ホーチキ株式会社 訂正有価証券報告書 第123期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

訂正有価証券報告書-第123期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:ホーチキ株式会社

カテゴリ:訂正有価証券報告書

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
                    ホーチキ株式会社(E01802)
                     訂正有価証券報告書
  【表紙】

  【提出書類】        有価証券報告書の訂正報告書

  【根拠条文】        金融商品取引法第24条の2第1項

  【提出先】        関東財務局長

  【提出日】        2020年3月25日

  【事業年度】        第123期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

  【会社名】        ホーチキ株式会社

  【英訳名】        HOCHIKI  CORPORATION

  【代表者の役職氏名】        代表取締役社長執行役員      山 形 明 夫

  【本店の所在の場所】        東京都品川区上大崎二丁目10番43号

  【電話番号】        東京(3444)4111(大代表)

  【事務連絡者氏名】        取締役上席執行役員     管理本部長   天 野  潔

  【最寄りの連絡場所】        東京都品川区上大崎二丁目10番43号

  【電話番号】        東京(3444)4111(大代表)

  【事務連絡者氏名】        取締役上席執行役員     管理本部長   天 野  潔

  【縦覧に供する場所】        関西支店

          (大阪府東大阪市水走三丁目6番41号)

          名古屋支店

           (愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号

            JRセントラルタワーズ32階)
          横浜支店

           (神奈川県横浜市西区高島一丁目1番2号

            横浜三井ビルディング5階)
          株式会社東京証券取引所

           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

            1/7




                     EDINET提出書類
                    ホーチキ株式会社(E01802)
                     訂正有価証券報告書
  1 【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】

   2019年6月26日に提出いたしました第123期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)有価証券報告書の記載事
  項の一部に追記事項がありましたので、これを訂正するため有価証券報告書の訂正報告書を提出するものでありま
  す。
  2 【訂正事項】

   第一部 企業情報
   第4 提出会社の状況
    4 コーポレート・ガバナンスの状況等
    (5)株式の保有状況
  3 【訂正箇所】

   訂正箇所は   を付して表示しております。
            2/7















                     EDINET提出書類
                    ホーチキ株式会社(E01802)
                     訂正有価証券報告書
  第一部  【企業情報】

  第4 【提出会社の状況】

  4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
  (5) 【株式の保有状況】
  (訂正前)
   ①  投資株式の区分の基準及び考え方
    当社は、投資株式について、専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とし
   て保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有
   株式)に区分しております。
   ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

   a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
    内容
    当社は、取引関係を維持、強化する目的で取引先の株式を政策的に保有することがあります。
   政策保有は経営・営業戦略上の有効な選択肢と考えておりますが、行き過ぎた保有は財務リスクに繋がる恐れが
   あるため、保有開始時の決裁基準及び売却検討基準を定めて、保有をコントロールしております。
   具体的には、①保有目的や取得価額に合理性があること ②安全性に問題が無いこと ③取得価額の総額が原則
   として連結総資産の5%を超えないこと を保有開始の条件としております。
    また、保有開始後においても、年1回、各銘柄について取得価額、評価差額、年間受取配当額、保有目的、取
   引の経済合理性、安全性に問題が無いか等を取締役会に報告し、保有継続の可否について検証しております。そ
   の結果、上記①②に抵触すると判断した場合は売却を検討しております。
   b.銘柄数及び貸借対照表計上額

           貸借対照表計上額の

         銘柄数
         (銘柄)
           合計額(百万円)
    非上場株式     20     350
    非上場株式以外の株式     20     3,591
   (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

         銘柄数  株式数の増加に係る取得

                 株式数の増加の理由
        (銘柄)  価額の合計額(百万円)
    非上場株式     -      -    -
    非上場株式以外の株式     7     564 取引関係の維持強化
   (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

         銘柄数  株式数の減少に係る売却

        (銘柄)  価額の合計額(百万円)
    非上場株式     -      -
    非上場株式以外の株式     -      -
            3/7




                     EDINET提出書類
                    ホーチキ株式会社(E01802)
                     訂正有価証券報告書
   c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

  特定投資株式
      当事業年度   前事業年度
                    当社の株
             保有目的、定量的な保有効果
      株式数(株)   株式数(株)
   銘柄                 式の保有
             及び株式数が増加した理由
     貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
                    の有無
      (百万円)   (百万円)
       200,000   200,000
  住友不動産株式
            営業上取引関係の維持強化        -
  会社
        917   787
       409,300   90,000
  エア・ウォー
            取引関係の維持強化        有
  ター株式会社
        656   186
       100,000   100,000
  綜合警備保障株
            取引関係の維持強化        有
  式会社
        482   526
       315,000   315,000
  三和ホールディ
            取引関係の維持強化        有
  ングス株式会社
        414   432
  株式会社三菱U
       423,000   423,000
  FJフィナン
            取引関係の維持強化        -
  シャル・グルー
        232   294
  プ
       92,500   92,500
  アイホン株式会
            取引関係の維持強化        有
  社
        161   168
       95,400   95,400
  株式会社立花エ
            取引関係の維持強化        有
  レテック
        158   201
       155,000   155,000
  丸八倉庫株式会
            取引関係の維持強化        有
  社
        116   134
       20,000   20,000
  株式会社共立メ
            営業上取引関係の維持強化        -
  ンテナンス
        109   101
       50,000   50,000
  三菱地所株式会
            営業上取引関係の維持強化        -
  社
        100   89
  株式会社西武
       31,000   31,000
  ホールディング          営業上取引関係の維持強化        -
        60   57
  ス
       29,600   29,600
  日本管財株式会
            取引関係の維持強化        有
  社
        58   62
       12,601   12,091
  福山通運株式会
            営業上取引関係の維持強化        -
  社
        53   56
       9,000   45,000
  京葉瓦斯株式会
            取引関係の維持強化        有
  社
        27   29
  株式会社三越伊
       16,041   15,065
  勢丹ホールディ          営業上取引関係の維持強化        -
        17   17
  ングス
       5,651   4,375
  イオンモール株
            営業上取引関係の維持強化        -
  式会社
        10   9
       3,069   2,789
  ダイダン株式会
            営業上取引関係の維持強化        -
  社
        7   6
       1,580   1,183
  京浜急行電鉄株
            営業上取引関係の維持強化        -
  式会社
        2   2
        388   336
  森永製菓株式会
            営業上取引関係の維持強化        -
  社
        1   1
  株式会社T&D
       1,430   1,430
  ホールディング          営業上取引関係の維持強化        -
        1   2
  ス
  (注) 1 定量的な保有効果につきましては記載が困難であります。保有の合理性につきましては、年1回、各銘柄に
    ついて取得価額、評価差額、年間受取配当額、保有目的、取引の経済合理性、安全性に問題が無いか等を取
    締役会に報告し、保有継続の可否について検証しております。
    2 京葉瓦斯株式会社は2018年7月1日付で、5株を1株に変更しております。
   ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

   該当事項はありません。
            4/7



                     EDINET提出書類
                    ホーチキ株式会社(E01802)
                     訂正有価証券報告書
  (訂正後)


   ①  投資株式の区分の基準及び考え方
    当社は、投資株式について、専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とし
   て保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有
   株式)に区分しております。
   ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

   a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
    内容
    当社は、取引関係を維持、強化する目的で取引先の株式を政策的に保有することがあります。                特に防災設備事
   業分野においては、新築物件を受注して、その後のリニューアル・メンテナンスで回収を図るビジネスモデルで
   あるため、営業戦略上、新築物件およびリニューアル物件の受注を目指して保有する場合があります。
   政策保有は経営・営業戦略上の有効な選択肢と考えておりますが、行き過ぎた保有は財務リスクに繋がる恐れが
   あるため、保有開始時の決裁基準及び売却検討基準を定めて、保有をコントロールしております。
   具体的には、①保有目的や取得価額に合理性があること ②安全性に問題が無いこと ③取得価額の総額が原則
   として連結総資産の5%を超えないこと を保有開始の条件としております。
    また、保有開始後においても、年1回、各銘柄について取得価額、評価差額、年間受取配当額、保有目的、取
   引の経済合理性、安全性に問題が無いか等を取締役会に報告し、保有継続の可否について検証しております。
    その結果、上記①②に抵触すると判断した場合は売却を検討しております。
   b.銘柄数及び貸借対照表計上額

           貸借対照表計上額の

         銘柄数
         (銘柄)
           合計額(百万円)
    非上場株式     20     350
    非上場株式以外の株式     20     3,591
   (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

         銘柄数  株式数の増加に係る取得

                 株式数の増加の理由
        (銘柄)  価額の合計額(百万円)
    非上場株式     -      -    -
               7銘柄いずれも既存の保有先である
               が、主に防災事業分野における顧客で
    非上場株式以外の株式     7     564 あり、取引関係の一層の強化を図るた
               めに購入した。なお、6銘柄は保有先
               の持株会を通じて購入した。
   (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

         銘柄数  株式数の減少に係る売却

        (銘柄)  価額の合計額(百万円)
    非上場株式     -      -
    非上場株式以外の株式     -      -
            5/7




                     EDINET提出書類
                    ホーチキ株式会社(E01802)
                     訂正有価証券報告書
   c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

  特定投資株式
      当事業年度   前事業年度
                    当社の株
             保有目的、定量的な保有効果
      株式数(株)   株式数(株)
   銘柄                 式の保有
             及び株式数が増加した理由
     貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
                    の有無
      (百万円)   (百万円)
       200,000   200,000
  住友不動産株式          主として防災事業分野の顧客であり、取引関
                    -
  会社          係の維持強化を図るために保有している。
        917   787
            同社のグループ会社に、主として防災事業分
       409,300   90,000
            野の顧客かつ一部製品の調達先が存在してお
  エア・ウォー
            り保有している。更なる取引関係の維持強化        有
  ター株式会社
            を図ると共に防災事業分野で協業を図るた
        656   186
            め、今回、株式を追加購入している。
       100,000   100,000
  綜合警備保障株          主として情報通信事業分野の顧客であり、取
                    有
  式会社          引関係の維持強化を図るため保有している。
        482   526
            同社のグループ会社に、主として防災事業分
       315,000   315,000
  三和ホールディ
            野の顧客が存在し、取引関係の維持強化を図        有
  ングス株式会社
        414   432
            るため保有している。
  株式会社三菱U
       423,000   423,000
  FJフィナン          融資その他の取引関係の維持強化を図るため
                    -
  シャル・グルー          保有している。
        232   294
  プ
            主として防災事業分野の顧客かつ情報通信事
       92,500   92,500
  アイホン株式会
            業分野の調達先であり、取引関係の維持強化        有
  社
        161   168
            を図るため保有している。
       95,400   95,400
  株式会社立花エ          取引関係の維持強化を図るため保有してい
                    有
  レテック          る。
        158   201
       155,000   155,000
  丸八倉庫株式会          取引関係の維持強化を図るため保有してい
                    有
  社          る。
        116   134
       20,000   20,000
  株式会社共立メ          主として防災事業分野の顧客であり、取引関
                    -
  ンテナンス          係の維持強化を図るため保有している。
        109   101
       50,000   50,000
  三菱地所株式会          主として防災事業分野の顧客であり、取引関
                    -
  社          係の維持強化を図るため保有している。
        100   89
  株式会社西武
       31,000   31,000
            主として防災事業分野の顧客であり、取引関
  ホールディング                  -
            係の維持強化を図るため保有している。
        60   57
  ス
       29,600   29,600
  日本管財株式会          主として防災事業分野の顧客であり、取引関
                    有
  社          係の維持強化を図るため保有している。
        58   62
            主として防災事業分野の顧客であり保有して
       12,601   12,091
  福山通運株式会
            いる。今回、更なる取引関係の維持強化を図        -
  社
        53   56
            るため株式を追加購入した。
       9,000   45,000
  京葉瓦斯株式会          主として防災事業分野の顧客であり、取引関
                    有
  社          係の維持強化を図るため保有している。
        27   29
            同社のグループ会社に、主として防災事業分
       16,041   15,065
  株式会社三越伊
            野の顧客が存在しており保有している。今
  勢丹ホールディ                  -
            回、更なる取引関係の維持強化を図るため株
  ングス
        17   17
            式を追加購入した。
            主として防災事業分野の顧客であり保有して
       5,651   4,375
  イオンモール株
            いる。今回、更なる取引関係の維持強化を図        -
  式会社
        10   9
            るため株式を追加購入した。
            主として防災事業分野の顧客であり保有して
       3,069   2,789
  ダイダン株式会
            いる。今回、更なる取引関係の維持強化を図        -
  社
        7   6
            るため株式を追加購入した。
            同社のグループ会社に、主として防災事業分
       1,580   1,183
  京浜急行電鉄株          野の顧客が存在しており保有している。今
                    -
  式会社          回、更なる取引関係の維持強化を図るため株
        2   2
            式を追加購入した。
            主として防災事業分野の顧客であり保有して
        388   336
  森永製菓株式会
            いる。今回、更なる取引関係の維持強化を図        -
  社
        1   1
            るため株式を追加購入した。
  株式会社T&D          同社のグループ会社に、主として防災事業分
       1,430   1,430
  ホールディング          野の顧客が存在し、取引関係の維持強化を図        -
        1   2
  ス          るため保有している。
  (注) 1 定量的な保有効果につきましては記載が困難であります。保有の合理性につきましては、年1回、各銘柄に
    ついて取得価額、評価差額、年間受取配当額、保有目的、取引の経済合理性、安全性に問題が無いか等を取
    締役会に報告し、保有継続の可否について検証しております。
            6/7


                     EDINET提出書類
                    ホーチキ株式会社(E01802)
                     訂正有価証券報告書
    2 京葉瓦斯株式会社は2018年7月1日付で、5株を1株に変更しております。

   ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

   該当事項はありません。
            7/7



















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。