株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス 四半期報告書 第11期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第11期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2020年2月14日

    【四半期会計期間】               第11期第3四半期(自            2019年10月1日         至   2019年12月31日)

    【会社名】               株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス

    【英訳名】               VITAL   KSK  HOLDINGS,     INC.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  村 井 泰 介

    【本店の所在の場所】               東京都世田谷区弦巻一丁目1番12号

                    (上記は登記上の本店所在地で実際の業務は下記最寄りの連絡場所で行っておりま
                    す。)
    【電話番号】               (03)3275-3301(代表)
    【事務連絡者氏名】               経理財務部長  高 橋 喜 春

    【最寄りの連絡場所】               東京都中央区日本橋室町一丁目9番12号

    【電話番号】               (03)3275-3301(代表)

    【事務連絡者氏名】               経理財務部長  高 橋 喜 春

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/17








                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第10期           第11期

              回次               第3四半期           第3四半期            第10期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自   2018年4月1日         自   2019年4月1日         自   2018年4月1日
             会計期間
                           至   2018年12月31日         至   2019年12月31日         至   2019年3月31日
     売上高                  (百万円)           425,595           432,774           559,712
     経常利益                  (百万円)            5,552           5,404           6,909

     親会社株主に帰属する
                      (百万円)            4,333           4,633           5,084
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                  (百万円)            1,078           7,061           △ 527
     純資産額                  (百万円)           98,393          101,056           96,788

     総資産額                  (百万円)           339,354           337,463           329,747

     1株当たり四半期(当期)純利益金額                   (円)           76.90           82.81           90.22

     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)           66.18           71.16           77.63
     (当期)純利益金額
     自己資本比率                   (%)           28.8           29.7           29.1
                              第10期           第11期

              回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自   2018年10月1日         自   2019年10月1日
             会計期間
                           至   2018年12月31日         至   2019年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                   (円)           29.80           39.02
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.1株当たり四半期(当期)純利益金額の算定上、「株式給付信託(BBT)」の信託財産として資産管理
          サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式を、期中平均株式数の計算において控除する自
          己株式に含めております。
    2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はありませ
      ん。また、主要な関係会社に異動はありません。
                                  2/17






                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
      なお、重要事象等は存在しておりません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)財政状態及び経営成績の状況

       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府の経済対策や金融政策等により、企業収益や雇用環境が
      改善するなど緩やかな回復基調が続いておりますが、世界的な貿易摩擦の問題など、先行き不透明な状況にありま
      す。
       当社グループの主たる事業である医薬品卸売業界におきましては、国の医療費抑制策により2018年4月の薬価改
      定で平均7.48%の薬価基準の引下げが行われました。また、2019年10月の薬価改定では平均2.40%の薬価基準の引
      下げ(消費税対応分1.95%の引上げ含む)が行われました。今後も薬剤費の抑制政策は継続されることが予想され
      ます。
       このような中、当社グループは2020年3月期から2022年3月期までの3年間にわたる第4次中期経営計画をス
      タートさせました。第4次中期経営計画では、2025年に目指す姿としての長期ビジョン「医療・介護を支える商品
      やサービスを戦略的に提供することにより、地域・コミュニティのヘルスケアになくてはならない存在となる」に
      引き続き取り組んでまいります。そして、当該長期ビジョンの下、第4次中期経営計画の中期ビジョンを「選ばれ
      る企業集団になる」とし、実践課題として「1.低成長下においても利益を創出し続ける医療用医薬品卸売事業体
      制の確立」「2.エマージングビジネス(※1)の成長・拡大による収益増」「3.グループ経営体制の強化」を
      掲げました。さらに、当該中期ビジョンを実現するため、4つの基本方針「効果的・効率的グループ経営によるグ
      ループ総合力の発揮」「提供機能の拡充・整備と成長領域へのフォーカス」「地域のヘルスケアのコーディネート
      とサポートやソリューションの提供」「強み・リソースを活用した新たな収益策や事業の展開」に取り組んでまい
      ります。
       当連結累計期間の業績につきましては、売上高432,774百万円(前年同期比101.7%)、営業利益3,090百万円(前
      年同期比129.5%)、経常利益は、前年まで計上していた負ののれんの償却終了等により5,404百万円(前年同期比
      97.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益は、投資有価証券の売却益等により4,633百万円(前年同期比
      106.9%)となりました。
       セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。

       ①   医薬品卸売事業
        医薬品卸売事業におきましては、予てよりカテゴリーチェンジによる長期収載品の販売減少が続いておりまし
       たが、2018年4月の診療報酬改定におきましても、更なるジェネリック医薬品使用促進策が打ち出され、当連結
       累計期間におきましても長期収載品の販売減少が続いております。そのような状況の中、当社は新薬創出・適応
       外薬解消等促進加算制度の対象品や新製品に注力してまいりました。また、医療用医薬品卸売事業以外では、
       2019年5月に㈱バイタルネットは最先端のロボット技術を活用した歩行トレーニングを提供する「仙台ロボケア
       センター(※2)」をオープンしました。地域・コミュニティのヘルスケアになくてはならない存在となるた
       め、エマージングビジネスにも注力しております。結果、売上高は、411,212百万円(前年同期比101.6%)、セ
       グメント利益(営業利益)は、2,823百万円(前年同期比118.8%)となりました。
       ※1 エマージングビジネス:医療用医薬品卸売事業以外の事業

       ※2 仙台ロボケアセンター:医療用ロボットを手掛けるCYBERDYNE株式会社と連携し、身体機能を改善・補助・拡
          張・再生することができる世界初の装着型サイボーグ「HAL」を使用した科学的フィットネストレーニング
          施設。仙台ロボケアセンターWebサイトURL:http://www.robocare.jp/sendai/
                                  3/17


                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
       ②   その他事業

        その他事業におきましては、調剤薬局事業及び動物薬卸売事業の業績が回復したため、売上高は、21,561百万
       円(前年同期比102.9%)、セグメント利益(営業利益)は、230百万円(前年同期は31百万円のセグメント損
       失)となりました。
       当連結会計年度末の資産は、前連結会計年度末から7,715百万円増加し、337,463百万円となりました。内訳は、

      流動資産218,220百万円、固定資産119,242百万円であります。
       流動資産の主な内訳は、現金及び預金36,938百万円、受取手形及び売掛金131,713百万円、たな卸資産33,088百万
      円、未収入金15,922百万円であります。なお前連結会計年度末に比べ、現金及び預金が6,310百万円減少したもの
      の、受取手形及び売掛金が9,565百万円増加したこと等により、流動資産が6,136百万円増加しております。
       固定資産の内訳は、有形固定資産44,004百万円、無形固定資産5,066百万円、投資その他の資産70,171百万円であ
      ります。
       負債は、前連結会計年度末から3,447百万円増加し、236,406百万円となりました。内訳は、流動負債202,519百万
      円、固定負債33,887百万円であります。
       流動負債の主な内訳は、支払手形及び買掛金195,010百万円、短期借入金1,300百万円であります。なお前連結会
      計年度末に比べ、支払手形及び買掛金が5,455百万円増加したこと等により、流動負債が3,625百万円増加しており
      ます。
       固定負債の主な内訳は、転換社債型新株予約権付社債10,006百万円、長期借入金4,400百万円及び退職給付に係る
      負債6,453百万円であります。なお前連結会計年度末に比べ、退職給付に係る負債が347百万円減少したこと等によ
      り、固定負債が178百万円減少しております。
       純資産は、前連結会計年度末から4,268百万円増加し、101,056百万円となりました。主な要因は、親会社株主に
      帰属する四半期純利益4,633百万円の計上等によるものであります。
     (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において新たに発生した事業上及び財務上の対処すべき課題はありません。また、前
      事業年度の有価証券報告書に記載した対処すべき課題に重要な変更はありません。
     (3)研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/17








                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    230,000,000

                 計                                   230,000,000

       ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (2019年12月31日)          (2020年2月14日)         商品取引業協会名
                                  東京証券取引所           単元株式数は100株でありま
       普通株式           61,224,796          61,224,796
                                   (市場第一部)         す。
        計         61,224,796          61,224,796           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     2019年12月31日                 ―    61,224          ―     5,000         ―     1,250
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17






                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                                 2019年12月31日現在
           区分             株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                      ―          ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―          ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―          ―             ―

                     普通株式       5,310,200

     完全議決権株式(自己株式等)                                ―             ―
                     普通株式      55,861,000

     完全議決権株式(その他)                                558,610             ―
                     普通株式        53,596

     単元未満株式                                ―     1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                      61,224,796          ―             ―

     総株主の議決権                      ―           558,610             ―

     (注)   1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、㈱証券保管振替機構名義の株式が500株(議決権5個)、「株式給
          付信託」制度の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社が所有している当社株式126,800株(議
          決権1,268個)が含まれております。
        2.「単元未満株式」の株式数の欄には、㈱証券保管振替機構名義の株式が55株、当社保有の自己株式が69株含
          まれております。
        3. 当第3四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
       ②  【自己株式等】

                                                 2019年12月31日現在
                                                     発行済株式
                                  自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                            総数に対する
                       所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                            所有株式数
                                   (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
                    東京都世田谷区
     ㈱バイタルケーエスケー・ホー                             5,310,200         ―     5,310,200         8.67
                    弦巻一丁目1番12号
     ルディングス
           計               ―        5,310,200         ―     5,310,200         8.67
       (注)     自己名義所有株式数には、「株式給付信託」制度の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社が
        所有している当社株式126,800株は含まれておりません。
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/17







                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                43,248              36,938
                                     ※2  122,148            ※2  131,713
        受取手形及び売掛金
        たな卸資産                                30,746              33,088
        未収入金                                15,267              15,922
        その他                                  739              632
                                         △ 66             △ 75
        貸倒引当金
        流動資産合計                                212,083              218,220
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               19,422              19,359
         土地                               20,521              20,314
                                         4,909              4,331
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               44,852              44,004
        無形固定資産
         のれん                               3,602              3,452
                                         2,188              1,613
         その他
         無形固定資産合計                               5,791              5,066
        投資その他の資産
         投資有価証券                               52,676              55,686
         その他                               15,042              15,175
                                         △ 699             △ 690
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               67,019              70,171
        固定資産合計                                117,663              119,242
      資産合計                                 329,747              337,463
                                  8/17










                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※2  189,554            ※2  195,010
        支払手形及び買掛金
        短期借入金                                 1,370              1,300
        未払法人税等                                 1,473              1,270
        賞与引当金                                 1,582               691
        その他の引当金                                  198              199
                                         4,714              4,048
        その他
        流動負債合計                                198,893              202,519
      固定負債
        転換社債型新株予約権付社債                                10,012              10,006
        長期借入金                                 4,800              4,400
        その他の引当金                                  220              218
        退職給付に係る負債                                 6,800              6,453
        その他                                12,232              12,809
        固定負債合計                                34,065              33,887
      負債合計                                 232,959              236,406
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 5,000              5,000
        資本剰余金                                12,739              12,739
        利益剰余金                                57,019              60,360
                                        △ 3,759             △ 5,256
        自己株式
        株主資本合計                                71,000              72,842
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                23,134              25,760
                                         1,900              1,626
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                25,035              27,387
      非支配株主持分                                   752              826
      純資産合計                                  96,788              101,056
     負債純資産合計                                   329,747              337,463
                                  9/17









                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
     売上高                                   425,595              432,774
                                        392,082              398,776
     売上原価
     売上総利益                                   33,512              33,997
     返品調整引当金戻入額
                                          204              198
                                          229              199
     返品調整引当金繰入額
     差引売上総利益                                   33,487              33,995
     販売費及び一般管理費                                   31,100              30,905
     営業利益                                    2,387              3,090
     営業外収益
      受取利息                                   112              113
      受取配当金                                   664              682
      持分法による投資利益                                   121               89
      受取事務手数料                                  1,128              1,139
      負ののれん償却額                                   552               -
                                          712              434
      その他
      営業外収益合計                                  3,291              2,458
     営業外費用
      支払利息                                    55              50
      賃貸費用                                    59              67
                                          11              27
      その他
      営業外費用合計                                   126              145
     経常利益                                    5,552              5,404
     特別利益
      固定資産売却益                                   103               83
      投資有価証券売却益                                   821             1,479
                                          48              35
      その他
      特別利益合計                                   973             1,598
     特別損失
      固定資産売却損                                    0              6
      固定資産除却損                                    51              33
      減損損失                                    18              16
      関係会社株式評価損                                    -              68
      災害による損失                                    22              -
                                           1              24
      その他
      特別損失合計                                    94              149
     税金等調整前四半期純利益                                    6,431              6,853
     法人税等                                    2,031              2,144
     四半期純利益                                    4,400              4,708
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     66              75
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    4,333              4,633
                                 10/17





                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
     四半期純利益                                    4,400              4,708
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 2,660              2,355
      退職給付に係る調整額                                  △ 342             △ 273
                                         △ 318              270
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 △ 3,322              2,352
     四半期包括利益                                    1,078              7,061
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  1,011              6,985
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    66              75
                                 11/17















                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                                 当第3四半期連結累計期間
                             (自    2019年4月1日         至   2019年12月31日)
        税金費用の計算             税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当
                    期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純
                    利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

      1 保証債務
        連結会社以外の会社の仕入債務等に対し債務保証を行っております。
                前連結会計年度                        当第3四半期連結会計期間

                (2019年3月31日)                          (2019年12月31日)
       ㈱ケーエスアール                          ㈱ケーエスアール
                            2百万円                          3百万円
       (仕入債務)                          (仕入債務)
       ㈱ケーエスアール                          ㈱ケーエスアール
                            3百万円                          1百万円
       (リース債務)                          (リース債務)
              計              5百万円            計              5百万円
      

       す。
        なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
       を満期日に決済が行われたものとして処理しております。
                         前連結会計年度                  当第3四半期連結会計期間

                        (2019年3月31日)                     (2019年12月31日)
       受取手形                          754百万円                     672百万円
       支払手形                          149百万円                     195百万円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)、のれんの償却額及び
       負ののれんの償却額は次のとおりであります。
                       前第3四半期連結累計期間                    当第3四半期連結累計期間
                        (自 2018年4月1日                    (自 2019年4月1日
                         至 2018年12月31日)                      至 2019年12月31日)
       減価償却費                          2,572百万円                    2,483百万円
       のれんの償却額                           232百万円                    228百万円
       負ののれんの償却額                          △552百万円                      ―百万円
                                 12/17








                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                  2018年4月1日         至   2018年12月31日)
     1.配当金支払額
                            1株当たり
       (決議)       株式の種類      配当金の総額                 基準日        効力発生日        配当の原資
                             配当額
     2018年5月10日
               普通株式       564百万円        10.00円     2018年3月31日         2018年6月11日         利益剰余金
     取締役会
     2018年11月5日
               普通株式       564百万円        10.00円     2018年9月30日         2018年12月3日         利益剰余金
     取締役会
     (注)1.2018年5月10日取締役会決議による配当金の総額には、株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当金
          額1百万円が含まれております。
        2.2018年11月5日取締役会決議による配当金の総額には、株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当金
          額1百万円が含まれております。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                  2019年4月1日         至   2019年12月31日)

     1.配当金支払額
                            1株当たり
       (決議)       株式の種類      配当金の総額                 基準日        効力発生日        配当の原資
                             配当額
     2019年5月13日
               普通株式       677百万円        12.00円     2019年3月31日         2019年6月5日         利益剰余金
     取締役会
     2019年11月5日
               普通株式       615百万円        11.00円     2019年9月30日         2019年12月2日         利益剰余金
     取締役会
     (注)1.2019年5月13日取締役会決議による配当金の総額には、株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当金
          額1百万円が含まれております。また、1株当たり配当額には記念配当2.00円が含まれております。
        2.2019年11月5日取締役会決議による配当金の総額には、株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当金
          額1百万円が含まれております。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)
       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                      四半期連結
                       報告セグメント
                                   その他             調整額      損益計算書
                                          合計
                     医薬品卸売
                                  (注1)             (注2)       計上額
                             計
                      事業
                                                      (注3)
     売上高
      外部顧客への売上高                 404,638       404,638       20,956      425,595          ―   425,595
      セグメント間の内部売上高又
                        4,406       4,406       1,694       6,100      △ 6,100         ―
      は振替高
            計           409,045       409,045       22,650      431,696       △ 6,100      425,595
     セグメント利益又は損失(△)                   2,377       2,377       △ 31     2,345        41     2,387
     (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、調剤薬局事業、医薬品等の小売
          業、動物用医薬品の卸売業、農薬等の卸売業、運送業、介護サービス業、医療機関に対するコンサルティン
          グ業等を含んでおります。
        2.セグメント利益又は損失(△)の調整額41百万円はセグメント間取引消去によるものであります。
        3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 13/17


                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日         至   2019年12月31日)
       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                      四半期連結
                       報告セグメント
                                   その他             調整額      損益計算書
                                          合計
                     医薬品卸売
                                  (注1)             (注2)       計上額
                             計
                      事業
                                                      (注3)
     売上高
      外部顧客への売上高                 411,212       411,212       21,561      432,774          ―   432,774
      セグメント間の内部売上高又
                        4,874       4,874       1,788       6,662      △ 6,662         ―
      は振替高
            計           416,086       416,086       23,349      439,436       △ 6,662      432,774
     セグメント利益                   2,823       2,823        230      3,054        36     3,090
     (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、調剤薬局事業、医薬品等の小売
          業、動物用医薬品の卸売業、農薬等の卸売業、運送業、介護サービス業、医療機関に対するコンサルティン
          グ業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額36百万円はセグメント間取引消去によるものであります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
      基礎は、次のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                (自    2018年4月1日           (自    2019年4月1日
                項目
                                 至   2018年12月31日)           至   2019年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   76円90銭             82円81銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                     4,333             4,633

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         4,333             4,633
      四半期純利益金額(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                    56,355             55,950
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   66円18銭             71円16銭

      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する
                                          △4             △4
      四半期純利益調整額(百万円)
      (うち支払利息(税額相当額控除後)(百万円))                                      △4             △4
      普通株式増加数(千株)                                     9,064             9,099

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                           ―             ―
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり四半期純利益金額
         の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。1株当たり四半期純利益の算
         定上控除した当該自己株式の期中平均株式数は、前第3四半期連結累計期間127千株、当第3四半期連結累計
         期間126千株であります。
                                 14/17




                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
       第11期(2019年4月1日から2020年3月31日まで)中間配当については、2019年11月5日開催の取締役会におい
      て、2019年9月30日の株主名簿に記載された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
        ① 配当金の総額                   615百万円
        ② 1株当たりの金額                                              11円00銭
        ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                               2019年12月2日
                                 15/17


















                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 16/17



















                                                           EDINET提出書類
                                          株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(E22440)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2020年2月14日

    株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス
     取締役会      御中
                        有限責任監査法人トーマツ

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       鈴  木  朋  之            印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       今  江  光  彦            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社バイタ

    ルケーエスケー・ホールディングスの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期
    間(2019年10月1日から2019年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日ま
    で)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
    書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス及び連結子会
    社の2019年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示してい
    ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。