株式会社サンワカンパニー 有価証券報告書 第41期(平成30年10月1日-令和1年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第41期(平成30年10月1日-令和1年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社サンワカンパニー

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    2019年12月27日
      【事業年度】                    第41期(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
      【会社名】                    株式会社サンワカンパニー
      【英訳名】                    sanwacompany       ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  山根 太郎
      【本店の所在の場所】                    大阪市北区茶屋町19番19号
      【電話番号】                    06-6359-6721(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長  津崎 宏一
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市北区茶屋町19番19号
      【電話番号】                    06-6359-6721(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長  津崎 宏一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/62













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次            第37期       第38期       第39期       第40期       第41期
             決算年月            2015年9月       2016年9月       2017年9月       2018年9月       2019年9月

                   (千円)          -    8,202,142           -       -       -
      売上高
                   (千円)          -     279,018          -       -       -
      経常利益
      親会社株主に帰属する
                   (千円)          -     151,459          -       -       -
      当期純利益
                   (千円)          -     139,162          -       -       -
      包括利益
                   (千円)          -    1,838,091           -       -       -
      純資産額
                   (千円)          -    4,124,016           -       -       -
      総資産額
                    (円)         -     115.04         -       -       -
      1株当たり純資産額
                    (円)         -      9.48        -       -       -
      1株当たり当期純利益
      潜在株式調整後
                    (円)         -      9.12        -       -       -
      1株当たり当期純利益
                    (%)         -      44.6        -       -       -
      自己資本比率
                    (%)         -       8.4        -       -       -
      自己資本利益率
                    (倍)         -      41.03         -       -       -
      株価収益率
      営業活動による
                   (千円)          -     296,706          -       -       -
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                   (千円)          -    △ 901,179          -       -       -
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                   (千円)          -    △ 211,151          -       -       -
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の
                   (千円)          -    1,053,868           -       -       -
      期末残高
                             -       100        -       -       -
      従業員数
                    (人)
      (外、平均臨時雇用者数)                      ( - )      ( 66 )      ( - )      ( - )      ( - )
      (注)1.     当社は、2014年7月14日開催の取締役会で、連結子会社であったSANWA                                 COMPANY    HUB  PTE.LTD.の事業の一時
           休止を決議し、当企業集団の財政状態及び経営成績の状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が
           乏しいものとして、連結の範囲から除外しております。
         2.第38期につきましては、2014年10月3日付で新たに設立した株式会社サンワカンパニーPLUS(2015年11月20
           日付で株式会社アーキナビより商号変更)の重要性が増してきたことにより、連結財務諸表を作成しており
           ましたが、2017年4月1日付で連結子会社であった同社を吸収合併したことにより、連結子会社が存在しな
           くなったため、第39期より連結財務諸表を作成しておりません。
         3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         4.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー及び人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の
           平均人員を(       )外数で記載しております。
                                  2/62




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次            第37期       第38期       第39期       第40期       第41期
             決算年月            2015年9月       2016年9月       2017年9月       2018年9月       2019年9月

                   (千円)      7,196,690       8,201,066       8,737,611       9,329,518       10,213,113
      売上高
                   (千円)       458,086       307,781       185,554        40,561       85,550
      経常利益
                   (千円)       322,294       180,410       182,915        16,961       49,464
      当期純利益
      持分法を適用した場合の
                   (千円)          -       -    △ 64,057         -       -
      投資損失(△)
                   (千円)       389,652       391,027       397,915       398,922       586,042
      資本金
                    (株)     15,950,500       15,978,000       16,166,700       16,194,300       17,816,200
      発行済株式総数
                   (千円)      1,772,452       1,891,811       2,083,724       1,801,192       2,177,708
      純資産額
                   (千円)      4,140,178       4,175,243       4,211,879       4,118,237       4,694,451
      総資産額
                    (円)       111.12       118.40       128.89       114.03       125.03
      1株当たり純資産額
                            4.00       5.00       5.00       3.00       3.00
      1株当たり配当額
                    (円)
      (1株当たり中間配当額)                      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
                    (円)        20.21       11.29       11.45        1.06       2.93
      1株当たり当期純利益
      潜在株式調整後
                    (円)        19.26       10.86       11.04        1.04       2.90
      1株当たり当期純利益
                    (%)        42.8       45.3       49.5       43.7       46.4
      自己資本比率
                    (%)        19.8        9.8       9.2       0.9       2.5
      自己資本利益率
                    (倍)        16.98       34.45       37.66       304.34        98.14
      株価収益率
                    (%)        19.8       44.3       43.7       283.0       102.4
      配当性向
      営業活動による
                   (千円)       458,231          -     100,924       388,742       195,523
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                   (千円)       △ 62,799         -    △ 251,123       163,294      △ 345,081
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                   (千円)      △ 227,870          -    △ 332,546      △ 186,175      △ 100,942
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の
                   (千円)      1,856,319           -     584,245       954,513       704,012
      期末残高
                             73       99       120       140       166
      従業員数
                    (人)
      (外、平均臨時雇用者数)                      ( 66 )      ( 66 )      ( 68 )      ( 62 )      ( 58 )
                    (%)        41.0       47.0       52.5       40.0       36.4
      株主総利回り
      (比較指標:
                    (%)       ( 108.4   )    ( 103.9   )    ( 134.3   )    ( 148.9   )    ( 133.5   )
      配当込みTOPIX)
                    (円)         850       630       474       451       341
      最高株価
                    (円)         342       315       345       259       202
      最低株価
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第38期は連結財務諸表を作成しておりますので、持分法を適用した場合の投資損失、営業活動によるキャッ
           シュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー並びに現金及び現
           金同等物の期末残高は記載しておりません。
         3.第37期、第40期及び第41期の持分法を適用した場合の投資損失は、持分法を適用する重要な関連会社がない
           ため記載しておりません。
         4.  1株当たり当期純利益は、自己株式を控除した期中平均発行済株式総数により、また1株当たり純資産額
           は、自己株式を控除した期末発行済株式総数により算出しております。
                                  3/62


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         5.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー及び人材会社からの派遣社員を含む。)は年間の平均人員を(                                         )外数で記載して
           おります。
         6.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(マザーズ)におけるものであります。
                                  4/62



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        1979年8月       建築資材の輸入販売を目的として、大阪市淀川区に資本金3,000千円にて株式会社三輪を設立
        1983年5月       本社を大阪市東区(現・中央区)に移転
        2000年3月       住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売事業を開始
        2004年7月       名古屋市中区に名古屋ショールームを開設
        2005年7月       本社を大阪市中央区に移転
               大阪市中央区に大阪ショールームを開設
        2006年10月       東京都江東区に東京ショールームを開設
        2008年4月       社名を株式会社三輪から株式会社サンワカンパニーに変更
               名古屋ショールームを名古屋市東区に移転
        2010年7月       東京ショールームを東京都港区に移転
        2011年2月       東南アジアにおける販売先・仕入先の開拓を目的としてシンガポールにSANWA                                    COMPANY    HUB
               PTE.LTD.(現・非連結子会社)を設立
        2011年7月       SANWA   COMPANY    HUB  PTE.LTD.がシンガポールにシンガポールショールームを開設
        2013年4月       大阪ショールームを大阪市北区に移転
        2013年9月       東京証券取引所マザーズに株式を上場
        2014年7月       SANWA   COMPANY    HUB  PTE.LTD.の事業の一時休止を決定
        2014年8月
               福岡市博多区に福岡ショールームを開設
        2014年10月
               建築資材の販売及びその仲介業を目的として                     株式会社サンワカンパニーPLUS(2015年11月20日付
               で株式会社アーキナビより商号変更)                  を設立
        2014年11月
               本社を大阪市北区に移転
        2015年4月
               名古屋ショールームを名古屋市東区に移転増床
        2016年4月
               台湾市場での当社取り扱い製品の展開を目的として台湾に睿信三輪股份有限公司を台湾企業との
               合弁により設立
        2016年8月
               睿信三輪股份有限公司が台湾に台北ショールームを開設
        2016年8月
               東京ショールームを         東京都港区     に移転増床
        2017年4月
               株式会社サンワカンパニーPLUSを吸収合併
        2018年1月
               仙台市青葉区に仙台ショールームを開設
        2018年9月
               睿信三輪股份有限公司の全株式を譲渡し合弁契約を解消
                                  5/62











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社は、住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売事業の単一セグメントであり、設計事務所、工務店
       及び施主向けに住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売を行っております。
        [取引の概要]

         当社では、海外及び国内のメーカー・商社から仕入れた商品をウェブサイト及びカタログに販売価格を明示し
        て掲載し、購入者の属性にかかわらず同一価格で販売しております。
         ウェブサイト上にて主に取り扱っている商品は以下のとおりであります。
         洗面所・水回り、タイル、キッチン、浴室(風呂・バスルーム)・トイレ、ドア(扉)・建具、エクステリア
        (外構)、ウッドデッキ、フローリング・床材、収納、天然石・石材、ロートアイアン、内装用建材、パネル・
        壁材、インテリア・家具、メンテナンス・施工材
         また、現物の商品を確認できないというインターネット通信販売の弱みを補完するために、ショールームを東
        京、大阪、仙台、名古屋、福岡の5拠点に開設しており、顧客の要望に応じてインテリア・コーディネーターが
        内装提案を行っております。
         商品の販売価格を明示し、かつ購入者の属性にかかわらず同一価格で販売する手法は、販売者と購入者との相
        対取引において、その都度価格が決定される建築業界における従来の商慣習とは一線を画すものであり、これに
        より建材価格の透明性が確保されるのみならず、建築主自らが材料を調達して施工業者に施工のみを依頼する
        「施主支給」を推進するものであります。
         決済方法は現金先払いもしくはクレジットカード決済を原則とし、購入頻度、購入金額に応じ、所定のルール
        に基づいて割賦販売や信用取引を行っております。
         仕入形態は海外メーカーからの輸入仕入及び国内メーカー・商社からの国内仕入に大別され、輸入仕入につい
        ては、一部の受注生産品を除き商品を在庫しており、国内仕入については仕入先から直送する商品と、在庫する
        商品とに区別されます。また、当社の自社開発商品も輸入仕入、国内仕入それぞれに含まれております。在庫商
        品の仕入については、仕入指示システムに基づいて発注点管理を行い、その指示に基づいて仕入先に対して発注
        処理を行っております。
        [事業系統図]

         当社の事業系統図は以下のとおりであります。
                                               (実線…物流 点線…商流)






                                  6/62





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
        該当事項はありません。
        (注)   関係会社が1社ありますが、非連結子会社であるため記載を省略しております。
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                   2019年9月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           166    ( 58 )         37.0              3.8             5,083

      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数                         (パートタイマー及び人材会社からの派遣社員を含む。)                           は、年
           間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.当社は、住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売事業の単一セグメントであるため、セグメント
           情報に関連付けた記載を省略しております。
         4.  当社の従業員数は期首に比べて26人増加し、166人となりました。これは事業拡大に伴う増加によるもので
           あります。
       (2)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  7/62














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。
       (1)会社の経営の基本方針
         当社は「くらしを楽しく、美しく。」を企業理念とし、人々の「くらし」をより良いものにしたいという普遍的
        な願いを実現することを経営の基本方針としております。住宅設備機器・建設資材のインターネット通信販売によ
        り複雑な流通プロセスを簡素化することで販売価格の不明瞭さを撤廃し、高品質な商品を適正価格で提供してまい
        ります。これにより、消費者がフェアに商品選択できる市場を作り出し、建築・住宅市場の活性化につなげると共
        に、世界の人々の「くらし」で最も必要とされる企業集団を目指してまいります。
       (2)目標とする経営指標

         当社が重要と考えている経営指標は、事業規模の指標としての売上高、収益性の指標としての売上高営業利益
        率、自己資本の効率的運用の指標としての自己資本当期純利益率であります。
       (3)中長期的な会社の経営戦略

         当社は、中長期的戦略として以下の重点課題に対し積極的に取り組んでおります。
        ① 国内事業の収益基盤強化

          当社のコア事業である住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売事業の拡大・深耕により、安定した
         収益の確保を目指してまいります。
        ② 海外事業の成長拡大

          中国をはじめアジアを重点地域とした海外展開を推進し、海外事業を拡大させる土台作りを行ってまいりま
         す。
        ③ 新事業の創造

          中長期的に更なる飛躍を実現するため、今後の収益の柱となる新事業の開発を行ってまいります。
        ④ 経営基盤の強化

          グローバルカンパニーとしての経営基盤を強化するため、優秀な人材の採用や研修制度の充実を図ってまいり
         ます。
       (4)経営環境及び対処すべき課題等

         当社が属する建築業界における今後の見通しは厳しく、また、業界内における競争の激化は続くとみられるもの
        の、当社の事業規模に比してこの業界の市場規模は巨大であり、その中において当社はまだまだ認知されていると
        はいえない存在であることから、収益獲得の余地は大いにあると考えております。
         このような状況の中、当社は以下のような課題に継続的に取り組むことで、収益の拡大を推進したいと考えてお
        ります。
        ① オリジナル商品の拡充

          当社は住宅設備機器・建築資材をはじめとした住空間にまつわる商品を幅広く豊富に取り揃えており、売上高
         の約8割がオリジナル商品(自社開発商品と国内で独占的に販売できる海外輸入商品)です。このオリジナル商
         品を更に充実させることでお客様の商品選択の自由度を高めてまいります。デザインコンセプトは「ミニマリズ
         ム」で、そのシンプルで洗練された美しいデザインを極めると同時に、デザイン力や商品力によりブランド価値
         を向上させるべく世界的な工業賞に積極的に応募してまいります。また、国内調達商品においては意匠的に独創
         性の高い商品を投入し、更には、家具や照明、デザイン家電、ペット用品といった周辺領域へも商品ラインナッ
         プを拡充して、お客様のライフスタイルに合わせた住空間のコーディネートを当社がトータルにプロデュースで
         きる品揃えを目指してまいります。
                                  8/62




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ② 海外展開の推進
          当社の事業規模に対して市場規模は巨大といえますが、日本国内における住宅着工件数が下がっていく中、国
         内のみの事業ではいずれかの時期に成長の鈍化・停滞が起こると考えております。そのためオリジナリティと適
         正価格を併せ持つ自社開発商品の強みを生かし、ヨーロッパ及びアジアを中心とした海外での販売に向け、海外
         の見本市や展示会に出展するほか、ビジネスパートナーとの協業を行うなど、エリア特性に応じた事業展開を
         行ってまいります。
        ③ 価格競争力の追求

          インターネット通信販売の強みを生かして、既存の商流、流通を経由しないことによって獲得できる価格競争
         力を今後も維持したいと考えております。また、調達価格低減のため、単一の商品を複数の仕入先で生産できる
         ようにするなど、常にコストダウンや適正な在庫量を意識して業務を推進してまいります。
        ④ 周辺サービスの拡充

          当社は、住宅設備機器及び建築資材を網羅的に取り扱っておりますが、お客様からは商品販売にとどまらない
         設計や施工まで含めたサービスに対するご要望があります。この状況に対し、当社商品が採用された物件の設計
         に係るコンサルティングや、全国の施工業者ネットワークを利用した工事会社紹介サービスの実施により、適正
         かつ透明性の高い価格での周辺サービスの充実に努めてまいります。
        ⑤ 知名度の向上

          当社は現在、東京、大阪、仙台、名古屋、福岡にショールームを設置しております。これらショールームは全
         て市内中心部の好立地にあり、アクセスの良い場所に展示施設を開設することで認知度を高め、お客様との接点
         を増やしてまいります。また、潜在顧客に対してはマスメディアやデジタルメディアといった各種メディアを使
         い分けブランド認知を高めると同時に、既存顧客に対してはカタログ送付やメルマガ配信によりリピート率の向
         上とロイヤルカスタマーの育成を図ってまいります。
        ⑥ 組織体制の強化

          当社は、これまで比較的小規模な組織で運営されており、内部管理体制もこれに応じたものとなっております
         が、今後、事業の拡大に応じて必要になる人員を適時に補充し、内部管理体制の一層の充実を図ってまいりま
         す。また、社内研修制度の充実を図り、従業員一人ひとりの能力を十分に活かすための取り組みを推進すると同
         時に、必要に応じて外部顧問による助言を受けるなど、経営基盤の強化及び商品企画・開発・品質と商品販売体
         制の更なる強化を図ってまいります。
      2【事業等のリスク】

        以下において、当社の事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性
       があると考えられる主な事項を記載しております。当社として必ずしも事業上のリスク要因に該当しないと考えてい
       る事項についても、投資家の投資判断上、重要と考えられる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観
       点から記載しております。
        当社は、これらリスクの発生の可能性を認識して事業活動を行っておりますが、以下の記載は当社株式への投資に
       関連する事業リスクを完全に網羅しているものではなく、当社の株式に関する投資判断は、本項及び本書中の他の記
       載事項も併せて慎重に検討した上で行われる必要があると考えております。
        なお、文中における将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。
       (1)当社の事業について

        ① 当社が採用する販売形態について
          当社が販売する全ての商品は、当社会員に対して、ウェブサイト、カタログ等において販売価格を明示してお
         り、価格の透明性を確保しております。一方で、この販売形態は、相対取引の場において都度価格が決定される
         建築業界においては極めて異例の販売手法であり、価格が明示されることで、中間業者が介在する余地をなく
         し、また当社が関与しない取引の価格にも影響を及ぼす可能性があります。
          以上のことから、当社が採用する販売形態は、建築業界における商慣習と相反するものであり、このことが当
         社の事業の成長を阻害する要因となる可能性があります。
                                  9/62




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ② 競合について
          当社と同様のビジネスモデルを採用して事業を行う会社は、当社以外にも存在しておりますが、その多くが特
         定のジャンルの商品を取扱っており、当社のように、インターネット通信販売事業において住宅内装設備関係の
         数多くの建築資材を取扱う会社は極めて少ないと認識しております。
          当社は、商品の選定及び企画開発力にて競合他社との差別化を図る所存でありますが、当社が提供する商品よ
         りも優れた商品を供給する競合会社が現れた場合、当社の競争力は相対的に低下することとなり、その結果、当
         社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③ 独占的契約について

          当社が取扱う輸入品のうちヨーロッパから輸入する商品については、当社のみが取扱う商品でありますが、こ
         れは独占販売契約、代理店契約等の書面による契約によって確保されたものではなく、現地の商慣習によるもの
         であります。
          当社は、この商慣習に従い現地の取引先からの仕入を行っておりますが、今後予測し得ない事態により、現在
         確保している独占状態を喪失した場合、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④ 商品の瑕疵担保責任について

          当社が販売する商品には保証を付して販売しております。当社は、必要に応じ                                    て性能試験等を行い、品質の確
         保に努めておりますが、万一、これらの商品に重大な瑕疵が発見された場合、当社の社会的信用は低下し、また
         補修・損害賠償責任の発生により、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑤ システム障害について

          当社の事業遂行においては、ウェブサイトによる販売活動はもとより、受発注業務、会計処理など、業務の大
         部分においてコンピュータシステム及びそのネットワーク(以下、総称して「システム」と称します。)を活用
         して経営効率を高めております。
          当社は、システム障害のリスクを低減するために、定期的なバックアップ、サーバーの二重化等の対策を施し
         ておりますが、これらによりシステム障害を完全に回避することは困難であり、またインターネット回線など、
         当社が管理しない設備機器における障害の可能性も排除できないことから、万一、障害等が発生した場合には、
         当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑥ 商品の供給体制について

          当社は、自らが企画した商品について、外部の取引先に製造を委託することによりオリジナル商品を供給して
         おります。この外部の取引先は、商品の開発段階で信用力、生産能力等を確認のうえ選定を行っておりますが、
         何らかの事情で製造を委託した商品が供給されないこととなった場合、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼ
         す可能性があります。
       (2)大規模災害による影響について

         当社の在庫商品の多くは特定の物流拠点に集約しており、ここで商品の納入から検品、配送まで一貫して行って
        おります。在庫及び物流機能を特定の地域に集中させる理由は、在庫管理及び物流に関するコストの低減を図ると
        いう経営判断に基づくものであります。
         当社は、在庫商品に対し火災保険を                  付保しておりますが、地震等大規模災害により、当社の財政状態                              や経営成績
        に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)  為替変動の     影響について

         当社における仕入取引の16.1%(当事業年度実績)は外貨建の取引であり、また一方で、海外事業の推進によ
        り、今後は外貨建の販売が増加することが見込まれるため、為替変動は当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす
        可能性があります。
       (4)個人情報の管理について

         当社は、事業活動の過程で取得した顧客情報を保有しており、かつこの顧客情報の中には個人情報も含まれてお
        ります。これら顧客情報については、社内規程及び運用マニュアルなどを策定し内部管理体制を徹底するととも
        に、システムやセキュリティの強化などに取り組むことで厳重に管理しております。
         このように、顧客情報の取扱いについては細心の注意を払っておりますが、万一、個人情報の流出などの重大な
        トラブルが発生した場合には、当社に対する社会的信用が低下し、また損害賠償請求等により、当社の事業活動、
        財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 10/62


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
       (5)有利子負債への依存と金利変動の影響について
         当社は、事業拡大のための資金を金融機関からの借入れに依存しており、当事業年度末における総資産に対する
        有利子負債依存度は、15.9%となっております。新規及び借り換え時の資金調達において金融機関等との折衝が滞
        り資金の調達に支障が生じた場合には、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社の当事業年度末における有利子負債残高は745百万円となっております。現在は、当該資金を主とし
        て固定金利に基づく短期借入金等により調達しているため、一定期間においては金利変動の影響を受けないことと
        なりますが、新たに借り換え等を行う際、資金調達コストが変動している場合には、当社の経営成績に影響を及ぼ
        す可能性があります。
       (6)原材料価格の上昇について

         当社が販売する商品の多くは木材、石油、金属等の資材価格の変動の影響を受けるものであります。当社は年間
        販売予定数量の取引先への開示、大量発注等により常に仕入価格の低減に努めておりますが、資材価格が急激に上
        昇して仕入価格の上昇が避けられない事態となった場合には、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性が
        あります。
       (7)法的規制について

         当社の行っている事業は一般消費者を含めたお客様への通信販売事業であり、当社のカタログやウェブサイトに
        掲載された商品情報については、「特定商取引に関する法律」、「消費者契約法」、「不当景品類及び不当表示防
        止法」及び「不正競争防止法」等の規制を受けております。また、当社の取扱商品の一部に関しましては、品質等
        に関する問題について「製造物責任法」等により規制を受けております。上記規制以外にも、商品輸入に関連した
        貿易関連法令や商品開発に係る商標権や意匠権等、産業財産権関連法令等の規制も受けております。
         当社では、社員教育の徹底、コンプライアンス体制の整備、販売管理体制の構築、また適宜、顧問弁護士のアド
        バイスを受ける等、法的規制を遵守する管理体制を整備しておりますが、法令に違反する行為がなされた場合及び
        法令の改正や新たな法令の制定が行われた場合には、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       (8)内部管理体制について

         当社は今後、事業の拡大に応じて必要になる人員を適時に補充し、内部管理体制の一層の充実を図りますが、人
        員補充の遅れや優秀な人材の流出により、当社の業務運営に支障をきたす可能性があります。
       (9)  ストックオプション等株式報酬の提供による株式価値の希薄化について

         当社は、当社取締役及び従業員の業績向上へのインセンティブを高めることを狙いとして、また当社監査役が適
        正な監査に対する意識を高めることにより当社の経営の健全性の向上を図る観点から、譲渡制限付株式報酬制度及
        びストックオプション制度を採用しております。今後も同様のインセンティブ・プランを継続する可能性があり、
        その場合は、当社の1株当たりの株式価値は希薄化する可能性があります。
       (10)   投資有価証券の評価損の計上について

         当社は、中長期的な企業価値の向上に向けて、事業の展開上必要と思われる企業への出資を行っており、今後も
        その可能性があります。そのような有価証券への投資においては、株価の著しい下落あるいは投資先企業の著しい
        業績低迷等が生じた場合、投資有価証券評価損が発生し、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があ
        ります。
                                 11/62







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概況
         当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況
        の概要は次のとおりであります。
        ① 財政状態及び経営成績の状況

          当事業年度におけるわが国経済は、堅調な企業収益を背景に、雇用情勢や所得環境の改善が続き、緩やかな回
         復傾向の動きがみられる一方で、米中貿易摩擦の長期化に伴う中国経済の減速による世界経済への影響や10月の
         消費増税後の景気下振れリスクが懸念されるなど、依然として先行きは不透明な状況が続いております。
          このような状況の中、当社は売上高の拡大と企業認知度向上へ向けた取り組みを強化すると同時に、海外事業
         強化を目的として海外の現地法人と販売代理店契約を締結するなど海外販路の拡大を推進いたしました。
          売上高につきましては、前事業年度より9.5%伸長し創業以来初めて100億円を突破いたしました。重点カテゴ
         リを絞った適正な在庫管理による販売機会損失の削減や商品価格の見直し、会員ランク制度やポイントバック
         セールによる顧客のリテンション強化など、以前より取り組んできたものを含め、各種施策の成果が表れてきた
         ものと捉えております。
          当事業年度における主な取り組みとしましては、関西地区でTVCMを放映し、同時にYouTube、Instagramといっ
         たデジタルメディアにも動画広告を出稿し、総合カタログ発行時には新たにデジタルカタログを導入してECサイ
         トへの誘導も図りました。また、中間業者を介さない当社ビジネスモデルの強みを生かし、個人施主が選択でき
         る決済手段の一つとしてショッピングクレジットを導入し、施主による直接購入と分割払いによる単価アップを
         促進いたしました。さらに、周辺領域の拡充としてペット関連オリジナル商品の取り扱いを開始いたしました。
          海外事業につきましては、2018年10月に韓国のMJ                        Housing    Korea社、イタリアのSimone             Piva社との間でそれ
         ぞれ販売代理店契約を締結し、海外販路を拡大しております。2019年3月には中国の上海及び深川での展示会で
         当社の存在をアピールし、2019年4月にはイタリアのミラノで開催された世界最大規模のデザインの祭典「Milan
         Design    Week   2019」に出展するなどグローバルでのブランディングを加速させております。
          以上の結果、当事業年度の経営成績は、売上高                       10,213百万円      (前年同期比      9.5%増    )、  営業利益89百万円        (前
         年同期比    136.1%増     )、  経常利益85百万円        (前年同期比      110.9%増     )、  当期純利益49百万円         (前年同期比      191.6%
         増 )となりました。
          なお、当社は、住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売事業の単一セグメントであるため、セグメ
         ント別の記載を省略しております。
          当事業年度における当社の財政状態は次のとおりであります。

          イ.資産
            当事業年度末における資産合計は、前事業年度末に比べ576百万円増加し、4,694百万円となりました。そ
           の主な要因は、長期前払費用の増加344百万円、商品の増加281百万円、投資有価証券の増加200百万円、売
           掛金の増加105百万円があった一方で、現金及び預金の減少250百万円、前渡金の減少100百万円があったこ
           とによるものであります。
          ロ.負債

            当事業年度末における負債合計は、前事業年度末に比べ199百万円増加し、2,516百万円となりました。そ
           の主な要因は、前受金の増加152百万円、短期借入金の増加100百万円、未払法人税等の増加51百万円があっ
           た一方で、長期借入金の減少81百万円があったことによるものであります。
          ハ.純資産

            当事業年度末における純資産合計は、前事業年度末に比べ376百万円増加し、2,177百万円となりました。
           その主な要因は、資本金の増加187百万円、資本準備金の増加187百万円、利益剰余金の増加2百万円があっ
           たことによるものであります。
                                 12/62





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ② キャッシュ・フローの状況
          当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末と比較して250百万円
         減少し、704百万円となりました。
          当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
          イ.営業活動によるキャッシュ・フロー
            営業活動の結果得られた資金は195百万円(前年同期比49.7%減)となりました。これは主に、減価償却
           費176百万円、前受金の増加額152百万円、前渡金の減少額100百万円、税引前当期純利益79百万円を計上し
           た一方で、たな卸資産の増加額303百万円を計上したことによるものであります。
          ロ.投資活動によるキャッシュ・フロー

            投資活動の結果使用した資金は345百万円(前年同期は163百万円の獲得)となりました。これは主に、投
           資有価証券の取得による支出200百万円、有形固定資産の取得による支出62百万円、長期貸付けによる支出
           49百万円、無形固定資産の取得による支出20百万円を計上したことによるものであります。
          ハ.財務活動によるキャッシュ・フロー

            財務活動の結果使用した資金は100百万円(前年同期比45.8%減)となりました。これは主に、短期借入
           れによる収入100百万円、長期借入れによる収入100百万円を計上した一方で、長期借入金の返済による支出
           258百万円、配当金の支払額46百万円を計上したことによるものであります。
        ③ 生産、受注及び販売の実績

          当社は、住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売事業の単一セグメントであるため、以下の事項は
         商品カテゴリ別に記載しております。
          イ.生産実績
            当社はインターネット通信販売を主体としており、生産活動を行っておりませんので、該当事項はありま
           せん。
          ロ.受注実績

            当社はインターネット通信販売を主体としており、受注生産を行っておりませんので、該当事項はありま
           せん。
          ハ.販売実績

            当事業年度の販売実績を商品カテゴリ別に示すと、次のとおりであります。
                                 当事業年度
           商品カテゴリ別の名称                   (自 2018年10月1日                   前年同期比(%)
                               至 2019年9月30日)
        洗面(千円)
                                    3,329,539                   116.4
        キッチン(千円)
                                    2,898,769                   103.6
        建具(千円)
                                     627,449                  106.9
        タイル(千円)
                                     593,941                   92.0
        バス(千円)
                                     451,062                  130.1
        エクステリア(千円)
                                     334,794                  150.1
        ウッドデッキ      (千円)
                                     299,883                  104.9
        その他(千円)
                                    1,677,672                   105.9
             合計(千円)                       10,213,113                    109.5

        (注)1.総販売実績に対する販売実績の割合が100分の10以上の相手先がありませんので、主要な販売先の記載
             を省略しております。
           2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 13/62



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
         文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。
        ① 重要な会計方針及び見積り

          当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成しておりま
         す。その作成には、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額及び開示に影響
         を与える見積りを必要としております。経営者は、これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合理的に判断
         しておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
          当社の財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5経理の状況 1財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項
         (重要な会計方針)」に記載しております。
        ②   当事業年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         経営成績等
         (財政状態)
           当事業年度における財政状態の分析につきましては、「第2事業の状況 3経営者による財政状態、経営成
          績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」を
          ご参照ください。
         (経営成績)

           当事業年度における当社の経営成績は、                    売上高   10,213百万円      (前年同期比      9.5%増    )、  営業利益89百万円
          (前年同期比      136.1%増     )、  経常利益85百万円        (前年同期比      110.9%増     )、  当期純利益49百万円          (前年同期比
          191.6%増     )となりました。
           以下に、損益計算書に重要な影響を与えた要因について分析いたします。
           イ.売上高の分析
             当事業年度の売上高は10,213百万円となり、前事業年度(9,329百万円)と比較して883百万円の増加とな
            りました。
             なお、当社は、住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売事業の単一セグメントであるため、
            セグメント別の記載を省略しております。
           ロ.売上原価及び売上総利益の分析

             当事業年度の売上原価は6,653百万円となり、前事業年度(6,065百万円)と比較して588百万円の増加、
            売上総利益は3,559百万円となり、前事業年度(3,263百万円)と比較して295百万円の増加となりました。
            原材料価格や物流コスト等の上昇により売上総利益率は34.8%となり、前事業年度の売上総利益率35.0%
            から下降いたしました。
           ハ.営業利益の分析

             当事業年度の営業利益は89百万円となり、前事業年度(37百万円)と比較して51百万円の増加となりまし
            た。増加の主な要因は、販売費及び一般管理費が前事業年度より243百万円増加したものの、売上高が前
            事業年度より883百万円増加したことにより増益となりました。
           ニ.営業外損益の分析

             当事業年度の営業外収益は1百万円となり、前事業年度(8百万円)と比較して7百万円減少となりまし
            た。減少の主な要因は、為替差益が4百万円、助成金収入が1百万円、物品売却益が1百万円減少したこ
            と等によるものであります。
             また、営業外費用は5百万円となり、前事業年度(6百万円)と比較して0百万円減少となりました。減
            少の主な要因は、支払手数料が1百万円減少したこと等によるものであります。
           ホ.特別損益の分析

             当事業年度は特別利益の計上がなく、前事業年度(106百万円)と比較して106百万円減少となりました。
            減少の主な要因は、投資有価証券売却益が106百万円減少したこと等によるものであります。
             また、特別損失は5百万円となり、前事業年度(121百万円)と比較して115百万円減少となりました。減
            少の主な要因は、関係会社株式評価損が106百万円、関係会社株式売却損が13百万円減少したこと等によ
            るものであります。
                                 14/62


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
           ヘ.資本の財源及び資金の流動性についての分析
             当事業年度のキャッシュ・フローの状況については、「第2事業の状況 3経営者による財政状態、経
            営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状
            況」をご参照ください。
             当社は、運転資金及び設備資金につきましては、主として内部資金により充当することとしており、当
            事業年度末における現金及び現金同等物の残高は704百万円となっております。
             なお、当事業年度末の現金及び現金同等物残高は、十分な資金流動性を確保しているものと考えており
            ます。
        ③ 経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の達成・進捗状況について

          売上高は計画比286百万円減(2.7%減)となりました。これは、海外事業展開において、当事業年度は展示会へ
         の出展や現地ショールームの開設など、今後の基盤づくりに注力したため、売上に直結する営業活動に販売代理
         店の人的資源を割くことができなかったことが要因となっております。
          利益面では、人員採用計画の見直しやWEBマーケティングの効率化、ショールームの改装費等費用の削減によ
         り、営業利益は計画比36百万円増(68.1%増)、当期純利益は15百万円減(45.5%増)となりました。
          売上高営業利益率は、販売費及び一般管理費を抑制することができたため、計画比0.4ポイント増の0.9%とな
         りました。
          自己資本当期純利益率は、当期純利益が計画を上回ったことにより、計画比0.8ポイント増の2.5%となりまし
         た。
            指標          2019年度(計画)             2019  年度(実績)           2019  年度(計画比)
                                                 286百万円減(2.7%減)

       売上高                  10,500百万円             10,213百万円
                                                 36百万円増(68.1%増)

       営業利益                    53百万円             89百万円
                                                 15百万円増(45.5%増)

       当期純利益                    34百万円             49百万円
       売上高営業利益率                      0.5%             0.9%           0.4  ポイント増

                             1.7%             2.5%

       自己資本当期純利益率                                             0.8ポイント増
        ④ 経営戦略の現状と見通し

          今後の見通しにつきましては、企業業績・雇用の改善が続く中で、景気回復基調が持続する一方で、10月の消
         費増税により、一定の駆け込み需要があったものの、増税後の景気への影響など予断を許さない状況が続くもの
         と思われます。
          このような状況の中、当社はコア事業の拡大・深耕による安定した収益の確保を維持しつつ、海外事業を拡大
         させる土台作りを進めるほか、今後の収益の柱となる新規事業の開発を進めてまいります。
          当社のコア事業である住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売におきましては、収益の基盤となる
         既存顧客のリテンション強化を継続して行うと同時に、商品及びサービスの質を向上させることでクレームの削
         減やトラブルの未然防止など、顧客満足度を向上させてまいります。また、在庫保有コストの削減、配送効率化
         による物流コストの削減を進め、高収益な企業体質への変革を図ってまいります。
          海外事業につきましては、中国を中心としたアジア地域を重点として事業を拡大させる土台作りを推進し、併
         せて海外でのEC販売も進めてまいります。また、海外展示会出展による海外でのブランディング強化とパート
         ナー企業の発掘についても引き続き取り組み、海外事業拡大に向けたノウハウの蓄積を行ってまいります。
          こうした国内外の事業拡大を推進するため、優秀な人材の採用や研修制度の充実など、人材への投資を行い、
         持続可能な企業体へと構造改革を進めてまいります。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 15/62



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当事業年度における設備投資の総額は                   72,978   千円であり、その主なものは、本社の増床に伴う投資であります。
        また、重要な設備の除却、売却等について該当事項はありません。
        なお、当社は、住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売事業の単一セグメントであるため、セグメント
       別の記載を省略しております。
      2【主要な設備の状況】

        当社における主要な設備は、次のとおりであります。
        なお、当社の報告セグメントは単一であるため、セグメント別の記載を省略しております。
                                                   2019年9月30日現在
                                        帳簿価額
           事業所名                                             従業員数
                                      土地
                     設備の内容
           (所在地)                    建物             その他       合計      (人)
                                     (千円)
                              (千円)              (千円)       (千円)
                                     [面積㎡   ]
       本社
                                         -                  111
                   本社機能             70,348              17,450       87,799
       (大阪市北区)
                                      [1,080.10]                    (22)
       東京ショールーム                                 -                  17
                   ショールーム
                                221,868              9,599      231,467
       (東京都港区)                              [1,482.54]                    (11)
       大阪ショールーム                                 -                  20
                   ショールーム             80,349              5,838      86,188
       (大阪市北区)                              [1,344.72]                    (7)
       仙台ショールーム                                 -                   3
                   ショールーム
                                55,078              6,730      61,808
       (仙台市青葉区)                               [254.65]                   (2)
       名古屋ショールーム
                                         -                   8
                   ショールーム             111,038              3,924      114,963
       (名古屋市東区)                               [900.78]                   (9)
       福岡ショールーム                                 -                   7
                   ショールーム             99,291              2,025      101,316
       (福岡市博多区)                              [1,083.27]                    (7)
        (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
           2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であります。
           3.従業員数の( )外数は、臨時雇用者数                     (パートタイマー及び人材会社からの派遣社員を含む。)                           の年
             間の平均人員であります。
           4.賃借している土地の面積については[ ]で外書きしております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        該当事項はありません。
                                 16/62









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                          48,000,000
                  計                               48,000,000

        ②【発行済株式】

             事業年度末現在            提出日現在
                                  上場金融商品取引所名
              発行数(株)           発行数(株)
       種類                           又は登録認可金融商品                  内容
            (2019年9月30日)           (2019年12月27日)           取引業協会名
                                             権利内容に何ら限定のない当社
                                    東京証券取引所
                                             における標準となる株式であ
               17,816,200           17,816,200
     普通株式
                                    (マザーズ)
                                             り、単元株式数は100株であり
                                             ます。
               17,816,200           17,816,200            -              -
        計
      (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
         行された株式数は含まれておりません。
                                 17/62













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
          会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
          2013年4月8日臨時株主総会決議(第4回新株予約権)
      決議年月日                           2013年4月8日
                                 当社取締役                  3
                                 当社使用人                29
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社監査役                  3
                                 2,148   [2,148]
      新株予約権の数(個)※
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     214  ,800   [214,800](注)1
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           73(注)2
                                 自   2015年5月1日
                                 至   2022年4月30日
      新株予約権の行使期間           ※
                                 但し、行使期間の最終日が会社の休業日にあたる場合に
                                 は、その前営業日を最終日とする。(注)5
                                 発行価格                  73
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額                37
      新株予約権の行使の条件            ※

                                 (注)3
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※

                                 (注)4
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 -
      項  ※
      ※ 当事業年度の末日(2019年9月30日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現
        在(2019年11月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載して
        おり、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)1.新株予約権発行後、以下の事由が生じた場合には、新株予約権1個当たりの目的となる株式数を調整しま
           す。
          (1)本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使
            の本新株予約権についてその1個当たりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整によ
            り生じる1株の100分の1未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
          (2)①行使価額を下回る1株当たりの払込金額での普通株式の発行又は処分、又は②行使価額を下回る1株
            当たりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行を行うときは、未行使の本新株予約権
            についてその目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1株未満の端数は切
            り捨てる。
                                調整前行使価額
             調整後株式数 = 調整前株式数 × ―――――――――
                                調整後行使価額
          (3)会社が株主割当の方法により募集株式の発行を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併する場合、
            株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、会社は取締役会の決議を
            もって適当と認める本新株予約権1個当たりの目的たる株式数の調整を行う。
                                 18/62





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         2.新株予約権発行後、以下の事由が生じた場合には、行使時に1株につき払込みをなすべき金額(以下、「行
           使価額」という。)を調整します。
          (1)本新株予約権の割当日後において、普通株式について株式の分割又は併合が行われる場合には、未行使
            の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端
            数は切り上げる。
                                      1
             調整後行使価額 = 調整前行使価額 × ――――――――――
                                  分割・併合の比率
          (2)会社が、本新株予約権の割当日後において、①行使価額を下回る1株当たりの払込金額での普通株式の
            発行又は処分、又は②行使価額を下回る1株当たりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等
            の発行を行うときは、未行使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整
            により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                        既発行株式数×調整前行使価額+新発行株式数×1株当たり払込金額
             調整後行使価額 = ―――――――――――――――――――――――――――――――――
                                 既発行株式数+新発行株式数
          (3)会社が合併する場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、会
            社は取締役会の決議をもって適当と認める行使価額の調整を行う。
         3.新株予約権の行使の条件は、以下のとおりであります。
          (1)新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について、会社の取締役又は監査役及
            び会社の使用人いずれの身分とも喪失した場合等、「新株予約権割当契約書」に定める取得事由が発生し
            ていないことを条件とする。
          (2)その他の新株予約権の行使条件は、当社と新株予約権者との間で締結した「新株予約権割当契約書」に
            定めるところによる。
         4.新株予約権を譲渡するには取締役会の承認を要する。
         5.  第4回新株予約権のうち当社の取締役及び従業員の権利行使期間開始日が2015年5月1日から2017年5月1
           日に変更しておりますが、当社監査役の権利行使期間は変更しておりません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
                                 19/62









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式総        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日
                数増減数(株)        数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
     2015年10月1日~ 
     2016年9月30日
                   27,500      15,978,000           1,375      391,027        1,375      341,027
     (注)1
     2016年10月1日~ 
     2017年9月30日
                   188,700      16,166,700           6,887      397,915        6,887      347,915
     (注)1
     2017年10月1日~ 
     2018年9月30日
                   27,600      16,194,300           1,007      398,922        1,007      348,922
     (注)1
     2018年10月1日~ 
     2019年1月31日
                   14,400     16,208,700           525     399,448          525     349,448
     (注)1
     2019年2月1日
                 1,560,000       17,768,700         184,860       584,308       184,860       534,308
     (注)2
     2019年2月1日~ 
     2019年9月30日
                   47,500     17,816,200          1,733      586,042        1,733      536,042
     (注)1
      (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
         2.譲渡制限付株式報酬の付与を目的とした新株式の有償発行によるものです。
           発行価額  237円
           資本組入額 118円50銭
           割当先   取締役(社外取締役を含む)4名、従業員3名
       (5)【所有者別状況】

                                                   2019年9月30日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満
       区分                             外国法人等                   株式の状況
            政府及び地           金融商品     その他の
                  金融機関                          個人その他       計
                                                        (株)
            方公共団体           取引業者      法人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)           -      2     17     28     23      7    3,649     3,726       -
     所有株式数
                -    1,465     5,811     30,491     22,148       140    118,092     178,147      1,500
     (単元)
     所有株式数の
                -     0.8     3.3     17.1     12.4      0.1     66.3      100      -
     割合(%)
      (注)自己株式398,800           株は、「個人その他」に3,988単元含まれております。
                                 20/62








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2019年9月30日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
           氏名又は名称                    住所
                                            (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                             3,034,400            17.4

     山根 太郎                  兵庫県西宮市
                                             2,060,000            11.8
     山根 良太                  東京都港区
                       大阪市北区大深町3-40-805                      1,700,000             9.8
     山根アセット株式会社
                       25  CABOT   SQUARE,    CANARY    WHARF,
     MSIP   CLIENT    SECURITIES
                       LONDON    E14  4QA,   U.K.               810,500            4.7
     (常任代理人 モルガン・スタン
     レーMUFG証券株式会社)
                       (東京都千代田区大手町1-9-7)
                       東京都中央区築地5-6-10-6                       791,946            4.5
     渡辺パイプ株式会社
     寺田 英司                  札幌市西区                       614,000            3.5
                       225  LIBERTY    STREET,NEW      YORK,
     BNYM   NON-TREATY      DTT
                       NEW  YORK   10286,USA                  536,200            3.1
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ銀
     行)
                       (東京都千代田区丸の内2-7-1)
                                              521,000            3.0
     津崎 宏一                  兵庫県西宮市
                                              409,000            2.3
     橘 かおり                  堺市南区
                                              405,000            2.3
     山根 知子                  大阪市北区
                               -             10,882,046             62.5
             計
      (注)2018年11月29日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、テンパード・インベストメント・マネ
         ジメント・リミテッドが2019年9月10日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社とし
         て2019年9月30日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりませ
         ん。
         なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
           大量保有者   テンパード・インベストメント・マネジメント・リミテッド
           住所              カナダ国ブリティッシュコロンビア州北バンクーバー チャドウィックコート220-145
           保有株券等の数 株式 1,259,900株
           株券等保有割合 7.1%
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年9月30日現在
                            株式数(株)          議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                    -          -         -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                              -          -         -
      議決権制限株式(その他)                              -          -         -

      完全議決権株式(自己株式等)                           398,800            -         -

                          普通株式
      完全議決権株式(その他)                          17,415,900           174,159          (注)
                          普通株式
                                  1,500           -         -
      単元未満株式                    普通株式
                                17,816,200              -         -
      発行済株式総数
                                    -       174,159           -
      総株主の議決権
      (注)権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。
                                 21/62



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ②【自己株式等】
                                                   2019年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                    対する所有株式数
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)        合計(株)
                                                     の割合(%)
                                 398,800          -     398,800          2.2

     株式会社サンワカンパニー             大阪市北区茶屋町19番19号
                        -         398,800          -     398,800          2.2
           計
      2【自己株式の取得等の状況】

        【株式の種類等】  普通株式
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                            株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                 -        -        -        -
      行った取得自己株式
      その他
                                 -        -        -        -
      (-)
      保有自己株式数                         398,800           -      398,800           -
      (注)当期間における保有自己株式数には、2019年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式数は含まれておりません。
                                 22/62








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主に対する利益還元を経営の最重要課題の一つとして位置付けており、経営成績の進展等を勘案しなが
       ら利益還元に努めることを基本方針としております。また、内部留保資金につきましては、財務体質の強化と今後の
       事業展開に備え確保し、将来にわたる株主利益の向上に努めていく所存であります。
        なお当社は、会社法第459条第1項に基づき、9月30日及び3月31日を基準日として、取締役会の決議により剰余
       金の配当を実施することができる旨を定款に定めております。株主の皆様への利益還元と内部留保のバランスを総合
       的に判断し、経営成績と市場動向に応じた柔軟な対応を行っていく所存でありますが、現時点において毎事業年度に
       おける配当の回数についての方針及び具体的な実施時期等は未定であります。
        これらの方針に基づき、当事業年度の期末配当金につきましては、1株当たり3円とさせていただきました。これ
       によって、当事業年度の配当性向は102.4%となります。内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の
       変化に対応すべく、国内事業の収益基盤強化や海外事業展開など企業価値を高めるための有効投資として活用してま
       いります。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

                      配当金の総額         1株当たり配当額
           決議年月日
                       (千円)           (円)
          2019年11月21日
                          52,252            3
          取締役会決議
                                 23/62














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、コーポレート・ガバナンスを、絶えず変化する経済環境の中で企業価値の極大化と企業理念の実現を
         両立させるための仕組みと位置づけ、経済環境の変化に対する機動的な経営判断、業務執行、内部統制による効
         率的な経営及びそれらに対する監督機能の実現を意識した組織体制の構築に努めております。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         イ.企業統治の体制の概要
          1 取締役会
            取締役会は、2名の社外取締役を含む4名の取締役により構成されております。迅速かつ的確な経営判断
           を行うため、毎月の定例取締役会に加えて、必要に応じて臨時取締役会を随時開催しております。
          2 監査役会
            監査役会は、常勤監査役1名、非常勤監査役2名により構成され、全員が社外監査役であります。また、
           非常勤監査役には、企業法務や財務会計に精通した弁護士・公認会計士の人材を登用しております。
          3 内部監査
            代表取締役      社長を最高責任者とする内部監査担当部署を設置し、業務の適正性に関する内部監査を行って
           おります。     なお、   内部監査担当部署        が行う内部監査以外の業務については、他の部門長を内部監査人として
           選定し、    内部監査を実施し        ております。内部監査人は監査結果を代表取締役社長に報告し、かつ指摘された
           問題点に対する改善状況を確認するために、改善確認調査を行っております。
          4 コンプライアンス委員会
            コンプライアンスにつきましては、「コンプライアンス基本方針」に基づき、                                    代表取締役     社長を最高責任
           者とするコンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンス推進に関する重要課題を審議、法務リスクを
           含むリスク全般について課題・対応策を検討し、全社のリスクマネジメントを行っております。
         ※当社の    企業統治の体制を図で示すと次のとおりであります。

         ロ.企業統治の体制を採用する理由








           当社は、コーポレート・ガバナンスの強化のために社外取締役2名を選任しております。社外取締役の専門
          的知識と見識に基づき、当社の監督機能の強化や経営の透明性及び客観性を確保しております。
           また、社外監査役3名を選任しており、幅広い経験と見識及び専門的見地をもとに、独立及び中立の立場か
          ら客観的な視点に基づき代表取締役及び取締役会に対して質問や意見を述べております。当社の規模において
          現行の体制が、経営に対する十分な監督及び監視機能を確保し、法令遵守及び企業倫理の徹底、効率的で効果
          的な経営及び業務執行が実現できる体制であると考えております。
                                 24/62


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         ハ.その他企業統治に関する事項
          ・ 内部通報窓口の設置
            役員及び使用人がコンプライアンス上の問題点について報告できる通報制度を設置し、内部受付窓口及び
           外部受付窓口(法律事務所)を定めております。
          ・リスク管理体制の整備の状況
            当社を取り巻く様々なリスクに対して管理・対応できるよう「リスク管理規程」を制定しており、                                              代表取
           締役  社長を最高責任者とするコンプライアンス委員会を設置し、全社のリスクマネジメントを行っておりま
           す。また、コンプライアンス担当部署を設置し、リスク管理活動を横断的に統括しており、必要に応じ様々
           なリスクに対応したリスク管理分科会を設置し、各リスク管理分科会は、各担当リスクの管理に関わる課
           題、対応策を審議し、責任を持って対応しております。
         ニ.提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

          ・子会社の取締役の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
            「関係会社管理規程」を設け、子会社における様々な事項について、当社に報告する体制を整備しており
           ます。また、子会社管理を行う専任の組織を設置し、当社の取締役会において、子会社の月次報告を行う体
           制を整備しております。
          ・子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
            「関係会社管理規程」及び「リスク管理規程」等を設け、子会社における損失の発生を含む様々なリスク
           を当社でもマネジメントできる体制を整備しております。また、当社の取締役会で行われる子会社の月次報
           告において、様々なリスクをマネジメントし、さらに、子会社自身でもリスク管理に関する基準を設け、リ
           スクをマネジメントする体制を整備しております。
          ・子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
            「関係会社管理規程」等を設け、子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われるよう体制を整備して
           おります。また、子会社自身では、取締役等が効率的に職務を執行できるよう「職務分掌規程」等を設け業
           務を分担し、業務を執行しております。
          ・子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            「コンプライアンス基本方針」を掲げ、企業集団としてグループ全体のコンプライアンス体制の維持・向
           上を図っております。また、通報制度として設置した外部受付窓口(法律事務所)へは、子会社の使用人等
           からの通報も可能としており、グループ各社の規模等に応じた内部統制システムを整備させるとともに、当
           社の監査役及び内部監査担当部門が子会社を監査し、グループ全体の業務の適正を確保しております。
         ホ.取締役及び監査役との間の責任限定契約の内容の概要

           当社と社外取締役小菅正伸及び出口治明並びに社外監査役楠山宏及び児玉文人の各氏は、会社法第427条第
          1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基
          づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425条第1項に定める最低責任限度額としております。
        ③ 剰余金の配当等の決定機関

          当社は、会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会
         の決議によらず取締役会の決議によって定めることができる旨を定款に定めております。これは、機動的な株主
         への利益還元や資本政策の遂行を可能とすることを目的とするものであります。
        ④ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3
         分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これ
         は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とする
         ものであります。
                                 25/62






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  7 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                        所有株式数
         役職名          氏名        生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                  2008年4月 伊藤忠商事株式会社入社
                                  2014年4月 当社入社 商品部長
        代表取締役社長           山根 太郎       1983年7月15日      生                    (注)3    3,034,400
                                  2014年6月 当社代表取締役社長就任(現
                                       任)
                                  1998年4月 株式会社間組(現:株式会社
                                       安藤・間)入社
                                  2003年1月 株式会社ユーエスシー
                                        (現:株式会社レスターホー
                                       ルディングス)入社
                                  2016年10月 当社入社 管理部長兼経営企
                                       画部長兼人事部長
        取締役副社長          津崎 宏一       1975年3月18日      生                    (注)3     521,000
                                  2016年12月 当社取締役管理部長兼経営企
                                       画部長兼人事部長就任
                                  2017年11月 当社取締役副社長
                                        拠点事業部長兼管理部長就任
                                  2019年11月 当社取締役副社長
                                        拠点事業部長就任(現任)
                                  1993年4月 関西学院大学商学部教授 
                                       (現任)
                                  1996年4月 同大学大学院商学研究科博士
                                       課程前期課程指導教授
                                  1999年4月 同大学大学院商学研究科博士
                                       課程後期課程指導教授
                                  2005年4月 同大学大学院経営戦略研究科
                                       会計専門職専攻教授
                                  2007年4月 同大学入試部長
         取締役         小菅 正伸       1956年1月20日      生                    (注)3      16,600
                                  2010年4月 同大学商学部長
                                  2012年3月 株式会社竹中工務店監査役就
                                       任(現任)
                                  2014年4月 関西学院大学副学長就任(現
                                       任)
                                        同大学教務機構長
                                        学校法人関西学院常任理事
                                        就任(現任)
                                  2015年12月 当社取締役就任(現任)
                                  1972年4月 日本生命保険相互会社入社
                                  1992年4月 同社ロンドン事務所長
                                  1995年4月 同社国際業務部長
                                  2006年10月 ネットライフ企画株式会社
                                       (現:ライフネット生命保険
                                       株式会社)設立 代表取締役
                                       社長就任
                                  2013年6月 同社会長就任
                                  2017年7月 当社入社 顧問
         取締役         出口 治明       1948年4月18日      生                    (注)3      16,600
                                  2017年12月 当社取締役就任(現任)
                                        株式会社グローバルグループ
                                       (現:株式会社グローバル
                                       キッズCOMPANY)取締役就任
                                       (現任)
                                  2018年1月 立命館アジア太平洋大学学長
                                       就任(現任)
                                        学校法人立命館副総長・理事
                                       就任(現任)
                                 26/62




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
         役職名          氏名        生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                  1988年12月 アサヒビール株式会社入社福
                                       島工場総務部課長
         常勤監査役          栄 秀人       1952年6月12日      生  1994年9月 同社名古屋工場総務部長
                                                    (注)4       800
                                  2004年4月 同社法務部長
                                  2012年12月 当社常勤監査役就任(現任)
                                  1996年4月 大阪弁護士会弁護士登録
                                        エービーシー法律事務所入所
         監査役         楠山 宏       1959年11月3日      生                    (注)4       800
                                  2001年3月 楠山法律事務所開設(現任)
                                  2007年6月 当社監査役就任(現任)
                                  1994年4月 株式会社ライフ入社
                                  1998年10月 センチュリー監査法人
                                        (現:EY新日本有限責任監査
                                       法人)入所
                                  2002年8月 公認会計士登録
                                  2007年1月 不動産鑑定士登録
                                  2007年7月 児玉会計・鑑定事務所開設
                                       (現任)
         監査役         児玉 文人       1971年12月15日      生                    (注)4       800
                                  2007年12月 当社監査役就任(現任)
                                  2015年7月 センコー・プライベートリー
                                       ト投資法人
                                        監督役員就任(現任)
                                        四方工業株式会社監査役就任
                                       (現任)
                                        株式会社トーア監査役就任
                                       (現任)
                              計
                                                        3,591,000
      (注)1.取締役小菅正伸及び              出口治明    は、社外取締役であります。
         2.監査役     栄秀人   、楠山宏及び児玉文人は、社外監査役であります。
         3.2019年12月27日開催の定時株主総会終結のときから2020年12月開催予定の定時株主総会終結の時までであり
           ます。
         4.2016年12月27日開催の定時株主総会終結のときから2020年12月開催予定の定時株主総会終結の時までであり
           ます。
        ② 社外役員の状況

          当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。
          当社は、社外取締役及び社外監査役の独立性に関する基準又は方針を定めておりませんが、社外取締役及び社
         外監査役の選任にあたっては、株式会社東京証券取引所の独立性に関する判断基準を参考に、一般株主と利益相
         反のおそれがないこと等を基準とし選任しております。
          社外取締役の小菅正伸氏は、会計学を研究する大学教授としての長年にわたる豊富な知識と幅広い見識を有し
         ており、その専門的知識と見識に基づき当社の監督機能の強化や、有益な助言を期待し、選任しております。
          社外取締役の出口治明氏は、業界は異なりますが、生命保険業界において、当社と同じインターネット通信販
         売のビジネスに関わられ、また、現在は立命館アジア太平洋大学の学長及び学校法人立命館の副総長・理事とし
         て活躍されており、経営に関する豊富な経験と知見に基づいた適切な助言をいただくことにより、当社の経営体
         制が強化できるものと判断し、選任しております。
          当社は、小菅正伸及び出口治明の両氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届
         け出ております。各社外取締役              と当社との間には特別の利害関係はありません。
          社外監査役の栄秀人氏は、             企業法務・総務分野における高度な専門知識と豊富な経験を活かし、経営全般に対
         する監督に関する有効な助言を期待し、選任しております。
          社外監査役の楠山宏氏は、             弁護士として活躍しており、法律面を中心とした客観的・中立的な監査業務を期待
         し、選任しております。
          社外監査役の児玉文人氏は、             公認会計士として活躍しており、財務会計面を中心とした客観的・中立的な監査
         業務を期待し、選任しております。
          当社は、栄秀人、楠山宏及び児玉文人の各氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引
         所に届け出ております。
          なお、社外役員の当社株式所有については、①役員一覧に記載の通りであります。
          各社外監査役と当社との間には特別の利害関係はありません。
                                 27/62



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部
         統制部門との関係
          社外取締役又は社外監査役は、それぞれの監督又は監査にあたり必要に応じて、内部監査担当部署、監査役及
         び会計監査人と協議・報告・情報交換を行うことにより、相互連携を図っております。
       (3)【監査の状況】

        ① 監査役監査の状況
          監査役は、全員が取締役会に出席しております。その他、重要な会議への出席に加え、取締役からの聴取、重
         要な書類の閲覧、内部監査人及び会計監査人との連携により、監査役監査の実効性を確保しております。
          また、監査役、内部監査人は、監査役監査及び内部監査の有効性、効率性を高めるために相互連携を図ってお
         り、かつ定期的に会計監査人との意見交換を行い、会計監査の実施状況を確認するとともに、会計監査人の意見
         を聴取しております。
          なお、社外      監査役   楠山宏氏は弁護士の資格を有しており企業法務に精通し、幅広い知識と豊富な知見を有して
         おります。社外監査役児玉文人氏は公認会計士の資格を有しており財務会計に関して相当程度の知見を有してお
         ります。
        ② 内部監査の状況

          年間監査計画に基づき内部監査を行っております。内部監査人は会計監査、業務監査及び特命監査を通じ、会
         社の業務の運営並びに財産の運用及び保全が、法令・定款・諸規程等あらかじめ定められた基準及び当社の経営
         方針に適正に準拠して効率的かつ安全に実施されているかどうかをチェックしております。
        ③ 会計監査の状況

         イ.監査法人の名称
            EY新日本有限責任監査法人
         ロ . 業務を執行した公認会計士

            平岡   義則
            入山 友作
         ハ.監査業務に係る補助者の構成

           当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、会計士試験合格者等8名、その他9名であります。
         ニ.監査法人の選定方針と理由

           当社における監査法人の選定方針と理由は、当社との利害関係の有無、職業的専門家としての専門能力、審
          査体制及び独立性の保持を含む品質管理、監査報酬等を総合的に検討を行い、選定しております。
         ホ.監査役及び監査役会による監査法人の評価

           当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価により監査法人の監査の
          方法、及び結果は相当であると認識しております。
                                 28/62








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
          「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日内閣府令第3号)によ
         る改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)                                        ⅰからⅲの規定に経過措
         置を適用しております。
         イ.監査公認会計士等に対する報酬

                    前事業年度                         当事業年度
          監査証明業務に基づく報酬             非監査業務に基づく報酬            監査証明業務に基づく報酬             非監査業務に基づく報酬
              (千円)             (千円)             (千円)             (千円)
                  19,000               -           19,000               -
         ロ.その他重要な報酬の内容

           該当事項はありません。
         ハ.監査報酬の決定方針

           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査人より提示された監査に要する業
          務時間等を基準として報酬額を決定しております。
         ニ.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意を
          した理由は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適切であ
          るかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしまし
          た。
       (4)【役員の報酬等】

        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         イ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
           当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんが、報酬等の額は、固定
          報酬と譲渡制限付株式報酬で構成されております。
           各取締役の報酬等の額は当社の経営成績や経営内容及び個人の責任や実績を考慮して取締役会の決議により
          決定し、各監査役の報酬等の額は監査役の協議により決定しております。
         ロ.役員の報酬等に関する株主総会の決議があるときの、当該株主総会の決議年月日及び当該決議の内容

           2017年12月27日開催の当社第39回定時株主総会において、取締役の報酬限度額は、年額5億円以内(うち社
          外取締役は年額2億円以内)、監査役の報酬限度額は、年額2億円以内、また取締役に対する譲渡制限付株式
          の付与のために支給する金銭報酬債権の総額は、年額5億円以内(うち社外取締役は年額2億円以内)と決議
          しております。
           また、譲渡制限付株式報酬制度につきましては、当社の企業価値の持続的な向上を図るインセンティブを与
          えるとともに、取締役と株主の皆様との一層の価値共有を進めることを目的として導入しております。
         ハ . 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者、当該権限の内容、当該裁量

          の範囲
           当社の役員の報酬等の額の決定権限を有する者は、代表取締役社長の山根太郎であり、その権限の内容及び
          裁量の範囲は、取締役会の決議によりその全部を再一任しております。
         ニ . 当事業年度における役員の報酬等の額の決定過程における取締役会及び委員会等の活動内容

           当社の役員の報酬等の額の決定過程における取締役会の活動は、複数の社外取締役が出席する取締役会にお
          いて、その決定権限を有する者を適正に選任することにあります。
                                 29/62




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                   報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                         報酬等の総額
                                                      役員の員数
               役員区分
                          (千円)                     譲渡制限付
                                                       (人)
                                 固定報酬      業績連動報酬
                                                株式報酬
         取締役
                            98,768       90,000         -      8,768         2
         (社外取締役を除く。)
         監査役
                              -       -       -       -       -
         (社外監査役を除く。)
                            22,191       21,480         -       711        5
         社外役員
        ③   役員ごとの報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません                                    。
        ④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち、重要なもの

          該当事項はありません。
       (5)【株式の保有状況】

        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、専らその株式の価値の変動、又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とするものを純投
         資目的区分、事業拡大や相乗効果などにより当社の企業価値向上を目的とするものを政策保有目的区分としてい
         ます。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
          内容
           純投資目的以外の目的である株式の保有については、四半期ごとに取締役会にて、保有の適切性や合理性、
          保有意義を検討し、保有継続の是非を判断しております。
         ロ . 銘柄数及び貸借対照表計上額

                        銘柄数       貸借対照表計上額の
                       (銘柄)        合計額(千円)
                           2          200,408

           非上場株式
                           -             -
           非上場株式以外の株式
          (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                        銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                               株式数の増加の理由
                       (銘柄)       価額の合計額(千円)
                           2          200,121

           非上場株式                                シナジー効果追及のため
                           -             -          -
           非上場株式以外の株式
          (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

            該当事項はありません。
         ハ . 特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

           該当事項はありません。
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
                                 30/62




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.財務諸表の作成方法について
         当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2018年10月1日から2019年9月30日ま
        で)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表について

         「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)第5条第2項により、
        当社では、子会社であるSANWA              COMPANY    HUB  PTE.LTD.の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フ
        ローその他の項目から見て、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な
        判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとして、連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には会計基準等の内容を
        適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人
        財務会計基準機構へ加入しております。また、公益財団法人財務会計基準機構の行うセミナーに参加しておりま
        す。
                                 31/62













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年9月30日)              (2019年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        954,513              704,012
         現金及び預金
                                        577,613              683,509
         売掛金
                                        768,891             1,050,301
         商品
                                         27,542              50,448
         未着商品
                                         31,019              30,596
         貯蔵品
                                        143,443               43,437
         前渡金
                                         43,426              68,451
         前払費用
                                         11,311                -
         未収還付法人税等
                                         9,319              2,371
         その他
                                       2,567,080              2,633,128
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              664,983              652,156
          工具、器具及び備品(純額)                               60,725              53,190
                                           749              749
          土地
                                         1,971              6,848
          建設仮勘定
                                       ※1 728,430             ※1 712,945
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           113               37
          特許権
                                         7,142              6,457
          商標権
                                         3,200              2,797
          意匠権
                                        298,649              208,882
          ソフトウエア
                                        309,105              218,174
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           -            200,408
          投資有価証券
                                            0              0
          関係会社株式
                                           -            49,382
          長期貸付金
                                        133,000              133,000
          関係会社長期貸付金
                                         1,460             346,183
          長期前払費用
                                        433,268              447,281
          差入保証金
                                         70,417              78,470
          繰延税金資産
                                         8,475              8,475
          その他
                                       △ 133,000             △ 133,000
          貸倒引当金
                                        513,620             1,130,202
          投資その他の資産合計
                                       1,551,156              2,061,322
         固定資産合計
                                       4,118,237              4,694,451
       資産合計
                                 32/62







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年9月30日)              (2019年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        626,892              673,461
         買掛金
                                       ※2 400,000             ※2 500,000
         短期借入金
                                        241,842              165,300
         1年内返済予定の長期借入金
         未払金                                184,323              201,012
                                         52,260              79,211
         未払費用
                                           -            51,603
         未払法人税等
                                         46,725               4,851
         未払消費税等
                                        356,949              509,388
         前受金
                                         18,311               7,564
         預り金
                                         45,703              51,153
         賞与引当金
                                         12,441              19,799
         ポイント引当金
                                         7,614              7,921
         その他
                                       1,993,064              2,271,268
         流動負債合計
       固定負債
                                        161,968               80,002
         長期借入金
                                        160,012              163,472
         資産除去債務
                                         2,000              2,000
         長期預り保証金
                                        323,980              245,474
         固定負債合計
                                       2,317,045              2,516,742
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        398,922              586,042
         資本金
         資本剰余金
                                        348,922              536,042
          資本準備金
                                        348,922              536,042
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       1,198,908              1,200,986
            繰越利益剰余金
                                       1,198,908              1,200,986
          利益剰余金合計
                                       △ 145,562             △ 145,562
         自己株式
                                       1,801,192              2,177,508
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           -              199
         その他有価証券評価差額金
                                           -              199
         評価・換算差額等合計
                                       1,801,192              2,177,708
       純資産合計
                                       4,118,237              4,694,451
      負債純資産合計
                                 33/62







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
                                       9,329,518              10,213,113
      売上高
      売上原価
                                        991,034              840,424
       商品期首たな卸高
                                       5,914,923              6,917,361
       当期商品仕入高
                                       6,905,958              7,757,786
       合計
                                       ※1 840,424            ※1 1,103,903
       商品期末たな卸高
                                       6,065,533              6,653,882
       商品売上原価
                                       3,263,984              3,559,230
      売上総利益
                                      ※2 3,226,241             ※2 3,470,116
      販売費及び一般管理費
                                         37,743              89,114
      営業利益
      営業外収益
                                           38              530
       受取利息
                                         4,020                -
       為替差益
                                           292               -
       受取手数料
                                         1,265               290
       受取保険金
                                         1,425                -
       助成金収入
                                         1,751               401
       物品売却益
                                           -              191
       法人税等還付加算金
                                           175              475
       その他
                                         8,968              1,888
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         3,615              2,795
       支払利息
                                         2,535              1,334
       支払手数料
                                           -              622
       為替差損
                                           -              700
       その他
                                         6,150              5,452
       営業外費用合計
                                         40,561              85,550
      経常利益
      特別利益
                                          ※3 6
                                                         -
       固定資産売却益
                                        106,683                 -
       投資有価証券売却益
                                        106,690                 -
       特別利益合計
      特別損失
                                                      ※4 1,801
                                           -
       固定資産売却損
                                        ※5 2,096             ※5 4,108
       固定資産除却損
                                        106,031                 -
       関係会社株式評価損
                                         13,406                -
       関係会社株式売却損
       特別損失合計                                 121,534               5,909
                                         25,717              79,640
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    8,693              38,317
                                           63            △ 8,141
      法人税等調整額
                                         8,756              30,175
      法人税等合計
                                         16,961              49,464
      当期純利益
                                 34/62





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
                                                       (単位:千円)
                                    株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                     その他
                 資本金                                自己株式      株主資本合計
                                    利益剰余金
                       資本準備金      資本剰余金合計             利益剰余金合計
                                   繰越利益剰余金
     当期首残高             397,915       347,915      347,915      1,262,781       1,262,781          -   2,008,611
     当期変動額
      新株の発行
                   1,007       1,007      1,007                          2,014
      剰余金の配当                               △ 80,833      △ 80,833            △ 80,833
      当期純利益                                16,961       16,961             16,961
      自己株式の取得
                                                  △ 145,562      △ 145,562
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              1,007       1,007      1,007     △ 63,872      △ 63,872     △ 145,562      △ 207,419
     当期末残高             398,922       348,922      348,922      1,198,908       1,198,908      △ 145,562      1,801,192
                  評価・換算差額等

                             純資産合計
               その他有価証券      評価・換算差額
                評価差額金       等合計
     当期首残高             75,112      75,112     2,083,724
     当期変動額
      新株の発行
                                2,014
      剰余金の配当                         △ 80,833
      当期純利益                         16,961
      自己株式の取得                        △ 145,562
      株主資本以外の項目の
                  △ 75,112      △ 75,112      △ 75,112
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計            △ 75,112      △ 75,112     △ 282,531
     当期末残高               -      -   1,801,192
                                 35/62









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
                                                       (単位:千円)
                                    株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                     その他
                 資本金                                自己株式      株主資本合計
                                    利益剰余金
                       資本準備金      資本剰余金合計             利益剰余金合計
                                   繰越利益剰余金
     当期首残高             398,922       348,922      348,922      1,198,908       1,198,908      △ 145,562      1,801,192
     当期変動額
      新株の発行            187,119       187,119      187,119                          374,238
      剰余金の配当
                                     △ 47,386      △ 47,386            △ 47,386
      当期純利益                                49,464       49,464             49,464
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                  187,119       187,119      187,119       2,077      2,077        -    376,316
     当期末残高             586,042       536,042      536,042      1,200,986       1,200,986      △ 145,562      2,177,508
                  評価・換算差額等

                             純資産合計
               その他有価証券      評価・換算差額
                評価差額金       等合計
     当期首残高               -      -   1,801,192
     当期変動額
      新株の発行                         374,238
      剰余金の配当                         △ 47,386
      当期純利益                         49,464
      株主資本以外の項目の
                    199       199      199
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               199       199     376,516
     当期末残高               199       199    2,177,708
                                 36/62










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         25,717              79,640
       税引前当期純利益
                                        172,694              176,980
       減価償却費
                                        106,031                 -
       関係会社株式評価損
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  12,058               5,450
                                           -            10,546
       株式報酬費用
       ポイント引当金の増減額(△は減少)                                  1,045              7,357
                                          △ 38             △ 530
       受取利息
       投資有価証券売却損益(△は益)                                △ 106,683                 -
       関係会社株式売却損益(△は益)                                  13,406                -
                                         3,615              2,795
       支払利息
                                         2,096              4,108
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                  4,684            △ 105,895
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 131,983             △ 303,893
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 166,615               46,569
       前渡金の増減額(△は増加)                                 △ 62,656              100,006
       前受金の増減額(△は減少)                                   560            152,439
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 29,866              24,105
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  14,871             △ 41,873
                                        △ 19,187              24,407
       その他
                                        436,947              182,213
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    38               5
                                        △ 3,628             △ 2,743
       利息の支払額
                                        △ 44,614              16,047
       法人税等の支払額
                                        388,742              195,523
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 86,967             △ 62,091
       有形固定資産の取得による支出
                                           159             1,522
       有形固定資産の売却による収入
                                           -           △ 200,121
       投資有価証券の取得による支出
                                        252,563                 -
       投資有価証券の売却による収入
                                        △ 24,568             △ 20,333
       無形固定資産の取得による支出
                                           -           △ 49,999
       長期貸付けによる支出
                                         24,772                -
       関係会社株式の売却による収入
                                        △ 10,400             △ 14,598
       差入保証金の差入による支出
                                         9,378               540
       差入保証金の回収による収入
                                        △ 1,643                -
       その他
                                        163,294             △ 345,081
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        400,000              100,000
       短期借入れによる収入
       長期借入れによる収入                                    -            100,000
                                       △ 321,708             △ 258,508
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 40,000                -
       社債の償還による支出
                                       △ 145,562                 -
       自己株式の取得による支出
                                        △ 80,919             △ 46,953
       配当金の支払額
                                         2,014              4,518
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                       △ 186,175             △ 100,942
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         4,406                -
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   370,268             △ 250,500
                                        584,245              954,513
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1 954,513             ※1 704,012
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 37/62



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.有価証券の評価基準及び評価方法
          (1)子会社株式及び関連会社株式
            移動平均法による原価法を採用しております。
          (2)その他有価証券
            時価のあるもの
             事業年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
            動平均法により算定)を採用しております。
            時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
         2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

           商品、未着商品、貯蔵品
            個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用して
           おります。
         3.固定資産の減価償却の方法

          (1)有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降
           に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物        3~39年
            工具、器具及び備品 2~15年
          (2)無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
         4.引当金の計上基準

          (1)貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
           権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          (2)賞与引当金
            従業員の賞与支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しております。
          (3)ポイント引当金
            販売促進を目的として顧客に付与したポイントの将来の使用に伴う費用発生に備え、当事業年度末におい
           て、将来使用されると見込まれる額を計上しております。
         5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクしか
          負わない取得日から3カ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           消費税等の会計処理
            消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
                                 38/62





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基
           準委員会)
           (1)概要

             国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
            的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
            号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度か
            ら、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委
            員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたもので
            す。
             企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号
            と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り
            入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に
            配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされ
            ております。
           (2)  適用予定日

             2022年9月期の期首より適用します。
           (3)  当該会計基準等の適用による影響

             「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中で
            あります。
         (表示方法の変更)

          (貸借対照表)
            前事業年度において、「投資その他の資産」の「その他」に含めていた「長期前払費用」は資産の総額の
           100分の5を超えたため、当事業年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させる
           ため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
            この結果、前事業年度の貸借対照表において、「投資その他の資産の「その他」に表示していた9,935千
           円は、「長期前払費用」1,460円、「その他」8,475千円として組み替えております。
          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)

            「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果
           会計基準一部改正」という。)を当事業年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に
           表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更しております。この結果、前事業年度の貸借
           対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」45,592千円は、「投資その他の資産」の「繰延税金資
           産」70,417千円に含めて表示しております。
                                 39/62







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                                  前事業年度                当事業年度
                                (2018年9月30日)                (2019年9月30日)
          有形固定資産の減価償却累計額                            424,333    千円            480,653    千円
          ※2    当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約

            を締結しております。これらの契約に基づく事業年度末における当座貸越契約及び貸出コミットメントに
            係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                                  前事業年度                当事業年度
                                (2018年9月30日)                (2019年9月30日)
          当座貸越極度額及び
                                     1,000,000千円                1,000,000千円
          貸出コミットメントの総額
          借入実行残高                            400,000                500,000
                  差引額                     600,000                500,000
         (損益計算書関係)

          ※1   期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま
            れております。
                                  前事業年度                当事業年度
                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
          たな卸資産帳簿価額切下額                           △ 12,662   千円            △ 17,931   千円
          ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度27.2%、当事業年度27.2%、一般管理費に属する費

            用のおおよその割合は前事業年度72.8%、当事業年度72.8%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                  前事業年度                当事業年度
                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
          広告宣伝費                            462,067    千円            346,305    千円
                                      823,803                879,512
          給与手当
                                       44,190                49,871
          賞与引当金繰入額
                                      406,410                423,688
          賃借料
          ポイント引当金繰入額                             1,045                7,357
                                      172,694                176,980
          減価償却費
          ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                                  前事業年度                当事業年度
                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
          工具、器具及び備品                               6千円                -千円
          ※4 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                                  前事業年度                当事業年度
                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
          工具、器具及び備品                              -千円               1,801千円
          ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                                  前事業年度                当事業年度
                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
          工具、器具及び備品                             2,096千円                4,108千円
                                 40/62


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         (株主資本等変動計算書関係)
          前事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
                     株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)1                 16,166,700            27,600            -      16,194,300
           合計            16,166,700            27,600            -      16,194,300

     自己株式

                           -                            398,800
      普通株式(注)2                             398,800             -
           合計                -        398,800             -        398,800

      (注)1.     当事業年度     増加株式数はストックオプションの行使による増加であります。
         2.  当事業年度     増加株式数は      取締役会決議による自己株式の取得による増加であります。
          2.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
       (決議)
                株式の種類                             基準日        効力発生日
                          (千円)          (円)
     2017年11月21日
                 普通株式            80,833            5  2017年9月30日         2017年12月28日
     取締役会
           (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり
       (決議)
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
                      (千円)             配当額(円)
     2018年11月21日
               普通株式         47,386     利益剰余金            3  2018年9月30日         2018年12月28日
     取締役会
          当事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)

          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
                     株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)                 16,194,300           1,621,900              -      17,816,200

           合計            16,194,300           1,621,900              -      17,816,200

     自己株式

                         398,800                               398,800
      普通株式                               -          -
           合計              398,800             -          -        398,800

      (注)   当事業年度     増加株式数は譲渡制限付株式報酬費用としての新株の発行による増加1,560,000株及びストックオプ
         ションの行使による増加61,900株であります。
                                 41/62





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
          2.配当に関する事項
           (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
       (決議)         株式の種類                             基準日        効力発生日
                          (千円)          (円)
     2018年11月21日
                 普通株式            47,386            3  2018年9月30日         2018年12月28日
     取締役会
           (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり
       (決議)
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
                      (千円)             配当額(円)
     2019年11月21日
               普通株式         52,252     利益剰余金            3  2019年9月30日         2019年12月30日
     取締役会
         (キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                  前事業年度                当事業年度
                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2018年9月30日)                至 2019年9月30日)
          現金及び預金勘定                            954,513千円                704,012    千円
          現金及び現金同等物                            954,513                704,012
           2 重要な非資金取引の内容

                                  前事業年度                当事業年度
                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2018年9月30日)                至 2019年9月30日)
          譲渡制限付株式報酬による
                                         -千円             184,860千円
          資本金増加額
          譲渡制限付株式報酬         による
                                         -             184,860
          資本準備金増加額
         (金融商品関係)

          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社は、資金運用については安全性の高い短期的な預金等に限定しており、また資金調達については銀
            行借入もしくは社債の発行により調達する方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。一部外貨建てのものについては、為替変動のリスク
            に晒されております。差入保証金は、主にショールームの差入保証金であり、取引先の信用リスクに晒さ
            れております。買掛金及び未払金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。一部外貨建てのも
            のについては、為替変動のリスクに晒されております。借入金は、金利の変動リスクに晒されておりま
            す。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              売掛金については、与信管理基準に則り、取引先ごとに期日及び残高の管理を行うとともに、ファク
             タリングの利用により信用リスクの低減に努めております。差入保証金については、取引先の状況をモ
             ニタリングし、財政状態の悪化等による回収懸念を早期に把握する体制をとっております。
            ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

              為替変動のリスクに対しては、為替の状況を逐一確認し、必要に応じて為替予約の実行ないし外貨を
             取得し、そこから外貨決済を行うことで対応しております。金利変動のリスクに対しては、借入金につ
             いて、固定金利での調達を行うことで対応しております。
                                 42/62



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
            ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
              流動性リスクに対しては、随時資金繰計画を作成及び更新して常に手元流動性の状況を把握するとと
             もに、常に当座貸越枠に余剰を確保しておくことで将来の流動性リスクに対応しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより、当該価額が変動することがあります。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
           とが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2.参照)
           前事業年度(2018年9月30日)

                            貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                            954,513           954,513              -

     (2)売掛金                            577,613           577,613              -

                                            221,883
     (3)差入保証金                            300,880                      △78,996
              資産計                  1,833,007           1,754,010            △78,996

     (1)買掛金                            626,892           626,892              -

     (2)未払金                            184,323           184,323              -
     (3)短期借入金                            400,000           400,000              -

     (4)長期借入金(*)                            403,810           357,914           △45,895
              負債計                  1,615,025           1,569,129            △45,895

      (*)1年内返済予定の長期借入金は「(4)長期借入金」に含めております。
           当事業年度(2019年9月30日)

                            貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                            704,012           704,012              -

     (2)売掛金                            683,509           683,509              -
     (3)差入保証金                            300,880           267,111           △33,768
              資産計                  1,688,402           1,654,633            △33,768

     (1)買掛金                            673,461           673,461              -

     (2)未払金                            201,012           201,012              -
     (3)短期借入金                            500,000           500,000              -

     (4)長期借入金(*)                            245,302           245,335              33
              負債計                  1,619,776           1,619,809               33

      (*)1年内返済予定の長期借入金は「(4)長期借入金」に含めております。
                                 43/62




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項
         資 産
         (1)現金及び預金、(2)売掛金
           これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
          よっております。
         (3)差入保証金
           差入保証金の時価については、将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標で割り引いた現在価値
          により算定しております。
         負 債
         (1)買掛金、(2)未払金、(3)短期借入金
           これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
          よっております。
         (4)長期借入金
           長期借入金の時価については、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引
          いた現在価値により算定しております。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                              前事業年度                   当事業年度

             区分
                            (2018年9月30日)                   (2019年9月30日)
     関係会社株式                                   0                   0

     投資有価証券                                  -                200,408

     差入保証金                                132,387                   146,401

       関係会社株式、投資有価証券は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから上記には
      含めておりません。
       差入保証金のうち上記金額は、償還予定時期が明確でなく、将来キャッシュ・フローの発生時点を合理的に見積もる
      ことができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)差入保証金」には含めておりません。
         3.金銭債権の決算日後の償還予定額

           前事業年度(2018年9月30日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                       954,513            -         -         -

     売掛金                       577,613            -         -         -

     差入保証金                         -         -         -       300,880
             合計              1,532,127             -         -       300,880

           当事業年度(2019年9月30日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                       704,012            -         -         -

     売掛金                       683,509            -         -         -
     差入保証金                         -         -         -       300,880
             合計              1,387,521             -         -       300,880

                                 44/62



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         4.短期借入金及び長期借入金の決算日後の返済予定額
           前事業年度(2018年9月30日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金               400,000          -       -       -       -       -

     長期借入金(*)               241,842       131,968        30,000         -       -       -
          合計          641,842       131,968        30,000         -       -       -

     (*)1年内返済予定の長期借入金は「長期借入金」に含めております。
           当事業年度(2019年9月30日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金               500,000          -       -       -       -       -

     長期借入金(*)               165,300        63,332       16,670         -       -       -
          合計          665,300        63,332       16,670         -       -       -

     (*)1年内返済予定の長期借入金は「長期借入金」に含めております。
         (有価証券関係)

          1.子会社株式及び関連会社株式
            前事業年度(2018年9月30日)
             子会社株式(貸借対照表計上額は関係会社株式0千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極
            めて困難と認められることから、記載しておりません。
            当事業年度(2019年9月30日)

             子会社株式(貸借対照表計上額は関係会社株式0千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極
            めて困難と認められることから、記載しておりません。
          2.その他有価証券

            前事業年度(2018年9月30日)
             該当事項はありません。
            当事業年度(2019年9月30日)

                              貸借対照表計上額
                      種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                                (千円)
     貸借対照表計上額が
                   株式                 20,408           20,121            287
     取得原価を超えるもの
     貸借対照表計上額が
                   株式                180,000           180,000             -
     取得原価を超えないもの
                合計                   200,408           200,121             287
                                 45/62






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
          3.売却したその他有価証券
            前事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           種類            売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)
     株式                        208,799             106,683                -

           合計                  208,799             106,683                -

            当事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)

             該当事項はありません。
          4.減損処理を行った有価証券

           前 事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
            有価証券について106,031千円(関係会社株式106,031千円)減損処理を行っております。
           当事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)

            該当事項はありません。
            なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処
           理を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理
           を行っております。
         (退職給付関係)

          前 事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           1.採用している退職給付制度の概要
             当社は、従業員の退職給付に充てるため、確定拠出年金制度を採用しております。
           2.確定拠出制度
             当社の確定拠出制度への要拠出額は、当事業年度31,732千円であります。
          当 事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)

           1.採用している退職給付制度の概要
             当社は、従業員の退職給付に充てるため、確定拠出年金制度を採用しております。
           2.確定拠出制度
             当社の確定拠出制度への要拠出額は、当事業年度35,966千円であります。
                                 46/62










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
           (1)ストック・オプションの内容
                                  第4回新株予約権
                             当社取締役 3名
             付与対象者の区分及び人数                 当社従業員 29名
                             当社監査役 3名
             株式の種類別のストック・オプ
                             普通株式 1,620,500株
             ションの数(注)1
             付与日                 2013年4月8日
                             新株予約権の割当てを受けた者(以下
                             「新株予約権者」という。)は、権利行
                             使時において当社の取締役、監査役又は
                             使用人のいずれかの地位を有しているこ
                             とを要する。但し、取締役会が正当な理
             権利確定条件                 由があると認めた場合はこの限りではな
                             い。その他の権利行使の条件について
                             は、株主総会及び当社取締役会決議に基
                             づき、当社と新株予約権者との間で締結
                             する「新株予約権割当契約」に定めると
                             ころによるものとする。
             対象勤務期間                 期間の定めはありません。
                             自 2015年5月1日
             権利行使期間                 至 2022年4月30日
                             (注)2
             (注)   1.株式数に換算して記載しております。なお、2014年4月1日付株式分割(1株につき5株の
                  割合)による分割後の株式数に換算して記載しております。
                2.  第4回新株予約権のうち当社の取締役及び従業員の権利行使期間開始日が2015年5月1日か
                  ら2017年5月1日に変更しておりますが、当社監査役の権利行使期間は変更しておりませ
                  ん。
                                 47/62










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             当事業年度(2019年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプショ
            ンの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数

                                   第4回新株予約権
              権利確定前      (株)

               前事業年度末                               -

               付与                               -

               失効                               -

               権利確定                               -

               未確定残                               -

              権利確定後      (株)

               前事業年度末                            282,700

               権利確定                               -

               権利行使                             61,900

               失効                             6,000

               未行使残                            214,800

              (注)2014年4月1日付株式分割(1株につき5株の割合)による分割後の価格に換算して記載して
               おります。
            ② 単価情報

                                   第4回新株予約権
              権利行使価格      (円)                                73

              行使時平均株価     (円)                               292

              付与日における公正な評価単価
                                             -
                          (円)
              (注)1.2014年4月1日付株式分割(1株につき5株の割合)による分割後の価格に換算して記載
                   しております。
                 2.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
                   付与時において、当社は未公開企業であったため、ストック・オプションの公正な評価単
                   価の見積り方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。単位当たりの本源
                   的価値の見積り方法は、当社株式の評価額から権利行使価格を控除する方法で算定してお
                   り、当社株式の評価方法は、類似上場会社法によっております。
                 3.ストック・オプションの権利確定数の見積方法
                   基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映さ
                   せる方法を採用しております。
                 4.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末に
                   おける本源的価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプション
                   の権利行使日における本源的価値の合計額
                    ① 当事業年度末における本源的価値の合計額                              46,182千円
                    ② 当事業年度に権利行使された本源的価値の合計額                           13,556千円
                                 48/62




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2018年9月30日)              (2019年9月30日)
           繰延税金資産
            未払事業税                              1,816千円              6,490千円
            商品評価損                             22,039              16,391
            賞与引当金                             14,081              15,642
            未払社会保険料                              2,005              2,233
            ポイント引当金                              3,833              6,054
            株式報酬費用                               -            3,225
            貸倒引当金                             40,671              40,671
            資産除去債務                             48,931              49,990
            子会社株式評価損                             15,319              15,319
                                          1,816              1,879
            その他
           繰延税金資産小計
                                         150,515              157,898
           評価性引当額                             △55,990              △55,990
           繰延税金資産合計                              94,524             101,907
           繰延税金負債

            その他有価証券評価差額金                               -             △87
                                        △24,107              △23,349
            資産除去債務に対する除去費用
           繰延税金負債合計                             △24,107              △23,437
           繰延税金資産の純額                              70,417              78,470
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主な項目別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2018年9月30日)              (2019年9月30日)
           法定実効税率                             30.8%              30.6%
           (調整)
                                         2.8              0.9
            交際費等永久に損金に算入されない項目
                                         6.9              5.9
            住民税均等割
                                        △6.1               -
            試験研究費等の税額控除
                                        △0.3               0.5
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                             34.1              37.9
                                 49/62








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
           1.当該資産除去債務の概要
             ショールームの不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
           2.当該資産除去債務の金額の算定方法

             使用見込期間を取得から3年~39年と見積り、割引率は0.100~1.392%を使用して資産除去債務の金額
            を計算しております。
           3.当該資産除去債務の総額の増減

                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                  至 2018年9月30日)              至 2019年9月30日)
              期首残高                         153,006千円              160,012千円
              有形固定資産の取得に伴う増加額                          6,314              2,738
              時の経過による調整額                           691              722
              期末残高                         160,012              163,472
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
           当社は、住宅設備機器、建築資材のインターネット通信販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略
            しております。
          【関連情報】

           前事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を
            省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
             載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省略
            しております。
                                 50/62







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
           当事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を
            省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
             載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省略
            しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

           関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等
            前事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
                    資本金又は
                               議決権等の所
                    出資金
                                                取引金額        期末残高
          会社等の名                事業の内容           関連当事者
      種類          所在地               有(被所有)           取引の内容           科目
                    (シンガポ
          称又は氏名                又は職業           との関係           (千円)        (千円)
                               割合(%)
                    ールドル)
                          住宅設備機
          SANWA
                          器、建築資                           関係会
               シンガポー
                          材のイン     (所有)                     社長期
          COMPANY
     子会社                 800,000               資金の援助     資金の貸付        -      133,000
                                                     貸付金
                          ターネット     直接 100.0
          HUB
               ル共和国
                          通信販売事                           (注)1
          PTE.LTD.
                          業
      (注)1.     SANWA   COMPANY    HUB  PTE.LTD.への貸付金に対し、133,000千円の貸倒引当金を計上しております。
           また、事業の一時休止を勘案して、無利息としております。
         2.上記の取引金額には、消費税等は含まれておりません。
            当事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)

                    資本金又は
                               議決権等の所
                    出資金
          会社等の名                事業の内容           関連当事者           取引金額        期末残高
      種類          所在地               有(被所有)           取引の内容           科目
                    (シンガポ
          称又は氏名                又は職業           との関係           (千円)        (千円)
                               割合(%)
                    ールドル)
                          住宅設備機
          SANWA
                          器、建築資                           関係会
               シンガポー
                          材のイン     (所有)                     社長期
          COMPANY
     子会社                 800,000               資金の援助     資金の貸付        -      133,000
                          ターネット     直接 100.0                     貸付金
          HUB
               ル共和国
                          通信販売事                           (注)1
          PTE.LTD.
                          業
      (注)1.     SANWA   COMPANY    HUB  PTE.LTD.への貸付金に対し、133,000千円の貸倒引当金を計上しております。
           また、事業の一時休止を勘案して、無利息としております。
         2.上記の取引金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 51/62


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                  前事業年度                当事業年度
                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2018年9月30日)                至 2019年9月30日)
     1株当たり純資産額                                 114.03円                125.03円

     1株当たり当期純利益                                  1.06円                2.93円

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                  1.04円                2.90円

      (注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前事業年度                当事業年度
                                (2018年9月30日)                (2019年9月30日)
     純資産の部の合計額(千円)                               1,801,192                2,177,708

     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                   -                -

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                               1,801,192                2,177,708

     1株当たり純資産額の算定に用いられた
                                    15,795,500                17,417,400
     期末の普通株式の数(株)
         2.1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりでありま
           す。
                                  前事業年度                当事業年度
                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2018年9月30日)                至 2019年9月30日)
     1株当たり当期純利益

      当期純利益(千円)                                16,961                49,464

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -

      普通株式に係る当期純利益(千円)                                16,961                49,464

      普通株式の期中平均株式数(株)                              16,030,565                16,855,320

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      当期純利益調整額(千円)                                  -                -

      普通株式増加数(株)                               273,975                188,101

       (うち新株予約権(株))                             (273,975)                (188,101)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
     当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式                                   -                -
     の概要
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 52/62






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は      当期償却額      差引当期末残高
         資産の種類
                                          償却累計額
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)       (千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
      建物              894,885       25,179        -    920,064      267,908      38,007      652,156
      工具、器具及び備品              255,158       32,909      22,131      265,935      212,744      33,153       53,190
      土地               749       -      -      749       -      -      749
      建設仮勘定              1,971      30,237      25,361      6,848       -      -      6,848
        有形固定資産計           1,152,764       88,326      47,492     1,193,598       480,653      71,160      712,945
     無形固定資産
      特許権              1,238       -      -     1,238      1,200       75       37
      商標権              18,493       252      -    18,746      12,289       937      6,457
      意匠権              8,279       224      -     8,504      5,706       627      2,797
      ソフトウエア
                    544,716       14,412        -    559,128      350,246      104,180       208,882
      ソフトウエア仮勘定
                      -     3,263      3,263       -      -      -       -
        無形固定資産計            572,727       18,153      3,263     587,617      369,442      105,820       218,174
      (注)当期増加額のうち、主なものは以下のとおりであります。
         資産の種類                 内容及び金額     (千円)
         建物           本社の増床                   16,546
         工具、器具及び備品           商品金型の取得
                                        10,564
         ソフトウエア           システム、HPの改修                   14,222
         【社債明細表】

          該当事項はありません。
                                 53/62










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         【借入金等明細表】
                                当期首残高       当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (千円)       (千円)       (%)
     短期借入金                            400,000       500,000        0.29       -

     1年以内に返済予定の長期借入金                            241,842       165,300        0.42       -

                                                    2020年10月31日
                                  161,968        80,002
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                                           0.36       ~
                                                    2022年3月31日
                 合計                 803,810       745,302       -        -
      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりで
           あります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
     長期借入金                63,332           16,670             -           -
         【引当金明細表】

                                      当期減少額        当期減少額
                      当期首残高        当期増加額                        当期末残高
            区分                          (目的使用)         (その他)
                      (千円)        (千円)                        (千円)
                                      (千円)        (千円)
     貸倒引当金                   133,000           -        -        -     133,000

     賞与引当金                    45,703        51,153        44,421         1,281        51,153

     ポイント引当金                    12,441        19,799          -      12,441        19,799

      (注)1.賞与引当金の「当期減少額(その他)」は、前期末残高と当事業年度の支給実績額との差額を取崩したもの
           であります。
      (注)2.ポイント引当金の「当期減少額(その他)」は、洗替による戻入額であります。
         【資産除去債務明細表】

           本明細表に記載すべき事項が財務諸表等規則第8条の28に規定する注記事項として記載されているため、資
          産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                 54/62









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 流動資産
         イ.現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
     現金                                               210

     預金

      当座預金                                            258,154
      普通預金                                            444,649

      別段預金                                              997
                  小計                                 703,801

                  合計                                 704,012

         ロ.売掛金

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
     株式会社オリエントコーポレーション                                             316,397

     渡辺パイプ株式会社                                              88,317
     株式会社ネットプロテクションズ                                              54,275

     ジャパン建材株式会社                                              31,445

     株式会社ジャックス                                              19,432

     その他                                             173,640
                                                   683,509

                  合計
           売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                            (C)            2
                                               ×  100
         (A)         (B)         (C)         (D)
                                          (A)  +  (B)          (B)
                                                       365
         577,613        7,007,114         6,901,218          683,509           91.0         32.9

      (注)当期発生高には消費税等が含まれております。
                                 55/62







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
         ハ.商品
                  品目                          金額(千円)
      洗面・水回り                                            565,885

      タイル                                            144,861
      キッチン                                            104,894

      エクステリア                                             65,295
      フローリング                                             43,801

      その他                                            125,562
                  合計                                1,050,301

         ニ.差入保証金

                  区分                          金額(千円)
                                                   399,212
      ショールーム
      本社                                             44,263
      その他                                             3,805
                  合計                                 447,281

        ② 流動負債

         イ.買掛金
                 相手先                          金額(千円)
     クリナップロジスティクス株式会社                                              88,987

     株式会社システムズヤジマ                                              76,857
     ダイワ建材株式会社                                              54,877

     株式会社KVK
                                                   48,049
     株式会社渡辺製作所                                              28,579

     その他                                             376,109
                  合計                                 673,461

         ロ.前受金

                 相手先                          金額(千円)
     インターネット通信販売                                             509,388

                  合計                                 509,388

                                 56/62






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
       (3)【その他】
          当事業年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度
     売上高(千円)                   2,404,734          5,095,655          7,469,061          10,213,113

     税引前四半期(当期)純利益
     又は税引前四半期純損失                    △42,974           42,096         △18,064           79,640
     (△)(千円)
     四半期(当期)純利益又は
                         △30,814           27,586         △15,015           49,464
     四半期   純損失(△)      (千円)
     1株当たり四半期(当期)
     純利益又は1株当たり四半期                     △1.95           1.69         △0.90           2.93
     純損失   (△)   (円)
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は
     1株当たり四半期純損失                     △1.95           3.47         △2.45           3.70
     (△)   (円)
                                 57/62














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                毎年10月1日から翌年9月30日まで

      定時株主総会                毎年12月

      基準日                毎年9月30日

      剰余金の配当の基準日                毎年3月31日、9月30日

      1単元の株式数                100株

      単元未満株式の買取り

                     大阪市中央区北浜四丁目5番33号

       取扱場所
                     三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                     東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
                     三井住友信託銀行株式会社
       取次所               -

       買取手数料               無料

                     当会社の公告方法は、電子公告としております。事故その他やむを得ない事由に

                     よって電子公告によることができない場合は、日本経済新聞に掲載いたします。
      公告掲載方法                なお、電子公告は当社ウェブサイトに記載しており、そのアドレスは以下のとお
                     りです。
                     http://info.sanwacompany.co.jp/                ir/
      株主に対する特典                該当事項はありません。

      (注)当社の単元未満株式を有する株主は、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨、定款に定めてお

         ります。
        (1)   会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)   会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3)   株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 58/62









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第40期)(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)2018年12月27日近畿財務局長に提出
       (2)内部統制報告書及びその添付書類

         2018年12月27日       近畿財務局長に提出
       (3)四半期報告書及び確認書

         (第41期第1四半期)(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)2019年2月14日近畿財務局長に提出
         (第41期第2四半期)(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)2019年5月14日近畿財務局長に提出
         (第41期第3四半期)(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)2019年8月9日近畿財務局長に提出
       (4)臨時報告書

         2019年1月7日近畿財務局長に提出
         金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会に
        おける議決権行使の結果)に基づく臨時報告書であります。
       (5)  有価証券届出書及びその添付書類

        譲渡制限付株式の割当に係る有価証券届出書 2019年1月17日近畿財務局長に提出
                                 59/62












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 60/62




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
                     独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2019年12月27日

     株式会社サンワカンパニー

      取締役会  御中
                             EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                             業務執行社員    公認会計士                    平岡   義則    印
                             指定有限責任社員

                             業務執行社員    公認会計士                    入山 友作       印
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社サンワカンパニーの2018年10月1日から2019年9月30日までの第41期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借
     対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細
     表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、                                                   株式会社
     サンワカンパニーの2019年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フ
     ローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 61/62







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サンワカンパニー(E27815)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社サンワカンパニーの
     2019年9月30日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社サンワカンパニーが2019年9月30日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
     記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、
     財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
      (注)   1  上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

          社)が別途保管しております。
        2  XBRLデータは監査の対象には含              まれていません。
                                 62/62











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。