株式会社東京ドーム 四半期報告書 第110期第2四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第110期第2四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

提出日:

提出者:株式会社東京ドーム

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                      四半期報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2019年9月11日

    【四半期会計期間】                      第110期第2四半期

                          (自 2019年5月1日 至 2019年7月31日)
    【会社名】                      株式会社東京ドーム

    【英訳名】                      TOKYO   DOME   CORPORATION

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  長岡 勤

    【本店の所在の場所】                      東京都文京区後楽一丁目3番61号

    【電話番号】                      03(3811)2111

    【事務連絡者氏名】                      財務部長  大野 幸男

    【最寄りの連絡場所】                      東京都文京区後楽一丁目3番61号

    【電話番号】                      03(3811)2111

    【事務連絡者氏名】                      財務部長  大野 幸男

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第109期           第110期

             回次              第2四半期           第2四半期            第109期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自   2018年2月1日         自   2019年2月1日         自   2018年2月1日
            会計期間
                          至   2018年7月31日         至   2019年7月31日         至   2019年1月31日
     売上高                (百万円)            41,833           45,369           87,048
     経常利益                (百万円)            5,371           5,763          10,402

     親会社株主に帰属する
                     (百万円)            4,171           4,692           6,962
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)            2,907           4,714           1,434
     純資産額                (百万円)           106,535           105,235           102,070

     総資産額                (百万円)           300,793           303,370           299,080

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           43.78           50.84           73.88
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            35.4           34.7           34.1
     営業活動による
                     (百万円)            1,614           2,326          16,845
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (百万円)           △ 6,070          △ 6,337         △ 11,311
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (百万円)           △ 2,236           7,409         △ 12,563
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                     (百万円)            10,904           13,965           10,566
     四半期末(期末)残高
                            第109期           第110期
             回次              第2四半期           第2四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                          自   2018年5月1日         自   2019年5月1日
            会計期間
                          至   2018年7月31日         至   2019年7月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)           27.73           35.20
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標
          等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
        5.当社は当第2四半期連結会計期間より、取締役等に対し、信託を用いた株式報酬制度を導入しております。
          「1株当たり四半期(当期)純利益金額」の算定上の基礎となる期中平均株式数には、その計算において控除
          する自己株式に当該信託口が保有する当社株式を含めております。
                                  2/23




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に
     ついて、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
      なお、第1四半期連結会計期間において、報告セグメントの区分を変更しております。
      詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等) セグメント情報」の
     「2.報告セグメントの変更等に関する事項」をご参照ください。
                                  3/23


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中における将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
      結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連
      結会計年度との比較・分析を行っております。
      (1)  業績の状況

       当第2四半期連結累計期間においては、東京ドームにおける野球関連イベントやコンサートイベントが好調に推移
      したことに加え、本年3月に複合型リゾート「ATAMI                        BAY  RESORT    KORAKUEN」を開業したこと等により増収となりまし
      た。
       以上の結果、売上高は           453億6千9百万円        (前年同期比      8.5%増    )、営業    利益は63億4百万円         (前年同期比      6.3%増    )、経常
      利益は57億6千3百万円           (前年同期比      7.3%増    )、親会社株主に帰属する四半期純                 利益は46億9千2百万円           (前年同期比
      12.5%増    )となりました。
      セグメント(セグメント間の内部売上高又は振替高を含む)の業績は、以下のとおりであります。

      なお、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しており、以下の前年同期比較については、
     前年同期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。
      詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等) セグメント情報」の
     「2.報告セグメントの変更等に関する事項」をご参照ください。
       <東京ドームシティ>

        (東京ドーム)
        東京ドームは、本年3月に開催されたMLB開幕戦関連やプロ野球の売上、及びコンサートイベント関連商品の販売
       が好調だったこと等により、増収となりました。
        (東京ドームシティ         アトラクションズ)

        東京ドームシティ         アトラクションズは、各アトラクションの好調や、シアターGロッソにおいて「ミュージカ
       ル  忍たま乱太郎」が開催されたこと等により、増収となりました。
        (東京ドームホテル)

        東京ドームホテルは、客室稼働率は前年並みだったものの、客室単価の増加により、増収となりました。
        (ラクーア)

        ラクーアは、テナントの入替えに伴う休業区画が前年同期比で減少したことに加え、スパの入館者数の増加、及
       び入館料収入やスパ内の飲食店における売上が増加したことにより、増収となりました。
        (黄色いビル)

        黄色いビルは、昨年7月にオープンした「ラウンジセブン」の売上の好調や、本年3月に新規開業した「ファース
       トキャビン      東京ドームシティ」や「Hi!EVERYVALLEY(ハイ!エブリバレー)」の効果もあり、増収となりまし
       た。
        以上の結果、東京ドームシティ事業全体での売上高は                         345億4千8百万円        (前年同期比      7.4%増    )、営業    利益は87億円

       (前年同期比      8.3%増    )となりました。
                                  4/23



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
       <流通>
        既存店の好調により、増収となりました。
        以上の結果、売上高は          42億3千万円      (前年同期比      3.6%増    )、営業    利益は5千6百万円        (前年同期比      187.7%増     )となり
       ました。
       <不動産>

        テナントの稼働が堅調に推移したことにより、ほぼ前年並となりました。
        以上の結果、売上高は          8億1千3百万円       (前年同期比      3.2%増    )、営業    利益は3億1千3百万円          (前年同期比      19.6%増    )と
       なりました。
       <熱海>

        熱海後楽園ホテルは、「ATAMI               BAY  RESORT    KORAKUEN」としてリニューアルオープンしたことにより、増収とな
       りましたが、開業に伴う諸経費の増加により損失増となりました。
        以上の結果、売上高は          17億6千6百万円       (前年同期比      50.5%増    )、営業    損失は8億1千1百万円          (前年同期比      5億6千8百
       万円の損失増      )となりました。
       <競輪>

        松戸競輪場は、本場開催が好調だったことにより、増収となりました。
        以上の結果、売上高は          12億6千7百万円       (前年同期比      32.7%増    )、営業    利益は2億9千1百万円          (前年同期比      2億9千8百
       万円の改善     )となりました。
       <その他>

        指定管理事業において、休館施設の再稼働や運営受託施設が増加したこと等により、増収となりましたが、業務
       委託費等の諸経費の増加により、減益となりました。
        以上の結果、売上高は          30億7千6百万円       (前年同期比      3.3%増    )、営業    利益は5百万円       (前年同期比      94.2%減    )となりま
       した。
      (2)  財政状態の分析

       当第2四半期連結会計期間末における総資産は、当連結会計年度に係る運転資金調達を前倒しで実施したことによ
      る現金及び預金の増加等により               3,033億7千万円       となり、前連結会計年度末に比べ                42億8千9百万円の増加          となっており
      ます。
       なお負債は、上記資金調達により                 1,981億3千5百万円         となり、前連結会計年度末に比べ                11億2千5百万円の増加           と
      なっております。
       また純資産は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上により                               1,052億3千5百万円         となり、前連結会計年度末に
      比べ  31億6千4百万円の増加          となっております。
      (3)  キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べて                                        33億9千9百万円       ( 32.2%)増
      加 し、  139億6千5百万円        となりました。
       営業活動によるキャッシュ・フローは、                   23億2千6百万円の収入          となり、前年同期比で          7億1千1百万円の収入増           とな
      りました。これは、東京ドームにおいて野球やコンサート関連の売上が好調だったこと等によるものであります。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、                   63億3千7百万円の支出          となり、前年同期比で          2億6千7百万円の支出増           とな
      りました。これは、熱海後楽園ホテルのリニューアル計画に基づく設備投資の増加等によるものであります。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、                   74億9百万円の収入         となり、前年同期比で          96億4千5百万円の収入増            となり
      ました。これは、設備投資の増加等に伴う資金調達を実施したことや当連結会計年度に係る運転資金調達を前倒しで
      実施したこと等によるものであります。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)の事業上及び財務上の対処すべき課
      題に重要な変更及び新たに生じた課題はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/23




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    198,000,000

                 計                                   198,000,000

       ②  【発行済株式】

              第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                 内容
              (2019年7月31日)          (2019年9月11日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
       普通株式           95,857,420          95,857,420                単元株式数は100株であります。
                                  (市場第一部)
        計         95,857,420          95,857,420          -             -

      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                 (株)       (株)       (百万円)        (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2019年7月31日
                    -   95,857,420             -      2,038         -       -
                                  6/23







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                                 2019年7月31日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                              所有株式数
                                                    除く。)の総数
            氏名又は名称                       住所
                                                     に対する
                                               (千株)
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                           東京都港区浜松町二丁目11番3号                     11,138        12.01
     (信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                           東京都中央区晴海一丁目8番11号                      6,379        6.88
     (信託口)
     株式会社みずほ銀行                      東京都千代田区大手町一丁目5番5号                      4,282        4.61
     富国生命保険相互会社                      東京都千代田区内幸町二丁目2番2号                      4,276        4.61

     株式会社竹中工務店                      大阪府大阪市中央区本町四丁目1番13号                      3,343        3.60

                           UGLAND    HOUSE,    GRAND    CAYMAN    KY-1-
     OASIS   INVESTMENTS      II  MASTER    FUND   LTD
     (常任代理人シティバンク、エヌ・エイ東京                      1104,   CAYMAN    ISLANDS               2,900        3.12
     支店)
                           (東京都新宿区新宿六丁目27番30号)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                           東京都中央区晴海一丁目8番11号                      1,558        1.68
     (信託口9)
                           GOLDMAN     SACHS    AND   CO,   180   MAIDEN
     JPMC   GOLDMAN    SACHS   TRUST   JASDEC    LENDING
                           LANE,   37/90TH     FLOOR,    NEW  YORK,   NY
     ACCOUNT                                            1,529        1.64
                           10038   U.S.A.
     (常任代理人株式会社三菱UFJ銀行)
                           (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
     資産管理サービス信託銀行株式会社
                           東京都中央区晴海一丁目8番12号                      1,522        1.64
     (証券投資信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                           東京都中央区晴海一丁目8番11号                      1,420        1.53
     (信託口5)
               計                     -            38,349        41.36
     (注)1.上記、日本マスタートラスト信託銀行株式会社、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社及び資産管理
          サービス信託銀行株式会社の所有する株式数は、すべて信託業務に係る株式数であります。
        2.2019年2月22日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、株式会社みずほ銀行及びその共同保有

          者であるアセットマネジメントOne株式会社が2019年2月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載さ
          れているものの、当社として当第2四半期会計期間末時点における実質所有株式数の確認ができませんの
          で、上記大株主の状況には含めておりません。
          なお、変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                              保有株券等       株券等保有
              氏名又は名称                     住所              の数       割合
                                               (千株)       (%)
         株式会社みずほ銀行                 東京都千代田区大手町一丁目5番5号                       4,282       4.47
         アセットマネジメントOne
                          東京都千代田区丸の内一丁目8番2号                       3,464       3.61
         株式会社
                計                   -              7,746       8.08
                                  7/23







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
        3.2019年4月19日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、三井住友信託銀行株式会社及びその共
          同保有者である三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社及び日興アセットマネジメント株式会社
          が2019年4月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当第2四半期会
          計期間末時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません
          なお、変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                              保有株券等       株券等保有
              氏名又は名称                     住所              の数       割合
                                               (千株)       (%)
         三井住友信託銀行株式会社                 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号                        894      0.93
         三井住友トラスト・アセットマネ
                          東京都港区芝公園一丁目1番1号                       1,711       1.79
         ジメント株式会社
         日興アセットマネジメント
                          東京都港区赤坂九丁目7番1号                       3,887       4.06
         株式会社
                計                   -              6,493       6.77
        4.2019年7月16日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、株式会社三菱UFJフィナンシャ

          ル・グループ及びその共同保有者である株式会社三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行株式会社、三菱UF
          J国際投信株式会社及び三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が2019年7月8日現在で以下の株式
          を所有している旨が記載されているものの、当社として当第2四半期会計期間末時点における実質所有株式
          数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
          なお、大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。
                                              保有株券等       株券等保有
              氏名又は名称                     住所              の数       割合
                                               (千株)       (%)
         株式会社三菱UFJ銀行                 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号                        309      0.32
         三菱UFJ信託銀行株式会社                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号                       1,918       2.00

         三菱UFJ国際投信株式会社                 東京都千代田区有楽町一丁目12番1号                       1,847       1.93

         三菱UFJモルガン・スタンレー
                          東京都千代田区丸の内二丁目5番2号                        886      0.93
         証券株式会社
                計                   -              4,962       5.18
        5.2019年7月24日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、野村證券株式会社及びその共同保有者

          であるNOMURA       INTERNATIONAL       PLC及び野村アセットマネジメント株式会社が2019年7月18日現在で以下の株
          式を所有している旨が記載されているものの、当社として当第2四半期会計期間末時点における実質所有株
          式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
          なお、変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                              保有株券等       株券等保有
              氏名又は名称                     住所              の数       割合
                                               (千株)       (%)
         野村證券株式会社                 東京都中央区日本橋一丁目9番1号                        278      0.29
                          1 Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,   United
         NOMURA    INTERNATIONAL       PLC
                                                 1,605       1.68
                          Kingdom
         野村アセットマネジメント
                          東京都中央区日本橋一丁目12番1号                       7,785       8.12
         株式会社 
                計                   -              9,669       10.09
                                  8/23





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                                  2019年7月31日現在
            区分             株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                      -           -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                      -           -             -

     議決権制限株式(その他)                      -           -             -

                      (自己保有株式)
                       普通株式
                           3,148,800
     完全議決権株式(自己株式等)                                -             -
                      (相互保有株式)
                       普通株式
                            102,100
                       普通株式
     完全議決権株式(その他)                                   924,655            -
                           92,465,500
                       普通株式
     単元未満株式      
                                     -             -
                            141,020
     発行済株式総数                      95,857,420          -             -
     総株主の議決権                      -            924,655            -

     (注)1.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式86株、東京ケーブルネットワーク㈱所有の相互保有
         株式50株が含まれております。
       2.「完全議決権株式(その他)」の欄には、取締役等への株式報酬制度のために設定した株式交付信託に係る信託
         口が所有する株式380,000株(議決権数3,800個)が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                                  2019年7月31日現在
                                                     発行済株式
                               自己名義       他人名義       所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                    所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                             所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
    (自己保有株式)
                東京都文京区後楽
                                3,148,800          -        3,148,800          3.28
                      一丁目3番61号
     ㈱東京ドーム
    (相互保有株式)
                東京都文京区後楽
     東京ケーブル                             80,100        -         80,100        0.08
                      一丁目3番61号
     ネットワーク㈱
    (相互保有株式)
                東京都文京区後楽
                                 20,000        -         20,000        0.02
                      一丁目3番61号
     ㈱TCP
    (相互保有株式)
                神奈川県横浜市中区桜木町
                                  2,000        -          2,000        0.00
     花月園観光㈱                  三丁目7番2号
          計             -          3,250,900          -        3,250,900          3.39
     (注) 上記の自己名義所有株式数には、取締役等への株式報酬制度のために設定した株式交付信託に係る信託口が所有
        する株式380,000株は含まれておりません。
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  9/23






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年5月1日から2019年
     7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年2月1日から2019年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任 あずさ監査法人により四半期レビューを受けております。
                                 10/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2019年1月31日)              (2019年7月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                11,896              14,795
        受取手形及び売掛金                                 3,164              4,266
                                       ※1  1,342            ※1  1,539
        たな卸資産
        その他                                 1,657              1,966
                                          △ 1             △ 1
        貸倒引当金
        流動資産合計                                18,059              22,566
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                              217,113              228,271
                                       △ 134,411             △ 136,395
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                             82,701              91,876
         機械装置及び運搬具
                                        12,155              12,861
                                        △ 9,779             △ 9,907
           減価償却累計額
           機械装置及び運搬具(純額)                              2,375              2,953
         土地
                                        144,481              144,205
         建設仮勘定                               11,818                76
         その他                               16,821              18,997
                                       △ 12,639             △ 13,120
           減価償却累計額
           その他(純額)                              4,181              5,876
         有形固定資産合計                              245,559              244,989
        無形固定資産
         借地権                                425              390
         ソフトウエア                                782              726
                                          144              144
         その他
         無形固定資産合計                               1,352              1,261
        投資その他の資産
         投資有価証券                               29,605              29,810
         長期貸付金                                 78              75
         退職給付に係る資産                                591              753
         繰延税金資産                                232              263
         その他                               1,818              1,820
                                         △ 133             △ 140
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               32,193              32,583
        固定資産合計                                279,105              278,833
      繰延資産
        社債発行費                                 1,915              1,969
        繰延資産合計                                 1,915              1,969
      資産合計                                 299,080              303,370
                                 11/23





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2019年1月31日)              (2019年7月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                  691             1,538
        コマーシャル・ペーパー                                 2,200              8,000
        1年内償還予定の社債                                13,165              14,299
        短期借入金                                19,893              19,047
        未払法人税等                                 1,041              2,306
        賞与引当金                                  304              312
        役員賞与引当金                                  34              17
        ポイント引当金                                  287              288
        商品券等引換引当金                                   1              1
                                        24,190              11,614
        その他
        流動負債合計                                61,809              57,427
      固定負債
        社債                                58,419              59,342
        長期借入金                                40,699              43,985
        受入保証金                                 2,669              2,668
        繰延税金負債                                 2,424              2,943
        再評価に係る繰延税金負債                                26,429              26,599
        退職給付に係る負債                                 3,827              3,723
        役員株式給付引当金                                  -              20
        執行役員退職慰労引当金                                  147               -
                                          581             1,424
        その他
        固定負債合計                                135,200              140,708
      負債合計                                 197,009              198,135
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 2,038              2,038
        資本剰余金                                  777              814
        利益剰余金                                37,676              40,819
                                        △ 3,482             △ 3,519
        自己株式
        株主資本合計                                37,010              40,151
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 9,675              9,829
        土地再評価差額金                                55,286              55,188
        退職給付に係る調整累計額                                  99              65
        その他の包括利益累計額合計                                65,060              65,083
      純資産合計                                 102,070              105,235
     負債純資産合計                                   299,080              303,370
                                 12/23






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日              (自 2019年2月1日
                                至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
     売上高                                   41,833              45,369
                                        32,885              36,074
     売上原価
     売上総利益                                    8,948              9,295
                                       ※1  3,018            ※1  2,991
     一般管理費
     営業利益                                    5,929              6,304
     営業外収益
      受取利息                                    2              2
      受取配当金                                   342              349
      持分法による投資利益                                    2              -
                                          63              37
      その他
      営業外収益合計                                   411              388
     営業外費用
      支払利息                                   564              534
      社債発行費償却                                   221              203
      持分法による投資損失                                    -              27
                                          183              163
      その他
      営業外費用合計                                   969              929
     経常利益                                    5,371              5,763
     特別利益
      固定資産売却益                                    0             440
      投資有価証券売却益                                   720              909
      補助金収入                                   191              535
                                          15              37
      その他
      特別利益合計                                   927             1,922
     特別損失
      固定資産除却損                                   104              175
      解体撤去費                                   214              251
                                          28              102
      その他
      特別損失合計                                   347              529
     税金等調整前四半期純利益                                    5,952              7,156
     法人税、住民税及び事業税
                                          954             2,227
                                          826              237
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    1,780              2,464
     四半期純利益                                    4,171              4,692
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    4,171              4,692
                                 13/23







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日              (自 2019年2月1日
                                至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
     四半期純利益                                    4,171              4,692
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 1,254               155
      土地再評価差額金                                    -             △ 97
      退職給付に係る調整額                                   △ 7             △ 34
                                          △ 2             △ 1
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 △ 1,264                22
     四半期包括利益                                    2,907              4,714
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  2,907              4,714
                                 14/23















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
      (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日              (自 2019年2月1日
                                至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                  5,952              7,156
      減価償却費                                  3,438              3,770
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    0              7
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    5              8
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 21             △ 17
      ポイント引当金の増減額(△は減少)                                    8              1
      商品券等引換引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0             △ 0
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                    -             △ 278
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 112              △ 36
      執行役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                   △ 18             △ 147
      役員株式給付引当金の増減額(△は減少)                                    -              20
      受取利息及び受取配当金                                  △ 344             △ 351
      支払利息                                   564              534
      持分法による投資損益(△は益)                                   △ 2              27
      投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 720             △ 909
      固定資産売却損益(△は益)                                   △ 0            △ 440
      固定資産除却損                                   104              175
      解体撤去費                                   214              251
      売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 542            △ 1,102
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 165             △ 196
      仕入債務の増減額(△は減少)                                   448              847
      前受金の増減額(△は減少)                                  1,567              1,981
      年間シート予約仮受金の増減額(△は減少)                                 △ 8,176             △ 8,838
                                          490              877
      その他
      小計                                  2,690              3,340
      利息及び配当金の受取額
                                          357              362
      利息の支払額                                  △ 552             △ 533
      法人税等の支払額                                  △ 880             △ 843
                                           0              1
      法人税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  1,614              2,326
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                 △ 1,430              △ 830
      定期預金の払戻による収入                                  1,430              1,330
      投資有価証券の取得による支出                                   △ 1            △ 563
      投資有価証券の売却による収入                                  1,731              1,584
      投資有価証券の償還による収入                                   150               -
      有形及び無形固定資産の取得による支出                                 △ 7,663             △ 8,028
      有形及び無形固定資産の売却による収入                                    0             751
      その他                                  △ 287             △ 582
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 6,070             △ 6,337
                                 15/23





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年2月1日              (自 2019年2月1日
                                至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      コマーシャル・ペーパーの増減額(△は減少)                                  2,000              5,800
      短期借入金の増減額(△は減少)                                    -             2,000
      長期借入れによる収入                                  4,200              11,100
      長期借入金の返済による支出                                 △ 13,017             △ 10,660
      社債の発行による収入                                  13,752               8,141
      社債の償還による支出                                 △ 7,076             △ 6,342
      自己株式の取得による支出                                   △ 0            △ 409
      自己株式の売却による収入                                    -              408
      配当金の支払額                                 △ 1,811             △ 1,477
                                         △ 283            △ 1,151
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 2,236              7,409
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 6,691              3,399
     現金及び現金同等物の期首残高                                   17,595              10,566
                                      ※1  10,904            ※1  13,965
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/23














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
        (税効果会計に係る会計基準の一部改正)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結
       会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
       の区分に表示しております。
       (取締役等に対する株式報酬制度)

        当社は、2019年4月25日開催の第109回定時株主総会決議に基づき、当社取締役(社外取締役を除く。)及び当
       社執行役員(以下総称して「取締役等」という。)を対象に、取締役等の報酬と当社の株式価値との連動性をよ
       り明確にし、取締役等が株価の変動による利益・リスクを株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上
       と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、株式報酬制度を導入しました。
        本制度にかかる会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の
       取扱い」(実務対応報告第30号 2015年3月26日)に準じております。
       (1)取引の概要
         本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下「本信託」という。)が当社株式を取得
        し、当社が各取締役等に付与するポイントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて各取締役等に対して
        交付される、という株式報酬制度です。また、本制度においては、本株主総会終結日の翌日から2024年4月の
        定時株主総会終結の日までの5年間の間に在任する取締役等に対して当社株式が交付されます。なお、取締役
        等が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時です。
       (2)信託に残存する自社の株式
         信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株
        式として計上しております。当第2四半期連結会計期間末における当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、408
        百万円、380千株であります。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1    たな卸資産の内訳
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間

                                (2019年1月31日)              (2019年7月31日)
        商品及び製品                          1,243   百万円            1,424   百万円
        原材料及び貯蔵品                            99 百万円             115  百万円
      (四半期連結損益計算書関係)

     ※1    一般管理費のうち主要な費用及び金額は、次のとおりであります。
                          前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                           (自    2018年2月1日              (自    2019年2月1日
                            至   2018年7月31日)               至   2019年7月31日)
        役員報酬・給料・賃金                       1,765   百万円              1,796   百万円
        賞与引当金繰入額                         73 百万円                74 百万円
        執行役員退職慰労引当金繰入額                          2 百万円                1 百万円
        役員賞与引当金繰入額                         12 百万円                16 百万円
        株式報酬費用                         - 百万円                13 百万円
        退職給付費用                        △ 40 百万円               △ 66 百万円
                                 17/23




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
      りであります。
                           前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

                            (自    2018年2月1日             (自    2019年2月1日
                             至   2018年7月31日)             至   2019年7月31日)
        現金及び預金                       12,334   百万円            14,795   百万円
        預入期間が3か月を超える定期預金                       △1,430    百万円             △830   百万円
        現金及び現金同等物                       10,904   百万円            13,965   百万円
      (株主資本等関係)

    Ⅰ  前第2四半期連結累計期間(自                2018年2月1日         至   2018年7月31日)
     1.配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
     2018年4月26日
               普通株式      利益剰余金          1,811       19.00    2018年1月31日         2018年4月27日
     定時株主総会
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
    Ⅱ  当第2四半期連結累計期間(自                2019年2月1日         至   2019年7月31日)

     1.配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
     2019年4月25日
               普通株式      利益剰余金          1,477       16.00    2019年1月31日         2019年4月26日
     定時株主総会
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                 18/23









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                2018年2月1日         至   2018年7月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                        四半期
                          報告セグメント
                                                       連結損益
                                           その他        調整額
                  東京
                                                合計        計算書
                                           (注)1        (注)2
                  ドーム     流通    不動産     熱海    競輪     計
                                                        計上額
                  シティ
                                                        (注)3
     売上高
     外部顧客への売上高              31,903     4,081     785   1,170     955   38,896     2,937    41,833      -  41,833
     セグメント間の
                    277     -     2    3    -    283     40    323   △ 323     -
     内部売上高又は振替高
          計        32,180     4,081     788   1,173     955   39,179     2,977    42,157     △ 323   41,833
     セグメント利益
                  8,036      19    262   △ 243    △ 7  8,067      89   8,157   △ 2,227    5,929
     又は損失(△)
     (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、㈱東京ドームスポーツの指定管理
         者制度による運営受託事業等を含んでおります。
       2.セグメント利益又は損失(△)の調整額                    △2,227百万円       には、セグメント間取引消去             31百万円    、各報告セグメン
         トに分配していない全社費用             △2,258百万円       が含まれております。全社費用は、主に当社の管理部門に係る費
         用のうち、総務・人事・施設部門等の全社的一般経費であります。
       3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                2019年2月1日         至   2019年7月31日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                        四半期
                          報告セグメント
                                                       連結損益
                                           その他        調整額
                  東京
                                                合計        計算書
                                           (注)1        (注)2
                  ドーム     流通    不動産     熱海    競輪     計
                                                        計上額
                  シティ
                                                        (注)3
     売上高
     外部顧客への売上高              34,265     4,230     810   1,761    1,267    42,335     3,033    45,369      -  45,369
     セグメント間の
                    282     -     2    ▶    -    290     43    333   △ 333     -
     内部売上高又は振替高
          計        34,548     4,230     813   1,766    1,267    42,626     3,076    45,702     △ 333   45,369
     セグメント利益
                  8,700      56    313   △ 811    291   8,549      5  8,555   △ 2,250    6,304
     又は損失(△)
     (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、㈱東京ドームスポーツの指定管理
         者制度による運営受託事業等を含んでおります。
       2.セグメント利益又は損失(△)の調整額                    △2,250百万円       には、セグメント間取引消去             32百万円    、各報告セグメン
         トに分配していない全社費用             △2,283百万円       が含まれております。全社費用は、主に当社の管理部門に係る費
         用のうち、総務・人事・施設部門等の全社的一般経費であります。
       3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントの変更等に関する事項

         第1四半期連結会計期間から業績管理区分の見直しにより、従来「東京ドームシティ」事業に含まれていた事
       業の一部を「その他」に移管しております。
         なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、上記セグメント変更後の報告セグメント区分に基づき
       作成したものを開示しております。
                                 19/23




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                  (自    2018年2月1日           (自    2019年2月1日
                 項目
                                  至   2018年7月31日)           至   2019年7月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                     43円78銭             50円84銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                      4,171             4,692

       普通株主に帰属しない金額(百万円)

                                            -             -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                           4,171             4,692
       四半期純利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                          95,298             92,297
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.当社は当第2四半期連結会計期間より、取締役等に対し、信託を用いた株式報酬制度を導入しております。
         「1株当たり四半期純利益金額」の算定上の基礎となる期中平均株式数には、その計算において控除する自
         己株式に当該信託口が保有する当社株式を含めております。
         1株当たり四半期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は当第2四半期連結累計期間
         65,083株であります。
                                 20/23














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
        該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社東京ドーム(E04605)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年9月11日

    株式会社東京ドーム
     取締役会      御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                            薊        和  彦
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          野      尻      健   一
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社東京

    ドームの2019年2月1日から2020年1月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019年5月1日から2019年
    7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年2月1日から2019年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すな
    わち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計
    算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社東京ドーム及び連結子会社の2019年7月31日現在の財政
    状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
    いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。