ファースト住建株式会社 四半期報告書 第21期第3四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第21期第3四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

提出日:

提出者:ファースト住建株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    令和元年9月12日
      【四半期会計期間】                    第21期第3四半期(自 令和元年5月1日 至 令和元年7月31日)
      【会社名】                    ファースト住建株式会社
      【英訳名】                    First   Juken   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  中島 雄司
      【本店の所在の場所】                    兵庫県尼崎市東難波町五丁目6番9号
      【電話番号】                    06(4868)5388(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  東  秀彦
      【最寄りの連絡場所】                    兵庫県尼崎市東難波町五丁目6番9号
      【電話番号】                    06(4868)5388(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  東  秀彦
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第20期           第21期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第20期
                              累計期間           累計期間
                           自 平成29年11月1日           自 平成30年11月1日           自 平成29年11月1日

              会計期間
                           至 平成30年7月31日           至 令和元年7月31日           至 平成30年10月31日
                      (千円)          28,598,316           31,041,858           40,918,500
     売上高
                      (千円)           2,498,614           2,596,556           3,770,100
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)           1,700,956           1,700,601           2,554,541
     期)純利益
                      (千円)           1,688,597           1,745,542           2,551,763
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          30,515,358           32,540,527           31,379,701
     純資産額
                      (千円)          46,488,649           49,191,421           47,300,153
     総資産額
                      (円)            122.59           122.55           184.10
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            122.34           122.25           183.72
     (当期)純利益
                      (%)             63.9           64.3           64.6
     自己資本比率
                               第20期           第21期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自 平成30年5月1日           自 令和元年5月1日

              会計期間
                           至 平成30年7月31日           至 令和元年7月31日
                                   38.35           37.47

     1株当たり四半期純利益                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18







                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前連結会計年度の有価証券報告書に
       記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況

        ① 経営成績の状況
          当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、総じて緩やかな回復傾向で推移いたしましたが、米中間に
         おける通商問題や世界経済に対する懸念などを背景に、輸出や生産などに徐々に弱さが見られるようになり、景
         気の先行きに対しては慎重さが強まってきております。
          不動産業界においては、不動産需要の二極化傾向が強まる中、都市周辺部や人気の高い住宅地などにおける競
         争は激しく、また、用地仕入価格の上昇、建設労働者不足や建築コストの高騰など、事業環境の厳しさは続いて
         おります。また、令和元年10月に予定される消費増税や各種政策による影響などには、一層の注意が必要となっ
         ております。
          このような環境の中、当社グループでは、お客様のニーズに即した魅力的な住宅造りに注力するとともに、事
         業拡大に向けた人材確保・育成を推進しております。
          戸建事業のうち主力の戸建分譲では、今後の販売棟数拡大のためには分譲用地の確保が重要となるため、住環
         境が良く利便性の高い良質な分譲用地の安定的な仕入に取り組んできたことに加え、造成・建築工事において、
         協力業者の不足などの影響により完成までの工期が長期化する状況が続いており、未完成在庫である仕掛販売用
         不動産が増加する要因となっております。こうした状況に対して、工期の適正化と在庫回転率の向上を目指し、
         継続的な協力業者の新規開拓、工程管理の徹底と連携の強化、外国人技能実習生の受け入れ等を行い、施工体制
         の強化に取り組んでおります。収益性の面では、用地仕入価格や建築コストの上昇傾向など、厳しい事業環境が
         続いておりますが、販売価格帯に応じた商品戦略をより明確化する方針の下、顧客ニーズに即した分譲用地の選
         定、適正な価格での仕入やプランニング等に注力し、良好な収益性の維持に取り組んでおります。平成30年5月
         に連結子会社となったアオイ建設株式会社(以下、アオイ建設)では、社内体制の整備などに取り組みつつ、建
         売方式による戸建分譲の供給を開始いたしました。注文住宅の請負工事では、一般顧客からの受注拡大と不動産
         業者からの継続的な受注獲得を目指して、営業活動を強化するとともに、建築コストの上昇に対応するべく、業
         務効率の向上や販売価格の適正化などに取り組んでおります。
          マンション事業では、不動産賃貸による安定的な収益がアオイ建設との統合により増加した他、平成31年2月
         に竣工した新築分譲マンション「ファーストレジデンス須磨海浜公園」の販売を進めております。なお、賃貸用
         のタワーパーキングについて、設備の老朽化により使用を停止したことに伴い、減損損失19百万円を計上してお
         ります。
          当社の木造建築のノウハウを戸建住宅以外の分野に活用するべく取り組んでいる特建事業では、当第3四半期
         連結累計期間に木造集合住宅2棟の請負工事が完成・引渡しとなりました。
          これらの結果、当第3四半期連結累計期間における経営成績は、売上高                                   310億41百万円(前年同期比              8.5%
         増)、営業利益26億62百万円(同                4.7%増)、経常利益25億96百万円(同                   3.9%増)、親会社株主に帰属する四
         半期純利益17億円(同           0.0%減)となりました。
          セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

         (戸建事業)

           戸建事業のうち主力の戸建分譲について、当第3四半期連結累計期間における販売棟数は1,005棟(うち、
          戸建住宅     933棟、土地分譲        72区画)(前年同期比           2.2%減)となり、売上高は284億72百万円(同                      4.2%増)
          となりました。戸建分譲では良質な分譲用地の安定的な確保及び施工体制の強化を重要課題として取り組んで
          おり、協力業者の新規開拓を進めることで徐々に施工体制は改善しつつあるものの、完成物件を十分に確保で
          きる体制にはまだ至っておらず、販売棟数は前年同期を下回りましたが、良質な分譲用地の仕入と顧客ニーズ
          に即した商品企画に努めてきたことで平均販売価格が上昇し、売上高は前年同期を上回る成果となりました。
          請負工事におきましては、販売棟数は101棟(同                       53.0%増)となり、売上高は17億44百万円(同                      89.9%増)
          となりました。戸建事業に関するその他の売上高は1億45百万円(同                                 33.4%増)となりました。収益性の面
          では、用地仕入価格や建築コストなどの原価が上昇する傾向に対応するために、販売価格帯に応じた商品戦略
          の明確化と徹底により、適正な収益の確保に努めております。
           これらの結果、戸建事業全体の売上高は303億62百万円(同                             7.1%増)となり、セグメント利益は32億73百
          万円(同     5.0%増)となりました。
                                  3/18


                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
         (その他)
           その他の事業セグメントのうち、マンション事業については、賃貸収益による売上高は3億22百万円(前年
          同期比    27.2%増)となりました。また、平成31年2月に竣工した「ファーストレジデンス須磨海浜公園」に
          ついては8戸の販売戸数となり、マンション分譲の売上高は2億55百万円(同                                     -)となりました。なお、マ
          ンション分譲に関しては、同物件の引渡し開始に伴い、モデルルーム等の引渡し開始までに発生した費用も含
          めて1億9百万円の広告宣伝費を計上しております。マンション事業に関するその他の売上高は2百万円(同
          -)となり、マンション事業全体の売上高は5億80百万円(同                             129.1%増)となりました。特建事業において
          は、2棟の木造集合住宅の請負工事が完成・引渡しとなり、売上高は94百万円(同                                       -)となりました。
           これらの結果、その他の事業セグメント全体の売上高は6億75百万円(同                                    166.3%増)となり、セグメント
          利益は86百万円(同          21.8%増)となりました。
        ② 財政状態の状況

          当第3四半期連結会計期間末における総資産は491億91百万円(前連結会計年度末比                                         4.0%増)となり、前連
         結会計年度末に比べて18億91百万円増加いたしました。その主な増減の要因は、現金及び預金の減少38億44百万
         円及びたな卸資産の増加59億29百万円であります。
          負債合計は166億50百万円(同                4.6%増)となり、前連結会計年度末に比べて7億30百万円増加しておりま
         す。その主な増減の要因は、支払手形・工事未払金の増加3億99百万円、短期有利子負債の増加11億10百万円、
         未払法人税等の減少4億2百万円及び長期有利子負債の減少3億円であります。
          また、純資産は325億40百万円(同                  3.7%増)となり、前連結会計年度末に比べて11億60百万円増加いたしま
         した。その主な増減の要因は、当第3四半期連結累計期間における親会社株主に帰属する四半期純利益17億円に
         対して配当金の支払5億96百万円を行った結果、利益剰余金が11億3百万円増加したことであります。
          これらの結果、自己資本比率は64.3%となり、前連結会計年度末に比べて0.3ポイント低下いたしました。
       (2)経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成を判断するための客観的な指標等

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成
        状況を判断するための客観的な指標等について重要な変更はありません。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社は、平成29年1月10日開催の取締役会において、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在
        り方に関する基本方針(会社法施行規則第118条第3号に規定されるものをいい、以下、「基本方針」という。)
        を定めており、その内容等は次のとおりであります。
        ① 基本方針の内容

          当社は、金融商品取引所に株式を上場している者として、市場における当社株式の自由な取引を尊重し、特定
         の者による当社株式等の大規模買付行為であっても、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益の確保・
         向上に資するものである限り、これを一概に否定するものではありません。また、最終的には株式等の大規模買
         付行為に応じるかどうかは株主の皆様の決定に委ねられるべきだと考えております。
          ただし、株式等の大規模買付行為の中には、例えばステークホルダーとの良好な関係を保ち続けることができ
         ない可能性がある等、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を損なう虞のあるものや、当社グループ
         の価値を十分に反映しているとは言えないもの、あるいは株主の皆様が最終的な決定をされるために必要な情報
         が十分に提供されないものもありえます。
          そのような行為に対して、当社取締役会は、株主の皆様から負託された者の責務として、株主の皆様のため
         に、必要な時間や情報の確保、株式等の大規模買付行為を提案した者との交渉等を行う必要があると考えており
         ます。
        ② 基本方針の実現に資する特別な取組みの概要

         1.企業価値向上への取組み
           当社は、不動産業(戸建住宅販売)を主力事業としており、企業理念に基づいて社会に貢献するとともに、
          お客様に良質な住宅を低価格にて提供することによって、業績の向上、収益基盤の強化と経営の安定に努めて
          まいりました。
           当社は、関西地区においては戸建住宅販売でトップクラスの販売棟数を供給するとともに、近年は東海、広
          島、福岡、関東方面にまで販売網を広めており、今後も既存エリアにおける深耕と事業エリアの拡大を推し進
          めるために年間2~3支店を目標に支店の新設を継続してまいります。
           また、戸建住宅販売事業以外の住宅分野に進出し、注文住宅事業、マンション分譲、賃貸住宅も手がける
          他、関連事業として住宅オプション事業や損害保険、生命保険の分野にまで業務領域を広げ、平成27年には大
          型木造建築物の請負事業等に係る専門部署も新設しております。
                                  4/18


                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
           当社は、平成31年1月28日提出の有価証券報告書「第一部                            企業情報 第2        事業の状況 1.経営方針、経
          営環境及び対処すべき課題等 (5)事業上及び財務上の対処すべき課題」に記載の事項を経営の重点課題とし
          て認識し、それぞれに対処するための取り組みを行っております。
         2.コーポレートガバナンスの体制の充実

           当社は、コーポレートガバナンスの充実が、上場企業として当社のステークホルダーの方々(株主、従業
          員、顧客、地域社会等)からの信頼性を向上させ、ひいては継続的に企業価値を安定的かつ着実に向上させる
          ものとして以下の施策を行っております。
           なお、「コーポレートガバナンス・コード」(東京証券取引所 2018年6月1日改訂)に対しては、これを
          遵守すべきものとして社内体制の整備を進めており、対応状況に関しては、当社の「コーポレートガバナンス
          に関する報告書」(平成31年1月28日)をご覧ください。
          (企業統治の体制)
            当社の企業統治体制について、従来は監査役会設置会社でありましたが、平成28年1月に監査等委員会設
           置会社に移行しております。これにより株主総会、取締役会、監査等委員会を設置し取締役の職務執行の監
           督、監査の体制を強化いたしました。また、コンプライアンスに徹した透明性の高い経営を目指し、内部統
           制システムの基本方針に基づき企業体制の充実を図っております。取締役会は、原則月1回開催し、また必
           要に応じ随時開催しております。
            また、当社は、監査等委員3名のうち2名を社外取締役で構成し、客観的かつ中立的な立場からの経営管
           理、チェック体制を整えております。
          (内部監査及び監査等委員会による監査)
            当社は、代表取締役社長直属の内部監査室を設置しております。内部監査室による内部監査は定期的に行
           われ、社内業務の実施が諸規則、処理基準、手続き等に正しく準拠しているか否か調査し、監査の結果を社
           長及び取締役に報告しております。また、常勤監査等委員は当該内部監査に同行し、業務の実施状況を把握
           しております。
            監査等委員会は、監査等委員である取締役3名(常勤取締役1名、社外取締役2名)からなり、原則月1
           回開催しており、会社の監査に関する重要な事項について報告を受け、協議、決議を行っております。
        ③ 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための

          取組みの概要
          当社は、平成29年1月10日開催の取締役会の決議及び平成29年1月26日開催の第18回定時株主総会の決議に基
         づき、基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するた
         めの取組み(会社法施行規則第118条第3号ロ(2))の一つとして、当社株式等の大規模買付行為に関する対応
         策(買収防衛策)(以下、「本プラン」という。)を導入いたしました。
          本プランは、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させることを目的として、基本方針に沿っ
         て導入するものであり、当社株式等の大規模買付行為を行おうとする者が遵守すべきルールを明確にし、株主の
         皆様が適切な判断をするために必要かつ十分な情報及び時間、並びに大規模買付行為を行おうとする者との交渉
         の機会を確保することを目的としています。
          本プランは、以下の(ⅰ)から(ⅲ)までのいずれかに該当する当社株式等の買付け又はこれに類似する行為(但
         し、当社取締役会が承認したものを除きます。以下、「大規模買付け等」という。)がなされる場合を適用対象
         とし、大規模買付け等を行い、又は行おうとする者(以下、「買付者等」という。)は、予め本プランに定めら
         れる手続きに従わなければならないものとします。
         (ⅰ)当社が発行者である株式等について、買付者等の議決権保有割合が20%以上となる買付けその他の取得
         (ⅱ)当社が発行者である株式等について、買付者等の議決権保有割合及びその特別関係者の議決権保有割合の
           合計が20%以上となる当該株式等の買付けその他の取得
         (ⅲ)買付者等が当社の他の株主との間で、当該他の株主が当該買付者等の共同保有者に該当するに至るような
           合意その他の行為、又は当該買付者等と当該他の株主との間にその一方が他方を実質的に支配し若しくは
           それらの者が共同ないし協調して行動する関係を樹立する行為(但し、当社が発行者である株式等につい
           て、当該買付者等と当該他の株主の議決権保有割合の合計が20%以上となる場合に限る。)
          買付者等におきましては、大規模買付け等の実行に先立ち、当社取締役会に対して、当該買付者等が大規模買
         付け等に際して本プランに定める手続きを遵守する旨の誓約文言等を記載した書面(以下、「意向表明書」とい
         う。)を当社の定める書式により日本語で提出していただきます。当社は、意向表明書を受領した日から10営業
         日以内に、当初提出していただくべき情報を記載した情報リストを意向表明書に記載された国内連絡先に発送
         し、買付者等には、情報リストに従って大規模買付け等に対する株主及び投資家の皆様のご判断並びに当社取締
         役会の評価・検討等のために必要かつ十分な情報(以下、「本必要情報」という。)を日本語で当社に提出して
         いただきます。また、情報リストに従い買付者等から提供された情報では、大規模買付け等の内容及び態様等に
         照らして、株主及び投資家の皆様のご判断並びに当社取締役会の評価・検討等のために不十分であると当社取締
         役会が合理的に判断する場合には、当社取締役会が別途請求する追加の情報を買付者等から提供していただきま
         す。なお、当社取締役会は、買付者等による本必要情報の提供が十分になされたと認めた場合には、その旨を買
         付者等に通知(以下、「情報提供完了通知」という。)いたします。
                                  5/18

                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
          当社取締役会は、情報提供完了通知を行った後、対価を現金(円貨)のみとする当社全株式等を対象とした公
         開買付けの場合には最大60日間、その他の大規模買付け等の場合には最大90日間を、当社取締役会による評価、
         検 討、交渉、意見形成及び代替案立案のための期間(以下、「取締役会評価期間」という。)として設定いたし
         ます。ただし、いずれにおいても、取締役会評価期間は取締役会が合理的に必要な事由があると認める場合に限
         り、最大30日間延長できるものとします。大規模買付け等は、本プランに別段の記載がない限り、取締役会評価
         期間の経過後にのみ開始されるべきものとします。当社取締役会は、取締役会評価期間内において、必要に応じ
         て適宜外部専門家等の助言を得ながら、買付者等から提供された本必要情報を十分に評価・検討し、当社の企業
         価値・株主共同の利益の確保・向上の観点から、買付者等による大規模買付け等の内容の検討等を行います。ま
         た、必要に応じて、買付者等との間で大規模買付け等に関する条件・方法について交渉し、更に、当社取締役会
         として、株主及び投資家の皆様に代替案を提示することもあります。
          本プランでは、対抗措置の発動等にあたって、当社取締役会の恣意的判断を排除し、取締役会の判断及び対応
         の客観性、合理性を確保するための機関として独立委員会を設置し、発動の是非について当社取締役会への勧告
         を行う仕組みとしています。独立委員会は、独立委員会規程に従い、当社社外取締役、又は社外有識者(実績の
         ある会社経営者、官庁出身者、弁護士、公認会計士若しくは学識経験者又はこれらに準じる者)で、当社の業務
         執行を行う経営陣から独立した者のみから構成されるものとします。独立委員会は、取締役会評価期間内に、当
         社取締役会による評価、検討、交渉、意見形成及び代替案立案と並行して、当社取締役会に対して対抗措置の発
         動の是非に関する勧告を行うものとします。その際、独立委員会の判断が当社の企業価値・株主共同の利益の確
         保・向上に資するようになされることを確保するために、独立委員会は、当社の費用で、当社の業務執行を行う
         経営陣から独立した外部専門家(投資銀行、証券会社、フィナンシャル・アドバイザー、公認会計士、弁護士、
         コンサルタントその他の専門家を含みます。)の助言を得ることができるものとします。
          当社取締役会は、独立委員会の勧告を最大限尊重し、当該勧告を踏まえて当社の企業価値・株主共同の利益の
         確保・向上という観点から、速やかに対抗措置の発動又は不発動その他必要な決議を行うものとします。また、
         当社取締役会が自らの判断で本プランによる対抗措置を発動することの可否について株主の意思を確認するため
         に当社株主総会を開催すべきと判断した場合には、当社取締役会は可及的速やかに当社株主総会を招集します。
         この場合には、大規模買付け等は、当社株主総会における対抗措置の発動議案否決及び当該株主総会の終結後に
         行われるべきものとします。
          当社が本プランに基づき発動する対抗措置は、新株予約権(以下、「本新株予約権」という。)の無償割当て
         とします。本新株予約権の無償割当てをする場合には、当社取締役会が所定の手続きに従って定める一定の買付
         者等並びにその共同保有者及び特別関係者並びにこれらの者が実質的に支配し、これらの者と共同ないし協調し
         て行動する者として当社取締役会が認めた者等(以下、「例外事由該当者」という。)による権利行使は認めら
         れないとの行使条件、又は、当社が本新株予約権の一部を取得することとするときに、例外事由該当者以外の新
         株予約権者が所有する本新株予約権のみを取得することができる旨を定めた取得条項等、大規模買付け等に対す
         る対抗措置としての効果を勘案した行使期間、行使条件、取得条項等を設けることがあります。
          本プランは、平成29年1月26日開催の第18回定時株主総会終結後3年以内に終了する事業年度のうち最終のも
         のに関する定時株主総会の終結の時まで有効とします。なお、当社取締役会は、会社法、金融商品取引法、その
         他の法令若しくは金融商品取引所規則の変更又はこれらの解釈・運用の変更、又は税制、裁判例等の変更に伴う
         形式的な変更が必要と判断した場合は、随時、独立委員会の承認を得た上で、本プランを修正し、又は変更する
         ことができるものとします。他方、当社取締役会が、本プランの内容について当社株主の皆様に実質的な影響を
         与えるような変更を行う場合には、改めて直近で開催される株主総会に付議し株主の皆様のご承認をいただくこ
         とといたします。
          なお、本プランの詳細については、インターネット上の当社ウェブサイト(アドレス                                         http://www.f-
         juken.co.jp/)に掲載の平成29年1月10日付プレスリリースをご覧ください。
        ④ 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための

          取組みについての取締役会の判断
          本プランは、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は向
         上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、事前開
         示・株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を充足しており、かつ、経済産業省・企業価値研究会が平成
         20年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」及び東京証券取引所が平成27年
         6月1日に公表した「コーポレートガバナンス・コード」(2018年6月1日改訂)の「原則1-5.いわゆる買
         収防衛策」の内容を踏まえております。
          本プランは、上記③に記載の通り、当社株式等に対する大規模買付け等がなされた際に、当該大規模買付け等
         に応じるべきか否かを株主の皆様がご判断し、あるいは当社取締役会が代替案を提示するために必要な情報や期
         間を確保し、株主の皆様のために買付者等と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値・株主
         共同の利益を確保し、向上させるという目的をもって導入されております。
          本プランは平成29年1月26日開催の第18回定時株主総会において決議されております。また、本プランの有効
         期間は同定時株主総会終結後3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時ま
         でであり、同定時株主総会においてご承認いただいた後も、その後の当社株主総会において本プランの変更又は
                                  6/18


                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
         廃止の決議がなされた場合には、本プランも当該決議に従い変更又は廃止されることになります。従いまして、
         本プランの導入及び廃止には、株主の皆様のご意思が十分反映される仕組みとなっています。
          また、本プランは、本プランに基づく大規模買付け等への対抗措置の発動等に関する取締役会の恣意的判断を
         排し、取締役会の判断及び対応の客観性及び合理性を確保することを目的として独立委員会を設置し、当社取締
         役会は、対抗措置の発動又は不発動の決議に際して独立委員会の勧告を最大限尊重いたします。独立委員会の判
         断の概要については、株主及び投資家の皆様に情報開示を行うこととし、当社の企業価値・株主共同の利益に資
         するよう本プランの透明な運営が行われる仕組みを確保しています。本プランに基づく大規模買付け等への対抗
         措置の発動に際しては、合理的かつ客観的な発動要件が充足されなければ発動されないように設定されており、
         当社取締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みを確保しています。更に、本プランは、当社の株主総
         会で選任された取締役で構成される取締役会により、いつでも廃止することができるものとされております。
         従って、本プランは、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交代させても、なお発動を阻止
         できない買収防衛策)ではありません。
          以上のとおり、本プランはその内容において公正性・客観性が担保される工夫がなされている点において、当
         社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上することに資するものであって、基本方針に沿うものであ
         り、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
       (5)経営成績に重要な影響を与える要因

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因について、前連結会計
        年度の有価証券報告書に記載した内容から重要な変更はありません。
       (6)資本の財源及び資金の流動性についての分析

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループの資本の財源及び資金の流動性について、前連結会計年度の
        有価証券報告書に記載した内容から重要な変更はありません。なお、当第3四半期連結会計期間末における現金及
        び預金の残高は105億84百万円となり、前連結会計年度末に比べて38億44百万円減少いたしました。また、社債、
        借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は101億76百万円となり、前連結会計年度末に比べて8億10百万円
        増加いたしました。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  7/18










                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           67,600,000

                  計                                67,600,000

        ②【発行済株式】

            第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
       種類     在発行数(株)                          又は登録認可金融商品                内容
                         (令和元年9月12日)
            (令和元年7月31日)                          取引業協会名
                                     東京  証券取引所
     普通株式           16,901,900             16,901,900                     単元株式数 100株
                                     (市場第一部)
       計         16,901,900             16,901,900             -            -
      (注)「提出日現在発行数」欄には、令和元年9月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の権利行使によ
         り発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                      増減額       残高
                               (千円)        (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     自 令和元年5月1日
                      -   16,901,900           -    1,584,837           -       -
     至 令和元年7月31日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/18







                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成31年4月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                  平成31年4月30日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                      -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                      -             -             -

     議決権制限株式(その他)                      -             -             -

                                                権利内容に何ら限定のな
     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式       3,025,200           -        い当社における標準とな
                                                る株式
     完全議決権株式(その他)                 普通株式       13,872,900              138,729          同上
     単元未満株式                 普通株式         3,800         -             -

     発行済株式総数                        16,901,900            -             -

     総株主の議決権                      -                138,729          -

        ②【自己株式等】

                                                  平成31年4月30日現在
                                                    発行済株式総数に

                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
     所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                 対する所有株式数
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
     ファースト住建株式            兵庫県尼崎市東難波町
                             3,025,200          -      3,025,200          17.90
     会社            5-6-9
          計           -        3,025,200          -      3,025,200          17.90
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  9/18









                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(令和元年5月1日から令
       和元年7月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年11月1日から令和元年7月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年10月31日)              (令和元年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       14,429,371              10,584,480
         現金及び預金
                                       8,371,052              10,630,877
         販売用不動産
                                       14,093,561              17,269,755
         仕掛販売用不動産
                                       2,069,002              2,555,899
         未成工事支出金
                                         2,806              9,434
         貯蔵品
                                        510,711              530,393
         その他
                                       39,476,505              41,580,841
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             2,517,027              2,392,014
                                       4,261,556              4,222,415
          土地
                                         50,599              60,840
          その他(純額)
                                       6,829,184              6,675,270
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                407,890              388,148
                                        586,572              547,161
         投資その他の資産
                                       7,823,647              7,610,580
         固定資産合計
                                       47,300,153              49,191,421
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       4,745,383              5,145,220
         支払手形・工事未払金
                                       6,212,250              7,393,800
         短期借入金
                                        108,000               44,500
         1年内償還予定の社債
                                        429,728              422,428
         1年内返済予定の長期借入金
                                        677,793              274,876
         未払法人税等
                                        163,668               74,450
         賞与引当金
                                         21,700              14,300
         役員賞与引当金
                                         21,338              21,823
         完成工事補償引当金
                                        627,638              654,289
         その他
                                       13,007,500              14,045,688
         流動負債合計
       固定負債
                                         35,000              10,000
         社債
                                       2,560,886              2,290,693
         長期借入金
         退職給付に係る負債                                287,206              279,739
                                         29,858              24,772
         その他
                                       2,912,951              2,605,205
         固定負債合計
                                       15,920,451              16,650,893
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               1,584,837              1,584,837
                                       1,341,778              1,341,778
         資本剰余金
                                       30,180,078              31,283,985
         利益剰余金
                                      △ 2,593,020             △ 2,593,020
         自己株式
                                       30,513,674              31,617,582
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         29,518              15,950
         その他有価証券評価差額金
                                         29,518              15,950
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  30,167              42,144
                                        806,340              864,850
       非支配株主持分
                                       31,379,701              32,540,527
       純資産合計
                                       47,300,153              49,191,421
      負債純資産合計
                                 11/18


                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年11月1日              (自 平成30年11月1日
                                至 平成30年7月31日)               至 令和元年7月31日)
                                       28,598,316              31,041,858
      売上高
                                       23,751,614              25,649,150
      売上原価
                                       4,846,702              5,392,708
      売上総利益
                                       2,303,521              2,730,529
      販売費及び一般管理費
                                       2,543,180              2,662,179
      営業利益
      営業外収益
                                           483             1,147
       受取利息
                                         3,505              4,426
       受取配当金
                                           49             6,431
       受取補償金
                                         19,867               9,750
       その他
                                         23,905              21,755
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         66,914              78,598
       支払利息
                                         1,557              8,781
       その他
                                         68,471              87,379
       営業外費用合計
                                       2,498,614              2,596,556
      経常利益
      特別利益
                                           230              230
       新株予約権戻入益
                                           230              230
       特別利益合計
      特別損失
                                           -            19,105
       減損損失
                                           -            19,105
       特別損失合計
                                       2,498,844              2,577,681
      税金等調整前四半期純利益
                                        789,418              816,738
      法人税等
                                       1,709,425              1,760,942
      四半期純利益
                                         8,469              60,340
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                       1,700,956              1,700,601
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/18










                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年11月1日              (自 平成30年11月1日
                                至 平成30年7月31日)               至 令和元年7月31日)
                                       1,709,425              1,760,942
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 20,828             △ 15,399
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 20,828             △ 15,399
       その他の包括利益合計
                                       1,688,597              1,745,542
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       1,680,134              1,687,033
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         8,462              58,509
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          該当事項はありません。
        (会計方針の変更)

          該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
           税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
          計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
         は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自    平成29年11月1日             (自    平成30年11月1日
                             至   平成30年7月31日)              至   令和元年7月31日)
         減価償却費                        121,304千円                 134,357千円
         のれんの償却額                         5,231                15,694
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年11月1日 至 平成30年7月31日)
          配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
       (決議)
       平成29年12月11日
                 普通株式        305,195         22  平成29年10月31日         平成30年1月12日          利益剰余金
         取締役会
       平成30年6月8日
                 普通株式        291,408         21  平成30年4月30日         平成30年7月18日          利益剰余金
         取締役会
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年11月1日 至 令和元年7月31日)

          配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
       (決議)
       平成30年12月14日
                 普通株式        305,285         22  平成30年10月31日         平成31年1月11日          利益剰余金
         取締役会
       令和元年6月7日
                 普通株式        291,408         21  平成31年4月30日         令和元年7月17日          利益剰余金
         取締役会
                                 14/18





                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年11月1日 至 平成30年7月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                   報告セグメント
                                                      四半期連結
                              その他         合計        調整額       損益計算書
                                                       計上額
                     戸建事業
     売上高

                      28,340,269          253,569       28,593,839           4,477      28,598,316
      外部顧客への売上高
                      28,340,269          253,569       28,593,839           4,477      28,598,316
           計
                      3,116,794          70,684       3,187,478        △ 688,864       2,498,614
     セグメント利益
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり「マンション事業」及び
              「特建事業」を含んでおります。
            2.外部顧客への売上高の調整額4,477千円は、事業セグメントに帰属しない売上高であります。
            3.セグメント利益の調整額△688,864千円は、事業セグメントに帰属しない売上高、各事業セグメント
              に配分していない全社費用及びのれんの償却額5,231千円であります。全社費用は、主に事業セグメ
              ントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
            4.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (のれんの金額の重要な変動)
              当第3四半期連結会計期間において、アオイ建設株式会社の株式を取得し、連結の範囲に含めたこと
             に伴い、のれん104,628千円が発生しております。なお当社は、資産及び負債については、事業セグメ
             ントに配分しておりません。
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年11月1日 至 令和元年7月31日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                   報告セグメント
                                                      四半期連結
                              その他         合計        調整額       損益計算書
                                                       計上額
                     戸建事業
     売上高

                      30,362,927          675,203       31,038,131           3,727      31,041,858
      外部顧客への売上高
                      30,362,927          675,203       31,038,131           3,727      31,041,858

           計
                      3,273,011          86,093       3,359,105        △ 762,549       2,596,556
     セグメント利益
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり「マンション事業」及び
              「特建事業」を含んでおります。
            2.外部顧客への売上高の調整額3,727千円は、事業セグメントに帰属しない売上高であります。
            3.セグメント利益の調整額△762,549千円は、事業セグメントに帰属しない売上高、各事業セグメント
              に配分していない全社費用及びのれんの償却額15,694千円であります。全社費用は、主に事業セグメ
              ントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
            4.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
                                 15/18





                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以
         下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年11月1日               (自 平成30年11月1日
                                至 平成30年7月31日)               至 令和元年7月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                 122円59銭               122円55銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                               1,700,956               1,700,601

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                      1,700,956               1,700,601
       利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              13,875,090               13,876,614
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                 122円34銭               122円25銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (千円)
       普通株式増加数(株)                                28,572               34,663
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                     -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

        令和元年6月7日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (イ)中間配当による配当金の総額           291,408千円
       (ロ)1株当たりの金額                21円00銭
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日       令和元年7月17日
        (注)平成31年4月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主又は登録株式質権者に対し、支払いを行いま
           した。
                                 16/18








                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                     ファースト住建株式会社(E04013)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    令和元年9月12日

     ファースト住建株式会社

      取締役会 御中

                            EY新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              増田  豊  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              徳野 大二  印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているファースト住建

     株式会社の平成30年11月1日から令和元年10月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(令和元年5月1日か
     ら令和元年7月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年11月1日から令和元年7月31日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
     半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ファースト住建株式会社及び連結子会社の令和元年7月31日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

            報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。