大日本住友製薬株式会社 四半期報告書 第200期第2四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第200期第2四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)
提出日
提出者 大日本住友製薬株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年11月1日

    【四半期会計期間】               第200期第2四半期(自            2019年7月1日         至   2019年9月30日)

    【会社名】               大日本住友製薬株式会社

    【英訳名】               Sumitomo     Dainippon     Pharma    Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  野 村  博

    【本店の所在の場所】               大阪市中央区道修町二丁目6番8号

    【電話番号】               06-6203-5708

    【事務連絡者氏名】               経理部長  加 島 久 宜

    【最寄りの連絡場所】               大阪市中央区道修町二丁目6番8号

    【電話番号】               06-6203-5708

    【事務連絡者氏名】               経理部長  加 島 久 宜

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/38









                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第199期           第200期

              回次               第2四半期           第2四半期            第199期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自 2018年4月1日           自 2019年4月1日           自 2018年4月1日
             会計期間
                          至 2018年9月30日           至 2019年9月30日           至 2019年3月31日
     売上収益                            226,155           230,603
                    (百万円)                                  459,267
     (第2四半期連結会計期間)                           ( 110,244    )       ( 113,119    )
     税引前四半期(当期)利益                (百万円)             37,599           64,147           65,046
     親会社の所有者に帰属する
                                 27,869           30,330
     四半期(当期)利益
                    (百万円)                                   48,627
     (第2四半期連結会計期間)                           ( 12,622   )       ( 23,627   )
     親会社の所有者に帰属する
                    (百万円)             45,581           21,078           56,195
     四半期(当期)包括利益
     親会社の所有者に帰属する持分                (百万円)            491,101           511,665           498,138
     資産合計                (百万円)            836,435           805,037           834,717

     基本的1株当たり
                                 70.15           76.34
     四半期(当期)利益
                     (円)                                  122.39
     (第2四半期連結会計期間)                            ( 31.77   )        ( 59.47   )
     希薄化後1株当たり
                     (円)              -           -           -
     四半期(当期)利益
     親会社所有者帰属持分比率                 (%)             58.7           63.6           59.7
     営業活動による
                    (百万円)             6,961          31,777           48,711
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                    (百万円)             △ 646         10,808          △ 35,049
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                    (百万円)            △ 23,050          △ 11,175          △ 28,645
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                    (百万円)            137,585           164,671           137,296
     四半期末(期末)残高
     (注)1 当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
          載しておりません。
        2 売上収益には、消費税等は含まれておりません。
        3   希薄化後1株当たり四半期(当期)利益については、希薄化効果を有する株式が存在しないため記載してお
          りません。
        4 百万円未満を四捨五入して記載しております。
        5 上記指標は、国際会計基準(以下「IFRS」)により作成した要約四半期連結財務諸表および連結財務諸表に
          基づいております。
    2  【事業の内容】

     第1四半期連結会計期間において、当社の子会社であるDSファーマバイオメディカル㈱は、当社の関連会社である
    SBバイオサイエンス㈱を承継会社とする体外診断用医薬品事業の吸収分割を行い、当該事業に関してDSファーマバ
    イオメディカル㈱が有する権利義務をSBバイオサイエンス㈱に承継しております。
     また、DSファーマバイオメディカル㈱および当社の子会社であるDSファーマプロモ㈱は、DSファーマバイオメ
    ディカル㈱を存続会社とする吸収合併を行うとともに、商号をDSファーマプロモ㈱に変更しております。
     なお、2019年9月30日現在、当社グループは、当社、親会社、子会社22社および関連会社6社で構成されておりま
    す。
                                  2/38



                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

     当第2四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動等または、前
    事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     当第2四半期連結累計期間における当社グループ(当社および子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
    ロー(以下「経営成績等」)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及
    び分析・検討内容は次のとおりであります。
     また、文中における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したもので
    あります。
     (1)  経営成績

    (業績管理指標「コア営業利益」について)
     当社グループでは、IFRSの適用にあたり、会社の経常的な収益性を示す利益指標として、「コア営業利益」を設定
    し、これを当社独自の業績管理指標として採用しております。
     「コア営業利益」は、営業利益から当社グループが定める非経常的な要因による損益(以下「非経常項目」)を除外
    したものとなります。非経常項目として除かれる主なものは、減損損失、事業構造改善費用、企業買収に係る条件付対
    価公正価値の変動額等です。
     当第2四半期連結累計期間の当社グループの連結業績は、以下のとおりであります。

                                                    (単位:億円)
                   前第2四半期連結累計期間
                                 当第2四半期連結累計期間
                                                       増減率
                    (自 2018年4月1日                            増減
                                  (自 2019年4月1日
                                                       (%)
                     至 2018年9月30日)
                                   至 2019年9月30日)
         売上収益                    2,262              2,306        44      2.0
        コア営業利益                      372              448       76      20.5

         営業利益                     296              668       372      125.7

       税引前四半期利益                       376              641       265      70.6

       親会社の所有者に
                                            303
                              279                     25      8.8
       帰属する四半期利益
     ■  売上収益は2,306億円          (前年同四半期比        2.0%増    )となりました。

       日本セグメントは、長期収載品の売上減少の影響が大きく減収となりましたが、北米セグメントにおいて、当社
      グループの収益の柱である非定型抗精神病薬「ラツーダ」の売上が伸長したことや、中国セグメントが増収となっ
      たことから、連結合計では増収となりました。
     ■  コア営業利益は448億円           (前年同四半期比20.5%増)となりました。
       増収に伴う売上総利益の増加に加え、販売費及び一般管理費等が減少したことから、コア営業利益は増益となり
      ました。
     ■  営業利益は668億円         (前年同四半期比        125.7%増     )となりました。
       がん領域において、開発計画を含む事業計画の見直しを実施したことに伴い、同領域の事業に係る無形資産であ
      る仕掛研究開発の減損損失を計上しました。また、この事業計画の見直しに伴い、ボストン・バイオメディカル・
      インクおよびトレロ・ファーマシューティカルズ・インクの買収に係る条件付対価公正価値が大きく減少すること
      となり、減損損失を上回る費用の戻入が発生しました。この結果、コア営業利益の増益に加え、営業利益は大幅な
      増益となりました。
                                  3/38


                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
     ■  税引前四半期利益は641億円             (前年同四半期比        70.6%増    )となりました。
       当第2四半期連結会計期間末は、為替換算レートが前連結会計年度末に比べ、米ドルに対し円高に振れたことか
      ら当社が保有する外貨建て金融資産において為替差損が発生したため、金融費用が増加しました。この結果、税引
      前四半期利益は営業利益に比べ減少しました。
     ■  親会社の所有者に帰属する四半期利益は303億円                      (前年同四半期比        8.8%増    )となりました。
        ナパブカシンの膵がん患者を対象としたフェーズ3試験中止の決定等に伴い、米国において認識していた繰延税
      金資産の取り崩しを行ったこと等により、法人所得税が大幅に増加しましたが、親会社の所有者に帰属する四半期
      利益においても増益となりました。
       なお、親会社の所有者に帰属する四半期利益の売上収益に対する比率は13.2%となりました。
    (セグメント業績指標「コアセグメント利益」について)

     セグメント別の業績では、各セグメントの経常的な収益性を示す利益指標として、「コアセグメント利益」を設定
    し、当社独自のセグメント業績指標として採用しております。
     「コアセグメント利益」は、「コア営業利益」から、グローバルに管理しているため各セグメントに配分できない研
    究開発費、事業譲渡損益等を除外したセグメント別の利益となります。
     セグメント別の経営成績は次のとおりであります。

     【日本】
     ■  売上収益は642億円         (前年同四半期比        3.3%減    )となりました。
       2型糖尿病治療剤「トルリシティ」の売上増加に加え、ノバルティスファーマ株式会社が販売する2型糖尿病治
      療薬「エクア錠50mg」および「エクメット配合錠                        LD/HD」の販売提携を開始したことによる売上増加の要因があっ
      たものの、高血圧症治療剤「アイミクス」や、新たに後発品が発売された非定型抗精神病薬「ロナセン」の経口剤
      等、長期収載品の売上減少が大きく、減収となりました。
     ■  コアセグメント利益は133億円              (前年同四半期比        13.2%減    )となりました。
       減収による売上総利益の減少等により、減益となりました。
     【北米】
     ■  売上収益は1,293億円          (前年同四半期比        5.6%増    )となりました。
       「ラツーダ」の売上増加に加え、抗てんかん剤「アプティオム」等の売上も伸長したことから、増収となりまし
      た。
     ■  コアセグメント利益は621億円              (前年同四半期比        13.3%増    )となりました。
       増収による売上総利益の増加に加え、販売費及び一般管理費が減少したことにより、増益となりました。
     【中国】
     ■  売上収益は140億円         (前年同四半期比        23.2%増    )となりました。
       カルバペネム系抗生物質製剤「メロペン」等の売上が増加したことにより、増収となりました。
     ■  コアセグメント利益は75億円             (前年同四半期比        47.5%増    )となりました。
       増収による売上総利益の増加等により、大幅な増益となりました。
     【海外その他】
     ■  売上収益は43億円        (前年同四半期比        38.0%減    )となりました。
       「メロペン」の輸出が減少したこと等から、減収となりました。
     ■  コアセグメント利益は12億円             (前年同四半期比        28.3%減    )となりました。
       減収による売上総利益の減少により、減益となりました。
     上記報告セグメントのほか、当社グループは、食品素材・食品添加物および化学製品材料、動物用医薬品等の販売を

    行っており、これらの          売上収益は187億円         (前年同四半期比        0.8%減    )、  コアセグメント利益は16億円              (前年同四半期比
    7.1%増)となりました。
                                  4/38




                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
     (2)  財政状態
     資産については、非流動資産は、IFRS第16号「リース」を当期首から適用したことに伴い、有形固定資産が増加しま
    したが、無形資産が仕掛研究開発の減損等により減少したことに加え、米国において繰延税金資産の取り崩しを行った
    結果、前連結会計年度末に比べ391億円減少しました。
     流動資産は、短期貸付金の減少によりその他の金融資産が減少しましたが、現金及び現金同等物等が増加した結果、
    前連結会計年度末に比べ94億円増加しました                     。
     これらの結果、資産合計は前連結会計年度末に比べ                        297億円減少      し、  8,050億円     となりました。
     負債については、条件付対価公正価値の減少に伴い、その他の金融負債が減少したことに加え、引当金等が減少した
    結果、前連結会計年度末に比べ              432億円減少      し、  2,934億円     となりました。
     資本については、在外営業活動体の換算差額等のその他の資本の構成要素が減少しましたが、利益剰余金が増加した
    結果、前連結会計年度末に比べ              135億円増加      し、  5,117億円     となりました。
     なお、当第2四半期連結会計期間末の親会社所有者帰属持分比率は                               63.6%   となりました。
     (3)  キャッシュ・フロー

     営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前四半期利益の増加に加え、営業債務及びその他の債務の増加等による
    キャッシュの増加要因等により、前年同四半期に比べ248億円収入が増加し、                                    318億円の収入       となりました。
     投資活動によるキャッシュ・フローは、無形資産や投資の取得による支出は増加しましたが、短期貸付金の減少等に
    より、前年同四半期に比べ115億円収入が増加し、108億円の収入となりました                                    。
     財務活動によるキャッシュ・フローは、前第2四半期連結累計期間には、社債の償還や短期借入金の減少等がありま
    したが、当第2四半期連結累計期間には発生しなかったことから、前年同四半期に比べ119億円支出が減少し、                                                   112億円
    の支出   となりました。
     上記のキャッシュ・フローに、現金及び現金同等物の為替換算による影響額を加えた結果、当第2四半期連結会計期
    間末における現金及び現金同等物は                 1,647億円     となり、前連結会計年度末に比べ               274億円増加      しました。
     (4)  事業上および財務上の対処すべき課題

     当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上および財務上の対処すべき課題に重要な変更および新た
    に生じた課題はありません。
     (5)  研究開発活動

     当第2四半期連結累計期間における研究開発費の総額は                          602億円    (前年同四半期比        45.6%増    )であります。なお、当該
    金額は当第2四半期連結累計期間に計上した減損損失191億円を含んでいることから、これを除いたコアベースの研究開
    発費は410億円(前年同四半期比0.7%減)となりました。また、当社グループは、研究開発費をグローバルに管理して
    いるため、セグメントに配分しておりません。
     日本において、本年6月、非定型抗精神病薬「ロナセンテープ」(一般名:ブロナンセリン)の統合失調症を適応症
    とした承認を取得し、本年9月に発売しました。また、本年7月、ルラシドン塩酸塩(一般名、米国製品名「ラツー
    ダ」)の統合失調症および双極性障害うつを対象とした承認申請を行いました。
     米国において、本年5月、ドパミン・ノルエピネフリン再取り込み阻害剤dasotraline(一般名)の成人の過食性障害
    (BED)を対象とした承認申請を行い、本年7月に受理されました。
     抗がん剤として開発中のナパブカシンについては、米国、日本等において結腸直腸がんおよび膵がんを対象とした併
    用での国際共同フェーズ3試験を実施しておりましたが、結腸直腸がんを対象とした試験は、本年6月、独立データモ
    ニタリング委員会(DSMB)より中間解析の結果が事前に設定した基準を満たしたとの判断による試験継続の推奨を受
    け、継続しております。一方、膵がんを対象とした試験は、本年7月、DSMBより、中間解析の結果が無益性基準へ該当
    したことによる試験中止の勧告を受け、中止しました。
                                  5/38




                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
      当社グループにおける開発状況は以下のとおりであります。
     1.精神神経領域                                           (2019年10月28日現在)
         製品/コード名
                            予定適応症               地域        開発段階
          (一般名)
                     統合失調症                      日本     申請(2019/7)

     SM-13496
     (ルラシドン塩酸塩)
                     双極性障害うつ                      日本     申請(2019/7)
                     過食性障害(BED)                      米国     申請(2019/5)

                                                申請(2017/8)
     SEP-225289
                                           米国     審査結果通知(CRL)
     (dasotraline)
                                                を受領(2018/8)
                     注意欠如・多動症(ADHD)
                                           日本     フェーズ1
                                                申請(2018/3)
     APL-130277
                     パーキンソン病に伴うオフ症状                      米国     審査結果通知(CRL)
     (アポモルヒネ塩酸塩水和物)
                                                を受領(2019/1)
     ロナセン
                     (新用法:小児)統合失調症                      日本     フェーズ3
     (ブロナンセリン)
                                           米国     フェーズ3
                     統合失調症
     SEP-363856                                       日本     フェーズ1
                     パーキンソン病に伴う精神病症状                      米国     フェーズ2

     EPI-743
                     リー脳症                      日本     フェーズ2/3
     (バチキノン)
                     パーキンソン病                      米国     フェーズ2
     EPI-589                                       米国     フェーズ2

                     筋萎縮性側索硬化症(ALS)
                                           日本     フェーズ1
                                                フェーズ2
     SEP-4199                 双極Ⅰ型障害うつ                    米国・日本
                                                (国際共同試験)
     DSP-6745                 パーキンソン病に伴う精神病症状                      米国     フェーズ1
     SEP-378608                 双極性障害                      米国     フェーズ1

     DSP-3905                 神経障害性疼痛                      米国     フェーズ1

     SEP-378614                 治療抵抗性うつ                      米国     フェーズ1

     SEP-380135                 アルツハイマー病に伴う行動障害                      米国     フェーズ1

                                  6/38







                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
     2.がん領域                                           (2019年10月28日現在)
         製品/コード名
                            予定適応症               地域        開発段階
          (一般名)
                     (新効能)悪性リンパ腫における自家造
     リサイオ
                     血幹細胞移植の前治療                      日本     申請(2019/3)
     (チオテパ)
                      ※未承認薬・適応外薬の開発品
                                                フェーズ3
                     結腸直腸がん(併用)                    米国・日本
                                                (国際共同試験)
                     肝細胞がん(併用)                      米国     フェーズ1/2
     BBI608
     (ナパブカシン)
                     消化器がん(併用)                      米国     フェーズ1/2
                     固形がん(併用)                      米国     フェーズ1/2

                     急性骨髄性白血病(AML)(併用)
                                           米国     フェーズ2
                     (再発・難治性患者対象)
                     骨髄異形成症候群(MDS)(併用)                      米国     フェーズ1/2
     DSP-2033
     (alvocidib)
                     急性骨髄性白血病(AML)(併用)
                                           米国     フェーズ1
                     (初発患者対象)
                     急性骨髄性白血病(AML)(併用)
                                           日本     フェーズ1
                     (初発および再発・難治性患者対象)
                                                フェーズ2
                     膠芽腫(併用)                    米国・日本
                                                (国際共同試験)
                     骨髄異形成症候群(MDS)(単剤)                      日本     フェーズ1/2
     DSP-7888
     (アデグラモチド酢酸塩/ネラチ
     モチドトリフルオロ酢酸塩)
                     小児悪性神経膠腫(単剤)                      日本     フェーズ1/2
                     固形がん(併用)                      米国     フェーズ1

                     慢性リンパ性白血病(CLL)(単剤・併
                                           米国     フェーズ1/2
                     用)
     TP-0903
     (dubermatinib)
                     固形がん(単剤・併用)                    米国・日本       フェーズ1
     DSP-0509                 固形がん(単剤・併用)                      米国     フェーズ1/2

     TP-0184                 固形がん(単剤)                      米国     フェーズ1

     DSP-0337                 固形がん(単剤)                      米国     フェーズ1

     TP-1287                 固形がん(単剤)                      米国     フェーズ1

                     固形がん(単剤)                      米国     フェーズ1

     TP-3654
                     骨髄線維症(単剤・併用)                      米国     フェーズ1
                                  7/38







                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
     3.再生・細胞医薬分野                                           (2019年10月28日現在)
         製品/コード名
                            予定適応症               地域        開発段階
          (一般名)
     SB623                 慢性期脳梗塞                      米国     フェーズ2

     他家iPS細胞由来ドパミン神経前                                            フェーズ1/2
                     パーキンソン病                      日本
     駆細胞                                            (医師主導治験)
     HLCR011
                                                治験開始に向けて準備
     (他家iPS細胞由来網膜色素上                 加齢黄斑変性                      日本
                                                中
     皮)
     4.その他の領域                                           (2019年10月28日現在)

         製品/コード名
                            予定適応症               地域        開発段階
          (一般名)
     PXL008
                     2型糖尿病                      日本     フェーズ3
     (imeglimin)
     (6)  生産、受注及び販売の実績

     当第2四半期連結累計期間において、日本セグメントにおける生産実績が著しく減少しました。これは、主に長期収
    載品の生産数量が減少したことによるものであります。
     また、当第2四半期連結累計期間において、北米セグメントにおける生産実績が著しく増加しました。これは、「ラ
    ツーダ」等の売上の伸長により生産量が増加したことによるものであります。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
       なお、当社は、2019年10月31日開催の取締役会において、Roivant                                Sciences     Ltd.(以下「Roivant」)との間
      で、戦略的提携に関する正式契約を締結することを決議し、同日に当該契約を締結しました。
       詳細は、「第4 経理の状況 1 要約四半期連結財務諸表 11 後発事象」に記載しております。
                                  8/38











                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

               普通株式                                 1,500,000,000

                 計                               1,500,000,000

      ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               (2019年9月30日)           (2019年11月1日)           商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
                                                単元株式数は100株で
       普通株式            397,900,154           397,900,154
                                                あります。
                                      (市場第一部)
         計          397,900,154           397,900,154            ―           ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     2019年9月30日                 ―    397,900          ―    22,400          ―    15,860
                                  9/38







                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                               2019年9月30日現在
                                                   発行済株式
                                                   (自己株式を
                                           所有株式数
                                                  除く。)の総数に
         氏名又は名称                     住所
                                            (千株)       対する所有
                                                   株式数の割合
                                                     (%)
     住友化学株式会社                東京都中央区新川二丁目27番1号                         205,634         51.76
     日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町二丁目11番3号                         29,126         7.33
     株式会社(信託口)
     稲畑産業株式会社                大阪市中央区南船場一丁目15番14号                         19,282         4.85
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号                         11,701         2.95
     銀行株式会社(信託口)
     日本生命保険相互会社                東京都千代田区丸の内一丁目6番6号                          7,581        1.91
     株式会社SMBC信託銀行(株式会
     社三井住友銀行退職給付信託                東京都港区西新橋一丁目3番1号                          7,000        1.76
     口)
     住友生命保険相互会社                東京都中央区築地七丁目18番24号                          5,776        1.45
     あいおいニッセイ同和損害保険
                     東京都渋谷区恵比寿一丁目28番1号                          4,435        1.12
     株式会社
     資産管理サービス信託銀行株式
                     東京都中央区晴海一丁目8番12号                          3,106        0.78
     会社(証券投資信託口)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号                          3,058        0.77
     銀行株式会社(信託口7)
            計                    ―               296,702         74.68
     (注)株式会社SMBC信託銀行(株式会社三井住友銀行退職給付信託口)7,000千株は、株式会社三井住友銀行が保有し

        ていた当社株式を退職給付信託に拠出したものであり、当該拠出後における同行の当社株式保有数は、1,125千
        株(持株比率0.28%)であります。
                                 10/38











                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                 2019年9月30日現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           ―           ―               ―

     議決権制限株式(自己株式等)                           ―           ―               ―

     議決権制限株式(その他)                           ―           ―               ―

                     普通株式        604,400

     完全議決権株式(自己株式等)                                      ―               ―
                     普通株式      397,136,500

     完全議決権株式(その他)                                  3,971,355                   ―
                     普通株式        159,254

     単元未満株式                                      ―  1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                      397,900,154                 ―               ―

     総株主の議決権                           ―       3,971,355                   ―

     (注)   1 「完全議決権株式(自己株式等)」の欄は、すべて当社保有の自己株式であります。

        2 「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が200株および株主名簿上
          は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が1,000株含まれております。但し、「議決
          権の数」欄には、株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式に係る議決権の
          数10個は含まれておりません。
        3 「単元未満株式」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が50株、当社所有の自己株式が44株含ま
          れております。
      ②  【自己株式等】

                                               2019年9月30日現在
                                                   発行済株式総数
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            に対する所有
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           株式数の割合
                                (株)       (株)       (株)
                                                     (%)
                  大阪市中央区道修町
     大日本住友製薬株式会社                            604,400          ―   604,400           0.15
                  二丁目6番8号
          計              ―         604,400          ―   604,400           0.15
    (注) 株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が1,000株あります。なお、当該株式

        数は上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の中に含まれております。
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 11/38







                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 要約四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣
     府令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下
     「IAS第34号」)に準拠して作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019年
     9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年9月30日まで)に係る要約四半期連結財務
     諸表について、有限責任 あずさ監査法人により四半期レビューを受けております。
                                 12/38
















                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
     1  【要約四半期連結財務諸表】
      (1)  【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                 (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                          注記
                               (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                          番号
                               至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     売上収益                     4,5             226,155               230,603
     売上原価                                   55,593               56,286
     売上総利益                                  170,562               174,317
      販売費及び一般管理費                                  99,016               47,030
      研究開発費                                  41,322               60,151
      その他の収益                                   239               531
      その他の費用                                   856               832
     営業利益                                   29,607               66,835
      金融収益                                  8,121               2,338
      金融費用                                   129             5,026
     税引前四半期利益                                   37,599               64,147
     法人所得税                                   9,730              33,817
     四半期利益                                   27,869               30,330
     四半期利益の帰属
      親会社の所有者持分                                  27,869               30,330
     四半期利益                                   27,869               30,330
     1株当たり四半期利益(円)
      基本的1株当たり四半期利益                     7              70.15               76.34
                                 13/38











                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
        【第2四半期連結会計期間】
                                                 (単位:百万円)
                              前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                          注記
                               (自 2018年7月1日               (自 2019年7月1日
                          番号
                               至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     売上収益                      4             110,244               113,119
     売上原価                                   26,681               27,333
     売上総利益                                   83,563               85,786
      販売費及び一般管理費                                  48,766               19,143
      研究開発費                                  20,458               40,095
      その他の収益                                   136               138
      その他の費用                                   682               274
     営業利益                                   13,793               26,412
      金融収益                                  3,236                908
      金融費用                                    61               81
     税引前四半期利益                                   16,968               27,239
     法人所得税                                   4,346               3,612
     四半期利益                                   12,622               23,627
     四半期利益の帰属
      親会社の所有者持分                                  12,622               23,627
     四半期利益                                   12,622               23,627
     1株当たり四半期利益(円)
      基本的1株当たり四半期利益                     7              31.77               59.47
                                 14/38













                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                 (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                          注記
                               (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                          番号
                               至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     四半期利益                                   27,869               30,330
     その他の包括利益
     純損益に振り替えられることのない項目:
      その他の包括利益を通じて公正価値で
                                        3,847              △ 3,292
      測定する金融資産の変動
     純損益にその後に振り替えられる可能性の
     ある項目:
      在外営業活動体の換算差額                                  13,809              △ 5,945
      キャッシュ・フロー・ヘッジ                                    56              △ 15
     その他の包括利益合計                                   17,712              △ 9,252
     四半期包括利益合計                                   45,581               21,078
     四半期包括利益の帰属
      親会社の所有者持分                                  45,581               21,078
     四半期包括利益合計                                   45,581               21,078
                                 15/38














                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
        【第2四半期連結会計期間】
                                                 (単位:百万円)
                              前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                          注記
                               (自 2018年7月1日               (自 2019年7月1日
                          番号
                               至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     四半期利益                                   12,622               23,627
     その他の包括利益
     純損益に振り替えられることのない項目:
      その他の包括利益を通じて公正価値で
                                        4,658              △ 1,089
      測定する金融資産の変動
     純損益にその後に振り替えられる可能性の
     ある項目:
      在外営業活動体の換算差額                                  5,988               △ 321
      キャッシュ・フロー・ヘッジ                                    20               15
     その他の包括利益合計                                   10,666              △ 1,395
     四半期包括利益合計                                   23,288               22,232
     四半期包括利益の帰属
      親会社の所有者持分                                  23,288               22,232
     四半期包括利益合計                                   23,288               22,232
                                 16/38














                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
      (2)  【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                 (単位:百万円)
                          注記
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)               (2019年9月30日)
                          番号
     資産
      非流動資産
       有形固定資産                                 59,485               69,026
       のれん                                 99,348               96,601
       無形資産                                171,390               147,675
       その他の金融資産                    9             74,668               69,875
       未収法人所得税                                 2,562               1,246
       その他の非流動資産                                 3,277               4,012
       繰延税金資産                                 50,719               33,922
      非流動資産合計                                 461,449               422,357
      流動資産
       棚卸資産                                 66,889               66,615
       営業債権及びその他の債権                                118,760               119,356
       その他の金融資産                    9             43,750               23,714
       未収法人所得税                                  483             1,587
       その他の流動資産                                 6,090               6,737
       現金及び現金同等物                                137,296               164,671
      流動資産合計                                 373,268               382,680
     資産合計                                  834,717               805,037
                                 17/38













                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
                                                 (単位:百万円)
                          注記
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2019年3月31日)               (2019年9月30日)
                          番号
     負債及び資本
     負債
      非流動負債
       借入金                    9             27,980               26,500
       その他の金融負債                    9             80,387               45,926
       退職給付に係る負債                                 23,613               23,877
       その他の非流動負債                                 6,425               3,852
       繰延税金負債                                   -               1
      非流動負債合計                                 138,405               100,156
      流動負債
       借入金                    9              2,960               2,960
       営業債務及びその他の債務                                 49,238               48,938
       その他の金融負債                    9              8,673              13,727
       未払法人所得税                                 15,723               17,216
       引当金                                 92,176               86,244
       その他の流動負債                                 29,404               24,131
      流動負債合計                                 198,174               193,216
     負債合計                                  336,579               293,372
     資本
       資本金                                 22,400               22,400
       資本剰余金                                 15,861               15,861
       自己株式                                 △ 674             △ 676
       利益剰余金                                431,799               451,606
       その他の資本の構成要素                                 28,752               22,474
      親会社の所有者に帰属する持分合計                                 498,138               511,665
     資本合計                                  498,138               511,665
     負債及び資本合計                                  834,717               805,037
                                 18/38










                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
      (3)  【要約四半期連結持分変動計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                                                その他の資本の構成要素
                注記
                                              その他の包括利
                番号
                                                     確定給付負債
                     資本金      資本剰余金       自己株式      利益剰余金
                                              益を通じて公正
                                                     (資産)の純額
                                              価値で測定する
                                                      の再測定
                                              金融資産の変動
     2018年4月1日残高                 22,400       15,860       △ 669     396,037       31,735         -
     会計方針の変更による
                        -       -       -      348       -       -
     累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                      22,400       15,860       △ 669     396,385       31,735         -
     2018年4月1日残高
     四半期利益                  -       -       -     27,869         -       -
     その他の包括利益                  -       -       -       -      3,847        -
     四半期包括利益合計                   -       -       -     27,869       3,847        -
     自己株式の取得                  -       -      △ 2      -       -       -
     配当金           8       -       -       -     △ 7,549        -       -
     所有者との取引額合計                   -       -      △ 2    △ 7,549        -       -
     2018年9月30日残高                 22,400       15,860       △ 671     416,705       35,582         -
     2019年4月1日残高                 22,400       15,861       △ 674     431,799       32,611         -

     四半期利益                  -       -       -     30,330         -       -
     その他の包括利益                  -       -       -       -     △ 3,292        -
     四半期包括利益合計                   -       -       -     30,330      △ 3,292        -
     自己株式の取得                  -       -      △ 2      -       -       -
     配当金           8       -       -       -     △ 7,549        -       -
     その他の資本の構成要素
                        -       -       -     △ 2,974       2,974        -
     から利益剰余金への振替
     所有者との取引額合計                   -       -      △ 2    △ 10,523       2,974        -
     2019年9月30日残高                 22,400       15,861       △ 676     451,606       32,293         -
                                 19/38











                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
                                            (単位:百万円)
                          親会社の所有者に帰属する持分
                        その他の資本の構成要素
                注記
                                               資本合計
                番号
                                         合計
                   在外営業活動体       キャッシュ・
                                   合計
                    の換算差額      フロー・ヘッジ
     2018年4月1日残高                 △ 12,619        △ 21     19,095      452,723       452,723
     会計方針の変更による
                        -       -       -      348       348
     累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                     △ 12,619        △ 21     19,095      453,071       453,071
     2018年4月1日残高
     四半期利益                  -       -       -     27,869       27,869
     その他の包括利益                 13,809         56     17,712       17,712       17,712
     四半期包括利益合計                 13,809         56     17,712       45,581       45,581
     自己株式の取得                  -       -       -      △ 2      △ 2
     配当金           8       -       -       -     △ 7,549      △ 7,549
     所有者との取引額合計                   -       -       -     △ 7,551      △ 7,551
     2018年9月30日残高                  1,190        35     36,807      491,101       491,101
     2019年4月1日残高                 △ 3,853        △ 6     28,752      498,138       498,138

     四半期利益                  -       -       -     30,330       30,330
     その他の包括利益                △ 5,945       △ 15     △ 9,252      △ 9,252      △ 9,252
     四半期包括利益合計                 △ 5,945       △ 15     △ 9,252      21,078       21,078
     自己株式の取得                  -       -       -      △ 2      △ 2
     配当金           8       -       -       -     △ 7,549      △ 7,549
     その他の資本の構成要素
                        -       -      2,974        -       -
     から利益剰余金への振替
     所有者との取引額合計                   -       -      2,974      △ 7,551      △ 7,551
     2019年9月30日残高                 △ 9,798       △ 21     22,474      511,665       511,665
                                 20/38












                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
      (4)  【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                 (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                          注記
                               (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                          番号
                               至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      四半期利益                                  27,869               30,330
      減価償却費及び償却費                                  7,027               8,572
      減損損失                                    -            19,116
      条件付対価公正価値の変動額                                  6,850             △ 41,757
      受取利息及び配当金                                 △ 1,640              △ 2,337
      支払利息                                   112               195
      法人所得税                                  9,730              33,817
      営業債権及びその他の債権の増減額
                                       △ 3,070              △ 1,884
      (△は増加)
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 2,918              △ 2,431
      営業債務及びその他の債務の増減額
                                      △ 12,007               4,135
      (△は減少)
      退職給付に係る負債の増減額
                                          2             281
      (△は減少)
      引当金の増減額(△は減少)                                  1,791              △ 3,395
      その他                                 △ 15,311              △ 2,071
     小計                                   18,435               42,571
      利息の受取額                                  1,074               1,552
      配当金の受取額                                   493               754
      利息の支払額                                  △ 106             △ 137
      法人所得税の支払額                                 △ 12,935              △ 12,963
     営業活動によるキャッシュ・フロー                                   6,961              31,777
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 5,733              △ 5,446
      有形固定資産の売却による収入                                   292               428
      無形資産の取得による支出                                 △ 1,754              △ 2,810
      投資の取得による支出                                  △ 883            △ 2,190
      投資の売却及び償還による収入                                    -              253
      短期貸付金の純増減額(△は増加)                                  7,432              20,550
      その他                                    -               23
     投資活動によるキャッシュ・フロー                                   △ 646             10,808
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 3,500                -
      長期借入金の返済による支出                                 △ 1,480              △ 1,480
      社債の償還による支出                                 △ 10,000                 -
      リース負債の返済による支出                                  △ 522            △ 2,148
      配当金の支払額                                 △ 7,546              △ 7,545
      その他                                   △ 2             △ 2
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 23,050              △ 11,175
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 16,735               31,410
     現金及び現金同等物の期首残高                                  147,775               137,296
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   6,545              △ 4,035
     現金及び現金同等物の四半期末残高                                  137,585               164,671
                                 21/38




                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
      (5)  【要約四半期連結財務諸表注記】
    1.報告企業
      大日本住友製薬株式会社(以下「当社」)は日本に所在する企業であります。当社の要約四半期連結財務諸表は
     2019年9月30日を期末日とし、当社及び子会社(以下「当社グループ」)並びに関連会社に対する持分により構成さ
     れます。当社グループは、医薬品事業を行っており、事業の内容は、事業セグメント(注記4)に記載しておりま
     す。当社の登記している本社及び主要な事業所の住所は、ホームページ(https://www.ds-pharma.co.jp/)で開示し
     ております。
    2.作成の基礎

     (1)  要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨
       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に規定する「指定国際会計基準
      特定会社」の要件をすべて満たすことから、四半期連結財務諸表規則第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作
      成しております。
       要約四半期連結財務諸表は、連結会計年度の連結財務諸表で要求されるすべての情報が含まれていないため、前
      連結会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります。
       なお、当社グループの本要約四半期連結財務諸表は、2019年11月1日に代表取締役社長                                         野村博によって公表の承
      認がなされております。
     (2)  測定の基礎

       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定する金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成
      しております。
     (3)  機能通貨及び表示通貨

       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未満の
      端数を四捨五入して表示しております。
     (4)  重要な会計上の見積り、判断及び仮定

       要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告額
      に影響を及ぼす見積り、判断及び仮定の設定を行っております。しかし、これらの見積り及び仮定に関する不確実
      性により、将来の期間において資産又は負債の帳簿価額に重要な修正が求められる結果となる可能性があります。
       本要約四半期連結財務諸表における会計上の見積り、判断及び仮定は、前連結会計年度の連結財務諸表と同様で
      あります。
    3.重要な会計方針

     本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除き、前連結会計年度の連結財務諸表におい
    て適用した会計方針と同一であります。
     なお、当第2四半期連結累計期間の法人所得税は、見積年次実効税率を基に算定しております。
       基準書、解釈指針の新設又は改訂                               新設又は改訂の概要

        IFRS第16号         リース         リースの認識に関する会計処理の改訂

     当社グループは、第1四半期連結会計期間よりIFRS第16号「リース」(2016年1月公表、以下「IFRS第16号」)を適

    用しております。
     当社グループは、契約が特定された資産の使用を支配する権利を一定期間にわたり対価と交換に移転しているか否か
    に基づき、契約がリースであるか、又はリースを含んでいるかを判定しております。
     契約がリース又はリースを含んでいると判定した場合、リース開始日において、使用権資産及びリース負債を認識し
    ております。
                                 22/38


                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
     ①  使用権資産
     使用権資産は取得原価で当初測定しており、取得原価はリース開始日時点におけるリース負債の当初測定額に取得時
    直接コスト等を調整した金額で認識しております。
     使用権資産の認識後の測定方法として、原価モデルを採用しております。当初認識後は、原資産のリース期間又は見
    積耐用年数のいずれか短い期間にわたり、定額法に基づいて減価償却を行っております。
     また、要約四半期連結財政状態計算書において、使用権資産は取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控
    除した価額で、有形固定資産に含めて表示しております。
     ②  リース負債

     リース負債は、リース開始日現在で支払われていないリース料の割引現在価値で当初認識しております。通常、当社
    グループは、追加借入利子率を割引率として用いております。当初認識後は、リース負債に係る金利及び支払われた
    リース料を反映するよう、実効金利法に基づき帳簿価額を増減しております。また、要約四半期連結財政状態計算書に
    おいて、リース負債はその他の金融負債に含めて表示しております。
     リース料は、リース負債残高に対して一定の利子率となるよう金融費用とリース負債の返済部分とに配分しておりま
    す。金融費用は、要約四半期連結損益計算書において、使用権資産の減価償却費と区別して表示しております。
     なお、短期リース及び少額資産のリースについて、当社グループは基本的に使用権資産及びリース負債として認識せ

    ず、リース料総額をリース期間にわたり、定額法に基づいて純損益に計上しております。
     ③  連結財務諸表への影響

     当社グループは、以下のIFRS第16号の経過措置の規定(修正遡及アプローチ)に従い、IFRS第16号を適用しておりま
    す。
     (ⅰ)IFRS第16号適用による累積的影響額を、適用開始日に認識
     (ⅱ)過去にオペレーティング・リースに分類していたリースについて、
       (a)リース負債を、適用開始日における残存リース料総額を適用開始日現在の借手の追加借入利子率を用いて割
          り引いた現在価値で測定
       (b)使用権資産を、以下のいずれかで測定し認識
         ・IFRS第16号がリース開始日から適用されていたかのように帳簿価額で認識。ただし、適用開始日現在の借
          手の追加借入利子率を用いて割り引く
         ・リース負債の測定額に前払リース料又は未払リース料を調整した金額で認識
     なお、IFRS第16号への移行にあたり、当社グループは、取引がリースであるか否かに関する従前の判定を引き継ぐ実

    務上の便法を適用することを選択しております。
     これらの結果、当社グループの適用開始日における財政状態への影響として、要約四半期連結財政状態計算書の資産

    合計が14,626百万円、負債合計が14,626百万円それぞれ増加しております。なお、業績に与える影響は軽微でありま
    す。
     適用開始日現在のリース負債に適用した追加借入利子率の加重平均は1.5%であります。
     適用開始日の直前年度の末日現在における解約不能のオペレーティング・リースの将来最低リース料総額と適用開始
    日現在における連結財政状態計算書で認識したリース負債の差額は以下の通りです。
                                                 (単位:百万円)
       2019年3月31日現在における             解約不能オペレーティング・リースの将来最低リース料総額

                                                      9,543
       上記の2019年4月1日現在の追加借入利子率を用いて割り引いた金額                                                8,790

       2019年3月31日現在で認識したファイナンス・リース債務                                                2,043

                                                      6,525

       リース期間を見直したことにより追加で計上したリース負債
       2019年4月1日現在のリース負債                                               17,358

                                 23/38



                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    4.事業セグメント
     当社グループでは、会社の経常的な収益性を示す利益指標として、「コア営業利益」を設定し、これを当社独自の業
    績管理指標として採用しております。
     「コア営業利益」は、営業利益から当社グループが定める非経常的な要因による損益(以下「非経常項目」)を除外
    したものとなります。非経常項目として除かれる主なものは、減損損失、事業構造改善費用、企業買収に係る条件付対
    価公正価値の変動額等です。
     (1)  報告セグメント

       当社グループは、主として医療用医薬品の製造、仕入及び販売を行っており、日本、北米、中国等マーケットご
      とに医薬品事業の業績管理を行っているため、日本、北米、中国、海外その他の4つを報告セグメントとしており
      ます。
       なお、当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成要素のうち分離された財務情報が入手可能であ
      り、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであ
      ります。
     (2)  セグメント収益及び業績

       当社グループの報告セグメントごとの売上収益及び利益又は損失は、以下のとおりであります。
       なお、当社グループでは、各セグメントの経常的な収益性を示す利益指標として、「コアセグメント利益」を設
      定し、当社独自のセグメント業績指標として採用しております。
       「コアセグメント利益」は、「コア営業利益」から、グローバルに管理しているため各セグメントに配分できな
      い研究開発費、事業譲渡損益等を除外したセグメント別の利益となります。
       なお、「第2 事業の状況 2 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」にお
      ける報告セグメントに含まれない「その他」の区分に係るコアセグメント利益の金額及び前年同四半期比増減につ
      いては、セグメント間取引として消去された利益を含めて記載しております。
      ① 前第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

                                                 (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               その他
                             医薬品事業
                                                      合計
                                                (注)
                                    海外
                   日本      北米      中国            計
                                    その他
     外部顧客への売上収益               66,353     122,537      11,400      7,016     207,306      18,849     226,155
     セグメント間の内部売上
                     43      -      -      -      43      17      60
     収益
          合計          66,396     122,537      11,400      7,016     207,349      18,866     226,215
     セグメント利益
                   15,368      54,759      5,115      1,699     76,941      1,443     78,384
     (コアセグメント利益)
    (注)その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、食品素材・食品添加物及び化学製品材料、
       動物用医薬品、診断薬等の事業を含んでおります。
                                 24/38






                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
      ② 当第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)
                                                 (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               その他
                             医薬品事業
                                                      合計
                                                (注)
                                    海外
                   日本      北米      中国            計
                                    その他
     外部顧客への売上収益               64,176     129,344      14,042      4,347     211,909      18,694     230,603
     セグメント間の内部売上
                     51      -      -      -      51      25      76
     収益
          合計          64,227     129,344      14,042      4,347     211,960      18,719     230,679
     セグメント利益
                   13,344      62,052      7,547      1,219     84,162      1,550     85,712
     (コアセグメント利益)
    (注)その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、食品素材・食品添加物及び化学製品材料、
       動物用医薬品等の事業を含んでおります。
      ③ 前第2四半期連結会計期間(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)

                                                 (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               その他
                             医薬品事業
                                                      合計
                                                (注)
                                    海外
                   日本      北米      中国            計
                                    その他
     外部顧客への売上収益               31,040      61,890      5,964      2,276     101,170       9,074     110,244
     セグメント間の内部売上
                     28      -      -      -      28      8     36
     収益
          合計          31,068      61,890      5,964      2,276     101,198       9,082     110,280
     セグメント利益
                    5,949     29,756      2,854      △ 34    38,525       625    39,150
     (コアセグメント利益)
    (注)その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、食品素材・食品添加物及び化学製品材料、
       動物用医薬品、診断薬等の事業を含んでおります。
      ④ 当第2四半期連結会計期間(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)

                                                 (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               その他
                             医薬品事業
                                                      合計
                                                (注)
                                    海外
                   日本      北米      中国            計
                                    その他
     外部顧客への売上収益               31,547      63,360      7,204      1,877     103,988       9,131     113,119
     セグメント間の内部売上
                     33      -      -      -      33      15      48
     収益
          合計          31,580      63,360      7,204      1,877     104,021       9,146     113,167
     セグメント利益
                    6,088     32,559      3,741       294    42,682       740    43,422
     (コアセグメント利益)
    (注)その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、食品素材・食品添加物及び化学製品材料、
       動物用医薬品等の事業を含んでおります。
                                 25/38





                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
     (3)  報告セグメント合計額と要約四半期連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する
       事項)
       調整額に関する事項は、以下のとおりであります。
                                                  (単位:百万円)
                                             当第2四半期連結累計期間
                            前第2四半期連結累計期間
             売上収益                                 (自 2019年4月1日
                             (自 2018年4月1日
                             至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
     報告セグメント計                                  207,349                 211,960
     「その他」の区分の売上収益                                  18,866                 18,719
     セグメント間取引消去                                   △60                 △76
       要約四半期連結財務諸表の売上収益                                226,155                 230,603
                                                  (単位:百万円)

                                             当第2四半期連結会計期間
                            前第2四半期連結会計期間
             売上収益                                 (自 2019年7月1日
                             (自 2018年7月1日
                             至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
     報告セグメント計                                  101,198                 104,021
     「その他」の区分の売上収益                                   9,082                 9,146
     セグメント間取引消去                                   △36                 △48
       要約四半期連結財務諸表の売上収益                                110,244                 113,119
                                                  (単位:百万円)

                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
              利益
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                             至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
     報告セグメント計                                  76,941                 84,162
     「その他」の区分の利益                                   1,443                 1,550
     セグメント間取引消去                                    12                 9
     研究開発費(注)                                 △41,322                 △41,016
     事業譲渡益等                                    77                 69
     その他                                    -                △18
     コア営業利益                                  37,151                 44,756
     条件付対価公正価値の変動額                                  △6,850                 41,757
     減損損失                                    -              △19,116
     その他の収益                                    157                 480
     その他の費用                                   △851                 △832
     その他                                    -               △210
       要約四半期連結財務諸表の営業利益                                29,607                 66,835
    (注)当社グループは、研究開発費をグローバルに管理しているため、セグメントに配分しておりません。なお、要約
       四半期連結損益計算書における研究開発費との差額は、コア営業利益の算定から除外される減損損失及び研究開
       発関連費用であります。
                                 26/38





                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                            前第2四半期連結会計期間                 当第2四半期連結会計期間
              利益
                             (自 2018年7月1日                 (自 2019年7月1日
                             至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
     報告セグメント計                                  38,525                 42,682
     「その他」の区分の利益                                    625                 740
     セグメント間取引消去                                     3                 ▶
     研究開発費(注)                                 △20,458                 △20,970
     事業譲渡益等                                    41                 34
     その他                                   △10                 △9
     コア営業利益                                  18,726                 22,481
     条件付対価公正価値の変動額                                  △4,356                 23,296
     減損損失                                    -              △19,116
     その他の収益                                    100                 113
     その他の費用                                   △677                 △274
     その他                                    -                △88
       要約四半期連結財務諸表の営業利益                                13,793                 26,412
    (注)当社グループは、研究開発費をグローバルに管理しているため、セグメントに配分しておりません。なお、要約
       四半期連結損益計算書における研究開発費との差額は、コア営業利益の算定から除外される減損損失及び研究開
       発関連費用であります。
                                 27/38













                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    5.売上収益
     当社グループは、売上収益を財又はサービスの種類別に分解しております。分解した売上収益と報告セグメントとの
    関連は、以下のとおりであります。
     (1)前第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

                                                 (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               その他
                             医薬品事業
                                                      合計
                                                (注)
                                    海外
                   日本      北米      中国            計
                                    その他
     製商品の販売               65,381     121,999      11,365      7,011     205,756      18,848     224,604
     知的財産権収入                112      538      -      5     655       1     656
     その他                860      -      35      -     895      -     895
          合計          66,353     122,537      11,400      7,016     207,306      18,849     226,155
    (注)その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、食品素材・食品添加物及び化学製品材料、
       動物用医薬品、診断薬等の事業を含んでおります。
     (2)当第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

                                                 (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               その他
                             医薬品事業
                                                      合計
                                                (注)
                                    海外
                   日本      北米      中国            計
                                    その他
     製商品の販売               61,581     128,787      13,986      4,347     208,701      18,694     227,395
     知的財産権収入                121      557      -      -     678      -     678
     その他               2,474       -      56      -    2,530       -    2,530
          合計          64,176     129,344      14,042      4,347     211,909      18,694     230,603
    (注)その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、食品素材・食品添加物及び化学製品材料、
       動物用医薬品等の事業を含んでおります。
                                 28/38










                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    6.減損損失

     当第2四半期連結累計期間に認識した減損損失19,116百万円は、要約四半期連結損益計算書の研究開発費に計上して
    おり、全て無形資産に係る減損損失であります。
     当該減損損失は、医薬品事業の北米セグメントにおける血液がんを対象として開発中のサイクリン依存性キナーゼ
    (CDK)9阻害剤alvocidib(開発コード:DSP-2033)に係る仕掛研究開発の減損損失17,378百万円及び抗がん剤
    amcasertib(開発コード:BBI503)に係る仕掛研究開発の減損損失1,738百万円であります。
     alvocidibに係る仕掛研究開発は、想定されていた収益性の低下により、帳簿価額を回収可能価額8,634百万円まで減
    額しております。amcasertibに係る仕掛研究開発は、開発中止により収益性が見込めなくなったため、帳簿価額全額を
    減額しております。
     なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、税引前の割引率は17.0%を採用しております。
    7.1株当たり利益

     基本的1株当たり四半期利益の算定上の基礎及び基本的1株当たり四半期利益は、以下のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間

                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                             至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
     基本的1株当たり四半期利益の
     算定上の基礎
      親会社の所有者に帰属する
                                       27,869                 30,330
      四半期利益(百万円)
      親会社の普通株主に帰属しない
                                         -                 -
      四半期利益(百万円)
       基本的1株当たり四半期利益の
                                       27,869                 30,330
       計算に使用する四半期利益(百万円)
       発行済普通株式の加重平均株式数
                                      397,297                 397,296
       (千株)
     1株当たり四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益(円)                                  70.15                 76.34
    (注)希薄化後1株当たり四半期利益については、希薄化効果を有する株式が存在しないため記載しておりません。
                            前第2四半期連結会計期間                当第2四半期連結会計期間

                             (自 2018年7月1日                 (自 2019年7月1日
                             至 2018年9月30日)                 至 2019年9月30日)
     基本的1株当たり四半期利益の
     算定上の基礎
      親会社の所有者に帰属する
                                       12,622                 23,627
      四半期利益(百万円)
      親会社の普通株主に帰属しない
                                         -                 -
      四半期利益(百万円)
       基本的1株当たり四半期利益の
                                       12,622                 23,627
       計算に使用する四半期利益(百万円)
       発行済普通株式の加重平均株式数
                                      397,297                 397,295
       (千株)
     1株当たり四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益(円)                                  31.77                 59.47
    (注)希薄化後1株当たり四半期利益については、希薄化効果を有する株式が存在しないため記載しておりません。
                                 29/38





                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    8.配当金
      配当の総額及び1株当たり配当額は、以下のとおりであります。
     (1)  前第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

                         配当の総額         1株当たり

        決議日        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
     定時株主総会
                 普通株式            7,549         19.00    2018年3月31日         2018年6月20日
     (2018年6月19日)
     (2)  当第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

                         配当の総額         1株当たり

        決議日        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
     定時株主総会
                 普通株式            7,549         19.00    2019年3月31日         2019年6月21日
     (2019年6月20日)
      なお、基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末

     後となるものは、以下のとおりであります。
     (1)  前第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

                         配当の総額         1株当たり

        決議日        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
     取締役会
                 普通株式            3,576         9.00   2018年9月30日         2018年12月3日
     (2018年10月30日)
     (2)  当第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

                         配当の総額         1株当たり

        決議日        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
     取締役会
                 普通株式            5,562         14.00    2019年9月30日         2019年12月2日
     (2019年10月28日)
                                 30/38










                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    9.金融商品
     金融商品の公正価値
     (1)  公正価値ヒエラルキーのレベル別分類
       公正価値で測定する金融商品について、測定に用いた評価技法へのインプットの観察可能性に応じて算定した公
      正価値を以下の3つのレベルに分類しております。
       レベル1:活発な市場における同一の資産又は負債の市場価格
       レベル2:レベル1に含まれる市場価格以外の、直接又は間接的に観察可能なインプットにより測定した公正価
            値
       レベル3:観察可能な市場データに基づかないインプットにより測定した公正価値
     (2)  償却原価で測定する金融商品

       償却原価で測定する主な金融商品の帳簿価額と公正価値は、以下のとおりであります。なお、帳簿価額が公正価
      値の合理的な近似値となっている金融商品及び重要性の乏しい金融商品は、以下の表に含めておりません。
                                                 (単位:百万円)
                          前連結会計年度                当第2四半期連結会計期間
                          (2019年3月31日)                   (2019年9月30日)
                       帳簿価額         公正価値         帳簿価額         公正価値
     償却原価で測定する金融負債
      借入金                     30,940         30,956         29,460         29,486
           合計               30,940         30,956         29,460         29,486
       償却原価で測定される主な金融商品に係る公正価値の測定方法は、以下のとおりであります。

        借入金
         これらの公正価値は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定
        しており、公正価値ヒエラルキーはレベル3であります。
                                 31/38











                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
     (3)  連結財政状態計算書及び要約四半期連結財政状態計算書において公正価値で測定する金融商品
       公正価値で測定する金融商品の公正価値ヒエラルキーは、以下のとおりであります。
       公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、四半期連結会計期間末及び連結会計年度末において認識しておりま
      す。なお、前連結会計年度及び当第2四半期連結会計期間において、レベル間の振替が行われた金融資産及び負債
      はありません。
       (ⅰ)前連結会計年度(2019年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                      レベル1          レベル2          レベル3           合計
     その他の包括利益を通じて
     公正価値で測定する金融資産
      株式等                    55,766            -       16,942          72,708
           合計               55,766            -       16,942          72,708
     純損益を通じて公正価値で測
     定する金融負債
      条件付対価                       -          -       81,352          81,352
      その他                      -          99          -          99
           合計                 -          99       81,352          81,451
       (ⅱ)当第2四半期連結会計期間(2019年9月30日)

                                                 (単位:百万円)
                      レベル1          レベル2          レベル3           合計
     その他の包括利益を通じて
     公正価値で測定する金融資産
      株式等                    56,142            -       12,165          68,307
           合計               56,142            -       12,165          68,307
     純損益を通じて公正価値で測
     定する金融負債
      条件付対価                       -          -       37,608          37,608
      デリバティブ負債                       -         273          -         273
     その他の包括利益を通じて
     公正価値で測定する金融負債
      デリバティブ負債                       -          32          -          32
           合計                 -         305        37,608          37,913
                                 32/38







                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
        公正価値ヒエラルキーのレベル3に分類された金融商品の期首から期末までの変動は、以下のとおりでありま
       す。
       (ⅰ)金融資産
                                           (単位:百万円)
                                     当第2四半期連結累計期間
                                      (自 2019年4月1日
                                       至 2019年9月30日)
     期首残高                                           16,942
     購入                                             947
     売却・決済                                            △253
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の変動                                           △5,124
     その他                                            △347
     期末残高                                           12,165
       (ⅱ)金融負債

                                           (単位:百万円)
                                     当第2四半期連結累計期間
                                      (自 2019年4月1日
                                       至 2019年9月30日)
     期首残高                                           81,352
     条件付対価公正価値の変動額(注)                                          △41,757
     為替換算差額                                           △1,987
     期末残高                                           37,608
    (注)条件付対価公正価値の変動額は、要約四半期連結損益計算書において販売費及び一般管理費として認識しており
       ます。
       公正価値ヒエラルキーレベル3に区分された金融資産は、主に非上場株式で構成されております。公正価値は、

      割引キャッシュ・フロー法により算定しており、税引前の割引率は16.0%~17.0%を採用しております。なお、純
      資産価値に近似していると考えられる非上場株式等については、主に純資産価値に基づく評価技法により公正価値
      を算定しております。
       公正価値ヒエラルキーレベル3に区分された金融負債は、企業結合により生じた条件付対価であります。条件付

      対価は、特定の開発品の開発進捗に応じて支払う開発マイルストンや販売後の売上収益に応じて支払う販売マイル
      ストン等であり、その公正価値は、それらが達成される可能性や貨幣の時間的価値を考慮して算定しております。
       これらの公正価値測定は、当社グループの評価方針及び手続に従って行われており、金融商品の資産性質、特徴

      及びリスクを最も適切に反映できる評価モデルを決定しております。また、公正価値の変動に影響を与え得る重要
      な指標の推移を継続的に検証しております。
       なお、レベル3に区分された金融商品について、それぞれ合理的と考えられる代替的な仮定に変更した場合に、
      公正価値の金額に重要な変動はないと考えております。
                                 33/38






                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    10.関連当事者
     (1)  親会社
       住友化学株式会社は、当社グループの親会社であります。
     (2)  関連当事者との取引

       当社グループと親会社との取引金額及び未決済残高は、以下のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)
                           前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                             (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                   関連当事者
      種類       名称
                             至 2018年9月30日)                至 2019年9月30日)
                   関係の内容
                            取引金額       未決済残高         取引金額       未決済残高
           住友化学
     親会社              資金の貸付           △7,438         14,766       △20,550         21,586
           株式会社
       当該取引は、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。未決済残高は担保が設定されてお
      らず、現金で決済されております。なお、未決済残高に関する貸倒引当金はありません。
    11.後発事象

       当社は、2019年10月31日開催の取締役会において、Roivantとの間で、戦略的提携に関する正式契約を締結するこ
      とを決議し、同日に当該契約を締結しました。
       当社は、「中期経営計画2022」において、収益の柱である米国での非定型抗精神病薬「ラツーダ」の独占販売期

      間終了後も持続的な成長を実現するため、「成長エンジンの確立」と「柔軟で効率的な組織基盤づくり」を基本方
      針として掲げ、事業基盤の再構築に取り組んでいます。
       Roivantは、機敏性と起業家精神を重視したバイオファーマ会社である「Vant」を複数設立し、革新的な医薬品と
      テクノロジーを患者さんに迅速に提供することにより、健康に寄与することを目指しています。各Vantは、独特な
      手法による人材の採用やテクノロジーの導入を通じて研究開発と販売の効率化に取り組んでいます。
       当社は、本戦略的提携により、2022年度までに上市が期待され将来的にブロックバスターとなりうる開発品を含
      む、多数のパイプラインを獲得することに加え、当社グループ全体のR&D生産性の向上、デジタルトランスフォー
      メーションの加速を図り、中長期的な成長を目指します。
       本戦略的提携に基づき、当社はRoivantより、Roivantが保有するMyovant                                   Sciences     Ltd.(婦人科及び前立腺が

      ん)、Urovant        Sciences     Ltd.(泌尿器)、Enzyvant             Therapeutics       Ltd.(小児希少疾患)、Altavant                 Sciences
      Ltd.(呼吸器系希少疾患)、Spirovant                   Sciences     Ltd.(嚢胞性線維症遺伝子治療)の5社の株式を取得します。こ
      れらの5社は合計9品目の有望な開発パイプラインを有し、2019年度から2022年度までの間に米国で複数の製品の
      承認取得が期待されており、このうちMyovant                      Sciences     Ltd.が保有するレルゴリクス及びUrovant                    Sciences     Ltd.
      が保有するビベグロンはブロックバスターになることが期待されます。
       また、当社がRoivant株式の10%以上を取得します。
       Roivantは、本戦略的提携のために設立する新会社に、当社が取得するRoivantの子会社5社の株式を移管し、当

      社は当該新会社の全株式を取得します。なお、株式取得手続き完了後に、当該新会社及び傘下の子会社5社を当社
      の連結対象とする予定です。
       本戦略的提携の対価として、当社は総額30億米ドル(約3,300億円)をRoivantに支払います。

       対価の内訳はRoivant100%出資の当該新会社の全株式取得:20億米ドル(約2,200億円)、Roivantの株式取得:
      10億米ドル(約1,100億円)です。
       本戦略的提携に係る資金については、財務の健全性維持を考慮した資金調達を行う方針です。具体的には、手元
      資金及びブリッジローンにより調達した後、金融機関からの借入等に加え、資本性資金の調達を目的としたハイブ
      リッドファイナンス等による借り換えを予定しています。
                                 34/38



                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
       2019年10月28日開催の取締役会において、第200期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)の中間配当(会
      社法第454条第5項の規定による剰余金の配当)を当社定款第36条第2項の規定に基づき、次のとおり行う旨決議し
      ました。
       ① 中間配当金の総額                                  5,562百万円
       ② 1株当たりの金額                                   14円00銭
       ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                                2019年12月2日
                                 35/38


















                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 36/38



















                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年11月1日

    大日本住友製薬株式会社
     取締役会      御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       原  田  大  輔            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       成  本  弘  治            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       立  石  政  人            ㊞
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている大日本住友製薬

    株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019年7月1日から
    2019年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年9月30日まで)に係る要約四半期連結
    財務諸表、すなわち、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結財政状態計算書、
    要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について
    四半期レビューを行った。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
    第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
    誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
    統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
    対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
    に準拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
    報告」に準拠して、大日本住友製薬株式会社及び連結子会社の2019年9月30日現在の財政状態、同日をもって終了する
    第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間の経営成績並びに第2四半期連結累計期間のキャッシュ・フロー
    の状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    強調事項

     後発事象に記載されているとおり、会社は2019年10月31日開催の取締役会において、Roivant                                            Sciences     Ltd.との間
    で、戦略的提携に関する正式契約を締結することを決議し、同日に当該契約を締結している。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
                                 37/38



                                                           EDINET提出書類
                                                     大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                             四半期報告書
    利害関係
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 38/38


















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。