株式会社エス・サイエンス 四半期報告書 第101期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第101期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 株式会社エス・サイエンス
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
 【表紙】

 【提出書類】        四半期報告書

 【根拠条文】        金融商品取引法第24条の4の7第1項

 【提出先】        関東財務局長

 【提出日】        2020年2月14日

 【四半期会計期間】        第101期第3四半期(自     2019年10月1日    至  2019年12月31日)

 【会社名】        株式会社エス・サイエンス

 【英訳名】        SScience  Company,  Ltd.

 【代表者の役職氏名】        代表取締役会長 品 田 守 敏

 【本店の所在の場所】        東京都中央区銀座八丁目9番13号

 【電話番号】        03―3573―3721(代表)

 【事務連絡者氏名】        取締役社長 甲 佐 邦 彦

 【最寄りの連絡場所】        東京都中央区銀座八丁目9番13号

 【電話番号】        03―3573―3721(代表)

 【事務連絡者氏名】        取締役社長 甲 佐 邦 彦

 【縦覧に供する場所】        株式会社東京証券取引所

          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/16









                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
 第一部 【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

           第100期    第101期

     回次              第100期
          第3四半期累計期間    第3四半期累計期間
          自 2018年4月1日    自 2019年4月1日    自 2018年4月1日
     会計期間
          至 2018年12月31日    至 2019年12月31日    至 2019年3月31日
  売上高      (千円)    945,576    454,420    1,084,271
  経常損失(△)      (千円)    △63,045    △143,442    △118,282

  四半期(当期)純損失(△)      (千円)    △88,231    △162,252    △145,096

  資本金      (千円)    1,500,000    1,500,000    1,500,000

  発行済株式総数      (株)   100,593,749    100,593,749    100,593,749

  純資産額      (千円)    2,391,664    2,196,269    2,431,615

  総資産額      (千円)    2,560,714    2,367,601    2,611,980

  1株当たり四半期(当期)純損失
        (円)    △0.88    △1.61    △1.44
  (△)
  潜在株式調整後1株当たり四半期
        (円)     ―    ─    ―
  (当期)純利益
  1株当たり配当額      (円)     ―    ─    ─
  自己資本比率      (%)    93.4    92.8    93.1

           第100期    第101期

     回次
          第3四半期会計期間    第3四半期会計期間
          自 2018年10月1日    自 2019年10月1日
     会計期間
          至 2018年12月31日    至 2019年12月31日
  1株当たり
        (円)    △1.35    △0.43
  四半期純損失(△)
  (注) 1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい

   ては記載しておりません。
   2 売上高には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という)は含まれておりません。
   3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益につきましては、潜在株式が存在しないため記載しており
   ません。
   4 持分法を適用すべき関連会社がないため、持分法を適用した場合の投資利益は記載しておりません。
 2 【事業の内容】

  当第3四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容に重要な変更はありません。
             2/16





                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【事業等のリスク】

  当第3四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
  者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリス
  ク」についての重要な変更はありません。
   なお、文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。   
 2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社が判断したものであります。
  (1)財政状態及び経営成績の状況
  a.財政状態
  当第3四半期末の資産につきましては、流動資産は前事業年度末に比べ132百万円減少し、1,432百万円となりま
  した。これは主に現金預金の減少等によるものであります。固定資産は前事業年度末に比べ111百万円減少し、934
  百万円となりました。これは主に投資有価証券の減少等によるものです。
  当第3四半期末の負債につきましては、流動負債は前事業年度末に比べ12百万円減少し、62百万円となりまし
  た。これは主に未払法人税等の減少等によるものであります。固定負債は、前事業年度末に比べ3百万円増加し、
  109百万円となりました。
   当第3四半期末の純資産につきましては、前事業年度末に比べ235百万円減少し、2,196百万円となりました。こ
  れは主に四半期純損失を計上したことで株主資本が減少したことと、その他有価証券評価差額金が減少したことに
  よるものであります。
  b.経営成績

  当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境の改善を背景に緩やかな景気回復基調で推移
  しましたが、消費税増税による消費の落ち込みなど不確実性の懸念も見え始めました。世界経済においては、米中
  貿易摩擦の拡大や中東の情勢不安、英国のEU離脱問題、更には日韓関係の悪化などが懸念され、先行き不透明な状
  況が続いております。
  このような状況の下、当第3四半期累計期間の業績は、売上高454百万円(前年同四半期比51.9%減)、営業損失
  167百万円(前年同四半期営業損失69百万円)となり、経常損失143百万円(前年同四半期経常損失63百万円)とな
  りました。また、子会社株式評価損13百万円を特別損失に計上したため、四半期純損失は162百万円(前年同四半期
  純損失88百万円)となりました。
  セグメントの業績は次のとおりであります。

  (a) ニッケル事業
  前年同期に比べて販売数量が減少したことにより、売上高は423百万円(前年同四半期545百万円、22.2%減)とな
  りましたが、セグメント利益(営業利益)は71百万円(前年同四半期セグメント利益39百万円)となりました。
  (b) 不動産事業
  当第3四半期累計期間は、賃貸料収入のみが計上されたことにより、売上高は16百万円(前年同四半期315百万円
  94.7%減)となりました。セグメント利益(営業利益)は4百万円(前年同四半期セグメント利益185百万円)となり
  ました。
  (c) 教育事業
  学習塾校舎の全面的なFC化の影響で、売上高は13百万円(前年同四半期85百万円、83.6%減)となりました
  が、リストラの効果でセグメント損失(営業損失)は30百万円(前年同四半期セグメント損失77百万円)となりまし
  た。
             3/16




                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
  (2)事業上及び財務上の対処すべき課題
  当第3四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題
  はありません。
  (3)研究開発活動

  該当事項はありません。
  (4)経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し 

  当第3四半期累計期間において、当社の経営成績に重要な影響を与える要因に重要な変更はありません。
 3 【経営上の重要な契約等】

  当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
             4/16
















                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
 第3 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)

     普通株式             200,000,000

      計             200,000,000

  ② 【発行済株式】

         提出日現在

     第3四半期会計期間末
            上場金融商品取引所
     現在発行数(株)
   種類       発行数(株)   名又は登録認可金融      内容
             商品取引業協会名
     (2019年12月31日)
         (2020年2月14日)
            東京証券取引所

                単元株式数は100株でありま
  普通株式    100,593,749    100,593,749
                す。
            (市場第一部)
   計   100,593,749    100,593,749    ―    ―

  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
  ② 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

   該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式  資本金増減額   資本金残高   資本準備金   資本準備金

   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
      (株)   (株)  (千円)   (千円)   (千円)   (千円)
  2019年10月1日
   ~
       ― 100,593,749    ― 1,500,000    ―  5,029
  2019年12月31日
  (5) 【大株主の状況】

  当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             5/16





                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
  (6) 【議決権の状況】
  当第3四半期会計期間末現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す

  ることができないことから、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
  ① 【発行済株式】

                 2019年9月30日現在
    区分    株式数(株)   議決権の数(個)      内容
  無議決権株式       ―    ―     ―

  議決権制限株式(自己株式等)       ―    ―     ―

  議決権制限株式(その他)       ―    ―     ―

       (自己保有株式)
               権利内容に何ら限定のない当社にお
  完全議決権株式(自己株式等)           ―
       普通株式
               ける標準となる株式
          1,300
       普通株式
  完全議決権株式(その他)           1,005,323     同上
         100,532,300
       普通株式
  単元未満株式           ―     同上
         60,149
  発行済株式総数       100,593,749    ―     ―
  総株主の議決権           1,005,323     ―

  (注) 1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が7,766株(議決権77個)含ま
   れております。
   2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式58株が含まれております。
  ② 【自己株式等】

                 2019年9月30日現在
                   発行済株式
            自己名義  他人名義  所有株式数
   所有者の氏名                総数に対する
       所有者の住所    所有株式数  所有株式数   の合計
   又は名称                所有株式数
            (株)  (株)  (株)
                   の割合(%)
  (自己保有株式)     東京都中央区銀座八丁目9
            1,300  ─   1,300   0.00
  株式会社エス・サイエンス     番13号
    計     ―    1,300  ─   1,300   0.00
 2 【役員の状況】

  該当事項はありません。
             6/16







                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
 第4 【経理の状況】
 1.四半期財務諸表の作成方法について

  当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
  号)に基づいて作成しております。
 2.監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2019年10月1日から2019年12月
  31日まで)及び第3四半期累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期財務諸表について、KDA
  監査法人による四半期レビューを受けております。
 3.四半期連結財務諸表について

  「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項により、
  当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目からみて、当企業集団の
  財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいものとし
  て、四半期連結財務諸表は作成しておりません。なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による
  割合は次のとおりであります。
    ①資産基準                    0.6%

    ②売上高基準                       2.2%    
    ③利益基準                 1.0%
    ④利益剰余金基準                 0.3%
   ※会社間項目の消去後の数値により算出しております。なお、売上高基準及び利益基準は第3四半期累計期間の数値
  によっております。
 4. 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組について

  当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組を行っております。具体的には、会計基準等の内容を適
  切に把握し、また会計基準等の変更等について的確に対応するための体制を整備するため、各種セミナーや研修に参
  加しております。
             7/16










                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
 1 【四半期財務諸表】
  (1) 【四半期貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前事業年度    当第3四半期会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金            411,448     255,464
              ※ 56,230    ※ 58,003
   受取手形
   売掛金            74,886     70,570
   営業未収入金            6,280     2,934
   有価証券            144,540     151,605
   販売用不動産            555,577     468,965
   商品            245,474     406,553
   前渡金            33,180      -
   前払費用            7,802     5,015
   未収入金            5,526     5,647
   未収還付法人税等            4,447     1,050
   預け金            659     606
   未収消費税等            21,664     8,484
   その他            1,717     2,527
              △3,983     △4,696
   貸倒引当金
   流動資産合計           1,565,454     1,432,733
  固定資産
   有形固定資産
   建物           434,856     434,404
              △227,387     △233,359
    減価償却累計額
    建物(純額)          207,468     201,045
   構築物
               1,187     1,187
              △1,187     △1,187
    減価償却累計額
    構築物(純額)            -     -
   機械及び装置
               8,941     8,941
              △8,941     △8,941
    減価償却累計額
    機械及び装置(純額)            -     -
   車両運搬具
              15,469     15,469
              △4,292     △7,086
    減価償却累計額
    車両運搬具(純額)           11,176     8,382
   工具、器具及び備品
              137,104     137,012
              △136,263     △136,476
    減価償却累計額
    工具、器具及び備品(純額)           841     535
   有形固定資産合計           219,486     209,963
             8/16







                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
            前事業年度    当第3四半期会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
   投資その他の資産
   投資有価証券           707,171     619,671
   関係会社株式           19,871     6,370
   出資金           1,400     1,400
   敷金及び保証金           58,424     56,439
   長期貸付金           2,400     2,400
   会員権           19,308     19,308
   長期前払費用           1,728     1,496
   長期未収入金           21,522     21,472
   その他           22,334     23,418
              △27,122     △27,072
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計           827,039     724,904
   固定資産合計           1,046,525      934,867
  資産合計            2,611,980     2,367,601
             9/16















                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
            前事業年度    当第3四半期会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
   買掛金            8,679     11,563
   未払金            16,854     16,539
   未払費用            4,471     3,988
   未払法人税等            38,889     24,935
   前受金            330     79
   前受収益            648     2,138
   預り金            2,227     2,076
   賞与引当金            2,078      670
               -     114
   その他
   流動負債合計            74,179     62,106
  固定負債
   退職給付引当金            11,872     13,220
   役員退職慰労引当金            58,020     60,209
   受入敷金保証金            2,470     1,800
   繰延税金負債            315     93
              33,507     33,903
   資産除去債務
   固定負債合計            106,185     109,225
  負債合計            180,364     171,332
  純資産の部
  株主資本
   資本金           1,500,000     1,500,000
   資本剰余金
   資本準備金           5,029     5,029
              816,284     816,284
   その他資本剰余金
   資本剰余金合計           821,313     821,313
   利益剰余金
   その他利益剰余金
              △374,188     △536,441
    繰越利益剰余金
   利益剰余金合計           △374,188     △536,441
   自己株式            △74     △85
   株主資本合計           1,947,051     1,784,787
  評価・換算差額等
              484,563     411,481
   その他有価証券評価差額金
   評価・換算差額等合計            484,563     411,481
  純資産合計            2,431,615     2,196,269
  負債純資産合計            2,611,980     2,367,601
            10/16







                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
  (2) 【四半期損益計算書】
  【第3四半期累計期間】
                   (単位:千円)
           前第3四半期累計期間     当第3四半期累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  売上高             945,576     454,420
              708,129     337,404
  売上原価
  売上総利益             237,447     117,016
  販売費及び一般管理費             306,882     284,235
  営業損失(△)            △69,434     △167,219
  営業外収益
  受取利息及び配当金            27,402     5,982
  受取賃貸料            4,614     4,478
  有価証券評価益             -    7,065
               183     6,306
  その他
  営業外収益合計            32,200     23,832
  営業外費用
  売上割引             206     56
  有価証券評価損            25,602      -
               2     -
  その他
  営業外費用合計            25,811      56
  経常損失(△)            △63,045     △143,442
  特別利益
               903     552
  固定資産売却益
  特別利益合計             903     552
  特別損失
  固定資産除却損             -     278
  減損損失            20,598      92
               -    13,501
  子会社株式評価損
  特別損失合計            20,598     13,872
  税引前四半期純損失(△)            △82,741     △156,762
  法人税、住民税及び事業税             5,490     5,490
  法人税等合計             5,490     5,490
  四半期純損失(△)            △88,231     △162,252
            11/16









                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
  【注記事項】
  (四半期貸借対照表関係)
 ※ 四半期会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しています。   
  なお、当第3四半期会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期会計期間末日満期手形が四半期会
  計期間末残高に含まれております。
           前事業年度     当第3四半期会計期間

          (2019年3月31日)      (2019年12月31日)
   受取手形         7,585千円      6,250千円
  (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

  当第3四半期累計期間に係るキャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期間に係
  る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む)は、次のとおりであります。
          前第3四半期累計期間      当第3四半期累計期間

          (自 2018年4月1日      (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)        至 2019年12月31日)
   減価償却費         9,581千円      9,384千円
  (株主資本等関係)

  前第3四半期累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
     該当事項はありません。
  当第3四半期累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

     該当事項はありません。
            12/16












                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
  (セグメント情報等)
  【セグメント情報】
 Ⅰ  前第3四半期累計期間(自      2018年4月1日    至  2018年12月31日)
  1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                (単位:千円)
          報告セグメント
                 合計
       ニッケル事業   不動産事業   教育事業
  売上高

    外部顧客への売上高       545,022   315,383   85,170   945,576

    計    545,022   315,383   85,170   945,576

  セグメント利益又は
         39,008   185,253   △77,541   146,719
  セグメント損失(△)
  2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異

  調整に関する事項)
                  (単位:千円)
     利益又は損失          金額
  報告セグメント計                 146,719

  全社費用(注)                  △216,154

  四半期損益計算書の営業損失(△)                 △69,434

  (注)  全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
  3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

                (単位:千円)

       報告セグメント
              全社・消去   合計
    ニッケル事業   不動産事業   教育事業   計
  減損損失    ―   ―  20,598   20,598   ― 20,598

 Ⅱ  当第3四半期累計期間(自      2019年4月1日    至  2019年12月31日)

  1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                (単位:千円)
          報告セグメント
                 合計
       ニッケル事業   不動産事業   教育事業
  売上高

    外部顧客への売上高       423,870   16,558   13,991   454,420

    計    423,870   16,558   13,991   454,420

  セグメント利益又は
         71,961   4,248  △30,537   45,672
  セグメント損失(△)
            13/16




                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
  2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異
  調整に関する事項)
                  (単位:千円)
     利益又は損失          金額
  報告セグメント計                 45,672

  全社費用(注)                 △212,891

  四半期損益計算書の営業損失(△)                 △167,219

  (注)  全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
  3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

                (単位:千円)

       報告セグメント
              全社・消去   合計
    ニッケル事業   不動産事業   教育事業   計
  減損損失    ─   ─   ─   ─  92  92

  (1株当たり情報)

  1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は次のとおりであります。
          前第3四半期累計期間      当第3四半期累計期間

     項目     (自 2018年4月1日      (自 2019年4月1日
           至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  1株当たり四半期純損失(△)(円)            △0.88      △1.61
  (算定上の基礎)
  四半期純損失(△)(千円)             △88,231      △162,252
  普通株主に帰属しない金額(千円)              ―      ─
  普通株式に係る四半期純損失(△)(千円)            △88,231      △162,252
  普通株式の期中平均株式数(千株)             100,592      100,592
  (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 2 【その他】

  該当事項はありません。
            14/16







                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            15/16



















                     EDINET提出書類
                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年2月14日

 株式会社エス・サイエンス
  取締役会   御中
        KDA監査法人
         指定社員

               関     本     享
             公認会計士       印
         業務執行社員
         指定社員

               毛       利        優
             公認会計士       印
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エス・

 サイエンスの2019年4月1日から2020年3月31日までの第101期事業年度の第3四半期会計期間(2019年10月1日から
 2019年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわ
 ち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
 四半期財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
 を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
 正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
 論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
 て四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
 認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
 監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
 れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エス・サイエンスの2019年12月31日現在の財政状態及び同日を
 もって終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において
 認められなかった。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上
  (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

   告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク