ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社 四半期報告書 第53期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第53期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出日:

提出者:ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年2月14日
      【四半期会計期間】                    第53期第3四半期(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)
      【会社名】                    ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社
      【英訳名】                    UMC  Electronics      Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  髙田 昭人
      【本店の所在の場所】                    埼玉県上尾市瓦葺721番地
      【電話番号】                    048-724-0001(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 副社長執行役員 管理本部本部長  仙波 陽平
      【最寄りの連絡場所】                    埼玉県上尾市瓦葺721番地
      【電話番号】                    048-724-0001(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 副社長執行役員 管理本部本部長  仙波 陽平
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/22













                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第52期           第53期
               回次               第3四半期           第3四半期            第52期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2018年4月1日           自2019年4月1日           自2018年4月1日

              会計期間
                            至2018年12月31日           至2019年12月31日           至2019年3月31日
                      (千円)          104,545,892           109,796,746           138,665,484
     売上高
     経常損失(△)                (千円)          △ 1,404,421          △ 2,092,176          △ 1,828,457
     親会社株主に帰属する
                      (千円)          △ 1,801,023          △ 5,222,937          △ 2,243,559
     四半期(当期)純損失(△)
                      (千円)          △ 2,394,693          △ 5,335,958          △ 2,653,840
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          17,628,659           10,843,509           17,384,474
     純資産額
                      (千円)          80,172,209           79,108,842           74,310,364
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           △ 97.87          △ 270.69          △ 120.48
     純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
                      (%)             21.8           13.5           23.2
     自己資本比率
                               第52期           第53期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自2018年10月1日           自2019年10月1日

              会計期間
                            至2018年12月31日           至2019年12月31日
     1株当たり四半期純損失金額
                      (円)           △ 34.16          △ 104.70
     (△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在するものの1株当たり四半
           期(当期)純損失金額であるため記載しておりません。
                                  2/22








                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  3/22




















                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、                  前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクに加え、以下の                                 事項
       が現れました。
       (継続企業の前提に関するリスク)

        当社グループにおいては、過年度の不正の発覚に起因し、当社に対する金融機関の与信姿勢について従前と異なっ
       た不透明さが生じてきております。一方で、株価の下落等により、新規資金調達は間接金融に依存せざるを得ない状
       況にあります。当該状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しています。
        当社グループでは、当該状況を解消すべく、内部においては、在庫の削減、保有債権の流動化等により流動性資金
       の残高向上に取り組んでおります。加えて、取引金融機関に対しては、適時に当社グループの経営成績及び財政状態
       を報告し、ご理解を得ることによって良好な関係を維持し、資金調達や資金繰りの安定化に努めており、追加の借入
       についても協議しています。同時に一部の取引金融機関と資金調達手法の多様化の協議を進めております。
        しかしながら、これらの対応策は実施途上であり、関係当事者との最終的な合意が得られていないため、現時点に
       おいては継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。
        なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響
       を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
       (内部統制及び法令遵守に関するリスク)

        第2四半期中において、当社中国連結子会社において、不適切な会計処理が行われている疑義が生じたことか
       ら、当社は徹底した事実関係の調査、その原因究明および今後の再発防止の提言を受けるために社外の専門家のみで
       構成される外部調査委員会を2019年8月7日に設置し、同委員会による本格的な調査が行われました。当社は、同委
       員会より2019年10月28日付で調査報告書を受領し、同日及び11月28日付で過年度における有価証券報告書等の訂正報
       告書を関東財務局に提出いたしました。
        当社は、このような事態が、経営者のコンプライアンス意識の欠如、内部統制の無効化とガバナンスの機能不全
       体制、管理部門機能の脆弱性、内部監査の形骸化等に起因するものであったと認識し、適切なガバナンスに向けた提
       言を得るため、2019年11月22日、外部の有識者で構成される「ガバナンス検討委員会」設置し、同委員会の下に、こ
       れらの原因の究明ならびに対応策の策定および実行を担う各種委員会を設置いたしました。
        また、当社は、2019年12月19日付けで、東京証券取引所より「特設注意市場銘柄」に指定され、上場契約違約金
       として48百万円の徴求を受けております。本指定制度に基づき、当社は、1年後に内部管理体制確認書を提出し、東
       京証券取引所による審査を受ける予定であります。当該審査に至るまでの期間も含め、審査において、内部管理体制
       に問題が認められない場合には、指定は解除になりますが、問題があるとされる場合は、原則として上場廃止、また
       は6か月間の特設注意銘柄指定の延長後の再審査となります。
        なお、当社は、2019年12月に「ガバナンス検討委員会」より報告書を受領いたしました。報告書における提言に
       基づき、経営体制を一新し、経営責任を明確化するために必要な対応と内部統制・コンプライアンス態勢の構築を含
       めた不祥事の再発防止に向けた施策を策定しております。
        これらの施策につきまして、全社一丸となって、実行に意欲的に取り組んでおります。しかしながら、内部統制が
       十分に機能していないと評価されるような事態が発生した場合には、金融商品取引法に基づく財務報告に係る内部統
       制報告制度への対応等での支障が生じる可能性や当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の分析

          当第3四半期中、当社中国連結子会社において、不適切な会計処理が行われている疑義が生じたことから、
         当社は徹底した事実関係の調査、その原因究明および今後の再発防止の提言を受けるために社外の専門家のみで
         構成される外部調査委員会を2019年8月7日に設置し、同委員会による本格的な調査が行われました。当社は、
         同委員会より2019年10月28日付で調査報告書を受領いたしました。
          この調査結果に基づき、当社は2014年3月期から2019年3月期までの訂正有価証券報告書及び訂正四半期報
         告書を関東財務局に提出いたしました。そして株式会社東京証券取引所から2019年12月18日付で特設注意市場銘
         柄に指定されるとともに、上場違約金として4,800万円の徴求を受けております。
                                  4/22


                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
          当社は今回の事態を極めて厳粛に受け止め、独立した第三者から成るガバナンス検討委員会を設置し、同委
         員会から適切なガバナンス体制についての提言を受領いたしました。この提言を踏まえ、真摯に再発防止策を実
         行してまいります。
          当第3四半期連結累計期間(2019年4月1日~2019年12月31日)における経済環境は、米中貿易摩擦問題の
         影響の本格化、米国とイランの対立激化などの地政学リスクの高まりにより減速傾向が続きました。日本におい
         ては海外経済の減速などを受け景況感が悪化しました。当社が属するエレクトロニクス業界においては、CAS
         E(Connected、Autonomous、Shared                              &  Services、Electric)へ
         の対応に伴い車載機器の電子化の傾向は継続しているものの、最大市場である中国のみならず、インドなどの新
         興国においても自動車販売台数の低迷が続き、全体としては厳しい状況となりました。産業機器関連市場におい
         ては、工作機械受注の落ち込みが続きました。
          こうした環境下において、当社グループは、グローバルで同一水準の製造サービスを提供することで、米中
         貿易摩擦問題等を背景に高まっているお客様の最適地生産へのニーズに柔軟に対応しております。
          当第3四半期連結累計期間の売上高は1,097億96百万円(前年同期比5.0%増)となりました。損益面におい
         ては、営業損益は14億50百万円の損失となり、前年同期に比べて12億22百万円の減少となりました。経常損益
         は、20億92百万円の損失となり前年同期に比べて6億87百万円の減少となりました。特別損益項目については、
         退職給付制度移管に係る非支配株主による負担金11億42百万円の特別利益、並びに、固定資産減損損失5億16百
         万円、退職給付制度移管に係る退職給付費用8億48百万円及び過年度決算訂正関連費用26億50百万円の特別損失
         をそれぞれ計上しております。この結果、親会社株主に帰属する四半期当期純損失は、52億22百万円の損失とな
         り前年同期に比べて34億21百万円の減少となりました。
          当社グループは、EMS事業とその他の事業を営んでおりますが、ほとんどがEMS事業のため、セグメン
         ト情報の記載を省略しております。
          なお、EMS事業の製品分野別の売上高とその他の事業の売上高は以下のとおりであります。売上高の金額
         については、連結相殺消去後の数値を記載しております。
         ①  EMS事業
          当社グループの主たる事業であるEMS事業の売上高は1,092億89百万円(前年同期比5.0%増)となりまし
         た。製品分野別の業績の概況は次のとおりであります。
         (車載機器)
          ライトのLED化に伴うエクステリア製品の拡大に加え、ボディ系・パワートレイン系、電動車向けパワーコ
         ントロール製品等、重要保安部品の好調により、売上高は535億78百万円(前年同期比16.9%増)となりまし
         た。
         (産業機器)
          前年度第2四半期より連結子会社となったUMC・Hエレクトロニクスのサーバ、ストレージ、ネットワーク
         機器売上が寄与したものの、FA機器関連が中国市場を中心に減速したことにより、売上高は264億79百万円
         (前年同期比3.0%減)となりました。
         (OA機器)
          プリンター市場の需要減少により、売上高は211億94百万円(前年同期比6.5%減)となりました。
         (コンシューマー製品)
          中華系顧客からの新規案件受注に加え、日系既存顧客からの受注拡大により、売上高は37億60百万円(前年同
         期比25.1%増)となりました。
         (情報通信機器)
          光ピックアップが主な製品であり、売上高は26億21百万円(前年同期比24.3%減)となりました。
         (その他)
          アミューズメント機器が主な製品であり、売上高は16億55百万円(前年同期比8.5%減)となりました。
         ②  その他の事業
         人材派遣業は好調に推移し、売上高は5億7百万円(前年同期比11.8%増)となりました。
       (2)財政状態の分析

          当第3四半期連結会計期間末における総資産は791億8百万円(前連結会計年度末比6.5                                        %増)となりました。
         これは主に、売掛金の増加によるものであります。
          負債につきましては、682億65百万円(前連結会計年度比19.9%増)となりました。これは主に、買掛金の増
         加及び短期借入金の増加によるものであります。
                                  5/22


                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
          純資産につきましては、108億43百万円(前連結会計年度末比37.6%減)となりました。これは主に、利益剰
         余金の減少によるものであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

           当第3四半期連結累計期間において、1「事業等のリスク」の(継続企業の前提に関するリスク)に記載の
         とおり、当社グループの継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が発生しております。
           また、1「事業等のリスク」の(内部統制及び法令遵守に関するリスク)に記載のとおり、当社は2019年12月
         ガバナンス検討委員会から報告書を受領いたしました。本委員会の報告書における提言の概要は、下記のとお
         りです。今後当社は、報告書における提言に基づき、経営体制を一新し、経営責任を明確化するために必要な
         対応と不祥事の再発防止策策定を行ってまいります。
         提言Ⅰ・監査等委員会設置会社への移行等
          ① 監査等委員会設置会社に移行し、ガバナンス体制を強化すべきである。
          ② 取締役(役員)の員数を減らすべきである。
          ③ 任意の指名・報酬委員会を設置し、監督機能を強化すべきである。
          ④ 少なくとも1名は常勤の監査等委員を置くべきである。
          ⑤ 専属または内部監査と兼任の監査等委員会事務局を置くべきである。
          ⑥ 監査等委員には、弁護士及び公認会計士が就任すべきである。
          ⑦ 監査等委員会設置会社への移行は可及的速やかに行うべきである。
          ⑧ 海外子会社のガバナンスを強化すべきである。
         提言Ⅱ・現在の取締役、監査役の業務継続の是非
          ⑨ 不正会計への関与や原因をふまえ、当社の各取締役が業務を継続することにつき意見を述べる。
          ⑩ 監査役については、監査等委員会設置会社への移行を機に、刷新するべきである。
          ⑪ 今後も取締役として当社の経営を担う取締役は、特定の株主の意見、利益のみでなく、少数株主、取引
             先、従業員等、全てのステークホルダーの利益のために業務を行うことをこれまで以上に意識すべきで
             ある。
         提言Ⅲ・競争力の強化
          ⑫ 早急に会計・経理体制を整備すべきである。
          ⑬ 原価低減を推進すべきである。
          ⑭ 赤字事業の見直しをすべきである。
          ⑮ 人材育成に注力し、人事評価の基準を明確化すべきである。
         提言Ⅳ・内部統制・コンプライアンス態勢の構築
          ⑯ 不正会計の総括及び責任追及、処分を行うべきである。
          ⑰ 内部通報制度を拡充すべきである。
          ⑱ コンプライアンス委員会を新設すべきである。
          ⑲ 内部監査部門を充実させ、監査等委員会、監査法人との連携を図るべきである。
       (4)研究開発活動

          該当事項はありません。
       (5)経営方針・経営戦略等

          当社は、2020年1月7日付で、              ガバナンス検討委員会と連携して活動する「経営改革委員会」を新たに設置
         し、同委員会の下部部会で             、 経営戦略再構築、業績回復、人材育成、業務効率向上を課題として活動                                 してまい
         ります。
                                  6/22





                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  7/22




















                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  54,000,000
                 普通株式
                                                  54,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                            (2020年2月14日)
               (2019年12月31日)                         取引業協会名
                                         東京証券取引所          単元株式数
                    19,295,180            19,295,180
       普通株式
                                          市場第一部         100株
                    19,295,180            19,295,180           -           -
         計
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2020年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ

        れた株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高               資本準備金
                  総数増減数        総数残高                      増減額
         年月日
                                 (千円)       (千円)             残高(千円)
                   (株)       (株)                     (千円)
      2019年10月1日~
                       -   19,295,180           -    4,729,403           -    4,499,092
      2019年12月31日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/22






                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
        ①【発行済株式】

                                                   2019年12月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                  -            -        -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -            -        -
     議決権制限株式(その他)                             -            -        -

     完全議決権株式(自己株式等)                             -            -        -

     完全議決権株式(その他)                   (普通株式)      19,292,300             192,923          -

                        (普通株式)         2,880             -
     単元未満株式                                            1単元100株未満の株式
                              19,295,180                -        -
     発行済株式総数
                                  -         192,923          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

           該当事項はありません。
      2【役員の状況】

         前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
        役職の異動
            新役職名                  旧役職名               氏名       異動年月日
                       取締役副社長 副社長執行役員
      取締役                                      柏木 亮二       2019年7月19日
                       製造本部 本部長
      取締役副社長 副社長執行役員                 取締役副社長 副社長執行役員
                                            髙須 一久       2019年7月19日
      製造本部 本部長                 営業本部 統括本部長
                       取締役副社長 副社長執行役員
      取締役社長(代表取締役社長)                                      髙田 昭人       2019年10月28日
                       営業本部 本部長
      取締役副社長 副社長執行役員
                       取締役副社長 副社長執行役員
      製造本部 本部長                                      髙須 一久       2019年10月28日
                       製造本部 本部長
      兼 営業本部 本部長
      取締役                 取締役社長(代表取締役社長)                     内山 茂樹       2019年10月28日
      取締役                 取締役会長                     野副 州旦       2019年10月28日

                                  9/22






                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/22

















                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       6,422,103              7,421,917
         現金及び預金
                                       18,998,763              22,574,688
         受取手形及び売掛金
                                       3,373,605              3,335,206
         製品
                                        601,584             1,277,932
         仕掛品
                                       17,730,465              17,437,407
         原材料及び貯蔵品
                                       1,559,033              2,508,299
         その他
                                         △ 178              △ 63
         貸倒引当金
                                       48,685,378              54,555,388
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             6,031,163              5,947,648
          機械装置及び運搬具(純額)                             7,710,354              7,827,895
                                       9,560,371              9,522,243
          その他(純額)
                                       23,301,889              23,297,788
          有形固定資産合計
                                        666,281              535,266
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        940,681              204,407
          投資有価証券
                                        716,133              515,991
          その他
                                       1,656,815               720,399
          投資その他の資産合計
                                       25,624,985              24,553,453
         固定資産合計
                                       74,310,364              79,108,842
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       25,453,155              31,558,409
         支払手形及び買掛金
                                       10,376,613              15,345,378
         短期借入金
                                       4,515,536              4,453,998
         1年内返済予定の長期借入金
                                        849,611              759,107
         未払法人税等
                                        777,984              555,256
         賞与引当金
                                       5,255,193              6,178,601
         その他
                                       47,228,094              58,850,750
         流動負債合計
       固定負債
                                       7,924,884              6,498,472
         長期借入金
                                        128,702              440,914
         製品保証引当金
                                        782,566             1,047,798
         退職給付に係る負債
                                        861,641             1,427,396
         その他
                                       9,697,795              9,414,582
         固定負債合計
                                       56,925,889              68,265,332
       負債合計
                                 11/22







                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                       4,729,403              4,729,403
         資本金
                                       10,472,765              10,472,765
         資本剰余金
                                       2,300,547             △ 4,137,370
         利益剰余金
                                           △ 6             △ 6
         自己株式
                                       17,502,710              11,064,792
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 74,513                -
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,276             △ 1,441
         繰延ヘッジ損益
                                       △ 121,787             △ 378,780
         為替換算調整勘定
                                        △ 58,614             △ 28,728
         退職給付に係る調整累計額
                                       △ 257,191             △ 408,950
         その他の包括利益累計額合計
                                        109,725              119,700
       新株予約権
                                         29,230              67,967
       非支配株主持分
                                       17,384,474              10,843,509
       純資産合計
                                       74,310,364              79,108,842
      負債純資産合計
                                 12/22














                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
                                      104,545,892              109,796,746
      売上高
                                      100,806,652              105,791,726
      売上原価
                                       3,739,239              4,005,020
      売上総利益
                                       3,967,286              5,455,925
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 228,046            △ 1,450,904
      営業外収益
                                         20,473              54,819
       受取利息
                                         22,457              33,858
       受取配当金
                                        130,070              197,181
       受取地代家賃
                                         27,062              44,450
       その他
                                        200,063              330,310
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        495,468              646,962
       支払利息
                                        806,953              110,153
       為替差損
                                         74,017              214,464
       その他
                                       1,376,439               971,581
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                 △ 1,404,421             △ 2,092,176
      特別利益
                                           -             1,770
       固定資産売却益
                                        308,158               35,861
       投資有価証券売却益
                                                    ※1 1,142,722
                                           -
       退職給付制度移管に係る負担金
                                                     ※2 229,139
                                           -
       受取保険金
                                        308,158             1,409,493
       特別利益合計
      特別損失
                                           -             4,644
       固定資産売却損
                                         61,346                304
       固定資産除却損
                                           -            60,516
       投資有価証券売却損
                                           -            50,824
       投資有価証券評価損
                                                     ※3 516,506
                                         56,251
       減損損失
                                        128,702                 -
       製品保証費用
                                                     ※1 848,973
                                           -
       退職給付費用
                                                    ※4 2,650,716
                                           -
       過年度決算訂正関連費用
                                                      ※2 69,176
                                           -
       災害による損失
                                           -            48,000
       上場契約違約金
                                        246,300             4,249,664
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                 △ 1,342,564             △ 4,932,347
                                        439,764              257,084
      法人税等
      四半期純損失(△)                                 △ 1,782,328             △ 5,189,432
                                         18,695              33,504
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                 △ 1,801,023             △ 5,222,937
                                 13/22





                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
      四半期純損失(△)                                 △ 1,782,328             △ 5,189,432
      その他の包括利益
                                       △ 259,230               74,513
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 3,561               834
       繰延ヘッジ損益
                                       △ 349,574             △ 256,992
       為替換算調整勘定
                                           -            35,118
       退職給付に係る調整額
                                       △ 612,365             △ 146,526
       その他の包括利益合計
                                      △ 2,394,693             △ 5,335,958
      四半期包括利益
      (内訳)
                                      △ 2,413,389             △ 5,374,696
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         18,695              38,737
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/22















                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
          当社グループにおいては、過年度の不正の発覚に起因し、当社に対する金融機関の与信姿勢について従前と異
         なった不透明さが生じてきております。一方で、株価の下落等により、新規資金調達は間接金融に依存せざるを
         得ない状況にあります。当該状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在していま
         す。
          当社グループでは、当該状況を解消すべく、内部においては、在庫の削減、保有債権の流動化等により流動性
         資金の残高向上に取り組んでおります。加えて、取引金融機関に対しては、適時に当社グループの経営成績及び
         財政状態を報告し、ご理解を得ることによって良好な関係を維持し、資金調達や資金繰りの安定化に努めてお
         り、追加の借入についても協議しています。同時に一部の取引金融機関と資金調達手法の多様化の協議を進めて
         おります。しかしながら、これらの対応策は実施途上であり、関係当事者との最終的な合意が得られていないた
         め、現時点においては継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。
          なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の
         影響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
        (会計方針の変更)

        (IFRS第16号「リース」)
          国際財務報告基準を適用している子会社は、第1四半期連結会計期間の期首より、国際財務報告基準第16号
         「リース」(以下、「IFRS第16号」)を適用しております。これにより、借手のリース取引については、原則と
         してすべてのリースについて使用権資産およびリース債務を認識するとともに、使用権資産の減価償却費とリー
         ス債務に係る支払利息を計上しております。
          IFRS第16号の適用については、経過的な取扱いに従って、リース債務は、適用開始日現在の追加借入の利子率
         を用いて割り引いた現在価値で測定しており、使用権資産はリース債務と同額を計上する方法を採用しておりま
         す。
          本基準の適用に伴い、当第3四半期連結会計期間末において、有形固定資産の「その他」が313,191千円増
         加、投資その他の資産の「その他」                 が253,950千円減少し、流動負債の「その他」が183,022千円、固定負債の
         「その他」が705,132千円それぞれ増加しております。また、本基準の適用に伴い、当第3四半期連結累計期間
         の経常利益は654千円減少しております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
           税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
          計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
           ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、法定実
          効税率を使用する方法によっております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        (偶発債務)
          開示規制違反に係る課徴金
           当社グループは、2019年7月に海外連結子会社における不適切な会計処理が発覚したため、同年10月28日及
          び11月28日付で過年度における有価証券報告書等の訂正報告書を提出いたしました。今後、当社は金融庁から
          開示規制違反に係る課徴金の納付命令を受ける可能性があります。なお、その結果によっては当社グループの
          業績に影響を与える可能性がありますが、現時点ではその影響を合理的に見積ることは困難であり、当社グ
          ループの財政状態及び経営成績に与える影響は明らかではありません。
                                 15/22




                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
          ※1 退職給付債務に係る特別利益および特別損失
             従来複数事業主により設立された基金が実施する確定給付企業年金制度に加入していた国内連結子会社
           は、当該基金を脱退し、2019年7月1日付で単独企業によるリスク分担型企業年金制度を発足させました。
             新たに導入されたリスク分担型企業年金では、標準掛金相当額の他に、特別掛金拠出額、リスク対応掛
           金拠出額があらかじめ規約に定められており、財政状況に応じて給付額を増減させることによって年金財
           政上の均衡を図る制度設計となっております。同国内連結子会社が追加掛金の拠出義務を実質的に負って
           いないことから、退職給付に係る会計処理において、当該制度は確定拠出制度に分類され、本制度変更は
           退職給付制度の終了に該当いたします。本変更に伴う、終了損失、任意脱退掛金拠出額及び特別掛金の合
           計額848,973千円を退職給付費用として特別損失に計上しております。
             また、上記脱退及びリスク分担型企業年金制度の発足に関連し、同子会社非支配株主との株式譲渡契約
           に基づく調整金銭額を最終的に1,142,722千円とすることで合意し、同額を退職給付制度移管に係る負担金
           として特別利益に計上しております。
          ※2    水害に係る特別損失および特別利益
             国内連結子会社の拠点は2019年10月に発生した台風19号により被災しました。同拠点の棚卸資産および
           固定資産の水没や水濡れによる評価損失、操業停止期間中の固定費、および製造拠点移管のコスト等のう
           ち当第3四半期決算日までに発生している部分69,176千円を災害による損失として特別損失に計上してお
           ります。
             また、当該損失に係る損害保険金は、第3四半期報告書提出時点では一部の査定が終了しておりません
           が、当第3四半期決算日までに確定している部分229,139千円を受取保険金として特別利益に計上しており
           ます。
          ※3 減損損失
             当社グループは、当第3四半期連結累計期間において、以下の資産グループについて減損損失を計上し

           ました。
                                                  減損損失(千円)

           場所              用途              種類
                                                      336,300

                                   機械装置及び運搬具
                                   工具、器具及び備品                     2,426

      UMC  Electronics
      (Dongguan)      Co.,   Ltd.  (中    事業用資産              リース資産                    20,057
      国・広東省)
                                   ソフトウエア                    19,487
                                   長期前払費用                    138,235

           合計                                           516,506

             当社グループは、原則として、事業用資産については工場単位を基準としてグルーピングを行っており

           ます。
             市況の変化等に伴う収益性の低下により投資額の回収が見込めなくなったため、帳簿価額を回収可能価
           額まで減額し、当該減少額を減損損失(516,506千円)として特別損失に計上しました。
             回収可能価額は正味売却価額により測定しておりますが、鑑定評価額等による売却可能額により評価し
           ております。
          ※4 過年度決算訂正関連費用
             第1四半期終了後、当社グループでは前連結会計年度までに不適切な会計処理が行われている可能性が
           判明いたしました。当社は徹底した事実関係の調査の実施、その原因究明および今後の再発防止の提言を
           受けるために社外の専門家のみで構成される外部調査委員会を発足させ、同委員会による調査によって判
           明した事実を反映して過年度決算の訂正を行い、当該調査活動及び過年度決算の訂正等に係るコストを特
           別損失に計上しております。
                                 16/22



                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間

                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                              至   2018年12月31日)               至   2019年12月31日)
     減価償却費                              1,970,012千円                  2,447,576千円
     のれんの償却額                                17,927                  26,890
        (株主資本等関係)

       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
          1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
       (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2018年6月26日
                       483,724        30.00
               普通株式                     2018年3月31日         2018年6月27日         利益剰余金
     定時株主総会
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間
            の末日後となるもの
             該当事項はありません。
          3.株主資本の金額の著しい変動
             当社は、2018年6月11日付で公募による増資及び公募による自己株式の処分を行いました。この結果、
            第1四半期連結累計期間において資本金が3,329,761千円増加、資本剰余金が4,893,241千円増加、自己株
            式が144,238千円減少し、当第3四半期連結会計期間末において資本金が4,675,696千円、資本剰余金が
            10,419,057千円、自己株式が6千円となっております。
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
          1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
       (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2019年6月27日
                       578,854        30.00
               普通株式                     2019年3月31日         2019年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間
            の末日後となるもの
             該当事項はありません。
           配当の原資
          配当金は、株主総会決議に基づく手続きにより既に支出しておりますので、配当の原資は利益剰余金のまま
          としております。
                                 17/22







                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
            当社グループは、EMS事業以外の事業に関しては重要性が乏しいと考えられるため、セグメント情報
           の記載は省略しております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
              当社グループは、EMS事業以外の事業に関しては重要性が乏しいと考えられるため、セグメント情
             報の記載は省略しております。
           (のれんの金額の重要な変動)

              当社グループは、EMS事業以外の事業に関しては重要性が乏しいと考えられるため、セグメント情
             報の記載は省略しております。
           (重要な負ののれん発生益)

              該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)

                                      △97.87円               △270.69円
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)
                                    △1,801,023               △5,222,937
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
      親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)
                                    △1,801,023               △5,222,937
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                              18,401,866               19,295,153
      (注) 前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益について

         は、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません
        (企業結合等関係)

         (取得による企業結合)
           2018年7月2日に行われたUMC・Hエレクトロニクス株式会社(旧社名株式会社日立情報通信マニュファク
          チュアリング)との企業結合について、前連結会計年度において暫定的な会計処理を行っておりましたが、第
          1四半期連結会計期間において確定しております。なお、のれんの金額に修正は生じておりません。
                                 18/22






                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 19/22




















                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 20/22




















                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2020年2月14日

     ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社
      取締役会 御中
                            EY新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士        跡部 尚志  ㊞
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士        野本 博之  ㊞
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士        池田 洋平  ㊞
                            業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているユー・エム・

     シー・エレクトロニクス株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間
     (2019年10月1日から2019年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に
     係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注
     記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社及び連結子会社の2019
     年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じ
     させる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、過年度の不正の発覚に起因し、会社に対する金融機関の与信姿
     勢について従前と異なった不透明さが生じてきている。一方で、株価の下落等により、新規資金調達は間接金融に依存せ
     ざるを得ない状況にあり、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の
     前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由につい
     ては当該注記に記載されている。四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実
     性の影響は四半期連結財務諸表に反映されていない。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

                                 21/22

                                                           EDINET提出書類
                                           ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(E32169)
                                                             四半期報告書
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22


















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。