ワシントンホテル株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:ワシントンホテル株式会社

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券届出書

    【提出先】                      東海財務局長

    【提出日】                      2019年9月11日

    【会社名】                      ワシントンホテル株式会社

    【英訳名】                      WASHINGTON           HOTEL      CORPORATION

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長 内田 和男

    【本店の所在の場所】                      愛知県名古屋市千種区内山三丁目23番5号

    【電話番号】                      052-745-9030

    【事務連絡者氏名】                      執行役員 総務人事部部長 井戸川 学

    【最寄りの連絡場所】                      愛知県名古屋市千種区内山三丁目23番5号

    【電話番号】                      052-745-9030

    【事務連絡者氏名】                      執行役員 総務人事部部長 井戸川 学

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の                      株式

    種類】
    【届出の対象とした募集(売出)金額】                      募集金額
                          ブックビルディング方式による募集    1,973,700,000円
                          売出金額
                          (オーバーアロットメントによる売出し)
                          ブックビルディング方式による売出し    348,300,000円
                          (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法上の払
                             込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書提出時におけ
                             る見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。

                                   1/143







                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

         種類          発行数(株)                       内容

                            完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社におけ
        普通株式           1,800,000(注)2         る標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株であ
                            ります。
     (注)   1.2019年9月11日開催の取締役会決議によっております。
        2.発行数については、2019年9月27日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
        3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
          名称:株式会社証券保管振替機構
          住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
        4.「第1 募集要項」に記載の募集(以下「本募集」という。)にあたっては、その需要状況を勘案し、オー
          バーアロットメントによる売出しを追加的に行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項」の「1 売出株式(オーバー
          アロットメントによる売出し)」及び「2 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
          照下さい。
        5.上記とは別に、2019年9月11日開催の取締役会において、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社を
          割当先とする当社普通株式270,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。なお、その内容に
          ついては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引につい
          て」をご参照下さい。
        6.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
          しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   2/143












                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2019年10月8日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4                                             株式の引受け」欄
     記載の金融商品取引業者(以下「第1                  募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受価額
     と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2019年9月27日開催予定の取締役
     会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に
     払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数
     料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「東証」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233条
     及び株式会社名古屋証券取引所(以下「名証」という。)の定める「上場前の公募又は売出し等に関する規則」第3条
     に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投資
     家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価格
     で行います。
           区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)

     入札方式のうち入札による募集                        ―              ―              ―

     入札方式のうち入札によらない
                             ―              ―              ―
     募集
     ブックビルディング方式                    1,800,000            1,973,700,000              1,073,925,000
        計(総発行株式)                 1,800,000            1,973,700,000              1,073,925,000

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
        2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、東証の定める「有価証券上場規程施行規則」及び名証の定
          める「上場前の公募又は売出し等に関する規則」(以下「取引所の有価証券上場規程施行規則等」と総称す
          る。)により規定されております。
        3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
        4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2019年9月11日開催の取締役会決議に基づき、
          2019年10月8日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
          資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
          ます。
        5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,290円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
          込額)は2,322,000,000円となります。
                                   3/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                     資本    申込株数                   申込

     発行価格     引受価額     払込金額
                    組入額      単位        申込期間         証拠金       払込期日
      (円)     (円)     (円)
                     (円)     (株)                  (円)
      未定     未定     未定     未定         自 2019年10月9日(水)             未定
                           100                     2019年10月17日(木)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3          至 2019年10月15日(火)             (注)4
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
          発行価格は、2019年9月27日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
          等を総合的に勘案した上で、2019年10月8日に引受価額と同時に決定する予定であります。
          仮条件は、当社の事業内容、経営成績及び財政状態、当社と事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、
          価格算定能力が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
          需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
          関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
        2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2019年9月27日開催予定の取締役会において決定される予定であ
          ります。また、「2          募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2019年10月
          8日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
          取金となります。
        3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2019年9月11日開催の取締役会において、
          増加する資本金の額は、2019年10月8日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
          1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
          きは、その端数を切り上げるものとすること及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加す
          る資本金の額を減じた額とする旨を決議しております。
        4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
          期日に新株式払込金に振替充当いたします。
        5.株式受渡期日は、2019年10月18日(金)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
          る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
          い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集に係る株券
          は、発行されません。
        6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.申込みに先立ち、2019年10月1日から2019年10月7日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
          需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
          販売に当たりましては、東証の「有価証券上場規程」及び名証の「株券上場審査基準」に定める株主数基準
          の充足、上場後の株式の流通性の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われるこ
          とがあります。
          引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
          い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については、各社の店頭における表示またはホーム
          ページにおける表示等をご確認下さい。
        8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の本店及び全国各支店で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

     株式会社三菱UFJ銀行 名古屋営業部                           愛知県名古屋市中区錦二丁目20番15号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                   4/143


                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【株式の引受け】
                                     引受株式数

      引受人の氏名又は名称                    住所                     引受けの条件
                                      (株)
     三菱UFJモルガン・ス
                                           1.買取引受けによります。
                  東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
     タンレー証券株式会社
                                           2.引受人は新株式払込金と
     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                             して、2019年10月17日ま
                                             でに払込取扱場所へ引受
                  愛知県名古屋市中村区名駅四丁目7番
     東海東京証券株式会社
                  1号
                                             価額と同額を払込むこと
                                             といたします。
     岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号
                                      未定
                                           3.引受手数料は支払われま
     SMBC日興証券株式会
                  東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                             せん。ただし、発行価格
     社
                                             と引受価額との差額の総
     大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                             額は引受人の手取金とな
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                             ります。
     マネックス証券株式会社             東京都港区赤坂一丁目12番32号

          計                 ―           1,800,000             ―
     (注)   1.2019年9月27日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
        2.上記引受人と発行価格決定日(2019年10月8日)                        に元引受契約を締結する予定であります。
        3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
          引業者に販売を委託する方針であります。
    5  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

               2,147,850,000                   13,000,000                2,134,850,000
     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
          の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,290円)を基礎として算出した見込額であり
          ます。
        2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
        3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額2,134,850千円及び「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限
      322,177千円とあわせて、新規店舗の出店費用及び既存店舗のリニューアル費用へ充当する予定でございます。具体
      的には以下のとおりであります。
                              支払予定額
          事業所名           設備の
                                2021年3月期
                          2020年3月期
          (所在地)            内容
                           (千円)      (千円)
     (仮称)R&Bホテル仙台駅東口
     (宮城県仙台市若葉区)               ホテルの新設         460,000         ―
      (仮称)R&Bホテル名古屋駅前
                   ホテルの新設         522,000      704,945
     (愛知県名古屋市中村区)
     高崎ワシントンホテルプラザ
                   リニューアル         290,082         ―
     (群馬県高崎市)
     博多中洲ワシントンホテルプラザ
                   リニューアル            ―   240,000
     (福岡県福岡市博多区)
     鹿児島ワシントンホテルプラザ
                   リニューアル            ―   240,000
     (鹿児島県鹿児島市)
      なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
      また、手取金充当後の新規出店及び既存店リニューアル費用の不足額については手元資金を予定しております。
      (注)   1.設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3                            設備の状況 3        設備の新設、除却等の計画」を
           ご参照下さい。
                                   5/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】

                   売出数           売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の

       種類
                    (株)             (円)          住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
        ―                    ―         ―           ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
        ―                    ―         ―           ―
             によらない売出し
                                       東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
             ブックビルディング
                                       三菱UFJモルガン・スタンレー
      普通株式                   270,000       348,300,000
             方式
                                       証券株式会社             270,000株
     計(総売出株式)             ―        270,000       348,300,000                ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集に伴い、その需要状況を勘案し、三菱UFJモルガン・ス
          タンレー証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出しに係る売
          出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少又は中止する場合があります。
        2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2019年9月11日開催の取締役会において、三菱
          UFJモルガン・スタンレー証券株式会社を割当先とする当社普通株式270,000株の第三者割当増資の決議
          を行っております。また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社は、東京証券取引所又は名古屋証
          券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付
          け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
          なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
          カバー取引について」をご参照下さい。
        3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則等により規定されており
          ます。
        4.「第1      募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
          します。
        5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,290円)で算出した見込額であります。
        6.振替機関の名称及び住所は、「第1                   募集要項 1       新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一で
          あります。
                                   6/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                   申込     申込

     売出価格                                    引受人の住所及び            元引受契
           申込期間      株数単位      証拠金      申込受付場所
      (円)                                    氏名又は名称           約の内容
                   (株)     (円)
           自 2019年                  三菱UFJモルガ
      未定    10月9日(水)              未定    ン・スタンレー証
                   100                          ―          ―
     (注)1     至 2019年             (注)1     券株式会社の本店
          10月15日(火)                  及び全国各支店
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受けによる売出しにおける売出価格及び申込証拠金と
          それぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
          ん。
        2.株式受渡期日は、引受人の買取引受けによる売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
          あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
          に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーア
          ロットメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
        3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        4.三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社の販売方針は、「第1                                   募集要項 3       募集の条件 (2)        ブッ
          クビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様です。
                                   7/143












                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所及び名古屋証券取引所への上場について
      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所及び名古屋証券取引
     所への上場を予定しております。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である株式会社三菱UFJ銀行(以下「貸株人」という。)より借入れる株式です。これに
     関連して、当社は、2019年9月11日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式270,000株の第
     三者割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しています。本件第三者割当増資の会社法上
     の募集事項については、以下のとおりです。
     (1)   募集株式の数                当社普通株式 270,000株

     (2)   募集株式の払込金額                未定 (注)1

                       増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に
                       基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果
       増加する資本金及び資本準備金
     (3)                  1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。ま
       に関する事項
                       た、増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金
                       の額を減じた額とする。 (注)2
     (4)   払込期日                2019年11月18日(月)
     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2019年9月27日開催予定の取締役会において決定される予定
          の「第1     募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定でありま
          す。
        2.割当価格は、2019年10月8日に決定される予定の「第1                            募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
          一とする予定であります。
      また、主幹事会社は、2019年10月18日から2019年11月12日までの間、貸株人から借入れる株式の返還を目的とし

     て、東京証券取引所又は名古屋証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限と
     するシンジケートカバー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応じ
     ない予定ですので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部または一部につき申込みが行われず、そ
     の結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場
     合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全
     く行わないか又は上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
                                   8/143








                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3.ロックアップについて

      本募集に関連して、貸株人である株式会社三菱UFJ銀行、当社株主である株式会社丸栄、藤田観光株式会社、株
     式会社みずほ銀行、株式会社名古屋銀行、日本生命保険相互会社、明治安田生命保険相互会社、株式会社近藤紡績
     所、名古屋中小企業投資育成株式会社、朝日生命保険相互会社、住友生命保険相互会社、サッポロビール株式会社、
     アサヒビール株式会社、松下不動産株式会社、ワシントンホテル役員持株会、株式会社三井住友銀行、三井住友信託
     銀行株式会社、東映株式会社、清水建設株式会社、農林中央金庫、株式会社トーホーフードサービス、株式会社ホク
     リョーリード、株式会社大丸松坂屋百貨店、瀧定名古屋株式会社、豊島株式会社名古屋本社、名古屋鉄道株式会社、
     中部電力株式会社、東海ラジオ放送株式会社、東邦瓦斯株式会社、ワシントンホテル従業員持株会、株式会社丸金、
     綿久リネン株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、内田和男、株式会社丸八真綿、大同特殊鋼株式会
     社、日本碍子株式会社、株式会社中日新聞社、浜口邦久、株式会社愛知銀行、オークマ株式会社、岡谷鋼機株式会
     社、住友林業クレスト株式会社、豊和工業株式会社、日笠豊昭、株式会社オーエンス、桑名東部開発株式会社、株式
     会社エース・ブレッド、イーダ株式会社、愛知時計電機株式会社、株式会社西日本綜合メンテナンスは、主幹事会社
     に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2020年4月14日までの期間(以下「ロック
     アップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引
     受けによる売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わ
     ない旨合意しております。
      また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の
     発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行又は当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有
     価証券の発行(ただし、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメン
     トによる売出しに関連し、2019年9月11日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者
     割当増資等を除く。)等を行わない旨合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を
     一部又は全部につき解除できる権限を有しております。
    4.当社指定販売先への売付け(親引け)について

      当社は、本募集において、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規
     則」に従い、当社従業員への福利厚生等を目的として当社従業員持株会に対し、公募による募集株式のうち15,000株
     を上限として売付けることを引受人に要請する予定であります。
      なお、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」第2条第2項に基
     づき、当社が指定する販売先への売付け(親引け)として、当社は親引け予定先の状況等につき公表し、主幹事会社は
     親引け予定先から売付ける株式数を対象として継続所有に関する確約を書面により取り付けます。
                                   9/143









                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

     (1)  表紙に当社のロゴマーク

                          及び店舗外観写真を記載いたします。
     (2)  表紙の次に「1 経営理念」~「5 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  10/143

















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  11/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  12/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次           第57期       第58期

          決算年月           2018年3月       2019年3月

     売上高            (千円)     21,417,323       21,410,636

     経常利益            (千円)      3,009,887       2,836,551

     親会社株主に帰属する
                 (千円)      1,912,908       1,704,146
     当期純利益
     包括利益            (千円)      1,914,932       1,770,154
     純資産額            (千円)     10,110,889       11,729,617

     総資産額            (千円)     22,391,373       25,131,971

     1株当たり純資産額             (円)      1,001.56       1,161.91

     1株当たり当期純利益             (円)       189.49       168.81

     潜在株式調整後
                 (円)          ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        45.2       46.7
     自己資本利益率             (%)        20.7       15.6

     株価収益率             (倍)          ―       ―

     営業活動による
                 (千円)      2,020,447       2,926,214
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)     △ 2,112,996      △ 3,815,011
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)      △ 606,353       881,432
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)      3,117,346       3,109,981
     の期末残高
     従業員数
                          451       452
     〔ほか、平均臨時             (名)
                        〔 565  〕     〔 544  〕
     雇用人員〕
     (注)   1.当社は第57期より連結財務諸表を作成しております。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        4.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        5.従業員数は就業人員であり、臨時雇用人員(パート社員及びパートを含み、派遣社員は除く)は、年間平均雇
          用人員(1日8時間換算)を〔 〕内に外書きで記載しております。
        6.第57期及び第58期の連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有
          限責任監査法人により監査を受けております。
                                  18/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第54期       第55期       第56期        第57期       第58期

          決算年月           2015年3月       2016年3月       2017年3月        2018年3月       2019年3月

     売上高            (千円)     20,027,980       21,007,466       19,661,830        19,556,270       19,709,479

     経常利益            (千円)      1,829,201       3,088,396       3,389,046        2,949,871       2,857,006

     当期純利益            (千円)      1,760,410       1,963,646       2,432,354        1,873,872       1,940,050

     資本金            (千円)        95,000       95,000       95,000        95,000       95,000

     発行済株式総数
     普通株式             (株)     10,100,000       10,100,000       10,100,000        10,100,000       10,100,000
     A種優先株式                    90,000          ―       ―        ―       ―
     純資産額            (千円)      4,840,014       5,779,086       8,094,748        9,839,408       11,694,039
     総資産額            (千円)     12,279,612       16,865,997       18,398,782        21,780,562       24,931,040

     1株当たり純資産額             (円)       385.81       572.43       801.85        974.67      1,158.38

     1株当たり配当額
                         5.00       10.00       13.00        15.00       16.00
      普通株式
     (1株当たり中間配当額)
                 (円)         ( ―)      ( ―)      ( ―)       ( ―)      ( ―)
                        500.00          ―       ―        ―       ―
      A種優先株式
     (1株当たり中間配当額)
                          ( ―)      ( ―)      ( ―)       ( ―)      ( ―)
     1株当たり当期純利益             (円)       174.35       194.50       240.94        185.62       192.18
     潜在株式調整後
                 (円)          ―       ―       ―        ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        39.4       34.3       44.0        45.2       46.9
     自己資本利益率             (%)        44.7       37.0       35.1        20.9       18.0

     株価収益率             (倍)          ―       ―       ―        ―       ―

     配当性向             (%)         2.9       5.1       5.4        8.1       8.3

     従業員数
                          441       411       401        415       420
     〔ほか、平均臨時             (名)
                        〔 581  〕     〔 516  〕     〔 478  〕     〔 476  〕     〔 467  〕
     雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用人員(パート社員及びパートを含み、派遣社員は除く)は、年間平均雇
          用人員(1日8時間換算)を〔 〕内に外書きで記載しております。
        5.第54期、第55期及び第56期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出し
          た各数値を記載しております。なお、第56期の数値については、株主総会において承認された数値について
          誤謬の訂正による修正再表示を反映しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条
          の2第1項の規定に基づく当該監査を受けておりません。
        6.第57期及び第58期の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責
          任監査法人により監査を受けております。
        7.当社は、A種優先株式をA種優先株主から2015年6月30日に取得し消却しております。
                                  19/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【沿革】
      年月                        事業の変遷

     1961年5月       ㈱丸栄ほか中部財界からの出資を受け、「㈱名古屋国際ホテル(現 当社)」を設立
     1964年4月       愛知県名古屋市中区錦三丁目に「名古屋国際ホテル」開業
     1969年6月       ワシントンホテル1号店となる「名古屋国際ホテル                        ビジネス新館       ワシントンホテル」を217
           室にて開業(のちに名古屋第1ワシントンホテルへ改称)
     1974年7月       愛知県外初出店となる「岐阜ワシントンホテル」開業
     1976年2月       本社を愛知県名古屋市中区錦三丁目12番地29号へ移転
     1978年3月       四国地方1号店となる「高松ワシントンホテル」開業
     1978年3月       ワシントンホテルチェーンにおいて、会員システム「ワシントンカード」を開始
     1979年4月       ワシントンホテルを全国展開するため、商号を「ワシントンホテル㈱」に商号変更
     1980年3月       フランチャイズ1号店「富山ワシントンホテル」開業[経営:大谷天然瓦斯㈱]
     1981年3月       近畿地方1号店となる「神戸ワシントンホテル」開業
     1981年4月       九州地方1号店となる「宮崎ワシントンホテル」開業
     1988年6月       中国地方1号店となる「岡山ワシントンホテル」開業
     1990年9月       関東地方1号店となる「高崎ワシントンホテル」開業
     1997年2月       「ワシントンホテル」のホテル名称を「ワシントンホテルプラザ」に変更
     1998年4月       R&Bホテル1号店となる「R&Bホテル東日本橋」開業
     2005年4月       R&Bホテルチェーンにおいて、インターネット会員システム「R&Bネットポイントシステム」
           を開始
     2009年6月       会社分割により「名古屋国際ホテル㈱」を子会社として設立(資本金1千万円)
     2010年11月       R&Bネットポイントの利用対象ホテルを、直営ワシントンホテルプラザと名古屋国際ホテルに
           も拡大し、名称を「宿泊ネットポイント」に変更
     2013年8月       宿泊ネットポイントの利用対象ホテル拡大のため、加盟ホテルの募集を開始
     2015年3月       宿泊ネットポイントの名称を「宿泊ネット」に変更
     2016年8月       本社を愛知県名古屋市千種区内山三丁目23番5号へ移転
     2017年9月       ワシントンカードにおいて、ポイントの加算・交換を飲食店舗のみとし、カード名称を「ワ
           シントン     レストランカード」に変更
     なお、当社グループ直営のホテル事業所数の主な変遷は以下のとおりであります。

    (事業所数)
                                                (年/月)





                                  20/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     <藤田観光株式会社(注)が運営するワシントンホテルとの関係>

     当社の会社設立時の初代社長は、当時の藤田観光株式会社社長であった小川栄一が兼務で就任しました。
     その後、当社が展開するワシントンホテルの成功を受けた小川栄一は、藤田観光株式会社でもワシントンホテルの展
    開を開始し(1973年6月に札幌に初進出)、1978年には双方のワシントンホテルで共同使用できる「ワシントンカード」
    というポイント制の会員システムも発足しました。
     「ワシントンホテル」という商標は当社と藤田観光株式会社とで共同出願しチェーン展開を行ってきました(現在も共
    同出願を継続中)。
     一方で、1997年2月には、藤田観光株式会社が展開していた「ワシントンホテル」と当社が展開していた「ワシント
    ンホテル」について、運営主体を明確にするため、「ワシントンホテル」の名称で当社が展開していたホテルを「ワシ
    ントンホテルプラザ」へと名称変更しました。また2012年2月には、藤田観光株式会社におけるワシントンカードの取
    り扱いを終了しました。
     なお、現在の当社と藤田観光株式会社との関係は、ホテルの出店及び運営等において事業上の制約は特になく、同社
    から当社への10.51%の出資関係、商標の相互使用、同社の株主優待及び商品券における業務提携、飲食店1件の賃貸借
    取引があるのみであります。
     (注)東証一部上場、主な事業内容はホテル・旅館業、飲食店業等
                                  21/143















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【事業の内容】
      当社グループは、当社及び連結子会社である名古屋国際ホテル株式会社の計2社で構成されております。当社グ
     ループは、ホテル事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載を行っておりません。
     (1)  ホテルブランド

       当社グループは、「ワシントンホテルプラザ」、「R&Bホテル」及び「名古屋国際ホテル」の計3ブランドのホテ
      ル事業の運営とゴルフ場クラブハウス内レストランの運営受託をしております。
      ① ワシントンホテルプラザ
        「ワシントンホテルプラザ」は1969年の1号店開業以来、50年の歴史があり、高度経済成長の時代の中、低料
       金で安全に泊まることができるスタイルがビジネスパーソンに支持をされ出店を伸ばしてまいりました。ビジネ
       スホテルのチェーンとして、全国の多くのビジネスパーソンに認知していただいております。主要駅もしくは繁
       華街に近い「立地」と、老舗としての「安心感」が評価されており、部屋タイプは、シングル、ツイン、ダブル
       と各種タイプの部屋を保有しております。また、一部のワシントンホテルプラザには飲食店や宴会場を併設し、
       幅広い顧客ニーズに対応しております。利便性の高いビジネス・観光の拠点となるよう直営18ホテルをチェーン
       展開しております。
         2019年3月期のワシントンホテルプラザのADR(注1)は6,570円(前期比0.2%増加)、稼働率(注2)は
       72.6%(前期比1.4%ポイント減少)、RevPAR(注3)は4,767円(前期比1.7%減少)となっております。
       (注1)ADR(Average           Daily   Rate)とは、平均客室単価のことであり、客室売上を販売客室数で割った金額であ

           ります。
       (注2)稼働率は、実際に販売した客室数を販売可能客室数で割って計算した割合であります。
       (注3)RevPAR(Revenue            Per  Available     Room)とは、販売可能客室数あたりの客室売上のことであり、客室売
           上を販売可能客室数で割った金額であります。
      ② R&Bホテル

        「R&Bホテル」は宿泊特化型ホテルとして首都圏を中心に、全国で直営23ホテルのチェーン展開を行っておりま
       す。毎朝、スタッフが焼き上げるあつあつの焼きたてパン、挽きたてのコーヒー、ジュース、スープ、味付けゆ
       で玉子を無料で提供することで、付加価値の向上を目指しております。また、スタッフの95%以上が女性であ
       り、細やかな配慮で、少しでもお客様のお役に立てるよう親切な応対を心がけており、女性のお客様でも安心し
       てお泊りいただけます。客室はR&Bホテル八王子の16室のツインを除いて他はすべてシングルであります。さら
       に、チェックインの工程を細分化し、宿泊台帳記入や金銭授受には従業員の人手を介さず、宿泊台帳記入は館内
       の案内表示にてお客様を誘導することで対応し、金銭授受は自動精算機を導入して対応するなど少人数オペレー
       ションを徹底し、業務効率を上げることでリーズナブルな価格での提供が可能となっております。
        2019年3月期のR&BホテルのADRは6,013円(前期比0.2%増加)、稼働率は84.7%(前期比0.1%ポイント増加)、
       RevPARは5,093円(前期比0.3%増加)となっております。
      ③ 名古屋国際ホテル

        「名古屋国際ホテル」は、1964年に名古屋初の本格的都市型ホテルとして開業した、歴史と伝統ある老舗ホテ
       ルであり、飲食店舗と宴会場を付帯して運営しております。名古屋市の繁華街である栄の中心に位置し、立地の
       良さでビジネスをはじめ、観光客からも支持されております。
        2019年3月期の名古屋国際ホテルのADRは8,489円(前期比0.1%増加)、稼働率は69.6%(前期比7.1%ポイント減
       少)、RevPARは5,908円(前期比9.2%減少)となっております。なお、名古屋国際ホテルは2020年9月に営業終了
       を予定しております。
        以上の計3ブランドのホテル事業で、運営するホテルは全国に42ホテル(2019年8月末現在)であり、ビジネ

       ス、観光等様々なお客様にご利用いただいております。2019年3月期の当社グループホテル全館の客室数は9,118
       室、ADRは6,317円、稼働率は78.6%となっております。当社グループの収益としては、「ワシントンホテルプラ
       ザ」「R&Bホテル」「名古屋国際ホテル」での収益が98%超となっており、ゴルフ場クラブハウス内レストランに
       よる収益は僅少なものとなっております。
                                  22/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        なお、過年度におけるワシントンホテルプラザ、R&Bホテルの主要指標は以下のとおりであります。

                 2015/3期         2016/3期         2017/3期         2018/3期         2019/3期
     ワシント      売    上             12,870,676         11,353,081         11,234,710        10,648,592
     ンホテル      高   
                 12,785,562          (13,325,084)         (11,801,115)         (11,667,523)         (11,064,161
     プラザ      (千円)
                                                          )
                 (13,284,810)
           営  業  利      710,736        1,238,302         1,313,292         1,161,944         955,296

           益  
                  (733,161)        (1,250,875)         (1,317,956)         (1,166,131)         (953,502)
           (千円)
           ADR              6,045         6,669         6,526         6,555        6,570
           (円)
           稼    働       72.9         74.8         74.5         74.0        72.6
           率  
           (%)
           RevPAR           4,409         4,991         4,861         4,848        4,767
           (円)

     R&Bホテ      売上高            6,686,906         7,614,058         7,768,077         7,784,166        8,544,448
     ル
           (千円)
           営業利益          1,159,404         1,950,852         2,224,445         1,989,688        2,057,894
           (千円)
           ADR                 5,325         5,909         5,956         5,999        6,013
            (円)
           稼働率              82.3         84.9         86.2         84.6        84.7
            (%)
           RevPAR              4,381         5,015         5,132         5,078        5,093
            (円)
        (注)     ワシントンホテルプラザ事業には、「ワシントンホテルプラザ」ブランドのホテル事業の運営とゴルフ
          場クラブハウス内レストランの運営受託が含まれております。上記の表の売上高及び営業利益においては、
          ホテルブランドごとの比較のため、ワシントンホテルプラザに係る記載をしており、( )内にはワシント
          ンホテルプラザ事業の売上高及び営業利益を記載しております。
     (2)  ホテル運営

      ▶ 客室販売及び会員システム
       当社グループの客室販売は、直販である自社サイトの「宿泊ネット」のほか、オンライン旅行予約サイトをはじ
      めとするインターネットによる宿泊予約の獲得、旅行会社の販売する旅行商品への客室提供を主要な経路としてお
      ります。2019年3月期における販売経路の割合は、インターネット経由の販売が71.8%(自社サイト「宿泊ネット」
      経由の割合は24.2%)、電話などによる一般販売が20.5%、旅行代理店経由の販売が7.7%となっております。
       当社グループのホテル・飲食店における宿泊・飲食を長期的・効率的にご利用していただき、ロイヤルカスタ
      マーを囲い込むために、以下の会員システムを、お客様に向けご提供しております。
        (注) ロイヤルカスタマーとは、継続的に宿泊や飲食をご利用いただける安定顧客であります。
                                  23/143







                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (a)  宿泊ネット

        宿泊ネットは25万人の会員(2019年8月末現在)がおり、年間延べ62万室(2019年3月期)が利用される、当
       社が運営する入会費・年会費無料の宿泊予約サイトであります。2019年3月期における客室販売の約4分の1が
       宿泊ネットによる販売であり、宿泊ネットのリピーター比率(注)は61.4%(2019年3月期)と、宿泊ネット会員
       は安定顧客となっております。
       (注)リピーターとは、顧客データから、直近利用1年以内の再利用者のことであります。ただし、連泊される
          場合の2泊目、3泊目等はリピート扱いとはしておりません。リピーター比率とは、総販売室数に対する
          リピーター利用室数の割合であります。
        また、会員カードを発行せず、入会からポイントの加算、交換までを予約サイト上で実施するため、従業員の
       業務負荷低減にもつながっております。
        会員にご登録いただくと宿泊ネットからのご予約・ご宿泊でポイント還元をご利用いただけます。また、当社
       グループホテル以外の提携ホテル・旅館等の加盟店ネットワークも全国に拡大中であり、当社グループホテルと
       加盟店合わせて日本国内に79拠点、台北に1拠点(2019年8月末現在)の提携ホテル・旅館が加盟店として参加し
       ております。宿泊ネットの特徴は以下のとおりです。
       イ  一般的なホテル予約サイトはポイント還元率1~2%であることに比べ宿泊ネットでは宿泊料金の5%をポイ

         ントとしてお客様に還元しております。
       ロ  ポイントの有効期限は、一般的なホテル予約サイトが1年間であることに比べ宿泊ネットでは最終宿泊日から
         2年間であります。さらに、期限までに新たにポイントを獲得すれば有効期限が切れることはありませんの
         で、半永久的にポイントを継続していただくことが可能です。
       ハ  貯まったポイントは次回の宿泊料金としてご利用いただけるほか、Amazonギフト券との交換、対象ホテルフロ
         ントでのキャッシュバックからの選択も可能です。
       ニ  ポイントの加算・使用・交換をすべて予約サイト上で行うシステムなので、カードレスでお手軽にご利用いた
         だけます。
        宿泊ネットの更なる改善に向けた取組みとして、2019年度より、ポイントの交換単位を1,000ポイントから10ポ

       イントへ引き下げたほか、「(b)ワシントンレストランカード」に記載のワシントンレストランカードのポイント
       を宿泊ネットへ移行可能としております。
        また、「宿泊ネット」をさらに高付加価値媒体とするため、「宿泊ネット」公式ホームページにて加盟店の募
       集を行っております。加盟店は「宿泊ネット」により、専用機器類の導入等の費用負担を増やすことなく以下の
       メリットを得ることができます。
                                  24/143









                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社グループのメリットは、加盟店の増加による会員様への「宿泊ネット」の知名度の向上や、ネットワーク








       拡大でお客様の利便性が高まることによって、ネットワーク全体の集客増が見込まれます。
        なお、当社は以下の条件にて新規の加盟店を募集しております。
      (b)  ワシントンレストランカード






        ワシントンレストランカードは、全国のワシントンホテルプラザ及び名古屋国際ホテルの直営飲食店でのご飲
       食に応じてポイント還元を行う無料会員システムです。シニア会員にはお得な特典を有しておりますので幅広い
       お客様にご支持をいただいております。以下が会員様の特典であります。
       イ  ご利用金額の3%をポイント還元しております。
       ロ  60歳以上のシニア会員様はご利用金額の6%のポイントを還元しております。
         1ポイント=1円単位でのご利用が可能です。
       ハ  キャッシュバック制度を有しております。
         5,000ポイントで5千円、10,000ポイントで1万円のキャッシュバックが可能です。
       ニ  「宿泊ネット」にポイント移行してご宿泊料金としてご利用が可能です。
       ホ  ポイント・会員資格ともに最終利用日から2年間有効です。
                                  25/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      b 新規出店
       ホテルの出店地については、厳格な出店基準を設け、厳選した好立地に出店することで、高収益性を確保してお
      ります。全国主要都市への出店として、政令指定都市を中心に、流動人口の多い都市において200~300室規模のホ
      テル出店を目指しております。また、出店にあたっては、最寄駅から徒歩5分程度、敷地面積150坪以上、建物延床
      面積1,000坪以上を基準としております。観光客・ビジネス利用客をバランスよく集客することにより、季節的又は
      一時的な要因による業績変動を極力抑える方針であります。
       また、優良な出店地を確保するべく、当社自社物件としての出店のほか、建物の賃貸借方式、土地の賃貸借方
      式、MC方式、フランチャイズ方式という計5つの出店形態を用意し、幅広く情報を収集しております。2019年8月
      末現在、土地と建物を自社が所有する自社物件によるホテル出店は5事業所、建物の賃貸借方式によるホテル出店
      は35事業所、土地の賃貸借方式によるホテル出店は2事業所であり、MC方式及びフランチャイズ方式によるホテル
      出店は該当無しとなっております。
      ▲ 人員












       ホテルの運営体制としては、客室クリーニング等の外部委託を除き、原則自社人員での運営を基本方針としてお
      ります。
       当社グループでは、Webを活用した教育や映像マニュアル、外部研修等による人材教育に取り組んでおります。ま
      た、効率的な人員配置、顧客サービスの充実、緊急時の急な対応への備え、従業員本人のスキルアップを目的と
      し、ひとつの部署だけで勤務するのではなく、繁閑に応じて部署をまたいで他部署でも勤務できるようにする、マ
      ルチジョブ化を推進しております。
                                  26/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       [事業系統図]
       当社グループの事業系統図は以下のとおりであります。
                                  27/143




















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【関係会社の状況】
                                        議決権の所有

                                  主要な事業
         名称           住所        資本金            (又は被所有)          関係内容
                                   の内容
                                         割合(%)
     (連結子会社)
     名古屋国際ホテル㈱
                              10,000
                愛知県名古屋市中区                 ホテル事業         100.0    役員の兼任 2名
                               千円
     (注)1
     (注)   1.特定子会社であります。
        2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
    5  【従業員の状況】

     (1)  連結会社の状況
                                               2019年7月31日現在
              事業部門の名称                           従業員数(名)
     ワシントンホテルプラザ事業                                      233  (372)

     R&Bホテル事業                                      168   (99)
     名古屋国際ホテル事業                                       32  (66)
     その他                                       25   (4)

                合計                          458  ( 541  )

     (注)   1.従業員数は就業人員(使用人兼務役員を含む)であり、臨時雇用人員(パート社員及びパートを含み、派遣社
          員は除く)は、年間平均雇用人員(1日8時間換算)を( )内に外書きで記載しております。
        2.当社グループはホテル事業の単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。
        3.「その他」として記載されている従業員数は、管理部門に所属している従業員数を含んでおります。
     (2)  提出会社の状況

                                               2019年7月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             426  ( 475  )            37.8              9.8            4,352

                                               2019年7月31日現在

              事業部門の名称                           従業員数(名)
     ワシントンホテルプラザ事業                                      233  (372)

     R&Bホテル事業                                      168   (99)

     その他                                       25   (4)

                合計                          426  ( 475  )

     (注)   1.従業員数は就業人員(使用人兼務役員を含む)であり、臨時雇用人員(パート社員及びパートを含み、派遣社
          員は除く)は、年間平均雇用人員(1日8時間換算)を( )内に外書きで記載しております。
        2.従業員数は、当社から子会社への出向者を除いております。
        3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        4.当社グループはホテル事業の単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。
        5.「その他」として記載されている従業員数は、管理部門に所属している従業員数を含んでおります。
     (3)  労働組合の状況

       労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  28/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
      当社グループは、「安全・清潔・親切心あふれる、リーズナブルなホテル事業を通じて、旅する人と働く人を幸せ

     にする。」という経営理念としております。
       また、当社グループの目標とする経営指標は、高い収益性を維持し企業価値を向上させていくため、新規出店やリ
     ニューアルなどによる収入増及び経費の抑制・効率化などコスト管理に努めることにより、事業活動の成果をはかる
     ことができる、売上高営業利益率を経営指標として掲げております。
      それらをふまえ経営方針は、以下としております。
     (1)  新規出店による事業拡大

      全国主要都市への出店として、政令指定都市を中心に、流動人口の多い都市において200~300室規模のホテル出店
     を目指します。
      新規出店については、今後も積極的に収益性の高いR&Bホテルブランドを中心に新規出店を目指します。
      運営店舗数は2019年3月末現在の41店舗から、5年後には10店舗増加の51店舗を目標とします。
      運営客室数については、2019年3月期の9,118室から2022年3月期に10,000室の達成を目標とします。
     (2)  既存事業所の積極的なリニューアルによる品質の向上

      競争力強化のため、既存事業所のリニューアルを積極的に行い、ビジネス需要に加え増加する国内旅行需要、イン
     バウンド需要に対する誘客をさらに強化していきます。
      ワシントンホテルプラザについては、施設の改修によりブランド価値の更なる向上を目指すことに加え、R&Bホテル
     において培われたコスト削減ノウハウを活用し、収益性の向上を目指します。
     (3)  顧客満足度の向上

      お客様の一つひとつの声と向き合い、「不満」「不安」「不快」といった「不」の解消に努め、改善を図っていき
     ます。
      また、ハード面に加えて、接遇面の教育を強化しソフト面の向上を図ります。
     (4)  生産性の向上

     当社グループは、以下の取り組みにより、生産性の向上を達成してまいりました。
                  取組み                       左記取組みによる効果
      施設の宿泊特化型化                            収益体質の改善・維持コストの削減・収益率の高い
      ・不採算のレストランを廃止し客室販売に特化                            客室販売に特化
      マルチジョブ(多能工化)の推進                            人時生産性の向上
      ・一つの部署だけでなく繁閑に応じフレキシブルに勤務
      複雑な販売方法を最適化                            販売手数料の抑制
      ・旅行代理店に依存した販売を低減
      管理業務の本部集中化                            間接業務の効率化
      ・経理等の業務を現場から本部へ統合
      カードを媒体とした会員組織をWeb媒体(宿泊ネット)に
                                  対応業務(コスト)の削減
      変更
       今後も以下のとおり、更なるコスト削減と収益性の向上に向けた積極的なシステム投資により、更なる改善に取

      り組みます。
                                  29/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ① マルチジョブの更なる推進

        効率的な人員配置、顧客サービスの充実、従業員のスキルアップなどを目的とし、ひとつの部署だけで勤務す
       るのではなく、繁閑に応じて部署をまたいで複数の部署でも勤務する、マルチジョブを推進していきます。マル
       チジョブ推進により人時売上高の更なる向上を目指します。
        人時売上高とは、従業員1人につき1時間当たりどれだけの売上高を得ているかを意味し、算出方法は売上高を
       総労働時間で割って計算します。
      ② 機械化、IT化の推進

        情報処理のスピードアップや定型業務の効率化のほか、AIを活用したレベニューマネジメントの精度向上に取
       り組んでいきます。レベニューマネジメントとは、在庫の繰り越しができないビジネスにおいて、需要を予測し
       て売上高(レベニュー)の最大化を目指した販売の管理方法であります。
        AIを活用したレベニューマネジメントについては、競合価格、在庫情報、イベントなどの市場情報や過去の
       データを基に、毎日客室ごとに適正価格を設定できるシステムを導入することで、効率的に売上の最大化を目指
       します。
        自動チェックイン機については、R&Bホテルにおいては料金精算に特化した自動精算機を導入済みであり、今後
       はワシントンホテルプラザも含めチェックイン業務の自動化を見据えた自動チェックイン機の導入を推進するこ
       とでフロント業務の効率化を図ります。
        その他、基幹システムに蓄積された各種データの分析により、営業戦略のスピードアップに繋がる営業データ
       分析ツール及びタイムリーに本支店間で情報が共有できる社内経費精算システムの投資を検討し業務効率の向上
       を目指します。
     (5)  自社予約サイト「宿泊ネット」による販売強化

      直販となる、自社予約サイト「宿泊ネット」による販売を強化することにより、顧客の囲い込みを図ります。ま
     た、他社サイトではなく自社サイトを介した予約を増やすことにより販売手数料の軽減につなげます。
      自社予約サイト「宿泊ネット」を改善し、インバウンド需要への対応、利便性向上による会員数の向上を目指しま
     す。
     (6)  会社業績に応じた処遇の向上

      顧客満足度の向上や生産性の向上によって当社グループの業績を向上し、従業員への処遇の向上に反映させていき
     ます。
     (7)  事業活動による環境負荷の低減と顧客満足の両立

      ワシントンホテルプラザ及びR&Bホテルチェーンでは、使い捨てとなってしまう歯ブラシとかみそりを一定回数持参
     し宿泊いただいたお客様に、QUOカードを進呈することで環境負荷の低減につながる取り組みをしています。
      今後も、事業活動を通して環境負荷の低減に努めるとともに、顧客満足と両立できる活動を推進していきます。
     (8)   マーケティング施策

      ① リアルエージェント・OTAの活用による販売拡大
        より効率的に幅広い顧客層の需要取り込みに向け、リアルエージェント(実際に店舗を構えて接客をし、旅行
       全般を商品として扱う旅行代理店)及び各OTA(Online                          Travel    Agentの頭文字であり、インターネット上のみで
       取引を行う旅行会社)での掲載を追加し、販売網の強化を目指します。
                                  30/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② インバウンド需要の取り込みに向けた取組み

        ワシントンホテルプラザの外国人宿泊者数比率は7.7%(2019年3月期)、R&Bホテルの外国人宿泊者数比率は
       3.7%(2019年3月期)であり、競合ホテルの外国人宿泊者数比率よりも小さいことから、以下の取組みにより外
       国人の集客増を目指します。
        ・海外旅行博覧会へのブース出展や海外旅行会社への営業
        ・ホームページや館内表記の多言語化
        ・PayPayなどのキャッシュレス決済の導入
        ・電話通訳サービス、携帯翻訳機の導入
      ③ 休前日(注)の高いRevPAR水準を維持するための取組み

        ワシントンホテルプラザの休前日のRevPARは7,067円(2019年3月期)、R&Bホテルの休前日のRevPARは6,994円
       (2019年3月期)であり、高いRevPAR水準を確保しております。以下のとおり、引き続き需要が見込まれるター
       ゲット顧客層への適切なプランの提供等の取組みを通じた着実な国内旅行客の取り込みにより、休前日の高い
       RevPAR水準の維持を推進していきます。
         (注)休前日とは、土曜日(日曜日の前日)、祝日の前日にあたる日曜日、土曜日もしくは祝日の前日にあた
          る祝日であり、祝日の前日の平日(月曜日から金曜日)は含みません。
        ・シニア向けプラン及び学割プランの提供
        ・LCCを含む航空券付宿泊プランの提供
        ・国内外旅行会社との契約枠数の増加(ワシントンホテルプラザ事業)
      ④ 高いリピーター客比率の維持に向けた取組み

        ビジネス利用客の効率的な取り込みにより、2019年3月期のワシントンホテルプラザ利用客におけるリピー
       ター客の割合は37.3%(前期比5.8%ポイント増加、リピーター客数前期比10.7%増加)、R&Bホテル利用客における
       リピーターの割合は38.0%(前期比2.2%ポイント減少、リピーター客数前期比3.7%増加)となっております。
        高いリピーター率を維持するため、以下の取組みを推進していきます。
        ・出張旅費の範囲内で宿泊可能な料金設定
        ・連泊プラン・航空券付宿泊プランの提供
        ・「(5)自社予約サイト「宿泊ネット」による販売強化」に記載のとおり、「宿泊ネット」の販売を強化 
         し、利便性の向上及びポイント還元特典により、高いリピート利用を実現(なお、「宿泊ネット」のリピー
         ター比率は61.4%であります。)
     (9)   費用の構成要素について

      ① 人件費
        2019年3月期における当社グループの人件費は売上高対比18.7%であります。マルチジョブの取組みによる更な
       る生産性の向上、受付業務の自動化の進展、管理業務の本部集中化による効率化を推進していきます。
      ② 家賃

        2019年3月期における当社グループの家賃は売上高対比24.3%であります。長期契約により足許の賃料上昇の影
       響は小さくなっております。
      ③ 販売手数料

        2019年3月期における当社グループの販売手数料は売上高対比5.5%であります。宿泊ネット活用により販売手
       数料の抑制を推進していきます。
                                  31/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      当社グループの事業に関するリスクについて、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主な
     事項を以下のとおり記載いたします。なお、当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の
     回避及び発生した場合はその対応に最大限の努力をいたします。
      また、以下の事項には将来に関するものが含まれておりますが、当該事項は提出日時点において判断したものであ
     り、事業等のリスクはこれらに限定されるものではありません。
     (1)  経済、金融動向に伴うリスク

      ① 景気動向について
        宿泊需要は、大別するとビジネス需要と観光需要があり、景気減退による企業活動の縮小や給与水準の低下に
       よる支出意欲の低下によって、宿泊需要が減少する可能性があります。
      ② 金利変動について
        当社グループの有利子負債には金利変動の影響を受けるものが含まれているため、金利上昇によって支払金利
       や調達コストが増加する可能性があります。
      ③ 国際情勢について
        国際的な政治、戦争、テロ等の影響により原油・燃料価格が高騰することがあり、調達コストの増加につなが
       る可能性があります。
     (2)  競合他社の出店、競争過熱に伴うリスク

      ① 新規参入者を含めた競争について
        既存の競合他社に加え、民泊という新業態の参入のほか、昨今は異業種からの業界参入もあり、競争激化によ
       り集客が低下し、当社グループが展開するホテルの稼働率が低下する可能性があります。
      ② 価格競争について
        競争の激化により更なる過当競争が引き起こされ、価格が下落し、売上の減少につながる可能性があります。
     (3)  事業遂行上のリスク

      ① 商品やサービスの欠陥や瑕疵に関するリスク(客室)
        客室においては、設備機器の不具合が発生することによって、電気や水・お湯が供給できなくなり、照明、空
       調、TV等の電化製品の停止や、風呂場、トイレの使用が不可能になるなど、宿泊及び企業イメージに対する影響
       が出る可能性があります。
      ② 商品やサービスの欠陥や瑕疵に関するリスク(料理)
        飲食店や宴会場での料理提供においては、品質管理や食品衛生に十分注意をしておりますが、食中毒が発生し
       た場合には、社会的信用の低下、個人への補償及び事業停止処分の可能性があります。
      ③ 人材に関するリスク
        ホテル業は、人的サービスに拠る面が大きいことから、採用難などの人材確保が困難になる場合や、他社への
       人材流出により、事業運営が停滞する可能性があります。また、最低賃金の引き上げや、社会保障政策に伴う社
       会保険料率の引き上げ等による人件費の上昇、採用コストの増加等により、当社グループの業績及び財務状況に
       影響を及ぼす可能性があります。
      ④ 情報セキュリティに関するリスク
        当社グループでは宿泊者の氏名・連絡先を宿泊システムにて保有しているほか、会員システムとして使用して
       いる「宿泊ネット」内に顧客情報を保有しています。これら情報がハッキング行為等により流出した場合、社会
       的信用の低下や、コンピュータウイルスへの感染によるシステム停止から事業運営が停滞する可能性がありま
       す。
      ⑤ 減損損失の計上
        当社グループは、ホテル建物等の有形固定資産を保有しておりますが、今後一定規模を超える不動産価額の下
       落や、事業収支の悪化が発生した場合、有形固定資産の一部について減損損失が発生する可能性があります。
                                  32/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑥ 会計基準変更に伴うリスク
        現在、企業会計審議会において、いわゆるオペレーティング・リース取引のオンバランス処理が検討されてお
       ります。当社では、借主側としてのオペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
       が多額となると想定され(なお、当連結会計年度(2019年3月期)における借主側としてのオペレーティング・
       リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料は16,310,534千円であり、本適用となればさらに増加す
       る可能性があります。)、これらを含むオペレーティング・リース取引が会計基準変更に伴いオンバランス処理
       された場合、貸借対照表に大きな影響を与えるものとなり、経営成績及び財務指標に影響が及ぶ可能性がありま
       す。
      ⑦ 賃借不動産の継続利用の中断もしくは中途解約
        当社グループは、ホテル不動産あるいは飲食店舗不動産を長期に賃借しているものがあり、不動産所有者が破
       綻等の状態に陥った場合は、当該事業所の事業継続が困難となる可能性があります。また、賃貸借契約の途中
       で、当社グループの何らかの都合により契約を中途解約する場合は、残存期間分の未経過賃料のうちの一部を支
       払うか、補填する義務が生じる可能性があります。
      ⑧ 名古屋国際ホテルの閉館予定について
        名古屋国際ホテルは、定期建物賃借契約終了に伴い、2020年9月に営業終了となる見込みであります。名古屋
       国際ホテル株式会社の2019年3月期の売上高は1,768,045千円、営業損失は22,875千円であります。営業終了の場
       合には、当社グループの売上高が減少する可能性があります。
     (4)  自然災害や突発的事象発生のリスク

      ① 火災発生に関するリスク
        設備の欠陥、瑕疵による火災(電化製品のショート、清掃不備による電源部から埃への着火等)や、お客様を起
       因とする火災(寝タバコ等)の発生により、社会的信用の低下や、事業停止処分、建物設備が焼失する可能性があ
       ります。
      ② 自然災害の発生に関するリスク
        地震や、台風・大雨・大雪、火山の噴火等によって、建物設備の損壊のほか、交通網やライフラインの断絶で
       原材料(客室リネンや食材、飲料)の調達や、電気・水道・ガスの供給が困難になること、また従業員の出勤も困
       難になること等により、事業所の機能が停止する可能性及び宿泊意欲が低下することによる収益悪化の可能性が
       あります。
      ③ 感染症の流行に関するリスク
        新型インフルエンザに代表される感染症・感染病の流行等によって、拡散脅威による渡航規制の発生(国外客の
       減少)や、国内宿泊需要が減退する可能性があります。
     (5)  法務リスク

      ① 法的規制について
        当社グループは、旅館業法、建築基準法、消防法、食品衛生法等の法的規制を受けております。当社グループ
       は、これらの法令等の遵守に努めておりますが、現在の当該規制の強化や改正あるいは新たな規制が設けられた
       場合には、規制を遵守するために必要な費用や営業上の制約が発生する可能性があり、当社グループの事業や企
       業価値に影響を及ぼす可能性があります。
      ② 労務管理
        法令に基づく適切な労務管理ができないこと等により従業員に重大な労働災害が発生した場合、ハラスメント
       行為についてホットラインの設置等の施策を講じていても完全に排除することができない場合等、労務問題に
       よって当社グループの社会的な信用が低下し、あるいは、多額の課徴金や損害賠償が請求される等、当社グルー
       プの事業や企業価値に影響を及ぼす可能性があります。
                                  33/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ 不適切な景品表示
        当社グループの広告宣伝は、当社各事業部及び子会社において内容確認を実施し、疑義が生じた場合には顧問
       弁護士に確認しておりますが、誤認を与える広告宣伝を実施した場合、当社グループの社会的な信用が低下し、
       あるいは、多額の課徴金や損害賠償が請求される等、当社グループの事業や企業価値に影響を及ぼす可能性があ
       ります。
      ④ 知的財産権の侵害
        当社グループは、当社総務人事部を所管部署とし、商標権、著作権、特許権、意匠権等の知的財産権を管理し
       ておりますが、他社による知的財産権の侵害により、当社グループの知的財産の価値が低下する可能性がありま
       す。また、当社グループでは他社の知的財産を侵害することのないよう、他社の知的財産権調査を実施しており
       ますが、当社グループが他社の知的財産を侵害している場合には、使用料支払いや損害賠償請求等により当社グ
       ループの損益に影響を及ぼす可能性があります。
     (6)  新規出店に係るリスク

       当社グループは、今後も新規開発を進めていく予定ではありますが、出店候補地が確保できない場合、出店に必
      要な人材が確保できない場合、その他新規出店に際し当社グループに予期せぬ事由が発生した場合、また、当社グ
      ループが出店後近隣に競合他社が出店した場合、当社グループの業績及び財政状況に影響を及ぼす可能性がありま
      す。
     (7)  外注費目の安定調達・仕入価格の変動に係るリスク

       当社グループは、清掃業務及びリネン業務を外注しております。清掃業務につきましては、人手不足による1室
      当たりの清掃単価の上昇、リネン業務に関しましては、原油高に伴い洗濯費用が高騰する可能性があり、当社グ
      ループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  レピュテーションリスク

       当社及び藤田観光株式会社は、それぞれ独立した会社であり、当社は「ワシントンホテルプラザ」、藤田観光株
      式会社は「ワシントンホテル」というブランドで事業活動を行っております。この「ワシントンホテル」という商
      標は、両社で共同出願しチェーン展開を行っているため、投資家や一般消費者等が経営母体を誤認する可能性を否
      定できません。以上のことから、同ブランドで火災や食中毒などブランドイメージを毀損する事案が発生した場合
      には、当社グループのレピュテーションが低下することがあり、経営成績、財政状況に影響を及ぼす可能性があり
      ます。
     (9)  季節変動リスク

       当社グループの事業は、第3四半期連結会計期間において宿泊客数の増加、忘年会等による飲食店・宴会場の利
      用客増加により需要が増加する一方で、第4四半期連結会計期間においては需要が減少する傾向があります。また
      同時期においてホテルの改装等を実施することも多くあり、第4四半期連結会計期間は、他の四半期連結会計期間
      と比べ、売上高及び利益が減少する傾向があります。以上のような季節変動要因により、当社グループの一時点に
      おける業績は通期の業績の分析には十分な情報とならない可能性があります。
       なお、2019年3月期の各四半期連結会計期間の売上高及び営業利益は、以下のとおりであります。
                                                    単位:千円
                    第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
                   連結会計期間          連結会計期間          連結会計期間          連結会計期間
        売上高              5,302,894          5,459,449          5,799,068          4,849,223
        営業利益               809,923          875,862         1,083,280           219,454
       (注) 第1四半期連結会計期間、第2四半期連結会計期間、第3四半期連結会計期間、及び、第4四半期連結会
          計期間については、太陽有限責任監査法人による監査またはレビューを受けておりません。
                                  34/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
      う。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ① 財政状態及び経営成績の状況

       第58期連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境の改善に支えられ緩やかな回復基調が続いたもの
       の、国内では地震、台風などの自然災害による個人消費の一時的な落ち込み、海外では米中貿易摩擦など政治・
       経済動向に不透明感が増してまいりました。
        ホテル業界におきましては、2018年の訪日外国人が8.7%増の3,119万人(日本政府観光局(JNTO)による)と、今
       後も増加し好影響を及ぼすものと考えられます。一方で、地域によっては新設ホテルの増加が著しく供給過多の
       状況が出てまいりました。
        このような環境下、宿泊部門ではLINEによる情報発信も加えて、高いリピート利用が望める当社公式サイト
       「宿泊ネット」の販売拡大や、連泊プラン販売による低稼働日の底上げ、インバウンドの積極的な集客活動に取
       り組んでまいりましたが、競争激化もあり比較可能ベースでの売上がわずかに前期を下回りました。
        飲食部門においては、「北海道味めぐり」などの催事、季節や記念日に合わせた商品開発に注力いたしまし
       た。朝食においては、旅の気分を味わっていただけるように、郷土の料理コーナーを設けるなどいたしました。
       また、飲食売上の30%を占めるレストランカードのポイントを「宿泊ネット」のポイントへ移行できるように
       し、お客様の利便性を向上させました。
        なお、2018年1月に営業終了をした「高松ワシントンホテルプラザ」が通期に影響し減収要因となりました
       が、2017年11月に開業した「R&Bホテル新大阪北口」の通期稼動が増収要因となっています。
        新規出店としては、2018年5月に「R&Bホテル博多駅前第2」、2019年3月に「R&Bホテル京都四条河原町」を
       開業いたしました。
        これらの結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
        a.財政状態

          当連結会計年度末における資産の合計は、25,131,971千円(前連結会計年度末22,391,373千円)と、
         2,740,598千円増加いたしました。うち流動資産は、4,644,745千円(同4,821,490千円)と、176,745千円減少
         いたしました。これは、主に未収法人税等が減少したことによるものであります。
          固定資産は、20,487,225千円(同17,569,882千円)と、2,917,343千円増加いたしました。これは、主にR&B
         ホテルの新規出店によるものであります。
          当連結会計年度末における負債の合計は、13,402,354千円(前連結会計年度末12,280,483千円)と、
         1,121,870千円増加いたしました。うち流動負債は、4,989,565千円(同4,008,402千円)と、981,162千円増加
         いたしました。これは、主に短期借入金の増加によるものであります。
          固定負債は、8,412,788千円(同8,272,080千円)と、140,708千円増加いたしました。これは、主に資産除去
         債務の増加によるものであります。
          当連結会計年度末における純資産の合計は、11,729,617千円(前連結会計年度末10,110,889千円)と、
         1,618,727千円増加いたしました。これは、主に剰余金の配当による減少があったものの、親会社株主に帰属
         する当期純利益の計上により利益剰余金が増加したことによるものであります。
        b.経営成績

          当連結会計年度の経営成績は、売上高は21,410,636千円(前連結会計年度比0.0%減)、営業利益は
         2,988,521千円(同5.4%減)、経常利益は支払利息147,492千円を営業外費用に計上したことなどにより、
         2,836,551千円(同5.8%減)、売上高営業利益率は、14.0%(前期比0.8%ポイント減少)となりました。親会社
         株主に帰属する当期純利益は投資有価証券評価損115,128千円、減損損失30,204千円を特別損失に計上したこ
         とや、法人税等合計987,116千円を計上し、1,704,146千円(前連結会計年度は親会社株主に帰属する当期純利
         益1,912,908千円)となりました。
                                  35/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度の事業部門別の売上高及び営業利益は次のとおりであります。
                           売上高                   営業利益
        事業部門の名称
                      金額(千円)         前年同期比(%)           金額(千円)         前年同期比(%)
     ワシントンホテルプラザ事業                  11,064,161             94.8        953,502           81.8
     R&Bホテル事業                   8,544,448            109.8        2,057,894            103.4
     名古屋国際ホテル事業                   1,768,045            91.7        △22,875         △1,208.3
     その他(※1)                     33,980           91.0           ―          ―
     合計                  21,410,636            100.0        2,988,521            94.6
    (※1) 管理部門(本社)の収入(出店用地として所有した物件に施工開始まで入居されているテナントからの賃料
    収  
        入と、宿泊ネット加盟店からの販売手数料収入)及び営業損益であります。経費は本社費として適切に按分し
        ております。
       第59期第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

        当第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)における我が国経済は、企業収益や雇
       用・所得環境の改善により緩やかな回復基調が続いているものの、米中貿易摩擦、日韓関係の悪化など海外情勢
       の不確実性は高まっており、先行きは不透明な状況が続いております。
        ホテル業界においては、今後も人件費・原材料費といったコストの上昇や、消費増税が国内需要に及ぼす影響
       に留意する必要はあるものの、訪日外国人の増加、東京オリンピック・パラリンピックの開催など好影響となる
       要素も多くあります。
        このような環境下、当社は新規出店として、2019年6月に「R&Bホテル名古屋新幹線口」を開業いたしました。
       また、競争力向上のため、飛騨高山ワシントンホテルプラザに大浴場を設置いたしました。
        販売面においては、最大の販売チャネルとなっている当社公式サイト「宿泊ネット」について、その使い勝手
       を向上させるためポイント交換単位を引き下げたほか、宿泊予約比較サイト(トラベルコ等)へ掲載し露出を増
       やすことにより、販売室数の増加を図りました。さらに、国内外のリアルエージェント経由の販売を増やすため
       プロジェクトチームを発足し、営業体制を強化いたしました。これらの施策に加え4月・5月の10連休の影響も
       あり、比較可能ベースでの売上は前年同四半期を上回りました。
        また、経費面においては、人手不足による清掃費の上昇、並びに販売手数料などの運営コストが増加いたしま
       した。
        これらの結果、当第1四半期連結累計期間の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
        a.財政状態

          当第1四半期連結会計期間末における資産の合計は、25,854,871千円(前連結会計年度末25,131,971千円)
         と、722,900千円増加いたしました。うち流動資産は、4,116,535千円(同4,644,745千円)と、528,209千円減
         少いたしました。これは、主に現金及び預金が減少したことによるものであります。
          固定資産は、21,738,335千円(同20,487,225千円)と、1,251,109千円増加いたしました。これは、主にR&B
         ホテルの新規出店によるものであります。
          当第1四半期連結会計期間末における負債の合計は、13,783,025千円(前連結会計年度末13,402,354千円)
         と、380,671千円増加いたしました。うち流動負債は、4,696,421千円(同4,989,565千円)と、293,143千円減
         少いたしました。これは、主に未払金で168,890千円、未払法人税等で227,121千円減少したことによりま
         す。
          固定負債は、9,086,603千円(同8,412,788千円)と、673,815千円増加いたしました。これは、主に長期借入
         金で446,049千円、資産除去債務で249,088千円の増加によるものであります。
          当第1四半期連結会計期間末における純資産の合計は、12,071,845千円(前連結会計年度末11,729,617千
         円)と、342,228千円増加いたしました。これは、主に剰余金の配当による減少があったものの、親会社株主
         に帰属する四半期純利益の計上により利益剰余金が増加したことによるものであります。
                                  36/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        b.経営成績

          当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高は5,506,802千円、営業利益は801,772千円、経常利益は
         支払利息など26,315千円を営業外費用に計上したことなどにより、787,792千円、親会社株主に帰属する四半
         期純利益は法人税等281,576千円を計上し、505,431千円となりました。
          また、当社グループは売上高営業利益率を重要な経営指標としており、当第1四半期連結累計期間の売上
         高営業利益率は14.6%となりました。
      ② キャッシュ・フローの状況

       第58期連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        当連結会計年度末における現金及び現金同等物は3,109,981千円(前連結会計年度末3,117,346千円)となり、
       7,364千円減少いたしました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは,2,926,214千円の収入となりました。これは主
       に、法人税等920,476千円の支払があったものの、税金等調整前当期純利益2,691,262千円に加え、減価償却費
       510,346千円、支払利息147,492千円、投資有価証券評価損115,128千円を計上したことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローは、3,815,011千円の支出となりました。これは主
       に、新規ホテル開業に向けた投資を実施したことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、881,432千円の収入となりました。これは主
       に、配当金151,427千円の支払があったものの、短期借入れによる1,000,000千円の収入があったことによるもの
       であります。
                                  37/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ 生産、受注及び販売の実績

       a.生産実績
         該当事項はありません。
       b.受注実績

         該当事項はありません。
       c.販売実績

         地域別販売実績は次のとおりであります。2019年3月期において九州地域の売上は、「R&Bホテル博多駅前第
        2」の開業により増加しておりますが、四国地域の売上は、「高松ワシントンホテルプラザ」の営業終了に伴
        い減少しております。また東海・北陸地域の売上は競合店の影響により減少しております。
                             2018年3月期                 2019年3月期

                    期別
     地域

                         金額(千円)         比率(%)        金額(千円)         比率(%)
       北海道                    469,945           2.2       464,941           2.2

       東北                    602,538           2.8       626,524           2.9

       関東・甲信越                   4,557,925           21.3      4,678,694           21.9

       東海・北陸                   5,209,410           24.3      4,899,730           22.9

     国
     内

       近畿                   4,470,256           20.9      4,471,736           20.9
       中国                   2,260,530           10.6      2,316,259           10.8

       四国                    832,172           3.9       459,770           2.1

       九州                   3,014,544           14.1      3,492,980           16.3

            合計             21,417,323           100.0      21,410,636           100.0

     (注)   1.上記販売金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.主な相手先別の記載については、相手先別の販売実績の総販売実績に対する割合が100分の10未満のため記
          載を省略しています。
                                  38/143









                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
      ① 重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づき作成さ
       れております。連結財務諸表の作成にあたっては、過去の実績や取引状況等を勘案し、会計基準の範囲内かつ合
       理的と考えられる見積り及び判断を行っている部分があり、その結果を資産・負債及び収益・費用の数値に反映
       しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
      ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         第58期連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        経営成績等の状況につきましては、「(1)                    経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」に記載
       のとおりであります。
         当連結会計年度におきまして当社グループは、「(1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおり、ホテル業界
       は、訪日外国人の増加が今後も好影響を及ぼすものと考えられますが、地域によっては新設ホテルの増加が著し
       く供給過多の状況が出てきております。このような状況下、競争力を向上させていくことが課題であると認識し
       ており、R&Bホテルブランドを中心とした新規出店のほか、年数が経過したワシントンホテルプラザのリニューア
       ルを順次行い、競争力を強化していく計画であります。
        宿泊においては、高いリピート利用が望める当社公式サイト「宿泊ネット」の販売拡大や、連泊プラン販売に
       よる低稼働日の底上げ、インバウンドの積極的な集客活動に取り組んできました。今後も高いリピート利用の維
       持に向けて継続的に取り組んでいきます。また、AIレベニューマネジメントのツールを導入し、需要に応じた適
       正価格での提供精度を高め、稼動・単価の向上に努めていきます。
        朝食においては、旅の気分を味わっていただけるように、郷土の料理コーナーを設けるなどいたしました。ま
       た、飲食売上の30%を占めるレストランカードのポイントを「宿泊ネット」のポイントへ移行できるようにし、
       お客様の利便性を向上させました。引き続き、お客様の声と向き合い、改善を図っていきます。
        当社グループの重要な経営指標としている売上高営業利益率は、R&Bホテルの新規開業に伴う開業費用、減価
       償却費の増加及び燃料単価上昇に伴う光熱費の増加もあり14.0%(前期比0.8%ポイント減少)となりましたが、
       新規出店を含めた、売上高の拡大及び生産性の向上により営業利益率の成長を見込みます。
         第59期第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

        経営成績等の状況につきましては、「(1)                     経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」に記載
       のとおりであります。
         当第1四半期連結累計期間においては、原材料費の値上げや慢性的な人材不足を背景に人件費が増加しまし
       た。これらのコスト増加を吸収しつつ収益力を維持・拡大させていくために収益性の高いR&Bホテルブランドを中
       心に新規出店及び既存ホテルのリニューアルを積極的に行い、ホテル価値向上を目指して集客力を高めてまいり
       ます。
      ③ 資本の財源及び資金の流動性についての分析

        a.キャッシュ・フローの状況
          キャッシュ・フローの状況につきましては、「(1)                        経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状
         況」に記載のとおりであります。
                                  39/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        b.財務政策

          当社グループの所要資金調達は、大きく分けて設備投資資金及び運転資金の調達となっております。基本
         的には連結の「営業活動によるキャッシュ・フロー」を中心としながらも、多額の設備資金については、長
         期借入金等により資金調達を行ってまいりました。当連結会計年度末において、短期借入金は1,020,200千
         円、1年内返済予定の長期借入金は935,791千円、長期借入金は5,675,761千円であります。
          将来に関する事項として、新設ホテルの建設や既存事業所の大規模リニューアルの予定がございます。そ
         の調達資金については、銀行からの借入及び株式発行による収入を予定しております。なお当該事項は届出
         書提出日現在において判断したものでございます。
          今後の所要資金につきましても、多額な設備投資以外は「営業活動によるキャッシュ・フロー」を基本に
         行い、また、子会社につきましては、当社を通じての資金調達を原則とする予定であります。
    4  【経営上の重要な契約等】

       契約会社名             相手方の名称               契約内容              契約期間

                                            2014年11月10日から
                               当社の公式予約サイト
     ワシントンホテル㈱           ㈱アビリティコンサルタント
                               「宿泊ネット」の保守運             2015年11月9日
                (現 ㈱アビリブ)
     (当社)
                               用委託
                                            (1年間ごとの自動更新)
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                  40/143













                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

     第58期連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      当連結会計年度において実施した設備投資の総額は3,544,219千円(ソフトウエアを含んでおります。)であり、その
     主な内容は、次のとおりであります。当社グループはホテル事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関
     連付けた記載を行っておりません。
    当連結会計年度の主な設備投資の実績                                                 (単位:千円)

                                  投資額

     会社名      事業所名       事業部門の名称           内容            投資額の内訳
                                       建設の増加               1,775,404

         R&Bホテル博多
                 R&Bホテル事業         ホテル新設         545,345     工具、器具及び備品の増加                83,185
         駅前第2
                                       建設仮勘定の減少              △1,313,244
                                       建設の増加               1,112,970
         R&Bホテル京都
                 R&Bホテル事業         ホテル新設         735,435     工具、器具及び備品の増加                60,025
         四条河原町
     当社
                                       建設仮勘定の減少               △437,560
         R&Bホテル名古
                 R&Bホテル事業         ホテル新設         588,600     建設仮勘定の増加                588,600
         屋新幹線口
                                       土地の増加  
                                                       826,149
         (仮称)R&Bホテ
                 R&Bホテル事業         ホテル新設        1,268,589
         ル仙台駅東口
                                       建設仮勘定の増加                442,440
                                        ―
     その他                              406,250
                                        ―
     当連結会計年度設備投資合計                             3,544,219
      なお、重要な設備の除却または売却等はありません。

     第59期第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

      当第1四半期連結累計期間において実施した設備投資の総額は                             1,339,264     千円であり、その主な内訳は、2019年6月
     に開業した「R&Bホテル名古屋新幹線口」によるものでございます。当社グループはホテル事業の単一セグメントであ
     るため、セグメント別の記載はしておりません。
      なお、当第1四半期連結累計期間において重要な設備の除却または売却等はありません。
                                  41/143









                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【主要な設備の状況】
     (1)  提出会社
                                               2019年3月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
                                                       従業
      事業所名
             事業部門の名称        設備の内容                                  員数
      (所在地)
                           建物      土地
                                                       (名)
                                     リース資産      その他      合計
                          及び構築物      (面積㎡)
     米子ワシント
     ンホテルプラ
             ワシントンホテ                    207,707                        18
     ザ                ホテル      925,742              ―   4,719    1,138,168
             ルプラザ事業                   (2,025.46)                        [26]
     (島根県米子
     市)
     島根浜田ワシ
     ントンホテル
             ワシントンホテ                    157,596                        15
     プラザ                ホテル      590,063              ―   3,146     750,805
             ルプラザ事業                   (1,593.49)                        [10]
     (島根県浜田
     市)
     ワシントンホ
     テルプラザ        ワシントンホテ                     43,515                      186
                     ホテル      182,620              ―  147,533      373,669
     その他16ホテ        ルプラザ事業                    (229.01)                      [279]
     ル
     ワシントンホ
                                 408,818                       219
     テルプラザ            ―       ―   1,698,425               ―  155,399     2,262,644
                                (3,847.96)                        [315]
     事業合計
     R&Bホテル名古
     屋錦                            519,545                        8
             R&Bホテル事業        ホテル      237,140              ―   1,009     757,695
     (愛知県名古屋                            (698.52)                       [3]
     市中区)
     R&Bホテル熊本
     下通                            371,533                        7
             R&Bホテル事業        ホテル      317,461              ―   2,255     691,249
     (熊本県熊本市                            (679.22)                       [4]
     中央区)
     R&Bホテル新大
     阪北口                               ―                    6
                                                1,828,960
             R&Bホテル事業        ホテル       6,435         1,770,410       52,115
     (大阪府大阪市                              (―)                     [5]
     淀川区)
     R&Bホテル博多
     駅前第2                           1,738,773                         1
             R&Bホテル事業        ホテル     1,709,570               ―   68,697    3,517,041
     (福岡県福岡市                            (795.44)                       [―]
     博多区)
     R&Bホテル京都
     四条河原町                               ―                    1
             R&Bホテル事業        ホテル     1,280,971               ―   64,256    1,345,228
     (京都府京都市                              (―)                     [1]
     下京区)
     (仮称)R&Bホ
     テル仙台駅東
                                 826,149                        ―
     口        R&Bホテル事業        ホテル         ―           ―     ―   826,149
                                 (678.25)                       [―]
     (宮城県仙台市
     若葉区)
     (仮称)R&Bホ
     テル名古屋駅
                                1,539,717                         ―
     前        R&Bホテル事業        ホテル         ―           ―     ―  1,539,717
                                 (941.93)                       [―]
     (愛知県名古屋
     市中村区)
     R&Bホテル
                                    ―                    138
     その他17ホテ        R&Bホテル事業        ホテル      158,482              ―  126,920      285,403
                                   (―)                     [73]
     ル
     R&Bホテル事業                           4,995,719                        161
                ―       ―   3,710,062           1,770,410      315,254    10,791,446
     合計                           (3,793.36)                        [86]
     本社
                                 103,984                        27
     (愛知県名古屋        その他        本社機能      198,566              ―   76,116     378,667
                                 (357.52)                       [5]
     市千種区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.従業員数は就業人員(使用人兼務役員を含む)であり、臨時雇用者数(パート社員及びパートを含み、派遣社
          員は除く)は、年間平均雇用人員(1日8時間換算)を[ ]内に外書きで記載しております。
                                  42/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        4.上記の他、賃借している設備は下記のとおりであります。
                                           年間リース料
               事業所名          事業部門の名称          設備の内容
                                            (千円)
          ワシントンホテルプラザ
                        ワシントンホテル
          事業合計                         ホテル          2,751,840
                         プラザ事業
          16ホテル
          R&Bホテル事業合計
                         R&Bホテル事業           ホテル          2,039,010
          20ホテル
     (2)  国内子会社

                                               2019年3月31日現在
                                       帳簿価額(千円)
                                                       従業
            事業所名
                   事業部門の
      会社名                  設備の内容                               員数
                    名称
            (所在地)
                               建物     土地
                                                       (名)
                                       リース資産      その他     合計
                             及び構築物     (面積㎡)
           名古屋国際ホテル        名古屋国
     名古屋国際                                                    32
          (愛知県名古屋市中        際ホテル      ホテル        ―     ―     ―   3,389     3,389
     ホテル㈱                                                   [77]
             区)     事業
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.従業員数は就業人員(使用人兼務役員を含む)であり、臨時雇用者数(パート社員及びパートを含み、派遣社
          員は除く)は、年間平均雇用人員(1日8時間換算)を[ ]内に外書きで記載しております。
        4.上記の他、店舗を賃借しております。
          店舗の年間リース料は461,544千円であります。  
                                  43/143













                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【設備の新設、除却等の計画】
     (1)  重要な設備の新設等(2019年8月31日現在)
                            投資予定額
           事業所名         設備の                           完了予定     完成後の
    会社名                                資金調達方法       着手年月
           (所在地)          内容                            年月    増加能力
                           総額    既支払額
                           (千円)     (千円)
                                                       予定
        (仮称)R&Bホテル仙台駅
                                            2019年      2020年
        東口
                                                     客室数
                                    公募資金及び
                   ホテルの新設       2,231,613     1,661,883             1月     2月
        (宮城県仙台市若葉区)                            手元資金
                                                      195室
                                                       予定
         (仮称)R&Bホテル名古屋
                                            2019年      2020年
        駅前
                                                     客室数
                                    公募資金及び
                   ホテルの新設       3,328,878     2,101,933             6月     9月
        (愛知県名古屋市中村区)                            手元資金
                                                      237室
        高崎ワシントンホテルプ                            公募資金及び

                                            2019年      2020年
                                                    ホテル環境
        ラザ           リニューアル        303,466        ―  手元資金
                                                    の価値向上
                                            10月     3月
        (群馬県高崎市)
     提出   博多中洲ワシントンホテ
                                            2020年      2020年
                                    公募資金及び                ホテル環境
        ルプラザ           リニューアル        250,000        ―
                                    手元資金                の価値向上
                                            4月     10月
     会社   (福岡県福岡市博多区)
        鹿児島ワシントンホテル
                                            2020年      2020年
                                    公募資金及び                ホテル環境
        プラザ           リニューアル        250,000        ―
                                    手元資金                の価値向上
                                            4月     10月
        (鹿児島県鹿児島市)
        新大阪ワシントンホテル
                                            2021年      2021年
                                                    ホテル環境
        プラザ           リニューアル        350,000        ―  手元資金
                                                    の価値向上
                                            6月     11月
        (大阪府大阪市淀川区)
        熊本ワシントンホテルプ
                                            2021年      2021年
                                                    ホテル環境
        ラザ           リニューアル        300,000        ―  手元資金
                                                    の価値向上
                                            6月     11月
        (熊本県熊本市中央区)
     (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
     (2)  重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                  44/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     40,000,000

                 計                                   40,000,000

      ②  【発行済株式】

                             上場金融商品取引所名又は

        種類          発行数(株)                               内容
                            登録認可金融商品取引業協会名
                                          完全議決権株式であり、権利内
                                          容に何ら限定のない当社におけ
       普通株式               10,100,000            非上場         る標準となる株式であります。
                                          なお、単元株式数は100株であり
                                          ます。
        計             10,100,000             ―               ―
                                  45/143













                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                        発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                 発行済株式
                              資本金増減額       資本金残高
                 総数増減数
        年月日                総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)
                         (株)                    (千円)       (千円)
                         普通株式
     2015年6月24日
                        10,100,000
                      ―              ―    95,000    △1,218,000        2,500,000
     (注)   1
                       A種優先株式
                          90,000
     2015年6月30日           A種優先株式         普通株式

                                    ―    95,000          ―   2,500,000
     (注)   2
                  △90,000      10,100,000
     (注)   1.  会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金をその他資本剰余金へ振替えたことによる減少でありま

          す。
        2.  会社法第178条第1項の規定に基づき、A種優先株式を消却したことによる減少であります。
     (4)  【所有者別状況】

                                               2019年8月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数               100  株)
                                                     単元未満
      区分                            外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
     株主数
               ―     12      ―     43      ―     ―     34     89      ―
     (人)
     所有株式数
               ―   36,056        ―   57,002        ―     ―   7,929    100,987       1,300
     (単元)
     所有株式数
               ―   35.70       ―   56.44       ―     ―    7.85    100.00        ―
     の割合(%)
     (注)   自己株式4,850株は、「個人その他」に48単元、「単元未満株式の状況」に50株含まれております。
                                  46/143







                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2019年8月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
                     普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                           4,800
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               100,939             ―
                        10,093,900
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                           1,300
     発行済株式総数                    10,100,000           ―              ―
     総株主の議決権                     ―          100,939             ―

      ②  【自己株式等】

                                               2019年8月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義
      所有者の氏名又は                                      所有株式数      総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数
          名称                                   の合計(株)      所有株式数の
                                 (株)       (株)
                                                    割合(%)
                  愛知県名古屋市
    ワシントンホテル株式会社                              4,800      ―       4,800        0.0
                  千種区内山三丁目23番5号
          計              ―          4,800      ―       4,800        0.0
     (注)   当社は上記のほか、単元未満自己株式50株を保有しております。
                                  47/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】              普通株式
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                           最近事業年度                   最近期間

            区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                 (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                             ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                             ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他
                             ―         ―         ―         ―
     (―)
     保有自己株式数                       4,850           ―       4,850           ―
                                  48/143












                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【配当政策】
      当社の剰余金の配当については、各事業年度の業績を勘案し、既存事業所の設備改修のほか、将来の事業展開と経
     営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ配当性向は、2020年3月期は20%、2021年3月期以降は25%を目
     安とした安定的なかつ継続的な配当を行うことを目標にすることを基本方針としております。
      剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としており、配当の決定機関は株主総会であります。
      当社は、株主に対する利益還元を重要課題の一つとして認識し、株主への剰余金の配当を安定かつ継続的に実施す
     ることを剰余金の配分についての方針として位置付け、これを実践していく考えであります。以上の方針のもと、第
     58期事業年度の剰余金の配当につきましては、1株当たり16円としております。
      内部留保資金の使途につきましては、既存事業所の設備改修のほか、システム投資など将来の事業展開と経営体質
     の強化のための資金として、有効に活用していく所存であります。
      なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
      (注) 基準日が第58期事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                            配当金の総額              1株当たり配当金
               決議年月日
                              (千円)               (円)
              2019年6月27日
                                  161,522                   16
              株主総会決議
                                  49/143














                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、株主や他のステークホルダーの信頼と期待に応え、企業価値を継続的に向上させるためには、法令遵
       守に基づく企業倫理の確立や社会的な信頼度を確立することが極めて重要であると認識しております。そのた
       め、意思決定の迅速化により経営の効率化を促進すると同時に、経営の透明性・公平性の確保、リスク管理、監
       督機能の強化を意識した組織体制の構築を図ることにより、コーポレート・ガバナンスの強化に努め、継続的に
       企業価値を高めていく所存でおります。
                                  50/143


















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
       ▶ 企業統治の体制の概要
       当社グループの企業統治の体制の概要は以下のとおりであります。
                                  51/143




















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (ⅰ)取締役会
         当社の取締役会は、代表取締役社長 内田和男が議長を務め、常務取締役 浜口邦久、取締役 長谷川太、
        取締役 島光二、取締役 三沢聡、取締役 森良一、社外取締役 小県昌彦、取締役(常勤監査等委員) 国分
        宣昭、社外取締役(監査等委員) 市原新吾、及び社外取締役(監査等委員) 小島浩司の取締役10名(うち社外取
        締役3名)で構成されております。取締役会は、原則月1回の定時取締役会を開催する他、必要に応じて臨時取
        締役会を開催し、迅速な経営上の意思決定を行える体制としております。取締役会は、法令・定款に定められ
        た事項の他、経営に関する重要事項を決定すると共に各取締役の業務遂行の状況を監督しております。
        (ⅱ)監査等委員会
         監査等委員会は、取締役(常勤監査等委員) 国分宣昭が議長を務め、社外取締役(監査等委員) 市原新吾、
        及び社外取締役(監査等委員) 小島浩司の3名(うち社外取締役2名)で構成され、ガバナンスのあり方とその
        運営状況を監視し、取締役の職務の執行を含む日常的活動の監査を行っております。社外取締役は、それぞれ
        の職務経験や専門的な見地より経営監視を実施しております。
         また、当社は監査等委員会の監査・監督機能を強化するため、取締役(監査等委員を除く)からの情報収集及
        び重要な会議における情報共有並びに内部監査部門である監査室と監査等委員会との十分な連携を可能とすべ
        く、常勤監査等委員1名を選定しており、当該常勤監査等委員を中心に取締役、管理部門等の内部統制部門と
        意思疎通を図り、情報の収集・監査環境の整備に努めております。
        (ⅲ)会計監査人
         当社は会計監査人として太陽有限責任監査法人と監査契約を締結しており、会計監査を受けております。当
        社と同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員との間には特別な利害関係はありません。
        (ⅳ)経営会議
         経営会議は、代表取締役社長 内田和男が議長を務め、常務取締役 浜口邦久、取締役 長谷川太、取締
        役 島光二、取締役 三沢聡、取締役 森良一、執行役員 天木健次、執行役員 井戸川学、執行役員 田中
        良佐及び事務局等のその他代表取締役社長が指名する者で構成されております。毎月1回定期的に開催し、取
        締役会で決定した経営方針に基づき、取締役及び執行役員が業務執行を行うにあたり、業務に関する重要事項
        の協議、報告を行っております。
        (ⅴ)監査室
         当社は経営診断の見地から、当社の財産及び業務を適正に把握し、経営の合理化ならびに能率の増進に寄与
        するとともに、意思疎通の実をあげ、あわせて各業務相互の連絡調査につとめることを目的として、他の業務
        部門から独立した代表取締役社長の直轄の内部監査組織として監査室を設置しております。監査室は、専任の
        監査室室長 日笠豊昭及び監査担当者1名で構成されております。監査室においては、会計や業務の適正性な
        どの当社及び関係会社の業務全般について内部監査を行っております。また、内部監査の実施にあたっては、
        年度初に監査方針案及び監査計画書案を立案し、代表取締役社長の承認を得ております。内部監査の結果は代
        表取締役社長に報告し、代表取締役社長からの改善指示を被監査部門責任者に通知し、改善指示書兼改善報告
        書の作成・報告について指示・フォローアップを行っております。
       b 当該企業統治の体制を採用する理由

        当社は上記のとおり、当社取締役会の監督機能の向上を図り、経営の効率性を高め当社グループのさらなる企
       業価値の向上を目指すことを目的として、コーポレート・ガバナンス体制をより一層充実させるため、本体制を
       採用いたしました。
                                  52/143






                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ 企業統治に関するその他の事項
       ▶ 内部統制システムの整備の状況
        当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、内部統制システムの構築に係る基本方針を以下のとおり定めて
       おります。
        (ⅰ)当社及び当社子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体
          制
         ア.法令及び定款、社会規範・倫理の遵守とその意識の向上が重要であることを認識し、「経営理念」、
          「自主行動基準」ほか必要な諸規程を定め、必要な諸規程については子会社にも適用し、本体制の整備と
          適切な運営に努める。また、必要に応じ弁護士や会計士等外部の専門家に助言を求めたうえで、諸規程の
          制定や改廃を行う。
         イ.取締役は、業務執行状況を原則として毎月開催する取締役会に報告して情報共有化及び意見交換をする
          ことにより、取締役会による取締役の職務執行の監督を充実させる。
         ウ.監査等委員会は、定期的、随時に取締役(監査等委員である取締役を除く)の職務執行につき法令及び定
          款に違反する重大な事実がないか、また取締役会等の経営判断につき取締役(監査等委員である取締役を除
          く)の善管注意義務・忠実義務の観点から不当な点がないかを監査する。
         エ.代表取締役社長を委員長とするリスク管理・コンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンスに関
          する啓蒙・推進活動及びコンプライアンス体制の運営・監視に努める。
         オ.内部監査部門として各機関から独立した監査室を置き、「内部監査規程」に基づき当社及び子会社の各
          業務執行部門を対象に定期的に監査を行い、代表取締役社長、監査等委員会にその結果を報告する。
         カ.法令及び定款、社会規範・企業倫理に反する行為等を早期に発見し是正するため、当社及び子会社の全
          使用人を対象に、内部通報者の保護を徹底した通報窓口を設置し、この充実を図る。
        (ⅱ)当社及び当社子会社の取締役及び使用人の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         ア.取締役会及び経営会議の意思決定に係る情報、代表取締役社長決裁その他「職務権限規程」「稟議規
          程」に基づき決裁された重要な情報については、法令若しくは「文書管理規程」に則り適切かつ検索性の
          高い状態で保存・管理することとし、必要な期間閲覧可能な状態を維持する体制を整備する。その他の重
          要文書についても、同規程に則り、閲覧、謄写可能な状態で各主管部門が管理・保管する。
         イ.「個人情報管理規程」「機密情報管理規程」「情報システム管理規程」を整備し、重要な情報の安全性
          を確保する。
        (ⅲ)当社及び当社子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         損失の危険の管理が経営の重要課題であることを認識し、「コンプライアンス規程」を整備し、個々のリス
        クについての管理責任者を定め同規程に従ったリスク管理体制を構築する。
        (ⅳ)当社及び当社子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         「職務権限規程」「稟議規程」によって取締役の職務権限と担当業務を明確にし、機関相互の適切な役割分
        担と連携を図ることによって効率化を推進する。
        (ⅴ)当社及び当社子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

         ア.子会社の取締役の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
           当社業務執行役員は、子会社の取締役より、子会社の職務執行及び業務の状況について定期的に報告を
          受ける。
                                  53/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         イ.当社子会社管理
           「関係会社管理規程」を制定し、当社総務人事部を当社子会社管理の主管部門として、関係部署と協力
          しながら以下の事項について当社子会社の管理を行う。
           (1)  当社子会社の経営状況の把握
           (2)  当社子会社における内部統制システムの整備・運用
           (3)  当社子会社の重要なリスクの把握
        (ⅵ)監査等委員会がその職務を補助すべき使用人(以下、「監査補助者」という。)を置くことを求めた場合に

          おける監査補助者に関する事項、監査補助者の取締役(監査等委員である取締役を除く)からの独立性確保
          及び監査等委員会の監査補助者に対する指示の実効性確保に関する事項
         ア.監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合には、当社の使用人の中から専任
          の監査補助者を任命する。
         イ.監査補助者の業務遂行に関しては、取締役(監査等委員である取締役を除く)及び使用人から指揮命令を
          受けないものとする。また、監査等委員会及び監査等委員の職務に関し、監査補助者の任命・異動・評価
          等、人事に関する事項の決定には、監査等委員会の同意を必要とする。
         ウ.監査等委員会は、監査補助者より、業務の状況について定期的に報告を受ける。
        (ⅶ)当社取締役(監査等委員である取締役を除く)及び使用人並びに当社子会社の取締役、監査役及び使用人ま

          たはこれらの者から報告を受けた者が当社監査等委員会への報告をするための体制、その他の監査等委員
          会への報告に関する体制及び監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         ア.代表取締役社長と監査等委員会とは、信頼関係の構築と相互の意思疎通を図るため定期的な会合をも
          つ。
         イ.当社及び子会社の取締役(監査等委員である取締役を除く)及び使用人並びに子会社の監査役は、監査等
          委員会の求めに応じて当社の業務執行状況について報告する。
         ウ.当社及び子会社の取締役(監査等委員である取締役を除く)及び使用人並びに子会社の監査役は、当社ま
          たは子会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見した場合は直ちに監査等委員会に報告する。
         エ.監査等委員の職務の適切な遂行のため監査等委員会が求めた場合には、外部専門家との連携を図れる環
          境を整備する。
         オ.当社及び子会社は、監査等委員が経営に関する重要な会議に出席し、取締役(監査等委員である取締役を
          除く)等から職務の執行状況の報告を受けること、及び重要な書類を閲覧し、経営情報をはじめとする各種
          の情報を取得することができる体制を整備する。
        (ⅷ)前項の報告者が報告を理由として不利益な取り扱いを受けないことを確保するための体制

         監査等委員会に報告を行った者に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止
        し、その旨を規程等に定める。
        (ⅸ)監査等委員の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ず

          る費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
         監査等委員会及び監査等委員の職務執行によって生じた費用又は債務につき、当該職務執行に必要でないこ
        とが証明された場合を除き、監査等委員の請求等に従い円滑に処理する。
       b リスク管理及びコンプライアンス体制の整備状況

       (リスク管理及びコンプライアンス)
       当社グループでは、企業価値向上のためにはコンプライアンスの徹底が必要不可欠であると認識しており、「コ
      ンプライアンス規程」を制定し、「経営理念」及び「自主行動基準」に従い全役職員が法令等を遵守した行動をと
      ることを周知徹底しております。
                                  54/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       また、当社グループでは、様々な事業運営上のリスク管理を適正に行うことを目的としてリスク管理・コンプラ
      イアンス委員会を設置しております。リスク管理・コンプライアンス委員会は常勤役員及び執行役員を構成員とし
      て、リスクごとのマネジメントに関する審議、発生した危機への対応を任務としております。リスク管理・コンプ
      ライアンス委員会は、原則四半期に1回開催する他、必要に応じて臨時で開催し、迅速なリスク管理・コンプライ
      アンス対応を行える体制としております。
       (情報セキュリティ)

       「情報システム管理規程」にて、情報システムの開発・運用管理・保守に関わる統括部門を総務人事部とし、総
      務人事部部長を情報システム責任者、総務人事部情報システム戦略室室長を情報システム管理者としております。
      また、個別情報システムの開発、変更管理、運用管理、セキュリティ管理、データ管理及び外注委託管理について
      の基本的な事項は、「情報システム運用管理マニュアル」において定め運用しております。
       (個人情報保護)

       当社及び当社子会社は「個人情報の保護に関する法律」に定める個人情報取扱事業者に該当しております。取
      得、収集した個人情報の漏洩等は当社グループの信用力低下に直結することから、当社及び当社子会社が取扱う個
      人情報を適切に保護するため、社団法人日本ホテル協会が定める「個人情報保護に関するガイドライン」に準拠
      し、その基本的事項を定めた「個人情報管理規程」及びその細則を策定しております。
       ▲ 子会社の業務の適正を確保するための体制の整備状況

       当社の子会社としては、名古屋国際ホテル株式会社があります。当該子会社の管理に関しては、以下のとおり
      行っております。
        (ⅰ)経営関与についての基本方針
         (a)  経営関与についての基本方針
           名古屋国際ホテル株式会社の代表取締役は当社執行役員、代表取締役を除く2名の取締役は当社代表取
          締役社長、当社取締役執行役員ワシントンホテルプラザ事業部副事業部長、監査役は当社経理財務部財務
          室室長が兼務しており、当社事業部と同様の経営管理を実施しております。
         (b)  利益還元についての基本方針
           名古屋国際ホテル株式会社の経営基盤の安定に向けた財務体質の強化を図るため、内部留保の充実が重
          要であると考えており、配当は実施しておりません。
         (c)  人材の配置・活用の基本方針
           名古屋国際ホテル株式会社の運営は、当社と同様、Webを活用した教育や映像マニュアル、外部研修等に
          よる人材教育に取り組んでおり、フロント業務に加えレストラン業務等の周辺業務をローテーションさせ
          る等、従業員のマルチジョブ化を図っております。
        (ⅱ)担当部署、管理項目及び管理方法
         (a)  担当部署
           関係会社に関する業務については、「関係会社管理規程」及び「業務分掌規程」に基づき、総務人事部
          部長が担当することとしております。
         (b)  管理項目
           関係会社の経営内容を的確に把握するため、月別及び期別の財務諸表(貸借対照表、損益計算書、資金繰
          表)、事業報告書、その他関係会社として報告を要する事項を提出させることとしております。また、事前
          承認事項については、当社の「職務権限規程」に基づくものとしております。
         (c)  管理方法
           名古屋国際ホテル株式会社の総務・経理業務等は、親会社である当社に委託しております。また、月1
          回開催される当社経営会議において、名古屋国際ホテル株式会社の代表取締役総支配人である当社の執行
          役員より営業及び損益状況等の報告を受け、計画との差異が生じた場合は対策を協議しております。
                                  55/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ▼ 責任限定契約の内容の概要
        当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との間に、同
       法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額
       は、法令の定める最低責任限度額を限度としております。
       なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役が責任の原因となった職務の遂行について、善意でかつ重大
       な過失がないときに限られます。
       e 取締役の定数

        当社の取締役(監査等委員である取締役を除く)は12名以内、当社の監査等委員である取締役は5名以内とする
       旨を定款に定めております。
       f 取締役の選任の決議要件

        2019年6月27日開催の第58回定時株主総会決議により、当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使す
       ることができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に
       定めております。
        また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
       ➨ 取締役会で決議できる株主総会決議事項

        当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会決議によって毎
       年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
        2019年6月27日開催の第58回定時株主総会決議により、当社は、自己株式の取得を機動的に実施できるように
       するため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会決議をもって、自己株式を取得することができる旨を定
       款に定めております。
       h 株主総会の特別決議要件

        2019年6月27日開催の第58回定時株主総会決議により、当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とし
       て、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件については、議決権を行使することができる株主の議
       決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めておりま
       す。
                                  56/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  10 名 女性     ―名(役員のうち女性の比率             ―%)
                                                     所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1968年3月      当社入社
                              1989年9月      鳥取ワシントンホテル総支配人
                              2001年2月      総務人事部部長
                              2001年6月      取締役
                              2003年6月      常務取締役
      代表取締役社長
                内田 和男       1950年2月10日        2005年6月      R&B事業部事業部長              (注)2    82,677
       社長執行役員
                              2008年6月      専務取締役
                              2009年6月      代表取締役社長兼ワシントンホテ
                                    ルプラザ事業部事業部長
                              2014年6月      代表取締役社長      社長執行役員(現
                                    任)
                              1969年3月      当社入社
                              1998年6月      甲府ワシントンホテルプラザ総支
                                    配人
                              2002年4月      広島ワシントンホテルプラザ総支
                                    配人
       常務取締役
                              2003年5月      経営企画室室長
       常務執行役員
                浜口 邦久       1951年1月10日        2008年6月      取締役              (注)2    59,610
    ワシントンホテルプラザ
                              2011年6月      ワシントンホテルプラザ事業部事
      事業部事業部長
                                    業部長(現任)
                              2014年6月      常務執行役員
                              2015年6月      浜田ワシントンホテル㈱(現 当
                                    社)代表取締役
                              2016年6月      常務取締役常務執行役員(現任)
                              1987年11月      当社入社
                              2002年12月      企画開発部東京開発事務所所長
                              2006年10月      奈良ワシントンホテルプラザ総支
        取締役
       執行役員        長谷川 太       1961年9月27日              配人              (注)2    34,971
      事業開発部部長
                              2011年3月      事業改革部部長
                              2014年6月      取締役執行役員事業開発部部長
                                    (現任)
                              1983年10月      当社入社
                              2001年3月      姫路ワシントンホテルプラザ総支
                                    配人
                              2004年6月      神戸ワシントンホテルプラザ総支
        取締役
                                    配人
       執行役員
                島 光二      1960年12月29日        2006年2月      松山ワシントンホテルプラザ総支              (注)2    19,865
    新大阪ワシントンホテル
                                    配人
      プラザ総支配人
                              2009年4月      新大阪ワシントンホテルプラザ総
                                    支配人(現任)
                              2014年6月      執行役員
                              2015年6月      取締役執行役員(現任)
                              1983年3月      当社入社
                              2005年9月      鳥取ワシントンホテルプラザ総支
                                    配人
        取締役
                              2012年4月      ワシントンホテルプラザ事業部本
       執行役員
                三沢 聡      1963年1月9日                            (注)2    18,193
    ワシントンホテルプラザ
                                    部部長
      事業部副事業部長
                              2015年6月      取締役執行役員
                              2018年1月      取締役執行役員ワシントンホテル
                                    プラザ事業部副事業部長(現任)
                              1986年11月      当社入社
                              2011年3月      総合事務センター室長
        取締役
       執行役員         森 良一      1957年7月1日        2016年6月      執行役員              (注)2    11,795
      経理財務部部長
                              2016年6月      経理財務部部長(現任)
                              2017年6月      取締役執行役員(現任)
                                  57/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                     所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1980年4月      興和㈱入社
                              2009年4月      同社海外統轄部デュッセルドルフ
                                    駐在
                              2010年11月      同社生活関連事業部名古屋営業部
                                    長
                              2013年6月      同社生活関連事業部管理本部長
                              2015年6月      興和紡㈱執行役員総務部長
                              2017年6月      興和㈱執行役員関連事業統轄部
        取締役        小県 昌彦       1955年4月28日              (現 国内統轄部)(現任)              (注)2      ―
                              2018年5月      ㈱丸栄取締役
                              2018年5月      ㈱新田中代表取締役社長(現任)
                              2019年5月      ㈱丸栄代表取締役社長(現任)
                              2019年5月      サカエチカマチ㈱社外取締役(現
                                    任)
                              2019年6月      興和紡㈱社外監査役(現任)
                              2019年6月      栄開発㈱社外取締役(現任)
                              2019年6月      当社取締役(現任)
                              1978年3月      当社入社
                              1997年5月      松山ワシントンホテルプラザ総支
                                    配人
                              2000年2月      鹿児島ワシントンホテルプラザ総
                                    支配人
        取締役
                国分 宣昭       1954年8月9日        2005年6月      総務人事部部長              (注)3    16,728
       (監査等委員)
                              2006年6月      浜田ワシントンホテル㈱(現 当
                                    社) 代表取締役就任
                              2011年6月      監査室室長
                              2015年6月      常勤監査役
                              2018年6月      取締役(監査等委員)(現任)
                              1963年4月      中部電力㈱入社
                              1995年6月      同社取締役経理部長
                              1999年6月      同社常務取締役
        取締役
                市原 新吾       1940年10月22日        2001年6月      同社代表取締役副社長              (注)3      ―
       (監査等委員)
                              2005年6月      同社顧問
                              2005年6月      当社取締役
                              2018年6月      取締役(監査等委員)(現任)
                              1996年10月      太田昭和監査法人(現 EY新日本
                                    有限責任監査法人)入所
                              2000年7月      公認会計士登録
                              2001年7月      公認会計士小島興一事務所(現 
                                    税理士法人中央総研)入所
                              2001年10月      税理士登録
                              2003年1月      税理士法人中央総研代表社員
                              2004年3月      監査法人東海会計社代表社員(現
                                    任)
        取締役
                小島 浩司       1970年11月22日                            (注)3      ―
       (監査等委員)
                              2013年12月      ㈱エスケーアイ(現 ㈱サカイ
                                    ホールディングス)社外取締役(現
                                    任)
                              2016年2月      朝日興業㈱ 社外監査役(現任)
                              2018年5月      協和ケミカル㈱ 社外監査役(現
                                    任)
                              2018年6月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                              2019年7月      ㈱ヤガミ 社外取締役(監査等委
                                    員)(現任)
                            計                          243,839
     (注)   1.取締役 市原新吾、小島浩司、小県昌彦の3氏は、社外取締役であります。
        2.取締役の任期は、2019年6月27日開催の定時株主総会終結の時から、2020年3月期に係る定時株主総会終結
          の時までであります。
        3.取締役(監査等委員)の任期は、2018年6月27日開催の定時株主総会終結の時から、2020年3月期に係る定時
          株主総会終結の時までであります。
        4.監査等委員会の体制は、次のとおりであります。
          委員長 国分宣昭、委員 市原新吾、委員 小島浩司
                                  58/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        5.当社では、意思決定の迅速化及び業務執行の効率化を図ることを目的として、執行役員制度を導入しており
          ます。執行役員は9名で、社長執行役員 内田和男、常務執行役員ワシントンホテルプラザ事業部事業部長
          浜口邦久、執行役員事業開発部部長 長谷川太、執行役員新大阪ワシントンホテルプラザ総支配人 島光
          二、執行役員ワシントンホテルプラザ事業部副事業部長 三沢聡、執行役員経理財務部部長 森良一、執行
          役員 兼 名古屋国際ホテル株式会社代表取締役総支配人 天木健次、執行役員総務人事部部長 井戸川
          学、執行役員R&Bホテル事業部事業部長 田中良佐で構成されております。
        6.所有株式数には、当社役員持株会における各自の持分を含めた実質所有株式数を記載しております。
                                  59/143



















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 社外役員の状況
        a.  社外役員の機能及び役割
         当社は、コーポレート・ガバナンスの体制強化を経営上の重要な課題の一つとして位置づけており、社外取
        締役を選任し、中立的な立場から有益な監督及び監査を十分に行える体制を整備し、かつ経営監視機能の強化
        に努めております。
         社外取締役の小県昌彦氏は、事業法人の経営者としての豊富な経験・見識を有しており、それらを当社の経
        営に活かしていただいております。小県氏が代表取締役を務める株式会社丸栄とは、同社が当社発行済株式の
        14.20%を保有する資本関係にあり、名古屋国際ホテルの賃貸を受けている他、軽微な営業取引関係がありま
        す。
         社外取締役(監査等委員)の市原新吾氏は、事業法人の経営者としての豊富な経験・見識を有しており、それ
        らを当社の経営に活かしていただいており、当社との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の取
        引等利害関係はありません。
         社外取締役(監査等委員)の小島浩司氏は、公認会計士としての豊富な経験・見識を有しており、それらを当
        社の経営に活かしていただいております。小島氏が代表社員を務める監査法人東海会計社は、2010年3月期にお
        ける当社の会計監査人及び2011年3月期から2017年3月期まで当社の会計参与を務めておりました。現在は同監
        査法人との取引利害関係はありません。また、同氏は2011年3月期以降に当社に関わる業務に関与しておら
        ず、よって同氏と当社との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の取引等利害関係はありませ
        ん。
        b.  社外役員の独立性に関する基準

         社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針は特段定めておりませんが、会社に対する善管注
        意義務を遵守し、経営陣や特定の利害関係者の利益に偏らず、客観的で公平・公正な判断をなし得る人格、見
        識、能力を有していると会社が判断している人物を選任しております。
      ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門

       の関係
         内部監査は、監査室が行っており、業務活動に関して、運営状況、業務実施の有効性及び正確性、コンプラ
        イアンスの遵守状況等について監査を行い、その結果を代表取締役社長に対して報告するとともに、業務の改
        善及び適切な運営に向けての具体的な助言や勧告を行っております。また、監査室は、監査等委員とも密接な
        連携をとっており、監査等委員は、内部監査状況を適時に把握できる体制になっております。
         監査等委員は、監査等委員会で策定した監査計画に基づいて、当社及び子会社の業務全般について、常勤監
        査等委員を中心として計画的かつ網羅的な監査を実施しております。また、取締役会その他重要な会議に出席
        し、意見を述べるほか、取締役からの聴取、重要な決裁書類等の閲覧を通じ監査を実施しております。監査等
        委員3名は、適正な監視を行うため定期的に監査等委員会を開催し、打ち合わせを行い、また、会計監査人を
        含めた積極的な情報交換により連携をとっております。
         また、監査室、監査等委員会及び会計監査人は、定期的に会合を実施することで情報交換及び相互の意思疎
        通を図っております。
                                  60/143







                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査等委員会監査の状況
         監査等委員会は、監査等委員3名(うち社外取締役2名)で構成され、ガバナンスのあり方とその運営状況を
        監視し、取締役の職務の執行を含む日常的活動の監査を行っております。社外取締役は、それぞれの職務経験
        や専門的な見地より経営監視を実施していただくこととしております。
         また、当社は監査等委員会の監査・監督機能を強化するため、取締役(監査等委員を除く)からの情報収集及
        び重要な会議における情報共有並びに内部監査部門である監査室と監査等委員会との十分な連携を可能とすべ
        く、常勤監査等委員1名を選定しており、当該常勤監査等委員を中心に取締役、管理部門等の内部統制部門と
        意思疎通を図り、情報の収集・監査環境の整備に努めております。
         社外取締役(非常勤監査等委員)の市原新吾氏は、事業法人の経営者としての豊富な経験・見識を有してお
        り、それらを当社の経営に活かしていただいており、小島浩司氏は、公認会計士としての豊富な経験・見識を
        有しており、それらを当社の経営に活かしていただいております。
      ② 内部監査の状況

         当社における内部監査は、監査室が担当しており、その人員は監査室室長1名及び監査室室員1名でありま
        す。
         監査室は内部監査規程に基づき、グループ会社を含む各部門の業務活動に関して、運営状況、業務実施の有
        効性及び正確性、コンプライアンスの遵守状況等についての監査を定期的に行い、代表取締役社長に報告して
        おります。
         また、内部監査結果及び是正状況については、監査等委員と管理部門等の内部統制部門と意思疎通を図り、
        情報の収集・監査環境の整備に努めており、さらに監査等委員を含め会計監査人と定期的に会合を実施するこ
        とで情報交換及び相互の意思疎通を図っております。
      ③ 会計監査の状況

        ▶ 監査法人の名称
         太陽有限責任監査法人
        b 業務を執行した公認会計士

         指定有限責任社員・業務執行社員  佐藤 健文
         指定有限責任社員・業務執行社員  大好 慧
         指定有限責任社員・業務執行社員  篠塚 伸一
        ▲ 監査業務に係る補助者の構成

         公認会計士  2名
         その他    6名
        ▼ 監査法人の選定方針と理由

         当社は、会計監査人の選定及び評価に際しては、当社の業務内容に対応して効率的な監査業務を実施すること
        ができる一定の規模を持つこと、審査体制が整備されていること、監査日数、監査期間及び具体的な監査実施要
        領並びに監査費用が合理的かつ妥当であること、さらに監査実績などにより総合的に判断いたします。また、日
        本公認会計士協会の定める「独立性に関する指針」に基づき独立性を有することを確認するとともに、必要な専
        門性を有することについて検証し、確認いたします。
         監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会
        に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会は当該決定に基づき、当該議案
        を株主総会に提出します。
                                  61/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         また、監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合
        は、監査等委員全員の同意に基づき会計監査人を解任いたします。この場合、監査等委員会が選定した監査等委
        員は、解任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたしま
        す。
        e 監査等委員会による監査法人の評価

         当社の監査等委員会は、会計監査人について、事前の監査計画、監査方法、監査時間及び監査実施体制の妥当
        性を評価基準として、評価を実施しております。
      ④ 監査報酬の内容等

        ▶ 監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社              22,000           4,000          29,000             ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

         計             22,000           4,000          29,000             ―

         (監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容)
         前連結会計年度       ・・・   当社は優成監査法人(現 太陽有限責任監査法人)に対して、当社の株式上場に
                    向けての短期調査業務及び期首残高調査業務に対し、対価を支払っております。
        b 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(aを除く)

                      前連結会計年度                     当連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社                 ―         5,500             ―         6,400
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

         計                ―         5,500             ―         6,400

         (監査公認会計士等と同一のネットワークの提出会社に対する非監査業務の内容)
         前連結会計年度       ・・・   優成監査法人と同じグループ会社である山田コンサルティンググループ㈱による
                    財務顧問にかかる報酬であります。なお、優成監査法人は、2018年7月2日に太
                    陽有限責任監査法人と合併し、太陽有限責任監査法人と名称を変更しています。
         当連結会計年度・・・6,400千円のうち2,400千円は、太陽有限責任監査法人と同じグループ会社である山田
                     コンサルティンググループ㈱による月次顧問にかかる報酬であり、4,000千円は、同
                     社によるハンドブックの作成支援及び社内浸透支援業務にかかる報酬であります。
        ▲ その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         (前連結会計年度)
         該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

         該当事項はありません。
                                  62/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ▼ 監査報酬の決定方針
         当社の監査報酬について、監査業務に係る人員数、監査日数等を勘案し、監査法人と協議の上、適正と判断さ
        れる報酬額を監査等委員会の同意を得た上で決定する方針としております。
        e 監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         当社監査等委員会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、監査方
        法及び監査内容などを確認し、検討した結果、会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項及び第3項の
        同意を行っております。
     (4)  【役員の報酬等】

      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
        当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めております。役員の報酬等につきまして
       は、当社の経営状況、他社の水準、従業員給与等との均衡を総合的に勘案し決定することとし、当該方針に基づ
       き、株主総会の決議を経て、役員の報酬総額の上限を定めており、その範囲内で支給することとしております。
       当社の役員報酬等に関する株主総会の決議年月日は2018年6月27日であり、決議の内容は取締役年間報酬総額の
       上限を1億5千万円(うち、社外取締役は2千万円以内、ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない。
       監査等委員である取締役を除く。)、監査等委員である取締役の年間報酬総額の上限を3千万円以内とするもので
       あります。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                   対象となる
                  報酬等の総額
        役員区分                                           役員の員数
                   (千円)
                                           役員退職慰労
                                                     (名)
                           固定報酬         賞与
                                           引当金繰入額
     取締役
                      80,160        54,960        12,000        13,200          6
     (監査等委員及び社外取
     締役を除く。)
     監査等委員
                      6,120        6,120          ―        ―       1
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                      2,040        2,040          ―        ―       1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                 9,270        9,270          ―        ―       5
     (注)   当社は2018年6月27日付で監査役設置会社から監査等委員会設置会社に移行しております。
      ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

        報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
      ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

       総額(千円)         対象となる役員の員数(名)                           内容

           27,390                 4  使用人としての給与及び賞与であります。

       ⑤ 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者

         取締役(監査等委員を除く)の報酬等については、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において、取締
        役会の決議により代表取締役社長が決定しております。                          監査等委員である取締役の報酬等は、株主総会で決議
        された報酬限度額の範囲内において、監査等委員である取締役の協議により決定しております。
                                  63/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、投資株式について、株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有す
       る株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)に
       区分しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         以下のとおり、純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)に関する方針を定めております。
        1.保有目的
        (1)取引先及び地域社会と強固かつ良好な信頼関係を構築することで、事業基盤の強化・取引関係の強化・
           持続的な企業価値を図ること。
        (2)地元企業を応援し、地域経済の発展に貢献すること。
        2.検証の内容と縮減に関する方針
           当社は、政策保有株式について、そのリターンとリスク等を踏まえた中長期的な視点から、これを反映
          した個別の政策保有株式の保有意義、経済合理性(配当性向30%を目標に基準値を設定)について、取締
          役会等において検証し、保有の継続の是非を判断しております。その検証の結果、当社グループの持続的
          な成長と中長期的な企業価値の向上に資すると認められない株式がある場合は、その検証結果を開示する
          とともに、株主として相手企業との必要十分な対話を行います。対話の実施によっても改善が認められな
          い株式については、順次売却・縮減していく方針です。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                     銘柄数       貸借対照表計上額の

                     (銘柄)         合計額(千円)
        非上場株式                 6           8,202
        非上場株式以外の株式                 1          99,372
       (最近事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数

                          株式数の増加に係る取得価
                                            株式数の増加の理由
                            額の合計額(千円)
                     (銘柄)
        非上場株式                 ―             ―          ―
        非上場株式以外の株式                 ―             ―          ―
       (最近事業年度において株式数が減少した銘柄)

                     銘柄数

                          株式数の減少に係る売却価
                     (銘柄)       額の合計額(千円)
        非上場株式                 1           2,200
        非上場株式以外の株式                 ―             ―
                                  64/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
     特定投資株式

               当事業年度         前事業年度

                                                    当社の株式
                                   保有目的、定量的な保有効果
                                                     の保有の
       銘柄       株式数(株)         株式数(株)
                                    及び株式数が増加した理由
                                                      有無
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                (千円)         (千円)
                                (保有目的)
                                 取引先と強固かつ長期的な信頼関係を構
                                築することで、宿泊部門の強化・企業価値
                                向上を図るため
                                (定量的な保有効果)
                  36,400         36,400
                                 当社は、特定投資株式における定量的な
                                保有効果の記載が困難であるため、保有の
                                合理性を検証した方法について記載いたし
                                ます。当社は、毎期、個別の政策保有株式
                                について政策保有の意義を検証しており、
     藤田観光㈱                                                  有
                                2019年3月31日を基準とした検証の結果、
                                現状保有する政策保有株式はいずれも保有
                                目的の適切性や保有に伴う便益等(関係維
                                持による宿泊の強化)を維持しており、経
                                済合理性(配当性向30%を基準値として設
                  99,372         116,480
                                定)についても基準を満たしていることに
                                より、保有方針に沿った目的で保有してい
                                ることを確認しております。
                                (株式数が増加した理由)
                                 該当事項はありません。
     みなし保有株式

      該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                  65/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
      基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

      令第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31
      日まで)及び当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2017年4
      月1日から2018年3月31日まで)及び当事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、太
      陽有限責任監査法人により監査を受けております。
     (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019

      年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
    3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、適正な連結財務
     諸表等を作成するため、社内規程及びマニュアル等を整備するとともに、外部機関の行う研修・セミナーへの参加や
     会計専門誌の定期購読等によって理解を深め、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備
     しております。
                                  66/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                    ※3  3,220,346            ※3  3,187,981
        現金及び預金
        売掛金                                888,079              889,512
        原材料及び貯蔵品                                48,193              44,601
        その他                                665,702              522,650
                                         △ 830               ―
        貸倒引当金
        流動資産合計                               4,821,490              4,644,745
      固定資産
        有形固定資産
                                   ※1 ,3  2,680,283           ※1 ,3  5,607,054
         建物及び構築物(純額)
                                   ※3 ,4  4,685,687           ※3 ,4  5,511,837
         土地
                                    ※1  1,833,650            ※1  1,770,410
         リース資産(純額)
         建設仮勘定                             2,491,888              1,739,285
                                     ※1  200,139            ※1  283,978
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             11,891,648              14,912,566
        無形固定資産
         ソフトウエア                              198,455              175,299
                                        23,774              25,541
         その他
         無形固定資産合計                              222,229              200,841
        投資その他の資産
                                     ※3  225,870            ※3  207,991
         投資有価証券
         繰延税金資産                              350,572              337,154
                                    ※3  4,740,541            ※3  4,686,505
         差入保証金
         長期貸付金                               1,770              1,260
                                     ※2  156,898            ※2  160,555
         その他
                                       △ 19,650             △ 19,650
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             5,456,003              5,373,817
        固定資産合計                              17,569,882              20,487,225
      資産合計                                22,391,373              25,131,971
                                  67/143








                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                251,831              242,459
                                      ※3  20,200          ※3  1,020,200
        短期借入金
                                     ※3  885,408            ※3  935,791
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                38,090              39,544
        未払金                               1,566,086              1,146,935
        未払法人税等                                410,813              508,224
        賞与引当金                                169,221              163,069
        役員賞与引当金                                13,000              12,000
        ポイント引当金                                123,224              139,279
                                        530,527              782,060
        その他
        流動負債合計                               4,008,402              4,989,565
      固定負債
                                    ※3  5,633,906            ※3  5,675,761
        長期借入金
        リース債務                               2,100,678              2,061,133
        繰延税金負債                                   ―            1,297
                                       ※4  421            ※4  421
        再評価に係る繰延税金負債
        未使用商品券等引当金                                32,907              28,370
        役員退職慰労引当金                                24,540              37,740
        資産除去債務                                19,792              182,266
                                        459,834              425,797
        その他
        固定負債合計                               8,272,080              8,412,788
      負債合計                                12,280,483              13,402,354
                                  68/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                95,000              95,000
        資本剰余金                               4,668,552              4,668,552
        利益剰余金                               6,375,035              7,927,754
                                        △ 1,293             △ 1,293
        自己株式
        株主資本合計                              11,137,294              12,690,013
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               △ 64,982               △ 792
        繰延ヘッジ損益                               △ 15,970             △ 14,151
                                    ※4   △  945,452           ※4   △  945,452
        土地再評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                              △ 1,026,404              △ 960,396
      純資産合計                                10,110,889              11,729,617
     負債純資産合計                                 22,391,373              25,131,971
                                  69/143















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                              当第1四半期連結会計期間
                                (2019年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               2,597,547
        売掛金                                818,826
        原材料及び貯蔵品                                49,282
                                        650,879
        その他
        流動資産合計                               4,116,535
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             7,421,659
         土地                             5,544,337
         リース資産(純額)                             1,754,600
         建設仮勘定                             1,029,974
                                        351,060
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             16,101,631
        無形固定資産
         ソフトウエア                              165,715
                                        31,244
         その他
         無形固定資産合計                              196,960
        投資その他の資産
         投資有価証券                              206,905
         繰延税金資産                              337,518
         差入保証金                             4,753,708
         長期貸付金                               1,170
         その他                              160,090
                                       △ 19,650
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             5,439,743
        固定資産合計                              21,738,335
      資産合計                                25,854,871
                                  70/143









                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)
                              当第1四半期連結会計期間
                                (2019年6月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                257,997
        短期借入金                               1,100,000
        1年内返済予定の長期借入金                                951,739
        リース債務                                39,919
        未払金                                978,045
        未払法人税等                                281,103
        賞与引当金                                256,585
        役員賞与引当金                                12,000
        ポイント引当金                                139,760
                                        679,271
        その他
        流動負債合計                               4,696,421
      固定負債
        長期借入金                               6,121,810
        リース債務                               2,051,011
        繰延税金負債                                 1,297
        再評価に係る繰延税金負債                                  421
        未使用商品券等引当金                                28,349
        役員退職慰労引当金                                37,740
        資産除去債務                                431,355
                                        414,617
        その他
        固定負債合計                               9,086,603
      負債合計                                13,783,025
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                95,000
        資本剰余金                               4,668,552
        利益剰余金                               8,271,664
                                        △ 1,293
        自己株式
        株主資本合計                              13,033,922
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                △ 1,866
        繰延ヘッジ損益                               △ 14,758
                                       △ 945,452
        土地再評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                               △ 962,076
      純資産合計                                12,071,845
     負債純資産合計                                 25,854,871
                                  71/143







                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     売上高                                 21,417,323              21,410,636
                                      17,375,979              17,480,642
     売上原価
     売上総利益                                  4,041,343              3,929,994
                                     ※1  883,630            ※1  941,473
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  3,157,713              2,988,521
     営業外収益
      受取利息及び配当金                                  3,351              2,230
      受取手数料                                  7,609              7,584
      補助金収入                                  4,617               194
                                        10,066              14,946
      その他
      営業外収益合計                                  25,643              24,955
     営業外費用
      支払利息                                 105,960              147,492
      支払手数料                                  53,790              21,287
                                        13,718               8,144
      その他
      営業外費用合計                                 173,469              176,924
     経常利益                                  3,009,887              2,836,551
     特別利益
                                         2,128              1,390
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                  2,128              1,390
     特別損失
                                      ※2  19,473              ※2  915
      固定資産除却損
                                        ※3   ―         ※3  30,204
      減損損失
      リース解約損                                  3,870                ―
      投資有価証券評価損                                  1,169             115,128
                                         4,598               430
      その他
      特別損失合計                                  29,113              146,679
     税金等調整前当期純利益                                  2,982,903              2,691,262
     法人税、住民税及び事業税
                                       1,033,536              1,007,013
     法人税等調整額                                   36,458             △ 19,897
     法人税等合計                                  1,069,995               987,116
     当期純利益                                  1,912,908              1,704,146
     非支配株主に帰属する当期純利益                                      ―              ―
     親会社株主に帰属する当期純利益                                  1,912,908              1,704,146
                                  72/143







                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     当期純利益                                  1,912,908              1,704,146
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 7,152              64,189
                                         9,176              1,818
      繰延ヘッジ損益
      その他の包括利益合計                                  2,024              66,008
     包括利益                                  1,914,932              1,770,154
      (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                1,914,932              1,770,154
      非支配株主に係る包括利益                                    ―              ―
                                  73/143
















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日
                                至 2019年6月30日)
     売上高                                  5,506,802
                                       4,463,128
     売上原価
     売上総利益                                  1,043,674
     販売費及び一般管理費                                   241,902
     営業利益                                   801,772
     営業外収益
      受取手数料                                  2,331
      受取保険料                                  3,497
      受取賠償金                                  4,000
                                         2,507
      その他
      営業外収益合計                                  12,335
     営業外費用
      支払利息                                  25,276
      支払手数料                                  1,000
                                          39
      その他
      営業外費用合計                                  26,315
     経常利益                                   787,792
     特別損失
                                          784
      固定資産除却損
      特別損失合計                                   784
     税金等調整前四半期純利益                                   787,008
     法人税等                                   281,576
     四半期純利益                                   505,431
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   505,431
                                  74/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日
                                至 2019年6月30日)
     四半期純利益                                   505,431
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 1,074
                                         △ 606
      繰延ヘッジ損益
      その他の包括利益合計                                 △ 1,680
     四半期包括利益                                   503,751
      (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 503,751
                                  75/143
















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高               95,000       4,668,552         4,593,364          △ 1,293       9,355,622
     当期変動額
     剰余金の配当                              △ 131,236                △ 131,236
     親会社株主に帰属する
                                    1,912,908                 1,912,908
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 ―         ―     1,781,671            ―     1,781,671
     当期末残高               95,000       4,668,552         6,375,035          △ 1,293       11,137,294
                           その他の包括利益累計額

                 その他                          その他の
                                                   純資産合計
                                  土地再評価
                 有価証券       繰延ヘッジ損益                   包括利益
                                   差額金
                 評価差額金                          累計額合計
     当期首残高              △ 57,829        △ 25,146       △ 945,452       △ 1,028,428         8,327,194
     当期変動額
     剰余金の配当                                                △ 131,236
     親会社株主に帰属する
                                                     1,912,908
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                   △ 7,152         9,176          ―       2,024         2,024
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 7,152         9,176          ―       2,024       1,783,695
     当期末残高              △ 64,982        △ 15,970       △ 945,452       △ 1,026,404        10,110,889
                                  76/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高               95,000       4,668,552         6,375,035          △ 1,293       11,137,294
     当期変動額
     剰余金の配当                              △ 151,427                △ 151,427
     親会社株主に帰属する
                                    1,704,146                 1,704,146
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 ―         ―     1,552,719            ―     1,552,719
     当期末残高               95,000       4,668,552         7,927,754          △ 1,293       12,690,013
                           その他の包括利益累計額

                 その他                          その他の
                                                   純資産合計
                                  土地再評価
                 有価証券       繰延ヘッジ損益                   包括利益
                                   差額金
                 評価差額金                          累計額合計
     当期首残高              △ 64,982        △ 15,970       △ 945,452       △ 1,026,404        10,110,889
     当期変動額
     剰余金の配当                                                △ 151,427
     親会社株主に帰属する
                                                     1,704,146
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                    64,189         1,818          ―       66,008         66,008
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計               64,189         1,818          ―       66,008       1,618,727
     当期末残高                △ 792       △ 14,151       △ 945,452        △ 960,396       11,729,617
                                  77/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                2,982,903              2,691,262
      減価償却費                                 357,442              510,346
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   100             △ 830
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  72,717              △ 6,152
      受取利息及び受取配当金                                 △ 3,351             △ 2,230
      支払利息                                 105,960              147,492
      支払手数料                                  53,790              21,287
      減損損失                                    ―            30,204
      投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 2,128             △ 1,390
      投資有価証券評価損益(△は益)                                  1,169             115,128
      固定資産除却損                                  19,473                915
      売上債権の増減額(△は増加)                                  42,521              △ 1,433
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 4,175              3,592
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 10,784              △ 9,372
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 173,718              145,540
      未払金の増減額(△は減少)                                △ 176,929               91,471
      未払費用の増減額(△は減少)                                 115,453               86,785
                                        45,081              169,021
      その他
      小計                                3,425,524              3,991,641
      利息及び配当金の受取額
                                         3,372              2,233
      利息の支払額                                △ 105,547             △ 147,184
                                      △ 1,302,901              △ 920,476
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                2,020,447              2,926,214
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      投資有価証券の売却による収入                                  55,423               2,200
      有形固定資産の取得による支出                               △ 1,551,503             △ 3,848,279
      無形固定資産の取得による支出                                △ 202,975              △ 41,369
      定期預金の払戻による収入                                    ―            25,000
      差入保証金の差入による支出                                △ 412,717              △ 1,651
      差入保証金の回収による収入                                 117,984               52,362
      その他                                △ 119,208              △ 3,274
      投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 2,112,996             △ 3,815,011
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                    ―          1,000,000
      長期借入れによる収入                                 510,000              990,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 922,523             △ 897,762
      配当金の支払額                                △ 131,236             △ 151,427
      リース債務の返済による支出                                 △ 8,802             △ 38,090
      その他                                 △ 53,790             △ 21,287
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 606,353              881,432
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 698,902              △ 7,364
     現金及び現金同等物の期首残高                                  3,816,249              3,117,346
                                    ※1  3,117,346            ※1  3,109,981
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  78/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
       (1)  連結子会社の数 2社
         名古屋国際ホテル株式会社、浜田ワシントンホテル株式会社
       (2)  非連結子会社の名称等
         有限会社インテグレ倉敷
         (連結の範囲から除いた理由)
          非連結子会社は、小規模かつ清算手続中であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び
         利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
      2 持分法の適用に関する事項

       (1)  持分法を適用していない非連結子会社(有限会社インテグレ倉敷)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益
         剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、
         かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         ① 有価証券
           その他有価証券
            時価のあるもの
             連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原
            価は移動平均法により算定)を採用しております。
            時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
         ② デリバティブの評価基準及び評価方法
           時価法(なお、ヘッジ取引についてはヘッジ会計によっております。)
         ③ たな卸資産
           主として総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

         ① 有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以降
           に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物及び構築物    3~39年
            工具、器具及び備品  2~20年
         ② 無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
                                  79/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ③ リース資産
           所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。なお、所有権移転外ファ
           イナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が2008年3月31日以前のリース取引については、通常の
           賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
       (3)  重要な引当金の計上基準

         ① 貸倒引当金
            債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権及び破産更生債権
           等の特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         ② 賞与引当金
            従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上しております。
         ③ 役員賞与引当金
            役員の賞与の支給に充てるため、支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上しております。
         ④ ポイント引当金
            販売促進を目的とするポイント制度による将来のポイント利用に備えるため、過去の実績に基づき、将
           来使用されると見込まれる金額を計上しております。
         ⑤ 未使用商品券引当金
            負債計上中止後の未回収商品券の回収による損失に備えるため、将来の回収見込額を計上しておりま
           す。
         ⑥ 役員退職慰労引当金
            役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく当連結会計年度末における要支給
           額を計上しております。
       (4)  重要なヘッジ会計の方法

         ① ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理によっております。
         ② ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ手段…金利スワップ
            ヘッジ対象…借入金の金利
         ③ ヘッジ方針
            内部規程に基づき、借入金の金利変動リスクを回避する目的で利用しております。
         ④ ヘッジ有効性評価の方法
            ヘッジ手段とヘッジ対象に関する重要な条件が同一であるため、有効性の判定は省略しております。
       (5)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
         しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (6)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

          消費税等の会計処理
           消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  80/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
         すべての子会社を連結しております。
         連結子会社の数 1社
         名古屋国際ホテル株式会社
          従来、連結子会社であった浜田ワシントンホテル株式会社は、当社が吸収合併したため、当連結会計年度
         の期首より連結の範囲から除外しております。また、非連結子会社であった有限会社インテグレ倉敷は、当
         連結会計年度において清算結了しております。
      2 持分法の適用に関する事項

         非連結子会社及び関連会社がないため、持分法の適用はありません。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

         すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
          その他有価証券
           時価のあるもの
            連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価
           は移動平均法により算定)を採用しております。
           時価のないもの
            移動平均法による原価法を採用しております。
        ② デリバティブの評価基準及び評価方法
          時価法(なお、ヘッジ取引についてはヘッジ会計によっております。)
        ③ たな卸資産
          主として総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ① 有形固定資産(リース資産を除く)
           定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以降
          に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
           なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
           建物及び構築物    3~39年
           工具、器具及び備品  2~20年
        ② 無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法を採用しております。
           なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
        ③ リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。なお、所有権移転外ファ
          イナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が2008年3月31日以前のリース取引については、通常の
          賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
                                  81/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)  重要な引当金の計上基準
        ① 貸倒引当金
           債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権及び破産更生債権
          等の特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能の債権については個別に回収可能性を検
          討し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
           従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上しております。
        ③ 役員賞与引当金
           役員の賞与の支給に充てるため、支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上しております。
        ④ ポイント引当金
           販売促進を目的とするポイント制度による将来のポイント利用に備えるため、過去の実績に基づき、将
          来使用されると見込まれる金額を計上しております。
        ⑤ 未使用商品券引当金
           負債計上中止後の未回収商品券の回収による損失に備えるため、将来の回収見込額を計上しておりま
          す。
        ⑥ 役員退職慰労引当金
           役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく当連結会計年度末における要支給
          額を計上しております。
       (4)  重要なヘッジ会計の方法

        ① ヘッジ会計の方法
           繰延ヘッジ処理によっております。
        ② ヘッジ手段とヘッジ対象
           ヘッジ手段…金利スワップ
           ヘッジ対象…借入金の金利
        ③ ヘッジ方針
           内部規程に基づき、借入金の金利変動リスクを回避する目的で利用しております。
        ④ ヘッジ有効性評価の方法
           ヘッジ手段とヘッジ対象に関する重要な条件が同一であるため、有効性の判定は省略しております。
       (5)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
         しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (6)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

          消費税等の会計処理
           消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  82/143







                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (未適用の会計基準等)
     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          平成30年3月30日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   平成30年3月30日)
      (1)  概要
        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日
        2022年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響
        当該会計基準等の適用による影響は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          平成30年3月30日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   平成30年3月30日)
      (1)  概要
        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日
        2022年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響
        当該会計基準等の適用による影響は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
       (表示方法の変更)

     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会計基準一
      部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税
      金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更しました。
       この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」192,260千円は、「投資
      その他の資産」の「繰延税金資産」350,572千円に含めて表示しております。
                                  83/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結貸借対照表関係)
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        減価償却累計額                        7,736,832     千円            8,032,031     千円
     ※2 非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        投資その他の資産「その他」
                                  1,681   千円                ― 千円
        (出資金)
     ※3 担保資産及び担保付債務

       (1)  担保に供している資産及び担保付債務は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        現金及び預金                         85,000   千円              60,000   千円
        建物及び構築物                        2,034,703     千円            3,606,832     千円
        土地                        4,573,077     千円            5,399,227     千円
        投資有価証券                         116,480    千円                ― 千円
        差入保証金                        1,059,663     千円            1,059,663     千円
        計                        7,868,924     千円            10,125,723     千円
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        短期借入金                         20,200   千円            1,020,200     千円
        1年内返済予定の長期借入金                         665,888    千円             795,831    千円
        長期借入金                        4,987,606     千円            5,063,481     千円
        計                        5,673,694     千円            6,879,512     千円
       (2)  資金決済に関する法律に基づき供託している資産は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        差入保証金                         85,000   千円              85,000   千円
     ※4 土地の再評価

        土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)及び土地の再評価に関する法律の一部を改正す
       る法律(平成13年3月31日公布法律第19号)に基づき、事業用土地の再評価を行い、再評価差額から「再評価に係
       る繰延税金負債」を控除した金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
       ・再評価の方法
        土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定める路線価に基づき、
       また、路線価のない土地は、第2条第3号に定める固定資産税評価額に基づき、合理的な調整を行い算出してお
       ります。
       ・再評価を行った年月日
        2002年3月31日
       ・前連結会計年度末及び当連結会計年度末において、再評価を行った土地の時価が再評価後の帳簿価額を上回っ
       ているため、差額を記載しておりません。
                                  84/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     
      を締結しております。
      連結会計年度末における当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        当座貸越極度額
                                5,730,000     千円            4,510,000     千円
        及び貸出コミットメントの総額
        借入実行残高                         20,000   千円            1,010,000     千円
        差引額                        5,710,000     千円            3,500,000     千円
                                  85/143

















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結損益計算書関係)
     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                             至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        給料手当及び賞与                         222,193    千円             248,787    千円
        賞与引当金繰入額                         17,266   千円              19,484   千円
        役員賞与引当金繰入額                         13,000   千円              12,000   千円
        役員退職慰労引当金繰入額                         12,950   千円              13,200   千円
        ポイント引当金繰入額                         133,385    千円             151,292    千円
        減価償却費                         59,025   千円              50,520   千円
     ※2    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                             至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        建物及び構築物                          9,453   千円               178  千円
        ソフトウエア                          3,258   千円                ― 千円
        撤去費用                          5,334   千円                ― 千円
        その他                          1,426   千円               737  千円
        計                         19,473   千円               915  千円
     ※3    減損損失

     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      当連結会計年度において、当社グループは以下の資産について減損損失を計上しました。
     (1)  資産グルーピングの方法
       当社グループは、資産を事業資産、遊休資産等にグループ化し、事業資産については、個々のホテルをグルーピ
      ングの最小単位とし、遊休資産等については個別の物件を最小単位としております。
     (2)  減損損失を認識した資産グループ及び減損損失計上額、資産種類ごとの内訳
            場所             用途             種類          減損損失(千円)
                                  建物及び構築物                      19,550
       愛知県名古屋市中区
                     事業資産             ソフトウェア                       5,554
       (名古屋国際ホテル)
                                  その他                       5,099
     (3)  減損損失を認識するに至った経緯
       収益性の低下等により、上記の資産グループについて帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。
     (4)  回収可能価額の算定方法
       当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローが見込めないた
      め、零として評価しております。
                                  86/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結包括利益計算書関係)
      その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                             至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額
                                △9,365千円                △17,279千円
         組替調整額
                                △1,537千円                 115,128千円
          税効果調整前
                               △10,902千円                  97,849千円
          税効果額                       3,750千円               △33,660千円
          その他有価証券評価差額金
                                △7,152千円                 64,189千円
        繰延ヘッジ損益
         当期発生額
                                13,988千円                 2,772千円
         組替調整額                            ―                 ―
          税効果調整前
                                13,988千円                 2,772千円
          税効果額
                                △4,812千円                  △953千円
          繰延ヘッジ損益
                                 9,176千円                 1,818千円
               その他の包括利益合計                  2,024千円                66,008千円
                                  87/143














                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式               10,100,000               ―           ―      10,100,000
     2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式                  4,850             ―           ―         4,850
     3 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (千円)         (円)
     2017年6月28日
                普通株式          131,236          13.00    2017年3月31日         2017年6月29日
     定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     2018年6月27日
              普通株式      利益剰余金         151,427        15.00    2018年3月31日         2018年6月28日
     定時株主総会
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式               10,100,000               ―           ―      10,100,000
     2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式                  4,850             ―           ―         4,850
     3 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (千円)         (円)
     2018年6月27日
                普通株式          151,427          15.00    2018年3月31日         2018年6月28日
     定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     2019年6月27日
              普通株式      利益剰余金         161,522        16.00    2019年3月31日         2019年6月28日
     定時株主総会
                                  88/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     
      す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                             至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        現金及び預金                        3,220,346     千円            3,187,981     千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                        △103,000     千円             △78,000    千円
        現金及び現金同等物                        3,117,346     千円            3,109,981     千円
     2 重要な非資金取引の内容は、次のとおりであります。

      (1)  新たに計上したファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                             至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        ファイナンス・リース取引に係る資
                                2,147,571     千円                ― 千円
        産及び債務の額
      (2)  新たに計上した重要な資産除去債務の額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                             至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        重要な資産除去債務の計上額                            ― 千円             162,400    千円
                                  89/143













                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (リース取引関係)
     1 ファイナンス・リース取引
      (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      (1)  リース資産の内容
        有形固定資産
         ホテル事業における建物
      (2)  リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4                         (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法」に記載の
        とおりであります。
         なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、2008年3月31日以前のリース
        取引については、通常の賃貸借処理に係る方法に準じた会計処理を行っており、その内容は次のとおりであり
        ます。
       ① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
                                                     (単位:千円)
                                       前連結会計年度
                                      (2018年3月31日)
                                       減価償却累計額
                           取得価額相当額                       期末残高相当額
                                         相当額
        建物及び構築物                       5,184,381           3,751,811           1,432,570
        合計                       5,184,381           3,751,811           1,432,570
                                                     (単位:千円)

                                       当連結会計年度
                                      (2019年3月31日)
                                       減価償却累計額
                           取得価額相当額                       期末残高相当額
                                         相当額
        建物及び構築物                       3,101,906           1,928,555           1,173,351
        合計                       3,101,906           1,928,555           1,173,351
       ② 未経過リース料期末残高相当額

                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
        1年以内                              320,617                 174,164
        1年超                             1,582,892                 1,408,728
        合計                             1,903,509                 1,582,892
       ③ 支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額

                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2017年4月1日               (自    2018年4月1日
                             至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        支払リース料                              423,411                 415,961
        減価償却費相当額                              259,219                 259,219
        支払利息相当額                              112,813                  95,344
                                  90/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ④ 減価償却費相当額及び利息相当額の算定方法

         減価償却費相当額の算定方法
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
         利息相当額の算定方法
          リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利
         息法によっております。
     2 オペレーティング・リース取引
      (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        1年以内                             3,565,976                 3,745,942
        1年超                            12,823,392                 12,564,591
        合計                            16,389,369                 16,310,534
      (貸主側)

      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        1年以内                               61,484                 26,218
        1年超                               24,442                 39,424
        合計                               85,926                 65,643
                                  91/143












                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金調達については銀行等金融機関からの借入により調達しております。資金運用について
       は安全性の高い金融資産に限定し運用を行っております。デリバティブは、借入金の金利変動リスクを回避する
       ために利用し、投機目的のデリバティブ取引は行わない方針をとっております。
      (2)  金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク並びにリスク管理体制

        営業債権である売掛金は顧客の信用リスクに晒されておりますが、債権債務管理規程に従いリスクの低減に努
       めております。投資有価証券については、主に取引先企業に関する株式であり、市場リスク及び信用リスクに晒
       されておりますが、経理財務部が対象となる企業の市場価格及び財務状況を定期的に確認しております。差入保
       証金については、賃借物件において預託しているものであり、貸主の信用リスクに晒されておりますが、財政状
       況等の悪化を、事業所責任者が経理財務部長へ報告することにより、回収懸念の早期把握を行い軽減を図ってお
       ります。
        買掛金、未払金及び未払法人税等については、1年以内の支払期日であります。これらは、流動性リスクに晒
       されていますが、債権債務管理規程に従い経理財務部が管理しており、リスクの低減に努めております。
        借入金は、主に運転資金又は設備投資に係る資金調達を目的としたものであります。リース債務については、
       ホテル用建物に係るものであります。これらは、支払金利の変動リスク及び流動性リスクを伴っておりますが、
       固定金利による借り入れ、及び資金繰り計画の作成と適宜の見直しにより、当該リスクを経理財務部が管理して
       おります。
        デリバティブは金利変動リスクに対するリスクヘッジを目的とした金利スワップであります。また、取引の執
       行・管理については、デリバティブ管理規程に従って行っており、その利用にあたっては、信用リスクを軽減す
       るために、信用度の高い国内の金融機関とのみ取引を行っております。
        なお、ヘッジ会計の方法、ヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ有効性の評価の方法については、連
       結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                    (4)  重要なヘッジ会計の方法」に記
       載しております。
      (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく時価のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
                                  92/143









                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                        連結貸借対照表計上額                時価           差額

                           (千円)            (千円)           (千円)
     (1)  現金及び預金
                              3,220,346           3,220,346                ―
     (2)  売掛金
                               888,079           888,079               ―
     (3)  投資有価証券
      その他有価証券                          217,068           217,068               ―
     (4)  差入保証金                                              △  85,674
                              4,483,811           4,398,137
                                                     △  85,674
            資産計                  8,809,304           8,723,630
     (1)  買掛金
                               251,831           251,831               ―
     (2)  短期借入金
                               20,200           20,200              ―
     (3)  未払金
                              1,566,086           1,566,086                ―
     (4)  未払法人税等
                               410,813           410,813              ―
     (5)  長期借入金
                              6,519,314           6,542,313             22,999
     (1年内返済予定の長期借入金含む)
     (6)  リース債務
                                                    △  110,979
                              2,138,769           2,027,789
     (1年内返済予定のリース債務含む)
                                                     △  87,979
            負債計                 10,907,014           10,819,035
         デリバティブ(※)                     △24,344           △24,344               ―
     (※) デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
        いては△で表示しております。
     (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブに関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         売掛金 
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)  投資有価証券
       これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引金融機関等から提示された価格によって
      おります。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
      (4)  差入保証金
       これらの時価については、返還時期を見積り、将来キャッシュ・フローを国債利回り等適切な指標で割り引いた
      現在価値により算定しております。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      短期借入金、(3)        未払金、(4)      未払法人税等
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (5)  長期借入金
       変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映するため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価
      額によっております。また、固定金利によるものは、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定され
      る利率で割り引いた現在価値によっております。
      (6)  リース債務
       これらの時価については、元利金の合計額を同様のリース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在
      価値により算定しております。
     デリバティブ

      後述の(デリバティブ取引関係)をご参照ください。
                                  93/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                          (単位:千円)
          区分            2018年3月31日
         非上場株式                     8,802
         差入保証金                    256,730
       これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把握す
      ることが極めて困難と認められることから、「(3)                         投資有価証券」及び「(4)             差入保証金」には含めておりませ
      ん。
     (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                                1年以内                     10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金                           3,220,346           ―       ―       ―
     売掛金                            888,079          ―       ―       ―
     投資有価証券
      その他有価証券のうち満期があるもの(債券)                               ―       ―    100,000          ―
     差入保証金                            182,572      2,693,049       1,189,218        675,701
                合計                4,290,997       2,693,049       1,289,218        675,701
     (注4)    長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超

                   1年以内                                  5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                 (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金                885,408       837,988       792,035       792,328      1,143,394       2,068,159
     リース債務                38,090       39,544       41,072       42,679       44,367     1,933,014
          合計          923,498       877,532       833,108       835,007      1,187,762       4,001,173
                                  94/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金調達については銀行等金融機関からの借入により調達しております。資金運用について
       は安全性の高い金融資産に限定し運用を行っております。デリバティブは、借入金の金利変動リスクを回避する
       ために利用し、投機目的のデリバティブ取引は行わない方針をとっております。
      (2)  金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク並びにリスク管理体制

        営業債権である売掛金は顧客の信用リスクに晒されておりますが、債権債務管理規程に従いリスクの低減に努
       めております。投資有価証券については、主に取引先企業に関する株式であり、市場リスク及び信用リスクに晒
       されておりますが、経理財務部が対象となる企業の市場価格及び財務状況を定期的に確認しております。差入保
       証金については、賃借物件において預託しているものであり、貸主の信用リスクに晒されておりますが、財政状
       況等の悪化を、事業所責任者が経理財務部長へ報告することにより、回収懸念の早期把握を行い軽減を図ってお
       ります。
        買掛金、未払金及び未払法人税等については、1年以内の支払期日であります。これらは、流動性リスクに晒
       されていますが、債権債務管理規程に従い経理財務部が管理しており、リスクの低減に努めております。
        借入金は、主に運転資金又は設備投資に係る資金調達を目的としたものであります。リース債務については、
       ホテル用建物に係るものであります。これらは、支払金利の変動リスク及び流動性リスクを伴っておりますが、
       固定金利による借り入れ、及び資金繰り計画の作成と適宜の見直しにより、当該リスクを経理財務部が管理して
       おります。
        デリバティブは金利変動リスクに対するリスクヘッジを目的とした金利スワップであります。また、取引の執
       行・管理については、デリバティブ管理規程に従って行っており、その利用にあたっては、信用リスクを軽減す
       るために、信用度の高い国内の金融機関とのみ取引を行っております。
        なお、ヘッジ会計の方法、ヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ有効性の評価の方法については、連
       結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                    (4)  重要なヘッジ会計の方法」に記
       載しております。
      (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく時価のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
                                  95/143









                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                        連結貸借対照表計上額                時価           差額

                           (千円)            (千円)           (千円)
     (1)  現金及び預金
                              3,187,981           3,187,981                ―
     (2)  売掛金
                               889,512           889,512               ―
     (3)  投資有価証券
      その他有価証券                          199,789           199,789               ―
     (4)  差入保証金
                              4,404,692           4,310,994            △93,698
            資産計                  8,681,975           8,588,276            △93,698
     (1)  買掛金
                               242,459           242,459               ―
     (2)  短期借入金
                              1,020,200           1,020,200                ―
     (3)  未払金
                              1,146,935           1,146,935                ―
     (4)  未払法人税等
                               508,224           508,224               ―
     (5)  長期借入金
                              6,611,552           6,642,090             30,538
     (1年内返済予定の長期借入金含む)
     (6)  リース債務
                              2,100,678           2,047,238            △53,439
     (1年内返済予定のリース債務含む)
            負債計                 11,630,050           11,607,148            △22,901
         デリバティブ(※)                     △21,572           △21,572               ―
    (※) デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
       ては△で表示しております。
     (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブに関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         売掛金
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)  投資有価証券
       これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引金融機関等から提示された価格によって
      おります。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
      (4)  差入保証金
       これらの時価については、返還時期を見積り、将来キャッシュ・フローを国債利回り等適切な指標で割り引いた
      現在価値により算定しております。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      短期借入金、(3)        未払金、(4)      未払法人税等
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (5)  長期借入金
       変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映するため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価
      額によっております。また、固定金利によるものは、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定され
      る利率で割り引いた現在価値によっております。
      (6)  リース債務
       これらの時価については、元利金の合計額を同様のリース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在
      価値により算定しております。
     デリバティブ

      後述の(デリバティブ取引関係)をご参照ください。
                                  96/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                          (単位:千円)
          区分            2019年3月31日
         非上場株式                     8,202
         差入保証金                    281,812
       これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)                                                投資有価
      証券及び「(4)       差入保証金」には含めておりません。
     (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金                           3,187,981           ―       ―       ―
     売掛金                            889,512          ―       ―       ―
     投資有価証券
      その他有価証券のうち満期があるもの(債券)                                ―       ―    100,000          ―
     差入保証金                           1,231,721       1,749,647        854,587       850,549
                合計                5,309,215       1,749,647        954,587       850,549
     (注4)    長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超

                   1年以内                                  5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                 (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金                935,791       920,021       875,575      1,249,250        836,876      1,794,037
     リース債務                39,544       41,072       42,679       44,367       46,142     1,886,872
          合計          975,335       961,093       918,254      1,293,618        883,018      3,680,909
                                  97/143












                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
      前連結会計年度(2018年3月31日)
    1 その他有価証券
                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えないもの
      株式                         116,480            214,500            △98,020
      債券                         100,588            101,625            △1,037

            合計                  217,068            316,125            △99,057

     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額8,802千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
        と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
    2 連結会計年度中に売却したその他有価証券

                       売却額           売却益の合計額             売却損の合計額

          区分
                       (千円)             (千円)             (千円)
      株式                       1,280               ―            591
      債券                       53,092              2,112               ―

      その他                       1,050               16              ―

          合計                  55,423              2,128              591

    3 減損処理を行った有価証券

      その他有価証券の株式について1,169千円の減損処理を行っております。
      なお、その他有価証券で時価のある株式の減損処理にあたっては、取得原価に対する期末日における時価の下落率
     が50%以上の銘柄については合理的な反証がない限り減損処理を行い、下落率が30%以上50%未満の銘柄について
     は、財政状態、営業成績ならびに株価の推移を個別に検討し、回復可能性が乏しいと判断される場合は必要と認めら
     れる額について減損処理を行うこととしております。
                                  98/143









                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(2019年3月31日)
    1 その他有価証券
                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えないもの
      株式                         99,372            99,372               ―
      債券                         100,417            101,625            △1,208

            合計                  199,789            200,997            △1,208

     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額8,202千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
        と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
    2 連結会計年度中に売却したその他有価証券

                       売却額           売却益の合計額             売却損の合計額

          区分
                       (千円)             (千円)             (千円)
      株式                       2,200             1,390               ―
          合計                  2,200             1,390               ―

    3 減損処理を行った有価証券

      その他有価証券の株式について115,128千円の減損処理を行っております。
      なお、その他有価証券で時価のある株式の減損処理にあたっては、取得原価に対する期末日における時価の下落率
     が50%以上の銘柄については合理的な反証がない限り減損処理を行い、下落率が30%以上50%未満の銘柄について
     は、財政状態、営業成績ならびに株価の推移を個別に検討し、回復可能性が乏しいと判断される場合は必要と認めら
     れる額について減損処理を行うこととしております。
                                  99/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (デリバティブ取引関係)
      前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
    1 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
     (1)  金利関連
                                          契約額等のうち

      ヘッジ会計         デリバティブ                    契約額等                  時価
                        主なヘッジ対象                   1年超
       の方法        取引の種類等                    (千円)                 (千円)
                                            (千円)
             金利スワップ取引
     繰延ヘッジ処理                     長期借入金
              支払固定・
                                    3,553,406         611,498        △24,344
              受取変動
                 合計                  3,553,406         611,498        △24,344
     (注) 時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
      当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

    1 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
     (1)  金利関連
                                          契約額等のうち

      ヘッジ会計         デリバティブ                    契約額等                  時価
                        主なヘッジ対象                   1年超
       の方法        取引の種類等                    (千円)                 (千円)
                                            (千円)
             金利スワップ取引
     繰延ヘッジ処理                     長期借入金
              支払固定・
                                    1,847,998        1,538,790         △21,572
              受取変動
                 合計                  1,847,998        1,538,790         △21,572
     (注) 時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
       (退職給付関係)

      前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
         当社及び連結子会社は、確定拠出年金制度及び前払退職金制度を選択制で採用しております。
      2.退職給付費用に関する事項

         確定拠出年金への掛金支払額  18,087千円
         前払退職金の支払額      45,026千円
      当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      1.採用している退職給付制度の概要
         当社及び連結子会社は、確定拠出年金制度及び前払退職金制度を選択制で採用しております。
      2.退職給付費用に関する事項

         確定拠出年金への掛金支払額  18,683千円
         前払退職金の支払額      43,296千円
                                100/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                              35,106   千円
        賞与引当金                              58,212   千円
        ポイント引当金                              42,389   千円
        未払費用                              34,356   千円
        長期未払金                             112,917    千円
        減価償却費及び減損損失                              54,165   千円
        差入保証金                              87,448   千円
        土地再評価差額金                             325,512    千円
        その他有価証券評価差額金                              34,075   千円
                                      97,875   千円
        その他
       繰延税金資産小計
                                      882,058    千円
                                     △376,672     千円
       評価性引当額
       繰延税金資産合計                              505,386    千円
       繰延税金負債

        土地圧縮積立金                            △143,309     千円
        土地再評価差額金                              △421   千円
                                     △11,503    千円
        その他
       繰延税金負債合計                             △155,234     千円
       繰延税金資産純額                              350,151    千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
      法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記

     を省略しております。
                                101/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                              44,591   千円
        賞与引当金                              56,095   千円
        ポイント引当金                              47,912   千円
        未払費用                              59,021   千円
        長期未払金                             108,870    千円
        減価償却費及び減損損失                              51,522   千円
        差入保証金                              88,592   千円
        土地再評価差額金                             325,512    千円
        その他有価証券評価差額金                               415  千円
        資産除去債務                              62,699   千円
        繰越欠損金                              2,812   千円
                                      103,793    千円
        その他
       繰延税金資産小計                              951,840    千円
                                     △406,120     千円
       評価性引当額(注)
       繰延税金資産合計                              545,719    千円
       繰延税金負債

        土地圧縮積立金                            △142,127     千円
        資産除去債務に対応する除去費用                             △55,702    千円
        土地再評価差額金                              △421   千円
                                     △12,032    千円
        その他
       繰延税金負債合計                             △210,284     千円
       繰延税金資産純額                              335,434    千円
     (注)評価性引当額が29,447千円増加しております。この増加の主な内容は、連結子会社                                          名古屋国際ホテル株式会社
       において、減価償却超過額に関する評価性引当額を15,904千円追加的に認識したことに伴うものであります。
        なお、名古屋国際ホテル株式会社は、2019年3月期の当初計画は当期利益の黒字としておりましたが、外部環境
       の悪化に伴い、赤字に転じました。2020年3月期の計画においても十分な課税所得が見込めないため、全額評価性
       引当金を充当しております。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                34.4  %

       (調整)
        住民税均等割等                                 1.2  %
        評価性引当額の増減                                 1.1  %
                                       △0.1   %
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                36.7  %
                                102/143






                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (企業結合等関係)
     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      共通支配下の取引等
      子会社の吸収合併
       当社は、2017年12月15日開催の取締役会決議に基づき、100%出資の連結子会社である浜田ワシントンホテル株式
      会社を、2018年4月1日付で吸収合併いたしました。
     1.吸収合併の概要
      (1)  吸収合併する相手会社の名称
         浜田ワシントンホテル株式会社
      (2)  吸収合併する事業の内容
         不動産賃貸業
      (3)  吸収合併の期日(効力発生日)
         2018年4月1日
      (4)  吸収合併の法的形式
         当社を存続会社とする吸収合併方式
      (5)  結合後企業の名称
         ワシントンホテル株式会社
      (6)  吸収合併に係る割当ての内容
         当社は合併期日時点で浜田ワシントンホテル株式会社の発行済株式の全てを所有しており、本件吸収合併は
        完全親子会社間にて実施されるため、株式の割当てや、その他の金銭等の交付は行いません。
     2.実施した会計処理の概要
       「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事業分離
      等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に基づき、共通支配下の取引と
      して処理しています。
                                103/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
      (1)  当該資産除去債務の概要
        事業所等の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識しております。
        なお、不動産賃貸契約に関連する差入保証金の額が、最終的に回収が見込めないと認められる金額を上回る場
       合は、負債の計上に代えて差入保証金の額を減額し、費用に計上する方法によっております。
      (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法
        使用見込期間を当該資産の耐用年数に応じて8年~20年と見積り、割引率は当該資産の取得時点における使用
       見込期間に応じた国債利回りの利率に基づき1.04%~1.85%を使用しております。
      (3)  当該資産除去債務の総額の増減
           期首残高                       19,792千円

           有形固定資産の取得に伴う増加額                            ―
           時の経過による調整額                            ―
           資産除去債務の履行による減少額                            ―
           期末残高                       19,792千円
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
      (1)  当該資産除去債務の概要
        事業所等の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識しております。
        なお、不動産賃貸契約に関連する差入保証金の額が、最終的に回収が見込めないと認められる金額を上回る場
       合は、負債の計上に代えて差入保証金の額を減額し、費用に計上する方法によっております。
      (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法
        使用見込期間を当該資産の耐用年数に応じて8年~29年と見積り、割引率は当該資産の取得時点における使用
       見込期間に応じた国債利回りの利率に基づき0.55%~1.85%を使用しております。
      (3)  当該資産除去債務の総額の増減
           期首残高                       19,792千円

           有形固定資産の取得に伴う増加額                       162,400千円
           時の経過による調整額                         74千円
           資産除去債務の履行による減少額                            ―
           期末残高                       182,266千円
                                104/143









                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (賃貸等不動産関係)
       当社では、将来ホテルとして使用する目的で取得した不動産のうち、賃貸借契約が付帯する物件については、ホ
      テル稼働までの期間における当該賃貸借契約期間において一時的に賃貸しております。
       前連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は、16,592千円(賃貸収益は売上高に、賃貸費用は売
      上原価並びに販売費及び一般管理費に、支払利息は営業外費用に計上)であります。
       当連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は、17,135千円(賃貸収益は売上高に、賃貸費用は売
      上原価並びに販売費及び一般管理費に、支払利息は営業外費用に計上)であります。
       また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は以下のとおりであります。
                                                      単位:千円
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
                     期首残高                 1,557,762                 1,547,415
        連結貸借対照表計上額            期中増減額                  △10,346               △1,547,415
                     期末残高                 1,547,415                     ―
               期末時価                       1,547,415                     ―
       (注)   1 連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
          2 期中増減額のうち、前連結会計年度の主な減少額は、減価償却費であります。また、当連結会計年度の
            主な減少額は、賃貸等不動産から営業用不動産への用途変更による振替(1,539,717千円)、減価償却費
            (7,698千円)による減少であります。
          3 期末の時価は、時価の変動が軽微であると考えられるため、取得価額をもって時価としております。
                                105/143













                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        当社グループは、ホテル事業の単一セグメントのため、記載を省略しております。
       【関連情報】

     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
     1 製品及びサービスごとの情報
       ホテル事業の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報
      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3 主要な顧客ごとの情報
       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省略して
      おります。
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

     1 製品及びサービスごとの情報
       ホテル事業の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報
      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3 主要な顧客ごとの情報
       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省略して
      おります。
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

        当社グループは、ホテル事業の単一セグメントのため、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

        該当事項はありません。
                                106/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
       前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

        該当事項はありません。
                                107/143


















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

        該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

                           前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自    2017年4月1日               (自    2018年4月1日
                          至   2018年3月31日)                至   2019年3月31日)
     1株当たり純資産額                             1,001.56円                  1,161.91円
     1株当たり当期純利益                               189.49円                  168.81円

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度

                                 (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                項目
                                 至   2018年3月31日)           至   2019年3月31日)
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)

                                       1,912,908             1,704,146
      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                           ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                       1,912,908             1,704,146
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                       10,095,150             10,095,150
                                108/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                                  当第1四半期連結累計期間
                              (自    2019年4月1日         至   2019年6月30日)
      税金費用の計算                   税金計算については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引
                      前当   期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積もり、税引
                      前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            当第1四半期連結累計期間

                             (自    2019年4月1日
                              至   2019年6月30日)
        減価償却費                         153,296千円
       (株主資本等関係)

      当第1四半期連結累計期間(自                2019年4月1日 至           2019年6月30日)
      1   配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり

        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当金の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2019年6月27日
                       161,522       16.00
               普通株式                   2019年3月31日         2019年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
       当社グループは、ホテル事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                109/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 当第1四半期連結累計期間

                                  (自    2019年4月1日
                                  至   2019年6月30日)
     1株当たり四半期純利益                                    50円07銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

                                         505,431
      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益(千
                                         505,431
     円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                        10,095,150
     (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                110/143














                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【連結附属明細表】(2019年3月31日現在)
       【社債明細表】
       該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                     20,200       1,020,200           0.36        ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     885,408         935,791          0.69        ―

     1年以内に返済予定のリース債務                     38,090         39,544          4.99        ―

                                                 2019年4月~
     長期借入金(1年以内に返済予定
                        5,633,906         5,675,761           0.67
     のものを除く)
                                                  2038年3月
                                                 2019年4月~
     リース債務(1年以内に返済予定
                        2,100,678         2,061,133           4.99
     のものを除く)
                                                  2047年8月
           合計             8,678,283         9,732,430             ―      ―
     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返
          済予定額の総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

              区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金              920,021          875,575         1,249,250           836,876
          リース債務               41,072          42,679          44,367          46,142

       【資産除去債務明細表】

        当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会計
       年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
     (2)  【その他】

       該当事項はありません。
                                111/143









                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                    ※1  2,859,429            ※1  2,874,877
        現金及び預金
        売掛金                                827,121              825,220
        原材料及び貯蔵品                                41,124              38,340
        前払費用                                489,953              486,532
                                     ※3  198,603             ※3  66,767
        その他
                                         △ 600               ―
        貸倒引当金
        流動資産合計                               4,415,631              4,291,738
      固定資産
        有形固定資産
                                    ※1  2,013,444            ※1  5,554,167
         建物
         工具、器具及び備品                              179,377              261,388
                                    ※1  4,528,091            ※1  5,511,837
         土地
         リース資産                             1,833,650              1,770,410
         建設仮勘定                             2,491,888              1,739,285
                                        33,049              72,087
         その他
         有形固定資産合計                             11,079,501              14,909,177
        無形固定資産
         電話加入権                               21,239              21,239
         ソフトウエア                              189,197              175,299
                                         1,490              3,257
         その他
         無形固定資産合計                              211,927              199,796
        投資その他の資産
                                     ※1  225,870            ※1  207,991
         投資有価証券
         関係会社株式                              441,412              164,210
         長期前払費用                              101,376               90,846
         繰延税金資産                              338,741              337,154
         長期貸付金                              111,770               1,260
                                   ※1 , ※3  4,820,141          ※1 , ※3  4,678,805
         差入保証金
                                      ※3  53,840            ※3  69,708
         その他
                                       △ 19,650             △ 19,650
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             6,073,503              5,530,327
        固定資産合計                              17,364,931              20,639,301
      資産合計                                21,780,562              24,931,040
                                112/143







                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                212,054              207,453
                                      ※1  20,200          ※1  1,020,200
        短期借入金
                                     ※1  815,688            ※1  935,791
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                38,090              39,544
        未払金                               1,529,041              1,102,209
        未払費用                                275,985              363,753
        未払法人税等                                398,998              507,936
        未払消費税等                                   ―           151,051
        賞与引当金                                154,330              150,285
        役員賞与引当金                                13,000              12,000
        ポイント引当金                                123,224              139,279
                                        186,018              204,663
        その他
        流動負債合計                               3,766,632              4,834,167
      固定負債
                                    ※1  5,544,606            ※1  5,675,761
        長期借入金
        リース債務                               2,100,678              2,061,133
        長期未払金                                328,248              316,484
        再評価に係る繰延税金負債                                  421              421
        未使用商品券等引当金                                32,907              28,370
        役員退職慰労引当金                                24,540              37,740
        資産除去債務                                19,792              182,266
                                        123,328              100,655
        その他
        固定負債合計                               8,174,522              8,402,833
      負債合計                                11,941,154              13,237,000
                                113/143











                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                95,000              95,000
        資本剰余金
         資本準備金                             2,500,000              2,500,000
                                       2,162,833              2,162,833
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                             4,662,833              4,662,833
        利益剰余金
         その他利益剰余金
           固定資産圧縮積立金                             273,287              271,034
                                       5,835,985              7,626,861
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             6,109,273              7,897,896
        自己株式                                △ 1,293             △ 1,293
        株主資本合計                              10,865,812              12,654,435
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                               △ 64,982               △ 792
        繰延ヘッジ損益                               △ 15,970             △ 14,151
                                       △ 945,452             △ 945,452
        土地再評価差額金
        評価・換算差額等合計                              △ 1,026,404              △ 960,396
      純資産合計                                9,839,408              11,694,039
     負債純資産合計                                 21,780,562              24,931,040
                                114/143












                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                    ※1  19,556,270            ※1  19,709,479
     売上高
                                    ※1  15,601,719            ※1  15,765,467
     売上原価
     売上総利益                                  3,954,550              3,944,011
                                    ※1 ,2  863,239           ※1 ,2  932,615
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  3,091,311              3,011,396
     営業外収益
                                      ※1  5,631            ※1  2,226
      受取利息及び配当金
      受取手数料                                  7,609              7,584
      受取保険金                                  2,358               146
      補助金収入                                  4,617               194
                                         6,974              12,254
      その他
      営業外収益合計                                  27,190              22,405
     営業外費用
      支払利息                                 101,346              147,439
      支払手数料                                  53,790              21,287
                                        13,493               8,069
      その他
      営業外費用合計                                 168,630              176,795
     経常利益                                  2,949,871              2,857,006
     特別利益
      投資有価証券売却益                                  2,128              1,390
                                           ―           175,608
      抱合せ株式消滅差益
      特別利益合計                                  2,128             176,998
     特別損失
      固定資産除却損                                  19,473                915
      投資有価証券評価損                                  1,169             115,128
                                         8,469               430
      その他
      特別損失合計                                  29,113              116,475
     税引前当期純利益                                  2,922,886              2,917,529
     法人税、住民税及び事業税
                                       1,013,687              1,007,449
                                        35,327             △ 29,969
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  1,049,014               977,479
     当期純利益                                  1,873,872              1,940,050
                                115/143








                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【売上原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                           至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
                                    構成比                  構成比
                    注記
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号
                                    (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費
       期首材料棚卸高                        32,976                  34,325

                             1,487,240                  1,476,469

       材料仕入
        合 計

                             1,520,217                  1,510,794
                               34,325                  33,800

       期末材料棚卸高
                                      9.5                  9.4

                             1,485,891                  1,476,994
     Ⅱ 労務費                        3,148,329        20.2         3,096,812        19.6

                             10,967,498                  11,191,659

     Ⅲ 経費                 ※                70.3                  71.0
       当期売上原価                              100.0                  100.0

                             15,601,719                  15,765,467
     (注)     ※   主な内訳は、次のとおりであります。

               項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
          水道光熱費                          1,109,753                 1,144,422

          建物管理費                          1,501,932                 1,543,058

          賃借料                          4,910,024                 4,800,595

          支払手数料                          1,047,379                 1,108,983

                                116/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                          (単位:千円)
                              株主資本
                                  資本剰余金
                 資本金
                                  その他資本
                         資本準備金                資本剰余金合計
                                   剰余金
     当期首残高               95,000       2,500,000         2,162,833         4,662,833
     当期変動額
     剰余金の配当
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 ―         ―         ―         ―
     当期末残高               95,000       2,500,000         2,162,833         4,662,833
                                  株主資本

                         利益剰余金
                    その他利益剰余金                       自己株式        株主資本合計
                                 利益剰余金合計
               固定資産圧縮積立金          繰越利益剰余金
     当期首残高               273,287        4,093,350         4,366,637          △ 1,293       9,123,177
     当期変動額
     剰余金の配当                      △ 131,236        △ 131,236                △ 131,236
     当期純利益                      1,873,872         1,873,872                 1,873,872
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 ―     1,742,635         1,742,635            ―     1,742,635
     当期末残高               273,287        5,835,985         6,109,273          △ 1,293       10,865,812
                            評価・換算差額等

                 その他
                                                   純資産合計
                                  土地再評価         評価・換算
                 有価証券       繰延ヘッジ損益
                                   差額金        差額等合計
                 評価差額金
     当期首残高              △ 57,829        △ 25,146       △ 945,452       △ 1,028,428         8,094,748
     当期変動額
     剰余金の配当                                                △ 131,236
     当期純利益                                                1,873,872
     株主資本以外の項目の
                   △ 7,152         9,176                 2,024         2,024
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 7,152         9,176          ―       2,024       1,744,659
     当期末残高              △ 64,982        △ 15,970       △ 945,452       △ 1,026,404         9,839,408
                                117/143






                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                          (単位:千円)
                              株主資本
                                  資本剰余金
                 資本金
                                  その他資本
                         資本準備金                資本剰余金合計
                                   剰余金
     当期首残高               95,000       2,500,000         2,162,833         4,662,833
     当期変動額
     剰余金の配当
     当期純利益
     固定資産圧縮積立金の
     取崩
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 ―         ―         ―         ―
     当期末残高               95,000       2,500,000         2,162,833         4,662,833
                                  株主資本

                         利益剰余金
                    その他利益剰余金                       自己株式        株主資本合計
                                 利益剰余金合計
               固定資産圧縮積立金          繰越利益剰余金
     当期首残高               273,287        5,835,985         6,109,273          △ 1,293       10,865,812
     当期変動額
     剰余金の配当                      △ 151,427        △ 151,427                △ 151,427
     当期純利益                      1,940,050         1,940,050                 1,940,050
     固定資産圧縮積立金の
                   △ 2,253         2,253          ―                 ―
     取崩
     株主資本以外の項目の
                      ―         ―         ―         ―         ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 2,253       1,790,876         1,788,622            ―     1,788,622
     当期末残高               271,034        7,626,861         7,897,896          △ 1,293       12,654,435
                            評価・換算差額等

                 その他
                                                   純資産合計
                                  土地再評価         評価・換算
                 有価証券       繰延ヘッジ損益
                                   差額金        差額等合計
                 評価差額金
     当期首残高              △ 64,982        △ 15,970       △ 945,452       △ 1,026,404         9,839,408
     当期変動額
     剰余金の配当                                                △ 151,427
     当期純利益                                                1,940,050
     固定資産圧縮積立金の
                                                         ―
     取崩
     株主資本以外の項目の
                    64,189         1,818          ―       66,008         66,008
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計               64,189         1,818          ―       66,008       1,854,631
     当期末残高                △ 792       △ 14,151       △ 945,452        △ 960,396       11,694,039
                                118/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      (1)  資産の評価基準及び評価方法
         ① 有価証券
           関係会社株式
            移動平均法による原価法を採用しております。
           その他有価証券
            時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
            均法により算定)を採用しております。
            時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
         ② デリバティブの評価基準及び評価方法
           時価法(なお、ヘッジ取引についてはヘッジ会計によっております。)
         ③ たな卸資産
           主として総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
      (2)  固定資産の減価償却の方法

         ① 有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以降
           に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物         3~39年
            工具、器具及び備品  2~20年
         ② 無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
         ③ リース資産
           所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。なお、所有権移転外ファ
           イナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が2008年3月31日以前のリース取引については、通常の
           賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
      (3)  引当金の計上基準

         ① 貸倒引当金
            債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権及び破産更生債権
           等の特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         ② 賞与引当金
            従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額のうち当事業年度負担額を計上しております。
         ③ 役員賞与引当金
            役員の賞与の支給に充てるため、支給見込額のうち当事業年度負担額を計上しております。
         ④ ポイント引当金
            販売促進を目的とするポイント制度による将来のポイント利用に備えるため、過去の実績に基づき、将
           来使用されると見込まれる金額を計上しております。
                                119/143




                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ⑤ 未使用商品券引当金
            負債計上中止後の未回収商品券の回収による損失に備えるため、将来の回収見込額を計上しておりま
           す。
         ⑥ 役員退職慰労引当金
            役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく当事業年度末における要支給額を
           計上しております。
      (4)  ヘッジ会計の方法

         ① ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理によっております。
         ② ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ手段…金利スワップ
            ヘッジ対象…借入金の金利
         ③ ヘッジ方針
            内部規程に基づき、借入金の金利変動リスクを回避する目的で利用しております。
         ④ ヘッジ有効性評価の方法
            ヘッジ手段とヘッジ対象に関する重要な条件が同一であるため、有効性の判定は省略しております。
      (5)  その他財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                120/143













                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      (1)  資産の評価基準及び評価方法
         ① 有価証券
           関係会社株式
            移動平均法による原価法を採用しております。
           その他有価証券
            時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
            均法により算定)を採用しております。
            時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
         ② デリバティブの評価基準及び評価方法
           時価法(なお、ヘッジ取引についてはヘッジ会計によっております。)
         ③ たな卸資産
           主として総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
      (2)  固定資産の減価償却の方法

         ① 有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以降
           に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物         3~39年
            工具、器具及び備品  2~20年
         ② 無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
         ③ リース資産
           所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。なお、所有権移転外ファ
           イナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が2008年3月31日以前のリース取引については、通常の
           賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
      (3)  引当金の計上基準

         ① 貸倒引当金
            債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権及び破産更生債権
           等の特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         ② 賞与引当金
            従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額のうち当事業年度負担額を計上しております。
         ③ 役員賞与引当金
            役員の賞与の支給に充てるため、支給見込額のうち当事業年度負担額を計上しております。
         ④ ポイント引当金
            販売促進を目的とするポイント制度による将来のポイント利用に備えるため、過去の実績に基づき、将
           来使用されると見込まれる金額を計上しております。
         ⑤ 未使用商品券引当金
            負債計上中止後の未回収商品券の回収による損失に備えるため、将来の回収見込額を計上しておりま
           す。
                                121/143



                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ⑥ 役員退職慰労引当金
            役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく当事業年度末における要支給額を
           計上しております。
      (4)  ヘッジ会計の方法

         ① ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理によっております。
         ② ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ手段…金利スワップ
            ヘッジ対象…借入金の金利
         ③ ヘッジ方針
            内部規程に基づき、借入金の金利変動リスクを回避する目的で利用しております。
         ④ ヘッジ有効性評価の方法
            ヘッジ手段とヘッジ対象に関する重要な条件が同一であるため、有効性の判定は省略しております。
      (5)  その他財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                122/143














                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (表示方法の変更)
     前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      該当事項はありません。
     当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会計基準一
      部改正」という。)を当事業年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負
      債は固定負債の区分に表示する方法に変更しました。
       この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」183,268千円は、「投資その他の
      資産」の「繰延税金資産」338,741千円に含めて表示しております。
                                123/143

















                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (貸借対照表関係)
     ※1    担保資産
       (1)  担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        現金及び預金(定期預金)                         85,000   千円              60,000   千円
        建物                        1,426,623     千円            3,606,832     千円
        土地                        4,415,481     千円            5,399,227     千円
        投資有価証券                         116,480    千円                ― 千円
        差入保証金                        1,059,663     千円            1,059,663     千円
        計                        7,103,248     千円            10,125,723     千円
       上記に対応する債務は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        短期借入金                         20,200   千円            1,020,200     千円
        長期借入金
                                5,653,494     千円            5,859,312     千円
        (1年内返済予定の長期借入金を含
        む。)
        計                        5,673,694     千円            6,879,512     千円
       (2)  資金決済に関する法律に基づき供託している資産は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        差入保証金                         85,000   千円              85,000   千円
     ※2    保証債務

       子会社の金融機関等からの借入債務に対し、保証を行っております。
                               前事業年度                 当事業年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        浜田ワシントンホテル㈱                         92,740   千円                ― 千円
     ※3    関係会社に対する金銭債権及び金銭債務は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        短期金銭債権                         29,966   千円              32,776   千円
        長期金銭債権                         197,300    千円                ― 千円
     

      を締結しております。
      事業年度末における当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        当座貸越極度額
                                5,720,000     千円            4,500,000     千円
        及び貸出コミットメントの総額
        借入実行残高                         20,000   千円            1,010,000     千円
        差引額                        5,700,000     千円            3,490,000     千円
                                124/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (損益計算書関係)
     ※1    関係会社との取引高は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                             至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        売上高                         65,292   千円              64,454   千円
        売上原価                         105,980    千円                ― 千円
        販売費及び一般管理費                            ― 千円              2,434   千円
        営業外収益                          2,419   千円                ― 千円
     ※2    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                             至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        給料手当及び賞与                         222,193    千円             248,787    千円
        賞与引当金繰入額                         17,266   千円              19,484   千円
        役員賞与引当金繰入額                         13,000   千円              12,000   千円
        役員退職慰労引当金繰入額                         12,950   千円              13,200   千円
        ポイント引当金繰入額                         133,385    千円             151,292    千円
        減価償却費                         59,025   千円              50,520   千円
        おおよその割合

        販売費                          16.7  %               15.9  %
        一般管理費                          83.3  %               84.1  %
       (有価証券関係)

      前事業年度(2018年3月31日)
       子会社株式及び子会社出資金は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株
      式及び子会社出資金の時価を記載しておりません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び子会社出資金の貸借対照表計上額は以下の
      とおりです。
                             (単位:千円)
             区分            2018年3月31日
        子会社株式
                                441,412
        (子会社出資金を含む)
              計                  441,412
      当事業年度(2019年3月31日)

       子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記載し
      ておりません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                             (単位:千円)
             区分            2019年3月31日
        子会社株式                        164,210
              計                  164,210
                                125/143





                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前事業年度(2018年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                              34,114   千円
        賞与引当金                              53,089   千円
        ポイント引当金                              42,389   千円
        未払費用                              33,530   千円
        長期未払金                             112,917    千円
        減価償却費及び減損損失                              49,595   千円
        差入保証金                              87,448   千円
        土地再評価差額金                             325,512    千円
        その他有価証券評価差額金                              34,075   千円
                                      95,467   千円
        その他
       繰延税金資産小計
                                      868,141    千円
                                     △376,672     千円
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                      491,468    千円
       繰延税金負債

        土地圧縮積立金                            △143,309     千円
        土地再評価差額金                              △421   千円
                                      △9,417    千円
        その他
       繰延税金負債合計                             △153,148     千円
       繰延税金資産純額                              338,319    千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
      法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記

     を省略しております。
                                126/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当事業年度(2019年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                              44,591   千円
        賞与引当金                              51,698    千円
        ポイント引当金                              47,912   千円
        未払費用                              57,994   千円
        長期未払金                             108,870    千円
        減価償却費及び減損損失                              35,617   千円
        資産除去債務                              62,699   千円
        差入保証金                              88,592   千円
        土地再評価差額金                             325,512    千円
        その他有価証券評価差額金                               415  千円
                                      101,014    千円
        その他
       繰延税金資産小計                              924,919    千円
        評価性引当額                             △379,199     千円
       繰延税金資産合計
                                      545,719    千円
       繰延税金負債

        土地圧縮積立金                            △142,127     千円
        資産除去債務に対応する除去費用                             △55,702    千円
        土地再評価差額金                              △421   千円
                                     △10,734    千円
        その他
       繰延税金負債合計                             △208,987     千円
       繰延税金資産純額                              336,732    千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
      法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記

     を省略しております。
                                127/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (企業結合等関係)
     前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      該当事項はありません。
     当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      共通支配下の取引等
      子会社の吸収合併
       当社は、2017年12月15日開催の取締役会決議に基づき、100%出資の連結子会社である浜田ワシントンホテル株式
      会社を、2018年4月1日付で吸収合併いたしました。
     1.吸収合併の概要
      (1)  吸収合併する相手会社の名称
         浜田ワシントンホテル株式会社
      (2)  吸収合併する事業の内容
         不動産賃貸業
      (3)  吸収合併の期日(効力発生日)
         2018年4月1日
      (4)  吸収合併の法的形式
         当社を存続会社とする吸収合併方式
      (5)  結合後企業の名称
         ワシントンホテル株式会社
      (6)  吸収合併に係る割当ての内容
         当社は合併期日時点で浜田ワシントンホテル株式会社の発行済株式の全てを所有しており、本件吸収合併は
        完全親子会社間にて実施されるため、株式の割当てや、その他の金銭等の交付は行いません。
     2.実施した会計処理の概要
       「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事業分離
      等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に基づき、共通支配下の取引と
      して処理しています。
                                128/143










                                                           EDINET提出書類
                                                    ワシントンホテル株式会社(E35136)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【附属明細表】(2019年3月31日現在)
       【有価証券明細表】
        有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略し
       ております。
       【有形固定資産等明細表】

                                                    (単位:千円)
                                          当期末減価
                   当期首       当期      当期      当期末     償却累計額            差引当期末
    区分     資産の種類                                       当期償却額
                   残高      増加額      減少額       残高     又は償却             残高
                                           累計額
           建物        4,554,397      5,073,115        2,450     9,625,062      4,070,894       251,042     5,554,167

       工具、器具及び備品           1,523,848       195,809      142,348      1,577,309      1,315,920       112,630      261,388

                  4,528,091                   5,511,837
     有
           土地              983,746         ―             ―      ―  5,511,837
                  (△945,030)                   (△945,030)
     形
     固
         リース資産         1,860,000          ―      ―   1,860,000       89,590      63,240    1,770,410
     定
     資
         建設仮勘定         2,491,888      1,148,525      1,901,128       1,739,285          ―      ―  1,739,285
     産
          その他         237,528      51,771       864     288,435      216,347       6,414     72,087

                  15,195,754                   20,601,930
           計             7,452,967      2,046,791             5,692,752       433,327    14,909,177
                  (△945,030)                   (△945,030)
         電話加入権           21,239        ―      ―    21,239        ―      ―   21,239
     無
     形
         ソフトウエア           254,052      39,343        ―    293,395      118,095      53,240     175,299
     固
     定
          その他          1,490      4,559      2,792       3,257        ―      ―    3,257
     資
     産
           計        276,782      43,902      2,792      317,892      118,095      53,240     199,796
     (注)   1.当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
          建物         浜田ワシントンホテルプラザ                 建物(浜田ワシントンホテル㈱吸収合併)                  1,889,302千円
                   R&Bホテル博多駅前第2                 新規開業                  1,775,404千円
                   R&Bホテル京都四条河原町                 新規開業                  1,112,970千円
                   R&Bホテル熊本下通                 GHP更新                   46,290千円
                   博多中洲ワシントンホテルプラザ他6館                 客室、廊下カーペット更新                   55,687千円
                   R&Bホテル京都四条河原町                 資産除去債務対応資産                   162,400千円
                                                       83,185千円
          工具、器具及び備品         R&Bホテル博多駅前第2                 新規開業
                                                       60,025千円
                   R&Bホテル京都四条河原町                 新規開業
                                                      826,149千円
          土地         宮城県仙台市若林区新寺一丁目
                                                      157,596千円
                   島根県浜田市黒川町                 (浜田ワシントンホテル㈱吸収合併)
                                                      588,600千円
          建設仮勘定         R&Bホテル名古屋新幹線口                 建設費用
                   R&Bホテル仙台駅東口(仮称)                 建設費用                   442,440千円
        2.当期減少額のうち主なものは、次のとおりであります。
          建設仮勘定         R&Bホテル博多駅前第2                 新規開業                  1,313,244千円
                   R&Bホテル京都四条河原町