DIC株式会社 四半期報告書 第122期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

四半期報告書-第122期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

提出日:

提出者:DIC株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年11月14日
      【四半期会計期間】                    第122期第3四半期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)
      【会社名】                    DIC株式会社
      【英訳名】                    DIC  Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長執行役員  猪野 薫
      【本店の所在の場所】                    東京都板橋区坂下三丁目35番58号
      【電話番号】                    03(3966)2111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    総務グループマネジャー  白飯 文人
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋三丁目7番20号
                         DIC株式会社 本社
      【電話番号】                    03(6733)3000(大代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  金子 潤
      【縦覧に供する場所】                    DIC株式会社 本社
                         (東京都中央区日本橋三丁目7番20号)
                         DIC株式会社 大阪支店
                         (大阪市中央区久太郎町三丁目5番19号)
                         DIC株式会社 名古屋支店
                         (名古屋市中区錦三丁目7番15号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/22










                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                              第121期           第122期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第121期
                              累計期間           累計期間
                               自2018年           自2019年           自2018年

                               1月1日           1月1日           1月1日
              会計期間
                               至2018年           至2019年           至2018年
                               9月30日           9月30日           12月31日
                     (百万円)             600,748           576,587           805,498
     売上高
                     (百万円)             36,441           29,964           48,702
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)             22,442           18,327           32,028
     (当期)純利益
                     (百万円)              8,166           8,882          △ 3,844
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             339,352           323,893           327,334
     純資産額
                     (百万円)             910,043           840,880           801,296
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)            237.11           193.64           338.40
     益
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益
                      (%)             34.2           35.0           37.3
     自己資本比率
                              第121期           第122期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                               自2018年           自2019年

                               7月1日           7月1日
              会計期間
                               至2018年           至2019年
                               9月30日           9月30日
                                   79.63           54.91
     1株当たり四半期純利益                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
           ません。
         2.売上高には、消費税等は含まれていません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載していませ
           ん。
         4.  当社は、第120期より「株式給付信託(BBT)」を導入し、当該信託が保有する当社株式を四半期連結財務諸表
           において自己株式として計上しています。これに伴い、1株当たり四半期(当期)純利益の算定上、当該信
           託が保有する当社株式を「普通株式の期中平均株式数」の計算において控除する自己株式数に含めていま
           す。
         5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっています。
                                  2/22





                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社は、中期経営計画「DIC111」の開始に伴い、2019年1月1日付でセグメント区分を変更しました。下表は変更
       後のセグメント名称・区分によって記載しています。なお、主要な関係会社における異動はありません。
         セグメント             製品本部                   主 要 製 商 品

                               グラビアインキ、フレキソインキ、オフセットインキ、新聞イ
                  プリンティングマテリアル             ンキ、ジェットインキ、製缶塗料、印刷用プレート、セキュリ
                               ティインキ、印刷関連消耗材
       パッケージング&
        グラフィック
                  パッケージングマテリアル             ポリスチレン樹脂、         多層フィルム、包材用接着剤
                               光輝材、カラーフィルタ用顔料、インキ用顔料、化粧品用顔

                    カラーマテリアル
                               料、塗料・プラスチック用顔料              、ヘルスケア食品
      カラー&ディスプレイ
                  ディスプレイマテリアル             TFT液晶、STN液晶
                               インキ・塗料用、成形用、接着用、繊維加工用の各種合成樹脂
                               (ポリエステル、エポキシ、ウレタン、アクリル、フェノー
                  パフォーマンスマテリアル
                               ル、改質剤)、製紙用薬品、金属石鹸、アルキルフェノール                           、
                               硫化油
       ファンクショナル
                               PPSコンパウンド、樹脂着色剤、繊維着色剤、機能性光学材
         プロダクツ
                               料 、住宅内装建材、工業用粘着テープ、パレット、コンテ
                  コンポジットマテリアル             ナー、中空糸膜、中空糸膜モジュール、浴室部材、人造大理
                               石、化粧板、シート・モールディング・コンパウンド、建材塗
                               料
                                  3/22












                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)経営成績
      当第3四半期連結累計期間の業績は次のとおりです。
                                                  (単位:億円)
                                                 現地通貨ベース

                   前第3四半期          当第3四半期
                                        前年同期比
                                                 前  年  同  期  比
                   連結累計期間          連結累計期間
                                          △4.0%           △0.5%

        売    上    高      6,007          5,766
                                295         △19.1%           △13.0%

        営   業   利   益       364
                                300         △17.8%

        経   常   利   益       364                                -
        親会社株主に帰属

                                183         △18.3%
                      224                                -
        する四半期純利益
                                501         △14.4%

        EBITDA              585                                -
                                          △0.7%

        US$/円(平均)             109.90          109.15                        -
                                          △6.6%

        EUR/円(     平均)        131.26          122.56                        -
       EBITDA:親会社株主に帰属する四半期純利益+法人税等合計+支払利息-受取利息+減価償却費+のれん償却額
      当第3四半期連結累計期間(2019年1月~9月)における当社グループの業績は、売上高は前年同期比4.0%減の5,766億

     円でした。世界的に景気減速の影響がみられ、電気・電子や自動車向け材料を中心に広範な分野で出荷が落ち込みまし
     た。出荷数量は想定したレベルほど回復しませんでしたが、落ち込み幅は縮小の傾向がみられます。
      営業利益は前年同期比19.1%減の295億円でした。高付加価値製品を中心に出荷数量が落ち込んだことに加えて、一部
     品目で製品価格が低下したことにより大幅な減益となりました。また、円高による海外事業の換算目減りも利益を押し下
     げました。
      営業利益率は原料価格の低下を含めたコスト削減効果により第1四半期を底として四半期を追うごとに改善しており、
     減益幅も縮小しています。特に、中国・東南アジアにおいては第2四半期から増益に転じており、当第3四半期は増益幅
     が広がりました。
      経常利益は、前年同期比17.8%減の300億円でした。
      親会社株主に帰属する四半期純利益は、前年同期比18.3%減の183億円でした。事業の効率化に係る特別損益が発生し
     たことに加えて、災害や買収関連の一時費用が発生しました。
                                  4/22








                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
      また、    各セグメントの業績は次のとおりです。
                                                     (単位:億円)
                      売  上  高                       営 業 利 益
     セ  グ  メ  ン  ト
                                 現地通貨                       現地通貨
               前第3四半期      当第3四半期        前年         前第3四半期      当第3四半期        前年
                                 ベース                       ベース
               連結累計期間      連結累計期間       同期比         連結累計期間      連結累計期間       同期比
                                前年同期比                       前年同期比
     パッケージング&
                  3,236       3,121    △3.6%     +1.5%        149       131   △12.2%      △0.3%
     グ  ラ  フ  ィ  ッ  ク
     カラー&ディスプレイ
                   950       896   △5.8%     △3.3%        113       88  △22.3%     △19.3%
     ファンクショナル
                  2,088       1,999    △4.2%     △2.9%        153       129   △15.5%     △14.4%
     プ  ロ  ダ  ク  ツ
     その他、全社・消去

                  △267       △250      -     -      △51       △53      -     -
         計

                  6,007       5,766    △4.0%     △0.5%        364       295   △19.1%     △13.0%
      (注)2019年度より中期経営計画「DIC111」の開始に伴い、セグメントを変更しました。なお、前第3四半期連結累計
         期間については、変更後のセグメントに組み替えて記載しています。
         中期経営計画「DIC111」の詳細は、http://www.dic-global.com/ja/ir/plan.html                                      をご覧ください。
     [パッケージング&グラフィック]

                                               現地通貨ベース

                     前第3四半期         当第3四半期
                                       前年同期比
                                               前  年  同  期  比
                     連結累計期間         連結累計期間
                      3,236         3,121         △3.6%         +1.5%
            売 上 高            億円         億円
            営  業  利  益      149         131       △12.2%         △0.3%
                         億円         億円
      売上高は、前年同期比3.6%減の3,121億円でした。現地通貨ベースでは1.5%の増収となりましたが、ユーロ及び新興

     国通貨安の影響により円貨ベースで目減りしました。食品包装分野では、パッケージ用インキは、アジアや南米などの新
     興国を中心として増収となりました。ポリスチレンは、出荷数量は増加しましたが、原料価格の低下に伴う製品値下げの
     影響により減収となりました。出版や新聞を主用途とする出版用インキは、需要減少により減収となりました。一方で、
     デジタル印刷で使用されるジェットインキは増収となりました。
      営業利益は、前年同期比12.2%減の131億円でした。価格改定が進んだことに加えて原料価格上昇の影響が緩んできた
     ことにより、現地通貨ベースでは0.3%減と前年同期に近いレベルまで改善しました。
     [カラー&ディスプレイ]

                                               現地通貨ベース
                     前第3四半期         当第3四半期
                                       前年同期比
                                               前  年  同  期  比
                     連結累計期間         連結累計期間
                       950         896        △5.8%         △3.3%
            売 上 高            億円         億円
            営  業  利  益                       △22.3%         △19.3%
                       113  億円        88 億円
      売上高は、前年同期比5.8%減の896億円でした。色材分野では、化粧品用顔料や一般顔料の出荷が貿易摩擦の影響など

     により低調に推移しました。ディスプレイ分野では、カラーフィルタ用顔料は出荷が堅調に推移しました。TFT液晶は
     出荷堅調ながら競争激化に伴う製品価格の低下により減収となりました。
      営業利益は、前年同期比22.3%減の88億円でした。TFT液晶の製品価格低下のほか、一般顔料の出荷低調により減益
     となりました。また、中国における環境規制の強化や貿易摩擦に伴って顔料の原料価格が上昇したことも利益を圧迫しま
     した。
                                  5/22





                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     [ファンクショナルプロダクツ]
                                               現地通貨ベース

                     前第3四半期         当第3四半期
                                       前年同期比
                                               前  年  同  期  比
                     連結累計期間         連結累計期間
                      2,088         1,999         △4.2%         △2.9%
            売 上 高            億円         億円
            営  業  利  益                       △15.5%         △14.4%
                       153  億円        129  億円
      売上高は、前年同期比4.2%減の1,999億円でした。自動車の軽量化や電装化に伴って用途が拡大しているPPSコンパ

     ウンドは、世界的な自動車生産台数の減少影響を受けて出荷が低調に推移しました。スマートフォンや半導体分野を主用
     途とするエポキシ樹脂や工業用テープは、景気減速の影響を受けて出荷が落ち込みました。合成樹脂全般では、中国を中
     心として低調に推移しましたが、サステナブル樹脂は、当第3四半期にインドの塗料用樹脂メーカーを子会社化したこと
     により出荷数量増に転じました。
      営業利益は、前年同期比15.5%減の129億円でした。エポキシ樹脂など高付加価値製品の出荷が落ち込んだほか、物流
     やユーティリティコストの増加により大幅減益となりましたが、営業利益率は主に原料価格の低下により徐々に改善して
     います。
      (2)財政状態

       (資産、負債及び純資産の状況に関する分析)
         当第3四半期連結会計期間末の資産の部は、主にコマーシャル・ペーパーの発行に伴う現預金の増加により、
        前連結会計年度末と比べて396億円増加し、8,409億円となりました。負債の部は、主にコマーシャル・ペーパー
        の発行により、前連結会計年度末比430億円増の5,170億円となりました。また、純資産の部は、親会社株主に帰
        属する四半期純利益を計上した一方、配当金の支払や為替の影響などにより、前連結会計年度末比34億円減の
        3,239億円となりました。
         なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)                                              等を第1四半
        期連結会計期間の期首から適用しており、当該会計基準等を遡って適用した後の前連結会計年度末の数値で比較
        しています。
      (3)キャッシュ・フローの状況

         当四半期連結累計期間は第3四半期連結累計期間であり、四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成してい
        ません。このため、キャッシュ・フローの状況に関する分析について記載していません。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間における研究開発費は、9,158百万円であり、このほか、当社及びDICグラフィッ
        クス株式会社における製品の改良・カスタマイズなどに関わる技術関連費用は、11,545百万円です。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の体制及び方針に重要な変更はあり
        ません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当社は、2019年8月29日、欧州化学メーカー最大手のドイツBASF社が保有する顔料事業であるBASF                                               Colors    &
       Effectsに関する株式及び資産の取得を決定し、同日付でMaster                              Sale   and  Purchase     Agreement(包括契約)を締結
       しました。
        詳細については、「第4             経理の状況 1        四半期連結財務諸表(追加情報)」に記載しています。
                                  6/22





                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          150,000,000

                  計                               150,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年11月14日)
               (2019年9月30日)                         取引業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数

       普通株式            95,156,904             95,156,904
                                        市場第一部             100株
         計           95,156,904             95,156,904             -           -

       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                               資本準備金       資本準備金
                発行済株式総数         発行済株式総
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日        増減数         数残高
                                               増減額       残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)        (株)
                                               (百万円)       (百万円)
     2019年7月1日~
                      -   95,156,904           -     96,557         -     94,156
     2019年9月30日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/22






                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2019年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしています。
        ①【発行済株式】

                                                   2019年6月30日現在
              区分               株式数(株)            議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                               -           -       -

      議決権制限株式(自己株式等)                               -           -       -

      議決権制限株式(その他)                               -           -       -

      完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式         364,200              -   単元株式数100株

      完全議決権株式(その他)                    普通株式       94,609,600             946,096      同上

      単元未満株式                    普通株式         183,104              -       -

      発行済株式総数                           95,156,904               -       -

      総株主の議決権                               -         946,096         -

      (注)「完全議決権株式(その他)」欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が300株(議決権の数3個)及び
         株式給付信託(BBT)が所有する当社株式146,200株(議決権の数1,462個)が含まれています。なお、当該議決権
         1,462個は、議決権不行使となっています。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年6月30日現在
                                                    発行済株式総数

                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                       (%)
     (自己保有株式)             東京都板橋区坂下三
                                 364,200          -     364,200          0.38
     DIC株式会社             丁目35番58号
           計            -          364,200          -     364,200          0.38
      (注)1.このほか、株主名簿上は当社名義となっていますが、実質的に所有していない株式が300株あります。な
           お、当該株式は、上記「①             発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」に含まれています。
         2.株式給付信託(BBT)が所有する当社株式146,200株は、上記自己株式等に含まれていません。
         3.上記は、直前の基準日に基づく株主名簿によりますが、当第3四半期会計期間末日現在の所有株式数の合
           計は364,600      株、発行済株式総数に対する所有株式数の割合は0.38%です。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/22







                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しています。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019
       年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けています。
                                  9/22

















                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         19,782              74,170
         現金及び預金
                                       ※1 209,763             ※1 201,636
         受取手形及び売掛金
                                         94,611              93,117
         商品及び製品
                                         9,403              9,927
         仕掛品
                                         61,937              59,657
         原材料及び貯蔵品
                                         23,878              22,508
         その他
                                        △ 9,722             △ 9,431
         貸倒引当金
                                        409,652              451,584
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               88,892              86,478
          機械装置及び運搬具(純額)                               70,951              68,875
          工具、器具及び備品(純額)                               11,395              11,076
                                         48,985              51,238
          土地
                                         7,928              10,623
          建設仮勘定
                                        228,151              228,290
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           34              797
          のれん
                                         2,887              2,620
          ソフトウエア
                                         3,359              2,644
          顧客関連資産
                                         7,502              5,878
          その他
                                         13,782              11,939
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         67,523              63,920
          投資有価証券
                                         25,089              29,720
          退職給付に係る資産
                                         57,260              56,108
          その他
                                         △ 161             △ 681
          貸倒引当金
                                        149,711              149,067
          投資その他の資産合計
                                        391,644              389,296
         固定資産合計
                                        801,296              840,880
       資産合計
                                 10/22









                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        118,554              104,740
         支払手形及び買掛金
                                         79,778              48,189
         短期借入金
                                            -            62,000
         コマーシャル・ペーパー
                                         2,843              3,153
         未払法人税等
                                         6,283              5,436
         賞与引当金
                                         48,143              49,799
         その他
                                        255,601              273,317
         流動負債合計
       固定負債
                                         60,000              70,000
         社債
                                        119,791              136,200
         長期借入金
                                         20,519              17,823
         退職給付に係る負債
                                         1,482              1,457
         資産除去債務
                                         16,569              18,190
         その他
                                        218,361              243,670
         固定負債合計
                                        473,962              516,987
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         96,557              96,557
         資本金
                                         94,445              94,456
         資本剰余金
                                        207,421              213,035
         利益剰余金
                                        △ 1,823             △ 1,821
         自己株式
                                        396,600              402,227
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,407              1,202
         その他有価証券評価差額金
                                           14              59
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 67,617             △ 80,571
         為替換算調整勘定
                                        △ 31,508             △ 28,871
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 97,704             △ 108,181
         その他の包括利益累計額合計
                                         28,438              29,847
       非支配株主持分
                                        327,334              323,893
       純資産合計
                                        801,296              840,880
      負債純資産合計
                                 11/22









                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
      売上高                                   600,748              576,587
                                        467,707              453,004
      売上原価
                                        133,041              123,583
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         32,484              31,799
       従業員給料及び手当
                                           328              711
       貸倒引当金繰入額
                                         3,383              3,176
       賞与引当金繰入額
                                           48              717
       退職給付費用
                                         60,386              57,709
       その他
                                         96,629              94,112
       販売費及び一般管理費合計
      営業利益                                   36,412              29,471
      営業外収益
                                         2,870              1,949
       受取利息
                                           381              376
       受取配当金
                                         2,862              1,798
       持分法による投資利益
                                         1,215              1,337
       その他
                                         7,328              5,460
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         3,847              2,920
       支払利息
                                           849              747
       為替差損
                                         2,603              1,300
       その他
                                         7,299              4,967
       営業外費用合計
                                         36,441              29,964
      経常利益
      特別利益
                                           -             1,555
       関係会社株式及び出資金売却益
                                           411             1,315
       固定資産売却益
                                           373               -
       投資有価証券売却益
                                           133               -
       受取保険金
                                           917             2,870
       特別利益合計
      特別損失
                                         1,691              1,516
       固定資産処分損
                                                        1,463
       減損損失                                    -
                                           405             1,168
       災害による損失
                                                        1,057
       買収関連費用                                    -
                                         1,189               613
       リストラ関連退職損失
                                                         551
       貸倒引当金繰入額                                    -
                                           -              390
       過去勤務費用償却額
                                         3,285              6,758
       特別損失合計
                                         34,073              26,076
      税金等調整前四半期純利益
                                         10,342               6,466
      法人税等
                                         23,731              19,610
      四半期純利益
                                         1,289              1,283
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         22,442              18,327
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/22





                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
                                         23,731              19,610
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 2,166              △ 155
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 14              45
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 13,822             △ 11,483
       為替換算調整勘定
                                         1,113              2,661
       退職給付に係る調整額
                                         △ 676            △ 1,796
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 15,565             △ 10,728
       その他の包括利益合計
                                         8,166              8,882
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         7,231              7,850
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           935             1,032
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/22















                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更のうち、重要なものはありません。
        (会計方針の変更)

         (IFRS第16号「リース」)
           当社グループのIFRS適用子会社は、第1四半期連結会計期間より、IFRS第16号「リース」(2016年1月公
          表)(以下、IFRS第16号)を適用しています。IFRS第16号の適用に当たっては、経過措置として認められてい
          る、本基準の適用による累積的影響を適用開始日に認識する方法を採用しています。
           過去にIAS第17号を適用してオペレーティング・リースに分類した借手としてのリースについては、適用開
          始日に、使用権資産及びリース負債を認識しています。
           この変更による当第3四半期連結累計期間の損益に与える影響は軽微です。
         (ASU   2016-16「法人所得税:棚卸資産以外の資産のグループ内の移転」)

           当社グループの米国会計基準適用子会社は、第1四半期連結会計期間より、ASU2016-16「法人所得税:棚卸
          資産以外の資産のグループ内の移転」(以下、ASU2016-16)を早期適用しています。ASU2016-16は、棚卸資産
          以外の資産のグループ内の移転時に、法人税等を認識することを要求しています。従来の米国会計基準では、
          棚卸資産以外の資産の移転に関する法人税等は、第三者に資産が売却されるまで認識しません。ASU2016-16
          は、その累積的影響を適用開始期間の期首の利益剰余金で調整する修正遡及の方法により適用することが求め
          られます。その結果、当連結会計年度の期首の利益剰余金が774百万円減少しています。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          一部の連結子会社の税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益
         に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算
         しています。
        (追加情報)

         (株式給付信託(BBT))
           当社は、第120期より、執行役員を兼務する取締役及び執行役員(以下「対象取締役等」という。)に対す
          る業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT)」(以下「本制度」という。)を導入しています。本制度
          は、対象取締役等の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確にすることで、対象取締役等の中長
          期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的としています。
           当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実
          務上の取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)に準じています。
          (1)  取引の概要
           本制度に基づき設定される信託が当社の拠出する金銭を原資として当社株式を取得します。当該信託は、当
          社株式及び当社株式の時価相当の金銭を、当社の定める役員株式給付規程に従って、対象取締役等に対して給
          付します。当該給付の時期は、原則として対象取締役等の退任時となります。
          (2)  信託に残存する自社の株式
           信託に残存する自社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株
          式として計上しています。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は前連結会計年度末において584百万円及び148
          千株、当第3四半期連結会計期間末において577百万円及び146千株です。
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等)

           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固
          定負債の区分に表示しています。
                                 14/22




                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
         (ドイツBASF社の顔料事業に関する株式及び資産の取得(子会社化))
           当社は、2019年8月29日、欧州化学メーカー最大手のドイツBASF社が保有する顔料事業であるBASF                                               Colors
          & Effectsに関する株式及び資産の取得を決定し、同日付でMaster                              Sale   and  Purchase     Agreement(包括契
          約)を締結しました。
           なお、本取引は米国及び欧州委員会をはじめとする各国規制当局の承認を必要としています。
          (1)  株式及び資産取得の目的

           当社は、カラー&ディスプレイ事業部門における質的転換を加速させるため、高成長で高付加価値なスペ
          シャリティ領域(ディスプレイ・化粧品・自動車など)における顔料業界のリーディングカンパニーを目指
          し、機能性顔料の拡大を進めてきました。グローバル顔料市場は約2.3兆円の規模があり、当社はそのうち有
          機顔料とエフェクト顔料(アルミ顔料)で世界有数の会社です。
           一方、対象事業は、欧州を中心にグローバルに拠点を有し、高級顔料、エフェクト顔料(化粧品向け)及び
          特殊無機顔料において世界有数の会社です。対象事業が保有する製品ポートフォリオは、当社と重複が少なく
          製品補完性が極めて高い状況にあります。
           本買収により、当社は市場での評価が高い高機能製品をポートフォリオに取り込み、機能性顔料事業を拡大
          することでカラービジネスの持続的成長にコミットし、企業価値の向上に繋げていきます。
          (2)  株式及び資産取得の相手会社の名称

          BASF   SE
          (3)  対象事業の概要

           本買収では顔料事業に関する技術、特許などの知的財産及び株式買収に含まれない営業権などの資産及び当
          該事業を構成する18社の株式を取得します。
          (4)  株式及び資産取得の時期

          2020年末まで
          (注)1.米国及び欧州委員会をはじめとする必要各国の競争法当局からの承認を前提としています。
             2.規制当局手続きやクロージング条件により、本買収実行日が変更する可能性があります。
          (5)  取得価格(参考値)

          985百万ユーロ(1,162億円)
          (注)1.上記取得価額は、対象事業の企業価値(1,150百万ユーロ)から2018年末時点の現預金・借入金等
               の残高を調整した金額(参考値)です。実際の取得価額は、クロージング時点での現預金・借入金
               等の残高や運転資金の増減などにより変動します。
             2.アドバイザリー費用などの手数料は、米国及び欧州委員会をはじめとする必要各国の競争法手続き
               に係る費用などが未確定のため記載していません。
             3.1ユーロ=118円で換算し、小数点以下は四捨五入しています。
          (6)  資金調達方法

           株式希薄化による資本効率性低下の回避と健全な財務体質の維持を考慮した資金調達を行う方針です。具体
          的には、当社が保有する手元資金及び新規のブリッジローンにより充当し、その後、最適な財務構成実現に向
          けた資金調達を検討予定です。新株発行を伴う資金調達(エクイティファイナンス)は予定していません。
                                 15/22






                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
        ※1 債権流動化による売掛債権譲渡額
                    前連結会計年度                      当第3四半期連結会計期間
                   (2018年12月31日)                         (2019年9月30日)
                        20,745百万円                         7,006百万円
         2 次のとおり債務の保証を行っています。

             前連結会計年度(2018年12月31日)
                                金額(百万円)
                 被保証者名                                内容
         キャストフィルムジャパン㈱                            550
                                        金融機関借入に伴う保証債務
         従業員(住宅資金)                             87
                                        金融機関借入に伴う保証債務
                                      637
                   計
             当第3四半期連結会計期間(2019年9月30日)

                                金額(百万円)
                 被保証者名                                内容
         キャストフィルムジャパン㈱                            500
                                        金融機関借入に伴う保証債務
         従業員(住宅資金)                             69
                                        金融機関借入に伴う保証債務
                                      569
                   計
         3    受取手形割引高

                                前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                               (2018年12月31日)                (2019年9月30日)
         受取手形割引高                           9 百万円                0 百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。なお、第3四半
         期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、
         次のとおりです。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                             (自    2018年1月1日              (自    2019年1月1日
                              至   2018年9月30日)               至   2019年9月30日)
         減価償却費                           24,595百万円                  24,254百万円
         のれんの償却額                            143                  64
                                 16/22








                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)
          (1)配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
                              配当額(円)
     2018年3月29日
                普通株式        5,688          60   2017年12月31日         2018年3月30日         利益剰余金
      定時株主総会
     2018年8月9日
                普通株式        5,688          60   2018年6月30日         2018年9月3日         利益剰余金
       取締役会
          (注)1.2018       年3月29日定時株主総会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社
                株式に対する配当金9百万円が含まれています。
              2.2018年8月9日取締役会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式
                に対する配当金9百万円が含まれています。
          (2)基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計

              期間末後となるもの
               該当事項はありません。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)

          (1)配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
                              配当額(円)
     2019年3月27日
                普通株式        6,162          65   2018年12月31日         2019年3月28日         利益剰余金
      定時株主総会
     2019年8月8日
                普通株式        5,688          60   2019年6月30日         2019年9月2日         利益剰余金
       取締役会
          (注)1.2019       年3月27日定時株主総会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社
                株式に対する配当金10百万円が含まれています。
              2.2019年8月8日取締役会決議に基づく配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式
                に対する配当金9百万円が含まれています。
          (2)基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計

              期間末後となるもの
               該当事項はありません。
                                 17/22









                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自2018年1月1日                        至2018年9月30日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                 その他       合計
                   パッケージング&              ファンクショナル
                            カラー&
                                            計
                    グラフィック       ディスプレイ        プロダクツ
       売上高
                      323,599        70,511       206,257       600,367         381    600,748
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売
                         -     24,534        2,506      27,040         -    27,040
        上高又は振替高
                      323,599        95,045       208,763       627,407         381    627,788
             計
                       14,904       11,346       15,316       41,566        169     41,735
       セグメント利益
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

        (差異調整に関する事項)
                                   (単位:百万円)
                利益                  金額

                                        41,566
       報告セグメント計
       「その他」の区分の利益                                  169
       全社費用(注)                                △5,323
       四半期連結損益計算書の営業利益                                36,412
       (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の総合研究所に係る費用です。
                                 18/22











                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自2019年1月1日                        至2019年9月30日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                 その他       合計
                   パッケージング&         カラー&      ファンクショナル
                                            計
                    グラフィック       ディスプレイ        プロダクツ
       売上高
                      312,099        66,762       197,412       576,273         314    576,587
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売
                         -     22,814        2,535      25,349         -    25,349
        上高又は振替高
                      312,099        89,576       199,947       601,622         314    601,936
             計
                       13,087        8,821       12,940       34,848        304     35,152
       セグメント利益
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

        (差異調整に関する事項)
                                   (単位:百万円)
                利益                  金額

                                        34,848
       報告セグメント計
       「その他」の区分の利益                                  304
       全社費用(注)                                △5,681
       四半期連結損益計算書の営業利益                                29,471
       (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の総合研究所に係る費用です。
       3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
         当第3四半期連結累計期間においては、「パッケージング&グラフィック」セグメントで1,463百万円の減損損
        失を計上しています。
       4.報告セグメントの変更等に関する事項

         2019年度より中期経営計画「DIC111」の開始に伴い、セグメントを変更しました。なお、前第3四半期連結累計
        期間については、変更後のセグメントに組み替えて記載しています。
                                 19/22








                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                  (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                   至 2018年9月30日)              至 2019年9月30日)
     1株当たり四半期純利益                                  237円11銭              193円64銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                  22,442              18,327

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -              -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                         22,442              18,327
       (百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                  94,647              94,647
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在していないため、記載していません。
        2.当社は、第120         期 より「株式給付信託(BBT)」を導入し、当該信託が保有する当社株式を四半期連結財務諸表に
          おいて自己株式として計上しています。これに伴い、1株当たり四半期純利益の算定上、当該信託が保有する
          当社株式を「普通株式の期中平均株式数」の計算において控除する自己株式数に含めています。
          1株当たり四半期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は、前第3四半期連結累計期間に
          おいて148,550株、当第3四半期連結累計期間において146,360株です。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        2019年8月8日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議しました。
        (イ)中間配当による配当金の総額……………………5,688百万円
        (ロ)1株当たりの金額…………………………………60円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2019年9月2日
       (注)1.2019年6月30日の最終の株主名簿に記載の株主又は登録株式質権者に対し、支払いを行いました。
          2.配当金の総額には、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式に対する配当金9百万円が含まれています。
                                 20/22










                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 21/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                        DIC株式会社(E00901)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                              2019年11月14日

     DIC株式会社
       取締役会 御中

                            有限責任監査法人トーマツ

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             津田 英嗣  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             大竹 貴也  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             井上 浩二  印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているDIC株式会社

     の2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019年9月30
     日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、DIC株式会社及び連結子会社の2019年9月30日現在の財政状態及び
     同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点
     において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告
         書提出会社)が別途保管しています。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。