東京海上・スタイルアルファ・グローバル債券ファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出日:

提出者:東京海上・スタイルアルファ・グローバル債券ファンド

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                    有価証券届出書

      【提出先】                    関東財務局長

      【提出日】                    2019年9月11日

      【発行者名】                    東京海上アセットマネジメント株式会社

      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  後藤 俊夫

      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内一丁目8番2号

      【事務連絡者氏名】                    尾崎 正幸

      【電話番号】                    03-3212-8421

      【届出の対象とした募集(売出)内国投                    東京海上・スタイルアルファ・グローバル債券ファンド

       資信託受益証券に係るファンドの名
       称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投                    当初申込日   上限 50億円
       資信託受益証券の金額】
                          継続申込期間  上限 1兆円
      【縦覧に供する場所】                    該当なし
                                  1/51














                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

      (1)  【ファンドの名称】

        東京海上・スタイルアルファ・グローバル債券ファンド
        (以下「当ファンド」ということがあります。)
      (2)  【内国投資信託受益証券の形態等】

        追加型証券投資信託の受益権です。
        当ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規定に
        基づく投資信託の受益権であり、受益権の帰属は、後述の「(11)                                    振替機関に関する事項」に記載の振
        替機関及び当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、
        振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることによ
        り定まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」
        といいます。)。委託会社である東京海上アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」といい
        ます。)は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しま
        せん。なお、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
        当初の1口当たり元本は1円です。
        委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付または信用格
        付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
      (3)  【発行(売出)価額の総額】

        ①  当初申込日:50億円を上限とします。
        ②  継続申込期間:1兆円を上限とします。
      (4)  【発行(売出)価格】

        ①  当初申込日:1口当たり1円
        ②  継続申込期間:取得申込受付日の翌営業日の基準価額
         基準価額は、販売会社または委託会社に問い合わせることにより知ることができます。
         ●委託会社のお問い合わせ先(以下「委託会社サービスデスク」といいます。)
           東京海上アセットマネジメント サービスデスク
           0120-712-016(土日祝日・年末年始を除く9時~17時)
      (5)  【申込手数料】

                   *
        ①  発行価格に3.24%           (税抜3%)の率を乗じて得た額を上限として販売会社が個別に定める額とし
         ます。詳しくは販売会社にお問い合わせください。申込手数料には、消費税および地方消費税(以
         下「消費税等」といいます。)が含まれます。
         *消費税率が10%となった場合は、3.3%となります。
        ②  分配金再投資コース(下記「(6)申込単位」をご参照ください。)の収益分配金の再投資により取得
         する口数については、手数料はありません。
      (6)  【申込単位】

        ①  申込方法には、収益分配金の受取方法によって、以下の2種類のコースがあります。
          分配金受取りコース             分配金を受け取るコースです。
          分配金再投資コース             分配金が税引き後、自動的に無手数料で再投資されるコースです。

        ②  販売会社やお申込みのコース等によって申込単位は異なります。また、販売会社により取扱うコー
         スが異なる場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。(販売会社との間で定時
         定額購入サービスに関する契約を締結した場合、当該契約で規定する取得申込単位によるものとし
         ます。)
        ③  分配金再投資コースにおける収益分配金の再投資に際しては、上記にかかわらず1口単位で取得す
         ることができます。
      (7)  【申込期間】

        ①  当初申込日:2019年9月27日
        ②  継続申込期間:2019年9月30日から2020年11月20日まで
          ※継続申込期間は、上記期間満了前に委託会社が有価証券届出書を提出することにより更新されます。
      (8)  【申込取扱場所】

                                  2/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        販売会社の本・支店等で取扱います。ただし、一部取扱いを行わない支店等がある場合がありますの
        で、販売会社の最寄りの本・支店等にお問い合わせください。なお、販売会社については、委託会社
        サー  ビスデスクにお問い合わせください。
      (9)  【払込期日】

        取得申込者は、申込金(発行価格に取得申込口数を乗じて得た額に申込手数料を加算した申込時の支
        払総額をいいます。)を販売会社所定の期日までに販売会社に支払うものとします。
        当初申込日にかかる発行価額の総額は信託設定日に、継続申込期間中の各取得申込日の発行価額の総
        額は各追加信託が行われる日に、販売会社から、委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指
        定する当ファンドの口座に振込まれます。
      (10)  【払込取扱場所】

        申込金は、お申込みの販売会社にお支払いください。
      (11)  【振替機関に関する事項】

        当ファンドの受益権の振替機関は下記の通りです。
         株式会社証券保管振替機構
      (12)  【その他】

        該当ありません。
                                  3/51














                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

      (1)  【ファンドの目的及び基本的性格】

        ①  ファンドの目的
         信託財産の着実な成長と安定した収益の確保をめざして運用を行います。
        ②  基本的性格

         当ファンドは、追加型投信/内外/債券/特殊型(絶対収益追求型)に属します。
         当ファンドの商品分類表および属性区分表は、以下の通りです。
                                商品分類表

                                      投資対象資産
          単位型投信・追加型投信                投資対象地域                          補足分類
                                     (収益の源泉)
                                       株  式

                           国  内
             単位型投信                          債  券           インデックス型
                           海  外            不動産投信

             追加型投信                          その他資産              特殊型

                           内  外           (    )           (絶対収益追求型)
                                       資産複合

                                属性区分表

           投資対象資産          決算頻度       投資対象地域          投資形態       為替ヘッジ          特殊型
         株式           年1回      グローバル

          一般                 (日本を含む)
          大型株           年2回                                ブル・ベア型
          中小型株                 日本
                    年4回
         債券                 北米          ファミリー
          一般           年6回                ファンド          あり      条件付運用型
          公債           (隔月)      欧州                  (   )
          社債
          その他債券           年12回      アジア
          クレジット属性          (毎月)
          (  )                オセアニア                         絶対収益追求型
                    日々
         不動産投信                 中南米
                    その他                ファンド・          なし
         その他資産(投資信           (  )      アフリカ          オブ・                 その他型
         託証券(その他資産                           ファンズ                 (  )
         (  債  券  先  物  取        中近東
         引)))                 (中東)
         資産複合                 エマージング

         (    )
          資産配分固定型
          資産配分変更型
                                  4/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ※当ファンドが該当する商品分類・属性区分を網掛け表示しています。
          
           投資することとなりますので、商品分類表と属性区分表の投資対象資産が異なります。
          ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しています。
                               商品分類の定義

          単位型・      単位型投信              当初、募集された資金が一つの単位として信託され、そ
          追加型                     の後の追加設定は一切行われないファンドをいいます。
                追加型投信              一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行
                              われ従来の信託財産とともに運用されるファンドをいい
                              ます。
          投資対象      国内              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
          地域                     主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の
                              記載があるものをいいます。
                海外              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨の
                              記載があるものをいいます。
                内外              目論見書または投資信託約款において、国内および海外
                              の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載が
                              あるものをいいます。
          投資対象      株式              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
          資産                     主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載が
                              あるものをいいます。
                債券              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載が
                              あるものをいいます。
                不動産投信(リート)              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              主たる投資収益が実質的に不動産投資信託の受益証券お
                              よび不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載が
                              あるものをいいます。
                その他資産              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              主たる投資収益が実質的に株式、債券および不動産投信
                              以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいま
                              す。
                資産複合              目論見書または投資信託約款において、株式、債券、不
                              動産投信およびその他資産のうち複数の資産による投資
                              収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいいま
                              す。
          独立区分      MMF(マネー・マネー              一般社団法人投資信託協会の「MMF等の運営に関する
                ジメント・ファンド)              規則」に定められるMMFをいいます。
                MRF(マネー・リザー              一般社団法人投資信託協会の「MMF等の運営に関する
                ブ・ファンド)              規則」に定められるMRFをいいます。
                ETF              投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政
                              令480号)第12条第1号及び第2号に規定する証券投資信
                              託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条
                              の4の2に規定する上場証券投資信託をいいます。
          補足分類      インデックス型              目論見書または投資信託約款において、各種指数に連動
                              する運用成果を目指す旨の記載があるものをいいます。
                特殊型              目論見書または投資信託約款において、投資者に対して
                              注意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組みある
                              いは運用手法の記載があるものをいいます。
          㭕䙔셒ژ帰湛驿ꤰ漰Ŏ'             社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」をもとに委託会社が作成
           しております。
                               属性区分の定義

                                  5/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          投資対象      株式       一般        次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのもの
          資産                     をいいます。
                       大型株        目論見書または投資信託約款において、主として大型株
                               に投資する旨の記載があるものをいいます。
                       中小型株        目論見書または投資信託約款において、主として中小型
                               株に投資する旨の記載があるものをいいます。
                債券       一般        次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全て
                               のものをいいます。
                       公債        目論見書または投資信託約款において、日本国または各
                               国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機
                               関債、国際機関債を含みます。以下同じ。)に主として
                               投資する旨の記載があるものをいいます。
                       社債        目論見書または投資信託約款において、企業等が発行す
                               る社債に主として投資する旨の記載があるものをいいま
                               す。
                       その他債券        目論見書または投資信託約款において、公債または社債
                               以外の債券に主として投資する旨の記載があるものをい
                               います。
                       格付等クレ        目論見書または投資信託約款において、上記債券の「発
                       ジットによる        行体」による区分のほか、特にクレジットに対して明確
                       属性        な記載があるものについては、上記債券に掲げる区分に
                               加え「高格付債」「低格付債」等を併記します。
                不動産投信              目論見書または投資信託約款において、主として不動産
                               投信に投資する旨の記載があるものをいいます。
                その他資産              目論見書または投資信託約款において、主として株式、
                               債券および不動産投信以外に投資する旨の記載があるも
                               のをいいます。
                資産複合       資産配分        目論見書または投資信託約款において、複数資産を投資
                       固定型        対象とし、組入比率については固定的とする旨の記載が
                               あるものをいいます。
                       資産配分        目論見書または投資信託約款において、複数資産を投資
                       変更型        対象とし、組入比率については、機動的な変更を行う旨
                               の記載があるものもしくは固定的とする旨の記載がない
                               ものをいいます。
          決算頻度      年1回              目論見書または投資信託約款において、年1回決算する
                               旨の記載があるものをいいます。
                年2回              目論見書または投資信託約款において、年2回決算する
                               旨の記載があるものをいいます。
                年4回              目論見書または投資信託約款において、年4回決算する
                               旨の記載があるものをいいます。
                年6回(隔月)              目論見書または投資信託約款において、年6回決算する
                               旨の記載があるものをいいます。
                年12回(毎月)              目論見書または投資信託約款において、年12回(毎月)
                               決算する旨の記載があるものをいいます。
                日々              目論見書または投資信託約款において、日々決算する旨
                               の記載があるものをいいます。
                その他              上記属性にあてはまらない全てのものをいいます。
          投資対象      グローバル              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
          地域                     投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載があるもの
                               をいいます。
                日本              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                               投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるもの
                               をいいます。
                                  6/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                北米              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                               投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載がある
                               ものをいいます。
                欧州              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                               投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載がある
                               ものをいいます。
                アジア              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                               投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とする旨
                               の記載があるものをいいます。
                オセアニア              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                               投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする旨の記載
                               があるものをいいます。
                中南米              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                               投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載があ
                               るものをいいます。
                アフリカ              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                               投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の記載が
                               あるものをいいます。
                中近東(中東)              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                               投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨の記載があ
                               るものをいいます。
                エマージング              目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                               投資収益がエマージング地域(新興成長国(地域))の
                               資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
          投資形態      ファミリーファンド              目論見書または投資信託約款において、親投資信託
                               (ファンド・オブ・ファンズにのみ投資されるものを除
                               きます。)を投資対象として投資するものをいいます。
                ファンド・オブ・              一般社団法人投資信託協会の「投資信託等の運用に関す
                ファンズ              る規則」第2条に規定されるファンド・オブ・ファンズ
                               をいいます。
          為替      あり              目論見書または投資信託約款において、為替のフルヘッ
          ヘッジ                     ジまたは一部の資産に為替のヘッジを行う旨の記載があ
                               るものをいいます。
                なし              目論見書または投資信託約款において、為替のヘッジを
                               行わない旨の記載があるものまたは為替のヘッジを行う
                               旨の記載がないものをいいます。
          対象イン      日経225              目論見書または投資信託約款において、日経225に連
          デックス                     動する運用成果を目指す旨の記載があるものをいいま
                               す。
                TOPIX              目論見書または投資信託約款において、TOPIXに連
                               動する運用成果を目指す旨の記載があるものをいいま
                               す。
                その他              上記指数にあてはまらない全てのものをいいます。
          特殊型      ブル・ベア型              目論見書または投資信託約款において、派生商品をヘッ
                               ジ目的以外に用い、積極的に投資を行うとともに各種指
                               数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若し
                               くは逆連動を含む。)を目指す旨の記載があるものをい
                               います。
                条件付運用型              目論見書または投資信託約款において、仕組債への投資
                               またはその他特殊な仕組みを用いることにより、目標と
                               する投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や
                               信託終了日等が、明示的な指標等の値により定められる
                               一定の条件によって決定される旨の記載があるものをい
                               います。
                                  7/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                ロング・ショート型              目論見書または投資信託約款において、特定の市場に左
                /絶対収益追求型              右されにくい収益の追求を目指す旨若しくはロング・
                               ショート戦略により収益の追求を目指す旨の記載がある
                               ものをいいます。
                その他型              目論見書または投資信託約款において、上記特殊型に掲
                               げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組みあるいは
                               運用手法の記載があるものをいいます。
          㭜幠❓㩒ذ湛驿ꤰ漰Ŏ'             社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」をもとに委託会社が作成
           しております。
        ③  信託金の限度額

         当ファンドの信託金限度額は、信託約款の定めにより1兆円となっています。ただし、受託会社と
         合意のうえ、変更することができます。
        ④  ファンドの特色

                                  8/51
















                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  9/51





















                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 10/51





















                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)  【ファンドの沿革】
















        2019年9月30日  ファンドの設定、運用開始
      (3)  【ファンドの仕組み】

        ①  ファンドの仕組み
                                 11/51



                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ②  委託会社の概況










        ・名称    東京海上アセットマネジメント株式会社
        ・資本金の額 20億円(2019年6月末日現在)
        ・会社の沿革
        ・大株主の状況(2019年6月末日現在)





                 株主名                     住所            所有株数     所有比率
         東京海上ホールディングス株式会社                    東京都千代田区丸の内一丁目2番1号                     38,300   株   100.0   %
     2【投資方針】

      (1)  【投資方針】
      1.基本方針
        当ファンドは、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保をめざして運用を行います。
      2.運用方法

      (1)  主要投資対象
                                 12/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        主として「東京海上・スタイルアルファ・グローバル債券マザーファンド」(以下「マザーファン
        ド」ということがあります。)受益証券に投資し、高位の組入比率を維持します。なお、有価証券等
        の資産に直接投資することがあります。
      (2)  投資態度
        ①主として国内外の債券先物取引を積極的に活用することにより、特定の市場動向に左右されにくい絶
         対収益を追求するマザーファンド受益証券に投資します。
        ②当ファンドの運用は、ファミリーファンド方式により行います。したがって、実質的な運用は、マ
         ザーファンドで行うこととなります。
        ③Tokio     Marine    Asset    Management       (USA),    Ltd.に、マザーファンドの運用の指図に関する権限の一部
         を委託します。
        ④資金動向、市況動向、残存期間等の事情によっては、上記のような運用ができない場合があります。
       <参考    情報  >マザーファンドの運用の基本方針、主な投資対象と投資制限(要約)

        ◇東京海上・スタイルアルファ・グローバル債券マザーファンド
        1.基本方針
          信託財産の着実な成長と安定した収益の確保をめざして運用を行います。
        2.運用方法
         (1)  投資対象
          国内の債券を主要投資対象とし、国内外の債券先物取引を主要取引対象とします。
         (2)  投資態度
          ①国内外の債券先物取引を積極的に活用することにより、特定の市場動向に左右されにくい絶対収益を追求し
           ます。
          ②運用にあたっては、複数の価格変動要因に着目し、それぞれ資産の買建て(ロング)および売建て(ショー
           ト)を行い、ポジションを構築します。
          ③ポートフォリオの構築にあたっては、各ポジションのリスク水準や相関性等を勘案して配分を決定します。
          ④Tokio    Marine    Asset   Management      (USA),    Ltd.に、運用の指図に関する権限の一部を委託します。
        3.運用制限
         (1)  株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。(ただし、転換社債の転換、新株引受権
           の行使および新株予約権の行使により取得する場合に限ります。)
         (2)  外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
         (3)  新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下とします。
         (4)  上場投資信託証券等を除く投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
         (5)  同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
         (6)  同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下としま
           す。
         (7)  同一銘柄の転換社債および転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下
           とします。
        ※資金動向、市況動向、残存期間等の事情によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      (2)  【投資対象】

      1.当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       (1)  次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律施行令第3条で定めるものをいいます。
         以下同じ。)
          ①  有価証券
          ②  デリバティブ取引にかかる権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款第
           22条、第23条および第24条に定めるものに限ります。)
          ③  金銭債権(①④に掲げるものに該当するものを除きます。)
          ④  約束手形(金融商品取引法第2条第1項第15号に掲げるものを除きます。)
       (2)  次に掲げる特定資産以外の資産
         為替手形
      2.委託会社は、信託金を、主として東京海上アセットマネジメント株式会社を委託会社とし、三菱UF
       J信託銀行株式会社を受託会社として締結された「東京海上・スタイルアルファ・グローバル債券マ
       ザーファンド」の受益証券および次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券と
       みなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
       (1)  転換社債の転換、新株引受権の行使および新株予約権の行使により取得した株券および新株引受権
         証書
       (2)  国債証券
       (3)  地方債証券
       (4)  特別の法律により法人の発行する債券
                                 13/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (5)  社債券(新株引受権証券と社債券が一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券を除きま
         す。)
       (6)  特定目的会社にかかる特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいま
         す。)
       (7)  特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定め
         るものをいいます。)
       (8)  協同組織金融機関にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいい
         ます。)
       (9)  特定目的会社にかかる優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法第2
         条第1項第8号で定めるものをいいます。)
       (10)コマーシャル・ペーパー
       (11)新株引受権証券(新株引受権証券と社債券が一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券を
         含みます。)および新株予約権証券
       (12)外国または外国の者の発行する証券または証書で、上記(1)から(11)までの証券または証書の性質を
         有するもの
       (13)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいい
         ます。)
       (14)投資証券、投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものを
         いいます。)
       (15)外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
       (16)オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、
         有価証券にかかるものに限ります。)
       (17)預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
       (18)外国法人が発行する譲渡性預金証書
       (19)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
         券に限ります。)
       (20)抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
       (21)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
         証券に表示されるべきもの
       (22)受益証券発行信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定めるものをいい、上記(1)か
         ら(21)に該当するものを除きます。)
       (23)外国の者に対する権利で上記(21)および(22)の有価証券の性質を有するもの
       なお、(1)の証券または証書、(12)および(17)の証券または証書のうち(1)の証券または証書の性質を有
       するものを以下「株式」といい、(2)から(6)までの証券、(12)および(17)の証券または証書のうち(2)か
       ら(6)までの証券の性質を有するものならびに(14)の投資法人債券を以下「公社債」といい、(13)の証券
       および(14)の証券(投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
      3.委託会社は、信託金を、上記2.に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第
       2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用するこ
       とを指図することができます。
       (1)  預金
       (2)  指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
       (3)  コール・ローン
       (4)  手形割引市場において売買される手形
       (5)  貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
       (6)  外国の者に対する権利で上記(5)の権利の性質を有するもの
      4.上記2.の規定にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託
       会社が運用上必要と認めるときは、委託会社は、信託金を、上記3.に掲げる金融商品により運用する
       ことの指図ができます。
      *デリバティブ取引の利用については、「(1)投資方針」をご参照ください。
      (3)  【運用体制】

       当ファンドの運用体制は以下の通りです。
                                 14/51




                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当ファンドは運用戦略部(13名)が社内規則である「投資運用業に係る業務運営規程」に基づき運用







       を担当します。
        運用におけるリスク管理は、運用管理部(6名)による法令・運用ガイドライン等の遵守状況の
       チェックや運用リスク項目のチェック等が随時実施され、担当運用部へフィードバックされるととも
       に、原則として月1回開催される運用管理委員会(管理本部長を委員長に、運用・営業・商品企画など
       ファンド運用に関係する各部長が参加)において投資行動の評価が行われます。(リスク管理について
       の詳細は、「3         投資リスク」の「3.管理体制」をご参照ください)
        この運用管理委員会での評価もふまえて、投資政策委員会(運用本部長を委員長とし、各運用部長が
       参加)において運用方針を決定し、より質の高い運用体制の維持・向上を目指します。
        なお、当ファンドが投資対象とするマザーファンドは「TMAM                                    USA」に運用の指図に関する権限
       の一部を委託します。委託会社は、運用状況について随時確認できる体制を構築しています。このほか
       委託会社においては、同社の運用、リスク管理、コンプライアンス、バックオフィスの各機能について
       定期的に確認を行っています。
        また、受託銀行等の管理については、関連部署において、受託銀行業務等に関する「内部統制の整備
       及び運用状況報告書」の入手・検証、現地モニタリング等を通じて実施しております。
        (上記の体制や人員等については、2019年7月1日現在)
      (4)  【分配方針】

        毎決算時に原則として以下の通り収益分配を行う方針です。
        ①  分配対象額は、経費控除後の、繰越分を含めた配当等収益および売買益(評価益を含みます。)等
         の全額とし、委託会社が基準価額の水準、市況動向等を勘案して収益分配金額を決定します。ただ
         し、分配対象額が少額の場合等には、分配を行わないことがあります。なお、収益の分配に充当せ
         ず、信託財産内に留保した利益については、投資方針に基づいて運用を行います。
        ②  信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
         a.配当金、利子、貸付有価証券にかかる品貸料およびこれらに類する収益から支払利息を控除した額
          (「配当等収益」といいます。)は、諸経費                        (※)   、信託報酬および当該信託報酬にかかる消費税
          等に相当する金額を控除した後、その残額を受益者に分配することができます。なお、次期以降の
          分配金にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立てることができます。
         b.売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費                                               (※)   、信託
          報酬および当該信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあるときは、そ
          の全額を売買益をもって補てんした後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配
          にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立てることができます。
          (※)諸経費とは、信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、信託財産の財務諸表の監査に
             要する費用(消費税等相当額を含みます。)ならびに受託会社の立替えた立替金の利息をいいます。
        ③  計算期末において信託財産に損失が生じた場合は、次期に繰越します。
        ④  分配金は、毎計算期間終了後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算して
         5営業日まで)から、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者
         (当該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きま
         す。また、当該収益分配金にかかる決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販
         売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)
                                 15/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         に、お支払いします。なお、「分配金再投資コース」をお申込みの場合は、分配金は税金を差し引
         いた後、自動的に無手数料で再投資されますが、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記
         載 または記録されます。
      (5)  【投資制限】

        ①  運用の基本方針に基づく制限(約款別紙「運用の基本方針」)
         a.委託会社は、信託財産に属する株式の時価総額とマザーファンドに属する株式の時価総額のうち信
          託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の100分の10を超えることとな
          る投資の指図をしません。(ただし、転換社債の転換、新株引受権の行使および新株予約権の行使
          により取得する場合に限ります。)
         ※信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンドの受益証券の時価総額に、マザーファ
          ンドの信託財産の純資産総額に占める当該資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。(以下同じ)
         b.外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
         c.委託会社は、信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額とマザーファンド
          に属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額と
          の合計額が、信託財産の純資産総額の100分の20を超えることとなる投資の指図をしません。
         d.委託会社は、信託財産に属する投資信託証券(マザーファンド受益証券ならびに取引所に上場し、
          かつ当該取引所において常時売却可能な投資信託証券、また既に組入れていた株式等が転換等によ
          り投資信託証券に該当することとなった投資信託証券を除きます。)の時価総額とマザーファンド
          に属する投資信託証券の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の
          純資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
         e.委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の株式の時価総額とマザーファンドに属する当該同一銘柄
          の株式の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の
          100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
         f.委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額とマ
          ザーファンドに属する当該同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額のうち信託
          財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の100分の5を超えることとなる
          投資の指図をしません。
         g.委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の転換社債ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236
          条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権
          がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(会社法施行前の旧商法第
          341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債型新株予約
          権付社債」といいます。)の時価総額とマザーファンドに属する当該同一銘柄の転換社債ならびに
          転換社債型新株予約権付社債の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託
          財産の純資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
        ②  投資する株式等の範囲(約款)
         a.委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、取引所に上場
          されている株式の発行会社の発行するものおよび取引所に準ずる市場において取引されている株式
          の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株式、
          新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありません。
         b.上記a.の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証
          券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社が投資
          することを指図することができるものとします。
        ③  信用取引(約款)
         a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの指図を
          することができます。なお、当該売付の決済については、株券の引渡または買戻により行うことの
          指図をすることができるものとします。
         b.上記a.の信用取引の指図は、当該売付にかかる建玉の時価総額とマザーファンドの信託財産に属す
          る当該売付にかかる建玉の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が信託財産の
          純資産総額の範囲内とします。
         c.信託財産の一部解約等の事由により、上記b.の売付にかかる建玉の時価総額の合計額が信託財産の
          純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売付の
          一部を決済するための指図をするものとします。
        ④  先物取引等(約款)
         a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、日本国内の取引所における有価証券先物取引
          (金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいます。)、有価証券指数等先物取引
          (金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをいいます。)および有価証券オプション取
          引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるものをいいます。)ならびに外国の取引所にお
          けるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、オ
          プション取引に含めるものとします(以下同じ。)。
                                 16/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         b.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、日本国内の取引所における通貨にかかる先物
          取引およびオプション取引ならびに外国の取引所における通貨にかかる先物取引およびオプション
          取 引を行うことの指図をすることができます。
         c.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、日本国内の取引所における金利にかかる先物
          取引およびオプション取引ならびに外国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの
          指図をすることができます。
        ⑤  スワップ取引(約款)
         a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、異なった通貨、異なった受取金利または異
          なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいま
          す。)を行うことの指図をすることができます。
         b.スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないものと
          します。ただし、当該取引が信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありませ
          ん。
         c.スワップ取引の評価は、市場実勢金利等をもとに算出した価額で行うものとします。
         d.委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入が必要と認めたときは、担保の
          提供あるいは受入の指図を行うものとします。
        ⑥  金利先渡取引および為替先渡取引(約款)
         a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引および為替先渡取引を行うこと
          の指図をすることができます。
         b.金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間
          を超えないものとします。ただし、当該取引が信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの
          限りではありません。
         c.金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、市場実勢金利等をもとに算出した価額で行うものとし
          ます。
         d.委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入が必要と認
          めたときは、担保の提供あるいは受入の指図を行うものとします。
        ⑦  デリバティブ取引等に係る投資制限(約款)
         デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところにしたがい、合理的
         な方法により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
        ⑧  有価証券の貸付(約款)
         a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を次の範
          囲内で貸付の指図をすることができます。
          ・株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合
           計額を超えないものとします。
          ・公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公
           社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
         b.上記a.に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当
          する契約の一部の解約を指図するものとします。
         c.委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入の指図を行うものとしま
          す。
        ⑨  有価証券の空売(約款)
         a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産において有しない有価証券または下
          記「有価証券の借入」の規定により借入れた有価証券を売付けることの指図をすることができま
          す。なお、当該売付の決済については、売付けた有価証券の引渡または買戻により行うことの指図
          をすることができるものとします。
         b.上記a.の売付の指図は、当該売付にかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内で
          行うことができるものとします。
         c.信託財産の一部解約等の事由により、上記b.の売付にかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資
          産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その額を超える額に相当する売付の
          一部を決済するための指図をするものとします。
        ⑩  有価証券の借入(約款)
         a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、有価証券の借入の指図をすることができま
          す。なお、当該有価証券の借入を行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指
          図を行うものとします。
         b.上記a.の借入の指図は、当該借入にかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内で
          行うことができるものとします。
         c.信託財産の一部解約等の事由により、上記b.の借入にかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資
          産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借入れた有
          価証券の一部を返還するための指図をするものとします。
         d.上記a.の借入にかかる品借料は信託財産中から支弁します。
                                 17/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ⑪  特別な場合の外貨建有価証券への投資制限(約款)
         外貨建有価証券への投資については、日本の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合
         には、制約されることがあります。
        ⑫  外国為替予約取引(約款)
         a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、ならびに信託財産に属する外貨建資産(マ
          ザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属するとみなした額を含みます。)
          の為替変動リスクを回避するため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。
         b.上記a.の指図は、信託財産にかかる為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差額につき円換算
          した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属する外貨建資産
          (マザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属するとみなした額を含みま
          す。)の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この限りではあり
          ません。
         c.信託財産の一部解約等の事由により上記b.の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所
          定の期間内にその超える額に相当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引
          の指図をするものとします。
        ⑬  信用リスク集中回避のための投資制限(約款)
         一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクス
         ポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則
         として、それぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えることとなっ
         た場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整
         を行うこととします。
        ⑭  資金の借入(約款)
         a.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支払資
          金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的
          として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール
          市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証
          券等の運用は行わないものとします。
         b.一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財
          産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信
          託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日か
          ら信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期
          間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度としま
          す。
         c.収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日
          までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
         d.借入金の利息は信託財産中から支弁します。
     3【投資リスク】

      1.投資リスク
        ; 以下の記載は、当ファンドが主要投資対象とするマザーファンドを組み入れることにより、当ファンドが間
        接的に受ける実質的なリスクを含みます。
      (1)  価格変動リスク

        投資する有価証券等の値動きにより基準価額は変動します。したがって、投資元本は保証されているも
        のではなく、投資元本を割り込むことがあります。
        運用による損益は、全て投資者に帰属します。
        投資信託は預貯金や保険と異なります。
        当ファンドへの投資には主に以下のリスクが想定されます。
        ①  先物取引の利用に伴うリスク
         先物取引を利用する場合、買建てている先物価格の下落、または売建てている先物価格の上昇によ
         り損失が発生し、基準価額が下落する要因となります。
        ②  運用手法にかかるリスク
         買建て(ロング)および売建て(ショート)のポジションを組み合わせる運用を行う場合、投資対
         象市場の動向による影響を受けにくい運用をめざしますが、その影響を全て排除できるわけではあ
         りません。
         ロング・ショート運用の手法により保有する資産の値動きの見通しが予測と異なった場合は、基準
         価額の下落要因となる場合があります。
        ③  金利変動リスク
         公社債は、一般に金利が上昇した場合には価格は下落し、反対に金利が下落した場合には価格は上
         昇します。したがって、金利が上昇した場合、基準価額が下落する要因となります。
                                 18/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ④  信用リスク
         一般に、公社債や短期金融商品等の発行体にデフォルト(債務不履行)が生じた場合、またはデ
         フォルトが予想される場合には、当該公社債等の価格は大幅に下落することになります。したがっ
         て、組入公社債等にデフォルトが生じた場合、またデフォルトが予想される場合には、基準価額が
         下落する要因となります。
        ⑤  為替変動リスク
          外貨建資産の円換算価値は、資産自体の価格変動の他、当該外貨の円に対する為替レートの変動の
          影響を受けます。為替レートは、各国・地域の金利動向、政治・経済情勢、為替市場の需給その他
          の要因により大幅に変動することがあります。組入外貨建資産について、当該外貨の為替レートが
          円高方向にすすんだ場合には、基準価額が下落する要因となります。
        ⑥  カントリーリスク
         投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、または取引
         に対して新たな規制が設けられた場合には、基準価額が予想以上に下落したり、投資方針に沿った
         運用が困難となることがあります。
        ⑦  流動性リスク
         受益者から解約申込があった場合、組入資産を売却することで解約資金の手当てを行うことがあり
         ます。その際、組入資産の市場における流動性が低いときには直前の市場価格よりも大幅に安い価
         格で売却せざるを得ないことがあります。この場合、基準価額が下落する要因となります。
      (2)  デリバティブ取引のリスク

        当ファンドはデリバティブに投資することがあります。デリバティブの運用には、ヘッジする商品と
        ヘッジされるべき資産との間の相関性を欠いてしまう可能性、流動性を欠く可能性、証拠金を積むこと
        によるリスク等様々なリスクが伴います。これらの運用手法は、信託財産に属する資産の価格変動リス
        クを回避する目的のみならず、効率的な運用に資する目的でも用いられることがありますが、実際の価
        格変動が委託会社の見通しと異なった場合に当ファンドが損失を被るリスクを伴います。
      2.その他の留意事項

       (1)  一般的な留意事項
         投資信託は、その商品性格から次の特徴をご理解のうえご購入ください。
         ・投資信託は株式・公社債などの値動きのある証券に投資しますので、基準価額は変動します。
         ・投資信託は金融機関の預金と異なり元金が保証されているものではありません。
         ・投資信託は保険契約および預金ではありません。
         ・投資信託は保険契約者保護機構の補償対象契約ではありません。
         ・投資信託は預金保険の対象ではありません。
         ・登録金融機関から購入した投資信託は投資者保護基金の補償対象ではありません。
         ・委託会社の運用指図によって信託財産に生じた利益および損失は、全て投資家に帰属します。
       (2)  法令・税制・会計等の変更可能性

         法令・税制・会計方法等は今後変更される可能性があります。
       (3)  その他の留意点

        ①  取得申込者から販売会社に申込代金が支払われた場合であっても、販売会社より委託会社に対して
         申込代金の払込が現実になされるまでは、当ファンドも委託会社もいかなる責任も負わず、かつそ
         の後、受託会社に払込がなされるまでは、取得申込者は受益権および受益権に付随するいかなる権
         利も取得しません。
        ②  一部解約金、収益分配金および償還金の支払は全て販売会社を通じて行われます。
        ③  委託会社は、販売会社とは別法人であり、委託会社は設定・運用を善良なる管理者の注意をもって
         行う責任を負担し、販売会社は販売(申込代金の預り等を含みます。)について責任を負担してお
         り、互いに他について責任を負担しません。
        ④  受託会社は、委託会社に収益分配金、一部解約金および償還金を委託会社の指定する預金口座等へ
         払い込んだ後は、受益者に対し、それらを支払う責任を負いません。
        ⑤  当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)
         の適用はありません。
        ⑥  当ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。そのため、当ファンドが投資対象とす
         るマザーファンドを投資対象とする他のベビーファンドに追加設定・解約等に伴う資金変動等があ
         り、その結果、当該マザーファンドにおいて売買等が生じた場合等には、当ファンドの基準価額に
         影響を及ぼす場合があります。
        ⑦  分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので分配金が支払われる
         と、その金額相当分、基準価額は下がります。分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後
         の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決
                                 19/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも
         計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。受益者のファンドの購入価額に
         よっ  ては、分配金の一部または全額が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。
         ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様で
         す。
      3.管理体制

        委託会社のリスク管理体制は、担当運用部が自主管理を行うと同時に、担当運用部とは独立した部門
       において厳格に実施される体制としています。
        法令等の遵守状況についてはコンプライアンス部門が、運用リスクの各項目および運用ガイドライン
       の遵守状況については運用リスク管理部門が、それぞれ適切な運用が行われるよう監視し、担当運用部
       へのフィードバックおよび所管の委員会への報告・審議を行っています。
        これらの内容については、社長をはじめとする関係役員に随時報告が行われるとともに、内部監査部
       門がこれらの業務全般にわたる運営体制の監査を行うことで、より実効性の高いリスク管理体制を構築
       しております。
        <リスク管理体制>

                                 20/51















                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】

















      (1)  【申込手数料】

                   *
        ①  発行価格に3.24%           (税抜3%)の率を乗じて得た額を上限として販売会社が個別に定める額とし
         ます。詳しくは販売会社にお問い合わせください。申込手数料には、消費税等が含まれます。
                                 21/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         申込手数料は、商品の説明、購入に関する事務コスト等の対価として、申込時にご負担いただくも
         のです。
          *消費税率が10%となった場合は、3.3%となります。
        ②  分配金再投資コースの収益分配金の再投資により取得する口数については、手数料はありません。
      (2)  【換金(解約)手数料】

        換金時(解約時)の手数料はありません。
      (3)  【信託報酬等】

        ①  委託会社、販売会社および受託会社の信託報酬の総額は信託財産の純資産総額に対し、年率
              *
         1.6578%      (税抜1.535%)を乗じて得た金額とし、計算期間を通じて、毎日計上します。
         *消費税率が10%となった場合は、年率1.6885%となります。
        ②  ①の信託報酬(消費税等相当額を含みます。)は、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算
         期末または信託終了のときに信託財産中から支弁します。
        ③  信託報酬の配分(税抜)については以下の通りとします。
                  *1                *2                *3
              委託会社                販売会社                受託会社
              年率0.8%                年率0.7%               年率0.035%
        *1   委託した資金の運用、基準価額の計算、目論見書作成等の対価
        *2   購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管理および事務手続き
           等の対価
        *3   運用財産の保管・管理、委託会社からの指図の実行の対価
        ④  マザーファンドの運用の委託先である「TMAM                           USA」が受ける報酬は、委託会社が受ける報酬
         から、毎年3月、6月、9月および12月の末日または信託終了のときに支払うこととし、その報酬
         額は当ファンドの信託財産の純資産総額に対し、年率0.45%を乗じて得た額とします。
      (4)  【その他の手数料等】

        ①  信託財産の財務諸表の監査に要する費用(消費税等相当額を含みます。)は                                           、 監査法人に支払う
                                                     *1
         ファンドの監査         にかかる費用であり、            毎日、純資産総額に対し、年率0.0108%                        (税抜0.01%)
                               *2
         を乗じて得た金額(ただし、年97.2万円                       (税抜90万円)の1日分相当額を上限とします。)を計
         上し、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のときに信託財産中から
         支弁します。
         *1消費税率が10%となった場合は、年率0.011%となります。
         *2消費税率が10%となった場合は、年99万円となります。
        ②  信託財産に関する租税および信託事務等に要する諸費用ならびに受託会社の立替えた立替金の利息
         は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁します。
        ③  ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料(消費税等相当額を含みます。)、
         先物・オプション取引に要する費用、外国における資産の保管等に要する費用等は、受益者の負担
         とし、信託財産中から支弁します。
        ④  信託財産の一部解約に伴う支払資金の手当て、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当
         て等を目的として資金借入れの指図を行った場合、借入金の利息は受益者の負担とし、信託財産中
         から支弁します。
        㭶ﮌ뭵⠰銖搰估崰湎혰湢䭥灥饻䤰欰搰䐰昰潛龖鬰湓홟ᕻ䤰欰蠰詙॒픰夰謰弰脰Ŏ譒䴰步饳蜰Ŏખ傘䵻䤰銈桹㨰
         ることができません。
        上記(1)から(4)の手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、あらかじめ表示

        することができません。
      (5)  【課税上の取扱い】

        課税上は、株式投資信託として以下のような取扱いとなります。なお、税法が改正された場合は、以
       下の内容が変更になることがあります。また、以下は一般的な記載に過ぎませんので、課税上の取扱い
       の詳細につきましては、税務専門家等にご確認ください。
       <個人の受益者に対する課税>

        収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として課税され、20.315%(所得
                          ;
        税15%、復興特別所得税0.315%                   および地方税5%)の税率による源泉徴収が行われます。申告不要
        制度の適用がありますが、総合課税または申告分離課税を選択することも可能です。いずれの場合も
        配当控除の適用はありません。申告分離課税を選択した場合の税率は、20.315%(所得税15%、復興
                                 22/51

                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        特別所得税0.315%および地方税5%)となります。収益分配金のうち課税対象となるのは普通分配金
        のみであり、元本払戻金(特別分配金)                      (※1)    は課税されません。
         ※2037年12月31日までの間、復興特別所得税(所得税15%×2.1%)が付加されます。
        解約時および償還時の差益(解約時および償還時の価額から取得費(申込手数料(税込)を含む)を

        控除した差額)は、その全額が譲渡所得等の金額とみなされ課税対象となります。譲渡所得等につい
        ては、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)の税率による申告分離課税
        が適用されます(特定口座(源泉徴収選択口座)での取扱いも可能です。)。
        普通分配金(申告分離課税を選択したものに限ります。)ならびに解約時および償還時の損益につい

        ては、確定申告により、上場株式等(特定公社債および公募公社債投信を含みます。)の利子所得お
        よび配当所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)ならびに譲渡所得等との間で損益通算を
        行うことができます。
        少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」および未成年者少額投資非課税制度「ジュニアNIS

        A」をご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託や上場株式等から生じ
        る配当所得および譲渡所得等が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税
        口座を開設する等、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは販売会社にお問い合わせく
        ださい。
        2020年1月1日以降の分配時において、外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記

        とは異なる場合があります。
       <法人の受益者に対する課税>

        収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の「各受益者の個別元本」
        (※2)    超過額については、15.315%(所得税15%および復興特別所得税0.315%)の税率による源泉
        徴収が行われます。地方税の源泉徴収はありません。収益分配金のうち課税対象となるのは普通分配
        金のみであり、元本払戻金(特別分配金)                       (※1)    は課税されません。
        なお、益金不算入制度の適用はありません。
       (※1)「元本払戻金(特別分配金)」とは、収益分配金落ち後の基準価額が各受益者の個別元本を下回る場合、

           収益分配金のうち当該下回る部分に相当する額をさし、元本の一部払戻しに相当するものです。この場
           合、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
       (※2)「各受益者の個別元本」とは、原則として各受益者の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該申
           込手数料にかかる消費税等相当額は含まれません。)をいい、追加信託のつど当該口数により加重平均さ
           れ、元本払戻金(特別分配金)が支払われた際に調整されます。ただし、同一ファンドを複数の販売会社
           で取得する場合や、同一販売会社であっても複数の支店等で同一ファンドを取得する場合等は、個別元本
           の算出方法が異なる場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
       *上記は、2019年6月末現在のものですので、税法が改正された場合等には、内容等が変更される場合

        があります。
     5【運用状況】

       当ファンドは2019年9月30日に運用を開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、資産を有して
      おりません。したがって、下記の各項目に該当する計数は存在しません。
     (1)  【投資状況】

       該当事項はありません。
     (2)  【投資資産】

      ①【投資有価証券の主要銘柄】
        該当事項はありません。
      ②【投資不動産物件】

        該当事項はありません。
      ③【その他投資資産の主要なもの】

        該当事項はありません。
     (3)  【運用実績】

                                 23/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ①【純資産の推移】
       該当事項はありません。
      ②【分配の推移】

       該当事項はありません。
      ③【収益率の推移】

       該当事項はありません。
     (4)  【設定及び解約の実績】

       該当事項はありません。
     <参考情報>        (2019年9月11日現在)

      [基準価額・純資産の推移]

        該当事項はありません。
      [分配の推移]

        該当事項はありません。
      [主要な資産の状況]

        該当事項はありません。
      [年間収益率の推移]

        該当事項はありません。なお、当ファンドにはベンチマークがありません。
     第2【管理及び運営】

     1【申込(販売)手続等】

        a.毎営業日にお申込みを受け付けます。ただし、継続申込期間においてお申込み日が以下の日のいずれ
         かに該当する場合には、取得のお申込みの受付を行いません。
         ・ニューヨーク証券取引所の休業日
         ・ニューヨークの銀行の休業日
         ・ロンドン証券取引所の休業日
         ・ロンドンの銀行の休業日
         ・フランクフルト証券取引所の休業日
        b.申込方法には、収益分配金の受取方法によって、以下の2種類のコースがあります。
          分配金受取りコース             分配金を受け取るコースです。
          分配金再投資コース             分配金が税引き後、自動的に無手数料で再投資されるコースです。

        c.販売会社やお申込みのコース等によって申込単位は異なります。詳しくは販売会社にお問い合わせく
         ださい。なお、分配金再投資コースにおける収益分配金の再投資に際しては、1口単位で取得するこ
         とができます。
        d.継続申込期間において取得申込の受付は、原則として午後3時までとします。受付時間を過ぎてから
         のお申込みについては翌営業日受付の取扱いとなります。
        e.受益権の取得申込価額は以下の通りです。
         当初申込日:1口当たり1円
         継続申込期間:取得申込受付日の翌営業日の基準価額
         基準価額は信託設定日以降、原則として委託会社の毎営業日に算出され、販売会社または委託会社
         サービスデスクに問い合わせることにより知ることができます。
         ●委託会社のお問い合わせ先(委託会社サービスデスク)
          東京海上アセットマネジメント サービスデスク
          0120-712-016              (土日祝日・年末年始を除く9時~17時)
                           *
        f.申込手数料は、発行価格に3.24%                    (税抜3%)の率を乗じて得た額を上限として販売会社が個別に
         定める額とします。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
         *消費税率が10%となった場合は、3.3%となります。
        g. 上記にかかわらず、           取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品
         取引法第2条第8項第3号ロに規定する外国金融商品市場をいいます(本書において、同じ。)。)
         における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情が発生し、委託会社が追加設定を
                                 24/51

                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         制限する措置を取った場合には、販売会社は、受益権の取得申込の受付を中止すること、および既に
         受け付けた取得申込の受付を取り消すことができます。
        h.取得申込者は販売会社に、取得申込と同時にまたはあらかじめ当該取得申込者が受益権の振替を行う
         ための振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載
         または記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金の支払いと引き換えに、当該口座
         に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、追加信
         託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため
         社振法に定める事項の振替機関等への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機
         関等への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または
         記録を行います。受託会社は、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関等
         の定める方法により、振替機関等へ当該受益権にかかる信託を設定した旨の通知を行います。
        i.定時定額購入サービスを選択した取得申込者は、販売会社との間で定時定額購入サービスに関する取
         り決めを行います。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
     2【換金(解約)手続等】

        a.受益者は、自己に帰属する受益権につき、一部解約の実行請求(解約請求)の方法によりご換金の請
         求を行うことができます。
        b.ご換金のお申込みは販売会社で受け付けます。なお、販売会社の買取りによるご換金の請求について
         は、販売会社にお問い合わせください。
        c.解約請求による換金のお申込みは、信託設定日以降、毎営業日に行うことができます。ただし、解約
         請求日が以下の日のいずれかに該当する場合には、お申込みの受付を行いません。
         ・ニューヨーク証券取引所の休業日
         ・ニューヨークの銀行の休業日
         ・ロンドン証券取引所の休業日
         ・ロンドンの銀行の休業日
         ・フランクフルト証券取引所の休業日
        d.解約単位は、販売会社やお申込みのコース等によって異なります。詳しくは販売会社にお問い合わせ
         ください。
        e.解約請求のお申込みの受付は、原則として午後3時までとします。受付時間を過ぎてからのお申込み
         は翌営業日受付としてお取扱いします。
        f.解約時の価額(解約価額)は、解約請求受付日の翌営業日の基準価額とします。
         ※信託財産留保額はありません。
        g.解約価額は、原則として委託会社の毎営業日に算出され、販売会社または委託会社サービスデスクに
         問い合わせることにより知ることができます。
        h.解約にかかる手数料はありません。
        i.解約代金は、原則として解約請求受付日から起算して5営業日目から、お支払いします。
        j.委託会社は、取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情があるとき
         は、解約請求の受付を中止することおよび既に受け付けた解約請求の受付を取り消すことができま
         す。解約請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日を解約請求受付
         日とする解約請求を撤回できます。ただし、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該受付
         中止を解除した後の最初の基準価額の計算日にその請求を受け付けたものとして取扱います。
        k.信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口解約には制限を設ける場合があります。
        l.受益者が解約の請求をするときは、振替受益権をもって行うものとし、その口座が開設されている振
         替機関等に対して当該受益者の請求にかかる信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、
         当該一部解約にかかる受益権の口数と同口数の抹消の申請が行われ、社振法の規定にしたがい当該振
         替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
     3【資産管理等の概要】

      (1)  【資産の評価】

        a.基準価額とは、受益権1口当たりの純資産価額(純資産総額を計算日における受益権総口数で除した
         金額)をいいます。ただし、便宜上1万口当たりに換算した価額で表示されることがあります。
        b.純資産総額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券を除きま
         す。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価または一部償却原価法により評
         価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額をいいます。なお、外貨建資産の円換算
         については、原則として日本における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算し、外国為替
         予約に基づく予約為替の評価は、原則として日本における計算日の対顧客先物売買相場の仲値による
         ものとします。
        <主要投資対象資産の評価方法>
             対象                        評価方法
                                 25/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          マザーファンド           原則として、当ファンドの基準価額計算日の基準価額で評価しま
            受益証券         す。
                     原則として、以下のいずれかの価額で評価します。
                      a.日本証券業協会発表の売買参考統計値(平均値)
            公社債等          b.金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(売気配相場を除
                      く)
                      c.価格情報会社の提供する価額
                     国内取引所に上場されているものは、当該取引所が発表する計算日
                     の清算値段または証拠金算定基準値段で評価します。
            先物取引         海外取引所に上場されているものは、当該海外取引所が発表する計
                     算日に知りうる直近の日の清算価格または最終相場で評価するもの
                     とします。
        c.基準価額は、信託設定日以降、原則として委託会社の毎営業日に算出され、販売会社または委託会社
         サービスデスクに問い合わせることにより知ることができます。
      (2)  【保管】

        該当事項はありません。
      (3)  【信託期間】

        原則として、2019年9月30日から2029年8月20日までとします。ただし、後記「(5)その他                                                  ①信託の
        終了(繰上償還)」に該当する場合には、信託を終了させることがあります。
      (4)  【計算期間】

        原則として、毎年8月21日から翌年8月20日までとします。ただし、各計算期間の末日が休業日のと
        きはその翌営業日          (※)   を計算期間の末日とし、その翌日より次の計算期間が開始するものとします。
        (第1計算期間は2019年9月30日から2020年8月20日まで)
        (※)法令により、これと異なる日を計算期間の末日と定めている場合には、法令にしたがいます。
      (5)  【その他】

        ①  信託の終了(繰上償還)
         a.委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することにより受益権の総口数が10億口
          を下ることとなったとき、信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき、また
          はやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、信託契約を解約し、信託を終了さ
          せることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官
          庁に届け出ます。
         b.委託会社は、上記a.の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行いま
          す。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約の理由などの事項を定
          め、当該決議の日の2週間前までに、信託契約にかかる知れている受益者に対し、書面をもってこ
          れらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         c.上記b.の書面決議において、受益者(委託会社および信託の信託財産に信託の受益権が属するとき
          の当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下c.において同じ。)は受益権の口
          数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を
          行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
         d.上記b.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
          もって行います。
         e.上記b.からd.までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当該提
          案につき、信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をした
          ときには適用しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合
          であって、上記b.からd.までの手続きを行うことが困難な場合も同様とします。
         f.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委
          託会社は、信託契約を解約し、信託を終了させます。
         g.上記f.の規定にかかわらず、監督官庁が信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社
          に引継ぐことを命じたときは、信託は、「②信託約款の変更」b.の書面決議で否決された場合を除
          き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
         h.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務に
          違反して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託会社または受益
          者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場合、または裁判
          所が受託会社を解任した場合、委託会社は、「②信託約款の変更」の規定にしたがい、新受託会社
                                 26/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          を選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合を除き、受託会社を解任することはできな
          いものとします。
         i.委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社は信託契約を解約し、信託を終了させま
          す。
        ②  信託約款の変更
         a.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受
          託会社と合意のうえ、信託約款を変更することまたは信託と他の信託との併合(投資信託及び投資
          法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。以下同
          じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容
          を監督官庁に届け出ます。なお、信託約款は「②信託約款の変更」に定める以外の方法によって変
          更することができないものとします。
         b.委託会社は、上記a.の事項(上記a.の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場合
          に限り、上記a.の併合事項にあってはその併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当す
          る場合を除きます。以下「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行います。
          この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容およびその理由
          などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、信託約款にかかる知れている受益者に対し、
          書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         c.上記b.の書面決議において、受益者(委託会社および信託の信託財産に信託の受益権が属するとき
          の当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下c.において同じ。)は受益権の口
          数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を
          行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
         d.上記b.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
          もって行います。
         e.書面決議の効力は、信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
         f.上記b.からe.までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、当
          該提案につき、信託約款にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示を
          したときには適用しません。
         g.上記a.からf.までの規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合に
          あっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決され
          た場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
        ③  関係会社との契約の更改等
         委託会社と販売会社との間の募集・販売等の取扱いに関する契約は、当事者の別段の意思表示がな
         い限り、1年ごとに自動更新されます。募集・販売等の取扱いに関する契約は、当事者間の合意に
         より変更することができます。
         委託会社と投資顧問会社(運用委託先)との契約の期間は、                                 当事者の別段の意思表示がない限り、
         原則として、マザーファンドの信託期間終了日までとします。
        ④  運用報告書
         a.毎決算時および償還時に、委託会社が、期間中の運用経過のほか、信託財産の内容などを記載し
           た交付運用報告書を作成します。交付運用報告書は、知れている受益者に対して、販売会社か
           ら、あらかじめお申し出いただいたご住所にお届けします。
         b.委託会社は、運用報告書(全体版)を作成し、委託会社のホームページ
           (https://www.tokiomarineam.co.jp/)に掲載します。
         c.上記b.の規定にかかわらず、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求があった場合は、交
           付します。
        ⑤  公告
         委託会社が受益者に対してする公告は、原則として電子公告の方法により行い、委託会社のホーム
         ページ(https://www.tokiomarineam.co.jp/)に掲載します。
         なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告
         は、日本経済新聞に掲載します。
     4【受益者の権利等】

       当ファンドの受益者の有する主な権利は以下の通りです。なお、議決権、受益者集会に関する権利は有
       しません。
        ①  収益分配金の請求権
         収益分配金は、         毎計算期間終了後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算
         して5営業日まで)から、               決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受
         益者(当該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除
         きます。また、当該収益分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支
         払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者と
         します。)に、お支払いします。ただし、受益者が収益分配金について、上記に規定する支払開始
                                 27/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、委託会社が受託会社より交付を受
         けた金銭は、委託会社に帰属します。なお、分配金再投資コースの収益分配金は、税金を差し引い
         た 後、自動的に無手数料で再投資されますが、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載
         または記録されます。
        ②  償還金の請求権
         償還金(信託終了時における信託財産の純資産総額を受益権総口数で除した金額をいいます。以下
         同じ。)は、       信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還日が                                            休業
         日 の場合には当該償還日の翌営業日)から起算して5営業日まで)から、                                       償還日において振替機関
         等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前において一部解約が行われた受益
         権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前の
         ため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者としま
         す。)にお支払いします。ただし、受益者が償還金について、上記に規定する支払開始日から10年
         間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、委託会社が受託会社より交付を受けた金銭は
         委託会社に帰属します。
        ③  換金(解約)請求権
         受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行請求の方法により、換金を請求するこ
         とができます。詳細は上記「2                 換金(解約)手続等」をご参照ください。
        ④  買取請求権
         一部解約の実行の請求を行ったときは、委託会社が信託契約の一部の解約をすることにより当該請
         求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払われることとなる委託者
         指図型投資信託に該当するため、信託契約の解約または重大な約款の変更等を行う場合において、
         投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権の買取請求の規
         定の適用を受けません。
     第3【ファンドの経理状況】

      当ファンドの運用は、信託設定後、2019年9月30日から開始する予定であり、当ファンドは有価証券届出

      書提出日現在、資産を有していません。
      当ファンドの会計監査は、PwCあらた有限責任監査法人が行います。監査証明を受けたファンドの財務
      諸表は、有価証券報告書に記載されます。
     1【財務諸表】

       該当事項はありません。
     2【ファンドの現況】

     【純資産額計算書】
       該当事項はありません。
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

      ファンドの受益権は、振替受益権となり、委託会社は、この信託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の
      規定により主務大臣の指定を取り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機
      関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を
      表示する受益証券を発行しません。なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発
      行する場合を除き、無記名式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式
      受益証券への変更の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
      1.名義書換

        該当事項はありません。
      2.受益者に対する特典

        特典はありません。
      3.内国投資信託受益証券の譲渡制限の内容

        譲渡制限はありません。
      4.受益権の譲渡

       ①  受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載ま
         たは記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
                                 28/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ②  上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受益権の
         口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または
         記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、
         譲 受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社
         振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行われるよう
         通知するものとします。
       ③  上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されて
         いる振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等にお
         いて、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や
         振替停止期間を設けることができます。
      5.受益権の譲渡の対抗要件

        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗す
        ることができません。
      6.受益権の再分割

        委託会社は、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
      7.償還金

        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前
        において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された
        受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原
        則として取得申込者とします。)にお支払いします。
      8.質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて

        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、
        一部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほ
        か、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                 29/51












                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】
       2019  年6月末日現在、資本金の額は20億円です。なお、会社の発行可能株式総数は160,000株であり、
      38,300株を発行済みです。
       委託会社業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。取締役の選任は株主総会にお
      いて、議決権を行使することができる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数を
      もってこれを行い、累積投票によらないものとします。取締役の任期は、選任後1年内に終了する事業年
      度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとします。取締役会はその決議をもって、取締
      役中より代表取締役を選任します。
       投資信託の投資運用の意思決定プロセスは以下の通りです。
      ①運用本部で運用計画案、収益分配方針案等の運用の基本方針案を作成します。
      ②運用の基本方針は、運用本部長を委員長とする投資政策委員会で投資環境見通し等をふまえて決定され
       ます。
      ③決定された運用の基本方針に基づき、具体的運用計画を策定し、運用を行います。
      ④売買の執行はトレーディング部が行います。
      ⑤運用部門とは独立した管理部門にて運用評価、ガイドライン遵守状況のチェックを行い、管理本部長を
       委員長とし運用管理部を事務局とする運用管理委員会に結果報告します。
      ⑥運用管理委員会から投資政策委員会へ運用評価、ガイドライン遵守状況がフィードバックされ次の基本
       方針決定に生かされます。
     2【事業の内容及び営業の概況】

       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の
      設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っ
      ています。また「金融商品取引法」に定める投資助言業務を行っています。
       2019  年6月末日現在、委託会社が運用を行っている証券投資信託(親投資信託を除きます。)は次の通
      りです。
                              本数            純資産総額(百万円)
        追加型公社債投資信託                           0                       0
        追加型株式投資信託                          178                   2,664,102
        単位型公社債投資信託                           0                       0
        単位型株式投資信託                           3                    10,787
               合計                   181                   2,674,889
                                 30/51








                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【委託会社等の経理状況】
      1.     当社の財務諸表は「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59

          号)並びに同規則第2条により、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52
          号)に基づいて作成しております。
      2.     当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第34期事業年度(2018年4月1日から

          2019年3月31日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受けてお
          ります。
                                 31/51


















                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)  【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 第33期                第34期
                             (2018年3月31日現在)                (2019年3月31日現在)
     資産の部
       流動資産
                                                     17,817,927
        現金・預金                             16,828,496
                                                       208,412
        前払費用                              150,894
                                                      1,954,575
        未収委託者報酬                             1,524,731
                                                      1,951,601
        未収収益                             2,530,730
                                                        1,809
        未収入金                               1,919
                                                       21,491
                                       23,613
        その他の流動資産
        流動資産計                             21,060,384                21,955,817
       固定資産
        有形固定資産                        *1      547,215          *1      509,917
         建物                             409,858                379,427
         器具備品                             136,834                130,490
         リース資産                               522                 -
        無形固定資産                               34,467                53,138
         電話加入権                              3,795                3,795
         ソフトウエア仮勘定                              30,672                49,343
        投資その他の資産                             2,706,769                2,769,418
         投資有価証券                              43,545                43,201
         関係会社株式                            1,673,049                1,673,049
         その他の関係会社有価証券                              31,200                31,200
         長期前払費用                              10,541                28,546
         敷金                             450,632                450,632
         その他長期差入保証金                              10,865                10,030
                                      486,934                532,758
         繰延税金資産
        固定資産計                             3,288,452                3,332,475
       資産合計                              24,348,837                25,288,293
     負債の部
       流動負債
        リース債務                                 548                 -
        未払金                             2,563,951                2,534,676
         未払手数料                             634,789                872,217
         その他未払金                            1,929,162                1,662,458
        未払費用                              530,106                455,110
        未払消費税等                              262,100                 73,427
        未払法人税等                              960,000                698,000
        預り金                               43,264                54,312
        前受収益                               3,156                3,353
                                      282,443                313,291
        賞与引当金
        流動負債計                             4,645,570                4,132,173
       固定負債
                                      386,552                378,099
        退職給付引当金
        固定負債計                              386,552                378,099
       負債合計                               5,032,123                4,510,272
     純資産の部
       株主資本                              19,314,136                20,775,924
        資本金                             2,000,000                2,000,000
        資本剰余金                              400,000                400,000
         その他資本剰余金
                                      400,000                400,000
        利益剰余金                             16,914,136                18,375,924
         利益準備金                             500,000                500,000
         その他利益剰余金                            16,414,136                17,875,924
          特別償却準備金                               38                16
                                 32/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          繰越利益剰余金                           16,414,098                17,875,907
       評価・換算差額等                                 2,577                2,096
                                       2,577                2,096
        その他有価証券評価差額金
       純資産合計                              19,316,713                20,778,021
      負債・純資産合計                               24,348,837                25,288,293
     (2)  【損益計算書】

                                                    (単位:千円)
                                 第33期                第34期
                             (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     営業収益
       委託者報酬                              11,741,085                12,725,446
       運用受託報酬                              11,384,860                 9,897,931
       投資助言報酬                                68,541                69,049
                                      215,481                328,576
       その他営業収益
       営業収益計                              23,409,968                23,021,003
     営業費用
       支払手数料                               5,463,460                5,892,133
       広告宣伝費                                176,289                212,070
       調査費                               6,331,477                5,956,517
        調査費                             2,359,989                3,009,203
        委託調査費                             3,971,487                2,947,314
       委託計算費                                110,708                119,436
       営業雑経費                                226,401                238,392
        通信費                               30,555                32,765
        印刷費                              160,440                167,851
        協会費                               21,276                20,903
        諸会費                               6,349                8,374
                                       7,778                8,498
        図書費
       営業費用計                              12,308,336                12,418,551
     一般管理費
       給料                               3,103,124                3,450,052
        役員報酬                              132,792                117,075
        給料・手当                             2,139,811                2,360,494
        賞与                              830,521                972,483
       交際費                                16,511                19,897
       寄付金                                 3,384                 131
       旅費交通費                                181,123                200,290
       租税公課                                142,241                139,043
       不動産賃借料                                375,691                377,671
       役員退職慰労金                                 6,710                  -
       退職給付費用                                114,711                113,433
       賞与引当金繰入                                282,443                313,291
       固定資産減価償却費                                76,622                106,175
       法定福利費                                499,149                567,366
       福利厚生費                                 8,917                10,913
                                      437,854                480,371
       諸経費
       一般管理費計                               5,248,487                5,778,637
     営業利益                                5,853,144                4,823,815
     営業外収益
       受取利息                                  472                421
       受取配当金                          *1     107,891           *1       5,041
       匿名組合投資利益                          *1      50,146          *1      59,798
                                       11,209                16,161
       雑益
       営業外収益計                                169,720                 81,422
     営業外費用
       為替差損                                19,974                33,574
                                       2,653                2,395
       雑損
                                 33/51

                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       営業外費用計                                22,628                35,970
     経常利益                                6,000,236                4,869,267
     特別損失
                                        257                 0
      器具備品除却損
       特別損失計                                  257                 0
     税引前当期純利益                                5,999,979                4,869,267
     法人税、住民税及び事業税
                                     1,806,783                1,551,497
                                                      △  45,612
                                      △19,919
     法人税等調整額
     法人税等合計                                1,786,863                1,505,884
     当期純利益                                4,213,116                3,363,382
     (3)  【株主資本等変動計算書】

       第33期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      ( 単位:千円)
                                     株主資本
                             資本剰余金                  利益剰余金
                                                  その他利益
                    資本金                               剰余金
                         その他資本       資本剰余金
                                       利益準備金
                          剰余金       合計
                                               特別償却        繰越利益
                                               準備金        剰余金
     当期首残高               2,000,000        400,000       400,000       500,000           79    13,984,954
     当期変動額
                                                      △  1,784,014
      剰余金の配当
                                                  △  41
                                                           41
      特別償却準備金の取崩
                                                        4,213,116
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                                  △  41
     当期変動額合計                   -       -       -       -            2,429,143
     当期末残高               2,000,000        400,000       400,000       500,000           38    16,414,098
                       株主資本           評価・換算差額等

                   利益剰余金
                                  その他      評価・換算
                                              純資産合計
                          株主資本
                                 有価証券       差額等
                   利益剰余金
                           合計
                                 評価差額金        合計
                    合計
     当期首残高              14,485,034       16,885,034         2,011       2,011     16,887,045
     当期変動額
                  △  1,784,014     △  1,784,014                   △  1,784,014
      剰余金の配当
      特別償却準備金の取崩                   -       -                     -
      当期純利益               4,213,116       4,213,116                     4,213,116
      株主資本以外の項目の
                                     565       565        565
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               2,429,102       2,429,102          565       565     2,429,667
     当期末残高              16,914,136       19,314,136         2,577       2,577     19,316,713
       第34期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                      ( 単位:千円)
                                 34/51



                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                     株主資本
                             資本剰余金                  利益剰余金
                                                  その他利益
                    資本金                               剰余金
                         その他資本       資本剰余金
                                       利益準備金
                          剰余金       合計
                                               特別償却        繰越利益
                                               準備金        剰余金
     当期首残高              2,000,000        400,000       400,000       500,000           38    16,414,098
     当期変動額
                                                      △  1,901,595
      剰余金の配当
                                                  △  21        21
      特別償却準備金の取崩
                                                        3,363,382
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                                  △  21    1,461,809
     当期変動額合計                   -       -       -       -
     当期末残高              2,000,000        400,000       400,000       500,000           16    17,875,907
                       株主資本           評価・換算差額等

                   利益剰余金
                                  その他      評価・換算
                                              純資産合計
                          株主資本
                                 有価証券       差額等
                   利益剰余金
                           合計
                                 評価差額金        合計
                    合計
     当期首残高              16,914,136       19,314,136         2,577       2,577     19,316,713
     当期変動額
                  △  1,901,595     △  1,901,595                   △  1,901,595
      剰余金の配当
      特別償却準備金の取崩                   -       -                     -
      当期純利益               3,363,382       3,363,382                     3,363,382
      株主資本以外の項目の
                                   △  480     △  480      △  480
      当期変動額(純額)
                    1,461,787       1,461,787        △  480     △  480     1,461,307
     当期変動額合計
     当期末残高              18,375,924       20,775,924         2,096       2,096     20,778,021
     注記事項

     重要な会計方針
                               第34期
                           自 2018年4月1日
                           至 2019年3月31日
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
     (1)  子会社株式及び関連会社株式並びにその他の関係会社有価証券
        移動平均法による原価法
     (2)  その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法
         (評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
        時価を把握することが極めて困難と認められるもの
         移動平均法による原価法
     2.固定資産の減価償却の方法

     (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
                                 35/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備について
        は、定額法を採用しております。また、取得価額が10万円以上20万円未満の少額減価償却資産
        については、一括償却資産として3年間で均等償却する方法を採用しております。
     (2)  リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リースに係る有形固定資産中のリース資産は、リース期間を耐用
        年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     3.引当金の計上基準

     (1)  賞与引当金
        従業員賞与の支給に充てるため、支給見込額の当期負担額を計上しております。
     (2)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上し
        ております。
        退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付
        債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     4.消費税等の会計処理方法

        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     (未適用の会計基準等)

                               第34期
                           自 2018年4月1日
                           至 2019年3月31日
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
     (1)  概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識さ
        れます。
         ステップ1        : 顧客との契約を識別する。
         ステップ2        : 契約における履行義務を識別する。
         ステップ3      : 取引価格を算定する。
         ステップ4      : 契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5      : 履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
     (表示方法の変更)

                              第34期
                           自 2018年4月1日
                           至 2019年3月31日
      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当事
      業年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定
      負債の区分に表示する方法に変更しました。
       この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」291,045千円
      は、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」486,934千円に含めて表示しております。
     (貸借対照表関係)

                                 36/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 第33期                            第34期
             2018年3月31日現在                            2019年3月31日現在
     *1.有形固定資産の減価償却累計額は次のとお                            *1.有形固定資産の減価償却累計額は次のとお
        りであります。                           りであります。
         建物                51,080千円            建物                81,793千円
         器具備品               424,930千円             器具備品               498,485千円
         リース資産                3,395千円           リース資産                3,918千円
     (損益計算書関係)

                 第33期                            第34期
             自 2017年4月1日                            自 2018年4月1日
             至 2018年3月31日                            至 2019年3月31日
     *1.関係会社との主な取引高は次のとおりで                            *1.関係会社との主な取引高は次のとおりで
        あります。                            あります。
         関係会社からの受取配当金 104,224千円                            関係会社からの受取配当金                  4,800千円
         関係会社からの匿名組合契約
                                     関係会社からの匿名組合契約
         に基づく利益の分配                   50,146千円
                                     に基づく利益の分配                    59,798千円
     (株主資本等変動計算書関係)

     第33期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      1.発行済株式に関する事項
                                                    (単位:株)
                  2017年4月1日                               2018年3月31日
        株式の種類                        増加          減少
                     現在                               現在
         普通株式               38,300             -          -        38,300
      2.配当に関する事項

        (1)    配当金支払額
           2017年6月30日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
           ・普通株式の配当に関する事項
             (イ)   配当金の総額                              1,784,014千円
             (ロ)   1株当たり配当額                                     46,580円
             (ハ)   基準日                                         2017年3月31日
             (ニ)   効力発生日                                       2017年6月30日
        (2)    基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2018年6月29日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
           ・普通株式の配当に関する事項
             (イ)   配当金の総額                              1,901,595千円
             (ロ)   配当の原資                               繰越利益剰余金
             (ハ)   1株当たり配当額                                    49,650円
             (ニ)   基準日                                               2018年3月31日
             (ホ)   効力発生日                                     2018年6月29日
     第34期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      1.発行済株式に関する事項
                                                    (単位:株)
                  2018年4月1日                               2019年3月31日
        株式の種類                        増加          減少
                     現在                               現在
         普通株式               38,300             -          -        38,300
      2.配当に関する事項

        (1)    配当金支払額
                                 37/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           2018年6月29日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
           ・普通株式の配当に関する事項
             (イ)   配当金の総額                              1,901,595千円
             (ロ)   1株当たり配当額                                    49,650円
             (ハ)   基準日                                               2018年3月31日
             (ニ)   効力発生日                                     2018年6月29日
        (2)    基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2019年6月28日の定時株主総会において、次のとおり配当を提案する予定であります。
           ・普通株式の配当に関する事項
             (イ)   配当金の総額                              2,017,644千円
             (ロ)   配当の原資                               繰越利益剰余金
             (ハ)   1株当たり配当額                                    52,680円
             (ニ)   基準日                                               2019年3月31日
             (ホ)   効力発生日                                     2019年6月28日
     (リース取引関係)

      第33期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       1.リース資産の内容
        事務機器の一部については、所有権移転外ファイナンス・リース契約により使用しております。
       2.リース資産の減価償却の方法

        「重要な会計方針」の「2.                固定資産の減価償却の方法」に記載の通りであります。
      第34期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       1.リース資産の内容
        事務機器の一部については、所有権移転外ファイナンス・リース契約により使用しておりましたが、
        当事業年度においてリース契約が満了しております。
       2.リース資産の減価償却の方法

        「重要な会計方針」の「2.                固定資産の減価償却の方法」に記載の通りであります。
     (金融商品関係)

      1.金融商品の状況に関する事項
                 第33期                           第34期
             自 2017年4月1日                           自 2018年4月1日
             至 2018年3月31日                           至 2019年3月31日
                                 38/51








                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)  金融商品に対する取組方針                         (1)  金融商品に対する取組方針
        当社の資本は本来の事業目的のために使用す                           同左
        ることを基本とし、資産の運用に際しては、
        資産運用リスクを極力最小限に留めることを
        基本方針としております。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク                         (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である未収収益は顧客の信用リスク                           同左
        に晒されており、未収委託者報酬は市場リス
        クに晒されております。投資有価証券は、主
        にファンドの自己設定に関連する投資信託で
        あり、基準価額の変動リスクに晒されており
        ます。
        営業債務である未払金は、ほとんど1年以内
        の支払期日であり、流動性リスクに晒されて
        おります。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制                         (3)  金融商品に係るリスク管理体制

      ①  信用リスク                         ①  信用リスク
        未収収益については、管理部門において取引                           同左
        先ごとに期日及び残高を把握することで、回
        収懸念の早期把握や軽減を図っております。
      ②  市場リスク                         ②  市場リスク
        未収委託者報酬には、運用資産の悪化から回                           同左
        収できず当社が損失を被るリスクが存在しま
        すが、過去の回収実績からリスクは僅少であ
        ると判断しております。
        投資有価証券については、管理部門において
        定期的に時価を把握する体制としておりま
        す。
      ③  流動性リスク                         ③  流動性リスク
        当社は、日々資金残高管理を行っており流動                           同左
        性リスクを管理しております。
     2.金融商品の時価等に関する事項

       第33期(2018年3月31日現在)における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のと
       おりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは次表には含めておりませ
       ん((注2)参照)。
                                                  (単位:千円)
                       貸借対照表計上額(*)                 時価(*)             差額
      (1)  現金・預金                      16,828,496             16,828,496                -
      (2)  未収委託者報酬                      1,524,731             1,524,731                -
      (3)  未収収益                      2,530,730             2,530,730                -
      (4)  未収入金                         1,919             1,919             -
      (5)  投資有価証券
         その他有価証券                       43,545             43,545              -
      (6)  預り金                       (43,264)             (43,264)               -
      (7)  未払金                     (2,563,951)             (2,563,951)                 -
      (8)  未払費用                      (530,106)             (530,106)                -
      (9)  未払消費税等                      (262,100)             (262,100)                -
      (10)  未払法人税等                      (960,000)             (960,000)                -
     ( *)負債に計上されているものについては、(                         )で示しております。
       第34期(2019年3月31日現在)における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のと

       おりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは次表には含めておりませ
       ん((注2)参照)。
                                                  (単位:千円)
                                 39/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       貸借対照表計上額(*)                 時価(*)             差額
                             17,817,927             17,817,927
      (1)  現金・預金                                                  -
                              1,954,575             1,954,575
      (2)  未収委託者報酬                                                  -
                              1,951,601             1,951,601
      (3)  未収収益                                                  -
                                1,809             1,809
      (4)  未収入金                                                  -
      (5)  投資有価証券
                                43,201             43,201
         その他有価証券                                                 -
                              (54,312)             (54,312)
      (6)  預り金                                                  -
                             (2,534,676)             (2,534,676)
      (7)  未払金                                                  -
                              (455,110)             (455,110)
      (8)  未払費用                                                  -
                              (73,427)             (73,427)
      (9)  未払消費税等                                                  -
                              (698,000)             (698,000)
      (10)  未払法人税等                                                  -
      ( *)負債に計上されているものについては、(                         )で示しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

                 第33期                           第34期
             2018年3月31日現在                           2019年3月31日現在
     (1)  現金・預金、(2)          未収委託者報酬、(3)            未収   (1)  現金・預金、(2)          未収委託者報酬、(3)            未収
      収益、(4)      未収入金、       (6)  預り金、(7)未払            収益、(4)      未収入金、       (6)  預り金、(7)未払
      金、(8)未払費用、(9)               未払消費税等及び            金、(8)未払費用、(9)               未払消費税等及び
      (10)   未払法人税等                        (10)   未払法人税等
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳                           同左
       簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額
       によっております。
     (5)  投資有価証券                         (5)  投資有価証券

       時価の算定方法につきましては「重要な会計
                                 同左
       方針」の「1.有価証券の評価基準及び評価
       方法」に記載しております。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                 第33期                           第34期
             2018年3月31日現在                           2019年3月31日現在
     以下については、市場価格がなく、かつ将来                           以下については、市場価格がなく、かつ将来
     キャッシュ・フローを見積ること等ができず、時                           キャッシュ・フローを見積ること等ができず、
     価を把握することが極めて困難と認められるた                           時価を把握することが極めて困難と認められる
     め、上表には含めておりません。                           ため、上表には含めておりません。
                       (単位:千円)                           (単位:千円)

                     貸借対照表計上額                           貸借対照表計上額
      子会社株式                   1,640,302        子会社株式                   1,640,302
      関連会社株式                     32,747      関連会社株式                     32,747
      その他の関係会社                     31,200      その他の関係会社                     31,200
      有価証券                           有価証券
      敷金                     450,632       敷金                     450,632
      その他長期差入保証金                     10,865      その他長期差入保証金                     10,030
     (注3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

                 第33期                           第34期
             2018年3月31日現在                           2019年3月31日現在
     該当事項はありません。                           同左
     (注4)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

     第33期(2018年3月31日現在)
                                 40/51

                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:千円)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
     預金                     16,827,976              -         -         -
     未収委託者報酬                      1,524,731              -         -         -
     未収収益                      2,530,730              -         -         -
     未収入金                        1,919           -         -         -
     投資有価証券
      その他有価証券のうち満期があ                          -      19,743          5,000           -
      るもの
     合計                     20,885,358           19,743          5,000           -
     第34期(2019年3月31日現在)

                                                   (単位:千円)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
     預金                     17,817,465              -         -         -
     未収委託者報酬                      1,954,575              -         -         -
     未収収益                      1,951,601              -         -         -
     未収入金                        1,809           -         -         -
     投資有価証券
      その他有価証券のうち満期があ                       8,308        13,426          5,810           -
      るもの
     合計                     21,733,759           13,426          5,810           -
     (有価証券関係)

                 第33期                           第34期
             2018年3月31日現在                           2019年3月31日現在
     1.子会社株式及び関連会社株式並びにその他                           1.子会社株式及び関連会社株式並びにその他
        の関係会社有価証券                           の関係会社有価証券
       子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計                           子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計

       上額 子会社株式1,640,302千円、関連会社株                           上額 子会社株式1,640,302千円、関連会社株
       式32,747千円)並びにその他の関係会社有価                           式32,747千円)並びにその他の関係会社有価
       証券(貸借対照表計上額 31,200千円)は、                           証券(貸借対照表計上額 31,200千円)は、
       市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フ                           市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フ
       ローを見積ること等ができず、時価を把握す                           ローを見積ること等ができず、時価を把握す
       ることが極めて困難と認められることから、                           ることが極めて困難と認められることから、
       記載しておりません。                           記載しておりません。
     2.その他有価証券                           2.その他有価証券

                       (単位:千円)                           (単位:千円)
                                 41/51






                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              貸借対照表                           貸借対照表
         区分            取得原価       差額         区分            取得原価       差額
               計上額                           計上額
       ①貸借対照                           ①貸借対照
       表計上額が                           表計上額が
       取得原価を                           取得原価を
       超えるもの                           超えるもの
        証券投資                           証券投資
                27,151      21,652      5,498               27,344      22,052      5,292
        信託                           信託
       ②貸借対照                           ②貸借対照
       表計上額が                           表計上額が
       取得原価を                           取得原価を
       超えないも                           超えないも
       の                           の
        証券投資                           証券投資
                16,394      18,178     △1,783                 15,856      18,126     △2,269
        信託                           信託
         合計       43,545      39,831      3,714        合計       43,201      40,179      3,022
     3.当事業年度中に売却したその他有価証券                           3.当事業年度中に売却したその他有価証券

       該当事項はありません。                           同左
     (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、従業員の退職給付に備えるため、非積立型の確定給付制度及び確定拠出年金制度を採用
       しております。
       退職一時金制度(非積立型制度であります。)では、当社従業員を制度対象として、給与と勤続
       年数に基づき算出した一時金を支給しております。受入出向者については退職給付負担金を支
       払っており、損益計算書上の退職給付費用には当該金額が含まれております。貸借対照表上は出
       向期間3年以下の出向者に係る金額が退職給付引当金に、出向期間3年超の出向者に係る金額が
       その他未払金にそれぞれ含まれております。
       なお、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付引当金及び退職給付費用を計算し
       ております。
     2.確定給付制度

                                 42/51









                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                   第33期              第34期
                                自 2017年4月1日              自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日              至 2019年3月31日
          退職給付引当金の期首残高                           393,213千円               386,552千円
           退職給付費用                          46,223千円               38,082千円
           退職給付の支払額                         △43,667千円               △37,318千円
           確定拠出年金制度への移管額                          △9,217千円               △9,217千円
          退職給付引当金の期末残高                           386,552千円               378,099千円
       (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年

         金費用の調整表
                                   第33期              第34期
                                2018年3月31日現在              2019年3月31日現在
          積立型制度の退職給付債務                                                -
                                           -
          年金資産                                                -
                                           -
                                                         -
                                           -
          非積立型制度の退職給付債務                           386,552千円               378,099千円
          貸借対照表に計上された負債と資産
                                     386,552千円               378,099千円
          の純額
          退職給付引当金                           386,552千円               378,099千円

          貸借対照表に計上された負債と資産
                                     386,552千円               378,099千円
          の純額
       (3)  退職給付費用

                                   第33期              第34期
                                自 2017年4月1日              自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日              至 2019年3月31日
          簡便法で計算した退職給付費用                            37,006千円               28,865千円
     3.確定拠出制度
       当社の確定拠出制度への要拠出額は、第33期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
       54,764千円、第34期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)62,736千円であります。
     (税効果会計関係)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  第33期               第34期
                             (2018年3月31日現在)               (2019年3月31日現在)
     繰延税金資産
      退職給付引当金                              118,362千円               115,773千円
      未払金                               4,251千円               3,921千円
      賞与引当金                              86,484千円               95,929千円
      未払法定福利費                              10,538千円               10,904千円
      未払事業所税                               3,288千円               3,587千円
      未払事業税                              50,364千円               40,339千円
      未払調査費                              44,622千円               83,845千円
      減価償却超過額                              78,443千円               98,061千円
      繰延資産超過額                                237千円              1,733千円
      未払確定拠出年金                               1,519千円               1,664千円
      未収実績連動報酬                                    -          3,881千円
                                 43/51

                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      過大確定拠出年金掛金                                    -            19千円
                                    89,977千円               74,029千円
      未払費用
     繰延税金資産小計                               488,088千円               533,691千円
                                          -               -
      評価性引当額
     繰延税金資産合計                               488,088千円               533,691千円
     繰延税金負債
      特別償却準備金                                 16千円                7千円
                                     1,137千円                925千円
      その他有価証券評価差額金
     繰延税金負債合計                                1,154千円                932千円
      繰延税金資産の純額
                                    486,934千円               532,758千円
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の

        内訳
                 第33期                           第34期
            (2018年3月31日現在)                           (2019年3月31日現在)
     法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負                            同左
     担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下
     であるため注記を省略しております。
     (セグメント情報等)

                 第33期                           第34期
             自 2017年4月1日                           自 2018年4月1日
             至 2018年3月31日                           至 2019年3月31日
     [セグメント情報]                           [セグメント情報]
     当社は「投資信託及び投資法人に関する法律」に                           同左
     定める投資信託委託会社であり証券投資信託の設
     定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金
     融商品取引業者として運用(投資運用業)を行っ
     ております。また「金融商品取引法」に定める投
     資助言・代理業を行っております。
     当社は、投資運用業及び投資助言・代理業にこれ

     らの附帯業務を集約した単一セグメントを報告セ
     グメントとしております。従いまして、開示対象
     となるセグメントはありませんので、記載を省略
     しております。
                                 44/51







                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     [関連情報]                           [関連情報]
     1.  製品及びサービスごとの情報                         1.  製品及びサービスごとの情報
      単一のサービス区分の外部顧客への営業収益が                           同左
      損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記
      載を省略しております。
     2.  地域ごとの情報                         2.  地域ごとの情報

     (1)  営業収益                         (1)  営業収益
        本邦の外部顧客への営業収益が損益計算書の                           同左
        営業収益の90%を超えるため、記載を省略し
        ております。
     (2)  有形固定資産                         (2)  有形固定資産
        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸                           同左
        借対照表の有形固定資産の金額の90%を超え
        るため、記載を省略しております。
     3.  主要な顧客ごとの情報                         3.  主要な顧客ごとの情報

     (1)  投資信託の名称                         (1)  投資信託の名称
        東京海上・円資産バランスファンド(毎月決                           東京海上・円資産バランスファンド(毎月決
        算型)                           算型)
     (2)  委託者報酬                         (2)  委託者報酬

        2,915,606千円                           3,641,416千円
     (3)  関連するセグメント名                         (3)  関連するセグメント名

        投資運用業及び投資助言・代理業にこれらの                           投資運用業及び投資助言・代理業にこれらの
        附帯業務を集約した単一セグメント                           附帯業務を集約した単一セグメント
     (関連当事者情報)

     第33期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      1.  関連当事者との取引
      (1)  財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
         重要な取引はありません。
      (2)  財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

         重要な取引はありません。
      (3)  財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

                              事業の
                        資本金          議決権の     関連当
          会社等の名称                     内容             取引の    取引金額          期末残高
      種類             所在地       又は           所有    事者と              科目
           又は氏名                    又は             内容    (千円)          (千円)
                        出資金           割合    の関係
                               職業
                                        運用の

     同一の
                                           運用受
                                        一任
         東京海上日動火災         東京都     101,994,694
     親会社
                             損害保険業                       未収収益
                                    なし        託報酬    1,518,481          386,279
          保険株式会社        千代田区       千円
     をもつ
                                        役員の
                                           の受取
      会社
                                        兼任
     同一の

                                            委託
          Delphi   Capital
                  米国・
                         USD
     親会社                                  運用の
                             資産運用業                        未払金
                                    なし        調査費     936,716         288,919
         Management,     Inc.   ニューヨーク
                         1 千
     をもつ                                  再委託
                                           の支払
      会社
      (注)*取引価格については、市場実勢等を勘案し、交渉の上決定しております。
         *取引金額には、消費税等は含まれておりません。
      (4)  財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

         重要な取引はありません。
                                 45/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.    親会社又は重要な関連会社に関する情報

      (1)  親会社情報
         東京海上ホールディングス株式会社(東京証券取引所に上場)
      (2)  重要な関連会社の要約財務情報

         重要な関連会社はありません。
     第34期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      1.  関連当事者との取引
      (1)  財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
         重要な取引はありません。
      (2)  財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

         重要な取引はありません。
      (3)  財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

         重要な取引はありません。
      (4)  財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

         重要な取引はありません。
      2.    親会社又は重要な関連会社に関する情報

      (1)  親会社情報
         東京海上ホールディングス株式会社(東京証券取引所に上場)
      (2)  重要な関連会社の要約財務情報

         重要な関連会社はありません。
     (1株当たり情報)

                              第33期
                          (自 2017年4月1日
                           至 2018年3月31日)
     1株当たり純資産額                                                 504,352円83銭
     1株当たり当期純利益金額                                             110,003円02銭
       なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載

       しておりません。
     (注)1株当たり純資産額の算定上の基礎

         貸借対照表の純資産の部の合計額                                            19,316,713千円
          純資産の部の合計額から控除する金額                                                                   -
         普通株式に係る当期末の純資産額                 19,316,713千円
         1株当たり純資産額の算定に用いられた当期末の普通株式の数       38,300株
         1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎

          損益計算書上の当期純利益金額                                             4,213,116千円
          普通株主に帰属しない金額                                                                          -
         普通株式に係る当期純利益金額                                           4,213,116千円
         普通株式の期中平均株式数                                                     38,300株
                              第34期

                          (自 2018年4月1日
                           至 2019年3月31日)
     1株当たり純資産額                                                 542,507円07銭
     1株当たり当期純利益金額                                              87,816円78銭
                                 46/51


                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
       しておりません。
     (注)1株当たり純資産額の算定上の基礎

         貸借対照表の純資産の部の合計額                                            20,778,021千円
          純資産の部の合計額から控除する金額                                                                   -
         普通株式に係る当期末の純資産額                 20,778,021千円
         1株当たり純資産額の算定に用いられた当期末の普通株式の数       38,300株
         1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎

          損益計算書上の当期純利益金額                                             3,363,382千円
          普通株主に帰属しない金額                                                                          -
         普通株式に係る当期純利益金額                                           3,363,382千円
         普通株式の期中平均株式数                                                     38,300株
                                 47/51
















                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】
      委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為
      が禁止されています。
       ①自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資
        者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがない
        ものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
       ②運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しくは
        取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定め
        るものを除きます。)。
       ③通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人
        等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接
        な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤におい
        て同じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金
        融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいい
        ます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は金融デリバティブ取引を行うこと。
       ④委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用
        財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
       ⑤上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者の
        保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるもの
        として内閣府令で定める行為。
     5【その他】

      (1)  定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
      (2)  訴訟事件その他の重要事項

        提出日現在、訴訟事件その他委託会社等に重要な影響を及ぼした事実、及び重要な影響を与えること
       が予想される事実はありません。
                                 48/51












                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

      (1)  受託会社
      ・名称         三菱UFJ信託銀行株式会社
                (再信託受託会社:日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
      ・資本金の額         324,279    百万円(2019年3月末日現在)

      ・事業の内容         銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する

                法律(兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
      < 参考情報:再信託受託会社の概要>

      ・名称         日本マスタートラスト信託銀行株式会社
      ・資本金の額         10,000    百万円(2019年3月末日現在)

      ・事業の内容         銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する

                法律に基づき信託業務を営んでいます。
      (2)  販売会社

                              資本金の額      (※)
                名称                               事業の内容
                                          銀行法に基づき銀行業を営むと

                                          ともに、金融機関の信託業務の
      三菱UFJ信託銀行株式会社                          324,279    百万円
                                          兼営等に関する法律に基づき信
                                          託業務を営んでいます。
      (※)2019年3月末日現在。
      (3)  投資顧問会社

      ・名称         Tokio    Marine    Asset    Management       (USA),    Ltd.
      ・資本金の額         1,000   米ドル(2019年3月末日現在)

      ・事業の内容         投資運用業務を営んでいます。

     2【関係業務の概要】

       受託会社は、信託財産の保管・管理等を行います。
       販売会社は、募集・販売の取扱い、一部解約事務および収益分配金・解約金・償還金の支払い等を行いま
       す。
       投資顧問会社は、委託会社からマザーファンドの運用の指図に関する権限の一部の委託を受け、運用の指
       図を行います。
     3【資本関係】

       資本関係はありません。
                                 49/51






                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【その他】

      1.目論見書の表紙にロゴ・マーク、図案を使用し、委託会社の名称、ファンドの基本的性格等を記載す
        ることがあります。
      2.目論見書の表紙に委託会社の金融商品取引業者登録番号および目論見書の使用を開始する日を記載す
        る場合があります。
      3.請求目論見書に当ファンドの約款を添付します。
      4.目論見書の別称として「投資信託説明書(目論見書)」、「投資信託説明書(交付目論見書)」また
        は「投資信託説明書(請求目論見書)」という名称を使用することがあります。
      5.目論見書は電子媒体として使用されたり、インターネット等に掲載されることがあります。
                                 50/51


















                                                           EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                     2019年6月3日

     東京海上アセットマネジメント                  株式会社

      取 締 役 会 御 中
                           PwCあらた有限責任監査法人

                            指定有限責任社員
                                     公認会計士 荒 川   進 ㊞
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                     公認会計士 久 保 直 毅 ㊞
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に


     掲げられている東京海上アセットマネジメント株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの第34期事業年度の
     財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監
     査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、東京海
     上アセットマネジメント株式会社の2019年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をす
     べての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以    上
     (注)    1.   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

           ます。
        2.   XBRL  データは監査の対象には含まれていません。
                                 51/51



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。