DIC株式会社 有価証券報告書 第122期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)

有価証券報告書-第122期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)

提出日:

提出者:DIC株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  【表紙】
  【提出書類】       有価証券報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項
  【提出先】       関東財務局長
  【提出日】       2020年3月27日
  【事業年度】       第122期(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
  【会社名】       DIC株式会社
  【英訳名】       DIC Corporation
  【代表者の役職氏名】       代表取締役社長執行役員  猪野 薫
  【本店の所在の場所】       東京都板橋区坂下三丁目35番58号
  【電話番号】       03(3966)2111(代表)
  【事務連絡者氏名】       総務グループマネジャー  白飯 文人
  【最寄りの連絡場所】       東京都中央区日本橋三丁目7番20号
         DIC株式会社 本社
  【電話番号】       03(6733)3000(大代表)
  【事務連絡者氏名】       経理部長  金子 潤
  【縦覧に供する場所】       DIC株式会社 本社
         (東京都中央区日本橋三丁目7番20号)
         DIC株式会社 大阪支店
         (大阪市中央区久太郎町三丁目5番19号)
         DIC株式会社 名古屋支店
         (名古屋市中区錦三丁目7番15号)
         株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
              1/124










                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
  (1) 連結経営指標等
     回次     第118期   第119期   第120期   第121期   第122期
    決算年月     2015年12月   2016年12月   2017年12月   2018年12月   2019年12月

       (百万円)   819,999   751,438   789,427   805,498   768,568

  売上高
       (百万円)   48,995   55,797   56,960   48,702   41,302

  経常利益
  親会社株主に帰属する当期純
       (百万円)   37,394   34,767   38,603   32,028   23,500
  利益
       (百万円)   28,256   26,183   50,957  △3,844  28,473
  包括利益
       (百万円)   289,857   307,017   343,951   327,334   343,497

  純資産額
       (百万円)   778,857   764,828   831,756   801,296   803,083

  総資産額
       (円)  2,768.41   2,938.12   3,329.60   3,158.05   3,304.34

  1株当たり純資産額
       (円)   389.40   366.72   407.56   338.40   248.29

  1株当たり当期純利益
  潜在株式調整後1株当たり当
       (円)   -   -   -   -   -
  期純利益
       (%)   33.7   36.4   37.9   37.3   38.9
  自己資本比率
       (%)   14.6   12.9   13.0   10.4   7.7

  自己資本利益率
       (倍)   8.5   9.7  10.5   10.0   12.2

  株価収益率
  営業活動によるキャッシュ・
       (百万円)   29,113   62,504   54,196   50,990   50,637
  フロー
  投資活動によるキャッシュ・
       (百万円)   △9,973  △32,202  △58,938  △38,388  △24,884
  フロー
  財務活動によるキャッシュ・
       (百万円)  △24,801  △26,852   11,375  △11,781  △26,799
  フロー
  現金及び現金同等物の期末残
       (百万円)   15,113   16,671   17,651   18,631   16,690
  高
       (人)   20,264   20,481   20,628   20,620   20,513
  従業員数
   (注)1.売上高には、消費税等は含まれていません。
   2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。
   3.当社は、2016年7月1日を効力発生日として普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しました。こ
    れに伴い、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益は、第118期の期首に当該株式併合が行われたと
    仮定し、算定しています    。
   4.当社は、第120期より「株式給付信託(BBT)」を導入し、当該信託が保有する当社株式を連結財務諸表におい
    て自己株式として計上しています。これに伴い、1株当たり純資産額の算定上、当該信託が保有する当社株
    式を期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めています。また、1株当たり当期純利益の算定上、当
    該信託が保有する当社株式を「普通株式の期中平均株式数」の計算において控除する自己株式に含めていま
    す。
   5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計
    年度の期首から適用しており、第121期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用
    した後の指標等となっています。
              2/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (2) 提出会社の経営指標等
     回次     第118期   第119期   第120期   第121期   第122期
    決算年月     2015年12月   2016年12月   2017年12月   2018年12月   2019年12月

       (百万円)   241,445   228,876   232,045   235,394   219,849

  売上高
       (百万円)   15,756   18,040   30,385   21,294   12,660

  経常利益
       (百万円)   26,658   15,361   26,332   20,616   17,663

  当期純利益
       (百万円)   96,557   96,557   96,557   96,557   96,557

  資本金
       (千株)   965,372   95,157   95,157   95,157   95,157

  発行済株式総数
       (百万円)   255,338   265,500   283,596   290,834   297,940

  純資産額
       (百万円)   656,657   649,760   687,728   675,856   688,683

  総資産額
       (円)  2,693.22   2,800.62   2,996.43   3,072.86   3,147.97

  1株当たり純資産額
          8.00  64.00  120.00   125.00   100.00
  1株当たり配当額
       (円)
  (うち1株当たり中間配当額)        (4.00 )  (4.00 )  (60.00 )  (60.00 )  (60.00 )
       (円)   277.60   162.03   278.01   217.82   186.62
  1株当たり当期純利益
  潜在株式調整後1株当たり当
       (円)   -   -   -   -   -
  期純利益
       (%)   38.9   40.9   41.2   43.0   43.3
  自己資本比率
       (%)   10.7   5.9   9.6   7.2   6.0

  自己資本利益率
       (倍)   11.9   21.9   15.3   15.5   16.3

  株価収益率
       (%)   28.8   61.7   43.2   57.4   53.6

  配当性向
       (人)   3,581   3,510   3,503   3,538   3,593

  従業員数
       (%)   116.2   128.2   156.7   130.4   122.3

  株主総利回り
  (比較指標:配当込みTOPIX)     (%)   (112.1 )  (112.4 )  (137.4 )  (115.5 )  (136.4 )
       (円)   382  3,845   4,415   4,525   3,635

  最高株価
             (331)
       (円)   256  1,950   3,300   3,150   2,534

  最低株価
             (210)
   (注)1.売上高には、消費税等は含まれていません。
   2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。
   3.当社は、2016年7月1日を効力発生日として普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しました。こ
    れに伴い、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益は、第118期の期首に当該株式併合が行われたと
    仮定し、算定しています    。
   4.第119期の1株当たり配当額64.00円は、中間配当額4.00円と期末配当額60.00円の合計となります。当社
    は、2016年7月1日を効力発生日として普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施していますので、
    中間配当額4.00円は株式併合前の配当額、期末配当額60.00円は株式併合後の配当額となります。なお、株
    式併合後の基準で換算した第119期の1株当たり配当額は100.00円となります。
   5.当社は、第120期より「株式給付信託(BBT)」を導入し、当該信託が保有する当社株式を財務諸表において自
    己株式として計上しています。これに伴い、1株当たり純資産額の算定上、当該信託が保有する当社株式を
    期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めています。また、1株当たり当期純利益の算定上、当該信
    託が保有する当社株式を「普通株式の期中平均株式数」の計算において控除する自己株式に含めています。
   6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当事業年度
    の期首から適用しており、第121期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した
    後の指標等となっています。
              3/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   7. 当社は、2016年7月1日を効力発生日として普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施したため、第
    118期及び第119期の株主総利回りについては、当該株式併合による影響を考慮して記載しています。
   8.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものです。
   9.2016年7月1日をもって普通株式10株を1株に併合したため、第119期の株価については、株式併合後の最
    高・最低株価を記載し、(     )内に株式併合前の最高・最低株価を記載しています。
              4/124



















                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  2【沿革】
  年月          沿革
  1908年2月  東京・本所において印刷インキ製造業川村インキ製造所として創業。
  1924年11月  大阪出張所(現大阪支店)を開設。
  1937年2月  化成品部門を分離し、日本染料薬品製造株式会社を設立。
  同 年同月  資本金100万円の法人組織となし、商号を大日本インキ製造株式会社として設立。
    (設立登記日  1937年3月15日)
  1944年9月  日本染料薬品製造株式会社を吸収合併。
  1945年3月  本店(本社工場)を本所より板橋に移転。(現東京工場)
  1949年3月  東京営業所を開設。
  1950年5月  株式を東京証券取引所に上場。
  1952年2月  米国の合成樹脂メーカー    Reichhold  Chemicals,  Inc.との合弁出資により、各種合成樹脂の製造・販売
    を行う日本ライヒホールド化学工業株式会社(以下JRCと略す)を設立。
  1959年9月  美川工場(現北陸工場)が操業開始。
  1960年11月  JRCが株式を店頭公開。
  1961年11月  JRCが株式を東京証券取引所市場第二部に上場。
  1962年9月  千葉工場が操業開始。
  同 年10月  JRCを吸収合併し、商号を大日本インキ化学工業株式会社と変更。
  同 年同月  大阪支社(現大阪支店)を設置。
  1968年1月  米国Hercules  Inc.との合併により、製紙用薬品事業を行うディック・ハーキュレス株式会社(後の日本
    ピー・エム・シー株式会社、現星光PMC株式会社、現連結子会社)を設立。
  1971年10月  堺工場が操業開始。
  1972年5月  鹿島工場が操業開始。
  1979年3月  米国の印刷材料メーカー    Polychrome  Corp.(1989年10月   Sun Chemical  Corp.に吸収合併)を株式の公
    開買付により買収。
  1982年3月  埼玉工場が操業開始。
  同 年8月  株式会社ディック・クリエーション(現株式会社ルネサンス、現関連会社)を設立。
  1986年12月  米国 Sun Chemical  Corporationのグラフィックアーツ部門を買収。新Sun         Chemical  Corp.(現連結子会
    社)として発足。
  1987年9月  米国 Reichhold  Chemicals,  Inc.を株式の公開買付により買収。
  1990年5月
    群馬工場(現DICグラフィックス株式会社群馬工場)が操業開始。
  1996年12月  日本ピー・エム・シー株式会社(現星光PMC株式会社)が株式を東京証券取引所市場第二部に上場。
  1997年12月  米国 Eastman  Kodakとの合弁出資により、印刷材料メーカーKodak         Polychrome  Graphics(以下KPGと略
    す。現コダック合同会社)を設立。
  1999年12月  フランス  Totalfina  S.A.他より印刷インキ事業(Coatesグループ)を買収。
  2001年10月  アジア・オセアニア地区における地域統括持株会社としてDIC           Asia Pacific  Pte Ltd(現連結子会社)を
    設置。
  2003年7月  中国における当社グループの統括持株会社として迪愛生投資有限公司(現連結子会社)を設立。
  同 年12月  株式会社ルネサンスが株式をJASDAQに上場。
  2004年12月  株式会社ルネサンスが株式を東京証券取引所市場第二部に上場。
  2005年4月  KPGから出資分の資本償還を受けたことにより、米国         Eastman  KodakがKPGを100%子会社化。
  同 年9月
    ReichholdグループをMBO方式により売却。
  2006年3月
    株式会社ルネサンスが株式を東京証券取引所市場第一部に上場。
  2008年4月
    創業100周年を機に、商号をDIC株式会社に変更。
  2009年10月
    大日本印刷株式会社の子会社であるザ・インクテック株式会社(現株式会社DNPファインケミカル)
    と国内印刷インキ事業を統合し、DICグラフィックス株式会社を設立。
  2012年1月
    星光PMC株式会社が株式を東京証券取引所市場第一部に上場。
  2017年1月
    太陽ホールディングス株式会社と資本業務提携。
              5/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  3【事業の内容】
    当社グループは、当社と連結子会社151社及び関連会社22社により構成されています。
    当社は、2019年1月1日より、中期経営計画「DIC111」の開始に伴い、セグメント区分を変更しました。
   下表は変更後のセグメント名称・区分によって記載しています。
    なお、次の3セグメントは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げる
  セグメントの区分と同一です。
   セグメント     製品本部       主 要 製 商 品

           グラビアインキ、フレキソインキ、オフセットインキ、新聞イ
      プリンティングマテリアル     ンキ、ジェットインキ、製缶塗料、セキュリティインキ、印刷
           用プレート、印刷関連消耗材
  パッケージング&
   グラフィック
      パッケージングマテリアル     ポリスチレン、   多層フィルム、包材用接着剤
           光輝材、カラーフィルタ用顔料、化粧品用顔料、インキ用顔

       カラーマテリアル
           料、塗料・プラスチック用顔料     、ヘルスケア食品
  カラー&ディスプレイ
       ディスプレイマテリアル     TFT液晶、STN液晶
           インキ・塗料用、成形用、接着用、繊維加工用の各種合成樹脂
           (ポリエステル、エポキシ、ウレタン、アクリル、フェノー
      パフォーマンスマテリアル
           ル、改質剤)、製紙用薬品、金属石鹸、アルキルフェノール          、
           硫化油
  ファンクショナル
   プロダクツ
           PPSコンパウンド、樹脂着色剤、      住宅内装建材、パレット、
           コンテナー、工業用粘着テープ、中空糸膜、中空糸膜モジュー
       コンポジットマテリアル
           ル、 繊維着色剤、機能性光学材料     、シート・モールディング・
           コンパウンド、化粧板
              6/124












                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   以上を事業系統図によって示すと、次のとおりです。
              7/124




















                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  4【関係会社の状況】
  (1) 連結子会社
               議決権
          資本金     の所有
    名称    住所     事業の内容      関係内容
         (百万円)     割合
               (%)
  パッケージング&グラフィック
                当社より印刷インキ原料を購入していま
           印刷インキ等の製     す。
       東京都中央区
  DICグラフィックス㈱         500    66.6
           造、販売     役員の兼任等 有
                債務保証 有
           サンケミカルグ
           -
  Sun Chemical Group
       Weesp,     ループ会社に対す   100.0
          (Eur       役員の兼任等 有
           る資金の貸付及び
  Coöperatief  U.A.   Netherlands        (100.0)
         1,501,852千)
           投資
           印刷インキ及び有
       New Jersey,
          US$      100.0
  Sun Chemical Corp.
           機顔料の製造、販     役員の兼任等 有
        U.S.A.  500,001千     (100.0)
           売
           印刷インキ及び有     当社で販売する有機顔料等を製造していま
       Jakarta,   IDR      100.0
  PT. DIC GRAPHICS
           機顔料の製造、販     す。
       Indonesia  450,969百万     (100.0)
           売     役員の兼任等 有
           印刷インキ、イン     当社より印刷インキ原料を購入していま
       南通,   RMB      100.0
  南通迪愛生色料有限公司          キ中間体及び有機     す。
        中国 325,609千     (47.4)
           顔料の製造、販売     役員の兼任等 有
                当社より印刷インキ原料を購入していま
       Kolkata,   Rs  印刷インキの製    71.8
  DIC India Limited
                す。
          91,789千  造、販売
        India       (71.8)
                役員の兼任等 有
           印刷インキ、繊維
                当社より印刷インキ原料を購入していま
  DIC Graphics (Thailand)  Co.,
       Bangkok,  Baht  用着色剤及びプラ    97.5
                す。
        Thailand  637,000千  スチック用着色剤   (97.5)
  Ltd.
                役員の兼任等 有
           の製造、販売
                当社より印刷インキ原料を購入していま
       Selangor,   MYR  印刷インキの製   100.0
  DIC (MALAYSIA)  SDN. BHD.
                す。
          57,436千  造、販売
        Malaysia       (100.0)
                役員の兼任等 有
           印刷インキの製     当社より印刷インキ原料を購入していま
       Auburn,   A$      100.0
  DIC Australia  Pty Limited
           造、販売及び当社     す。
          5,198千
       Australia       (100.0)
           関連製品の販売     役員の兼任等 有
  その他93社
  カラー&ディスプレイ
       青島,   RMB  液晶材料の製造及   100.0

  青島迪愛生精細化学有限公司              役員の兼任等 有
        中国  93,646千  び販売、研究開発
               (10.0)
                当社にスピルリナ製品を販売しています。

       California,  US$  スピルリナ関連製   100.0
  Earthrise  Nutritionals  LLC
                役員の兼任等 有
          16,700千 品の製造、販売
        U.S.A.       (100.0)
                貸付金 有
  その他6社

              8/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
               議決権
          資本金     の所有
    名称    住所     事業の内容      関係内容
               割合
         (百万円)
               (%)
  ファンクショナルプロダクツ
           製紙用薬品及び印
           刷インキ用・記録     当社に印刷インキ原料を販売しています。
  星光PMC㈱     東京都中央区    2,000     54.5
           材料用樹脂の製     役員の兼任等 有
           造、販売
           建材、塗料、住宅
           設備機器、印刷加     当社より建材塗料等を購入しています。
  DICデコール㈱     埼玉県桶川市    480 工シート及び加飾   100.0 役員の兼任等 有
           製品等の製造、販     債務保証 有
           売
                当社で販売するPPSコンパウンドの原料
           PPSポリマの製     を製造しています。
       千葉県袖ヶ浦市
  DIC EP㈱         100    100.0
           造、販売     役員の兼任等 有
                貸付金 有
           不飽和ポリエステ
           ル樹脂及びビニル     当社より合成樹脂原料を購入しています。
       東京都中央区
  DICマテリアル㈱         450    100.0
           エステル樹脂の製     役員の兼任等 有
           造、販売
       埼玉県さいたま     プラスチック成形     役員の兼任等 有

  DICプラスチック㈱         100    100.0
       市     品の製造、販売     債務保証 有
           合成樹脂の製造、     当社より合成樹脂原料を購入しています。

  DIC北日本ポリマ㈱     宮城県刈田郡    100    100.0
           販売     役員の兼任等 有
                当社よりSMC用原料を購入しています。

           FRP成形材料及
                役員の兼任等 有
  DIC化工㈱     千葉県富里市    450 びFRP成形品の   100.0
                貸付金 有
           製造、販売
                債務保証 有
                当社へ合成樹脂を販売しています。

           合成樹脂の製造、
  DIC九州ポリマ㈱     大分県中津市    100    100.0 役員の兼任等 有
           販売
                貸付金 有
  Siam Chemical Industry Co.,

       Bangkok,   Baht  合成樹脂の製造、   100.0 当社より合成樹脂原料を購入しています。
          130,000千  販売     役員の兼任等 有
        Thailand       (64.0)
  Ltd.
           合成樹脂及びPP

       張家港,   RMB      100.0 当社より合成樹脂原料を購入しています。
  張家港迪愛生化工有限公司          Sコンパウンドの
        中国 206,686千      役員の兼任等 有
               (100.0)
           製造、販売
       常州,   RMB  合成樹脂の製造、   100.0

  常州華日新材有限公司              役員の兼任等 有
        中国 127,019千  販売
               (40.0)
                当社で販売する合成樹脂等を製造していま

       台北,   NT$  合成樹脂の製造、
  立大化工股份有限公司             51.0 す。
        台湾 160,000千  販売
                役員の兼任等 有
       中山,   RMB  合成樹脂及び金属   100.0 当社より合成樹脂原料を購入しています。

  迪愛生合成樹脂(中山)有限公司
        中国 135,498千  石鹸の製造、販売     役員の兼任等 有
               (10.0)
              9/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
               議決権
          資本金     の所有
    名称    住所     事業の内容      関係内容
               割合
         (百万円)
               (%)
           樹脂着色剤及びコ
                当社で販売する樹脂着色剤及びコンパウン
  DIC COMPOUNDS  (MALAYSIA)  SDN
       Penang,   MYR  ンパウンド、PP   100.0
                ドを製造しています。
          19,600千  Sコンパウンドの
        Malaysia       (10.0)
  BHD
                役員の兼任等 有
           製造、販売
           プラスチック用着
                当社で販売する樹脂着色剤及び繊維用着色
       Jakarta,   IDR  色剤、繊維用着色
  PT. DIC Astra Chemicals
                剤を製造しています。
               75.0
         32,310百万  剤及びその他着色
       Indonesia
                役員の兼任等 有
           剤の製造、販売
  その他17社
  その他
           グループ会社に対

  合同会社DIC
       東京都中央区    91 する資金の貸付及   100.0 役員の兼任等 有
  インベストメンツ・ジャパン
           び投資
           アジア・オセアニ
           ア地域のグループ
       Singapore,   S$  会社に対する資金
  DIC Asia Pacific Pte Ltd
               100.0 役員の兼任等 有
          310,161千  の貸付、投資及び
       Singapore
           当社関連製商品の
           製造、販売
           中国地域のグルー
       上海,   RMB
  迪愛生投資有限公司          プ会社に対する資     役員の兼任等 有
               100.0
        中国 697,380千
           金の貸付、投資
  その他6社

             10/124












                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (2) 持分法適用関連会社

              議決権
         資本金     の所有
    名称    住所     事業の内容      関係内容
         (百万円)     割合
              (%)
           太陽グループ会社
  太陽ホールディングス㈱     埼玉県比企郡    9,428 に対する資金の貸    19.7 役員の兼任等 有
           付及び投資
           スポーツクラブ事
  ㈱ルネサンス     東京都墨田区    2,210 業及び介護リハビ    23.0 役員の兼任等 有
           リ事業
                当社よりプラスチックシート類の原料を購
           プラスチックシー
  サンディック㈱     東京都中央区    1,500     50.0 入しています。
           ト類の製造、販売
                役員の兼任等 有
      ソウル,   Won  合成樹脂の製造、

  江南化成㈱             50.0 役員の兼任等 有
        韓国 7,000百万  販売
  その他18社

   (注)1.特定子会社に該当するのは、Sun        Chemical  Group Coöperatief  U.A.、Sun  Chemical  Corp.、DIC  Asia
    Pacific  Pte Ltd、 迪愛生投資有限公司   、合同会社DICインベストメンツ・ジャパンの5社です。
   2.有価証券報告書を提出している会社は、星光PMC㈱、太陽ホールディングス㈱、㈱ルネサンスの3社で
    す。
   3.資本金が零又は資本金に該当する金額が無い関係会社については、資本金に相当する金額として資本準備金
    (又はそれに相当する金額)を資本金欄において        ()内で表示しています。
   4.議決権の所有割合欄の(     )内数字は、間接所有割合で内数です。
   5.連結財務諸表に重要な影響を与えている、債務超過の状況にある関係会社はありません。
   6.太陽ホールディングス㈱に対する議決権の所有割合は19.7%ですが、実質的な影響力を持っているため、当
    社の関連会社としています。
   7. Sun Chemical  Group Coöperatief  U.A. は、その売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売
    上高に占める割合が10%を超えており、その主要な損益情報等は以下のとおりです。なお、Sun                Chemical
    Group Coöperatief  U.A. は、連結ベースで決算を行っており、以下の主要な損益情報等も連結ベースです。
              (百万円)

    Sun Chemical  Group Coöperatief  U.A.
           売上高    315,072
           経常利益    13,434

           当期純利益    6,102

           純資産額    156,998

           総資産額    258,151

             11/124







                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  5【従業員の状況】
  (1) 連結会社の状況
                   2019年12月31日現在
                従業員数(人)
      セグメント
                     10,823

  パッケージング&グラフィック
                     2,614
  カラー&ディスプレイ
                     5,256

  ファンクショナルプロダクツ
                     661

  その他
  全社(共通)                   1,159
                     20,513

      合計
  (2) 提出会社の状況

                   2019年12月31日現在
   従業員数(人)     平均年齢(歳)     平均勤続年数(年)     平均年間給与(円)
      3,593     43.4     18.9    7,681,044

                従業員数(人)

      セグメント
                     428

  パッケージング&グラフィック
                     409
  カラー&ディスプレイ
                     1,597

  ファンクショナルプロダクツ
  全社(共通)                   1,159
                     3,593

      合計
   (注)平均年間給与は、基準内賃金のほか、基準外賃金及び年間賞与を含んでいます。
  (3) 労働組合の状況

    当社の労使は、相互理解を基調に円満な関係にあり、会社と労働組合との間に特記すべき事項はありません。
             12/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  第2【事業の状況】
  1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
   文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在における判断に基づくものであり、その達成を保証するものでは
  ありません。
  (1)経営の基本方針

   当社グループは「経営理念」「経営ビジョン」「行動指針」の3つの要素から構成される「The                 DIC WAY」を経営の
  基本的な考え方としています。
   「経営理念」は当社グループが追い求める究極的な「ありたい姿」を、「経営ビジョン」は「経営理念」を実現する
  ために当社グループが進むべき事業の大きな方向性を、「行動指針」は「経営理念」を実現するにあたり当社グループ
  社員が、常に心に刻み、具体的な行動の道標にすべき行動原則をそれぞれ表しています。
  The DIC WAY

  [経営理念]

   絶えざるイノベーションにより豊かな価値を創造し、顧客と社会の持続可能な発展に貢献する
  [経営ビジョン]

   化学で彩りと快適を提案する       -Color &Comfort  by Chemistry  -
  [行動指針]

   進取、誠実、勤勉、協働、共生
  (2)当社グループの経営環境及び対処すべき課題

   当連結会計年度の当社グループを取り巻く事業環境は、世界の景気は全体として緩やかに回復したものの、通商問
  題や英国のEU離脱など先行きが見通しにくい中で不安定な状態が続きました。北米及び欧州においては、北米で景気
  の回復が続いた一方で、欧州の景気は弱い回復となりました。アジアにおいては、中国の景気は緩やかな減速が続き
  ましたが、東南アジアや南アジアの景気は弱い動きとなりました。国内においては、景気は緩やかに回復しました。
   このような事業環境の中で、     当社グループは、   2021年度を最終年度とする中期経営計画「DIC111」を策定しまし
  た。当社が目指す事業領域を、成長性、収益性、資本効率等の「経済的価値」と、社会要請を踏まえた「社会的価
  値」、これら2つの価値が両立する事業領域とし、以下の基本戦略を実行していきます。
   1.成長実現にむけたポートフォリオ転換

   ・Value  Transformation
   セグメントごとに進むべき事業領域を特定し、質的転換を進めます。
   ・New Pillar Creation
   社会課題、社会変革と当社グループのコンピタンスとの交点を重点領域と定め、次世代事業創出を加速します。
   2.グローバル経営、ESG経営及び安全経営を下支えする経営基盤の強化

   3.戦略投資を実行しつつ、財務体質と株主還元とのベストバランスを追求するキャッシュフローマネジメント並び

   に大型買収案件についての確実な経営統合       (PMI) の推進及びシナジーの追求
   (注)大型買収に係る重要な契約については、「4.経営上の重要な契約等」に記載しています。
  (3)目標とする経営指標

   中期経営計画「   DIC111 」における目標とする経営指標は次のとおりです。
                                   (単位:億円)
        2019年度計画   2020年度計画   2021年度計画
  売上高       8,500   9,000   9,500
  営業利益       520   600   700
  売上高営業利益率       6.1%   6.7%   7.4%
  親会社株主に帰属する当期
          350   370   450
  純利益
  EBITDA (注)
          870   910   1,020
  売上高EBITDA率       10.2%   10.1%   10.7%
  ROE         10~12%
  (注)EBITDA=親会社株主に帰属する当期純利益+法人税等合計+支払利息-受取利息+減価償却費+のれん償却額
             13/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  2【事業等のリスク】
   当社グループは、経営環境の変化やリスクの多様化に適切かつ柔軟に対応するとともに、発現したリスクによる損
  害を速やかに最小限に抑えるため、リスクマネジメント活動を進めています。事業継続に支障を来たすおそれのあ
  る、あらゆるリスクをBCM(事業継続マネジメント)の想定対象とし、これらを発生する可能性、経営に与える影
  響度等から総合的に評価し、重要度の高いものからリスク対策に取り組んでいます。
   しかし、有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関して、以下のようなリスクが顕在化した場合に
  は、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があります。
   なお、将来に関する事項についての記載は、当連結会計年度末現在における判断に基づくものであり、当社グルー
  プに関する全てのリスクを網羅したものではありません。
  1.需要業界・地域の動向

   当社グループは、素材から加工に至る様々な製品群を広範な産業に提供しています。これらの業界において需要の
  低迷、競争の激化等が生じた場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
   また、当社グループは世界各国で事業活動を行っているため、所在国において、景気の悪化、競争の激化、カント
  リーリスクの顕在化等の状況が生じた場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
  2.為替レートの変動

   当社グループは、世界各国で事業活動を行っており、在外子会社等の財務諸表項目の円換算額は為替レートの変動
  による影響を受けるため、為替レートに大幅な変動が生じた場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える
  可能性があります。
   また、輸出入等の外貨建取引について、為替予約等によりリスクを軽減する措置を講じていますが、同様の可能性
  があります。
  3.原料調達

   当社グループの事業に用いる原料には、原油・ナフサ等に由来する石油化学系誘導品が多く含まれています。複数
  購買等の施策により安価で安定した調達を目指していますが、国際商品市況の急激な変動により原料価格が大幅に上
  昇した場合、又は、需給バランスの逼迫化により原料の調達が困難になった場合には、当社グループの業績及び財務
  状況に影響を与える可能性があります。
  4.有利子負債

   当社グループは、有利子負債による資金調達を実施しており、           金融市場に急激な変動が起こった場合には、当社グ
  ループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
  5.固定資産の減損

   当社グループの資産の時価が著しく下落した場合、又は事業の収益性が悪化した場合には、減損会計の適用により
  固定資産の減損損失が発生し、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
  6.繰延税金資産

   当社グループは、繰越欠損金及び将来減算一時差異に対して繰延税金資産を計上しています。繰延税金資産の計算
  は、将来の課税所得に関する予測・仮定に基づいており、その予測・仮定が変更された場合、又は、税率変更を含む
  税制改正等があった場合は、繰延税金資産の計算の見直しが必要になり、当社グループの業績及び財務状況に影響を
  与える可能性があります。
  7.退職給付債務

   当社グループの退職給付債務及び退職給付費用は、年金数理計算上使用される各種の基礎率と年金資産の運用利回
  りなどに基づき計算されています。年金資産の変動、金利動向、退職金・年金制度の変更等に伴う退職給付債務及び
  退職給付費用の変動が、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
  8. 公的規制

   当社グループは、世界各国で事業活動を行っており、各種許認可のほか、商取引、安全、環境、労働、租税などに
  関する様々な法規制の適用を受けています。当社グループでは、すべての国の法律、国際ルールの遵守にとどまら
  ず、ビジネスを実践する上で遵守すべき行動原則として「DICグループ行動規範」を制定し、この行動規範の啓蒙・
  教育を含めコンプライアンス体制の構築に努めています。しかし、今後、規制の強化や変更により、事業活動が制限
  されたり、対応コストが発生した場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
             14/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  9.紛争、訴訟等
   当社グループは、国内外の事業活動に関連して、紛争、訴訟、行政処分等の対象となる可能性があります。その結
  果、 当社グループに損害賠償責任や制裁金の支払等が生じた場合には、当社グループの信用、業績及び財務状況に影
  響を与える可能性があります。
  10.製品の品質

   当社グループは、製品企画から、設計開発、原材料調達、製造、販売に至るすべてのプロセスにおいて、品質向上
  を目指した取り組みを行っています。しかし、製品の欠陥や製造物責任訴訟の提起といった事象が発生し、製品回
  収、損害賠償、又は社会的信用の失墜につながった場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性が
  あります。
  11.知的財産

   当社グループは、競争力基盤の強化のため、様々な知的財産権を保有し、維持・管理していますが、第三者による
  侵害や訴訟の提起が当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
  12.災害、事故

   当社グループは、災害や事故発生時の被害を最小限にとどめ、速やかな復旧により事業を円滑に継続できる体制の
  整備と維持に努めています。また、生産機能の相互補完をはじめとしたBCP(事業継続計画)の策定・更新など、
  継続的にリスク対策を図っています。しかし、予想を上回る規模の地震や台風等の自然災害に見舞われた場合、又
  は、火災等の事故が発生した場合には、人的、物的損害のほか、事業活動の停止、制約等により、当社グループの業
  績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
  13.情報管理

   当社グループは、様々な情報システムを使用して事業活動を行っており、その重要性が高まっています。そのた
  め、情報セキュリティの確保に取り組んでいますが、ウイルス感染等による大量のデータ逸失、情報漏えい、システ
  ム障害等が発生した場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
  14.企業買収、資本提携、事業再構築

   当社グループは、基盤事業の安定化、成長牽引事業の拡充、次世代事業の創出といった観点で、企業買収、資本提
  携等を模索しています。これらの実施に際しては、経済的価値、相手企業の調査を十分に行い決定しますが、事業活
  動には予想できない様々な不確実性が伴います。その結果、当初期待していた効果が得られない場合には、当社グ
  ループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
   また、当社グループは、企業価値の増大に向けて事業の選択と集中に取り組んでいます。この過程において事業再
  構築に伴う一時損失が発生し、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
  15.気候変動への対応

   当社グループは、事業活動を通じてCO₂排出量の削減に取り組み、気候変動リスクの低減に努めていますが、気候
  変動に関連する移行リスクや物理的リスクが顕在化する場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能
  性があります。
   気候変動に関する移行リスクとして、脱炭素社会への急速な移行に対応できず、原燃料価格の上昇やこれに伴う電
  力価格の上昇などに伴うコストの増加により、収益性が低下する可能性があります。物理的リスクとしては、異常気
  象の深刻化により、生産オペレーションやサプライチェーンに悪影響を及ぼし、生産能力の低下や製品供給の遅延と
  いった事態を引き起こす可能性があります。
   一方で当社グループは、気候変動をビジネスの機会と捉え、低炭素製品・サービスの開発及び普及等に取り組むと
  いった事業活動を通じて、気候変動に関する社会課題の解決を目指します。
             15/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
   文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在における判断に基づくものであり、その達成を保証するものではあ
  りません。
  (1)経営成績等の状況の概要

  ①経営成績
  当連結会計年度の業績は次のとおりです。
                (単位:億円)
                現地通貨ベース
      前連結会計年度   当連結会計年度    前年同期比
                前年同期比
  売上高      8,055   7,686   △4.6%    △1.3%

  営業利益      484   413   △14.6%    △8.7%

  経常利益      487   413   △15.2%    -

  親会社株主に帰属す
        320   235   △26.6%    -
  る当期純利益
  EBITDA      814   674   △17.2%    -
  US$/円(平均)      110.46   109.11   △1.2%    -

  EUR/円(平均)      130.46   122.13   △6.4%    -

  EBITDA:親会社株主に帰属する当期純利益+法人税等合計+支払利息-受取利息+減価償却費+のれん償却額
   当連結会計年度(2019年1月~12月)における当社グループの業績は、売上高は前年同期比4.6%減の7,686億円でし

  た。現地通貨ベースでは1.3%の減収となりました。世界的に景気減速の影響がみられ、電気・電子や自動車向け材料を
  中心に広範な分野で出荷が落ち込みました。
   営業利益は、前年同期比14.6%減の413億円でした。現地通貨ベースでは8.7%の減益となりました。高付加価値製品を
  中心に出荷数量が落ち込んだことに加えて、一部品目で製品価格が低下したことにより減益となりました。また、円高に
  よる海外事業の換算目減りも利益を押し下げました。減益幅は、原料価格の低下や合理化によるコスト削減効果により第
  1四半期を底に改善しました。特に、中国・東南アジアにおいては第2四半期から増益に転じました。
   経常利益は、前年同期比15.2%減の413億円でした。
   親会社株主に帰属する当期純利益は、前年同期比26.6%減の235億円でした。事業の効率化に係る特別損益が発生した
  ことに加えて、災害や買収関連の一時費用が発生しました。
   EBITDAは、前年同期比17.2%減の674億円でした。親会社株主に帰属する当期純利益の減少などにより減益となりまし
  た。
  また、 各セグメントの業績は次のとおりです。

                   (単位:億円)
        売  上  高        営 業 利 益
  セ グ メ ン ト
            現地通貨        現地通貨
      前連結  当連結  前年    前連結  当連結  前年
            ベース        ベース
      会計年度  会計年度  同期比    会計年度  会計年度  同期比
            前年同期比        前年同期比
  パッケージング&
      4,347  4,164 △4.2%  +0.6%   199  192 △3.6%  +8.0%
  グ ラ フ ィ ッ ク
  カラー&ディスプレイ
      1,241  1,164 △6.2%  △3.8%   150  108 △28.0%  △25.4%
  ファンクショナル
      2,821  2,686 △4.8%  △3.6%   208  192 △7.6%  △6.6%
  プ ロ ダ ク ツ
  その他、全社・消去
      △354  △328  -  -  △73  △79  -  -
   計

      8,055  7,686 △4.6%  △1.3%   484  413 △14.6%  △8.7%
  (注)2019年度より中期経営計画「DIC111」の開始に伴い、セグメントを変更しました。なお、前連結会計年度につい
  ては、変更後のセグメントに組み替えて記載しています。
  中期経営計画「DIC111」の詳細は、https://www.dic-global.com/ja/ir/management/plan.html                をご覧ください。
             16/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   [パッケージング&グラフィック]
                 現地通貨ベース

              前年同期比
       前連結会計年度   当連結会計年度
                 前 年 同 期 比
        4,347   4,164   △4.2 %  +0.6 %
    売 上 高     億円   億円
    営 業 利 益  199   192   △3.6 %  +8.0 %
         億円   億円
   売上高は、前年同期比4.2%減の4,164億円でした。現地通貨ベースでは0.6%の増収となりましたが、ユーロ及び新興

  国通貨安の影響により円貨ベースで目減りしました。食品包装分野では、パッケージ用インキは、アジアや南米などの新
  興国を中心として増収となりました。ポリスチレンは、出荷数量は増加しましたが、原料価格の低下に伴う製品値下げの
  影響により減収となりました。出版や新聞を主用途とする出版用インキは、需要減少により減収となりました。一方で、
  デジタル印刷で使用されるジェットインキは増収となりました。
   営業利益は、前年同期比3.6%減の192億円でした。現地通貨ベースでは8.0%の増益となりました。品目構成の改善や
  合理化の効果に加えて、主にアジアで原料価格が低下しました。しかしながら、売上高と同様に円貨ベースでは目減りし
  ました。
   [カラー&ディスプレイ]

                 現地通貨ベース

              前年同期比
       前連結会計年度   当連結会計年度
                 前 年 同 期 比
        1,241   1,164   △6.2 %  △3.8 %
    売 上 高     億円   億円
    営 業 利 益        △28.0 %  △25.4 %
        150 億円   108 億円
   売上高は、前年同期比6.2%減の1,164億円でした。色材分野では、化粧品用顔料や一般顔料の出荷が貿易摩擦の影響な

  どにより低調に推移しました。ディスプレイ分野では、カラーフィルタ用顔料の出荷は堅調に推移しましたが、TFT液
  晶は競争激化に伴う製品価格の低下により減収となりました。
   営業利益は、前年同期比28.0%減の108億円でした。TFT液晶の製品価格低下のほか、一般顔料の出荷低調により大
  幅減益となりました。また、中国における環境規制の強化や貿易摩擦に伴って顔料の原料価格が上昇したことも利益を圧
  迫しました。
   [ファンクショナルプロダクツ]

                 現地通貨ベース

              前年同期比
       前連結会計年度   当連結会計年度
                 前 年 同 期 比
        2,821   2,686   △4.8 %  △3.6 %
    売 上 高     億円   億円
    営 業 利 益         △7.6 %  △6.6 %
        208 億円   192 億円
   売上高は、前年同期比4.8%減の2,686億円でした。自動車の軽量化や電装化に伴って用途が拡大しているPPSコンパ

  ウンドは、世界的な自動車生産台数の減少影響を受けて出荷が低調に推移しました。スマートフォンや半導体分野を主用
  途とするエポキシ樹脂や工業用テープは、景気減速の影響を受けて出荷が落ち込みました。合成樹脂全般も景気減速の影
  響を受けて低調に推移しましたが、概ね第1四半期を底に回復がみられました。
   営業利益は、前年同期比7.6%減の192億円でした。全般的な出荷の落ち込みにより減益となりました。営業利益率は、
  エポキシ樹脂など高付加価値製品の出荷が第1四半期を底に回復したことや原料価格が低下したことより徐々に改善しま
  した。
  ②キャッシュ・フロー

  [営業活動によるキャッシュ・フロー]         506億円(前連結会計年度        510億円)

    当連結会計年度は、税金等調整前当期純利益が        347億円 、減価償却費が   331億円 となりました。また、法人税等に
   71億円 を支払い、運転資本の増加により82      億円の資金を使用しました。以上の結果、営業活動により得られた資金
   の総額は  506億円 となりました。
             17/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  [投資活動によるキャッシュ・フロー]         △249億円  (前連結会計年度    △384億円  )

    当連結会計年度は、設備投資に      350億円 、子会社株式の取得により13億円の資金を使用しました。一方で、関係会
   社株式及び出資金の売却により     95億円 を取得しました。以上の結果、投資活動に使用した資金の総額は           249億円 とな
   りました。
  [財務活動によるキャッシュ・フロー]         △268億円(前連結会計年度      △118億円)

    当連結会計年度は、有利子負債の返済に126        億円の資金を使用し、剰余金の配当として       118億円 を支払いました。
   以上の結果、財務活動に使用した資金の総額は        268億円 となりました。
  (キャッシュ・フロー関連指標の推移)

           2017年度   2018年度   2019年度

            37.9   37.3

   自己資本比率       (%)         38.9
            48.5   39.8

   時価ベースの自己資本比率       (%)         35.8
   キャッシュ・フロー対
            4.9   5.2
         (年)          5.0
   有利子負債比率
   事業収益インタレスト・
            16.5   10.3
         (倍)         11.9
   カバレッジ・レシオ
   (注)1.各指標の算式は以下のとおりです。
    自己資本比率      :(純資産-非支配株主持分)/総資産
    時価ベースの自己資本比率      :株式時価総額(期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後))/総資産
    キャッシュ・フロー対有利子負債比率       :有利子負債/営業キャッシュ・フロー
    事業収益インタレスト・カバレッジ・レシオ:(営業利益+受取利息+受取配当金)/支払利息
    2.各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しています。
    3.有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている借入金、社債及びリース債務を対象にしています。
    営業キャッシュ・フローは連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用しています。
    また、支払利息については、連結損益計算書の支払利息を使用しています。
    4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)             等を当連結会計年度の期首から適用
    しており、2018年度に係るキャッシュ・フロー関連指標については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標となっていま
    す。
  ③生産、受注及び販売の実績

  (イ) 生産実績
    当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと次のとおりです。
          金額(百万円)       前年同期比(%)

    セグメント
              386,022        -
  パッケージング&グラフィック
              109,594        -
  カラー&ディスプレイ
              262,450        -
  ファンクショナルプロダクツ
              758,066        -
  報告セグメント計
               -       -
  その他
              758,066        -
     計
   (注)1.生産実績は期中平均販売価格により算出しています。
   2.上記の金額には、消費税等は含まれていません。
   3.当社は、中期経営計画「DIC111」の開始に伴い、2019年1月1日付けでセグメント区分を変更しています。
    そのため、前年同期比については記載していません。
  (ロ) 受注実績

    当社グループは、主として見込生産を行っているため、該当事項はありません。
             18/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (ハ) 販売実績
    当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと次のとおりです。
          金額(百万円)       前年同期比(%)

    セグメント
              416,377        -
  パッケージング&グラフィック
              86,500        -
  カラー&ディスプレイ
              265,248        -
  ファンクショナルプロダクツ
              768,125        -
  報告セグメント計
              443       -
  その他
              768,568        -
     計
  (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しています。
   2.上記の金額には、消費税等は含まれていません。
   3.当社は、中期経営計画「DIC111」の開始に伴い、2019年1月1日付けでセグメント区分を変更しています。
    そのため、前年同期比については記載していません。
  (2)経営者の視点による財政状態、経営成績等の状況の分析

  ① 経営成績の分析
  経営成績の分析については、「(1)経営成績等の状況の概要          ①経営成績」に記載しています。

  ② 財政状態の分析

   当連結会計年度の資産の部は、      主に退職給付に係る資産及び有形固定資産の増加などにより          、前連結会計年度末と

  比べて18億円増加し、8,031億円となりました。負債の部は、主に           有利子負債の減少など    により、前連結会計年度末
  比144億円減の4,596億円となりました。また、純資産の部は、           親会社株主に帰属する当期純利益の計上や配当金の支
  払に加えて、株価の上昇の影響など      により、前連結会計年度比162億円増の3,435億円となりました。
   なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)                等を当連結会計
  年度の期首から適用しており、当該会計基準等を遡って適用した後の前連結会計年度末の数値で比較しています。
  ③ 資本の財源及び資金の流動性

   キャッシュ・フローの状況については、「(1)経営成績等の状況の概要            ②キャッシュ・フロー」に記載していま

  す。
   当社グループの運転資金需要のうち主なものは、原材料等の購入のほか、製造費、販売費及び一般管理費等の営業
  費用です。投資を目的とした資金需要は、設備投資、子会社株式及び出資金の取得、関連会社株式及び出資金の取得
  等によるものです。今後の設備投資計画等については、「第3 設備の状況 3.設備の新設、除却等の計画」に記
  載しています。
   これらの資金需要に対して当社グループは、運転資金については、自己資金のほか短期借入金及びコマーシャル・
  ペーパーの発行により、また設備投資等の長期資金については、長期借入金及び社債で調達を行っています。
   なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は2,526億円です。また、当連結
  会計年度末における現金及び現金同等物の残高は167億円です。
             19/124







                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (3)経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

  当連結会計年度における中期経営計画「DIC111」の達成状況は次のとおりです。
                   (単位:億円)
        2019年度計画   2019年度実績   2020年度計画   2021年度計画
   売上高       8,500   7,686   9,000   9,500
   営業利益       520   413   600   700
   売上高営業利益率       6.1%   5.4%   6.7%   7.4%
   親会社株主に帰属する
          350   235   370   450
   当期純利益
          870       910   1,020
   EBITDA(注)           674
          10.2%    8.8%   10.1%   10.7%
   売上高EBITDA率
          10~12%    7.7 %  10~12%   10~12%
   ROE
  (注)EBITDA=親会社株主に帰属する当期純利益+法人税等合計+支払利息-受取利息+減価償却費+のれん償却額
   翌連結会計年度の経済状況については、国内外において、緩やかな回復が期待されますが、通商問題の動向、中国

  経済の先行き、英国のEU離脱、中東地域をめぐる情勢、金融資本市場の変動などによるリスクに留意する必要があり
  ます。
   このような状況の下、当社グループは中期経営計画「DIC111」の基本戦略である「事業体質の強化」と「新事業の
  創出」の取り組みを加速しつつ、パッケージ材料、機能性顔料やサステナブル樹脂の拡販を進めるとともにコストダ
  ウン施策に取り組んでいくことにより全セグメントで増収増益を見込んでいます。
   また、2019年8月29日に発表したBASF社グローバル顔料事業の買収については、2020年12月末までのクロージング
  及びその後のスムーズな事業移管に向けて引き続き作業を進めていきます。
  4【経営上の重要な契約等】

   当社は、2019年8月29日、欧州化学メーカー最大手のドイツBASF社が保有する顔料事業であるBASF                 Colors &Effects
  に関する株式及び資産の取得を決定し、同日付でMaster          Sale and Purchase  Agreement(包括契約)を締結しました。
   詳細については、「第5     経理の状況 1   連結財務諸表等   (1)連結財務諸表 注記事項(追加情報)」に記載して
  います。
  5【研究開発活動】

   当社グループは、ブランドスローガン「Color        &Comfort」の下、光学・色彩、有機分子設計、高分子設計、分散など
  の基盤技術の深耕とそれらの複合化により、持続的成長につながる次世代製品・新技術の開発に積極的に取り組んでいま
  す。
   事業に直結した研究開発を担う技術統括本部、従来の基盤技術の深耕と新規の基盤技術の創製を担うR&D統括本部、
  戦略的な新事業創出と事業部門の次世代製品群の事業化を担う新事業統括本部が当社の研究開発組織として、さらにDI
  Cグラフィックス株式会社、海外ではサンケミカルグループの研究所(米国、英国及びドイツ)、青島迪愛生精細化学有
  限公司(中国)、主に中国、アジア・パシフィック地域における技術開発活動の拠点となる印刷インキ技術センター、ポ
  リマ技術センター、ファインケミカル技術センター、藻類研究センター、ソリッドコンパウンド技術センター、顔料技術
  センターが一体となって、グローバルに製品・技術の開発を行っています。
   一方、次世代技術領域の探索・基礎研究については、産官学連携などオープンイノベーションも積極的に活用していま
  す。
   当連結会計年度における研究開発費は、       12,505 百万円であり、このほか、当社及びDICグラフィックス株式会社にお
  ける製品の改良・カスタマイズなどに関わる技術関連費用は、15,431百万円です。主な研究開発の進捗状況は以下のとお
  りです。
  (1) パッケージング&グラフィック

   グラビアインキは、裏刷り、表刷り、シュリンクフィルム等各種用途でバイオマス認証を取得し、広範なラインアップ
  で市場展開しています。またオフセットインキも、従来型及びLED-UVランプ対応型のパッケージ印刷用途向けUV
             2
  インキでバイオマス認証を取得しました。接着剤では、VOCやCO            の排出を削減し、エージング時間を半減できる速
  硬化型無溶剤接着剤とそれを用いた新規無溶剤ラミネーションシステムを開発しました。海外ではサンケミカルグループ
             20/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
                  2
  が、環境への意識がより高まっている市場ニーズに対応し、従来の水性インキよりも大幅にCO                発生量を抑制した新製
  品が実績を拡大しており、またプラスチック包装のリサイクル性を向上させる脱墨インキの開発なども進めています。
   パッケージ分野では、包材使用量の削減を目標にフィルムの薄膜化を推進し、フィルムの強度と包装適性を維持しつつ
  環境負荷を低減したことが評価されパン包装用フィルムとして、またイージーピール型フィルムは容器のトップシール化
  により食品の賞味期間を延長できることによるフードロス対策などからコンビニ向けサラダ容器のフタ材として、各々実
  績を拡大しています。
  (2) カラー&ディスプレイ

   カラーマテリアルでは、ディスプレイのカラーフィルタ用顔料の新製品開発に注力しているほか、藍藻類スピルリナか
  ら抽出した天然青色色素について、これまでの食品用途に加え化粧品原料への展開にも取り組み、化粧品に関する欧州の
  統一基準である「COSMOS」認証を取得しました。海外ではサンケミカルグループが、種子コーティング用や芝生着
  色剤用、風船着色用などの顔料、また化粧品用の天然ワックス分散体など、各種新製品を市場に投入しました。
   液晶材料では8Kディスプレイ向けに、高透過率、高速応答、高反応性のPSA(Polymer                Sustained  Alignment)液
  晶のサンプルワークを進めています。また、次世代ディスプレイ材料では、インクジェット印刷方式による量子ドットカ
  ラーフィルタ用インクの開発に注力しています。
  (3) ファンクショナルプロダクツ

   電気電子材料用途では、スマートフォンの基地局向けに誘電特性に優れたエポキシ硬化剤の実績が拡大しています。ま
  たパッケージレジスト用高耐熱・高速現像性ノボラック樹脂の開発にAI技術を活用し、開発開始からわずか1年での商
  業化生産を実現しました。工業用粘着テープでは、貼付作業性と接着性に優れる薄型粘着テープがスマートフォン向け
  に、テープを引伸ばして剥がせる易解体性粘着テープの厚手タイプがテレビ向けに実績を拡大しています。
   自動車関連用途では、自動車部品用スーパータフPPSコンパウンド、カーボンブラック超高分散技術により成形品の
  表面平滑性と高漆黒性を両立した各種エンプラ用着色剤、自動車構造接着剤用の柔軟性エポキシ樹脂などを市場に展開し
  ています。
   サステナブルな新製品としては、再生可能資源である植物を原料とするポリエステル系可塑剤を開発し、業界初となる
  バイオマス度100%の認定を取得しました。
  (4) その他

  当社グループの配線用導電インキを用いた印刷方式と当社の再剥離性粘着テープなどを組み合わせて、柔らかく曲げる
  ことができ、貼る、剥がすといった設置・除去作業の簡便化を実現した無線タイプのセンシングデバイスを開発しまし
  た。温度や湿度、照度を計測するセンサーとして、ショッピングセンターでのIoT実証実験を開始しており、早期の製
  品化を図るとともに、センサーのラインナップ拡充も検討しています。
   また、サステナブル関連の基盤技術創製への取り組みとして、バイオベンチャー企業であるGreen                 Earth Institute社
  と天然由来アスパラギン酸及びそれを活用した生分解性を有する高吸水性ポリマの共同研究を開始しました。再生可能資
  源を原料とし、生分解性を兼備するポリマの低コストプロセスを開発することにより、低炭素社会の実現とプラスチック
  廃棄問題の解決への貢献を目指しています。
             21/124








                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  第3【設備の状況】
  1【設備投資等の概要】
   当社グループは、長期的に成長が期待できる製品分野及び研究開発分野に重点を置き、併せて省力化、合理化、保
  全及び環境安全関連の投資を行っています。
   当連結会計年度における設備投資の内訳は以下のとおりです。
         設備投資金額

    セグメント         設備等の主な内容・目的      資金調達方法
         (百万円)
            インドネシアにおける危険物倉

            庫の建設等
           12,384
  パッケージング&グラフィック                自己資金及び借入金
            ブラジルにおける印刷インキ製
            造工場の増設等
            日本における原料リサイクル設
            備の構築等
           5,840
  カラー&ディスプレイ                自己資金及び借入金
            米国における食品用天然系青色
            色素抽出工場の増設等
            日本における中空糸膜モジュー
            ル生産設備の増設等
           15,345
  ファンクショナルプロダクツ                自己資金及び借入金
            タイにおける合成樹脂製造設備
            の増設等
            日本における太陽光発電設備の

           1,393
  その他及び全社                自己資金及び借入金
            導入等
           34,962    -     -

     計
  (注)複数セグメントに共通する設備投資については、各セグメントに配賦しています。

             22/124












                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  2【主要な設備の状況】
   当社グループの当連結会計年度末における主要な設備の状況は、以下のとおりです。
  (1) 提出会社の状況

              帳簿価額(百万円)
                     従業
   事業所名
      セグメント   設備の内容            員数
           建物及  機械装  工具、
   (所在地)              土地 建設仮
                     (人)
           び構築  置及び  器具及     合計
                  勘定
                (面積千㎡)
           物  運搬具  び備品
  千葉工場

     ファンクショナルプ   合成樹脂生産設        2,005
            7,094  5,460  1,042    370 15,970  641
  (千葉県市原市)   ロダクツ   備、他
                 (435)
  堺工場

     ファンクショナルプ   合成樹脂生産設        1,584
            2,599  1,434  523    203 6,343  328
  (大阪府高石市)   ロダクツ   備、他        (199)
     カラー&ディスプレ

         有機顔料生産設
  鹿島工場   イ           2,570
         備、PPSポリ   6,378 12,070  401    259 21,679  283
     ファンクショナルプ
  (茨城県神栖市)               (603)
         マ生産設備、他
     ロダクツ
     パッケージング&グ

     ラフィック
  埼玉工場   カラー&ディスプレ   液晶材料生産設        2,285
            3,890  1,388  734    14 8,311  459
  (埼玉県北足立郡)   イ   備、他        (111)
     ファンクショナルプ
     ロダクツ
  総合研究所
                 2,769
     全社   研究設備、他   4,189  211 1,419    25 8,613  257
  (千葉県佐倉市)
                 (256)
  北陸工場   ファンクショナルプ   合成樹脂生産設        1,443
            2,490  2,360  105    38 6,436  194
  (石川県白山市)   ロダクツ   備、他        (144)
     パッケージング&グ
     ラフィック
     カラー&ディスプレ
  本社   イ           1,753
         その他設備   2,213  2 781    66 4,815  792
  (東京都中央区)   ファンクショナルプ            (113)
     ロダクツ
     その他
     全社
   (注)本社には、本社管轄の工場建設用地、厚生施設、物流施設等が含まれています。
             23/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (2) 国内子会社の状況
              帳簿価額(百万円)
                     従業
   会社名
                     員数
      セグメント   設備の内容    機械装置  工具、器
  (主な所在地)
           建物及び     土地 建設仮勘
             及び運搬  具及び備     合計 (人)
           構築物     (面積千㎡)  定
             具  品
  DICグラフィックス㈱       印刷インキ
      パッケージング&グラ           1,660
  東京工場、他       生産設備、  1,928  3,260  258    426 7,532  753
      フィック           (73)
  (東京都板橋区、他)       他
  星光PMC㈱       製紙用薬品
      ファンクショナルプロ           5,723
  水島工場、他       生産設備、  2,098  1,705  176    143 9,845  480
      ダクツ           (146)
  (岡山県倉敷市、他)       他
  DIC北日本ポリマ㈱
      ファンクショナルプロ    合成樹脂生        694
  東北工場、他          973  502  42   309 2,521  92
      ダクツ    産設備、他        (72)
  (宮城県刈田郡、他)
   (注)上記帳簿価額は各社の帳簿価額を調整した連結決算上の簿価です。
  (3) 在外子会社の状況

              帳簿価額(百万円)
                     従業
   会社名
      セグメント   設備の内容            員数
             機械装置  工具、器
  (本社所在地)
           建物及び     土地 建設仮勘
             及び運搬  具及び備     合計 (人)
           構築物     (面積千㎡)  定
             具  品
      パッケージング&グラ    印刷インキ
  PT. DIC GRAPHICS
                 535
      フィック    生産設備、
            1,687  1,376  134    148 3,880  795
  (Jakarta,  Indonesia)             (138)
      カラー&ディスプレイ    他
  Earthrise  Nutritionals
         スピルリナ
                 96
  LLC    カラー&ディスプレイ    生産設備、  1,071  673  2   1,173 3,014  90
                 (630)
  (California,  U.S.A)     他
      パッケージング&グラ

      フィック
  Sun Chemical Group
         印刷インキ
      カラー&ディスプレイ           7,091
  Coöperatief  U.A.
         生産設備、  29,461  23,294  1,960    4,546 66,352 8,367
      ファンクショナルプロ
                (4,881)
         他
  (Weesp, Netherlands)
      ダクツ
      その他
   (注)Sun  Chemical  Group Coöperatief  U.A.の数値は連結決算数値です。

             24/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  3【設備の新設、除却等の計画】
   当社グループは、多種多様な事業を国内外で行っており、設備の新設、増設、合理化等の計画の内容も多岐にわ
  たっているため、セグメントごとの数値を開示する方法によっています。翌連結会計年度の設備投資計画は400億円
  であり、セグメントごとの内訳は以下のとおりです。
        2019年12月末計画金額

    セグメント          設備等の主な内容・目的      資金調達方法
         (百万円)
  パッケージング&グラフィック         10,700  増設、合理化、維持更新等      自己資金及び借入金

             日本及び海外における機能性

  カラー&ディスプレイ         9,400       自己資金及び借入金
             顔料生産設備の増設等
             米国におけるPPSコンパウ

  ファンクショナルプロダクツ         16,900       自己資金及び借入金
             ンド生産設備の新設等
  その他及び全社         3,000  システム投資等      自己資金及び借入金

    計       40,000    -     -

  (注)1.各セグメントに共通の設備投資計画は、その他及び全社に含めています。

    2.経常的な設備の更新のための除売却を除き、重要な設備の除売却の計画はありません。
             25/124











                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  第4【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)
  普通株式                150,000,000

      計           150,000,000

   ②【発行済株式】

               上場金融商品取引所名
     事業年度末現在発行数(株)     提出日現在発行数(株)
   種類            又は登録認可金融商品     内容
      (2019年12月31日)     (2020年3月27日)
               取引業協会名
               東京証券取引所    単元株式数

       95,156,904     95,156,904
  普通株式
               市場第一部    100株
       95,156,904     95,156,904     -   -

   計
  (2)【新株予約権等の状況】

   ①【ストックオプション制度の内容】
     該当事項はありません。
   ②【ライツプランの内容】

       該当事項はありません。
   ③【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
             26/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
     発行済株式総   発行済株式総        資本準備金増   資本準備金残
           資本金増減額   資本金残高
   年月日   数増減数   数残高        減額   高
           (百万円)   (百万円)
      (株)   (株)        (百万円)   (百万円)
  2016年1月15日
     △13,803,000   951,569,048    -  96,557    -  94,156
   (注1)
  2016年7月1日
     △856,412,144   95,156,904    -  96,557    -  94,156
   (注2)
  (注)1  .2015年11月19日から2015年12月9日までの間に信託方式による市場買付により取得した自己株式を、2016年
    1月15日に消却したことによる減少です。
      2.2016年3月29日開催の第118期定時株主総会において、株式併合に係る議案が可決されたため、2016年7月
    1日をもって普通株式10株を1株に併合したことによる減少です。
  (5)【所有者別状況】

                   2019年12月31日現在
         株式の状況(1単元の株式数     100 株)
                    単元未満株
              外国法人等       式の状況
   区分
     政府及び地    金融商品取  その他の法
       金融機関         個人その他   計
                    (株)
     方公共団体    引業者  人
             個人以外  個人
  株主数(人)    -  105  38  430  356  25 37,931  38,885   -
  所有株式数
      - 382,522  43,142  165,578  229,708   124 128,684  949,758  181,104
  (単元)
  所有株式数の割合
      - 40.28  4.54  17.43  24.19  0.01  13.55  100.00   -
  (%)
  (注)1.自己株式365,722     株は、「個人その他」に3,657単元、「単元未満株式の状況」に22株を含めて記載していま
    す。なお、自己株式365,722株は株主名簿記載上の株式数であり、2019年12月31日現在における実質所有株
    式数は365,422株です。
      2.株式給付信託(BBT)が保有する当社株式146,200株は、「金融機関」に1,462単元含めて記載しています。
      3.株式会社証券保管振替機構名義の株式300株は、「その他の法人」に3単元含めて記載しています。
             27/124











                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (6)【大株主の状況】
                   2019年12月31日現在
                   発行済株式(自己
                   株式を除く。)の
                所有株式数
                   総数に対する所有
   氏名又は名称       住所
                (千株)
                   株式数の割合
                   (%)
        東京都千代田区外神田2丁目16-2         12,694    13.39

  株式会社昌栄
  日本マスタートラスト信託銀行      東京都港区浜松町2丁目11番3号          6,893    7.27

  株式会社(信託口)
  日本トラスティ・サービス信託      東京都中央区晴海1丁目8-11          5,009    5.28

  銀行株式会社(信託口)
  第一生命保険株式会社      東京都千代田区有楽町1丁目13-1          3,500    3.69

  (常任代理人 資産管理サービ
        (東京都中央区晴海1丁目8-12 晴海ア
  ス信託銀行株式会社)
        イランドトリトンスクエアオフィスタワー
        Z棟)
  JP MORGAN CHASE BANK 385632  25 BANK STREET,  CANARY WHARF, LONDON,    2,851    3.01

  (常任代理人 株式会社みずほ      E14 5JP, UNITED KINGDOM
  銀行)
        (東京都港区港南2丁目15-1 品川イン
        ターシティA棟)
  日本トラスティ・サービス信託      東京都中央区晴海1丁目8-11          2,619    2.76

  銀行株式会社(信託口4)
  SMBC日興証券株式会社      東京都千代田区丸の内3丁目3番1号          2,258    2.38

  あいおいニッセイ同和損害保険      東京都渋谷区恵比寿1丁目28番1号          2,020    2.13

  株式会社      (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
  (常任代理人 日本マスタート
  ラスト信託銀行株式会社)
  日本生命保険相互会社      東京都千代田区丸の内1丁目6番6号          1,900    2.00

  (常任代理人 日本マスタート      (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
  ラスト信託銀行株式会社)
  日本トラスティ・サービス信託      東京都中央区晴海1丁目8-11          1,733    1.83

  銀行株式会社(信託口7)
           -      41,480    43.76

    計
  (注) 1. 上記の「所有株式数」には、次のとおり信託財産が含まれています。

    日本マスタートラスト信託銀行
         証券投資信託   5,378千株   年金信託   574千株
    株式会社(信託口)
    日本トラスティ・サービス信託
         証券投資信託    2,188千株   年金信託   214千株
    銀行株式会社(信託口)
    日本トラスティ・サービス信託
          年金信託    654千株
    銀行株式会社(信託口4)
             28/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   2.2019年5月13日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、SMBC日興証券
    株式会社及びその共同保有者である他2社が2019年4月30日現在で以下の株式を所有している旨が記載され
    ているものの、当社として2019年12月31日現在における実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主
    の状況との関係は把握できていません。
               保有株券等の数   株券等保有割合

    氏名又は名称       住所
                (千株)    (%)
  SMBC日興証券株式会社      東京都千代田区丸の内三丁目3番1号         533   0.56

  株式会社三井住友銀行      東京都千代田区丸の内一丁目1番2号         379   0.40

  三井住友DSアセットマネジメン      東京都港区愛宕二丁目5番1号 愛宕

                 3,199    3.36
  ト株式会社      グリーンヒルズMORIタワー28階
     計       -     4,112    4.32

   3.2019年8月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、株式会社三菱UF

    J銀行及びその共同保有者である他3社が2019年7月29日現在で以下の株式を所有している旨が記載されて
    いるものの、当社として2019年12月31日現在における実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の
    状況との関係は把握できていません。
               保有株券等の数   株券等保有割合

    氏名又は名称       住所
                (千株)    (%)
  株式会社三菱UFJ銀行      東京都千代田区丸の内二丁目7番1号         971   1.02

  三菱UFJ信託銀行株式会社      東京都千代田区丸の内一丁目4番5号         2,787    2.93

  三菱UFJ国際投信株式会社      東京都千代田区有楽町一丁目12番1号         801   0.84

  三菱UFJモルガン・スタンレー

        東京都千代田区丸の内二丁目5番2号         914   0.96
  証券株式会社
     計       -     5,474    5.75

   4.2019年8月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、株式会社みずほ銀

    行及びその共同保有者である他2社が2019年7月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されている
    ものの、当社として2019年12月31日現在における実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況
    との関係は把握できていません。
               保有株券等の数   株券等保有割合

    氏名又は名称       住所
                (千株)    (%)
  株式会社みずほ銀行      東京都千代田区大手町一丁目5番5号         829   0.87

  みずほ信託銀行株式会社      東京都中央区八重洲一丁目2番1号         652   0.69

  アセットマネジメントOne株式会

        東京都千代田区丸の内一丁目8番2号         3,493    3.67
  社
     計       -      4,975    5.23

             29/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   5.2019年10月18日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、野村證券株式会社

    及びその共同保有者である他2社が2019年10月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているも
    のの、当社として2019年12月31日現在における実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況と
    の関係は把握できていません。
               保有株券等の数   株券等保有割合

    氏名又は名称       住所
                (千株)    (%)
  野村證券株式会社      東京都中央区日本橋一丁目9番1号         75   0.08

  ノムラ インターナショナル 

        1Angel Lane, London EC4R 3AB,
  ピーエルシー
                 96   0.10
        United Kingdom
  (NOMURA  INTERNATIONAL   PLC)
  野村アセットマネジメント株式会

        東京都中央区日本橋一丁目12番1号         5,766    6.06
  社
     計       -      5,938    6.24

   6.2019年10月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、三井住友トラス

    ト・アセットマネジメント株式会社及びその共同保有者である日興アセットマネジメント株式会社が2019年
    10月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2019年12月31日現在にお
    ける実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況との関係は把握できていません。
               保有株券等の数   株券等保有割合

    氏名又は名称       住所
                (千株)    (%)
  三井住友トラスト・アセットマネ
        東京都港区芝公園一丁目1番1号         4,073    4.28
  ジメント株式会社
  日興アセットマネジメント株式会
        東京都港区赤坂九丁目7番1号         1,623    1.71
  社
     計       -     5,696    5.99

   7.2019年12月20日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、ティー・ロウ・プライス・ジャパ

    ン株式会社及びその共同保有者であるティー・ロウ・プライス・インターナショナル・リミテッドが2019年
    12月13日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2019年12月31日現在にお
    ける実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況との関係は把握できていません。
               保有株券等の数   株券等保有割合

    氏名又は名称       住所
                (千株)    (%)
        東京都千代田区丸の内一丁目9番2号
  ティー・ロウ・プライス・ジャパ
                 1,510    1.59
  ン株式会社
        グラントウキョウサウスタワー7階
        英国ロンドン市、EC4N4TZ、クィーン
  ティー・ロウ・プライス・イン
        ヴィクトリア・ストリート60
  ターナショナル・リミテッド
                 3,413    3.59
        (60 Queen Victoria  Street,  London,
  (T. Rowe Price International
        EC4N4TZ,  UK)
  Ltd.)
     計       -     4,923    5.17
             30/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (7)【議決権の状況】
   ①【発行済株式】
                   2019年12月31日現在
          株式数(株)    議決権の数(個)
     区分               内容
             -    -  -

  無議決権株式
  議決権制限株式(自己株式等)            -    -  -

  議決権制限株式(その他)            -    -  -

  完全議決権株式(自己株式等)           365,400     -

         普通株式         単元株式数100株
  完全議決権株式(その他)          94,610,400     946,104

         普通株式         同上
            181,104     -  -

  単元未満株式       普通株式
            95,156,904      -  -

  発行済株式総数
             -   946,104   -

  総株主の議決権
   (注)「完全議決権株式(その他)」欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が300                株(議決権の数3個)及び
   株式給付信託(BBT)が所有する当社株式146,200株(議決権の数1,462個)が含まれています。なお、当該議決権
   1,462個は、議決権不行使となっています。
   ②【自己株式等】

                   2019年12月31日現在
                   発行済株式総数
           自己名義所有   他人名義所有   所有株式数の   に対する所有株
  所有者の氏名又は名称     所有者の住所
           株式数(株)   株式数(株)   合計(株)   式数の割合
                   (%)
  (自己保有株式)
       東京都板橋区坂下三
            365,400    -  365,400    0.38
       丁目35番58号
  DIC株式会社
        -   365,400    -  365,400    0.38
    計
   (注)1.このほか、株主名簿上は当社名義となっていますが、実質的に所有していない株式が300                  株あります。な
    お、当該株式は、上記「①     発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」に含まれています。
      2.株式給付信託(BBT)が所有する当社株式146,200株は、上記自己株式等に含まれていません。
             31/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
       当社は、2017年3月29日開催の第119期定時株主総会決議に基づき、執行役員を兼務する取締役及び執行役員
   (以下「対象取締役等」という。)の報酬として業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT(=Board                 Benefit
   Trust))」(以下「本制度」という。)を導入しています。
   1.本制度の概要

    本制度は、当社の拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信託を「本信
   託」という。)を通じて取得され、対象取締役等に対して、当社の定める役員株式給付規程に従って、当社株式
   及び当社株式の時価相当の金銭が信託を通じて交付される業績連動型の株式報酬制度です。本制度は、対象取締
   役等の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確にすることで、対象取締役等の中長期的な業績の向
   上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的としています。
   <本制度の仕組み>

   ① 当社は、第119期定時株主総会において、本制度について役員報酬の決議を得て、本株主総会で承認を受け






    た枠組みの範囲内において、役員株式給付規程を制定しました。
   ② 当社は、①の本株主総会で承認を受けた範囲内で金銭を信託します。
   ③ 本信託は、②で信託された金銭を原資として当社株式を、取引市場を通じて又は当社の自己株式処分を引
    き受ける方法により取得します。
   ④ 当社は、役員株式給付規程に基づき対象取締役等にポイントを付与します。
   ⑤ 本信託は、当社から独立した信託管理人の指図に従い、本信託勘定内の当社株式に係る議決権を行使しな
    いこととします。
   ⑥ 本信託は、対象取締役等を退任した者のうち役員株式給付規程に定める受益者要件を満たした者(以下
    「受益者」という。)に対して、当該受益者に付与されたポイント数に応じた当社株式を給付します。ただ
    し、対象取締役等が役員株式給付規程に定める要件を満たす場合には、ポイントの一定割合について、当社
    株式の時価相当の金銭を給付します。
   2.対象者に給付する予定の株式の総数(当事業年度末現在)

    146,200株
   3.本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

    対象取締役等を退任した者のうち役員株式給付規程に定める受益者要件を満たす者。
             32/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  2【自己株式の取得等の状況】
  【株式の種類等】  会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
  (1)【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
  (2)【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
  (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

             株式数(株)     価額の総額(円)
      区分
                2,187    6,863,262
  当事業年度における取得自己株式
                294    882,037

  当期間における取得自己株式
   (注)当期間における取得自己株式には、2020年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
   による株式は含まれていません。
  (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

            当事業年度      当期間
     区分
           株式数  処分価額の総額    株式数  処分価額の総額
           (株)   (円)   (株)   (円)
            -   -   -   -

  引き受ける者の募集を行った取得自己株式
            -   -   -   -

  消却の処分を行った取得自己株式
  合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
            -   -   -   -
  た取得自己株式
  その他
            -   -   -   -
  (-)
           365,422    -  365,716    -
  保有自己株式数
   (注)当期間における保有自己株式には、2020年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
   による株式は含まれていません。
  3【配当政策】

   当社は、安定した経営基盤の確立を目指すとともに、株主への利益還元をより充実させていくことを基本方針と考
  えています。また内部留保資金については、その充実に努めるとともに、企業体質を一層強化することで株主の将来
  的な利益拡大に寄与すべく、より有効に使用していきます。
   当社は中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としています。これらの剰余金の配当の
  決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であり、「取締役会の決議によって、毎年
  6月30日を基準日として中間配当をすることができる。」旨を定款に定めています。
   当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりです。
        配当金の総額   1株当たり配当額
      決議年月日
        (百万円)    (円)
    2019年8月8日
         5,688    60
    取締役会決議
    2020年3月26日
         3,792    40
    定時株主総会決議
   (注)1.2019年8月8日取締役会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式に
     対する配当金9百万円が含まれています。
    2.2020  年3月26日定時株主総会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株
     式に対する配当金6百万円が含まれています。
             33/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
  (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
  1.コーポレート・ガバナンスに関する       基本的な考え方
   当社グループは、コーポレート・ガバナンスを「企業の持続的な成長・発展を目指して、より健全かつ効率的な優れ
  た経営が行われるよう、経営方針について意思決定するとともに、経営者の業務執行を適切に監督、評価し、動機付け
  を行っていく仕組み」ととらえ、株主、顧客をはじめとするステークホルダーの信頼を一層高め企業価値の向上を追求
  することを目的として、経営体制を強化し、その監視機能を充実させるための諸施策を推進します。
  2.コーポレート・ガバナンス体制の概要

   (1) 当社の機関についての基本説明
   当社は、監査役設置会社であり、取締役会及び監査役会を置いています。
   このほかに、執行役員制度を導入するとともに、役員指名委員会、役員報酬委員会、執行会議及びサステナビリ
  ティ委員会を設置しています。
   (2) 当該体制を採用する理由

   当社は、執行役員制度を導入することにより、意思決定と執行を分離し、業務執行の迅速化と責任の明確化を図っ
  ています。また、独立性の高い社外取締役3名を取締役会に加え、経営者の業務執行に対する監督機能を強化してい
  ます。さらに、社外取締役3名をメンバーに含む「役員指名委員会」と「役員報酬委員会」を設置し、役員候補者の
  選任及び役員報酬の決定に際して、外部の客観的な意見が反映されるようにしています。
   また、弁護士及び   公認会計士  である社外監査役2名を含めた4名の監査役が会計監査人及び内部監査部門と連携し
  ながら監査を行っています。
   以上のとおり、コーポレート・ガバナンスが有効に機能する体制となっています。
   (3) 当社の機関とその内容

             34/124













                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   ① 取締役会
   取締役会は、経営方針決定の迅速化及び企業統治の強化の観点から、社外取締役3名(そのうち1名は女性)を
   含む8名の取締役で構成され、原則として月1回開催しており、会社法で定められた事項及び取締役会規程で定め
   られた重要事項の決定を行うとともに、業務執行状況の報告がなされ、業務執行を監督しています。
    構成員は以下のとおりです。
   取締役会長 中西義之(議長)、代表取締役社長執行役員 猪野薫、代表取締役副社長執行役員 斉藤雅之、
   取締役 川村喜久、取締役常務執行役員 玉木淑文、社外取締役 塚原一男、社外取締役 田村良明、社外取
   締役 昌子久仁子
   ② 役員指名委員会

   役員指名委員会は、役員候補者の選任等の決定手続の客観性を高めるため、取締役、監査役、執行役員等の選任
   及び解任案を決定し、取締役会に提出する機関として設置され、必要に応じて開催しています。その委員は、独立
   社外取締役3名を含む5名の取締役により構成され、独立社外取締役が委員長を務めています。
    構成員は以下のとおりです。
   取締役会長 中西義之、代表取締役社長執行役員 猪野薫、社外取締役 田村良明(委員長)、社外取締役 
   塚原一男、社外取締役 昌子久仁子
   ③ 役員報酬委員会

   役員報酬委員会は、役員報酬の決定手続の客観性を高めるため、取締役会の一任を受け、取締役及び執行役員等
   の報酬等の額を決定する機関として設置され、必要に応じて開催しています。その委員は、独立社外取締役3名を
   含む5名の取締役により構成され、独立社外取締役が委員長を務めています。
    構成員は以下のとおりです。
   取締役会長 中西義之、代表取締役社長執行役員 猪野薫、          社外取締役 塚原一男(委員長)、社外取締役 
   田村良明、社外取締役 昌子久仁子
   ④ 執行会議

   執行会議は、業務執行に係る重要な事項の審議機関として原則として月2回開催しています。構成メンバーは、
   社長執行役員、副社長執行役員、部門長、統括本部長、製品本部長等の取締役会が選任した役員等からなり、監査
   の一環として監査役1名が出席しています。当会議の審議内容及び結果については、取締役会に報告しています。
    構成員は以下のとおりです。
   社長執行役員 猪野薫(議長)、副社長執行役員 斉藤雅之、常務執行役員 畑尾雅巳、玉木淑文、古田尚
   義、中藤正哉、畠中一男、川島清隆、執行役員 向瀬泰平、浅田浩司、曽田正道、森長祐二、古田修司、髙野
   聖史、秋山義成、池田尚志
   ⑤ サステナビリティ委員会

   サステナビリティ委員会は、当社グループのサステナビリティ経営の諮問機関として、サステナビリティに係る
   方針及び活動計画の策定並びに活動の評価・推進のために、年数回開催しています。構成メンバーは、社長執行役
   員、副社長執行役員、部門長、統括本部長、製品本部長、地域統括会社社長等の取締役会が選任した役員等からな
   り、監査の一環として監査役1名が出席しています。当委員会の審議内容及び結果については、取締役会に報告し
   ています。
    構成員は以下のとおりです。
   社長執行役員 猪野薫(委員長)、執行役員 向瀬泰平(副委員長)、副社長執行役員 斉藤雅之、常務執行
   役員 畑尾雅巳、玉木淑文、古田尚義、中藤正哉、畠中一男、川島清隆、執行役員 遠嶋伸介、Paul                 Koek、
   Myron Petruch、浅井健、浅田浩司、曽田正道、森長祐二、古田修司、髙野聖史、秋山義成、有賀利郎、池田尚
   志、DICグラフィックス㈱代表取締役社長執行役員 甲斐敏幸
   ⑥ 監査役会

    監査役会は、社外監査役2名(そのうち1名は女性)を含む4名の監査役で構成され、原則として月1回開催し
   ています。監査役会においては、監査方針、監査計画等について審議、決議するほか、各監査役が監査実施結果を
   報告しています。
    構成員は以下のとおりです。
   常勤監査役 二宮啓之(議長)、常勤監査役 生嶋章宏、社外監査役 武智克典、社外監査役 千葉通子
             35/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  3.内部統制システム及びリスク管理体制の整備の状況
   当社は、当社グループが「業務の有効性及び効率性」、「財務報告の信頼性」、「事業活動に関わる法令等の遵守」
  及び「資産の保全」の4つの目的を達成するために、会社法及び金融商品取引法に基づき、内部統制システムを以下の
  とおり整備・運用しています。
  ①  当社グループの取締役及び使用人が遵守すべき        コンプライアンスに関する     基準として、「DICグループ行動規
  範」を定め、その   周知徹底を図っています。
  ② 当社グループ共通の内部通報制度を制定し、業務上の情報伝達経路とは独立した複数のルートからなるコンプライ
  アンスに関する通報窓口を設け、国内外からの通報に速やかに対応できる仕組を整備しています。
  ③ 当社グループにおいて、取締役の職務が適正かつ効率的に執行される体制を確保するため、組織及び権限に関する
  規程を制定しています。
  ④  当社グループの   経営方針及び経営戦略に基づき、中期経営計画・年度予算を策定、周知することで当社グループの
  目標を共有しています。これらの進捗状況については取締役会に報告しています。
  ⑤ 取締役の職務の執行に係る情報を記録し、文書管理に関する規程に基づき適切に保存及び管理しています。また、
  情報管理体制に関する規程を制定し、当社グループにおける秘密漏洩の防止体制を整備しています。
  ⑥ 「リスクマネジメントに関する方針」を定め、当社グループの経営に重大な影響を及ぼすリスクを認識、評価し、
  優先順位を決めて適切に対応しています。
  ⑦ 子会社ごとに事業遂行及び経営管理の観点から所管部門を定め、また、各子会社に取締役を派遣することによって
  各社の業務執行を監督しています。
  ⑧ 子会社における重要案件等、当社に報告が必要な事項を明確にしています。
  4.責任限定契約の内容の概要

   当社は、社外取締役及び社外監査役全員とそれぞれ責任限定契約を締結しており、社外取締役及び社外監査役は、そ
  の任務を怠ったことにより会社に損害を与えた場合において、その職務を行うことにつき善意でかつ重大な過失がない
  ときは、会社法第425条第1項に規定する最低責任限度額を限度として損害賠償責任を負うものとしています。
  5.取締役の定数

   当社は、取締役を14名以内とする旨定款に定めています。
  6.取締役の選任の決議要件

   当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
  席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めています。また、取締役の選任決議は、累積投票によらないもの
  とする旨定款に定めています。
  7.中間配当の決定機関

   当社は、株主への機動的な利益還元ができるよう、取締役会の決議によって中間配当をすることができる旨定款に定
  めています。
  8.自己の株式の取得の決定機関

   当社は、経営環境の変化に対応して機動的に自己の株式を取得することができるよう、会社法第165条第2項の規定
  により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨定款に定めています。
  9.取締役及び監査役の責任免除の決定機関

   当社は、取締役及び監査役が期待される職務をより適切に行えるよう、会社法第426条第1項の規定により、取締役
  会の決議によって、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含
  む。)の損害賠償責任を、法令の限度において免除することができる旨定款に定めています。
  10.株主総会の特別決議要件

   当社は、株主総会の円滑な運営を目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議については、議決権を行使す
  ることができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に
  定めています。
             36/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (2)【役員の状況】
  1.役員一覧
   男性 10名 女性  2名 (役員のうち女性の比率     16.7 %)
                    所有株式数
    役職名    氏名  生年月日     略歴    任期
                    (千株)
            1978年4月 当社入社
            2008年4月 機能性ポリマ事業部長
            2010年4月 執行役員 経営戦略部門、川村記念
              美術館担当
                     16
   取締役会長   中西 義之  1954年11月3日  生 2011年6月 取締役 執行役員
                   (注3)
                     (注7)
                  経営戦略部門、DIC川村記念美術
              館担当
            2012年4月 代表取締役 社長執行役員
            2018年1月 取締役会長(現)
            1981年4月 当社入社
            2008年4月 財務部長
            2011年4月 資材・物流部長
            2012年4月 執行役員 経営企画部長
            2014年1月 執行役員 経営戦略部門担当
   代表取締役              経営企画部長          8
       猪野  薫  1957年9月15日  生
                   (注3)
            2016年1月 常務執行役員 経営戦略部門、DI
   社長執行役員                  (注7)
              C川村記念美術館担当
            同 年3月 取締役 常務執行役員
                  経営戦略部門、DIC川村記念美術
              館担当
            2018年1月 代表取締役 社長執行役員(現)
            1977年4月 当社入社
            2007年4月 財務部長
            2008年4月 執行役員 財務経理部門担当
            2010年6月 取締役 執行役員
                  財務経理部門担当
   代表取締役        2011年4月 取締役 常務執行役員
                     16
   副社長執行役員    斉藤 雅之  1954年11月8日  生       財務経理部門担当
                   (注3)
                     (注7)
   社長補佐        2012年4月 代表取締役 専務執行役員
                  社長補佐 財務経理部門担当
            2016年1月 代表取締役 副社長執行役員
                  社長補佐 最高財務責任者
            2020年1月 代表取締役 副社長執行役員 
                  社長補佐(現)
            1984年4月 三井物産㈱入社
            1991年4月 当社入社
            2004年6月 執行役員 グローバル購買戦略部長
            2007年6月 取締役 経営企画部長
            2008年4月 取締役 常務執行役員
    取締役   川村 喜久  1960年11月12日  生        (注3)   85
                  印刷材料事業部門長
            2011年7月 取締役 常務執行役員
                  ニューグラフィックアーツ事業部門
              長
            2014年1月 取締役(現)
             37/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
                    所有株式数

    役職名    氏名  生年月日     略歴    任期
                    (千株)
            1980年4月 当社入社
            2010年10月 ポリマ第二技術本部長
            2012年4月 執行役員 R&D本部長、色彩化学
              研究所長、総合研究所長
            2016年1月 常務執行役員 技術部門(技術統括
    取締役
   常務執行役員           本部、R&D本部)担当        6
       玉木 淑文  1956年1月30日  生
                   (注3)
                  技術統括本部長
   経営戦略部門長                  (注7)
   DIC川村記念美術館担当          2018年1月 常務執行役員 経営戦略部門長 D
              IC川村記念美術館担当
            同 年3月 取締役 常務執行役員 経営戦略部
              門長 DIC川村記念美術館担当
              (現)
            1974年4月 石川島播磨重工業㈱(現 ㈱IH
              I)入社
            2006年4月 同社 執行役員
    取締役
       塚原 一男  1950年4月17日  生 2008年4月 同社 取締役 常務執行役員       (注3)   -
    (注)1
            2012年4月 同社 代表取締役副社長
            2014年6月 同社 顧問
            2017年3月 当社 社外取締役(現)
            1979年4月 旭硝子㈱(現 AGC㈱)入社
            2007年1月 同社 執行役員
            2010年1月 同社 常務執行役員
            2013年1月 同社 専務執行役員
    取締役
       田村 良明  1954年10月3日  生        (注3)   -
            同 年3月 同社 代表取締役兼専務執行役員
    (注)1
            2014年3月 同社 専務執行役員
            2017年3月 同社 エグゼクティブ・フェロー
            2018年3月 当社 社外取締役(現)
            1977年4月 持田製薬㈱入社
            1986年7月 ジョンソン・エンド・ジョンソンメ
              ディカル㈱(現 ジョンソン・エン
              ド・ジョンソン㈱)入社
    取締役        2002年9月 テルモ㈱入社
       昌子 久仁子  1954年1月8日  生
                   (注3)   -
            2004年6月 同社 執行役員
    (注)1
            2010年6月 同社 取締役上席執行役員
            2017年4月 同社 取締役顧問
            同 年6月 同社 顧問
            2019年3月 当社 社外取締役(現)
             38/124







                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
                    所有株式数

    役職名    氏名  生年月日     略歴    任期
                    (千株)
            1984年4月 当社入社
            2008年4月 経理部長
            2016年1月 執行役員 財務経理部門担当
                      4
       二宮 啓之  1959年7月8日  生
   監査役(常勤)                (注4)
            2018年1月 執行役員 財務経理部門長
                     (注7)
            2019年1月 執行役員 ESG部門長付
            同 年3月 監査役(現)
            1983年4月 当社入社
            2012年4月 総務人事部長
            2016年1月 DIC   Korea Corp. 代表理事社長
   監査役(常勤)    生嶋 章宏  1960年9月8日  生        (注5)   4
            2019年1月 内部統制部長
            2020年1月 内部統制部担当マネジャー
            同 年3月 監査役(現)
            1998年3月 司法研修所修了
            同 年4月 大阪地方裁判所判事補
            2000年4月 法務省民事局付検事
            2003年8月 東京地方裁判所判事補
            同 年10月 アンダーソン・毛利・友常法律事務
              所入所
    監査役
       武智 克典  1971年1月11日  生        (注6)   -
            2006年1月 アンダーソン・毛利・友常法律事務
    (注)2
              所パートナー
            同 年11月 片岡総合法律事務所パートナー
            2011年7月 武智総合法律事務所代表弁護士
              (現)
            2013年6月 当社 社外監査役(現)
            1984年4月 東京都庁 入庁
            1989年10月 太田昭和監査法人(現 EY新日本
              有限責任監査法人)入所
            1993年3月 公認会計士 登録
    監査役
            2010年7月 新日本有限責任監査法人(現 EY
       千葉 通子  1961年6月27日  生        (注4)   -
    (注)2
              新日本有限責任監査法人)シニア
              パートナー
            2016年9月 千葉公認会計士事務所 開設(現)
            2019年3月 当社 社外監査役(現)
                計     142
  (注)1.取締役塚原一男、田村良明及び昌子久仁子は、社外取締役です。

     2.監査役武智克典及び千葉通子は、社外監査役です。
     3.2020年3月26日から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
    4.2019年3月27日から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
     5.2020年3月26日から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
    6.2017年3月29日から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
    7.所有株式数には、業績連動型株式報酬制度に基づく給付予定株式が含まれます。なお、当該給付予定株式
       の一定割合は換価され、金銭が給付される予定です。
     8.当社は、会社法に定める社外監査役の員数を欠くこととなる場合に備えて、会社法第329条第3項に定める
      補欠監査役1名を選任しています。補欠監査役の略歴は次のとおりです。
             39/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
                    所有株式数

   氏名   生年月日       略歴
                    (千株)
         1998年3月 司法研修所修了
         同 年4月 東京地方裁判所判事補
         2000年4月 最高裁判所事務総局民事局付
         2002年4月 東京地方裁判所判事補
         2003年4月   福岡地方裁判所小倉支部判事補
   檜山  聡   1972年10月15日生                -
         2004年8月 アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所
         2006 年10月 須藤・髙井法律事務所入所
         2015年10月 きっかわ法律事務所パートナー
         2017年7月 弁護士法人きっかわ総合法律事務所
               パートナー社員(現)
  2.社外役員の状況

   (1) 社外取締役及び社外監査役の員数と当社との関係

   当社の社外取締役は3名、社外監査役は2名です。
   社外取締役 塚原一男氏は、2014年6月まで株式会社IHIの代表取締役副社長を務めていました。当社は、同社と
  の間で、2019年度において技術支援に関わる業務を受託していますが、その取引額は、同社及び当社双方において、
  連結売上高の1%未満でした。
   社外取締役 田村良明氏は、2017年3月までAGC株式会社の専務執行役員を務めていました。当社は、同社との間
  で、2019年度において原料の購入取引がありますが、その取引額は、同社及び当社双方において、連結売上高の1%
  未満でした。
   また、社外監査役 千葉通子氏は、2016年8月までEY新日本有限責任監査法人のシニアパートナーを務めていまし
  た。当社は、同監査法人との間で、2019年度において業務委託取引がありますが、その取引額は、同監査法人及び当
  社双方において連結売上高の1%未満でした。
   上記のほか、当社と社外取締役及び社外監査役との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
  はありません。
   (2) 社外取締役及び社外監査役の機能及び役割並びに独立性に関する基準又は方針の内容及び選任状況に関する考え方

   社外取締役3名は、長年にわたり会社経営に携わっており、経営者としての豊富な経験や見識を当社の経営に反映
  させることができ、取締役会に出席するほか、役員指名委員会及び役員報酬委員会のメンバーとして、当社から独立
  した立場から当社の経営の監視に当り、コーポレート・ガバナンスの強化の役割を果たすことができると考えていま
  す。
   社外監査役のうち、武智克典氏は、企業法務分野において活動する弁護士として、また、千葉通子氏は、財務及び
  会計に関する専門知識と会社の監査に関する豊富な経験を有する公認会計士として、当社グループの経営に対する専
  門的、多角的、独立的な視点からの監査機能の強化に資することができると考えています。
   当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準を、以下のとおり定めていま
  す。当社の社外取締役及び社外監査役は、同基準に基づき、一般株主と利益相反が生じるおそれはないと判断してお
  り、いずれも株式会社東京証券取引所が定める独立役員に指定しています。
         独立社外役員の独立性判断基準

   当社は、独立社外役員を選任するに当り、以下のような関係にある者については独立性が認められないと判断

   する。
   1.現在又は過去10年間において、当社及び当社の連結子会社(以下当社グループという)の業務執行者であっ

   た者
   2.過去3年間において、以下の①~⑧のいずれかに該当していた者
   ①当社グループの主要な取引先(一事業年度の取引額が、当社グループの売上高の3%を超える取引先)又は
    その業務執行者
   ②当社グループを主要な取引先(一事業年度の取引額が、当該取引先の連結売上高の3%を超える取引先)と
    する者又はその業務執行者
   ③当社の議決権の5%以上を有する株主又はその業務執行者
             40/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   ④当社グループの主要な借入先(一事業年度の借入額が、当社グループの総資産の3%を超える借入先)又は
    その業務執行者
   ⑤当社グループから年間1,000万円を超える寄付を受けた者又は受けた団体に所属する者
   ⑥当社グループの会計監査人もしくは会計参与である会計士等又は監査法人等の社員、パートナーもしくは従
    業員である者
   ⑦上記⑥に該当しない者であって、当社グループから役員報酬以外にコンサルタント、会計士、弁護士等専門
    的サービスを提供する者として年間1,000万円を超える報酬を受けた者又はコンサルタント、会計士、弁護士
    等専門的サービスの対価としてその連結売上高の3%を超える報酬を受けた団体に所属する者
   ⑧当社の業務執行者が他の会社の社外役員に就任している場合における当該他の会社の業務執行者
   3.上記1及び2に掲げる者の配偶者又は二親等以内の親族
   4.当社の社外役員としての在任期間が8年を超えた者
   (3) 社外取締役及び社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制

   部門との関係
   社外取締役は、取締役会の議案や会社経営に係る重要な事項について、経営者及び内部統制部門から定期的に報告
  を受け、必要に応じて意見を述べています。社外監査役は、会計監査人及び内部監査部門から定期的に報告を受け、
  必要に応じて意見を述べています。また、他の監査役が実施した監査結果等の報告を受け、情報の共有化を図ってい
  ます。
             41/124














                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (3)【監査の状況】
  1.監査役監査の状況
   監査役は、取締役会、執行会議、サステナビリティ委員会その他重要な会議へ出席するほか、代表取締役と定期的に
  情報・意見の交換を行い、取締役、執行役員及び従業員から業務遂行状況を聴取しています。また、監査役直轄組織と
  して監査役室を設置し、監査役職務の補助のための専属のスタッフを4名置いています。
   常勤監査役の二宮啓之氏は、長年当社の経理業務を担当し、経理部長、財務経理部門長を歴任しており、社外監査役
  の武智克典氏は、企業法務における知見に加え、税理士法第51条に基づく通知税理士として税理士業務に従事してお
  り、社外監査役の千葉通子氏は、公認会計士の資格を有し、長年会社の監査に携わっており、3氏とも財務及び会計に
  関する相当程度の知見を有しています。
  2.内部監査の状況

  内部統制部は、10名のスタッフを置き、リスク評価に基づき各年度の監査先を選定し、年度監査計画に基づき内部統
  制状況のモニタリングを含む内部監査を実施しています。アジア・オセアニア、中国、米州・欧州においては、各地域
  における内部監査部門が、それぞれの内部監査を実施しています。内部監査で発見された重要な課題や改善状況につい
  ては、代表取締役に定期的に報告し、このうち特に重要なものについては取締役会に報告します。
  3.会計監査の状況

   (1) 監査法人の名称
   有限責任監査法人トーマツ
   (2) 業務を執行した公認会計士

   津田 英嗣
   大竹 貴也
   井上 浩二
   (3) 監査業務に係る補助者の構成

   公認会計士 17名
   その他   17名
   (4) 監査法人の選定方針と理由

   当社の監査役会は   、当事業年度の会計監査の方法及び結果が相当であると認められ、かつ、会計監査人の評価の結
  果再任が相当と評価された場合、当該会計監査人を再任することを方針としています。監査役会は、この方針に基づ
  き有限責任監査法人トーマツの再任を決定しました。
   なお、会計監査人の解任又は不再任の決定の方針は、以下のとおりです。
   監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められる場合には、監査役全員の同
  意によりこれを解任します。
   また、監査役会は、会計監査人の適格性、独立性を害する事由の発生により適正な監査の遂行が困難であると認め
  られる場合等、その必要があると判断した場合には、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案
  の内容を決定し、取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出します。
   (5) 監査役及び監査役会による監査法人の評価

   当社の監査役会は、監査役会が決議した「会計監査人の評価基準」に基づいて、毎事業年度において会計監査人の
  評価を行っています。評価基準は、①監査法人の品質管理、②監査チーム、③監査報酬等、④監査役とのコミュニ
  ケーション、⑤経営者及び内部監査部門等とのコミュニケーション、⑥グループ監査、⑦不正リスク対応の各項目に
  より構成されています。
   当事業年度の評価の結果、有限責任監査法人トーマツは、必要とされる専門性、独立性、品質管理体制及びグロー
  バル監査に対応する体制を有していると判断しました。
             42/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  4.監査報酬の内容等

   「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日内閣府令第3号)による改正
  後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過措置を適用して
  います。
   (1) 監査公認会計士等に対する報酬の内容

        前連結会計年度        当連結会計年度
   区分
     監査証明業務に基づく    非監査業務に基づく報    監査証明業務に基づく    非監査業務に基づく報
     報酬(百万円)    酬(百万円)    報酬(百万円)    酬(百万円)
        146    107    149    44

  提出会社
         72    5    73    5

  連結子会社
        218    112    221    49

   計
   (2) その他重要な報酬の内容

  (前連結会計年度)
   主要な 海外子会社において、当社が監査報酬を支払う監査法人と同一のネットワーク(Deloitte               Touche Tohmatsu
  Limited)に属する会計事務所に対して報酬を支払っています。
  (当連結会計年度)

   主要な 海外子会社において、当社が監査報酬を支払う監査法人と同一のネットワーク(Deloitte               Touche Tohmatsu
  Limited)に属する会計事務所に対して報酬を支払っています。
   (3) 監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

  (前連結会計年度)
   当社は、会計監査人に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務である国際財務報告基準に関する助
  言・指導業務及びコンフォートレターの作成についての対価を支払っています。
  (当連結会計年度)

   当社は、会計監査人に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務である国際財務報告基準に関する助
  言・指導業務及びコンフォートレターの作成についての対価を支払っています。
   (4) 監査報酬の決定方針

   該当事項はありません。
   (5) 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

   監査役会は、取締役等及び会計監査人から、会計監査人の過年度の監査実績及び監査品質並びに当事業年度の監査
  計画及び報酬見積もりの算出根拠について説明を受け、検討を行いました。その結果、当事業年度の会計監査人の報
  酬等の額は、監査計画に対して妥当であり、監査品質を維持できる水準であると判断し、同意しました。
  5.内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携並びにこれらの監査と内部統制部門との関係

  監査役、会計監査人及び内部監査部門は、それぞれ独立した監査を実施していますが、相互に定期的に連絡会議を開
  催するなどにより緊密な連携を図っており、効率的で実効性のある監査の実施に努めています。
  これらの監査結果は、連絡会議の場やその他必要に応じて都度内部統制部門に連絡され、内部統制部門は、監査結果
  を踏まえ内部統制の整備及び運用を進めており、内部統制が有効に機能するよう連携を図っています。
             43/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (4)【役員の報酬等】
  1.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
  (1) 当社は、経営計画及び事業戦略を着実に遂行し、持続的な発展と中長期的な企業価値の向上を図ること、また、グ
  ローバル経営の更なる推進のため、多様で優秀な経営人材の確保を可能にすることを報酬に関する基本的な方針に
  し、役員報酬制度を定めています。
  (2) 取締役の報酬は、「基本報酬(固定報酬)」、連結業績及び個人の目標達成度に応じた「賞与(業績連動)」並び
  に中長期的な業績に連動する「株式報酬(業績連動)」で構成します。なお、賞与及び株式報酬については、執行役
  員を兼務する取締役を支給対象とし、それ以外の取締役及び社外取締役については、基本報酬のみを支給していま
  す。
   監査役の報酬は、基本報酬のみを支給しています。
  (3) 当社は、報酬の基本方針に則り、役員報酬委員会において、業績連動報酬と固定報酬の支給割合を決定していま
  す。報酬の支給割合の決定に際しては、外部のコンサルタントが運営する「経営者報酬データベース」を参照の上、
  役位ごとの総報酬額や配分割合のベンチ―マークを行い、報酬水準等の妥当性を検証しております。
   総報酬を100とした場合の各報酬構成要素の割合(業績連動報酬は目標を100%達成した時の標準額)は下表のとお
  りとなります。
            業績連動報酬

        基本報酬          固定報酬:
        (固定報酬)          業績連動報酬
           賞与   株式報酬
   取締役
        65   20   15   65:35
   (除く社外取締役)
  (4) 取締役の基本報酬は、市場性を参考に、職責の大きさに基づき、賞与は市場性を参考にするとともに、連結営業利

  益の増減に連動させ、これに当該年度の自部門の業績評価及び個人の貢献度を加味して、各々決定しています。ま
  た、株式報酬は、中期経営計画における各事業年度の連結営業利益及び親会社株主に帰属する当期純利益の目標値に
  対する達成度に応じ、事業年度ごとにポイントを付与します。給付は取締役の退任時とし、付与されたポイント数に
  応じて当社株式及び当社株式の時価相当の金銭を給付します。
  (5) 監査役の基本報酬は、監査役会で定めた内規に基づき、当社取締役報酬とのバランス、監査役報酬の市場性を考慮
  して、監査役全員の協議により決定しています。
  (6) 役員報酬に係る株主総会決議年月日及び報酬限度額は以下のとおりとなります。
   区分   報酬の種類       限度報酬額      株主総会決議

     基本報酬(固定報酬)

          基本報酬と賞与の総額として、年額700百万円         2007年6月27日
        賞与
   取締役
     業績連動報酬
          当社から信託への拠出上限額(3事業年度分)と
        株式報酬           2017年3月29日
          して、250百万円
   監査役  基本報酬(固定報酬)     年額100百万円         2005年6月28日
    対象となる員数は(第122期有価証券報告書提出日時点)は、基本報酬(固定報酬)については取締役8名(社
   内取締役5名、社外取締役3名)、監査役4名(社内監査役2名、社外監査役2名)となります。賞与(業績連
   動)、株式報酬(業績連動)については取締役3名(執行役員兼務の社内取締役のみ)となります。
  2.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
           報酬等の種類別の総額(百万円)

                   対象となる
       報酬等の総額
    区  分          業績連動報酬
           基本報酬
        (百万円)
                   役員の員数
          (固定報酬)
              賞与  株式報酬
    取 締 役
        269   219   34   16
                   6名
   (社外取締役を除く)
    監 査 役
        60   60   -   -
                   3名
   (社外監査役を除く)
        36   36   -   -
    社外取締役                4名
        24   24   -   -
    社外監査役                3名
     (注)1.上記には、     2019年3月27日開催の第121期定時株主総会終結の時をもって退任した社外取締役1名、監査
    役(社外監査役を除く)1名及び社外監査役1名を含んでいます。
    2. 株式報酬の総額は、業績連動型株式報酬制度に基づく当事業年度分の付与ポイントに相当する株式数の
    当社株式の価額を記載しています。
             44/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  3.賞与(業績連動)の算定方法
   取締役の賞与は、市場性を参考として、3年に一度役員報酬委員会において審議の上、職責の大きさに応じた基準賞
  与額及び基準となる連結営業利益額を決定します。支給する賞与額は役位毎の基準賞与額に基準となる連結営業利益額
  に対する当該年度の達成率を乗じて標準賞与額を算定し、この標準賞与額に当該年度の自部門の業績評価及び個人の貢
  献度を加味して、上限30%、下限-30%の範囲で増減させ、確定します。
   各々の賞与額は、役員報酬委員会にて審議の上決定します。
   賞与算定の業績評価指標(KPI)は、連結営業利益としておりますが、これは企業活動の本業の質を表しており、当
  社の事業戦略策定の上でも最も重要な指標であるからです。
  <参考>役位毎の標準賞与額の算定式

   役位毎の年次標準賞与 = 役位毎基準賞与額 × 連結営業利益実績 / 基準連結営業利益額
  (役位毎の2019年度標準賞与 = 役位毎基準賞与額 × 413億円 / 540億円(基準値))
  4. 業績連動型株式報酬として各事業年度に付与するポイント及び退任時に給付される株式数及び金銭額の算定方法

  (1) 付与ポイントの算定方法と付与対象者
   次の算式により算出されたポイントを取締役に対し定時株主総会日に毎年付与します。なお、1ポイント未満端数
  がある場合は切捨てます。付与対象者は前事業年度の末日において役員として在任していた者に限られます。(事業
  年度末日において役員として在任していた者は、事業年度の全期間在籍したものとして扱います。)
                   年度目標

                     80%
                    -
     年度目標達成率80%の     年度目標達成率100%の    年度目標達成率80%の
                  達成率(注2)
  付与ポイント数
    =    +         ×
             -
         (        )
     役位別ポイント(注1)     役位別ポイント(注1)    役位別ポイント(注1)
                    20%
   (注1)役位別ポイント及び人数

    付与ポイント数の算定基礎となる年度目標達成率80%及び100%のポイント数は以下のとおりです。
           年度目標達成率

     役位   員数
          80%  100%
   代表取締役  社長執行役員
         1  1,524  3,810
   代表取締役  副社長執行役員
         1  1,071  2,678
   取締役 専務執行役員
         -  865  2,161
   取締役 常務執行役員
         2  673  1,683
   取締役 執行役員
         -  477  1,193
   員数は2019年12月31日現在の「業務執行役員」である取締役の数。
   前事業年度末日時点における役位に応じたポイントをもって算定します。
   (注2)年度目標達成率

    付与ポイント数の算定基礎となる年度目標達成率は、中期経営計画上の各事業年度における目標値の達成率と
   し、次の算式により算定します。(小数点以下第2位切捨て)
    ただし、ポイント数算出における年度目標達成率の適用は、上限を110%とし、下限を80%としています。
       連結営業利益の       親会社株主に帰属する

   年度目標達成率        0.6        0.4
      =
          ×  +      ×
       目標達成率(※)      当期純利益の目標達成率(※)
   (※)各利益の目標達成率は以下の算式により算定し、上限をそれぞれ110%としています。

   連結営業利益       中期経営計画における

       連結営業利益
      =    /
   目標達成率       連結営業利益の目標値
   親会社株主に帰属する     親会社株主に帰属する      中期経営計画における

       =     /
   当期純利益目標達成率      当期純利益    親会社株主に帰属する当期純利益の目標値
             45/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (参考)中期経営計画    「DIC111」  における連結営業利益及び親会社株主に帰属する当期純利益の目標値
                  (単位:億円)
          2019年度   2019年度   2020年度   2021年度
          目標値   実績   目標値   目標値
   連結営業利益       520   413   600   700
   親会社株主に帰属する当期純利益       350   235   370   450
   以上の計算により得られたポイントを退任日まで累計し、その累計数に応じて以下のとおり、株式及び金銭を給付

   します。
  (2) 任期満了・会社都合により退任した取締役に給付する株式数及び金銭額の算定方法

   給付する株式数は、次の算式により算定します。
  なお、当算式において、株式数に単元株未満の端数が生じた場合は切り捨てます。
                (注2)

       退任日までに     単元株に相当する
   株式数                70%
          -
    =              ×
     (             )
      累計されたポイント数     ポイント数未満の端数(注1)
   (注1)100ポイント未満の端数

   (注2)(退任日までに累計されたポイント数-単元株に相当するポイント数未満の端数)の値は
    以下「給付株式数」とします。
   給付する金銭額は、次の算式により算定します。
  なお、当算式における「給付株式数×30%」の値に100未満の端数が生じた場合は100単位に切り上げます。
                  退任日時点における

            単元株に相当する
   金銭額   給付株式数    30%
    =    ×  +      ×
     (           )
                  当社株式の時価(注2)
           ポイント数未満の端数(注1)
   (注1)100ポイント未満の端数
   (注2)時価とは、東京証券取引所における終値又は気配値とし、退任日に終値又は気配値が公表されない場合に
       あっては、終値又は気配値の取得できる直近の日まで遡って算定するものとします。
  (3) 自己都合により退任する取締役の場合

   給付は株式のみとし、次の算式により算出します。
      退任日までに

   株式数
    =
     累計されたポイント数
  (4) 取締役が死亡した場合

   給付は金銭のみとし、次の算式により算出した金額を遺族に給付します。
       退任日までに

   遺族給付の額         死亡日時点における本株式の時価      (注1)
      =     ×
       累計されたポイント数
   (注1)時価とは、東京証券取引所における終値又は気配値とし、退任日に終値又は気配値が公表されない場合に
       あっては、終値又は気配値の取得できる直近の日まで遡って算定するものとします。
  (5) 留意事項

  ・業績連動型株式報酬の支給を受ける取締役は法人税法第34条第1項第3号に定める「業務執行役員」です。
  ・法人税法第34条第1項第3号イに規定する「当該事業年度の利益に関する指標」とは連結営業利益と親会社株主に
   帰属する当期純利益としています。
  ・法人税法第34条第1項第3号イ(1)に規定する役位毎の付与ポイントに相当する株式の限度数は、以下のとおりと
   しています。
     役位    限度数
   代表取締役  社長執行役員
          4,953
   代表取締役  副社長執行役員
          3,481
   取締役 専務執行役員
          2,809
   取締役 常務執行役員
          2,188
   取締役 執行役員
          1,551
  5. 取締役の報酬等の査定方法の改定、報酬額及び算定方法の方針等に関与する委員会
             46/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   当社は、取締役及び役員報酬の決定手続の客観性を高めるため、取締役会の一任を受けた役員報酬委員会におい
  て、取締役及び執行役員の報酬及び算定方法の方針等を審議、決定します。その委員は、独立社外取締役3名を含む
  5名の取締役により構成され、独立社外取締役が委員長を務めています。
  <2019年度の委員会開催実績>

   2019年2月25日:2018年度役員賞与の決定。2018年度の株式報酬付与ポイントの決定。
   2019年11月11日:2020年度以降の総報酬額における固定報酬と業績連動報酬の配分に関する審議及び決定。業績連
      動報酬の算定方法に関する審議、総報酬額の市場性比較。
   2019年12月19日:2020年度固定報酬額の審議、決定。退任役員の株式報酬付与ポイントの決定。
             47/124


















                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (5)【株式の保有状況】
  1.投資株式の区分の基準及び考え方
   当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、専ら株式
  の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする場合を純投資目的である投資株式とし、そ
  れ以外の  持続的な成長や中長期的な企業価値向上に資すると合理的に判断して            保有する場合を純投資目的以外の目的
  である投資株式と区分しています。
  2.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

  (1) 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容
   当社は、当社の持続的な成長や中長期的な企業価値向上に資すると合理的に判断される場合に限り、関係会社を除
  く上場株式の政策保有を行う場合があります。
   株式の政策保有に際しては、毎年、取締役会において、個別の政策保有株式について保有目的、保有に伴う便益が
  資本コストと見合っているか、保有しない場合のリスク等を精査のうえ、保有の適否を検証します。保有意義が希薄
  であると判断される場合は、原則として縮減対象とします。
   当社は、2019年2月28日の取締役会にて、2018年12月末における全ての保有目的が純投資目的以外の目的である投
  資株式について、   上記の検証方法に基づき    保有の適否を検証しました。検証の結果、一部の株式については保有意義
  が乏しいことを確認しましたので、市場への影響等に配慮しつつ、今後縮減を図ります。なお、保有の合理性がある
  と判断された株式についても、状況の変化に応じて保有の妥当性が認められないと考える場合には、縮減等の見直し
  を行います。
  (2) 銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

       銘柄数   貸借対照表計上額の
       (銘柄)   合計額(百万円)
        55     1,559

  非上場株式
        27     8,203
  非上場株式以外の株式
  (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

       銘柄数  株式数の増加に係る取得
                株式数の増加の理由
       (銘柄)   価額の合計額(百万円)
        1     300

  非上場株式            取引関係強化のため
        3     16
  非上場株式以外の株式            取引先持株会を通じた株式の取得
  (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

       銘柄数  株式数の減少に係る売却
       (銘柄)   価額の合計額(百万円)
        -      -

  非上場株式
        1     95
  非上場株式以外の株式
             48/124







                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (3) 特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
   特定投資株式

      当事業年度   前事業年度
             保有目的、定量的な保有効果      当社の株式の
      株式数(株)   株式数(株)
   銘柄
              及び株式数が増加した理由      保有の有無
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
      (百万円)   (百万円)
            資金調達、保険等の取引を行っており、
       1,438,400   1,438,400
  第一生命ホールディ
            取引関係の維持・強化のため保有してい
                    有
  ングス㈱
        2,613   2,471
            ます。(注2)
            資金調達等の取引を行っており、取引関
       3,191,000   3,191,000
  ㈱三菱UFJフィナ
            係の維持・強化のため保有しています。
                    有
  ンシャル・グループ
        1,893   1,716
            (注2)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
            行っており、取引関係の維持・強化のた
       297,600   297,600
            め保有しています。定量的な保有効果に
            ついては営業秘密等の観点から記載が困
  サッポロホールディ
            難ですが、保有目的、保有に伴う便益が
                    有
  ングス㈱
            資本コストと見合っているか、保有しな
            い場合のリスク等を精査のうえ、保有の
        768   682 適否を検証しました。かかる検討を踏ま
            え、今後の保有方針を検討していきま
            す。
            コンポジットマテリアル関連の取引を
       50,000   50,000
  大東建託㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    無
        674   751
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       143,045   139,942
            行っており、取引関係の維持・強化のた
  関西ペイント㈱           め保有しています。取引先持株会を通じ
                    有
            た株式の取得により株式数が増加してい
        383   296
            ます。(注2)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
       100,000   100,000
  大和ハウス工業㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    無
        339   350
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       504,000   504,000
  リケンテクノス㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    有
        271   229
            め保有しています。(注2)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
       106,587   101,753
            行っており、取引関係の維持・強化のた
  タカラスタンダード
            め保有しています。取引先持株会を通じ
                    有
  ㈱
            た株式の取得により株式数が増加してい
        210   167
            ます。(注2)
            カラーマテリアル関連の取引を行ってお
       865,200   865,200
  Asahi Songwon
            り、取引関係の維持・強化のため保有し
                    無
  Colors Ltd.
        201   292
            ています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       74,600   74,600
  日本電気硝子㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    有
        182   201
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       110,800   110,800
  大日本塗料㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    有
        130   108
            め保有しています。(注2)
             49/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
      当事業年度   前事業年度

             保有目的、定量的な保有効果      当社の株式の
      株式数(株)   株式数(株)
   銘柄
              及び株式数が増加した理由      保有の有無
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
      (百万円)   (百万円)
            原料の調達を行っており、取引関係の維
       50,000   50,000
  テイカ㈱           持・強化のため保有しています。(注
                    有
        97   81
            2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
        8,400   8,400
  岡谷鋼機㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    有
        85   77
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       100,000   100,000
  ロックペイント㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    有
        82   72
            め保有しています。(注2)
            カラーマテリアル関連の取引を行ってお
       166,384   166,384
  AksharChem  (India)
            り、取引関係の維持・強化のため保有し
                    無
  Ltd.
        60   117
            ています。(注2)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
       55,000   55,000
            行っており、取引関係の維持・強化のた
  ㈱ノダ                   有
        47   39
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       54,000   54,000
  アトミクス㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    有
        38   37
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       20,000   20,000
  日本特殊塗料㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    無
        30   26
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
        6,900   6,900
  イサム塗料㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    有
        25   25
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       55,000   55,000
  菊水化学工業㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    無
        25   22
            め保有しています。(注2)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
        9,500   9,500
  ㈱LIXIL           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    無
        18   13
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       10,774   10,128
  ㈱オリジン           行っており、取引関係の維持・強化のた
  (旧:オリジン電気           め保有しています。取引先持株会を通じ
                    有
  ㈱)(注3)           た株式の取得により株式数が増加してい
        16   17
            ます。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       11,000   11,000
  小松マテーレ㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    無
        9   9
            め保有しています。(注2)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
        1,600   1,600
  大倉工業㈱           行っており、取引関係の維持・強化のた
                    無
        3   3
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
        1,000   1,000
            行っており、取引関係の維持・強化のた
  ㈱アサヒペン                   無
        2   2
            め保有しています。(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
        1,380   1,380
  タイガースポリマー
            行っており、取引関係の維持・強化のた
                    有
  ㈱
        1   1
            め保有しています。(注2)
             50/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
      当事業年度   前事業年度

             保有目的、定量的な保有効果      当社の株式の
      株式数(株)   株式数(株)
   銘柄
              及び株式数が増加した理由      保有の有無
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
      (百万円)   (百万円)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
        200   200
            行っており、取引関係の維持・強化のた
  ㈱ウッドワン                   無
        0   0
            め保有しています。(注2)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
            行っており、取引関係の維持・強化のた
        -   53,000
            め保有していました。定量的な保有効果
            については営業秘密等の観点から記載が
            困難ですが、保有目的、保有に伴う便益
  積水ハウス㈱
                    無
            が資本コストと見合っているか、保有し
            ない場合のリスク等を精査のうえ、保有
        -   108
            の適否を検証しました。当事業年度にお
            いて全ての保有株式について売却が完了
            しています。
  (注)1.「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しています。
   2.定量的な保有効果については営業秘密等の観点から記載が困難ですが、保有目的、保有に伴う便益が資本コス
    トと見合っているか、保有しない場合のリスク等を精査のうえ、保有の適否を検証し、保有の合理性があると
    判断しています。
   3.オリジン電気㈱は、2019年4月1日に㈱オリジンに商号変更しています。
   みなし保有株式

      当事業年度   前事業年度
      株式数(株)   株式数(株)
             保有目的、定量的な保有効果      当社の株式の
   銘柄   (注1)   (注1)
              及び株式数が増加した理由      保有の有無
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
     (百万円)(注2)   (百万円)(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       3,463,338   3,463,338
            行っており、取引関係の維持・強化のた
  日本ペイントホール           め保有しています。現在は退職給付信託
                    有
  ディングス㈱           に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
       19,533   13,022
            (注5)
            プリンティングマテリアル関連の取引を
       3,101,765    649,775
            行っており、取引関係の維持・強化のた
  凸版印刷㈱
            め保有しています。現在は退職給付信託
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
  (注6)
            は、当社が指図権を留保しています。
        7,013   1,051
            (注5)
            プリンティングマテリアル関連の取引を
       854,199   854,199
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  共同印刷㈱
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        2,539   2,094
            (注5)
            プリンティングマテリアル関連の取引を
       905,259   905,259
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  NISSHA㈱
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        1,015   1,188
            (注5)
             51/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
      当事業年度   前事業年度

      株式数(株)   株式数(株)
             保有目的、定量的な保有効果      当社の株式の
   銘柄   (注1)   (注1)
              及び株式数が増加した理由      保有の有無
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
     (百万円)(注2)   (百万円)(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       309,431   309,431
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  関西ペイント㈱
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        828   654
            (注5)
            プリンティングマテリアル関連の取引を
       457,020   457,020
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  光村印刷㈱
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        808   814
            (注5)
            資金調達等の取引を行っており、取引関
       4,777,000   4,777,000
            係の維持・強化のため保有しています。
  ㈱みずほフィナン
            現在は退職給付信託に拠出しており、議
                    有
  シャルグループ
            決権行使については、当社が指図権を留
        804   814
            保しています。(注5)
            資金調達等の取引を行っており、取引関
       1,350,000   1,350,000
            係の維持・強化のため保有しています。
  ㈱三菱UFJフィナ
            現在は退職給付信託に拠出しており、議
                    有
  ンシャル・グループ
            決権行使については、当社が指図権を留
        801   726
            保しています。(注5)
            プリンティングマテリアル関連の取引を
       261,501   261,501
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  大日本印刷㈱
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        774   601
            (注5)
            パッケージングマテリアル関連の取引を
       112,000   112,000
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  ㈱エフピコ                   無
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        727   753
            (注5)
            プリンティングマテリアル関連の取引を
       158,520   158,520
            行っており、取引関係の維持・強化のた
  ホッカンホールディ           め保有しています。現在は退職給付信託
                    有
  ングス㈱           に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        331   276
            (注5)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
       80,000   80,000
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  大和ハウス工業㈱
                    無
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        271   280
            (注5)
             52/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
      当事業年度   前事業年度

      株式数(株)   株式数(株)
             保有目的、定量的な保有効果      当社の株式の
   銘柄   (注1)   (注1)
              及び株式数が増加した理由      保有の有無
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
     (百万円)(注2)   (百万円)(注2)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       138,650   138,650
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  アキレス㈱
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        252   256
            (注5)
            資金調達等の取引を行っており、取引関
       61,680   61,680
            係の維持・強化のため保有しています。
  ㈱三井住友フィナン
            現在は退職給付信託に拠出しており、議
                    有
  シャルグループ
            決権行使については、当社が指図権を留
        249   225
            保しています。(注5)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
       110,000   110,000
            行っており、取引関係の維持・強化のた
  タカラスタンダード           め保有しています。現在は退職給付信託
                    有
  ㈱           に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        217   181
            (注5)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
       109,000   109,000
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  積水化学工業㈱
                    無
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        208   178
            (注5)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
       117,410   117,410
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  長瀬産業㈱
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        191   178
            (注5)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       112,739   112,739
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  日本特殊塗料㈱
                    無
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        170   146
            (注5)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       100,000   100,000
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  セーレン㈱
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        158   179
            (注5)
            カラーマテリアル関連の取引を行ってお
       33,000   33,000
            り、取引関係の維持・強化のため保有し
  東京インキ㈱           ています。現在は退職給付信託に拠出し
                    有
            ており、議決権行使については、当社が
        83   76
            指図権を留保しています。(注5)
             53/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
      当事業年度   前事業年度

      株式数(株)   株式数(株)
             保有目的、定量的な保有効果      当社の株式の
   銘柄   (注1)   (注1)
              及び株式数が増加した理由      保有の有無
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
     (百万円)(注2)   (百万円)(注2)
            資金調達等の取引を行っており、取引関
       26,099   26,099
            係の維持・強化のため保有しています。
            現在は退職給付信託に拠出しており、議
  ㈱滋賀銀行                   有
            決権行使については、当社が指図権を留
        73   67
            保しています。(注5)
            パフォーマンスマテリアル関連の取引を
       78,000   78,000
            行っており、取引関係の維持・強化のた
  タイガースポリマー           め保有しています。現在は退職給付信託
                    有
  ㈱           に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        48   48
            (注5)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
       30,572   30,572
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  ㈱ウッドワン                   無
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        39   32
            (注5)
            コンポジットマテリアル関連の取引を
       46,000   46,000
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  クリナップ㈱
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        33   30
            (注5)
            プリンティングマテリアル関連の取引を
       153,723   153,723
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  野崎印刷紙業㈱
                    無
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        29   51
            (注5)
            プリンティングマテリアル関連の取引を
        4,620   4,620
            行っており、取引関係の維持・強化のた
            め保有しています。現在は退職給付信託
  日本製罐㈱
                    有
            に拠出しており、議決権行使について
            は、当社が指図権を留保しています。
        5   4
            (注5)
        -  3,064,988
  図書印刷㈱
            同社株式は当事業年度末時点で保有して
                    無
  (注6)           いません。
        -   3,126
  (注)1.議決権行使権限の対象となる株式数を記載しています。
   2.みなし保有株式の事業年度末日における時価に議決権行使権限の対象となる株式数を乗じて得た額を記載して
    います。
   3.貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算していません。
   4.「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しています。
   5.定量的な保有効果については営業秘密等の観点から記載が困難ですが、保有目的、保有に伴う便益が資本コス
    トと見合っているか、保有しない場合のリスク等を精査のうえ、保有の適否を検証し、保有の合理性があると
    判断しています。
   6.2019年8月1日付で、凸版印刷㈱を完全親会社、図書印刷㈱を完全子会社とする株式交換による経営統合を実
    施しています。そのため図書印刷㈱の普通株式1株に対し、凸版印刷㈱の普通株式0.80株が割り当てられてい
    ます。
             54/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  第5【経理の状況】
  1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
  (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
   に基づいて作成しています。
    なお、当連結会計年度(2019年1月1日から2019年12月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報のうち、
   「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成30年3月23日内閣府令
   第7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同条第3項に
   係るものについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しています。
  (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

   「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しています。
    なお、当事業年度(2019年1月1日から2019年12月31日まで)の財務諸表に含まれる比較情報のうち、改正府令
   による改正後の財務諸表等規則第8条の12第2項第2号及び同条第3項に係るものについては、改正府令附則第2
   条第2項により、改正前の財務諸表等規則に基づいて作成しています。
    また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成していま
   す。
  2.監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年1月1日から2019年12月31日
  まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年1月1日から2019年12月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
  法人トーマツにより監査を受けています。
  3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

   当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っています。具体的には、会計基準等の内容
  を適切に把握し、また、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
  人財務会計基準機構へ加入し、公益財団法人財務会計基準機構等の主催する研修に参加しています。
             55/124











                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  1【連結財務諸表等】
  (1)【連結財務諸表】
   ①【連結貸借対照表】
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
              ※3 19,782     ※3 16,786
   現金及び預金
             ※1 ,※3 209,763    ※1 ,※3 211,232
   受取手形及び売掛金
              ※3 94,611     ※3 91,555
   商品及び製品
              ※3 9,403     ※3 9,566
   仕掛品
              ※3 61,937     ※3 58,610
   原材料及び貯蔵品
               23,878     21,607
   その他
               △9,722     △9,437
   貸倒引当金
               409,652     399,919
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
               259,417     262,087
    建物及び構築物
              △170,525     △173,547
    減価償却累計額
              ※3 88,892     ※3 88,540
    建物及び構築物(純額)
               403,877     408,064
    機械装置及び運搬具
              △332,926     △337,197
    減価償却累計額
    機械装置及び運搬具(純額)           70,951     70,867
               63,291     64,386
    工具、器具及び備品
              △51,896     △53,195
    減価償却累計額
    工具、器具及び備品(純額)           11,395     11,191
              ※3 48,985     ※3 51,961
    土地
               7,928     9,616
    建設仮勘定
               228,151     232,176
    有形固定資産合計
   無形固定資産
                34     762
    のれん
               2,887     2,585
    ソフトウエア
               3,359     2,674
    顧客関連資産
               7,502     5,782
    その他
               13,782     11,804
    無形固定資産合計
   投資その他の資産
              ※2 67,523     ※2 59,313
    投資有価証券
               33,313     33,192
    繰延税金資産
               25,089     44,339
    退職給付に係る資産
              ※2 23,947     ※2 23,020
    その他
               △161     △680
    貸倒引当金
               149,711     159,184
    投資その他の資産合計
               391,644     403,164
   固定資産合計
               801,296     803,083
  資産合計
             56/124






                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
                   (単位:百万円)

            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
               118,554     108,562
   支払手形及び買掛金
              ※3 29,986     ※3 20,139
   短期借入金
                   ※3 23,456
               49,792
   1年内返済予定の長期借入金
               667     1,244
   リース債務
               2,843     2,556
   未払法人税等
               6,283     5,724
   賞与引当金
               47,476     48,445
   その他
               255,601     210,126
   流動負債合計
  固定負債
               60,000     80,000
   社債
                   ※3 122,602
               119,791
   長期借入金
               4,229     5,191
   リース債務
               2,807     8,768
   繰延税金負債
               20,519     21,377
   退職給付に係る負債
               1,482     1,696
   資産除去債務
               9,533     9,826
   その他
               218,361     249,459
   固定負債合計
               473,962     459,585
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
               96,557     96,557
   資本金
               94,445     94,456
   資本剰余金
               207,421     218,209
   利益剰余金
               △1,823     △1,823
   自己株式
               396,600     407,398
   株主資本合計
  その他の包括利益累計額
               1,407     1,676
   その他有価証券評価差額金
                14     683
   繰延ヘッジ損益
              △67,617     △72,671
   為替換算調整勘定
              △31,508     △24,346
   退職給付に係る調整累計額
              △97,704     △94,658
   その他の包括利益累計額合計
               28,438     30,757
  非支配株主持分
               327,334     343,497
  純資産合計
               801,296     803,083
  負債純資産合計
             57/124








                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
   【連結損益計算書】
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
               805,498     768,568
  売上高
               629,850     603,199
  売上原価
               175,648     165,369
  売上総利益
  販売費及び一般管理費
               13,230     13,104
  運賃及び荷造費
               42,660     41,742
  従業員給料及び手当
               669     995
  貸倒引当金繰入額
               2,423     2,233
  賞与引当金繰入額
                33     1,043
  退職給付費用
              ※1 12,923     ※1 12,505
  研究開発費
               55,325     52,414
  その他
               127,263     124,037
  販売費及び一般管理費合計
               48,385     41,332
  営業利益
  営業外収益
               3,781     2,420
  受取利息
               425     414
  受取配当金
               3,845     2,475
  持分法による投資利益
               1,631     1,692
  その他
               9,682     7,001
  営業外収益合計
  営業外費用
               5,114     3,724
  支払利息
               828     811
  為替差損
               3,423     2,496
  その他
               9,365     7,031
  営業外費用合計
               48,702     41,302
  経常利益
  特別利益
               679     1,624
  関係会社株式及び出資金売却益
               237     1,409
  受取保険金
               ※2 431    ※2 1,401
  固定資産売却益
               3,270      -
  投資有価証券売却益
               4,617     4,435
  特別利益合計
  特別損失
                    ※3 3,078
                -
  減損損失
              ※4 2,535     ※4 2,399
  固定資産処分損
                -     1,914
  買収関連費用
               409     1,520
  災害による損失
              ※5 1,539     ※5 840
  リストラ関連退職損失
                -     551
  貸倒引当金繰入額
                -     443
  過去勤務費用償却額
                -     316
  関係会社株式及び出資金売却損
               4,483     11,061
  特別損失合計
               48,836     34,676
  税金等調整前当期純利益
  法人税、住民税及び事業税             11,015     7,869
               4,019     1,461
  法人税等調整額
               15,034     9,330
  法人税等合計
               33,802     25,346
  当期純利益
               1,774     1,846
  非支配株主に帰属する当期純利益
               32,028     23,500
  親会社株主に帰属する当期純利益
             58/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   【連結包括利益計算書】
                  (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
               33,802     25,346
  当期純利益
  その他の包括利益
               △6,502      327
  その他有価証券評価差額金
                17     669
  繰延ヘッジ損益
              △20,203     △4,394
  為替換算調整勘定
               △9,413     7,269
  退職給付に係る調整額
               △1,545     △744
  持分法適用会社に対する持分相当額
              ※1 △37,646     ※1 3,127
  その他の包括利益合計
               △3,844     28,473
  包括利益
  (内訳)
               △4,863     26,546
  親会社株主に係る包括利益
               1,019     1,927
  非支配株主に係る包括利益
             59/124















                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   ③【連結株主資本等変動計算書】
    前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                    (単位:百万円)
             株主資本
       資本金   資本剰余金   利益剰余金   自己株式   株主資本合計
  当期首残高      96,557   94,445   186,768   △1,828   375,942
  当期変動額
  剰余金の配当
              △11,375      △11,375
  親会社株主に帰属する当期
              32,028      32,028
  純利益
  自己株式の取得                △10   △10
  自己株式の処分
                  15   15
  株主資本以外の項目の当期
  変動額(純額)
  当期変動額合計       -   -   20,653    5  20,658
  当期末残高
        96,557   94,445   207,421   △1,823   396,600
          その他の包括利益累計額

                 非支配株主持
               その他の包括     純資産合計
      その他有価証  繰延ヘッジ損  為替換算調整  退職給付に係    分
               利益累計額合
      券評価差額金  益  勘定  る調整累計額
               計
  当期首残高      7,874   △3 △46,462  △22,222  △60,813  28,822  343,951
  当期変動額
  剰余金の配当
                    △11,375
  親会社株主に帰属する当期
                    32,028
  純利益
  自己株式の取得                   △10
  自己株式の処分
                     15
  株主資本以外の項目の当期
       △6,467   17 △21,155  △9,286  △36,891  △384 △37,275
  変動額(純額)
  当期変動額合計     △6,467   17 △21,155  △9,286  △36,891  △384 △16,617
  当期末残高
       1,407   14 △67,617  △31,508  △97,704  28,438  327,334
             60/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                    (単位:百万円)
             株主資本
       資本金   資本剰余金   利益剰余金   自己株式   株主資本合計
  当期首残高      96,557   94,445   207,421   △1,823   396,600
  会計方針の変更による累積
               △774      △774
  的影響額
  会計方針の変更を反映した当
        96,557   94,445   206,647   △1,823   395,826
  期首残高
  当期変動額
  剰余金の配当            △11,849      △11,849
  親会社株主に帰属する当期
              23,500      23,500
  純利益
  自己株式の取得                △7   △7
  自己株式の処分                6   6
  連結範囲の変動             △90      △90
  非支配株主との取引に係る
            11         11
  親会社の持分変動
  株主資本以外の項目の当期
  変動額(純額)
  当期変動額合計       -   11   11,561    △1  11,572
  当期末残高
        96,557   94,456   218,209   △1,823   407,398
          その他の包括利益累計額

                 非支配株主持
               その他の包括     純資産合計
      その他有価証  繰延ヘッジ損  為替換算調整  退職給付に係    分
               利益累計額合
      券評価差額金  益  勘定  る調整累計額
               計
  当期首残高      1,407   14 △67,617  △31,508  △97,704  28,438  327,334
  会計方針の変更による累積
                     △774
  的影響額
  会計方針の変更を反映した当
       1,407   14 △67,617  △31,508  △97,704  28,438  326,560
  期首残高
  当期変動額
  剰余金の配当
                    △11,849
  親会社株主に帰属する当期
                    23,500
  純利益
  自己株式の取得                   △7
  自己株式の処分                   6
  連結範囲の変動
                     △90
  非支配株主との取引に係る
                     11
  親会社の持分変動
  株主資本以外の項目の当期
        269  670  △5,055  7,161  3,046  2,320  5,365
  変動額(純額)
  当期変動額合計
        269  670  △5,055  7,161  3,046  2,320  16,937
  当期末残高      1,676   683 △72,671  △24,346  △94,658  30,757  343,497
             61/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
               48,836     34,676
  税金等調整前当期純利益
               32,825     33,127
  減価償却費
               156     99
  のれん償却額
  貸倒引当金の増減額(△は減少)            △263     559
  賞与引当金の増減額(△は減少)            △782     △561
               △4,206     △2,834
  受取利息及び受取配当金
  持分法による投資損益(△は益)            △3,845     △2,475
               5,114     3,724
  支払利息
  固定資産除売却損益(△は益)            2,104      997
                -     3,078
  減損損失
  関係会社株式及び出資金売却損益(△は益)            △679    △1,308
  投資有価証券売却損益(△は益)            △3,270      -
  売上債権の増減額(△は増加)            6,897     △3,054
  たな卸資産の増減額(△は増加)            △14,516     4,614
  仕入債務の増減額(△は減少)            3,966     △9,802
               △9,524     △3,543
  その他
               62,813     57,298
  小計
  利息及び配当金の受取額            6,307     4,335
               △5,050     △3,865
  利息の支払額
              △13,080     △7,132
  法人税等の支払額
               50,990     50,637
  営業活動によるキャッシュ・フロー
  投資活動によるキャッシュ・フロー
               △3,832     △3,685
  定期預金の預入による支出
               2,893     4,740
  定期預金の払戻による収入
              △31,343     △34,042
  有形固定資産の取得による支出
               1,336     1,613
  有形固定資産の売却による収入
               △741     △919
  無形固定資産の取得による支出
  連結の範囲の変更を伴う子会社株式及び出資金の
              △11,524     △1,558
  取得による支出
  連結の範囲の変更を伴う子会社株式及び出資金の
                -     235
  取得による収入
  連結の範囲の変更を伴う子会社株式及び出資金の
               679     900
  売却による収入
               △157     -
  関係会社株式及び出資金の取得による支出
               671     9,508
  関係会社株式及び出資金の売却による収入
               △509     △350
  投資有価証券の取得による支出
               4,150      134
  投資有価証券の売却及び償還による収入
               △690     △96
  事業譲受による支出
               679    △1,363
  その他
              △38,388     △24,884
  投資活動によるキャッシュ・フロー
             62/124






                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
                   (単位:百万円)

            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  財務活動によるキャッシュ・フロー
  短期借入金の純増減額(△は減少)            △29,689     △9,383
               60,627     40,250
  長期借入れによる収入
              △39,204     △63,513
  長期借入金の返済による支出
               10,000     20,000
  社債の発行による収入
              △11,375     △11,849
  配当金の支払額
               △1,348     △767
  非支配株主への配当金の支払額
  自己株式の純増減額(△は増加)             5     △1
  連結の範囲の変更を伴わない子会社株式及び出資
               △62     △186
  金の取得による支出
               △735    △1,351
  その他
              △11,781     △26,799
  財務活動によるキャッシュ・フロー
               159     △895
  現金及び現金同等物に係る換算差額
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)             980    △1,941
               17,651     18,631
  現金及び現金同等物の期首残高
              ※1 18,631     ※1 16,690
  現金及び現金同等物の期末残高
             63/124














                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   【注記事項】
   (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
   1.連結の範囲に関する事項
    (1) 連結子会社の数    151 社
     主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しているため、省略しまし
    た。
     なお、買収等により、IDEAL     CHEMI PLAST PRIVATE  LTD.他6社を新たに連結子会社に加えました。ま
    た、タカラ化工㈱他2社は、売却      等により連結の範囲から除外しました。
    (2) 主要な非連結子会社の名称等
     該当事項はありません。
   2.持分法の適用に関する事項

    (1) 持分法適用の関連会社数      22社
     主要な会社名 太陽ホールディングス㈱、㈱ルネサンス
     なお、  Aekyung  Chemical  Co., Ltd.他3社は、売却等に    より連結の範囲から除外しました。
    (2) 持分法を適用していない非連結子会社
      該当事項はありません。
   3.連結子会社の事業年度等に関する事項

     連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しています。
   4.会計方針に関する事項

    (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
    (イ) 有価証券
     その他有価証券
     時価のあるもの
      期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
     動平均法により算定)
     時価のないもの
      移動平均法による原価法
    (ロ) デリバティブ
     時価法
    (ハ) たな卸資産
     主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方
    法により算定)を採用しています。
    (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法

    (イ) 有形固定資産(リース資産を除く)
     国内連結会社は建物(建物附属設備を除く)については主として定額法、その他の有形固定資産につ
    いては主として定率法を採用しています。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構
    築物については、定額法を採用しています。また、在外連結子会社は主として定額法を採用していま
    す。
     なお、主な耐用年数は次のとおりです。
     建物及び構築物   8~50年
     機械装置及び運搬具 3~11年
    (ロ) 無形固定資産(リース資産を除く)
     定額法を採用しています。
    (ハ) リース資産
     国内連結会社は、所有権移転外ファイナンス・リース取引については、リース期間を耐用年数とし、
    残存価額を零とする定額法を採用しています。
     在外連結子会社は、米国会計基準又は国際財務報告基準を基に処理を行っています              。
             64/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
    (3) 重要な引当金の計上基準
    (イ) 貸倒引当金
     国内連結会社は、主として当連結会計年度末に有する金銭債権の貸倒による損失に備えるため設定し
    ており、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能
    性を勘案し、回収不能見込額を計上しています。在外連結子会社は、主として貸倒見積額を計上してい
    ます。
    (ロ) 賞与引当金
     国内連結会社は、従業員及び執行役員に支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき、当連結会
    計年度に負担すべき金額を計上しています。
    (4) 退職給付に係る会計処理の方法

     退職給付に係る資産及び負債については、従業員及び執行役員の退職給付に備えるため、               当連結会計年度
    末における見込額に基づき、退職給付債務から年金資産の額を控除した額を計上しています。退職給付債務
    の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式
    基準によっています。
    国内連結会社は、   数理計算上の差異は各連結会計年度の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
    (14~16年)で、主として定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理すること
    としています。また過去勤務費用は発生年度に費用処理することとしています。
     在外連結子会社は、数理計算上の差異は各連結会計年度の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
    (8~28年)で、主として定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理すること
    としています。また過去勤務費用は1~28年で費用処理することとしています。
     未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部におけるそ
    の他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しています。
    (5) 重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

    外貨建金銭債権債務は、連結会計年度末日の直物等為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として
    処理しています。なお、在外子会社等の資産及び負債は、決算日の直物等為替相場により円貨に換算し、収
    益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支
    配株主持分に含めています。
    (6) 重要なヘッジ会計の方法

    (イ) ヘッジ会計の方法
     主として繰延ヘッジ処理によっています。ただし、要件を満たす為替予約等が付されている外貨建金
    銭債権債務等については、振当処理を行っています。また、要件を満たす金利スワップについては、特
    例処理を行っています。
    (ロ) ヘッジ手段とヘッジ対象
     ヘッジ手段
     デリバティブ取引(為替予約取引、金利・通貨スワップ取引及び商品スワップ取引)、外貨建借入
     金
     ヘッジ対象
     外貨建債権・債務、外貨建予定取引、借入金、燃料、純投資
    (ハ) ヘッジ方針
     外貨建金銭債権債務又は外貨建予定取引に係る為替相場の変動によるリスクを回避する目的で為替予
    約取引及び通貨スワップ取引を、将来の金利変動リスクの回避、又は金利負担の低減を図る目的で金利
    スワップ取引を利用しています。さらに燃料価格の変動をヘッジする目的で商品スワップ取引を利用し
    ています。また、在外事業体に対する純投資の為替相場の変動によるリスクを回避する目的で、外貨建
    借入金を利用しています。
     なお、当社のデリバティブ取引はすべて社内管理規程に従って実行されています。連結子会社につい
    ては、各社の管理規程に従って各社ごとに取引を実行しています。
    (ニ) ヘッジ有効性評価の方法
     ヘッジ対象の相場変動又はキャッシュ・フロー変動とヘッジ手段の相場変動又はキャッシュ・フロー
    変動の間に高い相関関係があることを確認し、有効性を評価しています。
    (7) のれんの償却方法及び償却期間

      のれんの償却については、20年以内の合理的な期間で均等償却しています。
             65/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
    (8) 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
      手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
    しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっています。
    (9) その他連結財務諸表作成のための重要な事項

     消費税等の会計処理
     消費税等の会計処理については、主として税抜方式を採用しています。
   (会計方針の変更)

    (IFRS第16号「リース」)
     当社グループのIFRS適用子会社は、当連結会計年度より、IFRS第16号「リース」(2016年1月公表)(以
    下、IFRS第16号)を適用しています。IFRS第16号の適用に当たっては、経過措置として認められている、本
    基準の適用による累積的影響を適用開始日に認識する方法を採用しています。
     過去にIAS第17号を適用してオペレーティング・リースに分類した借手としてのリースについては、適用
    開始日に、使用権資産及びリース負債を認識しています。
     この変更による当連結会計年度の損益に与える影響は軽微です。なお、1株当たり情報に与える影響は軽
    微であるため、記載を省略しています。
    (ASU2016-16「法人所得税:棚卸資産以外の資産のグループ内の移転」)

     当社グループの米国会計基準適用子会社は、当連結会計年度の期首より、ASU2016-16「法人所得税:棚卸
    資産以外の資産のグループ内の移転」(以下、ASU2016-16)を適用しています。ASU2016-16は、棚卸資産以
    外の資産のグループ内の移転時に、法人税等を認識することを要求しています。従来の米国会計基準では、
    棚卸資産以外の資産の移転に関する法人税等は、第三者に資産が売却されるまで認識しません。ASU2016-16
    は、その累積的影響を適用開始期間の期首の利益剰余金で調整する修正遡及の方法により適用することが求
    められます。
     その結果、当連結会計年度の期首の利益剰余金が774百万円減少しています。また、この変更による当連
    結会計年度の損益に与える影響は軽微です。なお、1株当たり情報に与える影響は軽微であるため、記載を
    省略しています。
   (未適用の会計基準等)

    1.当社及び国内連結子会社
    ・「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告第18
     号 令和元年6月28日 企業会計基準委員会)
    ・「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告第24号 平成30年9月14
     日 企業会計基準委員会)
    (1)概要

     企業会計基準委員会において実務対応報告第18号「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計
     処理に関する当面の取扱い」及び実務対応報告第24号「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面
     の取扱い」の見直しが検討されてきたもので、主な改正内容は、連結決算手続において、「連結決算
     手続における在外子会社等の会計処理の統一」の当面の取扱いに従って、在外子会社等において、資
     本性金融商品の公正価値の事後的な変動をその他の包括利益に表示する選択をしている場合には、当
     該資本性金融商品の売却を行ったときに、連結決算手続上、取得原価と売却価額との差額を当該連結
     会計年度の損益として計上するように修正することとされています。
     また、減損処理が必要と判断される場合には、連結決算手続上、評価差額を当該連結会計年度の損
     失として計上するように修正することとされています。
    (2)適用予定日

     2020年12月期の期首から適用します。
    (3)当該会計基準等の適用による影響

     「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い」等の適用による連結財
     務諸表に与える影響額については、現時点で評価中です。
             66/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
    ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業
     会計基準委員会)
    (1)概要

     国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する
     包括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいては
     IFRS第15号、FASBにおいては     ASU2014-09  )を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始す
     る事業年度から、   ASU2014-09  は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏ま
     え、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わ
     せて公表されたものです。
     企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第
     15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原
     則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われて
     きた実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追
     加することとされております。
    (2)適用予定日

     2022年12月期の期首から適用する予定です。
    (3)当該会計基準等の適用による影響

     「収益認識に関する会計基準」     等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評
     価中です。
    ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 令和元年7月4日 企業会計基準委員会)

    ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 令和元年7月4日 企業会計基準委員 
     会)
    ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 令和元年7月4日 企業会計基準委員会)
    ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針(企業会計基準適用指針第31号 令和元年7月4日 企業会
     計基準委員会)
    (1)概要

     国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同
     じ内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会
     計基準においてはAccounting     Standards  CodificationのASU2018-13「公正価値測定」)を定めている
     状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関し
     て、日本基準と国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」
     等が公表されたものです。
     企業会計基準委員会の時価算定会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算定方
     法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第
     13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまでわが国で行われてきた実務等に配
     慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定め
     ることとされております。
    (2)適用予定日

     2022年12月期の期首から適用する予定です。
    (3)当該会計基準等の適用による影響

     当該会計基準等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中です。
             67/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
    2.在外連結子会社
    ・ASU2016-02「リース」
    ・ASU2019-10「金融商品-『信用損失』、『ヘッジ活動』及び『リース』:適用日」
    (1)概要

     本会計基準等は、借手に原則として全てのリースを貸借対照表に資産及び負債として計上することを
     要求するものです。貸手の会計処理に重要な変更はありません。
    (2)適用予定日

     2021年12月期の期首から適用する予定です。
    (3)当該会計基準等の適用による影響

     当該会計基準等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中です。
   (表示方法の変更)

    (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
    「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会
    計基準一部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に
    表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更して
    います。
    この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が8,891百万円減
    少し、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が4,701百万円増加しています。また、「流動負債」の「繰
    延税金負債」が325百万円減少し、「固定負債」の「繰延税金負債」が3,865百万円減少しています。
    なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が
    4,190百万円減少しています。
    また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係
    る会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加してい
    ます。ただし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定め
    る経過的な取扱いに従って記載していません。
   (追加情報)

    (株式給付信託(BBT))
      当社は、第120期より、執行役員を兼務する取締役及び執行役員(以下「対象取締役等」という。)に対
    する業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT)」(以下「本制度」という。)を導入しています。本制
    度は、対象取締役等の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確にすることで、対象取締役等の
    中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的としています。
      当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する
    実務上の取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)に準じています。
     (1) 取引の概要
      本制度に基づき設定される信託が当社の拠出する金銭を原資として当社株式を取得します。当該信託は、
    当社株式及び当社株式の時価相当の金銭を、当社の定める役員株式給付規程に従って、対象取締役等に対し
    て給付します。当該給付の時期は、原則として対象取締役等の退任時となります。
     (2) 信託に残存する自社の株式
      信託に残存する自社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己
    株式として計上しています。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は前連結会計年度末において584百万円及
    び148千株、当連結会計年度末において577百万円及び146千株です。
             68/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
    (ドイツBASF社の顔料事業に関する株式及び資産の取得(子会社化))

     当社は、2019年8月29日、欧州化学メーカー最大手のドイツBASF社が保有する顔料事業であるBASF
    Colors &Effectsに関する株式及び資産の取得を決定し、同日付でMaster           Sale and Purchase  Agreement
    (包括契約)を締結しました。
     なお、本取引は米国及び欧州委員会をはじめとする各国規制当局の承認を必要としています。
    (1) 株式及び資産取得の目的

    当社は、カラー&ディスプレイ事業部門における質的転換を加速させるため、高成長で高付加価値なスペ
    シャリティ領域(ディスプレイ・化粧品・自動車など)における顔料業界のリーディングカンパニーを目指
    し、機能性顔料の拡大を進めてきました。グローバル顔料市場は約2.3兆円の規模があり、当社はそのうち
    有機顔料とエフェクト顔料(アルミ顔料)で世界有数の会社です。
     一方、対象事業は、欧州を中心にグローバルに拠点を有し、高級顔料、エフェクト顔料(パール顔料等)
    及び特殊無機顔料において世界有数の会社です。対象事業が保有する製品ポートフォリオは、当社と重複が
    少なく製品補完性が極めて高い状況にあります。
     本買収により、当社は市場での評価が高い高機能製品をポートフォリオに取り込み、機能性顔料事業を拡
    大することでカラービジネスの持続的成長にコミットし、企業価値の向上に繋げていきます。
    (2) 株式及び資産取得の相手会社の名称

     BASF SE
    (3) 対象事業の概要

    本買収では顔料事業に関する技術、特許などの知的財産及び株式買収に含まれない営業権などの資産及び
    当該事業を構成する18社の株式を取得します。
    (4) 株式及び資産取得の時期

     2020年末まで
    (注)1.米国及び欧州委員会をはじめとする必要各国の競争法当局からの承認を前提としています。
       2.規制当局手続きやクロージング条件により、本買収実行日を変更する可能性があります。
    (5) 取得価額(参考値)

     985百万ユーロ(1,162億円)
    (注)1.上記取得価額は、対象事業の企業価値(1,150百万ユーロ)から2018年末時点の現預金・借入
      金等の残高を調整した金額(参考値)です。実際の取得価額は、クロージング時点での現預
      金・借入金等の残高や運転資金の増減などにより変動します。
       2.アドバイザリー費用などの手数料は、米国及び欧州委員会をはじめとする必要各国の競争法手
      続きに係る費用などが未確定のため記載していません。
       3.1ユーロ=118円で換算し、小数点以下は四捨五入しています。
    (6) 資金調達方法

    株式希薄化による資本効率性低下の回避と健全な財務体質の維持を考慮した方法を検討した結果、劣後特
    約付実行可能期間付タームローンによる資金調達を決定しました。なお、新株発行を伴う資金調達は予定し
    ていません。
     劣後特約付実行可能期間付タームローンによる資金調達については、「注記事項(重要な後発事象)」に
    記載しています。
             69/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (連結貸借対照表関係)
    ※1 債権流動化による売掛債権譲渡額
        前連結会計年度         当連結会計年度
           20,745         7,066
            百万円         百万円
    ※2 関連会社の株式及び出資金

            前連結会計年度      当連結会計年度
     株式         53,498百万円      44,505百万円
     出資金         1,053      653
    ※3 担保資産及び担保付債務

     担保資産
            前連結会計年度      当連結会計年度
               4     14
     現金及び預金          百万円      百万円
              3,792      3,141
     受取手形及び売掛金
              2,208      1,505
     たな卸資産
              309      532
     建物及び構築物
              250     2,170
     土地
              6,563      7,362
       計
     担保付債務

            前連結会計年度      当連結会計年度
               90      79
     短期借入金          百万円      百万円
               -      74
     1年内返済予定の長期借入金
               -     686
     長期借入金
               90     838
       計
     4 次の関係会社等について債務の保証を行っています。

     前連結会計年度
           金額(百万円)
       被保証者名           内容
     キャストフィルムジャパン㈱        550
              金融機関借入に伴う保証債務
     従業員(住宅資金)         87
              金融機関借入に伴う保証債務
             637
       計
     当連結会計年度

           金額(百万円)
       被保証者名           内容
     キャストフィルムジャパン㈱        525

              金融機関借入に伴う保証債務
     従業員(住宅資金)         58

              金融機関借入に伴う保証債務
             583

       計
     5 受取手形割引高

            前連結会計年度      当連結会計年度
               9     -
     受取手形割引高          百万円      百万円
             70/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (連結損益計算書関係)
    ※1 研究開発費の総額
          前連結会計年度            当連結会計年度
         12,923 百万円        12,505 百万円
    ※2 前  連結会計年度

      土地等の売却益394百万円他です。
     当連結会計年度

      建物及び構築物等の売却益1,266百万円他です。
    ※3 当連結会計年度において、当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。

                 金額
      用途    種類    場所
                 (百万円)
                  1,463

     工場資産   建物及び構築物、土地     大阪府枚方市
        建物及び構築物、機械装置

                  925
     工場資産        埼玉県川口市
        及び運搬具、土地、その他
        建物及び構築物、機械装置

                  690
     工場資産        中国
        及び運搬具、土地、その他
                  3,078

          合計
     (減損損失を認識するに至った経緯)

      工場資産については、回収可能価額が帳簿価額を下回った資産グループについて、帳簿価額を回収可
     能価額まで減額しました。
     (減損損失の金額及び主な固定資産の種類ごとの当該金額の内訳)

              金額(百万円)
        種類
                 1,356
     建物及び構築物
                 641
     機械装置及び運搬具
                 1,003
     土地
                  78
     その他
                 3,078
     合計
     (資産のグルーピングの方法)

      会社単位又は製品グループ等に基づくグルーピングを行っています。
     (回収可能価額の算定方法等)

      国内連結子会社の工場資産の回収可能価額は、使用価値により測定しました。使用価値は将来キャッ
     シュ・フロー見積額を6%で割り引いて算定しました。
      在外連結子会社の工場資産の回収可能額は、使用価値により測定し、その使用価値はないものとして
     算定しました。
    ※4 前  連結会計年度

      機械装置346百万円、建物675百万円他です。
     当連結会計年度

      機械装置455百万円、建物844百万円他です。
    ※5 主として海外における印刷インキ事業の再編に伴うものです。

             71/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (連結包括利益計算書関係)
   ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
             前連結会計年度       当連結会計年度
           (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
             至 2018年12月31日)        至 2019年12月31日)
  その他有価証券評価差額金:
              △6,160      564
  当期発生額             百万円      百万円
              △3,118      △73
  組替調整額
   税効果調整前           △9,278      491
              2,776      △164
   税効果額
              △6,502      327
   その他有価証券評価差額金
  繰延ヘッジ損益:
               6     1,008
  当期発生額
               17     △42
  組替調整額
   税効果調整前            23     966
              △6     △297
   税効果額
               17     669
   繰延ヘッジ損益
  為替換算調整勘定:
             △20,112      △4,394
  当期発生額
              △91      -
  組替調整額
             △20,203      △4,394
   税効果調整前
             △20,203      △4,394
   為替換算調整勘定
  退職給付に係る調整額:
             △13,529      8,892
  当期発生額
              556     1,868
  組替調整額
   税効果調整前           △12,973      10,760
              3,560     △3,491
   税効果額
              △9,413      7,269
   退職給付に係る調整額
  持分法適用会社に対する持分相当額:
              △1,547      △1,298
  当期発生額
               2     554
  組替調整額
              △1,545      △744
   持分法適用会社に対する持分相当額
             △37,646      3,127
   その他の包括利益合計
             72/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (連結株主資本等変動計算書関係)
   前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
   1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
           当連結会計年度    当連結会計年度
        当連結会計年度           当連結会計年度末
        期首 株式数(株)          株式数(株)
           増加株式数(株)    減少株式数(株)
  発行済株式
  普通株式       95,156,904     -    -  95,156,904

    合計     95,156,904     -    -  95,156,904

  自己株式

  普通株式(注1、2、3)       512,293    2,642    3,900   511,035

    合計     512,293    2,642    3,900   511,035

   (注)1.当連結会計年度末の自己株式数には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式が147,800株含まれてい
     ます。
    2.普通株式の自己株式の増加2,642株は、単元未満株式の買取りによるものです。
    3.普通株式の自己株式の減少3,900株は、株式給付信託(BBT)による当社株式の給付によるものです。
   2.配当に関する事項

    (1) 配当金支払額
         配当金の総額   1株当たり配当
   決議   株式の種類          基準日   効力発生日
         (百万円)   額(円)
  2018年3月29日
      普通株式    5,688    60 2017年12月31日    2018年3月30日
  定時株主総会
  2018年8月9日
      普通株式    5,688    60 2018年6月30日    2018年9月3日
  取締役会
   (注)1.2018年3月29日定時株主総会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株
     式に対する配当金9百万円が含まれています。
    2.2018年8月9日取締役会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式に
     対する配当金9百万円が含まれています。
    (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

           配当金の総額   1株当たり配
   決議  株式の種類   配当の原資         基準日   効力発生日
             当額(円)
           (百万円)
  2019年3月27日
      普通株式  利益剰余金    6,162   65 2018年12月31日   2019年3月28日
  定時株主総会
   (注)2019年3月27日定時株主総会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式に
    対する配当金10百万円が含まれています。
             73/124







                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
   1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
        当連結会計年度    当連結会計年度    当連結会計年度    当連結会計年度末
        期首株式数(株)    増加株式数(株)    減少株式数(株)    株式数(株)
  発行済株式

         95,156,904     -    -  95,156,904

  普通株式
         95,156,904     -    -  95,156,904

     合計
  自己株式

  普通株式(注1、2、3)       511,035    2,187    1,600   511,622

          511,035    2,187    1,600   511,622

     合計
   (注)1.当連結会計年度末の自己株式数には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式が146,200株含まれてい
     ます。
    2.普通株式の自己株式の増加2,187株は、単元未満株式の買取りによるものです。
    3.普通株式の自己株式の減少1,600株は、株式給付信託(BBT)による当社株式の給付によるものです。
   2.配当に関する事項

    (1) 配当金支払額
         配当金の総額   1株当たり配当
   決議   株式の種類          基準日   効力発生日
         (百万円)   額(円)
  2019年3月27日
           6,162    65
      普通株式         2018年12月31日    2019年3月28日
  定時株主総会
  2019年8月8日
           5,688    60
      普通株式         2019年6月30日    2019年9月2日
  取締役会
   (注)1.2019年3月27日定時株主総会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株
     式に対する配当金10百万円が含まれています。
    2.2019年8月8日取締役会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式に
     対する配当金9百万円が含まれています。
    (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

           配当金の総額   1株当たり配
   決議  株式の種類   配当の原資         基準日   効力発生日
           (百万円)  当額(円)
  2020年3月26日
            3,792   40
      普通株式  利益剰余金        2019年12月31日   2020年3月27日
  定時株主総会
   (注)2020年3月26日定時株主総会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式に
    対する配当金6百万円が含まれています。
   (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
             前連結会計年度     当連結会計年度
  現金及び預金勘定            19,782百万円     16,786 百万円
  預入期間が3ヶ月を超える定期預金            △1,151      △95
  現金及び現金同等物            18,631     16,690
             74/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (リース取引関係)
  1. オペレーティング・リース取引
   (1) 借手側
   オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                   (単位:百万円)
          前連結会計年度       当連結会計年度
          (2018年12月31日)       (2019年12月31日)
              2,570       1,932
  1年内
              7,663       6,379
  1年超
              10,233       8,311
  合計
   (注)当社グループのIFRS適用子会社は当連結会計年度より、IFRS第16号を適用しています。当該子会社に係るオペ
      レーティング・リースについては、前連結会計年度の金額にのみ含めています。
   (2) 貸手側

   オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                   (単位:百万円)
          前連結会計年度       当連結会計年度
          (2018年12月31日)       (2019年12月31日)
              34       68
  1年内
               8      966
  1年超
              42      1,034
  合計
   (金融商品関係)

  1.金融商品の状況に関する事項
  (1)金融商品に対する取組方針
   当社及び連結子会社は、安全性の高い金融資産で資金を運用しています。
   また、市場の状況や長短のバランスを調整して、銀行借入による間接金融のほか、社債やコマーシャル・ペーパーの
  発行、債権流動化等による直接金融によって資金を調達しています。
   デリバティブ取引については、通貨関連では為替予約取引、通貨オプション取引及び通貨スワップ取引を、金利関連
  では金利スワップ取引を行っています。また、商品関連では商品スワップ取引を行っています。デリバティブ取引は、
  後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針です。
   なお、当社及び連結子会社は、要件を満たすデリバティブ取引についてはヘッジ会計を行っています。
  (2)金融商品の内容及びそのリスク

   営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されています。また、その一部には外貨建のものがあ
  り、為替の変動リスクに晒されています。
   投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されています。
   営業債務である支払手形及び買掛金は、ほとんどが1年以内の支払期日です。また、その一部には外貨建のものがあ
  り、為替の変動リスクに晒されています。
   短期借入金は、主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金、社債及びファイナンス・リース取引に係るリース
  債務は、主に設備投資及び投融資に必要な資金の調達を目的としたものです。このうち一部は、変動金利であるため金
  利の変動リスクに晒されています。
   また、営業債務や借入金は、流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)に晒されています。
   デリバティブ取引は、外貨建金銭債権債務又は外貨建予定取引に係る為替相場の変動によるリスクを回避する目的で
  為替予約取引、通貨オプション取引及び通貨スワップ取引を、将来の金利変動リスクの回避、又は金利負担の低減を図
  る目的で金利スワップ取引を利用しています。さらに、燃料価格の変動をヘッジする目的で商品スワップ取引を利用し
  ています。
   また、デリバティブ取引は、為替変動、金利変動等から生じる市場リスクを有しています。さらに、契約不履行によ
  るリスクに晒されています。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価
  方法等については、「会計方針に関する事項」の「重要なヘッジ会計の方法」に記載のとおりです。
             75/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (3)金融商品に係るリスク管理体制
  ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
   当社は、営業債権について、債権管理規程に従い、債権残高と企業評価を組み合わせた独自のリスク管理を行い、
  必要に応じて担保の設定などを実施しています。
   これらの管理は、営業部門と管理部門が連携して行っており、取引先の状況をモニタリングするとともに、財務状
  況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っています。連結子会社については、各社の管理規程に従って処
  理を行っています。
   当社及び連結子会社が行っているデリバティブ取引の契約先は、いずれも信用度の高い金融機関であるため、契約
  不履行によるリスクはほとんど無いと認識しています。
  ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

   外貨建金銭債権債務又は外貨建予約取引に係る為替相場の変動によるリスクを回避する目的で為替予約取引、通貨
  オプション取引及び通貨スワップ取引を、将来の金利変動リスクの回避、又は金利負担の低減を図る目的で金利ス
  ワップ取引を利用しています。さらに燃料価格の変動をヘッジする目的で、商品スワップ取引を利用しています。ま
  た、在外事業体に対する純投資の為替相場の変動によるリスクを回避する目的で、外貨建借入金を利用しています。
   投資有価証券については、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握し、また、取引先企業との関係を勘案して保
  有状況を継続的に見直しています。
   当社では、社内でのリスク管理を行う目的でデリバティブ取引管理規程を設けており、すべてのデリバティブ取引
  は当規程に従って実行されています。取引の実行は、主として財務部が行っています。経理部は財務部より定期的に
  報告を受け、取引の内容を把握し、リスクを監視しています。財務経理部門担当役員は、定期的に取引の状況を取締
  役会に報告しています。連結子会社については、各社の管理規程に従って実行しています。当社は各社より、取引の
  内容について定期的に報告を受けています。
  ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

   営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されていますが、当社及び連結子会社では、各社ごとの資金繰管理に加え
  て、借入予約枠を設定することで、当該リスクを最小限に留めています。
  (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

  ①金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格が無い場合には、合理的に算定された価額が含まれ
  ています。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用することにより、当該
  価額が変動する場合があります。
  ②「2.金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体が

  デリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
             76/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  2.金融商品の時価等に関する事項
  連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。
   なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれていません((注)2.参照)。
  前連結会計年度(2018年12月31日)

        連結貸借対照表計上額      時価     差額
         (百万円)     (百万円)     (百万円)
  (1) 現金及び預金

           19,782     19,782     -
  (2) 受取手形及び売掛金

           209,763     209,763      -
  (3) 投資有価証券

           27,497     25,120    △2,377

   関連会社株式
           10,485     10,485     -
   その他有価証券
  資産計         267,527     265,150     △2,377

  (1) 支払手形及び買掛金

           118,554     118,554      -
  (2) 短期借入金
           29,986     29,986     -
  (3) 1年内返済予定の長期借入金

           49,792     49,817     25
  (4) リース債務(流動負債)

            667     667     -
  (5) 未払法人税等

           2,843     2,843     -
  (6) 社債

           60,000     60,648     648
  (7) 長期借入金

           119,791     120,091     300
  (8) リース債務(固定負債)
           4,229     4,565     336
  負債計         385,862     387,171     1,309

  デリバティブ取引(*1)

  ①ヘッジ会計が適用されていな
  いもの          152     152     -
  ②ヘッジ会計が適用されている
  もの          19     19     -
  デリバティブ取引計          171     171     -

  (*1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に                   つ
   いては(  )で示しています。
             77/124







                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(2019年12月31日)
        連結貸借対照表計上額      時価     差額
         (百万円)     (百万円)     (百万円)
  (1) 現金及び預金         16,786     16,786     -

  (2) 受取手形及び売掛金        211,232     211,232      -

  (3) 投資有価証券

           26,723     31,574     4,851

   関連会社株式
           10,976     10,976     -
   その他有価証券
           265,717     270,568     4,851

  資産計
  (1) 支払手形及び買掛金        108,562     108,562      -

  (2) 短期借入金         20,139     20,139     -

  (3) 1年内返済予定の長期借入金         23,456     23,645     189

  (4) リース債務(流動負債)         1,244     1,244     -

  (5) 未払法人税等         2,556     2,556     -

  (6) 社債         80,000     80,640     640

  (7) 長期借入金        122,602     123,014     412

  (8) リース債務(固定負債)         5,191     5,514     323

           363,750     365,314     1,564

  負債計
  デリバティブ取引(*1)

  ①ヘッジ会計が適用されていな
           △106     △106     -
  いもの
  ②ヘッジ会計が適用されている
            985     985     -
  もの
            879     879     -
  デリバティブ取引計
  (*1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に                   つ
   いては(  )で示しています。
             78/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
   資 産
    (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
     これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっていま
    す。
    (3)投資有価証券
     投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっています。また、保有目的ごとの有価証券に
    関する事項については、注記事項「有価証券関係」に記載のとおりです。
   負 債
    (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金、(5)未払法人税等
     これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっていま
    す。
    (3)1年内返済予定の長期借入金、(7)長期借入金
     変動金利による長期借入金のうち、金利スワップの特例処理の対象となるものは、当該金利スワップと
    一体として処理された元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合の利率で割り引いて算定してい
    ます。それ以外の変動金利による長期借入金は、短期間で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は実
    行後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額に
    よっています。
     固定金利による長期借入金は、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で
    割り引いた現在価値により算定しています。
    (4)リース債務(流動負債)、(8)リース債務(固定負債)
     元利金の合計額を、同様の新規リース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により
    算定しています。
    (6)社債
     当社の発行する社債の時価は、市場価格によっています。
   デリバティブ取引
    注記事項「デリバティブ取引関係」に記載のとおりです。
   2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

    非上場株式他(連結貸借対照表計上額 前連結会計年度          29,541百万円、当連結会計年度     21,614百万円)
   は、市場価格が無く、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把握することが極め
   て困難と認められるため、「(3)投資有価証券」には含めていません。
   3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

    前連結会計年度(2018年12月31日)
          1年以内   1年超5年以内   5年超10年以内    10年超

          (百万円)   (百万円)   (百万円)   (百万円)
    受取手形及び売掛金       209,763    -   -   -

      合計     209,763    -   -   -

    当連結会計年度(2019年12月31日)

          1年以内   1年超5年以内   5年超10年以内    10年超

          (百万円)   (百万円)   (百万円)   (百万円)
           211,232    -   -   -

    受取手形及び売掛金
           211,232    -   -   -

      合計
             79/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   4. 社債、長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
    前連結会計年度(2018年12月31日)
          1年以内   1年超5年以内   5年超10年以内    10年超

          (百万円)   (百万円)   (百万円)   (百万円)
    短期借入金       29,986    -   -   -

    1年内返済予定の長期借入金       49,792    -   -   -

    リース債務(流動負債)        667   -   -   -

    社債        -  30,000   25,000   5,000

    長期借入金        -  94,823   24,968    -

    リース債務(固定負債)        -   2,431   1,798    -

           80,445

      合計        127,254   51,766   5,000
    当連結会計年度(2019年12月31日)

          1年以内   1年超5年以内   5年超10年以内    10年超

          (百万円)   (百万円)   (百万円)   (百万円)
           20,139    -   -   -

    短期借入金
           23,456    -   -   -
    1年内返済予定の長期借入金
    リース債務(流動負債)        1,244    -   -   -

            -  40,000   35,000   5,000

    社債
            -  90,039   32,495    68

    長期借入金
    リース債務(固定負債)        -   2,561   2,062    568
           44,839   132,600   69,557   5,636

      合計
             80/124










                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (有価証券関係)
    前連結会計年度(2018年12月31日)
    1.その他有価証券
           連結貸借対照表
               取得原価    差額
        種類    計上額
               (百万円)    (百万円)
           (百万円)
  連結貸借対照表計上額
      株式       7,538    4,673    2,865
  が取得原価を超えるも
        小計     7,538    4,673    2,865
  の
  連結貸借対照表計上額
      株式       2,947    3,665    △718
  が取得原価を超えない
        小計     2,947    3,665    △718
  もの
     合計       10,485    8,338    2,147
    2.売却したその他有価証券

         売却額    売却益の合計額     売却損の合計額
        (百万円)     (百万円)     (百万円)
                     -
  株式        4,150     3,270
                     -
    合計       4,150     3,270
    当連結会計年度(2019年12月31日)

    1.その他有価証券
           連結貸借対照表
               取得原価    差額
           計上額
        種類
               (百万円)    (百万円)
           (百万円)
  連結貸借対照表計上額
             8,030    4,883    3,147
      株式
  が取得原価を超えるも
             8,030    4,883    3,147
        小計
  の
  連結貸借対照表計上額
             2,946    3,447    △501
      株式
  が取得原価を超えない
             2,946    3,447    △501
        小計
  もの
             10,976    8,330    2,646
     合計
    2.売却したその他有価証券

      金額的重要性が乏しいため、記載していません。
             81/124








                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (デリバティブ取引関係)
    1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
   (1)通貨関連
   前連結会計年度(2018年12月31日)
            契約額等のうち
         契約額等       時価   評価損益
             1年超
   区分   取引の種類
         (百万円)       (百万円)   (百万円)
             (百万円)
    通貨オプション取引

     売建

           1,205       △14   △14

     ユーロ          -
     買建

           1,252       37   37

     米ドル          -
           865       4   4
     その他          -
    為替予約取引

  市場取引以
     売建
  外の取引
           2,736       106   106
     ロシアルーブル          -
           1,549       18   18

     コロンビアペソ          -
           1,273       20   20

     カナダドル          -
           380       △8   △8

     その他          -
     買建

           3,878       △14   △14

     米ドル          -
           394       3   3
     その他          -
           13,532       152   152

     合計          -
   (注)時価の算定方法
    1.通貨オプション取引については、取引先金融機関から提示された価格に基づいて算定しています。な
    お、主な通貨オプション取引はコールオプションの買建とプットオプションの売建、又はコールオプ
    ションの売建とプットオプションの買建の組み合わせにより、為替リスクを限定する効果を有するカ
    ラー取引です。
    2.為替予約取引については、先物相場を使用しています。
             82/124








                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   当連結会計年度(2019年12月31日)
            契約額等のうち
         契約額等       時価   評価損益
             1年超
   区分   取引の種類
         (百万円)       (百万円)   (百万円)
             (百万円)
    通貨スワップ取引

     受取米ドル・支払  
           1,067    -   △24   △24
     オーストラリアドル
           315    -   △5   △5
     その他
    為替予約取引

     売建

           3,272    -   △21   △21

     ロシアルーブル
  市場取引以
           3,172    -    3   3
     米ドル
  外の取引
           1,512    -   △18   △18
     コロンビアペソ
           1,322    -   △14   △14

     カナダドル
           550    -   △2   △2

     その他
     買建

           1,829    -   △27   △27

     米ドル
           779    -    1   1
     その他
           13,817    -   △106   △106

     合計
   (注)時価の算定方法
    1.通貨スワップ取引については、取引先金融機関から提示された価格に基づいて算定しています。
    2.為替予約取引については、先物相場を使用しています。
             83/124











                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   2. ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
   (1)通貨関連
   前連結会計年度(2018年12月31日)
                 契約額等の
              契約額等      時価
                 うち1年超
  ヘッジ会計の方法     取引の種類   主なヘッジ対象
              (百万円)      (百万円)
                 (百万円)
      為替予約取引

      売建

               391      9

       米ドル            -
  原則的処理方法        外貨建予定取引
               338      7
       その他            -
      買建

               78      △1
       米ドル   買掛金        -
      為替予約取引

      売建

  為替予約の振当処理
               2,552     (注2)
       米ドル            -
          売掛金
               540     (注2)
       その他            -
               3,899      15

       合計           -
   (注)時価の算定方法
    1.為替予約取引の時価は、取引先金融機関から提示された価格等に基づいて算定しています。
    2.為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金と一体として処理されているため、
    その時価は当該売掛金の時価に含めて記載しています。
             84/124












                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   当連結会計年度(2019年12月31日)
                 契約額等の
              契約額等      時価
                 うち1年超
  ヘッジ会計の方法     取引の種類   主なヘッジ対象
              (百万円)      (百万円)
                 (百万円)
      為替予約取引

      売建

               359   -   △1

       米ドル
          外貨建予定取引
               168   -   △2
  原則的処理方法     その他
      買建

               23,553    -   994

       ユーロ
          外貨建予定取引
          及び買掛金
               92   -   0
       その他
      為替予約取引

      売建

  為替予約の振当処理
               2,593   -  (注2)
       米ドル
          売掛金
               275   -  (注2)
       その他
      通貨スワップ取引

  通貨スワップの振当
      受取米ドル・支払
  処理
               10,871    -  (注3)
          借入金
      円
               37,909    -   991
       合計
   (注)時価の算定方法
    1.為替予約取引の時価は、取引先金融機関から提示された価格等に基づいて算定しています。
    2.為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金と一体として処理されているため、
    その時価は当該売掛金の時価に含めて記載しています。
    3.通貨スワップの振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金と一体として処理されているた
    め、その時価は当該借入金の時価に含めて記載しています。
             85/124










                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (2)金利関連
   前連結会計年度(2018年12月31日)
                 契約額等の
               契約額等     時価
                 うち1年超
  ヘッジ会計の方法     取引の種類    主なヘッジ対象
               (百万円)     (百万円)
                 (百万円)
      金利スワップ取引
  金利スワップの特例処理
                62,596   46,559   (注)
       受取変動・支払固定    借入金
                62,596   46,559
        合計              -
   (注)時価の算定方法
    金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金と一体として処理されているため、
    その時価は当該借入金の時価に含めて記載しています。
   当連結会計年度(2019年12月31日)

                 契約額等の
               契約額等     時価
                 うち1年超
  ヘッジ会計の方法     取引の種類    主なヘッジ対象
               (百万円)     (百万円)
                 (百万円)
      金利スワップ取引
  金利スワップの特例処理
                66,306   66,306   (注)
       受取変動・支払固定    借入金
                66,306   66,306   -
        合計
   (注)時価の算定方法
    金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金と一体として処理されているため、
    その時価は当該借入金の時価に含めて記載しています。
   (3)商品関連

   前連結会計年度(2018年12月31日)
                 契約額等の
               契約額等     時価
                 うち1年超
  ヘッジ会計の方法     取引の種類    主なヘッジ対象
               (百万円)     (百万円)
                 (百万円)
      商品スワップ取引
  原則的処理方法
                153   42   4
       受取変動・支払固定    燃料
                153   42   4
        合計
   (注)時価の算定方法
    商品スワップ取引の時価は、取引所の価格によっています。
   当連結会計年度(2019年12月31日)

                 契約額等の
               契約額等     時価
                 うち1年超
  ヘッジ会計の方法     取引の種類    主なヘッジ対象
               (百万円)     (百万円)
                 (百万円)
      商品スワップ取引
  原則的処理方法
                42   -  △6
       受取変動・支払固定    燃料
                42   -  △6
        合計
   (注)時価の算定方法
    商品スワップ取引の時価は、取引所の価格によっています。
             86/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (退職給付関係)
    前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
  1.採用している退職給付制度の概要

   当社及び一部の国内連結子会社は、確定給付型の制度として、ポイント制キャッシュバランスプラン型(市場金利連
  動型年金)の企業年金基金制度及び退職一時金制度、並びに確定拠出年金制度を設けています。また、在外連結子会社
  の一部は、確定給付型の年金制度のほか、確定拠出型の年金制度を設けています。なお、当社において退職給付信託を
  設定しています。
  2.確定給付制度(複数事業主制度を含む)

  (1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
             国内年金制度(注)      海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
  退職給付債務の期首残高              93,561     153,835

  勤務費用             2,211      693

  利息費用              739     3,918

  数理計算上の差異の発生額             △106     △9,072

  退職給付の支払額             △4,727     △6,148

  過去勤務費用の発生額              -     △69

  外貨換算差額              -    △8,386

  その他              -     295

  退職給付債務の期末残高              91,678     135,066

   (注)一部の国内連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しています。
  (2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表

             国内年金制度     海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
  年金資産の期首残高             125,464     132,566

  期待運用収益             3,206     6,163

  数理計算上の差異の発生額             △11,247     △12,992

  事業主からの拠出額             1,537     4,703

  退職給付の支払額             △4,651     △5,964

                    △7,515

  外貨換算差額              -
                     44
  その他              -
  年金資産の期末残高             114,309     117,005

             87/124






                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (3) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産
   の調整表
             国内年金制度     海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
  積立型制度の退職給付債務              90,473     134,098

  年金資産             △114,309     △117,005
               △23,836      17,093

  非積立型制度の退職給付債務              1,205      968
  連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額             △22,631      18,061

                1,630

  退職給付に係る負債                   18,889
  退職給付に係る資産             △24,261      △828
  連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額             △22,631      18,061

  (4) 退職給付費用及びその内訳項目の金額

             国内年金制度     海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
  勤務費用             2,211      693

  利息費用              739     3,918

  期待運用収益             △3,206     △6,163

  数理計算上の差異の費用処理額             △678     1,303

  過去勤務費用の費用処理額              -     △69
  確定給付制度に係る退職給付費用              △934     △318

   (注)このほか、連結損益計算書の「リストラ関連退職損失」には、割増退職金が含まれています。
  (5) 退職給付に係る調整額

   退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
             国内年金制度     海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
  過去勤務費用              -     △876

  数理計算上の差異             △11,819      △278
  合計             △11,819     △1,154

  (6) 退職給付に係る調整累計額

   退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
             国内年金制度     海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
  未認識過去勤務費用              -     △747

  未認識数理計算上の差異             △1,795     △44,827

  合計             △1,795     △45,574

             88/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (7) 年金資産に関する事項
  ①年金資産の主な内訳
   年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりです。
             国内年金制度     海外年金制度

  株式              49.6%     24.8%

  債券              24.9%     56.3%

  その他              25.5%     18.9%

  合計             100.0%     100.0%

   (注)国内年金制度における年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託23.5%が含まれていま
   す。
  ②長期期待運用収益率の設定方法

   年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と年金資産を構成する多様な
  資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しています。
  (8) 数理計算上の計算基礎に関する事項

   主要な数理計算上の計算基礎は次のとおりです。
             国内年金制度     海外年金制度

  割引率              0.8%    1.3%~4.4%

  長期期待運用収益率              3.0%    4.9%~6.0%

  予想昇給率              3.1%    2.0%~3.5%

  3.確定拠出制度

   当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、1,940百万円です。
             89/124










                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
  1.採用している退職給付制度の概要

   当社及び一部の国内連結子会社は、確定給付型の制度として、ポイント制キャッシュバランスプラン型(市場金利連
  動型年金)の企業年金基金制度及び退職一時金制度、並びに確定拠出年金制度を設けています。また、在外連結子会社
  の一部は、確定給付型の年金制度のほか、確定拠出型の年金制度を設けています。なお、当社において退職給付信託を
  設定しています。
  2.確定給付制度(複数事業主制度を含む)

  (1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
             国内年金制度(注)
                   海外年金制度
                   (百万円)
              (百万円)
               91,678     135,066

  退職給付債務の期首残高
                2,184      549
  勤務費用
                729     4,082

  利息費用
                △405     16,658

  数理計算上の差異の発生額
               △4,691     △6,805

  退職給付の支払額
                306     153

  過去勤務費用の発生額
                -     549

  外貨換算差額
                △102      729
  その他
               89,699     150,981

  退職給付債務の期末残高
   (注)一部の国内連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しています。
  (2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表

             国内年金制度     海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
               114,309     117,005

  年金資産の期首残高
                3,086     5,800
  期待運用収益
               12,834     12,995

  数理計算上の差異の発生額
                4,333     3,719

  事業主からの拠出額
               △4,593     △6,782

  退職給付の支払額
                -     951

  外貨換算差額
                -     △15
  その他
               129,969     133,673

  年金資産の期末残高
             90/124






                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (3) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産
   の調整表
             国内年金制度     海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
               88,562     149,637

  積立型制度の退職給付債務
               △129,969     △133,673
  年金資産
               △41,407      15,964

                1,137     1,344

  非積立型制度の退職給付債務
               △40,270      17,308
  連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                1,193     20,184

  退職給付に係る負債
               △41,463     △2,876
  退職給付に係る資産
               △40,270      17,308

  連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
  (4) 退職給付費用及びその内訳項目の金額

             国内年金制度     海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
                2,184      549

  勤務費用
                729     4,082
  利息費用
               △3,086     △5,800

  期待運用収益
                431     1,408

  数理計算上の差異の費用処理額
                306     153
  過去勤務費用の費用処理額
                563     392
  確定給付制度に係る退職給付費用
   (注)1.このほか、連結損益計算書の「リストラ関連退職損失」には、割増退職金が含まれています。
   2.当連結会計年度に当社及び一部の連結子会社にて退職給付制度を変更したことに伴い、過去勤務費用償却額
    443百万円を特別損失に計上しております。
  (5) 退職給付に係る調整額

   退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
             国内年金制度     海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
                -     10

  過去勤務費用
               13,669     △2,919
  数理計算上の差異
               13,669     △2,909

  合計
  (6) 退職給付に係る調整累計額

   退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
             国内年金制度     海外年金制度
              (百万円)     (百万円)
                -     △737

  未認識過去勤務費用
               11,874     △47,746
  未認識数理計算上の差異
               11,874     △48,483

  合計
             91/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (7) 年金資産に関する事項
  ①年金資産の主な内訳
   年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりです。
             国内年金制度     海外年金制度

               55.9%     21.2%

  株式
               22.5%     63.0%
  債券
               21.6%     15.8%
  その他
               100.0%     100.0%

  合計
   (注)国内年金制度における年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託29.7%が含まれていま
   す。
  ②長期期待運用収益率の設定方法

   年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と年金資産を構成する多様な
  資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しています。
  (8) 数理計算上の計算基礎に関する事項

   主要な数理計算上の計算基礎は次のとおりです。
             国内年金制度     海外年金制度

                0.8%    0.4%~3.2%

  割引率
                3.0%    4.6%~5.5%
  長期期待運用収益率
                3.1%    1.7%~3.5%

  予想昇給率
  3.確定拠出制度

   当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、2,001百万円です。
   (ストック・オプション等関係)

   該当事項はありません。
             92/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (税効果会計関係)
  1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
            前連結会計年度    当連結会計年度
            (2018年12月31日)    (2019年12月31日)
   繰延税金資産
             3,407    3,381
   たな卸資産           百万円    百万円
             4,155    4,777
   有形固定資産
             4,470    4,863
   無形固定資産
             4,736    4,693
   研究開発費
             1,788    1,685
   貸倒引当金
             1,917    1,717
   賞与引当金
             5,464    5,733
   退職給付に係る負債
             900    799
   未実現利益
   繰越欠損金(注)          18,974    18,198
             9,176    8,481
   その他
   繰延税金資産小計          54,987    54,326
   税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)           -   △8,315
              -   △4,023
   将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
             △12,084    △12,338
   評価性引当額小計
   繰延税金資産合計          42,903    41,989
   繰延税金負債
             △3,120    △2,475
   有形固定資産
             △1,728    △6,852
   退職給付に係る資産
             △1,277    △1,277
   退職給付信託設定益
             △2,791    △2,683
   固定資産圧縮積立金
             △665    △812
   その他有価証券評価差額金
             △2,816    △3,466
   その他
             △12,397    △17,565
   繰延税金負債合計
             30,506    24,424
   繰延税金資産の純額
  (注)税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
    当連結会計年度(2019年12月31日)
                 (単位:百万円)
         1年超  2年超  3年超  4年超
       1年以内          5年超  合計
         2年以内  3年以内  4年以内  5年以内
   税務上の繰越欠損金(a)      191  746  1,260  1,476  182 14,344  18,198
        △179  △123  △252  △171  △153  △7,437  △8,315

   評価性引当額
        11  623  1,008  1,305   29 6,907 (b) 9,883

   繰延税金資産
   (a) 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額です。
   (b) 税務上の繰越欠損金18,198百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産9,883百万円を計上し
    ています。これは将来の課税所得の見込みにより回収可能と判断したためです。
             93/124






                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異の原因となった主要な項目別の内訳
            前連結会計年度    当連結会計年度
            (2018年12月31日)    (2019年12月31日)
   法定実効税率           30.9%    30.6%
   (調整)
             △0.6     2.5
   評価性引当額の計上による影響
             △4.6    △6.4
   連結子会社の法定実効税率差による影響
             △2.4    △2.1
   持分法による投資損益
             2.4    3.0
   交際費等永久に損金に算入されない項目
             12.0     9.7
   受取配当金消去の影響
             △9.8    △15.2
   受取配当金等永久に益金に算入されない項目
             0.8    0.8
   住民税均等割等の影響
             △1.7    △1.3
   試験研究費等税額控除
             △0.8    △0.1
   震災特例法に基づく税額控除
             4.6    5.4
   その他
             30.8    26.9
   税効果会計適用後の法人税等の負担率
   (企業結合等関係)

   重要性が乏しいため、記載を省略しています。
   (資産除去債務関係)

   重要性が乏しいため、記載を省略しています。
   (賃貸等不動産関係)

   重要性が乏しいため、記載を省略しています。
             94/124











                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (セグメント情報等)
    【セグメント情報】
  1.報告セグメントの概要

   当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち、分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の
  配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
   当社は、「プリンティングマテリアル」、「パッケージングマテリアル」、「カラーマテリアル」、「ディスプレ
  イマテリアル」、「パフォーマンスマテリアル」、「コンポジットマテリアル」の6つの製品本部を基本として組織
  が構成されており、各製品本部単位で事業活動を展開しています。
   このうち類似する製品本部を集約し、「パッケージング&グラフィック」、「カラー&ディスプレイ」、「ファン
  クショナルプロダクツ」の3つを報告セグメントとしています。
   「パッケージング&グラフィック」は、グラビアインキ、オフセットインキ、新聞インキ、ジェットインキ及びポ
  リスチレンなどを製造販売しています。「カラー&ディスプレイ」は、有機顔料、液晶材料及びヘルスケア食品など
  を製造販売しています。「ファンクショナルプロダクツ」は、アクリル樹脂、ウレタン樹脂、エポキシ樹脂、PPS
  コンパウンド及び工業用粘着テープなどを製造販売しています。
   2019年度より中期経営計画「DIC111」の開始に伴い、セグメントを変更しました。なお、前連結会計年度について
  は、変更後のセグメントに組み替えて記載しています。
  2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

   報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
  る記載と概ね同一です。
   報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値です。
   セグメント間の内部売上高及び振替高は、主に市場価格や製造原価に基づいています。
  3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

    前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                   (単位:百万円)
           報告セグメント
                  その他   合計
       パッケージング&   カラー&  ファンクショナル
                計
       グラフィック     プロダクツ
          ディスプレイ
   売上高
        434,679   91,440  278,779  804,898   600  805,498
   外部顧客への売上高
   セグメント間の内部売
         -  32,673   3,337  36,010   -  36,010
   上高又は振替高
        434,679   124,113   282,116  840,908   600  841,508
    計
        19,887   14,977   20,809  55,673   417  56,090
   セグメント利益
        355,044   95,079  320,453  770,576   33,884  804,460
   セグメント資産
   その他の項目
        13,334   4,662  13,381  31,377   343  31,720
   減価償却費
         22   1  103  126   30  156
   のれん償却費
   持分法適用会社への投
        5,231   1,184  44,557  50,972   3,579  54,551
   資額
   有形固定資産及び無形
        11,551   6,616  13,503  31,670   243  31,913
   固定資産の増加額
             95/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                   (単位:百万円)
           報告セグメント
                  その他   合計
       パッケージング&     ファンクショナル
          カラー&
                計
       グラフィック   ディスプレイ   プロダクツ
   売上高
        416,377   86,500  265,248  768,125   443  768,568
   外部顧客への売上高
   セグメント間の内部売
         -  29,912   3,342  33,253   -  33,253
   上高又は振替高
        416,377   116,411   268,590  801,378   443  801,821
    計
        19,178   10,784   19,234  49,196   433  49,629
   セグメント利益
        358,108   93,475  320,720  772,303   31,367  803,670
   セグメント資産
   その他の項目
        12,910   5,099  13,515  31,524   552  32,076
   減価償却費
         21   -   78  99  -  99
   のれん償却費
   持分法適用会社への投
        5,379   652  35,169  41,200   3,958  45,158
   資額
   有形固定資産及び無形
        12,384   5,840  15,345  33,569   413  33,982
   固定資産の増加額
  4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

                   (単位:百万円)

       売上高       前連結会計年度     当連結会計年度
               840,908     801,378
   報告セグメント計
                600     443
   「その他」の区分の売上高
               △36,010     △33,253
   セグメント間取引消去
               805,498     768,568
   連結財務諸表の売上高
                   (単位:百万円)

       利益      前連結会計年度     当連結会計年度
                55,673     49,196
   報告セグメント計
                417     433
   「その他」の区分の利益
   全社費用(注)             △7,705     △8,297
                48,385     41,332
   連結財務諸表の営業利益
    (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の総合研究所に係る費用です。
                   (単位:百万円)
       資産      前連結会計年度     当連結会計年度
               770,576     772,303
   報告セグメント計
                33,884     31,367
   「その他」の区分の資産
               △40,964     △45,235
   セグメント間消去
   全社資産(注)             37,800     44,648
               801,296     803,083
   連結財務諸表の資産合計
    (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない繰延税金資産、当社の総合研究所の資産及び美術館の資産
    です。
             96/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
                   (単位:百万円)
       報告セグメント計     その他    調整額   連結財務諸表計上額
   その他の項目
       前連結会  当連結会  前連結会  当連結会  前連結会  当連結会  前連結会  当連結会
       計年度  計年度  計年度  計年度  計年度  計年度  計年度  計年度
       31,377  31,524  343  552  1,105  1,051  32,825  33,127
   減価償却費
        126  99  30  -  -  -  156  99
   のれん償却費
   持分法適用会社への投
       50,972  41,200  3,579  3,958  -  - 54,551  45,158
   資額
   有形固定資産及び無形
       31,670  33,569  243  413  171  980 32,084  34,962
   固定資産の増加額
   (注)調整額は以下のとおりです。
    1.減価償却費の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない当社の総合研究所に係る減価償却費です。
    2.有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない当社の総合研究所
    の設備投資額です。
    【関連情報】

  前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
  1.製品及びサービスごとの情報
    セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
  2.地域ごとの情報

   (1) 売上高
             (単位:百万円)
    日本   米国   その他    合計
    292,857    97,682   414,959   805,498
    (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国別に分類しています。
   (2) 有形固定資産

             (単位:百万円)
    日本   米国   その他    合計
    127,257    28,898   71,996   228,151
  3.主要な顧客ごとの情報

   外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載していませ
   ん。
  当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

  1.製品及びサービスごとの情報
    セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
  2.地域ごとの情報

   (1) 売上高
             (単位:百万円)
    日本   米国   その他    合計
    280,147    96,654   391,767   768,568
    (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国別に分類しています。
   (2) 有形固定資産

             (単位:百万円)
    日本   米国   その他    合計
    125,932    28,685   77,559   232,176
  3.主要な顧客ごとの情報

   外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載していませ
   ん。
    【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

             97/124

                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
   該当事項はありません。
  当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

                   (単位:百万円)
           ファンクショナル
     パッケージング&   カラー&
              その他  全社・消去   合計
     グラフィック   ディスプレイ   プロダクツ
       2,388   690   -   -   -  3,078
  減損損失
    【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

  前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                   (単位:百万円)
     パッケージング&   カラー&  ファンクショナル
              その他  全社・消去   合計
           プロダクツ
     グラフィック   ディスプレイ
       22   1  103   30   -   156
  当期償却額
       34   -   -   -   -   34
  当期末残高
  当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

                   (単位:百万円)
           ファンクショナル
     パッケージング&   カラー&
              その他  全社・消去   合計
     グラフィック   ディスプレイ   プロダクツ
       21   -   78   -   -   99
  当期償却額
       7   -   755   -   -   762
  当期末残高
             98/124












                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   【関連当事者情報】
  1.関連当事者との取引
  (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
  連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
  前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
        資本金又は    議決権等の所
    会社等の名      事業の内容    関連当事者  取引の内  取引金額   期末残高
  種類    所在地  出資金    有(被所有)        科目
    称又は氏名      又は職業    との関係  容  (百万円)   (百万円)
        (百万円)    割合(%)
                ビル等の
    日誠不動産            賃借料等
      東京都千代    不動産等の    ビルの賃借
         10         2,206 敷金  1,833
            -
    ㈱  田区    賃貸借    等  の支払い
                (注2)
                   支払手
                金属容器
                   形、買掛
      東京都千代    金属容器の    金属容器の
                等の購入  525   217
    大日製罐㈱     10
            -
                   金及び未
      田区    製造販売    購入等
                (注3)
                   払金
                製商品の
  役員及びそ
                販売及び   受取手形
  の近親者が
                サービス   及び売掛
  議決権の過                61   31
                の提供等
                   金
  半数を所有
                (注4)
  している会
  社(注1)
                   支払手
                原材料等
          石油化学製
                   形、買掛
      東京都千代        原材料の購
                の購入
                  6,038   1,665
    日辰貿易㈱     20
            -
          品の販売、
                   金及び未
      田区        入等
                (注5)
          輸出入
                   払金
                製商品の
                販売及び   売掛金及
                サービス  4,435 び未収入  1,408
                の提供等   金
                (注4)
  上記の金額のうち、取引金額には消費税等を含めておらず、期末残高には消費税等を含めています。
  取引条件及び取引条件の決定方針等
  (注)1.日誠不動産㈱は、当社役員川村喜久氏及びその近親者が議決権の過半数を実質的に所有しています。ま
    た、大日製罐㈱及び日辰貿易㈱は、日誠不動産㈱の100%子会社です。なお、日誠不動産㈱、大日製罐㈱及
    び日辰貿易㈱は、所有していた当社株式の全てを㈱昌栄に譲渡したため、現在、当社の議決権を所有して
    いません。
     2.ビル等の賃借料等については、近隣の相場を勘案して一般的な取引条件で行っています。
     3.金属容器等の購入については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っています。
     4.製商品の販売及びサービスの提供等については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行ってい
    ます。
     5.原材料等の購入については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っています。
             99/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
        資本金又は    議決権等の所
                 取引金額   期末残高
    会社等の名      事業の内容    関連当事者  取引の内
  種類    所在地  出資金    有(被所有)        科目
    称又は氏名      又は職業    との関係  容  (百万円)   (百万円)
        (百万円)    割合(%)
                ビル等の
    日誠不動産            賃借料等
      東京都千代    不動産等の    ビルの賃借
         10   -     2,232 敷金  1,832
    ㈱  田区    賃貸借    等  の支払い
                (注2)
                   電子記録
                金属容器
                   債務、買
      東京都千代    金属容器の    金属容器の
                等の購入  459   192
    大日製罐㈱     10   -
                   掛金及び
      田区    製造販売    購入等
                (注3)
                   未払金
  役員及びそ              製商品の
  の近親者が              販売及び   受取手形
  議決権の過              サービス   及び売掛
                  67   16
  半数を所有              の提供等
                   金
  している会              (注4)
  社(注1)
                   電子記録
                原材料等
          石油化学製
                   債務、買
      東京都千代        原材料の購
                の購入
                  6,936   1,720
    日辰貿易㈱     20 品の販売、   -
                   掛金及び
      田区        入等
                (注5)
          輸出入
                   未払金
                製商品の
                販売及び
                   売掛金及
                サービス  3,803 び未収入  1,480
                の提供等   金
                (注4)
  上記の金額のうち、取引金額には消費税等を含めておらず、期末残高には消費税等を含めています。
  取引条件及び取引条件の決定方針等
  (注)1.日誠不動産㈱は、当社役員川村喜久氏及びその近親者が議決権の過半数を実質的に所有しています。ま
    た、大日製罐㈱及び日辰貿易㈱の2社は、日誠不動産株式会社の100%子会社です。
     2.ビル等の賃借料等については、近隣の相場を勘案して一般的な取引条件で行っています。
     3.金属容器等の購入については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っています。
     4.製商品の販売及びサービスの提供等については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行ってい
    ます。
     5.原材料等の購入については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っています。
            100/124










                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
  連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
  前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
        資本金又は    議決権等の所
                 取引金額   期末残高
    会社等の名      事業の内容    関連当事者  取引の内
  種類    所在地  出資金    有(被所有)        科目
    称又は氏名      又は職業    との関係  容  (百万円)   (百万円)
        (百万円)    割合(%)
                ビル等の
    日誠不動産  東京都千代    不動産等の    ビルの賃借  賃借料等
                   敷金
         10         15   8
            -
                の支払い
    ㈱  田区    賃貸借    等
                (注2)
                   支払手
                金属容器
                   形、買掛
      東京都千代    金属容器の    金属容器の
                等の購入
                  754   339
    大日製罐㈱     10
            -
                   金及び未
      田区    製造販売    購入等
  役員及びそ
                (注3)
                   払金
  の近親者が
                製商品の
  議決権の過
                販売及び
                   受取手形
  半数を所有
                サービス   57 及び売掛   24
  している会
                の提供等   金
  社等(当該
                (注4)
  会社等の子
  会社を含
                   支払手
                原材料等
          石油化学製
  む)(注
                   形、買掛
      東京都千代        原材料の購
                の購入
                  1,485    267
    日辰貿易㈱     20 品の販売、
            -
  1)
                   金及び未
      田区        入等
                (注5)
          輸出入
                   払金
                製商品の
                販売及び   売掛金及
                サービス
                  539 び未収入  191
                の提供等   金
                (注4)
  上記の金額のうち、取引金額には消費税等を含めておらず、期末残高には消費税等を含めています。
  取引条件及び取引条件の決定方針等
  (注)1.日誠不動産㈱は、当社役員川村喜久氏及びその近親者が議決権の過半数を実質的に所有しています。ま
    た、大日製罐㈱及び日辰貿易㈱は、日誠不動産㈱の100%子会社です。なお、日誠不動産㈱、大日製罐㈱及
    び日辰貿易㈱は、所有していた当社株式の全てを㈱昌栄に譲渡したため、現在、当社の議決権を所有して
    いません。
     2.ビル等の賃借料等については、近隣の相場を勘案して一般的な取引条件で行っています。
     3.金属容器等の購入については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っています。
   4.製商品の販売及びサービスの提供等については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行ってい
    ます。
     5.原材料等の購入については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っています。
            101/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
        資本金又は    議決権等の所
                 取引金額   期末残高
    会社等の名      事業の内容    関連当事者  取引の内
  種類    所在地  出資金    有(被所有)        科目
    称又は氏名      又は職業    との関係  容  (百万円)   (百万円)
        (百万円)    割合(%)
                ビル等の
    日誠不動産            賃借料等
      東京都千代    不動産等の    ビルの賃借
         10   -      15 敷金   8
    ㈱  田区    賃貸借    等  の支払い
                (注2)
                   電子記録
                金属容器
                   債務、買
      東京都千代    金属容器の    金属容器の
                等の購入  790   333
    大日製罐㈱     10   -
                   掛金及び
      田区    製造販売    購入等
  役員及びそ
                (注3)
                   未払金
  の近親者が
  議決権の過              製商品の
  半数を所有              販売及び   受取手形
  している会              サービス   及び売掛
                  59   25
  社等(当該              の提供等
                   金
  会社等の子              (注4)
  会社を含
                   電子記録
                原材料等
          石油化学製
  む)(注
                   債務、買
      東京都千代        原材料の購
                の購入
                  1,381    238
    日辰貿易㈱     20 品の販売、   -
  1)
                   掛金及び
      田区        入等
                (注5)
          輸出入
                   未払金
                製商品の
                販売及び
                   売掛金及
                サービス  638 び未収入  223
                の提供等   金
                (注4)
  上記の金額のうち、取引金額には消費税等を含めておらず、期末残高には消費税等を含めています。
  取引条件及び取引条件の決定方針等
  (注)1.日誠不動産㈱は、当社役員川村喜久氏及びその近親者が議決権の過半数を実質的に所有しています。ま
    た、大日製罐㈱及び日辰貿易㈱は、日誠不動産㈱の100%子会社です。
     2.ビル等の賃借料等については、近隣の相場を勘案して一般的な取引条件で行っています。
     3.金属容器等の購入については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っています。
   4.製商品の販売及びサービスの提供等については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行ってい
    ます。
     5.原材料等の購入については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っています。
  2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

   該当事項はありません。
            102/124










                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (1株当たり情報)
           前連結会計年度      当連結会計年度
           (自  2018年1月1日     (自  2019年1月1日
            至   2018年12月31日)       至   2019年12月31日)
  1株当たり純資産額           3,158.05円      3,304.34円
  1株当たり当期純利益            338.40円      248.29円
   (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。
   2.当社は、第120期より「株式給付信託(BBT)」を導入し、当該信託が保有する当社株式を連結財務諸表におい
    て自己株式として計上しています。これに伴い、1株当たり純資産額の算定上、当該信託が保有する当社株
    式を期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めています。また、1株当たり当期純利益の算定上、当
    該信託が保有する当社株式を「普通株式の期中平均株式数」の計算において控除する自己株式に含めていま
    す。
    1株当たり純資産額の算定上、控除した当該自己株式数は、前連結会計年度末において147,800株、当連結
    会計年度末において146,200株です。また、       1株当たり当期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中
    平均株式数は、   前連結会計年度末において148,377株、       当連結会計年度末において     146,323 株です。
      3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりです。
           前連結会計年度      当連結会計年度
           (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)        至 2019年12月31日)
  親会社株主に帰属する当期純利益
              32,028      23,500
  (百万円)
  普通株主に帰属しない金額(百万円)             -      -
  普通株式に係る親会社株主に帰属する当
              32,028      23,500
  期純利益(百万円)
  普通株式の期中平均株式数(千株)            94,647      94,646
      4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりです。
           前連結会計年度      当連結会計年度
           (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)        至 2019年12月31日)
  純資産の部の合計額(百万円)            327,334      343,497
  純資産の部の合計額から控除する金額
              28,438      30,757
  (百万円)
              (28,438)      (30,757)
   (うち非支配株主持分)
  普通株式に係る期末の純資産額
              298,896      312,740
  (百万円)
  1株当たり純資産額の算定に用いられた
              94,646      94,645
  期末の普通株式の数(千株)
            103/124








                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (重要な後発事象)

   当社は、2020年3月24日の取締役会において、劣後特約付実行可能期間付タームローン(以下、「本劣後ロー
  ン」)による総額600億円の資金調達について決議しました。
  1.本劣後ローン調達の目的・意義

    当社は、2019年8月29日、ドイツBASF社が保有する顔料事業であるBASF             Colors &Effectsに関する株式及び資
   産を取得することを決定し、準備を進めています。
    その後、取得を実行するための資金調達方法について、株式希薄化による資本効率性低下の回避と健全な財務体
   質の維持を考慮した方法を検討した結果、本劣後ローンによる資金調達を決定しました。
    なお、新株発行を伴う資金調達(エクイティファイナンス)は予定していません。
  2.本劣後ローンの特徴

   本劣後ローンは、資本と負債の中間的性質を持ち、負債でありながら資本に類似した特徴を有しています。その
   ため、格付機関より一定の資本性が認められることから、株式の希薄化なしに実質的な財務基盤の強化が可能とな
   ります。
    具体的には、株式会社日本格付研究所(以下、「格付機関」)より資金調達額の50%に対して資本性の認定を受
   けることを見込んでいます。
  3.本劣後ローンの概要

   (1) 調達金額
         600億円
   (2) 契約締結日(予定)
         2020年3月31日
   (3) 実行日
         契約締結日から1年以内の任意の日
   (4) 資金使途
         事業買収資金
   (5) 弁済期日
         実行日から60年後の応答日
   (6) 期限前弁済(注)
         実行日から5年目以降の各利払日に、又はその他一定の事由に該当する場合
         に、元本の全部又は一部の期限前弁済が可能です。
   (7) 適用利率
         実行日から10年目までは基準金利に当初スプレッドを加算した変動金利が適
         用され、10年目以降は基準金利に当初スプレッドから0.25%、25年目以降は基
         準金利に当初スプレッドから1.00%ステップアップしたスプレッドを加算した
         変動金利が適用されます。
   (8) 利息支払に関する条項
         利息の任意繰延が可能です。
   (9) 劣後特約
         本劣後ローンの債権者は、当社の清算手続、破産手続、更生手続もしくは民
         事再生手続又は日本法によらないこれらに準ずる手続において、上位債務に
         劣後した劣後請求権を有します。本劣後ローンに係る契約の各条項は、いか
         なる意味においても劣後債権の債権者以外の債権者に対して不利益を及ぼす
         内容に変更してはなりません。
   (10) 貸付人
         株式会社三菱UFJ銀行、株式会社みずほ銀行他
   (11) 格付機関による資本性評価
         株式会社日本格付研究所:資本性「中・50%」
    (予定)
   (注)当社は、本件の弁済期日以前に期限前弁済を実施する場合は、普通株式又は格付機関から同等以上の資本

    性が認定される証券もしくは債務(以下、「借換証券」)により資金調達を行うことを想定しています。
    ただし、5年目の任意期限前弁済日以降に期限前弁済する際、一定の財務水準を満たす場合は、借換証券
    による資金調達を見送る可能性があります。
            104/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   ⑤【連結附属明細表】
   【社債明細表】
               うち1年以内
        発行  当期首残高  当期末残高  に償還するも
  会社名   銘柄            利率 担保 償還期限
        年月日  (百万円)  (百万円)   の
               (百万円)
    第36回     2015年            2022年
  (注1)
           10,000  10,000    - 0.53%  なし
    無担保社債     2月4日            2月4日
    第37回     2015年            2025年
  (注1)
           10,000  10,000    - 1.00%  なし
    無担保社債     9月18日            9月18日
    第38回     2016年            2036年
  (注1)
           5,000  5,000   - 0.95%  なし
    無担保社債     7月12日            7月11日
    第39回     2016年            2026年
  (注1)
           5,000  5,000   - 0.36%  なし
    無担保社債     9月15日            9月15日
    第40回     2017年            2027年
  (注1)
           10,000  10,000    - 0.42 % なし
    無担保社債     4月21日            4月21日
    第41回     2017年            2022年
  (注1)
           10,000  10,000    - 0.15%  なし
    無担保社債     7月12日            7月12日
    第42回     2018年            2023年
  (注1)
           10,000  10,000    - 0.15%  なし
    無担保社債     4月17日            4月17日
    第43回     2019年            2024年
  (注1)
            -  10,000    - 0.19%  なし
    無担保社債     4月19日            4月19日
    第44回     2019年            2029年
  (注1)
            -  10,000    - 0.28%  なし
    無担保社債     10月25日            10月25日
  -   合計   -  60,000  80,000    - - -  -
   (注)1.当社
   2.連結決算日後5年以内における償還予定額は以下のとおりです。
    1年以内   1年超2年以内    2年超3年以内    3年超4年以内    4年超5年以内
    (百万円)    (百万円)    (百万円)    (百万円)    (百万円)
      -    -   20,000    10,000    10,000

            105/124










                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   【借入金等明細表】
           当期首残高   当期末残高
      区分           平均利率   返済期限
           (百万円)   (百万円)
  短期借入金           29,986   20,139  2.26%   -

  1年内返済予定の長期借入金           49,792   23,456     -

                    2021 年
                 1.30%
  長期借入金(1年内返済予定のものを除く。)          119,791   122,602     ~
                    2031 年
  1年内返済予定のリース債務           667  1,244     -
                    2021 年
                  -
  リース債務(1年内返済予定のものを除く。)           4,229   5,191     ~
                    2067 年
  その他有利子負債
  コマーシャル・ペーパー(1年内返済)           -   - △0.01%   -
      合計      204,465   172,632   -  -

   (注)1.「平均利率」は、期中平均借入金残高に基づき算定を行っています。
   2.リース債務の「平均利率」については、一部の連結子会社においてリース料総額に含まれる利息相当額を控
    除する前の金額でリース債務を連結貸借対照表に計上しているため、記載していません。
   3.長期借入金及びリース債務(1年内返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年以内における返済予定額
    は以下のとおりです。
        1年超2年以内    2年超3年以内    3年超4年以内    4年超5年以内
        (百万円)    (百万円)    (百万円)    (百万円)
         27,093    41,057    7,792    14,097

   長期借入金
          788    734    488    551

   リース債務
   【資産除去債務明細表】

    当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
   計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定によ
   り記載を省略しています。
  (2)【その他】

  当連結会計年度における四半期情報      等
  (累計期間)
        第1四半期    第2四半期    第3四半期   当連結会計年度
  売上高(百万円)        190,708    385,014    576,587    768,568

  税金等調整前四半期(当期)純
          7,603   18,164    26,076    34,676
  利益(百万円)
  親会社株主に帰属する四半期
  (当期)純利益        5,302   13,130    18,327    23,500
  (百万円)
  1株当たり四半期(当期)純利
          56.02   138.73    193.64    248.29
  益(円)
  (会計期間)

        第1四半期    第2四半期    第3四半期    第4四半期
  1株当たり四半期純利益(円)        56.02    82.71    54.91    54.66

  (注)当社は、第120期より「株式給付信託(BBT)」を導入し、当該信託が保有する当社株式を連結財務諸表において自己

   株式として計上しています。これに伴い、1株当たり四半期(当期)純利益の算定上、当該信託が保有する当社株
   式を「普通株式の期中平均株式数」の計算において控除する自己株式に含めています。
            106/124


                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  2【財務諸表等】
  (1)【財務諸表】
   ①【貸借対照表】
                   (単位:百万円)
            前事業年度     当事業年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
               4,661     9,879
   現金及び預金
               8,509     7,512
   受取手形
               53,354     62,727
   売掛金
               23,705     21,088
   商品及び製品
               4,616     4,471
   仕掛品
               8,939     8,399
   原材料及び貯蔵品
               474     606
   前渡金
               1,695     1,198
   前払費用
               10,631     9,370
   短期貸付金
               25,786     25,673
   未収入金
               589     1,554
   その他
               △17     △20
   貸倒引当金
               142,941     152,457
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
               32,740     33,212
    建物
               6,001     5,982
    構築物
               25,524     25,504
    機械及び装置
                71     56
    車両運搬具
               5,758     5,692
    工具、器具及び備品
               27,973     27,574
    土地
               1,168     1,025
    建設仮勘定
               99,233     99,045
    有形固定資産合計
   無形固定資産
               2,350     2,130
    ソフトウエア
               1,184      981
    その他
               3,533     3,110
    無形固定資産合計
   投資その他の資産
               9,832     10,422
    投資有価証券
               360,398     359,930
    関係会社株式
               18,625     18,625
    関係会社出資金
                7     6
    長期貸付金
               23,938     27,503
    前払年金費用
               17,494     17,730
    その他
               △146     △146
    貸倒引当金
               430,148     434,070
    投資その他の資産合計
               532,915     536,225
   固定資産合計
              ※1 675,856     ※1 688,683
  資産合計
            107/124






                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
                   (単位:百万円)

            前事業年度     当事業年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
               130     -
   支払手形
               10,610     9,744
   電子記録債務
               61,403     57,862
   買掛金
               119,063     113,820
   短期借入金
               14,470     16,531
   未払金
               449     -
   未払法人税等
                -     257
   未払消費税等
               4,225     3,760
   賞与引当金
                47     34
   役員賞与引当金
               546     461
   未払費用
               131     169
   前受金
               567     132
   預り金
               628     628
   その他
               212,268     203,398
   流動負債合計
  固定負債
               60,000     80,000
   社債
               102,098     95,807
   長期借入金
                14     15
   退職給付引当金
               152     176
   株式給付引当金
               3,057     2,564
   関係会社事業損失引当金
               637     637
   資産除去債務
               2,295     3,721
   繰延税金負債
               4,501     4,425
   その他
               172,755     187,344
   固定負債合計
              ※1 385,023     ※1 390,742
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
               96,557     96,557
   資本金
   資本剰余金
               94,156     94,156
    資本準備金
               94,156     94,156
    資本剰余金合計
   利益剰余金
    その他利益剰余金
               103     145
    国庫補助金等圧縮積立金
                8     7
    保険差益圧縮積立金
                -     154
    保険差益圧縮特別勘定積立金
               876     855
    収用等圧縮積立金
               5,005     4,590
    買換資産圧縮積立金
               97,702     103,757
    繰越利益剰余金
               103,695     109,508
    利益剰余金合計
               △1,823     △1,823
   自己株式
               292,584     298,397
   株主資本合計
  評価・換算差額等
               1,117     1,327
   その他有価証券評価差額金
               △2,868     △1,784
   繰延ヘッジ損益
               △1,751     △457
   評価・換算差額等合計
               290,834     297,940
  純資産合計
               675,856     688,683
  負債純資産合計
            108/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   ②【損益計算書】
                   (単位:百万円)
            前事業年度     当事業年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
              ※2 235,394     ※2 219,849
  売上高
              ※2 190,401     ※2 180,030
  売上原価
               44,993     39,819
  売上総利益
              ※1 33,220     ※1 33,168
  販売費及び一般管理費
               11,773     6,651
  営業利益
  営業外収益
               109     187
  受取利息
              ※2 11,833     ※2 8,494
  受取配当金
               882     623
  雑収入
               12,824     9,304
  営業外収益合計
  営業外費用
              ※2 2,059     ※2 2,142
  支払利息
               1,244     1,153
  雑損失
               3,303     3,295
  営業外費用合計
               21,294     12,660
  経常利益
  特別利益
                -     8,464
  関係会社株式及び出資金売却益
                -     1,390
  受取保険金
               3,270      -
  投資有価証券売却益
               ※3 543
                     -
  関係会社事業損失引当金戻入額
               3,813     9,854
  特別利益合計
  特別損失
              ※4 1,066     ※4 974
  固定資産処分損
                -     365
  関係会社株式評価損
                -     1,419
  災害による損失
                -     369
  買収関連費用
                -     311
  過去勤務費用償却額
               1,066     3,438
  特別損失合計
               24,041     19,075
  税引前当期純利益
  法人税、住民税及び事業税             1,664      577
               1,761      836
  法人税等調整額
               3,425     1,413
  法人税等合計
               20,616     17,663
  当期純利益
            109/124








                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   ③【株主資本等変動計算書】
  前事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                  (単位:百万円)
             株主資本
         資本剰余金      利益剰余金
               その他利益剰余金
       資本金
          資本剰余金
            国庫補助金
        資本準備金
             保険差益圧  収用等圧縮  買換資産圧  繰越利益剰
          合計
            等圧縮積立
              縮積立金  積立金  縮積立金  余金
            金
  当期首残高
       96,557  94,156  94,156  27  9 896 5,264  84,781
  会計方針の変更による累積的
                   3,478
  影響額
  会計方針の変更を反映した当期
       96,557  94,156  94,156  27  9 896 5,264  88,259
  首残高
  当期変動額
  国庫補助金等圧縮積立金の積
             89       △89
  立
  国庫補助金等圧縮積立金の取
            △13       13
  崩
  保険差益圧縮積立金の取崩            △1     1
  収用等圧縮積立金の取崩              △20   20
  買換資産圧縮積立金の取崩               △259  259
  剰余金の配当
                   △11,375
  当期純利益                 20,616
  自己株式の取得
  自己株式の処分
  株主資本以外の項目の当期変
  動額(純額)
  当期変動額合計      -  -  -  76  △1 △20 △259 9,443
  当期末残高
       96,557  94,156  94,156  103  8 876 5,005  97,702
        株主資本     評価・換算差額等

      利益剰余金
            その他有価
                 純資産合計
          株主資本合   繰延ヘッジ  評価・換算
        自己株式   証券評価差
       利益剰余金
           計   損益 差額等合計
            額金
       合計
  当期首残高
       90,976  △1,828 279,860  7,253 △3,518  3,736 283,596
  会計方針の変更による累積的
       3,478   3,478       3,478
  影響額
  会計方針の変更を反映した当期
       94,455  △1,828 283,338  7,253 △3,518  3,736 287,074
  首残高
  当期変動額
  国庫補助金等圧縮積立金の積
        -   -       -
  立
  国庫補助金等圧縮積立金の取
        -   -       -
  崩
  保険差益圧縮積立金の取崩      -   -       -
  収用等圧縮積立金の取崩      -   -       -
  買換資産圧縮積立金の取崩
        -   -       -
  剰余金の配当
       △11,375   △11,375       △11,375
  当期純利益     20,616   20,616       20,616
  自己株式の取得       △10 △10       △10
  自己株式の処分       15  15       15
  株主資本以外の項目の当期変
            △6,136  650 △5,486 △5,486
  動額(純額)
  当期変動額合計     9,240  6 9,246 △6,136  650 △5,486  3,760
  当期末残高
       103,695  △1,823 292,584  1,117 △2,868 △1,751 290,834
            110/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  当事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                  (単位:百万円)
             株主資本
         資本剰余金      利益剰余金
               その他利益剰余金
       資本金
          資本剰余金
            国庫補助金   保険差益圧
        資本準備金
             保険差益圧   収用等圧縮  買換資産圧
          合計
            等圧縮積立   縮特別勘定
              縮積立金    積立金  縮積立金
            金   積立金
  当期首残高     96,557  94,156  94,156  103  8  -  876 5,005
  当期変動額
  国庫補助金等圧縮積立金の積
             71
  立
  国庫補助金等圧縮積立金の取
            △30
  崩
  保険差益圧縮積立金の取崩            △1
  保険差益圧縮特別勘定積立金
                154
  の積立
  収用等圧縮積立金の取崩                △20
  買換資産圧縮積立金の取崩                 △416
  剰余金の配当
  当期純利益
  自己株式の取得
  自己株式の処分
  株主資本以外の項目の当期変
  動額(純額)
  当期変動額合計      -  -  -  41  △1 154  △20 △416
  当期末残高     96,557  94,156  94,156  145  7 154  855 4,590
         株主資本     評価・換算差額等

       利益剰余金
             その他有価
                   純資産合計
      その他利益
            株主資本合   繰延ヘッジ  評価・換算
          自己株式   証券評価差
       剰余金
        利益剰余金
            計   損益 差額等合計
              額金
         合計
       繰越利益剰
       余金
  当期首残高     97,702  103,695  △1,823 292,584  1,117 △2,868 △1,751 290,834
  当期変動額
  国庫補助金等圧縮積立金の積
       △71  -   -       -
  立
  国庫補助金等圧縮積立金の取
        30  -   -       -
  崩
  保険差益圧縮積立金の取崩      1  -   -       -
  保険差益圧縮特別勘定積立金
       △154  -   -       -
  の積立
  収用等圧縮積立金の取崩      20  -   -       -
  買換資産圧縮積立金の取崩     416  -   -       -
  剰余金の配当     △11,849 △11,849   △11,849       △11,849
  当期純利益
       17,663  17,663   17,663       17,663
  自己株式の取得
           △7 △7       △7
  自己株式の処分         6  6       6
  株主資本以外の項目の当期変
              210 1,084  1,294  1,294
  動額(純額)
  当期変動額合計     6,055  5,814  △1 5,813  210 1,084  1,294  7,107
  当期末残高     103,757  109,508  △1,823 298,397  1,327 △1,784  △457 297,940
            111/124





                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   【注記事項】
   (重要な会計方針)
   1.有価証券の評価基準及び評価方法
    (1) 子会社株式及び関連会社株式
    移動平均法による原価法
    (2) その他有価証券
    ①時価のあるもの
     期末日の市場価格等に基づく時価法
    (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
    ②時価のないもの
     移動平均法による原価法
   2.デリバティブの評価基準及び評価方法

     時価法
   3.たな卸資産の評価基準及び評価方法

     主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
    り算定)
   4.固定資産の減価償却の方法

    (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
    建物、工具、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物:定額法
    器具、備品:定率法
    その他の有形固定資産:一部定額法によるものを除き、主として定率法
    なお、主な耐用年数は次のとおりです。
     建物          8~50年
     機械及び装置      8年
    (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
    定額法
    なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法
    (3) リース資産
     所有権移転外ファイナンス・リース取引については、リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定
    額法を採用しています。
   5.繰延資産の処理方法

     社債発行費については、支出時に全額費用として処理しています。
   6.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

     外貨建金銭債権債務は、期末日の直物等為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理していま
    す。
   7.引当金の計上基準

    (1) 貸倒引当金
     当事業年度末に有する金銭債権の貸倒による損失に備えるため設定しており、一般債権については貸倒実
    績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上して
    います。
    (2) 賞与引当金
     従業員及び執行役員に支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき、当事業年度に負担すべき金額を
    計上しています。
    (3) 役員賞与引当金
     役員に支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき、当事業年度に負担すべき金額を計上していま
    す。
            112/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
    (4) 退職給付引当金(前払年金費用)
    従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
    しています。
    ①退職給付見込額の期間帰属方法
     退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について
    は、給付算定式基準によっています。
    ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
     過去勤務費用については、発生年度に費用処理することとしています。
     数理計算上の差異については、従業員の平均残存勤務期間(14年)による定額法により按分した額を、
    それぞれ発生の翌事業年度から費用処理することとしています。
    (5) 株式給付引当金
     役員株式給付規程に基づく業績連動型株式報酬の給付に備えるため、当事業年度末における株式給付債務
    の見込額を計上しています。
    (6) 関係会社事業損失引当金
     関係会社が営む事業に係る損失の当社負担に備えるため設定しており、関係会社の資産内容等を勘案し、
    当社が負担することとなると予測される金額を計上しています。
   8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

    (1) ヘッジ会計の方法
     繰延ヘッジ処理によっています。ただし、要件を満たす為替予約等が付されている外貨建金銭債権債務等
    については、振当処理を行っています。また、要件を満たす金利スワップについては、特例処理を行ってい
    ます。
    (2) 消費税等の会計処理
     消費税等の会計処理については、税抜方式を採用しており、控除対象外消費税等は、当事業年度の費用と
    して処理しています。
    (3) 退職給付に係る会計処理の方法
     財務諸表において、未認識数理計算上の差異の貸借対照表における取扱いが連結財務諸表と異なっていま
    す。個別貸借対照表上、退職給付債務に未認識数理計算上の差異を加減した額から、年金資産の額を控除し
    た額を退職給付引当金又は前払年金費用に計上しています。
   (会計方針の変更)

    (「税効果会計に係る会計基準の適用指針」の適用)
    「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)を当事
    業年度から適用し、個別財務諸表における子会社株式に係る将来加算一時差異の取扱いの見直しを適用して
    います。なお、当該会計方針の変更は遡及適用されています。
    この結果、前事業年度の期首の繰越利益剰余金が3,478百万円増加しています。なお、遡及適用を行う前
    と比べて、前事業年度の1株当たり純資産額が36.75円増加しています。
   (表示方法の変更)

    (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
    「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当事業年
    度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に
    表示する方法に変更しています。
    この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」2,827百万円は、「固定
    負債」の「繰延税金負債」8,600百万円と相殺し、変更前と比べて総資産が2,827百万円減少しています。
   (追加情報)

    (株式給付信託(BBT)   )
    執行役員を兼務する取締役及び執行役員に信託を通じて自社の株式を給付する取引に関する注記について
    は、連結財務諸表「注記事項(追加情報)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しています。
            113/124



                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (貸借対照表関係)
    ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示されたものを除く)
           前事業年度      当事業年度
             44,448      42,933
  短期金銭債権            百万円      百万円
             64,624      78,590
  短期金銭債務
              224      230
  長期金銭債務
     2 次の関係会社等について債務の保証を行っています。

     前事業年度
           金額
    被保証会社名             内容
          (百万円)
  DICグラフィックス㈱          2,687
             仕入債務に対する保証債務
  DICデコール㈱          1,778

             仕入債務に対する保証債務
  DICプラスチック㈱          987

             仕入債務に対する保証債務
  キャストフィルムジャパン㈱          550

             金融機関借入に伴う保証債務
  その他 3  社他        726

             金融機関借入に伴う保証債務など
            6,729

     計
     当事業年度

           金額
    被保証会社名             内容
          (百万円)
  DICグラフィックス㈱          2,452
             仕入債務に対する保証債務
  DICデコール㈱          1,836

             仕入債務に対する保証債務
  DICプラスチック㈱          944

             仕入債務に対する保証債務
  キャストフィルムジャパン㈱          525

             金融機関借入に伴う保証債務
  その他 3  社他        740

             金融機関借入に伴う保証債務など
            6,498

     計
     3 受取手形割引高

           前事業年度      当事業年度
              9      -
  受取手形割引高            百万円      百万円
            114/124








                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (損益計算書関係)
    ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度43%、当事業年度41%、一般管理費に属する費用の
       おおよその割合は前事業年度57%、当事業年度59%です。
     販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。
           前事業年度       当事業年度
             5,033       5,750
  運賃及び荷造費            百万円       百万円
             5,030       5,315
  従業員給料及び手当
             1,646       1,459
  賞与引当金繰入額
             768       618
  減価償却費
             5,440       5,219
  研究開発費
    ※2 関係会社との取引高

           前事業年度       当事業年度
  営業取引による取引高
             55,305       47,977
  売上高            百万円       百万円
             35,579       31,408
  仕入高
             12,391       18,184
  営業取引以外の取引による取引高
    ※3 以下の関係会社に係るものです。

           前事業年度       当事業年度
  DICライフテック㈱
             543百万円       -百万円
    ※4 前事業年度

      建物の処分損失203百万円、機械及び装置の処分損失106百万円他です。
     当事業年度

      建物の処分損失277百万円他です。
            115/124











                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (有価証券関係)
    前事業年度(2018年12月31日)
   子会社株式及び関連会社株式
        貸借対照表計上額     時価   差額

     区分
        (百万円)   (百万円)   (百万円)
   子会社株式       3,967   12,230    8,264

   関連会社株式       25,038   25,120    82
             37,351

     合計     29,005       8,346
   (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式
        貸借対照表計上額

     区分
        (百万円)
   子会社株式       327,756

   関連会社株式       3,638

    これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
   上表の「子会社株式及び関連会社株式」には含めていません。
    当事業年度(2019年12月31日)

   子会社株式及び関連会社株式
        貸借対照表計上額     時価   差額

     区分
        (百万円)   (百万円)   (百万円)
          3,967   16,610   12,643

   子会社株式
          25,038   31,574    6,536
   関連会社株式
          29,005   48,184   19,179

     合計
   (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式
        貸借対照表計上額

     区分
        (百万円)
         328,196

   子会社株式
          2,729
   関連会社株式
    これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
   上表の「子会社株式及び関連会社株式」には含めていません。
            116/124







                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   (税効果会計関係)
  1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
            前事業年度    当事業年度
           (2018年12月31日)    (2019年12月31日)
   繰延税金資産
            1,021    1,016
   たな卸資産          百万円    百万円
            1,293    1,151
   賞与引当金
             265    284
   未収入金
             162    159
   未払金
             153     98
   未払事業税
             749    713
   有形固定資産
             266    268
   無形固定資産
             217    217
   投資有価証券
            1,496    1,701
   関係会社株式
             935    785
   関係会社事業損失引当金
             195    195
   資産除去債務
            1,270    1,090
   繰延ヘッジ損益
             260    420
   その他
            8,282    8,096
   繰延税金資産小計
            △3,114    △3,297
   評価性引当額
            5,168    4,799
   繰延税金資産合計
   繰延税金負債

            △1,629    △2,576
   前払年金費用          百万円    百万円
            △1,270    △1,090
   長期借入金
            △2,642    △2,536
   固定資産圧縮積立金
            △1,277    △1,277
   退職給付信託設定益
            △492    △604
   その他有価証券評価差額金
             △5    △303
   繰延ヘッジ損益
             △55    △56
   未収配当金
             △92    △78
   その他
            △7,463    △8,520
   繰延税金負債合計
            △2,295    △3,721

   繰延税金資産の純額
  2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

  主要な項目別の内訳
            前事業年度    当事業年度
           (2018年12月31日)    (2019年12月31日)
   法定実効税率          30.9%    30.6%
   (調整)
             0.3    0.2
   交際費等永久に損金に算入されない項目
            △13.8    △25.8
   受取配当金等永久に益金に算入されない項目
             0.2    0.2
   住民税均等割額
             0.7    0.9
   外国法人税等損金算入額
            △2.3    △1.0
   試験研究費税額控除額
            △0.7     1.1
   評価性引当額の計上による影響
            △1.5    △0.2
   震災特例法に基づく税額控除
             0.4    1.4
   その他
             14.2     7.4
   税効果会計適用後の法人税等の負担率
   (重要な後発事象)

     劣後特約付実行可能期間付タームローンによる資金調達に関する注記については、連結財務諸表「注記事項
    (重要な後発事象)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しています。
            117/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
   ④【附属明細表】
   【有形固定資産等明細表】
                   (単位:百万円)
                    減価償却累
   区分   資産の種類   当期首残高  当期増加額  当期減少額  当期償却額  当期末残高
                    計額
         32,740  3,314   278  2,563  33,212  71,060
    建物
  有形固定資産
         6,001   642  25  636  5,982  25,271
    構築物
         25,524  7,145   84  7,082  25,504  151,425

    機械及び装置
          71  31  0  45  56  714

    車両運搬具
         5,758  2,735   17  2,785  5,692  29,751

    工具、器具及び備品
         27,973   -  399  -  27,574   -

    土地
         1,168  13,809  13,952   -  1,025   -

    建設仮勘定
         99,233  27,676  14,754  13,111  99,045  278,221

      計
         2,350   511  -  731  2,130  1,879

    ソフトウエア
  無形固定資産
         1,184   95  4  294  981  705
    その他
         3,533   606   4  1,025  3,110  2,584

      計
   【引当金明細表】

                   (単位:百万円)
    科目    当期首残高    当期増加額    当期減少額    当期末残高
          163    20    17    166

  貸倒引当金
         4,225    3,760    4,225    3,760

  賞与引当金
          47    34    47    34

  役員賞与引当金
          152    53    30    176

  株式給付引当金
         3,057    124    617   2,564

  関係会社事業損失引当金
  (2)【主な資産及び負債の内容】

    連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しています。
  (3)【その他】

    該当事項はありません。
            118/124







                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  第6【提出会社の株式事務の概要】
  事業年度       1月1日から12月31日まで
  定時株主総会       3月中

  基準日       12月31日

  剰余金の配当の基準日       6月30日、12月31日

  1単元の株式数       100株

  単元未満株式の買取り

  取扱場所      (特別口座)
         東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
         三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
  株主名簿管理人      (特別口座)
         東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
         三菱UFJ信託銀行株式会社
  取次所      ──────

  買取手数料      株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

         電子公告とします。https://www.dic-global.com/

  公告掲載方法       ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告をする
         ことができない場合は、日本経済新聞に掲載して行います。
         株主優待制度

         (1)対象株主
          ①毎年6月30日現在の株主名簿に記載又は記録された100株以上保
          有の株主
          ②毎年12月31日現在の株主名簿に記載又は記録された100株以上保
  株主に対する特典
          有の株主
         (2)優待内容
          ①オリジナルカレンダー1部
          ②DIC川村記念美術館の入館券付絵葉書2枚(2人/枚)及び当
          社グループ製品
   (注)当社定款の定めにより、単元未満株式を有する株主は、その有する単元未満株式について、以下の権利以外の権
   利を行使することができません。
      (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
      (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
      (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
            119/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  第7【提出会社の参考情報】
  1【提出会社の親会社等の情報】
  当社は、親会社等はありません。
  2【その他の参考情報】

  当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しています。
  (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書              2019年3月28日

                 関東財務局長に提出
   事業年度 第121期(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
  (2)  内部統制報告書及びその添付書類              2019年3月28日
                 関東財務局長に提出
                 2019年3月28日
  (3)  臨時報告書
                 関東財務局長に提出
     金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令
     第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく
     臨時報告書です。
                 2019年4月4日
  (4)  発行登録書(普通社債)及びその添付書類
                 関東財務局長に提出
                 2019年4月12日
  (5) 発行登録追補書類(普通社債)及びその添付書類
                 関東財務局長に提出
                 2019年5月15日
  (6)  四半期報告書及び確認書
                 関東財務局長に提出
     四半期会計期間 第122期(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)
  (7)  四半期報告書及び確認書              2019年8月8日
                 関東財務局長に提出
     四半期会計期間 第122期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
                 2019年8月30日
  (8)  臨時報告書
                 関東財務局長に提出
     金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令
     第19条第2項第8号の2(子会社取得の決定)に基づく臨時報告書です。
                 2019年8月30日
  (9)  訂正発行登録書(普通社債)
                 関東財務局長に提出
                 2019年10月18日
  (10)  発行登録追補書類(普通社債)及びその添付書類
                 関東財務局長に提出
                 2019年11月14日
  (11) 四半期報告書及び確認書
                 関東財務局長に提出
   四半期会計期間 第122期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)
            120/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
            121/124




















                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
       独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                2020年3月26日

  DIC株式会社
  取締役会 御中

          有限責任監査法人トーマツ

          指定有限責任社員

             公認会計士
                津田 英嗣    印
          業務執行社員
          指定有限責任社員

             公認会計士
                大竹 貴也    印
          業務執行社員
          指定有限責任社員

             公認会計士
                井上 浩二    印
          業務執行社員
  <財務諸表監査>

   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
  ているDIC株式会社の2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
  ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
  書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
  連結財務諸表に対する経営者の責任

   経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
  表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
  経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

   当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
  とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
  は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
  し、これに基づき監査を実施することを求めている。
   監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
  監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
  る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
  の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
  を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
  も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
   当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

   当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、DI
  C株式会社及び連結子会社の2019年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
  績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
            122/124




                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
  <内部統制監査>
   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、DIC株式会社の2019
  年12月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
  内部統制報告書に対する経営者の責任

   経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
  係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
   なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
  る。
  監査人の責任

   当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
  表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
  に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
  表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
  を求めている。
   内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
  めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
  に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
  について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
   当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

   当監査法人は、DIC株式会社が2019年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記
  の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財
  務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
  利害関係

   会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                     以 上

  (注)1.上記は監査報告書及び内部統制監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社

    (有価証券報告書提出会社)が別途保管しています。
   2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            123/124









                     EDINET提出書類
                    DIC株式会社(E00901)
                      有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書
                2020年3月26日

  DIC株式会社

  取締役会 御中

          有限責任監査法人トーマツ

          指定有限責任社員

             公認会計士
                津田 英嗣    印
          業務執行社員
          指定有限責任社員

             公認会計士
                大竹 貴也    印
          業務執行社員
          指定有限責任社員

             公認会計士
                井上 浩二    印
          業務執行社員
   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ

  ているDIC株式会社の2019年1月1日から2019年12月31日までの第122期事業年度の財務諸表、すなわ
  ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
  行った。
  財務諸表に対する経営者の責任

   経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
  することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
  必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

   当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
  ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
  当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
  基づき監査を実施することを求めている。
   監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
  法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
  諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
  際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
  また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
  しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
   当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

   当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、DIC株
  式会社の2019年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点にお
  いて適正に表示しているものと認める。
  利害関係

   会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                     以 上

  (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

    社)が別途保管しています。
   2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            124/124


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。