株式会社スペースバリューホールディングス 四半期報告書 第2期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第2期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 株式会社スペースバリューホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  【表紙】
  【提出書類】       四半期報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条の4の7第1項
  【提出先】       関東財務局長
  【提出日】       2020年2月14日
  【四半期会計期間】       第2期第3四半期(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)
  【会社名】       株式会社スペースバリューホールディングス
  【英訳名】       SPACE VALUE HOLDINGS  CO.,LTD.
  【代表者の役職氏名】       代表取締役社長CEO  森岡 直樹
  【本店の所在の場所】       石川県金沢市金石北三丁目16番10号
         (同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
         行っております。)
  【電話番号】       該当事項はありません。
  【事務連絡者氏名】       該当事項はありません。
  【最寄りの連絡場所】       東京都港区芝三丁目4番12号(東京本社)
  【電話番号】       (03)5439-6070(代表)
  【事務連絡者氏名】       執行役員コーポレート本部IR広報部長  島田 英樹
  【縦覧に供する場所】       株式会社スペースバリューホールディングス東京本社
         (東京都港区芝三丁目4番12号)
         株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
             1/19











                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
           第1期    第2期
     回次     第3四半期連結    第3四半期連結     第1期
           累計期間    累計期間
          自2018年4月1日    自2019年4月1日    自2018年4月1日
     会計期間
          至2018年12月31日    至2019年12月31日    至2019年3月31日
       (百万円)     55,448    59,273    85,666
  売上高
       (百万円)     1,980    1,443    4,314
  経常利益
  親会社株主に帰属する四半期
       (百万円)     1,124     421    238
  (当期)純利益
       (百万円)     △1,883    1,684    △1,602
  四半期包括利益又は包括利益
       (百万円)     26,872    26,793    27,155
  純資産額
       (百万円)     89,456    89,833    90,152
  総資産額
  1株当たり四半期(当期)純利
        (円)     32.05    12.02    6.80
  益
  潜在株式調整後1株当たり四半
        (円)     31.80    11.99    6.74
  期(当期)純利益
        (%)     28.7    29.7    28.8
  自己資本比率
           第1期    第2期

     回次     第3四半期連結    第3四半期連結
           会計期間    会計期間
          自2018年10月1日    自2019年10月1日
     会計期間
          至2018年12月31日    至2019年12月31日
             3.68    6.06
  1株当たり四半期純利益      (円)
  (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してお
    りません。
   2.売上高には消費税等は含まれておりません。
   3.第1期第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表及び第1期連結会計年度の連結財務諸表は、単独株式
    移転により完全子会社となった日成ビルド工業株式会社の四半期連結財務諸表及び連結財務諸表を引き継いで
    作成しております。
   4.第2期第2四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、第1期第
    3四半期連結累計期間及び第1期連結会計年度の関連する主要な経営指標等については、暫定的な会計処理の
    確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によっております。
   5. 株主資本において自己株式として計上されている株式給付信託が保有する当社株式は、1株当たり四半期
    (当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益の算定上、普通株式の期中平均株式数の
    計算において控除する自己株式に含めております。
  2【事業の内容】

   当第3四半期連結累計期間における、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
  な変更はありません。
   なお、当第3四半期連結会計期間において、連結子会社でありました株式会社NBネットワークスは、同じく連結
  子会社である日成ビルド工業株式会社を存続会社とする吸収合併を行ったことにより、連結の範囲から除外しており
  ます。
   また、当第3四半期連結会計期間において、NBNS投資事業有限責任組合は、清算が結了したため、連結の範囲
  から除外しております。
             2/19



                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  第2【事業の状況】
  1【事業等のリスク】
   当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の                  有価証
   券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
  2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

   文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
   なお、2018年7月18日に行われたアーバン・スタッフ株式会社との企業結合について、前連結会計年度において
   暫定的な会計処理を行っておりましたが、第2四半期連結会計期間に確定したため、前第3四半期連結累計期間、
   前連結会計年度との比較・分析にあたっては、暫定的な会計処理の確定による見直し後の金額を用いております。
  (1) 財政状態及び経営成績の状況

   ① 経営成績
   当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、雇用・所得環境の改善が続くなか緩やかな回復基調で推移い
   たしましたが、米中間の通商問題を巡る動向や中国経済の先行きなど不透明な状況が続きました。
   建設業界におきましては、公共工事、民間工事ともに底堅く推移し、安定した経営環境で推移いたしました。
   このような状況のなか当社グループは、新たな経営体制のもと、経営理念・ビジョンを刷新し、グループ社員一
   人ひとりがより成長できる会社(空間)創りを目指し、持続的な成長と社会になくてはならない会社の実現に向
   かって取り組んでおります。また、本業回帰を重要なテーマとして位置付け中期経営計画の見直しに取り組んでお
   り、その一環として、本業とは関連性が低く、結果としてグループ全体への相乗効果が見込めない資産の整理を進
   めております。
   当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高は         59,273 百万円(前年同期比106.9%、3,824百万円増)となり
   ましたが、販売費及び一般管理費において再発防止策遂行にかかる費用計上等もあり、営業利益は                 1,251 百万円
   (前年同期比61.5%、784百万円減)、経常利益は        1,443 百万円(前年同期比72.9%、536百万円減)、親会社株主
   に帰属する四半期純利益は     421 百万円(前年同期比37.5%、702百万円減)となりました。
   セグメント別の概要は、次のとおりであります。

  (システム建築事業)
   システム建築事業につきましては、販売事業では工場、倉庫の建築が堅調に推移いたしましたが、事務所の建築
   が低調に推移したこともあり     売上高は20,912   百万円(前年同期比94.7%、1,169百万円減)        に留まりました。一
   方、レンタル事業では、学校施設の耐震化等に伴う仮設校舎や事務所が増加した結果、               売上高は  9,576 百万円 (前
   年同期比107.2%、645百万円増)      となりました。
   これらの結果、同事業全体の売上高は30,489百万円(前年同期比98.3%、524百万円減)となりました。
  (立体駐車場事業)

   立体駐車場事業につきましては、販売事業ではビジネスホテル及び商業施設での立体駐車場の建築が増加したこ
   ともあり売上高は6,822百万円(前年同期比116.7%、975百万円増)となりました。また、メンテナンス事業では
   リニューアル工事が増加した結果、売上高は1,876百万円(前年同期比119.4%、304百万円増)となりました。
   一方、駐車場運営・管理事業では、国内は2019年12月末において駐車場は410件4,744台(50台純増)及び駐輪場
   は81件13,906台(1,275台純増)、海外は2019年12月末において駐車場289件128,706台(11,858台純増)と着実に
   運営台数が増加し、   売上高は3,787百万円(前年同期比103.8%、140百万円増)となりました。
   これらの結果、同事業全体の売上高は12,486百万円(前年同期比112.8%、1,419百万円増)となりました。
  (総合建設事業)

   総合建設事業につきましては、鉄道・土木工事は堅調に推移し、またマンション建築物件の工事進捗が順調に推
   移したこともあり、売上高は13,950百万円(前年同期比122.8%、2,593百万円増)となりました。
             3/19





                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  (開発事業)
   開発事業につきましては、大手コンビニエンスストアやドラッグストアの開発を推進し賃料収入を積み上げたほ
   か、当該開発物件の一部譲渡もあり      売上高は  1,252 百万円(前年同期比118.6%、196百万円増)となりました。
  (ファシリティマネジメント事業)

   ファシリティマネジメント事業につきましては、大手外食チェーン店やドラッグストア等の商業店舗に向けた着
   実な営業活動により売上高は1,094百万円(前年同期比114.5%、138百万円増)となりました。
   ② 財政状態

   当第3四半期連結会計期間末における資産合計は、レンタル未収入金、投資有価証券などの増加があったもの
   の、受取手形・完成工事未収入金の減少により、前連結会計年度末と比べ319             百万円 減少し、  89,833百万円となり
   ました。
   負債合計は、支払手形・工事未払金等の減少があったものの、借入金の増加により              、前連結会計年度末と比べ42
   百万円 増加し、  63,039百万円となりました。
   純資産合計は、   主にその他資本剰余金を原資とした配当の実施による資本剰余金の減少、NBNS投資事業有限
   責任組合の清算結了による非支配株主持分の減少、及びその他有価証券評価差額金の増加により、                 前連結会計年度
   末と比べ361  百万円 減少し、  26,793百万円となりました。
   これらの結果、自己資本比率は29.7%(前連結会計年度末は28.8%)となりました。
  (2) 経営方針・経営戦略等

   当第3四半期連結累計期間において、当社グループ社員一人ひとりがより成長できる会社(空間)創りを目指
   し、持続的な成長と社会になくてはならない会社を実現していく想いを込めて、経営理念・ビジョンの刷新を図り
   ました。また、当社グループのありたい姿を見据えた中期経営計画の見直しの検討を進めております。
   <経営理念>

   「空間の価値」を創造し続けることが、私たちの使命です。
   <ビジョン(当社グループの空間ビジョン=4つの成長領域)>

   社会の役に立つ、「働く空間」の創造
   環境に貢献する、「優しい空間」の創造
   災害に負けない、「強い空間」の創造
   シナジーを生みだす、「支え合う空間」の創造
  (3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

   当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
  (4) 研究開発活動

   当第3四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は46百万円であります。
   なお、当第3四半期連結累計期間において、研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
  3【経営上の重要な契約等】

   当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             4/19






                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  第3【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)
  普通株式                60,000,000

      計            60,000,000

   ②【発行済株式】

     第3四半期会計期間末現
               上場金融商品取引所名
          提出日現在発行数(株)
     在発行数(株)
   種類            又は登録認可金融商品     内容
          (2020年2月14日)
     (2019年12月31日)          取引業協会名
               東京証券取引所    単元株式数
       35,556,584     35,556,584
  普通株式
                市場第一部    100株
       35,556,584     35,556,584     -    -
   計
  (2)【新株予約権等の状況】

   ①【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
   ②【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

    該当事項はありません。
  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式
                 資本準備金   資本準備金
           資本金増減額   資本金残高
   年月日              増減額   残高
      総数増減数   総数残高
           (百万円)   (百万円)
                 (百万円)   (百万円)
      (千株)   (千株)
  2019年10月1日~
        -  35,556    -  7,000   -  1,000
  2019年12月31日
  (5)【大株主の状況】

    当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             5/19








                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  (6)【議決権の状況】
    当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
    記載することができないことから、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
    ます。
   ①【発行済株式】

                   2019年12月31日現在
          株式数(株)    議決権の数(個)
     区分               内容
           -     -    -
  無議決権株式
  議決権制限株式(自己株式等)         -     -    -
  議決権制限株式(その他)         -     -    -

  完全議決権株式(自己株式等)          223,200   -    -

         普通株式
  完全議決権株式(その他)         35,288,700    352,887    -
         普通株式
            44,684   -    -
  単元未満株式       普通株式
           35,556,584    -    -
  発行済株式総数
           -     352,887    -
  総株主の議決権
  (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、「株式給付信託」導入において設定した資産管理サービス信託銀行株式
  会社(信託E口)が保有する当社株式202,900株(議決権の数2,029個)及び証券保管振替機構名義の株式が2,500株
  (議決権の数25個)含まれております。
   ②【自己株式等】

                  2019年12月31日現在
                  発行済株式総数に
         自己名義所有   他人名義所有   所有株式数の
  所有者の氏名
                  対する所有株式数
      所有者の住所
         株式数(株)   株式数(株)   合計(株)
  又は名称
                  の割合(%)
  ㈱スペースバリュー    金沢市金石北
          223,200    -  223,200    0.63
  ホールディングス    三丁目16番10号
       -   223,200    -  223,200    0.63
   計
  (注)上記のほか、「株式給付信託」導入において設定した資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する
  当社株式が202,900株あります。
   なお、当該株式数は上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含まれております。
  2【役員の状況】

   該当事項はありません。
             6/19








                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  第4【経理の状況】
  1.四半期連結財務諸表の作成方法について
   当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
  令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
  2.監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019
  年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
  表について、PwC京都監査法人による四半期レビューを受けております。
             7/19

















                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  1【四半期連結財務諸表】
  (1)【四半期連結貸借対照表】
                  (単位:百万円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
               7,655     6,540
   現金預金
              ※2 23,639     ※2 19,470
   受取手形・完成工事未収入金
               4,655     5,925
   レンタル未収入金
               1,350     1,583
   販売用不動産
               435     608
   仕掛販売用不動産
               2,313     3,282
   未成工事支出金
               969     1,014
   その他のたな卸資産
               1,884     2,472
   その他
               △250     △40
   貸倒引当金
               42,653     40,859
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
    レンタル用建物(純額)           3,250     3,236
    建物・構築物(純額)           5,479     5,416
               14,749     14,751
    土地
               5,090     5,533
    その他(純額)
               28,569     28,937
    有形固定資産合計
   無形固定資産
               3,250     3,053
    のれん
               1,802     1,759
    その他
               5,053     4,812
    無形固定資産合計
   投資その他の資産
               11,556     13,248
    投資有価証券
               2,562     2,421
    その他
               △243     △445
    貸倒引当金
               13,875     15,223
    投資その他の資産合計
               47,498     48,973
   固定資産合計
               90,152     89,833
  資産合計
             8/19









                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
                  (単位:百万円)

            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
              ※2 19,905     ※2 16,871
   支払手形・工事未払金等
               5,927     10,836
   短期借入金
               3,943     4,000
   1年内返済予定の長期借入金
               1,223      577
   未払法人税等
               1,338     1,655
   未成工事受入金
               4,104     3,953
   レンタル前受収益
               235     197
   完成工事補償引当金
               670     346
   賞与引当金
               214     66
   その他の引当金
               2,933     3,604
   その他
               40,495     42,108
   流動負債合計
  固定負債
               18,207     16,188
   長期借入金
               1,877     1,904
   退職給付に係る負債
                92     72
   その他の引当金
               2,323     2,764
   その他
               22,501     20,930
   固定負債合計
               62,996     63,039
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
               7,000     7,000
   資本金
               3,259     2,331
   資本剰余金
               12,361     12,783
   利益剰余金
               △452     △428
   自己株式
               22,168     21,686
   株主資本合計
  その他の包括利益累計額
               3,780     5,093
   その他有価証券評価差額金
                63     5
   為替換算調整勘定
               △84     △79
   退職給付に係る調整累計額
               3,759     5,020
   その他の包括利益累計額合計
  新株予約権             107     85
               1,118      1
  非支配株主持分
               27,155     26,793
  純資産合計
               90,152     89,833
  負債純資産合計
             9/19








                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
   【四半期連結損益計算書】
   【第3四半期連結累計期間】
                  (単位:百万円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  売上高
               45,461     48,444
  完成工事高
               8,931     9,576
  レンタル売上高
               1,056     1,252
  開発事業売上高
               55,448     59,273
  売上高合計
  売上原価
               38,317     41,508
  完成工事原価
               7,269     8,038
  レンタル売上原価
               883     1,023
  開発事業売上原価
               46,470     50,569
  売上原価合計
  売上総利益
               7,143     6,936
  完成工事総利益
               1,661     1,538
  レンタル総利益
               172     229
  開発事業総利益
               8,978     8,703
  売上総利益合計
               6,942     7,452
  販売費及び一般管理費
               2,036     1,251
  営業利益
  営業外収益
                23     17
  受取利息
               197     259
  受取配当金
                30     28
  賃貸不動産収入
                16     16
  仕入割引
               172     181
  その他
               440     504
  営業外収益合計
  営業外費用
               163     176
  支払利息
                41     10
  賃貸不動産原価
                42     4
  シンジケートローン手数料
                1     -
  貸倒引当金繰入額
               246     119
  その他
               495     311
  営業外費用合計
               1,980     1,443
  経常利益
  特別利益
                29     28
  固定資産売却益
                -     16
  新株予約権戻入益
                3     -
  投資有価証券売却益
                -     2
  その他
                33     46
  特別利益合計
  特別損失
                3     17
  固定資産売却損
                28     7
  固定資産除却損
               ※43     ※168
  減損損失
                -     125
  事業整理損
                17     2
  その他
                93     320
  特別損失合計
               1,921     1,169
  税金等調整前四半期純利益
               809     705
  法人税等
               1,111      464
  四半期純利益
  非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
               △13     42
  に帰属する四半期純損失(△)
               1,124      421
  親会社株主に帰属する四半期純利益
            10/19


                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
   【四半期連結包括利益計算書】
   【第3四半期連結累計期間】
                  (単位:百万円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
               1,111      464
  四半期純利益
  その他の包括利益
               △2,727     1,274
  その他有価証券評価差額金
               △279     △59
  為替換算調整勘定
                11     5
  退職給付に係る調整額
                0     -
  持分法適用会社に対する持分相当額
               △2,995     1,220
  その他の包括利益合計
               △1,883     1,684
  四半期包括利益
  (内訳)
               △1,871     1,682
  親会社株主に係る四半期包括利益
               △12     2
  非支配株主に係る四半期包括利益
            11/19















                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  【注記事項】
   (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
   (連結の範囲の重要な変更)
    当第3四半期連結会計期間において、連結子会社でありました株式会社NBネットワークスは、同じく連結子
   会社である日成ビルド工業株式会社を存続会社とする吸収合併を行ったことにより、連結の範囲から除外してお
   ります。
    また、当第3四半期連結会計期間において、NBNS投資事業有限責任組合は、清算が結了したため、連結の
   範囲から除外しております。
   (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

   (税金費用の計算)
    税金費用の計算については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効
   果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しておりま
   す。
   (四半期連結貸借対照表関係)

   1.保証債務
   関係会社の工事請負に係る金融機関の工事契約履行保証等に対する保証債務
           前連結会計年度     当第3四半期連結会計期間
           (2019年3月31日)      (2019年12月31日)
   P-PARKING  INTERNATIONAL   PTE LTD
              111百万円      110百万円
   SPACE VALUE(THAILAND)CO.,LTD.          210      192
              321      302
      計
  ※2.四半期連結会計期間末日満期手形

   四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、
   当第3四半期連結会計期間の末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半期
   連結会計期間末残高に含まれております。
           前連結会計年度     当第3四半期連結会計期間
           (2019年3月31日)      (2019年12月31日)
   受取手形          233百万円       3百万円
   支払手形          170      111
   3.受取手形割引高

           前連結会計年度     当第3四半期連結会計期間
           (2019年3月31日)      (2019年12月31日)
             -
   受取手形割引高                306 百万円
            12/19







                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
   (四半期連結損益計算書関係)
  ※ 当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
   前第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
     用途    場所    種類   減損損失(百万円)
    賃貸用資産   福島県双葉郡広野町     建設仮勘定      43

   当社グループは、原則として、賃貸用不動産についてはそれぞれ個別案件ごとにグルーピングしております。
   対象資産は、建設計画の変更に伴い、他の用途に転用できない部分の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該
   減少額を特別損失に計上しております。
   なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、正味売却価額を零として評価しております。
   当第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

     用途    場所    種類   減損損失(百万円)
    ホテル開発用資産    神奈川県横浜市    土地・建設仮勘定       164

                    3
    事業用資産    大阪府大阪市    建物付属設備他
                   168
     合 計     ―    ―
   当社グループは、原則として、ホテル開発用資産についてはそれぞれ個別案件ごとに、事業用資産については、
   会社及び生産センターを基準としてグルーピングしております。
   ホテル開発用資産については、対象資産に係るホテル開発計画の中止及び開発用地の売却方針の決定により、建
   設仮勘定の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を特別損失に計上しております。
   なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、正味売却価額を零として評価しております。
   事業用資産については、連結子会社でありました株式会社NBネットワークスが、同じく連結子会社である日成
   ビルド工業株式会社に吸収合併されたことに伴う大阪営業所の閉鎖により、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、
   当該減少額を特別損失に計上しております。
   なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しております。
   (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

   当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
   期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む)及びのれんの償却額は、次の
   とおりであります。
          前第3四半期連結累計期間      当第3四半期連結累計期間
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
           至  2018年12月31日)      至  2019年12月31日)
   減価償却費         1,718百万円      1,945百万円
   のれんの償却額          146      168
   (株主資本等関係)

   当第3四半期連結累計期間(自2019年4月1日 至2019年12月31日)
    配当金支払額
       配当金の総額      1株当たり
   決議  株式の種類      配当の原資      基準日   効力発生日
        (百万円)      配当額(円)
  2019年6月27日
     普通株式    924 その他資本剰余金     26 2019年3月31日   2019年6月28日
  定時株主総会
  (注)2019年6月27日開催の第1期定時株主総会決議による配当金の総額には、資産管理サービス信託銀行株式会社(信
   託E口)が保有する当社株式に対する配当金5百万円及び連結子会社が保有する当社株式に対する配当金6百万円
   が含まれております。
            13/19




                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
   (セグメント情報等)
   【セグメント情報】
    Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
             報告セグメント

                 ファシリティ

      システム建築   総合建設   立体駐車場   開発     合計
                 マネジメント
  売上高

       31,013   11,356   11,066   1,056   955  55,448
  外部顧客への売上高
  セグメント間の内部
        25   147   0   62   268   504
  売上高又は振替高
       31,038   11,503   11,066   1,118   1,224   55,952
    計
  セグメント利益又は損
       3,055   462   661   127  △135  4,170
  失(△)
        (単位:百万円)

         四半期
       調整  連結損益計算書
       (注)1   計上額
         (注)2
  売上高
        -  55,448
  外部顧客への売上高
  セグメント間の内部
       △504   -
  売上高又は振替高
       △504  55,448
    計
  セグメント利益又は損
       △2,134   2,036
  失(△)
  (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△2,134百万円は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用
   であり、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
   2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
   3.暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額により開示してお
   ります。
    2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

    (固定資産に係る重要な減損損失)
     「開発事業」セグメントにおいて、建設計画の変更に伴い、他の用途に転用できない部分の帳簿価額を
    減損損失に計上しております。なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間において43百
    万円であります。
            14/19







                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
    Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
             報告セグメント

                 ファシリティ

      システム建築   総合建設   立体駐車場   開発     合計
                 マネジメント
  売上高

       30,489   13,950   12,486   1,252   1,094   59,273
  外部顧客への売上高
  セグメント間の内部
        29   167   31   63   231   524
  売上高又は振替高
       30,518   14,118   12,517   1,316   1,326   59,797
    計
  セグメント利益又は損
       2,424   481   792   164  △118  3,743
  失(△)
        (単位:百万円)

         四半期
       調整  連結損益計算書
       (注)1   計上額
         (注)2
  売上高
        -  59,273
  外部顧客への売上高
  セグメント間の内部
       △524   -
  売上高又は振替高
       △524  59,273
    計
  セグメント利益又は損
       △2,492   1,251
  失(△)
  (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△2,492百万円は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用
   であり、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
   2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

     該当事項はありません。
   (企業結合等関係)

   共通支配下の取引等
    重要性が乏しいため、記載を省略しております。
            15/19







                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
   (1株当たり情報)
   1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
   のとおりであります。
            前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
   (1)1株当たり四半期純利益            32.05円     12.02円
    (算定上の基礎)

    親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)           1,124     421

    普通株主に帰属しない金額     (百万円)       -     -

    普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
               1,124     421
    利益 (百万円)
    普通株式の期中平均株式数(千株)           35,088     35,121
   (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益            31.80円     11.99円

    (算定上の基礎)

    親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                -     -
    (百万円)
    普通株式増加数(千株)            273     84
   希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
   たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                -     -
   で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
   の概要
   (注)前第3四半期連結累計期間において、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
    は、当社が2018年10月1日に単独株式移転により設立された会社であるため、会社設立前の2018年4月1日
    から2018年9月30日までの期間について、日成ビルド工業株式会社の期中平均株式数に株式移転比率を乗じ
    た数値を用いて計算しております。
   (重要な後発事象)

   (固定資産(信託受益権)の譲渡)
   当社の連結子会社である合同会社スペースバリューA号は、2020年1月9日に所有する固定資産(信託受益権)
   の譲渡契約を締結し、2020年1月31日に当該物件の引渡しを完了しております。
   (1) 譲渡の理由

    対象資産に係るホテル開発計画の中止に伴い、所有する開発用地(信託受益権)の譲渡を行っております。
   (2) 譲渡資産の内容

    資産の内容    土地
    所在地    神奈川県横浜市
        2,250.07㎡
    土地面積
        (注)
    譲渡価額
    (注)譲渡価額については、譲渡先との守秘義務により開示を控えさせていただきます。
   (3) 譲渡先の概要

    譲渡先については、譲渡先との守秘義務により開示は控えさせていただきます。
    なお、譲渡先は国内法人1社ですが、当社との間には、記載すべき資本関係、人的関係及び取引関係はなく、
   また当社の関連当事者に該当する状況ではありません。
   (4) 実施する会計処理の概要

    当該固定資産(信託受益権)の譲渡に伴う譲渡益は、2020年3月期連結決算において「固定資産売却益」とし
   て特別利益に計上する予定です。
            16/19



                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  2【その他】
   該当事項はありません。
            17/19




















                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。
            18/19




















                     EDINET提出書類
                株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                      四半期報告書
        独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年2月14日

  株式会社スペースバリューホールディングス

  取締役会 御中

           PwC京都監査法人

           指 定 社 員

               公認会計士
                 若山 聡満   印
           業務執行社員
           指 定 社 員

               公認会計士
                 高田 佳和   印
           業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社スペー

  スバリューホールディングスの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019
  年10月1日から2019年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四
  半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につ
  いて四半期レビューを行った。
  四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
  務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
  作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
  結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
  て四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
  問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
  められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
  監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
  られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社スペースバリューホールディングス及び連結子会社の2019年
  12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさ
  せる事項がすべての重要な点において認められなかった。
  その他の事項

  会社の2019年3月31日をもって終了した前連結会計年度の第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間に係る
  四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が
  実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2019年4月15日付けで無限定の結論を表明しており、
  また、当該連結財務諸表に対して2019年6月27日付けで無限定適正意見を表明している。
  利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以 上

  (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

    告書提出会社)が別途保管しております。
   2. XBRLデータは四半期レビューの対象には        含まれていません。
            19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク