株式会社ユニカフェ 有価証券報告書 第48期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第48期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 株式会社ユニカフェ
カテゴリ 有価証券報告書

                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  【表紙】
  【提出書類】       有価証券報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項
  【提出先】       関東財務局長
  【提出日】       2020年3月26日
  【事業年度】       第48期(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
  【会社名】       株式会社ユニカフェ
  【英訳名】       UNICAFE  INC.
  【代表者の役職氏名】       代表取締役社長  岩田 斉
  【本店の所在の場所】       東京都港区新橋六丁目1番11号 
  【電話番号】       (03)5400-5444(代表)
  【事務連絡者氏名】       取締役兼執行役員管理本部長  新述 孝祐  
  【最寄りの連絡場所】       東京都港区新橋六丁目1番11号
  【電話番号】       (03)5400-5444(代表)
  【事務連絡者氏名】       取締役兼執行役員管理本部長  新述 孝祐 
  【縦覧に供する場所】       株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
             1/86













                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
  (1)連結経営指標等
    回次    第44期  第45期  第46期  第47期  第48期
    決算年月    2016年3月  2016年12月  2017年12月  2018年12月  2019年12月

      (千円)   -  -  -  - 19,043,075

  売上高
      (千円)   -  -  -  -  74,524

  経常利益
  親会社株主に帰属する
  当期純利益又は親会社
      (千円)   -  -  -  - △130,446
  株主に帰属する当期純
  損失(△)
      (千円)   -  -  -  - △127,567
  包括利益
      (千円)   -  -  -  - 8,019,332

  純資産額
      (千円)   -  -  -  - 16,692,649

  総資産額
      (円)   -  -  -  -  605.15

  1株当たり純資産額
  1株当たり当期純利益
  金額又は1株当たり純    (円)   -  -  -  -  △9.92
  損失(△)
  潜在株式調整後1株当
      (円)   -  -  -  -  -
  たり当期純利益金額
      (%)   -  -  -  -  48.0
  自己資本比率
      (%)   -  -  -  -  △1.8

  自己資本利益率
      (倍)   -  -  -  - △100.10

  株価収益率
  営業活動によるキャッ
      (千円)   -  -  -  -  770,999
  シュ・フロー
  投資活動によるキャッ
      (千円)   -  -  -  - △2,055,817
  シュ・フロー
  財務活動によるキャッ
      (千円)   -  -  -  - 1,782,978
  シュ・フロー
  現金及び現金同等物の
      (千円)   -  -  -  - 2,927,417
  期末残高
         -  -  -  -  248
  従業員数
      (人)
  [外、平均臨時雇用者
         [-]  [-]  [-]  [-]  [152 ]
  数]
   (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
   2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第44期は潜在株式が存在しないため記載しておりま
    せん。第48期は1株当たり当期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   3.第44期より第47期は連結財務諸表を作成しておりませんので、第44期より第47期まで連結会計年度に係る主
    要な経営指標等の推移については記載しておりません。
   4.第45期は、決算期変更により2016年4月1日から2016年12月31日までの9ヶ月間となっております。
             2/86




                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (2)提出会社の経営指標等
    回次    第44期  第45期  第46期  第47期  第48期
    決算年月    2016年3月  2016年12月  2017年12月  2018年12月  2019年12月

      (千円)  11,086,769   8,757,116  10,454,358  10,448,475  10,594,260

  売上高
  経常利益又は経常損失
      (千円)  468,392  288,835  306,773  339,762  △24,069
  (△)
  当期純利益又は当期純
      (千円)  1,082,263   226,302  309,487  472,739  △175,886
  損失(△)
  持分法を適用した場合
      (千円)   -  -  -  -  -
  の投資利益
      (千円)  4,216,500  4,216,500  4,216,500  4,216,500  4,966,498
  資本金
      (株) 13,869,200  13,869,200  13,869,200  13,869,200  13,869,200

  発行済株式総数
      (千円)  7,952,475  6,453,322  6,741,935  6,742,556  7,971,013

  純資産額
      (千円)  10,823,692  10,317,644   9,941,026  9,843,339  14,115,199

  総資産額
      (円)  574.56  531.55  555.34  565.00  601.51

  1株当たり純資産額
         8.00  8.00  8.00  8.00  8.00
  1株当たり配当額
      (円)
  (内1株当たり中間配
         (-)  (-)  (-)  (-)  (-)
  当額)
  1株当たり当期純利益
  金額又は1株当たり当    (円)  78.19  17.05  25.49  39.56  △13.38
  期純損失額(△)
  潜在株式調整後1株当
      (円)   -  -  -  -  -
  たり当期純利益金額
      (%)   73.5  62.5  67.8  68.5  56.5
  自己資本比率
      (%)   14.4   3.1  4.7  7.0  △2.4

  自己資本利益率
      (倍)  11.78  56.60  48.92  25.37  △74.24

  株価収益率
      (%)   10.2  46.9  31.4  20.2  △0.6

  配当性向
  営業活動によるキャッ
      (千円)  801,030  1,284,774   427,575  474,570   -
  シュ・フロー
  投資活動によるキャッ
      (千円)  817,982  △153,545  △127,995   16,737   -
  シュ・フロー
  財務活動によるキャッ
      (千円)  △571,687  △1,736,633   △97,281  △323,390   -
  シュ・フロー
  現金及び現金同等物の
      (千円)  3,364,316  2,759,038  2,961,337  3,129,255    -
  期末残高
         134  124  122  131  148
  従業員数
      (人)
  [外、平均臨時雇用者
         [76]  [82]  [86]  [82]  [67]
  数]
      (%)   99.9  105.5  136.7  111.8  111.1
  株主総利回り
  (比較指標:配当込み
      (%)  (116.5 ) (112.4 ) (137.4 ) (115.5 ) (136.4 )
  TOPIX)
      (円)   994  1,040  1,540  1,300  1,083
  最高株価
      (円)   801  850  940  986  950

  最低株価
   (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
   2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第44期から第47期までは潜在株式が存在しないため
    記載しておりません。第48期は1株当たり当期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載し
    ておりません。
             3/86


                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   3.第48期より連結財務諸表を作成しておりますので、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動による
    キャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー並びに現金及び現金同等物の期末残高は記載して
    おりません。
   4.持分法を適用した場合の投資利益については関係会社がないため記載しておりません。
   5.第45期は、決算期変更により2016年4月1日から2016年12月31日までの9ヶ月間となっております。
   6.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
             4/86



















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  2【沿革】
   年月          事  項
  1972年11月   コーヒー生豆商社株式会社ワタル商会(現ワタル株式会社及びワタル不動産株式会社)とコー
     ヒー焙煎加工業者57社の共同出資により、株式会社ユニカフェを資本金9,800万円をもって設
     立。
  1973年6月   厚木工場が完成。
  1990年2月   酒井工場が完成。
  1994年9月   二次加工(袋詰、缶詰)工場として飯山工場が完成。
  1995年10月   伊勢原工場が完成。
  1999年6月   日本証券業協会に店頭登録。
  1999年8月   本社、厚木工場、飯山工場、酒井工場、伊勢原工場のすべての事業所においてISO9002の認証
     を取得。
  2000年8月   東京証券取引所市場第二部に株式上場。
  2001年4月   神奈川県愛甲郡愛川町に従来の4工場(厚木工場、飯山工場、酒井工場、伊勢原工場)を集約し
     た神奈川総合工場が完成。
  2001年5月   神奈川総合工場においてJAS有機食品の製造業者認定を取得。
  2001年9月   東京証券取引所市場第一部に株式上場。
  2002年12月   本社、神奈川総合工場においてISO9001:2000年版の認証を取得。
  2004年3月   神奈川総合工場の隣接地を取得。
  2004年11月   神奈川総合工場においてISO14001の認証を取得。
  2005年10月   神奈川総合工場に「R&Dセンター」を新設。
  2007年8月   「上海緑一企業有限公司」の事業を買収。同年11月から100%子会社化。
  2009年12月   ユーシーシー上島珈琲株式会社(現ユーシーシーホールディングス株式会社)と資本・業務提
     携。ユーシーシー上島珈琲株式会社(現ユーシーシーホールディングス株式会社)の子会社とな
     る。
  2011年7月   神奈川総合工場において食品安全マネジメントシステム認証規格「FSSC22000:2010」の認
     証を取得。
  2012年7月   神奈川総合工場において労働安全衛生マネジメントシステム「OSHMS」の認定を取得。
  2016年2月   「上海緑一企業有限公司」の出資持分のすべてをユーシーシー上島珈琲株式会社に譲渡。
  2019年1月   三菱商事株式会社を割当先とした第三者割当による募集株式の発行を行い同社と事業提携契約締
     結。
     三菱商事株式会社より株式会社アートコーヒーの全株式を取得しグループ化。
     UCC上島珈琲株式会社との間の吸収分割契約及び、キューリグ・エフイー株式会社との間の事業
     譲渡契約の締結により、キューリグ関連事業を承継、譲り受ける。
             5/86









                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  3【事業の内容】
   当社グループは、当社、子会社1社で構成されており、その事業は「コーヒー関連事業」であります。

   当社グループの事業にかかわる位置づけ、及び事業の種類別セグメントとの関連は、以下のとおりであります。
  区分    会社名    セグメント名       事業内容

  当社 株式会社ユニカフェ         工業用コーヒー製造販売、業務用コーヒー製造販
         コーヒー関連事業
             売、家庭用コーヒー製造販売、エキス加工販売、
             コーヒーに関連する食品・商材等の仕入販売
   子会社  株式会社アートコーヒー      コーヒー関連事業    コーヒーの焙煎・加工及び販売、食料品・飲食品の
             製造販売及び輸出入等
  4【関係会社の状況】

               議決権の所有割合又は

         資本金
   名称   住所     主要な事業の内容    (被所有割合)    関係内容
         (百万円)
                (%)
  (親会社)
           グループ全体の経
  ユーシーシーホー    兵庫県神戸市中
          100
           営方針の策定及び     (55.89)  役員の兼任2名
  ルディングス株式    央区
           経営管理等
  会社
           コーヒーの焙煎・
  (連結子会社)         加工及び販売、食
                   役員の兼任4名
          450
  株式会社アート    東京都千代田区      料品・飲食品の製      100
                   資金の貸付
  コーヒー         造販売及び輸出入
           等
   (注)1.上記親会社及び子会社は、有価証券報告書又は、有価証券届出書提出会社には該当しておりません。
      2.株式会社アートコーヒーは、特定子会社に該当しておりません。
      3.株式会社アートコーヒーについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占め
    る割合が10%を超えております。
    主要な損益計情報等 (1)売上高   8,451,392千円
              (2)経常利益   271,227千円
              (3)当期純利益  186,729千円
              (4)純資産額   599,424千円
              (5)総資産額  6,271,964千円
  5【従業員の状況】

  (1)連結会社の状況
                   2019年12月31日現在
                従業員数(人)
     セグメントの名称
                  248  [152]
  コーヒー関連事業
                  248  [152 ]
      合計
  (2)提出会社の状況

                  2019年12月31日現在
   従業員数(人)     平均年令(才)     平均勤続年数(年)     平均年間給与(円)
    148  [67]   35.3     10.4    4,213,185

  (注)1.従業員数は、就業人員であります。
   2.従業員数欄の[外数]は、臨時雇用者(顧問、派遣社員及びパートタイマー)の年間平均人員であります。
   3.従業員数には、社外から当社への出向者(7名)を含みます。
   4.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
   5.当社は、全てコーヒー関連事業に属しています。
             6/86

                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (3)労働組合の状況
    労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
             7/86




















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  第2【事業の状況】
  1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
   文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
  (1) 会社の経営の基本方針

    当社グループは、「コーヒーをコアに人と環境にやさしい企業を目指す」を経営基本理念としております。さ
   らに、UCCグループの一員として「UCCグループ理念」を共有しております。当社は、東証一部上場企業と
   して上場基準に則り、独立性、公平性、透明性のある経営に努め、社会使命のもとに企業活動を行い、コンプラ
   イアンスの徹底と業務の適正性・公正性を確保してまいります。
  (2)目標とする経営指標

    当社グループは、「営業利益」を重要な経営指標として位置づけております。「営業利益率」は2020年12月期
   にその目標値を152百万円と設定しております。
    現状は、当期(2019年12月期)実績として、「営業利益」は85百万円と目標値を下回っておりますが、事業
   構造の改革と成長分野への投資を行い、上記に揚げた経営指標を達成する所存です。
  (3)中長期的な会社の経営戦略

    当社グループは、「構造変革と成長分野への投資」を基本方針とし、事業構造の変革、成長分野への投資を行
   い、コーヒー関連事業において持続的な成長を図ってまいります。
    成長分野である業務用市場の営業基盤を拡大、コーヒー取扱数量を大幅に増加によるスケールメリットを活用
   し競争優位を創造することで外食大手企業や新興カフェチェーン等の新規取引先の獲得に加え、拡大するシング
   ルサーブ(一杯抽出)事業への取り組みとして事業承継した一杯抽出事業「キューリグ事業」おいて、マルチブ
   ランド戦略を展開、高付加価値・高成長・高収益の事業を創造してまいります。
  (4)会社の対処すべき課題

    当社グループを取り巻く環境は、内外の情勢から判断して、引続き厳しい状況が続くことが予想されます。
   コーヒー業界につきましては、コンビニエンスストア各社によるカウンターコーヒーの拡大や小型ペットボトル
   コーヒーが清涼飲料市場で急速に存在感を強めたことにより、従来の缶コーヒーの購買客層とは異なる若年層や
   女性などへの販路が拡大しております。また、家庭内におきましても一杯抽出型マシンやドリップコーヒーバッ
   グなど飲み方の多様化が進んだことによりレギュラーコーヒー市場が加速度的に伸長しております。
    一方で、業界全体として熾烈な価格競争が継続され、飲料メーカーによる内製化の拡大や、フードディフェン
   ス等の安全・安心に対する要求のレベルアップに伴い、製造コストの上昇、人手不足を背景とした人件費、物流
   費及び仕入れコストの上昇など厳しい経営環境が続いております。
    このような市場環境の中で、当社グループは「2018年12月期3Q決算及び2019-2021年度中期経営計画」におい
   て開示させていただきました中期事業計画の中で、主力事業であるコーヒー豆を焙煎し大手飲料メーカーに提供
   させていただく『工業用事業』とカフェ・レストラン・コンビニエンスストアやオフィス・ホテル等にコーヒー
   を提供させていただく『業務用事業』に加えて、『一杯抽出事業(シングルサーブ事業)』と呼ばれる分野に進
   むべき方向を定め、2019年1月4日付けでキューリグ関連事業を取得し、既存事業であるドリップコーヒーバッグ
   と共に一杯抽出事業の中心となるカプセル型コーヒーシステムを中期事業計画の重要な事業の位置づけで展開を
   しております。
    また、当社グループは、コアコンピタンスである『味の均一性・再現性』をキューリグ関連事業においても優
   位に展開すべく、コーヒーは基より紅茶・日本茶の分野において全国にチェーン展開している企業や地域に密着
   しているコーヒー焙煎業のトップブランドと組み、既に昨年度末現在で11ブランド13SKUのキューリグカプセル
   を発売し、キューリグ関連事業の価値向上に注力しております。来年度に向けても更に新たなブランドパート
   ナーとの連携を鋭意進めており、キューリグカプセルを市場に投入すべく各方面の販売会社とも積極的に連携し
   て参ります。
    また、事業構造の変革としまして株式会社アートコーヒーの子会社化により、成長分野である業務用市場の営
   業基盤を拡大し、業務用市場におけるコーヒー取扱量を大幅に増加させ、スケールメリットを活用し、競争優位
   を創出し企業価値   向上に努めてまいります。
             8/86




                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  2【事業等のリスク】
   有価証券報告書に記載した事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は、以下のような
  ものがあります。なお、記載事項のうち将来に関する事項につきましては、当連結会計年度末(2019年12月31日)現
  在において判断したものであります。
  (1) コーヒー生豆相場及び為替相場の変動に伴うリスク

   当社グループの主力製品であるレギュラーコーヒーの主原料であるコーヒー生豆は国際商品であります。わが国で
  はその全量が輸入であるため、レギュラーコーヒーの生産コストはコーヒー生豆相場と為替相場の変動による影響を
  受けております。コーヒー生豆相場と為替相場の変動につきましては、製品・商品の販売価格に連動させて適正な利
  益を確保することに努めるとともに、コーヒー生豆の予約買付けを活用するなど、悪影響の軽減に努めてまいりま
  す。しかし、レギュラーコーヒー製品・商品の販売価格につきましては、市場の競争原理により決定される要因が強
  いため、コーヒー生豆相場と為替相場の変動によって、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
  (2) レギュラーコーヒー業界における競争の熾烈化に伴うリスク

   わが国のレギュラーコーヒー業界は、デフレの影響下、実質的な販売価格の値上げは難しいことに加え、競争の熾
  烈化により、売上高の減少と販売に伴うインセンティブの支払いなどのコスト増をもたらしております。今後、更な
  る競争の熾烈化により当社の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
  (3) 大地震その他天災に伴うリスク

   当社グループは、コーヒー関連事業の生産設備が当社神奈川総合工場(神奈川県愛甲郡)及び株式会社アートコー
  ヒーの山梨工場(山梨県笛吹市)の2か所に存在しますが、どちらの工場も東日本方面に偏っております。保険の付
  保などの設備保全の充分な手立てを講じておりますが、当該設備に大きな影響を及ぼす東日本方面における大地震そ
  の他の天災が発生した場合は、製造設備及び在庫品等に損害が生じる可能性が出てまいります。
  (4) 特定の販売先への依存度が高いことに伴うリスク

   当社グループは、特定販売先1社が展開する店舗で販売するレギュラーコーヒー製品の売上高が当該連結会計年度
  における連結売上高の24.1%と高い水準にあります。従って、当社グループの経営成績は、当該特定販売先1社によ
  るレギュラーコーヒー製品の販売動向に影響を受ける可能性が出てまいります。
  3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  業績等の概要
    当社グループは、当連結会計年度から連結財務諸表を作成しているため、前連結会計年度との比較分析は行って
   おりません。
  (1)業績
    当社グループは「コーヒーをコアに人と環境にやさしい企業を目指す」の企業理念の下、「2019年-2021年度中
   期経営計画」に基づき「構造変革と成長分野への投資」を柱として、収益構造の改善と内部統制の強化に注力して
   います。「飲むことを楽しむ」というコーヒーの新たな価値「Fun           To Drink」をテーマとし「その上のコーヒー」
   を常に追い続け、チャレンジを続けております。
    工業用コーヒーにつきましては、一部の主要取引先への取扱数量が大幅に減少したことにより、前年を大きく下
   回ることとなりました。
    業務用コーヒーにつきましては、主要取引先のカフェチェーンやオフィスコーヒーサービスなどにおける取扱数
   量は堅調に推移いたしましたが、一部大手取引先の取扱アイテム減少に伴い、前年の取扱数量を若干下回ることと
   なりました。
    家庭用コーヒーにつきましては、2018年11月9日付け「2018年12月期3Q決算及び2019-2021年度中期経営計画」で
   開示させていただいたとおり、家庭用コーヒーの自社販売を2019年3月末をもって終了いたしました。
    昨年新たに事業を取得しました一杯抽出事業「キューリグ事業」につきましては、コアコンピタンスである「味
   の均一性・再現性」を優位に展開すべく、コーヒーはもとより、紅茶・日本茶の分野において全国にチェーン展開
   している企業や地域に密着しているコーヒー焙煎業のトップブランドと組み、既に2019年度末現在で11ブランド
   13SKUのキューリグカプセルを発売する等、キューリグ事業の拡大を積極的に進めております。しかしながら、市場
   環境の激化に伴う販売促進費用と営業リソースに係る先行投資の増加および事業展開の基盤整備に時間を要した影
   響を受け、計画を下回る結果となりました。
    株式会社アートコーヒーについては、既存取引先との深耕化及び新規取引先への積極的な営業活動により、好調
   に推移いたしました。
    以上の取組の結果、当連結会計年度の売上高は190億43百万円となりました。利益面につきましては、物流コスト
   や人件費の上昇に加え、「キューリグ事業」の積極的な先行投資の増加により、営業利益は85百万円、新規借入に
             9/86


                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   よる利息の支払いを含めた経常利益は74百万円、繰延税金資産を取崩した影響を含めた親会社株主に帰属する当期
   純損失は1億30百万円となりました。
  (2)キャッシュ・フロー
   ①キャッシュ・フローの状況
   当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、29億27百万円となりました。
   当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
  (営業活動によるキャッシュ・フロー)
   営業活動の結果得られた資金は、7億70百万円となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益が76百万円、
  減価償却費5億33百万円、売上債権の減少7億8百万円、仕入債務の減少4億91百万円によるものであります。
  (投資活動によるキャッシュ・フロー)
   投資活動の結果使用した資金は20億55百万円となりました。これは主に、子会社株式の取得による支出13億95百万
  円及び投資計画に基づいた4億6百万円の有形固定資産の取得による支出、事業展開に合わせた購買管理システムの更
  新等に関する85百万円の無形固定資産の取得によるものであります。
  (財務活動によるキャッシュ・フロー)
   財務活動の結果得られた資金は17億82百万円となりました。これは主に、長期借入れによる収入35億円、株式の発
  行による収入14億94百万円、短期借入金の返済による支出28億50百万円及び長期借入金の返済による支出2億62百万
  円によるものであります。
  生産、受注及び販売の実績

  (1)生産実績
    当社グループはコーヒー関連事業の単一セグメントであり、当連結会計年度における生産実績は、次のとおりで
   あります。
             当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
     セグメントの名称             前年同期比(%)
             至 2019年12月31日)
              14,666,521
  コーヒー関連事業(千円)                   -
      合計        14,666,521       -

   (注) 1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       2.当連結会計年度において、生産実績に著しい変動がありました。これは、コーヒー関連事業セグメントに
    おいて株式会社アートコーヒーを連結子会社化したこと等によるものであります。
  (2)商品仕入実績

    当社グループはコーヒー関連事業の単一セグメントであり、当連結会計年度における商品仕入実績は、次のとお
   りであります。
             当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
     セグメントの名称             前年同期比(%)
             至 2019年12月31日)
  コーヒー関連事業(千円)             508,068      -

      合計         508,068      -

   (注)1.金額は仕入価額によります。
   2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
  (3)主要原材料の実績

   ①主要原材料の入手量、使用量及び在庫量
             当連結会計年度
             (自 2019年1月1日
             至 2019年12月31日)
    原材料名
        入手量  前年同期比   使用量  前年同期比   在庫量  前年同期比
        (トン)   (%)  (トン)   (%)  (トン)   (%)
            -
  コーヒー生豆       28,562     28,280   -  2,292   -
            10/86



                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   ②主要原材料の価格の推移
             当連結会計年度
             (自 2019年1月1日
             至 2019年12月31日)
    原材料名
         2019年3月    2019年6月    2019年9 月  2019年 12月
  コーヒー生豆(円/kg)        375.76    380.39    377.62    402.50

   (注)1.価格は購入価格の平均で表示しております。
   2.当社製品の主要原材料でありますコーヒー生豆は国際商品であり、かつわが国では全量輸入のため、当社の
    仕入価格は国際商品市況及び為替相場の変動による影響を受けております。
   3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
  (4)受注実績

    当社グループはコーヒー関連事業の単一セグメントであり、当連結会計年度における受注実績は、次のとおりで
   あります。
             当連結会計年度
             (自 2019年1月1日
             至 2019年12月31日)
   セグメントの名称
        受注高(千円)   前年同期比(%)    受注残高(千円)    前年同期比(%)
  コーヒー関連事業       19,041,130     -   233,405    -

    合計     19,041,130     -   233,405    -

   (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
  (5)販売実績

    当社グループはコーヒー関連事業の単一セグメントであり、当連結会計年度における販売実績は、次のとおりで
   あります。
             当連結会計年度
             (自 2019年1月1日
     セグメントの名称             前年同期比(%)
             至 2019年12月31日)
  コーヒー関連事業(千円)            19,043,075       -

      合計(千円)         19,043,075       -

   (注)1.当連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであり
    ます。
           当連結会計年度
           (自 2019年1月1日
           至 2019年12月31日)
     相手先
          金額(千円)   割合(%)
   株式会社MCアグリアライアンス       4,583,905    24.1

   アサヒ飲料株式会社       2,047,034    10.7

   2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
            11/86






                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
    当連結会計年度の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析は、以下のとおりであります。
    なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(2019年12月31日)現在において判断したものであ
   ります。
  (1)重要な会計方針及び見積り
    当社グループの財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しておりま
   す。この作成にあたり、当社グループは、当連結会計年度末日における資産・負債、並びに当連結会計年度におけ
   る収益・費用に影響を与える見積りを必要としております。ただし、これらの見積りについて過去の実績等を勘案
   して合理的に判断しておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場
   合があります。
    当社グループは、特に以下の重要な会計方針が財務諸表作成における重要な見積りの判断に影響を及ぼすものと
   考えております。
   貸倒引当金
    当社グループは、売上債権や貸付金等の貸倒損失に備えて、回収不能見込額を貸倒引当金に計上しております。
   将来、顧客の財政状態の悪化等により引当金の追加計上が必要となった場合、当社グループの財務諸表に影響を与
   える可能性があります。
  (2)経営成績の分析

   ① 売上高
    売上高の詳細については、第2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
   の状況の分析][業績等の概要](1)業績に記載のとおりであります。
   ② 売上総利益
    当連結会計年度の売上総利益は37億67百万円となりました。
   ③ 営業利益
    物流コストや人件費の上昇に加え、「キューリグ事業」の積極的な先行投資の増加により、当連結会計年度の
   営業利益は85百万円となりました。
   ④ 経常利益
    当連結会計年度の経常利益は74百万円となりました。
   ⑤ 親会社株主に帰属する当期純損失
    繰延税金資産を取崩した影響により、当連結会計年度は1億30百万円の親会社株主に帰属する当期純損失とな
   りました。
    なお、セグメントの分析は、第2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
   ローの状況の分析][業績等の概要](1)業績の項目を、また今後の事業環境の見通しと当社グループの課題に
   つきましては、第2[事業の状況]1[経営方針、経営環境及び対処すべき課題等]の項目を、それぞれご参照
   ください。
  (3)財政状態の分析

   ① 資産
    流動資産は、81億61百万円となりました。主な内訳は、現金及び預金29億27百万円、受取手形及び売掛金33億
   73百万円、原材料及び貯蔵品10億59百万円であります。固定資産は、85億31百万円となりました。主な内訳は、
   有形固定資産64億24百万円、無形固定資産18億10百万円であります。
    この結果、当連結会計年度末の総資産は、166億92百万円となりました。
   ② 負債
    流動負債は、49億95百万円となりました。主な内訳は、支払手形及び買掛金37億13百万円、未払金5億52百万
   円であります。固定負債は、36億77百万円となりました。主な内訳は長期借入金28億87百万円、繰延税金負債4
   億15百万円であります。
    この結果、当連結会計年度末の負債合計は86億73百万円となりました。
   ③ 純資産
    当連結会計年度末の純資産は、80億19百万円となりました。この結果、当連結会計年度末の自己資本比率は
   48.0%となりました。
            12/86




                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (4)キャッシュ・フローの分析
   ① キャッシュ・フロー
    当連結会計年度における営業活動の結果得られた資金は7億70百万円、投資活動の結果使用した資金は20億55
   百万円、財務活動の結果得られた資金は17億82百万円となりました。その結果、当連結会計年度末の現金及び現
   金同等物は29億27百万円となりました。
   ② キャッシュ・フロー指標
                当連結会計年度
       主要項目
               (2019年12月31日)
    自己資本比率(%)                48.0
    時価ベースの自己資本比率(%)                71.0

    キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)                 4.2

    インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)                31.7

   ・自己資本比率:自己資本/総資産
   ・時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
     株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)によって算出しております。
   ・キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業活動によるキャッシュ・フロー
     有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を払っている全ての負債を対象としており
    ます。
   ・インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業活動によるキャッシュ・フロー/利払い
     利払いは、連結キャッシュ・フロー計算書の「利息の支払額」を使用しております。
  (5)資本の財源及び資金の流動性

   ①キャッシュ・フロー
    当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(4)キャッシュ・フローの分析」に記載の
   とおりです。
   ②資金需要

    当社グループの運転資金需要は、原材料費、製造経費、商品仕入、販売費及び一般管理費等の営業費用による
   ものであります。また、設備投資資金需要は、機械設備新設及び改修等に係る投資資金によるものであります。
   ③財務政策

    当社グループは、運転資金及び設備資金につきましては、内部資金または借入により資金調達することとし
   ております。
  4【経営上の重要な契約等】

   当社は、2019年12月27日開催の取締役会において、一杯抽出事業のうちの販売機能について、新設する100%子会社
  に吸収分割し、本吸収分割の効力発生日である2020年4月1日付け(予定)で当社が保有する同社の株式の一部をユー
  シーシーホールディングス株式会社に譲渡することを同社との間で基本合意することを決議しており、2020年1月31
  日に吸収分割契約書及び株式譲渡契約を締結いたしました。
   詳細は、『第5   経理の状況  1 連結財務諸表等   注記事項(追加情報)』に記載のとおりであります。
            13/86







                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  5【研究開発活動】
  (1)研究開発活動の方針
    コーヒー市場は拡大し、コーヒーに対する様々なニーズが生まれています。その為、製品の改廃サイクルは短く
   なり、新製品を次々と開発するための“スピード力”が求められています。そのような環境の変化において、製品
   開発をサポートすべく、短期間で求める品質を具現化し、製品化することこそが使命と考えております。
  (2)研究開発活動の体制及び特徴
    多様化する市場のニーズに短期間で応える為に、一杯のコーヒーの風味を自在に制御する為の研究と、風味を客
   観的に数値化する分析技術の向上に注力しております。これら知見を活かして、一杯抽出型の家庭用製品をはじ
   め、外食産業向けの業務用製品、コーヒー飲料用の工業用製品まで、幅広くレギュラーコーヒーの開発に取り組ん
   でいます。更には、少子高齢化を背景に、コーヒーにおける健康価値の創造を目指す取組みを推進しています。ま
   た、営業部門、製造部門との連携をより一層強化しており、開発提案から製品の品質設計、工場での製品化まで、
   一連のプロセスに関わりを持つことで、市場の求める品質を迅速かつ的確に製品化できる体制をとっています。
  (3)研究開発の内容
    ・コーヒー風味の数値化に関する研究
    ・コーヒーの各加工プロセス(生豆・焙煎・粉砕・抽出)の基礎的研究
    ・顧客ニーズに沿ったコーヒー製品の設計開発
    ・コーヒー加工と機能性成分に関する研究
    ・独自焙煎技術の研究開発
    なお、当連結会計年度における研究開発費の総額は         168,804 千円であり、コーヒー関連事業におけるものであり

   ます。
            14/86













                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  第3【設備の状況】
  1【設備投資等の概要】
   当連結会計年度において実施いたしました当社グループの設備投資の総額は             713 百万円となりました。
   その主なものは神奈川総合工場における機械及び装置の取得ならびに事業展開に合わせた購買管理システムの更新
  のためソフトウェアに投資を実施しました。
   なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
  2【主要な設備の状況】

  (1)提出会社
                   2019年12月31日現在
              帳簿価額
      セグメント              従業員数
  事業所名(所在地)      設備の内容  建物及び構  機械装置及  土地
      の名称
                その他  合計  (人)
          築物  び運搬具
              (百万円)
                (百万円)  (百万円)
          (百万円)  (百万円)  (面積㎡)
  本社    コーヒー関  統括業務及       -      47
            24  1   96  122
  (東京都港区)    連事業  び販売施設       (-)      [4]
  神奈川総合工場    コーヒー関  コーヒー生       1,639      101
           1,814  624    9  4,087
  (神奈川県愛甲郡愛川町)    連事業  産設備      (18,628)       [63]
   (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であります。なお、金額には消費税等は含まれておりま
    せん。
   2.従業員数欄の[外数]は、臨時雇用者(顧問、派遣社員及びパートタイマー)の年間平均人員であります。
  (2)国内子会社

                   2019年12月31日現在
               帳簿価額
                     従業
     事業所名  セグメントの
  会社名       設備の内容  建物及び 機械装置及  土地 リース資     員数
       名称
     (所在地)             その他  合計
            構築物  び運搬具   産     (人)
               (百万円)
                  (百万円)  (百万円)
            (百万円)  (百万円)  (面積㎡)  (百万円)
    本社
       コーヒー関連  統括業務及            58
            10  -  -  8 46  63
    (東京都千代田区)   事業  び販売施設            [29]
  株式会社アー
  トコーヒー
    山梨工場   コーヒー関連  コーヒー生      303      34
            1,106  582   2  7 2,001
    (山梨県笛吹市)   事業  産設備     (34,864)      [50]
  (注)1.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であります。なお、金額には消費税は含まれておりませ
    ん。
   2.従業員数欄の[外数]は、臨時雇用者(顧問、派遣社員及びパートタイマー)の年間平均人員であります。
  3【設備の新設、除却等の計画】

  (1)重要な設備の新設・改修等
    該当事項はありません。
  (2)重要な設備の除却

    該当事項はありません。
            15/86






                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  第4【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)
  普通株式                20,000,000

      計            20,000,000

   ②【発行済株式】

     事業年度末現在発行数
              上場金融商品取引所
          提出日現在発行数(株)
       (株)
   種類            名又は登録認可金融     内容
          (2020年3月26日)
     (2019年12月31日)         商品取引業協会名
                  権利内容に何ら限定
                  のない当社における
              東京証券取引所
       13,869,200     13,869,200
  普通株式                標準となる株式であ
              (市場第一部)
                  り、単元株式数は
                  100株であります。
       13,869,200     13,869,200     -    -
   計
  (2)【新株予約権等の状況】

   ①【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
   ②【ライツプランの内容】

    該当事項はありません。
   ③【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。
            16/86










                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
    該当事項はありません。
  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

     発行済株式総数   発行済株式総   資本金増減額   資本金残高   資本準備金増   資本準備金残

   年月日
     増減数(株)   数残高(株)   (千円)   (千円)  減額(千円)   高(千円)
  2019年1月7日

                    1,260,398
     1,318,100   15,187,300   749,998  4,966,498   749,998
  (注)1
  2019年1月7日
                    1,260,398
     △1,318,100   13,869,200    -  4,966,498    -
  (注)2
  (注)1.2019年1月7日付で三菱商事株式会社に対する第三者割当を行い、発行済株式総数が1,318,100株、資本金及び資
    本準備金がそれぞれ749,998千円増加しております。
   有償第三者割当     1,318千株
             発行価額  1,138円
             資本組入額  569円
             主な割当先 三菱商事㈱
     2.2019年1月7日付で自己株式の消却を行い、発行済株式総数が1,318,100株減少しております。
            17/86















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (5)【所有者別状況】
                   2019年12月31日現在
         株式の状況(1単元の株式数    100株)
                    単元未満株
  区分           外国法人等       式の状況
    政府及び地    金融商品取  その他の法
      金融機関          個人その他   計 (株)
    方公共団体    引業者  人
            個人以外  個人
  株主数(人)    -  13  26  109  30  14 29,162  29,354   -
  所有株式数
      - 5,536  633  87,072  721  14 43,758  137,734  95,800
  (単元)
  所有株式数の
      -  4.02  0.46  63.22  0.52  0.01  31.77  100.00   -
  割合(%)
   (注)1.自己株式617,610     株は、「個人その他」に6,176単元含まれております。また「単元未満株式の状況」に10株
    含まれております。
   2.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ2単元
    及び70株含まれております。
  (6)【大株主の状況】
                  2019年12月31日現在
                  発行済株式(自己
                  株式を除く。)の
                所有株式数
                  総数に対する所有
   氏名又は名称       住所
                (株)
                  株式数の割合
                  (%)
       兵庫県神戸市中央区港島中町7-7-7
  ユーシーシーホールディング
                7,008,600    52.89
       (登記簿上の住所は、兵庫県神戸市中央区
  ス株式会社
       多聞通5-1-6) 
       東京都千代田区丸の内2-3-1        1,318,100    9.95
  三菱商事株式会社
  日本マスタートラスト信託銀
       東京都港区浜松町2-11-3         145,200    1.10
  行(信託口)
  日本トラスティ・サービス信
       東京都中央区晴海1-8-11         120,300    0.91
  託銀行株式会社(信託口5)
  日本トラスティ・サービス信
       東京都中央区晴海1-8-11         74,500    0.56
  託銀行株式会社(信託口1)
  日本トラスティ・サービス信
       東京都中央区晴海1-8-11         74,000    0.56
  託銀行株式会社(信託口2)
       東京都世田谷区南烏山6-18-21         61,300    0.46
  美鈴コーヒー株式会社
  日本トラスティ・サービス信
       東京都中央区晴海1-8-11         50,900    0.38
  託銀行株式会社(信託口)
  日本トラスティ・サービス信
       東京都中央区晴海1-8-11         42,300    0.32
  託銀行株式会社(信託口6)
       兵庫県神戸市東灘区住吉浜町18         24,800    0.19
  佐藤産業株式会社
           -     8,920,000    67.32
    計
            18/86






                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (7)【議決権の状況】
   ①【発行済株式】
                  2019年12月31日現在
          株式数(株)    議決権の数(個)
     区分              内容
             -   -    -
  無議決権株式
  議決権制限株式(自己株式等)           -   -    -
  議決権制限株式(その他)           -   -    -

         (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式等)             -    -
            617,600
         普通株式
  完全議決権株式(その他)         13,155,800     131,558   -
         普通株式
                  1単元(100株)未満
            95,800   -
  単元未満株式       普通株式
                  の株式
           13,869,200    -    -
  発行済株式総数
             -   131,558   -
  総株主の議決権
   (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が270株含まれております。また、
    「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数2個が含まれております。
   ②【自己株式等】

                  2019年12月31日現在
                  発行済株式総数に
         自己名義所有株   他人名義所有株   所有株式数の合
  所有者の氏名又
                  対する所有株式数
      所有者の住所
         式数(株)   式数(株)   計(株)
  は名称
                  の割合(%)
  (自己保有株式)
     東京都港区新橋6-
          617,600    -  617,600    4.45
  株式会社ユニカ
     1-11
  フェ
       -   617,600    -  617,600    4.45
   計
  2【自己株式の取得等の状況】

  【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
  (1)【株主総会決議による取得の状況】
    該当事項はありません。
  (2)【取締役会決議による取得の状況】

    該当事項はありません。
  (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

      区分       株式数(株)     価額の総額(円)
  当事業年度における取得自己株式             180    185,100

  当期間における取得自己株式              -     -

   (注) 当期間における取得自己株式数には、2020年3月7日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取によ
    る株式数は含めておりません。
            19/86




                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
             当事業年度      当期間
      区分
             処分価額の総額      処分価額の総額
           株式数(株)      株式数(株)
              (千円)      (千円)
  引き受ける者の募集を行った取得自己株式           -   -   -   -

  消却の処分を行った取得自己株式         1,318,100   1,287,955    -   -

  合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取
             -   -   -   -
  得自己株式
  その他
             -   -   -   -
  (         -         )
  保有自己株式数          617,610    -  617,610    -
   (注) 当期間の保有自己株式数には、2020年3月7日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式
   数は含めておりません。
            20/86















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  3【配当政策】
   当社は、株主に対する安定した利益還元の実施を最も重要な経営課題と認識しております。当社の企業価値の向上
  を図りつつ、経済情勢や金融情勢、業界動向等を考慮し、当社の企業体質や今後の事業展開等を総合的に勘案した上
  で、可能な限り増配及び株式分割などの株主還元策を積極的に実施してまいります。また、内部留保につきまして
  は、財務体質の強化に加え、収益性と投資効率という観点から、当社として最適な投資活動を行うことで、更なる事
  業規模の拡大を図るとともに、安定的な経営基盤の確立に努めてまいります。
   当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。これらの剰余金の配当
  の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
   当事業年度につきましては、上記方針に基づき当期は1株当たり8円の配当(うち中間配当0円)を実施することを
  決定しました。
   当社は、「取締役会の決議により、毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定
  めております。
   なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
        配当金の総額   1株当たり配当額
    決議年月日
         (千円)    (円)
    2020年3月25日
         106,012     8
   定時株主総会決議
            21/86















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
  (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
  1.コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方
   当社は、株主を中心とする当社のステークホルダーをコミュニティとし、そのコミュニティに存在する共通の
   善を全うすることを正義として行動してまいります。
    当社は、企業価値を『株主価値・顧客価値・人財価値』の三要素から成るものと考えております。『企業価値
   の向上』は当社の共通善のひとつであり、企業価値の向上を目的としてこれらの三要素の拡大に経営資源を集中
   することが当社の正義と捉えております。さらに『存続すること(Sustainability;サステナビリティ)』を当
   社の共通善のひとつとし、取締役会の活性化、監査役会及び内部監査制度の充実、適時適切な情報開示、投資家
   向け広報活動(IR活動)の活性化に注力することが当社の正義と捉えております。当社はこれら基本的な考え方
   を経営の拠り所とし、コーポレート・ガバナンスの充実に向けた取り組みを継続的に進め、持続的な成長と中長
   期的な企業価値の向上を図り、透明かつ健全な経営を全うしてまいります。
  2.企業統治の体制

   ①企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
    当社では、経営の監督・執行機能の分離を明確にし、スピーディな意思決定と自己責任経営の徹底を目的とし
   て執行役員制度を導入しております。当社の企業統治にかかる体制は以下のとおりであります。
   <取締役会>
    取締役会は、社外取締役2名を含む全取締役10名で構成され、毎月1回の定例開催と必要に応じた臨時開催によ
   り、法令で定められた事項や経営に関する事実など「取締役会規程」に定められた事項の意思決定及び監督を
   行っております。また、一般株主の利益が損なわれることのないように、かつ社会的責任をより果たせるよう
   に、経営者から独立した客観的な立場から意見を述べることができる人材を社外取締役として招聘し、東京証券
   取引所に独立役員として届け出ております。
   <監査役会>
    監査役会は、社外監査役2名を含む全監査役3名で構成され、株主の負託を受けた独立した機関として取締役の
   職務遂行の監査を通じ、企業の健全で持続的な成長を確保し、社会的信頼に応える良質な企業統治体制を確立す
   る責務を負っております。前項の責務を果たすために、監査役は取締役会その他重要な会議への出席、取締役、
   使用人及び会計監査人等から受領した報告内容の検証、会社の業務及び財産の状況に関する調査等を行い、取締
   役または使用人に対する助言または勧告等の意見の表明、取締役の行為の差止めなど、必要な措置を講じており
   ます。また、一般株主の利益が損なわれることのないように、かつ社会的責任をより果たせるように、経営者か
   ら独立した客観的な立場から意見を述べることができる人材を社外監査役として招聘しております。
    当社は、監査役会設置会社であり、取締役会及び監査役会が、取締役の職務執行の監督・監査を行っておりま

   す。また、独立性の高い社外取締役及び社外監査役の選任による経営の監督機能及び監査役会による監査機能を
   有効に活用し、コーポレート・ガバナンスの実効性を高めることにより、経営の監督・監査機能の適切性と効率
   的な業務執行体制が確保できていると判断しております。
            22/86








                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
    当社のコーポレート・ガバナンス体制は以下の通りであります。
   ②内部統制システム及びリスク管理体制の整備の状況





   1 取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
     当社は、「就業規則」において服務に関する原則を定め、法令遵守の基本精神に則り、使用人一人ひとり
    が責任と自覚を持って自ら能動的に行動することとし、取締役、執行役員及び使用人全員へ周知徹底する。
     取締役会は、取締役会の決議事項及び付議基準を整備し、当該決議事項及び付議基準に則り、法令及び定
    款に定める事項、会社の業務執行に重要な事項を決定する。
     代表取締役社長は、法令、定款及び社内規則に則り、取締役会から委任された業務執行を行うとともに、
    係る決定、取締役会決議、社内規則に従い職務を執行する。
     取締役会が取締役の職務の執行を監督するため、取締役は会社の業務執行状況を取締役会に報告するとと
    もに、他の取締役の職務執行を相互に監視・監督する。
     取締役の職務執行状況は、監査基準及び監査計画に基づき、監査役の監査を受ける。
     当社は、取引関係を含めて反社会的勢力との関係を一切持たず、反社会的勢力からの不当要求は拒絶し、
    民事と刑事両面から法的対応を行うことを基本方針とする。
   2 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
     当社は、取締役の職務執行に係る情報について、管理基準及び管理体制を整備し、法令及び社内規則に基
    づき作成・保存するとともに、必要に応じて取締役、監査役、会計監査人等が閲覧、謄写可能な状態に管理
    する。
   3 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
     当社は、社内規則として「緊急事態対策処理規程」を制定し、自然災害、事故、犯罪、得意先・一般消費
    者・その他関係者からの重大なクレーム及びその他経営にかかわる重大な事実を「緊急事態」として定義
    し、「緊急事態」発生に際しては、速やかにその状況を把握・確認し、迅速かつ適切に対処するとともに、
    被害を最小限に食い止めることに尽力する。
     特に当社製品・商品に関する事故及びクレームについては、別冊「製品・商品に関する事故及びクレーム
    対応マニュアル」を制定し、その対応に係るフローチャートと各部門の役割等を明文化し、活用する。
   4 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
     当社は、取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するため、毎月1回の定例取締役会及び必要
    に応じた臨時取締役会を開催し、法令で定められた事項のほか、経営上重要な事項の審議及び決定を行う。
     さらに当社は、スピーディな意思決定と自己責任経営の徹底及び経営管理組織の強化を目的とした執行役
    員制度を採用している。
   5 使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
     当社は、「就業規則」において服務に関する原則を定め、法令遵守の基本精神に則り、使用人一人ひとり
    が責任と自覚を持って自ら能動的に行動することとし、職制を通じて適正な業務執行の徹底と監督を行うと
    ともに、問題が生じた場合には就業規則に則り厳正に処分する。 当社は、コンプライアンス体制の充実・
    強化を推進するため、「公益通報管理規程」を制定し、使用人等から直接通報相談を受け付ける通報相談窓
    口を設置し、匿名での通報を認めるとともに通報者に対する不利益な取扱いを防止する。
   6 次に掲げる体制その他の当社並びにその親会社、及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保
    するための体制
     当社は、企業集団における業務の適正性を確保するために、自律的な内部統制システムを構築する。さら
    に、UCCグループの一員として理念を共有し、社会使命のもとに企業活動を行い、実現していくことを存
    在意義とする。そのためには、UCCグループと相互に連携・情報交換を図り、コンプライアンスの徹底と
    業務の適正性・公正性を確保する。
            23/86

                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
    イ.子会社の取締役、業務を執行する使用人及びこれらの者に相当する者の職務の執行に係る事項の当社へ
    の報告に関する体制
     当社は、子会社を持つ場合、必要に応じて取締役・監査役として当社の取締役・監査役または使用人を派
    遣する。取締役として派遣された場合は当該子会社の取締役としての職務遂行に尽力するとともに当該子会
    社の取締役の職務執行を監視・監督し、監査役として派遣された場合は当該子会社の業務執行状況を監査す
    る。
    ロ.子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
     当社は、子会社を持つ場合、当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方を指導し、子会社
    の損失の危険の管理に関する規程その他の体制を整備する。
    ハ.子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
     当社は、子会社を持つ場合、当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方を指導し、子会社
    の取締役等の職務の執行が効率的に行われる体制を整備する。
    ニ.子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
     当社は、子会社を持つ場合、当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方を指導し、子会社
    の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合するための体制を整備する。
   7 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
     当社は、監査役の要請に応じて監査部所属の使用人に補助業務を行わせる。また、将来において、監査役
    より専任の補助すべき者の要請があったときは、実情に応じた対応を行う。
   8 当社の監査役を補助すべき使用人の取締役からの独立性に関する事項
     当社は、補助業務にあたる使用人の人事異動については、監査役の意見を踏まえた上でこれを行う。
   9 当社の監査役を補助すべき使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
    当社の監査役を補助すべき使用人は、監査役が指示した補助業務に関しては、専ら監査役の指揮命令に
    従う。
   10 次に掲げる体制その他の監査役への報告に関する体制
    イ.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制
    (1)当社は、監査役が監査に必要とする情報を適時、適切に収集できる体制を確保するため、監査役の閲
     覧する資料の整備に努める。
    (2)監査役は、重要な意思決定の過程及び職務の執行状況を把握するため、取締役会及びその他重要会議
     に出席するとともに、必要に応じて意見を表明しなければならない。
    (3)監査役から意見聴取の要請を受けたときは、速やかにこれに応じる。
    (4)当社の取締役または使用人は、監査役に対して、法定事項に加え、当社に著しい損害を及ぼす事実が
    あることを発見したときは、直ちに当該事実を当社監査役に報告する。
    (5)当社は、使用人等が所属部署の上司を経由せず直接不正行為等を報告・相談する内部通報制度を定め
    る。当該内部通報制度における担当部署は、内部通報の状況について定期的に当社監査役に対して報告
    する。
    ロ.子会社の取締役、監査役、業務を執行する        使用人 又はこれらの者から報告を受けた者が当社の監査役に
     報告するための体制
     当社は、子会社を持つ場合、子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者                 が、
    監査役に報告するための体制を整備する。
   11 前号の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体
    制
     当社は、内部通報制度による報告・相談を行ったことを理由とした、報告・相談者に対する不利益な取扱
    いの禁止を「公益通報管理規程」に明記している。
   12 監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
     当社は、監査役の職務の執行について生ずる費用等について、各監査役から請求があった場合には、当該
    請求に係る費用が当該職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用又は債務の適切
    な処理を行う。
            24/86





                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   13 その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

     当社は、監査役監査の重要性及び有用性を踏まえ、監査役の要請に応じて随時意見を交換し、監査役と監
    査部との連携強化に努める。
     代表取締役社長は、監査役会と定期的に会合を持ち、当社が対処すべき課題、監査役監査の環境整備の状
    況、監査上の重要課題等について意見交換を行い、相互認識と信頼関係を深めるように努める。
  3.取締役の定数

   当社の取締役は15名以内とする旨定款に定めております。
            25/86


















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  4.社外取締役及び社外監査役との間で締結している責任限定契約の内容の概要
   当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役及び社外監査役との間で、会社法第423条第1項の損害賠償
   責任を限定する契約をそれぞれ締結しており、当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令に規定する額で
   あります。
  5.取締役の選任の決議要件

    取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その
   議決権の過半数をもって行う旨、及びこの選任決議は累積投票によらない旨を定款に定めております。
  6.取締役会で決議することができる株主総会決議事項

   ①  自己の株式の取得
    当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる旨
    を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市
    場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
   ②  取締役及び監査役の責任免除

    当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役
    (取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限定において免除す
    ることができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力
    を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
   ③  中間配当

    当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議をもって、毎年6月30日を基準日として、中間配
    当を行うことができる旨を定款で定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とす
    るものであります。
  7.株主総会の特別決議要件

    特別決議の定足数を緩和することで株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める決議は、
   議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上を
   もって行う旨を定款に定めております。
            26/86











                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (2)【役員の状況】
   ① 役員一覧
   男性  12名 女性   1名 (役員のうち女性の比率     7.7 %)
                    所有株式数
   役職名   氏名  生年月日      略歴    任期
                    (株)
           1984年 4月 ユーシーシー上島珈琲株式会社(現ユー
             シーシーホールディングス株式会社)入
             社
           1986年 1月 UCCブラジル駐在
           1994年 2月 株式会社斎藤コーヒー店(現齊藤コー
             ヒー株式会社)入社
           2008年 6月 同社代表取締役
           2013年 1月 当社代表取締役社長兼営業本部長
   代表取締役社長
      岩田 斉  1961年4月13日  生 2018年 4月 株式会社ウエシマコーヒーフーズ代表取
                   (注)3   -
   営業本部長
             締役社長
           2019年 1月 当社顧問
           2019年 1月 株式会社アートコーヒー代表取締役会長
             (現任)
           2019年 3月 当社代表取締役社長兼リテイル事業本部
             長
           2019年 9月 当社代表取締役社長兼営業本部長(現
             任)
           1989年 4月 三菱商事株式会社入社
           2012年 3月 MCCoffee doBrasil代表取締役社長
           2013年 4月 三菱商事株式会社飲料原料部長
           2014年 4月 三菱商事株式会社酪農飲料部長
           2017年 1月 株式会社アートコーヒー代表取締役社長
  取締役兼副社長執行役員
      塩澤 博紀  1965年11月22日  生        (注)3   -
  Keurig事業本部長
             (現任)
           2019年 1月 当社顧問
           2019年 3月 当社取締役兼副社長執行役員
           2019年 9月 当社取締役兼副社長執行役員Keurig事業
             本部長(現任)
           1991年 4月 ユーシーシー上島珈琲株式会社(現ユー
             シーシーホールディングス株式会社)入
             社
           2009年 4月 ユーシーシー上島珈琲株式会社(現ユー
             シーシーホールディングス株式会社)代
             表取締役社長兼グループCEO
           2009年12月  当社取締役(現任)
           2010年 4月 ユーシーシーホールディングス株式会社
             グループCEO代表取締役社長(現任)
           2010年 4月 ユーシーシー上島珈琲株式会社代表取締
   取締役   上島 豪太  1968年9月8日  生
                   (注)3   -
             役社長
           2010年 4月 ユーシーシーフーヅ株式会社代表取締役
             会長(現任)
           2010年 4月 ユーシーシーフードサービスシステムズ
             株式会社取締役(現任)
           2013年10月  ユーシーシー上島珈琲株式会社代表取締
             役グループCEO(現任)
           2017年 11月 UCC International株式会社取締役(現
             任)
            27/86






                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
                    所有株式数
   役職名   氏名  生年月日      略歴    任期
                    (株)
           1975年 4月 東邦生命保険相互会社入社
           1997年 4月 同社取締役総合企画部長
           1998年 3月 GEエジソン生命保険株式会社取締役兼常
             務執行役員
           2000年 6月 GEアセットマネージメント株式会社代表
             取締役社長
           2004年 4月 ユーシーシーフーヅ株式会社顧問
           2004年 6月 同社代表取締役副社長
           2007年11月  シャディ株式会社代表取締役副会長
           2008年 1月 ユーシーシー上島珈琲株式会社(現ユー
             シーシーホールディングス株式会社)取
             締役
           2008年 2月 同社取締役副社長兼経営企画・財務・経
             理・事業開発担当
           2009年 4月 同社取締役副社長兼グループ総合企画室
             担当兼グループワークアウト推進室担当
           2009年12月  当社取締役(現任)
           2010年 4月 ユーシーシーホールディングス株式会社
             取締役副社長兼グループ経営戦略担当
   取締役   志村 康昌  1952年11月22日  生        (注)3   -
           2010年 4月 ユーシーシー上島珈琲株式会社取締役
           2010年 4月 ユーシーシーフーヅ株式会社取締役
           2010年 4月 ユーシーシーフードサービスシステムズ
             株式会社取締役
           2012年 7月 ユーシーシーホールディングス株式会社
             取締役副社長兼総合企画管掌兼財務経理
             室担当
           2013年 5月 ユーシーシーホールディングス株式会社
             取締役副社長兼総合企画本部管掌兼財務
             経理本部担当
           2015年 7月 ユーシーシーホールディングス株式会社
             グループCOO代表取締役副社長
           2015年 7月 ユーシーシーフーヅ株式会社代表代表取
             締役副会長(現任)
           2017年11月  UCC International株式会社取締役(現
             任)
           2019年 1月 株式会社アートコーヒー取締役(現任)
           2020年 1月 ユーシーシーホールディングス株式会社
             代表取締役副社長グループCOO(現任)
            28/86









                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
                    所有株式数
   役職名   氏名  生年月日      略歴    任期
                    (株)
           1985年 4月 日本勧業角丸証券株式会社(現みずほ証
             券株式会社)入社
           2000年 4月 ソフトバンク・インベストメント株式会
             社入社
           2002年10月  同社投資3部長
           2003年 4月 同社投資1部長
           2004年11月  同社インキュベーション部長
           2005年12月  イートレード証券株式会社(現株式会社
             SBI証券)資本市場部 部長
           2007年 6月 SBIキャピタル株式会社コーポレイト・
             アドバイザリー・グループ ディレク
             ター
           2008年 8月 日本プロセス株式会社社外取締役
           2009年10月  SBIキャピタル株式会社インベストメン
  取締役兼専務執行役員    本橋 智明  1961年11月13日  生        (注)3   -
             ト・グループ ディレクター
           2009年12月  当社社外取締役
           2010年 1月 SBIインベストメント株式会社インキュ
             ベーション部
           2013年 1月 当社取締役兼常務執行役員経営計画本部
             長
           2015年 4月 当社取締役兼常務執行役員経営戦略室長
           2017年 3月 当社取締役兼専務執行役員(経営戦略室
             担当)
           2019年 1月 当社取締役兼専務執行役員(Keurig事業
             推進室担当)
           2019年 1月 株式会社アートコーヒー取締役(現任)
           2019年 9月 当社取締役兼専務執行役員(現任)
           1983年 4月 当社入社
           1999年10月  当社営業一部部長
           1999年12月  当社取締役営業一部部長
           2001年10月  当社取締役兼執行役員営業一部長
           2002年 4月 当社取締役兼執行役員営業本部コーヒー
             原料グループ長
           2003年 4月 当社取締役兼執行役員営業本部コーヒー
             原料グループ長兼開発研究室長
           2003年10月  当社取締役兼執行役員営業本部原料用営
             業部長兼開発研究室長
           2004年10月  当社取締役兼執行役員営業本部営業一部
             長
           2008年10月  当社取締役兼執行役員生産本部原料購買
  取締役兼常務執行役員
      鈴木 勝己  1960年10月20日  生        (注)3  1,400
             部長
   営業副本部長
           2009年12月  当社取締役兼執行役員営業副本部長兼生
             産本部原料購買部長
           2010年 4月 当社取締役兼執行役員営業副本部長兼営
             業一部長
           2013年 6月 当社取締役兼執行役員営業本部長兼営業
             一部長
           2013年10月  当社取締役兼執行役員営業本部長
           2015年 4月 当社取締役兼執行役員広域営業本部長兼
             広域営業部長
           2017年 3月 当社取締役兼常務執行役員広域営業本部
             長
           2019年 9月 当社取締役兼常務執行役員営業副本部長
             (現任)
           2000年 4月 当社入社
           2012年10月  当社管理本部財務経理部長
  取締役兼執行役員
           2019年10月  当社執行役員管理本部長
      新述 孝祐  1976年5月6日  生         (注)3   -
   管理本部長
           2020年 3月 当社取締役兼執行役員管理本部長(現
             任)
            29/86



                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
                    所有株式数
   役職名   氏名  生年月日      略歴    任期
                    (株)
           2011年 4月 株式会社アートコーヒー入社
           2012年 4月 同社取締役常務執行役員製造本部長(現
  取締役兼執行役員    長野 修司  1956年12月13日  生        (注)3  130
             任)
           2020年 3月 当社取締役兼執行役員(現任)
           1978年 9月 ジョンソン株式会社入社
           1981年 4月 同社マーケティング部プロダクトマネー
             ジャー(エアケア製品担当)
           1983年11月  ビー・エム・ダブリュー株式会社入社
             マーケティング部販売促進課長
           1986年 4月 プロクターアンドギャンブルファーイー
             ストインク入社販売企画部次長
           1988年 8月 ビー・エム・ダブリュー株式会社入社
             マーケティング部広告次長
   取締役   山根 一城  1950年3月9日  生        (注)3   -
           1996年 4月 同社マーケティング・ディレクター
           1996年 9月 日本コカ・コーラ株式会社入社コーポ
             レート・コミュニケーション部長
           2000年 5月 同社広報渉外本部担当副社長
           2007年 2月 山根事務所代表(現任)
           2014年 6月 一般社団法人ジュニアマナーズ協会副理
             事長
           2015年 6月 当社社外取締役(現任)
           1981年 4月 警察庁入庁
           2009年10月  宮城県警察本部長
           2011年10月  警察庁外事情報部長
           2013年 6月 東北管区警察局長
   取締役   竹内 直人  1957年9月28日  生        (注)3   -
           2014年 8月 警察大学校長
           2016年10月  東北電力株式会社顧問(現任)
           2020年 3月 当社社外取締役(現任)
           1979年 4月 当社入社
           2004年 1月 当社執行役員管理本部システム事務部長
           2005年10月  当社執行役員営業本部営業管理部長
           2010年 4月 当社執行役員生産本部生産管理部長
           2012年 4月 当社執行役員営業副本部長
   常勤監査役   蔦野 裕士  1960年11月5日  生        (注)4  1,560
           2013年 6月 当社執行役員生産本部長
           2017年 3月 当社執行役員経営戦略室長
           2018年 9月 当社執行役員管理副本部長兼財務経理部
             長
           2020年 3月 当社常勤監査役(現任)
           2006年 7月 大阪国税局調査第二部長
           2007年 8月 税理士登録
           2007年 8月 辻一夫税理士事務所税理士(現任)
   監査役   辻 一夫  1947年8月7日  生        (注)4   -
           2013年 6月 株式会社奥村組監査役
           2019年 3月 当社社外監査役(現任)
           1990年 4月 弁護士登録
           1990年 4月 森綜合法律事務所(現森・濱田松本法
             律事務所)入所
           1998年 1月 森・濱田松本法律事務所パートナー
   監査役   桑原 聡子  1964年11月1日  生        (注)4   -
             (現任)
           2016年 6月 株式会社バンダイナムコホールディン
             グス社外取締役(現任)
           2020年 3月 当社社外監査役(現任)
               計
                     3,090
   (注)1.取締役 山根一城及び取締役 竹内直人氏は社外取締役であります。
   2.監査役 辻一夫氏及び監査役 桑原聡子氏は社外監査役であります。
   3.取締役の任期は、2019年12月期に係る定時株主総会終結の時から2020年12月期に係る定時株主総会終結の時
    までであります。
   4.監査役の任期は、2019年12月期に係る定時株主総会終結の時から2023年12月期に係る定時株主総会終結の時
    までであります。
   5.当社の執行役員は、取締役5名を含む計6名で構成されております。
            30/86


                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役
    1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                   所有株式数
     氏名   生年月日      略歴
                    (株)
            2007年 7月 税務大学校副校長
            2008年 7月 熊本国税局長
            2009年 9月 税理士登録
     原 一夫   1949年4月14日生
                     -
            2009年 9月 原一夫税理士事務所税理士(現任)
            2015年 6月 科研製薬株式会社監査役(現任)
   ② 社外役員の状況

   当社は、社外取締役2名及び社外監査役2名(2020年3月26日現在)を選任しております。なお、社外取締役2名
   を東京証券取引所が求める独立役員に指名しております。
    社外取締役2名は、業務執行を行う当社経営陣から独立した立場であり、独立した立場から当社のより良いガバ
   ナンス構築に向け、社外取締役としての職務を適切に遂行することができるものと判断したため選任しておりま
   す。
    社外取締役2名と当社との間に人的関係、資本的関係または取引関係その他利害関係はありません。
    社外監査役2名は、業務執行を行う当社経営陣から独立した立場であり、独立した立場からの監督という役割及
   び機能は充分に確保されていると判断したため選任しております。
    社外監査役 辻一夫氏及び桑原聡子氏と当社との間に人的関係、資本的関係または取引関係その他利害関係は
   ありません。
    社外取締役及び社外監査役による当社株式の保有は「役員の状況」の「所有株式」欄に記載のとおりでありま
   す。
   ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

   統制部門との関係
    社外監査役による監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携については、「(3)監査の状況」
   に記載のとおりであります。また、社外監査役と内部統制部門との関係は、内部統制構築の進捗状況や課題等に
   ついて、代表取締役社長に対して適宜報告がなされており、社外監査役はその報告について検証し、必要に応じ
   て適切な助言を行うことで内部統制の向上を図っております。
            31/86











                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (3)【監査の状況】
   ①内部監査の状況
    当社における内部監査は、業務監査と会計監査で構成され、その監査によって判明した事実の検証、評価に基
   づき、内部牽制並びにコンプライアンスを強化させることによって、経営の合理化及び能率増進に資するととも
   に、不正及び過誤の防止に努め、もって経営管理の向上に寄与することを目的としており、代表取締役社長直轄
   である監査部が担当しております。監査部は2名で構成されており、事業年度ごとに監査計画を作成し、その計画
   をもとに業務監査及び会計監査を実施し、結果を代表取締役社長に報告しております。また、必要あるときは代
   表取締役社長の名により、被監査部署に対し補正改善などの指示を行っております。監査部では監査役監査及び
   会計監査人監査との連携を密にして、三様監査の実効を図り、今後も内部監査機能の強化を図ってまいります。
   ②監査役監査の状況

    当社は監査役制度を採用しております。当社の監査役会は、監査役3名で構成されており、うち1名が社内監査
   役、2名が社外監査役であります。監査役3名全員は取締役会に、また、社内監査役については重要会議に出席し
   て意見を述べ、取締役から経営上の重要事項に関する説明を受けるとともに、業務内容及び財産の状況を実地調
   査するなど、取締役の職務執行について適法性、妥当性の観点から監査を行っております。また監査役と会計監
   査人はそれぞれの間で定期的に情報交換を行い連携強化に努めております。
   ③会計監査の状況

    a.監査法人の名称
       EY新日本有限責任監査法人
    b.業務を執行した公認会計士

       指定有限責任社員 業務執行社員 守谷 義広 継続監査年数 3年
       指定有限責任社員 業務執行社員 片岡 直彦 継続監査年数 4年
    c.監査業務に係る補助者の構成

       公認会計士 15名 その他 15名
    d.監査法人の選定方針と理由

       当社は監査法人の選定方針として、会計監査人に求められている専門性、独立性及び適正性を有し、当
    社の会計監査が適切かつ妥当に行われることとしております。EY新日本有限責任監査法人は、会計監査
    人としての専門性、品質管理体制、独立性及び監査体制等も含めて総合的に勘案した結果、当社の会計
    監査人として適任と判断いたしました。
    e.監査役及び監査役会による監査法人の評価

       当社は、監査役及び監査役会による監査法人の評価は行っておりませんが、監査体制、監査計画、監査
    実施状況などの意見交換等を定期的に行っております。
   ④監査報酬の内容

    a. 監査公認会計士等に対する報酬の内容
      前事業年度
  監査証明業務に基づく報酬     非監査業務に基づく報酬
   (千円)     (千円)
     18,480      -

        当連結会計年度

   区分
      監査証明業務に基づく    非監査業務に基づく報
      報酬(千円)    酬(千円)
        37,905     -

  提出会社
         -    -
  連結子会社
        37,905     -
   計
            32/86


                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   b. その他重要な報酬の内容
    該当事項はありません。
   c. 監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

    該当事項はありません。
   d.監査報酬の決定方針

    当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としては、当社の事業規模の観点から合理的監査日数を
   勘案した監査報酬額を、監査役会の同意を得て定めています。
   e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

    監査法人は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積もりの算定根拠等が適切で
   あるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をしておりま
   す。
            33/86
















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (4)【役員の報酬等】
   ①役員報酬等の額またはその算定方法に係る決定方針の内容及び決定方法
    取締役につきましては、経営成績に対する責任と成果を反映させる内容としております。その決定方法につき
   ましては、業績目標数値に対する達成率に応じて、株主総会にて決議された総額の範囲内において取締役会で審
   議し、決定しております。
    また、監査役につきましては、株主総会にて決議された総額の範囲内において、監査役会の協議により決定し
   ております。
    なお、2020年2月25日開催の取締役会において、譲渡制限付株式報酬制度の導入を決議し、当該制度に関する議
   案は2020年3月25日開催の第48期定時株主総会において、取締役(社外取締役を除く)及び監査役(社外監査役を
   除く)を対象に、当社の中長期的な企業価値の向上に資するインセンティブを与えるとともに、株主の皆様との
   一層の価値共有を進めることを目的として、上記の報酬限度額内にて譲渡制限付株式報酬制度を導入することを
   決議いただいております。
   ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

           役員報酬等の種類別の総額(千円)
       報酬等の総額            対象となる役員
    役員区分
       (千円)            の員数(人)
          固定報酬   業績連動報酬    退職慰労金
   取締役

   (社外取締役を     39,458   39,458    -   -   6
   除く。)
   監査役
   (社外監査役を     9,640   9,640    -   -   1
   除く。)
        14,421   14,421    -   -   5
   社外役員
    (注)1.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
     2.当該事業年度末現在の取締役は9名(うち社外取締役2名)、監査役3名(うち社外監査役2名)で
      あります。上記取締役の支給人員と相違しておりますのは、無報酬の取締役が1名が在任している
      ためであります。
     3.取締役の報酬限度額は、2006年12月21日開催の第34期定時株主総会において年額2億4百万円以内
      (ただし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。
     4.監査役の報酬限度額は、2006年12月21日開催の第34期定時株主総会において年額48百万円以内と
      決議いただいております。
            34/86










                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (5)【株式の保有状況】
   (1)投資株式の区分の基準及び考え方
    当社は、株価の変動または株式にかかる配当金によって利益を受けることを目的として保有する株式を純投
   資目的である投資株式とし、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式としております。
   (2)保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

    ①保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
   内容
    当社は、純投資目的以外の株式は、事業の円滑な推進や安定的かつ継続的な金融取引関係の維持等、政策的な
   目的により株式を保有することを方針としております。
    現在保有している株式に関しては、銘柄ごとにその保有の適否についてを、適宜取締役会にて当該企業との取
   引関係等を中長期的な観点から検証することとしております。
    ②投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

         銘柄数  貸借対照表計上額の
        (銘柄)   合計額(千円)
          2    41,490

    非上場株式
          -     -
    非上場株式以外の株式
   (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

   該当事項はありません。
   (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

   該当事項はありません。
   ③特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

    特定投資株式
   該当事項はありません。
    みなし保有株式

   該当事項はありません。
   (3)保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有

    目的
      前事業年度
       特定投資株式
        該当事項はありません。
      当事業年度

       特定投資株式
        該当事項はありません。
            35/86






                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  第5【経理の状況】
  1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
  (1)当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第
   28号)に基づいて作成しております。
  (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づい

   て作成しております。
  (3)当連結会計年度(2019年1月1日から2019年12月31日まで)は、連結財務諸表の作成初年度であるため、以下に掲

   げる連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書及び連結キャッシュ・フ
   ロー計算書については、前連結会計年度との対比は行っておりません。
  2.監査証明について

   当社グループは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年1月1日から2019年12月
  31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年1月1日から2019年12月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有
  限責任監査法人により監査を受けております。
  3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

   当社グループは、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基
  準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公
  益財団法人財務会計基準機構へ加入し、セミナーへ参加しております。
            36/86













                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  1【連結財務諸表等】
  (1)【連結財務諸表】
   ①【連結貸借対照表】
             (単位:千円)
            当連結会計年度
            (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
              2,927,417
   現金及び預金
              3,373,729
   受取手形及び売掛金
               587,983
   商品及び製品
               28,585
   仕掛品
              1,059,710
   原材料及び貯蔵品
               184,525
   その他
               △408
   貸倒引当金
              8,161,542
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
              5,741,412
    建物及び構築物
              △2,759,969
    減価償却累計額
               △1,741
    減損損失累計額
    建物及び構築物(純額)          2,979,700
    機械装置及び運搬具           5,795,699
              △4,566,490
    減価償却累計額
              △21,317
    減損損失累計額
    機械装置及び運搬具(純額)          1,207,891
    土地           2,036,455
               15,740
    リース資産
               △6,658
    減価償却累計額
    リース資産(純額)           9,082
               25,500
    建設仮勘定
               581,549
    その他
              △410,547
    減価償却累計額
               △4,799
    減損損失累計額
    その他(純額)          166,202
              6,424,832
    有形固定資産合計
   無形固定資産
               700,919
    のれん
               974,700
    顧客関連資産
               134,775
    その他
              1,810,395
    無形固定資産合計
   投資その他の資産
               107,598
    投資有価証券
               77,347
    繰延税金資産
               112,368
    その他
               △1,435
    貸倒引当金
               295,879
    投資その他の資産合計
              8,531,106
   固定資産合計
              16,692,649
  資産合計
            37/86





                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
             (単位:千円)

            当連結会計年度
            (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
              3,713,275
   支払手形及び買掛金
               350,000
   短期借入金
               552,540
   未払金
               83,518
   未払法人税等
               73,470
   賞与引当金
               222,864
   その他
              4,995,668
   流動負債合計
  固定負債
              2,887,500
   長期借入金
               415,649
   繰延税金負債
               9,611
   役員退職慰労引当金
               287,172
   退職給付に係る負債
               16,317
   資産除去債務
               61,397
   その他
              3,677,647
   固定負債合計
              8,673,316
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
              4,966,498
   資本金
              1,260,398
   資本剰余金
              2,393,043
   利益剰余金
              △603,488
   自己株式
              8,016,453
   株主資本合計
  その他の包括利益累計額
               2,879
   その他有価証券評価差額金
               2,879
   その他の包括利益累計額合計
              8,019,332
  純資産合計
              16,692,649
  負債純資産合計
            38/86










                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
   【連結損益計算書】
             (単位:千円)
            当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
            至 2019年12月31日)
              19,043,075
  売上高
              15,275,473
  売上原価
              3,767,601
  売上総利益
             ※1 ,※2 3,681,793
  販売費及び一般管理費
               85,808
  営業利益
  営業外収益
                20
  受取利息
               2,164
  受取配当金
               2,880
  受取家賃
               13,921
  その他
               18,986
  営業外収益合計
  営業外費用
               23,655
  支払利息
               5,501
  株式交付費
               1,111
  その他
               30,269
  営業外費用合計
               74,524
  経常利益
  特別利益
               ※3 286
  固定資産売却益
              ※5 9,839
  補助金収入
               10,125
  特別利益合計
  特別損失
              ※4 8,247
  固定資産除却損
               8,247
  特別損失合計
               76,402
  税金等調整前当期純利益
  法人税、住民税及び事業税             31,388
               175,460
  法人税等調整額
               206,849
  法人税等合計
  当期純損失(△)            △130,446
                -
  非支配株主に帰属する当期純利益
  親会社株主に帰属する当期純損失(△)            △130,446
            39/86









                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   【連結包括利益計算書】
             (単位:千円)
            当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
            至 2019年12月31日)
  当期純損失(△)            △130,446
  その他の包括利益
               2,879
  その他有価証券評価差額金
              ※1 2,879
  その他の包括利益合計
              △127,567
  包括利益
  (内訳)
              △127,567
  親会社株主に係る包括利益
                -
  非支配株主に係る包括利益
            40/86
















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   ③【連結株主資本等変動計算書】
    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                    (単位:千円)
             株主資本
       資本金   資本剰余金   利益剰余金   自己株式   株主資本合計
  当期首残高     4,216,500   1,020,799   3,396,515   △1,891,258   6,742,556
  当期変動額
  新株の発行
       749,998   749,998          1,499,997
  剰余金の配当            △95,469      △95,469
  親会社株主に帰属する
              △130,446      △130,446
  当期純損失(△)
  自己株式の取得                △185   △185

  自己株式の消却

          △510,399   △777,555   1,287,955    -
  株主資本以外の項目の

                     -
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計      749,998   239,599   △1,003,471   1,287,769   1,273,896
  当期末残高     4,966,498   1,260,398   2,393,043   △603,488   8,016,453
     その他の包括利益累計額

      その他有価  その他の包  純資産合計
      証券評価差  括利益累計
      額金  額合計
  当期首残高     -  - 6,742,556
  当期変動額
  新株の発行
         1,499,997
  剰余金の配当       △95,469
  親会社株主に帰属する
         △130,446
  当期純損失(△)
  自己株式の取得        △185

  自己株式の消却

          -
  株主資本以外の項目の

      2,879  2,879  2,879
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計
      2,879  2,879 1,276,776
  当期末残高    2,879  2,879 8,019,332
            41/86







                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
             (単位:千円)
            当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
            至 2019年12月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
               76,402
  税金等調整前当期純利益
               533,531
  減価償却費
               77,879
  のれん償却額
  貸倒引当金の増減額(△は減少)             633
  賞与引当金の増減額(△は減少)            19,235
  受注損失引当金の増減額(△は減少)            △39,899
               △2,185
  受取利息及び受取配当金
               △9,839
  補助金収入
               23,655
  支払利息
  有形固定資産売却損益(△は益)            △286
               8,247
  有形固定資産除却損
  売上債権の増減額(△は増加)            708,514
  たな卸資産の増減額(△は増加)            22,062
  仕入債務の増減額(△は減少)            △491,477
              △15,606
  その他
               910,869
  小計
               2,182
  利息及び配当金の受取額
              △24,265
  利息の支払額
               9,839
  補助金の受取額
               5,679
  法人税等の還付額
              △133,304
  法人税等の支払額
               770,999
  営業活動によるキャッシュ・フロー
  投資活動によるキャッシュ・フロー
              △406,778
  有形固定資産の取得による支出
               429
  有形固定資産の売却による収入
              △85,130
  無形固定資産の取得による支出
               △2,064
  投資有価証券の取得による支出
  連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
             ※2 △1,395,645
  支出
              ※3 △855,553
  事業譲受による支出
               700,504
  貸付金の回収による収入
              △11,578
  その他
              △2,055,817
  投資活動によるキャッシュ・フロー
  財務活動によるキャッシュ・フロー
               △3,364
  リース債務の返済による支出
              △2,850,000
  短期借入金の返済による支出
              3,500,000
  長期借入れによる収入
              △262,500
  長期借入金の返済による支出
              1,494,496
  株式の発行による収入
               △185
  自己株式の取得による支出
              △95,467
  配当金の支払額
              1,782,978
  財務活動によるキャッシュ・フロー
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)             498,161
              2,429,255
  現金及び現金同等物の期首残高
              ※1 2,927,417
  現金及び現金同等物の期末残高
            42/86




                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   【注記事項】
   (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
     連結子会社の数    1社
    連結子会社の名称 株式会社アートコーヒー
    当社は当連結会計年度において、株式会社アートコーヒーの全発行済株式を取得しております。
    2.持分法の適用に関する事項

     該当事項はありません。
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

     連結子会社である株式会社アートコーヒーの事業年度の末日は連結決算日と一致しております。
    4.会計方針に関する事項

    (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
    ① その他有価証券
     時価のあるもの
      決算日の市場価格に基づく時価法
      (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
     時価のないもの
      移動平均法による原価法
    ② たな卸資産

     総平均法による原価法
     (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
    (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

    ① 有形固定資産(リース資産を除く)
     定額法
    ② 無形固定資産(リース資産を除く)

     定額法
     ただし、自社使用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
     よっております。
     また、 顧客関連資産の償却については、10年間の均等償却を行っております。
    ③ リース資産

     リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
    (3)重要な引当金の計上基準

    ① 貸倒引当金
     債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
     権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
    ② 賞与引当金

    従業員の賞与の支給に備えるため、翌連結会計年度支給見込額のうち、当連結会計年度負担額を計上し
    ております。
            43/86




                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
    ③役員退職慰労引当金
     役員の退職慰労金の支出に備えるため、連結子会社は規程に基づく当連結会計年度末要支給額を計上し
     ております。
    (4)退職給付に係る会計処理の方法

     連結子会社は、従業員の退職給付に備えるため、退職給付債務から年金資産の額を控除した額を計上し
     ております。
     なお、連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
     支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
    (5)のれんの償却方法及び償却期間

    のれんの償却については、10年間の均等償却を行っております。
    (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

     手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅小なリス
     クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
    (7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

    消費税等の会計処理
     税抜方式によっております。
   (会計方針の変更)

    会計上の見積りの変更と区別することが困難な有形固定資産の減価償却方法の変更
    当社は、従来、有形固定資産の減価償却方法について、定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物
    (建物附属設備を除く)及び2016年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物は定額法)を採用してお
    りましたが、当連結会計年度より定額法に変更しております。
     当連結会計年度においてユーシーシー上島珈琲株式会社及びその子会社であるキューリグ・エフイー株式
    会社より一杯抽出事業「キューリグ事業」を承継するとともに、株式会社アートコーヒーをグループ化した
    ことを契機として、2019年度以降の中期事業計画を見直した結果、今後の有形固定資産は、その稼働期間
    中、長期にわたり平均的かつ安定的に稼働することが予想されるため、均等に費用を配分する定額法がより
    合理的な期間損益計算に資すると判断し、当連結会計年度より有形固定資産の減価償却方法を定率法から定
    額法へ変更しております。
     この変更により、従来の方法によった場合に比べ、当連結会計年度の減価償却費は39百万円減少し、営業
    利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益はそれぞれ39百万円増加しております。
   (未適用の会計基準等)

   ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号           2018年3月30日    企業会計基準委員会)
   ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号              2018年3月30日    企業会計基準委
   員会)
   (1)概要

    収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
    ステップ1:顧客との契約を識別する。
    ステップ2:契約における履行義務を識別する。
    ステップ3:取引価格を算定する。
    ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
    ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
   (2)適用予定日

    2022年12月期の期首から適用予定であります。
   (3)当該会計基準等の適用による影響

    「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中で
   あります。
            44/86


                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (表示方法の変更)
   「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号2018年2月16日)を当連結会計年度の期
   首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する
   方法に変更しております。
   (追加情報)

   (共通支配下の取引)
    当社は2019年12月27日開催の取締役会において、一杯抽出事業のうちの販売機能について、新設する100%子会
   社に吸収分割し、本吸収分割の効力発生日である2020年4月1日付け(予定)で当社が保有する同社の株式の一部
   をユーシーシーホールディングスに譲渡することを同社との間で基本合意することを決議しており、2020年1月
   31日に吸収分割契約書及び株式譲渡契約を締結いたしました。
   1.企業結合の概要
   (1)結合当事企業の名称及びその事業内容
    ①吸収分割
    分割承継企業の名称  株式会社ユニカフェ・カプセル事業分割準備会社
    事業の内容      キューリグマシン及びキューリグカプセル等の販売事業
    ②株式譲渡
    譲渡先企業の名称   ユーシーシーホールディングス株式会社
   (2)企業結合日
      2020年4月1日(予定)
   (3)企業結合の法的形式
    ①吸収分割
    当社を分割会社とし、新設する株式会社ユニカフェ・カプセル事業分割準備会社を分割承継会社とする吸
    収分割
    ②株式譲渡
    ユーシーシーホールディングス株式会社を譲受会社とする新設する株式会社ユニカフェ・カプセル事業分
    割準備会社株式の譲渡
   (4)結合後企業の名称
    株式会社ユニカフェ・カプセル事業分割準備会社
   (5)取引の概要に関する事項
     当社は既存事業であるドリップコーヒーバッグと共に一杯抽出事業の中心となるカプセル型コーヒーシ
    ステムを中期事業計画の重要な事業の位置づけで展開をしております。
     一杯抽出事業を取り巻く市場環境は競争が激化している他、市場が急速なスピードで拡大することが見
    込まれております。その環境の変化に対して、コーヒーは基より紅茶・日本茶の分野において全国に
    チェーン展開している企業や地域に密着しているコーヒー焙煎業のトップブランド(ブランドパート
    ナー)と、各方面の販売会社(ディストリビューター)と共に更なる成長戦略の実行が不可欠であり、そ
    れを実行するための組織強化や経営資源の確保のため、UCCグループ各社のリソースへのアクセスが必
    要であると判断いたしました。
   2.実施する会計処理の概要
    「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号          2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業分離等
   会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10条          2019年1月16日)に基づき、共通支配下の取引として
   処理を行う予定であります。
            45/86







                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (連結貸借対照表関係)
    当座貸越契約
    当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため銀行2行と当座貸越契約を締結しております。これらの
    契約に基づく連結会計年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
             当連結会計年度

             (2019年12月31日)
    当座貸越極度額の総額           2,399,000千円
    借入実行残高            -
       差引額        2,399,000
   (連結損益計算書関係)

    ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
              当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
              至 2019年12月31日)
    給与手当           605,780 千円
               629,134
    運賃
               462,997
    支払手数料
               75,944
    賞与引当金繰入
               220,780
    減価償却費
               77,879
    のれん償却費
    ※2 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

              当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
             至 2019年12月31日)
               168,804 千円
    ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

             当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
             至 2019年12月31日)
    工具、器具及び備品            286千円
       計         286
    ※4 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

             当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
             至 2019年12月31日)
    建物            5,586千円
    工具及び備品            2,398
    撤去費用            263
       計        8,247
    ※5 補助金収入の内容は次のとおりであります。

             当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
             至 2019年12月31日)
    二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金            9,839千円
       計        9,839
            46/86



                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (連結包括利益計算書関係)
    ※1  その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
            当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
            至 2019年12月31日)
  その他有価証券評価差額金:
  当期発生額            4,150千円
   税効果調整前
              4,150
   税効果額           △1,270
   その他有価証券評価差額金
              2,879
       その他包括利益合計
              2,879
   (連結株主資本等変動計算書関係)

    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
    1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
       当連結会計年度期首    当連結会計年度増加    当連結会計年度減少    当連結会計年度末株
       株式数(株)    株式数(株)    株式数(株)    式数(株)
  発行済株式

  普通株式(注)1      13,869,200    1,318,100    1,318,100    13,869,200

    合計    13,869,200    1,318,100    1,318,100    13,869,200

  自己株式

  普通株式(注)2      1,935,530     180   1,318,100    617,610

    合計     1,935,530     180   1,318,100    617,610

  (注)1.普通株式の発行済株式数の増加は、2019年1月7日にて第三者割当による新株式発行により1,318,100株増加し
    たものであります。また、発行済株式数の減少は同日付けで1,318,100株の自己株式を消却したものでありま
    す。
   2.普通株式の自己株式の株式数の180株の増加は、単元未満株式の買取りによるものであります。
    2.配当に関する事項

    (1)配当金支払額
         配当金の総額   1株当たり配当額
      株式の種類           基準日   効力発生日
  (決議)       (千円)    (円)
  2019年3月27日
      普通株式    95,469    8 2018年12月31日   2019年3月28日
  定時株主総会
    (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

       配当金の総額     1株当たり配
     株式の種類     配当の原資      基準日   効力発生日
  (決議)      (千円)     当額(円)
  2020年3月25日
     普通株式   106,012  利益剰余金     8 2019年12月31日   2020年3月26日
  定時株主総会
            47/86






                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
              当連結会計年度
              (自 2019年1月1日
              至 2019年12月31日)
    現金及び預金勘定            2,927,417千円
    預入期間が3か月を超える定期預金              -
    現金及び現金同等物            2,927,417千円
    ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

     当連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳
       会社の取得により新たに株式会社アートコーヒーを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内
    訳並びに株式会社アートコーヒーの取得価額と株式会社アートコーヒー取得のための支出(純額)との関
    係は次のとおりであります。
      流動資産           3,284,667千円

      固定資産           2,337,231
      のれん            261,798
      顧客関連資産           1,083,000
      流動負債           △4,675,345
                 △791,352
      固定負債
      ㈱アートコーヒー株式の取得価額
                 1,500,000
                 104,354
      ㈱アートコーヒー現金及び同等物
      差引:㈱アートコーヒー取得のための支出           1,395,645
    ※3 現金及び現金同等物を対価とする事業の譲受にかかる資産及び負債の主な内容

     当連結会計年度に事業の譲受けにより増加した資産及び負債の主な内訳は             次のとおりであります。
      流動資産            312,875千円

      固定資産            259,139
      のれん            517,001
      流動負債           △232,462
                 △1,000
      固定負債
      事業の譲受のための支出            855,553
            48/86








                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (リース取引関係)
    1.ファイナンス・リース取引
    所有権移転外ファイナンス・リース取引
    ① リース資産の内容
    有形固定資産
      主として、工場焙煎設備であります。
    ② リース資産の減価償却の方法

     連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(2)重要な減価償却資産
    の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
    2.オペレーティング・リース取引

     オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
             (単位:千円)
          当連結会計年度

          (2019年12月31日)
  1年内            40,789

  1年超            13,579

     合計         54,369

            49/86














                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
    (1)金融商品に対する取組方針
     当社グループは、短期的な運転資金については資金需要に応じグループファイナンスと銀行借入により
    調達しております。一時的な余剰資金は短期的な銀行預金ないし安全性の高い債券等に限定しておりま
    す。デリバティブ取引は、行っておりません。
    (2)金融商品の内容及びそのリスク

     営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
     当該リスクに関しては当社グループの与信管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行う
    とともに、主な取引先の信用状況を定期的に把握する体制としております。
     投資有価証券は、主にその他有価証券及び業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リ
    スクに晒されております。
     営業債務である買掛金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であります。
    (3)金融商品に係るリスク管理体制

    ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
     当社グループは、債権管理規程に従い、営業債権及びその他債権について、取引開始時における与信調
    査、回収状況の継続的なモニタリング、与信限度額の定期的な見直し等を実施しております。
    ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
     投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、市況や取引先企
    業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
    ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
     当社グループは、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新することにより
    流動性リスクを管理しております。
    (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

     金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
    が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
    用することにより、当該価額が変動することがあります。
            50/86












                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
    2.金融商品の時価等に関する事項
     連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
    ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
    当連結会計年度(2019年12月31日)

          連結貸借対照表計上額
               時価(千円)    差額(千円)
           (千円)
  (1)現金及び預金          2,927,417    2,927,417     -

  (2)受取手形及び売掛金          3,373,729    3,373,729     -
  (3)投資有価証券          62,409    62,409     -
     資産計       6,363,555    6,363,555     -

  (1)支払手形及び買掛金          3,713,275    3,713,275     -

  (2)未払金          552,540    552,540     -
  (3)長期借入金(1年以内返済分を含む)          3,237,500    3,220,253     17,246
     負債計       7,503,315    7,486,069     17,246

  (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに投資有価証券に関する事項
   資 産
   (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
    これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
   よっております。
   (3)投資有価証券

    これらの時価については、取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項に
   ついては、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
   負 債

   (1) 支払手形及び買掛金、(2)     未払金
    これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
   よっております。
   (3) 長期借入金(1年以内返済分を含む)
    長期借入金の時価については、元利金の合計額を同額の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引い
   て算定する方法によっております。
   2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
             (単位:千円)
          当連結会計年度

     区分
          (2019年12月31日)
  非上場株式            45,190

  (注)これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることができず、時価を把握すること
   が極めて困難と認められるため、「資産(3)投資有価証券」には含めておりません。
            51/86






                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
    当連結会計年度(2019年12月31日)
             1年超   5年超
         1年以内          10年超
             5年以内   10年以内
         (千円)          (千円)
             (千円)   (千円)
  現金及び預金        2,927,417     -   -   -

  受取手形及び売掛金        3,373,729     -   -   -
     合計     6,301,146     -   -   -

   4.金銭債権の連結決算日後の返済予定額

    当連結会計年度(2019年12月31日)
          1年超   5年超
       1年以内        10年超
         5年以内   10年以内
       (千円)        (千円)
         (千円)   (千円)
  支払手形及び買掛金     3,713,275    -   -   -

  未払金     552,540    -   -   -
  長期借入金(1年以内返
       350,000  1,400,000   1,487,500    -
  済分を含む)
    合計   4,615,815   1,400,000   1,487,500    -
            52/86













                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (有価証券関係)
    その他有価証券
    当連結会計年度(2019年12月31日)
           連結貸借対照表計上
        種類       取得原価(千円)    差額(千円)
           額(千円)
      (1)株式       62,408    34,975    27,432

      (2)債券
       ① 国債・地方債等       -    -    -

  連結貸借対照表計上額が
       ② 社債       -    -    -
  取得原価を超えるもの
       ③ その他       -    -    -
      (3)その他       -    -    -
        小計     62,408    34,975    27,432

      (1)株式       -    -    -

      (2)債券
       ① 国債・地方債等       -    -    -

  連結貸借対照表計上額が
       ② 社債       -    -    -
  取得原価を超えないもの
       ③ その他       -    -    -
      (3)その他       -    -    -
        小計      -    -    -

      合計       62,408    34,975    27,432

   (デリバティブ取引関係)

    該当事項はありません。
            53/86










                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
    当社は確定拠出年金制度を採用しております。また連結子会社は、積立型の確定給付制度と確定拠出年金制
    度を併用しており、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
    2.簡便法を適用した確定給付制度

    (1)簡便法を適用した制度の退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
               当連結会計年度
              (自 2019年1月1日
              至 2019年12月31日)
    退職給付に係る負債の期首残高            285,308千円
     退職給付費用            27,322
     退職給付の支払額            △22,867
     制度への拠出額            △2,591
    退職給付に係る負債の期末残高            287,172
    (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

    に係る資産の調整表
               当連結会計年度
              (2019年12月31日)
    積立型制度の退職給付債務            326,770千円
    年金資産            △39,598
    退職給付に係る負債            287,172
    連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額            287,172
    (3)退職給付費用

     簡便法で計算した退職給付費用   当連結会計年度 27,322千円
    3.確定拠出制度

    当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、当連結会計年度24,481千円であります。
   (ストック・オプション等関係)

    該当事項はありません。
            54/86









                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
             当連結会計年度
             (2019年12月31日)
    繰延税金資産
    賞与引当金           22,496千円
    退職給付引当金           63,325
    資産調整勘定           155,148
    投資有価証券評価損           66,147
    土地           46,895
    繰越欠損金           603,881
               55,161
    その他
    繰延税金資産小計
              1,013,059
    評価性引当金          △866,952
               △68,761
    繰延税金負債と相殺
      繰延税金資産合計
               77,347
    繰延税金負債
    特別償却準備金           78,955
    その他有価証券評価差額金           8,399
    顧客関連資産           298,453
    減価償却超過額           82,302
               16,300
    その他
    繰延税金負債小計
               484,411
               △68,761
    繰延税金資産と相殺
      繰延税金負債合計         415,649
   (注)1.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

    当連結会計年度(2019年12月31日)
         1年超  2年超  3年超  4年超
       1年以内          5年超   合計
         2年以内  3年以内  4年以内  5年以内
       (千円)          (千円)   (千円)
         (千円)  (千円)  (千円)  (千円)
    税務上の繰越
        -  -  8,839  -  -  595,042   603,881
    欠損金(※1)
    評価性引当額    -  - △1,978   -  - △590,774   △592,752

    繰延税金資産    -  -  6,861  -  -  4,268  11,129

    (※1) 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

    となった主要な項目別の内訳
             当連結会計年度
             (2019年12月31日)
    法定実効税率
               30.6%
    交際費損金不算入           14.5
    住民税均等割           8.4
    のれんの償却額           31.2
    評価性引当額増減           253.9
    過年度未払税金取崩           △61.3
               △6.6
    その他
    税効果会計適用後の法人税等の負担率           270.7%
            55/86



                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (企業結合等関係)
   (共通支配下の取引)
    当社は、2018年11月9日開催の取締役会において、2018年8月21日付けで締結した基本合意書に基づき、2019
   年1月4日を効力発生日として、ユーシーシー上島珈琲株式会社との間で、同社がKeurig               Dr Pepper Inc.又はそ
   の関連会社が有する知的財産を使用し実施する一杯抽出事業「キューリグ事業」の資産、負債、契約その他の
   権利義務の一部について、当社が吸収分割により承継する吸収分割契約書を締結することを決議し、同日付け
   で締結いたしました。
    また、併せて、当社は2018年8月21日付けで締結した基本合意書に基づき、2019年1月4日を効力発生日とし
   て、ユーシーシー上島珈琲株式会社の子会社であるキューリグ・エフイー株式会社がユーシーシー上島珈琲株
   式会社を通じて実施する一杯抽出事業「キューリグ事業」を譲受ける事業譲渡契約書を締結することを決議
   し、同日付けで締結いたしました。
    当社は、2019年1月4日付けで当該事業を承継いたしました。
   1.企業結合の概要
   (1)被取得企業の名称及び事業の内容
    ①吸収分割
    相手先企業の名称    ユーシーシー上島珈琲株式会社
    承継する事業の内容    K-CUPパック・キューリグ抽出機・その他飲料の製造、販売及び輸出入
    ②事業譲受
    相手先企業の名称     キューリグ・エフイー株式会社
    譲受ける事業の内容    キューリグ関連事業の管理
   (2)企業結合を行った主な目的
    対象事業は、ユーシーシー上島珈琲株式会社における①製造機能、②販売機能、キューリグ・エフイー株式
   会社における③管理機能による三つの機能から成り立っております。ユーシーシー上島珈琲株式会社とキュー
   リグ・エフイー株式会社に分散しているこれらの機能を、会社分割若しくは事業譲渡の手法により各々から当
   社に上記①・②・③の事業を集約することにより、対象事業に関して一体的且つ効率的な運営を行うことに加
   え、当社のユニークな立ち位置を活かして、外部ブランドパートナー及びビジネスパートナーとのアライアン
   スにより、他の一杯抽出事業と差別化を図ることを目指しております。
   (3)企業結合日
    2019年1月4日
   (4)企業結合の法的形式
    ユーシーシー上島珈琲株式会社を吸収分割会社とし、当社を承継会社とする吸収分割及びキューリグ・エ
    フイー株式会社を事業譲渡会社とし、当社を譲受会社とする事業譲渡となります。
   2.吸収分割及び事業譲受の取得原価及びその内容
    ①吸収分割の対価   現金 747,742千円
    ②事業譲受の対価   現金 107,811千円
   3.実施する会計処理の概要
    「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号          2013年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事業分
   離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号           2013年9月13日)に基づき、共通支配下の取
   引として処理しております。
   (取得による企業結合)

    当社は、2018年11月9日開催の取締役会において、三菱商事株式会社から、三菱商事株式会社が所有する株式
   会社アートコーヒーの発行済株式の全部を取得し、グループ化することに関して決議をし、同日付けで契約の
   締結をし、2019年1月7日に全株式を取得しました。
   1.企業結合の概要
   (1)被取得企業の名称及び事業の内容
    ・被取得企業の名称    株式会社アートコーヒー
    ・事業の内容  コーヒーの焙煎・加工及び販売、食料品・飲料品の製造販売及び輸出入等
   (2)企業結合を行った主な理由
    当社の飲料会社向け焙煎豆の供給を行う工業用事業については、カウンターコーヒーの隆盛、大手・新興カ
   フェチェーンの拡大、一杯抽出型コーヒーの市場浸透などにより、缶コーヒーの市場規模が長年に亘り停滞し
   ております。更に、缶コーヒーの商品ライフサイクルが短期化する中で、当社は過酷なコスト競争による収益
   力の低下に直面しております。
    このような事業環境を打破すべく、当社は、三菱商事株式会社より株式会社アートコーヒー株式の全部を取
   得し、グループ化することについて三菱商事株式会社と合意しました。株式会社アートコーヒーは、日本にお
   けるコーヒー焙煎会社の草分け的存在で、飲料メーカー向けの工業用事業に強みを有しております。当社と株
            56/86


                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   式会社アートコーヒーは、事業領域が近く、両社の有する技術の融合とコスト競争力を一層追求することで、
   競争が激化している国内コーヒー市場の中で、引き続き存在感を発揮して参ります。
   (3)企業結合日
    2019年1月7日(株式取得日)
    2019年1月1日(みなし取得日)
   (4)企業結合の法的形式
    現金を対価とした株式取得
   (5)結合後企業の名称
    変更はありません。
   (6)取得した議決権比率
    100%
   (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
    当社が現金を対価として、株式を取得したことによります。
    2.連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間
    2019年1月1日から2019年3月31日まで
    3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
    取得の対価  現金 1,500百万円
    4.主要な取得関連費用の内容及び金額
    アドバイザリーに対する報酬・手数料等       45,958千円
    5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
    (1)発生したのれんの金額
     261百万円
    (2)発生原因
     今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生しております。
    (3)償却方法及び償却期間
     10年間にわたる均等償却
    6.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

      流動資産  3,284百万円
      固定資産  2,243百万円
      資産合計  5,527百万円
      流動負債  4,675百万円
      固定負債   430百万円
      負債合計  5,106百万円
    7.取得原価のうちのれん以外の無形固定資産に配分された金額及びその種類の内訳並びに全体及び種類別

   の   加重平均償却期間
     顧客関連資産 1,083百万円 10年
   8.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼ

   す影響の概算額及びその算定方法
    期首日をみなし取得日としているため、該当事項はありません
            57/86






                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (資産除去債務関係)
    資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
    イ 当該資産除去債務の概要
    主として連結子会社における本社事務所の不動産賃貸契約に伴う原状回復義務であります。
    ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

    主として使用見込期間を15年と見積り、割引率は1.121%を使用して資産除去債務の金額を算定しており
    ます。
    ハ 当該資産除去債務の総額の増減

             当連結会計年度
            (自 2019年1月1日
            至 2019年12月31日)
     期首残高         19,367千円
     時の経過による調整額          124
     資産除去債務の履行による減少額         △3,175
     期末残高         16,317
   (賃貸等不動産関係)

   該当事項はありません。
            58/86














                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (セグメント情報等)
    【セグメント情報】
     当社グループは、コーヒー関連事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    【関連情報】

    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
    1.製品及びサービスごとの情報
     単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
     載を省略しております。
    2.地域ごとの情報

    (1)売上高
     本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
    (2)有形固定資産

     本邦に所在している有形固定資産の金額は、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えてい 
     るため記載を省略しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

                   (単位:千円)
   顧客の名称又は氏名        売上高     関連するセグメント名

  (株)MCアグリアライアンス            4,583,905  コーヒー関連事業

  アサヒ飲料(株)           2,047,034  コーヒー関連事業

    【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
     該当事項はありません。
    【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
     当社グループは、コーヒー関連事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
     該当事項はありません。
            59/86








                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   【関連当事者情報】
    1.関連当事者との取引
    連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
    連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会
    社等
     当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
       資本金
           関 連 当 事 者
        事業の
       又は
           と の 関 係
          議決権等の
    会社等  所在   内容        取引金額   期末残高
  種類    出資金        取引の内容    科目
          被所有割合
    の名称  地   又は職         (千円)   (千円)
           役員の 事業上
       (千
        業
           兼任等 の関係
       円)
               製 品
                  売掛金
                 1,347,131    111,917
               販 売
              営業 生豆等
                  買掛金
                 371,860    20,701
              取引 仕 入
    ユー
        レギュ
               販 売
  同一の  シー 兵庫
                  未払金
                 1,430   8,210
             製品販売
        ラー
               手数料
  親会社  シー上  県
             及 び
      1,000,000
        コー  - 2名
  を持つ  島珈琲  神戸
               譲 受
             生豆仕入
        ヒー製
                 219,884
  会 社 株式会  市
               資 産
        造業
              事業
    社
               譲 受
              の
                 104,237  -  -
               負 債
              譲渡
               譲 受
                 747,742
               対 価
    ユ ー
              資金の貸付
                  -
  同一の シ ー 兵庫   グルー
  親会社 シ ー 県   プファ
              資金の回収
      1,000,000
           1名
          -   -    700,000  -  -
  を持つ キャピ  神戸   イナン
  会 社 タル株  市   ス事業
              利息の受取
                  6
    式会社
               譲 受
                 316,763
    キュー    一杯抽
               資 産
  同一の   兵庫
              事業
    リグ・    出コー
               譲 受
  親会社   県
              の
       850,000
    エ フ    ヒー関
          -  - -    208,952  -  -
               負 債
  を持つ   神戸
              譲渡
    イー株    連 品
  会 社   市
               譲 受
    式会社    販 売
                 107,811
               対 価
  (注)1.上記の金額のうち取引金額に消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
   2.営業取引における取引条件ないし取引の決定について、一般取引と同様に決定しております。
   3.資金の貸付については、市場金利を勘案して利息を合理的に決定しております。
   4.当社は、2019年1月4日にユーシーシー上島珈琲株式会社を吸収分割とし、当社を承継会社とする吸収分割及
   び、キューリグエフイー株式会社を事業譲渡会社とした事業譲受を受けております。
    詳細は、「企業結合等関係 共通支配下の取引等」をご参照ください。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

    (1)親会社情報
    ユーシーシーホールディングス株式会社
    (2)重要な関連会社の要約財務情報

    該当事項はありません。
            60/86







                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (1株当たり情報)
            当連結会計年度
           (自 2019年1月1日
           至 2019年12月31日)
  1株当たり純資産額            605.15円

  1株当たり当期純損失(△)            △9.92円

  (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在し
    ないため記載しておりません。
   2.1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
            当連結会計年度
           (自 2019年1月1日
           至 2019年12月31日)
  親会社株主に帰属する当期純損失(△)(千
             △130,446
  円)
  普通株主に帰属しない金額(千円)            -
  普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純損
             △130,446
  失(△)(千円)
  普通株式の期中平均株式数(株)           13,150,338
            61/86














                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (重要な後発事象)
   譲渡制限付株式報酬制度の導入
    当社は、  2020年2月25日開催の取締役会において、役員報酬制度の見直しを行い、譲渡制限付株式報酬制度
   (以下「本制度」といいます。)の導入を決議し、本制度に関する議案を2020年3月25日開催の第48期定時株主
   総会(以下「本株主総会」という。)において承認されました。
   1.本制度の目的

    本制度は、当社の社外取締役である取締役を除く取締役(以下「対象取締役」という。)及び社外監査役を
   除く監査役(以下「対象監査役」という。また、対象取締役とあわせ「対象役員」と総称する。)を対象に、当
   社の中長期的な企業価値の向上に資するインセンティブを与えるとともに、株主の皆様との一層の価値共有を進
   めることを目的とした制度です。
   2.本制度の概要

   対象役員は、本制度に基づき当社から支給された金銭報酬債権の全部を現物出資財産として払込み、当社の普
   通株式について発行又は処分を受けることとなります。
   本制度に基づき対象取締役に対して支給する金銭報酬債権の総額は、年額1億円以内(ただし、使用人兼務取
   締役の使用人分給与を含みません。)、対象監査役に対して支給する金銭報酬債権の総額は、年額700万円以内
   といたします。各対象役員への具体的な支給時期及び配分については、取締役会又は監査役の協議において決定
   いたします。
   本制度により、当社が新たに発行又は処分する普通株式の総数は、対象取締役に対して年100,000株以内、対
   象監査役に対して年7,000株以内(ただし、本株主総会の決議の日以降の日を効力発生日とする当社の普通株式
   の株式分割(当社の普通株式の無償割当てを含みます。)又は株式併合が行われた場合、当該効力発生日以降、
   分割比率・併合比率等に応じて、当該総数を、必要に応じて合理的な範囲で調整します。)とし、その1株当た
   りの払込金額は、各取締役会決議の日の前営業日における東京証券取引所における当社の普通株式の終値(同日
   に取引が成立していない場合は、それに先立つ直近取引日の終値)を基礎として当該普通株式を引き受ける対象
   役員に特に有利な金額とならない範囲において、取締役会において決定いたします。
   3.譲渡制限付株式割当契約の概要

   (1)譲渡制限期間

   対象取締役は、本割当契約により割当を受けた日から30年間(以下「譲渡制限期間」という。)、本割当契約
   により割当を受けた当社の普通株式(以下「本割当株式」という。)について、譲渡、担保権の設定その他の処
   分をしてはならない(以下「譲渡制限」という。)。
   (2)退任時の取扱い

    対象取締役が譲渡制限期間満了前に当社の取締役会が予め定める地位を退任した場合には、その退任につき、
   任期満了、死亡その他正当な理由がある場合を除き、当社は、本割当株式を当然に無償で取得する。
   (3)譲渡制限の解除

    上記(1)の定めにかかわらず、当社は、対象取締役が、譲渡制限期間中、継続して、当社の取締役会が予め定
   める地位にあったことを条件として、本割当株式の全部について、譲渡制限期間が満了した時点をもって譲渡制
   限を解除する。ただし、当該対象取締役が、上記(2)に定める任期満了、死亡その他正当な理由により、譲渡制
   限期間が満了する前に上記(2)に定める地位を退任した場合には、譲渡制限を解除する本割当株式の数及び譲渡
   制限を解除する時期を、必要に応じて合理的に調整するものとする。また、当社は、上記の規定に従い譲渡制限
   が解除された直後の時点において、なお譲渡制限が解除されていない本割当株式を当然に無償で取得する。
   (4)組織再編等における取扱い

    上記(1)の定めにかかわらず、当社は、譲渡制限期間中に、当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会
   社となる株式交換契約又は株式移転計画その他の組織再編等に関する事項が当社の株主総会(ただし、当該組織
   再編等に関して当社の株主総会による承認を要さない場合においては、当社の取締役会)で承認された場合に
   は、当社の取締役会の決議により、譲渡制限期間の開始日から当該組織再編等の承認の日までの期間を踏まえて
   合理的に定める数の本割当株式について、当該組織再編等の効力発生日に先立ち、譲渡制限を解除する。また、
   当社は、上記に規定する場合、譲渡制限が解除された直後の時点において、譲渡制限が解除されていない本割当
   株式を当然に無償で取得する。
            62/86





                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   ⑤【連結附属明細表】
   【社債明細表】
    該当事項はありません。
   【借入金等明細表】

           当期首残高   当期末残高   平均利率
      区分              返済期限
            (千円)   (千円)   (%)
  短期借入金           -   -  -  -
  1年以内に返済予定の長期借入金           -  350,000   0.68  -
            3,057   3,057   -
  1年以内に返済予定のリース債務                  -
  長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)           - 2,887,500   0.68 2029年3月27日
                  -
  リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)           9,277   6,174    2022年11月1日
  その他有利子負債           -   -  -  -
      合計      12,334  3,246,731    -  -
  (注)1.平均利率については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
   2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以
    下のとおりであります。
      1年超2年以内    2年超3年以内    3年超4年以内    4年超5年以内
       (千円)    (千円)    (千円)    (千円)
  長期借入金      350,000    350,000    350,000    350,000
  リース債務      3,204    2,940     -    -
   【資産除去債務明細表】

    本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
   産除去債務明細表の記載を省略しております。
            63/86











                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (2)【その他】
    当連結会計年度における四半期情報等
  (累計期間)      第1四半期    第2四半期    第3四半期   当連結会計年度
  売上高(千円)       4,787,227    9,647,375    13,941,847    19,043,075

  税金等調整前四半期(当期)
  純利益又は税金等調整前四半       △14,827    3,598   △2,995    76,402
  期純損失(△)(千円)
  親会社株主に帰属する四半期
  (当期)純損失(△)(千       △12,066    △1,240    △9,946   △130,446
  円)
  1株当たり四半期(当期)純
         △0.91    △0.09    △0.76    △9.92
  損失(△)(円)
  (会計期間)      第1四半期    第2四半期    第3四半期    第4四半期

  1株当たり四半期純利益又は
  1株当たり四半期純損失       △0.91    0.82   △0.66    △9.09
  (△) (円)
            64/86














                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  2【財務諸表等】
  (1)【財務諸表】
   ①【貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
              2,429,255     1,573,064
   現金及び預金
               29,755     24,543
   受取手形
              1,838,071     1,749,044
   売掛金
               197,115     340,119
   商品及び製品
               19,757     4,757
   仕掛品
               269,479     342,068
   原材料及び貯蔵品
               21,228     21,546
   前払費用
               700,000     375,000
   短期貸付金
               986     7,696
   未収入金
               11,315     104,791
   その他
               △256     △245
   貸倒引当金
              5,516,710     4,542,388
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
              3,814,114     3,843,214
    建物
              △1,946,944     △2,036,412
    減価償却累計額
    建物(純額)          1,867,169     1,806,801
               128,250     128,250
    構築物
              △90,968     △95,739
    減価償却累計額
    構築物(純額)           37,281     32,510
    機械及び装置           3,541,048     3,787,734
              △3,071,572     △3,162,565
    減価償却累計額
    機械及び装置(純額)          469,476     625,168
    車両運搬具           28,289     26,444
              △28,148     △26,373
    減価償却累計額
    車両運搬具(純額)           140     70
    工具、器具及び備品           192,629     317,613
              △180,130     △211,420
    減価償却累計額
    工具、器具及び備品(純額)           12,498     106,193
    土地           1,639,318     1,639,318
               33,760      -
    建設仮勘定
              4,059,644     4,210,062
    有形固定資産合計
   無形固定資産
               5,530     87,517
    ソフトウエア
               17,912      -
    ソフトウエア仮勘定
                -    465,301
    のれん
               823     823
    その他
               24,266     553,642
    無形固定資産合計
            65/86






                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)

            前事業年度     当事業年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
   投資その他の資産
               41,490     41,490
    投資有価証券
               1,060     1,360
    出資金
               14,742     9,023
    長期前払費用
                -    1,545,958
    関係会社株式
                -    3,093,750
    関係会社長期貸付金
               155,804     77,347
    繰延税金資産
               30,337     41,612
    その他
               △717    △1,435
    貸倒引当金
               242,718     4,809,106
    投資その他の資産合計
              4,326,629     9,572,811
   固定資産合計
              9,843,339     14,115,199
  資産合計
  負債の部
  流動負債
              2,596,619     2,483,265
   買掛金
                -    350,000
   短期借入金
               255,680     278,934
   未払金
               49,173     59,394
   未払費用
               129,417     19,561
   未払法人税等
               10,572      -
   未払消費税等
               18,165     18,281
   預り金
               24,436     27,190
   賞与引当金
                -     2,341
   その他
              3,084,066     3,238,969
   流動負債合計
  固定負債
                -    2,887,500
   長期借入金
               16,716     17,716
   その他
               16,716     2,905,216
   固定負債合計
              3,100,783     6,144,185
  負債合計
            66/86










                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)

            前事業年度     当事業年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
  純資産の部
  株主資本
              4,216,500     4,966,498
   資本金
   資本剰余金
               510,400     1,260,398
    資本準備金
               510,399      -
    その他資本剰余金
              1,020,799     1,260,398
    資本剰余金合計
   利益剰余金
               66,487     66,487
    利益準備金
    その他利益剰余金
              3,330,027     2,281,116
    繰越利益剰余金
              3,396,515     2,347,604
    利益剰余金合計
              △1,891,258     △603,488
   自己株式
              6,742,556     7,971,013
   株主資本合計
              6,742,556     7,971,013
  純資産合計
              9,843,339     14,115,199
  負債純資産合計
            67/86














                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   ②【損益計算書】
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  売上高
              10,139,637     10,258,442
  製品売上高
               308,838     335,817
  商品売上高
              10,448,475     10,594,260
  売上高合計
  売上原価
  製品売上原価
               181,840     194,171
   製品期首たな卸高
              8,412,324     8,458,979
   当期製品製造原価
              8,594,164     8,653,151
   合計
              ※1 33,365     ※1 27,307
   製品他勘定振替高
               194,171     212,281
   製品期末たな卸高
              8,366,628     8,413,562
   製品売上原価
  商品売上原価
               4,279     2,944
   商品期首たな卸高
               278,500     511,481
   当期商品仕入高
               282,779     514,425
   合計
              ※1 3,976    ※1 48,349
   商品他勘定振替高
               2,944     127,837
   商品期末たな卸高
               275,858     338,238
   商品売上原価
              8,642,486     8,751,801
  売上原価合計
              1,805,988     1,842,459
  売上総利益
  販売費及び一般管理費
               214,996     106,180
  販売手数料
               30,948     131,876
  広告宣伝費
               7,053     59,404
  見本費
               266,451     307,073
  荷造運搬費
               63,285     63,520
  役員報酬
               267,183     293,490
  給料及び賞与
               17,181     13,929
  賞与引当金繰入額
               11,321     11,365
  退職給付費用
               39,443     66,120
  減価償却費
                -    51,700
  のれん償却費
               156,052     305,562
  支払手数料
               88,385     84,337
  研究開発費
               △9     706
  貸倒引当金繰入額
               317,150     381,215
  その他
              1,479,444     1,876,477
  販売費及び一般管理費合計
  営業利益又は営業損失(△)             326,543     △34,018
            68/86







                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)

            前事業年度     当事業年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  営業外収益
               ※2 811    ※2 26,727
  受取利息
               5,312     1,374
  受取配当金
               2,880     2,880
  設備賃貸料
               6,142     7,792
  その他
               15,147     38,774
  営業外収益合計
  営業外費用
               804     23,103
  支払利息
                -     5,501
  株式交付費
               1,059      -
  支払手数料
                65     220
  その他
               1,929     28,825
  営業外費用合計
  経常利益又は経常損失(△)             339,762     △24,069
  特別利益
                -     149
  固定資産売却益
               186,017      -
  投資有価証券売却益
               186,017      149
  特別利益合計
  特別損失
               ※3 132     ※3 0
  固定資産除却損
               132      0
  特別損失合計
  税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)             525,646     △23,919
  法人税、住民税及び事業税             85,243     △42,852
              △32,336     194,818
  法人税等調整額
               52,906     151,966
  法人税等合計
  当期純利益又は当期純損失(△)             472,739     △175,886
            69/86











                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  【製造原価明細書】
            前事業年度      当事業年度
           (自  2018年1月1日     (自  2019年1月1日
           至  2018年12月31日)     至  2019年12月31日)
         注記     構成比      構成比
     区分      金額(千円)      金額(千円)
         番号     (%)      (%)
  Ⅰ  原材料費
            7,074,065   84.1   7,185,342   85.0
  Ⅱ  労務費         495,830      542,840
               5.9      6.4
            843,351      724,446
  Ⅲ  経費
         ※2      10.0      8.6
            8,413,246      8,452,629
   当期総製造費用           100.0      100.0
            18,834      19,757
   期首仕掛品たな卸高
    合計        8,432,081      8,472,386
            19,757      4,757
   期末仕掛品たな卸高
             -     8,649
   製造他勘定振替
            8,412,324      8,458,979
   当期製品製造原価
  (注)
      前事業年度          当事業年度
     (自  2018年1月1日         (自  2019年1月1日
     至  2018年12月31日)         至  2019年12月31日)
            1.原価計算の方法
  1.原価計算の方法
             同左
   実際原価による加工費工程別総合原価計算を採用し
   ております。
            ※2.経費の主な内訳
  ※2.経費の主な内訳
              外注加工費                 94,124千円
    外注加工費           130,837千円
              減価償却費           152,297千円
    減価償却費           193,586千円
              燃料費             116,796千円
    燃料費             122,939千円
              支払手数料                 91,520千円
    支払手数料           138,952千円
            70/86










                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   ③【株主資本等変動計算書】
    前事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                    (単位:千円)
             株主資本
         資本剰余金      利益剰余金
               その他利益
                    株主資本合
      資本金         剰余金    自己株式
         その他資本  資本剰余金      利益剰余金    計
       資本準備金      利益準備金
         剰余金  合計      合計
               繰越利益剰
               余金
  当期首残高    4,216,500  510,400  510,399  1,020,799  56,775 2,964,122  3,020,898  △1,664,622  6,593,574
  当期変動額
  新株の発行
  剰余金の配当             △97,122  △97,122   △97,122
  利益準備金の積立           9,712  △9,712  -    -
  当期純利益             472,739  472,739    472,739
  自己株式の取得
                   △226,635  △226,635
  自己株式の消却
  株主資本以外の項目の
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計
       -  -  -  - 9,712  365,905  375,617  △226,635  148,981
  当期末残高    4,216,500  510,400  510,399  1,020,799  66,487 3,330,027  3,396,515  △1,891,258  6,742,556
          評価・換算差額等

                  純資産合計
      その他有価証券評価差額金      評価・換算差額等合計
  当期首残高
          148,360      148,360     6,741,935
  当期変動額
  新株の発行                   -
  剰余金の配当
                    △97,122
  利益準備金の積立                   -
  当期純利益                  472,739
  自己株式の取得                  △226,635
  自己株式の消却
                     -
  株主資本以外の項目の
         △148,360     △148,360     △148,360
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計       △148,360     △148,360      621
  当期末残高         -      -    6,742,556
            71/86







                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
    当事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                    (単位:千円)
             株主資本
         資本剰余金      利益剰余金
               その他利益
                    株主資本合
      資本金         剰余金    自己株式
         その他資本  資本剰余金      利益剰余金    計
       資本準備金      利益準備金
         剰余金  合計      合計
               繰越利益剰
               余金
  当期首残高
      4,216,500  510,400  510,399  1,020,799  66,487  3,330,027  3,396,515  △1,891,258  6,742,556
  当期変動額
  新株の発行    749,998  749,998    749,998         1,499,997
  剰余金の配当             △95,469 △95,469   △95,469
  当期純利益
               △175,886 △175,886   △175,886
  自己株式の取得                 △185  △185
  自己株式の消却       △510,399  △510,399    △777,555 △777,555  1,287,955   -
  株主資本以外の項目の
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計    749,998  749,998  △510,399  239,599   - △1,048,911 △1,048,911  1,287,769  1,228,457
  当期末残高    4,966,498  1,260,398   - 1,260,398  66,487  2,281,116  2,347,604  △603,488  7,971,013
          評価・換算差額等

                  純資産合計
      その他有価証券評価差額金      評価・換算差額等合計
  当期首残高         -      -    6,742,556
  当期変動額
  新株の発行
                    1,499,997
  剰余金の配当                  △95,469
  当期純利益                  △175,886
  自己株式の取得                   △185
  自己株式の消却
                     -
  株主資本以外の項目の
                     -
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計         -      -    1,228,457
  当期末残高
          -      -    7,971,013
            72/86








                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   【注記事項】
   (重要な会計方針)
   1.資産の評価基準及び評価方法
    (1)子会社株式及び関係会社株式
        移動平均法による原価法
    (2)その他有価証券
      時価のないもの
       移動平均法による原価法
    (3)たな卸資産の評価基準及び評価方法
        総平均法による原価法
         (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
   2.固定資産の減価償却の方法

    (1)有形固定資産(リース資産を除く)
    定額法
    (2)無形固定資産(リース資産を除く)

    定額法
    ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっ
    ております。
   3.引当金の計上基準

    (1)貸倒引当金
    債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
    については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
    (2)賞与引当金

    従業員の賞与の支給に備えるため、翌事業年度支給見込額のうち当事業年度負担額を計上しております。
   4.のれんの償却方法及び償却期間

      のれんの償却については、10年間均等償却を行っております。
   5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

    (1) 繰延資産の処理方法
       株式交付費  支出時に全額費用として処理しております。
    (2)消費税等の会計処理
      税抜方式によっております。
   (会計方針の変更)

    会計上の見積りの変更と区別することが困難な有形固定資産の減価償却方法の変更
    当社は、従来、有形固定資産の減価償却方法について、定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物
    (建物附属設備を除く)及び2016年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物は定額法)を採用してお
    りましたが、当事業年度より定額法に変更しております。
     当事業年度においてユーシーシー上島珈琲株式会社及びその子会社であるキューリグ・エフイー株式会社
    より一杯抽出事業「キューリグ事業」を承継するとともに、株式会社アートコーヒーをグループ化したこと
    を契機として、2019年度以降の中期事業計画を見直した結果、今後の有形固定資産は、その稼働期間中、長
    期にわたり平均的かつ安定的に稼働することが予想されるため、均等に費用を配分する定額法がより合理的
    な期間損益計算に資すると判断し、当事業年度より有形固定資産の減価償却方法を定率法から定額法へ変更
    しております。
     この変更により、従来の方法によった場合に比べ、当事業年度の減価償却費は39百万円減少し、営業損失、
    経常損失及び税引前当期純損失はそれぞれ39百万円増加しております。
   (表示方法の変更)

   「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号2018年2月16日)を当事業年度の期首か
   ら適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法
   に変更しております。
            73/86


                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (追加情報)
   (共通支配下の取引)
    当社は2019年12月27日開催の取締役会において、一杯抽出事業のうちの販売機能について、新設する100%子
   会社に吸収分割し、本吸収分割の効力発生日である2020年4月1日付け(予定)で当社が保有する同社の株式の
   一部をユーシーシーホールディングスに譲渡することを同社との間で基本合意することを決議しており、2020
   年1月31日に吸収分割契約書及び株式譲渡契約を締結いたしました。
   詳細は連結財務諸表の「注記事項(追加情報)」をご参照ください。

            74/86


















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (貸借対照表関係)
    当座貸越契約
    当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため銀行2行と当座貸越契約を締結しております。これらの
    契約に基づく事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
             当事業年度

             (2019年12月31日)
    当座貸越極度額の総額           2,399,000千円
    借入実行残高            -
       差引額        2,399,000
            75/86

















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (損益計算書関係)
    ※1.製品及び商品の他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
     前事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
          製品  商品
          (千円)  (千円)
     広告宣伝費・見本費     4,249  2,647

     交際接待費     27,894   -

     試験研究費      -  239

     たな卸資産廃棄損     1,220  1,089

       計   33,365  3,976

     当事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

          製品  商品
          (千円)  (千円)
     広告宣伝費・見本費     20,155  48,276

     交際接待費     6,881   -

     試験研究費      271  174

       計   27,307  48,349

    ※2.関係会社との取引高は次のとおりであります。

          前事業年度    当事業年度
         (自 2018年1月1日    (自 2019年1月1日
         至 2018年12月31日)    至 2019年12月31日)
     営業取引以外の取引によ

            -千円   26,708千円
     る取引高
    ※3.固定資産除却損の内訳

          前事業年度    当事業年度
         (自 2018年1月1日    (自 2019年1月1日
         至 2018年12月31日)    至 2019年12月31日)
     建物       132千円    -千円
     機械及び装置       -    0
     工具、器具及び備品       0    -
   (有価証券関係)

    子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額1,545,958千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極
   めて困難と認められることから、記載しておりません。
            76/86





                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (税効果会計関係)
  1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
           前事業年度     当事業年度
           (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
           至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
   繰延税金資産
             7,234 千円     8,325 千円
    賞与引当金
             6,330     5,989
    未払事業税否認
             21,898     13,232
    未払金等否認
             658,093     595,042
    繰越欠損金
    その他
             6,069     163,830
    小計
             699,626     786,421
    評価性引当額
             △543,821     △709,074
    繰延税金資産合計
             155,804      77,347
  2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目の内訳

           前事業年度     当事業年度

           (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
           至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
   法定実行税率          30.9%      -
   交際費等永久に損金に算入されない項
                   -
             3.0 %
   目
                   -
   住民税均等割
             1.5%
                   -
   評価性引当額
             △35.1%
                   -
   その他
             △2.0%
                   -
   税効果会計適用後の法人税等の負担率
             △1.7%
   当事業年度は、税引前当期純損失となったため、差異原因の項目別内訳の記載を省略しております。

            77/86










                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   (企業結合等関係)
    共通支配下の取引等
     連結財務諸表「注記事項(企業結合等関係)に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
    取得による企業結合
     連結財務諸表「注記事項(企業結合等関係)に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
   (重要な後発事象)

   譲渡制限付株式報酬制度の導入
    当社は、  2020年2月25日開催の取締役会において、役員報酬制度の見直しを行い、譲渡制限付株式報酬制度
   (以下「本制度」といいます。)の導入を決議し、本制度に関する議案を2020年3月25日開催の第48期定時株主
   総会(以下「本株主総会」という。)において承認されました。
   1.本制度の目的

    本制度は、当社の社外取締役である取締役を除く取締役(以下「対象取締役」という。)及び社外監査役を
   除く監査役(以下「対象監査役」という。また、対象取締役とあわせ「対象役員」と総称する。)を対象に、当
   社の中長期的な企業価値の向上に資するインセンティブを与えるとともに、株主の皆様との一層の価値共有を進
   めることを目的とした制度です。
   2.本制度の概要

   対象役員は、本制度に基づき当社から支給された金銭報酬債権の全部を現物出資財産として払込み、当社の普
   通株式について発行又は処分を受けることとなります。
   本制度に基づき対象取締役に対して支給する金銭報酬債権の総額は、年額1億円以内(ただし、使用人兼務取
   締役の使用人分給与を含みません。)、対象監査役に対して支給する金銭報酬債権の総額は、年額700万円以内
   といたします。各対象役員への具体的な支給時期及び配分については、取締役会又は監査役の協議において決定
   いたします。
   本制度により、当社が新たに発行又は処分する普通株式の総数は、対象取締役に対して年100,000株以内、対
   象監査役に対して年7,000株以内(ただし、本株主総会の決議の日以降の日を効力発生日とする当社の普通株式
   の株式分割(当社の普通株式の無償割当てを含みます。)又は株式併合が行われた場合、当該効力発生日以降、
   分割比率・併合比率等に応じて、当該総数を、必要に応じて合理的な範囲で調整します。)とし、その1株当た
   りの払込金額は、各取締役会決議の日の前営業日における東京証券取引所における当社の普通株式の終値(同日
   に取引が成立していない場合は、それに先立つ直近取引日の終値)を基礎として当該普通株式を引き受ける対象
   役員に特に有利な金額とならない範囲において、取締役会において決定いたします。
   3.譲渡制限付株式割当契約の概要

   (1)譲渡制限期間

   対象取締役は、本割当契約により割当を受けた日から30年間(以下「譲渡制限期間」という。)、本割当契約
   により割当を受けた当社の普通株式(以下「本割当株式」という。)について、譲渡、担保権の設定その他の処
   分をしてはならない(以下「譲渡制限」という。)。
   (2)退任時の取扱い

    対象取締役が譲渡制限期間満了前に当社の取締役会が予め定める地位を退任した場合には、その退任につき、
   任期満了、死亡その他正当な理由がある場合を除き、当社は、本割当株式を当然に無償で取得する。
   (3)譲渡制限の解除

    上記(1)の定めにかかわらず、当社は、対象取締役が、譲渡制限期間中、継続して、当社の取締役会が予め定
   める地位にあったことを条件として、本割当株式の全部について、譲渡制限期間が満了した時点をもって譲渡制
   限を解除する。ただし、当該対象取締役が、上記(2)に定める任期満了、死亡その他正当な理由により、譲渡制
   限期間が満了する前に上記(2)に定める地位を退任した場合には、譲渡制限を解除する本割当株式の数及び譲渡
   制限を解除する時期を、必要に応じて合理的に調整するものとする。また、当社は、上記の規定に従い譲渡制限
   が解除された直後の時点において、なお譲渡制限が解除されていない本割当株式を当然に無償で取得する。
   (4)組織再編等における取扱い

    上記(1)の定めにかかわらず、当社は、譲渡制限期間中に、当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社
   となる株式交換契約又は株式移転計画その他の組織再編等に関する事項が当社の株主総会(ただし、当該組織再編
   等に関して当社の株主総会による承認を要さない場合においては、当社の取締役会)で承認された場合には、当社
   の取締役会の決議により、譲渡制限期間の開始日から当該組織再編等の承認の日までの期間を踏まえて合理的に定
   める数の本割当株式について、当該組織再編等の効力発生日に先立ち、譲渡制限を解除する。また、当社は、上記
   に規定する場合、譲渡制限が解除された直後の時点において、譲渡制限が解除されていない本割当株式を当然に無
   償で取得する。
            78/86



                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
   ④【附属明細表】
   【有形固定資産等明細表】
               当期末減価償
      当期首残高  当期増加額  当期減少額  当期末残高  却累計額又は   当期償却額  差引当期末残
   資産の種類
               償却累計額
      (千円)  (千円)  (千円)  (千円)     (千円)  高(千円)
               (千円)
  有形固定資産
  建物
      3,814,114   29,100   - 3,843,214  2,036,412   89,468  1,806,801
  構築物    128,250   -  -  128,250   95,739   4,770  32,510
  機械及び装置    3,541,048   249,737   3,051  3,787,734  3,162,565   93,764  625,168
  車両運搬具    28,289   -  1,845  26,444  26,373   70  70
  工具、器具及び備品
      192,629  126,454   1,470  317,613  211,420   32,760  106,193
  土地    1,639,318   -  - 1,639,318   -  - 1,639,318
  建設仮勘定
       33,760  134,778  168,538   -  -  -  -
  有形固定資産計    9,377,409   540,069  174,904  9,742,574  5,532,511   220,833  4,210,062

  無形固定資産

   ソフトウエア     33,489  91,056   -  124,546   37,028   9,069  87,517
  ソフトウエア仮勘定    17,912  65,375  83,288   -  -  -  -
  のれん     -  517,001   -  517,001   51,700  51,700  465,301
  その他
       823   -  -  823   -  -  823
  無形固定資産計
       52,226  673,432   83,288  642,370   88,728  60,769  553,642
  長期前払費用
       22,790   -  -  22,790  13,767   5,719  9,023
   【引当金明細表】

             当期減少額   当期減少額
        当期首残高   当期増加額         当期末残高
    区分         (目的使用)   (その他)
        (千円)   (千円)         (千円)
              (千円)   (千円)
            962
  貸倒引当金       973      -   256   1,680
  賞与引当金       24,436   27,190   24,436    -  27,190

  (注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
            79/86









                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  (2)【主な資産及び負債の内容】
   連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
  (3)【その他】
    該当事項はありません。
            80/86



















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  第6【提出会社の株式事務の概要】
  事業年度       1月1日から12月31日まで
  定時株主総会       3月中

  基準日       12月31日

  剰余金の配当の基準日       6月30日、12月31日

  1単元の株式数       100株

  単元未満株式の買取り

         東京都中央区八重洲一丁目2番1号
  取扱場所
         みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
         東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
  株主名簿管理人
         三菱UFJ信託銀行株式会社
  取次所           ―――――――

  買取手数料      無料

         電子公告より行う。ただし、電子公告によることができない事由が生じた
  公告掲載方法
         ときは、日本経済新聞に掲載する方法により行う。
         毎年12月31日現在の単元株以上を保有する株主に対し、1,000株以上保有
  株主に対する特典       する株主には3,000円相当、1,000株未満を保有する株主に対しては2,000
         円相当の自社製品を贈呈する。
  (注 1) 当社定款の定めにより、株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使す

    ることができない。
    1.会社法第189条第2項各号に掲げる権利
    2.会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
    3.株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
            81/86











                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  第7【提出会社の参考情報】
  1【提出会社の親会社等の情報】
   当社の金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等は、ユーシーシーホールディングス株式会社でありま
  す。
  2【その他の参考情報】

   当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
  (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
    事業年度(第47期)(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)2019年3月27日関東財務局長に提出
  (2) 内部統制報告書及びその添付書類
    2019年3月27日関東財務局長に提出
  (3)四半期報告書及び確認書
   (第48期第1四半期)(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)2019年5月15日関東財務局長に提出
   (第48期第2四半期)(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)2019年8月14日関東財務局長に提出
   (第48期第3四半期)(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)2019年11月14日関東財務局長に提出
  (4)臨時報告書
    2019年3月29日関東財務局長に提出
    企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
    時報告書であります。
    2020年2月5日関東財務局長に提出
    企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第7号(吸収分割)に基づく臨時報告書であります。
    2020年3月26日関東財務局長に提出
    企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
    時報告書であります。
  (5)四半期報告書の訂正報告書及び確認書
    2019年11月14日関東財務局長に提出
    (第48期第2四半期)(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)の四半期報告書に係る訂正報告書及びその確
    認書であります
  (6)有価証券通知書
    2020年3月25日関東財務局長に提出
            82/86










                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
            83/86




















                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
       独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                2020年3月25日

  株式会社ユニカフェ

  取締役会 御中

           EY新日本有限責任監査法人

          指定有限責任社員

              公認会計士
                 守谷 義広     印
          業務執行社員
          指定有限責任社員

              公認会計士
                 片岡 直彦     印
          業務執行社員
  <財務諸表監査>

   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況
  」に掲げられている株式会社ユニカフェの2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の連結
  財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計
  算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注
  記及び連結附属明細表について監査を行った         。
  連結財務諸表に対する経営者の責任

   経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸
  表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務
  諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
  る。
  監査人の責任

   当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する
  意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に
  準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかに
  ついて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めてい
  る。
   監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施され
  る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリス
  クの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明
  するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続
  を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査に
  は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全
  体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
   当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

   当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
  に準拠して、株式会社ユニカフェ及び連結子会社の2019年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって
  終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表
  示しているものと認める     。
            84/86


                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
  <内部統制監査>

   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ユニ
  カフェの2019年12月31日現在の内部統制報告書について監査を行った              。
  内部統制報告書に対する経営者の責任

   経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認め
  られる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することに
  ある。
   なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができ
  ない可能性がある。
  監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告
  書に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財
  務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査
  の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得る
  ために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施することを求めている。
   内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査
  証拠を入手するための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務
  報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報
  告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体として
  の内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
   当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

   当監査法人は、株式会社ユニカフェが2019年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると
  表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統
  制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において
  適正に表示しているものと認める       。
  利害関係

   会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
  い。
                     以上
   (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

    会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            85/86








                     EDINET提出書類
                    株式会社ユニカフェ(E00505)
                      有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書
                2020年3月25日

  株式会社ユニカフェ

  取締役会 御中

           EY新日本有限責任監査法人

          指定有限責任社員

              公認会計士
                 守谷 義広     印
          業務執行社員
          指定有限責任社員

              公認会計士
                 片岡 直彦     印
          業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監           査証 明を行うため、「経理の状況     」に掲げられ  てい

  る株式会社ユニカフェの2019年1月1日か       ら2019年12月31日までの第48期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照            表、損
  益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った                  。
  財務諸表に対する経営者の責任

   経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
  することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
  必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

   当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
  ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
  当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
  基づき監査を実施することを求めている。
   監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
  法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
  諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
  際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
  また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
  しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
   当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

   当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
  ユニカフェの2019年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において
  適正に表示しているものと認める      。
  利害関係

   会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                     以上
   (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

    会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            86/86



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク