大阪瓦斯株式会社 訂正発行登録書

訂正発行登録書

提出日:

提出者:大阪瓦斯株式会社

カテゴリ:訂正発行登録書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
      【表紙】

      【提出書類】                         訂正発行登録書

      【提出先】                         関東財務局長

      【提出日】                         2019年11月1日

      【会社名】                         大阪瓦斯株式会社

      【英訳名】                         OSAKA GAS CO., LTD.

      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長 本荘 武宏

      【本店の所在の場所】                         大阪市中央区平野町四丁目1番2号

      【電話番号】                         06-6202-2149(財務部代表)

      【事務連絡者氏名】                         財務部ファイナンスチームマネジャー 永田 康人

      【最寄りの連絡場所】                         東京都千代田区大手町二丁目2番1号

                               大阪瓦斯株式会社東京支社
      【電話番号】                         03-3211-2551
      【事務連絡者氏名】                         東京支社長 新濱 功啓

      【発行登録の対象とした募集有価証券の種類】                         社債

      【発行登録書の提出日】                         2019年11月1日

      【発行登録書の効力発生日】                         2019年11月9日

      【発行登録書の有効期限】                         2021年11月8日

      【発行登録番号】                         1-関東1

      【発行予定額又は発行残高の上限】                         発行予定額 250,000百万円

      【発行可能額】                         250,000百万円

                               (250,000百万円)
                               (注)発行可能額は、券面総額又は振替社債の総額の合計額
                               (下段(    )書きは発行価額の総額の合計額)に基づき算出して
                               おります。
      【効力停止期間】                         該当なし
      【提出理由】                         2019年11月1日に提出した発行登録書の「第一部 証券情

                               報」のうち、「第1 募集要項」の記載について訂正を必要
                               とするためおよび「募集又は売出しに関する特別記載事項」
                               を追加するため、本訂正発行登録書を提出します。
      【縦覧に供する場所】                         株式会社東京証券取引所
                               (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                               株式会社名古屋証券取引所
                               (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                  1/24



                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
      【訂正内容】

      第一部    【証券情報】
      第1   【募集要項】
        以下に記載するもの以外については、有価証券を募集により取得させるに当たり、その都度「訂正発行登録書」又
      は「発行登録追補書類」に記載します。
      1  【新規発行社債】

        (訂正前) 
         未定 
        (訂正後)

      <大阪瓦斯株式会社第1回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)に関する情報>
       銘柄                  大阪瓦斯株式会社第1回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特
                        約付)
       記名・無記名の別                  -
       券面総額又は振替社債の総額(円)                  未定((注)16)
       各社債の金額(円)                  金1億円
       発行価額の総額(円)                  未定((注)16)
       発行価格(円)                  各社債の金額100円につき金100円
       利率(%)                  1.2019年(未定)月(未定)日の翌日から2026年(未定)月(未定)日まで
                          においては、年(未定)%
                        2.2026年(未定)月(未定)日の翌日から2029年(未定)月(未定)日まで
                          においては、6ヶ月ユーロ円ライボー(別記「利息支払の方法」欄第1項
                          第(2)号イに定義する。以下同じ。)に(未定)%を加えた値
                        3.2029年(未定)月(未定)日の翌日から2046年(未定)月(未定)日まで
                          においては、6ヶ月ユーロ円ライボーに(未定。ただし、利率の決定日に
                          決定する予定の本欄第2項に適用する6ヶ月ユーロ円ライボーへの上乗せ
                          幅に0.25%を加えた値)%を加えた値
                        4.2046年(未定)月(未定)日の翌日以降においては、6ヶ月ユーロ円ライ
                          ボーに(未定。ただし、利率の決定日に決定する予定の本欄第2項に適用
                          する6ヶ月ユーロ円ライボーへの上乗せ幅に1.00%を加えた値)%を加え
                          た値
                        ((注)16)
       利払日                  毎年(未定)月(未定)日および(未定)月(未定)日((注)16)
       利息支払の方法                  1.利息支払の方法および期限
                         (1)利息支払の方法
                          イ 本社債の利息は、払込期日の翌日から本社債の満期償還日(別記「償
                            還の方法」欄第2項第(1)号に定義する。)または期限前償還日(別記
                            「償還の方法」欄第2項第(2)号ハに定義する。)(併せて以下、「償
                            還日」という。)までこれをつけ、利払日(下記に定義する。)に、
                            当該利払日の直前の利払日(ただし、当該利払日が初回の利払日の場
                            合は払込期日。)の翌日から当該利払日までの各期間(以下、「利息
                            計算期間」という。)について支払う。
                            「利払日」とは、初回を2020年(未定)月(未定)日とし、その後毎
                            年(未定)月(未定)日および(未定)月(未定)日をいう。
                            ((注)16)
                                  2/24





                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                           ロ(ⅰ)2019年(未定)月(未定)日の翌日から2026年(未定)月(未

                              定)日まで((注)16)の本社債の利息は、以下により計算され
                              る金額を各利払日に支払う。ただし、利払日が東京における銀行
                              休業日にあたるときは、その支払は前銀行営業日にこれを繰り上
                              げる。
                              各本社債の社債権者(以下、「本社債権者」という。)が各口座
                              管理機関(別記「振替機関」欄記載の振替機関の業務規程その他
                              の規則(以下、「業務規程等」という。)に定める口座管理機関
                              をいう。以下同じ。)の各口座に保有する各本社債の金額の総額
                              に一通貨あたりの利子額を乗じて得られる金額。ただし、円位未
                              満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。本(ⅰ)において
                              「一通貨あたりの利子額」とは、業務規程等に従い、1円に別記
                              「利率」欄第1項に定める利率を乗じ、それを2で除して得られ
                              る金額(ただし、半か年に満たない期間につき一通貨あたりの利
                              子額を計算するときは、かかる金額をその半か年間の日割で計算
                              した金額。)をいう。ただし、小数点以下第13位未満の端数が生
                              じた場合にはこれを切り捨てる。
                           (ⅱ)2026年(未定)月(未定)日((注)16)の翌日以降の本社債の
                              利息は、以下により計算される金額を各利払日に支払う。ただ
                              し、利払日が東京における銀行休業日にあたるときは、前銀行営
                              業日に繰り上げる。
                              各本社債権者が各口座管理機関の各口座に保有する各本社債の金
                              額の総額に一通貨あたりの利子額を乗じて得られる金額。ただ
                              し、円位未満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。本(ⅱ)
                              において「一通貨あたりの利子額」とは、業務規程等に従い、1
                              円に別記「利率」欄第2項乃至第4項の規定に基づき決定される
                              利率および当該利息計算期間の実日数を分子とし360を分母とする
                              分数を乗じて得られる金額をいう。ただし、小数点以下第13位未
                              満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。
                          ハ 本社債の償還日後は、当該償還(本社債の元金の支払が不当に留保若
                            しくは拒絶された場合または本社債の元金の支払に関して債務不履行
                            が生じている場合を除く。)に係る各本社債の利息は発生しないもの
                            とする。なお、当該償還日において残存する経過利息および任意未払
                            残高(本項第(3)号ハ(ⅰ)に定義する。以下同じ。)は、別記「償還の
                            方法」欄第2項の規定に従い償還とともに支払われる。
                          ニ 本社債の利息の支払については、本項のほか、別記((注)5.「劣
                            後特約」)に定める劣後特約に従う。
                         (2)各利息計算期間の適用利率の決定
                          イ 別記「利率」欄第2項乃至第4項の規定に基づき決定される本社債の
                            利率は、各利息計算期間の開始直前の利払日の2日前(ロンドンにお
                            ける銀行休業日はこれに算入しない。以下、「利率基準日」とい
                            う。)のロンドン時間午前11時現在のロイター3750頁(ICE                            Benchmark
                            Administration        Limited(または下記レートの管理を承継するその他
                            の者。)が管理する円預金のロンドン銀行間オファード・レートを表
                            示するロイターの3750頁またはその承継頁をいい、以下、「ロイター
                            3750頁」という。)に表示されているロンドン銀行間市場における円
                            の6ヶ月預金のオファード・レート(以下、「6ヶ月ユーロ円ライ
                            ボー」という。)に基づき、別記「利率」欄第2項乃至第4項の規定
                            に従って、各利率基準日の翌日(東京における銀行休業日にあたると
                            きは、その翌日。以下、「利率決定日」という。)に当社がこれを決
                            定する。
                                  3/24




                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                          ロ 利率基準日に、6ヶ月ユーロ円ライボーがロイター3750頁に表示され

                            ない場合またはロイター3750頁が利用不能となった場合には、当社は
                            利率決定日に利率照会銀行(ロンドン銀行間市場における主要銀行で
                            あって当社が指定する銀行4行をいい、以下、「利率照会銀行」とい
                            う。)の東京の主たる店舗に対し、利率基準日のロンドン時間午前11
                            時現在にロンドン銀行間市場において利率照会銀行が提示していたロ
                            ンドンの主要銀行に対する円の6ヶ月預金のオファード・レート(以
                            下、「提示レート」という。)の提示を求め、その平均値(算術平均
                            値を算出したうえ、小数点以下第5位を四捨五入する。)を当該利息
                            計算期間に適用される6ヶ月ユーロ円ライボーとする。
                          ハ 本号ロの場合で、当社に提示レートを提示した利率照会銀行が2行以
                            上ではあるが全てではない場合、当該利息計算期間に適用される6ヶ
                            月ユーロ円ライボーは、当該利率照会銀行の提示レートの平均値(算
                            術平均値を算出したうえ、小数点以下第5位を四捨五入する。)とす
                            る。
                           ニ 本号ロの場合で、当社に提示レートを提示した利率照会銀行が2行に
                             満たない場合、当社は当社が指定する東京における主要銀行4行に対
                             し、利率決定日の日本時間午前11時現在の期間6ヶ月の対銀行円建貸
                             出金利の提示を求め、その平均値(算術平均値を算出したうえ、小数
                             点以下第5位を四捨五入する。)を当該利息計算期間に適用される
                             6ヶ月ユーロ円ライボーとする。ただし、当該銀行のいずれかがかか
                             る貸出金利を提示しなかった場合には、当該利息計算期間に適用され
                             る6ヶ月ユーロ円ライボーは、当該利率基準日が属する利息計算期間
                             に使用された6ヶ月ユーロ円ライボーと同率とする。
                          ホ 当社が、6ヶ月ユーロ円ライボーの算出若しくは管理または関連する
                            運営者による公表が中止されたために6ヶ月ユーロ円ライボーがロイ
                            ター3750頁に公表されなくなったと判断するか、または、6ヶ月ユー
                            ロ円ライボーが存続していて適用利率を6ヶ月ユーロ円ライボーを適
                            用して決定し続けることができるにもかかわらず、従来6ヶ月ユーロ
                            円ライボーを変動利率の参照指標としていた日本円建ての変動利率債
                            に一般的に適用される国際資本市場における市場慣行(業界団体およ
                            び組織の公式声明、意見および発表(ただし、これらに限らない。)
                            に基づき決定される。)が6ヶ月ユーロ円ライボー以外の基準レート
                            を参照するように変更された(または次回の利率決定日までに変更さ
                            れる)と合理的に判断する場合、本号ロ乃至ニの規定にかかわらず、
                            以下の規定を適用する。なお、本ホにより6ヶ月ユーロ円ライボーの
                            代替がなされた後においても、当社が、代替参照レート(本ホ(ⅰ)に
                            定義する。)を変更することが適切であると合理的に判断する場合に
                            は、本ホは再適用できるものとする。
                           (ⅰ)当社は、すべての将来の変動利息期間(2026年(未定)月(未
                              定)日((注)16)の翌日以降に開始する利息計算期間をいう。
                              以下同じ。)に関し、6ヶ月ユーロ円ライボーを後継または代替
                              するレート(以下、「代替参照レート」という。)、代替するス
                              クリーン頁または情報源(以下、「代替スクリーン頁」とい
                              う。)およびスプレッド調整(本ホ(ⅶ)に定義する。)を、各
                              変動利息期間に係る利率決定日の5銀行営業日前(以下、「代替
                              参照レート決定期限」という。)までに決定するため、独立アド
                              バイザー(本ホ(ⅶ)に定義する。)を選任する合理的な努力を
                              する。
                                  4/24




                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                           (ⅱ)代替参照レートは、独立アドバイザーが適用利率の決定のために

                              6ヶ月ユーロ円ライボーを代替して市場慣行として使用されてい
                              ると決定するレート、または、独立アドバイザーがかかるレート
                              が存在しないと判断する場合に、独立アドバイザーがその単独の
                              裁量で、6ヶ月ユーロ円ライボーに最も相当すると誠実にかつ商
                              業上合理的な方法で決定するレートとし、代替スクリーン頁は、
                              代替参照レートを表示する情報サービスのかかる頁とする。
                           (ⅲ)本ホ(ⅰ)に従って当社が独立アドバイザーを選任できない場合
                              または本ホ(ⅱ)に従って独立アドバイザーが代替参照レート決
                              定期限までに代替参照レートを決定できない場合、適用利率は、
                              本号ロ乃至ニに従って定める6ヶ月ユーロ円ライボーに基づき、
                              別記「利率」欄第2項乃至第4項の規定に従って、当社がこれを
                              決定する。
                           (ⅳ)代替参照レートが本ホ(ⅱ)に従い決定される場合、かかる代替
                              参照レートにスプレッド調整を反映させたものがすべての将来の
                              変動利息期間に係る6ヶ月ユーロ円ライボーを代替し、また、か
                              かる代替参照レートの代替スクリーン頁がロイター3750頁を代替
                              する。
                           (ⅴ)独立アドバイザーが、代替参照レートを本ホ(ⅱ)に従って決定
                              した場合、当社は、独立アドバイザーと協議の上、代替参照レー
                              トに関する市場慣行に従うために、利率決定日、利率基準日、銀
                              行営業日の定義、レートまたはその見積りを取得する回数、利息
                              の日割計算方法若しくは営業日調整に関する規定、および代替参
                              照レートが代替スクリーン頁に表示されない場合の取扱い(併せ
                              て以下、「代替的取扱い」という。)を定めることができ、ま
                              た、本社債の社債要項につき代替参照レートおよびスプレッド調
                              整の適切な運用に必要であると誠実に判断する範囲内で変更(以
                              下、「本変更」という。)を行うことができる。適用ある日本法
                              の許容する範囲内で、代替参照レート、代替スクリーン頁若しく
                              はスプレッド調整の決定、代替的取扱い、本変更またはその他の
                              必要な変更および措置(必要な場合、当社または財務代理人によ
                              る契約書類の締結またはその他の措置の実行を含む。併せて以
                              下、「同意不要事項」という。)に関して、本社債権者の同意は
                              不要とする。
                           (ⅵ)当社は、代替参照レート、代替スクリーン頁、スプレッド調整そ
                              の他本ホ(ⅴ)に基づく変更を決定した後速やかに、財務代理人
                              にかかる事項を書面で通知し、その後実務上可能な限り速やか
                              に、その旨を本社債権者に対して通知または公告する。
                           (ⅶ)本ホにおける用語の定義は、以下のとおりとする。
                              「独立アドバイザー」とは、当社が自らの費用負担により選任す
                              る国際的に定評のある独立した金融機関または国際資本市場にお
                              ける実績を有するその他の独立したアドバイザーをいう。
                              「スプレッド調整」とは、6ヶ月ユーロ円ライボーを代替参照
                              レートで代替する結果として本社債権者に及ぶ経済的な不利益ま
                              たは利益を、その状況において合理的な範囲で削減または除去す
                              るために、かかる代替参照レートの調整に必要となるスプレッド
                              (正、負または零のいずれもあり得る。)またはスプレッドを計
                              算する計算式若しくは計算方法として、以下に定めるものをい
                              う。
                              ① 独立アドバイザーが、6ヶ月ユーロ円ライボーを参照する国
                                 際的な債券資本市場取引におけるその時点の市場慣行とし
                                 て、6ヶ月ユーロ円ライボーが当該代替参照レートに代替さ
                                 れた場合のスプレッド調整に使用されていると認識または確
                                 認し、決定するスプレッド、計算式または計算方法
                                  5/24



                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                              ② 上記①の市場慣行が認識または確認されない場合は、独立ア

                                 ドバイザーが、その裁量により、誠実にかつ商業上合理的な
                                 方法で適切であると決定するスプレッド、計算式または計算
                                 方法
                          ヘ 当社は、財務代理人に本号イ乃至ニに定める利率確認事務を委託し、
                            財務代理人は利率決定日に当該利率を確認する。
                          ト 当社および財務代理人はそれぞれその本店において、各利息計算期間
                            の開始日から5日以内(利息計算期間の開始日を含み、東京における
                            銀行休業日はこれに算入しない。)に、上記により決定された本社債
                            の利率を、その営業時間中、一般の閲覧に供する。
                         (3)任意停止
                          イ 利払の任意停止
                            当社は、ある利払日において、その裁量により、当該利払日の12銀行
                            営業日前までに、本社債権者および財務代理人に対し任意停止金額
                            (下記に定義する。)の通知を行うことにより、当該通知に係る利払
                            日における本社債の利息の支払の全部または一部を繰り延べることが
                            できる(当該繰り延べを以下、「任意停止」といい、任意停止により
                            繰り延べられた利息の未払金額を以下、「任意停止金額」といい、任
                            意停止がなければ当該利息が支払われるはずであった利払日を以下、
                            「任意停止利払日」という。)。なお、任意停止金額には、任意停止
                            利払日の翌日から任意停止金額の全額が弁済される利払日までの間、
                            当該任意停止利払日における別記「利率」欄に定める利率による利息
                            (以下、「追加利息」という。)が付される(なお、当該任意停止金
                            額に関する追加利息に対する利息は生じない。)。
                          ロ 任意支払
                             当社は、ある利払日において、その裁量により、任意未払残高の全部
                             または一部を支払うことができる。
                          ハ 強制支払
                           (ⅰ)劣後株式への支払による強制支払
                               本号イおよびロの規定にかかわらず、ある利払日に関して、当該
                               利払日の直前利払日の属する月の第2銀行営業日(ただし、当該
                               利払日が初回の利払日の場合は払込期日。)から当該利払日の属
                               する月の第2銀行営業日の前日までの期間において、以下の①ま
                               たは②の事由が生じた場合は、当社は、当該利払日(以下、「強
                               制利払日」という。)または強制利払日の直後の利払日に、当該
                               強制利払日現在の任意未払残高(各本社債に関して、その時点に
                               おいて残存する全ての任意停止金額およびこれに対する追加利息
                               をいい、以下、「任意未払残高」という。)の全額を弁済するべ
                               く、営利事業として実行可能(下記に定義する。)な限りの合理
                               的な努力を行うこととする。
                              ① 当社が当社普通株式ならびに剰余金の配当および残余財産の
                                 分配を受ける権利に関して同順位証券(下記に定義する。)
                                 に劣後する当社が今後発行する当社普通株式以外の株式(併
                                 せて以下、「劣後株式」という。)に関する剰余金の配当
                                 (会社法第454条第5項に規定される中間配当および全額に満
                                 たない配当をする場合を含む。)を行う決議をした場合また
                                 は支払を行った場合
                              ② 当社が劣後株式の買入れまたは取得をする場合(ただし、以
                                 下の事由のいずれかによる場合を除く。)
                                (a)会社法第155条第8号乃至第13号に基づく事由
                                (b)会社法第192条第1項に基づく単元未満株主からの買取請求
                                (c)会社法第469条第1項、第785条第1項、第797条第1項また
                                  は第806条第1項に基づく反対株主からの買取請求
                                  6/24



                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                                (d)会社法第116条第1項または第182条の4第1項に基づく反

                                  対株主からの買取請求
                                (e)会社法第135条第3項に対応するための会社法第163条に基
                                  づく子会社からの取得
                                (f)その他当社が買取りを行うことが法令上義務づけられる事
                                  由
                                「営利事業として実行可能」とは、当社の証券(社債を含
                                む。)の発行若しくは募集または借入れに重大な障害を生じさ
                                せない場合をいう。ただし、当該証券または借入れに関して支
                                払われ得る価格、利率または配当率を考慮しない。
                                「同順位証券」とは、優先株式(下記に定義する。)および同
                                順位劣後債務(下記に定義する。)をいう。
                                「優先株式」とは、当社の今後発行する株式であって、剰余金
                                の配当および残余財産の分配を受ける権利に関して当社普通株
                                式に優先するものをいう。
                                「同順位劣後債務」とは、当社の債務であって、劣後支払条件
                                (別記((注)5.「劣後特約」)に定義する。)と実質的に
                                類似する当社の清算手続、破産手続、更生手続若しくは再生手
                                続または日本法によらないこれらに準ずる手続における支払に
                                関する条件および権利を有し、その利息に係る権利および償還
                                または返済条件が、本社債と実質的に同等のものまたは当社の
                                財務状態および業績に応じて決定されるものをいう。
                           (ⅱ)同順位証券への支払による強制支払
                              本号イおよびロの規定にかかわらず、任意停止利払日から当該任
                              意停止利払日の直後の利払日の前日までの期間において同順位証
                              券に関する配当または利息が支払われたときは、当社は、当該任
                              意停止利払日の直後の利払日に、当該任意停止利払日に係る任意
                              停止金額およびこれに対する追加利息を弁済するべく、営利事業
                              として実行可能な限りの合理的な努力を行うこととする。
                          ニ 任意未払残高の支払
                           (ⅰ)任意未払残高は、任意未払残高が支払われる利払日または償還日
                              時点の本社債権者に支払われる。
                           (ⅱ)当社は、利払日または償還日において任意未払残高の全部または
                              一部を支払う場合、弁済する当該利払日または償還日の12銀行営
                              業日前までに、支払う任意停止金額(以下、「支払金額」とい
                              う。)および該当任意停止利払日の通知を本社債権者および財務
                              代理人に対し行う。その場合、支払われる金額は業務規程等に従
                              い下記の方法により一通貨あたりの利子額を算出し、各本社債権
                              者が各口座管理機関の各口座に保有する各本社債の金額の総額を
                              乗じて算出される。
                              ① 支払金額の一通貨あたりの利子額
                                 支払金額を残存する本社債の元金で除したものをいう。ただ
                                 し、小数点以下第13位未満の端数が生じた場合にはこれを切
                                 り捨てる。
                              ② 支払金額に対する追加利息の一通貨あたりの利子額
                                 支払金額に該当任意停止利払日における別記「利率」欄に定
                                 める利率および任意停止利払日の翌日から任意停止金額を弁
                                 済する当該利払日または償還日までの本項第(1)号ロに準じて
                                 算出される金額を、残存する本社債の元金で除したものをい
                                 う。ただし、小数点以下第13位未満の端数が生じた場合には
                                 これを切り捨てる。
                           (ⅲ)当社が、任意未払残高の一部を支払う場合、当該支払は、最も早
                              い任意停止利払日に発生した任意停止金額およびこれに対する追
                              加利息から順に充当される。その場合、当社は、充当する当該任
                              意停止金額およびこれに対する追加利息の内訳を財務代理人に通
                              知する。
                                  7/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                        2.利息の支払場所

                           別記((注)14.「元利金の支払」)記載のとおり。
       償還期限                  2079年(未定)月(未定)日((注)16)
       償還の方法                  1.償還金額
                           各社債の金額100円につき金100円(ただし、期限前償還の場合は本欄第2
                           項第(2)号に定める金額による。)
                        2.償還の方法および期限
                         (1)満期償還
                           本社債の元金は、2079年(未定)月(未定)日((注)16)(以下、
                           「満期償還日」という。)に、任意未払残高の支払とともにその総額を
                           償還する。
                         (2)期限前償還
                           前号の規定にかかわらず、当社は以下の場合において、満期償還日前に
                           本社債を償還することができる。
                          イ 当社の選択による期限前償還
                            当社は、2026年(未定)月(未定)日((注)16)(以下、「初回任
                            意償還日」という。)および初回任意償還日以降の各利払日(初回任
                            意償還日と併せて以下、「任意償還日」という。)において、任意償
                            還日より前の30銀行営業日以上60銀行営業日以内に本社債権者および
                            財務代理人に対し事前の通知(撤回不能とする。)を行うことによ
                            り、当社の選択により、その時点で残存する本社債の元金の全部(一
                            部は不可)を、各社債の金額100円につき金100円で、任意未払残高の
                            支払とともに期限前償還することができる。
                          ロ 税制事由による期限前償還
                            払込期日以降に税制事由(下記に定義する。)が生じ、かつ継続して
                            いる場合、当社は、当社が当該期限前償還のために設定する日(以
                            下、「税制事由償還日」という。)より前の30銀行営業日以上60銀行
                            営業日以内に本社債権者および財務代理人に対し事前の通知(撤回不
                            能とする。)を行うことにより、当社の選択により、その時点で残存
                            する本社債の元金の全部(一部は不可)を、(ⅰ)税制事由償還日が初
                            回任意償還日より前の日である場合には、各社債の金額100円につき金
                            101円の割合で計算される金額で、(ⅱ)税制事由償還日が初回任意償還
                            日以降の日である場合には、各社債の金額100円につき金100円で、税
                            制事由償還日までの経過利息および任意未払残高の支払とともに当該
                            税制事由償還日に期限前償還することができる。
                            「税制事由」とは、日本の法令またはその運用若しくは解釈により、
                            当社に課される法人税の計算において本社債の利息が法人税法第22条
                            第3項に定める損金に算入されなくなる等、当社にとって著しく不利
                            益な税務上の取扱いがなされ、当社の合理的な努力によってもこれを
                            回避できないことをいう。
                          ハ 資本性変更事由による期限前償還
                            払込期日以降に資本性変更事由(下記に定義する。)が生じ、かつ継
                            続している場合、当社は、当社が当該期限前償還のために設定する日
                            (以下、「資本性変更事由償還日」といい、任意償還日、税制事由償
                            還日と併せて以下、「期限前償還日」という。)より前の30銀行営業
                            日以上60銀行営業日以内に本社債権者および財務代理人に対し事前の
                            通知(撤回不能とする。)を行うことにより、当社の選択により、そ
                            の時点で残存する本社債の元金の全部(一部は不可)を、(ⅰ)資本性
                            変更事由償還日が初回任意償還日より前の日である場合には、各社債
                            の金額100円につき金101円の割合で計算される金額で、(ⅱ)資本性変
                            更事由償還日が初回任意償還日以降の日である場合には、各社債の金
                            額100円につき金100円で、資本性変更事由償還日までの経過利息およ
                            び任意未払残高の支払とともに当該資本性変更事由償還日に期限前償
                            還することができる。
                                  8/24



                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                            「資本性変更事由」とは、信用格付業者(株式会社格付投資情報セン

                            ター、S&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社および
                            ムーディーズ・ジャパン株式会社またはそれらの格付業務を承継した
                            者をいう。以下同じ。)のうち1社以上より、各信用格付業者におけ
                            る本社債発行後の資本性評価基準の変更に従い、本社債について、各
                            信用格付業者が認める本社債の発行時点において想定されている資本
                            性より低いものとして取り扱うことを決定した旨の公表がなされ、ま
                            たは書面による通知が当社に対してなされたことをいう。
                          (3)本社債の償還日が東京における銀行休業日にあたるときは、前銀行営
                             業日に繰り上げる。ただし、2026年(未定)月(未定)日((注)
                             16)までに期限前償還される場合で当該日が東京における銀行休業日
                             にあたるときは、その支払は前銀行営業日にこれを繰り上げる。
                          (4)本社債の買入消却は、払込期日の翌日以降、業務規程等に別途定める
                             場合を除き、いつでもこれを行うことができる。
                          (5)本社債の償還については、本項のほか、別記((注)5.「劣後特
                             約」)に定める劣後特約に従う。
                        3.償還元金の支払場所
                           別記((注)14.「元利金の支払」)記載のとおり。
       募集の方法                  一般募集
       申込証拠金(円)                  各社債の金額100円につき金100円とし、払込期日に払込金に振替充当する。申
                        込証拠金には利息をつけない。
       申込期間                  2019年(未定)月(未定)日((注)16)
       申込取扱場所                  別項引受金融商品取引業者の本店および国内各支店
       払込期日                  2019年(未定)月(未定)日((注)16)
       振替機関                  株式会社証券保管振替機構
                        東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
       担保                  本社債には担保ならびに保証は付されておらず、また本社債のために特に留保
                        されている資産はない。
       財務上の特約                  該当事項なし
       (注)1.信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に供される予定の信用格付
             本社債について、当社は株式会社格付投資情報センター(以下、「R&I」という。)からAA-(ダブ
             ルAマイナス)の予備格付を2019年11月1日付で取得しており、また、R&IからAA-(ダブルAマイナ
             ス)の本格付を2019年(未定)月(未定)日((注)16)付で取得する予定である。ただし、予備格付の
             付与以降にR&Iが入手する情報によっては、本格付が予備格付と異なる符号となる可能性がある。
             R&Iの信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定どお
             りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見である。R&Iは信用格付によって、個々の債務
             等の流動性リスク、市場価値リスク、価格変動リスク等、信用リスク以外のリスクについて、何ら意見を
             表明するものではない。R&Iの信用格付は、いかなる意味においても、現在・過去・将来の事実の表明
             ではない。また、R&Iは、明示・黙示を問わず、提供する信用格付、またはその他の意見についての正
             確性、適時性、完全性、商品性、および特定目的への適合性その他一切の事項について、いかなる保証も
             していない。
             R&Iは、信用格付を行うに際して用いた情報に対し、品質確保の措置を講じているが、これらの情報の
             正確性等について独自に検証しているわけではない。R&Iは、必要と判断した場合には、信用格付を変
             更することがある。また、資料・情報の不足や、その他の状況により、信用格付を取り下げることがあ
             る。
             利息・配当の繰り延べ、元本の返済猶予、債務免除等の条項がある債務等の格付は、その蓋然性が高まっ
             たとR&Iが判断した場合、発行体格付または保険金支払能力とのノッチ差を拡大することがある。
             本社債の申込期間中に本社債に関してR&Iが公表する情報へのリンク先は、R&Iのホームページ
             (https://www.r-i.co.jp/rating/index.html)の「格付アクション・コメント」および同コーナー右下
             の「一覧はこちら」をクリックして表示されるリポート検索画面に掲載される予定である。なお、システ
             ム障害等何らかの事情により情報を入手することができない可能性がある。その場合の連絡先は以下のと
             おり。
             R&I:電話番号 03-6273-7471
           2.社債、株式等の振替に関する法律の適用
             本社債は、社債、株式等の振替に関する法律(以下、「社債等振替法」という。)の規定の適用を受けるも
                                  9/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
             のとし、社債等振替法第67条第1項の規定に基づき、本社債の社債券は発行しない。

             ただし、社債等振替法第67条第2項に規定される場合には、本社債権者は当社に社債券を発行することを
             請 求できる。この場合、社債券の発行に要する費用は当社の負担とする。かかる請求により発行する社債
             券は無記名式利札付に限り、本社債権者は当該社債券を記名式とすることを請求することはできないもの
             とし、その分割または併合は行わない。
           3.社債管理者の不設置
             本社債には、会社法第702条ただし書の規定に基づき、社債管理者は設置されていない。
           4.財務代理人
             (1)  当社は、株式会社三菱UFJ銀行(以下、「財務代理人」という。)を財務代理人として、本社債の
               事務を委託する。
             (2)  財務代理人は、本社債権者に対していかなる義務または責任も負わず、また本社債権者との間にい
               かなる代理関係または信託関係も有していない。
             (3)  当社が財務代理人を変更する場合(財務代理人の商号変更および合併等の場合を除く。)には、その
               旨を公告する。
           5.劣後特約 
             当社は、劣後事由(下記に定義する。)の発生後すみやかに、本社債権者および財務代理人に対して、劣
             後事由が発生した事実を通知する。劣後事由の発生後の当社の清算手続、破産手続、更生手続若しくは再
             生手続または日本法によらないこれらに準ずる手続において、各本社債権者は、各本社債につき、次の
             (ⅰ)および(ⅱ)を合計した金額の、本社債に基づく劣後請求権(下記に定義する。)を有するものとし、
             当社はかかる金額を超えて各本社債権者に対する支払義務を負わないものとする。 
             (ⅰ)劣後事由発生日において当該本社債権者が保有する未償還の本社債の金額 
             (ⅱ)当該劣後事由発生日における当該本社債に関する任意未払残高および当該劣後事由発生日までの当
                該本社債に関する経過利息
             劣後請求権は、劣後支払条件(下記に定義する。)が成就した場合のみ発生し、かつ劣後事由の発生日に
             おいて優先株式が存在する場合には、各本社債の同順位劣後債務残余財産分配額(下記に定義する。)の
             範囲でのみ、支払(配当を含む。)の対象となるものとする。 
             「劣後事由」とは、以下のいずれかの事由が生じた場合をいう。 
             (ⅰ)当社に対して、清算手続(会社法に基づく通常清算手続または特別清算手続を含む。)が開始され
                た場合
             (ⅱ)管轄権を有する日本の裁判所が、当社に対して、破産法の規定に基づく破産手続開始の決定をした
                場合
             (ⅲ)管轄権を有する日本の裁判所が、当社に対して、会社更生法の規定に基づく更生手続開始の決定を
                した場合
             (ⅳ)管轄権を有する日本の裁判所が、当社に対して、民事再生法の規定に基づく再生手続開始の決定を
                した場合
             (ⅴ)当社に対して日本法によらない外国における清算手続、破産手続、更生手続、再生手続またはこれ
                らに準ずる手続が開始された場合
             「劣後請求権」とは、当社の清算手続、破産手続、更生手続若しくは再生手続または日本法によらないこ
             れらに準ずる手続において各本社債権者が有する清算に係る債権、破産債権、更生債権若しくは再生債権
             またはこれらに準ずる債権であって、本社債に基づくものをいう。 
             「劣後支払条件」とは、以下に該当する場合をいう。
             (ⅰ)当社の清算手続において、残余財産の株主への分配を開始する前に支払を受けまたは弁済される権
                利を有する当社の債権者が保有する債権に係る全ての上位債務(下記に定義する。)が、会社法の
                規定に基づき、全額支払われた場合、またはその他の方法で全額の満足を受けた場合
             (ⅱ)当社の破産手続において、最後配当のために破産管財人により作成される配当表に記載された全て
                の上位債務が、破産法の規定に基づき、全額支払われた場合、またはその他の方法で全額の満足
                (供託による場合を含む。)を受けた場合
             (ⅲ)当社の更生手続において、会社更生法に基づき最終的かつ確定的となった更生計画に記載された全
                ての上位債務(当該計画内で修正または減額された場合はこれに従う。)が、かかる計画の条件に
                従い、全額支払われた場合、またはその他の方法で全額の満足を受けた場合
             (ⅳ)当社の再生手続において、民事再生法に基づき最終的かつ確定的となった再生計画に記載された全
                ての上位債務(当該計画内で修正または減額された場合はこれに従う。)が、かかる計画の条件に
                従い、全額支払われた場合、またはその他の方法で全額の満足を受けた場合
             (ⅴ)当社に対する日本法によらない外国における清算手続、破産手続、更生手続、再生手続またはこれ
                らに準ずる手続において、上記に準じて上位債務が全額支払われた場合、またはその他の方法で全
                                 10/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                額の満足を受けた場合

             「同順位劣後債務残余財産分配額」とは、劣後事由の発生日において優先株式が存在している場合に、全
             ての同順位劣後債務(本社債に関する当社の債務を含む。)が、それぞれ優先株式であったならば、当社
             の残余財産から各本社債権者に対して支払がなされたであろう金額と同額である、劣後請求権に関し支払
             われる額をいう。 
             「上位債務」とは、同順位劣後債務(本社債に関する当社の債務を含む。)に関する当社の債務を除く、
             劣後債務を含むあらゆる当社の債務をいう。 
           6.上位債権者に対する不利益変更の禁止 
             本社債の社債要項の各条項は、いかなる意味においても上位債権者に対して不利益を及ぼす内容に変更さ
             れてはならず、そのような変更の合意はいかなる意味においても、またいかなる者に対しても効力を生じ
             ない。この場合に、上位債権者とは、当社に対し、上位債務に係る債権を有する全ての者をいう。 
           7.相殺禁止 
             当社について破産手続開始の決定がなされ、かつ破産手続が継続している場合、更生手続開始の決定がな
             され、かつ更生手続が継続している場合、再生手続開始の決定がなされた場合(ただし、再生手続開始の
             決定がなされた後、簡易再生の決定若しくは同意再生の決定が確定したとき、再生計画不認可の決定が確
             定したとき、再生手続開始決定の取消若しくは再生手続の廃止により再生手続が終了したとき、または再
             生計画取消の決定が確定したときを除く。)、または日本法によらない清算手続、破産手続、更生手続、
             再生手続若しくはこれらに準ずる手続が外国において行われている場合には、劣後支払条件が成就されな
             い限りは、本社債権者は、当社に対して負う債務と本社債に基づく元利金の支払請求権を相殺してはなら
             ない。 
           8.期限の利益喪失に関する特約 
             本社債権者は、会社法第739条に基づく決議を行う権利を有さず、本社債に関する債務については、本社
             債の社債要項の規定に基づき期限が到来する場合を除き、期限が繰り上げられまたは期限が到来するもの
             ではない。 
           9.社債権者に通知する場合の公告の方法
             本社債に関して本社債権者に通知をする場合の公告は、法令に別段の定めがある場合を除き、当社の定款
             所定の電子公告によりこれを行うものとする。ただし、事故その他やむを得ない事由により電子公告によ
             ることができない場合は、当社の定款所定の新聞紙ならびに東京都および大阪市で発行される各1種以上
             の新聞紙(ただし、重複するものがあるときは、これを省略することができる。)にこれを掲載する。
           10.社債要項の変更
             (1)  本社債の社債要項に定められた事項(ただし、別記「利息支払の方法」欄第1項第(2)号ホに定める
               同意不要事項および本(注)4.(1)を除く。)の変更(本(注)6.の規定に反しない限度とする。)
               は、法令に定めがある場合を除き、社債権者集会の決議を要するものとし、さらに当該決議に係る
               裁判所の認可を必要とする。
             (2)  裁判所の認可を受けた前号の社債権者集会の決議は、本社債の社債要項と一体をなすものとする。
           11.社債権者集会に関する事項
             (1)  本社債の社債権者集会は、当社がこれを招集するものとし、社債権者集会の日の3週間前までに社
               債権者集会を招集する旨および会社法第719条各号所定の事項を公告する。
             (2)  本社債の社債権者集会は、大阪市においてこれを行う。
             (3)  本社債の総額(償還済みの額を除く。また、当社が有する本社債の金額の合計額はこれに算入しな
               い。)の10分の1以上にあたる本社債を有する社債権者は、社債等振替法第86条に定める書面を当社
               に提示したうえ、社債権者集会の目的である事項および招集の理由を記載した書面を当社に提出し
               て社債権者集会の招集を請求することができる。
             (4)  本社債および本社債と同一の種類(会社法の定めるところによる。)の社債の社債権者集会は、一つ
               の社債権者集会として開催される。前3号の規定は、本号の社債権者集会について準用する。
           12.社債要項の公示
             当社は、その本店に本社債の社債要項の写を備え置き、その営業時間中、一般の閲覧に供する。
           13.費用の負担
             以下に定める費用は当社の負担とする。
             (1)  本(注)9.に定める公告に関する費用
             (2)  本(注)11.に定める社債権者集会に関する費用
           14.元利金の支払
             本社債に係る元利金は、社債等振替法および業務規程等に従って支払われる。 
                                 11/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
           15.発行代理人および支払代理人 

             業務規程等に基づく本社債の発行代理人業務および支払代理人業務は、財務代理人がこれを取り扱う。
           16.未定事項については、需要状況を勘案したうえで、利率の決定日に決定する予定です。
                                 12/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
      <大阪瓦斯株式会社第2回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)に関する情報>

       銘柄                  大阪瓦斯株式会社第2回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特
                        約付)
       記名・無記名の別                  -
       券面総額又は振替社債の総額(円)                  未定((注)16)
       各社債の金額(円)                  金1億円
       発行価額の総額(円)                  未定((注)16)
       発行価格(円)                  各社債の金額100円につき金100円
       利率(%)                  1.2019年(未定)月(未定)日の翌日から2029年(未定)月(未定)日まで
                          においては、年(未定)%
                        2.2029年(未定)月(未定)日の翌日から2049年(未定)月(未定)日まで
                          においては、6ヶ月ユーロ円ライボー(別記「利息支払の方法」欄第1項
                          第(2)号イに定義する。以下同じ。)に(未定。ただし、利率の決定日に決
                          定する予定の本欄第1項に適用するロイター58376頁(東京市場における円
                          スワップのオファード・レートおよびビッド・レートを表示するロイター
                          の58376頁またはその承継頁をいう。以下同じ。)に表示されている10年物
                          円スワップのオファード・レートおよびビッド・レートの算術平均値への
                          上乗せ幅に0.25%を加えた値)%を加えた値
                        3.2049年(未定)月(未定)日の翌日以降においては、6ヶ月ユーロ円ライ
                          ボーに(未定。ただし、利率の決定日に決定する予定の本欄第1項に適用
                          するロイター58376頁に表示されている10年物円スワップのオファード・
                          レートおよびビッド・レートの算術平均値への上乗せ幅に1.00%を加えた
                          値)%を加えた値
                        ((注)16)
       利払日                  毎年(未定)月(未定)日および(未定)月(未定)日((注)16)
       利息支払の方法                  1.利息支払の方法および期限
                         (1)利息支払の方法
                          イ 本社債の利息は、払込期日の翌日から本社債の満期償還日(別記「償
                            還の方法」欄第2項第(1)号に定義する。)または期限前償還日(別記
                            「償還の方法」欄第2項第(2)号ハに定義する。)(併せて以下、「償
                            還日」という。)までこれをつけ、利払日(下記に定義する。)に、
                            当該利払日の直前の利払日(ただし、当該利払日が初回の利払日の場
                            合は払込期日。)の翌日から当該利払日までの各期間(以下、「利息
                            計算期間」という。)について支払う。
                            「利払日」とは、初回を2020年(未定)月(未定)日とし、その後毎
                            年(未定)月(未定)日および(未定)月(未定)日をいう。
                            ((注)16)
                          ロ (ⅰ)2019年(未定)月(未定)日の翌日から2029年(未定)月(未
                               定)日まで((注)16)の本社債の利息は、以下により計算さ
                               れる金額を各利払日に支払う。ただし、利払日が東京における
                               銀行休業日にあたるときは、その支払は前銀行営業日にこれを
                               繰り上げる。
                               各本社債の社債権者(以下、「本社債権者」という。)が各口
                               座管理機関(別記「振替機関」欄記載の振替機関の業務規程そ
                               の他の規則(以下、「業務規程等」という。)に定める口座管
                               理機関をいう。以下同じ。)の各口座に保有する各本社債の金
                               額の総額に一通貨あたりの利子額を乗じて得られる金額。ただ
                               し、円位未満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。本
                               (ⅰ)において「一通貨あたりの利子額」とは、業務規程等に従
                               い、1円に別記「利率」欄第1項に定める利率を乗じ、それを
                               2で除して得られる金額(ただし、半か年に満たない期間につ
                               き一通貨あたりの利子額を計算するときは、かかる金額をその
                               半か年間の日割で計算した金額。)をいう。ただし、小数点以
                               下第13位未満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。
                                 13/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                            (ⅱ)2029年(未定)月(未定)日((注)16)の翌日以降の本社債

                               の利息は、以下により計算される金額を各利払日に支払う。た
                               だし、利払日が東京における銀行休業日にあたるときは、前銀
                               行営業日に繰り上げる。
                               各本社債権者が各口座管理機関の各口座に保有する各本社債の
                               金額の総額に一通貨あたりの利子額を乗じて得られる金額。た
                               だし、円位未満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。本
                               (ⅱ)において「一通貨あたりの利子額」とは、業務規程等に従
                               い、1円に別記「利率」欄第2項および第3項の規定に基づき
                               決定される利率および当該利息計算期間の実日数を分子とし360
                               を分母とする分数を乗じて得られる金額をいう。ただし、小数
                               点以下第13位未満の端数が生じた場合にはこれを切り捨てる。
                          ハ 本社債の償還日後は、当該償還(本社債の元金の支払が不当に留保若
                            しくは拒絶された場合または本社債の元金の支払に関して債務不履行
                            が生じている場合を除く。)に係る各本社債の利息は発生しないもの
                            とする。なお、当該償還日において残存する経過利息および任意未払
                            残高(本項第(3)号ハ(ⅰ)に定義する。以下同じ。)は、別記「償還の
                            方法」欄第2項の規定に従い償還とともに支払われる。
                          ニ 本社債の利息の支払については、本項のほか、別記((注)5.「劣
                            後特約」)に定める劣後特約に従う。
                         (2)各利息計算期間の適用利率の決定
                          イ 別記「利率」欄第2項および第3項の規定に基づき決定される本社債
                            の利率は、各利息計算期間の開始直前の利払日の2日前(ロンドンに
                            おける銀行休業日はこれに算入しない。以下、「利率基準日」とい
                            う。)のロンドン時間午前11時現在のロイター3750頁(ICE                            Benchmark
                            Administration        Limited(または下記レートの管理を承継するその他
                            の者。)が管理する円預金のロンドン銀行間オファード・レートを表
                            示するロイターの3750頁またはその承継頁をいい、以下、「ロイター
                            3750頁」という。)に表示されているロンドン銀行間市場における円
                            の6ヶ月預金のオファード・レート(以下、「6ヶ月ユーロ円ライ
                            ボー」という。)に基づき、別記「利率」欄第2項および第3項の規
                            定に従って、各利率基準日の翌日(東京における銀行休業日にあたる
                            ときは、その翌日。以下、「利率決定日」という。)に当社がこれを
                            決定する。
                          ロ 利率基準日に、6ヶ月ユーロ円ライボーがロイター3750頁に表示され
                            ない場合またはロイター3750頁が利用不能となった場合には、当社は
                            利率決定日に利率照会銀行(ロンドン銀行間市場における主要銀行で
                            あって当社が指定する銀行4行をいい、以下、「利率照会銀行」とい
                            う。)の東京の主たる店舗に対し、利率基準日のロンドン時間午前11
                            時現在にロンドン銀行間市場において利率照会銀行が提示していたロ
                            ンドンの主要銀行に対する円の6ヶ月預金のオファード・レート(以
                            下、「提示レート」という。)の提示を求め、その平均値(算術平均
                            値を算出したうえ、小数点以下第5位を四捨五入する。)を当該利息
                            計算期間に適用される6ヶ月ユーロ円ライボーとする。
                          ハ 本号ロの場合で、当社に提示レートを提示した利率照会銀行が2行以
                            上ではあるが全てではない場合、当該利息計算期間に適用される6ヶ
                            月ユーロ円ライボーは、当該利率照会銀行の提示レートの平均値(算
                            術平均値を算出したうえ、小数点以下第5位を四捨五入する。)とす
                            る。
                                 14/24




                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                          ニ 本号ロの場合で、当社に提示レートを提示した利率照会銀行が2行に

                            満たない場合、当社は当社が指定する東京における主要銀行4行に対
                            し、利率決定日の日本時間午前11時現在の期間6ヶ月の対銀行円建貸
                            出金利の提示を求め、その平均値(算術平均値を算出したうえ、小数
                            点以下第5位を四捨五入する。)を当該利息計算期間に適用される
                            6ヶ月ユーロ円ライボーとする。ただし、当該銀行のいずれかがかか
                            る貸出金利を提示しなかった場合には、当該利息計算期間に適用され
                            る6ヶ月ユーロ円ライボーは、当該利率基準日が属する利息計算期間
                            に使用された6ヶ月ユーロ円ライボーと同率とする。
                          ホ 当社が、6ヶ月ユーロ円ライボーの算出若しくは管理または関連する
                            運営者による公表が中止されたために6ヶ月ユーロ円ライボーがロイ
                            ター3750頁に公表されなくなったと判断するか、または、6ヶ月ユー
                            ロ円ライボーが存続していて適用利率を6ヶ月ユーロ円ライボーを適
                            用して決定し続けることができるにもかかわらず、従来6ヶ月ユーロ
                            円ライボーを変動利率の参照指標としていた日本円建ての変動利率債
                            に一般的に適用される国際資本市場における市場慣行(業界団体およ
                            び組織の公式声明、意見および発表(ただし、これらに限らない。)
                            に基づき決定される。)が6ヶ月ユーロ円ライボー以外の基準レート
                            を参照するように変更された(または次回の利率決定日までに変更さ
                            れる)と合理的に判断する場合、本号ロ乃至ニの規定にかかわらず、
                            以下の規定を適用する。なお、本ホにより6ヶ月ユーロ円ライボーの
                            代替がなされた後においても、当社が、代替参照レート(本ホ(ⅰ)に
                            定義する。)を変更することが適切であると合理的に判断する場合に
                            は、本ホは再適用できるものとする。
                           (ⅰ)当社は、すべての将来の変動利息期間(2029年(未定)月(未
                               定)日((注)16)の翌日以降に開始する利息計算期間をいう。
                               以下同じ。)に関し、6ヶ月ユーロ円ライボーを後継または代替
                               するレート(以下、「代替参照レート」という。)、代替するス
                               クリーン頁または情報源(以下、「代替スクリーン頁」とい
                               う。)およびスプレッド調整(本ホ(ⅶ)に定義する。)を、各
                               変動利息期間に係る利率決定日の5銀行営業日前(以下、「代替
                               参照レート決定期限」という。)までに決定するため、独立アド
                               バイザー(本ホ(ⅶ)に定義する。)を選任する合理的な努力を
                               する。
                           (ⅱ)代替参照レートは、独立アドバイザーが適用利率の決定のために
                              6ヶ月ユーロ円ライボーを代替して市場慣行として使用されてい
                              ると決定するレート、または、独立アドバイザーがかかるレート
                              が存在しないと判断する場合に、独立アドバイザーがその単独の
                              裁量で、6ヶ月ユーロ円ライボーに最も相当すると誠実にかつ商
                              業上合理的な方法で決定するレートとし、代替スクリーン頁は、
                              代替参照レートを表示する情報サービスのかかる頁とする。
                           (ⅲ)本ホ(ⅰ)に従って当社が独立アドバイザーを選任できない場合
                              または本ホ(ⅱ)に従って独立アドバイザーが代替参照レート決
                              定期限までに代替参照レートを決定できない場合、適用利率は、
                              本号ロ乃至ニに従って定める6ヶ月ユーロ円ライボーに基づき、
                              別記「利率」欄第2項および第3項の規定に従って、当社がこれ
                              を決定する。
                           (ⅳ)代替参照レートが本ホ(ⅱ)に従い決定される場合、かかる代替
                              参照レートにスプレッド調整を反映させたものがすべての将来の
                              変動利息期間に係る6ヶ月ユーロ円ライボーを代替し、また、か
                              かる代替参照レートの代替スクリーン頁がロイター3750頁を代替
                              する。
                                 15/24



                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                           (ⅴ)独立アドバイザーが、代替参照レートを本ホ(ⅱ)に従って決定

                              した場合、当社は、独立アドバイザーと協議の上、代替参照レー
                              トに関する市場慣行に従うために、利率決定日、利率基準日、銀
                              行営業日の定義、レートまたはその見積りを取得する回数、利息
                              の日割計算方法若しくは営業日調整に関する規定、および代替参
                              照レートが代替スクリーン頁に表示されない場合の取扱い(併せ
                              て以下、「代替的取扱い」という。)を定めることができ、ま
                              た、本社債の社債要項につき代替参照レートおよびスプレッド調
                              整の適切な運用に必要であると誠実に判断する範囲内で変更(以
                              下、「本変更」という。)を行うことができる。適用ある日本法
                              の許容する範囲内で、代替参照レート、代替スクリーン頁若しく
                              はスプレッド調整の決定、代替的取扱い、本変更またはその他の
                              必要な変更および措置(必要な場合、当社または財務代理人によ
                              る契約書類の締結またはその他の措置の実行を含む。併せて以
                              下、「同意不要事項」という。)に関して、本社債権者の同意は
                              不要とする。
                           (ⅵ)当社は、代替参照レート、代替スクリーン頁、スプレッド調整そ
                              の他本ホ(ⅴ)に基づく変更を決定した後速やかに、財務代理人
                              にかかる事項を書面で通知し、その後実務上可能な限り速やか
                              に、その旨を本社債権者に対して通知または公告する。
                           (ⅶ)本ホにおける用語の定義は、以下のとおりとする。
                              「独立アドバイザー」とは、当社が自らの費用負担により選任す
                              る国際的に定評のある独立した金融機関または国際資本市場にお
                              ける実績を有するその他の独立したアドバイザーをいう。
                              「スプレッド調整」とは、6ヶ月ユーロ円ライボーを代替参照
                              レートで代替する結果として本社債権者に及ぶ経済的な不利益ま
                              たは利益を、その状況において合理的な範囲で削減または除去す
                              るために、かかる代替参照レートの調整に必要となるスプレッド
                              (正、負または零のいずれもあり得る。)またはスプレッドを計
                              算する計算式若しくは計算方法として、以下に定めるものをい
                              う。
                              ① 独立アドバイザーが、6ヶ月ユーロ円ライボーを参照する国
                                 際的な債券資本市場取引におけるその時点の市場慣行とし
                                 て、6ヶ月ユーロ円ライボーが当該代替参照レートに代替さ
                                 れた場合のスプレッド調整に使用されていると認識または確
                                 認し、決定するスプレッド、計算式または計算方法
                              ② 上記①の市場慣行が認識または確認されない場合は、独立ア
                                 ドバイザーが、その裁量により、誠実にかつ商業上合理的な
                                 方法で適切であると決定するスプレッド、計算式または計算
                                 方法
                          ヘ 当社は、財務代理人に本号イ乃至ニに定める利率確認事務を委託し、
                            財務代理人は利率決定日に当該利率を確認する。
                          ト 当社および財務代理人はそれぞれその本店において、各利息計算期間
                            の開始日から5日以内(利息計算期間の開始日を含み、東京における
                            銀行休業日はこれに算入しない。)に、上記により決定された本社債
                            の利率を、その営業時間中、一般の閲覧に供する。
                                 16/24





                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                         (3)任意停止

                          イ 利払の任意停止
                            当社は、ある利払日において、その裁量により、当該利払日の12銀行
                            営業日前までに、本社債権者および財務代理人に対し任意停止金額
                            (下記に定義する。)の通知を行うことにより、当該通知に係る利払
                            日における本社債の利息の支払の全部または一部を繰り延べることが
                            できる(当該繰り延べを以下、「任意停止」といい、任意停止により
                            繰り延べられた利息の未払金額を以下、「任意停止金額」といい、任
                            意停止がなければ当該利息が支払われるはずであった利払日を以下、
                            「任意停止利払日」という。)。なお、任意停止金額には、任意停止
                            利払日の翌日から任意停止金額の全額が弁済される利払日までの間、
                            当該任意停止利払日における別記「利率」欄に定める利率による利息
                            (以下、「追加利息」という。)が付される(なお、当該任意停止金
                            額に関する追加利息に対する利息は生じない。)。
                          ロ 任意支払
                            当社は、ある利払日において、その裁量により、任意未払残高の全部
                            または一部を支払うことができる。
                          ハ 強制支払
                           (ⅰ)劣後株式への支払による強制支払
                              本号イおよびロの規定にかかわらず、ある利払日に関して、当該
                              利払日の直前利払日の属する月の第2銀行営業日(ただし、当該
                              利払日が初回の利払日の場合は払込期日。)から当該利払日の属
                              する月の第2銀行営業日の前日までの期間において、以下の①ま
                              たは②の事由が生じた場合は、当社は、当該利払日(以下、「強
                              制利払日」という。)または強制利払日の直後の利払日に、当該
                              強制利払日現在の任意未払残高(各本社債に関して、その時点に
                              おいて残存する全ての任意停止金額およびこれに対する追加利息
                              をいい、以下、「任意未払残高」という。)の全額を弁済するべ
                              く、営利事業として実行可能(下記に定義する。)な限りの合理
                              的な努力を行うこととする。
                              ① 当社が当社普通株式ならびに剰余金の配当および残余財産の
                                 分配を受ける権利に関して同順位証券(下記に定義する。)
                                 に劣後する当社が今後発行する当社普通株式以外の株式(併
                                 せて以下、「劣後株式」という。)に関する剰余金の配当
                                 (会社法第454条第5項に規定される中間配当および全額に満
                                 たない配当をする場合を含む。)を行う決議をした場合また
                                 は支払を行った場合
                              ② 当社が劣後株式の買入れまたは取得をする場合(ただし、以
                                 下の事由のいずれかによる場合を除く。)
                                (a)会社法第155条第8号乃至第13号に基づく事由
                                (b)会社法第192条第1項に基づく単元未満株主からの買取請求
                                (c)会社法第469条第1項、第785条第1項、第797条第1項また
                                  は第806条第1項に基づく反対株主からの買取請求
                                (d)会社法第116条第1項または第182条の4第1項に基づく反
                                  対株主からの買取請求
                                (e)会社法第135条第3項に対応するための会社法第163条に基
                                  づく子会社からの取得
                                 17/24





                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                                (f)その他当社が買取りを行うことが法令上義務づけられる事

                                  由
                                「営利事業として実行可能」とは、当社の証券(社債を含
                                む。)の発行若しくは募集または借入れに重大な障害を生じさ
                                せない場合をいう。ただし、当該証券または借入れに関して支
                                払われ得る価格、利率または配当率を考慮しない。
                                「同順位証券」とは、優先株式(下記に定義する。)および同
                                順位劣後債務(下記に定義する。)をいう。
                                「優先株式」とは、当社の今後発行する株式であって、剰余金
                                の配当および残余財産の分配を受ける権利に関して当社普通株
                                式に優先するものをいう。
                                「同順位劣後債務」とは、当社の債務であって、劣後支払条件
                                (別記((注)5.「劣後特約」)に定義する。)と実質的に
                                類似する当社の清算手続、破産手続、更生手続若しくは再生手
                                続または日本法によらないこれらに準ずる手続における支払に
                                関する条件および権利を有し、その利息に係る権利および償還
                                または返済条件が、本社債と実質的に同等のものまたは当社の
                                財務状態および業績に応じて決定されるものをいう。
                           (ⅱ)同順位証券への支払による強制支払
                              本号イおよびロの規定にかかわらず、任意停止利払日から当該任
                              意停止利払日の直後の利払日の前日までの期間において同順位証
                              券に関する配当または利息が支払われたときは、当社は、当該任
                              意停止利払日の直後の利払日に、当該任意停止利払日に係る任意
                              停止金額およびこれに対する追加利息を弁済するべく、営利事業
                              として実行可能な限りの合理的な努力を行うこととする。
                          ニ 任意未払残高の支払
                           (ⅰ)任意未払残高は、任意未払残高が支払われる利払日または償還日
                              時点の本社債権者に支払われる。
                           (ⅱ)当社は、利払日または償還日において任意未払残高の全部または
                              一部を支払う場合、弁済する当該利払日または償還日の12銀行営
                              業日前までに、支払う任意停止金額(以下、「支払金額」とい
                              う。)および該当任意停止利払日の通知を本社債権者および財務
                              代理人に対し行う。その場合、支払われる金額は業務規程等に従
                              い下記の方法により一通貨あたりの利子額を算出し、各本社債権
                              者が各口座管理機関の各口座に保有する各本社債の金額の総額を
                              乗じて算出される。
                              ① 支払金額の一通貨あたりの利子額
                                 支払金額を残存する本社債の元金で除したものをいう。ただ
                                 し、小数点以下第13位未満の端数が生じた場合にはこれを切
                                 り捨てる。
                              ② 支払金額に対する追加利息の一通貨あたりの利子額
                                 支払金額に該当任意停止利払日における別記「利率」欄に定
                                 める利率および任意停止利払日の翌日から任意停止金額を弁
                                 済する当該利払日または償還日までの本項第(1)号ロに準じて
                                 算出される金額を、残存する本社債の元金で除したものをい
                                 う。ただし、小数点以下第13位未満の端数が生じた場合には
                                 これを切り捨てる。
                           (ⅲ)当社が、任意未払残高の一部を支払う場合、当該支払は、最も早
                              い任意停止利払日に発生した任意停止金額およびこれに対する追
                              加利息から順に充当される。その場合、当社は、充当する当該任
                              意停止金額およびこれに対する追加利息の内訳を財務代理人に通
                              知する。
                        2.利息の支払場所
                           別記((注)14.「元利金の支払」)記載のとおり。
                                 18/24



                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
       償還期限                  2079年(未定)月(未定)日((注)16)

       償還の方法                  1.償還金額
                           各社債の金額100円につき金100円(ただし、期限前償還の場合は本欄第2
                           項第(2)号に定める金額による。)
                        2.償還の方法および期限
                         (1)満期償還
                           本社債の元金は、2079年(未定)月(未定)日((注)16)(以下、
                           「満期償還日」という。)に、任意未払残高の支払とともにその総額を
                           償還する。
                         (2)期限前償還
                           前号の規定にかかわらず、当社は以下の場合において、満期償還日前に
                           本社債を償還することができる。
                          イ 当社の選択による期限前償還
                             当社は、2029年(未定)月(未定)日((注)16)(以下、「初回任
                             意償還日」という。)および初回任意償還日以降の各利払日(初回任
                             意償還日と併せて以下、「任意償還日」という。)において、任意償
                             還日より前の30銀行営業日以上60銀行営業日以内に本社債権者および
                             財務代理人に対し事前の通知(撤回不能とする。)を行うことによ
                             り、当社の選択により、その時点で残存する本社債の元金の全部(一
                             部は不可)を、各社債の金額100円につき金100円で、任意未払残高の
                             支払とともに期限前償還することができる。
                          ロ 税制事由による期限前償還
                             払込期日以降に税制事由(下記に定義する。)が生じ、かつ継続して
                             いる場合、当社は、当社が当該期限前償還のために設定する日(以
                             下、「税制事由償還日」という。)より前の30銀行営業日以上60銀行
                             営業日以内に本社債権者および財務代理人に対し事前の通知(撤回不
                             能とする。)を行うことにより、当社の選択により、その時点で残存
                             する本社債の元金の全部(一部は不可)を、(ⅰ)税制事由償還日が初
                             回任意償還日より前の日である場合には、各社債の金額100円につき金
                             101円の割合で計算される金額で、(ⅱ)税制事由償還日が初回任意償還
                             日以降の日である場合には、各社債の金額100円につき金100円で、税
                             制事由償還日までの経過利息および任意未払残高の支払とともに当該
                             税制事由償還日に期限前償還することができる。
                             「税制事由」とは、日本の法令またはその運用若しくは解釈により、
                             当社に課される法人税の計算において本社債の利息が法人税法第22条
                             第3項に定める損金に算入されなくなる等、当社にとって著しく不利
                             益な税務上の取扱いがなされ、当社の合理的な努力によってもこれを
                             回避できないことをいう。
                                 19/24








                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
                          ハ 資本性変更事由による期限前償還

                             払込期日以降に資本性変更事由(下記に定義する。)が生じ、かつ継
                             続している場合、当社は、当社が当該期限前償還のために設定する日
                             (以下、「資本性変更事由償還日」といい、任意償還日、税制事由償
                             還日と併せて以下、「期限前償還日」という。)より前の30銀行営業
                             日以上60銀行営業日以内に本社債権者および財務代理人に対し事前の
                             通知(撤回不能とする。)を行うことにより、当社の選択により、そ
                             の時点で残存する本社債の元金の全部(一部は不可)を、(ⅰ)資本性
                             変更事由償還日が初回任意償還日より前の日である場合には、各社債
                             の金額100円につき金101円の割合で計算される金額で、(ⅱ)資本性変
                             更事由償還日が初回任意償還日以降の日である場合には、各社債の金
                             額100円につき金100円で、資本性変更事由償還日までの経過利息およ
                             び任意未払残高の支払とともに当該資本性変更事由償還日に期限前償
                             還することができる。
                             「資本性変更事由」とは、信用格付業者(株式会社格付投資情報セン
                             ター、S&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社および
                             ムーディーズ・ジャパン株式会社またはそれらの格付業務を承継した
                             者をいう。以下同じ。)のうち1社以上より、各信用格付業者におけ
                             る本社債発行後の資本性評価基準の変更に従い、本社債について、各
                             信用格付業者が認める本社債の発行時点において想定されている資本
                             性より低いものとして取り扱うことを決定した旨の公表がなされ、ま
                             たは書面による通知が当社に対してなされたことをいう。
                         (3)本社債の償還日が東京における銀行休業日にあたるときは、前銀行営業
                           日に繰り上げる。ただし、2029年(未定)月(未定)日((注)16)ま
                           でに期限前償還される場合で当該日が東京における銀行休業日にあたる
                           ときは、その支払は前銀行営業日にこれを繰り上げる。
                         (4)本社債の買入消却は、払込期日の翌日以降、業務規程等に別途定める場
                           合を除き、いつでもこれを行うことができる。
                         (5)本社債の償還については、本項のほか、別記((注)5.「劣後特
                           約」)に定める劣後特約に従う。
                        3.償還元金の支払場所
                           別記((注)14.「元利金の支払」)記載のとおり。
       募集の方法                  一般募集
       申込証拠金(円)                  各社債の金額100円につき金100円とし、払込期日に払込金に振替充当する。申
                        込証拠金には利息をつけない。
       申込期間                  2019年(未定)月(未定)日((注)16)
       申込取扱場所                  別項引受金融商品取引業者の本店および国内各支店
       払込期日                  2019年(未定)月(未定)日((注)16)
       振替機関                  株式会社証券保管振替機構
                        東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
       担保                  本社債には担保ならびに保証は付されておらず、また本社債のために特に留保
                        されている資産はない。
       財務上の特約                  該当事項なし
       (注)1.信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に供される予定の信用格付
             本社債について、当社は株式会社格付投資情報センター(以下、「R&I」という。)からAA-(ダブ
             ルAマイナス)の予備格付を2019年11月1日付で取得しており、また、R&IからAA-(ダブルAマイナ
             ス)の本格付を2019年(未定)月(未定)日((注)16)付で取得する予定である。ただし、予備格付の
             付与以降にR&Iが入手する情報によっては、本格付が予備格付と異なる符号となる可能性がある。
             R&Iの信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定どお
             りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見である。R&Iは信用格付によって、個々の債務
             等の流動性リスク、市場価値リスク、価格変動リスク等、信用リスク以外のリスクについて、何ら意見を
             表明するものではない。R&Iの信用格付は、いかなる意味においても、現在・過去・将来の事実の表明
             ではない。また、R&Iは、明示・黙示を問わず、提供する信用格付、またはその他の意見についての正
             確性、適時性、完全性、商品性、および特定目的への適合性その他一切の事項について、いかなる保証も
             していない。
                                 20/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
             R&Iは、信用格付を行うに際して用いた情報に対し、品質確保の措置を講じているが、これらの情報の

             正確性等について独自に検証しているわけではない。R&Iは、必要と判断した場合には、信用格付を変
             更 することがある。また、資料・情報の不足や、その他の状況により、信用格付を取り下げることがあ
             る。
             利息・配当の繰り延べ、元本の返済猶予、債務免除等の条項がある債務等の格付は、その蓋然性が高まっ
             たとR&Iが判断した場合、発行体格付または保険金支払能力とのノッチ差を拡大することがある。
             本社債の申込期間中に本社債に関してR&Iが公表する情報へのリンク先は、R&Iのホームページ
             (https://www.r-i.co.jp/rating/index.html)の「格付アクション・コメント」および同コーナー右下
             の「一覧はこちら」をクリックして表示されるリポート検索画面に掲載される予定である。なお、システ
             ム障害等何らかの事情により情報を入手することができない可能性がある。その場合の連絡先は以下のと
             おり。
             R&I:電話番号 03-6273-7471
           2.社債、株式等の振替に関する法律の適用
             本社債は、社債、株式等の振替に関する法律(以下、「社債等振替法」という。)の規定の適用を受けるも
             のとし、社債等振替法第67条第1項の規定に基づき、本社債の社債券は発行しない。
             ただし、社債等振替法第67条第2項に規定される場合には、本社債権者は当社に社債券を発行することを
             請求できる。この場合、社債券の発行に要する費用は当社の負担とする。かかる請求により発行する社債
             券は無記名式利札付に限り、本社債権者は当該社債券を記名式とすることを請求することはできないもの
             とし、その分割または併合は行わない。
           3.社債管理者の不設置
             本社債には、会社法第702条ただし書の規定に基づき、社債管理者は設置されていない。
           4.財務代理人
             (1)  当社は、株式会社りそな銀行(以下、「財務代理人」という。)を財務代理人として、本社債の事務
               を委託する。
             (2)  財務代理人は、本社債権者に対していかなる義務または責任も負わず、また本社債権者との間にい
               かなる代理関係または信託関係も有していない。
             (3)  当社が財務代理人を変更する場合(財務代理人の商号変更および合併等の場合を除く。)には、その
               旨を公告する。
           5.劣後特約 
             当社は、劣後事由(下記に定義する。)の発生後すみやかに、本社債権者および財務代理人に対して、劣
             後事由が発生した事実を通知する。劣後事由の発生後の当社の清算手続、破産手続、更生手続若しくは再
             生手続または日本法によらないこれらに準ずる手続において、各本社債権者は、各本社債につき、次の
             (ⅰ)および(ⅱ)を合計した金額の、本社債に基づく劣後請求権(下記に定義する。)を有するものとし、
             当社はかかる金額を超えて各本社債権者に対する支払義務を負わないものとする。 
             (ⅰ)劣後事由発生日において当該本社債権者が保有する未償還の本社債の金額
             (ⅱ)当該劣後事由発生日における当該本社債に関する任意未払残高および当該劣後事由発生日までの当
                該本社債に関する経過利息
             劣後請求権は、劣後支払条件(下記に定義する。)が成就した場合のみ発生し、かつ劣後事由の発生日に
             おいて優先株式が存在する場合には、各本社債の同順位劣後債務残余財産分配額(下記に定義する。)の
             範囲でのみ、支払(配当を含む。)の対象となるものとする。 
             「劣後事由」とは、以下のいずれかの事由が生じた場合をいう。
             (ⅰ)当社に対して、清算手続(会社法に基づく通常清算手続または特別清算手続を含む。)が開始され
                た場合
             (ⅱ)管轄権を有する日本の裁判所が、当社に対して、破産法の規定に基づく破産手続開始の決定をした
                場合
             (ⅲ)管轄権を有する日本の裁判所が、当社に対して、会社更生法の規定に基づく更生手続開始の決定を
                した場合
             (ⅳ)管轄権を有する日本の裁判所が、当社に対して、民事再生法の規定に基づく再生手続開始の決定を
                した場合
             (ⅴ)当社に対して日本法によらない外国における清算手続、破産手続、更生手続、再生手続またはこれ
                らに準ずる手続が開始された場合
             「劣後請求権」とは、当社の清算手続、破産手続、更生手続若しくは再生手続または日本法によらないこ
             れらに準ずる手続において各本社債権者が有する清算に係る債権、破産債権、更生債権若しくは再生債権
             またはこれらに準ずる債権であって、本社債に基づくものをいう。
             「劣後支払条件」とは、以下に該当する場合をいう。
                                 21/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
             (ⅰ)当社の清算手続において、残余財産の株主への分配を開始する前に支払を受けまたは弁済される権

                利を有する当社の債権者が保有する債権に係る全ての上位債務(下記に定義する。)が、会社法の
                規 定に基づき、全額支払われた場合、またはその他の方法で全額の満足を受けた場合
             (ⅱ)当社の破産手続において、最後配当のために破産管財人により作成される配当表に記載された全て
                の上位債務が、破産法の規定に基づき、全額支払われた場合、またはその他の方法で全額の満足
                (供託による場合を含む。)を受けた場合
             (ⅲ)当社の更生手続において、会社更生法に基づき最終的かつ確定的となった更生計画に記載された全
                ての上位債務(当該計画内で修正または減額された場合はこれに従う。)が、かかる計画の条件に
                従い、全額支払われた場合、またはその他の方法で全額の満足を受けた場合
             (ⅳ)当社の再生手続において、民事再生法に基づき最終的かつ確定的となった再生計画に記載された全
                ての上位債務(当該計画内で修正または減額された場合はこれに従う。)が、かかる計画の条件に
                従い、全額支払われた場合、またはその他の方法で全額の満足を受けた場合
             (ⅴ)当社に対する日本法によらない外国における清算手続、破産手続、更生手続、再生手続またはこれ
                らに準ずる手続において、上記に準じて上位債務が全額支払われた場合、またはその他の方法で全
                額の満足を受けた場合
             「同順位劣後債務残余財産分配額」とは、劣後事由の発生日において優先株式が存在している場合に、全
             ての同順位劣後債務(本社債に関する当社の債務を含む。)が、それぞれ優先株式であったならば、当社
             の残余財産から各本社債権者に対して支払がなされたであろう金額と同額である、劣後請求権に関し支払
             われる額をいう。 
             「上位債務」とは、同順位劣後債務(本社債に関する当社の債務を含む。)に関する当社の債務を除く、
             劣後債務を含むあらゆる当社の債務をいう。 
           6.上位債権者に対する不利益変更の禁止 
             本社債の社債要項の各条項は、いかなる意味においても上位債権者に対して不利益を及ぼす内容に変更さ
             れてはならず、そのような変更の合意はいかなる意味においても、またいかなる者に対しても効力を生じ
             ない。この場合に、上位債権者とは、当社に対し、上位債務に係る債権を有する全ての者をいう。 
           7.相殺禁止 
             当社について破産手続開始の決定がなされ、かつ破産手続が継続している場合、更生手続開始の決定がな
             され、かつ更生手続が継続している場合、再生手続開始の決定がなされた場合(ただし、再生手続開始の
             決定がなされた後、簡易再生の決定若しくは同意再生の決定が確定したとき、再生計画不認可の決定が確
             定したとき、再生手続開始決定の取消若しくは再生手続の廃止により再生手続が終了したとき、または再
             生計画取消の決定が確定したときを除く。)、または日本法によらない清算手続、破産手続、更生手続、
             再生手続若しくはこれらに準ずる手続が外国において行われている場合には、劣後支払条件が成就されな
             い限りは、本社債権者は、当社に対して負う債務と本社債に基づく元利金の支払請求権を相殺してはなら
             ない。 
           8.期限の利益喪失に関する特約 
             本社債権者は、会社法第739条に基づく決議を行う権利を有さず、本社債に関する債務については、本社
             債の社債要項の規定に基づき期限が到来する場合を除き、期限が繰り上げられまたは期限が到来するもの
             ではない。 
           9.社債権者に通知する場合の公告の方法
             本社債に関して本社債権者に通知をする場合の公告は、法令に別段の定めがある場合を除き、当社の定款
             所定の電子公告によりこれを行うものとする。ただし、事故その他やむを得ない事由により電子公告によ
             ることができない場合は、当社の定款所定の新聞紙ならびに東京都および大阪市で発行される各1種以上
             の新聞紙(ただし、重複するものがあるときは、これを省略することができる。)にこれを掲載する。
           10.社債要項の変更
             (1)  本社債の社債要項に定められた事項(ただし、別記「利息支払の方法」欄第1項第(2)号ホに定める
               同意不要事項および本(注)4.(1)を除く。)の変更(本(注)6.の規定に反しない限度とする。)
               は、法令に定めがある場合を除き、社債権者集会の決議を要するものとし、さらに当該決議に係る
               裁判所の認可を必要とする。
             (2)  裁判所の認可を受けた前号の社債権者集会の決議は、本社債の社債要項と一体をなすものとする。
           11.社債権者集会に関する事項
             (1)  本社債の社債権者集会は、当社がこれを招集するものとし、社債権者集会の日の3週間前までに社
               債権者集会を招集する旨および会社法第719条各号所定の事項を公告する。
             (2)  本社債の社債権者集会は、大阪市においてこれを行う。
             (3)  本社債の総額(償還済みの額を除く。また、当社が有する本社債の金額の合計額はこれに算入しな
               い。)の10分の1以上にあたる本社債を有する社債権者は、社債等振替法第86条に定める書面を当社
                                 22/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
               に提示したうえ、社債権者集会の目的である事項および招集の理由を記載した書面を当社に提出し

               て社債権者集会の招集を請求することができる。
             (4)  本社債および本社債と同一の種類(会社法の定めるところによる。)の社債の社債権者集会は、一つ
               の社債権者集会として開催される。前3号の規定は、本号の社債権者集会について準用する。
           12.社債要項の公示
             当社は、その本店に本社債の社債要項の写を備え置き、その営業時間中、一般の閲覧に供する。
           13.費用の負担
             以下に定める費用は当社の負担とする。
             (1)  本(注)9.に定める公告に関する費用
             (2)  本(注)11.に定める社債権者集会に関する費用
           14.元利金の支払
             本社債に係る元利金は、社債等振替法および業務規程等に従って支払われる。 
           15.発行代理人および支払代理人 
             業務規程等に基づく本社債の発行代理人業務および支払代理人業務は、財務代理人がこれを取り扱う。
           16.未定事項については、需要状況を勘案したうえで、利率の決定日に決定する予定です。
      2  【社債の引受け及び社債管理の委託】

        (訂正前)
         未定
        (訂正後)

      <大阪瓦斯株式会社第1回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)および大阪瓦斯株式会社第2回
      利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)に関する情報> 
        (1)【社債の引受け】
                引受人の氏名又は名称                             住所
          みずほ証券株式会社                        東京都千代田区大手町一丁目5番1号
          野村證券株式会社                        東京都中央区日本橋一丁目9番1号
          三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社                        東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
            (注) 上記のとおり、元引受契約を締結する金融商品取引業者のうち、主たるものはみずほ証券株式
                会社、野村證券株式会社および三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社を予定しており
                ますが、その他の引受人の氏名又は名称およびその住所ならびに各引受人の引受金額、引受け
                の条件については、利率の決定日に決定する予定です。
        (2)【社債管理の委託】

            該当事項はありません。
      「第一部 証券情報」「第2 売出要項」の次に以下の内容を追加します。

      【募集又は売出しに関する特別記載事項】

      <大阪瓦斯株式会社第1回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)および大阪瓦斯株式会社第2回
      利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)に関する情報> 
        投資者の情報開示について
         本社債の購入を予定している投資者の名称、投資方針や検討状況、需要額・希望価格および最終的な購入金額等の
        情報(個人情報は除く。)については、主幹事であるみずほ証券株式会社、野村證券株式会社および三菱UFJモル
        ガン・スタンレー証券株式会社に対して投資者より情報開示にかかる不同意の申出がない限り、各主幹事を通じて、
        必要に応じて当社に開示、提供および共有される予定です。なお、当社は当該情報について、本社債の募集または発
        行に関する目的以外には使用しません。
        本社債の償還および買入消却時の借り換えに関する制限について

         以下に記載される事項は本社債の証券情報の一部を形成せず、法的または契約上の義務は生じない。
                                 23/24


                                                           EDINET提出書類
                                                       大阪瓦斯株式会社(E04520)
                                                            訂正発行登録書
         当社は、財務健全性と資本効率の両立および持続的な成長を目的として本社債を発行しており、本社債の満期以前

        に本社債を償還または買入消却する場合は、株式会社格付投資情報センターおよびS&Pグローバル・レーティン
        グ・  ジャパン株式会社またはそれらの格付業務を承継した者から本社債と同等の資本性が認定される商品により、本
        社債を借り換えることを想定している。
         以下の場合は、本社債の満期以前に本社債を償還または買入消却する場合、同等の資本性を有する商品によって借り換えることを見送る

        可能性がある。
        (ⅰ)  当該償還または買入消却により、当社の主要な財務健全性指標が2019年9月末時点と比べて悪化しない場合
        (ⅱ)  S&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社による当社への格付がAA-以上であり、かつ、当該償還または買入消却によ
           りこの水準を下回る懸念がない場合
        (ⅲ)  (x)連続した12か月間において、本社債当初発行元本総額の10%未満または(y)連続した10年間において、本社債当初発行元本総額の
           25%未満の買入消却の場合
        (ⅳ)  本社債が税制事由または資本性変更事由(S&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社による資本性評価基準の変更による
           場合に限る。)により償還される場合
        (ⅴ)  本社債にS&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社による資本性(またはS&Pグローバル・レーティング・ジャパン株
           式会社により「資本性」と同義で用いられる用語)を付与されない場合
        (ⅵ)  主要な取引所の閉鎖等に起因して市場機能が停止している場合。ただし、市場機能が回復し、かつ、当該時点において上記(ⅰ)乃至
           (ⅱ)に該当しない場合、すみやかに借り換えを行うことを要する
         当該借り換えは、当該償還または買入消却が行われる日の以前360日の間に行われる。なお、当社または当社の子会社が、少なくとも本
        社債の当初の資本性と等しいS&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社による資本性を付与された証券を第三者の購入者へ売却
        することにより受領する発行純手取金は当該借り換えとして算入される。
                                 24/24












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。