株式会社ブリヂストン 四半期報告書 第101期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第101期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)
提出日
提出者 株式会社ブリヂストン
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                  四半期報告書

      【根拠条文】                  金融商品取引法第24条の4の7第1項

      【提出先】                  関東財務局長

      【提出日】                  2019年11月8日

                        第101期第3四半期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)

      【四半期会計期間】
      【会社名】                  株式会社ブリヂストン

                        BRIDGESTONE       CORPORATION

      【英訳名】
                        代表執行役       CEO 兼 取締役会長  津 谷 正 明

      【代表者の役職氏名】
      【本店の所在の場所】                  東京都中央区京橋三丁目1番1号

                        03(6836)3162

      【電話番号】
                        連結決算部長            原 田 賢 也

      【事務連絡者氏名】
      【最寄りの連絡場所】                  東京都中央区京橋三丁目1番1号

                        03(6836)3162

      【電話番号】
                        連結決算部長            原 田 賢 也

      【事務連絡者氏名】
      【縦覧に供する場所】                  株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                        株式会社名古屋証券取引所

                         (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                        証券会員制法人福岡証券取引所

                         (福岡市中央区天神二丁目14番2号)

                                  1/21







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第100期           第101期
               回次               第3四半期           第3四半期            第100期
                              連結累計期間           連結累計期間
                             自  2018年1月1日         自  2019年1月1日         自  2018年1月1日

              会計期間
                             至  2018年9月30日         至  2019年9月30日         至  2018年12月31日
                                 2,674,192           2,635,391           3,650,111

     売上高                  百万円
                                  276,544           242,544           381,132
     経常利益                  百万円
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                                  219,464           205,403           291,642
                        百万円
     純利益
                                  195,342           140,625           162,160
     四半期包括利益又は包括利益                  百万円
                                 2,468,743           2,247,702           2,436,162
     純資産額                  百万円
                                 3,898,555           3,801,355           3,840,269
     総資産額                  百万円
                                   291.94           282.11           387.95
     1株当たり四半期(当期)純利益                   円
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                                   291.43           281.64           387.28
                         円
     (当期)純利益
                         %           61.9           57.7           61.9
     自己資本比率
                               第100期           第101期

               回次               第3四半期           第3四半期
                              連結会計期間           連結会計期間
                             自  2018年7月1日         自  2019年7月1日

              会計期間
                             至  2018年9月30日         至  2019年9月30日
                                   112.86           121.75

     1株当たり四半期純利益                    円
      (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移につきましては、
           記載しておりません。
        2 売上高は、消費税等抜きで表示しております。
        3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標
          等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/21








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社グループは、主としてタイヤ・チューブの製造及び販売、タイヤ関連用品の販売、リトレッド材料の製造及び
       販売・関連技術の供与、自動車整備・補修を行うタイヤ部門と、化工品、BSAM多角化、スポーツ用品、自転車、
       その他各種事業を行う多角化部門によって構成されております。
        各部門における事業内容並びに主な会社は次のとおりであります。
      事業
                    内容                        主要会社名
      区分
         乗用車用、トラック・バス用、建設・鉱山車両用、                         当社
                                  ブリヂストンタイヤジャパン㈱
         産業車両用、農業機械用、航空機用、二輪自動車
         用のタイヤ・チューブ、タイヤ関連用品、                         ブリヂストンリテールジャパン㈱
         リトレッド材料・関連技術、自動車整備・補修、
                                  BRIDGESTONE      AMERICAS,     INC.
         タイヤ原材料 ほか
                                  BRIDGESTONE      AMERICAS     TIRE   OPERATIONS,      LLC
                                  BRIDGESTONE      RETAIL    OPERATIONS,      LLC
                                  BRIDGESTONE      BANDAG,    LLC
                                  BRIDGESTONE      CANADA    INC.
                                  BRIDGESTONE      DE  MEXICO,    S.A.   DE  C.V.
                                  BRIDGESTONE      DO  BRASIL    INDUSTRIA     E COMERCIO     LTDA.
                                  BRIDGESTONE      ARGENTINA     S.A.I.C.
                                  BRIDGESTONE      EUROPE    NV/SA
                                  BRIDGESTONE      POZNAN    SP.  Z O.O.
     タイヤ                            BRIDGESTONE      FRANCE    S.A.S.
                                  BRIDGESTONE      HISPANIA     MANUFACTURING       S.L.U.
                                  BRIDGESTONE      MIDDLE    EAST   & AFRICA    FZE
                                  BRIDGESTONE      SOUTH   AFRICA    (PTY)   LTD.
                                  BRIDGESTONE      ASIA   PACIFIC    PTE.   LTD.
                                  普利司通(中国)投資有限公司
                                  普利司通(無錫)輪胎有限公司
                                  BRIDGESTONE      INDIA   PRIVATE    LTD.
                                  THAI   BRIDGESTONE      CO.,   LTD.
                                  BRIDGESTONE      TIRE   MANUFACTURING       (THAILAND)      CO.,   LTD.
                                  P.T.   BRIDGESTONE      TIRE   INDONESIA
                                  BRIDGESTONE      AUSTRALIA     LTD.
                                  BRIDGESTONE      MINING    SOLUTIONS     AUSTRALIA     PTY.   LTD.
                                  FIRESTONE     POLYMERS,     LLC
                                  当社
                 自動車関連部品、ウレタンフォー
         化工品
                                  ブリヂストン化成品㈱
                 ム及びその関連用品、電子精密部
                 品、工業資材関連用品、建築資材                 ブリヂストン化工品ジャパン㈱
                 関連用品 ほか
                 BRIDGESTONE      AMERICAS,     INC.が統     FIRESTONE     BUILDING     PRODUCTS     COMPANY,     LLC
         BSAM多角化
                 括する屋根材事業 ほか
     多角化
                 ゴルフボール、ゴルフクラブ、                 ブリヂストンスポーツ㈱
         スポーツ用品
                 その他スポーツ関連用品 ほか
                                  ブリヂストンサイクル㈱
         自転車        自転車、自転車関連用品 ほか
                 ファイナンス ほか                 ブリヂストンファイナンス㈱
         その他
                                  BRIDGESTONE      TREASURY     SINGAPORE     PTE.   LTD.
       (注) 欧州子会社の合併

           2019年7月1日をもって、                   BRIDGESTONE      EUROPE    NV/SAは、BRIDGESTONE           UK  LTD.を吸収合併しております。
                                  3/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
      以上を事業系統図によって示すと、おおむね以下のとおりであります。
      上記の会社は全て連結子会社であります。














                                  4/21







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前期の有価証券報告書
       に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において、判断したものであります。
       (1)   業績の状況

        ①  業績全般
                                                  増減
                          当第3四半期         前第3四半期
                          連結累計期間         連結累計期間
                                              金額         比率
                               億円         億円         億円          %
       売上高                    26,353         26,741           △388
                                                          △1
       営業利益                     2,503         2,908          △405          △14
       経常利益                     2,425         2,765          △340          △12

       親会社株主に帰属する四半期純利益                     2,054         2,194          △140           △6

        当第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日)の当社グループを取り巻く環境は、国内におい

       ては、景気は緩やかに回復しているものの、海外経済の不確実性などにより不透明感のある中で推移しました。海外
       においては、政治・経済面において不安定な状況が継続する中で、景気は全体としては緩やかな回復が続きました。
       米国では回復が続き、欧州においては緩やかな回復が続いているものの回復に弱さが見られました。アジアでは、中
       国において緩やかな減速が続きました。
        このような状況のもとで、経営の最終目標である「真のグローバル企業」、「業界において全てに『断トツ』」の
       達成に向け、3つの重点課題に取り組んでまいりました。その1点目である「グローバル企業文化の育成」につきま
       しては、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた協賛・支援活動等のブランド戦略を推進するとともに、グ
       ローバルで高い競争力を持つ商品・サービスの拡充や、既存事業の枠を超えて顧客価値・社会価値を提供するソ
       リューションビジネスの構築・拡大を図るなど、技術・ビジネスモデル・デザインのイノベーションを促進してまい
       りました。また2点目、3点目の「グローバル経営人材の育成」、「グローバル経営体制の整備」についても、多様
       な人材の育成やガバナンス体制の改革などの様々な施策を、適切な費用を投下しながら実施してまいりました。
        この結果、当社グループの当第3四半期連結累計期間の売上高は26,353億円(前年同期比1%減)となり、原材料価
       格の上昇の影響などにより、営業利益は2,503億円(前年同期比14%減)、経常利益は2,425億円(前年同期比12%減)、
       親会社株主に帰属する四半期純利益は2,054億円(前年同期比6%減)となりました。
                                  5/21







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
        ②  セグメント別業績
                                                  増減
                          当第3四半期         前第3四半期
                          連結累計期間         連結累計期間
                                              金額         比率
                                                           %
                               億円         億円         億円
                           21,987         22,235           △247
                 売上高                                         △1
       タイヤ部門
                            2,481         2,801          △319          △ 11
                 営業利益
                            4,489         4,659                     △4

                 売上高                              △170
       多角化部門
                                       108         △87         △ 80
                 営業利益               21
                           26,353         26,741                      △1

                 売上高                              △388
       連結   合計
                            2,503         2,908          △405          △ 14
                 営業利益
        タイヤ部門では、グローバルにおいて魅力ある商品・サービスの投入や、将来に向けた競争優位性と差別化の強化

       を進めるとともに、地域ごとの需要変動にも迅速に対応してまいりました。
        日本では、乗用車及び小型トラック用タイヤ、並びにトラック・バス用タイヤの販売本数は前年同期を上回り好調
       に推移しました。米州では、北米タイヤ事業において、乗用車及び小型トラック用タイヤ、並びにトラック・バス用
       タイヤの販売本数は前年同期を下回りました。欧州では、乗用車及び小型トラック用タイヤ、並びにトラック・バス
       用タイヤの販売本数は前年同期を下回りました。中国・アジア・大洋州では、乗用車及び小型トラック用タイヤ、並
       びにトラック・バス用タイヤの販売本数は前年同期を下回りました。特殊タイヤについては、建設・鉱山車両用ラジ
       アルタイヤの販売量は前年同期を上回り順調に推移しました。
        この結果、売上高は21,987億円(前年同期比1%減)となり、原材料価格の上昇の影響などにより営業利益は2,481
       億円(前年同期比11%減)となりました。
        また、多角化部門では、化工品事業について、「化工品」の組織名称のもとで、一体となった事業活動を開始して
       から50年の節目となる2021年に向けて、抜本的な事業再構築を進めております。加えて、海外の多角化事業や、組織
       再編を実施したスポーツ・サイクル・AHL(Active                         and  Healthy    Lifestyle)関連事業についても、経営改革を進め
       てまいりました。
        この結果、売上高は4,489億円(前年同期比4%減)となり、営業利益は事業再構築関連費用の影響などにより21億
       円(前年同期比80%減)となりました。
       (注)   セグメント別の金額はセグメント間の取引を含んでおり、連結合計の金額はそれらを消去した後の数値であり

         ます。
                                  6/21








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
       (2)   資産、   負債及び純資産の状況
         当第3四半期連結会計期間末における資産、負債及び純資産の状況は以下のとおりであります。
        (資産の部)

         資産の部は、国際財務報告基準を適用する在外連結子会社のIFRS第16号「リース」の適用による増加を含め

        た有形固定資産が246億円、TOMTOM                 TELEMATICS      B.V.(注)の株式取得による増加を含めた無形固定資産が882億円増
        加したものの、現金及び預金が1,421億円減少したことなどから、前連結会計年度末に比べ389億円減少し、38,013
        億円となりました。
        (注)2019年10月1日をもって、TOMTOM                  TELEMATICS      B.V.はWEBFLEET        SOLUTIONS     B.V.に社名変更しております。

        (負債の部)

         負債の部は、未払金が596億円減少したものの、コマーシャル・ペーパーが847億円、社債が1,300億円、それぞ

        れ増加したことなどから、前連結会計年度末に比べ1,495億円増加し、15,536億円となりました。
        (純資産の部)

         純資産の部は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上により2,054億円増加したものの、配当金の支払いに

        より1,177億円、自己株式の取得等により1,997億円、為替換算調整勘定により618億円、それぞれ減少したことな
        どから、前連結会計年度末に比べ1,884億円減少し、22,477億円となりました。その結果、自己資本比率は、
        57.7%となり、前連結会計年度末に比べ4.2ポイントの減少となりました。
       (3)   経営方針・経営戦略等並びに事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等並びに事業上及び財務
        上の対処すべき課題について、重要な変更はありません。
       (4)   研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発費は776億円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                  7/21







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                        発行可能株式総数(株)

                 普通株式                          1,450,000,000

                  計                         1,450,000,000

        ②【発行済株式】

               当第3四半期会計期間末                        上場金融商品取引所名

                           提出日現在発行数(株)
         種類        現在発行数(株)                      又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年11月8日)
                (2019年9月30日)                      取引業協会名
                                       東京証券取引所

                                       名古屋証券取引所
        普通株式             761,536,421            761,536,421       福岡証券取引所             単元株式数100株
                                       東京、名古屋は       市場
                                       第一部に上場
         計           761,536,421            761,536,421            -           -

       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式

                          発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                 資本金増減額        資本金残高
                   総数増減数
          年月日                 総数残高                      増減額        残高
                                  (百万円)       (百万円)
                           (千株)                     (百万円)       (百万円)
                    (千株)
      自 2019年7月1日
                            761,536
                        -              -    126,354          -    122,078
      至 2019年9月30日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません                                   。
                                  8/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(2019年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                  (2019年6月30日現在)
              区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容

       無議決権株式                            -            -       -
       議決権制限株式(自己株式等)                            -            -       -
       議決権制限株式(その他)                            -            -       -
                        (自己保有株式)
                                              -       -
                        普通株式         42,085,400
       完全議決権株式(自己株式等)
                        (相互保有株式)
                                              -       -
                        普通株式               10,000
                        普通株式        719,231,800
       完全議決権株式(その他)                                     7,192,318           -
                        普通株式              209,221
       単元未満株式                                        -       -
                             761,536,421
       発行済株式総数                                        -       -
       総株主の議決権                            -         7,192,318           -
      (注)   1   「完全議決権株式(その他)」欄の株式数には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1,600株含まれてお
           ります。
         2   「完全議決権株式(その他)」及び「総株主の議決権」欄の議決権の数には、いずれも株式会社証券保管振替
           機構名義の株式に係る議決権が16個含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  (2019年6月30日現在)
                                 自己名義      他人名義      所有株式数       発行済株式総数

         所有者の氏名
                       所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
          又は名称
                                  (株)      (株)      (株)     株式数の割合(%)
                    東京都中央区京橋
       ㈱ブリヂストン                           42,085,400          -  42,085,400             5.53
                    三丁目1番1号
       ブリヂストンタイヤ
                    長野県松本市小屋南
                                   10,000        -    10,000            -
       長野販売㈱              二丁目18番20号
            計             -        42,095,400          -  42,095,400             5.53
      2【役員の状況】

        前期の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間において、役員(取締役及び執行役)の異動はありません。
                                  9/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づき作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019年
       9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表に
       ついて、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 10/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        440,378              298,223
         現金及び預金
                                        601,417              601,444
         受取手形及び売掛金
                                        153,853              147,622
         有価証券
                                        407,608              415,847
         商品及び製品
                                         37,904              43,675
         仕掛品
                                        171,720              154,882
         原材料及び貯蔵品
                                        121,286              140,419
         その他
                                        △ 21,729             △ 21,454
         貸倒引当金
                                       1,912,440              1,780,659
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              550,399              574,935
          機械装置及び運搬具(純額)                              491,035              478,613
                                        426,936              439,491
          その他(純額)
                                       1,468,371              1,493,040
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         41,381              138,735
          のれん
                                         60,072              50,948
          その他
                                        101,454              189,683
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        219,970              191,802
          投資有価証券
                                        139,557              147,280
          その他
                                        △ 1,524             △ 1,111
          貸倒引当金
                                        358,003              337,970
          投資その他の資産合計
                                       1,927,829              2,020,695
         固定資産合計
                                       3,840,269              3,801,355
       資産合計
                                 11/21










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        233,970              199,683
         支払手形及び買掛金
                                        100,627               73,295
         短期借入金
                                         20,955              105,746
         コマーシャル・ペーパー
                                         70,000                -
         1年内償還予定の社債
                                         1,686              10,892
         リース債務
                                         15,073              23,127
         未払法人税等
                                           -             4,627
         リコール関連引当金
                                        182,204              122,561
         未払金
                                        262,601              281,623
         その他
                                        887,119              821,558
         流動負債合計
       固定負債
                                        150,000              350,000
         社債
                                         38,041              36,890
         長期借入金
         リース債務                                27,182              62,931
                                        196,005              187,540
         退職給付に係る負債
                                        105,759               94,731
         その他
                                        516,988              732,093
         固定負債合計
                                       1,404,107              1,553,652
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        126,354              126,354
         資本金
                                        121,997              121,997
         資本剰余金
                                       2,362,736              2,448,577
         利益剰余金
                                        △ 32,648             △ 232,405
         自己株式
                                       2,578,440              2,464,523
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        108,888               89,915
         その他有価証券評価差額金
                                         1,730               329
         繰延ヘッジ損益
                                       △ 174,850             △ 236,728
         為替換算調整勘定
                                       △ 135,696             △ 124,343
         退職給付に係る調整累計額
                                       △ 199,928             △ 270,827
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  3,452              3,300
                                         54,198              50,706
       非支配株主持分
                                       2,436,162              2,247,702
       純資産合計
                                       3,840,269              3,801,355
      負債純資産合計
                                 12/21








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
      売上高                                  2,674,192              2,635,391
                                       1,657,500              1,638,396
      売上原価
                                       1,016,691               996,995
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                        135,559              138,210
       販売運賃
                                         84,080              79,761
       広告宣伝費及び販売促進費
                                        197,368              196,867
       給料手当及び賞与
                                         15,746              14,995
       退職給付費用
                                         26,506              31,647
       減価償却費
                                         75,018              77,611
       研究開発費
                                        191,547              207,556
       その他
                                        725,826              746,649
       販売費及び一般管理費合計
                                        290,864              250,345
      営業利益
      営業外収益
                                         3,868              4,183
       受取利息
                                         5,603              4,831
       受取配当金
                                         3,826              4,980
       受取和解金
                                         8,837              7,658
       雑収入
                                         22,135              21,653
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         10,207               7,846
       支払利息
                                         6,591              6,958
       為替差損
                                         19,655              14,649
       雑損失
                                         36,455              29,454
       営業外費用合計
                                        276,544              242,544
      経常利益
      特別利益
                                                      ※1 29,262
                                           -
       固定資産売却益
                                           -            21,446
       投資有価証券売却益
                                                      ※2 4,234
                                           -
       過年度社会負担金還付額
                                        ※3 30,180
                                                         -
       共同支配企業設立に係る差益
                                         30,180              54,944
       特別利益合計
      特別損失
                                                      ※4 6,545
                                           -
       減損損失
                                                      ※5 5,310
                                           -
       リコール関連損失
                                           -            11,855
       特別損失合計
                                        306,725              285,633
      税金等調整前四半期純利益
                                         80,634              74,688
      法人税等
                                        226,090              210,945
      四半期純利益
                                         6,626              5,541
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        219,464              205,403
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/21





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
                                        226,090              210,945
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 11,669             △ 18,966
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 285             △ 445
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 29,497             △ 60,596
       為替換算調整勘定
                                         11,257              11,318
       退職給付に係る調整額
                                         △ 551            △ 1,630
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 30,747             △ 70,320
       その他の包括利益合計
                                        195,342              140,625
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        190,499              134,504
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         4,843              6,120
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/21















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         連結子会社であるBRIDGESTONE              EUROPE    NV/SAが、連結子会社であるBRIDGESTONE                   UK  LTD.を吸収合併したこと
        に伴い、BRIDGESTONE          UK  LTD.を、当第3四半期連結会計期間より連結の範囲から除外しております。
        (会計方針の変更)

                           当第3四半期連結        累計  期間
                            (自 2019年1月1日
                             至 2019年9月30日)
        (ASU第2014-09号「顧客との契約から生じる収益」の適用)
         米国会計基準を適用する在外連結子会社において、ASU第2014-09号「顧客との契約から生じる収益」(2014
        年5月28日。以下「ASU第2014-09号」という。)を、第1四半期連結会計期間より適用しております。
         ASU第2014-09号の適用により、約束した財又はサービスが顧客に移転された時点で、当該財又はサービスと
        交換に権利を得ると見込む対価を反映した金額で、収益を認識することが求められており、適用にあたっては遡
        及修正による累積的影響額を適用開始日時点で認識する方法に従っております。
         なお、第1四半期連結会計期間の期首の利益剰余金、当第3四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税
        金等調整前四半期純利益に与える影響は軽微であります。
       (IFRS第16号「リース」の適用)

         国際財務報告基準を適用する在外連結子会社において、IFRS第16号「リース」(2016年1月13日。以下、
        「IFRS第16号」という。)を、第1四半期連結会計期間より適用しております。
         IFRS第16号はリースの借手に、原則としてすべてのリースについて資産及び負債を認識すること等を要求
        しており、適用にあたっては遡及修正による累積的影響額を適用開始日時点で認識する方法に従っております。
         この結果、第1四半期連結会計期間の期首の資産が49,606百万円増加、負債が51,605百万円増加、利益剰余金
        が1,998百万円減少しております。資産の増加は主として有形固定資産、負債の増加は主としてリース債務の増加
        によるものです。なお、当第3四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に与え
        る影響は軽微であります。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                                 当第3四半期連結        累計  期間
                                 (自 2019年1月1日
                                  至 2019年9月30日)
        税金費用の計算           税金費用については、連結会計年度の見積実効税率に基づき計算しております。
        (追加情報)

                           当第3四半期連結        累計  期間
                            (自 2019年1月1日
                             至 2019年9月30日)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結
        会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
        の区分に表示しております。
                                 15/21





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
         ※1 固定資産売却益
           当第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)
            主として土地の売却益であります。
         ※2 過年度社会負担金還付額

           当第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)
            在外連結子会社であるBRIDGESTONE                  DO  BRASIL    INDUSTRIA     E COMERCIO     LTDA.は、ブラジル連邦最高裁判
           所にて決定された社会負担金(PIS/COFINS)の課税標準額(総売上高)の算出方法見直しを受け、過払いと
           なっていた税金及び利息相当額を利益として計上しております。
         ※3 共同支配企業設立に係る差益

           前第3四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)
            在外連結子会社であるBRIDGESTONE                  AMERICAS,     INC.は、2018年7月に、米国において乗用車用・小型ト
           ラック用タイヤの卸売事業を展開するTIREHUB,                       LLC.(持分法適用会社)を、THE               GOODYEAR     TIRE   & RUBBER
           COMPANYと共同で、現物出資により設立しました。
            この結果、米国会計基準に基づき、出資額と取得する株式の公正価値評価額との差額を利益として計上
           しております。
         ※4 減損損失

           当第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)
            当社グループは、事業用資産については内部管理上採用している区分を基礎として資産のグルーピング
           を行い、処分予定資産(           廃棄・売却等により処分が予定されている資産)、遊休資産については個別の物件
           ごとにグルーピングを行っております。
            当期において、        収益性の低下した事業用資産、廃棄・売却の予定されている処分予定資産及び今後の使
           用見込みがなくなった遊休資産について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、減損損失として特別損失
           に6,545百万円計上しております。
            その内訳は、機械装置及び運搬具2,829百万円、有形固定資産その他1,809百万円、建物及び構築物1,760

           百万円、無形固定資産その他145百万円であります。
                                                       金額
               用途               種類               場所
                                                      (百万円)
                                                          293
             事業用資産         機械装置及び運搬具ほか                     米国ほか
                      機械装置及び運搬具、建物及び構築物、
             処分予定資産                              米国、日本              6,071
                      土地ほか
             遊休資産         土地ほか                     日本               180
            事業用資産の回収可能価額は、主として使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを割引

           率8.5%~12.6%で割り引いて算定しております。処分予定資産、遊休資産の回収可能価額は、正味売却価
           額により測定しており、廃棄予定資産は備忘価額により、売却予定資産、遊休資産は売却見込価額等によ
           り評価しております。
         ※5 リコール関連損失

           当第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)
            当社の連結子会社であるブリヂストンサイクル株式会社が製造した自転車・電動アシスト自転車の一部
           対象車種においてリコールを実施したことに伴い、当該自転車・電動アシスト自転車の点検・改修等に関
           連した費用を計上しております。
                                 16/21




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
        半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、
        次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                             (自    2018年1月1日                (自    2019年1月1日
                              至    2018年9月30日)                至    2019年9月30日)
        減価償却費                           150,944百万円                  164,502    百万円
        のれんの償却額                            3,315                  6,313
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前   第3四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)
          1.配当に関する事項
            配当金支払額
                               1株当たり
          決議      株式の種類       配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                                配当額
        2018年3月23日
                 普通株式      60,138百万円         80円     2017年12月31日         2018年3月26日         利益剰余金
        定時株主総会
        2018年8月9日
                 普通株式      60,139百万円         80円     2018年6月30日         2018年9月3日         利益剰余金
         取締役会
          2.株主資本の金額の著しい変動

             当社は、2017年2月17日開催の取締役会決議に基づき、2018年1月19日付で、自己株式51,565,900株の
            消却を実施しました。その結果、当第3四半期連結累計期間において資本剰余金、利益剰余金及び自己株
            式がそれぞれ905百万円、172,220百万円、173,126百万円減少しました。この消却等により、当第3四半
            期連結会計期間末において資本剰余金が121,997百万円、利益剰余金が2,290,578百万円及び自己株式が
            32,683百万円となっております。
         Ⅱ 当   第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)

          1.配当に関する事項
            配当金支払額
                               1株当たり
          決議      株式の種類       配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                                配当額
        2019年3月22日
                 普通株式      60,145百万円         80円     2018年12月31日         2019年3月25日         利益剰余金
        定時株主総会
        2019年8月9日
                 普通株式      57,556百万円         80円     2019年6月30日         2019年9月2日         利益剰余金
         取締役会
          2.株主資本の金額の著しい変動

             当社は、2019年2月15日開催の取締役会決議に基づき、自己株式47,838,200株の取得を行いました。こ
            の取得等により、当第3四半期連結累計期間において自己株式が199,757百万円増加し、当第3四半期連
            結会計期間末において自己株式が232,405百万円となっております。
                                 17/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前   第3四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:百万円)
                                               調整額
                                                     四半期連結損益
                         タイヤ        多角化         計
                                                (注)
                                                      計算書計上額
        売上高
                         2,216,028         458,163       2,674,192        -       2,674,192
         外部顧客への売上高
         セグメント間の内部
                           7,525        7,783       15,309       △ 15,309       -
         売上高又は振替高
                         2,223,554         465,947       2,689,501        △ 15,309      2,674,192
              計
        セグメント利益(営業利益)                  280,150        10,875       291,026         △ 161      290,864
       (注)   セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去によるものです。
          Ⅱ 当   第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:百万円)
                                               調整額
                                                     四半期連結損益
                         タイヤ        多角化         計
                                                (注)
                                                      計算書計上額
        売上高
                         2,191,851         443,540       2,635,391        -       2,635,391
         外部顧客への売上高
         セグメント間の内部
                           6,914        5,377       12,291       △ 12,291       -
         売上高又は振替高
                         2,198,765         448,917       2,647,683        △ 12,291      2,635,391
              計
        セグメント利益(営業利益)                  248,197         2,136       250,334          11     250,345
       (注)   セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去によるものです。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            ( 固定資産に係る重要な減損損失)
             「タイヤ」セグメント及び「多角化」セグメントにおいて、それぞれ4,840百万円、1,704百万円の減損
            損失を計上しております。
                                 18/21










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年9月30日)              至 2019年9月30日)
      1株当たり四半期純利益                                  291.94円              282.11円

      潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                  291.43円              281.64円

       (注)     1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりで

         あります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年9月30日)              至 2019年9月30日)
      1株当たり四半期純利益
       親会社株主に帰属する四半期純利益
                                      219,464百万円              205,403百万円
       普通株主に帰属しない金額
                                           -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                      219,464百万円              205,403百万円
       益
       普通株式の期中平均株式数
                                       751,746千株              728,107千株
      潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額                                    -              -
       普通株式増加数                                1,315千株              1,202千株
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当

      たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式                          ─────────              ─────────
      で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
      の概要
      2【その他】

        中間配当
         2019年8月9日開催の取締役会において、次のとおり第101期の中間配当を行うことを決議しております。
         1株当たりの中間配当金                    中間配当金額                  支払開始日
              80円               57,556,078,800円                  2019年9月2日

                                 19/21









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。

                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                             四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    2019年11月6日

     株式会社ブリヂストン

      取締役会 御中

                        有限責任監査法人トーマツ

                         指定有限責任社員

                                            松  本     仁  ㊞
                                    公認会計士
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                            芳  賀  保  彦  ㊞
                                    公認会計士
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                            土  畠  真  嗣  ㊞
                                    公認会計士
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                            藤  春  暁  子  ㊞
                                    公認会計士
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられてい

     る株式会社ブリヂストンの2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会
     計期間(2019年7月1日から2019年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から
     2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益
     計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠
     して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚
     偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
     備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結
     財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対し
     て実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我
     が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比
     べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般
     に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ブリヂストン及び連結子
     会社の2019年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を
     適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                         以 上
     (注)   1   上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書
         提出会社)が別途保管しております。
       2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク