株式会社LIFULL 四半期報告書 第26期第1四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第26期第1四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 株式会社LIFULL
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 【表紙】
 【提出書類】      四半期報告書

 【根拠条文】      金融商品取引法第24条の4の7第1項

 【提出先】      関東財務局長

 【提出日】      2020年2月13日

 【四半期会計期間】      第26期第1四半期(自     2019年10月1日    至  2019年12月31日)

 【会社名】      株式会社LIFULL

 【英訳名】      LIFULL Co.,Ltd.

 【代表者の役職氏名】      代表取締役  井 上 高 志

 【本店の所在の場所】      東京都千代田区麹町一丁目4番地4

 【電話番号】      03-6774-1603

 【事務連絡者氏名】      執行役員グループ経営推進本部長  福 澤 秀 一

 【最寄りの連絡場所】      東京都千代田区麹町一丁目4番地4

 【電話番号】      03-6774-1603

 【事務連絡者氏名】      執行役員グループ経営推進本部長  福 澤 秀 一

 【縦覧に供する場所】      株式会社LIFULL大阪支店

       (大阪市北区梅田三丁目3番10号)

       株式会社LIFULL名古屋支店

       (名古屋市西区名駅三丁目10番17号)

       株式会社東京証券取引所

       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/29






                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 第一部  【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

          第25期    第26期

     回次     第1四半期    第1四半期    第25期
          連結累計期間    連結累計期間
         自  2018年10月1日   自  2019年10月1日   自  2018年10月1日
    会計期間
         至  2018年12月31日   至  2019年12月31日   至  2019年9月30日
  売上収益      (千円)   8,391,479    9,202,007    39,297,010
  税引前四半期(当期)利益      (千円)   1,520,980    928,056    3,629,134

  親会社の所有者に帰属する
        (千円)   1,003,518    504,681    2,409,047
  四半期(当期)利益
  親会社の所有者に帰属する
        (千円)    526,042    1,480,082     5,154
  四半期(当期)包括利益
  親会社の所有者に帰属する持分      (千円)   21,695,920    33,443,339    32,553,627
  資産合計      (千円)   30,536,567    48,225,860    43,648,420

  親会社の所有者に帰属する
  基本的1株当たり四半期(当期)      (円)    8.45    3.76    18.53
  利益
  親会社の所有者に帰属する
  希薄化後1株当たり四半期      (円)     -    -    -
  (当期)利益
  親会社所有者帰属持分比率      (%)    71.0    69.3    74.6
  営業活動による
        (千円)   △679,074    677,098    2,166,115
  キャッシュ・フロー
  投資活動による
        (千円)   △1,933,426    △550,117   △2,836,909
  キャッシュ・フロー
  財務活動による
        (千円)   2,584,673    △2,094,341    2,782,803
  キャッシュ・フロー
  現金及び現金同等物の
        (千円)   7,453,911    7,419,433    9,239,027
  四半期末(期末)残高
  (注) 1.上記指標は、国際会計基準(以下「IFRS」)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基
   づいております。
   2.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
   載しておりません。
   3.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
   4.親会社の所有者に帰属する希薄化後1株当たり四半期(当期)利益については、潜在株式が存在しないため
   記載しておりません。
   5.第26期第1四半期連結会計期間において、第25期第2四半期連結会計期間に行ったMitula                Group Limitedと
   の企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行ったため、第25期連結会計年度の関連する主要な経営指標等
   については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の見直しが反映された後の金額によって
   おります。
   6.第26期第1四半期連結会計期間より、IFRS第16号「リース」を適用しております。当社グループは、経過措
   置に従い適用開始日に適用による累積的影響を認識する方法を採用しているため、第25期第1四半期連結累
   計期間及び第25期については、修正再表示をしておりません。
 2 【事業の内容】

  当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内
  容について、重要な変更はありません。
   なお、主要な関係会社については異動はありません。
             2/29



                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【事業等のリスク】

  当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
  投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
  リスク」についての重要な変更はありません。
   なお、重要事象等は存在しておりません。 
 2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中における将来に関する事項は、当第1四半期連結累計期間(以下、当第1四半期)の末日現在において当社グ
  ループ(当社及び当社の関係会社)が判断したものです。
  なお、2019年1月8日に行われたMitula       Group Limitedとの企業結合について前連結会計年度において暫定的な会
  計処理を行っておりましたが、当第1四半期に確定したため、「(2)財政状態」における前連結会計年度末との比較・
  分析にあたっては、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の見直しが反映された後の金額を用いてお
  ります。
  (1)経営成績の状況

  当社グループは「常に革進することで、より多くの人々が心からの「安心」と「喜び」を得られる社会の仕組みを
  創る」を経営理念として掲げ、あらゆるステークホルダーに配慮した健全な事業活動を通じ、当社グループの企業価
  値向上を追求するだけでなく、持続的な社会の発展に貢献することを目指しております。
  国内においては、不動産・住宅情報サイト「LIFULL         HOME'S」、引越し見積り・予約サイト「LIFULL        引越し」、レ
  ンタル収納スペース情報検索サイト「LIFULL        トランクルーム」、老人ホーム・介護施設の検索サイト「LIFULL           介
  護」といった住生活情報サービス事業を展開しているだけでなく、業務支援サービスや融資サービス事業といった事
  業者向けサービスも展開しており、ユーザーと事業者双方に寄り添う様々なサービス提供を通じて、市場全体の活性
  化や拡大にも取り組んでおります。
  また海外においても、50を超える国や地域で、不動産・住宅、中古車、転職・求人情報、ファッションといった住
  生活情報サービス事業を展開しております。
  当第1四半期においては、「LIFULL      HOME'S」の「ブランド力の強化」と「メディア力の強化」、海外事業の競争力
  強化に向けた「組織統合」と「WEB集客力の強化」に重点的に取り組んでまいりました。
  上記の取り組みの結果、当第1四半期における連結業績は、売上収益            9,202,007千円  (前年同四半期連結累計期間比
  +9.7% )、営業利益  1,014,107千円  (同 △37.8%  )、税引前四半期利益    928,056千円  (同 △39.0%  )、親会社の所有者
  に帰属する四半期利益    504,681千円  (同 △49.7%  )となりました。
  当社グループは、海外子会社の影響度が高まったこと、海外同業他社との収益の比較及びキャッシュ創出力を図る
  指標としてEBITDA(償却前営業利益)を重要な経営指標としております。当第1四半期のEBITDAは1,535,392千円(同
  △18.7%)となりました。
  また、当第1四半期におけるセグメント毎の売上収益及びセグメント利益(損失△)は、以下のとおりです。

                  (単位:千円)
           売上収益     セグメント利益(損失△)
    セグメントの名称
          金額  前年同期比(%)    金額  前年同期比(%)
  (1) HOME'S関連事業
          6,775,683    △1.4  1,018,422    2.6
  (2) 海外
          2,048,175    101.7   140,570   △44.5
  (3) その他
          441,189   △20.3   △141,961   (注2)
  (注1) セグメント間取引については、相殺消去しておりません。
  (注2) 前年同期のセグメント損失は42,999千円であります。
             3/29



                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  ①HOME'S関連事業
  当セグメントは、不動産・住宅情報サイト「LIFULL         HOME'S」と不動産事業者向け業務支援サービス、及び関連事
  業で構成されています。
  当期は「一顧客あたりの平均売上(ARPA)の向上」と「顧客数の拡大と強固な顧客基盤の構築」に向け、新たな
  住まい探しを提案するコンテンツ制作と、それに連動したプロモーション等への投資を継続したほか、掲載されて
  いる情報の充実を目指した料金改定や、情報精度の向上を目指したツールの提供にも取り組んでまいりました。
  以上の結果、当事業の売上収益は      6,775,683  千円(前年同期比   △1.4% )、セグメント利益は    1,018,422  千円(同  +
  2.6% )となりました。
  (注) ARPAとは、「Average    Revenue  Per Agent」の略です。
  ②海外事業

  当セグメントは、主にTrovit     Search,  S.L.U.(以下、Trovit社)とMitula      Group Limited(以下、Mitula社)が
  運営する不動産・住宅、中古車、転職・求人、ファッションの情報サイト等により構成されています。
  Trovit社、Mitula社(2019年1月に子会社化)、RESEM         Corporation  Limited(2019年5月に子会社化)の持つ技術
  やノウハウを融合させることで各サービスの高度化を図っており、さらなる競争力の強化に向けた採用も強化して
  おります。
  以上の結果、当事業の売上収益は      2,048,175  千円(同  +101.7%  )、セグメント利益は    140,570 千円(同  △44.5%  )
  となりました。
  ③その他事業

  その他事業は、老人ホーム・介護施設の検索サイト「LIFULL          介護」、引越し見積り・予約サイト「LIFULL        引越
  し」、レンタル収納スペース情報検索サイト「LIFULL         トランクルーム」等により構成されています。
  当事業の売上収益は    441,189 千円(同  △20.3%  )、セグメント損失は    141,961 千円(前年同期はセグメント損失
  42,999千円  、98,961千円  の悪化)となりました。
  以下の項目等、より詳しい決算内容に関しては、当社IRサイトより、2020年2月13日発表の「2020年9月期 第

  1四半期決算説明資料」をご覧ください。
  参考URL:https://lifull.com/ir/ir-data/
  <決算説明資料の主な項目>

  ・営業損益の推移      ・・・ 主な費用の増減要因と売上収益に占める比率の推移等
  ・サービス別売上収益の推移 ・・・ セグメント別売上収益の推移と増減要因
  ・業績予想の進捗状況    ・・・ セグメント別売上収益、主な費目毎の業績予想に対する進捗状況
  ・トピックス        ・・・ セグメント毎の主な取組状況
  ・四半期毎のデータ     ・・・ 損益計算書(簡易版)、セグメント別売上収益、セグメント別損益
  ・外部統計データ集        ・・・ マンション発売戸数、マンション価格、新設住宅着工戸数、日本全国移動
         者数、人口・世帯数
             4/29








                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  (2)財政状態
   (流動資産)
   流動資産の残高は   14,037,878千円   となり、前連結会計年度末(以下、前期末)に比べ         2,116,891千円減少   してお
  ります。主な要因は、現金及び現金同等物の        減少1,819,593千円   、売掛金及びその他の短期債権の      減少475,367千
  円、その他の短期金融資産の     増加67,976千円   、及び、その他の流動資産の     増加110,094千円   であります。
   (非流動資産)
   非流動資産の残高は   34,187,982千円   となり、前期末に比べ    6,694,331千円増加   しております。主な要因は、     有形
  固定資産  の減少67,557千円   、使用権資産  の増加5,892,240千円   、のれん の増加768,648千円   、無形資産  の減少
  79,269千円  、持分法で会計処理されている投資      の減少51,187千円   、その他の長期金融資産    の増加297,274千円   、及
  び、 繰延税金資産  の減少65,174千円   であります。
   以上の結果、当第1四半期末の資産合計は       48,225,860千円   となり、前期末に比べ    4,577,440千円増加   しておりま

  す。
   (流動負債)

   流動負債の残高は   7,392,064千円  となり、前期末に比べ    2,093,716千円減少   しております。主な要因は、     買掛金
  及びその他の短期債務    の減少819,530千円   、借入金 の減少2,199,980千円   、リース負債の   増加956,720千円   、未払法
  人所得税の  減少299,643千円   、及び、その他の流動負債の     増加268,717千円   であります。
   (非流動負債)
   非流動負債の残高は   7,315,019千円  となり、前期末に比べ    5,781,990千円増加   しております。主な要因は、借入
  金の 増加916,645千円   、リース負債の   増加4,903,328千円   、及び、繰延税金負債の    減少37,438千円   等であります。
   以上の結果、当第1四半期末の負債合計は       14,707,084千円   となり、前期末に比べ    3,688,274千円増加   しておりま

  す。
   (資本)

   当第1四半期末における資本の残高は      33,518,776千円   となり、前期末に比べ    889,166千円増加   しております。主
  な要因は、親会社の所有者に帰属する四半期利益による利益剰余金の            増加504,681千円   、その他の包括利益による
  その他の資本の構成要素の     増加975,400千円   、及び、剰余金の配当による利益剰余金の       減少590,327千円   等であり
  ます。
  (3) キャッシュ・フローの状況

                当第1四半期
            前第1四半期
            連結累計期間
                連結累計期間
      区分              増減
           (自 2018年10月1日
               (自 2019年10月1日
           至 2018年12月31日)
                至 2019年12月31日)
 営業活動によるキャッシュ・フロー(千円)           △679,074    677,098  1,356,173
 投資活動によるキャッシュ・フロー(千円)           △1,933,426    △550,117   1,383,308
 財務活動によるキャッシュ・フロー(千円)           2,584,673    △2,094,341   △4,679,015
 現金及び現金同等物の増減額(△は減少)(千円)           △117,401    △1,819,593   △1,702,192
  当第1四半期における現金及び現金同等物(以下、資金)は、          7,419,433千円  となりました。

   (営業活動によるキャッシュ・フロー)

   営業活動の結果、増加した資金は      677,098千円  となり、前第1四半期連結累計期間(以下、前第1四半期)の減
  少した資金  679,074千円  と比べ、  1,356,173千円の増加    となりました。主な要因は、税引前四半期利益が        928,056千
  円と前第1四半期に比べ    592,923千円減少   したこと、  減価償却費及び償却費    が525,693千円  と前第1四半期に比べ
  258,833千円増加   したこと、売掛金及びその他の短期債権の増減額が         548,406千円  と前第1四半期に比べ    345,870千
  円増加 したこと、買掛金及びその他の短期債務の増減額が         △846,596千円  と前第1四半期に比べ    479,826千円減少
  したこと、その他が   228,782千円  と前第1四半期に比べ    1,071,692千円増加   したこと、及び、法人所得税の支払額
  が707,452千円  と前第1四半期に比べ    762,145千円減少   したこと等であります。
             5/29


                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
   (投資活動によるキャッシュ・フロー)
   投資活動の結果、減少した資金は      550,117千円  となり、前第1四半期の    減少した資金1,933,426千円     と比べ、
  1,383,308千円の増加    となりました。主な要因は、前第1四半期は新設分割により設立した株式会社LHLの株式を
  売却したことに伴う   子会社株式の売却による収入     が473,216千円  、Mitula  Group Limited株式の取得対価のうち現
  金対価部分として支出した     子会社株式取得のための海外送金準備による支出        が2,352,435千円  それぞれ発生してい
  たこと、及び、貸付による支出が      485,300千円  と前第1四半期に比べ    412,300千円増加   したこと等であります。
   (財務活動によるキャッシュ・フロー)

   財務活動の結果、   減少した資金は2,094,341千円     となり、前第1四半期の増加した資金       2,584,673千円  と比べ、
  4,679,015千円の減少    となりました。主な要因は、前第1四半期は        短期借入れによる収入    が3,300,000千円  発生し
  ていたこと、当第1四半期は     長期借入れによる収入    が2,000,000千円  、短期借入金の返済による支出が      3,200,000
  千円 、長期借入金の返済による支出が      83,335千円  それぞれ発生したこと、配当金の支払額が       587,710千円  と前第1
  四半期に比べ  124,211千円減少   したこと、及び、リース負債の返済による支出が        223,042千円  と前第1四半期に比
  べ222,073千円増加   したこと等であります。
  (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

  当第1四半期において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題
  はありません。
  (5)研究開発活動

  当第1四半期の研究開発費の総額は13,752千円であります。
  (6)従業員数

  当第1四半期において、連結会社又は提出会社の従業員数の著しい増減はありません。
 3 【経営上の重要な契約等】

  当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             6/29











                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 第3 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)

     普通株式             350,452,800

      計             350,452,800

  ② 【発行済株式】

     第1四半期会計期間    提出日現在   上場金融商品取引所

   種類  末現在発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融      内容
     (2019年12月31日)    (2020年2月13日)    商品取引業協会名
             東京証券取引所     単元株式数
  普通株式    134,239,870    134,239,870
             市場第一部     100株
   計   134,239,870    134,239,870    ―    ―
  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
  ② 【その他の新株予約権等の状況】

  (ライツプランの内容)
   該当事項はありません。
  (その他の新株予約権等の状況)

   該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金

           資本金増減額   資本金残高
   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
            (千円)   (千円)
       (株)   (株)       (千円)   (千円)
         134,239,870
  2019年12月31日      ―     ― 9,716,363    ― 9,982,036
  (5) 【大株主の状況】

  当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             7/29





                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  (6) 【議決権の状況】
  ① 【発行済株式】

                 2019年12月31日現在
    区分    株式数(株)   議決権の数(個)      内容
  無議決権株式         ―    ―    ―

  議決権制限株式(自己株式等)         ―    ―    ―

  議決権制限株式(その他)         ―    ―    ―

       (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式等)      普通株式      ―    ―
         74,500
       普通株式
  完全議決権株式(その他)           1,341,554  単元株式数は100株であります。
         134,155,400
       普通株式
  単元未満株式            ―    ―
          9,970
  発行済株式総数       134,239,870     ―    ―
  総株主の議決権         ―  1,341,554     ―

  (注)  単元未満株式の欄には、当社所有の自己株式5株が含まれております。
  ② 【自己株式等】

                  2019年12月31日現在
                   発行済株式
            自己名義  他人名義  所有株式数
  所有者の氏名                 総数に対する
       所有者の住所     所有株式数  所有株式数   の合計
   又は名称                 所有株式数
             (株)  (株)  (株)
                   の割合(%)
  (自己保有株式)
     東京都千代田区麹町一丁目4番地4        74,500  ―  74,500   0.06
  株式会社LIFULL
   計     ―     74,500  ―  74,500   0.06
 2 【役員の状況】

  該当事項はありません。
             8/29









                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 第4 【経理の状況】
 1 要約四半期連結財務諸表の作成方法について

  当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府
  令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」
  (以下、IAS第34号という。)に準拠して作成しております。
 2 監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019年
  12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年10月1日から2019年12月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表
  について、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
             9/29
















                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 1 【要約四半期連結財務諸表等】
  (1) 【要約四半期連結財務諸表】
  ① 【要約四半期連結財政状態計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第1四半期連結会計期間
         注記
           (2019年9月30日)     (2019年12月31日)
  資産
  流動資産
  現金及び現金同等物           9,239,027     7,419,433
  売掛金及びその他の短期債権        7    5,494,381     5,019,013
  その他の短期金融資産        7     281,916     349,892
              1,139,444     1,249,538
  その他の流動資産
  流動資産合計            16,154,769     14,037,878
  非流動資産

  有形固定資産           1,706,743     1,639,185
  使用権資産             -    5,892,240
  のれん           19,927,761     20,696,409
  無形資産           2,369,827     2,290,558
  持分法で会計処理されている投資            671,210     620,022
  その他の長期金融資産       7    1,843,408     2,140,683
  繰延税金資産            962,652     897,478
              12,047     11,404
  その他の非流動資産
  非流動資産合計            27,493,650     34,187,982
  資産合計            43,648,420     48,225,860
            10/29












                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第1四半期連結会計期間
         注記
           (2019年9月30日)     (2019年12月31日)
  負債及び資本
  負債
  流動負債
   買掛金及びその他の短期債務       7    3,630,173     2,810,642
   借入金       7    3,300,000     1,100,020
   リース負債            5,201     961,922
   未払法人所得税           687,308     387,664
              1,863,096     2,131,814
   その他の流動負債
  流動負債合計           9,485,780     7,392,064
  非流動負債

   借入金       7     258,300     1,174,945
   リース負債            75,398     4,978,727
   引当金           560,589     560,681
   繰延税金負債           623,858     586,420
              14,882     14,245
   その他の非流動負債
  非流動負債合計           1,533,028     7,315,019
  負債合計            11,018,809     14,707,084
  資本

  親会社の所有者に帰属する持分
   資本金           9,716,363     9,716,363
   資本剰余金           9,922,432     9,922,432
   利益剰余金           16,089,020     15,987,575
   自己株式           △9,114     △9,157
             △3,165,073     △2,173,874
   その他の資本の構成要素
  親会社の所有者に帰属する持分合計           32,553,627     33,443,339
  非支配持分            75,982     75,437
  資本合計            32,629,610     33,518,776
  負債及び資本合計            43,648,420     48,225,860
            11/29









                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  ② 【要約四半期連結損益計算書】
                   (単位:千円)
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
         注記  (自 2018年10月1日      (自 2019年10月1日
           至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  売上収益         5,8    8,391,479     9,202,007
              1,048,262     1,116,891
  売上原価
  売上総利益            7,343,217     8,085,115
  販売費及び一般管理費
              6,139,003     7,061,639
  その他の収益            480,336      29,456
              55,176     38,825
  その他の費用
  営業利益            1,629,373     1,014,107
  金融収益
              2,581     1,457
  金融費用            16,843     25,202
              △94,131     △62,305
  持分法投資損益(損失は△)
  税引前四半期利益            1,520,980      928,056
  法人所得税費用            517,394     423,790
  四半期利益            1,003,586      504,266
  以下に帰属する四半期利益(損失は△)

  親会社の所有者に帰属            1,003,518      504,681
               67     △415
  非支配持分に帰属
  合計            1,003,586      504,266
                   (単位:円)

  親会社の所有者に帰属する1株当たり
  四半期利益
  基本的1株当たり四半期利益        12     8.45     3.76
               -     -
  希薄化後1株当たり四半期利益        12
            12/29











                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  ③ 【要約四半期連結包括利益計算書】
                   (単位:千円)
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
         注記  (自 2018年10月1日      (自 2019年10月1日
            至 2018年12月31日)       至 2019年12月31日)
  四半期利益            1,003,586      504,266
  その他の包括利益
  純損益に振り替えられることのない項目
              △2,494     △8,689
  FVTOCIの資本性金融資産
  純損益に振り替えられることのない
              △2,494     △8,689
  項目合計
  純損益に振り替えられる可能性のある
  項目
  為替換算差額           △474,888     973,052
  持分法適用会社におけるその他の包括
              △127     11,118
  利益に対する持分
  純損益に振り替えられる可能性のある
              △475,016     984,170
  項目合計
  その他の包括利益(税引後)            △477,511     975,480
  四半期包括利益合計            526,075     1,479,746
  以下に帰属する四半期包括利益

  親会社の所有者に帰属            526,042     1,480,082
               32     △335
  非支配持分に帰属
  合計            526,075     1,479,746
            13/29













                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  ④ 【要約四半期連結持分変動計算書】
 前第1四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
                   (単位:千円)
                親会社の
              その他の
                所有者に
     注記 資本金  資本剰余金  利益剰余金  自己株式  資本の    非支配持分  資本合計
                帰属する
              構成要素
                持分合計
 2018年10月1日残高     3,999,578  4,256,942  14,394,920  △8,694 △761,446 21,881,301  115,025 21,996,326

  四半期利益(損失は
        -  - 1,003,518   -  - 1,003,518   67 1,003,586
  △)
  その他の包括利益      -  -  -  - △477,476  △477,476  △34 △477,511
 四半期包括利益合計      -  - 1,003,518   - △477,476  526,042   32 526,075

  剰余金の配当    6  -  - △714,666   -  - △714,666  △507 △715,173

  自己株式の取得      -  -  -  △36  -  △36  -  △36

  非支配持分株主との資
        - 3,154  -  -  - 3,154  △5,045  △1,891
  本取引
  連結除外に伴う増減      -  -  125  -  -  125  △125  -
 所有者との取引額等合計      - 3,154 △714,541  △36  - △711,423  △5,678 △717,101

 2018年12月31日残高     3,999,578  4,260,097  14,683,898  △8,730 △1,238,922  21,695,920  109,379 21,805,300

 当第1四半期連結累計期間(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)

                   (単位:千円)
                親会社の
              その他の
                所有者に
     注記 資本金  資本剰余金  利益剰余金  自己株式  資本の    非支配持分  資本合計
                帰属する
              構成要素
                持分合計
 2019年10月1日残高     9,716,363  9,922,432  16,089,020  △9,114 △3,165,073  32,553,627   75,982 32,629,610

  四半期利益(損失は
        -  - 504,681   -  - 504,681  △415 504,266
  △)
  その他の包括利益      -  -  -  - 975,400  975,400   79 975,480
 四半期包括利益合計      -  - 504,681   - 975,400  1,480,082   △335 1,479,746

  利益剰余金への振替      -  - △15,798   - 15,798   -  -  -

  剰余金の配当    6  -  - △590,327   -  - △590,327  △1,209 △591,537

  自己株式の取得      -  -  -  △43  -  △43  -  △43

  企業結合による増加      -  -  -  -  -  - 1,000  1,000

 所有者との取引額等合計      -  - △606,126  △43 15,798 △590,371  △209 △590,580

 2019年12月31日残高     9,716,363  9,922,432  15,987,575  △9,157 △2,173,874  33,443,339   75,437 33,518,776

            14/29






                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  ⑤ 【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                   (単位:千円)
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
         注記  (自 2018年10月1日     (自 2019年10月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
  税引前四半期利益            1,520,980      928,056
  減価償却費及び償却費            266,860     525,693
  金融収益            △2,581     △1,457
  金融費用            16,843     25,202
  売掛金及びその他の短期債権の増減額
              202,536     548,406
  (△は増加)
  買掛金及びその他の短期債務の増減額
              △366,769     △846,596
  (△は減少)
              △842,909     228,782
  その他
  小計            794,959     1,408,088
  利息及び配当金の受取額
               0     1,457
  利息の支払額            △4,436     △24,994
             △1,469,597     △707,452
  法人所得税の支払額
  営業活動によるキャッシュ・フロー            △679,074     677,098
  投資活動によるキャッシュ・フロー

  資本性金融商品の売却による収入             -     11,655
  有形固定資産の取得による支出            △22,818     △77,423
  有形固定資産の売却による収入            1,124     1,000
  無形資産の取得による支出            △74,828     △96,343
  子会社株式の売却による収入        10     473,216      -
  貸付による支出            △73,000     △485,300
  貸付金の回収による収入            115,000      95,654
  子会社株式取得のための海外送金準備に
          10    △2,352,435       -
  よる支出
               313     638
  その他
  投資活動によるキャッシュ・フロー           △1,933,426     △550,117
  財務活動によるキャッシュ・フロー

  短期借入れによる収入            3,300,000       -
  長期借入れによる収入             -    2,000,000
  短期借入金の返済による支出             -    △3,200,000
  長期借入金の返済による支出             -    △83,335
  配当金の支払額            △711,921     △587,710
  非支配持分への配当金の支払額            △507     △1,209
  リース負債の返済による支出            △969    △223,042
  非支配持分からの払込による収入             -     1,000
  非支配持分からの子会社持分取得による
              △1,891      -
  支出
              △36     △43
  自己株式の取得による支出
  財務活動によるキャッシュ・フロー            2,584,673     △2,094,341
  現金及び現金同等物の為替変動による影響            △89,574     147,766

  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)            △117,401     △1,819,593
  現金及び現金同等物の期首残高            7,571,312     9,239,027
  現金及び現金同等物の四半期末残高            7,453,911     7,419,433
            15/29




                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 【要約四半期連結財務諸表注記】
 1. 報告企業
  株式会社LIFULL(以下「当社」という。)は、日本に所在する株式会社であります。株式会社LIFULLの登記されてい
  る本店の住所は、東京都千代田区麹町一丁目4番地4であります。当社及び子会社(以下「当社グループ」という。)
  の主な事業内容は「5.セグメント情報」に記載しております。
 2. 作成の基礎

  (1) 要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨の記載
  当社グループの要約四半期連結財務諸表は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特
  定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成しております。なお、要約四
  半期連結財務諸表は、年度の連結財務諸表で要求されている全ての情報を含んでいないため、前連結会計年度の連
  結財務諸表と併せて使用されるべきものであります。
  (2) 測定の基礎

  要約四半期連結財務諸表は公正価値で測定する金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しております。
  (3) 機能通貨及び表示通貨

  当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、千円未満を切
  捨てて表示しております。
 3. 重要な会計方針

  当社グループが本要約四半期連結財務諸表において適用する会計方針は、以下の項目を除き、2019年9月30日に終
  了する連結会計年度に係る連結財務諸表において適用した会計方針と同様であります。
  (会計方針の変更)

  当社グループが当第1四半期連結会計期間より適用している基準書及び解釈指針は以下のとおりであります。
          強制適用時期   当社グループ
  基準書    基準名           新設・改訂の概要
         (以降開始年度)   適用年度
               リース契約の識別、会計処理及び開
         2019年1月1日   2020年9月期
  IFRS第16号   リース
               示要求
  (1)IFRS第16号「リース」の適用

  当社グループでは、IFRS第16号「リース」(以下、IFRS第16号という。)の経過措置に従って、適用開始日(2019
  年10月1日)に適用による累積的影響を適用開始日の利益剰余金の期首残高の修正として認識する方法により遡及修
  正を行っております。そのため、比較情報としての前第1四半期連結累計期間の要約四半期連結財務諸表及び前連結
  会計年度末の要約四半期連結財政状態計算書については修正再表示しておりません。
  IFRS第16号は、借手のリースについてファイナンス・リースとオペレーティング・リースに分類するのではなく、
  単一の会計モデルを導入し、原則としてすべてのリースについて、原資産を使用する権利を表す使用権資産とリース
  料を支払う義務を表すリース負債を認識することを要求しています。また、IAS第17号「リース」(以下、IAS第17号
  という。)ではオペレーティング・リースに係るリース料は賃借料として計上されますが、IFRS第16号では使用権資
  産の減価償却費とリース負債に係る金利費用として計上されることになります。
  当社グループは、IFRS第16号の適用時に、契約がリース又はリースを含んだものであるかどうかを見直すことを要
  求しない実務上の便法を採用しております。このため、IFRS第16号は従来リースとして識別された契約に適用され、
  IAS第17号及びIFRIC第4号「契約にリースが含まれているか否かの判断」を適用してリースとして識別されなかった
  契約には適用されません。したがって、IFRS第16号に基づくリースの識別は、適用開始日以降に締結又は改訂された
  契約にのみ適用しております。
            16/29




                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  上記に加えて、当社グループは移行規定上の実務上の便法のうち、以下のものを採用しております。なお、これら
  の実務上の便法を適用するかの判断は、リース1件ごとに行っております。
  ・適用開始日において、借手が使用権資産の減損レビューを実施する代わりに、IAS第37号「引当金、偶発負債及び
   偶発資産」に従い契約が不利であるかの評価に依拠することを認める便法
  ・借手が、当初直接コストを適用開始日現在の使用権資産の測定から除外することを認める便法
  ・契約にリースを延長又は解約するオプションが含まれている場合において、借手がリース期間を算定する際など
   に、事後的判断を使用することを認める便法
  IFRS第16号への移行により、適用開始日において主に使用権資産6,039,810千円及びリース負債6,063,585千円が増

  加し、その他の負債に含まれる未払費用23,775千円が減少しました。
  使用権資産は、リース負債の測定額に、前払リース料及び未払リース料を調整した金額               で測定しております。

  リース負債は、適用開始日の当社グループの追加借入利子率を用いて同日現在で支払われていないリース料を割り

  引いた現在価値で測定しております。リース負債に適用した借手の追加借入利子率の加重平均は1.18%となっており
  ます。前連結会計年度末においてIAS第17号を適用して開示したオペレーティング・リースに係る将来の最低リース料
  について適用開始日の追加借入利子率で割り引いた額と適用開始日の連結財政状態計算書に認識したリース負債の額
  との間の調整は、以下のとおりであります。
                   (単位:千円)
  2019年9月30日時点のオペレーティング・リースに係る将来の割引前最低支払リース料
                    5,213,920
                    △320,079
   上記オペレーティング・リースに係る将来の最低支払リース料の割引調整額
  2019年10月1日のオペレーティング・リースに係る将来の割引最低支払リース料
                    4,893,840
   ファイナンス・リースに分類されていたリース                 80,600
   リース期間の見直しによる調整額                 1,252,711
                    △82,965
   その他の要因による調整額
  2019年10月1日のリース負債                  6,144,185
  (2)新たな基準書及び解釈指針の適用により変更した重要な会計方針

  当社グループでは、契約の開始時に、契約がリース又はリースを含んだものであるのかどうかを判定しておりま
  す。リースを含む契約の開始日又は再評価日に契約における対価を、リース構成部分の独立価格と非リース構成部分
  の独立価格の総額との比率に基づいて各リース構成部分に配分しております。またリース期間は、リースの解約不能
  期間に、行使することが合理的に確実な延長オプションの対象期間及び行使しないことが合理的に確実な解約オプ
  ションの対象期間を加えたものとしております。
  (借手側)

  ① 無形資産のリース取引
    当社グループは無形資産のリース取引に対して、IFRS第16号を適用しておりません。
  ② 使用権資産

   リースの開始日に使用権資産を認識しております。使用権資産は開始日において、取得原価で測定しており、当
  該取得原価は、リース負債の当初測定の金額、リース開始日以前に支払ったリース料から受け取ったリース・イン
  センティブを控除した金額、発生した当初直接コスト及びリースの契約条件で要求されている原資産の解体及び除
  去、原資産の敷地の原状回復又は原資産の原状回復の際に借手に生じるコストの見積もりの合計で構成されており
  ます。
   開始日後においては、原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除して測定し
  ております。使用権資産は、当社グループがリース期間の終了時にリース資産の所有権を取得することが合理的に
  確実である場合を除き、開始日から使用権資産の耐用年数の終了時又はリース期間の終了時のいずれか早い方まで
  減価償却しております。使用権資産の耐用年数は有形固定資産と同様の方法で決定しております。
  ③ リース負債

            17/29


                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
   リースの開始日にリース負債を認識しております。リース負債はリース開始日現在で支払われていないリース料
  の現在価値で測定しております。当該リース料は、リース計算利子率が容易に算定できる場合には、当該利子率を
  用いて割り引いていますが、そうでない場合には、追加借入利子率を用いて割り引きしています。リース負債の測
  定に含まれているリース料は、主に固定リース料、延長オプションの行使が合理的に確実である場合の延長期間の
  リース料及び早期解約しないことが合理的に確実である場合を除いたリースの解約に対するペナルティの支払額で
  構成されております。
   開始日後においては、リース負債に係る金利や、支払われたリース料を反映するようにリース負債の帳簿価額を
  増減しております。リース負債を見直した場合又はリースの条件変更が行われた場合には、リース負債を再測定し
  使用権資産を修正しております。
 4. 重要な会計上の見積り及び判断

  要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告額に
  影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行っております。会計上の見積りの結果は、実際の結果とは異なる場合
  があります。
  見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、その見積りを見
  直した連結会計期間と将来の連結会計期間において認識されます。要約四半期連結財務諸表における重要な会計上の
  見積り及び見積りを伴う判断は、以下の項目を除き、2019年9月30日に終了する連結会計年度に係る連結財務諸表と
  同様であります。
 5. セグメント情報

  (1) 報告セグメントの概要
  当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
  役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
  す。
  当社及び子会社は、主に提供するサービス内容や業績管理の構成単位を基礎として、事業セグメントを「HOME'S
  関連事業」、「海外」の2報告セグメントに区分しております。
  各報告セグメントに属するサービスの種類は以下のとおりであります。

  報告セグメント          サービスの種類

      不動産・住宅情報サイト「LIFULL      HOME'S」の運営、当該サービスの派生事業(広告代
  HOME'S関連事業
      理事業、システム開発・WEB製作事業等)、不動産会社向けCRMサービス、不動産デベ
      ロッパー向けDMPサービス、不動産事業者向けインターネット・マーケティング等
      アグリゲーションサイト「Trovit」、「Mitula」等、海外における不動産・住宅情報

  海外
      サイトの運営等
            18/29








                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  (2) 報告セグメントごとの売上収益、利益又は損失、及びその他の項目
  報告セグメントの会計方針は、当社グループの会計方針と同じであります。
  報告セグメント間の売上収益は市場実勢を勘案し、交渉の上決定しております。
  当社グループの報告セグメントごとの売上収益、利益又は損失、及びその他の項目は以下のとおりであります。
  前第1四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

                  (単位:千円)
          報告セグメント
               その他
                   合計
               (注2)
        HOME'S関連事業    海外
  売上収益
  外部顧客からの売上収益       6,860,548    986,409   544,521  8,391,479
          12,112   28,983   8,702   49,797
  セグメント間の売上収益
    計     6,872,660   1,015,393    553,224  8,441,277
  セグメント利益(△損失)(注1)        992,543   253,119   △42,999  1,202,662
  その他の収益及び費用(純額)
  営業利益
  金融収益及び費用(純額)
  持分法投資損益(△損失)
  税引前四半期利益
  その他の項目
  減価償却費及び償却費        188,721   59,865   11,318   259,905
            (単位:千円)

         調整額
            連結
         (注3)
  売上収益
  外部顧客からの売上収益         -  8,391,479
         △49,797    -
  セグメント間の売上収益
    計     △49,797   8,391,479
  セグメント利益(△損失)(注1)        1,550  1,204,213
  その他の収益及び費用(純額)           425,160
  営業利益           1,629,373
  金融収益及び費用(純額)
             △14,261
             △94,131
  持分法投資損益(△損失)
            1,520,980
  税引前四半期利益
  その他の項目
  減価償却費及び償却費         -  259,905
  (注) 1 セグメント利益(△損失)は、売上収益から売上原価及び販売費及び一般管理費を控除しております。
   2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、老人ホーム・介護施設の検索サ
   イト「LIFULL介護」、保険ショップ検索・予約サイト「LIFULL保険相談」、引越し一括見積り・Web予約サ
   イト「LIFULL引越し」、損害保険代理店事業、家具・インテリアECサイト「LIFULLインテリア」及びその他
   の新規事業等が含まれております。
   3 セグメント利益の調整額には、セグメント間取引の消去が含まれております。
            19/29





                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  当第1四半期連結累計期間(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)
                  (単位:千円)
          報告セグメント
               その他
                   合計
               (注2)
        HOME'S関連事業    海外
  売上収益
  外部顧客からの売上収益       6,763,302   2,006,076    432,628  9,202,007
          12,381   42,099   8,560   63,040
  セグメント間の売上収益
    計     6,775,683   2,048,175    441,189  9,265,048
  セグメント利益(△損失)(注1)        1,018,422    140,570   △141,961  1,017,031
  その他の収益及び費用(純額)
  営業利益
  金融収益及び費用(純額)
  持分法投資損益(△損失)
  税引前四半期利益
  その他の項目
  減価償却費及び償却費        371,540   138,787   10,956   521,284
            (単位:千円)

         調整額
            連結
         (注3)
  売上収益
  外部顧客からの売上収益         -  9,202,007
         △63,040    -
  セグメント間の売上収益
    計     △63,040   9,202,007
  セグメント利益(△損失)(注1)        6,444  1,023,476
  その他の収益及び費用(純額)           △9,368
  営業利益           1,014,107
  金融収益及び費用(純額)
             △23,745
             △62,305
  持分法投資損益(△損失)
             928,056
  税引前四半期利益
  その他の項目
  減価償却費及び償却費         -  521,284
  (注) 1 セグメント利益(△損失)は、売上収益から売上原価及び販売費及び一般管理費を控除しております。
   2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、老人ホーム・介護施設の検索サ
   イト「LIFULL介護」、引越し一括見積り・Web予約サイト「LIFULL引越し」及びその他の新規事業等が含ま
   れております。
   3 セグメント利益の調整額には、セグメント間取引の消去が含まれております。
            20/29







                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 6. 配当金
  配当は、期末配当のみ実施しております。期末配当の決定機関は株主総会であります。
  配当金の総額は以下のとおりであります。
         前第1四半期連結累計期間

       (自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
        1株当たり配当額    配当の総額
   決議日   株式の種類          基準日   効力発生日
         (円)   (千円)
  2018年12月10日    普通株式    6.02   714,666  2018年9月30日   2018年12月11日
         当第1四半期連結累計期間

       (自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)
        1株当たり配当額    配当の総額
   決議日   株式の種類          基準日   効力発生日
         (円)   (千円)
  2019年12月19日    普通株式    4.40   590,327  2019年9月30日   2019年12月20日
 7. 金融商品

  (1) 金融商品の分類
  当社グループにおける金融商品(現金及び現金同等物を除く)の分類は、以下のとおりであります。
  前連結会計年度   (2019年9月30日)
  (金融資産)
                   (単位:千円)
          FVTOCIの   FVTPLの

               償却原価で測定す
                    合計
                る金融資産
         資本性金融資産   負債性金融資産
  売掛金及びその他の短期債権          -   -  5,494,381   5,494,381

  その他の短期金融資産          -   -  281,916   281,916
  その他の長期金融資産         564,771   315,651   962,986   1,843,408
  合計         564,771   315,651   6,739,284   7,619,706
  (金融負債)

               (単位:千円)
         償却原価で測定する

               合計
          金融負債
  買掛金及びその他の短期債務         3,630,173    3,630,173

  借入金(流動)         3,300,000    3,300,000
  借入金(非流動)          258,300    258,300
  合計         7,188,473    7,188,473
            21/29







                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
  当第1四半期連結会計期間     (2019年12月31日)
  (金融資産)
                   (単位:千円)
          FVTOCIの   FVTPLの

                償却原価で測定
                    合計
                する金融資産
         資本性金融資産   負債性金融資産
  売掛金及びその他の短期債権          -   -  5,019,013   5,019,013

                 349,892
  その他の短期金融資産          -   -     349,892
              323,520      2,140,683
  その他の長期金融資産         535,470      1,281,691
           535,470   323,520      7,509,589
  合計               6,650,598
  (金融負債)

                   (単位:千円)
          償却原価で測定する

                  合計
           金融負債
             2,810,642      2,810,642

  買掛金及びその他の短期債務
  借入金(流動)(注)             1,100,020       1,100,020
  借入金(非流動)            1,174,945      1,174,945
  合計             5,085,607       5,085,607
  (注)1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
  (2) 金融商品の公正価値

  ① 償却原価で測定する金融商品
   償却原価で測定する金融商品の公正価値は、以下のとおりであります。
                   (単位:千円)
           前連結会計年度     当第1四半期連結会計期間
           (2019年9月30日)      (2019年12月31日)
          帳簿価額   公正価値   帳簿価額   公正価値
  償却原価で測定する金融資産
   その他の長期金融資産(注2)         954,140   962,829   1,272,804   1,281,191
  償却原価で測定する金融負債
   借入金         258,300   259,199   2,174,965   2,175,069
  (注)1.帳簿価額が公正価値の合理的な近似値となっている金融商品は、上表に含めておりません。
   2.要約四半期連結財務諸表上の非流動資産「その他の長期金融資産」の内、敷金及び保証金を記載しており
   ます。
   上記の金融商品の公正価値の主な測定方法は、以下のとおりであります。

  (a) その他の長期金融資産
   その他の長期金融資産の公正価値は、用途により区分したうえで、当該区分の利用期間及び信用リスクを加
   味した利率で割り引いた現在価値により算定しており、レベル2に分類しております。
  (b) 借入金
   借入金の公正価値は、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定す
   る方法によっております。
  ② 公正価値で測定する金融商品

   公正価値で測定される金融商品は、測定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、公正価値の階
  層の3つのレベルに分類しています。
   公正価値の階層は、以下のレベルとなっております。
   レベル1―同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により測定した公正価値
            22/29


                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
   レベル2―レベル1以外の直接又は間接的に観察可能なインプットを使用して測定した公正価値
   レベル3―観察可能でないインプットを使用して測定した公正価値
   公正価値の測定に使用される公正価値の階層のレベルは、公正価値の測定の重要なインプットのうち、最も低
  いレベルにより決定しております。公正価値の階層毎に分類された、要約四半期連結財政状態計算書に公正価値
  で認識される金融資産及び負債は以下のとおりであります。
  要約四半期連結財政状態計算書において、経常的に公正価値で測定される金融資産及び負債

                   (単位:千円)
            前連結会計年度(2019年9月30日)
         レベル1   レベル2   レベル3    合計
  金融資産
  FVTOCIの資本性金融資産         -   -  564,771   564,771
  FVTPLの負債性金融資産         -   -  315,651   315,651
  (注)前連結会計年度においてレベル1,2及び3間の振替はありません。
                   (単位:千円)

           当第1四半期連結会計期間(2019年12月31日)
         レベル1   レベル2   レベル3    合計
  金融資産
  FVTOCIの資本性金融資産         -   -  535,470   535,470
  FVTPLの負債性金融資産         -   -  323,520   323,520
  (注)当第1四半期連結会計期間においてレベル1,2及び3間の振替はありません。
   上記の金融商品の公正価値の主な測定方法は、以下のとおりであります。

  (a) FVTOCIの資本性金融資産及びFVTPLの負債性金融資産
   非上場普通株式は割引将来キャッシュ・フロー、収益、利益性及び純資産に基づく評価モデル及びその他の
   評価方法により、公正価値を算定しており、レベル3に分類しております。
  レベル3に分類された金融商品に係る期首残高から期末残高への調整は、以下のとおりであります。

                   (単位:千円)
       前第1四半期連結累計期間        当第1四半期連結累計期間
        (自 2018年10月1日        (自 2019年10月1日
        至 2018年12月31日)        至 2019年12月31日)
       FVTOCIの    FVTPLの    FVTOCIの    FVTPLの
      資本性金融資産    負債性金融資産    資本性金融資産    負債性金融資産
  期首残高       512,907     -   564,771    315,651
  利得及び損失合計
  損益      △9,722     -    -   7,869
  その他の包括利益      △2,546     -   △29,300     -
  売却      △13,125     -    -    -
  期末残高       487,512     -   535,470    323,520
  上記の金融商品に関し、純損益に認識された利得及び損失は、要約四半期連結損益計算書の「金融収益」及び「金
  融費用」に含まれております。また、その他の包括利益に認識された利得及び損失は、要約四半期連結包括利益計算
  書の前第1四半期連結累計期間、当第1四半期連結累計期間の「FVTOCIの資本性金融資産」又は「為替換算差額」に
  含まれております。
  ③ 評価プロセス

   レベル3に分類される資産、負債については、経営管理部門責任者により承認された評価方針及び手続に従
  い、外部の評価専門家又は適切な評価担当者が評価及び評価結果の分析を実施しております。評価結果は経営管
  理部門責任者によりレビューされ、承認されております。
 8. 売上収益
  (1)収益の分解
   顧客との契約から生じる収益の金額は以下のとおりであります。
            23/29


                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 前第1四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
                   (単位:千円)
       HOME'S関連事業    海外事業    その他    合計
  イニシャル売上       695,057     -   148,787    843,844
  ランニング売上       3,198,309     -   185,974   3,384,283
  反響売上       1,909,930     -   100,615   2,010,545
  ネット広告売上       897,171    1,860    6,429   905,461
  HP制作売上       158,665    4,471    -   163,136
  Premium  Revenue
          -   726,966     -   726,966
  Adsense  Revenue
          -   253,111    195   253,307
  その他        1,414    -   102,519    103,934
  顧客との契約から生じる収益       6,860,548    986,409    544,521   8,391,479
 当第1四半期連結累計期間(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)

                   (単位:千円)
       HOME'S関連事業    海外事業    その他    合計
  イニシャル売上       572,622     -   124,367    696,990
  ランニング売上       2,601,292     -   205,283   2,806,576
  反響売上       2,655,899     -   76,894   2,732,793
  ネット広告売上       879,592    16,017    -   895,610
  HP制作売上        53,059    8,035    -   61,095
  Premium  Revenue
          -   957,030     -   957,030
  Adsense  Revenue
          -   735,957     -   735,957
  その他        834   289,034    26,082   315,951
  顧客との契約から生じる収益       6,763,302    2,006,076    432,628   9,202,007
            24/29










                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
            主なサービス内容

     HOME'Sサイトのシステム設定利用料や物件データ販売等に関する売上が含まれます。一時点にお

     けるサービス提供であるため、履行義務は一時点で充足されます。
  イニシャル売上
     主に、主要なサービスに関する情報の「HOME'S賃貸・不動産売買」、「HOME'S新築一戸建て」及
     び「インターネット・マーケティング」に含まれております。
     基本会費やHOME'Sサイト内に掲載する広告掲載等に関する売上が含まれます。一定期間にわたり
     サービスを提供するものであるため、履行義務は一定期間にわたり充足されます。
  ランニング売上
     主に、主要なサービスに関する情報の「HOME'S賃貸・不動産売買」、「HOME'S新築一戸建て」及
     び「インターネット・マーケティング」に含まれております。
     ユーザーからの問い合わせによるクライアントへの送客に関する売上が含まれます。したがって
     問い合わせをした時点で履行義務が充足されます。
  反響売上
     主に、主要なサービスに関する情報の「HOME'S賃貸・不動産売買」、「HOME'S新築一戸建て」及
     び「インターネット・マーケティング」に含まれております。
     リスティング運用などインターネット上での広告掲載に係る売上となります。運用期間にわたっ
     てサービスを提供するものであるため、履行義務は一定期間にわたり充足されます。
  ネット広告売上
     主に、主要なサービスに関する情報の「インターネット・マーケティング」に含まれておりま
     す。
     クライアントのHP制作に係る売上となります。制作物の提供により履行義務が充足されます。
  HP制作売上    主に、主要なサービスに関する情報の「インターネット・マーケティング」に含まれておりま
     す。
     ユーザーが検索連動型広告をクリックすることによりクライアントのサイトに送客することに係
  Premium  Revenue
     る売上であります。ユーザーが広告をクリックした時点で履行義務が充足されます。
     主要なサービスに関する情報の「Premium」に含まれております。
     サイト上に広告を一定期間掲載することによる売上となります。一定期間にわたりサービスを提
  Adsense  Revenue
     供するものであるため、履行義務は一定期間にわたり充足されます。
     主に、主要なサービスに関する情報の「その他」に含まれております。
 9. 法人所得税

  期中報告期間における当社グループの税金費用は、当社グループの期中報告期間に生じた事項を調整した見積年次
  実効税率を使用して見積り計上しております。当社グループは、各四半期において、見積年次実効税率の見直しを行
  い、見積年次実効税率を変更した場合には当該四半期に累積的な修正を行っております。
  当第1四半期連結累計期間における実効税率は46.1%であるのに対し、前第1四半期連結累計期間における実効税
  率は34.0%でありました。当該変動は、主に一部の子会社において、当第1四半期連結会計期間において、単体上税
  引前損失を計上する一方、関連する税金利益を認識できなかったことにより繰延税金資産を認識していないことによ
  り増加したものであります。
 10.要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書の補足情報

   前第1四半期連結累計期間のキャッシュ・フローに重要な影響を与える事項は、以下のとおりであります。
  子会社株式の売却による収入473,216千円は、前第1四半期連結累計期間中に新設分割により設立し、連結子会社と
  なっていた株式会社LHLの全株式を売却したことによるものであります。
  子会社株式取得のための海外送金準備による支出2,352,435千円は、Mitula             Group Limited(以下、Mitula社)株式
  の取得対価のうち現金対価部分として支出したものであります。豪州会社法に定めるスキーム・オブ・アレンジメン
  トによりMitula社を完全子会社化する取引を実施するための契約(Scheme             Implementation   Deed)において締結され
  た算出方法に基づいて、スキーム・オブ・アレンジメントの対価を受領する権利が付与されるMitula社株主が確定す
  る日におけるMitula社株主が保有するMitula社株式数により算出された金額である29,059千豪ドルを支払っておりま
  す。送金は、日本の金融機関を通じて、SWIFT(Society          for Worldwide  Interbank  Financial  Telecommunication)
  により海外に在住するMitula社株主に対して行われますが、決済に日数を要するため、2018年12月21日に日本の金融
  機関に対して入金した段階で第1四半期末を迎えております。なお、決済は滞りなく行われ、Mitula社株式の取得は
  2019年1月8日に完了しております。
            25/29




                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 11.企業結合
  企業結合に係る暫定的な会計処理の確定
   2019年1月8日に行われたMitula      Group Limitedとの企業結合について前連結会計年度において暫定的な会計処理
  を行っておりましたが、当第1四半期連結会計期間に確定しております。当該暫定的な会計処理の確定に伴い、当第
  1四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情報において取得原価の配分に重要な見直しが反映され
  ております。
   この結果、暫定的に算定されたのれんの金額9,099,075千円は、会計処理の確定により340,668千円減少し、
  8,758,407千円となっております。のれんの減少は、無形資産の増加440,869千円、及び、繰延税金負債の増加100,201
  千円によるものであります。
   確定後の内訳は以下の通りです。
  企業結合日における取得資産及び引受負債の認識額

                   (単位:千円)

  取得対価
  当社普通株式及び現金                 13,786,004
  取得資産及び引受負債の認識額
  現金及び現金同等物                  1,836,197
  売掛金及びその他の短期債権                  691,740
  有形固定資産                  67,858
  無形資産                  3,307,355
  その他の資産                  61,653
  買掛金及びその他の短期債務                  △496,737

  その他の負債                  △440,468
      合計              5,027,597
  のれん(注)1,2                  8,758,407
 (注)1.のれんの主な内訳は、個別に認識要件を満たさない、取得から生じることが期待される既存事業とのシナ
   ジー効果及び超過収益力であります。
   2.のれんのうち税務上損金算入を見込んでいる金額はありません。
   なお、当該暫定的な会計処理の確定に伴い、要約四半期連結財政状態計算書の前連結会計年度残高は、のれんが

  316,579千円減少し、無形資産が481,017千円、繰延税金負債が118,441千円それぞれ増加しております。
 12. 1株当たり利益

  親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
           (自 2018年10月1日     (自 2019年10月1日
           至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
              1,003,518      504,681
  親会社の所有者に帰属する四半期利益(千円)
  基本的期中平均普通株式数(株)
             118,715,343     134,165,384
               -     -
  希薄化性潜在的普通株式の影響
  希薄化後の期中平均普通株式数            118,715,343     134,165,384
  親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益

  (円)
  基本的1株当たり四半期利益             8.45     3.76
  希薄化後1株当たり四半期利益             -     -
  (注)希薄化後1株当たり四半期利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 13. 後発事象

  該当事項はありません。
 14. 要約四半期連結財務諸表の承認

  本要約四半期連結財務諸表は、2020年2月13日に当社代表取締役           井上高志によって承認されております。
            26/29


                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 2 【その他】
  該当事項はありません。

            27/29




















                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            28/29



















                     EDINET提出書類
                   株式会社LIFULL(E05624)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年2月13日

 株式会社LIFULL
  取締役会   御中
        PwCあらた有限責任監査法人

         指定有限責任社員

               千 代 田  義  央
             公認会計士       ㊞
         業務執行社員
         指定有限責任社員

             公認会計士   那  須  伸  裕     ㊞
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社LIFULL

 の2019年10月1日から2020年9月30日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019年12月
 31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年10月1日から2019年12月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、
 すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期
 連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
 要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
 第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
 誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
 統制を整備及び運用することが含まれる。
 監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
 対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
 に準拠して四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
 認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
 監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
 報告」に準拠して、株式会社LIFULL及び連結子会社の2019年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了す
 る第1四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
 ての重要な点において認められなかった。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上
  (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
   報告書提出会社)が別途保管しております。
    2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            29/29





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク