グリーンランドリゾート株式会社 有価証券報告書 第41期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第41期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 グリーンランドリゾート株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  【表紙】
  【提出書類】       有価証券報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項
  【提出先】       九州財務局長
  【提出日】       2020年3月27日
  【事業年度】       第41期(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
  【会社名】       グリーンランドリゾート株式会社
  【英訳名】       GREENLAND  RESORT COMPANY  LIMITED
  【代表者の役職氏名】       代表取締役社長  江里口 俊文
  【本店の所在の場所】       熊本県荒尾市下井手1616番地
  【電話番号】       0968-66-2111
  【事務連絡者氏名】       経営管理室長 佐伯 賢二
  【最寄りの連絡場所】       熊本県荒尾市下井手1616番地
  【電話番号】       0968-66-2111
  【事務連絡者氏名】       経営管理室長 佐伯 賢二
  【縦覧に供する場所】
         株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
         証券会員制法人福岡証券取引所
         (福岡市中央区天神二丁目14番2号)
             1/84












                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
  (1)連結経営指標等
    回次    第37期   第38期   第39期   第40期   第41期

    決算年月    2015年12月   2016年12月   2017年12月   2018年12月   2019年12月

      (千円)  7,941,951   7,061,241   7,664,115   7,810,527   8,359,645

  売上高
      (千円)   470,021   230,598   422,357   548,009   691,557

  経常利益
  親会社株主に帰属する
      (千円)   280,597   142,395   267,889   301,572   386,972
  当期純利益
      (千円)   315,813   130,866   296,135   230,436   404,262
  包括利益
      (千円)  10,693,641   10,710,795   10,903,556   11,020,281   11,279,817

  純資産
      (千円)  21,816,678   21,738,821   21,797,888   21,615,321   21,313,875

  総資産
      (円)  1,034.46   1,036.12   1,054.76   1,066.06   1,091.16

  1株当たり純資産
  1株当たり当期純利
      (円)   27.14   13.77   25.91   29.17   37.43
  益
  潜在株式調整後1株
      (円)   -   -   -   -   -
  当たり当期純利益
      (%)   49.0   49.3   50.0   51.0   52.9
  自己資本比率
      (%)   2.7   1.3   2.5   2.8   3.5

  自己資本利益率
      (倍)   17.1   28.3   21.3   16.1   14.2

  株価収益率
  営業活動によるキャッ
      (千円)   901,400   383,260   857,005   827,977   1,109,291
  シュ・フロー
  投資活動によるキャッ
      (千円)  △409,647   △445,380   △397,584   △401,664   △321,955
  シュ・フロー
  財務活動によるキャッ
      (千円)  △482,765   67,736  △458,531   △394,296   △757,711
  シュ・フロー
  現金及び現金同等物
      (千円)   282,597   288,214   289,102   321,118   350,742
  の期末残高
         269   270   245   234   224
  従業員数
      (人)
  (外、平均臨時雇用者
         (281 )  (263 )  (263 )  (266 )  (274 )
  数)
   (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
   2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
   3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計
    年度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡っ
    て適用した後の指標等となっております。
             2/84






                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  (2)提出会社の経営指標等
    回次    第37期   第38期   第39期   第40期   第41期

    決算年月    2015年12月   2016年12月   2017年12月   2018年12月   2019年12月

      (千円)  4,939,871   4,184,812   4,674,490   4,866,229   5,298,759

  売上高
      (千円)   243,721   148,548   323,180   436,556   527,207

  経常利益
      (千円)   122,481   95,376   217,955   288,948   350,095

  当期純利益
      (千円)  4,180,101   4,180,101   4,180,101   4,180,101   4,180,101

  資本金
      (千株)   10,346   10,346   10,346   10,346   10,346

  発行済株式総数
      (千円)  11,478,495   11,448,655   11,591,482   11,695,583   11,918,243

  純資産
      (千円)  20,786,881   20,320,237   19,955,745   19,287,453   18,992,268

  総資産
      (円)  1,110.38   1,107.50   1,121.31   1,131.38   1,152.92

  1株当たり純資産
         11.00   8.00   11.00   12.00   14.00
  1株当たり配当額
      (円)
  (内1株当たり中間配
         (3.00 )  (3.00 )  (5.00 )  (5.00 )  (7.00 )
  当額)
  1株当たり当期純利
      (円)   11.85   9.23   21.08   27.95   33.87
  益
  潜在株式調整後1株
      (円)   -   -   -   -   -
  当たり当期純利益
      (%)   55.2   56.3   58.1   60.6   62.8
  自己資本比率
      (%)   1.1   0.8   1.9   2.5   3.0

  自己資本利益率
      (倍)   39.2   42.3   26.2   16.9   15.6

  株価収益率
      (%)   92.8   86.7   52.2   42.9   41.3

  配当性向
         106   103   92   83   77
  従業員数
      (人)
  (外、平均臨時雇用者
         (71)  (73)  (63)  (68)  (71)
  数)
      (%)   130.4   112.1   159.5   140.5   160.5
  株主総利回り
  (比較指標:TOPIX
      (%)   (112.1 )  (112.4 )  (137.4 )  (115.5 )  (136.4 )
  (配当込み))
      (円)   666   493   620   640   548
  最高株価
      (円)   351   363   388   440   448

  最低株価
   (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
   2.第37期及び第41期の1株当たり配当額には、特別配当3円を含んでおり、第39期及び第40期の1株当たり配
    当額には、特別配当2円を含んでおります。
   3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
   4.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
   5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当事業年度
    の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用し
    た後の指標等となっております。
             3/84





                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  2【沿革】
   当社の前身の会社として、1964年9月25日三井三池開発株式会社が三井鉱山株式会社(現日本コークス工業株式会
  社)100%の出資により遊園地、ゴルフ場、ホテルの経営(レジャー部門)及び不動産業を目的として設立されまし
  たが、1976年10月1日三井鉱山土地建物株式会社と合併し、解散いたしました。
   その後、三井鉱山土地建物株式会社九州支社のレジャー部門の営業成績が向上いたしましたので、1980年1月10日
  同社より分離独立し、株式会社グリーンランドが設立されたものであります。
   年月          概況
  1980年1月   遊園地、ゴルフ場、ホテルの経営を主な目的として、三井鉱山土地建物株式会社の全額出資によ
     り資本金7,000万円にて熊本県荒尾市本井手1558番地に株式会社グリーンランドを設立
  1980年2月   三井グリーンランド遊園地、三井グリーンランドゴルフ場、三井グリーンランドホテル、有明カ
     ントリークラブ大牟田ゴルフ場及び久留米カントリークラブ広川ゴルフ場を三井鉱山土地建物株
     式会社より営業譲受
  1980年2月   グリーンランド観光株式会社、三鉱開発株式会社の全株式を三井鉱山土地建物株式会社より譲受
  1983年2月   福岡市博多区に福岡営業所を設置
  1986年6月   北海道岩見沢市で北海道三井グリーンランド遊園地の営業開始
  1987年12月   グリーンランドサービス株式会社を設立、キャディ派遣業を開始
  1988年3月   北海道三井グリーンランド遊園地を北海道グリーンランド株式会社へ営業譲渡
  1988年3月   北海道グリーンランド株式会社の全株式を三井鉱山株式会社へ譲渡
  1988年3月   決算期を12月31日から3月31日に変更
  1989年3月   本店を熊本県荒尾市下井手1616番地に移転
  1990年6月   商号を三井グリーンランド株式会社に変更
  1991年11月   福岡証券取引所に上場
  1992年10月   社有地の有効活用を目的に不動産事業部を新設
  1992年12月   大阪証券取引所市場第二部に上場
  1995年8月   北海道グリーンランド株式会社を子会社化
  1995年10月   北海道グリーンランド株式会社が三鉱開発株式会社を吸収合併し、グリーンランド開発株式会社
     (現・連結子会社)へ社名変更
  1998年6月   決算期を3月31日から12月31日に変更
  1998年7月   グリーンランド開発株式会社が空知リゾートシティ株式会社(現・連結子会社)を設立、同社が
     北海道岩見沢市において三井グリーンランドホテルサンプラザを経営
  1999年9月   グリーンランド商事株式会社を設立、物品販売業を開始
  2000年1月   グリーンランドリゾート事業展開の為、有明リゾートシティ株式会社(現・連結子会社)を、実
     質支配による子会社化
  2001年5月   経営効率化のため、グリーンランドサービス株式会社がグリーンランド商事株式会社を吸収合併
  2002年3月   グリーンランド開発株式会社が、九州わんわん王国の経営を開始
  2002年4月   北海道事業の再編のため、グリーンランド開発株式会社が経営していた、北海道三井グリーンラ
     ンド遊園地・スキー場を空知リゾートシティ株式会社が経営することとなる
  2003年7月   ホテル事業集約のため、ホテル部門を分社化し、有明リゾートシティ株式会社が承継
  2004年3月   グリーンランド観光株式会社の清算結了
  2005年6月   九州わんわん王国の営業を終了
  2005年11月   有明リゾートシティ株式会社を100%出資会社とする
  2006年5月
     会社分割後のGLS株式会社を吸収合併
  2006年7月
     商号をグリーンランドリゾート株式会社に変更
  2007年7月
     九州の遊園地の商標を「グリーンランド」に変更し、全てのグループ事業の施設名称から「三
     井」の表記を外す
  2007年11月
     空知リゾートシティ株式会社を直接子会社化
  2009年12月
     グリーンランド開発株式会社が三九商事株式会社を吸収合併
  2010年7月
     空知リゾートシティ株式会社が岩見沢市より指定管理者としての指名を受け、同市の温泉施設
     「北村温泉ホテル」の運営管理業務を受託(同施設は2010年8月1日リニューアルオープン)
  2013年4月
     有明リゾートシティ株式会社の収益向上のため、連結子会社である有明リゾートシティ株式会社
     が同じく連結子会社であるグリーンランドサービス株式会社を吸収合併
  2013年7月
     東京証券取引所及び大阪証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場
             4/84


                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  3【事業の内容】
   当社グループは、当社及び子会社3社で構成されており、遊園地・ゴルフ・ホテルのレジャー事業を主な内容と
  し、不動産事業については、不動産の売買・賃貸を行い、土木・建設資材事業として土木工事受注のほか、建設資材
  の製造・販売・運搬等を行っております。
   当社グループの事業内容及び当社グループ各社の当該事業に係る位置付けならびにセグメントとの関連は、次のと
  おりであります。なお、次の5事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」
  に掲げるセグメント区分と同一であります。
   (遊園地事業)

   グリーンランド      当社が当遊園地を経営しており、有明リゾートシティ株式会社が園内飲食店
         の内2店舗、園内売店の内5店舗を、当社より受託して運営しております。
         また、グリーンランド開発株式会社が園内飲食店の内6店舗、園内売店の内
         2店舗、園内施設のうち2施設の運営及び園内清掃をはじめとする園内管理
         業務を当社より受託しております。
   北海道グリーンランド遊園地      空知リゾートシティ株式会社が当遊園地を経営しております。
   北海道グリーンランドホワイ      空知リゾートシティ株式会社が当スキー場を経営しております。

   トパーク(スキー場)
   いわみざわ公園(北海道)      空知リゾートシティ株式会社が岩見沢市より指定管理者としての指名を受
         け、いわみざわ公園各施設の運営管理業務を行っております。
   (ゴルフ事業)
   グリーンランドリゾートゴル      当社が当ゴルフ場を経営しております。
   フコース
   有明カントリークラブ大牟田      当社が当ゴルフ場を経営しております。
   ゴルフ場
   久留米カントリークラブ広川      当社が当ゴルフ場を経営しております。
   ゴルフ場
   (ホテル事業)
   グリーンランドリゾートオ      有明リゾートシティ株式会社が当ホテルを経営しております。
   フィシャルホテルブランカ
   グリーンランドリゾートオ      有明リゾートシティ株式会社が当ホテルを経営しております。
   フィシャルホテルヴェルデ
   北海道グリーンランドホテル      空知リゾートシティ株式会社がホテルサンプラザを経営しております。また
   サンプラザ及び北村温泉ホテ      同社は、岩見沢市より指定管理者としての指名を受け、北村温泉ホテルの運
   ル      営管理業務を行っております。
   生損保保険代理店等営業業務      有明リゾートシティ株式会社が生損保保険代理店業務等の営業業務を行って
   他      おります。
   (不動産事業)
   不動産      当社が不動産の売買・賃貸を行っております。
   (土木・建設資材事業)
   建設資材の製造・販売・運搬      グリーンランド開発株式会社が土木工事受注のほか、建設資材を製造・販
   事業      売・運搬しております。
             5/84






                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   上記の当社グループの状況について事業系統図を示すと次のとおりであります。
                    2019年12月31日現在
    北海道グリーンランド

        遊園地事業
           空知リゾートシティ㈱
    遊  園  地
    北海道グリーンランド

        遊園地事業
           空知リゾートシティ㈱
    ホワイトパーク   (スキー場)
    い わ み ざ わ 公 園

        遊園地事業   空知リゾートシティ㈱    いわみざわ公園各施設の運営管理業務受託
       (北海道)
                有明リゾート

                   園内飲食店・売店
    グリーンランド(九州)     遊園地事業   グリーンランドリゾート㈱
                   の受託
                シティ㈱
                   園内飲食店・売
                グリーンランド
                   店・施設・園内管
   一
                開発㈱
                   理業務の受託
   般
   顧
    グリーンランドリゾート
        ゴルフ事業
           グリーンランドリゾート㈱
   客
    ゴ ル フ コ ー ス
    有明カントリークラブ

        ゴルフ事業   グリーンランドリゾート㈱
    大 牟 田 ゴ ル フ 場
    久留米カントリークラブ

        ゴルフ事業   グリーンランドリゾート㈱
    広 川 ゴ ル フ 場
    グリーンランドリゾート

        ホテル事業   有明リゾートシティ㈱
    オフィシャルホテルブランカ
    グリーンランドリゾート

        ホテル事業   有明リゾートシティ㈱
    オフィシャルホテルヴェルデ
    北海道グリーンランド

        ホテル事業   空知リゾートシティ㈱    北村温泉ホテルについては運営管理業務受託
    ホテルサンプラザ及び北村温泉ホテル
    不  動  産不動産事業   グリーンランドリゾート㈱    売買・賃貸

   得

        土木・建設
    土 木 ・ 建 設 資 材   グリーンランド開発㈱    土木・建設資材の製造・販売・運搬
   意
         資材事業
   先
    生損保保険代理店業等     ホテル事業

           有明リゾートシティ㈱
             6/84





                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  4【関係会社の状況】
  (1)連結子会社
          資本金  主要な事業内容   議決権の所有
   名称    住所            関係内容
         (千円)   (注)1  割合(%)
           遊園地事業

                 当社施設の運営
  グリーンランド開発㈱    熊本県荒尾市    100,000  土木・建設資材     100
                 役員の兼任あり
           事業
  空知リゾートシティ㈱          遊園地事業

      北海道岩見沢市    100,000      100 役員の兼任あり
  (注)2          ホテル事業
  有明リゾートシティ㈱               当社施設の運営
      熊本県荒尾市    100,000  ホテル事業     100
  (注)2               役員の兼任あり
   (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
   2.空知リゾートシティ㈱と有明リゾートシティ㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除
    く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
    主要な損益情報等
           空知リゾートシティ㈱      有明リゾートシティ㈱
    (1)売上高         1,406,437千円      1,396,614千円
    (2)経常利益         41,896千円      8,800千円
    (3)当期純利益         24,618千円      5,395千円
    (4)純資産額         424,352千円      544,844千円
    (5)総資産額         1,105,449千円      3,136,786千円
  (2)その他の関係会社

   その他の関係会社である西部瓦斯株式会社の状況については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連
   結財務諸表 注記事項(関連当事者情報)」に記載しているため、記載を省略しております。なお、西部瓦斯株
   式会社は、有価証券報告書を提出しております。
             7/84











                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  5【従業員の状況】
  (1)連結会社の状況
                  2019年12月31日現在
               従業員数(人)
     セグメントの名称
                  70  (96)

  遊園地事業
                  38  (49)
  ゴルフ事業
                  78 (111 )
  ホテル事業
                  0  (1)
  不動産事業
                  19  (12)
  土木・建設資材事業
                  19  (5)
  全社共通
                  224  (274 )

      合計
   (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
   2.全社共通として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているもの
    であります。
  (2)提出会社の状況

                  2019年12月31日現在
   従業員数(人)     平均年齢(歳)     平均勤続年数(年)     平均年間給与(円)

    77 (71)    37.4     10.1    4,798,484

               従業員数(人)

     セグメントの名称
                  27  (17)

  遊園地事業
                  38  (49)
  ゴルフ事業
                  0  (0)
  ホテル事業
                  0  (1)
  不動産事業
                  0  (0)
  土木・建設資材事業
                  12  (4)
  全社共通
                  77  (71)

      合計
   (注)1.従業員は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
   2.平均年間給与は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。
   3.全社共通として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているもの
    であります。
  (3)労働組合の状況

    労働組合は結成されておりませんが、労使関係については円満に推移しております。
             8/84






                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  第2【事業の状況】
  1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
  (1)会社の経営の基本方針
    創業以来現在まで、たゆまぬ創造・革新によってお客様に常に満足を提供することを心がけてまいりました。
   これからも企業理念のキャッチコピーである「ココロを『みどり』でいっぱいに。」を合言葉に、各事業におき
   まして、お客様に夢や感動を提供することを最重要課題と位置付け、スタッフ一人一人が、いかなる状況の変化
   にも対応し、その状況を突破するための柔軟な発想と実行力を持つことに重点を置き、新しい付加価値を次々と
   創出していくことで、当社グループ事業の「強み」に磨きをかけ、日々変化する顧客ニーズや消費動向に対応す
   るとともに、当社グループ事業の競争力を高めることで業績向上に努めてまいります。
    また、企業として利益の確保に向けた経営を進めていくことはもちろんのこと、社会的責任を自覚の上、法令
   の遵守や倫理に則った企業活動を実践し、地域発展への貢献にも努め、すべてのステークホルダーから「信頼」
   される企業を目指してまいります。
  (2)目標とする経営指標

    目まぐるしく変化する消費動向に対応し、常に変化し続ける営業体制作りを心がけ、様々な商品やサービスの
   提供に努めて集客を図り売上増加を目指すとともに、現状分析及び関連設備の全面的な見直しを行い、無駄な経
   費の削減に努めてまいります。
    このため、売上高経常利益率の向上を目標としております。
  (3)中長期的な会社の経営戦略

    集客事業を柱とする当社グループでは、多彩なイベントの開催・季節に応じたキャンペーンの造成・女性層や
   3世代ファミリーに的を絞った戦略・さらには海外からのお客様に向けた制度を最大限に活かした営業展開や商
   品の販売強化に引き続き取り組み、さらなる集客を図ります。
    また、外部環境に柔軟に対応可能な組織変更やグループ再編による各事業の効率化の実現を目指してまいりま
   す。
  (4)会社の対処すべき課題

   当社グループを取り巻く環境は、ますます多様化する顧客ニーズに加え、度重なる厳しい自然災害の発生や目
   まぐるしく変動する海外情勢など、今後のレジャー消費動向の見通しをつけにくい状況となっております。
   当社グループといたしましては、これらの変化に迅速に対応すべく、スタッフ全員が五感を研ぎ澄まし、常に
   新たな取り組みに挑戦してまいります。
   各セグメントにおける具体的施策は次のとおりです。

   (遊園地事業)

   九州の『グリーンランド』におきましては、まずは1月に冬季イルミネーションイベント「ワンダーイルミ
   ネーション」を開催し、100カ所以上の色鮮やかなイルミネーションスポットに加え、新たに「オーロライリュー
   ジョン」を展開し、間近で見るオーロラ演出で、多くのお客様を魅了いたしました。
   春のイベントにつきましては、見どころが満載の3大イベントを開催いたします。まず一つは、大人から子ど
   もまで幅広い人気を誇る「クレヨンしんちゃん」の最新作映画をテーマとした「クレヨンしんちゃんワールド 
   ラクガキングダムとワクワク!グリーンランドだゾ!」を開催いたします。映画のメインテーマである「ラクガ
   キ」を思いっきり楽しめるラクガキコーナーや、フォトスポット、そしてたくさんのアトラクションエリアな
   ど、ワクワク楽しい遊びが満載のイベントとなっております。
   また、もう一つは、「仮面ライダーゼロワン バトルステージ」と題し、令和最初の仮面ライダーとして人気
   の高い「仮面ライダーゼロワン」を主役として、迫力満点のライブアクションショーを開催いたします。日本最
   大級となる全長70メートルの屋外ステージ「グリーンスタジアム」を舞台に、更にスケールアップした約250イン
   チの巨大LEDスクリーンによる映像演出や特殊効果により、これまで以上のスケール感を演出いたします。
   さらに、話題急騰中のお笑い芸人「クロちゃん」の初の展覧会イベント「クロちゃんのモンスターパーク 
   in グリーンランド」を開催いたします。テーマパークをモチーフとして、クロちゃんのキャラクターが縦横無
   尽に炸裂するドキドキ!ビクビク!の展覧会で、クロちゃん本人によるオリジナルアイドルソングや、クロちゃ
   んと密室で2人きりになってしまうVR鑑賞など、思わず絶叫したくなる仕掛けが満載です。
   そのほか、恒例の春の花火大会「HANABIフェスティバル」に加え、春休み期間においても、イルミネー
   ションイベント「夜桜 ワンダーイルミネーション」を開催するなど、新たな集客の取り組みも実施いたしま
   す。
   アトラクションにおいては、宇宙をテーマに、不思議で幻想的な体験ができる日本初登場のアトラクション
   「コズミックメイズ」をゴールデンウィークに向けてオープンするほか、既存のアトラクションについても新た
   な光の演出を加えるなど、様々なリニューアルに取り組んでまいります。
             9/84



                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   『北海道グリーンランド遊園地』におきましては、春の遊園地オープンから、「仮面ライダーゼロワン」、
   「ヒーリングっど♥プリキュア」、「魔進戦隊キラメイジャー」など、男児女児それぞれに人気の高い最新キャラ
   クターショーを開催いたします。
   また、夏におきましても、子ども達に大人気のキャラクターショーを連日開催するほか、初めてとなる「移動
   動物園」を展開し、幅広い層の集客を図ります。
   そのほか、園内を舞台とした「宝探しゲーム」や人気の高い「リアル脱出ゲーム」を開催するなど、遊園地の
   ロケーションを最大限に活用したイベント実施にも注力いたします。また、恒例となりました大型コンサートイ
   ベント「JOIN ALIVE(ジョインアライブ)」につきましても、更に内容をパワーアップさせ、開催施設としての
   ブランドイメージの強化にも繋げてまいります。
   『北海道グリーンランドホワイトパーク(スキー場)』におきましては、学校授業やインバウンド客ならびに
   自衛隊訓練の団体利用に加え、個人レッスンの積極的な受け入れにより、リピーターの獲得に注力いたします。
   『いわみざわ公園管理』におきましては、引き続き指定管理者として適切な管理を行うとともに、花数を増や
   して魅力増大を図り、加えて初夏と秋の「ローズフェスタ」開催による集客拡大に努めてまいります。
   (ゴルフ事業)

   ゴルフ事業におきましては、コース整備や設備の拡充による顧客満足度の向上を取り組みの基本として、各ゴ
   ルフ場の立地や強みを活かした集客施策に注力いたします。
   また、3ゴルフ場を持つスケールメリットを、集客のみならず、各種仕入れの合理化による費用削減にも最大
   限活用して、更なる収益拡大を図ります。
   『グリーンランドリゾートゴルフコース』では、季節毎にテーマを持った特色あるゴルフコンペを定期的に開
   催することで、集客増加を図ります。
   また、外部予約サイトとの差別化を打ち出し、自社予約サイト限定の商品プランを展開することで、予約拡大
   に努めるほか、友の会会員限定特典の強化により更なる会員獲得を行い、リピーターの拡大を図ります。
   施設面においては、新たにバンカーの設置等を行い、コース戦略性を高めるとともに、一部のコースでレディ
   ス向けのティーイングエリアを新設し、更なる魅力増大を図ります。
   『大牟田ゴルフ場』、『広川ゴルフ場』の両メンバーシップコースでは、会員限定のポイントシステムにより
   顧客満足度を向上させることで、更なる利用促進を図り、近隣ゴルフ場との差別化による新規会員獲得にも注力
   してまいります。
   また、地元企業や各種団体との連携を強化し、コンペ獲得によるビジター客の確保にも努めてまいります。
   (ホテル事業)

   『ホテルブランカ』ならびに『ホテルヴェルデ』におきましては、遊園地をはじめとするグリーンランドリ
   ゾート全体のオフィシャルホテルとしての役割を存分に意識して、常に利用者に快適なサービスの提供を心掛け
   るとともに、料飲部門や宴会部門においても独自のブランド力を構築し、更なる収益基盤の強化を図ってまいり
   ます。
   『ホテルブランカ』におきましては、遊園地やプール、ゴルフ場に隣接した立地を活かした宿泊プランを中心
   に顧客獲得を図るとともに、特に繁忙時における定員稼働率向上に注力し、更なる収益拡大を図ります。
   施設面においては、屋上エリアの整備を進め、バーベキューやグランピングなど、新たな楽しみ方の幅を広げ
   てまいります。
   その他、好評な、遊園地を望むホテル中庭でのバーベキューや秋・冬の鍋料理について、その内容の充実とと
   もにPR強化を実施し、更なるリピーター拡大を図ります。
   『ホテルヴェルデ』におきましては、新たに「仮面ライダーゼロワンルーム」を設置したほか、遊園地やゴル
   フ場との各種セットプランを充実させることで、リゾートホテルとして幅広いターゲット層に訴求いたします。
   また、各料飲店舗においては、新メニュー開発や季節毎のイベントを行うとともに、きめ細かな情報発信に努
   め、一層の利用拡大を図ってまいります。
   設備面では、「レストランフォンターナ」におきまして、より多くのお客様が快適に食事をお楽しみいただけ
   るよう、ビュッフェ台を刷新いたします。
   宴会部門におきましては、2月に開催して大好評を博しました、人気グループ「純烈」のバレンタインスペ
   シャルディナーショーなど、魅力ある集客イベントの開催に注力するとともに、ホームページの大幅なリニュー
   アルによるPR強化で、婚礼をはじめとする各種団体の獲得を図ります。
   『ホテルサンプラザ』ならびに『北村温泉ホテル』におきましては、遊園地を中心とするリゾートホテルとし
   ての役割を果たすとともに、地域に密着したホテルとして、料飲部門や宴会部門の品質向上とブランド力の強化
   を推進し、収益基盤の安定化を図ってまいります。
   『ホテルサンプラザ』におきましては、ファミリー層の着実な取り込みに加え、オリンピック競技の札幌開催
   を絶好の機会と捉え、様々な商品プラン設定や営業強化により、更なる顧客拡大を図ってまいります。
   また、料飲メニューに変化を持たせることで、リピーターの拡大を図るとともに、宿泊客へのPR強化により
   喫食率の向上に努めてまいります。
   『北村温泉ホテル』におきましては、学校や企業を対象とした合宿プランや研修プランを中心として団体獲得
   に注力いたします。
   宴会におきましては、無料送迎バスや和室での椅子・テーブル宴会の快適性をPRし、顧客の拡大を図ってま
   いります。
    また、指定管理者として運営管理しております当ホテルにつきましては、本年6月頃より大規模改修工事が
   計画されており、様々な設備拡充とともに新たなサービスの提供を最大のセールスポイントとして、万全の体制
   での営業再開に取り組んでまいります。
            10/84

                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (不動産事業)

   不動産事業におきましては、遊園地を中心とするグリーンランドリゾートエリア全体の魅力増大に繋がるよう
   な、新たなテナント誘致に注力してまいります。
   (土木・建設資材事業)

   土木・建設資材事業におきましては、コールサンドやポゾテックなどの建設資材の販売に注力するとともに、
   火力発電所へのバイオマス燃料投入業務受託については、着実に実績を積み上げてまいります。
   また、幅広い情報ネットワークを駆使し、土木工事受注を積極的に行い、更なる収益の拡大を図ります                 。
   当社グループといたしましては、「ココロを『みどり』でいっぱいに。」というキャッチコピーを掲げ、全て

   のお客様が喜びの笑顔になることはもちろん、スタッフ全員が楽しんで笑顔あふれる接客を行うことを目標に、
   日々の事業活動に取り組んでおります。これからも、様々な取り組みを積極的に行い、お客様に常に進化する当
   社グループの姿をお見せすることで、一層の顧客満足度の向上に努めてまいります。
            11/84
















                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  2【事業等のリスク】
   当社グループの有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況などに関する事項のうち、投資者の判断に重要
  な影響を及ぼす可能性があると考えられる主な事項は以下のようなものがあります。
   なお、これらについては、発生の可能性が必ずしも高くないと考えられるものを含めて記載していること、また、
  当社グループに特有のリスクの内主要なものを記載しており、当社グループの全てのリスクについて網羅的に記載し
  たものではないことに留意をお願いします。
   当社グループは、これらのリスクの可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める所存であ
  ります。
   なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2020年3月27日)現在において判断したもので
  あります。
  (1) 天候条件や大規模災害及び感染症による影響

    台風、降雨・雪をはじめとする悪天候や熊本地震のような想定を超える大規模災害の発生及び新型コロナウイル
   スなどの感染症の蔓延は、遊園地・ゴルフ場・ホテル事業が基幹である当社グループの経営成績に影響を及ぼす可
   能性があります。また、当社グループが直接影響を受けない場合であっても、取引企業や顧客が影響を受けること
   で、事業活動の制限、個人消費意欲が低下するといった副次的な影響により、当社グループの経営成績に影響を及
   ぼす可能性があります。
    悪天候などによる一定の影響は見込んでおりますが、多くの来場者を見込む最盛日に雨が続くことや、台風や降
   雪で閉場日が多くなること、更には猛暑によるゴルフ客の減少や暖冬による北海道のスキー場の雪不足など、その
   後の営業努力では補えない利用者数の減少となることがあります。
  (2) 安全・衛生管理について

    サービス業である当社グループは、顧客と直接接することによって成り立っている業種であり、その提供する
   サービスの安全性や衛生管理については最優先課題として取り組んでいるところであります。
    当社社内規則の内「業務管理規則」には遊園地・ゴルフ場の安全確保・災害防止規則、ゴルフ場の安全使用規
   則、飲食業務の衛生管理に関する規則などを定め業務の普遍化を図るとともに、各所における安全会議で常に確認
   をしております。また、保険加入についても漏れがないよう注意しております。
    なお、遊園地では、遊具・飲食・売店などの設置・運営の多くをテナント制としております。テナント制の施設
   では、売上高に対して委託料を支払うこととなっており、例えば、大型遊具機械については大手遊具メーカーが製
   造・設置し専門的な手法により責任を持って運営するなど、安全面・投資面においてリスクの分散を図っておりま
   す。
    また、遊具テナントに対する管理体制を万全とすることとし、国土交通省から示された定期検査内容の遵守や、
   運行時の指差確認、各遊具の見えるところに「安全点検確認書」を掲示するなど、お客様に対する「安全・安心」
   を最優先事項といたしております。
    万一、重大な事故が生じた場合、社会的信用が失墜するとともに、安全性に対する疑念が生じ、その後の事業展
   開や経営成績に影響を与える恐れがあります。
  (3) 経済状況

    当社グループの事業は、国内市場に大きく依存しております。従って、国内における景気の後退及びそれにとも
   なう需要の減少、または消費動向に影響を与えるような不測の事態の発生は、当社グループの経営成績及び財務状
   況に影響を与える恐れがあります。
  (4) ゴルフ場入会預託金の償還の影響

    当社グループは、3ゴルフ場を経営しておりますが、この内有明カントリークラブ大牟田ゴルフ場・久留米カン
   トリークラブ広川ゴルフ場は会員制ゴルフ場であり、入会時に入会預託金を預っております。
    ゴルフ会員向けのサービスとして、当社グループの種々の施設を利用したメンバー優待制度、65歳以上の会員は
   親族に名義変更でき本人はそのまま名誉シニア会員となれる制度、既存会員の紹介により手頃な価格で既存会員の
   会員権を分与できる選択制会員権制度など、会員数の増加や、プレー人員の確保に努めております。
    預託金の償還要請には応じて償還を進めておりますが、ゴルフ需要の急激な低下や予期せぬ風評被害などによっ
   ては、預託金の償還要請が急増することが考えられ、この場合、当社グループの財務状況に影響を及ぼす可能性が
   あります。
            12/84



                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  (5) 固定資産の価値の下落
    当社グループは、遊園地・ゴルフ場・ホテル事業を営んでいるため比較的多額の固定資産を保有しております。
   今後、固定資産の時価の下落、収益性の低下にともない資産価値が下落したときは、当社グループの経営成績及び
   財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
    なお、主な固定資産が集積している荒尾市の当リゾートエリアでは、年々新しい施設が加わるなど、新たな賑わ
   いの創出は、社有土地の時価の維持という当社グループの方針にとって望ましいものと考えております。
  (6) 金利の変動

    当社グループにとって、著しい金利変動は経営成績に影響を与える可能性があります。
  3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  (1)経営成績等の状況の概要
  ①財政状態及び経営成績の状況
  a)経営成績
   当連結会計年度の当社グループにおきましては、新元号制定に伴い過去最長の10連休となりましたゴールデン
   ウィークが大きな追い風となり、各施設での集客に向けた多様な取り組みも奏功し、九州の遊園地をはじめ、3ゴ
   ルフ場ならびに北海道の遊園地において、その利用者数は増加いたしました。
   また、土木・建設資材事業につきましても、バイオマス火力発電所への燃料投入業務の受託が堅調だったことに
   加え、客土用土の販売が好調に推移し、売上を大きく伸ばしました。
   以上により、当連結会計年度の業績につきましては、売上高8,359,645千円(前期比549,117千円増)、営業利益
   684,457千円(前期比119,665千円増)、経常利益691,557千円(前期比143,548千円増)、親会社株主に帰属する当
   期純利益は386,972千円(前期比85,399千円増)となりました。
        当連結会計年度    前連結会計年度    増 減 額  増 減 率

         (千円)    (千円)    (千円)    (%)
   売  上  高  8,359,645    7,810,527    549,117    7.0
   営 業 利 益   684,457    564,791    119,665    21.2
   経 常 利 益   691,557    548,009    143,548    26.2
   親会社株主に帰属する
          386,972    301,572    85,399    28.3
   当 期 純 利 益
   次に、事業の種類別セグメントの概況をご報告申し上げます。

   (遊園地事業)
   まず、九州の『グリーンランド』におきましては、1月の冬休み期間と週末毎の夜間営業に合わせ、「光のファ
   ンタジー」と題して、園内を色鮮やかなイルミネーションで演出いたしました。今回は、桜並木に電飾を施した
   「さくらの散歩道」を新たに誕生させるなど、園内100カ所以上のイルミネーションスポットをご用意し、多くの
   お客様にお楽しみいただきました。
   また、2月には、約500個のLEDスカイランタンを上空一面に浮かべるお客様参加型のイベント「Sky                  Lantern
   Star Night Dream(スカイランタンスターナイトドリーム)」を実施し、会場全員が一体となって、幻想的な夜空
   を楽しみました。
            13/84







                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
       ・おしりたんてい ププっとかいけつ!なぞときフェスティバル
       ・仮面ライダージオウ バトルステージ
     春催事
       ・GReeeeNLAND(音楽グループ「GReeeeN」とのコラボレーションイベント)
       ・HANABIフェスティバル
       ・ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲの森であそぼう!!
       ・ガンバレルーヤ×グリーンランド
       ・仮面ライダージオウ スペシャルショー
     夏催事
       ・仮面ライダージオウ 出演俳優トークショー
       ・さのよいファイヤーカーニバル2019
       ・しまじろうプレイパーク
       ・タマホームスペシャル2019 第16回「花火物語」
     秋催事
       ・グリーンランドハロウィン&ハロウィンスペシャル花火
       ・プリキュアオールスターズがやってくる
       ・イルミネーション「ワンダーイルミネーション」
       ・「ルパン三世 THE FIRST」タイアップイベント
     冬催事
       ・オーロライリュージョン
       ・グリーンランドカウントダウンパーティー2020
   春には、幅広い層の集客を図り、異なるメインターゲットを意識して3大イベントを開催いたしました。

   まず一つは、絵本シリーズを中心に大人気となった「おしりたんてい」のパビリオンとして、「おしりたんて
   い ププっとかいけつ!なぞときフェスティバル」を開催いたしました。会場では、絵本やアニメでお馴染みの世
   界観を体感できる内容が大好評を博し、関連グッズの販売も非常に盛況となりました。
   もう一つは、男児を中心に人気の高い「仮面ライダージオウ」が主役の「仮面ライダージオウ バトルステー
   ジ」を開催し、全面リニューアルした屋外ステージを所狭しと繰り広げられる大迫力のバイクスタントやバトルア
   クションで、会場は大歓声に包まれました。
   更に、数々の大ヒット曲により、若者を中心に幅広い世代から愛されるアーティスト「GReeeeN」とのコラボ
   レーションイベント「GReeeeNLAND」を開催し、オリジナルテーマソング「ミドリイロ」を書き下ろしいただき、
   ミュージックビデオも遊園地を舞台に撮影されました。また、特設のフォトスポットやアトラクション乗車中には
   GReeeeNメンバーからのスペシャルメッセージも流れるという、まさにグリーンランドが“ミドリイロ”に染まる
   イベントで、幅広いファン層に訴求することができました。
   また、7月1日より、人気お笑い芸人「ガンバレルーヤ」とのコラボレーションイベントを開催し、園内を多く
   の面白スポットで演出したほか、夏のメインイベントとして、九州初となるイベント「ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲの
   森であそぼう!!」を開催いたしました。
   加えて、秋には、未就学児ファミリーをメインターゲットとして、大人気キャラクター「しまじろう」の体験型
   パビリオン「しまじろうプレイパーク」を開催したほか、ハロウィンイベントや年末の「カウントダウンパーティ
   2020」など、1年間を通じて何度でも来園したくなるような、多彩なイベント開催に取り組んでまいりました。
   アトラクションにおいては、春には、「スーパーシューティングライド モンスターヒーローズ」、「ウエスタ
   ン列車 悪モンバスターズ」、そして「レーザーシューティング」を3大シューティングアトラクションとしてリ
   ニューアルオープンし、夏には、日本初登場となる新規アトラクション「グッジョブ大作戦」を導入したほか、
   「ウォーターパーク(プール)」では、8月10日から8月18日までの期間、「ナイトプール」と題して初めての夜間
   営業を展開いたしました。
   そのほか、継続的なアトラクションの刷新や多彩なイルミネーションスポットの拡充等の魅力増大施策に向け、
   9月14日より入園料金ならびにアトラクションフリーパス料金の値上げを実施し、一層の収益基盤の強化を図りま
   した。
   このような様々な取り組みに加え、2018年秋に全国公開されました、グリーンランドを舞台とした映画「オズラ
   ンド 笑顔の魔法おしえます。」に喚起された多方面からのご来園者もあり、また、営業強化による各種新規団体
   や修学旅行団体の獲得が好調に推移し、利用者数は、前期比65,354人増加の913,404人、売上高は前期比390,782千
   円増加の3,873,139千円となりました。
   『北海道グリーンランド遊園地』におきましては、4月のオープンより、「仮面ライダージオウ」、「スター☆
   トゥインクルプリキュア」、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」など、人気の最新キャラクターショーを開催し、子
   どもを持つファミリー層をメインターゲットとして集客を図りました。また、10連休となりましたゴールデン
   ウィーク期間中には、「おしりたんてい」のショーなど話題性の高いイベントを開催し、園内は大いに賑わいまし
   た。
   また、北海道最大級の野外音楽フェス「JOIN ALIVE(ジョインアライブ)             2019」が、7月13日から2日間に亘
   り開催され、10回目の節目を迎えた今回は、多くの人気アーティストの出演により約40,000人の観客動員数とな
   り、ライブ会場は、例年以上の盛り上がりを見せました。
            14/84


                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   また、7月には「いわみざわ彩花まつり花火大会」、8月には「いわみざわ公園花火大会」がそれぞれ開催さ
   れ、遊園地も大いに賑いました。
   そのほか、8月10日から8月18日までの期間において、「フリースタイルモトクロス」を開催し、日本トップク
   ラスのライダーの圧巻のパフォーマンスに、会場は大歓声に包まれました。
   秋には、「ワンワンとあそぼうショー」など人気の高いキャラクターイベントを開催し、3連休などの集客の山
   場を更に盛り上げました。
   『北海道グリーンランドホワイトパーク(スキー場)』におきましては、1月はインバウンド客ならびに自衛隊
   訓練の利用件数増加や客単価増加が見られましたものの、12月に入ってからの雪不足やそれに伴う営業日の減少が
   影響し、利用者数ならびに売上高は低調に推移いたしました。
   この結果、北海道の遊園地ならびにスキー場を合わせた利用者数は、前期比17,205人増加の227,921人となり、
   売上高は前期比89,984千円増加の765,754千円となりました。
   以上の結果、利用者数は前期比82,559人増加の1,141,325人となり、売上高は前期比480,766千円増加の
   4,638,894千円、セグメント利益につきましては前期比119,905千円増加の738,983千円となりました。
  (ゴルフ事業)

   ゴルフ事業におきましては、お客様目線に立った快適なプレー環境の整備に注力し、きめ細やかな樹木の剪定・
   伐採やカート道路の補修のほか、新たにレディスティを設置するなど、3ゴルフ場各々の特色を活かしながら、一
   層の魅力向上に努めました。
   また、韓国人ゴルファーの利用促進ならびに新規会員権販売に向け、新たな韓国人スタッフを加え、韓国内のゴ
   ルフツアー造成会社との連携強化を推進いたしました。
   『グリーンランドリゾートゴルフコース』におきましては、多彩な機能を持つ最新鋭のナビゲーションシステム
   をPRすることで、オープンコンペ参加者獲得のほか、慶事コンペなど各種コンペの利用拡大に努めました。
   また、若年層ゴルファーの取り込みを図り、シニア層ゴルファーとのペアマッチコンペやゴルフ場スタッフがお
   客様と対戦する「スタッフが挑戦コンペ」を新たに開催したほか、友の会会員拡大に取り組むなど、パブリックゴ
   ルフ場の強みを活かした営業展開に注力いたしました。
   また、施設面においては、ベントグリーンの拡張のほか、ゴルフ場のフロントカウンターの改装など、プレー
   ヤーの利便性ならびに快適性向上に努めました。
   『大牟田ゴルフ場』、『広川ゴルフ場』の両メンバーシップコースにおきましては、九州ゴルフ連盟主催の各種
   競技大会の開催に伴い、練習ラウンド客の取り込みに注力したほか、ビジター客の獲得に向け、各種団体向けセー
   ルスやWEB会員拡大に努めました。
   また、快適なナビゲーションシステムのPRに加え、『大牟田ゴルフ場』ではセルフプレーでのゴルフカートの
   一部コース内への乗り入れにも取り組むなど、より快適なプレー環境を提供することで、利用者層の拡大に努めま
   した。
   更に、メンバー会員に向けた新たなサービスとして、ポイントカードシステムを導入し、両メンバーシップコー
   スの相互利用を含めた会員の利用促進を図りました。
   以上の結果、3ゴルフ場を合わせた利用者数は前期比2,499人増加の132,930人となり、売上高は前期比27,117千
   円増加の994,876千円、セグメント利益につきましては、前期比20,798千円増加の41,864千円となりました。
  (ホテル事業)

   『ホテルブランカ』及び『ホテルヴェルデ』では、グリーンランドリゾートのオフィシャルホテルとしての機能
   性向上と合わせ、確固たるブランド力の確立に注力し、更なるリピーターの獲得を図りました。
   『ホテルブランカ』におきましては、好調なネット予約による客室稼働率向上に加え、遊園地やゴルフ場に隣接
   する立地を活かし、各施設利用を目的としたファミリー客や団体客を中心に集客を図りました。また、新たに客室
   にテレビモニターを利用したインフォメーションシステムを導入したほか、客室やトイレの改装、中庭の景観整備
   等を鋭意取り進めて利用者の満足度向上に努めました。
   また、夏のバーベキューとともに好評な秋・冬の鍋バイキングでは、新たな食材を取り入れるなど、サービス拡
   充にも趣向を凝らし、地元客を中心に多くのリピーターを獲得いたしました。
   そのほか、エレベーターの新設により館内移動の利便性を高め、法事など各種宴会場利用客の拡大や屋上テラス
   「シエロガーデン」の利用促進を図りました。
   『ホテルヴェルデ』におきましては、新たに「仮面ライダージオウルーム」を造成したほか、大観覧車を望むコ
   ロッセオ広場の景観整備を行うなど、遊園地のオフィシャルホテルとしての特色を打ち出して、ファミリー層を中
   心に訴求いたしました。
   また、夏休み期間においては、新たに、遊園地2日間の入園無料ならびにプール1日入場無料を宿泊特典として
   打ち出して集客拡大に努め、秋以降につきましても、遊園地利用時の優位性を前面にアピールし、1泊2食付プラ
   ンを主力とした予約獲得に努めることで、インバウンド客の減少を売上面でカバーいたしました。
   また、好評なタラバガニ&ステーキバイキングや地酒の会ならびにプレミアムビール祭りなど、近隣他施設と差
   別化した飲食イベントを定期的に開催し、話題性の喚起とともに安定した顧客獲得に努めました。
            15/84

                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   以上のような取り組みを鋭意行いましたものの、秋以降のインバウンド客の減少等も影響し、『ホテルブラン
   カ』及び『ホテルヴェルデ』を合わせた宿泊者数は前期比3,934人減少の67,489人となり、また、婚礼獲得数の減
   少等で特に宴会部門の落ち込みが目立ち、売上高は前期比49,899千円減少の1,373,893千円となりました。
   北海道の『ホテルサンプラザ』におきましては、遊園地やスキー場など多様なレジャー施設との連携の強さを最
   大限に打ち出して、ファミリー層、インバウンド客ならびに企業団体など、幅広い集客活動に努めました。
   北海道の『北村温泉ホテル』におきましては、好調なネット予約を中心に宿泊部門を伸ばしたほか、ステーキ
   セット、北村ラーメン、居酒屋メニューなどの飲食メニューの強化により、レストラン部門の売上増大にも注力い
   たしました。
   また、和室用の椅子・テーブルセットの導入により、より快適な会場利用をPRし、高齢層を中心に宴会獲得を
   図りました。
   以上のような取り組みの結果、宿泊者数は堅調に推移し、『ホテルサンプラザ』ならびに『北村温泉ホテル』の
   宿泊者数は前期比1,099人増加の24,599人となり、売上高は前期比30,709千円増加の640,018千円となりました。
   以上の結果、宿泊者数は前期比2,835人減少の92,088人となり、売上高は前期比19,189千円減少の2,013,911千
   円、セグメント利益につきましては前期比7,411千円減少の25,843千円となりました              。
  (不動産事業)

   不動産事業におきましては、九州のグリーンランドリゾート一帯の賃貸事業を中心に堅調に推移いたしました。
   売上高は前期比2,047千円増加の158,061千円となり、セグメント利益につきましては、前期比2,274千円増加の
   120,978千円となりました。
  (土木・建設資材事業)

   土木・建設資材事業におきましては、新たに運送業務受託を開始し、バイオマス火力発電所への燃料投入業務の
   受託が堅調だったことに加え、土木工事受注ならびに客土用土の販売が好調に推移したため、ポゾテックの製造量
   は落ち込んだものの、売上高は前期比58,375千円増加の553,902千円となり、セグメント利益につきましては前期比
   7,983千円増加の89,783千円となりました。
   (注)セグメント利益は連結財務諸表の営業利益と調整を行っており、上記すべてのセグメント利益合計

    1,017,452千円より、各報告セグメントに配賦していない一般管理費を含む332,995千円を差し引いた684,457
    千円が当連結会計年度の営業利益となります。
  b)財政状態

   当連結会計年度末の資産額合計は、21,313,875千円(前連結会計年度比301,446千円減少)となりました。
   当連結会計年度末の負債額合計は、10,034,058千円(前連結会計年度比560,981千円減少)となりました。
   当連結会計年度末の   純資産合計は、11,279,817千円(前連結会計年度比259,535千円増加)となりました。
  ②キャッシュ・フローの状況

   当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ29,624千円
   増加し、350,742千円となりました。
   (営業活動によるキャッシュ・フロー)
   営業活動により得られた資金は、1,109,291千円となり、前年同期比281,313千円の増加となりました。これは
   主に、税金等調整前当期純利益が増加したこと及び売上債権が減少したことによるものであります。
   (投資活動によるキャッシュ・フロー)
   投資活動により使用した資金は、321,955千円となり、前年同期比79,708千円の減少となりました。これは主
   に、有形固定資産の取得による支出及び無形固定資産の取得による支出が減少したことによるものであります                  。
   (財務活動によるキャッシュ・フロー)
   財務活動により支出した資金は、757,711千円となり、前年同期比363,414千円の増加となりました。これは主
   に、長期借入による収入が減少したことによるものであります。
            16/84





                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
         当連結会計年度    前連結会計年度

     項目              増減額
          (千円)    (千円)
  営業活動によるキャッシュ・フロー         1,109,291     827,977    281,313
  投資活動によるキャッシュ・フロー         △321,955    △401,664     79,708

  財務活動によるキャッシュ・フロー         △757,711    △394,296    △363,414

  ③生産、受注及び販売の実績

  販売実績
   当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
             当連結会計年度

            (自 2019年1月1日
    セグメントの名称        至 2019年12月31日)
          販売実績(千円)     前連結会計年度比(%)

  遊園地事業          4,638,894      +11.6

  ゴルフ事業          994,876      +2.8

  ホテル事業          2,013,911      △0.9

  不動産事業          158,061      +1.3

  土木・建設資材事業          553,902      +11.8

     合計       8,359,645      +7.0

   (注)1.主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合
    前連結会計年度、当連結会計年度ともに、販売実績が総販売実績の100分の10以上を占める相手先がないた
    め、記載を省略しております。
   2.上記金額には消費税等は含まれておりません。
   3.当社グループは、遊園地事業、ゴルフ事業、ホテル事業を基幹としているため生産、受注の実績について
    は、記載を省略しております。
  (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

   文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2020年3月27日)現在において判断したものであり
   ます。
  ①重要な会計方針及び見積り
    当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
   ております。この連結財務諸表の作成に当たって採用している重要な会計基準は「第5 経理の状況 1 連結
   財務諸表等(1)連結財務諸表     注記事項  連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載されていると
   おりであります。
    当社グループの連結財務諸表の作成において、損益及び資産の状況に影響を与える見積りは、過去の実績やそ
   の時点での情報に基づき合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これら
   の見積りと異なる場合があります。
    見積り及び判断に影響を及ぼす重要な会計方針としては以下のようなものがあると考えております。
    a)貸倒引当金
    当社グループの保有する債権に係る損失が見込まれる場合、その損失に充てる必要額を見積り引当計上してお
   りますが、将来、債務者の財務状況が著しく悪化し、その支払能力が低下した場合等は、引当金の追加計上また
   は貸倒損失が発生する可能性があります。
   b)投資有価証券
    当社グループが保有する時価のある有価証券については、下落率等の一定基準により、時価のない有価証券に
   ついては、投資先の純資産額等による実質価値の下落率や業績予想等による回収可能性等により総合的に判断し
   処理しておりますが、将来、保有する株式の時価の下落や投資先の財務状況が悪化した場合には、評価損を計上
   する可能性があります。
            17/84



                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   c)繰延税金資産

    当社グループは、繰延税金資産の回収可能性を評価するに際して、将来の課税所得を合理的に見積っておりま
   す。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存しますので、その見積額が減少した場合は繰延
   税金資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。
  ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

   a)経営成績
   当連結会計年度における経営成績の概況については、「3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
   シュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況 a)経営成績」に記載
   しております。
   b)財政状態
   当連結会計年度末の資産額合計は、21,313,875千円(前連結会計年度比301,446千円減少)となりました。
    流動資産は、724,893千円(前連結会計年度比56,291千円減少)となりました。これは主に、受取手形及び売掛
   金が減少したことによるものであります。
    固定資産は、20,588,981千円(前連結会計年度比245,154千円減少)となりました。これは主に、建物及び構築
   物、土地が減少したことによるものであります。
   当連結会計年度末の負債額合計は、10,034,058千円(前連結会計年度比560,981千円減少)となりました。
    流動負債は、3,811,568千円(前連結会計年度比107,632千円減少)となりました。これは主に、未払法人税等
   が増加したものの、短期借入金     が減少したことによるものであります。
    固定負債は、6,222,489千円(前連結会計年度比453,349千円減少)となりました。これは主に、長期借入金、
   長期預り金が減少したことによるものであります。
   当連結会計年度末の   純資産合計は、11,279,817千円(前連結会計年度比259,535千円増加)となりました。              これ
   は主に、利益剰余金が増加したことによるものであります。
  ③経営成績に重要な影響を与える要因について

    「2 事業等のリスク」に記載しております。
  ④経営戦略の現状と見通し

   当社グループの経営戦略と課題は、多様化するお客様のニーズに的確にお応えする施設の充実を図り、同時に
   低コスト体質を維持しながら高い収益力を得ることにあると認識しております。
   取り組みとしては、業績の更なる向上を目標に、組織の再編を始めとする活力ある組織の構築、その他経営全
   般にわたる効率化のための諸施策等を推進することで収益基盤を強化し、激動する環境に耐え得る企業体質作り
   を目指すとともに、当社グループが保有する経営資源を有効に活用して収益及び資本効率の向上に努める所存で
   あります。
  ⑤資本の財源及び資金の流動性についての分析

   当社グループの事業活動における運転資金需要の主なものは、売上原価、販売費及び一般管理費です。設備資
   金需要の主なものは、遊園地事業における遊園地施設の維持更新、新設等です。
   当社グループの運転資金及び設備資金の調達につきましては、営業活動によるキャッシュ・フロー及び金融機
   関からの借入金等により賄っております。
   次期におきましても、主に資産の維持更新等を目的とした設備投資を計画しており、営業活動によるキャッ
   シュ・フロー及び金融機関からの借入金等により賄う予定です。
  ⑥経営者の問題認識と今後の方針について

   当社グループを取り巻く環境は、余暇市場に対する競合施設や活動種類の多様化が進み、旧来型の観光・行楽
   施設だけでなく、あらゆる集客施設との顧客争奪が激化の様相を呈しております。
   このような状況のもとで、当社グループは時流に対応した積極的な営業展開はもとより、徹底的な経費の削減
   に取り組むことで売上高経常利益率の拡大を目標としております。当連結会計年度におきましては、売上高経常
   利益率8.3%(前期7.0%)となりましたが、今後も引き続き堅実性ある経常利益の拡大を目指してまいる所存で
   あります。
            18/84



                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  4【経営上の重要な契約等】
   当社グループは、遊園地事業及びゴルフ事業の事業部門において、専門業者(テナント)と遊戯施設・飲食・物
  販・ゴルフ場管理等の人的・物的サービスの提供につき営業委託契約を締結しております。契約相手先は、サノヤ
  ス・ライド株式会社、泉陽興業株式会社、西日本メンテナンス株式会社ほか、企業及び個人業者であります。
   営業委託契約では、契約相手先と予め委託料率を決定し、売上にスライドして委託料を支払うこととしておりま
  す。
  5【研究開発活動】

   特記事項はありません。
            19/84

















                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  第3【設備の状況】
  1【設備投資等の概要】
   当社グループは、多様化するお客様のニーズにかなったよりよいサービスの提供を心がけ、より魅力ある施設づく
  りに努め遊園地事業、ゴルフ事業、ホテル事業を中心に         324,838 千円の設備投資を実施しております。
   遊園地事業において、遊園地施設      136,048 千円、ゴルフ事業において、ゴルフ場施設       38,504 千円、ホテル事業にお
  いて、 92,525 千円、土木・建設資材事業において、      57,427 千円の設備投資を実施しました。
   また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
  2【主要な設備の状況】

   当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
  (1)提出会社
                   2019年12月31日現在
             帳簿価額
  事業所名  セグメント              従業員数
          機械装置
      設備の内容              摘要
        建物及び      リース
  (所在地)  の名称     及び  土地(千円)    その他  計(千円)  (人)
        構築物      資産
          運搬具
            (面積㎡)   (千円)  (面積㎡)
        (千円)     (千円)
          (千円)
  グリーンランド
      遊園地内の     3,728,178     4,600,566  27
     遊園地事業    549,516 258,266     - 64,605      -
  (熊本県荒尾市)     施設設備
            (580,524.78)     (580,524.78)  (17)
  グリーンランドリ
            2,603,616     2,800,413
  ゾートゴルフコー     ゴルフ場内             9
     ゴルフ事業
        188,480  6,891 (1,347,041.38)   - 1,425 (1,347,041.38)    (注)3
  ス
      の施設設備             (15)
            [7,758.32]     [7,758.32]
  (熊本県荒尾市)
  有明カントリーク
  ラブ大牟田ゴルフ
      ゴルフ場内     1,653,419     1,788,102  17
  場   ゴルフ事業    103,914  28,100    705 1,962      -
      の施設設備
            (553,446.02)     (553,446.02)  (15)
  (福岡県大牟田
  市)
  久留米カントリー
  クラブ広川ゴルフ          3,321,520     3,497,798
      ゴルフ場内             12
  場
     ゴルフ事業    147,983  24,803  (434,887.41)   940 2,551 (43,488,741)    (注)3
      の施設設備             (19)
  (福岡県八女郡広
            [400,170.00]     [400,170.00]
  川町)
      賃貸土地部     3,000,281     3,169,704
  不動産事業部                  0
     不動産事業  分の施設設
        169,250  172 (491,604.81)   - 0 (491,604.81)    (注)4
  (熊本県荒尾市)                  (1)
      備     {113,110.46}     {113,110.46}
   (注)1.  現在休止中の主要な設備はありません。
      2.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含めておりません。なお、金額には
    消費税等を含めておりません。
   3.上記中[ ]内は賃借中のものの面積であり外書で表示しております。
   4.上記中{ }内は賃貸中のものの面積であり内書で表示しております。
   5.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書しております。
            20/84







                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  (2)国内子会社
                   2019年12月31日現在
               帳簿価額
                     従業
     事業所名  セグメント
                     員数
  会社名       設備の内容  建物及び  機械装置    リース   計
     (所在地)  の名称
              土地(千円)   その他
           構築物  及び運搬    資産    (人)
                   (千円)
                  (千円)
              (面積㎡)
           (千円)  具(千円)    (千円)   (面積㎡)
       遊園地事業  土木・建設      857,929    1,068,641

     四山事業所
  グリーンラ                   39
       土木・建設  等の施設設
           91,313 101,120  (43,144.7)   - 18,278 (43,144.7)
  ンド開発㈱                   (36)
    (福岡県大牟田市)
       資材事業  備      {20,498.6}     {20,498.6}
    北海道グリーンラ
    ンド遊園地
    (北海道岩見沢市)
    北海道グリーンラ
    ンドホテルサンプ
         遊園地内、
    ラザ
  空知リゾー
       遊園地事業  ホテル、      298,034     973,009  53
    (北海道岩見沢市)       510,068  111,689    - 53,216
  トシティ㈱     ホテル事業  スキー場の
              (6,591.59)     (6,591.59)  (68)
    北村温泉ホテル
         施設設備
    (北海道岩見沢市)
    北海道グリーンラ
    ンドホワイトパー
    ク(スキー場)
    (北海道岩見沢市)
    グリーンランドリ
    ゾートオフィシャ
    ルホテルヴェルデ
         遊園地内、
    (熊本県荒尾市)
  有明リゾー       ゴルフ場、      696,357    2,885,477  55
       ホテル事業
           2,085,725  46,388   26,349 30,656
  トシティ㈱  グリーンランドリ     ホテルの     (23,668.50)     (23,668.50)  (99)
         施設設備
    ゾートオフィシャ
    ルホテルブランカ
    (熊本県荒尾市)
   (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
      2.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含めておりません。なお、金額には
    消費税等を含めておりません。
   3.上記中{ }内は賃貸中のものの面積であり内書で表示しております。
   4.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書しております。
  3【設備の新設、除却等の計画】

   特記事項はありません。
            21/84








                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  第4【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)
  普通株式               20,000,000

      計           20,000,000

   ②【発行済株式】

     事業年度末現在発行数
              上場金融商品取引所
          提出日現在発行数(株)
       (株)
   種類           名又は登録認可金融     内容
          (2020年3月27日)
      (2019年12月31日)         商品取引業協会名
                  ・権利内容に何ら限定の

