ネットワンシステムズ株式会社 訂正有価証券報告書 第32期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

訂正有価証券報告書-第32期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:ネットワンシステムズ株式会社

カテゴリ:訂正有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書の訂正報告書
      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の2第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年   3月13日
      【事業年度】                    第32期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                    ネットワンシステムズ株式会社
      【英訳名】                    Net  One  Systems    Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役 社長執行役員  荒井 透
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー
      【電話番号】                    03(6256)0600
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  勝村 忠雄
      【最寄りの連絡場所】                    東京都品川区東品川二丁目2番4号天王洲ファーストタワー
      【電話番号】                    03(5462)0900
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  勝村 忠雄
      【縦覧に供する場所】                    ネットワンシステムズ株式会社関西支社
                         (大阪市淀川区宮原三丁目5番36号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/102












                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
     1【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】
       当社は、東京国税局による税務調査の過程で、当社の一部取引について納品の事実が確認できない疑義があるとの指
      摘を受けたため、2019年12月13日、当該指摘に係る事実関係の解明、並びに事実と認められた場合の原因の究明、類似
      事象の有無の確認、連結財務諸表等への影響額の算定、及び再発防止策の提言を目的として、当社とは利害関係を有し
      ない外部の弁護士及び公認会計士で構成される特別調査委員会を設置いたしました。
       当社は、特別調査委員会の2020年3月12日付け最終調査報告書を受領し、同報告書に記載された調査結果から、2014
      年12月以降、納品実体のない取引が繰り返し行われていたことを認識するに至りました。この結果、第32期(自 2018
      年4月1日 至 2019年3月31日)においては、売上高6,530百万円、売上原価5,670百万円をそれぞれ取消処理し、不
      正行為に関連した取引を取消処理したことで生じた差額1,389百万円は「流動資産のその他」に含めて表示し、債権に
      ついては特別損失3,875百万円を計上しております。
       これらの決算訂正により、当社が2019年6月14日に提出しました第32期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31
      日)に係る有価証券報告書の一部を訂正する必要が生じましたので、金融商品取引法第24条の2第1項の規定に基づ
      き、有価証券報告書の訂正報告書を提出するものであります。
       なお、訂正後の連結財務諸表及び財務諸表については、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けており、その監
      査報告書を添付しております。
     2【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第1 企業の概況
         1. 主要な経営指標等の推移
        第2 事業の状況
         3. 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
        第4 提出会社の状況
         3. 配当政策
        第5 経理の状況
         1. 連結財務諸表等
         2. 財務諸表等
       独立監査人の監査報告書
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___を付して表示しております。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、
      訂正後のみを記載しております。
                                   2/102










                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第28期       第29期       第30期       第31期       第32期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                   (百万円)         141,529       140,170       153,124       153,349       174,838
     売上高
                   (百万円)          4,115       2,068       5,519       7,433       12,412
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)          1,816       1,015       3,584       4,401       4,323
     純利益
                   (百万円)          1,880        431      4,062       4,219       4,554
     包括利益
                   (百万円)         56,472       54,398       55,954       57,708       59,614
     純資産額
                   (百万円)         103,013        99,417       102,038       102,146       118,313
     総資産額
                    (円)        666.90       642.01       660.06       680.10       702.13
     1株当たり純資産額
                    (円)         21.48       12.01       42.38       52.02       51.07
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)         21.45       11.99       42.29       51.88       50.94
     当期純利益
                    (%)         54.7       54.6       54.7       56.3       50.2
     自己資本比率
                    (%)          3.2       1.8       6.5       7.8       7.4
     自己資本利益率
                    (倍)         38.18       50.62       21.31       31.20       54.57
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)          5,291       5,877        259      11,569        6,682
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)         △1,610       △2,235       △1,127       △1,264       △1,424
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)         △3,490       △3,329       △3,564       △3,588       △3,905
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         21,374       21,668       17,236       23,953       25,305
     残高
                    (人)         2,374       2,252       2,284       2,317       2,294
     従業員数
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計
           年度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡っ
           て適用した後の指標等となっております。
                                   3/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第28期       第29期       第30期       第31期       第32期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                   (百万円)         122,198       122,644       129,931       122,995       146,063
     売上高
                   (百万円)          3,145       1,771       5,137       5,696       10,323
     経常利益
                   (百万円)          1,221        943      3,341       3,218       2,902
     当期純利益
                   (百万円)         12,279       12,279       12,279       12,279       12,279
     資本金
                    (株)      86,000,000       86,000,000       86,000,000       86,000,000       86,000,000
     発行済株式総数
                   (百万円)         53,495       51,548       52,688       53,353       53,721
     純資産額
                   (百万円)         95,933       92,574       95,197       94,266       107,342
     総資産額
                    (円)        631.69       608.29       621.44       628.64       632.53
     1株当たり純資産額
                            30.00       30.00       30.00       30.00       37.00

     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            (15.00)       (15.00)       (15.00)       (15.00)       (17.00)
     額)
                    (円)         14.45       11.16       39.52       38.04       34.29
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)         14.42       11.14       39.43       37.94       34.20
     当期純利益
                    (%)         55.7       55.6       55.2       56.4       49.9
     自己資本比率
                    (%)          2.3       1.8       6.4       6.1       5.4
     自己資本利益率
                    (倍)         56.75       54.48       22.85       42.67       81.28
     株価収益率
                    (%)         207.6       268.8        75.9       78.9       107.9
     配当性向
                    (人)         2,112       1,979       2,065       2,113       2,141
     従業員数
                    (%)         121.3        95.3       141.7       248.6       420.0

     株主総利回り
     (比較指標:TOPIX)              (%)        (130.7)       (116.5)       (133.7)       (154.9)       (147.1)
                    (円)          866       955       980      1,875       2,905

     最高株価
     最低株価              (円)          580       557       529       871      1,517
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当事業年度
          の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した
          後の指標等となっております。
         3.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                   4/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
       1988年2月       コンピュータのLAN(ローカルエリアネットワークシステム)の販売を目的として東京都港区に
              ネットワンシステムズ株式会社を設立。
       1989年1月       大阪府大阪市東区に西日本事業所(現関西支社)を開設。
       1990年10月       東京都北区に浮間物流センター(現品質管理センター)を開設。
       1991年2月       通商産業省(現経済産業省)よりシステムサービス企業として登録・認定される。
       1992年10月       愛知県名古屋市中村区に名古屋営業所(現中部支社)を開設。
       1992年10月       東京都より特定建設業(電気通信工事業)として認可される。
       1994年7月       東京都品川区に本社を移転。
       1995年3月       米国カリフォルニア州パロアルトに、米国のネットワーク市場の動向調査や最先端技術及び商品の
              開拓を中心事業とする米国現地法人Tennoz                    Initiative      Inc.(現Net      One  Systems    USA,   Inc. 現
              非連結子会社・持分法非適用会社)を設立。
       1995年4月       茨城県つくば市につくば営業所(現つくばオフィス)を開設。
       1996年3月       北海道札幌市中央区に札幌営業所(現北海道支店)を開設。
       1996年4月       福岡県福岡市博多区に福岡営業所(現九州支店)を開設。
       1996年5月       大阪府大阪市淀川区に西日本事業所(現関西支社)を移転。
       1996年10月       日本証券業協会に株式を店頭登録。
       1999年9月       シスコシステムズ社認定ゴールドパートナー資格取得。
       2000年5月       広島県広島市中区に広島事業所(現広島オフィス)を開設。
       2000年7月       宮城県仙台市宮城野区に東北事業所(現東北支店)を開設。
       2001年12月       品質管理センターがISO9001認証を取得。
       2001年12月       東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
       2002年5月       香川県高松市に高松事業所(現高松オフィス)を開設。
       2004年4月       ISO14001認証を全社で取得。
       2005年12月       愛知県豊田市に豊田事業所(現豊田オフィス)を開設。
       2008年9月       情報システム基盤の企画・設計・構築サービス及びサーバサービスの提供を中心事業とする株式会
              社エクシードに出資。
       2008年11月       パートナー企業との協業によりネットワーク機器の販売・設置・導入及び保守業務を行うネットワ
              ンパートナーズ株式会社(現連結子会社)を設立。
       2009年2月       ISO27001認証を全社で取得。
       2010年2月       株式会社エクシードの株式を追加取得して、同社を連結子会社化。
       2010年11月       個人情報保護に関してのPマーク(プライバシーマーク)を全社で取得。
       2012年8月       シンガポールに現地ビジネス環境の調査及び最適な支援体制の整備を目的としたシンガポール駐在
              員事務所(現Net        One  Systems    Singapore     Pte.   Ltd.)を開設。
       2013年1月       東京都大田区に品質管理センター・サービス品質センターを統合拡充。
       2013年6月       東京都千代田区に本社を移転。東京都品川区に天王洲オフィスを開設。
       2013年10月       ASEANを中心とした海外におけるICTに関するサービスを提供するシンガポール現地法人
              Net  One  Systems    Singapore     Pte.   Ltd.(現非連結子会社・持分法非適用会社)を設立。
       2014年10月       沖縄県那覇市に沖縄支店(現沖縄オフィス)を開設。
       2016年9月       クラウド基盤ソリューションに特化したビジネスを                        ASEAN     地域で展開するAsiasoft            Solutions
              Pte.   Ltd.に出資。
       2017年4月
              クラウドネットワーキングソフトウエアパッケージの開発・販売に特化したネットワンコネクト合
              同会社(現非連結子会社・持分法非適用会社)を設立。
       2017年7月
              石川県金沢市に北陸オフィスを開設。
       2018年6月
              株式会社エクシードを吸収合併。
       2018年9月
              ファシリティサービスの需要に対応するため、同分野において高い技術力や豊富なノウハウを持つ
              エクストリーク株式会社を子会社化。
       2019年1月
              サブスクリプションサービスの拡大のため、ネットワンネクスト株式会社(現連結子会社)を設
              立。
                                   5/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社及び子会社7社から構成されており、最先端技術及び商品を利用したICTシステムの構築か
       ら高付加価値サービスの提供までを事業領域としています。
        営業活動は、最適なソリューションを提供するため、対象市場を4つのセグメントに区分して行っております。
       営業支援体制としては、市場開発本部は各市場に適合したソリューションの企画・開発・コンサルティング、カス
       タマーサービス本部はシステムの運用・保守・最適化、ビジネス推進本部は製品ベンダーとの協業や技術研究など
       を連携して行っています。
        また、連結子会社は、ネットワンパートナーズ株式会社、ネットワンネクスト株式会社の2社です。非連結子会
       社(持分法非適用会社)としては、ネットワンコネクト合同会社、                                ネットワンビジネスオペレーションズ合同会
       社、エクストリーク株式会社、               Net  One  Systems    USA,   Inc.及びNet      One  Systems    Singapore     Pte.   Ltd.の5社があ
       ります。
        当社グループ各社の役割及び事業系統図は下記のとおりです。
     [事業系統図]

        ※1  ネットワンパートナーズ株式会社は、パートナー企業との協業に特化した事業を行っています。








        ※2  Net  One  Systems    USA,   Inc.は、米国の市場動向調査や最先端技術及び新商品の発掘を行っています。
        ※3  Net  One  Systems    Singapore     Pte.   Ltd.は、ASEAN地域を中心に日系企業向けのサービスを提供しています。
        ※4  ネットワンコネクト合同会社は、お客様の複数のクラウドを簡便に構築、導入、移行、運用が行えるソフト
          ウエアを開発・提供しています。
        ※5  エクストリーク株式会社は、ICT基盤にかかわる工事・施工などのファシリティエンジニアリングサービスを
          提供しています。
        ※6  ネットワンビジネスオペレーションズ合同会社は、事務サービスを提供しています。
        ※7  ネットワンネクスト株式会社は、リユースICT機器の販売・設置・導入及び保守サービスを提供しています。
                                   6/102





                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        セグメントについては、下記の4つの報告セグメント及びその他の区分で記載しています。
           セグメントの名称                             概要
        ENT事業                 一般民間企業を主なマーケットとする事業
        SP事業                 通信事業会社を主なマーケットとする事業
                         中央省庁・自治体、文教及び社会インフラを提供している企業を主な
        PUB事業
                         マーケットとする事業
                         ネットワンパートナーズ株式会社によるパートナー企業との協業に特
        パートナー事業
                         化した事業
        その他                 株式会社エクシードによるサーバサービス事業等
        また、商品群では、ICTシステムを構成するネットワークやプラットフォームなどの仕入製品を販売する機器商

       品群、主にそれら機器を組み合わせたシステムに係るサポートを提供するサービス商品群の2つに分類して記載して
       います。
            商品群                概要                   主要商品

       機器商品群             ネットワークインフラ商品                  ルータ、スイッチ、光伝送、無線
                    プラットフォーム商品                  仮想化ソフトウエア、サーバ、ストレージ
                    セキュリティ商品                  ファイアウォール、認証・検疫
                    コラボレーション商品                  ビデオ会議、コミュニケーションソフトウエア
       サービス商品群             コンサルティング                  コンサルティングサービス
                    システム設計・構築                  設計、性能検証、設定サービス
                    システム保守・運用                  障害復旧、運用代行、監視サービス
                    技術者教育                  技術者教育サービス
      4【関係会社の状況】

                        資本金               議決権の所
          名称         住所          主要な事業の内容                     関係内容
                       (百万円)                有割合(%)
     (連結子会社)
                                             当社にバックオフィス業務の一
                            パートナー向けIC
     ネットワンパートナーズ
                  東京都                           部を委託しております。
                            T機器の販売・設
     株式会社                    400               100.0
                            置・導入及び保守業
                  千代田区                           役員の兼任1名。
     (注)1
                            務
                                             資金の貸付あり。
     ネットワンネクスト株式

                            リユースICT機器
                  東京都
                                             当社にバックオフィス業務の一
     会社                    100   の販売・設置・導入            100.0
                                             部を委託しております。
                  千代田区
                            及び保守業務
     (注)2
     (注)1.ネットワンパートナーズ株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高
          に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等  (1)売上高                    30,123百万円
                    (2)経常利益  2,101百万円
                    (3)当期純利益 1,447百万円
                    (4)純資産額  6,700百万円
                    (5)総資産額                   13,250百万円
       2.当社は、2019年1月4日付でネットワンネクスト株式会社を当社の100%出資により設立いたしました。

       3.当社は、2018年6月1日付で株式会社エクシードを吸収合併いたしました。
                                   7/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在

              セグメント等の名称                             従業員数(人)
      ENT事業                                              394
      SP事業                                              141
      PUB事業                                              361
      ENT・SP・PUB事業共通                                              454
      パートナー事業                                              152
       報告セグメント計                                            1,502
      その他                                               1
      保守・運用サービス支援                                              255
      全社(共通)
                                                    536
                  合計                                 2,294
      (注)1.従業員数は、当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含
           む就業人員であります。
         2.保守・運用サービス支援の従業員数は、特定のセグメントに関連付けることができないため、区分表示して
           おります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理・間接部門に所属しているものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)                                         平均年間給与(円)
                        平均年齢             平均勤続年数
              2,141                                        7,794,822
                        39才  10カ月            8年  8カ月
                                           従業員数(人)

              セグメント等の名称
                                                    394
      ENT事業
                                                    141
      SP事業
                                                    361
      PUB事業
                                                    454
      ENT・SP・PUB事業共通
                                                    -
      パートナー事業
                                                   1,350
      報告セグメント計
                                                    -
      その他
                                                    255
      保守・運用サービス支援
      全社(共通)                                              536
                                                   2,141
                  合計
      (注)1.従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員であります。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.保守・運用サービス支援の従業員数は、特定のセグメントに関連付けることができないため、区分表示して
           おります。
         4.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理・間接部門に所属しているものであります。
       (3)労働組合の状況

        労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                   8/102


                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       (1)経営ビジョン
        「ICTの利活用を通じて、社会変革へ貢献する。」を経営理念として、当社グループは、「すべてのステークホ
       ルダーから信頼され支持される企業(アドマイヤード・カンパニー)になること」を目指しています。お客様、パー
       トナー、株主様、社員への責任を果たし、ICT市場、市民社会、地球環境への貢献を怠らないことによってアドマ
       イヤード・カンパニーになることが実現できると考えています。また、自己の判断ではなく第三者が認めてこそ真の
       アドマイヤード・カンパニーであると考え、ステークホルダーの皆様からアドマイヤード・カンパニーとして最高の
       評価を頂けるよう、不断の努力と研鑽を続けてまいります。
       (2)経営方針

        当社グループでは、経営理念・ビジョンのもと、「継続した成長」と「顧客満足度の向上」を最大の目標としてい
       ます。その実現のため、当社グループの活動全てを「統合サービス事業」と定義し、顧客のICT基盤を全フェーズ
       で支援します。この事業の加速に向けて、組織体制及び基盤システムの強化、人財育成に取り組みます。
       (3)経営環境

        現在、ICT市場は変革期に入っています。米国を中心とするクラウドサービス事業者が急激に成長し、ICT製
       造メーカーの製品はハードウェアからソフトウェア中心へと大きく変革しています。お客様も、ICTを事業変革の
       中核として捉えるように変わり、デジタル化や働き方改革等が重要な投資目的となりつつあります。
       (4)目標とする経営指標

        上記の経営方針による付加価値の提供が継続的な成長を可能にするものと判断して、その経営成果の指標としては
       「営業利益率の改善」(10~12%)及び「売上高成長率の向上」(5~10%)を掲げております。そして、中期的な
       目標として、下記の中期事業計画によって、2022年3月期に、売上高2,200億円、営業利益210億円、営業利益率
       9.5%、サービス比率50%、ROE16.8%を目指します。
       (5)対処すべき課題、事業戦略

        変革するICT市場において、当社グループは高度なネットワーク技術を核として、新たにクラウド基盤構築やセ
       キュリティ対策へと価値を創造してきました。今後はさらに、お客様の成長を支援する価値を共に創出する、新たな
       付加価値を提供できる会社へと、一層の変革を進めてまいります。
        これを踏まえ、当社グループは、2020年3月期~2022年3月期の3年間を対象期間とした以下の中期事業計画を新

       たに定めました。
       中期成長戦略

       当社グループの経営理念は、「ICTの利活用を通じて、社会変革へ貢献する。」です。ICT市場の変革に対応
       し、高付加価値を創出するために、以下3つの成長に取り組みます。
       1.お客様・パートナーの成長:価値共創

        最初に、当社グループは、お客様やパートナーの成長を支援し、認めていただける企業になる必要があります。そ
       のために、お客様の生産性向上に貢献する「統合サービス事業」によって、新たな価値を共に創出します。
       2.会社の成長:独創力

        次に、お客様やパートナーの成長のためには、当社グループが成長する必要があります。そのために、生産性向上
       に向けた抜本的な改革に取り組むとともに、この経験を、既存市場及び「注力市場・新モデル」の提案にも大きく活
       かすことで、独自の価値を作り続けます。
       3.社員の成長:自創力

        最後に、当社グループの成長には、社員個々の成長が必須です。社員それぞれが自律的にイノベーションを創出で
       きることを目指し、「働き方改革2.0/DX」と称した新しいICT利活用の知見を蓄積するとともに、創造力・応用力
       の強化に向けた教育プログラムを策定・展開します。
                                   9/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       基本戦略
        中期成長戦略の3つの成長を実現するために、以下3つの基本戦略に取り組みます。
       1.注力市場・新モデルの拡大:市場カバレッジの拡張

        「統合サービス事業」による付加価値を訴求できる市場やお客様に注力し、既存市場・注力市場・新モデルのそれ
       ぞれで成長を図ります。
       具体的には、既存市場では、複数のクラウドの活用や情報セキュリティの強化に向けて、継続したソリューション開
       発を通じて事業を拡大します。注力市場では、ICT化の進展が見込まれる「ヘルスケア市場」「教育市場」「ス
       マートファクトリー市場」を対象とします。また、新モデルとして、効率よく中小規模企業へビジネス展開できる
       「MSP(マネージド・サービス・プロバイダー)の支援」、及び、コスト差別化と高収益性を両立できる「リ
       ファービッシュメント(再生品)の展開」に取り組みます。
        これらによって、2022年3月期には、注力市場及び新モデルで250億円の新たな売上高成長を促し、既存市場での
       成長もあわせて、全社での売上高成長を図ります。
       2.統合サービス事業の加速:サービス比率の拡大

        当社グループでは、お客様への活動の全てを「統合サービス事業」と定義し、計画・導入・運用・最適化の全ての
       ICTライフサイクルを支援しています。ここに、カスタマーサクセス(お客様の事業の成功)の視点を導入するこ
       とで、新たな付加価値を追求します。
        また、ICT製造メーカーやクラウドサービス事業者が提供する製品・サービスを相互に接続して、複数のクラウ
       ドを安全に活用可能なソリューションを開発するとともに、キャピタルサービス等によって「所有から利用」への対
       応を図ります。
        これらによって、統合サービス事業を加速し、サービス比率を拡大します。
       3.働き方改革2.0/DXの実践:生産性の向上

        当社グループは2010年より、社内のICTツール・人事制度・オフィス環境の整備を通じて、いつでも・どこでも
       業務を進めることができる環境を実現してきました。これを「働き方改革1.0」と称しています。この度、この取り
       組みをさらに加速し、全ての業務を見直してシステムと一体化する形に改革することで、業務のスピードや品質を向
       上し、全社の生産性向上を図ります。これを、「働き方改革2.0/DX」と呼びます。
        さらに、この過程における成功・失敗の経験をリファレンス化(参考事例化)して提供する「netone                                                on  netone
       (ネットワンの経験を、ネットワンの事業に還元)」のコンセプトを加速することで、お客様が試行錯誤する時間を
       短縮し、満足度向上を図ります。
       (6)利益配分に関する基本方針

        当社は、「企業価値の向上による株主利益の向上を目指すとともに、経営基盤の拡充と成長力の源泉である株主資
       本の充実を図り、長期にわたり安定的かつ業績を適正に反映した利益還元を行っていく」ことを基本方針としていま
       す。これらの観点から当面の配当性向につきましては、『連結配当性向30%以上』を目標といたしております。
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

                                  10/102








                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの事業に関するリスクについて、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある主な事項には、以
       下のような項目があります。当社はこれらのリスク発生の可能性を認識した上で、可能な限り発生の回避に努め、ま
       た、発生した場合の的確な対応に努めます。
        なお、これらの項目のうち、将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものです。
        (1)   競争について

          情報コミュニケーション技術(ICT)市場の拡大に伴い、競合他社との競争がより激しくなる可能性があ
         ります。そのような場合、商品及びサービスに関する価格競争が生じるため、当社の競争力及び市場の状況い
         かんによっては、当社の業績に影響を与える可能性があります。また、最先端かつ高度なICTシステムの提
         供のためには、高い技術及び能力を有するシステム系技術者を含む優秀な人財の確保が重要となります。当社
         は、価格競争に勝ち抜くために高い能力の人財を獲得・育成し全社の技術力を高め、競合他社との差別化を
         図っています。
        (2)  為替変動による影響について

          当社の取扱商品は、海外系ベンダーの製品が占める割合が多く、仕入の大半が米ドル建決済となっているた
         め、仕入債務について為替リスクを有しています。そのため、当社は為替相場の変動によるリスクをヘッジす
         る目的で、外貨建て仕入れに関する確定債務残高と予定債務残高を適宜管理し、適切な先物為替予約を行って
         おりますが、為替予約によりすべてのリスクを排除することは不可能です。具体的には、日本円と米ドル間の
         為替相場が円安傾向となった場合、円換算した仕入価格が増加することになりますが、その時点の市場競争状
         況いかんでは、かかる増加分を適正に当社の販売価格に反映できず、当社の業績における利益率の低下を招く
         可能性があります。一方、円高傾向となった場合は、在庫販売取引においては、競争状況のいかんによって円
         高還元の販売価格引下げを余儀なくされ、先行して仕入れた商品原価との値差が縮小し、利益率の低下を招く
         リスクがあります。
        (3)  売上上位の顧客との取引について

          当社の顧客別納入実績において、上位の顧客に対する販売割合が相当程度占めています。但し、これらの顧
         客との取引は、各顧客が抱える多数のプロジェクトに関連するスポット取引から成り立っておりますので、い
         ずれの顧客との間の取引関係も一度に失われるという事態は容易には想定しがたいものと認識しております
         が、設備投資循環等の影響で顧客からの受注が減少した場合には、当社の業績に影響を与える可能性がありま
         す。
        (4)  システム納入後に不具合が生じた場合の責任について

          当社はネットワーク・ソリューション・プロバイダーとして、顧客の依頼によりICTシステム全体の構築
         を請け負うことを主な業務としておりますが、かかるシステム構築において使用するルータ等の商品は、機器
         ベンダーから仕入れています。当社は、商品単体ごとに受入検査・出荷検査を実施する等の品質チェック等に
         より、これらの仕入商品に不具合が生じないようにするための体制を構築しておりますが、それにもかかわら
         ず何らかの不具合がシステム納入後に生じた場合、顧客の信頼を喪失する可能性があります。なお、当社と顧
         客、機器ベンダーとの間でそれぞれ結ばれている契約の下では、システムに不具合が生じた場合の責任は、当
         該不具合の内容・原因等により、(ⅰ)顧客が負う場合(不適切な使用等)、(ⅱ)当該商品の機器ベンダー
         がメーカーとして負う場合、(ⅲ)当社がネットワーク・ソリューション・プロバイダーとして負う場合のい
         ずれかとなります。
        (5)   シスコシステムズ合同会社との取引について

          ICT産業においては、技術が短期間のうちに進化し、市場環境が絶えず流動的に変化しておりますので、
         当社は、多岐にわたるユーザのニーズに応えるべく市場調査や技術研究開発を重視し、特定のメーカー系列に
         属さず、いわゆるマルチベンダー環境を提供する方針をとっています。また、当社取扱商品について他の仕入
         先から制約を受けるような契約は結んでおりません。現在、当社取扱商品に占めるシスコシステムズ社製品の
         売上比率が比較的高い割合を占めておりますが、今後も、マルチベンダー環境の下で競争力ある商品を常に取
         り扱える体制を維持するように努めます。
                                  11/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        (6)   災害等による影響
          当社は、自然災害や社会インフラの停止等に伴う事業継続の危機に対応するため事業継続計画(BCP)を
         策定しており、定期的な設備等の点検や防災訓練を行っていますが、すべての災害等を完全に防止又は被害を
         軽減できる保証はありません。当社の本社機能、品質管理センター、テクニカルセンターは、東京都にあり、
         大地震等による災害が発生した場合、本社機能、技術検証機能、物流機能等が著しく低下し、当社の業績に影
         響を与える可能性があります。また、お客様及び仕入先で被害が発生した場合、経営環境や市場に変化を及ぼ
         し、当社の業績に影響を与える可能性があります。
        (7)   商品の陳腐化、適正在庫の確保等について

          ICT市場における技術革新の速さは、一方で当社の商品及びサービスのライフサイクルを比較的短いもの
         にしています。そのため、当社は、保有する在庫品の陳腐化により業績が影響を受けるリスクを負っていま
         す。当社は、お客様からの受注に基づき商品を発注・購入することを原則としておりますが、在庫品の状況を
         常に把握し、四半期毎に所定の基準に基づく在庫評価又は廃棄処分を行うことにより、これに備えています。
         また、当社が取り扱う商品の中には、市場の動向を反映して急激にその需要が増加するものがあるほか、短納
         期での仕入を要求されるケースも増加しています。当社の対応可能な範囲を超える需要の変動により商品の供
         給不足が生じた場合、顧客との間のビジネスチャンスを逸失し、当社の業績に影響を与える可能性がありま
         す。
        (8)   コンプライアンスについて

          当社は、業務に従事する者(派遣社員及び業務委託先の従業員を含む)が法令や社内規程を遵守するよう、
         教育・研修などを通じた啓発活動を行うことにより従業員等のコンプライアンス意識を高めるとともに、社内
         外通報相談窓口の設置によりコンプライアンス違反の把握と未然防止に努めております。しかし、万が一重大
         なコンプライアンス違反が発生した場合、顧客等からの信頼を著しく損ね、当社の事業及び業績に影響を与え
         る可能性があります。
        (9)   情報漏洩について

          ICTシステムの構築から高付加価値サービスの提供までを事業としている当社では、事業遂行上、顧客の
         機密情報(個人情報を含む)を受領して作業を進めることがあります。当該情報を含む当社情報資産の管理及
         び保護は、当社の重要な経営課題であると共に社会的な責務と認識しています。しかしながら、当社情報資産
         が漏洩した場合は、損害賠償請求や信用失墜等により業績に影響を与える恐れがあります。そのため当社で
         は、2009年2月にISO27001の認証を全社に拡大し、2010年11月にはプライバシーマークの付与認定を
         受けております。さらに、当社グループ内及びパートナー企業を含め、情報管理に対する啓発活動を行うとと
         もに、近年高度化・巧妙化しているサイバー攻撃への対応を強化することを目的としたCSIRT(Computer
         Security     Incident     Response     Team)を編成し、情報資産管理体制の維持・強化等を推進しております。
        (10)    委託先管理について

          当社はパートナー企業に業務委託を行うことにより、当社のソリューションをお客様に提供する場合があり
         ます。この場合、法的問題が無いように契約の確認等は厳密に行っておりますが、万が一委託先などに問題が
         生じた場合、法的制裁を受けるだけでなく顧客からの信頼が著しく低下し、当社の業績に影響を与える可能性
         があります。
                                  12/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)経営成績等の状況の概要
       ①財政状態及び経営成績の状況
        当連結会計年度における市場別の受注高・売上高・受注残高
        パブリック(PUB)事業は、受注高                  624億69百万円       (前年同期比      34.2%   増)、売上高      565億69百万円       (前年同期
       比 38.0%   増)、受注残高は        313億77百万円       (前年同期比      23.2%   増)となりました。セキュリティ対策やクラウド基盤
       ビジネスが好調で、受注高・売上高ともに増加しました。
        エンタープライズ(ENT)事業は、受注高512億93百万円(前年同期比0.1%増)、売上高523億29百万円(前年
       同期比5.3%増)、受注残高は214億98百万円(前年同期比4.6%減)となりました。セキュリティ対策、クラウド基
       盤、働き方改革、IIoTのビジネスが堅調で、受注高・売上高ともに増加しました。
        通信事業者(SP)事業は、受注高353億86百万円(前年同期比3.2%増)、売上高355億52百万円(前年同期比
       15.3%増)、受注残高は142億41百万円(前年同期比1.2%減)となりました。サービス基盤ビジネスが順調に推移
       し、受注高・売上高ともに増加しました。
        パートナー事業(ネットワンパートナーズ株式会社)は、受注高316億7百万円(前年同期比2.7%増)、売上高
       300億28百万円(前年同期比3.1%減)、受注残高は79億30百万円(前年同期比24.8%増)となりました。収益性を重
       視したソリューション展開を加速し、売上高は減少したものの、利益は増加しました。
        その他は、受注高2億14百万円、売上高3億57百万円、受注残高は4百万円となりました。
        当連結会計年度における商品群別の受注高・売上高・受注残高

        機器商品群では、受注高が            1,012億99百万円        (前年同期比      9.4%   増)、売上高が       1,004億9百万円        (前年同期比
       11.4%   増)、受注残高が181億12百万円(前年同期比5.2%増)となりました。
        サービス商品群では、受注高が              796億70百万円       (前年同期比      11.9%   増)、売上高が       744億29百万円       (前年同期比
       17.7%   増)、受注残高が        569億40百万円       (前年同期比      10.1%   増)となりました。
        各市場において、セキュリティ対策及びクラウド基盤ビジネスが好調で、「統合サービス事業」に向けた提案が
       順調に進捗しました。これによって、サービス商品群と機器商品群がともに増加しています。
        以上の結果、当連結会計年度における受注高は                       1,809億70百万円        (前年同期比      10.5%   増)、売上高は       1,748億38百万

       円 (前年同期比      14.0%   増)となりました。損益につきましては、継続して原価低減・サービスの拡大・生産性の改善
       に努めたことにより、売上総利益は                 435億49百万円       (前年同期比      18.2%   増)となりました。販売費及び一般管理費は
       313億83百万円(前年同期比6.1%増)となり、営業利益は                           121億66百万円       (前年同期比      67.7%   増)、経常利益は        124億
       12百万円    (前年同期比      67.0%   増)  となりましたが、不正取引関連損失38億99百万円を計上したため                              、親会社株主に帰
       属する当期純利益は         43億23百万円      (前年同期比      1.8%減    )となりました。
      ・財政状態の状況

      (資産)
       当連結会計年度末の資産合計は               1,183億13百万円        となり、前連結会計年度末に比べ               161億67百万円       の増加(    15.8%
      増)となりました。
       資産の内訳は、流動資産は             1,062億25百万円        となり、前連結会計年度末に比べ               155億86百万円       の増加(    17.2%   増)と
      なりました。これは主に、前払費用が                  44億89百万円      、リース投資資産が45億84百万円、受取手形及び売掛金が                           34億19
      百万円   それぞれ増加したことによるものです。また、固定資産は120億87百万円となり、前連結会計年度末に比べて                                                  5
      億81百万円     の増加(    5.1%   増)となりました。
      (負債)

       当連結会計年度末の負債合計は               586億99百万円       となり、前連結会計年度末に比べ               142億61百万円       の増加(    32.1%   増)
      となりました。これは主に、リース債務が                    51 億36百万円、前受金が          25 億40百万円     、未払法人税等が22億82百万円、買
      掛金が   32億37百万円      それぞれ増加したことによるものです。
      (純資産)

       当連結会計年度末の純資産合計は                 596億14百万円       となり、前連結会計年度末に比べ               19億5百万円      の増加(    3.3%   増)
      となりました。これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益                             43 億23百万円     の計上と配当金の支払い           27 億8百万円に
      より利益剰余金が        16 億15百万円     増加したことによるものです。
                                  13/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       ②キャッシュ・フローの状況
        当連結会計年度においては、税金等調整前当期純利益の計上等により、営業活動によるキャッシュ・フローは66億
       82百万円の収入となりました。
        また、投資活動によるキャッシュ・フローについては、固定資産の取得等により14億24百万円の支出となり、財務
       活動によるキャッシュ・フローについては、リース債務や配当金の支払い等により39億5百万円の支出となりまし
       た。差引合計で現金及び現金同等物は13億52百万円増加し、期末残高は253億5百万円(前期末比5.6%増)となりま
       した。
        なお、前連結会計年度との比較は次のとおりです。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動による収入は66億82百万円となり、前連結会計年度に比べ48億87百万円の収入減となりました。これは主
       に、その他流動資産の増加による支出が                   34億90百万円増加        、たな卸資産の増加による支出が               34億8百万円      増加  し、一
       方で、税金等調整前当期純利益の計上による収入が                        14億3百万円      増加  したことによるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動による支出は14億24百万円となり、前連結会計年度に比べ1億59百万円の支出増となりました。これは主
       に、子会社株式の取得による支出が3億56百万円、投資有価証券の取得による支出が1億10百万円増加し、一方で、
       有形固定資産の取得による支出が2億63百万円減少したことによるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動による支出は39億5百万円となり、前連結会計年度に比べ3億17百万円の支出増となりました。これは主
       に、配当金の支払額が1億68百万円、リース債務の返済による支出が1億48百万円増加したことによるものです。
       ・資本の財源及び資金の流動性に係る情報

        当社グループの資本の源泉及び資本の流動性について、原則として自己資金により調達しております。有価証券報
       告書提出日現在において支出が予定されている重要な資本的支出はありません。
                                  14/102













                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       ③生産、受注及び販売の実績
        a.受注実績
         当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称              受注高(百万円)         前年同期比(%)         受注残高(百万円)         前年同期比(%)
                                      100.1

      ENT事業                      51,293                   21,498          95.4
                                      103.2
      SP事業                      35,386                   14,241          98.8
                            62,469          134.2         31,377          123.2
      PUB事業
                                      102.7
      パートナー事業                      31,607                   7,930         124.8
                           180,756          111.0         75,048          109.1
       報告セグメント計
                                      22.3
      その他                        214                    ▶        3.3
                           180,970          110.5         75,052          108.9
             合計
      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        b.販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                   金額(百万円)                  前年同期比(%)
                                                         105.3

      ENT事業                               52,329
                                                         115.3
      SP事業                               35,552
                                     56,569                   138.0
      PUB事業
                                                         96.9
      パートナー事業                               30,028
                                     174,480                    114.4
       報告セグメント計
                                                         42.5
      その他                                 357
                                     174,838                    114.0
             合計
      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  15/102










                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       当期の経営成績の概況

        近年、事業のデジタル化や働き方改革などを背景として、ICT(情報通信技術)の利活用が拡大しています。それ
       に伴い、クラウドの活用や情報セキュリティの強化、そして、これらを支えるネットワークの需要が拡大していま
       す。
        このような市場環境を踏まえて、当社グループは、2017年3月期から当連結会計年度(2019年3月期)までの3年間

       の中期事業計画を定め、成長戦略として、1)既存顧客の投資保護、2)既存顧客の拡大、3)新規市場の開拓、4)
       サービス事業の加速を進めました。
       1.既存顧客の投資保護

        当社グループが手掛けた既設のネットワーク基盤において、クラウドの活用に向けた機能更新の提案を進め、堅
       調に推移しました。
       2.既存顧客の拡大

        既存顧客に向けて、クラウドの活用促進や情報セキュリティの強化を支援しました。民間企業・中央省庁・自治
       体・通信事業者など、全ての顧客層において好調に推移しました。
       3.新規市場の開拓

        新規市場として「IIoT市場」「コーポレート市場」「グローバル市場」の3つを対象にしました。
       「IIoT市場」では、製造業において本番環境でのスマートファクトリー化がスタートしました。さまざまな生産機械
       を接続するネットワーク基盤の整備や、データの収集・分析を中心にビジネスを獲得し、堅調に推移しました。
        「コーポレート市場」では、通信事業者が提供するマネージドサービスの支援など、効率よく中小規模企業へ展
       開できる事業モデルが成長し、堅調に推移しました。
        「グローバル市場」では、ASEANでの事業拡大に向けた体制整備に注力しました。事業計画は未達となりました
       が、現地パートナー企業とのグループ企業化を見据えた連携強化など、次なる成長に向けた土台を築きました。
       4.サービス事業の加速

        クラウドやセキュリティを中心としたソリューション展開、及び、利用期間に応じた料金支払い形式を実現する
       キャピタルサービスによって、機器販売からサービス提供へのビジネスモデルの転換が進展しました。
       また、当連結会計年度より、当社グループの活動全てを「統合サービス事業」と定義し、計画・導入・運用・最適化
       の全てのICTライフサイクルを支援することで、より一層の付加価値向上に努めました。
                                  16/102









                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        当社グループは、ソリューション・プロバイダーとして、マルチベンダーのネットワーク機器、コンピュータ・プ
       ラットフォーム機器とソフトウエアの最適な組合せによるシステム構築を通じて、ICTソリューションを提供して
       います。なお、当社グループの研究開発活動につきましては、セグメント情報に関連付けて記載することが困難であ
       るため、セグメント別の記載は行っておりません。ICTシステムは、システムを構成する各種機器や各種ソフトウ
       エアの組合せによりその機能や利便性が左右され、システム運営に大きな影響を与えます。
        今後も技術革新は進歩し続けますが、最適なICTシステム構築には、最新技術の取得と将来の拡張性に対する予
       測、コンピュータネットワーク関連の各種機器や各種ソフトウエアの機能把握と、それらを最大限に活用する仕組み
       づくりが大きな要素となります。
        マルチベンダー環境下で、各種コンピュータネットワーク機器やソフトウエアをシステムとして機能させる為に
       は、それぞれの仕様の「標準規格」が前提となります。しかしながら、通信を行うために必須となる様々な「標準規
       格」は、厳密に規定されているわけではなく、規格を採用するメーカーの裁量に委ねられている部分があります。ま
       た、ネットワークシステムとコンピュータ・プラットフォームの連動が進んでおり、これらが融合した高度なシステ
       ム構築能力が求められています。
        このような状況下で当社グループは、メーカー毎に各種機器や各種ソフトウエアに関する、利便性、規格、他の機
       器及びソフトウエアとの相互接続性、詳細動作について、調査、研究、検証、評価を行うと同時に、複数の大学、
       ネットワーク団体、米国企業等との共同研究を行い、規格標準、最新技術、規格外技術の動向を常に把握することに
       努めています。
        当社グループは、ネットワーク並びにプラットフォームシステム構築における様々な技術的要素を考慮し、蓄積し
       てきたインテグレーション力、システム管理・運用力を通じて、利便性、信頼性のより高いシステム、ソリューショ
       ンを提供しています。
        当連結会計年度における研究開発活動の実績としては、光伝送技術、無線技術、モバイルネットワーク技術、ブ
       ロードバンド技術、超高速IPルーティング技術、クラウドコンピューティング技術、仮想化技術、負荷分散技術、
       帯域制御技術、ネットワーク運用管理技術、SDN/NFV技術、API連携/ネットワーク自動制御技術、セキュ
       リティ管理技術、ネットワークセキュリティ技術、エンドポイントセキュリティ技術、クラウドセキュリティ技術、
       IoT技術、機械学習技術、AR/VR技術等の先端技術をベースにネットワークの今後の主流技術等の検証・評価
       を行いました。ネットワーク分野においては、今後の利活用が期待されるProgrammable                                         Networking技術の研究開発
       に取り組み、クラウドコンピューティング分野では仮想化技術を応用したハイパーコンバージドインフラ、パブリッ
       ククラウドとの連携、API連携/自動制御技術を応用したマルチクラウド環境に対応する先進的なクラウドシステ
       ムの提供を行っています。セキュリティ分野では、従来のネットワーク境界セキュリティ、多層防御技術に加え、安
       全にクラウドサービスを利活用するためのセキュリティ技術、認証技術に関する検証・評価を実施し導入実績を上げ
       ています。コラボレーション技術分野においては、ワークスタイル変革を実現するWeb会議やテレプレゼンスシス
       テム、モバイルデバイス管理技術、クラウドストレージ技術等を組み合わせた利活用に関する各種研究・ソリュー
       ション開発を実施し導入実績を上げています。更にネットワーク運用におけるリアルタイム可視化・分析を実現す
       る、ネットワーク機器テレメトリデータ利活用の研究・実験を行っており、社外研究成果発表や社外でのPoCを
       行っております。本研究は継続して取り組み、導入実績へつなげてまいります。                                     なお、当連結会計年度の研究開発費
       の総額は3,023百万円となっており、一般管理費に含めて処理しています。
                                  17/102






                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、主に、新製品の開拓、評価体制及び顧客サポート体制の強化を図るために機器類の充実を図
       り、総額として2,707百万円の設備投資を実施いたしました。所要資金についてはいずれの投資も自己資金を充当い
       たしました。なお、当該設備投資につきましては、セグメント情報に関連付けて記載することが困難であるため、セ
       グメント別の記載は行っておりません。また、当連結会計年度において重要な影響を及ぼす設備の売却、除却等はあ
       りません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                     2019年3月31日現在
                                         帳簿価額(百万円)
                                                         従業
         事業所名
                                                         員数
                 セグメント等の名称           設備の内容
                                         工具、器具      ソフト
        (所在地)
                                     建物               合計
                                                         (人)
                                         及び備品      ウェア
                ENT事業、SP事業、PU
                          管理業務施設、社内
     本社
                B事業、保守・運用サービス
                          ネットワーク設備、基
                                      379     524     -     903     991
     (東京都千代田区)
                          幹システム等
                支援、全社
     北海道支店
                          管理業務施設及び社内
                PUB事業、保守・運
                                       8     ▶    -      12     23
                用サービス支援
                          ネットワーク設備等
     (札幌市中央区)
     東北支店
                          管理業務施設及び社内
                PUB事業、保守・運
                                       ▶     3    -      7    26
                用サービス支援
                          ネットワーク設備等
     (仙台市青葉区)
     つくばオフィス
                          管理業務施設及び社内
                PUB事業、保守・運
                                       1     2    -      3    14
                用サービス支援
                          ネットワーク設備等
     (茨城県つくば市)
     天王洲オフィス
                          管理業務施設及び社内
                保守・運用サービス
                                      220     134    1,424     1,779      627
                支援、全社
                          ネットワーク設備等
     (東京都品川区)
     高輪オフィス
                          管理業務施設及び社内
                その他
                                       31      3    -      34     18
                          ネットワーク設備等
     (東京都品川区)
                ENT事業、PUB事
     中部支社
                          管理業務施設及び社内
                業、保守・運用サービ
                                       28      7    -      36     86
                          ネットワーク設備等
     (名古屋市中区)
                ス支援、全社
     豊田オフィス
                          管理業務施設及び社内
                ENT事業、保守・運
                                       10      6    -      16     23
                用サービス支援
                          ネットワーク設備等
     (愛知県豊田市)
     北陸オフィス
                          管理業務施設及び社内
                PUB事業、保守・運
                                       6     3    -      10     5
                用サービス支援
                          ネットワーク設備等
     (石川県金沢市)
                ENT事業、SP事業、PU
     関西支社
                          管理業務施設及び社内
                B事業、保守・運用サービス
                                       38     70     -     109     173
                          ネットワーク設備等
     (大阪市淀川区)
                支援、全社
     高松オフィス
                          管理業務施設及び社内
                PUB事業、保守・運
                                       2     3    -      6    15
                用サービス支援
                          ネットワーク設備等
     (香川県高松市)
     広島オフィス
                          管理業務施設及び社内
                PUB事業、保守・運
                                       2     3    -      5    22
                用サービス支援
                          ネットワーク設備等
     (広島市中区)
     九州支店
                          管理業務施設及び社内
                PUB事業、保守・運
                                       9     3    -      12     39
                用サービス支援
                          ネットワーク設備等
     (福岡市博多区)
     沖縄オフィス
                          管理業務施設及び社内
                PUB事業、保守・運
                                       1     1    -      3     5
                用サービス支援
                          ネットワーク設備等
     (沖縄県那覇市)
     テクニカルセンター
                          技術研究用ネットワー
                全社
                                       86    1,162      -    1,248       3
                          ク機器等
     (東京都品川区)
     品質管理センター
                保守・運用サービス
                          物流設備等
                                      262    2,155      -    2,418      68
                支援
     (東京都大田区)
     西日本品質管理センター
                保守・運用サービス
                          物流設備等
                                       1     ▶    -      6     3
                支援
     (大阪市城東区)
         合計           -          -
                                     1,096     4,093     1,424     6,614     2,141
      (注)1.本社及び各事業所は賃借しており、年間賃借料は2,291百万円であります。
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
                                  18/102


                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                   2019年3月31日現在
                                          帳簿価額(百万円)

                                                         従業
                事業所名
                     セグメント
                                                         員数
        会社名                     設備の内容
                                          工具、器具
                (所在地)                               ソフト
                     等の名称
                                                         (人)
                                      建物               合計
                                          及び備品
                                               ウエア
                本社
     ネットワンパートナーズ                      管理業務施設及び社内
                (東京都     パートナー事業                             -
                                        0    50          51    152
     株式会社                      ネットワーク設備等
                 千代田区)
                本社
     ネットワンネクスト株式
                (東京都     その他           -        -     -     -     -
                                                           1
     会社
                 千代田区)
         合計        -      -        -                   -
                                        0    50          51    153
      (注)1.上記一部の国内子会社は本社を賃借しており、年間賃借料は以下のとおりであります。
           ネットワンパートナーズ株式会社                                  131百万円
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して当社が策定しておりま
       す。
       (1)重要な設備の新設

           経常的な設備の更新を除き、重要な設備の新設の計画はありません。
       (2)重要な改修

           経常的な設備の改修を除き、重要な改修の計画はありません。
       (3)重要な設備の除却等

           経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                  19/102











                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                          200,000,000

                  計                              200,000,000

        ②【発行済株式】

                                      上場金融商品取引所
             事業年度末現在発行数(株)             提出日現在発行数(株)
        種類                              名又は登録認可金融               内容
               (2019年3月31日)            (2019年6月14日)
                                      商品取引業協会名
                                      東京証券取引所

                                                単元株式数
                  86,000,000             86,000,000
      普通株式
                                                100株
                                      市場第一部
                  86,000,000             86,000,000            -            -

        計
       (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により
          発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
                              事業年度末現在                  提出日の前月末現在

                             (2019年3月31日)                  (2019年5月31日)
      決議年月日                   2012年6月14日                   同左
                         当社取締役(社外取締役を除く) 5
                                            同左
      付与対象者の区分及び人数(名)                   当社執行役員          8
                         当社子会社取締役        2
      新株予約権の数(個)         ※
                         214                   214
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容
                         普通株式    21,400 (注)1               普通株式    21,400 (注)1
      及び数(株)      ※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)               ※
                         1 (注)2                   同左
                         自   2012年7月3日
      新株予約権の行使期間         ※
                                            同左
                         至   2042年7月2日
      新株予約権の行使により株式を発行する場
                         発行価格  901
      合の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                            同左
                         資本組入額 451           (注)3
      ※
      新株予約権の行使の条件          ※                           同左
                         (注)4
                         譲渡による新株予約権の取得について
      新株予約権の譲渡に関する事項             ※      は、当社の取締役会の承認を要するもの                   同左
                         とする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                         (注)5                   同左
      関する事項     ※
                                  20/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                             事業年度末現在                 提出日の前月末現在

                            (2019年3月31日)                  (2019年5月31日)
      決議年月日                   2013年6月13日                  同左
                         当社取締役(社外取締役を除く) 5
      付与対象者の区分及び人数(名)                   当社執行役員          8                  同左
                         当社子会社取締役        2
      新株予約権の数(個)         ※
                         272                  272
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容
                         普通株式    27,200    (注)1            普通株式    27,200    (注)1
      及び数(株)      ※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)               ※                      同左
                         1 (注)2
                         自   2013年7月2日
      新株予約権の行使期間         ※
                                           同左
                         至   2043年7月1日
      新株予約権の行使により株式を発行する場
                         発行価格  628
      合の株式の発行価格及び資本組入額(円)                                     同左
                         資本組入額 314           (注)3
      ※
      新株予約権の行使の条件          ※
                         (注)4                  同左
                         譲渡による新株予約権の取得について
      新株予約権の譲渡に関する事項             ※
                         は、当社の取締役会の承認を要するも                  同左
                         のとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                         (注)5                  同左
      関する事項     ※
                              事業年度末現在                  提出日の前月末現在

                             (2019年3月31日)                  (2019年5月31日)
      決議年月日                   2014年6月17日                   同左
                         当社取締役(社外取締役を除く) 7
                                            同左
      付与対象者の区分及び人数(名)                   当社執行役員          5
                         当社子会社取締役        3
      新株予約権の数(個)         ※
                         363                   323
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容
                         普通株式    36,300    (注)1            普通株式    32,300    (注)1
      及び数(株)      ※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)               ※
                         1 (注)2                   同左
                         自   2014年7月4日
      新株予約権の行使期間         ※
                                            同左
                         至   2044年7月3日
      新株予約権の行使により株式を発行する場
                         発行価格  565
      合の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                            同左
                         資本組入額 283           (注)3
      ※
      新株予約権の行使の条件          ※                           同左
                         (注)4
                         譲渡による新株予約権の取得について
      新株予約権の譲渡に関する事項             ※      は、当社の取締役会の承認を要するもの                   同左
                         とする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                         (注)5                   同左
      関する事項     ※
                                  21/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                             事業年度末現在                 提出日の前月末現在

                            (2019年3月31日)                  (2019年5月31日)
      決議年月日                   2015年6月16日                  同左
                         当社取締役(社外取締役を除く) 7
      付与対象者の区分及び人数(名)                   当社執行役員          6                  同左
                         当社子会社取締役        2
      新株予約権の数(個)         ※
                         325                  300
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容
                         普通株式    32,500    (注)1            普通株式    30,000    (注)1
      及び数(株)      ※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)               ※                      同左
                         1 (注)2
                         自   2015年7月3日
      新株予約権の行使期間         ※
                                           同左
                         至   2045年7月2日
      新株予約権の行使により株式を発行する場
                         発行価格  718
      合の株式の発行価格及び資本組入額(円)                                     同左
                         資本組入額 359           (注)3
      ※
      新株予約権の行使の条件          ※
                         (注)4                  同左
                         譲渡による新株予約権の取得について
      新株予約権の譲渡に関する事項             ※
                         は、当社の取締役会の承認を要するも                  同左
                         のとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                         (注)5                  同左
      関する事項     ※
                              事業年度末現在                  提出日の前月末現在

                             (2019年3月31日)                  (2019年5月31日)
      決議年月日                   2016年6月16日                   同左
                         当社取締役(社外取締役を除く) 6
                                            同左
      付与対象者の区分及び人数(名)                   当社執行役員          6
                         当社子会社取締役        1
      新株予約権の数(個)         ※
                         483                   446
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容
                         普通株式    48,300    (注)1            普通株式    44,600    (注)1
      及び数(株)      ※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)               ※
                         1 (注)2                   同左
                         自   2016年7月5日
      新株予約権の行使期間         ※
                                            同左
                         至   2046年7月4日
      新株予約権の行使により株式を発行する場
                         発行価格  532
      合の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                            同左
                         資本組入額 266           (注)3
      ※
      新株予約権の行使の条件          ※                           同左
                         (注)4
                         譲渡による新株予約権の取得について
      新株予約権の譲渡に関する事項             ※      は、当社の取締役会の承認を要するもの                   同左
                         とする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                         (注)5                   同左
      関する事項     ※
                                  22/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                             事業年度末現在                 提出日の前月末現在

                            (2019年3月31日)                  (2019年5月31日)
      決議年月日                   2017年6月15日                  同左
                         当社取締役(社外取締役を除く) 6
                                           同左
      付与対象者の区分及び人数(名)
                         当社執行役員          7
      新株予約権の数(個)         ※
                         272                  251
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容
                         普通株式    27,200    (注)1            普通株式    25,100    (注)1
      及び数(株)      ※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)               ※
                         1 (注)2                  同左
                         自   2017年7月4日
      新株予約権の行使期間         ※
                                           同左
                         至   2047年7月3日
      新株予約権の行使により株式を発行する場
                         発行価格  1,015
      合の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                           同左
                         資本組入額 508           (注)3
      ※
      新株予約権の行使の条件          ※         (注)4                  同左
                         譲渡による新株予約権の取得について
      新株予約権の譲渡に関する事項             ※
                         は、当社の取締役会の承認を要するも                  同左
                         のとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                         (注)5                  同左
      関する事項     ※
                             事業年度末現在                 提出日の前月末現在

                            (2019年3月31日)                  (2019年5月31日)
      決議年月日                   2018年6月14日                  同左
                         当社取締役(社外取締役を除く) 7
      付与対象者の区分及び人数(名)                                     同左
                         当社執行役員          4
      新株予約権の数(個)                   174                  162
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容
                         普通株式    17,400    (注)1            普通株式    16,200    (注)1
      及び数(株)
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                   1 (注)2                  同左
                         自   2018年7月3日
      新株予約権の行使期間                                     同左
                         至   2048年7月2日
      新株予約権の行使により株式を発行する場                   発行価格  1,755
                                           同左
                         資本組入額 878           (注)3
      合の株式の発行価格及び資本組入額(円)
      新株予約権の行使の条件                                     同左
                         (注)4
                         譲渡による新株予約権の取得について
      新株予約権の譲渡に関する事項                   は、当社の取締役会の承認を要するも                  同左
                         のとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                         (注)5                  同左
      関する事項
                                  23/102





                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      決議年月日                   2019年6月13日

                         当社取締役(社外取締役を除く)7
      付与対象者の区分及び人数(名)
                         当社執行役員         2
      新株予約権の数(個)                   150
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容
                         普通株式    15,000    (注)1
      及び数(株)
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                   1 (注)2
                         自   2019年7月2日
      新株予約権の行使期間
                         至   2049年7月1日
                         発行価格  未定
      新株予約権の行使により株式を発行する場
                         資本組入額 未定         (注)3
      合の株式の発行価格及び資本組入額(円)
      新株予約権の行使の条件
                         (注)4
                         譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の承認
      新株予約権の譲渡に関する事項
                         を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                         (注)5
      関する事項
     (注)1.新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は100株とする。なお、新株

          予約権を割り当てる日後、当社が普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当を含む。)又は株
          式併合を行う場合、新株予約権のうち、当該株式分割又は株式併合の時点で行使されていない新株予約権につ
          いて、付与株式数を次の算式により調整する。
           調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割又は併合の比率
          調整後付与株式数は、株式分割の場合は、当該株式分割の基準日の翌日以降、株式併合の場合は、その効力発
          生日以降、これを適用する。また、上記の他、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたとき
          は、当社は、当社の取締役会において必要と認められる付与株式数の調整を行うことができる。なお、上記の
          調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
        2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる株式

          1株当たりの金額を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
        3.資本組入額

         (1)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
           の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる
           場合は、これを切り上げるものとする。
         (2)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記(1)に記載の資本
           金等増加限度額から上記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        4.新株予約権の行使の条件

         (1)新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、新株予約権の行使期間内にお
           いて、当社及び当社子会社の取締役、監査役、執行役員及び使用人(嘱託社員を除く)のいずれの地位
           をも喪失した日の翌日から10日(10日目が休日に当たる場合には翌営業日)を経過する日までの間に限
           り、新株予約権を一括してのみ行使できるものとする。
         (2)新株予約権者が、当社及び当社子会社の取締役、監査役、執行役員及び使用人(嘱託社員を除く)のい
           ずれかに在任中若しくは在職中に死亡した場合又はこれらの地位を喪失した日の翌日から10日を経過す
           る日までの間に死亡した場合、その者の相続人は、その者が死亡した日の翌日から6ヵ月を経過する日
           までの間に限り、新株予約権を一括してのみ行使することができるものとする。
                                  24/102





                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
         割会社となる場合に限る。)、株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下、「組織再編                 成 行為」という。)をする場合において、組織再編                       成 行為の効力発生日
         (吸収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立会社成立の日、吸収分割につ
         き吸収分割の効力発生日、新設分割につき新設分割設立会社成立の日、株式交換につき株式交換がその効力を
         生ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前において残存す
         る新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につ
         き、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予
         約権をそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予
         約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、
         吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた
         場合に限る。
         (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1.に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記(3)
           に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           再編後行使価額は、交付される新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
           の株式1株当たり1円とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編                           成 行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新
           株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           (注)3.に準じて決定する。
         (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
           る。
         (8)新株予約権の行使条件
           (注)4.に準じて決定する。
         (9)新株予約権の取得条項
           以下に準じて決定する。
           ①  新株予約権者が、権利を行使する前に、新株予約権の行使条件に該当しなくなった場合、当社は、当社
             の取締役会が別途定める日をもって当該新株予約権を無償で取得することができる。
           ②  当社は、以下イ、ロ又はハの議案が当社の株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は当
             社の取締役会で承認された場合)は、当社の取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得する
             ことができる。
             イ.当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
             ロ.当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
             ハ.当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
                                  25/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
               発行済株式        発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金        資本準備金
        年月日
              総数増減数(株)        総数残高(株)        (百万円)        (百万円)      増減額(百万円)        残高(百万円)
     2014年6月20日
               △3,000,000        86,000,000            -     12,279          -      19,453
     (注)
     (注)自己株式の消却による減少であります。
       (5)【所有者別状況】

                                                   2019年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満
           政府及び
                                                       株式の状
      区分                            外国法人等
                     金融商品     その他の                 個人その
           地方公共     金融機関                                   計
                                                       況(株)
                     取引業者     法人                 他
                                個人以外       個人
           団体
     株主数
              -     39     43     103      268      28   14,186       14,667        -
     (人)
     所有株式
     数         -  343,087      15,120      2,708     353,194        678   145,114       859,901       9,900
     (単元)
     所有株式
     数の割合         -   39.90      1.76      0.31     41.07      0.08     16.88        100      -
     (%)
      (注)1.自己株式1,328,696株は「個人その他」に13,286単元及び「単元未満株式の状況」に96株を含めて記載して
           おります。なお、2019年3月31日現在における自己株式の実保有株式数は、株主名簿上の自己株式数と同
           じく1,328,696株であります。
         2.上記「その他の法人」の中には証券保管振替機構名義の株式が44単元含まれております。
                                  26/102












                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                    2019年3月31日現在
                                                       発行済株式
                                                       (自己株式
                                                       を除く。)
                                                所有株式数
                                                       の総数に対
             氏名又は名称                       住所
                                                 (株)
                                                       する所有株
                                                       式数の割合
                                                       (%)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                            東京都中央区晴海1丁目8-11                     16,087,600       19.00
     (信託口)
                            ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA
     SSBTC   CLIENT    OMNIB   US  ACCOUNT
                            02111                      6,504,132       7.68
     (常任代理人 香港上海銀行東京支店 カス
     トディ業務部)
                            (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信
                                                 4,626,800       5.46
                            東京都港区浜松町2丁目11番3号
     託口)
                            ▶ EMBARCADERO      CTR  STE  550  SAN
     BBH  FOR  MATTHEWS     JAPAN   FUND
                            FRANCISCO     CALIFORNIA      ZIP  CODE:   94111      2,818,100       3.33
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)
                            (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
                            東京都千代田区丸の内2丁目1-1                      1,440,000       1.70
     明治安田生命保険相互会社
                            BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO   0107
     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                            NO                      1,409,200       1.66
     (シティバンク、エヌ・エイ東京支店)
                            (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
                            東京都中央区晴海1丁目8-12
     資産管理サービス信託銀行株式会社(証券投
                                                 1,390,000       1.64
     資信託口)
                            晴海トリトンスクエアタワーZ
     日本トラスティサービス信託銀行株式会社
                            東京都中央区晴海1丁目8-11                      1,364,500       1.61
     (信託口5)
     日本トラスティサービス信託銀行株式会社
                            東京都中央区晴海1丁目8-11                      1,364,100       1.61
     (信託口9)
                                                 1,324,800       1.56
     株式会社三菱UFJ銀行                      東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
                                     -            38,329,232       45.27
               計
     (注)1.     2019年4月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、キャピタル・リサーチ・アンド・マ
          ネージメント・カンパニーから2019年3月29日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、
          当社として当事業年度末時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況                                            には含めてお
          りません。
                                               保有株券等
                                                       株券等保有
            氏名又は名称                       住所
                                                       割合(%)
                                               の数(株)
                          アメリカ合衆国カリフォルニア州、ロスア
     キャピタル・リサーチ・アンド・マネージ
                          ンジェルス、サウスホープ・ストリート
     メント・カンパニー
                          333
                                                5,364,377         6.24
     (Capital     Reserch    and  Management
                          (333   South   Hope   Street,    Los  Angeles,
     Company)
                          CA  90071,    U.S.A.)
                                                5,364,377         6.24
               計                    -
                                  27/102






                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        2.  2018年12月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、三井住友信託銀行株式会社及びその
          共同保有者から2018年12月14日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当事
          業年度末時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況                                     には含めておりません。
                                               保有株券等
                                                       株券等保有
            氏名又は名称                       住所
                                                       割合(%)
                                               の数(株)
                                                 350,000        0.41
     三井住友信託銀行株式会社                     東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
     三井住友トラスト・アセットマネジメント
                                                2,948,500         3.43
                          東京都港区芝公園一丁目1番1号
     株式会社
                                                3,151,800         3.66
     日興アセットマネジメント株式会社                     東京都港区赤坂九丁目7番1号
                                                6,450,300         7.50

               計                    -
        3.  2018年12月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、アセットマネジメントOne株式会社

          から2018年11月30日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当事業年度末時
          点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況                                には含めておりません。
                                               保有株券等
                                                       株券等保有
            氏名又は名称                       住所
                                               の数(株)        割合(%)
                                                5,558,500         6.46
     アセットマネジメントOne株式会社                     東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
                                                5,558,500         6.46

               計                    -
        4.  2018年5月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、ブラックロック・ジャパン株式会社

          及びその共同保有者から2018年5月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社と
          して当事業年度末時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況                                         には含めておりませ
          ん。
                                               保有株券等
                                                       株券等保有
            氏名又は名称                       住所
                                                       割合(%)
                                               の数(株)
                                                1,414,900         1.65
     ブラックロック・ジャパン            株式会社        東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
     ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・
                          ルクセンブルク大公国           L-1855    J.F.ケネ
     エー                                           476,400        0.55
                          ディ通り     35A
     (BlackRock(Luxembourg)S.A.)
     ブラックロック・アセット・マネジメン
                          〒1  アイルランド共和国          ダブリン     イン
     ト・アイルランド・リミテッド
                                                 182,970        0.21
                          ターナショナル・ファイナンシャル・サー
     (BlackRock      Asset   Management      Ireland
                          ビス・センター        JPモルガン・ハウス
     Limited)
     ブラックロック・ファンド・アドバイザー
                          米国   カリフォルニア州         サンフランシスコ
     ズ                                           991,700        1.15
                          市  ハワード・ストリート           400
     (BlackRock      Fund   Advisors)
     ブラックロック・インスティテューショナ

                          米国   カリフォルニア州         サンフランシスコ
     ル・トラスト・カンパニー、エヌ.エイ.
                                                 529,600        0.62
                          市  ハワード・ストリート           400
     (BlackRock      Institutional       Trust   Company
     N.A.)
                                                3,595,570         4.18
               計                    -
                                  28/102





                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        5.  2018年4月16日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、三菱UFJフィナンシャル・グルー
          プ株式会社及びその共同保有者から2018年4月9日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているもの
          の、当社として当事業年度末時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況                                              には含め
          ておりません。
                                               保有株券等
                                                       株券等保有
            氏名又は名称                       住所
                                                       割合(%)
                                               の数(株)
                                                1,324,800         1.54
     株式会社三菱      UFJ   銀行            東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
                                                2,475,000         2.88

     三菱  UFJ   信託銀行株式会社                東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                                                 264,100        0.31

     三菱  UFJ   国際投信株式会社                東京都千代田区有楽町一丁目12番1号
                          東京都千代田区神田駿河台二丁目3番地11                      101,000        0.12

     エム・ユー投資顧問株式会社
                                                4,164,900         4.84

               計                    -
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                          株式数(株)            議決権の数(個)
            区分                                         内容
                                   -           -       -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -           -       -
     議決権制限株式(その他)                             -           -       -

     完全議決権株式(自己株式等)                          1,328,600               -        -

                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                         84,661,500             846,615          -
                      普通株式
                                 9,900             -       -
     単元未満株式                普通株式
                               86,000,000               -       -
     発行済株式総数
                                   -         846,615          -
     総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が4,400株含まれております。また、
         「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数44個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                                                    対する所有株式数
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
                  東京都千代田区丸の
     ネットワンシステムズ
                  内二丁目7番2号J            1,328,600           -    1,328,600            1.54
     株式会社
                  Pタワー
                      -        1,328,600           -    1,328,600            1.54
          計
                                  29/102






                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】普通株式
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                                                    価額の総額

                    区分                    株式数(株)
                                                     (円)
      当事業年度における取得自己株式                                        428          53,172
      当期間における取得自己株式                                        -            -

     (注)1.     当事業年度における取得自己株式は、譲渡制限付株式報酬に関する株式の無償取得400株、単元未満株式の買
        取り28株によるものであります。
        2.当期間における取得自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
        りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                           株式数(株)                 株式数(株)
                                     (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                          -         -        -         -

      消却の処分を行った取得自己株式                          -         -        -         -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                -         -        -         -
      行った取得自己株式
      その他(注1)                        56,000       44,046,772          13,500       10,615,442
      保有自己株式数                       1,328,696             -    1,315,196             -

     (注)1.当事業年度の内訳は新株予約権の権利行使(株式数39,600株、処分価額の総額31,147,092円)及び譲渡制限
        付株式報酬としての自己株式の処分(株式数16,400、処分価額の総額12,899,680)であります。また、当期間は
        新株予約権の権利行使であります。
        2.  当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの                                          新株予約権(ス
        トック・オプション)の権利行使及び                 単元未満株式の買取りによる株式数は含まれておりません。
                                  30/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、「企業価値の向上による株主利益の増大を目指すとともに、経営基盤の拡充と成長力の源泉である株主資
       本の充実を図り、長期にわたり安定的かつ業績を適正に反映した利益還元を行っていく」ことを基本方針としていま
       す。これらの観点から当面の配当性向の水準につきましては、『連結配当性向30%以上』を目標といたしておりま
       す。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の
       決定機関は、中間配当については取締役会、期末配当については株主総会であります。
        当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき、普通配当33円に創立30周年記念配当4円を加えて、1株当
       たり37円の配当(うち中間配当17円)を実施することを決定し、その結果、連結配当性向は                                          72.4%   となりました。
        内部留保資金につきましては、自己資本の充実を図る一方で、経営基盤の拡充と成長力の維持及び強化のために有
       効な投資を行いたいと考えています。
        当社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨定款に定めていま
       す。
        なお、当事業年度の剰余金の配当は以下のとおりであります。
                           配当金の総額(百万円)                   1株当たり配当額(円)
           決議年月日
                                   1,439                   17.00
     2018年10月25日         取締役会決議
                                   1,693                   20.00

     2019年6月13日         定時株主総会決議
                                  31/102














                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社の経営ビジョンは「すべてのステークホルダーから信頼され支持される企業(アドマイヤード・カンパ
        ニー)になること」です。
         お客様、パートナー、株主、社員への責任を果たし、ICT市場、市民社会、地球環境への貢献を怠らないこ
        とによってアドマイヤード・カンパニーになることが実現できると考えています。また、自己の判断ではなく第
        三者が認めてこそ真のアドマイヤード・カンパニーであると考え、ステークホルダーの皆様からアドマイヤー
        ド・カンパニーとして最高の評価をいただけるよう、不断の努力と研鑽を続けてまいります。
         当社は、上記の経営ビジョンのもと、継続した成長を最大の目標としております。当社は、当該目標を達成
        し、中長期的な企業価値の向上を図るため、透明・公正かつ迅速果断な意思決定を実現するコーポレート・ガバ
        ナンスの充実・強化に継続的に取り組みます。
         なお、当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方及び枠組みを定めた「コーポレートガバナン
        ス・ガイドライン」を、当社のウェブサイトにおいて公表しております。
         https://www.netone.co.jp/ir/policy/governance.html
        ②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由(提出日現在)

         当社は、監査役会設置会社であり、取締役会の30%以上を構成する独立社外取締役による経営・職務執行の監
        督に加え、監査役会の半数以上を構成する独立社外監査役による取締役の職務執行の監査、執行役員制度の導入
        による取締役会の経営管理・監督機能強化及び業務執行の効率化・迅速化並びに諮問委員会による取締役及び執
        行役員の選任、解任及び報酬等の公正性・客観性の確保を通して、実効性の高いコーポレート・ガバナンス体制
        の構築を図っております。
         1)取締役及び取締役会









           当社の取締役会は、独立社外取締役4名(全員を東京証券取引所へ独立役員として届出)を含む11名(男性
          10名、女性1名)で構成され、原則として月1回の開催とし、法令及び定款に定める事項のほか、経営ビジョ
                                  32/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
          ンや経営方針、中期事業計画その他経営・業務執行に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務執行
          状況の報告等を通して、経営全般についての監督を行っております。
          (当事業年度における体制 代表取締役会長吉野孝行(議長)、代表取締役社長荒井透、取締役川口貴久、同
          平川慎二、同竹下隆史、同田中拓也、同片山典久、社外取締役河上邦雄、同今井光雄、同西川理恵子、同早野
          龍五)
           また、当社は、社内規程により取締役会の決議を要さない事項の決裁権限を代表取締役社長のもとに設置し
          た経営委員会(月2回程度開催)又は執行役員等に委任することにより、取締役会の機能に関し、経営管理・
          監督機能に重点化を図り、経営の透明性及び公正性を確保するとともに、迅速かつ効率的な業務遂行体制を構
          築しております。
         2)監査役及び監査役会

           当社の監査役会は、独立社外監査役3名(全員を東京証券取引所へ独立役員として届出)を含む4名(男性
          4名、女性0名)で構成され、原則として月1回の開催とし、取締役の職務執行の監査、会計監査人の選解任
          や監査報酬に係る権限の行使等を行っております。
          (当事業年度における体制 常勤監査役松田徹(議長)、社外監査役菊池正道、同堀井敬一、同須田秀樹)
           また、監査役は、取締役会、経営委員会、諮問委員会、リスク・コンプライアンス委員会及び投融資委員会
          等の重要な会議へ出席し、経営・業務執行に関する重要事項等の審議に際しては適宜意見を述べるとともに、
          経営・業務執行状況の報告を聴取しております。
         3)各種委員会

          ・諮問委員会
           経営の透明性・公正性を高め、コーポレート・ガバナンスを強化するため、取締役会の諮問機関として設置
          しております。社外取締役が議長を務め、代表取締役、社外取締役、常勤監査役及び社外監査役で構成され、
          取締役及び執行役員の選任、解任及び報酬等に関する事項を審議及び答申しております。
          (当事業年度における体制 社外取締役河上邦雄(議長)、同今井光雄、同西川理恵子、同早野龍五、社外監
          査役菊池正道、同堀井敬一、同須田秀樹、代表取締役会長吉野孝行、代表取締役社長荒井透、常勤監査役松田
          徹)
          ・投融資委員会
           取締役会による投融資に係る事項の適切かつ効率的な意思決定体制を構築するため、取締役会の諮問機関と
          して設置し、投融資に係る事項を審議・決定しております。当事業年度は、経営企画本部担当の取締役が委員
          長を務め、取締役及び執行役員で構成されました。
          ・経営委員会
           取締役会の機能に関し、経営管理・監督機能に重点化を図り、経営の透明性及び公正性を確保するととも
          に、迅速かつ効率的な業務遂行体制を構築するため、代表取締役社長のもとに設置し、社内規程により取締役
          会の決議を要さない事項の決裁権限を委任しており、会社経営上基本的又は重要な事項につき適切かつ迅速に
          審議・決定しております。当事業年度は、代表取締役社長が委員長を務め、代表取締役会長、代表取締役社
          長、取締役、執行役員及び理事で構成されました。
          ・リスク・コンプライアンス委員会
           当社グループのコンプライアンス強化を推進するとともに、企業価値の持続的な向上を図るため、経営委員
          会の諮問機関として設置し、当社グループのリスク管理活動及びコンプライアンス活動に係る重要事項を審議
          及び答申しております。当事業年度は、管理本部担当の取締役が委員長を務め、当社及び子会社の取締役及び
          部長で構成されました。
        ③内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況

         取締役会において、「内部統制システムの基本方針」を定め、これに基づいて運用を行っております。
         それらの概要は、以下のとおりであります。
         [内部統制システムの基本方針]

         1)取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          イ.法令及び定款の規定により取締役会の決議を要する事項並びに経営・業務執行に関する重要事項は取締役
            会において審議・決定します。
                                  33/102


                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
          ロ.取締役会の監督機能を強化するため、社外取締役を選任し、また、取締役の選任、解任及び報酬等に関す
            る事項を審議するため、諮問委員会を設置しております。
          ハ.監査役は、法令及び定款との適合性の観点から取締役の職務の執行を監査し、また、監査役会は、監査に
            関する重要事項について、取締役からの報告を受け、監査役間で協議を行い、又は決議します。
         2)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

           当社における文書の保存及び管理については、「文書管理規程」に定めるところにより行います。
         3)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          イ.経済環境の変化、市場や顧客ニーズの変化等のビジネスリスクについては、事業・投資に係る主管部門が
            関係部門の支援・協力を得て、自ら把握・評価し、適時適切に対応します。また、新たな事業・投資につ
            いては、各主管部門が関係部門の支援・協力を得て、事前にビジネスリスクについて調査・検討を行った
            後、投融資委員会の審議を経て、取締役会又は経営委員会の決定により、実行します。
          ロ.大規模地震、風水害、感染症等の自然災害や疾病により事業継続が困難となるリスク、取締役及び従業員
            の不正行為や機密情報の漏えいにより会社の信用を失墜し事業が停滞するリスク等、オペレーショナルリ
            スクについては、リスク・コンプライアンス委員会の審議を経て、経営委員会にて各事業年度の重要な管
            理対象リスクを決定し、リスク・コンプライアンス委員会を定期的に開催しながら、全社的なリスク管理
            活動を展開します。併せて、当社のリスク管理の基本方針・体制等を定めたリスク管理規程及び関連諸規
            程の整備・運用改善を図ります。
         4)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          イ.執行役員制度を導入し、取締役会の機能を経営管理・監督機能に重点化することにより、コーポレート・
            ガバナンスの強化を図るとともに、経営管理・監督機能から分離された業務執行機能の迅速かつ効率的な
            遂行体制を構築します。
          ロ.取締役会決議事項を除く経営・業務執行に関する重要事項については、経営委員会において審議・決定し
            ます。
          ハ.主要な事項の執行決定とプロセスは職務権限基準表に定めるところによります。
          ニ.業務効率向上の観点から、業務システムの継続的な見直しと改善を図るとともに、これを支える情報シス
            テム基盤の整備・拡充を図ります。
         5)従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

          イ.リスク・コンプライアンス委員会は、コンプライアンス体制に関する重要事項の審議・決定及び運用状況
            の確認を行うとともに、重大なコンプライアンス違反が発生した場合には、調査結果に基づく事実認定を
            行い、再発防止策を審議・決定します。コンプライアンス違反が認められた場合には、違反した従業員を
            就業規則により処分します。
          ロ.「誠実と信頼」(Integrity               & Trust)を共通の価値観と定め、取締役及び従業員が遵守すべき具体的な行
            動基準を示したグループ・コンプライアンス・マニュアル並びに取締役及び従業員の倫理基準を示した倫
            理規程を制定し、コンプライアンスが当社の継続的成長及び企業価値向上の基礎となるという考えのも
            と、コンプライアンス研修を計画的かつ継続的に実施します。
          ハ.コンプライアンス違反に関する通報及び相談窓口を社内外に1箇所ずつ設置しているほか、取締役及び執
            行役員のコンプライアンス違反に関する報告・相談を常勤監査役が受け付ける窓口も設置しております。
            また、社外の通報・相談窓口は匿名方式による報告・相談も受け付けております。さらに、内部通報制度
            に関する周知を徹底し、通報・相談者が安心して通報・相談窓口を利用できる環境を整備します。
         6)当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

          イ.当社グループ各社の管理の主管部門を設置し、投融資等管理規程に基づき定期的に報告を受けるととも
            に、重要事項の決定に際しては事前に協議します。また、定期的にグループ事業連絡会を開催し、当社グ
            ループ各社の諸課題等を共有します。
                                  34/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
          ロ.当社グループ全体のリスク管理について定めるリスク管理規程を策定し、当社グループ全体のリスク管理
            活動を推進するとともに、リスク・コンプライアンス委員会には、子会社からも委員を選任し、当社グ
            ループとして運営しております。また、当社グループに重大な影響を与える事象が発生した場合には、緊
            急事態対策規程に基づき、迅速かつ円滑な対応を実施します。
          ハ.中期事業計画を子会社も参画しながら策定し、子会社の経営状況等を定期的に報告させるとともに、その
            進捗状況等を管理します。
          ニ.グループ・コンプライアンス・マニュアルを通じて、当社グループとしての価値観、行動基準を共有する
            とともに、リスク・コンプライアンス委員会においては当社グループのコンプライアンスに関する重要事
            項を審議・決定しております。また、当社の通報・相談窓口は、当社グループの役員及び従業員からの通
            報及び相談にも対応します。
          ホ.当社の取締役又は従業員を子会社の取締役及び監査役として任命・派遣し、子会社の業務執行状況の監
            督・監査を行います。
          ヘ.金融商品取引法に基づく財務報告の信頼性確保に関しては、子会社との連携により、当社グループの内部
            統制の整備・運用状況を定期的に把握・評価するとともに、その維持・改善を図ります。
         7)監査役がその職務を補助すべき従業員を置くことを求めた場合における当該従業員に関する事項

           監査役の職務を補助すべき従業員を内部監査室に配置するものとします。
         8)監査役の職務を補助すべき従業員の取締役からの独立性に関する事項及び監査役の当該従業員に対する指示

           の実行性の確保に関する事項
          イ.監査役の職務を補助すべき従業員の人事異動及び人事評価等に関しては、監査役の同意を得ることとし、
            取締役からの独立性を確保します。
          ロ.監査役の職務を補助すべき従業員が監査役からその職務に関して必要な指示を受けた場合、当該指示に従
            うよう必要な体制を整備します。
         9)監査役への報告に関する体制及び監査役に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを

           受けないことを確保するための体制
          イ.取締役が取締役の不正行為、法令・定款に違反する行為及び当社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実
            を発見した場合は、直ちに監査役に報告するものとします。
          ロ.内部監査室は、内部監査の計画及び実施状況の結果を監査役へ報告します。
          ハ.当社グループの役員及び従業員が監査役からその職務執行に関する報告を求められた場合、速やかに当該
            事項について報告するものとします。
          ニ.グループ会社監査役連絡会を定期的に開催し、子会社の監査役から子会社における監査の実施状況等につ
            いて報告を受けるものとします。
          ホ.当社グループの役員及び従業員は、当社グループに著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見した場
            合、直ちに当社の監査役に報告するものとします。
          ヘ.監査役への報告を行った当社グループの役員及び従業員に対し、当該報告を行ったことを理由として不利
            な取扱いを行うことを禁止するとともに、通報・相談窓口の果たす役割と通報・相談の秘密厳守を積極的
            に周知し、当社グループの役員及び従業員が安心して通報・相談できる環境を整備します。
         10)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の職務の執行について生ずる費用又は

           債務の処理に係る方針に関する事項その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          イ.監査役は、取締役会及び経営委員会への出席を通じ、取締役と情報を共有し、意見交換を行います。
          ロ.監査役は、半期に1回以上、会計監査人と意見交換を行うとともに、必要に応じて当社関係部門及び顧問
            弁護士との間で意見交換を行うこととしております。
          ハ.監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の請求をしたときは、当該請求に係る費用又
            は債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処
            理します。
                                  35/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         11)反社会的勢力排除に向けた基本的考え方及び体制
          イ.グループ・コンプライアンス・マニュアルにおいて「反社会的勢力との交際禁止」を行動基準として明記
            し、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは取引関係その他一切の関係を持たないことを
            基本方針としております。
          ロ.当社が会員となっている公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会・地区協議会、所轄警察署、顧
            問弁護士等外部専門機関との密接な連携のもと、反社会的勢力に関する情報収集と適切な助言・協力を確
            保できる体制を整備・強化するとともに、当社グループ内のコンプライアンス研修等を通じて、反社会的
            勢力排除の周知徹底を図ります。
         [内部統制システムの運用状況の概要]

         1)リスク・コンプライアンス体制
          イ.リスク・コンプライアンス委員会の                   開催
             当事業年度中は、管理本部担当の取締役を委員長とし、委員には当社及び子会社の取締役及び部長を任
            命し、計11回開催しました。
          ロ.コンプライアンスに関する取組
             通報・相談窓口の運用、従業員及び協力会社社員を対象としたアンケート調査、教育啓蒙活動(eラー
            ニング及び宣誓、全社員を対象としたコンプライアンス講話、新入社員・中途入社社員を対象とした研修
            等)を実施しました。
             また、リスク・コンプライアンス委員会においては、通報・相談窓口の利用状況やアンケート調査結果
            の確認等を実施しております。
             なお、当事業年度において、法令違反等に関わる重大な通報・相談案件はありませんでした。
          ハ.リスク管理に関する取組
             リスク・コンプライアンス委員会において、当事業年度における当社グループの重要な管理対象リスク
            を決定するとともに、各リスクの主管部門によるリスク管理活動について、モニタリングと分析・評価を
            実施しながら、四半期毎に経営委員会へ報告するとともに、適宜その指示を受けることによりリスク管理
            活動の改善・強化を図りました。
             また、大規模地震の発生を想定したBCP訓練(全社での安否確認訓練・中核業務の代替拠点への切替
            訓練)を当事業年度中に2回実施しました。
             なお、当事業年度において、当社グループの経営に重大な影響を与えるリスクの発生はありませんでし
            た。
         2)効率的業務執行体制

           社内規程に定めた取締役会及び経営委員会での決議事項等の意思決定ルールに基づき、取締役会(当事業年
          度中に計12回(その他、取締役会決議があったものとみなす書面決議が計3回)開催)及び経営委員会(当事
          業年度中に計21回開催)において、各付議事項を審議し、効率的な意思決定を行っています。
         3)子会社管理体制

           子会社の取締役及び監査役には当社の取締役又は従業員を任命しております。
           当社グループ各社の管理の主管部門は、社内規程の定めにより、子会社の事業計画等を経営委員会に付議し
          その承認を得るとともに、その経営状況について取締役会、経営委員会及び投融資委員会へ報告しておりま
          す。
           また、当事業年度において、グループ事業連絡会は10回開催しました。
         4)監査役監査体制

           監査役は、取締役会、経営委員会、諮問委員会、リスク・コンプライアンス委員会及び投融資委員会等の重
          要な会議へ出席するとともに、当社代表取締役との意見交換会(当事業年度中に2回開催)、当社グループの
          役員及び従業員からのヒアリング、グループ会社監査役連絡会(当事業年度中に2回開催)等を実施しまし
          た。
           また、会計監査人から、法令に基づく事業年度の監査結果についての定期報告を受け、内部統制システムの
          整備状況などについて情報交換、意見交換を実施しました。
                                  36/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        ④取締役(業務執行取締役等であるものを除く)及び監査役との間で締結している責任限定契約の内容の概要

         当社は、社外取締役及び監査役との間で、会社法第423条第1項の責任について、法令が規定する額を責任の限
        度額とする旨の責任限定契約を締結しております。
        ⑤取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
         また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
        ⑥株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めておりま
        す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
        的とするものであります。
        ⑦株主総会決議事項を取締役会で決議することができるとした事項及びその理由

         1)自己株式の取得
           当社は、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって、市場取引等により自己の株式を
          取得することができる旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策等の遂
          行を可能にするためであります。
         2)中間配当金

           当社は、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議によって、毎年9月30日の株主名簿に記録
          された株主又は登録株式質権者に対し、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主
          への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
         3)取締役及び監査役の責任免除

           当社は、会社法第426条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する
          取締役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含む)の責任を法令の定める範囲内で免
          除することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務の遂行にあたり、期待される
          役割を十分に発揮できるようにすることを目的とするものであります。
                                  37/102









                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    14名 女性 1名 (役員のうち女性の比率6.7%)
                                                         所有株
          役職名          氏名      生年月日                略歴            任期    式数
                                                         (株)
                                 1969年4月      日本電気エンジニアリング株式会社
                                      (現  NECフィールディング株式会
                                      社)入社
                                 1973年8月      東京エレクトロン株式会社入社
                                 1996年5月      米国フォアシステムズ入社
                                 1998年4月      日本シスコシステムズ株式会社(現
         代表取締役
                  吉野 孝行      1951年2月14日生                             (注)3    30,063
                                      シスコシステムズ合同会社)入社
          会長
                                 2003年7月      同社取締役     常務執行役員
                                 2007年10月      当社顧問
                                 2008年6月      当社代表取締役社長
                                 2011年4月      当社代表取締役社長        社長執行役員
                                 2018年6月
                                      当社代表取締役会長        (現任)
                                 1981年4月      菱電エレベータ施設株式会社入社
                                 1983年10月      文部省高エネルギー物理学研究所(現
                                      大学共同利用機関法人高エネルギー加
                                      速器研究機構)データ処理センター入
                                      所
                                 1988年8月      三菱商事株式会社入社(アンガマン・
                                      バス株式会社出向)
                                 1989年6月      アンガマン・バス株式会社入社
                                 1990年4月      当社入社
        代表取締役社長
                                 2006年4月      当社ネットワークテクノロジー本部長
                  荒井 透      1958年10月6日生                             (注)3    16,317
         社長執行役員
                                 2006年6月      当社取締役
                                 2008年8月
                                      Net  One  Systems   USA,  Inc.
                                      President    & CEO(現任)
                                 2011年4月      当社取締役     執行役員
                                 2014年4月      当社取締役     常務執行役員
                                 2018年6月      当社代表取締役社長        社長執行役員
                                 2019年4月
                                      当社代表取締役社長        社長執行役員
                                      ビジネス開発本部、カスタマーサービ
                                      ス本部各担当(現任)
                                  38/102









                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                         所有株

          役職名          氏名      生年月日                略歴            任期    式数
                                                         (株)
                                 1976年4月      東京エレクトロン株式会社入社
                                 1996年10月      兼松株式会社入社
                                 1999年10月      兼松エアロスペース株式会社取締役営
                                      業部長
                                 2002年4月      同社代表取締役社長
                                 2004年4月      シスコシステムズ株式会社(現            シス
                                      コシステムズ合同会社)入社
                                 2004年8月      同社執行役員
                                 2008年11月      当社顧問
                                 2009年1月      ネットワンパートナーズ株式会社             常
                                      務執行役員
                                 2009年6月      同社取締役 常務執行役員
          取締役
         執行役員         川口 貴久      1953年10月28日生                             (注)3    26,618
                                 2013年10月      Net  One  Systems   Singapore
         管理本部長
                                      Pte.Ltd.President        & CEO(現任)
                                 2014年4月      当社執行役員
                                 2014年10月      ネットワンパートナーズ株式会社代表
                                      取締役社長 社長執行役員
                                 2015年4月      当社執行役員
                                 2015年6月      当社取締役     執行役員
                                 2018年4月      ネットワンパートナーズ株式会社代表
                                      取締役会長
                                 2019年4月
                                      当社取締役 執行役員 管理本部長
                                      (現任)
                                 2019年6月
                                      ネットワンパートナーズ株式会社取締
                                      役会長(現任)
                                 1983年4月      株式会社寺岡精工入社
                                 1987年8月      久保田鉄工株式会社(現          株式会社ク
                                      ボタ)入社
                                 1988年8月      昭和電線電纜株式会社(現           昭和電線
                                      ケーブルシステム株式会社)入社
                                 1999年5月      日本シスコシステムズ株式会社(現
          取締役
                                      シスコシステムズ合同会社)入社
         常務執行役員
                                 2010年6月      同社公共システム事業部長
                  平川 慎二      1960年10月10日生                             (注)3     120
       東日本第1事業本部長
                                 2011年1月      当社入社
        西日本事業本部長
                                 2011年4月      当社執行役員
                                 2017年4月      当社常務執行役員
                                      ネットワンコネクト合同会社代表執行
                                      役社長
                                 2018年6月      当社取締役     常務執行役員      東日本第1
                                      事業本部長     西日本事業本部長
                                      (現任)
                                  39/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                         所有株

          役職名          氏名      生年月日                略歴            任期    式数
                                                         (株)
                                 1988年4月      アンガマン・バス株式会社入社
                                 1989年5月      当社入社
                                 2006年4月      ネットワークサービスアンドテクノロ
                                      ジーズ株式会社(現        ネットワンシス
          取締役
                                      テムズ株式会社)テクニカルサービス
         執行役員
                                      本部執行本部長(出向)
                  竹下 隆史      1965年3月28日生
                                                      (注)3    45,882
     東日本第2事業本部長、中部事
                                 2009年6月      同社取締役
         業本部担当
                                 2011年7月      当社執行役員
                                 2018年6月      当社取締役     執行役員    東日本第2事業
                                      本部長   中部事業本部担当(現任)
                                 2019年4月      ネットワンコネクト合同会社代表執行
                                      役社長(現任)
                                 1992年4月      日本ユニシス株式会社入社
                                 1996年8月      日本シスコシステムズ株式会社(現
                                      シスコシステムズ合同会社)入社
                                 2000年8月      同社西日本営業本部長
                                 2009年4月      当社入社
                                      ネットワンパートナーズ株式会社西日
                                      本営業本部長
          取締役
                                 2013年4月      同社執行役員
         執行役員
                  田中 拓也      1969年4月7日生                             (注)3     615
                                 2014年4月      同社取締役     執行役員
     管理本部 投融資・新規事業担
                                 2017年4月
                                      当社執行役員
           当
                                      ネットワンパートナーズ株式会社取締
                                      役 常務執行役員
                                 2018年4月      同社代表取締役社長        社長執行役員
                                      (現任)
                                 2018年6月
                                      当社取締役     執行役員
                                 2019年4月      当社取締役     執行役員    管理本部    投融
                                      資・新規事業担当(現任)
                                 1984年4月      鐘紡株式会社入社
                                 1989年4月      同社情報システム事業部市場開発グ
                                      ループ長
                                 1992年4月      マッジ・ジャパン株式会社ビジネス開
                                      発室長
                                 1997年1月      日本シスコシステムズ株式会社(現
                                      シスコシステムズ合同会社)製品企画
                                      部長
                                 2004年8月      同社執行役員
          取締役
                                 2008年11月      当社顧問
         常務執行役員
                  篠浦 文彦      1961年7月13日生                             (注)3      -
      ビジネス開発本部長、カスタ                           2009年1月      ネットワンパートナーズ株式会社執行
       マーサービス本部担当                               役員
                                 2011年4月      当社執行役員
                                 2018年4月      当社常務執行役員
                                 2019年4月      当社常務執行役員
                                      ビジネス開発本部長、カスタマーサー
                                      ビス本部担当
                                 2019年6月      当社取締役     執行役員
                                      ビジネス開発本部長、カスタマーサー
                                      ビス本部担当(現任)
                                  40/102





                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                         所有株

          役職名          氏名      生年月日                略歴            任期    式数
                                                         (株)
                                 1967年4月      関東電気工事株式会社(現           株式会社
                                      関電工)入社
                                 1999年7月      同社取締役営業本部副本部長兼エンジ
                                      ニアリング部長
                                 2003年7月      同社常務取締役ネットワークソリュー
                                      ション本部長
          取締役        河上 邦雄      1943年9月24日生
                                                      (注)3    28,412
                                 2008年6月      株式会社テプコシステムズ取締役
                                 2008年7月      株式会社関電工特別顧問
                                 2009年6月      当社取締役(現任)
                                 2010年6月      株式会社関電工顧問
                                 2012年12月      株式会社ゼコー取締役副社長
                                 1974年4月      日立電線株式会社(現         日立金属株式

                                      会社)入社
                                 2005年4月      同社執行役兼経営企画室長兼環境防災
                                      推進本部長兼CIO
                                 2006年9月      同社執行役兼情報システム事業本部長
                                      兼IT業革推進本部長兼CIO
          取締役        今井 光雄      1951年5月15日生
                                                      (注)3    11,638
                                 2007年4月      同社執行役常務兼情報システム事業本
                                      部長兼IT業革推進本部長兼CIO
                                 2009年4月      同社代表執行役      執行役社長
                                 2009年6月      同社代表執行役      執行役社長兼取締役
                                 2011年6月      同社特別顧問
                                 2012年6月
                                      当社取締役(現任)
                                 1985年4月      慶應義塾大学法学部専任講師

                                 1989年9月      ハーバード大学ロースクール訪問研究
                                      員
                                 1991年9月      フォーダム大学ロースクール訪問教授
                                 1992年4月      慶應義塾大学法学部助教授
          取締役        西川 理恵子      1955年2月3日生                             (注)3    4,654
                                 1999年10月      ジョージワシントン大学ロースクール
                                      訪問研究員
                                 2000年4月      慶應義塾大学法学部教授(現任)
                                 2003年8月      米州開発銀行外部コンサルタント
                                 2015年6月
                                      当社取締役(現任)
                                 1979年4月      東京大学理学部助手
                                 1982年11月      文部省高エネルギー物理学研究所(現
                                      大学共同利用機関法人高エネルギー加
                                      速器研究機構)助教授
                                 1985年4月      東京大学理学部客員助教授
                                 1986年4月      同大学理学部物理助教授
                                 1997年1月      同大学大学院理学系研究科教授
                                 2015年6月      公益財団法人放射線影響研究所評議員
                                      (現任)
                                 2016年8月      公益社団法人才能教育研究会(スズ
          取締役        早野 龍五      1952年1月3日生                             (注)3      86
                                      キ・メソード)代表理事(現任)
                                 2017年4月      株式会社ほぼ日サイエンスフェロー
                                      (現任)
                                 2017年5月      合同会社早野龍五事務所代表社員
                                      (現任)
                                      一般財団法人重田教育財団(現            公益
                                      財団法人重田教育財団)理事(現任)
                                 2017年6月      東京大学名誉教授(現任)
                                 2018年4月      一般社団法人国際物理オリンピック
                                      2022協会理事(現任)
                                 2018年6月      当社取締役(現任)
                                  41/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                         所有株

          役職名          氏名      生年月日                略歴            任期    式数
                                                         (株)
                                 1977年4月      オリムピック釣具株式会社(現            マミ
                                      ヤ・オーピー株式会社)入社
                                 1979年5月      ゼネラルエアコン株式会社(現            株式
                                      会社デンソーエアシステムズ)入社
                                 1983年2月      株式会社ニコフランス(現           日本ロレ
                                      アル株式会社)入社
                                 1987年2月      高田クーパービジョン株式会社(現
                                      日本アルコン株式会社)入社
                                 1991年4月      当社入社
          監査役
                  松田 徹      1955年3月29日生                             (注)4      -
         (常勤)
                                 2000年4月      当社品質管理センター部長
                                 2002年9月      プロストレージ株式会社業務部長(出
                                      向)
                                 2006年4月
                                      当社ISMS推進室長
                                 2009年4月
                                      当社CSR推進部長
                                 2012年4月      当社総務部長
                                 2013年4月      当社内部監査室長
                                 2015年4月
                                      当社経営企画本部シニアエキスパート
                                 2015年6月
                                      当社監査役(現任)
                                 1970年4月      株式会社大丸(現       株式会社大丸松坂屋
                                      百貨店)入社
                                 1981年3月      公認会計士登録、夏目達郎事務所勤務
          監査役        菊池 正道      1947年7月8日生
                                 1981年11月      監査法人夏目事務所社員               (注)5      -
                                 1987年4月      同事務所代表社員
                                 2008年6月
                                      当社監査役(現任)
                                 2016年6月      監査法人夏目事務所顧問
                                 1979年4月
                                      弁護士登録(第一東京弁護士会)
                                      平沼高明法律事務所勤務
                                 1995年1月      原田・内田・椙山法律事務所(現             虎
                                      ノ門南法律事務所)パートナー(現
                                      任)
          監査役        堀井 敬一      1951年9月4日生                             (注)5      -
                                 1995年4月      第一東京弁護士会仲裁センター運営委
                                      員会委員(現任)
                                 2008年3月      マブチモーター株式会社監査役
                                 2011年6月      三和倉庫株式会社監査役
                                 2016年6月      当社監査役(現任)
                                 1966年4月      藤倉電線株式会社(現         株式会社フジ

                                      クラ)入社
                                 1987年7月      同社人事部次長
                                 1990年5月      同社佐倉工場次長
                                 1994年7月      同社理事 総務部長
                                 1998年7月      同社理事 地域開発部長
                                 2000年6月      フジクラ開発株式会社(現           株式会社フ
          監査役        須田 秀樹      1943年5月4日生
                                                      (注)5    2,393
                                      ジクラ)取締役社長
                                 2005年6月      株式会社フジクラ常勤監査役
                                 2007年6月      同社顧問
                                 2007年12月      株式会社藤給食センター顧問
                                 2012年6月      朝日ビル管戝株式会社(現           朝日ビル管
                                      財株式会社)顧問(現任)
                                 2016年6月      当社監査役(現任)
                                          計               166,798

      (注)1.       取締役    河上邦雄氏、今井光雄氏、西川理恵子氏及び早野龍五氏は、社外取締役であります。なお、当社は
           取締役    河上邦雄氏、今井光雄氏、西川理恵子氏及び早野龍五氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員
           として指定し、同取引所に届け出ております。
        2.    監査役    菊池正道氏、堀井敬一氏及び須田秀樹氏は、社外監査役であります。なお、当社は監査役                                          菊池正道
           氏、堀井敬一氏及び須田秀樹氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出
           ております。
                                  42/102


                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        3.    2019年6月13日開催の定時株主総会の終結の時から1年間。
        4.    2019年6月13日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
        5.    2016年6月16日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
        6.    所有株式数には、役員持株会における各自の持分を含めた実質所有株式数を記載しております。
           なお、提出日(2019年6月14日)現在における役員持株会の取得株式数を確認することができないため、
           2019年5月31日現在の実質所有株式数を記載しております。
        7.    当社では、取締役会の機能を経営管理・監督機能に重点化することにより、当社のコーポレート・ガバナン
           スの強化を図るとともに、経営管理・監督機能から分離された業務執行機能の迅速かつ効率的な遂行体制を
           構築するため、執行役員制度を導入しております。なお、提出日現在の執行役員は次の8名であります。
             氏 名      役職及び担当
            荒井   透
                   代表取締役社長 社長執行役員
            川口   貴久     取締役 執行役員         管理本部長
            平川   慎二     取締役 常務執行役員           東日本第1事業本部長 西日本事業本部長
            竹下   隆史     取締役 執行役員         東日本第2事業本部長 中部事業本部担当
            田中   拓也     取締役 執行役員         管理本部     投融資・新規事業担当
            篠浦   文彦     取締役 執行役員         ビジネス開発本部長、カスタマーサービス本部担当
            中村   淳一     執行役員     中部事業本部長
            福本   英雄     執行役員     管理本部副本部長 財務部・経理部・キャピタルサービス部担当
        ② 社外役員の状況

         1)当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
           当社の社外取締役は4名、社外監査役は3名であります。
           社外取締役河上邦雄氏は、株式会社関電工の出身者(2011年6月まで在籍)であり、同社との間には取引が
          ありますが、当事業年度の売上高は15百万円(当社の当事業年度の売上高の0.1%未満)、当事業年度の仕入
          高は109百万円(同社の2019年3月期の売上高の0.1%未満)に留まり一般株主と利益相反が生じるおそれはな
          いものと判断しております。また、同氏は、株式会社テプコシステムズの出身者(2009年6月まで在籍)であ
          り、同社との間には取引がありますが、当事業年度の売上高は145百万円(当社の当事業年度の売上高の0.1%
          未満)に留まり一般株主と利益相反が生じるおそれはないものと判断しております。
           社外取締役今井光雄氏は、日立金属株式会社の出身者(2013年6月まで在籍)であり、同社との間には取引
          がありますが、当事業年度の仕入高は15百万円(同社の2019年3月期の売上高の0.1%未満)に留まり一般株
          主と利益相反が生じるおそれはないものと判断しております。
           社外取締役西川理恵子氏は、現在、慶應義塾大学法学部教授であり、同大学との間には取引がありますが、
          当事業年度の売上高は4百万円(当社の当事業年度の売上高の0.1%未満)に留まり一般株主と利益相反が生
          じるおそれはないものと判断しております。
           社外取締役早野龍五氏は、現在、東京大学名誉教授であり、同大学との間には取引がありますが、当事業年
          度の売上高は1億36百万円(当社の当事業年度の売上高の0.1%未満)に留まり一般株主と利益相反が生じる
          おそれはないものと判断しております。
           なお、社外取締役河上邦雄氏、同今井光雄氏、同西川理恵子氏、同早野龍五氏及び社外監査役須田秀樹氏
          は、「① 役員一覧」に記載のとおり、当社株式を保有しております。
           その他の社外取締役、社外監査役と当社との間には人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はあ
          りません。
           当社は、全社外取締役4名及び全社外監査役3名の合計7名を東京証券取引所へ独立役員として届け出てお
          ります。
         2)当社の企業統治において果たす機能及び役割並びに当社からの独立性に関する基準又は方針の内容及び選任

           状況に関する考え方
           当社は、諮問委員会の審議を経たうえで社外取締役及び社外監査役の選任基準を以下のとおり定めておりま
          す。
                                  43/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
          <社外取締役候補者の選任基準>
          イ.企業経営、法令遵守、財務会計等の分野に関して豊富な経験をもち、社会情勢・経済動向に関する高い見
            識に基づく客観的かつ専門的な視点をもつ者
          ロ.社外取締役選任の本来の目的に適うよう、当社の定める「独立性基準」を満たす者
          <社外監査役候補者の選任基準>
          イ.様々な分野に関する知識、経験をもち、かつ専門的な視点をもつ者
          ロ.社外監査役選任の本来の目的に適うよう、当社の定める「独立性基準」を満たす者
           社外取締役は、上記の選任基準に照らして選任しており、独立した立場からの客観的かつ中立的な視点に基

          づき経営に対する助言・監督の職務を遂行しております。
           社外取締役河上邦雄氏は、情報通信事業分野の豊富な知見・経験及び他社における取締役としての経験を当
          社の経営の監督に十分に活かしていただいております。
           社外取締役今井光雄氏は、情報通信事業分野の豊富な知見・経験及び企業経営者としての経験を当社の経営
          の監督に十分に活かしていただいております。
           社外取締役西川理恵子氏は、法学研究を専門とする大学教授としての豊富な知見・経験を当社の経営の監督
          に十分に活かしていただいております。
           社外取締役早野龍五氏は、物理学研究を専門とする大学教授としての豊富な知見・経験及び各種団体におけ
          る実務により培われた見識を当社の経営の監督に十分に活かしていただいております。
           社外監査役についても、上記の選任基準に照らして選任しており、独立した立場からの客観的かつ中立的な
          視点に基づき監査を遂行しております。
           社外監査役菊池正道氏は、公認会計士として培ってきた財務・会計に関する幅広い知見・経験を当社の経営
          の客観的かつ中立的な監査に十分に活かしていただいております。
           社外監査役堀井敬一氏は、弁護士として培ってきた企業法務に関する幅広い知見・経験を当社の経営の客観
          的かつ中立的な監査に十分に活かしていただいております。
           社外監査役須田秀樹氏は、情報通信事業分野の豊富な知見・経験及び企業経営者としての経験を当社の経営
          の客観的かつ中立的な監査に十分に活かしていただいております。
           社外監査役は上記のとおりそれぞれの専門分野に関する豊富な知見・経験を持ち寄ることで、多様な視点に
          基づいた客観的な監査を実施しており、経営の健全性と透明性が十分に確保されております。
           当社の定める「独立性基準」は以下のとおりです。

          <独立性基準>
           当社は、以下の通り社外取締役及び社外監査役の独立性基準を定め、社外取締役及び社外監査役のうち、以
          下のいずれにも該当しない者を一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立性を有する社外役員と判断しま
          す。
          1 現在又は過去において、当社及び当社の子会社の業務執行者※1であり又はあった者

          2 当社を取引先とする者で、直近事業年度における当社の仕入額が、その者の当該事業年度における売上高
            の2%を超える取引先又はその業務執行者
          3 当社の取引先で、直近事業年度における当社の売上高が、当社の当該事業年度における売上高の2%を超
            える取引先又はその業務執行者
          4 当社の総議決権の10%以上を保有する大株主又はその業務執行者
          5 公認会計士、弁護士、コンサルタント等で、当社から役員報酬以外に年間1,000万円を超える金銭その他
            の財産を得ている者(当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合には、当社から得ている財
            産が年間収入の2%を超える団体に所属する者)
          6 当社から直近事業年度において年間1,000万円を超える寄付を受けている者(当該寄付を受けている者が
            法人、組合等の団体である場合には、当社から得ている財産が年間収入の2%を超える団体に所属する 
            者)
          7 過去3年間において、上記2から6までのいずれかに該当していた者
          8 下記のいずれかに該当する者の配偶者又は2親等以内の親族
            (1)現在又は過去3年間において、当社及び当社子会社の重要な業務執行者※2であった者
            (2)上記2から4に該当する者
               ただし、「業務執行者」とは重要な業務執行者をいう。
                                  44/102


                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
            (3)上記5又は6に該当する者
               ただし、「団体に所属する者」とは、当該団体の重要な業務執行者(又は重要な業務執行者と同等
               の重要性を有していると判断される者)又は当該団体が、監査法人又は法律事務所等の専門家であ
               る場合、公認会計士、弁護士等の専門的な資格を保有する者をいう。
            ※1     業務執行者とは、会社法施行規則第2条第3項第6号に規定する者をいう。
            ※2       重要な業務執行者とは、業務執行者のうち、取締役(社外取締役を除く)、執行役、執行役員及び
               部門長等の重要な業務執行を行う者をいう。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門との関係
           社外取締役は、取締役会及び経営委員会への出席を通じて、また、社外監査役は、「(3)監査の状況」に
          記載のとおり、取締役会及び監査役会への出席を通じて、内部監査、監査役監査、会計監査及び内部統制に係
          る報告を受け、必要な意見を述べております。
       (3)【監査の状況】

        ①監査役監査の状況
          監査役監査については、「(1)コーポレート・ガバナンスの概要 ①コーポレート・ガバナンスに関する基
         本的な考え方」に記載のとおり、常勤監査役1名及び独立社外監査役3名で構成する監査役会が定めた監査の方
         針、業務の分担等に従い、各監査役が、取締役会、経営委員会、諮問委員会、リスク・コンプライアンス委員会
         及び投融資委員会等の重要な会議へ出席し、経営・業務執行に関する重要事項等の審議に際しては適宜意見を述
         べ、経営・業務執行状況の報告の聴取を行うとともに、当社及び子会社の業務並びに財産の状況の調査等によ
         り、法令及び定款への適合性の観点から取締役の職務の執行を監査しております。
          監査役菊池正道氏は、公認会計士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しておりま
         す。
        ②内部監査の状況

          内部監査については、代表取締役社長直属の組織として内部監査室(8名)を設置しており、内部監査室が、
         会社における事業活動が事業計画、経営方針、社内規程等に沿い、また、法令や社会倫理等に抵触することなく
         適正かつ効率的に行われているかを調査し、必要な改善事項を指摘するとともに、改善状況をフォローしており
         ます。
          内部監査室、監査役及び会計監査人は、それぞれ定期的又は必要に応じて会合を開催し、監査計画、監査実施
         状況等の報告を行い、相互の連携強化を図っております。
        ③会計監査の状況

         a.監査法人の名称
           有限責任監査法人トーマツ
         b.業務を執行した公認会計士
           指定有限責任社員           業務執行社員 津田 良洋(5年継続監査)
           指定有限責任社員           業務執行社員 菊地  徹(4年継続監査)
         c.監査業務に係る補助者の構成
           補助者              公認会計士4名、その他7名
         d.監査法人の選定方針と理由
          監査法人の選定に際しては、監査品質の維持・向上を図りつつ効率的に行われることが重要と考え、「e.                                                   監
         査役及び監査役会による監査法人の評価」に記載の                        評価を実施し、監査役会の決議を経て株主総会に付議するこ
         ととしています。
          監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に提
         出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を
         株主総会に提出いたします。
          また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の同
         意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される
         株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告するものといたします。
         e.監査役及び監査役会による監査法人の評価

                                  45/102


                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
          当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、                                             監査方法・監
         査結果の妥当性、監査法人の独立性・専門性、監査体制等の他、                              日本監査役協会の「会計監査人の評価及び選定
         基準策定に関する実務指針」に基づき策定した当社の14項目の評価基準に基づいて実施しております。
         ④監査報酬の内容等

         a.監査公認会計士等に対する報酬
                         前連結会計年度                     当連結会計年度
            区分
                   監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく
                   く報酬(百万円)          報酬(百万円)          く報酬(百万円)          報酬(百万円)
                          52          -          53          -

         提出会社
                          -          -          -          -

         連結子会社
                          52          -          53          -

             計
         b.  その他重要な報酬の内容

           前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
           該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

           該当事項はありません。
         c.監査報酬の決定方針

           該当事項はありませんが、監査日数等を勘案したうえで決定しております。
         d.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、職務遂行状況及び報酬見積の算出根拠等を確認した結果、会計
           監査人の報酬等の額は妥当であると判断し、会社法399条第1項の同意を行っております。
                                  46/102











                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
        ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        1)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針及びその決定方法
         当社の役員報酬制度は、業績との連動を強化し継続した成長と企業価値の継続的向上を図るものであること、
        及び、報酬等の決定プロセスが公正性・客観性の高いものであることを基本方針としております。なお、かかる
        基本方針は、諮問委員会の審議を経たうえで、取締役会の決議により決定しております。
        2)役員の報酬等に関する株主総会の決議年月日及び決議の内容

        [取締役の報酬等]
         取締役の報酬限度額は、2015年6月16日開催の第28回定時株主総会において、年額470百万円以内(うち社外取
        締役を除く取締役の報酬等の額を年額400百万円以内、社外取締役の報酬等の額を年額70百万円以内)と決議いた
        だいております(当該株主総会の終結時の取締役の員数は11名(うち社外取締役の員数は4名))。
         また、取締役(社外取締役を除く)の株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等は、
        2012年6月14日開催の第25回定時株主総会において、上記報酬限度額の決議とは別途、年額50百万円以内と決議
        いただいております(当該株主総会の終結時の取締役の員数は5名(社外取締役を除く))。
         さらに、当事業年度に係る取締役(取締役田中拓也氏及び社外取締役を除く)の賞与は、2019年6月13日開催
        の第32回定時株主総会において、上記報酬限度額の決議とは別途、総額1億21百万円と決議いただいております
        (当該賞与の支給対象の取締役の員数は6名)。
        [監査役の報酬等]
         監査役の報酬限度額は、2004年6月25日開催の第17回定時株主総会において、年額100百万円以内と決議いただ
        いております(当該株主総会の終結時の監査役の員数は4名)。
        3)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者の氏名又は名称、その権限の

        内容及び裁量の範囲
         取締役(社外取締役を除く)の報酬等の額については、取締役会の決議により、①基本報酬及び株式報酬型ス
        トックオプションについては、株主総会において決議された取締役の報酬限度額の範囲内で、②賞与について
        は、事業年度ごとに株主総会において決議された総額をもとに、各取締役の支給額に関する決定を代表取締役会
        長に再一任しております。なお、各種類の報酬に係る各取締役の支給額は、報酬等の公平性・客観性を確保する
        ため、諮問委員会で審議し取締役会に対して答申したうえで、最終的に諮問委員会の答申内容に従って、代表取
        締役会長が決定しております。
         また、社外取締役の報酬等の額については、取締役会の決議により、株主総会において決議された取締役の報
        酬限度額の範囲内で、各取締役の支給額に関する決定を代表取締役会長に再一任しております。なお、各取締役
        の支給額は、報酬等の公平性・客観性を確保するため、諮問委員会で審議し取締役会に対して答申したうえで、
        最終的に諮問委員会の答申内容に従って、代表取締役会長が決定しております。
         監査役の報酬等の額については、株主総会で決議された監査役の報酬限度額の範囲内で監査役の協議により決
        定しております。
        4)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定に関与する委員会に係る手続の概要

         当社は、経営の透明性・公正性を高め、コーポレートガバナンスを強化するため、取締役会の諮問機関とし
        て、代表取締役、社外取締役、常勤監査役及び社外監査役で構成され、社外取締役が議長を務める諮問委員会を
        設置しております。諮問委員会は、取締役会からの諮問に応じて、取締役及び執行役員の選任、解任及び報酬等
        に関する事項を審議し、取締役会に対して答申しております。取締役会から報酬等の額の決定につき再一任を受
        けた代表取締役会長は、諮問委員会の                  答申  内容に従って、各取締役の報酬等の額を決定しております。
         <委員の構成>(※は議長)
        社外委員(7名):
        河上邦雄(社外取締役)(※)、今井光雄(社外取締役)、西川理恵子(社外取締役)、早野龍五(社外取締
        役)、菊池正道(社外監査役)、堀井敬一(社外監査役)、須田秀樹(社外監査役)
        社内委員(3名):
        吉野孝行(代表取締役会長)、荒井透(代表取締役社長)、松田徹(常勤監査役)
                                  47/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        5)当事業年度における当社の役員の報酬等の額の決定過程における取締役会及び諮問委員会の活動
         取締役会は、取締役の報酬等の額の決定に先立ち、諮問委員会に対して取締役の報酬等の額について諮問し、
        諮問委員会から得た答申を踏まえて、審議をした結果、諮問委員会から得た答申内容に従って各種類の報酬等に
        係る各取締役への支給額の決定をすることが適切と判断し、その具体的な決定については、代表取締役会長に再
        一任する旨の決議をしております。
         また、諮問委員会は、取締役会からの諮問を受け、取締役の報酬等の額について、各種類の報酬等に係る役位
        別の水準、各種類の報酬等に係る報酬の割合の考え方等の妥当性という観点から、審議をしたうえで、報酬等の
        公平性・客観性という点から、適切な内容と考えられる事項について、その結果を取締役会に報告しておりま
        す。なお、当事業年度の取締役の報酬等の額の決定に関する審議について、諮問委員会は、合計2回開催されま
        した。
        6)当社の役員報酬の構成及びその支給割合の決定の方針

         当社の取締役(社外取締役を除く)の報酬等は、各取締役の役位に基づき報酬額が設定され、固定報酬である
        基本報酬、業績等に応じて毎年支給される短期的な業績連動報酬である賞与及び中長期的な業績連動報酬である
        株式報酬型ストックオプションの3種類から構成されております。社外取締役及び監査役の報酬等の構成は、独
        立性を担保する等の観点から基本報酬のみとしております。提出日現在の各取締役の役位毎の種類別報酬割合は
        下表のとおりです。
        取締役の役位毎の種類別報酬割合

                              役員報酬の構成比
         取締役の役位又は取
                                    業績連動報酬
         締役の執行役員とし                                             合計
                      基本報酬
                                        株式報酬型ストッ
            ての役位
                                 賞与
                                         クオプション
         取締役会長              64%          26%          10%
         社長執行役員              63%          27%          10%

                                                     100%
         常務執行役員              63%          26%          11%
         執行役員             64~66%          25~26%           9~10%

        (注)1.この表に記載の割合は、業績連動報酬に係る目標に対する達成度合いが100%である場合の目安になり
             ます。
           2.執行役員については、各役員の役割等級に応じて異なる報酬テーブルが適用されるため、同一役位内
             であっても、個人別に報酬の種類別の割合が異なります。
        7)業績連動報酬に係る指標、当該指標を選択した理由及び業績連動報酬の額の決定方法

         賞与は、当社が重視する経営指標が営業利益率及び売上成長率であることを踏まえ、①取締役会長、社長執行
        役員及び事業担当以外の執行役員について、全社連結業績(連結売上高及び連結営業利益に関する従業員1人当
        たりの生産性)の目標達成度に基づき、また、②事業担当執行役員については、全社連結業績の目標達成度に加
        えて、担当事業部門の業績(部門別受注高、部門別売上高及び部門別営業利益に関する従業員1人当たりの生産
        性)の目標達成度をも踏まえて、個人別支給額を決定しております。
         株式報酬型ストックオプションは、取締役の報酬と株式価値とを連動させることにより、株価変動によるメリ
        ットやリスクを株主と共有し、中長期的な企業価値の向上、株価上昇への意欲や士気をより一層高めることを目
        的としております。各取締役の個人別支給額(ストックオプションの割当個数)の決定にあたっては、各取締役
        の役位に基づき設定した基本となる額を、当該ストックオプション1個当たりの公正評価額で除することにより
        算出しております。公正評価額は、ストックオプションの発行が決議される取締役会開催日の前日を起算日とし
        10営業日前の日を基準日として、外部評価機関がストックオプション等に関する会計基準に基づき、ブラッ
        ク・ショールズモデルにより算出しております。なお、公正評価額の算定の基礎とする株価は、基準日から基準
        日を含む10営業日前の日までの期間における東京証券取引所の当社普通株式の終値(取引が成立しなかった日
        については直近の取引成立日の終値)の単純平均(1円未満は切上げ)としております。当社の執行役員及び当
        社子会社の取締役に対しても上記と同内容のストックオプションを、取締役会決議により割り当てております。
        また、株式報酬型ストックオプションとして割り当てられた新株予約権の行使にあたっては、新株予約権の行使
                                  48/102


                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        期間内において、当社及び当社子会社の取締役、監査役、執行役員及び使用人(嘱託社員を除く)のいずれの地
        位をも喪失した日の翌日から10日(10日目が休日に当たる場合には翌営業日)を経過する日までの間に限り、新
        株予約権を一括してのみ行使できます。
        8)当事業年度における業績連動報酬に係る指標の目標及び実績

        当事業年度における賞与に係る指標の目標及び実績

                    指標                目標(百万円)             実績(百万円)
                     連結売上高に関する従業
                                       69.7             76.3
                     員1人当たりの生産性
         全社連結業績
                     連結営業利益に関する従
                                       4.8             5.3
                     業員1人当たりの生産性
                     部門別受注高に関する従
                                     129.7~168.1             124.1~214.0
                     業員1人当たりの生産性
                     部門別売上高に関する従
                                     126.4~168.1             126.8~197.4
         担当事業部門の業績             業員1人当たりの生産性
                     部門別営業利益に関する
                                     8.2~11.2             8.3~11.7
                     従業員1人当たりの生産
                     性
        (注)1.各経営指標の従業員1人当たりの生産性は、目標については、期初の従業員数で、実績については、
             期末の従業員数で、各経営指標を除することにより算出しております。
           2.担当事業部門の業績の目標が異なるのは、取締役毎に管掌する範囲が異なるためです。
         株式報酬型ストックオプションについては、その支給額の決定にあたり株式の市場価格の状況を示す指標を用

        いているという観点から業績連動報酬としていますが、その報酬額の算定に関して目標となる指標はないため、
        目標及び実績は記載しておりません。
         ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                                    株式報酬型
                    報酬等の総額
                              基本報酬            賞与
            役員区分
                                                  ストックオプション
                    (百万円)
                           対象員数       総額     対象員数       総額     対象員数       総額
                           (人)     (百万円)       (人)     (百万円)       (人)     (百万円)
         取締役
                       363       9     220       6     121       7     21
         (社外取締役を除く)
         監査役
                        25      1     25      -      -      -      -
         (社外監査役を除く)
                        77      7     77      -      -      -      -
         社外役員
        (注)1.当事業年度末現在の人員は、取締役11名でありますが、上記の取締役の支給人員及び支給額には、
             2018年6月14日開催の第31回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役2名を含んでおります。
           2.株式報酬型ストックオプションには、当事業年度における費用計上額を記載しております。
                                  49/102






                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
     ①   投資株式の区分の基準及び考え方
       当社は、事業機会の創出や取引・協業関係の構築・維持・強化を目的として保有する投資株式を、純投資目的以外の
      目的である投資株式と区分しています。これらの株式を取得する際には、当社と投資先との取引状況、当社における戦
      略的及び戦術的位置付け、予想されるリスクとその対策等を勘案のうえ取得の是非を決定しております。
     ②   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

     a.銘柄数及び貸借対照表計上額
                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      ▶            133

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     非上場株式                 2            111   取引・協業関係の構築・維持・強化のため

     非上場株式以外の株式                -             -             -

     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      2             0

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
     ③   保有目的が純投資目的である投資株式

       該当事項はありません。
                                  50/102










                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
        (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
         号)に基づいて作成しております。
        (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

         「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
          また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成してお
         ります。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31
        日まで)の     訂正後の    連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の                                  訂正後の    財務諸表に
        ついて、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
        内容を適切に把握し、また、会計基準の改正及び新設等に的確に対応することができる体制を整備するため、公益
        財団法人財務会計基準機構へ加入するとともに、有限責任監査法人トーマツが定期的に開催する主に財務諸表作成
        者を対象としたセミナーに適宜参加しております。
         なお、当社は指定国際会計基準を任意適用しておりませんが、将来の同会計基準の適用に備えて、公益財団法人
        財務会計基準機構と有限責任監査法人トーマツが定期的に開催するセミナーに適宜参加し、同会計基準の内容把握
        に努めております。
                                  51/102












                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         21,953              23,305
         現金及び預金
                                         39,509              42,928
         受取手形及び売掛金
                                         4,139              8,723
         リース投資資産
                                         1,999              1,999
         有価証券
                                         1,904              3,385
         商品
                                           229              416
         未着商品
                                         10,992              10,464
         未成工事支出金
                                           10              23
         貯蔵品
                                         8,618              13,108
         前払費用
                                         1,284              1,870
         その他
                                           △1              △1
         貸倒引当金
         流動資産合計                                90,639              106,225
       固定資産
         有形固定資産
                                         2,935              2,985
          建物
                                        △1,713              △1,888
            減価償却累計額
            建物(純額)                              1,221              1,097
                                         24,021              25,538
          工具、器具及び備品
                                        △20,116              △21,395
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              3,904              4,143
                                         5,125              5,240
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           20              -
          のれん
                                         1,780              1,434
          その他
                                         1,801              1,434
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         ※1 271             ※1 730
          投資有価証券
                                            6              6
          長期貸付金
                                         2,352              2,690
          繰延税金資産
                                        ※1 1,949             ※1 1,985
          その他
                                         4,579              5,412
          投資その他の資産合計
                                         11,506              12,087
         固定資産合計
                                        102,146              118,313
       資産合計
                                  52/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         15,553              18,791
         買掛金
                                         2,767              4,051
         リース債務
                                         1,463              1,919
         未払金
                                         1,556              3,839
         未払法人税等
                                         12,449              14,990
         前受金
                                           -              19
         資産除去債務
                                         2,907              3,969
         賞与引当金
                                           99              134
         役員賞与引当金
                                         2,721              2,191
         その他
                                         39,518              49,906
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,539              8,391
         リース債務
                                           380              396
         資産除去債務
                                           -               5
         その他
                                         4,919              8,793
         固定負債合計
                                         44,438              58,699
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         12,279              12,279
         資本金
                                         19,462              19,475
         資本剰余金
                                         27,061              28,676
         利益剰余金
                                        △1,088              △1,044
         自己株式
                                         57,715              59,387
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                            0              1
         その他有価証券評価差額金
                                         △168                61
         繰延ヘッジ損益
                                         △167                62
         その他の包括利益累計額合計
                                           160              163
       新株予約権
                                         57,708              59,614
       純資産合計
                                        102,146              118,313
      負債純資産合計
                                  53/102









                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                        153,349              174,838
      売上高
                                        116,505              131,288
      売上原価
                                         36,843              43,549
      売上総利益
                                      ※1,※2   29,587           ※1,※2   31,383
      販売費及び一般管理費
                                         7,256              12,166
      営業利益
      営業外収益
                                            0              1
       受取利息
                                           60              117
       関係会社業務受託収入
                                           49              91
       販売報奨金
                                           59              69
       団体保険配当金
                                            0              8
       固定資産受贈益
                                           66              46
       その他
                                           236              334
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           53              50
       支払利息
                                           -              26
       為替差損
                                            6              11
       その他
                                           59              88
       営業外費用合計
                                         7,433              12,412
      経常利益
      特別損失
                                          ※3 32             ※3 24
       固定資産除却損
                                           -               7
       投資有価証券売却損
                                            3              -
       投資有価証券評価損
                                           155               -
       関係会社株式評価損
                                           164             3,899
       不正取引関連損失
                                           356             3,931
       特別損失合計
                                         7,076              8,480
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,298              4,597
                                           377             △440
      法人税等調整額
                                         2,675              4,156
      法人税等合計
                                         4,401              4,323
      当期純利益
                                         4,401              4,323
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  54/102








                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                         4,401              4,323
      当期純利益
      その他の包括利益
                                            0              0
       その他有価証券評価差額金
                                         △182               229
       繰延ヘッジ損益
                                         ※ △181               ※ 230
       その他の包括利益合計
                                         4,219              4,554
      包括利益
      (内訳)
                                         4,219              4,554
       親会社株主に係る包括利益
                                  55/102
















                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       12,279         19,453         25,198        △1,118         55,812
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △2,537                 △2,537
      親会社株主に帰属する当期
                                         4,401                 4,401
      純利益
      自己株式の取得                                            △0         △0
      自己株式の処分                            8                 30         39
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         8       1,863          30       1,902
     当期末残高                  12,279         19,462         27,061        △1,088         57,715
                       その他の包括利益累計額

                                       新株予約権       純資産合計
                  その他有価証券              その他の包括利
                         繰延ヘッジ損益
                  評価差額金              益累計額合計
     当期首残高                  0      13       13      128      55,954
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                △2,537
      親会社株主に帰属する当期
                                                 4,401
      純利益
      自己株式の取得                                            △0
      自己株式の処分                                            39
      株主資本以外の項目の当期
                       0     △182       △181        32      △148
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  0     △182       △181        32      1,753
     当期末残高                  0     △168       △167        160      57,708
                                  56/102









                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  12,279         19,462         27,061        △1,088         57,715
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △2,708                 △2,708
      親会社株主に帰属する当期
                                         4,323                 4,323
      純利益
      自己株式の取得
                                                  △0         △0
      自己株式の処分                           13                 44         57
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         13       1,615          43       1,672
     当期末残高
                       12,279         19,475         28,676        △1,044         59,387
                       その他の包括利益累計額

                                       新株予約権       純資産合計
                  その他有価証券              その他の包括利
                         繰延ヘッジ損益
                  評価差額金              益累計額合計
     当期首残高
                       0     △168       △167        160      57,708
     当期変動額
      剰余金の配当                                          △2,708
      親会社株主に帰属する当期
                                                 4,323
      純利益
      自己株式の取得                                            △0
      自己株式の処分                                            57
      株主資本以外の項目の当期
                       0      229       230        3      233
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       0      229       230        3     1,905
     当期末残高                  1      61       62      163      59,614
                                  57/102









                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         7,076              8,480
       税金等調整前当期純利益
                                         2,809              2,846
       減価償却費
                                           20              20
       のれん償却額
                                           32              30
       株式報酬費用
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △571              1,062
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △22               34
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △0               0
                                           △0              △1
       受取利息及び受取配当金
                                           53              50
       支払利息
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    3              -
                                           155               -
       関係会社株式評価損
       不正取引関連損失                                   164             3,899
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -               7
                                           32              24
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                  5,610              △881
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  2,254             △1,153
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 △1,405              △4,896
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △1,748               3,237
                                           401             △454
       未払又は未収消費税等の増減額
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                   △44               593
                                         △298              △150
       その他
                                         14,522              12,750
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    0              1
                                          △53              △50
       利息の支払額
                                         △164             △3,899
       不正取引による支出
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)                                 △2,944              △2,422
                                           208              303
       その他
                                         11,569               6,682
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △706              △442
       有形固定資産の取得による支出
                                         △430              △472
       無形固定資産の取得による支出
                                           -             △110
       投資有価証券の取得による支出
                                         △120                -
       関係会社株式の取得による支出
                                           -             △356
       子会社株式の取得による支出
                                           △5              △6
       貸付けによる支出
                                           10               9
       貸付金の回収による収入
                                          △11              △45
       その他
                                        △1,264              △1,424
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △1,052              △1,201
       リース債務の返済による支出
                                        △2,535              △2,703
       配当金の支払額
                                           △0              △0
       その他
                                        △3,588              △3,905
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    6,716              1,352
                                         17,236              23,953
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 23,953              ※ 25,305
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  58/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
        (1)連結子会社の数           2社
          連結子会社の名称
           ネットワンパートナーズ株式会社
           ネットワンネクスト株式会社
            なお、前連結会計年度において連結子会社でありました株式会社エクシードは、2018年6月1日付で当
           社が吸収合併したため、当連結会計年度より、連結の範囲から除外しております。
           また、ネットワンネクスト株式会社は、2019年1月4日に新たに設立したため、当連結会計年度より連結
           の範囲に含めております。
        (2)非連結子会社の名称等
          非連結子会社
           ネットワンコネクト合同会社
           ネットワンビジネスオペレーションズ合同会社
           エクストリーク株式会社
           Net  One  Systems    USA,   Inc.
           Net  One  Systems    Singapore     Pte.   Ltd.
         (連結の範囲から除いた理由)
          非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益
         剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
       2.持分法の適用に関する事項
        (1)持分法適用の関連会社数
          該当事項はありません。
        (2)持分法を適用していない非連結子会社(ネットワンコネクト合同会社、                                   ネットワンビジネスオペレーション
         ズ合同会社、エクストリーク株式会社、                   Net  One  Systems    USA,   Inc.、Net     One  Systems    Singapore     Pte.
         Ltd.)及び関連会社(          Asiasoft     Solutions     Pte.   Ltd.  )は、それぞれ当期純損益(持分に見合う額)及び利益
         剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、
         かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
        (注)Asiasoft        Solutions     Pte.   Ltd.は、2019年4月1日付で、Net                 One  Asia   Pte.   Ltd.に社名変更しておりま
         す。
       3.会計方針に関する事項
        (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
         イ.有価証券
          その他有価証券
           時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
           法により算定)を採用しております。
           時価のないもの
            移動平均法による原価法を採用しております。
         ロ.デリバティブ
             時価法を採用しております。
         ハ.たな卸資産
          商品
             当社及び連結子会社は主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価
           切下げの方法により算定)を採用しております。
          未成工事支出金
            当社及び連結子会社は主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下
           げの方法により算定)を採用しております。
                                  59/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
         イ.有形固定資産(リース資産を除く)
            当社及び連結子会社は定率法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            建物              3~23年
            工具、器具及び備品              2~20年
         ロ.無形固定資産(リース資産を除く)
            当社及び連結子会社は定額法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            自社利用ソフトウエア                5年
            販売用ソフトウエア                3年
         ハ.リース資産
          所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
        (3)重要な引当金の計上基準
         イ.貸倒引当金
           当社及び連結子会社は売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率によ
          り、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         ロ.賞与引当金
           当社及び連結子会社は従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上してお
          ります。
         ハ.役員賞与引当金
           当社及び連結子会社は役員賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
        (4)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
           外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
          おります。
        (5)重要なヘッジ会計の方法
         イ.ヘッジ会計の方法
           繰延ヘッジ処理を採用しております。ただし、為替予約のうち、振当処理の要件を満たしている場合には
          振当処理を採用しております。
         ロ.ヘッジ手段とヘッジ対象
           ヘッジ手段:為替予約
           ヘッジ対象:外貨建買入債務及び外貨建予定取引
         ハ.ヘッジ方針
           取引限度額及び取引権限を定めた社内管理規程に従って、将来購入する業務用資産に係わる外貨建債務の
          為替変動リスクをヘッジしております。
         ニ.ヘッジ有効性評価の方法
           為替予約については、ヘッジに高い有効性があるとみなされるため、有効性の評価については省略してお
          ります。
        (6)のれんの償却方法及び償却期間
           のれんの償却については、発生原因に応じ5年以内で定額法により償却を行っております。
        (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
          しか負わない取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
          消費税等の会計処理
           消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当連結会
          計年度の費用として処理しております。
                                  60/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
       会)
      (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
       基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
       Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日
       より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的
       な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
       を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
       点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
       には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)適用予定日

        2022年3月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であります。
         (表示方法の変更)

      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会計基
        準一部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、
        繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しております。
         この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」13億94百万円は、「投
        資その他の資産」の「繰延税金資産」23億52百万円に含めて表示しております。
        また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係る会計
        基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加しております。た
        だし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取
        扱いに従って記載しておりません。
         (追加情報)

       不正取引に関する事項
        納品実体のない取引を取消処理したことで生じた差額1,389百万円は「流動資産のその他」に含めて表示し、債権
       については特別損失を計上しております。なお、今後の状況によっては、当社の財政状態や経営成績に影響を与える
       可能性があります。
         (連結貸借対照表関係)

      ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                241百万円                 597百万円
     その他(出資金)                                 10                 30
         計                            251                 627
                                  61/102





                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
       2 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行4行と当座貸越契約を締結しております。これらの契約

         に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     当座貸越極度額の総額                               21,200百万円                 21,200百万円
     借入実行残高                                 -                 -
         差引額                           21,200                 21,200
         (連結損益計算書関係)

      ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                    至 2019年3月31日)
     給与手当                               10,591百万円                  10,671百万円
                                     1,691                  1,707
     賞与
                                     2,445                  3,254
     賞与引当金繰入額
                                      99                 134
     役員賞与引当金繰入額
                                      643                  641
     退職給付費用
     賃借料                               2,564                  2,748
                                     1,296                  1,312
     減価償却費
                                      20                  20
     のれん償却額
      ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (自 2017年4月1日                            (自 2018年4月1日
               至 2018年3月31日)                              至 2019年3月31日)
                     1,905百万円                            3,023百万円
      ※3 固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     工具、器具及び備品                                 32百万円                 24百万円
         計                             32                 24
                                  62/102









                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
      ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                   1百万円               1百万円
      組替調整額                                  -               -
       税効果調整前
                                         1               1
       税効果額                                △0               △0
       その他有価証券評価差額金
                                         0               0
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                △263                 331
      組替調整額                                  -               -
       税効果調整前
                                       △263                 331
       税効果額                                 81              △102
       繰延ヘッジ損益
                                       △182                 229
     その他の包括利益合計
                                       △181                 230
                                  63/102














                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                当連結会計年度          当連結会計年度
                      当連結会計年度                             当連結会計年度末
                      期首株式数(株)                             株式数(株)
                                増加株式数(株)          減少株式数(株)
     発行済株式
                         86,000,000              -          -      86,000,000
      普通株式
                         86,000,000              -          -      86,000,000

            合計
     自己株式

                         1,421,825             843        38,400        1,384,268

      普通株式 (注)1.2.
                         1,421,825             843        38,400        1,384,268

            合計
      (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加843株は、譲渡制限付株式報酬に関する株式の無償取得による増加800
          株、単元未満株式の買取りによる増加43株であります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少38,400株は、譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分によるもので
          あります。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる                              年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                         株式の種類                              (百万円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            株式報酬型ストック・オプ
                                                          160
                            -       -      -      -      -
            ションとしての新株予約権
     (親会社)
                                                          160
              合計               -       -      -      -      -
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (百万円)
                                  配当額(円)
     2017年6月15日
                  普通株式            1,268        15.00     2017年3月31日          2017年6月16日
     定時株主総会
     2017年10月30日
                  普通株式            1,269        15.00     2017年9月30日          2017年11月22日
     取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)
                                     配当額(円)
     2018年6月14日
                 普通株式          1,269     利益剰余金          15.00    2018年3月31日         2018年6月15日
     定時株主総会
                                  64/102






                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                当連結会計年度          当連結会計年度
                      当連結会計年度                             当連結会計年度末
                      期首株式数(株)                             株式数(株)
                                増加株式数(株)          減少株式数(株)
     発行済株式
                         86,000,000              -          -      86,000,000

      普通株式
                         86,000,000              -          -      86,000,000

            合計
     自己株式

                         1,384,268             428        56,000        1,328,696

      普通株式 (注)1.2.
                         1,384,268             428        56,000        1,328,696

            合計
      (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加428株は、譲渡制限付株式報酬に関する株式の無償取得による増加400
          株、単元未満株式の買取りによる増加28株であります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少56,000株は、新株予約権行使による減少39,600株、譲渡制限付株式報酬
          としての自己株式の処分による減少16,400株であります。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる                              年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                         株式の種類                              (百万円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            株式報酬型ストック・オプ
                                  -      -      -      -       163
                            -
            ションとしての新株予約権
     (親会社)
                                  -      -      -      -       163
              合計               -
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (百万円)
                                  配当額(円)
     2018年6月14日
                  普通株式            1,269        15.00     2018年3月31日          2018年6月15日
     定時株主総会
     2018年10月25日
                  普通株式            1,439        17.00     2018年9月30日          2018年11月16日
     取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)
                                     配当額(円)
     2019年6月13日
                 普通株式          1,693     利益剰余金          20.00    2019年3月31日         2019年6月14日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (自    2017年4月1日                (自    2018年4月1日
                           至   2018年3月31日)                 至   2019年3月31日)
      現金及び預金勘定                        21,953   百万円                23,305   百万円
      取得日から3カ月以内に償還期限
                              1,999                   1,999
      の到来する短期投資(有価証券)
      現金及び現金同等物                        23,953                   25,305
                                  65/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (リース取引関係)
      1.ファイナンス・リース取引(借主側)
       (1)所有権移転ファイナンス・リース取引
        ①   リース資産の内容
         有形固定資産
          保守部材(工具、器具及び備品)であります。
        ②   リース資産の減価償却の方法
          連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「3.会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償却資産の
         減価償却の方法」に記載のとおりであります。
       (2)所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ①   リース資産の内容
         有形固定資産
          事務用機器(工具、器具及び備品)であります。
        ②   リース資産の減価償却の方法
          連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「3.会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償却資産の
         減価償却の方法」に記載のとおりであります。
      2.オペレーティング・リース取引

         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (2018年3月31日)                   (2019年3月31日)
      1年内                                  6                   7
      1年超                                  ▶                   2
       合計                                 11                   9
      3.転リース取引に該当し、かつ、利息相当額控除前の金額で連結貸借対照表に計上している額

      (1)リース投資資産                                             (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (2018年3月31日)                   (2019年3月31日)
      流動資産                                4,139                   8,723
      (2)リース債務                                             (単位:百万円)

                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (2018年3月31日)                   (2019年3月31日)
      流動負債                                1,489                   2,500
      固定負債                                2,959                   6,759
                                  66/102








                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)  金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については一時的な余資を安全性の高い金融資産で運用しております。デリ
            バティブは、外貨建の営業債務に係る為替変動リスクを回避するために利用し、投機的な取引は行わない
            方針であります。
           (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクにさらされております。当該リスクに関して
            は、社内管理規程に従い、取引先からの回収状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残
            高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
             有価証券は、コマーシャル・ペーパーと合同運用指定金銭信託であり、有価証券の発行体の信用リスク

            にさらされておりますが、社内管理規程に従い、格付の高い発行体が発行する有価証券のみを運用対象と
            しているため、信用リスクは僅少であります。
             投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業が発行する株式で、発行体の財務状況の変動リスクに
            さらされておりますが、定期的に発行体の財務状況等を把握し、発行体との関係を勘案して、保有状況を
            継続的に見直しております。なお、外国株式に関しては、前述のリスクのほか、為替の変動リスクにもさ
            らされております。
             営業債務である買掛金の支払期日は、1年以内であり、適時に資金管理を行うことにより、支払期日に

            支払いを実行できなくなるリスクを管理しております。なお、買掛金には外貨建のものがあり、為替の変
            動リスクにさらされておりますが、為替予約を利用して当該リスクをヘッジしております。
             デリバティブ取引は、外貨建の営業債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした為替

            予約取引であります。また、デリバティブ取引についての基本方針は取締役会で決定され、取引限度額及
            び取引権限を定めた社内管理規程に従って、財務部が取引の実行及び管理を行っております。なお、ヘッ
            ジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前述の
            「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 「3.                            会計方針に関する事項 (5)重要なヘッジ会
            計の方法」」をご参照下さい。
           (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             「2.金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その
            金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                  67/102










                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
           前連結会計年度(2018年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
                                  21,953           21,953
            (1)現金及び預金                                              -
                                  39,509           39,509
            (2)受取手形及び売掛金                                              -
            (3)有価証券
                                   1,999           1,999
             その他有価証券                                             -
                                  63,462           63,462
             資産計                                              -
                                  15,553           15,553
            (1)買掛金                                              -
                                   7,306           7,046           △259
            (2)リース債務
                                  22,859           22,600
             負債計                                             △259
             デリバティブ取引          ※             △243           △243
                                                          -
           ※ デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
           当連結会計年度(2019年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
                                  23,305           23,305
            (1)現金及び預金                                              -
                                  42,928           42,928
            (2)受取手形及び売掛金                                              -
            (3)有価証券
                                   1,999           1,999
             その他有価証券                                             -
                                  68,234           68,234
             資産計                                              -
                                  18,791           18,791
            (1)買掛金                                              -
                                  12,442           11,907           △535
            (2)リース債務
                                  31,233           30,698
             負債計                                             △535
             デリバティブ取引          ※               89           89
                                                          -
           ※ デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
           (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

               資 産
               (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
                 これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
                よっております。
               (3)有価証券
                 取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来するコマーシャル・ペーパーと合同運用指定金銭信
                託は、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
               負 債
               (1)買掛金
                 短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
                ります。
                                  68/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
               (2)リース債務
                 リース債務(流動負債)とリース債務(固定負債)の合計額で表示しております。なお、こ
                れらの時価は、元利金の合計額を、新規に同様のリース取引を行った場合に想定される利率で
                割り引いた現在価値により算定しております。
               デリバティブ取引
                注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
              2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                 (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                    区分
                               (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
                                        271
               非上場株式                                       730
               ※ 非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められる
                ことから、時価開示の対象とはしておりません。
              3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

              前連結会計年度(2018年3月31日)
                             1年以内          1年超5年以内           5年超10年以内
                             (百万円)           (百万円)           (百万円)
                              21,953              -           -
               現金及び預金
                              39,509              -           -
               受取手形及び売掛金
                              1,508           2,630             -
               リース投資資産
                              2,000             -           -
               有価証券
                              64,971            2,630             -
                   合計
              当連結会計年度(2019年3月31日)

                             1年以内          1年超5年以内           5年超10年以内
                             (百万円)           (百万円)           (百万円)
                              23,305              -           -
               現金及び預金
                              42,928              -           -
               受取手形及び売掛金
                              2,719           5,993              9
               リース投資資産
                              2,000             -           -
               有価証券
                              70,954            5,993              9
                   合計
              4.社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

              前連結会計年度(2018年3月31日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (百万円)                                (百万円)
                             (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                        2,767      2,099      1,150      1,014       274       -
               リース債務
                 合計
                        2,767      2,099      1,150      1,014       274       -
              当連結会計年度(2019年3月31日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (百万円)                                (百万円)
                             (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                        4,051      3,267      2,690      1,564       852       17
               リース債務
                 合計
                        4,051      3,267      2,690      1,564       852       17
                                  69/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (有価証券関係)
      1.その他有価証券
        前連結会計年度(2018年3月31日)
                             連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             額(百万円)
                 (1)株式                     -           -           -
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             ② 社債                    -           -           -
     の
                  ③ その他                    -           -           -
                 (3)その他                   1,999           1,999             0
                     小計               1,999           1,999             0
                 (1)株式                     -           -           -
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない
                  ② 社債                    -           -           -
     もの
                  ③ その他                    -           -           -
                 (3)その他                     -           -           -
                     小計                -           -           -
                合計                    1,999           1,999             0
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 30百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
        と認められることから、上表「その他有価証券」には含めておりません。
        当連結会計年度(2019年3月31日)

                             連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             額(百万円)
                 (1)株式                     -           -           -
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             ② 社債                    -           -           -
     の
                  ③ その他                    -           -           -
                 (3)その他                   1,999           1,999             0
                     小計               1,999           1,999             0
                 (1)株式                     -           -           -
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない
                  ② 社債                    -           -           -
     もの
                  ③ その他                    -           -           -
                 (3)その他                     -           -           -
                     小計                -           -           -
                合計                    1,999           1,999             0
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 133百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
        難と認められることから、上表「その他有価証券」には含めておりません。
                                  70/102



                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      2.売却したその他有価証券
        前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                         -              -              -

     (2)債券

      ①   国債・地方債等                      -              -              -

      ②   社債

                               -              -              -
      ③   その他

                               -              -              -
     (3)その他                         -              -              -

          合計                    -              -              -

        当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                          0              -               7

     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                               -              -              -
      ②   社債
                               -              -              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                     0              -               7

      3.減損処理を行った有価証券

        前連結会計年度において、有価証券について                      155百万円(関係会社の株式)および                 3百万円(その他有価証券の株
       式)減損処理を行っております。
        当連結会計年度において、             減損処理を行った有価証券はありません                   。
        なお、当該株式の減損にあたっては、直近の財務諸表における1株当たり純資産が1株当たり取得原価に比べ30%
       以上下落した場合には、出資後の経過年数等を勘案し、また当該会社の財政状態の回復可能性等を考慮の上、減損処
       理を行っております。
                                  71/102








                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)

        ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
         通貨関連
          前連結会計年度(2018年3月31日)
                                     契約額等       契約額等のうち           時価
         ヘッジ会計の方法           取引の種類       主なヘッジ対象
                                     (百万円)       1年超(百万円)          (百万円)
                  為替予約取引
        原則的処理方法
                   買建
                                        16,280           -       △243
                    米ドル        買掛金
                  為替予約取引
        為替予約の振当処理           買建
                                        5,801          -    (注)1
                    米ドル        買掛金
                                        22,081           -       △243
                    合計
        (注)1.為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている買掛金と一体として処理されているため、
             その時価は、当該買掛金の時価に含めて記載しております。
           2.時価につきましては、取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
          当連結会計年度(2019年3月31日)

                                     契約額等       契約額等のうち           時価
         ヘッジ会計の方法           取引の種類       主なヘッジ対象
                                     (百万円)       1年超(百万円)          (百万円)
                  為替予約取引
        原則的処理方法
                   買建
                                        15,398           -         89
                    米ドル        買掛金
                  為替予約取引
        為替予約の振当処理           買建
                                        4,747          -    (注)1
                    米ドル        買掛金
                                        20,145           -         89
                    合計
        (注)1.為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている買掛金と一体として処理されているため、
             その時価は、当該買掛金の時価に含めて記載しております。
           2.時価につきましては、取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                  72/102








                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及び一部の連結子会社は、確定拠出年金及び退職金前払制度を採用しております。
        また、当社はこの他に複数事業主制度の確定給付企業年金制度に加盟しており、自社の拠出に対応する年金資産
       の額を合理的に計算することができない制度については、確定拠出制度と同様に会計処理しております。
      2.複数事業主制度

        要拠出額を退職給付費用として処理している複数事業主制度に関する事項は次のとおりであります。
       (1)制度全体の積立状況に関する事項

                                前連結会計年度               当連結会計年度
                               (2017年3月31日)               (2018年3月31日)
        年金資産の額
                                  748,654百万円               248,188百万円
        年金財政計算上の数理債務の額と
                                  732,391               203,695
        最低責任準備金の額との合計額
        差引額                          16,263               44,493
       (2)制度全体に占める当社グループの掛金拠出割合

          前連結会計年度            1.96%(自 2016年4月1日               至 2017年3月31日)
          当連結会計年度            2.36%(自 2017年4月1日               至 2018年3月31日)
       (3)補足説明

         上記(1)の差引額の主な要因は、剰余金(前連結会計年度16,292百万円、当連結会計年度44,561百万円)及び
        年金財政計算上の過去勤務債務残高(前連結会計年度28百万円、当連結会計年度68百万円)であります。本制度に
        おける過去勤務債務については、第2加算年金加入かつ過去期間持ち込み事業者に係るもので当社グループに影響
        するものではありません。
         なお、上記(2)の割合は当社グループの実際の負担割合とは一致しません。
      3.退職給付費用に関する事項

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    2017年4月1日            (自    2018年4月1日
                                 至   2018年3月31日)             至   2019年3月31日)
     退職給付費用(百万円)                                    781               856
      (1)確定拠出年金掛金及び前払退職金(百万円)                                   625               700
      (2)総合設立型厚生年金基金掛金(百万円)                                   39               -
      (3)確定給付企業年金掛金(百万円)                                   116               156
                                  73/102








                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
      1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                    (単位:百万円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自 2017年4月1日                    (自 2018年4月1日
                          至 2018年3月31日)                    至 2019年3月31日)
     販売費及び一般管理費                                  32                    30
      2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       (1)   ストック・オプションの内容
                        ネットワンシステムズ株式会社                    ネットワンシステムズ株式会社
                          2012年度新株予約権                    2013年度新株予約権
                                         当社取締役(社外取締役を除く)               5名
                      当社取締役(社外取締役を除く)5名
                      当社執行役員                               8名
                                         当社執行役員                                8名
      付与対象者の区分及び人数
                      当社子会社取締役                           2名
                                         当社子会社取締役                            2名
      株式の種類別のストック・
                      普通株式      39,200株              普通株式      49,900株
     オプションの数(注)
      付与日                 2012年7月2日                    2013年7月1日
      権利確定条件                 特に定めはありません。                    特に定めはありません。
      対象勤務期間                 特に定めはありません。                    特に定めはありません。
                      自 2012年7月3日                     自 2013年7月2日
      権利行使期間
                      至 2042年7月2日                     至 2043年7月1日
                        ネットワンシステムズ株式会社                    ネットワンシステムズ株式会社

                          2014年度新株予約権                    2015年度新株予約権
                      当社取締役(社外取締役を除く)7名                    当社取締役(社外取締役を除く)7名
                      当社執行役員                               5名     当社執行役員                               6名
      付与対象者の区分及び人数
                      当社子会社取締役                           3名     当社子会社取締役                           2名
      株式の種類別のストック・
                      普通株式      58,900株              普通株式      44,000株
     オプションの数(注)
      付与日                 2014年7月3日                    2015年7月2日
      権利確定条件                 特に定めはありません。                    特に定めはありません。
      対象勤務期間                 特に定めはありません。                    特に定めはありません。
                      自 2014年7月4日                     自 2015年7月3日
      権利行使期間
                      至 2044年7月3日                     至 2045年7月2日
                        ネットワンシステムズ株式会社                    ネットワンシステムズ株式会社

                          2016年度新株予約権                    2017年度新株予約権
                      当社取締役(社外取締役を除く)6名
                                         当社取締役(社外取締役を除く)6名
                      当社執行役員                               6名
                                         当社執行役員                               7名
      付与対象者の区分及び人数
                      当社子会社取締役                           1名
      株式の種類別のストック・
                      普通株式      57,300株              普通株式      32,200株
     オプションの数(注)
      付与日                 2016年7月4日                    2017年7月3日
      権利確定条件                 特に定めはありません。                    特に定めはありません。
      対象勤務期間                 特に定めはありません。                    特に定めはありません。
                      自 2016年7月5日                     自 2017年7月4日
      権利行使期間
                      至 2046年7月4日                     至 2047年7月3日
                                  74/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                        ネットワンシステムズ株式会社

                          2018年度新株予約権
                      当社取締役(社外取締役を除く)7名
      付与対象者の区分及び人数
                      当社執行役員                               4名
      株式の種類別のストック・
                      普通株式      17,400株
     オプションの数(注)
      付与日                 2018年7月2日
      権利確定条件                 特に定めはありません。
      対象勤務期間                 特に定めはありません。
                      自 2018年7月3日
      権利行使期間
                      至 2048年7月2日
      (注)株式数に換算して記載しております。
        (2)   ストック・オプションの規模及びその変動状況

         当連結会計年度(2019年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプション
        の数については、株式数に換算して記載しております。
       ①ストック・オプションの数
                       ネットワンシステムズ             ネットワンシステムズ             ネットワンシステムズ
                          株式会社             株式会社             株式会社
                        2012年度新株予約権             2013年度新株予約権             2014年度新株予約権
      権利確定前      (株)
      前連結会計年度末
                              -             -             -
      付与
                              -             -             -
      失効
                              -             -             -
      権利確定
                              -             -             -
      未確定残
                              -             -             -
      権利確定後      (株)

      前連結会計年度末

                            26,600             33,800             44,100
      権利確定
                              -             -             -
      権利行使
                             5,200             6,600             7,800
      失効
                              -             -             -
      未行使残
                            21,400             27,200             36,300
                                  75/102









                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                       ネットワンシステムズ             ネットワンシステムズ             ネットワンシステムズ

                          株式会社             株式会社             株式会社
                        2015年度新株予約権             2016年度新株予約権             2017年度新株予約権
      権利確定前      (株)
      前連結会計年度末
                              -             -             -
      付与
                              -             -             -
      失効
                              -             -             -
      権利確定
                              -             -             -
      未確定残
                              -             -             -
      権利確定後      (株)

      前連結会計年度末

                            38,500             57,300             32,200
      権利確定
                              -             -             -
      権利行使
                             6,000             9,000             5,000
      失効
                              -             -             -
      未行使残
                            32,500             48,300             27,200
                       ネットワンシステムズ

                          株式会社
                        2018年度新株予約権
      権利確定前      (株)
      前連結会計年度末
                              -
      付与
                            17,400
      失効
                              -
      権利確定
                            17,400
      未確定残
                              -
      権利確定後      (株)

      前連結会計年度末

                              -
      権利確定
                            17,400
      権利行使
                              -
      失効                        -
      未行使残                      17,400
       ②単価情報

                       ネットワンシステムズ             ネットワンシステムズ             ネットワンシステムズ
                          株式会社             株式会社             株式会社
                        2012年度新株予約権             2013年度新株予約権             2014年度新株予約権
      権利行使価格(円)                          1             1             1
      行使時平均株価        (円)
                             1,968             1,968             1,968
      付与日における公正な評価単価
                              900             627             564
     (円)
                       ネットワンシステムズ             ネットワンシステムズ             ネットワンシステムズ

                          株式会社             株式会社             株式会社
                        2015年度新株予約権             2016年度新株予約権             2017年度新株予約権
      権利行使価格(円)                          1             1             1
      行使時平均株価        (円)
                             1,968             1,968             1,968
      付与日における公正な評価単価
                              717             531            1,014
     (円)
                                  76/102


                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                       ネットワンシステムズ
                          株式会社
                        2018年度新株予約権
      権利行使価格(円)                          1
      行使時平均株価        (円)
                              -
      付与日における公正な評価単価
                             1,754
     (円)
     3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       当連結会計年度において付与された2018                   年度新株予約権       についての公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであ
      ります。
      ①   使用した評価技法                      ブラック・ショールズ式
      ②   主な基礎数値及び見積方法
                             ネットワンシステムズ株式会社
                               2018年度新株予約権
         株価変動性(注)1                             30.202%
                                       4.1年
         予想残存期間(注)2
                                      30円/株
         予想配当(注)3
                                     △0.115    %
         無リスク利子率(注)4
        (注)1.予想残存期間に対応する期間4.2年(2014年5月から2018年7月まで)の週次株価実績に基づき算定し
              ております。
           2.当社における過去10年間の取締役の退任状況から、各新株予約権者の予想在任期間を見積もり、これ
              を各新株予約権者に付与されたストック・オプションの個数で加重平均することにより見積もってお
              ります。
           3.2018年3月期の配当実績によっております。
           4.予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法
       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
      ます。
                                  77/102










                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                             (2018年3月31日)            (2019年3月31日)
      繰延税金資産
       賞与引当金                            897百万円           1,227百万円
                                   890            920
       工具、器具及び備品減価償却費
                                   211            211
       未収入金
                                   119            224
       未払事業税
                                   116            127
       資産除去債務
                                   125            100
       ソフトウエア費
                                   64            50
       投資有価証券評価損
                                   21            16
       たな卸資産評価損
       繰延ヘッジ損益                            75            -
                                   205           1,399
       不正取引関連損失
                                   919           1,182
       その他
       繰延税金資産小計
                                  3,648            5,460
                                 △1,221            △2,665
       評価性引当額
      繰延税金資産合計                            2,427            2,794
      繰延税金負債

                                  △74            △76
       資産除去費用
                                              △27
       繰延ヘッジ損益                            -
                                   △0            △0
       その他有価証券評価差額金
                                  △75           △104
      繰延税金負債合計
                                  2,352            2,690
      繰延税金資産の純額
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                             (2018年3月31日)            (2019年3月31日)
      法定実効税率
                                  30.86%            30.62%
      (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                            1.18            1.11
      住民税均等割等                            0.45            0.37
      税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                            0.15             -
      評価性引当額の増減                            5.51           17.03
      のれん償却額                            0.07            0.07
      その他                           △0.40            △0.19
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                  37.81            49.02
                                  78/102








                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
        イ.当該資産除去債務の概要
          本社及び各事業所の建物の賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
        ロ.当該資産除去債務の金額の算定方法
          使用見込期間を当該契約の期間及び建物の耐用年数等を勘案して1年から50年と見積り、その期間に応じた割
          引率(-0.15%から2.27%)を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
        ハ.当該資産除去債務の総額の増減
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
         期首残高                              374百万円              380百万円
         時の経過による調整額                               6              6
         有形固定資産の取得に伴う増加額                              -              9
         見積りの変更による増加額                              -              19
         期末残高                              380              415
        ニ.当該資産除去債務の見積りの変更

          当連結会計年度において、高輪オフィスの移転を決定したため、原状回復義務の履行時期及び金額について見
          積りの変更を行いました。これに伴う資産除去債務の増加額は19百万円であります。
         (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
        1.報告セグメントの概要
          当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、最
         高経営意思決定機関である取締役会及び経営委員会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的
         に検討を行う対象となっているものであります。
          当社グループは、市場・顧客別の営業体制を敷いており、本社及び各地方拠点の営業組織は、当社グループが
         取り扱う商品・サービス等の販売計画及び販売戦略をそれぞれ立案し、事業活動を展開しております。
          これらにより、当社グループは、市場・顧客別の営業体制を基礎としたマーケット別のセグメントから構成さ
         れており、一般民間企業を主なマーケットとする「ENT事業」、通信事業会社を主なマーケットとする「SP
         事業」、中央省庁・自治体、文教及び社会インフラを提供している企業を主なマーケットとする「PUB事
         業」、パートナー企業との協業に特化した「パートナー事業」の4つを報告セグメントとしております。
        2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
         おける記載と概ね同一であります。なお、資産及び負債については、事業セグメントに配分していないため、報
         告セグメントごとの開示は行っておりません。
          報告セグメントの利益は営業利益ベースの数値であり、また、セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢
         価格に基づいております。
                                  79/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
         前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                        その他          調整額
                                                       連結損益計
                                              合計
               ENT      SP    PUB              (注)1          (注)2
                              パートナ                         算書計上額
                                    計
                              ー事業
                事業     事業     事業
     売上高
      外部顧客への売
               49,680     30,846     40,993     30,985    152,506       842   153,349        -    153,349
      上高
      セグメント間の
                  ▶    -     -      0     ▶   1,040     1,044    △1,044         -
      内部売上高又は
      振替高
               49,685     30,846     40,993     30,985    152,510      1,883    154,393     △1,044      153,349
         計
                3,145     2,101     1,167     1,426     7,840       5   7,846     △590      7,256
     セグメント利益
     その他の項目

                1,102      519     791     370    2,783       36   2,819      △9     2,809
      減価償却費
     (注)    1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、サーバサービス事業等を含んで
           おります。
        2.  セグメント利益(営業利益)の調整額△590百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費用等△
           590百万円が含まれております。全社費用は、主にセグメントに帰属しない一般管理費であります。
         当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                        その他          調整額
                                                       連結損益計
                                              合計
               ENT      SP    PUB              (注)1          (注)2
                              パートナ                         算書計上額
                                    計
                              ー事業
                事業     事業     事業
     売上高
      外部顧客への売
               52,329     35,552     56,569     30,028    174,480       357   174,838        -    174,838
      上高
      セグメント間の
                  0    -     -      0     0    112     112    △112        -
      内部売上高又は
      振替高
               52,329     35,552     56,569     30,028    174,480       470   174,950      △112     174,838
         計
                3,263     3,454     3,842     2,117    12,677       153   12,831      △665      12,166
     セグメント利益
     その他の項目

                1,055      696     726     370    2,848       2   2,851      △4     2,846
      減価償却費
     (注)    1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、サーバサービス事業等を含んで
           おります。
        2.  セグメント利益(営業利益)の調整額△665百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費用等△
           665百万円が含まれております。全社費用は、主にセグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                  80/102





                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         【関連情報】
          前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
                                                 (単位:百万円)
                           機器          サービス
                                                  合計
                           商品群           商品群
                              90,109           63,240           153,349
         外部顧客への売上高
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2)有形固定資産

             当社グループの有形固定資産はすべて本邦に所在しているため、記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はあ
            りません。
          当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

          1.製品及びサービスごとの情報
                                                 (単位:百万円)
                           機器          サービス
                                                  合計
                           商品群           商品群
                             100,409            74,429           174,838
         外部顧客への売上高
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2)有形固定資産

             当社グループの有形固定資産はすべて本邦に所在しているため、記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はあ
            りません。
         【セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

          前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

           該当事項はありません。
                                  81/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
          前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                                  全社
                                    パートナー
                 ENT事業       SP事業      PUB事業              その他             合計
                                                 (注)
                                     事業
                     -      -      -      -      -      20      20
        当期償却額
                     -      -      -      -      -      20      20
        当期末残高
        (注)「全社」の金額は、子会社である株式会社エクシードの普通株式を追加取得した際に発生したものでありま
           す。
          当連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                                  全社
                                    パートナー
                 ENT事業       SP事業      PUB事業              その他             合計
                                                 (注)
                                     事業
                     -      -      -      -      -      20      20
        当期償却額
                     -      -      -      -      -      -      -
        当期末残高
        (注)「全社」の金額は、子会社である株式会社エクシードの普通株式を追加取得した際に発生したものでありま
           す。
         【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          関連当事者との取引
           該当事項はありません。
                                  82/102











                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                              至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
                                     680.10円                 702.13円
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益                                52.02円                 51.07円
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                51.88円                 50.94円
     (注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                     57,708                 59,614
      純資産の部の合計額(百万円)
     純資産の部の合計額から控除する金額
                                      160                 163
     (百万円)
      (うち新株予約権(百万円))                               (160)                 (163)
                                     57,547                 59,450
     普通株式に係る期末の純資産額(百万円)
      1株当たり純資産額の算定に用いられた期末
                                   84,615,732                 84,671,304
     の普通株式の数(株)
        2.     1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりでありま

          す。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                     4,401                 4,323
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                -                 -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                     4,401                 4,323
      純利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                            84,607,228                 84,659,080
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                       -                 -
      (百万円)
      普通株式増加数(株)                              224,125                 214,386
      (うち新株予約権(株))                             (224,125)                 (214,386)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                             -                 -
     1株当たり当期純利益の算定に含めなかった
     潜在株式の概要
                                  83/102






                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
         (重要な後発事象)
      取得による企業結合
       当社は、2019年3月22日開催の取締役会において、Net                            One  Asia   Pte.   Ltd.(旧社名:Asiasoft            Solutions     Pte.
      Ltd.)の株式を追加取得し、子会社化することについて決議し、2019年4月17日付で株式譲渡契約を締結し、同日付で
      株式を取得しました。
      (1)   企業結合の概要
       ①被取得企業の名称及びその事業の内容
        被取得企業の名称:Net            One  Asia   Pte.   Ltd.(旧社名:Asiasoft            Solutions     Pte.   Ltd.)
        事業の内容   :ASEAN地域におけるICTインフラの構築・運用
       ②企業結合を行った主な理由
        Net   One  Asia   Pte.   Ltd.(旧社名:Asiasoft            Solutions     Pte.   Ltd.)は、2008年に設立され、ASEANを事業対象と
       するICT基盤のインテグレータです。シンガポール、マレーシア、インドネシアに拠点を有し、マルチベンダー環境
       におけるクラウド技術/コンサルティング能力に強みを持ちます。
        当社グループは、ASEANビジネスの立ち上げを目的として同社と2016年9月に資本提携し、協業を拡大して参りま
       した。この度の子会社化により、ASEANにおける当社グループの戦略子会社と位置づけ、さらなる事業拡大を目指し
       て参ります。
       ③企業結合日
        2019年4月17日
       ④企業結合の法的形式
        株式取得
       ⑤結合後企業の名称
        変更有りません。
       ⑥取得した議決権比率
        企業結合直前に保有していた議決権比率 42.0%
        企業結合日に追加取得した議決権比率 9.0%
        取得後の議決権比率 51.0%
       ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
        当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
      (2)   被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

        企業結合直前に保有していた普通株式の取得対価                         現金   3,500千シンガポールドル
        追加取得の対価                         現金    311千シンガポールドル
        取得原価                             3,811千シンガポールドル

      (3)   主要な取得関連費用の内容及び金額

       アドバイザリーに対する報酬・手数料等 1百万円
      (4)   発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

       現時点では確定しておりません。
      (5)   企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

       現時点では確定しておりません。
                                  84/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首残高        当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                               -        -     -      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                               -        -     -      -

     1年以内に返済予定のリース債務                              2,767        4,051     1.47       -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)                               -        -     -      -

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)                              4,539        8,391     1.30    2020年~2025年

     その他有利子負債                               -        -     -      -

                 合計                  7,306       12,442       -      -

      (注)1     .リース債務の平均利率については、リース物件のうち、支払利息を利息法により計上している物件に係る
           リース債務の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。また、当該リース物件に係る平均利率
           は、リース物件の維持管理費用相当額を含めて算定しております。
         2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであり
           ます。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                         (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
           リース債務                  3,267         2,690         1,564          852
         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
       (2)【その他】

          当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                    第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
                             30,278         77,396         116,102         174,838
     売上高(百万円)
     税金等調整前四半期(当期)純利益金
                            △1,715          1,806         3,425         8,480
     額又は税金等調整前四半期純損失金額
     (△)   (百万円)
     親会社株主に帰属する四半期(当期)純
     利益金額又は親会社株主に帰属する四                       △2,203           241         942        4,323
     半期純損失金額(△)          (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利益金額又
                            △26.04           2.85         11.14         51.07
     は1株当たり四半期純損失金額(△)
     (円)
     (会計期間)                    第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額又は1株
                            △26.04          28.87          8.29         39.93
     当たり四半期純損失金額(△)              (円)
                                  85/102




                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         18,943              21,686
         現金及び預金
                                           246              176
         受取手形
                                        ※1 33,175             ※1 36,452
         売掛金
                                           167              299
         電子記録債権
                                         4,139              8,723
         リース投資資産
                                         1,999              1,999
         有価証券
                                           305              996
         商品
                                           177              226
         未着商品
                                         9,144              9,142
         未成工事支出金
                                            7              19
         貯蔵品
                                         8,126              12,641
         前払費用
                                        ※1 3,503
                                                          1
         短期貸付金
                                        ※1 1,838             ※1 2,172
         その他
                                           △1              △1
         貸倒引当金
                                         81,774              94,538
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         1,192              1,096
          建物
                                         3,856              4,093
          工具、器具及び備品
                                         5,049              5,190
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         1,762              1,424
          ソフトウエア
                                           10              11
          その他
                                         1,772              1,435
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           29              133
          投資有価証券
                                         1,582              1,497
          関係会社株式
                                            1              1
          出資金
                                           10              30
          関係会社出資金
          従業員に対する長期貸付金                                 6              6
                                            5              5
          長期前払費用
                                         2,139              2,557
          繰延税金資産
                                         1,765              1,818
          敷金及び保証金
                                           127              126
          その他
                                         5,669              6,177
          投資その他の資産合計
                                         12,492              12,803
         固定資産合計
                                         94,266              107,342
       資産合計
                                  86/102






                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※1 15,167             ※1 16,889
         買掛金
                                         2,767              4,051
         リース債務
                                        ※1 1,702             ※1 1,880
         未払金
                                           878             1,025
         未払費用
                                         1,020              3,428
         未払法人税等
                                           971              587
         未払消費税等
                                        ※1 10,242             ※1 12,684
         前受金
                                           263              282
         預り金
                                           -              19
         資産除去債務
                                         2,614              3,686
         賞与引当金
                                           84              121
         役員賞与引当金
                                           280              170
         その他
                                         35,993              44,827
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,539              8,391
         リース債務
                                           380              396
         資産除去債務
                                           -               5
         その他
                                         4,919              8,793
         固定負債合計
                                         40,912              53,620
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         12,279              12,279
         資本金
         資本剰余金
                                         19,453              19,453
          資本準備金
                                            8              22
          その他資本剰余金
                                         19,462              19,475
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           86              86
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         19,410              21,030
            別途積立金
                                         3,126              1,701
            繰越利益剰余金
                                         22,623              22,817
          利益剰余金合計
                                        △1,088              △1,044
         自己株式
                                         53,277              53,528
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                            0              1
         その他有価証券評価差額金
                                          △85               27
         繰延ヘッジ損益
                                          △84               28
         評価・換算差額等合計
                                           160              163
       新株予約権
                                         53,353              53,721
       純資産合計
      負債純資産合計                                   94,266              107,342
                                  87/102






                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                       ※1 122,995             ※1 146,063
      売上高
                                        ※1 91,678            ※1 108,206
      売上原価
                                         31,316              37,856
      売上総利益
                                      ※1,※2   27,079           ※1,※2   28,921
      販売費及び一般管理費
                                         4,236              8,935
      営業利益
      営業外収益
                                          ※1 13             ※1 8
       受取利息
                                        ※1 1,338             ※1 1,244
       関係会社業務受託収入
                                           163              192
       その他
                                         1,516              1,445
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           53              50
       支払利息
                                            3              6
       その他
                                           56              57
       営業外費用合計
                                         5,696              10,323
      経常利益
      特別利益
                                           -              18
       抱合せ株式消滅差益
                                           -              18
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※3 31             ※3 24
       固定資産除却損
                                           -               7
       投資有価証券売却損
                                            3              -
       投資有価証券評価損
                                           155               -
       関係会社株式評価損
                                           164             3,899
       不正取引関連損失
                                           355             3,931
       特別損失合計
                                         5,341              6,410
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,723              3,948
                                           399             △441
      法人税等調整額
                                         2,123              3,507
      法人税等合計
                                         3,218              2,902
      当期純利益
                                  88/102









                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                               その他利益剰余金
                     資本金
                              その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                         資本準備金               利益準備金
                               剰余金    合計               繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                                   余金
     当期首残高                12,279     19,453       -   19,453       86   18,380      3,476     21,943
     当期変動額
      別途積立金の積立                                         1,030    △1,030        -
      剰余金の配当                                              △2,537     △2,537
      当期純利益                                               3,218     3,218
      自己株式の取得
      自己株式の処分                            8     8
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                       -     -     8     8     -   1,030     △349      680
     当期末残高                12,279     19,453       8   19,462       86   19,410      3,126     22,623
                       株主資本           評価・換算差額等

                              その他有価               新株予約権     純資産合計
                         株主資本合          繰延ヘッジ     評価・換算
                    自己株式          証券評価差
                         計          損益     差額等合計
                              額金
     当期首残高                △1,118      52,557       0     2     2    128    52,688
     当期変動額
      別途積立金の積立
      剰余金の配当
                          △2,537                          △2,537
      当期純利益                     3,218                          3,218
      自己株式の取得                 △0     △0                          △0
      自己株式の処分
                       30     39                          39
      株主資本以外の項目の当期変動
                                  0    △87     △86      32    △53
      額(純額)
     当期変動額合計                  30     719      0    △87     △86      32     665
     当期末残高                △1,088      53,277       0    △85     △84      160    53,353
                                  89/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
          当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                               その他利益剰余金
                     資本金
                              その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                         資本準備金               利益準備金
                               剰余金    合計               繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                                   余金
     当期首残高                12,279     19,453       8   19,462       86   19,410      3,126     22,623
     当期変動額
      別途積立金の積立
                                                1,620    △1,620       -
      剰余金の配当                                              △2,708     △2,708
      当期純利益                                               2,902     2,902
      自己株式の取得
      自己株式の処分
                                 13     13
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                  -     -     13     13     -    1,620    △1,425       194
     当期末残高
                     12,279     19,453       22   19,475       86   21,030      1,701     22,817
                       株主資本           評価・換算差額等

                              その他有価               新株予約権     純資産合計
                         株主資本合          繰延ヘッジ     評価・換算
                    自己株式          証券評価差
                         計          損益     差額等合計
                              額金
     当期首残高
                     △1,088      53,277       0    △85     △84      160    53,353
     当期変動額
      別途積立金の積立
      剰余金の配当                    △2,708                          △2,708
      当期純利益
                           2,902                          2,902
      自己株式の取得                 △0     △0                          △0
      自己株式の処分                 44     57                          57
      株主資本以外の項目の当期変動
                                  0    112     113      3    116
      額(純額)
     当期変動額合計                  43     251      0    112     113      3    367
     当期末残高                △1,044      53,528       1     27     28     163    53,721
                                  90/102







                                                           EDINET提出書類
                                                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                                                          訂正有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.資産の評価基準及び評価方法
       (1)    有価証券
       ①子会社株式及び関連会社株式                  移動平均法による原価法
       ②その他有価証券
         時価のあるもの    決算日の市場価格等に基づく時価法
                     (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
         時価のないもの    移動平均法による原価法
       (2)    デリバティブ                 時価法
       (3)    たな卸資産
       ①商品          移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法
                     により算定)
       ②未成工事支出金     個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
                     り算定)
      2.固定資産の減価償却の方法
       (1)    有形固定資産(