株式会社日本エスコン 四半期報告書 第25期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第25期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)
提出日
提出者 株式会社日本エスコン
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年10月29日
      【四半期会計期間】                    第25期第3四半期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)
      【会社名】                    株式会社日本エスコン
      【英訳名】                    ES-CON    JAPAN   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 伊藤 貴俊
      【本店の所在の場所】                    東京都港区虎ノ門2丁目10番4号
                          (2019年10月21日から本店所在地 東京都千代田区神田駿河台四丁目2番
                          地5が上記のように移転しております。)
      【電話番号】                    03(6230)9303(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役 中西 稔
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市中央区伏見町四丁目1番1号
      【電話番号】                    06(6223)8050(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役 中西 稔
      【縦覧に供する場所】                    株式会社日本エスコン大阪本社
                          (大阪市中央区伏見町四丁目1番1号)
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注)2019年12月期 第1四半期連結会計期間より、日付の表示を和暦表示から西暦表示に変更しております。

                                  1/20











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第24期           第25期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第24期
                               累計期間           累計期間
                             自2018年1月1日           自2019年1月1日           自2018年1月1日

              会計期間
                             至2018年9月30日           至2019年9月30日           至2018年12月31日
                      (百万円)             36,031           45,923           54,325

     売上高
                      (百万円)              5,907           7,722           10,498
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                      (百万円)              4,018           5,252           7,226
     (当期)純利益
                      (百万円)              4,010           5,417           7,211
     四半期包括利益又は包括利益
                      (百万円)             24,142           30,553           27,359
     純資産額
                      (百万円)             101,003           129,883           109,747
     総資産額
                       (円)             58.96           76.74           105.98
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)             58.67           76.59           105.48
     (当期)純利益
                       (%)             23.9           23.5           24.9
     自己資本比率
                               第24期           第25期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                               会計期間           会計期間
                             自2018年7月1日           自2019年7月1日

              会計期間
                             至2018年9月30日           至2019年9月30日
                                   27.40           14.00

     1株当たり四半期純利益                 (円)
     (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益の算定上の基礎となる
          普通株式の期中平均株式数の算定に当たり、その計算において控除する自己株式に、役員向け株式給付信託及
          び株式給付型ESOP信託が所有する当社株式を含めております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
                                  2/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生したリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
       連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準などを遡って適用した後の数値で
       前連結会計年度との比較・分析を行っております。
        (1)財政状態及び経営成績の状況

          当第   3 四半期連結累計期間におけるわが国経済は、輸出を中心に弱さが見られるものの、雇用・所得環境の改
         善が続く中で、米中通商問題の動向が世界経済に与える影響や中国景気の下振れリスク、英国のEU離脱問題を
         含む海外経済の動向、消費税の増税、原油価格の上昇や金融市場の変動の影響に留意する必要がある等、先行き
         が不透明な状況にあります。
          当社グループが属する不動産業界においては、金融緩和政策による低金利等により堅調に推移しているもの
         の、地価の上昇や土地取得競争の激化、建築費の高止まり等、楽観視できない状況にあります。
          このような事業環境のもと、当期(2019年12月期)は、2017年12月期より始動した第2次中期経営計画
         「IDEAL    to  REAL   2019」の最終年度として、多面的な事業を積極的に展開しております。
         ①エスコンジャパンリート投資法人の成長戦略実施状況

          連結子会社である株式会社エスコンアセットマネジメント(以下「本資産運用会社」と言います。)が資産の
         運用を受託するエスコンジャパンリート投資法人(以下「本投資法人」と言います。)が発行する投資口につい
         て、2019年2月に東京証券取引所不動産投資信託市場へ上場しました。本投資法人は地域コミュニティに根差し
         た「暮らし密着型」の商業施設及び商業施設の底地を主要な投資対象とする総合型J-REITであります。
          当社グループは本投資法人のスポンサーとして本投資法人の収益の向上と安定的な成長を全面的に支援し、更
         なる成長を目指しております。
          本投資法人の成長戦略の一つとして、2019年9月に中電不動産株式会社(以下「中電不動産」と言います。)
         及び本投資法人並びに本資産運用会社の3社間においてサポート契約を締結いたしました。
          サポート契約はウェアハウジング機能をはじめとする広範なサポート内容になっており、中電不動産の信用
         力、不動産事業のノウハウを活かし、本投資法人の成長はもとより、スポンサーである当社にとっても、不動産
         事業における中部電力グループとのシナジー効果が発揮できるものと考えております。
          本投資法人はすでに締結済みのスポンサーサポート会社である当社、サポート会社である中部電力株式会社
         (以下「中部電力」と言います。)に加え、中電不動産のサポートが加わることにより、本投資法人の                                               さらなる
         成長に大きく資するものと期待しております。
         ②中部圏での事業展開

          2018年8月に中部電力と資本業務提携契約を締結し、中部圏を首都圏、関西圏と並ぶ重点事業エリアとして位
         置付け、2019年3月に名古屋支店を開設しました。2019年6月に中部圏第1号となる分譲マンション用地を名古
         屋市東区に取得し、9月にも同じく名古屋市東区に第2号となる分譲マンション用地を取得する等、着々と中部
         圏においての事業展開を実行しております。
          今後も中部電力グループ各社との                連携  を強化しながら、中部圏での地域活性化に寄与できるよう事業を展開し
         てまいります。
         ③地域密着型ショッピングセンター「tonarie                      栂・美木多」のオープン

          堺市南区において開発した地域密着型商業施設「tonarie                            栂・美木多」が、2019年4月にオープンし、栂・美
         木多エリアで生活する皆様の「賑わい・交流」のターミナルとして、お子様からご高齢者まで多様な世代が楽し
         め、日常生活を支えられる場を提供しております。今後も引き続きこのような地域密着型の商業施設の開発を行
         い、地域活性化、街づくりを通じて社会に貢献してまいります。
                                  3/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
         ④戸建事業会社2社の株式取得

          2019年7月に、埼玉県を基盤として戸建分譲販売を手掛けるワンズオウンハウス株式会社及び戸建建築工事を
         手掛けるライズホーム株式会社の株式を取得し、                       それぞれ    100%子会社化しました。埼玉エリアは都心のベッド
         タウンとして安定的な発展が展望される首都圏においても魅力的なマーケットであり、首都圏での更なる事業拡
         大にも寄与するものと          考えて   おります。
         ⑤海外投資事業

          海外での新規事業として2019年3月にハワイ不動産投資ファンドへ出資しました。また7月にはタイにおいて
         子会社    ESCON   JAPAN(THAILAND)CO.,LTD.             を設立し、新たに分譲マンション共同開発プロジェクトに参画する
         など、海外事業展開に着手いたしました。
         ⑥ESG活動の強化

          現在進めている第2次中期経営計画「IDEAL                      to  REAL   2019」における成長戦略のひとつとして「ESG推進に
         よる新たな価値創造と持続可能な成長の実現」を掲げており、その活動の一環として不動産セクターのESG配
         慮を測る年次のベンチマーク評価、Global                    Real   Estate    Sustainability        Benchmark(以下 GRESB ※1と言い
         ます。)リアルエステイト「デベロッパー評価」に参加し、日本の事業会社として初となる「Green                                              Star」及び
         「2Star」評価を獲得しました。
          また、当社が横浜市港北区において手がける新築分譲マンション「レ・ジェイド大倉山」が、環境省の「平成
         31年度 高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)支援事業 ※2」に当社事業として初めて採択されました。今後も
         年間1棟を目標に「ZEH-M(ゼッチ・マンション)」の導入に取組み、住まいづくりを通して環境と社会への貢
         献を果たしてまいります。
           ※1 「GRESB」とは、不動産セクターの環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮を測る年次のベンチマーク評
              価及びそれを運営する組織であり、欧州の主要年金基金グループを中心に2009年に創設されました。
           ※2 「高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)支援事業」とは、集合住宅のZEH化をとりまく目標や課題の存在
              を踏まえて、集合住宅のZEH化を促進するための設計ガイドラインを策定するために必要な事業を公
              募し、設計仕様やエネルギー性能に関する情報を提供する事業者に対し、集合住宅のZEH化にかかる
              費用の一部を補助すると共に、ZEHデベロッパー登録制度を導入することでロードマップに基づくZEH
              の普及実現を目指すものです。
               なお、    「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上さ
              せるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー
              を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支が
              ゼロとすることを目指した住宅」です。
         ⑦セグメント別の事業展開

         ア.中核事業である不動産販売事業においては、収益不動産の販売等を行うとともに、分譲マンションの販売も
          順調に進捗いたしました。
           分譲事業においては「レ・ジェイド豊田マスターヒルズ(東京都日野市、総戸数63戸)」、「レ・ジェイド
          美しが丘(横浜市青葉区、総戸数90戸)」、「レ・ジェイド西宮北口樋ノ口町(兵庫県西宮市、総戸数94
          戸)」、「レ・ジェイド高槻宮野町(大阪府高槻市、総戸数99戸)」等の新規分譲案件を販売開始しており、
          「レ・ジェイド須磨海浜公園(神戸市須磨区、総戸数30戸)」、「グラン                                   レ・ジェイド高槻天神(大阪府高
          槻市、総戸数28戸)」、「レ・ジェイド高槻古曽部(大阪府高槻市、総戸数181戸)」は竣工完売し、当期竣
          工予定の「レ・ジェイド新金岡パーク                  フィールズ(堺市北区、総戸数204戸)」及び来期竣工予定の「レ・
          ジェイド樟葉(大阪府枚方市、総戸数78戸)」、「レ・ジェイド東住吉                                  今川緑道(大阪市東住吉区、総戸数
          41戸)」は契約完売しております。
           さらに、インバウンドニーズを捉えたホテル開発事業においては、大阪市中央区において開発した2プロ
          ジェクトの販売を完了しております。
           商業開発事業においては、茨城県つくば市において2018年12月に「つくばQ’t(キュート)」及び「つくば
          MOG(モグ)」を、2019年3月に「つくばクレオ」の商業施設をそれぞれ取得し、これまでの多面的な不動産
          開発のノウハウを活かし、地域に貢献できる3施設一体でのつくば駅前開発を推進していきます。
           また、物流開発事業については、物流の新ブランド「LOGITRES(ロジトレス)」を立ち上げるとと
          もに、オフィス開発事業については、東京都千代田区において事業用地を取得するなど、次代を見据えた新た
          な事業分野への取組みやグローバル化等、着実に事業の多様化を推進しております。
                                  4/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
         イ.不動産賃貸事業においては、当社が保有する商業施設における安定的な賃料収入の確保と資産価値の向上に
          努めております。
         ウ.不動産企画仲介コンサル事業においては、当社が強みとする企画力等を活かし、業務受託、企画仲介コンサ
          ル事業等ノンアセットで利益率の高い事業として注力しております。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高45,923百万円(前年同四半期比27.5%増)、営業

         利益8,586百万円(同28.5%増)、経常利益7,722百万円(同30.7%増)、                                   親会社株主に帰属する           四半期純利益
         5,252百万円(同30.7%増)となりました。
          セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

         ①不動産販売事業

          不動産販売事業においては、分譲マンションの販売を推進したこと及び商業施設及びホテル等の販売用不動産
         の販売等を行った結果、            売上高42,049百万円(前年同四半期比26.6%増)、セグメント利益8,929百万円(同
         24.1%増)となりました。
         ②不動産賃貸事業
          不動産賃貸事業においては、保有する収益不動産の賃料収入の増加を含めた資産価値の向上を図るべくリーシ
         ング活動及びプロパティマネジメント事業に注力した結果、                            売上高3,673百万円(前年同四半期比50.0%増)、
         セグメント利益2,320百万円(同51.5%増)となりました。
         ③不動産企画仲介コンサル事業
          不動産企画仲介コンサル事業においては、企画力、多面的な事業構築力を最大限に活かし、企画コンサル等の
         業務受託等に積極的に取組みましたが、                   売上高200百万円(前年同四半期比43.8%減)、セグメント利益147百万
         円(同54.7%減)となりました。
          財政状態の状況は次のとおりであります。

          当第3四半期連結会計期間末の資産については、前連結会計年度末比20,136百万円増加し、129,883百万円と

         なりました。これは保有目的の変更により、仕掛販売用不動産の一部8,410百万円を建物及び構築物504百万円と
         土地7,905百万円に振替えておりますが、主に現金及び預金が962百万円、たな卸資産が15,850百万円それぞれ増
         加したことによるものであります。
          負債については、前連結会計年度末比16,942百万円増加し、99,329百万円となりました。これは主に長期・短
         期の借入金・社債が15,630百万円増加したことによるものであります。
          純資産については、前連結会計年度末比3,194百万円増加し、30,553百万円となりました。これは配当金の支
         払2,209百万円がありましたが、               親会社株主に帰属する          四半期純利益5,252百万円を計上したことによるものであ
         ります。この結果、自己資本比率は23.5%(前連結会計年度末は24.9%)となりました。
        (2)キャッシュ・フローの状況

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、記載を省
         略しております。
        (3)経営方針・経営戦略等

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
         ありません。
        (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
        (5)研究開発活動

          該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          72,000,000

                  計                                72,000,000

        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末                        上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
       種類     現在発行数(株)                        又は登録認可金融商品                 内容
              (2019年9月30日)            (2019年10月29日)           取引業協会名
                                                 完全議決権株式であり、
                                                 権利内容に何ら限定のな
                                       東京証券取引所
                                                 い当社における標準とな
      普通株式           71,806,887            71,806,887
                                       (市場第一部)
                                                 る株式であり、単元株式
                                                 数は100株であります。
        計         71,806,887            71,806,887             -            -

     (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年10月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

         ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
         ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式        資本金             資本準備金       資本準備金
                                        資本金残高
          年月日         総数増減数        総数残高        増減額              増減額        残高
                                        (百万円)
                    (株)       (株)      (百万円)               (百万円)       (百万円)
     2019年7月1日~
                       -   71,806,887           -      6,272         -      2,001
     2019年9月30日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第          3 四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年9月30日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容

      無議決権株式                         -           -          -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -           -          -

      議決権制限株式(その他)                         -           -          -

                      (自己保有株式)                       権利内容に何ら限定のない当社
      完全議決権株式(自己株式等)                                    -
                      普通株式 2,674,400                       における標準となる株式
                      普通株式     69,128,200
      完全議決権株式(その他)                                  691,282            同上
      単元未満株式                普通株式   4,287                    -          -

      発行済株式総数                     71,806,887               -          -

      総株主の議決権                         -         691,282            -

     (注)「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が1,200株(議決権12個)が含
        まれております。また、役員向け株式給付信託が所有する当社株式487,200株(議決権4,872個)及び株式給付型E
        SOP信託が所有する当社株式233,100株(議決権2,331個)が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に

                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                対する所有株式数
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)            東京都千代田区神田駿
                              2,674,400           -    2,674,400            3.7
     株式会社日本エスコン            河台四丁目2番地5
          計            -        2,674,400           -    2,674,400            3.7
     (注)上記のほか、前記「発行済株式」に記載の役員向け株式給付信託が所有する当社株式487,200株及び株式給付型E
        SOP信託が所有する当社株式233,100株を四半期連結財務諸表において自己株式として計上しております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019
       年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         16,598              17,561
         現金及び預金
                                           491              611
         受取手形及び売掛金
                                         15,308              10,454
         販売用不動産
                                         65,890              78,184
         仕掛販売用不動産
                                         6,353              6,908
         その他
                                        104,642              113,720
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         1,459              2,012
          建物及び構築物
                                         △ 462             △ 533
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                               997             1,478
          土地                                623             8,528
                                           151              981
          その他
                                         △ 113             △ 146
            減価償却累計額
            その他(純額)                               38              835
                                         1,658              10,843
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           -              460
          のれん
                                           30              34
          その他
                                           30              495
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         3,453              4,862
          その他
                                          △ 37             △ 37
          貸倒引当金
                                         3,415              4,824
          投資その他の資産合計
                                         5,104              16,163
         固定資産合計
                                        109,747              129,883
       資産合計
                                  9/20










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         1,720              4,365
         短期借入金
                                         23,993              29,098
         1年内返済予定の長期借入金
                                           40              40
         1年内償還予定の社債
                                         1,448              1,689
         未払法人税等
                                           33              34
         資産除去債務
                                         9,973              10,577
         その他
                                         37,210              45,805
         流動負債合計
       固定負債
                                           270              230
         社債
                                         44,568              52,489
         長期借入金
                                           97              109
         役員株式給付引当金
                                           30              34
         株式給付引当金
                                           77              282
         資産除去債務
                                           132              378
         その他
                                         45,176              53,524
         固定負債合計
                                         82,387              99,329
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         6,259              6,272
         資本金
                                         1,988              2,001
         資本剰余金
                                         20,310              23,353
         利益剰余金
                                        △ 1,207             △ 1,247
         自己株式
                                         27,352              30,379
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                            6             177
         その他有価証券評価差額金
                                           -              △ 6
         為替換算調整勘定
                                            6             171
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    1              1
                                           -               0
       非支配株主持分
                                         27,359              30,553
       純資産合計
                                        109,747              129,883
      負債純資産合計
                                 10/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
      売上高                                   36,031              45,923
                                         25,567              32,908
      売上原価
                                         10,464              13,014
      売上総利益
                                         3,781              4,428
      販売費及び一般管理費
                                         6,682              8,586
      営業利益
      営業外収益
                                            0              1
       受取利息
                                            2              2
       受取配当金
                                            6              13
       違約金収入
                                            1              2
       その他
                                           10              20
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           764              871
       支払利息
                                           21              13
       その他
                                           785              884
       営業外費用合計
                                         5,907              7,722
      経常利益
      特別利益
                                            0              0
       新株予約権戻入益
                                            0              0
       特別利益合計
      特別損失
                                            ▶              3
       固定資産除却損
                                            ▶              3
       特別損失合計
                                         5,903              7,719
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     535             2,403
                                         1,349                63
      法人税等調整額
                                         1,884              2,466
      法人税等合計
                                         4,018              5,252
      四半期純利益
                                         4,018              5,252
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
                                         4,018              5,252
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           △ 7             171
       その他有価証券評価差額金
                                           -              △ 6
       為替換算調整勘定
                                           △ 7             165
       その他の包括利益合計
                                         4,010              5,417
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         4,010              5,417
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (1)連結の範囲の重要な変更
           当 第3四半期連結会計期間より、               新たに設立した        ESCON   JAPAN(THAILAND)CO.,LTD.             、 全株式を取得し子
          会社化した     ワンズオウンハウス株式会社及びライズホーム株式会社                          を それぞれ連結の範囲に含めております。
         (2)持分法適用の範囲の重要な変更

           当 第3四半期連結会計期間より、               株式取得した       ORIGIN    KNIGHTSBRIDGE       THEPHARAK     CO.,LTD.     及び  匿名組合
          出資した     GCBメザニン合同会社          を それぞれ持分法適用の範囲に含めております。
        (追加情報)

         ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                       の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第                                              1 四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分に表示しております。
         (保有目的の変更)

          保有目的の変更により、当第3四半期連結累計期間において、仕掛販売用不動産の一部8,410百万円を建物及
         び構築物504百万円と土地7,905百万円に振替えております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         追加出資義務等
          以下の会社の金融機関からの借入に関連し、共同事業者と出資比率に応じた追加出資義務等を負っておりま
         す。なお、当該会社の借入残高は次のとおりであり、(                           )は当社の匿名組合契約に係る出資未実行残高の金額
         であります。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間

                              (2018年12月31日)                  (2019年9月30日)
      MERCURIA     SPV3   CO.,LTD.                      -百万円                 300百万円
                                   (-)                 (490)
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                             (自 2018年1月1日                  (自 2019年1月1日
                              至 2018年9月30日)                  至 2019年9月30日)
      減価償却費                                59百万円                  91百万円
      のれんの償却額                                -                  24
                                 13/20







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自2018年1月1日 至2018年9月30日)
          1.配当金支払額
                             1株当たり
                     配当金の総額
       (決 議)        株式の種類                      基準日         効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
     2018年3月23日
                普通株式         1,238      18.00     2017年12月31日          2018年3月26日         利益剰余金
     定時株主総会
     (注)配当金の総額には、役員向け株式給付信託が所有する当社株式に対する配当金9百万円及び株式給付型ESOP信
        託が所有する当社株式に対する配当金4百万円が含まれております。
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
            該当事項はありません。
          3.  株主資本の金額の著しい変動

             当第3四半期連結累計期間において、株式給付型ESOP信託から対象者への株式900株の給付を行い
            ました。また、2017年12月1日開催の取締役会決議に基づき、自己株式196,500株の取得を行いました。
            この結果、自己株式が130百万円増加し、当第3四半期連結会計期間末の自己株式は1,220百万円となって
            おります。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自2019年1月1日 至2019年9月30日)

          1.配当金支払額
                             1株当たり
                     配当金の総額
       (決 議)        株式の種類                      基準日         効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
     2019年3月26日
                普通株式         2,209      32.00     2018年12月31日          2019年3月27日         利益剰余金
     定時株主総会
     (注)配当金の総額には、役員向け株式給付信託が所有する当社株式に対する配当金15百万円及び株式給付型ESOP信
        託が所有する当社株式に対する配当金7百万円が含まれております。
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
            該当事項はありません。
          3.  株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
                                 14/20








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                  調整額     損益計算書
                                             合計
                                                 (注)1      計上額
                                   不動産企画仲介
                   不動産販売事業        不動産賃貸事業
                                                       (注)2
                                    コンサル事業
         売上高
          外部顧客への
                       33,225         2,448         357    36,031        -    36,031
          売上高
          セグメント間の
                         -        -        -      -      -      -
          内部売上高又は
          振替高
                       33,225         2,448         357    36,031        -    36,031
             計
                       7,195        1,532         326     9,054     △ 2,371      6,682
         セグメント利益
          (注)1 セグメント利益の調整額△2,371百万円は、各報告セグメントに帰属しない全社費用であります。
               全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
             2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                  調整額     損益計算書
                                             合計
                                                 (注)1      計上額
                                   不動産企画仲介
                   不動産販売事業        不動産賃貸事業
                                                       (注)2
                                    コンサル事業
         売上高
          外部顧客への
                       42,049         3,673         200    45,923        -    45,923
          売上高
          セグメント間の
                         -        -        -      -      -      -
          内部売上高又は
          振替高
                       42,049         3,673         200    45,923        -    45,923
             計
                       8,929        2,320         147    11,398     △ 2,811      8,586
         セグメント利益
          (注)1 セグメント利益の調整額△2,811百万円は、各報告セグメントに帰属しない全社費用であります。
               全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
             2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

              不動産販売事業において、ワンズオウンハウス株式会社及びライズホーム株式会社の全株式を取得し
             子会社化したことにより、のれんが460百万円増加しております。
                                 15/20





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
         取得による企業結合
          当社は、2019年6月26日開催の取締役会において、ワンズオウンハウス株式会社及びライズホーム株式会社の
         全株式を取得し、子会社化することについて決議しました。また、同日付で株式譲渡契約を締結し、2019年7月
         1日付で全株式を取得いたしました。
         1.企業結合の概要

          (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
             被取得企業の名称            ワンズオウンハウス株式会社                ライズホーム株式会社
             事業の内容            戸建分譲、中古住宅買取再販等                戸建建築工事等
          (2)企業結合を行った主な理由

             ワンズオウンハウス株式会社は戸建分譲販売を、ライズホーム株式会社は戸建建築工事をそれぞれ埼玉
            県で展開しております。
             埼玉エリアは都心のベッドタウンとして安定的な発展が展望される首都圏においても魅力的なマーケッ
            トであり、首都圏での更なる事業拡大にも寄与するものと考え、埼玉県における分譲マンション、戸建分
            譲を中心とした不動産開発事業の強化を目的に株式取得(子会社化)することといたしました。
          (3)企業結合日

            2019年7月1日
          (4)企業結合の法的形式

            現金を対価とする株式の取得
          (5)結合後企業の名称

            結合後の企業の名称に変更はありません。
          (6)取得した議決権比率

            100%
          (7)取得企業を決定するに至った主な根拠

            当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
         2.四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

           2019年7月1日から2019年9月30日まで
         3.被取得企業(上記2社合計)の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

           取得の対価             現金         1,154百万円

           取得原価                     1,154百万円
         4.主要な取得関連費用の内容及び金額

           アドバイザリーに対する報酬・手数料等                    46百万円
         5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

          (1)発生したのれんの金額
            485百万円
          (2)発生原因
            今後の事業展開によって期待される超過収益力によるものであります                                。
          (3)償却方法及び償却期間
            5年間にわたる均等償却
                                 16/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日               (自 2019年1月1日
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
        (1)1株当たり四半期純利益                              58円96銭               76円74銭
         (算定上の基礎)

           親会社株主に帰属する四半期純利益
                                        4,018               5,252
           (百万円)
           普通株主に帰属しない金額(百万円)                               -
           普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        4,018               5,252
           四半期純利益(百万円)
           普通株式の期中平均株式数(株)                           68,152,350               68,437,040
        (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                              58円67銭               76円59銭

         (算定上の基礎)

           親会社株主に帰属する四半期純利益調整
                                          -
           額(百万円)
           普通株式増加数(株)                             342,139               141,575
         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整
         後1株当たり四半期純利益の算定に含めな                     2017年12月1日取締役会決議               2017年12月1日取締役会決議
         かった潜在株式で、前連結会計年度末から                     による第6回新株予約権               による第6回新株予約権
         重要な変動があったものの概要                     普通株式 1,348,000株               普通株式 1,266,500株
        (注) 1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定上の基礎となる普通株式の期中

           平均株式数の算定に当たり、その計算において控除する自己株式に、役員向け株式給付信託及び株式給付型
           ESOP信託が所有する当社株式(前第3四半期連結累計期間777,805株、当第3四半期連結累計期間
           721,426株)を含めております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 17/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        特記事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社日本エスコン(E03992)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年10月29日

     株式会社日本エスコン

      取締役会 御中

                              三優監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              鳥 居  陽           印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              西 川 賢 治          印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社日本エ

     スコンの2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019年
     9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
     なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
     行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社日本エスコン及び連結子会社の2019年9月30日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
     要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注) 1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

            報告書提出会社)が別途保管しております。
          2 XBRL      データは四半期レビューの対象には含                  まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク