プラマテルズ株式会社 四半期報告書 第91期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

四半期報告書-第91期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出日:

提出者:プラマテルズ株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
 【表紙】
 【提出書類】       四半期報告書

 【根拠条文】       金融商品取引法第24条の4の7第1項

 【提出先】       関東財務局長

 【提出日】       2020年2月12日

 【四半期会計期間】       第91期第3四半期(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)

 【会社名】       プラマテルズ株式会社

 【英訳名】       Pla Matels Corporation

 【代表者の役職氏名】       代表取締役社長  岸 本 恭 太

 【本店の所在の場所】       東京都品川区北品川四丁目7番35号

 【電話番号】       (03) 5789-9700

 【事務連絡者氏名】       取締役 職能部門長 住 友 宣 明

 【最寄りの連絡場所】       東京都品川区北品川四丁目7番35号

 【電話番号】       (03) 5789-9700

 【事務連絡者氏名】       取締役 職能部門長 住 友 宣 明

 【縦覧に供する場所】       株式会社東京証券取引所

        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/16









                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
 第一部  【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

           第90期    第91期

     回次     第3四半期    第3四半期    第90期
          連結累計期間    連結累計期間
          自  2018年4月1日   自  2019年4月1日   自  2018年4月1日
     会計期間
          至  2018年12月31日   至  2019年12月31日   至  2019年3月31日
  売上高      (千円)    49,375,848    45,112,452    65,096,967
  経常利益      (千円)    927,759    828,165    1,147,473

  親会社株主に帰属する
       (千円)    604,194    551,261    729,569
  四半期(当期)純利益
  四半期包括利益又は包括利益      (千円)    240,242    528,982    264,420
  純資産額      (千円)    10,314,325    10,662,328    10,338,504

  総資産額      (千円)    29,241,783    27,922,123    28,100,988

  1株当たり四半期(当期)
        (円)    70.68    64.49    85.35
  純利益金額
  潜在株式調整後1株当たり
        (円)     -    -    -
  四半期(当期)純利益金額
  自己資本比率      (%)    35.3    38.2    36.8
           第90期    第91期

     回次     第3四半期    第3四半期
          連結会計期間    連結会計期間
          自  2018年10月1日   自  2019年10月1日
     会計期間
          至  2018年12月31日   至  2019年12月31日
  1株当たり四半期純利益金額      (円)    27.64    24.63
  (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
   ておりません。
   2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
   3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
   ません。
 2 【事業の内容】

  当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
  について、重要な変更はありません。
  また、主要な関係会社についても異動はありません。
             2/16







                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【事業等のリスク】

  当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
  投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
  リスク」についての重要な変更はありません。
  なお、重要事象等は存在しておりません。
 2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
  (1) 経営成績の状況
   当第3四半期連結累計期間(2019年4月1日~2019年12月31日)における世界経済は、主要国における内需は
  比較的堅調に推移したものの、全般的に成長率はやや減速しました。米中貿易摩擦の長期化やイラン情勢の深刻
  化などで、外需に対する先行きへの消極的な心理が世界を覆っています。国内は、低迷する外需環境が主因で生
  産の実質的な回復が見込めず、企業収益は弱含みの状態が続き、雇用や賃金の伸びが鈍化しました。
   このような状況下、当社グループにおきましては、主力の精密機器、家電・電子分野が内外の需要の低迷で苦
  戦し、また建材、日用品分野でも内需の減速で前年同期比減収となりました。一方、成長分野に位置づけている
  医療資機材分野は、内外経済の成長鈍化の中でも需要は底堅く推移し、引き続き増収に至りました。同様に成長
  分野としている衛生材料分野は、厳しい競合環境もあって横ばいで推移しました。海外拠点は、年初の落ち込み
  から回復軌道に乗った前四半期を更に上回る水準で回復が続きました。国内製造子会社における各種産業資材の
  生産・販売は、持ち前の技術・開発力を発揮して受注増につなげ引き続き好調でした。環境型素材については確
  実にニーズが漸増しており、国内のリサイクル事業会社との戦略的取組みを通じて、当社の取扱い件数及び数量
  を徐々に拡大させております。
   その結果、  売上高は45,112百万円    (前年同期比8.6%減   )、 営業利益は876百万円    (同9.1%減  )、 経常利益は
  828百万円  (同10.7%減  )、 親会社株主に帰属する四半期純利益は551百万円        (同8.8%減  )となりました。
   この先も見通しにくい世界経済下であるが故に、市場の需要動向には当社のネットワークを活かした情報の質
  を一層高め、動向の変化に俊敏に対応し、取りこぼしのないよう、また当社取扱いのパイを一段と広げるべく新
  規案件の創出に注力して参ります。
  (2) 財政状態の状況

   当第3四半期連結会計期間末の     総資産は27,922百万円    となり、  前連結会計年度末と比べ178百万円減少       いたしま
  した。手元資金確保を目的とする手形債権等の圧縮を抑制したものの、取扱高の減少による売掛金減少があった
  ため、売上債権は前連結会計年度末と比較して若干の減少となり、また、主に海外法人における商品及び製品の
  減少もあって流動資産が384百万円減少したことが、その主たる要因であります。
   負債は 前連結会計年度末に比べ502百万円減少       し、 17,259百万円  となりました。この要因は、取扱高減少による
  支払手形及び買掛金の減少並びに海外法人における短期借入金の減少によるものであります。
   また、会計基準等の改正に伴う会計方針の変更により、有形固定資産の「リース資産(純額)」が62百万円、
  流動負債の「その他」及び固定負債の「その他」の合計額が64百万円、それぞれ増加しております。
   純資産の部は利益剰余金の増加を主な要因として、         前連結会計年度末より323百万円増加      し10,662百万円  とな
  り、 自己資本比率は38.2%    となりました。
   当第3四半期連結会計期間末の金融機関からの借入金の総額は、短期借入金・長期借入金を合わせて4,817百万
  円であり、総資産金額27,922百万円に対して17.3%であります。また、有利子負債/株主資本の比率は0.52倍と
  なっており、会社の財政の健全性は確保されていると判断しております。
  (3)  経営方針・経営戦略等

   当第3四半期連結累計期間において、当社グループの経営方針・経営戦略等について重要な変更はありませ
  ん。
   (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

   当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
             3/16


                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
  (5)  研究開発活動

   該当事項はありません。
  (6)  資本の財源及び資金の流動性についての分析

   「資金需要」
   当社グループの資金需要の主なものは、営業活動に必要な運転資金であり、通常、売上高の増減に伴い、その
  運転資金需要も変動します。
   このような資金需要に対する運転資金の調達は、営業活動によるキャッシュ・フローと金融機関からの借入金
  であります。
  (7)  従業員数

   当第3四半期連結累計期間において、連結会社又は提出会社の従業員数の著しい増減はありません。
  (8)  生産、受注及び販売の実績

   当第3四半期連結累計期間において、生産、受注及び販売実績の著しい変動はありません。
  (9)  主要な設備

   当第3四半期連結累計期間において、主要な設備の著しい変動及び主要な設備の前連結会計年度末における計
  画に著しい変更はありません。
  (10)  経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

   米中貿易摩擦等の影響で世界景気が低迷し、モノの需要が減退することにより、当社グループが扱うプラス
  チック原料・製品の受注減や価格下落に陥る可能性があります。また一方では、イラン情勢の緊張化など国際政
  治・安保上の摩擦や紛争、国内外での自然災害や事故、火災等による生産・物流機能の被災によって、極端なモ
  ノ不足、価格の高騰を招き、調達・供給に制限が生じることも想定されます。どちらも当社グループの売上減と
  なる要因となりますが、当社グループは、景気動向に左右されにくいとされる医療資機材、衛生材料分野の拡販
  を引き続き図るとともに、強みとする専門性、提案・ネットワーク力、少量多品種即納体制などの機能強化に
  よって、拡大しない、または縮小する市場における当社シェアを向上させ、取扱い数量の追加的な伸長を目指す
  ことで下振れ回避、あるいは最小限への抑制を図ります。また、事業上の課題としている海外拠点の機能強化を
  引き続き進め、現場における情報収集力を一層強化して、情勢の変化に機敏に対応できる体制を整えます。
   世界的な環境対策への関心の高まりの中で、プラスチックに対する否定的な見方が今後益々広がり、従来型プ
  ラスチックの提案・供給に極端な支障となり得ること、また株価へ影響することが考えられます。当社グループ
  は、国内リサイクル事業会社との戦略的な取組みを通じて、リサイクル原料の提案、供給力の強化を図るととも
  に、モノの軽量化、長寿命化、安全性に寄与し、環境負荷の低減に資する素材の提案力を高めて参ります。その
  上で、当社ウェブサイトや種々のIR活動において、当社グループの環境型プラスチックの取組みや、国内外の廃
  プラ事情とその課題などについての発信を積極化して参ります。
 3 【経営上の重要な契約等】

  当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             4/16






                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
 第3 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ①  【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)

     普通株式             25,600,000

      計             25,600,000

  ②  【発行済株式】

     第3四半期会計期間末     提出日現在   上場金融商品取引所

   種類   現在発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融     内容
      (2019年12月31日)    (2020年2月12日)    商品取引業協会名
              東京証券取引所
                 単元株式数は100株
   普通株式     8,550,000    8,550,000   JASDAQ
                 であります。
              (スタンダード)
   計    8,550,000    8,550,000    -    -
  (2) 【新株予約権等の状況】

  ①  【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
  ②  【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

   該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金

           資本金増減額   資本金残高
   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
           (千円)   (千円)
      (株)   (株)       (千円)   (千円)
  2019年10月1日~
        - 8,550,000    -  793,050   -  721,842
  2019年12月31日
  (5) 【大株主の状況】

   当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             5/16






                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
  (6) 【議決権の状況】
   当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
  載することができないことから、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
  す。
  ①  【発行済株式】
                 2019年9月30日現在
    区分    株式数(株)    議決権の数(個)      内容
  無議決権株式       -    -     -
  議決権制限株式(自己株式等)       -    -     -
  議決権制限株式(その他)       -    -     -
       (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式等)            -     -
       普通株式   1,700
  完全議決権株式(その他)      普通株式  8,547,100     85,471    -
  単元未満株式      普通株式   1,200   -     -
  発行済株式総数        8,550,000    -     -
  総株主の議決権       -     85,471    -
  ②  【自己株式等】

                 2019年9月30日現在
                  発行済株式
          自己名義   他人名義   所有株式数
  所有者の氏名                総数に対する
      所有者の住所    所有株式数   所有株式数   の合計
   又は名称                所有株式数
          (株)   (株)   (株)
                  の割合(%)
      東京都品川区北品川
  プラマテルズ株式会社          1,700   -  1,700   0.02
      四丁目7番35号
   計    -    1,700   -  1,700   0.02
 2 【役員の状況】

  該当事項はありません。
             6/16










                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
 第4 【経理の状況】
 1.四半期連結財務諸表の作成方法について

  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
  令第64号)に基づいて作成しております。
 2.監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019年
  12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表
  について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
             7/16

















                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
 1 【四半期連結財務諸表】
  (1) 【四半期連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           3,491,412     3,499,929
             ※3 14,859,748    ※3 14,683,876
   受取手形及び売掛金
             ※3 2,978,271    ※3 3,144,510
   電子記録債権
   商品及び製品           3,164,119     2,935,738
   仕掛品            22,025     22,944
   原材料及び貯蔵品            30,577     32,614
   その他            680,493     522,676
              △2,895     △2,821
   貸倒引当金
   流動資産合計           25,223,753     24,839,468
  固定資産
   有形固定資産
   建物及び構築物           651,961     652,582
              △518,139     △528,010
    減価償却累計額
    建物及び構築物(純額)          133,822     124,572
   機械装置及び運搬具
              208,096     194,558
              △181,842     △173,412
    減価償却累計額
    機械装置及び運搬具(純額)           26,253     21,146
   工具、器具及び備品
              157,785     166,755
              △132,566     △141,403
    減価償却累計額
    工具、器具及び備品(純額)           25,219     25,351
   土地
              158,915     158,915
   リース資産           65,007     170,444
              △24,566     △64,848
    減価償却累計額
    リース資産(純額)           40,440     105,596
   有形固定資産合計           384,652     435,582
   無形固定資産
   リース資産           24,709     21,613
              56,403     49,012
   その他
   無形固定資産合計           81,113     70,625
   投資その他の資産
   投資有価証券           2,054,736     2,225,239
   差入保証金           113,677     113,628
   破産更生債権等           4,287     4,147
   繰延税金資産           22,658     21,985
   その他           222,047     217,257
              △5,937     △5,812
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計           2,411,470     2,576,446
   固定資産合計           2,877,235     3,082,654
  資産合計            28,100,988     27,922,123
             8/16





                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
             ※3 11,264,370    ※3 10,846,918
   支払手形及び買掛金
   短期借入金           4,140,600     3,870,809
   1年内返済予定の長期借入金            191,000     533,000
   未払法人税等            169,239     96,819
   賞与引当金            116,880     73,764
              341,603     424,213
   その他
   流動負債合計           16,223,693     15,845,525
  固定負債
   長期借入金            632,000     414,000
   役員退職慰労引当金            79,295     80,145
   退職給付に係る負債            312,267     313,818
   繰延税金負債            335,602     385,053
              179,625     221,252
   その他
   固定負債合計           1,538,790     1,414,269
  負債合計            17,762,484     17,259,794
  純資産の部
  株主資本
   資本金            793,050     793,050
   資本剰余金            723,962     723,962
   利益剰余金           7,695,410     8,041,513
              △1,011     △1,011
   自己株式
   株主資本合計           9,211,410     9,557,514
  その他の包括利益累計額
   その他有価証券評価差額金            832,693     943,995
   繰延ヘッジ損益            △597      9
              294,996     160,809
   為替換算調整勘定
   その他の包括利益累計額合計           1,127,093     1,104,814
  純資産合計            10,338,504     10,662,328
  負債純資産合計            28,100,988     27,922,123
             9/16









                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
  (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
  【四半期連結損益計算書】
   【第3四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  売上高            49,375,848     45,112,452
              46,256,818     42,154,409
  売上原価
  売上総利益            3,119,029     2,958,042
  販売費及び一般管理費
  運賃            249,809     231,054
  役員報酬            97,715     107,686
  給料            609,854     593,172
  賞与            99,134     83,153
  賞与引当金繰入額            87,762     73,862
  退職給付費用            36,438     33,355
  役員退職慰労引当金繰入額            10,875     4,350
  福利厚生費            149,135     148,979
  旅費及び交通費            83,464     71,513
  賃借料            132,484     119,703
  支払手数料            96,894     88,291
  租税公課            46,683     46,001
  減価償却費            46,363     65,285
  貸倒引当金繰入額             568     -
              407,240     414,724
  その他
  販売費及び一般管理費合計            2,154,424     2,081,134
  営業利益             964,604     876,908
  営業外収益
  受取利息            2,267     3,192
  受取配当金            36,414     37,481
  仕入割引             334     249
  持分法による投資利益            14,568     2,155
              11,978     17,496
  その他
  営業外収益合計            65,563     60,575
  営業外費用
  支払利息            65,550     73,550
  売上割引            10,060     10,375
  為替差損            7,938     16,461
  手形売却損            6,874     4,081
              11,984     4,849
  その他
  営業外費用合計            102,409     109,318
  経常利益             927,759     828,165
            10/16






                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  特別利益
  固定資産売却益             53     15
  投資有価証券売却益             -     3,577
              16,004      -
  受取保険金
  特別利益合計            16,058     3,592
  特別損失
  固定資産除却損             268     586
  会員権評価損            11,139      -
              13,660      -
  災害による損失
  特別損失合計            25,069      586
  税金等調整前四半期純利益             918,748     831,171
  法人税等             314,553     279,910
  四半期純利益             604,194     551,261
  親会社株主に帰属する四半期純利益             604,194     551,261
            11/16















                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
  【四半期連結包括利益計算書】
   【第3四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  四半期純利益             604,194     551,261
  その他の包括利益
  その他有価証券評価差額金(税引前)            △439,829     163,592
  繰延ヘッジ損益(税引前)            4,671      871
  為替換算調整勘定(税引前)            △66,018     △128,354
  持分法適用会社に対する持分相当額            1,469     △5,832
              135,754     △52,555
  その他の包括利益に係る税効果額
  その他の包括利益合計            △363,952     △22,279
  四半期包括利益             240,242     528,982
  (内訳)
  親会社株主に係る四半期包括利益            240,242     528,982
            12/16















                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
  【注記事項】
  (会計方針の変更等)
         当第3四半期連結累計期間
       (自  2019年4月1日    至  2019年12月31日)
  在外連結子会社は、第1四半期連結会計期間より、国際財務報告基準第16号「リース」(以下「IFRS第16号」と
  いう。)を適用しております。これにより、リースの借手は、原則としてすべてのリースを貸借対照表に資産及び
  負債として計上することとしました。IFRS第16号の適用については、経過措置として認められている、本基準の適
  用による累積的影響を適用開始日に認識する方法を採用しております。
  この結果、当第3四半期連結会計期間末の有形固定資産の「リース資産(純額)」が62,953千円増加し、流動負
  債の「その他」が39,018千円及び固定負債の「その他」が25,595千円増加しております。当第3四半期連結累計期
  間の損益に与える影響は軽微であります。
  (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

            当第3四半期連結累計期間
           (自  2019年4月1日    至  2019年12月31日)
  税金費用の計算       税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税
        引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税
        引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
  (四半期連結貸借対照表関係)

 1.受取手形割引高
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間

           (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  受取手形割引高            990,725 千円    332,287 千円
 2.保証債務

  次の関係会社について、金融機関からの借入に対して、債務保証を行っております。
     前連結会計年度         当第3四半期連結会計期間

     (2019年3月31日)          (2019年12月31日)
   保証先    金額   内容   保証先    金額   内容
  TOYO INK COMPOUNDS          TOYO INK COMPOUNDS
      196,496 千円  借入債務       164,649 千円  借入債務
  VIETNAM CO., LTD.          VIETNAM CO., LTD.
 ※3.四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債権

  四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、手形交換日又は決済日をもって決済
  処理しております。
   なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形及
  び電子記録債権が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
           (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  受取手形            81,311 千円    188,114 千円
  電子記録債権            99,360 千円    291,157 千円
  支払手形            280,357 千円    213,464 千円
  (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

  当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連
 結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
           至  2018年12月31日)     至  2019年12月31日)
  減価償却費            71,853 千円    90,385 千円
            13/16




                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
  (株主資本等関係)
 前第3四半期連結累計期間(自       2018年4月1日    至  2018年12月31日)
 1.配当金支払額
       配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
        (千円)  配当額(円)
  2018年6月25日
     普通株式   102,579   12.0 2018年3月31日   2018年6月26日   利益剰余金
  定時株主総会
  2018年10月26日
     普通株式   85,482   10.0 2018年9月30日   2018年12月6日   利益剰余金
  取締役会
 2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

  となるもの
  該当事項はありません。
 当第3四半期連結累計期間(自       2019年4月1日    至  2019年12月31日)

 1.配当金支払額
       配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
        (千円)  配当額(円)
  2019年6月21日
     普通株式   111,127   13.0 2019年3月31日   2019年6月24日   利益剰余金
  定時株主総会
  2019年10月29日
     普通株式   94,031   11.0 2019年9月30日   2019年12月6日   利益剰余金
  取締役会
 2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

  となるもの
  該当事項はありません。
  (セグメント情報等)

  【セグメント情報】
  当社及び連結子会社の事業は、合成樹脂関連商品の販売等並びにこれらの付随業務の単一セグメントであるため、
  記載を省略しております。
  (1株当たり情報)

  1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間

           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
     項目
           至  2018年12月31日)     至  2019年12月31日)
  1株当たり四半期純利益金額            70円68銭     64円49銭
  (算定上の基礎)

  親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)            604,194     551,261

  普通株主に帰属しない金額(千円)             -     -

  普通株式に係る親会社株主に帰属する
              604,194     551,261
  四半期純利益金額(千円)
  普通株式の期中平均株式数(株)            8,548,285     8,548,279
  (注)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 2 【その他】

  第91期(2019年4月1日から2020年3月31日まで)中間配当について、2019年10月29日開催の取締役会において、
  2019年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
  ① 配当金の総額           94,031 千円
  ② 1株当たりの金額           11円00 銭
  ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日          2019年12月6日
            14/16


                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            15/16



















                     EDINET提出書類
                   プラマテルズ株式会社(E02940)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年2月12日

 プラマテルズ株式会社
  取締役会   御中
        有限責任  あずさ監査法人

         指定有限責任社員

             公認会計士    山    田    大    介
                    印
         業務執行社員
         指定有限責任社員

               中  山     博    樹
             公認会計士       印
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているプラマテルズ株

 式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019
 年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
 表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
 ビューを行った。
 四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
 財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
 表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
 る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
 拠して四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
 認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
 監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
 められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、プラマテルズ株式会社及び連結子会社の2019年12月31日現在の財
 政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
 ての重要な点において認められなかった。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上

  (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

   告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            16/16



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。