株式会社ビジョン 四半期報告書 第19期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第19期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社ビジョン

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年11月8日

    【四半期会計期間】               第19期第3四半期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)

    【会社名】               株式会社ビジョン

    【英訳名】               VISION    INC.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長兼CEO 佐野 健一

    【本店の所在の場所】               東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

    【電話番号】               03  (5325)    0344

    【事務連絡者氏名】               取締役    常務執行役員 CFO兼管理本部長 中本 新一

    【最寄りの連絡場所】               東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

    【電話番号】               03  (5325)    0344

    【事務連絡者氏名】               取締役    常務執行役員        CFO兼管理本部長 中本 新一

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/17









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第18期           第19期

             回次              第3四半期           第3四半期            第18期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自   2018年1月1日         自   2019年1月1日         自   2018年1月1日
            会計期間
                          至   2018年9月30日         至   2019年9月30日         至   2018年12月31日
     売上高                (千円)         15,817,102           20,547,349           21,503,668
     経常利益                (千円)          2,146,083           3,011,946           2,499,685

     親会社株主に帰属する
                     (千円)          1,432,511           1,986,739           1,529,476
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)          1,432,740           1,950,625           1,496,143
     純資産額                (千円)          9,739,785           10,640,419            9,803,086

     総資産額                (千円)         13,030,022           14,872,783           13,552,015

     1株当たり四半期(当期)
                     (円)            29.40           41.00           31.40
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                     (円)            28.71           39.61           30.67
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            74.6           71.4           72.2
                             第18期           第19期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                          自 2018年7月1日           自 2019年7月1日
            会計期間
                          至   2018年9月30日         至   2019年9月30日
     1株当たり四半期純利益                 (円)            12.81           18.99
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.  当社は2019年8月9日開催の取締役会決議に基づき、2019年10月1日付で普通株式1株につき3株の割合で
         株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期
         (当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
     な変更はありません。
      また、当第3四半期連結会計期間におきまして、株式会社プロドライバーズの株式を取得したため、連結の範囲に
     含めております。
                                  2/17






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

       当第3四半期連結累計期間における日本経済は、個人消費は持ち直し、雇用・所得環境の改善が続き、輸出を中
      心に弱さが残るものの緩やかに回復しておりますが、通商問題の動向や海外経済の不確実性、金融資本市場の変動
      の影響等に留意する必要があります。
       このような状況の中、当社グループは、「進化への挑戦~第2章~」のスローガンのもと、当社グループにしか
      できないビジネスモデルへの進化を目指し、長期的にお客様から当社グループを選んでいただける為の取り組みを
      強化してまいりました。
       セグメント別の経営成績は、次のとおりです。
       (グローバルWiFi事業)

       当第3四半期連結累計期間における旅行市場は、日本政府観光局(JNTO)によると日本人出国者数、訪日外
      国人数とも過去最高値を記録しております。日本人出国者数は前年度比プラスとなる推移が2018年3月以来19ヶ月
      連続で続き      、また訪日外国人数はそのうち訪日中国人数が初めて単月で100万人を超え(7月、8月)、ラグビー
      ワールドカップも追い風となるなど活況を呈しております。
       このような旅行市場を背景に順調に受注数が伸び、かつ新たに設定した通信容量無制限プランが好評でARPU
      が増加し、売上高・セグメント利益ともに前年同期実績を上回りました。
                                前年同期

                      当第3四半期
                                         増減率
                        実績
                                  実績
        グローバルWiFi事業
                       (百万円)        (百万円)         (%)
        売上高                  13,269         9,916         33.8
        セグメント利益                  2,870         1,918         49.6
       当事業におきましては、お客様の満足度を徹底的に追求し、様々なサービスを構築・研磨しておりますが、当第

      3四半期連結累計期間においては、クラウド対応スマートフォン型Wi-Fiルーター「GW01」のレンタル・
      OEM提供の開始、無人受取専用ロッカー「スマートピックアップ」の活用による無人店舗を新たにオープンする
      など、ユーザービリティの向上と差別化を図っております。
       また社内常備型モバイルWi-Fiルーター「グローバルWiFi                               for    Biz」は好評を博し、出荷数が増加
      いたしました。 
       (情報通信サービス事業)

       当事業では、新設法人・ベンチャー企業を主要ターゲットとし、企業の成長とニーズにあわせたクロスセル・
      アップセルを提案しております。更に、サポートサービス、メンテナンスサービスといった様々な継続サービスに
      加入いただくことで、より長期的な取引と安定的な成長を目指してまいりました。
       日本経済の緩やかな回復を背景に中小企業・小規模企業の業況は回復傾向にありますが、大企業に比べ仕入価格
      を販売価格に転嫁できず経常利益が伸び悩むといった課題を抱えております。また存続企業が付加価値を高める一
      方、廃業の多さで企業数が減少傾向にあります。これらのことから、後継者不足の経営者の事業や経営資源の引継
      ぎ、創業した企業が起動に乗るまでの支援などにより、小規模事業者層の付加価値額を伸ばしていく事が極めて重
      要となっております(出展:2019年度版中小企業白書・小規模企業白書(中小企業庁))。
                                  3/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
       当第3四半期連結累計期間においては、通信インフラ回線や、新電力取次の受注は伸び悩みましたが、複数商材
      のセット販売による1件あたり販売単価の増加、OA機器の設置工事やホームページ製作の内製化による収益性の
      向上等により、前年同期実績を上回る結果となりました。
                                前年同期

                      当第3四半期
                                         増減率
                        実績
                                  実績
        情報通信サービス事業
                       (百万円)        (百万円)         (%)
        売上高                  6,840        5,804         17.8
        セグメント利益                  1,174        1,006         16.7
       当事業におきましては、様々なニーズに対応する為に取扱商材やサービスを増やしておりますが、それによりマ

      ネタイズポイントも多様化し、価格競争力が増しております。当第3四半期連結累計期間におきましては、労務コ
      ンサルサービスの需要や、当社が開発した月額制のクラウド型ワークフローサービス「VWS」の契約件数が着実
      に増えてきております。
       このように取扱商材やサービスが増加しても、事業部間で緊密な連携を図ることで柔軟に対応し、営業機会を逃
      すことなく受注に繋げております。これは当社グループの各事業部が、それぞれの担当商材の販売と同時に、あま
      ねくとらえたニーズを他の専門部署に橋渡しすることで可能となっております。さらに、長年に渡りこれを評価す
      る体制を整えてきた結果、企業文化として根ざし、営業効率が格段に高まるまでに至ったことが、当社グループの
      強みであると考えております。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループの実績は売上高、営業利益、経常利益、親会社株

      主に帰属する四半期純利益いずれも前年同期を上回り、以下のとおりになっております。
                      当第3四半期         前年同期

                                         増減率
                        実績
                                  実績
                       (百万円)        (百万円)          (%)
        売上高                 20,547         15,817          29.9
        営業利益                  2,970         2,136         39.0
        経常利益                  3,011         2,146         40.3
        親会社株主に帰属する
                          1,986         1,432         38.7
        四半期純利益
       (将来への取り組みの強化)

       当社グループといたしましては、人口減少に伴う労働力の減少と採用コストの増加により、機会損失や採算性が
      低下する可能性があります。これに対し次のような取り組みを行うことで、生産性の向上に努めてまいります。
       ・最新技術を積極的に活用し、労働集約型からの脱却を図っております。前述の店舗スマート化戦略に加え、A
        I(BOT)を活用したコールセンターでの自動案内、バックヤード業務のロボット化(RPA)の推進等
        は、業務の効率化と生産性の向上につながっております。
       ・佐賀県佐賀市の当社コールセンターの敷地内に、企業主導型保育事業による「ビジョンキッズ保育園」を運営
        し、雇用環境を整えております。
      財政状態の分析

       (資産)
        当第3四半期連結会計期間末における資産合計は                       14,872百万円      (前連結会計年度末比          1,320百万円増       )となりまし
       た。
        流動資産は、      11,281百万円      (前連結会計年度末比          1,019百万円増       )となり、その主な要因は、現金及び預金が217
       百万円、受取手形及び売掛金が750百万円それぞれ増加したことによるものです。
        固定資産は、      3,590百万円      (前連結会計年度末比          301百万円増      )となり、その主な要因は、有形固定資産が303百万
       円増加したことによるものです。
                                  4/17




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
      (負債)

        当第3四半期連結会計期間末における負債合計は                        4,232百万円      (前連結会計年度末比          483百万円増      )となりまし
       た。
        流動負債は、      4,174百万円      (前連結会計年度末比          425百万円増      )となり、その主な要因は、支払手形及び買掛金が
       447百万円増加した一方で、未払法人税等が39百万円減少したことによるものです。
        固定負債は、      58百万円    (前連結会計年度末比          58百万円増     )となっております。
      (純資産)

        当第3四半期連結会計期間末における純資産は                      10,640百万円      (前連結会計年度末比          837百万円増      )となりました。
        その主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益を1,986百万円計上したことから利益剰余金が増加した一
       方で、自己株式の取得により1,120百万円減少したことによるものです。
     (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更及び新たに生じた課題
      はありません。
     (3)  研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/17













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     41,000,000

                 計                                   41,000,000

     (注)   2019年8月9日開催の取締役会決議により、2019年10月1日付で株式分割に伴う定款変更が行われ、発行可
       能株式総数は82,000,000株増加し、123,000,000株となっております。
      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末             提出日現在        上場金融商品取引所名

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)        又は登録認可金融商品                内容
               (2019年9月30日)           (2019年11月8日)            取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                              単元株式数は100株であ
       普通株式            16,342,400          49,027,200
                                              ります。
                                     (市場第一部)
        計          16,342,400          49,027,200           ―           ―
    (注)1.「提出日現在発行数」欄には、2019年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使によ
          り発行された株式数は含まれておりません。
       2.  2019年10月1日をもって1株を3株に分割し、これに伴い発行済株式総数が49,027,200株に増加してお
          ります。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2019年7月1日~
     2019年9月30日               5,400    16,342,400          1,371     2,363,734         1,371     2,181,732
     (注)1
    (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
       2.2019年10月1日をもって1株を3株に分割し、これに伴い発行済株式総数が49,027,200株に増加しており
          ます。
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2019年9月30日現在

           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     -           -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -             -

     議決権制限株式(その他)                     -           -             -

                     (自己保有株式)

     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                 -             -
                           346,300
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                  159,918           -
                          15,991,800
                     普通株式

     単元未満株式                                -             -
                            4,300
     発行済株式総数                     16,342,400           -             -

     総株主の議決権                     -             159,918           -

     (注)2019年10月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っておりますが、記載数値には当該株式

        分割を反映しておりません。
      ②  【自己株式等】

                                                  2019年9月30日現在
                                                     発行済株式
                               自己名義        他人名義       所有株式数
      所有者の氏名                                              総数に対する
                   所有者の住所            所有株式数        所有株式数         の合計
       又は名称                                              所有株式数
                                (株)        (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
               東京都新宿区西新宿6-5-1                  346,300       -        346,300         2.12
     株式会社ビジョン
         計             -           346,300       -        346,300         2.12
     (注)2019年10月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っておりますが、記載数値には当該株式分

        割を反映しておりません。
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                  7/17







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019年
     9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               7,563,234              7,780,919
        受取手形及び売掛金                               1,966,648              2,717,178
        商品                                74,575              88,934
        貯蔵品                                 3,006              2,008
        その他                                701,587              764,716
                                       △ 46,603             △ 71,899
        貸倒引当金
        流動資産合計                              10,262,447              11,281,857
      固定資産
        有形固定資産                               1,071,768              1,375,764
        無形固定資産                                676,523              674,425
        投資その他の資産
         その他                             1,583,757              1,584,829
                                       △ 42,480             △ 44,092
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,541,276              1,540,736
        固定資産合計                               3,289,568              3,590,926
      資産合計                                13,552,015              14,872,783
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                877,495             1,324,645
        未払法人税等                                598,616              559,024
        賞与引当金                                242,451              279,553
        短期解約返戻引当金                                63,976              38,385
                                       1,966,353              1,972,668
        その他
        流動負債合計                               3,748,893              4,174,277
      固定負債
                                          35            58,086
        その他
        固定負債合計                                  35            58,086
      負債合計                                3,748,929              4,232,364
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               2,360,330              2,363,734
        資本剰余金                               2,392,789              2,396,192
        利益剰余金                               5,317,015              7,303,754
                                       △ 311,010            △ 1,431,110
        自己株式
        株主資本合計                               9,759,123              10,632,570
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                △ 7,751             △ 9,337
        繰延ヘッジ損益                                 8,612               783
                                        21,757              △ 4,941
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                22,618             △ 13,494
      新株予約権                                  21,344              21,344
      純資産合計                                9,803,086              10,640,419
     負債純資産合計                                 13,552,015              14,872,783
                                  9/17




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     売上高                                 15,817,102              20,547,349
                                       6,418,456              8,576,441
     売上原価
     売上総利益                                  9,398,645              11,970,908
     販売費及び一般管理費                                  7,262,370              9,000,477
     営業利益                                  2,136,275              2,970,431
     営業外収益
      受取利息                                   444             1,086
      受取配当金                                  1,502              1,502
      為替差益                                  4,899                -
      助成金収入                                    -            67,145
                                         4,201              4,991
      その他
      営業外収益合計                                  11,047              74,725
     営業外費用
      支払利息                                   296             10,413
      自己株式取得費用                                   782             20,182
                                          160             2,613
      その他
      営業外費用合計                                  1,239              33,210
     経常利益                                  2,146,083              3,011,946
     特別利益
                                          -              462
      固定資産売却益
      特別利益合計                                    -              462
     特別損失
      固定資産売却損                                    67              -
      固定資産除却損                                   386             7,990
                                         9,669              78,433
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                  10,123              86,424
     税金等調整前四半期純利益                                  2,135,959              2,925,985
     法人税、住民税及び事業税
                                        708,913              934,702
                                        △ 1,465              4,543
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   707,448              939,246
     四半期純利益                                  1,428,511              1,986,739
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 4,000                -
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                  1,432,511              1,986,739
                                 10/17







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     四半期純利益                                  1,428,511              1,986,739
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  6,385             △ 1,586
      繰延ヘッジ損益                                  7,383             △ 7,828
                                        △ 9,540             △ 26,698
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                  4,228             △ 36,113
     四半期包括利益                                  1,432,740              1,950,625
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                1,436,740              1,950,625
      非支配株主に係る四半期包括利益                                 △ 4,000                -
                                 11/17















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (追加情報)
      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結会
      計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
      分に表示しております。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連
    結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は次のとおりであります。
                        前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                         (自    2018年1月1日             (自    2019年1月1日
                         至   2018年9月30日)             至   2019年9月30日)
     減価償却費                         617,774    千円            786,531    千円
     のれん償却額                          12,944   千円            21,332   千円
      (株主資本等関係)

       前第3四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)
     1.配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
       当第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)

     1.配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       当社は、2019年5月14日開催の取締役会決議に基づき、公開買付けの方法により自己株式243,500株の取得を行っ
      ております。この結果、当第3四半期連結累計期間において、自己株式が1,120,100千円増加し、当第3四半期連結
      会計期間末において自己株式が1,431,110千円となっております。
                                 12/17






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                  2018年1月1日         至   2018年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                    報告セグメント
                                   その他             調整額      損益計算書
                                          合計
                                  (注1)             (注2)
                                                       計上額
              グローバル       情報通信
                             計
                                                      (注3)
             WiFi事業       サービス事業
     売上高
      外部顧客への
               9,916,692       5,803,251      15,719,943         97,159     15,817,102           -  15,817,102
      売上高
      セグメント間 
                  -     1,537       1,537       2,322       3,859      △ 3,859        -
      の内部売上高
      又は振替高
        計       9,916,692       5,804,788      15,721,480         99,481     15,820,962        △ 3,859    15,817,102
     セグメント利益又
               1,918,668       1,006,228       2,924,897       △ 96,461     2,828,436       △ 692,160      2,136,275
     は損失(△)
     (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、カタログ販売事業、メディア事
          業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額             △692,160     千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告
          セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                  2019年1月1日         至   2019年9月30日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                    報告セグメント
                                   その他             調整額      損益計算書
                                          合計
                                  (注1)             (注2)
                                                       計上額
              グローバル       情報通信
                             計
                                                      (注3)
             WiFi事業       サービス事業
     売上高
      外部顧客への
              13,269,903       6,839,323      20,109,227        438,121     20,547,349           -  20,547,349
      売上高
      セグメント間 
                  -      714       714      5,169       5,883      △ 5,883        -
      の内部売上高
      又は振替高
        計      13,269,903       6,840,037      20,109,941        443,291     20,553,233        △ 5,883    20,547,349
     セグメント利益又
               2,870,829       1,174,633       4,045,462       △ 219,268      3,826,194       △ 855,762      2,970,431
     は損失(△)
     (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ハイヤーシェアリングサービス
          事業、メディア事業、カタログ販売事業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額             △855,762     千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告
          セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 13/17





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
      基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 (自    2018年1月1日            (自    2019年1月1日
                 項目
                                 至   2018年9月30日)            至   2019年9月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                    29円40銭              41円00銭
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                   1,432,511              1,986,739
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        1,432,511              1,986,739
     四半期純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                   48,723,199              48,459,528
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                    28円71銭              39円61銭
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                       -              -
     普通株式増加数(株)                                   1,167,820              1,697,999
                                              2017年11月13日取締役会決

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり                           2017年11月13日取締役会決
                                              議による新株予約権
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                           議による新株予約権
     会計年度末から重要な変動があったものの概要                           (普通株4,002,000株)
                                              (普通株式2,801,400株)
     (注) 当社は2019年8月9日開催の取締役会決議に基づき、2019年10月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株
        式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利
        益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算定しております。
      (重要な後発事象)

       (株式分割)
      当社は2019年8月9日開催の取締役会の決議に基づき、2019年10月1日付で株式分割を行っております。
     1   株式分割の目的

       株式分割の実施により投資単位当たりの金額を引き下げることにより、当社株式の流動性を高め、投資家層の拡
      大を図ることを目的としております。
     2   株式分割の概要

     (1)  分割の方法
       2019年9月30日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載された株主の所有普通株式1株につき、3株の割合
      をもって分割します。
     (2)  分割により増加する株式数

       株式分割前の発行済株式総数                      16,342,400株
       株式分割により増加する株式数                     32,684,800株
       株式分割後の発行済株式総数                      49,027,200株
       株式分割後の発行可能株式総数   123,000,000株
     (3)  効力発生日

       2019年10月1日
     (4)  1株当たり情報に及ぼす影響

       「注記事項(1株当たり情報)」に反映しております。
                                 14/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 15/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 16/17



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年11月8日

    株式会社ビジョン
     取締役会      御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       上野 直樹       印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       土屋 光輝       印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ビジョ

    ンの2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019年9月
    30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
    ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
    行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ビジョン及び連結子会社の2019年9月30日現在の財政状
    態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
    重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。