日本オラクル株式会社 四半期報告書 第35期第2四半期(令和1年9月1日-令和1年11月30日)

提出書類 四半期報告書-第35期第2四半期(令和1年9月1日-令和1年11月30日)
提出日
提出者 日本オラクル株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2020年1月10日

    【四半期会計期間】               第35期第2四半期(自 2019年9月1日 至 2019年11月30日)

    【会社名】               日本オラクル株式会社

    【英訳名】               ORACLE    CORPORATION      JAPAN

    【代表者の役職氏名】               代表執行役      最高法務責任者(CLO) 金子 忠浩

    【本店の所在の場所】               東京都港区北青山二丁目5番8号

    【電話番号】               03(6834)6666

    【事務連絡者氏名】               経理部長 村野 祐史

    【最寄りの連絡場所】               東京都港区北青山二丁目5番8号

    【電話番号】               03(6834)6666

    【事務連絡者氏名】               経理部長 村野 祐史

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

      提出会社の経営指標等
                                        第35期

                             第34期
             回次                                     第34期
                         第2四半期累計期間
                                     第2四半期累計期間
                          自 2018年6月1日           自 2019年6月1日           自 2018年6月1日
            会計期間
                          至 2018年11月30日           至 2019年11月30日           至 2019年5月31日
     売上高                (百万円)            91,254           97,485          202,389
     経常利益                (百万円)            27,829           30,046           62,284

     四半期(当期)純利益                (百万円)            19,276           20,790           43,360

     持分法を適用した場合の
                     (百万円)              ―           ―           ―
     投資利益
     資本金                (百万円)            24,591           24,807           24,679
     発行済株式総数                (千株)           128,062           128,152           128,098

     純資産額                (百万円)           136,984           164,316           160,288

     総資産額                (百万円)           227,242           256,275           269,518

     1株当たり四半期
                      (円)           150.64           162.47           338.92
     (当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)           150.44           162.32           338.51
     四半期(当期)純利益金額
     1株当たり配当額                 (円)             ―           ―          136
     自己資本比率                 (%)            60.2           64.1           59.4

     営業活動による
                     (百万円)            13,122           15,306           45,453
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (百万円)           △ 2,636         △ 30,424          △ 82,178
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (百万円)           △ 15,295          △ 17,222          △ 16,093
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                     (百万円)           113,543            33,120           65,505
     四半期末(期末)残高
                             第34期           第35期

             回次
                          第2四半期会計期間           第2四半期会計期間
                          自 2018年9月1日           自 2019年9月1日
            会計期間
                          至 2018年11月30日           至 2019年11月30日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)           77.16           85.73
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表は作成しておりませんので、連結経営指標等の推移については記載しておりませ
          ん。
        2.売上高には消費税等は含まれておりません。
        3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        4.当社は、「役員報酬BIP信託」および「株式付与ESOP信託」を導入しており、当該信託が所有する当
          社株式については、四半期財務諸表において自己株式として計上しております。このため、1株当たり四半
          期(当期)純利益金額および潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額の算定にあたっては、当該株
          式数を自己株式に含めて「普通株式の期中平均株式数」を算定しております。
                                  2/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】
      当第2四半期累計期間において、当社および当社が属する企業グループにおいて営まれている事業の内容に重要な
     変更はありません。
    第2   【事業の状況】

    1  【事業等のリスク】

      当第2四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または前事業年度の有価証券報告書に記載した事
     業等のリスクに関する重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      当社の四半期財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されておりま
     す。この四半期財務諸表の作成にあたっては、決算日における資産および負債の金額、収益および費用の金額に影響
     を与えるような仮定、見積り、判断を必要とします。過去の経験や状況に応じ合理的と判断した入手可能な情報に基
     づいた仮定、見積り、判断であっても、仮定あるいは条件の変化により、実際の結果と異なる可能性があります。ま
     た、文中における将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  経営成績の分析

      ① 業績の状況
        当第2四半期累計期間(自              2019年6月1日       至  2019年11月30日。以下、「当四半期」)の経営成績につきまして
       は、売上高97,485百万円(前年同期比6.8%増)、営業利益30,052百万円(前年同期比8.2%増)、経常利益
       30,046百万円(前年同期比8.0%増)、四半期純利益20,790百万円(前年同期比7.9%増)となりました。
        当四半期における当社の属する国内の情報サービス産業においては、システム更新需要の他、モバイル対応、
       IoT等デジタルデータを活用した業務効率化、エンドユーザーとの接点強化など企業成長、競争力強化を目的とす
       るクラウドおよびIT投資が堅調に推移しております。
      ②   報告セグメント別の状況

       市場展開方針
        当社は、クラウドサービスやデータを活用し、顧客企業のイノベーションの実現とビジネスの変革を支援する
       ことにより、さらなる企業成長をめざしております。
        また、当社はシステムを構築するために必要なプラットフォーム製品、業務アプリケーション、ハードウェア
       までを、クラウド、オンプレミスいずれの環境においても展開可能な総合的製品ポートフォリオを有しておりま
       す。特にソフトウェア・ライセンス製品は、長年、高度なセキュリティ、可用性と高速処理性能が求められる
       ミッションクリティカル領域で広く採用されております。新たな事業の柱として注力しているオラクルクラウド
       は、このソフトウェア・ライセンスと同じ設計思想、同じ技術で構築しており、オラクルのソフトウェア・ライ
       センスで構築したオンプレミス・システムとオラクルクラウドとの連携、双方向の移行を可能とすることを強み
       としております。
        これらの強みを活かし、注力ポイントである「大型案件の獲得」、オラクルクラウドにAIを組み込み、パッチ
       適用やパフォーマンス・チューニングなどの保守運用の自律化を行う「Oracle                                     Autonomous      Database」へのアッ
       プグレード、「ERPアップグレード」をさらに加速させるため、2019年5月東京地域に開設した「Generation2 
       Cloud」データセンターに加え、2020年初頭には大阪地域にデータセンターを開設し、エンタープライズのワーク
       ロード、セキュリティに対応したクラウドサービスを提供してまいります。
        また、市場規模に応じたあらゆる業種のお客様向けに営業部隊を構築し、当社の価値を訴求し続けておりま
       す。
         [用語解説]
         * クラウドサービス:企業等のITシステムに利用されるソフトウェアやハードウェアのリソースを、インターネットを通じてサー
          ビスとして提供する形態。
         * オンプレミス:ITシステムを自社所有で構築・運用する形態。
      [クラウド&ライセンス]

                                  3/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
        売上高は78,500百万円(前年同期比8.0%増)、営業利益は30,229百万円(前年同期比12.2%増)となりまし
       た。内訳につきましては、クラウドライセンス&オンプレミスライセンスの売上高は20,446百万円(前年同期比
       11.5%   増)、クラウドサービス&ライセンスサポートの売上高は58,053百万円(前年同期比6.8%増)となりまし
       た。当セグメントは企業等のIT基盤に利用される、データベース管理ソフトウェア、各種ミドルウェア、ERP等の
       業務アプリケーションソフトウェアのソフトウェア・ライセンスを販売する「クラウドライセンス&オンプレミ
       スライセンス」とライセンスを利用されているお客様に更新版等のアップデートや技術サポートを提供する「ラ
       イセンスサポート」、これらのソフトウェアやハードウェアのリソースを、インターネットを通じてサービス提
       供する「クラウドサービス」から構成されます。
        当第2四半期会計期間では、製造、流通サービス、通信公益を始めとする幅広い業種のお客様からの引合いが引
       き続き堅調に推移いたしました。当社製品・サービスの価値訴求を積極的に展開し、複数の大型案件を獲得する
       ことができました。
        また、「Oracle        Autonomous      Database     Cloud」を始めとするクラウドサービスについては、パフォーマンスや
       セキュリティ、費用対効果を重視されるお客様からの引合いが多く、5月に開設した東京地区データセンターの利
       用量は引き続き順調に増加しており、提供サービスの多くが好調に展開いたしました。
        ライセンスサポートについては、高い契約更新率を維持しており、クラウドライセンス&オンプレミスライセ
       ンスの販売に伴う新規保守契約も堅調を維持しております。
      [ハードウェア・システムズ]

        売上高は8,407百万円(前年同期比4.0%増)、営業利益は393百万円(前年同期比6.0%増)となりました。
        当セグメントは、サーバー、ストレージ、エンジニアド・システム、ネットワーク機器等のハードウェアの販
       売およびそれらのオペレーティングシステム(OS)や関連ソフトウェアを提供する「ハードウェア・システム
       ズ・プロダクト」、ハードウェア製品の技術サポート、修理、メンテナンスの提供およびOS等関連ソフトウェア
       の更新版等の提供を行う「ハードウェア・システムズ・サポート」から構成されます。
        2019年9月にインテル社製の“Persistent                    Memory(永続性メモリ)”を搭載した、“Oracle                       Exadata    Database
       Machine    X8M”の提供を開始し、多くの引き合いをいただいております。Exadata                                   X8Mは、ストレージ・ボトル
       ネックを排除し、オンライン・トランザクション処理(OLTP)、アナリティクス、IoT、不正検出、高頻度取引な
       ど、最も過酷なワークロード向けにパフォーマンスを大幅に向上させます。
      [サービス]

        売上高は10,577百万円(前年同期比0.8%増)、営業利益は1,731百万円(前年同期比32.0%減)となりまし
       た。
        当セグメントは、当社製品の導入支援を行う「コンサルティングサービス」、予防保守サービスやお客様のIT
       環境の包括的な運用管理サービスを提供する「アドバンストカスタマーサポートサービス」、技術者や利用者向
       けの研修事業や技術資格の認定事業を提供する「エデュケーションサービス」から構成されております。コンサ
       ルティングサービスでは、オンプレミス環境からIaaS・PaaS環境への基盤移行、ERPクラウドを始めとするSaaSと
       の連携案件など、当社の総合的な製品サービス・ポートフォリオを活かした複合型案件が順調に推移しておりま
       す。
                                  4/20







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
         <報告セグメント別売上高の状況>
                       2019年5月期              2020年5月期
                                                   2019年5月期
                       第2四半期              第2四半期
                                            対前年
           区分
                      金額     構成比      金額     構成比            金額     構成比
                                            同期比
                      百万円       %    百万円       %      %    百万円       %
      クラウドライセンス&
                      18,343       20.1     20,446       21.0      11.5     52,747       26.1
      オンプレミスライセンス
      クラウドサービス&
                      54,332       59.5     58,053       59.6      6.8    110,066       54.4
      ライセンスサポート
     クラウド&ライセンス                 72,675       79.6     78,500       80.5      8.0    162,813       80.4

     ハードウェア・システムズ                  8,084       8.9     8,407       8.6      4.0    18,340       9.1

     サービス                 10,493       11.5     10,577       10.9      0.8    21,234       10.5

           合計           91,254      100.0     97,485      100.0       6.8    202,389       100.0

     (注)    金額は単位未満を切り捨て、構成比ならびに対前年同期比は単位未満を四捨五入で表示しております。
      ③ 営業利益

        営業利益は、サービスセグメントにおいては、減少となりましたが、堅調に推移したクラウド&ライセンスセ
       グメントにおける増加(前年同期比12.2%増)により、30,052百万円(前年同期比8.2%増)となりました。
        売上原価は、50,842百万円(前年同期比6.9%増)となりました。クラウド&ライセンスセグメントにおいて、
       ロイヤルティが増加した一方、業務委託費等が減少しました。
        販売費及び一般管理費は、人件費及び広告宣伝費の増加等により、16,589百万円(前期同期比4.2%増)となり
       ました。
      ④ 営業外損益および経常利益

        経常利益は、営業外損益6百万円の費用(純額)を計上した結果、30,046百万円(前年同期比8.0%増)となりまし
       た。
      ⑤ 四半期純利益

        特別利益「新株予約権戻入益」(12百万円)、法人税等(9,268百万円)を計上した結果、四半期純利益は20,790百
       万円(前年同期比7.9%増)となりました。
     (2)   財政状態の分析

       (資産の部)
        当第2四半期会計期間においてオラクル・ジャパン・ホールディング・インク(当社の親会社)に対する最長
       で2019年2月より2年間を貸付期間とするローンの追加実施(30,000百万円)等により、当第2四半期会計期間末
       における流動資産は、前事業年度末比で42,319百万円減少し50,686百万円となりました。また、当第2四半期会
       計期間末における固定資産は、前事業年度末比で29,076百万円増加し、205,588百万円となりました。
       (負債の部)
        当第2四半期会計期間末における負債合計は、前事業年度末比で17,271百万円減少し、91,958百万円となりま
       した。これは主に、前受金の減少(8,561百万円)、買掛金の減少(3,928百万円)によるものです。 
       (純資産の部)
        当第2四半期会計期間末の純資産合計は、前事業年度末比で4,028百万円増加し、164                                         ,316  百万円となりまし
       た。これは主に、ストック・オプションの行使による資本金、資本剰余金の各々の増加(128百万円)、当四半期純
       利益の計上(20,790百万円)、配当金の支払(17,419百万円)等によるものです。この結果、自己資本比率は
       64.1%(前事業年度末比4.7ポイントアップ)となりました。
                                  5/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
     (3)  キャッシュ・フローの状況の分析
        当第2四半期累計期間におけるキャッシュ・フローは営業活動によるキャッシュ・フローが15,306百万円の
       キャッシュ・イン、投資活動によるキャッシュ・フローが30,424百万円のキャッシュ・アウト、財務活動による
       キャッシュ・フローが17,222百万円のキャッシュ・アウトとなり、当第2四半期会計期間末における現金及び現
       金同等物の残高は、前事業年度末に比べ32,384百万円減少し、33,120百万円となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は、15,306百万円(前年同期比2,184百万円増)となりました。これは主に、税引
       前四半期純利益(30,058百万円)の計上、売上債権の減少(5,420百万円)によるキャッシュ・インがある一方
       で、法人税等の納付(10,319百万円)、前受金の減少(8,561百万円)等によるキャッシュ・アウトがあった結果
       によるものです。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果使用した資金は、30,424百万円(前年同期比27,788百万円増)となりました。これは主に、追
       加で実施したオラクル・ジャパン・ホールディング・インク(当社の親会社)に対する最長で2019年2月より2
       年間を貸付期間とする関係会社貸付けによる支出(30,000百万円)および有形固定資産の取得による支出(441百
       万円)があったことによるものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動により使用した資金は、17,222百万円(前年同期比1,927百万円増)となりました。これは主に、配
       当金の支払いによるものです。
     (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期累計期間において、重要な変更はありません。
     (5)  研究開発活動

       当第2四半期累計期間において、重要な変更はありません。
     (6)  資本の財源及び資金の流動性についての分析

       2019年8月20日に提出した前事業年度の有価証券報告書の「資本の財源及び資金の流動性に係る情報」に記載し
      た内容から重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の変更はありません。
                                  6/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    511,584,909

                 計                                   511,584,909

      ②  【発行済株式】

              第2四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)          発行数(株)(注)1          名又は登録認可金融               内容
               (2019年11月30日)           (2020年1月10日)          商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
       普通株式           128,152,171           128,158,271                     (注)2
                                      市場第一部
        計          128,152,171           128,158,271            ―           ―
     (注)   1.「提出日現在発行数」には、提出日の属する月(2020年1月1日から当四半期報告書提出日まで)に新株予約
          権の行使により発行された株式数は含まれておりません。
        2.権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
       2019年9月1日~
                   53,400    128,152,171           128     24,807         128      8,158
       2019年11月30日
     (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
        2.  2019年12月1日から2019年12月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式数が6,100株、資本
          金および資本準備金がそれぞれ14百万円増加しております。
                                  7/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                               2019年11月30日現在
                                                   発行済株式
                                                   (自己株式を
                                           所有株式数
                                                   除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                   総数に対する
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
                     500   Oracle    Parkway,     Redwood     Shores,
     ORACLE    JAPAN   HOLDING,INC.
                     California,      U.S.A                   94,967         74.1
     常任代理人 SMBC日興証券株式
     会社
                      (東京都江東区木場1丁目5番55号)
     日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号                          2,078         1.6
     株式会社(信託口)
                     P.O.BOX351      BOSTON    MASSACHUSETTS        02101
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                     U.S.A.                          1,489         1.2
     COMPANY    505001
                     (東京都港区港南2丁目15番1号)
                     ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA  02111
     SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT
                                               1,472         1.1
                     (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号                          1,391         1.1
     銀行株式会社(信託口)
                     360  N.CRESCENT      DRIVE   BEVERLY    HILLS,    CA
     THE   CHASE    MANHATTAN      BANK
                     90210   U.S.A.                        862        0.7
     385036
                     (東京都港区港南2丁目15番1号)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号                            800        0.6
     銀行株式会社(信託口5) 
                     50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)      RE
                     5NT,UK                           790        0.6
     FIDELITY     FUNDS
                     (東京都中央区日本橋3丁目11番1号) 
                     1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,    MA
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT
                     02171,U.S.A.
                                                769        0.6
     - TREATY    505234
                     (東京都港区港南2丁目15番1号)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号                            646        0.5
     銀行株式会社(信託口7) 
            計                    ―               105,268         82.2
     (注) 上記の所有株式数のうち、信託業務にかかる株式は、以下のとおりであります。
        日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社                            4,355千株
        日本マスタートラスト信託銀行株式会社                               1,983千株
        資産管理サービス信託銀行株式会社                              394千株
        野村信託銀行株式会社                                                     170千株
                                  8/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2019年11月30日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―             ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―             ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―             ―
                     普通株式       11,600
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               1,278,718             ―
                         127,871,800
                     普通株式
     単元未満株式                                ―             ―
                           268,771
     発行済株式総数                     128,152,171           ―             ―
     総株主の議決権                     ―          1,278,718             ―

     (注) 「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が2,000株(議決権の数20個)、「役員報酬
        BIP信託」が保有する当社株式10,900株および「株式付与ESOP信託」が保有する当社株式95,500株が含まれてお
        ります。
      ②  【自己株式等】

                                               2019年11月30日現在
                                                    発行済株式
                                             所有株式数
                                自己名義       他人名義
                                                   総数に対する
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所                         の合計
                               所有株式数       所有株式数
                                                    所有株式数
                                 (株)       (株)
                                              (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都港区北青山2丁目
                                 11,600         ―    11,600        0.0
     日本オラクル株式会社             5番8号
          計              ―          11,600         ―    11,600        0.0
     (注) 株式報酬制度「役員報酬BIP信託」および従業員インセンティブ・プラン「株式付与ESOP信託」の信託財産とし
        て、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(東京都港区浜松町2丁目11番3号)が保有する当社株式10,900株
        および95,500株は、上記自己株式等の数に含めておりません。
                                  9/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
     (1)  役職の異動

            氏名               旧役職名               新役職名           異動年月日
                      取締役
                                     取締役
                      執行役    社長
      フランク・オーバーマイヤー                                              2019年9月2日
                                     執行役    社長
                      最高経営責任者(CEO)
     (2)  新任執行役

                                               所有株式数
      役職名       氏名     生年月日                略歴                   就任年月日
                                                (株)
                        1996年7月      TDC  (Tele   Danmark
                              Communications        Group)
                              アカウント・マネジャー
                        2000年10月      Ericsson     (Telefonaktiebolaget
                              L.  M.  Ericsson)
                              アカウント・マネジャー
                        2001年3月      Computer     Associates
                              International,        Inc.(現    CA
                              Technologies)
                              アカウント・マネジャー
      執行役
                        2002年12月      NetIQ
            ケネス・
    最高経営責任者             1972年3月2日                                ―    2019年9月2日
            ヨハンセン
                              セールス・マネジャー
      (CEO)
                        2004年4月      BEA  Systems
                              セールス・マネジャー
                        2009年9月      Oracle    Denmark
                              セールス・ディレクター
                        2010年8月      Oracle    Denmark
                              カントリー・リーダー
                        2017年6月      Oracle    Germany
                              カントリー・リーダー
                        2019年9月      当社   執行役    最高経営責任者
                              (CEO)(現任)
     (3)  異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

      男性10名 女性1名         (役員のうち女性の比率9.1%)
                                 10/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第63号)
     に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2019年9月1日から2019年11月
     30日まで)及び第2四半期累計期間(2019年6月1日から2019年11月30日まで)に係る四半期財務諸表について、EY新日
     本有限責任監査法人により四半期レビューを受けております。
    3.四半期連結財務諸表について

      当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                 11/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
     (1)  【四半期貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度            当第2四半期会計期間
                                (2019年5月31日)              (2019年11月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                65,505              33,120
        売掛金                                20,283              14,863
        その他                                 7,228              2,714
                                         △ 12             △ 12
        貸倒引当金
        流動資産合計                                93,005              50,686
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                               11,088              10,661
         土地                               26,057              26,057
                                         3,743              3,404
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               40,889              40,123
        無形固定資産
                                           2              2
        投資その他の資産
         関係会社長期貸付金                              130,000              160,000
         その他                               5,655              5,463
                                         △ 34              △ 0
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              135,620              165,463
        固定資産合計                                176,512              205,588
      資産合計                                 269,518              256,275
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                15,910              11,982
        未払金                                 5,313              3,439
        未払法人税等                                10,969               9,890
        前受金                                70,772              62,210
        賞与引当金                                 2,581              1,227
        その他の引当金                                  442              190
                                         3,232              3,010
        その他
        流動負債合計                                109,222               91,950
      固定負債
                                           7              7
        その他
        固定負債合計                                   7              7
      負債合計                                 109,230               91,958
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                24,679              24,807
        資本剰余金                                 8,030              8,158
        利益剰余金                                128,580              131,950
                                        △ 1,211              △ 771
        自己株式
        株主資本合計                                160,078              164,145
      新株予約権                                   209              171
      純資産合計                                 160,288              164,316
     負債純資産合計                                   269,518              256,275
                                 12/20




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期損益計算書】
      【第2四半期累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 2018年6月1日              (自 2019年6月1日
                                至 2018年11月30日)               至 2019年11月30日)
     売上高                                   91,254              97,485
                                        47,544              50,842
     売上原価
     売上総利益                                   43,709              46,642
                                      ※  15,925             ※  16,589
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   27,784              30,052
     営業外収益
      為替差益                                    51              -
      受取利息                                    6              13
                                          23              29
      その他
      営業外収益合計                                    81              43
     営業外費用
      為替差損                                    -              47
                                          36               1
      その他
      営業外費用合計                                    36              49
     経常利益                                   27,829              30,046
     特別利益
                                          14              12
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                    14              12
     税引前四半期純利益                                   27,843              30,058
     法人税等                                    8,567              9,268
     四半期純利益                                   19,276              20,790
                                 13/20












                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
     (3)  【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 2018年6月1日              (自 2019年6月1日
                                至 2018年11月30日)               至 2019年11月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期純利益                                  27,843              30,058
      減価償却費                                   925             1,167
      株式報酬費用                                    12              10
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    -             △ 34
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,064             △ 1,354
      その他の引当金の増減額(△は減少)                                  △ 203             △ 251
      為替差損益(△は益)                                   △ 27              44
      受取利息及び受取配当金                                   △ 6             △ 41
      固定資産除売却損益(△は益)                                    36               1
      売上債権の増減額(△は増加)                                  8,087              5,420
      その他の流動資産の増減額(△は増加)                                  △ 502             4,527
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 3,243             △ 3,928
      未払金の増減額(△は減少)                                 △ 1,476             △ 1,847
      前受金の増減額(△は減少)                                 △ 6,402             △ 8,561
      その他の流動負債の増減額(△は減少)                                  △ 767             △ 250
                                          271              638
      その他
      小計                                  23,484              25,598
      利息及び配当金の受取額
                                           5              27
                                       △ 10,367             △ 10,319
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  13,122              15,306
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 1,635              △ 441
      有形固定資産の売却による収入                                    -              32
      関係会社貸付けによる支出                                    -           △ 30,000
      定期預金の預入による支出                                 △ 52,000                -
      定期預金の払戻による収入                                  51,000                -
      差入保証金の差入による支出                                   △ ▶             △ 19
                                           3              2
      差入保証金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 2,636             △ 30,424
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      株式の発行による収入                                   190              220
      自己株式の取得による支出                                   △ 0             △ 3
      自己株式の売却による収入                                    -               0
                                       △ 15,485             △ 17,439
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 15,295             △ 17,222
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     27             △ 44
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 4,782             △ 32,384
     現金及び現金同等物の期首残高                                   118,326               65,505
                                      ※  113,543             ※  33,120
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
      (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                          当第2四半期累計期間
                     (自 2019年6月1日 至 2019年11月30日)
     税金費用の計算
      税金費用については、当事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積
     り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用しております。
      なお、法人税等調整額は、法人税等に含めて表示しております。
      (四半期貸借対照表関係)

       該当事項はありません。
      (四半期損益計算書関係)

      ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            前第2四半期累計期間                当第2四半期累計期間

                            (自 2018年6月1日                (自 2019年6月1日
                             至 2018年11月30日)                至 2019年11月30日)
        給料及び賞与                        7,590   百万円              8,057   百万円
        賞与引当金繰入額                         546  百万円               461  百万円
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)


      
      あります。
                            前第2四半期累計期間                当第2四半期累計期間

                            (自 2018年6月1日                (自 2019年6月1日
                             至 2018年11月30日)                至 2019年11月30日)
        現金及び預金                       165,543百万円                 33,120百万円
        預入期間が3か月を超える定期預金                      △52,000百万円                       ―
        現金及び現金同等物                       113,543百万円                 33,120百万円
                                 15/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第2四半期累計期間(自 2018年6月1日 至 2018年11月30日)
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2018年7月24日
              普通株式         15,489         121   2018年5月31日         2018年8月6日         利益剰余金
     取締役会
     (注) 2018年7月24日開催の取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金11百
        万円(役員報酬BIP信託            2百万円、株式付与ESOP信託                  8百万円)が含まれております。
     2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後となる

      もの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
     当第2四半期累計期間(自 2019年6月1日 至 2019年11月30日)

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2019年7月22日
              普通株式         17,419         136   2019年5月31日         2019年8月5日         利益剰余金
     取締役会
     (注) 2019年7月22日開催の取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金23百
        万円(役員報酬BIP信託2百万円、株式付与ESOP信託20百万円)が含まれております。
     2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後となる

      もの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
      (持分法損益等)

       該当事項はありません。
                                 16/20








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ 前第2四半期累計期間(自 2018年6月1日 至 2018年11月30日)
     報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                                     四半期
                                              調整額     損益計算書
                                              (注)1      計上額
                   クラウド&      ハードウェア
                                 サービス        計
                                                     (注)2
                   ライセンス      ・システムズ
     売上高

      外部顧客への売上高                72,675       8,084      10,493      91,254         -    91,254

      セグメント間の
                        -      -      -      -      -      -
      内部売上高又は振替高
           計           72,675       8,084      10,493      91,254         -    91,254
     セグメント利益                 26,949        371     2,544      29,865      △ 2,080      27,784

     (注)   1.セグメント利益の調整額△2,080百万円は、全社費用であります。主に報告セグメントに帰属しない管理部
          門等に係る費用であります。
        2.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    Ⅱ 当第2四半期累計期間(自 2019年6月1日 至 2019年11月30日)

     報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                                     四半期
                                              調整額     損益計算書
                                              (注)1      計上額
                   クラウド&      ハードウェア
                                 サービス        計
                                                     (注)2
                   ライセンス      ・システムズ
     売上高

      外部顧客への売上高                78,500       8,407      10,577      97,485         -    97,485

      セグメント間の
                        -      -      -      -      -      -
      内部売上高又は振替高
           計           78,500       8,407      10,577      97,485         -    97,485
     セグメント利益                 30,229        393     1,731      32,354      △ 2,301      30,052

     (注)   1.セグメント利益の調整額△2,301百万円は、全社費用であります。主に報告セグメントに帰属しない管理部
          門等に係る費用であります。
        2.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 17/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
      基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期累計期間             当第2四半期累計期間

                 項目                (自 2018年6月1日             (自 2019年6月1日
                                 至 2018年11月30日)             至 2019年11月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        150.64円             162.47円
      (算定上の基礎)

       四半期純利益金額(百万円)                                  19,276             20,790

       普通株主に帰属しない金額                                     ―             ―

       普通株式に係る四半期純利益金額(百万円)                                  19,276             20,790

       普通株式の期中平均株式数(千株)                                  127,958             127,967

     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                        150.44円             162.32円
      (算定上の基礎)

       四半期純利益調整額(百万円)                                     ―             ―

       普通株式増加数(千株)                                    173             118

       (うち新株予約権(千株))                                   (173)             (118)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式につ                                       ―             ―
     いて前事業年度末から重要な変動がある場合の概要
     (注) 当社は、「役員報酬BIP信託」および「株式付与ESOP信託」を導入しております。
        株主資本において自己株式として計上されている、役員報酬BIP信託および株式付与ESOP信託に残存す
        る自社の株式は、当第2四半期累計期間の1株当たり四半期純利益金額および潜在株式調整後1株当たり四半
        期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております(前第2四半期累計
        期間においては、役員報酬BIP信託                  20,467株、株式付与ESOP信託                56,027株。当第2四半期累計期間に
        おいては、役員報酬BIP信託               17,311株、株式付与ESOP信託                136,739株。)。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
    2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 18/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本オラクル株式会社(E05027)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2020年1月10日

    日本オラクル株式会社
     取締役会 御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       野  元  寿  文            印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       田  辺  敦  子            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本オラクル株

    式会社の2019年6月1日から2020年5月31日までの第35期事業年度の第2四半期会計期間(2019年9月1日から2019年11
    月30日まで)及び第2四半期累計期間(2019年6月1日から2019年11月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半
    期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
    正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
    論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
    て四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
    れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、日本オラクル株式会社の2019年11月30日現在の財政状態並びに同日をもっ
    て終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が
    すべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク