不二サッシ株式会社 訂正有価証券報告書 第38期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

訂正有価証券報告書-第38期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:不二サッシ株式会社

カテゴリ:訂正有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                  有価証券報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                  金融商品取引法第24条の2第1項
      【提出先】                  関東財務局長
      【提出日】                  2020年3月13日
      【事業年度】                  第38期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                  不二サッシ株式会社
      【英訳名】                  FUJISASH     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                  代表取締役社長  吉田 勉
      【本店の所在の場所】                  神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目1番2号(新川崎三井ビルディング)
      【電話番号】                  大代表(044)520-0034
      【事務連絡者氏名】                  管理本部経営管理部長  塩原 和己
      【最寄りの連絡場所】                  東京都品川区西五反田四丁目32番1号(東京日産西五反田ビル2号館)
      【電話番号】                  代表(03)6867-0777
      【事務連絡者氏名】                  管理本部経営管理部長  塩原 和己
      【縦覧に供する場所】                  不二サッシ株式会社 東京支店
                        (東京都品川区西五反田四丁目32番1号(東京日産西五反田ビル2号館))
                        不二サッシ株式会社 大阪支店
                        (大阪府大阪市浪速区湊町一丁目4番38号(近鉄新難波ビル))
                        不二サッシ株式会社 関東支店
                        (埼玉県さいたま市浦和区北浦和四丁目5番5号(北浦和大栄ビル4階))
                        不二サッシ株式会社 名古屋支店
                        (愛知県名古屋市東区泉一丁目9番22号(名古屋BXビル7階))
                        株式会社東京証券取引所
                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     (注)第3四半期連結会計期間より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

                                  1/96









                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     1【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】
       2019年6月27日に提出いたしました第38期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)有価証券報告書の記載事項
      の一部に訂正すべき事項がありましたので、これを訂正するため、有価証券報告書の訂正報告書を提出するものであり
      ます。
       訂正後の連結財務諸表については、東陽監査法人により、監査を受けており、その監査報告書を添付しております。
     2【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第1 企業の概況
          1 主要な経営指標等の推移
           (1)連結経営指標等
        第2 事業の状況
          3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
        第3 設備の状況
          1 設備投資等の概要
        第5 経理の状況
          2.監査証明について
          1 連結財務諸表等
           (1)連結財務諸表
            ① 連結貸借対照表
            ② 連結損益計算書及び連結包括利益計算書
            ③ 連結株主資本等変動計算書
            ④ 連結キャッシュ・フロー計算書
            注記事項
             (税効果会計関係)
             (セグメント情報等)
             (1株当たり情報)
           (2)その他
       監査報告書
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___を付して表示しております。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、
      訂正後のみを記載しております。
                                  2/96









                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
             回次            第34期        第35期        第36期        第37期        第38期
            決算年月            2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月        2019年3月

                  (百万円)         99,020        97,704        94,322        98,137        98,254
     売上高
                  (百万円)         2,643        2,233        2,368        1,862        1,273
     経常利益
     親会社株主に帰属する
                  (百万円)         1,292        1,276        4,350        1,639         877
     当期純利益
                  (百万円)         2,223        △77       5,251        1,872         894
     包括利益
                  (百万円)         15,527        12,449        17,574        19,320        19,985
     純資産額
                  (百万円)         82,692        83,217        85,467        90,945        90,832
     総資産額
                   (円)        98.06        97.51       138.28        151.84        157.40
     1株当たり純資産額
                   (円)        10.24        10.11        34.47        12.99        6.96
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株
                   (円)         9.03         -        -        -        -
     当たり当期純利益
                   (%)         18.6        14.8        20.4        21.1        21.9
     自己資本比率
                   (%)         9.6        9.2       29.2        9.0        4.5
     自己資本利益率
                   (倍)        14.75        9.00        2.90        7.70       12.79
     株価収益率
     営業活動による
                  (百万円)         5,213        5,218        5,122        1,613        3,604
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  (百万円)        △1,164        △3,162        △4,565        △2,211        △2,907
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                  (百万円)        △1,267        △4,090         △274        1,862       △1,676
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                  (百万円)         14,591        12,545        12,823        14,087        13,111
     期末残高
                   (人)        3,164        3,139        2,946        2,948        3,002
     従業員数
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第35期から第38期の           潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載して
           おりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当連結会計年
           度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って
           適用した後の指標等となっております。
                                  3/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次            第34期        第35期        第36期        第37期        第38期
            決算年月            2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月        2019年3月

                  (百万円)         47,975        49,209        46,027        47,198        47,630
     売上高
                  (百万円)         2,099        1,298        1,002        1,365         401
     経常利益
                  (百万円)         1,757         272       2,263        1,310         508
     当期純利益
                  (百万円)         1,709        1,709        1,709        1,709        1,709
     資本金
                   (株)
     発行済株式総数
                        126,267,824        126,267,824        126,267,824        126,267,824        126,267,824
      普通株式
                         1,500,000           -        -        -        -
      優先株式
                  (百万円)         12,032        9,233       11,418        12,744        12,926
     純資産額
                  (百万円)         55,084        54,410        53,265        58,240        58,305
     総資産額
                   (円)        71.57        73.16        90.48       100.99        102.43
     1株当たり純資産額
                            -       1.00        1.00        1.50        1.50
     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間
                           (-)        (-)        (-)        (-)        (-)
     配当額)
     1株当たり当期純利益             (円)        13.93        2.16       17.94        10.38        4.03
     潜在株式調整後1株
                   (円)        12.27         -        -        -        -
     当たり当期純利益
                   (%)         21.8        17.0        21.4        21.9        22.2
     自己資本比率
                   (%)         16.6        2.6       21.9        10.8        4.0
     自己資本利益率
                   (倍)        10.84        42.20        5.58        9.63       22.07
     株価収益率
                   (%)          -      46.38        5.58       14.45        37.19
     配当性向
                   (人)         815        837        844        843        850
     従業員数
                   (%)         87.3        53.2        59.0        59.8        54.3

     株主総利回り
     (比較指標:TOPIX)             (%)        (130.7)        (116.5)        (133.7)        (154.9)        (147.1)
                   (円)         189        158        119        124        183

     最高株価
                   (円)         123        61        79        88        68
     最低株価
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第35期から第38期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載して
           おりません。
         3.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
                                  4/96







                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      2【沿革】
       1930年7月        株式会社不二サッシ製作所を設立
       1937年11月        商号を株式会社不二製作所に変更
       1946年12月        土建資材株式会社を設立
       1949年10月        土建資材株式会社を大成産業株式会社に商号変更
       1958年5月        株式会社不二製作所、川崎市の本社工場にアルミサッシ工場を建設し、アルミサッシの製造・販売
              を開始
       1960年1月        株式会社不二製作所の商号を不二サツシ工業株式会社に変更
       1961年6月        大成産業株式会社の商号を不二サツシ販売株式会社に変更
       1961年10月        不二サツシ工業株式会社、東京証券取引所市場第二部に上場
       1963年10月        不二サツシ工業株式会社、東京・名古屋証券取引所の市場第一部に指定替え
              不二サツシ販売株式会社、東京証券取引所市場第二部に上場
       1966年10月        不二サツシ販売株式会社、東京証券取引所の市場第一部に指定替え
              不二運送株式会社を設立
       1968年11月        不二運送株式会社の商号を不二倉業株式会社に変更
       1969年5月        不動産業を目的に東洋ハウジング株式会社を設立
       1969年10月        九州不二サッシ株式会社を設立
       1978年12月        不二サツシ工業株式会社・不二サツシ販売株式会社、各証券取引所の上場を廃止され店頭売買登録
              銘柄に指定
       1981年7月        東洋ハウジング株式会社の商号を不二サッシ株式会社に変更
       1981年10月        不二サッシ株式会社が、不二サツシ工業株式会社及び不二サツシ販売株式会社を吸収合併
       1990年7月        フェデラルアルミニウム社の株式を取得
       1990年11月        フェデラルアルミニウム社の商号を不二サッシ(マレーシア)SDN.BHD.に変更
       1992年8月        不二サッシ株式会社、東京証券取引所市場第二部に上場
       1995年4月        九州不二サッシ株式会社、福岡証券取引所に上場
       1996年10月        九州不二サッシ株式会社、大阪証券取引所市場第二部に上場
       2000年7月        関西不二サッシ株式会社を設立
       2001年7月        全国22販売会社を全国6広域販売会社に再編、株式会社不二サッシ東北、株式会社不二サッシ関
              東、株式会社不二サッシ関西、株式会社不二サッシ九州を設立
       2002年6月        日海工業株式会社が、北陸不二サッシ販売株式会社を吸収合併し、日海不二サッシ株式会社に商号
              を変更
       2004年10月        株式交換により九州不二サッシ株式会社を完全子会社化
              不二サッシ株式会社、福岡証券取引所に上場
       2006年10月        株式会社不二サッシ九州を承継会社とし、不二サッシ株式会社九州支店と九州不二サッシ株式会社
              ビルサッシ部門を会社分割し、「九州地域製販一体新会社」を発足
       2006年11月        不二サッシ株式会社、福岡証券取引所を上場廃止
       2007年10月        九州不二サッシ株式会社を承継会社とし、不二サッシ株式会社資材事業部門を吸収分割し、不二ラ
              イトメタル株式会社に商号を変更
       2009年3月        文化シヤッター株式会社と「資本および業務提携に関する基本合意書」を締結
       2010年4月        東北支店を会社分割により株式会社不二サッシ東北に承継させるとともに、株式会社不二サッシ東
              北を存続会社として秋田不二サッシ販売株式会社と岩手不二サッシ販売株式会社を吸収合併
       2014年4月        不二サッシ株式会社の住宅建材営業部関東営業部と不二サッシサービス株式会社の保険業を除く全
              ての事業を会社分割することにより株式会社不二サッシ関東に承継させるとともに、株式会社不二
              サッシ関東を存続会社として神奈川不二サッシ販売株式会社を吸収合併
       2016年11月        太天興業股份有限公司との共同出資で不二太天股份有限公司を設立
       2017年8月        不二サッシベトナムを設立
       2018年4月        株式取得によりアジアニッカイ株式会社を子会社化
       2018年5月        株式取得により北海道住宅サービス株式会社を完全子会社化
       2018年7月        高槻ダイカスト株式会社の株式30%を取得し、持分法適用会社化
                                  5/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社29社、関連会社3社及び当社と継続的な事業上の関係
       があるその他の関係会社1社で構成され、建材品・アルミ形材の製造及び販売を主な事業内容としております。
        事業の種類別セグメント並びに子会社・関連会社(グループ各社)の事業に係わる位置付け等の状況は、次のとお
       りであります。なお、次の4事業部門は「第5.経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項
       (セグメント情報等)」に掲げるセグメント情報の区分と同一であります。
       (1)建材事業

          当部門においては、カーテンウォール、ビル用サッシ・ドア、中低層用サッシ・ドア、改装用サッシ、住宅用
         サッシ、玄関引戸・ドア、室内建具、エクステリア製品等を製造・販売しております。
          (製造) 当社、不二ライトメタル株式会社、日海不二サッシ株式会社、関西不二サッシ株式会社、
               しらたか不二サッシ株式会社、山口不二サッシ株式会社、株式会社沖縄不二サッシ、
               株式会社不二サッシ九州、アジアニッカイ株式会社、不二サッシフィリピン,INC.
          (販売) 当社、北海道不二サッシ株式会社、不二サッシリニューアル株式会社、
               奈良不二サッシ販売株式会社、株式会社不二サッシ東北、株式会社不二サッシ関東、
               株式会社不二サッシ東海、株式会社不二サッシ関西、株式会社不二サッシ中四国、
               株式会社不二サッシ九州、協同建工株式会社、北海道住宅サービス株式会社、不二サッシベトナム
       (2)形材外販事業

          当部門においては、外販用アルミ形材、アルミ精密加工品の製造・販売等を行っております。
          (製造・販売) 不二ライトメタル株式会社、チアン・ジアン・アルミニウムSDN.BHD.
       (3)環境事業

          当部門においては、一般・産業廃棄物処理プラントの製造・販売を行っております。
          (製造・販売) 当社
       (4)その他事業

          当部門においては、運送・保管管理、不動産事業等を行っております。
          当社、不二ライトメタル株式会社、不二倉業株式会社
        以上記述した事項を概要図で示すと、次のとおりであります。

                                  6/96










                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
                                  7/96





















                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                           資本金       主要な事業       議決権の所有
          名称          住所                                関係内容
                          (百万円)         の内容       割合(%)
     (連結子会社)

                  熊本県                              当社にアルミ押出形材を
     不二ライトメタル㈱                            建材
                  玉名郡           2,000                100   販売
     (注)3                            形材外販
                  長洲町                              建物を賃貸借
                                                当社に金属製建具を販売
                  大阪府
     関西不二サッシ㈱                         100   建材            100   建物・機械装置等を賃借
                  高槻市
                                                資金援助有り
     日海不二サッシ㈱             石川県                           100
                              100   建材               当社に金属製建具を販売
     (注)4             金沢市                           (0.1)
                  神奈川県
     不二サッシ                                           当社の改装工事を施工
                  川崎市             90   建材            100
     リニューアル㈱                                           建物を賃借
                  高津区
     チアン・ジアン・アルミ
                  マレーシア         百万RM                  70
     ニウムSDN.BHD.                            形材外販               アルミ押出形材を販売
                  ペナン州            2.5               (70)
     (注)4
                                                当社製品の運送、倉庫管
                  東京都
     不二倉業㈱                         400   その他            100   理業務の委託
                  品川区
                                                建物を賃借
                  神奈川県
     不二サッシサービス㈱             横浜市             30   その他            100        -
                  西区
                                                建築工事並びに内装
                  神奈川県
     協同建工㈱                         50   建材            100   工事の請負及び施工
                  大和市
                                                資金援助有り
                  北海道                              当社の金属製建具を販売
     北海道不二サッシ㈱             札幌市             20   建材            100   建物を賃借
                  西区                              資金援助有り
                  山形県
     しらたか不二サッシ㈱
                                             100   当社に金属製建具を販売
                  西置賜郡             30   建材
                                             (1.7)    資金援助有り
     (注)4
                  白鷹町
                  宮城県
     ㈱不二サッシ東北             仙台市            230   建材            100   当社の金属製建具を販売
                  青葉区
                  東京都                              当社の金属製建具を販売
     ㈱不二サッシ関東                         100   建材            100
                  文京区                              建物を賃借
                  愛知県                              当社の金属製建具を販売
     ㈱不二サッシ東海                         50   建材            100
                  稲沢市                              資金援助有り
                  大阪府
     ㈱不二サッシ関西                         50   建材            100   当社の金属製建具を販売
                  吹田市
                  広島県
     ㈱不二サッシ中四国                         100   建材            100   当社の金属製建具を販売
                  福山市
                  福岡県
     ㈱不二サッシ九州             福岡市            250   建材            100   当社の金属製建具を販売
                  博多区
                  奈良県
     奈良不二サッシ販売㈱                         40   建材            100   当社の金属製建具を販売
                  奈良市
                                  8/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
                           資本金       主要な事業       議決権の所有
          名称          住所                                関係内容
                          (百万円)         の内容       割合(%)
                                                当社に金属製建具を販売
                  山口県
     山口不二サッシ㈱                         50   建材            100   土地建物を賃借
                  山口市
                                                資金援助有り
                                                関係会社に金属製建具を
     不二サッシ             フィリピン               建材
                              325               100   加工、販売
     フィリピン,INC.             キャビテ州               その他
                                                資金援助有り
                  石川県                              関係会社に金属製建具を

     アジアニッカイ㈱
                               30   建材            100
                  金沢市                              加工、販売
                  北海道

     北海道住宅サービス㈱
                  札幌市             48   建材            100        -
                  白石区
     その他8社
     (持分法適用関連会社)

                  台湾省        百万NT$
     不二太天股分有限公司                            建材            50.0    当社の金属製建具を販売
                  台北市             10
                  大阪府
     高槻ダイカスト㈱
                               80   形材外販            32.2         -
                  高槻市
     (その他の関係会社)
                                        (被所有)
     文化シヤッター㈱
                  東京都                       直接
                            15,051
                                 建材               当社に建材品を販売
                  文京区                           23.5
     (注)5
      (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.不二ライトメタル㈱、関西不二サッシ㈱、不二倉業㈱、㈱不二サッシ東北、㈱不二サッシ九州、不二サッシ
           フィリピン,INC.、不二サッシ(マレーシア)SDN.BHD.は特定子会社であります。
         3.不二ライトメタル㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割
           合が10%を超えております。
           主要な損益情報等
          (1)売上高              28,744   百万円
          (2)経常利益                96 百万円
          (3)当期純利益               132  百万円
          (4)純資産額              9,723   百万円
          (5)総資産額              24,400   百万円
         4.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
         5.文化シヤッター㈱は、有価証券報告書を提出しております。
                                  9/96







                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                                 1,896
     建材
                                                  891
     形材外販
                                                   43
     環境
                                                  111
     その他
     全社(共通)                                             61
                                                 3,002

                  合計
      (注) 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているも
          のであります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年令(才)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               850             44.7              20.7             5,527

                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
                                                  740
     建材
                                                   -
     形材外販
                                                   43
     環境
                                                   6
     その他
     全社(共通)                                             61
                                                  850

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員であり、出向派遣者(45名)は含めておりません。
         2.平均年間給与には、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (3)労働組合の状況

          提出会社及び一部の連結子会社(4社)の労働組合は、不二サッシユニオン(2019年3月31日現在の組合員数
         は1,460名)として全日本労働組合総連合会・ジェイ・エイ・エムに所属しております。
          また、その他の連結子会社の一部においても労働組合が組織されております。
          なお、労使関係は安定しております。
                                 10/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)経営方針
          当社グループは、経営理念のもとエンジニアリング企業としてお客様に最適なかたちでの価値の提供に努め、
         すべてのステークホルダーの皆様から「選ばれる企業」として高い信頼を得るため、持続的成長を目指します。
                          【経 営 理 念】

                      不二サッシは窓から夢をひろげていきます
                        私たちはお客様との絆を大切にします
                        私たちは心をこめた商品を世に出します
                       私たちは活力あふれる気風づくりに努めます
       (2)経営戦略等

          今後のわが国における建築市場は、オリンピック後の2020年以降の首都圏における大型再開発の計画が見
         込まれるものの、建設費の高止まりや着工数の減少など厳しい事業環境が続くものと予想しており、また、原材
         料価格の価格変動が事業収益への懸念材料となっております。
          このため当社グループが対処すべき課題として、コア事業である建材事業・形材外販事業の安定的な収益確
         保、潜在成長力が高いリニューアル事業および環境事業の基盤強化、売上高1,000億円の早期実現と利益率
         アップ、海外事業の再構築と認識しております。
          これらの課題に対処するため、2017年度から2020年度における4ヵ年の中期経営計画「創造」を推進
         しております。
          2018年度までの進捗状況および施策は以下の様になります。
         [コア事業]
          ビル建材事業は、建設業界の労働力不足および東京五輪の影響等により一般工事が減少し競争が激化しまし
         た。そのため、提案力および営業・設計・生産・施工までの一気通貫したプロセス管理を強化するとともに、差
         別化商品や環境対応商品を開発し市場に投入をしていきます。
          住宅建材事業は、高断熱サッシの商品開発により拡販し堅調に推移しました。今後は、リフォーム専業者のグ
         ループ化(M&A)により地域戦略強化を推進し、全国販社へ水平展開をしていきます。
          形材外販事業は、樹脂サッシ化や地金価格高騰等の市場環境の変化によりアルミ建材の収益環境は厳しい状況
         となりました。そのため、非建材商品の商品開発提案による販売強化ならびに加工品等の生産対応力の強化を推
         進していきます。
         [注力事業]
          リニューアル事業は、首都圏を中心に新築需要が旺盛で市場が停滞いたしました。2018年度にエリア拡大
         策として福岡に進出し、2019年度、防水・塗装工事を主体事業とするリニューアル会社とのアライアンスに
         より事業領域を拡大いたします。
          環境事業は、シェアアップに向け体制強化および業務効率化を推進します。
         [成長事業]
          海外事業は、ベトナム・フィリピンを中心としたASEAN地域での受注強化を推進し、台湾については太天
         興業との合弁会社である不二太天にて大型案件受注に取組み中です。
          光建材事業は、建築化照明の拡がりとともにアルビームシステムが建材事業の差別化商品として受注を拡大し
         てまいります。
          マグネシウム事業は、中長期を視野に産学官での共同開発を推進してまいります。
          この様に中期経営計画「創造」を推進しておりますが、2019年3月期の事業実績および今後の事業環境を
         勘案し、2020年度の数値の見直しをいたしました。
                                         2020年度

             売上高                           1,050億円以上
             営業利益                              16億円以上
             営業利益率                             1.5%以上
             純資産                             210億円以上
             自己資本比率                            22.5%以上
             配当性向                            15.0%以上
             D/Eレシオ                             1.1以下
                                 11/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
       (1)経済状況について

          当社グループにおける営業収入の大部分は、日本国内における需要に大きく影響を受けます。このため、当社
         グループの経営成績は、日本国内の景気動向、建設会社の建設工事受注残高や住宅着工戸数の変動等の影響を受
         ける可能性があります。
          また、国内景気の悪化により、売掛金、受取手形等の債権が劣化した場合、貸倒引当金の積み増しが必要とな
         るなど、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)原材料の市況変動の影響について

          当社グループは、アルミ地金を主たる原材料とする事業(建材事業、形材外販事業)が売上高の大半を占めて
         おります。このアルミ地金価格は、市況(為替相場およびロンドン金属取引所(LME)の価格相場)の変動に
         より影響を受けることから、今後も市況が上昇する局面では、原材料費の上昇が押さえきれず、当社グループの
         業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)市場環境について

          営業活動を展開する上で競業他社との競争は避けられませんが、そのような状況に耐えうるべく製品・サービ
         スの向上に努めております。しかしながら、市場環境が大きく変化した場合、厳しい価格競争にさらされるな
         ど、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)経営成績の季節的変動について

          当社グループは、建材事業、特にビルサッシの売上比率が高く、このビルサッシの売上が季節的に大きく変動
         することから、営業年度の第2四半期及び第4四半期に売上が集中する傾向があります。
       (5)特定事業への依存について

          当社グループは、売上・利益ともに建材事業への依存率が高く、この事業の業績に全体の経営成績が大きく影
         響される傾向があります。建築投資全体が縮小傾向で推移する状況に対して当社グループは、形材外販事業や環
         境事業等非サッシ事業およびリニューアル事業の拡大を積極的に推進しております。
       (6)法的規制について

          当社グループは、商品の設計・製造・販売・施工に関連して、多くの法的規制を受けております。「建設業
         法」に基づき、建材事業は建具工事業、環境事業は機械器具設置工事業の許可を受けて営業を行っており、この
         他にも水質汚濁防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律など環境関連法や消費生活用製品安全法など様々な
         法的規制を受けながら事業を展開しております。今後、これらの規則の改廃や新たな法的規制が設けられる場合
         には、当社の業績が影響を受ける可能性があります。
       (7)自然災害及び事故等の発生による影響について

          地震・津波などの自然災害および火災・停電等の事故災害によって、当社グループの生産・販売・物流拠点お
         よび設備が破損、機能不全に陥る可能性があります。災害による影響を最小限に抑える対策を講じていますが、
         災害による被害を被った場合は、当社の業績が影響を受ける可能性があります。
       (8)環境問題

          当社グループは、産業廃棄物の処理に関する法律及び大気、水質、騒音、振動、土壌汚染等の環境諸法令の適
         用を受けており、環境基本方針・行動指針に基づき環境マネジメントシステムの下、環境保全活動を行っており
         ます。
          しかしながら、今後何らかの環境問題が発生した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす
         可能性があります。
          また、過去の事業活動における環境問題の事実を厳粛に受け止め教訓とし、徹底した社内管理体制を確立し、
         法令遵守に努めております。
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)   経営成績等の状況の概要
                                 12/96


                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
          当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
         キャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
         ①財政状態及び経営成績の状況
          当連結会計年度の当社グループ(当社および連結子会社)の業績は、主力とするビルサッシを中心とした建材
         事業分野においては、新設住宅着工戸数はほぼ前年並みに推移しましたが、市場動向や競争激化により、事業環
         境は厳しさを増しております。形材外販事業においては、アルミ地金市況に連動して売上高は伸びましたが、競
         争激化や諸資材価格の上昇などにより利益面で厳しい状況が続いています。
          この結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
         a.財政状態
            当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度に比べ                           1億1千3百万円        減少し、    908億3千2百万円
           となりました。
            当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度に比べ                           7億7千9百万円        減少し、    708億4千6百万円
           となりました。
            当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度に比べ                            6億6千5百万円        増加し、    199億8千5百万
           円 となりました。
         b.経営成績
            当連結会計年度の業績は売上高982億5千4百万円(前年同期比0.1%増)、営業利益                                           11億5千2
           百万円   (前年同期比      6億1千7百万円        減)、経常利益       12億7千3百万円         (前年同期比      5億8千9百万円
           減)、親会社株主に帰属する当期純利益                   8億7千7百万円        (前年同期比      7億6千1百万円        減)となりまし
           た。
          セグメント毎の経営成績は次のとおりであります。

         〔建材〕
          建材事業においては、住宅建材事業は高断熱商品拡販により堅調に推移しましたが、ビル新築事業における競
         争激化やリニューアル市場の低迷などにより、売上高は702億9千万円(前年同期比0.9%減)、セグメン
         ト利益   24億3千9百万円         (前年同期比      1億1千6百万円        減)と減収減益になりました。
         〔形材外販〕

          形材外販事業においては、アルミ地金市況に連動した販売単価上昇により、売上高は225億1千9百万円
         (前年同期比3.1%増)と増収になりましたが、競争激化や諸資材価格の上昇により、セグメント利益5千3
         百万円(前年同期比3億4千5百万円減)と減益となりました。
         〔環境〕

          環境事業においては、プロセス管理を徹底し利益率の改善を図ったものの、市町村合併などの影響による焼却
         施設に係る事業環境の変化により、売上高は31億3千万円(前年同期比6.7%減)、セグメント利益1億6
         百万円(前年同期比9千7百万円減)と減収減益となりました。
         〔その他〕

          その他事業には、運送業・不動産業等がありますが、売上高は23億1千4百万円(前年同期比13.8%
         増)、セグメント利益は1億1百万円(前年同期比5千万円増)と増収増益になりました。
                                 13/96







                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         ②キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、仕入債務の増加等により一
         部相殺されたものの、税金等調整前当期純利益が                       10億8百万円       (前年同期比      11億2千2百万円         減)と減少し
         たため、前連結会計年度末に比べ9                億7千5百万円       減少し、当連結会計年度末には131億1千1百万円となり
         ました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果得られた資金は、                36億4百万円       (前年同期は16億1千3百万円の獲得)となりました。こ
         れは主に仕入債務の増加によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果使用した資金は、                29億7百万円       (前年同期は22億1千1百万円の使用)となりました。こ
         れは主に有形固定資産の取得による支出によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果使用した資金は、16億7千6百万円(前年同期は18億6千2百万円の獲得)となりまし
         た。これは主に長期借入金の返済による支出によるものであります。
                                 14/96














                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         ③生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
            当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2018年4月1日                    前年同期比(%)
                            至 2019年3月31日)
     建材(百万円)                                 67,280                   99.7
     形材外販(百万円)                                 22,519                   103.1

     環境(百万円)                                 3,154                   93.4

                                      92,954

     報告セグメント計(百万円)                                                   100.3
                                       1,275                  107.5

     その他(百万円)
                                      94,229

           合計(百万円)                                              100.4
      (注) 上記の金額は、販売価格により表示しております。なお、消費税等は含まれておりません。
         b.受注実績

            当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                     当連結会計年度
                                   (自 2018年4月1日
                                    至 2019年3月31日)
         セグメントの名称
                         受注高                   受注残高
                                前年同期比(%)                   前年同期比(%)
                        (百万円)                   (百万円)
     建材                      57,443          108.2         56,532          114.2

      (注) 上記の金額は、販売価格により表示しております。なお、消費税等は含まれておりません。
         c.販売実績

            当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2018年4月1日                    前年同期比(%)
                            至 2019年3月31日)
     建材(百万円)                                 70,290                   99.1

     形材外販(百万円)                                 22,519                   103.1

     環境(百万円)                                 3,130                   93.3

     報告セグメント計(百万円)                                 95,939                   99.8

     その他(百万円)                                 2,314                  113.8

           合計(百万円)                           98,254                   100.1

      (注) 上記の金額は、販売価格により表示しております。なお、消費税等は含まれておりません。
                                 15/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
          経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
         す。
          なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
         ①重要な会計方針及び見積り

          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
         ております。この連結財務諸表の作成に当たりまして、決算日における資産・負債の数値、各連結会計年度にお
         ける収入・費用の数値に影響をおよぼす見積り計上を行っております。主に繰延税金資産、貸倒引当金、工事損
         失引当金、退職給付に係る負債、資産除去債務等に対しまして過去の実績等を勘案し合理的に判断しております
         が、これらの見積りについては、実際の結果と異なる場合があります。
         ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

          当社グループは、2017年度からスタートいたしました中期経営計画「創造」に基づき、すべてのステーク
         ホルダーから高い信頼を得るために、持続的な成長をめざし、事業ポートフォリオ戦略の推進により、コア事業
         である建材事業、形材外販事業において安定的な収益力を確保しながら、潜在成長力が高いリニューアル事業、
         環境事業の基盤強化、海外事業の伸長を図る新たな政策をスタートさせております。
         (売上高)

          売上高は主に形材外販事業の伸長により、982億5千4百万円(前年同期比0.1%増)と微増となりまし
         た。建材事業については、ビル新築事業における競争激化やリニューアル市場の低迷などの影響がありました
         が、住宅建材事業における高断熱商品拡販が堅調に推移しました結果、全体で増収となりました。また、形材外
         販事業についてはアルミ地金市況に連動した販売単価上昇により増収となりました。
         (営業利益)

          営業利益は主に建材事業の利益率の悪化により、                        11億5千2百万円         (前年同期比      6億1千7百万円        減)と減
         益になりました。ビル建材事業の競争激化や諸資材価格の上昇により利益率が悪化した他、設備投資や研究開発
         に伴い固定費が増加いたしました。
          なお、セグメント別の売上高及び営業利益につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及
         び経営成績の状況」に記載のとおりであります。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)

          営業外損益においては、金融機関からの借入金利低下により支払利息が減少したほか、持分法による投資利益
         も増加いたしましたが、営業利益減少に加え、特別損益において、保証金返還請求訴訟の和解により特別損失
         (訴訟関連損失)2億7千万円を計上したこと等により、税金等調整前当期純利益は                                       10億8百万円       (前年同期
         比 11億2千2百万円         減)と減益になり、親会社株主に帰属する当期純利益につきましても、税金費用が減少し
         たものの    8億7千7百万円        (前年同期比      7億6千1百万円        減)と減益になりました。
         (資産)

          当連結会計年度末における流動資産は                   536億6百万円        となり、前連結会計年度末に比べ               1億1千3百万円増
         加 いたしました。これは主に受取手形及び売掛金及び電子記録債権が15億8千4百万円、仕掛品が                                             2億6千2
         百万円   増加し、現金及び預金が8億4千8百万円、原材料及び貯蔵品が12億2百万円減少したことによるもの
         であります。固定資産は           372億2千5百万円          となり、前連結会計年度末に比べ               2億2千6百万円        減少いたしま
         した。これは主に有形固定資産が               8千2百万円      、 無形固定資産      が 2千4百万円      減少したことによるものでありま
         す。この結果、総資産は           908億3千2百万円          となり、前連結会計年度末に比べ               1億1千3百万円        減少いたしま
         した。
         (負債)

          当連結会計年度末における流動負債は                   447億1千8百万円          となり、前連結会計年度末に比べ               12億7千3百
         万円  減少いたしました。これは主に支払手形及び買掛金が18億5千4百万円増加し、短期借入金が16億7千
         万円、前受金が10億8百万円、流動負債のその他が2億7千7百万円減少したことによるものであります。固
         定負債は261億2千8百万円となり、前連結会計年度末に比べ4億9千4百万円増加いたしました。これは主
         に長期借入金が11億8千万円増加し、社債が6億円減少したことによるものであります。この結果、負債合計
         は 708億4千6百万円          となり、前連結会計年度末に比べ               7億7千9百万円        減少いたしました。
                                 16/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (純資産)
          当連結会計年度末における純資産合計は                    199億8千5百万円          となり、前連結会計年度末に比べ               6億6千5百
         万円  増加いたしました。これは主に利益剰余金が                     6億8千7百万円        増加したことによるものであります。この結
         果、自己資本比率は         21.9%     (前連結会計年度末は21.1%)となり、                     0.8%    増加いたしました。
         (資本の財源および資金の流動性)

          当社グループの資金需要の主なものは、製品製造のための原材料、部品の購入、外注加工費、人件費等の営業
         活動資金と、持続的な成長のために商品競争力を高める研究開発投資や、生産性向上を図る設備投資を実施する
         投資活動資金となっております。
          これら資金の調達については、金利コスト等を勘案しながら、自己資金またはメインバンクとのコミットメン
         ト契約をはじめとする金融機関からの借入金によっております。
          なお当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要」
         の②キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
         (経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等)

          当社グループは、売上高および営業利益ならびに自己資本比率を重要な経営指標として位置づけております。
          当連結会計年度においては、売上は982億5千4百万円(前年比0.1%増)と前年に比べ微増となりまし
         たが、ビルサッシ建材事業における競争激化や諸資材価格の上昇などにより、営業利益は                                         11億5千2百万円
         (前年同期比      6億1千7百万円        減)と減益になりました。
          また、自己資本比率につきましては、9期連続の黒字決算を重ねることにより着実に改善してきており、当連
         結会計年度末において          21.9%     となっております。
          中期経営計画「創造」の最終年度であります2020年度のそれぞれの指標の達成目標は、2019年3月期
         の業績及び今後の事業環境を勘案し、売上高1,050億円以上、営業利益16億円以上、自己資本比率22.
         5%以上と見直しを行っております。
                                 17/96













                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        当社グループは、一般サッシからカーテンウォールまで総合外装メーカーとして一貫した商品開発を行っておりま
       す。多様化する顧客ニーズへの対応と安全・安心社会実現に向けた開発をテーマに掲げ、さらには、環境負荷低減、
       高耐久化技術を取り入れた新商品開発に注力しております。
        当社の研究開発は、技術本部管轄の商品開発部、技術管理部、性能研究部、研究開発部により推進しており、研究
       開発スタッフは、全体で71名にのぼり、これは全従業員数の約2.3%に当たっております。
        また、次世代素材分野開拓に向け、連結子会社の不二ライトメタル㈱の研究開発部が、研究開発に注力しておりま
       す。
        当連結会計年度におけるグループ全体の研究開発費の総額は、1,677百万円となっております。
       [建材]

        2018年の新設住宅着工戸数が約94万戸と前年の約96万戸に対し約2.3%減となり、2年連続での減少と
       なりました。建築業界におきましては、「パリ協定」の目標達成等に向け、住宅・建築物の省エネルギー対策を強化
       するため、2019年5月に建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律が公布されまし
       た。建築物省エネ法の適合義務化が300㎡以上の建築物に範囲拡大され、戸建住宅にあっては、設計者である建築士
       から建築主に対して省エネ性能に関する説明を義務付け、また、トップランナー制度の対象に、注文戸建住宅・賃貸
       アパートを供給する大手住宅事業者を追加する等、住宅・建築物の省エネルギー対策の強化がなされました。202
       0年省エネ基準の適合義務化に向けた法整備を進める一方、省エネ誘導策として省エネルギー性を10%高めた「低
       炭素建築物の認定」、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)やZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)
       の実現に向けた「先進的省エネルギー建築物の導入に向けた補助金制度」、既築住宅における「住宅省エネリノベー
       ション事業」等の各種補助・助成制度、融資制度および税制優遇制度が推進されております。また、2018年に集
       合住宅におけるZEHロードマップが取りまとめられ、建築物の省エネ性にインセンティブを与える施策が進められ
       ています。
        この社会動向の中、当社におきましては、中期経営計画「創造」の核となる次代商品体系構築に向け、新プラット
       ホームをベースとする高断熱・高遮音・防火性・安全性等の付加価値を高めた次世代型商品の開発計画を推進し、2
       017年度の高層ビル用CWの高強度に対応、かつ形材断熱性能設計に自由度を持たすことができるカシメ断熱構造
       に加えて、2018年度アルミ樹脂複合の更なる高断熱商品「FNS-Ⅱ100R」を開発し、2018年度グッドデ
       ザイン賞を受賞すると共に、CO2排出量の削減と建物の省エネルギー化に貢献しております。
        また、2018年3月に(一社)カーテンウォール・防火開口部協会所有のビル建材商品の通則的認定の運用停止
       が通知されたことを受け、2019年6月より個別認定の防火設備の出荷を開始しております。
        住宅建材におきましては、2017年度より出荷を開始したZEH住宅を実現するヨーロッパ並みの超高断熱の次
       世代用高断熱サッシ商品である「SAJサッシ」に防火設備のバリエーションを展開し、対応範囲の拡大を行いまし
       た。
        さらに、これまで販売を続けてきたエコ雨戸、エコ面格子等の「ウインドウリフォームシリーズ」が、(一社)日
       本アルミニウム協会主催の「平成30年度 日本アルミニウム協会賞」において、アルミニウムの需要拡大に貢献の
       あった製品等に贈られる「開発賞」を受賞いたしました。
        また、光建材事業におきましては、2018年6月より不二サッシ株式会社、フィグラ株式会社、株式会社遠藤照
       明の3社のノウハウを融合し、建材と照明の新たな価値として、建材と照明を融合させる商品シリーズ「アルビーム
       システム」の新たなバリエーション「トランザムタイプ」の発表に引き続き、「ライティング・フェア2019」に
       おいて光建材「アルビームプラス」3シリーズを正式発表いたしました。今後は、建築ファザードからインテリアま
       で、設備設計要素や意匠性のご提案をワンストップで実施してまいります。
        特需事業におきましては、「折りたたみ方式」ユニットハウスNSK(3坪タイプ、4坪タイプ)及びNSK寒冷
       地仕様(3坪タイプ、4坪タイプ)を新規設定し、レンタル事業者様への出荷を開始しており、一般地域だけでなく
       寒冷地での仮設ハウスの需要拡大を見込んでおります。
        建材に係る研究開発費は1,443百万円であります。
       [形材外販]

        連結子会社の不二ライトメタル㈱において、2002年より研究開発をはじめました次世代耐熱マグネシウム合金
       ( KUMADAI        耐熱マグネシウム合金)はRIMCOF技術研究組合に参画し、マグネシウム合金開発と航空機
       への適用研究の一翼を担っています。
        難燃性マグネシウム合金は、「革新的新構造材料等技術開発」として高速鉄道の車両用素材開発を進め、世界最大
       級、難燃性マグネシウム合金を使った高速鉄道車両部分構体(構体長:1m)の試作に成功しました。
                                 18/96


                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        医療デバイスの基材として期待されます生体吸収性マグネシウム合金は、素材作製から加工までの一貫製造・供給
       (溶解・鋳造→押出→引抜)を行う設備を自社内に導入しました。今後、それらの設備にて素材の製作を行い、研究
       機関及び医療機器開発メーカーと共に医療デバイスの研究開発を推進していきます。
        形材外販に係る研究開発費は234百万円であります。
        当社グループの研究開発活動の責任部署である技術本部は、「ISO9001品質マネジメントシステム」、「I

       SO14001環境マネジメントシステム」での設計品質の管理、ならびに公的試験機関と同等の国際的にも認めら
       れる「ISO17025」を取得した試験所での性能証明と、高品質商品を提供しております。さらに、文化シヤッ
       ター㈱との共同開発で、防災・減災商品や、断熱性と防火性を両立させる環境配慮対応商品に加え、日射遮蔽、通風
       対応での熱負荷低減対応等サッシとシャッターの相互の専門分野を活用した商品など、開口部への新しい価値の提供
       を目指し研究を進めております。今後もさらに一層の品質向上を目指し、お客様にご満足のいただける商品を提供す
       るとともに、環境に配慮した商品の研究開発に努めてまいります。
                                 19/96

















                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、生産部門の設備更新等により、                         2,508百万円      (国庫補助金等による圧縮記帳額5百万円控除
       後)の設備投資を実施いたしました。
        建材事業は、主に当社において加工設備の設備更新を中心に932百万円、形材外販事業は、主に不二ライトメタル
       ㈱において押出設備を中心に1,319百万円(国庫補助金等による圧縮記帳額5百万円控除後)の設備投資を実施いた
       しました。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                       帳簿価額
                                                          従業
       事業所名      セグメント
                   設備の内容                                       員数
                         建物及び     機械装置及       土地
       (所在地)       の名称
                                         リース資産      その他      合計
                          構築物     び運搬具     (百万円)                      (人)
                                         (百万円)     (百万円)     (百万円)
                         (百万円)     (百万円)     (面積㎡)
     本社等             研究開発設備
              建   材                      676
     (神奈川県
                  会社統括業務         655     185           119     498     2,137     290
              その他                       (35,616)
                  販 売 設 備
      川崎市幸区)
                  生 産 設 備
                  物 流 設 備
     千葉工場                                6,958
              建   材  研究開発設備
                          3,012      297           959      38    11,266     140
     (千葉県市原市)                               (275,724)
                  会社統括業務
                  販 売 設 備
     大阪工場                                1,310
              建   材  生 産 設 備
                           886     277           338      -    2,813     11
     (大阪府高槻市)                               (49,483)
     東京支店他6支店             販 売 設 備
              建   材            16     -     -     22      0     39    409
     及び営業所             会社統括業務
      (注)1.大阪工場の生産設備は、国内子会社の関西不二サッシ㈱に賃貸しており、関西不二サッシ㈱の従業員は143
           名であります。
         2.千葉工場及び大阪工場のリース資産の主な内容は、太陽光発電設備であります。
         3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定であります。
           なお、金額には消費税等を含めておりません。
       (2)国内子会社

                                          帳簿価額
                                                          従業
            事業所名      セグメント
      会社名                  設備の内容      建物及び    機械装置及      土地                  員数
                   の名称
            (所在地)                                リース資産      その他     合計
                                                          (人)
                              構築物    び運搬具    (百万円)
                                            (百万円)     (百万円)     (百万円)
                             (百万円)     (百万円)     (面積㎡)
           本社             生 産 設 備
     不二ライト             建   材                   1,918
           (熊本県玉名郡             研究開発設備       2,029     4,081           -    612    8,641    833
     メタル㈱             形材外販                     (228,661)
            長洲町)            会社統括業務
     日海不二      本社             生 産 設 備             1,487
                  建   材          150     93          16     5   1,752    174
     サッシ㈱      (石川県金沢市)             会社統括業務
                                       (23,795)
           本社                              502
     不二倉業㈱             そ  の  他  会社統括業務        107     28          77     1    717   68
           (東京都品川区)                             (16,851)
      (注) 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定であります。
          なお、金額には消費税等を含めておりません。
                                 20/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。設
       備計画は原則的に連結会社各社が個別に策定しておりますが、グループ全体で重複投資とならないよう、提出会社を
       中心に調整を図っております。
        なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修等の計画は次のとおりであります。
       (1)重要な設備の新設等
                                投資予定金額               着手及び完了予定
       会社名            セグメント                      資金調達               完成後の
              所在地           設備の内容
      事業所名             の名称            総額    既支払額      方法               増加能力
                                               着手     完了
                              (百万円)     (百万円)
     不二サッシ㈱                                   自己資金及び
            千葉県市原市       建  材   生 産 設 備    1,770      283        2018年7月     2020年3月
                                                          -
     千葉工場他                                    借入金
     不二ライトメタ
            熊本県玉名郡
     ル㈱西日本事業             形材外販       〃      1,616      12    〃   2018年10月       〃
                                                          -
              長洲町
     部他
      (注) 金額には消費税等を含んでおりません。
       (2)重要な設備の除却等

          該当事項はありません。
                                 21/96















                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 157,000,000

                  計                               157,000,000

        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数             提出日現在発行数
                                        上場金融商品取引所名
                   (株)            (株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                (2019年3月31日)            (2019年6月27日)              取引業協会名
                                         東京証券取引所
                   126,267,824            126,267,824
       普通株式                                             単元株式数100株
                                          市場第二部
                   126,267,824            126,267,824             -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (千株)        (千株)                      (百万円)        (百万円)
     2014年4月30日
                  △1,500        127,767          -      1,709         -       791
     (注)1
     2015年4月1日~
     2016年3月31日
                  △1,500        126,267          -      1,709         -       791
     (注)2
      (注)1.2014年4月30日、自己株式として保有しておりました第3種優先株式1,500,000株を消却しております。
         2.第2種優先株式(行使価額修正条項付新株予約権付社債券等)1,500,000株は、2015年7月15日において当
           社定款に定める取得条項に基づき取得し、2015年7月27日をもって第2種優先株式の全部を消却しました。
                                 22/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                     2019年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満
       区分                             外国法人等                   株式の状況
            政府及び地           金融商品      その他の
                                                         (株)
                  金融機関                           個人その他       計
            方公共団体           取引業者      法人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      15      42     270      50      37    19,033      19,447       -
     所有株式数
               -    63,848      31,376     430,944      38,085      1,059     695,439     1,260,751      192,724
     (単元)
     所有株式数の
               -     5.07      2.49     34.18      3.02      0.08     55.16      100.0       -
     割合(%)
      (注)1.自己株式138            ,870株(1981年10月1日に吸収合併した不二サツシ販売株式会社名義900株含む。)は「個人そ
           の他」に1,388単元及び「単元未満株式の状況」に70株含めて記載しております。
           なお、自己株式138,870株は株主名簿記載上の株式数であり、2019年3月31日現在の実保有残高は137,370株
           であります。
         2.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ43単元
           及び70株含まれております。
       (6)【大株主の状況】

                                                   2019年3月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                     東京都文京区西片1-17-3                          29,626          23.48

     文化シヤッター株式会社
                     東京都中央区日本橋室町1-1-8                          5,349          4.24
     大栄不動産株式会社
                     東京都八王子市狭間町1463                          2,100          1.66
     蛇の目ミシン工業株式会社
                     大阪府大阪市中央区備後町2-2-1                          1,857          1.47
     株式会社りそな銀行
                     神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1-2                          1,649          1.31
     不二サッシ社員持株会
                     福井県福井市森行町2-5                          1,530          1.21
     大日メタックス株式会社
                     東京都千代田区丸の内1-1-3                          1,474          1.17
     三井物産株式会社
                     埼玉県さいたま市浦和区常盤7-4-1                          1,438          1.14
     株式会社埼玉りそな銀行
                     東京都千代田区大手町2-2-2                          1,181          0.94
     野村信託銀行株式会社
                     大阪府大阪市中央区高麗橋2-4-2                           993         0.79
     上田八木短資株式会社
                                               47,199          37.42
            計
                                 23/96







                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                         株式数(株)             議決権の数(個)
            区分                                          内容
                                   -          -         -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                              -          -         -
     議決権制限株式(その他)                              -          -         -

     完全議決権株式(自己株式等)                           137,300             -         -

                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                         125,937,800           1,259,378            -
                     普通株式
                                192,724             -         -
     単元未満株式                普通株式
                              126,267,824               -         -
     発行済株式総数
                                   -       1,259,378            -
     総株主の議決権
      (注)      「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が4,300株含まれております。また、
          「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数43個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       式数の割合
                                                    (%)
                  神奈川県川崎市幸区鹿島
                  田一丁目1番2号(新川               74,200         -     74,200          0.06
     不二サッシ株式会社
                  崎三井ビルディング)
                  石川県金沢市観音堂町
                                 63,100         -     63,100          0.05
     アジアニッカイ株式会社
                  イ25
                       -         137,300          -     137,300          0.11
           計
      (注)1.上記のほか株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が1,500株あります。
           (1981年10月1日に吸収合併した不二サツシ販売株式会社名義900株を含む。)。なお、当該株式は上記
           「① 発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」に1,500株含まれております。
         2.上記のほか株主名簿上は関係会社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が100株ありま
           す。なお、当該株式は上記「① 発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」に100株含まれておりま
           す。
                                 24/96








                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
        会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           普通株式
                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                     2,190             227,344
     当期間における取得自己株式                                      181            15,687

      (注) 当期間における取得自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          りによる株式数は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

         ① 普通株式
                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

     消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                 -        -        -        -
     取得自己株式
     その他(-)                           -        -        -        -
     保有自己株式数                         74,270          -      74,451          -

      (注) 当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取りによる株式数は含まれておりません。
      3【配当政策】

        当社は、適正な利益を確保することにより、株主の皆様への安定的な利益還元と将来の事業展開に備えるための内
       部留保の充実に努めることを利益配分の基本方針としており、株主の皆様への安定的な利益還元ができることを経営
       の最重要課題の一つと認識しております。
        当社における剰余金の配当の決定機関は期末配当については株主総会であり、また、取締役会の決議により、毎年
       9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
        当事業年度の期末配当金につきましては、1株につき1円50銭の期末配当を実施いたします。
        なお、内部留保資金につきましては、財務体質の一層の強化ならびに今後予想される経営環境の変化に対処すべ
       く、競争力強化のための基幹設備の更新や研究開発費、人材育成の費用等に有効投資してまいりたいと考えておりま
       す。
        今後とも安定的な利益還元を維持すべく、引き続き業績の向上を図り、企業価値の向上に努めてまいります。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。
                           配当金の総額(百万円)                   1株当たり配当額(円)
            決議年月日
          2019年6月27日
                                       189                   1.5
          定時株主総会決議
                                 25/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
         ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社のコーポレートガバナンスに関する基本的な考え方は、当社グループ全体の企業価値の向上と強固な経
          営基盤の構築を通じて、お客様に信頼され、社会に貢献し続けるという経営基本方針を実現するため、責任あ
          る経営体制の確立と経営の透明性向上並びに経営に対する監視・監督機能の強化に努めることで、ガバナンス
          の強化を図っております。
          a.当社は、株主の権利を尊重し、株主が権利を適切に行使することができる環境の整備と株主の実質的な平
           等性の確保に取り組んでまいります。
          b.当社は、企業の社会的責任を十分に認識し、株主、顧客、社員、事業パートナー及び地域社会をはじめと
           したさまざまなステークホルダーとの良好な関係を構築し、高い自己規律に基づき健全に業務を運営する企
           業文化・風土を醸成してまいります。
          c.当社は、ステークホルダーとの建設的な対話を行う基盤を構築するために、会社情報の適切な開示と、企
           業経営の透明性の確保に努めてまいります。
          d.当社は、グループの統括管理機能を担う事業会社として、取締役会による業務執行の監督機能の実効性確
           保に努めてまいります。
          e.当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するよう、ステークホルダーとの間で建設的な対
           話を行います。
           当社は、当社グループのすべての役職員が、日々の業務を遂行していくうえで規範とすべき共通の価値観・

          倫理観を5項目の「不二サッシ・コンプライアンス行動規範」に定めるとともに、実践すべき具体的な行動
          を、「不二サッシ・コンプライアンス行動基準」として26項目に定めております。これらの行動規範や行動基
          準を役職員に広く理解・浸透させるため、当社では、コンプライアンスの教育活動や啓蒙活動を当社グループ
          の役職員に対して定期的に実施しております。
         ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          a.  企業統治の体制の概要
           ・取締役会
            当社の取締役会は、代表取締役社長 吉田勉が議長を務め、その他のメンバーは取締役 石堂金也、取締
           役 岡野直樹、社外取締役 緒方右武、社外取締役 鈴江孝裕の取締役5名(うち社外取締役2名)で構成
           されており、毎月の定例取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会は、法
           令・定款に定められた事項のほか、取締役会規程に基づき重要事項を決議し、各取締役の業務執行の状況を
           監督しております。
            また、取締役会には、すべての監査役が出席し、取締役の業務執行の状況を監視できる体制となっており
           ます。
           ・監査役会

            当社は監査役会制度を採用しております。監査役 菅原伸幸、社外監査役 妹尾佳明、社外監査役 佐々
           木茂の常勤監査役1名及び非常勤監査役2名で構成されており、うち2名が社外監査役であります。監査役
           会は、毎月の定例監査役会のほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しております。常勤監査役は、取締役
           会のほか、部門長会議等の重要な会議に出席し、必要に応じて意見陳述を行う等、常に取締役の業務執行を
           監視できる体制となっております。
            また、監査部及び会計監査人と随時情報交換や意見交換を行う等連携を密にし、監査機能の向上を図って
           おります。
          b.  当該企業統治の体制を採用する理由

            当社は、監査役制度を採用しており、監査役設置会社として監査役が取締役の職務執行に対する監査を
           行っています。また、執行役員制度を導入し、取締役会から委譲された権限の範囲内で、当社業務の重要な
           執行方針については、執行役員全員(在外勤務者を除く。)と一部の部門長で構成される経営審議・業務執
           行会議(以下、「経営会議」という。)にて審議・決定することにし、取締役会は経営の意思決定と執行役
           員の業務執行状況に対する監督機能に重点を置いています。また、取締役5名のうち2名を社外から招聘し
           ており、他の取締役から独立した立場で、当社の経営判断・意思決定の過程において、専門分野を含めた幅
           広い経験・見識に基づいた助言をいただけるものと考えております。なお、取締役会は原則として月1回以
           上開催し、実質的な議論が十分できるよう、議題に関する資料を事前に出席者全員に周知する体制を取るな
           どの運営を行っています。
                                 26/96


                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
            監査役は、3名のうち2名が社外監査役として選任されており、監査役の全員が取締役会のほか、重要な
           意思決定の過程および業務の執行状況を把握するため、経営会議にも出席し、独立した立場から経営に対す
           る指摘・助言を行い、経営上並びに業務執行上の重要事項の意思決定プロセスの適法性および妥当性を監査
           し ていることから、監査役制度において当社のコーポレート・ガバナンスは十分に機能しているものと考え
           ております。
           会社の機関・内部統制の関係図

                                 27/96


















                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         ③ その他の企業統治に関する事項
          a.内部統制システムの整備の状況
            当社の内部統制システムの整備については、効率的で適法な企業体制を作ることを目的とし、取締役会で
           決議した「内部統制システムの整備に関する基本方針」に則り、各担当部門の下で、可及的速やかに実行す
           べきものとし、かつ不断の見直しによってその改善を図るものとしております。
            また、当社は、別に定めた「財務報告に係る内部統制の基本方針」に基づき、適正な財務報告および連結
           ベースの財務報告を作成するための体制を構築・整備しています。また、財務報告に係る内部統制で求めら
           れている「ITへの対応」に関しては、「財務報告に係るIT統制活動の基本方針」に基づき、適切な体制
           を構築・整備しています。
           ・内部統制システムの整備状況
           ・2000年6月より、経営の意思決定・監督機能と業務執行機能を分離し、業務執行の迅速化と業務執行責任
            の明確化を図るため、執行役員制度を導入しました。
           ・2002年6月より、業務執行の強化策として、取締役社長以外の取締役の役付と取締役への業務委嘱をなく
            し、業務委嘱は執行役員に対して行うことにしました。
           ・2005年6月に「報酬委員会」を設置し、各期の業績・成果に見合った、個別役員報酬の決定を行う制度を
            導入しております。
           ・2006年5月に「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他株式会社
            の業務   並びに当該株式会社及びその子会社から成る企業集団の業務                            の適正を確保するために必要な体制
            (内部統制システム)」の構築について、その基本方針を定め、企業価値の向上に向け、内部統制の有効
            性を確保するための最適な運用及び整備に努めております。
           ・2007年3月に「財務報告に係る内部統制の基本方針」を定め、適正な財務報告および連結ベースの財務報
            告書の信頼性確保に向けた体制整備に取り組んでおります。
           ・2009年3月に財務報告に関する内部統制の強化を図るため、監査部に内部統制室を新設しました。
           ・2009年11月に海外子会社の管理を強化するため海外事業部を新設し、また、2010年11月に国内子会社を管
            理する関連事業部を総合企画部関連事業部とし、「関連会社管理規程」に基づき、子会社の管理業務を行
            うとともに、指導・育成のための適切な助言を行い、グループの経営管理強化に努めています。
           ・2015年11月に役員人事・役員報酬決定の透明性を確保するため、従来の「報酬委員会」を改組し、新たに
            「役員人事・報酬協議会」を設置し、従来の取締役兼専務執行役員以上の者に加え、社外取締役をメン
            バーとしております。
            役員人事は、取締役・執行役員・監査役候補者の指名基準に基づき、「役員人事・報酬協議会」において
            原案を策定し、取締役会にて決定しております。
          b.リスク管理体制の整備の状況

            当社のリスク管理体制は、決裁規程などの社内規程・マニュアル等に基づき業務執行ルールを明確にする
           とともに、経理面においては、各部門長による自立的な管理を基本としつつ、経営管理部経理部が財務リス
           ク並びに計数的な管理を行い、また、他の部門から独立した組織である監査部において、不二サッシグルー
           プの業務監査を厳正に実施し、経営管理部コーポレートガバナンス部コンプライアンス統括室において、企
           業活動における法令遵守と倫理に基づく行動の徹底と実践の啓蒙を行っております。更に、公害防止・環境
           保全等環境問題に関するリスクに対しては環境安全部が統括管理を行い、品質管理・品質保証に関するリス
           クに対しては、品質保証部が体制の整備を行っております。これらリスク管理体制の整備状況は次のとおり
           であります。
           ・1999年2月より、不二サッシグループを取り巻く重大なリスクが発生した場合、迅速で正確な事実把握と
            会社としての的確な対応を速やかに決定するため、「緊急対策検討委員会」を設置し、会社の危機管理体
            制の徹底を図っております。
           ・2003年4月より、法令遵守および企業倫理意識を高め遵法体制を築くため、コンプライアンス統括室を設
            置するとともに、「不二サッシ・コンプライアンス行動規範」を制定し、不二サッシグループの役職員一
            人ひとりが、日々の業務を遂行していく上で誠実かつ適切な行動をするための共通の価値観・倫理観であ
            る基本方針を定めております。
           ・2005年4月より、情報等の管理               並びに個人番号及び特定個人情報               については、「情報セキュリティ・ポリ
            シー」及び「個人情報の取扱いについて(プライバシー・ポリシー)」において基本方針を定めておりま
            す。
           ・当社は、環境基本方針・行動指針に基づき、「環境マネジメントシステム」を導入し、環境保全活動を進
            めるとともに、「中央環境管理委員会」および「事業所環境管理委員会」において、環境施策の検討や情
            報交換を行っております。
           ・2006年4月より、内部通報制度を導入し「不二サッシ企業倫理ホットライン」(社外の相談・通報窓口)
            を開設しております。
                                 28/96


                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
           ・従来の建材に関する品質管理・保証だけでなく、不二サッシグループの非サッシ分野における品質管理・
            保証体制を整備するため、2006年6月に品質保証部を設置しております。
           ・2007年8月には、先に定めた「不二サッシ・コンプライアンス行動規範」に基づき、日々の業務を遂行し
            ていく上で実践すべき具体的な行動をまとめた「不二サッシ・コンプライアンス行動基準」を制定してお
            ります。また、同年10月に「不二サッシコンプライアンスマニュアル」を発行し、不二サッシグループの
            全役職員一人ひとりが、日々の継続的な活動の中で自らコンプライアンスを実践していくよう、教育を推
            進しております。
           ・2008年4月に、「不二サッシグループ製品安全行動指針」を定め、製品安全を経営の責務と位置づけ、お
            客様に安心、安全な製品をお届けするために、グループ全体で製造・販売する製品の安全確保に努めてお
            ります。また、製品事故情報が速やかに報告されるよう「不二サッシ事故情報報告制度」を制定し、不二
            サッシグループ及び特約店等の取引先に対して周知を図っております。また、顧客満足や安心・安全な商
            品提供のために必要なすべての計画的・体系的な活動を不二サッシグループ全体で実施するため、「品質
            管理委員会」や「中央規格委員会」において品質情報の共有化や水平展開ならびに規格の整備を行うとと
            もに、品質パトロール(監査)を通じて品質保証体制の強化を図っております。
           ・当社は、市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対して、断固とした姿勢で臨み、関係を一
            切遮断します。また、暴力団排除条例に基づき、反社会的勢力の活動を助長し、その運営に資することと
            なる利益の供与は行わないことを取締役会において決議しております。また、不二サッシグループ各社に
            対して、通達等により反社会的勢力との関係排除を周知するとともに、暴力団排除条例に基づき、諸規程
            および契約書式等の整備を図っております。
          c.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

           ・総合企画部      関連事業部(以下、「関連事業部」という。)は、関係会社管理規程に基づき、子会社・関連
            会社(以下、「子会社等」という。)の管理業務の総括を行うとともに、所管する部門長(以下、「関係
            部門長」という。生産関係会社は生産管理部長、販売関係会社は営業企画部長、海外関係会社は海外事業
            部長  並びに海外営業部長         )と協議し、子会社等の指導、育成のため適切な助言を行っております。
           ・関連事業部及び関係部門長は、子会社等が行う重要事項等について、審査、検討を行                                        い、当社の決裁を受
            け、また、事業計画に基づく子会社等の経営内容を把握するため、必要に応じて財務諸表、借入金残高報
            告書等の書類を求め、確認及び検討を行っております。上記体制の強化のため関係会社管理規程を改訂
            し、当社に事前申請又は事後報告する事項を具体的に定めるとともに、意思決定のプロセスを明確にして
            おります。
            また、子会社等の内部統制に関する諸規程の整備を実施しております。
           ・子会社等の株主総会に対する当社の議決権行使及び委任に関する事項は、当社担当役員の決裁に基づいて
            行使しております。
           ・監査部は、内部監査規程に準拠して、子会社等に対して必要の都度、会計監査及び業務監査を行っており
            ます。なお、財務報告に関する内部統制の強化を図るため、2009年3月に監査部に内部統制室を新設して
            おります。
           ・子会社等に損失等の危機が発生し、関連事業部がこれを把握した場合には、直ちに発見された損失の危機
            の状況、発生する損失の程度及び当社に対する影響等について、当社の代表取締役、担当部門及び緊急対
            策検討委員会に速やかに報告される体制を構築・整備しております。
           ・子会社等の監査役には、当社の使用人等が兼務し、子会社等の取締役の業務監査及び会計監査(又は会計
            監査のみ)を行っております。
           ・公害防止、環境保全に関する統括管理については、前述のとおり、環境安全部において、不二サッシグ
            ループの公害防止対策に関する体制を整備しております。
           ・定期的に当社及び子会社等の社長による社長会を開催し、円滑な企業グループ活動と営業の諸問題等の解
            決を図り、相互協調を促進しております。
                                 29/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
          d.責任限定契約の内容の概要
            当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び社外監査役並びに会計監査人は、会社法第
           427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該
           契約に基づく損害賠償責任の限度額は5百万円または法令が定める額のいずれか高い額としております。な
           お、当該責任限定が認められるのは、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び社外監査役並び
           に会計監査人が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
          e.取締役の定数
            当社の取締役は15名以内とする旨を定款に定めております。
          f.取締役の選任及び解任の決議要件
            当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
           る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および累積投票によらないものとする旨を定款に定め
           ております。
            また、取締役の解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
           株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
          g.取締役会で決議できる株主総会決議事項
           ・自己株式の取得
            当社は、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により、自己の株式
           を取得することができる旨を定款に定めております。これは、機動的に自己株式の取得を行うことを目的と
           するものであります。
           ・中間配当
            当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議に
           よって、毎年9月30日現在の最終の株主名簿に記載または記録された株主または登録株式質権者に対し、中
           間配当をすることができる旨を定款に定めております。
           ・取締役及び監査役の責任免除
            当社は、取締役及び監査役の責任免除について、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったこと
           による取締役(取締役であった者を含む。)および監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任
           を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めております。
            これは、取締役および監査役がその期待される役割を十分に発揮できることを目的とするものでありま
           す。
          h.株主総会の特別決議要件
            当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める決議について、議決権を行使
           することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって
           行う旨を定款に定めております。
                                 30/96










                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  8名 女性-名(役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
        役職名         氏名       生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               1981年4月      不二サツシ販売㈱入社
                               2006年2月      当社東京支店副支店長
                               2008年3月      同執行役員東京支店長
                               2010年4月      同執行役員営業本部営業統括部長
                                     兼東京支店長
                               2011年3月      同執行役員営業本部営業統括部長
                                     兼東京支店長兼シンガポール支店
                                     長
       代表取締役社長
                               2011年6月      同取締役
                吉田 勉      1958年12月18日生                             (注)3        89.0
       社長執行役員
                               2012年4月      同執行役員営業副本部長
                               2012年6月      同執行役員営業本部長
                               2014年1月      同執行役員営業本部長兼ビル営業
                                     本部長
                               2014年6月      同常務執行役員営業本部長兼ビル
                                     営業本部長
                               2017年4月      同代表取締役社長、社長執行役員
                                     (現任)
                               1976年4月      ㈱埼玉銀行入行

                               1993年4月      ㈱あさひ銀行検査部検査役
                               1998年1月      同川口駅西口支店長
                               2000年3月      当社経営企画室部長
                               2003年6月      同経営企画室長
                               2004年6月      同執行役員経営企画室長、管理本
                                     部与信管理部長
                               2006年6月      同取締役
                               2007年3月      同執行役員人事部長、経営企画室
        代表取締役
                                     担当
       専務執行役員         石堂 金也      1953年7月4日生                             (注)3        71.4
                               2010年6月      同執行役員総務部長、人事部長、
       経営企画室担当
                                     経営企画室担当
                               2010年11月      同執行役員経営企画室・管理本部
                                     経営管理部担当
                               2011年6月      同常務執行役員経営企画室・管理
                                     本部経営管理部担当
                               2013年12月      同常務執行役員管理本部長、経営
                                     企画室担当
                               2017年4月      同代表取締役、専務執行役員経営
                                     企画室担当(現任)
                                 31/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                        所有株式数
        役職名         氏名       生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               1981年4月      不二サツシ販売㈱入社
                               2005年10月      当社東京支店管理部長
                               2008年3月      同業務改革推進部長
                               2009年3月      同情報システム部長
                               2011年6月      同執行役員管理本部経営管理部長
                               2014年1月      同執行役員戦略統括本部長
        取締役
                               2014年6月      同取締役(現任)
       常務執行役員         岡野 直樹      1955年9月6日生                             (注)3        25.3
                               2015年6月      同執行役員戦略統括本部長、技術
        営業本部長
                                     本部担当
                               2016年2月      同執行役員生産本部長、品質保証
                                     部・環境安全部担当
                               2017年4月      同執行役員営業本部長
                               2018年2月      同常務執行役員営業本部長(現
                                     任)
                               1968年4月      警察庁入庁

                               1989年8月      鹿児島県警察本部長
                               1992年9月      警察庁刑事局刑事企画課長
                               1994年7月      警察大学校特別捜査幹部研修所長
                               1996年4月      広島県警察本部長
                               1997年8月      中部管区警察局長
        取締役       緒方 右武      1944年1月18日生                             (注)3        13.4
                               1998年9月      警察共済組合本部常任監事
                               1999年9月      ㈱整理回収機構専務取締役
                               2008年9月      日本遊技機工業組合専務理事
                               2015年6月
                                     当社取締役(現任)
                               2015年6月
                                     大栄不動産㈱取締役(現任)
                               1974年4月      鈴江組倉庫㈱入社

                               1987年6月      同取締役
                               1990年6月      同常務取締役
                               1997年6月      同専務取締役
                               1999年6月      鈴江コーポレーション㈱代表取締
        取締役       鈴江 孝裕      1951年6月19日生                             (注)3        22.4
                                     役会長
                               2012年6月      同代表取締役社長
                               2015年6月      当社取締役(現任)
                               2016年6月      鈴江コーポレーション㈱代表取締
                                     役会長(現任)
                               1981年4月      不二サツシ工業㈱入社

                               2006年4月      当社住宅建材事業部長
                               2009年3月      同総合企画部長
                               2010年11月      不二サッシマレーシア社社長
        常勤監査役        菅原 伸幸       1958年5月5日生                            (注)4        24.2
                               2011年6月      当社執行役員、不二サッシマレー
                                     シア社社長
                               2015年6月      当社執行役員監査部長
                               2019年6月      同常勤監査役(現任)
                               1976年4月      弁護士登録(第二東京弁護士会所

                                     属)
                               1976年4月      石井成一法律事務所勤務
        監査役       妹尾 佳明      1949年5月5日生                             (注)4        26.4
                               1979年4月      妹尾佳明法律事務所開設
                               2004年10月      MOS合同法律事務所開設
                               2011年6月
                                     当社監査役(現任)
                                 32/96


                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                        所有株式数
        役職名         氏名       生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               1975年4月      ㈱埼玉銀行入行
                               1995年10月      ㈱あさひ銀行日高支店長
                               2004年4月      ㈱埼玉りそな銀行浦和中央支店長
                               2006年8月      大栄不動産㈱埼玉営業部部長
                               2007年4月      同執行役員不動産営業本部副本部
                                     長兼不動産営業部長
        監査役       佐々木 茂      1951年1月28日生                             (注)5        10.2
                               2010年6月      同常務執行役員不動産営業本部長
                               2014年6月      同上席常務執行役員不動産営業本
                                     部長
                               2016年6月
                                     当社監査役(現任)
                               2016年6月      大栄不動産デベロップメント㈱代
                                     表取締役社長(現任)
                                        計
                                                          282.7
      (注)1.取締役のうち緒方右武、鈴江孝裕の両名は、社外取締役であります。
         2.監査役のうち妹尾佳明、佐々木茂の両名は、社外監査役であります。
         3.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
         4.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         5.2017年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、補欠監査役2名を選出しております。
           補欠監査役の略歴は、以下のとおりであります。
                氏名                                     所有株式数
                                   略歴
              (生年月日)                                       (千株)
                       1995年4月      東京地方検察庁検事
                       1995年7月      広島地方検察庁検事
                       1996年4月      福岡地方検察庁検事
                       1998年4月      東京地方検察庁検事
                       1999年4月      浦和地方検察庁検事
               布施 明正
                       2000年4月      名古屋地方検察庁検事
                                                           -
             (1963年6月3日生)
                       2001年3月      退官
                       2001年4月
                             弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
                             土屋東一法律事務所勤務
                       2002年12月      山下・渡辺法律事務所入所
                       2012年4月      布施明正法律事務所開設(現任)
                       2015年2月      公認不正検査士登録
                       1981年4月      ㈱埼玉銀行入行

                       1997年5月      ㈱あさひ銀行磯子支店長
                       1999年9月      同志木支店長
                       2003年6月      ㈱りそな銀行東京営業第三部長
               植田 高志
                                                           4.0
                       2006年3月      同東京中央支店長兼八重洲支店長
             (1957年5月15日生)
                       2009年6月      同執行役員首都圏地域担当(ブロック担当)
                       2011年6月      りそなカード㈱専務取締役
                       2017年6月      当社執行役員(現任)
                                 33/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。
          社外取締役緒方右武氏は、警察庁および㈱整理回収機構でのリスクマネジメントや危機管理に関する豊富な経
         験を有しており、当社との取引関係その他利害関係がない独立した立場で、公正かつ客観的に、社外取締役とし
         ての職務を遂行できると考えております。また、社外取締役鈴江孝裕氏は、永年にわたる企業経営者としての事
         業戦略に関する豊富な経験を有しており、当社の経営判断・意思決定に対し、その知識と経験に基づいた有益な
         意見や指導をいただけるものと考えております。
          なお、両氏は東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。
          社外監査役妹尾佳明氏は、弁護士としての豊富なキャリアと専門的な知識・経験を有しており、当社との取引
         関係その他利害関係がない独立した立場で、公正かつ客観的に、社外監査役としての職務を遂行できると考えて
         おります。
          なお、社外監査役妹尾佳明氏は、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出て
         おります。
          社外監査役佐々木茂氏は、金融機関における長年の経験および大栄不動産㈱等における業務執行者・企業経営
         者としての経験など、豊富な経験と幅広い見識を有しており、この知識を生かして、中立的・客観的な視点での
         取締役の業務実行状況を監査し、社外監査役としての職務を遂行できると考えております。
          なお、社外監査役は、常勤監査役とともに監査役会の場において、監査部および会計監査人からも定期的に内
         部管理体制上の問題点、財務報告に係る内部統制上の指摘事項や会計監査の説明を受けるなど情報の交換を行い
         連携を図っております。
          社外役員による当社株式の保有は「(2) 役員の状況」の所有株式欄に記載のとおりであります。
          当社においては、社外取締役又は社外監査役を選任するための会社からの独立性に関する基準をコーポレート
         ガバナンス基本方針に定めております。
         ■社外取締役
         (1)  東京証券取引所が定める独立性判断基準を満たし、一般株主との間で利益相反が生ずるおそれがないと認
           められる者
         (2)  当社の経営理念を理解し、社会的な責務や役割に十分な理解を有する者
         (3)  社外取締役としての役割を十分認識し、企業経営、経済、法務、会計、税務、監査等の各分野における知
           識や活動を生かして、当社の取締役及び経営陣を監督し、的確・適切な意見・助言を行い得る者
         ■社外監査役
         (1)  東京証券取引所が定める独立性判断基準を満たし、一般株主との間で利益相反が生ずる恐れがないと認め
           られる者
         (2)  当社の経営理念を理解し、社会的な責務や役割に十分な理解を有する者
         (3)  社外監査役としての役割を十分認識し、企業経営、経済、法務、会計、税務、監査等の各分野における知
           識を生かして、中立的・客観的な視点で取締役の業務執行状況を監査し、経営の健全性及び透明性の向上に
           貢献できる者
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部
        統制部門との関係
          当社は、社外取締役及び社外監査役が企業統治において果たす機能および役割として、当社との取引関係その
         他利害関係がない独立した立場で、取締役会等において取締役の職務執行状況に関して積極的に経営に対する指
         摘・助言を行っております。
         また、内部監査部門と取締役及び監査役は、適宜、情報交換を行い連携を図っております。内部監査部門が行っ
         た監査内容は、定期的に取締役会及び監査役会へ報告を行っております。また、社外取締役、社外監査役との連
         絡・調整については、コーポレートガバナンス部及び秘書室が担当し、必要に応じて対応できる体制をとってお
         ります。
                                 34/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ① 監査役監査の状況
          当社は、監査役会設置会社として、監査役3名(内、社外監査役2名)は株主の負託を受けた独立の機関とし
         て取締役の職務の執行を監査することにより、企業の健全で持続的な成長を確保し、社会的信頼に応える良質な
         企業統治体制を確立する責務を負っております。監査役は、社外監査役を含む全員が取締役会や経営会議に出席
         し、独立した立場から経営に対する指摘・助言を行い、経営上並びに業務執行上の重要事項の意思決定プロセス
         の適法性および妥当性について監査しております。また、常勤監査役は、主要な決裁書、その他業務執行に関す
         る重要な文書の閲覧、各部門および子会社の往査等を通じ、取締役の職務執行を監査しております。さらに、監
         査役は代表取締役と定期的に意見交換を行うとともに監査役会の場において社外監査役も含め、内部監査部門お
         よび会計監査人からも定期的に内部管理体制上の問題点、財務報告に係る内部統制上の指摘事項や会計監査の説
         明を受けるなど情報の交換を行い連携を図っています。
        ② 内部監査の状況
          当社の内部監査部門(監査部)は、監査部長1名、監査部監査室4名および監査部内部統制室1名の合計6名
         で構成されています。監査室は、内部監査規程および業務引継規程に基づき業務監査を実施しております。子会
         社につきましても監査契約を結び、当社の監査部がグループの業務運営の管理体制の適切性および有効性等の検
         証、評価を行うため、業務監査を実施しております。また、財務報告に係る内部統制の強化を図るため、2009年
         3月に監査部に内部統制室を設置し、同室は当社および重要な子会社の財務報告に係る内部統制の整備状況・運
         用状況の評価を実施しております。
        ③ 会計監査の状況
         a.監査法人の名称
           東陽監査法人
         b.業務を執行した公認会計士
            指定社員 業務執行役員 鈴木 裕子
            指定社員 業務執行役員 菊地 康夫
            指定社員 業務執行役員 米林 喜一
           (注)1.継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しています。
              2.同監査法人は、公認会計士法上の規制及び日本公認会計士協会の自主規制実施に基づき、業務
               執行社員の交替制度を導入しています。
         c.監査業務に係る補助者の構成
           監査業務に係る補助者の構成は、以下の通りであります。
           公認会計士 8名   その他 2名
           (注)その他は、公認会計士試験合格者等であります。
         d.監査法人の選定方針と理由
           監査役会は、外部会計監査人の選解任等の議案決定権を行使するに際して、現任の外部会計監査人の監査活
          動の適切性・妥当性を監査役会にて定める外部会計監査人の評価基準に基づき評価のうえ決定いたします。
           会計監査人の解任につきましては、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定めるいずれかの事由に該当
          した場合、監査役会は監査役全員の同意により会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した
          監査役は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いた
          します。
           また、上記の場合の他、会計監査人の職務遂行の状況、監査の品質等を総合的に勘案して、監査役会は会計
          監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会は当該決定に基づき、当該議案を株主総会
          に提案いたします。
         e.監査役及び監査役会による監査法人の評価
           外部会計監査人の監査活動の適切性・妥当性の評価にあたって、監査役は経営執行部門から会計監査人につ
          いての報告聴取、現場立会いを行い、会計監査人が独立性と専門性を有し監査品質を維持し適切に監査してい
          るか評価いたします。
                                 35/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等

         a.  監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
               報酬(百万円)            報酬(百万円)           報酬(百万円)            報酬(百万円)
                        55           -            55           -

     提出会社
                        8           -            8           -

     連結子会社
                        63           -            63           -

         計
         b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

            該当事項はありません。
         c.その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
            該当事項はありません。
         d .監査報酬の決定方針
           当社は、会計監査人に対する監査報酬については、会計監査人より当事業年度の監査実績並びに翌事業年度
          の監査方針及び監査計画等を聴取した上、適正な監査を遂行する上で必要な金額を監査役会の同意を得て決定
          しております。
         e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
           監査役会は、前事業年度の監査において、会社法第340条第1項に規定する会計監査人の適格性、独立性を害
          する事由等の発生はなく、今後も適正な監査の遂行が継続されると認めたうえで、会計監査人の報酬等の額に
          ついて、「監査計画書」及びそれに基づく「監査報酬見積書」等を考慮して同意の判断を行っております。
                                 36/96












                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社は、役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めており、その内容は以下のとおりであ
         ります。
         a.基本方針
           客観性・透明性を確保し、取締役の業績向上へのモチベーション及びコミットメントを高め、業績目標の実
          現と企業価値の増大に寄与するために有効に機能する役員報酬制度としております。
         b.報酬構成
           取締役の報酬は、固定報酬である役位別基本報酬と、業績に応じて変動する業績報酬で構成しております。
          社外取締役の報酬は、その役割と独立性の観点から、役位別基本報酬のみで構成しております。
         c.役位別基本報酬
          基本報酬については、各役員の責任の規模や役割の大きさに応じて設定する役位ごとの設計としております。
         d.業績報酬
           短期業績連動報酬として、単年度の個別当期純利益及び親会社株主に帰属する当期純利益を算出基礎とし、
          役位ごとに定める基準に基づき決定しており、当該純利益の増減により、業績報酬部分が変動する設計として
          おります。企業グループとしての持続的な成長、企業価値の向上の観点から経営陣による全体を俯瞰した視点
          をもとに課題解決に取り組み、全てのステークホルダーに対して企業の社会的責任を果たす活動の推進等を目
          標としており、成果として公表している当該純利益実績値に応じた業績報酬としております。なお、今後、
          コーポレートガバナンス・コードの主旨に鑑み、業績連動報酬部分の拡大や、中長期的な企業業績を反映させ
          ることを目的とする報酬制度として、企業価値(株式価値)向上と連動する株式報酬制度を検討、推進してま
          いります。
         e.報酬決定過程
           全ての取締役報酬は、独立社外取締役が参画する役員人事・報酬協議会の審議、答申を踏まえ、取締役会の
          決議により決定しております。当事業年度においては、2018年6月26日に実施された役員人事・報酬協議会に
          て、取締役の報酬方針並びに個別報酬について審議され、2018年6月28日開催の取締役会において決議されて
          おります。
         f.監査役報酬
          監査役については、固定報酬である基本報酬のみを支給しており、業績による変動はありません。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                             報酬等の種類別の総額(百万円)
                     報酬等の総額                        対象となる役員
             役員区分
                      (百万円)                        の員数(人)
                               固定報酬       業績連動報酬
           取締役(社外取締役
                           96        94         2        3
           を除く。)
           監査役(社外監査役
                           14        14        -         1
           を除く。)
                           18        18        -         ▶
           社外役員
          (注)1.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
              2.取締役の報酬限度額は、1990年6月28日開催の第9期定時株主総会において、年額4億5千万円
                以内(ただし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。
              3.監査役の報酬限度額は、1990年6月28日開催の第9期定時株主総会において、年額8千万円以内
                と決議いただいております。
                                 37/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式について以下のように
         区分しております。
         (純投資目的である投資株式)
           専ら株式の価値の変動又は株式の配当によって利益を得ることを目的とする。
         (純投資目的以外の目的である投資株式)
           当該株式が取引先との事業上の関係を維持・強化することを目的とし、当社の中長期的な企業価値の向上に
          資すると認められる場合に、保有していくこととする。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
         内容
           当社は、取締役会において、毎年、当該政策保有株式について資本コスト等を基準にリスクとリターンを勘
          案した中長期的な経済合理性等や、取引先との総合的な関係の維持・強化の観点からの保有効果等について検
          証を行い、その結果、保有の妥当性、意義、必要性がないと判断される場合、縮減するなど見直しを行いま
          す。
         b.銘柄数及び貸借対照表計上額
                         銘柄数       貸借対照表計上額の
                        (銘柄)        合計額(百万円)
                            24             296

            非上場株式
                            12            1,467
            非上場株式以外の株式
           (当事業年度において株式数が増加した銘柄)
                         銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                               株式数の増加の理由
                        (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                            連結子会社の清算に伴う資産譲渡
                            1             0
            非上場株式
                                            による増加
                            5             13
            非上場株式以外の株式                                持株会による増加
           (当事業年度において株式数が減少した銘柄)
                         銘柄数      株式数の減少に係る売却
                        (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                            -             -

            非上場株式
                            1             20
            非上場株式以外の株式
                                 38/96









                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
           c.特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
             特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                                                       当社の株式
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果
         銘柄                                                の
                                      及び株式数が増加した理由
                                                       保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    436,032         436,032
     積水ハウス㈱
                                  ・円滑な取引関係を維持するため                       無
                      798         846
                    180,928         174,560
     ㈱長谷工コーポレー                             ・円滑な取引関係を維持するため
                                                         有
     ション                             ・持株会による増加
                      251         282
                     60,000         60,000
     ㈱ヤマダコーポレー
                                  ・円滑な取引関係を維持するため                       有
     ション
                      142         160
                     65,213         130,426
     鹿島建設㈱(注)2
                                  ・円滑な取引関係を維持するため                       無
                      106         128
                    200,000         200,000
     蛇の目ミシン工業㈱
                                  ・円滑な取引関係を維持するため                       有
                       95         144
                     41,298         39,098
                                  ・円滑な取引関係を維持するため
     戸田建設㈱
                                                         無
                                  ・持株会による増加
                       28         30
                     18,000         18,000
     ミサワホーム㈱
                                  ・円滑な取引関係を維持するため                       無
                       14         15
                     14,760         13,887
                                  ・円滑な取引関係を維持するため
     ㈱安藤・間                                                    無
                                  ・持株会による増加
                       10         11
                     4,380         41,350
                                  ・円滑な取引関係を維持するため
     ㈱淺沼組(注)3
                                                         無
                                  ・持株会による増加
                       10         16
                     2,395         2,057
                                  ・関係強化
     京浜急行電鉄㈱
                                                         無
                                  ・持株会による増加
                       ▶         3
                     4,000         4,000
     ㈱四国銀行                             ・関係強化                       無
                       ▶         5
                     1,000         1,000
     永大産業㈱
                                  ・円滑な取引関係を維持するため                       無
                       0         0
                       -        6,792
                                  ・2018年10月26日付でオリックス㈱の公開
     ㈱大京                                                    無
                                  買付により株式売却を行いました。
                       -         14
      (注)1.定量的な保有効果を算定することは困難なため記載しておりませんが、当社の経営戦略・事業内容及び同社
           の経営内容並びに財務指標等につき、取締役会において保有の妥当性・合理性について総合的に検証いたし
           ました結果、保有を継続することとしております。
      (注)2.鹿島建設㈱の株式数については、2018年10月1日をもって普通株式2株を1株の割合で株式併合しておりま
           す。
      (注)3.㈱淺沼組の株式数については、2018年10月1日をもって普通株式10株を1株の割合で株式併合しておりま
           す。
                                 39/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に
        基づいて作成しております。
         なお、当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報のうち、
        「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(2018年3月23日内閣府令第
        7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同条第3項に係
        るものについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財
        務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、当事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表に含まれる比較情報のうち、改正府令
        による改正後の財務諸表等規則第8条の12第2項第2号及び同条第3項に係るものについては、改正府令附則第2
        条第2項により、改正前の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、東陽監査法人
       により監査を受けております。
        なお、金融商品取引法第24条の2第1項の規定に基づき、有価証券報告書の訂正報告書を提出しておりますが、訂
       正後の連結財務諸表について、東陽監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、また、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団
       法人財務会計基準機構へ加入し各種情報を取得するとともに、監査法人等が主催する研修会に積極的に参加しており
       ます。
                                 40/96










                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        ※2 14,787             ※2 13,938
         現金及び預金
                                      ※2,※5   17,098           ※2,※5   18,108
         受取手形及び売掛金
                                      ※2,※5   4,049           ※2,※5   4,624
         電子記録債権
                                         1,205              1,281
         商品及び製品
                                        ※4 11,430             ※4 11,693
         仕掛品
                                         3,926              2,723
         原材料及び貯蔵品
                                         ※2 380             ※2 369
         販売用不動産
                                        ※7 1,299             ※7 1,546
         その他
                                         △682              △678
         貸倒引当金
                                         53,493              53,606
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         37,969              38,178
          建物及び構築物
                                        △30,417              △30,726
            減価償却累計額及び減損損失累計額
                                      ※2,※8   7,552           ※2,※8   7,451
            建物及び構築物(純額)
                                         41,968              41,496
          機械装置及び運搬具
                                        △36,868              △36,219
            減価償却累計額及び減損損失累計額
                                      ※2,※8   5,100           ※2,※8   5,276
            機械装置及び運搬具(純額)
                                      ※2,※3   13,400           ※2,※3   13,352
          土地
                                         2,514              2,392
          リース資産
                                         △775              △846
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              1,738              1,545
          建設仮勘定                                287              399
                                         11,986              11,758
          その他
                                        △11,020              △10,822
            減価償却累計額及び減損損失累計額
                                       ※2,※8   965           ※2,※8   935
            その他(純額)
                                         29,044              28,962
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           354              330
          その他
                                           354              330
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※1,※2   2,446           ※1,※2   2,358
          投資有価証券
                                           59              329
          長期貸付金
                                         3,854              4,010
          繰延税金資産
                                        ※1 2,832             ※1 2,142
          その他
                                        △1,141               △908
          貸倒引当金
                                         8,052              7,933
          投資その他の資産合計
                                         37,451              37,225
         固定資産合計
                                         90,945              90,832
       資産合計
                                 41/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※5 14,794             ※5 16,648
         支払手形及び買掛金
                                        ※5 5,169             ※5 5,322
         電子記録債務
                                      ※2,※9   14,169           ※2,※9   12,499
         短期借入金
                                           600              600
         1年内償還予定の社債
                                           270              245
         リース債務
                                           306              209
         未払法人税等
                                         6,627              5,619
         前受金
                                         ※4 330             ※4 339
         工事損失引当金
                                           212               -
         資産除去債務
                                        ※5 3,511             ※5 3,233
         その他
                                         45,991              44,718
         流動負債合計
       固定負債
                                         3,500              2,900
         社債
                                        ※2 4,433             ※2 5,613
         長期借入金
                                         1,629              1,452
         リース債務
                                           23              29
         繰延税金負債
                                         ※3 413             ※3 413
         再評価に係る繰延税金負債
                                         14,905              15,081
         退職給付に係る負債
                                           371              297
         資産除去債務
                                           355              339
         その他
                                         25,633              26,128
         固定負債合計
                                         71,625              70,846
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         1,709              1,709
         資本金
                                           816              816
         資本剰余金
                                         15,993              16,680
         利益剰余金
                                           △9              △15
         自己株式
                                         18,509              19,190
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           810              624
         その他有価証券評価差額金
                                            0              0
         繰延ヘッジ損益
                                        ※3 1,505             ※3 1,505
         土地再評価差額金
                                         △435              △425
         為替換算調整勘定
                                        △1,227              △1,043
         退職給付に係る調整累計額
                                           652              661
         その他の包括利益累計額合計
                                           158              133
       非支配株主持分
                                         19,320              19,985
       純資産合計
                                         90,945              90,832
      負債純資産合計
                                 42/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                         98,137              98,254
      売上高
                                    ※1,※3,※7     83,418          ※1,※3,※7     84,001
      売上原価
                                         14,718              14,252
      売上総利益
                                      ※2,※3   12,947           ※2,※3   13,099
      販売費及び一般管理費
                                         1,770              1,152
      営業利益
      営業外収益
                                           23              19
       受取利息
                                           65              74
       受取配当金
                                           -              55
       持分法による投資利益
                                           151              144
       電力販売収益
                                           232              222
       保険配当金
                                           32              38
       受取賃貸料
                                            7              20
       受取保険金
                                           156              109
       その他
                                           669              685
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           259              247
       支払利息
                                           11              11
       手形売却損
                                            6              -
       持分法による投資損失
                                           138              139
       電力販売費用
                                           94              10
       減価償却費
                                           65              156
       その他
                                           576              564
       営業外費用合計
                                         1,862              1,273
      経常利益
      特別利益
                                         ※4 291              ※4 6
       固定資産売却益
                                           -              12
       投資有価証券売却益
                                           62              15
       補助金収入
                                           -              14
       負ののれん発生益
                                           353               47
       特別利益合計
      特別損失
       固定資産圧縮損                                    50               5
                                           33              -
       損害賠償金
                                           -              270
       訴訟関連損失
                                        ※5,※6   1           ※5,※6   36
       その他
                                           85              312
       特別損失合計
                                         2,130              1,008
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     676              282
                                         △209              △160
      法人税等調整額
                                           466              122
      法人税等合計
                                         1,664               886
      当期純利益
                                           25               8
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         1,639               877
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 43/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                         1,664               886
      当期純利益
      その他の包括利益
                                           146             △185
       その他有価証券評価差額金
                                            0              0
       繰延ヘッジ損益
                                           13              -
       土地再評価差額金
                                         △107                8
       為替換算調整勘定
                                           155              184
       退職給付に係る調整額
                                           △0              △0
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                          ※ 207               ※ 8
       その他の包括利益合計
                                         1,872               894
      包括利益
      (内訳)
                                         1,837               887
       親会社株主に係る包括利益
                                           34               6
       非支配株主に係る包括利益
                                 44/96















                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                   資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                      1,709          816        14,479          △8        16,996
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △126                  △126
      親会社株主に帰属する
                                        1,639                  1,639
      当期純利益
      自己株式の取得                                            △0         △0
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                       -         -        1,513          △0        1,512
     当期末残高                 1,709          816        15,993          △9        18,509
                            その他の包括利益累計額

                                                  非支配株主
                                            その他の包括            純資産合計
                その他有価証      繰延ヘッジ      土地再評価      為替換算     退職給付に係             持分
                                            利益累計額合
                券評価差額金       損益     差額金     調整勘定     る調整累計額
                                              計
     当期首残高
                   663      -    1,491      △318     △1,382       454      123    17,574
     当期変動額
      剰余金の配当                                                    △126
      親会社株主に帰属する
                                                          1,639
      当期純利益
      自己株式の取得                                                     △0
      株主資本以外の項目の
                   146      0     13    △117      155      197      34     232
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                   146      0     13    △117      155      197      34    1,745
     当期末残高              810      0    1,505      △435     △1,227       652      158    19,320
                                 45/96









                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                   資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 1,709          816        15,993          △9        18,509
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △189                  △189
      親会社株主に帰属する
                                         877                  877
      当期純利益
      自己株式の取得
                                                  △5         △5
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -         -         687         △5         681
     当期末残高                 1,709          816        16,680          △15        19,190
                            その他の包括利益累計額

                                                  非支配株主
                                            その他の包括            純資産合計
                その他有価証      繰延ヘッジ      土地再評価      為替換算     退職給付に係             持分
                                            利益累計額合
                券評価差額金       損益     差額金     調整勘定     る調整累計額
                                              計
     当期首残高              810      0    1,505      △435     △1,227       652      158    19,320
     当期変動額
      剰余金の配当                                                    △189
      親会社株主に帰属する
                                                           877
      当期純利益
      自己株式の取得
                                                           △5
      株主資本以外の項目の
                   △185       0           10     184      9    △25      △15
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             △185       0     -      10     184      9    △25      665
     当期末残高              624      0    1,505      △425     △1,043       661      133    19,985
                                 46/96










                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,130              1,008
       税金等調整前当期純利益
                                         2,280              2,215
       減価償却費
       持分法による投資損益(△は益)                                    6             △55
                                          △89              △93
       受取利息及び受取配当金
                                           259              247
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                  △291                0
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -             △12
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    91             △227
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                                    26               8
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   723              434
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △2,503              △1,549
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △535              1,075
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  2,564              1,801
       前受金の増減額(△は減少)                                  △891             △1,113
                                         △946               308
       その他
       小計                                  2,828              4,049
       利息及び配当金の受取額                                    89              94
                                         △260              △249
       利息の支払額
                                        △1,050               △311
       法人税等の支払額
                                            7              20
       その他
                                         1,613              3,604
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △57              △152
       定期預金の預入による支出
                                           57              129
       定期預金の払戻による収入
                                           62               5
       国庫補助金による収入
                                        △2,282              △2,238
       有形固定資産の取得による支出
                                           243               86
       有形固定資産の売却による収入
                                         △231               △67
       無形固定資産の取得による支出
                                          △15              △148
       投資有価証券の取得による支出
                                           -              31
       投資有価証券の売却による収入
                                         △101              △296
       資産除去債務の履行による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                           -             △16
       支出
                                           113             △242
       その他
                                        △2,211              △2,907
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  3,551             △1,864
                                         1,953              3,973
       長期借入れによる収入
                                        △2,641              △2,720
       長期借入金の返済による支出
                                         △600              △600
       社債の償還による支出
                                         △400              △465
       その他
                                         1,862             △1,676
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △1               3
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    1,263              △975
                                         12,823              14,087
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 14,087             ※1 13,111
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 47/96




                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
            連結子会社の数 29社
             連結子会社名は、「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しているため、省略しておりま
            す。
             当連結会計年度からアジアニッカイ㈱及び北海道住宅サービス㈱を連結の範囲に含めております。これ
            は、当連結会計年度中に株式を取得したことにより子会社となったことによるものであります。
             なお、前連結会計年度において連結子会社でありました不二ロール工機㈱は清算したため、連結の範囲
            から除いております。
          2.持分法の適用に関する事項
            持分法適用の関連会社数 2社
             会社名     不二太天股分有限公司
                 高槻ダイカスト㈱
             持分法を適用していない関連会社(不二サッシ協同組合)は当期純損益及び利益剰余金等に及ぼす影響
            が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
             当連結会計年度から高槻ダイカスト㈱を持分法適用の関連会社に含めております。これは、当連結会計
            年度中に株式を追加取得したことにより、関連会社に該当することとなったため、持分法適用の関連会社
            に含めることとしたものであります。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項
            すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
          4.会計方針に関する事項
           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
            ① 有価証券
              その他有価証券
               時価のあるもの
                決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
               動平均法により算定)により評価しております。
               時価のないもの
                移動平均法に基づく原価法により評価しております。
            ② たな卸資産
              販売用不動産及びオーダー生産品については個別法に基づく原価法、製品・半製品及びその他のたな
             卸資産については主として移動平均法に基づく原価法により評価しております。(貸借対照表価額につ
             いては収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
             有形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
             無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法によっております。ただし、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間
             (5年)に基づく定額法を採用しております。
             リース資産
              所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、自己所有の固定資産に適用する
             減価償却方法と同一の方法を採用しております。
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、リース期間を耐用年数とし、
             残存価額を零とする定額法を採用しております。
              なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が2008年3月31日以前の
             リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
           (3)重要な引当金の計上基準
            ① 貸倒引当金
              当社及び国内連結子会社は、債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率
             により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上して
             おります。
              海外連結子会社は、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
                                 48/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
            ② 工事損失引当金
              当連結会計年度末手持工事のうち、損失の発生が見込まれるものについて将来の損失に備えるため、
             その損失見込額を計上しております。
           (4)退職給付に係る会計処理の方法
            ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
             いては、給付算定式基準によっております。
            ② 数理計算上の差異、過去勤務費用の費用処理方法
              過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)
             による定額法により費用処理しております。
              数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一
             定の年数(10~12年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理し
             ております。
            ③ 未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の処理方法
              未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部におけ
             るその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
            ④ 小規模企業等における簡便法の採用
              一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合
             要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           (5)重要な収益及び費用の計上基準
             完成工事高及び完成工事原価の計上基準
             イ.当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
               工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法等)
             ロ.その他の工事
               工事完成基準
           (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
             手許現金、随時引き出し可能な現金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           (7)消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当
            連結会計年度の費用として処理しております。
           (8)連結納税制度の適用
             連結納税制度を適用しております。
         (未適用の会計基準等)

          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日 企業会計基
           準委員会)
          (1)概要
            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
           的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
           号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度か
           ら、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委
           員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたもので
           す。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号
           と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り
           入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に
           配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされ
           ております。
                                 49/96




                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
          (2)適用予定日
            2022年3月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響
            「収益認識に関する会計基準」              等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
           中であります。
         (表示方法の変更)

          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日。以下「税効果会計
          基準一部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表
          示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更してお
          ります。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が132百万円減少
          し、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が124百万円増加しております。また、「流動負債」の「その
          他」が9百万円減少し、「固定負債」の「繰延税金負債」が2百万円増加しております。
           なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が7百
          万円減少しております。
           また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係
          る会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加してお
          ります。ただし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定
          める経過的な取扱いに従って記載しておりません。
          (連結キャッシュ・フロー計算書)

           前連結会計年度において、「投資活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めて表示しておりま
          した「資産除去債務の履行による支出」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記する
          ことといたしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを
          行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「投資活動によるキャッシュ・フ
          ロー」の「その他」に表示していた11百万円は、「資産除去債務の履行による支出」△101百万円、「その
          他」113百万円に組替えております。
         (追加情報)

          (保証金返還請求訴訟の和解)
           当社の100%子会社である不二倉業㈱は、過去に行っていた産廃処理事業において、産業廃棄物処分場の賃
          借にあたって、水処理施設及び附帯施設の撤去及びそれに伴う土地の復旧費用として地権者に対し、工事実施
          保証金5億円を預託しておりました。2016年5月、不二倉業㈱は賃貸借契約期間の満了及び別途水処理施設の
          設置により保証金の返還請求の条件が整ったため、東京地方裁判所において返還請求訴訟を提起し、法廷での
          協議を重ねてまいりましたが、2018年7月24日、保証金5億円のうち工事費用2億7千万円を差し引いた2億
          3千万円の支払を受ける内容にて和解が成立いたしました。
           これに伴い、当連結会計年度において、特別損失(訴訟関連損失)を計上しております。
                                 50/96







                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     投資有価証券                                 11百万円                  65百万円
     その他(出資金)                                  9                  9
          ※2 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     現金及び預金                        353百万円                  361百万円
     受取手形及び売掛金                       1,193                  1,295
     電子記録債権                        209                  336
     販売用不動産                        154                  150
     建物及び構築物                       6,090        (5,468百万円)         5,926        (5,332百万円)
     機械装置及び運搬具                       1,867        (1,867   )         2,122        (2,122   )
     土地                      11,919         (9,760   )         11,768         (9,760   )
     その他(工具、器具及び備品)                         0        (0   )         0        (0   )
     投資有価証券                        671                  576
               計             22,459        (17,097   )         22,537        (17,215   )
      上記のうち、( )内書は工場財団抵当を示しております。
             担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     短期借入金                               11,385百万円                  9,937百万円
     長期借入金                               2,735                  3,847
               計                      14,120                  13,784
                                 51/96











                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
          ※3 土地の再評価
             連結子会社の不二ライトメタル㈱及び日海不二サッシ㈱は、土地の再評価に関する法律(1998年3月31
            日公布法律第34号)に基づき、事業用土地の再評価を行い、土地再評価差額金を純資産の部に計上してお
            ります。
             ・再評価の方法…土地の再評価に関する法律施行令(1998年3月31日公布政令第119号)第2条第4号
                     に定める地価税法(1991年法律第69号)第16条に規定する地価税の課税価格の計算の
                     基礎となる土地の価額を算定するために国税庁長官が定めて公表した方法により算定
                     した価額に合理的な調整を行って算定する方法を採用しております。
             不二ライトメタル㈱
             ・再評価を行った年月日…2000年3月31日
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     再評価後の帳簿価額                               2,030百万円                  2,030百万円
     減損処理後の帳簿価額                               1,918                  1,918
     再評価を行った土地の連結会計年度末にお
                                      10                  1
     ける時価と減損処理後の帳簿価額との差額
             日海不二サッシ㈱

             ・再評価を行った年月日…2002年3月31日
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     再評価後の帳簿価額                               1,812百万円                  1,812百万円
     減損処理後の帳簿価額                               1,487                  1,487
     再評価を行った土地の連結会計年度末にお
                                     △193                  △177
     ける時価と減損処理後の帳簿価額との差額
          ※4 損失が見込まれる工事契約に係るたな卸資産と工事損失引当金は、相殺せずに両建てで表示しておりま

            す。損失の発生が見込まれる工事契約に係るたな卸資産のうち、工事損失引当金に対応する額は、次のと
            おりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     仕掛品                                313百万円                  212百万円
          ※5 期末日満期手形等

             期末日   満期手形等の会計処理については、手形交換日又は決済日をもって決済処理をしております。な
            お、当連結会計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の                              期末日   満期手形等が連結会計年度末残高
            に含まれております。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     受取手形                                496百万円                  692百万円
     電子記録債権                                141                  110
     支払手形                               1,364                  1,410
     電子記録債務                                847                  767
     設備支払手形                                 20                  37
      なお、設備支払手形は流動負債の「その他」に含めて表示しております。
                                 52/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
           6 受取手形割引高、受取手形裏書譲渡高及び電子記録債権割引高
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     受取手形割引高                                543百万円                  452百万円
                                      137                  99
     受取手形裏書譲渡高
                                      108                  95
     電子記録債権割引高
          ※7 手形債権流動化

             手形債権の一部を譲渡し債権の流動化を行っております。
             なお、受取手形の流動化に伴い、信用補完目的の留保金額を流動資産「その他」に含めて表示しており
            ます。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     受取手形の流動化による譲渡高                               1,000百万円                  1,022百万円
     信用補完目的の留保金額                                127                  175
          ※8 国庫補助金等の受領により、固定資産の取得価額から控除した圧縮記帳累計額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     建物及び構築物                                136百万円                  141百万円
     機械装置及び運搬具                                664                  665
     その他                                 92                  92
               計                       893                  899
          ※9 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため株式会社りそな銀行と借入コミットメント契約を締結して

            おります。連結会計年度末における借入コミットメントに係る借入未実行残高は、次のとおりでありま
            す。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     借入コミットメントの総額                               9,500百万円                  9,500百万円
     借入実行残高                               5,200                  4,100
             未実行残高                        4,300                  5,400
         (連結損益計算書関係)

          ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま
            れております。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                    至 2019年3月31日)
                                      22百万円                  4百万円
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                    至 2019年3月31日)
     給料及び手当                               4,924百万円                  5,037百万円
                                      94                △169
     貸倒引当金繰入額
                                      458                  482
     退職給付費用
                                     1,462                  1,668
     試験研究費
                                 53/96




                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
          ※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                    至 2019年3月31日)
                                     1,469百万円                  1,677百万円
          ※4 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     建物及び構築物                                219百万円                  -百万円
     機械装置及び運搬具                                 71                  6
     その他(工具、器具及び備品)
                                       0                 -
               計                       291                   6
          ※5 特別損失の「その他」に含まれる固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     建物及び構築物                                  0百万円                  0百万円
     機械装置及び運搬具                                 -                  0
     土地                                 -                  6
               計                        0                  6
          ※6 特別損失の「その他」に含まれる固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
                                      -百万円                  0百万円
     建物及び構築物
     機械装置及び運搬具                                 -                  0
     その他(工具、器具及び備品)                                  0                  0
               計                        0                  0
          ※7 売上原価に含まれている工事損失引当金繰入額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
                                      26百万円                  8百万円
                                 54/96








                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                  220百万円              △250百万円
      組替調整額                                  -              △12
       税効果調整前
                                        220              △262
       税効果額                                △74                 77
       その他有価証券評価差額金
                                        146              △185
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                   0               1
      組替調整額                                  -               △0
       税効果調整前
                                         0               1
       税効果額                                △0               △0
       繰延ヘッジ損益
                                         0               0
     土地再評価差額金:
      税効果額                                  13               -
     為替換算調整勘定:
      当期発生額
                                       △107                  8
     退職給付に係る調整額
      当期発生額
                                       △22                △1
      組替調整額
                                        238               259
       税効果調整前
                                        216               258
       税効果額                                △60               △74
       退職給付に係る調整額
                                        155               184
     持分法適用会社に対する持分相当額
      当期発生額                                  △0               △0
        その他の包括利益合計
                                        207                 8
         (連結株主資本等変動計算書関係)

          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少           当連結会計年度末
                      株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                   126,267             -          -       126,267
           合計              126,267             -          -       126,267
     自己株式
      普通株式   (注)                      69           2          -          72
           合計                 69           2          -          72
      (注)自己株式の株式数の増加2千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
                                 55/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
          2.配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                                   1株当たり
                         配当金の総額
        (決議)
                 株式の種類                   配当額         基準日        効力発生日
                          (百万円)
                                    (円)
      2017年6月29日
                 普通株式             126          1   2017年3月31日         2017年6月30日
       定時株主総会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
        (決議)
               株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                      (百万円)
                                     (円)
      2018年6月28日
                普通株式          189   利益剰余金          1.5    2018年3月31日         2018年6月29日
       定時株主総会
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少           当連結会計年度末
                      株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                   126,267             -          -       126,267
           合計              126,267             -          -       126,267
     自己株式
      普通株式   (注)                      72          65          -          137
           合計                 72          65          -          137
      (注)自己株式の株式数の増加65千株は、当連結会計年度よりアジアニッカイ㈱が連結子会社となったことによる増加
         63千株、単元未満株式の買取りによる増加2千株であります。
          2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                                   1株当たり
                         配当金の総額
        (決議)
                 株式の種類                   配当額         基準日        効力発生日
                          (百万円)
                                    (円)
      2018年6月28日
                 普通株式             189         1.5    2018年3月31日         2018年6月29日
       定時株主総会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
        (決議)
               株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
                      (百万円)
                                     (円)
      2019年6月27日
                普通株式          189   利益剰余金          1.5    2019年3月31日         2019年6月28日
       定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
      現金及び預金勘定                              14,787   百万円              13,938   百万円
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金                               △700                 △827
      現金及び現金同等物                              14,087                 13,111
         (リース取引関係)

          1.ファイナンス・リース取引(借主側)
                                 56/96

                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
            所有権移転ファイナンス・リース取引
           ① リース資産の内容
             有形固定資産
             主として、太陽光関連設備(機械装置及び運搬具)であります。
           ② リース資産の減価償却の方法
             連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)                                        重要な減価償却資
            産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
            所有権移転外ファイナンス・リース取引

           ① リース資産の内容
             有形固定資産
             主として、ホストコンピュータ及びコンピュータ端末機、フォークリフト等(「機械装置及び運搬
            具」、「その他(工具、器具及び備品)」)であります。
           ② リース資産の減価償却の方法
             連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資
            産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
             なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、2008年3月31日以前の

            リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次のと
            おりであります。
            (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額

                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度(2018年3月31日)

                                  減価償却累計額         減損損失累計額

                        取得価額相当額                            期末残高相当額
                                    相当額         相当額
     建物及び構築物                          52         29         -         22

             合計                  52         29         -         22

                                                    (単位:百万円)

                                  当連結会計年度(2019年3月31日)

                                  減価償却累計額         減損損失累計額

                        取得価額相当額                            期末残高相当額
                                    相当額         相当額
     建物及び構築物                          52         31         -         20

             合計                  52         31         -         20

      (注) 取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産及び無形固定資産の期末残高等に占める割合が低
          いため、支払利子込み法によって算定しております。
                                 57/96







                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
            (2)未経過リース料期末残高相当額等
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                            (2018年3月31日)                   (2019年3月31日)
     未経過リース料期末残高相当額

      1年内                                  2                   2

      1年超                                  20                   18

             合計                           22                   20

     リース資産減損勘定期末残高                                   -                   -

      (注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産及び無形固定資産の期末残高等に
          占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
            (3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額及び減価償却費相当額

                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                           (自 2017年4月1日                   (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                   至 2019年3月31日)
     支払リース料                                   2                   2

     リース資産減損勘定の取崩額                                   -                   -

     減価償却費相当額                                   2                   2

            (4)減価償却費相当額の算定方法

              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
          2.オペレーティング・リース取引(借主側)

            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                            (2018年3月31日)                   (2019年3月31日)
     1年内                                  117                   106

     1年超                                   65                   48
             合計                           183                   155

          2.オペレーティング・リース取引(貸主側)

            重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 58/96







                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については主に銀行借
            入や社債発行により調達しております。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
             営業債権である受取手形及び売掛金並びに電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されています。当該
            リスクに関しては、与信管理規程に沿ってリスク低減を図っております。
             投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されていますが、主に業務上の関係を有する企
            業の株式であり、定期的に時価や取引先企業の財務状況等を把握し、市況や取引先企業との関係を勘案し
            て保有状況を継続的に見直しております。
             営業債務である支払手形及び買掛金並びに電子記録債務は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であ
            ります。
             借入金及び社債のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金(原則として5
            年以内)及び社債は主に設備投資に係る資金調達であり、変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒さ
            れております。
             また、営業債務や借入金及び社債は、流動性リスクに晒されていますが、当社グループでは、各社が適
            時に資金繰計画を作成・更新するなどの方法により管理しております。
           (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより、当該価額が変動することがあります。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2018年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)            差額(百万円)
                           (百万円)
     (1)現金及び預金                          14,787            14,787              -
     (2)受取手形及び売掛金                          17,098
     (3)電子記録債権                           4,049
        貸倒引当金(※)                        △615
                                20,532            20,532              -
     (4)投資有価証券
       その他有価証券                         2,068            2,068              -
             資産計                   37,388            37,388              -
     (5)支払手形及び買掛金                          14,794            14,794              -
     (6)電子記録債務                           5,169            5,169              -
     (7)短期借入金                          14,169            14,169              -
     (8)1年内償還予定の社債                            600            602             2
     (9)短期リース債務                            270            270             -
     (10)社債                           3,500            3,483             △16
     (11)   長期借入金                         4,433            4,382             △50
     (12)長期リース債務                           1,629            1,611             △18
             負債計                   44,567            44,483             △83
                                 59/96


                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
            当連結会計年度(2019年3月31日)
                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)            差額(百万円)
                           (百万円)
     (1)現金及び預金                          13,938            13,938              -
     (2)受取手形及び売掛金                          18,108
     (3)電子記録債権                           4,624
                                △601
        貸倒引当金(※)
                                22,130            22,130              -
     (4)投資有価証券
       その他有価証券                         1,806            1,806              -
             資産計                   37,875            37,875              -
     (5)支払手形及び買掛金                          16,648            16,648              -
     (6)電子記録債務                           5,322            5,322              -
     (7)短期借入金                          12,499            12,499              -
     (8)1年内償還予定の社債                            600            601             1
     (9)短期リース債務                            245            245             -
     (10)社債                           2,900            2,904              ▶
     (11)   長期借入金                         5,613            5,603             △9
     (12)長期リース債務                           1,452            1,449             △2
             負債計                   45,282            45,276              △6
      ※ 受取手形及び売掛金、電子記録債権に対して計上している貸倒引当金を控除しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金並びに(3)電子記録債権
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (4)投資有価証券
            これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する
           事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
         負 債
          (5)支払手形及び買掛金、(6)電子記録債務、(7)短期借入金並びに(9)短期リース債務
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (8)1年内償還予定の社債並びに(10)社債
            当社の発行する社債の時価は、元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割
           り引いた現在価値により算定しております。
          (11)長期借入金並びに(12)長期リース債務
            これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて
           算定する方法によっております。
                                 60/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

             区分
                            (2018年3月31日)                   (2019年3月31日)
     非上場株式                                  366                   486

     関連会社株式                                  11                   65
           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)投資
          有価証券」には含めておりません。
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(2018年3月31日)
                          1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                         (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
     預金                       14,756           -         -         -

     受取手形及び売掛金                       17,098           -         -         -

     電子記録債権                        4,049           -         -         -

     投資有価証券

      満期保有目的の債券

       (1)国債・地方債等                       -         -         -         -

       (2)社債                       -         -         -         -

      その他有価証券のうち満期があるも
      の
       (1)債券(社債)                       -         -         -         -
       (2)その他                       -         -         -         -
             合計               35,903           -         -         -

           当連結会計年度(2019年3月31日)

                          1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                         (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
     預金                       13,916           -         -         -

     受取手形及び売掛金                       18,108           -         -         -

     電子記録債権                        4,624           -         -         -

     投資有価証券

      満期保有目的の債券

       (1)国債・地方債等                       -         -         -         -

       (2)社債                       -         -         -         -

      その他有価証券のうち満期があるも
      の
       (1)債券(社債)                       -         -         -         -
       (2)その他                       -         -         -         -
             合計               36,648           -         -         -

                                 61/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         4.社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
           前連結会計年度(2018年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     短期借入金               11,737         -       -       -       -       -

     短期リース債務                 270        -       -       -       -       -
     社債                 600       600       200      2,700         -       -

     長期借入金(※)                2,432       1,811       1,301        727       411       180

     長期リース債務                 -       224       193       162       133       915
          合計           15,040        2,635       1,695       3,590        545      1,095

          ※長期借入金には一年以内返済予定の長期借入金を含めて表示しております。
           当連結会計年度(2019年3月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     短期借入金                9,890         -       -       -       -       -

     短期リース債務                 245        -       -       -       -       -
     社債                 600       200      2,700         -       -       -

     長期借入金(※)                2,609       2,076       1,368        849       591       727

     長期リース債務                 -       212       181       145       132       781
          合計           13,345        2,489       4,250        994       723      1,508

          ※長期借入金には一年以内返済予定の長期借入金を含めて表示しております。
                                 62/96











                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
            前連結会計年度(2018年3月31日)
                              連結貸借対照表
                     種類                   取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             計上額(百万円)
                 (1)株式                  2,027            880          1,147
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え            ② 社債                  -           -           -
     るもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計             2,027            880          1,147
                 (1)株式                   40           54          △14
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え            ② 社債                  -           -           -
     ないもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計               40           54          △14
               合計                   2,068            935          1,132
      (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額366百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
          困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
            当連結会計年度(2019年3月31日)

                              連結貸借対照表
                     種類                   取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             計上額(百万円)
                 (1)株式                  1,759            879           879
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え            ② 社債                  -           -           -
     るもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計             1,759            879           879
                 (1)株式                   46           56          △10
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え            ② 社債                  -           -           -
     ないもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計               46           56          △10
               合計                   1,806            936           869
      (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額486百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
          困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 63/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
          2.売却したその他有価証券
            前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           種類           売却額(百万円)            売却益の合計額(百万円)              売却損の合計額(百万円)
     (1)株式                        -              -              -

     (2)債券

      ① 国債・地方債等                       -              -              -

      ② 社債                       -              -              -

      ③ その他                       -              -              -

     (3)その他                        -              -              -

           合計                   -              -              -

            当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

           種類           売却額(百万円)            売却益の合計額(百万円)              売却損の合計額(百万円)
     (1)株式                        20              12              -

     (2)債券

      ① 国債・地方債等                       -              -              -

      ② 社債                       -              -              -

      ③ その他                       -              -              -

     (3)その他                        -              -              -

           合計                   20              12              -

         (デリバティブ取引関係)

          前連結会計年度(2018年3月31日)
           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(2019年3月31日)

           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 64/96









                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
            当社及び連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、主に非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度
           を採用しております。
            退職一時金制度では、退職給付として、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給しております。なお、一
           部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算して
           おります。
          2.確定給付制度(簡便法を適用した制度を除く)

           (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
          退職給付債務の期首残高                              13,342百万円              13,772百万円
          勤務費用                               843              844
          利息費用                                -              -
          数理計算上の差異の発生額                                22              1
          退職給付の支払額                              △437              △616
          退職給付債務の期末残高                              13,772              14,001
           (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

             該当事項はありません。
           (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

             に係る資産の調整表
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
          積立型制度の退職給付債務                                -百万円              -百万円
          年金資産                                -              -
                                          -              -
          非積立型制度の退職給付債務                              13,772              14,001
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              13,772              14,001
          退職給付に係る負債                              13,772              14,001

          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              13,772              14,001
           (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
          勤務費用                                843百万円              844百万円
          利息費用                                -              -
          期待運用収益                                -              -
          数理計算上の差異の費用処理額                                238              259
          過去勤務費用の費用処理額                                 0              0
          確定給付制度に係る退職給付費用                               1,082              1,104
                                 65/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
           (5)退職給付に係る調整額
             退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は、次のとおりであります。
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
          過去勤務費用                                △0百万円              △0百万円
          数理計算上の差異                               △215              △258
            合 計                             △216              △258
           (6)退職給付に係る調整累計額

             退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は、次のとおりであります。
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
          未認識過去勤務費用                                 0百万円             -百万円
          未認識数理計算上の差異                               1,720              1,462
            合 計                             1,720              1,462
           (7)数理計算上の計算基礎に関する事項

             主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
          割引率                                0.0%              0.0%
           (注)予想昇給率は退職給付債務計算に使用しておりません。
          3.簡便法を適用した確定給付制度

           (1)簡便法を適用した制度の退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
          退職給付に係る負債の期首残高                               1,055百万円              1,133百万円
           退職給付費用                               131              114
           退職給付の支払額                              △53             △167
           制度への拠出額                               -              -
          退職給付に係る負債の期末残高                               1,133              1,080
           (2)簡便法を適用した制度の退職給付に係る資産の期首残高と期末残高の調整表

                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
          退職給付に係る資産の期首残高                                 9百万円              9百万円
           退職給付費用                               △1              △2
           退職給付の支払額                               -              -
           制度への拠出額                                1              1
          退職給付に係る資産の期末残高                                 9              9
                                 66/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
           (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付
             に係る資産の調整表
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
          積立型制度の退職給付債務                                17百万円              19百万円
          年金資産                               △26              △28
                                          △9              △9
          非積立型制度の退職給付債務                               1,133              1,080
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               1,123              1,070
          退職給付に係る資産                                △9              △9
          退職給付に係る負債                               1,133              1,080
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               1,123              1,070
           (4)退職給付費用

             簡便法で計算した退職給付費用                    前連結会計年度132百万円              当連結会計年度116百万円
          4.確定拠出制度

            当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度51百万円、当連結会計年度60百万円
           であります。
                                 67/96














                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産、繰延税金負債及び再評価に係る繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           繰延税金資産
            貸倒引当金損金算入限度超過額                              383百万円              438百万円
            退職給付に係る負債                             4,546              4,629
            減損損失否認                             1,541              1,485
                                                       1,137
            税務上の繰越欠損金(注2)                              841
                                                        367
                                          518
            その他
             小計                                          8,059
                                         7,831
                                                       △991
            税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注2)                              -
                                          -           △2,635
            将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                                      △3,626
            評価性引当額小計(注1)                            △3,494
                                                       4,433
           繰延税金資産合計                              4,337
           繰延税金負債
            全面時価評価法による土地評価差額                             △170              △183
            その他有価証券評価差額                             △322              △245
                                         △13              △23
            その他
           繰延税金負債合計                              △506              △452
                                                       3,980
           繰延税金資産及び負債の純額                              3,831
           再評価に係る繰延税金負債
            土地再評価差額金                             △413              △413
           (注)1.評価性引当額が            132百万円     増加しております。この増加の主な内容は連結納税における税務上の
                繰越欠損金に係る評価性引当額を               124百万円     認識したことに伴うものであります。
              2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
           当連結会計年度(2019年3月31日)

                           1年超      2年超      3年超      4年超
                    1年以内                             5年超       合計
                          2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                    (百万円)                             (百万円)      (百万円)
                          (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
            税務上の繰越欠
                                                   876     1,137
                       105      73      37      28      16
            損金(※1)
                                                  △733      △991
            評価性引当額          △102      △73      △37      △28      △16
                                                   143

            繰延税金資産            2     -      -      -      -         (※2)   146
           (※1)     税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
           (※2)     税務上の繰越欠損金         1,137百万円      (法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産                         146百万円     を
               計上しております。当該税務上の繰越欠損金については、将来の課税所得の見込み等により、回収
               可能と判断した部分については評価性引当額を認識しておりません。
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           法定実効税率
                                          30.7%              30.5%
           (調整)
                                          2.1%              4.9%
            交際費等永久に損金に算入されない項目
                                         △1.3%              △2.2%
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                           -%            △37.9%
            連結子会社清算による影響
                                          3.1%              6.9%
            住民税均等割等
                                         △7.4%              △0.0%
            法人税の特別税額控除
                                         △7.4%              13.1%
            評価性引当額の増減
                                          2.0%             △3.1%
            その他
                                          21.9%              12.1%
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                 68/96


                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
          イ.当該資産除去債務の概要
            本社・支店の事務所、工場施設用土地等の賃貸借契約に伴う原状回復義務及びポリ塩化ビフェニル含有設
           備(機械装置)のポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法に伴う処理義務であり
           ます。
          ロ.当該資産除去債務の金額の算定方法

            賃貸事務所、工場施設用土地の原状回復義務は、使用見込期間を取得からそれぞれ10年から15年、50年と
           見積り、割引率はそれぞれ0.26%から1.62%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
            また、ポリ塩化ビフェニル含有設備のポリ塩化ビフェニル廃棄物の処理義務は、当該法令で定める処分期
           限までを期間として、割引率は0.85%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
          ハ.当該資産除去債務の総額の増減

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
          期首残高                             417百万円                584百万円
          有形固定資産の取得に伴う増加額                             231                 2
          時の経過による調整額                              0                0
          資産除去債務の履行による減少額                            △65               △289
          期末残高                             584                297
         (賃貸等不動産関係)

          賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 69/96












                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経
            営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
             当社グループは、アルミサッシを中心にした「建材事業」、アルミ形材及びアルミ加工品等に関する
            「形材外販事業」及び都市ゴミ焼却施設の飛灰処理設備プラント等に関する「環境事業」を主力に事業を
            展開しており、これら3つを報告セグメントとしております。
             「建材事業」の主な製品にはカーテンウォール、サッシ、ドア、室内建具、エクステリア製品等があ
            り、「形材外販事業」の主な製品にはアルミ形材、アルミ精密加工品等があります。また、「環境事業」
            においては、都市ゴミ焼却施設の飛灰処理設備プラントとそれに伴う薬剤販売、都市ゴミリサイクル施設
            の設計・製作・工事を行っております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
            項」における記載と概ね同一であります。
             セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

             前連結会計年度(自 2017年4月1日                      至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                 その他
                                                        合計
                                                 (注)
                        建材      形材外販        環境       計
     売上高

                        70,904       21,845       3,353      96,103       2,033      98,137

      外部顧客に対する売上高
      セグメント間の内部売上高又は

                          23     6,875        -     6,899       2,426       9,325
      振替高
                        70,927       28,721       3,353      103,002        4,459      107,462
             計
                         2,555        398       204      3,159        50     3,209
     セグメント利益
     その他の項目

                          907      1,015         1    1,923        300      2,224
      減価償却費
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、「不動産」、「運送」、「保管
           管理」等を含んでおります。
         2.報告セグメントごとの資産、負債につきましては、経営資源の配分の決定及び業績を評価するための対象と
           はしていないため、記載しておりません。なお、各資産に係る減価償却費については、合理的な基準に従
           い、対応する各報告セグメントに配分しております。
                                 70/96







                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2018年4月1日                      至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                 その他
                                                        合計
                                                 (注)
                        建材      形材外販        環境       計
     売上高

                        70,290       22,519       3,130      95,939       2,314      98,254

      外部顧客に対する売上高
      セグメント間の内部売上高又は

                          18     7,087        -     7,106       2,441       9,547
      振替高
                        70,308       29,606       3,130      103,045        4,756      107,802
             計
                         2,439        53      106      2,599        101      2,701
     セグメント利益
     その他の項目

                          838      1,070         2    1,911        294      2,206
      減価償却費
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、「不動産」、「運送」、「保管
           管理」等を含んでおります。
         2.報告セグメントごとの資産、負債につきましては、経営資源の配分の決定及び業績を評価するための対象と
           はしていないため、記載しておりません。なお、各資産に係る減価償却費については、合理的な基準に従
           い、対応する各報告セグメントに配分しております。
           4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事

             項)
                                                    (単位:百万円)
             売上高                 前連結会計年度                  当連結会計年度
     報告セグメント計                                 103,002                  103,045
     「その他」の区分の売上高                                  4,459                  4,756
     セグメント間取引消去                                 △9,325                  △9,547
     連結財務諸表の売上高                                 98,137                  98,254
                                                    (単位:百万円)
             利益                前連結会計年度                  当連結会計年度
                                                         2,599
     報告セグメント計                                  3,159
     「その他」の区分の利益                                   50                  101
     セグメント間取引消去                                   135                  137
     全社費用(注)                                 △1,574                  △1,685
                                                         1,152
     連結財務諸表の営業利益                                  1,770
      (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                                    (単位:百万円)
            減価償却費                  前連結会計年度                  当連結会計年度
     報告セグメント計                                  1,923                  1,911
     「その他」の区分の減価償却費                                   300                  294
     全社費用(注)                                   56                   9
                                                         2,215
     連結財務諸表の減価償却費                                  2,280
      (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない減価償却費であります。
                                 71/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
          【関連情報】
           前連結会計年度(自 2017年4月1日                    至 2018年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:百万円)
                    建材        形材外販          環境        その他         合計
     外部顧客への売上高                 70,904         21,845         3,353         2,033        98,137

           2.地域ごとの情報

           (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載は省略しておりま
             す。
           (2)有形固定資産
              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             売上高の10%を超える売上高を計上した顧客が存在しないため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自 2018年4月1日                    至 2019年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:百万円)
                    建材        形材外販          環境        その他         合計
     外部顧客への売上高                 70,290         22,519         3,130         2,314        98,254

           2.地域ごとの情報

           (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載は省略しておりま
             す。
           (2)有形固定資産
              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             売上高の10%を超える売上高を計上した顧客が存在しないため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 2017年4月1日                     至 2018年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2018年4月1日                     至 2019年3月31日)
            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 2017年4月1日                     至 2018年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2018年4月1日                     至 2019年3月31日)
            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 2017年4月1日                     至 2018年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2018年4月1日                     至 2019年3月31日)
            「建材事業」において、アジアニッカイ株式会社を新たに連結子会社といたしました。これに伴い、当連
           結会計年度において負ののれん発生益14百万円を計上しております。
            なお、負ののれん発生益は特別利益のため、セグメント利益には含めておりません。
                                 72/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          関連当事者との取引
          (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
           (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
              前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                              議決権等の
                    資本金又は
          会社等の
                         事業の内容     所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
                     出資金
      種類    名称又は     所在地                         取引の内容            科目
                         又は職業     有)割合     との関係
                                             (百万円)          (百万円)
           氏名         (百万円)
                               (%)
                         各種シャッ
                                   建材品等の
                              (被所有)
          文化シ
                         ター、住宅
     その他の          東京都                    仕入     シャッター          支払手形及
                              直接
          ヤッター               建材、ビル
                     15,051                          1,591           790
     関係会社          文京区                    役員の兼任     関連の購入          び買掛金
          ㈱               用建材の製        23.5
                                   なし
                         造及び販売
              当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                              議決権等の
          会社等の         資本金又は
                         事業の内容     所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
                     出資金
      種類    名称又は     所在地                         取引の内容            科目
                         又は職業     有)割合     との関係          (百万円)          (百万円)
           氏名         (百万円)
                               (%)
                         各種シャッ
                                   建材品等の
                              (被所有)
          文化シ
                         ター、住宅
     その他の          東京都                    仕入     シャッター          支払手形及
                              直接
          ヤッター               建材、ビル
                     15,051                          1,257           559
     関係会社          文京区                    役員の兼任     関連の購入          び買掛金
          ㈱               用建材の製        23.5
                                   なし
                         造及び販売
          (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

           (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
              前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                              議決権等の
          会社等の         資本金又は
                         事業の内容     所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
      種類    名称又は     所在地     出資金                    取引の内容            科目
                         又は職業     有)割合     との関係          (百万円)          (百万円)
           氏名         (百万円)
                               (%)
                         各種シャッ          建材品等の
                                                   支払手形及
                              (被所有)
                                                           280
          文化シ     東京都          ター、住宅          仕入
                                                   び買掛金
                              直接
     その他の                                   シャッター
          ヤッター     文京区      15,051    建材、ビル          役員の兼任             997
     関係会社                           23.5        関連の購入
                                                   電子記録債
          ㈱               用建材の製          なし
                                                           215
                                                   務
                         造及び販売
              当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                              議決権等の
          会社等の         資本金又は
                              所有(被所                取引金額          期末残高
                         事業の内容          関連当事者
      種類    名称又は     所在地     出資金                    取引の内容            科目
                         又は職業     有)割合     との関係          (百万円)          (百万円)
           氏名
                    (百万円)
                               (%)
                         各種シャッ          建材品等の
                                                   支払手形及
                              (被所有)
                                                           401
          文化シ     東京都          ター、住宅          仕入
                                                   び買掛金
                              直接
     その他の                                   シャッター
          ヤッター     文京区      15,051    建材、ビル          役員の兼任             913
     関係会社                           23.5        関連の購入
                                                   電子記録債
                         用建材の製          なし
          ㈱
                                                           88
                                                   務
                         造及び販売
      (注)1.上記(1)~(2)の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含ま
           れております。
         2.取引条件ないし取引条件の決定方針等
           建材品等の購入については、当社との関連を有しない他の取引先と同様の価格及び取引条件によっておりま
           す。
                                 73/96




                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
     1株当たり純資産額                                 151.84円                157.40   円

     1株当たり当期純利益                                 12.99円                 6.96  円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益
                                                        877
                                       1,639
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                                        877
                                       1,639
      益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                               126,197                126,131
                                 74/96














                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (重要な後発事象)
          (取得による企業結合)
           当社は、2019年4月23日開催の取締役会において、日本防水工業株式会社及び日本スプレー工業株式会社を
          取得し、子会社化することについて決議し、2019年4月25日付で株式譲渡契約を締結し、2019年5月8日に当
          該株式を取得いたしました。
          (1)企業結合の概要
            ① 被取得企業の名称及びその事業の内容
             a.被取得企業の名称:日本防水工業株式会社
               事業の内容   :ビル・マンション大規模改修工事(防水・塗装・設備・内装工事等)
             b.被取得企業の名称:日本スプレー工業株式会社
               事業の内容   :立体駐車場・工場・倉庫等の速硬化ウレタン吹付防水工事業
            ② 企業結合を行った主な理由
              当社グループのリニューアル事業売上の拡大及び関連する様々な事業とのシナジー効果が期待できる
             と判断し、株式を取得することといたしました。
            ③ 企業結合日
              2019年5月8日
            ④ 企業結合の法的形式
              株式取得
            ⑤ 株式取得した企業の名称及び議決権比率
             a.不二サッシ株式会社 97.0%、日海不二サッシ株式会社 3.0%
             b.不二サッシ株式会社 44.5%、日海不二サッシ株式会社 3.0%
               (日本防水工業株式会社保有52.5%)
            ⑥ 企業結合後企業の名称
             a.日本防水工業株式会社
             b.日本スプレー工業株式会社
            ⑦ 取得企業を決定するに至った主な根拠
              当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
          (2)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
             取得の対価       現金           788百万円
             取得原価        日本防水工業株式会社   744百万円
                         日本スプレー工業株式会社  44百万円
          (3)主要な取得関連費用の内容及び金額
             アドバイザリー費用等             86百万円
          (4)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
             現時点では確定しておりません。
          (5)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
             現時点では確定しておりません。
                                 75/96








                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                                当期首残高       当期末残高       利率
       会社名          銘柄        発行年月日                          担保     償還期限
                                (百万円)       (百万円)       (%)
             第2回無担保社債
                                  800       400
     不二サッシ㈱        (銀行保証付および適            2015.3.25                     0.54    なし    2020.3.25
                                 (400)       (400)
             格機関投資家限定)
             第3回無担保社債
     不二サッシ㈱        (銀行保証付および適            2017.2.27        2,500       2,500      0.46    なし    2022.2.25
             格機関投資家限定)
             第4回無担保社債
                                  800       600
     不二サッシ㈱        (銀行保証付および適            2017.3.31                     0.14    なし    2022.3.31
                                 (200)       (200)
             格機関投資家限定)
                                 4,100       3,500
       合 計           -         -                    -    -      -
                                 (600)       (600)
      (注)1.( )内書は、1年以内の償還予定額であります。
         2.連結決算日後5年間の償還予定額は、以下のとおりであります。
        1年以内          1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
        (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
             600           200          2,700             -           -

         【借入金等明細表】

                                当期首残高        当期末残高       平均利率
                 区分                                      返済期限
                                (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                             11,737        9,890       0.59      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                              2,432        2,609       0.81      -

     1年以内に返済予定のリース債務                               270        245       -     -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                              4,433        5,613       0.69    2020~2033年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              1,629        1,452        -   2020~2033年

     その他有利子負債                               -        -      -     -

                 計                 20,503        19,811        -     -

      (注)1.平均利率については、借入金の当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は、
           以下のとおりであります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                  (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
     長期借入金                2,076           1,368            849           591

     リース債務                 212           181           145           132

         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
                                 76/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
       (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     15,526          40,363          59,585          98,254
     税金等調整前四半期(当期)
                                                         1,008
     純利益(△は損失)                    △1,492          △1,335          △1,973
     (百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純利益(△は損失)                    △1,428          △1,386          △2,116            877
     (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                                                          6.96
                         △11.32          △10.99          △16.78
     利益(△は損失)(円)
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益(△
                                                         23.74
                         △11.32            0.33         △5.79
     は損失)(円)
                                 77/96















                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        ※1 5,241             ※1 5,957
         現金及び預金
                                      ※2,※4   1,672           ※2,※4   1,771
         受取手形
                                      ※2,※4   3,231           ※2,※4   3,332
         電子記録債権
                                        ※2 4,505             ※2 5,343
         売掛金
                                           844              886
         商品及び製品
                                         7,640              7,633
         仕掛品
                                           50              60
         原材料及び貯蔵品
                                         ※1 194             ※1 183
         販売用不動産
         前払費用                                  183              164
                                        ※2 2,353             ※2 1,572
         短期貸付金
                                        ※2 1,463             ※2 1,498
         未収入金
                                         ※2 165             ※2 160
         立替金
                                            8              26
         その他
                                         △937              △983
         貸倒引当金
                                         26,617              27,608
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         23,350              23,284
          建物
                                        △18,809              △18,938
            減価償却累計額及び減損損失累計額
                                        ※1 4,540             ※1 4,346
            建物(純額)
          構築物                               2,007              1,900
                                        △1,832              △1,674
            減価償却累計額及び減損損失累計額
                                         ※1 175             ※1 225
            構築物(純額)
          機械及び装置                               7,532              7,280
                                        △6,756              △6,522
            減価償却累計額及び減損損失累計額
                                         ※1 776             ※1 757
            機械及び装置(純額)
          車両運搬具                                 48              46
                                          △46              △43
            減価償却累計額及び減損損失累計額
            車両運搬具(純額)                                2              3
                                         5,215              5,323
          工具、器具及び備品
                                        △4,939              △5,069
            減価償却累計額及び減損損失累計額
            工具、器具及び備品(純額)                               276              254
                                        ※1 8,925             ※1 8,945
          土地
                                         2,210              2,097
          リース資産
                                         △556              △657
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              1,653              1,440
                                           96              283
          建設仮勘定
                                         16,445              16,256
          有形固定資産合計
                                 78/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
         無形固定資産
                                           260              223
          ソフトウエア
                                            ▶              3
          その他
                                           264              227
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 1,963             ※1 1,764
          投資有価証券
                                        ※1 10,299             ※1 10,149
          関係会社株式
                                        ※2 2,426              ※2 604
          長期貸付金
                                           261              257
          敷金及び保証金
                                           528              559
          破産更生債権等
                                         1,539              1,589
          繰延税金資産
                                           508              248
          その他
                                        △2,614               △960
          貸倒引当金
                                         14,912              14,213
          投資その他の資産合計
                                         31,623              30,697
         固定資産合計
       資産合計                                  58,240              58,305
      負債の部
       流動負債
                                      ※2,※4   3,179           ※2,※4   3,507
         支払手形
                                      ※2,※4   6,671           ※2,※4   7,014
         電子記録債務
                                        ※2 4,795             ※2 5,001
         買掛金
                                      ※1,※6   6,249           ※1,※6   5,100
         短期借入金
                                           600              600
         1年内償還予定の社債
                                        ※1 1,777             ※1 1,952
         1年内返済予定の長期借入金
                                           231              203
         リース債務
                                         ※2 324             ※2 259
         未払金
                                         ※2 527             ※2 451
         未払費用
                                           135               21
         未払法人税等
                                         4,883              4,276
         前受金
                                         ※2 304             ※2 305
         預り金
                                           14              16
         前受収益
                                           90              92
         工事損失引当金
                                           212               -
         資産除去債務
                                         ※4 252             ※4 421
         その他
                                         30,252              29,224
         流動負債合計
       固定負債
                                         3,500              2,900
         社債
                                        ※1 2,612             ※1 4,208
         長期借入金
         リース債務                                 1,576              1,380
                                         7,089              7,239
         退職給付引当金
                                           258              219
         資産除去債務
                                           207              206
         その他
                                         15,243              16,154
         固定負債合計
                                         45,496              45,379
       負債合計
                                 79/96





                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         1,709              1,709
         資本金
         資本剰余金
                                           791              791
          資本準備金
                                           791              791
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                         9,620              9,939
            繰越利益剰余金
                                         9,620              9,939
          利益剰余金合計
                                           △9              △9
         自己株式
                                         12,112              12,431
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           632              494
         その他有価証券評価差額金
                                            0              0
         繰延ヘッジ損益
                                           632              494
         評価・換算差額等合計
                                         12,744              12,926
       純資産合計
                                         58,240              58,305
      負債純資産合計
                                 80/96














                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                        ※1 47,198             ※1 47,630
      売上高
                                        ※1 41,003             ※1 41,758
      売上原価
                                         6,194              5,872
      売上総利益
                                        ※2 5,632             ※2 5,740
      販売費及び一般管理費
                                           562              131
      営業利益
      営業外収益
                                          ※1 20             ※1 11
       受取利息
                                         ※1 573             ※1 435
       受取配当金
                                           74              79
       保険配当金
                                         ※1 383             ※1 414
       受取賃貸料
                                           151              144
       電力販売収益
                                           348               -
       貸倒引当金戻入額
                                          ※1 39             ※1 25
       その他
                                         1,591              1,110
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         ※1 186             ※1 174
       支払利息
                                            0              0
       手形売却損
                                           360              369
       賃貸費用
                                           138              139
       電力販売費用
                                           -              38
       貸倒引当金繰入額
                                           50              -
       減価償却費
                                           52              118
       その他
                                           788              841
       営業外費用合計
                                         1,365               401
      経常利益
      特別利益
                                           -              12
       投資有価証券売却益
                                            0              -
       その他
                                            0              12
       特別利益合計
      特別損失
                                           -               6
       固定資産売却損
                                           33              -
       損害賠償金
                                            1              0
       その他
                                           35               6
       特別損失合計
                                         1,330               407
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     82             △110
                                          △62                9
      法人税等調整額
                                           19             △101
      法人税等合計
                                         1,310               508
      当期純利益
                                 81/96







                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                    その他利益
                 資本金                   剰余金            自己株式      株主資本合計
                             資本剰余金             利益剰余金
                       資本準備金
                               合計             合計
                                    繰越利益
                                     剰余金
     当期首残高              1,709       791      791      8,435      8,435       △8     10,928
     当期変動額
      剰余金の配当                                △126      △126             △126
      当期純利益                                1,310      1,310             1,310
      自己株式の取得
                                                    △0      △0
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               -      -      -     1,184      1,184       △0      1,183
     当期末残高              1,709       791      791      9,620      9,620       △9     12,112
                      評価・換算差額等

                                    純資産合計
                その他有価証券       繰延ヘッジ      評価・換算
                評価差額金        損益     差額等合計
     当期首残高               490       -      490     11,418
     当期変動額
      剰余金の配当                                △126
      当期純利益                                1,310
      自己株式の取得                                 △0
      株主資本以外の項目の
                    141       0      141      141
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               141       0      141      1,325
     当期末残高               632       0      632     12,744
                                 82/96









                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
          当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                    その他利益
                 資本金                   剰余金            自己株式      株主資本合計
                             資本剰余金             利益剰余金
                       資本準備金
                               合計             合計
                                    繰越利益
                                     剰余金
     当期首残高              1,709       791      791      9,620      9,620       △9     12,112
     当期変動額
      剰余金の配当
                                       △189      △189             △189
      当期純利益                                 508      508             508
      自己株式の取得                                              △0      △0
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               -      -      -      319      319      △0      319
     当期末残高              1,709       791      791      9,939      9,939       △9     12,431
                      評価・換算差額等

                                    純資産合計
                その他有価証券       繰延ヘッジ      評価・換算
                評価差額金        損益     差額等合計
     当期首残高               632       0      632     12,744
     当期変動額
      剰余金の配当
                                       △189
      当期純利益                                 508
      自己株式の取得                                 △0
      株主資本以外の項目の
                   △138        0     △137      △137
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                   △138        0     △137       181
     当期末残高               494       0      494     12,926
                                 83/96









                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.資産の評価基準及び評価方法
           (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
            ① 子会社株式及び関連会社株式
              移動平均法に基づく原価法により評価しております。
            ② その他有価証券
              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)により評価しております。
              時価のないもの
               移動平均法に基づく原価法により評価しております。
           (2)  たな卸資産の評価基準及び評価方法
            ① 販売用不動産
              個別法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
             定)
            ② 製品、半製品
              移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
             り算定)
            ③ 原材料、貯蔵品
              移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
             り算定)
            ④ 仕掛品
              オーダー生産品については個別法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく
             簿価切下げの方法により算定)
              その他については移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価
             切下げの方法により算定)
          2.固定資産の減価償却の方法
           (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
           (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法によっております。ただし、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間
            (5年)に基づく定額法を採用しております。
           (3)  リース資産
             所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、自己所有の固定資産に適用する減
            価償却方法と同一の方法を採用しております。
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、リース期間を耐用年数とし、残
            存価額を零とする定額法を採用しております。
          3.引当金の計上基準
           (1)  貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
            債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)  退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しておりま
            す。
            ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について
             は、給付算定式基準によっております。
            ② 数理計算上の差異の処理方法
              数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10
             年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
                                 84/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
           (3)  工事損失引当金
             当事業年度末手持工事のうち、損失の発生が見込まれるものについて将来の損失に備えるため、その損
            失見込額を計上しております。
          4.収益及び費用の計上基準
            完成工事高及び完成工事原価の計上基準
            イ.当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
              工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
            ロ.その他の工事
              工事完成基準
          5.その他財務諸表作成のための重要な事項
           (1)  退職給付に係る会計処理
             退職給付に係る未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれら
            の会計処理の方法と異なっております。
           (2)  消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当
            事業年度の費用として処理しております。
           (3)  連結納税制度の適用
             連結納税制度を適用しております。
         (表示方法の変更)

          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日。以下「税効果会
          計基準一部改正」という。)を当事業年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表
          示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更しております。
           この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」61百万円は、「投資その
          他の資産」の「繰延税金資産」1,539百万円に含めて表示しております。
           また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第4項に定める「税効果会計に係る会計基
          準」注解(注8)(1)(評価性引当額の合計額を除く。)に記載された内容を追加しております。ただし、当該
          内容のうち前事業年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取扱いに
          従って記載しておりません。
                                 85/96










                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 担保資産及び担保付債務
             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     現金及び預金                        100百万円                  100百万円
     販売用不動産                        154                  150
                                    ( 3,652百万円)                 ( 3,484百万円)
     建物                       3,959                  3,777
                                    (    123   )               (    119   )
     構築物                        123                  119
                                    (    551   )               (    525   )
     機械及び装置                        551                  525
                                    ( 7,990   )                 ( 7,990   )
     土地                       8,702                  8,551
     投資有価証券                        463                  408
     関係会社株式                       3,400                  3,400
               計             17,455        (12,318   )         17,034        (12,121   )
      上記のうち、( )内書は工場財団抵当を示しております。
             担保付債務は、次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     短期借入金                               5,500百万円                  4,400百万円
     1年内返済予定の長期借入金                               1,667                  1,792
     長期借入金                               2,522                  3,653
               計                      9,689                  9,845
          ※2 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務は、次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     短期金銭債権                               6,092百万円                  4,989百万円
     長期金銭債権                               2,414                   596
     短期金銭債務                               6,020                  6,291
           3 保証債務

             次の会社等の金融機関等からの借入等に対し保証を行っております。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     北海道不二サッシ㈱                                                   7百万円
                                      128百万円
     その他                                  0                  0
               計                       128                   7
          ※4 期末日満期手形等

             期末日満期手形等の会計処理については、手形交換日又は決済日をもって決済処理をしております。な
            お、当事業年度の末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形等が期末残高に含まれており
            ます。
                                前事業年度                  当事業年度

                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     受取手形                                340百万円                  435百万円
     電子記録債権                                306                  270
     支払手形                                697                  735
     電子記録債務                               1,533                  1,456
     設備支払手形                                 20                  37
      なお、設備支払手形は流動負債の「その他」に含めて表示しております。
                                 86/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
           5 受取手形割引高及び受取手形裏書譲渡高
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     受取手形割引高                                 10百万円                  10百万円
                                      83                  63
     受取手形裏書譲渡高
          ※6 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため株式会社りそな銀行と借入コミットメント契約を締結して

            おります。当事業年度末における借入コミットメントに係る借入未実行残高は、次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     借入コミットメントの総額                               9,500百万円                  9,500百万円
     借入実行残高                               5,200                  4,100
             未実行残高                        4,300                  5,400
         (損益計算書関係)

          ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
                                     5,949百万円                  5,274百万円
     売上高
     仕入高                               17,148                  17,918
     営業取引以外の取引高                                937                  803
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                    至 2019年3月31日)
      給料及び手当                              1,850百万円                  1,853百万円
                                     1,189                  1,443
      研究開発費
                                     △41                 △186
      貸倒引当金繰入額
     おおよその割合
                                       56.5%                  53.9%
     販売費
     一般管理費                                  43.5                  46.1

         (有価証券関係)

          前事業年度(2018年3月31日)
           子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式10,281百万円、関連会社株式17百万円)は、
          市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
          当事業年度(2019年3月31日)

           子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式10,131百万円、関連会社株式17百万円)は、
          市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 87/96






                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           繰延税金資産
            貸倒引当金損金算入限度超過額                             1,081百万円               592百万円
            退職給付引当金否認                             2,159              2,296
            減損損失否認                             1,445              1,456
            税務上の繰越欠損金                              275              516
                                          626              189
            その他
             小計
                                         5,313              5,054
            税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額                              -            △510
                                          -           △2,725
            将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
            評価性引当額小計                            △3,491              △3,235
           繰延税金資産合計
                                         1,822              1,818
           繰延税金負債
            その他有価証券評価差額金                             △276              △217
                                          △5             △11
            その他
           繰延税金負債合計                              △282              △228
           繰延税金資産及び負債の純額                              1,539              1,589
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           法定実効税率                              30.7%              30.5%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                              1.5              1.6
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △12.2              △31.6
            法人税の特別税額控除                             △8.2               -
            評価性引当額の増減                            △12.4              △62.9
            連結納税にともなう影響額                              -             39.3
                                          2.0             △1.9
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                               1.4            △25.0
         (重要な後発事象)

          (取得による企業結合)
           当社は、2019年4月23日開催の取締役会において、日本防水工業株式会社及び日本スプレー工業株式会社を
          取得し、子会社化することについて決議し、2019年4月25日付で株式譲渡契約を締結し、2019年5月8日に当
          該株式を取得いたしました。
           なお、詳細については、連結財務諸表における「重要な後発事象」に記載のとおりであります。
                                 88/96







                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                   当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高      減価償却累計額
      区分     資産の種類
                   (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)        (百万円)       (百万円)
          建      物       4,540        59        0      254      4,346       18,938
          構   築   物        175        71        0       20       225      1,674
          機械及び装置             776        91        ▶      105       757      6,522
          車 両 運 搬 具        2       1       0       1       3       43
      有形
          工具、器具及び
      固定                 276       200        0      222       254      5,069
          備      品
      資産
          土      地       8,925        170       150        -      8,945        -
          リ ー ス 資 産
                      1,653         8       -       221      1,440        657
          建 設 仮 勘 定        96       298       111        -       283        -
             計         16,445        903       267       825      16,256       32,906
          ソフトウエア
                       260        29       -       65       223
      無形
          そ   の   他
      固定                  ▶       -       -        0       3
      資産
             計          264        29       -       66       227
      (注)1.「当期増加額」のうち主なものは、次のとおりであります。
           土地・建物・構築物(不二ロール工機㈱より譲受)183百万円、機械装置(自動倉庫設備)40百万円
           構築物・什器備品(千葉ショールーム)85百万円、工具器具(金型)155百万円
           建設仮勘定(個別防火対応設備)282百万円
         2.「減価償却累計額」欄には、減損損失累計額が含まれております。
         【引当金明細表】

                        当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
            区分
                        (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
      貸   倒   引   当   金          3,552           104         1,712          1,943
      工  事  損  失  引  当  金           90          92          90          92
       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 89/96








                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度                 4月1日から3月31日まで
     定時株主総会                 6月中

     基準日                 3月31日

                      9月30日
     剰余金の配当の基準日
                      3月31日
     1単元の株式数                 100株
     単元未満株式の買取り

                      (特別口座)
      取扱場所                東京都千代田区丸の内1丁目4番1号
                      三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                      (特別口座)
      株主名簿管理人                東京都千代田区丸の内1丁目4番1号
                      三井住友信託銀行株式会社
      取次所                    ──────

      買取手数料                株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                      電子公告により行う。ただし、電子公告によることができない事故その他やむを
     公告掲載方法                 得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
                      http://www.fujisash.co.jp/
     株主に対する特典                 該当ありません
      (注) 当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項の規
          定による請求をする権利、株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受け
          る権利以外の権利を有しておりません。
                                 90/96











                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第37期)(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)2018年6月28日関東財務局長に提出
      (2)内部統制報告書及びその添付書類

         2018年6月28日関東財務局長に提出
      (3)四半期報告書及び確認書

        (第38期第1四半期)(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)2018年8月3日関東財務局長に提出
      (4)四半期報告書及び確認書

        (第38期第2四半期)(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)2018年11月7日関東財務局長に提出
      (5)四半期報告書及び確認書

        (第38期第3四半期)(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)2019年2月5日関東財務局長に提出
      (6)臨時報告書

         2018年6月29日関東財務局長に提出
         金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会に
        おける議決権行使の結果)に基づく臨時報告書であります。
                                 91/96












                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 92/96




















                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2020年3月10日

     不二サッシ株式会社
       取締役会 御中

                                東陽監査法人

                                指  定  社  員

                                         公認会計士
                                                 鈴木 裕子  印
                                業務執行社員
                                指  定  社  員

                                         公認会計士
                                                 菊地 康夫  印
                                業務執行社員
                                指  定  社  員

                                         公認会計士
                                                 清水谷 修  印
                                業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ

     ている不二サッシ株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の訂正後の連結財務諸表、すなわ
     ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計
     算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、不
     二サッシ株式会社及び連結子会社の2019年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は2019年4月23日開催の取締役会において、日本防水工業株式会社及
     び日本スプレー工業株式会社の株式を取得して子会社化することを決議し、2019年4月25日付で株式譲渡契約を締結
     し、2019年5月8日に当該株式を取得している。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
                                 93/96



                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
     その他の事項
      有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、連結財務諸表を訂正している。なお、当
     監査法人は、訂正前の連結財務諸表に対して2019年6月27日に監査報告書を提出した。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書

           提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 94/96

















                                                           EDINET提出書類
                                                      不二サッシ株式会社(E01422)
                                                          訂正有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2019年6月27日

     不二サッシ株式会社
       取締役会 御中

                                東陽監査法人