株式会社セゾン情報システムズ 四半期報告書 第51期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第51期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社セゾン情報システムズ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年2月6日
      【四半期会計期間】                    第51期第3四半期(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)
      【会社名】                    株式会社セゾン情報システムズ
      【英訳名】                    SAISON    INFORMATION      SYSTEMS    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  内田 和弘
      【本店の所在の場所】                    東京都港区赤坂一丁目8番1号
      【電話番号】                    03(6370)2930
      【事務連絡者氏名】                    取締役コンプライアンス 兼 財務経理担当  土橋 眞吾
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区赤坂一丁目8番1号
      【電話番号】                    03(6370)2930
      【事務連絡者氏名】                    取締役コンプライアンス 兼 財務経理担当  土橋 眞吾
      【縦覧に供する場所】                    株式会社セゾン情報システムズ 西日本事業所
                         (大阪市西区江戸堀一丁目5番16号)
                         株式会社セゾン情報システムズ 中部事業所
                         (名古屋市中村区名駅南二丁目14番19号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第50期           第51期
               回次               第3四半期           第3四半期            第50期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2018年4月1日           自 2019年4月1日           自 2018年4月1日

              会計期間
                           至 2018年12月31日           至 2019年12月31日           至 2019年3月31日
                      (千円)          17,442,277           17,325,393           23,641,590
     売上高
                      (千円)           2,012,792           2,292,155           2,345,923
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                      (千円)           1,674,805           1,788,379           2,034,076
     (当期)純利益
                      (千円)           1,782,619           1,760,985           2,285,921
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          12,580,943           13,630,141           13,084,245
     純資産額
                      (千円)          19,043,931           20,093,005           20,640,914
     総資産額
                      (円)            103.39           110.40           125.56
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             66.1           67.8           63.4
     自己資本比率
                               第50期           第51期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 2018年10月1日           自 2019年10月1日

              会計期間
                           至 2018年12月31日           至 2019年12月31日
                      (円)            40.91           25.48
     1株当たり四半期純利益
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
        なお、2019年1月30日開催の取締役会において、当社の完全子会社である株式会社アプレッソを吸収合併すること
       を決議し、同日付で合併契約を締結いたしました。この契約に基づき、当社は2019年4月1日付で株式会社アプレッ
       ソを吸収合併いたしました。
                                  2/21






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日内閣府令第3号)による改
       正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第四号の三様式記載上の注意(7)の規定を当事業年度に係る四半期
       報告書から適用しております。
        当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
       投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
       リスク」についての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日内閣府令第3号)による改
       正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第四号の三様式記載上の注意(8)の規定を当事業年度に係る四半期
       報告書から適用しております。
        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、消費増税後の影響で下振れ懸念はあったものの、政府の増税
        対策等の好材料が下支えとなり横ばいで推移しております。一方で、米中貿易摩擦や地政学的リスク等海外情勢の
        不安定な状況に起因する世界経済の減速リスクは未だに解消されていない状況にあります。
         当社グループが属する情報サービス業界は、「AI」、「IoT」、「ビッグデータ」、「ブロックチェーン」、
        「RPA(Robotic        Process    Automation)」、「クラウド」等が社会基盤として活用されはじめています。ITイノ
        ベーションによるDX(デジタルトランスフォーメーション)が進展しており、クラウドに代表されるサービス型ビ
        ジネスへの転換や企業のIT関連投資、情報セキュリティ対策等に対するニーズの増大から、業界全体は引き続き堅
        調に推移しました。それに伴いIT技術者の不足及び高コスト化等、重要な事業リソースに係る課題も顕在化してお
        り、最新テクノロジーやITイノベーションを推進する技術者の育成及び確保が共通課題となっております。
         このような経営環境のもと当社グループは、システム開発、データセンターを活用した情報処理サービス、「H
        ULFT(ハルフト)」製品群を中心としたパッケージ製品販売及びサポートサービス等、これまで提供してまい
        りました既存領域の徹底した生産性向上による収益性向上を図っております。同時に、パッケージ製品のサービス
        ビジネス化や更なるグローバル展開、最新テクノロジー(「AI」、「IoT」、「ビッグデータ」、「ブロック
        チェーン」、「RPA」、「クラウド」等)の研究開発及び活用、更に全社的な技術戦略及び事業戦略を推進する人
        材の育成等に注力しております。
         また、当社では新しいお客様に対しサービスやこれまでの経験とノウハウを展開するとともに、既存のお客様に
        対し新しい技術を適用したサービスを提供することで、更なる事業成長を目指しております。成長の主軸に位置付
        けているリンケージサービスは、当社の強みである「HULFT」「DataSpider」を活用し、有力SaaSの導入と関
        連システム間のデータ連携を端緒として、お客様のデータ連携基盤や統合データ分析基盤の設計・構築にまで、順
        調にサービス範囲を深化・拡大しております。
         一方、仕事改革と生産性向上、教育研修制度の充実、組織横断コミュニケーションの充実等の取り組みや、ESG
        (環境・社会・ガバナンス)に関連する社会貢献活動も継続しております。
         当第3四半期連結累計期間における当社グループの業績は、売上高                                17,325百万円      (前年同期比      0.7%減    )、  営業
        利益2,283百万円        (同  13.6%増    )、  経常利益2,292百万円          (同  13.9%増    )、  親会社株主に帰属する四半期純利益
        1,788百万円      (同  6.8%増    )となりました。        また、2019年1月30日公表の「連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式
        合併)に関するお知らせ」のとおり、当社は2019年4月1日付で株式会社アプレッソを吸収合併しております。
         当第3四半期連結累計期間におけるセグメント別の業績は次のとおりであります。以下、セグメント間取引につ
        いては相殺消去しておりません。
        ① Fintechプラットフォーム事業

          売上面においては、インフラ環境のパブリッククラウド化や業務改善・効率化支援、ビッグデータの活用、
         RPA活用支援等、新規領域の売上は前年同期比197.3%増加しております。しかしながら、新規領域の売上は計画
         に至っていないこと及び既存領域におけるシステム開発案件の大幅減少等により、                                      当第3四半期連結累計期間の
         Fintechプラットフォーム事業の売上高は                   7,343百万円      (前年同期比      14.4%減    )となりました。
          利益面においては、前述の既存領域におけるシステム開発案件の減少等により、当第3四半期連結累計期間の
         営業利益は898百万円          (同  31.0%減    )となりました。
                                  3/21



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
        ② 流通ITサービス事業
          本事業は、システム開発中心からサービス提供中心へ事業モデル転換が順調に進み、売上面においては、既存
         領域案件が減少したものの、リンケージサービス案件が順調に増加したこと等により、当第3四半期連結累計期
         間の流通ITサービス事業の売上高は                  3,638百万円      (同  10.1%増    )となりました。
          利益面においては、リンケージサービスが順調に増加している一方で、既存事業領域の汎用サーバ基盤提供
         サービスの収益性低下による受注損失処理を実施したこと等により、当第3四半期連結累計期間の                                             営業利益は22
         百万円   (同  35.1%減    )となりました。
          なお、汎用サーバ基盤提供サービスについては、収益性低下に伴い当第3四半期連結累計期間において、減損
         損失176百万円を計上しております。
        ③ HULFT事業

          国内におけるデータ連携のデファクトスタンダードである当社の主力製品「HULFT」の累計出荷本数は、
         前連結会計年度末から約6,500本増加し約211,500本となり、導入社数は前連結会計年度末から約300社増加し
         9,900社を超えました。
          売上面においては、「HULFT」「DataSpider」等のライセンス販売が大幅に増加したこと、クラウド型の
         サブスクリプションサービスやサポートサービスが拡大したこと等により、当第3四半期連結累計期間のHUL
         FT事業の売上高は         6,382百万円      (同  14.7%増    )となりました。
          利益面においては、売上高の増加が大きく寄与し、当第3四半期連結累計期間の                                      営業利益は1,753百万円           (同
         67.2%増    )となりました。
        (経営目標の達成状況を判断するための指標)

         ・新規3象限売上高
          経営計画では事業モデル変革を掲げており、主な戦略及び重点施策として新しい技術を適用したサービスを創
         出するとともに新市場の獲得を目指していることから、これらの達成状況を判断する指標として、新技術・新領
         域に係る売上高(新規3象限売上高)計画達成率を設定しています。
          当第3四半期連結累計期間は、Fintechプラットフォーム事業ではパブリッククラウド化へのインフラ環境構
         築、流通ITサービス事業ではリンケージサービス、HULFT事業ではクラウド型サブスクリプションサービ
         スである「DataSpider           Cloud」が進展しました。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の新規3象限売上高は、                              3,9  81 百万円(前年同期比72.6%増)となりま
         した。
                                                    (単位:百万円)
                   2019年3月期         2020年3月期                 2020年3月期         通期計画に
                                    前年同期比
                  第3四半期累計         第3四半期累計                   通期計画       対する進捗率
         新規3象限
                       2,306         3,981        +72.6%          5,500
                                                         72.4%
         売上高
                      17,442         17,325        △0.7%         24,000
         連結売上高                                               72.2%
         対連結売上高
                      13.2%         23.0%         +9.8P         22.9%           ―
         比率
                                  4/21








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
         ・TSR(株主総利回り)
          当社グループは、目指す高収益企業にふさわしい株主還元を実現するためのベンチマーク目標として、TSRを
         経営指標に設定しております。
          当社グループの事業構造は、システム開発・運用と自社パッケージソフトウェア販売とがバランスしており、
         情報技術産業の中でも類似の事業構造を持つ企業が少ないと考えます。
          したがって、ベンチマークとするTSRは一定数の上場企業を含み、恣意性を排除した対象とするため、GICS
         (世界産業分類基準)における当社が属する産業グループ(4510:ソフトウェア・サービス)に同様に属する国
         内上場企業のTSRとしております。
          評価期間は、2016年3月末を基準として評価をしておりその推移は次のとおりとなっております。
         (TSRベンチマーク)

       (2)財政状態の分析





         当第3四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末より                                547百万円減少       し、  20,093百万円      となりまし
        た。主な減少要因は、減価償却等により有形及び無形固定資産が同1,142百万円減少したこと、売上債権の回収に
        より受取手形及び売掛金が同545百万円減少したこと等によるものであります。また、主な増加要因は、現金及び
        預金が同1,064百万円増加したこと等によるものであります。
         負債合計は同       1,093百万円減少        し、  6,462百万円      となりました。主な減少要因は、支払手形及び買掛金が同821百
        万円減少したこと、賞与支給により賞与引当金が同555百万円減少したこと等によるものであります。また、主な
        増加要因は、前受金が同331百万円増加したこと等によるものであります。
         純資産合計は同        545百万円増加       し、  13,630百万円      となりました。この要因は、利益剰余金が、剰余金処分による
        配当財源への割当てにより同1,214百万円減少した一方で、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上により同
        1,788百万円増加        したこと等によるものであります。
         以上の結果、自己資本比率は前連結会計年度末より4.4ポイント増加し、67.8%となりました。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが事業上及び財務上の対処すべき課題について、重要な変更
        及び新たに生じた課題はありません。
         なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
        社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
                                  5/21






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
        (株式会社の支配に関する基本方針)
         一 基本方針の内容の概要
           当社取締役会は、当社株式の大規模買付行為を受け入れるか否かの判断は、最終的には当社株主の皆様の判
          断に委ねられるべきものであると考えております。また、当社は、当社株式について大規模買付行為がなされ
          る場合、これが当社の企業価値ひいては株主共同の利益に資するものであれば、これを否定するものではあり
          ません。
           しかしながら、大規模買付行為の中には、その目的等から企業価値ひいては株主共同の利益に対して明白な
          侵害をもたらすもの、株主の皆様に株式の売却を事実上強要するおそれがあるもの、対象会社の取締役会や株
          主が大規模買付行為の内容等を検討し、代替案を提案するための十分な時間や情報を提供しないもの、大規模
          買付者の提示した条件よりも有利な条件を引き出すために大規模買付者との交渉を必要とするもの等、当社の
          企業価値ひいては株主共同の利益に資さないものも少なくありません。
           したがって、当社取締役会は、このような当社の企業価値・株主共同の利益に資さない大規模買付行為を行
          う者は、当社の財務及び事業の方針の決定に重大な影響を与える者として不適切であると考えております。そ
          こで、当社は、こうした不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定に重大な悪影響が生じることを
          防止し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に反する大規模買付行為を抑止するとともに、大規模買付行
          為が行われる際に、当社取締役会が株主の皆様に代替案を提案したり、あるいは株主の皆様がかかる大規模買
          付行為に応じるべきか否かを判断するために必要な情報や時間を確保したりすること、株主の皆様のために交
          渉を行うこと等が必要であると考えております。
         二 基本方針の実現に資する特別な取組みの内容の概要

           当社グループが属する情報サービス業界は、「AI」、「IoT」、「ビッグデータ」、「ブロックチェー
          ン」、「RPA(Robotic           Process    Automation)」、「クラウド」等が社会基盤として活用されはじめていま
          す。ITイノベーションによるDX(デジタルトランスフォーメーション)が進展しており、クラウドに代表され
          るサービス型ビジネスへの転換や企業のIT関連投資、情報セキュリティ対策等に対するニーズの増大から、業
          界全体は引き続き堅調に推移しました。それに伴いIT技術者の不足及び高コスト化等、重要な事業リソースに
          係る課題も顕在化しており、最新テクノロジーやITイノベーションを推進する技術者の育成及び確保が共通課
          題となっております。
           このような経営環境のもと当社グループは、システム開発、データセンターを活用した情報処理サービス、
          「HULFT」製品群を中心としたパッケージ製品販売及びサポートサービス等、これまで提供してまいりま
          した既存領域の徹底した生産性向上による収益性向上を図っております。同時に、パッケージ製品のサービス
          ビジネス化や更なるグローバル展開、最新テクノロジー(「AI」、「IoT」、「ビッグデータ」、「ブロック
          チェーン」、「RPA」、「クラウド」等)の研究開発及び活用、更に全社的な技術戦略及び事業戦略を推進す
          る人材の育成等を推し進め、             企業価値を高めるべく経営に取組んでおります。
         三 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するため

          の取組みの内容の概要
           当社は、2014年5月15日開催の取締役会において、企業価値及び株主共同の利益の維持・向上に向けた取組
          みとしての当社の大規模買付ルールを更新することを決議し、同年6月12日開催の当社第45期定時株主総会に
          おいて、株主の皆様のご承認をいただきましたが(以下、更新前の大規模買付ルールを「旧ルール」といいま
          す。)、旧ルールの有効期間が満了したため、2017年6月22日開催の第48期定時株主総会における承認を得て
          当社の大規模買付ルール(以下、更新後の大規模買付ルールを「本ルール」といいます。)を更新いたしまし
          た。本ルールの概要は以下のとおりです。
           当社の発行する株券等の買付行為を行おうとする者のうち、本ルールの対象となる者は、①当該買付者を含
          む株主グループの議決権割合を28%以上とすることを目的とする買付行為若しくはこれに類似する行為を行お
          うとする者、又は、②当該買付行為の結果、当該買付者を含む株主グループの議決権割合が28%以上となる買
          付行為若しくはこれに類似する行為を行おうとする者です。
           大規模買付者には、大規模買付行為を開始する前に、当社宛に、本ルールに定められた手続を遵守すること
          を約束する旨等を記載した意向表明書及び当社取締役会が大規模買付行為の内容を検討するために必要と考え
          る情報(以下、「必要情報」といいます。)をご提出いただきます。
           当社取締役会は、大規模買付者から必要情報の提供を受けた日から起算して60営業日以内の期間(30営業日
          を上限として延長することができます。)(以下、「分析検討期間」といいます。)、外部専門家の助言を受
          ける等しながら、必要情報の分析・検討を行い、当社取締役会としての意見を取りまとめ、公表します。当社
          取締役会は、分析検討期間中、必要に応じて、大規模買付者と交渉し、また、株主の皆様に対する代替案の提
          示を行うことがあります。なお、当社取締役会は、一定の場合には、大規模買付行為に対する対抗措置の発動
          等に関し、株主総会を招集し、株主の皆様の意思を確認する場合があります。
                                  6/21


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
           大規模買付者は、当社取締役会が大規模買付行為に対する対抗措置の発動を行わない旨の決議を行い、又は
          当社株主総会において大規模買付行為に対する対抗措置の発動に係る議案が否決されるまでの間、大規模買付
          行為を開始することができないものとします。
           大規模買付者が本ルールを遵守しなかった場合、当社取締役会は、法令及び定款の下で可能な対抗措置のう
          ちから、状況に応じ最も適切と判断したものを発動することがあります。他方、当社取締役会は、大規模買付
          者が大規模買付ルールを遵守している場合には、原則として、大規模買付行為に対する対抗措置を発動する旨
          の決議を行いません。但し、当該大規模買付行為が当社の企業価値ひいては株主共同の利益に対する明白な侵
          害をもたらすおそれがある場合であり、かつ、対抗措置を取ることが相当であると認められる場合には、対抗
          措置を発動することがあります。具体的な対抗措置として新株予約権無償割当てを行う場合、割当期日におけ
          る株主に対し、その所有株式1株につき1個の割合で新株予約権が割当てられ、当該新株予約権には、大規模
          買付者等所定の要件に該当する者(以下、「非適格者」といいます。)は原則として行使できないとする行使
          条件、及び、非適格者以外の新株予約権者から、当社普通株式1株と引換えに当社が新株予約権を取得できる
          旨の取得条項等が付されることになります。また、対抗措置としての効果を勘案した行使期間、差別的行使条
          件及び差別的取得条項等を設けることがあります。
           当社取締役会は、大規模買付行為に対する当社取締役会としての意見の取りまとめ等を行うに当たり、その
          判断の公正性を確保するために、業務執行を行う経営陣から独立した者のみから構成される特別委員会に対抗
          措置の発動の是非その他大規模買付行為の是非等に関する諮問を行います。
           特別委員会は、当該諮問を受けた場合、当社取締役会に対し、大規模買付行為に対する意見及びその根拠資
          料、代替案(もしあれば)その他特別委員会が必要と認める情報を提供するよう要求することができます。特
          別委員会は、外部専門家の助言を受ける等しながら、必要情報及び当社取締役会から提供を受けた情報等の分
          析・検討等を行い、当社取締役会からの諮問に基づき、特別委員会としての意見を取りまとめ、当社取締役会
          に対し、対抗措置の発動の是非その他大規模買付行為の是非等に関する勧告を行います。特別委員会は、勧告
          に際して対抗措置の発動に関して予め株主意思の確認を得るべき旨の留保を付すことができるものとし、ま
          た、その理由を付して、大規模買付行為等に関する株主意思の確認を行うことを勧告することもできるものと
          します。
           当社取締役会は、特別委員会による勧告を最大限尊重して、対抗措置の発動や大規模買付行為等に関して決
          議を行います。また、当社取締役会は、①特別委員会が、対抗措置の発動に関して、予め株主総会の承認を得
          るべき旨の留保を付して勧告を行った場合、若しくは大規模買付行為に関する株主意思の確認を行うことを勧
          告した場合、又は、②大規模買付行為による当社の企業価値ひいては株主共同の利益に対する侵害が認められ
          るか否かが問題となっており、かつ、当社取締役会が善管注意義務に照らし株主の意思を確認することが適切
          と判断する場合には、株主総会を招集し、対抗措置の発動その他当該大規模買付行為に関する株主の皆様の意
          思を確認することができるものとします。株主総会を開催する場合には、当社取締役会は、株主総会の決議に
          従い、対抗措置の発動等に関する決議を行うものとします。
           本ルールの有効期間は、2017年6月22日開催の当社第48期定時株主総会の終結後3年以内に終了する事業年
          度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとします。但し、有効期間の満了前であっても、当
          社の株主総会で選任された取締役により構成される取締役会において、本ルールを廃止する旨の決議がなされ
          た場合には、本ルールはその時点で廃止されるものとします。
         四 当社取締役会の判断及び理由

           上記二記載の中期経営計画は、当社の企業価値・株主共同の利益を向上させるために策定された取組みであ
          り、まさに基本方針に沿うものです。また、本ルールは、当社株式の大規模買付行為が行われる際に、当社の
          企業価値・株主共同の利益を確保するための枠組みを設定するものであり、基本方針に沿うものです。
           本ルールは、「企業価値・株主共同の利益の確保又は向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原
          則を完全に充足していること、2017年6月22日開催の当社第48期定時株主総会の終結後3年以内に終了する事
          業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとされ、当該株主総会において株主の皆様に本
          ルールの更新についてお諮りすることを予定していること、対抗措置を発動する一定の場合には、株主意思を
          確認できるようにしていること等株主意思を重視するものであること、対抗措置の発動に際しては、経営陣か
          ら独立した特別委員会に対して、発動の是非等に関して諮問を行うこととされていること等により、その公正
          性・客観性が確保されているため、当社は、本ルールは、当社株主の共同の利益を損なうものではなく、ま
          た、当社の役員の地位の維持を目的とするものではないと考えております。
                                  7/21




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
       (4)研究開発活動
         当社グループは、中期経営計画において、「New                        Businessの創出」を重点施策として掲げております。当社グ
        ループの強みである”つなぐ”技術をキーにした新技術・新市場へ新たな製品・サービスの創出を推進しておりま
        す。
         当第3四半期連結累計期間における当社グループが支出した研究開発活動の総額は                                       387百万円     であります。
         Fintechプラットフォーム事業においては、DMP(Data                          Management      Platform)の技術検証等を行っており、プラ
        イベートDMPサービスを創出し、新領域への展開を目指します。
         流通ITサービス事業においては、AIを使った店舗運営支援システムの研究開発やブロックチェーンを使った宅
        配ボックスサービスの実証実験等を行っており、お客様のDXを支援する各種リンケージサービスの提供を目指しま
        す。
         HULFT事業においては、安心安全を製品コアとしつつ、アナログデータのデジタル化からデータ分析にいた
        るデータ・マネジメント・ソリューションを提供するべく、グローバル製品開発も視野に新製品の技術研究等を
        行っております。
         また、各報告セグメントに属さないテクノベーションセンターにおいては、「AI」、「IoT」、「ビッグデー
        タ」、「ブロックチェーン」、「RPA」、「クラウド」等の技術を応用した各種サービス、システム構築や応用的
        実証実験並びに、モダンインフラ開発の研究等を推進しており、データセンターにおいては、お客様の運用課題解
        決をスピードアップさせるマルチクラウド運用を推進しております。
       (5)生産、受注及び販売の実績

         当第3四半期連結累計期間において、Fintechプラットフォーム事業については、既存領域におけるシステム開
        発案件の減少等により、当第3四半期連結累計期間のFintechプラットフォーム事業の受注実績は6,788百万円(前
        年同期比19.7%減)であります。
         流通ITサービス事業については、システム開発中心からサービス提供中心へ事業モデルの転換が順調に進み、
        既存領域の案件が減少したものの、リンケージサービスの案件が順調に増加したこと等により、当第3四半期連結
        累計期間の流通ITサービス事業の受注実績は2,581百万円(同22.2%増)であります。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  8/21











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       60,000,000
                 普通株式
                                                       60,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末               提出日現在
                                       上場金融商品取引所名
               現在発行数(株)             発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
               (2019年12月31日)            (2020年2月6日)              取引業協会名
                                        東京証券取引所
                                                   単元株式数は100株
                                         JASDAQ
                    16,200,000            16,200,000
       普通株式
                                                   であります。
                                        (スタンダード)
        計           16,200,000            16,200,000           -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
                総数増減数        総数残高                       増減額        残高
        年月日
                                (千円)        (千円)
                 (株)        (株)                      (千円)        (千円)
     2019年10月1日~
                     -   16,200,000            -    1,367,687           -    1,461,277
     2019年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  9/21








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】
                                                   2019年9月30日現在
                        株式数(株)            議決権の数(個)
           区分                                         内容
                                -              -       -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -              -       -
     議決権制限株式(その他)                           -              -       -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                         -       -
                                500
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                       16,192,100               161,921          -
                     普通株式
                               7,400               -       -
     単元未満株式               普通株式
                            16,200,000                  -       -
     発行済株式総数
                                -           161,921          -
     総株主の議決権
      (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、自己株式が10株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                 自己名義       他人名義
                                               所有株式数の       総数に対する
         所有者の氏名
                                 所有株式数       所有株式数
                       所有者の住所
                                               合計(株)       所有株式数の
          又は名称
                                  (株)       (株)
                                                      割合(%)
     (自己保有株式)               東京都港区赤坂1丁目
                                     500        -       500       0.0
                     8-1
     株式会社セゾン情報システムズ
                         -           500        -       500       0.0
            計
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
        役職の異動

           新役職名                 旧役職名               氏名          異動年月日
     取締役                 取締役
                                         山本 善久          2019年7月1日
     HULFT事業部長                 製品・サービス開発管掌
     取締役
                      取締役
     (コンプライアンス
                                         土橋 眞吾          2019年11月1日
                      (財務経理担当)
      兼 財務経理担当)
                                 10/21






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 11/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       8,367,632              9,431,885
         現金及び預金
                                       3,135,111              2,590,102
         受取手形及び売掛金
                                        721,736              609,258
         有価証券
                                           678             2,273
         商品
                                         73,165              151,013
         仕掛品
                                         3,351              2,513
         貯蔵品
                                        527,843              738,222
         その他
                                       △ 121,336              △ 6,990
         貸倒引当金
                                       12,708,183              13,518,280
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        884,085              785,756
          建物及び構築物
                                       △ 238,581             △ 212,634
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             645,503              573,121
          工具、器具及び備品                             3,637,774              3,358,619
                                      △ 2,427,486             △ 2,544,934
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                            1,210,287               813,684
          リース資産                             2,835,861              2,182,520
                                      △ 2,693,156             △ 2,074,817
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                             142,704              107,703
                                       1,998,495              1,494,509
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                       2,977,785              2,402,126
          ソフトウエア
                                        349,979              284,672
          のれん
                                           97             2,556
          その他
                                       3,327,863              2,689,354
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        496,977              301,373
          投資有価証券
                                        581,202              581,483
          敷金
                                       1,369,482              1,380,137
          繰延税金資産
                                        163,650              133,172
          その他
                                        △ 4,941             △ 5,305
          貸倒引当金
                                       2,606,372              2,390,861
          投資その他の資産合計
                                       7,932,731              6,574,725
         固定資産合計
                                       20,640,914              20,093,005
       資産合計
                                 12/21







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       1,555,235               733,651
         支払手形及び買掛金
                                         46,586              46,945
         リース債務
                                         57,221              17,829
         設備関係未払金
                                        879,978              736,999
         未払費用
                                        132,752              201,643
         未払法人税等
                                       2,673,844              3,005,811
         前受金
                                        882,545              327,034
         賞与引当金
                                         65,262                -
         資産除去債務
                                           -            221,000
         受注損失引当金
                                        529,404              635,199
         その他
                                       6,822,832              5,926,115
         流動負債合計
       固定負債
                                         97,450              62,196
         リース債務
                                        315,208              152,312
         退職給付に係る負債
                                        321,176              322,239
         資産除去債務
                                        733,836              536,749
         固定負債合計
                                       7,556,668              6,462,864
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,367,687              1,367,687
         資本金
                                       1,454,233              1,454,233
         資本剰余金
                                       10,228,094              10,801,510
         利益剰余金
                                         △ 581             △ 707
         自己株式
                                       13,049,434              13,622,723
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         51,695              10,401
         その他有価証券評価差額金
                                         5,087             △ 17,955
         為替換算調整勘定
                                        △ 21,971              14,971
         退職給付に係る調整累計額
                                         34,811               7,417
         その他の包括利益累計額合計
                                       13,084,245              13,630,141
       純資産合計
                                       20,640,914              20,093,005
      負債純資産合計
                                 13/21









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
                                       17,442,277              17,325,393
      売上高
                                       11,067,733              10,708,202
      売上原価
                                       6,374,543              6,617,191
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         66,602                464
       貸倒引当金繰入額
                                        151,491              129,479
       役員報酬
                                       1,525,229              1,575,396
       従業員給料及び賞与
                                        144,594              106,612
       賞与引当金繰入額
                                        112,057               95,685
       退職給付費用
                                        301,944              297,391
       福利厚生費
       減価償却費                                 140,227              101,940
                                         65,307              65,307
       のれん償却額
                                        434,537              387,103
       研究開発費
                                       1,422,755              1,574,163
       その他
                                       4,364,749              4,333,546
       販売費及び一般管理費合計
                                       2,009,794              2,283,644
      営業利益
      営業外収益
                                           646             4,769
       受取利息
                                         4,901              8,560
       受取配当金
                                         5,163              2,808
       投資事業組合運用益
                                         1,551              3,136
       補助金収入
                                         2,382              1,804
       持分法による投資利益
                                         4,394              3,186
       その他
                                         19,040              24,265
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         7,447              1,025
       支払利息
                                         8,567              14,514
       為替差損
                                           27              214
       その他
                                         16,043              15,754
       営業外費用合計
                                       2,012,792              2,292,155
      経常利益
      特別利益
                                           -            44,263
       投資有価証券売却益
                                           -            44,263
       特別利益合計
      特別損失
                                         10,719               4,287
       固定資産処分損
                                           -            20,250
       投資有価証券売却損
                                                      ※ 176,920
                                           -
       減損損失
                                         10,719              201,457
       特別損失合計
                                       2,002,072              2,134,961
      税金等調整前四半期純利益
                                        327,266              346,582
      法人税等
                                       1,674,805              1,788,379
      四半期純利益
                                       1,674,805              1,788,379
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 14/21





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
                                       1,674,805              1,788,379
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         22,222             △ 41,294
       その他有価証券評価差額金
                                         14,208             △ 22,123
       為替換算調整勘定
                                         71,432              36,943
       退職給付に係る調整額
                                          △ 49             △ 919
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        107,813              △ 27,394
       その他の包括利益合計
                                       1,782,619              1,760,985
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       1,782,619              1,760,985
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 15/21















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                                    当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
     税金費用の計算                     税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む当連結会計年度の
                         税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、
                         税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用してお
                         ります。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 減損損失
           当社グループは、以下の資産について減損損失を計上しております。
           当第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
                 用途              種類              場所
                             建物及び構築物
             流通ITサービス事業               工具、器具及び備品                東京都江東区
                              ソフトウエア
           当社グループは、事業用資産について各事業セグメントを基礎としつつ、経営管理単位を勘案しグルーピン

          グを行っております。
           上記の流通ITサービス事業資産については、汎用サーバ基盤提供サービスの収益性低下が見込まれること
          から、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額いたしました。当該減少額は、減損損失として特別損失に
          176,920    千円を計上しております。
           減損損失の内訳は、建物及び構築物2,281千円、工具、器具及び備品127,845千円、ソフトウエア46,793千円
          であります。
           当資産グループの回収可能価額は、使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローに基づく
          使用価値が見込めないため、回収可能価額を0円として評価しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                             (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                              至 2018年12月31日)                  至 2019年12月31日)
     減価償却費                              1,442,186千円                  1,348,847千円
                                     65,307                  65,307
     のれんの償却額
                                 16/21







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         前第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
          配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                              配当額
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
     2018年6月21日
                        566,984        35.00
               普通株式                     2018年3月31日         2018年6月22日         利益剰余金
     定時株主総会
     2018年10月30日
                        161,995        10.00
               普通株式                     2018年9月30日         2018年12月3日         利益剰余金
     取締役会
         当第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

          配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                              配当額
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
     2019年6月19日
                        566,984        35.00
               普通株式                     2019年3月31日         2019年6月20日         利益剰余金
     定時株主総会
     2019年10月30日
                        647,979        40.00
               普通株式                     2019年9月30日         2019年12月6日         利益剰余金
     取締役会
                                 17/21














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                                               調整額
                                                      計算書計上額
               Fintechプラット         流通IT       HULFT                (注)1
                                         計
                                                      (注)2
                フォーム事業        サービス事業         事業
     売上高
      外部顧客への売上高
                  8,583,260        3,303,729        5,555,287       17,442,277           -    17,442,277
      セグメント間の内部
                     -        -      9,747        9,747       △ 9,747         -
      売上高又は振替高
         計         8,583,260        3,303,729        5,565,034       17,452,024         △ 9,747     17,442,277
     セグメント利益
                  1,302,706         34,294      1,048,896        2,385,897        △ 376,103       2,009,794
      (注)1.セグメント利益の調整額△376,103千円には、セグメント間取引4,599千円、各報告セグメントに配分してい
           ない全社費用△380,703千円が含まれております。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                                               調整額
                                                      計算書計上額
               Fintechプラット         流通IT       HULFT                (注)1
                                         計              (注)2
                フォーム事業        サービス事業         事業
     売上高
      外部顧客への売上高            7,343,619        3,638,130        6,343,643       17,325,393           -    17,325,393
      セグメント間の内部
                     -        -      38,849        38,849       △ 38,849         -
      売上高又は振替高
         計         7,343,619        3,638,130        6,382,492       17,364,242        △ 38,849      17,325,393
     セグメント利益             898,682        22,267      1,753,776        2,674,726        △ 391,081       2,283,644
      (注)1.セグメント利益の調整額△391,081千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
             「流通ITサービス事業」セグメントにおいて、汎用サーバ基盤提供サービスの収益性低下が見込まれ
            ることから、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額いたしました。当該減少額は、減損損失として
            特別損失に176,920千円を計上しております。
                                 18/21







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
                          (円)                103.39               110.40

     1株当たり四半期純利益
                         (千円)               1,674,805               1,788,379
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                         (千円)                  -               -
     普通株主に帰属しない金額
     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                         (千円)               1,674,805               1,788,379
     四半期純利益
                          (株)              16,199,554               16,199,517
     普通株式の期中平均株式数
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      2【その他】

        第51期(2019年4月1日から2020年3月31日まで)中間配当について、2019年10月30日開催の取締役会において、
       2019年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
        ① 配当金の総額                                           647,979千円
        ② 1株当たりの金額                 40円00銭
        ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日    2019年12月6日
                                 19/21













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2020年2月6日

     株式会社セゾン情報システムズ
      取締役会 御中
                               有限責任監査法人トーマツ

                                 指定有限責任社員

                                          公認会計士       石川 喜裕        ㊞
                                 業務執行社員
                                 指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                  川口 泰広        ㊞
                                 業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社セゾン

     情報システムズの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年10月1日か
     ら2019年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社セゾン情報システムズ及び連結子会社の2019年12月31日現在
     の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。