株式会社DNAチップ研究所 四半期報告書 第21期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第21期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 株式会社DNAチップ研究所
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
 【表紙】
 【提出書類】        四半期報告書

 【根拠条文】        金融商品取引法第24条の4の7第1項

 【提出先】        関東財務局長

 【提出日】        2020年2月7日

 【四半期会計期間】        第21期第3四半期(自     2019年10月1日    至  2019年12月31日)

 【会社名】        株式会社DNAチップ研究所

 【英訳名】        DNA Chip Research Inc.

 【代表者の役職氏名】        代表取締役社長  的  場    亮

 【本店の所在の場所】        東京都港区海岸一丁目15番1号

 【電話番号】        03-5777-1700

 【事務連絡者氏名】        経理部長     萩 野  眞 司

 【最寄りの連絡場所】        東京都港区海岸一丁目15番1号

 【電話番号】        03-5777-1700

 【事務連絡者氏名】        経理部長     萩 野  眞 司

 【縦覧に供する場所】        株式会社東京証券取引所

           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/17









                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
 第一部 【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

         第20期    第21期

    回次    第3四半期    第3四半期     第20期
         累計期間    累計期間
        自  2018年4月1日   自  2019年4月1日   自  2018年4月1日
    会計期間
        至  2018年12月31日   至  2019年12月31日   至  2019年3月31日
  売上高    (千円)    172,984    188,051    360,807

  経常損失    (千円)    135,145    151,812    103,314

  四半期(当期)純損失    (千円)    136,637    151,513    104,878

  持分法を適用した
      (千円)     ―    ―    ―
  場合の投資利益
  資本金    (千円)    416,219    416,219    416,219
  発行済株式総数     (株)   5,089,700    5,089,700    5,089,700

  純資産額    (千円)    734,205    624,891    769,134

  総資産額    (千円)    803,882    722,436    864,740

  1株当たり四半期
      (円)    31.94    29.77    23.42
  (当期)純損失金額
  潜在株式調整後
  1株当たり四半期     (円)     ―    ―    ―
  (当期)純利益金額
  1株当たり配当額     (円)     ―    ―    ―
  自己資本比率     (%)    89.98    83.54    87.32

         第20期    第21期

    回次    第3四半期    第3四半期
         会計期間    会計期間
        自  2018年10月1日   自  2019年10月1日
    会計期間
        至  2018年12月31日   至  2019年12月31日
  1株当たり四半期
      (円)    4.76    11.32
  純損失金額
  (注)  1  売上高には、消費税等は含まれておりません。
   2  持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
   3  第20期第3四半期累計期間、第20期及び第21期第3四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期
    (当期)純利益金額については、潜在株式が存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失であるた
    め、記載しておりません。
 2 【事業の内容】

  当第3四半期累計期間において営まれている事業の内容に重要な変更はありません。
             2/17




                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【事業等のリスク】

  当第3四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
  者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリス
  ク」についての重要な変更はありません。
  なお、将来にわたって事業活動を継続するとの前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況といたしまし
  て、2006年3月期より、継続的な営業損失の発生及び営業キャッシュ・フローのマイナスを計上しております。
  また、当第3四半期累計期間におきましても、営業損失152百万円、経常損失151百万円、四半期純損失151百万円を
  それぞれ計上しております。
 2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  (1)財政状態及び経営成績の状況
   当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、米中貿易摩擦の影響等により景気の先行きに対する慎重な見方が
  大勢を占め、外需の低迷につれて主に企業の生産活動や輸出面での減速感が顕在化してまいりました。また、消費
  税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動により、小売業等の景況感は悪化する傾向にあります。さらに、東アジア
  や中東地域等における地政学リスクが高まりつつあるなかで、景気の先行きは依然留意すべき状況にあります。
   一方当社が属するヘルスケア分野は、高齢化や健康・医療ニーズの多様化を背景に需要期待が高まっておりま
  す。政府も成長戦略の一つと位置付けており、ヘルスケア産業の活性化は今後も引き続き見込まれております。
   さらに、がんゲノム医療時代の幕開けと言える話題として、昨年6月に患者のがん細胞の遺伝子変異を調べて、
  最適な薬を選ぶ「がんゲノム医療」の遺伝子検査システムに公的医療保険が適用になりました。対象になるのは、
  原発不明がん、標準治療を終えたがんや希少がんの患者で、これまでは限られた医療機関において、自費で高額の
  費用をかけ、わずかな可能性にかけて検査を受け、使える薬を探っていたものが、公的医療保険を利用して全国の
  医療機関で広く検査を受けられるようになりました。
   このような状況下において当社は、現在、血液を用いて肺がんの遺伝子変異検査を行う、「EGFRリキッド
  (EGFR-NGS   Checkから名称変更しました)」をコンパニオン診断として、2019年7月10日に厚生労働
  省へ承認申請を行いました。承認されれば医療現場での使用が可能となります。この薬事承認・公的医療保険適用
  による早期事業化を最優先事項とし、当事業年度は売上高380百万円(前年比105.3%)を目標に取り組んでおりま
  す。
   新たな論文につきましては、胃がんの遺伝子変異の評価を順天堂大学医学部付属静岡病院と共同で行い、その研
  究成果が「Detection    of gene mutations  in gastric  cancer tissues  using acommercial  sequencing  panel」
  という題名で「Molecular     and Clinical  Oncology」に掲載されました。
   これらの結果、当第3四半期累計期間の売上高は、188百万円(前年同四半期比108.7%)となりました。利益面
  では、営業損失152百万円(前年同四半期営業損失135百万円)、経常損失151百万円(前年同四半期経常損失135百
  万円)、第3四半期純損失151百万円(前年同四半期純損失136百万円)となりました。
   セグメント別の経営成績は次のとおりであります。

  ① 研究受託事業
   研究受託事業におきましては、主な事業として受託解析サービスを行っております。大学や研究機関、製薬会社
  等を主要な顧客として、遺伝子関連解析のサービスや解析結果の統計処理のサービスを提供しております。主な
  サービスは、マイクロアレイ受託解析サービスと次世代シークエンス受託解析サービスがあります。共に、大学や
  研究機関、製薬会社等に対し積極的な提案型営業を行うとともに、きめ細やかなフォローを推進しております。ま
  た、各種受託解析の実績から顧客の目的に合わせた実験デザインの提案、データ解析及びサポートに力を入れると
  ともに、顧客ニーズに合わせた新規サービスメニューの拡充を図っております。
   いずれのサービスにつきましても、他社との差別化を意識し、クオリティの高い内容をお客様に提供すべく取り
  組んでおります。
   当第3四半期累計期間の売上高は157百万円(前年同四半期比96.2%)、セグメント損失は43百万円(前年同四半
  期セグメント損失は21百万円)となりました。
  ② 診断事業

   診断事業におきましては、血液を用いて肺がんの遺伝子変異を検査する「EGFRリキッド」の市場への普及を
             3/17


                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
  当社の最優先事項として取り組んでおります。この検査は、低侵襲的な血液遺伝子検査により、血中に微量に存在
  する血中腫瘍DNA上のEGFR変異を次世代シークエンス法により高感度に検出するリキッドバイオプシー検査
  です。肺がん組織の生検(気管支鏡検査、CTガイド化生検)は、侵襲性が高く患者さんへの負担も大きいことか
  ら、リキッドバイオプシー検査への期待が高まっています。現在この検査の薬事申請を行い、薬事承認、保険収載
  を目指した活動を行っております。また、リキッドバイオプシー検査に続いて、肺がん組織検査に特化した高感度
  な一括遺伝子検査パネル(仮称:肺がんコンパクトパネル)を開発中です。コンパクトパネルは、EGFR                  ALK ROS1
  BRAF の 4つのコンパニオン診断可能な遺伝子が対象です。薬事申請に向けて開発を進めています。
   その他の検査メニューとして、遺伝子解析を用いた関節リウマチの薬剤効果予測検査、うつ病の診断技術の開発
  も積極的に進めております。
   当第3四半期累計期間の売上高は、30百万円(前年同四半期比319.6%)、セグメント損失は44百万円(前年同四
  半期セグメント損失は48百万円)となりました。
   当第3四半期会計期間末における財政状態につきましては、総資産は722百万円で、前事業年度末に比べ142百万

  円減少しております。主な要因は次のとおりであります。
  (流動資産)

  当第3四半期会計期間末における流動資産の残高は507百万円で、前事業年度末に比べ303百万円減少しておりま
  す。
  主な要因は、現金及び預金が281百万円、受取手形及び売掛金が84百万円それぞれ減少したことなどによります。
  (固定資産)

  当第3四半期会計期間末における固定資産の残高は215百万円で、前事業年度末に比べて161百万円増加しており
  ます。
  主な要因は、長期前払費用が91百万円増加するなど投資その他の資産が134百万円、自己使用目的のソフトウエア
  制作により無形固定資産が21百万円、研究用機器(工具、器具及び備品)の取得により有形固定資産が17百万円そ
  れぞれ増加した一方、有形固定資産及び無形固定資産の減価償却費の計上により12百万円減少したことなどにより
  ます。
  (流動負債)

  当第3四半期会計期間末における流動負債の残高は90百万円で、前事業年度末に比べ微増であります。
  (固定負債)

  当第3四半期会計期間末における固定負債の残高は7百万円で、前事業年度末に比べ微増であります。
  (純資産)

  当第3四半期会計期間末における純資産の残高は624百万円で、前事業年度末に比べ144百万円減少しておりま
  す。
  主な要因は、四半期純損失による利益剰余金151百万円の減少などによるものです。
  (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

   当第3四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題
  はありません。
  (3)研究開発活動

   当第3四半期累計期間の研究開発費の総額は、37百万円であります。
   なお、当第3四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
  (4)従業員数

   当第3四半期累計期間において、従業員数の重要な変動はありません。
             4/17


                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
  (5)生産、受注及び販売の実績
   当第3四半期累計期間における生産、受注及び販売の実績は、ほぼ予定通りとなっており、著しい変動はありま
  せん。
  (6)主要な設備

   当第3四半期累計期間において、主要な設備に重要な変動はありません。
             5/17


















                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
  (7)提出会社が将来にわたって事業活動を継続するとの前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況を解消
  し、又は改善するための対応策
   当社は、「第2    事業の状況   1  事業等のリスク」に記載のとおり、当第3四半期累計期間におきましても営
  業損失152百万円、経常損失151百万円、四半期純損失151百万円をそれぞれ計上しておりますが、これを改善する
  ため次のような取組により、当事業年度は380百万円の売上の確保を目指しております。
  ①研究受託事業

   ・提案型研究受託の営業強化
    ・大型案件の受注の確保
    ・外部との連携強化
    ・新サービスメニュー開発によるメニューの差別化
    ②診断事業

     ・「EGFRリキッド」に続く次世代シークエンサーを使用した肺がんパネル検査の開発
 3 【経営上の重要な契約等】

  当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             6/17














                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
 第3 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
       種類        発行可能株式総数(株)

       普通株式             10,080,000

       計            10,080,000

  ② 【発行済株式】

      第3四半期会計期間    提出日現在   上場金融商品取引所

    種類  末現在発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融     内容
      (2019年12月31日)    (2020年2月7日)    商品取引業協会名
              東京証券取引所    単元株式数は100株で
    普通株式    5,089,700    5,089,700
              (市場第二部)    あります。
    計    5,089,700    5,089,700    ―    ―
  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
  ② 【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

   該当事項はありません。
             7/17










                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】
       発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金

           資本金増減額   資本金残高
    年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
            (千円)   (千円)
       (株)   (株)       (千円)   (千円)
  2019年10月1日~
        ― 5,089,700    ―  416,219   ―  443,798
  2019年12月31日
  (5) 【大株主の状況】

  当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
  (6) 【議決権の状況】

  当第3四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載する
  ことができませんので、直前の基準日である2019年9月30日の株主名簿により記載しております。
  ① 【発行済株式】

                 2019年9月30日現在
    区分    株式数(株)   議決権の数(個)      内容
  無議決権株式       ―    ―     ―
  議決権制限株式(自己株式等)       ―    ―     ―
  議決権制限株式(その他)       ―    ―     ―
  完全議決権株式(自己株式等)       ―    ―     ―
       普通株式  5,088,300
  完全議決権株式(その他)            50,883    ―
       普通株式   1,400
  単元未満株式           ―   一単元(100株)未満の株式
  発行済株式総数        5,089,700   ―     ―
  総株主の議決権       ―    50,883    ―
  (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式が94株含まれております。
  ② 【自己株式等】

                 2019年9月30日現在
                   発行済株式
            自己名義  他人名義  所有株式数
   所有者の氏名               総数に対する
        所有者の住所    所有株式数  所有株式数   の合計
    又は名称               所有株式数
            (株)  (株)  (株)
                   の割合(%)
    ―     ―   ―  ―  ―  ―
    計     ―   ―  ―  ―  ―
 2 【役員の状況】


   該当事項はありません。
             8/17






                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
 第4 【経理の状況】
 1  四半期財務諸表の作成方法について

  当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
  号)に基づいて作成しております。
 2  監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2019年10月1日から2019年12月
  31日まで)及び第3四半期累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期財務諸表について、清
  友監査法人により四半期レビューを受けております。
 3  四半期連結財務諸表について

  当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
             9/17















                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
 1 【四半期財務諸表】
  (1) 【四半期貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前事業年度    当第3四半期会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金            658,009     376,946
   受取手形及び売掛金            134,621     50,037
   商品             0     0
   仕掛品            5,909     10,707
   貯蔵品            5,780     12,911
               6,038     56,402
   その他
   流動資産合計            810,360     507,005
  固定資産
   有形固定資産            14,933     20,065
   無形固定資産            35,878     57,756
   投資その他の資産
   長期前払費用            47    91,431
               3,521     46,177
   その他
   投資その他の資産合計           3,569     137,608
   固定資産合計            54,380     215,430
  資産合計            864,740     722,436
  負債の部
  流動負債
   買掛金            48,161     43,597
              40,808     46,829
   その他
   流動負債合計            88,969     90,427
  固定負債
               6,636     7,117
   退職給付引当金
   固定負債合計            6,636     7,117
  負債合計            95,606     97,544
  純資産の部
  株主資本
   資本金            416,219     416,219
   資本剰余金            443,798     443,798
   利益剰余金           △104,879     △256,393
               △68     △68
   自己株式
   株主資本合計            755,070     603,557
  新株予約権            14,063     21,334
  純資産合計            769,134     624,891
  負債純資産合計             864,740     722,436
            10/17






                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
  (2) 【四半期損益計算書】
  【第3四半期累計期間】
                   (単位:千円)
           前第3四半期累計期間     当第3四半期累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  売上高             172,984     188,051
              154,733     182,344
  売上原価
  売上総利益             18,250     5,707
  販売費及び一般管理費             153,482     157,803
  営業損失(△)            △135,232     △152,096
  営業外収益
  受取利息             0     3
  受取賃貸料             126     297
               174     95
  その他
  営業外収益合計             301     395
  営業外費用
               215     111
  為替差損
  営業外費用合計             215     111
  経常損失(△)            △135,145     △151,812
  特別利益
               13     515
  固定資産売却益
  特別利益合計             13     515
  特別損失
  特別退職金            1,287      ―
               0     ―
  その他
  特別損失合計            1,287      ―
  税引前四半期純損失(△)            △136,420     △151,296
  法人税、住民税及び事業税             217     217
  法人税等合計             217     217
  四半期純損失(△)            △136,637     △151,513
            11/17










                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
  【注記事項】
 (四半期損益計算書関係)
   1.売上高の季節的変動
  前第3四半期累計期間(自      2018年4月1日 至     2018年12月31日)及び当第3四半期累計期間(自          2019年4月
  1日 至   2019年12月31日)
  当社は、事業の性質上、売上高が年度末に向けて集中する傾向があるため、通常、第3四半期累計期間の売上高の
  事業年度に占める割合は低くなる傾向があり業績に季節的変動があります。
 (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

  当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期間
  に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
        前第3四半期累計期間        当第3四半期累計期間

        (自  2018年4月1日       (自  2019年4月1日
        至  2018年12月31日)       至  2019年12月31日)
   減価償却費       9,506千円        12,505千円
 (株主資本等関係)

  前第3四半期累計期間(自      2018年4月1日    至  2018年12月31日)
  1.配当金支払額

   該当事項はありません。
  2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後とな

  るもの
   該当事項はありません。
  3.株主資本の著しい変動

   2018年6月20日開催の定時株主総会の決議により、2018年9月30日付で会社法第447条第1項及び第448条第
   1項の規定に基づき、資本金1,300,024千円及び資本準備金1,184,995千円を減少させ、その他資本剰余金に振
   り替えた後、同日付で会社法第452条の規定に基づき、その他資本剰余金2,485,019千円を全額減少し、繰越利
   益剰余金に振り替え、欠損填補に充当いたしました。この結果、当第2四半期会計期間末において、資本金が
   100,000千円、資本剰余金が127,579千円となりました。
   また、2014年12月8日発行の第1回新株予約権(第三者割当による行使価額修正条項付新株予約権                 )の行使
   に伴う新株の発行による払込みを2018年12月19日に受け、資本金及び資本準備金がそれぞれ316,219千円増加し
   ております。この結果、当第3四半期会計期間末において資本金が416,219千円、資本剰余金が443,798千円と
   なっております。
  当第3四半期累計期間(自      2019年4月1日    至  2019年12月31日)

  1.配当金支払額

   該当事項はありません。
  2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後とな

  るもの
   該当事項はありません。
  3.株主資本の著しい変動

    該当事項はありません。
            12/17



                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
  (セグメント情報等)
 【セグメント情報】
 Ⅰ  前第3四半期累計期間(自      2018年4月1日    至  2018年12月31日)
  1  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                  (単位:千円)
          報告セグメント
                調整額
                   合計
                (注)1
       研究受託   診断   計
  売上高
    外部顧客への売上高      163,324   9,660   172,984    ―  172,984
  セグメント間の内部売上
         ―   ―   ―   ―   ―
   高又は振替高
    計    163,324   9,660   172,984    ―  172,984
  セグメント損失(△)   
        △21,902   △48,064   △69,966  △65,265  △135,232
  (注)2
  (注)1.調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰
   属しない一般管理費及び研究開発費であります。
   2.セグメント損失(△)の合計額は、四半期損益計算書の営業損失と一致しております。
  2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する事項

    該当事項はありません。
 Ⅱ  当第3四半期累計期間(自      2019年4月1日    至  2019年12月31日)

  1  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                  (単位:千円)
          報告セグメント
                調整額
                   合計
                (注)1
       研究受託   診断   計
  売上高
    外部顧客への売上高      157,178   30,873   188,051    ―  188,051
  セグメント間の内部売上
         ―   ―   ―   ―   ―
   高又は振替高
    計    157,178   30,873   188,051    ―  188,051
  セグメント損失(△)   
        △43,335   △44,745   △88,080  △64,015  △152,096
  (注)2
  (注)1.調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰
   属しない一般管理費及び研究開発費であります。
   2.セグメント損失(△)の合計額は、四半期損益計算書の営業損失と一致しております。
  2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する事項

    該当事項はありません。
            13/17







                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
  (1株当たり情報)
 1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
            前第3四半期累計期間     当第3四半期累計期間

            (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
       項目
             至  2018年12月31日)    至  2019年12月31日)
  1株当たり四半期純損失金額(円)              31.94     29.77
  (算定上の基礎)

  四半期純損失金額(千円)             136,637     151,513

  普通株式に係る四半期純損失金額(千円)             136,637     151,513

  普通株式の期中平均株式数(株)             4,277,882     5,089,606

  (注)  前第3四半期累計期間及び当第3四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額について
   は、潜在株式が存在するものの1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
            14/17















                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
 2 【その他】
  該当事項はありません。
            15/17




















                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            16/17



















                     EDINET提出書類
                  株式会社DNAチップ研究所(E05389)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年2月6日

 株式会社DNAチップ研究所
  取締役会  御中
         清友監査法人
          指定社員

             公認会計士   三  牧     潔     ㊞
          業務執行社員
          指定社員

             公認会計士   柴  田  和  彦     ㊞
          業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社DNA

 チップ研究所の2019年4月1日から2020年3月31日までの第21期事業年度の第3四半期会計期間(2019年10月1日から
 2019年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期財務諸表、す
 なわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
 四半期財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
 を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
 正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
 論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
 て四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
 認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
 監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
 れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社DNAチップ研究所の2019年12月31日現在の財政状態及び同日を
 もって終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において
 認められなかった。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上

 (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

   書提出会社)が別途保管しております。
  2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            17/17




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク