オムロン株式会社 四半期報告書 第83期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第83期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出日:

提出者:オムロン株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  【表紙】
  【提出書類】       四半期報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条の4の7第1項

  【提出先】       関東財務局長

  【提出日】       2020年2月14日

         第83期 第3四半期(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)

  【四半期会計期間】
  【会社名】       オムロン株式会社

         OMRON Corporation

  【英訳名】
         代表取締役社長   CEO 山  田 義 仁

  【代表者の役職氏名】
  【本店の所在の場所】       京都市下京区塩小路通堀川東入南不動堂町801番地

         京都(075)344-7070

  【電話番号】
         執行役員 グローバル理財本部長 大       上 高 充

  【事務連絡者氏名】
  【最寄りの連絡場所】       京都市下京区塩小路通堀川東入南不動堂町801番地

         京都(075)344-7070

  【電話番号】
         執行役員 グローバル理財本部長 大       上 高 充

  【事務連絡者氏名】
  【縦覧に供する場所】

         オムロン株式会社東京事業所
         (東京都港区港南二丁目3番13号)

         株式会社東京証券取引所

         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/51









                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
            第82期    第83期
      回次     第3四半期連結    第3四半期連結     第82期
            累計期間    累計期間
           自 2018年4月1日   自 2019年4月1日   自 2018年4月1日
     会計期間
           至 2018年12月31日   至 2019年12月31日   至 2019年3月31日
             539,163    498,301    732,581
  売上高
        (百万円)
  (第3四半期連結会計期間)           (186,202 )  (168,072 )
  継続事業からの法人税等、持分法
        (百万円)     45,651    42,300    65,912
  投資損益控除前四半期(当期)純利
  益
  当社株主に帰属する四半期(当期)
             38,752    71,001    54,323
  純利益      (百万円)
  (第3四半期連結会計期間)           (12,337 )   (51,919 )
        (百万円)     35,757    77,538    41,559
  四半期包括利益又は包括利益
        (百万円)    513,795    570,814    504,212

  株主資本
        (百万円)    732,983    800,255    749,878

  総資産額
  基本的1株当たり当社株主に帰属す
             185.35    345.74    260.78
  る四半期(当期)純利益       (円)
  (第3四半期連結会計期間)           (59.34 )   (252.82 )
  希薄化後1株当たり当社株主に帰属
         (円)     -    -    -
  する四半期(当期)純利益
         (%)     70.1    71.3    67.2
  株主資本比率
        (百万円)     44,275    61,412    71,245

  営業活動によるキャッシュ・フロー
        (百万円)    △25,367    56,928    △34,957

  投資活動によるキャッシュ・フロー
        (百万円)    △34,379    △10,726    △40,783

  財務活動によるキャッシュ・フロー
  現金及び現金同等物の四半期末

        (百万円)     88,506    208,137    103,850
  (期末)残高
   (注)1 当社の連結財務諸表および四半期連結財務諸表は、米国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基
    準に準拠して作成しています。
   2 売上高には、消費税等は含まれていません。
   3 希薄化後1株当たり当社株主に帰属する四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載
    していません。
   4 当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
    ません。
   5 オートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネス(AEC、車載事業)の譲渡に伴い、財務会計基
    準審議会(FASB)会計基準書第205号-20「財務諸表の表示-非継続事業」に従って同事業を非継続事業に分
    類しており、第82期第3四半期連結累計期間ならびに第82期の売上高および継続事業からの法人税等、持分
    法投資損益控除前四半期(当期)純利益は、非継続事業を除いた継続事業の金額に組み替えて表示していま
    す。
   6 現金及び現金同等物の四半期末(期末)残高には、非継続事業に係るものは含みません。
             2/51




                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  2【事業の内容】
   当社は、2019年4月16日開催の取締役会において、当社のオペレーティング・セグメントであるAEC(車載事
  業)、 すなわち当社の連結子会社であるオムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社(以下、OAEといいま
  す。)の全株式(注1)および当社の特定子会社であるOMRON           AUTOMOTIVE  ELECTRONICS  de Mexico,S.  de R.L. de
  C.V.を含む当社の連結子会社2社の全株式等ならびに当社の連結子会社2社の車載電装部品事業を、日本電産株式会
  社グループへ譲渡すること(以下、本取引といいます。)を決議し(注2)、同日に株式等譲渡契約(以下、本譲渡
  契約といいます。)を締結し、一部を除き(注3)、2019年10月31日に当該譲渡を実行しました。
    (注1)OAEの子会社9社につきましても、当社の連結子会社から異動します。
    (注2)当該決定に伴い、当第1四半期連結会計期間より、同事業に係る損益を非継続事業に分類し、継続事業と非
    継続事業を区分して表示しています。
    (注3)本取引のうち、当社の子会社であるOMRON         VIETNAM  CO., LTD.及びPT.  OMRON MANUFACTURING   OF INDONESIA
    の車載電装部品事業の日本電産株式会社グループへの譲渡につきましては、2020年6月末までを目途に行わ
    れる見込みです。
             3/51
















                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  第2【事業の状況】
  1【事業等のリスク】
     当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
     また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     なお、新型コロナウイルス感染症の拡大は当社事業へマイナスの影響を与える可能性があります。設置した対策本
  部を中心に、今後の推移状況を注視し、対応していきます。
  2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  (1) 財政状態及び経営成績の状況
   当社グループは、2011年にスタートした10年間の長期ビジョン「Value            Generation  2020」に基づき、「質量兼
   備の地球価値創造企業」を目指した経営を推進しており、その中で、VG2020の最終ステージである中期経営計画
   VG2.0を2017年度よりスタートさせました。VG2.0では、持続的な企業価値向上に向けた投資を積極的に実行する一
   方、資本効率を重視したROIC経営を継続します。
   当第3四半期連結会計期間末の資産の部は、AEC(車載事業)の譲渡を完了したことにより、売却予定資産が減
   少する一方で、現預金及び現金同等物の増加やオペレーティング・リース使用権資産の計上などにより、前連結会
   計年度末に比べ503億77百万円増加して、8,002億55百万円となりました。また、負債の部は、オペレーティング・
   リース負債が増加しましたが、売却予定負債の減少、加えて、企業年金制度の改定により退職給付引当金が減少し
   たことなどにより、前連結会計年度末に比べ164億5百万円減少して、2,271億62百万円となりました。純資産の部
   は当社株主に帰属する四半期純利益の計上などにより、前連結会計年度末に比べ667億82百万円増加して、5,730億
   93百万円となりました。以上により、株主資本比率は前連結会計年度の67.2%から71.3%となり、積極投資や経営
   環境の変化に対応できる強固な財務体質が維持されています。
   当社グループの業績につきましては、      AEC(車載事業)を非継続事業に分類したことに伴い、前第3四半期連結
   累計期間の売上高、営業利益(※)および継続事業からの税引前四半期純利益は、非継続事業を除いた継続事業の
   金額に組み替えています。
   当第3四半期連結累計期間における当社グループを取り巻く経営環境は、グローバルに製造業の景況感が停滞
   しました。IAB(制御機器事業)やEMC(電子部品事業)においては、自動車・半導体業界などの設備投資が低調に
   推移し、売上高が前年同期比で減少しました。国内の駅務・交通システムなどの更新需要は堅調に推移し、SSB
   (社会システム事業)においては売上高が前年同期比で増加しましたが、全社の売上高・営業利益はともに前年同
   期比で減少しました。また、当第3四半期連結累計期間の当社株主に帰属する四半期純利益は、2019年10月31日に
   AEC(車載事業)の譲渡が完了したことによる売却益を計上した結果、前年同期比で大幅に増加しました。
   その結果として、当第3四半期連結累計期間における当社グループの業績は、売上高は4,983億1百万円(前年
   同期比7.6%減)となり、    営業利益は400億98百万円(前年同期比19.1%減)、継続事業からの法人税等、持分法投
   資損益控除前四半期純利益は423億円(前年同期比7.3%減)、当社株主に帰属する四半期純利益は710億1百万円
   (前年同期比83.2%増)となりました。
   なお、当第3四半期連結累計期間における対米ドルおよび対ユーロならびに対人民元の平均レートはそれぞれ
   109.1円(前年同期比1.7円の円高)、121.3円(前年同期比8.3円の円高)、15.7円(前年同期比0.9円の円高)と
   なりました。
   (※)「営業利益」は、「売上高」から「売上原価」、「販売費及び一般管理費」および「試験研究開発費」を控
    除したものを表示しています。
   オペレーティング・セグメントの業績は、次のとおりです。

   ① IAB: インダストリアルオートメーションビジネス(制御機器事業)

   デジタル業界では一部に回復の兆しがあるものの、全体としては設備投資が低調に推移しました。自動車業界
   においても世界的な新車販売台数の減少に伴い投資が抑制されたことなどにより、需要は低迷しました。
   これらに加えて、円高による為替の影響もあり、当セグメント合計の当第3四半期連結累計期間における売上
   高は、2,694億35百万円(前年同期比11.2%減)(うち外部顧客に対する売上高は、2,654億15百万円(前年同期比
   11.1%減))、セグメント利益は、売上高の減少および為替の影響を受け、406億58百万円(前年同期比16.9%
   減)となりました。
   ② EMC: エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネス(電子部品事業)

   中国では、輸出の鈍化を受けた設備投資の抑制や消費者の購買意欲の低下によって、家電や工作機械・車載な
   どの需要が減少しました。米州・欧州でも顧客の景況感が低調であり、需要が減少しました。
   これらに加えて、円高による為替の影響もあり、当セグメント合計の当第3四半期連結累計期間における売上
   高は、1,009億9百万円(前年同期比14.9%減)(うち外部顧客に対する売上高は、672億92百万円(前年同期比
             4/51


                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   14.6%減))、セグメント利益は、外部顧客や当社グループ事業への売上高の減少および為替の影響により、9億
   9百万円(前年同期比87.1%減)となりました。
   ③ SSB: ソーシアルシステムズ・ソリューション&サービス・ビジネス(社会システム事業)

   駅務システム事業や交通管制・道路管理システム事業の堅調な更新需要に対応して、顧客ニーズを踏まえたソ
   リューション提案活動を実施しました。
   これらの結果、当セグメント合計の当第3四半期連結累計期間における売上高は、532億13百万円(前年同期比
   21.5%増)(うち外部顧客に対する売上高は、493億7百万円(前年同期比23.7             %増))、セグメント利益は、売
   上高の増加や収益性の改善により、16億65百万円(前年同期は13億78百万円の損失)となりました。
   ④ HCB: ヘルスケアビジネス(ヘルスケア事業)

   国内では増税や台風の影響により大手家電量販店における需要が伸び悩み、低調に推移しました。米国では景
   況感の悪化により需要が減少しました。一方、中国、東南アジアでは堅調な個人消費が下支えとなり、需要は好調
   に推移しました。
   これらの結果、当セグメント合計の当第3四半期連結累計期間における売上高は、856億68百万円(前年同期比
   1.4%減)(うち外部顧客に対する売上高は、853億19百万円(前年同期比1.6%減))、セグメント利益は、生産
   性向上と固定費の効率的な運用などにより、112億40百万円(前年同期比0.0%増)となりました。
   ⑤ その他

   その他のセグメントでは、新規事業の探索・育成と、社内カンパニーに属さない事業の育成・強化を本社直轄
   事業として担当しています。
   環境事業は自家消費への対応や災害への備えなどで蓄電システムの需要が拡大し、売上高は前年同期比で大き
   く増加しました。一方で、バックライト事業は構造改革の実行により売上高は前年同期比で大きく減少しました。
   これらに加えて、前期の開発・製造受託サービス事業の売却の影響があり、             当セグメント合計の当第3四半期
   連結累計期間における売上高は、317億28百万円(前年同期比13.8%減)(うち外部顧客に対する売上高は、287億
   74百万円(前年同期比7.3%減))、セグメント利益は、環境事業の売上高の増加やバックライト事業の構造改革
   の効果などにより、14億52百万円(前年同期は5億4百万円の損失)となりました。
             5/51












                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  (2) キャッシュ・フローの状況
   当第3四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりです。
   (営業活動によるキャッシュ・フロー)
   当第3四半期連   結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、四半期純利益や減価償却費の計
   上、売上債権の減少などにより614億12百万円の収入(前年同期比171億37百万円の収入増)となりました。
   (投資活動によるキャッシュ・フロー)
   当第3四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ           ・フローは、生産能力の増強や将来に向けた成
   長投資を実行する一方で、事業譲渡による売却収入があり、569億28百万円の収入(前年同期は253億67百万円の支
   出)となりました。
   なお、当第3四半期連結累計期間の営業活動によるキャッシュ・フローの金額に投資活動によるキャッシュ・
   フローを加えたフリーキャッシュ・フローの金額は1,183億40百万円と            なりました  。
   (財務活動によるキャッシュ・フロー)
   当第3四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フロ            ーは、配当金の支払いなどにより、107億
   26百万円の支出(前年同期比236億53百万円の支出減)となりました。
   以上の他、為替による増減および非継続事業が保有していた現金及び現金同等物の減少の結果、当第3四半期
   末における現金及び現金同等物残高は、前期末に比べ1,042億87百万円増加し、2,081億37百万円と                 なりました  。
  (3) 経営方針・経営戦略等

   AEC(車載事業)の譲渡を除いて、当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・
   経営戦略等について重要な変更はありません。
  (4) 事業上及び財務上の対処すべき課題

   当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
  (5) 研究開発活動

   当第3四半期連結累計期間における非継続事業を除いた継続事業の研究開発活動の金額は、342億68百万円で
   す。
   なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更は                ありません  。
             6/51











                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  3【経営上の重要な契約等】
   当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
             7/51




















                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  第3【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
   (1) 【株式の総数等】
   ① 【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)
      普通株式          487,000,000

       計         487,000,000

   ② 【発行済株式】

    第3四半期会計期間末     提出日現在
             上場金融商品取引所名
     現在発行数(株)     発行数(株)
   種類           又は登録認可金融      内容
     (2019年12月31日)    (2020年2月14日)     商品取引業協会名
             東京証券取引所

                  完全議決権株式であり、
             (市場第一部)
                  権利内容に何ら限定のな
             フランクフルト証券取引所
      206,244,872    206,244,872
  普通株式               い当社における標準とな
             (フランクフルト証券取引
                  る株式
             所には、預託証券の形式に
                  単元株式数 100株
             よる上場)
      206,244,872    206,244,872     ―     ―

   計
   (2) 【新株予約権等の状況】

   ① 【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
   ② 【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。
   (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

    該当事項はありません。
   (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

       発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金
            資本金増減額   資本金残高
   年月日
       総数増減数   総数残高        増減額   残高
            (百万円)   (百万円)
       (千株)   (千株)        (百万円)   (百万円)
   2019年11月29日 (注)     △7,713   206,245    -  64,100   -  88,771

  (注) 自己株式の消却による減少です。

             8/51






                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   (5) 【大株主の状況】
    当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
   (6) 【議決権の状況】

    当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
   載することができないことから、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしています。
   ① 【発行済株式】

                   2019年12月31日現在
          株式数(株)    議決権の数(個)
     区分              内容
             -    -    -

  無議決権株式
  議決権制限株式(自己株式等)           -    -    -
  議決権制限株式(その他)           -    -    -

                  権利内容に何ら限定の
  完全議決権株式(自己株式等)          7,831,400     -
         普通株式         ない当社における標準
                  となる株式
  完全議決権株式(その他)         205,923,600    2,059,236
         普通株式          同上
            203,172     -
  単元未満株式       普通株式          同上
           213,958,172      -    -
  発行済株式総数
             -   2,059,236      -
  総株主の議決権
   (注)1「完全議決権株式(その他)」の「株式数」および「議決権の数」の中には、証券保管振替機構名義の株式が
    それぞれ200株および2個含まれています。
      2「完全議決権株式(その他)」の「株式数」および「議決権の数」の中には、役員報酬BIP信託および株式付
    与ESOP信託として保有する当社株式がそれぞれ766,600株および7,666個含まれています。
   ② 【自己株式等】

                   2019年12月31日現在
                   発行済株式総数
            自己名義  他人名義  所有株式数
                   に対する所有
            所有株式数  所有株式数   の合計
  所有者の氏名又は名称      所有者の住所
                   株式数の割合
            (株)  (株)  (株)
                    (%)
  (自己保有株式)
       京都市下京区塩小路通堀川
            7,831,400    - 7,831,400   3.66
       東入南不動堂町801番地
  オムロン株式会社
         -   7,831,400    - 7,831,400   3.66
    計
   (注) 当第3四半期会計期間末現在における当社保有の自己株式数は118,800株です。
  2【役員の状況】

   前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間において、役員の異動はありません。
             9/51






                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  第4【経理の状況】
  1.四半期連結財務諸表の作成方法について
   当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
   府令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)附則第4条の規定により、米国において一般に公正妥当
   と認められる企業会計の基準に準拠して作成しています。
  2.監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から
   2019年12月31日まで)および当第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期
   連結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けています。
            10/51

















                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  1【四半期連結財務諸表】
   (1) 【四半期連結貸借対照表】
              第82期    第83期第3四半期

             (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
          注記     構成比     構成比
      区分       金額(百万円)     金額(百万円)
          番号     (%)     (%)
     資産の部
   流動資産
   現金及び現金同等物       (注記Ⅰ-C,F)     103,850     208,137
   受取手形及び売掛金       (注記Ⅱ-A)     149,171     125,991
   貸倒引当金       (注記Ⅰ-F)     △861     △816
   たな卸資産       (注記Ⅰ-F)     120,379     125,523
         (注記Ⅰ-B,
   売却予定資産           73,331     2,163
         Ⅱ-O)
         (注記Ⅱ-I,J,
              14,103     24,187
   その他の流動資産
         K)
   流動資産合計
              459,973  61.3   485,185  60.6
         (注記Ⅰ-B,F,
   有形固定資産
         Ⅱ-C,K)
   土地           21,746     20,641
   建物及び構築物
              118,036     118,986
   機械その他           151,355     149,514
   建設仮勘定           11,316     8,292
              △187,370     △182,287
   減価償却累計額
   有形固定資産合計
              115,083  15.3   115,146  14.4
   投資その他の資産
   オペレーティング・リース使用権資産       (注記Ⅰ-G)     -    33,117
   のれん       (注記Ⅰ-B,F)     40,532     39,914
   関連会社に対する投資及び貸付金
         (注記Ⅰ-D)     26,022     24,737
         (注記Ⅰ-B,F,
   投資有価証券           28,997     32,298
         Ⅱ-B,K)
   施設借用保証金           7,533     7,503
   繰延税金
              42,537     34,567
              29,201     27,788
   その他の資産       (注記Ⅰ-F)
   投資その他の資産合計           174,822  23.4   199,924  25.0
   資産合計
              749,878  100.0   800,255  100.0
            11/51








                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
              第82期    第83期第3四半期
             (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
                構成比     構成比
          注記
      区分       金額(百万円)     金額(百万円)
          番号     (%)     (%)
     負債の部
   流動負債
   支払手形及び買掛金・未払金
              71,360     70,892
   未払費用           38,290     31,221
   未払税金       (注記Ⅰ-B,F)     3,174     2,175
   短期オペレーティング・リース負債
         (注記Ⅰ-G)     -    11,850
         (注記Ⅰ-B,
   売却予定負債           27,730      -
         Ⅱ-О)
         (注記Ⅰ-B,F,
              35,001     48,884
   その他の流動負債       Ⅱ-A,I,J,K,
         L)
   流動負債合計
              175,555  23.4   165,022  20.6
   繰延税金
               733  0.1   1,477  0.2
   退職給付引当金       (注記Ⅰ-B,F)     55,036  7.3   26,004  3.3
   長期オペレーティング・リース負債       (注記Ⅰ-G)     -  -   21,768  2.7
   その他の固定負債            12,243  1.7   12,891  1.6
         (注記Ⅱ-A,L)
   負債合計           243,567  32.5   227,162  28.4
         (注記Ⅰ-B,F
     純資産の部
         Ⅱ-G)
   株主資本
   資本金           64,100  8.5   64,100  8.0
   普通株式
   授権株式数
   第82期
      487,000,000株
   第83期第3四半期
      487,000,000株
   発行済株式数
   第82期
      213,958,172株
   第83期第3四半期
      206,244,872株
   資本剰余
              100,233  13.4   100,664  12.6
   利益準備金           21,826  2.9   20,980  2.6
   その他の剰余金       (注記Ⅱ-M)     433,639  57.8   453,896  56.7
   その他の包括利益(△損失)累計額       (注記Ⅱ-H)    △70,200  △9.3   △64,005  △8.0
   為替換算調整額
              △7,687     △21,688
   退職年金債務調整額           △62,648     △42,050
   デリバティブ純損益           135     △267
         (注記Ⅰ-C)
              △45,386  △6.1   △4,821  △0.6
   自己株式
   第82期
      8,596,608株
   第83期第3四半期
       885,543株
   株主資本合計
              504,212  67.2   570,814  71.3
   非支配持分
              2,099  0.3   2,279  0.3
   純資産合計           506,311  67.5   573,093  71.6
   負債及び純資産合計           749,878  100.0   800,255  100.0
  (注)AEC(車載事業)を非継続事業に分類したことに伴い、第82期の連結貸借対照表の組み替えを行っておりま

    す。非継続事業の詳細については、(注記Ⅱ-O)をご覧ください。
            12/51




                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   (2) 【四半期連結損益計算書】
   【第3四半期連結累計期間】
            第82期第3四半期連結累計期間     第83期第3四半期連結累計期間
             (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
          注記     百分比     百分比
      区分
             金額(百万円)     金額(百万円)
          番号     (%)     (%)
          (注記Ⅰ-F,
   売上高            539,163  100.0   498,301  100.0
          Ⅱ-A)
   売上原価及び費用
   売上原価          296,811     273,148
   販売費及び一般管理費       (注記Ⅰ-F)   155,845     150,787
   試験研究開発費          36,938     34,268
          (注記Ⅱ-B,
             3,918 493,512  91.5 △2,202  456,001  91.5
   その他費用(△収益)―純額―
          E)
   継続事業からの法人税等、持分法
              45,651  8.5   42,300  8.5
   投資損益控除前四半期純利益
   法人税等       (注記Ⅰ-F)
              11,402  2.2   8,141  1.7
               75 0.0   1,196  0.2
   持分法投資損益(△利益)
   継続事業からの四半期純利益
              34,174  6.3   32,963  6.6
   非継続事業からの四半期純利益       (注記Ⅱ-O)     5,231  1.0   38,417  7.7
              39,405  7.3   71,380  14.3
   四半期純利益
   非支配持分帰属損益            653  0.1    379  0.1
   当社株主に帰属する四半期純利益
              38,752  7.2   71,001  14.2
   1株当たり利益       (注記Ⅱ-F)

   基本的
   継続事業からの当社株主に帰属する
              160.33円     158.67円
   四半期純利益
   非継続事業からの当社株主に帰属する
              25.02円     187.07円
   四半期純利益
   当社株主に帰属する四半期純利益           185.35円     345.74円
   希薄化後
   継続事業からの当社株主に帰属する
               -     -
   四半期純利益
   非継続事業からの当社株主に帰属する
               -     -
   四半期純利益
   当社株主に帰属する四半期純利益            -     -
  (注)AEC(車載事業)を非継続事業に分類したことに伴い、第82期第3四半期の四半期連結損益計算書の組み替え
    を行っております。非継続事業の詳細については、(         注記Ⅱ-O  )をご覧ください。
            13/51








                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   【第3四半期連結会計期間】
            第82期第3四半期連結会計期間     第83期第3四半期連結会計期間
             (自 2018年10月1日     (自 2019年10月1日
             至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
          注記     百分比     百分比
      区分
             金額(百万円)     金額(百万円)
          番号
                (%)     (%)
          (注記Ⅰ-F,
   売上高
              186,202  100.0   168,072  100.0
          Ⅱ-A)
   売上原価及び費用
   売上原価          102,809     91,687
   販売費及び一般管理費       (注記Ⅰ-F)   53,346     51,036
   試験研究開発費          12,327     10,982
          (注記Ⅱ-B,
             3,590 172,072  92.4  △484 153,221  91.2
   その他費用(△収益)―純額―
          E)
   継続事業からの法人税等、持分法
              14,130  7.6   14,851  8.8
   投資損益控除前四半期純利益
   法人税等       (注記Ⅰ-F)
               3,266  1.8   3,579  2.1
               201 0.1    966 0.6
   持分法投資損益(△利益)
   継続事業からの四半期純利益
              10,663  5.7   10,306  6.1
   非継続事業からの四半期純利益
          (注記Ⅱ-O)     1,880  1.0   41,781  24.9
   四半期純利益            12,543  6.7   52,087  31.0
   非支配持分帰属損益            206 0.1    168 0.1
   当社株主に帰属する四半期純利益
              12,337  6.6   51,919  30.9
   1株当たり利益

          (注記Ⅱ-F)
   基本的
   継続事業からの当社株主に帰属する
              50.30円     49.37円
   四半期純利益
   非継続事業からの当社株主に帰属する
              9.04円     203.45円
   四半期純利益
   当社株主に帰属する四半期純利益           59.34円     252.82円
   希薄化後
   継続事業からの当社株主に帰属する
               -     -
   四半期純利益
   非継続事業からの当社株主に帰属する
               -     -
   四半期純利益
   当社株主に帰属する四半期純利益            -     -
  (注)AEC(車載事業)を非継続事業に分類したことに伴い、第82期第3四半期の四半期連結損益計算書の組み替え
    を行っております。非継続事業の詳細については、(         注記Ⅱ-O  )をご覧ください。
            14/51








                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   (3) 【四半期連結包括利益計算書】
   【第3四半期連結累計期間】
            第82期第3四半期連結累計期間     第83期第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
             至  2018年12月31日)    至  2019年12月31日)
          注記
      区分
             金額(百万円)     金額(百万円)
          番号
               39,405     71,380
  四半期純利益
  その他の包括利益(△損失)    ―税効果考慮後
          (注記Ⅱ-H)
   為替換算調整額
               △5,696     △14,038
   退職年金債務調整額             2,109     20,598
                △61     △402
   デリバティブ純損益
  その他の包括利益(△損失)計             △3,648     6,158
  四半期包括利益             35,757     77,538
  非支配持分に帰属する四半期包括利益              595     342

  当社株主に帰属する四半期包括利益
          (注記I-F)
               35,162     77,196
            15/51














                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   【第3四半期連結会計期間】
            第82期第3四半期連結会計期間     第83期第3四半期連結会計期間
            (自 2018年10月1日     (自 2019年10月1日
             至  2018年12月31日)    至  2019年12月31日)
          注記
      区分
             金額(百万円)     金額(百万円)
          番号
               12,543     52,087
  四半期純利益
  その他の包括利益(△損失)    ―税効果考慮後
          (注記Ⅱ-H)
   為替換算調整額             △8,024     4,091
   退職年金債務調整額             575     812
                593     △284
   デリバティブ純損益
  その他の包括利益(△損失)計             △6,856     4,619
  四半期包括利益
                5,687     56,706
  非支配持分に帰属する四半期包括利益
                127     181
  当社株主に帰属する四半期包括利益
          (注記I-F)
                5,560     56,525
            16/51















                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   (4) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
           第82期第3四半期連結累計期間     第83期第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
      区分
             金額(百万円)     金額(百万円)
   Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
   1 四半期純利益            39,405     71,380
   2 営業活動によるキャッシュ・フローと四半期純利益
   の調整
   (1) 減価償却費
             22,507     21,705
   (2) 固定資産除売却損(純額)
             10     190
   (3) 長期性資産の減損
             92     28
   (4) 事業売却損益(△利益)
             △37     △52,447
   (5) 投資有価証券評価損(△益)(純額)
             1,900     △2,479
   (6) 退職給付引当金
             3,861      874
   (7) 繰延税金
            △2,000     △1,018
   (8) 持分法投資損益(△利益)
             74     1,196
   (9) 資産・負債の増減
   ① 受取手形及び売掛金の減少         15,404     23,625
   ② たな卸資産の増加         △20,665     △8,564
   ③ その他の資産の増加         △647     △8,028
   ④ 支払手形及び買掛金・未払金の減少
            △4,657      △214
   ⑤ 未払税金の増加(△減少)         △5,218     15,179
   ⑥ 未払費用及びその他流動負債の減少         △6,875     △1,042
    (10) その他(純額)
               4,870     △9,968
             1,121     1,027
   営業活動によるキャッシュ・フロー            44,275     61,412
   Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
   1 投資有価証券の売却による収入
                432     1,402
   2 投資有価証券の取得            △389     △2,200
   3 資本的支出            △27,152     △25,108
   4 施設借用保証金の減少(△増加)(純額)             △78      45
   5 有形固定資産の売却による収入            2,217      512
   6 事業売却(現金流出額との純額)
   (1) 譲渡価格調整後
               △21     64,088
   (2) 譲渡価格調整による返還予定額
                -     17,856
   7 事業買収(現金取得額との純額)            △830      -
                454     333
   8 その他(純額)
   投資活動によるキャッシュ・フロー
               △25,367      56,928
   Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
   1 短期債務の増加(純額)            1,494     6,521
   2 親会社の支払配当金
               △16,776     △17,250
   3 非支配株主への支払配当金            △343     △162
   4 自己株式の取得            △18,847      △13
                93     178
   5 その他(純額)
   財務活動によるキャッシュ・フロー           △34,379     △10,726
   Ⅳ 換算レート変動の影響            △1,736     △9,727
   現金及び現金同等物の増減額
               △17,207      97,887
   期首現金及び現金同等物残高            113,023     110,250
   四半期末現金及び現金同等物残高            95,816     208,137
   非継続事業に係る四半期末現金及び現金同等物残高
               7,310      -
   (控除)
   継続事業に係る四半期末現金及び現金同等物残高
               88,506     208,137
   営業活動によるキャッシュ・フローの追記
   1 支払利息の支払額             350     180
   2 法人税等の支払額            20,226     13,701
   キャッシュ・フローを伴わない投資及び財務活動の追記
   資本的支出に関連する債務
               2,854     7,419
  (注)四半報連結キャッシュ・フロー計算書上、非継続事業のキャッシュ・フローは独立表示せずに継続事業の
    キャッシュ・フローと合算して表示しています。非継続事業の詳細については、(              注記Ⅱ-O  )をご覧くださ
    い。
            17/51




                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  四半期連結財務諸表注記事項
  Ⅰ 重要な会計方針の概要
  A (四半期)連結財務諸表の作成基準
   (四半期)連結財務諸表は、欧州において発行した預託証券にかかる要求に基づき、米国において一般に公正妥当
  と認められる企業会計の基準に準拠して作成しています。
   当社は、欧州にて1970年2月7日、香港にて1973年10月13日、時価発行による公募増資を実施しました。この時の

  預託契約に基づき、1967年3月31日に終了した連結会計年度より米国において一般に公正妥当と認められる企業会計
  の基準に準拠して連結財務諸表を作成していたことを事由として、1978年3月30日に「連結財務諸表規則取扱要領第
  86に基づく承認申請書」を大蔵大臣へ提出し、同年3月31日付の蔵証第496号により、米国において一般に公正妥当
  と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成することにつき承認を受けています。そのため、連結財
  務諸表については1978年3月31日に終了した連結会計年度より継続して、米国において一般に公正妥当と認められる
  企業会計の基準に準拠して開示しています。
   なお、当社は米国証券取引委員会への登録は行っていません。
  B 我国の連結財務諸表原則および(四半期)連結財務諸表規則に準拠して作成する場合との主要な相違の内容

  1 投資
    提出会社の(四半期)財務諸表では、有価証券の評価について「金融商品に関する会計基準」を適用していま
   す。(四半期)連結財務諸表では、FASB会計基準書第321号「投資-持分証券」を適用しています。継続事業から
   の法人税等、持分法投資損益控除前四半期純損益影響額は、第82期第3四半期連結累計期間は2,104百万円(損
   失)、第83期第3四半期連結累計期間は2,497百万円(利益)、第82期第3四半期連結会計期間は2,971百万円(損
   失)、第83期第3四半期連結会計期間は1,959百万円(利益)です。
  2 退職給付引当金

    提出会社の(四半期)財務諸表では、「退職給付に係る会計基準」を適用しています。(四半期)連結財務諸表
   ではFASB会計基準書第715号「報酬-退職給付」の規定に従って計上しています。継続事業からの法人税等、持分
   法投資損益控除前四半期純損益影響額は、第82期第3四半期連結累計期間1,104百万円(利益)、第83期第3四半
   期連結累計期間6,643百万円(利益)、第82期第3四半期連結会計期間368百万円(利益)、第83期第3四半期連結
   会計期間662百万円(損失)です。
  3 有給休暇の処理

    (四半期)連結財務諸表では、FASB会計基準書第710号-10-25「報酬-有給休暇」に基づいて従業員の未使用有
   給休暇に対応する人件費負担相当額を未払計上しています。継続事業からの法人税等、持分法投資損益控除前四半
   期純損益影響額は、第82期第3四半期連結累計(会計)期間および第83期第3四半期連結累計(会計)期間におい
   てありません。
  4 のれんおよびその他の無形資産

    (四半期)連結財務諸表では、FASB会計基準書第350号「無形資産-のれん及びその他」により、のれんおよび
   耐用年数の特定できない無形資産については償却に替え少なくとも年1回の減損判定を実施しています。我国の連
   結財務諸表原則および(四半期)連結財務諸表規則に準拠してのれん(持分法適用会社に発生したものを含む)の
   償却期間を5年とした場合と比較して、継続事業からの法人税等、持分法投資損益控除前四半期純損益影響額は、
   第82期第3四半期連結累計期間5,988百万円(利益)、第83期第3四半期連結累計期間5,575百万円(利益)、第82
   期第3四半期連結会計期間2,031百万円(利益)、第83期第3四半期連結会計期間1,714百万円(利益)です。
            18/51






                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  5 長期性資産
    提出会社の(四半期)財務諸表では、土地は「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34
   号)および「土地の再評価に関する法律の一部を改正する法律」(平成13年6月29日公布法律第94号)を適用して
   います。また、固定資産の減損については、「固定資産の減損に係る会計基準」(「固定資産の減損に係る会計基
   準の設定に関する意見書」(企業会計審議会 平成14年8月9日))および「固定資産の減損に係る会計基準の適
   用指針」(企業会計基準委員会 平成15年10月31日企業会計基準適用指針第6号)を適用しています。(四半期)
   連結財務諸表ではFASB会計基準書第360号「有形固定資産」に基づいて、長期性資産および特定の識別できる無形
   資産について帳簿価額を回収できない恐れのある事象または状況の変化が起きた場合には、減損についての検討を
   行い、減損が生じていると考えられる場合には、帳簿価額が公正価額を上回る額を減損額として認識しています。
   継続事業からの法人税等、持分法投資損益控除前四半期純損益影響額は、第82期第3四半期連結累計期間10百万円
   (利益)、第83期第3四半期連結累計期間12百万円(利益)、第82期第3四半期連結会計期間3百万円(利益)、
   第83期第3四半期連結会計期間4百万円(利益)です。
  6 株式報酬

    提出会社の(四半期)財務諸表では、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取
   扱い」(実務対応報告第30号     平成25年12月25日、平成27年3月26日改正)を適用しています。(四半期)連結財
   務諸表では、FASB会計基準書第718号「報酬-株式報酬」を適用しています。継続事業からの法人税等、持分法投
   資損益控除前四半期純損益影響額は、第82期第3四半期連結累計期間12百万円(損失)、第83期第3四半期連結累
   計期間10百万円(損失)、第82期第3四半期連結会計期間3百万円(損失)、第83期第3四半期連結会計期間2百
   万円(損失)です。
  7 未認識税務ベネフィット

    (四半期)連結財務諸表では、FASB会計基準書第740号「法人税」に基づき、税務調査を受けることを前提に
   50%超の可能性をもって認められない税務ベネフィットの影響を認識しています。また、未認識の税務ベネフィッ
   トに関連する利息および課徴金については、(四半期)連結損益計算書の法人税等に含めています。法人税等影響
   額は、第82期第3四半期連結累計(会計)期間はなし、第83期第3四半期連結累計期間312百万円(損失)、第83
   期第3四半期連結会計期間はなしです。
  8 非継続事業

    FASB会計基準書第205号-20「財務諸表の表示-非継続事業」に基づき、(四半期)連結貸借対照表および(四半
   期)連結損益計算書上、非継続事業として区分表示しています。なお、非継続事業に関する開示を(注記Ⅱ-О)
   にて行っており、当開示以外の「Ⅰ      重要な会計方針の概要F    会計処理基準」および「Ⅱ     主な科目の内訳および
   内容の説明」の各項目においては、第82期の数値を組み替えて表示しています。
  C 連結の範囲

   (四半期)連結財務諸表には、全ての子会社が含まれています。
   子会社:オムロンヘルスケア㈱、OMRON       EUROPE B.V. ほか           第82期第3四半期末     計155社
                第83期第3四半期末     計133社
                第82期末          計150社
   なお、当社および子会社は役員報酬BIP信託および株式付与ESOP信託を活用した株式報酬制度を導入しています。
  信託を通じて当社株式を株式市場から購入し、役位および業績目標達成度等に応じて取締役および執行役員に当社株
  式および当社株式の換価処分金相当額の金銭を交付および給付します。
   当社および子会社は信託の制度設計を通じて信託に対して最も重要な影響を与える活動を指示する権限を有してい
  ます。また、必要に応じて信託に追加で金銭を信託し、本信託により当社株式を追加取得する可能性があることから
  潜在的に義務を有しています。従って、当社および子会社は当事業体の主たる受益者であると判断し、当事業体を変
  動持分事業体として連結範囲に含めていますが、連結子会社数に含めてはいません。
   第82期末および第83期第3四半期末の(四半期)連結貸借対照表において、当事業体が保有する現金及び現金同等
  物を113百万円および173百万円、自己株式を4,194百万円および4,194百万円、それぞれ計上しています。
   我国の(四半期)連結財務諸表規則によった場合と比較して重要な差はありません。
            19/51




                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  D 持分法の適用
   全ての関連会社に対する投資額は、持分法によって計上しています。
   持分法適用関連会社:日立オムロンターミナルソリューションズ㈱           ほか 第82期第3四半期末      計17社
                第83期第3四半期末     計20社
                第82期末          計20社
     我国の(四半期)連結財務諸表規則によった場合と比較して重要な差はありません。
  E 子会社の事業年度

   事業年度の末日が連結決算日と異なる子会社は第83期第3四半期末33社(第82期第3四半期末37社、第82期末                   36
  社)であり、これらのうち、32社(第82期第3四半期末35社、第82期末34社)については連結決算日の財務諸表を用
  い、それ以外の子会社については子会社の決算日の財務諸表を用いて四半期連結財務諸表を作成しています。各期に
  おいてこの決算日の相違により生じた重要な取引の差異はありません。
  F 会計処理基準

  1 会計上の見積り
    米国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠した(四半期)連結財務諸表作成に当たり、
   (四半期)期末日現在の資産・負債の金額、偶発的な資産・負債の開示および当該(四半期)期間の収益・費用の
   金額に影響を与えるさまざまな見積りや仮定を用いており、実際の結果は、これらの見積りと異なる場合がありま
   す。
  2 現金及び現金同等物

    現金同等物は、取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い投資からなっており、定期預金、コマー
   シャル・ペーパー、現先短期貸付金および追加型公社債投資信託の受益証券等を含んでいます。
  3 貸倒引当金

    貸倒引当金は主として当社および子会社の過去の貸倒損失実績および債権残高に対する潜在的損失の評価に基づ
   いて、妥当と判断される額を計上しています。
  4 投資

    当社および子会社の保有する市場性のある持分証券は、未実現損益を反映させた公正価値で評価し、未実現損益
   は「投資有価証券評価益」または「投資有価証券評価損」に表示しています。当社および子会社の保有する容易に
   算定可能な公正価値がない市場性のない持分証券は、減損による評価下げ後の帳簿価額に同一発行体の同一または
   類似する投資に関する秩序ある取引における観察可能な価格の変動を加減算する方法、その他の合理的な方法によ
   り評価し、未実現損益は「投資有価証券評価益」または「投資有価証券評価損」に表示しています。                 売却原価の算
   定は、移動平均法によっています。
  5 たな卸資産

    たな卸資産は国内では主として先入先出法による低価法、海外では主として移動平均法による低価法で計上して
   います。
  6 有形固定資産

    有形固定資産は取得原価で計上しています。減価償却費はその資産の見積耐用年数をもとに、主として定率法
   (ただし、海外子会社の一部は定額法)で算出しています。建物及び構築物の見積耐用年数は概ね3年から50年、
   機械その他の見積耐用年数は概ね2年から15年です。継続事業に係る減価償却費の金額は、第82期第3四半期連結
   累計期間14,095百万円、第83期第3四半期連結累計期間14,150百万円、第82期第3四半期連結会計期間4,913百万
   円、第83期第3四半期連結会計期間5,046百万円です。
  7 のれんおよびその他の無形資産

    FASB会計基準書第350号「無形資産-のれん及びその他」を適用しています。当基準書は、のれんの会計処理に
   ついて償却に替え、少なくとも年1回の減損判定を行うことを要求しています。また、認識された無形資産につい
   て、それぞれの見積耐用年数で償却し、減損判定を行うことを要求しています。認識された無形資産のうち耐用年
   数の特定できないものは、償却は行われず、少なくとも年1回の減損判定が行われます。
            20/51



                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  8 長期性資産
    長期性資産について、当該資産の帳簿価額を回収できない恐れのある事象または状況の変化が起きた場合には、
   減損についての検討を行っています。保有して使用する資産の回収可能性は、当該資産の帳簿価額を当該資産から
   生み出されると期待される現在価値への割引前のキャッシュ・フロー純額と比較することにより判断しています。
   減損が生じていると考えられる場合には、帳簿価額が公正価額を上回る額を減損額として認識することになりま
   す。売却以外の方法により処分する資産については、処分するまで保有かつ使用するとみなされます。売却により
   処分する資産については、帳簿価額または売却費用控除後の公正価額のいずれか低い価額で評価しています。
  9 借手としてのリース

    当社および子会社は、建物、倉庫、従業員社宅および車両等に係るオペレーティング・リースおよびファイナン
   ス・リースを有しており、リース契約の開始時に、使用権資産、リース負債を両建てで認識しています。一部の
   リース契約では、リース期間の延長又は解約オプションが含まれており、当社は、これらのオプション行使が合理
   的に確実である場合、オプションの対象期間を考慮し、リース期間を決定しています。当社および子会社のリース
   の大部分は、リースの計算利子率が明示されておらず、当社および子会社は、リース料総額の現在価値を算定する
   際に、リース開始時に入手可能な情報を基にした追加借入利子率を使用しています。当社および子会社は、リース
   期間が12ヶ月以内の短期リースについて、リース資産、リース負債を認識しないことを選択しています。
    なお、当社および子会社は、第82期第3四半期連結累計期間および第83期第3四半期連結累計期間において、重
   要なファイナンス・リース契約は行っていません。
  10 退職給付引当金

    退職給付引当金は、FASB会計基準書第715号「報酬-退職給付」に準拠し、従業員の退職給付に備えるため、当
   期末における予測給付債務および年金資産の公正価値に基づき計上および開示しています。なお、四半期連結累計
   期間は、連結会計年度末における予測給付債務および年金資産の見込額等に基づき四半期連結累計期間において発
   生していると認められる額を計上しています。また、退職給付引当金には当社および子会社の取締役および監査役
   に対する退職給付に備える引当額を含んでいます。
  11 収益の認識

    顧客との契約から生じる収益は、次の5ステップアプローチに基づき、製品またはサービスの支配が顧客に移転
   した時点で、または移転するにつれて認識しています。
   ステップ1: 顧客との契約を識別します。
   ステップ2: 契約における履行義務を識別します。
   ステップ3: 取引価格を算定します。
   ステップ4: 取引価格を契約における別個の履行義務へ配分します。
   ステップ5: 履行義務の充足時に(または充足するにつれて)収益を認識します。
    売上高は、顧客との契約により約束された対価で測定され、値引きや販売数量等に応じたリベート等を控除して
   います。変動対価は、過去、現在および将来の予測を含む利用可能なすべての情報を用いて合理的に見積もってい
   ます。
    また、契約開始時に、製品またはサービスを顧客に移転する時点から、顧客が当該製品またはサービスの対価を
   支払う時点の間の期間が1年以内と見込まれる場合は、FASB会計基準書第606号「顧客との契約から生じる収益」
   に基づく実務的な簡便法を適用し、対価に係る金融要素の調整をしていません。
  12 広告宣伝費

    広告宣伝費は、発生時に費用認識しており、継続事業に係るものを「販売費及び一般管理費」に、非継続事業に
   係るものを「非継続事業からの四半期純利益」に、それぞれ含めて表示しています。継続事業に係る広告宣伝費の
   金額は、第82期第3四半期連結累計期間7,986百万円、第83期第3四半期連結累計期間7,372百万円、第82期第3四
   半期連結会計期間3,092百万円、第83期第3四半期連結会計期間3,013百万円です。
  13 発送費および取扱手数料

    発送費および取扱手数料は、継続事業に係るものを「販売費及び一般管理費」に、非継続事業に係るものを「非
   継続事業からの四半期純利益」に、それぞれ含めて表示しています。継続事業に係る発送費および取扱手数料の金
   額は、第82期第3四半期連結累計期間6,901百万円、第83期第3四半期連結累計期間6,608百万円、第82期第3四半
   期連結会計期間2,432百万円、第83期第3四半期連結会計期間2,362百万円です。
            21/51



                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  14 法人税等
    四半期連結累計期間の税金費用は、法人税等、持分法投資損益控除前四半期純利益に見積実効税率を乗じて計算
   しています。当該見積実効税率は、四半期連結累計期間を含む連結会計年度の見積税金費用と見積法人税等、持分
   法投資損益控除前当期純利益に基づき算出しています。なお、異常要因または発生頻度の低い事象に係る損益等は
   当該見積実効税率に反映させていません。これらの事象に係る損益に関する税金費用は、見積実効税率にもとづく
   四半期連結累計期間の税金費用とは別に、その発生する四半期会計期間に計上しています。
    継続事業に係る法人税等を「法人税等」に表示し、非継続事業に係る法人税等は「非継続事業からの四半期純利
   益」に含めて表示しています。
    繰延税金は税務上と会計上との間の資産および負債の一時的差異、ならびに繰越欠損金および繰越税額控除に関
   連する将来の見積税効果を反映しています。繰越欠損金や繰越税額控除に対する税効果は、将来において実現可能
   性があると認められる部分について認識しています。税率の変更に伴う繰延税金資産および繰延税金負債への影響
   は、その税率変更に関する法律の制定日の属する連結会計年度において損益認識しています。
    FASB会計基準書第740号「法人税等の不確実性に関する会計処理」を適用しています。税務ポジションに関連す
   る税務ベネフィットは、決算日において入手可能な情報に基づき、50%超の可能性で実現が期待される金額を計上
   しています。
    当社および一部の国内子会社は、日本の税法において認められる連結納税制度を適用しています。
  15 製品保証

    製品保証費の見積りによる負債は、収益認識がなされた時点で「その他の流動負債」として計上しています。こ
   の負債は、過去の実績、頻度、製品保証の平均費用に基づいています。
  16 デリバティブ

    FASB会計基準書第815号「デリバティブ及びヘッジ」を適用しています。当基準書は、デリバティブ商品および
   ヘッジに関する会計処理および開示の基準を規定しており、すべてのデリバティブ商品を公正価額で連結貸借対照
   表上、資産または負債として認識することを要求しています。
    為替予約取引および商品スワップ取引について、デリバティブ契約締結時点において、当社および子会社では予
   定取引に対するヘッジあるいは認識された資産または負債に関する受取または支払のキャッシュ・フローに対する
   ヘッジ(キャッシュ・フロー・ヘッジ)に指定しています。当社および子会社では、リスクマネジメントの目的お
   よびさまざまなヘッジ取引に対する戦略と同様に、ヘッジ手段とヘッジ対象の関係も正式に文書化しています。こ
   の手順は、キャッシュ・フロー・ヘッジとして指定されたすべてのデリバティブ商品を連結貸借対照表上の特定の
   資産および負債または特定の確定契約あるいは予定取引に関連付けることを含んでいます。当社および子会社の方
   針によると、すべての為替予約取引および商品スワップ取引は、ヘッジ対象のキャッシュ・フローの変動を相殺す
   ることに対し、高度に有効でなくてはなりません。
    ヘッジ対象が高度に有効であり、かつ、キャッシュ・フロー・ヘッジとして指定および認定されたデリバティブ
   商品の公正価額の変動は、指定されたヘッジ対象のキャッシュ・フローの変動が損益に影響を与えるまで、「デリ
   バティブ純損益」に計上されます。
  17 海外子会社の(四半期)財務諸表項目の本邦通貨への換算

    海外子会社の(四半期)財務諸表は、FASB会計基準書第830号「外貨に関する事項」に基づいて資産・負債項目
   は(四半期)決算日の為替相場、損益項目は期中平均為替相場によって換算しています。なお、換算によって生じ
   た換算差額は「為替換算調整額」に計上しています。
  18 現金配当額

    現金配当額は、翌事業年度の当初において開催される定時株主総会まで未承認であっても、それぞれの事業年度
   の利益処分として提示される額に従って連結財務諸表に計上しています。
  19 包括利益

    FASB会計基準書第220号「包括利益」を適用しています。包括利益は当社株主に帰属する四半期純損益および、
   為替換算調整額の変動、退職年金債務調整額の変動、売却可能有価証券未実現損益の変動ならびに、デリバティブ
   純損益の変動からなり、四半期連結包括利益計算書に記載しています。
  20 消費税等

    消費税等については、税抜方式による会計処理を行っています。
            22/51



                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  21 株式報酬
    株式に基づく報酬の会計処理について、FASB会計基準書第718号「報酬-株式報酬」を適用しています。当基準
   書に従い、株式に基づく報酬費用は付与日の公正価値に基づいて測定しています。その費用は、権利確定期間にわ
   たって認識しています。
  G 新会計基準

  1 新たに適用した会計基準
    当第1四半期連結会計期間よりFASB会計基準更新第2016-02「リース」およびFASB会計基準更新第2018-11「リー
   ス」を適用しています。会計基準更新第2016-02「リース」は、オペレーティング・リースに分類されるリース取引
   について、一部の例外を除いて、連結貸借対照表上に使用権資産、リース負債を認識することを要求しています。
    また、FASB会計基準更新第2018-11「リース」は、FASB会計基準更新第2016-02「リース」の適用時に、比較年度
   の表示・開示を修正再表示しないことを認めるものであり、当社および子会社は、当規定を適用しています。
    さらに、当会計基準更新には、「基準適用日にすでに終了しているあるいは存在する契約に対しリースに該当す
   るか否かの検討」、「リースの分類」、「初期直接費用の資産化について再評価しない」という一連の免除措置
   や、短期リースの例外措置が認められるため、当社および子会社は、このような免除措置・例外措置を適用してい
   ます。
    2019年4月1日現在のオペレーティング・リースに係る使用権資産およびリース負債は34,946百万円であり、当
   社の四半期連結貸借対照表の資産および負債に計上しています。なお、この規定の適用が当社の四半期連結損益計
   算書および四半期連結キャッシュ・フロー計算書に与える影響に重要性はありません。
    当第1四半期連結会計期間よりFASB会計基準更新第2017-12「ヘッジ活動に関する会計処理の限定的改善」を適用

   しています。当会計基準更新は、適切にヘッジ関係及びヘッジ結果を表示するためにヘッジ会計の認識と測定のガ
   イダンスを変更しており、ヘッジ手段のすべての変動をヘッジ対象の損益影響が示される連結損益計算書の科目と
   同じ科目に表示することを要求しています。この規定の適用が当社の四半期連結財務諸表に与える重要な影響はあ
   りません。
  2 未適用の会計基準

    2017年1月に、FASBは、FASB会計基準更新第2017-04「のれん減損テストの簡便化」を公表しました。FASB会計基
   準更新第2017-04は、現行の米国基準において、のれん減損テストの際に求められる2段階テストのステップ2を廃
   止し、報告単位の帳簿価額がその公正価値を上回る場合に、当該報告単位に割り当てられたのれん総額を上限とし
   て、その上回る額を減損額として認識することを要求しています。当社においては、2021年4月1日より開始する
   事業年度より適用となります。この規定の適用による当社および子会社への影響について現在検討しています。
            23/51










                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  Ⅱ 主な科目の内訳および内容の説明
  A 収益
  1 売上高の内訳
    第82期第3四半期連結累計期間および第83期第3四半期連結累計期間の売上高の内訳は以下のとおりです。
  第82期第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)                 (単位:百万円)
                   消去
        IAB  EMC  SSB  HCB
  セグメント             その他  計    連結
                   調整他
  売上高
       298,544  78,813  39,865  86,706  31,047  534,975  4,188  539,163
   外部顧客に対する売上高
        4,880  39,717  3,948  167  5,776  54,488  △54,488   -
   セグメント間の内部売上高
       303,424  118,530  43,813  86,873  36,823  589,463  △50,300  539,163
    計
  主たる地域市場(外部顧客)
       117,634  17,990  39,379  19,556  25,708  220,267  3,481  223,748
   日本
        26,796  13,694   - 17,743   - 58,233   - 58,233
   米州
        59,630  13,135   - 16,962   - 89,727   - 89,727
   欧州
        61,312  23,898  110 23,800  5,246  114,366   - 114,366
   中華圏
        32,905  10,038   - 8,160  - 51,103   - 51,103
   東南アジア他
        267  58  376  485  93 1,279  707  1,986
   直接輸出
       298,544  78,813  39,865  86,706  31,047  534,975  4,188  539,163
    計
  AEC(車載事業)を非継続事業に分類したことに伴い、前第3四半期連結累計期間の売上高を組み替えています。
  第83期第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)                 (単位:百万円)

                   消去
        IAB  EMC  SSB  HCB
  セグメント             その他  計    連結
                   調整他
  売上高
       265,415  67,292  49,307  85,319  28,774  496,107  2,194  498,301
   外部顧客に対する売上高
        4,020  33,617  3,906  349  2,954  44,846  △44,846   -
   セグメント間の内部売上高
       269,435  100,909  53,213  85,668  31,728  540,953  △42,652  498,301
    計
  主たる地域市場(外部顧客)
       103,616  16,831  48,758  18,918  27,644  215,767  2,183  217,950
   日本
        24,347  10,290   - 16,306   - 50,943   - 50,943
   米州
        53,097  11,068   - 15,902   - 80,067   - 80,067
   欧州
        54,458  19,440  188 25,639  1,130  100,855   - 100,855
   中華圏
        29,727  9,523  - 8,198  - 47,448   - 47,448
   東南アジア他
        170  140  361  356  - 1,027  11 1,038
   直接輸出
       265,415  67,292  49,307  85,319  28,774  496,107  2,194  498,301
    計
  (注)日本以外の区分に属する主な国または地域
     (1)  米州………………米国・カナダ・ブラジル
     (2)  欧州………………オランダ・英国・ドイツ・フランス・イタリア・スペイン
     (3)  中華圏……………中国・香港・台湾
     (4)  東南アジア他……シンガポール・韓国・インド・豪州
     (5)  直接輸出…………直送輸出取引
            24/51






                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
    第82期第3四半期連結会計期間および第83期第3四半期連結会計期間の売上高の内訳は以下のとおりです。
  第82期第3四半期連結会計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)                 (単位:百万円)
                   消去
        IAB  EMC  SSB  HCB
  セグメント             その他  計    連結
                   調整他
  売上高
        97,064  25,872  16,211  31,201  14,113  184,461  1,741  186,202
   外部顧客に対する売上高
        1,689  13,056  1,387   3 2,259  18,394  △18,394   -
   セグメント間の内部売上高
        98,753  38,928  17,598  31,204  16,372  202,855  △16,653  186,202
    計
  主たる地域市場(外部顧客)
        39,753  6,442  15,879  7,228  12,361  81,663  1,508  83,171
   日本
        8,743  4,713   - 5,860   - 19,316   - 19,316
   米州
        19,569  4,060   - 6,221   - 29,850   - 29,850
   欧州
        17,954  7,347  36 8,687  1,752  35,776   - 35,776
   中華圏
        10,928  3,294   - 3,002   - 17,224   - 17,224
   東南アジア他
        117  16  296  203  0  632  233  865
   直接輸出
        97,064  25,872  16,211  31,201  14,113  184,461  1,741  186,202
    計
  AEC(車載事業)を非継続事業に分類したことに伴い、前第3四半期連結会計期間の売上高を組み替えています。
  第83期第3四半期連結会計期間(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)                 (単位:百万円)

                   消去
        IAB  EMC  SSB  HCB
  セグメント             その他  計    連結
                   調整他
  売上高
        87,507  21,403  17,979  30,697  9,815  167,401   671 168,072
   外部顧客に対する売上高
        1,317  11,049  1,088  65 1,095  14,614  △14,614   -
   セグメント間の内部売上高
        88,824  32,452  19,067  30,762  10,910  182,015  △13,943  168,072
    計
  主たる地域市場(外部顧客)
        35,248  5,474  17,577  7,178  9,402  74,879  671 75,550
   日本
        8,158  3,021   - 5,389   - 16,568   - 16,568
   米州
        17,818  3,335   - 6,208   - 27,361   - 27,361
   欧州
        16,568  6,314  63 8,929  413 32,287   - 32,287
   中華圏
        9,670  3,172   - 2,888   - 15,730   - 15,730
   東南アジア他
        45  87  339  105  -  576  0  576
   直接輸出
        87,507  21,403  17,979  30,697  9,815  167,401   671 168,072
    計
  (注)日本以外の区分に属する主な国または地域
     (1)  米州………………米国・カナダ・ブラジル
     (2)  欧州………………オランダ・英国・ドイツ・フランス・イタリア・スペイン
     (3)  中華圏……………中国・香港・台湾
     (4)  東南アジア他……シンガポール・韓国・インド・豪州
     (5)  直接輸出…………直送輸出取引
    SSBおよびその他セグメントに含まれる環境ビジネス以外のビジネスについては、概ね同一国内における販売

   は、契約上別段の定めのない限り、顧客に製品が到着した時点、輸出販売は、インコタームズ等に定められた貿易
   条件に基づきリスク負担が顧客に移転する時点で履行義務が充足されると判断し、当該履行義務の充足時点で収益
   を認識しています。
    なお、一部の取引については、当社製品の販売促進を目的として、関連する製品の販売数量等に基づき顧客にリ
   ベートを支払うことがあります。これらリベートは対価から控除するため、対価の額に変動性があります。顧客に
   支払うリベートの額は合理的に見積り可能なことから、重大な戻し入れが生じることはなく、変動対価の見積りが
   制限されることはないと判断しています。取引の対価は、履行義務充足後、概ね3ケ月以内に受領しており、当社
   グループの販売する製品には、顧客が返品権を有するものは含まれていません。
    SSBおよびその他セグメントに含まれる環境ビジネスは、概ね顧客の検収を得ることができた時点で、当該履行
   義務が充足したと考える販売があります。これらの販売については出荷から検収までの期間が、概ね1年以内の短
   期に終了するため、契約資産は計上していません。取引の対価は、履行義務充足後、概ね3ケ月以内に受領してい
   ます。
            25/51


                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
    なお、一部の取引については、長期にわたり保守サービスを提供することにより、履行義務の充足に応じて一定
   期間にわたり収益を認識している販売があります。取引の対価は、履行義務充足後、概ね3ケ月以内に受領してお
   り、契約によっては、顧客から契約期間全部または一部の前受金を受領することがあります。その場合は、契約負
   債としてその他の流動負債もしくはその他の固定負債に計上しています。
  2 契約残高

    第82期第3四半期連結累計期間における期首および期末における契約残高は、以下のとおりです。
               契約負債
       受取手形及び売掛金
           その他の流動負債    その他の固定負債     合計
        (百万円)
           (百万円)    (百万円)    (百万円)
             1,685
  第82期期首残高       151,148        7,360    9,045
                 7,818
  第82期第3四半期末残高       155,767    2,655       10,473
    第82期第3四半期連結累計期間において、期首の契約負債から認識した収益は、1,164百万円です。このうち、第
   82期第3四半期連結会計期間において認識した収益は、407百万円です。
    第83期第3四半期連結累計期間における期首および期末における契約残高は、以下のとおりです。

               契約負債
       受取手形及び売掛金
           その他の流動負債    その他の固定負債     合計
        (百万円)
           (百万円)    (百万円)    (百万円)
             1,710
  第83期期首残高       149,171        8,543    10,253
                 9,144
  第83期第3四半期末残高       125,991    2,763       11,907
    第83期第3四半期連結累計期間において、期首の契約負債から認識した収益は、1,478百万円です。このうち、第
   83期第3四半期連結会計期間において認識した収益は、573百万円です。
  3 未履行の履行義務に配分した取引価格

    第83期第3四半期末における未履行あるいは一部未履行の履行義務は、主として1年から10年で収益認識するこ
   とを予定しています。また、顧客から生じる対価の中に、取引価格の含まれない重要な金額はありません。
  B 投資

   第82期第3四半期連結累計期間および第83期第3四半期連結累計期間における、四半期連結貸借対照表の投資有価
  証券に含めている持分証券に係る実現損益および未実現損益は以下のとおりです。
          第82期第3四半期連結累計期間      第83期第3四半期連結累計期間
            (百万円)      (百万円)
  持分証券の損益合計            1,900     △2,479
  持分証券の売却による当期の実現損(△益)             △33      101
  持分証券の未実現損(△益)            1,933     △2,580
   第82期第3四半期連結会計期間および第83期第3四半期連結会計期間における、四半期連結貸借対照表の投資有価

  証券に含めている持分証券に係る実現損益および未実現損益は以下のとおりです。
          第82期第3四半期連結会計期間      第83期第3四半期連結会計期間
            (百万円)      (百万円)
  持分証券の損益合計            2,981     △1,381
  持分証券の売却による当期の実現損(△益)             △1      △5
  持分証券の未実現損(△益)            2,982     △1,376
   当社および子会社は、市場性のない持分証券のうち、容易に算定可能な公正価値がない持分証券について、減損に
  よる評価下げ後の帳簿価額に同一発行体の同一または類似する投資に関する秩序ある取引における観察可能な価格の
  変動を加減算する方法により測定しています。
   第82期において当社および子会社は減損を計上しておらず、同一発行体の同一または類似する投資に関する秩序あ
  る取引における観察可能な価格の変動として、第82期末に利益を48百万円計上しています。第82期末におけるこれら
  の投資の帳簿価額は4,738百万円です。
            26/51


                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   第83期第3四半期連結累計期間において当社および子会社は減損を計上しておらず、同一発行体の同一または類似
  する投資に関する秩序ある取引における観察可能な価格の変動として、第83期第3四半期末に損失を155百万円計上し
  ています。第83期第3四半期末におけるこれらの投資の帳簿価額は5,637百万円です。
  C 長期性資産の減損

   第82期第3四半期連結累計期間において、その他のセグメントにおけるバックライト関連事業用資産の収益性低下
  により、92百万円の長期性資産に係る減損損失を計上しました。このうち、第82期第3四半期連結会計期間における
  計上額は、33百万円です。
   当該減損損失は、四半期連結損益計算書上、「その他費用(△収益)―純額―」に含まれています。なお、グルー
  ピングした資産の公正価値は、将来キャッシュ・フローの割引現在価値を使用して見積もっています。
   第83期第3四半期連結累計期間における重要な該当事項はありません。
  D 退職給付費用

   当社および子会社は、大部分の国内従業員を対象として退職一時金および退職年金制度を採用しています。当該制
  度を採用している退職給付制度に係る期間退職給付費用は、次の項目により構成されています。
         第82期第3四半期連結累計期間      第83期第3四半期連結累計期間
           (百万円)      (百万円)
  勤務費用           5,163      1,856
  予測給付債務に係る利息費用           1,292       829
  年金資産の期待収益           △3,660      △3,721
  償却費用           2,602      2,877
  縮小による影響額            -      △537
  清算による影響額            -      727
        合計           5,397      2,031
         第82期第3四半期連結会計期間      第83期第3四半期連結会計期間

           (百万円)      (百万円)
  勤務費用           1,721       -
  予測給付債務に係る利息費用           430      192
  年金資産の期待収益           △1,220      △1,275
  償却費用           867      1,019
  縮小による影響額            -      -
  清算による影響額            -      727
        合計           1,798       663
  (注) 当社および一部の国内子会社は、第83期第1四半期に、現行の確定給付年金制度および退職一時金制
   度について、2019年7月1日以降の積立分(「将来分」)を確定拠出年金制度へ移行することを決定し
   ました。また、2019年6月30日以前分(「過去分」)について、法令で要求される年数にわたり一部を
   確定拠出年金制度へ移管するとともに制度改定を行っています。
    この決定に伴い、過去の制度改定により減少した退職給付債務の全額を「縮小による影響額」として
   一括して認識しています。
    また、当該確定拠出年金制度への移管に伴い、減少する退職給付債務と移管に伴う支出の差額を「清
   算による影響額」として認識するとともに移行以前の確定給付年金制度および退職一時金制度の制度改
   定に伴う退職給付債務の変動は退職年金債務調整額に計上しています。
            27/51




                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  E  その他費用(△収益)    ―純額 ―
   第82期  第3四半期連結累計期間    および第83期  第3四半期連結累計期間における「      その他費用  (△収益)  ―純額 ―」
  の内訳は次のとおりです。
         第82期 第3四半期連結累計期間     第83期 第3四半期連結累計期間
           (百万円)      (百万円)
  固定資産除売却損(純額)            41      182
  長期性資産の減損            92      28

  投資有価証券評価損(△益)(純額)           1,900

                    △2,479
              2,406

  災害損失                  -
             △2,179

  受取保険金                  △326
              △270

  受取利息(純額)                  △756
              2,244

  為替差損(純額)                  1,454
  受取配当           △710      △769

  その他(純額)            394      464

     合計         3,918      △2,202

   第82期  第3四半期連結会計期間    および第83期  第3四半期連結会計期間における「      その他費用  (△収益)  ―純額 ―」

  の内訳は次のとおりです。
         第82期 第3四半期連結会計期間     第83期 第3四半期連結会計期間
           (百万円)      (百万円)
  固定資産除売却損(純額)            114      106
  長期性資産の減損            33      16

  投資有価証券評価益(△益)(純額)

              2,981      △1,381
  受取保険金           △155       -

  受取利息(純額)            61      △208

  為替差損(純額)            794      398

  受取配当           △284      △255

  その他(純額)            46      840

     合計         3,590      △484

            28/51








                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  F 1株当たり情報
   当社は1株当たり利益の算出にあたり、FASB会計基準書第260号「1株当たり利益」を適用しています。「当社株
  主に帰属する1株当たり四半期純利益」算出における分子、分母はそれぞれ以下のとおりです。
   なお、第82期第3四半期連結累計(会計)期間および第83期第3四半期連結累計(会計)期間において、潜在株式
  が存在しないため希薄化効果はありません。
   分子
              第82期第3四半期    第83期第3四半期
              連結累計期間    連結累計期間
               (百万円)    (百万円)
   継続事業からの当社株主に帰属する四半期純利益              33,521    32,584
                5,231
   非継続事業からの当社株主に帰属する四半期純利益                  38,417
                38,752
   当社株主に帰属する四半期純利益                  71,001
   希薄化後継続事業からの当社株主に帰属する四半期純利益              -    -
   希薄化後非継続事業からの当社株主に帰属する四半期純利益              -    -
   希薄化後当社株主に帰属する四半期純利益              -    -
              第82期第3四半期    第83期第3四半期

              連結会計期間    連結会計期間
               (百万円)    (百万円)
   継続事業からの当社株主に帰属する四半期純利益              10,457    10,138
   非継続事業からの当社株主に帰属する四半期純利益              1,880    41,781
   当社株主に帰属する四半期純利益              12,337    51,919
   希薄化後継続事業からの当社株主に帰属する四半期純利益              -    -
   希薄化後非継続事業からの当社株主に帰属する四半期純利益              -    -
   希薄化後当社株主に帰属する四半期純利益              -    -
   分母

              第82期第3四半期    第83期第3四半期
              連結累計期間    連結累計期間
               (株式数)    (株式数)
   加重平均による期中平均発行済普通株式数             209,077,834    205,360,463
   希薄化後発行済普通株式数              -    -
              第82期第3四半期    第83期第3四半期

              連結会計期間    連結会計期間
               (株式数)    (株式数)
   加重平均による期中平均発行済普通株式数             207,906,417    205,359,703
   希薄化後発行済普通株式数              -    -
      (注)役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託として保有する当社株式は、1株当たり情報の計算上、期中平均
    株式数の算定において控除する自己株式に含めています。(第82期第3四半期連結累計期間767,708株、
    第82期第3四半期連結会計期間766,683株、第83期第3四半期連結累計期間766,863株、第83期第3四半期
    連結会計期間766,863株)
            29/51






                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  G 純資産
   第82期第3四半期連結累計期間における(四半期)連結貸借対照表の株主資本、非支配持分および純資産の帳簿価
  額の変動は次のとおりです。
           株主資本    非支配持分    純資産合計
           (百万円)    (百万円)    (百万円)
   第81期末残高          505,530    1,856   507,386
   FASB会計基準更新第2016-01及び
             224    -    224
   2018-03の適用による累積影響額
   当社株主への配当金          △8,773     -   △8,773
   非支配株主への配当金           -   △343    △343
   非支配持分との資本取引及びその他           1   △1    0
   自己株式の取得及びその他          △18,828     -   △18,828
   連結子会社の減少による非支配持分の減少           -   △65    △65
   株式に基づく報酬           479    -    479
   四半期純利益          38,752    653   39,405
   その他の包括利益(△損失)
             △3,590    △58   △3,648
   第82期第3四半期末残高          513,795    2,042   515,837
   第83期第3四半期連結累計期間における(四半期)連結貸借対照表の株主資本、非支配持分および純資産の帳簿価

  額の変動は次のとおりです。
           株主資本    非支配持分    純資産合計
           (百万円)    (百万円)    (百万円)
   第82期末残高          504,212    2,099   506,311
   当社株主への配当金          △8,625     -   △8,625
   非支配株主への配当金           -   △162    △162
   非支配持分との資本取引及びその他           0    -    0
   自己株式の取得及びその他           △13    -   △13
   株式に基づく報酬           503    -    503
   連結子会社の減少による株主資本の減少          △2,459     -   △2,459
   四半期純利益          71,001    379   71,380
   その他の包括利益(△損失)
             6,195    △37    6,158
   第83期第3四半期末残高          570,814    2,279   573,093
            30/51







                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  H その他の包括利益(△損失)累計額
   第82期第3四半期連結累計期間および第83期第3四半期連結累計期間における非支配持分を含むその他の包括利益(△
  損失)の項目別の税効果の影響額および組替修正額は、次のとおりです。
          第82期第3四半期連結累計期間      第83期第3四半期連結累計期間
            (百万円)      (百万円)
          税効果    税効果  税効果    税効果
            税効果      税効果
          考慮前    考慮後  考慮前    考慮後
  為替換算調整額

          △2,814  △362  △3,176  △7,408  △279  △7,687
  期首
          △5,587   - △5,587  △14,036   117 △13,919
  当期発生為替換算調整額
          △109   - △109  △173   54 △119
  実現額の当期損益への組替修正額
          △5,696   - △5,696  △14,209   171 △14,038
  当期純変動額
           58  -  58  37  -  37
  非支配持分に帰属するその他の包括損失(△利益)
          △8,452  △362  △8,814  △21,580   △108 △21,688
  期末
  退職年金債務調整額
          △89,313  35,528  △53,785  △102,199   39,551  △62,648
  期首
           410  △102  308 26,221  △8,132  18,089
  当期発生退職年金債務調整額
          2,610  △809  1,801  3,636  △1,127  2,509
  実現額の当期損益への組替修正額
          3,020  △911  2,109  29,857  △9,259  20,598
  当期純変動額
          △86,293  34,617  △51,676  △72,342  30,292  △42,050
  期末
  売却可能有価証券未実現損益
          15,005  △7,579  7,426   -  -  -
  期首
  FASB会計基準更新第2016-01および2018-03
          △15,005   7,579  △7,426   -  -  -
  の適用による累積影響額
           -  -  -  -  -  -
  未実現利益(△損失)当期発生額
           -  -  -  -  -  -
  実現額の当期損益への組替修正額
           -  -  -  -  -  -
  当期純変動額
           -  -  -  -  -  -
  期末
  デリバティブ純損益
           269  △93  176  210  △75  135
  期首
          △197   61 △136  △167   52 △115
  未実現利益(△損失)当期発生額
           109  △34  75 △416  129  △287
  実現額の当期損益への組替修正額
           △88  27  △61  △583  181  △402
  当期純変動額
           181  △66  115  △373  106  △267
  期末
  合計(その他の包括利益(△損失)累計額)
          △76,853  27,494  △49,359  △109,397   39,197  △70,200
  期首
  FASB会計基準更新第2016-01および2018-03
          △15,005   7,579  △7,426   -  -  -
  の適用による累積影響額
          △5,374   △41 △5,415  12,018  △7,963  4,055
  未実現利益(△損失)当期発生額
          2,610  △843  1,767  3,047  △944  2,103
  実現額の当期損益への組替修正額
          △2,764  △884  △3,648  15,065  △8,907  6,158
  当期純変動額
           58  -  58  37  -  37
  非支配持分に帰属するその他の包括損失(△利益)
          △94,564  34,189  △60,375  △94,295  30,290  △64,005
  期末
   なお、実現額の当期損益への組替修正額について、継続事業に係るものは、それぞれ下記に含まれています。
   為替換算調整額については「その他費用(△収益)―純額―」、退職年金債務調整額については退職給付費用およ
  び「その他費用(△収益)―純額―」、デリバティブ純損益については「売上原価」および「その他費用(△収益)
  ―純額―」に、それぞれ含まれています。
            31/51

                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   実現額の当期損益への組替修正額について、非継続事業に係るものは「非継続事業からの四半期純利益」に含ま
  れています。
   税効果について、継続事業に係るものは「法人税等」に、非継続事業に係るものは「非継続事業からの四半期純利
  益」にそれぞれ含まれています。
            32/51



















                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   第82期第3四半期連結会計期間および第83期第3四半期連結会計期間における非支配持分を含むその他の包括利益                    (△
  損失) の項目別の税効果の影響額および組替修正額は、次のとおりです。
          第82期第3四半期連結会計期間      第83期第3四半期連結会計期間
            (百万円)      (百万円)
          税効果    税効果  税効果    税効果
            税効果      税効果
          考慮前    考慮後  考慮前    考慮後
  為替換算調整額
          △507  △362  △869 △25,619   △147 △25,766
  期首
          △8,036   - △8,036  4,225  △15  4,210
  当期発生為替換算調整額
           12  -  12 △173   54 △119
  実現額の当期損益への組替修正額
          △8,024   - △8,024  4,052   39 4,091
  当期純変動額
           79  -  79  △13  -  △13
  非支配持分に帰属するその他の包括損失(△利益)
          △8,452  △362  △8,814  △21,580   △108 △21,688
  期末
  退職年金債務調整額
          △87,127  34,876  △52,251  △73,516  30,654  △42,862
  期首
           △17   5 △12 △1,105   344  △761
  当期発生退職年金債務調整額
           851  △264  587  2,279  △706  1,573
  実現額の当期損益への組替修正額
           834  △259  575  1,174  △362  812
  当期純変動額
          △86,293  34,617  △51,676  △72,342  30,292  △42,050
  期末
  売却可能有価証券未実現損益
           -  -  -  -  -  -
  期首
           -  -  -  -  -  -
  未実現利益(△損失)当期発生額
           -  -  -  -  -  -
  実現額の当期損益への組替修正額
           -  -  -  -  -  -
  当期純変動額
           -  -  -  -  -  -
  期末
  デリバティブ純損益
          △679  201  △478   39  △22  17
  期首
           581  △180  401  △516  160  △356
  未実現利益(△損失)当期発生額
           279  △87  192  104  △32  72
  実現額の当期損益への組替修正額
           860  △267  593  △412  128  △284
  当期純変動額
           181  △66  115  △373  106  △267
  期末
  合計(その他の包括利益(△損失)累計額)
          △88,313  34,715  △53,598  △99,096  30,485  △68,611
  期首
          △7,472  △175  △7,647  2,604  489  3,093
  未実現利益(△損失)当期発生額
          1,142  △351  791  2,210  △684  1,526
  実現額の当期損益への組替修正額
          △6,330  △526  △6,856  4,814  △195  4,619
  当期純変動額
           79  -  79  △13  -  △13
  非支配持分に帰属するその他の包括損失(△利益)
          △94,564  34,189  △60,375  △94,295  30,290  △64,005
  期末
   なお、実現額の当期損益への組替修正額について、継続事業に係るものは、それぞれ下記に含まれています。
   為替換算調整額については「その他費用(△収益)―純額―」、退職年金債務調整額については退職給付費用およ
  び「その他費用(△収益)―純額―」、デリバティブ純損益については「売上原価」および「その他費用(△収益)
  ―純額―」に、それぞれ含まれています。
   実現額の当期損益への組替修正額について、非継続事業に係るものは「非継続事業からの四半期純利益」に含ま
  れています。
   税効果について、継続事業に係るものは「法人税等」に、非継続事業に係るものは「非継続事業からの四半期純利
  益」にそれぞれ含まれています。
            33/51

                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  I 金融商品の公正価額

   第82期末および第83期第3四半期末現在、当社および子会社の有する金融商品の帳簿価額および見積公正価額は、
  次のとおりです。
          第82期末(百万円)     第83期第3四半期末(百万円)

          帳簿価額  見積公正価額   帳簿価額  見積公正価額

   (デリバティブ取引)

   為替予約取引:

           769   769  1,122   1,122

    その他の流動資産
          △1,897   △1,897   △1,445   △1,445

    その他の流動負債
    それぞれの金融商品の公正価額の見積りにあたって、実務的には次の方法および仮定を用いています。

    なお、公正価値の階層分類である、レベル1・レベル2およびレベル3のそれぞれの定義については、(注記
   Ⅱ-K)に記載しています。
   (デリバティブ取引)

    デリバティブ取引の公正価額は、当該取引契約を四半期末もしくは連結会計年度末に解約した場合に当社および
   子会社が受領するまたは支払う見積り額を反映しており、この見積り額には未実現利益または損失が含まれていま
   す。当社および子会社のデリバティブ取引の大半については、ディーラー取引価格が利用可能ですが、そうでない
   ものについては、公正価額の見積りにあたり評価モデルを使用しています。
    なお、当社および子会社では、トレーディング目的のためのデリバティブ取引は行っていません。
    また、デリバティブ取引の公正価値のレベル別情報は、(注記Ⅱ-K)に記載しています。
   (デリバティブ取引以外)

   (1) 現金及び現金同等物、受取手形及び売掛金、施設借用保証金、支払手形及び買掛金・未払金、短期オペレー
    ティング・リース負債、長期オペレーティング・リース負債
     これらの公正価額は帳簿価額とほぼ等しいと見積っています。なお、これらの公正価値について、現金及び
    現金同等物はレベル1、それ以外はレベル2にそれぞれ分類しています。
   (2) 投資有価証券

     市場性のある持分証券の公正価値は時価で評価し、容易に算定可能な公正価値がない市場性のない持分証券
    については、減損による評価下げ後の帳簿価額に同一発行体の同一または類似する投資に関する秩序ある取引
    における観察可能な価額の変動を加減算する方法、その他の合理的な方法により見積り評価しています。
     なお 、投資有価証券の公正価値およびレベル別情報は、(注記Ⅱ-K)に記載しています。
            34/51







                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  J 金融派生商品とヘッジ活動
   当社および子会社は、グループ会社間の債権債務に係る為替変動(主に米ドル、ユーロ、人民元)をヘッジするた
  めに為替予約取引を、原材料価格変動(銅・銀)をヘッジするために商品スワップ取引を利用しています。なお、当
  社および子会社は、トレーディング目的のためのデリバティブ取引は行っていません。また、当社および子会社は、
  デリバティブの契約相手による契約不履行の場合に生じる信用リスクにさらされていますが、契約相手の信用度が高
  いため、そのような信用リスクは小さいと考えています。
   キャッシュ・フロー・ヘッジとして指定および認定された為替予約取引および商品スワップ取引の公正価額の変動
  は、「その他の包括利益(△損失)累計額」として報告しています。これらの金額は、ヘッジ対象資産・負債が損益
  に影響を与えるのと同一期間において、為替予約取引については「           その他費用(△収益)―純額―     」として、商品ス
  ワップ取引については「売上原価」として損益に組替えられます。第83期第3四半期末現在、デリバティブ取引に関
  連して「その他の包括利益(△損失)累計額」に計上されたほぼ全額は今後12ヶ月以内に損益に組替えられると見込
  まれます。
  第82期末および第83期第3四半期末現在における為替予約取引等の残高(想定元本)は、次のとおりです。
        第82期末(百万円)     第83期第3四半期末(百万円)
            87,613      99,827
    為替予約取引
  第82期末および第83期第3四半期末現在におけるデリバティブの公正価値は次のとおりです。

  ヘッジ指定のデリバティブ
    資産
                第83期第3四半期末(百万円)
         科目   第82期末(百万円)
               769     1,122
    為替予約    その他の流動資産
    負債
                第83期第3四半期末(百万円)
         科目   第82期末  (百万円)
              △1,897     △1,445
    為替予約    その他の流動負債
  第82期第3四半期連結累計期間におけるデリバティブの四半期連結損益計算書への影響額(税効果考慮後)は次のと

  おりです。
   ヘッジ指定のデリバティブ
   キャッシュ・フロー・ヘッジ
       その他の包括利益(△損失)に計上
             その他の包括利益(△損失)累計額
       された未実現損益(百万円)      から損益への振替(百万円)
              (ヘッジ有効部分)
        (ヘッジ有効部分)
            △124       68
    為替予約
            △12       7
    商品スワップ
   なお、ヘッジ効果が有効でない金額に重要性はありません。
  第82期第3四半期連結会計期間におけるデリバティブの四半期連結損益計算書への影響額(税効果考慮後)は次のと

  おりです。
   ヘッジ指定のデリバティブ
   キャッシュ・フロー・ヘッジ
       その他の包括利益(△損失)に計上
             その他の包括利益(△損失)累計額
       された未実現損益(百万円)      から損益への振替(百万円)
              (ヘッジ有効部分)
        (ヘッジ有効部分)
            398      193
    為替予約
            3      △1
    商品スワップ
   なお、ヘッジ効果が有効でない金額に重要性はありません。
            35/51



                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  第83期第3四半期連結累計期間におけるデリバティブの四半期連結損益計算書への影響額(税効果考慮後)は次のと
  おりです。
   ヘッジ指定のデリバティブ
   キャッシュ・フロー・ヘッジ
       その他の包括利益(△損失)に計上
             その他の包括利益(△損失)累計額
       された未実現損益(百万円)      から損益への振替(百万円)
              (ヘッジ有効部分)
        (ヘッジ有効部分)
            △115      △303
    為替予約
            -      16
    商品スワップ
   なお、ヘッジ効果が有効でない金額に重要性はありません。
  第83期第3四半期連結会計期間におけるデリバティブの四半期連結損益計算書への影響額(税効果考慮後)は次のと

  おりです。
   ヘッジ指定のデリバティブ
   キャッシュ・フロー・ヘッジ
       その他の包括利益(△損失)に計上
             その他の包括利益(△損失)累計額
       された未実現損益(百万円)      から損益への振替(百万円)
              (ヘッジ有効部分)
        (ヘッジ有効部分)
            △356       58
    為替予約
            -      14
    商品スワップ
   なお、ヘッジ効果が有効でない金額に重要性はありません。
            36/51













                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  K 公正価値の測定
   FASB会計基準書第820号「公正価値の測定と開示」は、公正価値を測定日において市場参加者の間の秩序のある取
  引により資産を売却して受け取るであろう価格、または負債を移転するために支払うであろう価格と定義していま
  す。同基準書は、公正価値を測定するために使用するインプットを以下の3つのレベルに優先順位を付け、公正価値
  の階層を分類しています。
   レベル1・・活発な市場における同一の資産または負債の市場価格。
   レベル2・・活発な市場における類似資産または負債の市場価格。活発でない市場における同一または類似
         の資産・負債の市場価格、観察可能な市場価格以外のインプットおよび相関関係またはその他
         の方法により観察可能な市場データから主として得られた、または裏付けられたインプット。
   レベル3・・資産または負債の公正価値測定に重要なインプットで、観察不能なインプット。
  継続的に公正価値で測定される資産または負債

   第82期末における継続的に公正価値で測定される資産および負債は次のとおりです。
            公正価値による測定額
        レベル1   レベル2   レベル3    計
        (百万円)   (百万円)   (百万円)   (百万円)
   資産
   投資有価証券
             -   2,036   22,439
    持分証券      20,403
   金融派生商品
          -
    為替予約          769   -   769
   負債
   金融派生商品
    為替予約       -   1,897    -   1,897
  投資有価証券

   投資有価証券は、株式です。上場株式については活発な市場における同一資産の市場価格で公正価値を評
  価しており、観察可能であるためレベル1に分類しています。非上場株式については、主に投資先企業から入手
  したデータに非流動性を考慮して公正価値を評価しており、レベル3に分類しています。
  金融派生商品

   金融派生商品は、為替予約です。外国為替レートおよび金利など観察可能な市場データを利用して公正価値を評価
  しているためレベル2に分類しています。
  非継続的に公正価値で測定される資産または負債

   第82期末における非継続的に公正価値で測定される資産および負債は次のとおりです。
              公正価値による測定額
       損益計上額
          レベル1   レベル2   レベル3    計
       (百万円)
          (百万円)   (百万円)   (百万円)   (百万円)
   資産
   投資有価証券      48   -   691   -   691
   長期性資産      △196    -   -   22   22
   第82期において、当社は、上記の投資有価証券の公正価値測定に当たり、減損による評価下げ後の帳簿価額に同一

  発行体の同一または類似する投資に関する秩序ある取引における観察可能な価格の変動を加減算する方法を用いてお
  り、当該資産をレベル2に分類しています。また、上記の長期性資産に係る減損損失の認識に伴い、大部分の資産を
  観察不能なインプットに基づき評価しているため、当該資産をレベル3に分類しています。これらのうち主な資産の
  公正価値は、将来キャッシュ・フローの割引現在価値を使用して評価しています。
            37/51



                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  継続的に公正価値で測定される資産または負債
   第83期第3四半期末現在における継続的に公正価値で測定される資産および負債は次のとおりです。
            公正価値による測定額
        レベル1   レベル2   レベル3    計
        (百万円)   (百万円)   (百万円)   (百万円)
   資産
   投資有価証券
             -   2,163
    持分証券      21,703          23,866
   金融派生商品
          -   1,122    -   1,122
    為替予約
   負債
   金融派生商品
          -      -
    為替予約          1,445      1,445
  投資有価証券

   投資有価証券は株式です。上場株式については活発な市場における同一資産の市場価格で公正価値を評価してお
  り、観察可能であるためレベル1に分類しています。非上場株式については、主に投資先企業から入手したデータに
  非流動性を考慮して公正価値を評価しており、レベル3に分類しています。
  金融派生商品

   金融派生商品は、為替予約です。外国為替レートおよび金利など観察可能な市場データを利用して公正価値を評価
  しているためレベル2に分類しています。
  非継続的に公正価値で測定される資産または負債

   第83期第3四半期末現在における非継続的に公正価値で測定される資産および負債は次のとおりです。
              公正価値による測定額
       損益計上額
          レベル1   レベル2   レベル3    計
       (百万円)
          (百万円)   (百万円)   (百万円)   (百万円)
   資産
   投資有価証券      △155    -   3,064    -   3,064
  第82期第3四半期連結累計期間および第83期第3四半期連結累計期間における、レベル3に分類された継続的に公正

  価値により評価される資産の調整表は次のとおりです。
         第82期第3四半期連結累計期間      第83期第3四半期連結累計期間
           投資有価証券      投資有価証券
          持分証券(百万円)      持分証券(百万円)
              2,056      2,036
   期首残高
   四半期純利益に含まれる額
   その他費用(△収益)―純額―           9     110
              18      17
   購入
              △18      -
   売却
              2,065      2,163
   期末残高
            38/51





                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  第82期第3四半期連結会計期間および第83期第3四半期連結会計期間における、レベル3に分類された継続的に公正
  価値により評価される資産の調整表は次のとおりです。
         第82期第3四半期連結会計期間      第83期第3四半期連結会計期間
           投資有価証券      投資有価証券
          持分証券(百万円)      持分証券(百万円)
              2,070      2,163
   期首残高
   四半期純利益に含まれる額
   その他費用(△収益)―純額―           2      -
              1      -
   購入
              △8      -
   売却
              2,065      2,163
   期末残高
            39/51

















                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  L コミットメントおよび偶発債務
  コミットメント
   当社および子会社におけるコミットメント残高は、主として情報処理運用業務における業務委託契約に関するもの
  であり、その金額は、第82期末1,277百万円、第83期第3四半期末現在1,631百万円です。
  信用リスクの集中

   当社および子会社にとって、信用リスク集中の恐れがある金融商品は、主として短期投資および受取手形及び売掛
  金です。短期投資については、取引相手を信用度の高い金融機関としています。また、受取手形及び売掛金に関して
  は、売上高の約44%が日本国内に集中していますが、顧客の大半は優良で、業種も多岐にわたっているため、信用リ
  スク集中の恐れは限られています。
  環境対策費

   当社および子会社は、環境対策に関する費用について、債務発生の可能性が確からしく、かつ金額を合理的に見積
  ることができる場合に負債に計上しています。環境対策費として負債に計上している金額は、第82期末520百万円、
  第83期第3四半期末現在508百万円です。
  製品保証

   当社および子会社は、ある一定期間において、提供した製品およびサービスに対する保証を行っています。第82期
  第3四半期連結累計期間および第83期第3四半期連結累計期間における製品保証引当金の変動は次のとおりです。
         第82期第3四半期      第83期第3四半期

         連結累計期間      連結累計期間
          (百万円)      (百万円)
   期首残高         2,229      1,820
   繰入額         1,396      576

   取崩額(目的使用等)         △1,670      △784

   その他の変動         △50      -

   期末残高         1,905      1,612

  訴訟事項

   当社および一部の子会社は、通常の事業活動から生じるいくつかの法的な申立ておよび訴訟を受けています。しか
  し、当社および当社の弁護人が現時点で入手しうる情報に基づくと、当社の取締役会はこれらの申立ておよび訴訟が
  四半期連結財務諸表に重要な影響を与えることはないと考えています。
  M 配当に関する事項(株主資本関係等)

   現金配当額は、翌事業年度の当初において開催される定時株主総会まで未承認であっても、それぞれの事業年度の
  利益処分として提示される額に従って四半期連結財務諸表に計上しています。
   第83期第3四半期連結会計期間に行われた現金配当は、第83期第2四半期連結会計期間の剰余金処分として四半期
  連結財務諸表に計上しています。
  N 事業売却

   第82期第3四半期連結累計期間における重要な該当事項はありません。
   第83期第3四半期連結累計期間における事業売却は、(注記Ⅱ-O)をご覧ください。

            40/51





                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  O 非継続事業
   非継続事業の概要
    当社は、2019年4月16日開催の取締役会において、AEC(車載事業)、すなわち当社の連結子会社であるオムロ
   ンオートモーティブエレクトロニクス株式会社(以下、OAEといいます。)の全株式(注1)および当社の特定子
   会社であるOMRON   AUTOMOTIVE  ELECTRONICS  de Mexico,S.  de R.L. de C.V.を含む当社の連結子会社2社の全株式
   等ならびに当社の連結子会社2社の車載電装部品事業を、日本電産株式会社グループへ譲渡すること(以下、本取
   引といいます。)を決議し(注2)、同日に株式等譲渡契約(以下、本譲渡契約といいます。)を締結し、一部を
   除き(注3)、2019年10月31日に当該譲渡を実行しました。
    本譲渡契約に基づく譲渡価格として81,944百万円(現金流出額との純額)を受領しましたが、同契約に基づく譲
   渡価格調整に伴い、17,856百万円の返還を予定しています。第83期第3四半期連結累計期間の四半期連結損益計算
   書における、非継続事業からの四半期純利益のうち、非継続事業からの法人税等控除前売却益は、現時点での譲渡
   価格調整の見積りを前提として52,447百万円を計上しています(注4)。
   (注)1  OAEの子会社9社につきましても、当社の連結子会社から異動します。

    2 当該決定に伴い、当第1四半期連結会計期間より、同事業に係る損益を非継続事業に分類し、継続事
     業と非継続事業を区分して表示しています。
    3 本取引のうち、当社の子会社であるOMRON       VIETNAM  CO., LTD.及びPT.  OMRON MANUFACTURING   OF
     INDONESIAの車載電装部品事業の日本電産株式会社グループへの譲渡につきましては、2020年6月末ま
     でを目途に行われる見込みです。
    4 譲渡対価総額は、財務数値等を含む本譲渡契約記載の条件に基づき最終決定される予定であり、上記
     の金額から変動する可能性があります。
    当該AECの譲渡は、当社グループの事業運営、財政状態および経営成績等に重要な影響をもたらす戦略上の変更

   に該当します。このため、FASB会計基準書第205号-20に従い、当該処分グループであるAECセグメントについて、
   四半期連結損益計算書において非継続事業として区分表示するとともに、第82期第3四半期の四半期連結損益計算
   書の組み替えを行っています。また、第82期の連結貸借対照表を組み替え、AECセグメントの資産および負債を売
   却予定資産および売却予定負債として区分表示しています。
    四半期連結キャッシュ・フロー計算書上は、非継続事業のキャッシュ・フローは独立表示せずに継続事業の
   キャッシュ・フローと合算して表示しています。なお、譲渡した事業に係る現金および現金同等物と事業譲渡の対
   価として受領した現金および現金等価物との差額81,944百万円については、現時点での譲渡価格調整の見積りに基
   づいて、四半期連結キャッシュ・フロー計算書上「事業売却(現金流出額との純額)」の「譲渡価格調整後64,088
   百万円」および「譲渡価格調整による返還予定額        17,856百万円」に区分して表示しています。
    組み替えて表示したAECセグメントの財政状態および経営成績は以下のとおりです。
   非継続事業の財政状態

            第82期    第83期第3四半期
           (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
            金額(百万円)     金額(百万円)
      区分
              6,400     -

   現金及び現金同等物
              22,025     -
   受取手形及び売掛金
              △84     -
   貸倒引当金
              9,704     -
   たな卸資産
              3,979     -
   その他の流動資産
              27,629     -
   有形固定資産
              1,158     -
   繰延税金
              2,520     -
   その他の資産
              73,331     -
    売却予定資産合計
            41/51




                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
            第82期    第83期第3四半期

           (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
            金額(百万円)     金額(百万円)
      区分
              17,875     -

   支払手形及び買掛金・未払金
              3,259     -
   未払費用
              2,177     -
   その他の流動負債
               605     -
   繰延税金
              3,296     -
   退職給付引当金
               518     -
   その他の固定負債
              27,730     -
    売却予定負債合計
   非継続事業の経営成績

            第82期第3四半期     第83期第3四半期
            連結累計期間     連結累計期間
           (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
      区分     金額(百万円)     金額(百万円)
              97,409     65,793
   売上高
   売上原価及び費用
            74,960     51,502
    売上原価
            7,886     7,132
    販売費及び一般管理費
            7,293     5,363
    試験研究開発費
            286  90,425  △209  63,788
    その他費用(△収益)―純額―
    非継続事業からの法人税等、持分法
              6,984     2,005
    投資損益控除前四半期純利益
               -    52,447
   非継続事業からの法人税等控除前売却益
              1,753    16,035
   法人税等
    非継続事業からの四半期純利益           5,231    38,417
            42/51









                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
            第82期第3四半期     第83期第3四半期

            連結会計期間     連結会計期間
           (自 2018年10月1日     (自 2019年10月1日
            至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
      区分     金額(百万円)     金額(百万円)
              33,527     9,541
   売上高
   売上原価及び費用
            25,905     6,922
    売上原価
            2,627     1,602
    販売費及び一般管理費
            2,440     666
    試験研究開発費
             46  31,018  △272  8,918
    その他費用(△収益)―純額―
    非継続事業からの法人税等、持分法
              2,509     623
    投資損益控除前四半期純利益
               -    52,447
   非継続事業からの法人税等控除前売却益
               629    11,289
   法人税等
    非継続事業からの四半期純利益           1,880    41,781
   (注)第83期第3四半期連結累計期間および第83期第3四半期連結会計期間における非継続事業の経営成績は、

    2019年10月31日に譲渡を実行するまでの7ヵ月間および1ヵ月間を表示しています。
    継続事業となる当社グループと当該処分グループとの間に重要な継続的関与に該当する事項はありません。

   非継続事業として組み替えて表示した当該処分グループの、有形固定資産の減価償却費及び無形固定資産の償却
   費、資本的支出は以下のとおりです。
            第82期第3四半期     第83期第3四半期

            連結累計期間     連結累計期間
            金額(百万円)     金額(百万円)
   有形固定資産の減価償却費及び無形固定資産

              3,837     2,899
   の償却費
              4,184     5,043
   資本的支出
            第82期第3四半期     第83期第3四半期

            連結会計期間     連結会計期間
            金額(百万円)     金額(百万円)
   有形固定資産の減価償却費及び無形固定資産

              1,348     468
   の償却費
              1,526     2,014
   資本的支出
            43/51







                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  P セグメント情報
  【オペレーティング・セグメント情報】
    FASB会計基準書第280号は、企業のオペレーティング・セグメントに関する情報の開示を規定しています。オペ
   レーティング・セグメントは、企業の最高経営意思決定者が経営資源の配分や業績評価を行うにあたり通常使用し
   ており、財務情報が入手可能な企業の構成単位として定義されています。
    当社は取扱製品の性質や社内における事業の位置付け等を考慮した上で、オペレーティング・セグメントに関す
   る情報として、IAB、EMC、SSBおよびHCBの4つのオペレーティング・セグメントを区分して開示しています。ま
   た、その他のオペレーティング・セグメントは「その他」に集約して開示しています。
    各セグメントの主要な製品は次のとおりです。
    (1) IAB: インダストリアルオートメーションビジネス(制御機器事業)
     ……プログラマブルコントローラ、モーションコントロール機器、センサ機器、産業用カメラ・コード
     リーダ機器、検査装置、セーフティ用機器、産業用ロボット、制御専用機器等
    (2) EMC: エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネス(電子部品事業)
     ……リレー、スイッチ、コネクタ、アミューズメント機器用部品・ユニット、汎用センサ、顔認識ソフ
     トウェア、画像センシングコンポ、MEMS(※)センサ等
    (3) SSB: ソーシアルシステムズ・ソリューション&サービス・ビジネス(社会システム事業)
     ……駅務システム、交通管理・道路管理システム、カード決済ソリューション、安心・安全ソリューシ
     ョン、エネルギーマネジメント事業、IOT(電源保護・データ保護)ソリューション、関連メンテナ
     ンス事業等
    (4) HCB: ヘルスケアビジネス(ヘルスケア事業)
     ……電子血圧計、ネブライザ、低周波治療器、心電計、酸素発生器、電子体温計、体重体組成計、歩数
     計・活動量計、電動歯ブラシ、マッサージャ、血糖計、動脈硬化検査装置、内臓脂肪計等
    (5) その他
     ……ソーラーパワーコンディショナ、蓄電システム、電力量計測機器、電力保護機器、液晶用高品質バ
     ックライトユニット等
     ((※)MEMS:マイクロ・エレクトロ・メカニカル・システムズの略称)
    セグメント情報の会計方針は、米国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従っています。
    各オペレーティング・セグメントに直接関わる収益および費用は、それぞれのセグメントの業績数値に含め表示
   しています。特定のセグメントに直接帰属しない収益および費用は、経営者がセグメントの業績評価に用いる当社
   の配分方法に基づき、各オペレーティング・セグメントに配分されるかあるいは「消去調整他」に含めて表示して
   います。
    なお、「セグメント利益またはセグメント損失(△)」は、「売上高」から「売上原価」、「販売費及び一般管
   理費」および「試験研究開発費」を控除したものを表示しています。
            44/51









                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   第82期第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)      (単位:百万円)
                  消去

       IAB  EMC  SSB  HCB  その他  計    連結
                  調整他
   売上高

   ①外部顧客に対す
         78,813  39,865  86,706  31,047  534,975  4,188 539,163
      298,544
    る売上高
   ②セグメント間
       4,880  39,717  3,948  167 5,776  54,488  △54,488   -
    の内部売上高
      303,424  118,530  43,813  86,873  36,823  589,463  △50,300  539,163
    計
      254,515  111,501  45,191  75,633  37,327  524,167  △34,573  489,594
   営業費用
   セグメント利益 
       48,909  7,029 △1,378  11,240  △504  65,296  △15,727  49,569
   またはセグメント
   損失(△)
   (注)1 セグメント間の内部取引における価額は、外部顧客との取引価額に準じています。
    2 「消去調整他」には、配賦不能営業費用、セグメント間の内部取引消去などが含まれています。
    3 AEC(車載事業)を非継続事業に分類したことに伴い、事業の種類別セグメント情報は、非継続事業の金
    額を除いた継続事業の金    額に組み替えて表示しています。非継続事業の詳細については(           注記Ⅱ-O  )
    をご覧ください。
   第83期第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)      (単位:百万円)

                  消去

       IAB  EMC  SSB  HCB  その他  計    連結
                  調整他
   売上高

   ①外部顧客に対す
      265,415  67,292  49,307  85,319  28,774  496,107  2,194 498,301
    る売上高
   ②セグメント間
       4,020  33,617  3,906  349 2,954  44,846  △44,846   -
    の内部売上高
    計  269,435  100,909  53,213  85,668  31,728  540,953  △42,652  498,301
   営業費用    228,777  100,000  51,548  74,428  30,276  485,029  △26,826  458,203
   セグメント利益 
   またはセグメント    40,658  909 1,665  11,240  1,452  55,924  △15,826  40,098
   損失(△)
   (注)1 セグメント間の内部取引における価額は、外部顧客との取引価額に準じています。
    2 「消去調整他」には、配賦不能営業費用、セグメント間の内部取引消去などが含まれています。
            45/51







                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
   第82期第3四半期連結会計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)      (単位:百万円)
                  消去

       IAB  EMC  SSB  HCB  その他  計    連結
                  調整他
   売上高

   ①外部顧客に対す
         25,872  16,211  31,201  14,113  184,461  1,741 186,202
       97,064
    る売上高
   ②セグメント間
       1,689  13,056  1,387   3 2,259  18,394  △18,394   -
    の内部売上高
       98,753  38,928  17,598  31,204  16,372  202,855  △16,653  186,202
    計
       83,192  36,456  16,817  27,153  15,317  178,935  △10,453  168,482
   営業費用
   セグメント利益 
       15,561  2,472  781 4,051  1,055  23,920  △6,200  17,720
   またはセグメント
   損失(△)
   (注)1 セグメント間の内部取引における価額は、外部顧客との取引価額に準じています。
    2 「消去調整他」には、配賦不能営業費用、セグメント間の内部取引消去などが含まれています。
    3 AEC(車載事業)を非継続事業に分類したことに伴い、事業の種類別セグメント情報は、非継続事業の金
    額を除いた継続事業の金    額に組み替えて表示しています。非継続事業の詳細については(           注記Ⅱ-O  )
    をご覧ください。
   第83期第3四半期連結会計期間(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)      (単位:百万円)

                  消去

       IAB  EMC  SSB  HCB  その他  計    連結
                  調整他
   売上高

   ①外部顧客に対す
       87,507  21,403  17,979  30,697  9,815 167,401   671 168,072
    る売上高
   ②セグメント間
       1,317  11,049  1,088  65 1,095  14,614  △14,614   -
    の内部売上高
    計  88,824  32,452  19,067  30,762  10,910  182,015  △13,943  168,072
   営業費用    75,745  32,210  17,846  26,409  10,444  162,654  △8,949  153,705
   セグメント利益 
   またはセグメント    13,079  242 1,221  4,353  466 19,361  △4,994  14,367
   損失(△)
   (注)1 セグメント間の内部取引における価額は、外部顧客との取引価額に準じています。
    2 「消去調整他」には、配賦不能営業費用、セグメント間の内部取引消去などが含まれています。
            46/51







                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
    第82期第3四半期連結累計期間および第83期第3四半期連結累計期間ならびに第82期第3四半期連結会計期間お
   よび第83期第3四半期連結会計期間におけるセグメント利益またはセグメント損失(△)の合計額と継続事業から
   の法人税等、持分法投資損益控除前四半期純利益との調整表は次のとおりです。
           第82期第3四半期     第83期第3四半期
       項目     連結累計期間     連結累計期間
           (百万円)     (百万円)
    セグメント利益またはセグメント損失
             65,296     55,924
   (△)の合計額
   その他費用(△収益)―純額―          3,918     △2,202
     消去調整他          △15,727     △15,826
    継続事業からの法人税等、持分法投資
             45,651     42,300
    損益控除前四半期純利益
           第82期第3四半期     第83期第3四半期

       項目     連結会計期間     連結会計期間
           (百万円)     (百万円)
    セグメント利益またはセグメント損失
             23,920     19,361
   (△)の合計額
   その他費用(△収益)―純額―          3,590     △484
     消去調整他          △6,200     △4,994
    継続事業からの法人税等、持分法投資
             14,130     14,851
    損益控除前四半期純利益
  Q 重要な後発事象

   当社はFASB会計基準書第855号「後発事象」に基づき、後発事象の評価を行っています。
   本四半期報告書が発行可能な状態となりました2020年2月14日現在、該当事項はありません。
            47/51











                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  2【その他】
   2019年10月29日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議しました。
    1 配当金の総額・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8,657百万円

    2 1株当たりの金額・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42円00銭
    3 支払請求の効力発生日および支払開始日・・・・・・・・・・・2019年12月3日
   (注)2019年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対し、支払いを行いました。

            48/51


















                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
   該当事項はありません。
            49/51




















                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
        独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年2月14日

  オムロン株式会社
  取締役会 御中
         有限責任監査法人トーマツ

          指定有限責任社員    公認会計士

                 佐藤 嘉雄
          業務執行社員
          指定有限責任社員    公認会計士

                 酒井 宏彰
          業務執行社員
          指定有限責任社員    公認会計士

                 池畑 憲二郎
          業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているオムロン株式会

  社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019年12月
  31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
  ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書
  及び注記について四半期レビューを行った。
  四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

   経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」附則第4条の規定により米国におい
  て一般に公正妥当と認められる企業会計の基準(四半期連結財務諸表注記事項I参照)に準拠して四半期連結財務諸表を
  作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適
  正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
  る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
  して四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
  問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
  められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
   当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
  監査人の結論

   当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、米国において一般に公正妥当と認めら
  れる企業会計の基準(四半期連結財務諸表注記事項I参照)に準拠して、オムロン株式会社及び連結子会社の2019年12月
  31日現在の財政状態、同日をもって終了する第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3
  四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において
  認められなかった。
  強調事項

   注記事項Ⅱ-Oに記載されている通り、会社は米国財務会計基準審議会会計基準書第205号-20「財務諸表の表示-非継
  続事業」に従い、会社の処分グループであるオートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネス(AEC)セグメ
  ントについて、四半期連結損益計算書において非継続事業として区分表示するとともに、第82期第3四半期の四半期連結
  損益計算書の組み替えを行っている。また、第82期の連結貸借対照表を組み替え、AECセグメントの資産および負債を売
  却予定資産および売却予定負債として区分表示している。
   当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
            50/51



                     EDINET提出書類
                    オムロン株式会社(E01755)
                      四半期報告書
  利害関係
   会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以 上
   ※ 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

    書提出会社)が別途保管している。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていない。
            51/51


















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。