株式会社N・フィールド 有価証券報告書 第17期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第17期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 株式会社N・フィールド
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      近畿財務局長

    【提出日】                      2020年3月25日

    【事業年度】                      第17期(自       2019年1月1日         至   2019年12月31日)

    【会社名】                      株式会社N・フィールド

    【英訳名】                      N・FIELD  Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長         久保 明

    【本店の所在の場所】                      大阪市北区堂島浜一丁目4番4号アクア堂島東館

    【電話番号】                      06-6343-0600(代表)

    【事務連絡者氏名】                      管理本部長代理経営管理部長 長瀬 達夫

    【最寄りの連絡場所】                      大阪市北区堂島浜一丁目4番4号アクア堂島東館

    【電話番号】                      06-6343-0600(代表)

    【事務連絡者氏名】                      管理本部長代理経営管理部長 長瀬 達夫

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/75









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

           回次           第13期       第14期       第15期       第16期       第17期

          決算年月           2015年12月       2016年12月       2017年12月       2018年12月       2019年12月

     売上高            (千円)      4,351,594       6,089,989       8,024,732       9,392,475       10,482,261

     経常利益            (千円)       486,543       488,893       561,188       513,639       481,391

     当期純利益            (千円)       264,329       250,717       315,608       238,244       200,010

     持分法を適用した
                 (千円)         -       -       -       -       -
     場合の投資利益
     資本金            (千円)       729,500       731,950       731,950       731,950       731,950
     発行済株式総数             (株)     13,175,000       13,210,000       13,210,000       13,210,000       13,210,000

     純資産額            (千円)      1,709,892       1,697,989       1,954,161       2,136,912       2,172,018

     総資産額            (千円)      2,484,018       2,778,782       2,976,754       3,258,658       3,594,437

     1株当たり純資産額             (円)       129.63       130.65       150.32       164.46       168.53

                         5.00       5.00       5.00       5.00       5.00
     1株当たり配当額
                 (円)
     (1株当たり中間配当額)
                         ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     1株当たり当期純利益金
                 (円)       20.06       19.26       24.29       18.34       15.51
     額
     潜在株式調整後
     1株当たり             (円)       20.00       19.25       24.28       18.33         -
     当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        68.8       61.1       65.6       65.6       60.4
     自己資本利益率             (%)        16.8       14.7       17.3       11.6        9.3

     株価収益率             (倍)        64.2       70.5       63.2       51.4       43.3

     配当性向             (%)        24.9       26.0       20.6       27.3       32.2

     営業活動による
                 (千円)       270,656       230,675       255,957       201,562       380,278
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)      △ 73,971      △ 104,240       570,202       △ 81,439      △ 62,671
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)      △ 156,546      △ 194,366      △ 411,337       △ 58,673      △ 167,669
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)       419,688       351,755       766,577       828,026       977,964
     の期末残高
     従業員数
                          478       818      1,103       1,208       1,327
     〔外、平均臨時             (名)
                         〔 51 〕     〔 35 〕     〔 19 〕     〔 23 〕     〔 22 〕
     雇用者数〕
                 (%)        75.9       80.2       91.0       56.5       40.9
     株主総利回り
     (比較指標:配当込み
                 (%)      ( 112.1   )    ( 112.4   )    ( 137.4   )    ( 115.5   )    ( 136.4   )
     TOPIX)
     最高株価             (円)       2,109       2,050       2,160       2,259       1,035
     最低株価             (円)       1,265         760      1,192         871       584

                                  2/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (注) 1  当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については、
          記載しておりません。
        2   売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3  持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
        4   従業員数は就業人員であり、従業員数欄の[外書]は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であ
          ります。
        5 第17期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、希薄化効果を有する潜在株式が存在し
          ないため記載しておりません。
        6 最高株価及び最低株価は、2015年4月16日までは東京証券取引所マザーズ市場、2015年4月17日からは東京
          証券取引所第一部市場における株価を記載しております。
                                  3/75


















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    2 【沿革】
       年月                           概要
     2003年2月        介護保険法に基づく居宅サービス、居宅介護支援、介護予防サービス及びそれらに付随する業務
             を事業目的とした、株式会社N・フィールド(資本金1,000万円)を大阪市中央区に設立。
     2003年3月        本社(大阪市中央区)に「訪問看護ステーション  デューン」を開設。
     2006年10月        本社及び「訪問看護ステーション  デューン」を大阪市中央区から同市内城東区へ移転。
     2007年7月        訪問介護における拠点として本社に「ヘルパーステーション                              デューン」を開設。
             在宅支援における拠点として本社に「ケアプランセンター                             ゆくる」を開設。
     2008年6月        自立支援を促す目的のために、住宅販売・賃貸部門を本社に不動産事業部として新設。
     2010年8月        北海道・東北地方における拠点として「訪問看護ステーション  デューン札幌」を札幌市中央区
             に開設。
     2010年10月        九州地方における拠点として「訪問看護ステーション  デューン福岡」を福岡市博多区に開設。
             関東地方における拠点として「訪問看護ステーション  デューン東京」を東京都杉並区に開設。
     2010年12月        不動産事業の住宅販売部門から撤退。(注)
     2011年1月        精神疾患を持つ方の退院を促進し、社会で生活するための支援の目的で住居を提供する医療連携
             推進部((現)住宅支援部)を新設し、本社に設置。
     2011年7月        中部地方における拠点として「訪問看護ステーション  デューン名古屋」を名古屋市千種区に開
             設。
     2011年8月        「訪問看護ステーション  デューン札幌」を札幌市中央区から同市白石区に移転。
     2011年10月        中国地方における拠点として「訪問看護ステーション                           デューン広島」を広島市中区に開設。
     2011年12月        本社を大阪市城東区から同市内北区に移転。
     2012年8月        「ケアプランセンター            ゆくる」を閉鎖。
             東京証券取引所マザーズに上場。
     2013年8月
             賃貸事業強化を目的として、「医療連携推進部」を「住宅支援部」と「地域医療連携部」に再
     2014年9月
             編。
             北海道支店、東京支店、大阪支店、福岡支店を設置。
     2014年12月
             東京証券取引所第一部へ市場変更。
     2015年4月
             介護事業(「ヘルパーステーション デューン」)を廃止。
     2015年12月
             東京支店を東京都杉並区から同都内新宿区に移転。
     2016年7月
             訪問看護ステーション「デューン沖縄」開設をもって全47都道府県開設達成。
     2017年4月
             大阪支店から名古屋支店と中四国支店を分割。
     2019年4月
             相談支援事業を開始、特定相談支援事業所「Social                        work   office    D&Life」を福岡支店に開設。
     2019年5月
             北海道支店から東北支店を分割。
     2019年9月
      (注)     2010年12月に、不動産事業部門(住宅販売)を廃止し、賃貸部門については、2011年1月に新設した医療連携
         推進部((現)住宅支援部)が引き継いでおります。
                                  4/75








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社は、介護保険制度及び医療保険制度に基づき、高齢者や精神疾患(注1)を持つ方が住み慣れた地域や家庭で
     「安全・安心・快適」な生活を送ることができるよう住環境のサポートや在宅療養の支援を行う「居宅サービス」を
     事業として取り組んでおります。「居宅サービス」では、精神疾患を持つ方に対する、①訪問看護(注2)を主と
     し、②賃貸事業(住宅支援)の居宅事業を運営しております。また、当事業年度より③相談支援事業を開始しており
     ます。なお、当社は単一セグメントであるため、上記事業種別での記載を行っております。
       (注1)精神疾患・・・・・外因性或いは内因性のストレス等による脳(脳細胞或いは「心」)の機能的・器質的な障害をいう。
                  精神の変調が髄膜炎等の身体疾患によって引き起こされる場合もある。
       (注2)訪問看護・・・・・国家資格免許を持った看護師若しくは都道府県知事資格免許を持った准看護師及び保健師等が、保健師助
                  産師看護師法に基づき医師(主治医)の指示により疾病又は負傷を持った人の自宅を訪問し、在宅で療養
                  上の世話又は必要な診療の補助を行う。医療行為を行う点で、訪問介護とは異なる。
     1  当社の事業内容

        ①訪問看護
        訪問看護とは、精神疾患等の疾病を抱えながら生活している方で本人が希望し、主治医が訪問看護を必要と認
       め、主治医から指示書が処方された人に対して、国家資格若しくは都道府県知事資格免許をもった看護師・准看
       護師及び保健師等が在宅で療養上の世話または必要な診療の補助を行なう行為であり、いかにその人らしい生
       活、人生を送れるかということをサポートしていくものであります。当社は、サポートを行うことにより、訪問
       看護料を得ております。訪問看護料は、国民健康保険団体連合会、社会保険診療報酬支払基金より支払われる診
       療報酬及び利用者からの自己負担金で構成されております。
     ※訪問看護料(診療報酬及び自己負担金)が支払われる(売上金入金)までの流れは、下記のとおりとなります。

             項  目                          内  容
       医療機関、(市町村等)行政機関より                医療機関、(市町村等)行政機関より訪問看護の依頼を受け、症状にあったサービスの検
     ①
       訪問看護サービスの相談・依頼                討を行う。
     ②  訪問看護指示書の交付                主治医発行の訪問看護指示書が当社事業所に交付される。
                      当社と利用者との契約締結後の流れ
                      a 日常生活や対人関係の維持、生活技能の獲得・拡大の援助
                      b 家族関係の調整の援助
     ③  訪問看護サービスの提供                c 身体及び精神症状の悪化を防ぐための援助
                      d 医療機関・行政機関等との連携
                      e 社会資源(ヘルパー等の人的サービス、デイケア等の施設サービス)の活用の援助
                      f 対象者の自尊心、問題解決能力、自信、自己肯定を高めるサポート
                      当社事業所より毎月末に、1ヶ月間の利用者の病状、生活状況などを記載した訪問看護計
     ④  医療機関等への情報提供
                      画書・訪問看護報告書を、医療機関・主治医に送付する。
       (市町村等)行政機関への情報提供書                当社事業所より毎月末に、1ヶ月間の利用者の病状、生活状況などを記載した情報提供書
     ⑤
       の送付                を(市町村等)行政機関に送付する。
                      毎月10日までに、前月分の診療報酬請求(レセプト)業務を行い、国民健康保険団体連合
     ⑥  診療報酬請求(レセプト)業務
                      会もしくは社会保険診療報酬支払基金に診療報酬の請求を行う。
                      診療報酬請求(レセプト)の審査が行われ、翌月下旬に国民健康保険団体連合会、社会保
     ⑦  診療報酬の支払い
                      険診療報酬支払基金より前月分の診療報酬が支払われる。
     ⑧  自己負担金の支払い                毎月10日以降に利用者より前月分の自己負担金が支払われる。
                                  5/75





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       ②賃貸事業(住宅支援)
        当社の賃貸事業は、精神疾患を持つ方が地域で安全に、安心して暮らすことができることを目的として、自立
       するための住居の紹介を行うとともに、当社の訪問看護と連携し、地域で快適に生活できるよう支援するサービ
       スを行っております。一般の賃貸会社が行っている賃貸仲介業とは違い、当社が入居者に対する住居検索を行
       い、借主となって物件オーナーと賃貸借契約を結び、その上で入居者に対して当社が貸主となって賃貸借契約を
       結ぶサブリース形式となっており、入居後も当社が相談窓口となって病院やクリニック等の医療機関と連携し、
       安心して住める物件を提供しております。
        また、岡山県及び福岡県において住宅セーフティネット法に基づく住宅支援法人の指定を受けております。
       営業所として以下の拠点を設けております。

     都道府県                      名称                       開設年月
     北海道      住宅支援部 札幌                                    2016年1月
     宮城県      住宅支援部 仙台                                    2016年8月
     東京都      住宅支援部 東京                                    2012年12月
     大阪府      住宅支援部 北大阪                                    2018年4月
     大阪府      住宅支援部 南大阪                                    2018年4月
     岡山県      住宅支援部 岡山                                    2015年1月
     福岡県      住宅支援部 福岡                                    2012年6月
     福岡県      住宅支援部 北九州                                    2018年6月
     沖縄県      住宅支援部 沖縄                                    2017年6月
      ③相談支援事業(計画相談)

        計画相談とは、障害者総合支援法に位置づけられる福祉サービスです。地域で暮らす障害者が自立した日常生
       活、社会生活を営めるよう自宅を訪問してヒアリングし、保健、医療、福祉、就労支援などの社会資源を総合
       的、効率的に提供されるようコーディネートします。計画相談支援を実施できるのは、5年以上の実務経験を基に
       定められた研修を修了した、相談支援専門員という有資格者に限られています。
        ヒアリングからコーディネートまで一連の手続きと、定期的な振り返りの面談に対して計画相談給付費が得ら
       れ、全額が国民健康保険団体連合会から支給されるため、利用者の自己負担はありません。
     2   当社が展開する「訪問看護ステーション                     デューン」について

        ①訪問看護ステーションについて
        当社の訪問看護においては、精神疾患を持つ方に対して、退院後若しくは在宅療養中の利用者の精神症状を観
       察・評価しつつ、通院や服薬確認・指導を行って治療を継続し、時には医師や医療機関の精神保健福祉士、行政
       機関の保健師等と連携し、病状が安定するような医療的な関わりを持っております。それとともに、食事や掃
       除、洗濯、金銭管理、買い物などといった日常生活の状況を観察・評価し、病状によりそれらが困難となった生
       活能力を補うような援助を行い、日常生活における家族間をはじめとした人間関係の調整を図るなどのサポート
       を行うことで、利用者が普通の日常生活を営めるよう、訪問看護ステーション(注3)(当社ブランド名「訪問
       看護ステーション          デューン」)の事業所及び営業所(出張所含む)(注4)を設け、2019年12月31日現在、188
       事業所及び23営業所(出張所含む)の運営を行っております。
       (注3)訪問看護ステーション・・・・訪問看護を行う事業所であり、事業を行うためには訪問看護を行う事業所毎に、介護保険法に
                       基づく訪問看護の場合は都道府県知事の指定を、健康保険法(医療保険等)に基づく訪問看護
                       の場合は地方厚生(支)局長の指定を受ける必要があります。精神疾患を持つ方に対する訪問
                       看護は、精神科を標榜する医療機関及び「訪問看護ステーション」から提供されます。精神科
                       を標榜する医療機関のうち、精神科病院においては、1982年に老人保健の施設として「老人訪
                       問介護ステーション」という名称で創始されましたが、1992年から医療保険の指定訪問看護の
                       一環として精神疾患患者への指定訪問看護を実施するようになりました。全国訪問看護事業協
                       会の調査で、2019年4月1日時点の事業所及び営業所の数(実稼働数)は11,161拠点となって
                       おります。
       (注4)営業所(出張所含む)・・・・本体の訪問看護ステーションと同一都道府県にあり、利用者宅が散在していたり、交通が不便
                       で多くの時間を費やし、効果的な訪問看護ができない地域において、本体の事業所の一体的運
                       営のもとに営業所(出張所含む)の設置が認められています。本体の事業所と営業所(出張所
                       含む)を含めて常勤換算で2.5人以上の員数が必要となります。一般的に「サテライト」と称し
                       ます。
                                  6/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ②当社の「訪問看護ステーション                 デューン」の特徴
       a.精神疾患を持つ方に対する訪問看護を行う専門力
         当社は、精神疾患を持つ方を対象とした訪問看護を行っております。訪問看護は、国家資格若しくは都道府
        県知事資格免許をもった看護師・准看護師が訪問看護を行っております。利用いただく方に対して、専門知識
        と現場経験による高い専門性に基づいたサポート及びサービスを提供しております。
       b.広範囲に展開していることによる対応力
         47都道府県において精神科に特化した訪問看護の事業会社として、事業所及び営業所(出張所含む)を広範
        囲に展開しており、それら各地において培った知識やネットワークを組織として共有することで、利用者の
        様々な要望や悩みに臨機応変に対応しております。
         また、培ったノウハウを社内の人材育成に活かし、さらにきめ細かく対応できるように取り組んでおりま
        す。
       c.地域に根ざした連携力
         在宅医療において、訪問看護を利用いただく方を地域で支えていくためには、地域の住民をはじめとした支
        援施設・団体を知り、それぞれの専門性を活かし連携を密に行うことが必要であります。病院等特定の系列に
        属さない独立型の当社は、より広域かつ柔軟な連携ができ、地域の方の支援を最大限に活用したサービスを提
        供しております。その他、当社の特徴といたしましては後述(下記                                 h.)のとおりとなっております。
       d.精神疾患を持つ方に対し、特定の看護師が、専属的に訪問看護を行うのではなく、複数の看護師がシフト制にて
        訪問看護を実施しております。利用者の病状の共有化を行う事により臨機応変に対応でき、また精神疾患を持つ
        方が、地域社会において今まで以上に自立した生活ができるようなアドバイスをすることで自立心育成の訓練に
        も繋がっております。
       e.当社は、訪問看護計画書、訪問看護報告書、情報提供書の提出を郵送で行うだけでなく、状態のよくない精神疾
        患を持つ方が通院している医療機関や居住地域の行政機関を直接訪問し、訪問看護報告書及び情報提供書の説明
        をすることで精神疾患を持つ方の状況を詳細に報告・共有し、各方面からの最適なサポート体制が構築できるよ
        う努めております。
       f.医療保護入院(注5)、措置入院(注6)等で入院することになった人や、2005年より施行された医療観察法
        (注7)対象者も、当社では医療観察法指定医療機関申請を行った上で訪問いたします。また、病状が重いため
        に、どのように接したらいいのか対応が分からず受け入れを躊躇されるような精神疾患を持つ方でも、当社には
        精神科に特化していることによる様々な症状の対応実績や、対応できるノウハウがあるため、依頼を受けること
        ができます。
       (注5)医療保護入院・・・・指定医の診察した結果、精神障害者であると診断され、入院の必要があると認められた者で保護者の同
                   意がある場合に、精神科病院の管理者が患者本人の同意がなくても精神科病院に入院させることができ
                   る制度。
       (注6)措置入院・・・・・・2人以上の指定医が診察した結果、その者が精神障害者であり、かつ入院させなければその精神障害の
                   ために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあることに一致した場合に、都道府県知事が国もし
                   くは都道府県立の精神科病院又は指定病院に入院させることができる制度。
       (注7)医療観察法・・・・・心神喪失又は心神耗弱の状態(精神障害のために善悪の区別がつかないなど、刑事責任を問えない状
                   態)で、重大な他害行為(殺人等)を行った人に対して、適切な医療を提供し、社会復帰を促進するこ
                   とを目的とした制度。
       g.事業所から遠方の地域に居住している当社を利用する精神疾患を持つ方への交通費は、本来請求することができ
        ます。しかしながら当社では、症状により就労が困難である方の割合が高いこともあり、全ての利用者の方に対
        して交通費を請求しておりません。
       h.当社では、主たる事業所と一体的に運営する営業所(出張所含む)を活用し、広域にわたるネットワークを張り
        巡らし、迅速に、精神疾患を持つ方へ対応できる体制を整えております。営業所(出張所含む)を設けること
        で、情報交換の中継基地として看護師同士がコミュニケーションをとって情報を共有し、より緻密な訪問看護を
        行っております。
       i.開設・展開に係る方針といたしましては、厚生労働省が調査した、地域保健医療基礎統計を中心にニーズのある
        地域で、精神障がいの総患者数の総数の上位の都道府県は開設することを前提としております。エリア別・ター
        ゲット別(国勢調査データ)のデータ集積を行い、以下のような具体的な条件を参考に事業所等の開設候補地域
        の選定を行っております。
         a.都道府県-指定都市-中核市別にみた保険指標総覧、病院数、および看護師就業人数
                                  7/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
         b.精神障害者数、精神科医療機関数、病床数、精神科入院期間比較、および措置入院数等を比較して、精神
          患者数が多く、入院期間が短いエリア。
                                                2019年12月31日現在






     都道府県                      名称                       開設年月
     北海道      訪問看護ステーション デューン札幌                                    2010年8月
     北海道      訪問看護ステーション デューン札幌西                                    2016年1月
     北海道      訪問看護ステーション デューン江別                                    2016年7月
     北海道      訪問看護ステーション デューン札幌北                                    2018年4月
     北海道      訪問看護ステーション デューン札幌東                                    2018年11月
     北海道      訪問看護ステーション デューン旭川 (注)1                                    2019年7月
     青森県      訪問看護ステーション デューン青森                                    2016年5月
     岩手県      訪問看護ステーション デューン盛岡                                    2014年9月
     岩手県      訪問看護ステーション デューン北上                                    2017年6月
     宮城県      訪問看護ステーション デューン仙台                                    2011年10月
     宮城県      訪問看護ステーション デューン泉                                    2013年1月
     宮城県      訪問看護ステーション デューン泉 宮城野営業所                                    2017年6月
     秋田県      訪問看護ステーション デューン秋田                                    2015年8月
     山形県      訪問看護ステーション デューン山形                                    2016年1月
     福島県      訪問看護ステーション デューン郡山                                    2016年6月
     福島県      訪問看護ステーション デューン福島                                    2018年9月
     茨城県      訪問看護ステーション デューン水戸                                    2016年8月
     栃木県      訪問看護ステーション デューン宇都宮                                    2016年2月
     栃木県      訪問看護ステーション デューン小山                                    2017年6月
     栃木県      訪問看護ステーション デューン那須塩原                                    2018年2月
     群馬県      訪問看護ステーション デューン高崎                                    2016年3月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン越谷                                    2012年2月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン大宮                                    2012年2月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン川越                                    2012年2月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン富士見                                    2014年10月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン熊谷                                    2015年3月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン川口                                    2016年1月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン上尾                                    2016年5月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン武蔵浦和                                    2016年9月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン春日部                                    2016年12月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン坂戸                                    2017年3月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン所沢                                    2017年5月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン加須                                    2018年4月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン大宮東                                    2018年9月
     埼玉県      訪問看護ステーション デューン鴻巣 (注)1                                    2019年2月
     千葉県      訪問看護ステーション デューン船橋                                    2012年2月
     千葉県      訪問看護ステーション デューン千葉                                    2012年3月
     千葉県      訪問看護ステーション デューン千葉 鎌取出張所                                    2018年8月
     千葉県      訪問看護ステーション デューン千葉 佐倉出張所                                    2015年2月
     千葉県      訪問看護ステーション デューン松戸                                    2015年3月
     千葉県      訪問看護ステーション デューン幕張                                    2016年1月
                                  8/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     都道府県                      名称                       開設年月
     千葉県      訪問看護ステーション デューン市川                                    2016年12月
     千葉県      訪問看護ステーション デューン津田沼                                    2017年6月
     千葉県      訪問看護ステーション デューン松戸 柏出張所 (注)1                                    2019年4月
     東京都      訪問看護ステーション デューン荻窪 (注)2                                    2010年10月
     東京都      訪問看護ステーション デューン八王子                                    2012年1月
     東京都      訪問看護ステーション デューン町田                                    2012年3月
     東京都      訪問看護ステーション デューン町田 多摩営業所                                    2016年3月
     東京都      訪問看護ステーション デューン町田 鶴川営業所                                    2017年2月
     東京都      訪問看護ステーション デューン葛飾                                    2012年6月
     東京都      訪問看護ステーション デューン葛飾 金町営業所                                    2016年6月
     東京都      訪問看護ステーション デューン新宿                                    2012年7月
     東京都      訪問看護ステーション デューン池袋 (注)3                                    2014年2月
     東京都      訪問看護ステーション デューン池袋 文京営業所                                    2014年2月
     東京都      訪問看護ステーション デューン世田谷                                    2012年7月
     東京都      訪問看護ステーション デューン世田谷 烏山営業所                                    2016年2月
     東京都      訪問看護ステーション デューン渋谷 (注)4                                    2014年1月
     東京都      訪問看護ステーション デューン足立                                    2012年7月
     東京都      訪問看護ステーション デューン足立 王子営業所                                    2014年1月
     東京都      訪問看護ステーション デューン練馬                                    2012年12月
     東京都      訪問看護ステーション デューン大泉学園 (注)5                                    2016年9月
     東京都      訪問看護ステーション デューン江戸川                                    2013年11月
     東京都      訪問看護ステーション デューン江戸川西 (注)6                                    2017年3月
     東京都      訪問看護ステーション デューン江東                                    2014年1月
     東京都      訪問看護ステーション デューン板橋                                    2014年1月
     東京都      訪問看護ステーション デューン東武練馬 (注)7                                    2016年2月
     東京都      訪問看護ステーション デューン府中                                    2014年1月
     東京都      訪問看護ステーション デューン府中 国分寺営業所 (注)1                                    2019年3月
     東京都      訪問看護ステーション デューン品川                                    2014年1月
     東京都      訪問看護ステーション デューン品川 目黒営業所                                    2014年2月
     東京都      訪問看護ステーション デューン荒川                                    2014年2月
     東京都      訪問看護ステーション デューン武蔵野                                    2015年2月
     東京都      訪問看護ステーション デューン立川 (注)8                                    2015年2月
     東京都      訪問看護ステーション デューン武蔵野 東久留米営業所                                    2016年3月
     東京都      訪問看護ステーション デューン月島                                    2015年4月
     東京都      訪問看護ステーション デューン大森                                    2011年11月
     東京都      訪問看護ステーション デューン大森 蒲田営業所                                    2016年2月
     東京都      訪問看護ステーション デューン多摩境                                    2016年12月
     東京都      訪問看護ステーション デューン高円寺                                    2016年12月
     東京都      訪問看護ステーション デューン高円寺 方南町営業所 (注)1                                    2019年8月
     東京都      訪問看護ステーション デューン大島                                    2017年4月
     東京都      訪問看護ステーション デューンお花茶屋                                    2017年6月
     神奈川県      訪問看護ステーション デューン横浜                                    2012年2月
     神奈川県      訪問看護ステーション デューン川崎                                    2015年1月
     神奈川県      訪問看護ステーション デューン小田原                                    2017年4月
     神奈川県      訪問看護ステーション デューン藤沢                                    2017年11月
     神奈川県      訪問看護ステーション デューン相模原                                    2018年7月
     神奈川県      訪問看護ステーション デューン横須賀 (注)1                                    2019年10月
     新潟県      訪問看護ステーション デューン新潟                                    2016年1月
     新潟県      訪問看護ステーション デューン阿賀野                                    2018年3月
     富山県      訪問看護ステーション デューン富山                                    2015年11月
     石川県      訪問看護ステーション デューン金沢                                    2016年1月
     福井県      訪問看護ステーション デューン福井                                    2015年9月
     山梨県      訪問看護ステーション デューン甲府                                    2016年8月
     長野県      訪問看護ステーション デューン長野                                    2016年12月
     長野県      訪問看護ステーション デューン松本                                    2018年6月
     岐阜県      訪問看護ステーション デューン岐阜                                    2016年2月
     静岡県      訪問看護ステーション デューン浜松早馬                                    2016年9月
     愛知県      訪問看護ステーション デューン名古屋                                    2011年7月
     愛知県      訪問看護ステーション デューン名東 (注)9                                    2015年2月
     愛知県      訪問看護ステーション デューン熱田                                    2013年6月
     愛知県      訪問看護ステーション デューン熱田 緑営業所 (注)1                                    2019年12月
     愛知県      訪問看護ステーション デューン西三河                                    2015年4月
     愛知県      訪問看護ステーション デューン一宮                                    2016年11月
     愛知県      訪問看護ステーション デューン中村                                    2018年2月
     三重県      訪問看護ステーション デューン四日市                                    2016年9月
     滋賀県      訪問看護ステーション デューン草津                                    2015年5月
     京都府      訪問看護ステーション デューン京都                                    2014年5月
     京都府      訪問看護ステーション デューン二条                                    2015年3月
                                  9/75


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     都道府県                      名称                       開設年月
     京都府      訪問看護ステーション デューン宇治                                    2016年5月
     京都府      訪問看護ステーション デューン山科                                    2016年7月
     京都府      訪問看護ステーション デューン伏見桃山                                    2018年4月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン                                    2003年3月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン西大阪                                    2010年3月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン西大阪 本町営業所                                    2017年3月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン北大阪                                    2005年8月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン十三 (注)10                                    2016年4月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン上新庄 (注)11                                    2017年3月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン南大阪                                    2005年12月
           訪問看護ステーション デューン南大阪                高石営業所
     大阪府                                          2018年5月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン京阪                                    2010年3月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン牧野 (注)12                                    2017年1月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン泉佐野                                    2011年12月
           訪問看護ステーション デューン泉佐野                阪南営業所
     大阪府                                          2018年4月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン河内長野                                    2012年8月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン河内長野 富田林営業所                                    2016年3月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン河内長野 三日市営業所                                    2016年12月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン東大阪                                    2013年3月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン平野                                    2014年1月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン住之江                                    2014年1月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン住之江 住吉営業所                                    2015年10月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン堺中区                                    2014年1月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン天王寺                                    2014年3月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン豊中                                    2014年8月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン豊中 石橋営業所                                    2017年6月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン浪速                                    2014年8月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン松原                                    2014年12月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン大阪福島                                    2015年1月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン岸和田                                    2015年1月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン吹田                                    2015年9月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン茨木                                    2016年3月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン門真                                    2016年6月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン和泉府中                                    2016年9月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン天満                                    2017年1月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン東住吉                                    2017年2月
     大阪府      訪問看護ステーション デューン東成 (注)1                                    2019年8月
     兵庫県      訪問看護ステーション デューン尼崎                                    2015年3月
     兵庫県      訪問看護ステーション デューン神戸                                    2015年6月
     兵庫県      訪問看護ステーション デューン宝塚                                    2017年4月
     奈良県      訪問看護ステーション デューン奈良                                    2014年4月
     奈良県      訪問看護ステーション デューン橿原                                    2015年3月
     奈良県      訪問看護ステーション デューン生駒                                    2017年6月
     和歌山県      訪問看護ステーション デューン和歌山                                    2015年2月
     鳥取県      訪問看護ステーション デューン米子                                    2015年10月
     島根県      訪問看護ステーション デューン松江                                    2016年1月
     岡山県      訪問看護ステーション デューン岡山                                    2014年1月
     岡山県      訪問看護ステーション デューン倉敷                                    2016年2月
     岡山県      訪問看護ステーション デューン岡山西大寺                                    2016年11月
     岡山県      訪問看護ステーション デューン岡山西口                                    2016年12月
     岡山県      訪問看護ステーション デューン岡山南                                    2017年5月
     岡山県      訪問看護ステーション デューン新倉敷                                    2018年4月
     広島県      訪問看護ステーション デューン広島                                    2011年10月
     広島県      訪問看護ステーション デューン福山                                    2015年4月
     広島県      訪問看護ステーション デューン呉                                    2015年10月
     広島県      訪問看護ステーション デューン広島西                                    2016年9月
     広島県      訪問看護ステーション デューン東広島                                    2018年8月
     広島県      訪問看護ステーション デューン広島北 (注)1                                    2019年4月
     広島県      訪問看護ステーション デューン尾道 (注)1                                    2019年11月
     山口県      訪問看護ステーション デューン山口                                    2016年7月
     山口県      訪問看護ステーション デューン下関                                    2017年6月
     徳島県      訪問看護ステーション デューン徳島                                    2016年6月
     香川県      訪問看護ステーション デューン高松                                    2015年4月
     愛媛県      訪問看護ステーション デューン松山                                    2015年10月
     愛媛県      訪問看護ステーション デューン西条 (注)1                                    2019年9月
     高知県      訪問看護ステーション デューン高知                                    2016年7月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン福岡                                    2010年10月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン北九州                                    2011年7月
                                 10/75


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     都道府県                      名称                       開設年月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン久留米                                    2012年1月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン太宰府                                    2014年3月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン中間                                    2014年5月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン門司                                    2015年2月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン八幡                                    2015年10月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン柳川                                    2016年6月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン姪浜                                    2016年10月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン小倉南                                    2016年10月
     福岡県      訪問看護ステーション デューン福岡東                                    2017年6月
     佐賀県      訪問看護ステーション デューン佐賀                                    2014年2月
     佐賀県      訪問看護ステーション デューン鳥栖                                    2017年6月
     佐賀県      訪問看護ステーション デューン武雄 (注)1                                    2019年4月
     長崎県      訪問看護ステーション デューン佐世保                                    2016年3月
     長崎県      訪問看護ステーション デューン長崎                                    2018年7月
     長崎県      訪問看護ステーション デューン諫早 (注)1                                    2019年6月
     熊本県      訪問看護ステーション デューン熊本                                    2011年3月
     熊本県      訪問看護ステーション デューン南熊本                                    2015年6月
     熊本県      訪問看護ステーション デューン光の森                                    2016年10月
     熊本県      訪問看護ステーション デューン八代                                    2017年5月
     熊本県      訪問看護ステーション デューン東熊本                                    2018年4月
     熊本県      訪問看護ステーション デューン西熊本                                    2018年11月
     大分県      訪問看護ステーション デューン大分                                    2015年10月
     大分県      訪問看護ステーション デューン別府                                    2016年10月
     大分県      訪問看護ステーション デューン佐伯                                    2017年6月
     大分県      訪問看護ステーション デューン中津                                    2018年4月
     宮崎県      訪問看護ステーション デューン宮崎                                    2011年10月
     宮崎県      訪問看護ステーション デューン南宮崎                                    2015年7月
     宮崎県      訪問看護ステーション デューン都城                                    2016年10月
     宮崎県      訪問看護ステーション デューン西都                                    2018年7月
     鹿児島県      訪問看護ステーション デューン鹿児島                                    2012年1月
     鹿児島県      訪問看護ステーション デューン谷山                                    2015年6月
     鹿児島県      訪問看護ステーション デューン北薩 (注)1                                    2019年3月
     沖縄県      訪問看護ステーション デューン沖縄                                    2017年4月
     沖縄県      訪問看護ステーション デューン名護 (注)1                                    2019年8月
     (注) 1 当事業年度中に開設した拠点であります。
        2 デューン東京より名称を変更いたしました。(2019年8月)
        3 デューン新宿 豊島営業所より形態を変更いたしました。(2019年4月)
        4 デューン世田谷 幡ヶ谷営業所より形態を変更いたしました。(2019年9月)
        5 デューン練馬 大泉営業所より形態を変更いたしました。(2019年4月)
        6 デューン江戸川 一之江営業所より形態を変更いたしました。(2019年3月)
        7 デューン板橋 東武練馬営業所より形態を変更いたしました。(2019年6月)
        8 デューン武蔵野 立川営業所より形態を変更いたしました。(2019年9月)
        9 デューン名古屋 藤が丘営業所より形態を変更いたしました。(2019年10月)
        10 デューン北大阪 十三営業所より形態を変更いたしました。(2019年4月)
        11 デューン北大阪 上新庄営業所より形態を変更いたしました。(2019年11月)
        12 デューン京阪 星田出張所より形態を変更いたしました。(2019年5月)
        13 デューン新宿 神楽坂営業所は2019年8月にデューン新宿へ統合いたしました。
                                 11/75







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     ※当社の事業系統図を示すと以下のとおりとなります。
                                 12/75




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    (参考)
    1.  訪問看護と訪問介護の違い
                        訪問看護                     訪問介護
      対象となる患者         肉体的・精神的疾患を抱える在宅療養者                       高齢者、障がい者
      根拠となる法令         健康保険法、介護保険法、障害者総合支援法                       介護保険法、障害者総合支援法
      従事する有資格者         正看護師、准看護師、保健師                       ホームヘルパー等
       ケアの内容        「医療行為」を基本に利用者の健康・生活状態全般                       身体介護、生活援助
                                      介護保険適用:訪問介護に要する費用(各加算
               医療保険適用:訪問看護に要する費用(基本療養費、管
                                      等)1割
               理療養費、各加算等)の1~3割
                                      生活保護受給者の方に関して負担なし
               介護保険適用:訪問看護に要する費用(各加算等)の1
        利用料
               割
               自立支援医療制度受給者の方について負担軽減
               生活保護受給者の方に関して負担なし
    2. 精神疾患を持つ方に対する訪問看護の現状について

      我が国は、国民の4人に1人が65歳以上という超高齢化社会に伴う医療福祉などの社会保障費の増大、税収の減少
     などが要因となり、大幅な財政状況の悪化に陥っております。その状況を改善するため、社会保障費の抑制を図って
     いく必要があるものと考えられます。医療費の中の一般診療医療費については、入院費と入院外費(外来通院費)が
     あり、共に年々増加傾向にあります。2018年度の入院費は17.3兆円(対前年比2.0%増)、入院外費は14.6兆円(対前
     年比1.0%増)となっております。入院費を削減するためには、在宅医療を整備する必要があり、訪問看護の整備が急
     務とされております。(厚生労働省 2018年度医療費の動向より数値を参照)
      現在、日本国内では団塊の世代が2025年頃までに後期高齢者に達することにより、介護・医療費等社会保障費の急
     増が懸念されている所謂「2025年問題」への対策を進めています。現在、全国の医療機関において統合失調症などで
     精神科に入院している患者は全体で28万9千人ですが、この内64%を占める長期入院患者を2020年度末までに2万8千~
     3万9千人削減する事を目標として設定しています。
      在宅治療を行なっている精神疾患を持つ方の中には、自身が病気であるという「病識」が乏しいため、服薬が中断
     し、通院治療(注8)までもが中断に至ってしまうケースが少なくありません。そのため、症状が再発ないし悪化
     し、迷惑行為(注9)や逸脱行為(注10)が出現し、日常生活が困難となり、その結果、再入院に至ってしまうケー
     スが多くあり、在宅治療が中断しやすい傾向にあります。そのため、入院期間の短縮化や退院後の在宅治療における
     医療的な側面からサポートを行う訪問看護が必要不可欠となっております。
       (注8)通院治療・・・・・・・・・入院等することなく自宅から医療機関に赴き治療を行う事。
       (注9)迷惑行為・・・・・・・・・公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等で、地域の住民生活の平穏を阻害させる行為。
       (注10)逸脱行為・・・・・・・・・社会や集団における社会的規範や価値観から逸脱した行為。
                                 13/75









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
       該当事項はありません。
    5 【従業員の状況】

     (1) 提出会社の状況
                                              2019年12月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
         1,327   [ 22 ]          39.8              2.5             4,446

             事業部門別の名称                            従業員数(名)

     居宅事業部門                                     1,281   [11]

     全社(共通)                                       46 [ 11 ]

                合計                         1,327   [ 22 ]

     (注) 1  従業員数は就業人員であります。
        2   従業員数欄の[外書]は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
            なお、臨時従業員とは、正社員以外の直接雇用者(契約社員、パート社員)であります。
        3   平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        4 平均年間給与は、中途入社者、臨時従業員を除く期末在籍者数を基に計算しております。
     (2) 労働組合の状況

       労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円滑に推移しております。
                                 14/75












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

     (1)会社の経営の基本方針
       当社は、「私たちは、地域社会における在宅医療サービスを通じて、安全・安心・快適な生活環境を創造し、
      人々のライフプランに貢献します。」を経営理念とし、次の行動指針を掲げ、事業の発展及び株主利益の拡大と同
      時に地域社会へ貢献していくことを目指しています。
       (行動指針)
        いついかなる時も人として良識と倫理観を持ち責任ある行動をとります。
         ①利用者様最優先:常に利用者様を第一に考え、迅速に対応いたします。
         ②地域密着:地域社会と連携できるよう、自分の目と耳で確かめます。
         ③プロ意識:すべてのサービスにおいて最高水準を目指します。
         ④チャレンジ:新しいことに積極的に挑戦し、自己改革に取り組みます。
         ⑤社会奉仕:社会奉仕の精神をもって、地域と良好な関係を築きます。
     (2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な経営指標等

       当社は中期経営計画において、社会的課題の解決に向けた次世代の医療サービス提供を可能とする企業を目指し
      ております。その結果として2025年12月期までのPHASE3において営業利益率10%以上を実現することとしておりま
      すが、営業利益率10%以上は目標としているものではなく、目指す企業像の達成の結果として実現するものととら
      えております。
       なお当社は、その業態から労務費が費用の構成の主要な項目となります。今後も積極的な事業所及び営業所の開
      設を実施していく中、看護師採用も通年で行ってまいります。このように拠点開設・人員採用により費用負担が増
      加するため、売上の確保が企業業績に大きな影響を及ぼします。このため当社では、訪問における移動効率及び稼
      働率の向上を図り、売上を継続的に伸長させることを重視しております。
     (3)中長期的な会社の経営戦略及び対処すべき課題

       当社は、日本国内における団塊の世代が75歳を超え、後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人
      が75歳以上となるいわゆる「2025年問題」を迎えるにあたり、精神科訪問看護サービスにおけるこれまでの企業運
      営方法や職場環境を見直し、社会的課題の解決に向けた次世代の医療サービス提供を可能とする企業を目指し、中
      期経営計画「NEXT         FIELD   2025」を策定し当事業年度より取組みを行っております。
       中期経営計画において、2020年12月期から2022年12月期まではPHASE2として「医療サービス拡充とアライアンス
      強化による次世代成長エンジンの構築」を図ってまいりますが、当社は、以下の項目を重要課題として認識し、取
      り組んで参ります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末において当社が判断したものであります。
      ① 収益性の向上
        当社は、利用者の継続的な増加により増収を続けてきましたが、一方で営業利益は直近2事業年度連続で減
       益、営業利益率は東京証券取引所第一部に上場して以降、低下し続けており、収益性の改善が最重要課題である
       と認識しております。
        当社は、訪問を行う看護師等の定着率の向上が、経験や技能の向上による訪問件数増加及び採用費用の抑制を
       通じて収益性の向上に繋がると考えております。この考えに基づき当事業年度は看護師等の定着を優先して取り
       組み、その結果、課題であった一般看護師の在籍年数は、社内教育や福利厚生の充実により確実な伸長を見せて
       おります。一方で当社の主要業績指標である看護師一人当たりの月間訪問件数(以下、稼働と表記)は前年対比
       で悪化致しました。今後は看護師等の負荷に配慮しつつ稼働の改善を図り、収益性の向上に取り組んで参りま
       す。
        また、採用費用につきましても、紹介エージェント企業に対する人材紹介手数料は価格の適正化により当事業
       年度において大幅な削減を達成いたしました。今後も、紹介エージェント企業との関係を強化し、適正な価格で
       の支払いを継続するとともに、従業員紹介や直接採用の比率の増加にも努め、採用費用の抑制を図って参りま
       す。
                                 15/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ② 医療サービスの拡充
         当社では精神科に特化した訪問看護を主たる事業として運営しておりますが、サービスを提供する対象であ
       る利用者の数には地域差があります。全国的なさらなる利用者数の拡大のためには、精神科在宅医療に係る周辺
       領域の事業を取り込むことも課題と認識しております。
        当事業年度において岡山県と福岡県より居住支援法人の指定を受けたことで、当社の住宅支援サービスに対す
       る認知度及び信頼感の向上が見込めるため、居住確保要配慮者を対象とした住宅支援の更なる向上を図って参り
       ます。また当事業年度には相談支援事業を立ち上げており、相談支援事業を利用者・医療機関・行政機関・福祉
       サービス提供機関の新たな窓口として、地域でのネットワークを強化し、利用者の利便性の向上を図るととも
       に、新たな利用者の取り込みも強化致します。さらに、精神療法に作業療法を加えることで、ご利用者様の状態
       の安定化と治療の継続に一定の効果が期待できることを踏まえ、今後は看護師と同様に単独での診療報酬が得ら
       れる作業療法士を増員し、訪問件数の増分を図るとともに、更なるサービスの拡充に取り組んで参ります。
      ③ アライアンスの強化
        2019年6月にTMS(経頭蓋磁気刺激)治療が保険診療化されるなど精神医療を取り巻く環境は変化し続けており
       ます。当社では、環境の変化に対応すべく、外部の関係機関とのアライアンスを強化し、次世代の在宅医療サー
       ビスを構築することが課題だと認識しております。
        当事業年度においては本課題への対応の一環として、東京大学との研究協力を開始致しました。この取り組み
       を継続してゆくとともに、これまでに築いたネットワークを活用することで、さらなる機会を模索し、今後も外
       部関係機関とのアライアンスを強化して参ります。
       また、引き続き内部統制システムの構築を推し進め、ガバナンスを強化するととともに情報セキュリティ、労務

      管理を始めとしたコンプライアンス体制の構築に取り組んで参ります。
                                 16/75













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      以下において、当社事業展開上のリスク要因になる可能性があると考えられる主な事項を記載しております。ま
     た、当社として必ずしも事業上のリスクとは考えていない事項についても、投資判断上あるいは当社の事業活動を理
     解する上で重要と考えられる事項については、投資者に対する積極的な情報開示の観点から記載しております。当社
     は、これらのリスクの発生可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針であり、当社株
     式等に関する投資判断は本項及び本項以外の記載内容も合わせて慎重に判断した上で行われる必要があると考えてお
     ります。
      文中における将来に係る事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)   事業展開のための人員確保について

       当社は精神疾患を持つ方への訪問看護を展開するにあたり、事業所及び営業所(出張所含む)数の拡大に伴う看
      護師の積極的な採用を行い、組織体制の強化及び利用者ニーズの高い住居提供サービス等を充実させ、地域周辺の
      コミュニケーションを進めていくことで、事業間の相乗効果を図っていく方針であります。
       求職している看護師の中で、精神科に従事した経験を有する看護師を見出すことには限界があると考えられま
      す。当社では、精神科が初めての看護師でも安心して働けるようにOJT制度による木目細かい育成を行い、管理職に
      対するマネジメント研修を行うなど社内教育体制等を整えて、安定した看護師の人員確保に努めております。しか
      し、今後、安定した看護師の採用及び看護師の確保が行えない場合や、当社人員計画と大幅に乖離した場合には、
      経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)   訪問看護事業に関する法的規制について

      ①  訪問看護の医療及び介護報酬に係るリスク
        当社は、「医療保険制度」「介護保険制度」それぞれに基づく訪問看護を行っております。医療保険制度に基
       づく診療報酬は、2年に1回、介護保険制度に基づく介護報酬は、3年に1回改定が行われます。
        2018年度では診療報酬と介護報酬の同時改定が実施されましたが、在宅医療にとっては大きな変動は無く、当
       社にとっては、ほとんど影響のない内容でした。しかし、今後診療報酬及び介護報酬の見直しにより大幅な下方
       の改定が行われた場合には、経営成績及び財政状態に重要な影響を及ぼす可能性があります。
      ②  訪問看護事業に必要な指定に係るリスク
        当社は訪問看護の事業を行うために、介護保険法に基づく「指定居宅サービス事業者」の指定を都道府県知事
       から受けております。また、医療保険の訪問看護を行うために、健康保険法に基づく「指定訪問看護事業者」の
       指定を受けております。それぞれの指定には、従業者の資格要件、人員要件、設備要件及び運営要件が規定され
       ており、これらの規定に従って事業を遂行する必要があります。訪問看護事業に必要な指定に関しましては、以
       下の通りとなっております。
     (許認可等の状況)
     取得    所管官庁        許認可名称          許認可内容         有効期限         主な許認可取消事由

               指定居宅サービス事業者           介護保険法の訪問看護                介護保険法  第77条(指定の取消し等)
          都道府県
     当社                    介護保険法の介護予防
               指定居宅介護予防サービ
                                   6年毎の更新      介護保険法  第84条(指定の取消し等)
               ス事業者
     各事業所                     訪問看護
         厚生労働省
               指定訪問看護事業者           健康保険法の訪問看護                健康保険法  第95条(指定の取消し等)
         地方厚生局
        当社では、看護師の入退職及び事業所及び営業所(出張所含む)の開設・移転時に、居宅事業本部からの情報

       を受けて管理本部が必要な準備・手続きをしていくという内部牽制によって、基準の確認及び変更に必要な届出
       を怠らないように細心の注意を払っております。しかし、万が一、これら基準を遵守できなかった場合や診療報
       酬及び介護報酬等を不正に請求した場合などにおいては、指定の取消または停止処分を受ける可能性があり、経
       営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 17/75




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ③  自立支援医療(公費負担医療)に係るリスク
        当社は、精神疾患を持つ方を対象とした訪問看護を行っております。心身障がい者等が、心身の障がいの状態
       の軽減を図れるよう障害者総合支援法による自立支援医療(公費負担医療)を提供するため、当社は障害者総合支
       援法に基づく「指定自立支援医療機関(精神通院医療)」の指定を都道府県知事から受けており、当社の利用者の
       大半が「障害者総合支援法」の制度の適用を受けております。
        当社は「訪問看護事業に必要な指定に係るリスク」で記載しました通り、社内において細心の注意を払い管理
       しておりますが、万が一「指定居宅サービス事業者」または、「指定訪問看護事業者」の指定要件が満たせなく
       なった場合、利用者に対して自立支援医療(公費負担医療)を提供できず訪問看護利用料の利用者負担割合が増
       し、利用者が訪問看護を利用しにくくなり、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。また、自
       立支援医療(公費負担医療)の制度改定が行われた場合には、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があり
       ます。
     (3)   訴訟リスクについて

       当社の看護師は、主治医の指示書に基づき訪問看護を行っております。また、当社は訪問看護を提供する看護師
      に対して、社内及び外部機関を利用した徹底した教育研修を実施し、多様な状況に対応出来るためのマニュアルの
      整備等により、事故の発生防止や緊急事態に対応出来るように取り組んでおります。
       しかし、利用者の病状悪化等による訴訟等で過失責任が問われるような事態が生じた場合には、経営成績及び財
      政状態に影響を与える可能性があります。
     (4)   個人情報の漏洩について

       当社は事業を運営するにあたり、利用者あるいはその家族の重要な個人情報を取り扱っております。当社は、情
      報管理につきまして情報漏洩防止の厳重な対策を講じていますが、万が一システム等から情報が流出するなどし
      て、当社の信用が低下した場合には、経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
     (5)   風評等の影響について

       当社の事業は、利用者やその家族のみならず地域住民や行政・医療機関に係る方々からの信頼のもとに成り立つ
      ものと認識しております。当社の従業員には企業理念を浸透させ、安定的かつ質の高い訪問看護を提供するよう指
      導、教育を行っています。しかしながら従業員の不祥事等何らかの事象の発生や、当社に対して不利益な情報や風
      評が流れた場合には、経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
     (6)   大規模な災害や感染症流行の影響について

       当社は全国的に事業所及び営業所(出張所含む)を開設し事業展開を行っておりますが、大規模な地震、台風等
      災害の発生により事業所及び営業所(出張所含む)や看護師並びに利用者が損害を被った場合、また、全国的なイ
      ンフルエンザ等の感染症が流行して看護師等が感染した場合等、訪問活動が出来ない事態が生じることで経営成績
      及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
     (7)利益還元について

       当社は将来に向けた事業の拡大に向け、必要な人材の確保・育成及び事業所及び営業所の新規開設にかかる設備
      投資を行うため、また迅速な経営に備える為、内部留保の充実が重要であると認識しております。しかし、株主に
      対する利益還元として配当を行うことも重要な経営課題であると認識しており、2015年12月期より期末配当を実施
      いたしております。今後も、財務状態及び経営成績を勘案しながら配当の実施を行っていく方針であります。しか
      しながら、当社の業績が計画通り進展しない場合他、当社の業績が悪化した場合等には、継続的に配当を行えない
      可能性があります。
                                 18/75




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (8)新規事業所等開設時の先行コスト負担について
       新たな訪問看護事業所の出店に際しては、介護保険法に基づく「指定居宅サービス事業者」の指定を都道府県知
      事から受ける必要があります。この指定を受けるためには指定の2ヶ月前までに申請を行うこととなりますが、申
      請時において所定の人員基準、設備基準及び運営基準を満たしている必要があります。このため、新規出店の際に
      は基準を満たすための先行投資を伴うことから、新規出店が集中する場合には、各種費用負担の増加が当社の経営
      成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。なお、現在、当社では年度当たりの出店数は20前後で推移し
      ており、新規出店に係る先行投資による影響は軽微であります。
                                 19/75


















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況
     の概要並びに経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析、検討内容は次のとおりでありま
     す。なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。また当社は居宅事業部
     門の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は行っておりません。
     (1)  財政状態
      (資産)
        当事業年度末の資産合計は3,594,437千円となり、前事業年度末から335,778千円増加しました。減価償却の進
       展により無形固定資産が減少するなどしましたが、増収に伴い売掛金が増加したほか、現金及び預金が増加する
       などしております。
      (負債)
        当事業年度末における負債合計は1,422,418千円となり、前事業年度末から300,672千円増加しました。未払法
       人税等が増加したほか、従業員数の増加などに伴い、給与等の未払金及び退職給付引当金等が増加するなどして
       おります。
      (純資産)
        当事業年度末における純資産は2,172,018千円となり、前事業年度末から35,106千円増加しました。自己株式の
       取得を行い残高が増加したものの、利益剰余金が増加致しました。
     (2)  経営成績

      当事業年度における我が国の経済は、企業業績や雇用環境の改善が続くなど、緩やかな回復基調が継続致しまし
     た。一方で米国と中国の通商問題の長期化や中東において地政学的リスクが高まるなど、景気の先行きについては不
     透明な状況が継続しております。
      我が国の精神疾患に係る医療環境については、厚生労働省の公表資料によれば、退院患者の平均在院日数が「精神
     及び行動の障害」の分類では減少傾向にあるなど、「入院医療中心から地域生活中心」へのシフトが明らかになって
     おります。これに伴って、今後も質の高い在宅医療・訪問看護の確保の重要性が高まっていくものと考えておりま
     す。一方で他の業界と同じく医療業界においても人手不足が顕著になっており、人員の確保が重要な課題となってお
     ります。
      このような状況のもと、当社は精神科訪問看護サービスの提供をさらに進めるため、新たに11事業所、3営業所及
     び1出張所を開設したほか、9営業所及び1出張所の事業所化を行いました。また、より地域に密着した看護の提供
     及び事業所運営の実現のため、従来の北海道支店を北海道支店及び東北支店に、大阪支店を名古屋支店、大阪支店及
     び中四国支店にそれぞれ分割を行いました。
      さらに中期経営計画「NEXT             FIELD   2025」に基づき、当事業年度の目標である「企業体質改善とインフラ整備による
     安定的成長」を達成するため、重点施策である人材定着化と採用コスト削減に取り組みました。人材定着化について
     は、福利厚生の拡充などの取り組みを行い、離職率の改善が見られております。また、採用コスト削減については、
     人材紹介会社への手数料単価の適正化を図るとともに、従業員紹介や直接応募による入職者の増加に取り組み、一定
     の効果を上げております。さらに、引き続き看護の質の向上のための人材育成に注力いたしました。
      以上により、当事業年度における売上高は10,482,261千円となり、前事業年度に比べて1,089,785千円、11.6%の増
     収となりました。一方、利益面では販売費及び一般管理費は人材紹介手数料などの支払手数料が減少するなどしたも
     のの、売上原価が拠点数の増加に伴う家賃負担や人員増等による人件費負担を始めとして増加したことなどから営業
     利益は478,095千円となり、前事業年度に比べて45,455千円、8.7%の減益となりました。また、経常利益については
     481,391千円となり、前事業年度に比べて32,248千円、6.3%の減益となりました。当期純利益につきましては200,010
     千円となり、前事業年度に比べて38,233千円、16.0%の減益となりました。
                                 20/75





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      事業部門別の売上の状況は次の通りです。
     (居宅事業部門)
       訪問看護売上は、事業所及び営業所(以下、「事業所等」という)の新規開設並びに前事業年度中に開設した事
      業所等の稼働向上等により9,831,254千円となり、前事業年度に比べて969,881千円、11.0%の増収となりました。
       賃貸(住宅支援)売上については、住宅セーフティネット法に基づく居住支援法人としての指定を受け、積極的
      な活動を行うとともに、訪問看護との連携を強化したことにより引き合いが増加するなどし、新規契約件数が増加
      したことから648,173千円となり、前事業年度に比べて117,083千円、22.1%の増収となりました。また、その他に
      新たに開設した相談支援事業所に係る売上などを計上しております。
       なお、生産、受注及び販売の実績は、次のとおりであります。

    (生産、受注及び販売の状況)

     (1) 生産実績
       該当事項はありません。
     (2) 受注実績

       該当事項はありません。
     (3) 販売実績

       当事業年度における販売実績を部門ごとに示すと、次のとおりであります。
                                     第17期

                                  (自    2019年1月1日
                                  至   2019年12月31日)
        事業部門の名称
                          販売高(千円)                  前年同期比(%)
     居宅事業部門                             10,482,261                     111.6

           合計                      10,482,261                     111.6

     (注) 1  当社は単一セグメントであるため、事業部門別の実績を記載しております。
        2  主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                            第16期                   第17期
                        (自    2018年1月1日                (自    2019年1月1日
                         至   2018年12月31日)                 至   2019年12月31日)
          相手先
                       販売高          割合         販売高          割合
                       (千円)          (%)         (千円)          (%)
     社会保険診療報酬支払基金
                        1,086,945            11.6       1,104,680            10.5
     大阪支部
     社会保険診療報酬支払基金
                         961,229           10.2       1,060,649            10.1
     東京支部
        3  上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 21/75







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (3)  キャッシュ・フローの状況
       キャッシュ・フローの状況につきましては、当事業年度末の現金及び現金同等物(以下「資金」という)は
      977,964千円となり、前事業年度末に比べて149,937千円増加しました。
       なお、当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動によるキャッシュ・フローは、380,278千円の資金増加(前事業年度は201,562千円の資金増加)とな
       りました。これは法人税等の支払額が247,849千円であったほか、増収に伴い売上債権の増加額が165,068千円と
       なったものの、税引前当期純利益を480,639千円計上したほか、退職給付引当金の増加額が79,451千円となったこ
       とによります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動によるキャッシュ・フローは、62,671千円の資金減少(前事業年度は81,439千円の資金減少)となり
       ました。これは新拠点の事務所などに係る差入保証金の差入れによる支出を31,703千円行ったほか、基幹システ
       ムに係る無形固定資産の取得による支出を21,120千円行ったことなどによります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動によるキャッシュ・フローは、167,669千円の資金減少(前事業年度は58,673千円の資金減少)となり
       ました。自己株式の取得による支出が101,147千円、配当金の支払額が64,768千円となったことなどによります。
       資本の財源及び資金の流動性については、現在の当社の主な資金使途は、従業員の給料手当等の労務費のほか、

      新規出店に係る開業費用及び社内システムに対する投資費用となっておりますが、これらは自己資金を財源として
      おります。また、法人税の納付など一時的な支出に備えて短期運転資金を金融機関から借り入れる場合がありま
      す。取引金融機関とは良好な関係を構築しており、比較的低金利での借り入れが可能な状況にあります。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 22/75










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当事業年度に実施いたしました設備投資等の総額は                        31,890   千円(ソフトウエア及びソフトウェア仮勘定の取得を含
     み、ソフトウェア仮勘定からソフトウェアへの振替額を除く)であります。主なものは、基幹業務管理及び事業所、
     営業所(出張所含む)の請求事務の円滑化のためのソフトウェア17,304千円であります。
    2 【主要な設備の状況】

        当社は、居宅事業の単一セグメントであるため、セグメントの名称は記載しておりません。
                                              2019年12月31日現在
                                  帳簿価額(千円)
        事業所名                                              従業員数
                設備の内容
        (所在地)                     土地                           (名)
                                      ソフトウェ
                       建物         リース資産            その他      合計
                                        ア
                            (面積㎡)
         本社

                 本社機能       14,590        ―   4,735    114,344      2,502    136,173      27
       (大阪市北区)
      北海道支店及び

     訪問看護ステーション             支店           10,868
                       23,259             ―     ―    552    34,679      17
       デューン札幌          事業所          (256.53)
      (札幌市白石区)
        東京支店

                  支店      9,588       ―     ―     ―   1,939     11,527      16
      (東京都新宿区)
        福岡支店

                  支店      9,837       ―     ―     ―    727    10,564      8
      (福岡市中央区)
     (注)   1   その他は工具、器具及び備品であります。

        2 現在休止中の主要な設備はありません。
        3   上記の金額は帳簿価額であり、消費税等を含めております。(但し、第9期より消費税等の会計処理を税込
          方式から税抜方式へ変更したため、第9期以降に取得した有形固定資産についての消費税等は含まれており
          ません。)
        4   上記の他、他の者から賃借している主要な設備として以下のものがあります。
                事業所名                                賃借料
                               事業の内容
                (所在地)                                (千円)
          本社
                                本社機能                      27,834
          (大阪市北区)
          東京支店
                                 支店                     30,754
          (東京都新宿区)
          (注)    上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
    3 【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
       2020年12月期において、16の事業所及び営業所の新規開設を計画しておりますが、1拠点当たりの設備投資額の
      重要性が乏しいため、記載しておりません。
     (2) 重要な設備の除却等

       経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 23/75





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     33,500,000

                 計                                   33,500,000

      ② 【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在

                                  上場金融商品取引所
        種類                          名又は登録認可金融                内容
                発行数(株)          発行数(株)
                                  商品取引業協会名
               (2019年12月31日)          (2020年3月25日)
                                            完全議決権株式であり、権利
                                            内容に何ら限定のない当社に
                                   東京証券取引所
       普通株式           13,210,000          13,210,000                おける標準となる株式であ
                                     第一部
                                            り、単元株式数は100株であ
                                            ります。
        計         13,210,000          13,210,000           ―            ―
                                 24/75













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
        2014年2月26日の取締役会決議に基づいて発行した会社法に基づく新株予約権は、次のとおりであります。
                                        事業年度末現在

                                        (2019年12月31日)
     付与対象者の区分及び人数(名)                             当社取締役6名及び当社執行役員6名(注)1
                                         40  (注)2、4

     新株予約権の数(個)
     新株予約権の目的となる株式の種類                                     普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                                   40,000(注)2、4

     新株予約権の行使時の払込金額(円)                                   1,365(注)3、4

                                       2015年4月1日から
     新株予約権の行使期間
                                       2022年3月31日まで
                                      発行価格          1,365(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                                      資本組入額        682.5(注)4
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                             ①新株予約権の割当を受けた者(以下、「本新株予約権者」と
                             いう。)は、権利行使時においても、当社又は当社関係会社の
                             取締役、執行役員であることを要する。ただし、本新株予約権
                             者が任期満了による退任または定年退職その他正当な理由があ
                             ると取締役会が認めた場合はこの限りではない。
                             ②本新株予約権者は、下記(a)及び(b)に掲げられる各条件
                             を充たした場合に、割り当てられた本新株予約権のうち、それ
                             ぞれ定められた割合の個数を、当該条件を充たした期の有価証
     新株予約権の行使の条件
                             券報告書の提出日の翌月1日から行使することができる。
                             (a)2014年12月期の経常利益が426百万円を超過した場合、割
                             り当てられた本新株予約権の20%。
                             (b)2015年12月期の経常利益が600百万円を超過した場合、割
                             り当てられた本新株予約権の80%
                             ただし、2014年12月期の経常利益が326百万円を下回っている
                             場合には、(a)及び(b)の達成に係らず、本新株予約権を行
                             使することはできない。
     新株予約権の譲渡に関する事項                                       ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に

                             (注)5
     関する事項
      ※        当事業年度の末日(2019年12月31日)における内容を記載しております。また、提出日の前月末(2020年2
          月29日)現在において、これらの事項に変更はありません。
     (注)   1   退任による権利の喪失及び職位変更により、提出日の前月末日現在における付与対象者の区分及び人数は、

          当社取締役1名及び任期満了による取締役退任者3名であります。
        2   新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
          整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数         = 調整前付与株式数         × 分割・併合の比率
        3   新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
          算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            新規発行前時価
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                   既発行株式数+新株発行(処分)株式数
                                 25/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
        4   2014年4月3日開催の取締役会決議により2014年5月1日付で当社普通株式1株を5株に分割、また、2014
          年9月25日開催の取締役会決議により2014年10月24日付で当社普通株式1株を2株に分割しております。上
          表の「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使に
          より株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」は調整後の内容となっております。
        5   当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
          (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
          株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社
          (以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。た
          だし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収
          分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件を勘案のうえ、目的である株式数につき合理的な調整がなされた数とする。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、行使価額につき合理的な調整がなされた額に、上記(3)に従って決定される当該新株予約権の
             目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
             上記に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から、上記に定め
             る行使期間の末日までとする。
          (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記に準じて決定する。
          (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
          (8)その他新株予約権の行使の条件
             上記に準じて決定する。
          (9)新株予約権の取得事由及び条件
             上記に準じて決定する。
          (10)その他条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                 26/75








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                  (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      2016年1月31日
                   35,000     13,210,000          2,450      731,950        2,450      701,950
      (注)
     (注) 新株予約権の行使により、発行済株式総数が35,000株、資本金が2,450千円及び資本準備金が2,450千円増加し
        ております。
     (5)  【所有者別状況】

                                              2019年12月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                     単元未満
      区分                            外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の
                                           個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
     株主数
               ―     17     24     152      53     59   23,769     24,074        ―
     (人)
     所有株式数
               ―   17,651      6,223     10,512     33,787       96   63,799     132,068       3,200
     (単元)
     所有株式数
               ―   13.37      4.71     7.96     25.58      0.07     48.31     100.00        ―
     の割合(%)
     (注)自己株式323,828株は、「個人その他」に3,238単元、「単元未満株式の状況」に28株含まれております。
                                 27/75












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】
                                              2019年12月31日現在
                                                   発行済株式
                                                   (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                             (株)      総数に対する
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町2丁目11-3                         588,800         4.57
     株式会社(信託口)
     株式会社K・カンパニー                大阪府大阪市西区北堀江2丁目15-16                         500,000         3.88
     STATE   STREET    LONDON    CARE   OF
     STATE     STREET     BANK    AND
                     ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA  02111
     TRUST,BOSTON       SSBTC    A/C   UK
                                              500,000         3.88
                     (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     LONDON    BRANCH    CLIENTS-UNITED
     KINGDOM(常任代理人香港上海銀
     行東京支店カストディ業務部)
                     EUROPEAN     BANK   AND  BUSINESS     CENTER    6,
     J.P.   MORGAN    BANK   LUXEMBOURG
                     ROUTE      DE    TREVES,       L-2633
     S.A.   1300000(常任代理人株式                                      497,143         3.86
                     SENNINGERBERG,        LUXEMBOURG(東京都港区港
     会社みずほ銀行決済営業部)
                     南2丁目15-1品川インターシティA棟)
                     PO  BOX   309,    UGLAND    HOUSE,     GRAND
     3D  OPPORTUNITY       MASTER    FUND
                     CAYMAN,     KY1  1104,    CAYMAN    ISLANDS(東京           491,600         3.81
     (常任代理人香港上海銀行東京
     支店カストディ業務部)
                     都中央区日本橋3丁目11-1)
     野口 和輝                大阪市北区                         384,000         2.98
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         264,600         2.05
     銀行株式会社(信託口5)
     野村證券株式会社                東京都中央区日本橋1丁目9-1                         257,400         2.00
     BNYM   SA/NV   FOR  BNYM   FOR  BNYM
                     2 KING   EDWARD    STREET,    LONDON    EC1A   1HQ
     GCM  CLIENT    ACCTS   M ILM  FE(常
                     UNITED    KINGDOM(東京都千代田区丸の内2丁                     256,690         1.99
     任代理人株式会社三菱UFJ銀
                     目7-1)
     行)
                     EUROPEAN     BANK   AND  BUSINESS     CENTER    6,
     J.P.   MORGAN    BANK   LUXEMBOURG
                     ROUTE      DE    TREVES,       L-2633
     S.A.   380578(常任代理人株式会                                       254,400         1.97
                     SENNINGERBERG,        LUXEMBOURG(東京都港区港
     社みずほ銀行決済営業部)
                     南2丁目15-1品川インターシティA棟)
            計                    ―             3,994,633          31.00
     (注)   1 上記のほか、当社保有の自己株式が323,828株あります。
        2 2020年1月8日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、野村證券株式会社及
          びその共同保有者であるノムラ インターナショナル ピーエルシー(NOMURA                                     INTERNATIONAL       PLC)、野村
          アセットマネジメント株式会社が2019年12月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているもの
          の、当社として2019年12月31日における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には反
          映しておりません。
          なお、その大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                           保有株券等の数        株券等保有割合
             氏名又は名称                  住所
                                             (株)        (%)
                        東京都中央区日本橋一丁目9番1号

           野村證券株式会社                                   273,400         2.07
           ノムラ インターナショ
           ナル ピーエルシー             1  Angel    Lane,    London    EC4R   3AB,
                                              83,500         0.63
           (NOMURA     INTERNATIONAL        United    Kingdom
           PLC)
           野村アセットマネジメン
                        東京都中央区日本橋一丁目12番1号                      433,000         3.28
           ト株式会社
                合計                 ―             789,900         5.98

                                 28/75




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
        3 2019年12月3日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、テンプルトン・イン
          ベストメント・カウンセル・エルエルシー(Templeton                         Investment      Counsel,     LLC)が2019年11月29日現在で
          以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2019年12月31日における実質所有株式数
          の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
                                           保有株券等の数
                                                  株券等保有割合
             氏名又は名称                  住所
                                                     (%)
                                             (株)
                        アメリカ合衆国 33301、フロリダ州、
           テンプルトン・インベス
                        フォート・ローダデイル、セカンドス
           トメント・カウンセル・
                        トリート、サウスイースト300(300
           エルエルシー(Templeton
                                              515,700         3.90
                        S.E.   2nd  Street,    Fort   Lauderdale,
           Investment        Counsel,
                        Florida    33301   United    States)
           LLC)
        4 2019年10月2日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、シオズミアセットマ
          ネジメント株式会社が2019年9月30日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社と
          して2019年12月31日における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりま
          せん。
          なお、その大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。  
                                           保有株券等の数        株券等保有割合
             氏名又は名称                  住所
                                             (株)        (%)
           シオズミアセットマネジ             東京都港区西新橋3丁目13番7号 
                                              550,000         4.16
           メント株式会社             VORT虎ノ門south7階
        5 2019年1月8日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、パインブリッジ・イ
          ンベストメンツ株式会社が2018年12月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当
          社として2019年12月31日における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めてお
          りません。
          なお、その大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。  
                                           保有株券等の数        株券等保有割合
             氏名又は名称                  住所
                                             (株)        (%)
           パインブリッジ・インベ             東京都千代田区大手町一丁目3番1号JA
                                              638,800         4.84
           ストメンツ株式会社             ビル
        6 2018年12月11日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、野口和輝氏及びその
          共同保有者である株式会社K・カンパニー及び一般財団法人野口財団が2018年2月14日現在で以下の株式を
          所有している旨が記載されているものの、当社として2019年12月31日における実質所有株式数の確認ができ
          ませんので、上記大株主の状況には反映しておりません。
          なお、その大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。  
                                           保有株券等の数        株券等保有割合
             氏名又は名称                  住所
                                             (株)        (%)
           野口 和輝             大阪市北区                      498,000         3.76
           株式会社K・カンパニー             大阪市西区北堀江2丁目15番16号                      500,000         3.79

           一般財団法人 野口財団             大阪市西区新町1丁目12番10号                      100,000         0.76

                合計                 ―            1,098,000          8.30

        7 当事業年度において以下の通り主要株主の異動があり、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の
          開示に関する内閣府令第19条第2項第4号の規定に基づき、主要株主の異動に関する臨時報告書を提出して
          おります。
                    異動のあった                     総株主等の議決権          臨時報告書
            異動年月日                       議決権の数
                    主要株主の名称                      に対する割合          提出日
                              異動前       13,075個          10.15%
           2019年4月1日        野村證券株式会社                                2019年4月8日
                              異動後       8,089個          6.28%
          (注)   1. 総株主の議決権に対する割合は、2018年12月31日現在の発行済株式総数13,210,000株から議決権
               を有しない単元未満株式2,372株及び自己所有株式323,828株を控除した総株主等の議決権の数
               128,838個を基準に算定しております。
             2. 総株主の議決権の数に対する割合は、小数点以下第三位を四捨五入しております。
             3. 上記は、提出された大量保有報告書の変更報告書に基づき記載しており、当社として当該株主名
               義の実質所有株式数の確認ができたものではありません。
                                 29/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                              2019年12月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                               ―              ―
                    普通株式      323,800
                                         権利内容に何ら限定のない当社にお
                    普通株式    12,883,000
     完全議決権株式(その他)                             128,830
                                        ける標準となる株式であります。
                    普通株式       3,200
     単元未満株式                               ―              ―
     発行済株式総数                    13,210,000           ―              ―

     総株主の議決権                    ―        128,830                ―

     (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式28株が含まれています。
      ② 【自己株式等】

                                              2019年12月31日現在
                                                  発行済株式  
                       自己名義            他人名義            所有株式数  
     所有者の氏名                                              総数に対する 
               所有者の住所          所有株式数         所有株式数         の合計   
       又は名称                                            所有株式数  
                         (株)         (株)         (株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株
     式)         大阪市北区堂島
                           323,800            -      323,800           2.45
     株式会社N・         浜一丁目4-4
     フィールド
        計         -          323,800            -      323,800           2.45
                                 30/75











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】           会社法第155号第3号による普通株式の取得及び会社法第155条第13号による普通
                  株式の取得
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

                区分                   株式数(株)             価額の総額(千円)
     取締役会(2019年2月8日)での決議状況
                                         125,000               100,000
     (取得期間2019年2月12日~2019年4月11日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       ―               ―
     当事業年度における取得自己株式                                    105,900               99,944
     残存決議株式の総数及び価額の総額                                    19,100                 55
     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     15.3               0.1
     当期間における取得自己株式                                       ―               ―
     提出日現在の未行使割合(%)                                     15.3               0.1
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

            区分                             株式数(株)             価額の総額(千円)
     当事業年度における取得自己株式                                       ―               ―
     当期間における取得自己株式                                      700                ―
     (注) 当期間における取得自己株式には、2020年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式数は含めておりません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                       当事業年度                       当期間
         区分
                           処分価額の総額                       処分価額の総額
                 株式数(株)                        株式数(株)
                             (千円)                      (千円)
     引き受ける者の募集
     を行った取得自己株                    ―           ―           ―           ―
     式
     消却の処分を行った
                         ―           ―           ―           ―
     取得自己株式
     合併、株式交換、会
     社分割に係る移転を                    ―           ―           ―           ―
     行った取得自己株式
     その他                    ―           ―           ―           ―
     保有自己株式数                 323,828              ―        324,528              ―
     (注) 当期間における保有自己株式数には、2020年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式数は含めておりません。
                                 31/75







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    3 【配当政策】
      当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題と認識しております。利益配分に関する基本方針について
     は、企業体質の強化と将来の事業展開のために内部留保の充実を図るとともに、安定的な配当の継続に努めてまいり
     ます。また、成長投資とのバランスに鑑みた機動的な自己株式の取得も検討してまいります。
      当社の剰余金の配当は、期末配当を基本的な方針としており、定款において中間配当を行うことができる旨も定め
     ております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
      当事業年度の剰余金の配当につきましては、継続的な安定配当の基本方針のもと1株当たり5円(期末配当5円)
     としております。
      内部留保資金の使途につきましては、拠点開設費用として投入していくほか、財務体質の強化を図り、今後の事業
     展開に備えてまいります。
      (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                            配当金の総額                      1株当たり配当額

          決議年月日
                             (千円)                   (円)
     2020年3月24日
                                     64,430                   5.00
     定時株主総会決議
                                 32/75














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、企業理念「私たちは、地域社会における在宅医療サービスを通じて、安全・安心・快適な生活環境を
       創造し、人々のライフプランに貢献します。」に基づき、社会に貢献する医療サービスを提供することで、利用
       者をはじめ、株主、取引先、従業員、地域社会など様々なステークホルダーからの信頼を得ることが重要である
       と認識しております。この認識のもと、当社内では各々が求められる役割を理解し、法令遵守のもと正確かつ迅
       速、適正かつ効率的に経営活動に取り組めるよう透明性の高い経営システムの構築を図ることを、コーポレー
       ト・ガバナンスにおける基本的な考え方としています。
      ②   企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

        当社は、監査等委員会設置会社であります。監査等委員である取締役に取締役会における議決権を付与するこ
       とにより、取締役会の監督機能の強化とコーポレート・ガバナンス体制の充実を図ることを目的としておりま
       す。会社の機関としては株主総会、取締役会、監査等委員会のほか、経営会議及びコンプライアンス委員会を設
       けております。
        会社の意思決定機関の取締役会は、取締役8名(うち社外取締役4名)で構成され、毎月1回開催し必要に応
       じて臨時取締役会を開催しております。取締役会は、経営目標や経営戦略等の重要な事業戦略を決定するととも
       に、取締役の職務の執行を監督する権限を有しております。取締役会での決定事項及び報告事項は経営会議にお
       いて各支店長に指示伝達され、決定事項の速やかな実行と全社的な意思統一を図っております。また、経営会議
       においては経営計画の進捗に係る各支店の業績報告、業務遂行上の課題への対応の検討等を行っております。
        このほか、各支店において支店会議、エリア会議等が定期的に開催され経営会議からの伝達事項の共有や、業
       務状況の確認等を行っております。
        また、監査等委員会は監査等委員である取締役5名(うち社外取締役4名)により構成されております。監査
       等委員会は毎月1回開催し必要に応じて臨時監査等委員会を開催しており、ガバナンスのあり方とその運用状況
       を監視するとともに、取締役の職務執行を含む日常活動の監査を行っております。また、会計監査人や内部監査
       室と連携し、実効性のあるモニタリングに取り組んでおります。
        コンプライアンスについては総務人事部責任者を法令等遵守責任者とするとともに、各部、各事業所責任者を
       コンプライアンス担当者とし、それらを統括する組織として代表取締役社長を委員長とするコンプライアンス委
       員会を設けております。
        機関ごとの構成員は次の通りであります。
                                                   コンプライアン
       役職名          氏名        取締役会        監査等委員会          経営会議
                                                    ス委員会
     代表取締役社長         久保 明            ◎                  ◎         ◎
     取締役会長         又吉 弘章            〇                  〇

              吉田    秀樹

     取締役                      〇                  〇
     社外取締役
              前野 博            〇         〇
     (監査等委員)
     取締役
              田中 浩一            〇         ◎         〇         〇
     (監査等委員)
     社外取締役
              中島 泰            〇         〇
     (監査等委員)
     社外取締役
              三好 吉安            〇         〇
     (監査等委員)
     社外取締役
              後閑 容子            〇         〇
     (監査等委員)
     支店長、本部長、
                                             〇
     部長他
     総務人事部長                                                 〇
     内部監査室長                                        〇         〇

                                 33/75


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
        当社のコーポレート・ガバナンス体制について図示すると、次のとおりであります。
                                 34/75




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       ③ 企業統治に関するその他の事項
        当社は、会社法第362条第4項第6号に規定する「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保す
       るための体制その他株式会社の業務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制」(内部統
       制システム)の整備に向けて、2012年4月16日の取締役会において、「内部統制システム構築の基本方針につい
       て」を定める決議を行っており、以後、会社法改正等に対応した修正を行い、概要は以下のとおりとなっており
       ます。
       a 当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保する体制
         取締役は、コンプライアンスの確立が経営の根幹である事を深く自覚し、「コンプライアンス規程」他コン
        プライアンスに関する諸規程を率先して誠実に遵守するとともに、使用人の理解を深め、コンプライアンスを
        確保する体制を構築しております。
         コンプライアンス体制を推進するために、使用人の中から1名「法令遵守責任者(コンプライアンスリー
        ダー)を、各部、各事業所から1名以上の「コンプライアンス担当者」を選任しております。その役割として
        社内の法令遵守状況を把握し、必要に応じて改善への働きかけを行うとともに、社内にコンプライアンス違反
        行為があった場合は、直ちに取締役会へ報告される体制を構築しております。
         取締役の職務執行の適法性を確保するための牽制機能を期待し、当社と利害関係を有しない社外取締役を選
        任しております。
         コンプライアンスに係る通報機能を強化するため、取締役及び使用人を対象とした内部通報体制を構築して
        おります。
         反社会的勢力を断固として排除する姿勢を明確にし、取締役及び使用人すべてに反社会的勢力とは取引関係
        を含めて一切の関係を持たないこと、及び反社会的勢力を利用しないことを徹底しております。
         他の業務執行部門から独立した内部監査室による内部監査を実施しております。内部監査を通じて各部門の
        法令・定款・社内規定の遵守状況の監査・内部管理体制の適切性・有効性を検証・評価し、その改善を促すこ
        とにより、使用人の職務執行の適正性を確保しております。
       b 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         取締役の職務の執行に係る文書その他の情報につき、法令・定款及び「社内情報管理規程」「文書管理規
        程」等に基づき適切に保存及び管理を行っております。また、「内部情報管理規程」等に基づき、機密情報の
        管理を行うことを全社的に推進、徹底しております。
       c 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         リスクを一元的に管理し、主要なリスクを抽出、予防の方策、またリスクが発生した場合は迅速な情報収
        集、分析を的確に行い、被害を最小限に食い止め、再発を防止し、当社の企業価値を保全するための体制を構
        築しております。そのため、リスクに緊急に対応すべく、状況に応じてリスク対策のための会議を設置し、
        「リスク管理規程」に従った運用及び管理のもと、リスクへの対策を適切に実施しております。
       d 当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         事業運営について、経営方針や中期事業計画に基づき、その実行計画として年度予算を月度単位で策定し、
        毎月、取締役会において各支店の売上高及び営業利益実績について、予算実績差異分析を実施し、報告、検討
        を行っております。取締役はこの報告を受け、定時取締役会で経営上及び予算執行上の重要な課題についての
        意思決定を行っております。
         また、取締役会の意思決定を受け、本部長、支店長、内部監査部門及び監査等委員である取締役等による経
        営会議を開催し、各支店の経営上及び予算執行上の重要な課題についての具体的な検討を行っております。
         月1回の定例取締役会を開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、重要事項の決定及び取締役の
        業務執行状況の監督を行っております。
         企業経営及び日常業務に関して、経営上の判断が必要な場合など、弁護士等と協議し、適宜適切なアドバイ
        スを受け、会社経営における効率性と適法性及び法務リスク管理体制の強化を図っております。また、会計監
        査を担当する監査法人と、定期的な監査のほか、会計上の課題について随時確認を取り、会計処理並びに内部
        統制組織の適正性の確保に努めております。
         日常の職務執行に際しては、職務権限規程に基づき権限の委譲が行われ、各管理職位の権限関係と責任の所
        在を明確に定めて、会社業務の組織的かつ効果的な運営を図ることができる体制を構築しております。
                                 35/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       e 当社の監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項
         監査等委員会の職務を補助すべき使用人については、管理本部長が監査等委員会と協議し、当該従業員の配
        置を協議のうえ決定することとしております。また、各監査等委員が内部監査室や管理部門などの業務執行に
        係る従業員に対して、監査等委員の職務の補助を一時的に依頼した場合についても、同様の体制となっており
        ます。
       f 当社の監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人の他の取締役(監査等委員である取締役を除く。)
        からの独立性に関する事項、及び当該使用人に関する指示の実効性に関する事項
         監査等委員会の職務を補助すべき使用人の任命・異動については、監査等委員会の同意を得た上で決定しま
        す。
         監査等委員会の職務を補助すべき使用人は、監査等委員会の指揮命令下で職務を遂行するものとしますが、
        監査等委員でない取締役からの独立性に影響がなく監査等委員会の同意を得た場合については、当社の業務執
        行に係る役職を兼務することができることとしております。
       g 当社の監査等委員でない取締役及び使用人が監査等委員会に報告をするための体制
         各監査等委員は、重要な意思決定の過程及び業務執行状況を把握するため、取締役会の他重要な会議に出席
        するとともに、稟議書その他業務執行に係る重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役及び使用人に説明を求
        めております。
         監査等委員会は代表取締役と常時意見交換を行い、経営方針の確認や、監査上の重要課題についての情報を
        共有しております。
         監査等委員会は内部監査室と監査法人と情報を共有するとともに、必要に応じて社内情報の把握に努めてお
        ります。
         監査等委員でない取締役及び使用人からの法令違反や不正行為に関する通報、報告に関する適正な仕組み
        (内部通報制度)を定めております。
       h 当社の監査等委員会へ報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受けないことを確保す
        る体制
         内部通報制度において、通報、報告したことを理由として不利な取り扱いを行うことを禁止しております。
       i 当社の監査等委員の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理、費用の前払又は償還の手続きに係る方針
         監査等委員の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続きその他の当該職務の執行について生ず
        る費用又は償還の処理については、監査等委員の請求に従い円滑に行っております。
       j その他当社の監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         取締役は、監査等委員会による監査が円滑かつ効果的に実施されるよう環境整備に努めております。また、
        監査等委員会が監査の実施にあたり必要と認めるときは弁護士その他のアドバイザーを任用する機会を保障し
        ます。
      ④   取締役会にて決議できる株主総会決議事項

       イ   自己株式の取得
         当社は、自己株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行する
        ことを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己
        の株式を取得できる旨定款に定めております。
       ロ   剰余金の配当
         当社は、期末において年1回、剰余金の配当を行うこととしており、配当の決定機関は株主総会としておりま
        す。
      ⑤   取締役の定数

        当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
                                 36/75




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ⑥   取締役の選任について
        当社は、取締役の選任に関する株主総会の決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3
       分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、定款に定めております。これは、株主
       総会における取締役の選任に関する定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とす
       るものであります。
      ⑦   株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、定款に別段の定めがある場合を除
       き、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2
       以上をもって行う旨を定款で定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することによ
       り、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするためであります。
      ⑧   責任限定契約の内容の概要

        当社は、社外取締役との間で、当社への損害賠償責任を一定の範囲内に限定する契約を締結できる旨を定款に
       定めております。当該定款に基づき、その期待される役割を十分に発揮できるよう、全ての社外取締役と責任限
       定契約を締結しております。責任限定契約の内容の概要は次のとおりであります。
       (社外取締役との責任限定契約)
         会社法第423条第1項の賠償責任について、その職務を行うにあたり善意でかつ重大な過失がないときは、会
        社法第425条第1項に定める最低責任限度額を限度として損害賠償責任を負うものとします。
      ⑨   中間配当

        当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年6月30日を基準日として、中間配当
       を行うことが出来る旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためでありま
       す。
                                 37/75












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  7 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             12.50   %)
                                                      所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                             2004年11月      株式会社JCLバイオアッセイ入               (注)3
                                                      20,000
                                   社
                             2008年6月      同社取締役就任
                             2013年6月      同社取締役退任
                             2013年6月      当社入社 管理本部総務部長
                             2013年12月      経営企画室長
                             2014年3月      執行役員就任
                             2014年3月      執行役員経営企画室長
                             2015年3月      取締役就任
     代表取締役社長         久保 明      1969年5月10日      生
                             2015年3月      取締役経営企画室長兼レセプト管
                                   理部長
                             2016年3月      常務取締役経営企画室長就任
                             2016年7月      常務取締役管理本部長
                             2017年3月      専務取締役管理本部長就任
                             2018年4月      代表取締役専務管理本部長就任
                             2019年1月      代表取締役専務
                             2019年7月      代表取締役専務管理本部長就任
                             2020年3月      代表取締役社長就任(現任)
                             1997年4月      独立行政法人国立病院機構やまと               (注)3
                                                      20,000
                                   精神医療センター入職
                             2011年4月      同機構 紫香楽病院入職
                             2012年2月      当社入社
                             2013年9月      執行役員就任
                             2013年9月      執行役員居宅事業本部長補佐
                             2014年3月      取締役就任
                             2014年3月      取締役居宅事業本部関西・中部・
                                   中国エリア担当
              又吉    弘章
      取締役会長              1971年11月4日      生   2015年3月      取締役退任
                             2015年3月      執行役員居宅事業本部
                             2016年3月      取締役就任
                             2016年3月      取締役居宅事業本部福岡支店長
                             2016年5月      常務取締役居宅事業本部福岡支店
                                   長就任
                             2016年7月      常務取締役居宅事業本部長就任
                             2017年3月      取締役副社長居宅事業本部長就任
                             2017年7月      代表取締役社長就任
                             2020年3月      取締役会長就任(現任)
                             2008年9月      独立行政法人国立病院機構菊池病               (注)3
                                                       7,000
                                   院入職
                             2014年3月      当社入社
                             2014年12月      居宅事業本部関東東エリア部長
                             2015年12月      執行役員就任
                             2015年12月      執行役員居宅事業本部九州Ⅲエリ
                                   ア部長
                             2016年3月      取締役就任
                             2016年3月      取締役居宅事業本部九州Ⅱエリア
                                   担当
       取締役
                             2016年7月      取締役居宅事業本部福岡支店長就
              吉田    秀樹
                    1980年1月29日      生
      福岡支店長
                                   任
                             2017年3月      常務取締役居宅事業本部西日本統
                                   括責任者兼福岡支店長就任
                             2018年4月      常務取締役居宅事業本部長兼福岡
                                   支店長
                             2019年1月      常務取締役居宅事業本部長兼大阪
                                   支店長
                             2020年1月      常務取締役居宅事業本部長兼福岡
                                   支店長
                             2020年3月      取締役福岡支店長就任(現任)
                             1975年4月      大阪国税庁              (注)2,
                                                       -
                             1999年7月      前野博税理士事務所開設(現任)               4,5
       取締役
              前野 博      1952年6月25日      生   2010年2月      当社社外監査役就任
     (監査等委員)
                             2016年3月      当社社外取締役(監査等委員)
                                   (現任)
                             1979年4月      一吉証券株式会社入社              (注)4、      -
                             1948年4月      同社執行役員 紀州アドバイザー                5
                                   本部長
       取締役
                             2013年12月      当社入社 管理本部総務部長
              田中 浩一      1954年12月22日      生
                             2016年1月      有限会社 糸山介護センター入社
      (監査等委員)
                                   管理部長
                             2018年3月      当社取締役(監査等委員)就任
                                   (現任)
                                 38/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                             1966年4月      大阪法務局入庁              (注)2、      -
                             2003年4月      奈良地方法務局長               4、5
       取締役
              中島 泰      1946年11月14日      生   2009年4月      大阪家庭裁判所家事調停委員
      (監査等委員)
                             2018年3月      当社取締役(監査等委員)就任
                                   (現任)
                             1996年4月      東京地方裁判所事務官              (注)2、      -
                             1998年4月                     4、5
                                   横浜地方裁判所書記官
       取締役
              三好 吉安      1971年11月7日      生
                             2002年10月      弁護士登録
      (監査等委員)
                             2018年3月      当社取締役(監査等委員)就任
                                   (現任)
                             1993年4月      群馬県立医療短期大学         助教授     (注)2、      -
                                                  4、5
                             1996年4月
                                   群馬県立医療短期大学         専攻科地域
                                   看護学専攻     教授
                             2002年4月      岐阜大学    医学部看護学科      教授
                             2005年4月      岐阜大学大学院       医学系研究科看護
                                   学専攻   教授
       取締役
                                   岐阜大学    医学部副医学部長、看護
              後閑 容子      1946年7月26日      生
      (監査等委員)
                                   学科長、研究科看護学専攻長
                             2012年4月      摂南大学    看護学部看護学部長、特
                                   任教授
                             2017年4月      摂南大学大学院       看護学研究科研究
                                   科長、特任教授
                             2020年3月      当社取締役(監査等委員)就任
                                   (現任)
                            計                           47,000
     (注)1      当社は、監査等委員会設置会社であります。

        2   取締役 前野博氏、中島泰氏、三好吉安氏及び後閑容子氏は、社外取締役であります。
        3   監査等委員以外の取締役の任期は、2020年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
        4   監査等委員である取締役の任期は、2021年12月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
        5 監査等委員会の体制は、次のとおりであります。
          委員長 田中浩一氏  委員 前野博氏、中島泰氏、三好吉安氏、後閑容子氏
                                 39/75












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ②   社外役員の状況
        当社の社外取締役は4名であり、その4名は全て監査等委員です。
        社外取締役の前野博氏は税理士であり、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
        社外取締役の中島泰氏は、直接会社の経営に関与された経験はありませんが、法務行政に長きにわたり携わ
       り、法務に関する専門的知識や豊富な経験・見識を有しておられることから、社外取締役としての職務を適切に
       遂行しております。
        社外取締役の三好吉安氏は、直接会社の経営に関与された経験はありませんが、弁護士として培われた専門的
       な知識・経験等を、当社の監査体制にいかしております。
        社外取締役の後閑容子氏は、直接会社の経営に関与された経験はありませんが、長年にわたり看護学の研究・
       教育に従事され、訪問看護に係る分野についても高い見識をお持ちです。この豊富な知識・経験等を、当社の監
       査体制にいかしていただくため、社外取締役として選任しております。
        当社は、社外取締役には高い見識に基づく客観的な視点での取締役会への助言及び各取締役の業務執行の監督
       を行う役割を期待しております。
        社外取締役である前野博氏、中島泰氏、三好吉安氏及び後閑容子氏との間に人的関係、資本関係又は取引関係
       その他利害関係はありません。
        なお、社外取締役の前野博氏、中島泰氏、三好吉安氏及び後閑容子氏は、有価証券上場規程施行規則等に規定
       される独立役員としての資格を有していることから、独立役員に指定しております。また、当社は社外取締役を
       選任するための独立性判断基準及び資質を次の通り定めており、その選任に際しては、当該基準により判断して
       おります。
        1.当社の業務執行者である者もしくはその就任前10年間に当社の業務執行者であった者、またはそれらの者
         の配偶者もしくは二親等内の親族である者
        2.現在、または過去3年間において、以下のいずれかに該当する者(個人、企業等の業務執行者に該当する
         者)
         (1)当社の総議決権の10%以上の議決権を直接または間接的に保有している株主
         (2)当社の関連会社
         (3)当社の主要な取引先
          
          ものをいう。
         (4)当社から役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家または法律専
          門家
          ※多額とは、当社から取得する1事業年度の金額が、役員報酬以外に、10百万円を超える場合をいう。
         (5)当社から多額の寄付を受けている非営利団体
          ※多額とは、当社から取得する1事業年度の金額が、役員報酬以外に、10百万円を超える場合をいう。
         (6)当社の法定監査を行う会計監査人
         (7)当社の業務執行者が他の企業等において社外役員に就いている場合の当該他の企業等の業務執行者
         (8)上記(1)から(7)のいずれかに掲げる者(重要でないものを除く。)の配偶者または二親等以内の親族で
          ある者
        3.その他
          独立社外取締役としての職務を果たすことができないと合理的に判断される事情を有する者。
         なお、上記1.~2.のいずれかの条件を満たさない者であっても、当社の独立社外取締役として相応しい者

         であって、東京証券取引所の定める独立役員に関する独立性基準を充たす者については、その理由を説
         明・開示することにより、当該人物を当社の独立社外取締役とすることができるものとします。
        また、定款に基づき、その期待される役割を十分に発揮できるよう、全ての社外取締役と責任限定契約を締結

       しております。責任限定契約の内容の概要は次のとおりであります。
       (社外取締役との責任限定契約)
         会社法第423条第1項の賠償責任について、その職務を行うにあたり善意でかつ重大な過失がないときは、会
        社法第425条第1項に定める最低責任限度額を限度として損害賠償責任を負うものとします。
       ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門と

        の関係
        社外取締役は取締役会及び監査等委員会に出席し、それぞれの専門的な知見に基づく発言を行うほか、定期的
       及び随時に内部監査室及び会計監査人との間でミーティングを行い、情報の共有及び意見交換を行っておりま
       す。
                                 40/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ①   監査等委員である取締役による監査の状況
        当社は監査等委員会設置会社であります。監査等委員会は、当社出身である常勤監査等委員1名と、多様な経験
       と専門的知見を有する社外出身の監査等委員4名(内、1名は税理士であり財務及び会計に関する相当程度の知
       見を有しております。)から構成されております。監査等委員会は原則月1回開催され、必要に応じて臨時に開
       催されております。
        常勤監査等委員は取締役会及び監査等委員会のほか、経営会議へ出席し、必要に応じて意見を述べるほか、当
       社の経営課題等についての最新情報を業務執行取締役と共有しております。また、社外を含む監査等委員は、内
       部監査部門、会計監査人と共に事業所への往査を実施するなどしております。
      ②   内部監査の状況

        当社は、内部管理体制強化のために、代表取締役社長直轄の内部監査室を設置し、従業員2名を配置しておりま
       す。
        内部監査室は、当社の定める「内部監査規程」に基づき、当社の業務運営と財産管理の実態を調査し諸法令、
       定款及び各規程集の準拠性を確認するという観点から、全部門を対象に監査を実施しております。
        監査結果は代表取締役社長に報告され、業務活動の改善及び適切な運営に資するよう勧告、助言等を行ってお
       ります。また、監査等委員会、会計監査人と連携を図ることで、より実効性の高い監査を実施しております。
      ③   会計監査の状況

       a.監査法人の名称
         有限責任監査法人トーマツ
       b.業務を執行した公認会計士
         目細 実
         中田 信之
       c.監査業務に係る補助者の構成
         当社の会計監査業務に係る補助者は公認会計士7名、その他7名であります。
       d.監査法人の選定方針と理由
         当社の監査等委員会は、会計監査人の選任に際して、監査法人の品質管理体制、独立性及び専門性の高さ、
        監査業務の実施体制、監査報酬の妥当性等を総合的に判断しております。
         なお、監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める場合のいずれかに該当すると認めら
        れるときは、監査等委員全員の同意に基づき会計監査人を解任いたします。
         また、監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、
        会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会が当該議案を株主総会に付議いたしま
        す。
         有限責任監査法人トーマツについては、監査の実施状況等を検証し、上記の判断基準を満たしていることを
        確認するとともに、当社事業に対する理解が深いと判断されることから、会計監査人として再任しておりま
        す。
       e.監査等委員及び監査等委員会による監査法人の評価
         当社の監査等委員会は、日本監査役協会が制定した「会計監査人の評価基準制定に関する実務指針」に準拠
        した監査法人の評価を実施しており、その評価結果を考慮して、会計監査人の再任に係る決議を実施しており
        ます。
      ④ 監査報酬の内容等

       a.監査公認会計士等に対する報酬
               前事業年度                           当事業年度
       監査証明業務に              非監査業務に             監査証明業務に              非監査業務に
       基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)
              21,500                ―           22,500                ―
       b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

         該当事項はありません。
                                 41/75


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
         該当事項はありません。
       d.  監査報酬の決定方針
         監査報酬は、当社の事業規模、監査日数及び業務の特性等を勘案した上で決定しております。
       e.  監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由
         監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、監査実施の状況、報酬等の水準及び報酬等見積の算定根拠
        等を検討し、会計監査人に対する報酬等について、会社法第399条第1項の同意を行っております。
                                 42/75


















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社の役員の報酬等は、固定報酬と譲渡制限付株式報酬から構成されております。退職慰労金につきましては
       2019年12月に制度を廃止致しました。
        固定報酬は各取締役の担当する役割及び地位等に応じて毎月定額が支給されております。また、取締役(監査
       等委員及び社外取締役を除く。)及び一部の従業員に対して、当社の企業価値の長期的かつ持続的な向上を図る
       インセンティブを与えるとともに、株主の皆様との一層の価値共有を進めることを目的として、譲渡制限付株式
       報酬制度を導入しております。
        なお、役員報酬につきましては、2016年3月25日開催の第13期定時株主総会において、監査等委員以外の取締
       役の報酬等の額を年額500,000千円以内(決議時の監査等委員以外の取締役は13名)、監査等委員である取締役の
       報酬等の額を年額30,000千円以内(決議時の監査等委員である取締役は3名)と定めております。
        役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針については、監査等委員以外の取締役の報酬は株主総
       会において承認を得た報酬枠を限度として、内規に定められた各取締役が担当する役割及び地位に応じた金額
       に、業績及び貢献度等を勘案し、社外取締役の参加する取締役会で決定しております。当事業年度の役員の報酬
       等の額につきましては2019年3月26日開催の取締役会において承認されております。
        非業務執行取締役である監査等委員の報酬額は、株主総会において承認を得た報酬枠を限度として、常勤・非
       常勤の別、業務の分担を勘案のうえ、監査等委員の協議により個別の金額を決定することとしています。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                                             譲渡制限付株
                  (千円)
                         固定報酬      業績連動報酬        退職慰労金
                                                      (名)
                                              式報酬
     取締役
     (監査等委員及び社外取              134,069       120,000          ―       ―    14,069       3
     締役を除く。)
     監査等委員
                    5,300       5,300         ―       ―       ―    1
     (社外取締役を除く。)
     社外役員               14,100       14,100          ―       ―       ―    3
      ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

        報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
     (5)  【株式の保有状況】

       当社は、株式を保有しておりません。
                                 43/75








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.  財務諸表の作成方法について

      当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて
     作成しております。
    2.  監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2019年1月1日から2019年12月31日まで)の
     財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
    3.  連結財務諸表について

      当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
    4.  財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備する
     ため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。また、各種セミナーへの参加や財務会計の専門書の購読
     等積極的な情報収集活動を行っております。
                                 44/75














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    1 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ① 【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年12月31日)              (2019年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                828,026              977,964
        売掛金                               1,695,933              1,861,001
        貯蔵品                                 2,815              2,773
        前渡金                                  -             2,945
        前払費用                                130,196              118,348
        その他                                43,446              16,271
                                        △ 1,300             △ 2,955
        貸倒引当金
        流動資産合計                               2,699,118              2,976,350
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                               74,040              81,139
         車両運搬具(純額)                                730             2,043
         工具、器具及び備品(純額)                               17,230              11,674
         土地                               10,868              11,352
         リース資産(純額)                               6,359              4,735
                                      ※1  109,229            ※1  110,946
         有形固定資産合計
        無形固定資産
         商標権                               1,505              1,024
         ソフトウエア                              130,854              114,344
                                        28,544              30,332
         ソフトウエア仮勘定
         無形固定資産合計                              160,904              145,701
        投資その他の資産
         従業員に対する長期貸付金                               10,691              13,199
         長期前払費用                               12,191               2,343
         繰延税金資産                               63,777              114,836
         差入保証金                              195,032              216,673
         その他                               7,713              14,386
         投資その他の資産合計                              289,406              361,439
        固定資産合計                                559,540              618,087
      資産合計                                3,258,658              3,594,437
                                 45/75








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年12月31日)              (2019年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        リース債務                                 1,753              1,753
        未払金                                644,387              716,979
        未払費用                                13,443              14,668
        未払法人税等                                122,226              256,021
        前受金                                11,618              17,814
        預り金                                181,199              187,178
        賞与引当金                                27,874              28,833
                                         9,922              12,149
        その他
        流動負債合計                               1,012,423              1,235,398
      固定負債
        リース債務                                 5,114              3,360
                                        104,208              183,659
        退職給付引当金
        固定負債合計                                109,322              187,020
      負債合計                                1,121,746              1,422,418
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                731,950              731,950
        資本剰余金
         資本準備金                              701,950              701,950
                                        23,749              23,749
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                              725,699              725,699
        利益剰余金
         利益準備金                                200              200
         その他利益剰余金
                                        887,351             1,022,402
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                              887,551             1,022,602
        自己株式                               △ 208,553             △ 308,497
        株主資本合計                               2,136,648              2,171,754
      新株予約権                                   264              264
      純資産合計                                2,136,912              2,172,018
     負債純資産合計                                  3,258,658              3,594,437
                                 46/75








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ② 【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
     売上高                                  9,392,475              10,482,261
                                       7,500,682              8,727,809
     売上原価
     売上総利益                                  1,891,792              1,754,451
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                 159,950              139,400
      給料及び手当                                 194,582              186,861
      賞与引当金繰入額                                   733              683
      退職給付費用                                  4,794              2,975
      旅費及び交通費                                  41,123              27,039
      交際費                                  28,654              54,148
      支払手数料                                 369,560              256,069
      広告宣伝費                                  26,667              20,171
      地代家賃                                  88,690              80,472
      減価償却費                                  43,824              44,171
      貸倒引当金繰入額                                    -             1,654
                                        409,661              462,707
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                1,368,242              1,276,355
     営業利益                                   523,550              478,095
     営業外収益
      受取利息                                   461              503
      助成金収入                                  6,095              4,023
                                         1,521              1,323
      その他
      営業外収益合計                                  8,078              5,850
     営業外費用
      支払利息                                    93              161
      自己株式取得費用                                    -             1,203
      雑損失                                  16,115                639
      和解金                                    -              550
                                         1,780                0
      その他
      営業外費用合計                                  17,989               2,554
     経常利益                                   513,639              481,391
     特別利益
      保険解約返戻金                                  1,912                -
                                           6              -
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                  1,919                -
     特別損失
      役員退職慰労金                                  49,600                -
                                                      ※  751
                                          -
      固定資産除却損
      特別損失合計                                  49,600                751
     税引前当期純利益                                   465,959              480,639
     法人税、住民税及び事業税
                                        244,163              331,687
                                       △ 16,448             △ 51,058
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   227,714              280,629
     当期純利益                                   238,244              200,010
                                 47/75





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      【売上原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自    2018年1月1日               (自    2019年1月1日
                           至   2018年12月31日)               至   2019年12月31日)
                    注記               構成比                  構成比
           区分              金額(千円)                  金額(千円)
                    番号               (%)                  (%)
     Ⅰ   労務費
                            5,739,778         76.5        6,651,128         76.2
     Ⅱ   経費                     1,760,904                  2,076,681

                     ※1                 23.5                  23.8
         当期売上原価                                100.0                  100.0

                            7,500,682                  8,727,809
     (注)  ※1 主な内訳は、次のとおりであります。

            項目               前事業年度(千円)                  当事業年度(千円)
     地代家賃                               853,211                 1,008,685

     支払リース料                               191,750                  227,770

     旅費及び交通費                               111,278                  135,005

     通信費                               98,112                  96,080

     減価償却費                                9,869                  9,602

                                 48/75













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自       2018年1月1日         至   2018年12月31日)
                                              (単位:千円)
                                株主資本
                          資本剰余金                利益剰余金
                                          その他利益
                資本金
                                           剰余金
                          その他資本剰     資本剰余金合                利益剰余金
                     資本準備金                利益準備金
                            余金      計                合計
                                           繰越利益
                                           剰余金
     当期首残高            731,950     701,950      20,846     722,796       200    714,096     714,296
     当期変動額
     剰余金の配当                                      △ 64,988    △ 64,988
     当期純利益                                      238,244     238,244
     自己株式の取得
     自己株式の処分                       2,902     2,902
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計              -     -    2,902     2,902       -   173,255     173,255
     当期末残高            731,950     701,950      23,749     725,699       200    887,351     887,551
                  株主資本

                          新株予約権     純資産合計

                     株主資本
               自己株式
                     合計
     当期首残高           △ 215,198    1,953,844        316   1,954,161

     当期変動額
     剰余金の配当                △ 64,988          △ 64,988
     当期純利益                238,244           238,244
     自己株式の取得            △ 53    △ 53          △ 53
     自己株式の処分            6,698     9,601           9,601
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                       △ 52    △ 52
     額)
     当期変動額合計            6,645    182,803       △ 52   182,750
     当期末残高           △ 208,553    2,136,648        264   2,136,912
                                 49/75








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自       2019年1月1日         至   2019年12月31日)
                                              (単位:千円)
                                株主資本
                          資本剰余金                利益剰余金
                                          その他利益
                資本金
                                           剰余金
                          その他資本剰     資本剰余金合                利益剰余金
                     資本準備金                利益準備金
                            余金      計                合計
                                           繰越利益
                                           剰余金
     当期首残高            731,950     701,950      23,749     725,699       200    887,351     887,551
     当期変動額
     剰余金の配当                                      △ 64,960    △ 64,960
     当期純利益                                      200,010     200,010
     自己株式の取得
     自己株式の処分
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計              -     -     -     -     -   135,050     135,050
     当期末残高            731,950     701,950      23,749     725,699       200   1,022,402     1,022,602
                  株主資本

                          新株予約権     純資産合計

                     株主資本
               自己株式
                     合計
     当期首残高           △ 208,553    2,136,648        264   2,136,912

     当期変動額
     剰余金の配当                △ 64,960          △ 64,960
     当期純利益                200,010           200,010
     自己株式の取得          △ 99,944    △ 99,944          △ 99,944
     自己株式の処分                  -           -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                       -     -
     額)
     当期変動額合計           △ 99,944     35,106       -    35,106
     当期末残高           △ 308,497    2,171,754        264   2,172,018
                                 50/75









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純利益                                 465,959              480,639
      減価償却費                                  53,694              53,773
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 110             1,654
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  4,994               959
      退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  42,626              79,451
      受取利息及び受取配当金                                  △ 461             △ 503
      支払利息                                    93              161
      保険解約損益(△は益)                                 △ 1,912                -
      固定資産除却損                                    -              751
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 165,082             △ 165,068
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 1,108                42
      未払金の増減額(△は減少)                                 121,259               71,636
      預り金の増減額(△は減少)                                 △ 26,234               5,979
                                         1,267              98,308
      その他
      小計                                 494,984              627,785
      利息及び配当金の受取額                                   461              503
      利息の支払額                                   △ 93             △ 161
                                       △ 293,789             △ 247,849
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 201,562              380,278
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 11,329              △ 9,804
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 40,250             △ 21,120
      貸付けによる支出                                 △ 11,550              △ 9,700
      貸付金の回収による収入                                  3,596              5,226
      差入保証金の差入による支出                                 △ 29,579             △ 31,703
      差入保証金の回収による収入                                  3,061              4,696
                                         4,611              △ 267
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 81,439             △ 62,671
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      配当金の支払額                                 △ 64,728             △ 64,768
      リース債務の返済による支出                                 △ 3,492             △ 1,753
      自己株式の取得による支出                                   △ 53           △ 101,147
                                         9,601                -
      自己株式の処分による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 58,673             △ 167,669
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   61,449              149,937
     現金及び現金同等物の期首残高                                   766,577              828,026
                                      ※1  828,026            ※1  977,964
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 51/75






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
    1   有価証券の評価基準及び評価方法
      その他有価証券
      時価のあるもの
       決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均
      法により算定)
    2   たな卸資産の評価基準及び評価方法
      貯蔵品
       個別法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
    3   固定資産の減価償却の方法
     (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
       定額法によっております。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
       建物         8~50年
       車両運搬具      2~3年
       工具、器具及び備品  3~20年
     (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
       定額法によっております。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
       商標権          10年
       また、ソフトウエア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっておりま
      す。
     (3) リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
     (4) 長期前払費用
       均等償却によっております。
    4   引当金の計上基準
     (1) 貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
      いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
     (2) 賞与引当金
       従業員の賞与支給に備えるため、支給見込額の当期負担分を計上しております。
     (3) 退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
       ① 退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
       算定式基準によっております。
       ② 数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(2年)によ
       る定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
    5   キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
      現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動につい
     て僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなることとしております。
                                 52/75




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    6   その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       消費税等の会計処理
       消費税及び地方消費税(以下、「消費税等」という。)の会計処理は、税抜方式によっており、資産に係る控除
      対象外消費税等はその他資産に計上し、5年間で償却を行っております。
                                 53/75



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       (未適用の会計基準等)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          平成30年3月30日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   平成30年3月30日)
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年12月期の期首より適用予定であります。
     (3)   当該会計基準等の適用による影響

       当該会計基準等の適用による財務諸表に与える影響については、現時点で評価中であります。
       (表示方法の変更)

        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会
        計基準一部改正」という。)を当事業年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示
        し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更しております。
         この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」19,171千円は、「投資その
        他の資産」の「繰延税金資産」63,777千円に含めて表示しております。
       (貸借対照表関係)

     ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                              前事業年度                 当事業年度

                            (2018年12月31日)                 (2019年12月31日)
        有形固定資産の減価償却累計額                        73,026   千円              88,499   千円
     ※    当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と当座貸越契約を締結しております。

       事業年度末における当座貸越契約に係る借入金未実行残高等は次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度

                            (2018年12月31日)                 (2019年12月31日)
        当座貸越極度額                      1,900,000千円                 1,750,000千円
        借入実行残高                          ―千円                 ―千円
        差引額                      1,900,000千円                 1,750,000千円
       (損益計算書関係)

     ※    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度

                           (自    2018年1月1日              (自    2019年1月1日
                            至   2018年12月31日)               至   2019年12月31日)
        建物                          ―千円                119千円
        車両運搬具                          ―千円                 0千円
        工具、器具及び備品                          ―千円                364千円
        固定資産撤去費                          ―千円                267千円
        合計                          ―千円                751千円
                                 54/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自         2018年1月1日         至   2018年12月31日)
     1   発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末

     普通株式(株)               13,210,000               ―           ―      13,210,000

     2 自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末

                                 12,628

     普通株式(株)                 212,300                       7,000           217,928
     (変動事由の概要)
      (増加要因)
      株式報酬制度適用対象者の退任による自己株式の取得                                          12,600株
      単元未満株式の買取りによる取得                         28株
      (減少要因)
      新株予約権の行使による自己株式の処分                                                            7,000株
     3   新株予約権等に関する事項

                                    目的となる株式の数(株)

                                                     当事業
                          目的となる
     会社名           内訳                                    年度末残高
                          株式の種類
                                  当事業             当事業
                                                     (千円)
                                       増加    減少
                                 年度期首              年度末
          2014年有償ストック・オプ
     提出会社                        ―         ―    ―    ―     ―     264
          ションとしての新株予約権
                 合計                    ―    ―    ―     ―     264
     4   配当に関する事項

       (1)配当金支払額
               株式の
                     配当金の総額         1株当たり配当額
       決議                                   基準日        効力発生日
                       (千円)           (円)
               種類
       2018年
                                          2017年         2018年
      3月23日        普通株式         64,988           5.00
                                          12月31日         3月26日
     定時株主総会
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

              株式の      配当の
                          配当金の総額        1株当たり配当額
       決議                                     基準日       効力発生日
                           (千円)         (円)
              種類      原資
       2019年
                                            2018年        2019年
             普通株式      利益剰余金        64,960         5.00
      3月26日
                                            12月31日        3月27日
     定時株主総会
                                 55/75






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自         2019年1月1日         至   2019年12月31日)
     1   発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末

     普通株式(株)               13,210,000               ―           ―      13,210,000

     2 自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末

     普通株式(株)                 217,928           105,900              ―        323,828

     (変動事由の概要)
      (増加要因)
      2019年2月8日の臨時取締役会の決議による自己株式の取得                                         105,900株
     3   新株予約権等に関する事項

                                    目的となる株式の数(株)

                                                     当事業
                          目的となる
     会社名           内訳                                    年度末残高
                          株式の種類
                                  当事業             当事業
                                                     (千円)
                                       増加    減少
                                 年度期首              年度末
          2014年有償ストック・オプ
     提出会社                        ―         ―    ―    ―     ―     264
          ションとしての新株予約権
                 合計                    ―    ―    ―     ―     264
     4   配当に関する事項

       (1)配当金支払額
               株式の
                     配当金の総額         1株当たり配当額
       決議                                   基準日        効力発生日
                       (千円)           (円)
               種類
       2019年
                                          2018年         2019年
      3月26日        普通株式         64,960           5.00
                                          12月31日         3月27日
     定時株主総会
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

              株式の      配当の
                          配当金の総額        1株当たり配当額
       決議                                     基準日       効力発生日
                           (千円)         (円)
              種類      原資
       2020年
                                            2019年        2020年
             普通株式      利益剰余金        64,430         5.00
      3月24日
                                            12月31日        3月25日
     定時株主総会
                                 56/75







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       (キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1    現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                               前事業年度                当事業年度

                            (自    2018年1月1日              (自    2019年1月1日
                             至   2018年12月31日)              至   2019年12月31日)
        現金及び預金勘定                         828,026千円                977,964千円
        預入期間が3ケ月を
                                    ―千円                ―千円
        超える定期預金等
        現金及び現金同等物                         828,026千円                977,964千円
       (リース取引関係)

    1  ファイナンス・リース取引
     (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ①  リース資産の内容
        有形固定資産 本社における複合機(工具器具及び備品)であります。
      ②  リース資産の減価償却の方法
        注記事項「(重要な会計方針)3固定資産の減価償却の方法(3)リース資産」に記載の通りであります。
    2   オペレーティング・リース取引

     (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                             前事業年度

                                               当事業年度
                                             (2019年12月31日)
                           (2018年12月31日)
     1年内                              202,072千円                  204,582千円
     1年超                              363,528千円                  337,127千円
     合計                             565,600千円                   541,709千円 
                                 57/75










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1) 金融商品に対する取組方針
       当社は、資金運用について、短期的な預金等を中心に行い、また必要な資金は銀行からの借入により調達してお
      ります。デリバティブ取引は行っておりません。
     (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
       営業債権である売掛金及びその他金銭債権である差入保証金は、取引先の信用リスクに晒されております。
       当該信用リスクに関しては、取引ごとの期日管理及び残高管理を行ってリスク低減を図っております。
       営業債務である未払金等は、1年以内の支払期日であります。また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒さ
      れていますが、各部署からの報告に基づき、財務経理部が適時に資金繰表を作成・更新することにより流動性リス
      クを管理しております。
     (3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
      ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
      り、当該価額が変動することもあります。
    2.金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極め
     て困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)をご参照下さい。)。
     前事業年度(2018年12月31日)

                          貸借対照表
                                       時価            差額
                           計上額
                                       (千円)            (千円)
                           (千円)
     (1) 現金及び預金                          828,026             828,026               ―
     (2) 売掛金                         1,695,933             1,695,933                ―

            資産計                  2,523,960             2,523,960                ―

     (1)  未払金

                               644,387             644,387               ―
     (2)  未払法人税等

                               122,226             122,226               ―
     (3)  預り金                        181,199             181,199               ―

            負債計                   947,812             947,812               ―

                                 58/75








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(2019年12月31日)
                          貸借対照表
                                       時価            差額
                           計上額
                                       (千円)            (千円)
                           (千円)
     (1) 現金及び預金                          977,964            977,964               ―
     (2) 売掛金                        1,861,001            1,861,001                ―

            資産計                 2,838,966            2,838,966                ―

     (1)  未払金

                              716,979            716,979               ―
     (2)  未払法人税等

                              256,021            256,021               ―
     (3)  預り金

                              187,178            187,178               ―
            負債計                 1,160,179            1,160,179                ―

     (注1)    金融商品の時価の算定方法

     資  産
     (1) 現金及び預金、(2) 売掛金
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
     負  債
     (1)  未払金、(2)      未払法人税等、(3)         預り金
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                                                  (単位:千円)
                区分                  2018年12月31日             2019年12月31日
     差入保証金                                    195,032              216,673

     賃借期間の延長可能な契約に係る差入保証金は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もること等が
    できず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対象としておりません。
     (注3) 金銭債権の決算日後の償還予定額

     前事業年度(2018年12月31日)
                                                  (単位:千円)
                                       1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
     現金及び預金                             828,026          ―        ―        ―
     売掛金                            1,695,933           ―        ―        ―

                合計                2,523,960           ―        ―        ―

     差入保証金については、償還予定時期を明確に把握できないため、償還予定額を記載しておりません。
     当事業年度(2019年12月31日)

                                                  (単位:千円)
                                       1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
     現金及び預金                            977,964          ―       ―       ―
     売掛金                           1,861,001           ―       ―       ―

                合計                2,838,966           ―       ―       ―

     差入保証金については、償還予定時期を明確に把握できないため、償還予定額を記載しておりません。
                                 59/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
    1  採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を採用しております。
    2   確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年12月31日)              至 2019年12月31日)
     退職給付債務の期首残高                                    79,693              126,411
      勤務費用
                                         47,285              74,194
      利息費用                                      ―              75
                                        12,725
      数理計算上の差異の発生額                                                  5,228
                                       △13,292
      退職給付の支払額                                                △10,659
      その他                                      ―               ―
                                        126,411
     退職給付債務の期末残高                                                 195,250
     (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                                     (千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                 (2018年12月31日)              (2019年12月31日)
     非積立型制度の退職給付債務                                    126,411              195,250
     未積立退職給付債務                                    126,411              195,250
     未認識数理計算上の差異                                   △22,203              △11,591
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   104,208              183,659
     退職給付引当金                                    104,208              183,659
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                    104,208              183,659
     (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                     (千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年12月31日)              至 2019年12月31日)
     勤務費用                                    47,285              74,194
     利息費用                                      ―              75
     数理計算上の差異の費用処理額                                     8,633              15,840
     確定給付制度に係る退職給付費用                                    55,919              90,110
     (4)数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年12月31日)              至 2019年12月31日)
     割引率                                    0.06%              0.00%
                                 60/75





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       (ストック・オプション等関係)
       (追加情報)

       「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号 
       平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付
       き有償新株予約権を付与した取引については、実務対応報告第36号第10項(3)に基づいて、従来採用していた会計
       処理を継続しております。 
    1.業績条件付き有償新株予約権の概要

     (1)  業績条件付き有償新株予約権の内容
                        2014年 有償新株予約権

     付与対象者の区分及び人数                   当社取締役6名 当社従業員6名
     株式の種類別のストック・オプション
                        普通株式      330,000株
     の数(注1)
     付与日                   2014年3月17日
     業績条件                       (注2)
     対象勤務期間                   対象勤務期間の定めはありません
     権利行使期間                   2015年4月1日~2022年3月31日
     (注1)    株式数に換算して記載しております。
     (注2)     (a)  2014年12月期の経常利益が426百万円を超過した場合割り当てられた本新株予約権の20%
         (b)  2015年12月期の経常利益が600百万円を超過した場合                         割り当てられた本新株予約権の80%
           ただし、2014年12月期の経常利益が326百万円を下回っている場合には、(a)及び(b)の達成に係ら
           ず、本新株予約権を行使することはできない。
     (2)  権利確定条件付き有償新株予約権の規模及びその変動状況

       当事業年度(2019年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数につ
      いては、株式数に換算して記載しております。
      ①   ストック・オプションの数

                           2014年 有償新株予約権

     権利確定前(株)
      前事業年度末
                                        ―
      付与
                                        ―
      失効
                                        ―
      権利確定
                                        ―
      未確定残
                                        ―
     権利確定後(株)
      前事業年度末
                                      40,000
      権利確定
                                        ―
      権利行使
                                        ―
      失効
                                        ―
      未行使残                                40,000
      ②   単価情報

     権利行使価格(円)                                 1,365

     行使時平均株価(円)                                    ―
                                 61/75



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    2.採用している会計処理の概要
     (権利確定日以前の会計処理)
     (1)権利確定条件付き有償新株予約権の付与に伴う従業員等からの払込金額を、純資産の部に新株予約権として計上                                                     す
       る。
     (2)新株予約権として計上した払込金額は、権利不確定による失効に対応する部分を利益として計上する。
     (権利確定日後の会計処理)

     (3)権利確定条件付き有償新株予約権が権利行使され、これに対して新株を発行した場合、新株予約権として計上し
      た額のうち、当該権利行使に対応する部分を払込資本に振り替える。
     (4)権利不行使による失効が生じた場合、新株予約権として計上した額のうち、当該失効に対応する部分を利益とし
      て計上する。この会計処理は、当該失効が確定した期に行う。
       (税効果会計関係)

    1  繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                              前事業年度                 当事業年度

                            (2018年12月31日)                 (2019年12月31日)
        繰延税金資産
          退職給付引当金
                                31,866千円                 56,163千円
          未払事業税
                                6,373千円                23,658千円
          株式報酬費用
                                11,016千円                 17,111千円
          賞与引当金
                                8,523千円                 8,817千円
          その他                      5,996千円                 9,085千円
         繰延税金資産小計
                                63,777千円                114,836千円
         評価性引当額
                                  ―千円                 ―千円
         繰延税金資産合計
                                63,777千円                114,836千円
    2  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                              前事業年度                 当事業年度
                            (2018年12月31日)                 (2019年12月31日)
        法定実効税率                          30.8%                 30.6%
         (調整)
        交際費等永久に損金に算入されな
                                  2.8%                 3.6%
        い項目
        住民税均等割                          21.8%                 22.2%
        過年度法人税等                             ―               2.2%
        法人税額の特別控除                         △6.5%                    ―
                                 △0.0%                 △0.2%
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負
                                  48.9%                 58.4%
        担率
       (資産除去債務関係)

       当社は、本社、東京支店及び福岡支店の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務を資産除去債務として認識してお
      ります。
       当該資産除去債務に関しては、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関する敷金の回収が最終
      的に見込めないと認められる金額を合理的に見積もり、そのうち当事業年度の負担に属する金額を費用計上する方
      法によっております。
                                 62/75




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      当社は、居宅事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      【関連情報】

      前事業年度(自         2018年1月1日         至   2018年12月31日)
     1   製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えているため、記載を省略
      しております。
     2  地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している固定資産がないため、該当事項はありません。
     3   主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
             顧客の名称又は氏名                              売上高
     社会保険診療報酬支払基金大阪支部                                                1,086,945

     社会保険診療報酬支払基金東京支部                                                 961,229

     (注)  当社は、単一セグメントであるためセグメントごとに記載していません。
      当事業年度(自         2019年1月1日         至   2019年12月31日)

     1   製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えているため、記載を省略
      しております。
     2  地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している固定資産がないため、該当事項はありません。
     3   主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
             顧客の名称又は氏名                              売上高
     社会保険診療報酬支払基金大阪支部                                                1,104,680

     社会保険診療報酬支払基金東京支部                                                1,060,649

     (注)  当社は、単一セグメントであるためセグメントごとに記載していません。
                                 63/75





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
      該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      該当事項はありません。
      【関連当事者情報】

      該当事項はありません。
                                 64/75

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                            前事業年度                  当事業年度

                          (自    2018年1月1日               (自    2019年1月1日
                          至   2018年12月31日)                至   2019年12月31日)
     1株当たり純資産額                              164円46銭                  168円53銭
     1株当たり当期純利益金額                               18円34銭                  15円51銭

     潜在株式調整後
                                   18円33銭                    -銭
     1株当たり当期純利益金額
      (注)1.当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、希薄化効果を有している潜在株
           式が存在しないため、記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとお
           りであります。
                                   前事業年度             当事業年度
                                 (自    2018年1月1日           (自    2019年1月1日
                                 至   2018年12月31日)           至   2019年12月31日)
      1株当たり当期純利益金額
      当期純利益(千円)                                    238,244             200,010

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                       ―             ―

      普通株式に係る当期純利益(千円)                                    238,244             200,010

      普通株式の期中平均株式数(株)                                  12,990,848             12,898,643

      潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      当期純利益調整額(千円)                                       ―             ―

      普通株式増加数(株)                                     8,447               ―

      (うち新株予約権(株))                                    (8,447)               (―)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり                                         2014年有償新株予約権
                                            ―
     当期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式の概要                                          普通株式40,000株
         2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前事業年度             当事業年度
                                  (2018年12月31日)             (2019年12月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                   2,136,912             2,172,018
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                      264             264

     (うち新株予約権(千円))                                     (264)             (264)

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                   2,136,648             2,171,754

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                       12,992,072             12,886,172
     の数(株)
                                 65/75





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ⑤ 【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価

                                         償却累計額            差引当期末
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
        資産の種類                                 又は償却累              残高
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)
                                           計額            (千円)
                                          (千円)
     有形固定資産
       建物              104,500       12,734        130    117,104       35,965       5,515      81,139

       車両運搬具               1,526      2,562       131     3,958      1,914      1,249      2,043

       工具、器具及び備品               57,242       3,019      1,350      58,911      47,237       8,211      11,674

       土地               10,868        483       ―   11,352         ―      ―   11,352

       リース資産               8,118         ―      ―    8,118      3,382      1,623      4,735

       有形固定資産計            182,256       18,800       1,611     199,445       88,499      16,599      110,946

     無形固定資産

       商標権               4,813        ―      ―    4,813      3,788       481     1,024

       ソフトウエア              225,285       18,797       3,000     241,083      126,738       35,307      114,344

       ソフトウエア仮勘定               28,544       22,089      20,301      30,332         ―      ―   30,332

       無形固定資産計            258,642       40,887      23,301      276,228      130,527       35,788      145,701

                          1,742

                   20,438            13,329       8,850                  2,343
       長期前払費用                                       6,506      5,273
                         (  ― )
                   (9,250)            (9,000)       (250)                  (250)
     (注)1.    当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
            資産の種類                        内容及び金額
         建物             福利厚生施設                              8,516千円

         ソフトウエア             基幹システム                             18,797千円

         ソフトウエア仮勘定             基幹システム                             17,304千円

       2.  長期前払費用の(        )内は内書で、支払手数料、保険料等の期間配分に係るものであり、減価償却費と性格が異

         なるため、当期末減価償却累計額又は償却累計額及び当期償却額の金額に含めておりません。
                                 66/75







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
       【借入金等明細表】
                       当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     1年以内に返済予定のリース債務                      1,753         1,753           ―      ―
     リース債務(1年以内に返済予定
                           5,114         3,360           ―   2021年~2022年
     のものを除く。)
           合計                6,867         5,114           ―      ―
     (注)   1   リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額で貸借対照表に計上してい
          るため、「平均利率」を記載しておりません。
        2   リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年内における1年ごとの返済予定額の
          総額
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
            リース債務              1,753          1,607            ―          ―
       【引当金明細表】

                                  当期減少額        当期減少額

                  当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                         (目的使用)         (その他)
                   (千円)        (千円)                         (千円)
                                   (千円)        (千円)
     貸倒引当金                 1,300         2,955          ―      1,300        2,955
     賞与引当金                 27,874         28,833        27,874           ―      28,833

     (注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
       【資産除去債務明細表】

         資産除去債務に関しては、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関する敷金の回収が最終
        的に見込めないと認められる金額を合理的に見積もり、そのうち当事業年度の負担に属する金額を費用計上す
        る方法によっているため、該当事項はありません。
                                 67/75










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【主な資産及び負債の内容】
      ①   現金及び預金
                区分                         金額(千円)

     現金                                                 22,544

     預金

       当座預金                                                   250

      別段預金                                                   795

       普通預金                                                 954,373

                 計                                     955,419

                合計                                     977,964

      ②   売掛金

        相手先別内訳
                相手先                          金額(千円)

     社会保険診療報酬支払基金  大阪支部                                                 186,352

     社会保険診療報酬支払基金  東京支部                                                 185,719

     東京都国民健康保険団体連合会                                                 138,999

     大阪府国民健康保険団体連合会                                                 103,414

     社会保険診療報酬支払基金 埼玉支部                                                 79,922

     その他                                                1,166,592

                合計                                    1,861,001

        売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

      当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高

                                          回収率(%)        滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                   (A)+(D)
                                           (C)
                                                     2
        (A)         (B)         (C)         (D)        (A)+(B)
                                                    (B)
                                           ×100
                                                    365
        1,695,933        14,101,084         13,936,016         1,861,001            88.2          46
     (注)  消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
                                 68/75





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ③   貯蔵品
                区分                         金額(千円)

     貯蔵品

      切手

                                                       1,824
      制服                                                  374

      その他                                                  574

                合計                                      2,773

      ④   差入保証金

                区分                         金額(千円)

      三井不動産ビルマネジメント㈱                                                33,940

      住友不動産㈱                                                23,650

      野村不動産パートナーズ㈱                                                 4,964

      その他                                                154,117

                合計                                     216,673

      ⑤   未払金

                区分                         金額(千円)

     未払給与                                                 396,046

     未払社会保険料                                                 165,549

     その他                                                 155,384

                合計                                     716,979

      ⑥   未払法人税等

                区分                         金額(千円)

     法人税                                                 108,960

     住民税                                                 69,085

     事業税                                                 77,975

                合計                                     256,021

                                 69/75





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
      ⑦   預り金
                区分                         金額(千円)

     社会保険料                                                 170,433

     その他                                                 16,744

                合計                                     187,178

     (3) 【その他】
       当事業年度における四半期情報等
         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度

     売上高           (千円)       2,448,523          5,029,603          7,706,607         10,482,261

     税引前四半期(当期)
               (千円)         46,574         126,009          295,281          480,639
     純利益金額
     四半期(当期)純利益
     金額又は四半期純損           (千円)        △3,817          23,154         112,491          200,010
     失金額(△)
     1株当たり四半期
     (当期)純利益金額又
                (円)        △0.30           1.79          8.72         15.51
     は1株当たり四半期
     純損失金額(△)
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純
     利益金額又は1株当
                (円)        △0.30           2.09          6.93          6.79
     たり四半期純損失金
     額(△)
                                 70/75











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度              毎年1月1日から12月31日まで

     定時株主総会              毎事業年度終了後3ヶ月以内

     基準日              12月31日

                  毎年6月30日
     剰余金の配当の基準日
                  毎年12月31日
     1単元の株式数              100株
     単元未満株式の買取り

                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号                   みずほ信託銀行株式会社
         取扱場所
                  本店証券代行部
                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号                   みずほ信託銀行株式会社
         株主名簿管理人
         取次所              ―――

         買取手数料              無料

                  当会社の公告方法は電子公告とする。
                  ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告をすることが出
     公告掲載方法
                  来ない場合の公告方法は、日本経済新聞に掲載する方法とする。
                  電子公告掲載URL           http     s://www.nfield.co.jp/
     株主に対する特典              なし
     (注)  当会社の単元未満株式を有する株主は、その有する単元未満株式について次に掲げる権利以外の権利を行使で
        きない旨、定款に定めております。
           (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
           (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
           (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 71/75











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社は、親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
       事業年度      第16期(自       2018年1月1日         至   2018年12月31日) 2019年3月27日近畿財務局長に提出。
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類
       事業年度      第16期(自       2018年1月1日         至   2018年12月31日) 2019年3月27日近畿財務局長に提出。
     (3)  四半期報告書及び確認書
       第17期第1四半期(自            2019年1月1日         至   2019年3月31日) 2019年5月13日近畿財務局長に提出。
       第17期第2四半期(自            2019年4月1日         至   2019年6月30日) 2019年8月13日近畿財務局長に提出。
       第17期第3四半期(自            2019年7月1日         至   2019年9月30日) 2019年11月13日近畿財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基
       づく臨時報告書
       2019年3月29日近畿財務局長に提出。
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)の規定に基づく臨時報告書
       2019年4月8日近畿財務局長に提出。
     (5)自己株券買付状況報告書
       2019年4月15日近畿財務局長に提出。
       2019年5月8日近畿財務局長に提出。
                                 72/75











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当する事項はありません。

                                 73/75



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2020年3月24日

    株式会社N・フィールド
    取締役会  御中
                         有限責任監査法人  トーマツ

                           指定有限責任社員

                                             目  細                  実
                                      公認会計士                    ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                             中      田      信      之
                                      公認会計士                    ㊞
                           業務執行社員
    <財務諸表監査>

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社N・フィールドの2019年1月1日から2019年12月31日までの第17期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借
    対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明
    細表について監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社N・フィールドの2019年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・
    フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 74/75





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社N・フィールド(E27723)
                                                            有価証券報告書
    <内部統制監査>
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社N・フィールドの
    2019年12月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
    内部統制報告書に対する経営者の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
    を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
    基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
    な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
    することを求めている。
     内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
    ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
    要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
    価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、株式会社N・フィールドが2019年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
    記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
    て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
     (注)   1   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 75/75








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク