シリコンスタジオ株式会社 四半期報告書 第21期第3四半期(令和1年6月1日-令和1年8月31日)

提出書類 四半期報告書-第21期第3四半期(令和1年6月1日-令和1年8月31日)
提出日
提出者 シリコンスタジオ株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年10月11日

    【四半期会計期間】               第21期第3四半期(自 2019年6月1日 至 2019年8月31日)

    【会社名】               シリコンスタジオ株式会社

    【英訳名】               Silicon    Studio    Corporation

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 梶谷 眞一郎

    【本店の所在の場所】               東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号

    【電話番号】               03-5488-7070

    【事務連絡者氏名】               コーポレートサービス本部             財務経理部長 長谷川 祐

    【最寄りの連絡場所】               東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号

    【電話番号】               03-5488-7070

    【事務連絡者氏名】               コーポレートサービス本部             財務経理部長 長谷川 祐

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/20









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第20期           第21期

              回次               第3四半期           第3四半期            第20期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自   2017年12月1日         自   2018年12月1日         自   2017年12月1日
             会計期間
                           至   2018年8月31日         至   2019年8月31日         至   2018年11月30日
     売上高                 (百万円)            3,694           3,452           5,002

     経常利益又は経常損失(△)                 (百万円)            △ 893           67         △ 804

     親会社株主に帰属する四半期純利益
     又は親会社株主に帰属する四半期                 (百万円)            △ 749           72         △ 715
     (当期)純損失(△)
     四半期包括利益又は包括利益                 (百万円)            △ 750           71         △ 715
     純資産額                 (百万円)            1,294           1,428           1,330

     総資産額                 (百万円)            2,442           2,238           2,501

     1株当たり四半期純利益又は1株
     当たり四半期(当期)純損失                  (円)         △ 282.31           25.32         △ 264.47
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)            -         25.15            -
     (当期)純利益
     自己資本比率                  (%)           52.6           63.4           52.7
                              第20期           第21期

              回次               第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                           自   2018年6月1日         自   2019年6月1日
             会計期間
                           至   2018年8月31日         至   2019年8月31日
     1株当たり四半期純利益                  (円)           14.49           9.09
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第20期第3四半期連結累計期間及び第20期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、
          潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期(当期)純損失であるため、記載しておりません。
        4.当社は、「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期
          (当期)純損失(△)の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数については、本制度の信託財産とし
          て、資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式を控除対象の自己株式に含めて算定しておりま
          す。
                                  2/20






                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】
       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)において営まれている各セグ
      メントに係る主な事業内容の変更はありません。また、主要な関係会社の異動もありません。なお、第1四半期連
      結会計期間において、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期連結
      財務諸表 注記事項(セグメント情報等) セグメント情報」の「3.報告セグメントの変更等に関する事項」を
      ご参照ください。
                                  3/20


















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

     (1)  当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した
       「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
     (2)  当社グループは、当第3四半期連結累計期間において営業                           利益61百万円      、経常   利益67百万円      および親会社株主に

       帰属する四半期純        利益72百万円      を計上しており回復基調にあります。しかしながら、2016年11月期連結会計年度
       において重要な営業損失を計上し、以降3期連続の営業損失及び親会社株主に帰属する当期純損失を計上したこ
       と等から、本格的な業績の回復について慎重に見極める必要があると考えております。このため、継続企業の前
       提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しているものと認識しております。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において、当社グループが判断したものであり
     ます。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

      ①  経営成績に関する説明
       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善を背景に、引続き緩やかな
      回復基調が続いております。しかしながら一方で海外情勢においては、景気は全体的に緩やかに回復しているもの
      の、米中間の通商問題の動向や英国のEU離脱問題など世界経済に与える影響が懸念され、依然として先行きは不
      透明な状況が継続しております。
       そのような状況の下、当社は前年度に引続き、主にコンピュータグラフィックス(コンピュータを使って制作さ
      れた映像)関連ビジネスに多角的に取り組むと同時に、収益性の改善に努めてまいりました。
       当第3四半期連結累計期間における、開発推進・支援事業においては、当社が強みを持つエンターテインメント
      (娯楽)業界向け案件の着実な獲得、および成長余地が大きい自動車業界や不動産業界など非エンターテインメン
      ト領域における積極的な営業展開を進めてまいりました。
       人材事業においては、前年度に引続き人材派遣及び紹介件数が堅調に推移いたしました。
       また前年度より引続き継続している他社と協業を行っているコンテンツタイトルにつきまして若干の利益が発生
      しており、「その他」のセグメントに計上しております。
       全社費用につきましては、管理業務の効率化、費用の圧縮等を図りました。
       その他に、営業外収益として持分法による投資利益                         12百万円    、特別利益として前年度に実施した会社分割に伴う
      当社保有の株式の全てを売却したことにより関係会社株式売却益                              6百万円    の他、当社が保有していた投資有価証券
      を売却したことによる投資有価証券売却益を                     2百万円    計上いたしました。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループの業績は、売上高が                                        3,452百万円      (前年同期比
      6.6%減    )、営業    利益は61百万円       (同  892百万円増      )、経常    利益は67百万円       (同  960百万円増      )、親会社株主に帰属す
      る四半期    純利益は72百万円        (同  822百万円増      )となりました。
       報告セグメントの状況は、以下のとおりであります。
      (a)  開発推進・支援事業

        当第3四半期連結累計期間においては、注力分野である自動車業界向け事業の売上高につきましては、増収と
       なったものの、ミドルウェアライセンス販売の売上高については、前年度に大型案件があったことの反動減等に
       より減収となりました。また、ネットワーク構築・運用等のサービスを提供するソリューション売上について
       は、クラウド化に伴うサーバーレンタル売上の減少により減収となりました。
        以上の結果、売上高は            1,987百万円      (前年同期比      4.7%減    )、セグメント       利益は146百万円        (同  159.7%増     )とな
       りました。
      (b)  人材事業

        当第3四半期連結累計期間における派遣先企業で稼働中の一般派遣労働者数は延べ2,374名、有料職業紹介の成
                                  4/20


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       約実績数は200名となりました。
        以上の結果、売上高は           1,366百万円      (前年同期比      6.4%増    )、セグメント       利益は271百万円        (同  3.6%減    )となり
       ました。
      ②  財政状態に関する説明

       当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べて                                263百万円減少       (前連結会計年度末比          10.5%
      減 )し、   2,238百万円      となりました。
       これは主に、現金及び預金の             増加77百万円      ,有形固定資産の        増加9百万円      等があったものの、仕掛品の             減少171百
      万円  、売掛金の     減少83百万円      、無形固定資産の        減少79百万円      があったことによるものであります。
       当第3四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末に比べて                               361百万円減少       (同  30.9%減    )し、   810百万円
      となりました。
       これは主に、賞与引当金の             増加66百万円      があったものの、受注損失引当金の                 減少169百万円       、 前受金の    減少115百
      万円  、未払費用の      減少81百万円      、長期借入金の減少34百万円              、 短期借入金の      減少21百万円      等があったことによるも
      のであります。
       当第3四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べて                                 98百万円増加      (同  7.4%増    )し、   1,428百万
      円 となりました。
       これは主に、新株予約権行使による資本金および資本剰余金の増加28百万円のほか、利益剰余金の                                              増加72百万円
      等があったことによるものであります。
       この結果、自己資本比率は、前連結会計年度末比                       10.6ポイント増加        し、  63.4%   となりました。
     (2)  事業上および財政上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上および財務上の対処すべき課題に重要な変更および
      新たに生じた問題はありません。
     (3)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                       29百万円    であります。
       なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に、重要な変更はありません。
     (4)  継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況を改善するための対応策

       当社グループは、「第2            事業の状況 1        事業等のリスク (2)」に記載のとおり、継続企業の前提に重要な疑義
      を生じさせるような事象又は状況が存在しております。当社グループは、当該状況を解消するために、収益の確
      保、費用の削減並びに財務基盤の安定化に取り組んでおります。
       詳細については、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項 (継続企業の前提に関する事項)」
      をご参照下さい。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/20







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     9,420,000

                 計                                    9,420,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2019年8月31日)          (2019年10月11日)          商品取引業協会名
                                           完全議決権株式であり、権利内
                                   東京証券取引所         容に何ら限定のない当社におけ
       普通株式           2,948,200          2,948,200
                                    (マザーズ)        る標準となる株式であり、単元
                                           株式数は100株であります。
        計          2,948,200          2,948,200          ―            ―
     (注)提出日現在発行数には、2019年10月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
        た株式数は、含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
      2019年6月1日~
                      -   2,948,200           -      453       -      652
      2019年8月31日
     (5)  【大株主の状況】

        当四半期連結会計期間は第3四半期連結会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/20





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                 2019年8月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                               ―              ―
                     普通株式      30,040
                     普通株式     2,915,800
     完全議決権株式(その他)                                 29,158             ―
                     普通株式       2,400

     単元未満株式                               ―              ―
     発行済株式総数                     2,948,200          ―              ―

     総株主の議決権                     ―            29,158             ―

    (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式給付信託(J-ESOP)の信託財産として資産管理サービス
       信託銀行株式会社が保有する当社株式25,000株(議決権の数250個)を含めて表示しております。
      ②  【自己株式等】

                                               2019年8月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都渋谷区恵比寿一丁目
     シリコンスタジオ株式会社                             30,040       ―       30,040        1.01
                      21番3号
          計              ―          30,040       ―       30,040        1.01
    (注)株式給付信託(J-ESOP)の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式25,000株は、
       上記自己株式に含めておりません。
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/20









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)    に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年6月1日から2019年
     8月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年12月1日から2019年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
    3 四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表に掲記される科目その他の事項の金額については、従来、千円単位で記載しておりまし
     たが、第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間より百万円単位で記載することに変更いたしました。
                                  8/20















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年11月30日)              (2019年8月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                  699              776
        売掛金                                  705              621
        仕掛品                                  379              207
        前払費用                                  81              88
        その他                                  31              26
                                          △ 3             △ 0
        貸倒引当金
        流動資産合計                                 1,894              1,720
      固定資産
        有形固定資産                                  136              145
        無形固定資産
         ソフトウエア                                190               89
         ソフトウエア仮勘定                                 -              23
                                          13              12
         その他
         無形固定資産合計                                204              124
        投資その他の資産                                  267              247
        固定資産合計                                  607              518
      資産合計                                  2,501              2,238
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                  65              65
        短期借入金                                  66              45
        1年内償還予定の社債                                  10              -
        1年内返済予定の長期借入金                                  154              145
        未払金                                  149              121
        未払費用                                  132               51
        前受金                                  160               44
        預り金                                  66              54
        未払法人税等                                  15              19
        未払消費税等                                  12              72
        資産除去債務                                  18              -
        賞与引当金                                  -              66
        受注損失引当金                                  205               36
                                           0              0
        その他
        流動負債合計                                 1,058               722
      固定負債
        長期借入金                                  78              52
        資産除去債務                                  32              32
                                           3              2
        その他
        固定負債合計                                  113               87
      負債合計                                  1,171               810
                                  9/20





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年11月30日)              (2019年8月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                  439              453
        資本剰余金                                 2,187              2,201
        利益剰余金                                △ 1,068              △ 996
                                         △ 236             △ 236
        自己株式
        株主資本合計                                 1,321              1,422
      その他の包括利益累計額
                                          △ 1             △ 2
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                                  △ 1             △ 2
      新株予約権                                    10               9
      純資産合計                                  1,330              1,428
     負債純資産合計                                    2,501              2,238
                                 10/20















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年12月1日              (自 2018年12月1日
                                至 2018年8月31日)               至 2019年8月31日)
     売上高                                    3,694              3,452
                                         3,294              2,290
     売上原価
     売上総利益                                     399             1,161
     販売費及び一般管理費                                    1,230              1,100
     営業利益又は営業損失(△)                                    △ 831               61
     営業外収益
      受取利息                                    0              0
      受取配当金                                    3              13
      持分法による投資利益                                    -              12
      助成金収入                                    2              0
                                           1              1
      その他
      営業外収益合計                                    7              27
     営業外費用
      支払利息                                    ▶              2
      持分法による投資損失                                    53              -
      為替差損                                    0              10
      資金調達費用                                    9              -
                                           0              8
      その他
      営業外費用合計                                    69              21
     経常利益又は経常損失(△)                                    △ 893               67
     特別利益
                                        ※  163
      事業譲渡益                                                  -
      投資有価証券売却益                                    -               2
                                          54               6
      関係会社株式売却益
      特別利益合計                                   217               8
     特別損失
      固定資産除却損                                    48              -
      事業整理損                                    15              -
                                           9              -
      減損損失
      特別損失合計                                    73              -
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                         △ 750               75
     純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                           1              3
                                          △ 2             △ 0
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     △ 0              3
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                    △ 749               72
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                         △ 749               72
     に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/20






                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年12月1日              (自 2018年12月1日
                                至 2018年8月31日)               至 2019年8月31日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                    △ 749               72
     その他の包括利益
                                          △ 0             △ 1
      その他有価証券評価差額金
      その他の包括利益合計                                   △ 0             △ 1
     四半期包括利益                                    △ 750               71
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  △ 750               71
                                 12/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        当社グループは、当第3四半期連結累計期間において営業                            利益61百万円      、経常   利益67百万円      および親会社株主
       に帰属する四半期純         利益72百万円      を計上しており回復基調にあります。しかしながら、2016年11月期連結会計年
       度において重要な営業損失を計上し、その後3期連続の営業損失及び親会社株主に帰属する当期純損失を計上し
       たこと等から、本格的な業績の回復について慎重に見極める必要があると考えております。このため、前連結会
       計年度に引続き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しているものと認識しておりま
       す。
        当社グループは、当該状況を解消するために、収益の確保、費用の削減並びに財務基盤の安定化に取り組んで
       おります。具体的には、セグメント毎に組織を再構築し、それぞれの事業の目的及び目標を明確にするととも
       に、経営と執行を分離し、迅速な意思決定と業務執行の実現を基本方針とし、より収益性の高いビジネスへの注
       力及びコスト意識を高めることにより、利益率改善に努めてまいります。
        開発推進・支援事業においては、受注案件獲得時の意思決定において、中長期にわたり安定した利益獲得に貢
       献できるプロジェクトを厳密に精査したうえでリソースを投入し、全社的に受注後のプロジェクト進捗及び損益
       管理の強化を徹底してまいります。また、従来新たに取り組んでおります非エンターテインメント領域の新規開
       拓について、特に自動車業界向けビジネスで、当社の技術力を活かし、自動運転AI開発への貢献や、より簡便な
       操作でレンダリングが行えるようにミドルウェアの改良を加えるとともに積極的に拡販活動を行っており、着実
       に案件が成約しております。更に、全世界においての開発、販売、サポートを開始した『Enlighten』について
       は、全世界における売上ランキングの上位に位置する数多くのゲームに利用されている実績を基礎として、今
       後、当社の海外販路拡大に寄与するべく営業活動を強化していきます。また、引合につきましても徐々に増加し
       ております。
        今後も、建築・不動産業界、映像業界、自動車業界等幅広い市場での案件獲得に注力してまいります。
        人材事業においては、翌期以降も売上及び利益の拡大が見込めるため、継続した事業成長を維持するととも
       に、更なる利益率改善のため、人材紹介事業の伸長を図ってまいります。
        これらの施策を講じるための資金調達の手段として、2018年3月9日の取締役会において第5回新株予約権、
       第6回新株予約権、第7回新株予約権、第8回新株予約権、第9回新株予約権、第10回新株予約権の募集の決議
       を行いました。既に第8回まで行使されており第9回以降についても、株価の状況により行使されます。
        以上の対応策の実施により、引続き当第3四半期連結累計期間についても営業利益を計上しており、銀行の借
       入金の財務制限条項につきましても、免除を受け、継続的な支援をいただくことになりました。今後も引続き事
       業基盤並びに財務基盤の強化を図り、当該状況の解消、改善に努めてまいります。一方で、開発推進・支援事業
       のプロジェクト進捗及び損益管理の強化については一定の効果は認められるものの未だ改善途上にあり、当社グ
       ループの業績について慎重に見極める必要があることから、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性
       が認められます。
        なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、継続企業の前提に関する重要な不確実性
       の影響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
       (四半期連結損益計算書関係)

       ※ 事業譲渡益
        前第3四半期連結累計期間(自 2017年12月1日 至 2018年8月31日)
        ユーザー行動を予測する機械学習エンジン「YOKOZUNA                          data」を譲渡したことによるものであります。
        当第3四半期連結累計期間(自 2018年12月1日 至 2019年8月31日)

        該当事項はありません。
                                 13/20




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間

                             (自    2017年12月1日             (自    2018年12月1日
                              至   2018年8月31日)              至   2019年8月31日)
        減価償却費                             160百万円                129百万円
       (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自                2017年12月1日 至           2018年8月31日)
      1   配当金支払額
        該当事項はありません。
      2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
      3   株主資本の著しい変動

         当社は、2018年3月9日開催の取締役会において決議した、割当先をJapan                                    International       Partners     LLCお
       よびNippon      Opportunity      Partners     LLCとする、第三者割当による第5回新株予約権、第6回新株予約権、第7回
       新株予約権の権利行使等により資本金および資本剰余金がそれぞれ292百万円増加しております。
        この結果、当第3四半期連結会計期間末において資本金が439百万円、資本剰余金が2,187百万円となっており
       ます。
      当第3四半期連結累計期間(自                2018年12月1日 至           2019年8月31日)

      1   配当金支払額
        該当事項はありません。
      2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
      3   株主資本の著しい変動

        該当事項はありません。
                                 14/20







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       前第3四半期連結累計期間(自                2017年12月1日         至   2018年8月31日)
     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                             その他(注)         合計
                    開発推進・支援          人材        合計
     売上高

       外部顧客への売上高                    2,085        1,284        3,369         324       3,694

       セグメント間の内部売上高
                          -        8        8       -        8
       又は振替高
            計             2,085        1,292        3,378         324       3,703
     セグメント利益又は損失(△)                      56       281        338       △ 741       △ 403

    (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、コンテンツ事業等であります。
     2   報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

      (差異調整に関する事項)
                                                 (単位:百万円)
                利益                           金額
     報告セグメント計                                                   338

     全社費用(注)                                                  △427

     「その他」の区分の損失(△)                                                  △741

     棚卸資産の調整額                                                   △0

     四半期連結損益計算書の営業損失(△)                                                  △831

     (注)    全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                 15/20









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       当第3四半期連結累計期間(自                2018年12月1日         至   2019年8月31日)
     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                            その他(注)          合計
                    開発推進・支援          人材        合計
     売上高

       外部顧客への売上高                    1,987        1,366        3,353         98      3,452

       セグメント間の内部売上高
                          -        9        9       -        9
       又は振替高
            計             1,987        1,375        3,363         98      3,461
     セグメント利益                     146        271        418         7       425

      (注)   「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、コンテンツ事業等であります。
     2   報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

      (差異調整に関する事項)
                                                 (単位:百万円)
                利益                           金額
     報告セグメント計                                                   418

     全社費用(注)                                                  △362

     「その他」の区分の利益                                                    7

     棚卸資産の調整額等                                                   △1

     四半期連結損益計算書の営業利益                                                   61

     (注)    全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
     3   報告セグメントの変更等に関する事項

       2018年7月にコンテンツ事業は、新設分割したクレイテックワークス㈱に事業譲渡を実施しており、当該事業
     からは撤退しております。このため「コンテンツ事業」の重要性が低下したため報告セグメント外とし、一部他
     社との協業により継続しているものにつきましては、「その他」に含めて開示をしております。
      この結果、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントを従来の「開発推進・支援事業」「人材事業」「コ
     ンテンツ事業」の3区分から、「開発推進・支援事業」「人材事業」の2区分に変更しております。
      なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したもの
     を開示しております。
                                 16/20







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期
       純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                  (自    2017年12月1日           (自    2018年12月1日
                  項目
                                  至   2018年8月31日)           至   2019年8月31日)
      (1)  1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損
                                       △282円31銭               25円32銭
        失(△)
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に
                                          △749               72
       帰属する四半期純損失(△)(百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)
                                            -             -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又
                                          △749               72
       は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(株)
                                        2,656,200             2,870,156
      (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                    -          25円15銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                     -             -

       普通株式増加数(株)                                     -           19,179

      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
      四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                      -             -
      会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)1.当社は、第17期第1四半期連結会計期間より「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。1株当たり
         四半期純利益又は1株当たり四半期純損失の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数については、本
         制度の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式を、控除対象の自己株式に
         含めて算定しております(前第3四半期連結累計期間25,000株、当第3四半期連結累計期間25,000株)。
       2.前第3四半期における潜在株式調整後1当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株
         当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
                                 17/20











                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
        該当事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年10月11日

    シリコンスタジオ株式会社
     取締役会      御中
                       太陽有限責任監査法人
                        指定有限責任社員

                                  公認会計士        佐 藤 健 文         印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                  公認会計士        中 村 憲 一         印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているシリコンスタジ

    オ株式会社の2018年12月1日から2019年11月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年6月1日から
    2019年8月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年12月1日から2019年8月31日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
    レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、シリコンスタジオ株式会社及び連結子会社の2019年8月31日現在
    の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
    すべての重要な点において認められなかった。
    強調事項

     継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は、当第3四半期連結累計期間において営業利益61百万
    円、経常利益67百万円および親会社株主に帰属する四半期純利益72百万円を計上しており回復基調にある。しかしなが
    ら、2016年11月期連結会計年度において重要な営業損失を計上し、以降3期連続の営業損失及び親会社株主に帰属する
    当期純損失を計上したこと等から、本格的な業績の回復について慎重に見極める必要があると考えている。これらの状
    況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しており、現時点では継続企業の前提
    に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由について
    は当該注記に記載されている。四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実
    性の影響は四半期連結財務諸表に反映されていない。
     当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク