Chatwork株式会社 有価証券報告書 第16期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第16期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 Chatwork株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      近畿財務局長

    【提出日】                      2020年3月27日

    【事業年度】                      第16期(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

    【会社名】                      Chatwork株式会社

    【英訳名】                      Chatwork     Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役兼社長執行役員CEO兼CTO 山本                    正喜

    【本店の所在の場所】                      大阪府大阪市北区梅田2丁目6番20号

                          (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                          行っております。)
    【電話番号】                      ―

    【事務連絡者氏名】                      ―

    【最寄りの連絡場所】                      東京都港区芝公園三丁目4番30号

    【電話番号】                      03-6459-0514

    【事務連絡者氏名】                      取締役兼執行役員CFO兼コーポレート本部長                     井上   直樹

                          株式会社東京証券取引所

    【縦覧に供する場所】
                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/95








                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

                       第  12  期    第  13  期    第  14  期    第  15  期    第  16  期

            回次
           決算年月            2015年12月       2016年12月        2017年12月       2018年12月       2019年12月

     売上高              (千円)      559,408       695,052        968,294      1,301,836       1,815,079

     経常利益又は経常損失(△)              (千円)     △ 366,796      △ 627,062       △ 230,222      △ 163,146        62,343

     当期純利益又は当期純損失
                  (千円)     △ 367,525      △ 630,838       △ 232,965      △ 110,800        61,421
     (△)
     持分法を適用した
                  (千円)          ―       ―        ―       ―       ―
     場合の投資利益
     資本金              (千円)      164,138       914,138        914,138       914,138      1,358,138
     発行済株式総数
      普通優先株式                   141,000       141,000        141,000       141,000      36,600,000
                   (株)
      A種優先株式                    9,000       9,000        9,000       9,000          ―
      B種優先株式                      ―     30,000        30,000       30,000          ―
     純資産額              (千円)        3,656      872,817        639,852       529,051      1,478,473
     総資産額              (千円)      204,230      1,111,864         979,271       995,430      2,008,982

     1株当たり純資産額              (円)    △ 1,975.61      △ 5,151.00        △ 32.23      △ 35.30       40.40

     1株当たり配当額                       ―       ―        ―       ―       ―
                   (円)
     (1株当たり中間配当額)                      ( ―)      ( ―)       ( ―)      ( ―)      ( ―)
     1株当たり当期純利益又は
                   (円)    △ 2,498.22      △ 3,553.20         △ 6.47      △ 3.08       1.70
     当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後
                   (円)         ―       ―        ―       ―      1.66
     1株当たり当期純利益金額
     自己資本比率              (%)        1.8       78.5        65.3       53.1       73.6
     自己資本利益率              (%)         ―       ―        ―       ―      6.1

     株価収益率              (倍)         ―       ―        ―       ―       ―

     配当性向              (%)         ―       ―        ―       ―       ―

     営業活動による
                  (千円)          ―       ―   △ 158,183       △ 66,349       98,376
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  (千円)          ―       ―    △ 87,481      △ 25,447      △ 48,781
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                  (千円)          ―       ―      △ 91      △ 90     870,885
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                  (千円)          ―       ―    703,174       611,287      1,531,768
     の期末残高
     従業員数                       53       72        85       91       107
                   (名)
     〔外、平均臨時雇用者数〕                      ( ―)      ( ―)       ( ―)      (1)       (3)
     株主総利回り                       ―       ―        ―       ―       ―
                   (%)
     (比較指標:―)                      ( ―)      ( ―)       ( ―)      ( ―)      ( ―)
     最高株価              (円)         ―       ―        ―       ―     1,521
     最低株価              (円)         ―       ―        ―       ―      972

                                  2/95



                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (注)   1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結事業年度に係る主要な経営指標等の推移については記
          載しておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社を有していないため記載しておりません。
        4.2019年5月22日付の取締役会決議に基づいて、A種優先株式9,000株及びB種優先株式30,000株を自己株式
          として取得し、その対価として普通株式をそれぞれ9,000株、30,000株交付しております。また、同取締役
          会決議に基づき、自己株式として取得した当該A種優先株式及びB種優先株式の全てを同日付けで消却して
          おります。
        5.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため、記載しておりません。
        6.第12期及び第13期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
          しておりません。第14期及び第15期については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるた
          め、期中平均株価が把握できず、かつ1株当り当期純損失であるため記載しておりません。
        7.自己資本利益率については、当期純損失が計上されているため、記載しておりません。
        8.第12期から第15期までの株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        9.第12期及び第13期については、キャッシュ・フロー計算書を作成していないため、キャッシュ・フローに係
          る各項目については記載しておりません。
        10.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(派遣社員を含む)は()内に年間平均人数を外数で記載しておりま
          す。
        11.主要な経営指標等のうち、第12期及び第13期については会社計算規則(2006年法務省令第13号)の規定に基づ
          き算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定による監査証明を受けており
          ません。
        12.第14期から第16期までの財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責
          任監査法人トーマツにより監査を受けております。
        13.2015年1月31日付で当社株式1株につき500株の割合で株式分割を行っておりますが、第12期の期首に当該
          株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は当期純損失金額を算定し
          ております。
        14.  2019年6月19日付で当社株式1株につき200株の割合で株式分割を行っておりますが、第14期の期首に当該
          株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は当期純損失金額を算定し
          ております。
        15.  第16期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、当社は2019年9月24日に東京証券取引所マザー
          ス市場に上場したため、新規上場日から期末日までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しておりま
          す。
        16.最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズにおける株価を記載しております。ただし、当社株式は2019年
          9月24日付けで東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、それ以前の株価については該当事項はありま
          せん。
        17.当社株式は、2019年9月24日付けで東京証券取引所マザーズに上場したため、第16期以前の株主総利回り、
          比較資料について記載しておりません。
                                  3/95









                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    2 【沿革】
       年月                            概要

             企業向けのホームページ集客を支援するサービスの提供を目的として、大阪府吹田市にEC                                           studio
      2000年7月
             を創業
             有限会社EC      studioを設立し、大阪府吹田市に大阪オフィスを開設 
      2004年11月
      2005年12月       株式会社に組織変更し、株式会社EC                 studioを設立
      2006年6月       東京都世田谷区三軒茶屋に東京オフィスを開設
             キヤノンITソリューションズ株式会社とESET製品のダウンロード権の販売代理店契約を締結し、セ
      2008年4月
             キュリティ事業を開始
      2011年1月       東京オフィスを東京都世田谷区池尻に移転
      2011年3月       ビジネスチャット「Chatwork」をリリースし、Chatwork事業を開始
      2012年4月       ChatWork株式会社に社名変更
      2012年5月       KDDI株式会社と業務提携契約を締結し、ChatworkのOEM提供開始
      2012年8月       米国カリフォルニア州に子会社、ChatWork,inc.を設立
      2014年3月       東京オフィスを東京都台東区松が谷に移転
      2017年10月       東京オフィスを東京都港区芝公園に移転
             本店所在地を神戸市北区に変更
      2017年12月
             これに伴い大阪府吹田市の大阪本店を大阪本社に名称変更
      2018年7月       ChatWork,inc.を清算
      2018年11月       Chatwork株式会社に社名変更
      2019年9月       東京証券取引所マザーズに株式を上場
      2020年3月       本店所在地を大阪府大阪市北区に変更
                                  4/95












                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社事業は、自社開発のビジネスコミュニケーションツールを提供する「Chatwork事業」及びセキュリティソフト
     の販売代理を行う「セキュリティ事業」に区分されます。それぞれの事業内容の詳細は以下のとおりです。
     (1)Chatwork事業

       当事業は、ビジネスチャットツール「Chatwork」の開発及びサービスの提供、広告サービスの提供並びに
      「Chatwork」をサービスプラットフォームとして活用した各種サービスの提供を行っております。
       近年、将来における労働人口減少の見通しや政府主導の働き方改革の推進等により、企業経営において労働生産
      性の向上が必要となっております。当社は、当該環境において、企業における業務時間の多くを占めるコミュニ
      ケーションの効率化が業務効率及び労働生産性の向上に資するものと考え、当事業を推進しております。
      ①ビジネスチャットツール「Chatwork」について

        当社が提供する「Chatwork」は、主要なコミュニケーションツールとして広く一般に普及しているチャット
       サービスを、ビジネスコミュニケーション向けに提供するものであります。
        当サービスは、基本となる「チャット」機能に加えて、「タスク管理」、「ファイル共有」及び「音声又はビ
       デオ通話(会議)」といったビジネスコミュニケーションに必要とされる各種機能をワンストップで提供しており
       ます。また、通信データの暗号化等によるセキュリティ対応や管理機能の提供により、高い機密性及び安全性が
       要求されるビジネス利用に対応したサービスを構築しております。「Chatwork」の主な特徴は以下のとおりであ
       ります。
       (ⅰ)シンプルで直感的に使えるユーザー・インターフェース

         当社は、当サービスについて、ITリテラシーに関わらず幅広い業種・業態で利用可能なコミュニケーション
        ツールとすることを目指しており、誰にでも使いやすいユーザー・インターフェースの構築等に留意した開発
        を推進しております。また、PCブラウザでの利用に加えて、スマートフォンやタブレット等のモバイル端末向
        けアプリケーションを提供することにより、社内外を問わず様々な環境において活用が可能である等、利用者
        の利便性向上に努めております。
       (ⅱ)セキュリティ体制

         当サービスでは、第三者からの盗み見や改竄を防ぐため、添付ファイルを含む通信内容の全てを暗号化して
        おります。加えて、データ管理の厳格化及び適切な監視体制の構築等により、情報漏洩の防止に努めておりま
        す。
         なお、当社の情報管理及び運営体制は、国際規格であるISO27001(情報セキュリティマネジメントシステ
        ム)、ISO27017(クラウドサービスセキュリティ)及びISO27018(クラウドサービスの個人情報管理)の各認証を取
        得しております。
         当社は、一層のセキュリティ強化を推進するため、自社及び外部機関における定期的な調査・監査に加え
        て、「バグバウンティ」プログラム(※)の公開等を実施しており、これら取組みを継続することにより、当
        サービスの安全性及び信頼性向上に努めております。
         ※「バグバウンティ」プログラムとは、企業が一般人に対してシステム上の脆弱性について公開調査を依頼
          し、発見者に対して、重要度に応じて報奨金を支払う制度です。
       (ⅲ)社外ユーザーと円滑にコミュニケーション可能

         一般にビジネスチャットツールは、社内コミュニケーションを前提としたサービスが多くを占めております
        が、当サービスは、社内利用に限らず取引先等の社外とのコミュニケーションを想定した設計となっておりま
        す。
         当サービスを活用することにより、社内外における円滑なコミュニケーションの実現を可能とする一方で、
        管理機能の提供により外部接続にかかる制限設定を可能にし、セキュリティと利便性を両立しております。
       (ⅳ)多数の他社サービスとの機能連携

         当ツールは、外部プログラムとの連携のためのAPI(Application                              Programming      Interfaceの略であり、当ツー
        ルと他ツールとの連携が可能となるプログラミング上の接続点を指します)を公開しており、他社が提供するカ
                                  5/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        レンダーやメール、経費精算、ワークフロー、出退勤管理、チャットボット等の各種ツールとのサービス連携
        が可能であります。
       (ⅴ)多言語対応

         当ツールの利用言語は、日本語に加えて、英語、中国語、ベトナム語、タイ語、スペイン語に対応しており
        ます。海外企業やユーザー企業の海外展開におけるビジネスコミュニケーションでの利用も可能となっており
        ます。
      ②事業展開について

       (ⅰ)サブスクリプション型課金モデル
         「Chatwork」サービスは、インターネット上でブラウザを介してその機能を利用するSaaS(Software                                                As  A
        Service)形式により提供しており、有料プランについて利用者(ID)数に応じた定額利用料(所謂サブスクリプ
        ション型の課金)を受領しております。
         当社サービスは、顧客企業における導入に際してシステム投資を必要とせず初期投資が限定的であること、
        また、月額利用料をユーザーID当り数百円の水準に設定しており、負担が少ないこと等から、導入企業におけ
        る継続利用により安定的な収益獲得が可能となるビジネスモデルを構築しております。
         なお、当サービスでは、ストレージ容量やグループチャットの作成数等に一定の制限を設けた無料プランを
        提供しておりますが、ストレージ容量拡大やユーザー管理機能等が必要となる企業は、有料プランへの移行が
        図られております。
         本書提出日現在における各サービスプランの概要は以下の通りであります。
                                                   月額利用料
           プラン名                  機       能
                                                  (ユーザーID当り)
                   ・基本機能は利用可能であるが、以下の利用制限を設定
                     <グループチャット数上限:累計14件>
         フリー            <ストレージ容量:5GB>                               無 料
                     <ビデオ通話は1:1のみ>
                   ・ブラウザ又はアプリ上に広告が表示される
                   ・フリーに加えて、以下の追加機能を提供
                     <グループチャット数:無制限>
         パーソナル            <ストレージ容量:10GB>・                               400円
                     <複数ユーザーでのビデオ通話可能>・
                   ・フリーでは表示される広告が非表示となる
                   ・パーソナルの機能に加えて、以下の追加機能を提供
                                                    600円
                     <ユーザー管理機能>
         ビジネス                                         ※ただし年間契約
                                                    は500円
                   ・ビジネスの機能に加えて、以下の追加機能を提供
                     <社外ユーザー・外部SNSとの利用制限設定>
                                                    960円
                     <IPアドレス・モバイル端末制限>
         エンタープライズ            <専用URL機能・シングルサインオン>                             ※ただし年間契約
                     <チャットログエクスポート>
                                                    は800円
                     <ファイル送受信制限>
                     <サービス品質保証>(サーバー稼働率に応じた返還制度)
     (注) 上記の月額利用料は本書提出日現在のものです。従って過去の契約の中には上記とは異なるものもあります。
       (ⅱ)顧客獲得手法

         当事業におけるユーザー開拓は、以下の4つに区分されます。現在のユーザー開拓は、顧客企業自らがオン
        ラインにて申込む「フリーミアム」形態及び当社営業または代理店によりユーザー企業を獲得する「セール
        ス」モデルが主体となっております。なお、当社のChatworkは前述のとおりITリテラシーに関わらず幅広い業
        種・業態での利用が可能であるため、国内の全事業者・全ビジネスパーソンが顧客ターゲットであると考えて
        おります。
         ・フリーミアム

         当社Web広告や口コミ等により当サービスを認知した企業等が、自らオンラインにて利用を申し込む形態であ
        り、現在の当社ユーザー獲得における主力形態であります。
                                  6/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
         当該形態においては、無料で利用可能なフリープランを提供することにより多くの個人ユーザー・企業ユー
        ザーの獲得を図っております。実際には、フリープランにより導入・利用開始される割合が高いものの、導入
        後 においてユーザー企業のニーズや利用状況に応じて各有料プランに移行していく流れが生じております。ま
        た、フリープランにおいては定額利用料を受領しないものの、利用ユーザーに対し広告が表示されることによ
        りサービス提供における当社の費用負担を減じられるような形態を取っております。
         ・セールス(直接販売)

         自社営業によりユーザー企業を開拓する形態であります。首都圏(都市部)を主たる対象として、当社セミ
        ナーや各種イベントへの出展を通じて接点を持った企業に対して、サービス導入にかかる営業活動を展開して
        おります。主としてビジネスプラン及びエンタープライズプランにかかる導入を推進しております。また、士
        業や介護、建築等の業種ごとに既存顧客その他の人脈やネットワークを活用した営業アプローチも推進してお
        ります。
         ・セールス(代理店販売)

         自社営業に加え、当社営業拠点のない全国地域や顧客層への対応等を目的として、2018年1月より販売代理
        店による営業展開を本格的に開始しております。当事業年度末現在、一次販売代理店51社、二次販売代理店22
        社の合計73社による販売活動を展開しております。また、販売代理店の主な業種は情報サービス業、卸売業で
        あります。
         ・OEM提供

         KDDI株式会社に対して、当社サービスのOEM提供を行う形態であり、同社において「KDDI                                          Chatwork」の名称
        にて展開されております。当社は、同社に対するOEM提供を通じて、同社顧客であるエンタープライズ領域(大
        企業や官公庁向け)等を中心とした顧客層にサービス提供を行っております。KDDI                                       Chatworkでは当社サービス
        におけるエンタープライズプランと同等の機能提供を行っております。
         同社からはID数に応じたレベニューシェアによる利用料の一部及びシステム運用にかかる業務委託料を受領
        しております。
         また、当社サービスの利便性により、有料プラン導入後において利用が定着した場合は、継続的に利用する

        顧客が多い傾向があるものと認識しております。また、導入企業においては、業務上のコミュニケーションの
        必要性等から、部門単位の導入から複数部門又は全社導入への拡大、取引先等への導入の拡大等の自己増殖的
        なユーザー拡大が図られる傾向が生じております。新規獲得によるユーザー拡大に加えて、これらの効果によ
        り当社顧客基盤の強化に結び付いております。
         なお、過去3期間及び当事業年度末における利用企業数及び登録ID数の推移は以下の通りであります。
                  2016年12月期末         2017年12月期末         2018年12月期末         2019年12月末

           利用企業数          121千社         160千社         203千社         246千社
           登録ID数         1,268千名         1,782千名         2,416千名         3,080千名
           DAU          326千名         443千名         584千名          692千名
           課金ID数          212千名         253千名         339千名         397千名
       ※上記数値は、国内外の自社サービス及びOEM提供(KDDI株式会社向け)にかかる合計を記載しております。
       ※利用企業数は、当社におけるアカウント登録数であり、便宜的に登録アドレスにかかるドメイン数を集計し記載
        しております。なお、当該企業数には有料プラン導入先だけでなく、フリープランでの利用先も含んでおりま
        す。
       ※登録ID数は、当サービスのユーザーID発行数を、課金ID数は料金請求を行っているID数を、それぞれ記載してお
        ります。また、DAU(Daily            Active    User)は、1日に1度以上「Chatwork」を利用したユーザーID数のことであ
        り、対象期間内での最大値を記載しております。
       (ⅲ)「Chatwork」を活用したサービス提供

         当社では、「Chatwork」をビジネスインフラとして活用するために、以下のサービスを展開しております。
         ・広告サービス

         当サービスのうちフリープランのユーザーを対象として、ブラウザ又はアプリケーション上に広告を掲載・
                                  7/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        表示するサービスであります。掲載広告は、直接営業又はアドネットワーク事業者を通じた出稿がなされてお
        り、広告主又は広告事業者より掲載料を受領しております。
         ・プラットフォームサービス

         当社提携先との協業によるサービスを「Chatwork」を通じて提供しております。現在提供しているサービス
        は、以下の通りであります。
          サービス名称                         サービスの概要

                    「Chatwork」ユーザーに対して、各種バックオフィス業務(秘書・一般事務、人
                    事・総務、経理・出納、カスタマーサポート、自社サイト運用等)を受託・提供す
                    るサービスであります。
        Chatworkアシスタント
                    契約主体は当社でありますが、サービス役務は業務委託(外注)により提供しており
                    ます(当サービスにかかる当社売上高は、外注費用を除いた純額計上としておりま
                    す)。
                    「Chatwork」ユーザーに対して、雇用関係助成金の収受可否にかかる相談先を紹介
                    するサービスであります。相談サービスは業務委託(外注)により提供しており、
        Chatwork助成金診断            相談は無償にて提供されております。
                    相談の実施後、顧客の依頼に基づき詳細調査のための労務監査実施に至った場合
                    に、提携先より一定の紹介料を受領しております。
                    「Chatwork」ユーザーに対して、電話代行業務(予め顧客企業が指定する電話番号
                    への架電応対を行い、Chatworkを通じてその内容を報告するサービス)を受託・提
                    供するサービスであります。
        Chatwork電話代行
                    契約主体は当社でありますが、サービス役務は業務委託(外注)により提供しており
                    ます(当サービスにかかる当社売上高は、外注費用を除いた純額計上としておりま
                    す)。
                    「Chatwork」ユーザーに対して、ファクタリングによる収益改善にかかる相談先を
                    紹介するサービスであります。相談サービスは業務委託(外注)により提供してお
        Chatwork早期入金
                    り、相談は無償にて提供されております。
                    提携先への紹介に至った場合に、提携先より一定の紹介料を受領しております。
     (2)セキュリティ事業

       当事業は、セキュリティ対策ソフトウェアの仕入販売を行っております。当社は、ESET社の提供するセキュリ
      ティ対策ソフトウェア「ESET」について、日本国内総販売代理店(一次代理店)であるキヤノンITソリューションズ
      株式会社の二次代理店としてWebを介した通信販売を行っております。当社は、自社の販売サイトにおいて、Web広
      告やアフィリエイトプログラムを活用した集客を行い、ソフトウェアの販売を行っております。
       なお、当事業にかかる当社売上高は、仕入販売時においては仕入額及び販売額の差額を純額計上しているほか、
      一部は更新時に一次代理店より受領する手数料額を計上しております。
                                  8/95








                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      [事業系統図]
      以上の内容を事業系統図に示すと、次のとおりであります。
     (注) 上記のOEM提供先は、KDDI株式会社であり、同社との業務委託契約に基づくものであります。詳細は「第2 事








        業の状況 4 経営上の重要な契約等」をご参照下さい。
                                  9/95











                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
      該当事項はありません。
    5 【従業員の状況】

     (1) 提出会社の状況
                                                 2019年12月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             107  (3)              34.6              3.9             5,984

              セグメントの名称                             従業員数(名)

     Chatwork事業                                            92 (2)

     セキュリティ事業                                            0

     全社(共通)                                            15 (1)

                 合計                               107  (3)

     (注)   1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(派遣社員を含む)は最近1年間の平均雇用人員を( )外数で記載
          しております。
        2.セキュリティ事業の業務については専属者はおらず、Chatwork事業に所属する従業員が兼務して対応してい
          るため、従業員数の記載を行っておりません。
        3.全社(共通)として、記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
        4.当期中において、従業員数が16名増加しておりますが、これは主に事業の拡大に伴う採用の増加によるもの
          であります。
     (2)  労働組合の状況

       当社において労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありませ
      ん。
                                 10/95











                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであり、その達成を保証するものではあ

     りません。
     (1)経営方針・経営戦略等

       当社は「働くをもっと楽しく、創造的に」というミッションのもと、人生の大半を過ごすことになる「働く」と
      いう時間において、ただ生活の糧を得るためだけではなく、1人でも多くの人がより楽しく、自由な創造性を存分
      に発揮できる社会を実現することを目指し、仕事の効率化や新しく創造的な働き方を実現する製品やサービスの開
      発・提供に取り組んでおります。
       こうした経営方針のもと、現在は主力サービスであるビジネスチャットツール「Chatwork」の普及とこれに関連
      するサービスの提供により、国内企業を中心とした顧客企業の働き方改革の実現や労働生産性の向上に貢献してま
      いる所存です。具体的な販売普及戦略としては、フリーミアムで獲得した無料ユーザーの課金化並びにアップセル
      等様々な施策による単価向上を促すようなサービス品質の向上及び連携サービスの充実、販売体制としての直販部
      隊の営業人員強化並びに提携代理店の拡充による販売網の拡充を事業戦略の柱として考えております。
     (2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       当社主力事業であるChatwork事業の収益の源泉は課金IDからの利用料であります。そのため、当社経営上の目標
      達成状況を判断するための客観的な指標は、課金ID数であると考えております。当該ID数の成長やその他付加サー
      ビスの拡大及び単価向上施策を推進することで、足許の事業計画対象期間(2020年12月期~2022年12月期)におけ
      る今後のChatwork事業の年間売上高成長率について、50%超を目指していきたいと考えております。
     (3)経営環境

       国内経済環境としては、生産年齢人口減少に伴う労働力不足が問題視される一方で、政府主導により時間外労働
      時間の上限引き下げ等の労働法規の改正といった働き方改革が推進される中、労働生産性の向上に向けたソリュー
      ションへの期待が高まっているものと認識しております。伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が2017年2月に
      実施した「大手企業のビジネスチャットツール導入実態調査」                              によると、チャットツール導入企業の導入理由とし
      ては「スピーディーなコミュニケーションができる」23.6%、「会議時間の短縮が期待できる」15.7%、「複数人で
      の情報共有が容易になる(他部署間でのコミュニケーション活性化等)」13.9%(複数回答あり)と回答されていること
      から、チャットツールの導入によるコミュニケーションの効率化への期待は高いものと認識しております。こうし
      た環境を踏まえると、当社の「Chatwork」の認知度拡大に伴い当サービスへの需要は拡大していくものと期待して
      おります。
     (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

       上記の経営方針・経営目標等を推進する上で、当社として捉えている対処すべき主要課題は以下のとおりです。
      ①  ユーザビリティの更なる向上

        当社の主要サービス「Chatwork」が今後も継続的な成長を果たしていくためには、より幅広い業種・業態の顧
       客に支持されると共に、継続的に選ばれる必要があると考えております。そのためには、当該サービスの優位性
       となっているユーザビリティの維持向上が不可欠であると認識しております。今後とも顧客のニーズの変化を迅
       速に把握し、継続的なユーザー・インターフェースの改善やタスク管理ツールの機能強化や絵文字等の拡充と
       いった製品機能強化により、競合他社との差別化を図ってまいります。
      ②  顧客基盤の拡大

        労働生産性向上に対する社会的要請の高まりに伴い、ビジネスチャットツールは国内企業において導入に対す
       る期待が急速に高まっているものと認識しております。一方で、総務省の2018年「ICTによるインクルージョンの
       実現に関する調査研究」によると、国内におけるビジネスチャトツールの導入率は23.7%であり、欧米における
       各国の導入率(50%~60%台)と比較して低い状況にあり、現状の普及率を鑑みると、依然として潜在市場は広大で
       あると認識しております。株式会社富士キメラ総研公表の「ソフトウェアビジネス新市場 2018年版」による
                                 11/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       と、国内ビジネスチャット市場は2017年度の62億円から2022年度には230億円にまで拡大するものと見込まれてお
       ります。
        現時点では、Web広告や口コミに基づくフリーミアムモデルと、セミナー・イベントなどのマーケティング活動
       を実施し、そこで接点を持った企業への販売を行うセミナーモデルによる利用者の増加と、利用拡大に伴う課金
       ID化が当社成長の中心となっておりますが、今後更なる顧客基盤拡大のため、営業人員の増強や販売代理店の新
       規開拓といった積極的な販売網の拡充を行ってまいる所存です。また、既に展開している士業や介護、建設等の
       業種ごとの人脈やネットワークを活用した営業アプローチの推進を、他業種へも拡大してまいります。
        また、ビジネスチャットツールは世界的に利用が普及しつつあります。当社では、「Chatwork」にかかる日本
       語を含む6か国語への多言語対応を行っており、現在は、将来におけるサービス普及が期待されるアジア地域、
       特にベトナム及び台湾にて、日系企業の子会社・駐在所を中心としたターゲット顧客に対する営業活動及び将来
       の収益獲得の布石としてフリープランによる顧客獲得等を中心としたテストマーケティングを実施しておりま
       す。今後において、各地域における外部環境やサービスにかかる認知向上等の状況を考慮しつつ、営業体制の拡
       充を含めた営業展開や更なる地域展開を検討してまいる所存であります。
      ③  マーケティング活動

        当社の主力サービスである「Chatwork」はBtoBを主眼においたビジネスコミュニケーションツールであるた
       め、単純な知名度向上を狙ったマス向け広告等のマーケティング実行は、事業ステージに見合わなければ有効に
       は働かないものと考えております。
        現在においては、ビジネスインフラとしての地位確立のためにも、実体のある利用者の拡大が重要なステージ
       であると考えておりますので、利用ニーズのある企業等に対して適切なサービス紹介や競合対比での強みの訴求
       を行い、導入・利用を通じてその利便性を実感して頂いた上で企業内や口コミ経由で拡大していくことが、コス
       トコントロールの観点からも適切なマーケティング戦略であると考えております。そのため、今後においても大
       幅な費用拡大は想定しておらず、適切な販促活動を行ってまいる所存です。なお将来においては、外部環境や競
       合、当社サービスの成長段階に応じて、当サービスのインフラ化の観点から適時適切にマス向け等の大きなマー
       ケティング費用の投入を行う可能性もあります。
      ④  サービスの付加価値向上

        当社が競争優位性を確保しながら持続的に成長するためには、前述のユーザビリティ向上に加えて、サービス
       の提供する付加価値を高め、高い継続率を確保することが重要であると認識しております。当社は、付加価値向
       上のため、経営資源サポート領域やデータ活用といったプラットフォームサービスにおける新たな提供サービス
       の開発・展開を推進し、「Chatwork」のビジネスインフラとしての価値向上に努めるとともに、収益基盤を強化
       してまいります。
      ⑤  セキュリティの継続的な向上

        当社の提供するビジネスチャットツールは、ビジネスコミュニケーションの根幹となるインフラ機能であるた
       め、継続利用の前提としてセキュリティの確保は必要不可欠であります。当社では、自社による監視体制のみな
       らず、外部業者による脆弱性の確認を継続的に実施し、必要な対策をとることでセキュリティの向上に努めてお
       ります。当該対策には終わりはないと認識しており、今後も継続してセキュリティ向上に向けた対応を行ってま
       いります。
      ⑥  優秀な人材の確保と育成

        当社が持続的に成長するためには、優秀な人材を数多く確保・育成することが重要であると認識しておりま
       す。特にサービス利便性及び機能の向上のためには、優秀なエンジニアの継続的な採用が課題であると認識して
       おります。
        当社は、従業員の多様な働き方を推進し採用力を高めるとともに、既存人材の能力及び技術の向上のため、教
       育・研修体制の充実化を進めていく方針であります。
      ⑦  内部管理体制の強化

        当社の提供する「Chatwork」サービスは、顧客ビジネスのインフラとなり得る機能であり、当該サービスの普
       及・利用にあたっては顧客企業よりインフラ提供会社である当社への信頼が獲得できるかが重要な点であると考
       えております。そのため当社では個人情報管理体制をはじめ、アクセス制限等のシステム統制、当社自身の内部
       統制体制の強化等を継続して検討・推進していくことで、より一層のコーポレート・ガバナンスの充実を図り、
                                 12/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       顧客からの信頼を獲得できるよう努めてまいります。
                                 13/95




















                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      当社の事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項に
     は、以下のようなものがあります。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項につきましても、投資者
     の投資判断上重要であると考えられる事項につきましては、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下のとお
     り記載しております。
      当社はこれらのリスクの発生可能性を十分に認識したうえで、発生の回避及び発生した場合の迅速な対応に努める
     方針です。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであり、将来において発
     生の可能性のあるすべてのリスクを網羅するものではありません。
     (1)ビジネスチャットツールにかかる需要動向について

       働き方改革や労働生産人口減少に伴う企業の業務効率化に対する社会的要請等により、ビジネスコミュニケー
      ションの効率化に対するニーズは急速に高まっているものと当社は認識しております。また、効率的なビジネスコ
      ミュニケーション手段として、その機動性等からチャットツールは有効であると考えております。
       近年、チャットツールの導入企業は増加傾向にあると認識しておりますが、現時点における導入率は限定的であ
      り、その潜在的需要は大きいものと考えております。
       しかしながら、将来において経済情勢や景気動向の悪化等により、企業のITシステム投資、とりわけビジネスコ
      ミュニケーションへの投資の低迷が生じた場合には、市場拡大が当社の想定を下回る可能性があり、当社の経営成
      績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)競合について

       当社が事業を展開するビジネスコミュニケーション市場においては、各種ハードウェア・ソフトウェア及びサー
      ビスを提供する企業が多数参入しており、近年においては、クラウドサービス形態により関連サービスを提供する
      企業も増加しているものと認識しております。当該領域においてビジネスチャットツールを提供する企業も複数存
      在しており、これら企業との間で競合が生じております。また、一般にインターネット上で提供されるクラウド
      サービスは参入障壁が低いものと認識しております。
       当社は、ユーザビリティや汎用性の高さ、強固なセキュリティ機能等を追求することにより、他社との差別化を
      図っており、今後も継続的にユーザー・インターフェースの改善や企業ニーズに応じた機能強化を実施していくこ
      とにより、サービスの競争力の維持向上に努めていく方針であります。
       なお、当社は、競合企業の参入や拡大については、ビジネスチャットツール全体の認知度向上に繋がるものと考
      えられ、当社事業にとっても一定のメリットがあるものと考えておりますが、過度な価格競争等を含む競合の激化
      が生じた場合や、当社における十分な差別化が困難となり競争力が低下した場合には、当社の経営成績及び財政状
      態に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)技術革新及び顧客需要の変化への対応について

       当社が属するインターネット業界においては、市場及び顧客ニーズ、技術の変化が非常に速く、それに基づく新
      サービスの投入が相次いで生じております。
       当社は、このような変化に迅速にキャッチアップすべく、最新の技術動向や企業ニーズ等を注視し、これら情報
      の収集やノウハウの習得、サービス開発に積極的に取り組んでおります。しかしながら、新技術や顧客需要の変化
      への対応が困難となる又は対応に遅れが生じる場合には、当社サービスの競争力が低下し、当社の経営成績及び財
      政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)法的規制について

       当社事業において、Chatwork事業については、主として「電気通信事業法」及び関連法令等の規制を受けてお
      り、届出電気通信事業者としての届出を実施しており、ユーザーの通信の媒介にかかる通信の秘密の遵守等が義務
      付けられております。なお、当該届出について有効期限の定めはございません。また、セキュリティ事業について
      は、主として通信販売事業者として特定商取引法及び関連法令等の規制を受けております。また、当社は
      「Chatwork」サービスを、日本語を含め6か国語にて展開しており、海外各国に登録ユーザーを有しております。
       当社事業は、比較的新しいビジネス領域であるため、国内外において今後新たな法令等が成立することで追加の
      規制を受ける可能性があります。現時点では特段認識しているものはありませんが、今後既存の規制への抵触ある
      いは何等かの新たな規制による当社事業運営への影響が生じる場合は、当社の事業展開、経営成績及び財政状態に
      影響を及ぼす可能性があります。
                                 14/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       なお、近年、海外においては、EU加盟諸国における一般データ保護規則(GDPR)やベトナムにおけるサイバーセ
      キュリティ法等の制定・施行等、各地域における個人情報やデータ保護にかかる規制強化が広く推進されており、
      こ れら動向により今後における当社の海外展開について制約を受ける可能性があります。
     (5)特定事業への依存について

       当社は「Chatwork事業」を主力事業と位置付けており、今後も当該事業を主軸とした事業展開に注力していく方
      針であることから、当社の事業成長は当該事業に依存しているものと認識しております。
       当社は、上記「(1)ビジネスチャットツールにかかる需要動向について」に記載の通り、今後も継続した市場拡大
      を想定しておりますが、事業環境の変化や当社サービスの競争力低下が生じた場合、ビジネスチャット以外のビジ
      ネスコミュニケーションツールが普及する場合等には、当社事業における依存度が高いが故に、当社の経営成績及
      び財政状態に大きな影響を及ぼす可能性があります。
     (6)フリーミアムにおける課金プランへの移行について

       Chatwork事業におけるユーザー獲得は、フリーミアムによるものが多くを占めており、課金ユーザーの獲得にお
      いても、フリープランによるユーザー獲得から有料プランへの転換を促す手法が一定の割合を占めております。
       フリープランにおいては利用可能なストレージ容量やグループチャット数の制限を設定しており、ユーザー企業
      における本格的な導入及び利用に際しては、当該制限の解消やユーザー管理機能等の必要性から一定割合にて有料
      プランへの移行が発生するものと想定しております。
       しかしながら、将来において、ユーザー利用がフリープランの範囲で完結する様なライトユーザーの割合が増加
      した場合、結果的に有料プランの拡大に結び付かず、当社の事業成長が想定通りに進展しない可能性があります。
     (7)提携先との関係について

       当社は、「4 経営上の重要な契約等」に記載のとおり、KDDI株式会社に対してChatworkをOEM提供しておりま
      す。同社との関係は良好であり、現時点において特段の懸念事項は生じておりませんが、今後において同社の販売
      戦略等の変更が生じた場合には、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、当社は販売体制の強化を目的として、2018年12月期より販売代理店による営業活動を開始しており、現時
      点においては代理店開拓及びその立ち上げに注力しております。今後において、各販売代理店企業の事業展開等に
      より今後の事業展開が当社の想定通りに進展しない可能性があり、その場合においても、当社の経営成績及び財政
      状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (8)マーケティング費用について

       Chatwork事業においては、顧客獲得等を目的として、Web広告(リスティング広告)の出稿や働き方改革等をテーマ
      としたイベントへの出展費用等の広告宣伝活動を実施しております。現状においては、当社サービスについて一定
      の導入ニーズが生じていると考えられること及び事業ステージに応じた効率的なマーケティングが実現出来ている
      ことから、マーケティング費用の大幅な増加は生じておりません。
       しかしながら、当社サービスの集客力の低下や広告単価の上昇等が生じた場合には、事業展開に必要となる新た
      なマーケティング費用が増加する可能性があり、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、現時点においては、新規ユーザー獲得のための一定のマーケティング費用を継続的に投下すること以外に
      大幅な費用拡大等は計画しておりませんが、将来におけるマーケットの急速な拡大に伴う当社のシェア獲得や競合
      他社のマーケティング戦略等への対抗等の必要性が生じた場合には、多額の支出を伴うマーケティング戦略等を実
      施する可能性があり、その様な状況が生じた場合には、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があり
      ます。
     (9)Chatwork事業におけるサービス領域の拡大について

       Chatwork事業については、チャットツール利用にかかる付加価値向上等を目的として、広告サービス及びプラッ
      トフォームサービスを展開しております。当社においては、これらサービス拡大は、「Chatwork」のビジネスイン
      フラとしての地位確立及び当社収益基盤の多様化に寄与するものと考えており、今後もプラットフォームサービス
      の拡充を含めて新たな事業領域におけるサービス展開を検討していく方針であります。
       しかしながら、新たな事業領域やサービス展開にかかる追加的支出の発生や新規サービスにおいて収益獲得が進
      展しない場合、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 15/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (10)サービス価格について
       当社事業においては、顧客ニーズを踏まえた適正なサービス価格設定に努めておりますが、自社サービスの機能
      強化や競合対応等を目的として、サービスにかかる価格改定を行う場合があります。
       今後において、価格改定については顧客及び競合状況等を慎重に判断した上で実施していく方針であります                                                     が、
      当社価格戦略と顧客ニーズにミスマッチが生じた場合には顧客獲得等に影響が生じる可能性があり、当社の経営成
      績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。   
     (11)セキュリティ事業について

       当社のセキュリティ事業は、Chatwork事業への経営資源の集中を図るため、経営資源の投入を抑制する形で事業
      を運営しており、今後についても、当社として積極的に事業拡大を図る方針は有しておりません。
       なお、セキュリティ事業については、セキュリティ対策ソフト市場における競合や当社取扱製品の競争力の動
      向、メーカー又は日本総代理店の販売戦略の変更等の外部要因によって、当社事業展開に影響を及ぼす可能性があ
      り、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (12)特定の人物への依存について

       当社の代表取締役兼社長執行役員CEO兼CTOである山本正喜は、創業者かつ最高技術責任者として、当社の経営戦
      略の構築や実行及び技術的判断やプロダクトの開発において重要な役割を担っております。
       こうした状況を踏まえ当社では、特定の人物に依存しない体制を構築すべく執行役員制度を導入し各部門責任者
      への権限委譲を随時推進する等により組織体制の強化を図り、安定的な経営体制の構築に努めております。
       しかしながら、成長段階である現状において何らかの理由により、当人が当社の業務を継続することが困難と
      なった場合は、当社の事業運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。
     (13)小規模組織であることについて

       当社の人員は、2019年12月末現在において107名にとどまっており、小規模な組織であると認識しております。当
      社は今後の事業規模の拡大に応じて人材の確保及び育成を進めるとともに、業務執行体制の強化を図る方針であり
      ます。
       しかしながら、一般的にインターネット業界では人材の流動性が高く、特に足許ではITエンジニアに対して業界
      内の各社が獲得競争を行っている状況であると認識しております。こうした環境から、今後人材が機動的に確保で
      きない場合、又は急な従業員の減少等があった場合には、当社の事業運営及び経営成績に影響を及ぼす可能性があ
      ります。
       また、当社は今後の事業拡大に対応するため、内部管理体制についても一層の充実を図っていく方針であります
      が、事業の急速な拡大等により、事業規模に適した内部管理体制の構築に遅れが生じた場合には、適切な業務運営
      が困難となり、当社の事業運営に影響を及ぼす可能性があります。
     (14)情報セキュリティについて

       当社事業においては、サービス利用にかかるコミュニケーション等において、ユーザー企業等にかかる個人情報
      や機密情報が含まれており、これら情報にかかるデータ等を大量に取り扱っております。
       当社は、役職員に対する個人情報取扱いにおける研修の実施、システム上のセキュリティ対策やアクセス権限管
      理の徹底に加え、情報セキュリティマネジメントシステム「ISO                              27001」、「ISO27017」及び「ISO                27018」の認証
      を取得し、当該公的認証に準拠した規程・マニュアルの整備・運用を行うことで、情報管理体制の強化に努めてお
      ります。
       なお、当社では、2019年7月以降、第三者からのパスワードリストアタック攻撃(※)を受けたことから、ユー
      ザーに対する二段階認証設定の喚起及び不正アクセスと見受けられる通信機器からのアクセスの遮断等の対策を講
      じることで、情報の漏洩防止にかかる一層の強化を図っております。
       しかしながら、このような対策をとっているものの、万が一、外部からの不正アクセス、システム運用における
      人的過失、その他想定外の事態の発生により個人情報等が社外に流出した場合、当社の社会的信用の失墜又は損害
      賠償請求の発生等により、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       㬰터뤰ﰰ줰뤰젰ꈰ뼰쌰꽥㭤茰栰漰řᚐ湥㭤莀԰䱲歑敢䬰地彏唰褰䬰渰뜰뤰옰歏숰謰ﰰ똰ﰀ䤀䐰栰터

      ワード対応リストを用いて、様々なITサービスへの侵入を試みる行為を指します。
                                 16/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (15)システムトラブルについて
       当社事業は、そのサービス特性からサービス及びシステムについて高い安全性及び安定性が求められておりま
      す。当社サービスは、インターネットを介してサービスを提供する形態であり、自然災害、火災等の事故、外部委
      託事業者における障害発生により、通信トラブルが生じた場合、継続したサービス提供等に支障が生じる可能性が
      あります。
       また、当社システムにおいて、ソフトウェア又はシステム機器等の瑕疵・欠陥等によるトラブル発生した場合、
      コンピュータウィルスやハッカーの侵入等によりシステム障害が生じた場合、サイトへの急激なアクセス増加や予
      測不可能な様々な要因によってコンピューターシステムがダウンした場合にも、同様のリスクがあります。
       当社においては、顧客へのサービス提供が妨げられるようなシステム障害を回避すべく、定期的なバックアッ
      プ、システムの多重化等により未然防止策を実施しております。しかしながら、当該対応にも拘らず、何らかのト
      ラブル等に起因して大規模なシステムトラブルが発生し復旧遅延が生じた場合、サービス継続に支障が生じた場合
      には、当社システム及びサービスに対する信頼性の低下やクレーム発生その他の要因により、当社の事業展開、経
      営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、当社サービスのうちエンタープライズプラン及びKDDI                             Chatworkについては、サービス品質保証(SLA)を設
      定しており、サービスにかかるサーバー稼働率が設定された水準を下回った場合、利用料の一部を返還することと
      しており、障害等によって稼働率が低下しユーザー企業から返還申請が生じた場合には、当社の経営成績及び財政
      状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (16)知的財産権管理について

       当社では提供サービスの商標権等必要な知的財産権については登録を行い、また提供サービスの他社の知的財産
      権の侵害可能性についても弁理士等専門家を介して適宜確認をしております。当社はこれまで、特許権、商標権、
      意匠権等の知的財産権に関しては、他社の知的財産権を侵害したとして損害賠償や使用差止めの請求を受けたこと
      はなく、知的財産権の侵害を行っていないものと認識しております。しかしながら、当社の事業に関連する知的財
      産権について、第三者における、当社が認識しない知的財産権が存在した場合、又は新たな特許等が成立した場
      合、当該第三者より知的財産権の侵害を理由とした損害賠償や使用差止め等の請求が行われることにより、当社の
      経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (17)過年度における継続的な損失計上について

       当社は、過年度において、Chatwork事業にかかる継続的な事業成長を図るため、積極的な人材採用とシステム開
      発を実施しており、2014年12月期(第11期)から2018年12月期(第15期)において、継続的な売上高拡大が図られたも
      のの、先行的な費用負担により、利益面では損失計上が継続しておりました。
       当事業年度である2019年12月期(第16期)においては、課金ユーザーの拡大等により、経常利益62,343千円及び
      当期純利益61,421千円を計上し、黒字転換を実現しております。
       当社主力事業であるChatwork事業は、サブスクリプション型課金モデルの特徴から、課金ユーザーのストック拡
      大により今後も継続的な利益計上が可能であると考えておりますが、ユーザー獲得や組織規模拡大のための費用負
      担が拡大した場合には、継続した利益計上が実現出来ない可能性があります。
     (18)ソフトウェアの資産計上の可能性について

       当社では、現時点において、ソフトウェア開発に係るコストを全額費用として計上しております。しかしなが
      ら、当社業績が継続的に拡大し黒字転換を実現したことを踏まえ、「研究開発費等に係る会計基準」に従って資産
      計上することが適切であると判断した場合には、当該コストを資産として計上する可能性があります。その場合に
      は、当該費用が減少する一方で、資産計上額及びそれに伴う減価償却費が増加し、当社の経営成績及び財政状態に
      影響を及ぼす可能性があります。
     (19)税務上の繰越欠損金について

       当社は税務上の繰越欠損金を有しており、期限内にこれら繰越欠損金の繰越控除を受ける予定であります。しか
      しながら、当社の業績が順調に推移することで繰越欠損金を上回る課税所得が発生した場合には、所定の税率に基
      づく法人税等の納税負担が発生するため、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (20)配当政策について

       当社は、株主に対する利益還元を重要な経営課題として認識しており、剰余金の配当については、内部留保との
                                 17/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      バランスを考慮して適切な配当を実施していくことを基本方針としております。
       しかしながら、当社は現在、成長過程にあると認識していることから、内部留保の充実を図り、収益力強化や事
      業基盤整備のための投資に充当することにより、なお一層の事業拡大を目指すことが、将来において安定的かつ継
      続的な利益還元に繋がると考えているため、今後の配当実施の可能性及びその時期等については未定であります。
     (21)ベンチャーキャピタル及びベンチャーキャピタルが組成した投資事業組合による株式売却リスクについて

       当事業年度末日における当社の発行済株式総数は36,600,000株であり、このうち3,900,000株(所有割合10.7%)を
      ベンチャーキャピタル及びベンチャーキャピタルが組成した投資事業組合(以下、「ベンチャーキャピタル等」とい
      う。)が所有しております。当社株式の株価推移によっては、ベンチャーキャピタル等が所有する株式の全部又は一
      部を売却する可能性が考えられ、その場合、株式市場における当社株式の需給バランスが短期的に悪化し、当社株
      式の株価形成に影響を及ぼす可能性があります。
     (22)ストックオプションの顕在化リスクについて

       当社では、当社の役職員(元役職員を含む)に対して、インセンティブを目的として新株予約権を付与しており、
      本書提出日現在における発行済株式総数に対する潜在株式の割合は10.7%となっております。また、今後もインセ
      ンティブプランとしてのストックオプション制度を継続していく方針であります。
       これら新株予約権が行使された場合には、当社の株式が発行され、既存株主が有する株式の価値及び議決権が希
      薄化する可能性があります。
                                 18/95














                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の
     概要並びに経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
     なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。
     (1)  経営成績の状況の概要

      ①財政状態の状況
       a.資産
         当事業年度末における総資産は、前事業年度末に比べて                           1,013,551千円増加         し、  2,008,982千円       となりまし
        た。これは主に、2019年9月に実施した資金調達等によって現金及び預金が920,480千円増加したことに加え、
        事業拡大による売掛金17,657千円の増加、前払費用12,897千円の増加、預け金14,007千円の増加によるもので
        す。
       b.負債 
         当事業年度末における負債は、前事業年度末に比べて                         64,130千円増加       し、  530,508千円      となりました。これは
        主に、事業拡大により前受金が49,252千円増加したことに加え未払費用が10,270千円増加したことによるもの
        です。
       c.純資産
         当事業年度末における純資産は、前事業年度末に比べて                          949,421千円増加        し、  1,478,473千円       となりました。
        これは主に、2019年9月に実施した資金調達により資本金及び資本剰余金が888,000千円増加したことによるも
        のです。
      ②経営成績の状況

        当事業年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境において高水準を維持しながらも足元ではやや弱含みの
       状態となっております。また、国際情勢においては米中貿易摩擦の長期化、中国経済の景気減速、英国のEU離
       脱問題など、先行きについては不透明な状況が続いております。
        このような環境の中、当社は「働くをもっと楽しく、創造的に」というミッションのもと、人生の大半を過ご
       すことになる「働く」という時間において、ただ生活の糧を得るためだけではなく、1人でも多くの人がより楽
       しく、自由な創造性を存分に発揮できる社会を実現することを目指し、仕事の効率化や新しく創造的な働き方を
       実現する製品やサービスの開発・提供に取り組んでおります。
        当事業年度は、主力のChatwork事業の拡販に努める一方で、新たな機能のリリース等、計画に沿った開発にも
       注力しました。
        以上の結果、当社の経営成績は、                売上高1,815,079千円          (前事業年度比       39.4%増    )、  営業利益77,693千円         (前事業
       年度は   186,097千円の営業損失           )、  経常利益62,343千円         (前事業年度は       163,146千円の経常損失           )、  当期純利益61,421
       千円  (前事業年度は       110,800千円の当期純損失            )となりました。
        セグメント別の経営成績は次のとおりであります。

      (Chatwork事業)

        Chatwork事業は、主力サービスである「Chatwork」の利点を訴求し、新たな機能追加と顧客の開拓に努めまし
       た。以上の結果、         売上高は1,600,314千円           (前事業年度比       43.0%増    )、  セグメント損失は19,692千円              (前事業年度
       256,516千円のセグメント損失              )となりました。なお当事業が当社の主力事業であり、本社機能も含めて各間接費
       の全てが当事業の維持・拡大のために費やされていることから、間接費の全額を当事業における費用として計上
       しております。
      (セキュリティ事業)
        セキュリティ事業については、当社としては積極的な事業拡大は行わない方針としております。その結果、                                                  売
       上高は214,764千円         (前事業年度比       17.8%増    )、  セグメント利益は97,385千円              (前事業年度比       38.3%増    )となりまし
       た。なお、当事業のセグメント利益については、前述のとおり間接費を全てChatwork事業にて計上していること
       から、当事業の売上高より当事業に要した広告宣伝費、販売促進費及び業務委託費等の直接経費のみを控除した
       金額を計上しております。
                                 19/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      ③キャッシュ・フローの状況
        当事業年度において現金及び現金同等物は、前事業年度末比                              920,480千円増加        し、当事業年度末の残高は
       1,531,768千円       となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動によるキャッシュ・フローは、                   98,376千円の収入        (前事業年度は       66,349千円の支出        )となりました。主
       な内訳は、税引前当期純利益63,843千円の計上、前受金の増加額49,252千円等です。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動によるキャッシュ・フローは、                   48,781千円の支出        (前事業年度は       25,447千円の支出        )となりました。主
       な内訳は、有形固定資産の取得による支出42,797千円等であります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動によるキャッシュ・フローは、                   870,885千円の収入         (前事業年度は       90千円の支出      )となりました。内容
       は、株式の発行による収入888,000千円等であります。
      ④生産、受注及び販売の実績

        a.生産実績 
      当社は生産活動を行っていないため、記載を省略します。
        b.受注実績 
      当社事業は、提供するサービスの性質上受注実績の記載になじまないため、記載を省略します。
        c.販売実績 販売実績は次のとおりです。
          セグメントの名称             金額(千円)         前年同期比(%)
          Chatwork事業              1,600,314           143.0
          セキュリティ事業              214,764           117.8
          合計              1,815,079           139.4
     (注)   1.  主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                       前事業年度              当事業年度
                     (自2018年1月1日             (自 2019年1月1日
                     至2018年12月31日)             至 2019年12月31日)
            相手先
                     販売高        割合      販売高       割合
                     (千円)        (%)      (千円)       (%)
          KDDI株式会社            230,729       17.7      243,533        13.4
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、
      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
      ①重要な会計方針及び見積り

        当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。
       この財務諸表の作成にあたりまして、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金
       額及び開示に影響を与える見積りを必要としております。経営者はこれらの見積りについて、過去の実績や現状
       等を勘案し合理的に見積り、計上しておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの
       見積りと異なる場合があります。
        当社の財務諸表で採用する重要な会計方針については、「第5 経理の状況 1 財務諸表等(1)財務諸表 注
       記事項 重要な会計方針」に記載しております。
                                 20/95





                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      ②経営成績の分析
       a.売上高
         当事業年度における売上高は、               1,815,079千円       (前事業年度比       513,242千円の増収         )となりました。内訳として
        は、セキュリティ事業の売上高が                214,764千円      (前事業年度比       32,417千円の増収        )になった一方で、主力事業であ
        るChatwork事業の売上高が             1,600,314千円       (前事業年度比       480,825千円の増収         )になりました。これは、Chatwork
        事業における新規顧客開拓の強化やサービスの機能強化を行った結果、当サービスの利用企業数(登録アカウン
        ト数)が前事業年度末20万社から当事業年度末に24万社超となり、課金ID数が前事業年度末339千名から当事業
        年度末397千名と大幅に増加したことによります。
         なお、Chatwork事業におけるサービス別の売上高の状況は以下のとおりです。
                                   第16期事業年度

                                  (自 2019年1月1日
                                   至 2019年12月31日)
                               金額(千円)           前年同期比(%)
              Chatwork利用料                 1,499,828             144.0
              広告サービス                   50,186           92.2
              プラットフォームサービス                   50,299           211.2
              Chatwork事業 合計                 1,600,314             143.0
       b.売上原価、売上総利益

         当事業年度における売上原価は、                686,548千円      (前事業年度比       119,302千円の増加         )となりました。これは、労
        務費及びサーバー費用の増加によるものです。これによって、当事業年度の売上総利益は                                          1,128,530千円       (前事
        業年度比    393,940千円の増益         )となりました。
       c.販売管理費及び一般管理費、営業損益
         当事業年度における販売管理費及び一般管理費は、                        1,050,837千円       (前事業年度比       130,149千円の増加         )となり
        ました。主な増加要因は、給与手当が48,888千円、広告宣伝費が16,271千円、地代家賃が5,379千円、支払手数
        料が18,480千円、業務委託費が35,882千円増加したことによるものであります。これにより、当事業年度の営
        業損益は    77,693千円の営業利益           (前事業年度は       186,097千円の営業損失           であり、前事業年度比           263,791千円の増
        益 )となりました。
       d.経常損益
         当事業年度における経常損益は、                62,343千円の経常利益          (前事業年度は       163,146千円の経常損失           であり、前事
        業年度比    225,489千円の増益         )となりました。これは、営業外収益にて施設運営収入1,822千円の計上をする一方
        で、営業外費用にて株式交付費7,963千円、上場関連費用8,970千円が計上された事によります。
       e.当期純損益
         法人税、住民税及び事業税を29,597千円計上した一方で、法人税等調整額を△27,176千円計上したため、当
        期純損益は     61,421千円の利益        (前事業年度は       110,800千円の当期純損失            であり、前事業年度比           172,221千円の増
        益 )となりました。
      ③財政状態の分析

        「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成
       績の状況の概要 ①財政状態の状況」をご確認下さい。
      ④経営成績に重要な影響を与える要因について

        「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」をご参照下さい。
                                 21/95




                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      ⑤資本の財源及び資金の流動性について
        当社はこれまで継続的に営業損失を計上してきたため、運転資金を含めた必要資金を新株発行による資金調達
       により賄ってまいりましたが、足許においては、課金ID数の拡大とともに、事業運営を十分賄えるだけの資金を
       収入によって得ることができている状態にあると言えます。当社のビジネスモデルは、サブスクリプション型の
       ユーザー課金モデルとなっており、課金対象となっている既存顧客が利用を継続する限りにおいては、安定的な
       収入が計上されます。従って、今後の資金戦略としては、収益計上された資金を事業戦略も踏まえてどのように
       費用充当していくかが重要であると考えております。
        今後の基本方針としては、収益として回収された資金から既存のビジネスの維持に必要な固定的費用を控除し
       た金額の一部を営業部門の人件費や広告宣伝費といった更なる販売促進に係る費用として充当していき、残額に
       ついては利益として内部留保に計上する一方で、将来の設備投資や新ビジネス開発といった成長投資資金の源泉
       としていきたいと考えております。
        なお、資金の流動性については、当事業年度末における現金及び現金同等物の残高は                                       1,531,768     千円となってお
       り、当事業年度におけるフリーキャッシュ・フロー(営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッ
       シュ・フローの合計額)が49,594千円の収入となっております。
      ⑥経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の進捗について

        当社は、経営上の目標の達成状況をChatwork事業における「課金ID数」及び「売上高成長率」の指標で判断し
       ております。当事業年度における課金ID数は397千名と2018年12月期末の339千名対比で16.8%増加しておりま
       す。加えて、Chatwork事業における当事業年度における売上高は                              1,600,314     千円と2018年12月期の1,119,489千円
       に対して    43.0  %増加しております。現時点においては予定通りの事業進捗となっており、また当社のビジネスモ
       デルがサブスクリプション型であり足許の収入の安定化や新規の案件獲得により今後の業績以上の売上が期待で
       きることから、順調に推移しているものと認識しております。
                                 22/95












                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)業務提携契約
     相手先の名称              契約締結日              契約期間              契約内容
                                2012年5月1日から2013年              ChatworkサービスのOEM版の
     KDDI株式会社              2012年5月1日              4月30日              提供及び拡販に係る業務提
                                (以後半年ごとの自動更新)              携契約
     (2)業務提携契約

     相手先の名称              契約締結日              契約期間              契約内容
                                2010年7月1日から              セキュリティ対策ソフト
     キヤノンITソリューション
                  2010年7月1日              2011年6月30日(以後1年              ウェア「ESET」の販売代理
     ズ株式会社
                                ごとの自動更新)              店契約
    5  【研究開発活動】

      開発活動全般は既存製品の付加価値向上、新製品の開発による新たなビジネスチャンス獲得のために行っておりま
     すが、第15期事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)及び第16期事業年度(自 2019年1月1日 
     至 2019年12月31日)において研究開発費の計上はございません。
                                 23/95















                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当事業年度において、実施した設備投資等の総額は                        42,090   千円であり、その主なものは大阪オフィスの移転による
     ものであります。
      なお、当事業年度において谷上プロジェクト運営用資産を譲渡しております。その内容は以下のとおりでありま
     す。
           資産の内容及び所在地                    譲渡益       現況
           谷上プロジェクト運営用資産
                               1,500千円       谷上プロジェクトの運営
           兵庫県神戸市北区谷上東町1番1号
    2 【主要な設備の状況】

                                               2019年12月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
       事業所名                                             従業員数
               セグメントの名称          設備の内容
                                      工具、器具及
       (所在地)                                              (名)
                                 建物             合計
                                       び備品
       大阪本社
                Chatwork事業         業務施設        25,229       3,352      28,582         20
     (大阪府大阪市北区)
      東京オフィス          Chatwork事業
                         業務施設        19,950       4,332      24,282         87
      (東京都港区)         セキュリティ事業
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.大阪本社と東京オフィスの建物は賃貸しており、その年間賃借料は42,535千円であります。
    3 【設備の新設、除却等の計画】

     (1) 重要な設備の新設等
       該当事項はありません。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 24/95










                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                     120,000,000

                  計                                   120,000,000

      ② 【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在

                                  上場金融商品取引所
         種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
                (2019年12月31日)          (2020年3月27日)
                                            権利内容に何ら限定のない当
                                   東京証券取引所
                                            社における標準となる株式で
        普通株式           36,600,000          36,600,000
                                            あり、単元株式数は100株で
                                    (マザーズ)
                                            あります。
         計         36,600,000          36,600,000           ―            ―
     (注) 提出日現在の発行数には、2020年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は、含まれておりません。
                                 25/95













                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
        会社法第236条、第238条及び第239条の規定に基づき、発行した新株予約権は次のとおりであります。
      A.第1回新株予約権
        2017年2月22日の臨時株主総会決議(2017年2月22日開催の取締役会決議)
       決議年月日                    2017年2月22日
                           当社監査役 1
       付与対象者の区分及び人数(名)
                           当社従業員 53
                           1,155   [1,143](注)1
       新株予約権の数(個) ※
       新株予約権の目的となる株式の種類、内
                           普通株式 231,000         [228,600](注)1
       容及び数(株) ※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                    250(注)2
                           自2017年3月1日
       新株予約権の行使期間 ※
                           至2027年2月28日(注)3
       新株予約権の行使により株式を発行する
                           発行価格  250
       場合の株式の発行価格及び資本組入額
                           資本組入額 125
       (円) ※
       新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4,5
       新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。

       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                           (注)6
       に関する事項 ※
        ※ 当事業年度の末日(2019年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(2020年2月29日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載
        しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。なお、2019年5月22
        日開催の取締役会決議により、2019年6月19日付で当社普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行ってお
        ります。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権の行使時の払込
        金額(円)」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)」が調整され
        ております。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、当事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は200株で
          あります。
          但し、当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1
          個当りの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満の端
          数は切り捨て、金銭による調整は行わない。
            調整後株式数       =  調整前株式数       × 分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式について株式の分割若しくは併合を行う場合、又は無償割当てによ
          り普通株式を発行する場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するもの
          とし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                              分割・併合・無償割当ての比率
          時価を下回る1株当りの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを除く。潜在株式等の取得
          原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に伴うものを除く。)、又は時価を下回る1
          株当りの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む
          が、株式無償割当てを除く。また潜在株式等の取得原因の全部又は一部の発生による場合を除く。)を行う
          ときは、未行使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1
          円未満の端数は切り上げる。また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株
          式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げ
          る。
                                       新株発行数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数      +
                                             時価
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                    既発行株式数+新発行株式数
        3.新株予約権の行使期間については記載の権利行使期間のうち、付与決議の日後2年を経過した日から付与決
          議の日後10年を経過する日までの期間内に行われなければならないものとする。加えて、実際の行使可能期
          間及び行使可能数については以下4.(5)に記載の行使条件による制限を受けるものとする。
        4.新株予約権の行使の条件
        (1)  本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は本新株予約権を保有する者(以下「権利者」と
        いう。)について「会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件」に定める取得事由が発生し
        ていないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当社が特
                                 26/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (2)  権利者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株予約権を行
        使することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (3)  本新株予約権の行使は、権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
        相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
        (4)  本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないもの
        とする。
        (5)  本新株予約権者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場(以下、「株式公開」)の日後、次に
        掲げる期間において、次の各号に掲げる割合を限度として行使することができるものとする。行使可能割合
        は、既行使分を合わせた累積の行使可能数の上限を画するものとし、行使可能割合に基づく割当新株予約権の
        個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、端数を切り捨てた新株予約権の個数をもって行使可能な新株予
        約権の割合とみなす。
         ①株式公開の日後1年を経過する日まで  0%
         ②株式公開の日後1年を経過した日から、株式公開の日後2年を経過する日まで  割当個数の25%
         ③株式公開の日後2年を経過した日から、株式公開の日後3年を経過する日まで  割当個数の50%
         ④株式公開の日後3年を経過した日から、株式公開の日後4年を経過する日まで  割当個数の75%
         ⑤株式公開の日後4年を経過した日以降                       割当個数の100%
        5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件
        当社は、以下の各号に基づき本新株予約権を取得することができる。当社は、以下の各号に定める取得の事由
        が生じた本新株予約権を取得する場合、取締役会の決議により別途定める日においてこれを取得するものとす
        る。また、当社は以下の各号に定める取得の事由が生じた本新株予約権の全部又は一部を取得することがで
        き、一部を取得する場合は、取締役会の決議(当社が取締役会設置会社でない場合においては、株主総会の決
        議)により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        (1)  当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又
        は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)につ
        いて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必要で
        ある場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われたときは、当
        社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (2)  当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
        む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当社は
        本新株予約権を無償で取得することができる。
        (3)当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味する。)を当社が承認し
        た場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (4)権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、当社は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
        る。
         ① 当社又は当社の子会社(会社法第2条第3号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
         う。)の取締役又は監査役
         ② 当社又は子会社の使用人
         ③ 顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等
         の継続的な契約関係にある者
        (5)  次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
        る。
         ① 権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
         ② 権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
         は使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
         認を得た場合を除く。
         ③ 権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
         ④ 権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受け
         た場合
         ⑤ 権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不
         渡りとなった場合
         ⑥ 権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに
         類する手続開始の申立があった場合
         ⑦ 権利者につき解散の決議が行われた場合
         ⑧ 権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
         力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること、又は
         資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        (6)  権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
        かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は、未
        行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
         ① 権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
         ② 権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
        (7)  当社は相続の対象とならなかった本新株予約権を無償で取得することができる。
                                 27/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        6.組織再編行為の際の取扱い
        当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者
        に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは
        新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して
        「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下記の方針に
        従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に
        限るものとする。
        (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
        権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
        再編対象会社の普通株式とする。
        (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
        組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書に準じて決定する。
        (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
        組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書で定められる行使価額を調整して得られる再編後行
        使価額に、新株予約権割当契約書に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を
        乗じた額とする。
        (5)  新株予約権を行使することができる期間
        新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日の
        うちいずれか遅い日から、新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の末日まで
        とする。
        (6)  権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
        本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)  新株予約権の譲渡制限
        新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
        (8)  組織再編行為の際の取扱い
        新株予約権割当契約書に準じて決定する。
      B.第2回新株予約権

        2017年2月22日の臨時株主総会決議(2017年8月23日開催の取締役会決議)
       決議年月日                    2017年8月23日
       付与対象者の区分及び人数(名)                    当社従業員 58 

                           933  [915](注)1

       新株予約権の数(個) ※
       新株予約権の目的となる株式の種類、内
                           普通株式 186,600         [183,000](注)1
       容及び数(株) ※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                    250(注)2
                           自2017年9月1日
       新株予約権の行使期間 ※
                           至2027年8月31日(注)3
       新株予約権の行使により株式を発行する
                           発行価格  250
       場合の株式の発行価格及び資本組入額
                           資本組入額 125
       (円) ※
       新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4,5
       新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。

       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                           (注)6
       に関する事項 ※
        ※ 当事業年度の末日(2019年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(2020年2月29日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載
        しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。なお、2019年5月22
        日開催の取締役会決議により、2019年6月19日付で当社普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行行って
        おります。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権の行使時の払
        込金額(円)」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)」が調整さ
        れております。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、当事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は200株で
          あります。
          但し、当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1
          個当りの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満の端
          数は切り捨て、金銭による調整は行わない。
                                 28/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
            調整後株式数       =  調整前株式数       × 分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式について株式の分割若しくは併合を行う場合、又は無償割当てによ
          り普通株式を発行する場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するもの
          とし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                              分割・併合・無償割当ての比率
          時価を下回る1株当りの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを除く。潜在株式等の取得
          原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に伴うものを除く。)、又は時価を下回る1
          株当りの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む
          が、株式無償割当てを除く。また潜在株式等の取得原因の全部又は一部の発生による場合を除く。)を行う
          ときは、未行使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1
          円未満の端数は切り上げる。また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株
          式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げ
          る。
                                       新株発行数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数      +
                                             時価
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                    既発行株式数+新発行株式数
        3.新株予約権の行使期間については記載の権利行使期間のうち、付与決議の日後2年を経過した日から付与決
          議の日後10年を経過する日までの期間内に行われなければならないものとする。加えて、実際の行使可能期
          間及び行使可能数については以下4.(5)に記載の行使条件による制限を受けるものとする。
        4.新株予約権の行使の条件
        (1)  本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は本新株予約権を保有する者(以下「権利者」と
        いう。)について「会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件」に定める取得事由が発生し
        ていないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当社が特
        に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (2)  権利者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株予約権を行
        使することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (3)  本新株予約権の行使は、権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
        相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
        (4)  本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないもの
        とする。
        (5)  本新株予約権者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場(以下、「株式公開」)の日後、次に
        掲げる期間において、次の各号に掲げる割合を限度として行使することができるものとする。行使可能割合
        は、既行使分を合わせた累積の行使可能数の上限を画するものとし、行使可能割合に基づく割当新株予約権の
        個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、端数を切り捨てた新株予約権の個数をもって行使可能な新株予
        約権の割合とみなす。
         ①株式公開の日後1年を経過する日まで  0%
         ②株式公開の日後1年を経過した日から、株式公開の日後2年を経過する日まで  割当個数の25%
         ③株式公開の日後2年を経過した日から、株式公開の日後3年を経過する日まで  割当個数の50%
         ④株式公開の日後3年を経過した日から、株式公開の日後4年を経過する日まで  割当個数の75%
         ⑤株式公開の日後4年を経過した日以降                       割当個数の100%
        5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件
        当社は、以下の各号に基づき本新株予約権を取得することができる。当社は、以下の各号に定める取得の事由
        が生じた本新株予約権を取得する場合、取締役会の決議により別途定める日においてこれを取得するものとす
        る。また、当社は以下の各号に定める取得の事由が生じた本新株予約権の全部又は一部を取得することがで
        き、一部を取得する場合は、取締役会の決議(当社が取締役会設置会社でない場合においては、株主総会の決
        議)により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        (1)  当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又
        は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)につ
        いて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必要で
        ある場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われたときは、当
        社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (2)  当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
        む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当社は
        本新株予約権を無償で取得することができる。
        (3)当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味する。)を当社が承認し
        た場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (4)権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、当社は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
        る。
         ① 当社又は当社の子会社(会社法第2条第3号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
         う。)の取締役又は監査役
                                 29/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
         ② 当社又は子会社の使用人
         ③ 顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等
         の継続的な契約関係にある者
        (5)  次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
        る。
         ① 権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
         ② 権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
         は使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
         認を得た場合を除く。
         ③ 権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
         ④ 権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受け
         た場合
         ⑤ 権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不
         渡りとなった場合
         ⑥ 権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに
         類する手続開始の申立があった場合
         ⑦ 権利者につき解散の決議が行われた場合
         ⑧ 権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
         力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること、又は
         資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        (6)  権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
        かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は、未
        行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
         ① 権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
         ② 権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
        (7)  当社は相続の対象とならなかった本新株予約権を無償で取得することができる。
        6.組織再編行為の際の取扱い
        当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者
        に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは
        新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して
        「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下記の方針に
        従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に
        限るものとする。
        (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
        権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
        再編対象会社の普通株式とする。
        (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
        組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書に準じて決定する。
        (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
        組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書で定められる行使価額を調整して得られる再編後行
        使価額に、新株予約権割当契約書に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を
        乗じた額とする。
        (5)  新株予約権を行使することができる期間
        新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日の
        うちいずれか遅い日から、新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の末日まで
        とする。
        (6)  権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
        本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)  新株予約権の譲渡制限
        新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
        (8)  組織再編行為の際の取扱い
        新株予約権割当契約書に準じて決定する。
      C.第3回新株予約権

        2018年3月27日の定時株主総会決議(2018年3月27日開催の取締役会決議)
       決議年月日                    2018年3月27日
                           当社取締役 3
       付与対象者の区分及び人数(名)
                           当社従業員 86
                           9,594   [9,472](注)1
       新株予約権の数(個) ※
                                 30/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       新株予約権の目的となる株式の種類、内
                           普通株式 1,918,800          [1,894,400](注)1
       容及び数(株) ※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                    250(注)2
                           自2018年3月27日
       新株予約権の行使期間 ※
                           至2028年3月26日(注)3
       新株予約権の行使により株式を発行する
                           発行価格  250
       場合の株式の発行価格及び資本組入額
                           資本組入額 125
       (円) ※
       新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4,5
                           新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとす
       新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           る。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                           (注)6
       に関する事項 ※
       ※ 当事業年度の末日(2019年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
        現在(2020年2月29日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
        ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。なお、2019年5月22日
        開催の取締役会決議により、2019年6月19日付で当社普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っており
        ます。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権の行使時の払込金
        額(円)」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)」が調整されて
        おります。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、当事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は200株で
          あります。
          但し、当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1
          個当りの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満の端
          数は切り捨て、金銭による調整は行わない。
            調整後株式数       =  調整前株式数       × 分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式について株式の分割若しくは併合を行う場合、又は無償割当てによ
          り普通株式を発行する場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するもの
          とし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                              分割・併合・無償割当ての比率
          時価を下回る1株当りの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを除く。潜在株式等の取得
          原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に伴うものを除く。)、又は時価を下回る1
          株当りの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む
          が、株式無償割当てを除く。また潜在株式等の取得原因の全部又は一部の発生による場合を除く。)を行う
          ときは、未行使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1
          円未満の端数は切り上げる。また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株
          式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げ
          る。
                                       新株発行数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数      +
                                             時価
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                    既発行株式数+新発行株式数
        3.新株予約権の行使期間については記載の権利行使期間のうち、付与決議の日後2年を経過した日から付与決

          議の日後10年を経過する日までの期間内に行われなければならないものとする。加えて、実際の行使可能期
          間及び行使可能数については以下4.(5)に記載の行使条件による制限を受けるものとする。
        4.新株予約権の行使の条件
        (1)  本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は本新株予約権を保有する者(以下「権利者」と
        いう。)について「会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件」に定める取得事由が発生し
        ていないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当社が特
        に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (2)  権利者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株予約権を行
        使することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (3)  本新株予約権の行使は、権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
        相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
        (4)  本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないもの
        とする。
        (5)  本新株予約権者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場(以下、「株式公開」)の日後、次に
        掲げる期間において、次の各号に掲げる割合を限度として行使することができるものとする。行使可能割合
        は、既行使分を合わせた累積の行使可能数の上限を画するものとし、行使可能割合に基づく割当新株予約権の
        個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、端数を切り捨てた新株予約権の個数をもって行使可能な新株予
                                 31/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        約権の割合とみなす。
         ①株式公開の日後1年を経過する日まで  0%
         ②株式公開の日後1年を経過した日から、株式公開の日後2年を経過する日まで  割当個数の25%
         ③株式公開の日後2年を経過した日から、株式公開の日後3年を経過する日まで  割当個数の50%
         ④株式公開の日後3年を経過した日から、株式公開の日後4年を経過する日まで  割当個数の75%
         ⑤株式公開の日後4年を経過した日以降                       割当個数の100%
        5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件
        当社は、以下の各号に基づき本新株予約権を取得することができる。当社は、以下の各号に定める取得の事由
        が生じた本新株予約権を取得する場合、取締役会の決議により別途定める日においてこれを取得するものとす
        る。また、当社は以下の各号に定める取得の事由が生じた本新株予約権の全部又は一部を取得することがで
        き、一部を取得する場合は、取締役会の決議(当社が取締役会設置会社でない場合においては、株主総会の決
        議)により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        (1)  当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又
        は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)につ
        いて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必要で
        ある場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われたときは、当
        社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (2)  当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
        む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当社は
        本新株予約権を無償で取得することができる。
        (3)当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味する。)を当社が承認し
        た場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (4)権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、当社は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
        る。
         ① 当社又は当社の子会社(会社法第2条第3号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
         う。)の取締役又は監査役
         ② 当社又は子会社の使用人
         ③ 顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等
         の継続的な契約関係にある者
        (5)  次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
        る。
         ① 権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
         ② 権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
         は使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
         認を得た場合を除く。
         ③ 権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
         ④ 権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受け
         た場合
         ⑤ 権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不
         渡りとなった場合
         ⑥ 権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに
         類する手続開始の申立があった場合
         ⑦ 権利者につき解散の決議が行われた場合
         ⑧ 権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
         力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること、又は
         資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        (6)  権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
        かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は、未
        行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
         ① 権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
         ② 権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
        (7)  当社は相続の対象とならなかった本新株予約権を無償で取得することができる。
        6.組織再編行為の際の取扱い
        当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者
        に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは
        新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して
        「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下記の方針に
        従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に
        限るものとする。
        (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
        権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
        再編対象会社の普通株式とする。
                                 32/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
        組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書に準じて決定する。
        (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
        組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書で定められる行使価額を調整して得られる再編後行
        使価額に、新株予約権割当契約書に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を
        乗じた額とする。
        (5)  新株予約権を行使することができる期間
        新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日の
        うちいずれか遅い日から、新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の末日まで
        とする。
        (6)  権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
        本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)  新株予約権の譲渡制限
        新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
        (8)  組織再編行為の際の取扱い
        新株予約権割当契約書に準じて決定する。
      D.第4回新株予約権

        2018年12月18日の臨時株主総会決議(2018年12月18日開催の取締役会決議)
       決議年月日                    2018年12月18日
                           当社取締役 2
       付与対象者の区分及び人数(名)
                           当社従業員 49
                           4,556   [4,548](注)1
       新株予約権の数(個) ※
       新株予約権の目的となる株式の種類、内
                           普通株式 911,200         [909,600](注)1
       容及び数(株) ※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                    250(注)2
                           自2018年12月18日
       新株予約権の行使期間 ※
                           至2028年12月17日(注)3
       新株予約権の行使により株式を発行する
                           発行価格  250
       場合の株式の発行価格及び資本組入額
                           資本組入額 125
       (円) ※
       新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4,5
                           新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとす
       新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           る。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                           (注)6
       に関する事項 ※
       ※ 当事業年度の末日(2019年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
        現在(2020年2月29日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
        ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。なお、2019年5月22日
        開催の取締役会決議により、2019年6月19日付で当社普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っており
        ます。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権の行使時の払込金
        額(円)」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)」が調整されて
        おります。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、当事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は200株で
          あります。
          但し、当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1
          個当りの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満の端
          数は切り捨て、金銭による調整は行わない。
            調整後株式数       =  調整前株式数       × 分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式について株式の分割若しくは併合を行う場合、又は無償割当てによ
          り普通株式を発行する場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するもの
          とし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                              分割・併合・無償割当ての比率
          時価を下回る1株当りの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを除く。潜在株式等の取得
          原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に伴うものを除く。)、又は時価を下回る1
          株当りの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む
          が、株式無償割当てを除く。また潜在株式等の取得原因の全部又は一部の発生による場合を除く。)を行う
          ときは、未行使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1
                                 33/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
          円未満の端数は切り上げる。また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株
          式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げ
          る。
                                       新株発行数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数      +
                                             時価
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                    既発行株式数+新発行株式数
        3.新株予約権の行使期間については記載の権利行使期間のうち、付与決議の日後2年を経過した日から付与決

          議の日後10年を経過する日までの期間内に行われなければならないものとする。加えて、実際の行使可能期
          間及び行使可能数については以下4.(5)に記載の行使条件による制限を受けるものとする。
        4.新株予約権の行使の条件
        (1)  本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は本新株予約権を保有する者(以下「権利者」と
          いう。)について「会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件」に定める取得事由が発
          生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当
          社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (2)  権利者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株予約権を行使
          することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (3)  本新株予約権の行使は、権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は相
          続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
        (4)  本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないものと
          する。
        (5)  本新株予約権者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場(以下、「株式公開」)の日後、次に掲
          げる期間において、次の各号に掲げる割合を限度として行使することができるものとする。行使可能割合
          は、既行使分を合わせた累積の行使可能数の上限を画するものとし、行使可能割合に基づく割当新株予約権
          の個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、端数を切り捨てた新株予約権の個数をもって行使可能な新
          株予約権の割合とみなす。
         ①株式公開の日後1年を経過する日まで  0%
         ②株式公開の日後1年を経過した日から、株式公開の日後2年を経過する日まで  割当個数の25%
         ③株式公開の日後2年を経過した日から、株式公開の日後3年を経過する日まで  割当個数の50%
         ④株式公開の日後3年を経過した日から、株式公開の日後4年を経過する日まで  割当個数の75%
         ⑤株式公開の日後4年を経過した日以降                       割当個数の100%
        5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件
        当社は、以下の各号に基づき本新株予約権を取得することができる。当社は、以下の各号に定める取得の事由
        が生じた本新株予約権を取得する場合、取締役会の決議により別途定める日においてこれを取得するものとす
        る。また、当社は以下の各号に定める取得の事由が生じた本新株予約権の全部又は一部を取得することがで
        き、一部を取得する場合は、取締役会の決議(当社が取締役会設置会社でない場合においては、株主総会の決
        議)により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        (1)  当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又
        は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)につ
        いて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必要で
        ある場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われたときは、当
        社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (2)  当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
        む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当社は
        本新株予約権を無償で取得することができる。
        (3)当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味する。)を当社が承認し
        た場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (4)権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、当社は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
        る。
         ① 当社又は当社の子会社(会社法第2条第3号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
         う。)の取締役又は監査役
         ② 当社又は子会社の使用人
         ③ 顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等
         の継続的な契約関係にある者
        (5)  次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
        る。
         ① 権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
         ② 権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
         は使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
         認を得た場合を除く。
         ③ 権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
         ④ 権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受け
         た場合
                                 34/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
         ⑤ 権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不
         渡りとなった場合
         ⑥ 権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに
         類する手続開始の申立があった場合
         ⑦ 権利者につき解散の決議が行われた場合
         ⑧ 権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
         力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること、又は
         資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        (6)  権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
        かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は、未
        行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
         ① 権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
         ② 権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
        (7)  当社は相続の対象とならなかった本新株予約権を無償で取得することができる。
        6.組織再編行為の際の取扱い
        当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者
        に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは
        新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して
        「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下記の方針に
        従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に
        限るものとする。
        (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
          権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書に準じて決定する。
        (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
          組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書で定められる行使価額を調整して得られる再編後
          行使価額に、新株予約権割当契約書に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の
          数を乗じた額とする。
        (5)  新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日
          のうちいずれか遅い日から、新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の末日
          までとする。
        (6)  権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
          本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)  新株予約権の譲渡制限
          新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
        (8)  組織再編行為の際の取扱い
          新株予約権割当契約書に準じて決定する。
      E.第5回新株予約権

        2018年12月18日の臨時株主総会決議(2019年1月23日開催の取締役会決議)
       決議年月日                    2019年1月23日
                           当社従業員      2

       付与対象者の区分及び人数(名)
       新株予約権の数(個) ※                    80(注)1

       新株予約権の目的となる株式の種類、内
                           普通株式 16,000(注)1
       容及び数(株) ※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                    250(注)2
                           自2019年1月23日
       新株予約権の行使期間 ※
                           至2029年1月22日(注)3
       新株予約権の行使により株式を発行する
                           発行価格  250
       場合の株式の発行価格及び資本組入額
                           資本組入額 125
       (円) ※
       新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4,5
                           新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとす
       新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           る。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                           (注)6
       に関する事項 ※
                                 35/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       ※ 当事業年度の末日(2019年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末時点(2020年2月29
        日)において、これらの事項に変更はありません。なお、2019年5月22日開催の取締役会決議により、2019年6
        月 19日付で当社普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。これにより、「新株予約権の目
        的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権の行使時の払込金額(円)」、「新株予約権の行使により
        株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)」が調整されております。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、提出日の前月末現在においては200株であります。
          但し、当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1
          個当りの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満の端
          数は切り捨て、金銭による調整は行わない。
            調整後株式数       =  調整前株式数       × 分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式について株式の分割若しくは併合を行う場合、又は無償割当てによ
          り普通株式を発行する場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するもの
          とし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                              分割・併合・無償割当ての比率
          時価を下回る1株当りの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを除く。潜在株式等の取得
          原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に伴うものを除く。)、又は時価を下回る1
          株当りの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む
          が、株式無償割当てを除く。また潜在株式等の取得原因の全部又は一部の発生による場合を除く。)を行う
          ときは、未行使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1
          円未満の端数は切り上げる。また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株
          式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げ
          る。
                                       新株発行数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数      +
                                             時価
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                    既発行株式数+新発行株式数
        3.新株予約権の行使期間については記載の権利行使期間のうち、付与決議の日後2年を経過した日から付与決

          議の日後10年を経過する日までの期間内に行われなければならないものとする。加えて、実際の行使可能期
          間及び行使可能数については以下4.(5)に記載の行使条件による制限を受けるものとする。
        4.新株予約権の行使の条件
        (1)   本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は本新株予約権を保有する者(以下「権利者」と
          いう。)について「会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件」に定める取得事由が発
          生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当
          社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (2)  権利者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株予約権を行使
          することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (3)  本新株予約権の行使は、権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は相
          続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
        (4)  本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないものと
          する。
        (5)  本新株予約権者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場(以下、「株式公開」)の日後、次に掲
          げる期間において、次の各号に掲げる割合を限度として行使することができるものとする。行使可能割合
          は、既行使分を合わせた累積の行使可能数の上限を画するものとし、行使可能割合に基づく割当新株予約権
          の個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、端数を切り捨てた新株予約権の個数をもって行使可能な新
          株予約権の割合とみなす。
         ①株式公開の日後1年を経過する日まで  0%
         ②株式公開の日後1年を経過した日から、株式公開の日後2年を経過する日まで  割当個数の25%
         ③株式公開の日後2年を経過した日から、株式公開の日後3年を経過する日まで  割当個数の50%
         ④株式公開の日後3年を経過した日から、株式公開の日後4年を経過する日まで  割当個数の75%
         ⑤株式公開の日後4年を経過した日以降                       割当個数の100%
        5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件
          当社は、以下の各号に基づき本新株予約権を取得することができる。当社は、以下の各号に定める取得の事
          由が生じた本新株予約権を取得する場合、取締役会の決議により別途定める日においてこれを取得するもの
          とする。また、当社は以下の各号に定める取得の事由が生じた本新株予約権の全部又は一部を取得すること
          ができ、一部を取得する場合は、取締役会の決議(当社が取締役会設置会社でない場合においては、株主総
          会の決議)により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        (1)  当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
          当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)につ
          いて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必
          要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われたと
                                 36/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
          きは、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (2)  当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
          む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当
          社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (3)  当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味する。)を当社が承認した
          場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (4)  権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、当社は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
          る。
         ① 当社又は当社の子会社(会社法第2条第3号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
         う。)の取締役又は監査役
         ② 当社又は子会社の使用人
         ③ 顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等
         の継続的な契約関係にある者
        (5)  次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
          る。
         ① 権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
         ② 権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
         は使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
         認を得た場合を除く。
         ③ 権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
         ④ 権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受け
         た場合
         ⑤ 権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不
         渡りとなった場合
         ⑥ 権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに
         類する手続開始の申立があった場合
         ⑦ 権利者につき解散の決議が行われた場合
         ⑧ 権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
         力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること、又は
         資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        (6)  権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
          かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社
          は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
         ① 権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
         ② 権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
        (7)  当社は相続の対象とならなかった本新株予約権を無償で取得することができる。
        6.組織再編行為の際の取扱い
          当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
          者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
          くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
          総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下
          記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において
          定めた場合に限るものとする。
        (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
          権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書に準じて決定する。
        (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
          組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書で定められる行使価額を調整して得られる再編後
          行使価額に、新株予約権割当契約書に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の
          数を乗じた額とする。
        (5)  新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日
          のうちいずれか遅い日から、新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の末日
          までとする。
        (6)  権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
          本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)  新株予約権の譲渡制限
          新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
        (8)  組織再編行為の際の取扱い
          新株予約権割当契約書に準じて決定する。
                                 37/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      F.第6回新株予約権

        2018年12月18日の臨時株主総会決議(2019年2月8日開催の取締役会決議)
       決議年月日                    2019年2月8日
                           当社取締役       1
       付与対象者の区分及び人数(名)
                           当社従業員 25
       新株予約権の数(個) ※                    3,242   [3,202](注)1
       新株予約権の目的となる株式の種類、内
                           普通株式 648,400         [640,400](注)1
       容及び数(株) ※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                    250(注)2
                           自2019年2月8日
       新株予約権の行使期間 ※
                           至2029年2月7日(注)3
       新株予約権の行使により株式を発行する
                           発行価格  250
       場合の株式の発行価格及び資本組入額
                           資本組入額 125
       (円) ※
       新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4,5
                           新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとす
       新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           る。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                           (注)6
       に関する事項 ※
       ※ 当事業年度の末日(2019年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末
        現在(2020年2月29日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
        ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。なお、2019年5月22日
        開催の取締役会決議により、2019年6月19日付で当社普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っており
        ます。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)」、「新株予約権の行使時の払込金
        額(円)」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)」が調整されて
        おります。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、提出日の前月末現在においては200株であります。
          但し、当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1
          個当りの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満の端数
          は切り捨て、金銭による調整は行わない。
            調整後株式数       =  調整前株式数       × 分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式について株式の分割若しくは併合を行う場合、又は無償割当てによ
          り普通株式を発行する場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するもの
          とし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                              分割・併合・無償割当ての比率
          時価を下回る1株当りの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを除く。潜在株式等の取得原
          因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に伴うものを除く。)、又は時価を下回る1株当
          りの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行又は処分(無償割当てによる場合を含むが、
          株式無償割当てを除く。また潜在株式等の取得原因の全部又は一部の発生による場合を除く。)を行うとき
          は、未行使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未
          満の端数は切り上げる。また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の
          処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                       新株発行数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数      +
                                             時価
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                    既発行株式数+新発行株式数
        3.新株予約権の行使期間については記載の権利行使期間のうち、付与決議の日後2年を経過した日から付与決

          議の日後10年を経過する日までの期間内に行われなければならないものとする。加えて、実際の行使可能期
          間及び行使可能数については以下4.(5)に記載の行使条件による制限を受けるものとする。
        4.新株予約権の行使の条件
        (1)  本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は本新株予約権を保有する者(以下「権利者」と
          いう。)について「会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件」に定める取得事由が発
          生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当
          社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (2)  権利者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株予約権を行使
          することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (3)  本新株予約権の行使は、権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は相
                                 38/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
          続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
        (4)  本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないものと
          する。
        (5)  本新株予約権者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場(以下、「株式公開」)の日後、次に掲
          げる期間において、次の各号に掲げる割合を限度として行使することができるものとする。行使可能割合
          は、既行使分を合わせた累積の行使可能数の上限を画するものとし、行使可能割合に基づく割当新株予約権
          の個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、端数を切り捨てた新株予約権の個数をもって行使可能な新
          株予約権の割合とみなす。
         ①株式公開の日後1年を経過する日まで  0%
         ②株式公開の日後1年を経過した日から、株式公開の日後2年を経過する日まで  割当個数の25%
         ③株式公開の日後2年を経過した日から、株式公開の日後3年を経過する日まで  割当個数の50%
         ④株式公開の日後3年を経過した日から、株式公開の日後4年を経過する日まで  割当個数の75%
         ⑤株式公開の日後4年を経過した日以降                       割当個数の100%
        5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件
          当社は、以下の各号に基づき本新株予約権を取得することができる。当社は、以下の各号に定める取得の事
          由が生じた本新株予約権を取得する場合、取締役会の決議により別途定める日においてこれを取得するもの
          とする。また、当社は以下の各号に定める取得の事由が生じた本新株予約権の全部又は一部を取得すること
          ができ、一部を取得する場合は、取締役会の決議(当社が取締役会設置会社でない場合においては、株主総
          会の決議)により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        (1)  当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
          当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)につ
          いて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必
          要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われたと
          きは、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (2)  当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
          む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当
          社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (3)  当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味する。)を当社が承認した
          場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (4)  権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、当社は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
          る。
         ① 当社又は当社の子会社(会社法第2条第3号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
         う。)の取締役又は監査役
         ② 当社又は子会社の使用人
         ③ 顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等
         の継続的な契約関係にある者
        (5)  次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
          る。
         ① 権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
         ② 権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
         は使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
         認を得た場合を除く。
         ③ 権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
         ④ 権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受け
         た場合
         ⑤ 権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不
         渡りとなった場合
         ⑥ 権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに
         類する手続開始の申立があった場合
         ⑦ 権利者につき解散の決議が行われた場合
         ⑧ 権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
         力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること、又は
         資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        (6)  権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
          かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社
          は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
         ① 権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
         ② 権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
        (7)  当社は相続の対象とならなかった本新株予約権を無償で取得することができる。
        6.組織再編行為の際の取扱い
          当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
          者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
          くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
                                 39/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
          総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下
          記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において
          定 めた場合に限るものとする。
        (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
          権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書に準じて決定する。
        (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
          組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書で定められる行使価額を調整して得られる再編後
          行使価額に、新株予約権割当契約書に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の
          数を乗じた額とする。
        (5)  新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日
          のうちいずれか遅い日から、新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の末日
          までとする。
        (6)  権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
          本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)  新株予約権の譲渡制限
          新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
        (8)  組織再編行為の際の取扱い
          新株予約権割当契約書に準じて決定する。
                                 40/95














                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      G.第7回新株予約権
        2019年6月19日の臨時株主総会決議(2019年6月19日開催の取締役会決議)
       決議年月日                    2019年6月19日
       付与対象者の区分及び人数(名)                    当社従業員 1

       新株予約権の数(個) ※                    60(注)1

       新株予約権の目的となる株式の種類、内
                           普通株式 12,000(注)1
       容及び数(株) ※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                    1,600(注)2
                           自2019年6月19日
       新株予約権の行使期間 ※
                           至2029年6月18日(注)3
       新株予約権の行使により株式を発行する
                           発行価格  株式公開時の公開価格
       場合の株式の発行価格及び資本組入額
                           資本組入額 発行価格の2分の1
       (円) ※
       新株予約権の行使の条件 ※                    (注)4,5
                           新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとす
       新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           る。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付
                           (注)6
       に関する事項 ※
        ※ 当事業年度の末日(2019年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末時点(2020年2月29
        日)において、これらの事項に変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、提出日の前月末現在においては200株であります。
          但し、当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1
          個当りの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満の端数
          は切り捨て、金銭による調整は行わない。
            調整後株式数       =  調整前株式数       × 分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式について株式の分割若しくは併合を行う場合、又は無償割当てによ
          り普通株式を発行する場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するもの
          とし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                              分割・併合・無償割当ての比率
          時価を下回る1株当りの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを除く。潜在株式等の取得原
          因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に伴うものを除く。)、又は時価を下回る1株当
          りの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行又は処分(無償割当てによる場合を含むが、
          株式無償割当てを除く。また潜在株式等の取得原因の全部又は一部の発生による場合を除く。)を行うとき
          は、未行使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未
          満の端数は切り上げる。また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の
          処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                       新株発行数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数      +
                                             時価
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                    既発行株式数+新発行株式数
        3.新株予約権の行使期間については記載の権利行使期間のうち、付与決議の日後2年を経過した日から付与決

          議の日後10年を経過する日までの期間内に行われなければならないものとする。加えて、実際の行使可能期
          間及び行使可能数については以下4.(5)に記載の行使条件による制限を受けるものとする。
        4.新株予約権の行使の条件
        (1)  本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は本新株予約権を保有する者(以下「権利者」と
          いう。)について「会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件」に定める取得事由が発
          生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当
          社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (2)  権利者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株予約権を行使
          することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        (3)  本新株予約権の行使は、権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は相
          続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
        (4)  本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないものと
          する。
        (5)  本新株予約権者は、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場(以下、「株式公開」)の日後、次に掲
          げる期間において、次の各号に掲げる割合を限度として行使することができるものとする。行使可能割合
          は、既行使分を合わせた累積の行使可能数の上限を画するものとし、行使可能割合に基づく割当新株予約権
                                 41/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
          の個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、端数を切り捨てた新株予約権の個数をもって行使可能な新
          株予約権の割合とみなす。
         ①株式公開の日後1年を経過する日まで  0%
         ②株式公開の日後1年を経過した日から、株式公開の日後2年を経過する日まで  割当個数の25%
         ③株式公開の日後2年を経過した日から、株式公開の日後3年を経過する日まで  割当個数の50%
         ④株式公開の日後3年を経過した日から、株式公開の日後4年を経過する日まで  割当個数の75%
         ⑤株式公開の日後4年を経過した日以降                       割当個数の100%
        5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件
          当社は、以下の各号に基づき本新株予約権を取得することができる。当社は、以下の各号に定める取得の事
          由が生じた本新株予約権を取得する場合、取締役会の決議により別途定める日においてこれを取得するもの
          とする。また、当社は以下の各号に定める取得の事由が生じた本新株予約権の全部又は一部を取得すること
          ができ、一部を取得する場合は、取締役会の決議(当社が取締役会設置会社でない場合においては、株主総
          会の決議)により取得する本新株予約権を決定するものとする。
        (1)  当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
          当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)につ
          いて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必
          要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われたと
          きは、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (2)  当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
          む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当
          社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (3)  当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味する。)を当社が承認した
          場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        (4)  権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、当社は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
          る。
         ① 当社又は当社の子会社(会社法第2条第3号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
         う。)の取締役又は監査役
         ② 当社又は子会社の使用人
         ③ 顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等
         の継続的な契約関係にある者
        (5)  次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
          る。
         ① 権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
         ② 権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しく
         は使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
         認を得た場合を除く。
         ③ 権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
         ④ 権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受け
         た場合
         ⑤ 権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不
         渡りとなった場合
         ⑥ 権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに
         類する手続開始の申立があった場合
         ⑦ 権利者につき解散の決議が行われた場合
         ⑧ 権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
         力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること、又は
         資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        (6)  権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
          かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社
          は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
         ① 権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
         ② 権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
        (7)  当社は相続の対象とならなかった本新株予約権を無償で取得することができる。
        6.組織再編行為の際の取扱い
          当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
          者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
          くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
          総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下
          記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において
          定めた場合に限るものとする。
        (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
          権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
                                 42/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
          再編対象会社の普通株式とする。
        (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書に準じて決定する。
        (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
          組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権割当契約書で定められる行使価額を調整して得られる再編後
          行使価額に、新株予約権割当契約書に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の
          数を乗じた額とする。
        (5)  新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日
          のうちいずれか遅い日から、新株予約権割当契約書に定める新株予約権を行使することができる期間の末日
          までとする。
        (6)  権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
          本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)  新株予約権の譲渡制限
          新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
        (8)  組織再編行為の際の取扱い
          新株予約権割当契約書に準じて決定する。
      ②  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
                                 43/95












                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
               発行済株式        発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

       年月日        総数増減数         総数残高                        増減額         残高
                 (株)         (株)        (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
     2015年1月31日        普通株式        普通株式

                                   ―     14,140          ―       ―
       (注)1          140,718        141,000
                     普通株式

     2015年4月28日        A種優先株式           141,000
                                149,998       164,138       149,998       149,998
       (注)2           9,000   A種優先株式
                          9,000
                     普通株式
                         141,000
     2016年1月31日        B種優先株式        A種優先株式
                                750,000       914,138       750,000       899,998
       (注)3          30,000        9,000
                     B種優先株式
                         30,000
             普通株式
                 39,000
     2019年5月22日        A種優先株式        普通株式
                                   ―    914,138          ―    899,998
       (注)4          △9,000        180,000
             B種優先株式
                △30,000
     2019年6月19日

             普通株式        普通株式
                                   ―    914,138          ―    899,998
       (注)5
               35,820,000        36,000,000
     2019年9月20日

             普通株式        普通株式
                                444,000      1,358,138        444,000      1,343,998
                 600,000      36,600,000
       (注)6
     (注)   1.株式分割(1:500)によるものです。

        2.有償第三者割当 A種優先株式 9,000株
                   GMO  VenturePartners4投資事業有限責任組合
          割当先
          発行価額         33,333円
          資本組入額         16,666.5円
        3.有償第三者割当 B種優先株式 30,000株
                   ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合、新生企業投資株式会社、SMBCベンチャー
                   キャピタル2号投資事業有限責任組合 GMO                     VenturePartners4投資事業有限責任
          割当先
                   組合
          発行価額         50,000円
          資本組入額         25,000円
        4.2019年5月22日開催の取締役会決議に基づき、A種優先株式9,000株及びB種優先株式30,000株を自己株式
          として取得し、対価として普通株式をそれぞれ9,000株及び30,000株交付しております。加えて、同取締役
          会決議により、取得したA種優先株式及びB種優先株式を消却しております。
        5.株式分割(1:200)によるものです。
        6.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
          発行価格       1,600円
          引受価額       1,480円
          資本組入額        740円
                                 44/95




                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                 2019年12月31日現在

                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                    株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                        (株)
            地方公共      金融機関                                  計
                       取引業者       法人                その他
             団体
                                 個人以外      個人
     株主数
               ―     7     32     281      19     29   12,910     13,278         ―
      (人)
     所有株式数
               ―   11,431      7,420    251,606      1,782     4,331     89,412     365,982       1,800
      (単元)
     所有株式数
               ―    3.12     2.03     68.75      0.49     1.18     24.43     100.00         ―
      の  割  合
     (%)
     (6)  【大株主の状況】

                                               2019年12月31日現在
                                                   発行済株式
                                                   (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                             (株)      総数に対する
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
     株式会社EC       studioホー
                     東京都港区芝公園3丁目4-30                       20,530,400          56.09
     ルディングス
     ジャフコSV4共有投資事業有
                     東京都港区虎ノ門1丁目23-1                        1,820,000          4.97
     限責任組合
     山本 正喜                東京都文京区                        1,251,000          3.42
     GMO     VenturePar
     tners4投資事業有限責任                東京都渋谷区桜丘町26-1                        1,092,000          2.98
     組合
     山口 勝幸                神奈川県三浦郡葉山町                        1,000,000          2.73
     新生企業投資株式会社                東京都中央区日本橋室町2丁目4-3                         588,000         1.61

     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         412,900         1.13
     銀行株式会社(信託口)
     SMBCベンチャーキャピタル
                     東京都中央区八重洲1丁目3-4                         400,000         1.09
     2号投資事業有限責任組合
                     6 EU TONG SEN ST.#11
     YOZO SUZUKI
                     -20, THE CENTRAL SIN
     (常任代理人 大和証券株式会                                         378,000         1.03
                     GAPORE 059817
     社)
                     (東京都千代田区丸の内1丁目9番1号)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         320,800         0.88
     銀行株式会社(信託口9)
            計                    ―             27,793,100          75.93
                                 45/95







                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                 2019年12月31日現在
           区分                株式数(株)             議決権の数(個)            内容
     無議決権株式                         ―              ―          ―

     議決権制限株式(自己株式等)                         ―              ―          ―

     議決権制限株式(その他)                         ―              ―          ―

     完全議決権株式(自己株式等)                         ―              ―          ―

                            普通株式     36,598,200

     完全議決権株式(その他)                                        365,982        (注)1
                            普通株式        1,800

     単元未満株式                                       ―          ―
                                 36,600,000

     発行済株式総数                                       ―          ―
     総株主の議決権                         ―               365,982         ―

     (注)   1.普通株式の内容については「第4提出会社の状況                         1 株式等の状況 (1)株式の総数等 ②発行済株式」に
          記載しています。
      ② 【自己株式等】

      該当事項はありません。
                                 46/95












                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
                   会社法第155条第4号に該当するA種優先株式及びB種優先株式の取得
       【株式の種類等】
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】
              区分                 株式数(株)              価額の総額(円)
                             A種優先株式  9,000
     取締役会(2019年5月22日)での決議状況
                                                 ―
                             B種優先株式         30,000
        (取得日 2019年5月22日)
       最近期間における取得自己株式数                           ―               ―
      (注)2019年5月22日開催の取締役会決議により、A種優先株式9,000株及びB種優先株式30,000株を自己株式と
         して取得し、その対価として普通株式をそれぞれ9,000株、30,000株交付しております。また、同取締役会
         決議により、自己株式として取得した当該A種優先株式及びB種優先株式の全てを消却しております。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                       当事業年度                       当期間
     区分
                   株式数         処分価額の総額             株式数         処分価額の総額
                   (株)           (円)           (株)           (円)
                 A種優先株式  
                       9,000
     消却の処分を行った
                                ―           ―           ―
                  B種優先株式 
     取得自己株式
                      30,000
     保有自己株式                ―           ―           ―           ―
      (注)2019年5月22日開催の取締役会決議により、A種優先株式9,000株及びB種優先株式30,000株を自己株式と
         して取得し、その対価として普通株式をそれぞれ9,000株、30,000株交付しております。また、同取締役会
         決議により、自己株として取得した当該A種優先株式及びB種優先株式の全てを消却しております。
    3 【配当政策】
      当社は、各事業年度の業績、財務体質の強化、中長期事業戦略などを総合的に勘案し、株主価値を最大化させるこ
     とを念頭に、資本政策を決めていく方針であります。中でも、利益配分につきましては、経営成績及び財務状態を勘
     案の上、配当及び自己株式の取得等、最適な時期に最適な手法で行ってまいりたいと考えております。
      当該方針に基づき、当分の間無配とすることといたしております。将来的には、収益力の強化や事業基盤の整備を
     実施しつつ、内部留保の充実状況及び企業を取り巻く経営環境を勘案したうえで、株主に対して安定的かつ継続的な
     利益還元を実施する方針でありますが、現時点において配当実施の可能性及びその実施時期等につきましては未定で
     あります。
      なお、剰余金の配当を行う場合、年1回の期末配当を基本方針としており、配当の決定機関は株主総会となってお
     ります。また、当社は会社法に規定する中間配当を取締役会決議によって行うことができる旨を定款に定めておりま
     す。
                                 47/95







                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、当社が属するビジネスチャット市場の環境が変化する中、長期的な企業価値向上を目指し、株主をは
       じめとするすべてのステークホルダーの信頼を得るために、経営の効率化を図るとともに、経営の健全性、透明
       性及びコンプライアンスを高めるべく、経営管理体制の構築に努めております。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       a. 企業統治の概要
         当社は、継続的な企業価値の向上を実現し、また、株主価値の観点から経営を監督する仕組みを確保する目
        的で監査役会設置会社を採用しています。
         当社の企業統治の体制の模式図は以下のとおりであります。
         取締役会は、社外取締役1名を含む取締役4名で構成されており、毎月の定時取締役会のほか、必要に応じ








        て臨時取締役会を開催しております。取締役会では、経営上の意思決定機関として、「取締役会規程」に基づ
        き重要事項を決議し、取締役の業務執行状況を監督しております。また、社外取締役は、社外の第三者の視点
        で取締役会への助言及び監視を行っております。なお、取締役会の議長は代表取締役兼社長執行役員CEO兼
        CTO 山本正喜であります。
         戦略ミーティングは、常勤取締役3名を含む執行役員5名で構成され、常勤監査役も出席しております。原
        則として毎週1回開催し、「職務権限規程」等社内規程に定められた事項の決定をしております。戦略ミー
        ティングの構成員は、業務執行状況を報告するとともに、共通の課題などを意見交換し、情報の共有を図って
        おります。なお、戦略ミーティングの議長は代表取締役兼社長執行役員CEO兼CTO 山本正喜でありま
        す。
         また、当社は、監査役会を設置しており、常勤監査役1名及び非常勤監査役2名で構成されております。監
        査役は、毎月1回監査役会を開催し、監査に関する重要事項について情報交換、協議並びに決議を実施してお
        ります。監査役は、取締役会に出席し、必要に応じ意見陳述を行うなど、常に取締役の業務執行を監視できる
        体制となっております。なお、議長は常勤監査役 菅井毅であります。
       b. 内部統制システムの整備の状況

         当社は、業務の適正性を確保するために、各種規程類を制定し、内部統制システムを整備するとともに、運
        用の徹底を図っております。監査役による監査に加え、各種規程類の遵守状況と内部統制システムが有効に機
        能していることを確認するために、代表取締役が内部監査担当者を任命し、内部監査を実施しております。内
                                 48/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        部監査担当者は、監査役及び会計監査人とも連携し、監査の実効性を確保しております。
         また、当社は、2017年12月20日開催の取締役会で「内部統制システム構築の基本方針」に関する決議を行
        い、現在、その基本方針に基づき内部統制システムの運用を行っております。内容の概要は次のとおりであり
        ます。
        Ⅰ.  取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

          ⅰ  法令、定款及び社会規範等の遵守を目的として企業理念及び社内規程を定めるとともに内容について役
           職員に浸透を図る。
          ⅱ  監査役は「監査役会規程」に基づき、独立した立場で取締役の職務執行状況について監査し、適法性に
           関する疑義を発見した場合は、その事実を指摘し改善するよう取締役及び取締役会に勧告するとともに、
           必要に応じてその行為の差止めを請求する。
          ⅲ  内部監査担当者は、「内部監査規程」に基づき、業務運営及び財産管理の実態を調査し、使用人の職務
           の執行が法令、定款並びに当社規程に適合していることを確認の上、代表取締役社長に報告する。
        Ⅱ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

          ⅰ  当社は、取締役の職務執行に関する重要な情報・決定事項等を法令及び社内規程に従い、適切に保存、
           管理する。
          ⅱ  取締役及び監査役は必要に応じてこれらの保存情報を閲覧することができる。
        Ⅲ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          ⅰ  当社はコーポレートリスクの適切な把握を目的として、取締役会または他の会議体にて当社として管理
           すべきリスク項目の洗い出しと、継続的な状況確認を実施する。
          ⅱ  なおリスクが顕在化した場合は、代表取締役社長を統括責任者とした緊急事態対応体制を敷き、早期の
           回復に努める。
        Ⅳ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          ⅰ  当社は毎月1回の定時取締役会を開催し、法定事項の決議、経営に関する重要事項の決定及び業務執行
           の監督等を機動的に行うことで効率的な職務執行に努める。加えて、必要に応じて臨時取締役会を開催す
           る。
          ⅱ  当社は規程にて各組織の業務分掌並びに職位に応じた職務権限を定めると共に、当該規程に従って担当
           役員及び各組織長への権限の委譲を行うことで、迅速かつ効率的な意思決定を確保する。
        Ⅴ.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、当該使

         用人の取締役からの独立性に関する事項、並びに当該使用人への指示の実効性確保に関する事項
          ⅰ  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、監査役と協議の上、必要に応じて監査
           役の職務を補助する使用人を配置する。
          ⅱ  当該補助使用人に対する監査役からの指示については、取締役並びに所属部門長からの指揮命令を受け
           ないこととする。
          ⅲ  当該補助使用人の人事異動、考課並びに懲戒処分については監査役の同意を得るものとする。
        Ⅵ.  取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制、当該報告者が報告を理由に不利な扱いを受けないた

         めの体制及びその他の監査役への報告に関する体制
          ⅰ  取締役及び使用人は、会社に対し著しい損害を及ぼす恐れのある事実が発生する可能性が生じた場合も
           しくは発生した場合、または、法令・定款に違反する重大な事実が発生する可能性が生じた場合は、その
           事実を監査役に遅滞なく報告する。
          ⅱ  監査役は、重要な意思決定のプロセスや業務の執行状況を把握するため、取締役会等の重要な会議に出
           席するとともに、監査業務の一環として取締役会議事録並びに稟議書等の重要文書を閲覧し、必要に応じ
           て取締役及び使用人に説明を求めることができる。
          ⅲ  監査役に報告を行った取締役及び使用人について、代表取締役社長等の管理者は当該報告の事実を理由
           として不利益な取り扱いを行ってはならない。
                                 49/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        Ⅶ.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続きその他の当該職務の執行について生ずる

         費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          監査役の職務執行に必要な費用は、会社が実費を負担する。
        Ⅷ.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

          ⅰ  取締役は、監査役が取締役会その他重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、重要な
           会議に出席できる環境を整備するとともに、内部監査担当者及び会計監査人を含む外部の専門家等と必要
           に応じて連携できる環境を構築する。
          ⅱ  監査役は会計監査人及び内部監査担当者と定期的に会合を持ち、各監査人の監査状況を共有し、効果的
           かつ効率的な監査の実施に努める。
        Ⅸ.反社会的勢力との取引排除に向けた基本的考え方及びその整備状況

          ⅰ  当社は、反社会的勢力に対する毅然とした対応を取ること、反社会的勢力との一切の関係を拒絶するこ
           とを社内規程に定め、すべての取締役及び監査役並びに使用人に周知徹底する。
          ⅱ  反社会的勢力による不当要求、組織暴力及び犯罪行為に対しては、顧問弁護士、警察等の外部専門機関
           と連携し、解決を図る体制を整備する。
       c. リスク管理体制の整備状況

         当社のリスク管理体制は、コーポレート本部長が中心となり取締役・監査役・各部門責任者と密な連携をと
        りながら必要に応じて戦略ミーティング等で協議し、その対応を決定しております。
         また、顧問弁護士、顧問税理士、顧問社会保険労務士等より、経営全般にわたっての助言を受けておりま
        す。
         なお、法令違反や不正行為等の防止及び早期発見を図るため、内部通報制度を導入し、常勤監査役及び外部
        の顧問弁護士事務所を窓口と定めております。
      ③ 取締役の員数

         当社の取締役は10名以内とする旨、定款に定めております。
      ④ 取締役の選任・解任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
       主が出席し、その議決権の過半数をもって行い、累積投票によらない旨を定款で定めております。また、取締役
       の解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1を有する株主が出席し、その議決
       権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
      ⑤ 責任限定契約

        当社は、業務執行を行わない取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できるようにするとともに、有
       能な人材を招聘できるよう、取締役福田升二氏並びに監査役菅井毅氏、山田啓之氏、及び村田雅幸氏と、会社法
       第427条第1項の規定により、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該責
       任限定契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425条第1項に定める取締役及び監査役の最低責任限度額
       としております。
      ⑥ 株主総会の特別決議要件

        当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、
       議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上
       をもって行う旨を定款に定めております。
      ⑦ 中間配当に関する事項

        当社は、株主への機動的な利益還元を行うことを目的として、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の
       決議によって毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
                                 50/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      ⑧ 自己株式の取得
        当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得する
       ことができる旨定款に定めております。
                                 51/95




















                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ①役員一覧
      男性    7 名 女性     ―名(役員のうち女性の比率             ―%)
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                                 株式会社テレウェイヴ(現株式会社アイフ
                           2004年4月
                                 ラッグ)入社
    代表取締役兼社長執行
                                                  (注)
                                                     21,781,400
                           2005年4月      当社専務取締役CTO
        役員      山本 正喜      1980年12月16日
                                                  3
                                                       (注)5
       CEO兼CTO
                                 当社代表取締役兼社長執行役員CEO兼CTO
                           2018年6月
                                 (現任)
                           1987年11月      コールセン株式会社入社
                                 株式会社ユナイテッドパブリッシャーズ
                           1991年11月
                                 入社
                           1992年8月      株式会社ケイピーエス入社
                                 株式会社イノベーションラボ入社 取締
                           2001年8月
                                 役就任
                                 株式会社テレウェイヴ(現株式会社アイフ
    取締役兼副社長執行役
                           2003年9月
                                                  (注)
                                 ラッグ)入社
        員      山口 勝幸      1967年11月30日
                                                     1,000,000
                                                  3
        COO
                           2008年9月      当社入社
                           2009年6月      当社取締役
                           2016年3月      当社常務取締役CMO
                           2018年3月      当社取締役兼執行役員CMO
                           2019年3月      当社取締役兼副社長執行役員COO(現任)
                           1998年4月      株式会社アサツーディ・ケイ入社
                           2002年11月      株式会社ローランドベルガー入社
                           2004年4月      デルジャパン株式会社入社
                           2006年12月      レノボジャパン株式会社
                                 株式会社リクルートホールディングス入
                           2008年2月
                                 社
     取締役兼執行役員
                                                  (注)
                                 Indeed   Inc.出向
     CFO兼コーポレート         井上 直樹      1973年10月28日       2012年10月
                                                      160,000
                                                  3
       本部長
                                 Hotspring    Ventures    Ltd.取締役
                           2015年8月
                           2017年11月      当社CFO兼コーポレートサポート本部長
                           2018年3月      当社執行役員CFO
                           2019年3月      当社取締役兼執行役員CFO
                                 当社取締役兼執行役員CFO兼コーポレート
                           2019年10月
                                 本部長(現任)
                           2004年4月      伊藤忠商事株式会社入社
                           2013年1月      株式会社エス・エム・エス入社
                           2013年11月      同社介護ビジネスポータル事業部長
                                 株式会社エス・エム・エス           フィナンシャ
                           2014年1月
                                 ルサービス代表取締役
                                 株式会社エス・エム・エス           介護事業本部
                           2015年4月
                                 長
                                 株式会社エス・エム・エス           メディケア
                           2015年4月
       取締役                                           (注)
                                 サービス代表取締役
              福田 升二      1980年1月29日
                                                         ―
       (注)1                                           3
                                 介護サポートサービス株式会社            代表取締
                           2016年4月
                                 役
                                 株式会社ツヴァイク        代表取締役
                           2017年7月
                                 株式会社ワークアンビシャス            代表取締役
                           2017年7月
                                 株式会社エス・エム・エス           事業開発本部
                           2018年4月
                                 長
                           2018年7月      同社執行役員(現任)
                           2019年1月      当社取締役(現任)
                                 52/95



                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                                 株式会社日本長期信用銀行(現株式会社新
                           1979年4月
                                 生銀行)入行
                                 国際復興開発銀行(世界銀行)ファイナン
                           1995年6月
                                 シャル・オフィサー
                                 Warburg   Dillon   Readディレクター
                           1998年10月
                           2001年6月      株式会社Jストリーム取締役CFO管理部長
                                 セキュアード・キャピタル・ジャパン株式
                           2006年3月
      常勤監査役
                                                  (注)
                                 会社取締役管理本部長CFO
              菅井 毅      1955年4月4日
                                                         ―
                                                  4
       (注)2
                                 株式会社キャピタルメディカ執行役員管理
                           2013年10月
                                 部長
                           2014年4月      マイナミ空港サービス株式会社 顧問
                                 Kahala   Surf  Corporation社長
                           2014年6月
                           2015年11月      サザンヴィスタ株式会社顧問
                                 ジェイレックス・コーポレーション株式会
                           2017年5月
                                 社顧問
                           2017年11月      当社監査役(現任)
                                 エイジックス株式会社設立 代表取締役
                           2000年11月
                                 (現任)
                           2001年1月      AZX総合会計事務所設立 代表(現任)
       監査役
                                                  (注)
                           2013年7月      Fringe81株式会社監査役(現任)
              山田 啓之      1964年10月20日
                                                         ―
                                                  4
       (注)2
                           2014年10月      ラクスル株式会社監査役
                           2015年7月      株式会社カオナビ監査役(現任)
                           2016年1月      当社監査役(現任)
                           1991年4月      大阪証券取引所入所
                           2003年7月      同社執行役員
                           2010年1月      同社上席執行役員
       監査役
                                                  (注)
                           2013年6月      株式会社東京証券取引所執行役員
              村田 雅幸      1969年2月14日
                                                         ―
                                                  4
       (注)2
                                 パブリックゲート合同会社代表社員(現
                           2018年4月
                                 任)
                           2018年7月      株式会社スマレジ監査役(現任)
                           2019年3月      当社監査役(現任)
                            計                         22,941,400
     (注)   1.取締役福田升二は、社外取締役であります。
        2.監査役菅井毅、山田啓之及び村田雅幸は、社外監査役であります。
        3.2019年6月19日開催の臨時株主総会の終結の時から、選任後2年以内に終了する事業年度のうち、最終のも
          のに係る定時株主総会の終結の時までであります。
        4.2019年6月19日開催の臨時株主総会の終結の時から、選任後4年以内に終了する事業年度のうち、最終のも
          のに係る定時株主総会の終結の時までであります。
        5.代表取締役山本正喜の所有株式数は、同氏の資産管理会社である株式会社EC                                       studioホールディン
          グスが所有する株式数を含んでおります。
        6.当社では、迅速かつ円滑な業務の執行と経営判断の実現のため、執行役員制度を導入しております。                                                 な
          お、執行役員は5名であり、取締役を兼務していない執行役員は以下のとおりです。
                 氏名                 職名
                春日 重俊               執行役員兼開発本部長
                西尾 知一              執行役員兼事業推進本部長
      ② 社外取締役及び社外監査役との関係

        当社は社外取締役を1名、社外監査役を3名それぞれ選任しております。
        当社では社外の視点を踏まえた実効的なコーポレート・ガバナンスの構築を目的に、社外取締役及び社外監査
       役について、専門家としての豊富な経験、金融・会計・法律に関する高い見識等に基づいて、経営に対する独立
       した客観的な観点からの助言・提言を行うことにより、取締役の職務執行の監督をしております。
        社外取締役の福田升二氏は、複数社の代表取締役としての事業運営経験を活かして、独立した立場から取締役
       の職務執行の監督及び助言を行っていただけるものと判断して、社外取締役に選任したものであります。
        社外監査役の菅井毅氏は、金融機関や事業会社等で長年培われた専門的な知識や経験を活かして当社の常勤監
       査役として、取締役の職務執行の監査や、取締役会での助言をいただけるものと判断して、社外監査役に選任し
       たものであります。
        社外監査役の山田啓之氏は、主に税理士の専門的な見地から、適切な内部統制整備についての助言をいただけ
       るものと判断して、社外監査役に選任したものであります。
        社外監査役の村田雅幸氏は、大阪証券取引所及び東京証券取引所における勤務実績から、資本市場の求めるガ
       バナンス体制や経営管理体制に精通しており、独立した立場から当社の経営執行状況を監査いただけるものと判
                                 53/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       断して、社外監査役に選任したものであります。
        なお、社外取締役である福田升二氏は、当社新株予約権200,000株相当分、社外監査役である山田啓之氏は当社
       新株予約権90,000株相当分を保有しております。これ以外に社外取締役及び社外監査役との当社との間に特別な
       人的関係、資本的関係又は取引関係その他利害関係はありません。
        なお、当社では社外役員を選任するための独立性に関する基準または方針としての特段の定めはありません
       が、株式会社東京証券取引所が定める独立性基準を参考に、経歴、当社との関係等から個別に判断し、当社から
       の独立性を確保できる方を候補者として選任することとしております。なお、現在の社外役員4名全員を独立役
       員として届出ております。
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

       統制部門との関係
        当社は、社外取締役及び社外監査役が独立した立場から経営への監督と監視を的確かつ有効に実行できる体制
       を構築するため、内部監査担当との連携のもと、必要の都度、経営に関る必要な資料の提供や事情説明を行う体
       制となっております。また、その体制をスムーズに進行させるため、常勤監査役が内部監査担当と密に連携する
       ことで社内各部からの十分な情報収集を行っております。これらを通して社外取締役、社外監査役の独立した活
       動を支援しております。
                                 54/95















                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    (3)  【監査の状況】
      ① 内部監査及び監査役監査の状況
        代表取締役社長から任命された内部監査担当者2名が自己の属する部門を除く当社全体をカバーするように業
       務監査を行っております。具体的には、コーポレート本部所属の内部監査担当者がコーポレート本部以外の監査
       を行い、事業推進本部所属の内部監査担当者がコーポレート本部の監査を行っております。内部監査担当者は内
       部監査規程及び代表取締役から承認を得た事業年度ごとの内部監査計画に基づき、各部門の業務活動に関し、社
       内規則やコンプライアンスに則り、適正かつ効率的に業務が行われているか監査を行っております。監査の結果
       は代表取締役社長に直接報告されるとともに、各被監査部門に通知され、後日改善状況の確認が行われておりま
       す。
        監査役監査については、常勤の社外監査役1名、非常勤の社外監査役2名の体制で実施しており、監査役会が
       定めた監査方針及び監査計画に基づき、当社グループの内部統制システムを通じて業務及び財産の状況を監査い
       たします。
        内部監査担当者、監査役会及び会計監査人は、それぞれの監査を踏まえて情報交換を行う等、必要に応じて都
       度情報を共有し、三者間で連携を図ることにより三様監査の実効性を高めております。
      ② 会計監査の状況

       (a)監査法人の名称
         有限責任監査法人トーマツ
       (b)業務を執行した公認会計士
         指定有限責任社員 業務執行社員:早稲田宏、中山太一
       (c)監査業務に係る補助者の構成
         当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士3名、その他6名であります。
       (d)監査法人の選定方針、理由及び評価
        当社は、会計監査人に必要とされる専門性、監査体制、監査の実施状況、独立性及び品質管理体制等を総合的
       に勘案して会計監査人を指定しております。
        監査役及び監査役会は、監査役監査基準に照らし、監査法人に対して評価を行い、適時適切に意見交換や監査
       状況を把握しております。その結果、監査法人による会計監査は有効に機能し、適正に行われていることを確認
       しております。
      ③ 監査報酬の内容等

       (a)監査公認会計士等に対する報酬の内容
               前事業年度                            当事業年度

       監査証明業務に              非監査業務に             監査証明業務に              非監査業務に
       基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)
              12,000                ―           16,000              1,500
       当社における非監査業務の内容は、公認会計士法第2条第1項以外の業務である、新規上場に係るコンフォート
      レター作成業務であります。
       (b)監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

        該当事項はありません。
       (c)その他重要な報酬の内容

        該当事項はありません。
       (d)監査報酬の決定方針

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査計画、当社の規模・業務の特性等を勘案し、監
       査役会の同意の上、取締役会決議により決定しております。
       (e)監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

                                 55/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意をした
       理由は、当社の監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積の算出根拠等
       が 適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について妥当と判断したた
       めであります。
                                 56/95



















                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法に関する方針に係る事項
       当社は役員報酬の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めた規程はありません。
       当社の役員報酬等の額は、2015年2月20日開催の第11期定時株主総会において、取締役については年額200,000千
      円以内、監査役については年額20,000千円以内と決定しております。
       当社の取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は、取締役会により一任
      された代表取締役であり、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、担当職務、各期の業績、貢献度等を
      総合的に勘案して決定する権限を有しております。監査役の報酬等は、株主総会で決議された報酬総額の範囲内に
      おいて、常勤・非常勤の別、業務分担の状況を考慮して、監査役の協議により決定しております。なお、提出会社
      の役員が当事業年度に受けている報酬等は、固定報酬のみであります。
       なお、2020年3月26日開催の第16期定時株主総会において、上記役員の報酬額とは別枠で、譲渡制限付株式報酬
      制度を導入することが決議され、取締役に対し、譲渡制限付株式に関する報酬等として支給する金銭報酬債権の総
      額を年額100,000千円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)、割当てを受ける譲渡制限付株式の総数は
      116,000株を上限とする決定をしております。ただし、当該金銭報酬債権の総額は、原則として3事業年度にわたる
      職務執行の対価に相当する額を一括して初年度に支給する場合を想定しており、譲渡制限期間が満了する前に当社
      取締役を退任した場合その他一定の事由が生じた場合には、対象取締役に割り当てられた株式は無償で当社が取得
      するものであります。この譲渡制限付株式報酬制度につきましては、取締役会にて役員報酬制度の見直しを行うべ
      く、外部専門機関の指導・助言を受け、数回にわたり議論を重ね、同制度の導入決議に至っております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(千円)

                                                    対象となる
                   報酬等の総額
           役員区分                                          役員の員数
                      (千円)
                                  ストック
                                                       (名)
                           基本報酬              賞与     退職慰労金
                                  オプション
        取締役
                      68,040      68,040         ―      ―      ―      3
        監査役
                       7,500      7,500         ―      ―      ―      3
      ③ 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

       当社では、報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                 57/95









                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
       該当事項はありません。
                                 58/95




















                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1   財務諸表の作成方法について

      当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて作
      成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2019年1月1日から2019年12月31日まで)の
      財務諸表について、有限責任監査法人トーマツの監査を受けております。
    3   連結財務諸表について

      当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
    4   財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には会計基準等の内容を適
      切に把握し、また会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、定期的に監査法
      人の主催するセミナーに参加しております。
                                 59/95














                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    1  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年12月31日)              (2019年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                611,287             1,531,768
        売掛金                                128,328              145,986
        貯蔵品                                 7,358              7,166
        前払費用                                49,629              62,527
        預け金                                28,840              42,848
                                         1,424                88
        その他
        流動資産合計                                826,869             1,790,386
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               52,796              63,565
           減価償却累計額                             △ 8,958             △ 8,077
           建物(純額)                             43,838              55,487
         工具、器具及び備品                               51,128              59,059
           減価償却累計額                            △ 23,362             △ 37,482
           工具、器具及び備品(純額)                             27,766              21,576
                                         6,991              6,991
         土地
         有形固定資産合計                               78,595              84,055
        無形固定資産
                                          69              69
         電話加入権
         無形固定資産合計                                 69              69
        投資その他の資産
         敷金及び保証金                               46,356              63,756
         繰延税金資産                               43,538              70,714
         破産更生債権等                                 -              716
                                          -             △ 716
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               89,894              134,470
        固定資産合計                                168,560              218,595
      資産合計                                 995,430             2,008,982
                                 60/95








                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年12月31日)              (2019年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        未払金                                186,054              131,923
        未払費用                                65,210              75,481
        未払法人税等                                10,539              42,036
        未払消費税等                                26,307              42,009
        前受金                                161,421              210,674
        預り金                                 6,669              15,738
        従業員預り金                                10,160              12,615
                                          14              29
        その他
        流動負債合計                                466,378              530,508
      負債合計                                 466,378              530,508
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                914,138             1,358,138
        資本剰余金
                                        899,998             1,343,998
         資本準備金
         資本剰余金合計                              899,998             1,343,998
        利益剰余金
         利益準備金                               3,535              3,535
         その他利益剰余金
                                      △ 1,288,620             △ 1,227,198
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                            △ 1,285,085             △ 1,223,663
        株主資本合計                                529,051             1,478,473
      純資産合計                                 529,051             1,478,473
     負債純資産合計                                   995,430             2,008,982
                                 61/95











                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
     売上高                                  1,301,836              1,815,079
                                        567,246              686,548
     売上原価
     売上総利益                                   734,590             1,128,530
                                      ※1  920,688           ※1  1,050,837
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                  △ 186,097               77,693
     営業外収益
      受取利息                                    7              6
                                       ※2  2,196            ※2  1,822
      施設運営収入
                                      ※3  22,344              ※3  750
      補助金収入
                                          714               72
      雑収入
      営業外収益合計                                  25,262               2,653
     営業外費用
      株式交付費                                    -             7,963
      新株予約権発行費                                    90              180
      上場関連費用                                    -             8,970
      為替差損                                  2,208               696
                                          12              192
      雑損失
      営業外費用合計                                  2,310              18,003
     経常利益又は経常損失(△)                                  △ 163,146               62,343
     特別利益
                                                     ※4  1,500
      固定資産売却益                                    -
                                      ※5  13,549
                                                         -
      関係会社清算益
      特別利益合計                                  13,549               1,500
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                  △ 149,596               63,843
     法人税、住民税及び事業税
                                         4,741              29,597
                                       △ 43,538             △ 27,176
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  △ 38,796               2,421
     当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 110,800               61,421
                                 62/95










                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      【売上原価明細書】
                               前事業年度                  当事業年度

                            (自    2018年1月1日               (自    2019年1月1日
                            至    2018年12月31日)                至    2019年12月31日)
                      注記               構成比                  構成比
            区分                金額(千円)                  金額(千円)
                      番号                (%)                  (%)
     Ⅰ   労務費
                                283,295       49.9          302,976       44.1
     Ⅱ   経費                         283,950                  383,572

                       ※                50.1                  55.9
       売上原価

                                       100.0                  100.0
                                567,246                  686,548
     (注)     ※   主な内訳は、次のとおりであります。

                項目              前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
          サーバー費用                             192,448                 257,927
          外注費                             15,196                 10,753

          システム利用費                             20,983                 28,103

          業務委託費                             29,230                 51,975

          地代家賃                             13,914                 15,096

        (原価計算の方法)

        当社の原価計算は、実際原価による個別原価計算を採用しております。
                                 63/95












                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      ③  【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                                   (単位:千円)
                                株主資本
                       資本剰余金              利益剰余金
                                     その他
                                                     純資産合計
                資本金                               株主資本合計
                                     利益剰余金
                          資本剰余金                利益剰余金
                    資本準備金           利益準備金
                           合計                合計
                                      繰越
                                     利益剰余金
     当期首残高            914,138     899,998     899,998      3,535   △ 1,177,819     △ 1,174,284      639,852     639,852
     当期変動額
     新株の発行                                             -     -
     当期純損失(△)                                △ 110,800     △ 110,800     △ 110,800     △ 110,800
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                                   -
     額)
     当期変動額合計              -     -     -     -  △ 110,800     △ 110,800     △ 110,800     △ 110,800
     当期末残高            914,138     899,998     899,998      3,535   △ 1,288,620     △ 1,285,085      529,051     529,051
       当事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)


                                                   (単位:千円)
                                株主資本
                       資本剰余金              利益剰余金
                                     その他
                                                     純資産合計
                資本金                               株主資本合計
                                     利益剰余金
                          資本剰余金                利益剰余金
                    資本準備金           利益準備金
                           合計                合計
                                      繰越
                                     利益剰余金
     当期首残高            914,138     899,998     899,998      3,535   △ 1,288,620     △ 1,285,085      529,051     529,051
     当期変動額
     新株の発行           444,000     444,000     444,000                      888,000     888,000
     当期純利益                                 61,421     61,421     61,421     61,421
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                                   -
     額)
     当期変動額合計            444,000     444,000     444,000        -    61,421     61,421     949,421     949,421
     当期末残高           1,358,138     1,343,998     1,343,998       3,535   △ 1,227,198     △ 1,223,663     1,478,473     1,478,473
                                 64/95








                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純利益                                △ 149,596               63,843
      減価償却費                                  16,368              22,804
      敷金および保証金償却                                  1,326              4,021
      固定資産売却損益(△は益)                                    -            △ 1,500
      受取利息                                   △ 7             △ 6
      施設運営収入                                    -            △ 1,822
      補助金収入                                 △ 22,344               △ 750
      関係会社清算益                                 △ 13,549                -
      株式交付費                                    90             7,963
      新株予約券発行費                                    -              180
      上場関連費用                                    -             8,970
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 49,163             △ 18,373
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    -              716
      前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 2,579             △ 12,897
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                   135              191
      預け金の増減額(△は増加)                                 △ 12,714             △ 14,007
      その他の資産の増減額(△は増加)                                  △ 730             1,335
      未払金の増減額(△は減少)                                  73,102             △ 53,536
      未払費用の増減額(△は減少)                                  8,709              10,270
      未払法人税等の増減額(△は減少)                                    21            10,621
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                   506             15,701
      前受金の増減額(△は減少)                                  74,827              49,252
      預り金の増減額(△は減少)                                 △ 3,096              9,068
      従業員預り金の増減額(△は減少)                                 △ 7,261              2,455
                                           2              15
      その他の流動負債の増減額(△は減少)
      小計                                 △ 85,954              104,518
      利息の受取額
                                           7              6
      施設運営収入の受取額                                    -             1,822
      補助金収入の受取額                                  22,344                750
                                        △ 2,746             △ 8,722
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 66,349              98,376
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 30,656             △ 42,797
      有形固定資産の売却による収入                                    -            15,325
      差入保証金の差入による支出                                  △ 834            △ 28,123
      差入保証金の回収による収入                                  5,450              6,814
                                          593               -
      関係会社清算による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 25,447             △ 48,781
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      株式の発行による収入                                    -            888,000
      新株発行による支出                                    -            △ 7,963
      新株予約権発行による支出                                   △ 90             △ 180
                                          -            △ 8,970
      上場関連費用の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                   △ 90            870,885
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     -              -
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 91,886              920,480
     現金及び現金同等物の期首残高                                   703,174              611,287
                                      ※  611,287            ※  1,531,768
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 65/95



                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
      1 たな卸資産の評価基準及び評価方法
       (1)  貯蔵品
         先入先出法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
      2 固定資産の減価償却の方法

        (1)有形固定資産
         定率法を採用しております。ただし、建物については定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物         15~46年
          工具、器具及び備品  3~8年
      3 繰延資産の処理方法

        (1)株式交付費
         支出時に全額費用として処理しております。
        (2)新株予約権発行費
         支出時に全額費用として処理しております。
      4 引当金の計上基準

        (1)   貸倒引当金
        売上債権等の債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権について貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
        定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
       (会計方針の変更)

       該当事項はありません。
       (未適用の会計基準等)

       ・「収益認識に関する会計基準」
         (企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
         (企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
       1.概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基
       準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
       Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以降開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日
       より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括
       的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
       性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
       出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまでわが国で行われてきた実務等に配慮すべき項目があ
       る場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取り扱いを追加することとされております。
       2.適用予定日

        2022年12月期の期首から適用します。
                                 66/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       3.当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中でありま
       す。
       (表示方法の変更)

       (損益計算書関係)
        前事業年度において、「営業外収入」の「雑収入」に含めていた「施設運営収入」は、重要性が増したため、
       当事業年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるために、前事業年度の財務
       諸表の組替を行っております。
        この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外収入」の「雑収入」に表示していた2,910千円は「施設
       運営収入」2,196千円、「雑収入」714千円として組み替えております。
       (会計上の見積りの変更)

       該当事項はありません。
       (追加情報)

       該当事項はありません。
       (貸借対照表関係)


       該当事項はありません。
       (損益計算書関係)

      㯿ᄀ   販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度35%、当事業年度40%、一般管理費に属する費用のおおよ
     その割合は前事業年度65%、当事業年度60%であります。
      販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前事業年度

                                              当事業年度
                            (自 2018年1月1日
                                             (自 2019年1月1日
                                             至 2019年12月31日)
                            至 2018年12月31日)
        役員報酬                           79,390   千円             75,540   千円
        給与手当                           289,470                338,358
        広告宣伝費                           160,816                177,088
        減価償却費                           10,780                 16,627
        貸倒引当金繰入                              ―               716
      㯿   営業外収益として計上している施設運営収入(前事業年度                           2,196   千円、当事業年度        1,822   千円)は、当社の主催し

     ていたコミュニティマーケティング「谷上プロジェクト」による収入です。
                                   22,344   千円、当事業年度        750  千円)は、当社の主催して

     いたコミュニティマーケティング「谷上プロジェクト」運営にかかる神戸市からの補助金収入です。
      

     マーケティング「谷上プロジェクト」の固定資産を譲渡した譲渡益になります。
      

     うち、未払金として計上していた残額及び子会社名義の現金及び預金を、関係会社株式の減損損失と相殺したことに
     よります。
                                 67/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自         2018年1月1日         至   2018年12月31日)
     1   発行済株式及び自己株式に関する事項

       株式の種類         当事業年度期首(株)              増加(株)           減少(株)         当事業年度末(株)
     発行済株式
      普通株式                141,000              ―           ―        141,000
      A種優先株式                 9,000             ―           ―         9,000
      B種優先株式                 30,000              ―           ―         30,000
         合計             180,000              ―           ―        180,000
     自己株式
      普通株式                   ―           ―           ―           ―
      A種優先株式                   ―           ―           ―           ―
      B種優先株式                   ―           ―           ―           ―
         合計                 ―           ―           ―           ―
     2   新株予約権等に関する事項

                  新株予約権
                             新株予約権の目的となる株式の数(株)
           新株予約権       の目的とな                                  当事業年度末
      区分
                        当事業年度       当事業年度       当事業年度       当事業年度
            の内訳      る株式の種                                   残高(千円)
                          期首       増加       減少       末
                    類
           ストック・
           オプション
     提出会社               ―       ―       ―       ―       ―       ―
           としての新
           株予約権
          合計           ―       ―       ―       ―       ―       ―
     3   配当に関する事項

       該当事項はありません。
     当事業年度(自         2019年1月1日         至   2019年12月31日)

     1   発行済株式及び自己株式に関する事項
       株式の種類         当事業年度期首(株)              増加(株)           減少(株)         当事業年度末(株)
     発行済株式
      普通株式                141,000          36,459,000                ―      36,600,000
      A種優先株式                 9,000             ―         9,000             ―
      B種優先株式                 30,000              ―         30,000              ―
         合計             180,000          36,459,000             39,000         36,600,000
     自己株式
      普通株式                   ―           ―           ―           ―
      A種優先株式                   ―         9,000           9,000             ―
      B種優先株式                   ―         30,000           30,000              ―
         合計                 ―         39,000           39,000              ―
     (変動事由の概要)
     (注1)当社は2019年6月19日付で普通株式1株につき普通株式200株の割合で株式分割を行っております。
     (注2)普通株式の株式増加は、A種優先株主及びB種優先株主の株式取得権の行使による増加39,000株、株式分割に
        よる増加35,820,000株、新規上場に伴う新株発行による増加600,000株であります。
     (注3)A種優先株式及びB種優先株式の自己株式数の増加39,000株は優先株式の取得事由の発生に伴う取得による増
        加であります。また、A種優先株式及びB種優先株式の発行済株式総数及び自己株式数の減少39,000株は、取
                                 68/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        締役会決議による自己株式の消却によるものであります。
     2   新株予約権等に関する事項

                  新株予約権
                             新株予約権の目的となる株式の数(株)
           新株予約権       の目的とな                                  当事業年度末
      区分
                        当事業年度       当事業年度       当事業年度       当事業年度
            の内訳      る株式の種                                   残高(千円)
                          期首       増加       減少       末
                    類
           ストック・
           オプション
     提出会社               ―       ―       ―       ―       ―       ―
           としての新
           株予約権
          合計           ―       ―       ―       ―       ―       ―
     3   配当に関する事項

       該当事項はありません。
       (キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度

                             (自    2018年1月1日              (自    2019年1月1日
                              至   2018年12月31日)               至   2019年12月31日)
        現金及び預金                         611,287    千円            1,531,768     千円
        現金及び現金同等物                         611,287    千円            1,531,768     千円
       (リース取引関係)

     1.ファイナンス・リース取引
      該当事項はありません。
     2.オペレーティング・リース取引

      該当事項はありません。
                                 69/95










                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
         当社は、資産運用については預金、預け金等の安全性の高い金融資産で行っており、資金調達については取
        締役会の承認に基づき決定する方針であります。また、デリバティブ取引については行わない方針でありま
        す。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

         現金及び預金は、金融機関の信用リスクに晒されておりますが、預入先は信用度の高い銀行であります。
        営業債権である売掛金はいずれも1年以内の入金期日であり、契約等に従ってリスク管理を行っています。敷
        金及び保証金は各オフィスの賃貸借契約に伴うものであります。
        また、営業債務である未払金、預り金は1年以内の支払期日であります。法人税、住民税及び事業税の未払額
        である未払法人税等は、全てが2ヶ月以内に納付期限が到来するものであります。未払消費税等は1年以内に
        納付期限が到来するものであります。従業員預り金は2ヶ月以内に納付期限が到来するものであります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

         当社の売掛金の多くがクレジットカード決済であり信用リスクにおいてはクレジットカード会社にて担保さ
        れております。
     2 金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
     前事業年度(2018年12月31日)
                        貸借対照表計上額                時価            差額
                           (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                              611,287            611,287                ―
     (2)  売掛金
                              128,328            128,328                ―
     (3)  預け金
                               28,840            28,840               ―
     (4)  敷金及び保証金
                               46,356            44,375            △1,981
           資産計                   814,814            812,832            △1,981
     (1)  未払金
                              186,054            186,054                ―
     (2)  未払法人税等
                               10,539            10,539               ―
     (3)  未払消費税等
                               26,307            26,307               ―
     (4)  預り金
                               6,669            6,669               ―
     (5)  従業員預り金
                               10,160            10,160               ―
           負債計                   239,731            239,731               ―
     当事業年度(2019年12月31日)

                        貸借対照表計上額                時価            差額
                           (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                             1,531,768            1,531,768                 ―
     (2)  売掛金
                              145,986            145,986                ―
     (3)  預け金
                               42,848            42,848               ―
     (4)  敷金及び保証金                        63,756            62,305            △1,451
     (5)破産更生債権等                            716
       貸倒引当金(※)
                               △716
           資産計                  1,784,360            1,782,908             △1,451
     (1)  未払金
                              131,923            131,923                ―
     (2)  未払法人税等
                               42,036            42,036               ―
     (3)  未払消費税等
                               42,009            42,009               ―
     (4)  預り金
                               15,738            15,738               ―
     (5)  従業員預り金
                               12,615            12,615               ―
           負債計                   244,322            244,322                ―
                                 70/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (※)   破産更生債権等に対応する貸倒引当金を控除しております。
     (注1)    金融商品の時価の算定方法

     資   産

      (1)  現金及び預金、並びに(2)売掛金、(3)預け金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (4)  敷金及び保証金
        将来キャッシュ・フローを国債利回り等、適切な指標に基づく利率で割り引いた現在価値により算定しており
       ます。
      (5)  破産更生債権等
        破産更生債権等については、担保及び保証による回収見込額に基づいて貸倒見積額を算定しているため、時価
       は決算日における貸借対照表額から現在の貸倒見積額を控除した金額に近似しており、当該価額をもって時価と
       しております。
     負   債
      (1)  未払金、(2)      未払法人税等、(3)         未払消費税、(4)        預り金、並びに(5)         従業員預り金
        これらは短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
       おります。
      3 金銭債権の決算日後の償還予定額

     前事業年度(2018年12月31日)
                              1年超           5年超
                                                    10年超
                  1年以内
                             5年以内
                                         10年以内
                                                    (千円)
                    (千円)
                              (千円)
                                          (千円)
     現金及び預金                 611,287              ―           ―            ―
     売掛金                 128,328              ―           ―            ―
     預け金                  28,840              ―          ―             ―
     敷金及び保証金                  4,017             ―           ―            ―
         合計             772,474              ―           ―            ―
      (注)上記には敷金及び保証金のうち償還期日を把握できないものは含んでおりません。
     当事業年度(2019年12月31日)

                              1年超           5年超
                                                    10年超
                  1年以内
                             5年以内
                                         10年以内
                                                    (千円)
                    (千円)
                              (千円)
                                          (千円)
     現金及び預金                1,531,768               ―           ―            ―
     売掛金                 145,986              ―           ―            ―
     預け金                  42,848              ―           ―            ―
     敷金及び保証金                    ―           ―           ―            ―
         合計            1,720,603               ―           ―            ―
      (注)上記には敷金及び保証金のうち償還期日を把握できないものは含んでおりません。また、破産更生債権等につ
        いては、償還期日を把握できないため含んでおりません。
       (有価証券関係)

       該当事項はありません。
       (デリバティブ取引関係)

       該当事項はありません。
       (退職給付関係)

       該当事項はありません。
       (ストック・オプション等関係)
      前事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
      1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
       該当事項はありません。
                                 71/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)  ストック・オプションの内容
                      第1回新株予約権                 第2回新株予約権
                     (ストック・オプション)                 (ストック・オプション)
          決議年月日             2017年2月22日                 2017年8月23日

          付与対象者の区              当社監査役 1

                                        当社従業員 58
          分及び人数(名)             当社従業員 53
          株式の種類及び
                      普通株式 346,600                 普通株式 304,600
          付与数(株)(注)
          付与日             2017年3月1日                 2017年9月1日
                   権利確定条件は定めておりませ

                                   権利確定条件は定めておりません。
                   ん。なお、細則については、当
                                   なお、細則については、当社と付与
          権利確定条件         社と付与者の間で締結する「新
                                   者の間で締結する「新株予約権割当
                   株予約権割当契約書」で定めて
                                   契約書」で定めております。
                   おります。
          対象勤務期間         期間の定めはありません。                期間の定めはありません。

                      自 2017年3月1日                 自 2017年9月1日

          権利行使期間
                      至 2027年2月28日                 至 2027年8月31日
                      第3回新株予約権                 第4回新株予約権

                     (ストック・オプション)                  (ストック・オプション)
          決議年月日             2018年3月27日                 2018年12月18日

          付与対象者の区             当社取締役 3                 当社取締役 2

          分及び人数(名)             当社従業員 86                 当社従業員 49
          株式の種類及び
                     普通株式 2,424,800                  普通株式 916,800
          付与数(株)(注)
          付与日             2018年3月27日                 2018年12月18日
                   権利確定条件は定めておりませ

                                   権利確定条件は定めておりません。
                   ん。なお、細則については、当
                                   なお、細則については、当社と付与
          権利確定条件         社と付与者の間で締結する「新
                                   者の間で締結する「新株予約権割当
                   株予約権割当契約書」で定めて
                                   契約書」で定めております。
                   おります。
          対象勤務期間         期間の定めはありません。                期間の定めはありません。

                      自 2018年3月27日                 自 2018年12月18日

          権利行使期間
                      至 2028年3月26日                 至 2028年12月17日
         (注)株式数に換算して記載しております。なお、2019年6月19日付株式分割(普通株式1株につき200株の割
         合)による分割後の株式に換算して記載しております。
       (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況


        ①  ストック・オプションの数
                          第1回新株予約権                 第2回新株予約権

                        (ストック・オプション)                 (ストック・オプション)
          権利確定前(株)
                                 72/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
           前事業年度末
                                  333,000                300,600
           付与                          ―                ―

           失効

                                   95400                95,400
           権利確定

                                     ―                ―
           未確定残                      237,600                205,200

          権利確定後(株)

           前事業年度末

                                     ―                ―
           権利確定

                                     ―                ―
           権利行使

                                     ―                ―
           失効

                                     ―                ―
           未行使残

                                     ―                ―
                          第3回新株予約権                 第4回新株予約権

                        (ストック・オプション)                 (ストック・オプション)
          権利確定前(株)
           前事業年度末

                                     ―                ―
           付与

                                 2,424,800                 916,800
           失効

                                  456,800                    ―
           権利確定

                                     ―                ―
           未確定残

                                 1,968,000                 916,800
          権利確定後(株)

           前事業年度末

                                     ―                ―
           権利確定

                                     ―                ―
           権利行使                          ―                ―

           失効

                                     ―                ―
           未行使残

                                     ―                ―
       (注)2019年6月19日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の株式に換算して記載してお
         ります。
        ②    単価情報


                             第1回新株予約権              第2回新株予約権

                             (ストック・オプション)               (ストック・オプション)
          権利行使価格(円)                            250              250
          行使時平均株価(円)                             ―              ―

          付与日における公正な評価単価
                                 73/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
          (円)                             ―              ―
                             第3回新株予約権              第4回新株予約権

                             (ストック・オプション)               (ストック・オプション)
          権利行使価格(円)                            250              250
          行使時平均株価(円)                             ―              ―

          付与日における公正な評価単価
                                       ―              ―
          (円)
        (注)2019年6月19日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の株式に換算して記載してお
          ります。
      3.当事業年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

        ストック・オプションを付与した日時点において、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公
       正な評価単価の見積方法を、単位当たりの本源的価値の見積りによって算定しております。また、単位当たりの
       本源的価値を算定するための基礎となる自社の株式価値は、DCF(ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー)
       方式によっております。
       ストック・オプションの公正な評価単価の本源的価値をもってストック・オプションの評価単価としておりま
       す。
      4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

        基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用して
       おります。
      5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の

        合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合
       計額
        ①当事業年度末における本源的価値の合計額-千円
        ②当事業年度において権利行使されたストック
         ・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額-千円
      当事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)


      1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
        該当事項はありません。
      2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       (1)  ストック・オプションの内容
                      第1回新株予約権                 第2回新株予約権

                     (ストック・オプション)                 (ストック・オプション)
          決議年月日             2017年2月22日                 2017年8月23日

          付与対象者の区              当社監査役 1

                                        当社従業員 58
          分及び人数(名)             当社従業員 53
          株式の種類及び
                      普通株式 346,600                 普通株式 304,600
          付与数(株)(注)
          付与日             2017年3月1日                 2017年9月1日
                                 74/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
                   権利確定条件は定めておりませ
                                   権利確定条件は定めておりません。
                   ん。なお、細則については、当
                                   なお、細則については、当社と付与
          権利確定条件         社と付与者の間で締結する「新
                                   者の間で締結する「新株予約権割当
                   株予約権割当契約書」で定めて
                                   契約書」で定めております。
                   おります。
          対象勤務期間         期間の定めはありません。                期間の定めはありません。

                      自 2017年3月1日                 自 2017年9月1日

          権利行使期間
                      至 2027年2月28日                 至 2027年8月31日
                      第3回新株予約権                 第4回新株予約権

                     (ストック・オプション)                  (ストック・オプション)
          決議年月日             2018年3月27日                 2018年12月18日

          付与対象者の区             当社取締役 3                 当社取締役 2

          分及び人数(名)             当社従業員 86                 当社従業員 49
          株式の種類及び
                     普通株式 2,424,800                  普通株式 916,800
          付与数(株)(注)
          付与日             2018年3月27日                 2018年12月18日
                   権利確定条件は定めておりませ

                                   権利確定条件は定めておりません。
                   ん。なお、細則については、当
                                   なお、細則については、当社と付与
          権利確定条件         社と付与者の間で締結する「新
                                   者の間で締結する「新株予約権割当
                   株予約権割当契約書」で定めて
                                   契約書」で定めております。
                   おります。
          対象勤務期間         期間の定めはありません。                期間の定めはありません。

                      自 2018年3月27日                 自 2018年12月18日

          権利行使期間
                      至 2028年3月26日                 至 2028年12月17日
         (注)株式数に換算して記載しております。なお、2019年6月19日付株式分割(普通株式1株につき200株の割

           合)による分割後の株式に換算して記載しております。
                      第5回新株予約権                 第6回新株予約権





                    (ストック・オプション)                  (ストック・オプション)
          決議年月日             2019年1月23日                 2019年2月8日

          付与対象者の区                              当社取締役 1

                      当社従業員 2
          分及び人数(名)                              当社従業員 25
          株式の種類及び
                      普通株式 16,000                 普通株式 656,400
          付与数(株)(注)
          付与日             2019年1月23日                 2019年2月8日
                                 75/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
                   権利確定条件は定めておりませ
                                   権利確定条件は定めておりません。
                   ん。なお、細則については、当
                                   なお、細則については、当社と付与
          権利確定条件         社と付与者の間で締結する「新
                                   者の間で締結する「新株予約権割当
                   株予約権割当契約書」で定めて
                                   契約書」で定めております。
                   おります。
          対象勤務期間         期間の定めはありません。                期間の定めはありません。

                     自 2019年1月23日                 自 2019年2月8日

          権利行使期間
                     至 2029年1月22日                 至 2029年2月7日
                      第7回新株予約権

                    (ストック・オプション)
          決議年月日             2019年6月19日

          付与対象者の区

                      当社従業員 1
          分及び人数(名)
          株式の種類及び
                      普通株式 12,000
          付与数(株)(注)
          付与日             2019年6月19日
                   権利確定条件は定めておりませ

                   ん。なお、細則については、当
          権利確定条件         社と付与者の間で締結する「新
                   株予約権割当契約書」で定めて
                   おります。
          対象勤務期間         期間の定めはありません。

                     自 2019年6月19日

          権利行使期間
                     至 2029年6月18日
         (注)株式数に換算して記載しております。なお、2019年6月19日付株式分割(普通株式1株につき200株の割

           合)による分割後の株式に換算して記載しております。
                                 76/95










                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
        ①   ストック・オプションの数
                          第1回新株予約権                 第2回新株予約権

                        (ストック・オプション)                 (ストック・オプション)
          権利確定前(株)
           前事業年度末

                                  237,600                205,200
           付与

                                     ―                ―
           失効

                                   6,600                18,600
           権利確定

                                     ―                ―
           未確定残

                                  231,000                186,600
          権利確定後(株)

           前事業年度末

                                     ―                ―
           権利確定

                                     ―                ―
           権利行使

                                     ―                ―
           失効

                                     ―                ―
           未行使残

                                     ―                ―
                          第3回新株予約権                 第4回新株予約権

                        (ストック・オプション)                 (ストック・オプション)
          権利確定前(株)
           前事業年度末

                                 1,968,000                 916,800
           付与

                                     ―                ―
           失効

                                  49,200                 5,600
           権利確定

                                     ―                ―
           未確定残

                                 1,918,800                 911,200
          権利確定後(株)

           前事業年度末                          ―                ―

           権利確定

                                     ―                ―
           権利行使

                                     ―                ―
           失効

                                     ―                ―
           未行使残

                                     ―                ―
         (注)2019年6月19日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の株式に換算して記載してお

           ります。
                                 77/95



                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
                          第5回新株予約権                 第6回新株予約権
                        (ストック・オプション)                 (ストック・オプション)
          権利確定前(株)
           前事業年度末

                                     ―                ―
           付与

                                  16,000                656,400
           失効

                                     ―              8,000
           権利確定

                                     ―                ―
           未確定残

                                  16,000                648,400
          権利確定後(株)

           前事業年度末

                                     ―                ―
           権利確定

                                     ―                ―
           権利行使

                                     ―                ―
           失効

                                     ―                ―
           未行使残

                                     ―                ―
                          第7回新株予約権

                        (ストック・オプション)
          権利確定前(株)
           前事業年度末

                                     ―
           付与

                                  12,000
           失効

                                     ―
           権利確定

                                     ―
           未確定残

                                  12,000
          権利確定後(株)

           前事業年度末                          ―

           権利確定

                                     ―
           権利行使

                                     ―
           失効

                                     ―
           未行使残

                                     ―
         (注)2019年6月19日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の株式に換算して記載してお

           ります。
                                 78/95




                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
        ②   単価情報
                             第1回新株予約権              第2回新株予約権

                             (ストック・オプション)               (ストック・オプション)
          権利行使価格(円)                            250              250
          行使時平均株価(円)                             ―              ―

          付与日における公正な評価単価
                                       ―              ―
          (円)
                             第3回新株予約権              第4回新株予約権

                             (ストック・オプション)               (ストック・オプション)
          権利行使価格(円)                            250              250
          行使時平均株価(円)                             ―              ―

          付与日における公正な評価単価
                                       ―              ―
          (円)
                             第5回新株予約権              第6回新株予約権

                             (ストック・オプション)               (ストック・オプション)
          権利行使価格(円)                            250              250
          行使時平均株価(円)                             ―              ―

          付与日における公正な評価単価
                                       ―              ―
          (円)
                             第7回新株予約権

                             (ストック・オプション)
          権利行使価格(円)                           1,600
          行使時平均株価(円)                             ―

          付与日における公正な評価単価
                                       ―
          (円)
         (注)2019年6月19日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)による分割後の価格に換算して記載してお

           ります。
      3.当事業年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

        ストック・オプションを付与した日時点において、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公
       正な評価単価の見積方法を、単価当たりの本源的価値の見積によって算定しております。また、単位当たりの本
       源的価値を算定するための基礎となる自社の株式価値は、                             F(ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー)方
       式によっております。
        ストック・オプションの公正な評価単価の本源的価値をもってストック・オプションの評価単価としておりま
       す。
      4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

        基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用して
       おります。
      5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の

        合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合
       計額
        ①当事業年度末における本源的価値の合計額                                3,082,656千円
        ②当事業年度において権利行使されたストック
         ・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額  ― 千円
                                 79/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                                       前事業年度           当事業年度

                                     (2018年12月31日)           (2019年12月31日)
       繰延税金資産
        減価償却費                                  62,520千円           93,356千円
        資産除去債務                                    681千円           658千円
        繰越欠損金(注)                                  375,016千円           348,978千円
        未払事業税                                     ―       6,164千円
                                              ―        112千円
        貸倒引当金
       繰延税金資産小計
                                        438,218千円           449,270千円
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)                                △345,848千円           △306,502千円
                                        △48,832千円           △72,054千円
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計                                 △394,680千円           △378,556千円
       繰延税金資産合計                                  43,538千円           70,714千円
    (注)税務上の繰越欠損金及び繰延税金資産の繰越期限別の金額

    前事業年度(2018年12月31日)
                    1年超      2年超      3年超      4年超
              1年以内
                                              5年超       合計
                    2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                                              (千円)      (千円)
               (千円)
                    (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
     税務上の繰越
                  ―      ―      ―      ―      ―   375,016      375,016
     欠損金(a)
     評価性引当額            ―        ―      ―      ―      ―   345,848      345,848
     繰延税金資産
                  ―      ―      ―        ―      ―    29,168      29,168
     (b)
    (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
    (b)翌事業年度において課税所得が見込まれることにより、税務上の繰越欠損金の一部を回収可能と判断しております。
    当事業年度(2019年12月31日)

                    1年超      2年超      3年超      4年超
              1年以内
                                              5年超       合計
                    2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                                              (千円)      (千円)
               (千円)
                    (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
     税務上の繰越
                  ―      ―      ―      ―    88,971      260,007      348,978
     欠損金(a)
     評価性引当額             ―      ―      ―      ―    46,494      260,007      306,502
     繰延税金資産
                  ―      ―      ―      ―    42,476         ―    42,476
     (b)
    (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
    (b)翌事業年度において課税所得が見込まれることにより、税務上の繰越欠損金の一部を回収可能と判断しております。
                                 80/95







                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                       前事業年度           当事業年度

                                     (2018年12月31日)           (2019年12月31日)
                                    前事業年度は税引前
       法定実効税率
                                                      30.5%
                                    当期純損失を計上し
        (調整)
                                    ているため記載して
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                               2.4%
                                    おりません。
       住民税均等割り                                               7.4%
       評価性引当額の増減                                              △25.2%
       法人税特別控除                                              △6.6%
       過年度法人税等                                              △2.7%
                                                      △1.9%
       その他
       税効果適用後の法人税等の負担率
                                              ―         3.8%
       (資産除去債務関係)

       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       (賃貸等不動産関係)

       該当事項はありません。
                                 81/95













                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     1 報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
       源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社は、「Chatwork事業」と「セキュリティ事業」の2つを報告セグメントとしております。
     2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、財務諸表を作成するために採用される会計方針に準拠した
      方法であります。報告セグメントの利益又は損失は、財務諸表の営業利益又は営業損失(△)と調整を行っておりま
      す。
       なお、セグメント間の内部取引は発生しておりません。
     3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、その他の項目の金額に関する情報

     前事業年度(自       2018年1月1日         至   2018年12月31日)
                                                (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                  合計
                       Chatwork事業       セキュリティ事業            計
       売上高
         外部顧客への売上高                  1,119,489         182,347       1,301,836        1,301,836
         セグメント間の内部
                             -        -        -        -
         売上高又は振替高
              計           1,119,489         182,347       1,301,836        1,301,836
       セグメント利益又は損失(△)                  △ 256,516         70,418       △ 186,097       △ 186,097
       その他の項目
         減価償却費                    16,368          -      16,368        16,368
     (注)セグメント資産については、事業セグメントに資産を配分していないため記載しておりません。
     当事業年度(自       2019年1月1日         至   2019年12月31日)

                                                (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                  合計
                       Chatwork事業       セキュリティ事業            計
       売上高
         外部顧客への売上高                  1,600,314         214,764       1,815,079        1,815,079
         セグメント間の内部
                             ―        ―        ―        ―
         売上高又は振替高
              計           1,600,314         214,764       1,815,079        1,815,079
       セグメント利益又は損失(△)                   △ 19,692        97,385        77,693        77,693
       その他の項目
         減価償却費                    22,804           ―      22,804        22,804
     (注)セグメント資産については、事業セグメントに資産を配分していないため記載しておりません。
                                 82/95





                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      【関連情報】
      前事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
         省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

                                  (単位:千円)
          顧客の名称又は氏名             売上高       関連するセグメント名
         KDDI株式会社                230,729       Chatwork事業
      当事業年度(2019年1月1日 至 2019年12月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
         省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

                                  (単位:千円)
          顧客の名称又は氏名             売上高       関連するセグメント名
         KDDI株式会社                243,533       Chatwork事業
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      該当事項はありません。
                                 83/95





                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       (持分法損益等)
      1.関連会社に関する事項
       該当事項はありません。
      2.開示対象特別目的会社に関する事項

       当社は、開示対象特別目的会社を有しておりません。
       【関連当事者情報】

    1   関連当事者との取引
     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
       前事業年度(自         2018年1月1日         至   2018年12月31日)
                   資本金         議決権等

          会社等の              事業の          関連当事
                所在    又は出         の所有(被            取引の内      取引金         期末残
      種類    名称又は              内容又          者との関                 科目
                地    資金         所有)            容     額         高
           氏名             は職業            係
                   (千円)
                             割合(%)
                                        賃貸借取
                        前当社                引に対す
                                  債務被保
      役員    山本敏行       -    -   代表取      -          る債務被      16,408     -    -
                                    証
                        締役                保証(注
                                        1)
                                        賃貸借取
                        当社代     (被所有)           引に対す
                                  債務被保
      役員    山本正喜       -    -   表取締     直接3.5           る債務被      24,608     -    -
                                    証
                         役    間接68.6           保証(注
                                        2)
     (注1)谷上本店、東京事務所の賃貸借契約に基づく賃借料の支払いについて、当社の役員である山本敏行より債務保

        証を受けております。取引金額については、当事業年度の賃借料(消費税等抜き)を記載しております。なお、
        保証料の支払いは行っておりません。
        なお、2018年6月1日付けで当社代表取締役社長であった山本敏行が退任しており、上記内容は当事業年度の
        在任期間に係るものであります。
     (注2)谷上本店、大阪本社、東京事務所の賃貸借契約に基づく賃借料の支払いについて、当社の役員である山本正喜
        より債務保証を受けております。取引金額については、当事業年度の賃借料(消費税等抜き)を記載しておりま
        す。なお、保証料の支払いは行っておりません。
       当事業年度(自         2019年1月1日         至   2019年12月31日)

       該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

                             前事業年度                  当事業年度

                           (自    2018年1月1日                (自    2019年1月1日
                           至   2018年12月31日)                至   2019年12月31日)
     1株当たり純資産額                               △35.30    円                40.40   円
     1株当たり当期純利益又は
                                    △3.08   円                1.70  円
     1株当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後
                                       ―                 1.66  円
     1株当たり当期純利益
     (注)   1.前事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高はありますが、当社
          株式は非上場であるため期中平均株価を把握できないため、また1株当たり当期純損失であるため記載して
          おりません。
        2.2019年6月19日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。前事業年度の期首に株
          式分割が行われたと仮定して1株当り純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失金額
          (△)を算定しております。
        3.当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、当社は2019年9月24日に東京証券取引所マ
          ザーズに上場したため、新規上場日から当事業年度末日までの平均株価を期中平均株価とみなして算定して
          おります。
        3.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期損失金額(△)及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上
                                 84/95

                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
          の基礎は、以下のとおりであります。
                                    前事業年度              当事業年度

                                 (自    2018年1月1日           (自    2019年1月1日
                 項目
                                  至   2018年12月31日)            至   2019年12月31日)
     1株当たり当期純利益又は当期純損失金額(△)
      当期純利益又は当期純損失(△)(千円)

                                        △110,800               61,421
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -

      普通株式に係る当期純利益又は当期純損失(△)(千円)

                                        △110,800               61,421
       普通株式の期中平均株式数(株)                                   36,000,000              36,169,315

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      当期純利益調整額(千円)                                      ―              ―

      普通株式増加額(株)                                      ―           831,295

       (うち新株予約権(株))                                     ―           831,295

                                新株予約権「第4 提出会
                                              第7回新株予約権の発行価
                                社の状況 1       株式等の状
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                              格は公開価格のため、希薄
                                況 (2)    新株予約権等の状
                                              化効果を有しておりませ
     当期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式の概要
                                況」に記載の通りでありま
                                                   ん。
                                す。
        4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                    前事業年度              当事業年度

                 項目
                                   (2018年12月31日)              (2019年12月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                     529,051             1,478,473
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                    1,799,997                 -

      (うち優先株式払込金額)(千円)                                   ( 1,799,997     )            ( - )

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                   △1,270,945               1,478,473

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                        36,000,000              36,600,000
     の数(株)
    (注)A種優先株式、B種優先株式は、残余財産分配については普通株式より優先される株式であるため、1株当り純資
    産額の算定にあたって、A種優先株式、B種優先株式に優先して配分される残余財産額を純資産の部の合計額から控除
    しています。また、A種優先株式、B種優先株式は、残余財産を優先して配分された後の残余財産の分配について普通
    株式と同等の権利を持つことから、1株当り純資産の算定に用いられる普通株式と同等の株式としております。
                                 85/95







                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       (重要な後発事象)
       (譲渡制限付株式報酬制度の導入)
        当社は、2020年2月14日開催の取締役会にて、譲渡制限付株式報酬制度(以下「本制度」という。)を導入する
       ことを決議し、本制度に関する議案を2020年3月26日開催の第16期定時株主総会において付議し、承認されまし
       た。
       1.本制度の導入目的等

       (1)本制度の導入目的
        本制度は、当社の取締役が、株価変動のメリットとリスクを株主の皆様とより一層共有し、株価上昇及び企業
       価値向上への貢献意欲を従来以上に高めることを目的として、当社普通株式を用いた譲渡制限付株式を付与する
       報酬制度を導入いたします。
       (2)本制度の導入条件

        本制度は、当社の取締役に対して下記2.(3)の定めに服する当社普通株式(以下「譲渡制限付株式」という。)の
       割当てのために金銭報酬債権を報酬として支給します。
        なお、当社における取締役の報酬等の額とは別枠として、当社の取締役に対する譲渡制限付株式に関する報酬
       等として支給する金銭報酬債権の総額を、年額                       100,000    千円以内(ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与を
       含まない。)として設定されるものです。ただし、当該金銭報酬債権の総額は、原則として、3事業年度にわたる
       職務執行の対価に相当する額を一括して初年度に支給する場合を想定しております。
       2.本制度の概要

       (1)譲渡制限株式の割当て及び払込み
        当社は、当社の取締役に対し、当社取締役会決議に基づき、譲渡制限付株式に関する報酬等として上記の年額
       の範囲内で金銭報酬債権を支給し、各取締役は、当該金銭報酬債権の全部を現物出資の方法で給付することによ
       り、譲渡制限付株式の割当てを受けるものとします。
        なお、譲渡制限付株式の払込金額は、その発行又は処分に係る当社取締役会の日の前営業日における東京証券
       取引所における当社普通株式の終値(同日に取引が成立していない場合は、それに先立つ直近取引日の終値。)を
       基礎として、当該譲渡制限付株式を引き受ける取締役に特に有利な金額とならない範囲で当社取締役会において
       決定します。
        また、上記金銭報酬債権は、当社の取締役が、上記の現物出資に同意していること及び下記(3)に定める内容
       を含む譲渡制限付株式割当契約を締結していることを条件として支給します。
       (2)譲渡制限付株式の総数

       当社の取締役に対して割り当てる譲渡制限付株式の総数                           116,000    株(ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与
       を含まない。)を、各事業年度において割り当てる譲渡制限付株式の数の上限とします。
        ただし、本議案の決議の日以降、当社普通株式の株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。)又は株式
       併合が行われた場合その他これらの場合に準じて割り当てる譲渡制限付株式の総数の調整を必要とする場合に
       は、当該譲渡制限付株式の総数を合理的に調整することができるものとします。
       (3)譲渡制限付株式割当契約の内容

        譲渡制限付株式の割当てに際し、当社取締役会決議に基づき、当社と譲渡制限付株式の割当てを受ける取締役
       との間で締結する譲渡制限付株式割当契約は、以下の内容を含むものとします。
       ①譲渡制限の内容

        譲渡制限付株式の割当てを受けた取締役は、1年間から3年間までの間で当社取締役会が定める期間(以下「譲渡
       制限期間」という。)、当該譲渡制限付株式につき、第三者に対して譲渡、質権の設定、譲渡担保権の設定、生前
       贈与、遺贈その他一切の処分行為をすることができない(以下「譲渡制限」という。)
       こと。
                                 86/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
       ②譲渡制限付株式の無償取得
        当社は、譲渡制限付株式の割当てを受けた取締役が、譲渡制限期間が満了する前に当社の取締役を退任した場
       合 その他一定の事由が生じた場合には、当社取締役会が正当と認める理由がある場合を除き、当該取締役に割り
       当てられた譲渡制限付株式(以下「本割当株式」という。)を当然に無償で取得すること。
        また、本割当株式のうち、上記1の譲渡制限期間が満了した時点において下記3の譲渡制限の解除事由の定めに
       基づき譲渡制限が解除されていないものがある場合には、当社はこれを当然に無償で取得すること。
       ③譲渡制限の解除

       当社は、譲渡制限付株式の割当てを受けた取締役が、譲渡制限期間中、継続して、当社の取締役の地位にあった
      ことを条件として、本割当株式の全部につき、譲渡制限期間が満了した時点をもって譲渡制限を解除すること。
       ただし、当該取締役が、当社取締役会が正当と認める理由により、譲渡制限期間が満了する前に当社の取締役を
      退任した場合には、譲渡制限を解除する本割当株式の数および譲渡制限を解除する時期を、必要に応じて合理的に
      調整するものとすること。
       ④組織再編等における取扱い

       当社は、譲渡制限期間中に、当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移
      転計画その他の組織再編等に関する議案が当社の株主総会(ただし、当該組織再編行為に関して当社の株主総会によ
      る承認を要さない場合においては、当社取締役会。)で承認された場合には、当社取締役会決議により、譲渡制限期
      間の開始日から当該組織再編等の承認の日までの期間を踏まえて合理的に定める数の本割当株式につき、当該組織
      再編等の効力発生日に先立ち、譲渡制限を解除すること。
       この場合には、当社は、上記の定めに基づき譲渡制限が解除された直後の時点において、なお譲渡制限が解除さ
      れていない本割当株式を当然に無償で取得すること。
                                 87/95












                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      ⑤ 【附属明細表】
       【有価証券明細表】
        該当事項はありません。
       【有形固定資産等明細表】

                                                  (単位:千円)
                                          当期末減価
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
                                          償却累計額            差引当期末
        資産の種類
                                          又は償却累              残高
                                           計額
     有形固定資産
      建物              52,796      27,052      16,284      63,565       8,077      4,867      55,487

      工具、器具及び備品               51,128      15,037       7,106      59,059      37,482      17,936      21,576

      土地               6,991        ―      ―    6,991        ―      ―    6,991

       有形固定資産計            110,916      42,090      23,391      129,615       45,560      22,804      84,055

     無形固定資産

      電話加入権                69      ―      ―      69       ―      ―      ―

       無形固定資産計               69      ―      ―      69       ―      ―      ―

     (注)1.当期増加額の主なものは次のとおりです。

        建物          大阪オフィス移転     25,954千円
        工具、器具及び備品   大阪オフィス移転                                 4,334千円
                    従業員PC         10,142千円
     (注)2.当期減少額の主なものは以下の通りです。
        建物          谷上プロジェクト資産譲渡                              7,680千円
        工具、器具及び備品   谷上プロジェクト資産譲渡                              6,906千円
       【社債明細表】


        該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

        該当事項はありません。
       【引当金明細表】

                                                (単位:千円)
                                  当期減少額          当期減少額
         区分        当期首残高         当期増加額                          当期末残高
                                   (目的使用)          (その他)
     貸倒引当金                  ―        716          ―         ―        716
       【資産除去債務明細表】

        該当事項はありません。
                                 88/95



                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
     (2) 【主な資産及び負債の内容】
      ①流動資産
       イ.現金及び預金
                 区分                          金額(千円)

     預金
       普通預金                                                  1,531,768
                 合計                                     1,531,768

       ロ.   売掛金

         相手先別内訳
                相手先                          金額(千円)

     アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.                                                   29,817

     ソフトバンクペイメントサービス(株)                                                   27,034

     KDDI(株)                                                   22,290

     (株)ラクーンフィナンシャル                                                   19,299

     キヤノンITソリュ-ションズ(株)                                                   7,840

     その他                                                   39,703

                 合計                                      145,986

        売掛金の発生及び回収並びに滞留状況 


                                                    滞留期間(日)
                                           回収率(%)
                                                    (A)+(D)
     当期首残高(千円)         当期発生高(千円)         当期回収高(千円)         当期末残高(千円)
                                                      2
                                           (C)
                                               ×100
                                                      (B)
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)+(B)
                                                      365
         128,328        2,812,302         2,794,644          145,986           95.0          18
     (注)  消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
      ハ.棚卸資産

                 区分                          金額(千円)
     貯蔵品                                                    7,166
                 合計                                        7,166
      二. 預け金


                                 89/95


                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
                相手先                           金額(千円)
     Paypal    Pte.   Ltd
                                                        39,566
     その他                                                    3,282
                 合計                                       42,848
                                 90/95



















                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
      ②流動負債
       イ.    未払金

        相手先別内訳
                相手先                           金額(千円)

     キヤノンITソリューションズ(株)                                                   51,201

     アメリカン・エキスプレス・ジャパン(株)                                                   14,903

     amazon    web  services

                                                        12,297
     Google    LLC

                                                        6,897
     有限責任監査法人トーマツ                                                    5,700

     (株)うるる                                                    4,390

     その他                                                   36,532

                 合計                                      131,923

       ロ.    未払費用

                 区分                          金額(千円)

     給料                                                   41,654

     社会保険料                                                   23,527
     その他                                                   10,299
                 合計                                       75,481

       ハ.    前受金

                相手先                           金額(千円)

     一般顧客(Chatwork事業)                                                   210,674

                 合計                                      210,674

     (3)  【その他】


     該当事項はありません。
                                 91/95






                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
                       毎年1月1日から         12月31日まで

     事業年度
     定時株主総会                  事業年度の末日の翌日から3か月以内

     基準日                  毎事業年度末日

     剰余金の配当の基準日                  毎年6月30日、毎事業年度末日

     1単元の株式数                  100株

     単元未満株式の買取り(注)1

                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       取扱場所
                       三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
                       三井住友信託銀行株式会社
       取次所
                       三井住友信託銀行株式会社 全国各支店
       買取手数料

                       無料
                       当社の公告方法は、電子公告とする。但し、事故その他やむを得ない事由によ
     公告掲載方法                  り電子公告によることができないときは、日本経済新聞に掲載して行う。
                       当社の公告掲載URLは次の通りです。(https://corp.chatwork.com/ja/ir                                  )
     株主に対する特典                  なし
     (注)   1.単元未満株式の買取りを含む株式の取扱は、原則として証券会社等の口座管理機関を経由して行うことか

          ら、当該事項は無くなる予定です。ただし、特別口座に記録されている株式については、特別口座の口座管
          理機関である三井住友信託銀行株式会社が直接取扱います。
        2.当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
          旨、定款に定めております。
        (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 92/95










                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      該当事項はありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券届出書及びその添付書類

       有償一般募集増資(ブックビルディング方式による募集)及び株式売出し(ブックビルディング方式による売出し)
       2019年8月15日        近畿財務局長に提出。
     (2)  有価証券届出書の訂正届出書

       上記(1)に係る訂正届出書を2019年9月4日及び2019年9月12日                              近畿財務局長に提出。
     (3)  四半期報告書及び確認書

       第16期第3四半期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)2019年11月14日                                     近畿財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書

       金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号の規定に基づく臨
       時報告書
       2019年9月24日        近畿財務局長に提出
                                 93/95












                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 94/95



















                                                           EDINET提出書類
                                                    Chatwork株式会社(E35124)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2020年3月27日

    Chatwork株式会社
     取締役会 御中
                        有限責任監査法人トーマツ

                         指定有限責任社員

                                          早     稲   田  宏
                                   公認会計士                    ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       中  山  太  一            ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いるChatwork株式会社の2019年1月1日から2019年12月31日までの第16期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
    借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属
    明細表について監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、Cha
    twork株式会社の2019年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッ
    シュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以                                                      上
     (注)   1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
          会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 95/95


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク