株式会社トーホー 四半期報告書 第67期第2四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第67期第2四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

提出日:

提出者:株式会社トーホー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年9月11日
      【四半期会計期間】                    第67期第2四半期(自 2019年5月1日 至 2019年7月31日)
      【会社名】                    株式会社トーホー
      【英訳名】                    TOHO   Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  古賀 裕之
      【本店の所在の場所】                    神戸市東灘区向洋町西5丁目9番
      【電話番号】                    (078)845-2400(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役  佐藤 敏明
      【最寄りの連絡場所】                    神戸市東灘区向洋町西5丁目9番
      【電話番号】                    (078)845-2400(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役  佐藤 敏明
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                          証券会員制法人福岡証券取引所
                          (福岡市中央区天神2丁目14番2号)
                                  1/21












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第66期           第67期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第66期
                               累計期間           累計期間
                               自2018年           自2019年           自2018年

                               2月1日            2月1日            2月1日
              会計期間
                               至2018年           至2019年           至2019年
                               7月31日            7月31日            1月31日
                      (百万円)             105,158           111,819           217,666

     売上高
                      (百万円)               631           532          1,753
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                      (百万円)               534           190           849
     (当期)純利益
                      (百万円)               236            9         △ 258
     四半期包括利益又は包括利益
                      (百万円)             25,136           24,358           24,471
     純資産額
                      (百万円)             91,936           94,167           89,257
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                       (円)             49.73           17.69           79.01
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                       (%)             26.8           25.0           26.7
     自己資本比率
     営業活動による
                      (百万円)               949           343          3,326
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (百万円)             △ 1,870           △ 611         △ 6,117
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (百万円)              5,099            933          2,097
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (百万円)             12,109            7,886           7,245
     (期末)残高
                               第66期           第67期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自2018年           自2019年

                               5月1日            5月1日
              会計期間
                              至2018年           至2019年
                               7月31日            7月31日
     1株当たり四半期純利益金額又は
                                   39.96           △ 7.90
                       (円)
     1株当たり四半期純損失金額(△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在
           しないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/21



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証券
       報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状況及び経営成績の状況

        ①経営成績の状況
         当第2四半期連結累計期間(2019年2月1日から2019年7月31日まで)におけるわが国経済は、雇用・所得環境
        の改善などにより、緩やかな回復基調が継続したものの、米中貿易摩擦の長期化など世界経済は不確実性を増して
        おり、加えて日韓関係の冷え込みによるインバウンド需要の減少、10月に予定される消費税率の引き上げなど、先
        行き不透明感は高まっております。
         当社グループが属します業務用食品卸売業界におきましては、仕入価格や物流費の上昇、食品小売業界におきま
        しては、日常消費への節約志向や業界の垣根を越えた競争が激化するなど、厳しい経営環境が継続いたしました。
         このような状況のもと、当社グループは、第七次中期経営計画(3ヵ年計画)「IMPACT 2020」
        (2019年1月期(2018年度)~2021年1月期(2020年度))の2年目として、「収益力向上」「グループ連携強
        化」「海外事業力強化」により、更なる企業価値の向上を図るべく、8つの重点施策に沿った具体的な取組みを推
        進いたしました。
         当第2四半期連結累計期間は、前期及び当期に実施したM&Aの寄与もあり、売上高は                                        1,118億19百万       円(  前年
        同期比6.3%増       )となりました。一方、営業利益は仕入価格や物流費の上昇などにより                                 4億65百万     円(  同24.0%
        減 )、経常利益は       5億32百万     円(  同15.7%減     )となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益は前期に計上し
        た固定資産売却益の反動もあり              1億90百万     円(  同64.4%減     )となりました。
         セグメント別の経営成績につきましては、次のとおりであります。

        <ディストリビューター(業務用食品卸売)事業部門>

         当事業部門におきましては、全国7会場で総合展示商談会を開催し、外食業界の喫緊の課題である人手不足に対
        応するため、時間短縮・省力化につながる商品・メニューの提案を強化するとともに、インバウンド消費への対応
        として、宿泊業態向けの朝食提案も引き続き実施いたしました。また、「外食ビジネスをトータルにサポートす
        る」機能の一つとして、当社グループの㈱エフ・エム・アイが取扱う業務用調理機器を活用した付加価値メニュー
        の提案や調理オペレーションの簡素化提案を強化いたしました。
         国内事業基盤の強化につきましては、3月に群馬県・埼玉県で学校・病院・老健施設等向けに業務用食品卸売を
        展開する関東食品㈱(群馬県高崎市)を連結子会社化し、関東地区の更なるシェア拡大を図りました。
         海外事業基盤の強化につきましては、3月に海外進出3ヵ国目となる香港でTOHO                                      FOODS   HK  CO.,LTD.の営業を開
        始いたしました。また、8月のシンガポール3社(TOHO                          Singapore     Pte.   Ltd.、Marukawa        Trading(S)Pte.        Ltd.、
        Tomo-Ya    Japanese     Food   Trading    Pte.   Ltd.)の合併に向け、4月にMarukawa                  Trading(S)Pte.        Ltd.を新拠点に移
        転いたしました。なお、マレーシアでは4月にShimaya                          Trading    Sdn.   Bhd.の商号を「TOHO          Foods   Malaysia     Sdn.
        Bhd.」に変更いたしました。
         以上の結果、当事業部門の売上高は                760億34百万      円(前年同期比       10.1%増    )、営業利益は仕入価格や物流費の上
        昇などが影響し、        6億5百万     円(同   19.7%減    )となりました。
         なお、前述のシンガポール3社は8月に合併し、基幹システムを刷新するとともに、10月末までに3社の拠点を
        集約させる計画であります。
         また、8月にシンガポールでの品揃えの充実を図るべく、業務用水産品卸売を営むGolden                                          Ocean   Seafood    (S)
        Pte  Ltdをグループ化いたしました。
        <キャッシュアンドキャリー(業務用食品現金卸売)事業部門>

         当事業部門におきましては、㈱トーホーキャッシュアンドキャリーが運営するA-プライスにおいて、主要顧客
        である中小飲食店に対し、業態や季節に応じた食材の提案を強化すべく、「九州グルメ」「夏メニュー」といった
        全店統一フェアを継続して実施するとともに、展示商談会を8会場で開催し、産地直送食材や専門食材、プライ
        ベートブランド商品などの提案を強化いたしました。加えて品質管理サービスや時間短縮・人手不足対策につなが
        る調理機器などグループの機能を活かした課題解決提案も強化いたしました。
         また、顧客にタイムリーな販促情報をお届けするスマートフォン専用「A-プライスアプリ」は、2015年10月に
        導入以降、会員数は20万件を超え、更なる利便性向上を図るべく、レシピコンテンツを追加いたしました。
                                  3/21


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
         事業基盤の強化につきましては、A-プライスにおいて、3月に鳥栖店(佐賀県鳥栖市)、6月に大村店(長崎
        県大村市)を出店するとともに、2月に中広店(広島市西区)・諫早店(長崎県諫早市)、4月に岡山店(岡山市
        北区)、5月に延岡店(宮崎県延岡市)、6月に京都南店(京都市伏見区)、7月に下松店(山口県下松市)の計
        6 店舗を改装いたしました。
         以上の結果、A-プライス既存店は堅調に推移したものの、前期に閉店(4店舗)を実施した影響もあり、当事
        業部門の売上高は        189億95百万      円(前年同期比       2.6%減    )、営業利益は減収に伴う売上総利益の減少などにより、                           93
        百万  円(同   15.4%減    )となりました。
         なお、当下期は、A-プライスにおいて8月に八幡西店(北九州市八幡西区)、10月に行橋店(福岡県行橋
        市)、11月に八代店(熊本県八代市)の改装を予定しております。
        <食品スーパー事業部門>

         当事業部門におきましては、日常消費への節約志向や業界の垣根を越えた競争の激化など、厳しい経営環境が継
        続する中、地域密着型の食品スーパー「トーホーストア」として、かんで野菜(農業法人㈱トーホーファーム(神
        戸市西区)やその近郊農家で栽培され、収穫後、原則24時間以内に店舗に搬入された高鮮度野菜)や兵庫県産牛肉
        など、兵庫県ならではの品揃えを充実させるとともに、山陰や北海道などそれぞれの産地の特色を活かした食材を
        提供する「産地フェア」を定期的に開催するなど、生鮮三品や惣菜を中心に品揃えの差別化に注力いたしました。
         事業基盤強化につきましては、3月に六甲アイランド店(神戸市東灘区)を出店いたしました。一方、生産性の
        向上を図るべく、野菜の加工の一部を集約化するなど小型店の運営の効率化に着手いたしました。
         しかしながら、消費者の節約志向が継続する中、業績の回復には至らず、当事業部門の売上高は                                            100億59百万      円
        (前年同期比      2.6%減    )、営業損失は       1億97百万     円(前年同期は1億92百万円の営業損失)となりました。
        <フードソリューション事業部門>

         当事業部門におきましては、品質管理、業務支援システム、業務用調理機器、店舗内装設計・施工など、「外食
        ビジネスをトータルにサポートする」機能の販売を引き続き強化いたしました。またディストリビューター事業や
        キャッシュアンドキャリー事業が開催する展示商談会への出展等、グループ連携を図り、シナジー効果の発揮に努
        めました。
         以上の結果、当事業部門の売上高は                67億29百万     円(前年同期比       6.9%増    )、営業損失は       35百万   円(前年同期は60
        百万円の営業損失)となりました。
        ②財政状態の状況

        ・総資産
         当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ49億9百万円増加し、941億67百万円となり
        ました。主な要因は、現金及び預金6億63百万円、受取手形及び売掛金23億18百万円、商品及び製品5億20百万
        円、有形固定資産15億11百万円が増加したことによるものであります。
        ・負債
         当第2四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末に比べ50億22百万円増加し、698億8百万円となりま
        した。主な要因は、支払手形及び買掛金17億40百万円、短期借入金13億92百万円が増加したことによるものであり
        ます。なお、当第2四半期連結会計期間末の借入金の総額は324億58百万円(前連結会計年度末310億26百万円)と
        なりました。
        ・純資産
         当第2四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べ1億13百万円減少し、243億58百万円となり
        ました。主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益による増加1億90百万円がある一方で、為替換算調整勘
        定の減少1億16百万円、配当金の支払2億68百万円(前期末1株当たり25円)によるものであります。自己資本比
        率については、25.0%と前連結会計年度末の26.7%に比べ1.7ポイント減少いたしました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動によるキャッシュ・フローは、3億43百万円の収入(前年同期9億49百万円の収入)となりました。こ
        れは主に、税金等調整前四半期純利益による増加6億43百万円(前年同期9億57百万円)、減価償却費10億95百万
        円(前年同期9億66百万円)、のれん償却費4億4百万円(前年同期2億90百万円)に対して、売上債権の増加13
        億49百万円(前年同期4億47百万円の増加)、たな卸資産の増加3億47百万円(前年同期1億75百万円の増加)に
        よるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動によるキャッシュ・フローは、6億11百万円の支出(前年同期18億70百万円の支出)となりました。こ
        れは主に、キャッシュアンドキャリー事業の店舗の改装やフードソリューション事業の店舗系システムの入替な
        ど、固定資産の取得による支出14億88百万円(前年同期7億89百万円の支出)に対して、連結の範囲の変更を伴う
                                  4/21


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
        子会社株式の取得による収入7億40百万円                    、固定資産の売却等による収入1億61百万円(前年同期13億41百万円の
        収入)によるものであります             。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動によるキャッシュ・フローは、9億33百万円の収入(前年同期50億99百万円の収入)となりました。こ
        れは主に、短期借入金の純増額10億円(前年同期36億円)、長期借入れによる収入58億50百万円(前年同期67億3
        百万円の収入)に対し、長期借入金の返済による支出54億18百万円(前年同期47億58百万円の支出)、配当金(前
        期末1株当たり25円)の支払による支出2億69百万円(前年同期2億68百万円の支出)によるものであります。
         以上の結果、当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末に比べ、6
        億40百万円増加し、78億86百万円となりました。
       (3)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
        生じた課題はありません。
       (5)研究開発活動

         特記すべき事項はありません。
       (6)主要な設備

         当第2四半期連結累計期間において、前連結会計年度末に計画中であった主要な設備の新設、改修等について完
        了したものは、次のとおりであります。
        (キャッシュアンドキャリー事業部門)
         連結子会社株式会社トーホーキャッシュアンドキャリーにおいて、前連結会計年度末に計画しておりました新店
        4店舗のうち2019年3月に鳥栖店(佐賀県鳥栖市)、6月に大村店(長崎県大村市)を完了いたしました。改装7
        店舗のうち2019年2月に中広店(広島市西区)、諫早店(長崎県諫早市)、4月に岡山店(岡山市北区)、5月に
        延岡店(宮崎県延岡市)、6月に京都南店(京都市伏見区)、7月に下松店(山口県下松市)の計6店舗を完了い
        たしました。
        (食品スーパー事業部門)
         連結子会社株式会社トーホーストアにおいて、前連結会計年度末に計画しておりました新店2店舗のうち2019年
        3月に六甲アイランド店(神戸市東灘区)を完了いたしました。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において経営上の重要な契約等の決定または締結はありません。
                                  5/21









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          27,950,800

                  計                                27,950,800

        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                           上場金融商品取引所
                            提出日現在発行数(株)
       種類        現在発行数(株)                          名又は登録認可金融              内容
                             (2019年9月11日)
               (2019年7月31日)                           商品取引業協会名
                                         東京証券取引所
                                                     1単元の株式数
      普通株式               11,012,166             11,012,166        (市場第一部)
                                                       100株
                                         福岡証券取引所
        計            11,012,166             11,012,166             -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増減        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)        (百万円)       (百万円)       額(百万円)        高(百万円)
                 (株)
      2019年5月1日~
                    -   11,012,166            -      5,344          -      5,041
      2019年7月31日
                                  6/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2019年7月31日現在
                                                     発行済株式(自
                                                     己株式を除
                                              所有株式数
                                                     く。)の総数に
          氏名又は名称                      住所
                                              (千株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
                       東京都中央区日本橋1丁目1-1                           977        9.08
     国分ホールディングス株式会社
                       神戸市東灘区向洋町西5丁目9                           674        6.27
     トーホー社員持株会
                       東京都中央区日本橋1丁目1-1                           551        5.13
     国分グループ本社株式会社
                       東京都千代田区有楽町1丁目13-1                           440        4.09
     第一生命保険株式会社
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町2丁目11-3                           327        3.05
     会社(信託口)
                                                  310        2.88
     前田 玲子                  神戸市東灘区
                       福岡市博多区博多駅前3丁目1-1                           264        2.46
     株式会社西日本シティ銀行
     日本生命保険相互会社                  東京都千代田区丸の内1丁目6-6                           188        1.75
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                           186        1.74
     株式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                           173        1.62
     株式会社(信託口5)
                                 -                4,093        38.06
             計
      (注)当第2四半期会計期間末現在における、上記大株主の所有株式数のうち信託業務の株式数については、当社とし
         て把握することができないため記載しておりません。
                                  7/21












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年7月31日現在
              区分               株式数(株)           議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                          -            -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -            -           -
      議決権制限株式(その他)                          -            -           -
                                  254,800
      完全議決権株式(自己株式等)                     普通株式                  -           -
      完全議決権株式(その他)                     普通株式      10,746,700             107,467          -
      単元未満株式                     普通株式        10,666         -           -
      発行済株式総数                           11,012,166            -           -
      総株主の議決権                          -             107,467          -
     (注)単元未満株式には、当社所有の自己株式96株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年7月31日現在
                                                   発行済株式総数に対

                         自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
      所有者の氏名又
                                                   する所有株式数の割
                所有者の住所
                         式数(株)         式数(株)         計(株)
      は名称
                                                   合(%)
               神戸市東灘区向洋
                            254,800           -      254,800           2.31
      株式会社トーホー
               町西5丁目9番
                   -         254,800           -      254,800           2.31
         計
      (注)「発行済株式総数に対する所有株式数の割合」は、小数点第3位以下を切り捨てて表示しております。
      2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間において、役員の異動はありません。
                                  8/21










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年5月1日から2019
       年7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年2月1日から2019年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、神明監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2019年1月31日)              (2019年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         7,336              7,999
         現金及び預金
                                         17,585              19,904
         受取手形及び売掛金
                                         11,716              12,237
         商品及び製品
                                           38              43
         原材料及び貯蔵品
                                         2,882              3,793
         その他
                                          △ 58             △ 95
         貸倒引当金
                                         39,500              43,882
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               10,609              10,468
                                         15,489              15,650
          土地
                                         3,331              4,821
          その他(純額)
                                         29,430              30,941
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         7,652              7,183
          のれん
                                         1,243              1,250
          その他
                                         8,895              8,433
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         2,218              2,251
          投資有価証券
                                         1,038               475
          関係会社株式
                                         4,189              4,156
          敷金
                                         2,967              3,023
          退職給付に係る資産
                                         1,182              1,168
          その他
                                         △ 165             △ 166
          貸倒引当金
                                         11,431              10,909
          投資その他の資産合計
                                         49,757              50,284
         固定資産合計
                                         89,257              94,167
       資産合計
                                 10/21










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2019年1月31日)              (2019年7月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         26,076              27,817
         支払手形及び買掛金
                                         10,051              11,443
         短期借入金
                                           451              467
         未払法人税等
                                           435              480
         賞与引当金
                                           251              265
         その他の引当金
                                         3,311              3,997
         その他
                                         40,577              44,472
         流動負債合計
       固定負債
                                         20,975              21,014
         長期借入金
                                            9              7
         引当金
                                           567              606
         退職給付に係る負債
                                           696              799
         資産除去債務
                                         1,959              2,908
         その他
                                         24,208              25,336
         固定負債合計
                                         64,785              69,808
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         5,344              5,344
         資本金
                                         5,089              5,089
         資本剰余金
                                         13,336              13,257
         利益剰余金
                                         △ 638             △ 638
         自己株式
                                         23,131              23,052
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           458              453
         その他有価証券評価差額金
                                           △ ▶             △ ▶
         繰延ヘッジ損益
                                         △ 213             △ 330
         為替換算調整勘定
                                           481              410
         退職給付に係る調整累計額
                                           722              528
         その他の包括利益累計額合計
                                           617              776
       非支配株主持分
                                         24,471              24,358
       純資産合計
                                         89,257              94,167
      負債純資産合計
                                 11/21









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日              (自 2019年2月1日
                                 至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
      売上高                                   105,158              111,819
                                         84,921              90,660
      売上原価
                                         20,236              21,159
      売上総利益
                                        ※ 19,624              ※ 20,693
      販売費及び一般管理費
                                           612              465
      営業利益
      営業外収益
                                            0              2
       受取利息
                                           20              27
       受取配当金
                                           -              14
       持分法による投資利益
                                           123              111
       その他
                                           144              156
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                    45              54
                                           63               ▶
       その他の金融費用
                                            ▶              -
       持分法による投資損失
                                           11              30
       その他
                                           124               89
       営業外費用合計
                                           631              532
      経常利益
      特別利益
                                           530               3
       固定資産売却益
                                           -              241
       負ののれん発生益
                                           530              244
       特別利益合計
      特別損失
                                            0              2
       固定資産売却損
                                           59              36
       固定資産除却損
                                           123               -
       店舗閉鎖損失
                                           -              95
       段階取得に係る差損
                                           22              -
       その他
                                           205              134
       特別損失合計
                                           957              643
      税金等調整前四半期純利益
                                           397              436
      法人税等
                                           559              206
      四半期純利益
                                           24              16
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                           534              190
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日              (自 2019年2月1日
                                 至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
                                           559              206
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 71              △ ▶
       その他有価証券評価差額金
                                            2              0
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 169             △ 119
       為替換算調整勘定
                                          △ 83             △ 72
       退職給付に係る調整額
                                            0              -
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         △ 322             △ 197
       その他の包括利益合計
                                           236               9
      四半期包括利益
      (内訳)
                                           214              △ 3
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           22              12
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/21















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日              (自 2019年2月1日
                                 至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           957              643
       税金等調整前四半期純利益
                                           966             1,095
       減価償却費
                                           290              404
       のれん償却額
                                           17               9
       固定資産除却損
       引当金の増減額(△は減少)                                   207               2
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 90             △ 141
       段階取得に係る差損益(△は益)                                    -              95
                                           -             △ 241
       負ののれん発生益
                                          △ 20             △ 30
       受取利息及び受取配当金
                                           45              54
       支払利息
       有価証券売却損益(△は益)                                    26              -
       固定資産売却損益(△は益)                                  △ 530              △ 0
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 447            △ 1,349
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 175             △ 347
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   143              745
                                           △ ▶             △ 91
       その他
                                         1,385               848
       小計
                                           20              30
       利息及び配当金の受取額
                                          △ 45             △ 53
       利息の支払額
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)                                  △ 425             △ 493
                                           13              11
       その他
                                           949              343
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 789            △ 1,488
       固定資産の取得による支出
                                         1,341               161
       固定資産の売却等による収入
                                           △ 6             △ 8
       投資有価証券の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                        △ 2,446                -
       支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                           -              740
       収入
                                           30             △ 15
       その他
                                        △ 1,870              △ 611
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  3,600              1,000
                                         6,703              5,850
       長期借入れによる収入
                                        △ 4,758             △ 5,418
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 154             △ 201
       リース債務の返済による支出
                                           △ 0             △ 0
       自己株式の取得による支出
       配当金の支払額                                  △ 268             △ 269
                                          △ 20             △ 28
       その他
                                         5,099               933
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                    △ 62             △ 25
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    4,116               640
                                         7,993              7,245
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 12,109              ※ 7,886
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/21





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        (連結の範囲の重要な変更)
         第1四半期連結会計期間において、株式会社ハマヤコーポレーションは株式会社トーホー・共栄に、株式会社ケ
        ントップは株式会社トーホー・C&C静岡にそれぞれ吸収合併されたことにより連結の範囲から除外しておりま
        す。また、持分法適用会社であった関東食品株式会社は株式取得により連結の範囲に含めております。
         変更後の連結子会社の数は30社、持分法適用会社の数は1社であります。
        (追加情報)

       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                        の適用)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
       計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分
       に表示しております。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自    2018年2月1日              (自    2019年2月1日
                              至     2018年7月31日)               至     2019年7月31日)
     運賃・荷造費                               2,382   百万円               2,654   百万円
                                     7,148                  7,525
     従業員給与
                                      29                  39
     貸倒引当金繰入額
                                      453                  481
     賞与引当金繰入額
                                     △ 17                  2
     退職給付費用
                                     1,716                  1,751
     地代家賃
                                      883                 1,027
     減価償却費
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自    2018年2月1日              (自    2019年2月1日
                              至   2018年7月31日)               至   2019年7月31日)
     現金及び預金勘定                               12,218百万円                  7,999百万円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △108                  △113
     現金及び現金同等物                               12,109                  7,886
                                 15/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2018年2月1日 至 2018年7月31日)
         1.配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                      (百万円)
      (決議)
                               (円)
      2018年4月17日
                普通株式          268        25   2018年1月31日         2018年4月18日         利益剰余金
       定時株主総会
          (2)  基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
                             1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                      (百万円)
      (決議)
                               (円)
      2018年9月10日
               普通株式          268        25   2018年7月31日         2018年10月10日         利益剰余金
        取締役会
         2.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2019年2月1日 至 2019年7月31日)

         1.配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                      (百万円)
      (決議)
                               (円)
      2019年4月17日
                普通株式          268        25   2019年1月31日         2019年4月18日         利益剰余金
       定時株主総会
          (2)  基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
                             1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                      (百万円)
      (決議)
                               (円)
      2019年9月9日
               普通株式          268        25   2019年7月31日         2019年10月15日         利益剰余金
        取締役会
         2.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
                                 16/21






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2018年2月1日                         至 2018年7月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                   調整額     財務諸表
                      ディストリ     キャッシュ             フードソ
                                                   (注)2      計上額
                                 食品スーパー
                      ビューター     アンドキャ            リューショ       合計
                                                        (注)3
                                   事業
                       事業    リー事業             ン事業
      売上高
                       69,029      19,503      10,332      6,292    105,158        -   105,158
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売上高又
                       38,656       644       0   2,297     41,598    △ 41,598       -
       は振替高(注)1
                       107,686      20,148      10,332      8,589    146,756     △ 41,598     105,158
             計
      セグメント利益又は損失(△)                   753      110     △ 192     △ 60     612      -     612
      (注)1.報告セグメント内の内部取引を含んでおります。
         2.セグメント間の内部売上高又は振替高の調整額△41,598百万円は、セグメント内及びセグメント間取引消
           去額であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
      Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2019年2月1日                         至 2019年7月31日)

       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                   調整額     財務諸表
                      ディストリ     キャッシュ             フードソ
                                                   (注)2      計上額
                                 食品スーパー
                      ビューター     アンドキャ            リューショ       合計
                                                        (注)3
                                   事業
                       事業    リー事業             ン事業
      売上高
                       76,034      18,995      10,059      6,729    111,819        -   111,819
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売上高又
                       39,882       229       0   2,168     42,279    △ 42,279       -
       は振替高(注)1
                       115,917      19,224      10,060      8,897    154,099     △ 42,279     111,819
             計
      セグメント利益又は損失(△)                   605      93     △ 197     △ 35     465      -     465
      (注)1.報告セグメント内の内部取引を含んでおります。
         2.セグメント間の内部売上高又は振替高の調整額△42,279百万円は、セグメント内及びセグメント間取引消
           去額であります。
         3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 17/21





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
        (金融商品関係)
       当第2四半期連結会計期間末(2019年7月31日)
       金融商品の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日に比べて著しい変動はありません。
        (有価証券関係)

       当第2四半期連結会計期間末(2019年7月31日)
       有価証券の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日に比べて著しい変動はありません。
        (デリバティブ取引関係)

       当第2四半期連結会計期間末(2019年7月31日)
       当社の行っているデリバティブ取引は、事業の運営において重要なものとなっておりますが、四半期連結貸借対照表
       計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日に比べて著しい変動はありません。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日               (自 2019年2月1日
                                 至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 49円73銭               17円69銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                         534               190
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         534               190
       四半期純利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              10,757,398               10,757,290
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
       株当たり四半期純利益金額の算定に含めなかっ
                                          -               -
       た潜在株式で、前連結会計年度末から重要な変
       動があったものの概要
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希簿化効果を有している潜在株式が存在しないため記載
        しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 18/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
       第67期中間配当について、2019年9月9日開催の取締役会で次のとおり決議いたしました。
        (イ)中間配当金総額                      268百万円
        (ロ)1株当たり中間配当金                                25円
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日 2019年10月15日
       (注)2019年7月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払を行います。
                                 19/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社トーホー(E02665)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年9月10日

     株式会社トーホー

      取締役会 御中

                              神明監査法人

                               代表社員

                                      公認会計士
                                              古村 永子郎  印
                               業務執行社員
                               代表社員

                                      公認会計士
                                              岡田 憲二   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社トー

     ホーの2019年2月1日から2020年1月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019年5月1日から2019年7
     月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年2月1日から2019年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すな
     わち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算
     書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社トーホー及び連結子会社の2019年7月31日現在の財政状態並
     びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
     信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。