株式会社GA technologies 四半期報告書 第7期第3四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第7期第3四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

提出日:

提出者:株式会社GA technologies

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    令和元年9月11日
      【四半期会計期間】                    第7期第3四半期(自 令和元年5月1日 至 令和元年7月31日)
      【会社名】                    株式会社GA technologies
      【英訳名】                    GA technologies Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長CEO  樋口 龍
      【本店の所在の場所】                    東京都港区六本木三丁目2番1号
                         住友不動産六本木グランドタワー40階
      【電話番号】                    (03)6230-9180
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 経営管理本部長  橋本 健郎
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区六本木三丁目2番1号
                         住友不動産六本木グランドタワー40階
      【電話番号】                    (03)6230-9180
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 経営管理本部長  橋本 健郎
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16












                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                  第7期
                回次                第3四半期
                                連結累計期間
                               自平成30年11月1日

               会計期間
                               至令和元年7月31日
                         (千円)          25,878,768
     売上高
                         (千円)            301,679
     経常利益
                         (千円)            109,637
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                         (千円)            105,679
     四半期包括利益
                         (千円)           5,353,731
     純資産額
                         (千円)          11,343,590
     総資産額
                         (円)            12.45
     1株当たり四半期純利益
                         (円)            11.29
     潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
                         (%)             47.2
     自己資本比率
                                  第7期

                回次                 第3四半期
                                連結会計期間
                               自令和元年5月1日

               会計期間
                               至令和元年7月31日
                                      4.21
     1株当たり四半期純損失                    (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.当社は、第1四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を作成しているため、前年同四半期連結累計期間
           及び前連結会計年度の主要な経営指標については記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社GA                               technologies)及び子会社3社により構成され
       ており、「RENOSY(リノシー)」事業を主たる事業としております。
        当第3四半期連結累計期間における主要な関係会社の異動は、概ね次のとおりであります。
       (「RENOSY(リノシー)」事業)

        平成30年11月にイタンジ株式会社の株式を100%取得したため、連結の範囲に含めております。
       (その他)

        平成30年11月にリーガル賃貸保証株式会社の株式を100%取得したため、連結の範囲に含めております。
        平成30年11月にRenosy            Finance株式会社を設立したため、連結の範囲に含めております。
                                  2/16





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。また、当社は、
       第1四半期連結会計期間から四半期連結財務諸表を作成しているため、比較情報を記載しておりません。
       (1)経営成績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、米中貿易摩擦の長期化が米中のみならずアジア諸国にも波及
        し、わが国の輸出に影響を及ぼし始めるなど不透明な状況が続いております。
         不動産市場におきましては、東京オリンピック・大阪万博を控え、大都市圏を中心にホテル・商業施設の建設が
        増加し、土地の価格が上昇するなど、マンション価格の高騰が続いていることもあり、新築マンションの供給件数
        は低調となっております。
         一方で、日銀のマイナス金利政策や政府の住宅取得支援拡充などを背景に中古マンション需要は高まっており、
        平成30年11月から令和元年7月の首都圏中古マンション成約件数は29,392件と前年同期比で1,115件増加し、成約
        価格も前年比で1.7%上昇するなど堅調に推移しております。(公益財団法人                                    東日本不動産流通機構           統計情報)
         このような事業環境の下、当社は「RENOSY(リノシー)」の会員数獲得のための広告宣伝及び人財確保のための投
        資等により、当第3四半期連結累計期間においても過去最高の販売件数を達成することとなりました。この結果、
        当第3四半期連結累計期間の経営成績は売上高25,878,768千円、営業利益は453,616千円、経常利益は301,679千
        円、親会社株主に帰属する四半期純利益は109,637千円となりました。
         なお、当社グループは、「RENOSY(リノシー)」事業を主要な事業としており、他の事業セグメントの重要性が
        乏しいため、セグメント別の記載を省略しております。
       (2)財政状態の状況

        (資産)
         当第3四半期連結会計期間末における流動資産は5,355,644千円となり、主に現金及び預金3,022,684千円、販売
        用不動産1,750,801千円です。固定資産は5,987,945千円となり、主にのれん1,704,936千円、ソフトウエア仮勘定
        1,390,705千円、顧客関連資産747,000千円です。この結果、総資産は11,343,590千円となりました。
        (負債)

         当第3四半期連結会計期間末における流動負債は2,178,193千円となり、主に短期借入金170,000千円、1年内
        返済予定の長期借入金683,600千円です。固定負債は3,811,665千円となり、主に長期借入金2,625,849千円です。
        この結果、負債総額は5,989,858千円となりました。
        (純資産)

         当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は5,353,731千円となり、前事業年度末に比べ2,916,988千円増
        加しました。これは主に、資本金が1,055,449千円、資本剰余金が1,754,934千円増加し、親会社株主に帰属する四
        半期純利益109,637千円を計上したことによります。
       (3)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は、16,274千円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  3/16


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                               34,000,000
                 普通株式
                                               34,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (令和元年9月11日)
               (令和元年7月31日)                        取引業協会名
                                         東京証券取引所
                    9,417,655            9,432,855
       普通株式                                           単元株式数 100株
                                         (マザーズ)
                    9,417,655            9,432,855            -           -
         計
      (注)「提出日現在発行数」欄には、令和元年9月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
         行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           当第3四半期会計期間において、行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る新株予約権が次のとおり
          行使されております。
                                            第3四半期会計期間

                                           (令和元年5月1日から
                                            令和元年7月31日まで)
       当該四半期会計期間に権利行使された当該行使価額修正条項付新
                                                       6,090
       株予約権付社債券等の数(個)
       当該四半期会計期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                               609,000

       当該四半期会計期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                               3,427.57

       当該四半期会計期間の権利行使に係る資金調達額(千円)                                              2,087,393

       当該四半期会計期間の末日における権利行使された当該行使価額

                                                       6,090
       修正条項付新株予約権付社債券等の数の累計(個)
       当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新株
                                                      609,000
       予約権付社債券等に係る累計の交付株式数(株)
       当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新株
                                                      3,427.57
       予約権付社債券等に係る累計の平均行使価額等(円)
       当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付新株
                                                     2,087,393
       予約権付社債券等に係る累計の資金調達額(千円)
                                  4/16



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)        高(千円)
     令和元年5月1日~

                    709,560      9,417,655       1,055,449       1,155,449       1,055,449       1,553,797
     令和元年7月31日
     (注)   1.  新株予約権の行使による増加であります。
        2.令和元年8月1日から令和元年8月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が15,200株、
          資本金及び資本準備金がそれぞれ1,360千円増加しております。
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成31年4月30日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】

                                                  平成31年4月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

                                                 完全議決権株式であり、
                                                 権利内容に何ら限定の無
     完全議決権株式(その他)                   普通株式  8,706,900                    87,069
                                                 い当社における標準とな
                                                 る株式であります。
                        普通株式    1,195                  -            -
     単元未満株式
                              8,708,095             -            -
     発行済株式総数
                             -               87,069          -

     総株主の議決権
      (注)「単元未満株式」には、当社所有の自己株式                         28株が含まれております。
        ②【自己株式等】

         該当事項はありません。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       (1)退任役員

           役名            職名            氏名              退任年月日
                      CFO
        取締役執行役員                         渡辺 正志              平成31年3月31日
       (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

        男性8名 女性        - 名(役員のうち女性の比率             - %)
                                  5/16



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
        なお、当社は第1四半期連結会計期間から四半期連結財務諸表を作成しているため、前第3四半期連結累計期間及
       び前連結会計年度との対比は行っておりません。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(令和元年5月1日から令
       和元年7月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年11月1日から令和元年7月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  6/16

















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結会計期間
                                 (令和元年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       3,022,684
         現金及び預金
                                         29,926
         売掛金
                                       1,750,801
         販売用不動産
                                         41,718
         未成工事支出金
                                         28,243
         貯蔵品
                                        244,371
         前渡金
                                        156,772
         前払費用
                                        110,302
         その他
                                        △ 29,175
         貸倒引当金
                                       5,355,644
         流動資産合計
       固定資産
                                       1,080,147
         有形固定資産
         無形固定資産
                                       1,704,936
          のれん
                                       1,390,705
          ソフトウエア仮勘定
                                        747,000
          顧客関連資産
                                        217,525
          その他
                                       4,060,168
          無形固定資産合計
                                        847,629
         投資その他の資産
                                       5,987,945
         固定資産合計
                                       11,343,590
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        170,000
         短期借入金
                                        683,600
         1年内返済予定の長期借入金
                                         40,000
         1年内償還予定の社債
                                        587,722
         未払金
                                         17,057
         引当金
                                         50,663
         未払法人税等
                                        629,148
         その他
                                       2,178,193
         流動負債合計
       固定負債
                                       2,625,849
         長期借入金
                                        160,000
         社債
                                         46,990
         引当金
                                        258,132
         繰延税金負債
                                        301,420
         資産除去債務
                                        419,274
         その他
                                       3,811,665
         固定負債合計
                                       5,989,858
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,155,449
         資本金
                                       3,465,557
         資本剰余金
                                        734,612
         利益剰余金
                                         △ 347
         自己株式
                                       5,355,271
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 3,957
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 3,957
         その他の包括利益累計額合計
                                         2,418
       新株予約権
                                       5,353,731
       純資産合計
                                       11,343,590
      負債純資産合計
                                  7/16

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成30年11月1日
                                至 令和元年7月31日)
                                       25,878,768
      売上高
                                       21,194,791
      売上原価
                                       4,683,976
      売上総利益
                                       4,230,360
      販売費及び一般管理費
                                        453,616
      営業利益
      営業外収益
                                           168
       受取利息
                                         7,062
       その他
                                         7,230
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         43,719
       支払利息
                                        104,066
       支払手数料
                                         11,380
       その他
                                        159,167
       営業外費用合計
                                        301,679
      経常利益
      特別損失
                                         67,748
       減損損失
                                         3,842
       固定資産除売却損
                                         42,436
       賃貸借契約解約損
                                         7,603
       その他
                                        121,629
       特別損失合計
                                        180,049
      税金等調整前四半期純利益
                                         70,412
      法人税等
                                        109,637
      四半期純利益
                                        109,637
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  8/16










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成30年11月1日
                                至 令和元年7月31日)
                                        109,637
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 3,957
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 3,957
       その他の包括利益合計
                                        105,679
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        105,679
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                  9/16
















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          第1四半期連結会計期間より、イタンジ株式会社は株式取得及び簡易株式交換のため、リーガル賃貸保証株式
         会社は株式取得のため、Renosy               Finance株式会社は新規設立のため、連結の範囲に加えております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
           税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
          計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                 平成30年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定
          負債の区分に表示しております。
                                 10/16
















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         当座貸越契約及び貸出コミットメント契約
          当社においては、資金調達の安定性を高めるため取引銀行5行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を
         締結しております。これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                                       当第3四半期連結会計期間

                                        (令和元年7月31日)
         当座貸越極度額及び貸出コミットメントの総額                                     2,450,000千円
         借入実行残高                                      170,000
                                              2,280,000
          差引額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
          なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びの
         れんの償却額は、次のとおりであります。
                                       当第3四半期連結累計期間

                                        (自 平成30年11月1日
                                         至 令和元年7月31日)
                                               171,165千円
         減価償却費
                                               176,372
         のれんの償却額
        (株主資本等関係)

         当第3四半期連結累計期間(自 平成30年11月1日 至 令和元年7月31日)
         1.配当金支払額
           該当事項はありません。
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

           末日後となるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の金額の著しい変動

            第1四半期連結会計期間において、平成30年11月16日付で当社を完全親会社、イタンジ株式会社を完全子
           会社とする株式交換を実施し、新株の発行及び自己株式の処分を行っております。この結果、資本剰余金が
           699,485千円増加し、自己株式が3,992千円減少しました。
            また、平成31年2月18日に発行した第6回新株予約権(第三者割当による行使価額修正条項・下限行使価
           額修正選択権及び行使停止条件付新株予約権)の全ての行使が令和元年7月12日に完了し、新株の発行を
           行っております。この結果、資本金が1,046,272千円増加し、資本剰余金が1,046,272千円増加しました。
            このほか、ストックオプションの行使があり、当第3四半期連結会計期間末において、資本金が
           1,155,449千円、資本剰余金が3,465,557千円、自己株式が347千円となっております。
                                 11/16







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
           当社グループは「RENOSY(リノシー)」事業を主要な事業としており、他の事業セグメントの重要性が乏し
          いため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以
         下のとおりであります。
                                            当第3四半期連結累計期間

                                            (自    平成30年11月1日
                                             至    令和元年7月31日)
        (1)1株当たり四半期純利益                                             12円45銭
           (算定上の基礎)
            親会社株主に帰属する          四半期純利益(千円)                                109,637
            普通株主に帰属しない金額(千円)                                              -
            普通株式に係る       親会社株主に帰属する          四半期純利益(千円)                         109,637
            普通株式の期中平均株式数(株)                                          8,799,541
         (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                             11円29銭
           (算定上の基礎)
            親会社株主に帰属する          四半期純利益調整額(千円)                                   -
            普通株式増加数(株)                                           903,633
                                         平成31年2月1日の臨時取締役会決議
                                         に基づく第6回新株予約権(第三者割
                                         当による行使価額修正条項・下限行使
         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四半期純                                価額修正選択権及び行使停止条件付新
         利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計年度末から重                                株予約権。目的となる株式の種類及び
         要な変動があったものの概要                                株式数:普通株式609,000株)並びに第
                                         7回新株予約権(同上。目的となる株
                                         式の種類及び株式数:普通株式261,000
                                         株)
                                 12/16









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
        (株式取得による企業結合)
           当社は、令和元年8月21日開催の取締役会において、イエスリノベーション株式会社の全株式を取得し、当
          社の子会社とすることを決議、同日付で株式譲渡契約を締結し、令和元年9月11日付で株式を取得しておりま
          す。
        1.企業結合の概要

          (1)   被取得企業の名称及びその事業の内容
           被取得企業の名称:イエスリノベーション株式会社
           事業の内容:賃貸マンション・アパート専門のデザインリフォーム・リノベーション
          (2)   企業結合を行った主な理由

           当社は、家探しからリノベーション、資産活用、購入後の管理、売却までを一気通貫で提供する中古不動
          産プラットフォーム「RENOSY(リノシー)」の開発・運営を行っており、特に賃貸物件の管理や投資物件の
          販売においては、安定的な需要が期待できる大都市圏のワンルームマンションを中心にサービス提供を行っ
          ております。
           一方、イエスリノベーション株式会社は、賃貸物件の空室対策に強みを持つユニークなリノベーション
          サービスを提供しており、既存設備の再生利用やデザインの標準化などの徹底した合理化により、従来のリ
          ノベーション費用の約1/4となる平米2.5万円という低価格を実現しております。さらに、同社の施工物件に
          おいては平均空室期間が1ヶ月と短期間であり、賃料も平均10%程度の上昇に成功しております。
           今後も更なる需要が期待されるワンルームマンションの供給において、当社の展開する不動産売却、不動
          産投資、賃貸管理分野とイエスリノベーション株式会社のリノベーション事業との間に高い事業シナジーを
          期待し、株式取得に至りました。
          (3)   企業結合日

           令和元年9月11日
          (4)   企業結合の法的形式

           現金を対価とする株式取得
          (5)   結合後企業の名称

           結合後企業の名称に変更はありません。
          (6)   取得した議決権比率

           100%
          (7)   取得企業を決定するに至った主な根拠

           当社が現金を対価とする株式取得により議決権の100%を取得したことによるものです。
        2.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

          株式譲渡契約の定めにより、当社は秘密保持義務を負っていることから非開示とさせていただきます。
        3.主要な取得関連費用の内容及び金額

          現時点では確定しておりません。
        4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

          現時点では確定しておりません。
        5.企業結合日に受け入れる資産及び引き受ける負債の額並びにその主な内訳

          現時点では確定しておりません。
                                 13/16




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 14/16




















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社GA technologies(E34177)
                                                             四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   令和元年9月11日

     株式会社GA technologies
      取  締  役  会 御中
                           EY新日本      有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                      公認会計士        鈴木 真一郎  印
                           業  務  執  行  社  員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士        中川 政人  印
                           業  務  執  行  社  員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げら

      れている株式会社GA technologiesの平成30年11月1日から令和元年10月3
      1日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(令和元年5月1日から令和元年7月
      31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年11月1日から令和元年7月31日まで)
      に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連
      結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
      四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に
      準拠して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による
      重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した
      内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期
      連結財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当
      と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に
      対して実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手
      続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸
      表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      監査人の結論

       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において
      一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社GA tech
      nologies及び連結子会社の令和元年7月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する
      第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点
      において認められなかった。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
      はない。
                                                      以  上

       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半
            期報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。