日産東京販売ホールディングス株式会社 四半期報告書 第108期第2四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

四半期報告書-第108期第2四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

提出日:

提出者:日産東京販売ホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2019年11月13日

    【四半期会計期間】                   第108期第2四半期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)

    【会社名】                   日産東京販売ホールディングス株式会社

    【英訳名】                   NISSAN TOKYO SALES HOLDINGS CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 竹 林   彰

    【本店の所在の場所】                   東京都品川区西五反田四丁目32番1号

    【電話番号】                   03-5496-5203

    【事務連絡者氏名】                   取締役経理部長 米 澤  領 一

    【最寄りの連絡場所】                   東京都品川区西五反田四丁目32番1号

    【電話番号】                   03-5496-5203

    【事務連絡者氏名】                   取締役経理部長 米 澤  領 一

    【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/23









                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                                第107期          第108期
                回次                第2四半期          第2四半期           第107期
                               連結累計期間          連結累計期間
                              自   2018年4月1日        自   2019年4月1日        自   2018年4月1日
               会計期間
                              至   2018年9月30日        至   2019年9月30日        至   2019年3月31日
     売上高                    (百万円)           74,872          76,274          155,801
     営業利益                    (百万円)           2,092          2,355          4,721

     経常利益                    (百万円)           1,856          2,194          4,292

     親会社株主に帰属する
                        (百万円)           1,344          1,388          2,728
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                    (百万円)           1,330          1,667          2,018
     純資産額                    (百万円)           40,730          42,634          41,418

     総資産額                    (百万円)           83,118          87,332          88,514

     1株当たり四半期(当期)純利益金額                     (円)          20.27          20.91          41.12

     潜在株式調整後1株当たり
                         (円)            -          -          -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                     (%)           47.4          47.0          45.2
     営業活動によるキャッシュ・フロー                    (百万円)           5,757          5,453          12,466

     投資活動によるキャッシュ・フロー                    (百万円)          △ 4,778         △ 4,354         △ 13,541

     財務活動によるキャッシュ・フロー                    (百万円)          △ 1,292         △ 4,494          1,020

     現金及び現金同等物の
                        (百万円)           9,919          6,784          10,179
     四半期末(期末)残高
                                第107期          第108期

                回次                第2四半期          第2四半期
                               連結会計期間          連結会計期間
                              自   2018年7月1日        自   2019年7月1日
               会計期間
                              至   2018年9月30日        至   2019年9月30日
     1株当たり四半期純利益金額                     (円)          12.84          14.87
     (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
        4.当第2四半期連結会計期間において、GTNET株式会社の一部株式を取得したことに伴い、同社を連結の
          範囲に含めております。
                                  2/23





                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
      要な変更はありません。
       なお、主要な関係会社の異動は、次のとおりであります。
      (自動車関連事業)
       当第2四半期連結会計期間において、GTNET株式会社の一部株式を取得したことに伴い、同社を連結の範囲
      に含めております。
                                  3/23


















                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
      業等のリスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

       当第2四半期連結累計期間における全国の新車販売台数は、前年同四半期比5.6%増(登録車5.2%増、軽自動車
      6.2%増)となりました。
       当社グループのマーケットである東京都内の新車販売台数につきましては、同2.9%増(登録車1.5%増、軽自動
      車8.9%増)となっております。
       当社グループの新車販売台数は、第1四半期(4月~6月)においては前年同四半期比362台減、5.2%減であり
      ましたが、第2四半期(7月~9月)が新型車効果等により同23台増、0.3%増となった結果、当第2四半期連結累
      計期間では14,842台となり、同339台減、2.2%減にとどまりました。
       また、7月に株式を取得したGTNET株式会社を連結子会社に加えたことにより、当社グループの当第2四半
      期連結累計期間の経営成績は増収増益となり、                       売上高は76,274百万円           ( 前年同四半期比1,402百万円増               、 1.9%
      増 )、  営業利益は2,355百万円           ( 前年同四半期比263百万円増             、 12.6%増    )、  経常利益は2,194百万円           ( 前年同四半期
      比337百万円増       、 18.2%増    )、  親会社株主に帰属する四半期純利益につきましては1,388百万円                              ( 前年同四半期比43
      百万円増    、 3.2%増    )となりました。
       なお、直近5年間の第2四半期連結累計期間の業績推移は次のとおりあります。
                                                   (単位:百万円)
                   2015年度         2016年度         2017年度         2018年度
                                                     2019年度
          売上高            69,548         62,973         73,565         74,872         76,274

         営業利益             2,085         1,591         1,764         2,092         2,355

         経常利益             1,763         1,297         1,462         1,856         2,194

       親会社株主に帰属
                                                        1,388
                      1,275         1,008          832        1,344
       する四半期純利益
       当社グループは、自動車関連事業および情報システム関連事業を主な事業として展開しており、当第2四半期連

      結累計期間の報告セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。
      ① 自動車関連事業
        「ニッサン      インテリジェント         モビリティ」の取り組みにより開発されたEV(電気自動車)、e-POWE
       Rの電動化技術搭載車および新型軽自動車「デイズ」にも搭載されたプロパイロット、「新型スカイライン」に
       搭載の一定条件下でのハンズオフドライブを可能にしたプロパイロット2.0等の知能化技術搭載車をお客さまにア
       ピールするとともに、「お客さまのニーズに合わせた提案型営業による付加価値販売」に継続して取り組んでま
       いりました。この結果、「リーフ」「ノート」「デイズ」が引き続き堅調であったことに加え、マイナーチェン
       ジした「新型セレナ」「新型スカイライン」が好調に推移いたしました。
        自動車整備事業での入庫台数の増加もあり、                      売上高は72,184百万円           ( 前年同四半期比992百万円増              、 1.4%
       増 )、  セグメント利益(営業利益)は2,476百万円                    ( 前年同四半期比288百万円増             、 13.2%増    )となりました。
                                  4/23




                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      ② 情報システム関連事業
        お客さまとの関係強化によりデータセンターなどのマネージドサービス事業が堅調に推移するとともに、ハー
       ドウェア売上高が伸長したものの、販売費及び一般管理費が増加した結果、                                   売上高は3,925百万円          ( 前年同四半期
       比418百万円増       、 11.9%増    )、  セグメント利益(営業利益)は254百万円                   ( 前年同四半期比11百万円減            、 4.4%減    )
       となりました。
       当社グループの財政状態は次のとおりであります。

      ① 資産
        当第2四半期連結会計期間末における                  総資産は87,332百万円          ( 前連結会計年度比1,182百万円減               、 1.3%減    )と
       なりました。主な内容は、現金及び預金が3,345百万円、その他流動資産が893百万円減少し、商品が894百万円、
       有形固定資産が1,624百万円、投資有価証券が514百万円増加しております。
      ② 負債
        当第2四半期連結会計期間末における                  負債は44,697百万円         ( 前連結会計年度比2,398百万円減               、 5.1%減    )とな
       りました。主な内容は、買掛金が1,534百万円、1年内を含む長短期借入金が549百万円、その他流動負債が338百
       万円減少し、賞与引当金が103百万円増加しております。
      ③ 純資産
        当第2四半期連結会計期間末における                  純資産は42,634百万円          ( 前連結会計年度比1,216百万円増               、 2.9%増    )と
       なりました。主な内容は、配当金の支払がありましたが、親会社株主に帰属する四半期純利益を計上したことに
       より利益剰余金が855百万円、その他有価証券評価差額金の増加などによりその他の包括利益累計額が198百万
       円、非支配株主持分が217百万円増加しております。
     (2)  キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、                                         6,784百万円      ( 前連結会
      計年度比3,395百万円減           、33.4%減)となりました。
      ①  営業活動によるキャッシュ・フロー
        当第2四半期連結累計期間における営業活動による                        資金の増加は5,453百万円            ( 前年同四半期比303百万円の収
       入減  )であります。主な資金の増加は、税金等調整前四半期純利益が2,181百万円、減価償却費が1,758百万円、
       たな卸資産の減少が3,295百万円、その他営業活動による収入が480百万円であり、主な資金の減少は、仕入債務
       の減少が1,710百万円、法人税等の支払額が493百万円であります。
      ②  投資活動によるキャッシュ・フロー
        当第2四半期連結累計期間における投資活動による                        資金の減少は4,354百万円            ( 前年同四半期比424百万円の支
       出減  )であります。主な資金の増加は、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による収入が318百万円であ
       り、主な資金の減少は、有形固定資産の取得による支出が4,709百万円であります。
      ③  財務活動によるキャッシュ・フロー
        当第2四半期連結累計期間における財務活動による                        資金の減少は4,494百万円            ( 前年同四半期比3,202百万円の
       支出増   )であります。主な資金の減少は、1年内を含む長短期借入金の返済による支出が3,268百万円、リース債
       務の返済による支出が208百万円、配当金の支払による支出が529百万円、その他財務活動による支出が433百万円
       であります。
        当社グループの当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物の残高は6,784百万円となり、経常運

       転資金に十分対応できる流動性を有しております。
        また、資金の流動性に一部支障をきたす事象が発生した場合にも、金融機関との間で締結している当座貸越契
       約を利用することで一定の流動性を維持できると判断しております。
                                  5/23





                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
      に生じた課題はありません。
     (4)  研究開発活動

       特記すべき事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/23

















                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     136,400,000

                 計                                    136,400,000

      ②  【発行済株式】

                第2四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所名
         種類         現在発行数(株)            発行数(株)         又は登録認可金融商品               内容
                 (2019年9月30日)           (2019年11月13日)            取引業協会名
                                       東京証券取引所
        普通株式             66,635,063           66,635,063                  単元株式数100株
                                        (市場第一部)
         計           66,635,063           66,635,063           -           -
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①   【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②   【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高        増減額       残 高      増 減 額       残   高
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       2019年9月30日               -   66,635,063           -     13,752         -       241
                                  7/23








                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                                  2019年9月30日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                             所有株式数        除く。)の
           氏名又は名称                      住所
                                              (千株)      総数に対する
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
     日産ネットワークホールディングス
                         神奈川県横浜市西区高島1-1-1                       22,656        34.03
     株式会社
     損害保険ジャパン日本興亜株式会社                    東京都新宿区西新宿1-26-1                        6,649        9.99
     東京海上日動火災保険株式会社                    東京都千代田区丸の内1-2-1                        4,640        6.97

     三井住友海上火災保険株式会社                    東京都千代田区神田駿河台3-9                        2,620        3.94

     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                         東京都港区浜松町2-11-3                        1,806        2.71
     (信託口)
     TOYO     TIRE株式会社
                         兵庫県伊丹市藤ノ木2-2-13                        1,470        2.21
     株式会社アルファ                    神奈川県横浜市金沢区福浦1-6-8                        1,343        2.02

     日本トラスティ・サービス信託銀行
                         東京都中央区晴海1-8-11                        1,188        1.78
     株式会社(信託口)
     株式会社太洋商会                    東京都千代田区鍛冶町1-10-4                        1,173        1.76
     中央自動車工業株式会社                    大阪府大阪市北区中之島4-2-30                        1,129        1.70

              計                     ―              44,674        67.10

     (注)発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、「株式給付信託(ESOP)」により
        資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)名義となっている自己株式400,000株を含めて計算しておりま
        す。
                                  8/23











                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                  2019年9月30日現在
           区分               株式数(株)             議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                       -              -           -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -              -           -

     議決権制限株式(その他)                       -              -           -

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                        4,000        -
                     普通株式           455,600
     完全議決権株式(その他)                 普通株式         66,167,500             661,675         -
     単元未満株式                 普通株式            11,963         -           -

     発行済株式総数                          66,635,063           -           -

     総株主の議決権                       -                665,675         -

     (注)   1.「完全議決権株式(自己株式等)」の普通株式には、「株式給付信託(ESOP)」により資産管理サービ

          ス信託銀行㈱(信託E口)名義となっている自己株式が400,000株含まれております。
        2.「単元未満株式」には、自己株式55株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                                  2019年9月30日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
                                                     総数に対する
       所有者の氏名又は名称                所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                     所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
     日産東京販売ホールディングス                東京都品川区西五反田
                                   55,600      400,000       455,600        0.68
     株式会社                4-32-1
            計              -          55,600      400,000       455,600        0.68
     (注) 他人名義で所有している理由等
           所有理由               名義人の氏名又は名称                     名義人の住所
                                          東京都中央区晴海1-8-12
     「株式給付信託(ESOP)」制度                   資産管理サービス信託銀行株式会社
                                          晴海アイランド        トリトンスクエア
     の信託財産として拠出                   (信託E口)
                                          オフィスタワーZ棟
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  9/23






                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
     令第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019年
     9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
     について、アーク有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      なお、明治アーク監査法人は、2019年7月1日をもって有限責任監査法人に移行したことにより、名称をアーク有
     限責任監査法人に変更しております。
                                 10/23
















                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                10,179               6,834
                                      ※1  8,459
        受取手形及び売掛金                                               8,498
        商品                                10,825              11,719
        仕掛品                                  327              322
        貯蔵品                                  49              47
        その他                                 3,357              2,464
                                          △ 5             △ 6
        貸倒引当金
        流動資産合計                                33,193              29,879
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                               7,345              7,623
         リース資産(純額)                               5,657              5,556
         土地                               21,594              23,166
                                         7,760              7,636
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               42,358              43,982
        無形固定資産
         のれん                               1,083              1,038
                                          198              279
         その他
         無形固定資産合計                               1,282              1,318
        投資その他の資産
         投資有価証券                               3,709              4,223
         繰延税金資産                               2,787              2,562
         その他                               5,809              6,003
         関係会社投資等損失引当金                               △ 576             △ 576
                                         △ 48             △ 61
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               11,680              12,150
        固定資産合計                                55,321              57,452
      資産合計                                  88,514              87,332
                                 11/23









                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年9月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                16,615              15,081
        短期借入金                                  -              63
        1年内返済予定の長期借入金                                 1,260              1,041
        リース債務                                  445              421
        未払法人税等                                  530              596
        賞与引当金                                 1,326              1,430
                                         6,068              5,730
        その他
        流動負債合計                                26,246              24,365
      固定負債
        長期借入金                                 3,600              3,205
        リース債務                                 5,212              5,141
        繰延税金負債                                  126              172
        退職給付に係る負債                                11,457              11,342
        資産除去債務                                  306              319
                                          146              150
        その他
        固定負債合計                                20,849              20,332
      負債合計                                  47,096              44,697
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                13,752              13,752
        資本剰余金                                  247              247
        利益剰余金                                24,513              25,368
                                         △ 75             △ 131
        自己株式
        株主資本合計                                38,437              39,237
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 1,257              1,472
                                          341              324
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 1,599              1,797
      非支配株主持分                                  1,381              1,599
      純資産合計                                  41,418              42,634
     負債純資産合計                                   88,514              87,332
                                 12/23








                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     売上高                                   74,872              76,274
                                        57,851              58,737
     売上原価
     売上総利益                                   17,021              17,536
                                      ※1  14,928            ※1  15,180
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                    2,092              2,355
     営業外収益
      受取利息                                    0              0
      受取配当金                                    61              54
      工事負担金収入                                    -              30
                                          21              22
      雑収入
      営業外収益合計                                    84              108
     営業外費用
      支払利息                                    65              67
      支払手数料                                   125              132
      貸倒引当金繰入額                                    21              -
                                          107               69
      雑損失
      営業外費用合計                                   320              269
     経常利益                                    1,856              2,194
     特別利益
      投資有価証券売却益                                    3              -
                                       ※2  100
                                                         -
      受取補償金
      特別利益合計                                   104               -
     特別損失
                                          10              12
      固定資産除売却損
      特別損失合計                                    10              12
     税金等調整前四半期純利益                                    1,950              2,181
     法人税、住民税及び事業税
                                          325              559
                                          195              156
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     521              715
     四半期純利益                                    1,429              1,466
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     84              77
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    1,344              1,388
                                 13/23








                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     四半期純利益                                    1,429              1,466
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   △ 71              217
                                         △ 26             △ 16
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                   △ 98              201
     四半期包括利益                                    1,330              1,667
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  1,241              1,586
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    88              80
                                 14/23
















                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                  1,950              2,181
      減価償却費                                  1,674              1,758
      のれん償却額                                    45              45
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    21              △ 0
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 31              122
      退職給付に係る資産負債の増減額(△は減少)                                  △ 286             △ 274
      受取利息及び受取配当金                                   △ 62             △ 54
      支払利息                                    65              67
      固定資産除売却損益(△は益)                                    10              12
      投資有価証券売却及び評価損益(△は益)                                   △ 3              -
      工事負担金収入                                    -             △ 30
      受取補償金                                  △ 100               -
      売上債権の増減額(△は増加)                                  1,009               114
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  4,325              3,295
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 2,916             △ 1,710
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                    15             △ 44
                                           8             480
      その他
      小計                                  5,724              5,964
      利息及び配当金の受取額
                                          62              50
      利息の支払額                                   △ 65             △ 67
      補償金の受取額                                    51              -
                                         △ 15             △ 493
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  5,757              5,453
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の増減額(△は増加)                                    -              52
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 4,119             △ 4,709
      投資有価証券の売却による収入                                    ▶              -
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                          -              318
      る収入
      預り保証金の返還による支出                                  △ 484               -
                                         △ 178              △ 15
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 4,778             △ 4,354
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -            △ 1,553
      長期借入金の返済による支出                                  △ 448            △ 1,715
      リース債務の返済による支出                                  △ 232             △ 208
      配当金の支払額                                  △ 529             △ 529
      非支配株主への配当金の支払額                                   △ 50             △ 54
                                         △ 32             △ 433
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,292             △ 4,494
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 314            △ 3,395
     現金及び現金同等物の期首残高                                   10,233              10,179
                                       ※1  9,919            ※1  6,784
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/23




                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

       (連結の範囲の重要な変更)
        当第2四半期連結会計期間において、GTNET株式会社の一部株式を取得し、連結の範囲に含めておりま
       す。
      (四半期連結貸借対照表関係)

      
       日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。
                               前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (2019年3月31日)                (2019年9月30日)
     受取手形                                  7百万円                   -
      2.当社グループは、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行9行と当座貸越契約を締結しております。こ

       れらの契約に基づく借入未実行残高等は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (2019年3月31日)                (2019年9月30日)
     当座貸越極度額の総額                                10,700百万円                10,700百万円
     借入実行残高                                     -                -
       差引額                                10,700百万円                10,700百万円
      (四半期連結損益計算書関係)

      ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                              (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                               至   2018年9月30日)              至   2019年9月30日)
     販売諸掛                                1,389   百万円              1,324   百万円
     給料手当及び賞与                                4,632   百万円              4,684   百万円
     賞与引当金繰入額                                 623  百万円               730  百万円
     退職給付費用                                 122  百万円               132  百万円
     賃借料及び設備費                                2,461   百万円              2,532   百万円
      

       取補償金」は、当社連結子会社(自動車関連事業)の事業所の収用に係る移転補償金であります。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      
       おりであります。
                             前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                              (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                               至   2018年9月30日)              至   2019年9月30日)
     現金及び預金                                9,919百万円                6,834百万円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                     -            △50百万円
     現金及び現金同等物                                9,919百万円                6,784百万円
                                 16/23




                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)
      1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2018年6月19日
              普通株式           532       8.00    2018年3月31日         2018年6月20日         利益剰余金
     定時株主総会
     (注) 2018年6月19日定時株主総会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(ESOP)」制度において設定
        した信託が保有する当社株式に対する配当金2百万円が含まれております。
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
     Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

      1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2019年6月21日
              普通株式           532       8.00    2019年3月31日         2019年6月24日         利益剰余金
     定時株主総会
     (注) 2019年6月21日定時株主総会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(ESOP)」制度において設定
        した信託が保有する当社株式に対する配当金1百万円が含まれております。
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
                                 17/23












                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                             その他 (注)          合計
                     自 動 車       情報システ
                                       計
                     関連事業       ム関連事業
     売上高
      外部顧客への売上高                   71,191         3,506       74,698          173      74,872
      セグメント間の
                          1       193        194         -       194
      内部売上高又は振替高
           計             71,193         3,699       74,893          173      75,067
     セグメント利益                    2,188         266       2,454          68      2,522
     (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産事業であります。
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内

       容(差異調整に関する事項)
                                                   (単位:百万円)
                利  益                            金  額
     報告セグメント計                                                    2,454
     「その他」の区分の利益                                                     68
     全社費用     (注)
                                                        △430
     四半期連結損益計算書の営業利益                                                    2,092
     (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の管理部門に係るものであります。
     Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                             その他 (注)          合計
                     自 動 車       情報システ
                                       計
                     関連事業       ム関連事業
     売上高
      外部顧客への売上高                   72,184         3,925       76,109          165      76,274
      セグメント間の
                          2       331        334         -       334
      内部売上高又は振替高
           計             72,187         4,256       76,443          165      76,608
     セグメント利益                    2,476         254       2,731          67      2,799
     (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産事業であります。
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内

       容(差異調整に関する事項)
                                                   (単位:百万円)
                利  益                            金  額
     報告セグメント計                                                    2,731
     「その他」の区分の利益                                                     67
     全社費用     (注)
                                                        △443
     四半期連結損益計算書の営業利益                                                    2,355
     (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の管理部門に係るものであります。
                                 18/23



                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      (企業結合等関係)
       取得による企業結合
       当社は、2019年6月17日開催の取締役会決議に基づき、GTNET株式会社との間で2019年6月21日付で資本提
      携契約を締結後、2019年7月22日付で同社株式を取得し、子会社化しております。
     1.企業結合の概要
      (1)  被取得企業の名称及びその事業の内容
        被取得企業の名称  GTNET株式会社
        事業の内容     自動車整備およびインターネットを活用した中古車の買取・販売
      (2)  企業結合を行った主な理由
        当社グループでは、当年度よりスタートした中期経営計画「次の東京へ、お客さまと共に。」のもと、提案型
       営業による付加価値販売の強化、新たな販売スタイルと新商品の開発、M&Aによる規模の拡大を推進し、持続
       的なグループ全体の成長を目指しております。
        GTNET株式会社は、スポーツタイプの車両を中心とした中古車販売事業および自動車整備事業を全国14事
       業所において展開しております。
        当社グループとGTNET株式会社は、ともに自動車関連事業が主軸であることから親和性も高く、ベストプ
       ラクティスを共有するなどシナジーの最大化を図ることで両社の企業価値向上につながるものと考え、資本業務
       提携を行うことといたしました。
      (3)  企業結合日
        2019年7月22日
      (4)  企業結合の法的形式
        株式取得
      (5)  結合後企業の名称
        変更はありません。
      (6)  取得した議決権比率
        51%
      (7)  取得企業を決定するに至った主な根拠
        当社が現金を対価として株式を取得したことによるものであります。
     2.連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

       2019年7月1日(みなし取得日)から2019年9月30日まで
     3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

       取得の対価         現金       194百万円
       取得原価                194百万円
     4.発生した負ののれん発生益の金額及び発生原因

      (1)  発生した負ののれん発生益の金額
        3百万円
      (2)  発生原因
        企業結合時の時価純資産額が取得原価を上回ったため、当該差額を負ののれん発生益として認識しておりま
       す。なお、発生した負ののれん発生益は少額なため、営業外収益の「雑収入」に含めて表示しております。
                                 19/23





                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                項目                 (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2018年9月30日)                至 2019年9月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                   20.27円               20.91円
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額 (百万円)                                   1,344               1,388

      普通株主に帰属しない金額 (百万円)                                     -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         1,344               1,388
      四半期純利益金額 (百万円)
      普通株式の期中平均株式数 (千株)                                   66,347               66,391
     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.株主資本において自己株式に計上されている「株式給付信託(ESOP)」に残存する自社の株式は、1株
          当たり四半期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
          なお、1株当たり四半期純利益金額の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は、前第2四半期連
          結累計期間232千株、当第2四半期連結累計期間187千株であります。
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 20/23













                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年11月12日

    日産東京販売ホールディングス株式会社
     取締役会      御中
                        アーク有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                          徳  永             剛
                                   公認会計士                     ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                          村  瀬          征  雄
                                   公認会計士                     ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日産東京販売

    ホールディングス株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019
    年7月1日から2019年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年9月30日まで)に係る
    四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期
    連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日産東京販売ホールディングス株式会社及び連結子会社の2019年
    9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状
    況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。