三和ホールディングス株式会社 四半期報告書 第85期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第85期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 三和ホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
 【表紙】
 【提出書類】      四半期報告書

 【根拠条文】      金融商品取引法第24条の4の7第1項

 【提出先】      関東財務局長

 【提出日】      2020年2月13日

 【四半期会計期間】      第85期第3四半期(自     2019年10月1日    至  2019年12月31日)

 【会社名】      三和ホールディングス株式会社

 【英訳名】      Sanwa Holdings  Corporation

 【代表者の役職氏名】      代表取締役会長 CEO  髙山 俊隆

 【本店の所在の場所】      東京都新宿区西新宿二丁目1番1号

 【電話番号】      03(3346)3019

 【事務連絡者氏名】      常務執行役員経営企画部長 山崎 弘之

 【最寄りの連絡場所】      東京都新宿区西新宿二丁目1番1号

 【電話番号】      03(3346)3019

 【事務連絡者氏名】      常務執行役員経営企画部長 山崎 弘之

 【縦覧に供する場所】      株式会社東京証券取引所

        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/20









                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
 第一部  【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

  連結経営指標等
          第84期    第85期

    回次     第3四半期連結    第3四半期連結     第84期
          累計期間    累計期間
         自  2018年4月1日    自  2019年4月1日    自  2018年4月1日
    会計期間
         至  2018年12月31日    至  2019年12月31日    至  2019年3月31日
  売上高     (百万円)    276,861    296,449    409,990

  経常利益     (百万円)     14,908    16,037    30,437

  親会社株主に帰属する
       (百万円)     10,026    10,403    20,910
  四半期(当期)純利益
  四半期包括利益又は包括利益     (百万円)     8,718    5,456    17,137
  純資産額     (百万円)    153,099    154,739    161,603

  総資産額     (百万円)    341,428    353,015    338,432

  1株当たり四半期(当期)
       (円)    44.57    46.56    92.95
  純利益金額
  潜在株式調整後1株当たり
       (円)    44.47    46.44    92.73
  四半期(当期)純利益金額
  自己資本比率      (%)     44.5    43.4    47.4
          第84期    第85期

    回次     第3四半期連結    第3四半期連結
          会計期間    会計期間
         自  2018年10月1日    自  2019年10月1日
    会計期間
         至  2018年12月31日    至  2019年12月31日
  1株当たり四半期純利益金額      (円)    18.19    15.61

  (注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
   2 当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
   しておりません。
             2/20








                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
 2 【事業の内容】
  当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容に重要な変更は
  ありません。なお、主要な関係会社の異動については以下のとおりであります。
  (日本)

  当第3四半期連結累計期間において、昭和建産㈱、田島メタルワーク㈱、三和電装エンジニアリング㈱、林工業㈱
  を重要性が増したため、また、㈱鈴木シャッターを株式取得のため、連結の範囲に含めております。
  (北米)

  当第3四半期連結累計期間において、Lux       Overhead  Door Corporationを事業再編による会社清算のため、連結の
  範囲から除外しております。
  (欧州)

  当第3四半期連結累計期間において、      Novoferm  Polska SP.z o.o. を重要性が増したため、また、Robust       AB他4社
  を株式取得のため、連結の範囲に含めております。また、Glomot-Penot            Systemes  S.A.S.及びAlutomanu    Industrie
  S.A.S.を事業再編による会社清算のため、Novoferm         Europe Ltd.を合併のため、連結の範囲から除外しております。
  (中国・アジア)

  当第3四半期連結累計期間において、上海宝産三和門業有限公司、三和シヤッター(香港)有限公司、安和金属工
  業股分有限公司、VINA-SANWA     COMPANY  LIABILITY  LTD.を重要性が増したため、連結の範囲に含めております。これ
  に伴い、報告セグメントに「中国・アジア」を追加しております。
             3/20













                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【事業等のリスク】

  当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証券
  報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
 2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間末現在において判断したものであります。
  (1) 財政状態及び経営成績の状況
  当第3四半期連結累計期間における当社グループを取巻く外部環境は、国内では、建設市場は堅調に推移しまし
  たが、需給逼迫により物流費や工事費が高止まりました。海外では世界的な貿易摩擦の影響もあり、欧米の非住宅
  建設市場では成長の鈍化が見られましたが、政策金利低下の影響で、米国の戸建住宅着工が増加に転じる兆候が見
  られました。
  このような環境下、当社グループは、「三和グローバルビジョン2020」第三次中期経営計画の初年度を迎
  え、「グローバル・メジャー」としてのトップブランドの基盤を確立する2ヵ年とすることを目標にスタート致し
  ました。コア事業の基本戦略として、国内では、各事業分野でのポジション確立を図るとともに、「動く建材企
  業」として、成長と事業拡大に向けた体制強化に取組みました。また、昭和建産㈱、田島メタルワーク㈱、三和電
  装エンジニアリング㈱、林工業㈱の4社を連結範囲に加え、更なる事業拡大のスピードアップ、連携強化によるシ
  ナジー発揮に努めました。9月末には創業116年の歴史で培われた厚い顧客基盤を持つ㈱鈴木シャッターの全株式を
  取得しました。米国では、基幹事業のシェア拡大のための川上営業の強化、代理店支援の促進を図るとともに、米
  中貿易摩擦に対応し、メキシコでの生産能力を増強しました。欧州では、産業用ドア事業拡大、ガレージドアの
  シェア拡大を引き続き推進するとともに、5月にはヒンジドア事業強化のため、主に北欧・英国で同事業を展開し
  ているRobust  AB社(ロバスト社)の全株式を取得しました。併せて、製販の業務効率向上を図るため欧州全体のデ
  ジタル化を推進しました。成長事業の基本戦略として、日米欧のサービス分野の強化を推進し、国内では、法定検
  査のシェア拡大、欧米ではフィールドサービスシステムの導入推進を図りました。中国・アジア事業では、中国事
  業3社(宝産三和、安和金属、三和香港)、アジア事業1社(ビナサンワ)を連結範囲に加え、グループ運営の強
  化を図りました。
  以上の結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は、前年同四半期比7.1%増の296,449百万円となりまし
  た。利益面では、営業利益は、前年同四半期比6.9%増の16,487百万円、経常利益は、前年同四半期比7.6%増の
  16,037百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は、前年同四半期比3.8%増の10,403百万円となりました。
  セグメントごとの経営成績は、以下のとおりであります。

  ①日本

  基幹商品である重量シャッターやビル・マンションドアが大幅に増加、また、法定検査に伴うメンテサービス事
  業が堅調に推移し、売上高は、前年同四半期比9.9%増の151,141百万円、利益に関しましては、前年同四半期比
  15.6%増の11,692百万円のセグメント利益となりました。
  ②北米

  ドア事業、開閉機事業の数量が微増収でありましたが、自動ドア事業の減収や、為替の影響もあり、売上高は、
  前年同四半期比0.7%増の86,368百万円(外貨ベースでは1.1%増)、利益に関しましては、前年同四半期比9.4%減
  の5,129百万円のセグメント利益となりました。
  ③欧州

  ガレージドア事業、ヒンジドア事業が好調を維持し、産業用ドアが大幅に増加したものの、為替の影響もあり、
  売上高は、前年同四半期比2.2%増の54,761百万円(外貨ベースでは9.1%増)、利益に関しましては、前年同四半
  期比0.8%増の2,378百万円のセグメント利益となりました。
             4/20



                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
  ④中国・アジア
   当該報告セグメントは、中国、香港、台湾、ベトナムの在外子会社にてシャッター・ドア等の製造・販売を行っ
  ており、利益基盤確立のため生産性の向上等に注力し、売上高は4,130百万円、利益に関しましては102百万円のセ
  グメント損失となりました。なお、当事業は第1四半期連結会計期間より報告セグメントとしているため、前年同
  四半期比は記載しておりません。
  財政状態に関する状況は、以下のとおりであります。

   当第3四半期連結会計期間末の総資産は、主に棚卸資産の増加等により、前連結会計年度末に比べ14,583百万円

  増加し353,015百万円となりました。負債は、主に社債の発行や前受金の増加等により、前連結会計年度末に比べ
  21,447百万円増加し198,276百万円となりました。純資産は、主に自己株式の取得や為替換算調整勘定の減少等に
  より、前連結会計年度末に比べ6,863百万円減少し154,739百万円となりました。
   以上の結果、自己資本比率は前連結会計年度末に比べ4.0ポイント減少し43.4%となりました。
  (2) 経営方針・経営戦略等

  当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
  りません。
  (3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

  当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財政上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
  に生じた課題はありません。
  (4) 研究開発活動

  当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は3,627百万円であります。
  なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
  (5) 従業員数

   当第3四半期連結会計期間末における従業員数は、前連結会計年度末より1,371名増加し、11,522名となってお
  ります。主な要因は、連結範囲の変更に伴い、連結子会社数が増加したことによるものであります。なお、「中
  国・アジア」の従業員数は548名となっております。
 3 【経営上の重要な契約等】

  当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
             5/20









                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
 第3 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)

     普通株式             550,000,000

      計             550,000,000

  ② 【発行済株式】

     第3四半期会計期間    提出日現在   上場金融商品取引所

   種類  末現在発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融      内容
     (2019年12月31日)    (2020年2月13日)    商品取引業協会名
            東京証券取引所    単元株式数は100株
  普通株式    235,000,000    235,000,000
             (市場第一部)    であります。
   計   235,000,000    235,000,000    ―    ―
  (注) 提出日現在の発行数には、2020年2月1日から本四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
   た株式数は、含まれておりません。
  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
  ② 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金

           資本金増減額   資本金残高
   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
           (百万円)   (百万円)
      (千株)   (千株)       (百万円)   (百万円)
  2019年10月1日~
        ─  235,000   ─  38,413   ─  39,902
  2019年12月31日
  (5) 【大株主の状況】

  当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             6/20






                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
  (6) 【議決権の状況】
  当第3四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載することが
  できませんので、直前の基準日である2019年9月30日現在で記載しております。
  ① 【発行済株式】
                 (2019年9月30日現在)
    区分    株式数(株)    議決権の数(個)      内容
  無議決権株式         ―    ―     ―

  議決権制限株式(自己株式等)         ―    ―     ―

  議決権制限株式(その他)         ―    ―     ―

       (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式等)             ―     ―
       普通株式  12,316,200
       普通株式  222,593,600
  完全議決権株式(その他)            2,225,936       ―
       普通株式   90,200

  単元未満株式             ―     ―
  発行済株式総数       235,000,000      ―     ―

  総株主の議決権         ―   2,225,936       ―

  (注)  「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式64株が含まれております。
  ② 【自己株式等】

                 (2019年9月30日現在)
                   発行済株式
           自己名義  他人名義
                所有株式数の
   所有者の氏名                総数に対する
                 合計
       所有者の住所    所有株式数  所有株式数
   又は名称                所有株式数
                 (株)
            (株)  (株)
                   の割合(%)
  (自己保有株式)
      東京都新宿区西新宿
  三和ホールディングス
           12,316,200    ― 12,316,200    5.24
      二丁目1番1号
  株式会社
    計     ―   12,316,200    ― 12,316,200    5.24
 2 【役員の状況】

  前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において、役員の異動はありません。
             7/20









                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
 第4 【経理の状況】
 1  四半期連結財務諸表の作成方法について

  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
  第64号)に基づいて作成しております。
 2  監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019年
  12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
  いて、協立監査法人による四半期レビューを受けております。
             8/20

















                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
 1 【四半期連結財務諸表】
  (1)【四半期連結貸借対照表】
                  (単位:百万円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金            43,007     45,371
              ※2 82,563    ※2 70,186
   受取手形及び売掛金
              ※2 9,526    ※2 8,585
   電子記録債権
   有価証券            8,013     9,401
   商品及び製品            9,640     12,678
   仕掛品            23,965     44,336
   原材料            22,869     24,904
   その他            6,607     8,318
              △1,405     △1,540
   貸倒引当金
   流動資産合計            204,789     222,244
  固定資産
   有形固定資産
   建物(純額)           19,903     21,491
   土地           18,505     21,404
              21,773     23,826
   その他(純額)
   有形固定資産合計           60,182     66,722
   無形固定資産
   のれん           6,769     5,219
              17,231     17,879
   その他
   無形固定資産合計           24,001     23,099
   投資その他の資産
   投資有価証券           36,949     27,494
   退職給付に係る資産           6,088     6,385
   その他           6,686     7,317
               △265     △247
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計           49,459     40,950
   固定資産合計            133,642     130,771
  資産合計            338,432     353,015
             9/20









                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
                  (単位:百万円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
              ※2 52,401    ※2 54,476
   支払手形及び買掛金
   1年内償還予定の社債            1,500      -
   短期借入金            6,845     7,305
   1年内返済予定の長期借入金            12,045     10,123
   未払法人税等            4,479     1,115
   賞与引当金            5,728     3,632
              35,868     50,402
   その他
   流動負債合計            118,868     127,056
  固定負債
   社債            30,000     40,000
   長期借入金            10,826     11,384
   役員退職慰労引当金            310     381
   退職給付に係る負債            11,901     12,509
               4,920     6,943
   その他
   固定負債合計            57,959     71,219
  負債合計            176,828     198,276
  純資産の部
  株主資本
   資本金            38,413     38,413
   資本剰余金            39,902     39,902
   利益剰余金            81,741     84,434
              △8,989     △13,989
   自己株式
   株主資本合計            151,068     148,761
  その他の包括利益累計額
   その他有価証券評価差額金            2,219     2,723
   繰延ヘッジ損益            △25     7
   為替換算調整勘定            8,853     2,939
              △1,593     △1,231
   退職給付に係る調整累計額
   その他の包括利益累計額合計            9,454     4,439
  新株予約権             248     273
  非支配株主持分             832     1,265
  純資産合計            161,603     154,739
  負債純資産合計             338,432     353,015
            10/20








                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
  (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
  【四半期連結損益計算書】
  【第3四半期連結累計期間】
                  (単位:百万円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  売上高             276,861     296,449
              195,054     210,012
  売上原価
  売上総利益             81,807     86,436
  販売費及び一般管理費             66,386     69,949
  営業利益             15,421     16,487
  営業外収益
  受取利息             380     398
  受取配当金             243     262
  有価証券売却益             -     0
               166     247
  その他
  営業外収益合計             790     909
  営業外費用
  支払利息             467     526
  持分法による投資損失             339     52
               498     780
  その他
  営業外費用合計            1,304     1,359
  経常利益             14,908     16,037
  特別利益
  固定資産売却益             51     18
               1     34
  投資有価証券売却益
  特別利益合計             52     53
  特別損失
  固定資産除売却損             52     22
  投資有価証券売却損             -     1
  投資有価証券評価損             0     -
  子会社事業再構築費用             128     201
  関係会社整理損             21     0
               39     -
  その他
  特別損失合計             241     226
  税金等調整前四半期純利益             14,719     15,863
  法人税等             4,606     5,392
  四半期純利益             10,112     10,471
  非支配株主に帰属する四半期純利益              85     68
  親会社株主に帰属する四半期純利益             10,026     10,403
            11/20







                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
  【四半期連結包括利益計算書】
  【第3四半期連結累計期間】
                  (単位:百万円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  四半期純利益             10,112     10,471
  その他の包括利益
  その他有価証券評価差額金            △1,839      505
  繰延ヘッジ損益             37     32
  為替換算調整勘定             123    △6,025
  退職給付に係る調整額             359     361
               △76     110
  持分法適用会社に対する持分相当額
  その他の包括利益合計            △1,394     △5,014
  四半期包括利益             8,718     5,456
  (内訳)
  親会社株主に係る四半期包括利益            8,676     5,327
  非支配株主に係る四半期包括利益             42     129
            12/20















                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
  【注記事項】
  (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         当第3四半期連結累計期間
       (自  2019年4月1日    至  2019年12月31日)
  (1) 連結の範囲の重要な変更
  第1四半期連結会計期間において、昭和建産㈱、田島メタルワーク㈱、三和電装エンジニアリング㈱、林工
  業㈱、上海宝産三和門業有限公司、三和シヤッター(香港)有限公司、安和金属工業股分有限公司、VINA-
  SANWA COMPANY  LIABILITY  LTD.及びNovoferm   Polska SP.z o.o.を重要性が増したため、連結の範囲に含めてお
  ります。また、Glomot-Penot     Systemes  S.A.S.を事業再編による会社清算のため、Novoferm         Europe Ltd.を合
  併のため、連結の範囲から除外しております。
  第2四半期連結会計期間において、㈱鈴木シャッター及びRobust           AB他4社を株式取得により、連結の範囲に
  含めております。また、Alutomanu      Industrie  S.A.S.を事業再編による会社清算のため、連結の範囲から除外
  しております。
  当第3四半期連結会計期間において、Lux       Overhead  Door Corporationを事業再編による会社清算のため、連
  結の範囲から除外しております。
  (2) 持分法適用の範囲の重要な変更
  第1四半期連結会計期間において、昭和建産㈱、田島メタルワーク㈱、三和シヤッター(香港)有限公司、
  安和金属工業股分有限公司、VINA-SANWA       COMPANY  LIABILITY  LTD.及び上海宝産三和門業有限公司を重要性が増
  したため、持分法適用の範囲から除外し、連結の範囲に含めております。また、PT.SANWAMAS                METAL INDUSTRY
  を重要性が増したため、持分法適用の範囲に含めております。
  第2四半期連結会計期間において、鈴木鐵閘(香港)有限公司及び鈴木鐵閘(澳門)有限公司を株式取得に
  より、持分法適用の範囲に含めております。また、         SCI Parc Industriel  Maurice  Hollandeを株式売却によ
  り、持分法適用の範囲から除外しております。
  (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

           当第3四半期連結累計期間
            (自  2019年4月1日
   項目
            至  2019年12月31日)
  税金費用の計算     税金費用については、当第3四半期連結累計期間を含む連結会計年度の税引前当期
      純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益
      に当該見積実効税率を乗じて計算しております。ただし、当該見積実効税率を用いて
      税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、法定実効税率を使用
      しております。なお、法人税等調整額は、法人税等に含めて表示しております。
  (四半期連結貸借対照表関係)

  1 偶発債務
  連結子会社以外の会社の金融機関からの借入金等に対して、次のとおり保証を行っております。
  (保証債務)
          前連結会計年度     当第3四半期連結会計期間

          (2019年3月31日)      (2019年12月31日)
   三和シヤッター(香港)有限公司         26百万円       ―
           (1,877千香港ドル)        (―)
   安和金属工業股分有限公司         50百万円       ―
           (14,087千台湾ドル)        (―)
   上海宝産三和門業有限公司         766百万円       ―
            (46,511千元)       (―)
   VINA-SANWA  COMPANY LIABILITY  Ltd.
            298百万円       ―
           (2,693千米ドル)        (―)
   その他         0百万円      0百万円
   計         1,142百万円       0百万円
            13/20




                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
 ※2  四半期連結会計期間末日満期手形等の処理
  四半期連結会計期間末日満期手形等の会計処理については、期末日に決済が行われたものとして処理しておりま
  す。なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手
  形等を満期日に決済が行われたものとして処理しております。
          前連結会計年度     当第3四半期連結会計期間

          (2019年3月31日)      (2019年12月31日)
   受取手形及び売掛金        1,197百万円      919百万円
   電子記録債権         645百万円      522百万円
   支払手形及び買掛金         551百万円      286百万円
  (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

  当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
  期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
  とおりであります。
          前第3四半期連結累計期間      当第3四半期連結累計期間

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2018年12月31日)     至  2019年12月31日)
   減価償却費         5,919百万円      6,905百万円
   のれんの償却額         1,152百万円      1,209百万円
  (株主資本等関係)

  前第3四半期連結累計期間(自      2018年4月1日    至  2018年12月31日)
   1 配当金支払額
       配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
        (百万円)  配当額(円)
  2018年6月27日
     普通株式   3,374   15.0 2018年3月31日   2018年6月28日   利益剰余金
  定時株主総会
  2018年10月31日
     普通株式   3,599   16.0 2018年9月30日   2018年12月5日   利益剰余金
  取締役会
   2 基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

  後となるもの
   該当事項はありません。
  当第3四半期連結累計期間(自      2019年4月1日    至  2019年12月31日)

   1 配当金支払額
       配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
        (百万円)  配当額(円)
  2019年6月26日
     普通株式   3,599   16.0 2019年3月31日   2019年6月27日   利益剰余金
  定時株主総会
  2019年10月31日
     普通株式   3,785   17.0 2019年9月30日   2019年12月4日   利益剰余金
  取締役会
   2 基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

  後となるもの
   該当事項はありません。
            14/20




                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
  (セグメント情報等)
  【セグメント情報】
  前第3四半期連結累計期間(自      2018年4月1日    至  2018年12月31日)
  1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                  四半期連結

          報告セグメント
                調整額  損益計算書
                   計上額
                (注)1
        日本  北米  欧州  計
                   (注)2
        (百万円)  (百万円)  (百万円)  (百万円)  (百万円)  (百万円)
   売上高
   外部顧客への売上高     137,476  85,734  53,600  276,812   49 276,861

   セグメント間の内部

         ―  28  67  96  △96  ―
   売上高又は振替高
     計   137,476  85,763  53,668  276,908   △46 276,861
   セグメント利益     10,115  5,664  2,360  18,140  △2,718  15,421

   (注) 1 調整額の内訳は、以下のとおりであります。
     (1)売上高
     ・その他の売上高      49百万円
     ・セグメント間取引消去     △96百万円
     (2)セグメント利益
     ・その他の利益      49百万円
     ・全社費用     △1,249百万円
     ・のれんの償却額     △1,152百万円
     ・その他の調整額     △366百万円
     ・セグメント間取引消去      △0百万円
     その他の内容は、管理業務に伴う付随的な活動によるものであります。
     全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費などであります。
    2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    3 各報告セグメントに属する主な国又は地域は以下のとおりであります。
     北米…アメリカ、カナダ他
     欧州…ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、イギリス他
  2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

  該当事項はありません。
            15/20








                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
  当第3四半期連結累計期間(自      2019年4月1日    至  2019年12月31日)
  1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                   四半期連結

          報告セグメント
                  調整額  損益計算書
             中国・
                    計上額
                  (注)1
       日本  北米  欧州     計
              アジア
                    (注)2
      (百万円)  (百万円)  (百万円)  (百万円)  (百万円)  (百万円)  (百万円)
  売上高
  外部顧客への売上高     151,141  86,368  54,761  4,130  296,402   46 296,449

  セグメント間の内部

        163  79  23  0  266  △266  ―
  売上高又は振替高
    計   151,305  86,448  54,784  4,130  296,669   △219 296,449
  セグメント利益
       11,692  5,129  2,378  △102  19,098  △2,611  16,487
  又は損失(△)
   (注) 1 調整額の内訳は、以下のとおりであります。
     (1)売上高
     ・その他の売上高      46百万円
     ・セグメント間取引消去     △266百万円
     (2)セグメント利益又は損失(△)
     ・その他の利益      46百万円
     ・全社費用     △1,202百万円
     ・のれんの償却額     △1,209百万円
     ・その他の調整額     △245百万円
     ・セグメント間取引消去      0百万円
     その他の内容は、管理業務に伴う付随的な活動によるものであります。
     全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費などであります。
    2 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    3 各報告セグメントに属する主な国又は地域は以下のとおりであります。
     北米……………アメリカ、カナダ他
     欧州……………ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、イギリス他
     中国・アジア…中国、香港、台湾、ベトナム
  2 報告セグメントの変更等に関する事項

   (報告セグメントの追加及び配賦方法の見直し)
   上海宝産三和門業有限公司、三和シヤッター(香港)有限公司、安和金属工業股分有限公司、VINA-SANWA
  COMPANY  LIABILITY  LTD.を連結の範囲に含めたことに伴い、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントに
  「中国・アジア」を追加しております。
   また、報告セグメント別の経営成績をより適切に反映させるため、全社費用等の配賦方法を見直し、報告セグ
  メントの利益又は損失の算定方法の変更を行っております。
   なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の利益又は損失の算定方法により作成したもの
  を記載しております。
  3  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

  該当事項はありません。
            16/20





                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
  (1株当たり情報)
  1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
  基礎は、以下のとおりであります。
            前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
      項目
             至  2018年12月31日)    至  2019年12月31日)
  (1) 1株当たり四半期純利益金額
           (円)     44.57     46.56
  (算定上の基礎)

  親会社株主に帰属する四半期純利益金額        (百万円)     10,026     10,403

  普通株主に帰属しない金額        (百万円)      ―     ―

  普通株式に係る親会社株主に帰属する
          (百万円)     10,026     10,403
  四半期純利益金額
  普通株式の期中平均株式数        (千株)     224,979     223,454
  (2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

           (円)     44.47     46.44
  (算定上の基礎)

  親会社株主に帰属する四半期純利益調整額        (百万円)      ―     ―

  普通株式増加数        (千株)     520     557

  (うち新株予約権)        (千株)     (520)     (557)

  希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四

  半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前連結              ―     ―
  会計年度末から重要な変動があったものの概要
  (重要な後発事象)

  (自己株式の消却)
   当社は、2020年1月31日開催の取締役会において、会社法第178条の規定に基づき、自己株式を消却することを
  決議致しました。
   ①消却の理由
        自己株式を消却することにより、資本効率の向上を目指し、また、発行済株式総
        数の減少を通じて株主利益の増大を図ることを目的に実施するものであります。
   ②消却する株式の種類     当社普通株式
   ③消却する株式の総数     4,000,000株
   ④消却後の発行済株式総数     231,000,000株
   ⑤消却予定日     2020年2月19日
            17/20








                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
 2 【その他】
  中間配当金について
  第85期(2019年4月1日から2020年3月31日まで)中間配当については、2019年10月31日開催の取締役会におい
  て、2019年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
   ① 配当金の総額           3,785百万円
   ② 1株当たりの金額           17円00銭
   ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日          2019年12月4日
            18/20


















                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            19/20



















                     EDINET提出書類
                  三和ホールディングス株式会社(E01385)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年2月12日

 三和ホールディングス株式会社
  取締役会   御中
         協立監査法人

         代表社員

             公認会計士   朝  田   潔     印
         業務執行社員
         業務執行社員    公認会計士   鈴  木   宏     印

  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている三和ホールディ

 ングス株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年10月1日か
 ら2019年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
 表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
 ビューを行った。
 四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
 財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
 表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
 る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
 拠して四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
 認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
 監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
 められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、三和ホールディングス株式会社及び連結子会社の2019年12月31日
 現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事
 項がすべての重要な点において認められなかった。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上

  (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

   告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク