株式会社アマガサ 四半期報告書 第30期第2四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第30期第2四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

提出日:

提出者:株式会社アマガサ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年9月12日
      【四半期会計期間】                    第30期第2四半期(自 2019年5月1日 至 2019年7月31日)
      【会社名】                    株式会社アマガサ
      【英訳名】                    AMAGASA Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  永井 英樹
      【本店の所在の場所】                    東京都台東区浅草六丁目36番2号
      【電話番号】                    03-3871-0111
      【事務連絡者氏名】                    取締役 経営企画担当  鈴木 親
      【最寄りの連絡場所】                    東京都台東区浅草六丁目36番2号
      【電話番号】                    03-3871-0111
      【事務連絡者氏名】                    取締役 経営企画担当  鈴木 親
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/23













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第29期           第30期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第29期
                              累計期間           累計期間
                            自2018年2月1日           自2019年2月1日           自2018年2月1日

              会計期間
                            至2018年7月31日           至2019年7月31日           至2019年1月31日
                      (千円)           2,753,395           2,605,649           5,281,942

     売上高
     経常損失(△)                (千円)           △ 36,430          △ 10,319          △ 173,904
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)           △ 37,671          △ 35,434          △ 825,271
     期)純損失(△)
                      (千円)           △ 47,464          △ 47,220          △ 849,321
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           1,464,056            614,979           662,200
     純資産額
                      (千円)           5,056,093           3,741,764           3,718,882
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損失
                      (円)           △ 20.21          △ 19.01          △ 442.93
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             29.0           16.4           17.8
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            53,363          △ 110,288           △ 28,883
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 49,438           148,188            55,785
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            374,909           △ 19,193          △ 50,955
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)            734,834           347,770           330,565
     (期末)残高
                               第29期           第30期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                            自2018年5月1日           自2019年5月1日

              会計期間
                            至2018年7月31日           至2019年7月31日
                                   8.06           30.21

     1株当たり四半期純利益                 (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、1株当たり四半期(当期)純損失であり、
          また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                  2/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  3/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
       重要事象等について

        当社グループは、2016年1月期以降、継続的な売上高の減少傾向にあり、前連結会計年度においては、売上高
       5,281百万円となっており、営業損失156百万円を計上するとともに、減損損失641百万円を計上したことにより、825
       百万円の重要な親会社株主に帰属する当期純損失を計上しました。さらに、このような業績の悪化等により、金融機
       関からの新たな資金調達が困難となったために、借入金元本の一定期間の返済猶予を受け、今後の借入金の返済方法
       等を含む当社の再建計画を策定し、取引金融機関と協議を行っておりました。
        当第2四半期連結累計期間においても、売上高2,605百万円、営業損失8百万円                                     、親会社株主に帰属する四半期純
       損失35百万円となり、金融機関からは引き続き借入金元本の返済猶予を受けております。
       これらの状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しておりますが、
       「2   経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析                                  (6)重要事象等について」に記載の
       とおり、当該状況の改善に全力を挙げて取り組んでまいります。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の状況

         当第2四半期連結累計期間における婦人靴業界におきましては、消費者の低価格志向が引き続き強く、個人消費
        は伸び悩んでおり、依然として厳しい経営環境となっております。
         このような状況下において、当社グループにおきましては、前連結会計年度において、重要な親会社株主に帰属
        する当期純損失を計上し、金融機関からの新たな資金調達が困難となったことから再建計画を策定し、「(6)                                                    重
        要事象等について」に記載のとおり当該状況解消に向けての取り組みを開始いたしました。
         当第2四半期連結累計期間につきましては、売上高2,605百万円(前年同期比5.4%減)、営業損失8百万円(前年
        同期は28百万円の営業損失)、経常損失10百万円(前年同期は36百万円の経常損失)、親会社株主に帰属する四半期
        純損失35百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失37百万円)となりました。
         当第2四半期連結累計期間におけるセグメントの経営成績は以下のとおりであります。なお、セグメントの経営
        成績については、セグメント間の内部売上高又は振替高を含めて記載しております。
       (卸売事業)
         卸売事業におきましては、専門店向け販売及びアパレル向け販売が前年を大きく下回ったことなどから、売上高
        は686百万円(前年同期比15.5%減)、営業利益は117百万円(同13.5%減)となりました。
       (小売事業)
         小売事業におきましては、沖縄・浦添PARCO                     CITY店をオープンいたしました。これにより7月31日現在における
        直営店舗数は39店舗となりました。売上高につきましては、直営既存店で前年同期比7.2%減となりました。
         これらの結果、小売事業における売上高は1,587百万円(前年同期比3.2%減)、営業利益は136百万円(同3.0%減)
        となりました。
       (EC事業)
         EC事業におきましては、自社WEB販売及び通販向け販売ともに好調に推移し、売上高は331百万円(前年同期比
        10.1%増)、営業利益は55百万円(同6.6%減)となりました。
       (2)財政状況

        (資産)
         当第2四半期連結会計期間末における流動資産の残高は、1,508百万円(前連結会計年度末は1,419百万円)とな
        り、88百万円増加しました。主な理由は、売上債権の増加(518百万円から694百万円へ176百万円増)、商品及び
        製品の減少(453百万円から407百万円へ46百万円減)及び現金及び預金の減少(437百万円から405百万円へ31百万
        円減)であります。
         また、固定資産の残高は、2,233百万円(前連結会計年度末は2,299百万円)となり、65百万円減少しました。主
        な理由は、投資有価証券の減少(60百万円から0百万円へ60百万円減)、固定資産の売却による減少(12百万円
        減)、固定資産の取得による増加(29百万円増)及び減価償却による減少(18百万円減)であります。
                                  4/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
        (負債)
         当第2四半期連結会計期間末における流動負債の残高は、1,417百万円(前連結会計年度末は1,472百万円)とな
        り、55百万円減少しました。主な理由は、1年内返済予定の長期借入金の減少(874百万円から601百万円へ273百
        万円減)、短期借入金の増加(19百万円から120百万円へ101百万円増)、支払手形及び買掛金の増加(101百万円
        から151百万円へ50百万円増)及び未払消費税の増加(20百万円増)であります。
         また、固定負債の残高は、1,709百万円(前連結会計年度末は1,584百万円)となり、125百万円増加しました。
        主な理由は、長期借入金の増加(1,404百万円から1,576百万円へ171百万円増)及び退職給付に係る負債の減少
        (122百万円から87百万円へ35百万円減)であります。
        (純資産)

         当第2四半期連結会計期間末における純資産の残高は、614百万円(前連結会計年度末は662百万円)となり、47
        百万円減少しました。主な理由は、親会社株主に帰属する四半期純損失35百万円の計上による減少であります。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
        て17百万円増加し、347百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりでありま
        す。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果、使用した資金は110百万円(前年同期は53百万円の収入)となりました。
         これは主に、売上債権の増加額174百万円、特別退職金の支払額35百万円及び退職給付に係る負債の減少35百万
        円に対し、仕入債務の増加額60百万円、たな卸資産の減少額46百万円及び減価償却費18百万円によるものでありま
        す。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果、獲得した資金は148百万円(前年同期は49百万円の支出)となりました。
         これは主に、定期預金の払戻による収入103百万円、投資有価証券の売却による収入59百万円及び有形固定資産
        の売却による収入16百万円に対し、定期預金の預入による支出56百万円、有形固定資産の取得による支出28百万円
        によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果、使用した資金は19百万円(前年同期は374百万円の収入)となりました。
         これは、長期借入金の返済による支出101百万円、リース債務の返済による支出19百万円に対し、短期借入れに
        よる収入101百万円によるものであります。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において当社グループが対処すべき課題について、重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         特記すべき事項はありません。
       (6)重要事象等について

         当第2四半期連結累計期間において、「第2                     事業の状況      1  事業等のリスク」に記載のとおり、継続企業の前
        提に関する重要な疑義を生じさせるような事象等が存在しております。
         当社グループでは当該状況を解消すべく以下の施策を実施し、当該状況の解消又は改善に努めております。
        事業施策

        1.全社、機能、セグメント毎の計画策定とアクションプランの立案、プロセス管理と実行
         成功体験に依拠した手法を根本的に見直し、外部環境を踏まえた中期の戦略を策定し、更に、具体的なアク
        ションプランを立案したうえで、プロセス管理を実行しております。
        2.セグメント毎の収益性の改善、パフォーマンスに合わせた人員見直し

         セグメント毎の最適人員の見直し等を行い、収益性の改善を目指しております。卸事業では、商品企画担当者
        と連携して商品の提案を実施することにより、先行受注の獲得をしてまいります。小売事業では、全社的なト
        レーニングプログラムを設定し、実行していくことにより、店舗のパフォーマンスを向上させ、売上高の増加に
        つなげてまいります。また、EC事業においては、自社サイトにてコーディネート提案や特設ページを設ける等、
        更新頻度を高めることにより訪問者数を増加させ、売上高の増加を目指しております。
                                  5/23

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
        3.ブランド統廃合と主力ブランドJELLY                    BEANSの3ライン化
         当社グループの主力ブランドであるJELLY                    BEANSを高・中・低価格帯の3ラインに区分けし、営業戦略とマーケ
        ティング戦略を明確にしております。JELLY                     BEANSは、シーズントレンドによりフォーカスをした主幹ブランドと
        し、JELLY     BEANS   Richeでは、機能性や素材に拘りをもった付加価値の高い商品を提供してまいります。Style
        JELLY   BEANSは、幅広いラインナップとレンジの価格で、より身近に感じてもらえるブランドとして位置付けてお
        り、これらの営業戦略及びマーケティング戦略により、売上高の増加を目指しております。
        4.店舗特性に合わせた戦略策定と店舗統廃合、出店計画

         出店エリアや出店先商業施設の顧客特性の変化に対する感受性を高め、「JELLY                                     BEANS」ブランドの3ラインを
        店舗特性に応じて展開しております。また、スクラップ・アンド・ビルドによる店舗戦略を実行することによ
        り、赤字店舗の損失削減と新規出店による売上高の増加を目指しております。
        5.小売、ECの強化、改善スピードの加速を目的とした事業提携の検討

         当社グループ単独で行う小売、ECを強化し、売上の拡大を図ることのできる事業提携を検討してまいりま
        す。
        6.物流の外部委託による在庫一元管理とチャネル連携

         在庫の一元管理、業務効率化を目的として、物流の外部委託を進めております。これにより小売とECの連携を
        推し進めることで、オムニチャネル化を図り、販売ロスの抑制、顧客満足度の向上、売上高の増加を目指してお
        ります。
        7.マーケット特性、顧客志向、商品特性に合わせた仕入施策(海外生産商品の活用)の実施

         マーケット特性や顧客志向に合わせた商品開発を鮮明化し、特に低価格志向顧客向けのブランドであるStyle
        JELLY   BEANSの商品を中心に、原価率の低い海外生産商品比率を高めることで、原価の低減及び豊富なデザイン性
        の維持を図っております。
        8.固定費の削減

         役員報酬の削減や組織体制の見直し・配置転換等による人件費の圧縮及び管理可能な経費の削減等、固定費の
        徹底した削減をしております。
        財務施策

        1.資産の処分と有利子負債の圧縮による財務健全化
         本社機能の圧縮及び物流業務の外部委託等に伴い、余剰となる不動産について売却し、有利子負債の圧縮及び
        キャッシュ・フローの改善を図っております。
        2.財務基盤の安定化

         一部の取引金融機関を除いて、長期借入金の元本返済について条件変更契約を締結しております。また、元本
        返済の条件変更契約が締結できていない取引金融機関についても、手形貸付による借換えを受けております。取
        引金融機関と緊密な関係を維持し、継続的にご支援を頂けるよう対応してまいります。
         以上の施策をもって抜本的な改善を実行していく予定です。しかしながら、当社の再建計画について、取引金融

        機関と協議中であり、その結果によっては、今後の資金繰りに重要な影響を及ぼす可能性があることから、現時点
        においては継続企業の前提に関する重要な不確実性が存在するものと認識しております。
         なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影

        響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
                                  6/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        (固定資産の譲渡)
        当社は2019年6月26日開催の取締役会において、下記のとおり固定資産を譲渡することを決議し、2019年6月27日
       に不動産売買契約を締結しております。
       ①譲渡の理由

        財務体質の改善および資産効率の向上を図るため、本社機能の圧縮および物流業務の外部委託等の一環として実施
        するものです。
       ②譲渡資産の概要

                                         譲渡益(※)
          資産の内容および所在地                   資産の内容                       現況
                                 639.52㎡
        アマガサ第3ビル                    土地
                                          27百万円         倉庫用不動産
                                 1274.52㎡
        台東区浅草六丁目408番1号他                    建物
       ※譲渡価額および帳簿価額については、守秘義務により公表を差し控えさせていただきます。
       ※譲渡益は、譲渡価額から帳簿価額及び譲渡にかかる諸経費の見込額を控除した概算額です。
       ③譲渡先の概要

        譲渡先は一般事業法人ですが、守秘義務により公表を差し控えさせていただきます。なお、当社と譲渡先との間に
        は、資本関係、人的関係および取引関係はなく、また当社の関連当事者には該当いたしません。
       ④譲渡の日程

        取締役会決議日  2019年6月26日
        売買契約締結日  2019年6月27日
        物件引渡日    2019年9月26日(予定)
       ⑤損益に与える影響

        当該固定資産の譲渡により、2020年1月期第3四半期決算において、固定資産売却益として27百万円の特別利益を
       計上する見込です。
                                  7/23











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                            6,400,000

                  計                                6,400,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現在                          上場金融商品取引所名
                            提出日現在発行数(株)
        種類      発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                             (2019年9月12日)
                (2019年7月31日)                         取引業協会名
                                          東京証券取引所

                                                      単元株式数
     普通株式               1,920,000             1,920,000          JASDAQ
                                                       100株
                                           (グロース)
         計            1,920,000             1,920,000            -          -

       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
         年月日        総数増減数
                       数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)        高(千円)
                (株)
     2019年5月1日~
                     -    1,920,000           -    308,100          -     230,600
     2019年7月31日
                                  8/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2019年7月31日現在
                                                     発行済株式(自
                                                     己株式を除
                                              所有株式数
                                                     く。)の総数に
          氏名又は名称                      住所
                                               (株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
                                                665,700         35.73
      天 笠 悦 藏                   東京都台東区
                                                167,000          8.96
      吉 田 嘉 明                   千葉県浦安市
                                                124,100          6.66
      天 笠 竜 蔵                   東京都台東区
                        東京都台東区                         119,400          6.41
      天 笠 民 子
                        東京都台東区                         60,000         3.22
      安 西 彩 子
                                                60,000         3.22
      天 笠 咲 子                   東京都台東区
                        東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10
                                                57,900         3.11
      日本証券金融株式会社
                       号
                                                30,600         1.64
      楽天証券株式会社                   東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
      葛 原 武 見                                           22,000         1.18
                        神戸市須磨区
                                                20,000         1.07
      合 田 節 子                   東京都足立区
                                 -              1,326,700          71.21
             計
       (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年7月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                             -            -        -
     議決権制限株式(自己株式等)                             -            -        -
     議決権制限株式(その他)                             -            -        -
                          普通株式         56,800
     完全議決権株式(自己株式等)                                         -        -
     完全議決権株式(その他)                     普通株式 1,862,700                   18,627          -
     単元未満株式                     普通株式    500                     -        -
     発行済株式総数                          1,920,000               -        -
     総株主の議決権                             -          18,627          -
        ②【自己株式等】

                                                   2019年7月31日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       式数の割合
                                                       (%)
     (自己保有株式)             東京都台東区浅草六丁目
                                  56,800         -     56,800         2.96
     株式会社アマガサ             36番2号
           計             -          56,800         -     56,800         2.96
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  9/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年5月1日から2019
       年7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年2月1日から2019年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、海南監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
        第29期連結会計年度     太陽有限責任監査法人
        第30期第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間   海南監査法人
                                 10/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2019年1月31日)              (2019年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        437,125              405,615
         現金及び預金
                                        518,769              694,947
         受取手形及び売掛金
                                        453,763              407,142
         商品及び製品
                                         13,447               5,466
         その他
                                        △ 3,700             △ 4,900
         貸倒引当金
                                       1,419,406              1,508,272
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              939,255              935,871
                                       1,111,104              1,111,104
          土地
                                           81             3,310
          その他(純額)
                                       2,050,441              2,050,285
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  127             1,352
                                       ※2 248,906             ※2 181,854
         投資その他の資産
                                       2,299,475              2,233,492
         固定資産合計
                                       3,718,882              3,741,764
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        101,153              151,194
         支払手形及び買掛金
                                        252,119              262,961
         電子記録債務
                                         19,167              120,793
         短期借入金
                                        874,386              601,100
         1年内返済予定の長期借入金
                                         17,119              14,190
         未払法人税等
                                         2,800              2,800
         返品調整引当金
                                        205,793              264,495
         その他
                                       1,472,539              1,417,535
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,404,799              1,576,459
         長期借入金
                                        122,939               87,903
         退職給付に係る負債
                                         56,404              44,886
         その他
                                       1,584,142              1,709,249
         固定負債合計
                                       3,056,681              3,126,785
       負債合計
                                 11/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2019年1月31日)              (2019年7月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        308,100              308,100
         資本金
                                        230,600              230,600
         資本剰余金
                                        166,084              130,649
         利益剰余金
                                        △ 71,057             △ 71,057
         自己株式
                                        633,726              598,291
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         8,728               △ 21
         その他有価証券評価差額金
                                         19,745              16,709
         為替換算調整勘定
                                         28,473              16,688
         その他の包括利益累計額合計
                                        662,200              614,979
       純資産合計
                                       3,718,882              3,741,764
      負債純資産合計
                                 12/23















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日              (自 2019年2月1日
                                 至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
      売上高                                  2,753,395              2,605,649
                                       1,515,254              1,386,387
      売上原価
                                       1,238,140              1,219,261
      売上総利益
                                      ※1 1,266,305             ※1 1,227,475
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 28,165              △ 8,213
      営業外収益
                                           460              446
       受取利息
                                         1,161              1,102
       受取配当金
                                         1,980               867
       受取補償金
                                           360             6,472
       助成金収入
                                         1,209              1,313
       その他
                                         5,171              10,202
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         10,953              10,968
       支払利息
                                         2,482              1,339
       その他
                                         13,436              12,307
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 36,430             △ 10,319
      特別利益
                                           -             3,257
       固定資産売却益
                                           -            12,953
       投資有価証券売却益
                                           -            16,210
       特別利益合計
      特別損失
                                           525               -
       減損損失
                                           -             1,189
       投資有価証券売却損
                                                      ※2 35,424
                                           -
       特別退職金
                                           525             36,613
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 36,955             △ 30,721
                                           715             4,713
      法人税等
      四半期純損失(△)                                  △ 37,671             △ 35,434
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 37,671             △ 35,434
                                 13/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日              (自 2019年2月1日
                                 至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
      四半期純損失(△)                                  △ 37,671             △ 35,434
      その他の包括利益
                                        △ 5,960             △ 8,749
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 3,833             △ 3,036
       為替換算調整勘定
                                        △ 9,793             △ 11,785
       その他の包括利益合計
                                        △ 47,464             △ 47,220
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 47,464             △ 47,220
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日              (自 2019年2月1日
                                 至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純損失(△)                                 △ 36,955             △ 30,721
                                         69,410              18,528
       減価償却費
                                           525               -
       減損損失
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 2,183             △ 35,035
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   500             △ 690
                                        △ 1,621             △ 1,549
       受取利息及び受取配当金
                                         10,953              10,968
       支払利息
       有形固定資産売却損益(△は益)                                    -            △ 3,257
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -           △ 11,764
                                           -            35,424
       特別退職金
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 100,687             △ 174,135
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  40,380              46,620
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  90,847              60,882
                                           △ 8            22,633
       その他
                                         71,161             △ 62,096
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,621              1,549
                                        △ 10,983             △ 11,226
       利息の支払額
                                           -           △ 35,424
       特別退職金の支払額
                                        △ 8,435             △ 3,090
       法人税等の支払額
                                         53,363             △ 110,288
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 121,780              △ 56,700
       定期預金の預入による支出
                                        121,826              103,770
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 1,340              △ 603
       投資有価証券の取得による支出
                                           -            59,033
       投資有価証券の売却による収入
                                        △ 25,869             △ 28,204
       有形固定資産の取得による支出
                                           -            16,416
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 1,745             △ 2,875
       無形固定資産の取得による支出
                                           582             13,352
       差入保証金の回収による収入
                                        △ 19,649              △ 8,632
       差入保証金の差入による支出
                                        △ 1,462              52,631
       その他
                                        △ 49,438              148,188
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -            101,626
       長期借入れによる収入                                 900,000                 -
                                       △ 494,478             △ 101,626
       長期借入金の返済による支出
                                           △ 0              -
       自己株式の取得による支出
                                         △ 172              △ 1
       配当金の支払額
                                        △ 30,439             △ 19,192
       リース債務の返済による支出
                                        374,909              △ 19,193
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,462             △ 1,502
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   377,372               17,204
                                        357,462              330,565
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 734,834              ※ 347,770
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
        当社グループは、2016年1月期以降、継続的な売上高の減少傾向にあり、前連結会計年度においては、売上高
       5,281,942千円となっており、営業損失156,235千円を計上するとともに、減損損失641,643千円を計上したことによ
       り、825,271千円の重要な親会社株主に帰属する当期純損失を計上しました。さらに、このような業績の悪化等によ
       り、金融機関からの新たな資金調達が困難となったために、借入金元本の一定期間の返済猶予を受け、今後の借入金
       の返済方法等を含む当社の再建計画を策定し、取引金融機関と協議を行っておりました。
        当第2四半期連結累計期間においても、売上高2,605,649千円、営業損失8,213千円                                      、親会社株主に帰属する四半期
       純損失35,434千円となり、金融機関からは引き続き借入金元本の返済猶予を受けております。
        以上の状況から、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
        当社グループでは当該状況を解消すべく以下の施策を実施し、当該状況の解消又は改善に努めております。
      事業施策
       1.全社、機能、セグメント毎の計画策定とアクションプランの立案、プロセス管理と実行
         成功体験に依拠した手法を根本的に見直し、外部環境を踏まえた中期の戦略を策定し、更に、具体的なアクショ
        ンプランを立案し、プロセス管理を実行しております。
       2.セグメント毎の収益性の改善、パフォーマンスに合わせた人員見直し
         セグメント毎の最適人員の見直し等を行い、収益性の改善を目指しております。卸事業では、商品企画担当者と
        連携して商品の提案を実施することにより、先行受注の獲得をしてまいります。小売事業では、全社的なトレーニ
        ングプログラムを設定し、実行していくことにより、店舗のパフォーマンスを向上させ、売上高の増加につなげて
        まいります。また、EC事業においては、自社サイトにてコーディネート提案や特設ページを設ける等、更新頻度を
        高めることにより訪問者数を増加させ、売上高の増加を目指しております。
       3.ブランド統廃合と主力ブランドJELLY                    BEANSの3ライン化
         当社グループの主力ブランドであるJELLY                    BEANSを高・中・低価格帯の3ラインに区分けし、営業戦略とマーケ
        ティング戦略を明確にしております。JELLY                     BEANSは、シーズントレンドによりフォーカスをした主幹ブランドと
        し、JELLY     BEANS   Richeでは、機能性や素材に拘りをもった付加価値の高い商品を提供してまいります。Style
        JELLY   BEANSは、幅広いラインナップとレンジの価格で、より身近に感じてもらえるブランドとして位置付けてお
        り、これらの営業戦略及びマーケティング戦略により、売上高の増加を目指しております。
       4.店舗特性に合わせた戦略策定と店舗統廃合、出店計画
         出店エリアや出店先商業施設の顧客特性の変化に対する感受性を高め、「JELLY                                      BEANS」ブランドの3ラインを
        店舗特性に応じて展開しております。また、スクラップ・アンド・ビルドによる店舗戦略を実行することにより、
        赤字店舗の損失削減と新規出店による売上高の増加を目指しております。
       5.小売、ECの強化、改善スピードの加速を目的とした事業提携の検討
         当社グループ単独で行う小売、ECを強化し、売上の拡大を図ることのできる事業提携を検討してまいります。
       6.物流の外部委託による在庫一元管理とチャネル連携
         在庫の一元管理、業務効率化を目的として、物流の外部委託を進めております。これにより小売とECの連携を推
        し進めることで、オムニチャネル化を図り、販売ロスの抑制、顧客満足度の向上、売上高の増加を目指しておりま
        す。
       7.マーケット特性、顧客志向、商品特性に合わせた仕入施策(海外生産商品の活用)の実施
         マーケット特性や顧客志向に合わせた商品開発を鮮明化し、特に低価格志向顧客向けのブランドであるStyle
        JELLY   BEANSの商品を中心に、原価率の低い海外生産商品比率を高めることで、原価の低減及び豊富なデザイン性
        の維持を図ってまいります。
       8.固定費の削減
         役員報酬の削減や組織体制の見直し・配置転換等による人件費の圧縮及び管理可能な経費の削減等、固定費の徹
        底した削減をしております。
      財務施策
       1.資産の処分と有利子負債の圧縮による財務健全化
         本社機能の圧縮及び物流業務の外部委託等に伴い、余剰となる不動産について売却し、有利子負債の圧縮及び
        キャッシュ・フローの改善を図っております。
       2.財務基盤の安定化
         一部の取引金融機関を除いて、長期借入金の元本返済について条件変更契約を締結しております。また、元本返
        済の条件変更契約が締結できていない取引金融機関についても、手形貸付による借換えを受けております。取引金
        融機関と緊密な関係を維持し、継続的にご支援を頂けるよう対応してまいります。
        以上の施策をもって抜本的な改善を実行していく予定です。しかしながら、当社の再建計画について、取引金融機

       関と協議中であり、その結果によっては、今後の資金繰りに重要な影響を及ぼす可能性があることから、現時点にお
       いては継続企業の前提に関する重要な不確実性が存在するものと認識しております。
        なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響

       を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
                                 16/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
        (会計方針の変更等)
           該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

       (税金費用の計算)
         税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。また、見
        積実効税率を使用できない場合は、税引前四半期純損益に一時差異に該当しない重要な差異を加減した上で、法定
        実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          当第2四半期連結累計期間(自                 2019年2月1日 至           2019年7月31日)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

       1 受取手形割引高
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                               (2019年1月31日)                  (2019年7月31日)
         受取手形割引高                           95,239   千円                -千円
      ※2 資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額

                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                               (2019年1月31日)                  (2019年7月31日)
         投資その他の資産                           23,131   千円              21,240   千円
        (四半期連結損益計算書関係)

      ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                               (自    2018年2月1日             (自    2019年2月1日
                               至     2018年7月31日)              至     2019年7月31日)
         貸倒引当金繰入額                             500  千円              △ 690  千円
         役員報酬及び給料手当                           568,684                 543,260
         退職給付費用                            8,283                4,613
      ※2     特別退職金

          当第2四半期連結累計期間(自                 2019年2月1日 至           2019年7月31日)
           特別退職金は、希望退職者募集に伴う特別加算金及び再就職支援費用であります。
                                 17/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとお
        りであります。
                             前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                              (自    2018年2月1日             (自    2019年2月1日
                               至   2018年7月31日)              至   2019年7月31日)
         現金及び預金勘定                           988,443千円                 405,615千円
         預入期間が3か月を超える定期預金他                          △253,608                 △57,845
         現金及び現金同等物                           734,834                 347,770
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2018年2月1日 至 2018年7月31日)
         (1)    配当金支払額
            該当事項はありません。
         (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期

           間末後となるもの
            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2019年2月1日 至 2019年7月31日)

         (1)    配当金支払額
            該当事項はありません。
         (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期

           間末後となるもの
            該当事項はありません。
                                 18/23











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自2018年2月1日 至2018年7月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                                                 調整額      損益計算書
                      卸売事業       小売事業       EC事業       合計
                                                (注)1       計上額
                                                       (注)2
     売上高
                       812,411      1,639,867        301,115      2,753,395           -   2,753,395
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                          -       -       -       -       -       -
      は振替高
                       812,411      1,639,867        301,115      2,753,395           -   2,753,395
            計
     セグメント利益又は損失(△)                  135,944       140,189       59,020      335,154      △ 363,319      △ 28,165
     (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△363,319千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用等
          が含まれております。全社費用等は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
                                 19/23













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自2019年2月1日 至2019年7月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                                                 調整額      損益計算書
                      卸売事業       小売事業       EC事業       合計
                                                (注)1       計上額
                                                       (注)2
     売上高
                       686,396      1,587,845        331,407      2,605,649           -   2,605,649
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                          -       -       -       -       -       -
      は振替高
                       686,396      1,587,845        331,407      2,605,649           -   2,605,649
            計
     セグメント利益又は損失(△)                  117,554       136,045       55,105      308,705      △ 316,919       △ 8,213
     (注)1.セグメント利益は損失(△)の調整額△316,919千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用等が
          含まれております。全社費用等は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
        (金融商品関係)

         前連結会計年度の末日と比較して著しい変動が認められないため、記載を省略しております。
        (有価証券関係)

         該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

         1株当たり     四半期純損失金額        及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                              (自    2018年2月1日             (自    2019年2月1日
                               至   2018年7月31日)              至   2019年7月31日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                               △20円21銭                △19円01銭
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純損失金額
                                      △37,671                △35,434
      (△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                      △37,671                △35,434
      純損失金額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                               1,863,199                1,863,198
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株式が存
         在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

       該当事項はありません。
                                 20/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年9月12日

     株式会社アマガサ

      取締役会 御中

                              海南監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              溝口 俊一        印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              仁戸田 学        印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アマガ

     サの2019年2月1日から2020年1月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019年5月1日から2019年7月
     31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年2月1日から2019年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書
     及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アマガサ及び連結子会社の2019年7月31日現在の財政状態並
     びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
     信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は前連結会計年度において営業損失156,235千円及び親会
     社株主に帰属する当期純損失825,271千円を計上した。当第2四半期連結累計期間においても、営業損失8,213千円及び親
     会社株主に帰属する四半期純損失35,434千円となり、金融機関からは借入金元本の返済猶予を受けている。以上の状況か
     ら継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確
     実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載され
     ている。四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は四半期連結財
     務諸表に反映されていない。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
                                 22/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アマガサ(E03004)
                                                             四半期報告書
     その他の事項

      会社の2019年1月31日をもって終了した前連結会計年度の第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間に係る
     四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が
     実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2018年9月7日付けで無限定の結論を表明しており、
     また、当該連結財務諸表に対して2019年4月25日付けで無限定適正意見を表明している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23
















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。