朝日インテック株式会社 訂正有価証券報告書 第43期(平成30年7月1日-令和1年6月30日)

訂正有価証券報告書-第43期(平成30年7月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:朝日インテック株式会社

カテゴリ:訂正有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     朝日インテック株式会社(E02349)
                                                          訂正有価証券報告書
      【表紙】

      【提出書類】                     有価証券報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の2第1項

      【提出先】                     関東財務局長

      【提出日】                     2020年3月19日

      【事業年度】                     第43期(自 2018年7月1日 至 2019年6月30日)

      【会社名】                     朝日インテック株式会社

      【英訳名】                     ASAHI   INTECC    CO.,LTD.

      【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  宮 田 昌 彦

      【本店の所在の場所】                     愛知県瀬戸市暁町3番地100

      【電話番号】                     0561-48-5551(代表)

      【事務連絡者氏名】                     取締役管理本部長  伊 藤 瑞 穂

      【最寄りの連絡場所】                     愛知県瀬戸市暁町3番地100

      【電話番号】                     0561-48-5551(代表)

      【事務連絡者氏名】                     取締役管理本部長  伊 藤 瑞 穂

      【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                           株式会社名古屋証券取引所
                           (愛知県名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                 1/6








                                                           EDINET提出書類
                                                     朝日インテック株式会社(E02349)
                                                          訂正有価証券報告書
      1  【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】

        2019年9月30日に提出いたしました第43期(自2018年7月1日 至2019年6月30日)の記載事項の一部に誤りがあ
       りましたので、これを訂正するため有価証券報告書の訂正報告書を提出するものであります。
      2  【訂正事項】

        第一部【企業情報】
        第5【経理の状況】
         1【連結財務諸表等】
         (1)【連結財務諸表】
           【注記事項】
            (ストック・オプション等関係)
            (セグメント情報等)
           【関連当事者情報】
                                 2/6















                                                           EDINET提出書類
                                                     朝日インテック株式会社(E02349)
                                                          訂正有価証券報告書
      3  【訂正箇所】

        訂正箇所は       を付して表示しております。
       第一部【企業情報】

        第5【経理の状況】
         1【連結財務諸表等】
         (1)【連結財務諸表】
          【注記事項】
      (訂正前)

        (ストック・オプション等関係)
       1   権利不行使による失効により利益として計上した金額
                          前連結会計年度                    当連結会計年度

       新株予約権戻入益                             17千円                    25千円

       2  ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

        (1) ストック・オプションの内容
                                   2014年ストック・オプション
       付与対象者の区分及び数                  当社取締役              9名
                        当社従業員及び当社             205名
                        関係会社の取締役・
                        従業員
                        外部協力者(顧問)              2名
                        普通株式           500,000株
       ストック・オプション数(注)
       付与日                  2014年9月12日
       権利確定条件                  1.新株予約権者は、当社が中期経営計画「Global Expansion 2018」に掲
                          げる業績目標(下記イ.参照)に準じて設定された下記ロ.に掲げる条件
                          を達成した場合にのみ、各権利者に割り当てられた本新株予約権のう
                          ち、それぞれ定められた割合の個数を新株予約権の行使期間において
                          行使することができる。
                          また、営業利益の判定においては、当社の決算短信に記載された同期
                          の連結損益計算書を参照するものとし、適用される会計基準の変更等
                          により参照すべき営業利益の概念に重要な変更があった場合には、会
                          社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標を取締役会
                          にて定めるものとする。
                        イ.当社中期経営計画「Global               Expansion     2018」に掲げる営業利益の計画
                          数値
                          ①2015年6月期 営業利益 6,908百万円
                          ②2016年6月期 営業利益 8,551百万円
                        ロ.本新株予約権の行使に際して定められる条件
                          ①2015年6月期の営業利益が6,908百万円を達成していること
                          ②2016年6月期の営業利益が8,551百万円を達成していること
                          ただし、割当日から2年間において当社株価の終値が一度でも権利行
                          使価格の50%以下になった場合には、一切の行使は認められない。
                        2.新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当
                          社関係会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則第8
                          条第8項に定める関係会社をいう)取締役、監査役、外部協力者(顧
                          問)、従業員の地位にあることを要する。
                        3.新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
                          ただし、取締役会が特に認めた場合にはこの限りではない。
                        4.本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点にお
                                 3/6


                                                           EDINET提出書類
                                                     朝日インテック株式会社(E02349)
                                                          訂正有価証券報告書
                          ける発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該本新株予約

                          権の行使を行うことはできない。
                        5.各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       対象勤務期間                  対象勤務期間の定めはありません。
                        2016年9月13日から
       権利行使期間
                        2021年9月12日
       (注)    株式数に換算して記載しております。
        (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況

          当連結会計年度(2019年6月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
         数については、株式数に換算して記載しております。なお、2015年8月1日付け及び2018年1月1日付けでそれ
         ぞれ、普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っており、以下は当該株式分割を反映した数値を
         記載しております。
         ①  ストック・オプションの数
                          2014年ストック・オプション
       権利確定前(株)
         前連結会計年度末                                  ―
         付与                                  ―
         失効                                  ―
         権利確定                                  ―
         未確定残                                  ―
       権利確定後(株)
         前連結会計年度末                              1,095,600
         権利確定                                  ―
         権利行使                               206,800
         失効                                4,000
         未行使残                               884,800
         ②  単価情報

                          2014年ストック・オプション
       権利行使価格(円)                                1,022
       行使時平均株価(円)                                5,190
       付与日における公正な評価単価(円)                                 625
       3   ストック・オプションの権利確定数の見積方法

         基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
        ります。
                                 4/6







                                                           EDINET提出書類
                                                     朝日インテック株式会社(E02349)
                                                          訂正有価証券報告書
       (セグメント情報等)

       【関連当事者情報】
        前連結会計年度(自 2017年7月1日 至 2018年6月30日)
          連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主等
                                議決権等
                      資本金又
           会社等の名称
                                 の所有              取引金額          期末残高
                           事業の内容          関連当事者
                      は出資金
        種類          所在地                        取引の内容           科目
                                 (被所有)               (千円)          (千円)
                           又は職業          との関係
            又は氏名
                       (千円)
                                割合(%)
       役員の
                                          顧問報酬
                                被所有
            宮田尚彦        ―       ― 当社顧問          当社顧問            36,000     ―     ―
                                直接0.4          の支払
       近親者
      (注)1 取引条件及び取引条件の決定方針等
           顧問報酬額は、当社取締役会において決定しております。
         2 宮田尚彦は、代表取締役社長宮田昌彦及び代表取締役副社長宮田憲次の実父であり、当社の代表取締役会長
           として企業経営及び研究開発に携わってきた実績があり、長年の経験、知識、幅広い人脈等をもとに、当社
           に対して助言指導を行っております。 
        当連結会計年度(自 2018年7月1日 至 2019年6月30日) 

          連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主等
                                議決権等
                      資本金又
           会社等の名称
                                 の所有              取引金額          期末残高
                           事業の内容          関連当事者
                      は出資金
        種類          所在地                        取引の内容           科目
                                                (千円)          (千円)
                                 (被所有)
                           又は職業          との関係
            又は氏名
                       (千円)
                                割合(%)
       役員の
                                被所有          顧問報酬
            宮田尚彦        ―       ― 当社顧問          当社顧問            36,000     ―     ―
                                直接0.2          の支払
       近親者
      (注)1 取引条件及び取引条件の決定方針等
           顧問報酬額は、当社取締役会において決定しております。
         2 宮田尚彦は、代表取締役社長宮田昌彦及び代表取締役副社長宮田憲次の実父であり、当社の代表取締役会長
           として企業経営及び研究開発に携わってきた実績があり、長年の経験、知識、幅広い人脈等をもとに、当社
           に対して助言指導を行っております。 
      (訂正後)

       (ストック・オプション等関係)
        (追加情報)
         (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱いの適用)
          「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36
          号 平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)の適用日より前に従業員等に対して権利確定
          条件付き有償新株予約権を付与した取引については、実務対応報告第36号第10項(3)に基づいて、従来採用して
          いた会計処理を継続しております。
         1.権利確定条件付き有償新株予約権の概要
           前述の「2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況」に同一の内容を記載しているため、注
          記を省略しております。
         2.採用している会計処理の概要
           新株予約権を発行したときは、その発行に伴う払込金額を、純資産の部に新株予約権として計上しておりま
          す。新株予約権が行使され、新株を発行するときは、当該新株予約権の発行に伴う払込金額と新株予約権の行
          使に伴う払込金額を、資本金及び資本準備金に振り替えます。
           なお、新株予約権が失効したときは、当該失効に対応する額を失効が確定した会計期間の利益として処理し
          ております。
                                 5/6




                                                           EDINET提出書類
                                                     朝日インテック株式会社(E02349)
                                                          訂正有価証券報告書
       (セグメント情報等)

       【関連当事者情報】
        前連結会計年度(自 2017年7月1日 至 2018年6月30日)
          連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主等
                                議決権等
                      資本金又
           会社等の名称
                                 の所有              取引金額          期末残高
                           事業の内容          関連当事者
                      は出資金
        種類          所在地                        取引の内容           科目
                                 (被所有)               (千円)          (千円)
                           又は職業          との関係
            又は氏名
                       (千円)
                                割合(%)
       役員の
                                          顧問報酬
                                被所有
            宮田尚彦        ―       ― 当社顧問          当社顧問            36,000     ―     ―
                                直接0.4          の支払
       近親者
                                          新株予約
                           当社      被所有
        役員    加藤忠和        ―       ―           ―     権の行使       20,440     ―     ―
                           常務取締役      直接0.1
                                          (注)3
                                          新株予約
                           当社      被所有
        役員    湯川一平        ―       ―           ―     権の行使       53,144     ―     ―
                           取締役      直接0.1
                                          (注)3
      (注)1 取引条件及び取引条件の決定方針等
           顧問報酬額は、当社取締役会において決定しております。
         2 宮田尚彦は、代表取締役社長宮田昌彦及び代表取締役副社長宮田憲次の実父であり、当社の代表取締役会長
           として企業経営及び研究開発に携わってきた実績があり、長年の経験、知識、幅広い人脈等をもとに、当社
           に対して助言指導を行っております。
         3 2014年8月12日開催の取締役会決議に基づき付与された、第3回新株予約権の権利行使によるものでありま
           す。
        当連結会計年度(自 2018年7月1日 至 2019年6月30日) 

          連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主等
                                議決権等
                      資本金又
           会社等の名称
                                 の所有              取引金額          期末残高
                           事業の内容          関連当事者
        種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
                                 (被所有)               (千円)          (千円)
                           又は職業          との関係
            又は氏名
                       (千円)
                                割合(%)
       役員の
                                被所有          顧問報酬
            宮田尚彦        ―       ― 当社顧問          当社顧問            36,000     ―     ―
                                直接0.2          の支払
       近親者
                                          新株予約
                           当社      被所有
        役員    加藤忠和        ―       ―           ―     権の行使       20,440     ―     ―
                           常務取締役      直接0.1
                                          (注)3
                                          新株予約
                           当社      被所有
        役員    伊藤瑞穂        ―       ―           ―     権の行使       10,220     ―     ―
                           取締役      直接0.0
                                          (注)3
      (注)1 取引条件及び取引条件の決定方針等
           顧問報酬額は、当社取締役会において決定しております。
         2 宮田尚彦は、代表取締役社長宮田昌彦及び代表取締役副社長宮田憲次の実父であり、当社の代表取締役会長
           として企業経営及び研究開発に携わってきた実績があり、長年の経験、知識、幅広い人脈等をもとに、当社
           に対して助言指導を行っております。
         3 2014年8月12日開催の取締役会決議に基づき付与された、第3回新株予約権の権利行使によるものでありま
           す。
                                 6/6






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。