株式会社ギガプライズ 四半期報告書 第24期第2四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第24期第2四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社ギガプライズ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年11月8日
      【四半期会計期間】                    第24期第2四半期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)
      【会社名】                    株式会社ギガプライズ
      【英訳名】                    GIGA   PRIZE   CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  梁瀬 泰孝
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区円山町3番6号
      【電話番号】                    03-5459-8400
      【事務連絡者氏名】                    取締役  植田 健吾
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区円山町3番6号
      【電話番号】                    03-5459-8400
      【事務連絡者氏名】                    取締役  植田 健吾
      【縦覧に供する場所】                    株式会社名古屋証券取引所
                         (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                  1/22













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第23期           第24期
               回次               第2四半期           第2四半期            第23期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2018年4月1日           自 2019年4月1日           自 2018年4月1日

              会計期間
                           至 2018年9月30日           至 2019年9月30日           至 2019年3月31日
                      (千円)           4,318,208           6,565,393           10,921,517
     売上高
                      (千円)            177,448           626,219          1,259,820
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)             7,569          365,038           684,315
     期)純利益
                      (千円)             6,612          365,038           685,643
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           1,552,094           2,540,464           2,228,125
     純資産額
                      (千円)           5,075,084           8,375,335           7,921,569
     総資産額
                      (円)             1.01           48.55           91.02
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             30.6           30.3           28.1
     自己資本比率
     営業活動による
                      (千円)            130,314           463,187           647,006
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)           △ 91,821          △ 99,327          △ 150,366
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)           △ 343,258          △ 519,096           231,869
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,684,042           2,562,082           2,717,318
     (期末)残高
                               第23期           第24期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 2018年7月1日           自 2019年7月1日
              会計期間
                           至 2018年9月30日           至 2019年9月30日
                                   9.60           39.02
     1株当たり四半期純利益                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移につきましては記
           載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益につきましては、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         4.当社は2018年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。これに伴い、前連
           結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益を算定しておりま
           す。
                                  2/22





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間におきまして、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容に重要な変
       更はありません。また、主要な関係会社に異動はありません。
        なお、当第2四半期連結会計期間より報告                     セグメント     の区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況 
       1 四半期連結財務諸表 注記事項(                  セグメント     情報等)」に記載のとおりであります。
                                  3/22



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間に              おきましては      、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項の
       うち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した事業
       等のリスクについての重要な変更はありません。なお、重要事象等は存在しておりません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1) 財政状態及び経営成績の状況
        ① 経営成績の分析
         当第2四半期連結累計期間のわが国経済は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、
        緩やかな回復基調で推移いたしましたが、米中貿易摩擦の深刻化、海外経済の動向と政策に関する不確実性、原
        油価格の上昇や金融資本市場の変動の影響が懸念され、先行き不透明な状況が続いております。
         当社グループが主にサービスを提供する賃貸住宅市場につきましては、新設住宅の着工戸数は縮小傾向にあっ
        たものの、既存物件のリノベーション、リフォームや建替え等の需要拡大を背景に、利便性が高く、安心・快適
        な賃貸住宅の需要は引き続き底堅く推移いたしました。
         不動産業界全体におきましても、不動産Techへの関心度は引き続き高く、業務の効率化と労働生産性を上げる
        ためのテクノロジー導入が必須要件となってきており、効率的で透明性の高い不動産業界への変化が求められて
        おります。また、多様化する生活スタイルに合った各種IoT機器や、AI、VRを活用した不動産仲介等、新たなサー
        ビスの需要は更に拡大することが見込まれております。
         このような状況の下、当社グループは、「不動産Techのリーディングカンパニーへ」というビジョンの実現に
        向けて、主力事業である集合住宅向けISP(※1)事業を中心に事業の拡大を図るとともに、IoT関連、不動産仲
        介及び社宅管理代行サービス等の拡大に向けて取り組んでまいりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間における経営成績は、売上高                                 6,565,393千円       (前年同期比      52.0%増    )、
        経常利益626,219千円(前年同期比252.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益365,038千円(前年同期は
        7,569千円)となりました。
         セグメント別の状況は次のとおりであります。なお、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事

        項(セグメント情報等)」に記載のとおり、当第2四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分変更を行っ
        ております。以下の前年同期比較に                 つきましては、       前年同期の数値を変更後のセグメントに組み替えた数値で比
        較しております。
        HomeIT事業

         集合住宅向けISP事業につきましては、集合住宅向けISPサービスの提供戸数拡大に向けて、大手顧客からの安
        定的な受注と分譲マンション向け及び小規模賃貸集合住宅向けサービスの新規獲得に注力いたしました。加え
        て、今後、インターネット接続サービスの更なる需要が見込める既存物件市場でのシェア拡大に向けて、世界初
        の集合住宅向けISP新サービス「SPES(※2)」の開発を進めてまいりました。
         以上の結果、当第2四半期連結会計期間末における集合住宅向けISPサービスの提供戸数は、                                            前連結会計年度末
        425,950戸に比べ18.3%増の503,979戸となりました。
         ネットワークサービス事業につきましては、MSP(※3)サービスやホスティングサービスにおいて、継続的な
        顧客との取引により、堅調に推移いたしました。また、システム開発事業につきましても、「FutureVision®
        Plus」の拡販及び既存顧客のフォローアップに注力いたしました。
         IoT関連サービス事業につきましては、当社ビジョンの実現のため、IoTやVR等の領域に属する資本業務提携先
        との更なる協力体制の強化を図り、IoT関連サービスの更なる普及や新たな商材の開発に向けた取組みを推進して
        まいりました。
         以上の結果、売上高は6,114,080千円(前年同期比53.9%増)となり、集合住宅向けISP事業拡大に向けた体制
        強化に伴う人件費の増加等による販売費及び一般管理費の増加があったものの、セグメント利益は1,513,728千円
        (前年同期比54.0%増)となりました。
                                  4/22




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
        不動産事業
         不動産事業につきましては、集合住宅向けISP事業に次ぐ柱とすべく、連結子会社である株式会社フォーメン
        バーズが直接運営する「イオンハウジング」フランチャイズ店舗の体制強化等、企業体質及び業績改善に向けた
        取組みを継続してまいりました。ま                 た、AHN(※4)事業につきましては、                  第1四半期     連結会計期間末の23店舗に
        加え、2019年8月に「イオンハウジング                   イオンモール福津店」をオープンし、イオンハウジングが展開する店舗
        数は、24店舗(イオンモール直営店舗:5店舗、フォーメンバーズ運営店舗:8店舗、AHN加盟店舗:11店舗)ま
        で拡大いたしました。
         また、前連結会計年度より開始した社宅管理代行事業につきましては、イオンモール株式会社をはじめとする
        イオングループの社宅管理代行サービスの取扱い件数の拡大に向けた体制構築を進めるとともに、2019年8月に
        はイオンモール幕張新都心店に「イオンハウジング                        VR住宅展示場       イオンモール幕張新都心店」をオープンし、
        新たな市場への展開を開始いたしました。
         以上の結果、売上高は446,521千円(前年同期比32.9%増)となり、セグメント損失は227,951千円(前年同期
        はセグメント損失247,077千円)となりました。
        その他

         その他の事業につきましては、               人材派遣により、        売上高は4,895千円(前年同期比42.2%減)となり、セグメン
        ト利益は974千円(前年同期比48.2%減)となりました。
        ※1  ISP  :Internet      Service    Provider     の略。公衆通信回線等を経由して契約者にインターネットへの接続を提供

             する事業者
        㯿  SPES:Single-Pair         Ethernet     Serviceの略(略称:エスピーイーズ)。既存物件へのISPサービス導入に関す
             る課題解決を目的として、当社、NECネッツエスアイ株式会社及び                              Broadcom     Inc.  との連携で開発した、
             既存電話線を用いてインターネット接続が可能となる世界初の集合住宅向けISPサービス
        㯿  MSP  :Managed     Service    Provider     の略。顧客の利用するコンピュータやネットワーク等のITシステムの運用
             や監視、保守等を行い、利用可能な状態に維持するサービスを提供する事業者
        ※4  AHN  :Aeon    Housing    Network    の略。イオンハウジングにおけるネットワーク店舗の呼称
        ② 財政状態の分析

        (a)資産、負債及び純資産の状況
          当第2四半期連結会計期間末の資産合計につきましては、未払法人税等の支払等により現金及び預金154,935
         千円の減少があったものの、             売上債権338,008千円、リース資産119,145千円等の増加により、                              前連結会計年度
         末に比べ453,765千円増加となり、8,375,335千円となりました。
          負債合計につきましては、長期借入金の減少166,746千円                           等があったものの        、リース債務の増加256,370千円
         や支払手形及び買掛金の増加124,300千円等により前連結会計年度末に比べ141,426千円増加となり、5,834,870
         千円となりました。
          純資産合計につきましては、配当金の支払52,630千円等により利益剰余金が減少したものの、親会社株主に
         帰属する四半期純利益365,038千円を計上したことにより、2,540,464千円となり、自己資本比率は30.3%                                                ( 前
         連結会計年度末は28.1          %)  となりました。
        (b)資金の源泉

          当第2四半期連結累計期間末の現金及び現金同等物は、                           総資産   合計の30.6%を占める2,562,082千円であり、
         将来の予想可能な運転資金及び資本的支出等の資金需要に対して十分な財源が存在すると考えております。
                                  5/22






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
       (2) キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結         累計期間    末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ155,235千円減少し、
        2,562,082千円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は、次のとおりでありま
        す。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結         累計期間    におきまして、営業活動の結果獲得した資金は                      、463,187千円(前年同四半期は
        130,314千円の獲得)となりました。これは主に、売上債権の増加338,007千円による減少があったものの、税金
        等調整前四半期純利益625,228千円、減価償却費332,201千円、仕入債務124,300千円                                       の増加   によるものでありま
        す 。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結         累計期間    におきまして      、投資活動の結果使用した資金は、99,327千円(前年同四半期は
        91,821千円の使用)となりました。これは主に、貸付金の回収による収入25,933千円があったものの、有形固定
        資産及   び無形固定資産の取得による支出72,231千円、保証金の差入による支出62,882千円                                      によるものでありま
        す 。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結         累計期間    におきまして、財務活動の結果使用した資金は、519,096千円(前年同四半期は
        343,258千円の使用)となりました。これは主に、リース債務の返済による支出195,387千円、長期借入金の返済
        による支出166,746千円、社債の償還による支出100,000千円                            によるものであります          。
       (3) 経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結会計期間におきまして、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等に重要な変更は                                                   あ
        りません。
       (4) 事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結会計期間におきまして、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及
        び新たに生じた課題はありません。
       (5) 研究開発活動

         該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間におきまして、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/22








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       31,039,200
                 普通株式
                                                       31,039,200
                  計
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (2019年11月8日)
               (2019年9月30日)                        取引業協会名
                                        名古屋証券取引所
                                                   単元株式数は100株
                     8,539,200            8,539,200
       普通株式
                                        (セントレックス)
                                                   であります。
                     8,539,200            8,539,200           -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
         年月日
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     2019年7月1日~
                       -    8,539,200           -     195,310          -     115,505
     2019年9月30日
                                  7/22








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2019年9月30日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                     株式数の割合
                                                      (%)
                                              4,386,000           58.34

     フリービット株式会社                  東京都渋谷区円山町3番6号
                                               412,900           5.49
     南角 光彦                  福岡県福岡市博多区
                                               385,500           5.13
     中谷 宅雄                  大阪府松原市
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                        186,000           2.47
     株式会社(信託口)
                                               128,000           1.70
     松井証券株式会社                  東京都千代田区麹町1丁目4番地
                                                85,100          1.13
     今給黎 孝                  東京都中央区
     KBL  EPB  S.A.   107704
                       43  BOULEVARD     ROYAL   L-2955    LUXEMBOURG
     (常任代理人:株式会社みずほ銀行                                          78,400          1.04
                       (東京都港区港南2丁目15-1)
     決済営業部)
                       25  CABOT   SQUARE,    CANARY    WHARF,LONDON
     MSIP   CLIENT    SECURITIES
                       E14  4QA  U.K.
     (常任代理人:モルガン・スタン
                                                74,600          0.99
                       (東京都千代田区大手町1丁目9-7 
     レーMUFG証券株式会社 証券管理
                       大手町フィナンシャルシティサウスタ
     部)
                       ワー)
                                                71,300          0.95
     梁瀬 泰孝                  東京都港区
                                                50,300          0.67
     佐藤 寿洋                  東京都杉並区
                                -              5,858,100           77.91
             計
       (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年9月30日現在
                       株式数(株)           議決権の数(個)
           区分                                        内容
                               -            -         -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                          -            -         -
     議決権制限株式(その他)                          -            -         -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                      -         -
                           1,020,600
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                      7,518,100              75,181           -
                     普通株式
                               500             -         -
     単元未満株式               普通株式
                           8,539,200                -         -
     発行済株式総数
                               -          75,181           -
     総株主の議決権
                                  8/22





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
        ②【自己株式等】
                                                   2019年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                    対する所有株式数
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都渋谷区円山町
                                1,020,600           -    1,020,600           11.95
                  3番6号
     株式会社ギガプライズ
                       -         1,020,600           -    1,020,600           11.95
          計
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       役職の異動

            新役職名                  旧役職名               氏名        異動年月日
      代表取締役社長

                         代表取締役社長                  梁瀬 泰孝        2019年8月1日
      情報システム部、関連事業本部管掌
      専務取締役                   専務取締役

      施工管理本部、ITソリューション                   経営企画室、情報システム部、                  佐藤 寿洋        2019年8月1日
      事業本部管掌                   管理本部管掌
                         取締役 常務執行役員

      取締役                   施工管理本部本部長
                                           植田 健吾        2019年8月1日
      経営企画室、管理部門管掌                   ITソリューション事業部本部長、
                         ITソリューション事業部管掌
                                  9/22












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
       第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019
       年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表につきまして、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 10/22

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,718,818              2,563,882
         現金及び預金
                                       2,107,697              2,445,705
         受取手形及び売掛金
                                         43,958              35,789
         商品及び製品
                                        250,668              169,189
         仕掛品
                                        133,234              245,584
         原材料及び貯蔵品
                                        215,186              160,137
         その他
                                        △ 3,023             △ 2,843
         貸倒引当金
                                       5,466,539              5,617,443
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          リース資産(純額)                             1,364,080              1,483,225
                                        168,983              193,082
          その他(純額)
          有形固定資産合計                             1,533,064              1,676,308
         無形固定資産
                                        227,661              190,759
          のれん
                                        100,979              135,001
          その他
                                        328,641              325,761
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        247,638              247,191
          投資有価証券
                                        348,093              516,822
          その他
                                        △ 25,142             △ 28,233
          貸倒引当金
                                        570,589              735,781
          投資その他の資産合計
                                       2,432,294              2,737,851
         固定資産合計
       繰延資産
                                         22,735              20,040
         社債発行費
                                         22,735              20,040
         繰延資産合計
                                       7,921,569              8,375,335
       資産合計
                                 11/22










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        681,667              805,967
         支払手形及び買掛金
                                        100,000              100,000
         短期借入金
                                        200,000              200,000
         1年内償還予定の社債
                                        288,790              225,488
         1年内返済予定の長期借入金
                                        348,761              430,542
         リース債務
                                        203,920              188,373
         未払金
                                        492,639              403,855
         未払法人税等
                                         13,700              25,649
         賞与引当金
                                        241,045              327,819
         その他
                                       2,570,525              2,707,695
         流動負債合計
       固定負債
                                        900,000              800,000
         社債
                                        730,053              626,609
         長期借入金
                                       1,340,997              1,515,587
         リース債務
                                         48,736              57,141
         役員退職慰労引当金
                                         31,333              34,466
         退職給付に係る負債
                                         31,784              47,577
         資産除去債務
                                         40,015              45,793
         その他
                                       3,122,919              3,127,175
         固定負債合計
                                       5,693,444              5,834,870
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        195,310              195,310
         資本金
                                        114,789              114,789
         資本剰余金
                                       2,108,407              2,420,815
         利益剰余金
                                       △ 190,382             △ 190,451
         自己株式
                                       2,228,125              2,540,464
         株主資本合計
                                       2,228,125              2,540,464
       純資産合計
                                       7,921,569              8,375,335
      負債純資産合計
                                 12/22









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
                                       4,318,208              6,565,393
      売上高
                                       2,918,863              4,567,536
      売上原価
                                       1,399,345              1,997,856
      売上総利益
                                       ※ 1,211,937              ※ 1,343,535
      販売費及び一般管理費
                                        187,407              654,320
      営業利益
      営業外収益
                                           304              373
       受取利息
                                         2,200              2,280
       助成金収入
                                         2,690              5,227
       違約金収入
                                         5,622                -
       貸倒引当金戻入額
                                           250              741
       その他
                                         11,068               8,623
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         9,859              23,314
       支払利息
                                         8,745              9,820
       解約手数料
                                         1,881              2,694
       社債発行費償却
                                           540              895
       その他
                                         21,027              36,724
       営業外費用合計
                                        177,448              626,219
      経常利益
      特別利益
                                           308              196
       投資有価証券売却益
                                           308              196
       特別利益合計
      特別損失
                                         2,950                -
       減損損失
                                           36              -
       固定資産売却損
                                           686             1,186
       固定資産除却損
                                         3,673              1,186
       特別損失合計
                                        174,083              625,228
      税金等調整前四半期純利益
                                        141,277              381,095
      法人税、住民税及び事業税
                                         26,194             △ 120,905
      法人税等調整額
                                        167,471              260,189
      法人税等合計
                                         6,612             365,038
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 956               -
                                         7,569             365,038
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/22







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
                                         6,612             365,038
      四半期純利益
                                         6,612             365,038
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         7,569             365,038
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         △ 956               -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/22

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        174,083              625,228
       税金等調整前四半期純利益
                                        150,020              332,201
       減価償却費
                                         2,950                -
       減損損失
                                         35,651              36,901
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 5,431              2,910
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  40,498               8,405
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  5,707              11,948
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  2,813              3,133
                                         △ 305             △ 374
       受取利息及び受取配当金
                                         9,859              23,314
       支払利息及び社債利息
                                         1,881              2,694
       社債発行費償却
       有形固定資産売却損益(△は益)                                    36              -
                                           686             1,186
       有形固定資産除却損
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 308             △ 196
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 185,464             △ 338,007
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 125,123              △ 22,700
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 170,875              124,300
       未払金の増減額(△は減少)                                  28,698             △ 22,658
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 4,419             △ 11,792
                                         48,786              186,285
       その他
                                        351,497              962,780
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   610              374
                                        △ 10,061             △ 22,069
       利息の支払額
                                       △ 211,731             △ 477,898
       法人税等の支払額
                                        130,314              463,187
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 24,605             △ 23,605
       有形固定資産の取得による支出
                                           290               -
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 22,210             △ 48,626
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 50,739               △ 466
       投資有価証券の取得による支出
                                         2,135               662
       投資有価証券の売却による収入
                                         13,040              25,933
       貸付金の回収による収入
                                           48             9,657
       保証金の回収による収入
       保証金の差入による支出                                 △ 19,775             △ 62,882
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                         9,995                -
       収入
                                        △ 91,821             △ 99,327
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 14,676                -
                                       △ 116,205             △ 166,746
       長期借入金の返済による支出
                                           -             △ 69
       自己株式の取得による支出
                                       △ 100,000             △ 100,000
       社債の償還による支出
                                        △ 39,958             △ 52,281
       配当金の支払額
                                        △ 68,182             △ 195,387
       リース債務の返済による支出
                                        △ 4,234             △ 4,612
       割賦債務の返済による支出
                                       △ 343,258             △ 519,096
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 304,765             △ 155,235
                                       1,988,807              2,717,318
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,684,042              ※ 2,562,082
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/22



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結損益計算書関係)
         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                             (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                             至 2018年9月30日)                    至 2019年9月30日)
     給与手当                               366,576    千円              392,622    千円
     賞与引当金繰入額                                11,278   千円              21,336   千円
     貸倒引当金繰入額                                  806  千円               2,868   千円
     役員退職慰労引当金繰入額                                40,498   千円               8,405   千円
     退職給付費用                                2,824   千円               3,123   千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次の
          とおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                              至 2018年9月30日)                  至 2019年9月30日)
     現金及び預金                              1,684,042千円                  2,563,882千円
                                         -
     預入期間が3カ月を超える定期預金                                                 △1,800千円
     現金及び現金同等物                              1,684,042千円                  2,562,082千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)
         1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                              配当額
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
     2018年5月14日
                         40,099         16
                普通株式                    2018年3月31日         2018年6月11日         利益剰余金
     取締役会
      (注)当社は2018年7月1日付で普通株式1株につき3株の                            割合で   株式分割を行っておりますが、1株当たり配当額は
         当該株式分割前の実際の配当金の額を記載しております。
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

         1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                              配当額
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
     2019年5月14日
                         52,630         7
                普通株式                    2019年3月31日         2019年6月10日         利益剰余金
     取締役会
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 16/22




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         (セグメント情報)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
            前第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                        報告セグメント
                                      その他           調整額      損益計算書
                                            合計
                                     (注)1           (注)2       計上額
                   HomeIT事業      不動産事業        計
                                                       (注)3
     売上高
                    3,973,817       335,923     4,309,740        8,468    4,318,208         -    4,318,208
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                       -      -      -      -      -      -       -
      又は振替高
                    3,973,817       335,923     4,309,740        8,468    4,318,208         -    4,318,208
           計
     セグメント利益又は
                     982,841     △ 247,077      735,764       1,880     737,644     △ 550,237       187,407
     セグメント損失(△)
       (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、派遣事業であります。
          2.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額△550,237千円は、各報告セグメントに配分していな
            い全社費用であり、内容は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っておりま
            す。
            当第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                        報告セグメント
                                      その他           調整額      損益計算書
                                            合計
                                     (注)1           (注)2       計上額
                   HomeIT事業      不動産事業        計
                                                       (注)3
     売上高
                    6,114,080       446,417     6,560,497        4,895    6,565,393         -    6,565,393
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                       -     104      104      -     104     △ 104        -
      又は振替高
                    6,114,080       446,521     6,560,601        4,895    6,565,497        △ 104    6,565,393
           計
     セグメント利益又は
                    1,513,728      △ 227,951     1,285,777         974   1,286,751      △ 632,431       654,320
     セグメント損失(△)
       (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、派遣事業であります。
          2.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額△632,431千円は、各報告セグメントに配分していな
            い全社費用であり、内容は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っておりま
            す。
         2.      報告セグメントの変更等に関する事項

           当社は、グループ全体の位置づけとして不動産事業をより一層推進していくことを決定し、2019年8月1日
          付で組織変更を行いました。これに伴い、各事業間の経営資源の配分に関する意思決定を適切に行う経営管理
          体制を再構築したことから、当第2四半期連結会計期間より、従来の「その他」の区分に含めていた不動産賃
          貸事業・社宅管理代行事業を「不動産事業」セグメントに含めて開示する方法に変更しております。
           これに伴い、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、当第2四半期連結累計期間のセグメント区分
          に基づき組替えたものを開示しております。
                                 17/22




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                項目
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     1株当たり四半期純利益                                   1円01銭               48円55銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                   7,569              365,038

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                          7,569              365,038
      益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 7,518,609               7,518,593
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益につきましては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.当社は2018年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。これに伴い、前連
           結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益を算定しております。
        (重要な後発事象)

         (重要な設備投資)
         1.設備投資の目的
           当社は、2019年10月15日開催の取締役会において、共同住宅として使用するために土地及び建物の取得を決
          議いたしました。
           当社は、既存サービスの付加価値向上を図り、AIやIoTをはじめとするIT技術の進歩に適合するISP事業の新
          商材・サービスに関する研究開発を行う必要があります。そこで、自社で共同住宅1棟を所有することによ
          り、ISP事業の新商材・サービスの検証環境として利用することができ、また、必要に応じて賃貸資産として
          活用することも可能となることから、土地及び建物を共同住宅として取得することといたしました。
         2.設備投資の内容

          (1)所在地   中野区弥生町3丁目
          (2)敷地面積  約167㎡
          (3)建築面積  約98㎡
          (4)投資予定額 約265,397千円
          (5)着工予定日 2019年12月
          (6)完成予定日 2020年3月~4月
         3.支払資金の調達方法及び支払方法

           自己資金により充当
         4.当該設備が営業、生産活動に及ぼす重要な影響

           2020年3月期の業績に与える影響は軽微であります。
                                 18/22






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
         (株式分割)
          当社は、2019年11月8日開催の取締役会において、株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更を行うことに
         ついて決議いたしました。
         1.株式分割の目的

           株式分割の実施により、当社株式の投資単位当たりの金額を引き下げ、投資家層の拡大及び流動性の向上を
          図ることを目的といたします。
         2.株式分割の概要

          (1)分割の方法
           2019年12月31日(火曜日)(ただし、同日は株主名簿管理人の休業日につき、実質的には2019年12月30日
          (月曜日))を基準日として、同日最終の株主名簿に記録された株主の所有普通株式1株につき、2株の
          割合をもって分割いたします。
          (2)分割により増加する株式数
           株式分割前の発行済株式総数           8,539,200株
           株式分割により増加する株式数          8,539,200株
           株式分割後の発行済株式総数                                    17,078,400株
           株式分割後の発行可能株式総数                                   62,078,400株
          (3)分割の日程
           基準日公告日    2019年12月16日
           基準日       2019年12月31日
           効力発生日     2020年1月1日
          (4)1株当たり情報に及ぼす影響
           当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり情報は、以下のとおりで
          あります。
                             前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                               至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
             1株当たり四半期純利益                          0.50円                24.28円

               潜在株式調整後

                                        -                 -
             1株当たり四半期純利益
         3.株式分割に伴う定款の一部変更

          (1)  変更の理由
           今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づく取締役会決議により、2020年1月1日
          (水曜日)をもって当社定款第6条に定める発行可能株式総数を変更いたします。
          (2)  変更の内容
                                                (下線部分は変更箇所)
                     現行定款                          変更後
           (発行可能株式総数)                         (発行可能株式総数)

           第6条 当会社の発行可能株式総数は                         第6条 当会社の発行可能株式総数は
               31,039,200株      とする。                   62,078,400株      とする。
          (3)  定款変更の日程

           効力発生日    2020年1月1日(水曜日)
                                 19/22



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 20/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 21/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ギガプライズ(E05650)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年11月8日

     株式会社ギガプライズ
      取締役会 御中
                                有限責任監査法人トーマツ

                                指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                 三澤 幸之助        印
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                 平野 礼人        印
                                業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ギガプ

     ライズの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019年
     9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
     なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計
     算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ギガプライズ及び連結子会社の2019年9月30日現在の財政状
     態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していな
     いと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。