株式会社DDホールディングス 四半期報告書 第24期第3四半期(令和1年9月1日-令和1年11月30日)

提出書類 四半期報告書-第24期第3四半期(令和1年9月1日-令和1年11月30日)
提出日
提出者 株式会社DDホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2020年1月14日

    【四半期会計期間】               第24期第3四半期(自 2019年9月1日 至 2019年11月30日)

    【会社名】               株式会社DDホールディングス

    【英訳名】               DD  Holdings     Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  松村 厚久

    【本店の所在の場所】               東京都港区芝四丁目1番23号 三田NNビル18階

    【電話番号】               03-6858-6080(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理統括  樋口 康弘

    【最寄りの連絡場所】               東京都港区芝四丁目1番23号 三田NNビル18階

    【電話番号】               03-6858-6080(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理統括  樋口 康弘

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/23









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第23期           第24期

             回次              第3四半期           第3四半期            第23期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自 2018年3月1日           自 2019年3月1日           自 2018年3月1日
            会計期間
                          至 2018年11月30日           至 2019年11月30日           至 2019年2月28日
     売上高                (千円)         38,190,293           42,976,709           50,973,184
     経常利益                (千円)          1,470,248           2,086,715           2,232,493

     親会社株主に帰属する
                     (千円)          1,123,601           1,072,493           1,085,808
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           509,114          1,252,948            410,823
     純資産額                (千円)          6,363,787           7,759,931           6,267,572

     総資産額                (千円)         27,431,662           29,147,699           26,537,899

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           73.41           70.07           70.94
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            21.2           22.6           21.8
                             第23期           第24期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                          自 2018年9月1日           自 2019年9月1日
            会計期間
                          至 2018年11月30日           至 2019年11月30日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)            9.46           9.31
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第23期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び第23期の潜在株式調整後
          1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        4.第24期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有
          する潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        5.当社は、2019年9月1日を効力発生日として普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行ってお
          ります。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期(当期)純利益金額
          を算定しております。
        6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/23




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】
      当第3四半期連結累計期間において、当社グループにおいて営まれている事業の内容について、重要な変更はあり
     ません。
      また、主要な関係会社の異動は以下のとおりであります。
       (飲食事業)

        2019年3月1日付で、持分法適用関連会社であった株式会社エスエルディー(証券コード3223、東京証券取引
       所JASDAQスタンダード市場)を実質支配力基準に基づき子会社としたため連結の範囲に含めております。
        この結果、2019年11月30日現在では、当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社20社、

       非連結子会社1社の計22社により構成されております。
                                  3/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
       第3四半期連結累計期間の全社業績                                           (単位:千円、%)

                       前第3四半期         当第3四半期           増減額         増減率
       売上高                  38,190,293         42,976,709          4,786,416            12.5

       営業利益                   1,456,004         2,019,679          563,675           38.7

       経常利益                   1,470,248         2,086,715          616,466           41.9

       親会社株主に帰属する四半期
                          1,123,601         1,072,493          △51,108           △4.5
       純利益
       営業利益率                      3.8         4.7              +0.9ポイント
       当第3四半期連結累計期間(2019年3月1日~2019年11月30日)におけるわが国経済は、輸出や生産の弱さが一

      段と増しているものの、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策等の効果もあって、景気の緩やかな回復基
      調が続いており、雇用・所得環境の改善が続く中で、個人消費も緩やかではありますが持ち直しております。その
      一方で、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、中国経済の減速、海外経済の動向と政策に関する不確実性、
      原油価格の上昇や金融資本市場の変動の影響、ならびに2019年10月に施行された消費税率引上げの影響による懸念
      など、依然として先行きの不透明感が拭えない状況が続いております。外食業界におきましても、原材料価格や物
      流費の上昇、長引く人手不足に伴う人件費の上昇、天候不順や相次ぐ台風等の自然災害により、依然として厳しい
      事業環境が続いております。
       このような環境のなか、国内の飲食カテゴリー及びウェディングカテゴリーで構成される国内飲食事業の既存店
      売上高前年対比は100.2%、アミューズメント事業は106.4%となりました。
       なお、当社は、2019年3月1日付で、持分法適用関連会社であった株式会社エスエルディー(証券コード3223、
      東京証券取引所        JASDAQスタンダード市場)を実質支配力基準に基づき子会社としたため、連結の範囲に含めており
      ます。
       以上の結果、当社グループの当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高42,976,709千円(前年同期比12.5%
      増)、営業利益2,019,679千円(同38.7%増)、経常利益2,086,715千円(同41.9%増)、親会社株主に帰属する四半
      期純利益は1,072,493千円(同4.5%減)となりました。
       また、当第3四半期連結累計期間の店舗展開状況につきましては以下のとおりであります。
       『直営店舗出退店等の状況(2019年11月30日現在、海外店舗含む)』
                                         連結の範囲
                       既存店       新店      退店     の変動に伴        合計     業態変更
                                         う増加(※)
       飲食事業                   373       21      12      53      435       5
       アミューズメント事業                   55       3      1      -      57      -

       合計                   428       24      13      53      492       5

       ※2019年3月1日付にて株式会社エスエルディーを連結子会社化(運営受託店舗2店舗除く)。
                                  4/23



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
       セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。
       ①『飲食事業』                                           (単位:千円、%)
                       前第3四半期         当第3四半期           増減額         増減率
       売上高                  31,273,755         35,608,021          4,334,265            13.9

       セグメント利益                   2,307,878         2,776,414          468,536           20.3

       セグメント利益率                      7.4         7.8              +0.4ポイント

       当第3四半期連結累計期間における飲食事業は、ゴールデンウィーク期間やお盆時期を含む大型連休において、

      一部ビジネス立地の店舗にて苦戦したものの、商業施設及びカフェ業態などでは集客増となりました。しかしなが
      ら昨年同様に9月、10月に発生した大規模台風の襲来により当社グループが店舗運営する日本各地において風水害
      をもたらす等、一定の影響を受けることとなりました。従前どおり既存ブランドのブラッシュアップを継続的に実
      施し、広告媒体の最適化などを行い顧客満足度の向上に努めるとともに、更なるブランドポートフォリオ拡充のた
      めの業態開発にも注力してまいりました。
       新たな取り組みといたしましては、第1四半期連結会計期間に連結子会社化した株式会社エスエルディーにおい
      て、他社が保有するIP(Intellectual                  Property:知的財産)コンテンツを活用した期間限定コラボレーションイベ
      ント等の実施に特化した業態「collabo_Index(コラボスペースインデックス)」を直営店のうち2店舗で開始い
      たしました。
       主な出店状況につきましては、国内では株式会社ダイヤモンドダイニングが「WINEHALLGLAMOUR」を都内に3店舗
      、また、「わらやき屋           名古屋」を愛知県名古屋市に、株式会社ゴールデンマジックが「博多かわ串・高知餃子 酒
      場フタマタ」       を都内に1店舗、株式会社商業藝術が「chano-ma」を都内及び大阪に2店舗、また、「和カフェ
      yusoshi」を大阪市阿倍野区に、株式会社ゼットンが「FEEL                            GREEN   CAFE」「日本橋髙島屋 ROOFTOP                BBQ ビアガー
      デン」「いい乃じ」を東京都中央区に、「口々」を愛知県名古屋市に、また、都立葛西臨海公園内に「PARKLIFE
      CAFE   & RESTAURANT」を含む4店舗を出店するなど業態並びに展開エリアの拡充に取り組んでまいりました。
       海外においては、株式会社ゼットンの子会社であるZETTON,                            INC.が新しいスタイルのカジュアルなステーキハウ
      スである「ALOHA        STEAK   HOUSE(アロハステーキハウス)」をハワイ州ホノルルに出店するなど、国内外合わせて21
      店舗の新規出店を行い新規ブランドでの出店にも力をいれてまいりました。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間における飲食事業の経営成績は、売上高35,608,021千円(前年同期比
      13.9%増)、セグメント利益2,776,414千円(同20.3%増)となりました。
       また、当第3四半期連結累計期間の店舗展開状況につきましては以下のとおりであります。
       『飲食事業の直営店舗出退店等の状況(2019年11月30日現在、海外店舗含む)』
                                         連結の範囲
                       既存店       新店      退店     の変動に伴        合計     業態変更
                                         う増加(※)
       飲食事業                   373       21      12      53      435       5
       ※2019年3月1日付にて株式会社エスエルディーを連結子会社化(運営受託店舗2店舗除く)。
       ②『アミューズメント事業』                                           (単位:千円、%)

                       前第3四半期         当第3四半期           増減額         増減率
       売上高                   6,916,538         7,368,688          452,150            6.5

       セグメント利益                   1,248,730         1,459,920          211,189           16.9

       セグメント利益率                     18.1         19.8              +1.8ポイント

       当第3四半期連結累計期間におけるアミューズメント事業は、各店舗において各種キャンペーンを継続的に実施

      するとともに、ダーツ機の最新機種「DARTSLIVE3」の導入や風営法等の解釈運用基準の改正にともなうダーツ機の
      増設等店舗内で複数コンテンツを楽しんでいただくための回遊性の向上にも継続して注力してまいりました。ま
      た、複合カフェにおいては、映画等のコラボレーション施策を実施、鍵付きブース改修、受動喫煙防止法の対応等
      の設備強化及び法令順守対応等を進めるなど、アミューズメント事業の各店舗において新規顧客の獲得並びに既存
      顧客の満足度向上に努めてまいりました。
       主な出店状況につきましては、東京都町田市に新設された商業施設「AETA町田」内に「GRAN                                            CYBER   CAFE   BAGUS
      町田店」を出店いたしました。また、新規事業として、株式会社ネクシィーズグループ(証券コード:4346、東京
                                  5/23

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      証券取引所市場第一部)がプロデュースをする定額制セルフエステスタジオ「BODYARCHI(ボディアーキ)」に、
      パートナーとして参画することを決定し、2019年6月には東京都中央区に「BODY                                      ARCHI   銀座店」を、また、9月に
      は 東京都港区に「BODY          ARCHI   六本木店」を出店いたしました。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間におけるアミューズメント事業の経営成績は、売上高7,368,688千円(前
      年同期比6.5%増)、セグメント利益1,459,920千円(前年同期比16.9%増)となりました。
       また、当第3四半期連結累計期間の店舗展開状況につきましては以下のとおりであります。
       『アミューズメント事業の直営店舗出退店等の状況(2019年11月30日現在)』
                                         連結の範囲
                       既存店       新店      退店     の変動に伴        合計     業態変更
                                          う増加
       アミューズメント事業                   55       3      1      -      57      -
       連結貸借対照表 要約                                           (単位:千円、%)

                       前連結会計年度          当第3四半期           増減額         増減率
       総資産                  26,537,899         29,147,699          2,609,800             9.8
       純資産                   6,267,572         7,759,931         1,492,359            23.8

       自己資本比率                     21.8         22.6              +0.8ポイント
       当第3四半期連結会計期間末における総資産の残高は、前連結会計年度末に比べ2,609,800千円増加し、

      29,147,699千円となりました。主な要因といたしましては、投資有価証券が490,425千円減少したものの、現金及び
      預金、有形固定資産、売掛金、差入保証金、のれんがそれぞれ1,430,355千円、531,634千円、518,912千円、
      430,128千円、366,140千円増加したこと等によるものであります。
       負債につきましては、前連結会計年度末に比べ1,117,440千円増加し、21,387,767千円となりました。主な要因と
      いたしましては、未払費用、長期借入金、買掛金がそれぞれ361,121千円、330,297千円、248,944千円増加したこと
      等によるものであります。
       純資産は、前連結会計年度末に比べ1,492,359千円増加し、7,759,931千円となりました。主な要因といたしまし
      ては、利益剰余金、非支配株主持分がそれぞれ865,888千円、678,793千円増加したこと等によるものであります。
     (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (3)  研究開発活動

       該当事項はありません。
     (4)  経営成績に重要な影響を与える要因及び経営成績の現状と見通し

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因及び経営成績の現状と
      見通しに重要な変更はありません。
     (5)  経営者の問題認識と今後の方針について

       当第3四半期連結累計期間において、経営者の問題認識と今後の方針について重要な変更はありません。
     (6)  目標とする指針について

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの目標とする指針について重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

        当社は、2019年11月28日付取締役会決議により、湘南レーベル株式会社(本社:神奈川県藤沢市)の株式(自己
       株式を除く発行済株式の90.1%)、及び、合同会社サニーサイドイン(本社:神奈川県藤沢市)の全持分、並び
       に、湘南ファンド第1号特定目的会社(登記上の本店:東京都新宿区)の優先出資証券(優先出資持分4.8%)を取
       得し子会社化することとしました。また、同日付で、当社と島田雅光氏との間で株式等譲渡契約を締結しておりま
       す。
        詳細は、『第4         経理の状況1       四半期連結財務諸表 注記事項(重要な後発事象)』に記載のとおりでありま
       す。
                                  6/23


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     31,285,000

                 計                                   31,285,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               (2019年11月30日)           (2020年1月14日)           商品取引業協会名
                                     東京証券取引所            単元株式数
       普通株式            15,642,720           15,642,720
                                      (市場第一部)             100株
        計          15,642,720           15,642,720           -           -
    (注)   1.2019年8月6日開催の取締役会決議により、2019年9月1日付で1株を2株に株式分割いたしました。これに
         より株式数は7,821,360株増加し、発行済株式数は15,642,720株となっております。
       2.普通株式は完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2019年    9月1日
                  7,821,360      15,642,720           -    699,384          -    689,384
    (注)2019年8月6日開催の取締役会決議により、2019年9月1日付で1株を2株に株式分割いたしました。
                                  7/23







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
     (6)  【議決権の状況】

       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の内容が確認できないため、記載する
      ことができないことから、直前の基準日(2019年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】
                                                 2019年11月30日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     -           -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -              -

     議決権制限株式(その他)                     -           -              -

                                           権利内容に何ら限定のない当社に
                     普通株式      169,300
     完全議決権株式(自己株式等)                                -
                                           おける標準となる株式
                     普通株式     7,648,800
     完全議決権株式(その他)                                  76,488           同上
                     普通株式       3,260

     単元未満株式                                -              -
     発行済株式総数                     7,821,360          -              -

     総株主の議決権                     -             76,488            -

    (注)当社は、2019年9月1日を効力発生日として普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っておりま
       すが、上記株式数については、当該株式分割前の所有株式数を記載しております。
      ②  【自己株式等】

                                               2019年11月30日現在
                                                    発行済株式
                                             所有株式数
                                自己名義       他人名義
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所                         の合計
                               所有株式数       所有株式数
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)
                                              (株)
                                                    の割合(%)
     株式会社             東京都港区芝
                                 169,300         -    169,300        2.16
     DDホールディングス             四丁目1番23号
          計             -          169,300         -    169,300        2.16
    (注)当社は、2019年9月1日を効力発生日として普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っておりま
       すが、上記株式数については、当該株式分割前の所有株式数を記載しております。
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  8/23







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年9月1日から2019年
     11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年3月1日から2019年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2019年2月28日)              (2019年11月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               5,675,335              7,105,691
        売掛金                                639,972             1,158,884
        預け金                                378,673              525,620
        商品                                23,177              30,997
        原材料及び貯蔵品                                340,451              367,823
        前払費用                                945,935              983,642
        未収入金                                379,914              259,338
        その他                                410,077              107,504
                                        △ 7,546             △ 8,441
        貸倒引当金
        流動資産合計                               8,785,993              10,531,061
      固定資産
        有形固定資産
         建物                             17,791,891              18,912,209
           減価償却累計額                           △ 9,241,966             △ 9,992,095
                                      △ 2,499,426             △ 2,480,562
           減損損失累計額
           建物(純額)                            6,050,498              6,439,551
         車両運搬具
                                         5,729              9,729
           減価償却累計額                             △ 5,107             △ 4,561
                                          -              △ 0
           減損損失累計額
           車両運搬具(純額)                               622             5,168
         工具、器具及び備品
                                       5,325,449              5,853,564
           減価償却累計額                           △ 3,950,896             △ 4,418,786
                                       △ 359,482             △ 351,231
           減損損失累計額
           工具、器具及び備品(純額)                            1,015,069              1,083,546
         土地
                                        148,859              148,859
         リース資産                              693,100              670,043
           減価償却累計額                            △ 602,049             △ 594,396
                                       △ 69,209             △ 62,425
           減損損失累計額
           リース資産(純額)                             21,841              13,221
         建設仮勘定                               70,363              148,540
         有形固定資産合計                             7,307,253              7,838,888
        無形固定資産
         のれん                             2,934,276              3,300,416
         商標権                               15,215              12,256
         ソフトウエア                               96,215              145,299
         その他                               35,143              32,870
         無形固定資産合計                             3,080,849              3,490,842
        投資その他の資産
         投資有価証券                              662,616              172,190
         長期前払費用                              157,852              153,845
         差入保証金                             5,577,461              6,007,589
         繰延税金資産                              606,101              622,607
         その他                              131,557              151,363
         投資その他の資産合計                             7,135,589              7,107,596
        固定資産合計                              17,523,693              18,437,327
      繰延資産
                                        228,213              179,310
        開業費
        繰延資産合計                                228,213              179,310
      資産合計                                26,537,899              29,147,699
                                 10/23



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2019年2月28日)              (2019年11月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               1,369,254              1,618,198
        短期借入金                                200,000              264,666
        1年内返済予定の長期借入金                               3,782,339              3,993,494
        1年内償還予定の社債                                50,000                -
        未払費用                               1,503,556              1,864,678
        未払法人税等                                755,650              299,275
        賞与引当金                                62,851              113,887
        株主優待引当金                                50,386               1,045
        ポイント引当金                                57,036              75,794
        資産除去債務                                 8,404              4,911
                                       1,601,008              2,066,984
        その他
        流動負債合計                               9,440,487              10,302,936
      固定負債
        長期借入金                               9,085,267              9,204,410
        リース債務                                16,686               7,046
        資産除去債務                               1,578,253              1,695,766
        長期前受収益                                17,285              18,746
        繰延税金負債                                 4,671              7,891
                                        127,674              150,969
        その他
        固定負債合計                              10,829,839              11,084,831
      負債合計                                20,270,327              21,387,767
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                699,384              699,384
        資本剰余金                                689,029              641,459
        利益剰余金                               4,338,451              5,204,339
                                       △ 71,732             △ 72,014
        自己株式
        株主資本合計                               5,655,132              6,473,168
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                12,848              14,062
                                        114,921              104,690
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                127,770              118,752
      新株予約権                                    -             4,547
      非支配株主持分                                 484,669             1,163,462
      純資産合計                                6,267,572              7,759,931
     負債純資産合計                                 26,537,899              29,147,699
                                 11/23








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2018年11月30日)               至 2019年11月30日)
     売上高                                 38,190,293              42,976,709
                                       9,299,440              10,233,424
     売上原価
     売上総利益                                 28,890,852              32,743,284
     販売費及び一般管理費                                 27,434,848              30,723,604
     営業利益                                  1,456,004              2,019,679
     営業外収益
      受取利息                                  1,119              1,080
      受取配当金                                   664              666
      受取協賛金                                  84,085              66,763
      受取地代家賃                                  56,616              70,259
                                        135,473               97,434
      その他
      営業外収益合計                                 277,959              236,203
     営業外費用
      支払利息                                  68,482              61,589
      賃貸費用                                  48,600              63,614
      支払手数料                                  14,880              18,214
      持分法による投資損失                                  94,051                -
                                        37,700              25,749
      その他
      営業外費用合計                                 263,715              169,168
     経常利益                                  1,470,248              2,086,715
     特別利益
      投資有価証券売却益                                 691,955                 -
      固定資産売却益                                  4,741              3,037
      受取和解金                                 215,000                 -
      段階取得に係る差益                                    -            16,678
                                        11,259                -
      その他
      特別利益合計                                 922,955               19,716
     特別損失
      固定資産除却損                                  3,759              2,847
      減損損失                                  49,738              70,274
      解約違約金                                  8,000              9,000
      訴訟関連損失                                  22,000                -
                                         6,933              11,159
      その他
      特別損失合計                                  90,431              93,281
     税金等調整前四半期純利益                                  2,302,771              2,013,150
     法人税等                                   991,772              751,184
     四半期純利益                                  1,310,999              1,261,965
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                   187,397              189,471
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                  1,123,601              1,072,493
                                 12/23





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2018年11月30日)               至 2019年11月30日)
     四半期純利益                                  1,310,999              1,261,965
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △ 758,537               1,214
                                       △ 43,346             △ 10,231
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                △ 801,884              △ 9,017
     四半期包括利益                                   509,114             1,252,948
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 346,590             1,083,336
      非支配株主に係る四半期包括利益                                 162,524              169,611
                                 13/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
                                      当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2019年3月1日 至 2019年11月30日)
                               (1)  連結範囲の変更
                                  第1四半期連結会計期間において、持分法適用
                                 関連会社であった株式会社エスエルディー(証券
                                 コード:3223、東京証券取引所JASDAQスタンダー
                                 ド市場)を実質支配力基準に基づき子会社とした
                                 ため、連結の範囲に含めております。
            連結の範囲の重要な変更
                                  当該連結の範囲の変更は、当第3四半期連結累
                                 計期間の属する連結会計年度の連結財務諸表に重
                                 要な影響を与える見込みです。
                               (2)  変更後の連結子会社の数

                                 20社
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

       (税金費用の計算)
        当社及び一部の連結子会社の税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当
       期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗
       じて計算しております。
      (追加情報)

       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
      計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
      分に表示しております。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
      なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの
      償却額は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                            至   2018年11月30日)               至   2019年11月30日)
        減価償却費                      899,623    千円             955,203    千円
        のれんの償却額                      145,504                 157,200
      (株主資本等関係)

     前第3四半期連結累計期間(自 2018年3月1日 至 2018年11月30日)
     1.配当金支払額
                            1株当たり

                    配当金の総額
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                            配当額(円)
     2018年5月25日
              普通株式        114,780          15  2018年2月28日         2018年5月28日         利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     当第3四半期連結累計期間(自 2019年3月1日 至 2019年11月30日)

     1.配当金支払額
                                 14/23

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
                            1株当たり

                    配当金の総額
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                            配当額(円)
     2019年5月29日
              普通株式        137,737          18  2019年2月28日         2019年5月30日         利益剰余金
     定時株主総会
     2019年10月15日
              普通株式         68,868          9  2019年8月31日         2019年10月29日         利益剰余金
     取締役会
     (注)当社は、2019年9月1日を効力発生日として普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っておりま
        すが、1株当たり配当額については、当該株式分割前の1株当たり配当額を記載しております。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                 15/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2018年3月1日 至 2018年11月30日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                                                   四半期連結
                           報告セグメント
                                             調整額       損益計算書
                                             (注)1        計上額
                            アミューズ
                     飲食事業                合計
                                                    (注)2
                            メント事業
     売上高
      外部顧客への売上高                31,273,755        6,916,538       38,190,293            -    38,190,293

      セグメント間の内部売上高
                          -        -        -        -        -
      又は振替高
           計          31,273,755        6,916,538       38,190,293            -    38,190,293
     セグメント利益                 2,307,878        1,248,730        3,556,608       △ 2,100,604        1,456,004

     (注)   1.セグメント利益の調整額△2,100,604千円は、主に各報告セグメントに配分していない間接部門費用であり
          ます。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
       「飲食事業」において、撤退又は撤退予定の3店舗等について減損損失を計上しております。
        また、「アミューズメント事業」において、撤退予定の1店舗について減損損失を計上しております。
        なお、当該店舗等に対する減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間において計49,738千円であり、セ
       グメントごとの減損損失の計上額は以下のとおりです。
        「飲食事業」における減損損失の計上額は、39,773千円であります。
        「アミューズメント事業」における減損損失の計上額は、9,965千円であります。
    Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2019年3月1日 至 2019年11月30日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                                                   四半期連結
                           報告セグメント
                                             調整額       損益計算書
                                             (注)1        計上額
                            アミューズ
                     飲食事業                合計
                                                    (注)2
                            メント事業
     売上高
      外部顧客への売上高                35,608,021        7,368,688       42,976,709            -    42,976,709

      セグメント間の内部売上高
                          -        -        -        -        -
      又は振替高
           計          35,608,021        7,368,688       42,976,709            -    42,976,709
     セグメント利益                 2,776,414        1,459,920        4,236,335       △ 2,216,655        2,019,679

     (注)   1.セグメント利益の調整額△2,216,655千円は、主に各報告セグメントに配分していない間接部門費用であり
          ます。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 16/23




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
     2.報告セグメントごとの資産に関する情報
      (子会社の取得による資産の著しい増加)
        第1四半期連結会計期間において、2019年3月1日付で持分法適用関連会社であった株式会社エスエルディー
       (証券コード3223、東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)を実質支配力基準に基づき連結子会社としたこと
       に伴い、前連結会計年度の末日に比べ、「飲食事業」のセグメント資産が1,284,382千円増加しております。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
       「飲食事業」において、撤退済4店舗及び撤退予定6店舗等について減損損失を計上しております。
        なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては60,874千円であります。
       「アミューズメント事業」において、撤退済1店舗について減損損失を計上しております。
        なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては9,400千円であります。
      (のれんの金額の重要な変動)

        「飲食事業」において、2019年3月1日付で持分法適用関連会社であった株式会社エスエルディー(証券コー
       ド3223、東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)を実質支配力基準に基づき連結子会社としたことに伴い、の
       れんが発生しております。
        なお、当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期間において、525,678千円であります。
                                 17/23














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                 (自 2018年3月1日             (自 2019年3月1日
                                 至 2018年11月30日)             至 2019年11月30日)
      1株当たり四半期純利益金額                                  73円41銭             70円07銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額                     (千円)            1,123,601             1,072,493

      普通株主に帰属しない金額                     (千円)               -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                           (千円)            1,123,601             1,072,493
      四半期純利益金額
      普通株式の期中平均株式数                      (株)           15,304,132             15,304,081
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      -             -
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)1.前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しない
         ため記載しておりません。また、当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額に
         ついては、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.当社は、2019年9月1日を効力発生日として普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っており
         ます。前連結会計年度の期首に当該分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益金額を算定しておりま
         す。
                                 18/23












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      (重要な後発事象)
      (取得による企業結合)
       当社は、2019年11月28日付取締役会決議により、湘南レーベル株式会社(本社:神奈川県藤沢市)の株式(自己
      株式を除く発行済株式の90.1%)、及び、合同会社サニーサイドイン(本社:神奈川県藤沢市)の全持分、並びに、
      湘南ファンド第1号特定目的会社(登記上の本店:東京都新宿区)の優先出資証券(優先出資持分4.8%)を取得し
      (以下、「本件取得」という。)子会社化することとしました。
       また、同日付で、当社と島田雅光氏との間で株式等譲渡契約を締結し、2019年12月26日に株式等譲渡契約に基づ
      き決済を行っております。
      1.企業結合の概要
      (1)被取得企業の名称及びその事業内容
                                                湘南ファンド第1号
        被取得企業の名称            湘南レーベル株式会社             合同会社サニーサイドイン
                                                 特定目的会社
                                              ①資産流動化法に基づき作
                                              成される資産流動化計画に
                  ホテル運営事業、飲食事                            従った特定資産の取得、開
                  業、貸コンテナ事業、賃貸              収益不動産の所有及びこれ              発及び保有並びにその管理
          事業内容
                  事業、戸建て不動産販売事              らに付帯する一切の事業              及び処分に係る業務
                  業、貸別荘事業等                            ②その他前記特定資産の流
                                              動化に係る業務に付帯する
                                              一切の業務
      (2)企業結合を行った主な理由
        サニーサイドイン者
        当社は、世界に誇る『オープンイノベーション企業』を経営理念とし、グループ会社の理念・個性を尊重し、
       オープンコミュニケーション(自由な発言や交流)による相互補完と相乗効果で企業価値の最大化を追求してお
       ります。1995年6月の創業以降、現在は飲食事業を中心に、当社グループ行動指針である『Dynamic                                               & Dramatic
       (大胆かつ劇的に行動する)』を掲げ、アミューズメント事業、ウェディング事業、カプセルホテル事業へも事業
       領域を拡大しております。
        国内外食業界を取り巻く業界環境は、個人消費の持ち直しや訪日外国人による旺盛なインバウンド需要などの
       影響もあり徐々に回復傾向にある一方で、人材不足の問題、酒類消費の減退傾向を強める状況の下、ファスト
       フードやファミリーレストラン業態による酒類販売強化、消費者嗜好の多様化や業界内の低価格化の進行によ
       り、業界の垣根を越えた競争環境は一段と激化しております。
        このような環境の中、当社は、さらなるスピードをもって成長すべく『Dynamic                                     & Dramatic     (大胆かつ劇的に
       行動する)』という新しい行動指針の下、ブランドポートフォリオの拡充(新規ブランドの開発及び新規ブラン
       ドによる新規出店並びに新規事業セグメント)、仕入面等におけるスケールメリットの追求、優秀な人材の確保
       等の経営資源配分の適正化、事業領域の強化・拡大を目的としたM&Aの活用による業容拡大を模索しておりまし
       た。加えて、当社は、2019年4月19日付で公表させていただきました連結中期経営計画のM&Aの方針に記載させ
       ていただきましたとおり、現在に至るまで飲食事業領域における規模の経済の拡大を目的とした事業再生型のM&
       Aを実施してまいりました。連結中期経営計画の立案・策定段階から、中期M&A方針として、「M&Aを通じ、
       当社グループのシナジー領域を拡充し、かつ、連結収益モデルの多角化を図る」ことが可能となり得る対象企業
       の検討を行っておりました。
        一方、湘南レーベル株式会社は、今後の事業拡大、新たな収益機会の確保及び成長スピードの加速のために
       は、事業上のシナジーが得られるパートナー企業を新たに大株主として迎えることを含む迅速かつ大胆な変革を
       実施することが必要であると認識しておりました。
        さらに、当社は以下の点でシナジーが得られるものと考えるに至りました。
        ①当社グループは、和食、洋食問わず、アルコール類を提供するディナー営業のブランド、カフェ業界のラン
         チ営業のブランドを運営する飲食事業が当社グループの主力事業であることに対して、湘南レーベル株式会
         社は、主要事業であるホテル運営事業の他、飲食事業、貸コンテナ事業、賃貸事業、戸建て不動産販売事
         業、貸別荘事業等を運営していることから、消費者のライフスタイルや嗜好の多様化に対応できる事業ポー
         トフォリオの拡充に資すること。
        ②当社グループは、関東圏主要都市部の繁華街エリアを中心に、東海、関西、中国、東北、九州地方に展開し
         ていることに対して、湘南レーベル株式会社は、神奈川県藤沢市を中心に展開していることから、当社が展
         開していないエリアでの事業醸成が実現されること。
        このように、当社が本件取得を実施し、湘南レーベル株式会社及び合同会社サニーサイドインを当社の連結子
       会社とすることは、両社が認識するそれぞれの経営課題に対処する観点からも望ましく、かつ、両社の有する独
       自の強みを共有することで両社の企業価値の拡大に資するという認識が一致し本件取得を実施することといたし
       ました。
        なお、湘南レーベル株式会社の資本金の額が当社の資本金の額の100分の10以上に相当することから、湘南レー
       ベル株式会社は特定子会社に該当する予定であります。
                                 19/23


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
      (3)企業結合日
        株式等取得日2019年12月26日(みなし取得日2020年2月29日)
      (4)企業結合の法的形式
        株式及び持分並びに優先出資証券の取得
      (5)結合後企業の名称
        変更はありません。
      (6)取得予定の議決権比率
                                                湘南ファンド第1号
                     湘南レーベル株式会社            合同会社サニーサイドイン
                                                  特定目的会社
       取得後の議決権比率                       90.1%             100.0%              90.6%
      (注)湘南ファンド第1号特定目的会社の発行済み優先出資証券は2,100口であり、湘南レーベル株式会社が95.2%
         (2,000口)、島田雅光氏が4.8%(100口)を保有しております。当社は島田雅光氏より、その保有する優先出
         資証券4.8%(100口)のすべてを譲り受けるものであります。
      (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
        当社による現金を対価とした株式及び持分並びに優先出資証券の取得によるものであります。
      2.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
        現時点では確定しておりません。
      3.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
        現時点では確定しておりません。
     (資金の借入)

       当社は、2019年11月28日付取締役会決議により、下記の通り、資金の借入を実施することを決定し、2019年12月
      26日に実行いたしました。
       1.借入の概要
        (1)    借入先                      株式会社三井住友銀行、他
                                  金4,000    百万円
        (2)    借入金額
        (3)    借入金利                      基準金利+スプレッド
        (4)    借入実行日                      2019年12月26日
        (5)    契約期限                      5年間
        (6)    担保提供資産又は保証の有無                      有
      2.資金の借入の理由
        2019年11月28日付「湘南レーベル株式会社の株式取得及び合同会社サニーサイドインの持分取得並びに資産(優
       先出資証券)の取得に関するお知らせ」においてお知らせいたしました、湘南レーベル株式会社の株式取得及び合
       同会社サニーサイドインの持分取得並びに資産(湘南ファンド第1号特定目的会社の優先出資証券)の取得に資金
       の全額を金融機関より借入するものであります。
                                 20/23








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      第24期(2019年3月1日から2020年2月29日まで)中間配当について、2019年10月15日開催の取締役会において、
     2019年8月31日の株主名簿に記載された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
      ①配当金の総額                 68,868千円
      ②1株当たりの金額                                         9円00銭
      ③支払い請求権の効力発生日及び支払開始日  2019年10月29日
                                 21/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社DDホールディングス(E05673)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2020年1月10日

    株式会社DDホールディングス
     取締役会 御中
                       太陽有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       柴  谷  哲  朗            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       清  水  幸  樹            ㊞
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社DD

    ホールディングスの2019年3月1日から2020年2月29日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年9月1日
    から2019年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年3月1日から2019年11月30日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
    レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社DDホールディングス及び連結子会社の2019年11月30日
    現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事
    項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク