森尾電機株式会社 四半期報告書 第88期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第88期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 森尾電機株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
 【表紙】
 【提出書類】      四半期報告書

 【根拠条文】      金融商品取引法第24条の4の7第1項

 【提出先】      関東財務局長

 【提出日】      2020年2月12日

 【四半期会計期間】      第88期第3四半期(自     2019年10月1日    至  2019年12月31日)

 【会社名】      森尾電機株式会社

 【英訳名】      MORIO DENKI CO., LTD.

 【代表者の役職氏名】      代表取締役社長      菊  地  裕  之

 【本店の所在の場所】      東京都葛飾区立石四丁目34番1号

 【電話番号】      (03)3691―3181(代表)

 【事務連絡者氏名】      取締役     木  下  寛

 【最寄りの連絡場所】      東京都葛飾区立石四丁目34番1号

 【電話番号】      (03)3691―3181(代表)

 【事務連絡者氏名】      取締役     木  下  寛

 【縦覧に供する場所】      株式会社東京証券取引所

       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/21









                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
 第一部 【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

          第87期    第88期

     回次     第3四半期    第3四半期    第87期
          連結累計期間    連結累計期間
         自  2018年4月1日   自  2019年4月1日   自  2018年4月1日
    会計期間
         至  2018年12月31日   至  2019年12月31日   至  2019年3月31日
  売上高      (千円)   6,660,647    6,814,154    9,323,945

  経常利益      (千円)    298,072    135,446    197,710

  親会社株主に帰属する
        (千円)    198,187    38,058    144,643
  四半期(当期)純利益
  四半期包括利益又は包括利益      (千円)    286,375    12,751    312,487
  純資産額      (千円)   4,032,318    4,029,766    4,058,404

  総資産額      (千円)   10,146,527    10,115,867    9,688,276

  1株当たり四半期(当期)
        (円)    144.09    27.67    105.16
  純利益金額
  潜在株式調整後1株当たり
        (円)     ―    ―    ―
  四半期(当期)純利益金額
  自己資本比率      (%)    39.7    39.8    41.9
          第87期    第88期

     回次     第3四半期    第3四半期
          連結会計期間    連結会計期間
         自  2018年10月1日   自  2019年10月1日
    会計期間
         至  2018年12月31日   至  2019年12月31日
  1株当たり四半期純利益金額      (円)    99.12    97.50

  (注) 1. 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
   ておりません。
   2. 売上高には、消費税等は含まれておりません。
   3. 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
   せん。
             2/21








                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
 2 【事業の内容】
  当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
  について、重要な変更はありません。
             3/21



















                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【事業等のリスク】

  当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
  投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
  リスク」についての重要な変更はありません。
  なお、重要事象等は存在しておりません。
 2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
  (1)財政状態の状況
   (流動資産)
   流動資産は、前連結会計年度末に比べて9.9%増加し、65億96百万円となりました。これは、主として受取手形
  及び売掛金が10億3百万円、電子記録債権が64百万円、棚卸資産が2億80百万円増加し、現金及び預金が7億41
  百万円減少したこと等によります。
   (固定資産)
   固定資産は、前連結会計年度末に比べて4.6%減少し、35億19百万円となりました。これは、主として建物及び
   構築物(純額)が56百万円、投資有価証券が67百万円減少したこと等によります。
    この結果、総資産は前連結会計年度末に比べて4.4%増加し、101億15百万円となりました。
   (流動負債)
   流動負債は、前連結会計年度末に比べて15.3%増加し、47億79百万円となりました。これは、主として支払手
  形及び買掛金が1億77百万円、電子記録債務が1億66百万円、短期借入金が3億40百万円増加し、賞与引当金が
  70百万円減少したこと等によります。
   (固定負債)
   固定負債は、前連結会計年度末に比べて12.0%減少し、13億6百万円となりました。これは、主として長期借
  入金が1億55百万円減少したこと等によります。
   この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて8.1%増加し、60億86百万円となりました。
   (純資産)
   株主資本は、前連結会計年度末に比べて0.1%減少し、33億24百万円となりました。これは、主として利益剰余
  金が3百万円減少したこと等によります。
   その他の包括利益累計額合計は、前連結会計年度末に比べて3.5%減少し、7億5百万円となりました。これ
  は、主としてその他有価証券評価差額金が21百万円減少したこと等によります。
   この結果、純資産合計は、前連結会計年度末に比べて0.7%減少し、40億29百万円となりました。
  (2)経営成績の状況

   当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、底固い企業収益、雇用情勢や個人消費を背景に、穏やかな
  回復基調が継続しております。一方、米中間の通商問題の動向や、消費税引き上げ等による日本経済への影響な
  ど、先行き不透明な状況が続いております。
   このような経営環境の中、当社グループは積極的な営業活動を展開した結果、当第3四半期連結累計期間の売
  上高は68億14百万円(前年同四半期比1億53百万円、2.3%増)となり、受注高は98億6百万円(前年同四半期比
  34億8百万円、53.3%増)となりました。
             4/21





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
   セグメント別の売上・受注の状況は、次のとおりであります。
  [電気機器製造販売事業]
   電気機器製造販売事業の売上高は67億2百万円(前年同四半期比1億51百万円、2.3%増)となり、受注高は98
  億6百万円(前年同四半期比34億8百万円、53.3%増)となりました。
   主力の鉄道関連事業につきましては、主に国内通勤近郊電車等の車両需要向けを中心に営業活動を展開した結
  果、売上高は50億45百万円(前年同四半期比2億42百万円、4.6%減)となり、受注高は82億51百万円(前年同四
  半期比34億74百万円、72.7%増)となりました。
   自動車関連事業につきましては、各高速道路会社等に対し車載標識車を中心とする営業活動を展開した結果、
  売上高は14億51百万円(前年同四半期比3億34百万円、29.9%増)となり、受注高は14億22百万円(前年同四半
  期比4百万円、0.3%減)となりました。
   船舶等関連事業につきましては、防衛省関連等への出荷を中心に営業活動を展開した結果、売上高は2億5百
  万円(前年同四半期比60百万円、41.4%増)となり、受注高は1億31百万円(前年同四半期比61百万円、31.8%
  減)となりました。
  [不動産関連事業]
   不動産関連事業につきましては、各賃貸マンションが堅調な売上を維持しており、売上高は1億11百万円(前
  年同四半期比1百万円、1.4%増)となりました。
   利益につきましては、売上は好調であったものの、効率的な生産ができず、当第3四半期連結累計期間の営業
  利益は1億32百万円(前年同四半期比1億59百万円、54.7%減)、経常利益は1億35百万円(前年同四半期比1
  億62百万円、54.6%減)となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は38百万円(前年同四半期比1億60百万
  円、80.8%減)となりました。
  (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

   当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新
  たに生じた課題はありません。
   なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等
  (会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりです。
  1)基本方針の内容
   当社取締役会は、上場会社として当社株式の自由な売買を認める以上、特定の者の大規模な買付行為に応じて
  当社株式の売却を行うか否かは、最終的には当社株式を保有する当社株主の皆様の判断に委ねられるべきもので
  あると考えます。
   しかし、鉄道車両や自動車・船舶関係の電装品メーカーである当社の経営においては、当社の有形無形の経営
  資源、将来を見据えた施策の潜在的効果、当社に与えられた社会的な使命、それら当社の企業価値ひいては株主
  共同の利益を構成する要素等への理解が不可欠です。これらを継続的に維持、向上させていくためには、当社の
  企業価値の源泉である、①電装品や装置の開発設計の技術者集団として、豊富な経験とノウハウに裏付けされた
  技術力、②設計から販売まで、顧客のニーズを確実に捉えた製品づくりを可能とした一貫生産体制、③安全性を
  重視した製品を提供するための徹底した品質管理体制、④長年の間に築き上げた顧客との強固な信頼関係、⑤地
  球環境保全への貢献を意識した企業精神等が必要不可欠であると考えております。当社の財務及び事業の方針の
  決定を支配する者によりこうした中長期的視点に立った施策が実行されない場合、当社の企業価値ひいては株主
  共同の利益や当社に関わる全てのステークホルダーの利益は毀損されることになる可能性があります。
   当社は、当社株式の適正な価値を株主及び投資家の皆様にご理解いただくようIR活動に努めておりますもの
  の、突然大規模な買付行為がなされたときに、買付者の提示する当社株式の取得対価が妥当かどうか等買付者に
  よる大規模な買付行為の是非を株主の皆様が短期間のうちに適切に判断するためには、買付者及び当社取締役会
  の双方から適切かつ十分な情報が提供されることが不可欠です。さらに、当社株式の継続保有をお考えの株主の
  皆様にとっても、かかる買付行為が当社に与える影響や、買付者が考える当社の経営に参画したときの経営方
  針、事業計画の内容、当該買付行為に対する当社取締役会の意見等の情報は、当社株式の継続保有を検討するう
  えで重要な判断材料となると考えます。
             5/21



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
   以上を考慮した結果、当社としましては、大規模な買付行為を行う買付者において、株主の皆様の判断のため
  に、当社が設定し事前に開示する一定のルール(以下「大規模買付ルール」といいます。)に従って、買付行為
  に関する必要かつ十分な情報を当社取締役会に事前に提供し、当社取締役会のための一定の評価期間が経過し、
  かつ当社取締役会又は株主総会が対抗措置発動の可否について決議を行った後にのみ当該買付行為を開始する必
  要があると考えております。
   また、大規模な買付行為の中には、当該買付行為が企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損なうと認めら
  れるものもないとはいえません。当社は、かかる大規模な買付行為に対して、当社取締役会が2)②に記載する本
  対応方針に従って適切と考える方策をとることが、企業価値ひいては株主共同の利益を守るために必要であると
  考えております。
  2)基本方針実現のための取り組み
  ① 当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の会社支配に関する基本方針の実現に資する特別な
  取り組み
   当社は主に受注生産により事業を行っているため、主力の鉄道関連事業では国内・海外車両の代替需要及び
   新規需要の影響を大きく受けます。したがって、経済環境による収益への影響を抑えるために、一貫生産体制
   の推進及び顧客のニーズを的確に捉えた製品供給を通じて、生産性の向上と収益体質の強化に取り組んでおり
   ます。具体的には、作業効率の改善と消費電力の削減、また、振動や騒音の低減による環境面に配慮した「タ
   レットパンチプレス」や「レーザー加工機」の新機種導入を積極的に行うなど、竜ヶ崎事業所工場棟の老朽化
   した機械設備を順次計画的に最新鋭のものに更新してまいります。さらに、照明のLED化や社内空調設備の
   更新等により作業環境の大幅な改善と地球環境保全への貢献を目指してまいります。
   また、国内の鉄道車両産業が成熟化するなかで、海外鉄道車両事業への関わりがますます大きくなってまい
   りますので、引き続き海外鉄道車両案件への対応力の一層の向上に取り組んでまいります。その一環として、
   2013年8月に開設した米国現地法人では、2015年3月より現地生産品の納入が始まりました。さらに、2016年
   7月には新工場への移転を行い、事務所と倉庫を集約することで、コミュニケーションの充実と業務の効率化
   を図りました。
   2012年3月には創業100周年記念事業の一環として、旧本社の再開発計画に着手しました。本社社屋は2013年
   12月に完成し、本社社屋を本社事務所と賃貸住宅の共用建物として建替えました。このことにより、不動産賃
   貸事業の強化と収益の安定化を図ることができました。
   2016年12月に品質マネジメントシステム「ISO9001」、2017年2月には、環境マネジメントシステム
   「ISO14001」の各認証について、年次審査とともに2015年度版へ移行いたしました。特に品質マネジメントシ
   ステム「ISO9001」については、2015年度版への移行に伴い、本社及び竜ヶ崎事業所以外に大阪営業所と仙台出
   張所も認証取得を行い、対象の範囲を広げました。また、複数のマネジメントシステム規格を同時利用する際
   の利便性を高めるため、ISO9001、ISO14001の両規格に共通の規格構造や要求事項などが採用され、経営や事業
   との一体化を図ることで、より効果的な推進体制を整えられるようになりました。当社では、企業の社会的責
   任の最重要取り組みの一つとして、品質保証レベルの向上並びに環境配慮設計への取り組みを強化してまいり
   ます。引き続き社会から信頼される企業として、新たなマネジメントシステムに基づき、品質管理と環境保全
   への万全な取り組みを推進してまいります。
   さらに取締役会が適正かつ効率的に業務執行機能を発揮できるよう、取締役の責任を明確化し権限を強化す
   ることで事業運営上重要な事項について常勤役員による迅速な意思決定ができる体制を採用しており、取締役
   会ではこのような業務執行について、社外取締役及び社外監査役を中心に多面的にチェックする体制が図られ
   ている等、コーポレート・ガバナンスの強化充実に向けて取り組んでおります。
  ② 会社支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されるこ
  とを防止するための取り組み
   当社は、2009年5月8日付取締役会決議及び同年6月26日付定時株主総会決議に基づき、「当社株券等の大
   規模買付行為への対応方針」(以下「本対応方針」といいます。)を導入し、2018年5月11日開催の当社取締
   役会において、同年6月28日開催の定時株主総会における株主の皆様の承認を条件として本対応方針を継続す
   ることを決議いたしました。
             6/21



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
   本対応方針は、特定株主グループの議決権割合を20%以上とすることを目的とする当社株券等の買付行為、
   結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となる当社株券等の買付行為(市場取引、公開買付け等
   の具体的な買付方法の如何を問いませんが、あらかじめ当社取締役会が同意した者による買付行為を除きま
   す。)または結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となる当社の他の株主との合意等(以下、
   かかる買付行為または合意等を「大規模買付行為」といい、かかる買付行為又は合意等を行う者を「大規模買
   付者」といいます。)が行われる場合に、大規模買付行為に応じて当社株式を売却するか否かを株主の皆様が
   判断するために必要な情報を確保したり、株主の皆様のために交渉を行うこと等を可能とするものです。
   また、上記基本方針に反し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損なう大規模買付行為を新株
   予約権の発行等を利用することにより阻止し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を向上させることを目
   的としております。
   当社の株券等について大規模買付行為が行われる場合、大規模買付者には、当社代表取締役宛に大規模買付
   者及び大規模買付行為の概要並びに当社が定める大規模買付ルールに従う旨が記載された意向表明書を提出す
   ることを求めます。大規模買付者には、当社取締役会が当該意向表明書受領後10営業日以内に交付する必要情
   報リストに基づき、株主の皆様の判断並びに当社取締役会及び独立委員会としての意見形成のために必要かつ
   十分な情報(以下「本必要情報」といいます。)の提供を求めます。
   当社取締役会は、大規模買付行為の評価等の難易度に応じ、大規模買付者が当社取締役会に対し本必要情報
   の提供を完了した後、60日間(対価を現金(円貨)のみとする公開買付けによる当社全株式の買付けの場合)
   又は90日間(その他の大規模買付行為の場合)(最大30日間の延長があり得ます。)を当社取締役会による評
   価、検討、交渉、意見形成、代替案立案のための期間とし、当該期間内に、独立委員会に諮問し、また、必要
   に応じて外部専門家等の助言を受けながら、大規模買付者から提供された本必要情報を十分に評価・検討し、
   独立委員会からの勧告を最大限尊重したうえで、当社取締役会としての意見をとりまとめて公表するととも
   に、必要に応じ、大規模買付者との間で大規模買付行為に関する条件改善について交渉し、当社取締役会とし
   ての代替案を提示することもあります。
   当社取締役会は、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守したか否か、大規模買付行為が企業価値ひいては
   株主共同の利益を著しく損なうか否か及び対抗措置をとるか否か等の判断については、その客観性、公正さ及
   び合理性を担保するため、当社取締役会から独立した組織として独立委員会を設置したうえで、取締役会はこ
   れに必ず諮問することとし、独立委員会の勧告を最大限尊重し、対抗措置の発動又は不発動もしくは株主総会
   招集の決議その他必要な決議を行うものとします。対抗措置として、新株予約権の発行を実施する場合には、
   当該新株予約権には、大規模買付者等による権利行使が認められないという行使条件、及び当社が大規模買付
   者等以外の者から当社株式と引換えに新株予約権を取得することができる旨の取得条項を付すことがあるもの
   とし、新株予約権者は、当社取締役会が定めた1円以上の額を払い込むことにより新株予約権を行使し、当社
   普通株式を取得することができるものとします。当社取締役会は、上記決議を行った場合は、適時適切に情報
   開示を行います。
   本対応方針の有効期限は、2018年6月28日開催の定時株主総会においてその継続が承認されたことから、当
   該定時株主総会の日から3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時までと
   します。ただし、本対応方針の有効期間中であっても、当社の株主総会において本対応方針を廃止する旨の決
   議が行われた場合、又は当社取締役会が独立委員会の勧告を最大限尊重したうえで本対応方針を廃止する旨の
   決議を行った場合には、当該決議の時点をもって本対応方針は廃止されるものとします。また、本対応方針の
   有効期間中であっても、企業価値ひいては株主共同の利益の向上の観点から、関係法令の整備や、金融商品取
   引所が定める上場制度の整備等を踏まえ随時見直しを行い、独立委員会の勧告を最大限尊重して、本対応方針
   の変更を行うこともあります。
   なお、本対応方針の詳細については、インターネット上の当社ウェブサイト(アドレス
   http://www.morio.co.jp/)に掲載する2018年5月11日付プレスリリースをご覧ください。
  3)具体的取り組みに対する当社取締役会の判断及びその理由
   2)①に記載した当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の会社支配に関する基本方針の実
   現に資する特別な取り組みは、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を向上させるための具体的方策であ
   り、当社の基本方針に沿うものです。
             7/21



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
   また、2)②に記載した本対応方針も、企業価値ひいては株主共同の利益を向上させる目的をもって継続さ
   れたものであり、当社の基本方針に沿うものです。特に、本対応方針は、当社取締役会から独立した組織とし
   て独立委員会を設置し、対抗措置の発動・不発動の判断の際には取締役会はこれに必ず諮問することとなって
   いること、独立委員会は当社の費用で独立した第三者である専門家等を利用することができるとされているこ
   と、必要に応じて新株予約権の無償割当ての実施につき株主総会に諮ることとなっていること、本対応方針の
   有効期間は3年であり、その継続については株主の皆様のご承認をいただくこととなっていること等その内容
   において公正性・客観性が担保される工夫がなされている点において、企業価値ひいては株主共同の利益に資
   するものであって、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではありません。
  (4)研究開発活動

   当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は8百万円であります。
   なお、当第3四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
 3 【経営上の重要な契約等】

  当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             8/21















                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
 第3 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)

     普通株式             5,700,000

      計             5,700,000

  ② 【発行済株式】

     第3四半期会計期間末        上場金融商品取引所

         提出日現在発行数(株)
   種類   現在発行数(株)       名又は登録認可金融     内容
         (2020年2月12日)
     (2019年12月31日)        商品取引業協会名
             東京証券取引所
                単元株式数は100株であ
  普通株式     1,425,000    1,425,000
                ります。
             (市場第二部)
   計    1,425,000    1,425,000   ―    ―
  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
  ② 【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金

           資本金増減額   資本金残高
   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
           (千円)   (千円)
       (株)   (株)       (千円)   (千円)
  2019年12月31日
        ―  1,425,000     ― 1,048,500     ―  897,272
  (5) 【大株主の状況】

  当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             9/21







                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
  (6) 【議決権の状況】
  ① 【発行済株式】
                 2019年12月31日現在
    区分     株式数(株)    議決権の数(個)      内容
  無議決権株式        ―     ―     ―

  議決権制限株式(自己株式等)        ―     ―     ―

  議決権制限株式(その他)        ―     ―     ―

        (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式等)             ―     ―
        普通株式   49,600
        普通株式  1,371,200
  完全議決権株式(その他)              13,712   ―
        普通株式   4,200

  単元未満株式             ―     ―
  発行済株式総数         1,425,000    ―     ―

  総株主の議決権        ―      13,712   ―

  (注) 1. 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が100株含まれております。
   また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれております。
   2. 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式17株が含まれております。
   3.当第3四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
   載することができないことから、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
   ます。
  ② 【自己株式等】

                 2019年12月31日現在
                   発行済株式
           自己名義   他人名義  所有株式数
   所有者の氏名
                   総数に対する
       所有者の住所    所有株式数   所有株式数   の合計
                   所有株式数
   又は名称
            (株)   (株)   (株)
                   の割合(%)
      東京都葛飾区
  (自己保有株式)
            49,600  ―   49,600   3.48
  森尾電機株式会社
      立石4-34-1
    計     ―    49,600  ―   49,600   3.48
 2 【役員の状況】

  前事業年度の有価証券報告書提出日後、当第3四半期累計期間における役員の異動はありません。
            10/21









                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
 第4 【経理の状況】
 1.四半期連結財務諸表の作成方法について

  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
  64号)に基づいて作成しております。
 2.監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019年
  12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
  いて、東陽監査法人による四半期レビューを受けております。
            11/21

















                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
 1 【四半期連結財務諸表】
  (1) 【四半期連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           1,650,339      908,477
             ※ 1,897,593    ※ 2,901,149
   受取手形及び売掛金
              ※ 469,814    ※ 534,211
   電子記録債権
   商品及び製品            70,160     75,933
   仕掛品           1,435,134     1,703,924
   原材料及び貯蔵品            447,114     453,445
              30,664     19,061
   その他
   流動資産合計           6,000,821     6,596,202
  固定資産
   有形固定資産
   建物及び構築物           2,887,722     2,882,527
              △1,439,911     △1,491,155
    減価償却累計額
    建物及び構築物(純額)          1,447,811     1,391,371
   土地
              63,720     63,720
   その他           664,176     666,664
              △426,685     △463,367
    減価償却累計額
    その他(純額)          237,491     203,297
   有形固定資産合計           1,749,023     1,658,389
   無形固定資産
              358,188     361,866
   投資その他の資産
   投資有価証券           1,488,354     1,420,519
              91,887     78,888
   その他
   投資その他の資産合計           1,580,242     1,499,407
   固定資産合計           3,687,455     3,519,664
  資産合計            9,688,276     10,115,867
            12/21










                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
             ※ 1,236,026    ※ 1,413,478
   支払手形及び買掛金
              ※ 703,379    ※ 869,802
   電子記録債務
   短期借入金           1,718,372     2,059,236
   未払法人税等            36,579     41,190
   賞与引当金            146,000     75,900
   役員賞与引当金            10,000      -
              295,309     319,723
   その他
   流動負債合計           4,145,667     4,779,330
  固定負債
   長期借入金            877,169     721,492
   繰延税金負債            258,903     260,656
              348,131     324,621
   その他
   固定負債合計           1,484,204     1,306,770
  負債合計            5,629,871     6,086,100
  純資産の部
  株主資本
   資本金           1,048,500     1,048,500
   資本剰余金            897,272     897,272
   利益剰余金           1,452,714     1,449,509
              △70,495     △70,620
   自己株式
   株主資本合計           3,327,991     3,324,661
  その他の包括利益累計額
   その他有価証券評価差額金            722,508     701,022
               7,904     4,081
   為替換算調整勘定
   その他の包括利益累計額合計            730,412     705,104
  純資産合計            4,058,404     4,029,766
  負債純資産合計            9,688,276     10,115,867
            13/21










                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
  (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
  【四半期連結損益計算書】
  【第3四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  売上高            6,660,647     6,814,154
              5,543,760     5,863,794
  売上原価
  売上総利益            1,116,886      950,359
  販売費及び一般管理費             824,618     818,070
  営業利益             292,267     132,289
  営業外収益
  受取利息             24     24
  受取配当金            16,120     17,406
  受取補償金            1,844      -
  為替差益            5,696      -
               8,103     8,543
  雑収入
  営業外収益合計            31,789     25,974
  営業外費用
  支払利息            22,962     18,677
  為替差損             -    3,569
               3,022      571
  雑損失
  営業外費用合計            25,984     22,818
  経常利益             298,072     135,446
  特別利益
               -     80
  固定資産売却益
  特別利益合計             -     80
  特別損失
  固定資産除却損            8,149     7,885
  投資有価証券評価損             -    25,975
               -    2,450
  ゴルフ会員権評価損
  特別損失合計            8,149     36,311
  税金等調整前四半期純利益             289,922     99,215
  法人税、住民税及び事業税
              64,928     38,742
              26,807     22,414
  法人税等調整額
  法人税等合計             91,735     61,156
  四半期純利益             198,187     38,058
  非支配株主に帰属する四半期純利益              -     -
  親会社株主に帰属する四半期純利益             198,187     38,058
            14/21







                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
  【四半期連結包括利益計算書】
  【第3四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  四半期純利益             198,187     38,058
  その他の包括利益
  その他有価証券評価差額金            78,846     △21,485
               9,341     △3,822
  為替換算調整勘定
  その他の包括利益合計            88,187     △25,307
  四半期包括利益             286,375     12,751
  (内訳)
  親会社株主に係る四半期包括利益            286,375     12,751
  非支配株主に係る四半期包括利益             -     -
            15/21
















                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
  【注記事項】
  (四半期連結貸借対照表関係)
  ※ 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
  なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
  が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
          前連結会計年度     当第3四半期連結会計期間

          (2019年3月31日)      (2019年12月31日)
   受取手形         8,880千円      41,030千円
   電子記録債権        54,889千円      39,663千円
   支払手形        153,052千円      149,123千円
   電子記録債務        82,736千円      92,364千円
  (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

  当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
  期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
          前第3四半期連結累計期間      当第3四半期連結累計期間

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2018年12月31日)     至  2019年12月31日)
   減価償却費        209,010千円      231,641千円
  (株主資本等関係)

  前第3四半期連結累計期間(自      2018年4月1日    至  2018年12月31日)
  1.配当金支払額
       配当金の総額   1株当たり

   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
        (千円)  配当額(円)
  2018年5月11日
     普通株式    55,018    40 2018年3月31日   2018年6月29日   利益剰余金
  取締役会
  2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

  後となるもの
  該当事項はありません。
  当第3四半期連結累計期間(自      2019年4月1日    至  2019年12月31日)

  1.配当金支払額
       配当金の総額   1株当たり

   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
        (千円)  配当額(円)
  2019年5月13日
     普通株式   41,263   30 2019年3月31日   2019年6月28日   利益剰余金
  取締役会
  2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

  後となるもの
  該当事項はありません。
            16/21





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
  (セグメント情報等)
  【セグメント情報】
 Ⅰ  前第3四半期連結累計期間(自      2018年4月1日    至  2018年12月31日)
  1.報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                   (単位:千円)
                   四半期連結
        電気機器   不動産      調整額
              合計     損益計算書
       製造販売事業   関連事業      (注)1
                   計上額
  売上高
    外部顧客への売上高      6,550,212   110,434   6,660,647    ―  6,660,647

    セグメント間の内部売上高
         ―   ―   ―   ―   ―
  又は振替高
    計    6,550,212   110,434   6,660,647    ―  6,660,647
  セグメント利益       359,280   56,120   415,400   △123,132   292,267

  (注) 1. セグメント利益の調整額△123,132千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用△123,132千円であ
   ります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
   2. セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
  2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

  該当事項はありません。
 Ⅱ  当第3四半期連結累計期間(自      2019年4月1日    至  2019年12月31日)

  1.報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                   (単位:千円)
                   四半期連結
        電気機器   不動産      調整額
              合計     損益計算書
       製造販売事業   関連事業      (注)1
                   計上額
  売上高
    外部顧客への売上高      6,702,157   111,996   6,814,154    ―  6,814,154

    セグメント間の内部売上高
         ―   ―   ―   ―   ―
  又は振替高
    計    6,702,157   111,996   6,814,154    ―  6,814,154
  セグメント利益       208,108   54,490   262,598   △130,308   132,289

  (注) 1. セグメント利益の調整額△130,308千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用△130,308千円であ
   ります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
   2. セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
  2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

  該当事項はありません。
            17/21






                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
  (1株当たり情報)
  1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間

            (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
      項目
            至  2018年12月31日)    至  2019年12月31日)
  1株当たり四半期純利益金額
              144円09銭     27円67銭
      (算定上の基礎)

  親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)

               198,187     38,058
  普通株主に帰属しない金額(千円)

                ―     ―
  普通株式に係る親会社株主に帰属する
               198,187     38,058
  四半期純利益金額(千円)
  普通株式の期中平均株式数(千株)
               1,375     1,375
   (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
            18/21















                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
 2 【その他】
  該当事項はありません。
            19/21




















                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            20/21



















                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年2月4日

  森尾電機株式会社
  取締役会 御中
        東陽監査法人
         指定社員

             公認会計士   北 島    緑     印
         業務執行社員
         指定社員

             公認会計士   清 水 谷  修     印
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている森尾電機株

  式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から
  2019年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財
  務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
  半期レビューを行った。
  四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

   経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連
  結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財
  務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

   当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対
  する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
  に準拠して四半期レビューを行った。
   四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される
  質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥
  当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
  監査人の結論

   当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と
  認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、森尾電機株式会社及び連結子会社の2019年12月31日現在の財
  政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
  べての重要な点において認められなかった。
  利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以    上

  (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

   告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク