天馬株式会社 訂正有価証券報告書 第70期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

訂正有価証券報告書-第70期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:天馬株式会社

カテゴリ:訂正有価証券報告書

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  【表紙】

  【提出書類】        有価証券報告書の訂正報告書

  【根拠条文】        金融商品取引法第24条の2第1項

  【提出先】        関東財務局長

  【提出日】        令和2年3月16日

  【事業年度】        第70期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

  【会社名】        天馬株式会社

  【英訳名】        TENMA CORPORATION

  【代表者の役職氏名】        代表取締役社長  藤 野 兼 人

  【本店の所在の場所】        東京都北区赤羽一丁目63番6号

  【電話番号】        03(3598)5511(代表)

  【事務連絡者氏名】        取締役財務経理部長  須 藤 隆 志

  【最寄りの連絡場所】        東京都北区赤羽一丁目63番6号

  【電話番号】        03(3598)5511(代表)

  【事務連絡者氏名】        取締役財務経理部長  須 藤 隆 志

  【縦覧に供する場所】        株式会社東京証券取引所

          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

          天馬株式会社 野田工場

          (千葉県野田市尾崎2345番地)

          天馬株式会社 大阪支店

          (大阪市淀川区西中島五丁目11番10号(第3中島ビル))

             1/87






                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  1 【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】

    当社は、  令和元年  12月2日付「当社海外子会社における不正行為について」にて公表しました通り、当社海外子会
  社において、従業員による不正行為の疑いがあると認識いたしましたので、             令和元年  12月2日、当社と利害関係を有し
  ない外部の専門家から構成される第三者委員会を設置し、本件不正行為及び他のグループ会社における類似案件につ
  いて専門的かつ客観的な調査を進めて参りました。その結果、           令和2年  3月13日に第三者委員会から調査報告書を受
  領いたしました。
   当社は、第三者委員会の調査報告書の内容を検討した結果、海外子会社において今後支出が見込まれる間接税等の
  租税関連費用について、過年度決算の訂正を行うことといたしました。
   これらの決算訂正により、当社が      令和元年  6月27日に提出いたしました第71期(自        平成30年  4月1日 至    平成
  31年 3月31日)に係る有価証券報告書の一部を訂正する必要が生じましたので、金融商品取引法第24条の2第1項の
  規定に基づき、有価証券報告書の訂正報告書を提出するものであります。
   なお、訂正後の連結財務諸表及び財務諸表については、有限責任           あずさ監査法人により監査を受けており、その監
  査報告書を添付しております。
  2 【訂正事項】

  第一部 企業情報
   第1 企業の概況
   第2 事業の状況
   第5 経理の状況
  監査報告書
  3 【訂正箇所】

   訂正箇所は   を付して表示しております。
   なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、訂正後のみを記載しております。
             2/87











                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  第一部  【企業情報】

  第1 【企業の概況】

  1 【主要な経営指標等の推移】

  (1) 連結経営指標等
     回次    第66期   第67期   第68期   第69期   第70期

    決算年月    平成26年3月   平成27年3月   平成28年3月   平成29年3月   平成30年3月

  売上高     (千円)  70,014,204   75,130,966   81,274,609   75,785,731   77,484,914

  経常利益     (千円)  4,205,917   4,186,698   5,446,174   4,794,795   2,780,571

  親会社株主に帰属する
       (千円)  3,350,154   3,830,769   3,577,664   3,716,959   1,899,263
  当期純利益
  包括利益     (千円)  8,161,675   8,741,139   △639,008   3,733,861   1,924,438
  純資産額     (千円)  70,109,363   75,132,195   71,967,117   74,731,288   75,687,690

  総資産額     (千円)  83,550,164   90,668,965   87,446,717   90,247,689   92,490,912

  1株当たり純資産額     (円)  2,587.32   3,020.12   2,982.41   3,097.03   3,136.75

  1株当たり
       (円)   123.63   151.07   146.86   154.04   78.71
  当期純利益
  潜在株式調整後
       (円)   ―   ―   ―   ―   ―
  1株当たり当期純利益
  自己資本比率     (%)   83.9   82.9   82.3   82.8   81.8
  自己資本利益率     (%)   5.0   5.3   4.9   5.1   2.5

  株価収益率     (倍)   11.5   12.7   12.5   13.3   25.9

  営業活動による
       (千円)  5,003,778   5,024,720   7,327,527   6,957,702   4,921,456
  キャッシュ・フロー
  投資活動による
       (千円)  △5,365,298   △4,043,776   1,654,096   1,092,473  △15,347,845
  キャッシュ・フロー
  財務活動による
       (千円)  △801,671  △3,879,749   △2,521,698   △969,537   △967,864
  キャッシュ・フロー
  現金及び現金同等物の
       (千円)  11,570,520   9,474,249  15,993,321   22,778,968   11,472,359
  期末残高
  従業員数
          5,876   6,230   6,410   6,730   6,966
  (外、平均臨時     (名)
          (2,042)   (1,901)   (1,573)   (1,549)   (1,839)
  雇用者数)
  (注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
   2 第70期の株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり純資産
    額の算定上、期末発行済株式数から控除する自己株式数に含めております。また、1株当たり当期純利益の
    算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
   3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
             3/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (2) 提出会社の経営指標等

     回次    第66期   第67期   第68期   第69期   第70期

    決算年月    平成26年3月   平成27年3月   平成28年3月   平成29年3月   平成30年3月

  売上高     (千円)  23,908,574   23,092,046   24,207,692   23,346,037   22,742,787

  経常利益     (千円)   739,692  1,513,065   2,249,121   1,424,036   1,867,340

  当期純利益     (千円)   565,838  1,956,299   1,309,813   860,036  1,551,377

  資本金     (千円)  19,225,350   19,225,350   19,225,350   19,225,350   19,225,350

  発行済株式総数     (株)  29,813,026   28,813,026   28,813,026   27,813,026   27,813,026

  純資産額     (千円)  62,024,706   60,908,510   57,387,287   58,416,544   58,755,758

  総資産額     (千円)  67,220,206   66,197,093   63,507,065   64,010,677   64,970,967

  1株当たり純資産額     (円)  2,288.97   2,448.37   2,378.21   2,420.91   2,435.04

  1株当たり配当額
       (円)
          30   35   40   40   50
  (うち1株当たり
          (15)   (15)   (20)   (20)   (20)
       (円)
  中間配当額)
  1株当たり当期純利益     (円)   20.88   77.15   53.77   35.64   64.29
  潜在株式調整後
       (円)   ―   ―   ―   ―   ―
  1株当たり当期純利益
  自己資本比率     (%)   92.3   92.0   90.4   91.3   90.4
  自己資本利益率     (%)   0.9   3.2   2.2   1.5   2.6

  株価収益率     (倍)   68.3   24.8   34.3   57.7   31.7

  配当性向     (%)   143.7   45.4   74.4  112.2   77.8

  従業員数
          748   715   693   671   667
  (外、平均臨時     (名)
          (367)   (288)   (259)   (269)   (262)
  雇用者数)
  (注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
   2 第70期の株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり純資産
    額の算定上、期末発行済株式数から控除する自己株式数に含めております。また、1株当たり当期純利益の
    算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
   3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   4 第70期の1株当たり配当額は、第70期及び東京証券取引所上場30周年記念配当10円を含んでおります。
             4/87







                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  2 【沿革】

   年月          事項

  昭和24年8月   東京都荒川区に太洋商事株式会社を設立、日用品雑貨、ゴム製履物類の製造販売を開始。
  昭和28年10月   欧米のプラスチック業界の発展に着目、プラスチック製品の射出成形技術の研究開発を開始。
  昭和29年7月   商号を太洋商事株式会社から天馬合成樹脂株式会社に変更。
  昭和30年4月   東京都江東区に大島工場を新設。
  昭和32年4月   定款目的を変更し、プラスチック製品製造に専業。
  昭和36年9月   埼玉県川口市に川口工場を新設、射出成形機30台を設置。
  昭和37年9月   大島工場を閉鎖し、川口工場に統合。
  昭和39年1月   東京オリンピック開催に伴う都市美化運動の一助として当社のパテント製品「ポリトラッシュシ
     リーズ」を開発、日綿実業株式会社と販売総代理店契約を締結。
  昭和41年10月   西ドイツのスチュケン社の技術を導入し、ビールコンテナーの生産を開始。
  昭和42年10月   千葉県野田市中里工業団地内に野田工場を新設。
  昭和46年5月   大阪市西区に大阪営業所を開設。
  昭和47年11月   東京都千代田区に東京営業部を開設。
  昭和48年10月   滋賀県甲賀市に滋賀工場を新設。
  昭和49年7月   仙台市に仙台営業所を開設。オイルショックに対応し、野田工場に川口工場の設備を統合、川口
     工場を閉鎖。
  昭和54年3月   大阪営業所を大阪市淀川区に移転と同時に大阪支店に昇格。
  昭和55年9月   福岡市に福岡営業所を開設。
  昭和56年3月   山口県山陽小野田市に山口工場を新設。
  昭和60年10月   福島県白河市に新白河工場を新設。
  昭和61年11月   本店を東京都千代田区に移転。
  昭和62年4月   商号を天馬株式会社に変更。
  昭和63年8月   当社株式を東京証券取引所市場第二部に上場。
  昭和63年8月   英国、スコットランドにTENMA(U.K.)LIMITEDを設立。
  平成3年1月   札幌市中央区に札幌営業所を開設。
  平成3年4月   当社株式を東京証券取引所市場第一部に指定替え。
  平成3年10月   名古屋市中区に名古屋営業所を開設。
     青森県八戸市に八戸工場を新設。
  平成4年11月   香港PATOLANE LIMITEDの株式を取得し関連会社化。
  平成4年12月   中国、広東省中山市に天馬精塑(中山)有限公司を設立。
  平成5年3月   本社ビルの完成に伴い、本店を東京都北区に移転するとともに本社機能を集約。
  平成6年6月   香港にPRINCIA   Co., LTD.を設立(現・連結子会社)。
  平成7年10月   中国、上海市に上海天馬精塑有限公司を設立(現・連結子会社)。
  平成9年12月   香港PATOLANE LIMITEDは、MEIYANG HONG KONG LIMITEDに社名変更。
  平成10年2月   東京都北区に天馬マグテック株式会社を設立。
  平成16年3月   MEIYANG  HONG KONG LIMITED(現・連結子会社)の株式を追加取得したことにより、同社及びその
     100%子会社深圳美陽注塑有限公司を連結子会社化。
  平成17年2月   春日精工株式会社の株式を取得し、子会社化。
  平成17年3月   天馬マグテック株式会社を吸収合併。
  平成17年12月   中国、広東省中山市に天馬精密工業(中山)有限公司を設立(現・連結子会社)。
  平成17年12月   中国、広東省深圳市に天馬精密注塑(深圳)有限公司を設立(現・連結子会社)。
  平成19年11月   ベトナム、バクニン省クエボー市にTENMA       VIETNAM  CO., LTD.を設立(現・連結子会社)。
  平成21年6月   株式会社タクミック・エスピーの全株式を取得し、同社及びその子会社であるPT.               SHOWPLA
     INDO、SHOWPLA   VIETNAM  CO., LTD. 、SP EVOLUTION  (THAILAND)  CO., LTD. 、SP MANAGEMENT
     ASIA PTE. LTD. を子会社化(SP   MANAGEMENT  ASIA PTE. LTD. を除き、現・連結子会社)。
  平成21年7月   青森県弘前市に弘前工場を新設。
  平成21年9月   株式会社タクミック・エスピーの子会社として、株式会社タクミックを設立(現・連結子会
     社)。
  平成22年3月   株式会社タクミック・エスピーがPT. SUMMITPLASTの株式を取得し、子会社化(現・連結子会
     社)。
  平成22年9月   中国、江蘇省蘇州市に天馬皇冠精密工業(蘇州)有限公司を設立(現・連結子会社)。
  平成22年11月   TENMA(U.K.)LIMITEDを清算。
  平成23年1月   PT. SUMMITPLASTが、PT. SHOWPLA INDOを吸収合併し、PT. TENMA INDONESIAに商号変更。
  平成23年4月   SP EVOLUTION (THAILAND) CO., LTD. が、TENMA (THAILAND) CO., LTD. に商号変更。
             5/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   年月          事項

  平成23年5月   株式会社タクミック・エスピーが、天馬アセアンホールディングス株式会社に商号変更。
  平成24年8月   天馬精密工業(中山)有限公司が天馬精塑(中山)有限公司を吸収合併。
  平成26年1月   SHOWPLA  VIETNAM  CO., LTD.がTENMA  (HCM) VIETNAM  CO., LTD. に商号変更。
  平成26年2月   TENMA (THAILAND)  CO., LTD.の第二工場となるプラチンブリ工場を完工。
  平成26年4月   PT. TENMA INDONESIAを分割会社とする会社分割(新設分割)により、PT.            TENMA CIKARANG
     INDONESIAを新規設立(現・連結子会社)。
  平成26年12月   深圳美陽注塑有限公司を清算。
  平成27年3月   春日精工株式会社を清算。
  平成28年8月   PT. TENMA INDONESIAの第二工場となるスルヤチプタ工場を完工。
  平成30年1月   株式会社TQを設立。
  平成30年3月   名古屋営業所を閉鎖し、大阪支店に統合。
  3 【事業の内容】

   当社グループは、当社、子会社15社及び関連会社1社で構成され、主としてハウスウエア合成樹脂製品(インテリ
  ア用品、バス・洗面・トイレタリー用品、キッチン用品、洗濯用品、クリーン用品、ワイヤー用品、レジャー用品、
  ベビー用品、DIY用品等)及び工業品合成樹脂製品(OA電子機器部品、家電機器部品、自動車外装・内装部品、
  自動車機能部品、各種コンテナー、大型容器類、パレット、住設建材等)の製造及び販売に関連した事業を行ってお
  ります。
  (日本)

   日本においては、当社が主にハウスウエア合成樹脂製品及び工業品合成樹脂製品の製造販売を行っており、株式会
  社タクミックは工業品合成樹脂製品等の設計・試作を行っております。天馬アセアンホールディングス株式会社は、
  PT.TENMA  INDONESIA、TENMA   (HCM)  VIETNAM  CO., LTD.、TENMA  (THAILAND)  CO., LTD.、PT.TENMA   CIKARANG
  INDONESIA、SP   MANAGEMENT  ASIA PTE. LTD. 及び株式会社タクミックの持株会社であります。
  (中国)

   中国においては、上海天馬精塑有限公司がハウスウエア合成樹脂製品及び工業品合成樹脂製品の製造販売を行い、
  天馬精密注塑(深圳)有限公司、天馬精密工業(中山)有限公司及び天馬皇冠精密工業(蘇州)有限公司が工業品合成樹脂
  製品の製造販売を行っております。
   PRINCIA  Co.,LTD.は中国子会社各社の原材料を調達し、製品の仕入販売を行っております。 
  (東南アジア)

   東南アジアにおいては、TENMA      VIETNAM  CO., LTD.、PT.  TENMA INDONESIA、TENMA   (HCM) VIETNAM  CO., LTD. 、
  TENMA (THAILAND)  CO., LTD. 及びPT.TENMA   CIKARANG  INDONESIA  が工業品合成樹脂製品の製造販売を行っておりま
  す。なお、関連会社であるPT.DaikyoNishikawa        Tenma Indonesiaは、自動車関連の合成樹脂製品の開発、設計及び製
  造販売を行っております。
             6/87






                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   事業の系統図は次のとおりであります。

             7/87




















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  4 【関係会社の状況】

               議決権の所有

           資本金又は  主要な事業
    名称    住所       (又は被所有)    関係内容
           出資金  の内容
                割合(%)
  (連結子会社)
           2,000千
             工業品合成樹脂
       中国    香港ドル
  PRINCIA Co., LTD.
             製品の輸出入及    100 役員の兼任有り。
       香港    13,000千
             び仕入販売
           米ドル
  MEIYANG HONG KONG      中国    8,000千
             資産管理    100 役員の兼任有り。
  LIMITED     香港    米ドル
             ハウスウエア及

       中国    12,500千
             び工業品合成樹     役員の兼任有り。
  上海天馬精塑有限公司               100
             脂製品の製造販     製品及び商品の購入。
       上海市    米ドル
             売
  天馬精密注塑(深圳)有限公司     中国    82,350千

             工業品合成樹脂
                 100 役員の兼任有り。
             製品の製造販売
  (注)5     広東省深圳市    人民元
             ハウスウエア及

  天馬精密工業(中山)有限公司     中国    24,376千
             び工業品合成樹     役員の兼任有り。
                 100
             脂製品の製造販     製品及び商品の購入。
  (注)4     広東省中山市    米ドル
             売
       ベトナム
             工業品合成樹脂
  TENMA VIETNAM CO., LTD.      35,000千
       バクニン省      製品及び金型の    100 役員の兼任有り。
  (注)4、5         米ドル
             製造販売
       クエボー市
           490,000千

  天馬アセアンホールディングス
       東京都北区      持株会社    100 役員の兼任有り。
  株式会社
            円
  TENMA (HCM) VIETNAM   ベトナム

           10,000千
             工業品合成樹脂    100
  CO., LTD.    ドンナイ省           役員の兼任有り。
             製品の製造販売    〔100〕
           米ドル
  (注)2     ビエンホア市
  TENMA (THAILAND)
       タイ    755,000千
             工業品合成樹脂    100
  CO., LTD.               役員の兼任有り。
             製品の製造販売    〔100〕
       ラヨーン県    タイバーツ
  (注)2、4、5
             合成樹脂製品等

  株式会社タクミック         50,000千
                 100
       神奈川県相模原市      に係る試作品の
                  ―――――――
                〔100〕
  (注)2          円
             製造販売
  PT. TENMA INDONESIA   インドネシア    496,281百万

             工業品合成樹脂    99.99
                  役員の兼任有り。
             製品の製造販売   〔99.99〕
  (注)2、4     ブカシ市    ルピア
  天馬皇冠精密工業(蘇州)     中国    85,000千

             工業品合成樹脂
                 100 役員の兼任有り。
             製品の製造販売
  有限公司     江蘇省蘇州市    人民元
  PT. TENMA CIKARANG

       インドネシア    84,728百万
             工業品合成樹脂    99.99
  INDONESIA               役員の兼任有り。
             製品の製造販売   〔99.99〕
       ブカシ市    ルピア
  (注)2
  (注) 1 「主要な事業の内容」欄には、事業分野の名称を記載しております。
   2 「議決権の所有(又は被所有)割合」欄の〔内書〕は間接所有であります。
   3 有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。
   4 特定子会社であります。
   5 天馬精密注塑(深圳)有限公司、TENMA       (THAILAND)  CO., LTD. 及び TENMA VIETNAM  CO., LTD. については、
    売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
    主要な損益情報等
            TENMA (THAILAND)  CO., LTD. TENMA VIETNAM  CO., LTD.
       天馬精密注塑(深圳)有限公司
    売上高    11,716,641千円     11,220,480千円     9,040,872千円
    経常利益     696,454千円     754,897千円     734,148千円
    当期純利益     544,336千円     679,456千円     714,994千円
    純資産額     6,168,626千円     9,181,484千円     4,085,520千円
    総資産額     7,925,648千円     11,398,769千円     6,605,859千円
             8/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  5 【従業員の状況】

  (1) 連結会社の状況
                 平成30年3月31日現在
     セグメントの名称          従業員数(名)
                 (257 )

   日本             647
                 (317 )

   中国             1,855
                 (1,259
   東南アジア             4,425
                  )
                 (5)
   全社(共通)              39
                 (1,839
       合計         6,966
                  )
  (注) 1 従業員数は就業人員であり、従業員数の(外書)は、臨時従業員(派遣社員を含む)の年間平均雇用人員であ
    ります。
   2 全社(共通)は、主に親会社の管理部門の従業員であります。
  (2) 提出会社の状況

                 平成30年3月31日現在
   従業員数(名)     平均年齢(歳)     平均勤続年数(年)     平均年間給与(千円)
    (262 )
   667      39.2     16.5     5,484
     セグメントの名称          従業員数(名)

                 (257 )

   日本             628
                 (5)

   全社(共通)              39
                 (262 )

       合計         667
  (注) 1 従業員数は就業人員であり、従業員数の(外書)は、臨時従業員(派遣社員を含む)の年間平均雇用人員であ
    ります。
   2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
   3 全社(共通)は、主に管理部門の従業員であります。
  (3) 労働組合の状況

   当社には、全社組織による労働組合はありません。野田工場に労働組合があり全統一労働組合に属し、組合員数
   は64名でオープンショップとなっております。また、海外子会社の一部について、労働組合が組織されておりま
   す。
    なお、労使関係については良好であります。
             9/87







                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  第2 【事業の状況】

  1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
    文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
   (1) 会社の経営の基本方針

   当社グループは、「Happy     life with TENMA」即ち、「製品を造り、販売することを通じて『感動と喜びをお客様
   と分かち合う。』という企業理念の下、広く社会、経済の発展に貢献すると共に、当社グループの持続的な成長発
   展により企業価値を高め、株主様、取引先様、社員の利益の拡大を目指します。
   (2) 目標とする経営指標

   持続的な成長により企業価値を高める観点から、「売上高」及び「営業利益」を重要な指標として位置付け、事
   業の継続的な拡大を目指してまいります。
   (3) 中長期的な会社の経営戦略及び対処すべき課題

   当社グループを取り巻く事業環境は、国内においては人口の減少に伴う人手不足、原材料価格や物流費の変動
   等、また、海外においてはアジア各国の人件費上昇、中国から東南アジアへの生産拠点シフト等、目まぐるしく変
   化しており、これらに柔軟且つ的確に対応していくことが求められています。
    このような状況の下、当社グループは第73期(2021年3月期)を最終年度とする3ヶ年の「第2次中期経営計
   画」(平成30年5月11日公表)を策定いたしました。最終年度の経営目標達成及び持続的な成長と企業価値の更な
   る向上を図るため、以下の経営戦略を推進してまいります。
   ①要素技術である射出成形技術と金型等周辺技術の深耕

    要素技術である射出成形技術と金型等周辺技術を深耕し、高い技術力と優れた商品力によりグローバル化を推
   進し、一段と事業を発展させてまいります。
   ②グローバル戦略の推進

    受託製造分野の主要顧客が東南アジアに生産拠点を移す流れが顕著であり、こうした事業機会を確実に捉える
   ため、東南アジアへの投資を積極的に行い業容拡大を図ってまいります。また、中国では、自社製品ブランドの
   認知度を向上させ、収益基盤を確固たるものとすることを重要な戦略テーマと位置付け、上海天馬精塑有限公司
   及び天馬精密工業(中山)有限公司の2拠点体制で中国マーケットを開拓するとともに、販売チャネルとして隆
   盛なEC販売を一層強化してまいります。
   ③国内自社製品分野の採算性改革

    自社製品分野について、不採算製品からの撤退及び高付加価値製品の導入等、製品ラインナップの見直しを図
   ります。また、開発から製品を市場に供給するまでの各段階におけるコストを抜本的に見直し、価格競争力を高
   めてまいります。
   ④製造工程における自動化推進

    製造工程における自動化・省人化の推進は、生産年齢人口の減少というマクロ環境に適応する為にも必須の課
   題として認識し、全社を挙げて取り組んでまいります。
   ⑤海外拠点の人材育成強化

    当社グループの強みでもある海外拠点の豊富な人材を活かすべく、海外拠点から日本への研修生・実習生の受
   入れを通じ、グループ全体の技術力向上に取り組んでまいります。
            10/87




                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  2 【事業等のリスク】

   経営成績及び財政状態に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項といたしまし
   ては、主として以下のようなものがあります。
    本項に記載した将来や想定に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり
   ます。将来や想定に関する事項は、不確実性を内在しており、あるいはリスクを含んでいるため、実際の結果と大
   きく異なる可能性もあります。当社グループは、これらの事業を取り巻く様々なリスクや不確定要因等に対して、
   その予防や分散、リスクヘッジ等を実施することにより、企業活動への影響について最大限の軽減を図っておりま
   す。
   (1) 市場環境変動のリスク

   当社グループは、日本国内及びアジアで製品、部品、金型等を販売し、主要需要先である小売、電機・電子、自
   動車等の各業界は日本、アジア、欧州、米州等の様々な国・地域に最終製品を販売しております。したがって、こ
   れらの国・地域の経済状況の変化や主要需要先業界の需要動向は、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼ
   す可能性があります。
   (2) 原材料価格変動のリスク

   当社グループの事業の原材料価格は、原油価格の動向に大きく左右されます。原油価格が高騰し原材料価格が上
   昇して、製品売価への転嫁に遅れが生じるような場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能
   性があります。 
   (3) 株価変動のリスク

   当社グループは、上場株式を保有しておりますので株価変動の影響を受けます。今後著しい株価下落が生じる場
   合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
   (4) 為替レート変動のリスク

   当社グループは、中国(含む香港)、ベトナム、タイ、インドネシアに子会社を展開しております。これらの子
   会社の売上、費用、資産及び負債等の現地通貨建て項目は、連結財務諸表の作成のため円換算されております。こ
   れらの項目は換算時の為替レートにより、現地通貨の価値が変わらなかったとしても、円換算後の価値が変動しま
   す。
    この結果、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
   (5) 海外事業のリスク

   当社グループは、中国(含む香港)、ベトナム、タイ、インドネシアに子会社を保有しております。それらの国
   において、今後、予期しない法律または規制の変更、政治または社会経済状況の変化等により、原材料の購入、生
   産、製品の販売等に遅延や停止が生じる可能性があります。
    このような場合には当社グループの事業活動に支障が出て、業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がありま
   す。
   (6) 固定資産の減損会計

   当社グループは、「固定資産の減損に係る会計基準」及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」を適用
   し、会計処理を行っております。今後、原油価格の市場動向や固定資産の市場動向等により、保有資産から得られ
   る将来キャッシュ・フロー見込額が減少した場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性が
   あります。
   (7) 自然災害のリスク

   当社グループは、日本国内においては工場と支店・営業所を東北から九州まで全国に展開し、また海外において
   は中国(含む香港)、ベトナム、タイ、インドネシアに子会社を保有しています。これらの地域で大地震や風水害
   等の大規模な自然災害が発生した場合は、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
            11/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  (1) 経営成績等の状況の概要
   当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以
  下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
   ①財政状態及び経営成績の状況

   当連結会計年度における世界経済は、米国においては企業収益が改善するとともに、雇用環境等の改善を背景
   に、個人消費も堅調に推移し、欧州においても製造業の輸出増加等により緩やかな景気回復が持続しております。
   中国では個人消費を中心に持ち直しが見られますが、景気の下振れリスクも依然として残る状況にあります。
    また、わが国経済は、輸出の増加を背景として企業業績の改善が継続し雇用環境の改善が続きましたが、その反
   面、依然として消費者の低価格志向が続く状況となりました。
    このような状況の中、当社グループは中期経営方針である、「ハウスウエア合成樹脂製品分野の収益力の安定・
   強化」、「工業品合成樹脂製品分野の業容拡大」、「構造改善による収益力の強化」、「人材の育成」に注力して
   まいりました。
    この結果、売上高は774億85百万円(前期比102.2%)、営業利益は            20億33百万円  (前期比  46.1% )、経常利益は
   27億81百万円  (前期比  58.0% )、親会社株主に帰属する当期純利益は       18億99百万円  (前期比  51.1% )となりまし
   た。
    また、当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べて            22億43百万円  増加し、  924億91百万円  、負債合
   計は、前連結会計年度末に比べて      12億87百万円  増加し、  168億3百万円  、純資産合計は、前連結会計年度末に比べて
   9億56百万円  増加し、  756億88百万円  となりました。
   セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。 

    (日本)

    ハウスウエア合成樹脂製品分野及び関連商品においては、主力製品である収納用品から、スキマにピッタリ収
   納シリーズ「ポーリッシュ スキピタ」、耐久性に優れたベランダ収納「大きく開くコンテナー」等の新製品を
   発売し、また、「ポーリッシュ 華麗なハンガーシリーズ」の第2弾となる新商品「ポーリッシュ 華麗な乾き
   やすいハンガーシリーズ」の発売により積極的な市場投入を行い売上拡大に注力しましたが、伸び悩む個人消費
   の中、売上は前期と同水準となりました。工業品合成樹脂製品分野は、車両関連の減産の影響により受注が減少
   しました。利益面につきましては、構造改善による収益力強化に注力しましたが、原材料及び資材価格の上昇、
   物流コストの増加等の影響を大きく受け、前期比減益となりました。
    この結果、当セグメントの売上高は、230億2百万円(前期比98.7%)となり、セグメント利益(営業利益)は
   7億12百万円(前期比    34.4% )となりました。
    (中国)

    ハウスウエア合成樹脂製品分野は、従来から販売をしている上海天馬精塑有限公司に加え、天馬精密工業(中
   山)有限公司においても販売を開始し順調に推移しましたが、工業品合成樹脂製品分野において、取引先の生産
   が東南アジアへシフトする中、天馬精密注塑(深圳)有限公司を中心に売上減少を余儀なくされました。
    この結果、当セグメントの売上高は、225億6百万円(前期比88.6%)となり、セグメント利益(営業利益)は
   11億66百万円  (前期比  70.8% )となりました。
    (東南アジア)

    工業品合成樹脂製品分野において、ベトナム及びタイでの受注が好調に推移し、特にTENMA               VIETNAM  CO., LTD.
   で売上が大きく伸長し、TENMA     (HCM) VIETNAM  CO., LTD.においても、今年4月に完了した工場増築による生産能
   力増加により売上が増加しました。利益面につきましては、売上は伸長しましたが、PT.               TENMA INDONESIAの新工
   場が稼働を開始したことによる立上げ費用及び中国からの生産移管や新規受注に係る立上げ費用等が重なり、前
   期比減益となりました。
    この結果、当セグメントの売上高は、319億77百万円(前期比118.0%)となり、セグメント利益(営業利益)
   は11億38百万円(前期比66.9%)となりました。
            12/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   ②キャッシュ・フローの状況

   当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べて113億7百万円減少し、114億72百
   万円となりました。各活動別のキャッシュ・フローの状況とその要因は次のとおりであります。
   (営業活動によるキャッシュ・フロー)

    法人税等の支払い10億17百万円、たな卸資産の増加10億18百万円等がありましたが、減価償却費36億87百万
   円、税金等調整前当期純利益     28億30百万円  等があり、49億21百万円の増加(前期比は20億36百万円の減少)とな
   りました。
   (投資活動によるキャッシュ・フロー)

    定期預金の払戻406億円、投資有価証券の売却12億63百万円等の収入がありましたが、定期預金の預入530億40
   百万円、有形固定資産の取得38億53百万円等の支出があり、153億48百万円の減少(前期比は164億40百万円の減
   少)となりました。
   (財務活動によるキャッシュ・フロー)

    配当金の支払9億66百万円等があり、9億68百万円の減少(前期比は2百万円の増加)となりました。
   ③生産、受注及び販売の実績

    a. 生産実績
   当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
      セグメントの名称       生産高(千円)     前期比(%)

   日本           21,075,769      94.8

   中国           21,728,181      90.8

   東南アジア           31,554,611      119.9

       合計       74,358,562      102.6

   (注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。
    2 金額は、販売価格により算出しております。
    3 金額には、消費税等は含まれておりません。
    4 金額は、千円未満の端数を四捨五入して表示しております。
    b. 受注実績

   当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
             受注高  前期比  受注残高   前期比

      セグメントの名称
             (千円)  (%)  (千円)  (%)
   日本         5,833,915   99.0 1,185,056   126.1
   中国         20,039,909    87.0 4,463,144   93.5

   東南アジア         32,842,573   124.2  3,010,241   150.7

       合計     58,716,397   106.0  8,658,442   112.3

   (注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。
    2 金額には、消費税等は含まれておりません。
    3 主にハウスウエア合成樹脂製品分野については見込み生産を行っているため、受注実績には含まれてお
     りません。
    4 金額は、千円未満の端数を四捨五入して表示しております。
            13/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
    c. 販売実績

   当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
      セグメントの名称       販売高(千円)     前期比(%)

   日本           23,001,943      98.7

   中国           22,505,606      88.6

   東南アジア           31,977,364      118.0

       合計       77,484,914      102.2

   (注) 1 セグメント間取引については、相殺消去しております。
    2 金額には、消費税等は含まれておりません。
    3 金額は、千円未満の端数を四捨五入して表示しております。
            14/87















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

   経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
  なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
   ①重要な会計方針および見積り

   当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
   おります。この連結財務諸表の作成にあたって、必要と思われる見積りは、合理的な基準に基づいて実施しており
   ます。詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 4 会計
   方針に関する事項」に記載しております。
   ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

   (売上高)
    売上高は、ハウスウエア合成樹脂製品分野及び関連商品において、新製品の積極的な市場投入により伸び悩む
   個人消費の中、前期と同水準となりました。また、工業品合成樹脂製品分野において、取引先の生産が中国から
   東南アジアへシフトしたこと等により、中国での売上減少を余儀なくされましたが、東南アジアでの受注が好調
   に推移したことにより増加しました。この結果、売上高は774億85百万円(前期比102.2%)となりました。
   (営業利益)

    営業利益は、収益力の安定・強化に注力しましたが、原材料および資材価格の上昇や物流コストの増加等の影
   響を大きく受けたこと、海外においてPT.       TENMA INDONESIAの新工場が稼働を開始したことに伴う立上げ費用に、
   新規受注に係る立上げ費用が重なったこと等により         20億33百万円  (前期比  46.1% )となりました。
   (親会社株主に帰属する当期純利益)

    営業外損益において、投資有価証券売却益を計上したこと、PT.           TENMA INDONESIAの新工場建設に伴う開業費償
   却が、稼働を開始したことにより減少し、経常利益は         27億81百万円  (前期比  58.0% )となりました。
    これらの結果、親会社株主に帰属する当期純利益は         18億99百万円  (前期比  51.1% )となりました。
   (財政状態)

    当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べて          22億43百万円  増加し、  924億91百万円   となりまし
   た。これは、投資有価証券が8億70百万円減少しましたが、現金及び預金が11億52百万円、原材料及び貯蔵品が
   5億59百万円、建物及び構築物(純額)が5億20百万円増加したこと等によります。
    負債合計は、前連結会計年度末に比べて       12億87百万円  増加し、  168億3百万円  となりました。これは、支払手形
   及び買掛金が  10億36百万円  増加したこと等によります。
    純資産合計は、前連結会計年度末に比べて        9億56百万円  増加し、  756億88百万円  となりました。これは、その他
   有価証券評価差額金が2億44百万円減少しましたが、利益剰余金が           9億33百万円  増加したこと等によります。
   (資本の財源および資金の流動性)

    当社グループは、国内及び海外拠点網の有機的な連携強化により、国内外での様々なニーズに迅速且つ的確に
   お応えし、グローバルベースで業容拡大を目指しております。特に、成長が期待される東南アジアでの事業拡大
   を図るため、タイ、ベトナム、インドネシアにおいて積極的に設備投資を行ってまいります。これらの投資資金
   につきましては、自己資金にて賄うこととしております。
    当連結会計年度において、日本及び中国では金型及び製造設備への投資を行い、東南アジアではTENMA                  (HCM)
   VIETNAM  CO., LTD.で工場増築を行ったほか、各拠点において積極的に製造設備への投資を行いました。この結
   果、当連結会計年度における有形固定資産の取得による支出は38億53百万円となり、当連結会計年度末における
   現金及び現金同等物の残高は114億72百万円となりました。
            15/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  4 【経営上の重要な契約等】

   該当事項はありません。
  5 【研究開発活動】

   当連結会計年度の研究開発につきましては、お客様最優先、品質第一主義の立場に立って、お客様に信頼され愛さ
  れ、お客様と喜びを分かち合える製品を開発すべく、日々努力を重ねてまいりました。当連結会計年度における当社
  グループ全体の研究開発費は4億47百万円であります。特に当社グループの国内におけるコア事業であるハウスウエ
  ア合成樹脂製品分野につきましては、お客様のライフスタイルや嗜好の変化に対応した製品開発を進め、他社との一
  層の差別化を図りました。
   これらは、スキマにピッタリ収納シリーズ「ポーリッシュ スキピタ」、耐久性に優れたベランダ収納「大きく開
  くコンテナー」、ガーデニングに合うナチュラルな屋外収納「バルコニーガーデンシリーズ」、大きな口の収納ケー
  ス「プロフィックス    カバコ」と積み重ねて使える「プロフィックス カバゾコ 深型」、インテリア性の高いデザイ
  ン収納「フィッツプラス」のサイズバリエーション、「ポーリッシュ 華麗なハンガーシリーズ」の第2弾となる
  「ポーリッシュ 華麗な乾きやすいハンガーシリーズ」、折りたたみ・積み重ね・持ち運びができる「プロフィック
  ス 折りたたみバスケットハンドル付き」、気軽に使えておしゃれな脚立「ウッディ―ステップ」、使いやすさとサ
  イズ設計にこだわった玄関収納「プロフィックス 美Style 玄関収納シリーズ」等であります。
            16/87














                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  第3 【設備の状況】

  1 【設備投資等の概要】

   当連結会計年度の設備投資につきましては、建物の建設、機械装置の増設、金型の製作等を目的とした投資を実施
  いたしました。総額は41億29百万円であり、セグメント別の設備投資は次のとおりであります。なお、重要な設備の
  除却又は売却はありません。
    (日本)

    当連結会計年度に実施しました設備投資の総額は11億80百万円であります。その主なものは金型5億67百万円
   及び機械装置2億83百万円であります。
    (中国)

    当連結会計年度に実施しました設備投資の総額は3億37百万円であります。その主なものは機械装置1億91百
   万円及び工具器具備品1億円であります。
    (東南アジア)

    当連結会計年度に実施しました設備投資の総額は26億12百万円であります。その主なものは建物12億33百万円
   及び機械装置11億63百万円であります。
  2 【主要な設備の状況】

  (1) 提出会社
                 平成30年3月31日現在
              帳簿価額(千円)
   事業所名  セグメント               従業員数
        設備の内容
          建物 機械装置  土地  借地権
   (所在地)   の名称               (名)
                 その他  合計
          及び構築物  及び運搬具  (面積千㎡)  (面積千㎡)
  野田工場

        合成樹脂製      85,510  ―     98
     日本     264,048  214,534      74,404  638,496
        品製造設備       (33)  (―)     (38)
  (千葉県野田市)
  滋賀工場

        合成樹脂製      268,853   ―     148
     日本     330,569  327,217      84,302 1,010,941
        品製造設備       (109)  (―)     (53)
  (滋賀県甲賀市)
  山口工場

        合成樹脂製      237,632   ―     102
  (山口県   日本     218,359  250,158      10,728  716,876
        品製造設備       (57)  (―)     (83)
  山陽小野田市)
  新白河工場

        合成樹脂製      285,000   ―     74
     日本     306,134  306,912     110,263 1,008,309
        品製造設備       (58)  (―)     (25)
  (福島県白河市)
  八戸工場

        合成樹脂製      152,618   ―     35
  (青森県八戸市   日本     85,133  127,555      6,683 371,989
        品製造設備       (50)  (―)     (15)
  南郷区)
  弘前工場

        合成樹脂製      111,134   ―     37
     日本     885,458  23,392     23,503 1,043,487
        品製造設備       (11)  (―)     (15)
  (青森県弘前市)
            17/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
                 平成30年3月31日現在

              帳簿価額(千円)
   事業所名  セグメント               従業員数
        設備の内容
          建物 機械装置  土地  借地権
   (所在地)   の名称               (名)
                 その他  合計
          及び構築物  及び運搬具  (面積千㎡)  (面積千㎡)
  本社   日本

        統括業務施       ― 937,060      151
          277,475  7,356     282,484 1,504,376
        設       (―)  (0)     (31)
  (東京都北区)   全社
  (注) 1 帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品並びに無形固定資産(借地権及びソフトウェア仮勘定を除

    く)であり、建設仮勘定を含んでおりません。
    なお、金額には消費税等を含んでおりません。
   2 従業員数は就業人員であり、従業員数の(外書)は、臨時従業員(派遣社員を含む)の年間平均雇用人員であ
    ります。
  (2) 在外子会社

                 平成30年3月31日現在
              帳簿価額(千円)
     事業所名    設備の            従業員数
       セグメン
   会社名
          建物  機械装置  土地
                借地権
       トの名称
     (所在地)    内容            (名)
                 その他  合計
               (面積千㎡)
          及び構築物  及び運搬具  (面積千㎡)
  天馬精密工業  中国
        合成樹脂
               ― 157,092     330
  (中山)  広東省  中国 製品製造  853,713  415,990     113,161  1,539,956
               (―)  (50)     (95)
        設備
  有限公司  中山市
  天馬精密注塑  中国

        合成樹脂
               ―  ―    1,108
  (深圳)  広東省  中国 製品製造  61,973  930,069     10,069 1,002,111
               (―)  (―)     (―)
        設備
  有限公司  深圳市
        合成樹脂

  上海天馬精塑  中国
               ― 61,472     282
       中国 製品製造  524,295  290,933     140,805  1,017,506
               (―)  (39)     (21)
  有限公司  上海市
        設備
     ベトナム

  TENMA VIETNA
        合成樹脂
       東南
               ― 301,028     1,427
  M 
     バクニン省    製品製造  1,816,879  1,474,396     23,100 3,615,403
               (―)  (87)     (2)
       アジア
        設備
  CO., LTD.
     クエボー市
     ベトナム

  TENMA (HCM)
        合成樹脂
     ドンナイ省  東南
               ― 659,244     1,086
  VIETNAM
        製品製造  308,011  1,014,595      1,504 1,983,354
               (―)  (45)     (36)
       アジア
     ビエンホア
        設備
  CO., LTD.
     市
  TENMA

        合成樹脂
     タイ  東南
              957,622   ―    1,326
  (THAILAND)
        製品製造  2,035,261  1,973,309     55,767 5,021,959
               (202)  (―)     (587)
     ラヨーン県  アジア
  CO., LTD.     設備
     インドネシ

        合成樹脂
  PT. TENMA    東南
               ― 461,999     330
     ア
        製品製造  1,210,628  1,335,921     47,989 3,056,538
               (―)  (112)     (413)
  INDONESIA     アジア
        設備
     ブカシ市
  天馬皇冠精密  中国

        合成樹脂
               ― 301,172     135
  工業(蘇州)  江蘇省  中国 製品製造  521,997  231,799     18,370 1,073,338
               (―)  (42)     (201)
        設備
  有限公司  蘇州市
  PT. TENMA

     インドネシ
        合成樹脂
       東南
               ―  ―     256
     ア
  CIKARANG      製品製造  57,095  564,778     4,220  626,094
               (―)  (―)     (218)
       アジア
        設備
     ブカシ市
  INDONESIA
  (注) 1 帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であり、建設仮勘定を含んでおりません。

    なお、金額には消費税等を含んでおりません。
   2 従業員数は就業人員であり、従業員数の(外書)は、臨時従業員(派遣社員を含む)の年間平均雇用人員であ
    ります。
            18/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  3 【設備の新設、除却等の計画】

  (1) 重要な設備の新設等
             投資予定額
     事業所名           資金調達   完了予定  完成後の
   会社名    セグメントの名称   設備の内容       着手年月
             総額 既支払額
     (所在地)           方法   年月 増加能力
             (千円)  (千円)
  TENMA (HCM)
     ベトナム
          合成樹脂製品
                     新工場
                  平成30年  平成30年
  VIETNAM
     ドンナイ省   東南アジア     2,500,000  659,244 自己資金
                  3月  10月
                     建設
          製造設備
  CO., LTD.
     ビエンホア市
  (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。

  (2) 重要な設備の除却等

   該当事項はありません。
            19/87
















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  第4 【提出会社の状況】

  1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
   ① 【株式の総数】
       種類        発行可能株式総数(株)

      普通株式             77,153,900
       計             77,153,900
   ② 【発行済株式】

     事業年度末現在    提出日現在

            上場金融商品取引所
   種類   発行数(株)    発行数(株)         内容
            名又は登録認可金融
            商品取引業協会名
     (平成30年3月31日)    (平成30年6月27日)
                完全議決権株式かつ、権利内容に
            東京証券取引所
                何ら限定のない当社における標準
   普通株式    27,813,026    27,813,026
                となる株式であり、単元株式数は
             (市場第一部)
                100株であります。
   計   27,813,026    27,813,026    ―     ―
  (2) 【新株予約権等の状況】

   ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
   ② 【ライツプランの内容】

   該当事項はありません。
   ③ 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

   該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

       発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金

            資本金増減額   資本金残高
    年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
            (千円)   (千円)
       (株)   (株)       (千円)   (千円)
   平成26年11月20日
       △1,000,000   28,813,026    ― 19,225,350    ― 18,924,500
      (注)
   平成28年5月27日
       △1,000,000   27,813,026    ― 19,225,350    ― 18,924,500
      (注)
  (注) 自己株式の消却による減少であります。
            20/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (5) 【所有者別状況】

                 平成30年3月31日現在
         株式の状況(単元株式数100株)
                    単元未満
     政府及び
             外国法人等
   区分                 株式の状況
        金融商品  その他の      個人
     地方公共  金融機関            計
                    (株)
        取引業者  法人     その他
            個人以外  個人
     団体
  株主数
      ―  26  18  131  127  4 3,087  3,393   ―
  (人)
  所有株式数
      ― 41,591  2,406  88,380  72,551   5 72,912  277,845  28,526
  (単元)
  所有株式数
      ― 14.97  0.87  31.81  26.11  0.00  26.24  100.00   ―
  の割合(%)
  (注) 1 自己株式3,613,746株は「個人その他」に36,137単元、「単元未満株式の状況」に46株含まれております。
   2 役員向け株式交付信託が保有する当社株式70,000株は、「金融機関」に700単元含まれております。
            21/87
















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (6) 【大株主の状況】

                 平成30年3月31日現在
                   発行済株式
                   (自己株式を
                 所有株式数   除く。)の
    氏名又は名称        住所
                 (千株)  総数に対する
                   所有株式数
                   の割合(%)
  有限会社ビー・ケー・ファイナン
        東京都北区赤羽1丁目40-2         2,978   12.31
  ス
  株式会社カネダ興産      千葉県市川市須和田2丁目16番3号         2,924   12.08
  株式会社ツカサ・エンタープライ
        東京都中野区東中野1丁目13-21         2,078   8.59
  ズ
  GOLDMAN,SACHS&   CO.REG   200 WEST STREET NEW YORK, NY, USA

  (常任代理人  ゴールドマン・     (東京都港区六本木6丁目10番1号          982   4.06
  サックス証券株式会社)      六本木ヒルズ森タワー)
  日本マスタートラスト信託銀行

        東京都港区浜松町2丁目11番3号          959   3.96
  株式会社(信託口)
  日本トラスティ・サービス
        東京都中央区晴海1丁目8-11          869   3.59
  信託銀行株式会社(信託口)
  金 田 保 一      東京都練馬区          832   3.44
  司     治      東京都中野区          794   3.28

  KBL EPB S.A.107704     43 BOULEVARD  ROYAL L-2955 LUXEMBOURG

  (常任代理人  株式会社みずほ    (東京都港区港南2丁目15-1          617   2.55
  銀行決済営業部)      品川インターシティA棟)
        AVENUE DES ARTS 35

  THE BANK OF NEW YORK-
        KUNSTLAAN,1040
  JASDECTREATY  ACCOUNT
        BRUSSELS,BELGIUM          511   2.11
  (常任代理人  株式会社みずほ
        (東京都港区港南2丁目15-1
  銀行決済営業部)
         品川インターシティA棟)
     計       ―      13,548   55.99

  (注) 1 当社は、自己株式3,613千株を所有しておりますが、上記大株主の状況には含めておりません。
    なお、「役員向け株式交付信託」に係る信託財産として、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信
    託口)が所有する当社株式70千株は自己株式には含めておりません。
   2 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)及び日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)
    の所有株式数は、全て各社が信託を受けているものです。
   3 平成29年11月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、ダルトン・イン
    ベストメンツ・エルエルシーが平成29年11月16日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているもの
    の、当社として平成30年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況
    には含めておりません。
    なお、大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
                保有株券等の数   株券等保有

    氏名又は名称        住所
                 (千株)   割合(%)
        米国カリフォルニア州90404、サンタモニカ

  ダルトン・インベストメンツ・
        市、クロバーフィールド・ブルヴァード         2,355   8.47
  エルエルシー
        1601、スイート5050N
            22/87




                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (7) 【議決権の状況】

   ① 【発行済株式】
                 平成30年3月31日現在
     区分    株式数(株)   議決権の数(個)      内容
  無議決権株式         ―    ―    ―

  議決権制限株式(自己株式等)         ―    ―    ―

  議決権制限株式(その他)         ―    ―    ―

        (自己保有株式)
               権利内容に何ら限定のない当社にお
  完全議決権株式(自己株式等)            ―
        普通株式  3,613,700
               ける標準となる株式
        普通株式
  完全議決権株式(その他)           241,708    同上
         24,170,800
        普通株式
  単元未満株式            ―   同上
          28,526
  発行済株式総数        27,813,026     ―    ―
  総株主の議決権         ―   241,708     ―

  (注) 1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式70,000株(議
    決権の数700個)が含まれております。
   2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式46株が含まれております。
   ② 【自己株式等】

                 平成30年3月31日現在
                   発行済株式
            自己名義  他人名義  所有株式数
   所有者の氏名                総数に対する
        所有者の住所    所有株式数  所有株式数   の合計
    又は名称                所有株式数
             (株)  (株)  (株)
                   の割合(%)
  (自己保有株式)
        東京都北区赤羽
            3,613,700    ― 3,613,700   12.99
        一丁目63番6号
   天馬株式会社
    計     ―   3,613,700    ― 3,613,700   12.99
  (注)  役員向け株式交付信託が保有する当社株式は、上記自己株式には含めておりません。
  (8) 【役員・従業員株式所有制度の内容】

   当社取締役(社外取締役及び監査等委員である取締役を除く。以下同様。)及び執行役員(以下、総称して「取
   締役等」という。)に対し、信託を用いた新たな株式報酬制度(以下「本制度」という。)を導入することを平成
   29年6月27日開催の定時株主総会において決議いたしました。
   本制度は、当社の株式価値と取締役等の報酬との連動性をより明確にし、取締役等が株価上昇によるメリットを
   享受するのみならず株価下落リスクをも負担し、株価の変動による利益・リスクを株主の皆さまと共有すること
   で、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的としております。
   ①本制度の概要
   本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」という。)が当社株式を取得し、当
   社が各取締役等に付与するポイントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて各取締役等に対して交付される
   という、株式報酬制度です。なお、取締役等が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時で
   す。
   また、当初の信託期間は平成29年9月1日から平成33年9月30日(予定)までです。
   ②取締役等に取得させる予定の株式の総数
   1事業年度当たり上限120,000株(うち取締役分として85,000株)
   ③本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲
   取締役等のうち受益者要件を満たす者
            23/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  2 【自己株式の取得等の状況】

  【株式の種類等】

   会社法第155条第7号による普通株式の取得 
  (1) 【株主総会決議による取得の状況】

   該当事項はありません。
  (2) 【取締役会決議による取得の状況】

   該当事項はありません。
  (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

  会社法第155条第7号による取得

       区分       株式数(株)     価額の総額(円)
  当事業年度における取得自己株式              674    1,443,653

  当期間における取得自己株式              40    81,720

  (注) 当期間における取得自己株式には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
    取りによる株式は含まれておりません。
  (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           当事業年度       当期間

     区分
            処分価額の総額      処分価額の総額
          株式数(株)      株式数(株)
             (円)      (円)
  引き受ける者の募集を行った
           70,000  159,810,000     ―   ―
  取得自己株式
  消却の処分を行った取得自己株式         ―   ―   ―   ―
  合併、株式交換、会社分割に係る
           ―   ―   ―   ―
  移転を行った取得自己株式
  その他(単元未満株式の買増請求によ
           ―   ―   ―   ―
  る売渡し)
  保有自己株式数        3,613,746     ―  3,613,786     ―
  (注) 1  当事業年度における引き受ける者の募集を行った取得自己株式は、「役員向け株式交付信託」制度導入に際
    し実施した第三者割当であります。
    2 当期間におけるその他(単元未満株式の買増請求による売渡し)には、平成30年6月1日からこの有価証券
    報告書提出日までの単元未満株式の売渡しによる株式は含まれておりません。
    また、当期間における保有自己株式数には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未
    満株式の買取り及び売渡しによる株式は含まれておりません。
    3 保有自己株式数には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式は含めておりません。
            24/87






                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  3 【配当政策】

   配当の方針は、利益還元の充実を経営上の重要課題の一つと位置づけ、安定配当を基本としつつ、業績の向上及び
  経営目標の達成状況により、増配を検討することとしております。また、毎事業年度における配当の回数につきまし
  ては、中間配当と期末配当の年2回剰余金の配当を行うことを基本方針としております。これらの剰余金の配当の決
  定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。当事業年度の期末配当金につき
  ましては、平成30年6月27日の定時株主総会において1株当たり20円の普通配当に第70期及び東京証券取引所第二部
  上場(その後第一部上場に指定替え)30周年記念配当10円を加えて1株当たり30円と決議されました。これにより中
  間配当金1株当たり20円と合わせて年間では1株当たり50円となりました。
   内部留保金につきましては、将来の事業展開に役立てる所存でございます。
   当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めております。
   なお、第70期の剰余金の配当は以下のとおりであります。
     決議年月日      配当金の総額(千円)      1株当たり配当額(円)

    平成29年11月10日
              483,993       20
     取締役会決議
    平成30年6月27日
              725,978       30
    定時株主総会決議
  4 【株価の推移】

  (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
   回次   第66期   第67期   第68期   第69期   第70期

   決算年月   平成26年3月   平成27年3月   平成28年3月   平成29年3月   平成30年3月

   最高(円)     1,737   1,990   2,435   2,207   2,453

   最低(円)     1,061   1,260   1,772   1,432   1,933

  (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
  (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

      平成29年        平成30年

   月別      11月   12月     2月   3月
      10月        1月
   最高(円)    2,415   2,453   2,270   2,354   2,284   2,207
   最低(円)    2,257   2,025   2,080   2,177   2,060   2,015

  (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
            25/87






                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  5 【役員の状況】

  男性 7名 女性  -名 (役員のうち女性の比率     -%)
                     所有株式
   役名  職名  氏名  生年月日      略歴     任期
                     数(千株)
           昭和43年4月  当社監査役
           昭和46年12月  取締役営業担当
           平成6年11月  取締役営業本部長兼業務推進部長
           平成7年1月  常務取締役営業本部長兼業務推進部長
           平成11年12月  専務取締役営業本部長兼開発部長
  取締役会長
           平成14年3月  専務取締役生産統轄担当
      金 田 保 一  昭和19年8月14日生           (注)2  832
  代表取締役
           平成25年4月  有限会社ビー・ケー・ファイナンス代表取締
             役(現任)
           平成26年6月  当社代表取締役会長   (現任)
           平成27年3月  TENMA VIETNAM CO., LTD. Chairman of
             Member's Council(現任)
           昭和52年5月  当社入社
           平成13年3月  執行役員ハウスウエア営業部長
           平成17年1月  取締役ハウスウエア営業部長兼開発部長兼販
             売推進部長
           平成18年4月  取締役常務執行役員ハウスウエア営業部長兼
             開発部長兼販売推進部長
           平成18年6月  常務執行役員ハウスウエア営業部長兼開発部
             長兼販売推進部長
           平成19年6月  取締役常務執行役員ハウスウエア営業部長兼
  取締役社長
      藤 野 兼 人  昭和27年8月24日生           (注)2  14
             販売推進部長
  代表取締役
           平成22年6月  常務取締役常務執行役員ハウスウエア営業部
             長兼販売推進部長
           平成25年2月  常務取締役常務執行役員ハウスウエア営業本
             部長
           平成26年6月  専務取締役ハウスウエア営業本部長
           平成28年6月  代表取締役社長(現任)
           平成28年6月  天馬アセアンホールディングス株式会社代表
             取締役社長(現任)
           昭和60年2月  当社入社
           平成2年3月  株式会社ツカサ・エンタープライズ代表取締
             役(現任)
           平成14年12月  資材部長
           平成15年1月  取締役資材部長
    資材部長
           平成18年6月  常務執行役員資材部長
  専務取締役  兼産業資材  司  久  昭和38年5月30日生           (注)2  58
           平成23年2月  常務執行役員資材部長兼開発部長
    営業部担当
           平成23年10月  常務執行役員資材部長
           平成25年4月  常務執行役員資材部長兼産業資材営業部担当
           平成27年6月  常務取締役資材部長兼産業資材営業部担当
           平成28年6月  専務取締役資材部長兼産業資材営業部担当
             (現任)
           昭和45年4月  キヤノン株式会社入社
           平成16年4月  キヤノンプレシジョン株式会社取締役
           平成18年4月  同社常務取締役
           平成21年9月  同社代表取締役社長
           平成26年4月  当社顧問
    生産・技術
      尾身   昇
  常務取締役      昭和25年5月17生           (注)2  0
           平成26年6月  専務執行役員技術担当
    開発担当
           平成27年6月  常務取締役生産・技術担当
           平成28年11月  常務取締役TENMA(THAIAND)CO.,LTD.
             President  Director
           平成29年4月  常務取締役生産・技術開発担当(現任)
           平成13年11月  当社顧問
           平成14年1月  取締役経営企画部長兼経理部長
           平成18年6月  常務執行役員経営管理部長
           平成19年6月  取締役常務執行役員総務・人事担当兼経営管
             理部長
           平成22年6月  常務取締役常務執行役員総務・人事担当兼経
   取締役
             営管理部長
      堀   隆 義  昭和22年3月23日生           (注)3  1
  (常勤監査
           平成24年4月  常務取締役常務執行役員経営管理部・総務部
  等委員)
             担当
           平成25年4月  常務取締役常務執行役員財務経理部担当
           平成26年4月  常務取締役常務執行役員財務経理部・総務部
             担当
           平成26年6月  専務取締役財務経理部・総務部担当
           平成29年6月  取締役(常勤監査等委員)(現任)
            26/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
                     所有株式

   役名  職名  氏名  生年月日      略歴     任期
                     数(千株)
           平成2年10月  片岡義正税理士事務所税理士    (現任)
   取締役
           平成9年1月  当社監査役
  (監査等    片 岡 義 正  昭和33年11月1日生           (注)3  2
           平成16年6月  日本出版貿易株式会社社外監査役(現任)
   委員)
           平成27年6月  取締役(監査等委員)(現任)
           平成10年1月  エクストリームジャパン株式会社代表取締役
           平成12年7月  株式会社イージーユーズ代表取締役
   取締役
           平成16年5月  株式会社ウィリオ代表取締役
      藤本潤一
  (監査等      昭和48年11月20日生           (注)3  -
           平成18年10月  株式会社a2media代表取締役副社長
   委員)
           平成27年6月  当社取締役(監査等委員)(現任)
           平成29年10月  株式会社a2media代表取締役社長(現任)
           計          909
  (注) 1 片岡義正及び藤本潤一は、社外取締役であります。

   2 平成30年6月27日の選任後、1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の
    時までであります。
   3 平成29年6月27日の選任後、2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の
    時までであります。
   4 当社は、執行役員制度を導入しております。
    平成30年6月27日現在の執行役員の構成は次のとおりであります。
     常務執行役員   1名
     執行役員     9名
            27/87













                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

  (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
   ① 企業統治の体制
   (企業統治の概要)
    監査等委員会設置会社である当社の取締役会は監査等委員以外の取締役4名及び監査等委員である取締役3名
   (うち社外取締役2名)の計7名で構成されております。定例取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開
   催し、意思決定を行うこととしております。
    取締役会は法令で定められた事項やその他経営全般に関する重要事項を決定するとともに取締役及び執行役員
   の業務執行を監督しております。
    日常の業務執行は、代表取締役以下の業務執行取締役及び執行役員が行いますが、重要事項については経営会
   議により決定しております。
    3名の監査等委員からなる監査等委員会は組織的に監査を行うほか、監査等委員以外の取締役の職務執行を監
   督することとしております。
   (参考)コーポレート・ガバナンス体制図

            28/87














                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (現在の企業統治の体制を採用する理由)

    当社は、監査等委員会の充実・強化を図って常勤監査等委員1名及び社外取締役である監査等委員2名にて経
   営監視にあたる体制としております。監査等委員である取締役は取締役会をはじめ重要な会議に出席するなど
   し、取締役の職務の執行及び監査計画に基づく事項をチェックすることとしております。内部監査部の監査報告
   を受けるほか、必要に応じて重要な事業所や子会社への監査も同行するなどして取締役の職務執行を監査する体
   制としております。
    常勤監査等委員については1名を選定し、常勤監査等委員が経営会議等の重要な会議に出席すること等によ
   り、業務執行取締役の職務の執行状況を常時監督する体制を確保しております。また、会計監査人及び内部監査
   部と連携し、内部統制システムの構築・運用の状況を日常的に監査するとともに、監査等委員会へ報告すること
   により、社外取締役である監査等委員との情報共有や連携を通じて、実効性の高い監査機能を発揮しておりま
   す。
    さらに、議決権を有する監査等委員である取締役(2名の社外取締役を含む。)により、取締役会の監督機能
   を強化し、より一層のコーポレート・ガバナンスの向上及び意思決定の迅速化を図っております。また、社外取
   締役2名の体制とすることで、社外チェックの観点から客観的・中立的な経営監視機能が確保されると判断する
   ため、現状の体制を採用しております。
   (内部統制システムの整備の状況)

    1 当社及び子会社の役職員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
    (1) 当社及び子会社の役職員は、法令及び社内規程で定めた職務権限及び意思決定ルールに従い職務の執行
    を行うものとする。また、法令、社内規程等を遵守した行動をとるための行動基準として定めた「コンプ
    ライアンスマニュアル」に従って行動するものとする。
    (2) 当社においては、社内規程に基づくグループ会社の一体管理を行うとともに財務報告の信頼性を確保す
    るための体制を整備する。
    (3) 当社及び子会社は、社会の一員として、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切の
    関係を持たず毅然とした態度で対応する。
    (4) 上記の実施状況を検証するため内部監査部はグループの内部監査を実施し、その結果を社内取締役で構
    成するリスク管理委員会及び監査等委員会へ報告し、必要に応じて改善策実施の助言、支援を行う。
    2 当社及び当社子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

     社内規程としてグループ全体に適用されるリスク管理規程を定め、事業に係るリスクや法令遵守、品
    質、環境、情報セキュリティー等に係るリスクは、それぞれの部署において把握し、損失の防止に備える
    ものとする。
    3 当社及び子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

     当社及び子会社の取締役等は、各社及び各部の年度予算を策定し、各担当部署長はこれに基づく業務計
    画を展開するとともに各種会議を通じての進捗管理を行う。
    4 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

     取締役はその職務の執行に係る文書その他の情報については、法令及び社内規程に従い適切に保存及び
    管理を行うものとする。
    5 子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制

     子会社権限規程を定めており、子会社の取締役等はそれに従い当社に同意を求め、または報告するもの
    とする。
    6 監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項並びに当該補助者の取締役(監査等委員

    である取締役を除く。)からの独立性及び当該補助者に対する監査等委員会の指示の実効性の確保に関す
    る事項
     監査等委員会は内部監査部に内部監査結果の報告を求めるほか必要に応じて調査を指示できるものとす
    る。この指示を受けた社員は、もっぱら監査等委員会の指揮命令に従い、取締役(監査等委員である取締
    役を除く。)、各部署長の指揮命令を受けないものとする。
            29/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
    7 取締役及び使用人が監査等委員会に報告するための体制並びに子会社の役職員またはこれらの者から報告

    を受けた者が、当社監査等委員会に報告するための体制
     当社及び子会社の役職員は、監査等委員会または監査等委員会が指名した監査等委員からその職務の執
    行に関する事項について報告を求められたときは、速やかに適切な報告をする。
     また、子会社の役職員は、業務または財務の状況に重大な影響を及ぼす情報を知り得たときは、監査等
    委員会または監査等委員会が指名した監査等委員に報告することとしている。
    8 監査等委員会に報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するた

    めの体制
     取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、監査等委員会または監査等委員会が指名した監査等委
    員に報告した者に対して、そのことを理由に人事処遇等において不利な扱いを行わない。
    9 監査等委員の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続きその他の当該職務の執行につい

    て生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項
     会社は、監査等委員または監査等委員会が監査の実施のため所要の費用を請求するときは、当該請求に
    係る費用が、監査等委員会の職務の執行に必要でないと認められる場合を除き、これを拒むことができな
    い。
    10 その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

     監査等委員と社長は定期的に意見交換を行う。
   (リスク管理体制の整備の状況)

    リスク管理規程に基づき、リスク管理統括責任者を長とし、総務部を事務局とするリスク管理委員会が、全社
   横断的なリスク管理体制の整備、運営を行い、個別危機発生時には危機管理規程に基づき主幹部長を支援いたし
   ます。また、顧問契約を結んでいる弁護士及び税理士から適法性に関する事項を中心に適宜アドバイスを受けて
   おります。
    なお、大地震等の発生時において、被害を最小限に抑え事業継続を図るため、事業継続計画(BCP)を策定
   しております。
   (責任限定契約の内容の概要)

    当社と非業務執行取締役である各社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の
   損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する
   最低責任限度額としております。
   ② 内部監査、監査等委員会監査及び会計監査の状況

    内部監査部(人員3名)は、定期的に各部署の業務処理プロセス及びその結果の適切性を検証しております。
    監査等委員会監査は常勤監査等委員1名及び監査等委員2名により行われます。監査等委員は株主の負託及び
   社会の要請に応えることを使命に、取締役会をはじめ重要な会議に出席し、重要書類を閲覧する等して経営監視
   機能を発揮いたします。なお、監査等委員片岡義正氏は税理士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当
   程度の知見を有しております。
    また、会計監査は有限責任     あずさ監査法人との間で監査契約を締結しており、公正不偏の立場から会計監査を
   受けております。
    内部監査部は、内部監査実施時においてその活動状況と結果等について実施ごとに監査等委員会に報告を行
   い、監査等委員会監査と内部監査との相互連携を図り効率的かつ実効性の高い監査が行える体制としておりま
   す。
    監査等委員会と会計監査人とは、定例的な報告会に加え、必要に応じて情報交換を行うこととしております。
            30/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   ③ 社外取締役

    当社の社外取締役は2名(片岡義正氏、藤本潤一氏)であり、いずれも監査等委員であります。このうち片岡
   義正氏は当社株式を2千株保有しております。その他の利害関係はありません。
    片岡義正氏は直接会社の経営に関与された経験はありませんが、税理士であり、税務会計の専門家として、有
   意義な助言をいただいており、監査等委員である社外取締役として職務を適切に遂行できると判断し社外取締役
   に選任しております。また、片岡義正税理士事務所に所属する税理士であり、日本出版貿易株式会社の社外監査
   役でありますが、当社と兼職先との間には特別な関係はありません。藤本潤一氏は長年にわたる企業経営者とし
   ての豊富な経験や幅広い見識を有し、有意義な助言をいただいており、監査等委員である社外取締役として職務
   を適切に遂行できると判断し社外取締役に選任しております。また、株式会社a2mediaの代表取締役社長でありま
   すが、当社と兼職先との間には特別な関係はありません。
    社外取締役の独立性に関する基準または方針は定めておりませんが、社外取締役2名は当社との間に特別な利
   害関係はなく、東京証券取引所の定めに基づく独立役員の要件を満たしており、独立役員として同取引所に届け
   出ております。また、当社から独立した立場にある社外取締役2名の体制とすることで、社外チェックの観点か
   ら客観的・中立的な経営監視機能を担っております。
    監査等委員である社外取締役は監査等委員会で決定した方針、監査計画、監査方法、監査業務分担に基づき監
   査を行い、内部監査部とは、内部監査実施時においてその活動状況と結果等について実施ごとに監査等委員会に
   報告が行なわれ、監査等委員である社外取締役(含む常勤監査等委員)と内部監査部との相互連携を図り効率的
   かつ実効性の高い監査が行える体制としております。
    また、監査等委員である社外取締役(含む常勤監査等委員)と会計監査人とは、定例的な報告会に加え、必要
   に応じ情報交換を行うこととしております。
   ④ 役員の報酬等

    イ 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
            報酬等の種類別の総額(千円)
                   対象となる
        報酬等の総額
     役員区分               役員の員数
        (千円)
                   (名)
           基本報酬  退職慰労金   株式報酬
   取締役

   (監査等委員を除く)      184,629   100,916   65,390   18,323    6
   (社外取締役を除く)
   取締役(監査等委員)
         12,446   12,206   240   ―   2
   (社外取締役を除く)
   社外役員      9,267   9,107   160   ―   3

  (注) 1 平成27年6月26日開催の第67回定時株主総会において取締役(監査等委員を除く)の報酬限度額は年額180
    百万円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)、取締役(監査等委員)の報酬限度額は年額40百万円以
    内と決議いただいております。
   2 株式報酬については、役員向け株式交付信託として当事業年度に費用計上した株式報酬相当額であります。
    なお、上記1とは別枠で平成29年6月27日開催の第69回定時株主総会において決議いただいております。
    ロ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

     連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
    ハ 役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

     当社は役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針は定めておりません。
   ⑤ 取締役の定数及び選任の決議要件

    当社は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)は9名以内、監査等委員である取締役は4名以内とする
   旨を定款で定めております。
    また、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席
   し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
            31/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   ⑥ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

    イ 自己株式の取得
     当社は、企業環境の変化に対応し、機動的な財務政策等の経営諸施策を遂行するため、会社法第165条第
    2項の規定に基づき、取締役会の決議により、市場取引等による自己の株式の取得を行うことができる旨
    を定款に定めております。
    ロ 中間配当

     当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議
    により、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
   ⑦ 株主総会の特別決議要件

    当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
   の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めており
   ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
   目的とするものであります。
   ⑧ 株式の保有状況

    イ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
     銘柄数       6銘柄
     貸借対照表計上額の合計額      286,351 千円
    ロ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式のうち、当事業年度における貸借対照表計上額が資

     本金額の100分の1を超える銘柄
    (前事業年度)

    特定投資株式
           貸借対照表計上額
     銘柄   株式数(株)         保有目的
           (千円)
   中山福㈱      255,623    213,445  取引関係の維持強化のため
   アークランドサカモト㈱      30,000    40,140  取引関係の維持強化のため

   ダイユー・リックホール
         22,200    16,273  取引関係の維持強化のため
   ディングス㈱
   ㈱セキチュー      10,000    6,530 取引関係の維持強化のため
   ㈱エンチョー      10,000    4,680 取引関係の維持強化のため

   DCM
         1,000    1,027 取引関係の維持強化のため
   ホールディングス㈱
   (注) 当事業年度における貸借対照表計上額が資本金額の100分の1を超える銘柄数が30に満たないた
    め、当該貸借対照表計上額の上位30銘柄に該当するものを記載しております。 
            32/87






                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
    (当事業年度)

    特定投資株式
           貸借対照表計上額
     銘柄   株式数(株)         保有目的
           (千円)
   中山福㈱      258,049    196,117  取引関係の維持強化のため
   アークランドサカモト㈱      30,000    53,100  取引関係の維持強化のため

   ダイユー・リックホール
         22,200    25,264  取引関係の維持強化のため
   ディングス㈱
   ㈱セキチュー      10,000    6,390 取引関係の維持強化のため
   ㈱エンチョー      10,000    4,400 取引関係の維持強化のため

   DCM
         1,000    1,080 取引関係の維持強化のため
   ホールディングス㈱
   (注) 当事業年度における貸借対照表計上額が資本金額の100分の1を超える銘柄数が30に満たないた
    め、当該貸借対照表計上額の上位30銘柄に該当するものを記載しております。 
    ハ 保有目的が純投資目的である投資株式

       前事業年度
              当事業年度(千円)
       (千円)
                  評価損益の
                  合計額
            受取配当金の   売却損益の
       貸借対照表計  貸借対照表計
       上額の合計額  上額の合計額
            合計額  合計額
                 含み損益  減損処理額
   非上場株式      ―  ―  ―  ―  ―  ―

   非上場株式以外の
        4,991,740  4,050,943   124,682  633,943  1,466,240    ―
   株式
   ⑨ 会計監査の状況

    当社は、有限責任   あずさ監査法人との間で監査契約を締結しており、公正不偏の立場から会計監査を受けてお
   ります。会計監査業務を執行した公認会計士、補助者の構成は以下のとおりであります。
   ・業務を執行した公認会計士の氏名
    公認会計士 園田 博之(有限責任      あずさ監査法人 指定有限責任社員 業務執行社員)
    公認会計士 松木 豊(有限責任      あずさ監査法人 指定有限責任社員 業務執行社員)
   ・補助者の構成
    有限責任  あずさ監査法人に所属する公認会計士5名、その他5名
            33/87








                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (2) 【監査報酬の内容等】

   ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
         前連結会計年度        当連結会計年度

    区分
       監査証明業務に    非監査業務に    監査証明業務に    非監査業務に
      基づく報酬(千円)    基づく報酬(千円)    基づく報酬(千円)    基づく報酬(千円)
   提出会社     50,750     ―   47,500     ―
   連結子会社      ―    ―    ―    ―

    計     50,750     ―   47,500     ―

   ② 【その他重要な報酬の内容】

    前連結会計年度
    当社の連結子会社のうち3社については、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している現地
    のKPMGメンバーファームに対して監査証明業務及び非監査業務(税務業務)に基づく報酬を支払っておりま
    す。
    当連結会計年度

    当社の連結子会社のうち3社については、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している現地
    のKPMGメンバーファームに対して監査証明業務及び非監査業務(税務業務)に基づく報酬を支払っておりま
    す。
   ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

    前連結会計年度
    該当事項はありません。
    当連結会計年度

    該当事項はありません。
   ④ 【監査報酬の決定方針】

    当社は、当社の事業規模の観点から合理的監査日数を勘案し、監査公認会計士等(金融商品取引法監査人)に
   対する監査報酬額を決定しております。
            34/87








                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  第5 【経理の状況】

  1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

  (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
   基づいて作成しております。
  (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい

   て作成しております。
  2 監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月31
  日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任
  あずさ監査法人により監査を受けております。
   また、金融商品取引法第24条の2第1項の規定に基づき、有価証券報告書の訂正報告書を提出しておりますが、訂
  正後の連結財務諸表及び財務諸表について、有限責任         あずさ監査法人により監査を受けております。
  3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

   当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
  容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、セミナーへ参加しておりま
  す。
            35/87













                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  1 【連結財務諸表等】

  (1) 【連結財務諸表】
   ①【連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
             前連結会計年度     当連結会計年度
            (平成29年3月31日)     (平成30年3月31日)
  資産の部
   流動資産
    現金及び預金           33,824,370     34,976,009
                     15,875,473
                   ※3
    受取手形及び売掛金           15,444,999
    商品及び製品           2,668,386     2,927,444
    仕掛品            488,251     688,049
    原材料及び貯蔵品           3,200,007     3,758,994
    繰延税金資産            214,382     253,375
    その他           1,603,324     1,400,062
               △4,306     △2,637
    貸倒引当金
    流動資産合計           57,439,413     59,876,769
   固定資産
    有形固定資産
               20,158,005      21,452,315
              ※2     ※2
    建物及び構築物
              △10,459,337     △11,233,505
     減価償却累計額
     建物及び構築物(純額)          9,698,668     10,218,810
               31,402,360      32,842,982
              ※2     ※2
    機械装置及び運搬具
              △21,730,040     △23,331,139
     減価償却累計額
     機械装置及び運搬具(純額)          9,672,319     9,511,843
               2,119,464      2,180,269
              ※2     ※2
    土地
    建設仮勘定           538,425     276,401
               8,421,894      8,851,217
              ※2     ※2
    その他
              △7,787,114     △8,135,610
     減価償却累計額
     その他(純額)          634,779     715,606
    有形固定資産合計          22,663,656     22,902,929
    無形固定資産
               3,054,047     3,256,551
    その他
    無形固定資産合計           3,054,047     3,256,551
    投資その他の資産
               5,760,809      4,890,968
              ※1     ※1
    投資有価証券
    退職給付に係る資産           983,868     1,249,291
    繰延税金資産           3,182     3,167
    その他           353,342     318,138
               △10,627     △6,903
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計           7,090,574     6,454,662
    固定資産合計           32,808,277     32,614,142
   資産合計            90,247,689     92,490,912
            36/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
                   (単位:千円)

             前連結会計年度     当連結会計年度
            (平成29年3月31日)     (平成30年3月31日)
  負債の部
   流動負債
                    10,350,001
                   ※3
    支払手形及び買掛金           9,314,432
    未払法人税等            529,778     197,141
    賞与引当金            905,412     864,844
    租税関連費用引当金            148,435     149,075
                    3,201,074
                   ※3
               2,987,880
    その他
    流動負債合計           13,885,937     14,762,135
   固定負債
    長期未払金            -    256,695
    役員退職慰労引当金            242,579      -
    役員株式給付引当金            -    24,985
    退職給付に係る負債            260,523     327,044
    資産除去債務            39,738     120,884
               1,087,624     1,311,477
    繰延税金負債
    固定負債合計           1,630,465     2,041,086
   負債合計            15,516,401     16,803,222
  純資産の部
   株主資本
    資本金           19,225,350     19,225,350
    資本剰余金           18,924,500     18,982,736
    利益剰余金           37,380,965     38,313,637
              △5,343,873     △5,403,553
    自己株式
    株主資本合計           70,186,942     71,118,170
   その他の包括利益累計額
    その他有価証券評価差額金           1,711,945     1,467,818
    為替換算調整勘定           2,515,608     2,623,428
               316,681     478,192
    退職給付に係る調整累計額
    その他の包括利益累計額合計           4,544,233     4,569,438
   非支配株主持分             113     81
   純資産合計            74,731,288     75,687,690
  負債純資産合計            90,247,689     92,490,912
            37/87








                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   ② 【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】

    【連結損益計算書】
                   (単位:千円)
             前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 平成28年4月1日     (自 平成29年4月1日
             至 平成29年3月31日)      至 平成30年3月31日)
  売上高            75,785,731     77,484,914
              61,075,398     64,477,783
              ※1     ※1
  売上原価
  売上総利益            14,710,333     13,007,131
  販売費及び一般管理費
   運賃及び荷造費            3,590,935     3,837,235
   給料及び手当            2,531,731     2,644,191
               4,173,761     4,492,710
   その他
              10,296,427     10,974,137
              ※1     ※1
   販売費及び一般管理費合計
  営業利益            4,413,906     2,032,994
  営業外収益
   受取利息            201,913     147,280
   受取配当金            166,725     133,137
   投資有価証券売却益            252,762     633,943
               144,899     125,909
   その他
   営業外収益合計            766,300     1,040,270
  営業外費用
   売上割引            95,035     96,982
   開業費償却            168,873     95,632
   為替差損            113,471     78,844
               8,032     21,235
   その他
   営業外費用合計            385,411     292,693
  経常利益            4,794,795     2,780,571
  特別利益
                21,047      87,520
              ※2     ※2
   固定資産売却益
                155     -
   その他
   特別利益合計            21,203     87,520
  特別損失
                3,922      5,880
               ※3     ※3
   固定資産売却損
                8,882      5,099
               ※4     ※4
   固定資産除却損
               56,514     27,213
   特別退職金
   特別損失合計            69,317     38,192
  税金等調整前当期純利益            4,746,681     2,829,900
  法人税、住民税及び事業税
               908,592     731,277
               121,138     199,384
  法人税等調整額
  法人税等合計            1,029,729      930,662
  当期純利益            3,716,951     1,899,238
  非支配株主に帰属する当期純損失(△)             △8     △25
  親会社株主に帰属する当期純利益            3,716,959     1,899,263
            38/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
    【連結包括利益計算書】

                   (単位:千円)
             前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 平成28年4月1日     (自 平成29年4月1日
             至 平成29年3月31日)      至 平成30年3月31日)
  当期純利益            3,716,951     1,899,238
  その他の包括利益
   その他有価証券評価差額金            1,135,426     △244,127
   為替換算調整勘定           △1,343,068      107,816
               224,551     161,512
   退職給付に係る調整額
               16,910     25,200
               ※     ※
   その他の包括利益合計
  包括利益            3,733,861     1,924,438
  (内訳)
   親会社株主に係る包括利益            3,733,870     1,924,469
   非支配株主に係る包括利益             △9     △30
            39/87















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   ③【連結株主資本等変動計算書】

  前連結会計年度(自   平成28年4月1日 至    平成29年3月31日)
                 (単位:千円)
            株主資本
       資本金  資本剰余金   利益剰余金   自己株式  株主資本合計
  当期首残高    19,225,350   18,924,500   36,083,591  △6,793,775   67,439,666
  当期変動額
   剰余金の配当          △965,215     △965,215
   親会社株主に帰属す
            3,716,959     3,716,959
   る当期純利益
   従業員奨励及び福利
            △3,478     △3,478
   基金
   自己株式の取得            △1,114   △1,114
   自己株式の処分        36     87  123
   自己株式の消却       △1,450,928      1,450,928    -
   利益剰余金から資本
          1,450,892  △1,450,892       -
   剰余金への振替
   株主資本以外の項目
   の当期変動額(純
   額)
  当期変動額合計      -   -  1,297,374   1,449,902   2,747,276
  当期末残高    19,225,350   18,924,500   37,380,965  △5,343,873   70,186,942
         その他の包括利益累計額

                 非支配株主持分   純資産合計
      その他有価証券評     退職給付に係る調   その他の包括利益
         為替換算調整勘定
       価差額金     整累計額  累計額合計
  当期首残高     576,518  3,858,674   92,130  4,527,322    129  71,967,117
  当期変動額
   剰余金の配当                 △965,215
   親会社株主に帰属す
                    3,716,959
   る当期純利益
   従業員奨励及び福利
                    △3,478
   基金
   自己株式の取得                  △1,114
   自己株式の処分                  123
   自己株式の消却                  -
   利益剰余金から資本
                     -
   剰余金への振替
   株主資本以外の項目
   の当期変動額(純    1,135,426  △1,343,067   224,551   16,911   △16  16,895
   額)
  当期変動額合計     1,135,426  △1,343,067   224,551   16,911   △16  2,764,171
  当期末残高     1,711,945   2,515,608   316,681  4,544,233    113  74,731,288
            40/87






                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  当連結会計年度(自   平成29年4月1日 至    平成30年3月31日)

                 (単位:千円)
            株主資本
       資本金  資本剰余金   利益剰余金   自己株式  株主資本合計
  当期首残高    19,225,350   18,924,500   37,380,965  △5,343,873   70,186,942
  当期変動額
   剰余金の配当          △966,592     △966,592
   親会社株主に帰属す
            1,899,263     1,899,263
   る当期純利益
   従業員奨励及び福利
   基金
   自己株式の取得            △161,254   △161,254
   自己株式の処分       58,236     101,574   159,810
   自己株式の消却
   利益剰余金から資本
   剰余金への振替
   株主資本以外の項目
   の当期変動額(純
   額)
  当期変動額合計      -  58,236  932,672  △59,680   931,228
  当期末残高    19,225,350   18,982,736   38,313,637  △5,403,553   71,118,170
         その他の包括利益累計額

                 非支配株主持分   純資産合計
      その他有価証券評     退職給付に係る調   その他の包括利益
         為替換算調整勘定
       価差額金     整累計額  累計額合計
  当期首残高     1,711,945   2,515,608   316,681  4,544,233    113  74,731,288
  当期変動額
   剰余金の配当                 △966,592
   親会社株主に帰属す
                    1,899,263
   る当期純利益
   従業員奨励及び福利
   基金
   自己株式の取得                 △161,254
   自己株式の処分                  159,810
   自己株式の消却
   利益剰余金から資本
   剰余金への振替
   株主資本以外の項目
   の当期変動額(純    △244,127   107,821   161,512   25,205   △31  25,174
   額)
  当期変動額合計     △244,127   107,821   161,512   25,205   △31  956,402
  当期末残高     1,467,818   2,623,428   478,192  4,569,438    81 75,687,690
            41/87







                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   ④【連結キャッシュ・フロー計算書】

                   (単位:千円)
             前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 平成28年4月1日     (自 平成29年4月1日
             至 平成29年3月31日)      至 平成30年3月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
   税金等調整前当期純利益            4,746,681     2,829,900
   減価償却費            3,414,456     3,686,647
   賞与引当金の増減額(△は減少)            60,973     △38,356
   貸倒引当金の増減額(△は減少)            △12,752     △5,301
   役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)            26,192     △242,579
   役員株式給付引当金の増減額(△は減少)             -    24,985
   租税関連費用引当金の増減額(△は減少)            79,958     4,959
   退職給付に係る資産の増減額(△は増加)            5,530     △32,698
   退職給付に係る負債の増減額(△は減少)            18,904     70,644
   受取利息及び受取配当金            △368,639     △280,417
   為替差損益(△は益)            153,896     15,577
   固定資産除却損            8,882     5,099
   固定資産売却損益(△は益)            △17,126     △81,640
   投資有価証券売却損益(△は益)            △252,762     △633,943
   売上債権の増減額(△は増加)            10,147     △490,365
   たな卸資産の増減額(△は増加)            △359,721     △1,018,351
   仕入債務の増減額(△は減少)            184,673     1,139,434
               △279,931      695,448
   その他
   小計            7,419,361     5,649,041
   利息及び配当金の受取額
               452,450     289,194
               △914,109     △1,016,780
   法人税等の支払額
   営業活動によるキャッシュ・フロー            6,957,702     4,921,456
  投資活動によるキャッシュ・フロー
   定期預金の預入による支出           △26,603,619     △53,040,194
   定期預金の払戻による収入            31,380,181     40,600,278
   有形固定資産の取得による支出           △4,576,420     △3,853,343
   有形固定資産の売却による収入            45,597     48,803
   有形固定資産の除却による支出            △2,598      △10
   無形固定資産の取得による支出            △46,013     △371,288
   無形固定資産の売却による収入             -    76,847
   投資有価証券の取得による支出            △266,850     △68,664
   投資有価証券の売却による収入            1,161,746     1,263,173
   貸付金の回収による収入            1,273      939
               △823     △4,386
   貸付けによる支出
   投資活動によるキャッシュ・フロー            1,092,473     △15,347,845
            42/87






                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
                   (単位:千円)

             前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 平成28年4月1日     (自 平成29年4月1日
             至 平成29年3月31日)      至 平成30年3月31日)
  財務活動によるキャッシュ・フロー
   自己株式の純増減額(△は増加)            △991     △1,444
               △968,546     △966,421
   配当金の支払額
   財務活動によるキャッシュ・フロー            △969,537     △967,864
  現金及び現金同等物に係る換算差額            △294,991      87,644
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)            6,785,647     △11,306,609
  現金及び現金同等物の期首残高            15,993,321     22,778,968
               22,778,968      11,472,359
              ※     ※
  現金及び現金同等物の期末残高
            43/87
















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  【注記事項】

   (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
  1 連結の範囲に関する事項
  (1) 連結子会社の数   13社
   連結子会社は、PRINCIA    Co., LTD. 、MEIYANG  HONG KONG LIMITED、上海天馬精塑有限公司、天馬精密注塑(深圳)
   有限公司、天馬精密工業(中山)有限公司、TENMA         VIETNAM  CO., LTD.、天馬アセアンホールディングス株式会社、
   TENMA (THAILAND)  CO., LTD.、TENMA  (HCM) VIETNAM  CO., LTD. 、株式会社タクミック、PT.     TENMA INDONESIA  、
   天馬皇冠精密工業(蘇州)有限公司及び       PT. TENMA CIKARANG  INDONESIA  の13社であります。
  (2) 非連結子会社の数      2社

   非連結子会社は、SP    MANAGEMENT  ASIA PTE. LTD. 及び株式会社TQであります。
  (3) 非連結子会社について連結の範囲から除いた理由

   非連結子会社は小規模会社であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に
   見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲より除外しております。
  2 持分法の適用に関する事項

   持分法を適用していない会社(主にPT.DaikyoNishikawa          Tenma Indonesia)は、当期純損益(持分に見合う額)及
  び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、いずれも連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体として
  も重要性がないため、投資勘定については持分法を適用せず、原価法により評価しております。
  3 連結子会社の事業年度等に関する事項

   連結子会社の決算日は12月31日であります。
   連結財務諸表の作成に当たっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、連結決算日との間に生
  じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
  4 会計方針に関する事項

  (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
   ① 有価証券
   その他有価証券
    時価のあるもの:
    決算日の市場価格等に基づく時価法によっております。(評価差額は全部純資産直入法により処理しており
    ます。また、売却原価は総平均法により算定しております。)
    時価のないもの:
    総平均法による原価法によっております。
   ② たな卸資産

   通常の販売目的で保有するたな卸資産
    評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
    a 商品・製品・仕掛品・原材料
     主として移動平均法
    b 貯蔵品
     主として先入先出法
            44/87




                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法

   ① 有形固定資産
   当社は定率法、連結子会社は主として定額法を採用しております。
   ただし、当社は、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取
   得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
   なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
   建物及び構築物…………3年~50年
   機械装置及び運搬具……4年~10年
   また、当社は、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産について、償却可能限度額まで償却が終了した翌
   年から5年間で均等償却する方法によっております。
   ② 無形固定資産

   定額法を採用しております。ただし、ソフトウェア(自社利用)の減価償却方法は、社内における利用可能期間(5
   年)に基づく定額法によっております。
  (3) 重要な繰延資産の処理方法

   開業費
   支出時に全額費用として処理しております。
  (4) 重要な引当金の計上基準

   ① 貸倒引当金
   債権の回収不能額に対処するため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
   は個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
   ② 賞与引当金

   従業員賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度の負担分を計上しております。
   ③ 役員退職慰労引当金

   役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
   ④ 役員株式給付引当金

   株式交付規程に基づく当社取締役等への当社株式の交付に備えるため、当連結会計年度末における株式給付債務
   の見込額に基づき計上しております。
   ⑤ 租税関連費用引当金

   一部の在外子会社における、間接税の本税、加算税、延滞税等の租税関連費用の支出に備えるため、発生可能性
   を勘案して見積り計算した金額を計上しております。
  (5) 退職給付に係る会計処理の方法

   ① 退職給付見込額の期間帰属方法
   退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給
   付算定式基準によっております。
   ② 数理計算上の差異の費用処理方法

   数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)に
   よる定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
            45/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (6) 重要な外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

   外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
   す。
   なお、在外子会社等の資産及び負債は決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均為替
   相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めておりま
   す。
  (7) 消費税等の会計処理

   消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
  (8) 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

   手許現金、要求払預金及び取得日から3ケ月以内に満期日の到来する流動性が高く、容易に換金可能で、かつ、
   価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっております。
   (会計方針の変更)

   該当事項はありません。
   (未適用の会計基準等)

  ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)
  ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日)
  (1) 概要

   個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に該当する企業
   における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われております。
  (2) 適用予定日

   平成31年3月期の期首より適用予定であります。
  (3) 当該会計基準等の適用による影響 

   影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。 
  ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)

  ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
  (1) 概要

   収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
     ステップ1:顧客との契約を識別する。
     ステップ2:契約における履行義務を識別する。
     ステップ3:取引価格を算定する。
     ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
     ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
  (2) 適用予定日

   平成34年3月期の期首より適用予定であります。
  (3) 当該会計基準等の適用による影響 

   影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。 
            46/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (追加情報)

  (役員向け株式交付信託について)
   当社は、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、当社の取締役(社外
  取締役及び監査等委員である取締役を除く。以下同様。)及び執行役員(以下、総称して「取締役等」という。)を
  対象にした株式報酬制度「役員向け株式交付信託」を、第2四半期連結会計期間より導入しております。
  (1) 取引の概要

   本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下、「本信託」という。)が当社株式を取得し、当
  社が各取締役等に付与するポイントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて各取締役に対して交付されるとい
  う、株式報酬制度です。なお、取締役等が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時です。
  (2) 信託に残存する自社の株式

   信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株式と
  して計上しております。当連結会計年度における、当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、159,810千円、70,000株で
  あります。
   (連結貸借対照表関係)

  ※1 非連結子会社及び関連会社に係る注記
   各科目に含まれている非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。
           前連結会計年度      当連結会計年度
           (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
    投資有価証券(株式)        486,974千円      553,674千円
  ※2 国庫補助金等による圧縮記帳額は次のとおりであります。

           前連結会計年度      当連結会計年度
           (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
    建物及び構築物        438,411千円      438,411千円
    機械装置及び運搬具        421,531千円      421,388千円
    有形固定資産「その他」  
    (工具、器具及び備         86,243千円      86,243千円
    品)      
    土地         24,000千円      24,000千円
  ※3 期末日満期手形等の会計処理については、手形交換日又は決済日をもって決済処理をしております。

     なお、連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形等が、期末残高に含まれており
    ます。
           前連結会計年度      当連結会計年度
           (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
    受取手形          ―     88,119千円
    電子記録債権          ―     12,283千円
    支払手形          ―    189,551千円
    設備関係支払手形          ―    104,073千円
            47/87






                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  4 偶発債務

   当社は、  令和2年  3月13日付にて第三者委員会から調査報告書を受領し、当社の海外子会社において税務調査等
   に関連して外国公務員に対する複数の金銭交付あるいはその疑いのある行為が行われていた旨の調査結果が報告さ
   れました。当社としては、現在、当該調査結果について検証を行っておりますが、今後速やかに関係機関と連携し
   てその是正措置に取り組んでいく所存です。当該事案に関して、今後、当社に制裁金が科されるおそれがあります
   が、関連する法的手続は多くの不確実性及び複雑な要素を含んでおり、現時点でその影響額を合理的に見積ること
   は困難であるため、連結財務諸表には反映しておりません。また、海外子会社の所在地国においても現地において
   類似の制裁金が科されるおそれがありますが、現時点ではその影響額を合理的に見積ることは困難であるため、連
   結財務諸表には反映しておりません。
   (連結損益計算書関係)

  ※1 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は、次のとおりであります。
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    一般管理費        255,130 千円     336,020 千円
    当期製造費用        152,165 千円     111,016 千円
        計        407,295 千円     447,036 千円
  ※2 固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。

           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    機械装置及び運搬具         20,921千円      38,981千円
    土地          ―     165千円
    有形固定資産「その他」
    (工具、器具及び備         127千円      3,903千円
    品)      
    無形固定資産「その他」
              ―     44,471千円
    (借地権)
        計         21,047千円      87,520千円
  ※3 固定資産売却損の内訳は、次のとおりであります。

           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    機械装置及び運搬具         3,708千円      4,537千円
    その他(工具、器具及び備品)         214千円      1,344千円
        計         3,922千円      5,880千円
  ※4 固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。

           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    建物及び構築物         287千円      69千円
    機械装置及び運搬具         4,853千円      4,151千円
    その他(工具、器具及び備品)         837千円      868千円
    撤去費用         2,905千円       10千円
        計         8,882千円      5,099千円
            48/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (連結包括利益計算書関係)

  ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                    (千円) 
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
   その他有価証券評価差額金
    当期発生額         1,539,096      324,668
            △252,762      △633,943
    組替調整額
    税効果調整前
            1,286,334      △309,276
            △150,907       65,149
    税効果額
    その他有価証券評価差額金        1,135,426      △244,127
   為替換算調整勘定
    当期発生額        △1,343,068       107,816
              ―      ―
    組替調整額
    税効果調整前
            △1,343,068       107,816
              ―      ―
    税効果額
    為替換算調整勘定        △1,343,068       107,816
   退職給付に係る調整額
    当期発生額         303,055      240,845
             20,505      △8,119
    組替調整額
    税効果調整前
             323,561      232,726
             △99,010      △71,214
    税効果額
    退職給付に係る調整額         224,551      161,512
     その他の包括利益合計       16,910      25,200
   (連結株主資本等変動計算書関係)

  前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
  1 発行済株式に関する事項
   株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
  普通株式(株)      28,813,026     ―   1,000,000    27,813,026
    (変動事由の概要)

    減少数の主な内訳は、次のとおりであります。
     取締役会決議による自己株式の消却                1,000,000株
  2 自己株式に関する事項

   株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
  普通株式(株)      4,682,561     571   1,000,060    3,683,072
    (変動事由の概要)

    増加数の主な内訳は、次のとおりであります。
     単元未満株式の買取り                         571株
    減少数の主な内訳は、次のとおりであります。
     取締役会決議による自己株式の消却                1,000,000株
     単元未満株式の買増請求による売渡し                   60株
  3 新株予約権等に関する事項

   該当事項はありません。
            49/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  4 配当に関する事項

   (1) 配当金支払額
         配当金の総額   1株当たり配当額
    決議   株式の種類          基準日   効力発生日
          (千円)   (円)
  平成28年6月28日
      普通株式    482,609    20 平成28年3月31日   平成28年6月29日
  定時株主総会
  平成28年11月4日
      普通株式    482,606    20 平成28年9月30日   平成28年12月9日
  取締役会
   (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

          配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類  配当の原資        基準日   効力発生日
           (千円)  配当額(円)
  平成29年6月27日
      普通株式  利益剰余金   482,599    20 平成29年3月31日   平成29年6月28日
  定時株主総会
  当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

  1 発行済株式に関する事項
   株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
  普通株式(株)      27,813,026     ―    ―  27,813,026
  2 自己株式に関する事項

   株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
  普通株式(株)      3,683,072    70,674    70,000   3,683,746
  (注) 1  当連結会計年度末の自己株式数には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式70,000株が含まれておりま
    す。
    2 自己株式数の増加70,674株は、役員向け株式交付信託による取得70,000株、単元未満株式の買取りによる増
    加674株であります。自己株式数の減少70,000株は、役員向け株式交付信託への第三者割当による処分であ
    ります。
  3 新株予約権等に関する事項

   該当事項はありません。
  4 配当に関する事項

   (1) 配当金支払額
         配当金の総額   1株当たり配当額
    決議   株式の種類          基準日   効力発生日
          (千円)   (円)
  平成29年6月27日
      普通株式    482,599    20 平成29年3月31日   平成29年6月28日
  定時株主総会
  平成29年11月10日
      普通株式    483,993    20 平成29年9月30日   平成29年12月8日
  取締役会
  (注) 平成29年11月10日取締役会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式に対する
    配当金1,400千円が含まれております。
   (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

          配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類  配当の原資        基準日   効力発生日
           (千円)  配当額(円)
  平成30年6月27日
      普通株式  利益剰余金   725,978    30 平成30年3月31日   平成30年6月28日
  定時株主総会
  (注) 1  配当金の総額には、役員向け株式交付信託が保有する当社株式に対する配当金2,100千円が含まれておりま
    す。
    2 1株当たり配当額には第70期及び東京証券取引所上場30周年記念配当10円を含んでおります。
            50/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

  ※  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    現金及び預金勘定        33,824,370千円      34,976,009千円
    預入期間が3か月を超える
           △11,045,402千円      △23,503,650千円
    定期預金
    現金及び現金同等物        22,778,968千円      11,472,359千円
   (リース取引関係)

  オペレーティング・リース取引
  オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
           前連結会計年度      当連結会計年度
           (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
    1年以内         26,031千円      24,912千円
    1年超        104,026千円      76,916千円
    合計        130,058千円      101,828千円
   (金融商品関係)

   前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
  1 金融商品の状況に関する事項
  (1) 金融商品に対する取組方針
    当社グループは、資金運用については短期的な預金等、安全性の高い金融資産に限定して運用し、資金調達に
   ついては手元の現預金で賄う方針です。投資有価証券は、昨今の金融不安に鑑み抑制的に運用し、デリバティブ
   取引は、基本的に行わない方針であります。
  (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

    営業債権である受取手形及び売掛金は、取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクについては、当
   社グループの与信管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を厳格に行うとともに、取引先の信用調
   査を年1回以上定期的に実施しております。
    貸付金は基本的には行わない方針としていますが、営業政策上やむを得ない場合に限って例外的に許容するこ
   とがあります。貸付金は貸付先の信用リスクに晒されております。貸付先の信用調査を年1回以上定期的に実施
   し、財務状況の悪化等による回収懸念の早期把握と適切な対応を図っております。
    投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されております。当該リスクについては、その時価の
   動きを日々把握・管理し、取締役会に定期的に報告しております。
    営業債務である支払手形及び買掛金は、その全てが1年以内の支払期日で流動性リスクに晒されております。
   当該リスクについては、月次に資金繰計画を作成する等の方法により管理しております。
    なお、借入金は長短を問わずありません。
  (3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

    金融商品の時価は、ほとんどが市場価格に基づく価額でありますが、市場価格がない場合には合理的に算定さ
   れた価額が含まれております。
            51/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  2 金融商品の時価等に関する事項

   平成29年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。な
  お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2               参照)。
         連結貸借対照表     時価     差額
         計上額(千円)     (千円)     (千円)
  (1) 現金及び預金
           33,824,370     33,824,370      ―
  (2) 受取手形及び売掛金
           15,444,999     15,444,999      ―
  (3) 投資有価証券
   ① その他有価証券
           5,273,835     5,273,835      ―
     資産計      54,543,204     54,543,204      ―
  (4) 支払手形及び買掛金
           9,314,432     9,314,432      ―
     負債計      9,314,432     9,314,432      ―
  (注) 1 金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項
   (1) 現金及び預金、並びに    (2) 受取手形及び売掛金
    これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
    ます。
   (3) 投資有価証券

    これらは全て株式であり、そのほとんどの時価は証券取引所の市場価格によっておりますが、市場価格がな
    い場合には合理的に算定された価額によっております。
    また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
   (4) 支払手形及び買掛金

    これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
    ます。
   2 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

       区分   連結貸借対照表計上額(千円)
     非上場株式(投資有価証券)         486,974

    これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開示の

    対象としておりません。
   3 金銭債権の連結決算日後の償還予定額

            1年超  5年超
         1年以内        10年超
            5年以内  10年以内
         (千円)       (千円)
            (千円)  (千円)
   現金及び預金      33,824,370    ―  ―  ―
   受取手形及び売掛金      15,444,999    ―  ―  ―
      合計    49,269,369    ―  ―  ―
            52/87






                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

  1 金融商品の状況に関する事項
  (1) 金融商品に対する取組方針
    当社グループは、資金運用については短期的な預金等、安全性の高い金融資産に限定して運用し、資金調達に
   ついては手元の現預金で賄う方針です。投資有価証券は、昨今の金融不安に鑑み抑制的に運用し、デリバティブ
   取引は、基本的に行わない方針であります。
  (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

    営業債権である受取手形及び売掛金は、取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクについては、当
   社グループの与信管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を厳格に行うとともに、取引先の信用調
   査を年1回以上定期的に実施しております。
    貸付金は基本的には行わない方針としていますが、営業政策上やむを得ない場合に限って例外的に許容するこ
   とがあります。貸付金は貸付先の信用リスクに晒されております。貸付先の信用調査を年1回以上定期的に実施
   し、財務状況の悪化等による回収懸念の早期把握と適切な対応を図っております。
    投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されております。当該リスクについては、その時価の
   動きを日々把握・管理し、取締役会に定期的に報告しております。
    営業債務である支払手形及び買掛金は、その全てが1年以内の支払期日で流動性リスクに晒されております。
   当該リスクについては、月次に資金繰計画を作成する等の方法により管理しております。
    なお、借入金は長短を問わずありません。
  (3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

    金融商品の時価は、ほとんどが市場価格に基づく価額でありますが、市場価格がない場合には合理的に算定さ
   れた価額が含まれております。
  2 金融商品の時価等に関する事項

   平成30年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。な
  お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2               参照)。
         連結貸借対照表     時価     差額
         計上額(千円)     (千円)     (千円)
  (1) 現金及び預金
           34,976,009     34,976,009      ―
  (2) 受取手形及び売掛金
           15,875,473     15,875,473      ―
  (3) 投資有価証券
   ① その他有価証券
           4,337,293     4,337,293      ―
     資産計      55,188,775     55,188,775      ―
  (4) 支払手形及び買掛金
           10,350,001     10,350,001      ―
     負債計      10,350,001     10,350,001      ―
  (注) 1 金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項
   (1) 現金及び預金、並びに    (2) 受取手形及び売掛金
    これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
    ます。
   (3) 投資有価証券

    これらは全て株式であり、そのほとんどの時価は証券取引所の市場価格によっておりますが、市場価格がな
    い場合には合理的に算定された価額によっております。
    また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
   (4) 支払手形及び買掛金

    これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
    ます。
            53/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   2 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

       区分   連結貸借対照表計上額(千円)
     非上場株式(投資有価証券)         553,674

    これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開示の

    対象としておりません。
   3 金銭債権の連結決算日後の償還予定額

            1年超  5年超
         1年以内        10年超
            5年以内  10年以内
         (千円)       (千円)
            (千円)  (千円)
   現金及び預金      34,976,009    ―  ―  ―
   受取手形及び売掛金      15,875,473    ―  ―  ―
      合計    50,851,482    ―  ―  ―
            54/87















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (有価証券関係)

  1 その他有価証券
   前連結会計年度(平成29年3月31日)
           連結貸借対照表計上額     取得原価    差額

      区分
             (千円)    (千円)   (千円)
  連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの

  (1) 株式
             5,273,835   3,365,315   1,908,520
    小計           5,273,835   3,365,315   1,908,520
  連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
  (1) 株式
               ―   ―   ―
    小計            ―   ―   ―
      合計       5,273,835   3,365,315   1,908,520
  (注) 表中の「取得原価」は、減損処理後の帳簿価額であります。
   当連結会計年度(平成30年3月31日)

           連結貸借対照表計上額     取得原価    差額

      区分
             (千円)    (千円)   (千円)
  連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの

  (1) 株式
             4,337,293   2,738,050   1,599,244
    小計           4,337,293   2,738,050   1,599,244
  連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
  (1) 株式
               ―   ―   ―
    小計            ―   ―   ―
      合計       4,337,293   2,738,050   1,599,244
  (注) 表中の「取得原価」は、減損処理後の帳簿価額であります。
  2 連結会計年度中に売却したその他有価証券

   前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
               売却益の合計額    売却損の合計額 

      区分      売却額(千円)
                (千円)   (千円)
  株式           1,146,906    252,762    ―
      合計       1,146,906    252,762    ―
   当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

               売却益の合計額    売却損の合計額 

      区分      売却額(千円)
                (千円)   (千円)
  株式           1,263,173    633,943    ―
      合計       1,263,173    633,943    ―
            55/87






                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (退職給付関係)

  1 採用している退職給付制度の概要
   当社及び連結子会社の一部は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度を採用しており
  ます。確定給付企業年金制度(すべて積立型制度であります。)では、給与と勤務期間に基づいた一時金または年金
  を支給しております。退職一時金制度(すべて非積立型制度であります。)では、退職給付として、給与と勤務期間
  に基づいた一時金を支給しております。
  2 確定給付制度

  (1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                    (千円)
            前連結会計年度      当連結会計年度
           (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    退職給付債務の期首残高         3,753,400      3,704,064
    勤務費用         235,728      299,272
    利息費用          18,903      19,973
    数理計算上の差異の発生額         △127,957      34,270
    退職給付の支払額         △167,026      △193,961
    その他         △8,984      △4,539
    退職給付債務の期末残高         3,704,064      3,859,078
  (2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                    (千円)
            前連結会計年度      当連結会計年度
           (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    年金資産の期首残高         4,171,721      4,427,409
    期待運用収益          83,434      88,548
    数理計算上の差異の発生額         175,099      275,115
    事業主からの拠出額         148,036      146,118
    退職給付の支払額         △150,882      △155,866
    年金資産の期末残高         4,427,409      4,781,325
  (3) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る

  資 
   産の調整表
                    (千円)
            前連結会計年度      当連結会計年度
           (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    積立型制度の退職給付債務         3,443,541      3,532,033
    年金資産         △4,427,409      △4,781,325
             △983,868     △1,249,291
    非積立型制度の退職給付債務          260,523      327,044
    連結貸借対照表に計上された
             △723,345      △922,247
    負債と資産の純額
    退職給付に係る負債          260,523      327,044

    退職給付に係る資産         △983,868     △1,249,291
    連結貸借対照表に計上された
             △723,345      △922,247
    負債と資産の純額
            56/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (4) 退職給付費用及びその内訳項目の金額

                    (千円)
            前連結会計年度      当連結会計年度
           (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    勤務費用          235,728      299,272
    利息費用          18,903      19,973
    期待運用収益          △83,434      △88,548
    数理計算上の差異の費用処理額          20,505     △8,119
    確定給付制度に係る退職給付費用          191,703      222,577
  (注) 上記の退職給付費用以外に、特別退職金として前連結会計年度において56,514千円、当連結会計年度において
    27,213千円を特別損失として計上しております。
  (5) 退職給付に係る調整額

    退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。 
                    (千円)
            前連結会計年度      当連結会計年度
           (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    数理計算上の差異          323,561      232,726
    合計          323,561      232,726
  (6) 退職給付に係る調整累計額

    退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。 
                    (千円)
            前連結会計年度      当連結会計年度
            (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
    未認識数理計算上の差異          456,312      689,038
    合計          456,312      689,038
  (7) 年金資産に関する事項

   ① 年金資産の主な内訳
    年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
            前連結会計年度      当連結会計年度
            (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
    債券          39%      39%
    株式          56%      57%
    現金及び預金          2%      2%
    その他          3%      2%
    合計          100%      100%
   ② 長期期待運用収益率の設定方法

    年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
   多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
  (8) 数理計算上の計算基礎に関する事項

    主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    割引率          0.6%      0.5%
    長期期待運用収益率          2.0%      2.0%
            57/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (税効果会計関係)

  1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
           前連結会計年度      当連結会計年度
           (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
    (繰延税金資産)
   賞与引当金         114,103千円      117,661千円
   減価償却超過額         68,867千円      31,619千円
   減損損失         155,816千円      151,148千円
   役員退職慰労引当金         74,267千円      86,194千円
   繰越欠損金         267,272千円      591,397千円
   投資有価証券評価損         625,128千円      595,465千円
            457,962千円      239,398千円
   その他
   小計
            1,763,416千円      1,812,882千円
           △1,399,850千円      △1,504,736千円
   評価性引当額
   繰延税金資産   合計
            363,565千円      308,146千円
    (繰延税金負債)
   その他有価証券評価差額金         △69,851千円      △131,426千円
   海外子会社の留保利益        △625,236千円      △631,406千円
   退職給付に係る資産        △301,064千円      △382,283千円
   固定資産圧縮積立金        △140,561千円      △128,706千円
            △97,706千円      △94,049千円
   その他
   繰延税金負債   合計        △1,234,418千円      △1,367,870千円
   繰延税金資産(負債(△))の純額        △870,852千円      △1,059,724千円

  2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

           前連結会計年度      当連結会計年度
           (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
   法定実効税率          30.9%      30.9%
   (調整)
   受取配当金等永久に益金に
             △0.7%      △0.6%
   算入されない項目
   住民税均等割          0.8%      1.3%
   子会社の適用税率の
             △20.1%      △1.1%
   差異による項目
   海外子会社の留保利益          3.0%      0.2%
   評価性引当額の増減          6.6%      0.3%
             1.2%      1.9%
   その他
   税効果会計適用後の
             21.7%      32.9%
   法人税等負担率
   (企業結合等関係)

   該当事項はありません。
            58/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (セグメント情報等)

   【セグメント情報】
  1  報告セグメントの概要

   当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、経営者が、経営
  資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
   当社グループは、主に合成樹脂製品の製造及び販売に関連した事業を行っており、国内においては、主に当社が、
  海外においては、中国(含む香港)及び東南アジア(主に、インドネシア、タイ、ベトナム)の現地法人が各地域を
  担当しております。各会社は、それぞれ独立した経営単位であり、各会社において包括的な戦略を立案し、事業活動
  を展開しております。
   したがって、当社グループは、当社及び連結子会社を基礎としたセグメントから構成されておりますが、事業活動
  の内容及び経営環境に関して適切な情報を提供するため、生産・販売の地域及び製品の要素が概ね類似する複数の事
  業セグメントを集約し、「日本」、「中国」及び「東南アジア」の3つを報告セグメントとしております。
  2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

   報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
  る記載と同一であります。また、報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であり、セグメント間の内部売上
  高及び振替高等は市場価格等に基づいております。
  3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

   前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                  (単位:千円)
           報告セグメント
                   合計
         日本   中国   東南アジア
  売上高

    外部顧客への売上高      23,297,338   25,391,508   27,096,884    75,785,731

    セグメント間の内部
         332,536   191,815   18,727    543,078
    売上高又は振替高
     計    23,629,874   25,583,323   27,115,612    76,328,809
  セグメント利益      2,071,690   1,645,716   1,701,897    5,419,303

  セグメント資産      18,140,163   20,798,547   27,288,780    66,227,490

  その他の項目

    減価償却費      1,019,707    861,026   1,497,495    3,378,228

    有形固定資産及び
         1,191,666    384,410   3,012,342    4,588,419
    無形固定資産の増加額
            59/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

                  (単位:千円)
           報告セグメント
                   合計
         日本   中国   東南アジア
  売上高

    外部顧客への売上高      23,001,943   22,505,606   31,977,364    77,484,914

    セグメント間の内部
         99,145   134,389    392    233,926
    売上高又は振替高
     計    23,101,089   22,639,995   31,977,757    77,718,840
  セグメント利益       712,067   1,165,566   1,137,808    3,015,441

  セグメント資産      19,301,541   19,877,233   29,004,165    68,182,939

  その他の項目

    減価償却費      1,177,441    782,437   1,690,548    3,650,426

    有形固定資産及び
         1,177,539    337,151   2,612,273    4,126,963
    無形固定資産の増加額
  4  報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

                   (単位:千円)
      売上高      前連結会計年度      当連結会計年度
  報告セグメント計            76,328,809      77,718,840

  セグメント間取引消去            △543,078      △233,926

  連結財務諸表の売上高            75,785,731      77,484,914

                   (単位:千円)

      利益      前連結会計年度      当連結会計年度
  報告セグメント計            5,419,303      3,015,441

  セグメント間取引消去             3,664     21,074

  全社費用(注)            △1,009,061      △1,003,521

  連結財務諸表の営業利益            4,413,906      2,032,994

  (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない親会社の管理部門に係る費用であります。
                   (単位:千円)

      資産      前連結会計年度      当連結会計年度
  報告セグメント計            66,227,490      68,182,939

  全社資産  (注)1

              33,493,489      33,362,411
  その他の調整額   (注)2

              △9,473,290      △9,054,438
  連結財務諸表の資産合計            90,247,689      92,490,912

  (注) 1 全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない親会社の管理部門に係る資産等であります。
   2 その他の調整額は、主にセグメント間の取引消去額であります。
            60/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
                   (単位:千円)

                  連結財務諸表
        報告セグメント計      調整額
                   計上額
    その他の項目
        前連結  当連結  前連結  当連結  前連結  当連結
        会計年度  会計年度  会計年度  会計年度  会計年度  会計年度
  減価償却費      3,378,228  3,650,426   36,228  36,222  3,414,456  3,686,647
  有形固定資産及び無形固定
        4,588,419  4,126,963   15,310   2,417  4,603,729  4,129,379
  資産の増加額
  (注) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない親会社の管理部門に係
    る設備投資額及びセグメント間の取引消去額であります。
   【関連情報】

   前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
  1  製品及びサービスごとの情報
   単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略し
  ております。
  2  地域ごとの情報

   (1) 売上高
                   (単位:千円)
   中国   日本   ベトナム    タイ   その他   合計
   25,477,502   23,177,855   12,090,055   9,975,412   5,064,907   75,785,731

  (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。
   (2) 有形固定資産

                   (単位:千円)
   日本   中国   タイ   ベトナム   インドネシア    合計
   5,966,566   4,518,387   4,886,948   4,028,203   3,263,552   22,663,656

  3  主要な顧客ごとの情報

   外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
   当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

  1  製品及びサービスごとの情報
   単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略し
  ております。
  2  地域ごとの情報

   (1) 売上高
                   (単位:千円)
   日本   中国   ベトナム    タイ   その他   合計
   22,943,367   22,666,594   15,341,737   11,222,253   5,310,964   77,484,914

  (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。
   (2) 有形固定資産

                   (単位:千円)
   日本   タイ   ベトナム    中国   インドネシア    合計
       5,029,601

   5,705,997       4,800,769   4,096,609   3,269,952   22,902,929
  3  主要な顧客ごとの情報

            61/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

   【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
   前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
   該当事項はありません。
   当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

   該当事項はありません。
   【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

   前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
   該当事項はありません。
   当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

   該当事項はありません。 
   【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

   前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
   該当事項はありません。
   当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

   該当事項はありません。
            62/87












                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   【関連当事者情報】

   前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
  1 関連当事者との取引
  (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
   (ア) 連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主(個人の場合に限る)等
           議決権等
     会社等の   資本金又  事業の
           の所有  関連当事者  取引の 取引金額   期末残高
   種類  名称又は  所在地 は出資金  内容又         科目
           (被所有)割合   との関係  内容 (千円)   (千円)
     氏名   (千円)  は職業
            (%)
     ㈲ビー・              前払費用
  役員及びその近
             社宅、事務所
           (被所有)         1,777
               賃借料等
     ケー・ファ  東京都   不動産         (注)4
  親者が議決権の
             の賃借
        90,000   直接      20,826
  過半数を所有し
     イナンス  北区   賃貸業         保証金
                の支払
            12.36         4,074
             役員の兼任
  ている会社等
     (注)3              (注)5
           (被所有)
  主要株主等、
     司 治    当社
           直接 3.3
  役員及び     - -     顧問契約  顧問報酬  19,501  - -
     (注)6    名誉会長
  その近親者         間接 8.6
  (注) 1 上記(ア)の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれており
    ます。
   2 取引条件及び取引条件の決定方針等
    賃借料の支払いについては、近隣の取引実勢に基づいて決定しております。
    顧問報酬については、過去の経験等を総合的に勘案し、双方協議のうえ締結した契約書に基づき決定してお
    ります。
   3 当社役員金田保一及びその近親者が議決権の100%を直接保有しております。
   4 流動資産の「その他」に含まれております。
   5 投資その他の資産の「その他」に含まれております。
   6 司治氏は、当社専務取締役司久氏の父であります。
  (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

    該当事項はありません。
  2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

    該当事項はありません。
   当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

  1 関連当事者との取引
  (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
   (ア) 連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主(個人の場合に限る)等
           議決権等
     会社等の   資本金又  事業の
           の所有  関連当事者  取引の 取引金額   期末残高
   種類  名称又は  所在地 は出資金  内容又         科目
           (被所有)割合   との関係  内容 (千円)   (千円)
     氏名   (千円)  は職業
            (%)
     ㈲ビー・              前払費用
  役員及びその近
             社宅、事務所
           (被所有)         1,437
               賃借料等
     ケー・ファ  東京都   不動産         (注)4
  親者が議決権の
             の賃借
        90,000   直接      19,006
  過半数を所有し
     イナンス  北区   賃貸業         保証金
                の支払
            12.32         3,554
             役員の兼任
  ている会社等
     (注)3              (注)5
           (被所有)
  主要株主等、
     司 治    当社
           直接 3.3
  役員及び     - -     顧問契約  顧問報酬  23,500  - -
     (注)6    名誉会長
  その近親者         間接 8.6
  (注) 1 上記(ア)の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれており
    ます。
   2 取引条件及び取引条件の決定方針等
    賃借料の支払いについては、近隣の取引実勢に基づいて決定しております。
    顧問報酬については、過去の経験等を総合的に勘案し、双方協議のうえ締結した契約書に基づき決定してお
    ります。
   3 当社役員金田保一及びその近親者が議決権の100%を直接保有しております。
   4 流動資産の「その他」に含まれております。
   5 投資その他の資産の「その他」に含まれております。
   6 司治氏は、当社専務取締役司久氏の父であります。
            63/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

    該当事項はありません。
  2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

    該当事項はありません。
            64/87


















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (1株当たり情報)

            前連結会計年度     当連結会計年度

      項目     (自 平成28年4月1日     (自 平成29年4月1日
            至 平成29年3月31日)     至 平成30年3月31日)
  1株当たり純資産額           3,097円03銭     3,136円75銭
  1株当たり当期純利益            154円04銭      78円71銭
  (注) 1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   2 株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり当期純利益の算
    定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めており、また、1株当たり純資産額の算定
    上、期末発行済株式総数から控除する自己株式数に含めております。
    1株当たり当期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は当連結会計年度37,692株であ
    り、1株当たり純資産額の算定上、控除した当該自己株式の期末株式数は、当連結会計年度70,000株であり
    ます。
   3 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

            前連結会計年度     当連結会計年度
      項目     (自 平成28年4月1日     (自 平成29年4月1日
            至 平成29年3月31日)     至 平成30年3月31日)
  1株当たり当期純利益
    連結損益計算書上の親会社株主に
              3,716,959     1,899,263
    帰属する当期純利益(千円)
    普通株主に帰属しない金額(千円)             ―     ―
    普通株式に係る親会社株主に帰属する
              3,716,959     1,899,263
    当期純利益(千円)
    普通株式の期中平均株式数(株)           24,130,250     24,129,629
   4 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

            前連結会計年度     当連結会計年度
      項目
            (平成29年3月31日)     (平成30年3月31日)
  1株当たり純資産額
   連結貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)           74,731,288     75,687,690
   純資産の部の合計額から控除する金額(千円)            113      81
               (113 )    (81 )
    (うち非支配株主持分) 
   普通株式に係る純資産額(千円)           74,731,175     75,687,609
   普通株式の発行済株式数(株)           27,813,026     27,813,026
   普通株式の自己株式数(株)           3,683,072     3,683,746
   1株当たり純資産額の算定に用いられた
              24,129,954     24,129,280
   普通株式の数(株)
   (重要な後発事象)

    該当事項はありません。
            65/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   ⑤ 【連結附属明細表】

    【社債明細表】
    該当事項はありません。
    【借入金等明細表】

    該当事項はありません。
    【資産除去債務明細表】

    当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結
    会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
            66/87
















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (2) 【その他】

  当連結会計年度における四半期情報等
   (累計期間)    第1四半期    第2四半期    第3四半期   当連結会計年度

  売上高(千円)      18,867,985    37,190,499    57,239,472    77,484,914

  税金等調整前

  四半期(当期)純利益      1,258,470    1,776,306    2,274,793    2,829,900
  (千円)
  親会社株主に帰属する
  四半期(当期)純利益
         911,214   1,278,758    1,684,196    1,899,263
  (千円)
  1株当たり四半期(当期)
         37.76    52.99    69.80    78.71
  純利益(円)
   (会計期間)    第1四半期    第2四半期    第3四半期    第4四半期

  1株当たり四半期純利益

         37.76    15.23    16.80    8.91
  (円)
            67/87














                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  2 【財務諸表等】

  (1) 【財務諸表】
   ①【貸借対照表】
                   (単位:千円)
             前事業年度     当事業年度
            (平成29年3月31日)     (平成30年3月31日)
  資産の部
   流動資産
    現金及び預金           18,943,516     19,786,420
                     544,940
                   ※2
    受取手形            462,195
                     536,830
                   ※2
    電子記録債権            322,972
    売掛金           5,900,902     6,052,179
    商品及び製品           1,525,189     1,680,149
    仕掛品            97,522     129,103
    原材料及び貯蔵品           1,575,960     1,792,956
    前渡金            63,560     137,014
    前払費用            141,272     87,351
    繰延税金資産            179,823     217,991
    未収収益            357     301
    未収入金            262,672     380,187
    営業未収入金            161,765     147,773
    その他            9,569     17,252
               △2,700     △2,100
    貸倒引当金
    流動資産合計           29,644,575     31,508,345
   固定資産
    有形固定資産
               8,214,767      8,265,990
              ※1     ※1
    建物
              △5,330,390     △5,476,676
     減価償却累計額
     建物(純額)          2,884,377     2,789,315
    構築物
               355,588     365,541
               △300,629     △309,560
     減価償却累計額
     構築物(純額)           54,960     55,981
               8,674,105      8,707,907
              ※1     ※1
    機械及び装置
              △7,274,544     △7,471,379
     減価償却累計額
     機械及び装置(純額)          1,399,562     1,236,528
    車両運搬具
               162,337     161,280
               △134,934     △140,684
     減価償却累計額
     車両運搬具(純額)           27,404     20,596
               7,461,128      7,732,026
              ※1     ※1
    工具、器具及び備品
              △7,160,808     △7,432,346
     減価償却累計額
     工具、器具及び備品(純額)          300,320     299,680
               1,222,732      1,222,647
              ※1     ※1
    土地
               67,270     55,720
    建設仮勘定
    有形固定資産合計           5,956,624     5,680,467
    無形固定資産
    借地権           937,060     937,060
    ソフトウエア           72,002     56,936
               9,736     240,444
    その他
    無形固定資産合計           1,018,798     1,234,440
            68/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
                   (単位:千円)

             前事業年度     当事業年度
            (平成29年3月31日)     (平成30年3月31日)
    投資その他の資産
    投資有価証券           5,273,835     4,337,293
    関係会社株式          12,612,668     12,679,368
    出資金            440     440
    関係会社出資金           8,898,812     8,898,812
    株主、役員又は従業員に対する長期貸付金            55     3,420
    破産更生債権等           3,700      -
    長期前払費用           27,002     18,122
    前払年金費用           527,556     560,254
    その他           52,954     52,705
               △6,340     △2,700
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計          27,390,681     26,547,714
    固定資産合計           34,366,103     33,462,622
   資産合計            64,010,677     64,970,967
  負債の部
   流動負債
                     1,074,475
                   ※2
    支払手形            769,239
    買掛金           2,371,779     2,746,221
    未払金            41,442     36,819
    未払費用            936,295     958,007
    未払法人税等            283,422      -
    前受金            9,617     4,362
    預り金            75,342     122,026
    賞与引当金            340,955     332,550
                     248,108
                   ※2
               248,972
    設備関係支払手形
    流動負債合計           5,077,062     5,522,569
   固定負債
    長期未払金            -    256,695
    役員退職慰労引当金            242,579      -
    役員株式給付引当金            -    24,985
               274,492     410,959
    繰延税金負債
    固定負債合計            517,071     692,639
   負債合計            5,594,133     6,215,209
            69/87








                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
                   (単位:千円)

             前事業年度     当事業年度
            (平成29年3月31日)     (平成30年3月31日)
  純資産の部
   株主資本
    資本金           19,225,350     19,225,350
    資本剰余金
    資本準備金          18,924,500     18,924,500
                -    58,236
    その他資本剰余金
    資本剰余金合計          18,924,500     18,982,736
    利益剰余金
    利益準備金           637,879     637,879
    その他利益剰余金
     退職給与積立金          300,000     300,000
     研究開発積立金          300,000     300,000
     固定資産圧縮積立金          318,789     291,902
     別途積立金          21,000,000     21,000,000
               1,341,954     1,953,627
     繰越利益剰余金
    利益剰余金合計          23,898,622     24,483,408
    自己株式           △5,343,873     △5,403,553
    株主資本合計           56,704,599     57,287,941
   評価・換算差額等
               1,711,945     1,467,818
    その他有価証券評価差額金
    評価・換算差額等合計           1,711,945     1,467,818
   純資産合計            58,416,544     58,755,758
  負債純資産合計            64,010,677     64,970,967
            70/87











                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   ②【損益計算書】

                   (単位:千円)
             前事業年度     当事業年度
            (自 平成28年4月1日     (自 平成29年4月1日
             至 平成29年3月31日)      至 平成30年3月31日)
  売上高
   製品売上高            21,592,751     20,728,003
   商品売上高            1,626,072     1,904,069
               127,214     110,716
   その他の売上高
   売上高合計            23,346,037     22,742,787
  売上原価
   製品期首たな卸高            912,806     1,151,445
   商品期首たな卸高            300,358     348,071
   当期製品製造原価            14,601,188     14,666,371
   当期商品仕入高            1,451,679     1,745,791
               158,308     196,528
   他勘定受入高
   合計            17,424,340     18,108,206
   製品期末たな卸高
               1,151,445     1,127,302
   商品期末たな卸高            348,071     520,763
   他勘定振替高            14,926     35,388
               13,010     14,612
   その他の原価
   売上原価合計            15,922,908     16,439,364
  売上総利益            7,423,129     6,303,423
  販売費及び一般管理費
   運賃及び荷造費            2,934,640     3,103,460
   給料及び手当            1,027,472     1,009,964
   賞与引当金繰入額            128,964     118,300
   退職給付引当金繰入額            54,090     36,469
   役員退職慰労引当金繰入額            27,198     57,602
   役員株式給付引当金繰入額             -    24,985
   減価償却費            135,781     137,647
               2,078,753     2,192,846
   その他
   販売費及び一般管理費合計            6,386,898     6,681,272
  営業利益又は営業損失(△)            1,036,231     △377,849
  営業外収益
   受取利息            2,549     1,766
              ※5 190,058    ※5 1,663,338
   受取配当金
   投資有価証券売却益            252,762     633,943
   為替差益             -     9,104
               43,733     36,427
   その他
   営業外収益合計            489,102     2,344,578
  営業外費用
   売上割引            95,035     96,982
   為替差損            3,309      -
               2,953     2,408
   その他
   営業外費用合計            101,297     99,390
  経常利益            1,424,036     1,867,340
            71/87




                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
                   (単位:千円)

             前事業年度     当事業年度
            (自 平成28年4月1日     (自 平成29年4月1日
             至 平成29年3月31日)      至 平成30年3月31日)
  特別利益
                 260      9,449
               ※1     ※1
   固定資産売却益
   特別利益合計             260     9,449
  特別損失
                     1,657
                    ※2
   固定資産売却損             -
                6,938      3,306
               ※3     ※3
   固定資産除却損
              ※4 321,590
                     -
   関係会社出資金評価損
   特別損失合計            328,528      4,964
  税引前当期純利益            1,095,768     1,871,825
  法人税、住民税及び事業税
               251,000     157,000
               △15,267     163,448
  法人税等調整額
  法人税等合計             235,733     320,448
  当期純利益             860,036     1,551,377
            72/87















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   ③【株主資本等変動計算書】

  前事業年度(自   平成28年4月1日 至    平成29年3月31日)
                   (単位:千円)
             株主資本
          資本剰余金       利益剰余金
                 その他利益剰余金
      資本金
          その他資本  資本剰余金
        資本準備金      利益準備金
                退職給与  研究開発  固定資産圧縮
          剰余金  合計
                積立金  積立金  積立金
  当期首残高    19,225,350  18,924,500   - 18,924,500  637,879  300,000  300,000  352,647
  当期変動額
   固定資産圧縮積立金
                    △33,858
   の取崩
   剰余金の配当
   当期純利益
   自己株式の取得
   自己株式の処分         36  36
   自己株式の消却       △1,450,928  △1,450,928
   利益剰余金から資本
          1,450,892  1,450,892
   剰余金への振替
   株主資本以外の項目
   の当期変動額(純
   額)
  当期変動額合計     -  -  -  -  -  -  - △33,858
  当期末残高    19,225,350  18,924,500   - 18,924,500  637,879  300,000  300,000  318,789
          株主資本      評価・換算差額等

        利益剰余金
                    純資産合計
                その他有価証  評価・換算
       その他利益剰余金
            自己株式  株主資本合計
          利益剰余金
                券評価差額金  差額等合計
        繰越利益
          合計
      別途積立金
        剰余金
  当期首残高    21,000,000  2,864,167  25,454,694  △6,793,775  56,810,769  576,518  576,518 57,387,287
  当期変動額
   固定資産圧縮積立金
         33,858   -    -      -
   の取崩
   剰余金の配当      △965,215  △965,215    △965,215      △965,215
   当期純利益      860,036  860,036    860,036      860,036
   自己株式の取得          △1,114  △1,114      △1,114
   自己株式の処分           87  123      123
   自己株式の消却         1,450,928   -      -
   利益剰余金から資本
        △1,450,892  △1,450,892     -      -
   剰余金への振替
   株主資本以外の項目
   の当期変動額(純             1,135,426  1,135,426  1,135,426
   額)
  当期変動額合計     - △1,522,214  △1,556,072  1,449,902  △106,170  1,135,426  1,135,426  1,029,257
  当期末残高    21,000,000  1,341,954  23,898,622  △5,343,873  56,704,599  1,711,945  1,711,945  58,416,544
            73/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  当事業年度(自   平成29年4月1日 至    平成30年3月31日)

                   (単位:千円)
             株主資本
          資本剰余金       利益剰余金
                 その他利益剰余金
      資本金
          その他資本  資本剰余金
        資本準備金      利益準備金
                退職給与  研究開発  固定資産圧縮
          剰余金  合計
                積立金  積立金  積立金
  当期首残高    19,225,350  18,924,500   - 18,924,500  637,879  300,000  300,000  318,789
  当期変動額
   固定資産圧縮積立金
                    △26,888
   の取崩
   剰余金の配当
   当期純利益
   自己株式の取得
   自己株式の処分        58,236  58,236
   自己株式の消却
   利益剰余金から資本
   剰余金への振替
   株主資本以外の項目
   の当期変動額(純
   額)
  当期変動額合計     -  - 58,236  58,236   -  -  - △26,888
  当期末残高    19,225,350  18,924,500   58,236 18,982,736  637,879  300,000  300,000  291,902
          株主資本      評価・換算差額等

        利益剰余金
                    純資産合計
                その他有価証  評価・換算
       その他利益剰余金
            自己株式  株主資本合計
          利益剰余金
                券評価差額金  差額等合計
        繰越利益
          合計
      別途積立金
        剰余金
  当期首残高    21,000,000  1,341,954  23,898,622  △5,343,873  56,704,599  1,711,945  1,711,945  58,416,544
  当期変動額
   固定資産圧縮積立金
         26,888   -    -      -
   の取崩
   剰余金の配当      △966,592  △966,592    △966,592      △966,592
   当期純利益      1,551,377  1,551,377    1,551,377      1,551,377
   自己株式の取得         △161,254  △161,254      △161,254
   自己株式の処分          101,574  159,810      159,810
   自己株式の消却
   利益剰余金から資本
   剰余金への振替
   株主資本以外の項目
   の当期変動額(純             △244,127  △244,127  △244,127
   額)
  当期変動額合計     - 611,673  584,785  △59,680  583,342  △244,127  △244,127  339,214
  当期末残高    21,000,000  1,953,627  24,483,408  △5,403,553  57,287,941  1,467,818  1,467,818  58,755,758
            74/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  【注記事項】

   (重要な会計方針)
  1 有価証券の評価基準及び評価方法
   子会社株式及び関連会社株式
    総平均法による原価法によっております。
   その他有価証券
    時価のあるもの:
    決算日の市場価格等に基づく時価法によっております。(評価差額は全部純資産直入法により処理しており
    ます。また、売却原価は総平均法により算定しております。)
    時価のないもの:
    総平均法による原価法によっております。
  2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

   通常の販売目的で保有するたな卸資産
    評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
    (1) 商品・製品・仕掛品・原材料
     移動平均法
    (2) 貯蔵品
     先入先出法
  3 固定資産の減価償却の方法

  (1) 有形固定資産
   定率法によっております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年
   4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
   なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
   建物       ……10年~50年
   構築物      ……3年~50年
   機械及び装置   ……8年~10年
   車両運搬具    ……4年~6年
   工具、器具及び備品……2年~20年
   また、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産については、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から
   5年間で均等償却する方法によっております。
  (2) 無形固定資産

   定額法によっております。なお、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における見込利用可能期間(5年)
   に基づく定額法によっております。
  4 引当金の計上基準

  (1) 貸倒引当金
   債権の回収不能額に対処するため一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については
   個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
  (2) 賞与引当金

   従業員賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当期の負担額を計上しております。
            75/87




                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  (3) 退職給付引当金

   従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してお
   ります。
   ① 退職給付見込額の期間帰属方法
    退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
   算定式基準によっております。
   ② 数理計算上の差異の費用処理方法
    数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)によ
   る定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
  (4) 役員退職慰労引当金

   役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
  (5) 役員株式給付引当金

   株式交付規程に基づく当社取締役等への当社株式の交付に備えるため、当事業年度末における株式給付債務の見
   込額に基づき計上しております。
  5 その他財務諸表作成のための重要な事項

  (1) 退職給付に係る会計処理
   退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の方法と
   異なっております。
  (2) 消費税等の会計処理

   消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
   (会計方針の変更)

   該当事項はありません。
   (表示方法の変更)

   (貸借対照表関係)
    前事業年度において、「受取手形」に含めて表示しておりました「電子記録債権」は、金額的重要性が増し
    たため、当事業年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年
    度の財務諸表の組替えを行っております。
     この結果、前事業年度の貸借対照表において、「受取手形」に表示していた785,167千円は、「受取手形」
    462,195千円、「電子記録債権」322,972千円として組み替えております。 
   (追加情報)

  (役員向け株式交付信託について)
   取締役等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する注記については、連結財務諸表「注記事項(追加情
  報)」に同一の内容を記載しているので注記を省略しております。
   (貸借対照表関係)

  ※1 国庫補助金等による圧縮記帳額は次のとおりであります。
            前事業年度      当事業年度
           (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
    建物        438,411千円      438,411千円
    機械及び装置        421,531千円      421,388千円
    工具、器具及び備品        86,243千円      86,243千円
    土地        24,000千円      24,000千円
            76/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  ※2 期末日満期手形等の会計処理については、手形交換日又は決済日をもって決済処理をしております。

     なお、期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形等が、期末残高に含まれております。
            前事業年度      当事業年度
           (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
    受取手形          ―     88,119千円
    電子記録債権          ―     12,283千円
    支払手形          ―    189,551千円
    設備関係支払手形          ―    104,073千円
  3 偶発債務

   当社は、  令和2年  3月13日付にて第三者委員会から調査報告書を受領し、当社の海外子会社において税務調査等
   に関連して外国公務員に対する複数の金銭交付あるいはその疑いのある行為が行われていた旨の調査結果が報告さ
   れました。当社としては、現在、当該調査結果について検証を行っておりますが、今後速やかに関係機関と連携し
   てその是正措置に取り組んでいく所存です。当該事案に関して、今後、当社に制裁金が科されるおそれがあります
   が、関連する法的手続は多くの不確実性及び複雑な要素を含んでおり、現時点でその影響額を合理的に見積ること
   は困難であるため、財務諸表には反映しておりません。
   (損益計算書関係)

  ※1 固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。
            前事業年度      当事業年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    機械及び装置         260千円      5,409千円
    工具、器具及び備品具          ―     3,875千円
    土地          ―     165千円
        計         260千円      9,449千円
  ※2 固定資産売却損の内訳は、次のとおりであります。

            前事業年度      当事業年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    機械及び装置          ―     1,657千円
        計          ―     1,657千円
  ※3 固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。

            前事業年度      当事業年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    建物         287千円      69千円
    機械及び装置         3,695千円      3,223千円
    車両運搬具         5千円      4千円
    工具、器具及び備品         46千円      0千円
    撤去費用         2,905千円       10千円
        計         6,938千円      3,306千円
            77/87





                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  ※4 関係会社出資金評価損

   天馬皇冠精密工業(蘇州)有限公司への出資金に係る評価損であります。
  ※5 各科目に含まれている関係会社に対する営業外収益は、次のとおりであります。

            前事業年度      当事業年度
          (自  平成28年4月1日     (自  平成29年4月1日
           至  平成29年3月31日)     至  平成30年3月31日)
    受取配当金        23,333千円      1,530,201千円
            78/87

















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   (有価証券関係)

   前事業年度(平成29年3月31日現在)
   子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式12,612,668千円、関係会社出資金                 8,898,812千
   円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
   当事業年度(平成30年3月31日現在)

   子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式12,679,368千円、関係会社出資金                 8,898,812千
   円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
   (税効果会計関係)

  1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
           前事業年度      当事業年度
           (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
   (繰延税金資産)
   賞与引当金         105,355千円      101,760千円
   役員退職慰労引当金         74,267千円        ―
   投資有価証券評価損         625,128千円      595,465千円
   関係会社出資金評価損         265,615千円      265,615千円
   繰越欠損金          ―     79,109千円
            153,313千円      199,856千円
   その他
   小計
            1,223,678千円      1,241,805千円
            △946,503千円      △1,003,204千円
   評価性引当額
   繰延税金資産   合計
            277,175千円      238,601千円
    (繰延税金負債)
   その他有価証券評価差額金         △69,851千円      △131,426千円
   固定資産圧縮積立金        △140,561千円      △128,706千円
            △161,432千円      △171,438千円
   その他
   繰延税金負債   合計        △371,844千円      △431,570千円
   繰延税金資産(負債(△))の純額         △94,669千円      △192,968千円
  2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

           前事業年度      当事業年度

           (平成29年3月31日)      (平成30年3月31日)
   法定実効税率          30.9%      30.9%
   (調整)
   受取配当金等永久に益金に
             △0.9%      △24.9%
   算入されない項目
   住民税均等割          3.2%      1.9%
   外国子会社配当金に係る
              ―     5.3%
   源泉所得税
   評価性引当額の増減         △12.5%       3.0%
             0.8%      0.9%
   その他
   税効果会計適用後の
             21.5%      17.1%
   法人税等負担率
   (重要な後発事象)

    該当事項はありません。
            79/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
   ④ 【附属明細表】

    【有形固定資産等明細表】
               当期末減価

                    差引当期末
       当期首残高  当期増加額  当期減少額  当期末残高  償却累計額  当期償却額
    資産の種類                 残高
       (千円)  (千円)  (千円)  (千円)  又は償却累  (千円)
                    (千円)
               計額(千円)
  有形固定資産
   建物     8,214,767   60,253  9,029  8,265,990  5,476,676  155,246  2,789,315
   構築物     355,588  9,953   ― 365,541  309,560  8,932  55,981
   機械及び装置     8,674,105  261,020  227,219  8,707,907  7,471,379  419,070  1,236,528
   車両運搬具     162,337  7,220  8,278  161,280  140,684  14,024  20,596
   工具、器具及び備品     7,461,128  578,978  308,080  7,732,026  7,432,346  579,618  299,680
   土地     1,222,732   ―  85 1,222,647   ―  ― 1,222,647
   建設仮勘定     67,270  391,048  402,598  55,720   ―  ―  55,720
   有形固定資産計    26,157,928  1,308,473  955,288  26,511,112  20,830,645  1,176,890  5,680,467

  無形固定資産

   借地権     937,060   ―  ― 937,060   ―  ― 937,060
   ソフトウエア     694,062  12,367  1,905  704,524  647,588  27,432  56,936
   その他     155,239  243,800  5,400  393,639  153,195  7,692  240,444
   無形固定資産計    1,786,361  256,167  7,305  2,035,223  800,783  35,125  1,234,440
  長期前払費用     27,002  8,986  17,865  18,122   ―  ―  18,122
  (注) 1 主な増加額 
     (機械及び装置)成形設備218,695千円の取得によるものであります。 
     (工具、器具及び備品)金型571,863千円の取得によるものであります。 
   2 主な減少額 

     (機械及び装置)成形設備120,624千円の売却及び成形設備29,194千円の除却によるものであります。 
     (工具、器具及び備品)金型の売却303,770千円によるものであります。 
    【引当金明細表】

             当期減少額   当期減少額

       当期首残高   当期増加額         当期末残高
    区分         (目的使用)   (その他)
        (千円)   (千円)         (千円)
              (千円)   (千円)
  貸倒引当金      9,040   ―   3,640   600   4,800
  賞与引当金      340,955   332,550   340,955    ―  332,550
  役員退職慰労引当金      242,579   58,464   44,348   256,695    -
  役員株式給付引当金       ―  24,985    ―   ―  24,985
  (注) 1 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は債権の回収による戻入額であります。
   2 役員退職慰労引当金の「当期減少額(その他)」は役員退職慰労金制度の廃止に伴う長期未払金振替額で
    あります。
  (2) 【主な資産及び負債の内容】

    連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
  (3) 【その他】

    該当事項はありません。
            80/87


                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  第6 【提出会社の株式事務の概要】

  事業年度      4月1日から3月31日まで

  定時株主総会      6月中

  基準日      3月31日

  剰余金の配当の基準日      9月30日、3月31日

  単元株式数      100株

  単元未満株式の買取り・買増し

        (特別口座)

    取扱場所      東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
         三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
        (特別口座)

    株主名簿管理人
        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社
    取次所      ―

    買取・買増手数料      株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

  公告掲載方法      日本経済新聞

        毎年3月31日現在の株主名簿に記録された、1単元(100株)以上保有の株主に

  株主に対する特典
        対し、一律1,000円相当の当社オリジナル「クオ・カード」を贈呈いたします。
            81/87











                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  第7 【提出会社の参考情報】

  1 【提出会社の親会社等の情報】

  当社には、親会社等はありません。
  2 【その他の参考情報】

  当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
  (1) 有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

   事業年度 第69期(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日) 平成29年6月27日関東財務局長に提出。
  (2) 内部統制報告書及びその添付書類

   平成29年6月27日関東財務局長に提出。
  (3) 四半期報告書及び確認書

   第70期第1四半期(自平成29年4月1日 至平成29年6月30日) 平成29年8月10日関東財務局長に提出。
   第70期第2四半期(自平成29年7月1日 至平成29年9月30日) 平成29年11月10日関東財務局長に提出。
   第70期第3四半期(自平成29年10月1日 至平成29年12月31日) 平成30年2月9日関東財務局長に提出。
  (4) 臨時報告書

   ①企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づ
    く臨時報告書
    平成29年6月28日関東財務局長に提出。
   ②企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)の規定に基づく臨時報告書
    平成30年6月5日関東財務局長に提出。 
  (5) 臨時報告書の訂正報告書

   訂正報告書(上記(4)①臨時報告書の訂正報告書)平成29年6月30日関東財務局長に提出。
  (6) 有価証券届出書及びその添付書類

   第三者割当による自己株式の処分 平成29年8月4日関東財務局長に提出。
  (7) 有価証券届出書の訂正届出書

   訂正届出書(上記(6)有価証券届出書の訂正届出書) 平成29年8月10日関東財務局長に提出。
            82/87







                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  第二部  【提出会社の保証会社等の情報】

  該当事項はありません。

            83/87



















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書

                   令和2年3月16日

  天馬株式会社
  取締役会 御中
         有限責任  あずさ監査法人

         指定有限責任社員

                松  木      豊
              公認会計士       ㊞
         業務執行社員
         指定有限責任社員

              公認会計士   今  井  仁  子     ㊞
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

  いる天馬株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の訂正後の連結財務諸表、すなわち、
  連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
  書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
  連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
  に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
  めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
  ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
  基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
  策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
  監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
  当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
  される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
  ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
  内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
  積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
  当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

  当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、天
  馬株式会社及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及
  びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
  強調事項

  注記事項(連結貸借対照表関係)4      偶発債務に記載されているとおり、第三者委員会から、会社の海外子会社におい
  て税務調査等に関連して外国公務員に対する複数の金銭交付あるいはその疑いのある行為が行われていた旨の調査結果
  が報告された。当該事案に関して、今後、会社に制裁金が科されるおそれがあるが、関連する法的手続は多くの不確実
  性及び複雑な要素を含んでおり、現時点でその影響額を合理的に見積ることは困難であるため、連結財務諸表には反映
  していない。また、海外子会社の所在地国においても現地において類似の制裁金が科されるおそれがあるが、現時点で
  はその影響額を合理的に見積ることは困難であるため、連結財務諸表には反映していない。
  当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
            84/87



                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  その他の事項

  有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、連結財務諸表を訂正している。なお、当
  監査法人は、訂正前の連結財務諸表に対して平成30年6月27日に監査報告書を提出した。
  利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                     以  上

  ※1  上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が連

    結財務諸表及び内部統制報告書に添付する形で別途保管しております。
   2  XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            85/87
















                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書

                   令和2年3月16日

  天馬株式会社
  取締役会 御中
         有限責任  あずさ監査法人

         指定有限責任社員

                松  木      豊
              公認会計士       ㊞
         業務執行社員
         指定有限責任社員

              公認会計士   今  井  仁  子     ㊞
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

  いる天馬株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第70期事業年度の訂正後の財務諸表、すなわち、貸
  借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行っ
  た。
  財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
  示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
  者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
  にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
  は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
  これに基づき監査を実施することを求めている。
  監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
  査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
  財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
  実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
  討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
  含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
  当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

  当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、天馬株
  式会社の平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において
  適正に表示しているものと認める。
  強調事項

  注記事項(貸借対照表関係)3     偶発債務に記載されているとおり、第三者委員会から、会社の海外子会社において税
  務調査等に関連して外国公務員に対する複数の金銭交付あるいはその疑いのある行為が行われていた旨の調査結果が報
  告された。当該事案に関して、今後、会社に制裁金が科されるおそれがあるが、関連する法的手続は多くの不確実性及
  び複雑な要素を含んでおり、現時点でその影響額を合理的に見積ることは困難であるため、財務諸表には反映していな
  い。
  当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
            86/87




                     EDINET提出書類
                     天馬株式会社(E00857)
                     訂正有価証券報告書
  その他の事項

  有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、財務諸表を訂正している。なお、当監査
  法人は、訂正前の財務諸表に対して平成30年6月27日に監査報告書を提出した。
  利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                     以  上
  ※1  上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が財
    務諸表に添付する形で別途保管しております。
   2  XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            87/87

















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。