ビー・ピー・シー・イー・エス・エー 訂正半期報告書

訂正半期報告書

提出日:

提出者:ビー・ピー・シー・イー・エス・エー

カテゴリ:訂正半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     【表紙】
     【提出書類】                  半期報告書の訂正報告書
     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  2019  年 11 月 29 日
     【中間会計期間】                  自   2019  年1月1日 至           2019  年6月    30 日
     【会社名】                  ビー・ピー・シー・イー・エス・エー
                      ( BPCE   S.A.  )
     【代表者の役職氏名】                  ローランド・シャボンネル
                      ( Roland    Charbonnel      )
                      資金調達・投資家向け広報部門 取締役
                      (Director      of  Group    Funding     and   Investor      Relations
                      Department)
     【本店の所在の場所】                  フランス国パリ市          75013   ピエール・マンデス=フランス大
                      通り  50 番地
                      (50  avenue    Pierre    Mendès-France
                      75013    Paris,    France)
     【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  梅 津   立
     【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号
                      大手町パークビルディング
                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03(6775)1000
     【事務連絡者氏名】                  弁護士  永 井   亮
                       同   乙 黒 亮 祐
                       同   石 川 皓 一
                       同   中 川 祥 汰
     【連絡場所】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号
                      大手町パークビルディング
                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03(6775)1000
     【縦覧に供する場所】                  該当なし
                                  1/41








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     1  【提出理由】

       2019  年9月   30 日に提出致しました半期報告書に訂正すべき箇所がありますので、これを訂正するため、

      訂正報告書を提出するものであります。
     2  【報告内容】

       訂正箇所は、下線を付して表示しております。

                                  2/41


















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     第一部【企業情報】

     第3【事業の状況】

     2【事業等のリスク】

     2.1   リスクの概要

     2.1.2    リスク   要因

     信用およびカウンターパーティー・リスク

     グループ     BPCE  は、政治的、マクロ経済的および金融環境または同グループが事業を行う国々に特有の状況に

     よる影響を受けやすい場合がある。
     <訂正前>

                              (前略)

     より詳細な情報については、               2018  年度有価証券報告書第3「事業の状況」3「経営者による財政状態、経営

     成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」3                        (3)  「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
     析」  3(3).1.1     「経済および金融環境」および                3(3).3.8     「グループ      BPCE  の見通し」を参照のこと。
     <訂正後>

                              (前略)

     より詳細な情報については、               2018  年度有価証券報告書第3「事業の状況」3「経営者による財政状態、経営

     成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」3                        (3)  「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
     析」  3(3).1.1     「経済および金融環境」および                3(3).3.8     「グループ      BPCE  の連結貸借対照表の分析」の               「グルー
     プ BPCE  の見通し」を参照のこと。
     金融リスク

     市場の変動およびボラティリティは、グループ                        BPCE  、特にナティクシスを、売買活動および投資活動におけ

     る損失にさらす可能性があり、グループ                     BPCE  の業績および財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。
     <訂正前>

     グループ     BPCE  は、第三者売買活動又は投資活動の過程において、債券市場、通貨市場、商品市場および株式

     市場、ならびに非上場証券、不動産およびその他の資産クラスにおいてポジションを保有する可能性があ
     る。これらのポジションは、市場(特に金融市場)のボラティリティ(対象とする市場の水準に関わらず、
     任意の市場における任意の期間中の価格変動の程度)によって影響を受ける可能性がある。一部の市場構造
     および変動は、スワップ、先物、オプションおよび仕組商品を含む、幅広い                                       その他の     トレーディングおよび
     ヘッジ商品において、損失を招く可能性もある。
     ちなみに、      2018  年 12 月 31 日現在の市場リスク加重資産は、                 10.6  十億ユーロ、すなわちグループ                BPCE  のリスク

     加重資産合計の        2.7  %であった(       2018  年度有価証券報告書第3「事業の状況」2「事業等のリスク」                                2(2).1.4
     「リスクの種類別および事業ライン別の                     RWA  」を参照のこと。)。
     <訂正後>

                                  3/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     グループ     BPCE  は、第三者売買活動又は投資活動の過程において、債券市場、通貨市場、商品市場および株式
     市場、ならびに非上場証券、不動産およびその他の資産クラスにおいてポジションを保有する可能性があ
     る。これらのポジションは、市場(特に金融市場)のボラティリティ(対象とする市場の水準に関わらず、
     任 意の市場における任意の期間中の価格変動の程度)によって影響を受ける可能性がある。一部の市場構造
     および変動は、スワップ、先物、オプションおよび仕組商品を含む、                                    利用されている        幅広いトレーディング
     およびヘッジ商品において、損失を招く可能性もある。
     ちなみに、      2018  年 12 月 31 日現在の市場リスク加重資産は、                 10.6  十億ユーロ、すなわちグループ                BPCE  のリスク

     加重資産合計の        2.7  %であった(       2018  年度有価証券報告書第3「事業の状況」2「事業等のリスク」                                2(2).1.4
     「規制目的上の自己資本要件およびリスク加重資産」の                             「リスクの種類別および事業ライン別の                     RWA  」を参照
     のこと。)。
     グループ     BPCE  が実施しているヘッジ戦略は損失リスクのすべてを排除するものではない。

     <訂正前>

     したがって、様々な種類のリスクへのエクスポージャーをヘッジするためにグループ                                            BPCE  が使用している商

     品または戦略の一部が効果を発揮しないことが判明した場合、グループ                                     BPCE  は損失を被るおそれがある。
                              (後略)

     <訂正後>

     したがって、様々な種類のリスクへのエクスポージャーをヘッジするためにグループ                                            BPCE  が使用している商

     品または戦略の一部が            一定の市場構造において             効果を発揮しないことが判明した場合、                     またはヘッジが部分
     的にしか効果がない場合、              グループ     BPCE  は損失を被るおそれがある。
                              (後略)

     グループ     BPCE  のデリバティブ証券およびデリバティブ商品のポートフォリオならびに負債に係る公正価値の

     変化は、かかる資産および負債の簿価、ひいてはグループ                              BPCE  の純利益および株主資本に悪影響を与える傾
     向がある。
     <訂正前>

                              (前略)

     2018  年度有価証券報告書におけるグループ                    BPCE  の連結財務書類に対する注記               4.3  「純損益を通じて公正価値で

     測定する金融商品の正味利得または損失」、注記                         4.4  「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融商
     品の正味利得または損失」、注記                 5.2  「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および負債」および注記
     5.4  「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産                              および負債      」を参照のこと。
     <訂正後>

                              (前略)

     2018  年度有価証券報告書におけるグループ                   BPCE  の連結財務書類に対する注記               4.3  「純損益を通じて公正価値で

     測定する金融商品の正味利得または損失」、注記                         4.4  「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融商
     品の正味利得または損失」、注記                 5.2  「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および負債」および注記
     5.4  「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」を参照のこと。
    次へ

                                  4/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     非金融リスク

     グループ     BPCE  のリスク管理方針、手続および戦略の不備または不全は、グループ                                   BPCE  を未確認または不測の

     リスクにさらし、損失を発生させるおそれがある。
     <訂正前>

                              (前略)

     グループ     BPCE  のオペレーショナル・リスクに関する損失は、主に「トレーディング・販売」                                          業務  ライン

     ( 60 %)に帰属させることができる。
                              (後略)

     <訂正後>

                              (前略)

     グループ     BPCE  のオペレーショナル・リスクに関する損失は、主に「トレーディング・販売」                                          事業  ライン

     ( 60 %)に帰属させることができる。
                              (後略)

     戦略、事業およびエコシステムリスク

     BPCE  の証券に対する投資家は、              BPCE  が破綻処理手続の対象となった場合、損失を被る可能性がある。

     <訂正前>

                              (前略)

     破綻処理当局は、発行機関またはそれが所属するグループが破綻しつつあるもしくは破綻するおそれがある

     場合  ( および他の手段により破綻を合理的な期間内に回避できるという合理的な見込みが無い場合                                                ) 、存続不
     能になった場合、または特別公的支援が必要である場合(一定の例外あり。)、資金調達商品(例えば                                                     BPCE
     の Tier-2   劣後債)の減額または転換を行うことができる。破綻処理当局は、破綻処理手続を開始する前か、
     または破綻処理手続を開始することが金融機関の存続可能性を維持するために必須である場合には、資金調
     達商品を減額または転換しなければならない。資金調達商品の減額または転換は、債券の優先順位                                                   (まずは
     普通株式等      Tier-1   金融商品が減額され、次に              その他    Tier-1   金融商品が減額または株式転換され、その次に
     Tier-2   金融商品が減額または株式転換される。)に従って実行されなければならない。資金調達商品の減額
     または転換が、当該機関の金融の健全性を回復するのに十分ではない場合、破産処理当局が有するベイルイ
     ン権限が適格債務(          BPCE  の非優先     シニア   証券および優先        シニア   証券等)の減額または転換のために適用され
     る可能性がある。
     グループ     BPCE  については、グループ            BPCE  の中央機関と提携するすべての事業体は、保証および連帯構造の利

     益を享受している。当該構造の目的は、フランス通貨金融法第                                L.511.31     条および第      L.512.107-6      条に従い、す
     べての関連会社の流動性および支払能力を確保し、グループ全体の財務上の連帯を構築することである。
                              (中略)

     裁判所命令による清算が必然的にすべての関連会社に影響を及ぼす場合、すべての関連会社の外部債権者

     は、特定の企業との関係性にかかわらず、そのランクおよび債権者順位に従って同一に扱われる。その結
     果、  AT1  金融商品およびその他の同順位の有価証券の投資家は、                             Tier2   金融商品およびその他の同順位の有価
     証券の投資家よりも大きな影響を受けることになり、同様に外部非優先                                     シニア   債の投資家よりも大きな影響
                                  5/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     を受け、同様に外部優先             シニア    債の投資家よりも大きな影響を受けることになる。破綻処理が行われる場
     合、特定の企業との関係性にかかわらず、上記の順位に従い、同じ減損率および/または転換率が所定のラ
     ン クの債券および有価証券に適用される。
                              (後略)

     <訂正後>

                              (前略)

     破綻処理当局は、発行機関またはそれが所属するグループが破綻しつつあるもしくは破綻するおそれがある

     場合  ( および他の手段により破綻を合理的な期間内に回避できるという合理的な見込みが無い場合                                                ) 、存続不
     能になった場合、または特別公的支援が必要である場合(一定の例外あり。)、資金調達商品(例えば                                                     BPCE
     の Tier-2   劣後債)の減額または転換を行うことができる。破綻処理当局は、破綻処理手続を開始する前か、
     または破綻処理手続を開始することが金融機関の存続可能性を維持するために必須である場合には、資金調
     達商品を減額または転換しなければならない。資金調達商品の減額または転換は、債券の優先順位                                                   (まずは
     普通株式等      Tier-1   金融商品が減額され、次に              その他    Tier-1   金融商品が減額または株式転換され、その次に
     Tier-2   金融商品が減額または株式転換される。)に従って実行されなければならない。資金調達商品の減額
     または転換が、当該機関の金融の健全性を回復するのに十分ではない場合、破産処理当局が有するベイルイ
     ン権限が適格債務(          BPCE  の非  上位  優先証券および        上位  優先証券等)の減額または転換のために適用される可
     能性がある。
     グループ     BPCE  については、グループ            BPCE  の中央機関と提携するすべての事業体は、保証および連帯構造の利

     益を享受している。当該構造の目的は、フランス通貨金融法                               典 第 L.511.31     条および第      L.512.107-6      条に従い、
     すべての関連会社の流動性および支払能力を確保し、                            拡大当行     グループ全体の財務上の連帯を構築すること
     である。
                              (中略)

     裁判所命令による清算が必然的にすべての関連会社に影響を及ぼす場合、すべての関連会社の外部債権者

     は、特定の企業との関係性にかかわらず、そのランクおよび債権者順位に従って同一に扱われる。その結
     果、  AT1  金融商品およびその他の同順位の有価証券の投資家は、                             Tier2   金融商品およびその他の同順位の有価
     証券の投資家よりも大きな影響を受けることになり、同様に外部非                                   上位  優先債の投資家よりも大きな影響を
     受け、同様に外部         上位  優先債の投資家よりも大きな影響を受けることになる。破綻処理が行われる場合、特
     定の企業との関係性にかかわらず、上記の順位に従い、同じ減損率および/または転換率が所定のランクの
     債券および有価証券に適用される。
                              (後略)

     グループ     BPCE  が買収またはジョイント・ベンチャーに関する方針を採用、実施および統合する際に、困難に

     直面するおそれがある。
     <訂正前>

     買収は、グループ         BPCE  の現行の戦略の主軸ではないが、グループ                      BPCE  は、将来において買収またはパート

     ナーシップの機会を考慮する可能性がある。グループ                            BPCE  は、潜在的な買収またはジョイント・ベンチャー
     案件を綿密に審査するものの、すべての面において包括的な審査を行うことは通常実現可能ではない。その
     結果、グループ        BPCE  は、当初に予期しなかった債務を管理しなければならない可能性がある。同様に、買収
     先企業またはジョイント・ベンチャーが期待したほどの業績をあげない、予定されていたシナジーが全ても
     しくは一部が実現しない、または取引により費用が予想以上にかかるおそれがある。また、グループ                                                    BPCE
                                  6/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     は、新企業との統合において困難に直面する可能性もある。発表された買収の失敗、もしくは新企業または
     ジョイント・ベンチャーの統合の失敗は、グループ                          BPCE  の収益性に重大な負担をかける可能性がある。かか
     る 悪影響は、主力従業員の離脱につながる可能性がある。グループ                                 BPCE  が主力従業員引止めのための奨励金
     を提供せざるを得なくなった場合には、費用増加および収益性の低下を引き起こすおそれがある。ジョイン
     ト・ベンチャーは、グループ               BPCE  の支配下にないシステム、統制および社員に依拠する可能性があり、この
     観点から、負債、損失またはレピュテーション被害を受ける可能性があり、グループ                                            BPCE  に付加的リスクや
     不確実性をもたらすおそれがある。加えて、グループ                            BPCE  とジョイント・ベンチャーのパートナーとの間に
     おける対立および不一致は、ジョイント・ベンチャーにより達成することを目的としている利益に悪影響を
     及ぼすおそれがある(例として、                 2018  年度有価証券報告書における               BPCE   S.A.  グループの連結財務書類に対す
     る注記   12.4  を参照のこと。)。
     <訂正後>

     買収は、グループ         BPCE  の現行の戦略の主軸ではないが、グループ                      BPCE  は、将来において買収またはパート

     ナーシップの機会を考慮する可能性がある。グループ                            BPCE  は、潜在的な買収またはジョイント・ベンチャー
     案件を綿密に審査するものの、すべての面において包括的な審査を行うことは通常実現可能ではない。その
     結果、グループ        BPCE  は、当初に予期しなかった債務を管理しなければならない可能性がある。同様に、買収
     先企業またはジョイント・ベンチャーが期待したほどの業績をあげない、予定されていたシナジーが全ても
     しくは一部が実現しない、または取引により費用が予想以上にかかるおそれがある。また、グループ                                                    BPCE
     は、新企業との統合において困難に直面する可能性もある。発表された買収の失敗、もしくは新企業または
     ジョイント・ベンチャーの統合の失敗は、グループ                          BPCE  の収益性に重大な負担をかける可能性がある。かか
     る悪影響は、主力従業員の離脱につながる可能性がある。グループ                                  BPCE  が主力従業員引止めのための奨励金
     を提供せざるを得なくなった場合には、費用増加および収益性の低下を引き起こすおそれがある。ジョイン
     ト・ベンチャーは、グループ               BPCE  の支配下にないシステム、統制および社員に依拠する可能性があり、この
     観点から、負債、損失またはレピュテーション被害を受ける可能性があり、グループ                                            BPCE  に付加的リスクや
     不確実性をもたらすおそれがある。加えて、グループ                            BPCE  とジョイント・ベンチャーのパートナーとの間に
     おける対立および不一致は、ジョイント・ベンチャーにより達成することを目的としている利益に悪影響を
     及ぼすおそれがある(例として、                 2018  年度有価証券報告書におけるグループ                   BPCE  の連結財務書類に対する注
     記 12.4  「パートナーシップおよび関連会社」                   を参照のこと。)。
     実際の業績は、グループ             BPCE  の財務書類の作成にあたり使用される仮定とは異なる可能性があり、そのため

     グループ     BPCE  が想定外の損失を被るおそれがある。
     <訂正前>

                              (前略)

     見積りの使用および判断に関する情報は、                      2018  年度有価証券報告書における               BPCE   S.A.  グループの連結財務書

     類に対する注記        2.3  「見積および判断の使用」に記載されている。
     <訂正後>

                              (前略)

     見積りの使用および判断に関する情報は、                      2018  年度有価証券報告書におけるグループ                   BPCE  の連結財務書類に

     対する注記      2.3  「見積および判断の使用」に記載されている。
                                  7/41



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     BPCE  は、財政連帯構造の一部である事業体(                     BPCE  が経済的利益を有していない事業体を含む。)が財政難に
     直面した際には、これを援助しなければならない可能性がある。
     <訂正前>

                              (前略)

     グループ     BPCE  の流動性リスクおよび自己資本比率リスクを保障するために設定された3つの保証ファンドに

     ついては、      2018  年度有価証券報告書における               BPCE   S.A.  グループ     の財務書類に対する注記             1.2  「保証の仕組」
     に記載されている。地方銀行および関連グループに所属する事業体は、将来の利益に係る保証ファンドに追
     加の拠出を行うよう求められる。保証ファンドは、財政連帯構造に対して資金を提供する巨額の資金源であ
     るものの、かかる資金源が十分である保証はない。保証ファンドが不十分であると判明した場合、                                                  BPCE  は中
     央機関としての義務に従い、自己の資金を利用し、および(該当する場合)拠出企業の資金を利用して、不
     足分を補填するよう求められる。
     この義務に照らして、拡大当行グループのメンバー(拠出企業ではない関連会社を含む。)が深刻な財政難

     に直面した場合、当該財政難の原因となった状況が、                            BPCE  および財政連帯構造に基づき支援を求められたそ
     の他の拠出企業の財務状況に影響を及ぼす可能性がある。そのような懸案の状況がグループ                                               BPCE  に対する破
     綻処理手続の開始または裁判所命令による                      BPCE  の清算を引き起こすような極端な場合には、                       BPCE  の資産およ
     び(該当する場合)拠出企業の資産を利用して、最初に財政難に直面した事業体を支援することにより、
     CET1  金融商品および        AT1  金融商品の投資家をはじめとして、                  BPCE  および拠出企業が発行した有価証券の投資家
     に影響が及ぶ可能性がある。損失が                  CET1  および   AT1  の資本金を超える場合、             BPCE  の資産および(該当する場
     合)拠出企業の資産が、             Tier2   金融商品、非優先         シニア   債およびいずれかの優先             シニア   債の一部または全部を
     買い戻すには不十分であると判明する可能性がある。そのような場合、影響を受ける投資家は、投資額の全
     部または一部を失う可能性がある。
     <訂正後>

                              (前略)

     グループ     BPCE  の流動性リスクおよび自己資本比率リスクを保障するために設定された3つの保証ファンドに

     ついては、      2018  年度有価証券報告書における               BPCE  親会社   の財務書類に対する注記             1.2  「保証の仕組」に記載さ
     れている。地方銀行および関連グループに所属する事業体は、将来の利益に係る保証ファンドに追加の拠出
     を行うよう求められる。保証ファンドは、財政連帯構造に対して資金を提供する巨額の資金源であるもの
     の、かかる資金源が十分である保証はない。保証ファンドが不十分であると判明した場合、                                               BPCE  は中央機関
     としての義務に従い、自己の資金を利用し、および(該当する場合)拠出企業の資金を利用して、不足分を
     補填するよう求められる。
     この義務に照らして、拡大当行グループのメンバー(拠出企業ではない関連会社を含む。)が深刻な財政難

     に直面した場合、当該財政難の原因となった状況が、                            BPCE  および財政連帯構造に基づき支援を求められたそ
     の他の拠出企業の財務状況に影響を及ぼす可能性がある。そのような懸案の状況がグループ                                               BPCE  に対する破
     綻処理手続の開始または裁判所命令による                      BPCE  の清算を引き起こすような極端な場合には、                       BPCE  の資産およ
     び(該当する場合)拠出企業の資産を利用して、最初に財政難に直面した事業体を支援することにより、
     CET1  金融商品および        AT1  金融商品の投資家をはじめとして、                  BPCE  および拠出企業が発行した有価証券の投資家
     に影響が及ぶ可能性がある。損失が                  CET1  および   AT1  の資本金を超える場合、             BPCE  の資産および(該当する場
     合)拠出企業の資産が、             Tier2   金融商品、非       上位  優先債およびいずれかの             上位  優先債の一部または全部を買い
     戻すには不十分であると判明する可能性がある。そのような場合、影響を受ける投資家は、投資額の全部ま
     たは一部を失う可能性がある。
                                  8/41



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
    次へ
                                  9/41




















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2.3   リスク管理および適正自己資本
     2.3.1    規制の枠組み

     <訂正前>

                              (前略)

     ・  バーゼルⅢ規定の段階的な組み込み                  :

         - 将来の利益に左右され税務上の繰越欠損金に係る繰延税金資産(                                 DTA  )は、   2015  年度から毎年       10 %

         ずつ徐々に控除されている。               2016  年3月   14 日付の   ECB  規則(   EU ) 2016/445     の第  19 条に従い、      DTA  は
         2019  年に完全に控除された。
                              (中略)

         - バーゼルⅡに基づき資本に含めることができるが、新しい規則の下ではもはや条件を満たさない

         複合負債性金融商品は、一定の条件下で既得権者除外条項にあてはまる可能性がある。この条項に
         従い、それらの商品は徐々に8年の間、毎年                       10 %ずつ減少しながら除外される。                 2019  年1月1日か
         ら、  2013  年 12 月 31 日に申告されたかかるすべての金融商品の                      30 %が認識され、        2020  年には   20 %、そ
         して次年度以降も同じように続く。未認識の                       株式  は、関連する基準を満たす場合、より低い資本区
         分に含められる。
     <訂正後>

                              (前略)

     ・  バーゼルⅢ規定の段階的な組み込み                  :

         - 将来の利益に左右され           る 税務上の繰越欠損金に係る繰延税金資産(                      DTA  )は、   2015  年度から毎年

         10 %ずつ徐々に控除されている。                2016  年3月   14 日付の   ECB  規則(   EU ) 2016/445     の第  19 条に従い、      DTA
         は 2019  年に完全に控除された。
                              (中略)

         - バーゼルⅡに基づき資本に含めることができるが、新しい規則の下ではもはや条件を満たさない

         複合負債性金融商品は、一定の条件下で既得権者除外条項にあてはまる可能性がある。この条項に
         従い、それらの商品は徐々に8年の間、毎年                       10 %ずつ減少しながら除外される。                 2019  年1月1日か
         ら、  2013  年 12 月 31 日に申告されたかかるすべての金融商品の                      30 %が認識され、        2020  年には   20 %、そ
         して次年度以降も同じように続く。未認識の                       部分  は、関連する基準を満たす場合、より低い資本区
         分に含められる。
     2.3.4    適正自己資本の管理

     法定バランス・シートからレバレッジ比率エクスポージャーへの移行

     <訂正前>

                              (前略)

     百万ユーロ

                                     2019  年          2018  年
                                                 12 月 31 日
                                     6月  30 日
     財務諸表において開示された連結資産合計                               1,338,624            1,273,926

     規制上の連結の範囲外において会計の目的上連結される、銀行、                               -111,884            -105,014

     金融、保険または商業に関連する事業体への投資に関する調整
                                 10/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     運営上の会計の枠組みに従い賃借対照表上において認識されるが                               -            -
     レバレッジ比率エクスポージャーの手法から除外される受託資産
     に関する調整
     デリバティブ金融商品に関する調整                               -40,890            -33,528

     有価証券資金調達取引に関する調整(即ち、レポ取引および類似                               -20,761            -20,356

     の担保付貸付)
     オフバランス・シートの項目に関する調整(即ち、オフバラン                               74,116            74,055

     ス・シートのエクスポージャーの同等のクレジットへの転換)
     その他の調整                               -6,446            -5,672

     レバレッジ比率エクスポージャー合計                               1,232,758            1,183,411

                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)

     会計資産とレバレッジ比率エクスポージャーの比較概要

     百万ユーロ

                                     2019  年          2018  年
                                                 12 月 31 日
                                     6月  30 日
     財務諸表において開示された連結資産合計                               1,338,624            1,273,926

     規制上の連結の範囲外において会計の目的上連結される、銀行、                               -111,884            -105,014

     金融、保険または商業に関連する事業体への投資に関する調整
     運営上の会計の枠組みに従い賃借対照表上において認識されるが                               -            -

     レバレッジ比率エクスポージャーの手法から除外される受託資産
     に関する調整
     デリバティブ金融商品に関する調整                               -40,890            -33,528

     有価証券資金調達取引に関する調整(即ち、レポ取引および類似                               -20,761            -20,356

     の担保付貸付)
     オフバランス・シートの項目に関する調整(即ち、オフバラン                               74,116            74,055

     ス・シートのエクスポージャーの同等のクレジットへの転換)
     その他の調整                               -6,446            -5,672

     レバレッジ比率エクスポージャー合計                               1,232,758            1,183,411

                              (後略)
     金融コングロマリット

     <訂正前>

                                 11/41




                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (後略)






     <訂正後>

                              (後略)






    次へ

                                 12/41






                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2.4   信用リスクおよびカウンターパーティー・リスク
     <訂正前>

                              (前略)

     監督制度は、顧客の財政難              を検知し、可能な限り早期に解決策を構築するためにトリガーおよび収益に関す

     る警告のリストが含まれるよう拡大された。これらの指標は、当年度上半期に                                        ECB  に提出された不良債権の報
     告書に基づく提言の実施に関するプロジェクトの概要に従って段階的に公表される。
                              (後略)

     <訂正後>

                              (前略)

     監督制度は、顧客の財政難              を検知し、可能な限り早期に解決策を構築するためにトリガーおよび収益に関す

     る警告   指標  のリストが含まれるよう拡大された。これらの指標は、当年度上半期に                                     ECB  に提出された不良債権
     の報告書に基づく提言の実施に関するプロジェクトの概要に従って段階的に公表される。
                              (後略)

     2.5   市場リスク

     ストレス・テストの結果

     拡大当行グループの           2019  年度上半期中のストレス・テスト平均(単位:百万ユーロ)

     <訂正前>
     <訂正後>









                                 13/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
    次へ

















                                 14/41




                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2.7   法律上のリスク
     2.7.2    訴訟・仲裁手続-ナティクシス

     マドフの不正行為

     <訂正前>

     2019  年6月   30 日 現在のマドフ案件の対象となっている推定資産残高は                            543  百万ユーロであり、同日現在で全額

     に対し引当金が計上されている。このエクスポージャーが事実上どのような影響があるかは、ナティクシス
     名義で投資された資産の回収の範囲、および当行の講じる対応策(特に法的手続上の対応策)の結果の双方
     に左右される。また          2011  年には、本件における専門家の責任に(保険会社と相次ぎ締結していた総額                                       123  百万
     ユーロの)保険約款を適用するかをめぐって紛争が生じた。                               2016  年 11 月、パリ控訴裁判所は、マドフの不正
     行為によりナティクシスが被った損失について保険でカバーされた金額について、ナティクシスの契約して
     いた保険金額を上限に最初の保険会社の責任を認めた商業裁判所の従来の判決を支持した。                                               2018  年9月   19
     日、破棄院は控訴対象の当該判決を取り消し、別の裁判官により審理されるパリ控訴裁判所に事件を差し戻
     した。   2019  年6月   11 日に審理が行われ、          2019  年9月   24 日に判決が言い渡され           る予定である       。
                              (後略)

     <訂正後>

     2019  年6月   30 日 現在のマドフ案件の対象となっている推定資産残高は                            543  百万ユーロであり、同日現在で全額

     に対し引当金が計上されている。このエクスポージャーが事実上どのような影響があるかは、ナティクシス
     名義で投資された資産の回収の範囲、および当行の講じる対応策(特に法的手続上の対応策)の結果の双方
     に左右される。また          2011  年には、本件における専門家の責任に(保険会社と相次ぎ締結していた総額                                       123  百万
     ユーロの)保険約款を適用するかをめぐって紛争が生じた。                               2016  年 11 月、パリ控訴裁判所は、マドフの不正
     行為によりナティクシスが被った損失について保険でカバーされた金額について、ナティクシスの契約して
     いた保険金額を上限に最初の保険会社の責任を認めた商業裁判所の従来の判決を支持した。                                               2018  年9月   19
     日、破棄院は控訴対象の当該判決を取り消し、別の裁判官により審理されるパリ控訴裁判所に事件を差し戻
     した。   2019  年6月   11 日に審理が行われ、          2019  年9月   24 日に判決が言い渡され           た 。
                              (後略)

    次へ

                                 15/41







                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2.9   テクニカル保険リスク
     2.9.1    ナティクシス・アシュアランシズ

     市場リスク

     <訂正前>

                              (前略)

     市場リスクを管理するために、新たなアセットクラス(経済への資金供給、ボラティリティの低い株式等)

     への投資を通じて収益源を分散している。かかる分散は、規制上の制約、保険契約者に対するコミットメン
     トおよび事業要件を勘案した戦略的配分(毎年定められる。)により管理される。
     <訂正後>

                              (前略)

     市場リスクを管理するために、                具体的には、       新たなアセットクラス(経済への資金供給、ボラティリティの

     低い株式等)への投資を通じて収益源を分散している。かかる分散は、規制上の制約、保険契約者に対する
     コミットメントおよび事業要件を勘案した戦略的配分(毎年定められる。)により管理される。
                                 16/41














                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     3 (3)  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     2019  年6月   30 日現在の半期財務成績

     3 (3)  .1  2019  年度  上半期中の経済環境および財務環境

     <訂正前>

     世界経済は、       2017  年度にピークを迎え、            10 年にわたるインフレなき成長サイクルとして穏やかに成長し                                た

     後、  2018  年度初頭以降       、世界経済      は後退している。          2019  年度上半期、産業部門は半ば不景気に陥ったもの
     の、サービス部門にまでは波及していなかった。産業部門におけるかかる低迷の原因をたどると、                                                   2018  年度
     第4四半期における欧州およびアジアの主に自動車部門のみならず電気機器部門までさかのぼることができ
     るが、これによって世界貿易は急激に縮小した。                          2019  年度の初頭から急速に高まりつつある不確実性によ
     り、経済主体の信用が揺らいでいる。これは、地政学的                             リスク   (特にイラン)、米中間(潜在的には欧州も
     含む。)における保護貿易主義の増大リスク、英国の                            EU 離脱強硬派の台頭、イタリアの国家財政を取り巻く
     緊迫情勢等を含むものとし、第1四半期に見られた大西洋を挟む両大陸および中国における自動的な回復に
     終止符が打たれた。米国では国内需要が失速し、しばしば転換期の主要指標となる利回り曲線が逆転した。
     米中の貿易摩擦に伴う貿易リスクを受けて、中国および欧州の主要諸国は、消費者購買力を刺激するために
     財政刺激策を設けたが、結果として消費者の追加支出を生み出すことができなかった。
                              (中略)

     並外れた     GDP  成長率(     2017  年度は   2.4  %)および      2018  年度における成長率の減速(               1.7  %へと下落)の後、          2019

     年度上半期においてフランスの成長は鈍化し、潜在成長率であるおおよそ年率                                        1.3  %に戻った。経済活動は、
     「イエロー・ベスト運動」の悪影響をさらに受けることなく、景況および消費者心理の双方とも                                                  2018  年 12 月
     に底を打った後に改善した。               2018  年 12 月および     2019  年4月に発表された政策は、消費者購買力を増大させ
     た。  2018  年度第4四半期に既に回復していた消費者購買力は、低インフレにも牽引されて第1四半期に急騰
     した。マクロン大統領が導入した一回限りの購買力ボーナス(税・社会保障費の非課税)により賃金の引上
     げにも弾みがついた。活性化されたものの、消費量は、購買力利益と比例せず、                                          2018  年度第3四半期および
     2018  年度第4四半期の貯蓄率がそれぞれ                   14.2  %および     14.9  %であったところ、          15.3  %まで上昇した。事業向
     け投資は、良好な資金調達および雇用主負担の社会保障費を継続的に減額する                                          CICE  (競争力・雇用税額控
     除)による一回限りの現金効果に支えられて、順調に推移した。対外貿易は、                                         2018  年度と異なり、世界的な
     需要の低迷および有能な人材面で隘路となっていることで飽和状態である国内供給では賄えない支出増に起
     因する輸入の増加による打撃を受けた。                     2015  年度以降、雇用が増加している中、成長により第2四半期にお
     ける失業率が約        8.5  %まで引き下げられた(情報元:                 INSEE   )。
     <訂正後>

     世界経済は、       10 年にわたるインフレなき成長サイクルとして穏やかに成長し                                、 2017  年度にピークを迎えた

     後、  2018  年度初頭以降は後退している。                2019  年度上半期、産業部門は半ば不景気に陥ったものの、サービス
     部門にまでは波及していなかった。産業部門におけるかかる低迷の原因をたどると、                                            2018  年度第4四半期に
     おける欧州およびアジアの主に自動車部門のみならず電気機器部門までさかのぼることができるが、これに
     よって世界貿易は急激に縮小した。                   2019  年度の初頭から急速に高まりつつある不確実性により、経済主体の
     信用が揺らいでいる。これは、地政学的                     危機  (特にイラン)、米中間(潜在的には欧州も含む。)における
     保護貿易主義の増大リスク、英国の                   EU 離脱強硬派の台頭、イタリアの国家財政を取り巻く緊迫情勢等を含む
     ものとし、第1四半期に見られた大西洋を挟む両大陸および中国における自動的な回復に終止符が打たれ
     た。米国では国内需要が失速し、しばしば転換期の主要指標となる利回り曲線が逆転した。米中の貿易摩擦
     に伴う貿易リスクを受けて、中国および欧州の主要諸国は、消費者購買力を刺激するために財政刺激策を設
     けたが、結果として消費者の追加支出を生み出すことができなかった。
                              (中略)

                                 17/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     並外れた     GDP  成長率(     2017  年度は   2.4  %)および      2018  年度における成長率の減速(               1.7  %へと下落)の後、          2019
     年度上半期においてフランスの成長は鈍化し、潜在成長率であるおおよそ年率                                        1.3  %に戻った。経済活動は、
     「イ  エロー・ベスト運動」の悪影響をさらに受けることなく、景況および消費者心理の双方とも                                                2018  年 12 月
     に底を打った後        、大幅   に改善した。       2018  年 12 月および     2019  年4月に発表された政策は、消費者購買力を増大
     させた。     2018  年度第4四半期に既に回復していた消費者購買力は、低インフレにも牽引されて第1四半期に
     急騰した。マクロン大統領が導入した一回限りの購買力ボーナス(税・社会保障費の非課税)により賃金の
     引上げにも弾みがついた。活性化されたものの、消費量は、購買力利益と比例せず、                                            2018  年度第3四半期お
     よび  2018  年度第4四半期の貯蓄率がそれぞれ                   14.2  %および     14.9  %であったところ、          15.3  %まで上昇した。事
     業向け投資は、良好な資金調達および雇用主負担の社会保障費を継続的に減額する                                           CICE  (競争力・雇用税額
     控除)による一回限りの現金効果に支えられて、順調に推移した。対外貿易は、                                          2018  年度と異なり、世界的
     な需要の低迷および有能な人材面で隘路となっていることで飽和状態である国内供給では賄えない支出増に
     起因する輸入の増加による打撃を受けた。                      2015  年度以降、雇用が増加している中、成長により第2四半期に
     おける失業率が約         8.5  %まで引き下げられた(情報元:                 INSEE   )。
     3(3).2     2019  年度上半期のハイライト

     クレディ・フォンシエの業務および専門性をグループ                            BPCE  に統合

     <訂正前>

                              (前略)

     GPEC  (戦略的な人材)および             PSE  (従業員雇用保護プラン)契約等の労務関係事項が実行された。                                  2019  年1

     月、失業予定の従業員に対し、                別の  拡大当行グループにおける就職口が紹介された。当該従業員は、希望退
     職制度に基づき、拡大当行グループ外に移籍するオプションも有していたが、                                         2019  年4月初旬に、新たな会
     社に配属された。当該計画の労務関係事項が実施された結果、拡大当行グループは、                                            2019  年度上半期におい
     て、  1)2018   年 12 月 31 日時点の当初想定を上回る割合の従業員が希望退職制度を選択したこと、および                                          2) 当該
     従業員の完全退職後の従業員給付金に係る引当金戻入に関連して、                                   27 百万ユーロの追加費用純額(税引前)
     を計上した。
     <訂正後>

                              (前略)

     GPEC  (戦略的な人材)および             PSE  (従業員雇用保護プラン)契約等の労務関係事項が実行された。                                  2019  年1

     月、失業予定の従業員に対し、拡大当行グループ                          内の他の会社       における就職口が紹介された。当該従業員
     は、希望退職制度に基づき、拡大当行グループ外に移籍するオプションも有していたが、                                               2019  年4月初旬
     に、新たな会社に配属された。当該計画の労務関係事項が実施された結果、拡大当行グループは、                                                   2019  年度
     上半期において、         1)2018   年 12 月 31 日時点の当初想定を上回る割合の従業員が希望退職制度を選択したこと、
     および   2) 当該従業員の完全退職後の従業員給付金に係る引当金戻入に関連して、                                     27 百万ユーロの追加費用純
     額(税引前)を計上した。
     ファクタリング、引受・金融保証、リース、消費者金融および証券サービス事業ラインのナティクシスによ

     る売却および当行による取得
     <訂正前>

                              (前略)

     ナティクシスの売却した子会社の支配権は、徐々に                           BPCE  へと移転された。かかる権利移転および当該取引の

     その他の特性と併せた結果、ナティクシスは、                        2019  年1月1日付で支配権を失った。
     グループ     BPCE  は、  2019  年1月1日以降、ナティクシスの売却した子会社の全利益を                               2019  年度上半期の連結財

     務書類に合算した。
                                 18/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)

     ナティクシスの売却した子会社の支配権は、                       当該期間中      徐々に   BPCE  へと移転された。かかる権利移転および

     当該取引のその他の特性と併せた結果、ナティクシスは、                              2019  年1月1日付で支配権を失った。
     その結果として、         グループ     BPCE  は、  2019  年1月1日以降、ナティクシスの売却した子会社の全利益を                               2019  年

     度上半期の連結財務書類に合算した。
                              (後略)

     <訂正前>

     グループ     BPCE  従業員向けの行動         規範および      倫理  規程

     グループ     BPCE  は、全従業員向けに行動             規範および      倫理  規程  を設けている。同書は、日々の行動指針となる                        12

     つの原則を定めている。その目的は、従業員に対し、顧客または会社側の長期的な利益の所在につき疑義が
     生じる場合に判断を下すためのガイダンスを与えるためである。当該                                    行動  規範は、     12 つの原則という形で要
     約され、具体例も例示されている。
     <訂正後>

     グループ     BPCE  従業員向けの行動         ・ 倫理  規範

     グループ     BPCE  は、全従業員向けに行動             ・ 倫理  規範  を設けている。同書は、日々の行動指針となる                        12 つの原則

     を定めている。その目的は、従業員に対し、顧客または会社側の長期的な利益の所在につき疑義が生じる場
     合に判断を下すためのガイダンスを与えるためである。当該規範は、                                    12 つの原則という形で要約され、具体
     例も例示されている。
     ポピュレール銀行およびフェデラシオン・ナシオナル・デ・ソカマは、欧州投資ファンド(「                                                EIF  」)との間

     で、  65,000   超のフランス小規模企業(「               VSE  」)を対象とする2十億ユーロの契約を締結した
     <訂正前>

     ポピュレール銀行、フェデラシオン・ナシオナル・デ・ソカマおよび欧州投資ファンド(「                                               EIF  」)は、欧州

     の投資計画に基づき、契約期間を                  3 年間とする2十億ユーロに上るローン信用保証契約を新たに締結した。
     65,000   以上  のフランスにおける          VSE  は、かかる新契約によって利益を享受できる。
     <訂正後>

     ポピュレール銀行、フェデラシオン・ナシオナル・デ・ソカマおよび欧州投資ファンド(「                                               EIF  」)は、欧州

     の投資計画に基づき、契約期間を                  3 年間とする2十億ユーロに上るローン信用保証契約を新たに締結した。
     65,000   超 のフランスにおける          VSE  は、かかる新契約によって利益を享受できる。
     <訂正前>

     ポピュレール銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)は、プライベート・バンキング顧客向けの革新的な

     デジタル     イノベーション        であるマネーピッチ(           MoneyPitch      )を開始
                                 19/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     <訂正後>
     ポピュレール銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)は、プライベート・バンキング顧客向けの革新的な

     デジタル     ソリューション        であるマネーピッチ(           MoneyPitch      )を開始
     <訂正前>

     ナティクシス・ファクターはポピュレール銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)の顧客向けに債権の調

     達のために即時払いサービス               の選択肢     を提供
     <訂正後>

     ナティクシス・ファクターはポピュレール銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)の顧客向けに債権の調

     達のために即時払いサービスを提供                  するフランス初のファクタリング専門会社となる
     <訂正前>

     ナティクシス・インベストメント・マネージャーズ                           および   フィエラ・キャピタル            との間で     戦略的パートナー

     シップを締結
     <訂正後>

     ナティクシス・インベストメント・マネージャーズ                          と フィエラ・キャピタル           が 戦略的パートナーシップを締

     結
    次へ

                                 20/41











                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     3 (3)  .3  2019  年8月1日付経営成績に関するプレス・リリース
     <訂正前>

                              (前略)

      資産運用業務のマルチ・ブティックビジネスモデルの強み

                              (中略)

            ・   2019  年度第2四半期における             10.8  %の上向き成長
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
      資産運用業務のマルチ・ブティックビジネスモデルの強み

                              (中略)

            ・   2019  年度第2四半期における             10.8  %の上向き      収益  成長
                              (後略)
     1.  グループ      BPCE  : 2018  年度の高水準に比して堅調であった                  2019  年度第2四半期および           2019  年度上半期の税

     引前利益
     <訂正前>
                              (前略)
                                 1
     2019  年度第2四半期のグループ              BPCE  の総  リスクコスト        は、  326  百万ユーロであり、これは対前年同期比で
     2.9  %の僅かな増加を表している。これはとりわけ、                         多額の単一のファイル           がコーポレート・投資銀行業務の
     事業ラインに影響を及ぼしたことに起因している。                           2019  年度上半期中、この項目の総額は、貸付金残高の                          18
     ベーシス・ポイントに相当する                611  百万ユーロに上った。これは、                2018  年度上半期に達成された値から安定し
     ている。
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
                                 1
     2019  年度第2四半期のグループ              BPCE  の総  リスクコスト        は、  326  百万ユーロであり、これは対前年同期比で
     2.9  %の僅かな増加を表している。これはとりわけ、                         大型の単発の届出         がコーポレート・投資銀行業務の事業
     ラインに影響を及ぼしたことに起因している。                        2019  年度上半期中、この項目の総額は、貸付金残高の                          18 ベー
     シス・ポイントに相当する              611  百万ユーロに上った。これは、                2018  年度上半期に達成された値から安定してい
     る。
                              (後略)
     2.高い自己資本比率および損失吸収力

     <訂正前>

     2.3   2019  年度の中長期       ホールセール       資金調達プランの         80 %が既に完了
                              (中略)
     1  手法に    対する   注記を参照。

                              (後略)
     <訂正後>

                                 21/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2.3   2019  年度の中長期資金調達プランの                80 % が既に完了
                              (中略)
     1  手法に    関する   注記を参照。

                              (後略)

    次へ

                                 22/41

















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     3.1   リテール・バンキングおよび保険
     <訂正前>
     好調な収益の勢いおよび厳正なコスト管理により、正のジョーズ効果があった。
                              2019  年度    前年同期からの          2019  年度    前年同期からの

     基本額
     (百万ユーロ)
                               上半期     変動率(試算)         第2四半期      変動率(試算)
                              ( 中略  )

     IFRIC   第 21 号の影響を会計処理するための
                                 2,509         6.6%       1,267         7.1%
     修正再表示後の税引前利益
     費用/収益比率
                                 64.3%       (1.2)pp         64.8%        0.0pp
               1

                                 10.6%       (0.2)pp         10.4%       (0.5)pp
     標準的   ROE  (税引後)
                              (後略)
     <訂正後>

     好調な収益の勢いおよび厳正なコスト管理により、正のジョーズ効果があった。
                              2019  年度    前年同期からの          2019  年度    前年同期からの

     基本額
     (百万ユーロ)
                               上半期     変動率(試算)         第2四半期      変動率(試算)
                              ( 中略  )

     IFRIC   第 21 号の影響を会計処理するための
                                 2,509         6.6%       1,267         7.1%
     修正再表示後の税引前利益
            1
                                 64.3%       (1.2)pp         64.8%        0.0pp
     費用/収益比率
               1

                                 10.6%       (0.2)pp         10.4%       (0.5)pp
     標準的   ROE  (税引後)
                              (後略)
    次へ

                                 23/41









                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     3.1.3    金融ソリューション・専門技術:業務の活力および                          強固  な収益の基盤
     <訂正前>
                              (前略)
     消費者ローンでは、           2019  年 6 月 30 日現在の貸付金残高が対前年同期比で                    6.8  %増加した。また新規リースが
     2019  年度上半期中       18 %増加した。       担保  ・金融保証業務では、個人顧客の総保険料が                       当年上半期において          22 %
     増加した。
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
     消費者ローンでは、           2019  年 6 月 30 日現在の貸付金残高が対前年同期比で                    6.8  %増加した。また新規リースが
     2019  年度上半期中       18 %増加した。       引受  ・金融保証業務では、個人顧客の総保険料が                       当年上半期において          22 %
     増加した。
                              (後略)
     3.1.4    保険:営業総利益が好調な勢いを維持し                      8.6  %の増加を示す

     <訂正前>
                              (前略)
         1

     基礎的数値
                               2019  年度    前年同期からの         2019  年度     前年同期からの
     (単位:百万ユーロ)
                                上半期        変動率       第2四半期         変動率
                              (中略)
     IFRIC  第 21 号の
                                   200        8.7%         94       16.5%
     修正再表示後の税引前利益
           1
                                  54.2%       (0.2)pp         56.9%       (1.2)pp
     費用/収益比率
                              (中略)
     2  手法に関する注記を参照すること。                  IFRC  第 21 号 を除く。

     < 訂正後   >

                              (前略)
         1

     基礎的数値
                               2019  年度    前年同期からの         2019  年度     前年同期からの
     (単位:百万ユーロ)
                                上半期        変動率       第2四半期         変動率
                              (中略)
     IFRIC  第 21 号の
                                   200        8.7%         94       16.5%
     修正再表示後の税引前利益
           2
                                  54.2%       (0.2)pp         56.9%       (1.2)pp
     費用/収益比率
                              (中略)
     2  手法に関する注記を参照すること。                  IFRC  第 21 号 の影響の控除後。

     3.1.5    支払:堅調さを維持

     <訂正前>
                              (前略)
     前払および発行ソリューションズ                 において、      2019  年度第2四半期における増加は、食事券ならびに給付およ
     び報酬セグメント(          ティートル・カドー          および   コミテオ     )からの影響を受けたものであった。モバイル決済
     数は、   2019  年度第2四半期中、          過去1年間で       2.6  倍 以上に   増加した。
                                 24/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     1  手法に関する注記を参照すること。                  IFRC  第 21 号 を除く   。
     <訂正後>

                              (前略)
     前払および発行ソリューションズ                 において、      2019  年度第2四半期における増加は、食事券ならびに給付およ
     び報酬セグメント(          ティートル・カドー          および   コミテオ     )からの影響を受けたものであった。                    2019  年度第2
     四半期中の      モバイル決済数は、過去1年間で                 2.6  倍 超 増加した
     1  手法に関する注記を参照すること。                  IFRC  第 21 号 の影響の控除後       。

     3.2   アセット・アンド・ウェルス・マネジメント                        :パフォーマンスおよび成長を達成する活発な資産運用モ

     デル
     <訂正前>

                              (前略)
     1  手法に関する注記を参照すること。                  IFRIC   第 21 号 を除く   。

     2  ヴェガ   IM の ダイナミック・ソリューションズおよび                  管理  資産を含む。
     <訂正後>

                              (前略)
     1  手法に関する注記を参照すること。                  IFRIC   第 21 号 の影響の控除後       。

     2  ダイナミック・ソリューションズおよび                  ヴェガ   IM の運用   資産を含む。
     3.3   コーポレート・投資銀行業務:厳密なコスト管理および事業の多様化による価値の創造

     <訂正前>
                              (前略)
     1  手法に関する注記を参照すること。                  IFRIC   第 21 号 を除く   。

     <訂正後>

                              (前略)
     1  手法に関する注記を参照すること。                  IFRIC   第 21 号 の影響の控除後       。

     <訂正前>

     手法に   対する   注記
     試算による四半期の経営成績の表示
                              (前略)

        -  リテール・バンキングおよび保険:ファクタリング、消費者金融、保証および個人向け証券サービ

          ス(これらの業務は、従前は専門的金融サービス部(                            SFS  )の一部を構成していた。)といった業
          務によって構成される金融ソリューション・専門技術部(                              FSE  )の創設。また、支払は、専門の独
          立した部門となった(当該業務は、従前は                      SFS  部によって取り扱われていた。)。
                              (中略)

        -  コーポレート・センター事業ラインにおいて、株式持分には主にコファスおよび                                           CNP  アシュアラン

          シズが含まれる一方、ランオフ事業には、特に、クレディ・フォンシエ(                                       RB&I  に配置されたソク
                                 25/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
          フィムおよび       CFI  を除く。)および         BPCE  インターナショナル           ( RB&I  に配置されたプラメックスを除
          く。)が含まれる。
                              (後略)

     <訂正後>

     手法に   関する   注記

     試算による四半期の経営成績の表示
                              (前略)

        -  リテール・バンキングおよび保険:ファクタリング、消費者金融、                                    引受・金融      保証および個人向け

          証券サービス(これらの業務は、従前は専門的金融サービス部(                                  SFS  )の一部を構成していた。)
          といった業務によって構成される金融ソリューション・専門技術部(                                     FSE  )の創設。また、支払
          は、専門の独立した部門となった(当該業務は、従前は                             SFS  部によって取り扱われていた。)。
                              (中略)

        -  コーポレート・センター事業ラインにおいて、株式持分には主にコファスおよび                                           CNP  アシュアラン

          シズが含まれる一方、ランオフ事業には、特に、クレディ・フォンシエ(                                       RB&I  に配置されたソク
          フィムおよび       CFI  を除く。)および         BPCE  アンテルナシヨナル           ( RB&I  に配置されたプラメックスを除
          く。)が含まれる。
                              (後略)

     銀行業務純収益

     <訂正前>
     顧客純   受取利息     (規制上の住宅貯蓄制度を除く。)は、顧客取引から稼得した利息(中央集中型の貯蓄商品
     (リヴレ     A 、リヴレ・デブロプマンおよびリヴレ・エパーニュ・ロジュマンの通帳式預金口座)に係る純受取
     利息に加え、規制住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)を基礎として算出される。
     中央集中型の貯蓄に係る             純受取利息      は、手数料として組み込まれている。
     <訂正後>

     顧客純   受取利息     (規制上の住宅貯蓄制度を除く。)は、顧客取引から稼得した利息(中央集中型の貯蓄商品
     (リヴレ     A 、リヴレ・デブロプマン             ・デュラブル       およびリヴレ・エパーニュ・ロジュマンの通帳式預金口座)
     に係る純受取利息に加え、規制住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)を基礎として算出され
     る。
     中央集中型の貯蓄に係る             純受取利息      は、手数料として組み込まれている。
     営業費用

     <訂正前>
     営業費用は、「営業費用」(               2018  年度有価証券報告書におけるグループ                    BPCE  の連結財務書表に付帯する注記
     6.6  に記載される。)と「有形              ・ 無形  固定  資産  に係る   減価償却     費 、償却   費 および減損      費用  」との合計に一致す
     る。
     <訂正後>

     営業費用は、「営業費用」(               2018  年度有価証券報告書におけるグループ                    BPCE  の連結財務書表に付帯する注記
     6.6  に記載される。)と「有形              固定資産および        無形資産     の 減価償却、償却および減損」との合計に一致する。
     リ スクコスト

     <訂正前>
                                 26/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     リ スクコストは、べーシス・ポイントで表示され、事業ラインごとのリスクのレベルを                                            借入  金残高に対する
     割合として測定する。これは、期間の信用リスクに関して計上された引当金の純額と、期首時点における顧
     客 ローンの残高の総額とを比較することで計算される。
     <訂正後>

     リ スクコストは、べーシス・ポイントで表示され、事業ラインごとのリスクのレベルを                                            貸付  金残高に対する
     割合として測定する。これは、期間の信用リスクに関して計上された引当金の純額と、期首時点における顧
     客ローンの残高の総額とを比較することで計算される。
     適正自己資本

     <訂正前>
                              (前略)
     追加の   Tier-1   資本  については、非適格となり、現在有効な段階的廃止の比率における上限が適用される劣後
     債務  に関する問題       を考慮する。
     レバレッジ比率        は、移行措置を適用することなく、欧州委員会により                            2014  年 10 月 10 日付で公表された         「 委任
     行為」   規則を使用して算出される。清算機関によって実行された有価証券                                  資金調達業務       は、  IAS  第 32 号に定め
     る基準に基づき、満期および通貨の基準を考慮することなく相殺される。欧州連合一般裁判所により下され
     た 2018  年7月   13 日付の決定に続いて、グループ                BPCE  は ,ECB  に対し、当該比率の分母の計算から規制対象貯蓄
     の集中管理された残高を除外することに関する合意を再度要求した。
     <訂正後>

                              (前略)
     その他   Tier-1   資本  については、非適格となり、現在有効な段階的廃止の比率における上限が適用される劣後
     債務  の発行   を考慮する。
     レバレッジ比率        は、移行措置を適用することなく、欧州委員会により                            2014  年 10 月 10 日付で公表された委任            法
     令の  規則を使用して算出される。清算機関によって実行された有価証券                                  金融取引     は、  IAS  第 32 号に定める基準
     に基づき、満期および通貨の基準を考慮することなく相殺される。欧州連合一般裁判所により下された                                                     2018
     年7月   13 日付の決定に続いて、グループ                BPCE  は ,ECB  に対し、当該比率の分母の計算から規制対象貯蓄の集中
     管理された残高を除外することに関する合意を再度要求した。
     総損失吸収力

     <訂正前>
                              (前略)
     ・適用ある      CRR/CRD     IV のルールに従った         追加的   Tier-1   資本、
                              (中略)
     ・前述したいずれの資本としても認識されなかった劣後債務のうち、残余満期が1年超である債務
        - 普通株式等として認識されない                追加的   Tier-1   資本証券(すなわち、段階的廃止を含む。                      ) 、
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)

     ・適用ある      CRR/CRD     IV のルールに従った         その他   Tier-1   資本、
                              (中略)
     ・前述したいずれの資本としても認識されなかった劣後債務のうち、残余満期が1年超である債務
        - 普通株式等として認識されない                その他   Tier-1   資本証券(すなわち、段階的廃止を含む。                      ) 、
                                 27/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (後略)
     流動性

     <訂正前>
                              (前略)
        - ECB  評価(   ECB  による減額後)において、              LCR  に不適格な      ECB  適格有価証券
        - 利用可能かつ       ECB  評価(   ECB  による減額後)において             ECB  適格とされる保有有価証券(証券化およびカ
         バードボンド)
                              (中略)
     ・ LCR  評価において       拡大当行グループの          LCR  準備を構成する        LCR  適格資産
                              (中略)
     短期資金調達は、当初満期日が1年以下の資金調達                          に相当   する。
     中・長期債務       の短期満期      は、当初満期日が1年超であり、かつその満期日が翌                            12 ヶ月以内に到来する          資金調
     達に相当     する。
     拡大当行グループ         の預貸率(顧客預金に対する貸出金の割合)は、分子を顧客への貸出金および中央集中型
     の規制   預金通帳上の預金         勘定とし、分母を顧客預金としたときの比率である。計算の範囲において、                                       SCF  ( コ
     ンパニー・ドゥ・フィナンスマン・フォンシエ                        、 拡大当行グループ         の ソシエテ・      デ ・ クレディ・フォンシエ
     およびフランスのカバード・ボンドの発行体)は除かれる。これらの                                    事 項は、持分      方式  を利用して保険事業
     体を会計処理後、         拡大当行グループ         の会計上の      貸借対照表から取得される。
     顧客預金は、以下の調整に服する。
        ・ バンク・     ポピュレールおよびケス・デパーニュ                    の顧客と     のリテール・バンキング・ネットワークに
         よる追加の有価証券           の発行    、および顧客預金に相当する取引相手方とともに実行する一定の                                   オペ
         レーション
        ・ナティクシスが自らの仲介業務を追求するなかで                           回収  した、特定の金融顧客により保有される短期
         預金の引出し
     <訂正後>

                              (前略)
        - LCR  の適用要件を満たさない             ECB  適格有価証券       の ECB  による評価額(        ECB  のヘアカット適用後)
        - 利用可能かつ       ECB  適格とされる保有有価証券(証券化およびカバードボンド)                                の ECB  による評価額
         ( ECB  のヘアカット適用後)
                              (中略)
     ・拡大当行グループの           LCR  準備を構成する        LCR  適格資産     の LCR  における評価額
                              (中略)
     短期資金調達       に は、当初満期日が1年以下の資金調達                   が該当   する。

     短期満期の      中・長期債務       に は、当初満期日が1年超であり、かつその満期日が翌                            12 ヶ月以内に到来する          債務
     が該当   する。
     拡大当行グループ         の預貸率(顧客預金に対する貸出金の割合)は、分子を顧客への貸出金および中央集中型
     の規制   対象通帳式貯蓄        勘定とし、分母を顧客預金としたときの比率である。計算の範囲において、                                       SCF  ( 拡大
     当行グループ       の ソシエテ・      ドゥ  ・ クレディ・フォンシエ            およびフランスのカバード・ボンドの発行体                       である
     コンパニー・ドゥ・フィナンスマン・フォンシエ                          )は除かれる。これらの項              目 は、持分     法 を利用して保険事
     業体を会計処理後、          拡大当行グループ         の会計上の      貸借対照表から取得される。
     顧客預金は、以下の調整に服する。
        ・ポピュレール        銀行  およびケス・デパーニュ             (貯蓄銀行)       のリテール・バンキング・ネットワークに
         よ り顧客に発行され         る追加の有価証券、および顧客預金に相当する取引相手方とともに実行する一
         定の  取引
        ・ナティクシスが自らの仲介業務を追求するなかで                           集客  した、特定の金融顧客により保有される短期
         預金の引出し
                                 28/41

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     貸付金残高および預金・貯蓄

     <訂正前>
                              (前略)
        -  貸付金残高       : 運用残高の範囲からは、顧客貸付金および                      受取債券     として分類される有価証券              および
         その他の金融       オペレーションとみなされる               有価証券は除かれる。
     <訂正後>

                              (前略)
        -  貸付金残高       : 運用残高の範囲からは、顧客貸付金および                      債権  として分類される有価証券              ならびに     そ
         の他の金融      取引として分類される           有価証券は除かれる。
                                 29/41
















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     第6【経理の状況】

     1【中間財務書類】

     BPCE   S.A.  グループの      IFRS  中間連結財務書類          2019  年6月    30 日現在
     中間財務書類

     5.3    BPCE    S.A.   グループの連結財務書類                    2019   年6月     30  日現在
     5.3.3     連結貸借対照表

     資産

     <訂正前>
                                                         (1)
                                         2019  年6月   30 日     2018  年 12 月 31 日
                                    注記    百万ユーロ        百万円   百万ユーロ       百万円
                              (中略)
     償却原価で測定する金融機関に対する貸付金および債権ならびに類似項目                               5. 5.2   127,991     15,293,645      129,262    15,445,516
                              (中略)

     売却目的で保有する非流動資産                                5. 6   4,000     477,960      6,167     736,895

                              (後略)

     <訂正後>

                                                         (1)
                                         2019  年6月   30 日     2018  年 12 月 31 日
                                    注記    百万ユーロ        百万円   百万ユーロ       百万円
                              (中略)
     償却原価で測定する金融機関に対する貸付金および債権ならびに類似項目                               5. 3.2   127,991     15,293,645      129,262    15,445,516
                              (中略)

     売却目的で保有する非流動資産                                5. 5   4,000     477,960      6,167     736,895

                              (後略)

    次へ

                                 30/41





                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記8 保険業務

     8.1   貸借対照表に対する注記
     8.1.6    保険業務関連投資の公正価値のヒエラルキー
     <訂正前>
                              (前略)
     公正価値ヒエラルキー間の振替状況
                              (中略)
                                              201 8事業  年度

                                 ~から    レベル1     レベル1     レベル2     レベル2     レベル3
     百万ユーロ
                                  ~へ    レベル2     レベル   3  レベル1     レベル3     レベル2
                              (中略)
     純損益を通じて公正価値で測定すると指定された金融資産                                             2
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
     公正価値ヒエラルキー間の振替状況
                              (中略)
                                              201 8事業  年度

                                 ~から    レベル1     レベル1     レベル2     レベル2     レベル3
     百万ユーロ
                                  ~へ    レベル2     レベル   3  レベル1     レベル3     レベル2
                              (中略)
     純損益を通じて公正価値で測定すると指定された金融資産                                             2         1
                              (後略)
     8.3   保険業務について            IFRS   第9号適用の一時的免除に際して提示すべき情報

     <訂正前>

                              (前略)

     その他の金融資産                          3,027          24        3, 616         (83)
                              (中略)
     (1)  売却可能有価証券に分類される           5,423  百万ユーロの     UCITS  は除かれる(     2018  年 12 月 31 日現在:   5,067  百万ユーロ)。

                              (後略)

     <訂正後>

                              (前略)
     その他の金融資産                          3,027          24        3, 516         (83)
                              (中略)
     (1)  2019  年6月  30 日現在において      売却可能有価証券に分類される           5,423  百万ユーロの     UCITS  は除かれる(     2018  年 12 月 31 日現在:   5,067  百万ユーロ)。

                              (後略)

                                 31/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記9 金融資産および負債の公正価値

     <訂正前>
     次表は主要な観察不能のインプットと該当金融商品における価額の値域を示す。
                                                   当該レベル3商品におけ
              レベル3の金融商品種類を構成す                                     る観察不能データの価額
     金融商品の種類             る主要な商品タイプ             使用される評価技法         主要な観察不能なデータ                 の値域
                              (中略)

              コーラブル・スプレッド・オプ

                                                   [0%  ; 30 % ]; [EUR  O =
              ションおよびコリドー・コーラ             複数イールド・カーブ因子の代
                                                    30 %;  USD  = 25 % ]
              ブル・スプレッド・オプション                      表モデル      平均回帰   インプット
                                                   スプレッド・ロック:

                                                      [+15bp,   +17bp
                                                    TEC ボラティリティ      =

                                         スプレッド・ロック・
                           スプレッド・ロック・オプショ
                                                       [50bp,   90bp]
                                         カーブ、   TEC 先物ボラ
              スプレッド・ロック・スワップ             ンならびに    CMS および   TEC 先物の
                                                    TEC-CMS   相関関係    =
                                          ティリティおよび
              およびスプレッド・ロック・オ             複製の時間的価値を測定する二
                                                       [50  % , 90 % ]
                                          TEC-CMS   相関関係
                      プション           変量正規モデル
                              (後略)

     <訂正後>

     次表は主要な観察不能のインプットと該当金融商品における価額の値域を示す。

                                                   2019  年6月  30 日時点での
              レベル3の金融商品種類を構成す                                     当該レベル3商品におけ
     金融商品の種類             る主要な商品タイプ             使用される評価技法         主要な観察不能なデータ          る観察不能データの価額
                                                         の値域
                              (中略)

              コーラブル・スプレッド・オプ

                                                   [0%  ; 30 % ]; [EUR  =
              ションおよびコリドー・コーラ             複数イールド・カーブ因子の代
                                                    30 %;  USD  = 25 % ]
              ブル・スプレッド・オプション                      表モデル      平均回帰   スプレッド
                                                   スプレッド・ロック:

                                                      [+15bp,   +17bp  ]
                                                    TEC ボラティリティ      =

                                         スプレッド・ロック・
                           スプレッド・ロック・オプショ
                                                       [50bp,   90bp]
                                         カーブ、   TEC 先物ボラ
              スプレッド・ロック・スワップ             ンならびに    CMS および   TEC 先物の
                                                    TEC-CMS   相関関係    =
                                          ティリティおよび
              およびスプレッド・ロック・オ             複製の時間的価値を測定する二
                                                       [50  % , 90 % ]
                                          TEC-CMS   相関関係
                      プション           変量正規モデル
                              (後略)

                                 32/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
    次へ
                                 33/41




















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     9.1   金融資産および負債の公正価値

     9.1.2    公正価値ヒエラルキーのレベル3に分類された金融資産および負債の状況
     <訂正前>
                      当期中に認識された利得および損失             当期中に実行した取引         当期中に行った振替
                            (1)
                      損益計算書に計上
                     報告日時点
                          報告日時点
                      において                      他の報告
                          に貸借対照
                                                他のレベル     その他の
                  2018年    進行中の                      区分への              2019年
                          表から除か    その他の包括           売却/
                                                   (2)    (3)
     百万ユーロ
                  12 月 31 日    取引   れた取引    利益に計上    購入/発行      買戻し     振替  との振替      変動    6 月 30 日
                              (中略)
     株式およびその他の持分証券
                   611     22              20    (3)     (3)         (14)
                              (中略)
     (3) IFRS 第5号に基づいて、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産から「売却目的で保有する金融資産」の項目に振り替えられたマイナス                                             28百万ユーロを含む。
     その他の変動には特に連結範囲の変更の影響額および為替換算差額も含まれる。
                              (中略)

     (5) 負債証券は、当期中に観察不能と決定された金融商品および                   2018 年 12 月 31 日時点で既にレベル3に分類されていた金融商品に関連する発行証券の両方について、これらに組み
      入れられたデリバティブの公正価値ヒエラルキー               レベル  と対称になるようにレベル3に再分類された(その他の変動の欄に計上)。
                              (中略)
     損益計算書に認識された主な影響は注記            4.3 に記載されている。
     (2)  レベル3への/からの主な振替は注記            9.13 に記載されている。      2018 年 12 月 31 日現在、レベル3に振り替えられた株式デリバティブの貸借対照表に対する純額の影響は                            118 百万
      ユーロの資産であった。
                              (後略)
     <訂正後>

                      当期中に認識された利得および損失             当期中に実行した取引         当期中に行った振替
                            (1)
                      損益計算書に計上
                     報告日時点
                          報告日時点
                      において                      他の報告
                          に貸借対照
                                                他のレベル     その他の
                  2018年    進行中の                      区分への              2019年
                          表から除か    その他の包括           売却/
                                                   (2)    (3)
     百万ユーロ
                  12 月 31 日    取引   れた取引    利益に計上    購入/発行      買戻し     振替  との振替      変動    6 月 30 日
                              (中略)

     株式およびその他の持分証券
                   611     22              20    (3)     (3)         (14)    632
                              (中略)
      (3)  IFRS 第5号に基づいて、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産から「売却目的で保有する金融資産」の項目に振り替えられたマイナス                                             24 百万ユーロを含む。
      その他の変動には特に連結範囲の変更の影響額および為替換算差額も含まれる。
                              (中略)

     (5) 負債証券は、当期中に観察不能と決定された金融商品および                   2018 年 12 月 31 日時点で既にレベル3に分類されていた金融商品に関連する発行証券の両方について、これらに組み
      入れられたデリバティブの公正価値ヒエラルキーと対称になるようにレベル3に再分類された(その他の変動の欄に計上)。
                              (中略)
     (1) 損益計算書に認識された主な影響は注記            4.3 に記載されている。
     (2) レベル3への/からの主な振替は注記            9.1 .3に記載されている。      2018 年 12 月 31 日現在、レベル3に振り替えられた株式デリバティブの貸借対照表に対する純額の影響は                            118 百万
      ユーロの資産であった。
                              (後略)
                                 34/41



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記   1 1  その他の情報


     1 1 .1  セグメント報告

     <訂正前>
                              (前略)
      ● その他のネットワーク:バンク・パラティーヌおよびその子会社、バンク・ドゥ・タイティ、バンク・ドゥ・ヌーベル・                                                  カ
        トリーヌ    ならびにソシエテ・アブレーズ・ドゥ・カレドニ(                     2019  事業年度上半期の収益は、ケス・ディル・ドゥ・フランス
        による支配持分の取得が          2019  年6月であったため        BPCE  アンテルナシヨナルが保持した。)
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
      ● その他のネットワーク:バンク・パラティーヌおよびその子会社、バンク・ドゥ・タイティ、バンク・ドゥ・ヌーベル・                                                  カ
        レドニ   ならびにソシエテ・アブレーズ・ドゥ・カレドニ(                     2019  事業年度上半期の収益は、ケス・ディル・ドゥ・フランスに
        よる支配持分の取得が         2019  年6月であったため        BPCE  アンテルナシヨナルが保持した。)
                              (後略)
                                 35/41














                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2 【その他】
     (1)グループ        BPCE  の IFRS  中間連結財務書類          2019  年6月    30 日現在
     中間財務書類

     5.1   グループ        BPCE   の連結財務書類              2019   年6月     30  日現在
     注記5 貸借対照表に対する注記

     5.1   純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および負債

     5.1.2    純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
     <訂正前>
                              (前略)
     これらの負債は、各貸借対照表日に公正価値で測定され、公正価値の変動は利息を含めて損益計算書の「純損益を通じて公正価値で測
     定する金融商品の正味利得または損失」の項目に認識される。ただし純損益を通じて公正価値で測定すると指定された金融負債に係る
     自己の信用リスクに起因する変動はこの限りでなく、これは純損益に再分類不能なその他の包括利益に計上される。
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
                               ( 削除  )
                              (後略)
     5. 9  引当金

     <訂正前>
                              (前略)
     (3)  ローン・コミットメントおよび保証コミットメントの信用損失に対する引当金は注記                              7.1.  1. 3に詳述されている。
     <訂正後>

                              (前略)
     (3)  ローン・コミットメントおよび保証コミットメントの信用損失に対する引当金は注記                              7.1.3  に詳述されている。
    次へ


                                 36/41







                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記8 保険業務

     8.1   貸借対照表に対する注記
     8.1.6    保険業務関連投資         の公正価値のヒエラルキー
     <訂正前>
                              (前略)
     公正価値ヒエラルキー間の振替状況
                              (中略)
                                             201 8事業年度   上半期

                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
     公正価値ヒエラルキー間の振替状況
                              (中略)
                                              201 8事業年度

                              (後略)
     8.2   損益計算書に対する注記

     8.2.2    保険業と銀行業の開示科目の調整
     <訂正前>
     下表では連結範囲に含まれる保険会社の財務書類を、銀行に適用される表示に基づくグループ                                       BPCE  の財務書類へ組み替える過程を示し
     た。
                        銀行業の表示フォーマット          2019  事業年度上半期

                       銀行業務純収益
                          その他の銀行業務                       保険業の表示      保険業の表示
                          純収益項目(保険                       フォーマット      フォーマット
                   保険業務から
                          業務からの純収益                       2019  事業年度    2018  事業年度
                        (1)
     百万ユーロ               の純収益         を除く)    営業費用     営業総利益     その他の項目        上半期      上半期
     既経過保険料                  7,864        (25)         7, 38 9      1    7,840      7,799
                              (後略)

     <訂正後>

     下表では連結範囲に含まれる保険会社の財務書類を、銀行に適用される表示に基づくグループ                                       BPCE  の財務書類へ組み替える過程を示し

     た。
                        銀行業の表示フォーマット          2019  事業年度上半期

                       銀行業務純収益
                          その他の銀行業務                       保険業の表示      保険業の表示
                          純収益項目(保険                       フォーマット      フォーマット
                   保険業務から
                          業務からの純収益                       2019  事業年度    2018  事業年度
                        (1)
     百万ユーロ
                    の純収益         を除く)    営業費用     営業総利益     その他の項目        上半期      上半期
                                 37/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     既経過保険料                  7,864        (25)         7, 83 9      1    7,840      7,799
                              (後略)

    次へ

                                 38/41



















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記9 金融資産および負債の公正価値

     <訂正前>
                              (前略)
     次表は主要な観察不能なインプットと該当金融商品における価額の値域を示す。
                                                  2019  年 6月 30 日時点での当
              レベル3の金融商品種類を構成す                                     該レベル3商品における
     金融商品の種類             る主要な商品タイプ             使用される評価技法         主要な観察不能なデータ          観察不能データの価額の
                                                          値域
                              (中略)

              コーラブル・スプレッド・オプ

                                                   [0%  ; 30 % ]; [EUR  =
              ションおよびコリドー・コーラ             複数イールド・カーブ因子の代
                                                    30 %;  USD  = 25 % ]
              ブル・スプレッド・オプション                      表モデル      平均回帰   インプット
                              (後略)

     <訂正後>

                              (前略)
     次表は主要な観察不能なインプットと該当金融商品における価額の値域を示す。
                                                  2019  年 6月 30 日時点での当
              レベル3の金融商品種類を構成す                                     該レベル3商品における
     金融商品の種類             る主要な商品タイプ             使用される評価技法         主要な観察不能なデータ          観察不能データの価額の
                                                          値域
                              (中略)

              コーラブル・スプレッド・オプ

                                                   [0%  ; 30 % ]; [EUR  =
              ションおよびコリドー・コーラ             複数イールド・カーブ因子の代
                                                    30 %;  USD  = 25 % ]
              ブル・スプレッド・オプション                      表モデル      平均回帰   スプレッド
                              (後略)

     9.1   金融資産および負債の公正価値

     9.1.2    公正価値ヒエラルキーのレベル3に分類された金融資産および負債の状況
     <訂正前>

                              (前略)

                     当期中に認識された利得およ

                         び損失       当期中に実行した取引          当期中に行った振替
                            (1)
                      損益計算書に計上
                      報告日時点
                           報告日時点
                                               他のレベル
                       において                    他の報告
                          に貸借対照表
                                                    その他の
                                              からの/への
                  2018年    進行中の                    区分への               2019年
                          から除かれた            売却/
                                                 ( 2)    (3)
     百万ユーロ
                  12 月 31 日    取引     取引   購入/発行      買戻し      振替    振替     変動     6 月 30 日
                              (中略)

                                 39/41


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
            (3)
      - 株式デリバティブ
                   569     (59)     (63)     56    (271)          190      7    430
                              (中略)
     純損益を通じて公正価値で測定す
             (4)
     る金融負債-売買目的保有
                   2,933      34    (51)    1,804     (2,072)      19    1,231     (357)    3,472
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
                     当期中に認識された利得およ

                         び損失       当期中に実行した取引          当期中に行った振替
                            (1)
                      損益計算書に計上
                      報告日時点
                           報告日時点
                                               他のレベル
                       において                    他の報告
                          に貸借対照表
                                              からの/への      その他の
                  2018年    進行中の                    区分への               2019年
                          から除かれた            売却/
                                                 ( 2)    (3)
     百万ユーロ
                  12 月 31 日    取引     取引   購入/発行      買戻し      振替    振替     変動     6 月 30 日
                              (中略)

      - 株式デリバティブ
                   569     (59)     (63)     56    (271)          190      7    430
                              (中略)
     純損益を通じて公正価値で測定す
             (4)
     る金融負債-売買目的保有
                   2,933      (34 )    (51)    1,804     (2,072)      19    1,231     (357)    3,472
                              (後略)
     <訂正前>

                     当期中に認識された利得および
                         損失       当期中に実行した取引           当期中に行った振替
                            (1)
                       損益計算書に計上
                      報告日時点
                                                他のレベル
                       において                    他の報告
                            報告日時点
                                                からの/への      その他の
                  2018年     進行中の                    区分への               2018年
                          に貸借対照表か             売却/
                                                  ( 2)    (3)
     百万ユーロ
                  1月1日       取引  ら除かれた取引      購入/発行      買戻し      振替    振替    変動     12月31日
                              (中略)

           (3)
     - 株式デリバティブ
                   253     491     (322)     308     (147)           (15)     2    569
                              (後略)
     <訂正後>

                     当期中に認識された利得および
                         損失       当期中に実行した取引           当期中に行った振替
                            (1)
                       損益計算書に計上
                                 40/41



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                      報告日時点
                                                他のレベル
                       において                    他の報告
                            報告日時点
                                                     その他の
                                                からの/への
                  2018年     進行中の                    区分への               2018年
                          に貸借対照表か             売却/
                                                  ( 2)    (3)
     百万ユーロ
                  1月1日       取引  ら除かれた取引      購入/発行      買戻し      振替    振替    変動     12月31日
                              (中略)

     - 株式デリバティブ
                   253     491     (322)     308     (147)           (15)     2    569
                              (後略)
     注記   1 1  その他の情報

     1 1 .1  セグメント報告

     <訂正前>
                              (前略)
      ● その他のネットワーク:バンク・パラティーヌ、バンク・ドゥ・タイティ、バンク・ドゥ・ヌーベル・                                          カトリーヌ     およびソ
        シエテ・アブレーズ・ドゥ・カレドニ。
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
      ● その他のネットワーク:バンク・パラティーヌ、バンク・ドゥ・タイティ、バンク・ドゥ・ヌーベル・                                          カレドニ    およびソシ
        エテ・アブレーズ・ドゥ・カレドニ。
                              (後略)
                                 41/41












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。