アクティビア・プロパティーズ投資法人 有価証券報告書(内国投資証券) 第16期(令和1年6月1日-令和1年11月30日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資証券)-第16期(令和1年6月1日-令和1年11月30日)
提出日
提出者 アクティビア・プロパティーズ投資法人
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資証券)

                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  【表紙】
  【提出書類】       有価証券報告書

  【提出先】       関東財務局長
  【提出日】       2020年2月27日
  【計算期間】       第16期(自 2019年6月1日 至 2019年11月30日)
  【発行者名】       アクティビア・プロパティーズ投資法人
  【代表者の役職氏名】       執行役員  佐藤 一志
  【本店の所在の場所】       東京都渋谷区道玄坂一丁目21番1号
  【事務連絡者氏名】       東急不動産リート・マネジメント株式会社
         アクティビア運用本部 運用戦略部長  村山 和幸
  【連絡場所】       東京都渋谷区道玄坂一丁目21番1号
  【電話番号】       03-6455-3377
  【縦覧に供する場所】       株式会社東京証券取引所
         東京都中央区日本橋兜町2番1号
              1/231














                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  第一部【ファンド情報】
  第1【ファンドの状況】
  1【投資法人の概況】
  (1)【主要な経営指標等の推移】
   ① 主要な経営指標等の推移

    期別   第7期 第8期 第9期 第10期 第11期 第12期 第13期 第14期 第15期 第16期

       2015年 2015年 2016年 2016年 2017年 2017年 2018年 2018年 2019年 2019年
    決算年月
        5月 11月 5月 11月 5月 11月 5月 11月 5月 11月
      百万円
  営業収益
        9,120 9,701 10,175 10,917 12,107 12,720 13,327 13,815 14,843 15,542
      百万円
  (うち賃貸事業収入)      (8,501) (8,780) (9,528) (10,175) (11,370) (11,861) (12,409) (12,673) (13,472) (14,063)
      百万円
  営業費用      3,921 4,241 4,249 4,755 5,127 5,645 5,855 6,268 6,243 6,862
      百万円
  (うち賃貸事業費用)      (3,210) (3,422) (3,399) (3,833) (4,097) (4,509) (4,706) (5,076) (4,973) (5,464)
      百万円
  営業利益      5,199 5,460 5,926 6,161 6,980 7,074 7,471 7,546 8,599 8,680
      百万円
  経常利益      4,583 4,790 5,197 5,410 6,152 6,218 6,611 6,697 7,726 7,818
      百万円
  当期純利益      4,582 4,789 5,196 5,409 6,151 6,217 6,610 6,696 7,725 7,817
      百万円
     (注7)
  出資総額
       150,770 150,770 171,532 171,532 202,233 202,233 217,091 217,091 248,370 248,370
       口
  発行済投資口の総口数
       277,132 554,264 599,654 599,654 665,214 665,214 698,704 698,704 771,224 771,224
      百万円
  純資産額      155,353 155,560 176,729 177,018 208,451 208,523 223,777 223,842 256,085 256,198
       %
  (対前期比)      (19.4)  (0.1) (13.6)  (0.2) (17.8)  (0.0) (7.3) (0.0) (14.4)  (0.0)
      百万円
  総資産額      297,466 307,746 339,894 371,680 425,977 426,838 445,941 445,464 514,359 515,480
       %
  (対前期比)      (17.4)  (3.5) (10.4)  (9.4) (14.6)  (0.2) (4.5) (△0.1)  (15.5)  (0.2)
       円
     (注2)
  1口当たり純資産額      280,287 280,661 294,719 295,200 313,359 313,467 320,275 320,368 332,050 332,196
     (注2)
       円
  1口当たり当期純利益
        8,344 8,642 8,722 9,021 9,252 9,346 9,493 9,584 10,118 10,136
     (注3)
      百万円
  分配総額
        4,582 4,789 5,196 5,409 6,151 6,217 6,611 6,696 7,725 7,817
       円
  1口当たり分配金額      16,535  8,642 8,666 9,021 9,248 9,346 9,462 9,584 10,017 10,137
  (うち1口当たり
       円
       (16,535)  (8,642) (8,666) (9,021) (9,248) (9,346) (9,462) (9,584) (10,003) (10,137)
   利益分配金)
  (うち1口当たり
       円
        (-) (-) (-) (-) (-) (-) (-) (-) (14) (-)
   利益超過分配金)
     (注4)  %
  総資産経常利益率
        1.7 1.6 1.6 1.5 1.5 1.5 1.5 1.5 1.6 1.5
     (注4)  %
  自己資本比率
        52.2 50.5 52.0 47.6 48.9 48.9 50.2 50.2 49.8 49.7
       %
  (対前期増減)      (0.9) (△1.7)  (1.5) (△4.4)  (1.3)  (-) (1.3)  (-) (△0.4) (△0.1)
     (注4)  %
  自己資本利益率      3.2 3.1 3.1 3.1 3.2 3.0 3.1 3.0 3.2 3.1
     (注4)  %
  配当性向      100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0  99.9 100.0
  [その他参考情報]
       件
  投資物件数      30 31 32 35 39 39 42 42 45 44
     (注5)  ㎡312,777.90 301,802.03 312,572.42 340,271.66 370,194.77 370,296.85 395,994.33 395,967.44 415,167.22 414,008.41
  総賃貸可能面積
       %
  期末稼働率
        99.7 99.2 99.8 99.3 99.8 100.0  99.8 99.9 99.5 99.8
      百万円
  当期減価償却額
        887 925 989 1,051 1,175 1,189 1,234 1,267 1,294 1,298
              2/231





                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    期別   第7期 第8期 第9期 第10期 第11期 第12期 第13期 第14期 第15期 第16期
       2015年 2015年 2016年 2016年
             2017年 2017年 2018年 2018年 2019年 2019年
    決算年月
             5月 11月 5月 11月 5月 11月
        5月 11月 5月 11月
      百万円
  当期資本的支出額      429 272 244 502 147 303 1,077  352 413 640
  賃貸NOI
      百万円
  (Net Operating  (注4)
        6,796 7,006 7,766 8,135 9,185 9,400 9,855 10,006 10,827 11,034
  Income)
  FFO(Funds  from
      百万円
     (注4)
        5,469 5,718 6,186 6,461 7,327 7,406 7,845 7,964 9,024 9,116
  Operation)
     (注2)
       円
  1口当たりFFO      9,868 10,316 10,317 10,775 11,015 11,134 11,229 11,398 11,701 11,821
     (注4)
      百万円
     (注4)
  有利子負債総額      127,100 136,900 147,150 177,150 196,150 196,150 199,350 199,350 234,350 234,350
  LTV ratio
     (注4)  %
  (Loan ToValue    42.7 44.5 43.3 47.7 46.0 46.0 44.7 44.8 45.6 45.5
  ratio)
     (注4)  %
  有利子負債比率
        45.7 47.6 46.2 50.8 49.2 49.2 47.9 47.9 48.5 48.5
   (注1) 営業収益等には、消費税等は含まれていません。

   (注2) 2015年9月30日を基準日、2015年10月1日を効力発生日として、投資口1口につき2口の割合による投資口の分割を行いました。
    第7期及び第8期における1口当たり純資産額、1口当たり当期純利益及び1口当たりFFOについては、第7期期首に当該投資口の
    分割が行われたと仮定して算定しています。
   (注3) 1口当たり当期純利益は、当期純利益を日数加重平均投資口数(第7期            549,191口、第8期   554,264口、第9期   595,758口、第10
    期599,654口、第11期   664,866口、第12期   665,214口、第13期   696,324口、第14期   698,704口、第15期763,508口、第16期771,224
    口)で除することにより算定しています。
   (注4) 記載した指標は以下の方法により算定しています。
      経常利益/平均総資産額
  総資産経常利益率
      平均総資産額=(期首総資産額+期末総資産額)÷2
  自己資本比率    期末純資産額/期末総資産額
      当期純利益/平均純資産額
  自己資本利益率
      平均純資産額=(期首純資産額+期末純資産額)÷2
  配当性向    分配総額(利益超過分配金を含まない)/当期純利益
      当期賃貸営業利益(賃貸事業収入+その他賃貸事業収入-賃貸事業費用)+当期減価償却費+
  賃貸NOI
      当期固定資産除却損
  FFO    当期純利益+当期減価償却費+当期固定資産除却損
  1口当たりFFO    FFO/発行済投資口の総口数

  有利子負債総額    借入金+投資法人債+有利子の敷金及び保証金

  LTV ratio
      期末有利子負債総額/期末総資産額
               (注7)
  有利子負債比率    期末有利子負債総額/(期末有利子負債総額+出資総額           )
   (注5) 総賃貸可能面積は各保有資産のうち底地以外の物件については、決算日時点における各保有資産に係る建物の賃貸借契約又は建物
    図面等に基づき賃貸が可能と考えられるものを記載し、各保有物件のうち底地物件については、決算日時点における保有資産に係
    る底地の賃貸借契約又は土地図面等に基づき賃貸が可能と考えられるものを記載しています。また、「東急プラザ表参道原宿」、
    「東急プラザ赤坂」、「デックス東京ビーチ」、「東急プラザ銀座(底地)」、「キュープラザ原宿」、「汐留ビルディング」及
    び「大阪中之島ビル」は、各物件の準共有持分割合(それぞれ75%、50%、49%、30%、60%、15%(第7期及び第8期)、25%
    (第9期及び第10期)又は35%(第11期乃至第16期)及び50%)に相当する数値に基づき記載しています。
   (注6) 本書において特に記載のない限り、記載未満の数値について、金額は切捨て、比率は四捨五入により記載しています。
   (注7) 一時差異等調整引当額に係る利益超過分配の実施に伴う出資総額の変動は考慮していません。
              3/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ② 運用状況
   (ア)当期の概況

    a.投資法人の主な推移

     アクティビア・プロパティーズ投資法人(以下「本投資法人」といいます。)は、「投資信託及び投資
    法人に関する法律」(昭和26年法律第198号、その後の改正を含みます。以下「投信法」といいます。)
    に基づき、TLCタウンシップ株式会社       (2017年4月1日付で、現 東急不動産リート・マネジメント株
    式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)を存続会社とし、東急不動産アクティビア投信株式会社
    (2012年4月1日付でTLCタウンシップ株式会社から商号変更。)を消滅会社とする吸収合併を行いま
    した。 )を設立企画人として、2011年9月7日に出資金200百万円(400口)で設立し、2011年9月20日に
    関東財務局への登録が完了しました(関東財務局長第73号)。
     その後、本投資法人は、2012年6月13日に株式会社東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場(銘
    柄コード3279)し、2018年12月19日に6年連続となる公募増資及び2019年1月7日に第三者割当を実施し
    ました。
     本投資法人の名称に付せられた「アクティビア・プロパティーズ」の「Activia(アクティビア)」と
    は、「活気を与える」を意味する「Activate」と「場所」を意味する接尾語「ia」からなる造語です。そ
    の名称の由来に相応しい不動産への投資・運用を通じて、広く社会に活気を与えられる存在となることを
    本投資法人は目指します。また、本投資法人は、中長期的な投資主価値の最大化を図るため、多くの人が
    集い、街の賑わいや企業の活動拠点として「お客様に選ばれ続ける不動産」を選択し、「プロアクティブ
    (Proactive)な運用」(率先し、先を見越して行動し、状況を改善する運用)を目指します。
     当期(2019年11月期)においては、「A-FLAG赤坂(50%準共有持分)(注)」の信託受益権を譲渡しま
    した。その結果、当期末時点で本投資法人が保有する物件は44物件(取得価格合計498,985百万円)とな
    りました。
    (注)2019年3月1日に50%準共有持分を、2019年6月3日に残りの50%準共有持分を譲渡しておりま
     す。
    b.当期の運用環境

     当期の日本経済は、米中貿易交渉の影響による世界経済の後退懸念により、輸出において引き続き弱め
    の動きが続いたことや、製造業を中心に景況感に慎重さが見られたものの、企業収益は高水準で底堅く推
    移しており、雇用・所得環境の改善も続いている等、概ね緩やかな回復傾向が続きました。
     商業施設を取り巻く環境については、内閣府経済社会総合研究所公表の「消費動向調査」において、10
    月の消費税率の引き上げや台風等の自然災害の影響が懸念されましたが、足許では消費者態度指数が11月
    まで2か月連続で上昇し、消費マインドは堅調に推移しています。また、国土交通省観光庁公表の「訪日
    外国人消費動向調査」によれば、日韓対立により韓国からの旅行者数は減少したものの、2019年1月から
    9月までの訪日外国人旅行消費額は過去最高額となり、インバウンド需要は力強さを維持しています。
     賃貸オフィス市場については、三鬼商事株式会社が公表した都心5区(千代田区、港区、中央区、渋谷
    区及び新宿区)の平均空室率は2018年11月以降1%台で推移し、足許では過去最低を更新する等、需給の
    逼迫が継続しています。一方、賃料水準についても、平均賃料の上昇局面が71か月連続と過去最長を更新
    しており、上昇基調が続いています。また、東京以外の主要都市においても、空室率が大阪で1%台に低
    下する等、過去最低水準で推移しており、賃料水準も緩やかに上昇を続け、市況は好調さを維持していま
    す。
     J-REIT市場は、引き続き低水準な金利環境や好調な不動産市況を背景に、収益の安定性や相対的な利回
    りの高さに着目した資金流入等もあり、総じて上昇基調で推移しました。また、公募増資による資金調達
    と物件の取得は引き続き積極的に行われており、J-REITの資産規模は拡大を続けました。
    c.運用実績

     本投資法人は、規約に定める資産運用の基本方針等に基づき、2019年6月3日に「A-FLAG赤坂(50%準
    共有持分)」(譲渡価格1,875百万円)を信託財産とする信託受益権を譲渡しました。
     この結果、当期末時点の本投資法人の保有資産合計は44物件(取得価格合計498,985百万円)、総賃貸
    可能面積は414,008㎡(125,235坪)となりました。
              4/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
          (注1)
     なお、当期の月別平均稼働率       の推移は以下のとおりです。
          2019年  2019年  2019年  2019年  2019年  2019年
          6月末  7月末  8月末  9月末  10月末  11月末
      (注2)
           99.9  99.9  99.9  99.9  99.8  99.8
   都市型商業施設
     (注2)
          100.0  100.0  100.0  100.0  99.9  99.9
   東京オフィス
        (注2)
           99.1  99.0  99.3  99.3  99.7  99.7
   アクティビア・アカウント
   全 体       99.6  99.5  99.7  99.6  99.8  99.8
   (注1)「稼働率」は、小数点第2位を四捨五入して記載しています。
   (注2)「都市型商業施設」、「東京オフィス」及び「アクティビア・アカウント」の詳細は、後記「2               投資方針/(1)   投資方
    針」をご参照ください。以下同じです。
    d.サステナビリティに関する取組み

     本投資法人はこれまでも、中長期的な投資主価値の最大化に向けた「お客様に選ばれ続ける不動産」に
    よるポートフォリオ構築のため、立地、用途、規模、クオリティといった要素のみならず、環境負荷の低
    減、また周辺環境や地域社会への貢献に向けてさまざまな取り組みを推進してまいりました。これらの取
    組みを踏まえ、本投資法人の資産運用会社である東急不動産リート・マネジメント株式会社は、持続可能
    (サステナブル)な社会の発展に貢献するという考え方を明文化した「サステナビリティ方針」を制定
    し、2019年7月には、本投資法人が取組むべきマテリアリティ(重要課題)として、環境面でのより広範
    囲なパフォーマンスにおいて目標数値を公表するとともに、それらに向けたより実践的なマネジメント方
    針を明確化いたしました。この一環として、エネルギー消費原単位と温室効果ガス(GHG)を中長期的に
    年平均1%削減する等具体的に4項目の削減を基本的な目標として掲げ、日々努力しております。当期の
    取組みとしては、「東急プラザ赤坂」・「デックス東京ビーチ」・「ルオーゴ汐留」・「A-PLACE五反田
    駅前」・「A-PLACE馬車道」・「EDGE心斎橋」の共用部の一部、「A-PLACE恵比寿南」・「A-PLACE品
    川」・「A-PLACE恵比寿東」・「A-PLACE五反田駅前」・「A-PLACE金山」・「EDGE心斎橋」の専有部の一
    部において、照明のLED化工事を実施しております。また、「A-FLAG札幌」で消費電力低減効果のあるエ
    スカレーター更新工事と省エネ効果のある空調機更新工事、「デックス東京ビーチ」で環境負荷の少ない
    冷媒を用いた空調機更新工事、「A-PLACE新橋」で省エネガラスの設置、「大阪中之島ビル」で節水タイ
    プの機器を採用したトイレ更新工事と、消費電力削減・CO2排出削減効果のあるエレベーター更新工事を
    行っております。
     このほか、グリーンビル認証の取得にも毎年継続的に取組んでおり、当期は、BELS認証を「キュープラ
    ザ原宿(★★)」1物件で取得しております。これにより、グリーンビル認証取得数の合計は25物件、延
    床面積ベースで59.0%(2019年11月30日現在)となりました。
     さらに、東急プラザ表参道原宿でNPO法人、協賛企業、地元保育園とともに野菜を育てる「野菜の森プ
    ロジェクト」の継続や、地域社会に向けた取り組みとして、当期は、汐留ビルディングにおけるハマサイ
    トの夏祭りへの特別協賛や、京都烏丸パーキングビルにおける祇園祭への参加など、周辺企業・住民・街
    との共生を目指し、コミュニティ活動に協力しています。
     本投資法人は、このような環境、社会への取組みを実践することにより、サステナブルな社会の実現に
    貢献してまいります。
    e.資金調達の概要

     当期においては、負債の返済期限の分散化、平均残存年数の長期化及び資金調達方法の多様化を図ると
    ともに、サステナビリティへの取り組みの更なる推進、ESG投資に関心を持つ新たな投資家の需要喚起に
    よる投資家層の拡大を図るため、本投資法人初となるグリーンボンド(無担保投資法人債)を2019年7月
    及び11月にそれぞれ5,000百万円及び4,000百万円発行し、短期借入金の返済に充当しました。また、返済
    期日が到来した借入金及び投資法人債の返済等のため、合計18,100百万円の借換を行い、引き続き返済期
    限の分散等による財務基盤の安定性維持に努めました。この結果、当期末時点における有利子負債残高は
    234,350百万円(借入金211,350百万円、投資法人債23,000百万円)となりました。また、総資産に占める
    有利子負債の割合(LTV=有利子負債残高÷資産総額×100)については、当期末時点で45.5%、長期比率
    97.9%、固定金利比率92.8%となりました。
              5/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
     なお、当期末時点において本投資法人が取得している格付は以下のとおりです。なお、本投資口につい
    て、本投資法人の依頼により、信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に供された信用格付又は信用格
    付業者から提供され、若しくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
      信用格付業者      格付の内容      見通し
    株式会社日本格付研究所(JCR)       長期発行体格付:AA       安定的
    f.当期の業績及び分配の概要

     上記運用の結果、当期は営業収益15,542百万円、営業利益8,680百万円、経常利益7,818百万円、当期純
    利益7,817百万円となりました。
     分配金については、本投資法人の定める分配方針(規約第35条)に従い、租税特別措置法(昭和32年法
    律第26号、その後の改正を含みます。以下「租税特別措置法」といいます。)第67条の15の適用により、
    利益分配金の最大額が損金算入されることを企図して、投資口1口当たりの分配金が1円未満となる端数
    部分を除き、当期未処分利益の全額から一時差異等調整引当額の戻入額を控除した額を分配することと
    し、この結果、投資口1口当たりの分配金は10,137円となりました。
   (イ)次期の見通し

    a.次期の運用環境

     今後の日本経済は、世界経済の減速の影響により、輸出や設備投資等に不透明感が残るものの、国内の
    堅調な企業業績や雇用・所得環境の改善を背景に、底堅く推移するものと見られます。一方、米中貿易交
    渉の進展、欧米の金融政策の動向、英国のEU離脱の行方等には留意が必要です。
     賃貸オフィス市場に関しては、堅調な企業業績を背景に、引き続きオフィス環境の改善や人員増による
    拡張移転、増設等の需要は強く、低水準な空室率と緩やかな賃料水準の上昇は続くと見られます。商業施
    設を取り巻く環境においては、足許では消費マインドに持ち直しの動きが見られていることや外国人旅行
    者消費額が好調さを維持しているものの、消費税率の引き上げの影響等には留意が必要と考えます。J-
    REIT市場は、金融緩和政策が継続することで、金利水準は低位で推移すると見られ、また、J-REITの業績
    の安定性及び相対的に高い配当利回り等を背景に、底堅く推移していくことが見込まれます。このような
    環境のもと、本投資法人は、引き続き運用資産の競争力を活用した内部成長を推進し、厳選投資による外
    部成長も図りながら、投資主価値向上を目指します。
    b.今後の運用方針及び対処すべき課題

    (ⅰ) 基本方針
     本投資法人は、「都市型商業施設及び東京オフィスへの重点投資」「包括的なサポート体制を通じ
     た東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーンの活用」及び「投資主価値を最大化する
     ためのガバナンス体制」を基本方針として運用を行います。
    (ⅱ) 外部成長戦略

     本投資法人は、都市型商業施設及び東京オフィスに対して重点的に投資を行いますが、その際、中
     長期にわたり競争力を有するポートフォリオを構築するため、周辺環境を含めた立地の選定を重視
     し、用途、規模、仕様その他の物件のクオリティ及びテナントの信用力や知名度等の個別要素を総合
     的に勘案した上で慎重に投資判断を行います。
      これら競争力の高い資産を継続的に取得するために、本資産運用会社の資産取得に関する独自のノ
     ウハウと情報収集ネットワークに加え、本投資法人に関する東急不動産株式会社              (以下「東急不動
     産」といいます。)   とのスポンサーサポート契約及び東急不動産ホールディングスグループに属する
     グループ会社5社とのサポート契約による情報提供を基に厳選投資を行い、ポートフォリオの質の維
     持・向上を図ります。
              6/231





                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    (ⅲ) 内部成長戦略
     本投資法人は、本資産運用会社の独自のノウハウに基づき、ポートフォリオ全体及び運用資産毎の
     特性を十分に理解し、施設競争力の維持・向上のための運営・管理・リニューアル等を実施します。
     また、不動産の運営・管理経験が豊富なプロパティマネジメント会社を選定し、定期・不定期の検証
     を通じ、本投資法人の運用資産の個別特性に合わせた適切な運営・管理を行うことにより、ポート
     フォリオの安定的な運用及び収益力の強化を目指します。
      さらに、運用資産の競争力を最大限に引き出す運営・管理を行う内部成長のノウハウ、あるいは、
     消費者と対面で事業を行うことによる消費者ニーズの把握や小売業・サービス業等各業界の動向に関
     する情報を有する東急不動産及びサポート提供会社による継続的なサポートを通じて、資産価値の維
     持・向上を図る方針です。
      なお、運用資産のプロパティマネジメント業務については、東急不動産、東急不動産SCマネジメ
     ント株式会社(以下「東急不動産SCマネジメント」といいます。)又は株式会社東急コミュニ
     ティー(以下「東急コミュニティー」といいます。)からのリーシングサポートを受けています。
    (ⅳ)財務戦略

     本投資法人は、保守的なLTVコントロール及び借入金の長期固定化とマチュリティ分散(返済期限
     の分散化)を目指す健全な財務方針を有し、主要金融機関との良好なリレーションに基づく磐石なバ
     ンクフォーメーションにより、安定的な財務基盤の構築を図ります。また、資金調達手段多様化の観
     点から、金融マーケット動向を注視しつつ、投資法人債の発行にも取り組みます。また、新投資口の
     発行につきましては、長期的かつ安定的な成長のため、諸々の環境に配慮しつつ、慎重かつ機動的に
     行っていきます。
    c.決算後に生じた重要な事実

     該当事項はありません。
     <参考情報>

     (ⅰ) 資産の取得

       本投資法人は、規約に定める資産運用の基本方針に基づき、借入金等により、以下に掲げ
       る資産を取得しました。
      (TO-18) 恵比寿プライムスクエア(51%持分取得)

         資産の種類     信託受益権
         取得価格      30,700百万円
         取得年月日     2020年1月10日
         所在地       ①東京都渋谷区広尾一丁目1番39号
                   ②東京都渋谷区広尾一丁目1番40号
                   ③東京都渋谷区広尾一丁目1番7号
         用途        ①事務所、店舗、駐車場
                   ②店舗、駐車場
                   ③共同住宅、スポーツクラブ、駐車場
         敷地面積      12,179.49㎡
         延床面積(注)   67,581.00㎡
         構造        ①鉄骨・鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート造/地下3階地上
           22階
                   ②鉄筋コンクリート造/地下2階地上2階
                   ③鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋コンクリート造/地下2階地上13階
         竣工年月      1997年1月
         所有形態      土地:所有権(準共有持分51%)
                   建物:所有権(準共有持分51%)
         (注)本物件は3棟に分かれており、各延床面積の合計を記載しています。
              7/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
     (ⅱ) 資産の譲渡
          本投資法人は、規約に定める資産運用の基本方針に基づき、以下に掲げる資産を譲渡する
       予定です。
       (TO-17) A-PLACE新橋駅前

         資産の種類     信託受益権
         譲渡予定価格    21,000百万円
         引渡予定年月日(注)      2020年3月19日
         所在地       東京都港区新橋一丁目12番9号
         用途             店舗、事務所、駐車場
         敷地面積           1,001.39㎡
         延床面積      8,541.44㎡
         構造        鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート造/地下1階地上10階
         竣工年月           2008年4月、2018年5月一部取壊・増築
         所有形態      土地:所有権
                   建物:所有権
         (注)当該物件に係る信託受益権売買契約については、金融庁の定める「金融商品取引業者
        等向けの  総合的な監督指針」に規定されるフォワード・コミットメント等(先日付で
        の売買契  約であって、契約締結から1ヶ月以上経過した後に決済・物件引渡しを行う
        こととしているものその他これに類する契約をいいます。)に該当します。
              8/231














                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  (2)【投資法人の目的及び基本的性格】
   ① 投資法人の目的及び基本的性格

    本投資法人は、資産を主として後記「2       投資方針/(2)   投資対象/① 投資対象とする資産の種類」に記
   載する不動産等資産(投資信託及び投資法人に関する法律施行規則(平成12年総理府令第129号、その後の改正
   を含みます。以下「投信法施行規則」といいます。)に定めるもののうち、不動産、不動産の賃借権、地上権及
   びこれらの資産のみを信託する信託の受益権をいいます。以下同じです。)に対する投資として運用することを
   目的とし、継続的な投資を通じて、中長期にわたる安定した収益の確保と運用資産の着実な成長を図ることによ
   り、投資主価値の最大化を目指すことを基本方針としています(規約第27条)。
    本投資法人は、中長期的な安定収益の確保のため、投資物件は基本的に長期保有とします(規約第28条第1
   項)。また、本投資法人は、都市型商業施設及び東京オフィスへの重点投資を中心にその資産の運用を行います
   (都市型商業施設及び東京オフィスへ重点投資を行う本投資法人の基本理念の詳細は、後記「2                 投資方針/
   (1) 投資方針/① 本投資法人の基本理念」をご参照ください。)。本投資法人の投資対象地域は、東京都
   を中心に、国内の主要都市並びにそれらの周辺通勤圏とします(規約第28条第2項)。
    本投資法人は、投信法第198条第1項及び規約第41条の規定に基づき、その資産の運用に係る業務を本資産運
   用会社に全て委託しています。本投資法人とTLCタウンシップ株式会社との間で2011年9月7日に締結された
   資産運用委託契約(その後の変更契約等を含み、以下「資産運用委託契約」といいます。なお、資産運用委託契
   約上のTLCタウンシップ株式会社の地位は、本資産運用会社に承継されています。)の規定に従い、本資産運
   用会社は、本投資法人の運用資産に係る運用の方針につき、その社内規程として「運用ガイドライン」(以下
          (注)
   「運用ガイドライン」といいます。)       を制定しています。
   (注) 「運用ガイドライン」は、本資産運用会社の判断により、規約に定める本投資法人の資産運用の基本方針の最適な実現を目指
    し、かつ今後の諸要因の動向、変化等を勘案しこれに機動的に対応するため、規約及び資産運用委託契約に定める範囲内にお
    いて、変更されることがあります。
   ② 投資法人の特色

    本投資法人は、投信法に基づき、資産を主として特定資産に対する投資として運用することを目的とします。
    本投資法人の投資口(以下「本投資口」といいます。)は、投資主の請求による払戻しが認められないクロー
   ズド・エンド型です。
    本資産運用会社は、本投資法人の資産運用に当たり、東急不動産ホールディングスグループによる包括的なサ
   ポート体制を通じ、東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーン(本投資法人において、その資産
   規模拡大(外部成長)と資産価値の維持・向上(内部成長)の両面を図るための価値の連鎖)を活用して、継続
   的な資産取得によるポートフォリオの拡大(外部成長)と、テナント満足度の追求及び資産価値の維持・向上
   (内部成長)を図り、投資主価値の最大化を目指します。詳細は、後記「2             投資方針/(1)   投資方針/④ 
   成長戦略」をご参照ください。
              9/231









                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  (3)【投資法人の仕組み】
   ① 本投資法人の仕組図

   (注1)2019年9月7日付で執行役員である村山和幸が任期満了により退任し、新たに2019年9月8日付で佐藤一志が執行役員に就















    任しました。
   (注2)東急不動産株式会社、東急不動産ホールディングス株式会社、東急不動産SCマネジメント株式会社、株式会社東急コミュ
    ニティー及び合同会社スペードハウスは、特定関係法人に該当します。
             10/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ② 本投資法人及び本投資法人の関係法人の名称、運営上の役割及び関係業務の内容
   運営上の役割      名称       関係業務の内容

  投資法人     アクティビア・プロパティーズ       資産を主として不動産等資産に対する投資として運
      投資法人      用することを目的とし、継続的な投資を通じて、中長
             期にわたる安定した収益の確保と運用資産の着実な成
             長を図ることにより、投資主価値の最大化を目指すこ
             とを基本方針とします。
  資産運用会社     東急不動産リート・マネジメント       以下に掲げる本投資法人の資産の運用に係る業務の
  (投信法第198条関係)     株式会社      委託を、本投資法人から受けます。
             (業務内容)
             a.本投資法人の運用資産の運用に係る業務
             b.本投資法人の資金調達に係る業務
             c.運用資産の状況その他の事項について、本投資
             法人に対する又は本投資法人のための報告、届
             出等の業務
             d.運用資産に係る運用計画の策定業務
             e.その他本投資法人が随時委託する業務
             f.前各号に付随し又は関連する業務
  資産保管会社     三井住友信託銀行株式会社       以下に掲げる本投資法人の資産の保管に係る業務の
  (投信法第208条関係)           委託を、本投資法人から受けます。
             (業務内容)
             a.資産保管業務
             b.金銭出納管理業務
             c.その他前各号に付随関連する業務
  投資主名簿等管理人     三井住友信託銀行株式会社       以下に掲げる一般事務に係る業務の委託を、本投資
             法人から受けます。
             (業務内容)
             a.投資主名簿の作成、管理及び備置に関する事務
             b.募集投資口の発行に関する事務
             c.投資主に対して分配をする金銭の計算及び支払
             に関する事務
             d.投資主の権利行使に関する請求その他投資主か
             らの申出の受付に関する事務
             e.行政手続における特定の個人を識別するための番
             号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号、
             その後の改正を含む。以下「マイナンバー法」と
             いう。)に基づく以下の事務
             (ⅰ) 支払調書等の作成対象となる投資主等、新投
              資口予約権者等の個人番号及び法人番号(以
              下「個人番号等」という。)について、振替
              機関あて請求及び通知受領に関する事務
             (ⅱ)本投資法人の投資主等、新投資口予約権者等
              に係る個人番号等の収集に関する事務
             (ⅲ)本投資法人の投資主等、新投資口予約権者等
              の個人番号等の登録、保管及び別途定める保
              管期間経過後の廃棄又は削除に関する事務
             (ⅳ)行政機関等あて個人番号等の提供に関する事
              務
             (ⅴ)その他、マイナンバー法に基づく上記        (ⅰ)
              から(ⅳ)に付随する事務
             f.その他前各号に付随関連する事務
             11/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  一般事務受託者     三井住友信託銀行株式会社       以下に掲げる一般事務に係る業務の委託を、本投資
  (機関運営事務受託者、           法人から受けます。
  会計事務等に関する業務           (業務内容)
  受託者)           a.計算に関する事務
             b.会計帳簿の作成に関する事務
             c.納税に関する事務
             d.機関の運営に関する事務
             e.その他前各号に付随関連する事務
  投資法人債に関する一般     株式会社三菱UFJ銀行      以下に掲げる第4回、第6回、第7回及び第11回無
  事務受託者           担保投資法人債に係る業務の委託を、本投資法人から
             受けます。
             (業務内容)
             a.発行代理人事務
             b.支払代理人事務
             c.投資法人債原簿関係事務
             d.投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
             投資法人債権者からの申出の受付に関する事務
             e.その他前各号に付随関連する業務
  投資法人債に関する一般     三井住友信託銀行株式会社       以下に掲げる第2回、第3回、第8回、第9回及び
  事務受託者           第10回無担保投資法人債に係る業務の委託を、本投資
             法人から受けます。
             (業務内容)
             a.発行代理人事務
             b.支払代理人事務
             c.投資法人債原簿関係事務
             d.投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
             投資法人債権者からの申出の受付に関する事務
             e.その他前各号に付随関連する業務
  特定関係法人     東急不動産株式会社      スポンサーサポートの提供を行います。詳細につい
  (本資産運用会社の親会           ては、後記「2   投資方針/(1)   投資方針/④ 成
  社)
             長戦略/(エ)   東急不動産ホールディングスグルー
  スポンサー
             プの包括的なサポート体制」をご参照ください。
             本資産運用会社に100%出資する会社(親会社)で
             あるため、特定関係法人に該当します。
             また、本投資法人の保有資産の一部の前信託受益者
             及び運用資産の一部の賃借人です。
             その他、本投資法人の保有資産に関連して付随的な
             契約を締結しています。
  特定関係法人     東急不動産ホールディングス      本資産運用会社の親会社である東急不動産株式会社
  (本資産運用会社の     株式会社      の親会社であるため、特定関係法人に該当します。
  親会社)
             12/231






                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  特定関係法人     東急不動産SCマネジメント株式      本投資法人の運用資産の一部の賃借人です(2019年
  (本資産運用会社の利害     会社      11月期の末日から過去3年間において、本投資法人の
  関係人等のうち、金融商           保有資産である不動産信託受益権に係る信託受託者と
  品取引法施行令第29条の           の間で信託財産である不動産の貸借の取引が行われて
  3第3項第4号の取引           おり、当該信託受託者が東急不動産SCマネジメント
  (貸借の取引)を行い、           株式会社からかかる取引の対価として受領した金額の
  又は行った法人)           合計額の一営業期間当たりの平均額及び       2020年5月期
             の開始の日から3年間において当該信託受託者が東急
             不動産SCマネジメント株式会社からかかる取引の対
             価として受領することが見込まれる金額の合計額の一
             営業期間当たりの平均額は、2019年11月期における本
             投資法人の営業収益の合計額の20%以上に相当しま
             す。)。
             その他、本投資法人の保有資産に関連して付随的な
             契約を締結しています。
  特定関係法人     株式会社東急コミュニティー      本投資法人の運用資産の一部の賃借人です(        2019年
  (本資産運用会社の利害           11月期 の末日から過去3年間において、      本投資法人の
  関係人等のうち、金融商           保有資産である不動産信託受益権に係る信託受託者と
  品取引法施行令第29条の           の間で信託財産である不動産の貸借の取引が行われて
  3第3項第4号の取引           おり、 当該信託受託者が   株式会社東急コミュニティー
  (貸借の取引)を行い、           からかかる取引の対価として受領した金額の合計額の
  又は行った法人)           一営業期間当たりの平均額及び     2020年5月期  の開始の
             日から3年間において当該信託受託者が株式会社東急
             コミュニティーからかかる取引の対価として受領する
             ことが見込まれる金額の合計額の一営業期間当たりの
             平均額は、  2019年11月期  における本投資法人の営業収
             益の合計額の20%以上に相当します。)。
             その他、本投資法人の保有資産に関連して付随的な
             契約を締結しています。
  特定関係法人     合同会社スペードハウス      本投資法人の保有資産の一部の前信託受益者です
             (2019年11月期の末日から過去3年間において、本投
  (本資産運用会社の利害
             資法人との間で不動産信託受益権の取得の取引が行わ
  関係人等のうち、金融商
             れており、かかる取引の対価として支払った金額の合
  品取引法施行令第29条の
             計額は、当該期間において本投資法人が不動産信託受
  3第3項第2号の取引
             益権の取得及び譲渡の対価として支払い、及び受領し
  (取得・譲渡の取引)を
             た金額の合計額の20%以上に相当します。)。
  行い、又は行った法人)
  サポート提供会社     東急リバブル株式会社      サポートの提供を行います。詳細については、後記
      株式会社東急コミュニティー      「2 投資方針/(1)   投資方針/④ 成長戦略/
      株式会社東急ハンズ
             (エ) 東急不動産ホールディングスグループの包括
      株式会社東急スポーツオアシス
             的なサポート体制」をご参照ください。
      東急ステイ株式会社
             13/231







                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  (4)【投資法人の機構】
    本投資法人の統治に関する事項及び投資法人による関係法人に対する管理体制の整備状況は、主として以下の

   とおりです。
   ① 投資法人の統治に関する事項

   (ア)投資法人の機関の内容

    a.投資主総会

    (ⅰ)投信法又は規約により定められる本投資法人に関する一定の事項は、投資主により構成される投資
     主総会にて決定されます。投資主総会における各投資主の議決権及び決議方法については、後記
     「第二部  投資法人の詳細情報/第3     管理及び運営/3   投資主・投資法人債権者の権利/(1)
     投資主の権利/⑤ 議決権」をご参照ください。
    (ⅱ)投資主総会は、法令に別段の定めがある場合を除き、役員会の決議に基づき執行役員がこれを招集
     します(規約第9条第1項)。投資主総会は、2017年7月25日及び同日以後遅滞なく招集し、以
     後、隔年毎の7月25日及び同日以後遅滞なく招集します(規約第9条第2項第一文)。また、必要
     があるときは随時投資主総会を招集します(規約第9条第2項第二文)。投資主総会は、東京23区
     内において招集します(規約第9条第4項)。
    (ⅲ)投資主総会を招集するには、執行役員は、投資主総会の日の2ヶ月前までに当該日を公告し、当該
     日の2週間前までに、投資主に対して、書面をもってその通知を発することとします(投信法第91
     条第1項、規約第9条第3項本文)。但し、規約第9条第2項第一文の定めに従って開催された直
     前の投資主総会の日から25月を経過する前に開催される投資主総会については、当該公告を要しな
     いとされます(規約第9条第3項但書)。
    (ⅳ)規約第9条第2項第一文の規定に基づき投資主総会を招集する場合には、2015年5月末日及び以後
     隔年毎の5月末日の最終の投資主名簿に記載又は記録された投資主をもって、かかる投資主総会に
     おいて権利を行使することができる投資主とします(規約第15条第1項第一文)。本投資法人が規
     約第9条第2項第二文の規定に基づき投資主総会を招集する場合には、かかる投資主総会において
     権利を行使すべき投資主は、本投資法人が役員会の決議により定め法令に従いあらかじめ公告する
     一定の日(以下「基準日」といいます。)現在の最終の投資主名簿に記載又は記録された投資主と
     します(規約第15条第1項第二文)。
    (ⅴ)投資主総会の議長は、執行役員が1人の場合はその執行役員が、執行役員が2人以上の場合は役員
     会においてあらかじめ定めた順序に従い執行役員の1人がこれに当たります。但し、議長たる執行
     役員に事故がある場合は、役員会においてあらかじめ定めた順序に従い、ほかの執行役員又は監督
     役員の1人がこれに代わります(規約第10条)。
    b.執行役員、監督役員及び役員会

    (ⅰ)執行役員は、本投資法人の業務を執行し、本投資法人を代表して本投資法人の業務に関する一切の
     裁判上又は裁判外の行為をする権限を有しています(投信法第109条第1項及び第5項、会社法
     (平成17年法律第86号、その後の改正を含みます。以下「会社法」といいます。)第349条第4
     項)。但し、投資主総会の招集、一般事務受託者への事務の委託、資産運用委託契約又は資産保管
     委託契約の締結又はこれらの契約内容の変更、本資産運用会社からの資産運用委託契約の解約への
     同意その他投信法に定められた重要な職務の執行については、役員会の承認を受けなければなりま
     せん(投信法第109条第2項)。監督役員は、執行役員の職務の執行を監督する権限を有していま
     す(投信法第111条第1項)。また、役員会は、重要な職務の執行に関する前記の承認権限を有す
     るほか、投信法及び規約に定める権限並びに執行役員の職務の執行を監督する権限を有しています
     (投信法第114条第1項)。
    (ⅱ)執行役員は1人以上、監督役員は2人以上(但し、執行役員の数に1を加えた数以上とします。)
     とします(規約第16条)。
    (ⅲ)執行役員及び監督役員は、法令に別段の定めがある場合を除き、投資主総会の決議によって選任し
     ます(投信法第96条第1項、規約第17条第1項)。
             14/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    (ⅳ)執行役員及び監督役員の任期は、就任後2年とします。但し、投資主総会の決議によって、法令に
     定める限度において、その期間を延長又は短縮することを妨げません。また、補欠又は増員のため
     に選任された執行役員又は監督役員の任期は、前任者又は在任者の残存期間と同一とします(規約
     第17条第2項)。
    (ⅴ)補欠の役員(執行役員及び監督役員をいいます。以下同じです。)の選任に係る決議が効力を有す
     る期間は、当該決議がなされた投資主総会(当該投資主総会において役員が選任されなかった場合
     には、その直前に役員が選任された投資主総会)において選任された被補欠者である役員の任期が
     満了する時までとします(規約第17条第3項)。但し、投資主総会の決議によってその期間を短縮
     することを妨げないものとします(投信法第96条第2項、会社法第329条第3項、投信法施行規則
     第163条第3項但書)。
    (ⅵ)役員会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる構成員
     の過半数が出席の上、出席者の過半数をもって行います(規約第21条第1項)。
    (ⅶ)役員会は、法令に別段の定めがある場合を除き、執行役員が1人の場合はその執行役員が、執行役
     員が2人以上の場合は役員会においてあらかじめ定めた順序に従い執行役員の1人がこれを招集し
     ます(投信法第113条第1項、規約第20条第1項)。
    (ⅷ)役員会招集権者以外の執行役員及び監督役員は、投信法の規定に従い、役員会の招集を請求するこ
     とができます(投信法第113条第2項、第3項)。
    (ⅸ)役員会の招集通知は、役員会の日の3日前までに執行役員及び監督役員の全員に対して、発するも
     のとします。但し、執行役員及び監督役員の全員の同意を得て、招集期間を短縮し又は招集手続を
     省略することができます(投信法第115条第1項、会社法第368条、規約第20条第2項)。
    c.会計監査人

    (ⅰ)会計監査人は、法令に別段の定めがある場合を除き、投資主総会の決議によって選任します(投信
     法第96条第1項、規約第23条)。
    (ⅱ)会計監査人の任期は、就任後1年経過後に最初に迎える決算期後に開催される最初の投資主総会の
     終結の時までとします。なお、会計監査人は、投資主総会において別段の決議がなされなかったと
     きは、その投資主総会において再任されたものとみなします(投信法第103条、規約第24条)。
    (ⅲ)会計監査人は、本投資法人の計算書類等の監査を行うとともに、執行役員の職務の執行に関し不正
     の行為又は法令若しくは規約に違反する重大な事実があることを発見した場合における監督役員へ
     の報告その他法令で定める業務を行います(投信法第115条の3第1項等)。
    d.資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者

    (ⅰ)本投資法人は、投信法に基づき、資産の運用に係る業務を本資産運用会社へ、資産の保管に係る業
     務を資産保管会社へ委託しています。本投資法人は、資産の運用及び保管に係る業務以外の業務に
     係る事務で投信法により第三者に委託しなければならないとされる事務については第三者へ委託し
     ています。
    (ⅱ)本投資法人の資産運用を行う本資産運用会社に係る、本書の日付現在における運用体制について
     は、後記「第二部   投資法人の詳細情報/第4     関係法人の状況/1    資産運用会社の概況/(2)
     運用体制」をご参照ください。
   (イ)内部管理及び監督役員による監督の組織、人員及び手続

     本投資法人は、その「役員会規程」において、役員会を3ヶ月に1回以上開催することと定めていま

    す。本投資法人の役員会においては、執行役員及び監督役員が出席する(本投資法人は役員会の議事録の
    作成のため機関運営事務受託者を同席させることができます。)ほか、本資産運用会社が臨席の上、業務
    執行状況及び本資産運用会社による業務執行状況等について執行役員が報告を行い、本資産運用会社は執
    行役員が報告を行うにあたり補足説明等の補助業務を担うとともに監督役員から資産運用業務の状況等に
    関して報告を求められた場合はこれに応じることにより、役員会を通じた管理を行う内部管理体制を確立
    しています。また、本書の日付現在、本投資法人の監督役員には、弁護士1名、公認会計士1名の計2名
    が選任されており、各監督役員は、これまでの実務経験と見識に基づき、執行役員の職務執行につき様々
    な見地から監督を行っています。
             15/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (ウ)内部管理、監督役員による監督及び会計監査の相互連携
     各監督役員は、本投資法人の役員会において、執行役員から業務執行状況並びに本資産運用会社による

    資産運用状況、コンプライアンス及びリスクに関する事項について報告を受け、役員会に臨席する本資産
    運用会社に必要に応じてこれらの事項につき報告を求めます。一方、会計監査人は、決算期毎に本投資法
    人の計算書類等の監査を行い、これらの承認を付議する役員会に先立ち監査報告会を開催し、監査内容を
    執行役員及び監督役員に報告し、また、会計監査報告を作成することに加え、その職務を行うに際して執
    行役員の職務の執行に関し不正の行為又は法令若しくは規約に違反する重大な事実があることを発見した
    ときには、遅滞なくこれを監督役員に報告する職務を担っています。
   (エ)投資法人による関係法人に対する管理体制の整備の状況

     本資産運用会社については、本資産運用会社の利害関係人等との不動産等の取得・売却・管理の委託及

    び賃貸を行う際には、当該取引の内容を記載した書面を本投資法人へ交付するものとされています。
     その他の関係法人については、本資産運用会社を通じて、その業務の状況についての掌握を図っていま
    す。
   ② 投資運用の意思決定機構及び投資運用に関するリスク管理体制の整備の状況

    後記「第二部   投資法人の詳細情報/第4     関係法人の状況/1    資産運用会社の概況/(2)     運用体制/③

   投資運用の意思決定機構」及び同「⑤       物件情報優先規程の制定」並びに「3       投資リスク/(2)    リスクに対
   する管理体制」をご参照ください。
  (5)【投資法人の出資総額】

    本書の日付現在、本投資法人の出資総額は248,370,846千円、本投資法人が発行することができる投資口の総

   口数は4,000,000口、発行済投資口の総口数は771,224口です。
    本書の日付現在までの出資総額及び発行済投資口の総口数の異動は以下のとおりです。

         出資総額(千円)     発行済投資口の総口数(口)
   年月日   摘要              備考
         増加額   残高  増加口数   残高
  2011年9月7日    私募設立   200,000   200,000    400   400 (注1)
  2012年6月12日    公募増資   90,834,705   91,034,705   204,100   204,500  (注2)
  2012年7月10日   第三者割当増資    339,128  91,373,833    762  205,262  (注3)
  2013年12月16日    公募増資   32,636,569   124,010,403    43,100   248,362  (注4)
  2014年1月15日   第三者割当増資   2,044,518  126,054,921    2,700  251,062  (注5)
  2014年12月17日    公募増資   22,800,626   148,855,547    24,050   275,112  (注6)
  2015年1月8日   第三者割当増資   1,915,063  150,770,610    2,020  277,132  (注7)
  2015年10月1日   投資口分割    - 150,770,610    277,132   554,264  (注8)
  2015年12月15日    公募増資   19,152,091   169,922,702    41,870   596,134  (注9)
  2016年1月6日   第三者割当増資   1,610,111  171,532,813    3,520  599,654  (注10)
  2016年12月1日    公募増資   28,583,994   200,116,808    61,040   660,694  (注11)
  2016年12月15日   第三者割当増資   2,116,639  202,233,447    4,520  665,214  (注12)
  2017年12月13日    公募増資   13,793,296   216,026,743    31,090   696,304  (注13)
  2017年12月26日   第三者割当増資   1,064,776  217,091,520    2,400  698,704  (注14)
  2018年12月19日    公募増資   29,036,462   246,127,982    67,320   766,024  (注15)
  2019年1月7日   第三者割当増資   2,242,864  248,370,846    5,200  771,224  (注16)
             16/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (注1) 1口当たり発行価格500,000円にて、本投資法人は設立されました。
   (注2) 1口当たり発行価格460,000円(発行価額445,050円)にて新規物件の取得資金の調達等を目的として公募により新投資口を発行
    し、資産の運用を開始しました。
   (注3) 1口当たり発行価額445,050円にて、野村證券株式会社を割当先とする新投資口の発行を行いました。
   (注4) 1口当たり発行価格782,925円(発行価額757,229円)にて新規物件の取得資金の調達等を目的として公募により新投資口を発行し
    ました。
   (注5) 1口当たり発行価額757,229円にて、野村證券株式会社を割当先とする新投資口の発行を行いました。
   (注6) 1口当たり発行価格979,020円(発行価額948,051円)にて新規物件の取得資金の調達を目的として公募により新投資口を発行しま
    した。
   (注7) 1口当たり発行価額948,051円にて、野村證券株式会社を割当先とする新投資口の発行を行いました。
   (注8) 2015年9月30日を基準日、2015年10月1日を効力発生日として、投資口1口につき2口の割合による投資口の分割を行いました。
   (注9) 1口当たり発行価格472,360円(発行価額457,418円)にて新規物件の取得資金の調達等を目的として公募により新投資口を発行し
    ました。
   (注10) 1口当たり発行価額457,418円にて、野村證券株式会社を割当先とする新投資口の発行を行いました。
   (注11) 1口当たり発行価格483,326円(発行価額468,283円)にて新規物件の取得資金の調達を目的として公募により新投資口を発行しま
    した。
   (注12) 1口当たり発行価額468,283円にて、野村證券株式会社を割当先とする新投資口の発行を行いました。
   (注13) 1口当たり発行価格458,150円(発行価額443,657円)にて新規物件の取得資金の調達を目的として公募により新投資口を発行しま
    した。
   (注14) 1口当たり発行価額443,657円にて、野村證券株式会社を割当先とする新投資口の発行を行いました。
   (注15) 1口当たり発行価格445,410円(発行価額431,320円)にて新規物件の取得資金の調達を目的として公募により新投資口を発行しま
    した。
   (注16) 1口当たり発行価額431,320円にて、野村證券株式会社を割当先とする新投資口の発行を行いました。
   (注17) 一時差異等調整引当額に係る利益超過分配の実施に伴う出資総額の変動は考慮していません。
             17/231













                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  (6)【主要な投資主の状況】
    2019年11月30日現在における本投資法人の主要な投資主は以下のとおりです。

                   発行済投資口の
                   総口数に対する
                   所有投資口数の
    氏名又は名称        住所    所有投資口数
                    割合
                    (%)
                    (注)
  日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                     19.19
         東京都中央区晴海一丁目8番11号        148,037口
  会社(信託口)
  日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                     17.29
         東京都港区浜松町二丁目11番3号        133,353口
  (信託口)
                     9.52
  東急不動産株式会社       東京都渋谷区道玄坂一丁目21番1号        73,425口
  野村信託銀行株式会社(投信口)                   3.98
         東京都千代田区大手町二丁目2番2号        30,697口
  資産管理サービス信託銀行株式会社       東京都中央区晴海一丁目8番12号
                     3.31
                 25,535口
  (証券投資信託口)       晴海トリトンスクエアタワーZ
  ステート  ストリート  バンク アンド ト
         ONE LINCOLN  STREET,  BOSTON MA USA
  ラスト カンパニー                  2.37
                 18,280口
         02111
  (常任代理人 香港上海銀行東京支店)       (東京都中央区日本橋三丁目11番1号)
  三菱UFJモルガン・スタンレー証券株

                     1.80
         東京都千代田区丸の内二丁目5番2号        13,941口
  式会社
                     1.71

  みずほ証券株式会社       東京都中央区大手町一丁目5番1号        13,210口
                     1.17
  JPモルガン証券株式会社       東京都千代田区丸の内二丁目7番3号         9,087口
         1776 HERITAGE  DRIVE, NORTH QUINCY,  MA
  ステート  ストリート  バンク ウエスト
         02171,U.S.A.
                     1.03
  クライアント  トリーティー  505234           8,001口
         (東京都港区港南二丁目15番1号品川イン
  (常任代理人 株式会社みずほ銀行)
         ターシティA棟)
                     61.40
     合計            473,566口
  (注) 発行済投資口の総口数に対する所有投資口数の割合は、小数点第2位未満を切捨てにより表示しています。
             18/231









                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  2【投資方針】
  (1)【投資方針】
   ① 本投資法人の基本理念

    本投資法人は、都市型商業施設及び東京オフィスへの重点投資を中心にその資産の運用を行います。

               (注1)
    本投資法人の定義する都市型商業施設とは、東京都及び三大都市圏             の政令指定都市並びに国内の主要
                     (注
   都市のターミナル駅に隣接するエリア又は繁華性が高いエリアに所在し、かつ高い視認性を有する商業施設
    を意味します。
   2)
    また、東京オフィスとは、東京23区に立地するオフィスビルのうち、オフィス集積があるエリアの駅至近に位
   置するオフィスビルを意味します。
    本投資法人の名称に付せられた「アクティビア・プロパティーズ」の「Activia(アクティビア)」とは、
   「活気を与える」を意味する「Activate」と「場所」を意味する接尾語「ia」からなる造語です。その名称の由
   来に相応しい不動産への投資・運用を通じて、広く社会に活気を与えられる存在となることを本投資法人は目指
   します。また、本投資法人は、中長期的な投資主価値の最大化を図るため、多くの人が集い、街の賑わいや企業
   の活動拠点として「お客様に選ばれ続ける不動産」を選択し、「プロアクティブ(Proactive)な運用」(率先
   し、先を見越して行動し、状況を改善する運用)を目指します。
    (注1) 「三大都市圏」とは、東京圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)、中京圏(愛知県)、近畿圏(大阪府・京都府・
     兵庫県)を意味します。以下同じです。
    (注2) 本投資法人の定義する「商業施設」には、その主たる用途において、小売業を含む物品販売業、飲食業、企業ショー
     ルーム、展示場等を含む多様な業種・業態による商業利用が可能な施設のほか、宿泊施設(ホテル)や駐車場として利
     用される場合を含みます。また、かかる施設の利用に供される関連施設及び付属設備のほか、それらの敷地(土地)所
     有権等を含みます。以下同じです。
   ② 本投資法人の基本方針

   (ア)都市型商業施設及び東京オフィスへの重点投資

     本投資法人は、上記「① 本投資法人の基本理念」に記載のとおり、都市型商業施設及び東京オフィス

    に対して重点的に投資を行います。その際、中長期にわたり競争力を有するポートフォリオを構築するた
    め、周辺環境を含めた立地の選定を重視し、用途、規模、仕様その他の物件のクオリティ及びテナントの
    信用力や知名度等の個別要素を総合的に勘案した上で慎重に投資判断を行います。
     なお、都市型商業施設及び東京オフィスへの重点投資を中心に据えたポートフォリオ構築方針及び投資
    基準に関する詳細は、後記「③ ポートフォリオ構築方針」及び「⑥ 投資基準」をご参照ください。
   (イ)包括的なサポート体制を通じた東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーンの活用

     東急不動産は、本投資法人がその資産運用を委託する本資産運用会社に対して100%出資を行う、本投資

    法人のスポンサーです。また、東急不動産ホールディングスグループは、不動産の開発・運営・管理につ
    き豊富な実績を有する総合不動産デベロッパーであり、かつ株式会社東急ハンズ(以下「東急ハンズ」と
    いいます。)、株式会社東急スポーツオアシス(以下「東急スポーツオアシス」といいます。)等の小売
          (注)
    業及びサービス業といったB     to C事業  を行うテナント企業をグループ内に有しています。
    (注) 本書において、「B    toC事業」とは、企業(ビジネス)(Business)と一般消費者(カスタマー/コンシューマー)
     (Customer/Consumer)との取引を意味します。以下同じです。
     東急不動産ホールディングスグループでは、これまでに培った総合不動産デベロッパーとしてのノウハ

    ウの他、テナントニーズに精通した企業グループとして多面的かつ総合的なバリューチェーンを構築し、
    グループ独自のノウハウを多年にわたり蓄積しています。本投資法人は、かかる東急不動産ホールディン
    グスグループのバリューチェーンとノウハウを活用して、質の高い投資対象資産の継続的な取得と、取得
    した運用資産の価値の維持・向上を図り、投資主価値の最大化を目指してその資産の運営・管理を行う方
    針です。
     かかる東急不動産ホールディングスグループの総合的なバリューチェーンとノウハウの活用のため、本
    資産運用会社は、本投資法人に関して、東急不動産との間でスポンサーサポート契約を締結し、また、サ
    ポート提供会社との間でそれぞれサポート契約を締結しています。
             19/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
     包括的なサポート体制を通じた東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーンの活用の詳細
    は、後記「④ 成長戦略/(ウ)東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーン」及び「④ 
    成長戦略/(エ)東急不動産ホールディングスグループの包括的なサポート体制」をご参照ください。
   (ウ)投資主価値を最大化するためのガバナンス体制

     本投資法人が投資対象資産の取得を行うには、本資産運用会社の投資委員会において、当該資産の取得

    の実行と取得価格の承認を含めた議案について、        原則として、議決権を有する出席委員の全会一致による
    決議 が必要とされるほか、法令遵守体制及び利害関係者取引における利益相反対策として、一定の場合に
    は、投資委員会での決議に先立ち、本資産運用会社のコンプライアンス委員会における審議及び決議を行
    います。
     これらは、投資主価値の最大化に向け、投資対象資産の取得の可否と取得価格の判断において第三者性
    をより担保する体制を採用するものです。また、コンプライアンス委員会における決議は、出席した委員
    の中、少なくともコンプライアンス部長及び全ての外部専門家を含む3分の2以上の委員の賛成が必要と
    されています。さらに、本資産運用会社の報酬において、1口当たり分配金に連動する報酬体系をその一
    部に導入することで、投資主価値を重視した運用体制を目指します。
     このように、本投資法人は、その資産運用において中立的かつ透明性の高いガバナンス(企業統治)体
    制の整備・充実を図る方針です。
     また、スポンサーである東急不動産は、本投資法人に関して本資産運用会社との間で締結したスポン
    サーサポート契約において、将来における本投資口発行の際の追加取得の真摯な検討、本投資法人の取
    得・保有する一部の資産に係るスポンサーとの共有等の真摯な検討等を規定しており、本投資法人の投資
    主の利益と東急不動産の利益の共同化手法を採用しています。
     かかる利益の共同化手法は、互いの利害を一致させ、不動産への投資・運用における協同体制を築くこ
    とで、本投資法人及び東急不動産の相互における利益の向上を目指すものであり、本投資法人の投資主価
    値の向上に資するものと考えています。なお、これらの利益相反対策、本資産運用会社の報酬体系及びガ
    バナンス体制の詳細については、後記「⑤ 投資主価値を最大化するためのガバナンス体制」をご参照く
    ださい。
   ③ ポートフォリオ構築方針

    本投資法人は、以下の方針に従い、前記「① 本投資法人の基本理念」に記載のとおり、都市型商業施設と東

   京オフィスに対して重点的に投資を行います。
    また、本投資法人は、都市型商業施設以外の商業施設及び東京オフィス以外のオフィスビル(以下併せて「ア
   クティビア・アカウント」といいます。)についても、個別の資産の特性及び競争力等を見極めた上で厳選投資
   を行います。これにより、ポートフォリオの安定性及び収益性の向上を図ります。
   (ア)都市型商業施設と東京オフィスへの投資

    a.都市型商業施設

     都市型商業施設とは、東京都及び三大都市圏の政令指定都市並びに国内の主要都市のターミナル駅に隣
    接するエリア又は繁華性が高いエリアに所在し、高い視認性を有する商業施設を意味します。
    b.東京オフィス

     東京オフィスとは、東京23区に立地するオフィスビルのうち、オフィス集積があるエリアの駅至近に位
    置するオフィスビルを意味します。
    c.投資比率

     本投資法人は、本投資法人の運用資産全体(ポートフォリオ)の投資比率(以下「投資比率」といいま
    す。)において、都市型商業施設及び東京オフィスへの投資比率を併せて70%以上とし、アクティビア・
                (注1)(注2)
    アカウントへの投資比率を30%以下とすることを基本方針としています              。
     以下の表は、都市型商業施設及び東京オフィスにつき、主たる用途、地域・立地、特長の概要を簡略化
    して示したものです。
             20/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  投資対象     都市型商業施設         東京オフィス
  主たる用途     商業施設(注1)         オフィス

     東京都及び三大都市圏の政令指定都市並びに国内         東京23区に立地するオフィスビルのうち、オフィ
     の主要都市のターミナル駅に隣接するエリア又は         ス集積があるエリアの駅至近に位置する。
  地域・立地
     繁華性が高いエリアに所在し、高い視認性を有す
     る。
    ・東京都及び三大都市圏の政令指定都市並びに国         ・企業の本社機能の一極化や効率化の観点より、
     内の主要都市に所在するため、広い商圏を有し         東京への人口集中と企業集積が継続しており、
     多数の施設利用者が想定できる。         中長期的な底堅いテナント需要が見込める。
    ・駅隣接により交通利便性が高く又は繁華性が高         ・東京は日本の中枢及びアジアの拠点であるた
     いエリアに所在するため、高い集客性と、多様         め、多種多様かつ豊富なオフィステナントの需
     なテナントの出店ニーズが見込まれる。         要が存在し、テナント代替性も高く、中長期で
    ・特に、ブランド力の高い商業エリア(東京:表         の稼働の安定性がある。
     参道、原宿、銀座等)では、購買・消費以外        ・景気変動に対する感応度が高く、景気回復局面
   特長
     に、人との交流・情報発信・文化発信等、体験         における収益の拡大が見込める。
     型時間消費の場としても機能している。        ・他の地域・用途の不動産に比べて、相対的に投
    ・施設特性やトレンドにあわせたテナント選定や         資対象となる資産の物件数が多く、売買マー
     組合せを行う等、運営力の発揮により、景気変         ケットにおける市場参加者も豊富なため、物件
     動の影響の軽減を図り、中長期的な資産価値の         の流動性が高く、かつ、タイミングを捉えた物
     維持・向上が可能である。         件取得が可能である。
    ・適正立地が相対的に限定され、施設の新規供給
     量が少ないことによる希少性がある。
  投資比率        投資金額の70%以上(注2)
   (注1) 本投資法人の定義する「商業施設」には、その主たる用途において、小売業を含む物品販売業、飲食業、企業ショールーム、展示
    場等を含む多様な業種・業態による商業利用が可能な施設のほか、宿泊施設(ホテル)や駐車場として利用される場合を含みま
    す。また、かかる施設の利用に供される関連施設及び付属設備のほか、それらの敷地(土地)所有権等を含みます。以下同じで
    す。
   (注2) 取得価額ベースとし、消費税その他の取得に係る諸費用を除きます。なお、後記「(2)               投資対象/①  投資対象とする資産の種
    類」に記載する不動産等及び不動産対応証券(以下、不動産等及び不動産対応証券を併せて「不動産関連資産」と総称します。)
    の取得又は売却の結果、短期的に上記の比率と異なる比率となる可能性があります。
   (注3) 本投資法人は、社会経済的な利用形態において一体的に利用される一又は複数の不動産から構成される施設(以下「複合資産」と
    いいます。)を本体又は裏付けとする不動産関連資産の全部又は一部を取得する場合、当該複合資産の賃貸可能面積の過半の利用
    目的又は実際の利用形態が主として商業施設又はオフィスであるときは、当該複合資産の全部又は一部を取得することができるも
    のとします。
   (イ)アクティビア・アカウント(都市型商業施設以外の商業施設と東京オフィス以外のオフィスビル)への

    投資
     本投資法人は、原則として、都市型商業施設と東京オフィスを併せた投資比率を70%以上とし、アク

    ティビア・アカウント(都市型商業施設以外の商業施設と東京オフィス以外のオフィスビル)の投資比率
    を30%以下とすることを基本方針としています。
     本投資法人は、ポートフォリオの多様化による安定性と収益性の両立を図るため、都市型商業施設及び
    東京オフィス以外に、東京都、三大都市圏の政令指定都市及び国内の主要都市並びにその周辺地域に所在
    するアクティビア・アカウントについても、個別物件の特性及び競争力等を見極めた上で厳選投資を行い
    ます。
     なお、地域特性等により個別性が高い「アクティビア・アカウント」の厳選投資にあたり、商業施設に
    ついては、①商圏人口の厚み、②最寄駅又は幹線道路からの良好なアクセス性、③キーテナントとの中長
    期的な賃貸借契約内容に着目し、また、オフィスビルについては周辺エリアにおける競争力に着目しま
    す。アクティビア・アカウントに係る投資基準の詳細については、後記「⑥ 投資基準」をご参照くださ
    い。
             21/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ④ 成長戦略
    本投資法人は、中長期的な安定成長を実現するため、本投資口の東京証券取引所への上場後も、競争力の高い

   資産を取得し資産規模の拡大(外部成長)を図るとともに、運用資産の競争力を最大限に引き出す運営・管理に
   より資産価値の維持・向上(内部成長)を目指します。
    かかる外部成長及び内部成長の両側面における成長戦略を実現するため、本投資法人は、本資産運用会社の独
   自のノウハウとネットワークを用いることに加えて、包括的なサポート体制を通じた東急不動産ホールディング
   スグループのバリューチェーンを最大限活用する方針です。
   (ア)外部成長

     本投資法人は、都市型商業施設及び東京オフィスへの重点投資を中心にその資産の運用を行い、その中

    でも個別物件の立地や建物仕様、テナント特性等を見極めた投資を行うことで、ポートフォリオの質の維
    持・向上を図りつつ、資産規模の拡大を目指します。
    a.東急不動産及び東急不動産ホールディングスグループ5社とのサポート契約に基づく外部成長戦略

     本資産運用会社は、本投資法人に関してスポンサーである東急不動産との間でスポンサーサポート契約

    を締結し、また、サポート提供会社との間でそれぞれサポート契約を締結しています。かかるスポンサー
    サポート契約及び各サポート契約は、東急不動産及びサポート提供会社毎にその強みを精査し、本投資法
    人の成長に最大限寄与する枠組みとして組成したものです。
     かかるスポンサーサポート契約及び各サポート契約を通じた外部成長戦略の詳細については、後記

    「(エ)東急不動産ホールディングスグループの包括的なサポート体制/a.本投資法人の不動産の取得
    (外部成長)及び成長戦略に資するサポート体制」をご参照ください。
    b.本資産運用会社独自の情報収集に基づく外部成長戦略

     本資産運用会社は、本投資法人に係る資産運用業務を、東急不動産ホールディングスグループにおいて

    商業施設及びオフィスビルの開発・運営・管理等を長年にわたり経験したメンバーを中心に行っていま
    す。本資産運用会社は、東急不動産ホールディングスグループからの情報提供に基づく資産取得による外
    部成長のみならず、かかるメンバーが東急不動産ホールディングスグループでの開発・運営等で培った、
    資産取得に関する独自のノウハウと情報収集ネットワークを活用して本投資法人の外部成長を目指しま
    す。
     また、中長期的には本資産運用会社独自の不動産情報ルートのさらなる拡大を図り、資産取得のタイミ
    ングを機動的に捉え、競争力の高い資産の取得に努めます。
   (イ)内部成長

    a.東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーンを活用した内部成長戦略

     東急不動産ホールディングスグループには、不動産等の運営・管理を中核事業とする企業や、消費者に

    対し小売業、サービス業等を提供するB       to C事業を主要ビジネスラインとする企業が含まれます。これら
    東急不動産ホールディングスグループに属する各社は、運用資産の競争力を最大限に引き出す運営・管理
    を行う内部成長のノウハウを持ち、あるいは、消費者と対面で事業を行うことによる消費者ニーズの把握
    や小売業・サービス業等各業界の動向に関する情報を有しており、本投資法人は、東急不動産及びサポー
    ト提供会社による継続的なサポートを通じて、本投資法人の資産価値の維持・向上を図る方針です。な
    お、保有資産のPM業務については、東急不動産、東急不動産SCマネジメント又は東急コミュニティーか
    らのリーシングサポートを受けています。
     かかるスポンサーサポート契約及び各サポート契約を通じた内部成長戦略については、後記「(エ)東
    急不動産ホールディングスグループの包括的なサポート体制/b.本投資法人の運用資産の収益向上(内
    部成長)及び運用ノウハウ構築と改善に資するサポート体制」をご参照ください。
             22/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    b.本資産運用会社独自のノウハウに基づく内部成長戦略
     本資産運用会社は、独自のノウハウに基づき、ポートフォリオ全体及び運用資産毎の特性を十分に理解

    し、施設競争力の維持・向上のための運営・管理・リニューアル等を実施します。また、不動産の運営・
    管理経験が豊富なPM会社を選定し、定期・不定期の検証を通じ、本投資法人の運用資産の個別特性に合わ
    せた適切な運営・管理体制を構築することにより、ポートフォリオの安定的な運用及び収益力の強化を目
    指します。
   (ウ)東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーン

    a.バリューチェーン

     東急不動産ホールディングスグループは、不動産の開発・運営・管理につき豊富な実績を有する総合不

    動産デベロッパーであり、自社で不動産事業を行うほか、東急ハンズ等の小売業等を営むテナント企業を
    保有するグループでもあります。このように、東急不動産ホールディングスグループでは、これまでに形
    成した総合不動産デベロッパーとしてのノウハウの他、消費者ニーズに精通した企業グループとして多面
    的かつ総合的なノウハウを蓄積しています。
     有機的な連携による東急不動産ホールディングスグループの事業は、本投資法人において、その資産規
    模拡大(外部成長)と資産価値の維持・向上(内部成長)の両面を図るための価値の連鎖(バリュー
    チェーン)を形成するものと本投資法人は認識しており、これを本書において本投資法人の価値を高める
    ための一連の価値の連鎖、つまり東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーンと称すること
    とします。
     本資産運用会社は、かかる東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーンとノウハウを活用
    して、質の高い不動産の継続的な取得(外部成長)と、取得した不動産の価値の維持・向上を図る運営・
    管理(内部成長)を行い、中長期にわたる安定した収益の確保と投資主価値の最大化を目指します。
     かかる東急不動産ホールディングスグループの総合力を活用した成長実現のため、本資産運用会社は、
    本投資法人に関して、東急不動産との間でスポンサーサポート契約を締結し、また、サポート提供会社と
    の間でそれぞれサポート契約を締結し、包括的なサポート体制を構築しています。
     以下は、東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーンの概要を概念的に図示したもので

    す。
      <東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーン概念図>

             23/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    b.東急不動産ホールディングスグループの概要
     以下は、公表資料に基づく東急不動産ホールディングスグループの概要です。

    (ⅰ)東急不動産ホールディングスグループの概要及び「中期経営計画2017−2020」(2017年5月11日公

     表)
      本投資法人のスポンサーである東急不動産を中核子会社とする東急不動産ホールディングスグルー

     プは、2019年3月31日時点で、東急不動産ホールディングス株式会社(以下「東急不動産ホールディ
     ングス」といいます。)、東急不動産とその他子会社156社及び関連会社52社で構成され、不動産の
     開発・運営・管理等の総合不動産デベロッパー事業を営んでいます。2019年3月期の連結営業収益は
     9,018億円、同期末時点の連結総資産は24,052億円の規模を誇り、大手総合不動産会社の一角を占め
     ています。なお、2013年10月1日付で、東急不動産グループは、東急不動産ホールディングスを親会
     社とする企業グループとなりました。
      東急不動産ホールディングスグループでは、2017年5月11日に公表した「中期経営計画2017−
            (注)
     2020」において、「関与アセット拡大」        、「新たな需要創出」の2つを基本方針として掲げて
     います。REIT事業はこのうちの「関与アセット拡大」において、重要な位置付けとなるものであり、
     東急不動産ホールディングスグループとしてREITの外部成長をサポートする一方、REIT運用資産の運
     営・管理を受託することで、事業機会の拡大・創出を推進することとしています。
     (注) 関与アセットとは、自社保有資産及びREIT・ファンド等の運用資産並びに管理事業及び仲介事業等において関与
      する資産を意味します。
    (ⅱ)東急不動産及び東急不動産ホールディングスグループによる運営・管理の実績

     (a)機動的なリーシング及びテナントとのリレーション構築

       東急不動産は、多様な開発・運営を通じて構築した情報ネットワークを活用して、新規開発物

      件や稼働物件の機動的なリーシングに取り組み、安定した稼働を実現しています。また、商業施
      設の運営・管理に特化した東急不動産SCマネジメントは、商業施設における現地の常駐管理体
      制等を通じて、テナントとの強固なリレーションを構築しており、近年では東急不動産ホール
      ディングスグループ以外からの商業施設運営業務も含め、三大都市圏を中心とした商業施設の運
      営を行っています。
     (b)効果的なリニューアルの実施による競争力の維持

       社会環境や消費者ニーズの変化に対応するため、東急不動産ホールディングスグループは積極

      的に保有不動産のリニューアルに取り組み、施設の競争力維持を図ってきました。本投資法人が
      取得した「東急プラザ表参道原宿」は、テナント契約満了時には積極的にテナント入替を図って
      いることに加え、最近の改装では、特に顧客ニーズの強いコスメ業態の店舗を多く誘致する等、
      継続的な施設のリニューアルにより話題性を維持し、より競争力のある商業施設の運営を目指し
      ています。同様に本投資法人が取得した「A-PLACE恵比寿南」は、大型テナントの退去に合わせ
      てエレベーター廻りや廊下、トイレ等の共用部の大規模なリニューアル工事を実施し、戦略的な
      バリューアップ及び競争力の強化を図っています。
     (c)東急不動産ホールディングスグループ内のB        to C事業との有機的な連携

       東急不動産ホールディングスグループは、不動産等の開発・運営だけではなく、店舗展開を行

      い直接エンドユーザーと触れ合う小売業運営の東急ハンズやフィットネスクラブ運営の東急ス
      ポーツオアシス等の企業も擁し、有機的な連携を図っています。本投資法人が取得した「東急プ
      ラザ表参道原宿」には、東急ハンズが出店し、ファッションブランドとの共同企画等を通じて、
      施設の集客力向上に寄与しています。同様に東急スポーツオアシスは、本投資法人が取得した
      「キュープラザ恵比寿」に、女性をメインターゲットとする新しい業態のフィットネスクラブを
      出店しています。
             24/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
     (d)施設競争力を維持する建物管理
       東急コミュニティーは、商業施設、オフィスビルはもちろん、公共施設の他、再開発物件等の

      大型複合施設の運営・管理にも取り組んでいます。これらの多様な運営・管理の受託実績を活か
      し、自らが貸主となる賃貸業にも取り組み、資産価値の維持・向上を目指した建物管理を実践し
      ています。
   (エ)東急不動産ホールディングスグループの包括的なサポート体制

     本投資法人は、包括的なサポート体制を通じて、前記「(ウ)東急不動産ホールディングスグループの

    バリューチェーン」に記載のとおり、東急不動産ホールディングスグループの有する不動産に係るバ
    リューチェーンを活用します。そのため、本資産運用会社は、本投資法人に関して、東急不動産との間で
    スポンサーサポート契約を締結しており、また、サポート提供会社との間で各サポート契約を締結してい
    ます。
     以下は、東急不動産との間で締結したスポンサーサポート契約及びサポート提供会社との間で締結した
                (注1)(注2)
    各サポート契約における各種サポート及び各サポート契約の概要です              。
    (注1) スポンサーサポート契約及び各サポート契約の有効期間は、それぞれの契約書が効力を生じた日(2017年4月1日。
      以下同じです。)から3年間とされ、本投資法人若しくはその契約当事者のいずれかが解散した場合、本資産運用会
      社が金融商品取引業者でなくなった場合又は本資産運用会社が本投資法人の資産運用会社ではなくなった場合、当該
      有効期間にかかわらず、何らの通知を要することなくその時点において契約は終了するものとされています。但し、
      有効期間満了日の3か月前までに、スポンサーサポート契約及び各サポート契約の当事者が他の当事者に対してスポ
      ンサーサポート契約及び各サポート契約を更新しない旨を書面により通知しない限り、さらに3年間、同一の条件に
      て自動更新されるものとし、以後も同様とされています。
    (注2) 東急不動産は、東急リアル・エステート投資法人及びその資産運用会社との間で、東急不動産の物件情報の提供に関
      する覚書を締結しています。当該覚書の詳細は、後記「3        投資リスク/(1)リスク要因/② 投資法人の組織及
      び投資法人制度に関するリスク/(ウ)東急不動産ホールディングスグループへの依存に関するリスク」をご参照く
      ださい。
    a.本投資法人の不動産の取得(外部成長)及び成長戦略に資するサポート体制

    (ⅰ)保有不動産等の売却情報提供(対象会社:東急不動産、東急リバブル株式会社(以下「東急リバブ

     ル」といいます。)、東急コミュニティー)
      東急不動産ホールディングスグループに属する上記対象会社が所有する不動産等の売却情報の取得

                   (注)
     機会拡大を目的として、東急不動産及び対象となるサポート提供会社は、適格不動産               を売却し
     ようとする場合、原則、本資産運用会社に対し、遅くとも本資産運用会社以外の第三者に対して情報
     提供する時点までに適格不動産に係る情報提供を行います。
     (注) 「適格不動産」とは、本投資法人の投資基準(「運用ガイドライン」に定める投資基準をいいます。)に適合す
      ると合理的に想定される不動産等を指します。以下同じです。
    (ⅱ)第三者不動産等の売却情報提供(対象会社:東急不動産、東急リバブル、東急コミュニティー)

      東急不動産ホールディングスグループ以外が保有する不動産等の売却情報の取得機会拡大を目的と

     して、東急不動産及び対象となるサポート提供会社は、第三者が売却を予定する不動産等に係る情報
     を入手した場合、当該不動産等が適格不動産に該当し、かつ本投資法人への売却が適当な不動産等で
     あると合理的に判断されるときは、原則として、本資産運用会社に対し、かかる情報を速やかに通知
     するよう努めます。
    (ⅲ)関与不動産等の売却情報提供(対象会社:東急コミュニティー、東急ハンズ、東急スポーツオアシ

     ス、東急ステイ株式会社(以下「東急ステイ」といいます。))
      東急不動産ホールディングスグループに属する上記対象会社がテナント等として出店、出店検討、

     又は、その運営管理等で関与する適格不動産の売却情報を入手した場合、対象となるサポート提供会
     社は、原則、本資産運用会社に対し、速やかにかかる情報を通知するよう努めます。
             25/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    (ⅳ)ウェアハウジング等の協力(対象会社:東急不動産)
      運用資産の機動的な取得を目的として、本投資法人が本資産運用会社を通じて東急不動産に対し、

     本投資法人への譲渡を前提として一時的に不動産等を保有すること(以下「ウェアハウジング業務」
     といいます。)の申入れを行った場合、東急不動産は当該ウェアハウジング業務を受託すべく最大限
     の努力を実施します。本投資法人が東急不動産以外の第三者から不動産等の取得を検討する場合にお
     いて、本投資法人が、その資金調達その他の理由から、本投資法人が自ら買主となって当該不動産等
     を取得する手法ではなく、一旦、特別目的会社等(新設であるか否かを問わず、また、本投資法人が
     出資する特別目的会社等であるか否かを問いません。)をして当該不動産等を取得させ、本投資法人
     において資金調達その他の問題が解決された時点において本投資法人が当該特別目的会社等から当該
     不動産等を取得する手法による取引を検討する場合、東急不動産は、当該特別目的会社等への出資に
     ついて真摯に検討します。
    b.本投資法人の運用資産の収益向上(内部成長)及び運用ノウハウ構築と改善に資するサポート体制

    (ⅰ)テナント出店検討(対象会社:東急ハンズ、東急スポーツオアシス、東急ステイ)

      運用資産の稼働の安定化と集客力の向上を目的に、本投資法人が保有し又は取得を検討する不動産

     等につき、本投資法人又は本資産運用会社が対象となるサポート提供会社に出店検討の申入れを行っ
     た場合、各社は当該不動産等への出店につき真摯に検討します。
    (ⅱ)バックアップPM(対象会社:東急コミュニティー)

      本投資法人の運用資産に係るPM業務を受託する東急不動産ホールディングスグループ以外のPM会社

     につき、不測の事態等により、当該PM業務の受託継続が困難と判断され、本投資法人又は本資産運用
     会社が申入れた場合、東急コミュニティーは、当該PM業務の継続性の確保による運用資産の安定性維
     持を目的として、かかるPM業務の承継(以下「バックアップPM」といいます。)を速やかに受託すべ
     く最大限の努力を実施します。
    c.その他のサポート体制

    (ⅰ)アドバイザリー(対象会社:東急不動産)

      本資産運用会社が、東急不動産のノウハウの提供を受けることを目的に、東急不動産は以下の業務

     を随時、本資産運用会社から受託      することができます   。
     ・不動産等のデューディリジェンスを含む本投資法人による不動産等の取得の補助業務・助言業務

     ・本投資法人が既に保有し、又は取得を検討している不動産等の管理、賃貸、リニューアル、開発
      等に係る補助業務及び助言業務等
    (ⅱ)情報交換/提供(対象会社:東急不動産、東急リバブル、東急ハンズ、東急スポーツオアシス、東

     急ステイ、東急コミュニティー)
      不動産に関するマーケット情報の充実を目的に、原則、東急不動産及び対象となるサポート提供会

     社は本資産運用会社へ以下に関する情報提供を行い、本資産運用会社は、かかる情報提供を受け、意
     見及び情報を交換します。
     ・不動産等の売買、開発に関するマーケット情報

     ・不動産等の賃貸マーケットに係る事項
     ・その他上記に関連する事項
    (ⅲ)人材・ノウハウ提供(対象会社:東急不動産)

      資産運用業務の遂行に必要な不動産運営管理        ・不動産取得  の知識及びノウハウ等を本資産運用会社

     が可能な限り活用することを目的に、本資産運用会社において必要とされる人材の確保につき、東急
     不動産は合理的な範囲での協力を行います。
             26/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    d.東急不動産とのスポンサーサポート契約、サポート提供会社との一連のサポート契約
     本資産運用会社は、本投資法人に関して、本資産運用会社に100%出資を行っている東急不動産との間

    で、スポンサーサポート契約を締結し、また、サポート提供会社との間で、各サポート契約を締結してい
    ます。スポンサーサポート契約及び各サポート契約の概要は、以下のとおりです。
             27/231



















                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   会社名・「契約名」
           スポンサーサポート契約/サポート契約の概要
   (主な事業内容)
  東急不動産株式会社(スポン      1.保有不動産等の売却情報提供サポート
  サー)      <原則>東急不動産が所有する不動産等のうち、適格不動産を売却しようとする場
  「スポンサーサポート契約」      合、本資産運用会社に対し、当該適格不動産に係る情報(以下、本項目において
  (不動産賃貸・不動産販売・施      「スポンサー物件情報」といいます。)を遅くとも本資産運用会社以外の第三者に
  設運営)      対して情報提供する時点までに提供するとのサポート。
         なお、スポンサー物件情報により、本資産運用会社が本投資法人による当該適格
        不動産の取得を希望する場合、東急不動産は本資産運用会社と誠実に協議するよう
        努めるものとされています。
       <例外>但し、次に掲げる場合、スポンサー物件情報は提供されません。
        ・東急不動産が当該適格不動産を取得した時点又は当該適格不動産の開発を開始し
        た時点において、将来の売却先が決定していた場合又はその売却について第三者
        と協議が開始されていた場合
        ・当該適格不動産に共有者、区分所有者又は共同事業者(出資者、融資者等を含み
        ますが、これらに限られません。)が存在する場合であって、本投資法人への情
        報提供につきそのいずれかの者から同意が得られない場合
        ・当該適格不動産の売却につき本投資法人以外の第三者が同意権又は優先交渉権を
        有し、かつ当該第三者が同意しない可能性又は優先交渉権を行使する可能性が高
        いと合理的に判断される場合
        ・合理的期間内の事業機会獲得のために必要な取引(等価交換事業、特定の資産購
        入のための相互売買、再開発事業を行うための売却及び区画整理事業等を含みま
        すが、これらに限られません。)に関連する場合
        ・東急不動産ホールディングスグループ各社間の取引の場合
       2.第三者不動産等の売却情報提供サポート
       <原則>第三者が売却を予定する不動産等に係る情報を入手した場合、当該不動産等
        が適格不動産に該当し、かつ本投資法人への売却が適当な不動産等であると合理的
        に判断されるときは、本資産運用会社に対し、速やかにかかる情報(以下、本項目
        において「第三者物件情報」といいます。)を通知するよう努めるとのサポート。
       <例外>但し、次に掲げる場合、第三者物件情報は提供されません。
        ・当該情報提供が東急不動産の締結する他の契約に違背する場合
        ・売主、共有者、区分所有者又は共同事業者の承諾を得られない場合又は承諾を得
        られないと合理的に判断される場合
        ・売主が売却先を本投資法人以外の第三者に限定する旨の意向を有する場合又はそ
        の可能性が高いと合理的に判断される場合
        ・本投資法人以外の第三者が当該不動産等の売却につき同意権又は優先交渉権を有
        し、かつ当該第三者が同意しない可能性又は優先交渉権を行使する可能性が高い
        と合理的に判断される場合
        ・上記の他、東急不動産における善管注意義務に照らし当該情報の提供が合理的に
        見て困難である場合
       3.ウェアハウジング等サポート
         本投資法人又は本資産運用会社が東急不動産に対し、ウェアハウジング業務の申
        入れを行った場合、東急不動産は当該ウェアハウジング業務を受託すべく最大限の
        努力を実施するとのサポート。また、本投資法人が東急不動産以外の第三者から不
        動産等の取得を検討する場合において、本投資法人が、その資金調達その他の理由
        から、本投資法人が自ら買主となって当該不動産等を取得する手法ではなく、一
        旦、特別目的会社等(新設であるか否かを問わず、また、本投資法人が出資する特
        別目的会社等であるか否かを問いません。)をして当該不動産等を取得させ、本投
        資法人において資金調達その他の問題が解決された時点において本投資法人が当該
        特別目的会社等から当該不動産等を取得する手法による取引を検討する場合、当該
        特別目的会社等への出資について真摯に検討するとのサポート。
             28/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
       4.不動産等の共有検討サポート
       <原則>本投資法人又は本資産運用会社が、本投資法人が保有又は取得する予定の不
        動産等につき、東急不動産との共有を望んだ場合(以下「共有提案」といいま
        す。)、東急不動産は、共有提案につき真摯に検討するとのサポート。
       <制約>不動産等の共有検討サポートは以下の制約に服します。
        ・規模、権利関係、テナント、運営・管理状況等を総合的に勘案し、東急不動産及
        び本資産運用会社間で合意が成立した場合に限ります。
        ・不動産等の共有手法は個別の取得資産毎に検討のうえ決定します。
       5.アドバイザリーサポート
         東急不動産は、本投資法人の資産の運用に関連して、以下の業務委託を随時、本
        資産運用会社から受託する     ことができる  とのサポート。
        ・不動産等のデューディリジェンスその他の本投資法人による不動産等の取得に係
        る補助業務・助言業務
        ・本投資法人が既に保有し又は取得を検討している不動産等の管理、賃貸、リ
        ニューアル、開発等に係る補助業務及び助言業務
        ・その他上記に関連する業務
       6.情報交換サポート
         以下の事項について東急不動産から本資産運用会社に情報提供を行うとのサポー
        ト。本資産運用会社は、かかる情報提供を受け、意見及び情報を交換します。
        ・不動産等の売買、開発に関するマーケット情報
        ・不動産等の賃貸マーケットに係る事項
        ・その他上記に関連する事項
       7.人材・ノウハウ提供サポート
         本資産運用会社への必要とされる人材の確保(東急不動産より人材の派遣を行う
        ことを含みます。)につき、東急不動産による合理的な範囲での協力を行うとのサ
        ポート。
       8.本投資法人の投資口購入意向
         東急不動産は、本投資法人が発行する投資口に対して下記の意向があることを本
        資産運用会社に表明します。
        ・本投資法人がその投資口を追加でさらに発行する場合には、当該追加発行投資口
        の一部を購入することを真摯に検討する意向があること。
       9.有効期間、更新に関する事項
        ・契約の有効期間は契約    書が効力を生じた   日から3年間とします。
        ・但し、東急不動産、本投資法人若しくは本資産運用会社のいずれかが解散した場
        合、本資産運用会社が金融商品取引業者ではなくなった場合又は本資産運用会社
        が本投資法人の資産運用会社ではなくなった場合は、当該有効期間にかかわらず
        当該時点において何らの通知を要することなく終了するものとします。
        ・契約は、有効期間満了日の3ヶ月前までに、各当事者が他の当事者に対して契約
        を更新しない旨を書面により通知しない限り、さらに3年間、同一の条件にて自
        動更新されるものとし、以後も同様とします。
  東急リバブル株式会社      1.保有不動産等の売却情報提供サポート
  「サポート契約」      <原則>東急リバブルが所有する不動産等のうち、適格不動産を売却しようとする場
  (土地・建物の仲介・斡旋)      合、本資産運用会社に対し、当該適格不動産に係る情報(以下、本項目において
        「保有不動産等売却情報」といいます。)を遅くとも本資産運用会社以外の第三者
        に対して情報提供する時点までに提供するとのサポート。
         なお、保有不動産等売却情報により、本資産運用会社が本投資法人による当該適
        格不動産の取得を希望する場合、東急リバブルは本資産運用会社と誠実に協議する
        よう努めるものとされています。
       <例外>但し、次に掲げる場合、保有不動産等売却情報は提供されません。
        ・東急リバブルが当該適格不動産を取得した時点又は当該適格不動産の開発を開始
        した時点において、将来の売却先が決定していた場合又はその売却について第三
        者と協議が開始されていた場合
             29/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
        ・当該適格不動産に共有者、区分所有者又は共同事業者がいる場合で、本投資法人
        への情報提供につきそのいずれかの者から同意が得られない場合
        ・当該適格不動産の売却につき本投資法人以外の第三者が同意権又は優先交渉権を
        有し、かつ当該第三者が同意しない可能性又は優先交渉権を行使する可能性が高
        いと合理的に判断される場合
       2.第三者不動産等の売却情報提供サポート
       <原則>第三者が売却を予定する不動産に係る情報(以下、本項目において「第三者
        不動産等売却情報」といいます。)を東急リバブルが入手した場合、当該不動産等
        が適格不動産に該当し、かつ本投資法人への売却が適当な不動産等であると合理的
        に判断されるときは、本資産運用会社に対し、第三者不動産等売却情報を速やかに
        通知するよう努めるとのサポート。
       <例外>但し、次に掲げる場合、第三者不動産等売却情報は提供されません。
        ・当該情報提供が東急リバブルの締結する他の契約に違背する場合
        ・売主、共有者、区分所有者又は共同事業者の承諾を得られない場合又は承諾を得
        られないと合理的に判断される場合
        ・売主が売却先を本投資法人以外の第三者に限定する旨の意向を有する場合又はそ
        の可能性が高いと合理的に判断される場合
        ・本投資法人以外の第三者が当該不動産等の売却につき同意権又は優先交渉権を有
        し、かつ当該第三者が同意しない可能性又は優先交渉権を行使する可能性が高い
        と合理的に判断される場合
       3.情報交換サポート
         以下の事項について東急リバブルから本資産運用会社に情報提供を行うとのサ
        ポート。本資産運用会社は、かかる情報提供を受け、意見及び情報を交換します。
        ・不動産等の売買、開発に関するマーケット情報
        ・不動産等の賃貸マーケットに係る事項
        ・その他上記に関連する事項
       4.有効期間、更新に関する事項
        ・有効期間は、契約書が効力を生じた日から3年間とします。
        ・但し、東急リバブル、本投資法人若しくは本資産運用会社のいずれかが解散した
        場合、本資産運用会社が金融商品取引業者ではなくなった場合又は本資産運用会
        社が本投資法人の資産運用会社ではなくなった場合は、当該有効期間にかかわら
        ず当該時点において何らの通知を要することなく終了するものとします。
        ・契約は、有効期間満了日の3ヶ月前までに、各当事者が他の当事者に対して契約
        を更新しない旨を書面により通知しない限り、さらに3年間、同一の条件にて自
        動更新されるものとし、以後も同様とします。
  株式会社東急コミュニティー      1.保有不動産等の売却情報提供サポート
  「サポート契約」      <原則>東急コミュニティーが所有する       (東急コミュニティーが匿名組合出資、優先
  (マンション及びビルの管理)      出資証券その他の手法により出資する特別目的会社等が不動産等を保有する場合な
        ど、間接的な所有を含みます。)      不動産等のうち、適格不動産を売却しようとする
        場合、本資産運用会社に対し、当該適格不動産に係る情報(以下、本項目において
        「保有不動産等売却情報」といいます。)を遅くとも本資産運用会社以外の第三者
        に対して情報提供する時点までに提供するとのサポート。
         なお、保有不動産等売却情報により、本資産運用会社が本投資法人による当該適
        格不動産の取得を希望する場合、東急コミュニティーは本資産運用会社と誠実に協
        議するよう努めるものとされています。
       <例外>但し、次に掲げる場合、保有不動産等売却情報は提供されません。
        ・東急コミュニティーが当該適格不動産を取得した時点又は開発を開始した時点に
        おいて、将来の売却先が決定していた場合又はその売却について第三者と協議が
        開始されていた場合
        ・当該適格不動産に共有者、区分所有者又は共同事業者         (出資者、融資者等を含む
        が、これに限られません。)     がいる場合で、本投資法人への情報提供につき、そ
        のいずれかの者から同意が得られない場合
             30/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
        ・当該適格不動産の売却につき本投資法人以外の第三者が同意権又は優先交渉権を
        有し、かつ当該第三者が同意しない可能性又は優先交渉権を行使する可能性が高
        いと合理的に判断される場合
       2.関与不動産等の売却情報提供サポート
       <原則>自らが運営管理等で関与する不動産等のうち、適格不動産の売却予定情報を
        入手した場合、本資産運用会社に対し、かかる情報(以下、本項目において「関与
        不動産等売却情報」といいます。)を速やかに通知するよう努めるとのサポート。
       <例外>但し、次に掲げる場合、関与不動産等売却情報は通知されません。
        ・当該情報提供が東急コミュニティーの締結する他の契約に違背する場合
        ・当該情報提供ができないと東急コミュニティーが合理的に判断した場合
       3.第三者不動産等の売却情報提供サポート
       <原則>第三者が売却を予定する不動産等に係る情報(以下、本項目において「第三
        者不動産等売却情報」といいます。)を入手した場合、当該不動産等が適格不動産
        に該当し、かつ本投資法人への売却が適当な不動産等であると合理的に判断される
        ときは、本資産運用会社に対し、第三者不動産等売却情報を速やかに通知するよう
        努めるとのサポート。
       <例外>但し、次に掲げる場合、第三者不動産等売却情報は提供されません。
        ・当該情報提供が東急コミュニティーの締結する他の契約に違背する場合
        ・売主、共有者、区分所有者又は共同事業者の承諾を得られない場合又は承諾を得
        られないと合理的に判断される場合
        ・売主が売却先を本投資法人以外の第三者に限定する旨の意向を有する場合又はそ
        の可能性が高いと合理的に判断される場合
        ・本投資法人以外の第三者が当該不動産等の売却につき同意権又は優先交渉権を有
        し、かつ当該第三者が同意しない可能性又は優先交渉権を行使する可能性が高い
        と合理的に判断される場合
       4.バックアップPMサポート

         本投資法人が保有する不動産等について既存のPM業者がそのPM業務を継続しがた
        いと合理的に判断される事由の発生を本資産運用会社が認識したとき又はその疑い
        があると本資産運用会社にて判断したときにおいて、本投資法人又は本資産運用会
        社が当該PM業務の委託を申入れた場合、当該PM業務を速やかに受託すべく最大限の
        努力を実施するとのサポート。
       5.マーケット情報の提供サポート
       <原則>本資産運用会社がマーケット情報(不動産等の売買・開発・賃貸その他これ
        に関連する事項)の提供の申入れを行った場合、かかる情報を提供するよう努める
        とのサポート。
       <例外>但し、次に掲げる場合、マーケット情報は提供されません。
        ・当該情報提供が東急コミュニティーの締結する他の契約に違背する場合
        ・当該情報提供ができないと東急コミュニティーが合理的に判断した場合
       6.有効期間、更新に関する事項
        ・契約の有効期間は、契約     書が効力を生じた   日から3年間とします。
        ・但し、東急コミュニティー、本投資法人若しくは本資産運用会社のいずれかが解
        散した場合、本資産運用会社が金融商品取引業者ではなくなった場合又は本資産
        運用会社が本投資法人の資産運用会社ではなくなった場合は、当該有効期間にか
        かわらず当該時点において何らの通知を要することなく終了するものとします。
        ・有効期間満了日の3ヶ月前までに、各当事者が他の当事者に対して契約を更新し
        ない旨を書面により通知しない限り、さらに3年間、同一の条件にて自動更新さ
        れるものとし、以後も同様とします。
  株式会社東急ハンズ      1.関与不動産等の売却情報提供サポート
       <原則>自らが出店(賃貸借、転貸借、使用貸借等その契約形態を問いません。以下
  「サポート契約」
        同じとします。)、出店検討、又は運営管理等で関与している不動産等のうち、適
  (住生活、手づくりの総合専門
        格不動産の売却予定情報を入手した場合、本資産運用会社に対し、かかる情報(以
  小売業)
        下、本項目において「関与不動産等売却情報」といいます。)を速やかに通知する
        よう努めるとのサポート。
             31/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
       <例外>但し、次に掲げる場合、関与不動産等売却情報は通知されません。
        ・当該情報提供が東急ハンズの締結する他の契約に違背する場合
        ・当該情報提供ができないと東急ハンズが合理的に判断した場合
       2.テナント出店検討サポート
         本投資法人が保有又は取得検討中の不動産等につき、本投資法人又は本資産運用
        会社が東急ハンズに対して出店検討の申入れを行った場合、当該不動産等への出店
        につき真摯に検討するとのサポート。
       3.マーケット情報の提供サポート
       <原則>本資産運用会社がマーケット情報の提供の申入れを行った場合、かかる情報
        を提供するよう努めるとのサポート。
       <例外>但し、次に掲げる場合、マーケット情報は提供されません。
        ・当該情報提供が東急ハンズの締結する他の契約に違背する場合
        ・当該情報提供ができないと東急ハンズが合理的に判断した場合
       4.有効期間、更新に関する事項
        ・契約の有効期間は、契約     書が効力を生じた   日から3年間とします。
        ・但し、東急ハンズ、本投資法人若しくは本資産運用会社のいずれかが解散した場
        合、本資産運用会社が金融商品取引業者ではなくなった場合又は本資産運用会社
        が本投資法人の資産運用会社ではなくなった場合は、当該有効期間にかかわらず
        当該時点において何らの通知を要することなく終了するものとします。
        ・契約は、有効期間満了日の3ヶ月前までに、各当事者が他の当事者に対して契約
        を更新しない旨を書面により通知しない限り、さらに3年間、同一の条件にて自
        動更新されるものとし、以後も同様とします。
  株式会社東急スポーツオアシス      1.関与不動産等の売却情報提供サポート
  「サポート契約」      <原則>自らが出店、出店検討、又は運営管理等で関与している不動産等のうち、適
  (フィットネスクラブの経営)      格不動産の売却予定情報を入手した場合、本資産運用会社に対し、かかる情報(以
        下、本項目において「関与不動産等売却情報」といいます。)を速やかに通知する
        よう努めるとのサポート。
       <例外>但し、次に掲げる場合、関与不動産等売却情報は通知されません。
        ・当該情報提供が東急スポーツオアシスの締結する他の契約に違背する場合
        ・当該情報提供ができないと東急スポーツオアシスが合理的に判断した場合
       2.テナント出店検討サポート
         本投資法人が保有又は取得検討中の不動産等につき、本投資法人又は本資産運用
        会社が東急スポーツオアシスに対して出店検討の申入れを行った場合、当該不動産
        等への出店につき真摯に検討するとのサポート。
       3.マーケット情報の提供サポート
       <原則>本資産運用会社がマーケット情報の提供の申入れを行った場合、かかる情報
        を提供するよう努めるとのサポート。
       <例外>但し、次に掲げる場合、マーケット情報は提供されません。
        ・当該情報提供が東急スポーツオアシスの締結する他の契約に違背する場合
        ・当該情報提供ができないと東急スポーツオアシスが合理的に判断した場合
       4.有効期間、更新に関する事項
        ・契約の有効期間は、契約書     が効力を生じた   日から3年間とします。
        ・但し、東急スポーツオアシス、本投資法人若しくは本資産運用会社のいずれかが
        解散した場合、本資産運用会社が金融商品取引業者ではなくなった場合又は本資
        産運用会社が本投資法人の資産運用会社ではなくなった場合は、当該有効期間に
        かかわらず当該時点において何らの通知を要することなく終了するものとしま
        す。
        ・契約は、有効期間満了日の3ヶ月前までに、各当事者が他の当事者に対して契約
        を更新しない旨を書面により通知しない限り、さらに3年間、同一の条件にて自
        動更新されるものとし、以後も同様とします。
             32/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  東急ステイ株式会社      1.関与不動産等の売却情報提供サポート
  「サポート契約」      <原則>自らが出店、出店検討、又は運営管理等で関与している不動産等のうち、適
  (不動産の賃貸管理、滞在型ホ      格不動産の売却予定情報を入手した場合、本資産運用会社に対し、かかる情報(以
  テルの経営)      下、本項目において「関与不動産等売却情報」といいます。)を速やかに通知する
        よう努めるとのサポート。
       <例外>但し、次に掲げる場合、関与不動産等売却情報は通知されません。
        ・当該情報提供が東急ステイの締結する他の契約に違背する場合
        ・当該情報提供ができないと東急ステイが合理的に判断した場合
       2.テナント出店検討サポート
         本投資法人が保有又は取得検討中の不動産等につき、本投資法人又は本資産運用
        会社が東急ステイに対して出店検討の申入れを行った場合、東急ステイは当該不動
        産等への出店につき真摯に検討するとのサポート。
       3.マーケット情報の提供サポート
       <原則>本資産運用会社がマーケット情報の提供の申入れを行った場合、かかる情報
        を提供するよう努めるとのサポート。
       <例外>但し、次に掲げる場合、マーケット情報は提供されません。
        ・当該情報提供が東急ステイの締結する他の契約に違背する場合
        ・当該情報提供ができないと東急ステイが合理的に判断した場合
       4.有効期間、更新に関する事項
        ・契約の有効期間は、契約書     が効力を生じた   日から3年間とします。
        ・但し、東急ステイ、本投資法人若しくは本資産運用会社のいずれかが解散した場
        合、本資産運用会社が金融商品取引業者ではなくなった場合又は本資産運用会社
        が本投資法人の資産運用会社ではなくなった場合は、当該有効期間にかかわらず
        当該時点において何らの通知を要することなく終了するものとします。
        ・契約は、有効期間満了日の3ヶ月前までに、各当事者が他の当事者に対して契約
        を更新しない旨を書面により通知しない限り、さらに3年間、同一の条件にて自
        動更新されるものとし、以後も同様とします。
             33/231












                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ⑤ 投資主価値を最大化するためのガバナンス体制
    本投資法人は、東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーンを活用する一方、利害関係者との取

   引における利益相反対策、投資主と東急不動産との利益の共同化手法や1口当たり分配金に連動する運用報酬を
   含む運用報酬体系を講じて、本投資法人の投資主価値の最大化に向けたガバナンス体制の整備・充実を図りま
   す。
   (ア)利益相反対策等の投資主の利益保護を目的とした資産取得に際する第三者性確保

     資産の取得等に際しては、本資産運用会社の投資委員会における決議が必要とされ、かつ、利害関係者

    取引の場合やコンプライアンス部長が必要と判断した場合はコンプライアンス委員会における承認が必要
    とされます。本資産運用会社は、資産の取得等について決議する場合、投資委員会においては、原則とし
    て、議決権を有する出席委員の全会一致による決議が必要とされ、また、コンプライアンス委員会におい
    ては、出席した委員の中、少なくともコンプライアンス部長及び全ての外部専門家を含む3分の2以上の
    委員の賛成が必要とされています。本投資法人は利害関係者取引における利益相反対策を含め、投資主の
    利益保護の観点から適切な価格・条件での資産取得を行えるよう体制を構築しています。利害関係人等と
    の取引制限については後記「第二部      投資法人の詳細情報/第3     管理及び運営/2   利害関係人との取引制
    限」をご参照ください。
   (イ)投資主の利益と東急不動産の利益との共同化手法

     本投資法人は、投資主の利益と東急不動産の利益とを一致させ、本投資法人と東急不動産が協同して事

    業を行う体制を築き、本投資法人及び東急不動産の相互の利益向上を図るため、東急不動産に対し、同社
    が本資産運用会社の親会社である限り、東急不動産が本投資法人への出資を一定期間維持し、将来の投資
    口の追加発行の際は一部購入を真摯に検討すること、及び、本投資法人の取得する物件の一部について
    は、共有を真摯に検討することについて以下の合意をしています。
    a.東急不動産による本投資法人への出資

     東急不動産は、2019年11月30日現在において、同日付の本投資法人の発行済投資口の総口数の9.52%

    (73,425口)を保有しています。
     東急不動産は、本投資法人に関するスポンサーサポート契約において、本投資法人がその投資口を追加
    でさらに発行する場合には、当該追加発行投資口の一部を購入することを真摯に検討する意向があること
    を、本資産運用会社に対して表明しています(金融商品取引法(昭和23年法律第25号、その後の改正を含
    みます。以下「金融商品取引法」といいます。)に違反しないことを前提とします。)。
    b.一部物件のスポンサーとの共有について

     保有資産である「東急プラザ表参道原宿」及び「東急プラザ銀座(底地)」について、本投資法人は東

    急不動産が優先出資する特定目的会社から当該物件の75%及び30%の信託受益権の準共有持分を取得し、
    残りの25%及び70%の信託受益権の準共有持分は引き続き東急不動産の優先出資する特定目的会社が保有
    しています。また、同様に「東急プラザ赤坂」、「デックス東京ビーチ」及び「キュープラザ原宿」につ
    いても、本投資法人はそれぞれ物件の50%、49%及び60%の信託受益権の準共有持分を取得し、それぞれ
    残りの50%、51%及び40%の信託受益権の準共有持分は引き続き東急不動産が保有しています。今後も、
    本投資法人が物件を取得する際には、規模や個別特性を勘案し、必要に応じて東急不動産との共有も含め
    て検討していく方針です。物件を共有することによって、個別物件における東急不動産との利害関係を一
    致させた運営が可能になると考えています。
             34/231





                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (ウ)1口当たり分配金に連動する運用報酬を含む運用報酬体系
     本投資法人は、規約及び資産運用委託契約に基づいて、本資産運用会社に支払う報酬のうち、運用報酬

    の一部については、本資産運用会社に本投資法人の投資主価値を最大化することへのインセンティブを持
    たせることを目的として、1口当たり分配金に連動した運用報酬体系を採用しています。
     なお、本資産運用会社へ支払われる報酬は、上記の1口当たり分配金に連動した運用報酬(運用報酬
    Ⅱ)のほか、各営業期間毎の貸借対照表上の総資産額に基づく運用報酬(運用報酬I)並びに運用資産に
    係る取得報酬及び処分報酬があります。本資産運用会社への支払報酬の詳細につきましては、後記「4                 手
    数料等及び税金/(3)    管理報酬等/② 資産運用会社への支払報酬」をご参照ください。
   ⑥ 投資基準

    本投資法人は、個別の不動産等を取得するに際し、国内の不動産の売買・賃貸マーケット環境を分析し、ポー

   トフォリオ全体の成長性と収益性及びリスク要因等と併せ、以下に列挙する各事項を勘案し、総合的な判断の下
   で取得決定を行うこととしています。
    また、本投資法人は、以下の各事項に加え、本投資法人が主たる投資対象とする商業施設への投資判断に際し

   ては、商圏人口・人口動態等を基に地域の将来性を含めた商圏分析を行った上で、テナント業態・賃貸借契約の
   内容と商圏特性との適合性や新規競合店の出店可能性等の分析を行います。また、オフィスビルへの投資判断に
   際しては、オフィス集積状況や駅からのアクセス性等を分析のうえ、建物規模やフロア規模・形状、設備仕様等
   に基づく地域内での競争力の分析を行います。
    そのほか、本投資法人が主たる投資対象とする商業施設のうち、宿泊施設(ホテル)を主たる用途とする不動
   産等の取得については、①取得後における宿泊施設(ホテル)のオペレーターのホテル運営ノウハウと実績、②
   賃貸借契約の内容の安定性と収益性(固定賃料に基づく中長期的な賃貸借契約を基本とします。)、③当該不動
   産等に係る立地特性、マーケット動向(商圏、競合状況等)等を検証し、総合的に見て運営状況が良好であると
   判断される場合、これらを投資対象とするものとします。
    これらの商業施設及びオフィスビルの敷地として利用に供される土地の所有権その他の権利についても、建物
   と一体として、又は単独で本投資法人の投資対象とします。なお、かかる敷地のみを取得した場合、当該敷地利
   用の対象となる建物の主たる用途に従い区分します。また、本投資法人は、複合資産の全部又は一部を取得する
   場合、当該複合資産の過半の利用目的又は実際の利用形態が主として商業施設又はオフィスであるときは、当該
   複合資産の全部又は一部を取得することがあります。
   (ア)立地

        東京都及び三大都市圏の政令指定都市(横浜市・川崎市・相模原市・さいたま市・

        千葉市・名古屋市・京都市・大阪市・堺市・神戸市)並びに国内の主要都市(札幌
  都市型商業施設
        市・仙台市・福岡市等)に所在し、商業集積と高い繁華性があり、又は、駅から徒
        歩10分以内の立地であることを原則とします。
        東京23区に所在し、オフィス集積が高く、駅から徒歩10分以内の立地であることを
  東京オフィス
        原則とします。
        1.商業施設の場合、東京都、三大都市圏の政令指定都市及び国内の主要都市並び
        にその周辺地域に所在し、最寄駅又は幹線道路への近接性等により車等でのアク
        セス性が高く、居住集積等に支えられた安定的な商圏を有する立地であることを
  アクティビア・アカウント      原則とします。
        2.オフィスビルの場合、東京都及び三大都市圏の政令指定都市をはじめとする国
        内の主要都市に所在し、駅から徒歩10分以内の場所の立地であることを原則とし
        ます。
   (イ)投資金額

     1物件当たりの投資金額が10億円以上(購入金額のみとし、消費税及び仲介手数料等の取得に付随する

    費用を含みません。)であることを原則とします。但し、その他の事項も含め総合的に勘案して投資が適
    正と判断される場合には、この限りではないものとします。
             35/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (ウ)取得価格
     不動産等への投資においては、本資産運用会社による価格評価に基づき、不動産鑑定評価額を参考に判

    断します。なお、本資産運用会社の利害関係者との取引においては、利益相反対策として不動産鑑定評価
    額(税金、仲介手数料、その他の取得費用等を含まない。)を超える価格にて取得しないこととします。
    但し、利害関係者がウェアハウジングにより負担した取得費用が存する場合は、当該費用を不動産鑑定評
    価額に加えた額を上限として、取得できることとします。
   (エ)物件規模

     1棟での延床面積が1,650㎡(約500坪)以上であることを原則とします。但し、その他の事項も含め総

    合的に勘案して投資が適正と判断される場合には、例外的に取得を決定することがあります。
   (オ)耐震性能

     新耐震基準(昭和56年改正の建築基準法(昭和25年法律第201号、その後の改正を含みます。以下「建築

    基準法」といいます。)に基づく耐震基準)に基づく施工又は補強工事等により新耐震基準と同等以上の
    耐震性能を有すると判断される物件を原則取得します。なお、現況で基準を満たしていない場合でも、取
    得後速やかに補強工事等により新耐震基準と同等以上の耐震性能を有することが見込まれる場合は、例外
    的に取得を決定することがあります。
      (注)

   (カ)地震PML値
     個別PML値が15%を超える場合は地震保険の付保を検討し、原則、ポートフォリオPML値は10%を超えな

    いものとします。
    (注) 地震PML(Probable    Maximum Loss:予想最大損失率)値とは、想定した予定使用期間中(50年=一般的建物の耐用年
     数)に想定される最大規模の地震(50年間で10%を超える確率で襲ってくると予想される大地震=再現期間475年相当
     (年超過確率0.211%)の大地震)によりどの程度の被害を受けるかを、90%非超過確率に相当する予想損失額の再調
     達価格に対する割合(%)で示したものです。但し、予想損失額は、地震動による建物(構造体、仕上げ、建築設
     備)のみの直接損失に関するものだけであり、機器、家具、什器等の被害や地震後の水又は火災による損失、被災者
     に対する補償、営業中断による営業損失等の二次的被害は含まれていません。以下同じです。
   (キ)環境・地質

     建物内におけるアスベスト等の有害物質の使用状況及び敷地内の土壌の状況が大気汚染防止法(昭和43

    年法律第97号、その後の改正を含みます。)や土壌汚染対策法(平成14年法律第53号、その後の改正を含
    みます。以下「土壌汚染対策法」といいます。)等関連法令に適合している若しくはこれらへの対応策が
    講じられていることを原則とします。但し、現況で基準を満たしていない場合でも、取得後速やかに是正
    可能な場合は、例外的に取得を決定することがあります。
   (ク)テナント

     社会的信用力等を確認した上で、賃料水準、賃貸借契約期間、業種、競争力等についても評価・分析

    し、経済的信用力を有するテナントであることを原則とします。
   (ケ)権利関係

     所有権、賃借権、地上権等権利の態様を確認した上で、共有、区分所有、借地の場合は、物件の特性を

    総合的に勘案し、権利関係者の信用力・属性等に特段問題が無く、運営・管理や持分処分における制約事
    項が少ないことを原則とします。
   (コ)開発不動産等

     本投資法人は、原則として、未稼働の不動産等は投資対象としません。但し、未稼働不動産等又は建設

    予定若しくは建設中の不動産等であっても、稼働又は竣工後のテナントの確保が十分に見込まれ、取得後
    の収益の安定性が見込める場合には、建物の完工・引渡し等のリスクを軽減させるための措置を施した上
    で、投資を行うことができるものとします。
             36/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ⑦ デューディリジェンス基準
    投資対象資産の取得に際して、本資産運用会社は下記経済的調査、物理的調査及び法的調査を十分に実施し、

   資産価値の維持・向上を阻害する要因等の有無等の把握及びそれらの評価を中心とした、当該運用資産の投資対
   象としての妥当性について検討を行います。検討にあたり、調査能力及び経験を有する第三者が作成するエンジ
   ニアリングレポート、マーケットレポート、地震リスク調査報告書を参考とし、現地調査、譲渡予定者等へのヒ
   アリング等を実施します。
    項目          内容
  経済的調査   テナント調査    ・信用状況(業種、業容、業歴、決算内容、財務状況等)
        ・賃料支払状況、テナントと現所有者との関係
        ・賃借目的、契約形態、契約内容
     市場調査    ・賃貸マーケットの状況(周辺の市場賃料、競合物件の状況、開発計画の動向
        等)
        <商業施設>
        ・商圏の状況(商圏人口、人口動態等)
        ・当該業態と商圏の適合性
        ・当該施設へのアクセス性
        <オフィス>
        ・当該エリアの稼働率推移
        ・当該エリアの賃料推移
        ・最寄駅からの距離
     収益関係    ・賃貸契約水準、賃貸借契約形態、期間及び契約再締結又は更新の可能性
        ・費用水準、費用関連の契約内容及び契約再締結又は更新の可能性
        ・将来(10~12年程度)の修繕費の見込み
  物理的調査   建築及び    <共通>
     設備・仕様    ・主要構造、築年数、設計者、施工業者、確認検査機関等
        ・内外装の部材の状況
        <商業施設>
        ・商業施設としての汎用性、転用可能性
        <オフィス>
        ・貸付床の形状、分割対応、階高・天井高、床仕様
        ・共用施設仕様、電気容量、空調方式等
     建物診断    ・長期修繕計画の検証
        ・耐震性能、地震PML値の検証
     建物管理関係    ・建物管理状況
        ・管理委託契約、管理細則等の内容(形態、仕様水準等)
        ・施工業者からの保証及びアフターサービスの内容
     環境調査    ・アスベスト・PCB等の有害物質の使用履歴、使用状況及び保管状況
        ・土地利用履歴、土壌汚染状況等
     その他    ・隣接地権者等との関係
  法的調査   法令上の制限・    ・建築基準法や都市計画法(昭和43年法律第100号。その後の改正を含みます。

     法令の遵守状況    以下「都市計画法」といいます。)等の関連法令等の遵守状況の確認
        ・既存不適格の有無
        ・建築関連法規、条例、協定等による建築制限等の有無
     境界調査    ・境界確定の状況
        ・越境物の有無とその状況
     テナント属性    ・テナント関連契約(賃貸借契約、転貸借契約、使用契約等)の調査
        ・反社会的勢力調査
     権利関係の確認    ・土地及び建物に関する権利関係(完全所有権、地上権、借地権、共有、分
        有、区分所有、区分所有の共有等)
        ・権利に付随する各種契約等の内容
             37/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ⑧ フォワード・コミットメントに関する方針
    フォワード・コミットメント(先日付での売買契約であって、契約締結日から1ヶ月以上経過した後に決済・

   物件引渡しを行うこととしているもの及びその他これに類する契約をいいます。以下同じです。)を行う場合に
   は、以下の点に留意することとします。
   ・契約不履行に関する解約違約金の水準、ポートフォリオ全体の収支及び配当水準等に与える影響等(東京証券
    取引所の定める上場廃止基準を含みます。)
   ・売買契約締結から物件引渡しまでの期間、当該期間中における金融環境及び不動産市場等の変動リスクの可能
    性、決済資金の調達方法等
   ⑨ ポートフォリオ運営・管理方針

   (ア)基本方針

     本投資法人は、中長期にわたる安定した収益の確保と資産価値の維持・向上及びテナント満足度を高め

    ることを目指し、以下の方法に基づき、賃貸収入や稼働率の維持・向上、適切な管理・修繕の実施、管理
    コストの適正化・効率化に努めます。
   (イ)運用計画の策定

     本資産運用会社は、その社内規程である「運用資産管理規程」等に基づき、本投資法人の運用資産の運

    用に係る資産運用計画    書(以下「資産運用計画    書」といいます。)を策定し、資産運用計画       書に沿った運
    営・管理を行います。資産運用計画      書は、運用資産の運用に関する具体的な実行計画を規定するものであ
    り、運用資産毎の収支計画を踏まえて、ポートフォリオ全体及び本投資法人全体の収支計画等より構成さ
    れ、コンプライアンス部長の承認後、コンプライアンス部長が必要と判断した場合は、コンプライアンス
    委員会にて審議及び決議を行った後、投資委員会にて審議及び決議し、アクティビア運用本部長が決裁を
    行うことにより決定されます。
     なお、上記資産運用計画     書の策定にあたっては、原則としてPM会社の協力により運用資産毎の詳細を検
    討します。
     資産運用計画   書は、原則として本投資法人の決算期毎に見直し、また、それ以外の場合でも必要に応じ
    て、その都度見直すこととしています。
   (ウ)PM会社の選定方針、モニタリング

     PM会社の選定に当たっては、不動産運営・管理の経験や能力、対象となる運用資産における実績、運用

    計画に沿った業務遂行の実現性、コスト水準、運用の継続性等を総合的に勘案し、本投資法人の総合的な
    収益向上に寄与する会社を選定します。
     本投資法人は上記方針をより高いレベルで実現するため、また、運営能力の観点から、原則として商業
    施設については東急不動産又は東急不動産SCマネジメント、オフィスビルについては東急不動産又は東
    急コミュニティーに対してPM業務を委託することとしています。
     なお、上記業務委託にあたり、「利害関係者取引規程」及び「外部委託・評価基準」に基づき、業務水
    準や報酬額等についての評価を定期的に行い、適正な業務遂行及び報酬レベルが維持できない場合は、契
    約の解除を行うこと又は契約の更新を行わないことを検討します。
   (エ)リーシング方針

     マーケット動向を調査・把握し、個別物件における適正な賃貸条件等の検討を行うとともに、PM会社を

    最大限活用し、優良テナントの選定に努めます。
     テナントとの賃貸借契約に際しては、本資産運用会社が信用度及び反社会的勢力との関係をチェック
    し、賃料水準、賃貸借契約形態、期間及び再契約の可能性等を総合的に判断するものとします。
             38/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (オ)修繕計画及び資本的支出に関する方針
     中長期的な運用資産の収益の維持及び向上を図ることを目的として、運用資産の状況及び特性、テナン

    トニーズ等を考慮した個別物件毎の修繕計画をPM会社と協議のうえ策定し、必要な修繕・資本的支出を行
    うものとします。
     修繕及び設備投資は、原則としてポートフォリオ全体の減価償却費も勘案して判断するものとします。
    但し、テナントの満足度向上に向けた政策上の観点から必要なものについては早期に実施するものとしま
    す。
   (カ)付保方針

     火災・事故等に起因する建物への損害や、第三者からの損害賠償請求等のリスクに対処するため、必要

    な火災保険及び損害賠償保険等を運用資産に付保します。
     地震保険の付保は、個別PML値が15%を超える場合において、地震の発生時に予想される個別物件及び
    ポートフォリオ全体に対する影響並びに保険の実効性を勘案して総合的に判断します。
   ⑩ 売却方針

    本投資法人は、中長期にわたって運用資産を保有し、安定収益を確保することを基本方針としているため、運

   用資産の短期的な売却を原則として行わないものとします。但し、不動産マーケットの状況及びその分析等から
   勘案して最適なポートフォリオの維持のために必要であると判断する場合には、運用資産の短期的な売却を検討
   することがあります。
    売却に当たっては、不動産鑑定評価等の第三者意見を参考としつつ、マーケット調査、類似の取引事例、当該
   運用資産の将来にわたる収益性等を勘案した上で、ポートフォリオ全体が受ける影響等も考慮に入れて総合的に
   判断するものとします。
   ⑪ 財務方針

   (ア)エクイティ・ファイナンス

     資産の取得、工事金の支払、敷金・保証金の返済、本投資法人の運営に係る費用の支払又は債務の返済

    等を目的として、投資口の追加発行を行うことができます。投資口の追加発行は、長期的かつ安定的な成
    長を目指し、投資口の希薄化(新投資口の発行による投資口1口当たりの議決権割合の低下及び投資口1
    口当たりの純資産額又は分配金の減少)に配慮しつつ機動的に行います。
   (イ)デット・ファイナンス

     運用資産の着実な成長並びに効率的な運用及び運用の安定性に資するため、資産の取得、修繕費若しく

    は分配金の支払、本投資法人の運営に要する資金、若しくは債務の返済(敷金・保証金並びに借入金及び
    投資法人債(短期投資法人債を含みます。以下本⑪において同じです。)の債務の返済を含みます。)等
    の資金の手当てを目的として、資金を借り入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)又は投資法人債
    を発行することができます。但し、短期投資法人債の発行により調達した資金の使途又は目的について
    は、法令に定める範囲に限るものとします。なお、資金を借り入れる場合は、金融商品取引法に規定する
    適格機関投資家(但し、租税特別措置法第67条の15に規定する機関投資家に限ります。)からの借入れに
    限るものとします。また、本投資法人の借入金及び投資法人債発行の限度額はそれぞれ1兆円とし、か
    つ、その合計額が1兆円を超えないものとします。なお、本投資法人は、原則として無担保無保証での資
    金調達を行うものの、資金の借入れ及び投資法人債の発行において、運用資産を担保として提供すること
    ができます。また、安定的なバンクフォーメーションを構築し、金融機関と良好な関係を維持します。
             39/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (ウ)LTV
     LTV(本投資法人の保有する資産総額に対する、投資法人債を含む借入金残高の割合)の水準は、資金余

    力の確保に留意し、原則として60%を上限とします。但し、新たな資産の取得等に伴い、一時的に60%を
    超えることがあります。
   (エ)デリバティブ取引

     借入れ及びその他の本投資法人に係る負債から生じる金利変動リスクのヘッジを主たる目的として、経

    済状況及び金利の動向を考慮し、デリバティブ取引に係る権利への投資を行うことがあります。
   (オ)キャッシュマネジメント

     テナントから預かった敷金・保証金を資金として活用することがあります。

     また、諸々の資金ニーズ(修繕及び資本的支出、分配金の支払、小口債務の返済、本投資法人の運営に
    関わる運転資金、敷金等の返還、又は不動産関連資産の新規購入等)に対応するため、融資枠等の設定状
    況も勘案した上で、妥当と考えられる金額を現預金として保有するものとします。
   ⑫ 情報開示方針

   (ア)本投資法人は、投資主に対し透明性を確保し、投資主の投資判断に必要な情報を適時かつ適切に開示す

    るものとします。また、情報の透明性及び解りやすさに配慮し、法定開示以外の情報開示についても、
    投資主のニーズに応えるべく自ら内容を検討し、適時かつ適切な情報の開示に努める方針とします。
   (イ)投資主に公平な情報取得機会を提供できるよう、正確かつ有用な情報を集約できる体制を構築し、速や

    かに開示できるように努めます。
   (ウ)専門的な見解を積極的に取り入れ、より一層、開示情報の正確さを追求します。

   (エ)投信法、金融商品取引法、東京証券取引所、一般社団法人投資信託協会等にて定められている開示情報

    は、各々の所定様式に基づき適切に開示を行うものとします。
             40/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  (2)【投資対象】
   ① 投資対象とする資産の種類

   (ア)不動産等

     本投資法人は、規約第27条に定める基本方針に従い、以下に掲げる特定資産に投資します。
    a.不動産

    b.次に掲げる各資産(以下併せて「不動産同等物」と総称し、不動産及び不動産同等物を併せて「不動産

     等」と総称します。)
    (ⅰ)不動産の賃借権

    (ⅱ)地上権

    (ⅲ)不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する信託の受益権(不動産に付随する金銭と併せて信託

     する包括契約を含みます。)
    (ⅳ)外国の者に対する権利で上記(ⅲ)に掲げる権利の性質を有するもの

    (ⅴ)信託財産を主として不動産、不動産の賃借権又は地上権に対する投資として運用することを目的と

     する金銭の信託の受益権
    (ⅵ)不動産に関する匿名組合出資持分(投資者の一方が相手方の行う不動産及び上記(ⅰ)乃至(ⅴ)

     の運用のために出資を行い、相手方がその出資された財産の2分の1を超える額を不動産及び上記
     (ⅰ)乃至(ⅴ)に対する投資として運用し、当該運用から生じる利益の分配を行うことを約する
     契約に係る出資の持分をいいます。)
    (ⅶ)信託財産を主として不動産に関する匿名組合出資持分に対する投資として運用することを目的とす

     る金銭の信託の受益権
    c.裏付けとなる資産の2分の1を超える額を不動産等に投資することを目的とする次に掲げるもの(以下

     併せて「不動産対応証券」と総称し、不動産等及び不動産対応証券を併せて「不動産関連資産」と総称
     します。)
    (ⅰ)優先出資証券(資産の流動化に関する法律(平成10年法律第105号、その後の改正を含みます。以

     下「資産流動化法」といいます。)に定める優先出資証券をいいます。)
    (ⅱ)受益証券(投信法に定める受益証券をいいます。)

    (ⅲ)投資証券(投信法に定める投資証券をいいます。)

    (ⅳ)特定目的信託の受益証券(資産流動化法に定める特定目的信託の受益証券をいいます。)

    (ⅴ)匿名組合出資持分証券(金融商品取引法に規定する匿名組合出資持分をいい、当該匿名組合の営業

     者が運用のために保有する資産の2分の1を超える額を不動産等に対する投資として運用するもの
     に限ります。)
    (ⅵ)外国の法令に基づく権利及び外国の者の発行する証券で上記(ⅰ)乃至(ⅴ)に掲げる権利及び証

     券の性質を有するもの
             41/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (イ)その他の特定資産
     上記(ア)に掲げる特定資産のほか、次に掲げる特定資産に投資します。

    a.預金

    b.コールローン

    c.国債証券(金融商品取引法に定めるものをいいます。)

    d.地方債証券(金融商品取引法に定めるものをいいます。)

    e.特別の法律により法人の発行する債券(金融商品取引法に定めるものをいいます。)

    f.特定社債券(金融商品取引法に定めるものをいいます。)

    g.社債券(金融商品取引法に定めるものをいいます(但し、新株予約権付社債券を除きます。)。)

    h.譲渡性預金証書

    i.貸付信託の受益証券(金融商品取引法に定めるものをいいます。)

    j.コマーシャル・ペーパー(金融商品取引法に定めるものをいいます。)

    k.金銭債権(投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令第480号、その後の改正を含みま

     す。以下「投信法施行令」といいます。)に定めるものをいいます。)
    l.不動産の管理会社等の株券(実質的に不動産等又は不動産等を主たる投資対象とする資産対応証券に投

     資することを目的とする場合又はそれらの資産への投資に付随し若しくは関連する場合に限ります。)
    m.信託財産を主として上記a.乃至l.に掲げる資産に対する投資として運用することを目的とする金銭

     の信託の受益権
    n.デリバティブ取引に係る権利(投信法施行令に規定するものをいいます。)

    o.有価証券(投信法施行令に規定するものをいいます。)(不動産等、不動産対応証券及び上記a.乃至

     n.に該当するものを除きます。)
    p.再生可能エネルギー発電設備(投信法施行令に定めるものをいいます。)

   (ウ)特定資産以外の資産

     本投資法人は、上記(ア)及び(イ)に定める特定資産のほか、実質的に不動産等若しくは不動産対応

    証券に投資することを目的とする場合、又はそれらの資産への投資に付随し若しくは関連する場合に限
    り、以下に掲げる各資産に投資することができるものとします。
    a.商標権又はその専用使用権若しくは通常使用権(商標法(昭和34年法律第127号、その後の改正を含み

     ます。)に定めるものをいいます。)
    b.著作権等(著作権法(昭和45年法律第48号、その後の改正を含みます。)に定めるものをいいます。)

    c.慣習法上の温泉の源泉を利用する権利及び当該温泉に関する設備等

    d.動産(民法(明治29年法律第89号、その後の改正を含みます。以下「民法」といいます。)に定めるも

     のをいい、再生可能エネルギー発電設備に該当するものを除きます。)
             42/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    e.特定出資(資産流動化法に定めるものをいいます。)
    f.民法上の組合の出資持分(不動産等及び不動産対応証券の保有、賃貸、運営、管理等を目的としたもの

     に限り、有価証券に該当するものを除きます。)
    g.各種損害保険契約

    h.地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号、その後の改正を含みます。)に基づく算

     定割当量その他、これに類似するもの、又は排出権(温室効果ガスに関する排出権を含みます。)
    i.地役権

    j.不動産等及び不動産対応証券への投資に付随して取得するその他の権利

   (エ)本投資法人は、上記(ア)乃至(ウ)に定める資産の他、本投資法人が運用のために保有する資産以外

    の資産のうち、本投資法人の商号に係る商標権その他組織運営に伴い保有するものについては、上記
    (ア)乃至(ウ)にかかわらずこれを取得することができるものとします。
   ② 投資基準及び地域別、用途別等による投資割合

    前記「(1)   投資方針/③ ポートフォリオ構築方針」をご参照ください。

  (3)【分配方針】

   ① 分配方針

    本投資法人は、原則として以下の方針に基づき分配を行うものとするほか、金銭の分配にあたっては、一般社
   団法人投資信託協会が定める「不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則」に従うものとします(規約第
   35条第1項)。
   (ア)本投資法人の運用資産の運用等によって生じる分配可能金額(以下「分配可能金額」といいます。)

    は、投信法及び一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して決算期毎に算出される利益の金
    額をいいます。
   (イ)分配金額は、租税特別措置法第67条の15第1項に規定される本投資法人の配当可能利益の額の100分の90
    に相当する金額を超えて分配するものとして、本投資法人が決定する金額とします(但し、分配可能金
    額を上限とします。)。なお、本投資法人は運用資産の維持又は価値向上に必要と認められる長期修繕
    積立金、支払準備金、分配準備積立金並びにこれらに類する積立金及び引当金等のほか必要な金額を分
    配可能金額から積み立て、又は留保その他の処理を行うことができます。
   (ウ)分配金に充当せず留保した利益又は決算期までに稼得した利益については、本投資法人の資産運用の基
    本方針及び投資態度等の定めに基づき運用を行うものとします。
   ② 利益を超えた金銭の分配

    本投資法人は、経済環境、不動産市場及び賃貸市場等の動向、保有資産の状況並びに財務の状況等により本投
   資法人が適切と判断する場合、又は本投資法人における法人税等の課税の発生を抑えることができる場合、前記
   「① 分配方針/(イ)」で定める分配金額に一般社団法人投資信託協会の規則において定める金額を加算した
   額を、分配可能金額を超えて分配することができます(規約第35条第2項)。
   ③ 分配金の分配方法

    分配金は、金銭により分配するものとし、原則として決算期から3ヶ月以内に、決算期現在の最終の投資主名
   簿に記載又は記録のある投資主又は登録投資口質権者を対象に、投資口の口数に応じて分配します(規約第35条
   第3項)。
   ④ 分配金の除斥期間等

    分配金は、その支払開始の日から満3年を経過したときは、本投資法人はその支払の義務を免れるものとしま
   す。なお、未払分配金には利息は付さないものとします(規約第35条第4項)。
             43/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  (4)【投資制限】
   ① 規約により定める投資制限

    規約により定める投資制限(規約第30条)は、次のとおりです。
   (ア)金銭債権(投信法施行令に定めるものをいいます。)及び有価証券(投信法施行令に規定するものをい

    います。不動産等、不動産対応証券及び規約第29条第2項第(1)号乃至第(14)号に該当するものを
    除きます。)は、積極的に投資を行うものではなく、安全性及び換金性又は規約第29条第1項に掲げる
    特定資産との関連性を勘案した運用を図るものとします。
   (イ)デリバティブ取引に係る権利(投信法施行令に規定するものをいいます。)は、本投資法人に係る負債

    から生じる金利変動リスクその他のリスクをヘッジすることを目的とした運用に限るものとします。
   ② 金融商品取引法及び投信法による投資制限

    本投資法人は金融商品取引法及び投信法による投資制限に従います。主なものは次              のとおりです  。
   (ア)資産運用会社による運用の制限

     登録を行った投資法人は、資産運用会社にその資産の運用に係る業務の委託をしなければなりません。

    資産運用会社は、資産の運用に係る業務に関して一定の行為を行うことが禁止されており、結果的に、本
    投資法人が一定の投資制限に服することになります。かかる禁止行為の主なものは次のとおりです。
    a.自己取引等

     資産運用会社が自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を
    行うこと(金融商品取引法第42条の2第1号)。但し、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害
    し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのないものとして金融商品取引業等に関する内閣府令
    (平成19年内閣府令第52号、その後の改正を含みます。以下「業府令」といいます。)第128条で定める
    ものを除きます。
    b.運用財産相互間の取引

     資産運用会社が運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法
    第42条の2第2号)。但し、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信
    用を失墜させるおそれのないものとして業府令第129条で定めるものを除きます。
    c.第三者の利益を図る取引

     資産運用会社が特定の金融商品、金融指標又はオプションに関し、取引に基づく価格、指標、数値又は
    対価の額の変動を利用して自己又は登録投資法人以外の第三者の利益を図る目的をもって、正当な根拠を
    有しない取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法第42条の2第3号)。
    d.投資法人の利益を害する取引

     資産運用会社が通常の取引の条件と異なる条件で、かつ、当該条件での取引が登録投資法人の利益を害
    することとなる条件での取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法第42条の2第4
    号)。
    e.分別管理が確保されていない場合の売買等の禁止

     資産運用会社が、以下の権利又は有価証券について、これに関して出資され又は拠出された金銭(これ
    に類するものとして政令で定めるものを含みます。)が、当該金銭を充てて行われる事業を行う者の固有
    財産その他当該者の行う他の事業に係る財産と分別して管理することが当該権利又は有価証券に係る契約
    その他の法律行為において確保されているものとして業府令で定めるものでない場合に、当該権利につい
    ての取引(金融商品取引法第2条第8項第1号、第2号又は第7号から第9号までに掲げる行為をいいま
    す。)を行うこと(金融商品取引法第40条の3)。
    (ⅰ)金融商品取引法第2条第2項第5号又は第6号に掲げる権利
    (ⅱ)金融商品取引法第2条第1項第21号に掲げる有価証券(金融商品取引法施行令(昭和40年政令第
     321号、その後の改正を含みます。以下「金融商品取引法施行令」といいます。)で定めるものに
     限ります。)
    (ⅲ)金融商品取引法第2条第2項第7号に掲げる権利(金融商品取引法施行令で定めるものに限りま
     す。)
             44/231

                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    f.その他業府令で定める取引

     上記のほか、資産運用会社が行う行為のうち、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は
    金融商品取引業の信用を失墜させるものとして業府令で定める以下の行為(金融商品取引法第42条の2第
    7号、同法第44条の3第1項第3号、業府令第130条)。
    (ⅰ)資産運用会社が自己の監査役、役員に類する役職にある者又は使用人との間における取引を行うこ
     とを内容とした運用を行うこと(業府令第128条各号に掲げる行為を除きます。)(業府令第130条
     第1項第1号)。
    (ⅱ)資産運用会社が自己又は第三者の利益を図るため、登録投資法人の利益を害することとなる取引を
     行うことを内容とした運用を行うこと(同項第2号)。
    (ⅲ)第三者(資産運用会社の親法人等及び子法人等を含みます。)の利益を図るため、その行う投資運
     用業に関して運用の方針、運用財産の額又は市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容
     とした運用を行うこと(同項第3号)。
    (ⅳ)他人から不当な取引の制限その他の拘束を受けて運用財産の運用を行うこと(同項第4号)。
    (ⅴ)有価証券の売買その他の取引等について、不当に取引高を増加させ、又は作為的な値付けをするこ
     とを目的とした取引を行うことを内容とした運用を行うこと(同項第5号)。
    (ⅵ)第三者の代理人となって当該第三者との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと
     (但し、資産運用会社があらかじめ個別の取引毎に全ての権利者に当該取引の内容及び当該取引を
     行おうとする理由を説明し、当該権利者の同意を得て行うものを除きます。)(同項第6号)。
    (ⅶ)その他業府令に定める内容の運用を行うこと。
   (イ)同一株式の取得制限

     登録投資法人は、同一の法人の発行する株式につき、登録投資法人の保有する当該株式に係る議決権の

    総数が、当該株式に係る議決権の総数の100分の50を超える          こととなる場合には、当該株式を取得すること
    ができません(投信法第194条第1項、投信法施行規則第221条)           。但し、登録投資法人が国外の特定資産
    について、当該特定資産が所在する国の法令の規定その他の制限により、不動産の取得等の取引を行うこ
    とができない場合において、専らこれらの取引を行うことを目的とする法人の発行する株式につき、当該
    株式に係る議決権の総数の100分の50を超えて取得するときはこの限りではありません(投信法第194条第
    2項)。
   (ウ)自己投資口の取得及び質受けの制限

     投資法人は、当該投資法人の投資口を取得し、又は質権の目的として受けることができません。但し、

    次に掲げる場合において当該投資口を取得するときは、この限りではありません(投信法第80条第1項、
    規約第5条第2項)。
    a.投資主との合意により当該投資口を取得する場合
    b.合併後消滅する投資法人から当該投資口を承継する場合
    c.投信法の規定により当該投資口の買取りをする場合
    d.その他投信法施行規則で定める場合
   (エ)子法人による親法人投資口の取得制限

     他の投資法人(子法人)の発行済投資口の総口数の過半数にあたる投資口を有する投資法人(親法人)

    の投資口については、次に掲げる場合を除くほか、当該子法人は、取得することができません(投信法第
    81条第1項、第2項)。なお、他の投資法人の発行済投資口の過半数の投資口を、親法人及び子法人又は
    子法人が有するときは、当該他の投資法人はその親法人の子法人とみなされます(投信法第81条第4
    項)。
    a.合併後消滅する投資法人から親法人の投資口を承継する場合
    b.その他投信法施行規則で定める場合
             45/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ③ その他の投資制限
   (ア)有価証券の引受け及び信用取引

     本投資法人は有価証券の引受け及び信用取引は行いません。

   (イ)借入れ及び投資法人債

    a.本投資法人は、運用資産の着実な成長並びに効率的な運用及び運用の安定性に資するため、資産の取

     得、修繕費若しくは分配金の支払、本投資法人の運営に要する資金、若しくは債務の返済(敷金・保証
     金並びに借入金及び投資法人債(短期投資法人債を含みます。以下同じです。)の債務の返済を含みま
     す。)等の資金の手当てを目的として、資金を借り入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)、又
     は投資法人債を発行することができます。但し、短期投資法人債の発行により調達した資金の使途又は
     目的については、法令に定める範囲に限るものとします。なお、資金を借り入れる場合は、金融商品取
     引法に規定する適格機関投資家(但し、租税特別措置法第67条の15に規定する機関投資家に限りま
     す。)からの借入れに限るものとします(規約第36条第1項)。
    b.上記a.の場合、本投資法人は運用資産を担保として提供することができるものとします(規約第36条

     第2項)。
    c.借入金及び投資法人債発行の限度額は、それぞれ1兆円とし、その合計額が1兆円を超えないものとし

     ます(規約第36条第3項)。
   (ウ)集中投資

     集中投資について法令上制限はありません。なお、不動産の用途・所在地域による分散投資に関する方

    針について、前記「(1)     投資方針」をご参照ください。
   (エ)他のファンドへの投資

     他のファンド(投資口及び投資信託の受益証券)への投資について、規約上の制限はありません。

             46/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  3【投資リスク】
  (1)リスク要因
    以下において、本投資口への投資に関するリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載してい

   ます。また、今後本投資法人が投資法人債(以下「本投資法人債」といい、短期投資法人債を含むことがありま
   す。)を発行する場合、これらの事項は、本投資法人債への投資に関してもリスク要因となる可能性がありま
   す。但し、以下は本投資法人への投資に関する全てのリスクを網羅したものではなく、記載されたリスク以外の
   リスクも存在します。また、本書に記載の事項には、特に本投資法人及び本資産運用会社の目標及び意図を含
   め、将来に関する事項が存在しますが、別段の記載のない限り、これら事項は本書の日付現在における本投資法
   人及び本資産運用会社の判断、目標、一定の前提又は仮定に基づく予測等であって、不確実性を内在するため、
   実際の結果と異なる可能性があります。
    以下に記載のいずれかのリスクが現実化した場合、本投資口又は本投資法人債の市場価格が下落し、本投資口
   又は本投資法人債の投資家は、投資した金額の全部又は一部を回収できないおそれがあります。本投資法人は、
   可能な限りこれらリスクの発生の回避及びリスクが発生した場合の対応に努める方針ですが、回避できるとの保
   証や対応が十分であるとの保証はありません。
    本投資口及び本投資法人債に投資を行う際は、以下のリスク要因及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に検
   討した上、各投資家自らの責任と判断において行う必要があります。
    本項に記載されている項目は、以下のとおりです。

   ① 投資法人が発行する投資口及び投資法人債に関するリスク
   (ア)換金性・流動性に関するリスク
   (イ)市場価格変動に関するリスク
   (ウ)金銭の分配に関するリスク
   ② 投資法人の組織及び投資法人制度に関するリスク
   (ア)投資法人の組織運営に関するリスク
   (イ)投資法人の制度に関するリスク
   (ウ)東急不動産ホールディングスグループへの依存に関するリスク
   (エ)投資法人制度におけるインサイダー取引規制に関するリスク
   ③ 投資法人の運用資産:原資産である不動産特有のリスク
   (ア)不動産から得られる賃料収入に関するリスク
   (イ)不動産の瑕疵に関するリスク
   (ウ)不動産管理会社に関するリスク
   (エ)費用に関するリスク
   (オ)専門家報告書等に関するリスク
   (カ)建物の毀損・滅失・劣化に関するリスク
   (キ)売却時の不動産流動性に関するリスク
   (ク)建築基準法等の既存不適格に関するリスク
   (ケ)共有物件に関するリスク
   (コ)区分所有建物に関するリスク
   (サ)借地権等に関するリスク
   (シ)底地物件に関するリスク
   (ス)有害物質又は放射能汚染等に関するリスク
   (セ)不動産の所有者責任に関するリスク
   (ソ)マスターリースに関するリスク
   (タ)将来における法令等の改正に関するリスク
   (チ)テナント等による不動産の使用に基づく価値減損に関するリスク
   (ツ)売主の倒産等の影響に関するリスク
   (テ)開発物件に関するリスク
   (ト)資産の組入れ・譲渡等に関するリスク
   (ナ)フォワード・コミットメント等に関するリスク
   (ニ)敷金・保証金の利用に関するリスク
   ④ 投資法人の運用資産:信託の受益権特有のリスク
   (ア)信託受益者として負うリスク
   (イ)信託受益権の流動性に関するリスク
   (ウ)信託受託者に関するリスク
   (エ)信託受益権の準共有等に関するリスク
             47/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ⑤ 匿名組合出資持分への投資に関するリスク
   ⑥ 特定目的会社の優先出資証券への投資に関するリスク
   ⑦ 税制に関するリスク
   (ア)導管性要件に関するリスク
   (イ)税務調査等による更正処分のため、導管性要件が事後的に満たされなくなるリスク
   (ウ)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク
   (エ)一般的な税制の変更に関するリスク
   ⑧ 減損会計の適用に関するリスク
   ① 投資法人が発行する投資口及び投資法人債に関するリスク

   (ア)換金性・流動性に関するリスク

     本投資口については、投資主からの請求による投資口の払戻しを行わないクローズド・エンド型である

    ため、投資主が本投資口を換金するには、本投資法人の清算・解散による残余財産分配請求権等による場
    合を除き、原則として上場する金融商品取引所を通じて又は取引所外において、第三者に対して売却する
    ことが必要となります。また、投資家の希望する時期と条件で取引できるとの保証や、常に買主が存在す
    るとの保証はなく、譲渡価格を保証する第三者も存在しません。また、東京証券取引所が定める上場廃止
    基準に抵触する場合には本投資口の上場が廃止され、投資主は保有する本投資口を取引所外において相対
    で譲渡する他に換金の手段はありません。これらにより、本投資口を低廉な価格で譲渡しなければならな
    い場合や本投資口の譲渡ができなくなる場合があります。なお、本投資法人が本投資法人債を発行した場
    合について、本投資法人債には、確立された取引市場が存在せず、買主の存在も譲渡価格も保証されてい
    ません。
   (イ)市場価格変動に関するリスク

     本投資口の市場価格は、金利動向や為替相場等の金融環境変化、市場環境や将来的な景気動向、内外の

    投資家による本投資口に関する売買高、他の金融商品投資との比較、地震、津波、液状化等の天災を含む
    不動産取引の信用性に影響を及ぼす社会的事象等によって影響を受けることがあります。
     また、本投資法人は、不動産等及び不動産対応証券を主な投資対象としており、本投資口の市場価格
    は、不動産の評価額の変動、不動産市場の趨勢、不動産の需給関係、不動産需要を左右することのある企
    業を取り巻く経済環境、法令・会計・税務の諸制度の変更等、不動産関連市場を取り巻く要因による影響
    を受けることがあります。
     加えて、本投資法人は、その事業遂行のために必要に応じて資金を調達しますが、その資金調達が新投
    資口の発行により行われる場合には、本投資口1口当たりの分配金・純資産額が希薄化することがあり、
    また、市場での本投資口の需給バランスに影響を与える結果、本投資口の市場価格が影響を受けることが
    あります。
     また、本投資法人若しくは本資産運用会社、又は他の投資法人若しくは他の資産運用会社に対して監督
    官庁等による行政指導、行政処分の勧告や行政処分が行われた場合にも、本投資口の市場価格が下落する
    ことがあります。
     その他、本投資法人債は金利動向等の市場環境等により価格が変動することがあり、また格付の見直し
    や引下げによる影響を受けることがあります。
   (ウ)金銭の分配に関するリスク

     本投資法人はその分配方針に従って、投資主に対して金銭の分配を行う予定ですが、分配の有無、金額

    及びその支払は、いかなる場合においても保証されません。
   ② 投資法人の組織及び投資法人制度に関するリスク

    本投資法人は、投信法に基づいて設立される社団(投信法第2条第12項)であり、一般の法人と同様の組織運

   営上のリスク及び投資法人という制度固有のリスクが存在します。
             48/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (ア)投資法人の組織運営に関するリスク
     本投資法人の組織運営上の主なリスクは、以下のとおりです。

    a.役員の職務遂行に関するリスク

     投信法上、投資法人の業務を執行し投資法人を代表する執行役員及び執行役員の職務の執行を監督する
    監督役員は、投資法人に対して善良な管理者としての注意義務(以下「善管注意義務」といいます。)を
    負い、また、法令、規約及び投資主総会の決議を遵守し投資法人のため忠実に職務を遂行する義務(以下
    「忠実義務」といいます。)を負います。しかし、これらの義務が遵守されないおそれは完全には否定で
    きません。
    b.投資法人の資金調達に関するリスク

     本投資法人は資金調達を目的として、借入れ及び投資法人債を発行することがあり、規約上、借入金と
    投資法人債を合わせた限度額は1兆円とされ、また、借入れを行う場合、借入先は、適格機関投資家(但
    し、租税特別措置法第67条の15第1項第1号ロ(2)に規定する機関投資家に限ります。)に限るものと
    規定されています。
     借入れ又は本投資法人債の発行を行う際には様々な条件、例えば担保提供の制限、財務制限、追加担保
    の条項、現金その他の一定資産の留保、資産・負債等に基づく財務指標による借入制限や担保設定制限、
    早期償還事由、資産取得制限、投資主への分配に関する制限、本投資法人の業務その他に関する約束や制
    限等が要請されます。このような約束や制限の結果、本投資口又は本投資法人債の市場価格に悪影響が出
    ることがあります。
     なお、本書の日付現在、本投資法人が行っている金銭の借入れについては、全て無担保・無保証です
    が、資産・負債等に基づく一定の財務指標上の数値を維持することを定める等の財務制限条項が設けられ
    ています。
     さらに、借入れ及び本投資法人債の発行は、金利実勢、本投資法人の財務状況、経済環境のほか、借入
    先や投資家の自己資本規制その他の法的・経済的状況等の多くの要因に従って決定されるため、本投資法
    人が必要とする時期及び条件で行うことができるとの保証はありません。本投資法人が既存の借入れ及び
    投資法人債の返済資金を新たな借入れ等で調達することを予定していたにもかかわらず、かかる調達がで
    きない場合には、既存の借入れ等の返済ができないことにより債務不履行となる可能性があります。
     借入れに当たり、税法上の導管性要件(後記「⑦ 税制に関するリスク/(ア)導管性要件に関するリ
    スク」をご参照ください。)を満たすためには、本投資法人は、その借入先を機関投資家(租税特別措置
    法第67条の15第1項第1号ロ(2)に規定するものをいいます。)に限定することが要請され、借入先は
    現実には限定されています。また、本投資法人の保有不動産の全部又は一部が資金の借入先に対して担保
    に供された場合、担保対象となる保有不動産の処分及び建替等は、制限を受けることとなります。その結
    果、本投資法人が必要とする時期及び条件で保有不動産の処分や建替等ができないおそれがあります。ま
    た、本投資法人の保有不動産の売却等により借入金の期限前返済を行う場合には、期限前返済コスト(違
    約金等)がその時点における金利情勢によって決定される場合がある等、予測しがたい経済状況の変化に
    より本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。本投資法人が資金を調達しようとする場合、
    借入れのほか、投資法人債の発行又は新投資口の発行の方法によることがあります。投資法人債の発行を
    行う場合、一般に、前述したものをはじめとする様々な財務制限条項や誓約事項が規定されることがあり
    ます。また、投資法人債の発行及び条件は、信用格付業者からの格付や市場環境の影響を受けるおそれが
    あり、本投資法人の必要とする時期及び条件で発行できないおそれがあります。新投資口の発行を行う場
    合、投資口の発行価格はその時々の市場価格により左右され、場合により、本投資法人の必要とする時期
    及び条件で発行できないおそれがあります。
     さらに、本投資法人は、LTV(本投資法人の保有する資産総額に対する、本投資法人債を含む借入金残
    高の割合)の水準について、資金余力の確保に留意し、原則として60%を上限としていますが、新たな資
    産の取得等に伴い、一時的に60%を超えることがあります。LTVが高まった場合、一般的に、分配可能金
    額が金利変動の影響を受け易くなり、その結果、投資主への分配金額が減少するおそれがあります。
    c.投資法人が倒産し又は登録を取り消されるリスク

     本投資法人は一般の法人と同様に、債務超過に至る可能性を否定することはできません。本投資法人
    は、現行法上、破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みます。)、民事再生法(平成11年法律
    第225号。その後の改正を含みます。)及び投信法上の特別清算手続の適用を受けます。
     また、本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事由が発生し
    た場合に投信法に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法第216条)。その場合には、
    本投資口の上場が廃止され、本投資法人は解散し、清算手続に入ります。本投資口及び本投資法人債は金
             49/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    融機関の預金と異なり、預金保険等の対象ではなく、本投資口につき、当初の投資額が保証されているも
    のではありません。本投資法人が清算される場合、投資主は、全ての上位債権者への償還の後でしか投資
    額を回収できません。したがって、清算手続において、投資主は投資額のほとんどにつき償還を受けられ
    ないことがあります。また、本投資法人債の債権者は清算手続に従って投資額を回収することになるた
    め、債権全額の償還を受けられるとの保証はありません。
   (イ)投資法人の制度に関するリスク

     投資法人の制度上の主なリスクは以下のとおりです。

    a.業務委託に関するリスク

     投資法人は、資産の運用以外の行為を営業としてすることができず、使用人を雇用することはできませ
    ん。また、本投資法人は、投信法に基づき、資産の運用を          本資産運用会社に、資産の保管を資産保管会社
    に、一般事務を一般事務受託者に、それぞれ委託しています。したがって、本投資法人の業務執行全般
    は、本資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者の能力や信用性に依存することになります。金融
    商品取引法上、資産運用会社となるためには投資運用業の登録を行う必要があり、資産保管会社は信託業
    を兼営する銀行等一定の要件を満たすものに資格が限定されており、一般事務受託者については、投資法
    人の設立時及び設立後に新たに行う一般事務受託者との契約締結時に、不適当なものでないことの調査が
    執行役員及び監督役員により行われていますが、それぞれの業務受託者において、今後業務遂行に必要と
    される人的・財産的基盤が損なわれた場合や、これらの業務受託者が金融商品取引法及び投信法により投
    資法人に対して負う善管注意義務や忠実義務に反する行為を行った場合、結果として投資家が損害を受け
    る可能性があります。
     また、投信法上、資産の運用、資産の保管及び一般事務に関しては第三者へ委託することが義務付けら
    れているため、本資産運用会社、資産保管会社又は一般事務受託者が、倒産手続等により業務遂行能力を
    喪失する場合には、倒産に至った業務受託者等に対して本投資法人が有する債権の回収に困難が生じるだ
    けでなく、本投資法人の日常の業務遂行に影響を及ぼすことになります。また、委託契約が解約又は解除
    された場合において、本投資法人の必要とする時期及び条件で現在と同等又はそれ以上の能力と専門性を
    有する第三者を選定し業務を委託できないときには、本投資法人の収益等が悪影響を受けるおそれがある
    ほか、本投資口が上場廃止になる可能性があります。
    b.資産の運用に関するリスク

     投資法人は、投信法上、資産運用会社にその資産の運用に関する業務を委託しなければならないため、
    本投資法人の資産の運用成果は、特に資産の運用に関する業務を行う本資産運用会社の業務遂行能力に依
    存することになります。資産運用会社についての主なリスクは以下のとおりです。
    (ⅰ)資産運用会社の運用能力に関するリスク

      資産運用会社は、投資法人に対し善管注意義務を負い、また、投資法人のために忠実義務を負いま
     すが、運用成果に対して何らの保証を行うものではありません。また、資産運用会社となるためには
     投資運用業の登録を行う必要があり、金融商品取引法及び投信法に定める監督を受け、その信用力の
     維持には一定限度の制度的な裏付けがありますが、その運用能力が保証されているわけではありませ
     ん。
      本資産運用会社による上場不動産投資法人に適用される各種法規制及び上場規則に基づく運用が期
     待どおりの収益を上げるとの保証はありません。また、東急不動産ホールディングスグループの運用
     実績や本投資法人の保有資産の過去における収益の状況は、本投資法人としての今後の運用実績を保
     証するものではありません。
    (ⅱ)資産運用会社の行為に関するリスク

      資産運用会社は、投資法人に対し善管注意義務を負い、また、投資法人のために忠実義務を負い、
     さらに資産運用会社の行為により投資法人が損害を被るリスクを軽減するため、金融商品取引法及び
     投信法において業務遂行に関して行為準則が詳細に規定されています。しかし、資産運用会社が、か
     かる行為準則に違反したり、適正な法的措置を行わない場合には、投資家に損害が発生する可能性が
     あります。また、本資産運用会社の株主、その役職員の出向元企業又はその関係会社等といった関係
     者が、本投資法人の投資対象である不動産等の取引に関与する場合や、本資産運用会社自身も自ら投
     資活動を行う可能性もあります。そのような場合に、本資産運用会社が自己又は第三者の利益を図る
     ため、本投資法人の利益を害することとなる取引を行わないとの保証はありません。
    (ⅲ)資産運用会社における投資方針・社内体制等の変更に関するリスク

             50/231

                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
      本資産運用会社は、本投資法人の規約に基づいて投資運用業を遂行するため、本資産運用会社の社
     内規程である「運用ガイドライン」において、投資対象資産に関する取得・維持管理・売却の方針及
     び財務上の指針を定めていますが、その内容は本投資法人の規約に反しない限度で投資主総会の承認
     を得ることなく適宜見直し、変更されることがあります。そのため、投資主の意思が反映されないま
     ま「運用ガイドライン」が変更される可能性があります。また、本資産運用会社は、「運用ガイドラ
     イン」に従いその業務を適切に遂行するため、一定の社内体制を敷いていますが、かかる社内体制に
     ついて効率性・機能性その他の観点から今後その変更を行わないとは限りません。このような、本資
     産運用会社における投資方針・社内体制等の変更によって、本投資法人の資産運用の内容が変更さ
     れ、その結果、当初予定されていた収益を上げられない可能性があります。
    (ⅳ)本資産運用会社が複数の投資法人の資産運用業務を受託していることに関するリスク

      本資産運用会社は、本投資法人の資産運用業務を受託するのに加え、コンフォリア・レジデンシャ
     ル投資法人及びブローディア・プライベート投資法人の資産運用業務を受託しています。本資産運用
     会社が複数の投資法人の資産運用      業務 を受託することによって、各投資法人に係る資産運用におい
     て、利益相反が生じる可能性があります。かかる利益相反を防止するため、後記「第二部 投資法人
     の詳細情報/第4 関係法人の状況/1.資産運用会社の概況/(2)運用体制/⑤ 物件情報優先
     規程の制定」に記載のとおり、本投資法人とブローディア・プライベート投資法人との間で競合が生
     じる可能性のある商業施設及びオフィスに関する物件情報の検討について、第三者から提供される物
     件情報のうち、一定の規模を下回る商業施設及びオフィスについては本投資法人よりもブローディ
     ア・プライベート投資法人が優先して取得を検討し、それ以外の物件情報は原則として本投資法人が
     第1順位で取得を検討する枠組が定められています。しかしながら、かかる枠組が今後想定どおり有
     効に機能するとの保証はありません。また、        本資産運用会社   及び東急不動産キャピタル・マネジメン
     ト株式会社による過去のコンフォリア・レジデンシャル投資法人及びブローディア・プライベート投
     資法人に係る資産運用業務や     本資産運用会社   による将来のコンフォリア・レジデンシャル投資法人及
     びブローディア・プライベート投資法人に係る資産運用業務における法令違反等が発見された場合、
     規制当局から行政処分を受けること等により、本投資法人の資産運用業務に支障が生じるとのおそれ
     は否定できません。
   (ウ)東急不動産ホールディングスグループへの依存に関するリスク

     東急不動産は、本投資法人の主要な投資主及び本資産運用会社の株主であるだけではなく、本投資法人

    に対してスポンサーサポートを提供する会社であり、本資産運用会社の常勤役員や多数の従業員の出向元
    でもあります。また、本投資法人の執行役員は、本書の日付現在、本資産運用会社の役職員が兼任してい
    ます。さらに、東急不動産ホールディングスのグループの一員であるサポート提供会社も、本投資法人に
    対してサポートを提供します。
     これらの点に鑑みると、本投資法人は、東急不動産を中心とする東急不動産ホールディングスグループ
    と密接な関連性を有し、また、本資産運用会社及び本投資法人の役員の人材面で東急不動産ホールディン
    グスグループに依存しているため、本投資法人の成長性に対する東急不動産ホールディングスグループの
    影響は、相当程度高いということがいえます。
     したがって、本投資法人が、東急不動産ホールディングスグループから本書の日付現在と同一の関係を
    維持できなくなった場合又は業務の提供を受けられなくなった場合には、本投資法人に重大な悪影響が及
    ぶ可能性があります。また、東急不動産ホールディングスグループの業績が悪化した場合や、東急不動産
    ホールディングスグループのブランド価値が風評等により損なわれた場合等にも、本投資法人に重大な悪
    影響が及ぶ可能性があります。
     スポンサーである東急不動産又はサポート提供会社の一部は、スポンサーサポート契約又はサポート契
    約に基づき、適格不動産(本投資法人の投資基準に適合すると合理的に想定される不動産等)を売却しよ
    うとする場合、本資産運用会社に対し、一定の場合を除き、当該不動産等に係る情報を遅くとも本資産運
    用会社以外の第三者に対して情報提供する時点までに提供するものとされていますが、本投資法人への売
    却を義務づけるものではありません。
     また、東急不動産又はサポート提供会社の一部は、スポンサーサポート契約又はサポート契約に基づ
    き、第三者が売却を予定する不動産等に係る情報を入手した場合、当該不動産等が適格不動産に該当し、
    かつ本投資法人への売却が適当な不動産等であると合理的に判断されるときは、一定の場合を除き、本資
    産運用会社に対し、速やかにかかる情報を通知するよう努めるものとされていますが、必ずしも本資産運
    用会社がかかる情報の提供を受ける機会が保証されているものではありません。さらに、サポート提供会
    社の一部は、サポート契約に基づき、テナント等として出店、出店検討、又は、その運営管理等で関与す
    る適格不動産の売却情報を入手した場合、一定の場合を除き、本資産運用会社に対し、速やかに当該不動
             51/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    産等の情報提供を行うものとされていますが、必ずしも本資産運用会社がかかる情報の提供を受ける機会
    が保証されているものではありません。
     上記に加え、スポンサーサポート契約及びサポート契約の有効期間は、契約             書が効力を生じた日   から3
    年間とされ、自動更新されることとされていますが、契約の更新がなされない等により契約が終了した場
    合、東急不動産又はサポート提供会社からのスポンサーサポート及びサポートの提供が受けられなくなる
    おそれがあります。
     さらに、東急不動産は、東急リアル・エステート投資法人及びその資産運用会社である東急リアル・エ
    ステート・インベストメント・マネジメント株式会社との間で、2011年3月4日付「保有不動産資産の取
    得機会提供に関する覚書」(その後の変更及び承継を含みます。)を締結しています。同覚書に基づき、
    東急不動産ホールディングス及び東急不動産(以下本(ウ)において「東急不動産等」といいます。)
    は、 2011年3月4日時点の    東急リアル・エステート投資法人      の投資方針及び投資基準に合致し同投資法人
    が投資することのできる不動産、不動産信託受益権等の不動産関連資産を第三者に売却しようとする場
    合、同投資法人及び同資産運用会社に対し、当該第三者に対して提供するのと実質的に同等の当該不動産
    関連資産に係る情報を、当該第三者に対する情報の提供時点までに提供するものとし、同投資法人及び同
    資産運用会社が、東急不動産等に対し、       当該不動産関連資産の    買取り又は買取りのための協議を申入れた
    場合、東急不動産等は、これに誠実に対応し、又は東急不動産等以外の東急不動産ホールディングスグ
    ループ各社に対し、かかる申入れに誠実に対応させるよう最大限努力するものとされており、東急不動産
    等の連結子会社等の東急不動産ホールディングスグループ各社が所有する不動産関連資産を売却する場合
    についても同様の情報提供義務を負っています。この覚書の有効期間は、同投資法人が東急不動産ホール
    ディングスグループ各社から同覚書に基づき取得した物件          (2011年3月4日時点の同投資法人の投資方針
    及び投資基準に合致していないものの任意に情報提供され取得された物件を含みます。)               の取得価額の総
    額が200億円に達する日までとされています。このため、本投資法人が東急不動産ホールディングスグルー
    プ各社からの取得を希望する物件について、同覚書に基づく情報提供を受けた同投資法人が取得する可能
    性があります。
     また、本投資法人は、包括的なサポート体制を通じた東急不動産ホールディングスグループのバリュー
    チェーンを最大限活用して、質の高い不動産の継続的な取得と、取得した不動産の価値の維持・向上を図
    る運営・管理を行い、外部成長・内部成長を目指していますが、本投資法人による包括的なサポート体制
    を通じた東急不動産ホールディングスグループのバリューチェーンが、将来の本投資法人の外部成長及び
    内部成長に繋がる保証はありません。
     さらに、本投資法人は、資産運用活動全般を通じて、利害関係者に事業及び取引機会をもたらすことが
    あり、この場合、利害関係者が、本投資法人の投資家の利益に反する行為を行う可能性もあります。な
    お、かかる利益相反リスクに対する方策については後記「(2)リスクに対する管理体制」をご参照くだ
    さい。
     本投資法人は、これらの方策を含め、投資家の利益を害することがないよう適切と考えられる体制を整
    備していますが、これらの方策にもかかわらず、利害関係者が、かかる方策に反して本投資法人の投資家
    の利益に反する取引を行った場合には、投資家に損害が発生する可能性があります。
   (エ)投資法人制度におけるインサイダー取引規制に関するリスク

     2013年6月12日に上場投資法人等に係るインサイダー取引規制の導入等を定めた金融商品取引法等の一

    部を改正する法律(平成25年法律第45号)が成立し、2014年4月1日に施行されています。したがって、
    本投資法人の役員又は本資産運用会社の役職員が立場上何らかの重要事実を知り、その公表前に本投資口
    の売買等を行った場合、金融商品取引法上インサイダー取引規制に抵触することになります。
     本投資法人の上場以来、本投資法人及び本資産運用会社は自発的に内部規程を設け、本投資法人の役員
    又は本資産運用会社の役職員が、本投資法人又は本資産運用会社に関するインサイダー取引における重要
    事実類似の事実を知りながら、その公表前に本投資法人の投資口に係る売買等の有償の取引を行うことを
    制限しています。本資産運用会社は、当該金融商品取引法の改正による上場投資法人等に係るインサイ
    ダー取引規制導入を踏まえ、2014年4月1日を施行日としてその社内規程を改正し、また、本投資法人に
    おいても、内部規程を改正しました。しかしながら、本投資法人の役員又は本資産運用会社の役職員が金
    融商品取引法で定めるインサイダー取引規制に違反する場合には、本投資法人及び本資産運用会社に係る
    情報の管理に対する信頼が揺らぎ、その結果、本投資法人の投資家に悪影響が及ぶ可能性があります。
     また、上場投資口については、上場株式同様、大量保有報告書制度の対象となっています。
   ③ 投資法人の運用資産:原資産である不動産特有のリスク

    本投資法人は、我が国の不動産及び不動産を信託する信託の受益権を主要投資対象としており、これらの原資

   産となる不動産等については、以下のリスクがあります。
             52/231

                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (ア)不動産から得られる賃料収入に関するリスク

     本投資法人の主な収益は、本投資法人が直接(又は信託を通じて間接的に)保有する不動産等の賃料収

    入に依存しています。不動産等の賃料収入は以下を含む様々なリスクにより影響を受けることがありま
    す。
    a.不動産等の稼働・解約等に関するリスク

     我が国における賃貸借契約では、契約期間を2年とし、その後別段の意思表示がない限り自動的に更新
    されるとするものが多く見られます。しかし、契約期間が満了する際、常に契約が更新されるとの保証は
    ありません。また、契約期間の定めにかかわらず、テナントが一定期間前の通知を行うことにより契約を
    解約できることとされている場合が多く見受けられます。賃貸借契約が更新されず又は契約期間中に解約
    された場合、すぐに新たなテナントが入居するとの保証はなく、その結果、賃料収入が減少する可能性が
    あります。
     なお、賃貸借契約において契約期間中に賃借人が解約した場合の違約金について規定することがありま
    すが、そのような規定は状況によってはその全部又は一部が無効とされ、その結果、本投資法人に予定外
    の費用負担が発生する可能性があります。
     定期賃貸借契約の有効期間中は契約中に定められた賃料をテナントに対して請求できるのが原則です。
    しかし、定期賃貸借契約においてテナントが早期解約した場合、残存期間全体についてのテナントに対す
    る賃料請求が場合によっては認められない可能性があります。
     商業施設の場合、その立地条件により、用途を大きく変更することは困難である場合があり、テナント
    が退去した際に、用途に応じた構造の特殊性から、代替テナントとなり得る者が少ないために、代替テナ
    ントが入居するまでの空室期間が長期化し、不動産の稼働率が大きく低下することや、代替テナント確保
    のために賃料水準を下げざるを得なくなることがあり、その結果、賃料収入が大きな影響を受ける可能性
    があります。
     また、本投資法人の定義する商業施設には宿泊施設(ホテル)が含まれます。本投資法人は、宿泊施設
    (ホテル)の特性に応じた固有の投資基準を設定することで、宿泊施設(ホテル)に関するリスクの軽減
    を図ります。しかし、宿泊施設(ホテル)は、装置産業としての性格が強く、また、運営ノウハウが要求
    され、さらに用途に応じた構造の特殊性からテナントの業態を大きく変更することが困難であることが多
    いため、既存テナントが退去した場合、代替テナントとなり得る者が少ないために、空室期間が長期化す
    ることや、代替テナント確保のために賃料水準を下げざるを得なくなることがあり、賃料収入に大きな影
    響を与える可能性があります。
    b.不動産等の賃借人の信用力及び賃料未払いに関するリスク

     賃借人の財務状況が悪化した場合、賃貸借契約に基づく賃料支払が滞る可能性があるほか、この延滞賃
    料、原状回復費用その他の損害金等の債務の合計額が敷金及び保証金で担保される範囲を超える状況とな
    る可能性があります。特に、賃料収入のうち一のテナントからの賃料収入の割合が高い場合、賃料収入に
    与える影響が大きくなります。
    c.賃借人による賃料減額のリスク

     賃貸人は、不動産等の賃借人が支払うべき賃料につき、賃料相場の下落その他の様々な事情により賃料
    減額に応じることを余儀なくされることがあります。また、建物の賃借人は、定期建物賃貸借契約で賃料
    減額請求権を排除する特約がある場合を除いては借地借家法(平成3年法律第90号、その後の改正を含み
    ます。以下「借地借家法」といいます。)第32条により賃料減額請求を行うことができます。当事者間で
    協議が整わない場合には、賃貸人は減額を相当とする裁判が確定するまでテナントに対して賃貸人が相当
    と考える賃料の支払を請求することができますが、その間に賃貸人が実際に支払を受けた賃料の額が後に
    裁判で認められた額を超える場合には、当該超過額に年1割の利息を付して賃借人に返還しなければなり
    ません。
     これに対し、一定の要件を充たす場合には、いわゆる定期建物賃貸借として、借地借家法第32条の賃料
    増減額請求権を排斥する当事者間の合意は有効とされます。この場合には賃料の減額請求がなされないた
    め、通常の賃貸借契約に比較して契約期間中の賃料収入の安定が期待できます。しかし、借室の供給が多
    く、賃料の上昇が多く望めないような状況では賃借人がこのような条件に合意する見返りとして賃料を低
    く設定することを求める傾向があるほか、逆に一般的に賃料水準が上昇したときにも賃貸人は賃料の増額
    を求められません。
    d.テナント集中に関するリスク

             53/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
     本投資法人の保有する不動産等のうち一又は複数が少数のテナントに賃借され、その結果、当該テナン
    トの資力、退去、利用状況等により、当該不動産等の収益が大きく影響を受けるおそれがあります。特
    に、かかるテナントが賃料の減額を要求する場合はもちろん、退去する場合には、一度に多額の資金の返
    還を余儀なくされ、かつ、大きな面積の空室が生じるため、一時的に当該不動産等の収益が急激に悪化す
    ることがあります。
     また、広い面積を一度に賃借するテナントを誘致するには時間がかかることがあり、場合によっては賃
    貸条件を緩和することを求められ、その誘致期間と条件次第では、本投資法人の収益が悪影響を受けるお
    それがあります。
     本投資法人の保有資産には、一つのテナントに対し一棟全体を賃貸しているものが含まれており、ま
    た、宿泊施設(ホテル)に関する投資基準の一つとして、一つのテナントに対する固定賃料に基づく中長
    期的な賃貸借契約によって安定を図ることを基本とすることとしていますが、既存テナントが退去した場
    合、その立地及び構造から代替テナントとなり得る者が少ないために、空室期間が長期化することや、代
    替テナント確保のために賃料水準を下げざるを得なくなることがあり、賃料収入が大きな影響を受ける可
    能性があります。
    e.変動賃料に関するリスク

     固定賃料に加えて、不動産等のテナント収益等に応じた変動賃料の支払を伴う場合には、不動産等のテ
    ナント収益等の減少が賃料総額の減少につながり、その結果、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性
    があります。
     また、変動賃料の支払を伴う賃貸借契約において、変動賃料の計算の基礎となる売上等の数値につい
    て、賃貸人がその正確性について十分な検証を行えない場合があり得る上、テナントが売上等をより低位
    に計上し、変動賃料の金額を恣意的に引き下げようとする可能性も否定できません。その結果、本来支払
    われるべき金額全額の変動賃料の支払がなされず、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼす可能性がありま
    す。
    f.東京圏に集中するリスク

     本投資法人は、都市型商業施設及び東京オフィスへの重点投資を中心にその資産の運用を行うことを基
    本理念としており、本投資法人のポートフォリオは、主に東京圏に集中することとなります。このため、
    東京圏における経済情勢の悪化、稼働率の低下、賃料水準の下落、地震その他の災害等が、本投資法人の
    収益等に著しい悪影響を及ぼす可能性があります。
   (イ)不動産の瑕疵に関するリスク

     不動産は個々の物件毎に個性を持ち代替性が低いため、取得しようとする不動産等に一定の瑕疵があっ

    た場合には、資産価値の減耗や、予定しない補修費用等が発生し、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可
    能性があります。かかる瑕疵には、例えば、建物の構造、用いられる材質、地盤、特に土地に含有される
    有毒物質、地質の構造等に関する欠陥や瑕疵等のほか、不動産には様々な法規制が適用されているため、
    法令上の規制違反の状態をもって瑕疵とされることもあり得ます。また、建物の施工を請負った建設会社
    又はその下請業者において、建物が適正に施工されない場合があり得るほか、免震装置、制振装置その他
    の建築資材の強度・機能等の不具合や基準への不適合がないとの保証はありません。
     本投資法人は、取得しようとする不動産等に関する売買契約等において売主からの一定の表明及び保証
    を取得し、瑕疵の内容等について責任の所在を明確化した上で不動産等を取得することとしていますが、
    かかる表明及び保証の内容が真実かつ正確であるとの保証はなく、売買契約の交渉において、売主が行う
    表明及び保証の対象、期間若しくは責任額が限定され又はかかる表明及び保証が全く行われない場合もあ
    り得ます。そこで、本投資法人が不動産等を取得しようとする場合、かかる不動産等について自ら調査を
    行うほか、信頼のおける中立の建設会社、不動産業者、リサーチ会社等の専門業者からのエンジニアリン
    グレポート、地震リスク調査報告書等を取得します。しかし、上記の調査には限界があり、取得した資料
    の内容、売主・その前所有者やテナントの協力の程度、調査が可能な範囲及び時間的な制約等から、不動
    産等に関する欠陥・瑕疵について事前に全てを認識することができるとの保証はありません。
     さらに、売主がSPC(特別目的会社)である等売主の資力が十分でない場合や売主が清算又は倒産した場
    合等、実際には売主に対して瑕疵担保責任や売買契約等の違反による責任を追及することにより損害の回
    避又は回復を図ることができない場合があります。
     不動産を信託する信託の受益権の売買においても、信託の受益権の原資産である不動産に隠れた瑕疵が
    あった場合には、当該不動産の実質的所有者である受益者となる本投資法人が上記と同様のリスクを負担
    することになります。
             54/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
     他方、本投資法人又は信託受託者が不動産の売主となる場合には一定限度の瑕疵担保責任を負うことに
    なる場合があります。なお、本投資法人は宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号、その後の改正を含み
    ます。以下「宅建業法」といいます。)上、みなし宅地建物取引業者であるため、不動産の売主として民
    法上負う瑕疵担保責任を排除することは原則としてできません。
     加えて、我が国の法制度上、不動産登記にはいわゆる公信力がありません。本投資法人は、本資産運用
    会社が十分な調査を行った上で取得を行いますが、不動産登記簿の記載を信じて取引した場合にも、不動
    産に関する権利を取得できないことや予想に反して第三者の権利が設定されている可能性があります。こ
    のような場合、上記と同じく、本投資法人は売主等に対して法律上又は契約上許容される限度で責任を追
    及することとなりますが、その実効性があるとの保証はありません。
   (ウ)不動産管理会社に関するリスク

     一般に、建物の保守管理を含めた不動産等の管理業務全般の成否は、不動産管理会社の能力・経験・ノ

    ウハウを含めたその業務遂行能力に強く依拠することになります。管理委託先を選定するに当たっては、
    当該不動産管理会社の能力・経験・ノウハウを十分考慮することが前提となりますが、その不動産管理会
    社における人的・財産的基盤が今後も維持されるとの保証はありません。本投資法人は、直接保有する不
    動産に関して本投資法人が委託した不動産管理会社につき、業務懈怠又は倒産事由が認められた場合、管
    理委託契約を解除すること、また、不動産を信託する信託の受益権を保有する場合には原資産である不動
    産に関して信託受託者が委託した不動産管理会社につき、受益者としての指図権を行使し信託受託者を通
    じて同様に解除することはできますが、不動産管理会社が交代する場合、後任の不動産管理会社が任命さ
    れるまでは不動産管理会社不在又は機能不全のリスクが生じるため、当該不動産等の管理状況が悪化する
    おそれがあります。
   (エ)費用に関するリスク

     不動産の維持管理には様々な側面で経費を必要とします。例えば、各種保険料の値上げ、消耗品の調達

    費用・修繕費・管理費を含め、不動産管理や建物管理に関する費用の上昇、不動産管理会社その他による
    管理コストの上昇その他資本的支出、金利の上昇、税制変更等の理由により、不動産の運用に関する費用
    は増加する可能性があります。
   (オ)専門家報告書等に関するリスク

     不動産の鑑定評価額は、個々の不動産鑑定士等による地域分析、個別分析等の分析の結果に基づく、あ

    る一定時点における不動産鑑定士等の判断あるいは意見を示したものに留まります。本投資法人が取得し
    た運用不動産については、毎決算期末を価格時点とした鑑定評価が行われます。なお、同一の物件につい
    て鑑定評価を行った場合であっても、個々の不動産鑑定士等によって、その適用する評価方法又は調査の
    方法若しくは時期、収集した資料等の範囲等によって鑑定評価額が異なる可能性があります。鑑定評価の
    結果又はその見直し後の結果は、将来において本投資法人が当該鑑定評価額又は見直し後の鑑定評価額に
    より運用不動産を売買できることを保証又は約束するものではありません。
     土壌汚染リスク評価報告書は、個々の専門家が調査した結果を記載したものにすぎず、土壌汚染が存在
    しないことを保証又は約束するものではありません。
     エンジニアリングレポート(地震リスク調査報告書等を含みます。)等は、建物等の評価に関する専門
    家が建物等の状況に関して調査した結果を記載したものにすぎず、提供される資料の内容、その調査範囲
    及び時間的な制約等から一定の限界があり、不動産及び信託財産である不動産に関する欠陥・瑕疵等につ
    いて完全に報告が行われているとは限りません。
     また、不動産に関して算出されるPML値は、個々の専門家の分析に基づく予想値であり、損害の予想復旧
    費用の再調達価格に対する比率で示されますが、将来、地震が発生した場合には、予想復旧費用以上の費
    用が必要となる可能性があります。
     第三者によるマーケット分析は、個々の調査会社の分析に基づく、分析の時点における評価に関する意
    見を示したものに留まり、客観的に適正なエリア特性、需要と供給、マーケットにおける位置付け等と一
    致するとは限りません。同じ物件について調査分析を行った場合でも、調査分析会社、分析方法又は調査
    方法若しくは時期によってマーケット分析の内容が異なる可能性があります。
   (カ)建物の毀損・滅失・劣化に関するリスク

     建物の全部又は一部は、突発的な事故又は地震や風水害、液状化等の天災地変によって、毀損、滅失又

    は劣化する可能性や、一定期間建物が不稼働となる可能性があります。本投資法人は、火災・水害等によ
             55/231

                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    る損害を補償する火災保険、賠償責任保険、火災利益保険等を付保する方針ですが、状況により保険契約
    が締結されない可能性、保険契約で支払われる上限額を上回る損害が発生する可能性、保険契約でカバー
    されない災害や事故が発生する可能性又は保険契約に基づく支払が保険会社により完全には行われず、若
    しくは支払が遅れる可能性も否定できません。また、保険金が支払われた場合でも、行政上の規制その他
    の理由により事故発生前の状態に回復させることが事実上困難である可能性があります。
     加えて、天災地変とりわけ広い地域に被害をもたらす大地震が起った場合、本投資法人の保有する不動
    産等のうち複数の建物が同時に天災地変の影響を受ける可能性は否定できません。本書の日付現在、本投
    資法人は、PML値15%以上の不動産等には地震保険の付保を検討しますが、それ以外の不動産等には地震保
    険を付保する予定はありません。したがって、地震保険を付保する不動産等以外は、地震又は地震を原因
    とする火災・津波・液状化等の災害による損害について、原則保険によるリスクカバーの対象外となって
    います。また、地震保険を付保した場合でも、保険契約で支払われる上限額を上回る損害が発生する可能
    性もあります。
   (キ)売却時の不動産流動性に関するリスク

     本投資法人は、規約に基づき、中長期の安定運用を図ることを目標として運用を行うため、保有する不

    動産等の売却を頻繁に行うことは意図していません。但し、上記目標の範囲内でも、保有するより売却し
    た方が本投資法人にとってより経済的な合理性があると判断される場合等には保有する不動産等の売却を
    行うことがあります。
     不動産等は、流通市場の発達した有価証券取引等と比較すると、相対的に流動性が低いという性格を有
    します。また、売買時に相当の時間と費用をかけてその物理的状況や権利関係等を詳細に調査するデュー
    ディリジェンスが行われます。デューディリジェンスの結果、当該不動産の物理的状況や権利関係等につ
    いて重大な瑕疵が発見された場合には、流動性が低下したり、売買価格が減額されたりする可能性があり
    ます。その他、不動産等もそれ以外の資産と同様、経済変動等によりその市場価格は変動します。
     さらに、不動産等の権利関係の態様によっては、流動性等に関するリスクが相対的に増幅されます。
     また、経済環境や不動産需給関係の影響によっては、本投資法人が売却を希望する不動産等を希望どお
    りの時期・条件で売却できない可能性があります。これらの結果、本投資法人の収益等が悪影響を受ける
    可能性があります。加えて、隣接地権者からの境界確定同意が取得できない場合、又は境界標の確認がで
    きないまま当該不動産等を取得する場合には、後日、このような不動産等を処分するときに事実上の障害
    が発生する可能性や、境界に関して紛争が発生し、所有敷地の面積の減少、損害賠償責任の負担等、これ
    らの不動産等について予定外の費用又は損失が発生する可能性があります。同様に、越境物や地中埋設物
    の存在により、不動産等の利用が制限され賃料に悪影響を与える可能性や、越境物や地中埋設物の除去費
    用等の追加負担が本投資法人に発生する可能性もあります。
   (ク)建築基準法等の既存不適格に関するリスク

     不動産等は、建築物の敷地、構造、設備及び用途等に関して建築基準法等の制限に服するものですが、

    建築物の建築時点において適格であった場合でも、その後の建築基準法等の改正に基づく規制環境の変化
    により、後日建替等をする時点における建築基準法等の制限のもとでは不適格になることがあります。そ
    の他、不動産は様々な規制のもとにあり、法令による規制はもとより、各地の条例や行政規則等により規
    制が及ぶ場合があります。例えば、駐車場の付置義務、住宅の付置義務、福祉施設の付置義務等のほか、
    不動産等を含む地域が現時点又は将来において、道路等の都市計画の対象となる場合には、建築制限が付
    されたり、敷地面積が減少する可能性があります。さらに、大規模集客施設が都市計画法に定める特定大
    規模建築物に該当する場合には、当該施設の所在地の用途地域の定めによっては、後日の建替等に際し、
    建物の用途又は延床面積の制限が付される可能性があります。法規制の変化によりかつて法令に適合して
    いながら後日適合しなくなる建物を既存不適格と呼ぶことがありますが、このような既存不適格の場合に
    は、既存の建物と同一の容積率・高さ・設備等では建替ができなくなり、追加の設備が必要とされ、修繕
    コストの増加要因となり、又は建替自体が事実上困難となる可能性があります。このような場合には、本
    投資法人の保有する不動産等の資産価値や譲渡価格に悪影響を与える可能性があります。
   (ケ)共有物件に関するリスク

     共有物の管理には持分の価格を基準として過半数での決定が求められており、本投資法人が持分の過半

    数を有していない場合には、当該共有の不動産等の管理について本投資法人の意向を反映させることがで
    きない可能性があります。
             56/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
     各共有者は、自己の共有持分を自由に譲渡することはできるため、本投資法人の認識しないところで他
    の共有者が変更されることがあります。他方、共有物全体を一括処分する際には、他の共有者全員の合意
    が必要となります。
     また、各共有者は、何時でも共有物の分割を請求することができるため、他の共有者からの分割請求権
    行使によって、共有者は自己の望まない時期及び条件で共有物の分割を求められ、又は、共有物全体が処
    分されることがあります。分割請求権を行使しないという共有者間の特約は有効ですが、この特約の効力
    は最大5年であり、その旨の登記をしなければ、対象となる共有持分を新たに取得した譲受人に対抗する
    ことができません。仮に、特約があった場合でも、特約をした者が破産、会社更生又は民事再生手続の対
    象になった場合には、管財人等は分割請求ができます。
     共有不動産に係る賃料債権は不可分債権となり敷金返還債務は不可分債務になると一般的には解されて
    おり、他の共有者の債権者により当該共有者の持分を超えて賃料債権全部が差押えの対象となる場合や、
    テナントからの敷金返還債務を他の共有者がその持分等に応じて履行できない際に当該共有者が敷金全部
    の返還債務を負う場合等、共有者は他の共有者の信用リスクの影響を受ける可能性があります。また、各
    共有者はその持分に応じて管理の費用を払いその他共有物の負担を引受けることとされていますが、いず
    れかの共有者が自ら負担すべき公租公課その他の費用等の支払又は履行を行わない場合、滞納処分や差押
    え等により、不動産の管理に支障をきたし、最終的に他の共有者に損害が生ずるおそれがあります。
     共有物については、上記のものをはじめとする制限やリスクが存在するため、取扱いや処分により多く
    の時間と費用を要したり、単独所有の場合と比較して譲渡価格において不利になるおそれがあります。
   (コ)区分所有建物に関するリスク

     区分所有建物とは建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号、その後の改正を含みます。以

    下「区分所有法」といいます。)の適用を受ける建物で、単独所有の対象となる専有部分(居室等)と共
    有となる共用部分(エントランス部分等)及び建物の敷地部分から構成されます。区分所有建物について
    は、その管理及び運営は区分所有者間で定められる管理規約に服することに加えて、区分所有権を譲渡す
    る場合における他の区分所有者の先買権又は優先交渉権、譲渡における一定の手続履践等、区分所有法の
    適用を受けない単独所有物件と比較して制限があります。
     各区分所有者は自己の専有部分を原則として自由に管理・処分することができるため、本投資法人の意
    向にかかわりなく区分所有者が変更されることがあり、新たな区分所有者の資力や属性等によっては、当
    該不動産の価値や収益が減少する可能性があります。他方、管理規約等において当該不動産の区分所有権
    (敷地の共有持分を含みます。)を処分する場合に他の区分所有者に対して一定の権利(優先交渉権等)
    を与える旨の管理規約等があれば、本投資法人が区分所有権の処分を行うに際して一定の制約を受けるこ
    ととなります。
     区分所有法上、各区分所有者は管理規約に別段の定めがない限り、その持分に応じて共用部分の負担に
    任ずることとされ、これに反して自己の負担すべき公租公課や管理費等の支払を履行しない場合には、不
    動産等の管理に支障をきたし、他の区分所有者に損害が生ずるおそれがあります。
     また、区分所有建物では、専有部分と敷地利用権(敷地利用権とは、区分所有建物の専有部分を所有す
    るために区分所有者が敷地に関して有する権利をいいます。)の一体性を保持するため、管理規約で別段
    の定めがない限り、専有部分と敷地利用権を分離して処分することが禁止されます。敷地権(敷地権と
    は、敷地利用権をもとに、区分所有建物の敷地になっている土地について建物と一体化されている権利を
    いいます。)の登記がなされていない場合には、善意の第三者に対する分離処分は有効になりますので、
    敷地利用権を有しない専有部分の所有者が出現する可能性があり、区分所有建物と敷地の権利関係が複雑
    になり、不動産に関する流動性に悪影響を与える可能性があります。
     さらに、使用貸借権やそれに類似した利用権設定関係の合意は、区分所有法上、新たな区分所有建物の
    買受人等の特定承継人(当該敷地のみを譲り受けた第三者も含みます。)に対して効力を生じる(区分所
    有法第8条、第54条)合意とは解されない債権的合意であるため、理論上、特定承継人が合意の存在を無
    視して、敷地の一部の所有権(又は共有権)に基づき、その敷地を無償で利用している他の区分所有者に
    対して区分所有建物の明渡しを請求できないとは言い切れません。このような区分所有建物と敷地の関係
    を反映して、区分所有建物の場合には、不動産に関する流動性に悪影響を与える可能性があります。
   (サ)借地権等に関するリスク

     本投資法人は、土地の所有権を取得することなく、その敷地上の建物を敷地利用権(借地権等)と共に

    取得し、又はこのような建物を処分することがあります。この場合、建物の権利移転に付随する借地権の
    譲渡に関して、敷地の所有権者の同意等が要求され又は同意にかわる金銭の支払を求められることがあ
    り、その結果、本投資法人が希望する時期及び条件で建物を処分することができないおそれがあります。
     また、敷地利用権の契約更新時に敷地の所有者へ更新料を支払うことがあります。
             57/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
     さらに、借地権が期間満了又は建物の滅失等により消滅した場合や定期借地権について期限の到来によ
    り借地権は更新されることなく消滅した場合、本投資法人は、建物を収去し敷地を明け渡すことを求めら
    れます。加えて、敷地が売却又は競売等により処分され、本投資法人が借地権について民法、建物保護ニ
    関スル法律(明治42年法律第40号、その後の改正を含みます。)又は借地借家法等の法令に従い対抗要件
    を具備しておらず又は先順位の対抗要件を具備した担保権者が存在する場合、本投資法人は自己の借地権
    を対抗できないこととなり、建物を収去し、敷地を明け渡すことを求められます。
     また、本投資法人が借地権を取得するに際して保証金を差し入れた場合において、借地を明け渡す際
    に、敷地所有者の資力が保証金返還に足りないときは、保証金の全部又は一部の返還を受けられないおそ
    れがあります。
     なお、本投資法人の保有する不動産等の一部については原資産である土地の一部又は全部が借地となっ
    ているものがあります。
     上記に加えて、建築基準法に基づく制度により、敷地利用権として隣接地等の余剰容積が移転されてい
    る場合があり(以下「空中権」といいます。)、借地権と同様に期間満了又は建物の滅失等により空中権
    が消滅する場合があります。
   (シ)底地物件に関するリスク

     本投資法人は、第三者が賃借してその上に建物を所有している土地、いわゆる底地を取得することがあ

    ります。借地権は、定期借地権の場合は借地契約に定める期限の到来により当然に消滅し、普通借地権の
    場合には期限到来時に本投資法人が更新を拒絶しかつ本投資法人に更新を拒絶する正当事由がある場合に
    限り消滅します。借地権が消滅する場合、本投資法人は借地権者より時価での建物買取を請求される場合
    があります(借地借家法第13条、借地法(大正10年法律第40号、その後の改正を含みます。)第4条)。
    普通借地権の場合、借地権の期限到来時に更新拒絶につき上記正当事由が認められるか否かを本投資法人
    の物件取得時に正確に予測することは不可能であり、借地権者より時価での建物買取を請求される場合に
    おいても、買取価格が本投資法人が希望する価格以下である保証はありません。
     また、借地権者の財務状況が悪化した場合又は破産手続、民事再生手続若しくは会社更生手続その他の
    倒産手続の対象となった場合、借地契約に基づく土地の賃料の支払が滞る可能性があり、この延滞賃料の
    合計額が敷金及び保証金等で担保される範囲を超える場合は投資家に損害を与える可能性があります。借
    地契約では、多くの場合、賃料等の借地契約の内容について、定期的に見直しを行うこととされていま
    す。賃料の改定により賃料が減額された場合、投資家に損害を与える可能性があります。借地権者は借地
    借家法第11条に基づく土地の借賃の減額請求をすることができ、これにより、当該底地から得られる賃料
    収入が減少し、投資家に損害を与える可能性があります。
   (ス)有害物質又は放射能汚染等に関するリスク

     土地について、一般的に産業廃棄物等の有害物質が埋蔵されている可能性は否定できず、本投資法人が

    保有する運用資産に有害物質が埋蔵されている場合には当該土地の価格の下落により、本投資法人が損害
    を受ける可能性があります。また、かかる有害物質を除去するために土壌の入替えや洗浄が必要となる場
    合にはこれに関する予想外の費用が発生し、本投資法人が損害を受ける可能性があります。また、かかる
    有害物質によって第三者が損害を受けた場合には、直接又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人が
    かかる損害を賠償する義務が発生する可能性があります。
     土壌汚染等に関し、土壌汚染対策法に規定する特定有害物質に関する一定の施設を設置していた場合や
    土壌の特定有害物質による汚染により人の健康に関する被害が生ずるおそれがあると認められる場合に
    は、土壌汚染対策法に基づき、その土地の所有者、管理者又は占有者等は、かかる汚染の状況について調
    査報告を命じられ、又は当該汚染の除去、当該汚染の拡散の防止その他必要な措置を講ずべきことを命ぜ
    られることがあります。この場合、本投資法人に多額の負担が生じる可能性があり、また、本投資法人が
    支出を余儀なくされた費用の償還を他者へ請求できないおそれがあります。
     また、建物について、一般的にアスベスト、PCBその他の有害物質を含む建材等が使用されているか又は
    使用されている可能性があります。本投資法人が保有する運用資産についてかかる事態が発覚した場合に
    は当該建物の価格の下落の可能性があり、また、かかる有害物質を除去するために建材の全面的又は部分
    的交換が必要となる場合にはこれに関する予想外の費用が発生する可能性があります。その他、かかる有
    害物質によって第三者が損害を受けた場合には、直接又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人がか
    かる損害を賠償する義務が発生する可能性もあります。
     さらに、原子力発電所の事故等により、投資対象不動産又はその所在周辺地域において、放射能汚染又
    は風評被害が発生し、当該地域における社会的乃至経済的活動が阻害され、その結果、当該投資対象不動
    産の収益性やその価値が大幅に減少する可能性があります。その他、原子力発電所の事故処理に長期間を
    要することとなる場合、当該投資対象不動産の所在する地域だけでなく、不動産市場や金融市場、さらに
             58/231

                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    は日本経済全体も影響を受けることとなり、それがひいては本投資法人の収益等に悪影響をもたらす可能
    性があります。
   (セ)不動産の所有者責任に関するリスク

     民法第717条では、土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があり、そのために第三者に損害を与えた場合に

    は、第一次的にはその占有者、そしてその占有者が損害の発生を防止するに必要な注意を行っていた場合
    には、その所有者が損害の賠償義務を負うとされ、この所有者の義務は無過失責任とされています。した
    がって、本投資法人の保有する不動産等の設置又は保存に瑕疵があり、それを原因として、第三者に損害
    を与えた場合には、最終的に本投資法人が損害賠償義務を負担するおそれがあります。
     本投資法人は、取得する不動産等に関して原則として適切な保険を付保する予定ですが、保険契約で支
    払われる上限額を上回る損害が発生しないとの保証はなく、また、保険事故の発生した場合に常に十分な
    金額の保険金が適時に支払われるとの保証はありません。
   (ソ)マスターリースに関するリスク

     本投資法人は、賃貸する不動産をマスターリース会社に賃貸し、マスターリース会社が転貸人としてテ

    ナントに転貸する場合があります。本投資法人がマスターリース契約を締結する場合、テナント(マス
    ターリースの場合、「テナント」とは実際の利用者(転借人)を指します。以下同じとします。)は基本
    的にマスターリース会社の口座に賃料を入金することになりますが、このような場合、マスターリース会
    社の財務状態が悪化した結果、マスターリース会社がテナントから受領した賃料について、本投資法人へ
    の支払が滞る可能性があります。
     また、マスターリース契約上、マスターリース会社の倒産や契約期間満了等によりマスターリース契約
    が終了した場合、本投資法人が所有者として、テナントとの間の転貸借契約及び旧マスターリース会社の
    テナントに対する権利及び義務等を承継することが必要となる場合があります。このような場合、本投資
    法人がテナントに対して、賃貸人たる地位を承継した旨を通知する前に、テナントが旧マスターリース会
    社に賃料等を支払った場合、本投資法人はテナントに対して賃料請求ができないおそれがあり、その結
    果、本投資法人の収益等に悪影響を与える可能性があります。
   (タ)将来における法令等の改正に関するリスク

     不動産は様々な法律の規制の下にあり、今後法令や規制が改正され、その結果、本投資法人が損失を被

    るおそれがあります。かかる法規制には、民法、区分所有法、借地借家法、建築基準法、都市計画法、消
    防法(昭和23年法律第186条、その後の改正を含みます。)、各地の条例等といった不動産に関する法規制
    のほか、土地収用法(昭和26年法律第219号、その後の改正を含みます。)や土地区画整理法(昭和29年法
    律第119号、その後の改正を含みます。)のような私有地の収用・制限を定めた法律等も含まれ、これらの
    改正等により、不動産の利用、用途、収用、再開発、区画整理等に規制が加えられ、又はその保有、管
    理、処分その他の権利関係等に制限が加えられることがあり、その結果、関連する費用等が増加し又は不
    動産等の価値が減殺される可能性があります。また、エネルギーや温室効果ガス削減を目的とした法令、
    条例等の制定、改正によっても、追加的な費用負担が発生する可能性があります。さらに、環境関連法令
    につき、将来的に環境保護を目的として不動産等に関して規制が強化され、又は関連する法令等が制定・
    改廃・施行され、不動産について、大気、土壌、地下水等の汚染に関する調査義務、除去義務、損害賠償
    義務、その他の所有者としての無過失責任等が課される可能性があります。
   (チ)テナント等による不動産の使用に基づく価値減損に関するリスク

     本投資法人は、テナントの属性や資力に留意しつつ賃貸借契約を締結し、不動産管理会社を通じてその

    利用状況を管理しますが、個々のテナントの利用状況を完全に監督できるとの保証はなく、また、本投資
    法人の承諾なしにテナントによる転貸借や賃借権の譲渡がなされるおそれもあります。また、一部のテナ
    ントの属性により当該不動産等が悪影響を受けることがあり、例えば、一定の反社会的勢力が賃貸人の承
    諾なくして建物の一部を占拠する等といった場合には、当該不動産等の価値が減損し、本投資法人の収益
    等に悪影響が及ぶおそれがあります。
   (ツ)売主の倒産等の影響に関するリスク

     本投資法人が不動産等を取得した後に売主が倒産した場合、売主への瑕疵担保責任を追及した場合で

    あっても支払能力が不足する可能性があり、また、かかる不動産等の売買契約又はその対抗要件具備行為
             59/231

                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    は、倒産した売主の管財人等により否認される可能性があります。また、かかる倒産手続に入らない場合
    であっても、当該不動産等の売買契約が当該売主の債権者により詐害行為を理由に取り消される可能性が
    あります。この場合、否認等により不動産等を取り戻される一方で支払った代金等は倒産手続における平
    等弁済の対象となり、著しく低い金額しか回収できないことがあります。その他、本投資法人を買主とす
    るある売買取引を、その実質に従い又はその他の理由により、担保付融資取引の性質を持つ取引であると
    法的に評価し、その結果、当該不動産等はなおも売主(倒産手続であればその財団)に属すると判断され
    ることがあります。その場合には、本投資法人は特に担保権の行使に対する制約を受けることがありま
    す。
   (テ)開発物件に関するリスク

     本投資法人は、建物竣工を条件として竣工前の物件の購入につき合意する場合があり、竣工を条件とし

    て予め開発段階で売買契約を締結する場合には、既に竣工済みの物件を取得する場合に比べて、次のよう
    なリスクが加わります。
    a.開発途中において、天災地変により、又は工事における事故その他の予期し難い事由の発生により、あ

     るいは地中障害物、埋蔵文化財若しくは土壌汚染等の発見により、開発が遅延、変更又は中止されるリ
     スク
    b.工事請負業者の倒産若しくは請負契約の不履行により、又は行政上の許認可手続の遅延等により、開発

     が遅延、変更又は中止されるリスク
    c.竣工後のテナントの確保が当初の期待を下回り、見込みどおりの賃貸事業収入を得られないリスク

    d.上記の事由その他により開発コストが当初の予想を大幅に上回り、又はその他予期せぬ事情により開発

     が遅延、変更若しくは中止されるリスク
     上記のリスクが顕在化した場合には、開発物件からの収益等が本投資法人の予想を大きく下回る可能性

    があります。また、予定された時期に物件の引渡しを受けられないおそれや予定どおりの収益をあげられ
    ないおそれがあります。さらに、予定外の費用や損失を本投資法人が被る可能性があり、その結果、投資
    家に損害を与える可能性があります。
     また、本投資法人は法令及び規約に従い、保有する建物の増築、建替その他開発行為を行うことがあり
    ます。この場合、建物竣工を条件として竣工前の物件を購入する場合に想定される上記の開発リスク類似
    のリスクが、増築、建替その他開発行為を行う保有資産につき生じることがあります。
   (ト)資産の組入れ・譲渡等に関するリスク

     本投資法人は、現在保有する資産のみを投資対象とする投資法人ではなく、上場以来、資産の拡大と質

    の向上を通じた中長期的な安定運用を目指しており、現在においても、常に新たな資産取得に向けた市場
    調査や物件売却情報の入手に努め、また、潜在的な売主又は買主や関係権利者との間での資産取得又は譲
    渡に向けた検討や交渉等も行うことがあります。したがって、本投資法人は、今後、本書に記載された資
    産以外の新たな資産の取得を決定し、あるいは物件の売却や交換の他、新たな資産取得又は譲渡に向けた
    その他の手法を利用する可能性があります。資産取得又は譲渡の決定は、本書提出から間もない時点で適
    時開示により公表される場合もあり得ます。
     実際に物件取得又は売却を行う旨合意し適時開示を行った場合にも、内装工事や修繕、物件の特性、売
    主又は買主その他の権利者との協議の結果として、実際の引渡し・資産運用の開始までに一定期間を要す
    ることがあり、その他、売主又は買主との間で締結した不動産又は信託受益権の売買契約において定めら
    れた一定の条件が成就しない等又はその他の理由により、取得予定資産を予定した期日に取得することが
    できない場合又は売却予定資産を予定した期日に売却することができない場合があります。物件取得又は
    売却の合意から引渡しまでの間に、経済環境が著しく変動した場合等においては、当該資産を購入又は売
    却することができないおそれも否定できません。それらの結果、物件取得又は売却により予定した収益を
    上げることが困難となるおそれや、本投資法人が望ましいと考えるポートフォリオ構成を実現することが
    できないおそれがあります。また、売却予定資産を予定した期日に売却することができない結果、本投資
    法人が見込んでいた売却益を計上できず、本投資法人が予定していた投資主への分配金の額が減少するお
    それや、売却予定資産の売却益により実施を予定していた保有資産及び取得予定資産のバリューアップ工
    事等が実施できなくなるおそれがあります。
             60/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (ナ)フォワード・コミットメント等に関するリスク
     本投資法人は、不動産又は信託受益権を取得するにあたり、いわゆるフォワード・コミットメント(先

    日付の売買契約であって、契約締結から一定期間経過した後に決済・物件引渡しを行うことを約する契
    約)等を行うことがあります。売買契約が買主の事情により解約された場合には、買主は債務不履行によ
    る損害賠償義務を負担することとなります。また、損害額等の立証にかかわらず、不動産又は信託受益権
    の売買価格に対して一定の割合の違約金が発生する旨の合意がなされることも少なくありません。フォ
    ワード・コミットメント等の場合には、契約締結後、決済・物件引渡しまでに一定の期間があるため、そ
    の期間における市場環境の変化等により本投資法人が不動産取得資金を調達できない場合等、売買契約を
    解約せざるを得なくなった場合には、違約金等の支払により、本投資法人の財務状況等が悪影響を受ける
    可能性があります。
   (ニ)敷金・保証金の利用に関するリスク

     本投資法人は、投資対象不動産のテナントが賃貸人に対し無利息又は低利で預託した敷金又は保証金を

    投資資金として利用する場合があります。しかし、そのような場合で賃貸借契約の中途解約により想定外
    の時期に敷金又は保証金の返還義務が生じた場合には、本投資法人は、敷金又は保証金の返還資金を借入
    れ等により調達せざるを得なくなります。その結果、本投資法人の収益等に悪影響をもたらす可能性があ
    ります。
   ④ 投資法人の運用資産:信託の受益権特有のリスク

    本投資法人が、不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する信託の受益権を取得する場合には、以下のよう

   な信託の受益権特有のリスクがあります。
    なお、以下、2007年9月30日施行の信託法(平成18年法律第108号、その後の改正を含みます。)を「新信託
   法」といい、同日施行の信託法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成18年法律第109号、その後の
   改正を含みます。以下「信託法整備法」といいます。)による改正前の信託法(大正11年法律第62号、その後の
   改正を含みます。)を「旧信託法」といい、信託契約に別段の定めがない限り、2007年9月30日より前に効力を
   生じた信託契約については、信託財産についての対抗要件に関する事項を除き、旧信託法が適用されます(信託
   法整備法第2条)。
   (ア)信託受益者として負うリスク

     信託受益者とは信託の利益を享受するものですが、他方で、旧信託法の下では、受託者が信託事務の処

    理上発生した信託財産に関する租税、受託者の報酬、信託財産に瑕疵があることを原因として第三者が損
    害を被った場合の賠償費用等の信託費用については、最終的に受益者が負担することになっています(旧
    信託法第36条第2項)。すなわち、信託受託者が信託財産としての不動産を所有し管理するのは受益者の
    ためであり、その経済的利益と損失は、最終的には全て受益者に帰属することになります。したがって、
    本投資法人が不動産、不動産の賃借権若しくは地上権を信託する信託の受益権を取得する場合には、信託
    財産に関する十分なデューディリジェンスを実施し、保険金支払能力に優れる保険会社を保険者、受託者
    を被保険者とする損害保険を付保すること等、本投資法人自ら不動産を取得する場合と同等の注意をもっ
    て取得する必要があり、一旦不動産、不動産の賃借権若しくは地上権を信託する信託の受益権を保有する
    に至った場合には、信託受託者を介して、原資産が不動産である場合と実質的にほぼ同じリスクを受益者
    たる本投資法人が負担することになり、その結果、本投資法人の収益又は存続に悪影響を及ぼすおそれが
    あります。新信託法の下では、旧信託法第36条第2項が廃止され、原則として信託受益者がこのような責
    任を負うことはなくなりましたが、信託受益者と信託受託者の間で信託費用等に関し別途の合意をした場
    合には、当該合意に従い信託受益者に対し信託受託者から信託費用等の請求がなされることがあり(新信
    託法第48条第5項、第54条第4項)、その場合には同様に本投資法人の収益等に悪影響が生じる可能性が
    あります。
   (イ)信託受益権の流動性に関するリスク

     投資法人が信託受益権を保有し、信託受託者を通じて信託財産としての不動産を処分する場合には、既

    に述べた不動産の流動性リスクが存在します。また、信託受益権を譲渡しようとする場合には、信託受託
    者の承諾を契約上要求されるのが通常です。さらに、不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する場合
    の信託受益権については金融商品取引法上の有価証券とみなされますが、譲渡に際しては債権譲渡と同様
    の譲渡方法によるため(新信託法第94条)、株券や社債券のような典型的な有価証券ほどの流動性がある
             61/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    わけではありません。また、信託受託者は原則として瑕疵担保責任を負っての信託不動産の売却を行わな
    いため、本投資法人の意思にかかわらず信託財産である不動産の売却ができなくなる可能性があります。
   (ウ)信託受託者に関するリスク

    a.信託受託者の破産・会社更生等に関するリスク

     信託法上、受託者が倒産手続の対象となった場合に、信託財産が破産財団又は更生会社の財産その他受
    託者の固有財産に属するか否かに関しては、旧信託法の下では、明文の規定はないものの、同法の諸規
    定、とりわけ信託財産の独立性という観点から、登記等の対抗要件を具備している限り、信託財産が受託
    者の破産財団又は更生会社の財産その他受託者の固有財産に帰属するリスクは極めて低いと判断されま
    す。新信託法においては、信託財産は信託受託者の固有財産に属しない旨が明文で規定されています(新
    信託法第25条第1項、第4項及び第7項)。但し、信託財産であることを破産管財人等の第三者に対抗す
    るためには、信託された不動産に信託設定登記をする必要がありますので、不動産を信託する信託の受益
    権については、この信託設定登記がなされるものに限り本投資法人は取得する予定です。しかしながら、
    必ずこのような取扱いがなされるとの保証はありません。
    b.信託受託者の債務負担に伴うリスク

     信託財産の受託者が、信託目的に反して信託財産である不動産を処分した場合、あるいは信託財産であ
    る不動産を引当てとして、何らかの債務を負うことにより、不動産を信託する信託の受益権を財産とする
    本投資法人が不測の損害を被る可能性があります。かかるリスクに備え、旧信託法及び新信託法は信託の
    本旨に反した信託財産の処分行為の取消権を受益者に認めていますが、本投資法人は、常にかかる権利の
    行使により損害を免れることができるとは限りません。
   (エ)信託受益権の準共有等に関するリスク

     信託受益権が準共有されている場合、単独で保有する場合には存在しない種々の問題が生じる可能性が

    あります。旧信託法の下では所有権以外の財産権の準共有については、所有権の共有に関する規定が可能
    な限り準用されます(民法第264条)。新信託法の下では信託受益者が複数の場合の意思決定の方法に関す
    る明文規定があり(新信託法第105条以下)、信託受益権が準共有されている場合にもかかる規定の適用が
    あるものと解されるため、所有権の共有に関する民法の規定に優先してかかる規定がまず適用されます。
     旧信託法の下では、準共有者間で別段の定めをした場合を除き、準共有されている信託受益権の変更に
    当たる行為には準共有者全員の合意を要し(民法第251条)、変更に当たらない管理は、準共有者の準共有
    持分の過半数で決定する(民法第252条)ものと考えられます。したがって、特に本投資法人が準共有持分
    の過半数を有していない場合には、当該不動産の管理及び運営についての信託受益者の指図に本投資法人
    の意向を反映させることができない可能性があります。
     一方、新信託法の下では、信託契約において意思決定の方法が定められていない場合、一定の行為を除
    き、準共有者の全員一致によることになるものと解されます(新信託法第105条第1項本文)。この場合に
    は、他の準共有者全員が承諾しない限り、当該不動産の管理及び運営についての信託受益者の指図に本投
    資法人の意向を反映させることができないこととなります。また、信託契約において別の意思決定の方法
    が定められている場合でも、当該方法が本投資法人の意向を反映するような形で定められているとは限ら
    ず、同様に信託受益者の指図に本投資法人の意向を反映させることができない可能性があります。
     準共有持分の処分については、旧信託法及び新信託法いずれの下でも、準共有者は、信託受託者の承諾
    を得ることを条件として、自己の準共有持分を自己の判断で処分することができます。したがって、本投
    資法人の意向にかかわりなく他の準共有者が変更される可能性があります。準共有者の間において信託契
    約とは別の協定書等において、準共有者が準共有持分を処分する場合に他の準共有者に先買権若しくは優
    先交渉権を与え、又は一定の手続の履践義務等が課されることがあります。この場合は、本投資法人の知
    らない間に他の準共有者が変動するリスクは減少しますが、本投資法人がその準共有持分を処分する際に
    制約を受けることになります。
     信託受益権の準共有者が信託受託者に対して有する信託交付金の請求権及び信託受託者に対して負担す
    る信託費用等の支払義務は、別段の合意のない限り、準共有される財産に関する債権債務として不可分債
    権及び不可分債務であると一般的には解されています。したがって、他の準共有者の債権者が当該準共有
    者の準共有持分の割合を超えて信託交付金請求権全部を差し押さえ、又は他の準共有者が信託受託者から
    の信託費用等の請求をその準共有持分の割合に応じて履行しない場合に、本投資法人が請求された全額を
    支払わざるを得なくなる可能性があります。不動産自体が共有されている場合と同様、これらの場合、本
    投資法人は、差し押さえられた信託交付金請求権のうち自己の準共有持分に応じた金額の支払や支払った
    信託費用等のうち他の準共有者の準共有持分に応じた金額の償還を当該他の準共有者に請求することがで
    きますが、当該他の準共有者の資力の如何によっては、支払又は償還を受けることができない可能性があ
    ります。
             62/231

                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ⑤ 匿名組合出資持分への投資に関するリスク

    本投資法人はその規約に基づき、不動産に関する匿名組合出資持分への投資を行うことがあります。本投資法

   人が出資する匿名組合では、本投資法人の出資を営業者が不動産等に投資しますが、当該不動産等に係る収益が
   悪化した場合、当該不動産等の価値が下落した場合や匿名組合に係る不動産等が想定した価格で売却できない場
   合等には、当該匿名組合出資持分より得られる運用益や分配される残余財産の減少等により損害を被る可能性が
   あります。また、匿名組合出資持分については契約上譲渡が禁止若しくは制限されている場合があり、又は、確
   立された流通市場が存在しないため、その流動性が低く、本投資法人が譲渡を意図しても、適切な時期及び価格
   で譲渡することが困難な場合があります。また、匿名組合出資持分への投資は、営業者が開発する新規物件に係
   る優先交渉権の取得を目的として行われることがありますが、かかる優先交渉権により当該新規物件を取得でき
   る保証はありません。
   ⑥ 特定目的会社の優先出資証券への投資に関するリスク

    本投資法人はその規約に基づき、資産流動化法に基づく特定目的会社がその資産の2分の1を超える額を不動

   産等に投資することを目的とする場合、その優先出資証券への投資を行うことがあります。かかる優先出資証券
   への投資を行う場合にも、本投資法人は、税法上の導管性要件(後記「⑦ 税制に関するリスク/(ア)導管性
   要件に関するリスク」をご参照ください。)に抵触することなく保有する意向です。また、規約に基づき中長期
   の安定運用を目標としているため、取得した優先出資証券につき短期間でその売却を行うことは意図していませ
   ん。但し、売却する方が本投資法人にとってより経済的な合理性があると判断される場合、その売却を行うこと
   があります。
    しかしながら、優先出資証券については確立された流通市場が存在しないため、その流動性が低く、したがっ
   て売却を意図してもその売却が困難な場合があり、又は、予定より低い価額での売買を余儀なくされる可能性が
   あります。また、特定目的会社の投資する不動産に関する収益が悪化した場合や当該不動産の価値が下落した場
   合又は特定目的会社の開発する不動産が予想した価格で売却できない場合、さらには導管体である特定目的会社
   において意図されない課税が生じた場合等には、当該特定目的会社の発行する優先出資証券に投資した本投資法
   人が当該優先出資証券より得られる運用益や分配される残余財産の減少等により損害を被るおそれがあります。
   また、優先出資証券の発行をした特定目的会社が自ら土地又は土地の賃借権を取得してその上に建物を建築する
   場合もあり、そのような場合には、前記「③ 投資法人の運用資産:原資産である不動産特有のリスク/(テ)
   開発物件に関するリスク」に記載のリスクがあります。
             63/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ⑦ 税制に関するリスク
   (ア)導管性要件に関するリスク

     税法上、投資法人に関する課税の特例規定により、一定の要件(導管性要件)を満たした投資法人に対

    しては、投資法人と投資主との間の二重課税を排除するため、利益の配当等を投資法人の損金に算入する
    ことが認められています。
           投資法人の主な導管性要件

        配当等の額が配当可能利益の額の90%超であること
    支払配当要件
        (利益を超えた金銭の分配を行った場合には、金銭の分配の額が配当可能額の
        90%超であること)
        投資法人規約において、投資口の発行価額の総額のうちに国内において募集さ
    国内50%超募集要件    れる投資口の発行価額の占める割合が50%を超える旨の記載又は記録があるこ
        と
        機関投資家(租税特別措置法第67条の15第1項第1号ロ(2)に規定するもの
    借入先要件    をいう。次の所有先要件において同じ。)以外の者から借入れを行っていない
        こと
        事業年度の終了の時において、発行済投資口が50人以上の者によって所有され
    所有先要件
        ていること又は機関投資家のみによって所有されていること
        事業年度の終了の時において、投資主の1人及びその特殊関係者により発行済
    非同族会社要件    投資口の総口数あるいは議決権総数の50%超を保有されている同族会社に該当
        していないこと
        他の法人の株式又は出資の50%以上を有していないこと(匿名組合出資を含
    会社支配禁止要件
        み、一定の海外子会社を除く)
     本投資法人は、導管性要件を満たすよう努める予定ですが、今後、下記に記載した要因又はその他の要

    因により導管性要件を満たすことができない可能性があります。本投資法人が導管性要件を満たすことが
    できなかった場合、利益の配当等を損金算入することができなくなり、本投資法人の税負担が増大する結
    果、投資主への分配金額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
    a.会計処理と税務処理との不一致によるリスク

     会計処理と税務処理との不一致(税会不一致)が生じた場合、会計上発生した費用・損失について、税
    務上その全部又は一部を損金に算入することができない等の理由により、法人税等の税負担が発生し、配
    当の原資となる会計上の利益は減少します。支払配当要件における配当可能利益の額(又は配当可能額)
    は会計上の税引前利益に基づき算定されることから、多額の法人税額が発生した場合には、配当可能利益
    の額の90%超の配当(又は配当可能額の90%超の金銭分配)ができず、支払配当要件を満たすことが困難
    となる可能性があります。なお、2015年度税制改正により、交際費、寄附金、法人税等を除く税会不一致
    に対しては、一時差異等調整引当額の分配により法人税額の発生を抑えることができるように                なりました
    が、本投資法人の過去の事業年度に対する更正処分等により多額の追徴税額(過年度法人税等)が発生し
    た場合には、法人税等は一時差異等調整引当額の対象にならないため、支払配当要件を満たすことができ
    ないリスクは残ります。
    b.資金不足により計上された利益の配当等の金額が制限されるリスク

     借入先要件に基づく借入先等の制限や資産の処分の遅延等により機動的な資金調達ができない場合に
    は、配当の原資となる資金の不足により支払配当要件を満たせない可能性があります。
    c.借入先要件に関するリスク

     本投資法人が何らかの理由により機関投資家以外からの借入れを行わざるを得ない場合又は本投資法人
    の既存借入金に関する貸付債権が機関投資家以外に譲渡された場合、あるいはこの要件の下における借入
    金の定義が税法上において明確ではないためテナント等からの預り金等が借入金に該当すると解釈された
    場合においては、借入先要件を満たせなくなる可能性があります。
             64/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    d.投資主の異動について本投資法人のコントロールが及ばないリスク
     本投資口が市場で流通することにより、本投資法人のコントロールの及ばないところで、所有先要件あ
    るいは非同族会社要件が満たされなくなる可能性があります。
   (イ)税務調査等による更正処分のため、導管性要件が事後的に満たされなくなるリスク

     本投資法人に対して税務調査が行われ、導管性要件に関する取扱いに関して、税務当局との見解の相違

    により更正処分を受け、過年度における導管性要件が事後的に満たされなくなる可能性があります。この
    ような場合には、本投資法人が過年度において行った利益の配当等の損金算入が否認される結果、本投資
    法人の税負担が増大し、投資主への分配金額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
   (ウ)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク

     本投資法人は、規約において、本投資法人が取得する資産の組入比率につき、特定不動産(不動産、不

    動産の賃借権若しくは地上権又は不動産の所有権、土地の賃借権若しくは地上権を信託する信託の受益権
    をいいます。)の価額の合計額の本投資法人の有する特定資産の価額の合計額に占める割合を100分の75以
    上とすること(規約第28条第3項)としています。本投資法人は、上記内容の投資方針を規約に定めるこ
    と、及びその他の税法上の要件を充足することを前提として、直接に不動産を取得する場合の不動産流通
    税(登録免許税及び不動産取得税)の軽減措置の適用を受けることができると考えています。しかし、本
    投資法人がかかる軽減措置の要件を満たすことができない場合、又は軽減措置の要件が変更された場合に
    は、軽減措置の適用を受けることができない可能性があります。
   (エ)一般的な税制の変更に関するリスク

     不動産、不動産信託受益権その他本投資法人の資産に関する税制若しくは本投資法人に関する税制又は

    かかる税制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、公租公課の負担が増大し、その結果、本投資
    法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。また、投資口に係る利益の配当、資本の払戻し、譲渡等
    に関する税制又はかかる税制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、本投資口の保有又は売却に
    よる投資主の手取金の額が減少し、又は税務申告等の税務上の手続面での負担が投資主に生じる可能性が
    あります。
   ⑧ 減損会計の適用に関するリスク

    固定資産の減損に係る会計基準(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審議会

   平成14年8月9日))及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第6号 平成
   15年10月31日)が、2005年4月1日以後開始する事業年度より強制適用されることになったことに伴い、本投資
   法人においても第1期営業期間より「減損会計」が適用されています。「減損会計」とは、主として土地・建物
   等の事業用不動産について、収益性の低下により投資額を回収する見込みが立たなくなった場合に、一定の条件
   のもとで回収可能性を反映させるように帳簿価額を減額する会計処理のことをいいます。
    今後の不動産市場の動向及び運用資産の収益状況等によっては、会計上減損損失が発生し、本投資法人の財務
   状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
  (2)リスクに対する管理体制

    本投資法人は、上記に記載した各々のリスクに関し、本投資法人自らが投信法及び関連法規に定められた規則

   を遵守するとともに、本資産運用会社において適切な社内規程の整備を行い、併せて必要な組織体制を敷き、役
   職員に対する遵法精神を高めるための教育等の対策を講じています。
    具体的な取り組みは、以下のとおりです。
   ① 投資法人について

    本投資法人は、執行役員1名及び監督役員2名により構成される役員会により運営されています。役員会は

   3ヶ月に一度以上、必要に応じて随時開催され、法令及び本投資法人の「役員会規程」に定める承認事項の決議
   や業務の執行状況等の報告が行われます。これにより、本資産運用会社又はその利害関係人等から独立した地位
   にある監督役員が業務の執行状況を監督できる体制となっています。
    また、監督役員は必要に応じて本資産運用会社及び資産保管会社から本投資法人の業務及び財産の状況に関す
   る報告を求め、又は必要な調査を行うことができるものとしています。
             65/231

                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    なお、執行役員1名は金融商品取引法第31条の4第1項に従い、金融庁長官に兼職の届出を行った上で、本資
   産運用会社の役職員が兼務しています。
   ② 資産運用会社について

   (イ)本資産運用会社は、本投資法人の資産の運用・管理について制定した「運用ガイドライン」並びに策定

    した資産運用計画書及び資産管理計画書を遵守すること、コンプライアンスに関して制定又は策定した
    「コンプライアンス規程」     、「コンプライアンス・マニュアル」及び「コンプライアンス・プログラ
    ム」を遵守すること、並びに各種リスクの適切な管理のために制定した            「リスク管理規程」   及び「不動
    産投資運用リスク管理規程」を遵守することにより、法令等遵守           及びリスク管理を行います。
   (ロ)本資産運用会社は    、「利害関係者取引規程」を定めており、これを遵守することにより利害関係者との

    取引に係るリスク管理を行います。「利害関係者取引規程」で定める            利害関係者と本投資法人との間の
    取引については、原則として、本資産運用会社のコンプライアンス委員会            及び 投資委員会に付され取引
    に係る議案を審議するものとされています。また、本資産運用会社は、            原則として、  本投資法人の役員
    会の 事前の 承認 に基づく  本投資法人の同意を予め取得した上でなければ、本資産運用会社の利害関係者
    と本投資法人との間の取引を行うことはできません。また、本資産運用会社は、本投資法人以外に複数
    の投資法人の資産運用業務を受託しており、物件取得機会の競合           等の利益相反  が生じる可能性があるこ
    とから、取得検討物件については、「物件情報優先規程」に則って優先検討順位を定める等して、各投
    資法人間における利益相反を防止することとし        てい ます。
   (ハ)本資産運用会社は、投資法人に係るインサイダー取引規制導入に十分な対応を図るための内部体制の構

    築を念頭におき、内部者取引の未然防止についての「インサイダー取引防止規程」を定め、役職員等の
    インサイダー取引の防止に努めています。
   (ニ)本資産運用会社は、投資委員会及びコンプライアンス委員会を設け、             必要に応じて年度   計画や取得・売

    却に関する事項を審議することにより、       それぞれの委員会において     異なる視点からリスク管理を行いま
    す。
   (ホ)本資産運用会社では、     コンプライアンス部長が    コンプライアンスを統括し、法令      等遵守の状況を監視し

    ます。
   (へ)本資産運用会社は、リスクを管理するため、コンプライアンス部            にリスク管理部門   を置き 、これを統括

    するリスク管理責任者をコンプライアンス部長としています。リスク管理責任者は、              当社のリスクの所
    在及びリスクの種類を理解した上で、      リスク管理の重要性の認識に基づき、      各部門の担当者に当該内容
    を理解・認識させるよう、適切な方策を講じることとしています。
   (ト)本資産運用会社は、「コンプライアンス・マニュアル」を           制定 し、役職員等の行動規範を定めるのみな

    らず定期的にコンプライアンス研修を実施します。
   (チ)本資産運用会社は、業務の適正性の確保と効率的運営を図るため、「内部監査規程」を制定し、適切な

    自己点検制度の確立を図っています。
    以上のように、本投資法人及び本資産運用会社は投資リスクに関する管理体制を整備していますが、このよう

   な体制が常に有効に機能する保証はありません。管理体制が有効に機能しないことによりリスクが顕在化した場
   合、本投資法人又は投資家に損失が生じるおそれがあります。
             66/231






                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  4【手数料等及び税金】
  (1)【申込手数料】
    該当事項はありません。

  (2)【買戻し手数料】

    本投資口は投資主の請求による払戻しを行わないクローズド・エンド型です。

    投資口の買戻しの制度はありません(規約第5条第1項)。
    但し、本投資法人は、投資主との合意により本投資法人の投資口を有償で取得することができる旨を規約に定
   めています(規約第5条第2項)。かかる規約の定めに基づいて本投資法人が自己投資口を取得した場合には、
   所定の手数料が課されることがあります。
  (3)【管理報酬等】

   ① 役員報酬

   (ア)執行役員報酬

     執行役員の報酬は、1人当たり月額70万円を上限として、役員会で決定する金額とし、当該金額を、当

    該月の翌月末日までに執行役員が指定する口座へ振込む方法により支払います。本書の日付現在、本投資
    法人は、執行役員は無報酬とする旨を役員会の決議を経て決定しています(規約第18条(1))。
   (イ)監督役員報酬

     監督役員の報酬は、1人当たり月額50万円を上限として、役員会で決定する金額とし、当該金額を、当

    該月の翌月末日までに監督役員が指定する口座へ振込む方法により支払います(規約第18条(2))。
    (注) 本投資法人は、投信法第115条の6第1項に定める執行役員又は監督役員の損害賠償責任について、当該役員が職務を
     行うことにつき善意でかつ重大な過失がない場合において、責任の原因となった事実の内容、当該役員の職務遂行の状
     況その他の事情を勘案して特に必要と認めるときは、役員会の決議によって、法令に定める限度において免除すること
     ができます(規約第19条)。
   ② 資産運用会社への支払報酬

    本投資法人は本資産運用会社に対して、本資産運用会社が行う委託業務に対する報酬として、以下の委託業務

   報酬を以下に定める方法及び時期にて支払うものとします。なお、本投資法人は、本資産運用会社に対して、宅
   建業法に定める代理・媒介に関する報酬は支払わないものとします(規約第37条)。
      (※)

   (ア)運用報酬
     本投資法人は、各営業期間(毎年6月1日から11月末日まで及び12月1日から翌年5月末日までとしま

    す。また、各営業期間の末日をそれぞれ「決算期」といいます。)に係る運用報酬として、下記の運用報
    酬Ⅰと運用報酬Ⅱを本資産運用会社に対して支払います。但し、運用報酬Ⅰと運用報酬Ⅱの合計金額は、
    運用報酬の計算対象たる営業期間の決算期における本投資法人の貸借対照表に記載された総資産額に100分
    の0.5(年率)を乗じた値に相当する金額を上限とします。
    a.運用報酬Ⅰ

     本投資法人の直前の営業期間の決算期における貸借対照表に記載された総資産額に、100分の0.3(年
              (注)
    率)を上限として本資産運用会社との間で別途合意する料率           を乗じて得られる金額(なお、各営業
    期間の実日数に基づき1年を365日として日割計算によるものとし、1円未満を切り捨てます。)を運用
    報酬Iとします。すなわち、以下の計算式で算出されます。
     運用報酬Ⅰ=直前の営業期間の決算期における貸借対照表に記載された総資産額

            (注)
       ×0.3/100(上限料率の場合      )(1円未満切捨て)
    (注) 本書の日付現在、100分の0.25(年率)です。
             67/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
     なお、本投資法人は、各営業期間に係る運用報酬Ⅰを、当該営業期間の決算期までに本資産運用会社に
    対して支払います。
    b.運用報酬Ⅱ

     各営業期間について、「本投資法人の当該決算期における運用報酬Ⅱ控除前分配可能金額(以下で定義
    されます。)を当該決算期における発行済み投資口の総数で除した金額(以下「運用報酬Ⅱ控除前一口当
    たり分配金」といいます。)」に、「当該営業期間における不動産賃貸収益の合計から不動産賃貸費用
    (減価償却費及び固定資産除却損を除きます。)を控除した金額(以下「NOI」といいます。)」と、100
                (注)
    分の0.00021を上限として本資産運用会社との間で別途合意する料率            を乗じて得られる金額(1円未
    満を切り捨てます。)を運用報酬Ⅱとします。すなわち、以下の計算式で算出されます。
                   (注)

    運用報酬Ⅱ=運用報酬Ⅱ控除前一口当たり分配金×NOI×0.00021%(上限料率の場合               )
       (1円未満切捨て)
    (注) 本書の日付現在、100分の0.00021です。
     発行済み投資口の総数について、本投資法人が当該決算期末において未処分又は未償却の自己の投資口

    を保有する場合、当該決算期末における発行済み投資口の総数から保有する自己の投資口の数を除いた数
    をいうものとし、また本投資法人の投資口につき併合又は分割が行われた場合には、併合又は分割が行わ
    れた営業期間以降の決算期における発行済み投資口の総数については、併合比率又は分割比率をもって併
    合前又は分割前の口数に調整された数とします。
     本投資法人は、各営業期間に係る運用報酬Ⅱを、当該営業期間の決算確定後、3ヶ月以内に本資産運用
    会社に対して支払います。なお、「運用報酬Ⅱ控除前分配可能金額」とは、日本国において一般的に公正
    妥当と認められる企業会計基準に準拠して計算される税引前当期純利益(運用報酬Ⅱ及び控除対象外消費
    税等控除前)に繰越欠損金があるときはその金額を填補した後の金額をいうものとします。
    (※)2019年8月9日に開催された本投資法人の投資主総会において、運用報酬に関する規約の変更を行っており、当該変更は、

     2020年5月期(第17期   2019年12月1日~2020年5月31日)から効力が発生し、本書の日付現在、当該変更後の資産運用報
     酬体系が適用されています。当該変更の概要は以下のとおりです。
     資産運用会社に対する資産運用報酬の体系に関して、投資主利益との連動性をより高いものとするために、本投資法人の

     総資産額に連動して算出される運用報酬Ⅰ(総資産額基準)並びに本投資法人の一口当たり分配金(DPU)の額及び本投
     資法人の不動産賃貸事業損益(NOI)に連動して算出される運用報酬Ⅱ(DPU           及びNOI 基準)のバランスを見直し、運用
     報酬Ⅰ(総資産額基準)の上限料率を0.4%から0.3%に引き下げるとともに、運用報酬Ⅱ(DPU             及びNOI 基準)の上限料
     率を0.0002%から0.00021%へ引き上げる変更を行いました。
     なお、当該変更後の資産運用報酬体系の下で、運用報酬Ⅰは0.25%、運用報酬Ⅱは0.00021%を適用しています。
   (イ)取得報酬

     本投資法人は、本投資法人が不動産関連資産(規約第29条に定めるものをいいます。以下同じとしま

    す。)を取得(本投資法人が行う合併においては、合併に伴い承継)した場合、取得報酬として、その取得
    代金(売買の場合は売買代金、交換の場合は交換により取得した当該不動産関連資産の評価額、出資による
    場合は出資金を意味し、合併による承継の場合は、承継する不動産関連資産の合併時における評価額をいい
    ます。但し、消費税及び地方消費税、並びに取得又は承継に要する費用(もしあれば)を除きます。)に、
    100分の0.7(但し、本投資法人が定める利害関係人との取引の場合は100分の0.5とします。)を上限として
           (注)
    本資産運用会社との間で別途合意する料率        を乗じて得られる金額(1円未満を切り捨てます。)を本
    資産運用会社に対して支払います。本投資法人は、かかる取得報酬を、当該資産の取得日(合併の場合は合
    併の効力発生日)が属する月の翌月末日までに、本資産運用会社に対して支払います。
    (注) 本書の日付現在、100分の0.7(但し、本投資法人が定める利害関係人との取引の場合は100分の0.5)です。
   (ウ)処分報酬

     本投資法人は、本投資法人が不動産関連資産を処分し、それにより譲渡益が発生した場合、処分報酬とし

    て、その処分代金(売買の場合は売買代金、交換の場合は交換により処分した当該不動産関連資産の評価額
    を意味します。但し、消費税及び地方消費税、並びに処分に要する費用(もしあれば)を除きます。)に、
               (注)
    100分の0.5を上限として本資産運用会社との間で別途合意する料率            を乗じて得られる金額(1円未満
             68/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    を切り捨てます。)を本資産運用会社に対して支払います。但し、本投資法人が定める利害関係人との取引
    の場合は、処分報酬は無しとします。
     本投資法人は、かかる処分報酬を、当該資産の処分の日が属する月の翌月末日までに、本資産運用会社に
    対して支払います。
    (注) 本書の日付現在、100分の0.5です。
    上記(ア)から(ウ)の委託業務報酬の支払に際しては、当該報酬に係る消費税及び地方消費税相当額を別途

   本投資法人が負担するものとし、本投資法人は、当該支払に係る委託業務報酬に、それに係る消費税及び地方消
   費税相当額を加えた金額を、本資産運用会社の指定する銀行口座へ振込(振込手数料並びに当該振込手数料金額
   に係る消費税及び地方消費税は本投資法人の負担とします。)又は口座間振替の方法により支払うものとしま
   す。
   ③ 一般事務受託者への支払手数料

   (ア)投資主名簿等管理事務

    a.本投資法人は、委託事務手数料として、以下の委託事務手数料表により計算した金額を上限として投資

     主名簿等管理人との間で別途合意した手数料を、投資主名簿等管理人に支払うものとします。但し、委
     託事務手数料表に定めのない事務手数料は、その都度本投資法人と投資主名簿等管理人が協議のうえ定
     めます。
    b.経済情勢の変動、委託事務の内容の変化等により、前項の定めにより難い事情が生じた場合は、随時本

     投資法人と投資主名簿等管理人が協議のうえ合意したところに従って、これを変更し得るものとしま
     す。
    c.委託事務手数料は、投資主名簿等管理人は毎月末に締切り、原則として翌月6営業日までに本投資法人

     宛てに請求書を発送し、本投資法人はその月の末日(銀行営業日でない場合には直後の営業日)までに
     これを支払うものとします。支払に係る費用は本投資法人の負担とします。
  <委託事務手数料表>

   Ⅰ.通常事務手数料
  手数料項目      手数料計算単位及び計算方法          事務範囲
     (1) 直近の総投資主通知投資主数を基準として、投資主1名          投資主名簿等の管理
                平常業務に伴う月報等諸報告
      につき下記段階に応じ区分計算した合計額の6分の1。
                期末、中間一定日及び四半期一定
       但し、月額の最低料金は200,000円とします。
                日現在(臨時確定を除きます。)
        5,000名まで           480円
                における投資主の確定と諸統計表
            10,000名まで           420円
                の作成
            30,000名まで           360円
  1.基本手数料
                除籍投資主データの整理
            50,000名まで           300円
           100,000名まで           260円
        100,001名以上           225円
     (2) 除籍投資主
       1名につき                         70円
             69/231






                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  手数料項目      手数料計算単位及び計算方法          事務範囲
     (1) 基準日現在における総投資主通知投資主数を基準とし          分配金の計算及び分配金明細表の
                作成
      て、投資主1名につき下記段階に応じ区分計算した合計
                分配金領収証の作成
      額。
                印紙税の納付手続
       但し、最低料金は350,000円とします。
                分配金支払調書の作成
        5,000名まで           120円
                分配金の未払確定及び未払分配金
            10,000名まで           110円
                明細表の作成
            30,000名まで           100円
                分配金振込通知及び分配金振込
            50,000名まで                   80円
                テープ又は分配金振込票の作成
        100,000名まで                 60円
  2.分配金事務
                一般税率以外の源泉徴収税率の適
            100,001名以上                   50円
    手数料
                用
     (2) 指定振込払いの取扱
                分配金計算書の作成
       1件につき                 150円
     (3) ゆうちょ分配金領収証の分割
       1枚につき                 100円
     (4) 特別税率の適用
       1件につき                 150円
     (5) 分配金計算書作成
       1件につき                         15円
     (1) 分配金領収証及び郵便振替支払通知書          取扱期間経過後の分配金の支払
                未払分配金の管理
       1枚につき                 450円
  3.分配金支払
     (2) 毎月末現在における未払の分配金領収証及び郵便振替支
    手数料
      払通知書
       1枚につき                    3円
     (1) 諸届                1件につき     300円   投資主情報変更通知データの受理
                及び投資主名簿の更新
     (2) 調査                1件につき    1,200円
                口座管理機関経由の分配金振込指
     (3) 証明                1件につき     600円
                定の受理
     (4) 投資口異動証明           1件につき    1,200円
                税務調査等についての調査、回答
     (5) 個別投資主通知           1件につき     300円
                諸証明書の発行
     (6) 情報提供請求            1件につき     300円
  4.諸届・調査・
                投資口異動証明書の発行
     (7) 個人番号等登録           1件につき     300円
    証明手数料
                個別投資主通知の受理及び報告
                情報提供請求及び振替口座簿記載
                事項通知の受領、報告
                株式等振替制度の対象とならない
                投資主等及び新投資口予約権者等
                の個人番号等の収集・登録
     (1) 封入発送料 封入物2種まで          封入発送料…招集通知、決議通知
                等の封入、発送、選別及び書留受
      (機械封入)            1通につき    25円
                領証の作成
            1種増すごとに5円加算
                葉書発送料…葉書の発送
     (2) 封入発送料 封入物2種まで
                宛名印書料…諸通知等発送のため
      (手封入)             1通につき    40円
  5.諸通知発送
                の宛名印書
            1種増すごとに10円加算
    手数料
                照合料…2種以上の封入物につい
     (3) 葉書発送料             1通につき    8円
                ての照合
     (4) 宛名印書料             1通につき    15円
                資料交換等送付料…資料交換及び
     (5) 照合料              1照合につき    10円
                投信資料等の宛名印書、封入、発
     (6) 資料交換等送付料          1通につき   60円
                送
     1通につき                   200円           投資主総会関係書類、分配金、そ
  6.還付郵便物
                の他還付郵便物の整理、保管、再
    整理手数料
                送
             70/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  手数料項目      手数料計算単位及び計算方法          事務範囲
     (1) 議決権行使書作成料          議決権行使書用紙の作成
                議決権行使書の集計
      議決権行使書1枚につき                    15円
                議決権不統一行使の集計
     (2) 議決権行使集計料
                投資主提案等の競合議案の集計
      a.投資主名簿管理人が集計登録を行う場合
                投資主総会受付事務補助
       議決権行使書面1枚につき                70円
                書面行使した議決権行使書の表裏
       議決権不統一行使集計料
                イメージデータ及び投資主情報に
            1件につき               70円加算
                関するCD-ROMの作成
       投資主提案等の競合議案集計料
  7.投資主総会
            1件につき               70円加算
    関係手数料
       但し、最低料金は70,000円とします。
      b.本投資法人が集計登録を行う場合
       議決権行使書1枚につき                   35円
       但し、最低料金は30,000円とします。
     (3) 投資主総会受付補助等
      1名につき1日                     10,000円
     (4) データ保存料
      1回につき                       70,000円
     (1) 全投資主を記載する場合          大口投資主一覧表等各種投資主一
                覧表の作成
      1名につき                         20円
  8.投資主一覧表
    作成手数料    (2) 一部の投資主を記載する場合
      該当投資主1名につき                    20円
     (1) 全投資主対象の場合          CD-ROMの作成
      1名につき                         15円
     (2) 一部の投資主対象の場合
      該当投資主1名につき                    20円
  9.CD-ROM
      但し、(1)(2)ともに最低料金は50,000円とします。
    作成手数料
     (3) 投資主情報分析CD-ROM作成料
              30,000円加算
     (4) CD-ROM複写料
      1枚につき                      27,500円
     複写用紙1枚につき                       30円  投資主一覧表及び分配金明細表等
  10.複写手数料
                の複写
  11.分配金振込    投資主1名につき                     50円      分配金振込勧誘状の宛名印書及び
    投資主勧誘料              封入並びに発送
   Ⅱ.振替制度関係手数料

  手数料項目      手数料計算単位及び計算方法          事務範囲
  1.新規住所    新規住所氏名データ1件につき          100円           新規住所氏名データの作成
   氏名データ
   処理手数料
  2.総投資主通知    総投資主通知データ1件につき          150円           総投資主通知データの受領及び投
   データ処理             資主名簿への更新
   手数料
     個人番号等データ処理1件につき                  300円  個人番号等の振替機関への請求
                個人番号等の振替機関からの受領
  3.個人番号等
   データ処理
                個人番号等の保管及び廃棄、削除
   手数料
                行政機関等に対する個人番号等の
                提供
             71/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (イ)機関運営、計算、会計帳簿の作成等に関する一般事務
    a.本投資法人は委託業務の対価として一般事務受託者に対し、以下の業務手数料の計算方法に基づき計算

     された業務手数料並びに当該業務手数料金額に係る消費税及び地方消費税相当額を支払うものとしま
     す。但し、一般事務委託契約に基づき定めた委託業務の細目の範囲外の業務に対する業務手数料は、本
     投資法人と一般事務受託者協議の上決定するものとします。
    b.一般事務受託者は、本投資法人の営業期間毎に、前項に基づき算出された当該営業期間に属する各暦月

     の業務手数料の合計額並びにそれに係る消費税及び地方消費税相当額を計算の上、本投資法人の当該営
     業期間の末日の属する月の翌月以降に本投資法人に書面により請求し、本投資法人は請求を受けた月の
     翌月末日(銀行休業日の場合は前営業日)までに一般事務受託者の指定する銀行口座へ振込(振込手数
     料並びに当該振込手数料金額に係る消費税及び地方消費税は本投資法人の負担とします。)により支払
     うものとします。
    c.上記a.の手数料が経済事情の変動又は当事者の一方若しくは双方の事情の変化により不適当になった

     ときは、本投資法人と一般事務受託者が協議の上これを変更することができます。
   (ウ)投資法人債に関する一般事務

    a. 本投資法人は、第4回、第6回、第7回及び第11回債の一般事務受託者である株式会社三菱UFJ銀

     行に対して、第4回、第6回、第7回及び第11回債の投資法人債権者に対する第4回、第6回、第7回
     及び第11回債の元利金の支払に関する事務を委託しています。
     上記の業務に対して以下のとおり、報酬を支払います。
     ・元金支払に対しては元金支払金額の10,000分の0.075
     ・利息支払に対しては元金残高金額の10,000分の0.075
     なお、本投資法人は、第4回、第6回、第7回及び第11回債の発行代理人事務、支払代理人事務その

    他の事務の委託の手数料を支払済みです。
    b. 本投資法人は、第2回、第3回、第8回、第9回及び第10回債の一般事務受託者である三井住友信託

     銀行株式会社に対して、第2回、第3回、第8回、第9回及び第10回債の投資法人債権者に対する第2
     回、第3回、第8回、第9回及び第10回債の元利金の支払に関する事務を委託しています。
     上記の業務に対して以下のとおり、報酬を支払います。
     ・元金支払に対しては元金支払金額の10,000分の0.075
     ・利息支払に対しては元金残高金額の10,000分の0.075
      なお、本投資法人は、第2回、第3回       、第8回、第9回及び第10回     債の発行代理人事務、支払代理人

     事務その他の事務の委託の手数料を支払済みです。
  <業務手数料の計算方法>

    ある暦月(この業務手数料の計算方法において以下「計算対象月」といいます。)における業務手数料(月額)
   の金額は、以下の計算式により計算した月額手数料の合計金額を上限として、本投資法人の資産構成に応じて本投
   資法人と一般事務受託者の間で別途合意の上で算出した金額とします。
    各計算対象月の前月末時点における本投資法人の合計残高試算表上の総資産額×0.09%÷12

    なお、計算対象月における一般事務受託者の委託業務日数が1ヶ月に満たない月の業務手数料(月額)について

   は、当該月の実日数中における一般事務受託者の委託業務日数に基づき日割計算して算出するものとします。
    上記計算により算出された計算対象月に係る業務手数料の金額に1円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨

   てるものとします。
   ④ 資産保管会社への業務手数料

   (ア)本投資法人は委託業務の対価として資産保管会社に対し、以下の業務手数料の計算方法に基づき計算さ

    れた業務手数料並びに当該業務手数料金額に係る消費税及び地方消費税相当額を支払うものとします。
             72/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    但し、資産保管委託契約に基づき定めた委託業務の細目の範囲外の業務に対する手数料は、本投資法人
    と資産保管会社が協議の上決定するものとします。
   (イ)資産保管会社は、本投資法人の営業期間毎に、前項に基づき算出された当該営業期間に属する各暦月の

    業務手数料の合計額並びにそれに係る消費税及び地方消費税相当額を計算の上、本投資法人の当該営業
    期間の末日の属する月の翌月以降に本投資法人に書面により請求し、本投資法人は請求を受けた月の翌
    月末日(銀行休業日の場合は前営業日)までに資産保管会社の指定する銀行口座へ振込(振込手数料並
    びに当該振込手数料金額に係る消費税及び地方消費税は本投資法人の負担とします。)により支払うも
    のとします。
   (ウ)上記(ア)の手数料が経済事情の変動又は当事者の一方若しくは双方の事情の変化により不適当になっ

    たときは、本投資法人と資産保管会社は協議の上これを変更することができます。
  <業務手数料の計算方法>

    ある暦月(業務手数料の計算方法において以下「計算対象月」という。)における業務手数料(月額)の金額
   は、以下の計算式により計算した月額手数料の合計金額を上限として、本投資法人の資産構成に応じて本投資法人
   と資産保管会社の間で別途合意の上で算出した金額とします。
    各計算対象月の前月末時点における本投資法人の合計残高試算表上の総資産額×0.03%÷12

    なお、計算対象月における資産保管会社の委託業務日数が1ヶ月に満たない月の業務手数料(月額)について

   は、当該月の実日数中における資産保管会社の委託業務日数に基づき日割計算して算出するものとします。
    上記計算により算出された対象計算月に係る業務手数料の金額に1円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨

   てるものとします。
   ⑤ 会計監査人の報酬

    会計監査人の報酬額は、1営業期間につき1,500万円を上限として役員会で決定する金額とし、当該金額を、

   会計監査人の請求を受けてから3ヶ月以内に会計監査人が指定する口座へ振込む方法により支払います                 (規約第
   26条) 。
   (注) 本投資法人は、投信法第115条の6第1項に定める会計監査人の損害賠償責任について、当該会計監査人が職務を行うことに
    つき善意でかつ重大な過失がない場合において、責任の原因となった事実の内容、当該会計監査人の職務遂行の状況その他の
    事情を勘案して特に必要と認めるときは、役員会の決議によって、法令に定める限度において免除することができます(規約
    第25条)。
   ⑥ 手数料等の金額又は料率についての投資者による照会方法

    上記手数料等については、以下の照会先までお問い合わせください。

    (照会先)
    東急不動産リート・マネジメント株式会社
    東京都渋谷区道玄坂一丁目21番1号
    電話番号 03-6455-3377
             73/231






                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  (4)【その他の手数料等】
    本投資法人は、運用資産に関する租税、一般事務受託者、資産保管会社及び本資産運用会社が本投資法人から

   委託を受けた事務を処理するに際し要する諸費用並びに一般事務受託者、資産保管会社及び本資産運用会社が立
   替えた立替金の遅延利息又は損害金の請求があった場合は、かかる遅延利息又は損害金を負担します(規約第39
   条第1項)。
    上記に加え、本投資法人は、原則として以下に掲げる費用を負担するものとします(規約第39条第2項)。
   ① 投資口及び新投資口予約権の発行、上場及び上場維持に関する費用(券面の作成、印刷及び交付に係る費用を
    含みます。)
   ② 有価証券届出書、有価証券報告書及び臨時報告書の作成、印刷及び提出に係る費用
   ③ 目論見書の作成及び交付に係る費用
   ④ 法令に定める財務諸表、資産運用報告等の作成、印刷及び交付に係る費用(監督官庁等に提出する場合の提出
    費用を含みます。)
   ⑤ 本投資法人の公告に係る費用並びに広告宣伝及びIR活動等に関する費用
   ⑥ 専門家等に対する報酬又は費用(フィナンシャルアドバイザー、法律顧問、税務顧問、会計顧問、不動産鑑定
    評価、資産精査、及び司法書士等を含みます。)
   ⑦ 執行役員、監督役員に係る実費、保険料、立替金等並びに投資主総会及び役員会等の開催に伴う費用
   ⑧ 運用資産の取得若しくは処分又は維持管理若しくは運営に関する費用(デューディリジェンス等の調査費用、
    信託報酬及び信託費用、媒介手数料、広告宣伝費、管理委託費用、損害保険料、維持・修繕費用、水道光熱費
    等を含みます。)
   ⑨ 借入金及び投資法人債に係る利息、融資手数料又は引受手数料その他の諸費用
   ⑩ 本投資法人の格付取得及び維持に係る費用
   ⑪ 本投資法人の運営に要する費用
   ⑫ その他前各号に付随関連する又はそれらに類する本投資法人が負担すべき費用
             74/231













                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  (5)【課税上の取扱い】
     日本の居住者又は日本法人である投資主及び投資法人に関する課税上の一般的な取扱いは、下記のとおりで

    す。なお、税法等の改正、税務当局等による解釈・運用の変更により、以下の内容は変更されることがありま
    す。また、個々の投資主の固有の事情によっては異なる取扱いが行われることがあります。
   ① 個人投資主の税務

   (ア)利益の分配に係る税務

     個人投資主が上場投資法人である本投資法人から受け取る利益の分配の取扱いは、原則として上場株式
    の配当の取扱いと同じです。但し、配当控除の適用はありません。
    a.源泉徴収税率

       分配金支払開始日         源泉徴収税率
             20.315%  (所得税15.315%   住民税5%)
    2014年1月1日~2037年12月31日
             20%      (所得税15%       住民税5%)
    2038年1月1日~
    (注1) 2014年1月1日~2037年12月31日の所得税率には、復興特別所得税(所得税の額の2.1%相当)を含みます。
    (注2) 配当基準日において発行済投資口の総口数の3%以上を保有する個人(以下「大口個人投資主」といいます。)に
      対しては、上記税率ではなく、所得税20%(2014年1月1日~2037年12月31日は20.42%)の源泉徴収税率が適用さ
      れます。
    b.確定申告
     大口個人投資主を除き、金額にかかわらず、分配時の源泉徴収だけで納税を完結させることが可能です
    (確定申告不要制度)。
     但し、  次のケースでは、上場株式等の配当等について確定申告を行う方が有利になることがあります。
    ・総合課税による累進税率が上記a.の税率より低くなる場合
    ・上場株式等を金融商品取引業者等(証券会社等)を通じて譲渡したこと等により生じた損失(以下「上
     場株式等に係る譲渡損失」といいます。)がある場合(下記「(エ)投資口の譲渡に係る税務」b.をご
     参照ください。)
           確定申告をする
                  確定申告をしない
          (下記のいずれか一方を選択)
                 (確定申告不要制度)
                  (注1)
          総合課税    申告分離課税
     借入金利子の控除     あり    あり
      税率    累進税率    上記a.と同じ
                   -
         なし(注2)
      配当控除         なし
    上場株式等に係る譲渡損
          なし    あり
     失との損益通算
             合計所得金額に
         合計所得金額に         合計所得金額に
     扶養控除等の判定
             含まれる(注3)
          含まれる        含まれない
    (注1) 大口個人投資主が1回に受け取る配当金額が5万円超(6ヶ月決算換算)の場合には、必ず総合課税による確定申
      告を行う必要があります。
    (注2) 投資法人から受け取る利益の分配については、配当控除の適用はありません。
    (注3) 上場株式等に係る譲渡損失との損益通算を行う場合にはその通算後の金額に、上場株式等に係る譲渡損失の繰越控
      除を行う場合にはその控除前の金額になります。
    c.源泉徴収選択口座への受入れ

     源泉徴収ありを選択した特定口座(以下「源泉徴収選択口座」といいます。)が開設されている金融商
    品取引業者等(証券会社等)に対して『源泉徴収選択口座内配当等受入開始届出書』を提出することによ
    り、上場株式等の配当等を源泉徴収選択口座に受け入れることができます。この場合、配当金の受取方法
    については『株式数比例配分方式』を選択する必要があります。
             75/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    d.少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)
     金融商品取引業者等(証券会社等)に開設した非課税口座(以下「NISA口座」といいます。)に設けら
    れた非課税管理勘定で取得した上場株式等に係る配当等で、その非課税管理勘定の開設年の1月1日から
    5年内に支払を受けるべきものについては、所得税及び住民税が課されません。但し、上場株式等の配当
    等について非課税の適用を受けるためには、配当金の受取方法について『株式数比例配分方式』を選択                 す
    る必要があります。なお、2018年にNISAとの選択制で非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度(つ
    みたてNISA)が導入されましたが、その対象商品は一定の要件を満たして金融庁に届け出た公募株式投資
    信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されているため、つみたてNISAで上場株式等の個別銘柄の取得は
    できません。
           NISA (成年者)    ジュニア  NISA (未成年者)
      年間投資上限額
                  -
      2014年~  2015 年    100 万円
      2016 年~2023年      120 万円     80万円
   (イ)一時差異等調整引当額の分配に係る税務

     投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配のうち、税会不一致等に起因する課税の解消を目的とし
    て行われる一時差異等調整引当額の増加額に相当する分配(以下「一時差異等調整引当額の分配」といい
    ます。)は、所得税法上本則配当として扱われ、前記「(ア)利益の分配に係る税務」における利益の分
    配と同様の課税関係が適用されます(投資口の譲渡損益は発生しません)。
   (ウ)その他の利益超過分配に係る税務

     投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配のうち、一時差異等調整引当額の分配以外のものは、投
    資法人の資本の払戻しに該当し、投資主においては、みなし配当及びみなし譲渡収入から成るものとして
    取り扱われます。
    a.みなし配当

     この金額は、本投資法人から通知します。みなし配当には前記「(ア)利益の分配に係る税務」におけ
    る利益の分配と同様の課税関係が適用されます。
    b.みなし譲渡収入

     資本の払戻し額のうちみなし配当以外の部分の金額は、投資口の譲渡に係る収入金額とみなされます。
    各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価を算定し、投資口の譲渡損益を計算します。この譲渡損益の
    取扱いは、後記「(エ)投資口の譲渡に係る税務」における投資口の譲渡と原則同様になります。また、
    投資口の取得価額の調整(減額)を行います。
    (注1) 譲渡原価の額=従前の取得価額×純資産減少割合※
      ※ 純資産減少割合は、本投資法人から通知します。
    (注2) 譲渡損益の額=みなし譲渡収入金額-譲渡原価の額
    (注3) 調整後の取得価額=従前の取得価額-譲渡原価の額
   (エ)投資口の譲渡に係る税務

     個人投資主が上場投資法人である本投資法人の投資口を譲渡した際の譲渡益は、上場株式等に係る譲渡
    所得等として、一般株式等に係る譲渡所得等とは別の区分による申告分離課税の対象となります。譲渡損
    が生じた場合は、他の    上場 株式等に係る譲渡所得等との相殺を除き、他の所得との損益通算はできませ
    ん。
    a.税率

        譲渡日       申告分離課税による税率
             20.315%  (所得税15.315%   住民税5%)
    2014年1月1日~2037年12月31日
             20%      (所得税15%       住民税5%)
    2038年1月1日~
    (注) 2014年1月1日~2037年12月31日の所得税率には、復興特別所得税(所得税の額の2.1%相当)を含みます。
    b.上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除

     上場株式等に係る譲渡損失の金額がある場合は、確定申告により、その年に申告分離課税を選択した上
    場株式等に係る配当所得の金額と損益通算することができます。また、損益通算してもなお控除しきれな
    い金額については、翌年以後3年間にわたり、上場株式等に係る譲渡所得等の金額及び申告分離課税を選
    択した上場株式等に係る配当所得の金額から繰越控除することができます。なお、譲渡損失の繰越控除の
             76/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    適用を受けるためには、損失が生じた年に確定申告書を提出するとともに、その後の年において連続して
    確定申告書を提出する必要があります。
    c.源泉徴収選択口座内の譲渡

     源泉徴収選択口座内における上場株式等の譲渡による所得は、上記a.と同じ税率による源泉徴収だけ
    で納税が完結し、確定申告は不要となります。また、上場株式等の配当等を             上記「(ア)利益の分配に係
    る税務」c.により   源泉徴収選択口座に受け入れた場合において、        その年に  その源泉徴収選択口座内におけ
    る上場株式等に係る譲渡損失の金額があるときは、年末に          口座内で  損益通算が行われ、配当等に係る源泉
    徴収税額の過納分が翌年の初めに還付されます。
    d.少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)

     NISA口座に設けられた非課税管理勘定で取得した上場株式等を、その非課税管理勘定の開設年の1月1
    日から5年内に譲渡した場合には、その譲渡所得等については所得税及び住民税が課されません。なお、
    NISA口座内で生じた譲渡損失はないものとみなされるため、上記b.及びc.の損益通算や繰越控除は適
    用できません。
    (注) NISAの年間投資上限額については前記「(ア)利益の分配に係る税務」d.をご参照ください。
   ② 法人投資主の税務

   (ア)利益の分配に係る税務

     法人投資主が投資法人から受け取る利益の分配については、受取配当等の益金不算入の適用はありませ
    ん。
     上場投資法人である本投資法人から受け取る利益の分配については、下記の税率による源泉徴収が行わ
    れますが、源泉徴収された所得税      及び復興特別所得税   は法人税の前払いとして所得税額控除の対象となり
    ます。
       分配金支払開始日         源泉徴収税率
             15.315%  (復興特別所得税0.315%を含む)
    2014年1月1日~2037年12月31日
    2038年1月1日~         15%
   (イ)一時差異等調整引当額の分配に係る税務

     投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配のうち、一時差異等調整引当額の分配は、法人税法上本
    則配当として扱われ、前記「(ア)利益の分配に係る税務」における利益の分配と同様の課税関係が適用
    されます(投資口の譲渡損益は発生しません)。また、所得税額控除においては、利益の分配と同様に所
    有期間の按分が必要となります。
   (ウ)その他の利益超過分配に係る税務

     投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配のうち、一時差異等調整引当額の分配以外のものは、投
    資法人の資本の払戻しに該当し、投資主においては、みなし配当及びみなし譲渡収入から成るものとして
    取り扱われます。
    a.みなし配当

     この金額は本投資法人から通知します。みなし配当には前記「(ア)利益の分配に係る税務」における
    利益の分配と同様の課税関係が適用されます。なお、所得税額控除においては、所有期間の按分を行いま
    せん。
    b.みなし譲渡収入

     資本の払戻し額のうちみなし配当以外の部分の金額は、投資口の譲渡に係る収入金額とみなされます。
    各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価を算定し、投資口の譲渡損益を計算します。また、投資口の
    取得価額の調整(減額)を行います。
    (注) 譲渡原価、譲渡損益、取得価額の調整(減額)の計算方法は、個人投資主の場合と同じです。
   (エ)投資口の譲渡に係る税務

     法人投資主が投資口を譲渡した際の譲渡損益は、原則として約定日の属する事業年度に計上します。
             77/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ③ 投資法人の税務
   (ア)利益配当等の損金算入

     税法上、投資法人に係る課税の特例規定により、一定の要件(導管性要件)を満たした投資法人に対し

    ては、投資法人と投資主との間の二重課税を排除するため、利益の配当等を投資法人の損金に算入するこ
    とが認められています。
           投資法人の主な導管性要件

        配当等の額が配当可能利益の額の90%超であること
    支払配当要件
        (利益を超えた金銭の分配を行った場合には、金銭の分配の額が配当可能額の
        90%超であること)
        投資法人規約において、投資口の発行価額の総額のうちに国内において募集さ
    国内50%超募集要件    れる投資口の発行価額の占める割合が50%を超える旨の記載又は記録があるこ
        と
        機関投資家(租税特別措置法第67条の15第1項第1号ロ(2)に規定するもの
    借入先要件    をいう。次の所有先要件において同じ。)以外の者から借入れを行っていない
        こと
        事業年度の終了の時において、発行済投資口が50人以上の者によって所有され
    所有先要件
        ていること又は機関投資家のみによって所有されていること
        事業年度の終了の時において、投資主の1人及びその特殊関係者により発行済
    非同族会社要件    投資口の総口数あるいは議決権総数の50%超を保有されている同族会社に該当
        していないこと
        他の法人の株式又は出資の50%以上を有していないこと(匿名組合出資を含
    会社支配禁止要件
        み、一定の海外子会社を除く)
   (イ)不動産流通税の軽減措置

    a.登録免許税

     本投資法人が2021年3月31日までに取得する不動産に対しては、所有権の移転登記に係る登録免許税の
    税率が1.3%に軽減されます。
             2012年4月1日

      不動産の所有権の取得日            2021年4月1日~
             ~2021年3月31日
       土地(一般)       1.5%
              2.0%(原則)
       建物(一般)           2.0%(原則)
     本投資法人が取得する不動産        1.3%
    b.不動産取得税

     本投資法人が2021年3月31日までに取得する一定の不動産に対しては、不動産取得税の課税標準額が5
    分の2に軽減されます。
    (注1) 共同住宅とその敷地は、全ての居住用区画が50㎡以上(サービス付き高齢者向け住宅にあっては30㎡以上)のもの
      に限り適用されます。
    (注2) 倉庫とその敷地は、建物の床面積が3,000㎡以上で流通加工用空間が設けられているものに限り適用されます。
    (注3) 介護施設等とその敷地は、地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律第2条に規定する公的介
      護施設等と特定民間施設に限り適用されます。
             78/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  5【運用状況】
  (1)【投資状況】
             前期      当期

           (2019年5月31日現在)      (2019年11月30日現在)
       分 類
  資産の種類
           保有総額   対総資産比率   保有総額   対総資産比率
       (注1)
           (百万円)   (%)   (百万円)   (%)
           (注2)   (注3)   (注2)   (注3)
     種類別
      都市型商業施設       -   -   -   -

      東京オフィス       -   -   -   -

      アクティビア・アカウント       -   -   -   -

     地域別

  不動産
                  -   -
      都心5区(注4)       -   -
                  -   -
      その他23区       -   -
                  -   -
      三大都市圏(注5)       -   -
                     -
      その他国内主要都市       -   -   -
                  -   -
     小計       -   -
     種類別

      都市型商業施設      200,524   39.0  198,881   38.6

      東京オフィス      195,556   38.0  195,101   37.8

      アクティビア・アカウント      102,739   20.0  102,648   19.9

     地域別

  信託不動産
      都心5区(注4)      316,270   61.5  314,262   61.0
      その他23区       33,095   6.4  33,079   6.4

      三大都市圏(注5)      138,395   26.9  138,100   26.8

      その他国内主要都市       11,059   2.2  11,189   2.2

     小計      498,820   97.0  496,631   96.3

  不動産等計          498,820   97.0  496,631   96.3

  預金・その他資産          15,538   3.0  18,849   3.7

  資産総額計(注6)          514,359   100.0   515,480   100.0

             対総資産比率      対総資産比率

          金額(百万円)    (%)  金額(百万円)    (%)
              (注3)      (注3)
  負債総額(注6、7)          258,273    50.2  259,282    50.3
  純資産総額(注6)          256,085    49.8  256,198    49.7

   (注1) 分類の定義については、前記「2       投資方針/(1)   投資方針/③ ポートフォリオ構築方針」をご覧ください。
   (注2) 「保有総額」は、規約に定められた資産評価方法に従って、決算日時点の貸借対照表計上額(不動産及び信託不動産については、
    減価償却後の帳簿価額)に基づいて記載しています。
   (注3) 小数点第2位を四捨五入して記載しています。
   (注4) 「都心5区」とは、東京都千代田区、中央区、港区、新宿区及び渋谷区をいいます。
   (注5) 「三大都市圏」とは、東京圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)、中京圏(愛知県)、近畿圏(大阪府・京都府・兵庫県)を
    意味します。以下同じです。
             79/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (注6) 「資産総額計」、「負債総額」及び「純資産総額」は、決算日時点の貸借対照表に計上された金額を記載しています。
   (注7) 「負債総額」には、敷金・保証金返還債務を含みます。
  (2)【投資資産】

   ①【投資有価証券の主要銘柄】
    該当事項はありません。

   ②【投資不動産物件】

    本投資法人が保有する信託不動産は後記「③        その他投資資産の主要なもの」に記載しています。

             80/231

















                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ③【その他投資資産の主要なもの】
   (ア)不動産及び不動産信託受益権の概要
     本投資法人が第16期末において保有する資産に係る不動産信託受益権の物件名称、取得価格、当期末帳

    簿価格、期末算定価額、収益価格、投資比率は以下のとおりです。なお、下記表中の各数値は、別段の記
    載がない限り、2019年11月30日現在のものです。
    a.保有資産の概要 ①

                  (2019年11月30日現在)
               収益価格(注4)
          当期末  期末
   物件     取得価格             投資比率
             直接還元法    DCF法
  分        帳簿価格  算定価額
   番号  物件名称   (百万円)             (%)
  類        (百万円)  (百万円)
             直接還元  直接還元     最終還元
                DCF
  (注1)      (注2)             (注5)
                  割引率
         (注3)  (注4)
             価格 利回り     利回り
                価格
                  (%)
            (百万円)  (%) (百万円)   (%)
    東急プラザ表参道原宿
  UR-1      45,000  44,704  62,775  63,525  2.6 61,950  2.3  2.7  9.0
    (注6)
  UR-2 東急プラザ赤坂(注6)    11,450  11,677  15,700  16,000  4.0 15,600  4.1  4.2  2.3
    キュープラザ恵比寿
  UR-3      8,430  8,215 11,900  12,100  3.2 11,800 3.4/3.3  3.4  1.7
    (注7)
    京都烏丸パーキングビル
  UR-5      8,860  8,704 11,200  11,300  4.8 11,200  4.8  5.0  1.8
  UR-7 神戸旧居留地25番館    21,330  20,549  27,400  27,800  3.8 27,000  3.6  4.0  4.3
  UR-8 A-FLAG札幌     4,410  4,865  7,250  7,240  5.4 7,250  5.2  5.6  0.9
  都
  UR-9 A-FLAG渋谷     6,370  6,343  8,110  8,140  3.9 8,090  3.7  4.1  1.3
  市
  型
    キュープラザ心斎橋
  UR-10      13,350  13,412  14,700  14,600  3.6 14,800  3.4  3.8  2.7
  商
  UR-11 A-FLAG骨董通り     4,370  4,394  5,020  5,060  3.4 5,000  3.1  3.5  0.9
  業
  施
  UR-12 A-FLAG美術館通り     4,700  4,711  4,860  4,940  3.5 4,770  3.3  3.7  0.9
  設
  UR-13 A-FLAG代官山ウエスト     2,280  2,348  2,400  2,430  3.9 2,360  3.7  4.1  0.5
    A-FLAG北心斎橋
  UR-14      4,725  4,837  4,780  4,890  3.9 4,670  3.6  4.0  0.9
    デックス東京ビーチ
  UR-15      12,740  12,892  12,887  13,083  4.0 12,642  3.8  4.2  2.6
    (注6)
    東急プラザ銀座(底地)
  UR-16      37,500  37,895  39,000  38,700  2.6 39,000  2.5  - 7.5
    (注6、8)
  UR-17 キュープラザ原宿(注6)    13,200  13,328  13,300  13,440  3.0 13,140  2.7  3.1  2.6
     小計
        198,715  198,881  241,282  243,248  - 239,272  -  - 39.8
  TO-1 東急不動産恵比寿ビル     7,400  7,205 11,800  11,900  3.6 11,700  3.7  3.8  1.5
  TO-2 A-PLACE恵比寿南     9,640  9,364 15,200  15,400  3.5 15,100  3.6  3.7  1.9
  TO-3 A-PLACE代々木     4,070  3,876  4,970  5,050  3.9 4,890  3.7  4.1  0.8
  TO-4 A-PLACE青山     8,790  8,577 10,400  10,400  3.9 10,400  3.7  4.1  1.8
  TO-5 ルオーゴ汐留     4,540  4,206  6,570  6,630  3.5 6,550  3.3  3.7  0.9
  TO-6 田町スクエア(底地)     2,338  2,362  3,000  3,140  3.4 2,940  3.8  3.6  0.5
  TO-7 A-PLACE池袋     3,990  3,716  5,270  5,350  3.9 5,180  3.7  4.1  0.8
  東
  TO-8 A-PLACE新橋     5,650  5,819  7,250  7,320  3.7 7,180  3.4  3.8  1.1
  京
  TO-9 A-PLACE五反田     5,730  5,475  7,970  8,100  3.5 7,830  3.3  3.7  1.1
  オ
  フ
    A-PLACE品川
  TO-10      3,800  3,779  5,430  5,540  3.4 5,320  3.2  3.6  0.8
  ィ
  TO-11 大崎ウィズタワー    10,690  10,616  14,600  14,800  3.3 14,500  3.0  3.4  2.1
  ス
  TO-12 汐留ビルディング(注6)    71,600  70,891  77,700  82,250  3.3 75,950  3.1  3.5 14.3
  TO-13 A-PLACE恵比寿東     7,072  7,066  7,720  7,840  3.7 7,600  3.5  3.9  1.4
    A-PLACE渋谷金王
  TO-14      4,810  4,945  5,680  5,680  3.6 5,670  3.3  3.7  1.0
  TO-15 A-PLACE五反田駅前     7,280  7,541  7,860  7,910  3.8 7,810  3.5  3.9  1.5
  TO-16 A-PLACE品川東    18,800  18,832  20,600  20,900  3.8 20,200  3.6  4.0  3.8
  TO-17 A-PLACE新橋駅前    20,500  20,822  20,400  20,400  3.6 20,400  3.2  3.6  4.1
     小計
        196,700  195,101  232,420  238,610  3.5 229,220  -  - 39.4
             81/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
               収益価格(注4)
         当期末  期末
   物件     取得価格      直接還元法    DCF法   投資比率
         帳簿価格  算定価額
  分
   番号
     物件名称   (百万円)             (%)
  類       (百万円)  (百万円)
            直接還元  直接還元  DCF   最終還元
  (注1)     (注2)             (注5)
                 割引率
         (注3)  (注4)
             価格 利回り  価格   利回り
                 (%)
            (百万円)  (%) (百万円)    (%)
    あまがさきキューズ
  AA-1     12,000  12,113  14,200  14,400  4.2 14,000  3.9  4.4  2.4
    モール(底地)
                  4.7
  AA-2 icotなかもず(注9)    8,500  8,068 10,900  11,200  4.8 10,800  /4.8  5.0  1.7
                  /4.9
  ア
  AA-4 icot溝の口    2,710  2,612  3,240  3,310  5.4 3,160  5.2  5.8  0.5
  ク
  AA-5 icot多摩センター    2,840  2,609  4,000  4,010  5.0 3,990  4.6  5.2  0.6
  テ
  ィ
  AA-6 A-PLACE金山    6,980  6,282  8,830  8,960  5.1 8,690  4.9  5.3  1.4
  ビ
    大阪中之島ビル
  AA-7     11,100  10,972  15,200  15,400  3.8 15,000  3.6  4.0  2.2
  ア
  ・ AA-8 icot大森    5,790  5,729  6,870  6,940  4.3 6,800  4.1  4.5  1.2
  ア
    マーケットスクエア相
  AA-9     4,820  4,661  5,010  5,030  5.3 4,980  5.1  5.5  1.0
  カ
    模原
  ウ
    梅田ゲートタワー
  AA-10     19,000  19,302  21,400  21,900  3.7 21,200  3.4  3.8  3.8
  ン
  AA-11 A-PLACE馬車道    3,930  3,976  4,610  4,680  4.8 4,530  4.5  5.0  0.8
  ト
    コマーシャルモール博
  AA-12     6,100  6,323  6,290  6,310  4.8 6,270  4.5  4.9  1.2
    多
  AA-13 EDGE心斎橋    19,800  19,994  20,000  20,100  3.8 19,800  3.5  3.9  4.0
    小計
        103,570  102,648  120,550  122,240   119,220     20.8
               -   -  -
    合計   498,985  496,631  594,252  604,098   587,712     100.0
               -   -  -
   (注1) 「物件番号」は、本投資法人の保有資産をUR(都市型商業施設を意味します。)、TO(東京オフィスを意味します。)及びAA(ア
    クティビア・アカウントを意味します。)の3つに分類し、分類毎に番号を付したものです。
   (注2) 「取得価格」は、保有資産に係る各信託受益権売買契約書に記載された各信託受益権の売買代金(消費税及び地方消費税並びに売
    買手数料等の諸費用を含まず、百万円未満を切り捨てています。)を記載しています。
   (注3) 「当期末帳簿価格」は、2019年11月30日現在における各資産に係る減価償却後の帳簿価額を記載しており、百万円未満を切り捨て
    ています。
   (注4) 各物件の鑑定評価については、一般財団法人日本不動産研究所、大和不動産鑑定株式会社、株式会社谷澤総合鑑定所、日本ヴァ
    リュアーズ株式会社又はJLL森井鑑定株式会社に委託しており、「期末算定価額」及び「収益価格」には、2019年11月30日を価格時
    点とする各不動産鑑定評価書に記載された数値を記載しています。
   (注5) 「投資比率」は、取得価格の合計に占める各資産の取得価格(消費税等その他の取得に係る諸費用を除きます。)の割合を示して
    おり、小数点第2位を四捨五入して記載しています。
   (注6) 「東急プラザ表参道原宿」、「東急プラザ赤坂」、「デックス東京ビーチ」、「             東急プラザ銀座(底地)」、「キュープラザ原
    宿」 及び「汐留ビルディング」は、各物件の準共有持分割合(それぞれ75%、50%、49%、30%、60%及び35%)に相当する数値
    を記載しています。
   (注7) 「キュープラザ恵比寿」の割引率は、1年目から4年目は3.4%、5年目以降は3.3%です。
   (注8) 「東急プラザ銀座(底地)」の直接還元価格については、有期還元法による価格を記載しています。
   (注9) 「icotなかもず」の割引率は、1年目から3年目は4.7%、4年目から8年目は4.8%、9年目以降は4.9%です。
             82/231







                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    b.保有資産の概要 ②
                  (2019年11月30日現在)
             総賃料収入  敷金・  総賃貸  総賃貸
                     稼働率
         建築時期  テナント数  (年間)  保証金  可能面積  面積
  分 物件
    物件名称   所在地              (%)
  類 番号       (注1)  (注2)  (百万円)  (百万円)  (㎡)  (㎡)
                    (注7)
               (注4)  (注5)  (注6)
             (注3)
   東急プラザ表参道
         2012年
      東京都渋谷区
  UR-1          35 2,067  1,702 4,918.44  4,918.44  100.0
   原宿(注8)      3月14日
   東急プラザ赤坂      1969年
  UR-2    東京都千代田区      95  961  400 16,609.75  16,601.06   99.9
         9月10日
   (注8)
   キュープラザ恵比      2008年
      東京都渋谷区
  UR-3          4  485  475 4,024.88  4,024.88  100.0
   寿      8月20日
   京都烏丸パーキン      2006年
  UR-5    京都府京都市      2 (注9)  (注9)  21,616.04  21,616.04  100.0
   グビル      7月24日
   神戸旧居留地25番      2010年
  UR-7    兵庫県神戸市      7 1,254  1,431 19,653.90  19,653.90  100.0
   館      1月31日
         1980年
  UR-8 A-FLAG札幌   北海道札幌市      16  620  123 21,229.16  21,137.10   99.6
         5月23日
         1988年
  都
  UR-9 A-FLAG渋谷   東京都渋谷区      2  420  179 3,403.07  3,403.07  100.0
         6月29日
  市
   キュープラザ心斎      2007年
  型
  UR-10    大阪府大阪市      6  671  433 2,820.23  2,820.23  100.0
   橋      11月16日
  商
         1992年
  業
  UR-11 A-FLAG骨董通り   東京都港区      7  234  181 2,656.53  2,656.53  100.0
         1月22日
  施
         1998年
  設
  UR-12 A-FLAG美術館通り   東京都港区      4  239  241 1,994.65  1,994.65  100.0
         12月1日
   A-FLAG代官山ウエ      1992年
  UR-13    東京都渋谷区      1 (注9)  (注9)  2,579.08  2,579.08  100.0
   スト      4月21日
         2008年
  UR-14 A-FLAG北心斎橋   大阪府大阪市      5  187  125 2,536.75  2,536.75  100.0
         3月25日
   デックス東京ビー      1996年
  UR-15    東京都港区      81  651  488 16,125.56  15,993.36   99.2
   チ(注8)      6月20日
   東急プラザ銀座
  UR-16    東京都中央区   -   1 1,143  572 1,130.04  1,130.04  100.0
   (底地)(注8)
   キュープラザ原宿      2015年
  UR-17    東京都渋谷区      16  456  340 3,378.49  3,378.49  100.0
   (注8)      3月5日
     小計    -  282  -  - 124,676.57  124,443.62   99.8
             83/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
             総賃料収入  敷金・  総賃貸  総賃貸
                     稼働率
               保証金  可能面積  面積
  分 物件       建築時期  テナント数  (年間)
    物件名称   所在地              (%)
  類 番号       (注1)  (注2)  (百万円)  (百万円)  (㎡)  (㎡)
                    (注7)
             (注3)  (注4)  (注5)  (注6)
   東急不動産恵比寿      1993年
      東京都渋谷区
  TO-1          12  632  548 7,342.60  7,342.60  100.0
   ビル      3月5日
         1995年
   A-PLACE恵比寿南   東京都渋谷区
  TO-2          11  733  605 7,950.49  7,950.49  100.0
         1月31日
         2007年
   A-PLACE代々木   東京都渋谷区
  TO-3          3  251  231 3,106.17  3,106.17  100.0
         2月22日
         1966年
   A-PLACE青山   東京都港区
  TO-4          8  568  534 7,303.69  7,303.69  100.0
         9月6日
         2004年
   ルオーゴ汐留   東京都港区
  TO-5          7  332  293 4,476.35  4,476.35  100.0
         7月30日
   田町スクエア(底
      東京都港区
  TO-6       -   1  125  - 1,287.96  1,287.96  100.0
   地)
         2011年
   A-PLACE池袋   東京都豊島区
  TO-7          1 (注9)  (注9)  3,409.73  3,409.73  100.0
         10月13日
         1999年
   A-PLACE新橋   東京都港区
  TO-8          10  370  310 5,052.14  5,052.14  100.0
         3月4日
  東
         2012年
   A-PLACE五反田   東京都品川区
  TO-9          11  368  338 4,028.69  4,028.69  100.0
  京
         2月27日
  オ
         1991年
   A-PLACE品川   東京都港区
  TO-10          8  250  234 2,986.36  2,986.36  100.0
  フ
         9月20日
  ィ
         2014年
   大崎ウィズタワー   東京都品川区
  TO-11          5  668  668 7,193.28  7,193.28  100.0
  ス
         1月10日
   汐留ビルディング      2007年
      東京都港区
  TO-12          38 3,228  2,668 28,136.05  28,058.40   99.7
         12月14日
   (注8)
         1992年
   A-PLACE恵比寿東   東京都渋谷区
  TO-13          8  336  245 4,010.69  4,010.69  100.0
         1月10日
         1992年
  TO-14 A-PLACE渋谷金王   東京都渋谷区      4  225  155 2,995.72  2,995.72  100.0
         3月18日
   A-PLACE五反田駅      1993年
  TO-15    東京都品川区      10  347  300 4,316.89  4,316.89  100.0
   前      11月30日
         1985年8月31日
         (本館)
  TO-16 A-PLACE品川東   東京都港区      9  989  894 14,658.98  14,658.98  100.0
         1999年9月13日
         (別館)
         2008年
  TO-17 A-PLACE新橋駅前   東京都港区      6  781  600 6,484.57  6,484.57  100.0
         4月25日
     小計
          -  152  -  - 114,740.36  114,662.71   99.9
   あまがさきキュー
  AA-1    兵庫県尼崎市   -   1  714  341 27,465.44  27,465.44  100.0
   ズモール(底地)
         2007年
  AA-2 icotなかもず   大阪府堺市      2  619  430 28,098.02  28,098.02  100.0
         6月27日
         1998年
  AA-4 icot溝の口   神奈川県川崎市      1 (注9)  100 14,032.05  14,032.05  100.0
         7月15日
         2006年
  ア
  AA-5 icot多摩センター   東京都多摩市      9  240  237 5,181.58  5,181.58  100.0
         3月7日
  ク
         2009年
  テ AA-6 A-PLACE金山   愛知県名古屋市      21  528  427 9,314.90  9,314.90  100.0
         2月10日
  ィ
         1984年
  AA-7 大阪中之島ビル   大阪府大阪市      40  980  690 20,226.77  20,226.77  100.0
  ビ
         3月5日
  ア
         2007年        6,209.79  6,209.79
  AA-8 icot大森   東京都大田区      8  388  359     100.0
  ・
         3月6日
                 (注10)  (注10)
  ア
   マーケットスクエ   神奈川県相模原   2014年
  AA-9          3 (注9)  (注9)  15,152.42  15,152.42  100.0
  カ
   ア相模原   市   6月13日
  ウ
         2010年
  AA-10 梅田ゲートタワー   大阪府大阪市      15  850  586 13,624.49  13,624.49  100.0
         1月15日
  ン
         1975年
  ト
  AA-11 A-PLACE馬車道   神奈川県横浜市      34  330  219 9,775.50  9,775.5  100.0
         5月31日
   コマーシャルモー      2005年
  AA-12    福岡県福岡市      18  331  150 9,612.88  9,131.82  95.0
   ル博多      11月3日
         1986年
  AA-13 EDGE心斎橋   大阪府大阪市      23  932  720 15,897.64  15,897.64  100.0
         4月22日
     小計
          -  175  -  - 174,591.48  174,110.42   99.7
     合計     -  609  -  - 414,008.41  413,216.75   99.8
             84/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (注1) 「建築時期」は、主たる建物の登記簿上の新築年月日を記載しています。主たる建物が複数ある場合は、登記簿上一番古い年月日
    を記載しています。底地のみを取得する場合、記載を省略します(底地とは、借地権等に基づき建物が建築されている場合の敷地
    部分をいいます。以下同じです。)。但し、「A-PLACE新橋」及び「A-FLAG渋谷」については、検査済証における工事完了検査年月
    日を記載しています。
   (注2) 「テナント数」は、2019年11月30日現在における各保有資産に係る各賃貸借契約に表示された各建物の賃貸借契約上のテナント数
    の合計を記載しています。なお、当該保有資産につきマスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントの総数を記
    載しています。但し、底地物件については、底地賃借人の総数を記載しています。
   (注3) 「総賃料収入(年間)」は、各保有資産のうち底地以外の物件については、2019年11月30日現在における各資産に係る各賃貸借契
    約(同日現在で入居済みのものに限ります。)に表示された建物につき、月間賃料(共益費を含みます。倉庫、看板、駐車場等の
    使用料を含まず、貸室賃料に限り、歩合賃料は含みません。また、同日現在のフリーレント及びレントホリデーは考慮しないもの
    とします。)を12倍することにより年換算して算出した金額(複数の賃貸借契約が締結されている資産については、その合計
    額。)(消費税は含みません。)につき百万円未満を四捨五入して記載し、底地物件については、2019年11月30日現在における各
    資産に係る賃貸借契約に表示された底地に係る年間賃料の金額(消費税は含みません。)につき百万円未満を四捨五入して記載し
    ています。なお、当該資産につきマスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントとの間で締結されている賃貸借
    契約上の月間賃料(共益費を含みます。倉庫、看板、駐車場等の使用料を含まず、貸室賃料に限り、歩合賃料は含みません。ま
    た、同日現在のフリーレント及びレントホリデーは考慮しないものとします。)を12倍することにより年換算して算出した金額を
    記載しています。
   (注4) 「敷金・保証金」は、2019年11月30日現在における各保有資産に係る各賃貸借契約に基づき必要とされる敷金・保証金(同日現在
    で入居済みの貸室に係る賃貸借契約に基づく敷金又は保証金に限ります。)の合計額につき百万円未満を四捨五入して記載してい
    ます。なお、当該保有資産につきマスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントとの間で締結されている賃貸借
    契約に基づき必要とされる敷金・保証金の合計額につき百万円未満を四捨五入して記載しています。
   (注5) 「総賃貸可能面積」は、各保有資産のうち底地以外の物件については、2019年11月30日現在における各保有資産に係る建物の賃貸
    借契約又は建物図面等に基づき賃貸が可能と考えられるものを記載し、各保有資産のうち底地物件については、2019年11月30日現
    在における各保有資産に係る底地の賃貸借契約又は土地図面等に基づき賃貸が可能と考えられるものを記載しています。
   (注6) 「総賃貸面積」は、2019年11月30日現在における各保有資産に係る各賃貸借契約に表示された賃貸面積の合計を記載しています。
    なお、当該保有資産につきマスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントとの間で実際に賃貸借契約が締結され
    賃貸が行われている面積の合計を記載しています。
   (注7) 「稼働率」は、2019年11月30日現在における各保有資産に係る総賃貸可能面積に対して総賃貸面積が占める割合を示しており、小
    数点第2位を四捨五入して記載しています。また、各小計及び合計欄は、各保有資産に係る総賃貸可能面積の合計に対して総賃貸
    面積の合計が占める割合を示しており、小数点第2位を四捨五入して記載しています。
   (注8) 「東急プラザ表参道原宿」、「東急プラザ赤坂」、「デックス東京ビーチ」、「             東急プラザ銀座(底地)」、「キュープラザ原
    宿」 及び「汐留ビルディング」は、各物件の準共有持分割合(それぞれ75%、50%、49%、30%、60%及び35%)に相当する数値
    を記載しています。但し、「テナント数」には、一棟全体のテナント数を記載しています。
   (注9) テナントの承諾が得られていないため開示していません。
   (注10) 「icot大森」の総賃貸可能面積及び総賃貸面積については、外部駐輪場の一部(約21㎡)と2階共用部の一部(約28㎡)を含めて
    算定しています。
   (注11) 上表において、エンドテナントに係る賃貸借契約につき解除若しくは解約申入れがなされ又は賃料不払いがある場合にも、2019年
    11月30日現在において契約が継続している場合、当該エンドテナントに係る賃貸借契約が存在するものとして、「テナント数」
    「総賃料収入(年間)」「敷金・保証金」「総賃貸面積」「稼働率」を記載しています。以下同じです。
             85/231









                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    c.稼働率等の推移
     本投資法人の各期末保有資産における、稼働率等の推移は以下のとおりです。
       201 5年  201 5年  2016 年  2016年   2017年
       5月末   11月末   5月末   11月末   5月末
  物件数      30   31   32   35   39
  テナントの総数      362   373   381   431   456

          301,802.03
  総賃貸可能面積   (㎡)  312,777.90      312,572.42   340,271.66   370,194.77
  総賃貸面積(㎡)     311,878.11   299,518.54   311,889.20   337,816.75   369,307.10

  稼働率(%)      99.7   99.2   99.8   99.3   99.8

       2017年   2018年   2018年   2019年   2019年

       11月末   5月末   11月末   5月末   11月末
  物件数      39   42   42   45   44
  テナントの総数      461   576   577   619   609

  総賃貸可能面積   (㎡)  370,296.85   395,994.33   395,967.44   415,167.22   414,008.41

  総賃貸面積(㎡)     370,152.81   395,026.41   395,561.72   413,296.90   413,216.75

           99.8
  稼働率(%)      100.0       99.9   99.5   99.8
    d.ポートフォリオの概況

     以下は、保有資産に係る2019年11月30日現在におけるポートフォリオの概況を示したものです。
    (ⅰ)分類別

             取得価格(百万円)      比率(%)
     分類     物件数
           32     395,415     79.2
  都市型商業施設・東京オフィス
           15     198,715     39.8
   都市型商業施設
           17     196,700     39.4
   東京オフィス
           12     103,570     20.8
  アクティビア・アカウント
           44         100.0
     合計           498,985
  (注) 「比率」は、取得価格の合計に占める各分類の取得価格の割合を示しており、小数点第2位を四捨五入して記載しています。
             86/231








                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    (ⅱ)地域区分別
             取得価格(百万円)      比率(%)
    分類・地域区分      物件数
           44         100.0
  ポートフォリオ全体              498,985
           23     315,050     63.1
   都心5区
           5     33,480     6.7
   その他23区
           14     139,945     28.0
   三大都市圏
           2     10,510     2.1
   その他国内主要都市
             取得価格(百万円)      比率(%)

    分類・地域区分      物件数
           32     395,415    100.0
  都市型商業施設・東京オフィス
           23     315,050     79.7
   都心5区
           4     27,690     7.0
   その他23区
           4     48,265    12.2
   三大都市圏
           1     4,410    1.1
   その他国内主要都市
             取得価格(百万円)      比率(%)

    分類・地域区分      物件数
           12     103,570    100.0
  アクティビア・アカウント
           1     5,790    5.6
   その他23区
           10     91,680    88.5
   三大都市圏
           1     6,100    5.9
   その他国内主要都市
   (注) 「比率」は、取得価格の合計に占める各分類の取得価格の割合を示しており、小数点第2位を四捨五入して記載しています。
             87/231












                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (イ)個別不動産の概要
    a.第16期末保有資産の概要
     保有資産である信託受益権に係る各保有資産の概要は以下の表のとおりです。

     なお、以下に記載する各保有資産に関する最寄駅、所在地(住居表示)、土地、建物、PM会社、マス
    ターリース会社、賃貸借の状況、特記事項の各欄における記載事項に関する説明は以下のとおりです。
    (ⅰ)「最寄駅」欄に関する説明

      「最寄駅」における徒歩による所要時間については、「不動産の表示に関する公正競争規約」(平
     成17年公正取引委員会告示第23号)及び「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」(平成17年
     公正取引委員会承認第107号)に基づき、道路距離80メートルにつき1分間を要するものとして算出
     した数値を記載しています。
    (ⅱ)「所在地(住居表示)」欄に関する説明

      「所在地(住居表示)」欄には、各不動産の住居表示を記載しています。
      また、住居表示未実施の場合は、登記簿上の建物所在地(複数ある場合にはそのうちの一所在地)
     を記載しています。
    (ⅲ)「土地」欄に関する説明

      「建蔽率」及び「容積率」は、原則として建築基準法、都市計画法等の関連法令に従って定められ
     た数値を記載しています。なお、保有資産によっては、本書に記載の「建蔽率」及び「容積率」につ
     き、一定の緩和措置又は制限措置が適用される場合があります。なお、敷地に適用される容積率が複
     数存在するときは、敷地全体に適用される容積率に換算して記載しています。
      「用途地域」は、都市計画法第8条第1項第1号に掲げる用途地域の種類を記載しています。
      「敷地面積」は、登記簿上の記載に基づいており、現況とは一致しない場合があります。
      「所有形態」は、保有資産に関して不動産信託の信託受託者が保有する権利の種類を記載していま
     す。
    (ⅳ)「建物」欄に関する説明

      「竣工年月」は、登記簿上の新築年月を記載しています。また、増改築等があればその時点を併せ
     て記載しています。
      「構造/階数」は、登記簿上の記載に基づいています。
      「用途」は、登記簿上の建物種別のうち主要なものを記載しています。
      「延床面積」は、登記簿上の記載に基づいており、附属建物がある場合には別途記載しています。
      「駐車場台数」は、2019年11月30日現在において各保有資産につき敷地内に確保されている駐車場
     (建物内の駐車場を含みます。)の台数を記載しています。
      「所有形態」は、保有資産に関して不動産信託の信託受託者が保有する権利の種類を記載していま
     す。
    (ⅴ)「PM会社」欄に関する説明

      「PM会社」は、各保有資産について2019年11月30日現在において有効なPM契約を締結している会社
     を記載しています。
    (ⅵ)「マスターリース会社」欄に関する説明

      「マスターリース会社」は、各保有資産について2019年11月30日現在において有効なマスターリー
     ス契約を締結している会社を記載しています。
             88/231





                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    (ⅶ)「賃貸借の状況」欄に関する説明
      「総賃貸可能面積」は、各保有資産のうち底地以外の物件については、2019年11月30日現在におけ
     る各保有資産に係る建物の賃貸借契約又は建物図面等に基づき賃貸が可能と考えられるものを記載
     し、各保有資産のうち底地物件については、2019年11月30日現在における保有資産に係る底地の賃貸
     借契約又は土地図面等に基づき賃貸が可能と考えられるものを記載しています。
      「稼働率」は、2019年11月30日現在における各保有資産に係る総賃貸可能面積に対して総賃貸面積
     が占める割合を示しており、小数点第2位を四捨五入して記載しています。
      「代表的テナント」は、2019年11月30日現在において、各保有資産の総賃貸面積中、賃貸面積の最
     も大きいテナントを記載しています。なお、エンドテナントより開示の承諾を得られていない場合、
     「代表的テナント」欄の記載を省略しています。
      「テナント数」は、2019年11月30日現在における各保有資産に係る各賃貸借契約に表示された各建
     物の賃貸借契約上のテナント数の合計を記載しています。なお、当該保有資産につきマスターリース
     契約が締結されている場合には、エンドテナントの総数を記載しています。但し、底地のみを取得す
     る場合、底地賃借人の総数を記載しています。
      「総賃料収入(年間)」は、各保有資産のうち底地以外の物件については、2019年11月30日現在に
     おける各保有資産に係る各賃貸借契約(同日現在で入居済みのものに限ります。)に表示された建物
     につき、月間賃料(共益費を含みます。倉庫、看板、駐車場等の使用料を含まず、貸室賃料に限り、
     歩合賃料は含みません。また、同日現在のフリーレント及びレントホリデーは考慮しないものとしま
     す。)を12倍することにより年換算して算出した金額(複数の賃貸借契約が契約されている保有資産
     については、その合計額。)(消費税は含みません。)につき百万円未満を四捨五入して記載し、各
     保有資産のうち底地物件については、2019年11月30日現在における保有資産に係る賃貸借契約に表示
     された底地に係る年間賃料の金額(消費税は含みません。)につき百万円未満を四捨五入して記載し
     ています。なお、当該保有資産につきマスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナン
     トとの間で締結されている賃貸借契約上の月間賃料(共益費を含みます。倉庫、看板、駐車場等の使
     用料を含まず、貸室賃料に限り、歩合賃料は含みません。また、同日現在のフリーレント及びレント
     ホリデーは考慮しないものとします。)を12倍することにより年換算して算出した金額を記載してい
     ます。なお、エンドテナントより開示の承諾を得られていない場合、「総賃料収入(年間)」欄の記
     載を省略しています。
      「敷金・保証金」は、2019年11月30日現在における各保有資産に係る各賃貸借契約に基づき必要と
     される敷金・保証金(同日現在で入居済みの貸室に係る賃貸借契約に基づく敷金又は保証金に限りま
     す。)の合計額につき百万円未満を四捨五入して記載しています。なお、当該保有資産につきマス
     ターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントとの間で締結されている賃貸借契約に基
     づき必要とされる敷金・保証金の合計額につき百万円未満を四捨五入して記載しています。また、エ
     ンドテナントより開示の承諾を得られていない場合、「敷金・保証金」欄の記載を省略しています。
      なお、エンドテナントに係る賃貸借契約につき解除又は解約申入れがなされていても、2019年11月
     30日現在において契約が継続している場合、当該エンドテナントに係る賃貸借契約が存在するものと
     して、「稼働率」「テナント数」「総賃料収入(年間)」「敷金・保証金」等を記載しています。以
     下同じです。
    (ⅷ)「特記事項」欄に関する説明

      「特記事項」の記載については、原則として、2019年11月30日現在の情報をもとに、個々の資産の
     権利関係や利用等で重要と考えられる事項のほか、当該資産の評価額、収益性、処分性への影響度を
     考慮して重要と考えられる事項に関して記載しています。
             89/231






                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-1 東急プラザ表参道原宿          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     45,000百万円     信託受  信託受託者   みずほ信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     62,775百万円       信託設定日   2002年1月31日、2012年3
            概要
  (価格時点)  (注1)   (2019年11月30日)          月29日
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅 徒歩1分
  所在地(住居表示)     東京都渋谷区神宮前四丁目30番3号
  土地  地番   東京都渋谷区神宮前四丁目     建物  竣工年月   2012年3月
       30番3
    建蔽率   98.68% (注2)      構造/階数   鉄骨・鉄筋コンクリート・
                 鉄骨鉄筋コンクリート造/
                 地下2階地上7階
    容積率   486.82%       用途   店舗・駐車場
    用途地域   商業地域、第1種住居地域       延床面積   11,368.11㎡
    敷地面積   1,576.50㎡  (注3)     駐車場台数   46台
    所有形態   所有権(準共有持分75%)       所有形態   所有権(準共有持分75%)
  PM会社     東急不動産株式会社     マスターリース会社     東急不動産株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積   (注4)  4,918.44㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社バロックジャパン     テナント数     35
       リミテッド
  総賃料収入(年間)   (注4)  2,067百万円     敷金・保証金  (注4)   1,702百万円
  特記事項:
  ・本建物に係る建築確認済証取得後、敷地内の都市計画道路部分を売却したため、当該建物は容積率の点で既存不適
  格となっています。
  ・各準共有者は、その持分売却に際し、他の準共有者へ予め通知をし、購入希望があればその者と協議し、協議が
  整った場合にはその者に売却すること、また、協議が整わない等の場合にその後第三者への売却に合意し実行する
  際には、他の準共有者へ再度通知をし、同一の売却条件での購入を希望するかを問い、購入を希望する場合には当
  該準共有者へ売却する旨、各準共有者間で合意がなされています。
  (注1)鑑定評価額については、準共有持分割合(75%)に相当する数値を記載しています。
  (注2)角地及び防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注3)建築基準法第42条第2項により道路とみなされる敷地部分約45㎡を含みます。
  (注4)総賃貸可能面積、総賃料収入(年間)及び敷金・保証金については、準共有持分割合(75%)に相当する数値を記載しています。
             90/231








                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-2 東急プラザ赤坂          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     11,450百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     15,700百万円       信託設定日   1999年9月8日
            概要
  (価格時点)  (注1)   (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅 徒歩1分
       東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」駅 徒歩1分
  所在地(住居表示)     東京都千代田区永田町二丁目14番3号
  土地  地番   東京都千代田区永田町二丁     建物  竣工年月   1969年9月
            (注3)
       目20番9外
    建蔽率   100.00%  (注2)      構造/階数   鉄骨鉄筋コンクリート造/
                 地下3階地上14階
    容積率   700.00%・500.00%   (注4)    用途   ホテル・事務所・店舗・駐
                 車場
    用途地域   商業地域       延床面積   51,491.66㎡
    敷地面積   5,103.57㎡  (注5)     駐車場台数   146台
    所有形態   所有権(準共有持分50%)       所有形態   所有権(準共有持分50%)
  PM会社     東急不動産株式会社     マスターリース会社     東急不動産株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積   (注6)  16,609.75㎡     稼働率     99.9%
  代表的テナント     株式会社東急ホテルズ     テナント数     95
  総賃料収入(年間)   (注6)  961百万円     敷金・保証金  (注6)   400百万円
  特記事項:
  ・本物件の建築当時は、基準容積率を満たす建物でしたが、建物完成後における都市計画道路に係る事業の施行によ
  り、1979年から1991年の間に本物件の敷地の一部が道路用地として東京都に売却され、その結果、本物件に係る建
  物の容積率は、現時点では基準容積率を満たさないものとなっています。
  ・各準共有者は、その持分売却に際し、他の準共有者へ予め通知をし、購入希望があればその者と協議し、協議が
  整った場合にはその者に売却すること、また、協議が整わない等の場合にその後第三者への売却に合意し実行する
  際には、他の準共有者へ再度通知をし、同一の売却条件での購入を希望するかを問い、購入を希望する場合には当
  該準共有者へ売却する旨、各準共有者間で合意がなされています。
  (注1)鑑定評価額については、準共有持分割合(50%)に相当する数値を記載しています。
  (注2)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注3)本物件の建物につき耐震補強工事が施工されており、施工後の当該建物につき建物診断を実施した結果、2009年3月において、鹿島
   建設株式会社一級建築士事務所より、建築物の耐震改修の促進に関する法律に定める耐震関係規定又は地震に対する安全上これに準
   ずる旨の国土交通省告示に適合しているとの確認を得ています。
  (注4)国道246号及び都道405号線の道路境界線より20mまでは700%、20m以降は500%です。
  (注5)建築基準法第42条第1項により道路とされる敷地部分約284㎡を含みます。
  (注6)総賃貸可能面積、総賃料収入(年間)及び敷金・保証金については、準共有持分割合(50%)に相当する数値を記載しています。
             91/231







                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-3 キュープラザ恵比寿          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     8,430百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     11,900百万円       信託設定日   2012年6月13日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅 徒歩1分
  所在地(住居表示)     東京都渋谷区恵比寿一丁目8番12号
  土地  地番   東京都渋谷区恵比寿一丁目     建物  竣工年月   2008年8月
       1番4外
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数   鉄骨・鉄筋コンクリート
                 造/地下1階地上6階
    容積率   500.00%       用途   店舗・スポーツセンター
    用途地域   商業地域       延床面積   4,670.02㎡
    敷地面積   956.38㎡       駐車場台数   3台
    所有形態   所有権一部借地権   (注2)    所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     4,024.88㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社東急スポーツオア     テナント数     4
       シス
  総賃料収入(年間)     485百万円     敷金・保証金     475百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)借地権部分の面積は398.20㎡(公簿)です。
             92/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-5 京都烏丸パーキングビル          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     8,860百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     11,200百万円       信託設定日   土地:2005年6月30日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)          建物:2006年8月10日
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     阪急京都線「烏丸」駅、京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅 徒歩1分
  所在地(住居表示)     京都府京都市中京区元法然寺町678番
  土地  地番   京都府京都市中京区錦小路通     建物  竣工年月   2006年7月
       烏丸東入元法然寺町678番外
    建蔽率   100.00%  (注)      構造/階数   鉄骨造/地下1階地上9階
    容積率   700.00%       用途   駐車場・店舗
    用途地域   商業地域       延床面積   21,495.47㎡
    敷地面積   2,940.68㎡       駐車場台数   751台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     21,616.04㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     タイムズ24株式会社     テナント数     2
  総賃料収入(年間)     -     敷金・保証金     -
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
             93/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-7 神戸旧居留地25番館          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2013年12月19日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     21,330百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     27,400百万円       信託設定日   土地:2005年2月14日、
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)             2006年2月27日
                 建物:2013年8月7日
              信託期間満了日   2023年8月31日
  最寄駅     神戸市営地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前」駅 徒歩5分
       JR東海道本線「三ノ宮」駅 徒歩9分
       阪急神戸線・阪神本線・神戸高速鉄道・神戸市営地下鉄西神・山手線「三宮」駅 徒歩
       9分
  所在地(住居表示)     兵庫県神戸市中央区京町25番地
  土地  地番   兵庫県神戸市中央区京町25     建物  竣工年月   2010年1月
       番外
    建蔽率   100.00%  (注)      構造/階数   鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリー
                 ト造/地下3階地上18階
    容積率   754.35%       用途   ホテル・店舗・駐車場
    用途地域   商業地域       延床面積   27,010.67㎡
    敷地面積   3,013.68㎡       駐車場台数   141台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     19,653.90㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社Plan・Do・See     テナント数     7
  総賃料収入(年間)     1,254百万円     敷金・保証金     1,431百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
             94/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-8 A-FLAG札幌          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2013年12月19日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     4,410百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     7,250百万円       信託設定日   2013年3月1日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2023年2月28日
  最寄駅     札幌市営地下鉄南北線「すすきの」駅 徒歩2分
       札幌市営地下鉄東豊線「豊水すすきの」駅 徒歩8分
  所在地(住居表示)     北海道札幌市中央区南四条西五丁目1番
  土地  地番   北海道札幌市中央区南四条     建物  竣工年月   1980年5月(1983年7月増
       西五丁目1番          築)
    建蔽率   100.00%  (注)      構造/階数   鉄骨鉄筋コンクリート・鉄
                 筋コンクリート造/地下1
                 階地上12階
    容積率   800.00%       用途   ホテル・店舗
    用途地域   商業地域       延床面積   27,277.85㎡
    敷地面積   4,438.39㎡       駐車場台数   117台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     21,229.16㎡     稼働率     99.6%
  代表的テナント     株式会社東急ホテルズ     テナント数     16
  総賃料収入(年間)     620百万円     敷金・保証金     123百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
             95/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-9 A-FLAG渋谷          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2013年12月19日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     6,370百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     8,110百万円       信託設定日   2006年4月24日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2023年12月31日
  最寄駅     東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、東急田園都市線・東横線「渋谷」駅
       徒歩4分
       京王井の頭線「渋谷」駅 徒歩5分
       JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン「渋谷」駅 徒歩6分
  所在地(住居表示)     東京都渋谷区宇田川町32番13号
  土地  地番   東京都渋谷区宇田川町82番     建物  竣工年月   1988年6月  (注3)
       8外
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数   鉄筋コンクリート造/地下
                 1階地上5階
    容積率   666.60%  (注2)      用途   店舗
    用途地域   商業地域       延床面積   3,389.86㎡
    敷地面積   701.21㎡       駐車場台数   4台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     3,403.07㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社ジーユー     テナント数     2
  総賃料収入(年間)     420百万円     敷金・保証金     179百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)本物件の土地の指定容積率は700.00%ですが、前面道路の幅員による規制が優先され、建築基準法第52条第2項及び第9項により、
   666.60%と算定しています。
  (注3)検査済証における工事完了検査年月を記載しています。
             96/231









                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-10 キュープラザ心斎橋          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2015年12月16日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     13,350百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     14,700百万円       信託設定日   2015年12月16日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2025年12月31日
  最寄駅     Osaka Metro御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅 徒歩1分
  所在地(住居表示)     大阪府大阪市中央区心斎橋筋一丁目1番10号
  土地  地番   大阪府大阪市中央区心斎橋     建物  竣工年月   2007年11月
       筋一丁目46番2外
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数   鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリー
                 ト・鉄筋コンクリート造/
                 地下2階地上8階
    容積率   800.00%       用途   店舗
    用途地域   商業地域       延床面積   3,822.45㎡
    敷地面積   491.19㎡       駐車場台数   敷地外5台  (注2)
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     2,820.23㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社ココカラファイン     テナント数     6
       ヘルスケア
  総賃料収入(年間)     671百万円     敷金・保証金     433百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)防火地域における耐火建築物のため、       建蔽率 につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)大阪市建築物における駐車施設の附置等に関する条例に基づく駐車場附置義務台数(5台)を敷地外に確保しています。
             97/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-11 A-FLAG骨董通り          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2016年12月20日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     4,370百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     5,020百万円       信託設定日   2016年12月20日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2026年12月31日
  最寄駅     東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅 徒歩4分
  所在地(住居表示)     東京都港区南青山五丁目4番40号
  土地  地番   東京都港区南青山五丁目455     建物  竣工年月   1992年1月
       番外
    建蔽率   92.80% (注)      構造/階数   鉄筋コンクリート造/地下
                 2階地上5階
    容積率   492.80%       用途   店舗、事務所、車庫
    用途地域   商業地域、第二種中高層住       延床面積   3,358.28㎡
       居専用地域
    敷地面積   776.78㎡       駐車場台数   4台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     2,656.53㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社アマン     テナント数     7
  総賃料収入(年間)     234百万円     敷金・保証金     181百万円
  特記事項:
  ・本物件の一部は、都市計画道路区域内に存しています。事業決定はなされておらず、事業実施時期は未定ですが、
  事業決定がなされた場合には、本物件の建物の一部が除去対象となる可能性があります。
  (注)本物件は2つの用途地域に立地しており、それぞれの立地面積において按分した数値を記載しています。また防火地域における耐火建
   築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
             98/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-12 A-FLAG美術館通り          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2016年12月2日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     4,700百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     4,860百万円       信託設定日   2005年2月25日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2026年11月30日
  最寄駅     東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅 徒歩7分
  所在地(住居表示)     東京都港区南青山六丁目3番16号
  土地  地番   東京都港区南青山六丁目42     建物  竣工年月   1998年12月
       番10外
    建蔽率   70.00% (注)      構造/階数   鉄骨鉄筋コンクリート・鉄
                 骨造/地下2階地上2階
    容積率   300.00%       用途   店舗・事務所
    用途地域   第一種住居地域、第一種中       延床面積   2,221.98㎡
       高層住居専用地域
    敷地面積   837.87㎡       駐車場台数   2台
    所有形態   借地権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     1,994.65㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社ブルーノート・     テナント数     4
       ジャパン
  総賃料収入(年間)     239百万円     敷金・保証金     241百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)角地のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
             99/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-13 A-FLAG代官山ウエスト          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2017年1月6日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     2,280百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     2,400百万円       信託設定日   土地:1989年9月13日、
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
                    1990年2月6日
                 建物:1992年8月11日
              信託期間満了日   2026年12月31日
  最寄駅     東急東横線「代官山」駅 徒歩4分
  所在地(住居表示)     東京都渋谷区猿楽町11番6号
  土地  地番   東京都渋谷区猿楽町54番2     建物  竣工年月   1992年4月
       外
    建蔽率   70.00% (注)      構造/階数   鉄骨鉄筋コンクリート造/
                 地下2階地上4階
    容積率   329.70%       用途   店舗・事務所
    用途地域   第二種住居地域、第二種低       延床面積   4,036.27㎡
       層住居専用地域
    敷地面積   1,044.67㎡       駐車場台数   18台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     2,579.08㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     -     テナント数     1
  総賃料収入(年間)     -     敷金・保証金     -
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            100/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-14 A-FLAG北心斎橋          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2017年12月1日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     4,725百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     4,780百万円       信託設定日   2017年6月16日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2027年12月31日
  最寄駅     Osaka Metro 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅 徒歩3分
  所在地(住居表示)     大阪府大阪市中央区南船場三丁目10番11号
  土地  地番   大阪府大阪市中央区南船場     建物  竣工年月   2008年3月
       三丁目2番2
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数   鉄骨・鉄筋コンクリート造
                 /地下1階地上7階
    容積率   1,000.00%       用途   店舗・事務所・車庫
    用途地域   商業地域       延床面積   3,096.18㎡
    敷地面積   627.13㎡       駐車場台数   敷地内2台/敷地外3台
                 (注2)
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     2,536.75  ㎡    稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社プレスコーポレー     テナント数     5
       ション
  総賃料収入(年間)     187百万円     敷金・保証金     125百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)防火地域における耐火建築物のため、       建蔽率 につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)大阪市建築物における駐車施設の附置等に関する条例に基づく駐車場附置義務台数(5台)のうち、敷地内に2台を、敷地外に3台
   を確保しています。
            101/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-15 デックス東京ビーチ          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2018年1月5日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     12,740百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     12,887百万円       信託設定日   土地:2016年7月29日
            概要
  (価格時点)  (注1)   (2019年11月30日)          建物:2013年9月27日
              信託期間満了日   2027年12月31日
  最寄駅     東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)      「お台場海浜公園」駅 徒歩2分
       東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」駅 徒歩5分
  所在地(住居表示)     東京都港区台場一丁目6番1号
  土地  地番   東京都港区台場一丁目5番     建物  竣工年月   1996年6月(2000年11月増
                 築)
    建蔽率   100.00%  (注2)      構造/階数   鉄骨造/地上8階
    容積率   300.00%       用途   店舗・遊技場・工場・駐車
                 場
    用途地域   商業地域       延床面積   67,506.91㎡
    敷地面積   18,703.45㎡       駐車場台数   548台
    所有形態   所有権(準共有持分49%)       所有形態   所有権(準共有持分49%)
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積   (注3)  16,125.56㎡     稼働率     99.2%
  代表的テナント     CAセガジョイポリス株式     テナント数     81
       会社
  総賃料収入(年間)   (注3)  651百万円     敷金・保証金  (注3)   488百万円
  特記事項:
  ・各準共有者は、その持分売却に際し、他の準共有者へ予め通知をし、購入希望があればその者と協議し、協議が
  整った場合にはその者に売却すること、また、協議が整わない場合にその後第三者への売却に合意し実行する際に
  は、他の準共有者へ再度通知をし、同一の売却条件での購入を希望するかを問い、購入を希望する場合には当該準
  共有者へ売却する旨、各準共有者間で合意しています。
  ・信託受託者及び各準共有者は、以下の①乃至③を遵守する場合に限り、本物件の土地の所有権又は本物件に係る信
  託受益権を第三者に譲渡することができる旨、東京都との間で合意しています。
  ① 譲渡する相手は、臨海副都心におけるまちづくりに協力する者を選定すること。
  ② 譲渡予定日前に、東京都の指定する書面により当該譲渡の内容を東京都に通知すること。
  ③ 東京都、信託受託者及び各準共有者が、譲渡する相手との間で、地位の承継に関し新たに覚書を締結するこ
   と。
  ・本物件については、東京都との間で覚書を締結しており、一般社団法人臨海副都心まちづくり協議会への入会及び
  会員規則等の遵守、まちづくりガイドラインの遵守、臨海副都心のまちづくりへの協力等の義務を負っています。
  当該覚書に定める義務を履行しないときは、東京都から改善指示がなされる場合があり、改善指示にかかわらず当
  該義務を履行しないこと等により当該覚書が解除された場合には、原状回復義務等を負う可能性があります。
  (注1)鑑定評価額については、準共有持分割合(49%)に相当する数値を記載しています。
  (注2)防火地域における耐火建築物のため、       建蔽率 につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注3)総賃貸可能面積、総賃料収入(年間)及び敷金・保証金については、準共有持分割合(49%)に相当する数値を記載しています。
            102/231





                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-16 東急プラザ銀座(底地)

            分類     都市型商業施設
          特定資産の概要
  取得年月日     2019年1月10日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     37,500百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額(価格時点)     39,000百万円       信託設定日   2007年9月28日
            概要
  (注1)
       (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2029年1月31日
  最寄駅     東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座」駅         徒歩1分(直結)
  所在地(住居表示)     東京都中央区銀座五丁目2番1号
  土地  地番   東京都中央区銀座五丁目102     建物  竣工年月   -
       番1外
    建蔽率   100.00%  (注2)      構造/階数   -
    容積率   1,100.00%  (注3)     用途   -
    用途地域   商業地域       延床面積   -
    敷地面積   3,766.80㎡       駐車場台数   -
    所有形態   所有権(準共有持分30%)       所有形態   -
  PM会社     -     マスターリース会社     -
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積   (注4)  1,130.04㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     三井住友信託銀行株式会社     テナント数     1
  総賃料収入(年間)   (注4)  1,143百万円     敷金・保証金  (注4)   572百万円
  特記事項:
  ・各準共有者は、その持分売却に際し、原則として、他の準共有者へ予め通知をし、購入希望があればその者と協議
  し、協議が整った場合にはその者に売却すること、また、協議が整わない場合にその後第三者への売却に合意し実
  行する際には、他の準共有者へ再度通知をし、同一の売却条件での購入を希望するかを問い、購入を希望する場合
  には当該準共有者へ売却する旨、各準共有者間で合意しています。
  ・本投資法人は、他の準共有者が本物件(底地)上の建物又は当該建物に係る信託受益権を信託受託者をして売却さ
  せ又は自ら売却する場合、一定の場合を除き、その取得についての優先交渉権の付与を受けます。
  ・本物件(底地)に係る借地契約において、本物件(底地)に係る信託受益権の譲渡について信託受託者が承諾する
  場合、又は本物件(底地)を第三者に譲渡する場合は、本物件(底地)の賃借人の事前の書面による承諾を得なけ
  ればならない旨、合意しています。
  (注1)鑑定評価額については、準共有持分割合(30%)に相当する数値を記載しています。
  (注2)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注3)機能更新型高度利用地区における容積率緩和に基づき、容積率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注4)総賃貸可能面積、総賃料収入(年間)及び敷金・保証金については、準共有持分割合(30%)に相当する数値を記載しています。
            103/231









                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  UR-17 キュープラザ原宿          分類     都市型商業施設

          特定資産の概要
  取得年月日     2019年1月10日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     13,200百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     13,300百万円       信託設定日   土地:2004年6月30日
            概要
  (価格時点)  (注1)   (2019年11月30日)          建物:2015年3月16日
              信託期間満了日   2029年1月31日
  最寄駅     東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前〈原宿〉」駅 徒歩2分
  所在地(住居表示)     東京都渋谷区神宮前六丁目28番6号
  土地  地番   東京都渋谷区神宮前六丁目     建物  竣工年月   2015年3月
       28番6
    建蔽率   (A棟)85.01%       構造/階数   (A棟)鉄骨・鉄骨鉄筋コ
                 ンクリート造/地下2階地
       (B棟)60.00%
                 上11階
       (注2)
                 (B棟)鉄骨・鉄骨鉄筋コ
                 ンクリート造/地下1階地
                 上2階
    容積率   (A棟)400.03%       用途   (A棟)店舗
                 (B棟)会館
       (B棟)160.00%
    用途地域   商業地域/第二種中高層住       延床面積   7,667.27㎡  (注3)
       居専用地域
    敷地面積   2,165.54㎡       駐車場台数   22台
    所有形態   所有権(準共有持分60%)       所有形態   所有権(準共有持分60%)
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積   (注4)  3,378.49㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社テイクアンド     テナント数     16
       ギヴ・ニーズ
  総賃料収入(年間)   (注4)  456百万円     敷金・保証金  (注4)   340百万円
  特記事項:
  ・各準共有者は、その持分売却に際し、他の準共有者へ予め通知をし、購入希望があればその者と協議し、協議が
  整った場合にはその者に売却すること、また、協議が整わない場合にその後第三者への売却に合意し実行する際に
  は、他の準共有者へ再度通知をし、同一の売却条件での購入を希望するかを問い、購入を希望する場合には当該準
  共有者へ売却する旨、各準共有者間で合意しています。
  (注1)鑑定評価額については、準共有持分割合(60%)に相当する数値を記載しています。
  (注2)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注3)本物件は、2棟に分かれており、各延床面積の合計を記載しています。
  (注4)総賃貸可能面積、総賃料収入(年間)及び敷金・保証金については、準共有持分割合(60%)に相当する数値を記載しています。
            104/231







                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-1 東急不動産恵比寿ビル          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     7,400百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     11,800百万円       信託設定日   2012年6月13日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン「恵比寿」駅 徒歩4分
       東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅 徒歩6分
  所在地(住居表示)     東京都渋谷区恵比寿一丁目18番18号
  土地  地番   東京都渋谷区恵比寿一丁目     建物  竣工年月   1993年3月
       65番5外
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数   鉄骨鉄筋コンクリート造/
                 地下1階地上9階
    容積率   500.00%       用途   事務所・駐車場
    用途地域   商業地域       延床面積   10,297.73㎡
    敷地面積   1,785.15㎡  (注2)     駐車場台数   55台
    所有形態   所有権一部借地権   (注3)    所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     7,342.60㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     東京日産コンピュータシス     テナント数     12
       テム株式会社
  総賃料収入(年間)     632百万円     敷金・保証金     548百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)建築基準法第42条第2項により道路とみなされる敷地部分約78㎡(所有権部分につき約14㎡、借地権部分につき約64㎡)を含みま
   す。
  (注3)借地権部分の面積は731.45㎡(公簿)です。
            105/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-2 A-PLACE恵比寿南          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     9,640百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     15,200百万円       信託設定日   2011年9月29日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅 徒歩4分
  所在地(住居表示)     東京都渋谷区恵比寿南一丁目15番1号
  土地  地番   東京都渋谷区恵比寿南一丁     建物  竣工年月   1995年1月
       目15番1
    建蔽率   80.00% (注)      構造/階数   鉄骨鉄筋コンクリート造/
                 地下1階地上6階
    容積率   328.44%       用途   事務所・駐車場
    用途地域   第2種住居地域、第1種住       延床面積   12,167.57㎡
       居地域
    敷地面積   3,585.34㎡       駐車場台数   50台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     7,950.49  ㎡    稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社ヒロフ     テナント数     11
  総賃料収入(年間)     733百万円     敷金・保証金     605百万円
  特記事項:
  ・本物件の建物竣工後に用途地域が変更されたため、当該建物は3,000㎡を超える事務所が再築できない点において既
  存不適格となっています。
  (注)角地及び防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            106/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-3 A-PLACE代々木          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     4,070百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     4,970百万円       信託設定日   2012年6月13日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     JR山手線・中央・総武線、都営大江戸線「代々木」駅 徒歩3分
  所在地(住居表示)     東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目23番15号
  土地  地番   東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁     建物  竣工年月   2007年2月
       目23番6外
    建蔽率   95.91% (注1)      構造/階数   鉄骨造/地下1階地上10階
    容積率   572.76%       用途   事務所・車庫
    用途地域   商業地域、第2種住居地域       延床面積   4,201.59㎡
    敷地面積   723.17㎡  (注2)      駐車場台数   13台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     3,106.17㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     -     テナント数     3
  総賃料収入(年間)     251百万円     敷金・保証金     231百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)建築基準法第42条第2項により道路とみなされる敷地部分約10㎡を含みます。
            107/231












                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-4 A-PLACE青山          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     8,790百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     10,400百万円       信託設定日   2008年1月31日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     東京メトロ銀座線「外苑前」駅 徒歩4分
  所在地(住居表示)     東京都港区北青山二丁目11番3号
  土地  地番   東京都港区北青山二丁目65     建物  竣工年月   1966年9月
            (注3)
       番1外
    建蔽率   70.00% (注1)      構造/階数   鉄筋コンクリート造/地下
                 1階地上9階
    容積率   228.32%       用途   事務所
    用途地域   第1種住居地域       延床面積   9,958.33㎡
    敷地面積   3,630.51㎡  (注2)     駐車場台数   24台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     7,303.69㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社マイネット     テナント数     8
  総賃料収入(年間)     568百万円     敷金・保証金     534百万円
  特記事項:
  ・建築確認申請後、基準容積率が規定され、当該建物は容積率の点で建築基準法の要件を満たさない、かつ、建物竣
  工後に用途地域が変更されたため、当該建物は3,000㎡を超える事務所が再築できない点において既存不適格となっ
  ています。
  (注1)角地のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)建築基準法第42条第1項により道路とされる敷地部分約283㎡を含みます。
  (注3)本物件の建物につき耐震補強工事が施工されており、施工後の当該建物につき建物診断を実施した結果、2008年9月において、株式
   会社日建設計一級建築士事務所より、建築物の耐震改修の促進に関する法律に定める耐震関係規定又は地震に対する安全上これに準
   ずる旨の国土交通省告示に適合しているとの確認を得ています。
            108/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-5 ルオーゴ汐留          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     4,540百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     6,570百万円       信託設定日   2011年3月18日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     都営地下鉄大江戸線・東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「汐留」駅 徒歩4分
       JR東海道線・山手線・京浜東北線・横須賀線、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線、
       東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「新橋」駅 徒歩5分
  所在地(住居表示)     東京都港区東新橋二丁目3番3号
  土地  地番   東京都港区東新橋二丁目51     建物  竣工年月   2004年7月
       番6外 (注1)
    建蔽率   100.00%  (注2)      構造/階数   鉄骨・鉄筋コンクリート
                 造/地下1階地上11階
    容積率   700.00%       用途   事務所
    用途地域   商業地域       延床面積   8,242.61㎡
    敷地面積   1,134.44㎡       駐車場台数   28台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     4,476.35㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社リクルート     テナント数     7
  総賃料収入(年間)     332百万円     敷金・保証金     293百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1) 地番については、換地処分後のものを記載しています。
  (注2)防火地域における耐火建築物のため、       建蔽率 につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            109/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-6 田町スクエア(底地)

            分類     東京オフィス
          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     2,338百万円  (注1)   信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     3,000百万円       信託設定日   2012年6月13日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     都営地下鉄浅草線・三田線「三田」駅 徒歩2分
       JR山手線・京浜東北線「田町」駅 徒歩4分
  所在地(住居表示)     東京都港区芝五丁目26番24号
  土地  地番   東京都港区芝五丁目9番1     建物  竣工年月   -
    建蔽率   100.00%  (注2)      構造/階数   -
    容積率   500.00%       用途   -
    用途地域   商業地域       延床面積   -
    敷地面積   1,287.96㎡       駐車場台数   -
    所有形態   所有権       所有形態   -
  PM会社     -     マスターリース会社     -
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     1,287.96㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     三井住友信託銀行株式会社     テナント数     1
  総賃料収入(年間)     125百万円     敷金・保証金     -
  特記事項:
  ・建物の譲渡先である東急不動産株式会社が、建物を取り壊したうえで新建物を建設した場合、本投資法人は、譲渡
  先との間で、新建物の竣工日から1年の間、当該建物の取得についての優先交渉権を得ます。
  ・本投資法人及び譲渡先は、上記優先交渉期間満了日の翌日から4年の間、本物件(底地)の売買についての優先交
  渉権を有します。
  (注1)「田町スクエア(底地)」は、2014年5月30日付で建物を信託財産とする信託受益権を東急不動産株式会社に譲渡しました。取得価
   格は、取得時(2012年6月13日)の土地取得価格を記載しています。
  (注2)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            110/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-7 A-PLACE池袋          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     3,990百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     5,270百万円       信託設定日   2012年6月13日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ丸の内線・有楽町線・副都心線、西武
       池袋線、東武東上線「池袋」駅 徒歩6分
  所在地(住居表示)     東京都豊島区南池袋一丁目16番22号
  土地  地番   東京都豊島区南池袋一丁目     建物  竣工年月   2011年10月
       22番1外
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数   鉄骨・鉄筋コンクリート
                 造/地下1階地上7階
    容積率   595.42%       用途   事務所・店舗・駐車場
    用途地域   商業地域       延床面積   4,709.05㎡
    敷地面積   755.05㎡  (注2)      駐車場台数   14台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     3,409.73㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社リソー教育     テナント数     1
  総賃料収入(年間)     -     敷金・保証金     -
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)建築基準法第42条第2項により道路とみなされる敷地部分約8㎡を含みます。
            111/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-8 A-PLACE新橋          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2013年4月19日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     5,650百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     7,250百万円       信託設定日   2013年4月19日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2023年4月30日
  最寄駅     JR東海道線・山手線・京浜東北線・横須賀線、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線、
       東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「新橋」駅 徒歩3分
  所在地(住居表示)     東京都港区新橋四丁目11番1号
  土地  地番   東京都港区新橋四丁目32番     建物  竣工年月   1999年3月  (注1)
       10外
    建蔽率   100.00%  (注2)      構造/階数   鉄筋コンクリート、鉄骨鉄
                 筋コンクリート造/地下2
                 階地上9階
    容積率   700.00%       用途   店舗・事務所・共同住宅・
                 駐車場・倉庫
    用途地域   商業地域       延床面積   7,143.97㎡
    敷地面積   1,035.45㎡       駐車場台数   24台
    所有形態   所有権一部借地権   (注3)    所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー (注4)
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     5,052.14㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社PFU     テナント数     10
  総賃料収入(年間)     370百万円     敷金・保証金     310百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)検査済証における工事完了検査年月日を記載しています。
  (注2)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注3)借地権部分の面積は    66.84㎡(公簿)です。
  (注4)9階貸室部分については、東急住宅リース株式会社がサブマスターリース会社(転借人)となっています。
            112/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-9 A-PLACE五反田          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2014年1月10日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     5,730百万円     信託受  信託受託者   みずほ信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     7,970百万円       信託設定日   土地:2003年1月31日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)          建物:2012年3月15日
              信託期間満了日   2023年12月31日
  最寄駅     都営地下鉄浅草線「五反田」駅 徒歩3分
       JR山手線「五反田」駅 徒歩4分
  所在地(住居表示)     東京都品川区西五反田二丁目27番3号
  土地  地番   東京都品川区西五反田二丁     建物  竣工年月   2012年2月
       目27番10外
    建蔽率   100.00%  (注)      構造/階数   鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリー
                 ト造/地下1階地上10階
    容積率   783.21%       用途   事務所・店舗・駐車場
    用途地域   商業地域       延床面積   5,782.65㎡
    敷地面積   694.01㎡       駐車場台数   19台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     4,028.69㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     フェンリル株式会社     テナント数     11
  総賃料収入(年間)     368百万円     敷金・保証金     338百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            113/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-10 A-PLACE品川          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2014年1月10日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     3,800百万円     信託受  信託受託者   みずほ信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     5,430百万円       信託設定日   土地:1988年12月15日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)          建物:1991年12月6日
              信託期間満了日   2023年12月31日
  最寄駅     JR山手線・東海道新幹線・東海道線・京浜東北線・横須賀線、京急本線「品川」駅
       徒歩4分
  所在地(住居表示)     東京都港区港南一丁目8番40号
  土地  地番   東京都港区港南一丁目6番     建物  竣工年月   1991年9月
       12
    建蔽率   100.00%  (注)      構造/階数   鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリー
                 ト造/地下1階地上8階
    容積率   600.00%       用途   事務所・駐車場
    用途地域   商業地域       延床面積   3,937.61㎡
    敷地面積   638.44㎡       駐車場台数   13台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     2,986.36㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     -     テナント数     8
  総賃料収入(年間)     250百万円     敷金・保証金     234百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            114/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-11 大崎ウィズタワー          分類     東京オフィス

          特定資産の概要   (注1)
  取得年月日     2014年6月24日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     10,690百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     14,600 百万円      信託設定日   2014年6月24日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2024年6月30日
  最寄駅     JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・東京臨海高速鉄道りんかい線「大崎」駅             徒歩4
       分
  所在地(住居表示)     東京都品川区大崎二丁目11番1号
  土地  地番   東京都品川区大崎二丁目888     建物  竣工年月   2014年1月
       番1
    建蔽率   60.00%       構造/階数   鉄骨・鉄筋コンクリート・
                 鉄骨鉄筋コンクリート造/
                 地下2階地上25階(本施設
                 全体)
    容積率   650.00%       用途   事務所、住居、店舗等
                 (本施設全体)
    用途地域   準工業地域、近隣商業地域       延床面積   54,363.84㎡(本施設全
                 体)
    敷地面積   7,171.46㎡       駐車場台数   156台(本施設全体)
       (本施設全体の敷地)
    所有形態   敷地権(共有持分割合:       所有形態   区分所有権(専有部分4階
       31,246,760/100,000,000)          から11階、合計7,122㎡)
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況   (注2)
  総賃貸可能面積     7,193.28㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社キューブシステム     テナント数     5
  総賃料収入(年間)     668百万円     敷金・保証金     668百万円
  特記事項:
  ・区分所有者間の覚書及び規約において、各区分所有権の譲渡に係る他の区分所有者の優先交渉権に関する事項が定
  められています。
  (注1)本投資法人による保有対象は、事務所、住宅、店舗等から構成される大型複合施設「大崎ウィズシティ」(本施設全体)のうち、事
   務所をメインに構成された「大崎ウィズタワー」と呼ばれるオフィスビルの4階から11階です。
  (注2)本区分所有建物につき本投資法人の取得に係る区分所有部分を記載しています。
            115/231








                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-12 汐留ビルディング          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日  (注1)   ①2015年1月9日     特定資産の種類     信託受益権
       ②2015年12月16日
       ③2016年12月2日
  取得価格     71,600百万円  (注1)   信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     77,700百万円  (注1)     信託設定日   土地:2004年3月22日、
  (価格時点)                  2004年3月30日、
       (2019年11月30日)
                    2005年3月17日
                 建物:2007年12月28日
              信託期間満了日   2022年3月31日
  最寄駅     JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅 徒歩3分
       都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門」駅 徒歩3分
  所在地(住居表示)     東京都港区海岸一丁目2番20号
  土地  地番   東京都港区海岸一丁目71番     建物  竣工年月   2007年12月
       19外
    建蔽率   100.00%  (注2)      構造/階数   鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリー
                 ト造/地下2階地上24階
    容積率   900.00%       用途   事務所・店舗・駐車場
    用途地域   商業地域       延床面積   115,930.83㎡
    敷地面積   12,054.22㎡       駐車場台数   259台
    所有形態   所有権(準共有持分35%)       所有形態   所有権(準共有持分35%)
  PM会社     三菱地所プロパティマネジ     マスターリース会社     -
       メント株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     28,136.05㎡  (注1)   稼働率     99.7%
  代表的テナント     エヌ・ティ・ティ・コミュ     テナント数     38
       ニケーションズ株式会社
  総賃料収入(年間)     3,228百万円  (注1)   敷金・保証金     2,668百万円  (注1)
  特記事項:
  ・当該受益権は準共有されており、準共有者間の協定書において、当該受益者の準共有持分の譲渡に係る他の準共有者
  の優先交渉権に関する事項が定められています。
  ・土地の一部に鉄道構造物保護及び地下鉄道敷設を目的とした区分地上権が設定されています。
  (注1)2015年1月9日付で準共有持分(15%)を取得し(取得価格:30,300百万円)、2015年12月16日付及び                2016年12月2日付   で、それぞ
   れ準共有持分(10%)を追加取得しています(取得価格:20,400百万円及び20,900百万円)。
   なお、取得価格は当初取得価格と追加取得価格の合計を、鑑定評価額、総賃貸可能面積、総賃料収入(年間)及び敷金・保証金は準共
   有持分割合(35%)に相当する数値を記載しています。
  (注2)防火地域における耐火建築物のため、       建蔽率 につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            116/231







                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-13 A-PLACE恵比寿東          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2015年7月29日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     7,072百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
       7,720百万円
            益権の
  鑑定評価額            信託設定日   2015年7月29日
       (2019年11月30日)
            概要
  (価格時点)
              信託期間満了日   2025年7月31日
  最寄駅     JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅 徒歩6分
  所在地(住居表示)     東京都渋谷区東三丁目13番11号
       東京都渋谷区東三丁目
  土地  地番        建物  竣工年月   1992年1月
       25番1外
                 鉄骨鉄筋コンクリート造/
    建蔽率   95.39% (注1)      構造/階数
                 地下2階地上10階
    容積率   469.31%       用途   事務所、駐車場
    用途地域   商業地域、第一種住居地域       延床面積   5,321.23㎡
    敷地面積   1,273.97㎡  (注2)     駐車場台数   15台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     4,010.69㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     医療法人社団こうのとり会     テナント数     8(注3 )
  総賃料収入(年間)     336百万円     敷金・保証金     245百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1) 本物件は2つの用途地域に立地しており、それぞれの立地面積において按分した数値を記載しています。また防火地域における耐火
   建築物のため、  建蔽率 につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています        。
  (注2) 建築基準法第42条第1項及び第2項により道路とされる敷地部分約146㎡を含みます            。
  (注3) 別の用途で複数階を利用するテナントにつき、それぞれの用途に応じ別のテナントとしてテナント数を計算しています。
            117/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-14 A-PLACE渋谷金王          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2015年10月1日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     4,810百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
       5,680百万円
            益権の
  鑑定評価額            信託設定日   2015年10月1日
       (2019年11月30日)
            概要
  (価格時点)
              信託期間満了日   2025年9月30日
  最寄駅     JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン「渋谷」駅 徒歩4分 他
  所在地(住居表示)     東京都渋谷区渋谷三丁目3番1号
       東京都渋谷区渋谷三丁目
  土地  地番        建物  竣工年月   1992年3月
       3番8外
                 鉄骨鉄筋コンクリート・鉄
    建蔽率   100.00%  (注)      構造/階数
                 骨造/地下1階地上8階
    容積率   500.00%       用途   事務所、駐車場
    用途地域   商業地域       延床面積   4,331.70㎡
    敷地面積   817.68㎡       駐車場台数   6台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     2,995.72㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社シー・エス・イー     テナント数     4
  総賃料収入(年間)     225百万円     敷金・保証金     155百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)本物件は、防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            118/231












                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-15 A-PLACE五反田駅前          分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2016年7月1日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     7,280百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     7,860百万円       信託設定日   2002年2月1日
  (価格時点)
       (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2026年7月31日
  最寄駅     JR山手線・都営地下鉄浅草線・東急池上線「五反田」駅 徒歩1分
  所在地(住居表示)     東京都品川区西五反田一丁目5番1号
  土地  地番   東京都品川区西五反田一丁     建物  竣工年月   1993年11月
       目5番11外
                 鉄骨鉄筋コンクリート造/
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数
                 地下1階地上9階
    容積率   773.33%       用途   事務所・店舗
    用途地域   商業地域       延床面積   5,961.02㎡
    敷地面積   752.59㎡       駐車場台数   16台
    所有形態   所有権一部借地権   (注2)    所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     4,316.89㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     野村ファシリティーズ     テナント数     10
       株式会社
  総賃料収入(年間)     347百万円     敷金・保証金     300百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)本物件は、防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)借地権部分の面積は35.17㎡(公簿)です。
            119/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-16  A-PLACE品川東         分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2017年3月16日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     18,800百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     20,600百万円       信託設定日   2003年3月4日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2027年3月31日
  最寄駅     JR山手線・東海道新幹線・東海道線・京浜東北線・横須賀線、京急本線「品川」駅 徒
       歩7分
  所在地(住居表示)     東京都港区港南一丁目7番18号
  土地  地番   東京都港区港南一丁目6番     建物  竣工年月   1985年8月(本館)、
       16外          1999年9月(別館)
    建蔽率   100.00 %(注1)      構造/階数   鉄骨鉄筋コンクリート造/
                 地下1階地上8階
    容積率   600.00 %      用途   事務所、店舗
    用途地域   商業地域       延床面積   21,114.32㎡
    敷地面積   3,337.77㎡       駐車場台数   50台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     14,658.98㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     水ing株式会社  (注2)   テナント数     9
  総賃料収入(年間)     989百万円     敷金・保証金     894百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)本物件は、防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)2019年10月31日付で、賃貸借期間を2020年2月1日から2022年4月30日、増床面積を387.90㎡とする普通建物賃貸借契約を新たに締結
   しています。
            120/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  TO-17   A-PLACE  新橋 駅前      分類     東京オフィス

          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     20,500百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     20,400百万円       信託設定日   土地:2005年3月30日、
  (価格時点)     (2019年11月30日)           2006年6月29日
                 建物:2008年5月15日
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     JR東海道線・山手線・京浜東北線・横須賀線、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線、
       東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「新橋」駅 徒歩1分
  所在地(住居表示)     東京都港区新橋一丁目12番9号
  土地  地番   東京都港区新橋一丁目14番     建物  竣工年月   2008年4月
       1外
    建蔽率   100.00%  (注)      構造/階数   鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリー
                 ト造/地下1階地上10階
    容積率   800.00%       用途   店舗・事務所・駐車場
    用途地域   商業地域       延床面積   8,541.44㎡
    敷地面積   1,001.39㎡       駐車場台数   34台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     6,484.57㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     -     テナント数     6
  総賃料収入(年間)     781 百万円     敷金・保証金     600 百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            121/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  AA-1 あまがさきキューズモール(底地)               アクティビア・アカウント

            分類
          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     12,000百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     14,200百万円       信託設定日   2012年2月1日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     JR東海道本線・福知山線・東西線「尼崎」駅 徒歩2分
  所在地(住居表示)     (本館)兵庫県尼崎市潮江一丁目3番1号
       (フィットネス館)兵庫県尼崎市潮江一丁目2番3号
  土地  地番   兵庫県尼崎市潮江一丁目808     建物  竣工年月   -
       番外
    建蔽率   100.00%  (注)      構造/階数   -
    容積率   500.00%       用途   -
    用途地域   商業地域       延床面積   -
    敷地面積   27,465.44㎡       駐車場台数   -
    所有形態   所有権       所有形態   -
  PM会社     -     マスターリース会社     -
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     27,465.44㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     三井住友信託銀行株式会社     テナント数     1
  総賃料収入(年間)     714百万円     敷金・保証金     341百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            122/231












                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-2 icotなかもず          分類
          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     8,500百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     10,900百万円       信託設定日   土地:2006年12月18日
  (価格時点)     (2019年11月30日)          コーナン棟:
                 2007年7月12日
                 銀行棟:2008年3月19日
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     Osaka Metro御堂筋線「なかもず」駅 徒歩6分
       南海高野線「白鷺」駅 徒歩6分
       南海高野線「中百舌鳥」駅 徒歩8分
  所在地(住居表示)     大阪府堺市北区中百舌鳥町三丁428番2号
  土地  地番   大阪府堺市北区中百舌鳥町     建物  竣工年月   2007年6月(コーナン棟)
       三丁425番2外          2008年2月(銀行棟)
    建蔽率   60.00% (注1)      構造/階数   鉄骨造/地上3階
    容積率   200.00%       用途   店舗・駐車場・銀行
    用途地域   第2種住居地域       延床面積   27,408.34㎡  (注3)
    敷地面積   30,857.61㎡  (注2)     駐車場台数   677台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     28,098.02㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     コーナン商事株式会社     テナント数     2
  総賃料収入(年間)     619百万円     敷金・保証金     430百万円
  特記事項:
  ・本物件のうち、コーナン棟については、建物竣工後に都市計画法が改正され、当該建物の所在する第2種住居地域
  においては、延床面積10,000㎡を超える大規模集客施設は建築できないこととされたため、当該建物は既存不適格
  となっています。
  (注1)角地のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)建築基準法第42条第2項により道路とみなされる敷地部分約561㎡を含みます。
  (注3)本物件は、2棟に分かれており、各延床面積の合計を記載しています。
            123/231









                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-4 icot溝の口          分類
          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     2,710百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     3,240百万円       信託設定日   2004年9月10日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     東急田園都市線・大井町線「高津」駅 徒歩13分
  所在地(住居表示)     神奈川県川崎市高津区溝口六丁目11番1号
  土地  地番   神奈川県川崎市高津区溝口     建物  竣工年月   1998年7月
       六丁目837番1外
    建蔽率   70.00% (注1)      構造/階数   鉄骨造/地下1階地上4階
    容積率   200.00%       用途   店舗・駐車場
    用途地域   準工業地域       延床面積   14,032.05㎡
    敷地面積   6,128.52㎡  (注2)     駐車場台数   310台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     14,032.05㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社家具の大正堂     テナント数     1
  総賃料収入(年間)     -     敷金・保証金     100百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)角地のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)建築基準法第42条第1項により道路とされる敷地部分約158㎡を含みます。
            124/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-5 icot多摩センター          分類
          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     2,840百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     4,000百万円       信託設定日   2006年3月31日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     京王相模原線「京王多摩センター」駅、小田急多摩線「小田急多摩センター」駅、多摩
       都市モノレール線「多摩センター」駅 徒歩4分
  所在地(住居表示)     東京都多摩市落合一丁目35番
  土地  地番   東京都多摩市落合一丁目35     建物  竣工年月   2006年3月
       番
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数   鉄筋コンクリート造/地下
                 1階地上15階
    容積率   400.00%       用途   店舗・駐車場・住宅
    用途地域   商業地域       延床面積   31,553.75㎡
    敷地面積   6,110.36㎡       駐車場台数   234台
                 (区分所有部分103台
                 (注2) )
    所有形態   敷地権       所有形態   区分所有権
       (721,547/2,181,277          (専有部分11,255.63㎡
       (注2) )         (注2) )
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況   (注2)
  総賃貸可能面積     5,181.58㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社大創産業     テナント数     9
  総賃料収入(年間)     240百万円     敷金・保証金     237百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)本区分所有建物につき本投資法人の取得に係る区分所有部分を記載しています。
            125/231









                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-6 A-PLACE金山          分類
          特定資産の概要
  取得年月日     2012年6月13日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     6,980百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     8,830百万円       信託設定日   土地:2005年8月12日
  (価格時点)     (2019年11月30日)          建物:2009年2月27日
              信託期間満了日   2022年6月30日
  最寄駅     名古屋市営地下鉄名城線・名港線「金山」駅 徒歩1分
       JR中央本線・東海道本線、名鉄名古屋本線「金山」駅 徒歩2分
  所在地(住居表示)     愛知県名古屋市中区金山一丁目14番18号
  土地  地番   愛知県名古屋市中区金山一     建物  竣工年月   2009年2月
       丁目1401番外
    建蔽率   100.00%  (注)      構造/階数   鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリー
                 ト造/地下1階地上9階
    容積率   800.00%       用途   事務所・店舗
    用途地域   商業地域       延床面積   12,783.13㎡
    敷地面積   1,508.90㎡       駐車場台数   68台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     9,314.90㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社三菱UFJ銀行     テナント数     21
  総賃料収入(年間)     528百万円     敷金・保証金     427百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            126/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-7 大阪中之島ビル          分類
          特定資産の概要
  取得年月日  (注1)   ①2013年1月25日     特定資産の種類     信託受益権
       ②2014年12月19日
  取得価格     11,100百万円  (注1)   信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     15,200百万円  (注1)     信託設定日   2002年3月29日
  (価格時点)
       (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2023年1月31日
  最寄駅     京阪中之島線「大江橋」駅 徒歩1分
       Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋」駅 徒歩5分
  所在地(住居表示)     大阪府大阪市北区中之島二丁目2番2号
  土地  地番   大阪府大阪市北区中之島二     建物  竣工年月   1984年3月
       丁目13番乙外
    建蔽率   100.00%  (注2)      構造/階数   鉄骨鉄筋コンクリート造/
                 地下3階地上15階   (注3)
    容積率   1,068.78%       用途   事務所・駐車場
    用途地域   商業地域       延床面積   34,248.71㎡
    敷地面積   3,038.20㎡       駐車場台数   100台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     20,226.77㎡  (注1)   稼働率     100.0 %
  代表的テナント     -     テナント数     40
  総賃料収入(年間)     980百万円  (注1)    敷金・保証金     690百万円  (注1)
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)2013年1月25日付で準共有持分(50%)を取得し(取得価格:5,250百万円)、2014年12月19日付で残る準共有持分(50%)を追加取
   得しています(取得価格:5,850百万円)。
   なお、取得価格は当初取得価格と追加取得価格の合計を、鑑定評価額、総賃貸可能面積、総賃料収入(年間)及び敷金・保証金は準
   共有持分割合100%に相当する数値を記載しています。
  (注2)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注3)登記簿上「鉄骨鉄筋コンクリート造」となっていますが、実際は、地上部分が鉄骨造で地下部分は鉄骨鉄筋コンクリート造となって
   います。
            127/231









                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-8 icot大森          分類
          特定資産の概要
  取得年月日     2013年12月19日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     5,790百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     6,870百万円       信託設定日   2007年3月28日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2023年12月31日
  最寄駅     JR京浜東北線「大森」駅 徒歩3分
  所在地(住居表示)     東京都大田区大森北一丁目8番2号
  土地  地番   東京都大田区大森北一丁目     建物  竣工年月   2007年3月
       8番3外
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数   鉄骨・鉄筋コンクリート
                 造/地下1階地上7階
    容積率   567.45%       用途   スポーツセンター・店舗
    用途地域   商業地域       延床面積   7,040.95㎡
    敷地面積   1,242.74㎡       駐車場台数   34台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     6,209.79㎡  (注2)   稼働率     100.0%
  代表的テナント     -     テナント数     8
  総賃料収入(年間)     388百万円     敷金・保証金     359百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)総賃貸可能面積には、外部駐輪場の一部(約21㎡)と2階共用部の一部(約28㎡)を含めて算定しています。
            128/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-9 マーケットスクエア相模原          分類
          特定資産の概要
  取得年月日     2015年1月9日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     4,820百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     5,010百万円       信託設定日   2015年1月9日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2025年1月31日
  最寄駅     JR相模線「南橋本」駅    徒歩15分
  所在地(住居表示)     神奈川県相模原市中央区下九沢777番地2
  土地  地番   神奈川県相模原市中央区下     建物  竣工年月   2014年6月
       九沢字山崎782番1外
    建蔽率   70.00% (注1)      構造/階数   鉄骨造/地上2階
    容積率   200.00%       用途   店舗
    用途地域   第一種中高層住居専用地       延床面積   9,719.38㎡  (注2)
       域、第二種住居地域
    敷地面積   17,327.30㎡       駐車場台数   408台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     東急不動産SCマネジメン     マスターリース会社     東急不動産SCマネジメン
       ト株式会社          ト株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     15,152.42㎡  (注3)   稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社ケーズホールディ     テナント数     3
       ングス
  総賃料収入(年間)     -     敷金・保証金     -
  特記事項:
  該当ありません。
  (注1)角地のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)本物件の建物は、3棟に分かれており、各延床面積の合計を記載しています。
  (注3)総賃貸可能面積には、1階ピロティ駐車場部分(約5,156㎡)を含めて算定しています。
            129/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-10 梅田ゲートタワー          分類
          特定資産の概要   (注1)
  取得年月日     2016年9月21日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     19,000百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     21,400百万円       信託設定日   2013年3月29日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2026年9月30日
  最寄駅     阪急京都線他「大阪梅田」駅 徒歩3分
       Osaka Metro御堂筋線「梅田」駅 徒歩6分
       JR東海道本線他「大阪」駅 徒歩7分
  所在地(住居表示)     大阪府大阪市北区鶴野町1番9号
  土地  地番   大阪府大阪市北区鶴野町33     建物  竣工年月   2010年1月
       番外
    建蔽率   100.00%  (注2)      構造/階数   鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリー
                 ト造/地下1階地上21階
                 (本物件全体)
    容積率   800.00%       用途   事務所
    用途地域   商業地域       延床面積   22,003.14㎡(本物件全
                 体)
    敷地面積   2,671.76㎡(本物件全体の       駐車場台数   61台(本物件全体)
       敷地)
    所有形態   敷地権(共有持分割合:       所有形態   区分所有権(専有持分5階
       884/1,000)          から20階、合計14,616.58
                 ㎡)
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況   (注3)
  総賃貸可能面積     13,624.49㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     ヤンマー株式会社     テナント数     15
  総賃料収入(年間)     850百万円     敷金・保証金     586百万円
  特記事項:
  ・管理規約において、各区分所有権の譲渡に係る他の区分所有者の優先交渉権に関する事項が定められています。
  (注1)本投資法人による保有対象は、5階から20階です。
  (注2)本物件は、防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注3)本区分所有建物につき本投資法人の取得に係る区分所有部分を記載しています。
            130/231








                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-11 A-PLACE馬車道          分類
          特定資産の概要
  取得年月日     2016年10月6日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     3,930百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     4,610百万円       信託設定日   2016年10月6日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2026年10月31日
  最寄駅     みなとみらい線「馬車道」駅 徒歩1分
  所在地(住居表示)     神奈川県横浜市中区本町四丁目43番
  土地  地番   神奈川県横浜市中区本町四     建物  竣工年月   1975年5月
       丁目43番外
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数   鉄骨鉄筋コンクリート造/
                 地下2階地上12階
    容積率   800.00%       用途   事務所・スポーツクラブ
                 (注2)
    用途地域   商業地域       延床面積   14,009.06㎡
    敷地面積   1,579.85㎡       駐車場台数   70台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     9,775.50㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     株式会社スポーツプロジェ     テナント数     34
       クト
  総賃料収入(年間)     330百万円     敷金・保証金     219百万円
  特記事項:
  ・本物件の建物は、建物竣工後に定められた基準容積率を超過しています。また、本物件の建物は、建物竣工後に施
  行された景観計画(関内地区馬車道周辺特定地区)により、道路境界線から1.2m以上の壁面後退が必要とされまし
  た。これらの点で、本物件の建物は既存不適格となっています。
  (注1)本物件は、防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2)建物の用途は、登記簿上の建物種類によらず、実際の用途である事務所(地上1階から12階まで)及びスポーツクラブ(地下1階及
   び地下2階)に則して記載しています。
  (注3)本物件の建物は新耐震基準適用以前に設計された建築物ですが、株式会社竹中工務店による2016年6月付耐震診断報告書における構
   造耐震指標等の検証(第2次診断法)の結果より、所要の耐震性能を有していることが確認されています。
            131/231









                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-12 コマーシャルモール博多          分類
          特定資産の概要
  取得年月日     2018年1月5日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     6,100百万円     信託受  信託受託者   三菱UFJ信託銀行株式会
            益権の     社
            概要
  鑑定評価額     6,290百万円       信託設定日   2017年8月17日
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2027年8月31日
  最寄駅     JR鹿児島本線「竹下」駅 徒歩16分
  所在地(住居表示)     福岡県福岡市博多区東光寺町二丁目6番40号
  土地  地番   福岡県福岡市博多区東光寺     建物  竣工年月   2005年11月
       町二丁目23番外
    建蔽率   70.00% (注)      構造/階数   鉄骨造/地上3階
    容積率   200.00%       用途   百貨店・駐車場
    用途地域   準工業地域       延床面積   13,848.76㎡
    敷地面積   10,686.42㎡       駐車場台数   325台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     株式会社東急コミュニ     マスターリース会社     株式会社東急コミュニ
       ティー          ティー
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     9,612.88㎡     稼働率     95.0%
  代表的テナント     株式会社TSUTAYA     テナント数     18
  総賃料収入(年間)     331百万円     敷金・保証金     150百万円
  特記事項:
  該当ありません。
  (注)角地のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
            132/231











                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 アクティビア・アカウント

  AA-13 EDGE心斎橋          分類
          特定資産の概要
  取得年月日     2019年1月10日     特定資産の種類     信託受益権
  取得価格     19,800百万円     信託受  信託受託者   三井住友信託銀行株式会社
            益権の
  鑑定評価額     20,000百万円       信託設定日   2008年9月25日
            概要
  (価格時点)     (2019年11月30日)
              信託期間満了日   2029年1月31日
  最寄駅     Osaka Metro御堂筋線他「心斎橋」駅 徒歩4分、「なんば」駅 徒歩5分
  所在地(住居表示)     大阪市中央区西心斎橋二丁目2番3号
  土地  地番   大阪市中央区西心斎橋二丁     建物  竣工年月   1986年4月
       目28番6外
    建蔽率   100.00%  (注1)      構造/階数   鉄骨・鉄筋コンクリート・
                 鉄骨鉄筋コンクリート造/
                 地下2階地上14階
    容積率   1,000.00%       用途   事務所、店舗、車庫
    用途地域   商業地域       延床面積   23,483.28㎡
    敷地面積   2,217.78㎡       駐車場台数   78台
    所有形態   所有権       所有形態   所有権
  PM会社     野村不動産パートナーズ     マスターリース会社     -
       株式会社
          賃貸借の状況
  総賃貸可能面積     15,897.64㎡     稼働率     100.0%
  代表的テナント     ダイキン工業株式会社     テナント数     23(注2)
  総賃料収入(年間)     932百万円     敷金・保証金     720百万円
  特記事項:
  ・隣地の所有者との間で、相互にその所有地を承役地とする地役権(通行、舗装及び門構え等の維持管理等を目的と
  するもの)を設定しており、本物件の土地の一部が当該地役権の対象となっています。
  (注1)防火地域における耐火建築物のため、建蔽率につき割増しを受けており、割増後の数値を記載しています。
  (注2) 別の用途で複数階を利用するテナントにつき、それぞれの用途に応じ別のテナントとしてテナント数を計算しています。
            133/231










                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (ウ)運用資産の資本的支出
    a.資本的支出の予定

     本投資法人がその第16期末保有資産につき、計画している改修工事等に伴う資本的支出の予定額のう
    ち、主要なものは以下のとおりです。なお、下記工事予定金額には、会計上、費用処理される部分が含ま
    れています。
                 工事予定金額(百万円)

   不動産等の名称
         目 的     予定期間
   (所在地)               当期  既支出
                総額
                  支払額  総額
  大阪中之島ビル
             自 2019年12月
      エレベーター機械設備一式更新           190  -  -
  (大阪府大阪市)
             至 2020年4月
  ルオーゴ汐留           自 2020年12月
      大規模修繕工事           83 -  -
  (東京都港区)           至 2020年5月
  A-PLACE馬車道
             自 2020年5月
      大規模修繕工事           80 -  -
  (神奈川県横浜市)
             至 2020年11月
  A-PLACE五反田駅前           自 2020年5月
      外壁補修工事           72 -  -
  (東京都品川区)           至 2020年11月
  A-FLAG代官山ウエスト           自 2019年12月
      大規模修繕工事           62 -  -
  (東京都渋谷区)           至 2020年5月
  東急不動産恵比寿ビル           自 2021年10月
      機械駐車場改修工事           62 -  -
  (東京都渋谷区)           至 2021年11月
  東急不動産恵比寿ビル           自 2020年5月
      LED化工事           59 -  -
  (東京都渋谷区)           至 2020年9月
  A-PLACE新橋駅前           自 2020年4月
      室外機更新           50 -  -
  (東京都港区)           至 2020年5月
  A-FLAG札幌     高層棟雨水排水管及び給湯主管      自 2019年12月
                 41 -  -
  (北海道札幌市)     更新工事(第2期)      至 2020年5月
  大阪中之島ビル
             自 2020年3月
      12階13階トイレ配管改修工事           32 -  -
  (大阪府大阪市)
             至 2020年5月
  大阪中之島ビル
             自 2020年3月
      14階15階トイレ配管改修工事           32 -  -
  (大阪府大阪市)
             至 2020年5月
  A-FLAG札幌           自 2020年3月
      空気式自動制御設備更新           31 -  -
  (北海道札幌市)           至 2020年5月
      機械式駐車装置保全(垂直循環)
  EDGE心斎橋           自 2019年12月
      中間部チェーンガイドレール取           30 -  -
  (大阪府大阪市)           至 2020年5月
      替等工事
  A-FLAG札幌           自 2020年3月
      機械式駐車場オーバーホール           26 -  -
  (北海道札幌市)           至 2020年5月
  東急プラザ表参道原宿           自 2020年2月     23
      おもはらの森デッキ更新            -  -
  (東京都渋谷区)           至 2020年2月    (注)
  A-FLAG札幌           自 2020年3月
      小宴会場空調更新(GHP化)           22 -  -
  (北海道札幌市)           至 2020年5月
  大阪中之島ビル           自 2020年2月
      コンデンサ計画更新工事           19 -  -
  (大阪府大阪市)           至 2020年2月
  A-FLAG美術館通り           自 2020年1月
      空調更新           19 -  -
  (東京都港区)           至 2020年1月
  デックス東京ビーチ     BCP対応及び発電機運転時間      自 2019年12月     18
                  -  -
  (東京都港区)     冗長化      至 2020年3月    (注)
  A-PLACE馬車道           自 2019年12月
      専有部分割工事           17 -  -
  (神奈川県横浜市)           至 2019年12月
            134/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                 工事予定金額(百万円)
   不動産等の名称
        目 的     予定期間
                  当期  既支出
   (所在地)
                総額
                  支払額  総額
  A-FLAG札幌
             自 2020年3月
                 17 -  -
      エレベーター更新
  (北海道札幌市)
             至 2020年5月
  A-PLACE青山
             自 2020年3月
                 15 -  -
      中央監視盤一部改修
  (東京都港区)
             至 2020年5月
  A-PLACE恵比寿東
             自 2020年2月
                 12 -  -
      空調室外機整備
  (東京都渋谷区)
             至 2020年5月
  デックス東京ビーチ               11
             自 2019年12月
                   -  -
      サイン改修
  (東京都港区)
             至 2019年12月
                 (注)
  icotなかもず
             自 2020年3月
                 10 -  -
      アスファルト舗装カラー工事
  (大阪府堺市)
             至 2020年5月
  汐留ビルディング               10
             自 2019年10月
      熱源水遮断弁交換(第1期)            -  -
  (東京都港区)
             至 2020年1月
                 (注)
  汐留ビルディング               10
             自 2019年10月
                   -  -
      厨房排水系統配管交換工事
  (東京都港区)
             至 2020年1月
                 (注)
   (注) 「東急プラザ表参道原宿」、「デックス東京ビーチ」及び「汐留ビルディング」に係る工事金額は、本投資法人が保有する不動産信
    託受益権の準共有持分割合(75%、49%及び35%)に相当する数値を記載しています。
            135/231














                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    b.期中の資本的支出
     本投資法人の第16期末保有資産において、2019年11月期中に本投資法人が実施した資本的支出に該当す
    る工事は以下のとおりです。2019年11月期の資本的支出は640          百万円であり、2019年11月期に費用処理さ
    れた修繕費436百万円と併せ1,076百万円の工事を実施しています。
   不動産等の名称                 工事金額

          目 的      工事期間
   (所在地)                (百万円)
  icot大森
               自 2019年6月
                     90
       大規模修繕工事
  (東京都大田区)
               至 2019年11月
  A-FLAG札幌
               自 2019年4月
                     89
       非常用発電機更新工事
  (北海道札幌市)
               至 2019年8月
  大阪中之島ビル
               自 2019年6月
       エレベーター更新工事(8号機)               53
  (大阪府大阪市)
               至 2019年8月
  大阪中之島ビル
               自 2019年9月
       エレベーター更新工事(7号機)               45
  (大阪府大阪市)
               至 2019年11月
  A-FLAG札幌
               自 2019年8月
                     30
       動力制御盤更新(第2期)工事
  (北海道札幌市)
               至 2019年11月
  A-FLAG札幌
               自 2019年10月
       エスカレーター更新(4基)               25
  (北海道札幌市)
               至 2019年11月
  A-FLAG札幌
               自 2019年10月
                     25
       空調機更新工事及びFCU更新
  (北海道札幌市)
               至 2019年11月
  大阪中之島ビル
               自 2019年9月
                     19
       10階11階トイレ配管改修工事
  (大阪府大阪市)
               至 2019年11月
                     18
  汐留ビルディング
               自 2019年9月
       非常用発電設備点検整備・劣化部品交換
  (東京都港区)
               至 2019年9月     (注)
                     18
  デックス東京ビーチ
               自 2019年11月
       環境改善工事
  (東京都港区)
               至 2019年11月     (注)
  神戸旧居留地25番館
               自 2019年11月
                     17
       立体駐車場設備更新工事
  (兵庫県神戸市)
               至 2019年11月
  A-PLACE五反田駅前
               自 2019年8月
                     14
       専有部LED工事
  (東京都品川区)
               至 2019年11月
  A-PLACE新橋
               自 2019年7月
                     10
       中央監視設備更新
  (東京都港区)
               至 2019年11月
                     180
  その他
                     640

         合 計
   (注) 「デックス東京ビーチ」及び      「汐留ビルディング」に係る工事金額は、本投資法人が保有する不動産信託受益権の準共有持分割合
   (49%及び 35%)に相当する数値を記載しています。
    c.長期修繕計画のために積立てた金銭

     該当事項はありません。
            136/231






                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (エ)建物状況調査報告書(建物エンジニアリングレポート)の概要
     本投資法人は、各保有資産について、建物検査、関連法規の遵守、修繕費評価及び環境アセスメント等

    に関する建物状況調査報告書(建物エンジニアリングレポート)を清水建設株式会社、株式会社ハイ国際
    コンサルタント、株式会社竹中工務店及び       東京海上日動リスクコンサルティング株式会社        より取得してい
    ます。建物状況調査報告書の記載は報告者の意見を示したものに留まり、本投資法人がその内容の正確さ
    を保証するものではありません。なお、清水建設株式会社、株式会社ハイ国際コンサルタント、株式会社
    竹中工務店  及び東京海上日動リスクコンサルティング株式会社         と本投資法人及び本資産運用会社との間に
    は、特別の利害関係はありません。
    a.建物状況調査報告書の概要

                短期修繕費   長期修繕費
  物件
    物件名称     調査業者    調査年月日   (千円)   (千円)
  番号
                (注1)(注2)   (注1)(注3)
                  233   127,726
  UR-1 東急プラザ表参道原宿    清水建設株式会社      2015年3月6日
                 (注4)   (注4)
                 389,552   1,340,079
  UR-2 東急プラザ赤坂    清水建設株式会社      2015年3月6日
                 (注4)   (注4)
  UR-3 キュープラザ恵比寿    株式会社ハイ国際コンサルタント      2015年3月6日     370   61,710
  UR-5 京都烏丸パーキングビル    株式会社ハイ国際コンサルタント      2015年3月6日     770   166,640
  UR-7 神戸旧居留地25番館    株式会社ハイ国際コンサルタント      2018年8月28日     720   542,550
  UR-8 A-FLAG札幌    株式会社ハイ国際コンサルタント      2019年3月8日     33,390   1,019,070
  UR-9 A-FLAG渋谷    株式会社ハイ国際コンサルタント      2019年11月7日     3,220   192,350
  UR-10 キュープラザ心斎橋    株式会社ハイ国際コンサルタント      2015年9月17日     2,370   88,220
       東京海上日動リスクコンサルティ
  UR-11 A-FLAG骨董通り          2016年8月3日      -   137,839
       ング株式会社
   A-FLAG美術館通り    株式会社ハイ国際コンサルタント      2016年8月2日
  UR-12                1,400   73,550
   A-FLAG代官山ウエスト    株式会社ハイ国際コンサルタント      2016年8月8日
  UR-13                2,600   111,980
   A-FLAG北心斎橋    株式会社ハイ国際コンサルタント      2017年9月6日
  UR-14                850   65,460
                 13,656   794,339
   デックス東京ビーチ    株式会社ハイ国際コンサルタント      2017年8月7日
  UR-15
                 (注4)   (注4)
  UR-16 東急プラザ銀座(底地)    株式会社ハイ国際コンサルタント      2018年10月12日     (注5)   (注5)
                  108   71,532
  UR-17 キュープラザ原宿    株式会社ハイ国際コンサルタント      2018年9月11日
                 (注4)   (注4)
  TO-1 東急不動産恵比寿ビル    清水建設株式会社      2015年3月6日     124,764   687,591
  TO-2 A-PLACE恵比寿南    株式会社ハイ国際コンサルタント      2015年3月6日     2,800   254,260
   A-PLACE代々木    株式会社ハイ国際コンサルタント      2015年3月6日
  TO-3                1,870   119,660
  TO-4 A-PLACE青山    株式会社ハイ国際コンサルタント      2015年3月6日     1,210   323,720
  TO-5 ルオーゴ汐留    清水建設株式会社      2015年3月6日     22,002   220,732
  TO-6 田町スクエア(底地)    清水建設株式会社      2012年3月6日     (注5)   (注5)
   A-PLACE池袋    株式会社竹中工務店      2015年3月6日
  TO-7                -  117,340
  TO-8 A-PLACE新橋    株式会社ハイ国際コンサルタント      2018年2月5日     2,120   260,310
  TO-9 A-PLACE五反田    株式会社ハイ国際コンサルタント      2018年8月24日     1,250   116,900
  TO-10 A-PLACE品川    株式会社ハイ国際コンサルタント      2018年8月31日     9,380   122,320
       東京海上日動リスクコンサルティ              513,806
  TO-11 大崎ウィズタワー          2019年2月27日      -
       ング株式会社              (注6)
                  1,669   1,198,106
  TO-12 汐留ビルディング    株式会社ハイ国際コンサルタント      2019年11月9日
                 (注4)   (注4)
   A-PLACE恵比寿東    株式会社ハイ国際コンサルタント      2015年6月9日
  TO-13                4,110   123,870
            137/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                短期修繕費   長期修繕費
  物件
    物件名称     調査業者    調査年月日   (千円)   (千円)
  番号
                (注1)(注2)   (注1)(注3)
  TO-14 A-PLACE渋谷金王    株式会社ハイ国際コンサルタント      2015年8月10日      -   125,060
  TO-15 A-PLACE五反田駅前    株式会社ハイ国際コンサルタント      2016年2月26日     770   137,360
   A-PLACE品川東    株式会社ハイ国際コンサルタント      2016年12月7日
  TO-16                26,910   427,020
  TO-17 A-PLACE新橋駅前    株式会社ハイ国際コンサルタント      2018年8月31日     2,420   193,090
   あまがさきキューズモール    株式会社竹中工務店      2012年3月6日
  AA-1                (注5)   (注5)
   (底地)    株式会社ハイ国際コンサルタント      2012年3月6日
  AA-2 icotなかもず    清水建設株式会社      2015年3月6日     2,276   170,091
  AA-4 icot溝の口    清水建設株式会社      2015年3月6日     1,746   70,398
  AA-5 icot多摩センター    清水建設株式会社      2015年3月6日     8,398   85,137
   A-PLACE金山    株式会社ハイ国際コンサルタント      2015年3月6日
  AA-6                160   183,340
  AA-7 大阪中之島ビル    株式会社ハイ国際コンサルタント      2019年8月29日     24,400   1,065,990
  AA-8 icot大森    株式会社ハイ国際コンサルタント      2019年3月7日     20,170   151,300
       東京海上日動リスクコンサルティ
  AA-9 マーケットスクエア相模原          2019年8月16日     2,764   36,331
       ング株式会社
                  340   193,170
  AA-10 梅田ゲートタワー    株式会社ハイ国際コンサルタント      2016年7月1日
                 (注7)   (注7)
       東京海上日動リスクコンサルティ
   A-PLACE馬車道          2016年4月14日
  AA-11                321,069   460,290
       ング株式会社
   コマーシャルモール博多    株式会社ハイ国際コンサルタント      2017年9月13日
  AA-12                1,120   99,070
  AA-13 EDGE心斎橋    株式会社ハイ国際コンサルタント      2018年9月7日     9,350   649,090
  合計   -     -    -    1,042,307   12,898,397
   (注1) 短期修繕費及び長期修繕費は、建物状況調査報告書の記載に基づき記載しています。
   (注2) 短期修繕費には、調査書日付から起算して1年以内に必要とされる修繕費用の合計額を記載しています。
   (注3) 長期修繕費には、調査書日付から起算して12年以内に必要とされる修繕費用の合計額を記載しています。
   (注4) 「東急プラザ表参道原宿」、「東急プラザ赤坂」、「デックス東京ビーチ」、「キュープラザ原宿」及び「汐留ビルディング」の
    短期修繕費及び長期修繕費は、各物件の準共有持分割合(それぞれ75%、50%、49%、60%及び35%)に相当する数値を記載して
    います。
   (注5) 「東急プラザ銀座(底地)」、「田町スクエア(底地)」及び「あまがさきキューズモール(底地)」は、底地物件であるため、
    記載していません。
   (注6) 「大崎ウィズタワー」の長期修繕費は、「大崎ウィズタワー」と呼ばれるオフィスビル全体の修繕費です。本投資法人は、同物件
    の4階から11階部分の区分所有権を保有しています。
   (注7) 「梅田ゲートタワー」の短期修繕費及び長期修繕費は、本投資法人が区分所有権を有する同物件の5階から20階部分に係る区分所
    有割合(88.4%)に応じた数値を記載しています。
            138/231








                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    b.保有資産に係る設計者、構造設計者、施工者、確認検査機関及び構造計算確認機関
                   (注1)
     保有資産に係る設計者、構造設計者、施工者、確認検査機関及び構造計算確認機関                は以下のと
    おりです。なお、本投資法人は、第三者専門機関であるSOMPOリスクマネジメント株式会社等に、構
    造計算書及び構造図の確認業務(以下「構造計算書等確認業務」といいます。)を委託し、いずれの物件
    の構造計算書及び構造図にも、偽装等を示唆する特段の事項、並びに設計当時の建築基準法上の耐震性能
                    (注2)
    を疑わせる特段の事項が見受けられなかった旨の総合所見を取得しています。但し、一部の資産
          (注3)
    においては、構造計算適合性判定       を受けているため、かかる構造計算書等確認業務は行っていま
    せん。
  物件
    物件名称   設計者   構造設計者    施工者   確認検査機関   構造計算確認機関
  番号
   東急プラザ表参道             株式会社都市居住    -
      株式会社竹中工務店   株式会社竹中工務店   株式会社竹中工務店
  UR-1
   原宿             評価センター
                    (注2)
      新築時:東急不動産株   新築時:東急不動産株   新築時:東急建設株式
                   SOMPOリスク
      式会社   式会社   会社
   東急プラザ赤坂             東京都千代田区   マネジメント株式
  UR-2
      耐震補強工事時:鹿島   耐震補強工事時:鹿島   耐震補強工事時:鹿島
                   会社
      建設株式会社   建設株式会社   建設株式会社
                   SOMPOリスク
   キュープラザ恵比   株式会社東急設計コン   株式会社東急設計コン       一般財団法人日本
  UR-3           株式会社淺沼組      マネジメント株式
   寿   サルタント   サルタント       建築センター
                   会社
                   SOMPOリスク
   京都烏丸パーキン
      株式会社京阪都市設計   株式会社京阪都市設計   鹿島建設株式会社      マネジメント株式
  UR-5               株式会社I-PEC
   グビル
                   会社
   神戸旧居留地25番             一般財団法人日本    -
  UR-7    株式会社竹中工務店   株式会社竹中工務店   株式会社竹中工務店
   館             建築総合試験所
                    (注2)
      新築時:株式会社東急   新築時:株式会社東急   新築時:東急建設株式
                   SOMPOリスク
      設計コンサルタント   設計コンサルタント   会社
  UR-8 A-FLAG札幌             北海道札幌市   マネジメント株式
      耐震補強工事時:清水   耐震補強工事時:清水   耐震補強工事時:清水
                   会社
      建設株式会社   建設株式会社   建設株式会社
                   SOMPOリスク
  UR-9 A-FLAG渋谷   西松建設株式会社   西松建設株式会社   西松建設株式会社   東京都渋谷区   マネジメント株式
                   会社
   キュープラザ心斎   株式会社プランテック   株式会社アルファ構造
                一般財団法人日本   一般財団法人日本
  UR-10           大成建設株式会社
   橋   総合計画事務所   デザイン事務所       建築総合試験所   建築総合試験所
                   東京海上日動リス
  UR-11 A-FLAG骨董通り   鹿島建設株式会社   鹿島建設株式会社   鹿島建設株式会社   東京都港区   クコンサルティン
                   グ株式会社
      新築時:株式会社cd
      i             株式会社ハイ国際
  UR-12 A-FLAG美術館通り       株式会社cdi   株式会社大林組   東京都
      増築時:浅井謙建築研             コンサルタント
      究所株式会社
   A-FLAG代官山ウエ                株式会社ハイ国際
  UR-13    株式会社青島設計   株式会社青島設計   株式会社鴻池組   東京都
   スト                コンサルタント
      有限会社権建築設計事          建築検査機構株式   株式会社ハイ国際
  UR-14 A-FLAG北心斎橋       株式会社鴻池組   株式会社鴻池組
      務所          会社   コンサルタント
   デックス東京ビー   株式会社日建設計・大   株式会社日建設計・大   大成・住友建設共同企      株式会社ハイ国際
                東京都
  UR-15
   チ   成建設株式会社   成建設株式会社   業体      コンサルタント
   東急プラザ銀座
  UR-16      -   -   -   -   -
   (底地)(注4)
                一般財団法人日本    -
   キュープラザ原宿   株式会社竹中工務店   株式会社竹中工務店   株式会社竹中工務店
  UR-17
                建築センター
                    (注2)
            139/231






                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  物件
    物件名称   設計者   構造設計者    施工者   確認検査機関   構造計算確認機関
  番号
             東急建設株式会社・株      SOMPOリスク
   東急不動産恵比寿   株式会社東急設計コン   株式会社東急設計コン
             式会社新井組共同企業   東京都渋谷区   マネジメント株式
  TO-1
   ビル   サルタント   サルタント
             体      会社
                   SOMPOリスク
      ジェイティ不動産株式   ジェイティ不動産株式   ジェイティ不動産株式
  TO-2 A-PLACE恵比寿南             東京都渋谷区   マネジメント株式
      会社   会社   会社
                   会社
                   SOMPOリスク
                株式会社都市居住
  TO-3 A-PLACE代々木   株式会社淺沼組   株式会社淺沼組   株式会社淺沼組      マネジメント株式
                評価センター
                   会社
      新築時:株式会社日建   新築時:株式会社日建   新築時:株式会社竹中
                   SOMPOリスク
      設計   設計   工務店
  TO-4 A-PLACE青山             東京都港区   マネジメント株式
      耐震補強工事時:株式   耐震補強工事時:株式   耐震補強工事時:清水
                   会社
      会社日建設計   会社日建設計   建設株式会社
                   SOMPOリス  ク
      株式会社NTTファシリ   株式会社NTTファシリ   大成・竹中・共立・地   一般財団法人日本
   ルオーゴ汐留                マネジメント株式
  TO-5
       ティーズ   ティーズ   崎建設共同企業体   建築センター
                   会社
   田町スクエア(底
  TO-6      -   -   -   -   -
   地)(注4)
                株式会社都市居住    -
  TO-7 A-PLACE池袋   株式会社大林組   株式会社大林組   株式会社大林組
                評価センター    (注2)
      株式会社園田設計、株
                   SOMPOリスク
      式会社日建設計、株式   株式会社日建ハウジン   株式会社熊谷組・浅川
  TO-8 A-PLACE新橋             東京都   マネジメント株式
      会社日建ハウジングシ   グシステム   建設共同企業体
                   会社
      ステム
                一般財団法人日本    -
  TO-9 A-PLACE五反田   株式会社三菱地所設計   株式会社三菱地所設計   大成建設株式会社
                建築センター
                    (注2)
                   SOMPOリスク
      株式会社プランテック   株式会社プランテック
  TO-10 A-PLACE品川          飛島建設株式会社   東京都港区   マネジメント株式
      総合計画事務所   総合計画事務所
                   会社
      協立建築設計事務所・   協立建築設計事務所・
             清水・NIPPO建設   一般財団法人日本    -
  TO-11 大崎ウィズタワー   清水建設設計共同企業   清水建設設計共同企業
             共同企業体   建築センター    (注2)
      体   体
      株式会社三菱地所設          一般財団法人日本    -
   汐留ビルディング       株式会社三菱地所設計   大成建設株式会社
  TO-12
      計・株式会社日建設計          建築センター
                    (注2)
      新築時:株式会社オー       新築時:東急・鉄建・
      エーシー設計   株式会社オーエーシー   奥村共同事業体      株式会社ハイ国際
   A-PLACE恵比寿東             東京都
  TO-13
      増築時:株式会社久米   設計   増築時:戸田建設株式      コンサルタント
      デザインサポート       会社
                   株式会社ハイ国際
  TO-14 A-PLACE渋谷金王   清水建設株式会社   清水建設株式会社   清水建設株式会社   東京都渋谷区
                   コンサルタント
             株式会社大林組、野村      株式会社ハイ国際
  TO-15 A-PLACE五反田駅前   野村不動産株式会社   野村不動産株式会社       東京都品川区
             建設工業株式会社      コンサルタント
                   株式会社ハイ国際
  TO-16 A-PLACE品川東   株式会社松田平田設計   株式会社松田平田設計   株式会社熊谷組   東京都港区
                   コンサルタント
                   SOMPOリスク
                株式会社都市居住
  TO-17 A-PLACE新橋駅前   株式会社三菱地所設計   株式会社三菱地所設計   清水建設株式会社      マネジメント株式
                評価センター
                   会社
            140/231







                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  物件
    物件名称   設計者   構造設計者    施工者   確認検査機関   構造計算確認機関
  番号
   あまがさきキュー
   ズモール(底地)
  AA-1      -   -   -   -   -
   (注4)
                   SOMPOリスク
      有限会社南海総合設計   有限会社南海総合設計       一般財団法人大阪
             株式会社大林組(SC      マネジメント株式
      (SC棟)、株式会社東   (SC棟)、株式会社能       建築防災センター
   icotなかもず          棟)、株木建設株式会      会社(SC棟)、-
  AA-2
      急設計コンサルタント   勢建築構造研究所(銀       (SC棟)、大阪府
             社(銀行棟)      (銀行棟)(注
      (銀行棟)   行棟)       堺市(銀行棟)
                   2)
                   SOMPOリスク
  AA-4 icot溝の口   計画設計・ノガミ   計画設計・ノガミ   大成建設株式会社   神奈川県川崎市   マネジメント株式
                   会社
                   SOMPOリスク
      株式会社東急設計コン   株式会社東急設計コン       ハウスプラス住宅
   icot多摩センター          西松建設株式会社      マネジメント株式
  AA-5
      サルタント   サルタント       保証株式会社
                   会社
                ビューローベリタ
                    -
  AA-6 A-PLACE金山   株式会社日建設計   株式会社日建設計   株式会社安藤・間   スジャパン株式会
                    (注2)
                社
                   SOMPOリスク
             鹿島建設・大林組共同
  AA-7 大阪中之島ビル   株式会社大建設計   株式会社大建設計       大阪府大阪市   マネジメント株式
             企業体
                   会社
                   SOMPOリスク
                一般財団法人日本
  AA-8 icot大森   株式会社熊谷組   株式会社熊谷組   株式会社熊谷組      マネジメント株式
                建築センター
                   会社
   マーケットスクエ       株式会社奥村組・株式       一般財団法人日本    -
      株式会社奥村組       株式会社奥村組
  AA-9
   ア相模原       会社親交設計       建築センター
                    (注2)
                一般財団法人日本    -
   梅田ゲートタワー   株式会社昭和設計   株式会社昭和設計   鹿島建設株式会社
  AA-10
                建築総合試験所
                    (注2)
                   東京海上日動リス
  AA-11 A-PLACE馬車道   株式会社竹中工務店   株式会社竹中工務店   株式会社竹中工務店   神奈川県横浜市   クコンサルティン
                   グ株式会社
   コマーシャルモー   大和ハウス工業株式会   大和ハウス工業株式会   大和ハウス工業株式会   日本ERI株式会   株式会社ハイ国際
  AA-12
   ル博多   社   社   社   社   コンサルタント
                   株式会社ハイ国際
   EDGE心斎橋   株式会社大林組   株式会社大林組   株式会社大林組   大阪府大阪市
  AA-13
                   コンサルタント
   (注1) 上表記載の社名は、過去に社名変更等がなされた場合には、本書の日付現在の社名で記載しています。
   (注2) 「東急プラザ表参道原宿」、「神戸旧居留地25番館」、「キュープラザ原宿」、「A-PLACE池袋」、「A-PLACE五反田」、「大崎
    ウィズタワー」、「汐留ビルディング」、「icotなかもず(銀行棟)」、「A-PLACE金山」、「マーケットスクエア相模原」及び
    「梅田ゲートタワー」は、構造計算適合性判定(注3)を受けているため記載していません。
   (注3) 2007年6月20日施行の改正建築基準法により、同法改正日以降に建築確認申請された建築物で、高度な構造計算を要する一定の高
    さ以上等の建築物について、構造計算適合性判定が義務付けられており、都道府県知事は、構造計算が適正に行われたものかどう
    かを判定することとなっています。
   (注4) 「東急プラザ銀座(底地)」、「田町スクエア(底地)」及び「あまがさきキューズモール(底地)」は、底地物件であるため、
    記載していません。
            141/231








                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    c.地震リスク分析等の概要
     本投資法人は、運用資産を取得する際のデューディリジェンスの一環として、SOMPOリスクマネジ
    メント株式会社に依頼し、地震リスク分析の評価を行っています。当該分析は、構造図面・構造計算書を
    もとに、独自の構造評価方法で建物の耐震性能を評価し、構造計算書の内容と比較検討を行い、対象建物
    の最終的な耐震性能として評価しています。その評価をもとに建物固有の地震に対する脆弱性を考慮し、
    地震ハザード及び地盤条件を含めた総合的な評価結果に基づき、地震による建物のPML値(予想最大損失
     (注1)
    率)  を算定しています。保有資産に係る建物のPML値は、下表のとおりです。
    物件          PML値(予想最大損失率)
        物件名称
    番号
              (%)(注2)
   UR-1 東急プラザ表参道原宿            2.9
   UR-2 東急プラザ赤坂(注3)            3.6
   UR-3 キュープラザ恵比寿            5.7
   UR-5 京都烏丸パーキングビル            2.4
   UR-7 神戸旧居留地25番館            2.6
   UR-8 A-FLAG札幌(注3)            0.3
   UR-9 A-FLAG渋谷            7.9
   UR-10 キュープラザ心斎橋            6.9
   UR-11 A-FLAG骨董通り            6.4
     A-FLAG美術館通り
   UR-12             7.5
   UR-13 A-FLAG代官山ウエスト            4.2
   UR-14 A-FLAG北心斎橋            5.4
   UR-15 デックス東京ビーチ            4.0
   UR-16 東急プラザ銀座(底地)(注4)            -
   UR-17 キュープラザ原宿            5.1
   TO-1 東急不動産恵比寿ビル            6.5
   TO-2 A-PLACE恵比寿南            8.0
     A-PLACE代々木
   TO-3             5.1
   TO-4 A-PLACE青山(注3)            8.9
   TO-5 ルオーゴ汐留            2.7
   TO-6 田町スクエア(底地)(注4)            -
   TO-7 A-PLACE池袋            3.2
     A-PLACE新橋
   TO-8             7.4
   TO-9 A-PLACE五反田            6.1
   TO-10 A-PLACE品川            4.9
   TO-11 大崎ウィズタワー            2.4
     汐留ビルディング
   TO-12             2.6
   TO-13 A-PLACE恵比寿東            5.2
   TO-14 A-PLACE渋谷金王            4.3
   TO-15 A-PLACE五反田駅前            7.7
     A-PLAC品川東
   TO-16             4.3
   TO-17 A-PLACE新橋駅前            6.8
            142/231







                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    物件          PML値(予想最大損失率)
        物件名称
    番号
              (%)(注2)
   AA-1 あまがさきキューズモール(底地)(注4)            -
     icotなかもず
   AA-2             4.8
   AA-4 icot溝の口            8.3
   AA-5 icot多摩センター            1.8
   AA-6 A-PLACE金山            5.3
     大阪中之島ビル
   AA-7             7.9
   AA-8 icot大森            3.9
   AA-9 マーケットスクエア相模原            7.7
   AA-10 梅田ゲートタワー            2.4
   AA-11 A-PLACE馬車道            10.2
     コマーシャルモール博多
   AA-12             1.9
   AA-13 EDGE心斎橋            5.0
         ポートフォリオ全体(注5)       2.2
   (注1) SOMPOリスクマネジメント株式会社は、上記PML値の計算にあたり、「地震調査研究推進本部(文部科学省)」より2012年12月
    に2012年版(モデル2)として公表された「全国地震動予測地図」に準拠してモデル化した震源データをもとに算定しています。
   (注2) 小数点第2位を四捨五入して記載しています。
   (注3) 「東急プラザ赤坂」、「A-FLAG札幌」及び「A-PLACE青山」は、それぞれ2009年4月、2007年6月及び2008年7月に、耐震補強工事
    を実施しています。
   (注4) 「東急プラザ銀座(底地)」、「田町スクエア(底地)」及び「あまがさきキューズモール(底地)」は、底地物件であるため、
    記載していません。
   (注5) ポートフォリオ全体のPML値は、2019年10月付「ポートフォリオ地震PML評価報告書」に基づき記載しています。
            143/231













                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (オ)主要な不動産に関する情報
     本投資法人の保有資産のうち、2019年11月30日現在において、「年間賃料合計」が「ポートフォリオ全

    体の年間賃料総額」の10%以上を占める不動産の概要は、以下のとおりです。
                TO-12
   物件番号
              汐留ビルディング(注1)
   物件名称
   テナント数(注2)                38
   総賃貸収入(年間)(百万円)(注3)                3,228
   総賃料収入の合計に占める割合(%)(注4)                11.9
   総賃貸可能面積(㎡)(注5)               28,136.05
   総賃貸面積(㎡)(注6)               28,058.40
                   98.2
            2015年5月31日
                   93.2
            2015年11月30日
                   98.2
            2016年5月31日
                   99.4
            2016年11月30日
                   99.9
            2017年5月31日
   最近5年間の稼働率の推移(%)(注7)
                   99. 7
            2017年11月30日
                   99. 9
            2018年5月31日
                   100.0
            2018年11月30日
                   100.0
            2019年5月31日
                   99.7
            2019年11月30日
   (注1) 「汐留ビルディング」は、準共有持分割合(35%)に相当する数値を記載しています。但し、「テナント数」には、一棟全体のテ
    ナント数を記載しています。
   (注2) 「テナント数」は、2019年11月30日現在における当該資産に係る各賃貸借契約に表示された各建物の賃貸借契約上のテナント数の
    合計を記載しています。なお、当該資産につきマスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントの総数を記載して
    います。
   (注3) 「総賃料収入(年間)」は、2019年11月30日現在における当該資産に係る各賃貸借契約(同日現在で入居済みのものに限りま
    す。)に表示された建物につき、月間賃料(共益費を含みます。倉庫、看板、駐車場等の使用料を含まず、貸室賃料に限り、歩合
    賃料は含みません。また、同日現在のフリーレント及びレントホリデーは考慮しないものとします。)を12倍することにより年換
    算して算出した金額(複数の賃貸借契約が契約されている資産については、その合計額。)(消費税は含みません。)につき百万
    円未満を四捨五入して記載しています。なお、当該資産につきマスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントと
    の間で締結されている賃貸借契約上の月間賃料(共益費を含みます。倉庫、看板、駐車場等の使用料を含まず、貸室賃料に限り、
    歩合賃料は含みません。また、同日現在のフリーレント及びレントホリデーは考慮しないものとします。)を12倍することにより
    年換算して算出した金額を記載しています。
   (注4) 「総賃料収入の合計に占める割合」は、各保有資産の総賃料収入の合計に占める当該資産の総賃料収入の割合を示しており、小数
    第2位を四捨五入して記載しています。
   (注5) 「総賃貸可能面積」は、2019年11月30日現在における当該資産に係る建物の賃貸借契約又は建物図面等に基づき賃貸が可能と考え
    られるものを記載しています。
   (注6) 「総賃貸面積」は、2019年11月30日現在における当該資産に係る各賃貸借契約に表示された賃貸面積の合計を記載しています。な
    お、当該資産につきマスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントとの間で実際に賃貸借契約が締結され賃貸が
    行われている面積の合計を記載しています。
   (注7) 「稼働率」は、決算日時点における当該資産に係る総賃貸可能面積に対して総賃貸面積が占める割合を示しており、小数点第2位
    を四捨五入して記載しています。
            144/231






                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (カ)主要なテナントに関する情報
    a.主要なテナントの概要

     下表は、第16期末保有資産につき、2019年11月30日現在の情報をもとに、当該テナントへの賃貸面積が
    ポートフォリオ全体の総賃貸面積の10%以上を占めるテナント(主要なテナント)を示したものです。な
    お、下表のテナントとの契約形態は、普通賃貸借契約です。
     本投資法人は、保有資産の一部につき、株式会社東急コミュニティー及び東急不動産SCマネジメント
    株式会社をマスターリース会社として、エンドテナントに転貸することを目的とする賃貸借契約(マス
    ターリース契約)を締結しています。下表は、マスターリース契約を締結した主要なテナントに関する情
    報を、2019年11月30日現在の情報をもとに記載したものです。なお、本投資法人が当該マスターリース会
    社から収受する賃料は、マスターリース会社が転借人(エンドテナント)から収受する賃料と同額となっ
    ており(パススルー型マスターリース)、賃料の保証はされていません。
              総賃料収入

            賃貸面積    敷金・保証金
              (年間)     契約満了日
   テナント名   業種   物件名称    (㎡)    (百万円)
              (百万円)     (注4)
            (注1)     (注3)
              (注2)
       A-FLAG骨董通り     2,656.53   234  181 2026年12月31日
       東急不動産恵比寿ビル     7,342.60   632  548 2025年5月31日
       A-PLACE恵比寿南     7,950.49   733  605 2025年5月31日
       A-PLACE代々木     3,106.17   251  231 2025年5月31日
       A-PLACE青山     7,303.69   568  534 2025年5月31日
       ルオーゴ汐留     4,476.35   332  293 2025年5月31日
       A-PLACE池袋     3,409.73  (注5)  (注5)  2025年5月31日
       A-PLACE新橋     5,052.14   370  310 2025年5月31日
       A-PLACE五反田     4,028.69   368  338 2025年5月31日
       A-PLACE品川     2,986.36   250  234 2025年5月31日
       大崎ウィズタワー     7,193.28   668  668 2025年5月31日
  株式会社東急    不動産管
  コミュニティー    理業
       A-PLACE恵比寿東     4,010.69   336  245 2025年5月31日
       A-PLACE渋谷金王     2,995.72   225  155 2025年9月30日
       A-PLACE五反田駅前     4,316.89   347  300 2026年6月30日
       A-PLACE品川東     14,658.98   989  894 2027年3月31日
       A-PLACE新橋駅前            2028年5月31日
             6,484.57   781  600
       A-PLACE金山     9,314.90   528  427 2025年5月31日
       大阪中之島ビル            2024年11月30日
            20,226.77   980  690
       梅田ゲートタワー     13,624.49   850  586 2028年4月30日
       A-PLACE馬車道            2026年10月31日
             9,775.50   330  219
       コマーシャルモール博多     9,131.82   331  150 2027年3月31日
         合計
            150,046.36    -  -  -
       キュープラザ恵比寿     4,024.88   485  475 2022年6月30日
       京都烏丸パーキングビル            2024年11月30日
            21,616.04   (注5)  (注5)
       神戸旧居留地25番館     19,653.90   1,254  1,431  2023年8月31日
       A-FLAG札幌     21,137.10   620  123 2023年12月31日
       A-FLAG渋谷     3,403.07   420  179 2023年12月31日
       キュープラザ心斎橋            2025年12月31日
             2,820.23   671  433
      不動産管
  東急不動産SC
  マネジメント株式会社    理業
       A-FLAG美術館通り     1,994.65   239  241 2026年12月31日
       A-FLAG代官山ウエスト            2026年12月31日
             2,579.08  (注5)  (注5)
       A-FLAG北心斎橋     2,536.75   187  125 2027年6月30日
       デックス東京ビーチ(注6)     15,993.36   651  488 2028年1月31日
       キュープラザ原宿(注6)     3,378.49   456  340 2029年1月31日
       icotなかもず     28,098.02   619  430 2022年6月30日
            145/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
              総賃料収入
            賃貸面積    敷金・保証金
              (年間)     契約満了日
   テナント名   業種   物件名称    (㎡)    (百万円)
              (百万円)     (注4)
            (注1)     (注3)
              (注2)
       icot溝の口     14,032.05  (注5)   100 2022年6月30日
       icot多摩センター     5,181.58   240  237 2024年11月30日
  東急不動産SC    不動産管
       icot大森     6,209.79   388  359 2023年12月31日
  マネジメント株式会社    理業
       マーケットスクエア相模原     15,152.42  (注5)  (注5)  2025年1月31日
         合計   167,811.41    -  -  -
   (注1) 「賃貸面積」は、テナントがマスターリース会社兼転貸人となる各物件の建物につき、2019年11月30日現在におけるマスターリー
    ス会社とのマスターリース契約に表示された賃貸面積のうちエンドテナントへの賃貸面積を記載しています。なお、数値について
    は、小数点第2位未満を四捨五入して記載しています。
   (注2) 「総賃料収入(年間)」は、テナントとの間で締結されているマスターリース契約上、テナントが支払うマスターリース賃料がエ
    ンドテナントからテナントに対して支払われる賃料と同額となっている物件については、2019年11月30日現在におけるエンドテナ
    ントとの間で締結されている賃貸借契約(同日現在で入居済みのものに限ります。)における月間賃料(共益費を含みます。倉
    庫、看板、駐車場等の使用料を含まず、貸室賃料に限り、歩合賃料は含みません。また、同日現在のフリーレント及びレントホリ
    デーは考慮しないものとします。)を12倍することにより年換算して算出した金額につき百万円未満を四捨五入して記載していま
    す。
   (注3) 「敷金・保証金」は、テナントがマスターリース会社として転貸人となっている物件については、                2019年11月30日  現在におけるエ
    ンドテナントとの間で締結されている賃貸借契約に基づき必要とされる敷金・保証金(同日現在で入居済みの貸室に係る賃貸借契
    約に基づく敷金又は保証金に限ります。)の合計額につき百万円未満を四捨五入して記載しています。
   (注4) 「契約満了日」は、テナントがマスターリース会社として転貸人となっている物件を含め、テナントを賃借人とする賃貸借契約に
    表示された契約満了日を記載しています。なお、マスターリース会社たる上記主要なテナントとのマスターリース契約の更改方法
    については、賃貸借期間満了の3ヶ月前までに、賃貸人又は賃借人が書面により更新を拒絶する旨の意思表示をしない場合には、
    同一条件により更に2年間継続するものとされており、その後も同様となります。
   (注5) テナントの承諾が得られていないため開示していません。
   (注6) 「デックス東京ビーチ」及び「キュープラザ原宿」は、準共有持分割合(それぞれ49%及び60%)に相当する数値を記載していま
    す。
    b.賃貸面積上位10位エンドテナント

     本投資法人の保有資産につき、2019年11月30日現在、ポートフォリオ全体に対し賃貸面積上位10位を占
    めるエンドテナントは、以下のとおりです。
             総賃貸面積

                   契約形態
    エンドテナント名      物件名称    (㎡)  契約満了日
                   (注2)
             (注1)
       東急プラザ赤坂
  株式会社東急ホテルズ           30,182.69  2021年10月31日   定期建物賃貸借契約
       A-FLAG札幌
       東急プラザ銀座(底地)        2089年1月9日   一般定期借地権設定契約
             29,883.44
  三井住友信託銀行株式会社(注3)     田町スクエア(底地)        2074年5月31日   普通借地権設定契約
              (注4)
               2042年1月31日   事業用定期賃貸借契約
       あまがさきキューズモール(底地)
  コーナン商事株式会社     icotなかもず        2027年7月11日   定期建物賃貸借契約
             26,529.03
  タイムズ24株式会社     京都烏丸パーキングビル      21,224.14   -  定期建物賃貸借契約
  株式会社Plan・Do・See     神戸旧居留地25番館      14,195.42   -   -
  株式会社家具の大正堂     icot溝の口      14,032.05  2023年7月24日   定期建物賃貸借契約
  株式会社ケーズホールディングス     マーケットスクエア相模原        2034年6月30日   定期建物賃貸借契約
             11,863.92
  エヌ・ティ・ティ・コミュニケー
       汐留ビルディング      10,336.62   -   -
  ションズ株式会社
  ヤンマー株式会社     梅田ゲートタワー      7,870.86   -   -
              6,100.88
  水ing株式会社     A-PLACE品川東        2020年4月30日   普通建物賃貸借契約
              (注5)
   (注1) 「総賃貸面積」は、2019年11月30日現在におけるエンドテナントとの間の賃貸借契約に表示された賃貸面積の合計を記載していま
    す。なお「東急プラザ赤坂」、「東急プラザ銀座(底地)」及び「汐留ビルディング」については、2019年11月30日現在における
    準共有持分割合(50%、30%及び35%)に相当する数値に基づき記載しています。
   (注2) 「契約形態」は、2019年11月30日現在におけるエンドテナントとの間の賃貸借契約に表示された契約形態を記載しています。
   (注3) 賃借人は、底地上の建物についての信託受託者であり、当該信託の受益者は、             「東急プラザ銀座(底地)」    については、合同会社
    スペードハウス、   「田町スクエア(底地)」及び「あまがさきキューズモール(底地)」          については、  東急不動産株式会社です。
   (注4) 「東急プラザ銀座(底地)」、「田町スクエア(底地)」及び「あまがさきキューズモール(底地)」は底地の面積を記載してい
    ます。
   (注5) 2019年10月31日付で、賃貸借期間を2020年2月1日から2022年4月30日、増床面積を387.90㎡とする普通建物賃貸借契約を新たに締
    結していますが、賃貸面積順位に変動はありません。なお、増床後の総賃貸面積は6,488.78㎡です。
            146/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (注6) 「-」とされている箇所はテナントの承諾が得られていないため開示していません。
            147/231




















                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   (キ)担保の状況
     保有資産(共有又は区分所有の場合は本投資法人の保有に係る持分)につき、担保は設定されていませ

    ん。
   (ク)賃貸借の概況及び損益状況

  第16期(自 2019年6月1日 至 2019年11月30日)

                    (単位:千円)
   物件番号    UR-1   UR-2   UR-3   UR-5   UR-6
       東急プラザ   東急プラザ
                    A-FLAG赤坂
             キュープラザ    京都烏丸
   物件名称    表参道原宿    赤坂
             恵比寿   パーキングビル   (注1、2)
       (注1)   (注1)
  第16期中の営業日数      183   183   183   183    2
  ①賃貸事業収益
       1,115,985    667,634   277,046   (注3)    1,545
  賃貸事業収入
       1,057,834    570,519   242,864   (注3)    493
  その他賃貸事業収入
        58,150   97,115   34,182   (注3)    1,051
  ②賃貸事業費用      240,109   270,492   63,960   47,261   4,543
  管理業務費      84,379   83,045   16,355   3,938    43
  水道光熱費      33,498   76,048   26,973    -   71
  公租公課      63,650   69,463   9,003   36,378   4,436
  損害保険料      229   499   90   190    4
  修繕費      4,212   33,418    748   5,831    -
  その他賃貸事業費用      54,139   8,017   10,788    922   △11
  ③NOI(①-②)      875,875   397,142   213,086   (注3)   △2,997
  ④減価償却費      52,090   38,625   18,301   15,810    670
  賃貸事業損益(③-④)      823,784   358,516   194,784   (注3)   △3,668
                    (単位:千円)

   物件番号    UR-7   UR-8   UR-9   UR-10   UR-11
       神戸旧居留地

                    A-FLAG
   物件名称       A-FLAG札幌   A-FLAG渋谷   キュープラザ心斎橋
       25番館
                    骨董通り
  第16期中の営業日数

        183   183   183   183   183
  ①賃貸事業収益      743,862   636,061   220,285   358,871   124,782
  賃貸事業収入     659,626   556,080   209,971   336,137   118,461
  その他賃貸事業収入      84,236   79,981   10,313   22,733   6,321
  ②賃貸事業費用      207,818   294,997   43,906   52,499   37,146
  管理業務費
        76,993   119,741   12,378   8,028   8,770
  水道光熱費
        64,356   70,528   8,266   17,014   6,834
  公租公課      47,868   24,854   11,417   15,660   13,876
  損害保険料      781   596   60   77   89
  修繕費      11,326   65,224   7,598   4,133   4,388
  その他賃貸事業費用      6,491   14,051   4,184   7,585   3,188
  ③NOI(①-②)      536,043   341,064   176,379   306,372   87,635
  ④減価償却費      121,853   70,927   8,327   16,740   5,019
  賃貸事業損益(③-④)      414,189   270,137   168,051   289,631   82,616
            148/231



                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                    (単位:千円)
   物件番号
       UR-12   UR-13   UR-14   UR-15   UR-16
                   東急プラザ銀座
       A-FLAG   A-FLAG     デックス東京ビーチ
   物件名称          A-FLAG北心斎橋       (底地)
       美術館通り   代官山ウエスト       (注1)
                    (注1)
  第16期中の営業日数
        183   183   183   183   183
  ①賃貸事業収益      128,746   (注3)   105,939   620,460   571,500
  賃貸事業収入     119,079   (注3)    95,741   490,884   571,500
  その他賃貸事業収入      9,666   (注3)    10,197   129,575    0
  ②賃貸事業費用      35,480   32,329   23,581   348,078    302
  管理業務費      4,822   11,973   5,379   105,185    -
  水道光熱費      8,336    300   9,637   118,748    -
  公租公課
        2,177   13,758   6,319   55,419    -
  損害保険料
        44   73   74   678   -
  修繕費      821   2,823    107   20,739    -
  その他賃貸事業費用      19,278   3,400   2,063   47,306    302
  ③NOI(①-②)      93,265   (注3)    82,357   272,382   571,197
  ④減価償却費      6,526   2,710   4,671   22,535    -
  賃貸事業損益(③-④)      86,739   (注3)    77,685   249,846   571,197
                    (単位:千円)

   物件番号    UR-17   TO-1   TO-2   TO-3   TO-4
      キュープラザ原宿    東急不動産

             A-PLACE
   物件名称             A-PLACE代々木   A-PLACE青山
          恵比寿ビル
       (注1)      恵比寿南
  第16期中の営業日数             183   183   183

        183   183
  ①賃貸事業収益      243,826   339,812   389,664   135,088   315,772
  賃貸事業収入     226,589   320,761   371,844   126,961   294,989
  その他賃貸事業収入      17,236   19,050   17,819   8,127   20,782
  ②賃貸事業費用
        38,454   76,730   138,915   45,715   70,011
  管理業務費
        18,659   26,866   33,957   11,507   20,226
  水道光熱費
        15,935   19,077   23,118   9,589   20,241
  公租公課      -   17,089   32,093   10,618   23,344
  損害保険料      110   234   300   101   220
  修繕費      405   2,562   30,677   6,533   1,966
  その他賃貸事業費用      3,345   10,900   18,769   7,365   4,011
  ③NOI(①-②)      205,372   263,082   250,749   89,373   245,761
  ④減価償却費
        6,424   42,134   31,293   15,429   22,414
  賃貸事業損益(③-④)      198,947   220,947   219,455   73,943   223,346
            149/231





                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                    (単位:千円)
   物件番号
       TO-5   TO-6   TO-7   TO-8   TO-9
          田町スクエア

   物件名称   ルオーゴ汐留      A-PLACE池袋   A-PLACE新橋   A-PLACE五反田
          (底地)
  第16期中の営業日数

        183   183   183   183
                     183
  ①賃貸事業収益      182,517   62,502   (注3)    206,522   193,353
  賃貸事業収入     168,827   62,502   (注3)    191,880   182,232
  その他賃貸事業収入      13,689    -  (注3)    14,641   11,120
  ②賃貸事業費用      51,028   9,383   35,125   66,200   44,043
  管理業務費      12,775    -   11,399   17,767   15,016
  水道光熱費      14,125    -   9,941   13,635   11,014
  公租公課
        19,201   9,130   10,638   15,343   13,986
  損害保険料
        190   -   101   163   131
  修繕費      1,065    -   708   13,576   2,030
  その他賃貸事業費用      3,670    252   2,337   5,713   1,865
  ③NOI(①-②)      131,489   53,118   (注3)    140,322   149,309
  ④減価償却費      27,356    -   20,685   23,036   26,844
  賃貸事業損益(③-④)      104,132   53,118   (注3)    117,285   122,465
                    (単位:千円)

   物件番号    TO-10   TO-11   TO-12   TO-13   TO-14
             汐留ビルディング

   物件名称   A-PLACE品川   大崎ウィズタワー       A-PLACE恵比寿東   A-PLACE渋谷金王
             (注1)
  第16期中の営業日数             183   183   183

        183   183
  ①賃貸事業収益      129,968   354,018   1,568,557    176,664   117,752
  賃貸事業収入     125,083   335,046   1,479,423    167,157   112,094
  その他賃貸事業収入      4,884   18,971   89,134   9,507   5,657
  ②賃貸事業費用
        46,194   96,761   373,423   41,727   40,426
  管理業務費
        19,712   59,345   104,957   12,841   12,616
  水道光熱費
        5,699   12,756   85,269   8,973   6,453
  公租公課      11,475   22,663   120,812   13,831   9,479
  損害保険料      89   376   911   120   90
  修繕費      4,116    -   35,189   3,483    942
  その他賃貸事業費用      5,101   1,618   26,282   2,477   10,842
  ③NOI(①-②)      83,773   257,256   1,195,134    134,936   77,325
  ④減価償却費
        9,177   48,275   150,787   23,644   12,979
  賃貸事業損益(③-④)      74,596   208,980   1,044,347    111,292   64,346
            150/231





                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                    (単位:千円)
   物件番号
       TO-15   TO-16   TO-17   AA-1   AA-2
                あまがさき
       A-PLACE
   物件名称       A-PLACE品川東   A-PLACE新橋駅前   キューズモール   icotなかもず
       五反田駅前
                (底地)
  第16期中の営業日数
        183   183   183   183   183
  ①賃貸事業収益      190,171   534,258   400,396   356,784   310,521
  賃貸事業収入     179,462   489,450   381,009   356,784   310,491
  その他賃貸事業収入      10,709   44,807   19,386    -   30
  ②賃貸事業費用      60,762   143,684   88,270   56,412   49,033
  管理業務費
        13,909   49,638   19,127    -   6,008
  水道光熱費
        11,951   37,345   19,481    -   30
  公租公課      18,067   48,290   38,143   56,159   30,338
  損害保険料      141   563   190   -   278
  修繕費      4,318   2,686   7,078    -   10,970
  その他賃貸事業費用      12,372   5,161   4,249    252   1,408
  ③NOI(①-②)      129,409   390,573   312,125   300,371   261,487
  ④減価償却費      12,051   30,652   52,536    -   34,644
  賃貸事業損益(③-④)      117,358   359,920   259,589   300,371   226,842
                    (単位:千円)

   物件番号    AA-4   AA-5   AA-6   AA-7   AA-8
          icot

   物件名称    icot溝の口      A-PLACE金山   大阪中之島ビル    icot大森
          多摩センター
  第16期中の営業日数      183   183   183

                  183   183
  ①賃貸事業収益      (注3)   146,260   294,188   544,238   234,045
  賃貸事業収入
        (注3)   135,075   268,607   514,148   202,800
  その他賃貸事業収入
        (注3)    11,184   25,581   30,089   31,245
  ②賃貸事業費用      16,779   58,924   90,232   211,287   54,745
  管理業務費      2,399   16,089   26,341   56,073   8,872
  水道光熱費      -   12,826   25,546   44,595   30,010
  公租公課      10,073   11,737   26,646   53,355   12,489
  損害保険料      119   182   305   906   119
  修繕費      3,419   16,983   4,243   47,006   1,963
  その他賃貸事業費用
        768   1,105   7,150   9,349   1,290
  ③NOI(①-②)      (注3)    87,335   203,955   332,951   179,299
  ④減価償却費      8,345   18,967   51,948   72,556   17,688
  賃貸事業損益(③-④)      (注3)    68,367   152,007   260,394   161,611
            151/231





                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
                    (単位:千円)
   物件番号    AA-9   AA-10   AA-11   AA-12   AA-13
      マーケットスクエア          コマーシャルモール

   物件名称      梅田ゲートタワー   A-PLACE馬車道       EDGE心斎橋
       相模原          博多
  第16期中の営業日数

        183   183   183   183   183
  ①賃貸事業収益
        (注3)   475,469   185,932   220,092   487,585
  賃貸事業収入     (注3)   434,377   165,148   172,423   445,383
  その他賃貸事業収入     (注3)    41,092   20,784   47,668   42,202
  ②賃貸事業費用      36,403   132,198   76,187   89,567   124,600
  管理業務費      15,854   31,123   21,027   21,878   45,724
  水道光熱費      5,196   32,917   23,180   27,976   44,479
  公租公課      13,726   34,775   17,135   12,764    0
  損害保険料
        159   442   358   191   635
  修繕費
        -   20,386   7,811   19,026   26,016
  その他賃貸事業費用
        1,466   12,551   6,675   7,730   7,744
  ③NOI(①-②)      (注3)   343,271   109,745   130,524   362,984
  ④減価償却費      23,753   68,391   30,896   15,225   15,849
  賃貸事業損益(③-④)      (注3)   274,879   78,848   115,299   347,135
   (注1) 「東急プラザ表参道原宿」、「東急プラザ赤坂」、「A-FLAG赤坂」、「デックス東京ビーチ」、「東急プラザ銀座(底地)」、
    「キュープラザ原宿」及び「汐留ビルディング」は、各物件の準共有持分割合(それぞれ75%、50%、50%、49%、30%、60%及
    び35%)に相当する値を記載しています。
   (注2) 2019年6月3日に50%準共有持分を譲渡しております。そのため、譲渡日の前日までの値を記載しています。
   (注3) テナントの承諾が得られていないため開示していません。
            152/231












                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  (3)【運用実績】
   ①【純資産等の推移】
    2019年11月期の直近6計算期間末における、本投資法人の総資産額、純資産総額及び1口当たりの純資産額の

   推移は以下のとおりです。なお、総資産額、純資産総額、1口当たりの純資産額について、期中では正確に把握
   できないため、各月末における推移は記載していません。
          総資産額    純資産総額   1口当たりの純資産額

    年月日
          (千円)     (千円)    (円)
          425,977,400    208,451,272     313,359
  第11期   2017年5月31日
          (419,825,501)    (202,299,372)     (304,111)
          426,838,582    208,523,097     313,467
  第12期   2017年11月30日
          (420,621,492)    (202,306,007)     (304,121)
          445,941,897         320,275
              223,777,679
  第13期   2018年5月31日
          (439,330,760)         (310,813)
              (217,166,542)
          445,464,883    223,842,455     320,368
  第14期   2018年11月30日
          (438,768,504)    (217,146,076)     (310,784)
          514,359,213    256,085,515     332,050
  第15期   2019年5月31日
          (506,633,862)    (248,360,164)     (322,033)
          515,480,977    256,198,271     332,196
  第16期   2019年11月30日
          (507,663,080)    (248,380,374)     (322,059)
   (注1) 括弧内の数値は、各計算期間末に分配を行った後の金額です。
   (注2) 1口当たりの純資産額は、小数点第1位を切り捨てています。
    また、本投資口は、東京証券取引所に2012年6月13日以降上場されており、2019年11月期の直近6計算期間

   の、同所における市場価格は以下のとおりです。
       回次  第11期  第12期  第13期  第14期  第15期  第16期

         2017年  2017年  2018年  2018年  2019年  2019年
       決算年月
          5月  11月  5月  11月  5月  11月
  計算期間別最高・最低投資
       最高(円)   560,000  518,000  499,500  518,000  492,500  589,000
  口価格及び売買高
                    461,000
       最低(円)   490,000  437,500  448,000  466,000  432,000
       売買高
          227,596  222,903  208,851  214,398  354,968  335,975
       (口)
         2019年  201 9年 201 9年 201 9年 201 9年 201 9年

       月別
          6月  7月  8月  9月  10月  11月
          478,000  503,000  535,000  552,000  589,000  582,000
       最高(円)
  月別最高・最低投資口価格
  及び売買高
          461,000  461,000  489,500  515,000    542,000
       最低(円)           542,000
       売買高
          50,483  77,035  58,164  38,761  47,352  64,180
       (口)
   (注) 最高・最低投資口価格は東京証券取引所不動産投資信託証券市場の取引値によります。
            153/231





                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
   ②【分配の推移】
    2019年11月期の直近6計算期間における、本投資法人の分配総額、投資口1口当たりの利益分配金及び1口当

   たり利益超過分配金は以下のとおりです。
             1口当たり利益分配金    1口当たり利益超過分配金
    計算期間     分配総額(千円)
              (円)     (円)
    第11期計算期間末
          6,151,899     9,248     -
  (2016年12月1日~2017年5月31日)
    第12期計算期間末
          6,217,090     9,346     -
  (2017年6月1日~2017年11月30日)
    第13期計算期間末
          6,611,137     9,462     -
  (2017年12月1日~2018年5月31日)
    第14期計算期間末
          6,696,379     9,584     -
  (2018年6月1日~2018年11月30日)
    第15期計算期間末
          7,725,350     10,003     14
  (2018年12月1日~2019年5月31日)
    第16期計算期間末
          7,817,897     10,137     -
  (2019年6月1日~2019年11月30日)
   ③【自己資本利益率(収益率)の推移】

    2019年11月期の直近6計算期間末における、本投資法人の自己資本利益率は以下のとおりです。

           自己資本利益率      (年換算値)
     計算期間
     自 2016年12月1日
              3.2%      6.4%
  第11期
     至 2017年5月31日
     自 2017年6月1日
              3.0%      5.9%
  第12期
     至 2017年11月30日
     自 2017年12月1日
              3.1%      6.1%
  第13期
     至 2018年5月31日
     自 2018年6月1日
              3.0%      6.0%
  第14期
     至 2018年11月30日
     自 2018年12月1日
              3.2%      6.5%
  第15期
     至 2019年5月31日
     自 2019年6月1日
              3.1%      6.1%
  第16期
     至 2019年11月30日
   (注1) 自己資本利益率=当期純利益金額/{(期首純資産額+期末純資産額)÷2}×100
   (注2) 比率は、小数点第2位を四捨五入しています。
   (注3) (年換算値)当期純利益金額/{(期首純資産額+期末純資産額)÷2}÷運用日数×365日×100
            154/231







                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  第二部【投資法人の詳細情報】
  第1【投資法人の追加情報】
  1【投資法人の沿革】
   2011年8月30日 設立企画人(TLCタウンシップ株式会社)による投信法第69条に基づく設立に係る届出

   2011年9月7日 投信法第166条に基づく設立の登記、本投資法人の設立
   2011年9月8日 投信法第188条に基づく登録の申請
   2011年9月20日 投信法第189条に基づく内閣総理大臣による登録の実施
      (登録番号 関東財務局長 第73号)
   2012年6月13日 東京証券取引所に上場
           資産運用の開始
  2【役員の状況】

   本書の日付現在における役員の状況は以下のとおりです。

    役職名  氏名              所有投資口数
             主要略歴
          東急不動産株式会社 入社
        1987年4月
          同 ビル事業本部 課長
        2000年4月
          同 アセット企画推進本部 企画推進部 統括部長
        2009年4月
          同 投資マネジメント事業本部 企画推進部 統括部長
        2010年4月
          同 投資マネジメント事業本部 投資企画部 統括部長
        2011年4月
          東急不動産キャピタル・マネジメント株式会社 取締役(非常
         同年4月
          勤)
          TLCリアルティマネジメント株式会社(現 東急不動産リー
         同年4月
   執行役員  佐藤 一志               -
          ト・マネジメント株式会社)取締役(非常勤)
        2014年4月  東急不動産株式会社 都市事業ユニット 事業戦略部 統括部長
        2015年4月  東急不動産SCマネジメント株式会社 出向 取締役専務執行役
          員 経営管理本部長
        2016年4月  同 代表取締役社長
        2018年4月  東急不動産リート・マネジメント株式会社 出向 取締役常務執
          行役員アクティビア運用本部長(現任)
        2019年9月
          アクティビア・プロパティーズ投資法人 執行役員(現任)
        1989年4月  弁護士登録(第一東京弁護士会)
          長島・大野法律事務所(現 長島・大野・常松法律事務所)
        1989年10月  山田法律事務所 パートナー
        1994年12月  三洋貿易株式会社 社外監査役
        1996年1月  学校法人田園調布雙葉学園 理事
        2004年3月  ヒゲタ醤油株式会社 監査役(現任)
        2004年6月  三菱倉庫株式会社 社外監査役(現任)
        2005年1月  最高裁判所司法研修所教官 刑事弁護
   監督役員  山田 洋之助               -
        2005年5月
          山田・合谷・鈴木法律事務所 代表パートナー(現任)
        2006年5月  稲畑産業株式会社 独立委員
        2006年6月  兼松株式会社 社外監査役
        2011年9月  アクティビア・プロパティーズ投資法人 監督役員(現任)
        2014年10月  学校法人森村学園 理事
        2014年12月  三洋貿易株式会社 社外取締役
        2017年12月  同 社外取締役 監査等委員(現任)
            155/231




                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
    役職名  氏名              所有投資口数
             主要略歴
        1989年10月  中央新光監査法人
        1994年3月  公認会計士登録
        1995年10月  プライスウォーターハウスクーパース アムステルダム 出向
        2000年9月  中央青山監査法人
        2004年9月  公認会計士有賀美典事務所(現任)
   監督役員  有賀 美典
                     -
        2004年9月  税理士酒巻敬二事務所
        2005年1月  税理士登録
        2011年9月
          アクティビア・プロパティーズ投資法人 監督役員(現任)
        2013年1月  税理士有賀美典事務所(現任)
        2016年6月
          アキレス株式会社 社外監査役(現任)
   (注)執行役員佐藤一志は、本資産運用会社の取締役常務執行役員と本投資法人の執行役員を兼務しており、金融商品取引法第31条の
    4第1項に従い、2019年9月8日付で金融庁長官に兼職の届出を行っています。
  3【その他】

  (1)役員の変更

    執行役員の任期は、原則として2年を超えることができません(投信法第99条)。但し、再任は禁じられてい

   ません。また、監督役員の任期は4年とされていますが、規約又は投資主総会の決議によってその任期を短縮す
   ることが可能です(投信法第101条第1項)。なお、本投資法人は規約により執行役員及び監督役員の任期を就
   任後2年と定めています(規約第17条第2項)。但し、投資主総会の決議によって、法令に定める限度におい
   て、その期間を延長又は短縮することを妨げられません(規約17条第2項)。また、補欠又は増員により就任し
   た執行役員又は監督役員の任期は、前任者又は在任者の任期の残存期間と同一とします(投信法第101条第2
   項、会社法第336条第3項、規約第17条第2項)。
    執行役員及び監督役員は、法令に別段の定めがある場合を除き、投資主総会の決議によって選任します(投信
   法第96条第1項、規約第17条第1項)。
    執行役員及び監督役員の解任は投資主総会において、発行済投資口の過半数の投資口を有する投資主が出席
   し、出席した当該投資主の議決権の過半数をもってこれを行う必要があります(投信法第104条第1項、第106
   条)。執行役員又は監督役員の職務の執行に関して不正の行為又は法令若しくは規約に違反する重大な事実があ
   るにもかかわらず投資主総会において当該執行役員又は監督役員を解任する旨の議案が否決された場合には、発
   行済投資口の100分の3以上の口数の投資口を有する投資主(6ヶ月前より引き続き当該投資口を有するものに
   限ります。)は、30日以内に訴えをもって当該執行役員又は監督役員の解任を請求することができます(投信法
   第104条第3項、会社法第854条第1項第2号)。
  (2)規約の変更

    規約の変更に係る手続等については、後記「第3         管理及び運営/1   資産管理等の概要/(5)     その他/

   ③ 規約の変更」をご参照ください。
  (3)事業譲渡又は事業譲受

    該当事項はありません。

  (4)出資の状況その他の重要事項

    出資の状況及びその他の重要事項については、前記「第一部           ファンド情報/第1    ファンドの状況/1    投資

   法人の概況/(5)    投資法人の出資総額」をご参照ください。
  (5)訴訟事件その他投資法人に重要な影響を及ぼした事実及び重要な影響を及ぼすことが予想される事実

    該当事項はありません。

            156/231


                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  第2【手続等】
  1【申込(販売)手続等】
   該当事項はありません。

   なお、本投資口は、東京証券取引所に上場されており、本投資口を東京証券取引所を通じて購入することが可能
  です。また、金融商品取引所外で本投資口を購入することも可能です。
  2【買戻し手続等】

   本投資口はクローズド・エンド型であり、本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しを行いません(規約

  第5条第1項)。したがって、該当事項はありません。
   本投資口は、   東京証券取引所に上場されており、本投資口を        東京証券取引所を通じて売買することが可能です。ま
  た、金融商品取引所外で本投資口を譲渡することも可能です。
   なお、本投資法人は、投資主との合意により本投資法人の投資口を有償で取得することができます(規約第5条第
  2項)。
            157/231















                     EDINET提出書類
                 アクティビア・プロパティーズ投資法人(E26572)
                   有価証券報告書(内国投資証券)
  第3【管理及び運営】
  1【資産管理等の概要】
  (1)【資産の評価】
   ① 1口当たりの純資産額の算出

    本投資口1口当たりの純資産額(以下「1口当たり純資産額」といいます。)は、本投資法人の総資産額か

   ら、総負債額を控除した金額(以下「純資産額」といいます。)をその時点における本投資法人の発行済投資口
   の総口数で除して算出します。
    1口当たり純資産額は、原則として、決算期毎に算出します。
    純資産額の算出に当たり、運用資産の評価方法及び基準は、運用資産の種類に応じて下記「② 資産評価の原
   則的方法」のとおりとします。
   ② 資産評価の原則的方法

    本投資法人の資産評価の方法は、投資法人の計算に関する規則(平成18年内閣府令第47号、その後の改正を含

   みます。)、一般社団法人投資信託協会制定の不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則、同協会が定め
   るその他の諸規則及び一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従い、次のとおり運用資産の種類毎に定め
   ます。
   (ア)不動産、不動産の賃借権及び地上権

     取得価額から減価償却累計額を控除した価額をもって評価します。なお、減価償却額の算定方法は、建

    物部分及び設備等部分については定額法による算定とします。但し、設備等については、正当な事由によ
    り定額法による算定が適当ではなくなった場合で、かつ投資者保護上問題がないと合理的に判断できる場
    合に限り、ほかの算定方法に変更することができるものとします。
   (イ)不動産、不