              東京証券取引所
                   ない当社における標準
       10,346,683    10,346,683   (市場第二部)
  普通株式
                   となる株式
              福岡証券取引所
                  ・単元株式数 100株
       10,346,683    10,346,683    -    -

   計
  (2)【新株予約権等の状況】

   ①【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
   ②【ライツプランの内容】

    該当事項はありません。
   ③【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

    適用はありません。
  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式総
        発行済株式総   資本金増減額   資本金残高   資本準備金増   資本準備金残
   年月日   数増減数
        数残高(株)   (千円)   (千円)  減額(千円)   高(千円)
      (株)
  1998年3月31日    273,508  10,346,683   273,508  4,180,101   273,243  4,767,834

   (注) 新株引受権付社債の権利行使による増加
    (1997年4月1日~1997年9月17日)
            22/84






                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  (5)【所有者別状況】
                   2019年12月31日現在
         株式の状況(1単元の株式数    100株)
                    単元未満株
   区分           外国法人等       式の状況
    政府及び地    金融商品取  その他の法
       金融機関          個人その他   計 (株)
    方公共団体    引業者  人
            個人以外  個人
  株主数(人)    -  13  12  225  10  10 6,508  6,778  -
  所有株式数
      - 19,597  223 51,695  335  62 31,536  103,448  1,883
  (単元)
  所有株式数の
      - 18.94  0.22  49.97  0.32  0.06  30.48  100.00   -
  割合(%)
   (注)1.自己株式9,360     株は、上記「個人その他」の欄に93単元及び「単元未満株式の状況」の欄に60株それぞれ含
    めて記載しております。なお、自己株式9,360株は株主名簿記載上の株式数であり、2019年12月31日現在の
    実保有株式数は9,260株であります。
      2.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式(失念株式)が3単元含まれております。
  (6)【大株主の状況】

                  2019年12月31日現在
                  発行済株式(自己
                  株式を除く。)の
                所有株式数
                  総数に対する所有
    氏名又は名称       住所
                (千株)
                  株式数の割合
                  (%)
        福岡市博多区千代1丁目17-1        1,513.2    14.64

  西部瓦斯株式会社
        福岡市博多区千代1丁目17-1        501.2    4.85
  西部ガス興商株式会社
        熊本市中央区練兵町1        500.0    4.84

  株式会社肥後銀行
        東京都千代田区丸の内1丁目1-2        487.6    4.72

  株式会社三井住友銀行
        東京都江東区豊洲3丁目3-3        471.5    4.56

  日本コークス工業株式会社
        福岡県大牟田市山上町2-2        300.0    2.90

  西日本メンテナンス株式会社
        福岡市博多区博多駅前3丁目1-1        260.0    2.52

  株式会社西日本シティ銀行
        福岡県大牟田市泉町4-5        256.0    2.48

  大牟田瓦斯株式会社
        大阪市住之江区西加賀屋2丁目2-11        250.0    2.42

  サノヤス・ライド株式会社
        福岡県大牟田市泉町4-5        250.0    2.42
  九州ガス圧送株式会社
           -     4,789.5    46.33

     計
            23/84








                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  (7)【議決権の状況】
   ①【発行済株式】
                  2019年12月31日現在
          株式数(株)    議決権の数(個)
     区分              内 容
             -   -    -

  無議決権株式
  議決権制限株式(自己株式等)           -   -    -
  議決権制限株式(その他)           -   -    -

  完全議決権株式(自己株式等)           9,200   -    -

         普通株式
  完全議決権株式(その他)          10,335,600     103,356   -
         普通株式
             1,883   -    -
  単元未満株式       普通株式
            10,346,683    -    -
  発行済株式総数
             -   103,356   -
  総株主の議決権
   (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式(失念株式)が300株含まれておりま
    す。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数3個が含まれております。
   ②【自己株式等】

                  2019年12月31日現在
                  発行済株式総数に
         自己名義所有株   他人名義所有株   所有株式数の合
  所有者の氏名又
                  対する所有株式数
      所有者の住所
         式数(株)   式数(株)   計(株)
  は名称
                  の割合(%)
  グリーンランド
     熊本県荒尾市下井手
          9,200   -   9,200    0.09
  リゾート㈱
      1616番地
       -   9,200   -   9,200    0.09
   計
   (注) 上記のほか、株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が100株あります。な
    お、当該株式数は上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」に含まれております。
            24/84











                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  2【自己株式の取得等の状況】
  【株式の種類等】   会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
  (1)【株主総会決議による取得の状況】

     該当事項はありません。
  (2)【取締役会決議による取得の状況】

     該当事項はありません。
  (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

     区分      株式数(株)      価額の総額(円)

   当事業年度における取得自己株式            7      3,080
   当期間における取得自己株式            ―      ―

  (注)当期間における取得自己株式には、2020年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
   買取りによる株式は含めておりません。
  (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

            当事業年度      当期間
     区分
             処分価額の総額      処分価額の総額
          株式数(株)      株式数(株)
              (円)      (円)
  引き受ける者の募集を行った取得自己株式          ―   ―   ―   ―

  消却の処分を行った取得自己株式          ―   ―   ―   ―

  合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
            ―   ―   ―   ―
  た取得自己株式
  その他(-)          ―   ―   ―   ―
  保有自己株式数         9,260    ―  9,260    ―

  (注)当期間における保有自己株式数には、2020年3月1日から有価証券報告書提出日までの取得株式数及び処理株式数
   は含めておりません。
            25/84









                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  3【配当政策】
   当社では、利益配分につきまして、株主に対する利益還元を経営の重要政策の一つとして位置付け、安定的な剰余
  金の配当に配慮するとともに、連結業績ならびに今後の事業展開等を勘案した適正な配当を実施することを基本方針
  としております。
   また、配当につきましては、毎年12月31日を基準日とする期末配当(定時株主総会で決議)に加え、取締役会の決
  議によって、毎年6月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款で定めており、年2回の配当を基本
  方針としております。
   内部留保金の使途につきましては、経営体質の一層の充実、ならびに将来の事業展開に役立ててまいりたいと存じ
  ます。以上の方針に基づき、当期の期末配当金につきましては、1株につき7円(うち特別配当1円)となり、中間
  配当金7円(うち特別配当2円)を含めまして年間配当金は1株につき14円とさせていただきました。
   なお、当社は連結配当規制適用会社であります。
  (注)基準日が当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

           配当金の総額      1株当たり配当額

    決議年月日
            (千円)       (円)
    2019年8月7日
            72,361       7
    取締役会決議
    2020年3月27日
            72,361       7
    定時株主総会決議
            26/84













                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
  (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
   ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

    当社は、企業競争力強化と経営判断の迅速化を図ると同時に継続的な成長・発展を目指すため、また企業の社
   会性やステークホルダーへの責務の観点から経営の健全性・公平性・透明性を図るため、ガバナンス体制の充実
   が重要課題であると考えており、具現化するために以下の施策をとっております。
   ②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

    当社は監査役会制度を採用しております。「取締役会」は原則毎月開催し、経営に関する重要な事項等の決定
   及び業務執行の監督を行っております。「経営会議」は、グループ子会社社長及び当社担当部長を招集して毎月
   開催し、当社グループの事業計画の進捗の確認のほか、必要に応じて対応策等の協議を行っております。職務の
   執行にあたっては「組織規則・業務分掌規則・職務権限規則」において、それぞれの責任・執行手続きを詳細に
   定め、効率的に職務の執行が行われる体制を確保しています。内部監査室は、業務活動の妥当性・検閲分析を計
   画的に行っております。「監査役会」は、原則年7回開催し、経営に関する監督機関として、取締役の業務執行
   に対する監視を行っております。      また、監査役は、取締役会に出席し、必要に応じて意見を述べるとともに、常
   勤監査役は経営会議など重要な会議に出席しており、その監督機能を十分に果たせる体制を確保しています。
    当社は、コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方に基づき、当社グループを取り巻く事業環境に適
   切に対応し、継続的に企業価値を向上していくために、迅速な意思決定を行うことが重要であると認識し、当社
   グループの事業規模と形態を踏まえたうえで、機動的な意思決定を行える現在の体制を採用しております。ま
   た、社外取締役や社外監査役を含む監査役会による客観的で中立な経営監視機能を備えることで、経営の透明
   性、公正性を確保しております。
    各機関の構成は下記のとおりであります。

               機 関 名 称

   役職名    氏名    取締役会    監査役会    経営会議

   代表取締役社長    江 里 口 俊 文  ◎    ×    ◎

   取締役副社長    松 野 隆 徳  ○    ×    ○

   常務取締役    重 光 敬 明  ○    ×    ○

   取締役    幕   宰  ○    ×    ○

   取締役    田 中 宏 昌  ○    ×    ○

   取締役    寺 田 尚 文  ○    ×    ○

   社外取締役    米 倉 和 久  ○    ×    ×

   社外取締役    上 野 豊 德  ○    ×    ×

   常勤監査役    岡 部 雅 彦  ○    ◎    ○

   社外監査役    中 尾 哲 郎  ○    ○    ×

   社外監査役    水 本 忠 敬  ○    ○    ×

   社外監査役    藤 田 直 己  ○    ○    ×

      各 担 当 部 長  ○    ×    ○

  (注)上記の各記号は、◎・・・議長  ○・・・構成員  ×・・・非構成員 を示しております。
     なお、取締役会において、各担当部長は報告ならびに説明を行うために出席しております。
            27/84




                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   ③企業統治に関するその他の事項










    ・内部統制システムの整備の状況
     当社は、業務の適正を確保するための体制を整備するための基本方針として、「内部統制システムの基本
    方針」を定めております。
     当該基本方針の内容は次のとおりであります。
    1. 当社及び子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
    1) 当社経営管理室においてコンプライアンスの取組みを横断的に統括することとし、同室を中心に役職
    員教育等を行う。
    2) 社外取締役を継続して選任することにより、取締役の職務の執行についてその適法性に関する監督機
    能を確保する。
    3) 定期的な内部監査により法令及び定款への適合性を確認する。
    4) 弁護士及び税理士とそれぞれ顧問契約を締結し、必要に応じ適法性を確認する。
    5) 社会の秩序や安全に脅威を与える反社会勢力に対しては、一切の関係を持たず、毅然たる態度で臨む
    ものとする。また、対応窓口を経営管理室とし、顧問弁護士、警察当局及び外部専門機関と連携強化を図
    り、関連情報の収集や速やかに対処できる体制を構築する。
     2. 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制並びに子会社の取締役等の職務執行
    に係る事項の当社への報告に関する体制
    1) 取締役会をはじめとする重要な会議の意思決定に係る記録や、各取締役が職務権限規則に基づいて決
    裁した文書等、取締役の職務執行に係る情報を適正に記録し、法令及び社内規程に基づき適正に保存及び
    管理する。
    2) 取締役または監査役から閲覧の要請があった場合、本社において速やかに閲覧が可能となる場所に保
    管する。
    3) 子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制を、当社及び子会社は整備す
    る。
            28/84


                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    3. 当社及び子会社における損失の危険の管理に関する規程その他の体制
    1) 各部所の長は、コンプライアンス、労働環境、災害、サービス応対、事故及び情報セキュリティ等内
    在するリスクを把握、分析し、危機の管理を監督する。
    2) 業務管理規則における、遊園地・ゴルフ場の安全確保・災害防止規則、ゴルフ場の農薬安全使用規
    則、飲食業務の衛生管理に関する規則に則り、業務の普遍化を確保する。
    3) 重大な事態が発生した場合、即座に対策本部を設置し、迅速かつ適正な対応を行い、損害の拡大を防
    止し、被害を最小限に止める体制を構築する。
     4. 当社及び子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
    1) 取締役会を原則月1回開催し、経営に関する重要事項について、審議、議決及び取締役の業務執行状
    況の監督を行う。
    2) 毎月開催する経営会議において、各事業部門、子会社の月次業績のレビューと効率化に向けた改善策
    を審議する。
    3) 取締役の職務の執行については、組織規則、業務分掌規則、職務権限規則において、それぞれの責任
    者及びその責任、執行手続の詳細について定め、効率的に職務の執行が行われる体制を確保する。
     5. 当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
    1) 子会社管理規則に基づき、子会社の経営意思を尊重しつつ、一定の事項については当社に報告を求め
    ることにより、子会社の経営管理を行う。
    2) 子会社の監査役を当社から派遣し、子会社の業務執行状況を監査する。
    3) 内部監査室が子会社に対する内部監査を実施し、その結果を子会社の取締役及び当社の社長に報告す
    る。
     6. 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制並びに
    その使用人の取締役からの独立性及び当該使用人に対する指示の実行性の確保に関する事項
    1) 監査役は、内部監査室所属の職員に監査業務に必要な事項を命令できるものとする。
    2) 監査役より監査業務に必要な命令を受けた職員はその命令に関して、取締役、内部監査室長の指揮命
    令を受けない体制とする。
    3) 当該職員は、取締役の指示・命令には属さないものとし、その人事異動・評価等を行う場合は、あら
    かじめ監査役に意見を求め、これを尊重することとする。
     7. 当社の取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
    1) 取締役及び使用人は、監査役の求めに応じて会社の業務執行状況を報告する。
    2) 取締役及び使用人は、会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事実を発見したときは、直ちに監査役会
    に報告する。
    3) 子会社の取締役及び使用人は、当社の監査役の要請に応じて業務の執行状況の報告を行うとともに、
    当社又は子会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事項を発見したときは、直ちに当社の監査役へ報告す
    る。
    4) 監査役への報告をした者に対して、当該報告をしたことを理由として、いかなる不利益な取扱いもし
    てはならないものとする。
     8. その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
    1) 監査役は、内部監査部門と緊密な連係を保つとともに、必要に応じて内部監査部門に調査を求める。
    2) 監査役は、会計監査人と定期的に会合を持ち、意見及び情報の交換を行うとともに、必要に応じて会
    計監査人に報告を求めることができる。
     9. 監査役の職務の執行について生ずる費用等の処理に関する体制
     監査役の職務の執行について生ずる費用等の請求の手続を定め、監査役から前払い又は償還等の請求が
    あった場合には、当該請求に係る費用が監査役の職務の執行に必要でないと明らかに認められる場合を除
    き、所定の手続に従い、これに応じるものとする。
    ・リスク管理体制の整備の状況

     上記の「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他株式会社の業
    務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制」に記載された「損失の危険の管理に
    関する規程その他の体制」を整備しております。
            29/84



                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    ・責任限定契約の内容の概要
     当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害
    賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425
    条第1項に定める最低限度額を限度としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取
    締役または社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限ら
    れます。
    ・取締役の定数

     当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
    ・取締役の選任の決議要件

     当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有
    する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役選任の決議
    は、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
    ・株主総会の特別決議要件

     当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができ
    る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に
    定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な
    運営を行うことを目的とするものであります。
    ・取締役会で決議することができる株主総会決議事項

     イ.  自己の株式の取得
      当社は、自己の株式の取得について、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって
     自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。これは、機動的な資本政策の遂行を可
     能とすることを目的とするものであります。
     ロ.取締役及び監査役の責任免除
      取締役及び監査役が、その期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定に
     より、任務を怠ったことによる取締役(取締役であったものを含む。)及び監査役(監査役であった
     ものを含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することがで
     きることとしております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に
     発揮して、期待される役割を果たし得る環境を整備することを目的とするものであります。
     ハ.  中間配当
      当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年6月30日を基準日とし
     て、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行
     うことを目的とするものであります。
            30/84







                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  (2)【役員の状況】
   ①役員一覧
   男性  12名 女性   -名 (役員のうち女性の比率     -%)
                    所有株式数
    役職名    氏名  生年月日     略歴    任期
                    (千株)
            1987年10月  当社入社
            1988年6月  当社総務部長
            1997年6月  当社取締役総務部長兼不動産事業
              部長
   代表取締役社長    江里口 俊文  1946年8月29日  生        (注)3  114.7
            1998年7月  当社取締役営業部長
            2000年4月  当社取締役遊園地事業部長
            2001年3月  当社代表取締役社長(現任)
            1987年4月  当社入社
            2005年3月  当社総務部長
            2009年3月  グリーンランドサービス株式会社
              代表取締役社長
            2011年3月  当社取締役総務部長兼ゴルフ事業
              部総支配人、グリーンランドサー
              ビス株式会社担当
            2013年4月  当社取締役総務部長兼ゴルフ事業
              部総支配人
   取締役副社長
            2015年3月  当社常務取締役遊園地事業部長
   有明リゾートシティ株式会社担当     松野 隆徳  1963年7月21日  生
                   (注)3  36.3
            2016年2月  当社常務取締役遊園地事業部長兼
   空知リゾートシティ株式会社担当
              営業部長
            2017年3月  当社ゴルフ事業部、施設部担当
            2017年5月  当社施設部長
            2019年3月
              当社取締役副社長(現任)
              有明リゾートシティ株式会社担当
              (現任)
              空知リゾートシティ株式会社担当
              (現任)
            1984年4月  当社入社
            2005年3月  当社グリーンランド事業部長
              当社取締役グリーンランド事業部
            2006年3月
              長
              当社取締役みらい九州こども博担
            2006年6月
              当
              当社取締役ゴルフ事業部総支配人
            2008年1月
              グリーンランドサービス株式会社
            2008年1月
              代表取締役社長
            2009年2月  当社取締役営業部長
              当社常務取締役ゴルフ事業部総支
            2010年3月
              配人、営業部長
              当社常務取締役営業部長併せてグ
            2010年7月
              リーンランドリゾートゴルフコー
              ス担当
   常務取締役   重光 敬明  1957年7月26日  生        (注)3  63.2
              有明リゾートシティ株式会社代表
            2010年7月
              取締役社長
              当社常務取締役営業部長、ゴルフ
            2011年5月
              事業部担当
              当社常務取締役営業部、ゴルフ事
            2013年3月
              業部担当
              当社常務取締役
            2014年1月
              当社常務取締役営業部長
            2015年3月
              当社常務取締役ゴルフ事業部総支
            2016年2月
              配人
              当社常務取締役(現任)
            2017年3月
              空知リゾートシティ株式会社代表
              取締役社長(現任)
              有明リゾートシティ株式会社取締
              役
            31/84



                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
                    所有株式数
    役職名    氏名  生年月日     略歴    任期
                    (千株)
            1986年4月  当社入社
            2001年3月  当社不動産事業部長
            2009年2月  当社不動産事業部調査役
            2009年12月  当社営業部部長
            2009年12月  有明リゾートシティ株式会社
              取締役ブランカ総支配人
            2011年3月  同社取締役総支配人
    取締役   幕   宰  1962年6月11日  生
                   (注)3  46.4
            2011年3月
              当社取締役(現任)
            2012年7月  当社取締役施設部担当
            2015年3月  当社取締役不動産事業部長
            2015年3月  グリーンランド開発株式会社代
              表取締役社長
            2017年3月  有明リゾートシティ株式会社代
              表取締役社長(現任)
            1987年4月  当社入社
            2006年1月  当社メンバーズゴルフ事業部総
              支配人
            2008年1月  当社営業部次長
            2008年1月  有明リゾートシティ株式会社
              取締役ブランカ総支配人
            2009年2月  当社営業部次長兼社長室長
            2010年6月  当社営業部次長
            2011年3月  グリーンランド開発株式会社常
    取締役
              務取締役
       田中 宏昌  1962年4月4日  生        (注)3  18.3
   不動産事業部長
            2013年3月  同社代表取締役社長
            2015年3月  当社取締役総務部長兼ゴルフ事
              業部総支配人
            2016年2月  当社取締役総務部長
            2017年3月  当社取締役
            2017年3月  グリーンランド開発株式会社代
              表取締役社長(現任)
            2018年6月  当社取締役不動産事業部長
              (現任)
            1989年4月  当社入社
            2008年1月  当社遊園地事業部次長兼イベン
              ト企画宣伝課長
    取締役
            2013年3月  当社営業部長
   遊園地事業部長兼    寺田 尚文  1966年7月16日  生 2015年3月  当社経理部長
                   (注)3  15.4
            2017年3月  当社取締役経理部長
   営業部長
            2018年6月  当社取締役経営管理室長
            2019年3月  当社取締役遊園地事業部長兼
              営業部長(現任)
            1980年4月  西部瓦斯株式会社入社
            2007年7月  同社事業推進部関連事業室長
            2008年7月  同社事業推進部長
            2012年4月  同社理事事業推進部長
            2013年4月  同社執行役員事業推進部長
    取締役   米倉 和久  1957年2月15日  生        (注)3   -
            2015年4月  同社常務執行役員事業推進部長
            2018年4月  同社常務執行役員
            2018年6月  同社取締役常務執行役員(現
              任)
            2019年3月  当社社外取締役(現任)
            32/84




                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
                    所有株式数
    役職名    氏名  生年月日     略歴    任期
                    (千株)
            1976年4月  株式会社肥後銀行入行
            2007年6月  同行理事水道町支店長
            2008年6月  同行執行役員水道町支店長
            2009年6月  同行取締役監査部長
            2010年6月  同行取締役執行役員監査部長
            2011年4月  同行取締役常務執行役員
            2013年3月  当社社外取締役
    取締役   上野 豊德  1953年2月11日  生        (注)3   -
            2013年6月  株式会社肥後銀行代表取締役
              専務執行役員
            2015年6月  同行常任監査役(常勤)
            2016年6月  肥銀リース株式会社代表取締役
              社長(現任)
            2020年3月  当社社外取締役(現任)
            1985年10月  当社入社
            2004年10月  当社メンバーズゴルフ事業部広川
              ゴルフ場支配人
            2009年7月  当社ゴルフ事業部グリーンランド
              リゾートゴルフコース支配人
            2010年7月  当社経理部会計課長
            2016年6月  (空知リゾートシティ株式会社出
   常勤監査役   岡部 雅彦  1963年1月13日  生        (注)4  5.7
              向)
              空知リゾートシティ株式会社
              事務部長
            2017年3月  (空知リゾートシティ株式会社出
              向)
              空知リゾートシティ株式会社
              取締役事務部長
            2019年3月  当社常勤監査役(現任)
            1993年4月  弁護士登録
            1995年12月  弁護士法人中尾総合法律事務所
    監査役   中尾 哲郎  1952年1月8日  生        (注)4  5.0
              所長(現任)
            2007年3月
              当社社外監査役(現任)
            1961年4月  熊本国税局入局
            1993年7月  天草税務署長
            2000年7月  大分税務署長
            2001年7月  水本税理士事務所所長
    監査役   水本 忠敬  1942年8月23日  生
                   (注)4  2.0
              (現任)
            2004年10月  有明リゾートシティ株式会社監
              査役
            2011年3月  当社社外監査役(現任)
            1985年10月  太田昭和監査法人(現EY新日本
              有限責任監査法人)入社
    監査役   藤田 直己  1953年6月12日  生 2012年7月  公認会計士藤田直己事務所所長
                   (注)4  1.0
              (現任)
            2015年3月  当社社外監査役(現任)
            計         308.0
   (注)1.取締役米倉和久氏及び上野豊德氏は、社外取締役であります。
      2.監査役中尾哲郎氏、水本忠敬氏及び藤田直己氏は、社外監査役であります。
   3.2018年12月期に係る定時株主総会の時から2020年12月期に係る定時株主総会終結の時まで。
     なお、取締役上野豊德氏は、前任者山木仁氏の補欠として選任されたため、その任期は当社定款の定めによ
    り、前任者の任期が満了する時までとなります。
   4.2018年12月期に係る定時株主総会の時から2022年12月期に係る定時株主総会終結の時まで。
   ②社外役員の状況

    当社は提出日現在において、社外取締役として米倉和久氏及び上野豊德氏の2名を、社外監査役として中尾哲
   郎氏、水本忠敬氏及び藤田直己氏の3名を選任しております。
    社外取締役である米倉和久氏は、西部瓦斯株式会社の取締役常務執行役員を兼務しております。西部瓦斯株式
   会社は間接所有を含めて当社の議決権の24.38%を所有しており、当社のその他の関係会社であります。
            33/84

                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    社外取締役である上野豊德氏は、肥銀リース株式会社の代表取締役社長を兼務しております。肥銀リース株式
   会社は、当社との間に一般的なリース契約等の取引関係があります。
    米倉和久氏を社外取締役に選任している理由としましては、同取締役は企業経営に関する豊富な経験や知識を
   有しており、これらの経験と知見を活かし、社外取締役として、取締役会の意思決定機能及び監督機能における
   役割を適切に果たしていただけると判断するためであります。また、同取締役が取締役を務める西部瓦斯株式会
   社は大株主企業でありますが、その他の利害関係はなく、同取締役は主に企業経営者として、豊富な経験と幅広
   い見識を当社の経営に反映し、独立的な立場から当社の取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための
   助言・提言をいただけると判断しています。また、同取締役は一般株主と利益相反が生じるおそれはないと判断
   し、独立役員として指定いたしております。
    上野豊德氏を社外取締役に選任している理由としましては、金融機関での勤務ならびに企業経営に携わってこ
   られ、金融に対する専門的な知識ならびに豊富な経験を有しており、それらを当社の経営に活かしていただくた
   め、また、経営の客観性や中立性を図るためであります。なお、同取締役が代表取締役社長を務める肥銀リース
   株式会社は当社との間に一般的なリース契約等の取引がありますが、当社は同社以外に複数の会社とリース契約
   等の取引を行っており、その依存度は低く、独立的な立場から当社の取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確
   保するための助言・提言をいただけると判断しています。また、同取締役は一般株主と利益相反が生じるおそれ
   はないと判断し、独立役員として指定しております。
    中尾哲郎氏を社外監査役に選任している理由としましては、弁護士としての専門性を有し、公正・中立な立場
   から監査がのぞめるためであります。また、同監査役は「役員の状況」の「所有株式数」欄に記載のとおり当社
   の株式を保有しておりますが、その他の利害関係はなく、一般株主と利益相反の生じるおそれのない社外監査役
   でありますので、当社の独立役員として指定しております。なお、当社子会社が、同氏が所長である弁護士法人
   中尾総合法律事務所との間に、少額の報酬による顧問契約を締結しておりましたが、2016年3月31日付解約して
   おります。
    水本忠敬氏を社外監査役に選任している理由としましては、税理士としての専門性を有し、公正・中立な立場
   から監査がのぞめるためであります。なお、同監査役は「役員の状況」の「所有株式数」欄に記載のとおり当社
   の株式を保有しており、当社は、同氏が所長である水本税理士事務所と顧問契約を締結していますが、その契約
   による報酬は少額であり、一般株主と利益相反の生じるおそれのない社外監査役でありますので、当社の独立役
   員として指定しております。
    藤田直己氏を社外監査役に選任している理由としましては、公認会計士としての専門性を有し、公正・中立な
   立場から監査がのぞめるためであります。また、同監査役は「役員の状況」の「所有株式数」欄に記載のとおり
   当社の株式を保有しておりますが、その他の利害関係はなく、一般株主と利益相反の生じるおそれはないと判断
   しています。なお、同氏は当社の会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人に勤務経験がありますが、2012年
   6月に退職済みであります。
    当該社外役員におきましては、取締役会、監査役会等において適宜報告及び意見交換がなされており、過去の
   幅広い経験や見識により、当社内部統制部門への適切な指導・助言等を行い、企業経営の健全性と透明性の確保
   に努めております。
    当社は、社外取締役又は社外監査役の選任に際しては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣から独立
   した立場で社外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを個別に判断しております。な
   お、独立性に関する基準として、東京証券取引所が定める独立性判断基準に加え、当社独自で「独立性判断基
   準」(※)を定めております。
   (※)当社独自で定める独立性判断基準については、当社ウェブサイト「コーポレートガバナンス」に掲載し
   て   おります。
   ③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

   統 制部門との関係
    社外取締役については、その職務を円滑に遂行できるよう、取締役会事務局を務める経営管理室が、事前の資
   料送付等の補助的業務を行っております。社外取締役は、取締役会への出席等を通じて財務諸表等の報告を受
   け、必要に応じて意見を述べることにより、取締役の職務遂行に対する監督機能を果たしております。
    社外監査役については、経営管理室に置かれた監査役の職務を補助するスタッフが、社外監査役が業務を円滑
   に行えるよう補助的業務を行っております。社外監査役は、会計監査人の監査計画を把握し、定期的に内部監査
   室ならびに会計監査人との会合を持ち、会計監査人の監査体制及び各子会社などの内部統制状況について、定期
   的に報告を受けております。また、社外監査役は、監査役会及び取締役会への出席ならびに会計監査人からの報
   告を通じて、直接または間接的に、会計監査及び内部監査状況の報告を受け、必要に応じて意見を述べることに
   より、監査の実効性を高めております。
            34/84



                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  (3)【監査の状況】
   ① 監査役監査の状況
   監査役監査については、社外監査役3名を含む4名で構成される監査役会が定めた監査方針のもと、監査役は
   取締役会への出席、業務状況の調査等を通じ、取締役の職務執行、法令及び定款への適合性について監査を行っ
   ております。
   また、監査役は会計監査人と定期的に会合を持ち、意見及び情報の交換を行うとともに、必要に応じて会計監
   査人に報告を求めることとしております。
   なお、常勤監査役岡部雅彦氏は、長年にわたる経理業務の経験を有し、加えて、当社子会社取締役として企業
   経営に携わった豊富な経験・知見を有しております。また、監査役水本忠敬氏は税理士の資格を有し、監査役藤
   田直己氏は、公認会計士の資格を有し、各氏が財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、監査役中尾
   哲郎氏は長年にわたる弁護士としての経験を持ち、企業法務に関する豊富な知見を有しております。
   ② 内部監査の状況

   内部監査部門として内部監査室(室員1名)を設置し、業務活動の妥当性を検閲・分析し、法令及び社内規則
   に基づいて適正適法に行われているか、計画的に監査しております。また、内部統制担当と内部監査担当は同一
   であり、内部統制担当は監査役及び会計監査人と適宜情報交換を実施し、共有すべき事項について相互連携し、
   把握できる関係にあります。
   ③ 会計監査の状況

   a.監査法人の名称 EY新日本有限責任監査法人
   b.業務を執行した公認会計士
    久保 英治
    内野  健志
   c.監査業務に係る補助者の構成
    当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士13名、その他16名であります。
   d.監査法人の選定方針と理由
    当社は、監査役会の決議に基づき、会計監査人の選任を決定しております。監査役会は、会計監査人の職務
    執行について著しい支障があると判断した場合には、会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を
    決定し、取締役会は、当該決定に基づき当該議案を株主総会に提出いたします。
    また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合には、
    監査役全員の同意に基づき監査役会が会計監査人を解任し、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招
    集される株主総会において、解任した旨及び解任した理由を報告いたします。
   e.監査役及び監査役会による監査法人の評価
    当社監査役会は、日本監査役協会が公表している「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の
    実務指針」等を参考に、チェックリストを作成し、監査の方法及び監査結果についての相当性判断を行いま
    した。その結果、会計監査人の監査の方法と結果を相当と認め、EY新日本有限責任監査法人を再任すること
    が適当であると判断いたしました。
   ④ 監査報酬の内容等

   a.監査公認会計士等に対する報酬
        前連結会計年度        当連結会計年度

   区分
     監査証明業務に基づく    非監査業務に基づく報    監査証明業務に基づく    非監査業務に基づく報
     報酬(千円)    酬(千円)    報酬(千円)    酬(千円)
        27,500     -   27,800     -

  提出会社
         -    -    -    -

  連結子会社
        27,500     -   27,800     -

   計
   b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

    前連結会計年度及び当連結会計年度において、該当事項はありません。
   c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
    前連結会計年度及び当連結会計年度において、該当事項はありません。
            35/84


                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   d.監査報酬の決定方針
    前連結会計年度及び当連結会計年度において、該当事項はありませんが、監査日数等を勘案したうえで決定
    しております。
   e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
    監査役会は、会計監査人から提示された監査計画及び報酬見積りの算定根拠を検討した結果、会計監査人の
    報酬等の額は妥当であると判断し、同意を行っております。
  (4)【役員の報酬等】

   ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
    当社は、取締役の報酬について、株主総会の決議による報酬総額の限度内において、会社業績、経済情勢を
   考慮して、取締役の役位ならびに責務等に応じた報酬テーブルを定めるとともに、独立社外取締役の意見も踏
   まえたうえで、取締役会からの一任を受けた代表取締役が決定しております。監査役の報酬について、株主総
   会の決議による報酬総額の限度内において、監査役の協議により決定しております。
    当社の役員の報酬等に関する株主総会の決議年月日は2014年3月25日であり、取締役の報酬限度額は年額120
   百万円以内(うち社外取締役分5,000千円以内、また、使用人分給与は含まない)、監査役の報酬限度額は年額
   30百万円以内と決議いただいております。
   ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

           報酬等の種類別の総額(千円)
       報酬等の総額            対象となる役員
   役員区分
       (千円)            の員数   (人)
           基本報酬    賞与
        78,942    72,642    6,300     9
  取締役
  (うち社外取締役)     (2,400 )   (2,400 )   (-)    (3)
        12,750    12,150     600     5
  監査役
  (うち社外監査役)     (3,600 )   (3,600 )   (-)    (3)
   (注)1.取締役の報酬等の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与相当額は含まれておりません。
   2.取締役の報酬等の支給額には、2019年3月28日開催の第40回定時株主総会終結の時をもって退任した社外
    取締役1名分が含まれております。
   3.監査役の報酬等の支給額には、2019年3月28日開催の第40回定時株主総会終結の時をもって退任した常勤監
    査役1名分が含まれております。
   4.期末現在の人員は取締役8名、監査役4名の計12名であります。
   5.役員ごとの連結報酬額等の総額等については、総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しており
    ません。
            36/84









                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  (5)【株式の保有状況】
   ①投資株式の区分の基準及び考え方
    当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、短期
   的な利益目的や、運用による中期的な利益獲得を目的とした投資株式を純投資目的である投資株式とし、一方、
   事業機会の創出をはじめ、営業上の取引関係の円滑化・維持・強化等を目的とした投資株式を純投資目的以外の
   目的である投資株式と区分しております。
   ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

   a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
    内容
     当社は、取引先との安定的・長期的な取引関係の円滑化・維持・強化等の観点より、当社の企業価値向上に
    資すると判断する場合、当該取引先等の株式を取得し保有することとしております。保有の適否について
    は、毎年取締役会において個別銘柄の検証を行い、保有意義が乏しいと判断する場合には、適宜、株価や市
    場動向を考慮して売却いたします。
   b.銘柄数及び貸借対照表上計上額

         銘柄数  貸借対照表計上額の
        (銘柄)   合計額(千円)
          3    17,400

    非上場株式
          7    254,995
    非上場株式以外の株式
   (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

         銘柄数  株式数の増加に係る取得
                 株式数の増加の理由
        (銘柄)  価額の合計額(千円)
          -     -       -

    非上場株式
               継続的な関係強化を目的とした配当
          1     1
    非上場株式以外の株式            金の株式累積投資方式による買付に
               伴う増加
   (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

         銘柄数  株式数の減少に係る売却
        (銘柄)  価額の合計額(千円)
          -     -

    非上場株式
          1    8,097
    非上場株式以外の株式
            37/84








                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
   特定投資株式
       当事業年度   前事業年度
       株式数(株)   株式数(株)
              保有目的、定量的な保有効果      当社の株式の
    銘柄
              及び株式数が増加した理由      保有の有無
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
       (千円)   (千円)
             (保有目的)
        30,000   30,000
  アサヒグループホール
             営業上の取引関係の円滑化、維持・強
                    有
             化のため
  ディングス㈱
        149,490   128,070
             (定量的な保有効果)  (注)2
             (保有目的)
        204,000   204,000
  ㈱九州フィナンシャルグ
             当社の取引金融機関の持ち株会社であ
                    有
             り、金融取引関係の維持・強化のため
  ループ
        96,288   84,864
             (定量的な保有効果)  (注)2
             (保有目的)
        1,708   1,708
  ㈱ふくおかフィナンシャ
             当社の取引金融機関の持ち株会社であ
                    有
             り、金融取引関係の維持・強化のため
  ルグループ
        3,595   3,820
             (定量的な保有効果)  (注)2
             (保有目的)
             金融取引関係の維持・強化のため
        1,519   1,518
             (定量的な保有効果) (注)2
             (株式数が増加した理由)
  ㈱筑邦銀行                   有
             継続的な関係強化を目的とした配当金
        2,733   2,916
             の株式累積投資方式による買付に伴う
             増加
             (保有目的)
        2,354   2,354
  ㈱西日本フィナンシャル
             当社の取引金融機関の持ち株会社であ
                    有
             り、金融取引関係の維持・強化のため
  ホールディングス
        2,017   2,255
             (定量的な保有効果)  (注)2
             (保有目的)
        1,000   1,000
             営業上の取引関係の円滑化・維持・強
  ㈱巴コーポレーション                   有
             化のため
         481   349
             (定量的な保有効果)  (注)2
             (保有目的)
         90   90
  三井住友トラストホール
             営業上の取引関係の円滑化・維持・強
                    無
             化のため
  ディングス㈱
         390   361
             (定量的な保有効果)  (注)2
         -   9,150
             保有の合理性を検証した結果、当事業
  ㈱リテールパートナーズ                   無
             年度において売却
         -  10,238
    (注)1. 「-」は当該銘柄を保有していないことを示しております。アサヒグループホールディングス㈱及
      び㈱九州フィナンシャルグループ以外は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1              以下でありま
      すが、上位銘柄について記載しております。
       2. 当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証
      した方法について記載いたします。当社は、毎年取締役会において個別銘柄の保有意義について
      検証しており、保有する政策保有株式はいずれも保有方針に沿った目的で保有していることを確
      認しております。
   ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

    該当銘柄はありません。
   ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

    該当銘柄はありません。
   ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

    該当銘柄はありません。
            38/84


                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  第5【経理の状況】
  1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
  (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
   に基づいて作成しております。
  (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下
   「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
    また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
   ます。
  2.監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年1月1日から2019年12月31日
  まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年1月1日から2019年12月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
  責任監査法人により監査を受けております。
  3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

   当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
  容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団
  法人財務会計基準機構へ加入し、専門的知識を有する団体等が主催するセミナーへの参加、会計専門誌の定期購読等
  を行っております。
            39/84














                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  1【連結財務諸表等】
  (1)【連結財務諸表】
   ①【連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
               321,118     350,742
   現金及び預金
               274,878     207,356
   受取手形及び売掛金
               72,012     51,317
   商品及び製品
               49,849     54,003
   原材料及び貯蔵品
               7,130      -
   販売用不動産
               60,276     64,924
   その他
               △4,080     △3,451
   貸倒引当金
               781,185     724,893
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
             ※1 ,※2 13,857,739    ※1 ,※2 13,940,856
    建物及び構築物
              △9,874,513     △10,089,890
    減価償却累計額
    建物及び構築物(純額)          3,983,225     3,850,966
    機械装置及び運搬具           3,756,444     3,775,414
              △3,155,306     △3,197,982
    減価償却累計額
    機械装置及び運搬具(純額)          601,137     577,432
             ※1 14,990,850     ※1 14,929,214
    土地
               97,654     65,484
    リース資産
              △58,903     △37,489
    減価償却累計額
    リース資産(純額)           38,751     27,994
    建設仮勘定           13,827      -
              1,205,379     1,252,704
    その他
              △1,040,741     △1,079,188
    減価償却累計額
    その他(純額)          164,638     173,515
              19,792,431     19,559,123
    有形固定資産合計
   無形固定資産
               246,236     244,678
    その他
               246,236     244,678
    無形固定資産合計
   投資その他の資産
               276,166     298,315
    投資有価証券
               308,524     262,577
    繰延税金資産
               149,348     166,776
    退職給付に係る資産
               62,529     58,610
    その他
               △1,100     △1,100
    貸倒引当金
               795,468     785,179
    投資その他の資産合計
              20,834,135     20,588,981
   固定資産合計
              21,615,321     21,313,875
  資産合計
            40/84






                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)

            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
               79,757     86,526
   買掛金
               125,453     127,494
   営業未払金
              ※1 3,068,590     ※1 2,891,190
   短期借入金
               7,789     2,543
   リース債務
               387,519     397,694
   未払金
               118,300     163,263
   未払法人税等
               131,789     142,857
   その他
              3,919,200     3,811,568
   流動負債合計
  固定負債
              ※1 3,777,971     ※1 3,449,694
   長期借入金
              2,725,842     2,626,402
   長期預り金
               2,947      403
   リース債務
               7,953     9,086
   退職給付に係る負債
               161,125     136,903
   その他
              6,675,839     6,222,489
   固定負債合計
              10,595,040     10,034,058
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
              4,180,101     4,180,101
   資本金
              4,767,834     4,767,834
   資本剰余金
              2,041,590     2,283,838
   利益剰余金
               △3,033     △3,036
   自己株式
              10,986,492     11,228,737
   株主資本合計
  その他の包括利益累計額
               33,788     51,079
   その他有価証券評価差額金
               33,788     51,079
   その他の包括利益累計額合計
              11,020,281     11,279,817
  純資産合計
              21,615,321     21,313,875
  負債純資産合計
            41/84










                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
   【連結損益計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
              7,810,527     8,359,645
  売上高
              6,671,397     7,084,733
  売上原価
              1,139,130     1,274,911
  売上総利益
              ※1 574,338     ※1 590,453
  販売費及び一般管理費
               564,791     684,457
  営業利益
  営業外収益
                1     13
  受取利息
               8,563     9,638
  受取配当金
               4,637     4,561
  受取賃貸料
               5,574     28,718
  受取保険金
               11,450     7,213
  雑収入
               30,228     50,145
  営業外収益合計
  営業外費用
               45,727     41,882
  支払利息
               1,283     1,163
  雑損失
               47,010     43,046
  営業外費用合計
               548,009     691,557
  経常利益
  特別利益
               ※2 49    ※2 6,823
  固定資産売却益
               22,912      -
  受取保険金
                -    5,271
  投資有価証券売却益
               22,962     12,094
  特別利益合計
  特別損失
              ※3 5,737    ※3 21,023
  固定資産除売却損
              ※4 59,883     ※4 74,272
  減損損失
               13,462      -
  災害による損失
               79,083     95,295
  特別損失合計
               491,887     608,356
  税金等調整前当期純利益
  法人税、住民税及び事業税             171,992     216,804
               18,323     4,579
  法人税等調整額
               190,315     221,384
  法人税等合計
               301,572     386,972
  当期純利益
               301,572     386,972
  親会社株主に帰属する当期純利益
            42/84








                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   【連結包括利益計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
               301,572     386,972
  当期純利益
  その他の包括利益
              △71,136     17,290
  その他有価証券評価差額金
              ※△71,136     ※17,290
  その他の包括利益合計
               230,436     404,262
  包括利益
  (内訳)
               230,436     404,262
  親会社株主に係る包括利益
                -     -
  非支配株主に係る包括利益
            43/84
















                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   ③【連結株主資本等変動計算書】
    前連結会計年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)
                    (単位:千円)
             株主資本
       資本金   資本剰余金   利益剰余金   自己株式   株主資本合計
  当期首残高      4,180,101   4,767,834   1,853,729   △3,033  10,798,631
  当期変動額
  剰余金の配当
              △113,711      △113,711
  親会社株主に帰属する当期
              301,572      301,572
  純利益
  株主資本以外の項目の当期
  変動額(純額)
  当期変動額合計       -   -  187,860    -  187,860
  当期末残高      4,180,101   4,767,834   2,041,590   △3,033  10,986,492
        その他の包括利益累計額

             純資産合計
      その他有価証券評価   その他の包括利益累
      差額金   計額合計
  当期首残高      104,925   104,925   10,903,556
  当期変動額
  剰余金の配当            △113,711
  親会社株主に帰属する当期
              301,572
  純利益
  株主資本以外の項目の当期
        △71,136   △71,136   △71,136
  変動額(純額)
  当期変動額合計      △71,136   △71,136   116,724
  当期末残高      33,788   33,788   11,020,281
            44/84











                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    当連結会計年度(自2019年1月1日 至2019年12月31日)
                    (単位:千円)
             株主資本
       資本金   資本剰余金   利益剰余金   自己株式   株主資本合計
  当期首残高      4,180,101   4,767,834   2,041,590   △3,033  10,986,492
  当期変動額
  剰余金の配当            △144,723      △144,723
  親会社株主に帰属する当期
              386,972      386,972
  純利益
  自己株式の取得

                  △3   △3
  株主資本以外の項目の当期

  変動額(純額)
  当期変動額合計       -   -  242,248    △3  242,245
  当期末残高      4,180,101   4,767,834   2,283,838   △3,036  11,228,737
        その他の包括利益累計額

             純資産合計
      その他有価証券評価   その他の包括利益累
      差額金   計額合計
  当期首残高      33,788   33,788   11,020,281
  当期変動額
  剰余金の配当            △144,723
  親会社株主に帰属する当期
              386,972
  純利益
  自己株式の取得             △3

  株主資本以外の項目の当期

        17,290   17,290   17,290
  変動額(純額)
  当期変動額合計      17,290   17,290   259,535
  当期末残高
        51,079   51,079   11,279,817
            45/84










                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
               491,887     608,356
  税金等調整前当期純利益
               441,504     469,438
  減価償却費
               59,883     74,272
  減損損失
  退職給付に係る資産の増減額(△は増加)            △27,469     △17,428
  退職給付に係る負債の増減額(△は減少)            1,717     1,132
  貸倒引当金の増減額(△は減少)             427     △629
               △8,565     △9,652
  受取利息及び受取配当金
               45,864     41,882
  支払利息
              △22,912     △28,718
  受取保険金
  投資有価証券売却損益(△は益)             △0    △5,271
  固定資産売却損益(△は益)             △49    △6,823
  固定資産除売却損益(△は益)            5,737     21,023
  売上債権の増減額(△は増加)            △39,591     75,398
  たな卸資産の増減額(△は増加)            37,474     16,539
  仕入債務の増減額(△は減少)            16,697     8,809
  未払金の増減額(△は減少)            23,257     7,736
  未払消費税等の増減額(△は減少)            9,434     16,683
               2,708     15,324
  その他
              1,038,005     1,288,075
  小計
  利息及び配当金の受取額            8,565     9,652
              △45,799     △42,008
  利息の支払額
               22,912     28,718
  保険金の受取額
              △196,980     △175,146
  法人税等の支払額
               1,275      -
  法人税等の還付額
               827,977     1,109,291
  営業活動によるキャッシュ・フロー
  投資活動によるキャッシュ・フロー
              △374,938     △326,381
  有形固定資産の取得による支出
                50    11,631
  有形固定資産の売却による収入
              △21,987     △9,014
  無形固定資産の取得による支出
               △4,800      -
  投資有価証券の取得による支出
                2    8,097
  投資有価証券の売却による収入
                10    △6,289
  その他
              △401,664     △321,955
  投資活動によるキャッシュ・フロー
  財務活動によるキャッシュ・フロー
  短期借入金の純増減額(△は減少)            △94,500     △128,000
              1,442,000      950,000
  長期借入れによる収入
              △1,424,185     △1,327,677
  長期借入金の返済による支出
              △100,000      -
  社債の償還による支出
               7,200     6,600
  長期預り金の受入による収入
              △99,600     △106,040
  長期預り金の返還による支出
              △11,572     △7,789
  リース債務の返済による支出
                -     △3
  自己株式の取得による支出
              △113,639     △144,801
  配当金の支払額
              △394,296     △757,711
  財務活動によるキャッシュ・フロー
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)             32,016     29,624
               289,102     321,118
  現金及び現金同等物の期首残高
              ※321,118     ※350,742
  現金及び現金同等物の期末残高
            46/84





                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   【注記事項】
   (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
   1.連結の範囲に関する事項
     子会社は、グリーンランド開発株式会社、空知リゾートシティ株式会社及び有明リゾートシティ株式会社の
    3社であり、すべて連結の範囲に含めております。
   2.持分法の適用に関する事項

     該当事項はありません。
   3.連結子会社の事業年度等に関する事項

     すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
   4.会計方針に関する事項

    (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
    1)有価証券
     その他有価証券
     時価のあるもの 連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処
        理し、売却原価は移動平均法により算定)
     時価のないもの 移動平均法による原価法
    2)たな卸資産
     商品及び製品   商品は主として先入先出法による原価法、製品は総平均法による原価法
     原材料及び貯蔵品   主として最終仕入原価法による原価法
     販売用不動産   個別法による原価法
     (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
    (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
    1)有形固定資産(リース資産を除く)
     定額法
     主な耐用年数
     建物及び構築物     10~60年
     機械装置及び運搬具   6~22年
    2)無形固定資産(リース資産を除く)
     定額法
     なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
     よっております。
    3)リース資産
     所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、リース期間を耐用年数と
     し、残存価額を零とする定額法を採用しております。
    (3)重要な引当金の計上基準
     貸倒引当金
     売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
    特定の債権については、個別に回収可能性を検討して回収不能見込額を計上しております。
    (4)退職給付に係る会計処理の方法
     従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年金資産に基づき退職給付
    に係る資産及び退職給付に係る負債を計上しております。また、当社及び連結子会社では簡便法を採用して
    おります。
    (5)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
     手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
    しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            47/84




                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    (6) その他連結財務諸表作成のための重要な事項

    1)消費税等の会計処理
     消費税等の会計処理方法は税抜方式によっております。
    2)連結納税制度の適用
     連結納税制度を適用しております。
   (未適用の会計基準等)

   ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
   ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委
   員会)
   (1) 概要

    国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会
   計基準の開発を行い、    2014 年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおい
   ては Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12
   月15日より後に開始する事業年度から      適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関す
   る包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
    企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
   性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
   出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目があ
   る場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
   (2) 適用予定日

   2022年12月期の期首から適用します。
   (3) 当該会計基準等の適用による影響

   「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、               現時点で評価中であり
    ます。
            48/84











                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (表示方法の変更)
    (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
    「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当連結会計年
    度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表
    示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しております。
    この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が23,974千円減少
    し、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が23,974千円増加しております。
    なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が
    18,144千円減少しております。
    また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第4項に定める「税効果会計に係
    る会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)に記載された内容を追加しております。ただ
    し、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な
    取扱いに従って記載しておりません。
    (連結貸借対照表)

    前連結会計年度において、独立掲記しておりました「固定負債」の「繰延税金負債」は、金額的重要性が乏
    しくなったため、当連結会計年度においては「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反
    映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
    この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「固定負債」の「繰延税金負債」に表示しておりま
    した56,689千円は、「その他」として組み替えております。
            49/84














                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (連結貸借対照表関係)
    ※1.担保資産及び担保付債務
     担保に供している資産は、次のとおりであります。
            前連結会計年度      当連結会計年度
            (2018年12月31日)      (2019年12月31日)
    建物及び構築物         2,672,096千円      2,626,885千円
    土地         5,520,751      5,083,133
       計      8,192,847      7,710,018
     担保付債務は、次のとおりであります。

            前連結会計年度      当連結会計年度
            (2018年12月31日)      (2019年12月31日)
    短期借入金         1,546,000千円      1,440,000千円
    長期借入金         2,840,541      2,311,461
       計      4,386,541      3,751,461
    ※2.圧縮記帳

     国庫補助金等により取得額から控除している圧縮記帳額は次のとおりであります。
            前連結会計年度      当連結会計年度
            (2018年12月31日)      (2019年12月31日)
    建物及び構築物          75,310千円      75,310千円
     3.偶発債務

     保証債務
     銀行提携ゴルフローン契約先の会社等の金融機関借入金について、次のとおり保証を行っております。
            前連結会計年度      当連結会計年度
            (2018年12月31日)      (2019年12月31日)
    ゴルフ会員権購入資金          34千円      -千円
            50/84











                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (連結損益計算書関係)
    ※1.販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額
           前連結会計年度      当連結会計年度

          (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)        至 2019年12月31日)
    役員報酬         113,624 千円     120,713 千円
             210,391      208,818
    人件費
             4,497      6,474
    退職給付費用
              427      △366
    貸倒引当金繰入額
    ※2.固定資産売却益の内訳

           前連結会計年度      当連結会計年度

          (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
          至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
    機械装置及び運搬具          49千円      4,069千円
    土地          -      2,754
      計        49      6,823
    ※3.固定資産除売却損の内訳

           前連結会計年度      当連結会計年度

          (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
           至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
    建物及び構築物         3,719千円      2,024千円
    機械装置及び運搬具          0      4,543
    その他(有形固定資産)          966      2,034
    その他(無形固定資産)          889       -
    解体費用          160      12,421
       計       5,737      21,023
            51/84










                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    ※4.減損損失
    前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

       当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
    場所     用途     種類    減損損失(千円)

  熊本県荒尾市     遊休資産     土地         59,883

     当社グループは、事業用資産については内部管理上採用している区分を基礎として資産のグルーピングを行

    い、遊休資産については個別物件ごとにグルーピングを行っております。
     当連結会計年度において、今後の使用見込みがなくなった遊休資産について、帳簿価額を回収可能価額まで
    減額し、当該減少額を減損損失(59,883千円)として特別損失に計上いたしました。
    なお、回収可能価額は、正味売却価額により測定しております。
    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

       当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
    場所     用途     種類    減損損失(千円)

  熊本県荒尾市     遊休資産     機械装置         2,358

  熊本県荒尾市     遊休資産     機械装置         1,723

  熊本県荒尾市     遊休資産     土地         70,190

     当社グループは、事業用資産については内部管理上採用している区分を基礎として資産のグルーピングを行

    い、遊休資産については個別物件ごとにグルーピングを行っております。
     当連結会計年度において、今後の使用見込みがなくなった遊休資産について、帳簿価額を回収可能価額まで
    減額し、当該減少額を減損損失(74,272千円)として特別損失に計上いたしました。
    なお、回収可能価額は、正味売却価額により測定しております。
            52/84











                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (連結包括利益計算書関係)
    ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
            前連結会計年度      当連結会計年度
           (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
    その他有価証券評価差額金:
     当期発生額         △101,919千円      30,246千円
     組替調整額          △0     △5,271
     税効果調整前
              △101,920      24,975
     税効果額         30,783     △7,685
     その他有価証券評価差額金
              △71,136      17,290
    その他の包括利益合計
              △71,136      17,290
   (連結株主資本等変動計算書関係)

   前連結会計年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)
   1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
        当連結会計年度期    当連結会計年度増    当連結会計年度減    当連結会計年度末
        首株式数(株)   加株式数(株)    少株式数(株)    株式数(株)
  発行済株式
  普通株式       10,346,683     ―    ―  10,346,683

    合計     10,346,683     ―    ―  10,346,683

  自己株式

  普通株式        9,253    ―    ―   9,253

    合計      9,253    ―    ―   9,253

   2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

    該当事項はありません。
   3.配当に関する事項

    (1)配当金支払額
         配当金の総額   1株当たり配当
   決議   株式の種類          基準日   効力発生日
          (千円)  額(円)
  2018年3月29日
      普通株式    62,024    6 2017年12月31日    2018年3月30日
  定時株主総会
  2018年8月8日
      普通株式    51,687    5 2018年6月30日    2018年9月3日
  取締役会
    (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

        配当金の総額     1株当たり配
   決議   株式の種類     配当の原資      基準日   効力発生日
        (千円)     当額(円)
  2019年3月28日
      普通株式   72,362  利益剰余金    7 2018年12月31日   2019年3月29日
  定時株主総会
            53/84




                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   当連結会計年度(自2019年1月1日 至2019年12月31日)
   1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
        当連結会計年度期    当連結会計年度増    当連結会計年度減    当連結会計年度末
        首株式数(株)   加株式数(株)    少株式数(株)    株式数(株)
  発行済株式
  普通株式       10,346,683     ―    ―  10,346,683

    合計     10,346,683     ―    ―  10,346,683

  自己株式

  普通株式(注)        9,253    7   ―   9,260

    合計      9,253    7   ―   9,260

  (注)普通株式の自己株式の株式数の増加7株は、単元未満株式の買取りによる増加によるものであります。
   2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

    該当事項はありません。
   3.配当に関する事項

    (1)配当金支払額
         配当金の総額   1株当たり配当
   決議   株式の種類          基準日   効力発生日
          (千円)  額(円)
  2019年3月28日
      普通株式    72,362    7 2018年12月31日    2019年3月29日
  定時株主総会
  2019年8月7日
      普通株式    72,361    7 2019年6月30日    2019年9月2日
  取締役会
    (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

        配当金の総額     1株当たり配
   決議   株式の種類     配当の原資      基準日   効力発生日
        (千円)     当額(円)
  2020年3月27日
      普通株式   72,361  利益剰余金    7 2019年12月31日   2020年3月30日
  定時株主総会
   (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

   ※現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
             前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
  現金及び預金勘定             321,118千円     350,742千円
  現金及び現金同等物             321,118     350,742
            54/84







                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (リース取引関係)
    (借主側)
    ファイナンス・リース取引
    所有権移転外ファイナンス・リース取引
    ① リース資産の内容
     有形固定資産
     主に、ホテル空調設備(機械装置及び運搬具)であります。
    ② リース資産の減価償却の方法

      連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償
     却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
   (金融商品関係)

    1.金融商品の状況に関する事項
    (1) 金融商品に関する取り組み方針
     当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については銀行借入によ
    る方針です。
    (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
     営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに関しては、取
    引先ごとに期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を適時把握する体制としていま
    す。
     投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されていますが、主に業務上の関係を有する企業
    の株式であり、保有株式の時価は経営管理室にて定期的に把握しております。
     借入金の内、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金は主に設備投資に係る資金調
    達です。借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、借入金の一部を長期固定金利にて調達して
    います。
     また、借入金は、流動性リスクに晒されていますが、当社グループでは、各社が月次に資金繰計画を作成
    する等の方法により管理しています。
     長期預り金は主にゴルフ場の預託金であり、償還要請に応じて償還を進めておりますが、償還要請が集中
    した場合には、財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
    2.金融商品の時価等に関する事項

     連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
    ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
    前連結会計年度(2018年12月31日)

          連結貸借対照表計上額      時価    差額
           (千円)    (千円)    (千円)
   (1) 現金及び預金
            321,118    321,118     ―
   (2) 受取手形及び売掛金            274,878

            274,878         ―
   (3) 投資有価証券
            258,266    258,266     ―
    資産計        854,262    854,262     ―

   (1) 短期借入金

            1,828,000    1,828,000     ―
   (2) 長期借入金
            5,018,561    5,024,427     5,866
    (1年以内返済予定を含む)
    負債計        6,846,561    6,852,427     5,866
            55/84




                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    当連結会計年度(2019年12月31日)
          連結貸借対照表計上額      時価    差額
           (千円)    (千円)    (千円)
   (1) 現金及び預金
            350,742    350,742     ―
   (2) 受取手形及び売掛金            207,356

            207,356         ―
   (3) 投資有価証券
            280,415    280,415     ―
    資産計        838,513    838,513     ―

   (1) 短期借入金

            1,700,000    1,700,000     ―
   (2) 長期借入金
            4,640,884    4,644,287     3,403
    (1年以内返済予定を含む)
    負債計        6,340,884    6,344,287     3,403
   (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項
     資産
     (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
     これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
     ります。
     (3)投資有価証券
     これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
     負債
     (1)短期借入金
     これらは短期間で決済されるため、帳簿価額は時価にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
     ります。
     (2)長期借入金
     長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割
     り引いて算定する方法によっております。
     2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                   (単位:千円)
            前連結会計年度      当連結会計年度
       区分
            (2018年12月31日)      (2019年12月31日)
     非上場株式          17,900      17,900
     長期預り金         2,725,842      2,626,402

      非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把
     握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証券」には含めておりません。また、長期
     預り金は、主にゴルフ場の預託金であり、返済期間を見積ることができず、時価を把握することが極め
     て困難と認められるため、金融商品の時価等に関する事項には含めておりません。
            56/84







                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
     3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
     前連結会計年度(2018年12月31日)

               1年以内(千円)
     現金及び預金            124,412

     受取手形及び売掛金            274,878
     合計            399,290

     当連結会計年度(2019年12月31日)

               1年以内(千円)
     現金及び預金            177,922

     受取手形及び売掛金            207,356
     合計            385,278

     4.短期借入金及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

      前連結会計年度(2018年12月31日)

          1年超   2年超   3年超   4年超
       1年以内             5年超
          2年以内   3年以内   4年以内   5年以内
       (千円)             (千円)
          (千円)   (千円)   (千円)   (千円)
    短期借入金   1,828,000    ―   ―   ―   ―   ―
    長期借入金   1,240,590   1,057,660   921,154   790,841   567,420   440,896

     合  計   3,068,590   1,057,660   921,154   790,841   567,420   440,896

      当連結会計年度(2019年12月31日)

          1年超   2年超   3年超   4年超
       1年以内             5年超
          2年以内   3年以内   4年以内   5年以内
       (千円)             (千円)
          (千円)   (千円)   (千円)   (千円)
    短期借入金   1,700,000    ―   ―   ―   ―   ―
    長期借入金   1,191,190   1,059,814   929,501   707,750   428,492   324,137

     合  計   2,891,190   1,059,814   929,501   707,750   428,492   324,137

            57/84








                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (有価証券関係)
    1.その他有価証券
    前連結会計年度(2018年12月31日)
          連結貸借対照表計上
        種類       取得原価(千円)    差額(千円)
          額(千円)
      (1)株式      168,230    65,451    102,778
      (2)債券
       ① 国債・地方債
             ―    ―    ―
       等
  連結貸借対照表計上額が
       ② 社債       ―    ―    ―
  取得原価を超えるもの
       ③ その他       ―    ―    ―
      (3)その他       ―    ―    ―
        小計     168,230    65,451    102,778
      (1)株式      90,035    143,925    △53,889
      (2)債券
       ① 国債・地方債
             ―    ―    ―
       等
  連結貸借対照表計上額が
       ② 社債       ―    ―    ―
  取得原価を超えないもの
       ③ その他       ―    ―    ―
      (3)その他       ―    ―    ―
        小計     90,035    143,925    △53,889
     合計       258,266    209,377    48,889
  (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 17,900千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
   困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
            58/84











                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    当連結会計年度(2019年12月31日)
          連結貸借対照表計上
        種類       取得原価(千円)    差額(千円)
          額(千円)
      (1)株式      179,376    62,625    116,751
      (2)債券
       ① 国債・地方債
             ―    ―    ―
       等
  連結貸借対照表計上額が
       ② 社債       ―    ―    ―
  取得原価を超えるもの
       ③ その他       ―    ―    ―
      (3)その他       ―    ―    ―
        小計     179,376    62,625    116,751
      (1)株式      101,038    143,925    △42,886
      (2)債券
       ① 国債・地方債
             ―    ―    ―
       等
  連結貸借対照表計上額が
       ② 社債       ―    ―    ―
  取得原価を超えないもの
       ③ その他       ―    ―    ―
      (3)その他       ―    ―    ―
        小計     101,038    143,925    △42,886
     合計       280,415    206,550    73,864
  (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 17,900千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
   困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
    2.売却したその他有価証券

    前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
    重要性が乏しいため記載を省略しております。
    当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

    種類    売却額(千円)    売却益の合計額(千円)     売却損の合計額(千円)
  株式         8,097     5,271      ―

            59/84









                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (デリバティブ取引関係)
    該当事項はありません。
   (退職給付関係)

  1.採用している退職給付制度の概要
   当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、規約型確定給付企業年金制度を設けております。また、一部の
  連結子会社については、中小企業退職金共済制度に加入しております。
   当社及び連結子会社は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
  2.確定給付制度

  (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
            前連結会計年度      当連結会計年度
           (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  退職給付に係る負債の期首残高             6,236千円      7,953千円
   退職給付に係る資産の期首残高            △121,878      △149,348
  退職給付費用            19,305      25,255
  退職給付の支払額            △1,389      △1,465
  制度への拠出額            △43,668      △40,085
  退職給付に係る負債の期末残高             7,953      9,086
  退職給付に係る資産の期末残高            △149,348      △166,776
  (2)退職給付債務及び年金資産と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調整表

            前連結会計年度      当連結会計年度
            (2018年12月31日)      (2019年12月31日)
  積立型制度の退職給付債務            215,172千円      209,454千円
  年金資産            △345,267      △354,350
  中小企業退職金共済制度積立資産            △11,300      △12,793
  連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額            △141,394      △157,690
  退職給付に係る負債             7,953      9,086
  退職給付に係る資産            △149,348      △166,776
  連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額            △141,394      △157,690
  (3)退職給付費用

   簡便法で計算した退職給付費用   前連結会計年度19,305千円   当連結会計年度25,255千円
   (ストック・オプション等関係)

    該当事項はありません。
            60/84








                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (税効果会計関係)
  1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
           前連結会計年度    当連結会計年度
           (2018年12月31日)    (2019年12月31日)
  繰延税金資産
   投資有価証券評価損          731千円    731千円
   長期未払金          9,802    9,802
   未払事業税          12,297    14,914
   減価償却超過額          10,759    9,873
   固定資産の未実現利益          296,673    296,673
   税務上の繰越欠損金          35,921    34,866
   減損損失          35,213    58,906
             21,738    20,941
   その他
  繰延税金資産小計
            423,139    446,710
  評価性引当額  (注)
            △89,462    △112,093
  繰延税金資産合計
            333,676    334,616
  繰延税金負債
   退職給付に係る資産          △47,818    △53,362
   その他有価証券評価差額金          △15,100    △22,785
             △778    △753
   その他
  繰延税金負債合計          △63,696    △76,901
  繰延税金資産の純額          269,979    257,714
  (注)評価性引当額が22,630千円増加しております。この増加の内容は、主に減損損失に係る評価性引当額が23,692
    千円増加したこと等によるものであります。
  2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

  主要な項目別の内訳
           前連結会計年度    当連結会計年度
           (2018年12月31日)    (2019年12月31日)
  法定実効税率
             30.7%    30.5%
  (調整)
  交際費等永久に損金に算入されない項目          0.6    1.0
  住民税均等割          1.7    1.4
  評価性引当額の増減          5.4    3.7
  その他          0.3    △0.2
  税効果会計適用後の法人税等の負担率
             38.7    36.4
            61/84








                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (賃貸等不動産関係)
    当社グループは、熊本県、福岡県及び北海道内において賃貸物件(土地を含む。)を有しております。前連結会
   計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は120,335千円(賃貸収益及び賃貸費用は、それぞれ「売上
   高」及び「売上原価」に計上)であります。当連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は
   121,217千円(賃貸収益及び賃貸費用は、それぞれ「売上高」及び「売上原価」に計上)であります。
    また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                   (単位:千円)
           前連結会計年度      当連結会計年度

          (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
           至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  連結貸借対照表計上額

   期首残高          1,696,020      1,724,739

   期中増減額           28,718      30,010

   期末残高          1,724,739      1,754,750

  期末時価            2,713,844      2,770,947

  (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
   2.期中増減額のうち、前連結会計年度及び当連結会計年度の主な増加額は営業用不動産から賃貸等不動産への
    用途変更によるものであります。
   3.連結決算日における時価は、固定資産税評価額等の指標を用いて合理的に算定したものであります。
   (セグメント情報等)

    【セグメント情報】
  1.報告セグメントの概要
   当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
   の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
   当社グループは、遊園地やホテル等の経営及び運営等を主な事業としていることから、サービス別に報告セグメ
   ントを、「遊園地事業」、「ゴルフ事業」、「ホテル事業」、「不動産事業」、「土木・建設資材事業」として識
   別しております。
   遊園地事業     :遊園地・スキー場等の経営、運営

   ゴルフ事業     :ゴルフ場の経営、運営
   ホテル事業     :ホテルの経営、運営
   不動産事業     :不動産の賃貸、売買
   土木・建設資材事業     :建設資材の製造、販売、運搬
  2.報告セグメントごとの売上高、利益、資産、その他の項目の金額の算定方法

   報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
   ける記載と概ね同一であります。
   報告セグメントの損益は、営業損益ベースの数値であります。
   セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
            62/84






                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
   前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                  (単位:千円)
         報 告 セ グ メ ン ト
                   連 結
                 調整額
                   財務諸表
             土木・   (注)
                   計 上 額
      遊園地事業  ゴルフ事業  ホテル事業  不動産事業  建設資材  計
                 1、2
                   (注)3
             事 業
  売上高
  外部顧客への売上高

      4,158,127  967,758  2,033,101  156,013  495,526  7,810,527   - 7,810,527
  セグメント間の内部

      4,894  11,289  23,042  27,504  16,827  83,558  △83,558   -
  売上高又は振替高
   計  4,163,021  979,048  2,056,144  183,518  512,353  7,894,086  △83,558  7,810,527

  セグメント利益
      619,077  21,065  33,254  118,704  81,799  873,901  △309,109  564,791
  セグメント資産
      5,227,683  8,414,057  3,431,859  3,114,490  528,195  20,716,286  899,034  21,615,321
  その他の項目
  減価償却費    199,888  67,774  143,344  12,782  13,756  437,547  3,957  441,504
  有形固定資産及び無
      170,255  61,710  59,636  54,387  31,344  377,333  2,072  379,406
  形固定資産の増加額
  (注)1.セグメント利益の調整額には、各報告セグメントに配分していない全社費用△310,770千円が含まれてお
    ります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
    2.セグメント資産の調整額には、各報告セグメントに配分していない全社資産957,198千円が含まれており
    ます。その主なものは、当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び本社
    管理部門の資産であります。
    3.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と一致しております。
   当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

                  (単位:千円)
         報 告 セ グ メ ン ト
                   連 結
                 調整額
                   財務諸表
             土木・   (注)
                   計 上 額
      遊園地事業  ゴルフ事業  ホテル事業  不動産事業  建設資材  計
                 1、2
                   (注)3
             事 業
  売上高
  外部顧客への売上高    4,638,894  994,876  2,013,911  158,061  553,902  8,359,645   - 8,359,645

  セグメント間の内部

      8,658  11,800  23,146  27,741  35,091  106,438  △106,438   -
  売上高又は振替高
   計  4,647,552  1,006,676  2,037,058  185,802  588,993  8,466,083  △106,438  8,359,645

  セグメント利益    738,983  41,864  25,843  120,978  89,783  1,017,452  △332,995  684,457
  セグメント資産
      5,152,600  8,394,235  3,309,433  3,094,782  403,099  20,354,150  959,724  21,313,875
  その他の項目
  減価償却費    207,792  68,556  142,062  14,033  33,418  465,863  3,574  469,438
  有形固定資産及び無
      136,048  38,504  92,525   0 57,427  324,506   332 324,838
  形固定資産の増加額
  (注)1.セグメント利益の調整額には、各報告セグメントに配分していない全社費用△327,739千円が含まれてお
    ります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
    2.セグメント資産の調整額には、各報告セグメントに配分していない全社資産1,000,982千円が含まれてお
    ります。その主なものは、当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び本
    社管理部門の資産であります。
    3.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と一致しております。
            63/84



                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    【関連情報】
    前連結会計年度(自     2018年1月1日    至  2018年12月31日)
    1.製品及びサービスごとの情報
      製品及びサービスの区分が報告セグメントの区分と同じため、記載を省略しております。
    2.地域ごとの情報
    (1)売上高
      本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してお
     ります。
    (2)有形固定資産
      本邦以外に所在する有形固定資産がないため、記載を省略しております。
    3.主要な顧客ごとの情報
     主要な顧客の売上高が連結損益計算書の売上高の10%未満のため、記載を省略しております。
    当連結会計年度(自     2019年1月1日    至  2019年12月31日)

    1.製品及びサービスごとの情報
      製品及びサービスの区分が報告セグメントの区分と同じため、記載を省略しております。
    2.地域ごとの情報
    (1)売上高
      本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してお
     ります。
    (2)有形固定資産
      本邦以外に所在する有形固定資産がないため、記載を省略しております。
    3.主要な顧客ごとの情報
     主要な顧客の売上高が連結損益計算書の売上高の10%未満のため、記載を省略しております。
    【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

    前連結会計年度(自     2018年1月1日    至  2018年12月31日)

                   (単位:千円)
               土木・建設
    遊園地事業   ゴルフ事業   ホテル事業   不動産事業     全社・消去   合計
               資材事業
      -   -   -   -  59,883   -  59,883
  減損損失
    (注)「土木・建設資材事業」の金額は使用見込のない遊休資産に係るものであります。

    当連結会計年度(自     2019年1月1日    至  2019年12月31日)

                   (単位:千円)
               土木・建設
    遊園地事業   ゴルフ事業   ホテル事業   不動産事業     全社・消去   合計
               資材事業
      2,358   -   -   -  71,914   -  74,272
  減損損失
    (注)「遊園地事業」及び「土木・建設資材事業」の金額は使用見込のない遊休資産に係るものであります。

            64/84







                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
    前連結会計年度(自     2018年1月1日    至  2018年12月31日)
     該当事項はありません。
    当連結会計年度(自     2019年1月1日    至  2019年12月31日)

     該当事項はありません。
    【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

    前連結会計年度(自     2018年1月1日    至  2018年12月31日)
     該当事項はありません。
    当連結会計年度(自     2019年1月1日    至  2019年12月31日)

     該当事項はありません。
   【関連当事者情報】

    関連当事者との取引
    連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
    (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
  前連結会計年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)
   会社等
          議決権等の
   の名称   資本金  事業の内容    関連当事者    取引金額    期末残高
  種類   所在地     所有(被所    取引内容    科目
   又は氏     又は職業    との関係
       (千円)          (千円)    (千円)
          有)割合
   名
           (所有)
           直接
           0.03%
  その他      都市ガスの製
   西部瓦斯  福岡市
           (被所有)
  の関係     20,629,792  造、供給、販
            役員の兼任  遊園地の売上   92 長期預り金   2,400
           直接
   株式会社  博多区
  会社      売
           14.51%
           間接
           9.74%
   (注)1.各取引の価格等は一般的取引条件によっております。
   2.取引金額には消費税等は含まず、科目の期末残高には消費税等を含めて表示しております。
  当連結会計年度(自2019年1月1日 至2019年12月31日)

   会社等
          議決権等の
   の名称   資本金  事業の内容    関連当事者    取引金額    期末残高
  種類   所在地     所有(被所    取引内容    科目
   又は氏   (千円)  又は職業    との関係    (千円)    (千円)
          有)割合
   名
           (所有)
           直接
           0.03%
  その他      都市ガスの製
   西部瓦斯  福岡市
           (被所有)
  の関係     20,629,792  造、供給、販
            役員の兼任  遊園地の売上   27 長期預り金   2,400
           直接
   株式会社  博多区
  会社      売
           14.64%
           間接
           9.74%
   (注)1.各取引の価格等は一般的取引条件によっております。
   2.取引金額には消費税等は含まず、科目の期末残高には消費税等を含めて表示しております。
            65/84







                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    (イ)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(個人の場合に限る。)等

  前連結会計年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)
           議決権等の

   会社等の名    資本金 事業の内容又    関連当事者    取引金額   期末残高
  種類   所在地      所有(被所    取引内容    科目
   称又は氏名    (千円)  は職業     との関係    (千円)   (千円)
           有)割合
               子会社金融機

            (被所有)
  役員  幕宰  -  - 当社取締役   直接   - 関借入債務に   24,800  -  -
            0.41%
               対する被保証
   (注)1.上記金額には消費税が含まれておりません。
   2.取引条件及び取引条件の決定方針等
     連結子会社有明リゾートシティ株式会社は金融機関借入に対して、当社取締役である幕宰より債務保証を受
    けております。なお、保証料の支払いは行っておりません。
  当連結会計年度(自2019年1月1日 至2019年12月31日)

           議決権等の
   会社等の名    資本金 事業の内容又    関連当事者    取引金額   期末残高
  種類   所在地      所有(被所    取引内容    科目
   称又は氏名    (千円)  は職業     との関係    (千円)   (千円)
           有)割合
               子会社金融機

            (被所有)
  役員  幕宰     当社取締役   直接    関借入債務に
      -  -      -    14,720  -  -
            0.44%
               対する被保証
   (注)1.上記金額には消費税が含まれておりません。
   2.取引条件及び取引条件の決定方針等
     連結子会社有明リゾートシティ株式会社は金融機関借入に対して、当社取締役である幕宰より債務保証を受
    けております。なお、保証料の支払いは行っておりません。
   (1株当たり情報)

           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年1月1日     (自  2019年1月1日
           至  2018年12月31日)     至  2019年12月31日)
  1株当たり純資産           1,066.06円      1,091.16円
  1株当たり当期純利益
              29.17円      37.43円
  (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
           至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  親会社株主に帰属する当期純利益(千円)            301,572      386,972
  普通株主に帰属しない金額(千円)             -      -
  普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
              301,572      386,972
  純利益(千円)
  期中平均株式数(千株)            10,337      10,337
   (重要な後発事象)

    該当事項はありません。
            66/84





                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   ⑤【連結附属明細表】
   【借入金等明細表】
           当期首 残高 当期末残高   平均利率

      区分             返済期限
            (千円)   (千円)   (%)
  短期借入金          1,828,000   1,700,000   0.546   -

  1年以内に返済予定の長期借入金          1,240,590   1,191,190   0.639   -

  1年以内に返済予定のリース債務          7,789   2,543   -  -

  長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)          3,777,971   3,449,694   0.639  2021年~2028年

  リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)          2,947   403  - 2021年

      合計      6,857,297   6,343,831   -  -

   (注)1.平均利率については、借入金等の期中平均残高に対する加重平均利率を記載しております。
   2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結会計年度に配
    分しているため、記載しておりません。
   3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額
    は以下のとおりです。
        1年超2年以内    2年超3年以内    3年超4年以内    4年超5年以内
         (千円)    (千円)    (千円)    (千円)
    長期借入金     1,059,814    929,501    707,750    428,492

    リース債務      403    -    -    -

   【資産除去債務明細表】

    該当事項はありません。
  (2)【その他】

    当連結会計年度における四半期情報等
  (累計期間)
         第1四半期   第2四半期   第3四半期   当連結会計年度
  売上高(千円)        1,693,332   4,255,798   6,475,777   8,359,645
  税金等調整前四半期(当期)純利益
          74,036   401,570   578,366   608,356
  (千円)
  親会社株主に帰属する四半期(当
          54,720   274,969   391,144   386,972
  期)純利益(千円)
  1株当たり四半期(当期)純利益
          5.29   26.60   37.84   37.43
  (円)
  (会計期間)

         第1四半期   第2四半期   第3四半期   第4四半期
  1株当たり四半期純利益又は1株当
          5.29   21.31   11.24   △0.40
  たり四半期純損失(△)(円)
            67/84





                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  2【財務諸表等】
  (1)【財務諸表】
   ①【貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
               185,938     193,694
   現金及び預金
              ※1 90,073     ※1 87,979
   売掛金
               6,504     7,599
   商品
               9,389     11,950
   原材料及び貯蔵品
               7,393      -
   販売用不動産
               20,172     22,150
   前払費用
              ※1 96,200    ※1 274,800
   関係会社短期貸付金
              ※1 42,578     ※1 45,676
   未収入金
               ※1 938    ※1 1,701
   その他
               △1,106     △775
   貸倒引当金
               458,082     644,777
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
              ※2 785,896     ※2 753,333
    建物
               476,457     435,631
    構築物
               307,571     275,894
    機械及び装置
               35,120     42,338
    車両運搬具
               72,213     72,438
    工具、器具及び備品
             ※2 14,305,515     ※2 14,314,332
    土地
               8,127     1,645
    リース資産
              15,990,902     15,895,614
    有形固定資産合計
   無形固定資産
               203,777     203,777
    借地権
               27,994     25,412
    ソフトウエア
               19,366     16,298
    その他
               251,138     245,488
    無形固定資産合計
   投資その他の資産
               250,276     272,395
    投資有価証券
              1,574,325     1,574,355
    関係会社株式
                35     35
    出資金
              ※1 619,400     ※1 205,000
    関係会社長期貸付金
               201     194
    長期前払費用
               88,905     100,211
    前払年金費用
               52,600     52,600
    差入保証金
               2,685     2,695
    その他
               △1,100     △1,100
    貸倒引当金
              2,587,329     2,206,387
    投資その他の資産合計
              18,829,370     18,347,490
   固定資産合計
              19,287,453     18,992,268
  資産合計
            68/84





                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)

            前事業年度     当事業年度
            (2018年12月31日)     (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
               9,532     9,832
   買掛金
              ※1 152,877     ※1 154,250
   営業未払金
              ※2 1,440,000     ※2 1,210,000
   短期借入金
               670,890     623,920
   1年内返済予定の長期借入金
               6,482     1,644
   リース債務
              ※1 209,128     ※1 219,703
   未払金
               109,200     152,162
   未払法人税等
              ※1 15,766     ※1 16,765
   前受金
              ※1 37,105     ※1 38,839
   預り金
              ※1 16,083     ※1 19,206
   その他
              2,667,066     2,446,325
   流動負債合計
  固定負債
              ※2 2,040,158     ※2 1,837,231
   長期借入金
              ※1 2,755,742     ※1 2,656,302
   長期預り金
               1,644      -
   リース債務
               28,265     35,138
   繰延税金負債
               32,167     32,007
   長期未払金
               66,824     67,019
   受入保証金
              4,924,803     4,627,699
   固定負債合計
              7,591,869     7,074,025
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
              4,180,101     4,180,101
   資本金
   資本剰余金
              4,767,834     4,767,834
    資本準備金
              4,767,834     4,767,834
    資本剰余金合計
   利益剰余金
               169,649     169,649
    利益準備金
    その他利益剰余金
               1,770     1,770
    固定資産圧縮積立金
              2,080,000     2,080,000
    別途積立金
               465,471     670,843
    繰越利益剰余金
              2,547,242     2,752,614
    その他利益剰余金合計
              2,716,892     2,922,264
    利益剰余金合計
               △3,033     △3,036
   自己株式
              11,661,794     11,867,163
   株主資本合計
  評価・換算差額等
               33,788     51,079
   その他有価証券評価差額金
               33,788     51,079
   評価・換算差額等合計
              11,695,583     11,918,243
  純資産合計
              19,287,453     18,992,268
  負債純資産合計
            69/84





                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   ②【損益計算書】
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (自 2018年1月1日     (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
              ※2 4,866,229     ※2 5,298,759
  売上高
              ※2 4,049,388     ※2 4,374,753
  売上原価
               816,840     924,005
  売上総利益
             ※1,※2 403,950    ※1,※2 419,158
  販売費及び一般管理費
               412,890     504,847
  営業利益
  営業外収益
              ※2 8,131     ※2 3,976
  受取利息
              ※2 27,856
                    9,632
  受取配当金
               3,409     23,310
  受取保険金
              ※2 5,000     ※2 5,000
  温泉水利用料
               9,451     6,279
  雑収入
               53,849     48,199
  営業外収益合計
  営業外費用
               29,743     24,286
  支払利息
                    ※2 1,552
               439
  雑損失
               30,183     25,838
  営業外費用合計
               436,556     527,207
  経常利益
  特別利益
                -    2,766
  固定資産売却益
                -    5,271
  投資有価証券売却益
                -    8,037
  特別利益合計
  特別損失
                   ※2 17,812
               4,272
  固定資産除却損
                -    2,358
  減損損失
               4,272     20,170
  特別損失合計
               432,284     515,075
  税引前当期純利益
  法人税、住民税及び事業税             125,767     165,791
               17,568     △811
  法人税等調整額
               143,336     164,979
  法人税等合計
               288,948     350,095
  当期純利益
            70/84









                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   ③【株主資本等変動計算書】
    前事業年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)
                    (単位:千円)
              株主資本
         資本剰余金       利益剰余金
               その他利益剰余金
       資本金
                    利益剰余金合
         資本準備金  利益準備金
             固定資産圧縮    繰越利益剰余  計
                別途積立金
             積立金    金
  当期首残高     4,180,101  4,767,834   169,649   1,826  2,080,000   290,178  2,541,655
  当期変動額
  剰余金の配当                △113,711  △113,711
  当期純利益                288,948  288,948
  固定資産圧縮積立金の取崩
              △55    55  -
  株主資本以外の項目の当期変
  動額(純額)
  当期変動額合計      -  -  -  △55  - 175,292  175,236
  当期末残高     4,180,101  4,767,834   169,649   1,770  2,080,000   465,471  2,716,892
         株主資本     評価・換算差額等

                  純資産合計
            その他有価証券   評価・換算差額
       自己株式  株主資本合計
            評価差額金   等合計
  当期首残高      △3,033  11,486,557   104,925   104,925  11,591,482
  当期変動額
  剰余金の配当        △113,711        △113,711
  当期純利益
           288,948        288,948
  固定資産圧縮積立金の取崩         -        -
  株主資本以外の項目の当期変
             △71,136  △71,136  △71,136
  動額(純額)
  当期変動額合計
         -  175,236   △71,136  △71,136   104,100
  当期末残高      △3,033  11,661,794   33,788   33,788  11,695,583
            71/84









                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    当事業年度(自2019年1月1日 至2019年12月31日)
                    (単位:千円)
              株主資本
         資本剰余金       利益剰余金
               その他利益剰余金
       資本金
                    利益剰余金合
         資本準備金  利益準備金
             固定資産圧縮    繰越利益剰余  計
                別途積立金
             積立金    金
  当期首残高     4,180,101  4,767,834   169,649   1,770  2,080,000   465,471  2,716,892
  当期変動額
  剰余金の配当
                  △144,723  △144,723
  当期純利益                350,095  350,095
  固定資産圧縮積立金の取崩
  自己株式の取得
  株主資本以外の項目の当期変
  動額(純額)
  当期変動額合計      -  -  -  -  - 205,372  205,372
  当期末残高     4,180,101  4,767,834   169,649   1,770  2,080,000   670,843  2,922,264
         株主資本     評価・換算差額等

                  純資産合計
            その他有価証券   評価・換算差額
       自己株式  株主資本合計
            評価差額金   等合計
  当期首残高      △3,033  11,661,794   33,788   33,788  11,695,583
  当期変動額
  剰余金の配当        △144,723        △144,723
  当期純利益
           350,095        350,095
  固定資産圧縮積立金の取崩
  自己株式の取得      △3  △3        △3
  株主資本以外の項目の当期変
             17,290   17,290   17,290
  動額(純額)
  当期変動額合計
        △3  205,368   17,290   17,290   222,659
  当期末残高      △3,036  11,867,163   51,079   51,079  11,918,243
            72/84









                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   【注記事項】
   (重要な会計方針)
   1.資産の評価基準及び評価方法
    (1)有価証券の評価基準及び評価方法
    子会社株式……………    移動平均法による原価法
    その他有価証券

     時価のあるもの……    決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により
         処理し、売却原価は移動平均法により算定)
     時価のないもの……    移動平均法による原価法
    (2)たな卸資産の評価基準及び評価方法

    商品……………………    先入先出法による原価法
    原材料及び貯蔵品……    主として最終仕入原価法による原価法

    販売用不動産…………    個別法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切下げの
         方法により算定)
   2.固定資産の減価償却の方法

    (1)有形固定資産(リース資産を除く)
    定額法
    (2)無形固定資産(リース資産を除く)
    定額法
    なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によって
    おります。
    (3)リース資産
    所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、リース期間を耐用年数とし、残存
    価額を零とする定額法を採用しております。
   3.引当金の計上基準
    (1)貸倒引当金
    売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
    定の債権については、個別に回収可能性を検討して回収不能見込額を計上しております。
    (2)退職給付引当金
    従業員の退職給付に備えるため、当事業年度の末日における退職給付債務及び年金資産に基づき計上して
    おります。
    ただし、当事業年度末においては年金資産の額が退職給付債務を上回るため、前払年金費用を計上してお
    ります。
    また、当社では簡便法を採用しております。
   4.その他財務諸表作成のための重要な事項
    (1)消費税等の会計処理
    消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    (2)連結納税制度の適用
    連結納税制度を適用しております。
   (表示方法の変更)

    (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
    「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当事業年度の
    期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示す
    る方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しております。
    この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」11,997千円は、「固定負
    債」の「繰延税金負債」40,262千円と相殺して、「固定負債」の「繰延税金負債」28,265千円として表示して
    おり、変更前と比べて総資産が11,997千円減少しております。
            73/84



                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
    (損益計算書)

    前事業年度において、「営業外収益」の「雑収入」に含めておりました「受取保険金」及び「温泉水利用
    料」は金額的重要性が増したため、当事業年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映
    させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
    この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外収益」の「雑収入」に表示しておりました17,861千
    円は、「受取保険金」3,409千円、「温泉水利用料」5,000千円、「雑収入」9,451千円として組み替えており
    ます。
   (貸借対照表関係)

    ※1.関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
            前事業年度      当事業年度
           (2018年12月31日)      (2019年12月31日)
    短期金銭債権         133,341千円      324,887千円
    長期金銭債権         619,400      205,000
    短期金銭債務         54,628      54,930
    長期金銭債務         37,274      37,469
    ※2.担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産は、次のとおりであります。
            前事業年度      当事業年度
           (2018年12月31日)      (2019年12月31日)
    建物         302,406千円      296,014千円
    土地         4,788,792      4,403,932
       計      5,091,199      4,699,947
     担保付債務は、次のとおりであります。

            前事業年度      当事業年度
           (2018年12月31日)      (2019年12月31日)
    短期借入金         1,390,000千円      1,160,000千円
    1年内返済予定の長期借入金         562,198      519,236
    長期借入金         1,845,789      1,415,753
       計      3,797,987      3,094,989
     3.偶発債務

     保証債務
     下記の会社等の金融機関借入金について保証を行っております。
     前事業年度(2018年12月31日)
       被保証者     借入金使途等      金額(千円)
     有明リゾートシティ㈱      設備投資資金          85,720

     銀行提携ゴルフローン契約先      ゴルフ会員権購入資金           34

       合計             85,754

     当事業年度(2019年12月31日)

       被保証者     借入金使途等      金額(千円)
     有明リゾートシティ㈱      設備投資資金          71,440

            74/84



                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (損益計算書関係)
    ※1.販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度22%、当事業年度21%、一般管理費に属する費用の
    おおよその割合は前事業年度78%、当事業年度79%であります。
    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
             前事業年度      当事業年度
            (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
             至 2018年12月31日)        至 2019年12月31日)
    役員報酬          82,004 千円     91,692 千円
              122,115      116,169
    人件費
              2,453      5,041
    退職給付費用
              50,880      50,004
    手数料
              4,336      4,056
    減価償却費
              50,734      56,851
    租税公課
               245     △331
    貸倒引当金繰入額
    ※2.関係会社との取引高

            前事業年度      当事業年度
           (自 2018年1月1日      (自 2019年1月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
    営業取引による取引高
     売上高         44,246千円      48,683千円
     営業費用         630,299      678,452
    営業取引以外の取引による取引高          37,230      22,455
   (有価証券関係)

    前事業年度  (2018年12月31日)
    子会社株式(貸借対照表計上額1,548,935千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認
   められることから、記載しておりません。
    当事業年度  (2019年12月31日)

    子会社株式(貸借対照表計上額1,548,935千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認
   められることから、記載しておりません。
            75/84










                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   (税効果会計関係)
  1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
            前事業年度    当事業年度
           (2018年12月31日)    (2019年12月31日)
  繰延税金資産
   長期未払金          9,759千円    9,759千円
   未払事業税          10,410    12,548
   減価償却超過額          1,708    1,708
   関係会社株式          185,532    185,532
   減損損失          12,664    12,664
   その他          5,628    7,724
  繰延税金資産小計
            225,703    229,937
  評価性引当額          △210,992    △210,992
  繰延税金資産合計
             14,711    18,944
  繰延税金負債
   前払年金費用          △27,098    △30,544
   その他有価証券評価差額金          △15,100    △22,785
   その他          △778    △753
  繰延税金負債合計
            △42,976    △54,083
  繰延税金負債の純額
            △28,265    △35,138
  2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

  主要な項目別の内訳
            前事業年度    当事業年度
           (2018年12月31日)    (2019年12月31日)
  法定実効税率
             30.7%    30.5%
  (調整)
   交際費等永久に損金に算入されない項目          0.4    0.8
   受取配当金等永久に益金に算入されない項目          △1.5    △0.3
   住民税均等割          1.4    1.2
   評価性引当額の増減額          2.2    ―
   その他          0.0    △0.1
  税効果会計適用後の法人税等の負担率
             33.2    32.0
   (重要な後発事象)

   該当事項はありません。
            76/84








                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
   ④【附属明細表】
   【有形固定資産等明細表】
                   (単位:  千円 )
                    減価償却累
   区分   資産の種類   当期首残高  当期増加額  当期減少額  当期償却額  当期末残高
                    計額
    建物     785,896  23,813   541  55,834  753,333  2,309,201
  有形固定資産
    構築物     476,457  12,577   0 53,402  435,631  3,817,948
              5,265
    機械及び装置     307,571  33,946     60,358  275,894  1,981,954
              (2,358)
    車両運搬具     35,120  15,624   0  8,407  42,338  42,512
    工具、器具及び備品     72,213  26,746  1,665  24,855  72,438  370,051

    土地    14,305,515   13,063  4,246   - 14,314,332    -

    リース資産     8,127   -  -  6,482  1,645  10,104

    建設仮勘定      - 161,031  161,031   -  -  -

              172,751
      計  15,990,902   286,804     209,341  15,895,614  8,531,773
              (2,358)
                     -
    借地権     203,777   -  -  - 203,777
  無形固定資産
                     46,242
    ソフトウエア     27,994  6,840   -  9,421  25,412
                     66,983
    その他     19,366   -  -  3,067  16,298
                    113,226
      計   251,138   6,840   - 12,489  245,488
  (注)当期減少額の( )内は内書きで、減損損失の計上額です。
   【引当金明細表】

                   (単位:  千円 )
    科目    当期首残高    当期増加額    当期減少額    当期末残高

  貸倒引当金        2,206    775   1,106    1,875

  (2)【主な資産及び負債の内容】

    連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
  (3)【その他】

    該当事項はありません。
            77/84







                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  第6【提出会社の株式事務の概要】
  事業年度       1月1日から12月31日まで
  定時株主総会       3月中

  基準日       12月31日

          6月30日
  剰余金の配当の基準日
         12月31日
  1単元の株式数       100株
  単元未満株式の買取り

         (特別口座)
  取扱場所      東京都千代田区丸の内一丁目4番1号  三井住友信託銀行株式会社 証
         券代行部
         (特別口座)
  株主名簿管理人
         東京都千代田区丸の内一丁目4番1号  三井住友信託銀行株式会社
  取次所            ──────
  買取手数料      株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

         当社のウェブサイトに掲載します。(http://www.greenland.co.jp/)
  公告掲載方法
         ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告をする
         ことができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
            78/84













                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  株主に対する特典
       権利確定日     12月31日      6月30日
        有効期間    4月~9月(3月発行)     10月~翌年3月(9月発行)
             ③VI       ⑦北海道

         ①遊園地  ②のりも    ④ゴル  ⑤ホテ  ⑥ホテ
             Pフ       又は九州
       株数  等無料入  の回数券    フプ  ル優待  ル宿泊
             リーパ       の地域特
         場券  引換券    レー券  券  券
             ス       産品
       100株以上   2枚  -  -  -  -  -  -
       500株以上   4枚  -  -  -  -  -  -
       1,000株以上   6枚  1枚  -  -  -  -  -
       2,000株以上   10枚  2枚  -  -  -  -  -
       5,000株以上   15枚  3枚  -  -  -  -  -
       10,000株以上   25枚  5枚  1枚  1枚  1枚  -  ※
       50,000株以上   25枚  5枚  1枚  3枚  -  1枚  ※
       80,000株以上   25枚  5枚  1枚  4枚  -  1枚  ※
      100,000株以上   25枚  5枚  1枚  6枚  -  2枚  ※
        施 設 名        内  容

      ①グリーンランド遊園地及び      無料入園券(1枚につき1名様まで)
       北海道グリーンランド遊園地
       ホワイトパーク(スキー場)      4時間リフト券(1枚につき1名様まで)
       いわみざわ公園パークゴルフ場      無料利用券(1枚につき2名様まで)
       ローズパーク      (貸し用具代は別途必要)
       北村温泉ホテル      無料入浴券(1枚につき2名様まで)
            (貸しタオル代は別途必要)
      ②グリーンランド遊園地及び      1枚当たり、のりもの回数券20枚と引換
       北海道グリーンランド遊園地
      ③グリーンランド遊園地及び      株主家族(記名式)は入園無料・フリーパス進呈(株主
       北海道グリーンランド遊園地      本人含む6名様まで)
            VIPルーム利用可。(前日までに要予約、グリーンラ
            ンド遊園地〈1日3組限定〉、北海道グリーンランド遊園
            地〈1日1組限定〉-(申込順))
       ホワイトパーク(スキー場)      株主家族(記名式)に全日券のリフト券(貸し用具代は
            別途料必要)(株主本人含む6名様まで)(要予約)
       いわみざわ公園キャンプ場      1シーズン1泊1サイト利用料無料(要予約)
       いわみざわ公園色彩館      入館料無料(株主本人含む6名様まで)
       いわみざわ公園パークゴルフ場      利用料・貸し用具代無料(株主本人含む4名様まで)
       ローズパーク
            入浴料・貸しタオル無料(株主本人含む5名様まで)(要予約)
       北村温泉ホテル
       ③VIPフリーパスについては、記名株主以外の方のみの利用不可
      ④グリーンランドリゾート      無料プレー券1枚につき1名様18ホール無料
       ゴルフコース      全営業日利用可能(要予約)
      ⑤ホテルヴェルデ      ホテル室料半額優待券
       ホテルブランカ      1室2名様利用可能(飲食別途)(要予約)
       北海道グリーンランドホテルサ      ただし、「大晦日及び正月・盆・ゴールデンウィーク・
       ンプラザ及び北村温泉ホテル      花火大会の一部特定日」は利用不可
      ⑥ホテルヴェルデ      ホテル無料宿泊券
       ホテルブランカ      1室2名様利用可能(飲食別途)(要予約)
       北海道グリーンランドホテルサ      ただし、「大晦日及び正月・盆・ゴールデンウィーク・
       ンプラザ及び北村温泉ホテル      花火大会の一部特定日」は利用不可
      ⑦北海道又は九州の地域特産品      北海道又は九州の地域特産品(3,000円相当)
      ※北海道又は九州の地域特産品については12月31日の権利確定日の株主のみを対象とする
  (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項の規定に
     よる請求をする権利並びに株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける
     権利以外の権利を有しておりません。
            79/84


                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  第7【提出会社の参考情報】
  1【提出会社の親会社等の情報】
   当社は、親会社等はありません。
  2【その他の参考情報】

   当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
  (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
   事業年度(第40期)(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
   2019年3月28日九州財務局長に提出。
  (2)内部統制報告書

   事業年度(第40期)(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
   2019年3月28日九州財務局長に提出。
  (3)四半期報告書及び確認書

   (第41期第1四半期)(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)2019年5月13日九州財務局長に提出。
   (第41期第2四半期)(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)2019            年8月13日九州財務局長に提出。
   (第41期第3四半期)(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)2019            年11月12日九州財務局長に提出。
  (4)臨時報告書

   2019年3月29日九州財務局長に提出
   企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
   時報告書であります。
            80/84













                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
            81/84




















                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
       独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                   2020年3月27日

  グリーンランドリゾート株式会社

  取締役会 御中

           EY新日本有限責任監査法人

          指定有限責任社員

              公認会計士
                久保 英治    印
          業務執行社員
          指定有限責任社員

              公認会計士
                内野 健志    印
          業務執行社員
  <財務諸表監査>

   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
  いるグリーンランドリゾート株式会社の2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
  ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
  書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
  連結財務諸表に対する経営者の責任

   経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
  表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
  経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

   当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
  とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
  は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
  し、これに基づき監査を実施することを求めている。
   監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
  監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
  る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
  の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
  を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
  も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
   当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

   当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、グ
  リーンランドリゾート株式会社及び連結子会社の2019年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年
  度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
            82/84




                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
  <内部統制監査>
   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、グリーンランドリゾート株式
  会社の2019年12月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
  内部統制報告書に対する経営者の責任

   経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
  係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
   なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
  る。
  監査人の責任

   当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
  表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
  に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
  表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
  を求めている。
   内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
  めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
  に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
  について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
   当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

   当監査法人は、グリーンランドリゾート株式会社が2019年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示
  した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠
  して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
  利害関係

   会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上

  ※1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)
   が別途保管しております。
  2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            83/84









                     EDINET提出書類
                  グリーンランドリゾート株式会社(E04693)
                      有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書
                   2020年3月27日

  グリーンランドリゾート株式会社

  取締役会 御中

           EY新日本有限責任監査法人

          指定有限責任社員

              公認会計士
                久保 英治    印
          業務執行社員
          指定有限責任社員

              公認会計士
                内野 健志    印
          業務執行社員
   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

  いるグリーンランドリゾート株式会社の2019年1月1日から2019年12月31日までの第41期事業年度の財務諸表、すなわ
  ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
  行った。
  財務諸表に対する経営者の責任

   経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
  することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
  必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

   当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
  ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
  当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
  基づき監査を実施することを求めている。
   監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
  法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
  諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
  際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
  また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
  しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
   当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

   当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、グリーン
  ランドリゾート株式会社の2019年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要
  な点において適正に表示しているものと認める。
  利害関係

   会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上

  ※1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)
   が別途保管しております。
  2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            84/84



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク