に      ピムコ・ショート・ターム・ストラテジー
  係るファンドの名称】
        (Credit Suisse Universal  Trust (Cayman )Ⅲ -PIMCO Short Term
        Strategy  )
  【届出の対象とした募集(売      1,000 億トルコリラ   (約1兆  7,620 億円)を上限とします。
        (注)トルコリラの円貨換算は、     2020 年2月 28日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対
  出)外国投資信託受益証券の
         顧客電信売買相場の仲値(1トルコリラ=      17.62 円)によります。以下、別段の
  金額】
         記載がない限り、米ドルの円貨表示はすべてこれによるものとします。
  【縦覧に供する場所】      該当事項はありません。
              1/126







                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

  本日、半期報告書を提出いたしましたので、        2020 年7月 12日付で提出した有価証券届出書(以下「原届
  出書」といいます。)の関係情報を新たな情報により訂正および追加するため、また                その他の記載事項の
  うち 訂正すべき事項がありますのでこれを訂正するため、本訂正届出書を提出するものです。
  なお、本訂正届出書の記載事項のうち外貨数字の円換算については、直近の為替レートを用いておりま
  すので、訂正前の換算レートとは異なっております。
  2【訂正の内容】

  (1)半期報告書の提出に伴う訂正
   半期報告書を提出したことによる原届出書の訂正内容は、以下のとおりです。
   原届出書の下記事項については、半期報告書の記載内容*と同一内容に更新または追加されます。
                   訂正の
     原届出書        半期報告書
                   方法
  第二部 ファンド情報
  第1 ファンドの状況
       (1)投資状況         (1)投資状況    追加

          1 ファンドの運用状況
  5 運用状況    (3)運用実績         (2)運用実績    追加
       (4)販売及び
        買戻しの   2 販売及び買戻しの実績         追加
        実績
  第3 ファンドの経理状況
          3 ファンドの経理状況         追加
  1 財務諸表
  第三部 特別情報
                (1)資本金の
  第1 管理会社の概況     (1)資本金の額             更新
                額
  1 管理会社の概況
          4 管理会社の概況
                (2)事業の内
  2 事業の内容及び営業の概況               容及び営   更新
                 業の状況
  3 管理会社の経理状況        5 管理会社の経理の概況         更新
  5 その他        4 管理会社の概況     (3)その他    追加
  * 半期報告書の記載内容は、以下のとおりです。
 次へ

              2/126






                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  1 ファンドの運用状況

  クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(以下「管理会社」といいます。)が管理す
  るクレディ・スイス・ユニバーサル・トラスト(ケイマン)Ⅲ-ピムコ・ショート・ターム・ストラテ
  ジー( Credit Suisse Universal  Trust (Cayman )Ⅲ -PIMCO Short Term Strategy  )(以下「ファンド」
  といいます。)の運用状況は次のとおりです。
  (1)投資状況

  資産別および地域別の投資状況
                (2020 年2月末日現在)
   資産の種類    国名(地域名)    時価合計(米ドル)     投資比率(%)
  投資信託受益証券     バミューダ諸島     28,128,249.83      102.8
   現金・預金その他の資産(負債控除後)           -754,532.84      -2.8
      合計       27,373,716.99
                   100.00
     (純資産総額)       (約 2,995.51  百万円)
  (注1)投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいいます。以下同じです。
  (注2)米ドルの円換算額は、     2020 年2月 28日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=           109.43 円)
   によります。以下、別段の定めのない限り、米ドルの円貨表示はすべてこれによるものとします。
  (注3)本書の中で金額および比率を表示する場合、四捨五入してあります。したがって、合計の数字が一致しない場合がありま
   す。また、円貨への換算は、本書の中でそれに対応する数字につき所定の換算率で単純計算のうえ、必要な場合四捨五入し
   てあります。したがって、本書中の同一情報につき異なった円貨表示がなされている場合もあります。
              3/126













                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  <参考情報>

  ファンド  の投資対象であるピムコ・バーミューダ・トラスト-ピムコ・ショート・ターム・ストラテ
  ジー・クラスC(米ドル)クラス(以下「投資対象ファンド」といいます。)が投資している投資有
  価証券について、    2020 年2月末日現在の組入上位     10銘柄は以下のとおりです。
   順      クーポ        国・

      銘柄名      償還日   セクター    格付  比率
   位      ン       地域
             政府関連債・
    USTREASURY  NOTE
         1.75%  2021/7/31      米国  AAA 13.6%
   1
              地方債
             政府関連債・
    USTREASURY  NOTE
         1.38%  2022/1/31      米国  AAA 6.4%
   2
              地方債
    FNMA TBA 4.0% APR
         4.00%  2050/4/15   モーゲージ債   米国  AAA 4.7%
   3
    30YR
    U S TREASURY  INFLATE
             政府関連債・
         0.75%  2028/7/15      米国  AAA 3.2%
   4
    PROT BD         地方債
    FNMA TBA 4.0% MAR
         4.00%  2050/3/12   モーゲージ債   米国  AAA 1.9%
   5
    30YR
    U S TREASURY  INFLATE
             政府関連債・
         0.38%  2025/7/15      米国  AAA 1.4%
   6
    PROT BD         地方債
    CENTRAL   NIPPON
             政府関連債・
         2.15%  2022/2/15      日本  A+ 1.4%
   7
              地方債
    EXPRESSWY
    FNMA TBA 3.0% MAY
         3.00%  2050/5/13   モーゲージ債   米国  AAA 1.2%
   8
    30YR
    HSBC HOLDINGS  PLC SR
         2.69%  2024/5/18   投資適格社債   英国  A+ 1.1%
   9
    UNSEC
    FNMA  PASS THRU 30YR
         4.00%  2048/7/1   モーゲージ債   米国  AAA 1.0%
   10
    #CA2474
  (注1)債券・短期金融資産等の組入上位      10銘柄を表示しています。
  (注2)格付は、   S&P 社、ムーディーズ社、フィッチ社のものを原則とし、        S&P 社の表記方法で表示しています。格付会社により格付
   が異なる場合は最も高いものを採用しています。
              4/126










                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  (2)運用実績

  ① 純資産の推移
   2019 年7月 29日から 2020 年2月末日までの期間における各月末の純資産の推移は次のとおりです。
         純資産総額      1口当たり純資産価格

       トルコリラ    千円   トルコリラ    円
   2019 年7月末日     6,530,539   115,068.10     9.97    176
    8月末日    18,438,068    324,878.77     10.01    176
    9月末日    41,908,499    738,427.75     10.11    178
    10月末日    52,035,412    916,863.96     10.23    180
    11月末日    59,103,700   1,041,407.20     10.31    182
    12月末日    78,202,008   1,377,919.38     10.39    183
   2020 年1月末日    89,538,862   1,577,674.75     10.53    186
    2月末日    171,065,201   3,014,168.84     10.57    186
  (注)トルコリラの円換算額は、     2020 年2月 28日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1トルコリラ=            17.62
   円)によります。以下、別段の定めのない限り、トルコリラの円貨表示はすべてこれによるものとします。
  ② 分配の推移

   該当事項はありません。
  ③ 収益率の推移

   2019 年7月 29日から 2020 年2月末日までの期間における収益率の推移は次のとおりです。
      期間         収益率(  %)

   2019 年7月 29日~ 2020 年2月末日        5.7

  (注)収益率(%)=   100 ×(a-b)÷b

     a= 2020 年2月末日の1口当たりの純資産価格+当該期間の分配金の合計額
     b= 受益証券1口当たり当初発行価格     :10.00 トルコリラ
   また、ファンドの暦年ベースでの収益率は次のとおりです。

      期間         収益率(  %)

      2019 年
                3.9
   (2019 年7月 29日~ 2019 年12月末日)
      2020 年
                1.7
   (2020 年1月1日~   2020 年2月末日)
  (注)収益率(%)=   100 ×(a-b)÷b
     a=暦年末(  2020 年については2月末日)の1口当たりの純資産価格+当該期間の分配金の合計額
     b=当期直前の期間の最終日の1口当たりの純資産価格
     2019 年の場合、受益証券1口当たり当初発行価格:       10.00 トルコリラ
              5/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  <参考情報>

 次へ









              6/126











                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  2 販売及び買戻しの実績

  2019 年7月 29日から 2020 年2月末日までの期間における販売および買戻しの実績ならびに            2020 年2月末
  日現在の発行済口数は次のとおりです。
         販売口数     買戻口数    発行済口数

   2019 年7月 29日~   16,845,560     665,520    16,180,040
   2020 年2月末日    (16,265,560  )  (665,520 )  (15,600,040  )
  (注)( )の数字は本邦内における販売、買戻しおよび発行済口数です。
 次へ

              7/126
















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  3 ファンドの経理状況

  a.ファンドの日本文の中間財務書類は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」第                    76

  条第4項但書の規定を適用して作成された原文の中間財務書類を翻訳したものです(ただし、円換算部
  分を除きます。)。
  b.ファンドの原文中間財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和              23年法律第  103 号)第1条の3第

  7項に規定する外国監査法人等をいいます。)の監査を受けていません。
  c.ファンドの原文の中間財務書類は米ドルで表示されています。日本文の財務書類には、主要な金額につ

  いて円換算額が併記されています。日本円への換算には、           2020 年2月 28日現在の株式会社三菱UFJ銀
  行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=        109.43 円)が使用されています。なお、千円未満の金額は
  四捨五入されています。
              8/126















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  (1)資産及び負債の状況

  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財政状態計算書
  2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
               2020 年1月 31日時点

               USD   (千円)
  資産
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産(注記          2.2 、5) $ 14,860,119    1,626,143
  現金および現金同等物(注記     2.1 )        59,094    6,467
  前払報酬              94,138    10,302
  以下に対する未収金:
  発行済受益証券(注記    2.10 、3)        307,332    33,631
                951    104
  売却済有価証券(注記    2.4 )
               15,321,634    1,676,646
  資産合計
  負債

  純損益を通じて公正価値で測定する金融負債(注記          2.2 、5)   14,025    1,535
  以下に対する債務:
  投資対象ファンドへの投資による支出(注記        2.4 )    308,130    33,719
  投資運用会社報酬             14,889    1,629
  専門家報酬(注記   8.1F )          9,808    1,073
  販売報酬(注記   8.1C )          7,569    828
  管理事務代行報酬(注記     8.1A )        2,552    279
  登録事務代行報酬(注記     8.1E )        2,321    254
  報酬代行会社報酬(注記     8.2B )        1,493    163
  保管会社報酬(注記    8.1B )          133    15
  代行協会員報酬(注記    8.2D )          124    14
                 45    5
  その他負債
              $  361,089    39,514
  負債(株主資本を除く)
              $ 14,960,545    1,637,132
  株主資本(受益証券の受益者に帰属する純資産)
              9/126









                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  包括利益計算書
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
               2020 年1月 31日終了

                事業年度
               USD   (千円)
  収益
         (1)
  FVTPL で測定する金融商品による純損益
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および
  金融負債に係る実現純損(注記      2.11 、7)    $  (118,892)    (13,010)
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および
  金融負債に係る未実現評価益の純増(減)(注記         2.2 、2.11 、
  7)             174,861    19,135
  受取利息               29    3
  外貨建取引に係る実現純損(注記      2.6 )       (50,192)    (5,493)
                (482)    (53)
  為替換算に係る未実現評価損の純変動(注記        2.6 )
                5,324    583
  収益合計
  費用

  販売報酬(注記   8.1C )          25,523    2,793
  投資運用会社報酬             14,889    1,629
  設立費用             12,265    1,342
  専門家報酬(注記   8.1F )          9,808    1,073
  報酬代行会社報酬(注記     8.2B )        5,105    559
  管理事務代行報酬(注記     8.1A )        2,552    279
  登録事務代行報酬(注記     8.1E )        2,321    254
  代行協会員報酬(注記    8.2D )         425    47
  保管会社報酬(注記    8.1B )          134    15
  費用合計             73,022    7,991
                (67,698)    (7,408)

  財務費用を除く運用損失
  包括損失合計

              $  (67,698)    (7,408)
  (受益証券の受益者に帰属する純資産につき、運用による減額)
  (1)

  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債に係る実現および未実現損益を含む、
  純損益を通じて公正価値(     FVTPL )で測定する金融商品から発生する純損益に関するもの。
             10/126







                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  株主資本等変動計算書
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
               USD   (千円)

  2019 年7月 29日時点(運用開始日)          $   -    -
  受益証券の発行残高(注記     3)        16,002,765    1,751,183
  受益証券の買戻(注記    2.8 、3)        (974,522)    (106,642)
  包括損失合計
  (受益証券の受益者に帰属する純資産につき、運用による減額)              (67,698)    (7,408)
  2020 年1月 31日時点          $ 14,960,545    1,637,132
             11/126
















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  キャッシュ・フロー計算書
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
               2020 年1月 31日終了

                事業年度
               USD   (千円)
  営業活動によるキャッシュ・フロー:
  包括損失合計
  (受益証券の受益者に帰属する純資産につき、運用による減額)            $  (67,698)    (7,408)
  包括損失合計
  (受益証券の受益者に帰属する純資産に対する運用による減額)
  と、営業活動による現金とを一致させるための調整:
  投資対象ファンドへの投資による支出             (15,697,962)    (1,717,828)
  投資対象ファンドへの投資の売却による収入             1,035,377    113,301
  先渡契約の決済による純(支出)             (127,540)    (13,957)
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および
  金融負債に係る実現純損              118,892    13,010
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および
  金融負債に係る未実現評価益の純増(減)             (174,861)    (19,135)
  売却済有価証券に対する未収金の(増加)              (951)    (104)
  前払報酬の(増加)              (94,138)    (10,302)
  投資対象ファンドへの投資の購入に係る未払金の増加              308,130    33,719
      (1)
                38,934    4,261
  その他の未払金の増加
               (14,661,817)    (1,604,443)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
  財務活動によるキャッシュ・フロー:

  発行された受益証券による収入、発行された受益証券の
  未収金の変動控除後             15,695,433    1,717,551
               (974,522)    (106,642)
  受益証券の買戻
               14,720,911    1,610,909
  財務活動によるキャッシュ・フロー
  現金および現金同等物の純増額              59,094    6,467

                 -    -

  期首における現金および現金同等物(注記        2.1 )
              $  59,094    6,467
  期末における現金および現金同等物(注記        2.1 )
  営業活動によるキャッシュ・フローについての補足情報

              $   74    8
  受取利息
  (1)

  財政状態計算書で開示したとおり、その他の未払金には、投資運用会社報酬、専門家報酬、販売報
  酬、管理事務代行報酬、登録事務代行報酬、報酬代行会社報酬、保管会社報酬、代行協会員報酬が
  含まれる。
             12/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  1. 組成

  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー(以下、「本シリーズ・トラスト」という)は、ケイマン諸島

  の信託法に基づき   2013 年12月2日に設立されたオープン・エンド型のアンブレラ・ユニット・トラス
  トであるクレディ・スイス・ユニバーサル・トラスト(ケイマン)             Ⅲ(以下、「本トラスト」とい
  う)のシリーズ・トラストである。本シリーズトラストは、信託約款補則に基づき                2019 年7月5日に
  設立され、ケイマン諸島の法律により法人登録されている信託会社であるエリアン・トラスティー
  (ケイマン)リミテッド(以下、「受託会社」という)により運用されている。本シリーズ・トラス
  トは、 2019 年7月 29日に運用を開始した。
  本トラストは、ケイマン諸島の(修正)信託法に基づく免税信託であり、              2014 年1月 22日にケイマン

  諸島の(修正)ミューチュアル・ファンド法に基づき登録された。
  受託会社(および本シリーズ・トラスト)の登録事務所は、ケイマン諸島、              KY1-9007  グランド・ケイ

  マン、ジョージ・タウン、エルジン・アベニュー、          190 (190 Elgin Avenue,  George Town, Grand
  Cayman KY1-9007,  Cayman Islands )に所在する。
  本シリーズ・トラストの管理会社は、クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(以

  下、「管理会社」という)である。
  本シリーズ・トラストの管理事務代行会社、保管会社、登録事務代行会社は、ブラウン・ブラザー

  ズ・ハリマン・アンド・カンパニー(以下、それぞれ「管理事務代行会社」、「保管会社」、「登録
  事務代行会社」という)である。
  クレディ・スイス・インターナショナルは、報酬代行会社(以下、「報酬代行会社」という)、およ

  び通貨管理事務会社(以下、「通貨管理事務会社」という)の役割を負う。
  クレディ・スイス証券株式会社は、代行協会員(以下、「代行協会員」という)の役割を負う。

  本シリーズ・トラストの投資運用会社は、ピムコジャパンリミテッド(以下、「投資運用会社」とい

  う)である。
  管理会社は、   SMBC 日興証券株式会社に対し、販売会社(以下、「販売会社」という)として業務を行

  う権限を与えた。
  本シリーズ・トラストは、米ドル建て(「        USD 」または「  $」)で表示される。本シリーズ・トラスト

  では、現在、次の   1種類のユニットクラスが発行可能である:トルコリラクラス。トルコリラクラス
  は、トルコリラ建て(「     TRY 」)で表示される。
  本シリーズ・トラストの投資目的は、主として米ドル建て投資適格債券を含む分散化されたポート

  フォリオに間接的に投資することにより、投資元本の保全と日々の流動性を確保しつつ、収益の最大
  化を目指すことである。本シリーズ・トラストは、本シリーズ・トラストの実質的にすべての資産を
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジーのクラス         C (米ドル)クラス(以下、「投資対象ファンド」と
  いう)に投資することにより、その投資目的の達成を目指す。
             13/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  投資対象ファンドはピムコ・バミューダ・トラストのシリーズ・トラストであり、これは複数シリー

  ズ・トラストとしてバミューダ法に基づき設立されたアンブレラ・ユニット・トラスト(以下、「ア
  ンブレラ・トラスト」という)である。
  投資対象ファンドの投資目的は、投資元本の保全と日々の流動性を確保しつつ、収益の最大化を目指

  すことである。パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーは、債
  券商品の運用で専門性があり、投資対象ファンドの管理会社(以下、「投資対象ファンド管理会社」
  という)、および投資対象ファンドの投資顧問会社(以下、「投資対象ファンド投資顧問会社」とい
  う)の両方の役割を担っている。クラスC(米ドル)クラスの基準通貨は米ドルである。投資対象
  ファンドのポートフォリオ構築において、投資対象ファンド管理会社および投資対象ファンド投資顧
  問会社は、金利リスク、信用リスクを抑制し、高い流動性と安定性の確保を追求する。
  本シリーズ・トラストの投資運用会社は、本シリーズ・トラストのポートフォリオのうち、投資対象

  ファンドならびに米ドルの現金および金融市場証券(以下、「再委託されたポートフォリオ」とい
  う)に関して、投資に関する日々の意思決定および継続的な監視に責任を負うものとする。
  2020 年1月 31日時点において、本シリーズ・トラストは、投資対象ファンドの純資産の              3.5 %を保有し

  ている。
  現在、投資対象ファンドには次の6種類のユニットクラスがある:豪ドルクラス、クラスC(米ド

  ル)、クラスJ(日本円)、クラスJ(米ドル)、日本円クラス、米ドルクラス。本シリーズ・トラ
  ストは、クラスC(米ドル)の投資対象ファンドの参加型持分を購入することで、投資対象ファンド
  に投資している。投資対象ファンドはいずれの営業日でも、これらの株式を買い戻すことが可能であ
  る。
  投資対象ファンドのポートフォリオにおける公正価値の変動、およびこれに対応する投資対象ファン

  ドの公正価値の変動によって、本シリーズ・トラストに損失が生じる可能性がある。
  最終買戻日

  本シリーズ・トラストは、信託約款の規定により早期終了した場合を除き、              2163 年12月1日および強
  制買戻事由の発生後の実務上可能な直近の買戻日のうち、より早い方の日(以下、「最終買戻日」と
  いう)まで存続するものとする。
  受託会社および管理会社がすべての受益証券を強制的に買い戻すことに合意した場合、「強制買戻事

  由」が発生したと見なす。
  強制買戻事由が発生した場合、すべての受益証券は最終買戻日において1口当たりの最終買戻価格で

  買い戻される。各ユニットクラスにおける1口当たりの最終買戻価格は、目論見書および付属資料                   32
  に従い、管理事務代行会社の単独の裁量に基づき、最終買戻日(かかる日が評価日でない場合、その
  直前の評価日)における当該ユニットクラスの1口当たり純資産価値(「純資産価値」とは、総資産
  から未払いの報酬および費用を含む負債を差し引いた額をいう)として計算される。買戻日とは、各
  取引日であるとともに、本シリーズ・トラストに対するファンド障害事由が発生していない日、およ
  び/または本シリーズ・トラストについて管理会社が適宜決定する日または期間を指す。受益者は、
  各ユニットクラスの受益証券1口につき、最終買戻日より前の買戻日に、当該買戻日(または、買戻
  日が評価日でない場合、直前の評価日)における当該ユニットクラスの1口当たり純資産価値と同額
  (以下、「買戻価格」という)の支払いを受けるものとする。償還される各受益証券の買戻価格に
  は、買戻手数料は適用されない。
  本財務諸表は、   2020 年3月 31日付で発行が許可された。

             14/126



                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  2. 重要な会計方針

  以下に、本財務諸表の作成にあたり適用された主な会計上の原則を示す。特に例外が記載された場合

  を除き、これらの原則は対象期間全体を通じて一貫して適用されている。本財務諸表は、国際財務報
  告基準(  IFRS )に従って作成された。     IFRS に従って財務諸表を作成するためには、重要性の高い会計
  上の見積りを一定の範囲で利用することが必要となる。また、受託会社および管理会社に対しては、
  本シリーズ・トラストの会計原則を適用するにあたり各自の判断を下すことが求められる。本財務諸
  表において、かかる想定および見積りが重要な要素となる分野については、注記               4に記載した。実際の
  結果は、かかる見積りと異なる場合もある。
  本シリーズ・トラストは、投資企業(       IFRS 第10号、 IFRS 第12号、および  IAS 第27号に対する  2012 年の改

  訂(以下、「改訂」という))を採用している。運営者は、本シリーズ・トラストが投資企業の要件
  を満たすものであると結論した。
  金融資産と金融負債の分類と測定

  IFRS 第9号では、金融資産の分類カテゴリーとして主に          3種類が挙げられている:償却原価で測定する
  もの、純損益を通じて公正価値で測定するもの(         FVTPL )、その他の包括利益を通じて公正価値で測定
  するもの(  FVOCI )。 IFRS 第9号では、金融資産は一般的に金融資産の管理に関するビジネスモデル、
  およびその契約上のキャッシュ・フロー特性に基づき分類される。
  当初認識時に、本シリーズ・トラストを償却原価または           FVTPL で測定する金融資産として分類する。金

  融資産は、次の条件をいずれも満たし、        FVTPL で測定するものとして指定されていない場合、償却原価
  で測定される。
   ⅰ)当該金融資産が、契約上のキャッシュ・フローを回収するために金融資産を保有することを

   目的とするビジネスモデルの中で保有されている。
   ⅱ)金融資産の契約条件により、元本および元本残高に対する利息の支払いのみ(                SPPI )である
   キャッシュ・フローが所定の日に生じる。
  次のいずれかに該当する場合、金融資産は純損益を通じて公正価値で測定される。

   ⅰ)金融資産の契約条件により、元本および元本残高に対する利息の支払いのみ(                SPPI )である

   キャッシュ・フローが所定の日に生じない。
   ⅱ)当該金融資産が、契約上のキャッシュ・フローの回収、または契約上のキャッシュ・フロー
   の回収と売却の両方によって目的が達成されるビジネスモデルの中で保有されていない。
   ⅲ)当初認識時に   FVTPL で測定する金融資産として取消不能の指定がされており、当該指定をする
   ことによって、資産もしくは負債の測定、またはそれらに係る損益の認識を異なる基礎で行
   うことから生じる可能性のある、測定または認識の不整合が除去または大幅に低減される。
             15/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  契約上のキャッシュ・フローが      SPPI 要件を満たすか否かの評価において、本シリーズ・トラストは当
  該金融商品の契約条件を考慮する。具体的には、契約上のキャッシュ・フローの時期または金額に変
  更をもたらす可能性のある契約条件が金融資産に含まれるかどうか(含まれる場合、                SPPI 要件は満た
  されるかどうか)等を評価する。この評価をする際に、本シリーズ・トラストは以下を考慮する:
   -キャッシュ・フローの金額または時期を変化させる可能性のある偶発的事象

   -レバレッジ特性
   -期限前償還、および期間延長の条項
   -特定の資産から発生するキャッシュ・フローに対する本シリーズ・トラストの請求権を制限す
   る条件(例:ノンリコース条項)
   -貨幣の時間価値の対価を変更する条項(例:定期的な金利更改)
  本シリーズ・トラストでは、以下の       2つのビジネスモデルを採用している:

   -回収目的保有ビジネスモデル     :これには、現金および現金同等物、ならびに発行済受益証券お

   よび売却済有価証券に対する前払報酬および未収金が含まれる。これらの金融資産は、契約上
   のキャッシュ・フローを回収するために保有される。
   -その他のビジネスモデル     :これには、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産(投資対象

   ファンドの投資有価証券、およびデリバティブ金融商品)が含まれる。これらの金融資産は、
   公正価値ベースで運用およびパフォーマンス評価が行われ、頻繁に売却される。
  金融資産の保有に関するビジネスモデルの目的を評価をする際、本シリーズ・トラストでは、ビジネ

  スの管理方法について、以下を含むすべての関連情報を考慮する:
   -文書化された投資戦略、およびかかる戦略の実施状況。具体的には、投資戦略が、契約上の受

   取利息の獲得、特定の金利特性の維持、金融資産のデュレーションと関連する負債もしくは予
   想キャッシュ・アウトフローのデュレーションとの一致、または資産の売却を通じたキャッ
   シュ・フローの実現に焦点を合わせているかどうかが含まれる。
   -ポートフォリオのパフォーマンス評価方法、および本シリーズ・トラストの運営者への報告方
   法。
   -ビジネスモデル(およびそのビジネスモデル内で保有される金融資産)のパフォーマンスに影
   響を与えるリスク、およびかかるリスクの管理方法。
   -投資運用会社の報酬体系:例として、報酬が運用資産の公正価値、または回収された契約上の
   キャッシュ・フローに基づいているか。
   -過去の期における金融資産の売却の頻度、金額、時期、かかる売却の理由、および将来の売却
   に関する見込み。
  認識の中止の要件を満たさない取引による金融資産の第三者への譲渡は、ビジネスモデル評価の目的

  上売却とは見なされず、本シリーズ・トラストで引き続き資産認識される。
             16/126






                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  金融資産の減損

  「予想信用損失(   ECL )」モデルは償却原価で測定する金融資産と         FVOCI で測定する債券投資に適用さ
  れるが、資本性金融商品への投資には適用されない。
  本シリーズ・トラストの評価によれば、        ECL モデルは、以下の理由から本シリーズ・トラストの金融資
  産に重大な影響を及ぼさない:
   -大部分の金融資産は    FVTPL で測定されており、これらの金融商品には減損要件が適用されない。

   -償却原価で測定する金融資産は、短期(満期が         12カ月未満)であり、信用力が高いまたは担保
   率が高い。従って、これらの金融資産に対する         ECL は小規模であると予想される。
  2019 年7月 29日(運用開始日)から    2020 年1月 31日までの期間において公表されたものの、同期間に

  おいて発効していない、新たな基準、改訂、および解釈は以下のとおり:
  2019 年7月 29日(運用開始日)以降に開始する年度に対して適用される新基準および改訂基準が複数
  存在し、これらの早期適用が認められている。一方、このような新基準や改訂基準は、本シリーズ・
  トラストの財務諸表に対して重大な影響を与えなかったため、本シリーズ・トラストは財務諸表を作
  成するにあたり、これらの早期適用を実施しなかった。
  2.1 現金および現金同等物

  本シリーズ・トラストは、すべての現金、外貨および当初満期が            3カ月以内の短期預金を現金および現
  金同等物と見なす。
  2020 年1月 31日時点において、本シリーズ・トラストが保有する現金および現金同等物の残高は以下

  のとおり:
            2020

  現金          $  45
             59,049
  定期預金
           $  59,094
  財政状態計算書における現金および現金同等物
  2.2 金融資産および金融負債

  (A) 分類

  本シリーズ・トラストは、金融資産および金融負債を以下のカテゴリーに分類する:
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産:

  ・  FVTPL 測定の強制適用:投資対象ファンドの投資有価証券、およびデリバティブ金融商品。
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産は、以下により構成される:

             2020 年1月 31日 - 2020 年1月 31日 -

              公正価値     原価
  投資対象ファンドへの投資           $  14,843,330   $ 14,671,233
               16,789     -
  先渡契約への投資
             $  14,860,119   $ 14,671,233
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産合計
             17/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  償却原価で測定する金融資産:

  ・ 現金および現金同等物、ならびに発行済受益証券および売却済有価証券に対する前払報酬および
  未収金。
  純損益を通じて公正価値で測定する金融負債:

  ・  FVTPL 測定の強制適用:デリバティブ金融商品。
  純損益を通じて公正価値で測定する金融負債は、以下により構成される:

             2020 年1月 31日 - 2020 年1月 31日 -

              公正価値     原価
             $  14,025  $   -
  先渡契約への投資
  償却原価で測定する金融負債:

  ・ その他の負債:投資対象ファンドの投資有価証券の購入、投資運用会社報酬、専門家報酬、販売
  報酬、管理事務代行報酬、登録事務代行報酬、報酬代行会社報酬、保管会社報酬、および代行協
  会員報酬。
  (B) 認識/認識の中止

  本シリーズ・トラストは、金融資産および金融負債につき、かかる金融商品の契約条項の当事者と
  なった日付をもって認識する。金融商品の通常の購入および売却については、約定日、つまり本シ
  リーズ・トラストがかかる商品の購入または売却を約束した日付をもって認識する。金融資産に対し
  ては、かかる商品から受領するキャッシュ・フローに対する権利が消失した時点、または本シリー
  ズ・トラストがかかる商品の所有権により発生する実質的にすべてのリスクおよび経済価値を他者に
  移転した時点において、認識を中止する。金融負債は、その契約上の債務が免責、取消、または失効
  となった際に認識を中止する。
  (C) 測定

  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債は、包括利益計算書上で認識される取引
  費用とともに、当初公正価値で認識される。当初の認識以降も、純損益を通じて公正価値で測定する
  金融資産および金融負債はすべて、公正価値により測定される。「純損益を通じて公正価値で測定す
  る金融資産および金融負債」カテゴリーに含まれる金融商品につき、その公正価値の変動により発生
  する損益は、発生した時期を対象期間とする包括利益計算書に記載される。投資有価証券の売却に伴
  う実現損益は、先入先出法により算出される。
  純損益を通じて公正価値で測定するもの以外の金融資産および金融負債については、減損控除後の実

  効金利法を使用した償却原価で測定される。これらの商品は短期間で決済され、またはただちに決済
  されるため、公正価値に近似している。
             18/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  (D) 公正価値の推定

  活発な市場で取引される金融商品(上場デリバティブおよび売買目的有価証券など)の公正価値は、
  報告書日における市場価格の終値に基づいて測定される。公正価値は、測定日において所定の手続き
  に基づいて市場参加者との間で行われる、資産の売却により受領する価格、または負債の移転のため
  に支払う価格として定義される。負債の公正価値は、かかる負債の不履行リスクを反映するものであ
  る。市場価格を参照することが困難な投資またはその他の資産については、管理会社の助言に基づき
  受託会社が採用した手続きに従って、誠意に基づいて公正価値で測定されるものとする。結果として
  発生した未実現損益の増減は、包括利益計算書に反映される。
  (E) 先渡契約

  先渡契約とは、特定の金融商品、通貨、コモディティ、またはインデックスを、特定の将来の日に、
  特定の価格で購入または売却する約束をするもので、現金またはその他の金融資産で決済することが
  できる。先渡契約は、該当する契約に記載された想定元本に適用される為替レートまたはコモディ
  ティ価格など、観察可能なインプットを用いて評価される。損益は、包括利益計算書上の損益を通じ
  て、金融資産に対する実現純損益として報告される。
  (F) 投資対象ファンドへの投資

  投資運用会社は、原則として、純資産価値の大部分を投資対象ファンドに投資する。投資対象ファン
  ドは米ドル建てである。投資運用会社は、非米ドル建て資産には投資しない。本シリーズ・トラスト
  による投資対象ファンドへの投資は、投資対象ファンドの目論見書に記載の条件に従う。本シリー
  ズ・トラストでは、投資対象ファンドの投資有価証券を、主として、投資対象ファンドの管理事務代
  行会社が決定する、投資対象ファンドの純資産価値(以下、「            NAV 」という)に基づく公正価値で計上
  する。本シリーズ・トラストは、投資対象ファンドの管理事務代行会社から得られた報告情報の詳細
  を検討し、以下を考慮する。(ⅰ) 投資対象ファンドまたはその原投資の流動性、(ⅱ)                 NAV の評価
  日、(ⅲ)買戻制限、および(ⅳ)会計原則。本シリーズ・トラストは、実質的にそのすべての資産
  を投資対象ファンドに投資するため、本シリーズ・トラストの純資本増価または減価は通常、それぞ
  れ、投資対象ファンドの純資本増価または減価に基づいている。本シリーズ・トラストによる投資対
  象ファンドへの投資額は、現在入手できる情報に基づいており、最終的に実現しうる金額を必ずしも
  反映しない。これは、かかる金額は将来の状況に依存し、投資対象ファンドの原投資が実際に清算さ
  れない限り合理的に金額表示できないためである。さらに、本シリーズ・トラストによる投資対象
  ファンドへの投資は、間接的に、投資対象ファンドの投資有価証券の流動性に関する制約を受けてい
  る。
  2.3 金融商品の相殺

  認識した額を相殺する法的に執行可能な権利を有し、ネットベースで決済する意図または資産の認識
  と負債の決済を同時に行う意図がある場合に限り、金融資産と金融負債を相殺し、財政状態計算書に
  おいて相殺後の額を報告するものとする。        2020 年1月 31日時点において、すべての金融資産および金
  融負債は総額で記載されている。
  2.4 売却済有価証券に対する未収金、および投資対象ファンドの投資有価証券の購入に対する未払金

  売却済有価証券に対する未収金、および購入した有価証券に対する未払金は、それぞれ、売却または
  購入契約を締結したものの、財政状態計算書の日付において決済が完了していない取引を指す。これ
  らの金額は当初認識され、その後、公正価値から売却済有価証券に係る未収金の減損引当金を差し引
  いた額として測定される。減損引当金は、本シリーズ・トラストが、売却済証券に対する未収金の全
  額を回収することが不可能となるであろう客観的な事実が存在する場合に計上される。売却済有価証
  券に対する未収金に対して減損が生じうる兆候としては、ブローカーが深刻な財政上の困難を抱えて
  いる場合、ブローカーが破産または財務整理に直面する蓋然性がある場合、および支払いの不履行が
  生じている場合が挙げられる。
  2.5 費用

  包括利益計算書において、費用は発生主義により認識される。
             19/126



                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  2.6 外貨の換算

  (A) 機能通貨および表示通貨

  本シリーズ・トラストのパフォーマンスは、米ドル建てで測定され、投資家に報告される。受託会社
  は米ドルをもって、本シリーズ・トラストにおける原資産の取引、各種の事象および環境が及ぼす経
  済的影響を最も忠実に反映する通貨であると見なす。財務諸表における表示には、本シリーズ・トラ
  ストの機能通貨および表示通貨である米ドルを使用する。
  (B) 取引および残高

  外貨建ての金融資産および金融負債は、評価日に米ドルに換算される。外貨建ての金融資産および金
  融負債の購入および売却、受益証券の発行および買戻、収益および費用項目は、各取引の実行日に米
  ドルに換算される。
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債に対する、為替レートの変動による報告

  書上の実現または未実現の純損益は、それぞれ、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および
  金融負債に対する実現純損益、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債に対する
  未実現評価損益の純変動として、包括利益計算書に含まれる。
  外貨建取引および外貨換算による実現および未実現の利益または損失は、別途、包括利益計算書上で

  開示する。
  2.7 分配

  本シリーズ・トラストの現行ポリシーでは、トルコリラクラスに関し、受益者に対して分配金を支払
  わないものと想定されている。ただし、管理会社はその裁量により、当該ユニットクラスに関し適宜
  分配を宣言し、支払いを行うことが認められている。投資対象ファンド管理会社は、現在、投資対象
  ファンドに関連した分配については予定していない。
  管理会社が特定のユニットクラスに関して分配を宣言する場合、年             1回の分配宣言日に発表し、当該ユ

  ニットクラスに帰属する投資元本(投資対象ファンドの受益証券の実現利益)から支払うものとす
  る。
  2020 年1月 31日に終了した期間において、分配の宣言および支払いは発生しなかった。

  2.8 受益証券の買戻

  本シリーズ・トラストでは、受益者の選択に従って買戻可能な受益証券が設定されている。本シリー
  ズ・トラストでは、    IAS 第32号(改訂)「   金融商品:表示   」に従い、プッタブル金融商品を負債に分類
  している。同改訂では、特定の厳格な条件が満たされる場合、金融負債の定義を満たすプッタブル金
  融商品を資本に分類することを要求している。この条件には、以下が含まれる:
  ・ かかるプッタブル金融商品が、受益者に対し、純資産の比例的な取り分に対する権利を与えるも

   のであること。
  ・ かかるプッタブル金融商品が、他のすべてのクラスに劣後する金融商品のクラスに属し、クラス

   の特徴が同一であること。
             20/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  ・ 発行者の買戻義務を別として、現金またはその他の金融資産を提供する契約上の義務が存在しな

   いこと。
  ・ かかるプッタブル金融商品の存続期間にわたり、同商品に帰属する予想キャッシュ・フローの総

   額が、実質的に発行者の損益に基づくものであること。
  かかる条件を満たしたため、本シリーズ・トラストの受益証券は            2020 年1月 31日時点において資本に

  分類された。
  受益証券は、常に、本シリーズ・トラストの株主資本合計に対する持分割合と同一の現金により償還

  することが可能である。
  受益者が所有する受益証券を本シリーズ・トラストに償還する権利を行使する場合、かかる受益証券

  の価格は、財政状態計算書の日付において未払いである買戻額により算定される。
  受益証券は、発行または買戻の時点における、本シリーズ・トラストの受益証券1口当たりの持分合

  計により発行または買い戻される。本シリーズ・トラストにおける受益証券1口当たりの持分は、株
  主資本合計を発行済受益証券の口数で除することによって算定される。
  投資対象ファンドは、償還可能な受益証券を発行することにより、運用資金を獲得する。受益者は、

  この償還可能な受益証券に対してプット・オプションを行使できるとともに、当該シリーズ・トラス
  トの純資産に対して各自の投資口数に応じた割合の持分を有する。本シリーズ・トラストは、投資対
  象ファンドの受益証券を保有する。       本シリーズ・トラストが所有する投資対象ファンドに対する持分
  に係る損失の最大エクスポージャーは、投資対象ファンドの投資有価証券の公正価値合計額と同一で
  ある。本シリーズ・トラストが、投資対象ファンドの受益証券を売却した場合、本シリーズ・トラス
  トにおいては、かかる投資対象ファンドに関するリスクのエクスポージャーが消滅する。
  2.9 補償

  受託会社と管理会社は、本シリーズ・トラストの代理人として、様々な補償条項を含む特定の契約を
  締結する。これらの契約に基づく本シリーズ・トラストのエクスポージャーの上限値は、未公開であ
  る。ただし、本シリーズ・トラストは現在まで、これらの契約に基づく損失の申立を受けておらず、
  損失リスクは限定的であると予測される。
  2.10 発行済受益証券に対する未収金および買い戻された受益証券に対する未払金

  発行済受益証券の未収金は、財政状態計算書の発行日時点で代金が未収の発行額を用いて計上され
  る。買い戻された受益証券の未払金は、財政状態計算書の発行日時点で未払いの買戻額を用いて計上
  される。
             21/126






                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  2.11 FVTPL で測定する金融商品による純損益

  FVTPL で測定する金融商品による純損益には、金融資産および金融負債における実現および未実現の損
  益が含まれる。   FVTPL で測定する金融商品による実現純損益は、先入先出法により算出される。              FVTPL
  で測定する金融資産および金融負債における実現純損益は、当該の金融商品の原価と売却取引におけ
  る決済価格との差額に相当する。      FVTPL で測定する金融資産および金融負債から生じる未実現評価損益
  の純変動は、報告期間の開始日における金融商品の帳簿価額、または当該報告期間内に購入した場合
  は取引価格と、当該報告期間の終了日における帳簿価額の差額に相当する。詳細については、注記6
  を参照のこと。
  2.12 法人税等

  本トラストは、ケイマン諸島政府により、        2063 年12月2日まで現地のすべての所得、利益およびキャ
  ピタル・ゲインに対する税金を免除するとの保証を得ている。現時点において、上記の諸税がケイマ
  ン諸島により課されることはない。
  本シリーズ・トラストは、複数の国において投資収益およびキャピタル・ゲインに対して課される源

  泉徴収税を発生させる可能性がある。この投資収益またはキャピタル・ゲインは、包括利益計算書に
  おいて、源泉徴収税の総額として記載される。源泉徴収税は、包括利益計算書における独立した                  1つの
  項目として記載される。     2020 年1月 31日に終了した期間において、源泉徴収税は支払われなかった。
  投資対象ファンドは、ケイマン諸島以外の国に所在する企業の証券に投資を行う場合がある。これら

  の国々の多くでは、投資対象ファンドを含む非居住者にも適用される、キャピタル・ゲインへの課税
  を定めた税法が導入されている。これらのキャピタル・ゲインへの課税額は申告納税方式により決定
  される必要があるため、これらの課税については投資対象ファンドの仲介業者による「源泉徴収」
  ベースでの控除は行わない。
  IAS 第12号「 法人所得税  」に従い、本シリーズ・トラストは、特定の外国における関連する税務当局が

  すべての事実および状況について完全な知識を持つことを前提として、同当局が同国の税法に基づ
  き、本シリーズ・トラストが同国において獲得したキャピタル・ゲインに対して租税債務を要求する
  可能性が高い場合、この租税債務を認識することが要求される。この租税債務は、同国における税法
  および導入された税率または当該報告期間末において実質的に導入された税率により、該当する税務
  当局に対して支払うべき額として算定される。ただし、現行の税法がオフショア投資のシリーズ・ト
  ラストに対してどのように適用されるかについては不明確な場合がある。この場合、租税債務が最終
  的に本シリーズ・トラストの負担になるかどうかについて不確実性が生じる。このため、運営者は、
  不確実な租税債務を測定する際に、関連の税務当局が公式または非公式な方法によりどのような課税
  を行っているかを含む、税負担の可能性に影響を及ぼしうる入手可能な関連事実および状況につき、
  これらすべてを考慮に入れるものとする。
  2020 年1月 31日時点において、管理会社は、本シリーズ・トラストが、付属の財務諸表上で未実現の

  税控除に計上すべき負債が存在しないと判断した。管理会社は最善を尽くして上記の判断を下した
  が、本シリーズ・トラストが獲得したキャピタル・ゲインに対して外国の税務当局が課税するリスク
  は排除できない。このような課税は事前の通告なしに生じうるものであり、遡及的に課税される可能
  性もある。その結果として本シリーズ・トラストの損失を招く可能性がある。
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
             22/126


                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  2.13 非連結のストラクチャード・エンティティ(組成された企業)に対する投資
  本シリーズ・トラストは、次の理由により、非上場の投資対象ファンドに対するすべての投資がスト
  ラクチャード・エンティティの定義を満たすと結論づけている(本シリーズ・トラストは当該投資対
  象ファンドに対し持分を保有するが連結対象としていない):
  ・ かかるエンティティの議決権が管理業務のみに関係しているため、同エンティティの経営者を決
   定する際に決定的な要因とはならない。
  ・ かかるエンティティの業務が、それぞれの投資戦略または目論見書によって制限されている。
  ・ 投資家に対して投資機会を提供するという同エンティティの目的が、限定的で明確に定義されて
   いる。
  本シリーズ・トラストが保有する他のファンドの持分の性質、および関連リスクについては、注記                  5で

  述べる。
  3. 受益証券の買戻
  本シリーズ・トラストの1口当たり純資産価値は、本シリーズ・トラストの純資産価値を本シリー

  ズ・トラストの同時点における発行済受益証券口数で除することにより計算される。管理事務代行会
  社は、各取引日の業務終了時に本シリーズ・トラストの純資産価値を算出する。
  目的の如何に関わらず、受益証券の価格はトルコリラで算出、支払いを行う。

  当初購入時における最低ユニット数は1口であり、1口に満たない端数の注文は認められない。全受

  益者は、購入申込書への記入を完了する必要がある。受益証券の当初購入価格は、1口当たり                  10トル
  コリラである。受益証券に対するすべての支払いは、トルコリラで行われる。受託会社は、理由の如
  何を問わず、また理由を提示することなく、いかなる購入も拒否する権限を持つ。
  受益証券が初回に発行された後、適格投資家はその後の募集日において当該の募集価格により受益証

  券を購入することができる。受益証券に対するすべての支払いは、トルコリラで行われる。受託会社
  は、理由の如何を問わず、また理由を提示することなく、いかなる購入も拒否する権限を持つ。
  受託会社または受託会社が正式に指定した代理人は、関連する募集日から2営業日以内の午後6時

  (日本時間)までに、受益証券に対する募集価格を通知されなければならない。募集への申込を取り
  消すことはできない。
  2020 年1月 31日時点における、純資産総額、発行済受益証券口数、および1口当たり純資産価値は以

  下のとおり:
                受益証券1口当たり

  ユニットクラス      純資産総額    発行済受益証券口数      純資産価値
  トルコリラクラス     $ 14,960,545     8,505,899   $   1.759
             23/126








                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  2020 年1月 31日時点において、全発行済受益証券は受益者2社が保有しており、同受益者は純資産の

  持分 100 %を保有する。
  受益者が保有する受益証券を譲渡する場合、受託会社による事前の書面による合意が必要であるが、

  受託会社はこの申請に対して合理的な理由なく保留または遅延してはならない。受益証券の譲渡は、
  本シリーズ・トラストの受益者登録簿に記載されない限り効力を持たず、受託会社または受益者に対
  する拘束力を持たない。
  各受益者は、受託会社または受託会社が正式に指定した代理人に対し、受益者が保有する受益証券の

  全部または一部につき、該当する買戻日における買戻価格で買い戻すことを要請する買戻請求を提出
  することができる。買戻請求は、受益証券の口数を指定して提出することができる。上記の請求が、
  受益者登録簿に記録された受益者の保有するすべての受益証券についてでない場合、受託会社はその
  単独の裁量に基づき、買戻の最小単位を1口と定めることができる。買戻請求を取り消すことはでき
  ない。
  最終買戻日に先立って受益証券の買戻を行う場合、買い戻される個別の受益証券に対して買戻手数料

  は適用されない。
  いずれのユニットクラスについても、受益証券の買戻に関して受益者に対して発生する未払金は現金

  で支払われるものとする。ただし、受託会社が、管理会社との協議の上で、受益者の最善の利益に資
  すると判断する場合は、受託会社が保有する証券の分配による物納を行う(または一部を物納する)
  ことも可能である。受託会社が買戻を実施すると決定した場合、買戻を行う受益者に対して同日に実
  施されるすべての分配は、同一の基準に基づく。
  さらに、受益者への未払金から為替両替の全費用を控除するという条件の下で、自由に入手可能なそ

  の他の通貨による支払いをすることが可能であり、受益者はそのような支払いを申請することができ
  る。かかる買戻による収入については、実際の分配までの期間において利息が発生しない。
  2020 年1月 31日に終了した期間における、発行された受益証券、買い戻された受益証券、および発行

  済受益証券による収入は以下のとおり:
      2019 年7月 29日  発行された    買い戻された

       時点   受益証券による    受益証券による    2020 年1月 31日
  ユニットクラス    (運用開始日)     収入    収入    時点
  トルコリラクラス    $   - $ 16,002,765   $ (974,522)   $ 15,028,243
  2020 年1月 31日に終了した期間における、発行された受益証券の口数、買い戻された受益証券の口

  数、および発行済受益証券の口数は以下のとおり:
      2019 年7月 29日

       時点       買い戻された    2020 年1月 31日
  ユニットクラス    (運用開始日)    発行済受益証券    受益証券    時点
  トルコリラクラス       -  9,053,844    (547,945)    8,505,899
             24/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  1口当たり純資産価値の算定が中止されている場合においては、受益証券の発行および買戻、ならび

  にかかる取引に関する支払いは停止される。受託会社はかかる業務停止が開始または解除となった場
  合、実務上可能な限り迅速に受益者に通知する。上記の業務停止期間においても、募集への申込およ
  び買戻請求は取り消すことができず、状況に応じて、次の募集日または買戻日に処理される。
  4. 重要な会計上の見積りおよび判断

  運営者は、報告された資産および負債の額に影響を及ぼす、将来に関する見積りおよび判断を行う。
  見積りは継続的に評価され、過去のデータに加えて、当該状況の下で発生することが合理的だと考え
  られる将来事象の予測を含むその他の要素に基づいて推定される。その結果である会計上の見積り
  は、その性質上、関連する実際の結果と一致することは稀である。本シリーズ・トラストは、適宜、
  店頭デリバティブをはじめとする活発な市場で取引されていない金融商品を保有する場合がある。こ
  れらの商品の公正価値については、各種のバリュエーション技法を用いて決定する。公正価値の決定
  にバリュエーション技法(例:モデル)が使用される場合、その内容の正確性は管理会社により確認
  され、定期的に検証される。
  5. 財務リスク管理

  5.1 本シリーズ・トラストの主なリスクファクター

  本シリーズ・トラストの投資ポートフォリオは、主として投資対象ファンドにより構成される。本シ
  リーズ・トラストの運用は、様々な財務リスクを伴う。具体的には、市場リスク(通貨リスク、金利
  リスク、価格リスクを含む)、信用リスク、および流動性リスクである。これらのリスク管理は、受
  託会社が承認した各種ポリシーに基づき、管理会社が担当する。
  本シリーズ・トラストは、投資対象ファンドに投資する他の企業の行動により重大な影響を受ける場

  合がある。具体的には、投資対象ファンドの他の受益者が投資対象ファンドの持分のすべてまたは一
  部を買い戻す場合、かかる投資対象ファンドおよび本シリーズ・トラストにおける営業費用はそれに
  応じて増加する可能性があり、これにより投資リターンが引き下げられる可能性がある。同様に、投
  資対象ファンドは、他の受益者による買戻によりその多様性が低下する可能性があり、これにより
  ポートフォリオ全体のリスクが増大する可能性がある。投資対象ファンドは、同ファンドに対する直
  接または間接の投資家に対する規制上の制限またはその他の理由により、同ファンドの投資活動を制
  限する場合や、一部の金融商品への投資が不可能になる場合があり、これにより同ファンドおよび本
  シリーズ・トラストのパフォーマンスに悪影響が発生する可能性がある。
             25/126







                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  (A) 市場リスク

  (ⅰ)通貨リスク

  本シリーズ・トラストが行う、投資対象ファンドに対する投資および先渡契約は、本シリーズ・トラ
  ストの機能通貨以外の通貨建てで表示されるか、公表される場合がある。このため、外国為替レート
  の変動により、本シリーズ・トラストのポートフォリオの価値が影響を受ける場合がある。
  一般に、本シリーズ・トラストの機能通貨が他の通貨と比較して割高になった場合、本シリーズ・ト

  ラストの機能通貨への両替時において他通貨の価値が低下するため、かかる他の通貨建ての証券の価
  値も低下する。反対に、本シリーズ・トラストの機能通貨が他の通貨と比較して割安になった場合、
  かかる他の通貨建ての証券は価値が上昇する。
  一般に「通貨リスク」と呼ばれるこのリスクは、本シリーズ・トラストの機能通貨の為替レートが上

  昇した場合、投資家へのリターンが減少し、機能通貨の為替レートが下落した場合、同リターンが上
  昇することを意味する。為替レートは短期間に大きく変動する可能性があり、その原因としては金利
  の変動、各国政府や中央銀行、あるいは        IMF といった国際機関による介入(または介入の失敗)や通貨
  管理の実施、その他の政治的状況の変化などが挙げられる。この結果、本シリーズ・トラストが投資
  する外国通貨建ての証券のリターンが減少する場合がある。本シリーズ・トラストが保有するポジ
  ションの一部は、通貨の価格変動の予測から利益を得ることを意図したものである。将来価格の予想
  は本質的に不確実なものであり、市場がポジションと逆方向に変化した場合に被る損失は、ヘッジさ
  れない。一般に、価格変動の絶対値を予測する試みは、相対的な価格変動を予測する試みと比較し
  て、より投機的な意味合いが強いと考えられている。
  本シリーズ・トラストは様々な種類の外国通貨建て取引を利用するため、本シリーズ・トラストのパ

  フォーマンスが特定の通貨(複数の場合も含む)の値動きにより一定の影響を受けるエクスポー
  ジャーが存在する。管理会社が有効な為替対策プログラムを実行することは保証できない。また、本
  シリーズ・トラストの機能通貨が、本シリーズ・トラストが投資する商品で使用されるその他の通貨
  に対して割安となった場合、本シリーズ・トラストは為替業務に起因する損失を抱える可能性があ
  る。さらに本シリーズ・トラストは、管理会社が指定した通貨戦略により取引費用を発生させる場合
  がある。
  以下の表は、   2020 年1月 31日時点における本シリーズ・トラストの通貨リスクに対するエクスポー

  ジャーの概要を示したものである。
        純損益を通じて

             その他の資産     純資産価値に
        公正価値で測定
     現金および        および負債     対する割合
  2020 年1月 31日時
          *
  点    現金同等物   する金融資産   先渡契約   (純額)   純額  (%)
     $  -$   -$ 2,764 $ 308,283  $ 311,047   2.1 %

  トリコリラ   TRY
       -   - 2,764   308,283   311,047   2.1 %
      59,094  14,843,330    - (252,926)  14,649,498    97.9 %
  米ドル   USD
     $ 59,094 $ 14,843,330  $ 2,764 $ 55,357 $14,960,545   100.0 %
             26/126



                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  *

  デリバティブ金融商品を除く
  以下の表は、   2020 年1月 31日時点における、外国為替レートの変動に対する本シリーズ・トラストが

  保有する資産および負債の感応度の概要を示したものである。以下の分析は、他のすべての変動要素
  が一定であると仮定した上で、対象となる外国通貨の対米ドルレートが、表に示した割合(%)で上
  昇/(下落)したという想定に基づく。この表は、運営者が外国為替レートのヒストリカル・ボラ
  ティリティを考慮した上で実施した、当該レートの合理的な変動範囲に関する最善の見積りを示した
  ものである。
    2020 年における通貨レートの      本シリーズ・トラストの

  通貨    合理的な変動範囲       純資産に対する影響
  TRY   +/-     6.93 % +/- $   21,556
  先物為替予約は、米ドルのエクスポージャーをトルコリラのエクスポージャーに転換することを目的

  として、トルコリラクラスの口座で締結される。このようなエクスポージャーの転換は、トリコリラ
  (トルコリラクラスの表示通貨)と米ドル(投資対象ファンドのクラスC(米ドル)クラスの表示通
  貨)間の為替レートの変動に対し、トルコリラクラスの受益者にトルコリラのロング・ポジションを
  提供することによって行われる。
  (ⅱ)金利リスク

  金利リスクとは、一般に金利が下落すれば債券価格が上昇し、金利が上昇すれば債券価格が下落する
  リスクを指す。金利の変動は、一般に短期債券よりも長期債券に大きな影響を与える。本シリーズ・
  トラストは、短期金利または長期金利が急激に上昇する、または本シリーズ・トラストの運営者が予
  測しない形で変動した場合、損失を被る可能性がある。金利が変動する場合、債券の残存期間は債券
  価格の変動の度合いを示す数値として参照される場合がある。債券の残存期間が長ければ長いほど、
  特定の金利変動における債券価格の変動幅も大きくなる。このため、本シリーズ・トラストの純資産
  価値も変動する場合がある。
  本シリーズ・トラストが保有する有利子資産は、現金および満期が             3カ月未満の現金同等物と、投資対

  象ファンドの投資有価証券である。
  投資対象ファンド(および間接的に、本シリーズ・トラスト)の投資有価証券の利回りは実勢金利の

  変動によって影響を受ける場合があり、これにより、投資対象ファンドの資産イールドと借入金利の
  間にミスマッチが発生することで、かかる投資に由来する収益が減少またはゼロになる可能性があ
  る。
  一般に、金利の上昇は債券価格の下落をもたらすため、投資対象ファンド(および間接的に、本シ

  リーズ・トラスト)の投資有価証券の価値が下落する。金利の大幅な変動、マスター・ファンド(お
  よび間接的に、本シリーズ・トラスト)の投資有価証券の市場価値の大幅な下落、またはその他の市
  場事由により、マスター・ファンドの投資家による投資(および間接的に、本シリーズ・トラストに
  おける受益者の投資)の価値や、その利回りが低下する可能性がある。
  金利が変動する場合は一般に、満期が長い債券の方が満期が短い債券に比べ大きく値動きする。

             27/126



                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  本シリーズ・トラストは、投資対象ファンドの投資に対する間接的なエクスポージャーを通じて、債

  券投資を行う場合がある。実勢金利の変化や、将来の金利見通しの変化により、保有する証券の価値
  が上昇または下落する可能性がある。
  2020 年1月 31日時点において、金利が     50ベーシスポイント下落または上昇し、かつ他の変動要素が一

  定であった場合、このキャッシュポジションが1年間保有されたと仮定すると、本シリーズ・トラス
  トの包括利益合計(受益証券の受益者に帰属する純資産の同期間における運用による増加額)の増減
  幅は、およそ   295 米ドルである。
  (ⅲ)市場価格リスク

  本シリーズ・トラストが保有する投資有価証券、および投資対象ファンドが保有する証券の市場価格
  は変動しうるものであり、場合によっては急激な、または予測不能な値動きをする可能性がある。証
  券の価値は、一般に証券市場に影響を与える諸要素、または証券市場を代表する特定の業種に影響を
  与える諸要素を起因として下落する場合がある。特定の証券の価値は、特定の企業に具体的に関連し
  ていない市場全般の環境により下落しうるものであり、そのような例としては、実際または見かけ上
  の経済状況の悪化、特定の証券または金融商品に対する需給関係、企業収益に対する全般的な見通し
  の変化、金利または通貨レートの変動、または投資家心理の悪化などが挙げられる。また、労働力不
  足や製造コストの上昇、特定の業界内における競争環境など、特定の業界または業界群に影響を及ぼ
  す要因によっても、証券価格の下落は生じうる。証券市場全体が下降傾向にある場合、複数の資産ク
  ラスの価値が同時に下落する場合がある。株式は債券に比べて、価格のボラティリティがより大き
  い。
  2020 年1月 31日時点で投資対象ファンドの投資有価証券の市場価格が           1%上昇した場合、株主資本合計

  は148,433 米ドル増加する。反対に、市場価格が       1%下落した場合、その他一切が同じであれば、同額
  の逆方向の影響が発生する。
             28/126










                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  以下の表は、   2020 年1月 31日時点における投資対象ファンドの市場価格リスクの集中度につき、同

  ファンドの純資産全体に対する割合としてまとめたものである。
                 純資産全体に対する

  国名            公正価値    割合(%)
  証券への投資
  オーストラリア          $  3,120,905      0.7 %
  バミューダ            2,263,115      0.5 %
  カナダ            4,771,176      1.1 %
  ケイマン諸島            26,648,720      6.2 %
  チリ            1,009,475      0.2 %
  デンマーク            2,422,138      0.6 %
  フィンランド            1,002,151      0.2 %
  ドイツ             804,226     0.2 %
  香港             701,648     0.2 %
  インド            6,665,000      1.6 %
  アイルランド            7,589,009      1.8 %
  日本            33,275,523      7.8 %
  ルクセンブルク            1,403,147      0.3 %
  マレーシア             800,480     0.2 %
  オランダ            12,442,399      2.9 %
  ノルウェー             605,499     0.1 %
  カタール            1,318,454      0.3 %
  シンガポール            5,267,760      1.2 %
  韓国            1,908,670      0.4 %
  スウェーデン             904,903     0.2 %
  スイス            4,121,144      1.0 %
  アラブ首長国連邦            3,018,750      0.7 %
  英国            59,525,997      14.0 %
  米国            342,768,306      79.9 %
              1,015,567      0.2 %
  バージン諸島
             525,374,162      122.5 %
  証券投資合計          $
  (B) 信用リスク

  発行者の信用格付けまたは発行者の信用力についての市場の認識の変動は、本シリーズ・トラストの
  当該発行者への投資の価値に影響する可能性がある。信用リスクの程度は、発行者の財政状態および
  債務の条件の両方に依存して変化する。
  本シリーズ・トラストは、投資対象ファンドへの投資により、投資対象ファンドが保有する可能性が

  ある債券に由来する信用リスクに対するエクスポージャーを有する。投資対象ファンドが保有する上
  場証券に関するすべての取引は、承認された仲介業者を利用して払込時における決済/支払いが行わ
  れる。売却した証券の引渡しは、仲介業者が支払いを受領するまで実行されないため、デフォルトリ
  スクは最小限であると考えられる。購入に対する支払いは、仲介業者が購入した証券を受領した後に
  実行される。当事者の一方が自らの義務を履行しなかった場合、取引は不成立となる。
  投資運用会社は、本シリーズ・トラストの信用ポジションを継続的に監視する。

  2020 年1月 31日時点における、本シリーズ・トラストが保有するすべての金融資産に対する信用リス

  クの最大エクスポージャーは、財政状態計算書上の帳簿価額である。本シリーズ・トラストは、担保
  あるいはその他の信用補完措置を一切保有していない。これらの資産のうち、減損した資産または満
  期を超えたものは存在しない。
             29/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  投資対象ファンドの証券取引における清算および預託業務は、主に保管会社が担当する。                 2020 年1月

  31日時点において、実質的にすべての現金および現金同等物ならびに投資有価証券は、フィッチ信用
  格付けで  Aプラスを得ている保管会社が保管している。
  以下の表は、   2020 年1月 31日時点における投資対象ファンドの負債ポートフォリオの信用品質につ

  き、投資対象ファンドの純資産全体に対する割合(%)を示したものである。
     純資産全体に対する

   *
  格付け   割合(%)
  Aaa      45.5 %
  Aa1      0.4 %
  Aa2      0.8 %
  Aa3      3.0 %
  A1      6.5 %
  A2      4.9 %
  A3      12.3 %
  Baa1      5.2 %
  Baa2      9.0 %
  Baa3      12.0 %
  Ba1      3.5 %
  Ba2      0.8 %
  Ba3      1.0 %
        **
  B1      0.0 %
  B3      0.3 %
       17.3 %
  NR
       122.5 %
  * 

  証券が格付けされている場合、ムーディーズ/         S&P /フィッチの投資家サービスにより入手した。
  **
  0.0 %は、 0.05 %未満を切り捨てたものである場合がある。
             30/126








                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  (C) 流動性リスク

  流動性リスクは、特定の投資を購入または売却することが困難な場合に生じる。本シリーズ・トラス
  トによる非流動性証券への投資は、かかる非流動性証券を有利な時期または価格で売却することが不
  可能である場合があるため、本シリーズ・トラストのリターンを減少させる可能性がある。本シリー
  ズ・トラストの主要な投資戦略が、デリバティブ、または重大な市場リスクおよび/もしくは信用リ
  スクを抱える証券を含む限りにおいて、本シリーズ・トラストは、流動性リスクに関して最大のエク
  スポージャーを有する傾向がある。
  以下の表は、財政状態計算書の日付における契約上の満期日を基準として、本シリーズ・トラストが

  保有する金融負債につき、残存期間に従って満期によりグループ化して分析したものである。本表に
  記載した額は、契約上の割引前キャッシュ・フローである。
  2020 年1月 31日時点       1カ月未満    1~3カ月    合計

  以下に対する債務:
  投資対象ファンドへの投資による支出        $ 308,130  $   - $ 308,130
  投資運用会社報酬          14,889     -   14,889
  専門家報酬          9,808     -   9,808
  販売報酬          7,569     -   7,569
  管理事務代行報酬          2,552     -   2,552
  登録事務代行報酬          2,321     -   2,321
  報酬代行会社報酬          1,493     -   1,493
  保管会社報酬          133    -   133
  代行協会員報酬          124    -   124
  その他負債           45    -   45
  契約上のキャッシュ・アウトフロー
  (受益証券の受益者に帰属する純資産を除く)         $ 347,064  $   - $ 347,064
  管理会社は、本シリーズ・トラストの流動性ポジションを継続的に監視する。

  流動性リスクは、非流動性資産に対する投資の割合を純資産価値の             15%以下に抑えることにより管理され

  る。
  以下の表は、   2020 年1月 31日時点における、グロス決済を伴う本シリーズ・トラストのデリバティブ金融商

  品の概要を示したものである。本シリーズ・トラストの投資戦略に基づきキャッシュ・フローの時期を理解
  する上で、グロス決済の契約満期日は極めて重要な情報と見なされる。本表に記載した額は、割引前キャッ
  シュ・フローである。
  2020 年1月 31日時点     1カ月未満   1~3カ月   3カ月超    合計

  グロス決済されるデリバティブ
  先渡契約
  -アウトフロー       $15,463,734   $  - $  - $15,463,734
  -インフロー       15,466,498     -   - 15,466,498
             31/126



                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  投資対象ファンドに投資しているため、本シリーズ・トラストは、投資対象ファンドの目論見書に記

  載の条件により、受益証券保有者による買戻に伴う流動性リスクを負っている。本シリーズ・トラス
  トは、通常の流動性需要を満たすのに十分な流動性の高い投資ポートフォリオを含むよう管理されて
  いるが、本シリーズ・トラストの受益証券の大量買戻によって、投資対象ファンドが通常の場合(す
  なわち、買戻に必要な現金を調達する上で望ましい時期)より早期にその投資額を清算する必要が生
  じうる。これらの要因により、通常より多くの流動資産が買戻要求に応じるために売却された場合、
  買い戻される受益証券の価額、買戻対象ではない発行済受益証券の評価額、および本シリーズ・トラ
  ストの残存資産の流動性が悪影響を受ける場合がある。
  2020 年1月 31日に終了した期間において、投資対象ファンドに関して適用された買戻手数料はない。

  (D) リスク管理

  本シリーズ・トラストの投資運用会社チームは、特定のリスク管理システムおよび専門家の支援によ
  り、すべてのポートフォリオのポジションおよび定量的なリスク指標について定期的に報告を受け
  る。
  本シリーズ・トラストの資本は、受益証券の受益者に帰属する純資産である。本シリーズ・トラスト

  は、受益者の裁量により毎日の募集および買戻が行われるため、受益証券の受益者に帰属する純資産
  の金額は毎日大幅に変動しうるものである。資本管理における本シリーズ・トラストの目標は、受益
  者にリターンを提供し、その他の関係者に報酬を提供するため、および強固な資本ベースを維持する
  ことにより本シリーズ・トラストの投資活動の発展を支援するため、本シリーズ・トラストが継続企
  業として存続する能力を保護することである。資本構成を維持または修正するため、本シリーズ・ト
  ラストのポリシーは以下を実行する:
  ・流動資産との比較における、毎日の募集および買戻の水準を監視し、本シリーズ・トラストが受益

  証券の受益者に支払う分配額を調整する。
  ・本シリーズ・トラストの定款に従い、受益証券の買戻および新規発行を行う。

  管理会社は、受益証券の受益者に帰属する純資産価値を基準として資本の変動を監視する。

  5.2 本シリーズ・トラストのその他のリスク

  (A) 保管リスク

  本シリーズ・トラストが間接的に保有する投資有価証券につき、受託会社および管理会社のいずれも
  その管理権を持たない。保管会社、または保管会社の役割を果たすべく選定されたその他の銀行もし
  くは仲介業者は破綻する可能性があり、この場合、本シリーズ・トラストは、これらの保管会社が保
  有するファンドまたは証券の全体または一部を失う可能性がある。
  (B) 免責リスク

  受託会社、管理会社、管理事務代行会社、保管会社、およびその他の関係者、ならびにそれらの代理
  人、代表者、オフィサー、社員、および関係者は、1口当たり純資産価値が低下するような特定の状
  況において、本シリーズ・トラストの資産に対する責任を免じられる権利を有する。
             32/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  (C) 決済リスク

  一部の海外市場における決済および清算手続きは、米国、欧州連合、および日本における場合と大き
  く異なる。海外市場における決済および清算手続き、ならびに取引関連の規制は、米国内での投資の
  決済では通常発生しない特定のリスクを生じる可能性がある(証券の支払いや引渡しにおける遅延な
  ど)。場合によっては、一部の外国における決済において、取引された証券の口数が一致しない場合
  がある。このような問題により、投資対象ファンドおよび最終的には管理会社による本シリーズ・ト
  ラストの口座を対象にした取引の実行が困難になる可能性がある。管理会社が証券の購入につき決済
  できないか、決済が遅延した場合、有利な投資機会を取り逃がす可能性があり、本シリーズ・トラス
  トの資産の一部が未投資となり、一定の期間においてリターンを獲得できない結果が生じうる。
  投資対象ファンドおよび最終的には管理会社が証券の売却の決済ができない、または決済が遅延した
  場合、かかる証券の価値がその後下落すると本シリーズ・トラストに対して損失が発生しうる。ま
  た、管理会社がかかる証券を第三者に売却する契約を結んでいた場合、本シリーズ・トラストは発生
  したすべての損失に対して補償責任を負う可能性がある。
  (D) デリバティブ

  管理会社は、本シリーズ・トラストの投資に対するヘッジとして、あるいは本シリーズ・トラストの
  リターン向上を目的として、デリバティブ商品を使用することができる。デリバティブを使用するこ
  とにより、その他の種類の金融商品と比較して、本シリーズ・トラストのリスク・エクスポージャー
  をより迅速かつ効率的に増減することができる。デリバティブは、値動きが激しく、以下を含む大き
  なリスクを持つ:
  ・信用リスク   -デリバティブ取引のカウンターパーティ(同取引の相手方)が、本シリーズ・トラス

  トへの金融債務を履行できなくなるリスク。
  ・レバレッジ・リスク    -特定の種類の商品または取引戦略に関連して、比較的小規模な市場の変動を

  理由としてある商品の価値が大きく変動してしまうリスク。レバレッジを利用した一部の投資また
  は取引戦略では、損失が当初の投資額を大きく上回る場合がある。
  ・流動性リスク   -ある時点において、一部の証券が、売主が希望する価格で、または売主がその証券

  の価値であると考える価格で、売却することが困難であるか、不可能となるリスク。
  管理会社は、本シリーズ・トラストに対して、予想ヘッジを含むヘッジを得るために、デリバティブ

  を使用することができる。ヘッジとは、本シリーズ・トラストが保有する資産に関連するリスクを相
  殺するために、管理会社がデリバティブを使用する戦略である。ヘッジは損失を抑える可能性もある
  が、市場が管理会社の想定とは異なる方向に動いた場合や、デリバティブのコストがヘッジによる利
  益を上回った場合、利益が低下または消失したり、損失が発生したりする場合もある。ヘッジはま
  た、管理会社が想定するヘッジ対象の所有証券の価値に見合わない程度にデリバティブの価値が変動
  するリスクを抱えており、この場合、ヘッジ対象の所有証券の値下がりによる損失が軽減できないだ
  けでなく、損失が拡大する可能性がある。本シリーズ・トラストのヘッジ戦略がリスクを軽減すると
  いう保証はなく、ヘッジ取引が利用可能であるか、あるいはコスト効率的であるという保証もない。
  管理会社は、本シリーズ・トラストのためにヘッジを利用することを義務付けられておらず、利用し
  ないことを選択することもできる。管理会社は、本シリーズ・トラストのリターンを向上させる目的
  でもデリバティブを使用することができるため、そのような投資は、管理会社がデリバティブをヘッ
  ジ目的にのみ使用する場合と比べて、上述した各種リスクに対する本シリーズ・トラストのエクス
  ポージャーを拡大することになる。リターンを向上させる目的でデリバティブを使用することは、投
  機的であると見なされる。
  2020 年1月 31日時点における、相殺条項および類似の条項を条件とした、本シリーズ・トラストのデ

  リバティブ資産およびデリバティブ負債は以下のとおりである:
             33/126



                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
                財政状態

             財政状態   計算書上に
         認識された    計算書上で    計上された
  デリバティブ   カウンター    金融資産の    相殺された    金融資産の
  資産   パーティ     総額    総額    純額
        $  16,789  $   - $  16,789
  先渡契約   CS
        $  16,789  $   - $  16,789
          財政状態計算書上で相殺されていない関連金額

         財政状態

         計算書上に
         計上された
  デリバティブ   カウンター    金融資産の       受領した
  資産   パーティ     純額   金融商品    現金担保   純額
        $  16,789  $ (14,025)  $   - $ 2,764
  先渡契約   CS
        $  16,789  $ (14,025)  $   - $ 2,764
                財政状態

             財政状態   計算書上に
         認識された    計算書上で    計上された
  デリバティブ   カウンター    金融負債の    相殺された    金融負債の
  負債   パーティ     総額    総額    純額
        $ (14,025)  $   - $ (14,025)
  先渡契約   CS
        $ (14,025)  $   - $ (14,025)
          財政状態計算書上で相殺されていない関連金額

         財政状態

         計算書上に
         計上された
  デリバティブ   カウンター    金融負債の       提供した
  負債   パーティ     純額   金融商品    現金担保   純額
        $ (14,025)  $  14,025  $   - $ -
  先渡契約   CS
        $ (14,025)  $  14,025  $   - $ -
  カウンターパーティ用語:

  CS -クレディ・スイス・インターナショナル
             34/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  (E) カウンターパーティ・リスクおよび仲介リスク

  管理会社またはその権限を移譲された者が、本シリーズ・トラストの口座のために取引または投資を
  行う相手先である、保管会社をはじめとする銀行や証券会社を含む金融機関およびカウンターパー
  ティは、財政状態が悪化し、本シリーズ・トラストに関してそれぞれが抱える債務の履行が不可能に
  なる可能性がある。このような債務不履行が発生した場合、本シリーズ・トラストは大きな損失を被
  る可能性がある。管理会社はさらに、特定の取引の安全性を高めるため、本シリーズ・トラストの口
  座のためにカウンターパーティに対して担保を提供する場合がある。管理会社は、                2020 年1月 31日に
  終了した期間において、担保を一切提供していない。
  本シリーズ・トラストは、財政状態計算書において、いかなる金融資産または金融負債についても相

  殺を行っていない。
  (F) 投資対象ファンドの持分の不存在

  本受益証券のリターンは、とりわけ、投資対象ファンドのパフォーマンスに依存する。受益証券への
  投資は、受益者に対して投資対象ファンドの直接持分を与えるものではない。
  (G) 本シリーズ・トラストの早期終了

  本シリーズ・トラストの最終買戻日は       2163 年12月1日に予定されているが、強制買戻事由が発生した
  場合、かかる最終買戻日が前倒しで実施される。
  5.3 公正価値測定およびヒエラルキーの設定

  本シリーズ・トラストは     IFRS 第13号「 公正価値の測定   」を適用し、金融資産および金融負債の両方に
  対し、公正価値測定のインプットとして、市場における最終取引価格を使用している。
  活発な市場とは、当該資産または負債に対する取引が、継続的な価格情報を提供するのに十分な頻度

  および取引量で実行されている市場を指す。
  活発な市場で取引されていない金融資産および金融負債の公正価値については、他のバリュエーショ

  ン技法を用いて決定する。本シリーズ・トラストは、様々な方法を利用し、各期末における市場環境
  に基づく仮定を作成する。オプション、通貨スワップ、およびその他の店頭デリバティブなどの非標
  準的金融商品に対して採用されるバリュエーション技法としては、類似する最近の一般的な取引条件
  の使用、実質的に同内容の他の金融商品への参照、割引キャッシュ・フロー分析、オプション価格モ
  デル、および市場参加者に広く使用されているその他のバリュエーション技法の活用が挙げられ、市
  場インプットを最大限使用し、事業体固有のインプットに対する依存を可能な限り少なくしている。
  活発な市場が存在しない金融商品については、本シリーズ・トラストは、業界において一般に標準的

  であると認識されているバリュエーション方法および技法に基づく、社内で開発したモデルを使用す
  る場合がある。これらのモデルに対するインプットの一部は、市場において観察できる情報ではない
  ため、仮定に基づく見積りである。モデルによるアウトプットは、常に、確信を持って決定すること
  ができない見積りあるいは概算値であり、使用されたバリュエーション技法は、本シリーズ・トラス
  トが保有するポジションに関連するすべての要素を十分に反映したものではない場合がある。このた
  め、バリュエーションは、適当な場合において、モデルリスク、流動性リスクおよびカウンターパー
  ティ・リスクを含む追加の要素を反映するよう修正される場合がある。
             35/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  本シリーズ・トラストは、測定に使用されるインプットの重要度を反映した公正価値ヒエラルキーを

  利用して、公正価値測定を分類する。
  この公正価値ヒエラルキーは、以下の       3階層により構成される:

  ・ レベル1のインプットとは、同一の資産または負債に関する活発な市場における公表価格(無調

   整)で、事業体が測定日においてアクセス可能なものを指す。
  ・ レベル2のインプットとは、レベル1に含まれる公表価格以外のインプットのうち、資産または

   負債について直接的あるいは間接的に観察可能なものを指す。
  ・ レベル3のインプットとは、資産または負債に関する観察が不可能なインプットを指す。

  公正価値測定の全体を分類する際に使用される公正価値ヒエラルキーのレベルは、全体の公正価値測

  定にとって重要な複数のインプットのうち最も低いレベルのインプットをベースとして決定される。
  そのため、個々のインプットの重要度は、全体としての公正価値測定と照らし合わせて評価される。
  特定の公正価値測定において、観察可能なインプットが使用できるものの、相当程度を観察不可能な
  インプットにより修正する必要がある場合、かかる測定はレベル            3の測定となる。全体としての公正価
  値測定に対する、特定のインプットの重要性を評価するには、当該資産または負債に固有の要因を考
  慮した上での判断が要求される。
  「観察可能」なインプットが何によって構成されるかについての決定も、管理会社の助言の下、管理

  事務代行会社の判断による部分が大きい。管理会社の助言の下で、管理事務代行会社は、簡単に入手
  可能であり、定期的に配布または更新され、信頼性および正確性が高く、社内情報ではなく、関連す
  る市場に積極的に関与している独立系の情報源により提供された市場データにつき観察可能なデータ
  であると見なす。
  以下は、本シリーズ・トラストが保有する金融資産の価値測定にあたり、              2020 年1月 31日時点で使用

  されたインプットに基づく公正価値測定の概要である:
             36/126








                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
        (無調整)

        同一商品の    重要度の高い
       活発な市場に    その他の   重要度の高い
  純損益を通じて公正価値で
  測定する      おける   観察可能な   観察不可能な
                   2020 年
  金融資産      公表価格    インプット   インプット
                  1月 31日現在の
       (レベル1)    (レベル2)   (レベル3)    公正価値
  投資対象ファンドへの投資
  PIMCO ショート・ターム・ス
  トラテジー
  クラスC(米ドルクラス)      $   - $ 14,843,330   $  - $ 14,843,330
  先渡契約への投資        -   16,789    -  16,789
  純損益を通じて公正価値で
  測定する金融資産      $   - $ 14,860,119   $  - $14,860,119
  純損益を通じて公正価値で

  測定する金融負債
  先渡契約への投資      $   - $ (14,025)  $  - $ (14,025)
  純損益を通じて公正価値で
  測定する金融負債      $   - $ (14,025)  $  - $ (14,025)
  2020 年1月 31日を期末とする期間において、レベル1、レベル2、およびレベル3の間の振替は生じ

  なかった。
  活発とは見なされない市場で取引される金融商品ではあるが、市場の公表価格や、仲買業者による値

  付け、または観察可能なインプットを参考にした代替的な価格設定者による価格付けより測定された
  商品については、レベル2に分類される。店頭デリバティブおよび債券は、このカテゴリーに含まれ
  る。レベル2の金融商品には、活発な市場で取引されていない(または移転に制限がある)ポジショ
  ンが含まれるため、バリュエーションは、一般に入手可能な市場情報に基づいて非流動性や非移転性
  を反映して調整する場合がある。
  純損益を通じて公正価値で測定するもの以外の金融資産および金融負債

  (ⅰ) 2020 年1月 31日時点において、現金および現金同等物、ならびにその他すべての金融資産およ

   び金融負債(前払報酬、発行済受益証券および売却済有価証券に対する未収金、投資対象ファ
   ンドの投資有価証券の購入に係る未払金、投資運用会社報酬、専門家報酬、販売報酬、管理事
   務代行報酬、登録事務代行報酬、報酬代行会社報酬、保管会社報酬、代行協会員報酬を含む)
   は短期の金融資産および金融負債と見なされ、短期の性質を持つことから、かかる資産または
   負債の帳簿価額はほぼ公正価値に等しい。バリュエーション技法の詳細については、注記2を
   参照のこと。
             37/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  5.4 非連結のストラクチャード・エンティティへの投資

  2020 年1月 31日現在、投資対象ファンドの純資産価値は、        428,926,550  ドルであった。   2020 年1月 31日
  現在、投資対象ファンドの投資総額は       430,577,501  ドルで、その内訳は、債券(資産担保証券、社債、
  不動産担保証券、地方債、ソブリン債、米国政府関係機関債、米国債)が              525,374,162  ドル、短期金融
  商品(譲渡性預金、コマーシャル・ペーパー、短期国債、定期預金)が              24,568,143  ドル、先物契約が
  157,542 ドル、先渡契約が   (1,389,058)  ドル、リバース・レポ取引が     (112,572,375)   ドル、スワップ契約
  が(5,490,790)  ドル、買建オプション契約が      235 ドル、売建オプション契約が      (70,358)  ドルであった。
  非連結のストラクチャード・エンティティへの投資評価額は、本シリーズ・トラストが、投資先ファ
  ンドの流動性または解約の制限およびコストに応じて、投資を現金化または償還することになった場
  合に受け取りを見込んでいる金額を表すものである。
  本シリーズ・トラストによる投資対象ファンドの保有に付随する権利は、他の投資家の権利と類似の

  ものである。投資対象ファンドへの申込(購入)は目論見書で定められた権利の規定による。本シ
  リーズ・トラストは、それぞれのファンド契約の規定に従い、定期的に投資を現金化または償還する
  ことができる。投資対象ファンドの投資目的については、注記            1を参照のこと。
  6. デリバティブ金融商品

  先渡契約

  投資対象ファンドの投資運用会社は、通常の状況においては、可能な限り純資産価値の米ドルエクス
  ポージャーのおよそ    100 %(未実現為替差損益を除く)と同等の金額で先渡契約を購入することによ
  り、投資対象ファンドの先渡契約を締結する。
  通貨管理事務会社は、トルコリラベースでの安定性の確保を目的として、トリコリラクラスの口座に

  おいて受託会社(本シリーズ・トラストの受託会社としての権限のみに基づく)との間で先渡為替予
  約を締結する。先物為替予約に従い、受託会社は(本シリーズ・トラストの受託会社としての権限の
  みに基づき)、それぞれの先渡基準(通常1カ月)ごとに、可能な限り純資産価値のおよそ                 100 %(未
  実現為替差損益を除く)と同等の金額で、米ドル売り、トルコリラ買いを実施する。先物為替予約
  は、満期日に、差金決済ではなく受渡決済によって実行される。先物為替予約は、通貨管理事務会社
  により管理される。
  2020 年1月 31時点で未決済の先渡契約(純資産の       0.0 %)

                 未実現評価純益
  決済日    カウンターパーティ    通貨  購入額  通貨  売却額   /(損)
  2020 年2月 10日   CS   TRY 80,323,980   USD (13,388,954)   $  12,602

  2020 年2月 10日   CS   TRY 9,743,102  USD (1,639,560)    (13,985)

  2020 年2月 10日   CS   USD  431,441  TRY (2,560,805)     4,187

                    (40)

  2020 年2月 10日   CS   USD  7,925  TRY  (47,742)
                 $  2,764
  カウンターパーティ用語:

  CS -クレディ・スイス・インターナショナル
             38/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  7. 純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債に係る純損失

                 2020 年1月 31日終了

                  事業年度
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債に係る
  純損失は、以下により構成される:                 (118,892)
  投資対象ファンドへの投資に係る実現純益              $   8,648
                   (127,540)
  先渡契約への投資に係る実現純損
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債に係る
                $   (118,892)
  実現純損合計
  投資対象ファンドへの投資に係る未実現評価純益の変動              $   172,097

                    2,764
  先渡契約への投資に係る未実現評価益の変動
  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債に係る
                $   174,861
  未実現評価益の純増(減)合計
  8. 報酬、費用、および関連当事者間取引

  8.1 報酬および費用

  (A) 管理事務代行費用

  管理事務代行会社は、純資産総額の5億米ドル以下に対して           0.06 %、5億米ドル超   10億米ドル以下に
  対して 0.05 %、 10億米ドル超に対して    0.04 %を年当たりの報酬として受け取るが、最低月額報酬は
  3,750 米ドルとする。   2020 年1月 31日に終了した期間において管理事務代行会社が獲得した報酬、およ
  び2020 年1月 31日時点での管理事務代行会社に対する未払いの報酬は、それぞれ、包括利益計算書お
  よび財政状態計算書に記載されている。
  (B) 保管会社報酬

  保管会社は、純資産価値の     0.025 %を年当たりの報酬として受け取る。       2020 年1月 31日に終了した期間
  において保管会社が獲得した報酬、および        2020 年1月 31日時点での保管会社に対する未払いの報酬
  は、それぞれ、包括利益計算書および財政状態計算書に記載されている。
  (C) 販売報酬

  販売会社は、トルコリラクラスに帰属する純資産価値の           0.60 %を年当たりの報酬として受け取るもの
  とし、同報酬は月割りの後払いで支払われる。販売報酬は、管理事務代行会社が管理会社の代理人と
  して本シリーズ・トラストの資産から支払うものとする。           2020 年1月 31日に終了した期間において販
  売会社が獲得した報酬、および      2020 年1月 31日時点での販売会社に対する未払いの報酬は、それぞ
  れ、包括利益計算書および財政状態計算書に記載されている。
             39/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  (D) 投資運用会社報酬

  投資運用会社は、純資産価値の      0.35 %を年当たりの報酬として受け取るものとし、同報酬は四半期ご
  とに後払いで支払われる。     2020 年1月 31日に終了した期間において投資運用会社が獲得した報酬、お
  よび 2020 年1月 31日時点での投資運用会社に対する未払いの報酬は、それぞれ、包括利益計算書およ
  び財政状態計算書に記載されている。
  (E) 登録事務代行報酬

  登録事務代行会社は、年当たりの報酬として純資産価値の           0.01 %を、および   1取引当たりの報酬として
  10ドルを本シリーズ・トラストの資産から受け取るものとする。            2020 年1月 31日に終了した期間にお
  いて登録事務代行会社が獲得した報酬、および         2020 年1月 31日時点での登録事務代行会社に対する未
  払いの報酬は、それぞれ、包括利益計算書および財政状態計算書に記載されている。
  (F) 専門家報酬

  専門家報酬には、法務および監査報酬が含まれる。          2020 年1月 31日に終了した期間に支払われた報
  酬、および  2020 年1月 31日時点における未払いの報酬は、それぞれ、包括利益計算書および財政状態
  計算書に記載されている。
  8.2 関連当事者間取引

  一方当事者が他方当事者を支配する、あるいは財政上または運営上の決定に際して他方当事者に対し
  て重要な影響力を行使することができる場合、両当事者は関連当事者と見なされる。受託会社、報酬
  代行会社、管理会社、代行協会員、およびデリバティブ・カウンターパーティは、すべて本シリー
  ズ・トラストの関連当事者である。
  通常の業務に含まれる取引を除き、関連当事者間のその他の取引は行われなかった。

  (A) 受託会社報酬

  受託会社に対しては、年当たり      10,000 米ドルの固定報酬が運営費用報酬から前払いで支払われるもの
  とする。  2020 年1月 31日に終了した期間において受託会社が獲得した報酬、および           2020 年1月 31日時
  点での受託会社に対する未払いの報酬は、それぞれ、報酬代行会社報酬の一部として、包括利益計算
  書および財政状態計算書に記載されている。
  (B) 報酬代行会社報酬

  報酬代行会社は、各評価日に発生し計算される純資産価値の           0.12 %を年当たりの報酬(以下、「運営
  費用報酬」という)として受け取るものとする。運営費用報酬は、管理事務代行会社が受託会社の代
  理人として本シリーズ・トラストの資産から支払うものとする。            2020 年1月 31日に終了した期間にお
  いて報酬代行会社が獲得した報酬、および        2020 年1月 31日時点での報酬代行会社に対する未払いの報
  酬は、それぞれ、包括利益計算書および財政状態計算書に記載されている。
  報酬代行会社は、管理会社報酬、受託会社報酬、ならびに報酬代行会社による合理的な判断において

  管理会社報酬および受託会社報酬に関連するものと判断された経費および費用(以下、「通常経費」
  という)の支払いに責任を負う。
             40/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー

  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  疑義を避けるために付言すると、報酬代行会社は、投資運用会社報酬、監査報酬、設立費用、販売報

  酬、管理事務代行報酬、保管会社報酬、証券取引に関わるブローカー報酬、監査報酬および費用に含
  まれない法律顧問および監査経費、本シリーズ・トラストまたは本トラストについて政府機関および
  諸官庁に支払う年間手数料、保険料、目論見書および目論見書補遺             32ならびにこれに類するその他の
  募集書類に関わる費用、当該文書の作成、印刷、翻訳、および交付に関わる費用、有価証券の購入お
  よび処分に関する税金、法定費用または補償費用、ライセンス供与、税務申告、マネーロンダリング
  防止の遵守および監視、本シリーズ・トラストの終了または清算に関する費用、ならびに通常は発生
  しないその他の臨時経費および諸費用の支払いに対する責任を負わない。
  運営費用報酬のみで通常経費を支払うのに十分ではない場合、報酬代行会社は未払金すべてについて

  債務を負う。通常経費を支払った後の残余の額については、本シリーズ・トラストの報酬代行会社と
  しての業務に対する報酬として、報酬代行会社が保持するものとする。
  運営費用報酬は、   Actual/365  日の日数計算ベースで毎日累積し、四半期ごとに蓄積分を後払いするも

  のとし、蓄積期間については、報酬が発生する最初の期間に限り、初回の期間終了日の翌日から開始
  され、以後の蓄積期間はすべて、各四半期の末日までとする。
  (C) 管理会社報酬

  管理会社は、運営費用報酬から支払われる年当たり          5,000 米ドルを管理報酬として受け取るものとし、
  月割りの後払いで支払われる。      2020 年1月 31日に終了した期間において管理会社が獲得した報酬、お
  よび 2020 年1月 31日時点での管理会社に対する未払いの報酬は、それぞれ、報酬代行会社報酬の一部
  として包括利益計算書および財政状態計算書に記載されている。
  (D) 代行協会員報酬

  代行協会員は、トルコリラクラスに帰属する純資産価値の           0.01 %を年当たりの報酬として受け取るも
  のとし、四半期ごとに後払いで支払われる。代行協会員報酬は、管理事務代行会社が管理会社の代理
  人として本シリーズ・トラストの資産から支払うものとする。            2020 年1月 31日に終了した期間におい
  て代行協会員が獲得した報酬、および       2020 年1月 31日時点での代行協会員に対する未払いの報酬は、
  それぞれ、包括利益計算書および財政状態計算書に記載されている。
  (E) デリバティブ・カウンターパーティ

  本シリーズ・トラストは、管理会社の関連当事者であるクレディ・スイス・インターナショナルとの
  間で先渡契約を行うことが許可されている。         2020 年1月 31日に終了した期間に、クレディ・スイス・
  インターナショナルとの先渡契約において、         127,299 ドルの実現純損、および     2,764 ドルの未実現評価
  益の変動を計上した。これらは、包括利益計算書に記載されている。
  9. 借入およびレバレッジ関連ポリシー

  本シリーズ・トラストは、短期キャッシュ・フローを円滑化する必要がある場合、純資産価値の最大
  10%までを借り入れることが可能である。        2020 年1月 31日に終了した期間において、本シリーズ・ト
  ラストは借入を行わなかった。
             41/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  PIMCO ショート・ターム・ストラテジー
  財務諸表に対する注記(続き)
  2019 年7月 29日(運用開始日)~    2020 年1月 31日(未監査)
  (米ドルで表示)
  10. 後発事象

  2020 年1月以降、急速な状況の変化を見せているコロナウイルスの感染拡大は、グローバルな商業活
  動に悪影響を与えている。急速な展開や流動的な状況によって、最終的な影響の予測は困難になって
  いる。このような状況から、経済情勢や市況が引き続き悪影響を受け、グローバルな景気後退が引き
  起こされる可能性がある。管理会社および受託会社は、           2020 年1月 31日付の財務諸表はこの後発事象
  による財務的な影響を受けないと考えている。
  受託会社は、本財務諸表の発行準備が整った日である          2020 年3月 31日までのすべての後発取引および

  事象を評価した。   2020 年2月1日から   2020 年3月 31日までの期間において、     20,448,687  ドルの申込を
  受け、 1,025,704  ドルの買戻を実行した。本シリーズ・トラストに関して報告すべきその他の後発事象
  は生じていない。
             42/126















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  <参考情報>

  以下は、ピムコ・バーミューダ・トラスト-ピムコ          ショート・ターム    ストラテジーの中間財務書類を抜
  粋し翻訳したものである。原文の中間財務書類は、ピムコ・バーミューダ・トラストの全てのシリーズ・ト
  ラストにつき一括して作成されている。本書においては、関係するシリーズ・トラストであるピムコ                   ショー
  ト・ターム  ストラテジーに関連する部分のみを記載している。また、ピムコ             ショート・ターム    ストラテ
  ジーには複数のクラスが存在するが、本書にはクラスC(米ドル)クラスに関連する部分を抜粋して記載し
  ている。
             43/126

















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         資 産・負 債 計 算 書
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
       (単位:千米ドル、1口当たり金額を除く)
             (千米ドル)     (百万円)

  資    産:
  投資有価証券、時価
     *
   投資有価証券            551,621     60,364
   関係会社に対する投資有価証券             0    0
  金融デリバティブ商品
   上場金融デリバティブ商品または
   集中清算の対象となる金融デリバティブ商品             102     11
   店頭取引金融デリバティブ商品            1,289     141
  現金             9    1
  相手方への預託金            5,402     591
  外国通貨、時価             11     1
  未収投資有価証券売却金             191     21
  関係会社に対する投資有価証券売却未収金             0    0
  TBA 投資有価証券売却未収金            4,359     477
  未収ファンド受益証券売却金            3,542     388
  未収利息および/または未収分配金            2,508     274
               0    0
  その他の資産
              569,034     62,269
  負    債:
  借入れおよびその他の資金調達取引
  逆レポ契約にかかる未払金            89,708     9,817
   売却/買戻し取引にかかる未払金            84,929     9,294
   空売りにかかる未払金             0    0
  金融デリバティブ商品
   上場金融デリバティブ商品または
   集中清算の対象となる金融デリバティブ商品             92    10
   店頭取引金融デリバティブ商品            3,549     388
  未払投資有価証券購入金            2,452     268
  TBA 投資有価証券購入未払金            6,540     716
  未払利息             0    0
  未履行ローン契約にかかる未払金             0    0
  相手方からの預託金             250     27
  未払ファンド受益証券買戻金            3,993     437
  未払分配金             0    0
  未払管理報酬             80     9
  未払投資顧問報酬             0    0
  未払管理事務代行報酬             0    0
  未払代行協会員報酬             18     2
  未払販売報酬             94    10
  未払税金             0    0
               1    0
  その他の負債
              191,706     20,978
              377,328     41,291
  純   資   産
  ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

  添付の注記を参照のこと。
             44/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
              549,331     60,113
  投資有価証券の取得原価
               0    0
  関係会社に対する投資有価証券の取得原価
               11     1
  外国通貨の取得原価
               0    0
  空売りによる手取金
  金融デリバティブ商品の取得原価
               (123)     (13)
  またはプレミアム、純額
  *
               0    0
  レポ契約を含む:
  純   資   産:
              10,453     1,144
  米ドル(C)クラス
  発 行 済 受 益 証 券 口 数:
               104
                千口
  米ドル(C)クラス
  発行済受益証券1口当たり純資産価格
  および買戻価格:
  米ドル(C)クラス
                米ドル    円
  (機能通貨による)            100.78    11,028
  ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

  添付の注記を参照のこと。
             45/126














                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー

         運 用 計 算 書
         2019 年11月30日終了期間
          (未監査)
         (単位:千米ドル)
             (千米ドル)     (百万円)

  投  資  収  益:
  利息            7,064     773
  その他の収益             0    0
              7,064     773
   収益合計
  費     用:
  投資顧問報酬             0    0
  管理報酬-豪ドルクラス(ヘッジあり)             91    10
  管理報酬-円クラス(ヘッジあり)             137     15
  管理報酬-米ドルクラス             254     28
  管理事務代行報酬             0    0
  販売報酬             0    0
  販売報酬-豪ドルクラス(ヘッジあり)             116     13
  販売報酬-円クラス(ヘッジあり)             126     14
  販売報酬-米ドルクラス             323     35
  代行協会員報酬             0    0
  代行協会員報酬-豪ドルクラス(ヘッジあり)             21     2
  代行協会員報酬-円クラス(ヘッジあり)             31     3
  代行協会員報酬-米ドルクラス             57     6
  支払利息            1,165     127
  その他の費用             8    1
              2,329     255
   費用合計
              4,735     518
  純投資利益
  実現純利益(損失):
        *
  投資有価証券(外国税控除後)             760     83
  関係会社に対する投資有価証券             0    0
  上場金融デリバティブ商品または
  集中清算の対象となる金融デリバティブ商品            (4,126)     (452)

  店頭取引金融デリバティブ商品            3,554     389
  外国通貨             (273)     (30)
               (85)     (9)
   実現純利益(損失)
  未実現利益(損失)純変動額:
  投資有価証券             840     92
  関係会社に対する投資有価証券             0    0
  上場金融デリバティブ商品または
  集中清算の対象となる金融デリバティブ商品            1,141     125
  店頭取引金融デリバティブ商品            (8,192)     (896)
  外国通貨建て資産および負債             (40)     (4)
              (6,251)     (684)
   未実現利益(損失)純変動額
              (6,336)     (693)
  純利益(損失)
              (1,601)     (175)
  運用の結果による純資産の純増加(減少)額
  *
  外国源泉徴収税             0    0
  ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

  添付の注記を参照のこと。
             46/126



                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー

         純 資 産 変 動 計 算 書
         2019 年11月30日終了期間
          (未監査)
         (単位:千米ドル)
             (千米ドル)     (百万円)

  以下による純資産の増加(減少):
  運     用:
  純投資利益            4,735     518
  実現純利益(損失)             (85)     (9)
              (6,251)     (684)
  未実現利益(損失)純変動額
              (1,601)     (175)
  運用の結果による純増加(減少)額
  受益者への分配金:
              該当なし
  分配金
               0    0
  分配金合計
  ファンド受益証券取引:
          *
              (6,741)     (738)
  ファンド受益証券取引による純増加(減少)額
              (8,342)     (913)
  純資産の増加(減少)額合計
  純   資   産:
              385,670     42,204
  期 首 残 高
              377,328     41,291
  期 末 残 高
  ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

  *
  財務書類に対する注記の注     12を参照のこと。
  添付の注記を参照のこと。
             47/126











                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー

         キャッシュ・フロー計算書
         2019 年11月30日終了期間
          (未監査)
         (単位:千米ドル)
             (千米ドル)     (百万円)

  営業活動からのキャッシュ・フロー:
  運用の結果による純資産の純増加(減少)額             (1,601)     (175)
  運用の結果による純資産の純増加
  (減少)額を営業活動から得た
  キャッシュ純額に一致させる調整:
  長期有価証券の購入            (249,773)     (27,333)
  長期有価証券の売却による手取金            160,933     17,611
  空売りにかかる支払              0    0
  空売りによる手取金              0    0
  短期投資有価証券の売却、純額             4,159     455
  上場金融デリバティブ商品または集中清算の
  対象となる金融デリバティブ商品の購入、純額             (3,168)     (347)
  店頭取引金融デリバティブ商品の売却、純額             3,645     399
  相手方への預託金の(増加)減少             (1,279)     (140)
  未収投資有価証券売却金の減少             1,995     218
  TBA 投資有価証券売却未収金の(増加)減少            20,623     2,257
  未収利息および/または未収分配金の
  (増加)減少             (278)     (30)
  その他の資産の(増加)              0    0
  未払投資有価証券購入金の(減少)             (5,065)     (554)
  繰延受渡による投資有価証券購入未払金の(減少)             (4,042)     (442)
  TBA 投資有価証券購入未払金の増加(減少)            (20,648)     (2,260)
  相手方からの預託金の(減少)             (4,390)     (480)
  未払利息の増加(減少)              36     4
  未払管理報酬の増加              17     2
  未払代行協会員の増加              4    0
  未払管理事務代行報酬の(減少)             (69)     (8)
  未払販売報酬の増加(減少)              21     2
  その他の負債の(減少)             (83)     (9)
  投資有価証券にかかる実現純(利益)             (760)     (83)
  上場金融デリバティブ商品または集中清算の
  対象となる金融デリバティブ商品にかかる
  実現純損失             4,126     452
  店頭取引金融デリバティブ商品にかかる
  実現純(利益)             (3,554)     (389)
  投資有価証券にかかる未実現(利益)の純変動             (840)     (92)
  上場金融デリバティブ商品または集中清算の
  対象となる金融デリバティブ商品にかかる
  未実現(利益)の純変動             (1,141)     (125)
  店頭取引金融デリバティブ商品にかかる
  未実現損失の純変動             8,192     896
  保証金(利益)損失             146     16
               81     9
  投資有価証券にかかる純減価(増価)
  営業活動から得た(に使用された)
              (92,713)    (10,146)
  キャッシュ純額
  財務活動からのキャッシュ・フロー:
             48/126


                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  受益証券売却による手取金             71,343     7,807
  受益証券買戻しにかかる支払            (75,522)     (8,264)
  逆レポ契約による手取金            1,390,749     152,190
  逆レポ契約にかかる支払            (1,352,760)     (148,033)
  売却/買戻し取引による手取金            2,975,260     325,583
             (2,916,368)     (319,138)
  売却/買戻し取引にかかる支払
  財務活動から得た(に使用された)
              92,702    10,144
  キャッシュ純額
               (11)     (1)
  現金および外国通貨の純(減少)額:
  現金および外国通貨:
               31     3
  期首現在
               20     2
  期末現在
  キャッシュ・フロー情報についての補足開示:
              1,129     124
  当期支払利息
  ゼロ残高は、千単位未満に四捨五入された実際値を反映していることがある。

  資産合計に関連する未決済平均借入額合計に基づき、ファンドが当期中に重要な借入額を有していた

  場合、またはファンドのほぼすべての投資有価証券が公正価値の階層のレベル1または2に分類され
  なかった場合に、キャッシュ・フロー計算書が作成される。
             49/126














                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー

         経理のハイライト
         2019 年11月30日終了期間
          (未監査)
              米ドル(C)クラス

             (米ドル)     (円)

  1口当たり特別情報:
  期首純資産価格            100.00    10,943
  純投資利益          (a)   1.02    112
              (0.24)    (26)
  実現/未実現純(損失)
              0.78    85
  投資運用からの増加(減少)合計
  期末1口当たり純資産価格            100.78    11,028
                %
              0.78
  トータル・リターン(機能通貨による)          (b)
              10,453    1,144
                千米ドル    百万円
  期末純資産総額(千米ドル)
       *
                %
              0.61
  費用の対平均純資産比率
         *
                %
              0.01
  費用の支払利息控除後対平均純資産比率
        *
                %
              2.99
  純投資利益の対平均純資産比率
  *

  年率換算済み(設立費用(もしあれば)を除く。)
  (1)期間は   2019 年7月 29日(開始日)から   2019 年11月30日までである。
  (a)1口当たり金額は、当期中の平均発行済受益証券口数に基づいている。
  (b)トータル・リターンは(もしあれば)、ファンドによって支払われた分配金の再投資額およ
   びファンドの1口当たり純資産価格の変動額の合計である。
   添付の注記を参照のこと。
             50/126











                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             51/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             52/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             53/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             54/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             55/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             56/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             57/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             58/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             59/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             60/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             61/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             62/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             63/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
















         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             64/126


                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             65/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             66/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             67/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             68/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             69/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             70/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       ピムコ ショート・ターム    ストラテジー
         投資有価証券明細表
         2019 年11月30日現在
          (未監査)
             71/126



















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  (2)投資有価証券明細表等

                (2020 年2月末日現在)
             簿価(米ドル)    時価(米ドル)
                   投資比率
  順位  銘柄   国名  種類 保有数
                   (%)
            単価  金額  単価  金額
  ピムコ ショート・ターム
         投資信託
  1 ストラテジー  クラスC  バミューダ諸島    275,497.06  101.19 27,876,208.11  102.10 28,128,249.83  102.8
         受益証券
  (米ドル)クラス
  (注)投資対象ファンドが投資している投資有価証券に関しては、上記「1 ファンドの運用状況」および上記「(1)資産及び負債
   の状況 <参考情報>」をご参照ください。
 次へ

             72/126

















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  4 管理会社の概況

  (1)資本金の額

   管理会社の払込済み資本金の額は、       2020 年2月末日現在   735,000 米ドル(約  8,043 万円)です。
  (注)米ドルの円換算額は、    2020 年2月 28日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=           109.43 円)
   によります。
  (2)事業の内容及び営業の状況

   管理会社の事業の目的には、定款に規定される以外の制限はなく、投資信託の管理会社として行為す
  ることに何ら制限はありません。
   管理会社は、   2020 年2月末日現在、以下の投資信託の管理・運用を行っています。
                (2020 年2月末日現在)

   国別(設立国)      種類別    本数   純資産の合計(通貨別)
                221,533,746  米ドル
                29,095,400  豪ドル
        公募    7
   ケイマン諸島             3,676,124,984   円
                171,065,201  トルコリラ
        私募    34   340,262,007,751   円
  (3)その他

   本書提出前6ヶ月以内において訴訟事件その他管理会社およびファンドに重要な影響を与えたまたは
  与えることが予想される事実はありません。
 次へ

             73/126










                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  5 管理会社の経理の概況

  a.管理会社の直近2事業年度(      2017 年1月1日から   2017 年12月31日までおよび   2018 年1月1日から   2018

   年12月31日まで)の日本文の財務書類は、「特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令」(平成
   5年大蔵省令第   22号)に基づき、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和               38年
   大蔵省令第  59号)第 131 条第5項ただし書の規定を適用して、管理会社によって作成された監査済財務
   書類の原文を翻訳したものです(ただし、円換算部分を除きます。)。
  b.管理会社の原文の財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和              23年法律第  103 号)第1条の3第

   7項に規定する外国監査法人等をいいます。)であるケーピーエムジーから監査証明に相当すると認
   められる証明を受けており、当該監査証明に相当すると認められる証明に係る監査報告書に相当する
   もの(訳文を含みます。)が当該財務書類に添付されています。
  c.管理会社の原文の財務書類は米ドルで表示されています。日本文の財務書類には円換算額が併記され

   ています。日本円による金額は      2020 年2月 28日現在における株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売
   買相場の仲値(1米ドル=     109.43 円)で換算されています。なお、千円未満の金額は四捨五入されて
   います。
             74/126













                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  (1)資産及び負債の状況

            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド

               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  損益およびその他の包括利益計算書(       2018 年12月31日終了事業年度   )

         注記への

                   1
            2018 年度
                 2017 年度
         参照
            USD   千円   USD  千円
  損益計算書(米ドル)
  受取利息          22,534   2,466   11,246   1,231

  -うち、償却原価で測定される         22,534   2,466   11,246   1,231
  金融商品にかかる受取利息
   2
         4  22,534   2,466   11,246   1,231
  純受取利息
  サービス報酬収入        5  205,000   22,433   190,000   20,792

  その他収益           8   1   41   4
   2
           227,542   24,900   201,287   22,027
  純収益
  一般管理および営業費        6  (121,067)   (13,248)   (111,931)   (12,249)

  引当金繰入および          106,475   11,652   89,356   9,778
    2
  税引前営業利益
  税引前利益          106,475   11,652   89,356   9,778

  法人税等        7   -   -   -   -

  税引後利益          106,475   11,652   89,356   9,778
  1

  比較情報は、以下の脚注2で示した項目を除いた項目については、当年度の表示に準拠するよう再分類されている。詳しい情
  報については、注記   15を参照のこと。
  2
  会社は当初、  2018 年1月1日付で  IFRS 第15号および第9号を適用した。一方、比較情報については、選択された経過措置のも
  と、修正再表示を行っていない。
  8ページから   18ページの注記は本財務諸表の一部をなすものである。

             75/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  財政状態計算書   (2018 年12月31日現在 )

         注記への

                   1
            2018 年度
                 2017 年度
         参照
            USD   千円   USD  千円
  資産(米ドル)
  現金預け金        9  1,213,367   132,779  1,016,181   111,201
  その他資産        10  206,873   22,638   299,223   32,744
  資産合計         1,420,240   155,417  1,315,404   143,945
  負債(米ドル)

  その他負債        10  3,735   409  5,374   588
  負債合計          3,735   409  5,374   588
  株主資本(米ドル)

  資本金        11  735,000   80,431   735,000   80,431
  利益剰余金          681,505   74,577   575,030   62,926
  株主資本合計         1,416,505   155,008  1,310,030   143,357

  負債および株主資本合計         1,420,240   155,417  1,315,404   143,945
  1

  比較情報は、以下の脚注2で示した項目を除いた項目については、当年度の表示に準拠するよう再分類されている。詳しい情
  報については、注記   15を参照のこと。
  2
  会社は当初、  2018 年1月1日付で  IFRS 第15号および第9号を適用した。一方、比較情報については、選択された経過措置のも
  と、修正再表示を行っていない。
  (日付)、取締役会により発行の承認および許可を受けた。

           )

           )
           )
  ニコラス・パパべリン         ) 取締役
           )
  8ページから   18ページの注記は本財務諸表の一部をなすものである。

             76/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  持分変動計算書   (2018 年12月31日終了事業年度   )

         資本金    利益剰余金     合計

         USD  千円  USD  千円   USD  千円
  2018 年度
  2018 年度持分変動計算書

  (米ドル)
  2018 年1月1日現在の残高      735,000  80,431  575,030  62,926  1,310,030   143,357
  当該年度の利益       -  - 106,475  11,652  106,475  11,652
  2018 年12月31日現在の残高    735,000  80,431  681,505  74,577  1,416,505   155,008

  2017 年度

  2017 年度持分変動計算書

  (米ドル)
  2017 年1月1日現在の残高      735,000  80,431  485,674  53,147  1,220,674   133,578
  当該年度の利益       -  -  89,356  9,778  89,356  9,778
  2017 年12月31日現在の残高    735,000  80,431  575,030  62,926  1,310,030   143,357

  8ページから   18ページの注記は本財務諸表の一部をなすものである。

             77/126











                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  キャッシュ・フロー計算書     (2018 年12月31日終了事業年度   )

         注記への

                   1
            2018 年度
                 2017 年度
         参照
            USD   千円   USD  千円
  営業活動による
  キャッシュ・フロー(米ドル)
  当該年度の利益          106,475   11,652   89,356   9,778
  純利益を営業活動より生じた

  現金と一致させるための調整
  税引およびその他調整前

  純利益に含まれる非現金項目:
  受取利息        4  (22,534)   (2,466)   (11,246)   (1,231)
  未実現損益          (8)   (1)   (41)   (4)

  営業資産および負債変動前の
  営業活動より生じた現金          83,933   9,185   78,069   8,543
  営業資産の純減:
  その他資産          92,358   10,107   176,907   19,359
  営業資産の純減          92,358   10,107   176,907   19,359
  営業負債の純(減)/増:
  その他負債および引当金          (1,639)   (179)   1,856   203
  営業負債の純(減)/増          (1,639)   (179)   1,856   203
  法人税等の支払額          -   -   -   -
  営業活動より生じた現金          174,652   19,112   256,832   28,105

  財務活動による
  キャッシュ・フロー(米ドル)
  受取利息        4  22,534   2,466   11,246   1,231
  財務活動により生じた
  現金(米ドル)          22,534   2,466   11,246   1,231
  現金および現金同等物の純増額          197,186   21,578   268,078   29,336
  期首における現金および
  現金同等物         1,016,181   111,201   748,103   81,865
  期末における現金および

  現金同等物(米ドル)         1,213,367   132,779  1,016,181   111,201
  現金預け金        9  1,213,367   132,779  1,016,181   111,201
  期末における現金および
  現金同等物(米ドル)         1,213,367   132,779  1,016,181   111,201
  1

  比較情報は、以下の脚注2で示した項目を除いた項目については、当年度の表示に準拠するよう再分類されている。詳しい情
  報については、注記   15を参照のこと。
  2
  会社は当初、  2018 年1月1日付で  IFRS 第15号および第9号を適用した。一方、比較情報については、選択された経過措置のも
  と、修正再表示を行っていない。
  8ページから   18ページの注記は本財務諸表の一部をなすものである。

             78/126



                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  財務諸表に対する注記

  1.主たる事業

  クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(以下、「当社」という。)は、ケイマン諸島に

  設立された有限会社である。当社の主たる事業はトラストの設立ならびにトラストの管理事務代行および資
  産の管理である。当社の登録事業所は、ケイマン諸島          KY1-1104  、グランド・ケイマン、ウグランド・ハウ
  ス、私書箱  309 、メイプルズ・コーポレート・サービシズ・リミテッド内(           c/o Maples Corporate  Services
  Limited,  P.O. Box 309, Ugland House, Grand Cayman KY1-1104,  Cayman Islands )に所在する。
  2.重要な会計方針

  (a)準拠表明

  本財務諸表は、該当するすべての国際財務報告基準(以下、「            IFRS 」という。)に準拠して作成されてい

  る。 IFRS は、該当する個々の国際財務報告基準、国際会計基準(以下、「            IAS 」という。)および国際会計基
  準審議会(以下、「    IASB 」という。)が発行する解釈指針等すべての総称である。当社が採用した重要な会
  計方針の概要は、以下のとおりである。
  (b)財務諸表の作成基準

  本財務諸表は、取得原価基準を測定基準として作成されている。

  IFRS に準拠した財務諸表の作成に当たり、経営陣は会計方針の適用ならびに資産、負債、収益および費用の

  報告額に影響を与える判断、見積りおよび仮定を行うことが求められている。見積りおよびこれに伴う仮定
  は、状況に応じて合理的であると考えられ、結果として他の情報源からは容易に明白とはならない資産およ
  び負債の帳簿価額を決定する基準となる過去の実績およびその他のさまざまな要因に基づくものである。実
  際の結果は、かかる見積りと異なる場合もある。
  見積りおよびその基礎となる仮定は、継続的に見直しが行われる。会計上の見積りの修正は、見積りが修正

  された期間のみに影響を及ぼす場合は当該期間に、見積りが修正された期間および将来の期間双方に影響を
  及ぼす場合は当該期間および将来の期間に認識される。
  (c)外貨

  当社の機能通貨および表示通貨は米ドル(        USD )である。期中の外貨建取引は、取引日の実勢為替レートで米

  ドルに換算される。外貨建の貨幣性資産・負債は報告会計期間末の実勢為替レートで米ドルに換算される。
  為替差損益は、損益計算書に認識される。
  取得原価により測定された外貨建の非貨幣性資産・負債は、取引日の実勢為替レートで米ドルに換算され

  る。公正価値で計上された外貨建の非貨幣性資産・負債は公正価値が決定された日の実勢為替レートで換算
  される。再換算により生じる為替差損益は、損益計算書に認識される。
             79/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  2.重要な会計方針(続き)

  (d)現金および現金同等物

  現金および現金同等物は、銀行預け金および銀行の手元現金であり、短期の流動性の高い投資のうち、容易

  に一定額の現金に換金することが可能であり、かつ、価値の変動については僅少なリスクしか負わず、取得
  時の満期が3ヵ月以内のものをいう。
  (e)その他の資産

  その他の資産は、まず時価で計上し、その後、償却原価から減損(貸倒引当金)を差し引いて記載する(注

  記2(g)を参照)。ただし、未収金が関連当事者に対する特定返済条件のない無利子融資である場合や、
  その割引の影響が微小である場合はこの限りでない。これらに該当する場合、未収金は不良債権の減損を差
  し引いた原価で計上される。
  (f)引当金および偶発債務

  引当金は、当社が過去の事象の結果として生じる法的または推定的債務を有しており、債務を決済するため

  に経済的便益の流出が必要となる可能性が高く、かつその金額について信頼できる見積りができる場合に、
  不確実な時期または金額の負債に対して認識される。金額の時間的価値が重要な場合、引当金は債務を決済
  するために予想される支出の現在価値で計上される。
  経済的便益の流出が必要となる可能性が低く、金額の見積もりに信頼性がない場合、経済的便益の流出の可

  能性が微小でないかぎり、債務は偶発債務として開示する。1ないし複数の将来事象の発生または未発生に
  よってのみその存在を確認できる潜在的な債務についても、経済的便益の流出の可能性が微小でない限り、
  債務は偶発債務として開示する。
  (g)減損

  当社の資産の帳簿価額は、各報告期間末に見直しを行い、減損を行うべき客観的根拠の有無を判定する。こ

  のような客観的根拠がある場合には、各報告期間末において、この資産の回収可能額の見積もりを行う。資
  産の帳簿価額が回収可能額を上回る場合には、必ず減損損失を計上する。減損損失は利益または損失として
  計上する。
  IFRS 第9号に従って、新しい減損要件は主として償却原価で測定される金融資産に適用される。減損要件

  は、報告日付において将来の経済状況に対する合理的かつ信頼性の高い予測を織り込むことにより、                   IFRS 第
  9号における発生損失モデルから、       IFRS 第9号における予想信用損失(      ECL )モデルに変更となった。本基準
  の適用による当社財務諸表への重大な影響はない。
  (h)収益の認識

  投資運用サービスを提供し、当社に経済的便益が流入する可能性が高く、適宜収益および費用を信頼性を

  もって測定できる場合に、損益計算書に管理報酬が認識される。
             80/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  2.重要な会計方針(続き)

  (i)費用

  すべての費用は、発生主義により損益計算書に認識される。

  (j)関連当事者

  本財務諸表では、当事者が以下のいずれかに該当する場合に当社の関連当事者とみなしている。

  (a)個人、またはその個人の家族の近親者は、以下に該当する場合、当社の関連当事者である。

   (ⅰ)当社を支配している、または共同支配している。
   (ⅱ)当社に重要な影響を与える。
   (ⅲ)当社または当社親会社経営幹部の一員である。
  (b)企業は、以下の条件のいずれかに該当する場合、当社の関連当事者である。

   (ⅰ)その企業と当社が同じグループの傘下にある(すなわち、それぞれの親会社、子会社、関連会
    社が関連している)。
   (ⅱ)その企業と他方の企業が関連会社であるか、合弁会社である(その企業の関連会社または合弁
    会社の属する企業グループに他方の企業が属している)。
   (ⅲ)両企業が、同一の第三者企業の合弁会社である。
   (ⅳ)ある企業がある第三者企業の合弁会社であり、他方の企業が当該第三者企業の関連会社であ
    る。
   (ⅴ)ある企業が、当社または当社の関連当事者である企業の従業員給付のための退職後給付制度で
    ある。
   (ⅵ)ある企業が、(a)に規定する個人に支配されているか、共同支配されている。
   (ⅶ)(a)(ⅰ)に規定する個人が、ある企業に重要な影響を与えているか、その企業(またはそ
    の親会社)の経営幹部の一員である。
  個人の家族の近親者とは、企業との取引において当該個人に影響を与える、または当該個人の影響を受ける

  と予想される親族の一員をいう。
  (k)当期に発効された基準および解釈指針

  当社は、当年度において次のような改訂を採用している。

  IFRS 第9号:金融商品(    2018 年1月1日発効)

  IFRS 第9号「金融商品」:    2014 年7月に、  IASB はIAS 第39号の代替として、   IFRS 第9号「金融商品」(以下、

  「IFRS 第9号」という。)の完全版を公表した。本基準には、認識および測定、減損、認識の中止、一般
  ヘッジ会計に関する要件が含まれる。当社は、         IFRS 第9号のもとで選択を許可されている方針として、遅く
  ともマクロヘッジに関する要件が確定および公表されるまで、            IAS 第39号に準拠したヘッジ会計の適用を継続
  することを決定した。    IFRS 第9号に起因する、    IFRS 第7号「金融商品:開示」に対する修正においても、新
  しい開示、および現在の開示要件の改訂が求められている。           IFRS 第9号は、  2018 年1月1日またはそれ以後
  に開始される年度に適用できる。
             81/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  2.重要な会計方針(続き)

  2017 年10月に、 IASB は負の補償を伴う期限前償還要素(       IFRS 第9号の修正)を公表した。本修正は、        2019 年

  1月1日またはそれ以後に開始される年度に適用でき、早期導入が認められている。当社は、本修正を                   2018
  年1月1日付で年次採用した。
  IFRS 第9号の採用に起因する会計方針の変更は、一般に遡及適用される。しかしながら当社は、以前の期間

  の比較情報を修正再表示しないことを認める免責条項を利用している。
  本改訂の適用による当社財務諸表への重大な影響はない。

  IFRS 第15号「顧客との契約から生じる収益」:       2014 年5月に、  IASB はIFRS 第15号「顧客との契約から生じる

  収益」(以下、「   IFRS 第15号」という。)を公表した。      IFRS 第15号は、単一の包括的な収益認識フレーム
  ワークを定めている。    IFRS 第15号の中核的原則は、約束した財またはサービスの顧客への移転を、かかる財
  またはサービスと引き換えに権利を得ると見込まれる対価の額で描写するように、企業が収益の認識を行う
  ことを要求している。また、     IFRS 第15号には開示要件も含まれており、財務諸表の利用者が顧客との契約か
  ら生じる収益およびキャッシュ・フローの性質、金額、時期および不確実性を理解できるようにしている。
  IFRS 第15号は、 IFRS 内の既存の収益ガイダンスを置き換える。
  2016 年4月に、  IASB はIFRS 第15号「顧客との契約から生じる収益」の明確化(以下、「           IFRS 第15号の明確

  化」という。)を公表した。     IFRS 第15号の明確化は、知的財産の使用権、履行義務の特定、本人(総額)・
  代理人(純額)適用ガイダンス、および経過措置について、収益認識に関する合同移行リソース・グループ
  が検討した導入にかかる質問に対処することを意図するものである。             IFRS 第15号および  IFRS 第15号の明確化
  は、 2018 年1月1日以降に始まる年次報告期間に発効する。
  当社は、累積的影響法による移行アプローチを用いて、           IFRS 第15号のガイダンスと   IFRS 第15号の明確化を

  2018 年1月1日に採用した。なお、移行に伴う調整は利益剰余金において認識され、比較情報の修正再表示
  を行っていない。採用の結果、当社は一部の報酬の認識時期による重大な変化を受けない。企業と締結した
  財またはサービスの顧客への移転契約が個別に識別可能かどうかを評価する際には、約束の内容が契約の観
  点において、それぞれの財もしくはサービスを個別に移転しているかどうか、または約束した財もしくは
  サービスを結合したものを移転しているかどうかを判断することを目的としている。アドバイザリー契約内
  の履行義務を評価した結果、当社は投資銀行資本市場業務における一部の報酬の認識時期に関する変更を特
  定した。
             82/126








                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  3.会計方針の変更

  IASB は、当会計期間に新たに発効する      IFRS の複数の改訂基準を公表している。これらの変更事項は、これま

  でに作成または注記    2(k) に提示された、現在または以前の期間の当社業績および財政状況に重大な影響を及
  ぼしていない。
  当社は、新しい会計基準または解釈指針のうち当会計期間に発効していないものについては適用していない

  (注記 17)。
  4.純受取利息

               2018 年度   2017 年度

  純受取利息(米ドル)
  現金預け金にかかる受取利息              22,534    11,246
  受取利息              22,534    11,246
  金融商品にかかる上記の受取利息はすべて償却原価で測定される。

  5.サービス報酬収入

  当社の主たる事業は、トラストの設立ならびにトラストの管理事務代行および資産の管理である。

  収益は、以下に示す関連会社から得た投資運用報酬である。

               2018 年度   2017 年度

  収益(米ドル)
  サービス報酬収入              205,000    190,000
  収益合計              205,000    190,000
  6.一般管理および営業費

               2018 年度   2017 年度

  一般管理および営業費(米ドル)
  その他報酬費用              (1,315)    (1,311)
  銀行手数料               (545)    -
  営業費              (1,860)    (1,311)
  監査報酬              (3,117)    (3,142)
  役員報酬              (106,500)    (105,033)
  専門家サービス              (9,590)    (2,445)
  一般管理費              (119,207)    (110,620)
  一般管理および営業費合計              (121,067)    (111,931)
  上記の支出はいずれも直接持株会社に対して支払われ、直接持株会社は当社に代わりこれを決済する。

             83/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  7.法人税等

  ケイマン諸島において所得またはキャピタル・ゲインに課される税金はなく、当社は、ケイマン諸島総督よ

  り、 2020 年1月 18日まで現地のすべての所得、利益およびキャピタル・ゲインに対する税金を免除するとの
  保証を得ている。したがって、本財務諸表に所得税は計上されていない。
  8.非連結のストラクチャード・エンティティ

  スポンサーとなる非連結ストラクチャード・エンティティ

  当社は、当社名がストラクチャード・エンティティの名称やそれが発行する商品に表示される、または当社

  がそのストラクチャード・エンティティと関係があるか、もしくは当社がそのストラクチャード・エンティ
  ティの設計や設定に関与しており、ストラクチャード・エンティティとの関与の一形態を有すると市場が一
  般的に期待する場合、自社をそのストラクチャード・エンティティのスポンサーであると見なす。当社がス
  ポンサーではあるが持分を有していない非連結ストラクチャード・エンティティについて、当社は報告期間
  中これらエンティティから投資運用報酬を受け取っておらず、またいかなる資産もこれらエンティティに移
  管していない。
  以下に示す非連結のストラクチャード・エンティティは、当社がスポンサーとなっているが、管理費用は受

  け取っておらず、   2018 年12月31日現在当社は持分を保有していない。
  -ホルト日本株インカム・プラス・ストラテジー・ファンド(適格機関投資家限定)

  以下に示す非連結のストラクチャード・エンティティは、当社がスポンサーであり、年間固定管理費用とし

  て5,000 米ドル(  2017 年: 5,000 米ドル)を受け取っているが、      2018 年12月31日現在当社は持分を保有してい
  ない。
  アジア・エクイティ・インカムプラス・ストラテジー・ファンド(適格機関投資家限定)

  グローバル・リート    α・ファンド(適格機関投資家限定)
  豪州高配当株・ツイン    αファンド(適格機関投資家限定)
  米国リート・プレミアム・ファンド(適格機関投資家限定)
  ダイワ・オーストラリア高配当株      αファンド(適格機関投資家限定)
  プリンシパル/   CSカナディアン・エクイティ・インカム・ファンド(適格機関投資家限定)
  CSグローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(適格機関投資家限定)
  米国好配当株式プレミアム・ファンド(適格機関投資家限定)
  米国スモール・キャップ・エクイティ・プレミアム・ファンド(適格機関投資家限定)
  ダイワ・エマージング・ローカル・マーケット・ボンド・ファンド(適格機関投資家限定)
  J-REIT Fund (適格機関投資家限定    )
  USプリファード・リート・インカム・ファンド(適格機関投資家限定)
  ジャパン・エクイティ・プレミアム・ファンド(適格機関投資家限定)
  ユーロ・ストック・プレミアム・ファンド        (適格機関投資家限定)
  NB/MYAM 米国 REIT インカム・ファンド(適格機関投資家限定)
  ダイワ・  UK・ハイ・ディビデンド・エクイティ・ファンド(適格機関投資家限定)
             84/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  8.非連結ストラクチャード・エンティティ(続き)

  AMP オーストラリア・インカム債券ファンド(適格機関投資家限定)

  ブラジル株式アルファ・ファンド(適格機関投資家限定)
  ダイワ・ブラジリアン・レアル・ボンド・ファンド(適格機関投資家限定)
  US・バリュー・エクイティ・コンセントレイティッド・ファンド(適格機関投資家限定)
  ニッセイ・ジャパン・エクイティ・アクティブ・ファンド(適格機関投資家限定)
  AMP オーストラリア   REIT ファンド(適格機関投資家限定)
  J-REIT  アンド リアル エステート エクイティファンド(適格機関投資家限定)
  新生・欧州債券ファンド(適格機関投資家限定)
  ダイワ・アメリカン・ハイ・ディビデンド・エクイティ・クアトロ・インカム・ファンド
  (適格機関投資家限定)
  ダイワ・アメリカン・リート・クワトロ・インカム・ファンド(適格機関投資家限定)
  US REIT ファンド(適格機関投資家限定)
  新生・ワールド・ラップ・ファンド・ステーブル・タイプ(適格機関投資家限定)
  新生ワールド・ラップ・ファンド・グロース・タイプ(適格機関投資家限定)
  米国リート・トリプル・エンジン・プラス・ファンド(適格機関投資家限定)
  日本国債  17-20 年ラダー・ファンド(適格機関投資家限定)
  オーストラリア・リート・ファンド
  オーストラリア・リート・プラス
  米国債5  -7年ラダー・ファンド(適格機関投資家限定)
  米国・地方公共事業債ファンド
  東京海上・  CAT ボンド・ファンド
  下落抑制株式ファンド(適格機関投資家限定)
  グローバル高配当株式プレミアム・ファンド(適格機関投資家限定)
  マイスターズ・コレクション
  当社は、契約上提供を求められていない連結ストラクチャード・エンティティに金融的またはその他支援を

  提供していない。
  当社は現在、契約上提供を求められていない非連結ストラクチャード・エンティティに金融的またはその他

  支援を提供する意向はない。
  9.現金預け金

  現金および現金同等物の内訳:

               2018 年度   2017 年度

  現金預け金(米ドル)
  現金預け金              1,213,367    1,016,181
  現金預け金合計              1,213,367    1,016,181
             85/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  10.その他の資産および負債

               2018 年度   2017 年度

  その他資産(米ドル)
  未収利息および報酬              206,873    192,723
  その他               -  106,500
  その他資産合計              206,873    299,223
               2018 年度   2017 年度

  その他負債(米ドル)
  未払利息および報酬              3,735    5,374
  その他負債合計              3,735    5,374
  11.資本金

  (a)授権株式および発行済株式

             2018 年度     2017 年度

           株数   米ドル   株数  米ドル
  授権株式:
  1株当たり1米ドルの普通株式        1,000,000   1,000,000   1,000,000   1,000,000
  発行済全額払込済株式:

  普通株式         735,000   735,000   735,000   735,000
  普通株式の株主には、随時宣言される配当金を受け取る権利が付与されており、当社株主総会において1株

  当たり1議決権を有する。すべての普通株式は、当社の残余財産に関して同等順位である。
  (b)資本管理

  当社は、リスクレベルに応じてサービスの価格設定を行い妥当な費用で資金を調達することにより、株主に

  利益を還元し続けるべく、当社が継続企業として存続する能力を保護することを資本管理の第一の目的とし
  ている。当社は大手企業グループの一員であり、追加資本調達元および余剰資本の分配に関する当社の方針
  が、グループの資本管理目的の影響を受ける場合もある。当社は「資本」を、すべての資本項目を含むもの
  と定義している。
  当社の資本構成は定期的に見直しが行われ、当社が所属するグループの資本管理の慣行を考慮して管理され

  ている。資本構成は、当社に対する取締役の信任義務に反しない限り、当社またはグループに影響を及ぼす
  経済状況の変化を踏まえて調整される。
  当期において当社は、外部による資本規制の対象とはなっていない。

             86/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  12.財務リスク管理および公正価値

  当社には、通常の業務の過程において、信用リスク、流動性リスク、金利リスクおよび外国為替リスクに対

  するエクスポージャーが生じる。当社はこれらのリスクを以下に記載する財務管理方針および慣行により管
  理している。
  (a)信用リスク

  当社の信用リスクは、主にグループ企業に対する債権および銀行預け金に起因するものである。信用リスク

  は、金融商品の一方当事者が債務を履行しないことにより他方当事者に財務上の損失を生じさせるリスクと
  して定義されている。経営陣は信用リスクが確実に最低限に維持されるよう、定期的にリスクを監視してい
  る。信用リスクの最大エクスポージャーは、財政状態計算書上の各金融資産の帳簿価額から減損引当金を控
  除した額に相当する。
  (b)流動性リスク

  当社は契約債務および合理的に予測可能な債務を期限到来時に履行するため、定期的に流動性の要件を監視

  することを方針としている。
  2018 年および  2017 年12月31日現在、当社のすべての債務および未払金を含めて、当社の金融負債はすべて要

  求払いまたは無日付であり、3ヵ月以内に決済される予定である。
  (c)金利リスク

  当社は現金および預け金に対して稼得する銀行金利に限り、金利リスクが発生する可能性がある。                   2018 年お

  よび 2017 年12月31日現在、金利の変動が当社の認識された資産または負債の帳簿価額に直接的で重大な影響
  を及ぼすことはない。
  (d)為替リスク

  当社は、主に香港ドル(以下、「      HKD 」という。)建ての支払債務が生じる一部の取引により外国為替リスク

  にさらされている。
  HKD は米ドル(以下、「    USD 」という。)に固定されているため、当社は        USD とHKD 間の為替レートの変動リス

  クは重要ではないと考えている。
  (e)公正価値

  原価または償却原価で計上された当社の金融商品の帳簿価額は、            2018 年12月31日現在の公正価値と大きな相

  違はない。
             87/126






                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  13.重要な関連当事者間取引

  財務諸表上で開示されている取引や残高に加え、当社は次の重要な関連当事者間取引を実施した。

  a)関連当事者間の貸借対照表取引

  財務諸表上で開示されている取引や残高に加え、当社は通常の業務過程において、次の重要な関連当事者間

  取引を行った。
         2018 年12月31日現在     2017 年12月31日現在

          関連グループ       関連グループ
        親会社   会社  合計  親会社   会社  合計
  資産(米ドル)
  その他資産       -  205,000  205,000   -  191,632  191,632
  資産合計       -  205,000  205,000   -  191,632  191,632
  負債および資本(米ドル)

  その他負債       -   -  - 1,871   1,632  3,503
  資本金      735,000    - 735,000  735,000    - 735,000
  負債および株主資本合計      735,000    - 735,000  736,871   1,632  738,503
  b)関連当事者間の収益および費用

         2018 年12月31日現在     2017 年12月31日現在

          関連グループ       関連グループ
        親会社   会社  合計  親会社   会社  合計
  その他収益(米ドル)
  その他収益       -  205,000  205,000   -  190,000  190,000
  c)経営幹部報酬

  経営幹部報酬(米ドル)              2018 年度   2017 年度

  短期従業員給付              106,500    105,033
  経営幹部報酬合計              106,500    105,033
             88/126







                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
               2018 年12月31日終了事業年度財務諸表
  14.親会社および最終的な持株会社

  2018 年12月31日現在、当社の直接の親会社は香港で設立されたクレディ・スイス(ホンコン)リミテッドで

  あり、当社の最終的な支配当事者はスイスで設立されたクレディ・スイス・グループ・アーゲーである。ク
  レディ・スイス・グループ・アーゲーは、一般向けの財務諸表を作成している。
  15.比較情報の再分類

  当社の財務報告については、修正再表示を行っていない。

  金融機関である当社は、     2018 年度に、より適切な情報を提供することを目的として、表示方法を流動・固定

  資産および負債から流動性の高い順番に変更した。加えて当社は、収益および費用の詳細情報を提供するた
  めに、損益計算書の表示方法についても変更した。このような表示方法の変更に伴い、比較金額は当年度の
  表示方法に準拠するよう再分類されている。財務諸表の比較可能性向上のため、現在の表示方法はクレ
  ディ・スイス・グループ内の類似する企業の表示方法に従っている。以前の表示方法に基づく各項目の金額
  およびクラスについては、     2017 年度財務諸表を参照のこと。
  16.修正を要しない後発事象

  2018 年度において、修正を要しない重要な後発事象は存在しない。

  17.公表後、  2018 年12月31日に終了した事業年度には未だ発効していない改訂基準、新基準および解釈指針

  による影響の可能性
  本財務諸表の公表日までに、     IASB は、 2018 年12月31日に終了した事業年度には未だ発効しておらず、本財務

  諸表には採用されていない複数の改訂基準、新基準および解釈指針を公表している。
             89/126










                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             90/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             91/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             92/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             93/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             94/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             95/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             96/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             97/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             98/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             99/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            100/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            101/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            102/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            103/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            104/126





















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  (2)損益の状況

   管理会社の損益の状況については、「(1)資産及び負債の状況」の項目に記載した管理会社の包括
  利益計算書をご参照ください。
 次へ

            105/126


















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  (2)その他の訂正

   別段の記載がない限り、訂正箇所を下線(下線の既に付してある見出しに関しては二重下線)で示し
  ます。
  第一部 証券情報

  <訂正前>
           (前略)
  (3)発行(売出)価額の総額
   1,000 億トルコリラ(約   1兆 8,550 億円 )を上限とします。
           (中略)
  (12)その他
           (中略)
   (ニ)日本以外の地域における発行
    日本以外の地域における販売は行われません。
    海外において、当初1口当たり      10.00 トルコリラで受益証券の発行が行われま        す。
    管理会社のグループ会社であり、ファンドの代行協会員に指定されているクレディ・スイス証券
   株式会社は、シードマネーの拠出として、        2019 年7月 29日に、ファンドの受益証券を、約      100 万米ド
   ルに相当するトルコリラ建ての金額で取得        することとしています    。
           (後略)
  <訂正後>

           (前略)
  (3)発行(売出)価額の総額
   1,000 億トルコリラ(約   1兆 7,620 億円 )を上限とします。
           (中略)
  (12)その他
           (中略)
   (ニ)日本以外の地域における発行
    日本以外の地域における販売は行われません。
    海外において、当初1口当たり      10.00 トルコリラで受益証券の発行が行われま        した 。
    管理会社のグループ会社であり、ファンドの代行協会員に指定されているクレディ・スイス証券
   株式会社は、シードマネーの拠出として、        2019 年7月 29日に、ファンドの受益証券を、約      100 万米ド
   ルに相当するトルコリラ建ての金額で取得        しました  。
           (後略)
            106/126






                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  第二部 ファンド情報

  第1 ファンドの状況
  1 ファンドの性格
  (3)ファンドの仕組み
  ③ 管理会社の概況
  <訂正前>
   管理会社:    クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
      (Credit Suisse Management  (Cayman )Limited )
   1.設立準拠法    管理会社は、ケイマン諸島会社法(その後の改正を含みます。)(以下「会
      社法」といいます。)に準拠します。
   2.事業の目的    管理会社の事業の目的には、定款に規定される以外の制限はなく、投資信託
      の管理会社として行為することに何ら制限はありません。
   3.資本金の額    管理会社の  2019 年5月末日  現在の資本金の額は、額面1米ドルの株式
      735,000 株に分割される   735,000 米ドル(約  8,038 万円)です。
   4.沿革    2000 年1月4日設立
   5.大株主の状    クレディ・スイス(香港)リミテッド            735,000 株
   況    (香港、クーロン、オースティン・ロード・ウェスト1番、            (100 %)
      インターナショナル・コマース・センター        88階)
   (注)米ドルの円貨換算は、    2019 年5月 31日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=           109.36
    円)によります。以下、別段の記載がない限り、米ドルの円貨表示はすべてこれによるものとします。
  <訂正後>

   管理会社    クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド
      (Credit Suisse Management  (Cayman )Limited )
   1.設立準拠法    管理会社は、ケイマン諸島会社法(その後の改正を含みます。)(以下「会
      社法」といいます。)に準拠します。
   2.事業の目的    管理会社の事業の目的には、定款に規定される以外の制限はなく、投資信託
      の管理会社として行為することに何ら制限はありません。           管理会社の主たる
      目的は、投資信託等の管理業務を行うことです。
   3.資本金の額    管理会社の  2020 年2月末日  現在の資本金の額は、額面1米ドルの株式
      735,000 株に分割される   735,000 米ドル(約  8,043 万円)です。
   4.沿革    2000 年1月4日設立
   5.大株主の状    クレディ・スイス(香港)リミテッド            735,000 株
   況    (香港、クーロン、オースティン・ロード・ウェスト1番、            (100 %)
      インターナショナル・コマース・センター        88階)
   (注)米ドルの円貨換算は、    2020 年2月 28日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=           109.43
    円)によります。以下、別段の記載がない限り、米ドルの円貨表示はすべてこれによるものとします。
            107/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  (4)ファンドに係る法制度の概要

  (ⅰ)準拠法の名称
  <訂正前>
   ファンドは、ケイマン諸島の信託法(       2018 年改訂)(以下「信託法」といいます。)に基づき設立
   されています。ファンドは、また、ケイマン諸島のミューチュアル・ファンド法(                2019 年改訂)(以
   下「ミューチュアル・ファンド法」といいます。)により規制されています。
  <訂正後>

   ファンドは、ケイマン諸島の信託法(       2020 年改訂)(以下「信託法」といいます。)に基づき設立
   されています。ファンドは、また、ケイマン諸島のミューチュアル・ファンド法(                2020 年改訂)(以
   下「ミューチュアル・ファンド法」といいます。)により規制されています。
  (5)開示制度の概要

  A.ケイマン諸島における開示
  <訂正前>
  ① ケイマン諸島金融庁(以下「CIMA」といいます。)への開示
           (中略)
   (ⅴ)次項を遵守せずに事業を遂行し、または遂行しようと意図していること。
    ・ミューチュアル・ファンド法またはこれに基づく規則
    ・ケイマン諸島金融庁法(     2018 年改訂)
    ・マネー・ロンダリング防止規則(       2018 年改訂)
    ・免許の条件
           (後略)
  <訂正後>

  ① ケイマン諸島金融庁(以下「CIMA」といいます。)への開示
           (中略)
   (ⅴ)次項を遵守せずに事業を遂行し、または遂行しようと意図していること。
    ・ミューチュアル・ファンド法またはこれに基づく規則
    ・ケイマン諸島金融庁法(     2020 年改訂)
    ・マネー・ロンダリング防止規則(       2020 年改訂)
    ・免許の条件
           (後略)
            108/126






                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  2 投資方針

  (1)投資方針
  ① 投資目的および投資方針
   Ⅱ.投資対象ファンドに関する情報
  <訂正前>
           (前略)
   日本における受益証券の販売ポリシー
   投資信託協会の規則が規定する日本の公募投資信託であるファンド・オブ・ファンズに係る制限お
   よび日本証券業協会の規定する外国証券の取引に関する規則に係る選別基準に関連して、投資対象
   ファンドは以下の投資制限を適用します。
           (中略)
   投資対象ファンドの運用会社
   投資対象ファンド管理会社および投資対象ファンド投資顧問会社としてのパシフィック・インベス
   トメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーの概要は以下のとおりです。
            109/126















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  <訂正後>

           (前略)
   日本における受益証券の販売ポリシー
   投資信託協会の規則が規定する日本の公募投資信託であるファンド・オブ・ファンズに係る制限お
   よび日本証券業協会の規定する      「外国証券の取引に関する規則     」に係る選別基準に関連して、投資対
   象ファンドは以下の投資制限を適用します。
           (中略)
   投資対象ファンドの運用会社
   投資対象ファンド管理会社および投資対象ファンド投資顧問会社としてのパシフィック・インベス
   トメント・マネジメント・カンパニー・エルエルシーの概要は以下のとおりです。
            110/126
















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  (3)運用体制

  <訂正前>
           (前略)
   運用体制等は、   2019 年5月末日  現在のものであり、今後変更となる場合があります。
  <訂正後>

           (前略)
   運用体制等は、   2020 年2月末日  現在のものであり、今後変更となる場合があります。
  (5)投資制限

  <訂正前>
           (前略)
  2. ファンドの純資産総額の     15%を超える金額を、私募債、非上場株式、または不動産などの直ちに現
   金化できない非流動資産に投資してはなりません。ただし、           日本証券業協会(以下「JSDA」と
   いいます。)   が公表する外国証券の取引に関する規則第        16条(外国投資信託受益証券の選別基準)
   (随時改訂または差し替えられる場合があります。)が要求する価格の透明性を保証する目的で、
   適切な措置が講じられている場合は、この例外とします。上記の比率は、購入時または現在の時価
   のいずれかで計算することができます。
           (後略)
  <訂正後>

           (前略)
  2. ファンドの純資産総額の     15%を超える金額を、私募債、非上場株式、または不動産などの直ちに現
   金化できない非流動資産に投資してはなりません。ただし、           日本証券業協会   が公表する  「外国証券
   の取引に関する規則    」第16条(外国投資信託受益証券の選別基準)(随時改訂または差し替えられ
   る場合があります。)が要求する価格の透明性を保証する目的で、適切な措置が講じられている場
   合は、この例外とします。上記の比率は、購入時または現在の時価のいずれかで計算することがで
   きます。
           (後略)
            111/126








                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  3 投資リスク

  ① リスク要因
  <訂正前>
           (前略)
  投資運用会社への依存
   サブアドバイズド・ポートフォリオの成功または失敗は、概ね、これらの投資の選択およびそのパ
  フォーマンスの監視における投資運用会社の判断および能力に依存しています。投資者は、サブアドバ
  イズド・ポートフォリオについて、関連する経済、財務およびその他の情報を自分自身で評価する機会
  を持ちません。投資運用会社が成功するという保証はありません。さらに、投資運用会社のキーパーソ
  ンの死亡、就労不能または退職によってサブアドバイズド・ポートフォリオのパフォーマンス、ひいて
  はファンドのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。
  ファンドの実績がないこと
   ファンドには運用実績およびパフォーマンス・レコードがありません。管理会社および投資運用会社
  が運用する投資ファンドの過去のパフォーマンスは必ずしもファンドの将来の結果を示唆または予測す
  るものではありません。
  分配
           (中略)
  流通市場の不在
   投資者は、受益証券の流動性に関する保証はなく、受益証券の流通市場が形成される予定はないこと
  を留意すべきです。その結果として、受益者が下記「第2 管理及び運営-2 買戻し手続等」に記載
  される手続および規制に従った買戻しによってのみ受益証券を処分することができます。関連する買戻
  通知日から関連する    買戻日 までの期間中に受益証券の買戻しを要求する受益者が保有する受益証券のク
  ラスの受益証券1口当たり純資産価格の低下のリスクは、その買戻しを要求する受益者が負います。
           (中略)
  カウンターパーティー・リスク
           (中略)
   過去、 いつくか  の著名な金融市場参加者(店頭取引および業者間取引のカウンターパーティーを含み
  ます。)が期限通りに契約上の義務を履行できず、またはもう少しで不履行になることがありました。
           (中略)
  カウンターパーティー・リスク
           (中略)
   この十年、  いつくか  の著名な金融市場参加者(店頭取引および業者間取引のカウンターパーティーを
  含みます。)が期限到来時に契約上の義務を履行できず、またはあやうく不履行となる事例がありまし
  た。
           (中略)
  流通市場の不存在
   ユニットについて、流通市場は想定されていません。そのため、受益者は、英文目論見書補遺に定め
  る買戻方法によってのみ、ユニットを処分することができます。買戻請求日から買戻日までの期間にお
  いて、自己のユニットの買戻しを請求する受益者が保有するユニットに係る投資対象ファンドのユニッ
  ト1口当たり純資産価格の下落リスクについては、買戻しを請求する受益者がこれを負担します。
  運用実績の不存在
   投資対象ファンドは新規設立ファンドであるため、予想される運用成果を投資者が評価する上で基盤
  となる運用実績が存在しません。
            112/126


                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
   投資対象ファンド投資顧問会社の過去の運用実績は、投資対象ファンドの将来における投資実績に関
  する信頼のおける指標とはなり得ません。
   投資対象ファンドが成長しまたは経済的に存続できる規模を維持できるという保証はなく、その場
  合、投資対象ファンドの受託会社が投資対象ファンドの清算を決定する可能性があります。
  スタートアップ期間
           (後略)
  <訂正後>

           (前略)
  投資運用会社への依存
   サブアドバイズド・ポートフォリオの成功または失敗は、概ね、これらの投資の選択およびそのパ
  フォーマンスの監視における投資運用会社の判断および能力に依存しています。投資者は、サブアドバ
  イズド・ポートフォリオについて、関連する経済、財務およびその他の情報を自分自身で評価する機会
  を持ちません。投資運用会社が成功するという保証はありません。さらに、投資運用会社のキーパーソ
  ンの死亡、就労不能または退職によってサブアドバイズド・ポートフォリオのパフォーマンス、ひいて
  はファンドのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。
  分配
           (中略)
  流通市場の不在
   投資者は、受益証券の流動性に関する保証はなく、受益証券の流通市場が形成される予定はないこと
  を留意すべきです。その結果として、受益者が下記「第2           管理及び運営   -2 買戻し手続等」に記載さ
  れる手続および規制に従った買戻しによってのみ受益証券を処分することができます。関連する買戻通
  知日から関連する   買戻日(以下に定義します。)      までの期間中に受益証券の買戻しを要求する受益者が
  保有する受益証券のクラスの受益証券1口当たり純資産価格の低下のリスクは、その買戻しを要求する
  受益者が負います。
           (中略)
  カウンターパーティー・リスク
           (中略)
   過去、 いくつか  の著名な金融市場参加者(店頭取引および業者間取引のカウンターパーティーを含み
  ます。)が期限通りに契約上の義務を履行できず、またはもう少しで不履行になることがありました。
           (中略)
  カウンターパーティー・リスク
           (中略)
   この十年、  いくつか  の著名な金融市場参加者(店頭取引および業者間取引のカウンターパーティーを
  含みます。)が期限到来時に契約上の義務を履行できず、またはあやうく不履行となる事例がありまし
  た。
           (中略)
  流通市場の不存在
   ユニットについて、流通市場は想定されていません。そのため、受益者は、英文目論見書補遺に定め
  る買戻方法によってのみ、ユニットを処分することができます。買戻請求日から買戻日までの期間にお
  いて、自己のユニットの買戻しを請求する受益者が保有するユニットに係る投資対象ファンドのユニッ
  ト1口当たり純資産価格の下落リスクについては、買戻しを請求する受益者がこれを負担します。
  スタートアップ期間
           (後略)
            113/126


                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  参考情報

  本項を以下のとおり更新します。
            114/126




















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  4 手数料等及び税金

  (5)課税上の取扱い
  ① 日本
  <訂正前>
   2019 年5月末日  現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなります。
           (後略)
  <訂正後>

   2020 年2月末日  現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなります。
           (後略)
  ②ケイマン諸島

  <訂正前>
           (前略)
   本書提出日付   現在、ケイマン諸島には一切の為替管理が存在しません。
           (後略)
  <訂正後>

           (前略)
   2019 年7月 12日現在、ケイマン諸島には一切の為替管理が存在しません。
           (後略)
            115/126












                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  5 運用状況

  <訂正前>
  ファンドは、   2019 年7月 29日から運用を開始します。
           (中略)
  (2)投資資産
   該当事項ありません。
           (後略)
  <訂正後>

  管理会社が管理するファンドの運用状況は次のとおりです。
           (中略)
  (2)投資資産
  ① 投資有価証券の主要銘柄
                 (2020 年2月末日現在)
            簿価(米ドル)    時価(米ドル)
                   投資比率
  順位  銘柄   国名  種類  保有数
                   (%)
            単価  金額  単価  金額
  ピムコ ショート・ター
  ムストラテジー  クラス
      バミューダ  投資信託
  1        275,497.06  101.19  27,876,208.11  102.10  28,128,249.83  102.8
  C
       諸島 受益証券
  (米ドル)クラス
  <参考情報>

   ファンドの投資対象であるピムコ・バーミューダ・トラスト-ピムコ・ショート・ターム・ストラテ
   ジー・クラスC(米ドル)クラス(以下「投資対象ファンド」といいます。)が投資している投資有
   価証券について、   2020 年2月末日現在の組入上位     10銘柄は以下のとおりです。
                 国・

  順位   銘柄名    クーポン  償還日   セクター     格付 比率
                 地域
   USTREASURY  NOTE
  1       1.75 % 2021/ 7/31 政府関連債・地方債    米国 AAA 13.6 %
   USTREASURY  NOTE
  2       1.38 % 2022/ 1/31 政府関連債・地方債    米国 AAA 6.4 %
   FNMA TBA 4.0% APR 30YR
  3       4.00 % 2050/ 4/15  モーゲージ債    米国 AAA 4.7 %
   USTREASURY  INFLATE  PROT BD
  4       0.75 % 2028/ 7/15 政府関連債・地方債    米国 AAA 3.2 %
   FNMA TBA 4.0% MAR 30YR
  5       4.00 % 2050/ 3/12  モーゲージ債    米国 AAA 1.9 %
   USTREASURY  INFLATE  PROT BD
  6       0.38 % 2025/ 7/15 政府関連債・地方債    米国 AAA 1.4 %
   CENTRAL  NIPPON EXPRESSWY
  7       2.15 % 2022/ 2/15 政府関連債・地方債    日本  A+ 1.4 %
   FNMA TBA 3.0% MAY 30YR
  8       3.00 % 2050/ 5/13  モーゲージ債    米国 AAA 1.2 %
   HSBC HOLDINGS  PLC SR UNSEC
  9       2.69 % 2024/ 5/18  投資適格社債    英国  A+ 1.1 %
   FNMA  PASS THRU 30YR #CA2474
  10       4.00 % 2048/ 7/1  モーゲージ債    米国 AAA 1.0 %
  (注1)債券・短期金融資産等の組入上位      10銘柄を表示しています。
  (注2)格付は、S&P社、ムーディーズ社、フィッチ社のものを原則とし、S&P社の表記方法で表示しています。格付会社によ
   り格付が異なる場合は最も高いものを採用しています。
  ② 投資不動産物件

   該当事項はありません(     2020 年2月末日現在)。
  ③ その他投資資産の主要なもの

            116/126


                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
   該当事項はありません(     2020 年2月末日現在)。
           (後略)
            117/126




















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  第2 管理及び運営

  1 申込(販売)手続等
  (1)海外における販売手続等
  <訂正前>
   当初払込日以降、   トルコリラクラス受益証券は、最低申込みに従い、各取引日に、当該受益証券1口
  当たり純資産価格と同額で、投資者による募集に供されます。
   当該受益証券1口当たり純資産価格は当該取引日(当該取引日が評価日ではない場合には直前の評価
  日)において   計算 されます。募集の単位は1口以上1口単位とします。申込金額の総額は、              0.005 を切り
  上げて、小  数点 第2位に四捨五入します。申込手数料はかかりません。
   当初払込日における日本における販売会社によるトルコリラクラス受益証券の申込みは、当初払込日
  に受益証券1口当たり純資産価格と同額で発行されます。
   「最低申込み」とは、投資家1人当たり1口をいい、受益証券は、1口以上1口単位で申込みするこ
  とができます。申込みは、管理会社の単独の裁量により、その全部または一部が受け付けられ、または
  拒否されることがあります。
  募集

   当初払込日以降に   トルコリラクラス受益証券の購入を希望する投資者は、管理事務代行会社に、トル
  コリラクラス受益証券の購入のための記入済みの申込書または簡易化した申込書(場合による)(およ
  びあらかじめ提供されていない場合は、申込書に記載されるかかる投資者の身元を証明する書類および
  購入代金の出所)を関連する取引日の午後6時(日本時間)まで、または管理会社が独自の裁量で決定
  するその他の時間または/および日付までに受領するように送付しなくてはなりません。不十分な申込
  書は、管理会社の裁量により、記入済み申込書の受理後の最初の取引日まで持ち越され、受益証券が関
  連する受益証券1口当たり純資産価格でかかる取引日に発行されます。
           (中略)
   受益証券は、該当する場合は     当初払込日または   関連する取引日に発行されます。
           (中略)
   受益証券の申込みが受け付けられると、受益証券は          当初払込日または   関連する取引日の営業終了時か
  ら有効に発行されたものとして取り扱われますが(場合による)、当該受益証券の申込者は、                  当初払込
  日または  関連する取引日が経過するまで受益者登録簿(以下「登録簿」といいます。)に登録されない
  場合があります(場合による)。これにより、受益証券について申込者が支払った購入代金は、(該当
  する場合には)   当初払込日または   関連する取引日からファンドへの投資リスクにさらされます。
           (後略)
  <訂正後>

   トルコリラクラス受益証券は、最低申込みに従い、各取引日に、当該受益証券1口当たり純資産価格
  と同額で、投資者による募集に供されます。
   当該受益証券1口当たり純資産価格は当該取引日(当該取引日が評価日ではない場合には直前の評価
  日)において   計算 されます。募集の単位は1口以上1口単位とします。申込金額の総額は、              0.005 を切り
  上げて、小  数点 第2位に四捨五入します。申込手数料はかかりません。
   「最低申込み」とは、投資家1人当たり1口をいい、受益証券は、1口以上1口単位で申込みするこ
  とができます。申込みは、管理会社の単独の裁量により、その全部または一部が受け付けられ、または
  拒否されることがあります。
  募集

            118/126


                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
   トルコリラクラス受益証券の購入を希望する投資者は、管理事務代行会社に、トルコリラクラス受益
  証券の購入のための記入済みの申込書または簡易化した申込書(場合による)(およびあらかじめ提供
  されていない場合は、申込書に記載されるかかる投資者の身元を証明する書類および購入代金の出所)
  を関連する取引日の午後6時(日本時間)まで、または管理会社が独自の裁量で決定するその他の時間
  または/および日付までに受領するように送付しなくてはなりません。不十分な申込書は、管理会社の
  裁量により、記入済み申込書の受理後の最初の取引日まで持ち越され、受益証券が関連する受益証券1
  口当たり純資産価格でかかる取引日に発行されます。
           (中略)
   受益証券は、該当する場合は関連する取引日に発行されます。
           (中略)
   受益証券の申込みが受け付けられると、受益証券は関連する取引日の営業終了時から有効に発行され
  たものとして取り扱われますが(場合による)、当該受益証券の申込者は、関連する取引日が経過する
  まで受益者登録簿(以下「登録簿」といいます。)に登録されない場合があります(場合による)。こ
  れにより、受益証券について申込者が支払った購入代金は、(該当する場合には)関連する取引日から
  ファンドへの投資リスクにさらされます。
           (後略)
  2 買戻し手続等

  (1)海外における買戻し手続等
  <訂正前>
           (前略)
  停止
           (中略)
   ファンド障害事由が発生した際にも       中断 を宣言することができます。受益証券に係るすべての支払い
  は、「純資産総額の計算の停止」の項目に記載の状況およびファンド障害事由が終了するまで停止され
  ることがあります。
           (後略)
  <訂正後>

           (前略)
  停止
           (中略)
   ファンド障害事由が発生した際にも       停止 を宣言することができます。受益証券に係るすべての支払い
  は、「純資産総額の計算の停止」の項目に記載の状況およびファンド障害事由が終了するまで停止され
  ることがあります。
           (後略)
  3 資産管理等の概要

  (5)その他
  ① ファンドの解散
  <訂正前>
           (前略)
   ソフト ウィ ンドダウン
   管理会社が、受託会社と協議し、ファンドの投資方針がもはや実行可能ではないと判断した場合、信
  託約款及び英文目論見書補遺の規定に従い、秩序ある方法で資産を換価するためにファンドを管理し、
            119/126


                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  受益権者の最善の利益になると判断される方法でその収益を受益権者に分配し、解散することができま
  す。この手続きはファンドの事業に不可欠であり、受益権者の関与なしに実行することができます。
           (後略)
  <訂正後>

           (前略)
   ソフト ワイ ンドダウン
   管理会社が、受託会社と協議し、ファンドの投資方針がもはや実行可能ではないと判断した場合、信
  託約款及び英文目論見書補遺の規定に従い、秩序ある方法で資産を換価するためにファンドを管理し、
  受益権者の最善の利益になると判断される方法でその収益を受益権者に分配し、解散することができま
  す。この手続きはファンドの事業に不可欠であり、受益権者の関与なしに実行することができます。
           (後略)
            120/126
















                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド

  (ケイマン諸島に設立された有限会社)
  取締役会への独立監査人の報告書
  意見

  当監査法人は、4ページから      18ページに記載するクレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミ

  テッド(以下、「会社」という。)の       2018 年12月31日現在の財政状態計算書、ならびに同日をもって
  終了する事業年度の損益およびその他の包括利益計算書、持分変動計算書、キャッシュ・フロー計算
  書、重要な会計方針の概要を含む財務諸表に対する注記から構成される財務諸表について監査を行っ
  た。
  当監査法人の意見では、財務諸表は、       2018 年12月31日現在の会社の財政状態ならびに同日に終了した

  事業年度の財務実績およびキャッシュ・フローについて、国際財務報告基準(「               IFRS 」)に準拠した
  正確かつ公正な表示を行っている。
  監査意見の根拠

  当監査法人は、国際監査基準(「      ISA 」)に従い監査を実施した。同基準のもとでの当監査法人の責任

  については、報告書内の     財務諸表の監査に対する監査人の責任       の項で詳しく説明している。当監査法
  人は、国際会計士倫理基準審議会が定める職業会計士の倫理規定(「             IESBA 基準」)ならびに当監査法
  人による財務諸表の監査に適用されるケイマン諸島における倫理要件に従い、会社から独立してお
  り、また、当監査法人は、     IESBA 基準に従い、その他の倫理的責任を果たしている。当監査法人は、意
  見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を得たと確信している。
  財務諸表以外の情報およびそれに関する監査人の報告書

  取締役はその他の情報について責任を有する。その他の情報は、財務諸表および当監査法人によるそ

  れに関する監査人の報告書以外の年次報告書に含まれるすべての情報から構成される。
  財務諸表に関する当監査法人の意見は、その他の情報を対象にはしておらず、当監査法人はそれに対

  していかなる種類の保証となる結論も表明しない。
  財務諸表の監査に関する当監査法人の責任は、その他の情報を通読し、その中で、その他の情報が財

  務諸表または監査の中で当監査法人が得た知識に著しく矛盾していないか、または重大な虚偽記載と
  思われるものがないかを検討することである。
  当監査法人が実施した作業に基づき、その他の情報に重大な虚偽記載があると結論づけられた場合、

  当監査法人はその事実を報告する義務を負う。この点について、当監査法人が報告すべき事項はな
  い。
            121/126



                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド

  (ケイマン諸島に設立された有限会社)
  取締役会への独立監査人の報告書(続き)
  財務諸表に対する取締役の責任

  取締役は、財務諸表を    IFRS に準拠して正確かつ公正に表示されるよう作成すること、および、取締役

  が必要と判断する内部統制によって、不正行為または誤謬によるものかにかかわらず、重大な虚偽記
  載のない財務諸表の作成を可能にすることに責任を有している。
  財務諸表の作成にあたり、取締役は、会社が継続企業として存続する能力を評価し、継続企業に関す

  る事項を必要に応じて開示し、継続企業の前提に基づき会計処理を行う責任を有している。ただし、
  取締役が会社の清算もしくは事業停止の意図を有する、またはそれ以外に現実的な代替案がない場合
  はこの限りではない。
  財務諸表の監査に対する監査人の責任

  当監査法人の目的は、不正行為または誤謬によるものかにかかわらず、全体としての財務諸表に重大

  な虚偽記載がないかどうかについて合理的な確証を得ること、および当監査法人の意見を含む監査報
  告書を発行することである。本報告書は、当監査法人の合意された業務条件に従い、全体的に会社へ
  の提出を目的として作成され、その他の目的を持つものではない。当監査法人は、本報告書の内容に
  関してその他の者に対する責任または義務を負うものではない。
  合理的な確証は、高水準の保証ではあるものの、重大な虚偽記載がある場合に、               ISA に従い実施される

  監査で必ずそれらを発見することを約束するものではない。虚偽記載は、不正行為または誤謬により
  生じる場合があり、個別にも全体的にも、これらの財務諸表に基づき行われる利用者の経済的判断に
  影響を及ぼす可能性があると合理的に予想できる場合に重大な虚偽記載とみなされる。
  ISA に従い実施する監査の一環として、当監査法人は監査を通して専門家としての判断を行い、専門家

  としての懐疑心を維持する。また、当監査法人は、
  - 不正行為または誤謬によるものかにかかわらず、財務諸表の重大な虚偽記載に関するリスクを特

  定、評価し、これらのリスクに対応する監査手続きを計画および実施し、意見表明の基礎を提供
  する十分かつ適切な監査証拠を入手する。不正行為による重大な虚偽記載の未発見は誤謬による
  虚偽の未発見よりもリスクが高い。不正行為には、共謀、文書の偽造、意図的な除外、虚偽の陳
  述または内部統制の無効化を伴う可能性があるためである。
            122/126





                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド

  (ケイマン諸島に設立された有限会社)
  取締役会への独立監査人の報告書(続き)
  財務諸表の監査に対する監査人の責任(続き)

  - 状況に応じた適切な監査手続きを策定するために、監査に関連する内部統制を理解するが、これ

  は会社の内部統制の有効性に関する意見の表明を目的とするものではない。
  - 採用された会計方針の適切性および取締役による会計上の見積りと関連する開示の合理性を評価

  する。
  - 取締役による継続企業の前提に基づく会計処理の適切性について、および、入手した監査証拠に

  基づき、会社が継続企業として存続する能力に重要な疑義を生じさせるような事象または状況に
  関する重要な不確実性の有無について結論を述べる。当監査法人が重要な不確実性が存在すると
  結論付けた場合、監査報告書において財務諸表の関連する開示事項を参照する必要がある。かか
  る開示事項に不備がある場合は当監査法人の意見を変更することが要求される。当監査法人によ
  る結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づくものである。ただし、将来的な事象ま
  たは状況により、会社が継続企業として存続できなくなる場合がある。
  - 開示事項を含む財務諸表の全体的な表示、構成および内容、ならびに財務諸表が基礎となる取引

  および事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
  当監査法人は、他の事項と合わせ、監査の計画範囲および時期、ならびに監査の過程で特定された内

  部統制の重大な不備などを含む重要な監査結果について取締役に通知する。
  公認会計士

  プリンスビルディング    8階

  チャーター・ロード    10
  香港、セントラル
            123/126







                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  Independent  auditor’s  report tothe board ofdirectors  of

  Credit Suisse Management  (Cayman)  Limited
  (Incorporated  inthe Cayman Islands with limited liability)
  Opinion

  We have audited the financial  statements  ofCredit Suisse Management  (Cayman)  Limited (the “Company”)  set

  out on pages 4to18, which comprise  the statement  offinancial  position asat31 December  2018, the statement  of
  profit and loss and other comprehensive   income and the statement  ofchanges inequity, the statement  ofcash flow
  for the year then ended and notes to the financial  statements,  including  asummary  of significant  accounting
  policies.
  Inour opinion, the financial  statements  give atrue and fair view ofthe financial  position ofthe Company  asat31

  December  2018 and ofits financial  performance  and its cash flows for the year then ended inaccordance  with
  International  Financial  Reporting  Standard  (“IFRS”).
  Basis for opinion

  We conducted  our audit inaccordance  with International  Standards  on Auditing  (“ISAs”).   Our responsibilities

  under those standards  are further described  in the Auditor’s  responsibilities   for the audit of the financial
  statements  section ofour report.  We are independent  ofthe Company  inaccordance  with the International  Ethics
  Standards  Board for Accountants  Code ofEthics for Professional  Accountants  (“IESBA  Code”) together with the
  ethical requirements  that are relevant toour audit ofthe financial  statements  inthe Cayman  Islands, and we have
  fulfilled our other ethical responsibilities   inaccordance  with the IESBA Code.  We believe that the audit evidence
  we have obtained  issufficient  and appropriate  toprovide abasis for our opinion.
  Information  other than the financial  statements  and auditor’s  report thereon

  The directors  are responsible  for the other information.   The other information  comprises  all the information

  included  inthe annual report, other than the financial  statements  and our auditor’s  report thereon.
  Our opinion on the financial  statements  does not cover the other information  and we do not express any form of

  assurance  conclusion  thereon.
  Inconnection  with our audit ofthe financial  statements,  our responsibility  istoread the other information  and, in

  doing so, consider  whether the other information  ismaterially  inconsistent  with the financial  statements  orour
  knowledge  obtained  inthe audit orotherwise  appears tobe materially  misstated.
  If, based on the work we have performed,  we conclude  that there isamaterial  misstatement  of this other

  information;  we are required toreport that fact.  We have nothing toreport inthis regard.
            124/126




                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  Independent  auditor’s  report tothe board ofdirectors  of
  Credit Suisse Management  (Cayman)  Limited (continued)
  (Incorporated  inthe Cayman Islands with limited liability)
  Responsibilities   ofthe directors’  for the financial  statements

  The directors  are responsible  for the preparation  of the financial  statements  that give atrue and fair view in

  accordance  with IFRS and for such internal control as the directors  determine  is necessary  to enable the
  preparation  offinancial  statements  that are free from material misstatement,  whether due tofraud orerror.
  Inpreparing  the financial  statements,  the directors  are responsible  for assessing  the Company’s  ability tocontinue

  asagoing concern,  disclosing,  asapplicable,  matters related togoing concern and using the going concern basis
  of accounting  unless the directors  either intend to liquidate  the Company  or to cease operations,  or have no
  realistic alternative  but todo so.
  Auditor’s  responsibilities   for the audit ofthe financial  statements

  Our objectives  are toobtain reasonable  assurance  about whether the financial  statements  asawhole are free from

  material  misstatement,  whether due tofraud orerror, and toissue an auditor’s  report that includes  our opinion. 
  This report ismade solely toyou, asabody, inaccordance  with our agreed terms ofengagement,  and for no other
  purpose.   We do not assume responsibility  towards oraccept liability toany other person for the contents  ofthis
  report.
  Reasonable  assurance  isahigh level ofassurance,  but isnot aguarantee  that an audit conducted  inaccordance

  with ISAs will always detect amaterial misstatement  when itexists.  Misstatements   can arise from fraud orerror
  and are considered  material if,individually  orinthe aggregate,  they could reasonably  be expected  toinfluence  the
  economic  decisions  ofusers taken on the basis ofthese financial  statements.
  As part of an audit in accordance  with ISAs, we exercise  professional  judgement  and maintain  professional

  scepticism  throughout  the Audit.  We also:
  -  Identify and assess the risks ofmaterial  misstatement  of the financial  statements,  whether due tofraud or

  error, design and perform  audit procedures  responsive  to those risks, and obtain audit evidence  that is
  sufficient  and appropriate  to provide  abasis for our opinion.   The risk of not detecting  amaterial
  misstatement  resulting  from fraud ishigher than for one resulting  from error, asfraud may involve collusion,
  forgery, intentional  omissions,  misrepresentations   orthe override  ofinternal control.
            125/126






                     EDINET提出書類
              クレディ・スイス・マネジメント(ケイマン)リミテッド(E15389)
                 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
  Independent  auditor’s  report tothe board ofdirectors  of
  Credit Suisse Management  (Cayman)  Limited (continued)
  (Incorporated  inthe Cayman Islands with limited liability)
  Auditor’s  responsibilities   for the audit ofthe financial  statements  (continued)

  -  Obtain an understanding  ofinternal control relevant tothe audit inorder todesign audit procedures  that are

  appropriate  inthe circumstances  but not for the purpose ofexpressing  an opinion on the effectiveness  ofthe
  Company’s  internal control.
  -  Evaluate  the appropriateness   ofaccounting  policies used and the reasonableness   ofaccounting  estimates  and

  related disclosures  made by the directors.
  -  Conclude  on the appropriateness   ofthe directors’  use ofthe going concern basis ofaccounting  and, based on

  the audit evidence  obtained,  whether amaterial  uncertainty  exists related toevents orconditions  that may
  cast significant  doubt on the Company’s  ability to continue  as agoing concern.   Ifwe conclude  that a
  material uncertainty  exists, we are required  todraw attention  inour auditor’s  report tothe related disclosures
  inthe financial  statements  or, ifsuch disclosures  are inadequate,  tomodify our opinion.   Our conclusions  are
  based on the audit evidence  obtained  up to the date of our auditor’s  report.  However,  future events or
  conditions  may cause the Company  tocease tocontinue  asagoing concern.
  -  Evaluate  the overall presentation,  structure  and content ofthe financial  statements,  including  the disclosures,

  and whether  the financial  statements  represent  the underlying  transactions  and events in amanner that
  achieves  fair presentation.
  We communicate  with the directors  regarding,  among other matters, the planned scope and timing ofthe audit and

  significant  audit findings,  including  any significant  deficiencies  ininternal control that we identify during our
  audit.
  Certified  Public Accountants

  8th Floor, Prince’s Building

  10 Chater Road
  Central, Hong Kong
            126/126






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。