株式会社クロスフォー 四半期報告書 第33期第2四半期(令和1年11月1日-令和2年1月31日)

提出書類 四半期報告書-第33期第2四半期(令和1年11月1日-令和2年1月31日)
提出日
提出者 株式会社クロスフォー
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
 【表紙】
 【提出書類】      四半期報告書

 【根拠条文】      金融商品取引法第24条の4の7第1項

 【提出先】      関東財務局長

 【提出日】      2020年3月13日

 【四半期会計期間】      第33期第2四半期(自 2019年11月1日 至 2020年1月31日)

 【会社名】      株式会社クロスフォー

 【英訳名】      Crossfor  co.,Ltd.

 【代表者の役職氏名】      代表取締役社長 土橋 秀位

 【本店の所在の場所】      山梨県甲府市国母七丁目11番4号

 【電話番号】      057-008-9640(代表)

 【事務連絡者氏名】      取締役 米光 信彦

 【最寄りの連絡場所】      山梨県甲府市国母七丁目11番4号

 【電話番号】      057-008-9640(代表)

 【事務連絡者氏名】      取締役 米光 信彦

 【縦覧に供する場所】      株式会社東京証券取引所

       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/20









                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
 第一部  【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

           第32期    第33期

     回次      第2四半期    第2四半期    第32期
           連結累計期間    連結累計期間
          自  2018年8月1日   自  2019年8月1日   自  2018年8月1日
     会計期間
          至  2019年1月31日   至  2020年1月31日   至  2019年7月31日
  売上高       (千円)   1,880,748    1,566,542    3,493,931

  経常利益       (千円)    128,898    52,665    49,782

  親会社株主に帰属する
         (千円)    68,067    51,933    13,674
  四半期(当期)純利益
  四半期包括利益又は包括利益       (千円)    67,841    52,014    13,672
  純資産額       (千円)   2,633,742    2,639,758    2,588,476

  総資産額       (千円)   5,733,587    5,322,294    5,277,910

  1株当たり四半期(当期)純利益       (円)    4.07    3.11    0.82

  潜在株式調整後1株当たり
         (円)    4.05    3.09    0.81
  四半期(当期)純利益
  自己資本比率       (%)    45.5    48.9    48.4
  営業活動によるキャッシュ・フロー       (千円)    343,197    304,100    655,850

  投資活動によるキャッシュ・フロー       (千円)   △112,064    △53,332   △172,392

  財務活動によるキャッシュ・フロー       (千円)    132,043    △27,725   △207,913

  現金及び現金同等物の
         (千円)    797,072    929,357    708,398
  四半期末(期末)残高
           第32期    第33期

     回次      第2四半期    第2四半期
           連結会計期間    連結会計期間
          自  2018年11月1日   自  2019年11月1日
     会計期間
          至  2019年1月31日   至  2020年1月31日
  1株当たり四半期純利益金額       (円)    0.38    1.22

  (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
   ておりません。
  2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
             2/20






                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
 2 【事業の内容】
  当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
  について、重要な変更はありません。
  また、主要な関係会社についても異動はありません。
             3/20



















                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【事業等のリスク】

  当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
  投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
  リスク」についての重要な変更はありません。
 2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中の将来に関する事項は、当四半期連結累計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
  (1) 財政状態及び経営成績の状況

  当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、輸出を中心に弱さが続いているものの、雇用・所得環境改善
  が続くなかで、各種政策の効果もあり、緩やかな回復基調が続いております。一方で世界経済は、新型コロナウイ
  ルスの感染拡大、米中の通商問題、中国経済の減速、香港デモの長期化など、世界経済を取り巻く環境の不確実性
  は高まってきており、先行きの不透明感が強まっている状況にあります。
   ジュエリー業界におきましては、近年盛り上がりを見せていたインバウンド消費が落ち着いてきたことや、昨年
  10月に実施された消費増税前の駆け込み需要の反動減、相次いだ自然災害の影響などにより、消費者の節約志向が
  以前よりも強まったことから、収益環境は厳しいものとなりました。今後においても短期的には新型コロナウイル
  スの感染拡大が懸念されることから、東京オリンピック・パラリンピック時のインバウンド需要や、それに伴う国
  内消費の盛り上がりなどが期待されるものの、国内ジュエリー市場は当面軟調に推移するものと考えております。
  一方、国外ジュエリー市場は、インド、東南アジア、アフリカを中心とする中間所得層の拡大から購買力が向上
  し、2022年には48兆円の市場へ成長する予測であります。(※1)
   このような状況の中、当社グループは「Dancing         Stone」(※2)を中心にクリスマスや年末需要の獲得に向けて
  ブランド価値の向上と浸透に努めました。具体的には、女性による女性のためのジュエリーをコンセプトとした新
  ブランド「mute」の第1弾商品を投入し、加えて雑誌やネット媒体を通じた広告や得意先に新製品やプロモーショ
  ン情報を伝えるクロスフォーニュースの配信を開始するなど、新機軸の取組みを開始しております。また、在庫適
  正化の観点から従来の委託販売方法を見直し、委託製品の選別、店頭における販売支援策の拡充を進めました。
   さらに、新製品である「テニスブレスレット」は、下期からの本格的な販売開始に向けて、品質の安定を図り、
  また2020年2月に大量受注に対応できる24時間の生産体制を整えました。加えて、「EZ               Clasp」(※3)は、目途が
  立ったキャスト製品に加え、オートメーションで大量生産できるプレス機の開発を進めております。そして、これ
  らの新製品の品質、機能面の優位性を幅広く知っていただくため、1月に開催された国際宝飾展では「テニスブレ
  スレット」、「EZ   Clasp」及び「EZ   Clasp Jacket」(※4)の実演紹介を行いました。
   加えて、第1四半期連結累計期間中に日本精密株式会社と業務提携契約を締結し、「ブリリアントブレス」の販
  売に向けて、製品化準備を進めております。
   国外においては、既存市場の深耕に加え新規エリアでの取引先開拓に注力し、まだ「Dancing                Stone」を紹介して
  いない中東エリアを中心に営業活動を行いました。さらに「テニスブレスレット」や「EZ               Clasp」を海外大手小売
  チェーンに紹介するなどの活動を行っております。
   こうした活動を行ってまいりましたが、国内売上高は、「Dancing            Stone」製品について市況に影響された得意先
  の買い控えによる減収をカバーすることができず、         1,043,903千円  となりました。海外売上高についても、経済情勢
  の影響を受けた展示会集客の落ち込みによる減収をカバーすることができず、             522,639千円  となりました。
   この結果、当第2四半期連結累計期間における当社グループの売上高は            1,566,542千円  (前年同四半期  16.7%減  )、
  同営業利益は、販売管理費および滞留在庫の削減に取り組んだ結果、            56,304千円  (前年同四半期  60.7%減  )、同経常
  利益は 52,665千円  (前年同四半期  59.1%減  )、親会社株主に帰属する四半期純利益は       51,933千円  (前年同四半期  23.7%
  減)となりました。
   なお、当社グループの事業セグメントは、「ジュエリー事業」の単一セグメントであるため、セグメントごとの
  記載を省略しております。
  ※1 TechSci  Research「Global   gems and jewelry  Market,Competition,Forecast     and Opportunities,2012-2022」
  より引用。
  ※2 「Dancing  Stone」とは、当社の特許技術により宝石に穴をあけることなく、宝石を揺らすことができる宝石の
  セッティング方法であります。
             4/20


                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
  ※3 「EZ Clasp」とは、チェーンやブレスレット向けの片手で簡単に脱着可能なダブル式の留め金具であります。
  ※4 「EZ Clasp Jacket」とは、EZ   Clasp本体に装飾を加えることで、留め金具でありながらジュエリーやアクセサ
  リー のデザインの一部として楽しめるものであります。
  地域別売上高・比率                            第2四半期連結累計期間

    地域名     売上高(千円)     売上比率(%)
  日本        1,043,903     66.6
  タイ         233,422     14.9
  中国         161,590     10.3
  その他         127,626     8.2
  (資産の部)

  当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末と比べ           44,384千円増加   し、 5,322,294千円  となりまし
  た。これは主に、現金及び預金が      222,158千円増加   、原材料及び貯蔵品が    282,007千円増加   し、商品及び製品が
  411,153千円減少   したこと等によるものであります。
  (負債の部)
  当第2四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ             6,897千円減少  し、 2,682,535千円  と
  なりました。これは主に、短期借入金が       200,000千円増加   し、長期借入金(1年内返済予定を含む)が222,701千円減
  少したこと等によるものであります。
  (純資産の部)
  当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ             51,281千円増加   し、 2,639,758千円
  となりました。これは主に、利益の計上により        51,933千円  、新株予約権の計上により     4,285千円増加  し、剰余金の配
  当を 5,017千円  行ったこと等によるものであります。
  (2) キャッシュ・フローの状況

  当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
  220,958千円増加   し、 929,357千円  となりました。当第2四半期連結累計期間におけるキャッシュ・フローの状況と
  それらの要因は、次のとおりであります。
  営業活動により獲得した資金は、      304,100千円  (前年同四半期は   343,197千円  の獲得)となりました。これは主に、
  税金等調整前四半期純利益     52,665千円  を計上したこと、たな卸資産の減少額      75,786千円  、減価償却費の計上   64,323
  千円 、売上債権の減少額   64,913千円  等の増加要因によるものであります。
  投資活動により使用した資金は、      53,332千円  (前年同四半期は   112,064千円  の使用)となりました。これは主に、有
  形固定資産の取得による支出     49,595千円  等の減少要因によるものであります。
  財務活動により使用した資金は、      27,725千円  (前年同四半期は   132,043千円  の獲得)となりました。これは主に、長
  期借入れによる収入   100,000千円  及び短期借入金の純増減額     200,000千円  等の増加要因があったものの、長期借入金
  の返済による支出   322,701千円  等の減少要因によるものであります。
             5/20






                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
  (3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

  当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
  に生じた課題はありません。
  (4)  研究開発活動

  当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は4,336千円であります。
  なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
 3 【経営上の重要な契約等】

  当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             6/20
















                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
 第3 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類         発行可能株式総数(株)

      普通株式              26,688,000

      計             26,688,000

  ② 【発行済株式】

     第2四半期会計期間    提出日現在   上場金融商品取引所

   種類   末現在発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融      内容
     (2020年1月31日)    (2020年3月13日)    商品取引業協会名
                完全議決権株式であり、権利
             東京証券取引所
                内容に何ら限定のない当社に
                おける標準となる株式であり
  普通株式    17,522,000    17,522,000   JASDAQ
                ます。なお、単元株式数は100
              (スタンダード)
                株であります。
   計    17,522,000    17,522,000    ―     ―
  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
  ② 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

       発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金

           資本金増減額   資本金残高
   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
            (千円)   (千円)
       (株)   (株)       (千円)   (千円)
  2019年11月1日~
        - 17,522,000    -  683,400   -  683,400
  2020年1月31日
             7/20







                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
  (5) 【大株主の状況】
                  2020年1月31日現在
                   発行済株式
                   (自己株式を
                所有株式数   除く。)の
    氏名又は名称        住所
                (千株)  総数に対する
                   所有株式数
                   の割合(%)
  株式会社S.Hホールディングス       山梨県甲府市国母八丁目1番29号         8,462   50.60
  土橋 秀位       山梨県甲府市          506   3.03

  内藤 彰彦       山梨県韮崎市          363   2.18

  土橋 祥子       山梨県甲府市          186   1.11

  株式会社SBI証券       東京都港区六本木一丁目6番1号          157   0.94

  奥野 辰也       山梨県笛吹市          153   0.92

  TSUBASA DOBASHI
        SHENZHEN,  CHINA
                  128   0.77
  (常任代理人 みずほ証券株式会社)
  GENKI DOBASHI
        KOWLOON  SHI, HONG KONG
                  128   0.77
  (常任代理人 みずほ証券株式会社)
  山口 毅       山梨県中巨摩郡昭和町          114   0.68
  クロスフォー従業員持株会       山梨県甲府市国母七丁目11番4号          111   0.67

    計       -      10,310   61.65

  (注) 1.上記のほか当社所有の自己株式798,081株があります。
   2.上記株主の英文名は、株式会社証券保管振替機構から通知された「総株主通知」に基づき記載しておりま
   す。
             8/20











                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
  (6) 【議決権の状況】
  ① 【発行済株式】
                  2020年1月31日現在
    区分    株式数(株)   議決権の数(個)      内容
  無議決権株式        ―    ―     ―

  議決権制限株式(自己株式等)        ―    ―     ―

  議決権制限株式(その他)        ―    ―     ―

               完全議決権株式であり、権利内容に
        (自己保有株式)
               何ら限定のない当社における標準と
  完全議決権株式(自己株式等)           ―
        普通株式
               なる株式であります。なお、単元株
          798,000
               式数は100株であります。
        普通株式
  完全議決権株式(その他)            167,214     ―
         16,721,400
        普通株式  2,600
  単元未満株式           ―     ―
  発行済株式総数       17,522,000    ―     ―

  総株主の議決権        ―    167,214     ―

  ② 【自己株式等】

                  2020年1月31日現在
                   発行済株式
            自己名義   他人名義  所有株式数
  所有者の氏名                 総数に対する
        所有者の住所    所有株式数   所有株式数   の合計
   又は名称                所有株式数
            (株)   (株)   (株)
                   の割合(%)
  (自己保有株式)    山梨県甲府市国母七丁目11番4
            798,000   -  798,000   4.55
  株式会社クロスフォー    号
   計     ―    798,000   -  798,000   4.55
 2 【役員の状況】

  前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
             9/20










                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
 第4 【経理の状況】
 1  四半期連結財務諸表の作成方法について

  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
  第64号)に基づいて作成しております。
 2  監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年11月1日から2020年
  1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年8月1日から2020年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
  いて、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
            10/20

















                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
 1 【四半期連結財務諸表】
  (1) 【四半期連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第2四半期連結会計期間
            (2019年7月31日)     (2020年1月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金            710,998     933,157
   受取手形及び売掛金            545,294     395,862
   商品及び製品           1,402,059      990,906
   仕掛品            194,652     248,019
   原材料及び貯蔵品            629,849     911,856
   その他            50,128     51,673
              △57,396     △811
   貸倒引当金
   流動資産合計           3,475,586     3,530,663
  固定資産
   有形固定資産
   建物及び構築物(純額)           1,048,892     1,026,139
   土地           331,347     331,347
   建設仮勘定           14,791     27,530
              157,633     168,563
   その他(純額)
   有形固定資産合計           1,552,664     1,553,581
   無形固定資産
              85,086     72,495
   投資その他の資産
   その他           171,383     256,884
              △6,810     △91,330
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計           164,572     165,554
   固定資産合計           1,802,323     1,791,630
  資産合計            5,277,910     5,322,294
            11/20











                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第2四半期連結会計期間
            (2019年7月31日)     (2020年1月31日)
  負債の部
  流動負債
   支払手形及び買掛金            78,520     92,786
   短期借入金            500,000     700,000
   1年内返済予定の長期借入金            574,752     522,773
   未払法人税等            12,959     6,756
              86,109     94,147
   その他
   流動負債合計           1,252,342     1,416,464
  固定負債
   長期借入金           1,435,718     1,264,995
               1,372     1,075
   その他
   固定負債合計           1,437,091     1,266,071
  負債合計            2,689,433     2,682,535
  純資産の部
  株主資本
   資本金            683,400     683,400
   資本剰余金            777,066     777,066
   利益剰余金           1,121,067     1,167,984
              △20,378     △20,378
   自己株式
   株主資本合計           2,561,156     2,608,073
  その他の包括利益累計額
   その他有価証券評価差額金            △17     62
              △4,276     △4,276
   為替換算調整勘定
   その他の包括利益累計額合計            △4,293     △4,213
  新株予約権            31,614     35,899
  純資産合計            2,588,476     2,639,758
  負債純資産合計            5,277,910     5,322,294
            12/20










                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
  (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
  【四半期連結損益計算書】
  【第2四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第2四半期連結累計期間     当第2四半期連結累計期間
            (自 2018年8月1日     (自 2019年8月1日
            至 2019年1月31日)      至 2020年1月31日)
  売上高            1,880,748     1,566,542
              1,044,558      851,933
  売上原価
  売上総利益             836,190     714,608
             ※1 692,869    ※1 658,304
  販売費及び一般管理費
  営業利益             143,321     56,304
  営業外収益
  為替差益             -     126
  受取賃貸料            2,957     2,932
               2,693     2,057
  その他
  営業外収益合計            5,651     5,116
  営業外費用
  支払利息            6,455     6,160
  為替差損            10,507      -
  コミットメントフィー             -     1,905
               3,110      689
  その他
  営業外費用合計            20,074     8,755
  経常利益             128,898     52,665
  特別損失
               -     0
  固定資産除却損
  特別損失合計             -     0
  税金等調整前四半期純利益             128,898     52,665
  法人税、住民税及び事業税
              70,948     1,668
              △10,118     △937
  法人税等調整額
  法人税等合計             60,830      731
  四半期純利益             68,067     51,933
  親会社株主に帰属する四半期純利益             68,067     51,933
            13/20










                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
  【四半期連結包括利益計算書】
  【第2四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第2四半期連結累計期間     当第2四半期連結累計期間
            (自 2018年8月1日     (自 2019年8月1日
            至 2019年1月31日)      至 2020年1月31日)
  四半期純利益             68,067     51,933
  その他の包括利益
  その他有価証券評価差額金             △22     79
               △203      0
  為替換算調整勘定
  その他の包括利益合計            △225     80
  四半期包括利益             67,841     52,014
  (内訳)
  親会社株主に係る四半期包括利益            67,841     52,014
  非支配株主に係る四半期包括利益             -     -
            14/20
















                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
  (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                   (単位:千円)
           前第2四半期連結累計期間     当第2四半期連結累計期間
            (自 2018年8月1日     (自 2019年8月1日
            至 2019年1月31日)      至 2020年1月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
  税金等調整前四半期純利益            128,898     52,665
  減価償却費            54,400     64,323
  貸倒引当金の増減額(△は減少)            △1,031     27,934
  受取利息及び受取配当金            △111     △149
  支払利息            6,455     6,160
  為替差損益(△は益)            8,778     1,903
  固定資産除売却損益(△は益)             -     0
  株式報酬費用            9,009     4,285
  売上債権の増減額(△は増加)            78,228     64,913
  たな卸資産の増減額(△は増加)            △682     75,786
  仕入債務の増減額(△は減少)            △106,021     14,263
  前受金の増減額(△は減少)            △4,848     △4,138
  未払又は未収消費税等の増減額            97,615     9,041
              43,702      96
  その他
  小計            314,394     317,087
  利息及び配当金の受取額
               111     149
  利息の支払額            △6,588     △6,052
  法人税等の支払額            △1,694     △7,083
              36,975      -
  法人税等の還付額
  営業活動によるキャッシュ・フロー            343,197     304,100
  投資活動によるキャッシュ・フロー
  有形固定資産の取得による支出            △84,253     △49,595
              △27,811     △3,737
  その他
  投資活動によるキャッシュ・フロー            △112,064     △53,332
  財務活動によるキャッシュ・フロー
  短期借入金の純増減額(△は減少)            116,666     200,000
  長期借入れによる収入            450,000     100,000
  長期借入金の返済による支出            △315,197     △322,701
  株式の発行による収入             220     -
  自己株式の取得による支出             △15     -
              △119,629     △5,024
  配当金の支払額
  財務活動によるキャッシュ・フロー            132,043     △27,725
  現金及び現金同等物に係る換算差額             △8,200     △2,084
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)             354,975     220,958
  現金及び現金同等物の期首残高             442,096     708,398
             ※1 797,072    ※1 929,357
  現金及び現金同等物の四半期末残高
            15/20







                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
  【注記事項】
  (四半期連結損益計算書関係)
 ※1 販売費及び一般管理費のうち、主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
          前第2四半期連結累計期間      当第2四半期連結累計期間
          (自  2018年8月1日     (自  2019年8月1日
           至  2019年1月31日)     至  2020年1月31日)
   給与手当         164,715 千円     153,756 千円
   退職給付費用         3,796  〃     4,234  〃
   貸倒引当金繰入額         △928  〃     27,714  〃
  (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

 ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとお
  りであります。
          前第2四半期連結累計期間      当第2四半期連結累計期間
           (自 2018年8月1日      (自 2019年8月1日
           至 2019年1月31日)      至 2020年1月31日)
   現金及び預金         798,472 千円     933,157 千円
   預入期間が3か月を超える定期預金         △1,400  〃     △3,800  〃
   現金及び現金同等物         797,072 千円     929,357 千円
  (株主資本等関係)

  前第2四半期連結累計期間(自 2018年8月1日 至 2019年1月31日)
  1.配当金支払額

       配当金の総額  1株当たりの
   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
        (千円)  配当額(円)
  2018年10月26日
     普通株式   120,384   7.20 2018年7月31日   2018年10月29日    利益剰余金
  定時株主総会
  2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

  となるもの
  該当事項はありません。
  当第2四半期連結累計期間(自 2019年8月1日 至 2020年1月31日)

  1.配当金支払額

       配当金の総額  1株当たりの
   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
        (千円)  配当額(円)
  2019年10月25日
     普通株式   5,017   0.30 2019年7月31日   2019年10月28日    利益剰余金
  定時株主総会
  2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

  となるもの
  該当事項はありません。
  (セグメント情報等)

   【セグメント情報】
  当社グループの事業セグメントは、ジュエリー事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を
  省略しております。
            16/20



                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
  (1株当たり情報)
  1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
  以下のとおりであります。
            前第2四半期連結累計期間     当第2四半期連結累計期間

            (自  2018年8月1日    (自  2019年8月1日
            至  2019年1月31日)    至  2020年1月31日)
  (1) 1株当たり四半期純利益
               4円07銭     3円11銭
   (算定上の基礎)

  親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

               68,067     51,933
  普通株主に帰属しない金額(千円)

                -     -
  普通株式に係る親会社株主に帰属する
               68,067     51,933
  四半期純利益(千円)
  普通株式の期中平均株式数(株)
              16,721,435     16,723,919
  (2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

               4円05銭     3円09銭
   (算定上の基礎)

  親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)

                -     -
  普通株式増加数(株)

               95,104     93,874
  (うち新株予約権(株))

              (95,104)     (93,874)
  希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
  四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結              ―     ―
  会計年度末から重要な変動があったものの概要
            17/20











                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
 2 【その他】
  該当事項はありません。
            18/20




















                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            19/20



















                     EDINET提出書類
                   株式会社クロスフォー(E33313)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年3月13日

 株式会社クロスフォー
  取締役会  御中
        有限責任  あずさ監査法人

         指定有限責任社員

               細  矢   聡
             公認会計士      ㊞
         業務執行社員
         指定有限責任社員

               佐  藤  義  仁
             公認会計士      ㊞
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社クロス

 フォーの2019年8月1日から2020年7月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019年11月1日から2020
 年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年8月1日から2020年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸
 表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
 フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
 四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
 財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
 表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
 る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
 拠して四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
 認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
 監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
 められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社クロスフォー及び連結子会社の2020年1月31日現在の財
 政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示し
 ていないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上
  (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

   告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。